株式会社アンビスホールディングス 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社アンビスホールディングス

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2019年9月3日

    【会社名】                       株式会社アンビスホールディングス

    【英訳名】                       Amvis   Holdings,     Inc.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役 柴原 慶一

    【本店の所在の場所】                       東京都中央区八重洲一丁目9番8号

    【電話番号】                       03-6262-5105(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役管理本部本部長 鈴木 しのぶ

    【最寄りの連絡場所】                       東京都中央区八重洲一丁目9番8号

    【電話番号】                       03-6262-5105(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役管理本部本部長 鈴木 しのぶ

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                       株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                       募集金額

                           ブックビルディング方式による募集                       2,218,500,000円
                           売出金額
                           (引受人の買取引受による売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                        261,000,000円
                           (オーバーアロットメントによる売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                        430,650,000円
                           (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法
                              上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書
                              提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                       該当事項はありません。
                                   1/159






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

          種類            発行数(株)                      内容

                               完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当
         普通株式              1,000,000(注)2         社における標準となる株式であります。なお、単元株
                               式数は100株であります。
     (注)   1.2019年9月3日開催の取締役会決議によっております。
        2.発行数については、2019年9月18日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
        3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
          名称:株式会社証券保管振替機構
          住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
        4.上記とは別に、2019年9月3日開催の取締役会において、野村證券株式会社を割当先とする当社普通株式
          165,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。なお、その内容については、「募集又は売出
          しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
                                   2/159














                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2019年9月30日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
     欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受
     価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2019年9月18日開催予定の取
     締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当
     社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受
     手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握した上で発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価格
     で行います。
             区分             発行数(株)        発行価額の総額(円)            資本組入額の総額(円)

     入札方式のうち入札による募集                           ―            ―            ―

     入札方式のうち入札によらない募集                           ―            ―            ―

     ブックビルディング方式                       1,000,000          2,218,500,000            1,200,600,000

           計(総発行株式)                 1,000,000          2,218,500,000            1,200,600,000

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
        2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されて
          おります。
        3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
        4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2019年9月3日開催の取締役会決議に基づき、
          2019年9月30日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
          資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であり
          ます。
        5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,610円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
          込額)は2,610,000,000円となります。
        6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件
          (引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状況を
          勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
          ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照
          下さい。
        7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
          しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/159








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                    資本   申込株                   申込

    発行価格     引受価額     払込金額
                               申込期間                 払込期日
                   組入額    数単位                  証拠金
     (円)     (円)     (円)
                    (円)    (株)                  (円)
                            自   2019年10月1日(火)
     未定     未定     未定    未定                      未定
                         100                     2019年10月8日(火)
     (注)1     (注)1     (注)2    (注)3         至   2019年10月4日(金)           (注)4
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
          発行価格は、2019年9月18日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
          等を総合的に勘案した上で、2019年9月30日に引受価額と同時に決定する予定であります。
          仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
          が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
          需要の申込みの受付けにあたり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
          関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
        2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2019年9月18日開催予定の取締役会において決定される予定であ
          ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2019年9月
          30日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
          取金となります。
        3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2019年9月3日開催の取締役会において、
          増加する資本金の額は、2019年9月30日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
          1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
          きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
          する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
        4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
          期日に新株式払込金に振替充当いたします。
        5.株式受渡期日は、2019年10月9日(水)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
          る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
          い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
        6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.申込みに先立ち、2019年9月20日から2019年9月27日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
          需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
          販売にあたりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
          の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
          引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
          い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示又はホーム
          ページにおける表示等をご確認下さい。
        8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
                                   4/159






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ①  【申込取扱場所】
        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地

     株式会社三菱UFJ銀行 名古屋駅前支店                           愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
    4  【株式の引受け】

                                    引受株式数

     引受人の氏名又は名称                    住所                      引受けの条件
                                      (株)
                                          1.買取引受けによります。
                                          2.引受人は新株式払込金とし
                                            て、2019年10月8日までに払
                                            込取扱場所へ引受価額と同額
     野村證券株式会社            東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                      未定      を払込むことといたします。
     株式会社SBI証券            東京都港区六本木一丁目6番1号
                                          3.引受手数料は支払われませ
                                            ん。ただし、発行価格と引受
                                            価額との差額の総額は引受人
                                            の手取金となります。
          計                ―          1,000,000              ―
     (注)   1.2019年9月18日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
        2.上記引受人と発行価格決定日(2019年9月30日)に元引受契約を締結する予定であります。
        3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
          引業者に販売を委託する方針であります。
                                   5/159












                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【新規発行による手取金の使途】
     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

               2,401,200,000                   20,000,000                2,381,200,000

     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
          の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,610円)を基礎として算出した見込額であり
          ます。
        2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
        3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額2,381,200千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概
      算額上限396,198千円と合わせて、設備資金として①当社グループの「医心館事業」の新規開設に係る資金に充当
      し、運転資金として②従業員採用費、③ネットワークシステム構築及び各種業務システム整備等の費用、借入金返
      済資金として④債務返済等に充当する予定であります。
      ①     医心館事業における新規施設(2020年9月期:3施設)の開設資金(保証金、設備投資、什器備品購入及びオー

        プンイベント関係費用等)として、1,500,000千円(2020年9月期:1,500,000千円)を充当する予定でありま
        す。なお、当社グループでは、当該事業において「医心館」を年間7~10施設、新規に開設する計画となってお
        ります。このうち3施設の新規開設に係る資金を手取金により充当する予定であります。
       ②  医心館事業における事業規模及び利用対象者層の拡大への対応に係る従業員採用費として、277,398千円(2020

        年9月期:130,000千円、2021年9月期:147,398千円)を充当する予定であります。なお、当該費用は、当社グ
        ループで就業する従業員を採用及び雇用する費用であり、採用のために人材紹介会社等へ支払う報酬を含んでお
        ります。
       ③  グループ内におけるコミュニケーションの強化(意思決定の迅速化)に係るネットワークシステム構築及び事務

        効率化に係る各種業務システム整備等の費用として、200,000千円(2020年9月期:200,000千円)を充当する予
        定であります。なお、その内訳は、当社と子会社、及び子会社の本部と各施設をつなぐネットワークシステム構
        築の費用が50,000千円、医療や介護に係る業務システム、及び経理、財務、人事などに係る業務システム整備等
        の費用が150,000千円となっております。
       ④  長期債務返済として、800,000千円(2020年9月期:800,000千円)を充当する予定であります。なお、手取金に

        より返済予定の長期借入金は「医心館」の開設資金として行った金融機関からの借入れであります。
       また、残額が生じた場合には、将来における広告宣伝費及び販売促進費や事業拡大のための運転資金に充当する方

      針であります。
       なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
     (注)設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の項

        をご参照ください。
                                   6/159






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2019年9月30日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し) (2)                 ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」
     において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価
     格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引
     受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金
     といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                              売出価額の総額            売出しに係る株式の所有者の

       種類           売出数(株)
                                (円)           住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち
        ―                    ―        ―            ―
             入札による売出し
             入札方式のうち
        ―                    ―        ―            ―
             入札によらない売出し
                                      愛知県名古屋市名東区亀の井三丁目66番地
                                      株式会社ⅠDEA,         Inc    50,000株
             ブックビルディング
     普通株式                     100,000      261,000,000
                                      東京都港区
             方式
                                      柴原慶一                         50,000株
     計(総売出株式)              ―      100,000      261,000,000                 ―
     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
          ります。
        2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
          ます。
        3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,610円)で算出した見込額であります。
        4.売出数等については今後変更される可能性があります。
        5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
          であります。
        6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
          よる売出しを行う場合があります。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
          売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
        7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
          いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   7/159









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                       申込株     申込

     売出価格     引受価額                       申込受付        引受人の住所及び           元引受契約
                申込期間       数単位     証拠金
      (円)     (円)                       場所        氏名又は名称           の内容
                        (株)     (円)
                自   2019年
                                 引受人の
                                       東京都中央区日本橋一丁目
      未定
           未定     10月1日(火)              未定    本店及び                     未定
     (注)1                    100
                                       9番1号
          (注)2      至   2019年          (注)2     全国各支                    (注)3
     (注)2
                                       野村證券株式会社
                                 店
                10月4日(金)
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                 ブックビルディング方式」の(注)1.と
          同様であります。
        2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
          申込証拠金には利息をつけません。
          引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
        3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
          価格決定日(2019年9月30日)に決定する予定であります。
          なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
          は引受人の手取金となります。
        4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
        5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
          の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
          ことができます。
        6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                  ブックビルディング方式」の(注)7.
          に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/159










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                              売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の

       種類           売出数(株)
                                (円)          住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち
        ―                    ―        ―           ―
             入札による売出し
             入札方式のうち
        ―                    ―        ―           ―
             入札によらない売出し
             ブックビルディング                        東京都中央区日本橋一丁目9番1号
     普通株式                     165,000      430,650,000
                                      野村證券株式会社               165,000株
             方式
     計(総売出株式)              ―      165,000      430,650,000                 ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
          況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがって、オーバーアロットメントによる売出
          しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があり
          ます。
        2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2019年9月3日開催の取締役会において、野村
          證券株式会社を割当先とする当社普通株式165,000株の第三者割当増資の決議を行っております。また、野
          村證券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限
          とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
          なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
          カバー取引について」をご参照下さい。
        3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
          ります。
        4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
          いたします。
        5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,610円)で算出した見込額であります。
        6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
          であります。
                                   9/159












                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                  申込株数

                                          引受人の住所及び          元引受契約
     売出価格                    申込証拠金
           申込期間        単位             申込受付場所
      (円)                    (円)
                                           氏名又は名称          の内容
                    (株)
           自   2019年
      未定     10月1日(火)                未定     野村證券株式会社の
                    100                          ―         ―
     (注)1      至   2019年            (注)1     本店及び全国各支店
           10月4日(金)
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
          れぞれ同一とし、売出価格決定日(2019年9月30日)に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、
          利息をつけません。
        2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であ
          ります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に
          従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
        3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        4.野村證券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出し) 
          (2)  ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  10/159












                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場について

      当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場を予定して
     おります。
    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である株式会社IDEA,Inc(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。こ
     れに関連して、当社は、2019年9月3日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式165,000株
     の第三者割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会
     社法上の募集事項については、以下のとおりであります。
                        当社普通株式                         165,000株

    (1)  募集株式の数
    (2)  募集株式の払込金額                  未定(注)1

                        増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1
                        項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計
       増加する資本金及び資本準備金に
    (3)                    算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるもの
       関する事項
                        とする。また、増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から
                        増加する資本金の額を減じた額とする。(注)2
    (4)  払込期日                  2019年11月6日(水)
     (注)   1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2019年9月18日開催予定の取締役会において決定される予定
          の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定でありま
          す。
        2.割当価格は、2019年9月30日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
          一とする予定であります。
      また、主幹事会社は、2019年10月9日から2019年10月30日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的とし
     て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
     バー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、割当てに応じ
     ない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行われ
     ず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われ
     ない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取
     引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
                                  11/159








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3.ロックアップについて
      本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である株式会社IDEA,Inc、売出人
     である柴原慶一及び当社新株予約権者である前田早知子、鈴木しのぶ及び西久保千賀は、主幹事会社に対し、元引受
     契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の2020年1月6日までの期間中、主幹事会社の事前の書
     面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメン
     トによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない旨合意しております。
      また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2020年4月
     5日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換若しく
     は交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただ
     し、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに
     関連し、2019年9月3日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除
     く。)を行わない旨合意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
     きる権限を有しております。
      上記のほか、当社は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等によ
     る募集株式等の割当等に関し、当社新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その
     内容については、「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                  12/159














                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

     (1)  表紙に当社のロゴマーク

                          を記載いたします。
     (2)  裏表紙に当社のロゴマーク


                                    を記載いたします。
     (3)  表紙の次に「1.事業の概況」~「4.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  13/159















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/159





















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/159





















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/159





















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/159





















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/159





















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/159





















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  20/159





















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1) 連結経営指標等
           回次           第1期       第2期

          決算年月           2017年9月       2018年9月

     売上高            (千円)      1,862,741       3,104,160

     経常利益            (千円)       199,759       411,684

     親会社株主に帰属する
                 (千円)       126,934       287,328
     当期純利益
     包括利益            (千円)       126,934       287,328
     純資産額            (千円)       180,287       467,615

     総資産額            (千円)      2,158,641       3,339,487

     1株当たり純資産額             (円)        18.02       46.76

     1株当たり
                 (円)        12.69       28.73
     当期純利益
     潜在株式調整後
     1株当たり             (円)          ―       ―
     当期純利益
     自己資本比率             (%)         8.4       14.0
     自己資本利益率             (%)        70.4       88.7

     株価収益率             (倍)          ―       ―

     営業活動による
                 (千円)       162,790       328,148
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)      △ 257,092      △ 657,764
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)       254,993       242,313
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)       574,066       486,764
     の期末残高
     従業員数
                          175       327
     〔ほか、平均臨時雇用             (名)
                        〔 106  〕     〔 131  〕
     者数〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.当社は2016年10月3日設立であり、第1期は2016年10月3日から2017年9月30日までの11か月と29日となっ
          ております。
        3.当社は、2017年5月26日開催の取締役会決議により、2017年7月1日付で普通株式1株につき10株の株式分
          割を行っており、また、2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につ
          き200株の株式分割を行いましたが、第1期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産
          額及び1株当たり当期純利益を記載しております。
        4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場であ
          るため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
        5.第1期の自己資本利益率は連結初年度のため、期末の自己資本に基づいて算出しております。
        6.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        7.第1期及び第2期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
          (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、P
          wCあらた有限責任監査法人により監査を受けております。
        8.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員(1日8時間換算)を〔〕外数で記載しておりま
          す。なお、臨時雇用者数とは、正社員以外の直接雇用者(パートタイマー及び嘱託契約の社員)であります。
                                  21/159



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第1期       第2期

          決算年月           2017年9月       2018年9月

     営業収益            (千円)        38,760       408,414

     経常利益又は
                 (千円)      △ 21,698       116,964
     経常損失(△)
     当期純利益又は
                 (千円)      △ 21,863       105,795
     当期純損失(△)
     資本金            (千円)        40,000       40,000
     発行済株式総数             (株)       50,000       50,000

     純資産額            (千円)        28,136       133,932

     総資産額            (千円)        64,492       917,921

     1株当たり純資産額             (円)        2.81       13.39

                           ―       ―
     1株当たり配当額
                 (円)
     (1株当たり中間配当額)
                          ( ―)      ( ―)
     1株当たり
     当期純利益又は             (円)       △ 2.18       10.57
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後
     1株当たり             (円)          ―       ―
     当期純利益
     自己資本比率             (%)        43.6       14.6
     自己資本利益率             (%)          ―     130.6

     株価収益率             (倍)          ―       ―

     配当性向             (%)          ―       ―

     従業員数
                          15       20
                 (名)
     〔ほか、平均臨時雇用
                         〔 ▶ 〕      〔 1 〕
     者数〕
     (注)   1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        2.当社は2016年10月3日設立であり、第1期は2016年10月3日から2017年9月30日までの11か月と29日となっ
          ております。
        3.1株当たり配当額及び配当性向については配当を実施しておりませんので、記載しておりません。
        4.当社は、2017年5月26日開催の取締役会決議により、2017年7月1日付で普通株式1株につき10株の株式分
          割を行っており、また、2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につ
          き200株の株式分割を行いましたが、第1期の期首に当該株式分割が行われたと仮                                      定し、1株当たり純資産
          額及び1株当たり当期純利益             又は当期純損失を記載しております。
        5.当社は、2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につき200株の株式
          分割を行っており、発行済株式総数は10,000,000株となっております。
        6.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第2期は新株予約権の残高はありますが、当社株式は非
          上場であり、期中平均株価が把握できないため、また、第1期は1株当たり当期純損失であるため記載して
          おりません。
        7.第1期の自己資本利益率については、当期純損失が計上されているため、記載しておりません。
        8.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        9.第1期及び第2期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
          年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、PwCあら
          た有限責任監査法人により監査を受けております。
        10.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員(1日8時間換算)を〔〕外数で記載しておりま
          す。
          なお、臨時雇用者数とは、正社員以外の直接雇用者(パートタイマー及び嘱託契約の社員)であります。
        11.  第1期における経常損失及び当期純損失は、                     事業成長の加速に伴い前倒しで従業員採用を実施したため、労
          務費や採用費等の費用が増大した結果であります。
                                  22/159



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (参考情報)
       当社は2016年10月3日に株式移転により設立いたしました。当社の株式移転完全子会社である株式会社アンビス
      の主要な経営指標等の推移は、以下のとおりであります。
           回次           第1期      第2期      第3期      第4期      第5期      第6期

          決算年月           2014年3月      2015年3月      2015年9月      2016年9月      2017年9月      2018年9月

     売上高            (千円)         0   138,295      160,689      749,873     1,836,776      3,088,771

     経常利益又は
                                         △  32,046
                 (千円)       △35     11,056      36,041            218,236      384,232
     経常損失(△)
     当期純利益又は
                                         △  33,785
                 (千円)       △76      8,559      18,420            145,573      271,844
     当期純損失(△)
     資本金            (千円)       9,500      15,000      15,000      50,000      50,000      50,000
     発行済株式総数             (株)       950     1,500      1,500      5,000      5,000      5,000

     純資産額            (千円)       9,423      23,483      41,903      49,469      195,043      373,888

     総資産額            (千円)       9,501     329,119      208,095     1,553,589      2,149,338      2,673,855

     1株当たり純資産額             (円)     9,919.75      15,655.55      27,935.84       9,894.00        19.50      37.38

                          ―      ―      ―      ―      ―  18,600.00
     1株当たり配当額
                 (円)
     (1株当たり中間配当額)
                         (―)      (―)      (―)      (―)      (―)   (18,600.00)
     1株当たり
     当期純利益又は             (円)     △80.24      8,029.60      12,280.29     △12,658.61          14.55      27.18
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後
     1株当たり             (円)         ―      ―      ―      ―      ―      ―
     当期純利益
     自己資本比率             (%)       99.2       7.1      20.1       3.2      9.1      14.0
     自己資本利益率             (%)         ―     52.0      56.3        ―    119.1       95.6

     株価収益率             (倍)         ―      ―      ―      ―      ―      ―

     配当性向             (%)         ―      ―      ―      ―      ―     34.2

     従業員数
                          0      13      21      137      160      307
     〔ほか、平均臨時             (名)
                        〔0〕      〔9〕      〔23〕      〔52〕      〔102〕      〔130〕
     雇用者数〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在していないため記載しておりません。
        3.株価収益率は株式会社アンビス株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を上表に記載しております。ま
          た、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定による監査証明を受けておりませ
          ん。
        5.第3期は、決算期変更により2015年4月1日から2015年9月30日までの6か月間となっております。
        6.  当社は、2017年5月26日開催の取締役会決議により、2017年7月1日付で普通株式1株につき10株の株式分
          割を行っており、また、2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につき
          200株の株式分割を行いましたが、株式会社アンビスの第5期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、
          1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を記載しております。
        7.第5期において当社を設立し、株式会社アンビスから当社に対してコンサルティング料、加えて第6期から
          は不動産賃料及び配当金が支払われております。
          第1期、第2期、第3期、第4期及び第5期は配当を実施しておりませんので、1株当たり配当額及び配当
          性向については記載しておりません。
        8.第1期及び第4期の自己資本利益率については、当期純損失が計上されているため、記載しておりません。
        9.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員を〔〕外数で記載しております。なお、臨時雇
          用者数とは、正社員以外の直接雇用者(パートタイマー及び嘱託契約の社員)であります。
        10.当社は、2017年5月26日開催の取締役会決議により、2017年7月1日付で普通株式1株につき10株の株式分
          割を行っており、また、2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につ
          き200株の株式分割を行っております。そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法
          人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点につい
                                  23/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          て」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に基づき、第1期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し
          て算定した場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると、以下のとおりとなります。
          なお、当該各数値については、PwCあらた有限責任監査法人による監査を受けておりません。
            回次          第1期      第2期      第3期      第4期      第5期      第6期

           決算年月          2014年3月      2015年3月      2015年9月      2016年9月      2017年9月      2018年9月
     1株当たり純資産額             (円)       4.95      7.82       13.96       4.94      19.50      37.38
     1株当たり
     当期純利益又は            (円)      △0.04       4.01      6.14     △6.32       14.55      27.18
     当期純損失(△) 
     潜在株式調整後
                          ―      ―      ―      ―      ―      ―
     1株当たり当期純利
                 (円)
     益 
     1株当たり配当額
                          ―       ―      ―      ―      ―
                                                        9.30
     (1株当たり中間配当
                 (円)
                        (―)      (―)      (―)      (―)      (―)     (9.30)
     額) 
        11.     第4期における経常損失及び当期純損失は、複数の医心館の新規開設に伴い労務費や採用費、開設に係る

           備品費等の費用が先行して発生したことによるものです。
                                  24/159















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【沿革】
      当社は、介護保険法、健康保険法、及び、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(以下、
     「障害者総合支援法」と言います。)に基づく訪問看護事業、訪問介護事業及びこれらに付随する業務を行うため、
     2013年9月、三重県桑名市において株式会社アンビスとして発足いたしました。創業者の柴原慶一は、医師であり生
     命科学分野の研究者として約20年のキャリアを有しておりますが、研究の第一線を退いて後、医療資源の十分な供給
     を得ることができない「医療過疎地」での地域医療の再生に係る活動や、東日本大震災の災害復興支援活動に従事し
     ました。その後、「新たな仕組みの提案と実践により超高齢社会が直面する医療の課題を解決したい」、「閉鎖的な
     医療業界を健全な競争原理が働く成長産業へと昇華させる一助になりたい」という志のもと、同社を設立いたしまし
     た。そして、2016年10月に株式移転により株式会社アンビスホールディングスを東京都中央区八重洲に設立し、現在
     では株式会社アンビスを100%連結子会社とする持株会社体制に移行しております。
      株式会社アンビス設立以後の企業集団に係る経緯は、表1のとおりであります。
                                  25/159

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          表1 企業集団に係る経緯
                                                 本書提出日現在
       年月                            概要
      2013年9月       訪問看護事業、訪問介護事業及びこれらに付随する業務を事業目的とした株式会社アンビス(資本金
             950万円)を三重県桑名市に設立。
      2014年5月       かつて医院であった病床(有床病床)を「医心館                      名張」へ転換、三重県名張市に開設。構想としての
             在宅型の“病床”のモデル事業を開始。
      2014年8月       「医心館     あま」を愛知県あま市に開設。新設の有料老人ホームを賃借し、医心館として開設した第
             一号モデル。
      2015年4月       「医心館     名張Ⅱ」を三重県名張市に開設。
             「医心館     名張」を「医心館         名張Ⅰ」へ改称。
      2015年6月       医心館の管理運営、配食及び物品販売を主たる目的とした株式会社医心(100%子会社)を愛知県名古
             屋市西区に設立(資本金950万円)。
      2015年12月       「医心館     岐阜」を岐阜県岐阜市に開設。既設の有料老人ホームを賃借し、医心館として再開設した
             第一号モデル。
      2016年4月       「医心館     盛岡」を岩手県盛岡市に開設。医心館として建物を新設、自社保有した第一号モデル。
      2016年5月       「医心館     四日市」を三重県四日市市に開設。既設のサービス付き高齢者向け住宅を賃借し、医心館
             として再運営した第一号モデル。
      2016年6月       「医心館     本陣」を愛知県名古屋市中村区に開設。
      2016年7月       「医心館     南浦和」を埼玉県さいたま市南区に開設。
      2016年10月       株式移転により株式会社アンビスホールディングスを東京都中央区八重洲に設立(資本金4,000万

             円)。株式会社アンビスを100%子会社とする持株会社体制へ移行。
      2017年3月       「医心館     横浜都筑」を神奈川県横浜市都筑区に開設。既設の有料老人ホームを事業譲受し、大規模
             施設(定員93名)を医心館として運営した第一号モデル。
      2017年5月       株式会社医心の本店所在地を東京都中央区八重洲へ移転。
      2017年7月       「医心館     浦和美園」を埼玉県さいたま市緑区に開設。
      2017年8月       株式会社アンビスの本店所在地を東京都中央区八重洲へ移転。
      2018年5月       「医心館     盛岡Ⅲ号館」を岩手県盛岡市に開設。医心館として建物を新設、自社保有で運営。
      2018年6月       「医心館     横浜立場」を神奈川県横浜市泉区に開設。
      2018年7月       「医心館     宇都宮」を栃木県宇都宮市に開設。医心館として建物を新設、自社保有で運営。

      2018年9月       「医心館     盛岡」のセール&リースバック※を実施。当社における不動産流動化の第一号モデル。
      2018年11月       「医心館     成増」を東京都板橋区に開設。
             「医心館     新潟」を新潟県新潟市中央区に開設。医心館として建物を新設、自社保有で運営。
      2019年3月       「医心館     東戸塚」を神奈川県横浜市戸塚区に開設。
      2019年4月       「医心館     北浦和」を埼玉県さいたま市浦和区に開設。
      2019年6月       株式会社アンビスホールディングスを存続会社として、子会社である株式会社医心(2015年6月設
             立)と合併。
             「医心館     盛岡Ⅲ号館」のセール&リースバック※を実施。
      2019年7月       「医心館     東戸塚」内において、試験的事業「重症心身障害児(者)支援」を開始。
             「医心館     山形」を山形県山形市に開設。
      2019年8月       「医心館     宇都宮Ⅱ」を栃木県宇都宮市に開設。
      ※ 当社が所有する建物や設備などの固定資産を貸手に売却し、貸手からその資産のリースを受ける取引
                                  26/159








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      また、医心館の展開状況は、表2及び表3のとおりであります。
                          表2 展開状況(その1)

