株式会社サイバー・バズ 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社サイバー・バズ

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         2019年8月16日
      【会社名】                         株式会社サイバー・バズ
      【英訳名】                         CyberBuzz,      Inc.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  髙村 彰典
      【本店の所在の場所】                         東京都渋谷区桜丘町20番1号渋谷インフォスタワー7階
      【電話番号】                         03-5784-4113
      【事務連絡者氏名】                         取締役  和田 瑞樹
      【最寄りの連絡場所】                         東京都渋谷区桜丘町20番1号渋谷インフォスタワー7階
      【電話番号】                         03-5784-4113
      【事務連絡者氏名】                         取締役  和田 瑞樹
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集                             629,000,000円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            449,000,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            178,200,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                   1/111










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
                     370,000(注)3
         普通株式                     標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                              す。
      (注)1 2019年8月16日開催の取締役会決議によっております。
         2 当社は、2019年8月16日開催の取締役会において、当社の発行する株式を下記振替機関(社債、株式等の振
           替に関する法律第2条第2項に規定する振替機関をいう。以下同じ。)にて取扱うことについて同意するこ
           とを決議しております。
            名称  株式会社証券保管振替機構
            住所  東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
         3 発行数については、2019年9月2日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         4 「第1 募集要項」に記載の募集(以下、「本募集」という。)並びに「第2 売出要項」の「1 売出株
           式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)」に記
           載の引受人の買取引受による売出しにあたっては、その需要状況を勘案し、オーバーアロットメントによる
           売出しを追加的に行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項」の「3 売出株式(オーバー
           アロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご
           参照下さい。
         5 本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、
           その内容につきましては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照
           下さい。
                                   2/111












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
        2019年9月10日に決定される引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」欄記載
       の金融商品取引業者(以下、「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受価
       額と異なる価額(発行価格)で募集を行います。
        引受価額は発行価額(2019年9月2日開催予定の取締役会において決定される払込金額と同額)以上の価額となり
       ます。引受人は払込期日に引受価額の総額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取
       金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
        なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下、「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」
       第233条の規定に定めるブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係
       る仮条件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)に
       より決定する価格で行います。
             区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                       370,000           629,000,000             370,000,000

         計(総発行株式)                   370,000           629,000,000             370,000,000

      (注)1 全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2 上場前の公募増資等を行うに際しての手続き等は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則により規定さ
           れております。
         3 発行価額の総額は、会社法第199条第1項第2号所定の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時にお
           ける見込額であります。
         4 資本組入額の総額は、資本金に組入れる額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格
           (2,000円)の2分の1相当額を資本金に組入れることを前提として算出した見込額であります。
         5 有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,000円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は740,000,000円となります。
                                   3/111











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                          申込株数
     発行価格     引受価額     発行価額     資本組入                        申込証拠
                          単位         申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定          自 2019年9月11日(水)              未定
                                                  2019年9月18日(水)
                            100
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3           至 2019年9月17日(火)             (注)4
      (注)1 発行価格はブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格の決定に当たり、2019年9月2日に仮条件を提示する予定であります。
           当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク等を総合的に勘案した上で、2019年9月10日に発
           行価格及び引受価額を決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申告の受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機関
           投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2 2019年9月2日開催予定の取締役会において、発行価額を決定する予定であります。また、前記「2 募集
           の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と発行価額及び2019年9月10日に決定する予定の引受価額とは
           各々異なります。募集株式は全株を引受人が買取ることとしており、発行価格と引受価額との差額の総額
           は、引受人の手取金となります。
         3 2019年8月16日開催の取締役会において、増加する資本金及び資本準備金に関する事項として、増加する資
           本金の額は、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算
           の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の
           額は、当該資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とすることを決議しております。この取
           締役会決議に基づき、2019年9月10日に資本組入額(資本金に組入れる額)を決定する予定であります。
         4 申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。
           申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5 株式受渡期日は、2019年9月19日(木)(以下、「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。当
           社普通株式の取引所への上場に伴い、株式会社証券保管振替機構が振替機関として当社普通株式を取扱う予
           定であり、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、当社は株券を発行しておらず、株券
           の交付は行いません。
         6 申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7 申込みに先立ち、2019年9月3日から2019年9月9日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。販売に当た
           りましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性の確保等を
           勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、各社の定める配分の基本方針及び社内規則等に従い販売を
           行う方針であります。配分の基本方針については各社の店頭における表示又はホームページにおける表示等
           をご確認下さい。
         8 引受価額が発行価額を下回る場合は株式の募集を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の全国の本支店及び営業所で申込
         みの取扱いをいたします。
                                   4/111




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                  店名                           所在地
     株式会社三井住友銀行 渋谷支店                            東京都渋谷区宇田川町20番2号

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
      4【株式の引受け】

                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                        (株)
                                              1 買取引受けによります。
     大和証券株式会社             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                                              2 引受人は新株式払込金とし
                                                て、2019年9月18日までに
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                                払込取扱場所へ引受価額と
                                                同額を払込むことといたし
                                                ます。
     エース証券株式会社             大阪府大阪市中央区本町二丁目6番11号
                                              3 引受手数料は支払われませ
                                        未定
                                                ん。ただし、発行価格と引
     マネックス証券株式会社             東京都港区赤坂一丁目12番32号
                                                受価額との差額の総額は引
                                                受人の手取金となります。
     いちよし証券株式会社             東京都中央区八丁堀二丁目14番1号
     岩井コスモ証券株式会社             大阪府大阪市中央区今橋一丁目8番12号

           計                 -             370,000            -

      (注)1 引受株式数は、2019年9月2日開催予定の取締役会において決定する予定であります。
         2 上記引受人と発行価格決定日(2019年9月10日)に元引受契約を締結する予定であります。ただし、元引受
           契約の締結後、同契約の解除条項に基づき、同契約を解除した場合、株式の募集を中止いたします。
         3 引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に委託販売する方針であります。
                                   5/111











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【新規発行による手取金の使途】
       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
               740,000,000                    9,000,000                  731,000,000

      (注)1 払込金額の総額は、引受価額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,000円)を基
           礎として算出した見込額であります。2019年9月2日開催予定の取締役会で決定される会社法第199条第1
           項第2号所定の払込金額の総額とは異なります。
         2 発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下、「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3 引受手数料は支払わないため、「発行諸費用の概算額」は、これ以外の費用を合計したものであります。
       (2)【手取金の使途】

           上記の手取概算額731,000千円については、システムの新機能の開発費用及び業務効率化の開発費用、開発
          エンジニアや営業人員等の優秀な人材を確保するための採用費及び人件費、教育費及びオフィス家賃及び増床
          に伴う設営投資に充当する予定であります。具体的には以下の通りであります。
         ① 「NINARY」及び「SNSアカウント運用」「インフィード広告配信管理に係るシステム」の新機能の開発費用

           及び業務効率化の開発費用の一部として、85,950千円(2020年9月期 25,650千円、2021年9月期 60,300
           千円)
         ② 開発エンジニアや営業人員等の優秀な人材を確保するための採用費及び人件費、教育費の一部として、
           293,664千円(2020年9月期 115,800千円、2021年9月期 177,864千円)
         ③ 事業拡大に伴う人員増加により、オフィス家賃及び増床に伴う設営投資(敷金、建物附属設備)として、
           272,581千円(2020年9月期 176,155千円、2021年9月期 48,213千円、2022年9月期 48,213千円)
          (注)2021年9月期・2022年9月期に関しては地代家賃・共益費のみの予定となっており、建物附属設備への
             投資は2020年9月に完了予定となります。
           残額については、将来における当社サービスの成長に寄与するための支出又は投資に充当する方針でありま

          すが、当該内容等については現時点で具体化している事項はなく、今後具体的な資金需要が発生し、支出時期
          が決定するまでは安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
      (注) 設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の項

          をご参照下さい。
                                   6/111










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        2019年9月10日に決定される引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引受人
       の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下、「第2 売出要項」
       において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行
       価格と同一の価格)で売出しを行います。引受人は株式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取
       引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。売出人は引受人に対して引受手
       数料を支払いません。
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
                            -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
                            -         -            -
              によらない売出し
                                        東京都渋谷区渋谷一丁目2番5号
                                        ユナイテッド株式会社
                                                       115,000株
                                        東京都杉並区
     普通株式
                                        髙村 彰典
              ブックビルディング                                          60,000株
                                 449,000,000
                          224,500
              方式                           神奈川県川崎市宮前区
                                        近田 哲昌
                                                        33,000株
                                        東京都品川区
                                        和田 瑞樹
                                                        16,500株
     計(総売出株式)            -        224,500       449,000,000                 -
      (注)1 上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則により規定されて
           おります。
         2 振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)2に記載した振替機関と同一
           であります。
         3 「第1 募集要項」における株式の募集を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         4 売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,000円)で算出した見込額でありま
           す。
         5 売出数等については今後変更される可能性があります。
         6 本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、その需要状況を勘案し、オーバーアロットメン
           トによる売出しを追加的に行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         7 本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、
           その内容につきましては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照
           下さい。
                                   7/111






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                            申込株
     売出価格     引受価額                      申込証拠             引受人の住所及び氏          元引受契
                   申込期間         数単位          申込受付場所
      (円)     (円)                     金(円)             名又は名称          約の内容
                            (株)
                                     引受人及びその
      未定                               委託販売先金融        東京都千代田区丸の
           未定    自 2019年9月11日(水)                  未定                        未定
     (注)1                        100        商品取引業者の        内一丁目9番1号
          (注)2     至 2019年9月17日(火)                 (注)2                        (注)3
     (注)2                                本支店及び営業        大和証券株式会社
                                     所
      (注)1 売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1と
           同様であります。
         2 売出価格、引受価額及び申込証拠金は、ブックビルディング方式による募集の発行価格、引受価額及び申込
           証拠金とそれぞれ同一といたします。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
         3 引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(2019年9月10日)に決定いたします。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4 上記引受人と2019年9月10日に元引受契約を締結する予定であります。ただし、元引受契約の締結後、同契
           約の解除条項に基づき、同契約を解除した場合、株式の売出しを中止いたします。
         5 株式受渡期日は、上場(売買開始)日(2019年9月19日(木))の予定であります。当社普通株式の取引所
           への上場に伴い、株式会社証券保管振替機構が振替機関として当社普通株式を取扱う予定であり、上場(売
           買開始)日から売買を行うことができます。なお、当社は株券を発行しておらず、株券の交付は行いませ
           ん。
         6 申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7 上記引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)
           ブックビルディング方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/111









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
                            -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
     普通株式                       -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                          89,100       178,200,000
              方式                           大和証券株式会社
     計(総売出株式)            -         89,100       178,200,000                 -
      (注)1 オーバーアロットメントによる売出しは、「第1 募集要項」に記載の募集及び引受人の買取引受による売
           出しに伴い、その需要状況を勘案して行われる大和証券株式会社による売出しであります。売出数は上限株
           式数を示したものであり、需要状況により減少し、又は全く行わない場合があります。
         2 オーバーアロットメントによる売出しに関連して、大和証券株式会社は、2019年9月19日から2019年10月17
           日までの期間(以下、「シンジケートカバー取引期間」という。)、取引所においてオーバーアロットメン
           トによる売出しに係る株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下、「シンジケートカバー取引」とい
           う。)を行う場合があります。その内容につきましては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.グ
           リーンシューオプションとシンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
         3 上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則により規定されて
           おります。
         4 「第1 募集要項」における株式の募集を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5 売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,000円)で算出した見込額でありま
           す。
         6 振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)2に記載した振替機関と同一
           であります。
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格                  申込株数単位        申込証拠金                引受人の住所及        元引受契
               申込期間                        申込受付場所
      (円)                   (株)       (円)               び氏名又は名称        約の内容
                                      大和証券株式会社
                                      及びその委託販売
       未定     自 2019年9月11日(水)                      未定
                            100          先金融商品取引業            -       -
      (注)1      至 2019年9月17日(火)                     (注)1
                                      者の本支店及び営
                                      業所
      (注)1 売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一といたします。ただし、申込証拠金には利息をつけません。
         2 売出しに必要な条件については、売出価格決定日(2019年9月10日)において決定する予定であります。
         3 株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日(2019年
           9月19日(木))の予定であります。当社普通株式の取引所への上場に伴い、株式会社証券保管振替機構が
           振替機関として当社普通株式を取扱う予定であり、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。な
           お、当社は株券を発行しておらず、株券の交付は行いません。
         4 申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         5 大和証券株式会社及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条
           件 (2)ブックビルディング方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                   9/111


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1.東京証券取引所マザーズへの上場について
        当社普通株式は、「第1 募集要項」における募集株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含め、大和証
       券株式会社を主幹事会社(以下、「主幹事会社」という。)として、2019年9月19日に東京証券取引所マザーズへ上
       場される予定であります。
      2.グリーンシューオプションとシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主より借受ける株式であります。これに関連して、主幹事会社は、オーバーアロットメント
       による売出しに係る株式数を上限として当社普通株式を引受価額と同一の価格で当社株主より追加的に取得する権利
       (以下、「グリーンシューオプション」という。)を、2019年10月17日を行使期限として当社株主から付与される予
       定であります。
        また、主幹事会社は、上場(売買開始)日から2019年10月17日までの間、オーバーアロットメントによる売出しに
       係る株式数を上限とするシンジケートカバー取引を行う場合があります。
        なお、主幹事会社は、シンジケートカバー取引により取得した株式については、当社株主から借受けている株式の
       返還に充当し、当該株式数については、グリーンシューオプションを行使しない予定であります。また、シンジケー
       トカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わないか、もしくは上限株
       式数に達しなくともシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
      3.ロックアップについて

        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である髙村彰典、売出人である近田哲
       昌、和田瑞樹、ユナイテッド株式会社、並びに当社の株主である株式会社デジタルガレージ、株式会社サイバーエー
       ジェント、株式会社マイナビ及びSBI                  AI&Blockchain投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結
       日から上場日(当日を含む)後90日目(2019年12月17日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主
       幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(                              ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーン
       シューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格
       又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。
        また、当社の新株予約権を保有する髙村彰典、近田哲昌、和田瑞樹、金森紘、小河原英貴、三木佑太、宮本悠加、
       辻孝明及びその他役職員24名は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(2019年
       12月17日)までの期間、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社新株予約権及び新株予約権の行使により
       取得した当社普通株式の売却等(ただし、新株予約権の行使により取得した当社普通株式の売却価格が本募集等にお
       ける発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所取引での売却等
       を除く。)を行わない旨を合意しております。
        当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしに、当社普通株式の発
       行、当社普通株式に転換もしくは交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得もしくは受領する権利を付与さ
       れた有価証券の発行等(ただし、本募集、グリーンシューオプション、株式分割及びストックオプションにかかわる
       発行等を除く。)を行わない旨合意しております。
        ロックアップ期間終了後には上記取引が可能となりますが、当該取引が行われた場合には、当社株式の市場価格に
       影響が及ぶ可能性があります。
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間であっても、その裁量で当該合意の内容を
       全部もしくは一部につき解除できる権限を有しております。
        上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
       集株式の割当等に関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っております。その内容については、「第四
       部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                  10/111





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙と裏表紙に当社の社章                                      を記載いたします。

       (2)表紙の次に「1.事業の概況」~「3.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  11/111

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  12/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  13/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
               回次              第12期       第13期
              決算年月              2017年9月       2018年9月

                       (千円)     1,865,885       2,446,947
     売上高
                       (千円)      147,832       234,953
     経常利益
                       (千円)       82,660      165,115
     親会社株主に帰属する当期純利益
                       (千円)       82,660      165,115
     包括利益
                       (千円)      513,507       678,623
     純資産額
                       (千円)      815,068      1,160,907
     総資産額
                       (円)      168.28       222.39
     1株当たり純資産額
                       (円)       27.09       54.11
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -
     益金額
                       (%)       63.00       58.46
     自己資本比率
                       (%)       17.51       27.70
     自己資本利益率
                       (倍)        -       -
     株価収益率
                       (千円)       87,845      197,048
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)      △ 49,624      △ 21,354
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)         -       -
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)      348,932       524,626
     現金及び現金同等物の期末残高
                                68       89
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                          ( 9 )     ( 17 )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           るため、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
         3.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.第12期及び第13期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
           (1976年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有
           限責任監査法人トーマツの監査を受けております。
         5.当社は、2019年2月6日開催の取締役会決議により、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の割合で
           株式分割を行っております。第12期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1
           株当たり当期純利益金額を算定しております。
                                  19/111






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)提出会社の経営指標等
               回次              第9期       第10期       第11期       第12期       第13期
              決算年月              2014年9月       2015年9月       2016年9月       2017年9月       2018年9月

                       (千円)     1,624,747       1,483,478       1,832,439       1,776,983       2,126,163
     売上高
                       (千円)       10,028       92,513      140,352       134,585       129,872
     経常利益
                       (千円)       43,743       69,874       75,695       73,667       93,105
     当期純利益
                       (千円)       20,150       20,150       20,150       20,150       20,150
     資本金
                       (株)      61,030       61,030       61,030       61,030       61,030
     発行済株式総数
                       (千円)      285,276       355,151       430,847       504,514       597,620
     純資産額
                       (千円)      583,604       656,316       751,113       787,209       996,184
     総資産額
                       (円)     4,674.37       5,819.30       7,059.60        165.33       195.84
     1株当たり純資産額
                                -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
                       (円)      716.76      1,144.93       1,240.31        24.14       30.51
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -       -       -       -
     益金額
                       (%)       48.88       54.11       57.36       64.09       60.00
     自己資本比率
                       (%)       16.61       21.82       19.26       15.75       16.90
     自己資本利益率
                       (倍)        -       -       -       -       -
     株価収益率
                       (%)        -       -       -       -       -
     配当性向
                                53       56       59       63       80
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                          ( 3 )      ( 2 )      ( 5 )      ( 9 )     ( 16 )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.  1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため、記載しておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           るため、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
         4.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         5.  第12期及び第13期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年
           大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責任監
           査法人トーマツの監査を受けております。
           なお、第9期、第10期及び第11期については、「会社計算規則」(2006年法務省令第13号)の規定に基づき
           算出した各数値を記載しております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の
           規定に基づく有限責任監査法人トーマツの監査を受けておりません。
         6.当社は、2019年2月6日開催の取締役会決議により、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の割合で
           株式分割を行っております。第12期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1
           株当たり当期純利益金額を算定しております。
                                  20/111






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         7.当社は、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行っております。そこで、東京証券取引
           所自主規制法人(現日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価証券報告
           書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(2012年8月21日付東証上審第133号)に基づき、第9期の期
           首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると、以下
           のとおりとなります。なお、第9期、第10期及び第11期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数
           値)については、有限責任監査法人トーマツの監査を受けておりません。
                             第9期       第10期       第11期       第12期       第13期
                            2014年9月       2015年9月       2016年9月       2017年9月       2018年9月

                              93.49      116.39       141.19       165.33       195.84

     1株当たり純資産額                  (円)
                              14.34       22.90       24.81       24.14       30.51

     1株当たり当期純利益金額                  (円)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -       -       -       -
     益金額
     1株当たり配当額                          -       -       -       -       -
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
                                  21/111















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
        当社は、株式会社サイバーエージェントの100%子会社として、ソーシャルメディアマーケティング事業を展開す
       るため、2006年4月に東京都渋谷区において設立されました。なお、2018年12月に株式会社サイバーエージェントが
       株式会社デジタルガレージ等に当社株式を譲渡したため、株式会社サイバーエージェントは当社株式の19.7%を保有
       する主要株主となり、株式会社デジタルガレージは当社株式の25.2%を保有するその他の関係会社となりました。
        会社設立時から現在に至る主な変遷は、次のとおりであります。

