アライドテレシスホールディングス株式会社 四半期報告書 第33期第2四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第33期第2四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:アライドテレシスホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               2019年8月14日

     【四半期会計期間】               第33期第2四半期(自            2019年4月1日         至   2019年6月30日)

     【会社名】               アライドテレシスホールディングス株式会社

     【英訳名】               ALLIED    TELESIS    HOLDINGS     K.K.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役会長            大   嶋   章   禎

     【本店の所在の場所】               東京都品川区西五反田七丁目21番11号

     【電話番号】               03(5437)6000

     【事務連絡者氏名】               上級執行役員        ファイナンス本部 本部長               高 島 虎 明

     【最寄りの連絡場所】               東京都品川区西五反田七丁目21番11号

     【電話番号】               03(5437)6000

     【事務連絡者氏名】               上級執行役員        ファイナンス本部 本部長               高 島 虎 明

     【縦覧に供する場所】               株式会社      東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/19








                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第32期            第33期

              回次             第2四半期連結            第2四半期連結              第32期
                             累計期間            累計期間
                          自   2018年1月1日          自   2019年1月1日          自   2018年1月1日
             会計期間
                          至   2018年6月30日          至   2019年6月30日          至   2018年12月31日
                               13,142,936            13,677,707            28,638,528
     売上高                (千円)
                               △ 813,496          △ 1,272,059             84,802
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する当期純利
                               △ 892,311          △ 1,403,650             211,484
     益又は親会社株主に帰属する四                (千円)
     半期純損失(△)
                               △ 976,185          △ 1,414,375             147,932
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                               3,527,310            2,957,226            4,657,091
     純資産額                (千円)
                               21,497,803            23,083,220            22,675,431
     総資産額                (千円)
     1株当たり当期純利益金額又は
                                 △ 8.15          △ 12.80            1.93
     1株当たり四半期純損失金額                (円)
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり
                                                         1.90
                      (円)              ―            ―
     四半期(当期)純利益金額
                                  15.2            12.1            19.4
     自己資本比率                (%)
     営業活動による
                               △ 252,157            209,056           △ 806,147
                     (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                               △ 133,685           △ 461,891          △ 1,145,588
                     (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                904,577            289,040            951,717
                     (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                               5,105,285            3,570,559            3,599,921
                     (千円)
     四半期末(期末)残高
                             第32期            第33期

              回次             第2四半期連結            第2四半期連結
                             会計期間            会計期間
                          自   2018年4月1日          自   2019年4月1日
             会計期間
                          至   2018年6月30日          至   2019年6月30日
     1株当たり四半期純損失金額
                                 △ 4.62           △ 9.28
                      (円)
     (△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純
          損失であるため、記載しておりません。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/19




                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証券
      報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況

        当第2四半期連結累計期間における当社グループを取り巻く環境は、米中間の通商摩擦や英国のEU離脱問題、中
       国を始めとするアジア新興国経済の鈍化、さらにアジア・オセアニア諸国における国政選挙の影響等、先行き不透
       明感が強まる状況で推移しました。
        このような事業環境の下、当社グループは、持続的な成長と安定した収益確保を目指し、競争力の高い製品や
       サービスの開発に取り組み、顧客志向のソリューションビジネスを強化しつつ、販売パートナーとの連携強化に努
       めてまいりました。また、主に日本で人員増強を実施する一方、海外で不採算拠点の組織再編等に取り組んで事業
       の効率化を図りました。
        当第2四半期連結累計期間の業績につきましては、EMEA及びアジア・オセアニアにおいて前年同期比で減少した
       ものの、日本での売上が好調に推移した結果、連結売上高は前年同期比4.1%増の136億77百万円となりました。損
       益面につきましては、前年同期に比べて円安に推移したことから日本での売上原価が増加し、さらにリセール品の
       売上が増加したことから収益性が低下し、売上高総利益率が下がりました。また、販売費及び一般管理費は主に人
       員増強による人件費等が増加したため、営業損失は9億86百万円(前年同期は4億63百万円の損失)となりまし
       た。さらに、為替差損の計上等により、経常損失は12億72百万円(前年同期は8億13百万円の損失)、欧州及びア
       ジアにおける事業再編損等の計上により、親会社株主に帰属する四半期純損失は14億3百万円(前年同期は8億92
       百万円の損失)となりました。
        当第2四半期連結累計期間における当社グループの所在地域別のセグメント売上高の概要は、次のとおりです。

