株式会社エボラブルアジア 四半期報告書 第13期第3四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第13期第3四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)
提出日
提出者 株式会社エボラブルアジア
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年8月14日

    【四半期会計期間】               第13期第3四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

    【会社名】               株式会社エボラブルアジア

    【英訳名】               Evolable     Asia   Corp.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 吉村 英毅

    【本店の所在の場所】               東京都港区愛宕2丁目5番1号

    【電話番号】               03-3431-6191(代表)

    【事務連絡者氏名】               代表取締役CFO  柴田 裕亮

    【最寄りの連絡場所】               東京都港区愛宕2丁目5番1号

    【電話番号】               03-3431-6191(代表)

    【事務連絡者氏名】               代表取締役CFO  柴田 裕亮

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/36









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第12期           第13期

              回次               第3四半期           第3四半期            第12期
                             連結累計期間           連結累計期間
                                      自 2018年10月1日           自 2017年10月1日
                           自 2017年10月1日 
             会計期間
                           至 2018年6月30日
                                      至 2019年6月30日           至 2018年9月30日
     売上収益                             6,324          16,123
                      (百万円)                                 12,451
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 2,875   )        ( 5,505   )
     税引前四半期(当期)利益                  (百万円)            1,041            120          1,226
     四半期(当期)利益                  (百万円)             751           35         1,080

     親会社の所有者に帰属する
                                   661          △ 29
     四半期(当期)利益又は損失(△)
                      (百万円)                                  942
     (第3四半期連結会計期間)                              ( 148  )        (△  20 )
     四半期(当期)包括利益                  (百万円)             740           11         1,074
     親会社の所有者に帰属する
                      (百万円)             656          △ 42          939
     四半期(当期)包括利益又は損失(△)
     親会社の所有者に帰属する持分                  (百万円)            4,836           8,615           5,186
     資産合計                  (百万円)           24,041           30,388           24,939

     基本的1株当たり
                                  38.20          △ 1.61
     四半期(当期)利益又は損失(△)
                       (円)                                54.11
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 8.53  )       (△  1.07  )
     希薄化後1株当たり
                       (円)           36.85          △ 1.61          52.40
     四半期(当期)利益又は損失(△)
     親会社所有者帰属持分比率                   (%)           20.11           28.35           20.80
     営業活動による
                      (百万円)             333           230           527
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (百万円)            △ 591         △ 1,050          △ 1,010
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (百万円)            2,683           3,884           3,662
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      (百万円)            4,560           8,365           5,320
     四半期末(期末)残高
     (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記

         載しておりません。
       2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
       3.上記指標は、国際会計基準(IFRS)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいており
         ます。
       4.第12期第3四半期連結累計期間に行った企業結合について、取得原価の配分は確定しておらず、暫定的な会
         計処理を行っておりましたが、当第3四半期連結累計期間に確定しております。この暫定的な会計処理の確
         定に伴い、第12期連結会計年度の連結財務諸表を遡及修正しております。修正の内容については、「第4 
         経理の状況 1 要約四半期連結財務諸表 要約四半期連結財務諸表注記 5.企業結合」をご参照くださ
         い。
    2  【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内
      容について、重要な変更はありません。
        また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/36



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       当社グループは、前連結会計年度よりIFRSに準拠した連結財務諸表を開示しており、前第3四半期連結累計期間

      の数値もIFRSベースに組み替えて比較・分析を行っております。
     (1)業績の状況
       当第3四半期連結累計期間における世界経済は、先進国を中心に堅調を維持しましたが、米国と中国との貿易摩
      擦等、先行きの不透明さが増しております。わが国経済では雇用・所得環境の改善が堅調に推移し、緩やかな回復
      基調が続きました。また、2020年の東京オリンピック開催や2025年の大阪万博を控え、国内需要の増加やインバウ
      ンド需要による後押しにより、引き続き堅調なペースで景気が拡大しております。
       旅行業界におきましては、2019年1月から6月の日本人出国者数の累計は954万人で、前年同月時点の累計を約75
      万人上回っております。(出所:日本政府観光局(JNTO))また、訪日外国人観光客は2019年1月から6月で1,663
      万人を超え、2016年3月に決定した「明日の日本を支える観光ビジョン」における2020年の目標である4,000万人に
      向け、順調に推移しております。
       このような状況のもと、当社はオンライン旅行代理店として、国内航空券・海外航空券販売を主軸に、サービス
      ラインの多角化と主要ブランドである「エアトリ」の認知度向上に向けた大幅な広告投資を図り、引き続き業容を
      拡大して参りました。また、オンライン旅行事業におけるノウハウを活かし、訪日旅行客を対象としたサービスを
      引き続き推進しております。
       2012年より開始したITオフショア開発事業においては、ベトナムにおけるラボ型開発を主軸に、多業種にわたり
      順調に顧客先を獲得し、雇用エンジニア数を増加させ、2019年6月現在は1,000名規模まで成長しております。ま
      た、上場来本格化した投資事業においては、成長企業への投資を積極的に進め、2019年6月現在、投資先を56社ま
      で拡大しております。
        このような環境の中、当社グループの当第3四半期連結累計期間の売上収益は16,123百万円(前年同期比
      +154.9%)、営業利益は183百万円(前年同期比△82.5%)、税引前四半期利益120百万円(前年同期比△88.4%)、
      親会社の所有者に帰属する四半期損失は29百万円(前年同期は親会社の所有者に帰属する四半期利益661百万円)とな
      りました。
       なお、第12期第3四半期連結累計期間に行った企業結合について、取得原価の配分は確定しておらず、暫定的な
      会計処理を行っておりましたが、当第3四半期連結累計期間に確定しております。この暫定的な会計処理の確定に
      伴い、第12期連結会計年度の連結財務諸表を遡及修正しております。修正の内容については、「第4 経理の状
      況 1 要約四半期連結財務諸表 要約四半期連結財務諸表注記 5.企業結合」をご参照ください。
       セグメントごとの業績を示すと、次のとおりであります。
      ①オンライン旅行事業

       オンライン旅行事業では、以下5つのサービスを提供しております。
       ・BtoCサービス(PC、スマートフォンにて一般消費者向けの旅行商材の直販サイトの運営)

