オーストラリア・ニュージーランド銀行 訂正半期報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正半期報告書

提出日:

提出者:オーストラリア・ニュージーランド銀行

カテゴリ:訂正半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                        半期報告書の訂正報告書

     【提出先】                        関東財務局長

     【提出日】                        令和元年9月3日

     【中間会計期間】                        自 平成30年10月1日 至 平成31年3月31日

     【会社名】                        オーストラリア・ニュージーランド銀行

                             (Australia      and  New  Zealand    Banking    Group   Limited)
                              (Australian       Business     Number    11  005  357  522)
     【代表者の役職氏名】                        グループ財務責任者 (Group              Treasurer)

                             エイドリアン・ウェント             (Adrian     Went)
     【本店の所在の場所】                        オーストラリア、ヴィクトリア州3008、ドックランズ、コリン

                             ズ・ストリート833、9階、ANZセンター・メルボルン
                             (ANZ   Centre    Melbourne,      Level   9,  833  Collins    Street,
                             Docklands,      Victoria     3008,   Australia)
     【代理人の氏名又は名称】                        弁護士 黒丸 博善

     【代理人の住所又は所在地】                        東京都港区六本木六丁目10番1号

                             六本木ヒルズ森タワー23階
                             TMI総合法律事務所
     【電話番号】                        03-6438-5511

     【事務連絡者氏名】                        弁護士 黒丸 博善

     【連絡場所】                        東京都港区六本木六丁目10番1号

                             六本木ヒルズ森タワー23階
                             TMI総合法律事務所
     【電話番号】                        03-6438-5511

     【縦覧に供する場所】                        該当なし

                                  1/31







                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     1【半期報告書の訂正報告書の提出理由】
      令和元年6月21日付けで提出いたしました半期報告書の記載事項の一部に訂正すべき事項がありましたので、これを訂

     正するために半期報告書の訂正報告書を提出するものであります。
     2【訂正事項】

      訂正を要する箇所及び訂正した箇所は、下線を付して示しております。

     第一部【企業情報】

     第2【企業の概況】

     2【事業の内容】

     <訂正前>

                              (前略)

     (6)   監督および規制

                              (中略)

     オーストラリア

                              (中略)

     流動性

                              (中略)

      この枠組みの主要な要素は、              2015  年1月1日付でオーストラリアで実施された流動性カバレッジ比率(「LCR」)であ

     る。LCRは、APRAを含む銀行規制当局によって義務付けられる深刻な短期の流動性ストレス・シナリオであり、流動性リ
     スクの測定、基準およびモニタリングのためのバーゼル3国際的枠組みの一部として導入された。LCR要件への適合の一
     環として、ANZBGLはRBAに流動性供給枠(「CLF」)を有している。CLFは、オーストラリアの市場における高品質な流動
     資産の不足の解決策として設けられ、RBA適格の流動資産の代替形式を提供する。適格ADIが利用可能なCLFの総額はAPRA
     によって毎年設定される。2019年1月1日から、                       ANZ  のCLFは480億ドルである(2018暦年末:469億ドル)。
                              (中略)

     オーストラリアの規制上の動向

     王立委員会
      王立委員会は、オーストラリア政府の行政部によってのみ招集され、権限委任条項によってのみ指示を受ける正式かつ
     公式な審議会である。銀行・退職年金・金融サービス業界における不正行為調査のための王立委員会(「王立委員会」)
     は、  銀行、退職年金および金融サービス業界における不正行為への王立委員会(以下「王立委員会」)は、金融サービス
     事業体(ANZBGLを含む。)の行為が                 不正行為または社会の水準および期待を下回る行為となっていないかを調査し、報告
     するよう指示された。王立委員会はまた、かかる行為の原因、特に文化、ガバナンス、報酬およびリスク管理慣行の果た
     す役割、監督機関の実効性、ならびにそれらに応じた方針の勧告を検討する任務を課せられた。
                              (中略)

     金融制度審議会

                                  2/31


                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)

      ・ 2018年2月、APRAは、検討文書を公表し、以下についてAPRAの協議を開始した。

       -  「 問題なく強固」である自己資本比率を生み出すための自己                           資本フレームワークの変更。              検討文書では、信用リ
        スク、市場リスクおよびオペレーショナル・リスクに関するリスクベースの自己資本アプローチについてのAPRA
        の提案が要約されており、これは2017年12月にBCBSがこれらの要件を最終化したことを受けたものである。これ
        らの提案の最終形態は2020年後半にならなければ確定しないが、当グループは、現行の要件に対するいかなる変
        更の実施も、一定の資産クラスおよびその他のリスク(市場リスクおよびオペレーショナル・リスク等)のリス
        ク・ウェイトの枠組みに対するさらなる変更につながると予想している。APRAは、リスク・ウェイトに対する変
        更がADIにさらなる増資を余儀なくさせるとは予想していないが、このことは最終的な要件次第でADIにより異な
        りうると発表した。         2019  年 6月1日    、APRAは第1回の協議に対する回答を公表し、これには、住宅モーゲージに
        ついての自己資本要件の修正案、標準アプローチに基づく信用リスク要件およびオペレーショナル・リスク要件
        が含まれていた。APRAは、その2019年6月の回答でカバーされない措置の修正案については、2019年下半期に公
        表することを予定している。
                              (中略)

     ニュージーランド

                              (中略)

     ニュージーランドの規制上の動向

     RBNZ  の自己資本要件の見直し
                              (中略)

