エネクス・インフラ投資法人 半期報告書(内国投資証券) 第2期(平成30年12月1日-令和1年11月30日)

提出書類 半期報告書(内国投資証券)-第2期(平成30年12月1日-令和1年11月30日)
提出日
提出者 エネクス・インフラ投資法人
カテゴリ 半期報告書(内国投資証券)

                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
     【表紙】
      【提出書類】                   半期報告書
      【提出先】                   関東財務局長
      【提出日】                   2019年8月30日
                         第2期中(自 2018年12月1日 至 2019年5月31日)
      【計算期間】
      【発行者名】                   エネクス・インフラ投資法人
      【代表者の役職氏名】                   執行役員  山本 隆行
      【本店の所在の場所】                   東京都千代田区霞が関三丁目2番5号霞が関ビルディング29階
      【事務連絡者氏名】                   エネクス・アセットマネジメント株式会社
                         取締役兼財務経理部長 大村 達実
      【連絡場所】                   東京都千代田区霞が関三丁目2番5号霞が関ビルディング29階
                         03-4233-8330
      【電話番号】
      【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/33















                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      1【投資法人の概況】
       (1)【主要な経営指標等の推移】
                      回次                      第2期中          第1期
                                            2019年5月         2018年11月
                     決算年月
                               (注2)     (百万円)            518          -
     営業収益
       (うち再生可能エネルギー発電設備等(注3)の
                                    (百万円)            518          -
        賃貸事業収益)
                                    (百万円)            326          ▶
     営業費用
       (うち再生可能エネルギー発電設備等
                                    (百万円)            292          -
        の賃貸事業費用)
     営業利益又は営業損失(△)                               (百万円)            192         △4
     経常利益又は経常損失(△)                               (百万円)            125         △15
     中間(当期)純利益又は当期純損失(△)                               (百万円)            120         △10
                                    (百万円)           8,121          100
     出資総額
                                      (口)         91,825          1,000
     発行済投資口の総口数
                                    (百万円)           20,190           91
     総資産額
                                    (百万円)           8,231           89
     純資産額
                                    (百万円)           11,468           -
     有利子負債額
                                      (円)         89,641         89,475
     1口当たり純資産額
     1口当たり中間(当期)純利益又は当期純損失(△)                          (注5)       (円)         2,174        △10,524
                                    (百万円)             -         -
     分配金総額
      (うち利益分配金総額)                              (百万円)             -         -
      (うち利益超過分配金総額)                              (百万円)             -         -
                                      (円)           -         -
     1口当たり分配金
      (うち1口当たり利益分配金)                                (円)           -         -
      (うち1口当たり利益超過分配金)                                (円)           -         -
                               (注6)       (%)          0.6        △16.0
     総資産経常利益率
     (年換算値)                          (注7)       (%)          2.1        △48.6
                               (注6)       (%)          1.5        △11.1
     自己資本利益率
     (年換算値)                          (注7)       (%)          5.0        △33.8
                               (注6)       (%)          40.8         97.8
     自己資本比率
                               (注6)       (%)           -         -
     配当性向
     [その他参考情報]
                               (注1)       (日)          182         120
     当中間期(当期)運用日数
                                      (件)           5         -
     当中間期末(期末)投資物件数
                                    (百万円)            264          -
     減価償却費
                                    (百万円)             -         -
     資本的支出額
     賃貸NOI(Net       Operating     Income)              (注6)     (百万円)            490          -
     FFO(Funds      from   Operation)                  (注6)     (百万円)            384         △10
     1口当たりFFO                          (注6)       (円)         4,188        △10,524
     中間期末(期末)総資産有利子負債比率(LTV)                          (注6)       (%)          56.8          -
        (注1) 本投資法人の営業期間は、毎年12月1日から翌年の11月30日までの1年間ですが、第1期の営業期間は本投資法人設立の日
           (2018年8月3日)から2018年11月30日までです。また、第2期中間期の営業期間は、2018年12月1日から2019年5月31日まで
           ですが、実質的な営業期間は、物件取得日である2019年2月                       13日から2019年5月31日までの108日間となります。
        (注2) 営業収益等には消費税及び地方消費税(以下「消費税等」といいます。)は含まれていません。
        (注3) 「再生可能エネルギー発電設備等」とは、再生可能エネルギー発電設備(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関
           する特別措置法(平成23年法律第108号。その後の改正を含みます。)第2条第3項に定めるものをいいます(不動産に該当す
           るものを除きます。)。以下同じです。)、再生可能エネルギー発電設備に付随又は関連する不動産、これらの不動産の賃借権
           及び地上権、外国の法令に基づくこれらの資産並びにこれらに付随又は関連する資産をいい、本投資法人が投資・取得し運用す
           るものとされる再生可能エネルギー発電設備等について言及する場合、「再生可能エネルギー発電設備等」には、本投資法人の
           運用資産の裏付けとする再生可能エネルギー発電設備等を含むものとします。そのうち、太陽光をエネルギー源とするものに関
           しては「太陽光発電設備等」といいます。以下同じです。
        (注4) 特に記載のない限りいずれも記載未満の数値については切り捨て、比率は小数第2位を四捨五入して表示しています。
                                  2/33


                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
        (注5) 1口当たり中間純利益については、中間純利益を日数による加重平均投資口数(55,263口)で除することにより算出していま
           す。なお、実質的な資産運用期間の開始日である2019年2月13日時点を期首とみなして、日数による加重平均投資口数(91,611
           口)で除することにより算出した1口当たり中間純利益は1,311円です。
        (注6) 以下の算定式により算出しています。
                            経常利益÷{(期首総資産額+中間期末(期末)総資産額)÷2}×100
        総資産経常利益率                    なお、第2期の期首総資産額には、本投資法人の実質的な資産運用期間の開始日
                            (2019年2月13日)時点の総資産額を使用しています。
                            中間(当期)純利益又は当期純損失÷
                            {(期首純資産額+中間期末(期末)純資産額)÷2}×100
        自己資本利益率
                            なお、第2期の期首純資産額には、本投資法人の実質的な資産運用期間の開始日
                            (2019年2月13日)時点の純資産額を使用しています。
        自己資本比率                    中間期末(期末)純資産額÷中間期末(期末)総資産額×100
                            分配金総額(利益超過分配金を含みません。)÷当期純利益×100
        配当性向
                            なお、中間計算期間には、中間分配制度がありませんので記載していません。
                            再生可能エネルギー発電設備等の賃貸事業収益-再生可能エネルギー発電設備等の
        賃貸NOI(Net      Operating    Income)
                            賃貸事業費用+減価償却費
        FFO(Funds     from  Operation)
                            中間(当期)純利益+減価償却費±再生可能エネルギー発電設備等売却損益
                            FFO÷発行済投資口の総口数
        1口当たりFFO
        中間期末(期末)総資産有利子負債比率(LTV)                    中間期末(期末)有利子負債額÷中間期末(期末)総資産額×100
        (注7) 第1期については、本投資法人の設立の日である2018年8月3日から2018年11月30日までの120日間に基づいて年換算を算出し
           ています。なお、第2期については、実質的な運用を開始した2019年2月13日から2019年5月31日までの108日間に基づいて年
           換算を算出しています。
                                  3/33














                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (2)【投資法人の出資総額】
                                           (本書の日付現在)
         出資総額                                     8,121百万円
         発行可能投資口総口数                                    10,000,000口

         発行済投資口の総口数                                      91,825口

         最近5年間における出資総額及び発行済投資口の総口数の増減は、以下のとおりです。

                          出資総額(百万円)            発行済投資口の総口数(口)
           年月日        摘要                                    備考
                          増減       残高       増減       残高
           2018年
                             100       100      1,000       1,000     (注1)
                  私募設立
          8月3日
           2019年
                            7,948       8,048       90,000       91,000     (注2)
                  公募増資
          2月12日
           2019年
                             72      8,121        825      91,825     (注3)
                第三者割当増資
          3月13日
         (注1) 本投資法人の設立に際して、1口当たり発行価格100,000円で投資口を発行しました。
         (注2) 1口当たり発行価格92,000円(発行価額88,320円)にて太陽光発電設備等の取得資金の調達等を目的とした公募により新
             投資口を発行しました。
         (注3) 1口当たり発行価額88,320円にて借入金の返済または将来の特定資産の取得資金の一部に充当する目的で、第三者割当に
             よる新投資口の発行を行いました。
                                  4/33