          年月                           概要
        2006年4月        東京都渋谷区道玄坂に株式会社サイバー・バズ設立(資本金15,000千円)
        2006年6月        人気ブロガーが企業商品を紹介するサービス「CyberBuzz」を開始
        2010年7月        ブログサービス以外のソーシャルメディア会員募集に伴い、「CyberBuzz」から「Ripre」へ
                サービス名変更
        2010年11月        Ameba会員のためのモニターサービス「アメモニ」を株式会社サイバーエージェントと開始
        2012年   11 月    ソーシャルメディアキャンペーンサービス「                     ポチカム    」を開始
        2013年2月        株式会社サイバーエージェントより「アメモニ」の事業譲受、サービス名を「モニコレ」に変
                更
        2013年8月        ヘルスケアメディア「Doctors              Me」を開始
        2014年4月        本社を東京都渋谷区桜丘町へ移転
                「モニコレ」を「ポチカム」へサービス統合
        2015年10月        Instagramのインフルエンサーによるマーケティング施策(現:NINARY)を開始
        2016年11月        Instagram広告戦略子会社            株式会社glamfirstを100%子会社として設立
        2017年8月        Instagramのインフルエンサーマーケティング施策を「NINARY」としてサービス化
        2017年8月        SNSアカウント運用サービスを開始
        2017年10月        「Doctors     Me」を会社分割により事業譲渡
        2017年12月        人気インフルエンサーが商品を紹介するメディア「to                         buy(トゥーバイ)」を開始
        2018年1月        東京大学大学院情報理工学系研究科の山崎俊彦准教授と人工知能の研究において産学連携を開
                始
        2018年4月        株式会社サイバーエージェントがユナイテッド株式会社及び株式会社DGインキュベーションに
                当社株式を譲渡したため、同社の連結子会社でなくなり、持分法適用会社となる
        2018年12月        株式会社サイバーエージェントが株式会社デジタルガレージ等に当社株式を譲渡したため、同
                社の持分法適用会社でなくなる
                株式会社デジタルガレージが、株式会社サイバーエージェント等が保有する当社株式の25.2%
                を取得したことにより、同社の持分法適用会社となる
                                  22/111









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
        当社グループは「コミュニケーションを価値に変え、世の中を変える。」をビジョンとし、当社(株式会社サイ
      バー・バズ)及び子会社1社(株式会社glamfirst)により構成されており、インターネット市場における、ブログや
      Twitter、Facebook、Instagram等のソーシャルメディアを通した広告・マーケティングを主たる業務としておりま
      す。また、当社のその他の関係会社である株式会社デジタルガレージは、インターネット広告等のウェブマーケティ
      ングやビックデータを活用したデータマネジメントビジネス等を行うマーケティングテクノロジー事業、Eコマース等
      における電子決済ソリューションの提供等を行うフィナンシャルテクノロジー事業、国内外のスタートアップ企業へ
      の投資・育成を行うインキュベーションテクノロジー事業、コンテンツ事業及びライフスタイル支援事業等の拡大を
      通じて、中長期的かつ継続的な事業利益創出に取り組むロングタームインキュベーション事業を展開しており、当社
      グループは、同社のマーケティングテクノロジー事業に属し、同社による当社の自社サービスの代理販売及び当社グ
      ループによるデジタルガレージグループが保有するウェブ広告の代理販売等を推進しております。
        当社は、ソーシャルメディア上で影響力を持つインフルエンサー(「influence」(影響、感化、作用の意)を語
      源とする言葉で、ソーシャルメディアにおいて、他のユーザーへのクチコミ等の影響力が強い者を指します。)を自
      社会員として組織化し、会員に対しクライアント企業の商品・サービス体験やイベント招待などの機会を提供してお
      り、その感想を会員がソーシャルメディア上で発信することで、情報を目にした消費者にクライアント企業の商品・
      サービス等の価値を伝えるという、マーケティング活動の支援を行っております。ソーシャルメディアを通じたマー
      ケティング手法は、ユーザー目線での魅力的な写真や体験談等により消費者が企業の商品をより身近に感じることが
      でき、クライアント企業の商品のブランディングや認知度の向上が期待できるため、その手法の活用に関するニーズ
      が高まっております。株式会社デジタルインファクトの「インフルエンサーマーケティング市場調査」によれば、イ
      ンフルエンサーマーケティング市場は、2018年において219億円と推計され、同市場規模は、2019年に267億円、2020
      年に327億円と拡大していくことが予測されております。
        また、当社グループは、インフルエンサーを活用した広告商品の販売の他に、クライアント企業のソーシャルメ
      ディアのアカウントの運用支援やインフルエンサーが愛用している商品をお薦めするメディア「to                                               buy」の運営、
      ソーシャルメディア関連広告を中心とした他社の広告商品の代理販売も行っており、クライアント企業が広告を打ち
      たい商品の性質や広告宣伝の目的等に応じ、自社サービス・他社広告商品を組み合わせつつ最適な広告商品を提供す
      る体制を整えております。
        当社グループの事業は、ソーシャルメディアマーケティング事業のみの単一セグメントであり、セグメント情報を
      記載していないため、以下ではソーシャルメディアマーケティング事業を構成する主要サービスとして、(1)
      NINARY、(2)Ripre、(3)ポチカム、(4)to                     buy、(5)SNSアカウント運用、(6)インターネット広告代理販売の内容
      を説明します。なお、当社グループのサービス名称として、インフルエンサーサービスとは、(1)NINARY、(2)
      Ripre、(3)ポチカム、(4)to              buyを総称したものを指します。
        (1)NINARY

        主にInstagramにおいて、フォロワー数3万人以上を有する読者モデル等のインフルエンサーによる広告・マーケ
      ティングを行うサービスであり、クライアント企業の要望に基づき当社が選定したNINARY会員が、クライアント企業
      の商品、サービス体験やイベント招待などの機会を受け、その感想をソーシャルメディア上で発信することで、フォ
      ロワーを中心とした一般消費者への情報の拡散や宣伝の支援を行っております。NINARY会員は20代から30代の世代を
      中心に構成されており、マーケティングのターゲット層も同世代となります。NINARY会員は、Ripre会員やポチカム会
      員と比較して、フォロワー数や知名度の点で当社のインフルエンサー会員の中で最も強い影響力を持っており、ソー
      シャルメディア上での投稿について当社から報酬をお支払いしております。また、会員の獲得については、当社から
      のスカウトによる募集が9割、会員登録希望者による応募が1割であり、当社の審査、登録を経て活動を行って頂い
      ております。
        (2)Ripre

        主にブログ、Twitter、Instagram等のソーシャルメディアにおいて、一定数の読者やフォロワーを有するインフル
      エンサーによる広告・マーケティングを行うサービスであり、クライアント企業がRipre会員に対し、クライアント企
      業の商品、サービス体験やイベント招待などの機会を提供し、それに応募・参加したRipre会員が感想等をソーシャル
      メディア上で発信することで、フォロワーを中心とした一般消費者への情報の拡散や宣伝の支援を行っております。
      Ripre会員は30代から40代の世代を中心に構成されており、マーケティングのターゲット層も同世代となります。
      Ripre会員は、ソーシャルメディアのユーザーの中でも読者やフォロワーを多く抱えており、ポチカム会員と比較する
      と強い影響力を持ちます。なお、ソーシャルメディア上での投稿について当社から報酬はお支払いしておらず、会員
      の獲得については、会員登録希望者による応募のみであり、当社の審査、登録を経て活動を行って頂いております。
                                  23/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (3)ポチカム
        「日常をワクワクにかえる」をテーマに、ブログやTwitter、Facebook、Instagram等のソーシャルメディアを利用
      していれば誰もが参加できるモニターサイトを運営しております。クライアント企業は、同サイトを通して自身の商
      品・サービス体験やイベント招待などの機会を提供し、それに応募・参加したポチカム会員が感想等をソーシャルメ
      ディア上で発信することで、多数のクチコミを創出し、一般消費者への情報の拡散や宣伝の支援を行っております。
      ポチカム会員は、NINARY会員やRipre会員と異なりフォロワー数等の会員審査基準はなく、原則としてソーシャルメ
      ディアを利用していれば誰でも会員登録可能です。なお、ソーシャルメディア上での投稿について当社から報酬はお
      支払いしておらず、会員の獲得については、会員登録希望者による応募のみであり、当社の審査、登録を経て活動を
      行って頂いております。
        (4)to    buy

        インフルエンサーが独自の記事として、自身の愛用品やサービスを紹介するwebメディアを運営しております。主
      要なECメディアやクライアント企業サイトへ送客し購入が発生した場合、購入額の一部が手数料として当社に支払わ
      れます。また、Google           Inc.等よりアドセンス収益を得ています。
        (5)SNSアカウント運用

        クライアント企業が公式に運用するTwitter、Facebook、Instagram等のソーシャルメディアのアカウントの運用支
      援を行っております。原則半年間以上の契約にて、サービス内容に応じた月額課金モデルを採用しており、インフル
      エンサーやカメラマンが撮影した写真等のコンテンツを、クライアント企業のアカウント上で当社が投稿を代行する
      サービスを展開しております。
        (6)インターネット広告代理販売

        当社は、自社で運営するサービスの販売の他に、クライアント企業からの要請等により、YouTube、Instagram、
      Facebook、Twitter、LINE等のソーシャルメディア関連広告を中心とした他社の広告商品の代理販売を行っておりま
      す。
        なお、子会社である株式会社glamfirstは、Instagramを通した広告・マーケティングに特化しており、外部キャス

      ティング会社と連携して、他の事務所に所属するインフルエンサーや一部の読者モデル、芸能人といった、当社の会
      員として所属していないインフルエンサーを起用した広告・マーケティングをクライアント企業へ提供しておりま
      す。Instagramという特定のメディアに特化することにより、社内にその広告運用に関するノウハウが蓄積されている
      ことが営業上の強みとなっております。また、当社の会員として所属していないインフルエンサーを起用すること
      で、フォロワー数においてより影響力の強いインフルエンサーや、広告案件や商材毎に相性の良いインフルエンサー
      の起用を提案できるため、自社サービス会員の起用による広告商品の販売を補完する関係を築くことができます。
                                  24/111









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       [事業系統図]
                                  25/111




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
                                         議決権の所
                            資本金      主要な事業の        有割合又は
          名称           住所                               関係内容
                           (千円)      内容        被所有割合
                                          (%)
     (その他の関係会社)

                                 メディア事業
     株式会社サイバーエー
                                 インターネット
                                         被所有
                                                広告枠の販売及び仕入
     ジェント                      7,203,328
                  東京都渋谷区               広告事業
                                            49.2
                                                経営指導料の支払い
     (注)2、4、5
                                 ゲーム事業
                                 投資育成事業
     (連結子会社)
                                 ソーシャルメ              事務所の賃貸借
     株式会社glamfirst
                             5,000              100.0
                  東京都渋谷区               ディアマーケ              経営管理業務      の受託
     (注)3、7
                                 ティング事業              広告枠の販売及び仕入
      (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.有価証券報告書を提出している会社であります。
         3.特定子会社に該当しております。
         4.当社は株式会社サイバーエージェントより経営指導を受けており、経営指導料については、経営の管理・業
           務内容の妥当性を勘案し、協議のうえ契約により決定しております。株式会社サイバーエージェントは、当
           社普通株式の一部売却により、2018年4月26日付で当社は同社の連結子会社でなくなったため、経営指導料
           の取引は2018年4月末日にて終了しております。
         5.株式会社サイバーエージェントは、当社普通株式の一部売却により、2018年12月27日付で当社のその他の関
           係会社に該当しないこととなりました。
         6.2018年12月27日付で、株式会社デジタルガレージは、当社のその他の関係会社となりました。詳細は以下の
           とおりであります。
                                         議決権の所
                            資本金      主要な事業の        有割合又は
          名称           住所                               関係内容
                           (千円)      内容        被所有割合
                                          (%)
     (その他の関係会社)
                                 マーケティング
                                 テクノロジー事
                                 業
                                 フィナンシャル
                                 テクノロジー事
     株式会社デジタルガレー
                                         被所有
                                 業              役員の兼務1名
     ジ            東京都渋谷区          7,564,000
                                            25.2
                                 インキュベー              広告枠の販売
     (注)2
                                 ションテクノロ
                                 ジー事業
                                 ロングタームイ
                                 ンキュベーショ
                                 ン事業
         7.株式会社glamfirstについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割
           合が10%を超えております。
           主要な損益情報等                (1)売上高                  340,864千円
                      (2)経常利益                 99,393千円
                      (3)当期純利益               71,548千円
                      (4)純資産額                 91,002千円
                      (5)総資産額                187,370千円
                                  26/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2019年7月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                       105(20)
      ソーシャルメディアマーケティング事業
      (注)1.従業員数は就業人員               であり、臨時雇用者数は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.当社グループは、ソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記
           載を省略しております。
       (2)提出会社の状況

                                                   2019年7月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

              95(17)             28.6              2.4             5,728
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.当社は、ソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略
           しております。
       (3)労働組合の状況

         当社グループの労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  27/111













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものです。
       (1)会社の経営の基本方針
         当社グループは、「コミュニケーションを価値に変え、世の中を変える。」というビジョンのもと、ソーシャル
        メディアマーケティング事業を拡大しつつ、新たなマーケティング手法や消費者へ新たな価値を提供するメディア
        を開発すべく挑戦してまいります。時代の流れを見極め、成長市場に合わせた事業展開を行い、消費者へ新しい
        「発見」や「体験」などの価値を生み出し続けていくことが当社グループの使命であると考えております。
       (2)経営上目標とする客観的な指標

         当社グループの重視する経営指標は、①売上高、②営業利益率の2指標であります。インフルエンサーを活用し
        たマーケティング手法によるクライアント企業の広告施策を提案、拡大していくとともに、クライアント企業の幅
        広いニーズに対応する広告施策全般に対してのソリューションを提供してまいります。また、高収益なマーケティ
        ング手法を開発、展開していくことで、営業利益率の向上を図ってまいります。
       (3)経営戦略

         当社グループが今後更なる成長と発展を遂げるためには、「(5)事業上及び財務上の対処すべき課題」に記載の
        事項へ対応していくことが経営戦略上、重要であると認識しております。そのため当社グループは、自社サービス
        の強化・向上や、優秀な人材の採用、教育を通じた組織体制の整備を行い、インフルエンサーを活用した広告施策
        におけるシェア拡大とクライアントのニーズに対応できる新たなマーケティング手法の開発により、事業拡大を図
        る方針です。
       (4)経営環境

         近年、Instagram等のソーシャルメディアのユーザーの利用状況は活発化しており、株式会社ICT総研の「2018年
        度SNS利用動向に関する調査」によれば、日本国内におけるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用者
        (アクティブユーザー)は年々増加しており、2018年末には7,523万人に達する見込みであり、ネットユーザー全
        体に占める利用率は74.9%に達する見通しです。また、同調査によれば、SNS利用者は元々10代~20代の若年層が
        多かったものの、SNS利用が当たり前になってきたことで40〜60代以上の年齢層にも拡大しており、登録者数・利
        用者数ともに増加傾向が見られ、このまま普及が進めば、2020年末には利用者数は7,937万人、ネットユーザー全
        体に占める利用率は78.7%に達する見通しであると公表されております。このような環境のもと、インフルエン
        サーのソーシャルメディア上の影響力も強まる傾向にあるものと考えており、クライアント企業においても、イン
        フルエンサーを活用したマーケティング手法のニーズが高まる状況にあり、株式会社デジタルインファクトの「イ
        ンフルエンサーマーケティング市場調査」によれば、インフルエンサーマーケティング市場は、2018年において
        219億円と推計され、同市場規模は、2019年に267億円、2020年に327億円と拡大していくことが予測されておりま
        す。したがって、当社グループの提供するサービスに対する需要は、堅調に推移するものと考えております。
       (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

        ①自社サービスの強化
         当社グループでは、ソーシャルメディアマーケティング事業において、「NINARY」「Ripre」「ポチカム」「SNS
        アカウント運用」「to           buy」といった自社サービスの提供に注力しております。自社サービスとしてのオリジナル
        の広告商品の展開を行うことで、当社グループでしか提供できない価値をクライアント企業へ提供し、当社グルー
        プの競争力を高めることができるものと考えております。また、自社サービスの販売は、他社サービスの代理販売
        と比較し、利益率の高い商品であるため、事業上及び財務上の改善に繋がります。ソーシャルメディアマーケティ
        ングの特色としては、その技術進歩が非常に早く、新たなマーケティング手法やサービス形態が日々開発されてい
        ることが挙げられますが、当社グループでは、クライアントのニーズを満たすインフルエンサーの発掘・拡充・育
        成、サービスにおける機能充実、利便性の向上を図ることで、「コミュニケーションを価値に変え、世の中を変え
        る。」という当社グループのビジョンの実現に取り組んで参ります。また、自社サービスの強化として、代理店を
        経由せず、クライアントへ直接販売する販売ルートを強化するとともに、現状のクライアントの多くが属する化粧
        品及び日用品業界に加え、様々な業界に属するクライアントと幅広く取引できるよう拡大を図って参ります。
                                  28/111




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②新サービス等の開発体制の構築
         インターネット市場の技術革新のスピードは非常に早く、またソーシャルメディアマーケティングにおいて、新
        たなサービスや競合他社が次々と現れます。当社グループでは、競合優位性の確保及び事業の拡充を図るため、新
        規広告商品やサービスの開発、投資を行っております。当該開発に際しては、システム開発の必要性や優秀な人材
        の拡充が必要となるため、迅速な開発が行える体制整備や優秀な人材の確保を行って参ります。
        ③当社グループ及びサービスブランドの知名度向上

         当社グループが今後も成長を続けていくためには、自社サービスの知名度向上により、インフルエンサーの拡充
        及びクライアント企業からの認知の拡大が必要不可欠と考えています。今後も費用対効果に注意を払いながらもプ
        ロモーション活動を強化して参ります。
        ④組織体制の整備

         当社グループは、更なる成長を図る為に、成長フェーズにあった組織体制の確立と優秀な人材の確保、また確保
        した人員の早期育成の仕組みが不可欠だと考えております。採用活動の強化を図ると共に、社内研修制度、ノウハ
        ウの共有の仕組みの確立を行って参ります。
        ⑤情報管理体制の強化

         当社グループは、インフルエンサー等の個人情報を多く取得しており、その情報管理を強化していくことが重要
        であると考えております。現在、個人情報管理規程を制定し、その取得・提供・管理についての方針を定めており
        ます。また、個人情報取扱の専用の端末を設置し、アクセス権限者を限定した上で、アクセスログについても取得
        し、不正なアクセスがないか随時モニタリングを実施しております。また、個人情報以外のパーソナルデータとし
        て、cookie情報や行動履歴情報等の取扱いについても、日本インタラクティブ広告協会(JIAA)の「行動ターゲ
        ティング広告ガイドライン」を遵守した取扱いを実施しております。これらの施策により個人情報の取扱い等の管
        理を徹底しておりますが、今後も社内教育・研修の実施やシステム整備などを継続的に行って参ります。
        ⑥内部管理体制の強化

         当社グループは成長段階にあり、業務運営の効率化やリスク管理のための内部管理体制の強化が重要な課題であ
        ると考えております。このため、当社グループといたしましては、コーポレート部門の整備を推進し、経営の公正
        性・透明性を確保するための内部管理体制強化に取り組んで参ります。
        ⑦広告審査体制の整備

