株式会社リニカル 四半期報告書 第15期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第15期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社リニカル

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    2019年8月14日
      【四半期会計期間】                    第15期第1四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
      【会社名】                    株式会社リニカル
      【英訳名】                    Linical    Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  秦野 和浩
      【本店の所在の場所】                    大阪市淀川区宮原一丁目6番1号
      【電話番号】                    (06)6150-2582
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役管理本部長  髙橋 明宏
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市淀川区宮原一丁目6番1号
      【電話番号】                    (06)6150-2582
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役管理本部長  髙橋 明宏
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/22













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第14期           第15期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第14期
                              累計期間           累計期間
                            自2018年4月1日           自2019年4月1日           自2018年4月1日
              会計期間
                            至2018年6月30日           至2019年6月30日           至2019年3月31日
     売上高                (千円)           2,759,067           2,680,125           11,313,468

                      (千円)            147,844            48,111          1,253,326

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            39,615           15,560           568,455
     期)純利益
                      (千円)            94,350          △ 64,228           551,082
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           4,995,890           4,915,565           5,250,832

     純資産額
                      (千円)          13,789,884           13,669,965           13,259,233

     総資産額
                      (円)             1.74           0.69           25.09

     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期

                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             36.2           36.0           39.6
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
         4.  2018年4月16日に行われたAccelovance,Inc.(現Linical                           Accelovance      America,Inc.)との企業結合につい
           て第14期第1四半期連結会計期間において暫定的な会計処理を行っておりましたが、第14期連結会計年度末
           に資産・負債へ取得原価の配分が完了しております。これに伴い、第14期に関連する主要な経営指標につい
           て、当該結果の内容を反映させております。
                                  2/22









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。なお、主要な関係会社における異動は以下のとおりであります。
        (CRO事業)

        2019年5月に、全額出資子会社である                   「立力科(上海)医薬科技有限公司」(英語名称:Linical                            China   Co.,
       Ltd.)を設立したため、           連結の範囲に含めております。
        この結果、2019年6月30日現在では、当社グループは、当社及び子会社22社より構成されています。

                                  3/22


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
        なお、2018年4月16日に行われたAccelovance,Inc.(現Linical                               Accelovance      America,Inc.(以下、LAA社))と
       の企業結合について前第1四半期連結会計期間において暫定的な会計処理を行っておりましたが、前連結会計年度末
       に資産・負債へ取得原価の配分が完了しております。これに伴い、遡及修正後の数値を用いて比較分析を行っており
       ます。
       (1)経営成績の状況