                                                 本書提出日現在
       圏域       都道府県           施設名          開設年月         出店方法        定員(名)
                        医心館    名張Ⅰ
       中京        三重県                     2014年5月           賃貸          22
                        医心館    あま
       中京        愛知県                     2014年8月           賃貸          40
                        医心館    名張Ⅱ
       中京        三重県                     2015年4月           賃貸          24
                        医心館    岐阜
       中京        岐阜県                     2015年12月           賃貸          38
                                                 ※1
                        医心館    盛岡
       東北        岩手県                     2016年4月                    40
                                            自社保有
                        医心館    四日市
       中京        三重県                     2016年5月           賃貸          28
                        医心館    本陣
       中京        愛知県                     2016年6月           賃貸          21
                        医心館    南浦和
       首都        埼玉県                     2016年7月           賃貸          29
                       医心館    横浜都筑
       首都       神奈川県                     2017年3月          事業譲受           93
       首都        埼玉県         医心館    浦和美園         2017年7月           賃貸          30
                                                 ※2
                       医心館    盛岡Ⅲ号館
       東北        岩手県                     2018年5月                    54
                                            自社保有
       首都       神奈川県         医心館    横浜立場         2018年6月           賃貸          50
                        医心館    宇都宮
      北関東        栃木県                     2018年7月          自社保有           51
                        医心館    成増
       首都        東京都                     2018年11月           賃貸          44
                        医心館    新潟
      甲信越        新潟県                     2018年11月          自社保有           41
                        医心館    東戸塚
       首都       神奈川県                     2019年3月           賃貸          56
                        医心館    北浦和
       首都        埼玉県                     2019年4月           賃貸          43
                        医心館    山形
       東北        山形県                     2019年7月           賃貸          40
                       医心館    宇都宮Ⅱ
      北関東        栃木県                     2019年8月           賃貸          42
       合計         ―           ―           ―         ―        786
      ※1 2018年9月のセール&リースバックにより不動産が流動化され、現在では賃貸案件として運営しております。
      ※2 2019年6月のセール&リースバックにより不動産が流動化され、現在では賃貸案件として運営しております
                                  27/159









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          表3 展開状況(その2)
                                             本書提出日現在
          表中における、●印と■印は次のことを示しております。






          ●都市型モデル:大都市部(首都圏等)でのドミナント戦略

           ・量的に大きな需要がある大都市部において、集中的な出店による事業効率性を獲得します。
           ・施設間の移動所要時間を30分~1時間以内で設定し、ドミナント戦略エリア内で医心館入居者
            定員200~300名の集中出店を目指します。このドミナント戦略は、人員の採用及び配置、営業
            活動や組織マネジメントなどで競争優位を得るものと考えております。
          ■地方都市モデル:閉鎖的地方都市での高シェア戦略

           ・市場の魅力が大都市部より劣ることから参入が躊躇されやすい地方都市において、他社に先行
            して出店することでエリア支配による先駆者利益を獲得します。
           ・商業が一般的に成立し得、かつ在宅医療の基盤が一定程度に整備されている地方都市にスポッ
            ト出店します。              医療過疎地あるいはその周辺地であることが多い閉鎖的地方都市への出店は、
            収益性と設立時の事業テーマとの両立(持続可能な地域医療の強化再生)を実現することを意
            味しております。
    3 【事業の内容】

      当社グループは、当社と連結子会社の2社で構成され、当社は持株会社であります。当社の連結子会社には株式会
     社アンビス(以下、「アンビス」と言います。)があります。また、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府
     令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基
     準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。
                                         㬀
      まず、当社の中核事業は、アンビスに対する、住宅型有料老人ホーム等                                   の運営及び経営に係るコンサルティン
     グ、住宅型有料老人ホーム等の用に供するための土地及び建物の賃借の実施であり、アンビスが当社の主たる収益源
     となっております。
       ※1 住宅型有料老人ホーム等にはサービス付き高齢者向け住宅も含みます。

          住宅型有料老人ホームとは、老人福祉法に定められた手続きを経て設置された高齢者のための住居であり、
          厚生労働省が所管しています。
          サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者住まい法に定められた手続きを経て設置された賃貸住宅であり、
          国土交通省が所管しています。
                                  㯿

      つぎに、アンビスの中核事業は、医療施設型ホスピス事業                             であります(図1)。アンビスでは、住宅型有料老人
     ホーム等「医心館」施設内における訪問看護、訪問介護、居宅介護支援及び障害者を対象とした居宅介護といった各
     種サービスの提供と施設運営により、医療施設型ホスピス事業を行うことを「医心館事業」と称し、現在のところ当
     社グループの主軸事業となっております。
      グループ会社として連携することで、医療依存度が高い方、例えばがん末期状態にある方、人工呼吸器を装着され
     ている方、神経変性疾患等を患っている方ほかを積極的に受入れ、特化して慢性期や終末期における看護ケアを提供
                                  28/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     いたします。具体的には、アンビスがそれを行い、当社が「医心館」の出店戦略の企画から協力医療機関の獲得、顧
     客営業先の開拓、集客・サービス提供状況の分析及び改善、適正運営の確保、診療/介護報酬請求、債権管理、物品
     調 達までのサポートを行うことで、当社グループは一気通貫型の地域医療/看護の強化再生ビジネスモデル(以下、こ
     れらの総称を「医心館事業」と言います。)を構築しております。
      なお、当社グループの報告セグメントは医心館事業のみの単一セグメントであります                                         。
           図1 アンビスの中核事業「医療施設型ホスピス」の位置づけ(当社グループによる定義)

       ※2 安心な住まいを提供して、質量ともに整った看護体制により入居される方々へ医療とケアを届ける事業を



         「医療施設型ホスピス」事業と当社グループで定義しております。
       ※3 難治性の病態、もしくは終末期にある医療依存度が高い方々を病院ではなく、地域で支える事業を総称し
         て、「在宅ホスピス」事業と当社グループで定義しております。
      医心館事業

       主にはアンビスが運営する医心館事業では、訪問系サービスである「訪問看護」、「訪問介護」及び「居宅介護
      支援」等と施設系サービスである「住宅型有料老人ホーム」等とを有機複合的に組み合わせることにより、退院後
      の行き先に不安や心配がある医療依存度が高い方やその家族といった顧客の幅広いニーズに応える「医心館」を1
      都9県、19施設を事業所として展開しております(本書提出日現在)。また、医心館では障害者の受入れにも取り組
      んでおり、障害者総合支援法によるサービス提供を行っております。特に看護師の人員体制を強固にすることで、
      医療依存度が高い方の慢性期や終末期の療養において充実した看護ケアを提供していることを特徴としておりま
      す。また、原則として医師、薬剤師や介護支援専門員(以下、「ケアマネジャー」と言います。)を外部化(業務委託
      ではなく、医療・介護従事者の共感に基づく連携と協力関係のこと。当社では“医師、薬剤師やケアマネジャーの
      アウトソーシング”と表現しております。)することで、事業の透明性と公正性を担保し、在宅療養を含めた地域包
      括ケアシステムや「地域医療」のプラットフォームの一翼を担う存在として地域から認められることを目指してい
      ます。
       医心館側の視点からは、慢性期や終末期の療養生活の場では、医師が施設に常駐して医療を提供する必要性は小
      さく、連携と協力関係を礎に非常駐化と外部化が可能であるため、看護や介護への人材投入の余力が発生します。
      一方、地域の開業医等病床をもたない医院(無床診療所)側の視点からは、病床を必要とする患者を診る必要が生じ
      た際には、医心館のベッドを利用することで対応が可能となり、実質的に病床を有するような状態となることで患
      者対応力の向上につながると考えております。かつ診療時間外に患者の容態や病床を管理する負担が軽減されます
      (当社では“シェアリング病床”と表現しております。)。また、病床を有する市中病院においても病床回転率が向
      上し、経営の安定につながると考えております。これらのことを事由のひとつとして、医心館(当社グループ)と医
      療機関等との間では強固な信頼関係が築かれていると考えております。
       なお、事業の内容に関しましては、章末に「用語集」として用語の解説を記載しております。
       医心館事業で提供する各サービスの内容は以下のとおりであります。アンビスの売上高は、主にこれらサービス

      の提供を通じて社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会等(以下、「国保連等」と言います。)の審査
      支払機関から得る診療報酬・介護報酬等の保険売上と、入居者から得るホテルコスト(家賃、食費、水道光熱費・管
      理費等)等の保険適用外売上により構成されております。
      ① 訪問看護/介護予防訪問看護

       ・利用者に対する訪問看護サービスを提供し、このことに対して、国保連等の審査支払機関から得た報酬(医療保
        険制度による場合は診療報酬、介護保険制度による場合は介護報酬)を主に売上として計上いたします(一部、
        利用者の自己負担(1~3割)あり。以下、各報酬に対する売上について同じ。)。
       ・訪問看護は、老人保健法の改正(1992年)により創設された老人訪問看護制度に基づき事業化されたもので、何
        らかの病気や障害のある方が、自宅で療養生活をおくることを希望した際に、主治医から交付される訪問看護
        指示書に基づき、療養上の世話及び診療の補助を実施していくものであります。
                                  29/159

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ・健康保険法等の改正(1994年)によって、老人医療の対象とはならない難病児者や障害児者等を含め、すべての
        年齢の在宅療養者に対して訪問看護を提供することが可能となっております。
       ・訪問看護を提供する者は、国家資格又は都道府県知事資格免許をもった看護師、准看護師、保健師等、理学療
        法士、作業療法士等となっています。
        また、サービスを提供する法人形態は、医療法人、社会福祉法人、特殊法人をはじめ、株式会社等の営利組
        織、非営利組織など様々であります。
       ・訪問看護で提供できる療養上の世話とは、リハビリテーション、排泄及び身体清潔への援助などを指しており
        ます。
        また、診療の補助とは、留置カテーテルやドレーン類の管理、点滴の実施、その他に注射類、在宅酸素及び人
        工呼吸器の管理、褥瘡の処置など多岐にわたります。
       ・一般的に病院での急性期治療が終わり、退院後も医療的なケアを必要とされる方が利用します。
        一方で、介護予防訪問看護は、現時点で寝たきりや痴呆等により常時介護を必要とする状態(要介護)には及ば
        ないが、家事や身支度等の日常生活に支援が必要になった状態(要支援)の方が進行悪化し、前者の状態になる
        ことをできる限り防ぐ目的で実施されます。
       ・アンビスでは、医心館の同一敷地内に訪問看護事業所を併設し、入居者に対し、訪問看護サービスと訪問介護
        サービスを併せて提供しております。
      ② 訪問介護/介護予防・日常生活支援総合事業

       ・利用者に対する訪問介護サービス等を提供し、①同様、国保連等の審査支払機関から得た報酬を主に計上いた
        します。
       ・ホームヘルパー(訪問介護員)や介護福祉士が要介護者の自宅を訪問し、入浴や排泄、食事、着替えなどの介護
        (身体介護)や、調理、洗濯、掃除などの家事や生活等に関する相談、助言(生活援助)を受けることができるも
        のであります。
       ・一方、要支援者については、介護予防・日常生活支援総合事業に基づく訪問型サービスが受けられます。
        2018年3月までは要支援者を対象とする居宅サービスとして介護予防訪問介護がありましたが、2018年4月か
        ら介護予防訪問介護は介護予防・日常生活支援総合事業に移行されました。
       ・アンビスでは、医心館の同一敷地内に訪問介護事業所を併設し、入居者に対し、訪問介護サービスと訪問看護
        サービスを併せて提供しております。
        サービス内容は、ケアマネジャーなどが作成したケアプランに基づいて設定されています。
       ・アンビスでは、各種サービスの利用者に説明を行ったうえで契約を締結、その後にケアプランに沿ったサービ
        ス提供を行います。
        医心館の入居者は要介護度が高い方が多いため、主として身体介護サービスを提供しております。
       ・アンビスが提供したサービスの対価は、原則として、サービス利用料の1割~3割を利用者に請求し、残り7
        割~9割を国民健康保険団体連合会に請求します。
      ③ 居宅介護支援

       ・サービスの利用者から依頼を受けて、その心身の状況やおかれている環境、本人や家族の希望などを考慮した
        うえで、利用するサービスの種類や内容などの居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成するサービスのことで
        あります。
       ・居宅サービス計画書の作成の他にも、その計画に基づいてサービスが適切に提供されるよう、サービス事業者
        や施設などとの連絡調整も行います。
       ・アンビスでは、「医心館             あま」「医心館        盛岡」「医心館        浦和美園」「医心館          横浜都筑」「医心館          宇都宮」
        「医心館     横浜立場」「医心館          東戸塚」「医心館         新潟」(本書提出日時点)に居宅介護支援事業所を併設してお
        りますが、医心館の入居者は外部の居宅介護支援事業所のサービスを受けることが可能であり、その選択は自
        由であります。
       ・アンビスでは、同社のケアマネジャーがケアプランを作成するなど、要介護認定者の介護保険サービス利用を
        支援した場合、介護保険での報酬を請求し、これを売上として計上いたします。
        報酬額はサービス利用者の要介護度に応じて設定されており、居宅介護支援サービスについては、利用者の負
        担はなく全額が介護保険から給付されます。
                                  30/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④ 居宅介護/重度訪問介護
       ・障害者総合支援法に基づき、障害のある方が住み慣れた地域で生活するため、日常生活や社会生活の総合的な
        支援を目的とした居宅介護サービス及び重度訪問介護サービスの提供を行うものです。
       ・居宅介護とは、自宅で、入浴、排泄、食事の介護等を行うものであります。
       ・重度訪問介護とは、重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする方(2014年4月より対象者が重度の知的障害
        者・精神障害者に拡大)に、自宅で、入浴、排泄、食事の介護、外出時における移動支援などを総合的に行うも
        のであります。
       ・これらのサービスは、個々の方の障害程度や勘案すべき事項(社会活動や介護者、居住等の状況)を踏まえ、個
        別に報酬の支給決定が行われます。アンビスでは、これらサービスの提供に基づく報酬を売上として計上いた
        します。
     [事業系統図]

      事業の内容を事業系統図により示すと図2のとおりであります。
                            図2 事業系統図

     [事業化の背景と事業機会]







      医心館事業の事業化の背景と事業機会は以下のとおりであります。
     (1)  地域医療の疲弊・破綻

       医療過疎地にある病院では経営赤字と医師の慢性的な不足という共通課題を抱え、病床の休廃止や廃院の危機に
      瀕しております。医師の確保が難しい背景には、日常の外来診療や病棟管理のほか、救命救急や周産期といった緊
      急性が高い対応までを少ない人員で行わざるを得ない結果としての過密な労働環境があります。労働環境を改善す
      るべく、病院の経営側は医師の確保を試みるも叶わず、給与条件を引き上げることで人件費は高騰し、経営状況は
      さらに圧迫され、病床の休廃止や外来閉鎖、サービスの質量低下で患者数は一層減少、さらなる経営悪化で廃院す
      るといった構造的な問題(地域医療の崩壊スパイラル)が存在しております。
     (2)  医療ケア難民化

       わが国の超高齢社会(65歳以上の人口割合が全人口の概ね20%を超えている社会)は、医療や介護の需要がさらに
      高まることに併せて、「多死社会」を実相としており、人生の最終段階を「在宅(自宅や施設等)」で過ごすことを
      希望する方、さらには要介護度が高く医療を必要とする在宅療養者が急増する状況に、現状はその適切な受け皿や
      仕組みの整備が質量ともに不十分であります。
       これまで受け皿としての機能を果たしてきた、療養病床をはじめとする慢性期病床は、総数削減の方向性が示さ
      れております(病床機能評価の厳格化)。2014年に創設された地域包括ケア病床に関して、患者を病院内及び病院間
                                  31/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      で移動させるのではなく、「在宅」に帰す(在宅復帰)割合を上げることに対し高い報酬が設定されている(出所:中
      央社会保険医療協議会総会(第389回)資料、2018年2月7日)ことからも明らかなように、国は「時々入院、ほぼ在
      宅」  といった、病院から「在宅」へという流れを強力に推進しております。この病床機能評価の厳格化の背景に
      は、病床機能分化と全体的な病床数の削減、とりわけ療養病床の再編を促進する意図があると考えております。
       35.4万床(2015年7月時点)ある慢性期病床(そのうち75%が療養病床)は、その約2割を縮減して28.4万床とし、
      縮減の行き先を介護施設や在宅医療等の利用で補うとされております(出所:平成29年第5回経済財政諮問会議資
      料、2017年4月12日)。また、国は「超高齢」「多死」社会の進展に伴う需要の増大に対し、地域で関係機関及び職
      種が連携し一体となって患者を支えること(地域包括ケアシステム)を構想しております(出所:厚生労働省ホーム
      ページ「政策について/地域包括ケアシステム」ほか)。しかしながら、その整備状況については地域差が大きく、
      医療資源や機能的な連携が不十分であり需要に応えられる状況にはありません。療養病床を削減するその先、療養
      病床に代わる「療養の場」は時間を経るごとにますます社会全体で、特に医療過疎地で不足していくことを予想い
      たします。
       このような状況において、病床の不足から退院後にかかりつけ病院等へ転院できない、医療的な対応の不足から
      介護施設等へ移れない、なおさら家族等での負担が増えることから自宅へさえ戻れないといった、医療依存度が高
      い方の退院後の行き先に係る問題「医療ケア難民化」が存在しております。
    [医心館事業の特徴]

      当社グループが行う事業の特徴は、以下のとおりであります。
     (1)  医心館事業の概要
       医心館事業は「医心館」と称する住宅型有料老人ホーム等の運営と、施設内における訪問看護事業所、訪問介護
      事業所の運営による医療施設型ホスピス事業であります。住宅型有料老人ホーム等では職員が24時間365日、入居者
      の見守りと健康管理を行い、訪問看護事業所と訪問介護事業所のそれぞれの職員は、医師の訪問看護指示あるいは
      ケアマネジャーのケアプランに従い、入居者への日常的なケアに加えて病変時対応を行います。これらの点では、
      他の事業者が運営する有料老人ホーム等と運営方法に決定的な違いはなく、建築物の構造及び設備にも大きな特徴
      もありませんが、事業を安定的かつ持続的に発展運営するため、「医心館」は以下に掲げる特徴を有しておりま
      す。
     (2)  医心館事業の特徴

      ① 入居者からみた医心館事業の特徴
        医心館は、医療依存度が高い方々の安寧と尊厳のために、安心して暮らせる療養の場を提供できるよう事業を
       展開しております。一般的な介護施設では受け入れることが困難な、がんの末期状態にある方、特定疾患等の難
       治性の病を患う方、人工呼吸器の装着や気管切開で呼吸管理が必要な方、看取り対応の方、入退院を繰り返さざ
       るを得ない方、重度障害により「在宅」での日常生活が困難な方など、いずれも医療依存度が高く「自宅等」で
       看護・介護を十分に得ることが難しい方々に対して、慢性期・終末期の“療養”の機能を“住まい”に付加した
       場(退院後の行き先)を提供し、看護職員がメーンプレイヤーとなって、最期まで責任あるケアを提供しておりま
       す。
        医療資源(医療従事者及び業務補助者、医療施設及び設備など)の充足状況と、結果としての医療提供状況は、
       地域ごとに大きく異なるため、医心館では医療機関との棲み分けを考慮しながら、地域のニーズに応じて柔軟に
       受入れ対象を調整しております。
        医心館では、常時複数の医師、薬剤師らと連携して入居者に必要な医療を提供しており、仮に入居者の病状が
       変化して、現在の主治医では対応が難しいような場合、専門分野を異にする医師の診療が必要になるような場合
       には、医心館の看護師を介して入居者への紹介が行われます。これは、地域の医療従事者等の円滑な連携によっ
       て、入居者にとって真に必要な医療が提供される仕組みと言え、結果として医心館のみならず、その地域におけ
       る在宅医療の質的な向上と医療資源の効率的な利用を期待することができます。
      ② 収益構造からみた医心館事業の特徴

        医心館事業の収益は、医療保険報酬+介護保険報酬+その他保険報酬+ホテルコスト収益(家賃、食費、水道光
       熱費・管理費等の合計)の四層構造となっております。
        医心館は、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設や他の介護施設(有料老人ホーム等)と異なり、医療依存度
       が高い方に特化した施設であるため、病院から在宅へのシフトを推進する政策の「追い風」環境下において、介
       護保険報酬に加えて医療保険報酬の両方から収益を得、事業運営は安定していることが最大の特徴であります。
                                  32/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        また、収益の主柱をこれらに求めることで、ホテルコストに過度に依存しない事業運営が可能となります。こ
       のことで、医心館ではホテルコストをその地域での低価格に設定し、入居者の経済的な負担を軽減しておりま
       す。  これは、入居一時金や高い家賃などのホテルコストが入居希望者に忌避されることを避け、結果として入居
       者獲得の機会を増やし、獲得後には入居期間の延長に繋がり、また病院からの逆紹介等の切迫した受入れ依頼に
       対しても迅速に応じ、病院との連携強化、信頼醸成が進むなど好影響をもたらす要因となっております。
      ③ 人員体制から見た医心館事業の特徴

       ・手厚い看護体制
        医療依存度が高い方の医療需要に応えるため、経験豊か                           (総合病院に一定期間勤務している等)                   な看護職員
       を、一般病棟入院基本料に係る施設基準(入居者数:一日に看護を行う看護職員数が10:1~13:1)と同等数で人
       員配置しております(ただし、医心館もしくは併設する訪問看護事業所に配置する人数の合計)。
       ・在宅療養に関わる人材の育成

        今後の「多死」社会への対応を考えるとき、看取りを支える人材を育成していくことが必要となります。医心
       館では、2014年5月~2019年7月の間、1,333名の方の看取りに対応いたしました。この数は医心館の累計定員
       744名を上回る数であり(表4及び表5、図3)、また期間中の施設総数18で除すると(1施設当たり)74名となり、
       アンビスの職員の多くが医心館で終末期に係る医療や介護の経験を積み、その経験を個人として、また組織とし
       て次回の看取りに還元しています(デスカンファレンスの実施など)。このことは、医心館事業が社会の要請にか
       なった、在宅療養に関わる人材を育成している証であります。
      ④ 連携先からみた医心館事業の特徴

        医心館では、原則として医師、薬剤師やケアマネジャーを外部化することで、事業の透明性と公正性を担保
       し、同時に医療依存度が高い方のケアへの共感を軸に協業を図ることで、在宅療養を含めた地域包括ケアシステ
       ムや「地域医療」のプラットフォームを組み立てていることを特徴としております。なお、アンビスを含め当社
       グループは病院等の系列には属さず、また特定の医師と包括的な資本関係を持たない事業運営を行っておりま
       す。
        本書提出日現在、アンビスが運営する医心館は、19施設(中京圏6施設173名定員、東北圏3施設134名定員、首

       都圏7施設345名定員、北関東圏2施設93名定員、甲信越圏1施設41名)、合計786名定員となりました。これま
       で、延べ2,236名(2019年7月31日現在)の利用者を得ております。当社グループでは、医心館の出店ポートフォリ
       オ(展開区分)を「都市型モデル」及び「地方都市モデル」としており、それぞれの売上高構成比は図4のとおり
       であります。最近では、都市型モデルの売上高構成比が地方都市モデルのそれを上回る状況にありますが、特段
       に都市型モデルへのシフトを進めているわけではなく、これらモデルが両立する展開を進めるうちに現在の均衡
       的な状態に行き着いたものであります(都市型モデルの売上高構成比に地方都市モデルのそれが拮抗している状況
       は、当社グループの事業展開において特徴的であり、また当社グループの事業趣旨に整合的であります。)。
        なお、出店ポートフォリオの内容については、前述の表3において注記しております。
                                  33/159








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                      表4 「医心館」開設数及び定員数の推移
                       開設(か所)                      定員(名)

                   新規           累計           新規           累計
      2014年9月末                  2           2          42           42
      2015年9月末                  1           3          24           66
      2016年9月末                  5           8          148           214
      2017年9月末                  2          10          131           345
                                                        520
      2018年9月末                  3          13          175
      2019年7月末                  5          18          224           744
                     表5 「医心館」入居者数及び看取り数の推移

                       入居者(名)                     看取り(名)

                   新規           累計           新規           累計
      2014年9月末                  45           45           11           11
      2015年9月末                 111           156           37           48
      2016年9月末                 260           416           98          146
      2017年9月末                 384           800           231           377
                                                        751
      2018年9月末                 562          1,362            374
      2019年7月末                 874          2,236            582          1,333
                  図3 「医心館」定員数に対する入居者数と看取り数の推移

                                  34/159











                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                   図4 出店ポートフォリオ(展開区分)別の売上高構成比

      注 第1期(2017年9月期)及び第2期(2018年9月期)には、それぞれ23百万円及び1百万円のその他収入がありま







        したが、上記のグラフにはこれらを含んでおりません。
                                  35/159













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     〈用語集〉
               疾病をかかえた方々が自宅や施設等で必要な医療や看護を受けること。