        〔日本〕
        日本では、ソリューションビジネスの強化のため人員増強を図り、ターゲット市場とする医療・公共・文教を中
       心にダイレクトタッチによるエンドユーザーへのきめ細やかな営業を実施してまいりました。こうした取り組みの
       効果が現れ始め、医療機関及び自治体、製造業向けの案件が好調となりました。製品別では、従来のスイッチ製品
       の売上が減少した一方、無線LAN製品及びxシリーズ・スイッチ製品群、さらに設計・工事等に係るサービスの売上
       が増加しました。この結果、売上高は前年同期比14.0%増の81億71百万円となりました。
        〔米州〕
        米州では、SFPモジュール製品やメディアコンバータ―の販売が減少したものの、xシリーズ・スイッチ製品群や
       低位機種のスイッチ製品の売上が堅調となりました。この結果、米州での売上高は前年同期比でほぼ横ばいの24億
       71百万円となりました。
        〔EMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)〕
        EMEAでは、フランスで防衛関連施設やイギリスでスマートビルに係る案件が好調となったものの、イタリアでは
       競合との価格競争が激しく販売代理店向けの出荷が減少しました。製品別では、xシリーズ・スイッチ製品群の売
       上が増加しましたが、メディアコンバーターや低位機種のスイッチ製品の売上が減少しました。この結果、EMEAの
       売上高は前年同期比12.6%減の21億1百万円となりました。
        〔アジア・オセアニア〕
        アジア・オセアニアでは、第2四半期(4~6月)に集中して国政選挙が実施された影響があり、公共案件の受注
       が振るいませんでした。国別では、タイでサイバーセキュリティ対策関連の案件が好調となりましたが、インドネ
       シアやマレーシア、ニュージーランドで売上が減少しました。製品別では、産業用スイッチやネットワークインタ
       フェースカードの売上が増加したものの、xシリーズ・スイッチ製品群の売上が減少しました。この結果、売上高
       は前年同期比15.2%減の9億33百万円となりました。
       (資産)

                                  3/19


                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
        当第2四半期連結会計期間末における総資産は230億83百万円となり、前連結会計年度末に比べ4億7百万円増
       加となりました。これは主に、受取手形及び売掛金が7億73百万円減少した一方で、原材料及び貯蔵品が1億15百
       万 円、無形固定資産が1億10百万円増加となり、また、一部の在外連結子会社がIFRS第16号を適用したこと等によ
       り有形固定資産が9億2百万円増加したことによるものです。
       (負債)
        負債合計は201億25百万円となり、前連結会計年度末に比べ21億7百万円増加となりました。これは主に、一部
       の在外連結子会社がIFRS第16号を適用したこと等により、流動負債のその他が3億68百万円、固定負債のその他が
       14億96百万円増加したことによるものです。
       (純資産)
        純資産につきましては、29億57百万円となり、前連結会計年度末に比べ16億99百万円減少となりました。これは
       主に、親会社株主に帰属する四半期純損失の計上及び、IFRS第16号の経過的な取扱いに従って、第1四半期連結会
       計期間の期首において累積的影響額を調整したことにより利益剰余金が15億94百万円減少したことによるもので
       す。
        これらの結果、自己資本比率は前連結会計年度末に比べ7.3ポイント低下となる12.1%となりました。
      (2)  キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物は、35億70百万円となり、前連結会計年度末に比べ29
       百万円減少しました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動によるキャッシュ・フローは、2億9百万円の収入となり、前第2四半期連結累計期間に比べ4億61百
       万円の収入増となりました。これは主に、税金等調整前四半期純損失が増加した一方で、たな卸資産が減少し、前
       受収益が増加したことによるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動によるキャッシュ・フローは、4億61百万円の支出となり、前第2四半期連結累計期間に比べ3億28百
       万円の支出増となりました。これは主に、有形及び無形固定資産の取得による支出の増加によるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動によるキャッシュ・フローは、2億89百万円の収入となり、前第2四半期連結累計期間に比べ6億15百
       万円の収入減となりました。これは主に、短期借入金の純減額、長期借入金の返済による支出が減少した一方で、
       長期借入れによる収入が減少したことによるものです。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)  研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は19億54百万円であります。なお、当第
       2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/19