         当社グループのソーシャルメディアマーケティング事業における広告手法は、クライアント企業の商品の体験等
        をインフルエンサーが各種SNSにおいて投稿、拡散するものですが、インフルエンサーによる当該投稿が広告関連
        法令やインターネット広告業界の自主規制に違反しないよう、当社では顧問弁護士への確認等により広告関連法令
        を網羅した厳格な広告審査基準を定め、全広告案件における投稿の審査を実施しております。広告審査体制として
        は、社内に専門の部署を設け、審査を実施している他、外部機関による審査も実施し、社内外での二重の審査を実
        施しております。また、当該外部機関と定期的な広告審査に関する会議を実施し、必要に応じて顧問弁護士等へ相
        談する体制を整えております。広告審査の結果、審査基準に抵触するインフルエンサーの投稿については、修正を
        依頼している他、インフルエンサーが適切な投稿を行うよう随時注意喚起を実施し、その法令遵守意識の啓蒙に努
        めております。今後、事業拡大による広告案件の増加や、新たなマーケティング手法を開発した際においても、広
        告審査体制の整備、対応を行って参ります。
        ⑧法規制等の変動に対応する社内体制

         当社グループの事業は、広告関連法令、インターネット広告業界の自主規制、各種SNSプラットフォーム規約等
        の制約を受けますが、それら規制の改正、変更等の事業環境の変化に迅速に対応するため、ソーシャルメディア
        マーケティング事業部門とコーポレート部門が連携して情報の収集、分析、管理を行っております。また、規制等
        の変更に伴い対応が必要である際は、社内への周知、教育等によりその徹底を図っており、これら対応を継続的に
        行って参ります。
                                  29/111




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【事業等のリスク】
        当社グループの事業展開において、リスク要因となる可能性がある主な事項を記載しています。また、投資判断上
       重要であると考えられる事項については、積極的な情報開示の観点から追加しております。
        なお、当該記載事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであり、将来において発生の可能性
       があるすべてのリスクを網羅するものではありません。当社グループはこれらのリスク発生の可能性を認識した上
       で、発生の回避及び発生した場合の対応に努めてまいります。
       (1)事業環境に関するリスクについて
        ①業界動向について
         当社グループは、主にWebメディア及びソーシャルメディアを活用したマーケティング事業を行っております。
        株式会社電通の「2018年日本の広告費」によれば、2018年のインターネット広告市場は1兆7,589億円と前年比
        116.5%の成長をしております。今後も同市場は堅調に推移すると予想しておりますが、市場成長が阻害されるよ
        うな状況が生じた場合、また、インターネット広告市場を含む広告業界においては、景気変動により広告主の広告
        支出が増減する傾向があるため、国内マクロ経済の動向                          及び  国内主要産業部門における事業環境が変化した場合に
        は、当社グループの業績           及び  財政状態に影響を与える可能性があります。
        ②インフルエンサーとの関係

         当社グループの事業は、クライアント企業のマーケティングに対しサービスを提供しており、その多様なニーズ
        に応えるため、影響力の強いインフルエンサーや、特定分野に特化したインフルエンサーの確保が必要となりま
        す。その為、インフルエンサーに対し、クライアント企業の広告案件の継続的なご紹介やSNSへの投稿に関する法
        令・ガイドラインの遵守等の有用な情報を提供することにより、親密かつ広範なネットワークを構築しておりま
        す。また、良質なインフルエンサーを確保するため、会員審査の基準を定め、健全な会員組織の運営のための体制
        を整えております。しかしながら、様々な要因の変化によりインフルエンサーとの信頼関係が低下した場合や、ク
        ライアント企業のニーズに合ったインフルエンサーを当社会員として十分に確保できない場合、インフルエンサー
        がフォロワー数を水増しする等の事態の発生によりインフルエンサーマーケティングの信頼性が低下した場合、イ
        ンフルエンサーが広告審査基準等を遵守しない又は当社の広告案件以外において炎上する等の当社の管理すること
        ができない事態が発生した場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
        ③サービスの陳腐化について

         インターネット広告市場は、日々新たな技術革新やサービスの提供が行われる市場であり、競合他社より有益な
        価値をクライアント企業に対し提供する必要があります。当社グループでは、クライアント企業のニーズに対応す
        るために常に新たな技術の導入やサービス機能の強化及び拡充、技術者の確保に努めております。しかしながら、
        保有するサービス及び技術等が陳腐化し、変化に対する十分な対応が困難となった場合、あるいは変化するクライ
        アント企業のニーズに的確な対応ができなくなった場合には、当社グループの業績                                      及び  財政状態に影響を与える可
        能性があります。
        ④法的規制について

         当社  グループは、不当景品類及び不当表示防止法、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確報等に関
        する法律、個人情報の保護に関する法律、著作権法等の規制を受けております。また、法令やインターネット広告
        業界における自主規制、各種ガイドライン等の遵守を徹底した事業運営を行っておりますが、万一これらの違反に
        該当するような事態が発生した場合や、今後新たな法令等の制定、既存法令等の解釈変更がなされ事業が制約を受
        けることになった場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         また、インフルエンサーの投稿に関しては、全投稿案件の確認を実施し、法令違反等の不適切な投稿を未然に防
        止するための広告審査体制を構築しておりますが、当該投稿が広告関連法令等に違反する場合や、第三者の著作
        権、肖像権等を侵害する場合、不適切な投稿による炎上が発生した場合や投稿がステルスマーケティング(※)と
        見做された場合には、当社グループのブランドイメージが悪化する等、社会的信用や評判に波及し、当社グループ
        の業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
         ※ステルスマーケティングとは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。
        ⑤主要SNSのユーザー利用動向やプラットフォームの規制変更等について

         当社グループの広告商品は、Instagram、Facebook、Twitter等の主要SNSプラットフォーム上でのマーケティン
        グ手法を中心としております。利用者が増加傾向にあるSNSプラットフォームは広告媒体としての訴求力が高まる
        ことから、各SNSプラットフォームのユーザーの利用動向は重要な指標となるため、当社グループではこれらの動
        向に関する情報収集を行っておりますが、既存のSNSにおけるユーザーの利用動向の変化や、新たなSNSの流行に対
        して、当社グループの適切なインフルエンサーの会員組織化等の対応が遅れた場合、当社グループの業績及び財政
        状態に影響を与える可能性があります。また、広告関連の規約・規制等の変更により、従来可能であった広告手法
        を用いることが出来なくなる可能性があり、当社グループのマーケティング手法や体制の変更等の対応が遅れた場
                                  30/111


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        合や、SNSのセキュリティ面の不備により当該プラットフォームの信頼性に疑義が発生した場合には、当社グルー
        プの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
        ⑥情報セキュリティに係るリスクについて

         コンピューターシステムの瑕疵、実施済みのセキュリティ対策の危殆化、マルウェア・コンピューターウイル
        ス、コンピューターネットワークへの不正侵入、役職員の過誤、自然災害、アクセス増加等の一時的な過負荷等に
        より、重要データの漏洩、コンピュータープログラムの不正改ざん、システムダウン等の損害が発生する可能性が
        あり、その結果、第三者からの損害賠償請求、当社グループの信用下落等により、当社グループの業績及び財政状
        態に影響を与える可能性があります。
        ⑦個人情報の管理に係るリスクについて

         当社グループは、ソーシャルメディアマーケティング事業を通じて取得した個人情報を保有しており、「個人情
        報の保護に関する法律」の規定に則って作成したプライバシーポリシーに沿って管理しております。しかし、情報
        セキュリティに係るリスク等により個人情報が漏洩した場合や個人情報の収集過程で問題が生じた場合、当社グ
        ループへの損害賠償請求や当社グループの信用の下落等の損害が発生し、当社グループの業績及び財政状態に影響
        を与える可能性があります。
        ⑧知的財産権に係るリスクについて

         知的財産権の社内管理体制を強化し、当社グループの主要サービスについては、商標権を取得し、その知的財産
        権を保護する管理体制としておりますが、契約条件の解釈の齟齬等により、当社グループが第三者から知的財産権
        侵害の訴訟、使用差止請求等を受けた場合、又は第三者が当社グループの知的財産権を侵害するような場合には、
        当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
        ⑨訴訟発生リスクについて

         当社グループでは、コンプライアンス規程を制定し、役職員に対して当該規程を遵守させることで、法令違反等
        の発生リスクの低減に努めております。しかしながら、当社グループ及び役職員の法令違反等の有無に関わらず、
        会員や取引先、第三者との間で予期せぬトラブルが発生し、訴訟に発展する可能性があります。提起された訴訟の
        内容及び結果によっては、多大な訴訟対応費用の発生や企業ブランドイメージの悪化等により、当社グループの業
        績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
        ⑩自然災害等に係るリスクについて

         地震や台風等の自然災害、テロ攻撃といった事象が発生した場合、当社グループが影響を受け、軽減できる保証
        はありません。当社グループの拠点及びコンピューターネットワークのインフラは、サービスによって、一定の地
        域に集中しているため、同所で自然災害等が発生した場合には多大な損害を被る可能性があります。また、自然災
        害等の発生によりインフルエンサーの投稿が自粛されるような事態が生じた場合、当社グループの業績及び財政状
        態に影響を与える可能性があります。
       (2)事業の運営体制に関するリスクについて

        ①特定経営者への依存について
         当社グループの経営は専門的な知識、技術、経験を持つ、代表取締役を含む役員及び幹部社員が経営方針や事業
        戦略の決定及びその遂行において極めて重要な役割を果たしております。その為これら役職員が、何らかの理由に
        よって退任、退職し、後任者の採用が困難となった場合には、当社グループの業績                                      及び  財政状態に影響を与える可
        能性があります。
        ②人材の獲得及び育成

         当社グループは、今後の事業拡大に応じて必要な人材の継続的な確保と育成が重要であると考えています。その
        為にも積極的な採用と早期戦力化のための育成制度の構築に努めていく方針でありますが、必要な人材の確保及び
        育成が計画通り進まなかった場合には、競争力の低下や事業拡大の制約要因が生じる可能性があり、この場合、当
        社グループの業績        及び  財政状態に影響を与える可能性があります。
                                  31/111




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③内部管理体制の構築について
         当社グループは、グループ企業価値を最大化すべく、コーポレート・ガバナンスの充実を経営の重要課題と位置
        づけ、多様な施策を実施しておりますが、事業の急速な拡大等により、十分な内部管理体制の構築が追いつかない
        状況が生じる場合には、適切な業務運営が困難となり、当社グループの業績                                   及び  財政状態に影響を与える可能性が
        あります。
        ④新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

         当社グループでは、取締役、従業員等に対するインセンティブを目的としたストック・オプション制度を採用し
        ております。本書提出日現在における新株予約権による潜在株式数は637,500株であり、発行済株式総数3,051,500
        株の20.9%に相当します。また、今後においてもストック・オプション制度を活用していくことを検討しており、
        現在付与している新株予約権に加え、今後付与される新株予約権について行使が行われた場合には、保有株式の価
        値が希薄化する可能性があります。
        ⑤配当政策について

         当社グループは、将来の事業の発展と経営基盤の強化のための内部留保を確保しつつ、経営成績や配当性向等を
        総合的に勘案し、安定的かつ継続的な配当を維持することを基本方針としております。
         しかしながら現段階においては成長過程であると認識しており、今後の事業発展及び経営基盤強化を鑑み、内部
        留保の充実をする優先するため、配当を行っておりません。将来的には、業績及び財務状態等を勘案しながら株主
        への利益の配当を目指していく方針でありますが、配当実施の可能性及びその実施時期等については、現時点にお
        いて未定であります。
        ⑥その他の関係会社等との関係について

         当社  は、株式会社サイバーエージェントの子会社として事業を開始しておりましたが、2018年4月26日付で当社
        株式の譲渡が行われたことにより、同社の属性は親会社からその他の関係会社に変更になり、その後2018年12月28
        日付で当社株式の譲渡が行われたことにより、同社の属性はその他の関係会社から当社発行済株式総数の19.7%を
        保有する主要株主に変更となっております。
         当社グループと株式会社サイバーエージェントとの取引については、他の企業の取引条件との比較等により取引
        条件の適正性等を確保出来ており、今後も広告売上取引及び広告媒体の仕入取引等の事業上の取引関係を継続して
        いく方針ですが、事業上の関係以外の経営指導料や設備の貸借等の取引及び人的関係は解消しており、当社グルー
        プの経営方針、事業展開等の重要事項の意思決定に影響を及ぼさないものと認識しております。
         また、当社は、2018年12月27日付で株式会社デジタルガレージから出資を受け入れ、株式会社デジタルガレージ
        は当社発行済株式総数の25.2%を保有するその他の関係会社に該当しております。当社は株式会社デジタルガレー
        ジの持分法適用関連会社となり、当社の社外取締役である踊契三氏は、株式会社デジタルガレージから招聘してお
        ります。
         当社グループと株式会社デジタルガレージとの取引については、他の企業の取引条件との比較等により取引条件
        の適正性等を確保出来ており、今後も同様の方針です。
         当社グループの経営方針、事業展開等の重要事項の意思決定において、現状、株式会社デジタルガレージに対し
        て事前承認を要する事項等はなく、独立性・自律性は保たれていると認識しております。
         なお、株式会社デジタルガレージは、事業シナジー効果の実現等を目的に当社へ出資するに至り、当社株式を中
        長期にわたって保有する意向であると認識しておりますが、将来において、株式会社デジタルガレージにおける当
        社株式の保有比率に大きな変動があった場合、あるいは株式会社デジタルガレージの事業戦略が変更された場合等
        には、当社株式の流動性及び株価形成、並びに当社グループの業績等に影響を及ぼす可能性があります。
                                  32/111






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        (以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態の状況
         第13期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
        (資産)
         当連結会計年度末における資産合計は1,160,907千円となり、前連結会計年度末に比べ345,839千円増加いたしま
        した。
         流動資産は1,036,102千円となり、前連結会計年度末に比べ339,940千円増加いたしました。この主な内訳は、現
        金及び預金が175,694千円、受取手形及び売掛金が64,982千円                            及び電子記録債権が59,426千円              増加したことによる
        ものであります。
         固定資産は124,805千円となり、前連結会計年度末に比べ5,899千円増加いたしました。この主な内訳は、有形固
        定資産が2,360千円、投資その他の資産が2,133千円、無形固定資産が1,405千円増加したことによるものでありま
        す。
        (負債)
         当連結会計年度末における負債合計は482,283千円となり、前連結会計年度末に比べ180,723千円増加いたしまし
        た。
         この主な内訳は、未払金が67,435千円、未払法人税等が40,462千円、買掛金が26,780千円増加したことによるも
        のであります。
        (純資産)
         当連結会計年度末における純資産合計は678,623千円となり、前連結会計年度末に比べ165,115千円増加いたしま
        した。これは親会社株主に帰属する当期純利益165,115千円を計上したことにより利益剰余金が増加したことによ
        るものであります。
         第14期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

        (資産)
         当第3四半期連結会計期間末における総資産は1,395,758千円(前連結会計年度末比234,850千円の増加)となり
        ました。これは主に現金及び預金184,828千円の増加によるものであります。
        (負債)
         当第3四半期連結会計期間末における負債は489,666千円(前連結会計年度末比7,382千円の増加)となりまし
        た。これは主に未払法人税等20,231千円の増加によるものであります。
        (純資産)
         当第3四半期連結会計期間末における純資産は906,091千円(前連結会計年度末比227,467千円の増加)となりま
        した。これは親会社株主に帰属する四半期純利益の計上による利益剰余金227,467千円の増加によるものでありま
        す。
        ②経営成績の状況

         第13期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
         当連結会計年度におけるわが国の経済は、米中間における外交及び政策変化をはじめ、地政学リスクへの警戒感
        など、外的環境の不透明さから先行きが懸念されております。しかしながら国内においては企業の設備投資は堅調
        に推移し、雇用環境も改善も見られ、緩やかな拡大を続けております。
         当社グループを取り巻くインターネット業界において、株式会社電通による「2017年                                        日本の広告費」によれ
        ば、引き続きインターネット広告市場は年平均10%以上の成長率が予想されており(注1)、またスマートフォン
        やタブレットの普及により、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用も、株式会社ICT総研による
        日本国内におけるSNSの利用動向に関する調査結果によれば、年々増加の傾向にあり2019年末には7,732万人へ拡大
        すると予想されております(注2)。
         このような環境の中、当社グループでは各SNSプラットフォームにおけるインフルエンサーを自社の独自会員と
        するサービスを展開し、企業のプロモーション活動を支援してまいりました。また、新規事業である企業の保有す
        るSNSアカウントの運用代行を本格的に展開し、人気インフルエンサーが商品を紹介するメディア「to                                               buy」の運
        営を開始するなど、企業がSNSを通して消費者へ行うマーケティング活動を総合的に支援して参りました。
         これらの結果、当連結会計年度における売上高は2,446,947千円(前年同期比31.1%増)となり、営業利益は
        233,706千円(前年同期比65.0%増)、経常利益は234,953千円(前年同期比58.9%増)、親会社株主に帰属する当
        期純利益は165,115千円(前年同期比99.8%増)となりました。
         当連結会計年度における主な勘定科目等の状況は次のとおりです。
                                  33/111


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         なお、当社グループはソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントのため、セグメントごとの記載
        はしておりません。
         出所(注1)株式会社電通「2017年                 日本の広告費」

           (注2)株式会社ICT総研「2017年度                  SNS利用動向に関する調査」
        (売上高)

         当連結会計年度の売上高は2,446,947千円(前年同期比31.1%増)となりました。
        (売上原価、売上総利益)
         当連結会計年度の売上原価は1,140,117千円(前年同期比22.1%増)となりました。これは主に売上の増加に伴
        う仕入原価の増加によるものであります。この結果、売上総利益は1,306,830千円(前年同期比40.2%増)となり
        ました。
        (販売費及び一般管理費、営業利益)
         当連結会計年度の販売費及び一般管理費は1,073,124千円(前年同期比35.7%増)となりました。これは主に従
        業員の増加に伴う人件費の増加及び採用活動の推進に伴う採用費の増加等によるものであります。その結果、営業
        利益は233,706千円(前年同期比65.0%増)となりました。
        (営業外損益、経常利益)
         当連結会計年度の営業外収益から営業外費用を差し引いた営業外損益純額は、1,247千円(前年同期比79.9%
        減)の利益となりました。その結果、経常利益は234,953千円(前年同期比58.9%増)となりました。
        (特別損益、法人税、住民税及び事業税、親会社株主に帰属する当期純利益)
         当連結会計年度の特別利益から特別損失を差し引いた特別損益純額は、事業譲渡益の計上により2,800千円(前
        年同期は10,458千円の損失)の利益となりました。
         法人税等合計としては、72,637千円(前年同期比32.8%増)を計上しております。その結果、親会社株主に帰属
        する当期純利益は165,115千円(前年同期比99.8%増)となりました。
         第14期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、新興国経済の先行きや米中間における外交及び政策変化を
        はじめ、地政学リスクへの警戒感など、外的環境の不確実性があったものの、企業収益の回復や雇用環境の改善な
        どを背景とし緩やかな拡大を続けております。
         2018年のインターネット広告市場は、前年比16.5%増の1兆7,589億円(出典:株式会社電通「2018年 日本の
        広告費」)と引き続き10%を超える成長率を維持しております。また、2018年のインフルエンサーマーケティング
        市場は、前年比25.1%増の219億円となり、2023年には500億円を突破し、2028年には933億円(出典:株式会社デ
        ジタルインファクト「インフルエンサーマーケティング市場規模2017年-2028年」)と2018年対比4.2倍程度に市場
        拡大することが予測されています。
         このような環境の中、当社グループでは「NINARY」「Ripre」「ポチカム」「to                                      buy」といったInstagramを始め
        とした各SNSプラットフォームにおけるインフルエンサーを企業マーケティングへ活用する「インフルエンサー
        サービス」、企業の保有するSNSアカウントの企画・コンサルティングを含めた運用代行を行う「SNSアカウント運
        用」、「インターネット広告代理販売」及びInstagramに特化した戦略子会社「株式会社glamfirst」の4つのサー
        ビスを展開しており、企業がSNSプラットフォームを通して消費者へ行うマーケティング活動を総合的に支援して
        参りました。
         「インフルエンサーサービス」について、引き続きInstagramに対する需要の取り込みにより売上高は931,114千
        円になりました。「SNSアカウント運用」について、取引社数の増加と取引単価の上昇により売上高は219,461千円
        になりました。「インターネット広告代理販売」について、広告主の予算がインフルエンサーマーケティングへと
        シフトしたことから売上高は685,754千円になりました。「株式会社glamfrist」について、大手広告主からの予算
        拡大が続き売上高は357,624千円になりました。
         これらの結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は2,193,954千円となり、営業利益は354,266千円、経
        常利益は352,452千円、親会社株主に帰属する四半期純利益は227,467千円となりました。
                                  34/111