       新規顧客の獲得、及び将来的な安定した顧客基盤の形成のために、テレビCM、電車広告等を中心としたマスマー
      ケティングへの大幅な先行投資、並びに、リピーター増加施策のためにUIの改善等を実施したことが寄与し、利用
      者が順調に増加致しました。
        当社ブランドであるエアトリの認知度向上や顧客獲得を目的とする戦略的な価格設定やブランディングコストの
      積極的な投下を実施致しました。
      ・BtoBtoCサービス(提携先企業のブランドにて旅行コンテンツを提供する事業)

       大手提携先の開拓強化、主要取引先のニーズに合致したサービスの提供、取引先とのコミュニケーションを強化
                                  3/36


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
      したことが寄与し、利用額が増加致しました。また、BtoCサービスと同様に、顧客拡大に重点を置いたマーケティ
      ング施策や提携施策の推進を実施致しました。
      ・BtoBサービス(他社旅行会社に対するホールセール事業)

       航空会社の業界動向や取引先の施策に影響を受け、売上高は堅調に推移しました。
      ・BTMサービス(企業の出張に係る社内承認手続き及び手配を一元管理する事業)

       基本的に顧客企業数の増加及び利用率の増加と連動して売上が増加するビジネスモデルであるため、営業人員の
      追加、及び既存顧客中の利用率が相対的に低い顧客の掘り起し等を実施したことにより成長しました。
       ・訪日サービス(訪日旅行客向けの各種BtoCサービスを実施する事業)

       Wi-Fiのレンタル、キャンピングカーのレンタル、両替、Webメディアの運営等を展開しており、各事業ラインと
      もに、訪日旅行客の増加、多言語展開、及びマーケティングの強化により、売上高利益ともに順調に成長しまし
      た。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間のオンライン旅行事業の売上収益は14,063百万円(前年同期比

      +204.0%)、セグメント利益は60百万円(前年同期はセグメント損失105百万円)となりました。
      ②ITオフショア開発事業

       ITオフショア開発事業では、ベトナムのホーチミン、ハノイ及びダナンにて、主にEコマース・Webソリューショ
      ン・ゲーム・システム開発会社等を顧客として、ラボ型の開発サービスを提供しております。
       当社のラボ型開発モデルは、顧客ごとに専属のスタッフを都度新規採用してチームを組成する点にあります。ま
      た、顧客が随時ラボの開発状況を確認することが可能なスタイルとなっております。専属スタッフの中長期的なア
      サインを前提としておりますので、採用段階でいかに顧客のニーズに合致した人材を採用するか、各エンジニアの
      モチベーションをいかに高めていくかが開発の成否を左右します。
       また、基本的に人月単価×人員数によって顧客に請求を行うビジネスモデルであり、クライアントに提供するエ
      ンジニア数と人月単価が売上に大きく影響を与えます。当連結会計年度においてはエンジニアの人員数の増加と、
      開発の効率化に伴う単価の上昇が、売上の増加に寄与しました。
      この結果、当第3四半期連結累計期間のオフショア事業の売上収益は1,817百万円(前年同期比+13.7%)、セグメン
      ト利益は134百万円(前年同期比+25.2%)となりました。
      ③投資事業

        投資事業では、既存事業とのシナジーを重視し、積極的なM&A、資本業務提携により、サービスラインの拡充と
      ともに    収益向上のために、成長企業への投資を推進しております。当連結会計年度においては、投資先を56社まで
      拡大しております。その結果、当第3四半期連結累計期間の投資事業の売上収益は242百万円(前年同期比
      +139.6%)、セグメント利益は473百万円(前年同期比△65.9%)となりました。
     (2)財政状態の分析

      (資産)
       当第3四半期連結会計期間末における総資産につきましては、前連結会計年度末に比べ5,449百万円増加し30,388
      百万円となりました。これは主に、現金及び現金同等物が3,045百万円、営業債権及びその他債権が903百万円増加
      したことによるものです。 
      (負債)
       当第3四半期連結会計期間末における負債につきましては、前連結会計年度末に比べ1,973百万円増加し21,345百
      万円となりました。これは主に、営業債務及びその他の債務が411百万円、有利子負債が862百万円増加したことに
      よるものです。
      (資本)
       当第3四半期連結会計期間末における資本は、前連結会計年度末に比べ3,475百万円増加し、9,043百万円となり
      ました。これは主に、資本金が1,819百万円、資本剰余金が1,642百万円増加したことによるものであります。
                                  4/36


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
     (3)キャッシュ・フローの状況
       当第3四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)の残高は、前連結会計年度
      末より3,045百万円増加し、8,365百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況とその要因は以下の通りで
      す。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       当第3四半期連結累計期間において営業活動により獲得した資金は、前同四半期連結累計期間より103百万円減少
      し、230百万円となりました。この主な要因は、税引前四半期利益を120百万円計上し、営業債務及びその他の債務
      の増減額が944百万円減少した一方で、営業債権及びその他の債権の増減額が556百万円減少したことによるもので
      あります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       当第3四半期連結累計期間において投資活動により使用した資金は、前同四半期連結累計期間より459百万円増加
      し、1,050百万円となりました。この主な要因は、無形資産の取得による支出904百万円、有形固定資産の取得によ
      る支出241百万円、敷金の回収による収入167百万円によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       当第3四半期連結累計期間において財務活動により獲得した資金は、前同四半期連結累計期間より1,201百万円増
      加し、3,884百万円となりました。この主な要因は、借入に伴う短期借入金の純増減による減少37百万円、長期借入
      金の借入による収入1,867百万円、株式の発行による収入3,595百万円、長期借入金の返済による支出1,358百万円に
      よるものであります。
     (4)研究開発活動

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

     当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/36












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     36,000,000

                 計                                   36,000,000

      ②  【発行済株式】

             第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

       種類      末現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
             (2019年6月30日)          (2019年8月14日)          商品取引業協会名
                                            権利内容に何ら限定のない当
                                  東京証券取引所
                                            社における標準となる株式で
      普通株式          19,554,500           19,562,600
                                            あります。なお、単元株式数
                                  (市場第一部)
                                            は100株であります。
        計         19,554,500           19,562,600           ―            ―
     (注)提出日現在発行数には、2019年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
        た株式数は含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】
        該当事項はありません。
                                  6/36