               1992年の医療法二次改正により「居宅等」が医療を行う場として法的根拠を持つに至り、
               2008年の診療報酬にその範囲が定められている。自宅、社会福祉施設・障害者施設の他、
               特別養護老人ホームや有料老人ホーム、グループホーム、小規模多機能居宅介護等の居住
               系施設が含まれる。
     在宅療養
               在宅療養において請求できる診療報酬としては、往診、訪問診療、訪問看護など医療従事
               者が訪問して行う医療を評価するものと在宅自己注射、在宅酸素療法など、患者が自ら行
               う在宅医療を評価するものがある。
               国は、医療提供体制の改革において、病院から在宅へという流れを推進しているが、ここ
               での在宅とは自宅への退院だけでなく、上記居住系施設が含まれる。
               国家資格免許を持った看護師又は都道府県知事資格免許をもった准看護師及び保健師等
               が、保健師助産師看護師法に基づき、医師(主治医)の指示により疾病又は負傷を持った人
               の自宅を訪問し、在宅で療養上の世話又は必要な診療補助(心身の状況の観察、体温・脈
     訪問看護
               拍・血圧・血中酸素飽和度の測定、排泄の介助やおむつ交換、痰の吸引、口腔ケア、食事
               の介助、胃瘻からの水分・人工栄養剤・医薬品の投与など)を行う。医療行為を行う点で、
               訪問介護とは異なる。
               訪問介護員が居宅等を訪問して、食事、排泄やおむつ交換、着衣の交換、寝具の交換、車
     訪問介護          いすへの移動、通院・通所・外出などの日常生活動作の介護、料理、洗濯・洗濯物の乾
               燥・洗濯物の取り込み・洗濯物の収納、掃除、買い物などの日常家事の介護を行うもの。
               介護を必要とする人が適切なサービスを利用できるよう、本人や家族の要望に沿って、ケ
               アプランの作成や見直しの他、サービス事業者や施設との連絡調整も行うもの。居宅介護
               支援事業所では、介護支援専門員(ケアマネジャー)が以下のような業務を行う。
               ・要介護認定申請の受付、申請書の提出
     居宅介護支援事業          ・介護認定調査の実施
               ・指定居宅介護サービス事業所、介護保健施設の紹介及び提供事業所との連絡調整
               ・居宅介護サービス計画作成、サービス担当者会議で要介護者が受けるサービスの検討
               ・サービス計画に基づいたサービス提供の管理
               ・サービスの再評価とサービス計画の練り直し
               障害者福祉サービスの内容であり、障害程度区分が区分1以上(障害児にあってはこれに相
     居宅介護
               当する心身の状態)である者が、居宅において、入浴、排泄及び食事等の介護、調理、洗濯
               及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言、その他の生活全般にわたる援助を
     (ホームヘルプ)
               受けるもの。
               障害者福祉サービスの内容であり、重度の肢体不自由者で常時介護を必要とする障害者
               に、居宅において、入浴、排泄及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生
     重度訪問介護          活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助並びに外出時における移動中の
               介護を総合的に行うもの。2014年4月から対象者は重度の知的障害者・精神障害者にまで
               拡大されている。
               老人福祉法第29条第1項の規定に基づき、老人の福祉を図るため、その心身の健康保持及
               び生活の安定のために必要な措置として設けられる高齢者のための住居。
     住宅型有料老人
               設置主体に限定はない(営利法人中心)。対象者は老人であるが、根拠法に老人の定義がな
     ホーム
               いため、社会通念上の解釈による。入居者の①入浴、排泄又は食事の介護、②食事の提
               供、③洗濯、掃除等の家事、④健康管理のいずれかをする事業を行う施設と定義される。
                                  36/159









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
               高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)第5条の基準により登録される、

               介護・医療と連携し、高齢者の安心を支えるサービスを提供するバリアフリー構造の住
     サービス付き
               宅。介護保険法上の類型はなく、外部サービスを活用する。設置主体に限定はない(営利法
               人中心)。対象者は、単身・夫婦世帯で、60歳以上の者あるいは要介護、要支援認定を受け
     高齢者向け住宅
               ている60歳未満の者に限定される。入居者の状況把握サービス、生活相談サービス等の福
               祉サービスを提供する住宅と定義される。
               介護保険で被保険者である利用者にサービスを提供できる施設。介護保険施設には、介護
     介護保健施設          老人保健施設のほかに、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設がありそれぞれ設置基準
               が異なる。
               高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもと、在宅医療を促進する上での拠り所と
               なる地域の包括的な支援・サービスの提供体制のこと。
               背景には、日本の医療提供体制が世界各国に比較して人口当たりの病床数が多く、入院日
               数が長いという特徴を有することがあり、高齢者向け医療・介護サービスへの需要がます
     地域包括ケアシス
               ます増加するなか、国の財政事情に鑑みて医療や看護の効率化を進め、必要な人に必要な
     テム
               医療・介護を提供することが必要との考えを背景としている。2018年度の診療報酬改定に
               おいても、入院から在宅へという流れを一層促進するため、病床機能評価を厳格化し、地
               域の住まいを拠点とした総合的な医療介護連携を地域包括ケアシステムによって実現する
               ことが目標に掲げられている。
               人工呼吸器管理や酸素療法、経管栄養など、医療を施さなければ生存が難しい状態の度合
               いのことで、医療依存度の高さが退院後の在宅療養や介護施設の受入れ可否に係る条件の
     医療依存度          一つとなる。医療依存度が高い患者への対応には、病棟勤務経験のある看護師など、日ご
               ろのケア方法を熟知した上で、急変の兆しや異常を見落とさないこと、緊急時の正しい対
               応など、医療面の知識を有し、プライバシーの保護方法などを学んでおく必要がある。
                                  37/159














                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
                                          議決権の所有

                         資本金         主要な事業
        名称          住所                         (又は被所有)         関係内容
                         (千円)          の内容
                                           割合(%)
     (連結子会社)
                                                 役員の兼任3名
                              居宅サービス、訪問看
     株式会社アンビス
                                                 子会社、経営指
               東京都中央区           50,000    護・訪問介護事業及びそ                100
                                                 導及び不動産賃
     (注)1、3
                              れらに付随する業務
                                                 貸
     株式会社医心
                              介護・生活用品販売及び                   役員の兼任1名
               東京都中央区            9,500                    100
                              それらに付随する業務                   子会社
     (注)4
     (注)   1.特定子会社であります。
        2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
        3.株式会社アンビスについては、売上高(連結会社相互間の内部取引売上高を除く)の連結売上高に占める割合
          が10%を超えております。
          主要な損益情報等                ① 売上高                     3,088,771千円
          (2018年9月期)    ② 経常利益                               384,232千円
                     ③ 当期純利益                             271,844千円
                     ④ 純資産額                               373,888千円
                     ⑤ 総資産額                              2,673,855千円
        4.2019年6月1日付で当社を存続会社として、株式会社医心は吸収合併されました。
    5  【従業員の状況】

     (1)  連結会社の状況
                                               2019年7月31日現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
               医心館事業                                       529(231)

     (注)   1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は最近1年間の平均人員(1日8時間換算)を()外数で記載して
          おります。なお、臨時雇用者数とは、正社員以外の直接雇用者(パートタイマー及び嘱託契約の社員)であ
          ります。
        2.最近日までの1年間において従業員数が202(100)名増加しております。主な理由は新規施設の開設に伴い期
          中採用が増加したものによるものです。
        3.当社グループは、医心館事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
     (2) 提出会社の状況

                                               2019年7月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
              20(1)              36.2              1.5            5,420

     (注)   1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は最近1年間の平均人員(1日8時間換算)を()外数で記載して
          おります。なお、臨時雇用者数とは、正社員以外の直接雇用者(パートタイマー及び嘱託契約の社員)であ
          ります。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.平均年間給与は、中途入社者、臨時社員を除く期末在籍者数を基に計算しております。
        4.当社は、医心館事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
     (3)  労働組合の状況

       当社グループにおいて労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  38/159





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中における将来に関する事項は、本書提出日時点において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  会社の経営の基本方針

       社名のアンビスは、AmbitiousとVision(大志ある未来像)の造語であります。そして、当社グループは「志とビ
      ジョンある医療・介護で社会を元気に幸せに」を企業理念(ミッション)に掲げています。
       わが国では、これまで永らく病院に医療資源を集中させる構造をとってまいりました。従来の急性期患者を対象
      とした「病院完結型」から、高齢者や慢性疾患患者の機能維持・向上を対象とした「地域完結型」の社会保障体制
      (地域包括ケアシステム)への移行改革が行われようとする今、その構造による体制硬直が改革の障壁となっており
      ます。この現状を打破するべく推進される在宅医療は、医療を人々のくらしに還し、病院と地域を親和させると
      いった医療のパラダイムシフトをもたらすことを期待するものであります。
       2013年の創業以来、当社グループは、住み慣れた地域で在宅療養を得られずに困っている高齢者ほかのニーズに
      応えるべく、医心館事業を提案し、実直に取り組むことを続けてまいりました。結果、医心館はこの展開地域で在
      宅療養を含めた地域包括ケアシステムや「地域医療」のプラットフォームとして受け入れられているものと認識し
      ております。今後、医心館事業を拡大展開していくにあたり、当社グループとその事業に期待される役割はますま
      す重要かつ大きなものになっていくと見通しております。
       当社グループは、時流に即して行動することのみならず、時流を先読み、さらには自ら時流を生み、新市場を拓
      くことで成長する会社でありたいと考えております。これからも、既成概念にとらわれず、社会が直面する課題を
      解決していくことを通じて、企業理念(ミッション)「志とビジョンある医療・介護で社会を元気に幸せに」を実現
      してまいります。
     (2)  目標とする経営指標

       当社グループでは、主な経営指標として、企業の事業活動の成果を示す営業利益やその推移のほか、収益性の判
      断指標では安定稼動した場合の施設ごとの粗利益率や営業利益率の推移を、財務の安定性判断の指標では自己資本
      比率を用い、これら指標の向上に意識をおき、バランスよく、かつ持続的に企業価値を拡大していくことを目指し
      ております。また、企業価値を測る指標として、売上、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益の前年比増
      による経営成長性を重視しています。
     (3)  中長期的な会社の経営戦略

      当社グループの中長期ビジョンは以下の3点であります。
       a.  医療施設型ホスピス事業(医心館事業)を長期安定的な収益基盤とする
         当社グループは、医療過疎地をはじめとした「地域」の医療を強化再生するプラットフォーマー(プラット
        フォームホルダー)として、またパイオニアとして、好循環を維持強化するための各種戦略を選択できる競争優
        位と先駆者の優位性をもっていると考えており、安定的かつ持続的な成長、そして長期的利益へと繋げてまい
        ります。このために、既存の医心館事業を一層深耕し、業務効率を改善させ、人材の採用や教育に注力してい
        くなど、積極的な事業展開を図ります。
       b.  医療・看護介護のリーディングカンパニーになり、医療・福祉分野で新たな潮流を創生

         さらに当社グループは、設立時の事業テーマ「新たな医療・介護の仕組みによる地域医療の活性化」を「新
        しい医療・看護介護のリーディングカンパニーになり、医療・福祉の分野で新たな潮流を背負う」に昇華さ
        せ、このテーマ、換言すれば目標を達成するために、医心館事業のみならず、必要とする周辺事業や新規事業
        を展開してまいります。
       c.  医療財源の最適化を図り「地域医療の強化・再生」を推進し、未来医療の恩恵をひとりでも多くの人々に届け

        る
       これらビジョンをふまえて、当社グループが設定した中長期戦略は以下の4点であります。

       ① 医心館事業規模(出店数)の拡大
       ② 医心館事業の利用対象者層の拡大(一気通貫化)
       ③ 地域医療再生事業への取組
       ④ 潜在ナース活用事業への取組
                                  39/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ① 医心館事業規模の拡大

        当社グループは、今後も医心館事業を積極的に展開します。
        展開地域では、より厚い信頼(質)とより高いシェア(量)の両方を獲得し維持することを目指します。
        具体的な行動方針はつぎのとおりであります。
       a.入居者獲得方針
         入居者は医療保険対象者、特にがん末期状態にある方、神経変性疾患など難治性の病の方、人工呼吸器を装
        着・気管切開されている方ほかを主とし、入居者獲得において他の介護事業者よりも競争優位な立場(競争回避
        の状態)を保持する方針です。
       b.開発方針
         主には、大都市部でのドミナント戦略と閉鎖的地方都市での高シェア戦略を並行して進めます。
        ・各戦略については、本書の「第1 企業の概況 2 沿革」において、「表3 展開状況(その2)」
         の注記をご参照ください。
        ・2つの戦略を並行展開することによる効果
         閉鎖的地方都市で確保した看護人材を、人材確保の競争環境にある大都市部へ補給することが可能となりま
         す。
        また、当社グループでは、事業開始当初より、在宅療養において看護師をはじめ看護職員が果たす役割の重要

       性に着目してまいりました。国も訪問看護事業者を在宅医療における重要なプレーヤーとして位置づけ、訪問看
       護事業者に対して、規模の拡大による事業効率の向上と医療対応力の強化を求めています。現在、アンビスで
       は、訪問看護サービスの提供先が「医心館」内に留まっていますが、中長期的には自社の優れた医療対応力を
       「医心館」外や周辺事業で活かし、地域医療の強化再生にますます貢献できる企業となることを目指しておりま
       す。
      ② 医心館事業の利用対象者層の拡大

        これまで、医心館では、医療依存度が高い方、例えばがん末期状態にある方、神経変性疾患等を患っている
       方、人工呼吸器を装着されている方ほかを積極的に受け入れ、特化して慢性期や終末期における看護ケアを提供
       してまいりました。結果として利用対象者層の中心は「要介護度の高い後期高齢者」となっております。医心館
       で実際に受け入れてきた対象者は概ね高齢者(一部で重度障害者)でありますが、受け入れることができる(受け入
       れるべき)対象者は高齢者に限らず、より低年齢の重症心身障害児や医療的ケア児※をも含むものと考えておりま
       す。2019年7月、「医心館             東戸塚」内において、重症心身障害児(者)支援事業を開始しましたが、今後、当社グ
       ループでは、利用年齢層の拡大により一気通貫化を図ってまいります(図5)。
        医療技術の進歩などにより、従来では難しかった小児の救命がかない、退院後も引き続いて人工呼吸器の装
       着、痰の吸引や経管栄養等の医療的ケアや医療機器を必要とする、重症心身障害児及び医療的ケア児が年々増加
       しております。例えば、厚生労働省(保険局医療課調べ)では、小児の訪問看護の利用者数のうち、難病や医療的
       ケアに該当する者の割合は2011年(20.7%)に比べて2017年(56.3%)は約2.7倍であったとしています(出所:中央
       社会保険医療協議会総会(第370回)資料、2017年11月15日)。そこで当社グループでは、医療依存度が高い高齢者
       のみならず、重症心身障害児や医療的ケア児とその家族もまた退院後の行き先に不安や心配を覚える状況にある
       と判断しております。
       ※重症心身障害児と医療的ケア児について

        <重症心身障害児>
         重度の知的障害と重度の肢体不自由が重複している子どもたちのことであります。
         国は重症心身障害児の在宅での療育支援を推進しておりますが、これを行うための社会的資源が十                                              分に
         整備されておらず、家族の負担が大きいといった社会課題があります。この社会課題に対応するため、
         児童発達支援や放課後等デイサービス等の供給における量的拡大と質的向上が必要であると当社グルー
         プは考えております。
        <医療的ケア児>

         医学の進歩を背景として、NICU(新生児集中治療管理室)等に長期入院した後、引き続き人工呼吸器や胃
         ろう等を使用し、たんの吸引等の医療的ケアが日常的に必要な子どものことであります。
         厚生労働省(同省ホームページ「医療的ケア児等とその家族に対する支援施策」)によれば、その数は 
         18,000人を超えているとされております。
                                  40/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                     図5 利用者年齢層の拡大による一気通貫化

      ③ 地域医療再生事業への取組




        前述のとおり、医療過疎地では、病院の多くが経営赤字と医師の慢性的な不足という課題を抱え、病床の休廃
       止や廃院の危機に瀕しております。そこには、それらの病院に勤務する医師らは、病棟管理から救命対応までの
       すべてを少ない人員で行わざるを得ない結果としての過密な労働環境があります。医心館事業の本質は、病院の
       機能を大胆に切り分け、医師を外部化し、質の高い看護体制を施設に整え、慢性期・終末期を対象としたケアに
       特化して運営することにあります。これは医師の労働環境を、及び地域における病院(病床)の存在を危機から救
       う方策であります。当社グループの創業者である代表取締役の柴原慶一は、研究者から事業家へと転身した際に
       は、この「本質」を地域医療再生へのアプローチのひとつとして構想し、当初はこれをそのまま事業目的化する
       ことになりました。地域の医療機関や医療従事者の専門性や役割を活かした連携によって地域医療を支える仕組
       みであり、それぞれが役割に特化することで一層の機能強化を促し、地域では医療資源が効果的かつ効率的に利
       用される姿を期待するものであります。
        中長期的には、「医心館            名張」で病院(病床)の再活用を果たしたように、地域の病院(病床)の強化再生に係る
       事業へ積極的に参入していくことを視野に入れております。地域医療の需要と供給に係る体制や質量の急激な変
       化を緩衝し、地域医療が安定的かつ持続的に運営存続できるよう当社グループが一丸となって対応していく目論
       見であります。
      ④ 潜在ナース活用事業への取組

        当社グループでは、事業開始当初より、在宅療養のメーンプレイヤーは看護職員であり、医心館事業での最期
       まで責任あるケアは主には看護職員によって提供されるものであるとしており、これに関わる人材の育成とプー
       ルの重要性を意識して事業を展開しております。
        潜在ナース(看護師)に係る課題とは、子育てや家族の介護をはじめ諸般の事情で離職し、そのブランクが長く
       なった結果、再就職する際に強い不安を覚えたり、再就職先を選択する幅が狭まったりすることを言います。医
       療政策を執る行政ほか、看護              職員(看護師、准看護師、保健師及び助産師)を是が否にも確保したい病院やこれら
       へ人材を斡旋や派遣する就転職支援事業者では、当該人材の背景や不安、技術力に関する情報を把握し、臨床現
       場へスムーズに適応していけるよう手厚いサポート体制を敷く等の対応がなされていますが、なお、厚生労働省
       による推計では、全国に約71万人の潜在看護職員がいる(厚生労働省「看護職員の現状と推移」第1回看護職員需
       給見通しに関する検討会資料、2014年12月1日)とされております。
        医心館は、病院でもなく、介護施設でもない、看護職員の再就職先として新たな提案「第3の存在」であると
       自負しております。このことは、医心館で潜在ナースを多く抱え、人材をプール・育成し、自らの事業に有利な
       環境を整えることと同時に、医心館が潜在ナースに係る社会的課題を解決するための一助となり得ることを意味
       しております。当社グループでは、潜在ナースを活用することのほか、活用するための基盤整備(看護人材のネッ
       トワーク構築や教育研修に資するICT/IoT環境強化など)にも取り組んでまいります。
     (4)  会社の対処すべき課題

       医療や介護など健康福祉に関する業界は、もともと慢性的な人材不足の不安が存在しておりますが、2025年問題
      (団塊世代のすべてが後期高齢者となり、医療や介護の過剰な需要を生じ、社会保障費の急増が懸念されている問
      題)に向かって人材不足の不安がより深刻な状況となります。さらに在宅療養に携わる看護人材を確保することの難
      しさを説明するには及びません。当社グループが医心館とその先にある事業に取り組み、持続的な成長と発展を遂
      げるためには人材確保と育成が課題となります。また、今後は人材を確保するにあたり必要となる採用フィーが高
                                  41/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      騰する恐れがあり、この低減に努める必要があると考えております。当社グループでは、このような課題を認識し
      ておりますが、既に前項(潜在ナース活用事業への取組)の対応をはじめており、今後の状況次第では同業他社に対
      す る競争優位性を築くチャンスになり得るものと考えております。これらのことについては、次項「事業等のリス
      ク」に付記します。
    2  【事業等のリスク】

      本書の「事業の状況」及び「経理の状況」等に関する事項のうち、当社グループの事業展開上のリスク要因となる
     可能性があると考えられる主な事項を記載しております。また、必ずしも事業上のリスクに該当しない事項について
     も、投資判断あるいは当社の事業活動を理解する上で重要と考えられる事項については、投資者に対する積極的な情
     報開示の観点から記載しております。
      当社グループは、これらのリスクの発生可能性を認識したうえで、リスクの回避、低減、並びに発生した場合の対
     応に努める方針であり、当社株式等に関する投資判断は本項及び本項以外の記載内容も併せて慎重に検討した上で行
     われる必要があると考えております。
      なお、文中における将来に関する事項は、本書提出日において当社グループが判断したものでありますが、以下の
     記載は当社グループの事業等及び株式への投資に係るリスクをすべて網羅するものではありません。また、不確実性
     が内在しているため、実際の結果と異なる可能性があります。
     (1)  施設(事業所)の新規開設(店舗開発)に関するリスク

       当社グループでは、施設「医心館」の出店地域を選定するにあたり、不動産仲介業者等まかせにせず、また当社
      担当者の経験や勘のみに頼らず、十分な時間をかけて多角多面的なマーケットリサーチを行っております。また、
      当社担当者が独断で案件進行してしまうことがないよう、一般従業員から経営層まで各職位による複数人対応を原
      則としております。医療・介護業界に限らず、出店型ビジネスではいずれも好立地から優先的に需要、消費されて
      いくため、同業他業の他社との競合により好立地に案件を確保できないとき、また自治体等の各種規制において出
      店できないとき、そして様々な要因、例えば工事期間中の台風や大雪といった不可抗力の事由、景況感や各種相場
      や需給の変化といった予測困難な事由などが発生するとき、これらは出店計画の実現性における不確定要素となっ
      ております。ここに記載した不確定要素をはじめ、何らかの事由で開設時期に遅れや事業計画に大幅な乖離を生じ
      たとき、利益機会を逸失し、当社グループの業績及び利益計画や財務状況に影響を与える可能性があります。
     (2)  人材の確保、育成及び管理に関するリスク

       当社グループが事業の規模、範囲並びに内容を安定的かつ持続的に、さらには発展的に開発するためには、それ
      に見合った人材を確保、育成する必要があります。特に、医心館事業は看護職員の配置人数(体制)に強みをおく事
      業であり、適切な有資格者の確保と育成は事業の根幹であると言えます。また、経営資源としてのこれら人材を効
      果的かつ効率的に利用するために管理することも必要となります。医心館の展開が進むほどに人材の確保は有利と
      なっている状況にありますが、医療・介護業界での慢性的な人材不足とこれに続く求人競争激化の環境は予断を許
      さない状況であります。当社グループでは、(他社と同様に)求人サイトやメディアを利用しておりますが、これを
      漫然と利用し続けることを避け、常に効果検証しながら積極的な採用活動を行い、必要とする質量の人材が確保で
      きないリスクの低減に努めております。しかしながら、万が一、そのリスクが生じた際には、既存施設ではサービ
      ス提供の規模縮小、新規施設ではオープン時期の順延などの影響を生じ、当社グループの業績や財務状況に影響を
      与える可能性があります。
     (3)  内部管理体制に関するリスク

       当社グループでは、企業価値の持続的な増大を図るにはコーポレート・ガバナンスが有効に機能することが不可
      欠であるとの認識のもと、業務の適正性及び財務報告の信頼性の確保、さらに健全な倫理観に基づく法令遵守の徹
      底が必要であると認識しております。その認識のもと、当社グループは内部管理体制の一層の充実を図る必要があ
      ると認識しておりますが、事業の急速な拡大等により、十分な内部管理体制の構築が追いつかないという状況が生
      じる場合には、適切な業務運営が困難となり、当社グループの業績や財務状況に影響を与える可能性があります。
     (4)  特定人物への依存に関するリスク

       当社グループの創業者であり代表取締役である柴原慶一は、設立以来、当社グループの事業に深く関与してまい
      りました。同氏は、当社グループの経営戦略の構築やその実行に際して重要な役割を担っております。また、当社
      の発行済株式総数のうち70.0%を保有する株式会社IDEA,Incは、同氏が同社のすべての株式を保有しておりま
                                  42/159

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      す。
       当社グループでは、特定の人物に依存しない体制を構築するべく、同氏に過度に依存しない経営体制の整備を進
      めておりますが、何らかの理由により同氏の当社グループにおける業務執行が困難になった場合、当社グループの
      業績や財務状況に影響を与える可能性があります。
     (5)  競合出現に関するリスク

       当社グループが行っている「医心館事業」では、一般的な介護施設では受け入れることが困難な、がんの末期状
      態にある方、特定疾患等の難治性の病を患う方、人工呼吸器の装着や気管切開で呼吸管理が必要な方、看取り対応
      の方、入退院を繰り返さざるを得ない方、重度障害により「在宅」での日常生活が困難な方など、いずれも医療依
      存度が高く「在宅」で看護・介護を十分に得ることが難しい方々をその利用対象者層とし、ここに他社との差別化
      要因のひとつを求めております。利用対象者層の限定を含め、事業スキーム(モデル)そのものには特許等は存在せ
      ず、他社からの模倣に対して権利関係での保護策を講じることは困難であり、当該事業と同様のサービス提供を行
      う事業者が出現するリスクがあります(差別化戦略に対する同質化戦略による応酬)。しかしながら、表面化してい
      ない事柄(例えば、医療機関や行政機関の当社に対する「共感」、展開先各地の医療/介護ニーズに合わせて臨機応
      変に運営するノウハウ、看護職員の採用力など)があることから、競合他社が当社のビジネスモデルの仕組みだけを
      模倣したところで当社と同様の業績を得ることは困難であると認識しております。
       現状、前述の開発方針(主には、大都市部でのドミナント戦略と閉鎖的地方都市での高シェア戦略)で対応してお
      りますが、今後は利用対象者層の拡大や周辺事業の付加により競争優位性の獲得を継続してまいります。競合の出
      現状況により、当社グループの業績や財務状況に影響を与える可能性があります。
     (6)  利用者の健康や安全に関するリスク

       当社グループが行っている「医心館事業」は、医療及び介護サービスの提供が中心であり、その利用者は医療依
      存度が高い高齢者や障害者となっており、転倒や誤嚥のほか、医療依存度が高いことそれ自体によって、利用者の
      生命に関わる重大な事故に発展する可能性があります。また、食事提供を含む集合住宅の特性を有することから、
      火災、食中毒や集団感染等が発生する危険度は相対的に高いと考えられます。当社グループの施設「医心館」で
      は、施設内での着火物の取扱いを原則禁止し、食事は調理済み食材(チルド食)を加温提供する等、火災の発生リス
      クの低減に努めております。また、利用者と従業員の健康管理を基本とし、日ごろ手洗いや手指消毒を励行、定期
      的に社内研修では感染(症)の予防、流行及び対応を学ばせ、マニュアルを整備し、これを適切に運用することで食
      中毒や集団感染の発生リスクの低減に努めています。これらのほか、地震や風水害への備えを行い、防犯環境を整
      える等の対応により利用者の安全管理などに細心の注意を払っております。しかしながら、万が一、事故や食中毒
      などが発生し、当社グループの管理責任が問われた際には、事故等が発生した施設の運営のみならず、当社グルー
      プ全体へ影響が及び事業や企業の存続に重大な影響を受け、当社グループの業績や財務状況に影響を与える可能性
      があります。
     (7)  大規模な自然災害・感染症等に関するリスク