                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (3)【主要な投資主の状況】
         ①2019年5月31日現在における主要な投資主は、以下のとおりです。
                                                   発行済投資口の
                                             所有
                                                   総口数に対する
                                            投資口数
        氏名又は名称                     住所
                                                   所有投資口数の
                                            (口)
                                                    割合(%)
                   東京都千代田区霞が関3丁目2-5                           2,370            2.5

     伊藤忠エネクス株式会社
                   奈良県桜井市桜井281-11                           1,900            2.0
     大和信用金庫
                   UETLIBERGSTRASSE         231  P.  O.  BOX  600  CH-8070
     CREDIT    SUISSE    AG  ZURICH                                1,314            1.4
                   ZURICH    SWITZERLAND
                                              1,300            1.4
     伊波 良樹             東京都中央区
                   東京都千代田区丸の内1丁目4-1                           1,065            1.1
     三井住友信託銀行株式会社
     株式会社マーキュリア
                                              1,065            1.1
                   東京都千代田区内幸町1丁目3番3号
     インベストメント
                   福岡県福岡市中央区天神2丁目13               -1            1,020            1.1

     株式会社福岡銀行
                                               925           1.0

     楽天証券株式会社             東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
                                               789           0.8

     伊藤 慎二             広島県庄原市
                   愛媛県四国中央市川之江町1706番地1                            550           0.5

     川之江信用金庫
                                             12,298            13.3
                       合計
       (注)    発行済投資口の総口数に対する所有投資口数の割合は、小数第2位を切捨てにより記載しています。
        ②2019年5月31日現在          の 所有者別状況は、以下のとおりです。

                                   投資口の状況
         区分
                政府及び             金融商品      その他の              個人・
                       金融機関                   外国法人等               計
               地方公共団体              取引業者       法人             その他
                    -       9
     投資主数(人)                            16      128       26     8,964       9,143
     所有投資口数
                    -
                         5,435       2,454       7,147      2,646      74,143       91,825
     (口)
     所有投資口の比率
                    -
                          5.9       2.6      7.7       2.8      80.7      100.0
     (%)
       (注)    所有投資口数の比率は、小数第2位を切捨てにより記載しています。
                                  5/33








                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (4)【役員の状況】
                                                   (本書の日付現在)
                                                          所有
                                                          投資
      役職名       氏名                   主要略歴(会社名等当時)
                                                          口数
                                                         (口)
     執行役員     山本 隆行       1990年4月       伊藤忠燃料株式会社(現:伊藤忠エネクス株式会社)                                  -
                  2010年4月       伊藤忠エネクス株式会社 経営企画部次長
                  2011年4月       アイピー・パワーシステムズ株式会社 出向 取締役経営企画室長
                  2013年4月       伊藤忠エネクス株式会社 電力プロジェクト部次長 兼 JENホール
                         ディングス株式会社(現:エネクス電力株式会社) 取締役オペレー
                         ション本部長
                  2014年9月       伊藤忠エネクス株式会社 電力プロジェクト部次長 兼 JENホール
                         ディングス株式会社(現:エネクス電力株式会社) 取締役オペレー
                         ション本部長 兼 仙台パワーステーション株式会社 代表取締役社
                         長
                  2015年4月       伊藤忠エネクス株式会社 電力事業部長 兼 JENホールディングス
                         株式会社(現:エネクス電力株式会社) 取締役オペレーション本部
                         長 兼 仙台パワーステーション株式会社 代表取締役社長
                  2015年6月       伊藤忠エネクス株式会社 電力事業部長 兼 JENホールディングス
                         株式会社(現:エネクス電力株式会社) 取締役オペレーション本部
                         長 兼 仙台パワーステーション株式会社 取締役(非常勤)
                  2016年4月       伊藤忠エネクス株式会社 電力・熱事業開発部長 兼 エネクス電力
                         株式会社 代表取締役社長 兼 仙台パワーステーション株式会社 
                         取締役(非常勤)
                  2016年11月       伊藤忠エネクス株式会社 電力・ユーティリティ部門 特命担当部長
                  2017年1月       エネクス・アセットマネジメント株式会社 代表取締役社長(現任)
                  2018年8月       エネクス・インフラ投資法人 執行役員(現任)
     監督役員     飛松 純一       1998年3月       最高裁判所 司法研修所 修了                                  -
                  1998年4月       森綜合法律事務所(現:森・濱田松本法律事務所)
                  2003年10月       米国パロアルト市         Skadden    Arps法律事務所(在外研修)
                  2006年1月       森・濱田松本法律事務所パートナー
                  2007年11月       経済産業省電子記録債権制度の活用に関する研究会 委員
                  2009年3月       株式会社アマナホールディングス(現:株式会社アマナ) 社外監査
                         役(現任・非常勤)
                  2010年4月       東京大学大学院法学政治学研究科 准教授
                  2010年5月       内閣府行政刷新会議行政事業レビュー 外部有識者
                  2010年9月       厚生労働省生活衛生関係営業の振興に関する検討会 構成員
                  2010年11月       内閣府行政刷新会議事業仕分け 評価者
                  2011年1月       厚生労働省生活衛生関係営業対策事業費補助金審査・評価会 構成員
                  2011年3月       内閣府行政刷新会議規制仕分け 評価者
                  2011年7月       消費者庁貴金属等の訪問買取りに関する研究会 委員
                  2012年4月       独立行政法人都市再生機構(UR)契約監視委員会 委員(現任)
                  2014年1月       公益社団法人日本仲裁人協会 理事(現任)
                  2016年3月       アリアンツ・グローバルアシスタンス・ジャパン株式会社(現:AWP
                         ジャパン株式会社) 社外監査役
                  2016年7月       飛松法律事務所 所長(現任)
                  2017年6月       株式会社エーアイ 社外取締役(監査等委員)(現任・非常勤)
                  2017年9月       株式会社キャンディル 社外監査役(現任・非常勤)
                  2018年6月       MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社 社
                         外取締役(現任・非常勤)
                  2018年8月       エネクス・インフラ投資法人 監督役員(現任)
                                  6/33



                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
                                                          所有
                                                          投資
      役職名       氏名                   主要略歴(会社名等当時)
                                                          口数
                                                         (口)
     監督役員     坂下 貴之       1998年4月       監査法人トーマツ(現:有限責任監査法人トーマツ)                                  -
                  2001年8月       公認会計士 開業登録
                  2004年1月       東急リアル・エステート・インベストメント・マネジメント株式会
                         社 顧問
                  2004年8月       新創監査法人
                  2008年4月       新創監査法人 社員
                  2015年4月       新創監査法人 代表社員(現任)
                  2018年8月       エネクス・インフラ投資法人 監督役員(現任)
                                  7/33
