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
       当第3四半期会計期間において、行使価額修正条項付新株予約権に係る新株予約権が以下のとおり、行使されま
      した。
                                        当第3四半期連結会計期間
                                      (2019年4月1日から2019年6月30日)
     当第3四半期会計期間に権利行使された当該行使価額修正条項付
                                                        620
     新株予約権の数(個)
     当第3四半期会計期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                                 620,000
     当第3四半期会計期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                                  1,954
     当第3四半期会計期間の権利行使に係る資金調達額(百万円)                                                  1,211
     当第3四半期会計期間の末日における権利行使された当該行使価
                                                       1,767
     額修正条項付新株予約権の数の累計(個)
     当第3四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新
                                                     1,767,000
     株予約権に係る累計の交付株式数(株)
     当第3四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新
                                                       2,038
     株予約権に係る累計の平均行使価額等(円)
     当第3四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新
                                                       3,602
     株予約権に係る累計の資金調達額(百万円)
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2019年4月1日~
                   647,900     19,554,500           622      2,919        622      2,634
     2019年6月30日(注)
     (注)新株予約権の行使による増加であります。
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/36











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2019年6月30日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

                                        完全議決権株式であり、株主として
                                        の権利内容に何ら限定のない当社に
                    普通株式
     完全議決権株式(その他)                               189,017
                                        おける標準となる株式であります。
                        18,901,700
                                        単元株式数は100株であります。
     単元未満株式                      4,900        ―              ―
     発行済株式総数                    18,906,600           ―              ―

     総株主の議決権                     ―          189,017             ―

     (注)当第3四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
        記載することができないことから、直前の基準日(2019年3月31日)に基づく株主名簿による記載をし
        ております。
      ②  【自己株式等】

       該当事項はありません。
                                  8/36












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
    2  【役員の状況】
      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  9/36




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1   要約四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
     府令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」といいます。)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年
     6月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年10月1日から2019年6月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸表
     について、三優監査法人による四半期レビューを受けています。
                                 10/36
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
    1  【要約四半期連結財務諸表】
     (1)  【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                        注記
                               (2018年9月30日)               (2019年6月30日)
     資産
      流動資産
       現金及び現金同等物                                5,320               8,365
       営業債権及びその他の債権                                4,442               5,345
       その他の金融資産                   10              3,889               4,649
       棚卸資産                                  87               248
       未収法人所得税                                 132               167
                                       1,331                975
       その他の流動資産
       流動資産合計
                                      15,202               19,752
      非流動資産
       有形固定資産                                1,111               1,308
       のれん                   5              5,167               5,451
       無形資産                   5              2,236               2,533
       その他の金融資産                   10              1,055               1,178
       その他の非流動資産                                  83               60
                                        82               103
       繰延税金資産
       非流動資産合計                                9,736               10,636
      資産合計                                 24,939               30,388
     負債及び資本
      負債
       流動負債
        営業債務及びその他の債務                               4,333               4,745
        有利子負債                  10              6,802               6,801
        その他の金融負債                                428               596
        未払法人所得税                                 80               155
                                       3,281               3,834
        その他の流動負債
        流動負債合計
                                      14,926               16,133
       非流動負債
        有利子負債                 10              4,009               4,872
        その他の金融負債                                 61               42
        引当金                                 76               82
        繰延税金負債                                288               205
                                         8               9
        その他の非流動負債
        非流動負債合計                               4,444               5,211
       負債合計                                19,371               21,345
      資本
       資本金                   6              1,100               2,919
       資本剰余金                   6              2,117               3,759
       利益剰余金                   5              1,963                1,925
                                         5               11
       その他の資本の構成要素
       親会社の所有者に帰属する持分合計                                5,186               8,615
       非支配持分                                 380               427
       資本合計                                5,567               9,043
     負債及び資本合計                                  24,939               30,388
                                 11/36



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
     (2)  【要約四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                             前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                          注記     (自 2017年10月1日               (自 2018年10月1日
                               至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
     売上収益                       8             6,324               16,123
                                       △2,359               △7,014
     売上原価
     売上総利益
                                        3,965               9,109
      販売費及び一般管理費                                 △4,320               △9,540
      投資損益                                  1,415                430
      その他の収益                                    6              225
                                        △15               △41
      その他の費用
     営業利益
                                        1,050                183
      金融収益                                   16               14
                                        △25               △77
      金融費用
     税引前四半期利益                                   1,041                120
                                        △289                △85
     法人所得税
     四半期利益                                    751                35
     四半期利益の帰属(△は損失)

      親会社の所有者                                   661               △29
                                         89               65
      非支配持分
                                         751                35
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益
                          9             38.20               △1.61
      (△は損失)(円)
      希薄化後1株当たり四半期利益
                          9             36.85               △1.61
      (△は損失)(円)
                                 12/36










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
       【第3四半期連結会計期間】
                                                  (単位:百万円)
                             前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                          注記     (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                               至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
     売上収益                       8             2,875               5,505
                                       △1,140               △2,279
     売上原価
     売上総利益
                                        1,734               3,225
      販売費及び一般管理費                                 △1,944               △3,296
      投資損益                                   475               166
      その他の収益                                    ▶               ▶
                                         △9               △7
      その他の費用
     営業利益
                                         260                92
      金融収益                                    0               5
                                        △12               △31
      金融費用
     税引前四半期利益
                                         247                67
                                        △91               △96
     法人所得税
     四半期利益(△は損失)                                    156               △29
     四半期利益の帰属(△は損失)

      親会社の所有者                                   148               △20
                                          7              △8
      非支配持分
                                         156               △29
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益
                          9              8.53              △1.07
      (△は損失)       (円)
      希薄化後1株当たり四半期利益
                          9              8.24              △1.07
      (△は損失)       (円)
                                 13/36











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
     (3)  【要約四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                             前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                          注記     (自 2017年10月1日               (自 2018年10月1日
                               至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
     四半期利益                                    751                35

     その他の包括利益(税引後)
      純損益に振り替えられる可能性のある
      項目
       在外営業活動体の換算差額                                 △10               △22
                                          0              △1
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
      純損益に振り替えられる可能性のある
                                        △10               △23
      項目合計
     その他の包括利益(税引後)合計                                    △10               △23
     四半期包括利益                                    740                11
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                   656               △42
                                         84               54
      非支配持分
       【第3四半期連結会計期間】