                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     600,000,000
                  計                                    600,000,000
       ②  【発行済株式】

                            提出日現在

              第2四半期会計期間末
                                     上場金融商品取引所名
               現在発行数(株)
        種類                    発行数(株)         又は登録認可金融商品                内容
                                       取引業協会名
               (2019年6月30日)
                           (2019年8月14日)
                                       東京証券取引所             単元株式数

       普通株式            109,671,545            109,671,545
                                       (市場第二部)              100株
        計          109,671,545            109,671,545            ―            ―

      (注)    提出日現在発行数には、2019年8月1日から当該四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され

         た株式数は含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     2019年4月1日~

                      ―  109,671,545            ―   10,014,121            ―    206,446
     2019年6月30日
                                  5/19






                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
                                                  2019年6月30日現在
                                                      発行済株式
                                                      (自己株式
                                              所有株式数       を除く。)の
           氏名又は名称                      住所
                                               (千株)      総数に対する
                                                      所有株式数
                                                      の割合(%)
                         CORPORATION       TRUST    CENTER,1209       ORANGE
     OSHIMA    GENERAL    HOLDINGS     No.1,LLC
                         STREET,WILMINGTON         DELAWARE     19801,U.S.A          47,660        43.47
     (常任代理人       みずほ証券株式会社)
                         (東京都千代田区大手町1丁目5-1)
                                                 1,432        1.31

     横山 尚之                   東京都杉並区
                         東京都港区赤坂1丁目12-32                          894       0.82

     マネックス証券株式会社
                                                  835       0.76

     松井証券株式会社                   東京都千代田区麹町1丁目4番地
                                                  700       0.64

     野末 郁代                   兵庫県西宮市
     アライドテレシスホールディングス

                         東京都品川区西五反田7丁目21-11                          615       0.56
     従業員持株会
                                                  463       0.42

     岡崎 吉男                   和歌山県東牟婁郡那智勝浦町
     日本トラスティ・サービス信託銀行

                         東京都中央区晴海1丁目8-11                          417       0.38
     株式会社(信託口4)
                                                  395       0.36

     藤村 幸代                   京都府京都市左京区
                                                  350       0.32

     福田 弘文                   東京都八王子市
                                                 53,763        49.02

              計                     ―
      (6)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                                  2019年6月30日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                      ―             ―             ―
     議決権制限株式(自己株式等)                      ―             ―             ―
     議決権制限株式(その他)                      ―             ―             ―
                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                   ―             ―
                      普通株式             200
                      普通株式 109,659,900                   1,096,599
     完全議決権株式(その他)                                                ―
                      普通株式             11,445

     単元未満株式                                   ―             ―
                            109,671,545
     発行済株式総数                                   ―             ―
                                          1,096,599
     総株主の議決権                      ―                          ―
      (注)   1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が4,400株含まれて
          おります。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数44個が含まれてお
          ります。
        2.「単元未満株式」欄の普通株式には、自己保有株式が95株含まれております。
                                  6/19




                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
       ②  【自己株式等】
                                                  2019年6月30日現在
                                                      発行済株式
                                  自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                             総数に対する
                      所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                             所有株式数
                                   (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
     (自己保有株式)
     アライドテレシスホール              東京都品川区西五反田七丁目                   200      ―        200      0.00
     ディングス株式会社              21番11号
           計              ―            200      ―        200      0.00
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/19
