                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (5)【その他】
         ① 役員の変更
           執行役員及び監督役員は、投資主総会の決議によって選任されます(投資信託及び投資法人に関する法律
          (昭和26年法律第198号。その後の改正を含みます。)(以下「投信法」といいます。)第96条、規約第21
          条)。ただし、役員が欠けた場合等において、関東財務局長は、必要があると認めるときは、利害関係人の
          申立てにより、一時役員の職務を行うべき者を選任することができます(投信法第108条第2項、第225条第
          1項及び第6項、投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令第480号。その後の改正を含みま
          す。)(以下「投信法施行令」といいます。)第135条第3項)。
           執行役員及び監督役員の任期は、選任後2年とします。ただし、投資主総会の決議によって、法令で定め
          る限度において、その期間を延長し又は短縮することを妨げません(規約第22条第1項)。また、補欠とし
          て又は増員のために選任された執行役員又は監督役員の任期は、前任者又は在任者の残存期間と同一としま
          す(規約第22条第2項)。なお、補欠の執行役員又は監督役員の選任に係る決議が効力を有する期間は、当
          該決議がなされた投資主総会(当該投資主総会において役員が選任されなかった場合には、役員が選任され
          た直近の投資主総会)において選任された執行役員又は監督役員の任期が満了する時までとします。ただ
          し、投資主総会の決議によってその期間を短縮することを妨げません(投信法第96条第2項、会社法(平成
          17年法律第86号。その後の改正を含みます。)(以下「会社法」といいます。)第329条第3項、投資信託及
          び投資法人に関する法律施行規則(平成12年総理府令第129号。その後の改正を含みます。)(以下「投信法
          施行規則」といいます。)第163条第3項ただし書、規約第22条第3項)。
           執行役員及び監督役員の解任は投資主総会において、発行済投資口の過半数の投資口を有する投資主が出
          席し、出席した当該投資主の議決権の過半数をもって行います(投信法第104条、第106条)。執行役員又は
          監督役員の職務の執行に関し不正の行為又は法令若しくは規約に違反する重大な事実があったにも関わら
          ず、当該役員を解任する旨の議案が投資主総会において否決されたときは、発行済投資口の100分の3以上の
          口数の投資口を6か月前から引き続き有する投資主は、当該投資主総会の日から30日以内に、訴えをもって
          当該執行役員又は監督役員の解任を請求することができます(投信法第104条第3項、会社法第854条第1項
          第2号)。
         ② 規約の変更、事業譲渡又は事業譲受、出資の状況その他の重要事項

          a. 規約等の重要事項の変更
            規約を変更するには、発行済投資口の過半数の投資口を有する投資主が出席した投資主総会において、出
           席した当該投資主の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって可決される必要があります(投信法第93条
           の2第2項、第140条)。
            本投資証券の上場日以降に投資主総会において規約の変更が決議された場合には、東京証券取引所の有価
           証券上場規程に従ってその旨が開示されるほか、かかる規約の変更が、運用に関する基本方針、投資制限又
           は分配方針に関する重要な変更に該当する場合等には、金融商品取引法に基づいて遅滞なく提出する臨時報
           告書により開示されます。また、変更後の規約は、金融商品取引法に基づいて本投資法人が提出する有価証
           券報告書等の添付書類として開示されます。本投資法人は、2018年12月25日開催の投資主総会において、規
           約を変更しました。
          b. 事業譲渡又は事業譲受

            該当事項はありません。
          c. 出資の状況その他の重要事項

            出資の状況については、前記「(2)投資法人の出資総額」をご参照ください。
         ③ 訴訟事件その他投資法人に重要な影響を及ぼすことが予想される事実

            該当事項はありません。
                                  8/33





                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      2【投資法人の運用状況】
       (1)【投資状況】
           本投資法人の第2期中間計算期間末における投資状況の概要は以下のとおりです。
                                  第1期              第2期中間期
                               (2018年11月30日現在)                (2019年5月31日現在)
                  地域等による区分
        資産の種類
                              保有総額                保有総額
                                     資産総額に                資産総額に
                    (注1)
                             (百万円)                (百万円)
                                     対する比率                対する比率
                                      (%)                (%)
                              (注2)                (注2)
                                  -        -      14,890         73.7
                 関東地方
      再生可能エネルギー
                                  -        -      1,256         6.2
                 中国地方
         発電設備
                                  -        -        338        1.7
                 九州・沖縄地方
                                  -        -      16,485         81.7
                小計
                                  -        -      1,284         6.4
                 関東地方
                                  -        -        84        0.4
         借地権        中国地方
                                  -        -        10        0.1
                 九州・沖縄地方
                                  -        -      1,378         6.8
                小計
                 関東地方                  -        -      16,174         80.1
      再生可能エネルギー
                                  -        -      1,340         6.6
                 中国地方
        発電設備等
                                  -        -        348        1.7
                 九州・沖縄地方
                                  -        -      17,864         88.5
                小計
                                  91      100.0        2,326         11.5
             預金・その他資産
             資産総額(注3)                      91      100.0        20,190         100.0
                                     資産総額に                資産総額に

                               金額                金額
                                     対する比率                対する比率
                             (百万円)                (百万円)
                                      (%)                (%)
                                   1       2.2      11,958         59.2
      負債総額(注3)
                                  89       97.8        8,231         40.8
      純資産総額(注3)
                                  91      100.0        20,190         100.0
      資産総額(注3)
          (注1) 「地域」は、下記によります。
             「関東地方」とは、茨城県、神奈川県、群馬県、埼玉県、栃木県、千葉県及び東京都をいいます。
             「中国地方」とは、岡山県、広島県、山口県、鳥取県及び島根県をいいます。
             「九州・沖縄地方」とは、大分県、鹿児島県、熊本県、佐賀県、長崎県、福岡県、宮崎県及び沖縄県をいいます。
          (注2) 「保有総額」は、中間期末(期末)時点の中間貸借対照表計上額(貸借対照表計上額)                                     (減価償却後の帳簿価額)          によっ
              ています。
          (注3)    「資産総額」、「負債総額」及び「純資産総額」には、中間期末(                          期末)時点    の中間貸借対照表(貸借対照表)に計上さ
              れた金額を記載しています。
                                  9/33






                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (2)【運用実績】
        ①【純資産等の推移】
                        総資産額        純資産総額        1口当たり純資産額

              年月日
                        (百万円)        (百万円)            (円)
            2018年8月3日
                            100        100           100,000
             (設立時)
            2018年11月30日
                             91        89           89,475
          (第1期計算期間末)
            2019年5月31日
                           20,190         8,231            89,641
         (第2期中間計算期間末)
          (注1) 総資産額及び純資産総額は、帳簿価額を使用しています。
          (注2) 本投資法人の総資産額、純資産総額及び1口当たり純資産額については、期中では正確に把握できないため、各月末にお
             ける推移は記載していません。
         (本投資証券の取引所価格の推移)

                  回次      第1期       第2期中
         各計算期間別
                 決算年月      2018年11月        2019年5月
         最高・最低投
                最高(円)            -      89,600
         資口価格
                最低(円)            -      83,100
                  月別     2019年2月      2019年3月      2019年4月      2019年5月

         月別最高・
         最低投資口       最高(円)        85,100      84,800      86,500      89,600
         価格(終値)
                最低(円)        83,100      83,400      84,700      86,700
         (注1)最高・最低投資口価格は、東京証券取引所インフラファンド市場の終値によります。

         (注2)本投資証券は、2019年2月13日に東京証券取引所インフラファンド市場に上場しました。
                                 10/33











                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
        ②【分配の推移】
                                         1口当たり

                      分配総額
                            うち利益       うち利益            うち1口当た       うち1口当た
                                          分配金
           計算期間
                      (千円)
                           分配金総額      超過分配金総             り利益分配金       り利益超過分
                                          (円)
                            (千円)      額(千円)              (円)      配金(円)
          自 2018年8月3日

                         -       -       -       -       -       -
     第1期
          至 2018年11月30日
          自 2018年12月1日

     第2期中                中間分配制度がないため、該当事項はありません。
          至 2019年5月31日
      ( 注)本投資法人は、原則として毎期継続的に利益を超える分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)を行っていく方針で

         す。
        ③【自己資本利益率(収益率)の推移】

                              自己資本利益率

             計算期間
                             (%)(注1)(注2)
             自 2018年8月3日
                             △11.1(△33.8)(注3)
       第1期
             至 2018年11月30日
             自 2018年12月1日
                                1.5(5.0)(注4)
       第2期中
             至 2019年5月31日
      (注1) 自己資本利益率=中間(当期)純利益又は当期純損失÷{(期首純資産額+中間期末(期末)純資産額)÷2}×100
         なお、第2期の期首純資産額には、本投資法人の実質的な資産運用期間の開始日(2019年2月13日)時点の純資産額を使用していま
         す。
      (注2) 比率は、小数第2位を四捨五入しています。
      (注3) 第1期については、本投資法人の設立の日である2018年8月3日から2018年11月30日までの120日間に基づいて年換算を算出し、当該
         数値を括弧内に記載しています。
      (注4) 第2期については、実質的な運用を開始した                     2019年2月13日から2019年5月            31日までの108日間に基づいて年換算を算出し、当該数値
         を括弧内に記載しています。
       (3)【投資リスク】