      2019  年4月8日、RBNZは、自己資本比率要件の見直しの一環として、D-SIBを認定するための枠組みに関する協議文書

     を公表した。RBNZの新たな自己資本比率案が定めるとおり、D-SIBは他の銀行よりも高い資本課徴金に服することとな
     る。枠組み案は、国際的なベスト・プラクティスに合致し、ANZニュージーランドはD-SIBに認定される結果となることが
     予想される。協議は2019年            3月  31日に終了した。
                              (後略)

                                  3/31









                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     <訂正後>
                              (前略)

     (6)   監督および規制

                              (中略)

     オーストラリア

                              (中略)

     流動性

                              (中略)

      この枠組みの主要な要素は、              2015  年1月1日付でオーストラリアで実施された流動性カバレッジ比率(「LCR」)であ

     る。LCRは、APRAを含む銀行規制当局によって義務付けられる深刻な短期の流動性ストレス・シナリオであり、流動性リ
     スクの測定、基準およびモニタリングのためのバーゼル3国際的枠組みの一部として導入された。LCR要件への適合の一
     環として、ANZBGLはRBAに流動性供給枠(「CLF」)を有している。CLFは、オーストラリアの市場における高品質な流動
     資産の不足の解決策として設けられ、RBA適格の流動資産の代替形式を提供する。適格ADIが利用可能なCLFの総額はAPRA
     によって毎年設定される。2019年1月1日から、                       ANZBGL   のCLFは480億ドルである(2018暦年末:469億ドル)。
                              (中略)

     オーストラリアの規制上の動向

     王立委員会
      王立委員会は、オーストラリア政府の行政部によってのみ招集され、権限委任条項によってのみ指示を受ける正式かつ
     公式な審議会である。銀行・退職年金・金融サービス業界における不正行為調査のための王立委員会(「王立委員会」)
     は、  金融サービス事業体(ANZBGLを含む。)の行為が                       不正行為または社会の水準および期待を下回る行為となっていない
     かを調査し、報告するよう指示された。王立委員会はまた、かかる行為の原因、特に文化、ガバナンス、報酬およびリス
     ク管理慣行の果たす役割、監督機関の実効性、ならびにそれらに応じた方針の勧告を検討する任務を課せられた。
                              (中略)

     金融制度審議会

                              (中略)

      ・ 2018年2月、APRAは、検討文書を公表し、以下についてAPRAの協議を開始した。

       -  「 問題なく強固」である自己資本比率を生み出すための自己                           資本フレームワークの変更。              検討文書では、信用リ
        スク、市場リスクおよびオペレーショナル・リスクに関するリスクベースの自己資本アプローチについてのAPRA
        の提案が要約されており、これは2017年12月にBCBSがこれらの要件を最終化したことを受けたものである。これ
        らの提案の最終形態は2020年後半にならなければ確定しないが、当グループは、現行の要件に対するいかなる変
        更の実施も、一定の資産クラスおよびその他のリスク(市場リスクおよびオペレーショナル・リスク等)のリス
        ク・ウェイトの枠組みに対するさらなる変更につながると予想している。APRAは、リスク・ウェイトに対する変
        更がADIにさらなる増資を余儀なくさせるとは予想していないが、このことは最終的な要件次第でADIにより異な
        りうると発表した。         2019  年 6月  、APRAは第1回の協議に対する回答を公表し、これには、住宅モーゲージについ
        ての自己資本要件の修正案、標準アプローチに基づく信用リスク要件およびオペレーショナル・リスク要件が含
        まれていた。APRAは、その2019年6月の回答でカバーされない措置の修正案については、2019年下半期に公表す
        ることを予定している。
                                  4/31


                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)
     ニュージーランド

                              (中略)

     ニュージーランドの規制上の動向

     RBNZ  の自己資本要件の見直し
                              (中略)

      2019  年4月8日、RBNZは、自己資本比率要件の見直しの一環として、D-SIBを認定するための枠組みに関する協議文書

     を公表した。RBNZの新たな自己資本比率案が定めるとおり、D-SIBは他の銀行よりも高い資本課徴金に服することとな
     る。枠組み案は、国際的なベスト・プラクティスに合致し、ANZニュージーランドはD-SIBに認定される結果となることが
     予想される。協議は2019年            5月  31日に終了した。
                              (後略)

                                  5/31














                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     第3【事業の状況】
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     <訂正前>

                              (前略)

     A. 当半期の経営成績の要説

                              (中略)

     (3)   非継続事業

                              (中略)

     ・ IOOFホールディングス・リミテッド(「IOOF」)の売却

      2017  年10月17日、当グループは、OnePathの年金および投資事業(「OnePath                                  P&I」)ならびに関連ディーラー・グルー
     プ事業をIOOFに売却にすることに合意したと発表した。関連ディーラー・グループ事業の売却は2018年10月1日に完了し
     た。残りのOne       Path   P&I事業については、必要なすべての承認を受けられれば、2020年                              3月  までに完了する予定である。
                              (中略)

     B. 当グループの経営成績

     (1)   現金利益

                              (中略)

                                  半期                増減率

                                               2019  年     2019  年
                                               3月期       3月期
                                              対2018年       対2018年
                          2019  年3月    2018  年9月    2018  年3月      9月期       3月期
                                 ( 百万ドル)
     当行株主に帰属する継続事業による法定利益                        3,243      3,172      3,923         2%      -17%
                  (1)