         当第1四半期連結累計期間における世界経済は、米国の保護主義的な通商政策により米国と中国を始めとする主
        要国間で貿易摩擦問題等がある中、欧州や中国で景気の減速感が見られました。                                     一方、我が国経済につきまして
        は、政府の経済政策や日本銀行による金融緩和策などを背景に、雇用・所得環境の改善が継続し、緩やかな回復基
        調を保ちました。このような経済情勢の中、特に米国と中国との間の貿易摩擦が長期化することよる世界経済の先
        行きへの懸念が一層高まっており、経済見通しに対する不透明感は深まっております。
         医薬品業界におきましては、増大する医療費の抑制は各国共通の課題となっており、保険者の影響力の高まりや
        後発医薬品の使用促進などの動きが加速しております。日本においては、2018年度から実施された抜本的薬価制
        度改革では、新薬創出・適応外薬解消等促進加算制度の抜本的見直しや長期収載品の薬価等の見直しなど、新薬創
        出を目指す製薬会社に経営的側面から大きなインパクトを与えており、手持ちのパイプライン品目の見直しを迫ら
        れるなど、新薬開発の生産性や効率性の向上が求められております。他方、治療満足度の低い疾患や希少疾病用医
        薬品へのニーズは依然として数多く存在しており、革新性の高い医薬品は待ち望まれております。日本では、希少
        疾病用医薬品指定制度、先駆け審査指定制度、条件付き早期承認制度も運用されるに至っており、米国、欧州の規
        制当局も同様に優遇政策を導入しております。このような環境下において、製薬会社は主力製品の特許切れ問題へ
        の対応も含め、革新的新薬の創出に向け、ビジネスモデルや研究開発活動の転換を加速するものと思われます。
         当社グループが属する医薬品開発業務受託(CRO;Contract                              Research     Organization)業界及び医薬品販売支
        援(CSO;Contract           Sales   Organization)業界は、医薬品開発・販売のアウトソーシング化及び国際共同治験
        (注)の増加を背景として、市場規模は緩やかに拡大しております。また、上述の医薬品業界の状況を踏まえる
        と、製薬会社は革新的新薬の創出並びにその生産性や効率性を更に向上させるため、医薬品開発・販売のアウト
        ソーシングを一層加速させることが見込まれます。
         以上のような事業環境の下、当第1四半期連結累計期間の経営成績は、欧州、韓国、台湾子会社の業績が好調に
        推移するとともに、米国子会社の業績も改善を始めました。しかしながら、日本ではマイルストーン契約の売上発
        生が一部遅れたことに加え、円高の進行により好調な海外子会社の業績が日本円換算で目減りしたことなどもあ
        り、  売上高は2,680百万円(前年同期比2.9%減)となりました。                            なお、日本、アジア、米国、欧州における当社グ
        ループのグローバル受託体制の拡大と営業活動により、外資系大手グローバルCROとの競争環境においても国際
        共同治験を含む複数の新規案件を獲得し、当第1四半期末における受注残高は順調に増加しております。営業利益
        は先行的な人材投資や昇格・昇給による人件費の増加、家賃の増加等があったものの、前期のLAA社買収に関連し
        て一時的に発生した取得関連費用の負担がなくなったことや、LAA社のコスト削減策の効果が発現し始めたことか
        ら 129  百万円(同56.9%増)となりました。経常利益は円高により外貨預金等に為替差損71百万円が発生したため
        48 百万円(同67.5%減)となりました。親会社株主に帰属する四半期純利益                                  は15百万円(同60.7%減)となりまし
        た。
         (注)「国際共同治験」とは、主要市場国における早期・同時上市を図るため、臨床試験を複数の国又は地域に

        おいて同時並行的に行うことをいいます。
                                  4/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
         セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

        ①CRO事業
          当社グループのCRO事業につきましては、日本、アジア、米国、欧州におけるグローバル受託体制の構築を
         引き続き強力に推し進めた結果、国際共同治験を中心とした受託案件が増加したことから売上の増加に貢献いた
         しました。また、利益面においては前期のLAA社                      買収  に関連して一時的に発生した取得関連費用の負担がなく
         なったことや、LAA社          のコスト削減策の効果が発現し始めたこと等                     から、増収となりました。この結果、売上高
         は2,498百万円(前年同期比0.2%増)、営業利益は494百万円(同33.9%増)となりました。
        ②育薬事業
          当社グループの育薬事業につきましては、既存案件の終了と新規案件の開始の狭間の時期となったことに加
         え、前第1四半期は大型案件が開始し、比較的大きな売上が計上されていたこと等から売上高は181百万円(前
         年同期比31.9%減)、営業利益は30百万円(同63.8%減)となりました。
       (2)財政状態の分析

        ① 資産の部
          当第1四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末と比べ410百万円(3.1%)増加し、
         13,669百万円となりました。これは、主に現金及び預金、のれんが減少した一方、売掛金、立替金、有形固定資
         産等が増加したことによるものであります。
        ② 負債の部
          当第1四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末と比べ745百万円(9.3%)増加し、
         8,754百万円となりました。これは、主に短期借入金、未払金、前受金等が増加したことによるものでありま
         す。
        ③ 純資産の部
          当第1四半期連結会計期間末における純資産合計は、前連結会計年度末と比べ335百万円(6.4%)減少し、
         4,915百万円となりました。これは、主に為替換算調整勘定が減少したことに加え、剰余金の配当等により利益
         剰余金が減少したことによるものであります。
       (3)経営成績の分析