       当社グループでは、有事に備えた危機管理体制の整備に努め対策を講じておりますが、台風、地震、津波等の自
      然災害及び新型インフルエンザ等の感染症が想定を大きく上回る規模で発生及び流行し、当該地域の事業所の稼働
      が長期に渡って困難になった場合には、当社グループの業績や財務状況に影響を与える可能性があります。
     (8)  施設(事業所)の稼働率が想定どおりに進捗しないリスク

       当社グループでは、新規施設の開設にあたり、十分なマーケットリサーチを行っており、行政や医療機関との連
      携により、安定的な利用者の確保に努めております。また、施設の運営にあたっては、稼働率の上昇のみにこだわ
      らず、出店地域の医療ニーズへの対応や、現場看護師等の施設運営のし易さ等も勘案し、受入れ入居者を決定して
      おります。しかしながら、出店後にリサーチ時には想定していなかった事態の発生により入居者が想定どおりに獲
      得できなかった場合や、医心館の利用対象者の多くは慢性期・終末期の患者であることから、想定以上の入居者の
      逝去や退去があった場合には、施設の稼働率が想定どおりに上がらず、当社グループの業績や財政状況に影響を与
      える可能性があります。
     (9)  事業に係る法的規制に関するリスク

       当社グループが行っている「医心館事業」は、老人福祉法、高齢者住まい法、健康保険法、介護保険法及び障害
      者総合支援法ほかに基づく医療及び介護サービスの提供が中心となっており、これら法律及び関連諸法令の規制を
                                  43/159

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      受けます。また、当社グループでは売上高に対するそれら保険収入割合が9割(2019年6月                                            90.0%)となってお
      り、保険収入に依存した収益構造となっております。
       健康保険制度及び介護保険制度は、2年毎及び3年毎に制度全般の見直しや報酬の再設定が行われ、特に6年毎
      の同時改定のタイミングにおいて社会保障制度及び医療介護福祉政策の方向性が示されます。従いまして、医療保
      険収入と介護保険収入の割合が高い同事業では、法令、制度及び報酬の改定等があり、経営上不利な内容があった
      場合には、当社グループの業績や財政状況に影響を与える可能性があります。
     (10)   事業に必要な指定等に関するリスク

       当社グループが行う「医心館事業」は、事業所単位で、都道府県知事又は政令指定都市市長から各種指定等(表
      6)を受    けるものであります。           特に訪問看護事業(医療保険売上、介護保険売上)と訪問介護事業(介護保険売上)で
      は、これら2事業による売上高は売上全体の9割を占めることから、これら事業に係る指定等の許認可取消があっ
      た場合には、後述する事由により当社グループの業績や財政状況に重大な影響を与える可能性があります。
       該当する根拠法で許認可取消事由がそれぞれ定められておりますが、主な内容は以下のとおりであります。
       ・不正請求        …    実態のないサービス提供に対する請求、実態のない加算請求

       ・人員基準違反        … 人員欠如による運営、無資格者によるサービス提供、実在しないスタッフによる記録
                作成、勤務時間の虚偽
       ・運営基準違反        … 記録の未整備、計画未作成、重要事項や計画の説明未実施
       ・虚偽報告        …    自治体への届出や報告、実地指導対応における事実とは違う書類提出や答弁
       当社グループの特定の施設が許認可取消を受けた場合、その施設の介護報酬等が請求できなくなり、また、その

      施設では5年間は新規事業所の開設を禁止されます。さらに、取消事案が法人全体で(組織的に)関与していると判
      断された場合は、関係法人の新規指定・更新が拒否される場合もあります。一事業所でも許認可取消を受けた場
      合、法人(当社グループ)が不正又は著しく不当な行為をした者と判断され、5年間は新規指定も指定更新もできな
      いこととなります。介護保険法等に基づく事業については、6年ごとに指定更新を受ける必要があるため、一事業
      所でも許認可取消を受ける事は、新規施設開発の停止と共に、ほとんどの既存施設が更新できずに撤退となります
      ので、医心館事業から撤退せざるを得なくなります。
                                  44/159










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                  表6 医心館事業で提供するサービスの名称及び根拠法等
      a.訪問系サービス
       サービス名                   根拠法等                   主な許認可取消事由
               ・介護保険法(厚生労働省)
                指定の有効期間は6年間で、以後6年毎の更新が必
                                          ・訪問看護
                要となります。
                                           介護保険法第77条
                都道府県、政令指定都市及び中核市が事業の指定権
                者となります。                           (指定の取消し等)
     訪問看護
               ・健康保険法(厚生労働省)
     介護予防訪問看護
                                          ・介護予防訪問看護
                介護保険法に基づく指定を受けた際には、健康保険
                法の指定があったものとみなされますので、有効期                           介護保険法第115条の9
                間は介護保険法に基づく指定の有効期間に準じま
                                           (指定の取消し等)
                す。
                地方厚生局が事業の指定権者となります。
                                          ・訪問介護
               ・介護保険法(厚生労働省)
                                           介護保険法第77条
                指定の有効期間は6年間で、以後6年毎の更新が必
                要となります。                           (指定の取消し等)
     訪問介護
                都道府県、政令指定都市及び中核市が事業の指定権
     居宅介護支援
                                          ・居宅介護支援
                者となります。なお、居宅介護支援については、
                2018年4月以降の指定権者は市区町村になっており                           介護保険法第84条
                ます。
                                           (指定の取消し等)
               ・介護保険法(厚生労働省)
     介護予防・日常生           指定の有効期間は6年間で、以後6年毎の更新が必                          介護保険法第115条の45の9
     活支援総合事業           要となります。                          (指定事業者の指定の取消し等)
                市区町村が事業の指定権者になります。
               ・障害者総合支援法(厚生労働省)
                指定の有効期間は6年間で、以後6年毎の更新が必
     居宅介護                                     障害者総合支援法第50条
                要となります。
     重度訪問介護                                     (指定の取消し等)
                都道府県、政令指定都市及び中核市が事業の指定権
                者になります。
      b.施設系サービス

       サービス名                   根拠法等                   主な許認可取消事由

               老人福祉法(厚生労働省)

                                          老人福祉法第29条14項
               届出制であり、届出後の有効期間の設定はありませ
     住宅型有料老人                                     (届出等)
               ん。
     ホーム                                      㭎譩洰湒㚖偓젰潐屫戰殕ꈰ夰
               都道府県、政令指定都市及び中核市が届出先となりま
                                           定めあり
               す。
               高齢者住まい法(国土交通省)
               登録制であり登録の有効期間は5年間で、以降5年毎
     サービス付き高齢                                     高齢者住まい法第26条
               に更新が必要となります。
     者向け住宅                                     (登録の取消し)
               都道府県、政令指定都市及び中核市が登録先となりま
               す。
       なお、新規に事業所を開設する際には、開設予定地の自治体との事前相談や事前協議において、当社グループが

      行う事業を十分に説明し、自治体からの施設及び人的に係る基準等の指導があれば、これに対応した上で開設準備
      を開始しております。また、事業所の開設後も法律、規則や基準等並びに指導を遵守し事業を運営しております。
       開設前、開設後ともに細心の注意を払って準備・運営しており、本書提出日において、各事業所における指定等
      の取消しや営業停止は発生しておりませんが、今後、何らかの原因によりこれらの指定等が取り消された場合や営
      業停止となった場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (11)   情報管理に関するリスク

       当社グループが行っている「医心館事業」では、多数の利用者の情報を取り扱っており、特に病歴や治療状況な
      ど一層厳重に管理することが要求される情報を含んでいることに特徴があります。また、当社グループの管理部門
      では様々な経営情報等の内部情報を保有しております。当社グループでは、情報管理に係る従業員教育を行うほ
      か、従業員(退職者を含む。)に対して機密保持の宣誓書の提出を求め、またそれら情報を取り扱うエリアを区分
      し、サーバ及びディスクへのアクセス制限等を実施することにより情報漏えいリスクの低減に努めております。し
      かしながら、万が一、情報漏えいが発生した際には、当社グループの社会的信頼が失墜し、あるいは損害賠償支払
      い、体制整備及びシステム改修に係るコストが発生することにより、当社グループの業績や財務状況に影響を与え
      る可能性があります。
                                  45/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (12)   信用や評判等に関するリスク

       当社グループが行っている「医心館事業」は、利用者や家族ほか、近隣住民、地域の医療機関、在宅医療の主治
      医や薬剤師、ケアマネジャー、各種取引先など当該事業に関わる方々からの信用や評判が大きな影響力を有してい
      ると認識しております。企業理念にはじまり、サービス提供や関係者とのコミュニケーションに至るまで従業員教
      育や内部監査で細心の注意を払って施設及び事業を運営しております。しかしながら、何らかの理由により当該施
      設、事業や当社グループの信用が損なわれ、また評判が低下した際、あるいは好ましくない風評を得た際には、当
      社グループ全体へ影響が及び事業や企業の存続に重大な影響を受け、当社グループの業績や財務状況に影響を与え
      る可能性があります。
     (13)   訴訟等に関するリスク

       当社グループは、本書提出日において提起されている訴訟はありません。今後も、細心の注意を払ってリスク管
      理体制の整備・改善を継続的に図ってまいります。ただし、訴訟等による請求を受ける可能性を完全に回避するこ
      とは困難であり、訴訟の内容及び金額、訴訟が提起されることによる社会的な評価の低下、事業の全部又は一部の
      継続が困難となる等により、当社グループの業績や財務状況に影響を与える可能性があります。
     (14)   地域との関係に関するリスク

       医療・介護サービスの提供という事業の性格上、事業の収益性に不利を生じた際に即時撤退を行うことが困難な
      場合があります。これは、主に撤退後の利用者の行き先確保、医療機関や行政機関との関係性維持を事由としま
      す。この場合、当社グループの業績や財務状況に影響を与える可能性があります。
     (15)   長期賃貸借契約に関するリスク

       当社グループが行っている「医心館事業」では、施設(事業所)として「医心館」の開設に供する土地又は建物も
      しくはその両方を各所有者から借り受けております。賃貸借により投資リスクは抑制されるものの、一定期間は撤
      退の制約が課せられ、これに反した場合は中途解約による違約金等の支払いが生じます。有料老人ホームの開設に
      係る自治体からの指導等もあり、20~30年間の長期賃貸借契約を締結することが一般的であります。また、土地及
      び建物の所有者である法人又は個人が破綻等の状況に陥り、継続的な使用や債権の回収が困難となることがありま
      す。当社グループでは、契約において条件設定するとともに、施設の開設後も所有者とのコミュニケーションを密
      に状況変化の兆しを初期の段階で捉えること等により、リスクの低減に努めております。前述の状況となった際に
      は、当社グループの業績や財務状況に影響を与える可能性があります。
     (16)   固定資産の減損等に関するリスク

       業績動向によっては、固定資産の減損会計の適用に伴う損失処理が発生し、当社の業績に影響を与える可能性が
      あります。当社グループでは、減損処理が発生しないよう各事業所の収益管理を徹底し、採算性に優れない事業所
      があれば積極的に対策を講じておりますが、万一不採算施設(事業所)の増加や閉鎖が集中した場合、多額の減損損
      失が発生し、当社グループの業績や財務状況に影響を与える可能性があります。
     (17)   有利子負債に関するリスク

       当社グループでは、運転資金及び新規出店の設備投資資金を金融機関からの借入金で調達しており、2019年9月
      期第3四半期末の有利子負債残高は4,377百万円、有利子負債自己資本比率は497.8%となっております。そのた
      め、現行の金利水準が変動した場合や計画どおりの資金調達ができなかった場合、また、新規出店のための開設資
      金を借入金で調達した場合には、当社グループの業績、財務状況及びキャッシュ・フローに影響を与える可能性が
      あります。
     (18)   M&Aに関するリスク

       当社グループでは、同業他業の他社に対するM&A(子会社化や事業譲受等)を実施することにより、当社グルー
      プの事業を補完強化することが可能であると考えております。その実施にあたっては、対象企業や対象事業の状況
      及び財務、税務、法務、業務ほか各種デューデリジェンスを行うなど、意思決定に必要な情報を十分な時間をかけ
      て収集、分析、精査及び検討することで、可能な限りリスクの低減に努めております。しかしながら、M&Aでは
      この実施後に当社グループが事前には認識し得なかった事項が判明、また問題が明らかになった場合や、何らかの
      理由で取得した企業や事業の経営や展開が計画どおりに進まない場合には、当社グループの業績や財務状況に影響
                                  46/159

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      を与える可能性があります。
     (19)   機器及びシステム運用に関するリスク

       当社グループが行っている「医心館事業」では、特殊かつ高度な情報技術や通信技術に依存するものではありま
      せんが、パーソナルコンピュータや無線LANといった一般に普及している情報技術や通信技術を日常的に用いま
      す。また、介護事業者向け経営支援サービス(ソフト)を利用し、報酬請求では請求書をファイル伝送(オンライン請
      求)しておりますので、これらの機器やシステムの故障や不具合により、業務が停滞し、また請求に遅れを生ずるこ
      とがあります。当社グループでは、日ごろ機器メンテナンスを行うほか、情報のバックアップを行う等、リスクの
      発生及び発生時の影響を低減することに努めております。しかしながら、万が一、機器及びシステムの重大な故障
      等が発生した際には、当社グループの業績や財務状況に影響を与える可能性があります。
     (20)   利益還元に関するリスク

       当社は、好調に成長している「医心館事業」への経営資源の積極的な投下(利益の内部留保及び活用)を行うもの
      とし、当面は配当性向を5%~10%程度、その先では株主への還元を十分考慮し、配当原資確保のための収益力を
      強化し、継続的かつ安定的な配当を行うことを基本方針としております。今後は、毎事業年度で確実に利益を計上
      することを前提として財務体質の強化を図り、財政状態及び経営成績を勘案しながら、配当の実施を行っていくこ
      とを検討してまいります。しかしながら、当社グループの業績が計画どおり進展しない場合等、当社グループの業
      績が悪化した場合には、継続的に配当を行えない可能性があります。
     (21)   コンプライアンスに関するリスク

       当社グループでは、法令遵守及び倫理に基づき誠実に行動することを経営上の最重要課題のひとつとして位置付
      けております。事業の実施に直接関係する法令等ほか、社会的責任のある企業のひとつとして遵守すべき法令等の
      全般につき当社グループのすべての役職員が法令等や倫理から逸脱しないよう、日ごろコンプライアンスに係る意
      識と行動の徹底を図っております。なお、内部での不正を抑止するため、当社グループでは内部通報制度を整備、
      運用しております。
       また、昨今、他社において従業員のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)での倫理観を欠く不適切
      な発信行為が企業の社会的信用の失墜、訴訟の提起、監督官庁等からの処分を引き起こす例が少なからずありま
      す。当社グループでは、このことに鑑み、入社時及びその後の定期的な社内教育研修等で従業員に対する意識の向
      上を求めております。
       万一コンプライアンス上の問題に直面した場合には、当社グループの業績や財務状況に影響を与える可能性があ
      ります。
     (22)   その他のリスク

       上記のほか、外部からの犯罪行為、事務手続きの不備などにより直接的又は間接的もしくはその両方のコストが
      発生し、適正な施設運営や事業展開に支障を生ずること、行政処分等により営業停止となること、加えて当社グ
      ループの社会的信頼が失墜する等のリスクがあります。また、新株予約権の行使による需給関係の変化が当社グ
      ループ株式の株価形成に及ぼす影響を生ずる等のリスクもあります。これらの場合、当社グループの業績や財務状
      況に影響を与える可能性があります。
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」と言います。)の状況の概要
      は、以下のとおりであります。
      ① 財政状態

        第2期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
       (流動資産)
        当連結会計年度末における流動資産合計は1,346,175千円となり、前連結会計年度末に比べ87,643千円の増加と
       なりました。これは主に、現金及び預金が214,804千円減少した一方で、売掛金が268,773千円増加したことによ
       ります。
       (固定資産)
                                  47/159

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当連結会計年度末における固定資産合計は1,993,311千円となり、前連結会計年度末に比べ1,093,202千円の増
       加となりました。これは主に、建物及び構築物が407,201千円増加、リース資産が400,761千円増加、敷金及び保
       証 金が191,067千円増加したことによります。
       (流動負債)
        当連結会計年度末における流動負債合計は923,395千円となり、前連結会計年度末に比べ383,263千円の増加と
       なりました。これは主に、未払金及び未払費用が103,442千円増加、未払法人税等が135,767千円増加したことに
       よります。
       (固定負債)
        当連結会計年度末における固定負債合計は1,948,476千円となり、前連結会計年度末に比べ510,254千円の増加
       となりました。これは主に、長期借入金が185,924千円増加、リース債務が396,265千円増加したことによりま
       す。
       (純資産)
        当連結会計年度末における純資産合計は467,615千円となり、前連結会計年度末に比べ287,328千円の増加とな
       りました。これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益の計上により利益剰余金が287,328千円増加したことに
       よります。
        この結果、自己資本比率は14.0%(前連結会計年度末は8.4%)となりました。
        第3期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

       (資産の状況)
        当第3四半期連結会計期間末における資産合計は6,157,904千円となり、前連結会計年度末に比べ                                              2,818,417千
       円の増加となりました。これは主に、増収による売掛金の増加のほか、新規施設開設に伴う建物や工具、器具及
       び備品やリース資産等の取得によるものです。
       (負債の状況) 
        当第3四半期連結会計期間末における負債合計は                        5,278,623千円となり、前連結会計年度末に比べ                       2,406,752
       千円の増加となりました。これは主に、人員数の増加等により給料等に係る未払金及び未払費用の増加のほか、
       新規施設開設に伴う新規借入の実行、リース債務の増加、資産除去債務等の増加によるものです。
       (純資産の状況)
        当第3四半期連結会計期間末における純資産は879,280千円となり、前連結会計年度末に比べ                                             411,665千円増加
       となりました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益                               411,665千円の計上により利益剰余金が増加し
       たことによるものであります。
        この結果、自己資本比率は14.3%(前連結会計年度末は14.0%)となりました。
      ② 経営成績の状況

        第2期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
        当連結会計年度におけるわが国の経済は、西日本豪雨、大阪北部地震や北海道胆振東部地震といった災害の発
       生があり各方面へ影響を及ぼしました。その後、影響収束により生産活動は緩やかに持ち直しましたが、未だ力
       強さに欠ける状況が続いております。
        当社グループの主軸事業が属する医療・介護業界におきましては、医療計画、診療報酬及び介護報酬などが同
       時に改定される重要な年となり、地域包括ケアシステムの構築と医療機能の分化・強化に向けて、在宅医療・訪
       問看護を推進する評価(算定、加算)がさまざま新設されたところであり、当社グループには正に「追い風」の環
       境となっております。
        このような状況の中、綿密なマーケティングと出店戦略(主には、大都市部でのドミナント戦略と閉鎖的地方
       都市での高シェア戦略)に基づいて積極的に出店し、併せて医療機関ほかに対する精力的な営業活動を行った結
       果、当連結会計年度における当社グループの経営成績は、売上高                               3,104,160千円(前年同期比66.6%の増加)、営
       業利益    427,121千円(前年同期比96.7%の増加)、経常利益                        411,684千円(前年同期比106.1%の増加)、親会社株主
       に帰属する当期純利益           287,328千円(前年同期比126.4%の増加)となりました。
        なお、当社グループの報告セグメントは、医心館事業のみの単一セグメントであります。
                                                   (単位:千円)

                 2017年9月期
                            2018年9月期
                                        増減額           増減率
                (前連結会計年度)
                           (当連結会計年度)
                                  48/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        売上高             1,862,741           3,104,160           1,241,418            66.6%
       営業利益              217,106           427,121
                                           210,014           96.7%
      (営業利益率)               (11.7%)           (13.8%)
       経常利益              199,759           411,684
                                           211,924           106.1%
      (経常利益率)               (10.7%)           (13.3%)
      親会社株主に
                                 287,328
                      126,934
     帰属する当期純利益                                       160,393           126.4%
                                 (9.3%)
                      (6.8%)
      (当期純利益率)
        第3期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

        当第3四半期連結累計期間において、医心館事業では新たに4施設(東京都板橋区「医心館                                            成増」、新潟県新
       潟市「医心館       新潟」、神奈川県横浜市「医心館                東戸塚」、埼玉県さいたま市「医心館                  北浦和」)を開設、全国
       17施設(第3四半期連結会計期間末現在)でサービスを提供しております。
        これまでの入居者数は累計で2,110名(期間末日現在)に達しました。今後は、さらに医心館の出店を戦略的に進
       め、また利用対象者層を拡大することにより、長期的かつ持続的な成長を実現してまいります。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間における当社グループの経営成績は、売上高                                         3,710,739千円、営業利
       益  600,796千円(営業利益率16.2%)、経常利益                     575,594千円(経常利益率15.5%)、親会社株主に帰属する四半期
       純利益    411,665千円となりました。
      ③ キャッシュ・フローの状況

        第2期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
        当連結会計年度末における連結ベースの現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末
       に比べ87,302千円減少の486,764千円となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは328,148千円の資金増加(前連結会計年度は
       162,790千円の資金増加)となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益が379,641千円、減価償却費が
       97,048千円、未払金及び未払費用の増加103,312千円が生じた一方で、売上債権の増加268,773千円が生じたこと
       等によります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・フローは657,764千円の資金減少(前連結会計年度は
       257,092千円の資金減少)            となりました。これは主に、新規施設を開設したことに伴い有形固定資産の取得による
       支出759,105千円、敷金及び保証金の差入による支出201,511千円、「医心館盛岡」を対象としたセール&リース
       バック取引を実行したことに伴い有形固定資産の売却による収入180,920千円が生じたこと等によります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローは242,313千円の資金増加                                           (前連結会計年度は
       254,993千円の資金増加)となりました。これは主に、新規施設を開設したことに伴い長期借入れによる収入
       785,000千円、短期借入金の純増額90,060千円が生じた一方で、長期借入金の返済による支出611,771千円が生じ
       たこと等によります。
      ④ 生産・受注及び販売の実績

        当社グループの報告セグメントは、医心館事業のみの単一セグメントであります。
      a.生産実績
        当社グループでは生産活動を行っておりませんので、該当事項はありません。
      b.受注実績
        当社グループでは受注生産を行っておりませんので、該当事項はありません。
      c.販売実績
        当連結会計年度及び第3期第3四半期連結累計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおり
      であります。
                                  49/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                       第2期連結会計年度
                                      第3期第3四半期連結累計期間
                         (自 2017年10月1日
                                       (自 2018年10月1日
                                        至 2019年6月30日)
                        至 2018年9月30日)
         セグメントの名称
                     販売高(千円)        前年同期比(%)             販売高(千円)
          医心館事業              3,104,160          166.6               3,710,739

            合計            3,104,160          166.6               3,710,739

      (注)1.     主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合

                                                  第3期第3四半期

                                      第2期連結会計年度
                          第1期連結会計年度
                                                  連結累計期間
                          (自 2016年10月3日            (自 2017年10月1日
                                                 (自 2018年10月1日
                           至 2017年9月30日)
                                      至 2018年9月30日)
                相手先
                                                 至 2019年6月30日)
                           販売高           販売高           販売高
                                割合(%)           割合(%)           割合(%)
                           (千円)           (千円)           (千円)
         神奈川県国民健康保険団体連合会                   153,369        8.2    425,279       13.7    655,552       17.7
         岩手県国民健康保険団体連合会                   253,223       13.6    374,020       12.0    406,500       11.0

         三重県国民健康保険団体連合会                   392,413       21.1    511,133       16.5    400,914       10.8

         社会保険診療報酬支払基金                   126,805        6.8    309,882       10.0    384,271       10.4

         愛知県国民健康保険団体連合会                   256,857       13.8    331,720       10.7    328,463        8.9

         埼玉県国民健康保険団体連合会                   170,048        9.1    386,546       12.5    322,343        8.7

        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        3.当連結会計年度及び第3期第3四半期連結累計期間における開設時点別の稼働率(※)の推移は、次のとお

          りであります。
          ただし、当表では各施設別の稼働率を単純平均しております。
                      第2期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

           定員数
      開設時点
       区別
               10月    11月    12月    1月    2月    3月    4月    5月    6月    7月    8月    9月
            (名)
      既設施設
                79.7%     80.7%     82.6%     81.1%     82.2%     77.3%     80.3%     82.0%     81.6%     81.3%     82.7%    84.0%
            365
     (~2017.9.30開設)
      新設施設
                ―    ―    ―    ―    ―    ―    ―   18.0%     19.3%     27.3%     42.0%     54.7%
            155
     (2017.10.1~開設)
                                  50/159








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
               第3期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月
                              30日)
      開設時点      定員数
       区別
               10月    11月    12月    1月    2月    3月    4月    5月    6月
            (名)
      既設施設
               85.1%    86.2%    87.4%    85.4%    85.2%    87.5%    89.3%    88.8%    89.9%
            520
     (~2018.9.30開設)
      新設施設
                ―
                   10.6%    30.4%    39.1%    54.7%    38.0%    45.6%    55.9%    64.9%
            184
     (2018.10.1~開設)
      ※本書では、稼働率を次のとおり定義しております。
             各施設の各月ごと入居日数の総和

      稼動率 = ―――――――――――――――――
              各施設の定員数×各月の日数
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は、以下のとおりであり
      ます。
       なお、文中における将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
       また、当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成され
      ております。この連結財務諸表の作成にあたって、一定の会計基準の範囲内で経営者による見積りが行われている
      部分があり、資産・負債や収益・費用の数値に反映されております。これらの見積りについては、継続して評価
      し、必要に応じて見直しを行っておりますが、見積りには不確実性を伴うため、実際の結果はこれらと異なること
      があります。この連結財務諸表の作成にあたって重要な会計方針につきましては、「第5                                          経理の状況 1 連結財
      務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております。
      ①財政状態に関する認識及び分析・検討内容