                                                  (単位:百万円)
                             前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                          注記     (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                               至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
                                         156               △29

     四半期利益(△は損失)
     その他の包括利益(税引後)
      純損益に振り替えられる可能性のある
      項目
       在外営業活動体の換算差額                                  16              △16
                                          1              △0
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
      純損益に振り替えられる可能性のある
                                         17              △16
      項目合計
     その他の包括利益(税引後)合計                                     17              △16
     四半期包括利益                                    173               △46
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                   158               △29
                                         15              △16
      非支配持分
                                 14/36






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
     (4)  【要約四半期連結持分変動計算書】
        前第3四半期連結累計期間             (自 2017年10月1日 至 2018年6月30日)
                                                  (単位:百万円)
                            親会社の所有者に帰属する持分
                                                非支配     資本
                            資本     利益   その他の資本
                                                 持分     合計
                  注記
                      資本金                     合計
                            剰余金     剰余金    の構成要素
     2017年10月1日現在                   1,031      815    1,139       5    2,992      402    3,394
      四半期利益                    -     -    661      -    661      89    751
      その他の包括利益                    -     -     -    △5     △5     △5    △10
     四半期包括利益                     -     -    661     △5     656      84    740
      剰余金の配当             7      -     -   △118       -    △118      △27    △145
      新株発行                   36     36      -     -     73      -    73
      企業結合による変動                    -     42      -     -     42     16     59
      株式交換による変動             5      -   1,309       -     -    1,309     △112     1,197
      非支配株主との資本取引                    -   △126       -     -    △126      △56    △183
      振替及びその他の変動に
                         -     -     -     7     7    △6      0
      よる増加(減少)
     所有者との取引額等合計                    36    1,261     △118       7    1,187     △186     1,001
     2018年6月30日現在                   1,067     2,077     1,682       7    4,836      300    5,137
        当第3四半期連結累計期間             (自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

                                                  (単位:百万円)
                            親会社の所有者に帰属する持分
                                                 非支配      資本
                            資本     利益   その他の資本
                                                 持分     合計
                   注記
                       資本金                     合計
                            剰余金     剰余金    の構成要素
     2018年10月1日現在                   1,100     2,117     1,963       5   5,186      380    5,567
      四半期利益(△は損失)                    -     -    △29      -    △29      65     35
      その他の包括利益                    -     -     -    △12     △12     △11     △23
     四半期包括利益                     -     -    △29     △12     △42      54     11
      剰余金の配当              7       -   △177       -     -   △177       -   △177
      新株発行              6     1,819     1,819       -     -   3,638       -   3,638
      振替及びその他の変動に
                          -     -    △8      18      9    △7      2
      よる増加(減少)
     所有者との取引額等合計                   1,819     1,642      △8      18    3,471      △7    3,463
     2019年6月30日現在                   2,919     3,759     1,925      11    8,615      427    9,043
                                 15/36








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
     (5)  【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                            注記    (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                   1,041               120
      減価償却費及び償却費                                    230              666
      投資損益(△は益)                                  △1,415               △430
      引当金の増加額                                    △0             △13
      支払利息                                     25              71
      営業債権及びその他の債権の増減額
                                          221             △335
      (△は増加)
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                    △2             △66
      営業債務及びその他の債務の増減額
                                          975              30
      (△は減少)
      前渡金の増減額(△は増加)                                    232              445
      預り金の増減額(△は増加)                                    217              166
      預り保証金の増減額(△は減少)                                    △62               27
      営業投資有価証券の増加額(△は増加)                                   △573              △311
                                         △422              △55
      その他
      小計
                                          464              317
      利息及び配当金の受取額                                     3             12
      利息の支払額                                    △26              △70
                                         △107              △28
      法人所得税の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                    333              230
     投資活動によるキャッシュ・フロー

      有形固定資産の取得による支出                                   △123              △241
      有形固定資産の売却による収入                                     46             121
      無形資産の取得による支出                                   △567              △904
      敷金の差入による支出                                    △52             △101
      敷金の回収による収入                                     23             167
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の
                                          454              50
      取得による収入
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の
                             5            △355                -
      取得による支出
      事業譲受による支出                                     -            △136
                                         △16              △5
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                   △591             △1,050
     財務活動によるキャッシュ・フロー

      短期借入金の純増減額(△は減少)                                    526             △37
      長期借入れによる収入                                   2,700              1,867
      長期借入れの返済による支出                                   △284             △1,358
      株式の発行による収入                                     75            3,595
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取
                                         △183                -
      得による支出
      親会社所有者への配当金の支出                                   △117              △176
                                         △32              △6
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                   2,683              3,884
                                          △5             △19

     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         2,419              3,045
     現金及び現金同等物の期首残高                                    2,078              5,320
                                          61              -
     合併に伴う現金及び現金同等物の増加額
     現金及び現金同等物の四半期末残高                                    4,560              8,365
                                 16/36



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
    【要約四半期連結財務諸表注記】
     1.報告企業
       株式会社エボラブルアジア(以下「当社」という。)は日本国に所在する企業であります。当社の登記されている
      本社及び主要な事業所の所在地は、ホームページ(http://www.evolableasia.com/)で開示しております。
       当社及び連結子会社(以下「当社グループ」という。)の主な活動はオンライン旅行事業、ITオフショア開発事
      業、投資事業などであります。各事業の内容については、「注記4.セグメント情報」に記載しております。
     2.作成の基礎

      (1)  IFRSに準拠している旨
        当社グループの要約四半期連結財務諸表は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しておりま
       す。当社は四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしているこ
       とから、同93条の規定を適用しております。
        要約四半期連結財務諸表は、連結会計年度の連結財務諸表で要求されるすべての情報が含まれていないため、

       前連結会計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものです。
      (2)  測定の基礎

        当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定している金融商品等を除き、取得原価を基礎とし
       て作成しております。
      (3)  機能通貨及び表示通貨

        当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、単位を百万
       円としております。また、百万円未満を切り捨てて表示しております。
      (4)  重要な判断及び不確実性の見積りの主要な源泉

        IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益
       及び費用の金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが義務付けられております。実際の業績は、こ
       れらの見積りとは異なる場合があります。
        見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しており、その影響は、見積りを見直した期間及び将来の期間
       において認識しております。
        当社グループの要約四半期連結財務諸表における重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断は、原則として
       前連結会計年度に係る連結財務諸表と同様であります。
      (5)  未適用の新たな基準書及び解釈指針

         連結財務諸表の承認日までに新設又は改訂が行われた新基準及び新解釈指針のうち、当連結会計年度において
       当社グループが早期適用していない主なものは、以下のとおりであります。IFRS第16号の適用が当社グループの
       連結財務諸表に与える影響については検討中であり、現時点では見積ることはできません。
                    強制適用時期         当社グループ

      基準書       基準名                             新設・改訂の概要
                    (以降開始年度)           適用年度
     IFRS第16号        リース       2019年1月1日         2020年9月期         リースに関する会計処理を改訂
                                 17/36





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
     3.重要な会計方針
       当社グループが要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度に係る連結財務諸
      表において適用した会計方針と同一であります。
       なお、当第3四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積平均年次実効税率を基に算定しております。
     4.セグメント情報

      (1)  報告セグメントの概要
        当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、当社の取締
       役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
       す。
        当社グループでは、「One             Asia」をビジョンに掲げ、アジアの様々なチャンスやエンジニアを繋ぐ架け橋とな
       ることを目指し、「オンライン旅行事業」「ITオフショア開発事業」「投資事業」と3つの事業を柱に独自性が
       高いビジネスモデルを事業として主な報告セグメントとして区分し、グループ戦略を立案・決定しております。
        なお、各報告セグメントに含まれる事業と主要製品は、以下のとおりであります。
         オンライン旅行事業    :オンライン総合旅行サービス
         ITオフショア開発事業   :ラボ型オフショア開発サービス、BPOサービス
         投資事業         :成長・再生企業への投資
      (2)  セグメント収益及び業績の算定方法

        報告されているセグメントの会計処理の方法は、要約四半期連結財務諸表作成の会計方針と同一であります。
      (3)  セグメント収益及び業績に関する情報

        前第3四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2018年6月30日)
                                                  (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                      その他           調整額
                       IT
                                           合計          連結合計
                オンライン
                                      (注1)           (注2)
                     オフショア      投資事業       計
                旅行事業
                     開発事業
     外部売上収益             4,625     1,597      101    6,324       0   6,324       -   6,324
     セグメント間収益               -    135      -    135      -    135    △135       -
     売上収益合計             4,625     1,732      101    6,459       0   6,460     △135     6,324

     セグメント利益又は
                  △105      107    1,391     1,393      △0    1,393     △342     1,050
     損失(△)(注3)
     金融収益                                                   16
     金融費用                                                  △25

     税引前四半期利益                                                  1,041

     (注1)    「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、広告収益などの事業を含んでおりま
        す。
     (注2)    「調整額」の区分は、主に各報告セグメントに帰属しない全社費用及びセグメント間取引であります。
     (注3)    セグメント利益又は損失(△)は、要約四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 18/36





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
        当第3四半期連結累計期間 (自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)
                                                  (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                      その他           調整額
                       IT
                                           合計          連結合計
                オンライン
                                      (注1)           (注2)
                     オフショア      投資事業       計
                旅行事業
                     開発事業
     外部売上収益             14,063      1,817      242    16,123        0   16,123        -   16,123
     セグメント間収益               34     382      -    416      -    416    △416       -
     売上収益合計             14,098      2,200      242    16,540        0   16,540      △416     16,123
     セグメント利益又は
                   60     134     473     668     △0     668    △485      183
     損失(△)(注3)
     金融収益                                                   14
     金融費用                                                  △77

     税引前四半期利益                                                   120

     (注1)    「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、広告収益などの事業を含んでおりま
        す。
     (注2)    「調整額」の区分は、主に各報告セグメントに帰属しない全社費用及びセグメント間取引であります。
     (注3)    セグメント利益又は損失(△)は、要約四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        前第3四半期連結会計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)

                                                  (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                      その他           調整額
                       IT
                                           合計          連結合計
                オンライン
                                      (注1)           (注2)
                     オフショア      投資事業       計
                旅行事業
                     開発事業
     外部売上収益             2,330      544      0   2,875       0   2,875       -   2,875
     セグメント間収益               -     54      -     54      -     54    △54       -
     売上収益合計             2,330      598      0   2,929       0   2,929      △54     2,875

     セグメント利益又は
                  △135       2    468     334      0    334     △74      260
     損失(△)(注3)
     金融収益                                                    0
     金融費用                                                  △12

     税引前四半期利益                                                   247

     (注1)    「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、広告収益などの事業を含んでおりま
        す。
     (注2)    「調整額」の区分は、主に各報告セグメントに帰属しない全社費用及びセグメント間取引であります。
     (注3)    セグメント利益又は損失(△)は、要約四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 19/36






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
        当第3四半期連結会計期間 (自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
                                                  (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                      その他           調整額
                       IT
                                           合計          連結合計
                オンライン
                                      (注1)           (注2)
                     オフショア      投資事業       計
                旅行事業
                     開発事業
     外部売上収益             4,588      675     241    5,505       0   5,505       -   5,505
     セグメント間収益               1     73      -     75      -     75    △75       -
     売上収益合計             4,590      749     241    5,580       0   5,580      △75     5,505

     セグメント利益又は
                  △86      22     236     172      -    172     △79      92
     損失(△)(注3)
     金融収益                                                    5
     金融費用                                                  △31

     税引前四半期利益                                                   67

     (注1)    「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、広告収益などの事業を含んでおりま
        す。
     (注2)    「調整額」の区分は、主に各報告セグメントに帰属しない全社費用及びセグメント間取引であります。
     (注3)    セグメント利益又は損失(△)は、要約四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     5.企業結合

       前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間に行った企業結合は以下のとおりであります。
       なお、個別にも全体としても重要性が乏しい企業結合については記載を省略しております。
      前第3四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2018年6月30日)