        ① 売上高
          当第1四半期連結累計期間の売上高は、(1)経営成績の状況に記載の要因により、2,680百万円(前年同期比
         2.9%減)となりました。
        ② 売上原価
          当第1四半期連結累計期間の売上原価は、LAA社                      のコスト削減策の効果が発現し始めたものの、                      主に先行的な
         人材投資や昇格・昇給による人件費の増加、家賃の増加等の結果、1,938百万円(前年同期比1.8%増)となりま
         した。
        ③ 販売費及び一般管理費
          当第1四半期連結累計期間の販売費及び一般管理費は、前期のLAA社                               買収  に関連して一時的に発生した取得関
         連費用の負担がなくなったことや、LAA社                   のコスト削減策の効果が発現し始めた                  結果、612百万円(前年同期比
         20.8%減)となりました。
        ④ 営業利益
          当第1四半期連結累計期間の営業利益は、(1)経営成績の状況に記載の要因により、129百万円(前年同期比
         56.9%増)となりました。
        ⑤ 経常利益
          当第1四半期連結累計期間の経常利益は、(1)経営成績の状況に記載の要因により、48百万円(前年同期比
         67.5%減)となりました。
        ⑥ 税金等調整前四半期純利益
          当第1四半期連結累計期間の税金等調整前四半期純利益は、経常利益が減少した結果、48百万円(前年同期比
         67.5%減)となりました。
        ⑦ 親会社株主に帰属する四半期純利益
          当第1四半期連結累計期間の親会社株主に帰属する四半期純利益は、税金等調整前四半期純利益が減少した結
         果、15百万円(前年同期比60.7%減)となりました。
                                  5/22



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
       (6)経営戦略の現状と見通し

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループの経営戦略の現状と見通しについて重要な変更はありませ
        ん。
         引き続き、当社グループは受託業務の選択と集中を推し進めることによって既存のCROとの差別化を図り、大
        手製薬会社と同等の立場で医薬品開発を実行・サポートできる知識・技術・経験を有するCROすなわち「CDO
        (Contract      Development      Organization)」を目指していく方針であります。
                                  6/22

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        当 第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  7/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                           49,600,000

                  計                          49,600,000

        ②【発行済株式】

               第1四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年8月14日)
               (2019年6月30日)                         取引業協会名
                                         東京証券取引所          単元株式数は100株
                    24,740,000            24,740,000
       普通株式
                                          市場第一部         であります。
                    24,740,000            24,740,000           -           -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     2019年4月1日~
                       -   24,740,000           -     214,043          -     73,000
     2019年6月30日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/22








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年6月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                                  -             -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -             -            -
     議決権制限株式(その他)                             -             -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                         2,153,400                 -            -

                        普通株式
     完全議決権株式(その他)                         22,582,400             225,824       単元株式数(100株)
                        普通株式
                                 4,200              -            -
     単元未満株式                   普通株式
                              24,740,000                 -            -
     発行済株式総数
                                  -         225,824                -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                   2019年6月30日現在
                                                     発行済株式総数
                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                     に対する所有株
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
                  大阪市淀川区宮原一丁目
                                 2,153,400         -      2,153,400           8.70
       株式会社リニカル
                  6番1号
                       -         2,153,400         -      2,153,400           8.70
          計
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  9/22











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019
       年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 10/22

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,055,547              4,428,930
         現金及び預金
                                       1,602,463              2,226,902
         売掛金
                                        150,281              154,003
         前払費用
                                        663,686              925,284
         立替金
                                        290,012              306,096
         その他
                                        △ 38,361             △ 32,838
         貸倒引当金
                                       7,723,630              8,008,378
         流動資産合計
       固定資産
                                        134,251              474,048
         有形固定資産
         無形固定資産
                                       4,234,818              4,048,790
          のれん
                                        226,547              227,463
          その他
                                       4,461,365              4,276,254
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        444,925              456,456
          差入保証金
                                        495,059              454,828
          その他
                                        939,985              911,284
          投資その他の資産合計
                                       5,535,602              5,661,587
         固定資産合計
                                       13,259,233              13,669,965
       資産合計
                                 11/22












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                       1,200,000              1,500,000
         短期借入金
                                        419,976              419,976
         1年内返済予定の長期借入金
                                        580,406              707,888
         未払金
                                        383,168              335,390
         未払費用
                                        395,292               56,065
         未払法人税等
                                         93,127              99,794
         未払消費税等
                                        690,252             1,143,278
         前受金
                                        339,447              447,083
         預り金
                                        177,028               92,960
         賞与引当金
                                         67,114              80,848
         その他
                                       4,345,814              4,883,285
         流動負債合計
       固定負債
                                       3,103,494              2,998,500
         長期借入金
         退職給付に係る負債                                501,424              515,643
                                         2,103             303,098
         リース債務
                                         55,564              53,872
         その他
                                       3,662,586              3,871,115
         固定負債合計
                                       8,008,400              8,754,400
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        214,043              214,043
         資本金
                                         73,000              73,000
         資本剰余金
                                       5,715,150              5,459,672
         利益剰余金
                                       △ 657,371             △ 657,371
         自己株式
                                       5,344,822              5,089,343
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 722             △ 630
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 73,446             △ 154,569
         為替換算調整勘定
                                        △ 19,820             △ 18,578
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 93,989             △ 173,778
         その他の包括利益累計額合計
                                       5,250,832              4,915,565
       純資産合計
                                       13,259,233              13,669,965
      負債純資産合計
                                 12/22