                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年
      6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
      いて、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                  (2018年12月31日)              (2019年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        3,599,921              3,570,559
         現金及び預金
                                        5,951,118              5,177,172
         受取手形及び売掛金
                                        3,321,005              3,032,133
         商品及び製品
                                         293,786              376,765
         仕掛品
                                         763,351              878,960
         原材料及び貯蔵品
                                        1,267,120              1,418,420
         その他
                                         △ 98,403             △ 89,046
         貸倒引当金
                                        15,097,900              14,364,965
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        2,683,460              2,658,794
           土地
                                        2,153,668              3,080,926
           その他(純額)
                                        4,837,129              5,739,720
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          71,624              181,958
           その他
                                          71,624              181,958
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        2,680,374              2,807,573
           その他
                                         △ 11,596             △ 10,996
           貸倒引当金
                                        2,668,777              2,796,576
           投資その他の資産合計
                                        7,577,531              8,718,255
         固定資産合計
                                        22,675,431              23,083,220
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        2,219,366              2,449,031
         支払手形及び買掛金
                                      ※  2,029,970             ※  2,029,103
         短期借入金
                                      ※  1,583,999             ※  1,682,375
         1年内返済予定の長期借入金
                                         203,105              154,548
         未払法人税等
                                         102,853              162,337
         賞与引当金
                                        3,874,597              4,218,146
         前受収益
                                        2,326,298              2,694,966
         その他
                                        12,340,192              13,390,508
         流動負債合計
       固定負債
                                      ※  4,386,649             ※  3,951,033
         長期借入金
         退職給付に係る負債                                643,859              640,488
                                         647,639             2,143,963
         その他
                                        5,678,147              6,735,486
         固定負債合計
                                        18,018,339              20,125,994
       負債合計
                                  9/19





                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                  (2018年12月31日)              (2019年6月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                       10,012,040              10,014,121
         資本金
                                         192,326              194,407
         資本剰余金
                                       △ 5,946,683             △ 7,540,940
         利益剰余金
                                          △ 15             △ 25
         自己株式
                                        4,257,668              2,667,562
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         169,153              154,160
         為替換算調整勘定
                                        △ 31,498             △ 27,230
         退職給付に係る調整累計額
                                         137,654              126,929
         その他の包括利益累計額合計
                                         261,768              162,733
       新株予約権
                                        4,657,091              2,957,226
       純資産合計
                                       22,675,431              23,083,220
      負債純資産合計
                                 10/19















                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
                                       13,142,936              13,677,707
      売上高
                                        4,830,282              5,369,328
      売上原価
                                        8,312,653              8,308,378
      売上総利益
                                      ※  8,776,346             ※  9,294,384
      販売費及び一般管理費
                                        △ 463,692             △ 986,005
      営業損失(△)
      営業外収益
                                           636              455
       受取利息
                                          8,308              5,044
       助成金収入
                                          6,399              6,399
       保険返戻金
                                          7,807              3,631
       その他
                                         23,151              15,529
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         61,151              93,849
       支払利息
                                         175,097              204,085
       為替差損
                                         135,000
       支払手数料                                                   -
                                          1,706              3,648
       その他
                                         372,955              301,583
       営業外費用合計
                                        △ 813,496            △ 1,272,059
      経常損失(△)
      特別利益
                                           567             98,032
       新株予約権戻入益
                                         66,540
                                                          -
       子会社清算益
                                         67,107              98,032
       特別利益合計
      特別損失
                                                       200,850
       事業再編損                                    -
                                          5,901
                                                          -
       子会社清算損
                                          5,901             200,850
       特別損失合計
                                        △ 752,291            △ 1,374,877
      税金等調整前四半期純損失(△)
                                         164,049              152,814
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 24,029             △ 124,040
      法人税等調整額
                                         140,020               28,773
      法人税等合計
                                        △ 892,311            △ 1,403,650
      四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 892,311            △ 1,403,650
                                 11/19







                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
                                        △ 892,311            △ 1,403,650
      四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                        △ 86,722             △ 14,992
       為替換算調整勘定
                                          2,848              4,268
       退職給付に係る調整額
                                        △ 83,874             △ 10,724
       その他の包括利益合計
                                        △ 976,185            △ 1,414,375
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 976,185            △ 1,414,375
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 12/19
