       「(1)   経営成績等の状況の概要 ①財政状態」に記載のとおりであります。
      ②経営成績に関する認識及び分析・検討内容

       当社グループは「志とビジョンある医療・介護で社会を元気に幸せに」を企業理念(ミッション)に掲げておりま
                      㯿
      す。わが国は2010年に超高齢社会                 へと突入し、2025年に団塊の世代がすべて75歳以上となることを契機に、高齢
      化の様相は今後一層強くなり、医療や看護・介護の需要はさらに高まるとされています。一方で、医療や看護・介
      護の制度を経済的に、また人的に支える労働人口の減少が予測されており、今後の高齢化の進展に対応し得る医療
      や看護・介護の持続可能な制度設計がわが国の根本的、かつ緊要な課題のひとつであることは論をまちません。
       当社グループでは、この課題に対して、住宅型有料老人ホーム「医心館」とこれに関連するサービス(以下、
                                           㯿
      「医心館事業」と言います。)の提供を通じて、在宅療養のプラットフォーム                                      を充実させ、地域の医療や看護・
      介護資源を効果的かつ効率的に利用できる仕組みづくりを行うことで応えてまいります。地域では、病床削減とこ
      れに伴って療養の場を病院から「在宅(自宅や施設等)」へ移すとする政策を受けて、特に慢性期や終末期におけ
      る医療や看護・介護の需要が高まっております。このことは、当社グループにとって有利な事業環境であり、引き
      続き事業を積極的に展開していく背景となっております。
         ※1    超高齢社会とは、65歳以上の人口割合が全人口の概ね20%を超えている社会を指します。

         ※2    医心館事業では、医療依存度が高い方を積極的に受け入れ、看護師の人員体制を強固にすることで、そ
           の方々の慢性期や終末期の療養において充実した看護ケアを提供しています。
           さらに、原則として医師とケアマネジャーを外部化することで、事業の透明性と公正性を担保し、限ら
           れた医療資源が最大限に活用されるために、地域医療(地域包括ケア)のプラットフォームのひとつとな
           ることを目指しています。
      ⅰ)  第2期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

       当連結会計年度において、医心館事業では新たに3施設(岩手県盛岡市「医心館                                      盛岡Ⅲ号館」、神奈川県横浜市
      「医心館     横浜立場」、栃木県宇都宮市「医心館                   宇都宮」)を開設、全国13施設(定員520名。期間末日現在)で
      サービスを提供、これまでの入居者数は累計で1,362名(期間末日現在)に達しました。
                                  51/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (売上高)
        当連結会計年度の売上高は3,104,160千円となり、前連結会計年度より1,241,418千円の増加となりました。こ
       れは主に、既存の医心館での施設及びサービスの利用率が向上し、また新規に医心館を開設(3施設)、サービス
       提供が開始されたことにより医療保険収入及び介護保険収入が生じたこと等によります。
       (売上原価、売上総利益)

        当連結会計年度の売上原価は1,839,121千円となり、前連結会計年度より736,819千円の増加となりました。こ
       れは主に、新規に医心館を開設したことに伴い採用した施設従業員の給与手当が生じたこと等によります。この
       結果、売上総利益は1,265,039千円となりました。
       (販売費及び一般管理費、営業利益)

        当連結会計年度の販売費及び一般管理費は837,917千円となり、前連結会計年度より294,584千円の増加となり
       ました。これは主に、新規に医心館を開設したことに伴い施設従業員の採用費用、また業務の規模拡大に伴い採
       用した本社従業員の採用費用及び給与手当が生じたこと等によります。この結果、営業利益は427,121千円となり
       ました。
      (営業外収益、営業外費用、経常利益)

        当連結会計年度の営業外収益は8,342千円となり、前連結会計年度より2,124千円の増加となりました。これは
       主に、雑収入が増加したこと等によります。また、当連結会計年度の営業外費用は23,779千円となり、前連結会
       計年度より214千円の増加となりました。これは主に、支払利息が増加したこと等によります。この結果、経常利
       益は411,684千円となりました。
      (特別損失)

        当連結会計年度の特別損失は32,042千円となり、前連結会計年度より30,453千円の増加となりました。これは
       主に、固定資産除却損が増加、貸倒引当金繰入額が発生したこと等によります。
      (親会社株主に帰属する当期純利益)

        当連結会計年度の法人税等合計は92,313千円となり、この結果、親会社株主に帰属する当期純利益は287,328千
       円(前年同期比126.4%の増加)となりました。
      ⅱ)第3期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

       当第3四半期連結累計期間において、医心館事業では新たに4施設(東京都板橋区「医心館                                           成増」、新潟県新潟
      市「医心館      新潟」、神奈川県横浜市「医心館                東戸塚」、埼玉県さいたま市「医心館                  北浦和」)を開設、全国17施
      設(定員704名。期間末日現在)でサービスを提供、これまでの入居者数は累計で2,110名(期間末日現在)に達しまし
      た。
       (売上高)

        当第3四半期連結累計期間の売上高は3,710,739千円となりました。これは主に、新規に医心館を開設(4施
       設)、サービス提供が開始されたことにより医療保険収入及び介護保険収入が生じたこと等によります。
       (売上原価、売上総利益)

        当第3四半期連結累計期間の売上原価は2,211,226千円となりました。これは主に、新規に医心館を開設したこ
       とに伴い採用した施設従業員の給与手当が生じたこと等によります。この結果、売上総利益は1,499,513千円とな
       りました。
                                  52/159




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (販売費及び一般管理費、営業利益)
        当第3四半期連結累計期間の販売費及び一般管理費は898,717千円となりました。これは主に、新規に医心館を
       開設したことに伴い施設従業員の採用費用、また業務の規模拡大に伴い採用した本社従業員の採用費用及び給与
       手当が生じたこと等によります。この結果、営業利益は600,796千円となりました。
      (営業外収益、営業外費用、経常利益)

        当第3四半期連結累計期間の営業外収益は9,310千円となりました。これは主に、補助金収入や助成金をはじめ
       雑収入が生じたこと等によります。また、当第3四半期連結累計期間の営業外費用は34,511千円となりました。
       これは主に、支払利息等が生じたことによります。この結果、経常利益は575,594千円となりました。
      (特別損益)

        当第3四半期連結累計期間の特別利益は517千円となりました。これは主に、「医心館                                          盛岡Ⅲ号館」のセー
       ル&リースバック取引に伴う売却利益が発生したこと等によります。
        また、当第3四半期連結累計期間における特別損失はありません。
      (親会社株主に帰属する四半期純利益)

        当第3四半期連結累計期間の法人税等合計は164,447千円となり、この結果、親会社株主に帰属する四半期純利
       益は411,665千円となりました。
      ③経営成績に重要な影響を与える要因

       経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「2 事業等のリスク」をご参照ください。
      ④資本の財源及び資金の流動性

       当社グループの資金需要の主なものは、新規施設の開設資金(土地や建物の取得等)及び運転資金であります。運
      転資金のうち主なものは、売上原価に計上している施設従業員の人件費等であります。新規施設の開設資金は金融
      機関からの借入及び市場からの調達、運転資金は自己資金を基本としております。借入金につきましては、長期資
      金と短期資金の均衡を保ちつつ、財務健全性の維持を図っております。総じて、事業運営上必要な流動性と資金の
      源泉を安定的に確保することを基本方針としております。
      ⑤経営者の問題意識と今後の方針について

       経営者の問題意識と今後の方針については、「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」をご参照くださ
      い。
                                  53/159









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【経営上の重要な契約等】
      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                  54/159



















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

     第2期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
      当連結会計年度の設備投資等の総額は765,143千円であります。これは主に、「医心館                                         盛岡Ⅲ号館」の出店に係る
     設備投資等260,067千円、及び「医心館                   宇都宮」の出店に係る設備投資等358,914千円であります。また、経常的な設
     備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却、売却等はありません。
      なお、当社グループは、医心館事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
     第3期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

      当第3四半期連結累計期間の設備投資等の総額は892,761千円であります。これは主に、「医心館                                              新潟」の出店に
     係る設備投資等288,042千円、及び「医心館                     仙台」の出店に係る設備投資等477,362千円であります。また、経常的な
     設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却、売却等はありません。
      なお、当社グループは、医心館事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
    2 【主要な設備の状況】

     (1)  提出会社
     ⅰ)  第2期連結会計年度
                                                2018年9月30日現在
                                 帳簿価額(千円)
       事業所名                                              従業員数
               設備の内容
                        建物     機械装置
       (所在地)                                                (名)
                                   リース
                        及び       及び            その他      合計
                                    資産
                        構築物       運搬具
    医心館    盛岡Ⅲ号館        医心館
                                                         ―
                        244,892         ―      ―    1,362     246,255
                                                       (―)
      (岩手県盛岡市)          建物及び設備等
     医心館    宇都宮       医心館
                                                         ―
                        372,004         ―      ―    2,772     374,777
                                                       (―)
     (栃木県宇都宮市)          建物及び設備等
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.その他には、工具、器具及び備品等が含まれております。
        4.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員を()外数で記載しております。なお、臨時雇用
          者数とは、正社員以外の直接雇用者(パートタイマー及び嘱託契約の社員)であります。
        5.医心館      盛岡Ⅲ号館と医心館宇都宮には、株式会社アンビスの従業員が勤務しており、医心館                                        盛岡Ⅲ号館の
          従業員数は      18(9)名、医心館宇都宮の従業員数は31(5)名です。
      ⅱ)  第3期第3四半期連結累計期間

        当第3四半期連結累計期間に著しい変動があった設備は、次のとおりであります。
                                               2019年6月30日現在

                                   帳簿価額(千円)
       事業所名                                              従業員数
                設備の内容
                         建物    機械装置
       (所在地)                                               (名)
                                       リース
                         及び     及び     土地         その他     合計
                                        資産
                         構築物     運搬具
      医心館    新潟
                 医心館
                                                         ―
                        297,661        ―     ―     ―    711   298,372
      (新潟県新潟市
                                                        (―)
               建物及び設備等
       中央区)
      医心館    仙台長町
                 医心館                                       ―
                           ―     ―  477,362        ―     ―  477,362
     (宮城県仙台市太白
               建物及び設備等                                        (―)
        区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.その他には、工具、器具及び備品等が含まれております。
        4.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員を()外数で記載しております。なお、臨時雇用
          者数とは、正社員以外の直接雇用者(パートタイマー及び嘱託契約の社員)であります。
        5.医心館      新潟には、株式会社アンビスの従業員が勤務しており、医心館                             新潟の従業員数は31名です。
          また、医心館         仙台長町の従業員数は未定であります。
          なお、現時点において、医心館                 仙台長町は用地のみ取得している状況であります。
                                  55/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  国内子会社
      ⅰ)  第2期連結会計年度
                                                2018年9月30日現在
                                   帳簿価額(千円)
            事業所名        設備                                従業員数
     会社名
                          建物    機械装置
             (所在地)         の内容                                   (名)
                                     リース
                           及び       及び           その他      合計
                                      資産
                           構築物       運搬具
          医心館    本陣
                    医心館
    株式会社ア                                                     13
           (愛知県名古屋市                  2,176       508   114,763       1,219    118,668
    ンビス                                                   (17)
                     設備等
          中村区)
          医心館    南浦和
                    医心館
    株式会社ア                                                     25
                           14,010      1,038    280,147       2,019    297,215
           (埼玉県さいたま
    ンビス                                                   (19)
                     設備等
          市南区)
          医心館    横浜都筑
                    医心館
    株式会社ア                                                     54
                            1,607        ―      ―   59,089      60,697
           (神奈川県横浜市
    ンビス                                                   (30)
                     設備等
          都筑区)
          医心館    横浜立場
                    医心館
    株式会社ア                                                     28
                            3,998      1,407    421,854       6,262    433,522
           (神奈川県横浜市
    ンビス                                                   (3)
                     設備等
          泉区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.その他には、工具、器具及び備品、のれん等が含まれております。
        4.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員を()外数で記載しております。なお、臨時雇用
          者数とは、正社員以外の直接雇用者(パートタイマー及び嘱託契約の社員)であります。
        5.上記の他、連結会社以外から賃借している設備の内容は、下記のとおりであります。
              事業所名                       年間リース料            リース契約残高

                         設備の内容
              (所在地)                          (千円)             (千円)
           医心館    盛岡Ⅲ号館
                         医心館設備等                   1,255            12,140
             (岩手県盛岡市)
            医心館    横浜立場
                         医心館設備等                    974          14,922
           (神奈川県横浜市泉区)
            医心館    宇都宮
                         医心館設備等                    565          11,434
            (栃木県宇都宮市)
      ⅱ)  第3期第3四半期連結累計期間

        当第3四半期連結累計期間に著しい変動があった設備は、次のとおりであります。
                                               2019年6月30日現在

                                   帳簿価額(千円)
            事業所名        設備                                 従業員数
     会社名
                          建物     機械装置
            (所在地)        の内容                                  (名)
                                     リース
                          及び      及び           その他      合計
                                     資産
                         構築物      運搬具
          医心館    成増      医心館                                    31
     株式会社
                          27,764        ―   421,031       4,505     453,300
     アンビス
          (東京都板橋区)          設備等                                   (5)
                                                         33
          医心館    東戸塚
                    医心館
     株式会社
          (神奈川県横浜市                15,453        ―   602,534       7,927     625,914       (11)
     アンビス
                    設備等
          戸塚区)
          医心館    北浦和
                    医心館
     株式会社                                                   27
                            892      135    475,405       7,349     483,783
          (埼玉県さいたま
     アンビス                                                  (3)
                    設備等
          市浦和区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.その他には、工具、器具及び備品、のれん等が含まれております。
        4.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員を()外数で記載しております。なお、臨時雇用
          者数とは、正社員以外の直接雇用者(パートタイマー及び嘱託契約の社員)であります。
        5.上記の他、連結会社以外から賃借している設備の内容は、下記のとおりであります。
              事業所名                       年間リース料           リース契約残高

                         設備の内容
              (所在地)                        (千円)            (千円)
             医心館    成増
                         医心館設備等                  3,742           16,243
            (東京都板橋区)
                                  56/159

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             医心館    新潟
                         医心館設備等                  3,365           14,666
           (新潟県新潟市中央区)
            医心館    東戸塚
                         医心館設備等                  4,145           19,373
           (神奈川県横浜市戸塚区)
             医心館    北浦和
                         医心館設備等                  2,980           14,486
           (埼玉県さいたま市浦和
               区)
    3  【設備の新設、除却等の計画】                 (2019年7月31日現在)

     (1) 重要な設備の新設等
                              投資予定額
               事業所名                                  完了予定      完成後の
      会社名                設備の内容               資金調達方法      着手年月
               (所在地)                                   年月     増加能力
                             総額    既支払額
                            (千円)     (千円)
     株式会社
              医心館   北上
                       医心館               自己資金                受入定員
     アンビスホー                        232,131     174,069         2019年6月     2019年11月
                       設備等               及び借入金                  31名
             (岩手県北上市)
     ルディングス
     株式会社
             医心館   仙台長町       医心館                自己資金
                                                       受入定員
     アンビスホー                        749,076     488,423         2019年7月     2020年4月
                                                      52名(予定)
            (宮城県仙台市太白区)            設備等               及び借入金
     ルディングス
     株式会社
              医心館   水戸      医心館                自己資金
                                                       受入定員
     アンビスホー                        365,840     193,840         2019年8月     2020年2月
             (茨城県水戸市)          設備等               及び借入金                50名(予定)
     ルディングス
     株式会社
              医心館   八戸      医心館                自己資金
                                                       受入定員
     アンビスホー                        270,904      38,186         2019年8月     2020年4月
                                                      45名(予定)
             (青森県八戸市)          設備等               及び借入金
     ルディングス
      株式会社
                        医心館                                受入定員
              医心館   新店①
                             500,000        ―  増資資金     2019年11月     2020年7月
     アンビスホー
                                                      50名(予定)
                        設備等
     ルディングス
      株式会社
                        医心館
                                                       受入定員
              医心館   新店②
                             500,000        ―  増資資金     2019年12月     2020年8月
     アンビスホー
                                                      49名(予定)
                        設備等
     ルディングス
       株式会社
                         医心館                                 受入定員
              医心館   新店③
                             500,000        ―  増資資金     2020年1月     2020年9月
     アンビスホー
                        設備等                               50名(予定)
     ルディングス
     (注)   1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        2.当社グループは、医心館事業の単一セグメントであるため、セグメントの名称の記載は省略しております。
     (2)  重要な設備の除却等

       経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                  57/159










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     40,000,000

                 計                                   40,000,000

      (注)2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につき200株の株式分割を
        行っております。これにより、発行可能株式総数は39,800,000株増加し、40,000,000株となっております。
      ② 【発行済株式】

                             上場金融商品取引所名又は

        種類          発行数(株)                               内容
                           登録認可金融商品取引業協会名
                                          完全議決権株式であり、権利内容
                                          に何ら限定のない当社のおける標
       普通株式               10,000,000            非上場
                                          準となる株式であります。なお、
                                          単元株式数は100株であります。
        計             10,000,000             ―               ―
     (注)1.2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っ
          ております。これにより、発行済株式総数は、9,950,000株増加し、10,000,000株となっております。
       2.2019年7月16日開催の臨時株主総会決議により、同日付で1単元を100株とする単元株制度を採用しておりま
          す。
                                  58/159












                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストック・オプション制度の内容】
        会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
       a.第1回新株予約権
     決議年月日                    2017年4月11日

                        当社取締役 1
     付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社従業員 7 (注)1
     新株予約権の数(個) ※                    11(注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 110       [22,000](注)2、6、7
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                  ※  1,422   [8](注)3、6、7
     新株予約権の行使期間 ※                    2019年5月1日~2027年3月31日

     新株予約権の行使により株式を
                        発行価格         1,422   [8](注)6、7
     発行する場合の株式の発行価格
                        資本組入額          711  [4]
     及び資本組入額(円) ※
     新株予約権の行使の条件 ※                    (注)4
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を得なければならない。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                        (注)5
     付に関する事項 ※
      ※ 最近事業年度の末日(2018年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(2019年8月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
        記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.付与対象者の取締役就任及び退職等による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人

          数」は、当社取締役1名、当社従業員1名となっております。
        2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は10株、提出日の前月末現在は2,000

          株であります。
          当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調
          整するものとする。かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的
          となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとす
          る。
           調整後株式数        =   調整前株式数        ×  分割・併合の比率
          また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行う場合又はその他
          やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で取締役会決議に
          より調整されるものとする。
        3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により

          行使価額を調整し、調整の結果生じる1円未満の端数については、これを切り上げる。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行又は自己株式の処分を行
          う場合(新株予約権の行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整の
          結果生じる1円未満の端数は切り上げる。
                    既発行株式数       ×  調整前行使価額        +  新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                               既発行株式数+新規発行株式数
          上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
          数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
          「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
          さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
          う場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で取締役会決議により調
          整されるものとする。
                                  59/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.新株予約権の行使の条件
         「従業員」
          ① 新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社又は
            当社子会社の取締役、監査役、従業員又はこれに準ずる地位を有していなければならない。ただし、新
            株予約権者が任期満了により退任又は退職した場合、あるいは取締役会が正当な理由があると認めた場
            合は、この限りではない。
          ② 新株予約権者が死亡した場合、相続人が新株予約権を行使することができるものとする。
          ③ 各新株予約権1個当たりの一部行使はできないものとする。
        5.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以

          上を総称して以下「組織再編行為」と言います。)を実施する場合の新株予約権の取扱い
          当社が組織再編行為を実施する場合において、組織再編行為の効力発生日において残存する新株予約権(以
          下「残存新株予約権」と言います。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項
          第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づ
          きそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約
          権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、
          吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定め
          た場合に限るものとする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
            の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ②   新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③   予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2に準じて決定する。
          ④   新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
            え、(注)3で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該
            新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          ⑤   新株予約権を行使することができる期間
            「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日
            のうちいずれか遅い日から、「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期
            間の満了日までとする。
          ⑥   新株予約権の行使の条件
            (注)4に準じて決定する。
          ⑦   増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」の定めに準じて決定
            する。
          ⑧   譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          ⑨   新株予約権の取得事由
            下記に準じて決定する。
           (ⅰ)新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会
             社となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主
             総会決議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日を
             もって、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
           (ⅱ)新株予約権者が権利行使をする前に、「新株予約権の行使の条件」に規定する条件により権利を行使
             する条件に該当しなくなった場合、及び新株予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当
             社取締役会が別途定める日をもって、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
        6.2017年5月26日開催の取締役会決議により、2017年7月1日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っ

          ております。これにより、上記「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」「新株予約権の行使時
          の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整
          されております。
        7.2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につき200株の株式分割を

          行っております。これにより、上記「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」「新株予約権の行
          使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
          調整されております。
                                  60/159



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       b.第2回新株予約権
     決議年月日                    2017年8月25日

                        当社取締役 1
                        当社監査役 1
     付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社従業員 17 (注)1
     新株予約権の数(個) ※                    46[43](注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 460[86,000](注)2、6
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                  ※  1,422   [8]  (注)3、6
     新株予約権の行使期間 ※                    2019年9月23日~2027年3月31日

     新株予約権の行使により株式を
                        発行価格         1,422   [8]  (注)6
     発行する場合の株式の発行価格
                        資本組入額          711  [4]
     及び資本組入額(円) ※
     新株予約権の行使の条件 ※                    (注)4
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を得なければならない。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                        (注)5
     付に関する事項 ※
      ※ 最近事業年度の末日(2018年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2019年8月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
       載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.付与対象者の取締役就任及び退職等による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人

          数」は、当社取締役2名、当社従業員11名となっております。
        2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は10株、提出日の前月末現在は2,000

          株であります。
          当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調
          整するものとする。かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的
          となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとす
          る。
           調整後株式数        =   調整前株式数        ×  分割・併合の比率
          また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行う場合又はその他
          やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で取締役会決議に
          より調整されるものとする。
        3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により

          行使価額を調整し、調整の結果生じる1円未満の端数については、これを切り上げる。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行又は自己株式の処分を行
          う場合(新株予約権の行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整の
          結果生じる1円未満の端数は切り上げる。
                    既発行株式数       ×  調整前行使価額        +  新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                               既発行株式数+新規発行株式数
          上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
          数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
          「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
          さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
          う場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で取締役会決議により調
          整されるものとする。
                                  61/159



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.新株予約権の行使の条件
         「役員」
          ①   新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社もしく
            は当社の子会社の取締役、監査役、従業員又はこれに準じる地位にあることを要する。ただし、任期満
            了による退任又は定年退職その他取締役会決議において正当な理由がある場合と認めた場合は、この限
            りではない。
          ② 新株予約権者は、当社株式が割当日以降において金融商品取引所に上場された場合に限り、権利行使期
            間内に権利行使することができる。
          ③ 新株予約権者は、以下の区分に従って、割当された権利の一部又は全部を行使することができる。ただ
            し、一部を行使する場合には、割り当てられた新株予約権の整数倍の単位で行使するものとする。
           (ⅰ)当社株式が金融商品取引所に上場された月の月末から1年間が経過する日までは、割当された権利の
             2分の1の権利を行使することができる。
           (ⅱ)当社株式が金融商品取引所に上場された月の月末から1年間が経過した日以降は、割当された権利の
             全部を行使することができる。
          ④ 新株予約権者が死亡した場合、当社が死亡の事実を知った月の月末から10か月以内(ただし、行使期間
            の末日までとする)に限り、相続人は権利行使することができる。
         「従業員」
          ① 新株予約権者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社の取締役、監査役、従業員又はこれに準
            ずる地位を有していなければならない。ただし、新株予約権者が任期満了により退任又は退職した場
            合、あるいは取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
          ② 新株予約権者が死亡した場合、相続人が新株予約権を行使することができるものとする。
          ③ 各新株予約権1個当たりの一部行使はできないものとする。
        5.当社が、組織再編行為を実施する場合の新株予約権の交付の定め及びその新株予約権の取扱い

          当社が組織再編行為を実施する場合において、残存新株予約権の新株予約権者に対し、それぞれの場合につ
          き、再編対象会社の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、
          残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に
          沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割
          計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
            の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
            え、(注)3で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該
            新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日
            のうちいずれか遅い日から、「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期
            間の満了日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使の条件
            (注)4に準じて決定する。
          ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」の定めに準じて決定
            する。
                                  62/159






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          ⑨ 新株予約権の取得事由
            下記に準じて決定する。
           (ⅰ)新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会
             社となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主
             総会決議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日を
             もって、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
           (ⅱ)新株予約権者が権利行使をする前に、「新株予約権の行使の条件」に規定する条件により権利を行使
             する条件に該当しなくなった場合、及び新株予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当
             社取締役会が別途定める日をもって、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       6.     2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につき200株の株式分割を

          行っております。これにより、上記「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」「新株予約権の行
          使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
          調整されております。
                                  63/159
















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       c.第3回新株予約権
     決議年月日                    2018年7月3日

                        当社取締役 2
     付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社従業員 28 (注)1
     新株予約権の数(個) ※                    1,045[740](注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 1,045[148,000](注)2、6
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                  ※  9,417   [48]   (注)3、6
     新株予約権の行使期間 ※                    2021年7月25日~2028年6月30日

     新株予約権の行使により株式を
                        発行価格         9,417   [48]   (注)6
     発行する場合の株式の発行価格
                        資本組入額       4,709   [24]
     及び資本組入額(円) ※
     新株予約権の行使の条件 ※                    (注)4
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を得なければならない。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                        (注)5
     付に関する事項 ※
      ※ 最近事業年度の末日(2018年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2019年8月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
       載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.付与対象者の退職等による権利権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当

          社取締役2名、当社従業員21名となっております。
        2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は200株

          であります。
          当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調
          整するものとする。かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的
          となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとす
          る。
           調整後株式数        =   調整前株式数        ×  分割・併合の比率
          また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行う場合又はその他
          やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で取締役会決議に
          より調整されるものとする。
        3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により

          行使価額を調整し、調整の結果生じる1円未満の端数については、これを切り上げる。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行又は自己株式の処分を行
          う場合(新株予約権の行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整の
          結果生じる1円未満の端数は切り上げる。
                    既発行株式数       ×  調整前行使価額        +  新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                               既発行株式数+新規発行株式数
          上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
          数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
          「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
          さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
          う場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で取締役会決議により調
          整されるものとする。
                                  64/159