     法定利益と現金利益との調整
      保険契約債務の再評価                         77      (4)      (10)        大       大
      経済ヘッジ                         185      (124)      (124)        大       大
      収益および費用ヘッジ                         60      (49)       40       大      50%
      ストラクチャード・クレジット仲介取引                        (1)      (1)      (3)       0%      -67%
      上海農村商業銀行の売却                         -      -     (333)     該当なし        -100%
     継続事業に関する        法定利益と現金利益の調整
     合計                         321      (178)      (430)        大       大
     継続事業による       現金利益                3,564      2,994      3,493        19%       2%
     注:(1)    法定利益と現金利益との調整についての分析は、下記「                          C .利益の調整」(1)から(4)を参照のこと。
                              (中略)

                                  6/31



                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     重大/重要項目-継続事業

                              (中略)
      事業の売却の影響(継続事業)

                              (中略)

                        事業売却による売却益(損)                     売却済みの事業の損益

                     2019  年3月    2018  年9月    2018  年3月     2019  年3月    2018  年9月    2018  年3月
     現金利益への影響                       ( 百万ドル)                   ( 百万ドル)
                              (中略)

     合計                    187       53      138        14      45      59

                              (中略)

     ・ 組織再編費用

      当グループは、主に当半期に公表した当グループの営業力向上(イネーブルメント)活動の改編に関連して、2019年                                                      9
     月 半期に5,100万ドル(2018年9月半期:1億4,900万ドル、2018年3月半期:7,800万ドル)の組織再編費用を計上し
     た。前半期は主に、2018年9月半期および2018年3月半期中のオーストラリア部門およびテクノロジー部門の機動的な業
     務手法への移行に関連するものであった。
                              (中略)

                                  7/31












                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
      重大/重要項目-継続事業
                              (中略)

                                   2019  年3月半期

                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                                       への対応
                   売却事業の
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益           187       14      (70)       (9)      (36)       86

                                         (1)

                                  2018  年3月半期
                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                   売却事業の                     への対応
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益           138       59      (45)       (11)       (55)       86

                                   2019  年3月半期

                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                                       への対応
                   売却事業の
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益           187       14      (70)       (9)      (36)       86

                                         (1)

                                  2018  年9月半期
                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                         王立委員会
                                     ソフト     への対応
                  売却事業の
                        売却事業の
                                    ウェアの      に係る
                   売却益/
                           (2)
                   (損)      損益     顧客救済      加速償却      法務費用      組織再編       合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益          53      45     (250)      (206)      (27)     (104)      (489)

                              (中略)

                                  8/31



                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
      重大/重要項目-継続事業
                              ( 中略  )

                                   2019  年3月半期

                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                                       への対応
                   売却事業の
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益           187       14      (70)       (9)      (36)       86

                                         (1)

                                  2018  年3月半期
                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                                       への対応
                   売却事業の
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益           138       59      (45)       (11)       (55)       86

                                   2019  年3月半期

                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                                       への対応
                   売却事業の
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益           187       14      (70)       (9)      (36)       86

                                  9/31







                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
                                         (1)

                                  2018  年9月半期
                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                         王立委員会
                                     ソフト     への対応
                  売却事業の
                        売却事業の
                                    ウェアの      に係る
                   売却益/
                           (2)
                   (損)      損益     顧客救済      加速償却      法務費用      組織再編       合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益          53      45     (250)      (206)      (27)     (104)      (489)

                              (中略)

     (2)   当グループの業績-継続事業

     当グループ現金利益-2019年3月半期と2018年3月半期の比較
                              (中略)

     ・ 2019年3月半期と2018年9月半期の比較

      継続事業による現金利益は、2018年9月半期との比較で5億7,000万ドル(                                   19%  )増加した。為替換算の変動を除く場
     合、現金利益は5億6,600万ドル(+19%)の増加であった。
                              (中略)

       ・ 貸倒引当金繰入は1億1,300万ドル(                   40%  )増加した。これは主に、個別評価貸倒引当金および一括評価貸倒引

         当金の繰入の増加によるものであった。主な増減の詳細については、下記「(7)信用リスク-非継続事業を含
         む」を参照のこと。
                              (中略)

     (4)   その他営業収入-継続事業

                              (中略)

     その他営業収入-2019年3月半期と2018年3月半期の比較

                              (中略)

     注:(1)    AASB第15号の適用時に、当グループが以前には相殺していた一定の項目は組替えが行われ、営業収入と営業費用

         に総額で表示されるようになった。これに従って、比較情報は修正再表示され、その結果、営業収益合計は2018
         年9月半期に9,100万ドルおよび2018年3月半期に6,200万ドル増加した。
       (2)  マーケッツを除く。
       (3)  為替差益ならびに過年度に資産運用収入および保険収入純額として報告していた資産運用収入純額を含む。
       (4)  2019  年3月半期の重大/重要項目2億               1,400百万ドル       を含む(2018年9月半期:2,000万ドル、2018年3月半期:
         3億2,400万ドル)。重大/重要項目に関する詳細については、上記「B.当グループの業績-(1)現金利益-重
         大/重要項目-継続事業」を参照のこと。
                                 10/31




                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     ・ 2019年3月半期と2018年3月半期の比較
                              (中略)

       マーケッツの収入(+4,000万ドルすなわち+4%)

       ・ 主に堅調な国際金利市場、ならびにオーストラリアおよびニュージーランドにおける金利の有利な取引環境
         (7,000万ドル)によるフランチャイズ取引での4,900万ドルの増加。これは、デリバティブの不利な評価調整
         ( 2,100百万ドル       )により一部相殺された。
                              (中略)

       その他(-5,800万ドルすなわち-14%)

                              (中略)

       ・ 2018年3月半期に認識したアジアリテールおよび富裕層事業の売却益(                                     9,900百万ドル       )、MCC売却益(1億