                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
      (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 752,291            △ 1,374,877
       税金等調整前四半期純損失(△)
                                         160,828              346,270
       減価償却費
                                         △ 1,344             △ 7,574
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                         14,291              61,748
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 12,199              △ 2,926
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          △ 636             △ 455
       受取利息及び受取配当金
                                         61,151              93,849
       支払利息
                                         141,190              172,573
       為替差損益(△は益)
                                         △ 8,308             △ 5,044
       助成金収入
                                         △ 6,399             △ 6,399
       保険返戻金
                                          △ 567            △ 98,032
       新株予約権戻入益
                                        △ 60,638
       子会社清算損益(△は益)                                                   -
                                                       200,850
       事業再編損                                    -
                                         609,134              719,885
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 628,767                571
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         378,086              291,377
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         152,035              349,296
       前受収益の増減額(△は減少)
                                          3,386            △ 167,601
       その他
                                         48,953              573,512
       小計
                                           636              455
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 62,749             △ 92,750
       利息の支払額
                                        △ 240,104             △ 166,110
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                          8,308              5,044
       助成金の受取額
                                          6,399              6,399
       保険返戻金の受取額
                                        △ 13,600             △ 117,492
       事業再編による支出
                                        △ 252,157              209,056
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 121,447             △ 278,111
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 24,494             △ 73,063
       無形固定資産の取得による支出
                                         12,255             △ 110,716
       その他
                                        △ 133,685             △ 461,891
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 1,543,627
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                                   -
                                        3,679,576               550,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                               △ 1,248,787              △ 870,601
                                         17,416              609,641
       その他
                                         904,577              289,040
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 85,309             △ 65,567
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         433,424              △ 29,361
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        4,671,861              3,599,921
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※  5,105,285             ※  3,570,559
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/19





                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (会計方針の変更)
        一部の在外連結子会社において、第1四半期連結会計期間の期首から「リース」(IFRS第16号)を適用しており
       ます。また、当該基準の適用にあたっては、経過措置として認められている、当該基準の適用による累積的影響を
       適用開始日に認識する方法を採用しております。
        この結果、第1四半期連結会計期間の期首の有形固定資産のその他が1,010,737千円、流動負債のその他が
       303,880千円、固定負債のその他が897,464千円それぞれ増加し、利益剰余金が190,606千円減少しております。ま
       た、当第2四半期連結累計期間の営業損失は49,471千円、経常損失、税金等調整前四半期純損失及び親会社株主に
       帰属する四半期純損失はそれぞれ27,028千円減少しております。 
       (追加情報)

        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
       会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
       区分に表示しております。
       (四半期連結貸借対照表関係)

        ※   財務制限条項
        前連結会計年度(2018年12月31日)
        2018年6月27日付シンジケートローン契約
        (組成総額 4,330,000千円 うち、コミットメントライン契約 1,600,000千円、タームローン契約 2,730,000
         千円)
         ・2018年12月期決算(当該期を含む。)以降、各年度の決算期の末日における連結の貸借対照表上の純
          資産の部の金額を2,000,000千円以上に維持すること。
         ・2018年12月期決算以降の決算期を初回の決算期とする連続する2期について、各年度の決算期における連
          結の損益計算書に示される営業損益と連結のキャッシュ・フロー計算書上の減価償却費の合計が2期連続し
          て損失とならないようにすること。なお、本号の遵守に関する最初の判定は、2019年12月決算期及びその
          直前の期の決算を対象として行われる。
          抵触した場合、当社は借入先からの通知により、期限の利益を喪失する可能性があります。
        当第2四半期連結会計期間(2019年6月30日)

        2018年6月27日付シンジケートローン契約
        (組成総額 4,330,000千円               うち、コミットメントライン契約 1,600,000千円、タームローン契約 2,730,000
         千円)
         ・2018年12月期決算(当該期を含む。)以降、各年度の決算期の末日における連結の貸借対照表上の部の純資
          産の部の金額を2,000,000千円以上に維持すること。
         ・2018年12月期決算以降の決算期を初回の決算期とする連続する2期について、各年度の決算期における連結
          の損益計算書に示される営業損益と連結のキャッシュ・フロー計算書上の減価償却費の合計が2期連続して
          損失とならないようにすること。なお、本号の遵守に関する最初の判定は、2019年12月決算期及びその直前
          の期の決算を対象として行われる。
          抵触した場合、当社は借入先からの通知により、期限の利益を喪失する可能性があります。
                                 14/19