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (売上高)
         当第3四半期連結累計期間の売上高は2,193,954千円となりました。
        (売上原価、売上総利益)
         当第3四半期連結累計期間の売上原価は、売上の増加に伴う仕入原価の増加により897,728千円となりました。
        この結果売上総利益は1,296,225千円となりました。
        (販売費及び一般管理費、営業利益)
         当第3四半期連結累計期間の販売費及び一般管理費は、従業員の増加に伴う人件費の増加及び採用活動の推進に
        伴う採用費の増加により941,959千円となりました。その結果、営業利益は354,266千円となりました。
        (営業外損益、経常利益)
         当第3四半期連結累計期間の営業外収益から営業外費用を差し引いた営業外損益純額は、1,813千円の損失とな
        りました。これは主に株式公開費用を計上したことによるものであります。その結果、経常利益は352,452千円と
        なりました。
        (特別利益、法人税、住民税及び事業税、親会社株主に帰属する四半期純利益)
         当第3四半期連結累計期間の特別利益は、債務免除益の計上により5,155千円の利益となりました。
         法人税等合計としては、130,140千円を計上しております。その結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は
        227,467千円となりました。
        ③キャッシュ・フローの状況

         第13期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、売上債権の増加、有形固定資産の取
        得による支出等の要因により一部相殺されたものの、税金等調整前当期純利益が237,753千円(前年同期比73.1%
        増)と増加したこと等により、前連結会計年度末に比べ175,694千円増加し、524,626千円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動により獲得した資金は、197,048千円                     (前年同期比124.3%増)            となりました。これは主に、税金等調整
        前当期純利益237,753千円の計上、未払金の増加額67,435千円等があった一方で、売上債権の増加額124,409千円等
        があったことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動により支出した資金は、21,354千円                     (前年同期比57.0%減)           となりました。これは主に、新規社内サー
        バ機器購入等による、有形固定資産の取得による支出8,632千円、新規社内システムの構築による、無形固定資産
        の取得による支出7,498千円、敷金及び保証金の差入による支出5,223千円によるものであります。
                                  35/111










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④生産、受注及び販売の実績
        a.生産実績
         当社グループで行う事業は、提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、当該記載を省略し
        ております。
        b.受注実績

         当社グループで行う事業は、提供するサービスの性格上、受注実績の記載になじまないため、当該記載を省略し
        ております。
        c.販売実績

         当社グループの事業セグメントは、ソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントであるため、第13
        期連結会計年度及び第14期第3四半期連結累計期間における販売実績をサービスごとに示すと、次のとおりであり
        ます。
                                                  第14期第3四半期

                                 第13期連結会計年度
                                                   連結累計期間
                                (自    2017年10月1日
                                                (自    2018年10月1日
                                 至   2018年9月30日)
              サービスの名称
                                                 至   2019年6月30日)
                                         前年同期比
                              販売高(千円)                     販売高(千円)
                                          (%)
                                 997,375
         インフルエンサーサービス                                  125.6           931,114
                                                       219,461
         SNSアカウント運用                        103,275         2,216.2
                                                       685,754
         インターネット広告代理販売                       1,010,811           105.2
         株式会社glamfirst                                             357,624
                                 335,485          313.9
                                                      2,193,954
                合計                2,446,947           131.1
        (注)1.     インフルエンサーサービスとは、ソーシャルメディアマーケティング事業を構成する主要サービスで
              ある(1)NINARY、(2)Ripre、(3)ポチカム、(4)to                         buyを総称した名称です。
           2.SNSアカウント運用は、2017年8月からサービスを開始しております。
           3.各サービスと株式会社glamfirst間の内部売上高は、調整後の金額を記載しております。
           4.  最近2連結会計年度及び第14期第3四半期連結累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績
              の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                           第12期             第13期          第14期第3四半期
                         連結会計年度             連結会計年度             連結累計期間
                       (自    2016年10月1日          (自    2017年10月1日          (自    2018年10月1日
              相手先
                        至   2017年9月30日)           至   2018年9月30日)           至   2019年6月30日)
                      金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)
         株式会社サイバー・
                        308,754                                  9.0
                                16.5     238,397        9.7     198,160
         コミュニケーションズ
         資生堂ジャパン
                        77,819                         173,248        7.8
                                4.2     268,266        11.0
         株式会社
           5.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  36/111






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。
         この連結財務諸表の作成にあたっては、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告
        金額及び開示に影響を与える見積りを必要としております。経営者は、これらの見積りに関して、過去の実績等を
        勘案し合理的に判断しておりますが、実際の結果は、見積りによる不確実性のため、これらの見積りと異なる可能
        性があります。
        ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        (1)経営成績
         経営状態の分析については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
        ローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要」に含めて記載しております。
        (2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
         経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標につきましては、「第2 事業の状況 1 経営方針、
        経営環境及び対処すべき課題等 (2)経営上目標とする客観的な指標」をご参照ください。当社グループでは売
        上高及び営業利益率を重視しております。引き続きこれらの指標について増加するよう取り組んでまいります。
        (3)経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
         当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」を
        ご参照ください。また、経営者の問題認識、今後の方針については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環
        境及び対処すべき課題等」をご参照ください。
        ③資本の財源及び資金の流動性

         当社グループは、更なる成長を図る為に、成長フェーズにあった組織体制の確立と優秀な人材の確保が必要であ
        り、今後も積極的な採用活動を継続して実施する方針です。当社グループの資金需要の一定割合は、人材及び事務
        所の拡充であり、必要な資金は自己資金及び新株発行による調達資金により充足することとしております。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

       第13期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
        当社グループが営んでいるソーシャルメディアマーケティング事業は、技術進歩が非常に早く、市場拡大する中で
       サービスの多様化が求められるため、学術界と連携し、SNSにおける投稿内容の向上と最適化を研究目的として、機
       械学習、深層学習等を用いたSNSの投稿内容の解析、投稿における各種レコメンデーションロジック等の研究に取り
       組んでおります。
        当連結会計年度における研究開発費の総額は25,252千円となっております。
       第14期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

        機械学習、深層学習等を用いたSNSの投稿内容の解析、投稿における各種レコメンデーションロジック等の研究に
       継続して取り組んでおります。また、SNSユーザーの情報を基に、エンゲージメントの予測・効果の向上を目的とし
       た研究やSNS上のコンテンツデータを利用し、ブランド毎の類似度を機械学習させることにより、商品等に対して影
       響力の強いユーザーの発見を行うという研究に取り組んでおります。
        当第3四半期連結累計期間における研究開発費の総額は22,944千円となっております。
                                  37/111




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第13期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
        当連結会計年度において実施した当社グループの設備投資の総額は26,802千円であります。その主なものは、新規
       社内システムの構築18,169千円、新規社内サーバ機器購入7,191千円であります。なお、当連結会計年度において重
       要な設備の除却、売却等はありません。
        当社グループはソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントであり、セグメント情報に関連付けた記
       載を行っておりません。
       第14期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

        当第3四半期連結累計期間において実施した当社グループの設備投資の総額は15,616千円であります。なお、当第
       3四半期連結累計期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
        当社グループはソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントであり、セグメント情報に関連付けた記
       載を行っておりません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                     2018年9月30日現在
                                     帳簿価額
        事業所名                                               従業員数
                  設備の内容               工具、器具
                         建物附属設備              ソフトウエア         合計
        (所在地)                                               (人)
                                 及び備品
                          (千円)              (千円)       (千円)
                                 (千円)
     本社、分室
                本社機能             39,463       12,963       14,141       66,568         80
     (東京都渋谷区)
      (注)   1.当社には休止中の設備はありません。
         2.金額には消費税等を含めておりません。
         3.本社、分室の建物は賃借物件であり、年間賃借料は60,081千円であります。
         4.セグメント情報について、当社はソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントであるため、記
           載しておりません。
       (2)国内子会社

         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (2019年7月31日現在)

       (1)重要な設備の新設等
                             投資予定金額
                                                  完了予定
      会社名                                 資金調達                 完成後の
           所在地       設備の内容                         着手時期
     事業所名                       総額    既支払額      方法                増加能力
                                                   時期
                            (千円)     (千円)
                本社増床(敷金、建物                                 2020年9月

                            152,049        -  増資資金     2020年1月            (注)4
                附属設備)                                  (注)3
     提出会社      東京都
     (本社)      渋谷区
                                       自己資金
                基幹システム            121,950        -   及び    2020年1月      2021年9月      (注)4
                                       増資資金
      (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         2.当社グループの事業セグメントは、ソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントであるため、
           セグメント別の記載は省略しております。
         3.2021年9月期・2022年9月期に関しては地代家賃・共益費のみの予定となっており、建物附属設備への投資
           は2020年9月に完了予定となります。
         4.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  38/111


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        12,000,000

                  計                             12,000,000

      (注)2019年2月14日開催の臨時株主総会決議により、2019年2月23日付で株式分割に伴う定款の変更を行い、発行可
         能株式総数は11,760,000株増加し、12,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                                     上場金融商品取引所名又は登録
             種類              発行数(株)                             内容
                                     認可金融商品取引業協会名
                                                     権利内容に何
                                                     ら限定のない
                                                     当社における
                                                     標準となる株
                            3,051,500
      普通株式                                非上場
                                                     式でありま
                                                     す。単元株式
                                                     数は100株であ
                                                     ります。
                            3,051,500
             計                               -            -
      (注)1.2019年2月6日開催の取締役会決議により、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行っ
           ております。これにより発行済株式数は2,990,470株増加し、3,051,500株となっております。
         2.2019年2月14日開催の臨時株主総会決議により、2019年2月23日付で定款の変更を行い、1単元を100株と
           する単元株制度を採用しております。
                                  39/111











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
        a.第1回新株予約権(2014年3月3日臨時株主総会決議)
      決議年月日                            2014年3月3日
                                  当社取締役                   3
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社従業員                  41(注)5.
      新株予約権の数(個)※                            10,810(注)1.
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                  普通株式     10,810    [540,500](注)1.4.
      内容及び数(株)※
                                  10,000    [200](注)2.4.
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※
      新株予約権の行使期間           ※                 自   2016年3月4日         至   2024年3月3日
                                  発行価格              10,000    [200]
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の
      株式の発行価格及び資本組入額(円)※
                                  資本組入額             5,000   [100](注)4.
      新株予約権の行使の条件            ※
                                  (注)3.
                                  新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要

      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                  -
      関する事項      ※
       ※   最近事業年度の末日(2018年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前
        月末現在(2019年7月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
        記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1.      新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は50株で
          あります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調
          整し、調整により生じる1株未満の端数はこれを切り捨てる。
           調整後付与株式数          =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割                     又は  株式併合を行う場合、それぞれの効力発生の時をもって次の算
          式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、新株予約権        の割当日後に      時価を下回る価額で新株式の発行               又は  自己株式の処分を行う場合は、次の算
          式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                        新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×                 調整前行使価額
                                      既発行株式数       +  新規発行株式数
        3.新株予約権の行使の条件
          ①各新株予約権の一部行使はできないものとする。
          ②新株予約権の割当を受けた者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社における取締役、監査役又
           は従業員の地位にあることを要する。
          ③その他の権利行使の条件は、当社取締役会において決定するものとする。
        4.2019年2月6日開催の取締役会決議により、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の割合で株式分割
          を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
          時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
          整されております。
        5.  付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締
          役3名、当社使用人10名となっております。
                                  40/111




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        b.第2回新株予約権(2016年9月23日臨時株主総会決議)
      決議年月日                            2016年9月23日
                                  当社従業員                  50(注)5.

      付与対象者の区分及び人数(名)
      新株予約権の数(個)※                            1,210(注)1.

      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                  普通株式     1,210   [49,500](注)1.4.
      内容及び数(株)※
                                  15,000    [300](注)2.4.
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※
      新株予約権の行使期間           ※                 自   2018年9月30日         至   2026年9月29日
                                  発行価格              15,000    [300]
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の
      株式の発行価格及び資本組入額(円)※
                                  資本組入額             7,500   [150](注)4.
      新株予約権の行使の条件            ※
                                  (注)3.
                                  新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要

      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                  -
      関する事項      ※
       ※   最近事業年度の末日(2018年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前
        月末現在(2019年7月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
        記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1.      新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は50株で
          あります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調
          整し、調整により生じる1株未満の端数はこれを切り捨てる。
           調整後付与株式数          =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割                     又は  株式併合を行う場合、それぞれの効力発生の時をもって次の算
          式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、新株予約権        の割当日後に      時価を下回る価額で新株式の発行               又は  自己株式の処分を行う場合は、次の算
          式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                        新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×                 調整前行使価額
                                      既発行株式数       +  新規発行株式数
        3.新株予約権の行使の条件
          ①各新株予約権の一部行使はできないものとする。
          ②新株予約権の割当を受けた者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社における取締役、監査役又
           は従業員の地位にあることを要する。
          ③その他の権利行使の条件は、当社取締役会において決定するものとする。
        4.2019年2月6日開催の取締役会決議により、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の割合で株式分割
          を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
          時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
          整されております。
        5.  付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社使用
          人25名となっております。
                                  41/111





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        c.第3回新株予約権(2018年5月31日臨時株主総会決議)
      決議年月日                            2018年5月31日
                                  当社取締役                   2
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社監査役                   1
      新株予約権の数(個)※                            950(注)1.
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                  普通株式     950  [47,500](注)1.5.
      内容及び数(株)※
                                  41,000    [820](注)2.5.
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※
      新株予約権の行使期間           ※                 自   2020年6月1日         至   2028年5月24日
                                  発行価格              41,000    [820]
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の
      株式の発行価格及び資本組入額(円)※
                                  資本組入額            20,500    [410](注)5.
      新株予約権の行使の条件            ※
                                  (注)3.
                                  新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要

      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                  (注)4.
      関する事項      ※
       ※   最近事業年度の末日(2018年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前
        月末現在(2019年7月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
        記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1.      新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は50株で
          あります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調
          整し、調整により生じる1株未満の端数はこれを切り捨てる。
           調整後付与株式数          =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割                     又は  株式併合を行う場合、それぞれの効力発生の時をもって次の算
          式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、新株予約権        の割当日後に      時価を下回る価額で新株式の発行               又は  自己株式の処分を行う場合は、次の算
          式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                        新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×                 調整前行使価額
                                      既発行株式数       +  新規発行株式数
        3.新株予約権の行使の条件
          ①各新株予約権の一部行使はできないものとする。
          ②新株予約権の割当を受けた者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社における取締役、監査役又
           は従業員の地位にあることを要する。
          ③その他の権利行使の条件は、当社取締役会において決定するものとする。
        4.組織再編に伴う新株予約権の取扱い
          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分
         割会社となる場合に限る。)又は株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
         る。)(以上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時
         点において残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合
         につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新
         株予約権を以下の条件に沿ってそれぞれ交付する。この場合においては、残存する新株予約権は消滅し、再編
         対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、本号の取扱いは、本号に定める条件に沿って再
         編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式
         交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
           残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
                                  42/111


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案の上、上記1に準じて決定する。
          ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整
          した再編後の行使価額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られる
          ものとする。
          ⑤新株予約権を行使することができる期間
           募集新株予約権で行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日か
          ら、募集新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
          ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
           (1)当社が消滅会社となる合併についての合併契約書、当社が完全子会社となる株式交換についての株式交
             換契約書又は株式移転の議案について株主総会の承認決議がなされた時は、再編対象会社は新株予約権
             を無償で取得することができる。
           (2)新株予約権の割当を受けた者が、当会社又は当社子会社における取締役、監査役又は従業員の地位を
             失った場合には、再編対象会社は当該取締役、監査役又は従業員の地位を失った者が有していた新株予
             約権の全部につき無償で取得することができる。
          ⑧新株予約権の行使条件
           募集新株予約権の行使期間            に準じて決定する。
          ⑨新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           (1)新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
             項に従い計算される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
             きは、その端数を切り上げるものとする。
           (2)新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記の資本金等増加
             限度額から上記(1)に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
        5.2019年2月6日開催の取締役会決議により、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の割合で株式分割
          を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
          時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
          整されております。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                  43/111








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
       2014年3月1日
                    59,400       60,000         -     15,000         -     15,000
        (注)1
       2014  年3月1日
                     1,030       61,030        5,150       20,150        5,150       20,150
        (注)2
       2019  年2月23日
                                     -              -
                   2,990,470       3,051,500                20,150              20,150
        (注)3
      (注)1.株式分割(1:100)によるものであります。
         2.有償第三者割当 発行価額10,000円 資本組入額5,000円
           割当先 当社役員1名、当社従業員1名
         3.株式分割(1:50)によるものであります。
       (4)【所有者別状況】

                                                     2019年7月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
                                                       式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     -     -      5     -     -      3      8   -
     所有株式数
                -     -     -    19,500       -     -    11,015      30,515     -
     (単元)
     所有株式数の割
                -     -     -    63.90       -     -    36.10     100.00     -
     合(%)
       (5)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2019年7月31日現在
               区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                             -        -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -        -           -

      議決権制限株式(その他)                             -        -           -

      完全議決権株式(自己株式等)                             -        -           -

                                普通株式
      完全議決権株式(その他)                                      30,515          -
                               3,051,500
      単元未満株式                             -        -           -
      発行済株式総数                         3,051,500            -           -

      総株主の議決権                             -         30,515          -

        ②【自己株式等】

         該当事項はありません。
                                  44/111





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        利益配分につきましては、当社は成長拡大の過程にあり、経営基盤の長期安定に向けた財務体質の強化及び事業の
       継続的な拡大発展を目指すため、内部留保の充実が重要であると考え、会社設立以来配当は実施しておらず、今後に
       おいても当面の間は、内部留保の充実を図る方針であります。
        しかしながら、株主利益の最大化を重要な経営目標の一つとして認識しており、今後の株主への利益配当につきま
       しては、業績の推移・財務状況、今後の事業・投資計画等を総合的に勘案し、内部留保とのバランスをとりながら検
       討していく方針でありますが、現時点において、配当実施の可能性及び実施時期等については、未定であります。
        内部留保資金につきましては、経営基盤を長期的に安定させるための財務体質の強化及び将来の継続的な事業展開
       を実現するための資金として、有効に活用していくことを方針としております。
        なお、剰余金の配当を行う場合には、年1回の期末配当を基本方針としており、配当の決定機関は株主総会であり
       ます。また、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当を取締役会の決議によって行うことができる旨を定款
       に定めております。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  45/111