       簡易株式交換による株式会社EA1の子会社化
        当社は、2017年9月11日開催の取締役会において、株式会社エヌ・エイチ・シー・フィフティーン(現株式会社
       EA1、以下、EA1社)を完全子会社とする簡易株式交換を行うことを決議し、2017年10月6日付で本株式交換を実施
       しました。
        なお、EA1社は、まぐまぐ社の株式を28,682株保有しており、本株式交換はまぐまぐ社の株式の取得を目的とす
       るものであります。
        本株式交換後、当社はまぐまぐ社の株式を合計で85.7%保有することになります。
       (1)  被取得企業の取得原価

         支配獲得日に交付した当社の普通株式の公正価値 349百万円
       (2)  株式の種類及び交換比率並びに交付予定の株式数

                                当社           EA1社
                            (株式交換完全親会社)           (株式交換完全子会社)
          当該株式交換に係る割当比率                       1          4.21
          当該株式交換により交付する株式数                           148,500

         なお、当社は、本株式交換による株式の交付に際し、新たに普通株式を発行しました。
         株式交換比率の算定方法

          株式交換完全子会社となるEA1社については、まぐまぐ社の株式保有のみを目的とした特別目的会社(SPC)
         であり、他の資産負債を有しておらず、事業も行っていないことから、株式価値算定に際しては、EA1社の株
         式価値は保有するまぐまぐ社の株式価値と同額と判断しております。
                                 20/36



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
       (3)  取得関連費用の金額
         該当事項はありません。 
       (4)  支配獲得日における資産及び負債の公正価値、のれん等

        ① 支配獲得日における資産及び負債の公正価値
          現金及び現金同等物                   0百万円
          投資有価証券                   349百万円
          資産合計                     349百万円
          流動負債                       ―百万円
          非流動負債                       ―百万円
          負債合計 ※1                    ―百万円
          純資産                               349百万円
          非支配持分※2                       112百万円
          のれん         ※3                 237百万円
          合計                                 349百万円
           ※1 偶発負債はありません。

           2 非支配持分は、取得日における被取得企業の識別可能純資産額に、非支配株主の持分比率を乗じて
             測定しております。
           3 のれんは、今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力であります。なお、税務上損金算
             入を見込んでいるのれんの金額はありません。
       (5)  企業結合に係る支配獲得日以降の損益情報

         該当事項はありません。
      株式会社エヌズ        ・エンタープライズの取得

       (1)  企業結合の概要
         被取得企業の名称     株式会社エヌズ                     ・エンタープライズ(以下、エヌズ社)
         被取得企業の事業の内容  旅行業
         企業結合を行った主な理由
          当社の総合旅行プラットフォームであるエアトリにて航空券と宿泊施設をセットにした国内旅行商品(パッ
         ケージ商品)の取り扱いを強化すべく、日本航空株式会社の専売認可代理店であり、日本航空株式会社の国内
         線の仕入れに大きな強みを持つエヌズ社を子会社化することといたしました。また、同社は、ジェットス
         ター・ジャパンの認可代理店契約も有しております。
          この度の子会社化により、当社は国内旅行商品(パッケージ商品)領域へ本格参入いたします。
         支配獲得日        現金を対価とする株式取得 2017年10月10日、株式交換 2017年11月6日
         結合後企業の名称     株式会社エヌズ                     ・エンタープライズ
         取得した議決権比率    100%(従前の議決権比率0.0%)
         被取得企業の支配の獲得方法
          現金を対価とする株式取得及び当社を親会社とし、エヌズ社を完全子会社とする株式交換
       (2)  移転された対価の公正価値

         取得価額は相手方と秘密保持契約を締結しているため非公表とさせていただきます。
         なお、当該企業結合契約に規定される条件付対価契約及び補償資産はありません。
                                 21/36




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
       (3)  株式の種類別の交換比率及びその算定方法並びに交付した株式数
        ① 株式の種類別の交換比率
          当社の普通株式189,600株:エヌズ社の普通株式328株
        ② 株式交換比率の算定方法
          第三者算定機関から提出を受けた株式価値評価レポート等を参考に、当事者間で協議の上、算定しており
         ます。
        ③ 交付した株式数
          当社株式 189,600株
       (4)  支配獲得日における資産及び負債の公正価値、のれん等

        ① 支配獲得日における資産及び負債の公正価値
          現金及び現金同等物                84百万円
          営業債権及びその他の債権                202百万円
          その他の流動資産                         38百万円
          有形固定資産                             71百万円
          その他の非流動資産                   72百万円
          資産合計                     468百万円
          営業債務及びその他の債務                184百万円
          有利子負債                              232百万円
          その他の流動負債                        137百万円
          非流動負債                     1百万円
          負債合計 ※1                   556百万円
          純資産                                △87百万円
          のれん         ※2                    986百万円
          合計                                    899百万円
           ※1 偶発負債はありません。
           2 のれんは、今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力であります。なお、税務上損金算
             入を見込んでいるのれんの金額はありません。
       (5)  企業結合に係る支配獲得日以降の損益情報

         前要約四半期連結損益計算書に認識されている当該支配獲得日以降における被取得企業の売上収益は760百万
        円、四半期損失は38百万円です。
         なお、四半期損失には、支配獲得日に認識した無形資産の償却費等が含まれております。
                                 22/36








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
      簡易株式交換による株式会社Destination                    Japanの子会社化
        (1)  企業結合の概要
         被取得企業の名称     株式会社Destination                        Japan(以下、Destination             Japan社)
         被取得企業の事業の内容  訪日外国人向けWi-fiレンタル、メディア運営
         企業結合を行った主な理由
          当社は、インバウンド領域でのさらなる事業拡大を目指すべく、訪日外国人向けWi-fiレンタルサービス
         「Japan    Wireless」を展開するDestination                 Japan社を子会社化することといたしました。
          なお、2018年8月1日付けでDestination                   Japan社は当社子会社であるエルモンテRVジャパン社と、エルモン
         テRVジャパン社を存続会社、Destination                    Japan社を消滅会社とする吸収合併方式による合併を行い、同日付
         で社名を株式会社インバウンドプラットフォームに変更しております。
         支配獲得日          2018年5月16日
         結合後企業の名称       株式会社Destination                          Japan
         取得した議決権比率      100.0%(従前の議決権比率0.0%)
         被取得企業の支配の獲得方法  当社を親会社とし、Destination                               Japan社を完全子会社とする株式交換
        (2)  移転された対価の公正価値