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.新株予約権の行使の条件
         「役員」
          ①   新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社もしく
            は当社の子会社の取締役、監査役、従業員又はこれに準じる地位にあることを要する。ただし、取締役
            会が特に認めた場合はこの限りではない。
          ② 新株予約権者は、当社株式が割当日以降において金融商品取引所に上場された場合に限り、権利行使期
            間内に権利行使することができる。
          ③ 新株予約権者は、以下の区分に従って、割当された権利の一部又は全部を行使することができる。ただ
            し、一部を行使する場合には、割り当てられた新株予約権の整数倍の単位で行使するものとする。
           (ⅰ)当社株式が金融商品取引所に上場された月の月末から1年間が経過する日までは、割当された権利の
             2分の1の権利を行使することができる。
           (ⅱ)当社株式が金融商品取引所に上場された月の月末から1年間が経過した日以降は、割当された権利の
             全部を行使することができる。
          ④ 新株予約権者が死亡した場合、当社が死亡の事実を知った月の月末から10か月以内(ただし、行使期間
            の末日までとする)に限り、相続人は権利行使することができる。
         「従業員」
          ① 新株予約権者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社の取締役、監査役、従業員又はこれに準
            ずる地位を有していなければならない。ただし、取締役会が特に認めた場合はこの限りではない。
          ② 新株予約権者は、当社株式が割当日以降において金融商品取引所に上場された場合に限り、権利行使期
            間内に権利行使できるものとする。
          ③ 新株予約権者が死亡した場合、相続人が新株予約権を行使することができるものとする。
          ④ 各新株予約権1個当たりの一部行使はできないものとする。
        5.当社が、組織再編行為を実施する場合の新株予約権の交付の定め及びその新株予約権の取扱い

          当社が組織再編行為を実施する場合において、組織再編行為の効力発生日において残存新株予約権の新株予
          約権者に対し、それぞれの場合につき、再編対象会社の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付する
          こととする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行する
          ものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設
          合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものと
          する。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
            の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
            え、(注)3で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該
            新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日
            のうちいずれか遅い日から、「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期
            間の満了日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使の条件
            (注)4に準じて決定する。
          ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」の定めに準じて決定
            する。
                                  65/159





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          ⑨ 新株予約権の取得事由
            下記に準じて決定する。
           (ⅰ)新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会
             社となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主
             総会決議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日を
             もって、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
           (ⅱ)新株予約権者が権利行使をする前に、「新株予約権の行使の条件」に規定する条件により権利を行使
             する条件に該当しなくなった場合、及び新株予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当
             社取締役会が別途定める日をもって、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       6.     2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につき200株の株式分割を

          行っております。これにより、上記「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」「新株予約権の行
          使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
          調整されております。
                                  66/159
















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       d.第4回新株予約権
     決議年月日                    2018年7月3日

                        当社取締役 2
     付与対象者の区分及び人数(名)                    当社監査役 1
                        当社従業員 13 (注)1
     新株予約権の数(個) ※                    360  [305]   (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 360       [61,000]     (注)2、6
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                  ※  9,417   [48]   (注)3、6
     新株予約権の行使期間 ※                    2021年7月25日~2028年6月30日

     新株予約権の行使により株式を
                        発行価格         9,417   [48]   (注)6
     発行する場合の株式の発行価格
                        資本組入額       4,709   [24]
     及び資本組入額(円) ※
     新株予約権の行使の条件 ※                    (注)4
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を得なければならない。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                        (注)5
     付に関する事項 ※
      ※ 最近事業年度の末日(2018年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2019年8月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
       載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.付与対象者の退職等による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取

          締役2名、当社従業員12名となっております。
        2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は200株

          であります。
          当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調
          整するものとする。かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的
          となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとす
          る。
           調整後株式数        =   調整前株式数        ×  分割・併合の比率
          また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行う場合又はその他
          やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で取締役会決議に
          より調整されるものとする。
        3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により

          行使価額を調整し、調整の結果生じる1円未満の端数については、これを切り上げる。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行又は自己株式の処分を行
          う場合(新株予約権の行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整の
          結果生じる1円未満の端数は切り上げる。
                    既発行株式数       ×  調整前行使価額        +  新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                               既発行株式数+新規発行株式数
          上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
          数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
          「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
          さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
          う場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で取締役会決議により調
          整されるものとする。
       4.新株予約権の行使の条件

         「役員」
                                  67/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ①   新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社もしく
            は当社の子会社の取締役、監査役、従業員又はこれに準じる地位にあることを要する。ただし、取締役
            会 が特に認めた場合はこの限りではない。
          ② 新株予約権者は、当社株式が割当日以降において金融商品取引所に上場された場合に限り、権利行使期
            間内に権利行使することができる。
          ③ 新株予約権者は、以下の区分に従って、割当された権利の一部又は全部を行使することができる。ただ
            し、一部を行使する場合には、割り当てられた新株予約権の整数倍の単位で行使するものとする。
           (ⅰ)当社株式が金融商品取引所に上場された月の月末から1年間が経過する日までは、割当された権利の
             2分の1の権利を行使することができる。
           (ⅱ)当社株式が金融商品取引所に上場された月の月末から1年間が経過した日以降は、割当された権利の
             全部を行使することができる。
          ④ 新株予約権者が死亡した場合、当社が死亡の事実を知った月の月末から10か月以内(ただし、行使期間
            の末日までとする)に限り、相続人は権利行使することができる。
         「従業員」
          ① 新株予約権者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社の取締役、監査役、従業員又はこれに準
            ずる地位を有していなければならない。ただし、取締役会が特に認めた場合はこの限りではない。
          ② 新株予約権者は、当社株式が割当日以降において金融商品取引所に上場された場合に限り、権利行使期
            間内に権利行使できるものとする。
          ③ 新株予約権者が死亡した場合、相続人が新株予約権を行使することができるものとする。
          ④ 各新株予約権1個当たりの一部行使はできないものとする。
        5.当社が、組織再編行為を実施する場合の新株予約権の交付の定め及びその新株予約権の取扱い

          当社が組織再編行為を実施する場合において、組織再編行為の効力発生日において残存新株予約権の新株予
          約権者に対し、それぞれの場合につき、再編対象会社の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付する
          こととする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行する
          ものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設
          合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものと
          する。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
            の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
            え、(注)3で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該
            新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日
            のうちいずれか遅い日から、「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期
            間の満了日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使の条件
            (注)4に準じて決定する。
          ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」の定めに準じて決定
            する。
                                  68/159






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          ⑨ 新株予約権の取得事由
            下記に準じて決定する。
           (ⅰ)新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会
             社となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主
             総会決議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日を
             もって、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
           (ⅱ)新株予約権者が権利行使をする前に、「新株予約権の行使の条件」に規定する条件により権利を行使
             する条件に該当しなくなった場合、及び新株予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当
             社取締役会が別途定める日をもって、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       6.     2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につき200株の株式分割を

          行っております。これにより、上記「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」「新株予約権の行
          使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
          調整されております。
                                  69/159
















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       e.第5回新株予約権
     決議年月日                    2019年6月17日

                        当社監査役 1
     付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社従業員 82
     新株予約権の数(個) ※                    739(注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 147,800(注)1、5
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                  ※
                        631(注)2、5
     新株予約権の行使期間 ※                    2022年7月1日~2029年5月31日

     新株予約権の行使により株式を
                        発行価格           631(注)5
     発行する場合の株式の発行価格
                        資本組入額         316
     及び資本組入額(円) ※
     新株予約権の行使の条件 ※                    (注)3
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を得なければならない。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                        (注)4
     付に関する事項 ※
      ※ 提出日の前月末現在(2019年8月31日)における内容を記載しております。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、200株であります。

          当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調
          整するものとする。かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的
          となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとす
          る。
           調整後株式数        =   調整前株式数        ×  分割・併合の比率
          また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行う場合又はその他
          やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で取締役会決議に
          より調整されるものとする。
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により

          行使価額を調整し、調整の結果生じる1円未満の端数については、これを切り上げる。
                                  1
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行又は自己株式の処分を行
          う場合(新株予約権の行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整の
          結果生じる1円未満の端数は切り上げる。
                    既発行株式数       ×  調整前行使価額        +  新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
          調整後行使価額        =
                                既発行株式数+新規発行株式数
          上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
          数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
          「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
          さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
          う場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で取締役会決議により調
          整されるものとする。
       3.新株予約権の行使の条件

         「役員」
          ①   新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社もしく
            は当社の子会社の取締役、監査役、従業員又はこれに準じる地位にあることを要する。ただし、取締役
            会が特に認めた場合はこの限りではない。
          ② 新株予約権者は、当社株式が割当日以降において金融商品取引所に上場された場合に限り、権利行使期
            間内に権利行使することができる。
          ③ 新株予約権者は、以下の区分に従って、割当された権利の一部又は全部を行使することができる。ただ
            し、一部を行使する場合には、割り当てられた新株予約権の整数倍の単位で行使するものとする。
           (ⅰ)当社株式が金融商品取引所に上場された月の月末から1年間が経過する日までは、割当された権利の
                                  70/159

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             2分の1の権利を行使することができる。
           (ⅱ)当社株式が金融商品取引所に上場された月の月末から1年間が経過した日以降は、割当された権利の
             全部を行使することができる。
          ④ 新株予約権者が死亡した場合、当社が死亡の事実を知った月の月末から10か月以内(ただし、行使期間
            の末日までとする)に限り、相続人は権利行使することができる。
         「従業員」
          ① 新株予約権者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社の取締役、監査役、従業員又はこれに準
            ずる地位を有していなければならない。ただし、取締役会が特に認めた場合はこの限りではない。
          ② 新株予約権者は、当社株式が割当日以降において金融商品取引所に上場された場合に限り、権利行使期
            間内に権利行使できるものとする。
          ③ 新株予約権者が死亡した場合、相続人が新株予約権を行使することができるものとする。
          ④ 各新株予約権1個当たりの一部行使はできないものとする。
        4.当社が、組織再編行為を実施する場合の新株予約権の交付の定め及びその新株予約権の取扱い

          当社が組織再編行為を実施する場合において、組織再編行為の効力発生日において残存新株予約権の新株予
          約権者に対し、それぞれの場合につき、再編対象会社の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付する
          こととする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行する
          ものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設
          合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものと
          する。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
            の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
            え、(注)2で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該
            新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日
            のうちいずれか遅い日から、「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期
            間の満了日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使の条件
            (注)3に準じて決定する。
          ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」の定めに準じて決定
            する。
          ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          ⑨ 新株予約権の取得事由
            下記に準じて決定する。
           (ⅰ)新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会
             社となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主
             総会決議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日を
             もって、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
           (ⅱ)新株予約権者が権利行使をする前に、「新株予約権の行使の条件」に規定する条件により権利を行使
             する条件に該当しなくなった場合、及び新株予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当
             社取締役会が別途定める日をもって、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       5.   2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日付で普通株式1株につき200株の株式分割を

          行っております。これにより、上記「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」「新株予約権の行
          使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
          調整されております。
                                  71/159




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)        (株)       (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
    2016年10月3日
                    5,000       5,000      50,000       50,000          ―       ―
     (注)1
    2017年7月1日
                    45,000       50,000          ―    50,000          ―       ―
     (注)2
    2017年9月22日
                      ―    50,000      △10,000        40,000          ―       ―
     (注)3
    2019年7月31日
                  9,950,000      10,000,000            ―    40,000          ―       ―
     (注)4
     (注)   1.2016年10月3日付の発行済株式総数並びに資本金の増加は、株式会社アンビスの株式移転の方法により当社
          が設立されたことによるものです。
        2.2017年7月1日付の発行済株式総数の増加は株式分割(1:10)によるものです。
        3.2017年9月22日付の資本金の減少は、当社設立時における会計処理の修正によるものです。なお、資本金の
          減資割合は20%となっております。
        4.2019年7月31日付の発行済株式総数の増加は株式分割(1:200)によるものです。
     (4)  【所有者別状況】

                                              2019年7月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数 100株)
                                                       単元未満
      区分                            外国法人等                    株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                 個人
                                                        (株)
           地方公共     金融機関                                  計
                     取引業者      法人                その他
            団体
                                個人以外      個人
     株主数
              ―     ―     ―      1     ―     ―      1      2      ―
     (人)
     所有株式数
              ―     ―     ―   70,000        ―     ―   30,000      100,000         ―
     (単元)
     所有株式数
              ―     ―     ―    70.0       ―     ―    30.0      100.0        ―
     の割合(%)
                                  72/159








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                               2019年7月31日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     ―           ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―           ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―           ―              ―

                                           権利内容に何ら限定のない当社に
                                           おける標準となる株式でありま
                     普通株式     10,000,000
     完全議決権株式(その他)                                  100,000     す。
                                           1単元の株式数は、100株であり
                                           ます。
     単元未満株式                     ―           ―
     発行済株式総数                     10,000,000           ―              ―

     総株主の議決権                     ―             100,000            ―

      ② 【自己株式等】

        該当事項はありません。
    2  【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 該当事項はありません。
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

      該当事項はありません。
                                  73/159







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 【配当政策】
       当社は、株主に対する利益配分を重要な経営課題として捉え、将来の事業展開と経営基盤の強化を図るための内
      部留保資金を確保しつつ、配当を行うことを基本方針としております。
       このことから、内部留保の充実を図るため設立以来現在に至るまで利益配当を実施しておりません。内部留保資
      金につきましては、好調に成長している「医心館事業」への経営資源の積極的な投下を行い、当面は配当性向を
      5~10%程度、その先では株主への還元を十分考慮するものとして、配当原資確保のための収益力を強化し、継続
      的かつ安定的な配当を行う方針であります。
       また、当社の剰余金の配当は期末配当の年1回を基本方針としております。
       会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議によっ
      て定めることができる旨を定款に定めております。
       なお、期末配当の基準日は毎事業年度末日、中間配当の基準日は毎年3月31日とし、このほか基準日を定めて剰
      余金の配当をすることができる旨を定款に定めております。配当の決定機関は取締役会であります。
    4 【株価の推移】

      当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
                                  74/159















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【役員の状況】
      男性6名 女性3名          (役員のうち女性の比率33.3%)
                                                      所有株式数

      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                                    JR東海総合病院(現名古屋セン
                              1990年4月
                                    トラル病院)勤務
                                    京都大学医学部勤務        助手就任
                              1994年4月
                              1996年10月      コールドスプリングハーバー研究
                                    所研究員就任
                              2000年10月      科学技術振興事業団(現科学技術
                                    振興機構)    主任研究員就任
                              2001年4月      京都大学ウイルス研究所(現京都
                                    大学ウイルス・再生医科学研究
                                    所)  客員助教授
                                    国立遺伝学研究所入所         准教授
                              2002年11月
                                    イーハトーブ病院       名誉院長
                              2010年5月
                              2010年7月      岩手県立中央病院       臨時医務嘱託
                                                      10,000,000
    代表取締役       ―    柴原 慶一       1964年10月9日                            (注)2
                                    社会福祉法人大迫       評議員
                                                      (注)4
                              2012年1月      医療法人大町クリニック          理事長
                                    (現在、活動休止中)
                                    光精工株式会社      顧問
                              2013年1月
                                    社会福祉法人感謝の心         理事長
                              2013年8月
                              2013年9月      株式会社光ライフサポート           取締
                                    役
                                    医療法人福慈会      理事長
                              2013年9月
                              2013年9月      株式会社アンビス設立          代表取締
                                    役(現任)
                                    株式会社医心設立       代表取締役
                              2015年6月
                                    社会福祉法人光塩会        理事
                              2016年9月
                                    当社設立    代表取締役(現任)
                              2016年10月
                              1981年4月      国立療養所(現独立行政法人国立
                                    病院機構)東佐賀病院入職(看護
                                    師)
                              1988年4月      国立別府病院附属看護学校(現独
                                    立行政法人国立病院機構熊本医療
                                    センター附属大分中央看護学校)
                                    専任教員
                                    国立熊本病院(現独立行政法人国
                                    立病院機構熊本医療センター)            看
                              1995年4月
                                    護師長
                              2001年4月      国立療養所筑後病院(現独立医行
                                    政法人国立病院機構大牟田病院)
                                    副総看護師長
                              2002年4月      国立病院九州循環器病センター
                                    (現独立行政法人国立病院機構鹿
                                    児島医療センター)附属鹿児島看
                                    護学校   教育主事
                              2003年8月      学校法人向陽学園向陽高等学校入
                                    職 衛生看護専攻科長
     取締役      ―   前田 早知子       1959年12月1日                            (注)2        ―
                              2004年5月      医療法人財団(現一般財団法人)聖
                                    十字会西日本病院入職          看護師
                                    長・教育担当師長
                              2007年7月      同会聖ヶ塔病院       看護師長・経営
                                    企画室長
                              2009年4月      財団法人医療・介護・教育研究財
                                    団柳川病院入職      副看護部長
                              2011年7月      学校法人九州アカデミー学園アカ
                                    デミー看護専門学校入職          専門教
                                    員
                              2013年4月      医療法人同愛会副島病院入職            看
                                    護師長就任後看護部長
                                    当社入社    事業戦略本部長
                              2017年8月
                                    当社  取締役事業戦略本部本部長
                              2017年9月
                              2018年4月      株式会社アンビス       取締役
                              2018年12月      当社  取締役(現任)
                                    株式会社アンビス        取締役医心館
                                    運営本部本部長(現任)
                                  75/159



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              2004年12月      監査法人トーマツ(現有限責任監
                                    査法人トーマツ)入所
                              2008年7月      HSKコンサルティング株式会社入
                                    社
                              2012年4月      株式会社リクルート入社
                              2014年3月      株式会社ウィングル(現株式会社
          事業戦略
                                    LITALICO)入社
     取締役      本部     三橋 秀一       1979年8月14日                            (注)2        ―
                              2016年5月      株式会社フォーデジット入社
          本部長
                                    最高財務責任者CFO
                                    同社  取締役CFO
                              2016年10月
                                    当社  取締役CFO
                              2018年1月
                                    当社  取締役経営企画本部本部長
                              2018年9月
                              2018年12月      当社  取締役事業戦略本部本部長
                                    (現任)
                              2001年10月      ワタミ株式会社入社
                              2009年1月      株式会社インタースパイア入社
                                    (現ユナイテッド株式会社)
                                    同社  内部監査室長
                              2010年10月
                              2015年11月      株式会社BAKE入社
          管理本部
     取締役          鈴木 しのぶ       1973年12月19日                            (注)2        ―
          本部長
                              2017年7月      当社入社    経理・コンプライアン
                                    ス室長
                                    当社  取締役経営管理本部本部長
                              2018年9月
                              2018年12月      当社  取締役管理本部本部長(現
                                    任)
                                    医療法人福慈会福西胃腸科外科入
                              1985年4月
                                    職
                                    医療法人厚生会奈良厚生会病院入
                              1994年1月
                                    職
                              1997年4月      百合が丘クリニック入職
                              1999年12月      医療法人凰林会榊原白鳳病院入職
                              2007年4月      医療法人福慈会入職
     取締役      ―   西久保 千賀       1967年10月16日                            (注)2        ―
                              2014年4月      株式会社アンビス入社         医心館   名
                                    張Ⅰ館長
                                    同社医心館     名張Ⅰ・Ⅱ館長
                              2015年3月
                                    同社医心館第一運営部部長
                              2016年8月
                                    (現任)
                                    当社  取締役(現任)
                              2017年9月
                              2018年4月      株式会社アンビス       取締役(現任)
                              1989年7月      自治省(現総務省)入省
                                    自治大学校     教授
                              1995年7月
                              1996年4月      東京窯業株式会社入社          営業開発
                                    本部長
                                    同社  取締役営業開発本部本部長
                              1997年6月
                                    同社  取締役営業本部副本部長
                              1998年10月
                                    同社  常務取締役営業本部長
                              2001年6月
                                    同社  専務取締役営業本部長
                              2004年6月
                              2005年6月      TYKアメリカ     INC.代表取締役会長
                                    (現任)
     取締役      ―    牛込 伸隆       1964年9月4日                            (注)2        ―
                              2005年6月      明智セラミックス株式会社代表取
                                    締役社長(現任)
                              2005年6月      株式会社ユーセラミック代表取締
                                    役社長(現任)
                              2005年6月      株式会社水野セラミックス代表取
                                    締役社長(現任)
                              2005年6月      豊栄興業株式会社代表取締役社長
                                    (現任)
                              2005年6月      東京窯業株式会社代表取締役社長
                                    (現任)
                                    当社  取締役(社外)      (現任)
                              2019年1月
                                  76/159





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              1979年4月      農林中央金庫入庫
                              2000年6月      協同リース株式会社(現JA三井
                                    リース株式会社)に出向         財務部長
                              2002年6月      農林中央金庫に帰任         業務監査部
                                    資産監査室長
                                    同庫  市場業務管理部長
                              2005年6月
                              2008年4月      農中情報システム株式会社へ転籍
                                    執行役員コンプライアンス統括部
    常勤監査役       ―    荒井 亮二       1954年4月20日                            (注)3        ―
                                    長
                                    同社  執行役員総務部長
                              2010年4月
                              2013年3月      アント・キャピタル・パートナー
                                    ズ株式会社 常勤監査役
                              2016年9月      株式会社アイ・コンセプト入社
                              2017年1月      株式会社AGSコンサルティング入
                                    社 IPO事業部
                              2019年2月      当社 常勤監査役(社外)(現任)
                              2009年12月      北勢綜合法律事務所入所
                              2012年9月      尾西・加藤綜合法律事務所開設
     非常勤
            ―    加藤 拓也       1983年6月27日                            (注)3        ―
     監査役
                                    代表パートナー弁護士(現任)
                                    当社  非常勤監査役(社外)(現任)
                              2017年5月
                              1991年4月      三菱電機株式会社入社
                              1993年4月      横浜市入庁
                              1995年10月      太田昭和監査法人(現EY新日本有
                                    限責任監査法人)入所
                              1998年4月      日本証券業協会に出向
                              1999年4月      太田昭和監査法人(現EY新日本有
                                    限責任監査法人)に帰任
     非常勤
            ―    松尾 信吉       1969年1月9日                            (注)3        ―
     監査役                         2018年7月      ネクストリープ株式会社設立            代
                                    表取締役(現任)
                              2018年10月      当社  非常勤監査役(社外)(現任)
                              2019年6月      生化学工業株式会社         非常勤監査
                                    役(社外)(現任)
                              2019年8月      宝印刷株式会社 非常勤監査役
                                    (社外)(現任)
                            計                          10,000,000
     (注)   1.取締役牛込伸隆は、社外取締役であります。
          監査役荒井亮二、加藤拓也及び松尾信吉は、社外監査役であります。
        2.取締役の任期は、2019年7月16日開催の臨時株主総会終結の時から選任後1年以内に終了する事業年度のう
          ち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        3.監査役の任期は、2019年7月16日開催の臨時株主総会終結の時から選任後4年以内に終了する事業年度のう
          ち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        4.代表取締役柴原慶一の所有株式数は、同氏の資産管理会社である株式会社IDEA,Incが所有する株式数
          を含んでおります。
                                  77/159








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社グループでは、企業理念(ミッション)「志とビジョンある医療・介護で社会を元気に幸せに」のもと、誠
       実かつ公正な事業活動を通じて、当社グループの持続的な成長及び発展とその先にある社会全体の幸福に貢献す
       ることを目指しております。これを実現していく過程では、株主の権利を重視し、また社会的信頼に応えること
       が必要であると捉え、コーポレート・ガバナンスの確立と強化が経営上の最重要課題と考えております。
      ② 企業統治の体制

        a.  企業統治の体制の概要
         当社は、会社の機関として、株主総会、取締役会、監査役会及び経営会議を置いています。株主総会が会社
        の意思決定機関として、取締役会が会社の業務執行の意思決定、業務執行の監督ほかを行う機関として、監査
        役会が取締役の職務の執行を監査する監査役全員によって構成される独立した機関として、経営会議は当社の
        経営方針や経営戦略など経営に関する重要事項を検討等する機関として、それぞれが責務を全うする体制を
        とっております。
         当社グループは、株主、投資家、サービス利用者、医療機関、行政機関、地域社会・住民、従業員及び取引
        先等、すべてのステークホルダーの利益と信頼関係に価値をおいております。                                     また、当社では、経営体制及び
        ガバナンス強化を目的として、社外取締役及び社外監査役を招聘しております。この企業統治の体制により、
        素早い意思決定によりスピード感のある経営を行いつつ、社内外から意見を汲み取ることにより柔軟な事業運
        営(業務執行)が可能になるものと認識しております。
         なお、以下では本書提出日の状況(構成人数など)を記しております。
        1 株主総会

          当社の株主総会は、株主2名(うち法人株主1名)で構成されております。株主総会は、原則として毎事業
         年度終了後3ヶ月以内に開催するほか、必要に応じて臨時開催しております。
        2 取締役会
          当社の取締役会は、取締役6名(うち社外取締役1名)で構成されております。取締役会は、原則として毎
         月1回定時開催するほか、必要に応じて臨時開催しております。
        3 監査役会
          当社の監査役会は、監査役3名(うち社外監査役3名)で構成されております。原則として毎月1回定時開
         催するほか、必要に応じて臨時開催しております。
        4 経営会議
          当社の経営会議は、取締役5名(社外取締役以外)、監査役1名(常勤監査役)及び部長級社員6名で構成さ
         れております。原則として毎週定時開催するほか、必要に応じて臨時開催しております。なお、特に重要な
         案件では、経営会議で予め十分な検討等を行ったうえで取締役会に付議しており、取締役会における審議の
         充実と適正な意思決定を確保しております。
        b.  会社の機関、内部統制の関係

         当社における、会社の機関と内部統制との関係は図5のとおりであります。
                                  78/159






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                       図5 会社の機関と内部統制との関係
        c.  当該体制を採用する理由






         当社は、透明性・健全性の向上、及び経営環境の変化に対応した意思決定の迅速化のため、上記のコーポ
        レート・ガバナンス体制を採用しております。また、外部からの客観的かつ中立的な経営監視の機能が重要で
        あると考えており、各方面で豊富な経験と高度な専門知識、幅広い見識を有している社外取締役及び社外監査
        役を選任しております。
        d.  内部統制システムの整備の状況