        ① 最近の有価証券届出書に記載した投資リスクについて、重要な変更はありません。
        ② 本投資法人が将来にわたって営業活動を継続するとの前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況その
          他本投資法人の経営に重要な影響を及ぼす事象はありません。
                                 11/33








                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      3【資産運用会社の概況】
       (1)【資本金の額】
           本書の日付現在  332,175千円
       (2)【大株主の状況】

                                                   (本書の日付現在)
                                                         比率
                                                 所有株式数
                                                        (%)
              名称                      住所
                                                  (株)
                                                         (注)
                                                    6,156      50.1
     伊藤忠エネクス株式会社                     東京都千代田区霞が関三丁目2番5号
                                                    2,764      22.5

     三井住友信託銀行株式会社                     東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
     株式会社マーキュリア
                                                    2,764      22.5
                          東京都千代田区内幸町一丁目3番3号
     インベストメント
                          シンガポール059817、ユートンセンストリート
     マイオーラ・アセットマネジメントPTE.
                          6、ソーホー・アット・セントラル                 1、12-20
     LTD.                                                603     4.9
                          (6  Eu  Tong   Sen  Street,    Soho   @ Central    1,
     (Maiora     Asset   Management      Pte.   Ltd.)
                          #12-20,    Singapore     059817)
      (注)    「比率」は、発行済株式総数に対する所有株式数の比率を、小数第2位を四捨五入して記載しています。
                                 12/33














                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (3)【役員の状況】
                                                   (本書の日付現在)
                                                          所有
                                                         株式数
       役職名       氏 名                      主要略歴
                                                         (株)
     代表取締役社       山本 隆行       前記「1 投資法人の概況 (4)役員の状況」をご参照ください。                                      -
     長
     (常勤)
     取締役兼財務       大村 達実       1988年4月        伊藤忠燃料株式会社(現:伊藤忠エネクス株式会社) 九州                              -
     経理部長                       支社 経理課
                    1991年4月        草場液化ガス株式会社(現:株式会社エコア) 出向
                    1992年12月        伊藤忠燃料株式会社(現:伊藤忠エネクス株式会社) 九州
                            支社 経理課
                    1995年4月        同社 財務経理部 財務チーム
                    1998年4月        株式会社東海 出向(同社子会社Scripto-Tokai                        Corp 出
                            向)
                    2000年4月        伊藤忠燃料株式会社(現:伊藤忠エネクス株式会社) 財務
                            経理部 経理総括チーム
                    2004年4月        伊藤忠エネクス株式会社 財務経理部 経理チーム課長
                    2005年4月        同社 財務経理部 経理チーム長
                    2007年4月        同社 財務経理部 管理統括チーム長
                    2008年4月        同社 内部統制室長
                    2009年4月        同社 事業管理部次長
                    2010年4月        同社 財務経理部次長
                    2011年4月        同社 財務経理部長
                    2013年4月        同社 エネルギートレード事業本部 管理部長
                    2014年4月        同社 監査部長
                    2015年4月        エネクスフリート株式会社 出向 取締役兼執行役員管理本
                            部長
                    2016年12月        伊藤忠エネクス株式会社 電力・ユーティリティ部門 特命
                            担当部長
                    2017年1月        マイオーラ・アセットマネジメント株式会社(現:エネク
                            ス・アセットマネジメント株式会社) 出向
                            財務経理部
                    2017年1月        エネクス・アセットマネジメント株式会社 財務経理部長
                    2017年3月        同社 取締役兼財務経理部長(現任)
                                 13/33








                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
                                                          所有
                                                         株式数
       役職名       氏 名                      主要略歴
                                                         (株)
     取締役兼イン       長谷川 昇       1989年4月        株式会社北海道拓殖銀行 永代橋支店                              -
     フラ・ファン               1992年4月        同社 京都支店
     ド運用部長兼               1995年10月        同社 西新宿支店
     インフラ投資               1998年4月        株式会社大広 関連企業局
     責任者               1998年10月        同社 経理局
                    1999年3月        中央信託銀行株式会社(現:三井住友信託銀行株式会社) 
                            鶴間支店
                    2000年4月        中央三井信託銀行株式会社(現:三井住友信託銀行株式会
                            社) 鶴間支店
                    2001年5月        同社 大分支店 課長補佐
                    2004年4月        同社 不動産業務部 調査役
                    2012年4月        三井住友信託銀行株式会社 不動産カストディ部 受託事務
                            第四チーム長
                    2013年10月        同社 名古屋不動産営業部 開発受託推進課長
                    2017年7月        同社 不動産信託部 大阪土地信託第二チーム長
                    2018年5月        エネクス・アセットマネジメント株式会社 出向 インフ
                            ラ・ファンド運用部
                    2018年6月        同社 取締役兼インフラ・ファンド運用部長兼インフラ投資
                            責任者(現任)
     取締役       大下 進       1992年4月        近畿日本ツーリスト株式会社 経理部                              -
     (非常勤)               2001年11月        株式会社富士通BSC 経理部
                    2004年7月        株式会社シモン 経理部 海外経理課長
                    2005年3月        株式会社スミトロニクス コーポレートファイナンス部
                            財務チームリーダー 兼 税務チームリーダー
                    2006年3月        伊藤忠ペトロリアムジャパン株式会社 財務経理部長
                    2008年10月        伊藤忠エネクス株式会社 トレード事業本部 管理課長
                    2011年4月        同社 グローバル事業本部 管理課長
                    2013年4月        同社 エネルギー・トレード事業本部 管理部 次長
                    2016年4月        同社 エネルギー・イノベーション事業本部 管理部 次長
                    2017年4月        同社 経営企画部
                    2019年3月        エネクス・アセットマネジメント株式会社 取締役(現任・
                            非常勤)
                    2019年4月        伊藤忠エネクス株式会社 電力・ユーティリティ部門 管理
                            部長(現任) 兼 エネクス電力株式会社 取締役(現任・
                            非常勤) 兼 王子・伊藤忠エネクス電力販売株式会社 監
                            査役(現任・非常勤) 兼 株式会社エネクスライフサービ
                            ス 監査役(現任・非常勤)
                                 14/33







                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
                                                          所有
                                                         株式数
       役職名       氏 名                      主要略歴
                                                         (株)
     取締役       金井 章一郎       1992年4月        伊藤忠燃料株式会社(現:伊藤忠エネクス株式会社)                              -
     (非常勤)
                            本社 システム運用課
                    1996年4月        同社 東日本支社 東日本産業資材課
                    1997年4月        同社 東日本支社 東日本東京エネルギー直売課
                    2000年4月        同社 中四国支社 高松エネルギー直売課
                    2001年4月        同社 中四国支社 広島エネルギー直売課
                    2005年4月        伊藤忠エネクス株式会社 産業マテリアル事業本部 岡山直
                            売課
                    2006年4月        同社 カーライフ事業本部 審査チーム
                    2007年4月        同社 産業マテリアル事業本部 管理チーム 副課長
                    2009年4月        同社 管理本部 法務審査部 審査課 副課長
                    2010年4月        同社 管理本部 法務審査部 審査課長
                    2010年5月        エネクス石油販売東日本株式会社 非常勤監査役
                    2010年6月        小倉興産エネルギー株式会社 非常勤監査役
                    2013年4月        伊藤忠エネクス株式会社 電力・ユーティリティ部門
                            管理課長
                    2015年2月        同社 電力・ユーティリティ部門 管理課長 兼 王子・伊
                            藤忠エネクス電力販売株式会社 管理課長
                    2015年4月        伊藤忠エネクス株式会社 カーライフ部門                    九州管理課長
                    2016年8月        同社 電力・ユーティリティ部門 管理部 次長 兼
                            王子・伊藤忠エネクス電力販売株式会社 管理部長
                    2016年11月        伊藤忠エネクス株式会社 電力・ユーティリティ部門 管理
                            部 次長 兼 王子・伊藤忠エネクス電力販売株式会社 管
                            理部長 兼 株式会社エネクスライフサービス 管理部長
                    2017年4月        伊藤忠エネクス株式会社 電力・ガス事業グループ 電力・
                            ユーティリティ部門 統括部 次長 兼 事業管理課長
                    2017年8月        同社 電力・ガス事業グループ 電力・ユーティリティ部
                            門 電力金融室長
                    2017年10月        エネクス・アセットマネジメント株式会社 取締役(現任・
                            非常勤) 兼 千代田高原太陽光発電所株式会社 代表取締
                            役
                    2018年4月        青山エナジーサービス株式会社 取締役
                            伊藤忠エネクス株式会社 電力・ユーティリティ部門 電力
                            金融部長
                    2019年4月        同社 電力・ユーティリティ部門 電力金融ビジネス部 次
                            長 兼 開発課長
                    2019年7月        同社 電力・ユーティリティ部門 統括部 次長                       (現任)
                                 15/33