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性7名 女性2名 (役員のうち女性の比率22%)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴           任期
                                                         (株)
                                  1997年4月 興和株式会社入社
                                  1999年1月 株式会社サイバーエージェ
                                        ント入社
                                  2005年8月 同社広告事業本部担当執行
     代表取締役社長               髙村 彰典      1974年4月5日生             役員就任
               -                                     (注)3     1,011,500
                                  2005年12月 同社取締役就任
                                  2006年4月 当社取締役就任
                                  2010年10月 当社代表取締役社長就任(現
                                        任)
                                  2000年4月 株式会社三井住友銀行入行
                                  2004年3月 株式会社サイバーエージェ
     常務取締役         -     近田 哲昌      1977年10月18日生             ント入社            (注)3      50,000
                                  2011年3月 当社取締役就任
                                  2016年1月 当社常務取締役就任(現任)
                                  2003年4月 株式会社三井住友銀行入行
                                  2005年11月 株式会社サイバーエージェ
                                        ント入社
     取締役         -     和田 瑞樹      1979年7月28日生                         (注)3      40,000
                                  2010年4月 当社監査役就任
                                  2010年10月 当社取締役就任(現任)
                                  1987年1月 株式会社リョーマ入社
                                  1994年1月 ファミリービズ株式会社取
                                        締役就任
                                  1998年6月 時刻表情報サービス株式会
                                        社取締役就任
                                  1999年6月 同社代表取締役就任
                                  2004年7月 株式会社ザッパラス取締役
                                        就任
                                  2011年6月 株式会社enish取締役就任
                                  2016年3月 KLab株式会社社外取締役
                                        (監査等委員)就任(現
                                        任)
     取締役               松本 浩介      1967年6月2日生
               -                                     (注)3        -
                                  2016年3月 ピクスタ株式会社社外取締
                                        役就任
                                  2016年5月 株式会社スタジオアタオ社
                                        外取締役(監査等委員)就
                                        任(現任)
                                  2018年6月 当社取締役就任(現任)
                                  2018年6月 株式会社キッズライン社外
                                        取締役就任(現任)
                                  2019年3月 ピクスタ株式会社社外取締
                                        役(監査等委員)就任(現
                                        任)
                                  1997年4月 株式会社フジテレビジョン
                                        入社
                                  2005年8月 フィデリティ投信株式会社
                                        入社
     取締役         -     蓮見 麻衣子       1974年9月9日生                         (注)3        -
                                  2009年7月 有限会社エバーリッチア
                                        セットマネジメント入社
                                        (現任)
                                  2018年6月 当社取締役就任(現任)
                                  46/111





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴           任期
                                                         (株)
                                  2000年4月 株式会社フェイス入社
                                  2005年6月 同社取締役就任
                                  2006年4月 ギガネットワークス株式会
                                        社(現 株式会社フェイス・
                                        ワンダワークス)代表取締役
                                        社長就任
                                  2010年8月 株式会社デジタルガレージ
                                        顧問就任
                                  2010年8月 株式会社DGモバイル代表取
                                        締役社長就任
                                  2010年9月 株式会社デジタルガレージ
                                        取締役就任
                                  2012年4月 ベリトランス株式会社取締
                                        役就任(現任)
                                  2012年4月 ナビプラス株式会社取締役
                                        就任
                                  2012年9月 株式会社デジタルガレージ
                                        取締役   ペイメント・セグメ
                                        ント(現 フィナンシャルテ
                                        クノロジー・セグメント)管
                                        掌就任
                                  2012年9月 econtext         Asia  Limited
                                        Director    就任(現任)
                                  2013年10月 株式会社イーコンテクスト
                                        代表取締役社長就任(現
                                        任)
                                  2015年9月 株式会社DGインキュベー
                                        ション取締役就任
                                  2015年10月 株式会社アイリッジ取締役
     取締役         -      踊 契三      1970年5月10日生                         (注)3        -
                                        就任(現任)
                                  2016年7月 株式会社DG          Daiwa   Ventures
                                        代表取締役就任
                                  2016年8月 株式会社DK          Media代表取締
                                        役社長就任(現任)
                                  2016年9月 株式会社DG          Technologies取
                                        締役就任(現任)
                                  2016年9月 株式会社デジタルガレージ
                                        取締役   兼 上席執行役員
                                        SEVP  フィナンシャルテクノ
                                        ロジー・セグメント管掌就
                                        任
                                  2017年6月 株式会社DK          Gate代表取締役
                                        社長就任(現任)
                                  2018年6月 株式会社DGマーケティング
                                        デザイン取締役就任
                                  2018年10月 株式会社デジタルガレージ
                                        取締役   兼 上席執行役員
                                        SEVP  フィナンシャルテクノ
                                        ロジー・セグメント管掌          兼
                                        マーケティングテクノロ
                                        ジー・セグメント管掌(現
                                        任)
                                  2019年1月 TDペイメント株式会社取締
                                        役就任(現任)
                                  2019年2月 当社取締役就任(現任)
                                  2019年6月 株式会社DG          Daiwa   Ventures
                                        取締役就任(現任)
                    礒村 奈穂               2008年12月 あずさ監査法人(現 有限
     常勤監査役             (戸籍名:        1986年1月8日生             責任あずさ監査法人)入所
               -                                     (注)4        -
                    田嶋 奈穂)                2017年12月 当社常勤監査役就任(現任)
                                  47/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴           任期
                                                         (株)
                                  1983年4月 アーサーアンダーセン会計
                                        事務所入所
                                  1989年3月 都会計事務所(現税理士法
                                        人アルタス)設立       所長就任
                                        (現任)
                                  1990年8月 株式会社アルタス設立              代表
                                        取締役就任(現任)
                                  2003年9月 株式会社マクロミル社外監
                                        査役就任
                                  2006年12月 株式会社アイスタイル社外
     監査役         -      都 賢治      1959年11月14日生                         (注)4        -
                                        監査役就任(現任)
                                  2011年3月 トレンダーズ株式会社社外
                                        監査役就任(現任)
                                  2011年7月 株式会社チームスピリット
                                        社外取締役就任(現任)
                                  2013年6月 株式会社グロービス監査役
                                        就任(現任)
                                  2015年11月 株式会社グライダーアソシ
                                        エイツ社外監査役就任
                                  2018年6月 当社監査役就任(現任)
                                  2000年   弁護士登録(第二東京弁護
                                        士会)
                                  2009年1月 森・濱田松本法律事務所
                                        パートナー
                                  2009年4月 青山学院大学法科大学院客
                                        員教授
                                  2011年10月 株式会社enish監査役就任
                                        (現任)
                                  2015年1月 潮見坂綜合法律事務所パー
                                        トナー(現任)
                                  2015年11月 ウォンテッドリー株式会社
                                        社外取締役(監査等委員)就
     監査役         -     吉羽 真一郎       1973年11月4日生                         (注)4        -
                                        任(現任)
                                  2017年5月 株式会社スタジオアタオ社
                                        外取締役(監査等委員)就任
                                        (現任)
                                  2018年6月 当社監査役就任(現任)
                                  2018年7月 株式会社キッズライン社外監
                                        査役就任(現任)
                                  2019年4月 株式会社ハマイ社外監査役就
                                        任(現任)
                                  2019年6月 フリュー株式会社社外監査役
                                        就任(現任)
                              計                           1,101,500
      (注)1.取締役松本浩介、蓮見麻衣子及び踊契三は、社外取締役であります。
         2.監査役礒村奈穂、都賢治及び吉羽真一郎は、社外監査役であります。
         3.2019年2月14日開催の臨時株主総会終結の時から、2020年9月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
           ます。
         4.2019年2月14日開催の臨時株主総会終結の時から、2022年9月期に係る定時株主総会の終結の時まで                                                であり
           ます。
         5.  当社は執行役員制度を導入しております。執行役員は以下のとおりであります。
                     職名                    氏名
                 営業本部担当執行役員                      三木 佑太
               システム開発本部担当執行役員                         金森 紘

                事業開発本部担当執行役員                        辻 孝明

            子会社(株式会社glamfirst)代表取締役                     宮本 悠加(戸籍名:東田 悠加)

                                  48/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、「コミュニケーションを価値に変え、世の中を変える。」というビジョンに基づき、当社が継続的に成
        長していくためには、各ステークホルダーから継続的な信頼を得ることが重要であると認識しております。
         また、内部統制管理を徹底し、コーポレート・ガバナンスの充実を図るとともに、積極的かつ迅速な情報開示に
        よる透明性・健全性の向上と、市場の変化、経営環境の変化に対応できるような組織体制の継続的な強化・改善に
        努めております。
        ②企業統治の体制の概要及びその理由

         コーポレート・ガバナンスの仕組みは、その時点で会社の目的達成に最適と思われる仕組みを採用することとし
        ています。従って、社会環境・法的環境の変化に伴い適宜見直すこととしています。
         当社は、会社法に定める機関として、株主総会、取締役会、監査役会、会計監査人を設置しております。事業に
        精通した取締役を中心とする取締役会が経営の基本方針や業務執行に関する重要事項を決定し、監査役会が中立的
        な立場から取締役会の職務執行を監査する体制が、経営の効率性と健全性の観点から妥当であるとの判断により、
        監査役会設置会社を採用しております。また、機動的な経営のため、常勤取締役、常勤監査役及び執行役員にて構
        成された役員会を設置し、取締役会で定められた事項を除く重要な業務の執行を決定しております。
         当社の機関及び内部統制の概要

        a.取締役会







          当社の取締役会は、取締役6名(うち社外取締役3名)により構成されており、毎月1回の定時取締役会を開
         催するほか、迅速かつ的確な意思決定を確保するため、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。
          取締役会では、法定事項の決議、経営に関する重要事項の決定及び業務執行の監督等を行っております。ま
         た、取締役の職務執行の適正性を監査するため、監査役3名につきましても出席しております。
        b.監査役会

          当社の監査役会は、常勤監査役1名、非常勤監査役2名の3名により構成されており、3名全員が社外監査役
         であります。原則、毎月1回の監査役会を開催し、監査内容の共有を図っております。
          各監査役は、監査役会で定めた監査の基本方針・監査計画に従い、取締役会と役員会への出席、重要な決裁書
         類等の閲覧及び内部監査担当者の報告や関係者の聴取などにより、取締役の業務執行及び内部統制についての監
         査を実施しております。
                                  49/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        c.役員会
          当社の役員会は、常勤取締役3名、執行役員4名、常勤監査役1名により構成されており、経営に関する重要
         事項の討議の他、当社運営に関する全社的・総括的なリスク管理の報告及び対応策の検討の場として、毎週1回
         開催されております。
        d.内部監査担当者

          当社は、現在の組織規模に鑑み独立した内部監査室は設置しておりませんが、代表取締役の指名した内部監査
         担当者2名により、全部門を対象に業務監査を計画的に実施しております。当該結果については、代表取締役に
         直接報告され、後日、改善状況の確認のため、フォローアップ監査を行っております。
          なお、自己監査を回避するために、社長室に属する1名が社長室以外の全部門の監査を担当し、経営本部に属
         する1名が社長室の監査を担当することで、監査の独立性を確保しております。
        e.リスク・コンプライアンス委員会

          当社は、当社の経営に悪影響を及ぼす恐れのあるリスクの低減、回避等の危機管理体制を構築するとともに、
         コンプライアンス活動に必要な情報の共有を図るため、リスク・コンプライアンス委員会を設置しております。
         同委員会は、常勤取締役3名、常勤監査役1名、及び必要に応じて指名された従業員により構成されており、四
         半期に1回開催されております。
        ③内部統制システムの整備状況

         当社は、内部統制システムの整備に関する基本方針について、次のとおり定めております。
         a.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保する体制
          ・コンプライアンスに関する教育・研修を適宜開催し、コンプライアンス意識の維持・向上を図る。
          ・法令違反行為等に関する内部通報制度を運用し、問題の早期発見・未然防止を図るとともに、通報者に対す
           る不利益な扱いを禁止する。
          ・内部監査担当者及び監査役は、取締役及び使用人の職務の執行が法令、定款、諸規程に適合しているか、会
           社の業務の適正が確保されているか監査する。
          ・反社会的勢力排除規程に基づき、反社会的勢力と一切の関わりを持たず、不当な要求を排除する。また、警
           察、弁護士等と緊密な連携体制を構築することに努める。
         b.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

           取締役の職務執行に係る情報については、法令、機密情報取扱規程、文書取扱規程等の社内規程に従い、適
          切に保存及び管理を行う。
         c.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          ・コンプライアンスの状況に関して継続的なモニタリングを行い、リスクの早期発見と未然防止に努める。
          ・危機発生時には、リスク管理規程に従い、対策本部等を設置し、社内外への適切な情報伝達を含め、当該危
           機に対して適切かつ迅速に対処する。
         d.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          ・取締役会規程、業務分掌規程、職務権限規程を定め、取締役の職務及び権限、責任の明確化を図る。
          ・取締役会は、法定事項の決議、経営に関する重要事項の決定及び業務執行の監督等を行うものとし、毎月1
           回開催する。また、取締役会の他、会社の機動的な経営のため、役員会を毎週1回開催し、取締役会で定め
           られた事項を除く重要な事項について、効果的な経営執行を行う。
         e.当社並びにその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

          ・当社は、当社グループ全体のコンプライアンス、リスクマネジメント体制の構築に努める。
          ・当社は、当社グループの管理に関する関係会社管理規程に従い、当社グループ全体の業務の円滑化と管理の
           適正化を図る。
         f.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

           当社は補助すべき使用人を置いた場合、当該使用人は監査役の指揮命令下で監査役補助業務を遂行する。ま
          た、当該使用人の人事異動、評価等の人事処遇に関する事項については、事前に監査役の同意を得た上で決定
          するものとし、取締役及び上司その他の者からの独立性を確保する。
                                  50/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         g.取締役及び使用人が監査役に報告するための体制
          ・監査役は、重要な意思決定のプロセスや業務執行状況を把握するため、取締役会のほか役員会及び希望する
           任意の会議に出席し、又は取締役及び使用人から業務執行状況の報告を求めることができ、取締役及び使用
           人は、これに応じて速やかに報告する。
          ・監査役は、必要があると認めたときは、取締役及び使用人に対し事業の報告を求め、又は会社の業務及び財
           産の状況を調査する。
         h.監査役に報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを受けないことを確保するための

           体制
           当社は、監査役への報告を行ったことを理由として、当該報告をした者に対し、解雇・懲戒処分その他の不
          利な取り扱いを行わないよう周知・徹底する。
         i.監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用

           又は債務の処理に係る方針に関する事項
           監査役が、その職務の執行について生ずる費用の前払又は償還等の請求をしたときは、当該監査役の職務の
          執行に必要でないと合理的に認められる場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理する。
         j.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

          ・監査役は、代表取締役と定期的に会合をもち、代表取締役の経営方針を確かめるとともに、会社が対処すべ
           き課題、会社を取り巻くリスク、監査上の重要課題等について意見を交換し、代表取締役との相互認識と信
           頼関係を深めるよう努める。
          ・監査役は、会計監査人及び内部監査担当者と定期的に情報交換を行い、相互の連携を図る。
        ④リスク管理体制の整備の状況

         当社は、市場、情報セキュリティ、環境、労務、サービスの品質・安全等さまざまな事業運営上のリスクについ
        て、「リスク管理規程」を制定し、リスクに対する基本的な方針や管理方法を明確にすることにより、リスクの早
        期発見と未然防止に努めております。また、外部の顧問弁護士等の専門家を通報窓口とする内部通報制度を制定
        し、法令違反や不正行為に関する通報等について、適正な処理の仕組みを定めることで、不正行為等による不祥事
        の防止及び早期発見を図っております。
        ⑤内部監査及び監査役監査の状況

         内部監査担当者は、内部監査を実施する過程で検出された事項について、必要に応じて監査役と意見交換を行
        い、監査役と協同して監査を実施する等の対応をしております。内部監査の結果については、常勤監査役から監査
        役会に報告される他、内部監査担当者が四半期に1度、監査役会へ出席し意見交換を行っております。
         また、内部監査担当者及び監査役は、会計監査人と四半期に1度、三者間ミーティングの場を設けて意見交換を
        行い、内部監査結果及び監査役監査結果の報告を行い、会計監査人に対して会計監査の過程で検出された事項につ
        いて報告を求め、対処するなど、監査の実効性確保に努めております。
         さらに、内部監査や監査役監査及び内部統制に関する状況については、定期的に監査役から社外取締役へ共有を
        行い、社外取締役による取締役会での牽制体制が有効となるよう努めております。
        ⑥社外取締役及び社外監査役

         当社は社外取締役を3名、社外監査役を3名選任しており、社外監査役は常勤監査役1名と非常勤監査役2名で
        構成されております。当社の社外取締役及び社外監査役はそれぞれが専門的な知識を有しており、専門的な観点及
        び第三者としての観点から客観的・中立的に経営全般を監査・監督し、当社経営陣への監督機能・牽制機能として
        重要な役割を果たしております。
         社外取締役の松本浩介は、会社の経営に関する豊富な知識と当社事業分野への知見を有しております。なお、
        KLab株式会社の社外取締役(監査等委員)、ピクスタ株式会社の社外取締役(監査等委員)及び株式会社スタジオ
        アタオの社外取締役(監査等委員)ですが、これらと当社の間に営業取引はありません。また当社と社外取締役松
        本浩介の間で、人的関係、資本的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
         社外取締役蓮見麻衣子は、スタンフォード大学経営大学院においてMBAを取得しており、会社の経営に関する豊
        富な知識とファンドマネージャーとしての職務を通じて培われた金融アナリストとしての高い見識を有しておりま
        す。当社と社外取締役蓮見麻衣子の間で、人的関係、資本的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
         社外取締役の踊契三は、会社の経営に関する豊富な知識と当社事業分野への知見を有しております。なお、ベリ
        トランス株式会社の取締役、econtext                  Asia   LimitedのDirector、株式会社イーコンテクストの代表取締役社長、
        株式会社アイリッジの取締役、株式会社DG                    Daiwa   Venturesの取締役、株式会社DK               Mediaの代表取締役社長、株式
        会社DG    Technologiesの取締役、株式会社DK                 Gateの代表取締役社長、TDペイメント株式会社の取締役及び株式会社
                                  51/111


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        デジタルガレージの取締役であり、株式会社デジタルガレージは、当社のその他の関係会社に該当し、当社との間
        で営業取引を行っております。その他には当社と社外取締役踊契三の間で、人的関係、資本的関係、取引関係及び
        そ の他の利害関係はありません。
         社外監査役の礒村奈穂(戸籍名:田嶋奈穂)は、公認会計士としての職務を通じて培われた財務・会計に関する
        専門的な知識及び豊富な経験を有しております。当社と社外監査役礒村奈穂の間で、人的関係、資本的関係、取引
        関係及びその他の利害関係はありません。
         社外監査役都賢治は、税理士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。当
        社と社外監査役都賢治の間で、人的関係、資本的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
         社外監査役吉羽真一郎は、弁護士の資格を有しており、企業法務やコンプライアンスに精通していることから法
        律的側面からの意見具申等を行っております。当社と社外監査役吉羽真一郎の間で、人的関係、資本的関係、取引
        関係及びその他の利害関係はありません。
         なお、当社は社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基本方針は定めておりませんが、豊富
        な知識や経験に基づく客観的な視点を有する者であること等を重視し、一般株主と利益相反の生じるおそれのない
        社外取締役及び社外監査役の選任に努めております。
        ⑦役員報酬等

        a.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                  報酬等の総額
         役員区分                                             役員の員数
                                ストック
                   (千円)
                          基本報酬               賞与      退職慰労金        (人)
                                オプション
     取締役
     (社外取締役を除               54,100       54,100         -       -       -        3
     く。)
     監査役
     (社外監査役を除                 -       -       -       -       -       -
     く。)
     社外取締役                1,200       1,200         -       -       -        2
     社外監査役                5,800       5,800         -       -       -        3

        b.報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        c.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

          該当事項はありません。
        d.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

          当社は、役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりませんが、株主総会で定められ
         た報酬限度額内において、取締役会又は監査役会に一任し、決定しております。
        ⑧会計監査の状況