         1,900万ドル)、UDCの取引プロセスの終了による費用の回収(1,800万ドル)、ならびにSRCB株式売却益(200万
         ドル)による400万ドルの純減。これは、2019年3月半期に認識したOnePathライフ(ニュージーランド)事業売
         却の影響(1億9,700万ドル)およびペイマーク売却益(3,700万ドル)により相殺された。
                              (中略)

     (5)   営業費用-継続事業

                              (中略)

     注:(1)    AASB第15号の適用時に、当グループが以前には相殺していた一定の項目は組替えが行われ、営業収入と営業費用

         に総額で表示されるようになった。これに従って、比較情報は修正再表示され、その結果、営業費用合計は2018
         年9月半期に9,100万ドルおよび2018年3月半期に6,200万ドル増加した。
       (2)  2019  年3月半期の重大/重要項目1億               500百万ドル      (2018年9月半期:6億2,000万ドル、2018年3月半期:1億
         7,900万ドル)を含む。重大/重要項目に関する詳細については、上記「B.当グループの業績-(1)現金利益-
         重大/重要項目-継続事業」を参照のこと。
                              (中略)

                                 11/31









                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     C .  部門別経営成績
     (1)   部門別業績      -継続事業

                              (中略)

                    (1)

     部門別現金利益(重大/重要項目                 を除く)-     2019  年3月半期と2018年9月半期の比較
                              (中略)

     2019  年3月半期

                                                TSO  および

                 オーストラ           ニュージー      富裕層オー      パシフィッ      グループ・      当グルー
     ( 百万ドル)
                   リア      法人     ランド     ストラリア        ク     センター      プ合計
                              (中略)

     貸倒引当金繰入および

     法人税控除前利益              2,982     1,392      1,057        (33)       48      (153)     5,293
     貸倒引当金      繰入   / (戻
     入)              (396)      35      (30)        -      (2)       -    (393)
     税引前利益/(損失)              2,586     1,427      1,027        (33)       46      (153)     4,900
                              (中略)

     2018  年9月半期

                                                TSO  および

                 オーストラ           ニュージー      富裕層オー      パシフィッ      グループ・      当グルー
     ( 百万ドル)
                   リア      法人     ランド     ストラリア        ク     センター      プ合計
                              (中略)

     貸倒引当金繰入および

     法人税控除前利益              3,189      1,224      1,032        (20)       54      (226)     5,253
     貸倒引当金      繰入  / (戻
     入)              (386)       93      14       -      (1)       -    (280)
     税引前利益/(損失)              2,803      1,317      1,046        (20)       53      (226)     4,973
                              (中略)

                                 12/31







                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     (2)   オーストラリア部門-継続事業
                              (中略)

                                 半期                 増減率

     正味貸付金および前渡金
                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期末       3月半期末
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期末       3月半期末
                               (百万ドル)
                              (中略)

                                 半期                 増減率

     顧客預金
                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期末       3月半期末
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期末       3月半期末
                               (百万ドル)
                              (中略)

     (3)   法人部門-継続事業

                              (中略)

     2019  年3月半期と2018年3月半期の業績比較

                              (中略)

      ・ その他営業収入は、フランチャイズ・トレーディングおよびフランチャイズ・セールスによるマーケッツの                                                     贈収  の

        結果として増加し、これはバランスシート収入の減少により一部相殺された。
      ・ 営業費用は、FTEおよび関連費用の削減、ならびに実施中のソフトウェア償却の費用逓減により                                               減少した。
                              (中略)

                                 13/31









                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
            (1)
     地域別   法人部門
                              (中略)

                (1)

                                 半期                 増減率
     正味貸付金および前渡金
                                               2019  年     2019  年
                                              3月  半期     3月  半期
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月  半期     3月  半期
                               (百万ドル)
                              (中略)

         (1)

                                 半期                 増減率
     顧客預金
                                               2019  年     2019  年
                                              3月  半期     3月  半期
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月  半期     3月  半期
                               (百万ドル)
                              (中略)

            (1)

     2019  年3月半期
                         トランザク                    セントラル・

                         ション・バン       ローンズおよ              ファンクショ
                          キング      び専門融資       マーケッツ         ン     法人合計
     (百万ドル)
                              (中略)

     個別引当金     繰入  / (戻入)額                 (3)      (10)        -       1      (12)

     一括引当金     繰入  / (戻入)額                 6      (22)        (6)       (1)      (23)
                              (中略)

     2018  年3月   中間期

                              (中略)

             (1)

     2018  年9月   中間期
                              (中略)

     2019  年3月   中間期   と2018年9月      中間期   の比較

                              (中略)

     市場リスク

     取引市場リスク
      下表は、当グループの主たるトレーディング拠点における現物およびデリバティブのトレーディング・ポジションの双
     方をカバーする、信頼水準99%のバリュー・アット・リスク(VaR)によるエクスポージャーの合計を                                               示している。すべ
     ての数字は豪ドル建である。
                              (中略)

     (4)   ニュージーランド部門-継続事業

                                 14/31

                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)

      以下はニュージーランド部門についてのニュージーランドドル建の表である。

      豪ドル建の経営成績は、下記のニュージーランド部門についての豪ドル建の表に示す。
                                 半期                 増減率

                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期       3月半期
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期       3月半期
                           (百万ニュージーランドドル)
                              (中略)

     貸倒引当金     繰入  および法人税控除前         利益/

     (損失)                       1,136       1,146       1,158        -1%       -2%
                              (中略)

     注:(1)    従前「資産運用主収入および保険収入純額」で報告されていた                             資産運用収入      を含む。