                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
                                                          所有
                                                         株式数
       役職名       氏 名                      主要略歴
                                                         (株)
     取締役       石野 英也       1986年4月        ソロモン・ブラザーズ・アジア証券株式会社(現:シティグ                              -
     (非常勤)                       ループ証券株式会社) 外国債券部
                    2000年4月        スパイラルスター株式会社 シニアヴァイスプレジデント
                    2001年4月        ハローネットワークアジア株式会社 代表取締役社長
                    2003年6月        スターキャピタルパートナーズ株式会社 取締役
                    2004年3月        スポーツバンガード株式会社 取締役副社長
                    2007年9月        アイ・キャピタル・インベストメント・アドバイザーズ株式
                            会社(現:MCP投資顧問株式会社) 社外取締役
                    2008年6月        株式会社ADキャピタル(現:株式会社マーキュリアインベス
                            トメント)
                    2010年3月        株式会社マーキュリアインベストメント 取締役事業本部長
                    2010年12月        Beijing    Development      Investment      Consulting,      Ltd.
                            Director
                    2011年6月        ユニファイドサービス株式会社 取締役(現任・非常勤)
                    2011年8月        MIBJ   Consulting(Beijing)Co.,            Ltd.
                            Director(現任・非常勤)
                    2011年9月        ADC  International       Limited
                            Director(現任・非常勤)
                    2017年1月        エネクス・アセットマネジメント株式会社 取締役
                    2017年7月        株式会社マーキュリアインベストメント 取締役資産投資部
                            長(現任)
                    2019年3月        エネクス・アセットマネジメント株式会社 取締役(現任・
                            非常勤)
                                 16/33












                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
                                                          所有
                                                         株式数
       役職名       氏 名                      主要略歴
                                                         (株)
     取締役       クレイ・       1998年4月        プライスウォーターハウスクーパース 国際法人税務及びビ                              -
     (非常勤)       キニー               ジネス・コンサルティング・グループ コンサルタント 財
             (Clay               務アドバイザリー・サービス マネージャー
                    2001年2月        クレディ・スイス         ・ファースト・ボストン M&Aグループ 
             Kinney)
                            バイス・プレジデント
                    2001年12月        UBSウォーバーグ ヘルスケア・グループ 投資銀行業務部
                            門 ディレクター グループ責任者
                    2006年3月        ゴールドマン・サックス 株式部門 バイス・プレジデント
                            イベント・トレーディング責任者
                    2007年5月        アジア・パシフィック・ランド(ジャパン) エグゼクティ
                            ブ・ディレクター キャピタル・マーケット責任者
                    2009年10月        ドイツ証券 ディレクター グローバルエクイティ部門 ス
                            ペシャルシチュエーショントレーダー
                    2012年7月        ドイツ銀行兼ドイツ証券 ストラクチャードプロダクトオリ
                            ジネーション部長 (ソーラー発電プロジェクトへの貸付け
                            を含みます。)
                    2015年7月        同社 ディレクター コーポレートファイナンス ストラク
                            チャードファイナンス部長 兼 プロジェクトファイナンス
                            部長(ソーラー発電プロジェクトへの貸付けを含みます。)
                    2015年12月        マイオーラ・アセットマネジメントPTE.LTD. コンサルタン
                            ト(現任・非常勤)
                    2016年9月        マイオーラ・アセットマネジメント株式会社(現:エネク
                            ス・アセットマネジメント株式会社) 取締役
                    2016年9月        Maiora    Research     Japan合同会社 代表社員(現任・非常勤)
                    2016年11月        マイオーラ・アセットマネジメント株式会社(現:エネク
                            ス・アセットマネジメント株式会社) 取締役兼インフラ・
                            ファンド運用部インフラ投資責任者
                    2017年1月        エネクス・アセットマネジメント株式会社 取締役(現任・
                            非常勤)
     監査役       兼山 嘉人       1983年10月        青山監査法人(現:PwCあらた有限責任監査法人)                              -
     (非常勤)
                    1995年8月        兼山公認会計士事務所 代表(現任)
                    2005年6月        シービーアールイー・レジデンシャル・マネジメント株式会
                            社(現:クリックシス株式会社) 社外監査役(非常勤)
                    2005年9月        株式会社ニューシティコーポレーション 社外監査役(非常
                            勤)
                    2006年10月        GALILEO    JAPAN株式会社 代表取締役(非常勤)
                    2008年5月        クリックシス株式会社 社外監査役(非常勤)
                    2008年7月        GALILEO    JAPAN株式会社 取締役(非常勤)
                    2013年8月        キャップブリッジ・アセット・マネジメント株式会社(マイ
                            オーラ・アセットマネジメント株式会社への商号変更を経
                            て、現:エネクス・アセットマネジメント株式会社) 社外
                            監査役(現任・非常勤)
                    2014年4月        マルハニチロ株式会社 社外監査役(現任・非常勤)
                    2016年6月        GALILEO    JAPAN株式会社 社外監査役(非常勤)
         (注1) 山本隆行は、本投資法人の執行役員を兼務しており、金融商品取引法第31条の4第1項に従い、2018年8月13日付で金融庁
             長官に兼職の届出を行っています。
         (注2) 本書の日付現在、本資産運用会社の従業員(代表取締役、社外取締役、監査役及び派遣社員を除きます。)の数は、10名で
             す。
                                 17/33



                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
         また、上記のほか、本資産運用会社の主要な役職員は、以下のとおりです。
                                                   (本書の日付現在)
                                                          所有
                                                         株式数
       役職名       氏 名
                                    主要略歴
                                                         (株)
     コンプライア       西村 隆弘       1988年4月        住友信託銀行株式会社(現:三井住友信託銀行株式会社)                              -
     ンス・オフィ
                    1991年4月        アイ・ジー・エフ株式会社 出向
     サー兼イン
                    1993年4月        住友信託銀行株式会社(現:三井住友信託銀行株式会社) 
     ターナル・
                            不動産営業部
     オーディター
                    1999年2月        同社 熊本支店
                    2001年2月        シティトラスト信託銀行株式会社 リアルエステート・コー
                            ポレートファイナンス部
                    2006年1月        JPモルガン信託銀行株式会社 プロダクト・マネジメント・
                            グループ コンプライアンス・オフィサー
                    2007年3月        ING不動産投資顧問株式会社(現:CBREグローバルインベス
                            ターズ・ジャパン株式会社) コンプライアンス・オフィ
                            サー
                    2010年1月        住信不動産投資顧問株式会社(現:三井住友トラスト不動産
                            投資顧問株式会社) 投資運用部
                    2013年7月        ブラックロック・ジャパン株式会社 コンプライアンス部
                            (派遣社員)
                    2014年9月        住友不動産販売株式会社 法人開発部
                    2016年1月        株式会社東京スター銀行 不動産ファイナンス部
                    2016年9月        マイオーラ・アセットマネジメント株式会社(現:エネクス・
                            アセットマネジメント株式会社) コンプライアンス・リスク
                            管理室 コンプライアンス・マネジャー
                    2017年1月        エネクス・アセットマネジメント株式会社 コンプライアン
                            ス・リスク管理室 コンプライアンス・オフィサー 兼 イ
                            ンターナル・オーディター(現任)
     財務経理部企       松本 文彦       1998年4月        中央信託銀行株式会社(現:三井住友信託銀行株式会社)神                              -
     画管理担当部                       戸支店
     長               2000年11月        中央三井信託銀行株式会社(現:三井住友信託銀行株式会
                            社) 川口支店
                    2003年2月        同社 決済管理部
                    2004年4月        同社 総合資金部
                    2006年1月        同社 資産金融部
                    2008年4月        同社 国際部
                    2010年3月        中央三井トラスト・ホールディングス株式会社(現:三井住
                            友トラスト・ホールディングス株式会社)経営企画部
                    2012年8月        三井住友信託銀行株式会社 ニューヨーク支店
                    2015年4月        同社 ホールセール企画部
                    2017年4月        エネクス・アセットマネジメント株式会社 出向
                            財務経理部 企画管理担当部長(現任)
                                 18/33