         当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、勢志元氏、滝野恭司氏、中山太一氏の3名であり、有限責任監査
        法人トーマツに所属しております。また、会計監査業務にかかる補助者の構成は、公認会計士3名、その他8名で
        あります。なお、継続監査年数が7年以内のため、年数の記載を省略しております。
        ⑨責任限定契約の内容の概要

         当社は、定款において、役員との間で責任限定契約を締結することを可能とする旨の規定を定めており、当社と
        各社外取締役及び各社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限
        定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、同法第425条第1項に定める最低責
        任限度額としております。なお、当該責任限定が認められるのは社外取締役及び社外監査役が職務を行うにつき善
        意でかつ重大な過失がない時に限られます。
                                  52/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑩取締役の定数
         当社の取締役は10名以内とする旨を定款に定めております。
        ⑪ 取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1
        以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。なお、
        累積投票制度は採用しておりません。
        ⑫ 中間配当に関する事項

         当社は、株主への利益還元を機動的に行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によっ
        て、毎年3月31日を基準日として中間配当を行う事ができる旨を定款に定めております。
        ⑬ 株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議については、議決権を行使することができる株主の
        議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行
        う旨を定款に定めております。
        ⑭株式の保有状況

        (ア)   投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
          該当事項はありません。
        (イ)   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

          的
          前事業年度(2017年9月30日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(2018年9月30日)
           該当事項はありません。
        (ウ)   保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並び

          に当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
          該当事項はありません。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                           最近連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
        提出会社              6,000             -         11,500             500

       連結子会社                -           -           -           -

         計            6,000             -         11,500             500

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
                                  53/111




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          当社の監査公認会計士等に対する報酬のうち、非監査業務の内容は、会計事項                                     及び  情報開示に関する助言・指
         導等です。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、会社の規模、業務内容、監査日数等を考
         慮して決定しております。
                                  54/111

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に
        基づいて作成しております。
       (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府
        令第64号)に基づいて作成しております。
       (3)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づい
        て作成しております。
      2.監査証明について

       (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2016年10月1日から2017年9月
       30日まで)及び当連結会計年度(2017年10月1日から2018年9月30日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2016
       年10月1日から2017年9月30日まで)及び当事業年度(2017年10月1日から2018年9月30日まで)の財務諸表につい
       て、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております                            。
       (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年4月1日から
       2019年6月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年10月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財
       務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応する事ができる体制を整備するため、監査法人及び
       専門的知識を有する団体等が主催するセミナーへの参加等積極的な情報収集に努めております。
                                  55/111













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        348,932              524,626
         現金及び預金
                                        318,585              383,568
         受取手形及び売掛金
                                         3,449              62,875
         電子記録債権
                                         2,332               907
         貯蔵品
                                         6,178              21,328
         繰延税金資産
                                         16,684              42,795
         その他
                                        696,162             1,036,102
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         54,284              54,598
          建物附属設備
                                        △ 10,895             △ 15,135
            減価償却累計額
            建物附属設備(純額)                             43,389              39,463
          工具、器具及び備品                               9,195              17,513
                                        △ 2,518             △ 4,550
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              6,676              12,963
                                         50,066              52,426
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,064              14,141
          ソフトウエア
                                         10,671                -
          その他
                                         12,736              14,141
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         6,917              5,079
          繰延税金資産
                                           525               -
          破産更生債権等
                                         49,185              53,157
          敷金及び保証金
                                         △ 525               -
          貸倒引当金
                                         56,103              58,236
          投資その他の資産合計
                                        118,906              124,805
         固定資産合計
                                        815,068             1,160,907
       資産合計
                                  56/111









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        142,039              168,819
         買掛金
                                         50,081              117,516
         未払金
                                         20,682              61,145
         未払法人税等
                                         88,757              134,802
         その他
                                        301,560              482,283
         流動負債合計
                                        301,560              482,283
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         20,150              20,150
         資本金
                                         20,150              20,150
         資本剰余金
                                        473,207              638,323
         利益剰余金
                                        513,507              678,623
         株主資本合計
                                        513,507              678,623
       純資産合計
      負債純資産合計                                   815,068             1,160,907
                                  57/111














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結会計期間
                                 (2019年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        709,454
         現金及び預金
                                        477,235
         受取手形及び売掛金
                                         29,658
         電子記録債権
                                         1,292
         貯蔵品
                                         32,082
         その他
                                       1,249,724
         流動資産合計
       固定資産
                                         54,564
         有形固定資産
                                         15,802
         無形固定資産
                                         75,667
         投資その他の資産
                                        146,033
         固定資産合計
                                       1,395,758
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        152,109
         買掛金
                                        109,528
         未払金
                                         81,376
         未払法人税等
                                        146,652
         その他
                                        489,666
         流動負債合計
                                        489,666
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         20,150
         資本金
                                         20,150
         資本剰余金
                                        865,791
         利益剰余金
                                        906,091
         株主資本合計
                                        906,091
       純資産合計
                                       1,395,758
      負債純資産合計
                                  58/111










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                       1,865,885              2,446,947
      売上高
                                        933,696             1,140,117
      売上原価
                                        932,189             1,306,830
      売上総利益
                                     ※1 , ※2 790,572          ※1 , ※2 1,073,124
      販売費及び一般管理費
                                        141,617              233,706
      営業利益
      営業外収益
                                         6,793              1,206
       受取補償金
                                         1,926                40
       その他
                                         8,720              1,247
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,500                -
       支払手数料
                                            ▶              0
       その他
                                         2,504                0
       営業外費用合計
                                        147,832              234,953
      経常利益
      特別利益
                                           -             2,800
       事業譲渡益
                                           -             2,800
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※3 10,458
                                                         -
       減損損失
                                         10,458                -
       特別損失合計
                                        137,373              237,753
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   44,708              85,950
                                         10,005             △ 13,312
      法人税等調整額
                                         54,713              72,637
      法人税等合計
                                         82,660              165,115
      当期純利益
                                         82,660              165,115
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  59/111










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                         82,660              165,115
      当期純利益
                                         82,660              165,115
      包括利益
      (内訳)
                                         82,660              165,115
       親会社株主に係る包括利益
                                  60/111


















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
          【四半期連結損益計算書】
           【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年10月1日
                                至 2019年6月30日)
                                       2,193,954
      売上高
                                        897,728
      売上原価
                                       1,296,225
      売上総利益
                                        941,959
      販売費及び一般管理費
                                        354,266
      営業利益
      営業外収益
                                           190
       その他
                                           190
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,000
       株式公開費用
                                            ▶
       その他
                                         2,004
       営業外費用合計
                                        352,452
      経常利益
      特別利益
                                         5,155
       債務免除益
                                         5,155
       特別利益合計
                                        357,607
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   124,655
                                         5,484
      法人税等調整額
                                        130,140
      法人税等合計
                                        227,467
      四半期純利益
                                        227,467
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                  61/111











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【四半期連結包括利益計算書】
           【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年10月1日
                                至 2019年6月30日)
                                        227,467
      四半期純利益
                                        227,467
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        227,467
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                  62/111

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
                                                      (単位:千円)
                                  株主資本
                                                      純資産合計
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高
                        20,150        20,150        390,547        430,847        430,847
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期純利
                                         82,660        82,660        82,660
      益
     当期変動額合計                     -        -       82,660        82,660        82,660
     当期末残高                   20,150        20,150        473,207        513,507        513,507
          当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

                                                      (単位:千円)
                                  株主資本
                                                      純資産合計
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高                   20,150        20,150        473,207        513,507        513,507
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期純利
                                        165,115        165,115        165,115
      益
     当期変動額合計                     -        -      165,115        165,115        165,115
     当期末残高
                        20,150        20,150        638,323        678,623        678,623
                                  63/111













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        137,373              237,753
       税金等調整前当期純利益
                                         9,294              12,365
       減価償却費
                                         10,458                -
       減損損失
       事業譲渡損益(△は益)                                    -            △ 2,800
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 21,298             △ 124,409
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 1,008              1,424
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 3,028              26,780
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 14,123              67,435
       未払費用の増減額(△は減少)                                  13,099               4,174
       前受金の増減額(△は減少)                                 △ 29,035              45,576
                                         45,725             △ 25,765
       その他
                                        147,458              242,535
       小計
                                        △ 59,612             △ 45,487
       法人税等の支払額
                                         87,845              197,048
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,800                -
       事業譲渡による収入
                                        △ 19,588              △ 8,632
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 13,771              △ 7,498
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 19,064              △ 5,223
       敷金及び保証金の差入による支出
                                        △ 49,624             △ 21,354
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -              -
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   38,221              175,694
                                        310,711              348,932
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 348,932              ※ 524,626
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  64/111











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           1.連結の範囲に関する事項
            すべての子会社を連結しております。
              連結子会社の名称
               株式会社glamfirs        •
               株式会社ドゥーガ
               当連結会計年度において、            株式会社glamfirs        t及び株式会社ドゥーガは新規設立により、連結子会
              社に含めております。
           2.連結子会社の事業年度等に関する事項

            すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
           3.会計方針に関する事項

            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             たな卸資産
              貯蔵品  個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
                   定)を採用しております。
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ 有形固定資産
              定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物附属設備 8年~15年
              工具、器具及び備品 4年~8年
             ロ 無形固定資産

              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(3年)に基づいておりま
              す。
            (3)重要な引当金の計上基準

             貸倒引当金
              債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
              ついては、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
            (4)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わ
             ない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
            (5)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

              消費税等の会計処理
               消費税等の会計処理は税抜処理によっております。
                                  65/111






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
           1.連結の範囲に関する事項
            すべての子会社を連結しております。
              連結子会社の名称
               株式会社glamfirs        •
               なお  、前連結会計年度において連結子会社でありました                        株式会社ドゥーガ        は清算したため、連結の
              範囲から除いております。
           2.連結子会社の事業年度等に関する事項

            すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
           3.会計方針に関する事項

            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             たな卸資産
              貯蔵品  個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
                   定)を採用しております。
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ 有形固定資産
              定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物附属設備 3年~15年
              工具、器具及び備品 4年~8年
             ロ 無形固定資産

              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(3年)に基づいておりま
              す。
            (3)重要な引当金の計上基準

             貸倒引当金
              債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
              ついては、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。なお、当連結会計年度
              においては、貸倒実績はなく、また貸倒懸念債権等もないため、貸倒引当金を計上しておりません。
            (4)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わ
             ない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
            (5)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

              消費税等の会計処理
               消費税等の会計処理は税抜処理によっております。
                                  66/111






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (未適用の会計基準等)
          前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          1.税効果会計に係る会計基準の適用指針等
          ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」                     (企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日改正 企業会計
          基準委員会)
          ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」                        (企業会計基準適用指針第26号 2018年2月16日最終改
          正 企業会計基準委員会)
          (1)  概要
           個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類1)に該当す
          る企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われております。
          (2)  適用予定日
           2019年9月期の期首より適用予定であります。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響
           連結財務諸表に与える影響額については、発生しない見込みであります。
          2.収益認識に関する会計基準等

          ・「収益認識に関する会計基準」               (企業会計基準第29号          2018年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」                     (企業会計基準適用指針第30号              2018年3月30日 企業会計基準委
          員会)
          (1)  概要
           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な
          会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBに
          おいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は
          2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益
          認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
           企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整
          合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れるこ
          とを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項
          目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
          (2)  適用予定日
           2022年9月期の期首より適用予定であります。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響
           連結財務諸表に与える影響額は、評価中であります。
                                  67/111








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結損益計算書関係)
          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2016年10月1日                  (自 2017年10月1日
                              至 2017年9月30日)                  至 2018年9月30日)
     減価償却費                                6,226千円                  6,520千円
     給料及び手当                               315,312                  401,554
     貸倒引当金繰入額                                △155                   -
          ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2016年10月1日                  (自 2017年10月1日
                              至 2017年9月30日         )        至 2018年9月30日         )
     研究開発費                                  -千円               25,252千円
          ※3    減損損失

             前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
              当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
                   場所          用途          種類
              本社(東京都渋谷区)              事業用資産       ソフトウエア

              当社グループは、原則として、事業用資産については管理会計上の区分及び投資の意思決定を基礎と
             して継続的に収支の把握がなされている単位でグルーピングを行っております。
              当連結会計年度において、資産又は資産グループが当初予定していた収益を見込めなくなったため、
             回収可能性を考慮した上で、回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(10,458千円)として特
             別損失に計上しました。
              なお、当資産グループの回収可能価額は使用価値によって測定し、使用価値は将来キャッシュ・フ
             ローがマイナスの場合、回収可能価額を零として評価しております。
             当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

              該当事項はありません。
                                  68/111










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                       61,030           -         -       61,030

             合計                61,030           -         -       61,030

           2.自己株式に関する事項

            該当事項はありません。
           3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

            該当事項はありません。
           4.配当に関する事項

            該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                       61,030           -         -       61,030

             合計                61,030           -         -       61,030

           2.  自己株式に関する事項

            該当事項はありません。
           3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

            該当事項はありません。
           4.配当に関する事項

            該当事項はありません。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2016年10月1日                  (自 2017年10月1日
                              至 2017年9月30日)                  至 2018年9月30日)
     現金及び預金勘定                               348,932千円                  524,626千円
     現金及び現金同等物                               348,932                  524,626
                                  69/111





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、必要な資金は主に自己資金で賄って
             おります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である受取手形及び売掛金並びに電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。
              営業債務である買掛金及び未払金は、そのほとんどが1ヶ月以内の支払期日であります。これらは支
             払期日に支払いを実行できなくなる流動性リスクに晒されております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社は、取引先審査・与信管理ガイドラインに従い、取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引
             相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を
             図っております。連結子会社についても、当社の取引先審査・与信管理ガイドラインに準じて、同様の
             管理を行なっております。
             ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社は、各事業部からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許
             流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。連結子会社においても同様の管理を行なっ
             ております。
           2.金融商品の時価等に関する事項

             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          348,932            348,932              -

      (2)受取手形及び売掛金                          318,585            318,585              -
      (3)電子記録債権                           3,449            3,449             -
       資産計                         670,966            670,966              -

      (1)買掛金                          142,039            142,039              -

      (2)未払金                           50,081            50,081              -
      (3)未払法人税等                           20,682            20,682              -
       負債計                         212,802            212,802              -

     (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          (1)  現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、(3)電子記録債権
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
         負 債

          (1)  買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

           該当事項はありません。
                                  70/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      348,932            -         -         -

      受取手形及び売掛金                      318,585            -         -         -
      電子記録債権                       3,449           -         -         -
             合計               670,966            -         -         -

           4.社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

             該当事項はありません。
                                  71/111
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、必要な資金は主に自己資金で賄って
             おります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である受取手形及び売掛金並びに電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。
              営業債務である買掛金及び未払金は、そのほとんどが1ヶ月以内の支払期日であります。これらは支
             払期日に支払いを実行できなくなる流動性リスクに晒されております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ①   信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社は、取引先審査・与信管理ガイドラインに従い、取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引
             相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を
             図っております。連結子会社についても、当社の取引先審査・与信管理ガイドラインに準じて、同様の
             管理を行なっております。
             ②  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社は、各事業部からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許
             流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。連結子会社においても同様の管理を行なっ
             ております。
           2.金融商品の時価等に関する事項

             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          524,626            524,626              -

      (2)受取手形及び売掛金                          383,568            383,568              -
                                            62,875
      (3)電子記録債権                           62,875                          -
       資産計                         971,069            971,069              -

      (1)買掛金                          168,819            168,819              -

      (2)未払金                          117,516            117,516              -
      (3)未払法人税等                           61,145            61,145              -
       負債計                         347,480            347,480              -

     (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、(3)電子記録債権
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
         負 債

          (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

           該当事項はありません。
                                  72/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      524,626            -         -         -

      受取手形及び売掛金                      383,568            -         -         -
      電子記録債権                       62,875           -         -         -
             合計               971,069            -         -         -

           4.社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

            該当事項はありません。
                                  73/111
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
             該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                           第1回ストック・オプション                  第2回ストック・オプション
                         当社取締役 3名
     付与対象者の区分及び人数                                      当社従業員 50名
                         当社従業員 41名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 650,000株                  普通株式 78,500株
     数(注)
     付与日                    2014年3月4日                  2016年9月30日
                         権利確定条件は定めておりません。                  権利確定条件は定めておりません。
                         なお、細則については、当社と付与                  なお、細則については、当社と付与
     権利確定条件
                         対象者との間で締結する「新株予約                  対象者との間で締結する「新株予約
                         権割当契約書」で定めております。                  権割当契約書」で定めております。
     対象勤務期間                    定めておりません。                  定めておりません。
                         2016年3月4日から2024年3月3日                  2018年9月30日から2026年9月29日
     権利行使期間
                         まで                  まで
      (注)      株式数に換算して記載しております。なお、2019年2月23日付株式分割(普通株式1株につき50株の割合)に
          よる分割後の株式数に換算して記載しております。
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当連結会計年度(2017年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オ
             プションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                           第1回ストック・オプション                  第2回ストック・オプション
     権利確定前               (株)

      前連結会計年度末                               571,500                   78,500

      付与                                  -                  -

      失効                                10,500                   7,500

      権利確定                                  -                  -

      未確定残                               561,000                   71,000

     権利確定後               (株)

      前連結会計年度末                                  -                  -

      権利確定                                  -                  -

      権利行使                                  -                  -

      失効                                  -                  -

      未行使残                                  -                  -

      (注)      2019年2月23日付株式分割(普通株式1株につき50株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しており
          ます。
                                  74/111




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                           第1回   ストック・オプション               第2回   ストック・オプション
     権利行使価格               (円)                    200                  300

     行使時平均株価               (円)                    -                  -

     付与日における公正な評価単価               (円)                    -                  -

      (注) 2019年2月23日付株式分割(普通株式1株につき50株の割合)による分割後の価格に換算して記載しておりま
          す。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            ストック・オプション付与時において、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公正な評
            価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積もりによっております。また、単位当たりの本源的価
            値の算定基礎となる自社の株式価値は、純資産法及びDCF法等の結果を総合的に勘案して決定しておりま
            す。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用
            しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本

             源的価値の合計額及び当連結会計年度に権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本
             源的価値の合計額
            (1)ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における
            本源的価値の合計額
             56,100千円
            (2)当連結会計年度に権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額

             該当事項はありません。
                                  75/111











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
             該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                         第1回ストック・オプ            第2回ストック・オプ            第3回ストック・オプ
                             ション            ション            ション
                         当社取締役 3名                        当社取締役 2名
     付与対象者の区分及び人数                                当社従業員 50名
                         当社従業員 41名                        当社監査役 1名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 650,000株            普通株式 78,500株            普通株式 47,500株
     数(注)
     付与日                    2014年3月4日            2016年9月30日            2018年6月1日
                         権利確定条件は定めて            権利確定条件は定めて            権利確定条件は定めて
                         おりません。            おりません。            おりません。
                         なお、細則について            なお、細則について            なお、細則について
     権利確定条件                    は、当社と付与対象者            は、当社と付与対象者            は、当社と付与対象者
                         との間で締結する「新            との間で締結する「新            との間で締結する「新
                         株予約権割当契約書」            株予約権割当契約書」            株予約権割当契約書」
                         で定めております。            で定めております。            で定めております。
     対象勤務期間                    定めておりません。            定めておりません。            定めておりません。
                         2016年3月4日から            2018年9月30日から            2020年6月1日から
     権利行使期間
                         2024年3月3日まで            2026年9月29日まで            2028年5月24日まで
      (注) 株式数に換算して記載しております。なお、2019年2月23日付株式分割(普通株式1株につき50株の割合)に
          よる分割後の株式数に換算して記載しております。
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当連結会計年度(2018年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オ
             プションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                         第1回ストック・オプ            第2回ストック・オプ            第3回ストック・オプ
                             ション            ション            ション
     権利確定前               (株)
      前連結会計年度末                         561,000             71,000              -