       (2)  2018  年11月30日に売却された支配会社のOnePathライフ(ニュージーランド)リミテッドに関係する。
       (3)  貸借対照表の金額は、継続事業による売却目的保有に再分類された資産および負債を含む。
       (4)  割合の基礎となる貸倒引当金繰入額は、                    貸付金および前渡金          の総額ならびにオフ・バランスシートのコミット
         メント-未実行債務および偶発債務に関係する。
                              (中略)

                                 15/31












                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     2019  年3月半期と2018年3月半期の比較
                              (中略)

     注:(1)    従前「資産運用収入および保険収入純額」で報告されていた                            資産運用収入      を含む。

                              (中略)

     2019  年3月半期と2018年9月半期の比較

                              (中略)

     注:(1)    従前「資産運用主収入および保険収入純額」で報告されていた                             資産運用収入      を含む。

                              (中略)

      以下はニュージーランド部門についての豪ドル建の表である。

      ニュージーランドドル建の業績は、上記のニュージーランド部門についてのニュージーランドドル建の表に示す。
                                 半期                 増減率

                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期       3月半期
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期       3月半期
                               (百万ドル)
                              (中略)

     個別  評価貸倒    引当金繰入     / (戻入)額            35       15       34       大       3%

     平均GLAに対する個別          評価貸倒    引当金
     繰入/(戻入)額の         割合(%)              0.06%       0.03%       0.06%
     一括  評価貸倒    引当金繰入     / (戻入)額            (5)       (29)       (14)      -83%       -64%
     平均GLAに対する一括          評価貸倒    引当金
     繰入/(戻入)額の         割合(%)             (0.01%)       (0.05%)       (0.03%)
                              (中略)

     注:(1)    従前「資産運用主収入および保険収入純額」で報告されていた                             資産運用収入      を含む。

       (2)  2018  年11月30日に売却された支配会社のOnePathライフ(ニュージーランド)リミテッドに関係する。
       (3)  貸借対照表の金額は、継続事業による売却目的保有に再分類された資産および負債を含む。
       (4)  割合の基礎となる貸倒引当金繰入額は                  、 貸付金および前渡し金            の総額ならびにオフ・バランスシートのコミッ
         トメント-未実行債務および偶発債務に関係する。
                                 16/31







                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     (5)   富裕層オーストラリア部門-継続事業
                              (中略)

                                 半期                 増減率

                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期       3月半期
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期       3月半期
                               (百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による現金利益                        (30)       (57)       (26)      -47%        15%

                              (中略)

     (7)   TSOおよびグループ・センター-継続事業

                              (中略)

                                  半期                 増減率

                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期       3月半期
                                              対2018年       対2018年
                          2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期       3月半期
                                (百万ドル)
                              (中略)

            (1)

     リスク加重資産
                            5,594       6,230       7,033       -10%       -20%
                              (中略)

     D.利益の調整

                              (中略)

     (4)   法定利益の現金利益への調整

                              (中略)

     2018  年3月半期

                                         法定利益への調整

                                 自己株式
                                      保険契約債務
                          法定利益        調整      の再評価      経済ヘッジ       収益ヘッジ
                                   ( 百万ドル)
                              (後略)

                                 17/31




                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     <訂正後>
                              (前略)

     A. 当半期の経営成績の要説

                              (中略)

     (3)   非継続事業

                              (中略)

     ・ IOOFホールディングス・リミテッド(「IOOF」)の売却

      2017  年10月17日、当グループは、OnePathの年金および投資事業(「OnePath                                  P&I」)ならびに関連ディーラー・グルー
     プ事業をIOOFに売却にすることに合意したと発表した。関連ディーラー・グループ事業の売却は2018年10月1日に完了し
     た。残りのOne       Path   P&I事業については、必要なすべての承認を受けられれば、2020年                              3月半期    までに完了する予定であ
     る。
                              (中略)

     B. 当グループの経営成績

     (1)   現金利益

                              (中略)

                                  半期                増減率

                                               2019  年     2019  年
                                               3月期       3月期
                                              対2018年       対2018年
                          2019  年3月    2018  年9月    2018  年3月      9月期       3月期
                                 ( 百万ドル)
     当行株主に帰属する継続事業による法定利益                        3,243      3,172      3,923         2%      -17%
                  (1)

     法定利益と現金利益との調整
      保険契約債務の再評価                         77      (4)      (10)        大       大
      経済ヘッジ                         185      (124)      (124)        大       大
      収益および費用ヘッジ                         60      (49)       40       大      50%
      ストラクチャード・クレジット仲介取引                        (1)      (1)      (3)       0%      -67%
      上海農村商業銀行の売却                         -      -     (333)     該当なし        -100%
     継続事業に関する        法定利益と現金利益の調整
     合計                         321      (178)      (430)        大       大
     継続事業による       現金利益                3,564      2,994      3,493        19%       2%
     注:(1)    法定利益と現金利益との調整についての分析は、下記「                          D .利益の調整」(1)から(4)を参照のこと。
                              (中略)

                                 18/31





                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     重大/重要項目-継続事業

                              (中略)
      事業の売却の影響(継続事業)

                              (中略)

                        事業売却による売却益(損)                     売却済みの事業の損益

                             半期                    半期
                     2019  年3月    2018  年9月    2018  年3月     2019  年3月    2018  年9月    2018  年3月
     現金利益への影響                       ( 百万ドル)                   ( 百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による現金利益/(損失)                    187       53      138        14      45      59

                              (中略)