                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (4)【事業の内容及び営業の状況】
         ① 事業の内容
          本資産運用会社は、投信法上の資産運用会社として登録投資法人の資産運用を行っています。
         ② 営業の概況

          本書の日付現在、本資産運用会社が資産の運用を行う投資法人は、本投資法人のみです。
         ③ 関係業務の概況

          本資産運用会社は、本投資法人の資産の運用に係る業務を行っています。
         ④ 資本関係

          本書の日付現在、本資産運用会社は本投資口を保有していません。
                                 19/33

















                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      4【投資法人の経理状況】
        1.中間財務諸表の作成方法について
         本投資法人の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省
        令第38号。その後の改正を含みます。)並びに同規則第38条及び第57条の規定により、「投資法人の計算に関す
        る規則」(平成18年内閣府令第47号。その後の改正を含みます。)に基づいて作成しています。
        2.監査証明について
         本投資法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2期中間計算期間(2018年12月1日から
        2019年5月31日まで)の中間財務諸表について、太陽有限責任監査法人により中間監査を受けています。
        3.中間連結財務諸表について
         本投資法人には子会社がありませんので、中間連結財務諸表は作成していません。
                                 20/33

















                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (1)【中間貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                    前  期
                                                 当中間期
                                               (2019年5月31日)
                                 (2018年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                                     ※1 537,971
                                         57,013
         現金及び預金
                                                     ※1 169,469
                                           -
         営業未収入金
                                           -             5,221
         未収入金
                                         4,320              27,839
         前払費用
                                         1,119            1,277,644
         未収消費税等
                                         62,453             2,018,146
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                           -          16,749,935
          機械及び装置
                                           -           △ 264,457
            減価償却累計額
                                                    ※1 16,485,477
            機械及び装置(純額)                               -
                                         14,198                -
          建設仮勘定
                                         14,198            16,485,477
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                                    ※1 1,378,753
                                           -
          借地権
                                           -              775
          商標権
                                           -             6,346
          ソフトウエア
                                           -           1,385,874
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         10,000              70,000
          差入敷金及び保証金
                                           -            230,770
          長期前払費用
                                         4,821                6
          繰延税金資産
                                         14,821              300,777
          投資その他の資産合計
                                         29,019            18,172,129
         固定資産合計
                                         91,472            20,190,276
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                                    ※1 1,900,866
                                           -
         1年内返済予定の長期借入金
                                         1,611              22,793
         未払金
                                           45              626
         未払法人税等
                                           340             1,074
         その他
                                         1,996            1,925,361
         流動負債合計
       固定負債
                                                    ※1 9,567,696
                                           -
         長期借入金
                                           -            465,894
         資産除去債務
                                           -          10,033,590
         固定負債合計
                                         1,996            11,958,951
       負債合計
      純資産の部
       投資主資本
                                        100,000             8,121,664
         出資総額
         剰余金
                                        △ 10,524              109,661
          中間未処分利益又は中間未処理損失(△)
                                        △ 10,524              109,661
          剰余金合計
                                         89,475             8,231,325
         投資主資本合計
                                        ※2 89,475           ※2 8,231,325
       純資産合計
                                         91,472            20,190,276
      負債純資産合計
                                 21/33




                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (2)【中間損益計算書】
                                     (単位:千円)
                                   当中間期
                                 自 2018年12月1日
                                 至 2019年5月31日
      営業収益
                                       ※1 518,574
       再生可能エネルギー発電設備等の賃貸収入
                                        518,574
       営業収益合計
      営業費用
                                       ※1 292,758
       再生可能エネルギー発電設備等の賃貸費用
                                         18,450
       資産運用報酬
                                         2,877
       資産保管及び一般事務委託手数料
                                         4,200
       役員報酬
                                         7,895
       その他営業費用
                                        326,181
       営業費用合計
                                        192,392
      営業利益
      営業外収益
                                            0
       受取利息
                                            1
       還付加算金
                                            1
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  24,676
                                         2,492
       融資関連費用
                                         39,598
       投資口交付費
                                         66,766
       営業外費用合計
                                        125,626
      経常利益
                                        125,626
      税引前中間純利益
                                           627
      法人税、住民税及び事業税
                                         4,814
      法人税等調整額
                                         5,441
      法人税等合計
                                        120,185
      中間純利益
      前期繰越利益又は前期繰越損失(△)                                  △ 10,524
      中間未処分利益又は中間未処理損失(△)                                   109,661
                                 22/33










                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (3)【中間投資主資本等変動計算書】
         当中間期(自 2018年12月1日 至 2019年5月31日)

                                                     (単位:千円)
                                 投資主資本
                                  剰余金

                                                      純資産合計
                     出資総額       中間未処分利益                投資主資本合計
                            又は中間未処理
                                     剰余金合計
                            損失(△)
                       100,000        △ 10,524       △ 10,524        89,475        89,475

     当期首残高
     当中間期変動額

                      8,021,664                         8,021,664        8,021,664
      新投資口の発行
                                120,185        120,185        120,185        120,185
      中間純利益
                      8,021,664         120,185        120,185       8,141,849        8,141,849
     当中間期変動額合計
                      8,121,664         109,661        109,661       8,231,325        8,231,325
     当中間期末残高
                                 23/33














                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (4)【中間キャッシュ・フロー計算書】
                                     (単位:千円)
                                   当中間期
                                 自 2018年12月1日
                                 至 2019年5月31日
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        125,626
       税引前中間純利益
                                        264,457
       減価償却費
                                         39,598
       投資口交付費
                                           △ 0
       受取利息
                                         24,676
       支払利息
       営業未収入金の増減額(△は増加)                                △ 169,469
       未収入金の増減額(△は増加)                                 △ 5,221
       未収消費税等の増減額(△は増加)                               △ 1,276,524
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 27,519
       長期前払費用の増減額(△は増加)                                △ 230,770
       未払金の増減額(△は減少)                                  21,181
                                         1,225
       その他
                                      △ 1,232,739
       小計
                                            0
       利息の受取額
                                        △ 24,676
       利息の支払額
                                          △ 45
       法人税等の支払額
                                      △ 1,257,460
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 16,270,044
       有形固定資産の取得による支出
                                      △ 1,386,164
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 60,000
       差入敷金及び保証金の差入による支出
                                      △ 17,716,209
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       11,771,206
       長期借入れによる収入
                                       △ 302,644
       長期借入金の返済による支出
                                       7,986,065
       投資口の発行による収入
                                       19,454,627
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   480,958
                                         57,013
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1 537,971
      現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 24/33









                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (5)【中間注記表】
      (継続企業の前提に関する注記)
        該当事項はありません。
      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