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
      売上高                                  2,759,067              2,680,125
                                       1,903,386              1,938,191
      売上原価
                                        855,680              741,933
      売上総利益
                                        773,124              612,390
      販売費及び一般管理費
                                         82,555              129,542
      営業利益
      営業外収益
                                           624               71
       受取利息
                                         72,344                -
       為替差益
                                           86              -
       その他
                                         73,055                71
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         4,798              2,756
       支払利息
                                           -            71,401
       為替差損
                                         2,512              5,562
       投資有価証券評価損
                                           454             1,782
       その他
                                         7,765              81,502
       営業外費用合計
                                        147,844               48,111
      経常利益
                                        147,844               48,111
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   86,466               6,581
                                         21,762              25,970
      法人税等調整額
                                        108,228               32,551
      法人税等合計
                                         39,615              15,560
      四半期純利益
                                         39,615              15,560
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 13/22











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
                                         39,615              15,560
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           662               92
       その他有価証券評価差額金
                                         5,228                -
       繰延ヘッジ損益
                                         47,806             △ 81,123
       為替換算調整勘定
                                         1,035              1,242
       退職給付に係る調整額
                                         54,734             △ 79,788
       その他の包括利益合計
                                         94,350             △ 64,228
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         94,350             △ 64,228
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 14/22
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         2019年5月に、        全額出資子会社である          「立力科(上海)医薬科技有限公司」(英語名称:Linical                            China   Co.,
        Ltd.)を設立したため、連結の              範囲に含めております。
        (会計方針の変更)

         当社グループのIFRS適用子会社は、当第1四半期連結会計期間の期首からIFRS第16号「リース」を適用していま
        す。
         これに伴い、借手のリース取引については、原則すべてのリースについて使用権資産およびリース負債を認識す
        るとともに、使用権資産の減価償却費とリース負債に係る支払利息を計上しています。
         この結果、当第1四半期連結会計期間における四半期連結貸借対照表は、有形固定資産が314,875千円、流動負
        債のその他が22,077千円、固定負債のリース債務が301,752千円それぞれ増加しています。
         なお、この変更による当第1四半期連結累計期間の損益に与える影響は軽微であります。
        (会計上の見積りの変更)

         該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         該当事項はありません。
        (追加情報)

         該当事項はありません。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         該当事項はありません。
        (四半期連結損益計算書関係)

         該当事項はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                              至   2018年6月30日)               至   2019年6月30日)
     減価償却費                                36,198千円                  34,631千円
     のれんの償却額                                78,706                  71,396
                                 15/22








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
          1.配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
     (決議)                (千円)      配当額(円)
     2018年5月31日
               普通株式        249,980        11.00    2018年3月31日         2018年6月12日         利益剰余金
     取締役会
          (2)基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期

            間の末日後となるもの
             該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
         Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

          1.配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
     (決議)                (千円)      配当額(円)
     2019年5月27日
               普通株式        271,038        12.00    2019年3月31日         2019年6月11日         利益剰余金
     取締役会
          (2)基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期

            間の末日後となるもの
             該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
                                 16/22










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
            1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                               (単位:千円)
                                                 四半期連結
                             報告セグメント
                                           調整額     損益計算書
                                           (注1)       計上額
                        CRO事業       育薬事業        計
                                                 (注2)
            売上高
                        2,492,168       266,898     2,759,067          -   2,759,067

             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部

                            -      -      -      -      -
             売上高又は振替高
                        2,492,168       266,898     2,759,067          -   2,759,067

                 計
                         369,420       83,383      452,803     △ 370,247       82,555
            セグメント利益
           (注)1.セグメント利益の調整額△370,247千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり
               ます。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
              2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
            2.報告セグメントごとの資産に関する情報