     ・ 組織再編費用

      当グループは、主に当半期に公表した当グループの営業力向上(イネーブルメント)活動の改編に関連して、2019年                                                      3
     月 半期に5,100万ドル(2018年9月半期:1億4,900万ドル、2018年3月半期:7,800万ドル)の組織再編費用を計上し
     た。前半期は主に、2018年9月半期および2018年3月半期中のオーストラリア部門およびテクノロジー部門の機動的な業
     務手法への移行に関連するものであった。
                              (中略)

      重大/重要項目-継続事業

                              (中略)

                                   2019  年3月半期

                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                                       への対応
                   売却事業の
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益/

     (損失)                  187       14      (70)       (9)      (36)       86
                                 19/31






                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
                                         (1)

                                  2018  年3月半期
                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                   売却事業の                     への対応
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益/

     (損失)                  138       59      (45)       (11)       (55)       86
                                   2019  年3月半期

                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                                       への対応
                   売却事業の
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益/

     (損失)                  187       14      (70)       (9)      (36)       86
                                         (1)

                                  2018  年9月半期
                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                         王立委員会
                                     ソフト     への対応
                  売却事業の
                        売却事業の
                                    ウェアの      に係る
                   売却益/
                           (2)
                   (損)      損益     顧客救済      加速償却      法務費用      組織再編       合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益/

     (損失)                  53      45     (250)      (206)      (27)     (104)      (489)
                              (中略)

                                 20/31







                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
      重大/重要項目-継続事業
                              ( 中略  )

                                   2019  年3月半期

                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                                       への対応
                   売却事業の
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益/

     (損失)                  187       14      (70)       (9)      (36)       86
                                         (1)

                                  2018  年3月半期
                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                                       への対応
                   売却事業の
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益/

     (損失)                  138       59      (45)       (11)       (55)       86
                                   2019  年3月半期

                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                       王立委員会
                                       への対応
                   売却事業の
                         売却事業の
                                        に係る
                   売却益/
                            (2)
                    (損)       損益      顧客救済       法務費用       組織再編        合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益/

     (損失)                  187       14      (70)       (9)      (36)       86
                                 21/31







                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
                                         (1)

                                  2018  年9月半期
                          継続事業による現金利益に含まれる重大/重要項目
                                         王立委員会
                                     ソフト     への対応
                  売却事業の
                        売却事業の
                                    ウェアの      に係る
                   売却益/
                           (2)
                   (損)      損益     顧客救済      加速償却      法務費用      組織再編       合計
                                  (単位:百万ドル)
                              (中略)

     継続事業による       現金利益/

     (損失)                  53      45     (250)      (206)      (27)     (104)      (489)
                              (中略)

     (2)   当グループの業績-継続事業

     当グループ現金利益-2019年3月半期と2018年3月半期の比較
                              (中略)

     ・ 2019年3月半期と2018年9月半期の比較

      継続事業による現金利益は、2018年9月半期との比較で5億7,000万ドル(                                   +19%   )増加した。為替換算の変動を除く場
     合、現金利益は5億6,600万ドル(+19%)の増加であった。
                              (中略)

       ・ 貸倒引当金繰入は1億1,300万ドル(                   +40%   )増加した。これは主に、個別評価貸倒引当金および一括評価貸倒引

         当金の繰入の増加によるものであった。主な増減の詳細については、下記「(7)信用リスク-非継続事業を含
         む」を参照のこと。
                              (中略)

     (4)   その他営業収入-継続事業

                              (中略)

     その他営業収入-2019年3月半期と2018年3月半期の比較

                              (中略)

     注:(1)    AASB第15号の適用時に、当グループが以前には相殺していた一定の項目は組替えが行われ、営業収入と営業費用

         に総額で表示されるようになった。これに従って、比較情報は修正再表示され、その結果、営業収益合計は2018
         年9月半期に9,100万ドルおよび2018年3月半期に6,200万ドル増加した。
       (2)  マーケッツを除く。
       (3)  為替差益ならびに過年度に資産運用収入および保険収入純額として報告していた資産運用収入純額を含む。
       (4)  2019  年3月半期の重大/重要項目2億               1,400万ドル      を含む(2018年9月半期:2,000万ドル、2018年3月半期:3
         億2,400万ドル)。重大/重要項目に関する詳細については、上記「B.当グループの業績-(1)現金利益-重
         大/重要項目-継続事業」を参照のこと。
                                 22/31




                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     ・ 2019年3月半期と2018年3月半期の比較
                              (中略)

       マーケッツの収入(+4,000万ドルすなわち+4%)

       ・ 主に堅調な国際金利市場、ならびにオーストラリアおよびニュージーランドにおける金利の有利な取引環境
         (7,000万ドル)によるフランチャイズ取引での4,900万ドルの増加。これは、デリバティブの不利な評価調整
         ( 2,100万ドル      )により一部相殺された。
                              (中略)

       その他(-5,800万ドルすなわち-14%)

                              (中略)

       ・ 2018年3月半期に認識したアジアリテールおよび富裕層事業の売却益(                                   9,900万ドル      )、MCC売却益(1億1,900

         万ドル)、UDCの取引プロセスの終了による費用の回収(1,800万ドル)、ならびにSRCB株式売却益(200万ド
         ル)による400万ドルの純減。これは、2019年3月半期に認識したOnePathライフ(ニュージーランド)事業売却
         の影響(1億9,700万ドル)およびペイマーク売却益(3,700万ドル)により相殺された。
                              (中略)

     (5)   営業費用-継続事業

                              (中略)