         取得価額は相手方と秘密保持契約を締結しているため非公表とさせていただきます。
         なお、当該企業結合契約に規定される条件付対価契約及び補償資産はありません。
        (3) 株式の種類別の交換比率及びその算定方法並びに交付した株式数

         ①  株式の種類別の交換比率
           当社の普通株式1株:Destination                Japan社の普通株式251.26株
         ② 株式交換比率の算定方法
           第三者算定機関から提出を受けた株式価値評価レポート等を参考に、当事者間で協議の上、算定してお
          ります。
         ③ 交付した株式数
           当社株式 251,300株
        (4)  取得関連費用

         当該企業結合に係る取得関連費用は20百万円であり、要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理
        費」に計上しております。
                                 23/36









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
        (5)  支配獲得日における資産及び負債の公正価値、のれん等
         ①  支配獲得日における資産及び負債の公正価値
          現金及び現金同等物                111百万円
          その他の流動資産                 25百万円
          その他の非流動資産                    31百万円
          資産合計                     168百万円
          前受金                                12百万円
          その他の流動負債                  32百万円
          長期未払金                            32百万円
          その他の非流動負債               1百万円
          負債合計 ※1                   79百万円
          純資産                                88百万円
          のれん         ※2                 393百万円
          合計                                 482百万円
           ※1 偶発負債はありません。
           2 のれんの主な内容は、個別に認識要件を満たさない、取得から生じることが期待される既存事業と
             のシナジー効果及び超過収益力であります。なお、税務上損金算入を見込んでいるのれんの金額は
             ありません。また、当第3四半期連結会計期間において、支払対価の配分が完了したことにより暫
             定的な金額を修正しております。当該修正による影響額に重要性はありません。
        (6)  企業結合に係る支配獲得日以降の損益情報

         前要約四半期連結損益計算書に認識されている当該支配獲得日以降における被取得企業の売上収益は26百万
        円、四半期利益は5百万円であります。
         なお、四半期利益には、支配獲得日に認識した無形資産の償却費等が含まれております。
       株式会社DeNAトラベルの子会社化

        (1)  企業結合の概要
         被取得企業の名称     株式会社DeNAトラベル(以下、DeNAトラベル社)
         被取得企業の事業の内容  旅行商品・サービスの提供等
         企業結合を行った主な理由
          当社はこれまで国内航空券での強みを生かしオンライン旅行事業を行ってまいりました。
          一方、DeNAトラベル社は海外旅行分野での強みを中心に、総合旅行サイトを運営しており、海外旅行分野
         では国内最大手のオンライン旅行会社となります。
          この度、旅行市場における互いの強みを生かし、更なるシナジーを創出するため、子会社化を決定するに
         至りました。
         支配獲得日          2018年5月31日
         結合後企業の名称       株式会社エアトリ
         取得した議決権比率      100%(従前の議決権比率0.0%)
         被取得企業の支配の獲得方法  現金を対価とする株式取得
        (2)  移転された対価の公正価値

         現金及び現金同等物    1,200百万円
         移転された対価合計    1,200百万円
         なお、当該企業結合契約に規定される条件付対価契約及び補償資産はありません。
                                 24/36




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
        (3)  取得関連費用
         当該企業結合に係る取得関連費用は3百万円であり、要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理費」
        に計上しております。
        (4)  支配獲得日における資産及び負債の公正価値、のれん等

         前連結会計年度では、企業結合日におけるDeNAトラベル社の識別可能な資産及び負債の特定並びに公正価値
        の測定が未了であったため、取得原価の配分は確定しておらず、連結財務諸表作成時点における入手可能な合
        理的な情報等に基づき暫定的な会計処理を行っておりましたが、当第3四半期連結会計期間に確定しておりま
        す。この暫定的な会計処理の確定に伴い、取得原価の当初配分額に重要な見直しがなされており、無形資産が
        65百万円減少し、その結果、のれん及び期首利益剰余金がそれぞれ75百万円、10百万円増加しております。
         ①  支配獲得日における資産及び負債の公正価値

          現金及び現金同等物               1,543百万円
          営業債権及びその他の債権                 3,183百万円
          前渡金                                   1,127百万円
          その他の流動資産                            176百万円
          無形資産          ※1                      962百万円
          その他の非流動資産                          409百万円
          資産合計                         7,403百万円
          営業債務及びその他の債務                 1,101百万円
          有利子負債(流動)                         5,200百万円
          前受金                                   2,258百万円
          その他の流動負債       302百万円
          その他の非流動負債      142百万円
          負債合計  ※2                  9,004百万円
          純資産                                △1,601百万円
          のれん            ※3                   2,801百万円
          合計                                     1,200百万円
           ※1 顧客関連資産が182百万円が含まれております。

           2 偶発負債はありません。
           3 のれんの主な内容は、個別に認識要件を満たさない、取得から生じることが期待される既存事業と
             のシナジー効果及び超過収益力であります。なお、税務上損金算入を見込んでいるのれんの金額は
             ありません。
        (5)  企業結合に係る支配獲得日以降の損益情報

         前要約四半期連結損益計算書に認識されている当該支配獲得日以降における被取得企業の売上収益は810百万
        円、四半期損失は18百万円です。
         なお、四半期損失には、支配獲得日に認識した無形資産の償却費等が含まれております。
       (プロフォーマ情報(非レビュー情報))

         上記の企業結合が2017年10月1日に完了したと仮定した場合のプロフォーマ情報は、連結売上収益13,737百
        万円、連結四半期損失621百万円です。
                                 25/36





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
      当第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)
      旅行鞄事業の取得
        (1)  企業結合の概要
         相手企業の名称          株式会社創基コーポレーション
         取得した事業の内容        旅行鞄の製造・販売等
         企業結合を行った主な理由
          旅行鞄の製造・販売事業に関して、当社のオンライン旅行事業でのシナジーが見込めると考えて事業を取
         得するに至りました。具体的には「エアトリ」での旅行商材販売とクロスセルやECサイトを通じた販売にお
         けるマーケティング強化、法人向け販売強化、製造拠点のあるベトナムを含めたアジア展開等でシナジーの
         創出を図ってまいります。
         企業結合日            2019年2月28日
         企業結合の法的形式        当社100%子会社である株式会社創基アジアによる事業譲受
        (2)  取得した事業の取得原価及びその内訳