         当社では、取締役会(2016年10月28日開催)決議により「内部統制規程」を定めました。現在では「内部統制
        規程」のほか、関連規程類として「取締役会規程」、「監査役会規程」、「監査役規程」及び「内部監査規
        程」等があります。また、取締役会(2017年10月16日開催)決議により「内部統制システムに関する基本方針」
        を定めております。当社の内部統制は、これら規程類や基本方針に従い、また「5つの目」の考え方(図6)
        を基礎とし、内部統制システムを構築、整備及び運用しております。
                       図6 内部統制における「5つの目」

         当社では、内部統制の目的を、まず「経営の安定化と企業価値の向上」があり、その先では「顧客や市場か







                                  79/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        らの信頼を獲得」を図り、もって企業活動の実現を通じた「社会への貢献」を行うためとしております。より
        具体的には、以下「4つの目的」があります。
         (1)  業務の有効性と効率性
         (2)  財務報告の信頼性
         (3)  関連法規の遵守
         (4)  資産の保全
         また、併せて「6つの基本的要素」があります。

         (1)  統制環境
         (2)  リスクの評価と対応
         (3)  統制活動
         (4)  情報と伝達
         (5)  モニタリング
         (6)  ITへの対応
         この「4つの目的」と「6つの基本的要素」から、以下の4点に係る取組を行っております。

         (1)  内部けん制体制の構築(コーポレート・ガバナンス体制の運用)
         (2)  リスク評価プロセスの導入(全社/部門統制チェックリストの作成、業務改善目標の設定)
         (3)  規程類(ルール、内規等を含む。)、方針等の策定
         (4)  過誤、リスクへの対応(報告体制をはじめとした経営者が確認可能な実務的な業務体制の確立)
         なお、当社では、内部統制の所管部署を経営支援部、内部監査室及び監査役会としておりますが、そ

        の取組は全社的に行うべきものとしております。
       e.  子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

         当社「関係会社管理規程」に基づき、子会社の経営状況の定期的な報告や重要案件について、関係部署
        間で事前協議を行うなど、当社グループとして連携による事業の最適化と業務の適正化に努めておりま
        す。前述の「内部統制システムに関する基本方針」は、当社グループ全体を対象としたものとなっており
        ます。
         また、毎週の経営会議において、経営上の重要事項、経営管理体制や業務執行状況について、適宜報告
        を受けるとともに、適切な助言・指導を行っております。
         さらに、当社の監査役及び内部監査室が、定期に、また臨時に監査を実施することにより、子会社の業
        務の適正を確保するための体制の整備に努めております。
        f.内部監査及び監査役監査の状況

         当社では、代表取締役直轄の部門として「内部監査室」を設置し、業務効率化や不正の未然防止をその目的
        に内部監査を実施しております。内部監査室では、専任者1名をおき、当社の定める「内部監査規程」に基づ
        いて、業務運営と財産管理の実態を調査し、代表取締役に監査報告を行い、業務運営の改善に資する体制を確
        立しております。
         また、監査役は取締役会への出席を通じて、取締役会の意思決定プロセスや決定内容等につき適正性と準拠
        性を確認しております。取締役の職務執行に併せて担当部門の業務執行を監査することを役割として、日ごろ
        重要な会議へ出席や書類の閲覧、従業員への聴取を行う等して業務監査と会計監査を実施しております。
         さらに、監査役会、会計監査人及び内部監査室の間では、情報共有や意見交換等の相互連携を適宜行ってお
        り、効率的かつ効果的な監査を実現しております。
        g.会計監査の状況

         当社では、PwCあらた有限責任監査法人と監査契約を締結し、補助者として公認会計士4名その他1名で
        監査業務を実施しております。当社の会計監査を実施した者は、次のとおりであります。
            氏名               所属する監査法人                   継続監査年数

                                  80/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           柴 毅            PwCあらた有限責任監査法人                        (注)
          飯室 進康             PwCあらた有限責任監査法人                        (注)

     (注) 継続監査年数については7年以内であるため、記載を省略しています。
       h.社外取締役及び社外監査役

         当社では、社外取締役を1名、社外監査役を3名選任しております。
         社外取締役の牛込伸隆は、当社とは異なる業界における上場企業の経営者として、豊かな経験と幅広い見識
        を有しており、当社の社外取締役として適任であると判断しております。なお、同氏は、当社及び当社の子会
        社並びに当社及び当社の子会社の取締役との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありませ
        ん。
         社外監査役の荒井亮二は、金融業界に永く身を置き、金融(財務)分野に係る豊かな経験と幅広い見識を有し
        ており、当社の社外監査役として適任であると判断しております。なお、同氏は、当社新株予約権100個
        (20,000株)を所有しておりますが、それ以外に当社及び当社の子会社並びに当社及び当社の子会社の取締役と
        の人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
         社外監査役の加藤拓也は、弁護士として、法律分野に係る豊かな経験と幅広い見識を有しており、当社の社
        外監査役として適任であると判断しております。なお、同氏は、当社及び当社の子会社並びに当社及び当社の
        子会社の取締役との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
         社外監査役の松尾信吉は、公認会計士及び税理士として、会計分野に係る豊かな経験と幅広い見識を有して
        おり、当社の社外監査役として適任であると判断しております。なお、同氏は、当社及び当社の子会社並びに
        当社及び当社の子会社の取締役との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
         当社では、社外取締役及び社外監査役が上場企業の経営者、並びに各分野の専門家としての見識をもって、
        当社の経営を監視し、外部の目で不当や不正行為をけん制することのほか、将来を見据えて時代の要請を先取
        りすることを期待し得る体制を確立しております。
         なお、当社では、社外取締役及び社外監査役と内部監査室とが連携し、各部門における法令、定款及び社内
        規程の遵守状況の監査を行いますが、この際に問題点の指摘及び改善策の提案等が行われるよう、これらの役
        職では可能な限り独立した立場を有することが必要であると考えております。現在、社外取締役及び社外監査
        役を選任するための独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、その選任に際しては、会社法上の社
        外取締役及び社外監査役の要件に加え、経歴や当社との関係性を考慮し、一般株主と利益相反を生じる恐れが
        なく、当社経営陣から独立した立場で社外役員としての職務を遂行できることを条件に、個別に判断しており
        ます。
       i.リスク管理体制の状況

         当社では、「リスク管理規程」を定め、この運用に必要な整備を行い、リスクの防止及び損失の最小化を
        図っております。当社グループが行う事業に特有であるリスクに対しては「看護介護部会」や「コンプライア
        ンス会議」といった会議体をおき、また事業に特有ではないリスク(事件、事故及び災害)に対しては管理本
        部が所管しております。例えば、前者では、身体介助に伴う各種ケアによる事故、施設内での感染症の流行、
        食事提供における食中毒の発生など各種リスクとこれらへの対応をまとめ、「医心館マニュアル」として編纂
        しております。日ごろ、このマニュアルを基に各施設の管理者や従業員に対して教育・研修が行われておりま
        す。また、後者では、安全衛生推進者や防火管理者等をおき、従業員に対する教育・研修(訓練を含む。)を
        行い、そして必要な物品や設備を整えております。前者と後者の別を問わず、週次で行われる経営会議では問
        題提起され、課題解決するといった取組が定着、習慣化しております。このほか、弁護士、公認会計士、税理
        士、社会保険労務士ほか外部の専門家と顧問契約あるいは業務委託契約を締結し、適宜適切な助言と指導を受
        けられる体制を構築しております。
         加えて、「反社会的勢力対策規程」を定め、反社会的勢力による民事介入暴力等に対する措置を講じてお
        り、また「内部通報制度運用規程」を定め、不正行為等に関する通報窓口を設置、運用しております。
       j.役員報酬の内容

        1 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                  81/159


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                              報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                           役員の員数
                   (千円)
                                ストック
                                                      (名)
                         基本報酬               賞与     退職慰労金
                               オプション
     取締役
                    44,076       40,140       3,936         ―       ―       5
     (社外取締役を除く)
     社外取締役                 200       200        ―       ―       ―       1
     監査役
                      ―       ―       ―       ―       ―       0
     (社外監査役を除く)
     社外監査役                7,188       6,900        288        ―       ―       3
        2 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上の者は存在しないため、個別報酬の開示はしておりません。
        3 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

          取締役の報酬及び監査役の報酬については、株主総会で取締役及び監査役それぞれの報酬総額の限度額を
         決議しております。取締役の個別の報酬については、役位及び担当職務のほか業績等を総合的に勘案し、取
         締役会で決定しております。また、監査役の個別の報酬については、監査役会の協議により決定しておりま
         す。
        k.  株式の保有状況

        1 投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
          該当事項はありません。
        2 保有目的が純投資以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
          該当事項はありません。
        3 保有目的が純投資目的である投資株式
          該当事項はありません。
      ③ 取締役及び監査役の責任免除

        当社は、取締役(取締役であったものを含む。)及び監査役(監査役であったものを含む。)が職務を遂行するに
       あたり、その能力を十分発揮して、期待される役割を果たし得る環境を整備することを目的として、会社法第426
       条第1項の規定により、同法第423条第1項に定める損害賠償責任を、法令の定める要件に該当する場合には賠償
       責任額から法令に定める最低責任限度額を控除して得た額を限度として、取締役会の決議により免除することが
       できる旨を定款に定めております。
      ④ 責任限定契約の内容の概要

        当社と取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定により、同法第
       423条第1項に定める損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額
       は、法令に定める最低責任限度額となっております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役及
       び監査役が責任の原因となった職務の遂行について、善意でかつ重大な過失がないときに限定されます。
      ⑤ 取締役及び監査役の定数

        当社の取締役は10名以内とする旨、定款に定めております。
        また、監査役は5名以内とする旨、定款に定めております。
      ⑥ 取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
       席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票によ
       らない旨を定款に定めております。
      ⑦ 株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
                                  82/159

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもってこれを行う旨定款に定めて
       おります。これは、株主総会における特別決議定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うこと
       を 目的とするものであります。
      ⑧ 剰余金の配当等の決定機関

        当社は、機動的な資本政策及び配当政策を図るため、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項に
       ついては、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議によって定めることできる旨定款に定めており
       ます。
    (2)  【監査報酬の内容等】

      ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                          最近連結会計年度

         区分
                監査証明業務に           非監査業務に           監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬      (千円)     基づく報酬      (千円)     基づく報酬      (千円)     基づく報酬      (千円)
     提出会社                 14,500            1,000           18,000            3,000
     連結子会社                    ―           ―           ―           ―
     計                 14,500            1,000           18,000            3,000
      ②【その他重要な報酬の内容】

        (最近連結会計年度の前連結会計年度)
       該当事項はありません。
        (最近連結会計年度)

       該当事項はありません。
      ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        (最近連結会計年度の前連結会計年度)
        当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払った非監査業務の内容は、株式上場を前提として課題抽出のため
       の予備調査に対する報酬等であります。
        (最近連結会計年度)

        当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、内部統制構築・評価に関するアド
       バイザリー業務であります。
      ④【監査報酬の決定方針】

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査法人より提示された監査計
       画、監査内容、監査日数を勘案し、監査役会の同意を得た上で決定しております。
                                  83/159







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」と言います。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

      令第64号)に基づいて作成しております。
     (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、

      「財務諸表等規則」と言います。)に基づいて作成しております。                               また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、
      財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。
    2 監査証明について

     (1) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2016年10月3日から2017年9月30
      日まで)及び当連結会計年度(2017年10月1日から2018年9月30日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2016年10
      月3日から2017年9月30日まで)及び当事業年度(2017年10月1日から2018年9月30日まで)の財務諸表について、P
      wCあらた有限責任監査法人により監査を受けております。
     (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019

      年6月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年10月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
    3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社では、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
     内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、財務・会
     計専門情報誌の定期購読及び専門的な情報を有する団体等が主催するセミナーに積極的に参加しております。
                                  84/159










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
     資産の部
      流動資産
                                     ※2  701,569            ※2  486,764
        現金及び預金
        売掛金                                448,032              716,806
        貯蔵品                                  913             5,522
        繰延税金資産                                19,035              41,880
        その他                                88,981              99,441
                                           ―           △ 4,239
        貸倒引当金
        流動資産合計                               1,258,531              1,346,175
      固定資産
        有形固定資産
                                   ※1 、 ※2  256,315          ※1 、 ※2  663,516
         建物及び構築物(純額)
                                      ※1  4,167            ※1  7,859
         機械装置及び運搬具(純額)
                                      ※1  31,595            ※1  47,633
         工具、器具及び備品(純額)
                                     ※1  430,787            ※1  831,548
         リース資産(純額)
                                         3,060             105,342
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                              725,925             1,655,900
        無形固定資産
         のれん                               73,048              56,508
         ソフトウエア                               19,616              13,067
                                          936             2,609
         その他
         無形固定資産合計                               93,600              72,185
        投資その他の資産
         敷金及び保証金                               76,122              267,190
         繰延税金資産                                 ―            9,683
         その他                               4,460              12,352
                                           ―           △ 24,000
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               80,583              265,225
        固定資産合計                                900,109             1,993,311
      資産合計                                2,158,641              3,339,487
                                  85/159








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                 5,684              15,351
        短期借入金                                   ―            90,060
                                     ※2  248,606            ※2  235,910
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                20,310              28,668
        未払金及び未払費用                                174,798              278,241
        未払法人税等                                26,986              162,754
        賞与引当金                                28,322              62,353
                                        35,423              50,056
        その他
        流動負債合計                                540,131              923,395
      固定負債
                                     ※2  866,020           ※2  1,051,944
        長期借入金
        リース債務                                428,135              824,400
        繰延税金負債                                61,859              10,349
        資産除去債務                                34,747              37,946
                                        47,459              23,834
        その他
        固定負債合計                               1,438,221              1,948,476
      負債合計                                1,978,353              2,871,871
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                40,000              40,000
        資本剰余金                                10,000              10,000
                                        130,287              417,615
        利益剰余金
        株主資本合計                                180,287              467,615
      純資産合計                                 180,287              467,615
     負債純資産合計                                  2,158,641              3,339,487
                                  86/159










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2019年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                446,757
        売掛金                               1,084,260
        貯蔵品                                 2,213
        その他                                182,488
                                         △ 972
        貸倒引当金
        流動資産合計                               1,714,747
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                              746,345
         機械装置及び運搬具(純額)                               4,819
         工具、器具及び備品(純額)                               66,474
         リース資産(純額)                             2,305,699
         土地                              523,187
                                        271,866
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                             3,918,392
        無形固定資産
         のれん                               44,104
         ソフトウエア                               9,408
                                         3,059
         その他
         無形固定資産合計                               56,572
        投資その他の資産
         敷金及び保証金                              429,989
         繰延税金資産                               50,774
         その他                               11,427
                                       △ 24,000
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              468,190
        固定資産合計                               4,443,156
      資産合計                                6,157,904
                                  87/159









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2019年6月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                23,149
        短期借入金                                290,000
        1年内返済予定の長期借入金                                193,219
        リース債務                                59,531
        未払金及び未払費用                                396,642
        未払法人税等                                163,959
        賞与引当金                                136,595
                                        91,190
        その他
        流動負債合計                               1,354,287
      固定負債
        長期借入金                               1,550,580
        リース債務                               2,284,067
        繰延税金負債                                 9,608
        資産除去債務                                67,802
                                        12,276
        その他
        固定負債合計                               3,924,335
      負債合計                                5,278,623
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                40,000
        資本剰余金                                10,000
                                        829,280
        利益剰余金
        株主資本合計                                879,280
      純資産合計                                 879,280
     負債純資産合計                                  6,157,904
                                  88/159










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年10月3日              (自 2017年10月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
     売上高                                  1,862,741              3,104,160
                                       1,102,301              1,839,121
     売上原価
     売上総利益                                   760,439             1,265,039
                                     ※1  543,333            ※1  837,917
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   217,106              427,121
     営業外収益
      受取利息                                    60              134
      補助金収入                                  5,435              2,929
                                          721             5,278
      雑収入
      営業外収益合計                                  6,217              8,342
     営業外費用
      支払利息                                  18,366              20,735
                                         5,197              3,044
      雑損失
      営業外費用合計                                  23,564              23,779
     経常利益                                   199,759              411,684
     特別利益
                                        ※2  74
                                                         ―
      固定資産売却益
      特別利益合計
                                          74               ―
     特別損失
                                      ※3  1,589            ※3  8,042
      固定資産除却損
                                           ―            24,000
      貸倒引当金繰入額
      特別損失合計                                  1,589              32,042
     税金等調整前当期純利益                                   198,244              379,641
     法人税、住民税及び事業税
                                        27,481              176,351
                                        43,827             △ 84,037
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   71,309              92,313
     当期純利益                                   126,934              287,328
     非支配株主に帰属する当期純利益                                      ―              ―
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   126,934              287,328
                                  89/159









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年10月3日              (自 2017年10月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                        126,934              287,328
     当期純利益
     包括利益                                   126,934              287,328
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 126,934              287,328
      非支配株主に係る包括利益                                    ―              ―
                                  90/159

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年10月1日
                                至 2019年6月30日)
     売上高                                  3,710,739
                                       2,211,226
     売上原価
     売上総利益                                  1,499,513
     販売費及び一般管理費                                   898,717
     営業利益                                   600,796
     営業外収益
      受取利息                                   768
      補助金収入                                  4,355
                                         4,185
      雑収入
      営業外収益合計                                  9,310
     営業外費用
      支払利息                                  32,714
                                         1,797
      雑損失
      営業外費用合計                                  34,511
     経常利益                                   575,594
     特別利益
                                          517
      固定資産売却益
      特別利益合計                                   517
     税金等調整前四半期純利益                                   576,112
     法人税、住民税及び事業税                                   164,447
     法人税等合計                                   164,447
     四半期純利益                                   411,665
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                      -
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   411,665
                                  91/159










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年10月1日
                                至 2019年6月30日)
     四半期純利益                                   411,665
                                           ―
      その他の包括利益
     四半期包括利益                                   411,665
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 411,665
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    ―
                                  92/159

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
                                                   (単位:千円)
                               株主資本
                                                    純資産合計
                  資本金        資本剰余金        利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高                40,000        10,000         3,352        53,352        53,352
     当期変動額
     親会社株主に帰属する
                                     126,934        126,934        126,934
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                                                         ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  ―        ―      126,934        126,934        126,934
     当期末残高                40,000        10,000        130,287        180,287        180,287
     当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

                                                   (単位:千円)
                               株主資本
                                                    純資産合計
                  資本金        資本剰余金        利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高                40,000        10,000        130,287        180,287        180,287
     当期変動額
     親会社株主に帰属する
                                     287,328        287,328        287,328
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                                                         ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  ―        ―      287,328        287,328        287,328
     当期末残高                40,000        10,000        417,615        467,615        467,615
                                  93/159












                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年10月3日              (自 2017年10月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 198,244              379,641
      減価償却費                                  67,826              97,048
      のれん償却額                                  9,647              16,539
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  5,309              34,030
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    ―            4,239
      受取利息                                   △ 60             △ 134
      支払利息                                  18,366              20,735
      固定資産除却損                                  1,589              8,042
      固定資産売却損益(△は益)                                   △ 74               ―
      貸倒引当金繰入額                                    ―            24,000
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 218,461             △ 268,773
      貯蔵品の増減額(△は増加)                                  △ 310            △ 4,608
      その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 44,723             △ 25,789
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  1,516              9,666
      未払金及び未払費用の増減額(△は減少)                                  73,911              103,312
                                        69,617              △ 8,762
      その他の負債の増減額(△は減少)
      小計                                 182,398              389,188
      利息及び配当金の受取額
                                          60              78
      利息の支払額                                 △ 18,169             △ 20,605
                                        △ 1,498             △ 40,513
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 162,790              328,148
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 45,287             △ 759,105
      有形固定資産の売却による収入                                    74            180,920
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 8,383             △ 6,037
                                    ※2   △  108,000
      事業譲受による支出                                                   ―
      敷金及び保証金の差入による支出                                 △ 41,063             △ 201,511
      敷金及び保証金の回収による収入                                  11,329                467
      定期預金の預入による支出                                 △ 65,703                 ―
      定期預金の払戻による収入                                    ―           127,503
      その他                                   △ 58               ―
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 257,092             △ 657,764
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 50,000              90,060
      長期借入れによる収入                                 533,000              785,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 210,446             △ 611,771
                                       △ 17,560             △ 20,975
      リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 254,993              242,313
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   160,692              △ 87,302
     現金及び現金同等物の期首残高                                   413,374              574,066
                                     ※1  574,066            ※1  486,764
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  94/159





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
      1 連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数
         2社
        連結子会社の名称
         株式会社アンビス
         株式会社医心
      2 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      3 会計方針に関する事項

       (1)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ①   有形固定資産(リース資産を除く。)
          定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く。)並びに
         2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物                 6~27年
           機械装置及び運搬具             2~4年
           工具、器具及び備品            2~10年
        ②   無形固定資産(リース資産を除く。)
          定額法を採用しております。
          なお、主な償却年数は次のとおりであります。
           ソフトウエア(自社利用分)                   5年(社内における利用可能期間)
           その他                          15年
        ③   リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (2)  重要な引当金の計上基準

         賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち当連結会計年
         度に帰属する額を計上しております。
       (3)  のれんの償却方法及び償却期間

         5年間の定額法により償却しております。
       (4)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わないもの、並びに取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (5)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  95/159



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
      1 連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数
         2社
        連結子会社の名称
         株式会社アンビス
         株式会社医心
      2 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      3 会計方針に関する事項

       (1)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ①   有形固定資産(リース資産を除く。)
          定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く。)並びに
         2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物                 6~27年
           機械装置及び運搬具             2~4年
           工具、器具及び備品            2~10年
        ②   無形固定資産(リース資産を除く。)
          定額法を採用しております。
          なお、主な償却年数は次のとおりであります。
           ソフトウエア(自社利用分)                   5年(社内における利用可能期間)
           その他                          15年
        ③   リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (2)  重要な引当金の計上基準

         貸倒引当金
          債権の貸倒損失に備えるため、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不
         能見込額を計上しております。
         賞与引当金

          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち当連結会計年
         度に帰属する額を計上しております。
       (3)  のれんの償却方法及び償却期間

         5年間の定額法により償却しております。
       (4)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わないもの、並びに取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (5)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  96/159



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (未適用の会計基準等)
      前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
        該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

      ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日)
      ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日)
       (1)  概要

         個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類1)に該当する
        企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われております。
       (2)  適用予定日

         2019年9月期の期首より適用予定であります。
       (3)  当該会計基準等の適用による影響

         影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          平成30年3月30日)

      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   平成30年3月30日)
       (1)  概要

         収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1:顧客との契約を識別する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
       (2)  適用予定日

         2022年9月期の期首より適用予定であります。
       (3)  当該会計基準等の適用による影響

         影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
       (追加情報)

       前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号、平成28年3月28日)を当連
        結会計年度から適用しております。
       当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

        該当事項はありません。
                                  97/159




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結貸借対照表関係)
     ※1    有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                              (2017年9月30日)                (2018年9月30日)
        有形固定資産の減価償却累計額                        105,746千円                143,500千円
     ※2    担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                              (2017年9月30日)                (2018年9月30日)
        現金及び預金                         60,000千円                50,000千円
        建物及び構築物                        177,434千円                552,174千円
        計                        237,434千円                602,174千円
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                              (2017年9月30日)                (2018年9月30日)
        借入金(1年内返済予定を含む。)                        424,110千円                603,480千円
       (連結損益計算書関係)

     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (自    2016年10月3日             (自    2017年10月1日
                             至    2017年9月30日)              至    2018年9月30日)
        採用募集費                         96,586千円               115,915千円
        人件費                        218,477千円                329,814千円
     ※2    固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (自    2016年10月3日             (自    2017年10月1日
                             至    2017年9月30日)              至    2018年9月30日)
        機械装置及び運搬具                           74千円                  ―
     ※3    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (自    2016年10月3日             (自    2017年10月1日
                             至    2017年9月30日)              至    2018年9月30日)
        建物及び構築物                         1,317千円                    ―
        工具、器具及び備品                          272千円               1,359千円
        ソフトウエア                             ―            6,683千円
                計                 1,589千円                8,042千円
                                  98/159






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
    1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                  5,000          45,000             ―        50,000

       (変動事由の概要)
        普通株式の発行済株式数の増加は、株式分割による増加であります。
     当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

    1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 50,000             ―           ―        50,000

       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     
      す。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (自    2016年10月3日             (自    2017年10月1日
                             至    2017年9月30日)              至    2018年9月30日)
        現金及び預金                        701,569千円                486,764千円
        預入期間が3か月を超える定期預金                       △127,503千円                      ―
        現金及び現金同等物                        574,066千円                486,764千円
     ※2 現金及び現金同等物を対価とする事業譲受に係る資産及び負債の主な内訳

      前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
       アイリータウン株式会社の事業の一部の譲受により増加した資産及び負債の主な内訳は、次のとおりでありま
      す。
       流動資産                         104,253    千円

       固定資産                          1,141   千円
       のれん                         82,696   千円
                                 80,091   千円
       流動負債
       事業譲受の対価
                                108,000    千円
       事業譲受により取得した現金及び
                                     ―
       現金同等物
       差引:事業譲受による支出                         108,000    千円
      当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

       該当事項はありません。
                                  99/159






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (リース取引関係)
     前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
    1 ファイナンス・リース取引
     (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
        有形固定資産        主として、医心館事業における有料老人ホーム等の土地、建物及び設備等であります。
      ② リース資産の減価償却の方法
        連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「3.会計方針に関する事項 (1)                                        重要な減価償却資産の減
       価償却の方法」に記載のとおりであります。
    2 オペレーティング・リース取引

     (借主側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                             (単位:千円)
        1年内                         25,720
        1年超                        382,605
              合計                  408,325
      当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

    1 ファイナンス・リース取引
     (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
        有形固定資産        主として、医心館事業における有料老人ホーム等の土地、建物及び設備等であります。
      ② リース資産の減価償却の方法
        連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「3.会計方針に関する事項 (1)                                        重要な減価償却資産の減
       価償却の方法」に記載のとおりであります。
    2 オペレーティング・リース取引