     1.固定資産の減価償却の方法                    (1)有形固定資産
                            定額法を採用しています。
                            なお、主たる有形固定資産の耐用年数は以下のとおりです。
                            機械及び装置    186ヶ月~264ヶ月
                         (2)無形固定資産
                            定額法を採用しています。
                            なお、耐用年数は以下のとおりです。
                            商標権        10年
                            ソフトウエア     5年
                         (3)長期前払費用
                            定額法を採用しています。
     2.繰延資産の処理方法                    投資口交付費
                          発生時に全額費用計上しています。
     3.収益及び費用の計上基準                    固定資産税等の処理方法
                          保有する再生可能エネルギー発電設備等に係る固定資産税、都市計画税
                         及び償却資産税等については、賦課決定された税額のうち、当該計算期間
                         に対応する額を賃貸費用として費用処理する方法を採用しています。
                          なお、再生可能エネルギー発電設備等の取得に伴い、本投資法人が負担
                         すべき初年度の固定資産税等相当額については、費用として計上せず当該
                         再生可能エネルギー発電設備等の取得価額に算入しています。
                          当期において再生可能エネルギー発電設備等の取得原価に算入した固定
                         資産税等相当額は84,755千円です。
     4.中間キャッシュ・フロー計算書にお                     中間キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、
       ける資金(現金及び現金同等物)の                  手許資金、随時引き出し可能な預金並びに容易に換金可能であり、かつ、価
       範囲                  値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期
                         限の到来する短期投資からなっています。
     5.ヘッジ会計の方法                    (1)ヘッジ会計の方法
                            特例処理の要件を満たす金利スワップについては、特例処理を採用し
                            ています。
                         (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
                            ヘッジ手段 金利スワップ取引
                            ヘッジ対象 借入金金利
                         (3)ヘッジ方針
                            本投資法人はリスク管理規程に基づき本投資法人規約に規定するリス
                            クをヘッジする目的でデリバティブ取引を行っています。
                         (4)ヘッジの有効性評価の方法
                            金利スワップは特例処理の要件を満たしているため、有効性の評価は
                            省略しています。
     6.その他中間財務諸表作成のための基                    消費税等の処理方法
       本となる重要な事項                    消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっています。
                                 25/33





                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      (中間貸借対照表に関する注記)
       ※1. 担保に供している資産及び担保を付している債務
         担保に供している資産は次のとおりです。
                                                   (単位:千円)
                               前  期
                                               当中間期
                                             (2019年5月31日)
                            (2018年11月30日)
                                       -              537,971
        現金及び預金
                                       -              169,469
        営業未収入金
        機械及び装置                               -             16,485,477
        借地権
                                       -             1,378,753
                                       -             18,571,672
        合計
         担保付債務は次のとおりです。

                                                   (単位:千円)
                               前  期
                                               当中間期
                                             (2019年5月31日)
                            (2018年11月30日)
                                       -             1,900,866
        1年内返済予定の長期借入金
        長期借入金                               -             9,567,696
                                       -             11,468,562
        合計
       ※2. 投資信託及び投資法人に関する法律第67条第4項に定める最低純資産額

                 前  期
                                 当中間期
                               (2019年5月31日)
              (2018年11月30日)
                    50,000千円                 50,000千円

      (中間   損益計算書に関する注記)

       ※1.再生可能エネルギー発電設備等賃貸事業損益の内訳        (単位:千円)
                                         当中間期

                                       自  2018年12月1日
                                       至  2019年5月31日
       A.再生可能エネルギー発電設備等賃貸事業収益
          再生可能エネルギー発電設備等の賃貸収入
          (基本賃料)                                  518,127
                                              446
          (実績連動賃料)
          再生可能エネルギー発電設備等賃貸事業収益合計
                                            518,574
       B.再生可能エネルギー発電設備等賃貸事業費用
          再生可能エネルギー発電設備等の賃貸費用
          (保険料)                                   3,310
          (修繕費)                                    173
          (減価償却費)                                  264,457
          (支払地代)                                   24,716
                                              100
          (その他費用)
          再生可能エネルギー発電設備等賃貸事業費用合計
                                            292,758
       C.再生可能エネルギー発電設備等賃貸事業損益
                                            225,815
        (A-B)
                                 26/33




                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       ※2.減価償却実施額は、次のとおりです。                                (単位:千円)
                               当中間期
                            自  2018年12月1日
                            至  2019年5月31日
                                      264,457
        有形固定資産
      (中間投資主資本等変動計算書に関する注記)

                                     当中間期
                                  自  2018年12月1日
                                  至  2019年5月31日
        発行可能投資口総口数及び発行済投資口の総口数
                                    10,000,000      口
         発行可能投資口総口数
                                      91,825    口
         発行済投資口の総口数
      (中間キャッシュ・フロー計算書に関する注記)

       ※1. 現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                 当中間期
                               自  2018年12月1日
                               至  2019年5月31日
        現金及び預金                           537,971千円
        現金及び現金同等物                           537,971千円
      (リース取引に関する注記)

       オペレーティング・リース取引(貸主側)
        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:千円)
                                  前  期
                                                 当中間期
                                               (2019年5月31日)
                               (2018年11月30日)
        未経過リース料

                                         -             1,488,668
         1年以内
                                         -            12,355,025
         1年超
                                         -            13,843,693
        合計
      (金融商品に関する注記)

       金融商品の時価等に関する事項
        前期(2018年11月30日)における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、
       時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                    (単位:千円)
                                       時価 (注1)

                           貸借対照表計上額                          差額
                                 57,013           57,013              -
       現金及び預金
                                 57,013           57,013              -
              資産合計
       (注1)金融商品の時価の算定方法
           現金及び預金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
       (注2)金銭債権の決算日(2018年11月30日)後の償還予定額
                                 27/33




                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
                                                     (単位:千円)
                                1年超      2年超      3年超      4年超
                         1年以内                               5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                           57,013        -      -      -      -      -
       現金及び預金
                           57,013        -      -      -      -      -

               合計
        当中間期(2019年5月31日)における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりで

       す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表に含めておらず、重要性の乏しいものにつき
       ましては、記載を省略しています。
                                                    (単位:千円)
                          中間貸借対照表計上額                時価           差額

                                537,971           537,971              -
       (1)現金及び預金
                                169,469           169,469              -
       (2)営業未収入金
                                707,441           707,441              -
              資産合計
                               1,900,866           1,907,125              6,259
       (3)1年内返済予定の長期借入金
                               9,567,696           9,666,636             98,940
       (4)長期借入金
                               11,468,562           11,573,761             105,199
              負債合計
                                   -           -           -
       (5)デリバティブ取引
       (注1)金融商品の時価の算定方法及びデリバティブ取引に関する事項
           (1)現金及び預金(2)営業未収入金
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
              います。
           (3)1年内返済予定の長期借入金(4)長期借入金
               変動金利による長期借入金は、金利が一定期間毎に更改される条件で借入を行っているため、時価
              は帳簿価額と近似していると考えられることから、当該帳簿価額によっています。なお、変動金利に
              よる長期借入金で金利スワップの特例処理の対象としているものは(後記「デリバティブ取引に関す
              る注記」参照)、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行った
              場合に適用される合理的に見積もられる利率で割り引いて算定する方法によっています。
           (5)デリバティブ取引
               後記「デリバティブ取引に関する注記」をご参照ください。
       (注2)金銭債権の決算日(2019年5月31日)後の償還予定額

                                                     (単位:千円)
                                1年超      2年超      3年超      4年超
                         1年以内                               5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                          537,971         -      -      -      -      -
       (1)現金及び預金
                          169,469         -      -      -      -      -
       (2)営業未収入金
               合計            707,441         -      -      -      -      -

       (注3)長期借入金の中間決算日(2019年5月31日)後の返済予定額

                                                     (単位:千円)
                                1年超      2年超      3年超      4年超
                         1年以内                               5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
       (3)1年内返済予定の長期借入
                         1,900,866          -      -      -      -      -
       金
                             -   605,288      605,288      605,288      605,288     7,146,544
       (4)長期借入金
                         1,900,866       605,288      605,288      605,288      605,288     7,146,544

               合計
      (有価証券に関する注記)
                                 28/33


                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       前期(2018年11月30日)及び当中間期(2019年5月31日)において、該当事項はありません。
      (デリバティブ取引に関する注記)