                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結損益計算書関係)
        ※   販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自    2018年1月1日               (自    2019年1月1日
                             至   2018年6月30日)               至   2019年6月30日)
                                   2,771,524                 2,894,564
         給与手当                               千円                 千円
                                   1,836,331                 1,954,237
         研究開発費
                                    170,570                 162,337
         賞与引当金繰入額
                                     41,855                 38,732
         退職給付費用
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        㬀  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のと
          おりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自    2018年1月1日               (自    2019年1月1日
                             至   2018年6月30日)               至   2019年6月30日)
         現金及び預金勘定                           5,105,285千円                 3,570,559千円
         現金及び現金同等物                           5,105,285                 3,570,559
       (株主資本等関係)

     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                2018年1月1日         至   2018年6月30日)
        配当金支払額
        該当事項はありません。
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                2019年1月1日         至   2019年6月30日)

        配当金支払額
        該当事項はありません。
                                 15/19












                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                2018年1月1日         至   2018年6月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                               報告セグメント
                                                  調整額     損益計算書
                                                  (注)2      計上額
                                      アジア・
                      日本      米州    EMEA(注)1             計
                                                        (注)3
                                      オセアニア
     売上高
      (1)  外部顧客への売上高              7,167,009      2,471,684      2,403,378      1,100,863     13,142,936            13,142,936
                                                     ―
      (2)  セグメント間の
                      405,568      17,689      12,139    3,503,419      3,938,817     △ 3,938,817
                                                           ―
       内部売上高又は振替高
                     7,572,577      2,489,374      2,415,518      4,604,282     17,081,753     △ 3,938,817      13,142,936
            計
       セグメント利益又は損失(△)              △ 846,881      187,031     △ 126,245      186,291     △ 599,804      136,111     △ 463,692
      (注)   1.ヨーロッパ、中東及びアフリカ。
        2.セグメント利益又は損失の調整額には、セグメント間取引消去124,009千円及びセグメント間取引に係るた
          な卸資産の調整額等12,102千円が含まれております。
        3.セグメント利益又は損失の合計額は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
        該当事項はありません。
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                2019年1月1日         至   2019年6月30日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                               報告セグメント
                                                  調整額     損益計算書
                                                  (注)2      計上額
                                      アジア・
                      日本      米州    EMEA(注)1             計
                                                        (注)3
                                      オセアニア
     売上高
      (1)  外部顧客への売上高              8,171,603      2,471,462      2,101,027       933,614    13,677,707            13,677,707
                                                     ―
      (2)  セグメント間の
                      363,029      17,222      39,775    3,423,695      3,843,722     △ 3,843,722
                                                           ―
       内部売上高又は振替高
                     8,534,632      2,488,684      2,140,802      4,357,310     17,521,429     △ 3,843,722      13,677,707
            計
       セグメント利益又は損失(△)             △ 980,262      27,391    △ 169,572      20,112   △ 1,102,330       116,324     △ 986,005
      (注)   1.ヨーロッパ、中東及びアフリカ。
        2.セグメント利益又は損失の調整額には、セグメント間取引消去70,988千円及びセグメント間取引に係るたな
          卸資産の調整額等45,335千円が含まれております。
        3.セグメント利益又は損失の合計額は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
        該当事項はありません。
                                 16/19






                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間

                                (自    2018年1月1日             (自    2019年1月1日
                                 至   2018年6月30日)             至   2019年6月30日)
     1株当たり四半期純損失金額                                   8円15銭               12円80銭
      (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純損失金額(千円)                                   892,311              1,403,650
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                       ―               ―
     普通株式に係る親会社株主に帰属する

                                         892,311              1,403,650
     四半期純損失金額(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                 109,435,547               109,662,426

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当

     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                     ―               ―
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
      (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損

         失であるため、記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。   
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 17/19











                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 18/19



















                                                           EDINET提出書類
                                            アライドテレシスホールディングス株式会社(E01867)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年8月14日

     アライドテレシスホールディングス株式会社
      取締役会      御中
                        有限責任監査法人          トーマツ

                         指定有限責任社員

                                           髙      橋      篤      史
                                    公認会計士                    印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                           菊      池      寛      康
                                    公認会計士                    印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているアライドテレシ

     スホールディングス株式会社の2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間
     (2019年4月1日から2019年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年6月30日まで)
     に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、
     四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、アライドテレシスホールディングス株式会社及び連結子会社の
     2019年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フ
     ローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

          報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。