              当第1四半期連結会計期間において、Accelovance,Inc.(現                             Linical    Accelovance      America,Inc.      )及
             び同社の子会社7社を連結の範囲に含めております。これにより、前連結会計年度末に比べ、当第1四
             半期連結会計期間の報告セグメントの資産の金額は、「CRO事業」セグメントにおいて、3,730,553
             千円増加しております。
              なお、当該セグメント資産の金額は、「注記事項(企業結合等関係)」に記載の暫定的な会計処理の
             確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額により開示しております。
            3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (のれんの金額の重要な変動)
              「  CRO事業     」セグメントにおいて、Accelovance,Inc.(現                      Linical    Accelovance      America,Inc.      )の
             株式を取得したことにより、のれんの金額に重要な変動が生じております。当該事象によるのれんの増
             加額は、当第1四半期連結累計期間においては                      3,418,379千円       であります。
              なお、のれんの金額は、「注記事項(企業結合等関係)」に記載の暫定的な会計処理の確定による取
             得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額により開示しております。
                                 17/22








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
            1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                               (単位:千円)
                                                 四半期連結
                             報告セグメント
                                           調整額     損益計算書
                                           (注1)       計上額
                        CRO事業       育薬事業        計
                                                 (注2)
            売上高
                        2,498,278       181,846     2,680,125          -  2,680,125

             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部

                            -      -      -      -      -
             売上高又は振替高
                        2,498,278       181,846     2,680,125          -  2,680,125

                 計
                         494,673       30,193      524,867     △ 395,324      129,542
            セグメント利益
           (注)1.セグメント利益の調整額△395,324千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり
               ます。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
              2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
              3.前第1四半期連結累計期間のセグメント情報は、「注記事項(企業結合等関係)」に記載の暫定
               的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額により開示
               しております。
                                 18/22













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
        (比較情報における取得原価の当初配分額の重要な見直し)
         2018年4月16日に行われたAccelovance,Inc.(現Linical                            Accelovance      America,Inc.)との企業結合について、
        前第1四半期連結会計期間において暫定的な会計処理を行っておりましたが、前連結会計年度末に資産・負債への
        取得原価の配分が完了しております。
         この資産・負債への取得原価の配分の完了に伴い、当第1四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる
        比較情報において取得原価の当初配分額に重要な見直しが反映されており、主として無形固定資産である受注残関
        係資産に16,082千円、顧客関係資産に92,740千円を配分するとともに、未払金を64,164千円認識した結果、暫定的
        に算定されたのれんの金額は3,356,005千円から62,374千円増加し、3,418,379千円となりました。
         この結果、前第1四半期連結累計期間の四半期連結損益計算書は、営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期
        純利益がそれぞれ4,092千円減少し、親会社株主に帰属する四半期純利益が2,977千円減少しております。
         なお、   株式取得後における価格調整が完了しておらず、価格調整の結果によりのれんの金額が変動する場合があ
        ります。
                                 19/22
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     1株当たり四半期純利益                                  1円74銭               0円69銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益                 (千円)                 39,615               15,560

      普通株主に帰属しない金額            (千円)                       -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                        39,615               15,560
      益 (千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                 22,720               22,586
     (注)1.     潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.  前第1四半期連結会計期間においては取得原価の配分が完了しおりませんでしたが、前連結会計年度末に                                                資
         産・負債への取得原価の配分が完了し                  たことに伴い、前第1四半期連結累計期間における「親会社株主に帰属す
         る四半期純利益」、「普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益」がそれぞれ2,977千円減少し、「1
         株当たり四半期純利益」が0円13銭減少しております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

       剰余金の配当
        2019年5月27日開催の取締役会において、次のとおり剰余金の配当を行うことを決議いたしました。
        (イ)配当金の総額              271,038千円
        (ロ)1株当たりの金額            12円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日   2019年6月11日
       (注) 2019年3月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 20/22










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 21/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社リニカル(E21706)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年8月13日

     株式会社 リニカル

      取締役会 御中

                          有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                               関口 浩一         印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                               髙見 勝文         印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社リニカ

     ルの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年6月
     30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社リニカル及び連結子会社の2019年6月30日現在の財政状態及
     び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な
     点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管

         しております。
       2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。