       1.ヘッジ会計が適用されていないもの
       前期(2018年11月30日)及び当中間期(2019年5月31日)において、該当事項はありません。
       2.ヘッジ会計が適用されているもの

       前期(2018年11月30日)
        該当事項はありません。
       当中間期(2019年5月31日)

                                                     (単位:千円)
                                        契約額等
                   デリバティブ取引           主なヘッジ                        当該時価の
        ヘッジ会計の方法                                          時価
                     の種類等           対象                       算定方法
                                           うち1年超
       金利スワップの
                 金利スワップ取引
                                     5,086,492      4,783,848      (注)       ―
                             長期借入金
       特例処理          支払固定・受取変動
       (注)   金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている1年内返済予定の長期借入金及び長期借入
          金と一体として処理されているため、その時価は、「金融商品に関する注記 金融商品の時価等に関する事
          項における(注1)(3)1年内返済予定の長期借入(4)長期借入金」の時価に含めて記載しています。
      (持分法損益等に関する注記)

       前期(2018年11月30日)及び当中間期(2019年5月31日)において、該当事項はありません。
      (資産除去債務に関する注記)

       資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
       1.当該資産除去債務の概要
         本投資法人の再生可能エネルギー発電設備等の一部は、土地所有者と借地契約を締結しており、借地契約に伴
        う原状回復義務に関して資産除去債務を計上しております。
       2.当該資産除去債務の金額の算定方法

         当該資産の使用期間を当該資産の耐用年数(186ヶ月~264ヶ月)と見積り、割引率は0.0%を使用して資産除去
        債務の金額を算定しています。
       3.当該資産除去債務の総額の増減

                                                    (単位:千円)
                                    前期              当中間期
                                 自  2018年8月3日             自  2018年12月1日
                                 至  2018年11月30日             至  2019年5月31日
                                          -               -
        期首残高
        有形固定資産の取得に伴う増加額                                  -            465,894
        時の経過による調整額                                  -               -

                                          -               -
        資産除去債務の履行による減少額
                                          -            465,894

        中間期末(期末)残高
                                 29/33





                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      (賃貸等不動産に関する注記)
        本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等を保有しています。これらの中間貸借対照表計上額(貸借対照表計
       上額)、期中増減額及び時価は、以下のとおりです。
                                           (単位:千円)
                            前期             当中間期

                        自 2018年8月3日              自 2018年12月1日
                        至 2018年11月30日              至 2019年5月31日
       中間貸借対照表計上額
       (貸借対照表計上額)
                                  -              -
         期首残高
                                  -          17,864,231
         期中増減額
                                  -          17,864,231
         中間期末(期末)残高
                                  -          16,126,500
       中間期末(期末)評価額
       (注1) 本投資法人の保有している不動産は、再生可能エネルギー発電設備の用に供する不動産であるため、中間
           貸借対照表計上額(         貸借対照表計上額)         及び  中間期末(     期末)評価額については、再生可能エネルギー発電
           設備及び不動産の一体の金額を記載しています。
       (注2) 中間貸借対照表計上額(貸借対照表計上額)は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額でありま
           す。
       (注3) 賃貸等不動産の期中増減額のうち、当中間期の主な増加理由は、                                   太陽光発電設備等5発電所(18,128,688
           千円)の取得によるものであり、主な減少理由は減価償却費によるものです。
       (注4) 当中間期末評価額は、PwCサステナビリティ合同会社より取得したバリュエーションレポートに記載され
           たレンジによる評価額(13,450,000千円~18,803,000千円)から、本投資法人が投資法人規約第41条第1項
           第1号に従い算出した中間値の合計額を記載しています。なお、バリュエーションレポートによる価格時点
           は、2018年8月31日ですが、本投資法人は当該価格時点から一定の評価額や適切に市場価格を反映している
           と考えられる指標に重要な変動が生じていないため、当該価格時点における評価額を当中間期末評価額とし
           ています。
        なお、再生可能エネルギー発電設備等に関する損益は、「中間損益計算書に関する注記」に記載しています。
      (セグメント情報等に関する注記)

       (セグメント情報)
        本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等の賃貸事業の単一セグメントであるため、記載を省略しています。
       (関連情報)

        当中間期(自       2018年12月1日          至  2019年5月31日)
          1.   製品及びサービスごとの情報
               単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるた
             め、記載を省略しています。
          2.   地域ごとの情報

             (1)   営業収益
                 本邦の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略し
                ています。
             (2)   有形固定資産
                 本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超え
                るため、記載を省略しています。
                                 30/33





                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
          3.   主要な顧客に関する情報
                                                     (単位:千円)
                 顧客の名称              営業収益            関連するセグメント名

           Sunrise    Megasolar合同会社                  175,371
                                     再生可能エネルギー発電設備等の賃貸事業
                                 21,017
           第二千代田高原太陽光合同会社                          再生可能エネルギー発電設備等の賃貸事業
                                 24,937
           防府太陽光発電合同会社                          再生可能エネルギー発電設備等の賃貸事業
                                 12,905
           玖珠太陽光発電合同会社                          再生可能エネルギー発電設備等の賃貸事業
           SOLAR   ENERGY鉾田合同会社                   284,341
                                     再生可能エネルギー発電設備等の賃貸事業
      (1口当たり情報に関する注記)

                                     前期             当中間期
                                 (2018年11月30日)              (2019年5月31日)
      1口当たり純資産額                                 89,475円              89,641円
       1口当たり中間純利益の算定上の基礎は、以下のとおりです。

                                       当中間期
                                    自  2018年12月1日
                                    至  2019年5月31日
                               (円)           2,174
      1口当たり中間純利益
                              (千円)           120,185
      中間純利益
                              (千円)              -
      普通投資主に帰属しない金額
                              (千円)           120,185
      普通投資口に係る中間純利益
                               (口)          55,263
      期中平均投資口数
      (注1)1口当たり中間純利益は、中間純利益を日数加重平均投資口数(55,263口)で除することにより算定していま
         す。
      (注2)当中間期の潜在投資口調整後1口当たり中間純利益については、潜在投資口がないため記載していません。な
         お、実質的な資産運用期間の開始日である2019年2月13日時点を期首とみなして、日数による加重平均投資口
         数(91,611口)で除することにより算出した1口当たり中間純利益は1,311円です。
      (重要な後発事象に関する注記)

        該当事項はありません。
                                 31/33









                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      5【販売及び買戻しの実績】
                                                  発行済投資口の総

                                         発行口数
              計算期間               発行日
                                                    口数(口)
                                          (口)
                                               1,000         1,000
              第1期             2018年8月3日
                                              90,000         91,000
                           2019年2月12日
              第2期中
                                                825       91,825
                           2019年3月13日
       (注1)買戻し及び払戻しの実績はありません。
       (注2)   本邦外における販売又は買戻しの実績はありません。
                                 32/33

















                                                           EDINET提出書類
                                                   エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
                        独立監査人の中間監査報告書
                                                     2019年8月27日

     エネクス・インフラ投資法人
      役員会 御中
                             太陽有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                       公認会計士         泉   淳一       印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士         西村 健太    印
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「投資法人の経理状況」に掲

     げられているエネクス・インフラ投資法人の2018年12月1日から2019年11月30日までの第2期計算期間の中間計算期間
     (2018年12月1日から2019年5月31日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間投
     資主資本等変動計算書、中間キャッシュ・フロー計算書及び中間注記表について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成
     し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な
     情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明す
     ることにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行っ
     た。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判
     断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これ
     に基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続の一
     部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表
     の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択
     及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リ
     スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示
     に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によっ
     て行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
     て、エネクス・インフラ投資法人の2019年5月31日現在の財産の状態並びに同日をもって終了する中間計算期間(2018年
     12月1日から2019年5月31日まで)の損益及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を表示しているものと認め
     る。
     利害関係

      投資法人と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注1)上記は独立監査人の中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は本投資法人が別途保管しておりま
     す。
     (注2)XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                 33/33



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。