     注:(1)    AASB第15号の適用時に、当グループが以前には相殺していた一定の項目は組替えが行われ、営業収入と営業費用

         に総額で表示されるようになった。これに従って、比較情報は修正再表示され、その結果、営業費用合計は2018
         年9月半期に9,100万ドルおよび2018年3月半期に6,200万ドル増加した。
       (2)  2019  年3月半期の重大/重要項目1億                500万ドル     (2018年9月半期:6億2,000万ドル、2018年3月半期:1億
         7,900万ドル)を含む。重大/重要項目に関する詳細については、上記「B.当グループの業績-(1)現金利益-
         重大/重要項目-継続事業」を参照のこと。
                              (中略)

                                 23/31









                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     C .  部門別経営成績
     (1)   部門別業績      -継続事業

                              (中略)

                    (1)

     部門別現金利益(重大/重要項目                 を除く)-     2019  年3月半期と2018年9月半期の比較
                              (中略)

     2019  年3月半期

                                                TSO  および

                 オーストラ           ニュージー      富裕層オー      パシフィッ      グループ・      当グルー
     ( 百万ドル)
                   リア      法人     ランド     ストラリア        ク     センター      プ合計
                              (中略)

     貸倒引当金繰入および

     法人税控除前利益              2,982     1,392      1,057        (33)       48      (153)     5,293
     貸倒引当金      ( 繰入  )/戻
     入              (396)      35      (30)        -      (2)       -    (393)
     税引前利益/(損失)              2,586     1,427      1,027        (33)       46      (153)     4,900
                              (中略)

     2018  年9月半期

                                                TSO  および

                 オーストラ           ニュージー      富裕層オー      パシフィッ      グループ・      当グルー
     ( 百万ドル)
                   リア      法人     ランド     ストラリア        ク     センター      プ合計
                              (中略)

     貸倒引当金繰入および

     法人税控除前利益              3,189      1,224      1,032        (20)       54     (226)     5,253
     貸倒引当金      ( 繰入  )/戻
     入              (386)       93      14       -      (1)       -    (280)
     税引前利益/(損失)              2,803      1,317      1,046        (20)       53     (226)     4,973
                              (中略)

                                 24/31







                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     (2)   オーストラリア部門-継続事業
                              (中略)

                                期末現在                  増減率

     正味貸付金および前渡金
                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期末       3月半期末
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期末       3月半期末
                               (百万ドル)
                              (中略)

                                期末現在                  増減率

     顧客預金
                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期末       3月半期末
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期末       3月半期末
                               (百万ドル)
                              (中略)

     (3)   法人部門-継続事業

                              (中略)

     2019  年3月半期と2018年3月半期の業績比較

                              (中略)

      ・ その他営業収入は、フランチャイズ・トレーディングおよびフランチャイズ・セールスによるマーケッツの                                                     増収  の

        結果として増加し、これはバランスシート収入の減少により一部相殺された。
      ・ 営業費用は、FTEおよび関連費用の削減、ならびに実施中のソフトウェア償却の費用逓減により                                                減少した。これ
        は、インフレにより一部相殺された。
                              (中略)

            (1)

     地域別   法人部門
                              (中略)

                (1)

                                期末現在                  増減率
     正味貸付金および前渡金
                                               2019  年     2019  年
                                              3月  半期末     3月  半期末
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月  半期末     3月  半期末
                               (百万ドル)
                              (中略)

                                 25/31




                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
         (1)

                                期末現在                  増減率
     顧客預金
                                               2019  年     2019  年
                                              3月  半期末     3月  半期末
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月  半期末     3月  半期末
                               (百万ドル)
                              (中略)

            (1)

     2019  年3月半期
                         トランザク                    セントラル・

                         ション・バン       ローンズおよ              ファンクショ
                          キング      び専門融資       マーケッツ         ン     法人合計
     (百万ドル)
                              (中略)

     個別  評価貸倒    引当金   繰入  / (戻入)額             (3)      (10)        -       1      (12)

     一括  評価貸倒    引当金   繰入  / (戻入)額             6      (22)        (6)       (1)      (23)
                              (中略)

     2018  年3月   半期

                              (中略)

            (1)

     2018  年9月   半期
                              (中略)

     2019  年3月   半期  と2018年9月      半期  の比較

                              (中略)

     市場リスク

     取引市場リスク
      下表は、当グループの主たるトレーディング拠点における現物およびデリバティブのトレーディング・ポジションの双
     方をカバーする、信頼水準99%のバリュー・アット・リスク(VaR)によるエクスポージャーの合計を                                               示している。
                              (中略)

                                 26/31







                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     (4)   ニュージーランド部門-継続事業
                              (中略)

      以下はニュージーランド部門についてのニュージーランドドル建の表である。

      豪ドル建の経営成績は、下記のニュージーランド部門についての豪ドル建の表に示す。
                                 半期                 増減率

                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期       3月半期
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期       3月半期
                           (百万ニュージーランドドル)
                              (中略)

     貸倒引当金     繰入  および法人税控除前         利益      1,136       1,146       1,158        -1%       -2%

                              (中略)

     注:(1)    従前「資産運用主収入および保険収入純額」で報告されていた                             資産運用収入純額        を含む。

       (2)  2018  年11月30日に売却された支配会社のOnePathライフ(ニュージーランド)リミテッドに関係する。
       (3)  貸借対照表の金額は、継続事業による売却目的保有に再分類された資産および負債を含む。
       (4)  割合の基礎となる貸倒引当金繰入額は、                   貸付金および前渡金         の総額ならびにオフ・バランスシートのコミットメ
         ント-未実行債務および偶発債務に関係する。
                              (中略)