     (借主側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                             (単位:千円)
        1年内                         72,927
        1年超                        845,316
              合計                  918,243
                                100/159







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
    1 金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループは、主に医心館事業を行うための設備投資計画に照らして、必要な資金を銀行借入により調達して
      おります。一時的な余剰資金は安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達し
      ております。デリバティブ取引は行わない方針であります。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク

       営業債権である売掛金のうち利用者負担分については、利用者の信用リスクに晒されております。
       営業債務である買掛金、未払金及び未払費用は、概ね1か月以内の支払期日であります。借入金及びファイナン
      ス・リース取引に係るリース債務は主に施設開設を目的としたものであり、決算日後最長で33年後であります。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制

      ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
        当社は、営業債権について、取引先毎の期日管理及び残高管理を行うことでリスク低減を図っております。
        当期の連結決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクに晒される金融資産の貸借対照表価額により
       表わされています。
      ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
        当社は、各部署からの報告に基づき管理本部が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
       維持などにより、流動性リスクを管理しております。
     (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
      ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
      り、当該価額が変動することもあります。
    2 金融商品の時価等に関する事項

      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                   連結貸借対照表計上額                  時価             差額

                       (千円)             (千円)             (千円)
     (1)  現金及び預金
                           701,569             701,569                 ―
     (2)  売掛金                    448,032             448,032                 ―
         資産計                1,149,601             1,149,601                  ―
     (1)  買掛金
                            5,684             5,684               ―
     (2)  未払金及び未払費用
                           174,798             174,798                 ―
     (3)  長期借入金(※1)
                          1,114,626             1,086,782              △27,843
     (4)  リース債務(※1)
                           448,445             400,120             △48,324
         負債計                1,743,555             1,667,387              △76,168
     (※1)    長期借入金、リース債務には、1年内返済予定分を含んでおります。
                                101/159





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注1)    金融商品の時価の算定方法
     資   産
      (1)  現金及び預金、及び(2)           売掛金
        これらはすべて短期で決済されるものであり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
       ております。
     負   債

      (1)  買掛金、及び(2)        未払金及び未払費用
        これらはすべて短期で決済されるものであり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
       ております。
      (3)  長期借入金、及び(4)          リース債務
        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入又は、リース取引を行った場合に想定される
       利率で割り引いた現在価値により算定しております。
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                        (単位:千円)
                     当連結会計年度
          区分
                    (2017年9月30日)
     敷金及び保証金                       76,112
     敷金及び保証金のうち、償還時期を予測できないものについては、時価を把握することが極めて困難と認められるた
    め、時価開示の対象としておりません。
     (注3)    金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                      1年超       5年超
                              1年以内                      10年超
                                     5年以内       10年以内
                               (千円)                      (千円)
                                      (千円)       (千円)
     現金及び預金                           701,569          ―       ―       ―
     売掛金                           448,032          ―       ―       ―
               合計               1,149,601           ―       ―       ―
     (注4)    長期借入金、リース債務の連結決算日後の返済予定額

                       1年超       2年超       3年超       4年超
               1年以内                                     5年超
                       2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                (千円)                                     (千円)
                       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金            248,606       250,766       234,140       162,683        84,121       134,310
     リース債務             20,310       20,621       21,046       18,604       14,889       352,973
        合計         268,916       271,387       255,186       181,287        99,010       487,283
                                102/159









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
    1 金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループは、主に医心館事業を行うための設備投資計画に照らして、必要な資金を銀行借入により調達して
      おります。一時的な余剰資金は安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達し
      ております。デリバティブ取引は行わない方針であります。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク

       営業債権である売掛金のうち利用者負担分については、利用者の信用リスクに晒されております。敷金及び保証
      金は医心館事業に係る賃貸借契約に伴い差し入れたものであり、取引先企業等の信用リスクに晒されております。
       営業債務である買掛金、未払金及び未払費用は、概ね1か月以内の支払期日であります。借入金及びファイナン
      ス・リース取引に係るリース債務は、主に施設開設を目的としたものであり、決算日後最長で34年後であります。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制

      ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
        当社は、営業債権、敷金及び保証金について、取引先毎の期日管理及び残高管理を行うことでリスク低減を
       図っております。
        当期の連結決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクに晒される金融資産の貸借対照表価額により
       表わされています。
      ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
        当社は、各部署からの報告に基づき管理本部が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
       維持などにより、流動性リスクを管理しております。
     (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
      ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
      り、当該価額が変動することもあります。
    2 金融商品の時価等に関する事項

      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                   連結貸借対照表計上額                  時価             差額

                       (千円)             (千円)             (千円)
     (1)  現金及び預金
                           486,764             486,764                 ―
     (2)  売掛金
                           716,806
       貸倒引当金(※1)                      △4,239
                           712,566             712,566                 ―
     (3)  敷金及び保証金                     79,405             78,769              △635
         資産計                1,278,736             1,278,101               △635
     (1)  買掛金
                           15,351             15,351                ―
     (2)  未払金及び未払費用
                           278,241             278,241                 ―
     (3)  短期借入金
                           90,060             90,060                ―
     (4)  長期借入金(※2)
                          1,287,854             1,252,836              △35,018
     (5)  リース債務(※2)
                           853,069             744,319            △108,749
         負債計                2,524,576             2,380,809             △143,767
     (※1)    個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
     (※2)    長期借入金、リース債務には、1年内返済予定分を含んでおります。
                                103/159



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注1)    金融商品の時価の算定方法
     資   産
      (1)  現金及び預金、及び(2)           売掛金
        これらはすべて短期で決済されるものであり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
       ております。
      (3)  敷金及び保証金
        償還時期を予測することができる敷金及び保証金の時価については、国債の利回り等、適切な指標による利率
       で割り引いた現在価値により算定しております。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      未払金及び未払費用、及び(3)              短期借入金
        これらはすべて短期で決済されるものであり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
       ております。
      (4)  長期借入金、及び(5)          リース債務
        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入又は、リース取引を行った場合に想定される
       利率で割り引いた現在価値により算定しております。
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                        (単位:千円)
                     当連結会計年度
          区分
                    (2018年9月30日)
     敷金及び保証金(※1)                      187,784
     貸倒引当金(※2)                      △24,000
          合計                 163,784
     (※1)    敷金及び保証金のうち、償還時期を予測できないものについては、時価を把握することが極めて困難と認めら
         れるため、「(3)        敷金及び保証金」には含めておりません。
     (※2)    個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
     (注3)    金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                      1年超       5年超
                              1年以内                      10年超
                                     5年以内       10年以内
                               (千円)                      (千円)
                                      (千円)       (千円)
     現金及び預金                           486,764          ―       ―       ―
     売掛金                           716,806          ―       ―       ―
     敷金及び保証金                            2,346       9,584       12,439       55,033
               合計               1,205,917         9,584       12,439       55,033
     (注4)    短期借入金、長期借入金、リース債務の連結決算日後の返済予定額

                       1年超       2年超       3年超       4年超
               1年以内                                     5年超
                       2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                (千円)                                     (千円)
                       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金             90,060          ―       ―       ―       ―       ―
     長期借入金            235,910       236,612       185,593       136,199       243,656       249,884
     リース債務             28,668       29,298       27,266       23,699       21,882       722,254
        合計         354,638       265,910       212,859       159,898       265,538       972,138
                                104/159






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
      前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
    1 ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
    2 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)ストック・オプションの内容
                       第1回新株予約権
     会社名                   提出会社
     決議年月日                   2017年4月11日
                       当社取締役1名
     付与対象者の区分及び人数
                       当社従業員7名
     株式の種類及び付与数(注)                   普通株式 180,000株
     付与日                   2017年5月8日
                       当社株式がいずれかの金融商品取引所に上場され、権利行使日に当社の
                       取締役、執行役員、監査役、顧問、従業員及び当社連結子会社の取締
     権利確定条件                   役、執行役員、監査役、顧問、従業員並びに社外協力者としての地位の
                       いずれかにあること。ただし、取締役会において認めた場合について
                       は、この限りではない。
     対象勤務期間                   対象勤務期間は定めておりません。
     権利行使期間                   2019年5月1日~2027年3月31日
                       第2回新株予約権

     会社名                   提出会社
     決議年月日                   2017年8月25日
                       当社取締役1名
     付与対象者の区分及び人数                   当社監査役1名
                       当社従業員17名
     株式の種類及び付与数(注)                   普通株式 116,000株
     付与日                   2017年9月26日
                       当社株式がいずれかの金融商品取引所に上場され、権利行使日に当社の
                       取締役、執行役員、監査役、顧問、従業員及び当社連結子会社の取締
     権利確定条件                   役、執行役員、監査役、顧問、従業員並びに社外協力者としての地位の
                       いずれかにあること。ただし、取締役会において認めた場合について
                       は、この限りではない。
     対象勤務期間                   対象勤務期間は定めておりません。
     権利行使期間                   2019年9月23日~2027年3月31日
     (注)株式数に換算して記載しております。なお、当社は2017年5月26日開催の取締役会決議により、2017年7月1日
       を効力発生日として普通株式1株につき10株、2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日を効
       力発生日として普通株式1株につき200株の株式分割を行っておりますので、当該株式分割考慮後の株式数により
       記載しております。
                                105/159






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
       当連結会計年度(2017年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
      については、株式数に換算して記載しております。なお、2017年7月1日付で普通株式1株につき10株、2019年7
      月31日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っているため、当該株式分割による調整後の株式数を記載して
      おります
      ① ストック・オプションの数
                           第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     会社名                        提出会社                  提出会社
     決議年月日                       2017年4月11日                  2017年8月25日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                                 ―                  ―
      付与                              180,000                  116,000
      失効                               14,000                    ―
      権利確定                                 ―                  ―
      未確定残                              166,000                  116,000
     権利確定後(株)
      前連結会計年度末                                 ―                  ―
      権利確定                                 ―                  ―
      権利行使                                 ―                  ―
      失効                                 ―                  ―
      未行使残                                 ―                  ―
      ② 単価情報

        株式分割による調整後の権利行使価格を記載しております。
                           第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     会社名                        提出会社                  提出会社
     決議年月日                       2017年4月11日                  2017年8月25日
     権利行使価格(円)(注)                                  8                  8
     行使時平均株価(円)                                  ―                  ―
     付与日における公正な評価単価(株)                                  ―                  ―
     (注)当社は2017年5月26日開催の取締役会決議により、2017年7月1日を効力発生日として普通株式1株につき10
       株、2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日を効力発生日として普通株式1株につき200株の
       株式分割を行っておりますので、株式分割考慮後の価格により記載しております。
                                106/159







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
      当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプションの公正な評価単価の本源的価値をもってストック・オプ
     ションの評価単価としております。
      なお、単位当たりの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、時価純資産法により算定しておりま
     す。
    4 ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
    5 ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

     合計額及び当連結会計年度末において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計
     額
     ① 当連結会計年度末における本源的価値の合計額                          ―千円
     ② 当連結会計年度末において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
                                                      ―千円
                                107/159















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
    1 ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
    2 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)  ストック・オプションの内容
                       第1回新株予約権
     会社名                   提出会社
     決議年月日                   2017年4月11日
                       当社取締役1名
     付与対象者の区分及び人数
                       当社従業員 7名
     株式の種類及び付与数(注)                   普通株式 180,000株
     付与日                   2017年5月8日
                       当社株式がいずれかの金融商品取引所に上場され、権利行使日に当社の
                       取締役、執行役員、監査役、顧問、従業員及び当社連結子会社の取締
     権利確定条件                   役、執行役員、監査役、顧問、従業員並びに社外協力者としての地位の
                       いずれかにあること。ただし、取締役会において認めた場合について
                       は、この限りではない。
     対象勤務期間                   対象勤務期間は定めておりません。
     権利行使期間                   2019年5月1日~2027年3月31日
                       第2回新株予約権

     会社名                   提出会社
     決議年月日                   2017年8月25日
                       当社取締役1名
     付与対象者の区分及び人数                   当社監査役1名
                       当社従業員17名
     株式の種類及び付与数(注)                   普通株式 116,000株
     付与日                   2017年9月26日
                       当社株式がいずれかの金融商品取引所に上場され、権利行使日に当社の
                       取締役、執行役員、監査役、顧問、従業員及び当社連結子会社の取締
     権利確定条件                   役、執行役員、監査役、顧問、従業員並びに社外協力者としての地位の
                       いずれかにあること。ただし、取締役会において認めた場合について
                       は、この限りではない。
     対象勤務期間                   対象勤務期間は定めておりません。
     権利行使期間                   2019年9月23日~2027年3月31日
                                108/159








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                       第3回新株予約権
     会社名                   提出会社
     決議年月日                   2018年7月3日
                       当社取締役2名
     付与対象者の区分及び人数
                       当社従業員28名
     株式の種類及び付与数(注)                   普通株式 209,000株
     付与日                   2018年7月23日
                       当社株式がいずれかの金融商品取引所に上場され、権利行使日に当社の
                       取締役、執行役員、監査役、顧問、従業員及び当社連結子会社の取締
     権利確定条件                   役、執行役員、監査役、顧問、従業員並びに社外協力者としての地位の
                       いずれかにあること。ただし、取締役会において認めた場合について
                       は、この限りではない。
     対象勤務期間                   対象勤務期間は定めておりません。
     権利行使期間                   2021年7月25日~2028年6月30日
                       第4回新株予約権

     会社名                   提出会社
     決議年月日                   2018年7月3日
                       当社取締役2名
     付与対象者の区分及び人数                   当社監査役1名
                       当社従業員 13名
     株式の種類及び付与数(注)                   普通株式 72,000株
     付与日                   2018年9月25日
                       当社株式がいずれかの金融商品取引所に上場され、権利行使日に当社の
                       取締役、執行役員、監査役、顧問、従業員及び当社連結子会社の取締
     権利確定条件                   役、執行役員、監査役、顧問、従業員並びに社外協力者としての地位の
                       いずれかにあること。ただし、取締役会において認めた場合について
                       は、この限りではない。
     対象勤務期間                   対象勤務期間は定めておりません。
     権利行使期間                   2021年7月25日~2028年6月30日
    (注)株式数に換算して記載しております。なお、当社は2017年5月26日開催の取締役会決議により、2017年7月1日を効
      力発生日として普通株式1株につき10株、2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日を効力発生日
      として普通株式1株につき200株の株式分割を行っておりますので、当該株式分割考慮後の株式数により記載してお
      ります。
                                109/159









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
       当連結会計年度(2018年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
      については、株式数に換算して記載しております。なお、2017年7月1日付で普通株式1株につき10株、2019年7
      月31日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っているため、当該株式分割による調整後の株式数を記載して
      おります。
      ① ストック・オプションの数
                           第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     会社名                        提出会社                  提出会社
     決議年月日                       2017年4月11日                  2017年8月25日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                              166,000                  116,000
      付与                                 ―                  ―
      失効                              144,000                  24,000
      権利確定                                 ―                  ―
      未確定残                               22,000                  92,000
     権利確定後(株)
      前連結会計年度末                                 ―                  ―
      権利確定                                 ―                  ―
      権利行使                                 ―                  ―
      失効                                 ―                  ―
      未行使残                                 ―                  ―
                           第3回新株予約権                  第4回新株予約権

     会社名                        提出会社                  提出会社
     決議年月日                       2018年7月3日                  2018年7月3日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                                 ―                  ―
      付与                              209,000                  72,000
      失効                                 ―                  ―
      権利確定                                 ―                  ―
      未確定残                                 ―                  ―
     権利確定後(株)
      前連結会計年度末                                 ―                  ―
      権利確定                                 ―                  ―
      権利行使                                 ―                  ―
      失効                                 ―                  ―
      未行使残                                 ―                  ―
                                110/159





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 単価情報
                           第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     会社名                        提出会社                  提出会社
     決議年月日                       2017年4月11日                  2017年8月25日
     権利行使価格(円)(注)                                  8                  8
     行使時平均株価(円)                                  ―                  ―
     付与日における公正な評価単価(株)                                  ―                  ―
                           第3回新株予約権                  第4回新株予約権

     会社名                        提出会社                  提出会社
     決議年月日                       2018年7月3日                  2018年7月3日
     権利行使価格(円)(注)                                  48                  48
     行使時平均株価(円)                                  ―                  ―
     付与日における公正な評価単価(株)                                  ―                  ―
     (注)当社は2017年5月26日開催の取締役会決議により、2017年7月1日を効力発生日として普通株式1株につき10
       株、2019年7月10日開催の取締役会決議により、2019年7月31日を効力発生日として普通株式1株につき200株の
       株式分割を行っておりますので、株式分割考慮後の価格により記載しております。
    3 ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプションの公正な評価単価の本源的価値をもってストック・オプ
     ションの評価単価としております。
      なお、単位当たりの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、時価純資産法及び類似業種比準価額
     法の折衷法により算定しております。
    4 ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
    5 ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

     合計額及び当連結会計年度末において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計
     額
     ① 当連結会計年度末における本源的価値の合計額                                                   ―千円
     ② 当連結会計年度末において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
                                                      ―千円
                                111/159







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
      前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                                2,749千円
        賞与引当金                                9,447千円
        未払社会保険料                                1,417千円
        未払金                                7,952千円
        資産除去債務                                12,022千円
        繰延消費税                                7,065千円
                                         671千円
        その他
       繰延税金資産小計
                                        41,325千円
                                       △12,607千円
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                        28,718千円
       繰延税金負債

        資産除去債務に対応する除去費用                               △11,252千円
                                       △60,289千円
        特別償却準備金
       繰延税金負債合計                                △71,542千円
       繰延税金資産純額                                △42,824千円
        (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

       流動資産-繰延税金資産                                 19,035千円

       固定負債-繰延税金負債                                 61,859千円
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
      法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記
     を省略しております。
                                112/159









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                                17,004千円
        賞与引当金                                21,508千円
        未払社会保険料                                3,366千円
        資産除去債務                                11,756千円
        未払金                                5,421千円
        繰延消費税                                5,347千円
                                         995千円
        その他
       繰延税金資産小計
                                        65,401千円
                                       △12,751千円
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                        52,649千円
       繰延税金負債

                                       △11,435千円
        資産除去債務に対応する除去費用
       繰延税金負債合計                                △11,435千円
       繰延税金資産純額                                 41,213千円
        (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

       流動資産-繰延税金資産                                 41,880千円

       固定資産-繰延税金資産                                 9,683千円
       固定負債-繰延税金負債                                 10,349千円
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                   34.8%

        (調整)
        住民税均等割                                  0.5%
        所得拡大促進税制による税額控除                                 △6.7%
        中小法人軽減税率                                 △1.4%
        評価性引当金の増減                                 △2.0%
        その他                                 △1.0%
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  24.3%
                                113/159







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (企業結合等関係)
     前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
      (共通支配下の取引等)
      (1)  取引の概要
       ① 結合当事企業の名称及び事業の内容
         結合当事企業の名称:株式会社アンビス
         事業の内容    :訪問看護・訪問介護事業及びそれらに付随する業務
       ② 企業結合日

         2016年10月3日
       ③ 企業結合の法的形式

         単独株式移転による持株会社設立
       ④ 結合後企業の名称

         株式会社アンビスホールディングス
       ⑤ その他取引の概要に関する事項

         グループ各社の特長・強みの発揮に向け、連携を一層強化し、将来の様々な環境変化やリスクに適切に対応
        するために、持株会社体制へ移行し新たなグループ経営管理体制を構築することを目的として、株式会社アン
        ビスホールディングスを設立しました。
      (2)  実施した会計処理の概要

       「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号、平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事業分離
      等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号、平成25年9月13日)に基づき、「共通支配下の取引
      等」として処理しております。
      (取得による企業結合)

      (1)  企業結合の概要
       ① 被取得企業の名称及び事業の内容
         被取得企業の名称:アイリータウン株式会社
         事業の内容   :住宅型有料老人ホームや訪問介護・居宅介護支援事業を手がけるアイリータウン都筑に
                  関する事業
       ② 企業結合を行った主な理由

         医心館事業の成長を目的として、アイリータウン株式会社よりアイリータウン都筑に関する事業を取得いた
        しました。
       ③ 企業結合日

         2017年3月1日
       ④ 企業結合の法的形式

         現金を対価とする事業譲受
       ⑤ 取得企業を決定するに至った主な根拠

         当社の連結子会社である株式会社アンビスが、現金を対価として事業を譲り受けたためであります。
                                114/159



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)  連結財務諸表に含まれている本事業の業績の期間
        2017年3月1日から2017年9月30日まで
      (3)  取得した事業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

        取得の対価          現金           108,000        千円
        取得原価                     108,000        千円
      (4)  発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

       ① 発生したのれんの金額
         82,696千円
       ② 発生原因

         期待される将来の超過収益力であります。
       ③ 償却方法及び償却期間

         5年間にわたる均等償却
      (5)  企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

        流動資産                         104,253    千円
                                  1,141   千円
        固定資産
        資産合計                         105,395    千円
                                  80,091   千円

        流動負債
        負債合計                          80,091   千円
      (6)  企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影

       響の概算額及びその算定方法
        当連結会計年度における概算額の算定が困難であるため、記載しておりません。
     当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

      該当事項はありません。
                                115/159









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (資産除去債務関係)
      前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       (1)  当該資産除去債務の概要

         医心館事業に係る不動産賃貸契約に伴う原状回復義務等であります。
       (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

         使用見込期間を賃貸物件ごとの主要な固定資産の償却期間として見積もり、割引率は耐用年数に応じた国債
        の利回りを使用して資産除去債務の金額を計算しています。
       (3)  当該資産除去債務の総額の増減

         期首残高                         34,587千円

         時の経過による調整額                           159千円
         期末残高                         34,747千円
      当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       (1)  当該資産除去債務の概要

         医心館事業に係る不動産賃貸契約に伴う原状回復義務等であります。
       (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

         使用見込期間を賃貸物件ごとの主要な固定資産の償却期間として見積もり、割引率は耐用年数に応じた国債
        の利回りを使用して資産除去債務の金額を計算しています。
       (3)  当該資産除去債務の総額の増減

         期首残高                         34,747千円

         有形固定資産の取得に伴う増加額                         34,246千円
         有形固定資産の売却に伴う減少額                        △31,276千円
         時の経過による調整額                           230千円
         期末残高                         37,946千円
                                116/159








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
      当社グループは、医心館事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
     当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

      当社グループは、医心館事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
       【関連情報】

     前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
    1 製品及びサービスごとの情報
      単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えているため、記載を省略し
     ております。
    2 地域ごとの情報

     (1)  売上高
       本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
     (2)  有形固定資産

       本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
    3 主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
             顧客の名称又は氏名                              売上高
     三重県国民健康保険団体連合会                                                 392,413
     愛知県国民健康保険団体連合会                                                 256,857
     岩手県国民健康保険団体連合会                                                 253,223
     (注) 当社グループは、医心館事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
                                117/159










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
    1 製品及びサービスごとの情報
      単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えているため、記載を省略し
     ております。
    2 地域ごとの情報

     (1)  売上高
       本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
     (2)  有形固定資産

       本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
    3 主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
             顧客の名称又は氏名                              売上高
     三重県国民健康保険団体連合会                                                 511,133
     神奈川県国民健康保険団体連合会                                                 425,279
     埼玉県国民健康保険団体連合会                                                 386,546
     岩手県国民健康保険団体連合会                                                 374,020
     愛知県国民健康保険団体連合会                                                 331,720
     社会保険診療報酬支払基金                                                 309,882
     (注) 当社グループは、医心館事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

        該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
        当社グループは、医心館事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
       当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

        当社グループは、医心館事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

        該当事項はありません。
                                118/159




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自 2016年10月3日 至 2017年9月30日)
    1 関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       該当事項はありません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                             議決権等

                   資本金又
         会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                    (千円)
                             割合(%)
                                      借入に対す
                                      る債務被保      1,114,626       ―     ―
                                      証(注1)
                             (被所有)
                       当社
     役員    柴原 慶一       ―    ―        直接30      ―
                                      不動産賃貸
                       代表取締役
                             間接70
                                      借契約に対
                                             22,115     ―     ―
                                      する債務被
                                      保証(注2)
     (注)   1 柴原慶一氏が連帯保証人となり、担保として同氏保有の定期預金を差し入れております。金銭消費貸借契約
          に伴う連帯保証については、保証料の支払いは行っておりません。
        2 不動産賃貸借契約に基づく債務について柴原慶一氏より債務保証を受けております。
          不動産賃貸借契約の被債務保証の取引金額は、年間賃借料を記載しております。なお、保証料の支払は行っ
          ておりません。
        3 記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                119/159












                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
    1 関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       該当事項はありません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                             議決権等

                   資本金又
         会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                    (千円)
                             割合(%)
                                      借入に対す
                                      る債務被保      839,624      ―     ―
                                      証(注1)
                             (被所有)
                       当社
     役員    柴原 慶一       ―    ―        直接30      ―
                                      不動産賃貸
                       代表取締役
                             間接70
                                      借契約に対
                                             23,887     ―     ―
                                      する債務被
                                      保証(注2)
     (注)   1 柴原慶一氏が連帯保証人となっております。金銭消費貸借契約に伴う連帯保証については、保証料の支払い
          は行っておりません。
        2 不動産賃貸借契約に基づく債務について柴原慶一氏より債務保証を受けております。
          不動産賃貸借契約の被債務保証の取引金額は、年間賃借料を記載しております。なお、保証料の支払は行っ
          ておりません。
        3 記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                120/159












                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社アンビスホールディングス(E35140)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                           前連結会計年度

                                             当連結会計年度
                          (自    2016年10月3日
                                            (自    2017年10月1日
                          至    2017年9月30日)
                                            至 2018年9月30日)
     1株当たり純資産額                               18.02円                  46.76円
     1株当たり当期純利益                               12.69円                  28.73円

     (注)   1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場であ
          るため、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
        2 当社は、2017年7月1日付で普通株式1株につき10株、2019年7月31日付で普通株式1株につき200株の株
          式分割を行っており、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び
          1株当たり当期純利益を算定しております。
        3 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度

                                               当連結会計年度
                                (自    2016年10月3日
                項目                              (自 2017年10月1日
                                 至    2017年9月30日)
                                              至 2018年9月30日)
      1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属