      付与                            -            -          47,500

      失効                          20,500            10,500              -

      権利確定                            -            -            -

      未確定残                         540,500             60,500            47,500

     権利確定後               (株)

      前連結会計年度末                            -            -            -

      権利確定                            -            -            -

      権利行使                            -            -            -

      失効                            -            -            -

      未行使残                            -            -            -

      (注) 2019年2月23日付株式分割(普通株式1株につき50株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しており
          ます。
                                  76/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                         第1回ストック・オプ            第2回ストック・オプ            第3回ストック・オプ
                             ション            ション            ション
     権利行使価格               (円)              200            300            820
     行使時平均株価               (円)              -            -            -

                    (円)              -            -            -
     付与日における公正な評価単価
      (注) 2019年2月23日付株式分割(普通株式1株につき50株の割合)による分割後の価格に換算して記載しておりま
          す。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            ストック・オプション付与時において、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公正な評
            価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積もりによっております。また、単位当たりの本源的価
            値の算定基礎となる自社の株式価値は、純資産法及びDCF法等の結果を総合的に勘案して決定しておりま
            す。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用
            しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本

             源的価値の合計額及び当連結会計年度に権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本
             源的価値の合計額
            (1)ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における
            本源的価値の合計額
             366,570千円
            (2)当連結会計年度に権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額

             該当事項はありません。
                                  77/111











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前連結会計年度(2017年9月30日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (2017年9月30日)
            繰延税金資産(流動)
             未払事業税                             1,367千円
             一括償却資産                             1,200
                                          3,609
             未確定債務
                  計
                                          6,178
            繰延税金資産(固定)
             一括償却資産                              748
             減価償却超過額                             4,943
                                          1,225
             資産除去債務
                  計
                                          6,917
            繰延税金資産の純額                              13,095
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (2017年9月30日)
            法定実効税率
                                          34.81%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              6.75
             住民税均等割                              0.24
             評価性引当額の増減額                             △0.63
             その他                             △1.34
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                          39.83
                                  78/111











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(2018年9月30日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (2018年9月30日)
            繰延税金資産(流動)
             未払事業税                             7,471千円
             一括償却資産                             2,581
             未確定債務                             11,274
                                            0
             その他
                  計
                                          21,328
            繰延税金資産(固定)
             一括償却資産                             1,832
             減価償却超過額                             1,588
                                          1,658
             資産除去債務
                  計                        5,079
            繰延税金資産の純額                              26,408
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (2018年9月30日)
            法定実効税率
                                          34.81%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              5.06
             受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △0.50
             住民税均等割                              0.11
             税額控除                             △7.15
             その他                             △1.78
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                          30.55
         (資産除去債務関係)

          前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           当社グループは、事務所等の不動産賃借契約に基づき、退去時における原状回復に係る債務を資産除去債務
          として認識しております。
           なお、賃借契約に関連する敷金が資産に計上されているため、当該資産除去債務の負債計上に代えて、当該
          不動産賃借契約に係る敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の
          負担に属する金額を費用に計上する方法によっております。
          当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

           当社グループは、事務所等の不動産賃借契約に基づき、退去時における原状回復に係る債務を資産除去債務
          として認識しております。
           なお、賃借契約に関連する敷金が資産に計上されているため、当該資産除去債務の負債計上に代えて、当該
          不動産賃借契約に係る敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の
          負担に属する金額を費用に計上する方法によっております。
                                  79/111






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
            当社グループは、ソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントであるため、記載を省略して
           おります。
           当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

            当社グループは、ソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントであるため、記載を省略して
           おります。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
            1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
            載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
             (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
                 顧客の名称又は氏名                  売上高           関連するセグメント名

             株式会社サイバー・コミュニケーショ                              ソーシャルメディアマーケティング事
                                      308,754
             ンズ                              業
           当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

            1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
            載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
             (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
                 顧客の名称又は氏名                  売上高           関連するセグメント名

                                          ソーシャルメディアマーケティング事
             資生堂ジャパン株式会社                         268,266
                                          業
                                  80/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
            当社グループは、ソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントであるため、記載を省略して
           おります。
           当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

            該当事項はありません。
                                  81/111













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【関連当事者情報】
          前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           1.関連当事者との取引
            連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
            (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                              議決権等の
                    資本金又     事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
       種類          所在地    は出資金     容又は職               取引の内容            科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係
                                              (千円)          (千円)
                    (千円)     業
                               (%)
                                        広告売上取
                         メディア
                                        引       43,830    売掛金       5,864
                         事業
                                        (注2(2))
                         インター
          株式会社サ               ネット広
                                        広告媒体の
                東京都渋              (被所有)     役員の兼任
     親会社     イバーエー          7,203,328     告事業
                                        仕入取引
                                               31,982    買掛金       2,574
                谷区                   広告取引等
                              直接 63.9
          ジェント               ゲーム事
                                        (注2(2))
                         業
                         投資育成
                                        経営指導料
                                                  未払金
                                               46,050           4,266
                         事業
                                        (注2(1))
      (注)1.      記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
           (1)当社は株式会社サイバーエージェントより経営指導を受けており、経営指導料については、経営の管
             理・業務内容の妥当性を勘案し、協議のうえ契約により決定しております。
           (2)  当社と関連を有しない会社との取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
            (イ)連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び

            関連会社等
                              議決権等の
                    資本金又     事業の内
                              所有(被所                取引金額          期末残高
          会社等の名                        関連当事者
       種類          所在地    は出資金     容又は職               取引の内容            科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係           (千円)          (千円)
                         業
                    (千円)
                               (%)
                                        広告売上取
          株式会社
                                        引       27,592    売掛金       15,546
                         スマート
     同一の親会     シーエー・
                                        (注2)
                東京都渋         フォン向
     社を持つ会     モバイル                        広告取引
                    1,891,000             -
                谷区         けアプリ
                                        広告媒体の
          (現 株式
     社
                         事業
                                        仕入取引
                                               69,780    買掛金       6,243
          会社CAM)
                                        (注2)
      (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
           当社と関連を有しない会社との取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
           2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

            (1)親会社情報
               株式会社サイバーエージェント(東京証券取引所に上場)
            (2)重要な関連会社の要約財務情報
               該当事項はありません。
                                  82/111






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
           1.関連当事者との取引
            連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
            (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                              議決権等の
                    資本金又     事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
       種類          所在地    は出資金     容又は職               取引の内容            科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係           (千円)          (千円)
                         業
                    (千円)
                               (%)
                                                  売掛金       24,594

                                        広告売上取
                                        引      109,769
                         メディア
                                        (注2(2))
                                                  未収入金       1,681
                         事業
                         インター
                                                  買掛金       14,249
          株式会社サ               ネット広
                                        広告媒体の
     その他の関          東京都渋              (被所有)
          イバーエー          7,203,328     告事業          広告取引等
                                        仕入取引
                                              147,025
     係会社          谷区              直接 49.2
          ジェント               ゲーム事
                                        (注2(2))
                                                  前渡金        264
                         業
                         投資育成
                                        経営指導料
                         事業
                                               28,050    -         -
                                        (注2(1))
      (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
           (1)当社は株式会社サイバーエージェントより経営指導を受けており、経営指導料については、経営の管
           理・業務内容の妥当性を勘案し、協議のうえ契約により決定しております。株式会社サイバーエージェント
           は、当社普通株式の一部売却により、2018年4月26日付で当社は同社の連結子会社でなくなったため、経営
           指導料の取引は2018年4月末日にて終了しております。
           (2)当社と関連を有しない会社との取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
            (イ)   連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び

            関連会社等
                記載すべき重要な事項はありません。
           2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

            (1)親会社情報
               該当事項はありません。
            (2)重要な関連会社の要約財務情報
               該当事項はありません。
                                  83/111









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
          前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
                               当連結会計年度
                             (自 2016年10月1日
                              至 2017年9月30日)
     1株当たり純資産額                              168.28円

     1株当たり当期純利益金額                               27.09円
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           るため、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
         2.当社は、2019年2月6日開催の取締役会決議に基づき、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の割合
           で株式分割を行っております。当連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資
           産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当連結会計年度
                             (自 2016年10月1日
                              至 2017年9月30日)
     1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                    82,660
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
                                    82,660
      純利益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                            3,051,500
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                       新株予約権2種類(新株予約権
     1株当たり当期純利益金額の算定に含めな
                           の数12,640個)。
     かった潜在株式の概要
                            なお、新株予約権の概要は「第
                           4 提出会社の状況、1 株式等
                           の状況、(2)新株予約権等の状況
                           ①  ストックオプション制度の内
                           容」に記載のとおりであります。
                                  84/111










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
                               当連結会計年度
                             (自 2017年10月1日
                              至 2018年9月30日)
     1株当たり純資産額                              222.39円

     1株当たり当期純利益金額                               54.11円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           るため、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
         2.当社は、2019年2月6日開催の取締役会決議に基づき、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の割合
           で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資
           産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当連結会計年度
                             (自 2017年10月1日
                              至 2018年9月30日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                   165,115
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
                                   165,115
      純利益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                            3,051,500
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                       新株予約権3種類(新株予約権
     1株当たり当期純利益金額の算定に含めな
                           の数12,970個)。
     かった潜在株式の概要
                            なお、新株予約権の概要は「第
                           4 提出会社の状況、1 株式等
                           の状況、(2)新株予約権等の状況
                           ①  ストックオプション制度の内
                           容」に記載のとおりであります。
                                  85/111










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
          前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

           当社は、2019年2月6日開催の取締役会決議に基づき、2019年2月23日付をもって株式分割を行っておりま
          す。また、2019年2月14日開催の臨時株主総会決議に基づき、2019年2月23日付をもって定款の変更を行い、
          1単元を100株とする単元株制度を採用しております。
           1.株式分割、単元株制度の採用の目的

            当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1単元
           を100株とする単元株制度を採用いたします。
           2.株式分割の概要

             (1)  分割方法
              2019年2月22日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき50株
             の割合をもって分割しております。
             (2)  分割により増加する株式数

              株式分割前の発行済株式総数                        61,030株
              今回の分割により増加する株式数  2,990,470株
              株式分割後の発行済株式総数    3,051,500株
              株式分割後の発行可能株式総数                   12,000,000株
             (3)  株式分割の効力発生日

              2019年2月23日
             (4)  1株当たり情報に与える影響

              「1株当たり情報」は、当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたものと仮定して算出してお
             りますが、これによる影響については、当該箇所に記載しております。
           3.単元株制度の採用

            単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
                                  86/111









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (追加情報)
           (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
            「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は
           固定負債の区分に表示しております。
          (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

           当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3
          四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                                 当第3四半期連結累計期間

                                  (自 2018年10月1日
                                   至 2019年6月30日)
          減価償却費                                11,818千円
          (セグメント情報等)

           【セグメント情報】
            当第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)
             当社グループはソーシャルメディアマーケティング事業の単一セグメントであるため、記載を省略して
            おります。
          (1株当たり情報)

           1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年10月1日
                                 至 2019年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 74円54銭

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                 227,467

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                       227,467
      益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                3,051,500
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                                      -
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場で
           あるため、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
         2.当社は、2019年2月6日開催の取締役会決議により、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の割合で
           株式分割を行っております。期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益金額を算定
           しております。
          (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                  87/111




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

          該当事項はありません。
         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
       (2)【その他】

          該当事項はありません。
                                  88/111

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        325,125              402,194
         現金及び預金
                                         22,466              19,621
         受取手形
                                         3,449              62,875
         電子記録債権
                                        265,368              303,898
         売掛金
                                         2,332               907
         貯蔵品
                                         7,621              8,905
         前渡金
                                         8,661              16,489
         前払費用
                                         6,057              17,147
         繰延税金資産
                                         7,219              29,384
         その他
                                        648,303              861,423
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         54,284              54,598
          建物附属設備
                                        △ 10,895             △ 15,135
            減価償却累計額
            建物附属設備(純額)                             43,389              39,463
          工具、器具及び備品                               9,195              17,513
                                        △ 2,518             △ 4,550
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              6,676              12,963
                                         50,066              52,426
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,064              14,141
          ソフトウエア
                                         10,671                -
          その他
                                         12,736              14,141
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         20,000              10,000
          関係会社株式
                                         6,917              5,035
          繰延税金資産
                                           525               -
          破産更生債権等
                                         49,185              53,157
          敷金及び保証金
                                         △ 525               -
          貸倒引当金
                                         76,103              68,192
          投資その他の資産合計
         固定資産合計                                138,906              134,760
                                        787,209              996,184
       資産合計
                                  89/111








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        133,408              147,258
         買掛金
                                         49,291              114,277
         未払金
                                         34,432              38,258
         未払費用
                                         16,307              31,337
         未払法人税等
                                         6,374              35,566
         前受金
                                         8,374              11,903
         預り金
                                         34,505              19,962
         その他
                                        282,694              398,563
         流動負債合計
                                        282,694              398,563
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         20,150              20,150
         資本金
         資本剰余金
                                         20,150              20,150
          資本準備金
          資本剰余金合計                               20,150              20,150
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        464,214              557,320
            繰越利益剰余金
                                        464,214              557,320
          利益剰余金合計
                                        504,514              597,620
         株主資本合計
                                        504,514              597,620
       純資産合計
                                        787,209              996,184
      負債純資産合計
                                  90/111












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                       1,776,983              2,126,163
      売上高
                                        913,503             1,039,380
      売上原価
                                        863,479             1,086,782
      売上総利益
                                        ※ 735,109              ※ 958,156
      販売費及び一般管理費
                                        128,370              128,626
      営業利益
      営業外収益
                                         6,793              1,206
       受取補償金
                                         1,926                39
       その他
                                         8,719              1,246
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,500                -
       支払手数料
                                            ▶              -
       その他
                                         2,504                -
       営業外費用合計
                                        134,585              129,872
      経常利益
      特別利益
                                           -             2,800
       事業譲渡益
                                           -             3,432
       子会社清算益
                                           -             6,232
       特別利益合計
      特別損失
                                         10,458                -
       減損損失
                                         10,458                -
       特別損失合計
                                        124,126              136,105
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   40,334              52,206
                                         10,125              △ 9,206
      法人税等調整額
                                         50,459              42,999
      法人税等合計
                                         73,667              93,105
      当期純利益
                                  91/111











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2016年10月1日                   (自 2017年10月1日
                           至 2017年9月30日)                   至 2018年9月30日)
                                      構成比                   構成比

                     注記
                           金額(千円)                   金額(千円)
           区分
                                      (%)                   (%)
                     番号
                               806,113        88.2          957,538        92.1

     Ⅰ 媒体費
                                28,521        3.1          20,261        1.9
     Ⅱ 労務費
                                78,868                   61,580
                      ※                  8.6                   5.9
     Ⅲ 経費
                                       100.0                   100.0
       当期売上原価                          913,503                  1,039,380
       原価計算の方法
        原価計算の方法は、個別原価計算によっております。
       (注)※ 経費の主な内訳は次のとおりであります。

                                 前事業年度               当事業年度
                   項目           (自 2016年10月1日               (自 2017年10月1日
                               至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
             業務委託費(千円)
                                    41,991               28,262
             システム原価(千円)
                                    28,971               24,114
                                  92/111













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
                                                      (単位:千円)
                                 株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                   その他
                                                       純資産合計
                 資本金                               株主資本合計
                                   利益剰余金
                             資本剰余金             利益剰余金
                      資本準備金
                             合計             合計
                                   繰越
                                   利益剰余金
     当期首残高             20,150      20,150      20,150      390,547      390,547      430,847      430,847
     当期変動額
      当期純利益
                                      73,667      73,667      73,667      73,667
     当期変動額合計               -      -      -     73,667      73,667      73,667      73,667
     当期末残高             20,150      20,150      20,150      464,214      464,214      504,514      504,514
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

                                                      (単位:千円)
                                 株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                   その他
                                                       純資産合計
                 資本金                               株主資本合計
                                   利益剰余金
                             資本剰余金             利益剰余金
                      資本準備金
                             合計             合計
                                   繰越
                                   利益剰余金
     当期首残高             20,150      20,150      20,150      464,214      464,214      504,514      504,514
     当期変動額
      当期純利益                                93,105      93,105      93,105      93,105
     当期変動額合計               -      -      -     93,105      93,105      93,105      93,105
     当期末残高             20,150      20,150      20,150      557,320      557,320      597,620      597,620
                                  93/111











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           1.資産の評価基準及び評価方法
            (1)有価証券の評価基準及び評価方法
              関係会社株式  移動平均法による原価法を採用しております。
            (2)たな卸資産の評価基準及び評価方法

              貯蔵品  個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
                   定)を採用しております。
           2.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
             定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物附属設備 8年~15年
             工具、器具及び備品 4年~8年
            (2)無形固定資産

             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(3年)に基づいております。
           3.引当金の計上基準

            貸倒引当金
             債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
             いては、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

            消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は税抜処理によっております。
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

           1.資産の評価基準及び評価方法
            (1)有価証券の評価基準及び評価方法
              関係会社株式  移動平均法による原価法を採用しております。
            (2)たな卸資産の評価基準及び評価方法

              貯蔵品  個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
                   定)を採用しております。
           2.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
             定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物附属設備 3年~15年
             工具、器具及び備品 4年~8年
            (2)無形固定資産

             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(3年)に基づいております。
                                  94/111




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           3.引当金の計上基準
            貸倒引当金
             債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
             いては、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
             なお、当事業年度においては、貸倒実績はなく、また貸倒懸念債権等もないため、貸倒引当金を計上し
             ておりません。
           4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

            消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は税抜処理によっております。
         (損益計算書関係)

          ※  販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度9.6%、当事業年度9.6%、一般管理費に属する費用の
            おおよその割合は前事業年度90.4%、当事業年度90.4%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年10月1日                  (自 2017年10月1日
                              至 2017年9月30日)                  至 2018年9月30日)
     減価償却費                                6,226千円                  6,520千円
     給料及び手当                               301,146                  371,998
         (有価証券関係)

          前事業年度(2017年9月30日)
           子会社株式(貸借対照表計上額 20,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認
          められることから、記載しておりません。
          当事業年度(2018年9月30日)

           子会社株式(貸借対照表計上額 10,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認
          められることから、記載しておりません。
                                  95/111











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前事業年度(2017年9月30日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2017年9月30日)
            繰延税金資産
             未払事業税                             1,367千円
             一括償却資産                             1,949
             減価償却超過額                             4,943
             未確定債務                             3,489
                                          1,225
             資産除去債務
            繰延税金資産合計
                                          12,975
            繰延税金資産の純額                              12,975
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2017年9月30日)
            法定実効税率
                                          34.81%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              7.35
             住民税均等割                              0.16
             評価性引当額の増減額                             △0.70
             その他                             △0.97
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                          40.65
          当事業年度(2018年9月30日)