                                 27/31












                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     2019  年3月半期と2018年3月半期の比較
                              (中略)

     注:(1)    従前「資産運用収入および保険収入純額」で報告されていた                            資産運用収入純額        を含む。

                              (中略)

     2019  年3月半期と2018年9月半期の比較

                              (中略)

     注:(1)    従前「資産運用主収入および保険収入純額」で報告されていた                             資産運用収入純額        を含む。

                              (中略)

      以下はニュージーランド部門についての豪ドル建の表である。

      ニュージーランドドル建の業績は、上記のニュージーランド部門についてのニュージーランドドル建の表に示す。
                                 半期                 増減率

                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期       3月半期
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期       3月半期
                               (百万ドル)
                              (中略)

     個別  評価貸倒    引当金繰入     / (戻入)額            35       15       34       大       3%

     平均GLAに対する個別          評価貸倒    引当金
                   (4)
     繰入/(戻入)額の         割合(%)              0.06%       0.03%       0.06%
     一括  評価貸倒    引当金繰入     / (戻入)額            (5)       (29)       (14)      -83%       -64%
     平均GLAに対する一括          評価貸倒    引当金
                   (4)
     繰入/(戻入)額の         割合(%)             (0.01%)       (0.05%)       (0.03%)
                              (中略)

     注:(1)    従前「資産運用主収入および保険収入純額」で報告されていた                             資産運用収入純額        を含む。

       (2)  2018  年11月30日に売却された支配会社のOnePathライフ(ニュージーランド)リミテッドに関係する。
       (3)  貸借対照表の金額は、継続事業による売却目的保有に再分類された資産および負債を含む。
       (4)  割合の基礎となる貸倒引当金繰入額は、                   貸付金および前渡金         の総額ならびにオフ・バランスシートのコミットメ
         ント-未実行債務および偶発債務に関係する。
                                 28/31







                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     (5)   富裕層オーストラリア部門-継続事業
                              (中略)

                                 半期                 増減率

                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期       3月半期
                                              対2018年       対2018年
                         2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期       3月半期
                               (百万ドル)
                              (中略)

     現金利益/(損失)                        (30)       (57)       (26)      -47%        15%

                              (中略)

     (7)   TSOおよびグループ・センター-継続事業

                              (中略)

                                  半期                 増減率

                                               2019  年     2019  年
                                              3月半期       3月半期
                                              対2018年       対2018年
                          2019  年3月     2018  年9月     2018  年3月     9月半期       3月半期
                                (百万ドル)
                              (中略)

     リスク加重資産                       5,594       6,230       7,033       -10%       -20%

                              (中略)

     D.利益の調整

                              (中略)

     (4)   法定利益の現金利益への調整

                              (中略)

     2018  年3月半期

                                         法定利益への調整

                                 自己株式
                                      保険契約債務              収益および費
                          法定利益        調整      の再評価      経済ヘッジ       用ヘッジ
                                   ( 百万ドル)
                              (後略)

                                 29/31




                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     第6【経理の状況】
     1【中間財務書類】

     <訂正前>

                               (前略)

     (ⅵ)要約中間連結財務書類の注記

                               ( 中略  )

     21.   新会計基準の適用および比較情報に対するその他の変更

                               (中略)

     ii)  AASB第9号「      金融商品    」(「AASB第9号」)への移行の影響

     予想信用損失引当金

                               ( 中略  )

                               2018  年                   2018  年

                             9月30日現在                     10月1日現在
                                        AASB  第9号に         AASB  第9号に
                             AASB  第139号
                                         基づく           基づく
                            またはAASB第137号
                            に基づく貸倒引当金           ECL引当金の増分            ECL引当金
     貸付金および前渡金-償却原価で測定                             2,943            647          3,590
     投資有価証券-償却原価で測定される負債証券                               -          11           11
     オフ・バランスシートのコミットメント-
                   (1)
                                   500           155           655
     未実行与信枠および偶発与信枠
                                  3,443            813          4,256
     貸倒引当金合計
     その他の包括利益で認識された損失引当金

                         (2)
                                    -          14           14
     投資有価証券-FVOCIで測定される負債証券
                                    -          14           14
     その他の包括利益で認識された損失引当金合計
                               ( 後略  )

                                 30/31







                                                           EDINET提出書類
                                              オーストラリア・ニュージーランド銀行(E05961)
                                                            訂正半期報告書
     <訂正後>
                               (前略)

     (ⅵ)要約中間連結財務書類の注記

                               ( 中略  )

     21.   新会計基準の適用および比較情報に対するその他の変更

                               (中略)

     ii)  AASB第9号「      金融商品    」(「AASB第9号」)への移行の影響

     予想信用損失引当金

                               ( 中略  )

                               2018  年                   2018  年

                             9月30日現在                     10月1日現在
                                        AASB  第9号に         AASB  第9号に
                              AASB  第139号
                                          基づく           基づく
                            またはAASB第137号
                            に基づく貸倒引当金           ECL引当金の増分            ECL引当金
                                       (単位:百万ドル)
     貸付金および前渡金-償却原価で測定                             2,943            647          3,590
     投資有価証券-償却原価で測定される負債証券                               -          11           11
     オフ・バランスシートのコミットメント-
                   (1)
                                   500           155           655
     未実行与信枠および偶発与信枠
                                  3,443            813          4,256
     貸倒引当金合計
     その他の包括利益で認識された損失引当金

                         (2)
                                    -          14           14
     投資有価証券-FVOCIで測定される負債証券
                                    -          14           14
     その他の包括利益で認識された損失引当金合計
                               ( 後略  )

                                 31/31









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。