           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2018   年9月30日     )
            繰延税金資産
             未払事業税                             4,270千円
             一括償却資産                             4,326
             減価償却超過額                             1,588
             未確定債務                             10,338
             資産除去債務                             1,658
                                            0
             その他
            繰延税金資産合計
                                          22,182
            繰延税金資産の純額                              22,182
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2018年9月30日)
            法定実効税率
                                          34.81%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              8.66
             受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △0.88
             住民税均等割                              0.15
             税額控除                             △9.12
             その他                             △2.02
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                          31.59
                                  96/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          該当事項はありません。
         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                                          償却累計額
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)     高(千円)
                                          (千円)
     有形固定資産
      建物附属設備              54,284       314       -    54,598      15,135       4,240      39,463
      工具、器具及び備品              9,195      8,318       -    17,513       4,550      2,032      12,963
        有形固定資産計            63,479       8,632       -    72,112      19,685       6,272      52,426
     無形固定資産
      ソフトウエア              121,889       18,169      15,393      124,665      110,523       6,092      14,141
      その他              10,671       8,951      19,623        -      -      -      -
        無形固定資産計            132,560       27,121      35,017      124,665      110,523       6,092      14,141
      (注)1.「当期増加額」の主なものは、次のとおりであります。
            工具、器具及び備品・・・主に新規社内サーバ機器購入によるものであります。
            ソフトウエア・・・主に新規社内システム構築によるものであります。
         2.「当期減少額」の主なものは、次のとおりであります。
            ソフトウエア・・・Doctors              Meの事業譲渡によるものであります。
            その他・・・ソフトウエアへの振替によるものであります。
         3.当期末減価償却累計額又は償却累計額には減損損失累計額が含まれております。
         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                        当期末残高
           区分
                                     (目的使用)         (その他)
                      (千円)        (千円)                        (千円)
                                      (千円)        (千円)
      貸倒引当金                   525         -        525         -        -
       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                  97/111








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  毎年10月1日から翌年9月30日まで

      定時株主総会                  毎年12月

      基準日                  毎年9月30日

      株券の種類                  -

                       3月31日

      剰余金の配当の基準日
                       9月30日
      1単元の株式数                  100株

      株式の名義書換え

       取扱場所                 -

       株主名簿管理人                 -

       取次所                 -

       名義書換手数料                 -

       新券交付手数料                 -

      単元未満株式の買取り

                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

       取扱場所
                       三井住友信託銀行株式会社証券代行部
                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       株主名簿管理人
                       三井住友信託銀行株式会社
       取次所                 -

       買取手数料                 無料

                       電子公告とする。但し、事故その他やむを得ない事由によって電子公告によ

                       る公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                       公告掲載URL
                       https://www.cyberbuzz.co.jp/ir/publicnotice/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

      (注)当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨、

         定款に定めております。
         (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                  98/111




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        該当事項はありません。
                                  99/111


















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第三部【特別情報】
     第1【連動子会社の最近の財務諸表】
       当社は、連動子会社を有していないため、該当事項はありません。
                                100/111



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第四部【株式公開情報】
     第1【特別利害関係者等の株式等の移動状況】
          移動前所有者           移動前所有者      移動後所有者           移動後所有者             価格
                移動前所有                 移動後所有            移動株数
     移動年月日     の氏名又は名           の提出会社と      の氏名又は名           の提出会社と            (単価)     移動理由
                者の住所                 者の住所            (株)
          称           の関係等      称           の関係等            (円)
          株式会社サイ
                      特別利害関係      ユナイテッド
                東京都渋谷                 東京都渋谷     特別利害関係           205,000,000
          バーエージェ
                      者等(当社の
      2018年                      株式会社代表                            所有者の事
          ント代表取締      区道玄坂1                 区渋谷1-     者等(大株主        5,000    (41,000)
      4月26日                資本的関係会      取締役会長                            情による
          役      -12-1                 2-5     上位10名)
                                                    (注)4.
                            早川 与規
                      社)
          藤田 晋
          株式会社サイ                 株式会社DGイ
                      特別利害関係
          バーエージェ      東京都渋谷           ンキュベー      東京都渋谷     特別利害関係           164,000,000
      2018年                者等(当社の                                  取引関係等
          ント代表取締      区道玄坂1           ション代表取      区恵比寿南     者等(大株主        4,000    (41,000)
      4月26日                資本的関係会                                  強化のため
          役                 締役
                -12-1                 3-5-7     上位10名)             (注)4.
                      社)
          藤田 晋                 林 郁
          株式会社サイ
                      特別利害関係      株式会社デジ
          バーエージェ      東京都渋谷                 東京都渋谷     特別利害関係           621,300,000
      2018年                者等(当社の      タルガレージ                            取引関係等
          ント代表取締      区道玄坂1                 区恵比寿南     者等(大株主
                                               11,400     (54,500)
      12月27日                資本的関係会      代表取締役                            強化のため
          役      -12-1                 3-5-7     上位10名)             (注)4.
                      社)      林 郁
          藤田 晋
          株式会社DGイ
                            株式会社デジ
          ンキュベー      東京都渋谷     特別利害関係            東京都渋谷     特別利害関係           218,000,000
      2018年                      タルガレージ                            所有者の事
                区恵比寿南     者等(大株主            区恵比寿南     者等(大株主
          ション代表取                                     4,000    (54,500)
      12月27日                      代表取締役                            情による
          締役      3-5-7     上位10名)            3-5-7     上位10名)
                                                    (注)4.
                            林 郁
          林 郁
          株式会社サイ
                      特別利害関係      株式会社マイ      東京都千代
                東京都渋谷                      特別利害関係           327,000,000
          バーエージェ
                      者等(当社の
      2018年                      ナビ代表取締      田区一ツ橋                      所有者の事
          ント代表取締      区道玄坂1                      者等(大株主        6,000    (54,500)
      12月28日                資本的関係会      役社長      一丁目1番                      情による
          役      -12-1                      上位10名)
                                                    (注)4.
                            中川 信行      1号
                      社)
          藤田 晋
                            SBI
                            AI&Blockchai
                            n投資事業有
                            限責任組合
          株式会社サイ
                      特別利害関係
          バーエージェ      東京都渋谷                 東京都港区     特別利害関係            32,700,000
                            無限責任組合
      2018年                者等(当社の                                  所有者の事
                区道玄坂1                      者等(大株主
          ント代表取締                       六本木一丁              600   (54,500)
                            員
                      資本的関係会
      12月28日                                                  情による
          役      -12-1                 目6番1号     上位10名)
                            SBIインベス                        (注)4.
                      社)
          藤田 晋
                            トメント株式
                            会社  代表取
                            締役
                            川島 克哉
      (注)1.      当社は、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しておりますが、株式会社東京証券取引所(以下「同取引
           所」という。)が定める有価証券上場規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第253条の規定に基づ
           き、特別利害関係者等が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年前の日(2016年10月1
           日)から上場日の前日までの期間において、当社の発行する株式又は新株予約権の譲受け又は譲渡(上場前
           の公募等を除き、新株予約権の行使を含む。以下「株式等の移動」という。)を行っている場合には、当該
           株式等の移動の状況を同施行規則第219条第1項第2号に規定する「新規上場申請のための有価証券報告書
           (Ⅰの部)」に記載することとされております。
         2.  当社は、同施行規則第254条の規定に基づき、上場日から5年間、上記株式等の移動の状況に係る記載内容
           についての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当社が当該記録を把握し、かつ、保存するための
           事務組織を適切に整備している状況にあることを確認することとされております。また、当社は、当該記録
           につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされております。同取引所は、当
           社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該提出請求に応じない状況にある旨を公表すること
           ができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記録を検討した結果、上記
           株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合には、当社及び幹事取引参
           加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することができるとされておりま
           す。
                                101/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.特別利害関係者等の範囲は次のとおりであります。
          (1)当社の特別利害関係者………役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下「役員等」という。)、役員等
                         により総株主の議決権の過半数が所有されている会社並びに関係会社及びそ
                         の役員
          (2)当社の大株主上位10名
          (3)当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
          (4)金融商品取引業者等(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業を行う者に限る。)並びに
            その役員、人的関係会社及び資本的関係会社
         4.移動価格は、ディスカウントキャッシュフロー法により算出した価格を参考として、当事者間で協議の上決
           定した価格であります。
         5.2019年2月6日開催の取締役会決議により、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行っ
           ておりますが、上記「移動株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前の「移動株数」及び「価格(単
           価)」を記載しております。
                                102/111
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【第三者割当等の概況】
      1【第三者割当等による株式等の発行の内容】
              項目                  新株予約権
      発行年月日                         2018年6月1日

                              第3回新株予約権
      種類
                            (ストック・オプション)
      発行数                           普通株式 950株
                                     41,000円
      発行価格
                                    (注)3.
      資本組入額                               20,500円
      発行価額の総額                             38,950,000円

      資本組入額の総額                             19,475,000円

                          2018年5月31日開催の臨時株主総会
                          において、会社法第236条、第238条
                          及び第239条の規定に基づく新株予
      発行方法
                          約権の付与(ストック・オプショ
                          ン)に関する決議を行っておりま
                          す。
      保有期間等に関する確約                          (注)2.
      (注)1.      第三者割当等による株式等の発行の制限に関し、株式会社東京証券取引所(以下「同取引所」という。)の
           定める規則等並びにその期間については以下のとおりであります。
          (1)同取引所の定める有価証券上場規程施行規則(以下、「同施行規則」という。)第259条の規定におい
            て、新規上場申請者が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して1年前より後において、役員
            又は従業員等に報酬として新株予約権の割当てを行っている場合には、当該新規上場申請者は、割当てを
            受けた役員又は従業員等との間で、書面により報酬として割当てを受けた新株予約権の継続所有、譲渡時
            及び同取引所からの当該所有状況に係る照会時の同取引所への報告その他同取引所が必要と認める事項に
            ついて確約を行うものとし、当該書面を同取引所が定めるところにより提出するものとされております。
          (2)新規上場申請者が、前項の規定に基づく書面の提出等を行わないときは、同取引所は新規上場申請の不受
            理又は受理の取消しの措置をとるものとしております。
          (3)当社の場合、新規上場申請日の直前事業年度の末日は2018年9月30日であります。
         2.同取引所の定める同施行規則第259条第1項第1号の規定に基づき、当社は、割当てを受けた役員又は従業
           員等との間で、報酬として割当てを受けた新株予約権を、原則として、割当てを受けた日から上場日の前日
           又は新株予約権の行使を行う日のいずれか早い日まで所有する等の確約を行っております。
         3.発行価格は、ディスカウントキャッシュフロー法により算出した価格を参考に決定した価格であります。
         4.新株予約権の行使時の払込金額、行使請求期間、行使の条件及び譲渡に関する事項については、以下のとお
           りとなっております         。
                             新株予約権
      行使時の払込金額                           41,000円

                           2020年6月1日から

      行使請求期間
                           2028年5月24日まで
                       ①各新株予約権の一部行使はできない
                        ものとする。
                       ②新株予約権の割当を受けた者は、権
                        利行使時においても、当社又は当社
      行使の条件                  子会社における取締役、監査役又は
                        従業員の地位にあることを要する。
                       ③その他の権利行使の条件は、当社取
                        締役会において決定するものとす
                        る。
                       新株予約権を譲渡するときは、当社取
      譲渡に関する事項
                       締役会の承認を要するものとする。
                                103/111


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         5.2019年2月6日開催の取締役会決議により、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行っ
           ておりますが、上記「発行数」、「発行価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」は当該株式分割
           前の「発行数」、「発行価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」を記載しております。
      2【取得者の概況】

        2018年5月31日開催の臨時株主総会決議に基づく新株予約権の発行
                                取得者の職              価格
                                       割当株数            取得者と提出会社
       取得者の氏名又は名称               取得者の住所          業及び事業             (単価)
                                       (株)            との関係
                                の内容等             (円)
                                            16,400,000

                                                   特別利害関係者等
     松本 浩介              東京都目黒区            会社役員          400
                                            (41,000)
                                                   (当社の取締役)
                                            14,350,000

                                                   特別利害関係者等
     蓮見 麻衣子              東京都港区            会社役員          350
                                            (41,000)
                                                   (当社の取締役)
                                             8,200,000

     礒村 奈穂                                             特別利害関係者等
                    神奈川県横浜市港北区            会社役員          200
                                            (41,000)
     (戸籍名:田嶋 奈穂)                                             (当社の監査役)
      (注) 2019年2月6日開催の取締役会決議により、2019年2月23日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行って

          おりますが、上記「割当株数」及び「単価」は、当該株式分割前の「割当株数」及び「単価」を記載しており
          ます。
      3【取得者の株式等の移動状況】

        該当事項はありません。
                                104/111












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【株主の状況】
                                                   株式(自己株式を除
                                                   く。)の総数に対す
          氏名又は名称                    住所           所有株式数(株)
                                                   る所有株式数の割合
                                                      (%)
                                             1,354,000
                                                         36.70
     髙村 彰典(注)1.2.                  東京都杉並区
                                                         (9.28)
                                             (342,500)
     株式会社デジタルガレージ
                       東京都渋谷区恵比寿南三丁目5番7
                                                         20.87
                                              770,000
     (注)1.
                       号
     株式会社サイバーエージェント
                                                         16.26
                       東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号                       600,000
     (注)1.
     株式会社マイナビ
                       東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1
                                              300,000            8.13
     (注)1.
                       号
     ユナイテッド株式会社
                       東京都渋谷区渋谷一丁目2番5号                       250,000            6.78
     (注)1.
                                              135,000            3.66
     近田 哲昌(注)1.3.                  神奈川県川崎市宮前区
                                             (85,000)           (2.30)
                                              105,000            2.85
     和田 瑞樹(注)1.3.                  東京都品川区
                                             (65,000)           (1.76)
     SBI  AI&Blockchain投資事業有限責
                                               30,000           0.81
                       東京都港区六本木一丁目6番1号
     任組合    (注)1.
                                               20,000
                                                          0.54
     松本 浩介(注)3.                  東京都目黒区
                                             (20,000)           (0.54)
                                               17,500
                                                          0.47
     蓮見 麻衣子(注)3.                  東京都港区
                                             (17,500)           (0.47)
                                               10,000
     礒村 奈穂(戸籍名:田嶋 奈穂)                                                     0.27
                       神奈川県横浜市港北区
     (注)4.                                        (10,000)           (0.27)
                                               10,000
                                                          0.27
     金森 紘(注)5.                  東京都世田谷区
                                                         (0.27)
                                             (10,000)
                                               10,000
                                                          0.27
     小河原 英貴(注)5.                  東京都世田谷区
                                             (10,000)           (0.27)
                                               10,000
                                                          0.27
     三木 佑太(注)5.                  東京都目黒区
                                             (10,000)           (0.27)
                                               10,000
                                                          0.27
     宮本 悠加(注)5.                  東京都新宿区
                                             (10,000)           (0.27)
                                               10,000
                                                          0.27
     辻 孝明(注)5.                  東京都世田谷区
                                             (10,000)           (0.27)
                                               6,000
                                                          0.16
     田中 茜(注)5.
                       東京都世田谷区
                                              (6,000)           (0.16)
                                               6,000
                                                          0.16
     佐藤 亮平(注)5.                  東京都世田谷区
                                              (6,000)           (0.16)
                                               5,000
                                                          0.14
     岩片 一真(注)5.                  東京都世田谷区
                                              (5,000)           (0.14)
                                               5,000
                                                          0.14
     栗山 真一(注)5.                  東京都世田谷区
                                              (5,000)           (0.14)
                                               4,000
                                                          0.11
     田中 啓介(注)5.                  東京都世田谷区
                                              (4,000)           (0.11)
                                               4,000
                                                          0.11
     平尾 美由紀(注)5.                  東京都目黒区
                                              (4,000)           (0.11)
                                               2,500
                                                          0.07
     荘司 里樹(注)5.                  宮崎県宮崎市
                                              (2,500)           (0.07)
                                               2,500
                                                          0.07
     平本 望美(注)5.                  東京都品川区
                                              (2,500)           (0.07)
                                105/111


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   株式(自己株式を除
                                                   く。)の総数に対す
          氏名又は名称                    住所           所有株式数(株)
                                                   る所有株式数の割合
                                                      (%)
                                               1,500
                                                          0.04
     小原 由依夏(注)5.                  東京都世田谷区
                                              (1,500)           (0.04)
                                               1,500
                                                          0.04
     弓桁 亜希子(注)5.                  東京都世田谷区
                                              (1,500)           (0.04)
                                               1,500
                                                          0.04
     髙橋 陸(注)5.                  東京都世田谷区
                                              (1,500)           (0.04)
                                               1,500
                                                          0.04
     佐々木 空(注)5.                  東京都渋谷区
                                              (1,500)           (0.04)
                                               1,000
                                                          0.03
     齋藤 まりあ(注)5.                  埼玉県朝霞市
                                              (1,000)           (0.03)
                                                500
                                                          0.01
     南谷 晴可(注)5.                  埼玉県さいたま市浦和区
                                               (500)          (0.01)
                                                500
                                                          0.01
     海老原 優(注)5.                  東京都世田谷区
                                               (500)          (0.01)
                                                500
                                                          0.01
     山下 幸貴(注)5.                  神奈川県横浜市中区
                                               (500)          (0.01)
                                                500
                                                          0.01
     長谷 篤希(注)5.                  東京都渋谷区
                                               (500)          (0.01)
                                                500
                                                          0.01
     石丸 聖子(注)5.                  東京都渋谷区
                                               (500)          (0.01)
                                                500
                                                          0.01
     方城   友里恵(注)5.
                       東京都世田谷区
                                               (500)          (0.01)
                                                500
                                                          0.01
     照屋 秀敏(注)5.                  東京都世田谷区
                                               (500)          (0.01)
                                                500
                                                          0.01
     石川 友章(注)5.                  東京都世田谷区
                                               (500)          (0.01)
                                                500
                                                          0.01
     岡部 真央(注)5.                  東京都板橋区
                                               (500)          (0.01)
                                                500
                                                          0.01
     杉山 宏祐(注)5.                  東京都目黒区
                                               (500)          (0.01)
                                                500
                                                          0.01
     田邉   枝里香(注)5.
                       東京都練馬区
                                               (500)          (0.01)
                                             3,689,000            100.00
             計                  -
                                             (637,500)           (17.28)
      (注)1.特別利害関係者等(大株主上位10名)
         2.特別利害関係者等(当社の代表取締役)
         3.特別利害関係者等(当社の取締役)
         4.特別利害関係者等(当社の監査役)
         5.当社の従業員
         6.(    )内は、新株予約権による潜在株式数及びその割合であり、内数であります。
         7.株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しておりま
           す。
                                106/111





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2019年8月9日

     株式会社サイバー・バズ

      取締役会 御中
                              有限責任監査法人トーマツ

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               瀧野 恭司  ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       中山 太一  ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社サイバー・バズの2017年10月1日から2018年9月30日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結
     貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結
     財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社サイバー・バズ及び連結子会社の2018年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                107/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2019年8月9日

     株式会社サイバー・バズ

      取締役会 御中
                              有限責任監査法人トーマツ

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               瀧野 恭司  ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       中山 太一  ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社サイバー・バズの2017年10月1日から2018年9月30日までの第13期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対
     照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     サイバー・バズの2018年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点にお
     いて適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                108/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2019年8月9日

     株式会社サイバー・バズ

      取締役会 御中
                              有限責任監査法人トーマツ

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               勢志 元   ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       瀧野 恭司  ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社サイバー・バズの2016年10月1日から2017年9月30日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結
     貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結
     財務諸表作成のための基本となる重要な事項及びその他の注記について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社サイバー・バズ及び連結子会社の2017年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                109/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2019年8月9日

     株式会社サイバー・バズ

      取締役会 御中
                              有限責任監査法人トーマツ

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               勢志 元   ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       瀧野 恭司  ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社サイバー・バズの2016年10月1日から2017年9月30日までの第12期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対
     照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     サイバー・バズの2017年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点にお
     いて適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                110/111



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社サイバー・バズ(E35089)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年8月9日

     株式会社サイバー・バズ

      取締役会 御中
                              有限責任監査法人トーマツ

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               瀧野 恭司  ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       中山 太一  ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社サイ

     バー・バズの2018年10月1日から2019年9月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年4月1日から
     2019年6月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年10月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社サイバー・バズ及び連結子会社の2019年6月30日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券

           届出書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                111/111



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。