         取得した事業の取得原価   145百万円
         取得原価の内訳:現金    145百万円
         なお、当該企業結合契約に規定される条件付取得対価契約及び補償資産はありません。
        (3)  取得関連費用

         当該企業結合に係る取得関連費用は18百万円であり、要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理
        費」に計上しております。
        (4)  企業結合日における資産及び負債の公正価値、のれん等

         ①  企業結合日における資産及び負債の公正価値
          流動資産 ※1                 161百万円
          非流動資産                   224百万円
          資産合計                         385百万円
          流動負債                        32百万円
          非流動負債                         13百万円
          負債合計                           46百万円
          負ののれん ※2                  △203百万円
           ※1 現金及び現金同等物8百万円が含まれております。また取得した営業債権及びその他の債権の公正
             価値は54百万円です。なお、契約上の未収金額の総額は55百万円であり、回収が見込まれない契約
             上のキャッシュ・フローの見積りは1百万円です。
           2 公正価値で測定された純資産が支払対価を上回ったため割安購入益が発生しており、要約四半期連
             結損益計算書の「その他の収益」に含めて表示しております。
        (5)  企業結合に係る支配獲得日以降の損益情報

         当要約四半期連結損益計算書に認識している当該支配獲得日以降における被取得企業の売上収益は145百万
        円、四半期損失は1百万円です。
         なお、四半期損失には、支配獲得日に認識した無形資産の償却費等が含まれております。
                                 26/36





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
      株式会社セブンフォーセブンエンタープライズの取得
        (1)  企業結合の概要
         相手企業の名称          株式会社セブンフォーセブンエンタープライズ
         取得した事業の内容        ハワイ旅行・ツアーの企画販売等
         企業結合を行った主な理由
          当社はこれまで国内航空券を主軸に、業容を拡大し、当社の総合旅行プラットフォーム「エアトリ」の認
         知度向上や顧客獲得に取り組んで参りました。
          一方、セブンフォーセブンエンタープライズ株式会社は、ハワイ旅行分野での強みを持つ旅行会社となり
         ます。
          この度、旅行市場におけるお互いの強みを生かし、更なるシナジーを創出するため、子会社化を決定する
         に至りました。
         企業結合日            2019年6月14日
         企業結合の法的形式        現金を対価とする株式取得
        (2)  取得した事業の取得原価及びその内訳

         取得した事業の取得原価   128百万円
         取得原価の内訳:現金    128百万円
         なお、当該企業結合契約に規定される条件付取得対価契約及び補償資産はありません。
        (3)  取得関連費用

         当該企業結合に係る取得関連費用は20百万円であり、要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理
        費」に計上しております。
        (4)  企業結合日における資産及び負債の公正価値、のれん等

         ①  企業結合日における資産及び負債の公正価値
          流動資産 ※1                 319百万円
          非流動資産                   224百万円
          資産合計                         543百万円
          流動負債                        293百万円
          非流動負債                        459百万円
          負債合計                          752百万円
          純資産                        △209百万円
          のれん  ※2                    337百万円
          合計額                     128百万円
           ※1 現金及び現金同等物172百万円が含まれております。また取得した営業債権及びその他の債権の公正
             価値は4百万円です。なお、契約上の未収金額の総額は4百万円であり、回収が見込まれない契約上
             のキャッシュ・フローの見積りはございません。
           2 のれんの主な内容は、個別に認識要件を満たさない、取得から生じることが期待される既存事業と
             のシナジー効果及び超過収益力であります。なお、税務上損金算入を見込んでいるのれんの金額は
             ありません。
           3 取得対価は、支配獲得日における公正価値を基礎として、取得した資産及び引き受けた負債に配分
             しております。上記金額は現時点での最善の見積りによる公正価値であるため、支配獲得日時点に
             存在していた事実や状況に関する追加的な状況が得られ評価される場合には、支配獲得日から1年
             間は修正することがあります。なお、当初の会計処理が完了していない資産は無形資産です。
                                 27/36





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
         (5)  企業結合に係る支配獲得日以降の損益情報
         当要約四半期連結損益計算書に認識されている当該支配獲得日以降における被取得企業の損益情報は金額の
        重要性が乏しいため、記載は省略しております。
        (プロフォーマ情報(非レビュー情報))

         上記の企業結合が2018年10月1日に完了したと仮定した場合のプロフォーマ情報は、連結売上収益17,606百
        万円、連結四半期利益2百万円です。
     6.資本及びその他の資本項目

      当第3四半期連結累計期間において、第2回から第5回、第13回新株予約権の行使により、発行済株式総数が
     1,846,500株、資本金及び資本準備金がそれぞれ1,819百万円増加しております。
                                 28/36

















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
     7.配当金
       配当金支払額は次のとおりであります。
      前第3四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2018年6月30日)

                 配当の総額          1株当たりの

       決議年月日                                 基準日          効力発生日
                  (百万円)          配当額(円)
     2017年12月22日
                       118          7.00    2017年9月30日           2017年12月25日
     定時株主総会決議
      当第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

                 配当の総額          1株当たりの

       決議年月日                                 基準日          効力発生日
                  (百万円)          配当額(円)
     2018年12月21日
                       177          10.00     2018年9月30日           2018年12月25日
     定時株主総会決議
     8.売上収益

       当社グループは、オンライン旅行事業、ITオフショア開発事業、投資事業の3つの事業ユニットを基本として構
      成されており、また、事業活動を行う地域を基礎としたエリア別の収益を用いることが適していることから、当社
      の取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために定期的に検討を行う対象としております。これらの
      サービスから生じる収益は顧客企業との契約に従い計上しております。
       分解した収益とセグメント収益との関連は以下の通りであります。
      前第3四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2018年6月30日)

                                                 (単位:百万円)
                 オンライン        ITオフショア
                                  投資事業         その他         合計
                  旅行事業        開発事業
     日本                4,577          -       101         0      4,678
     ベトナム                  -      1,597          -        -      1,597
     その他                  48         -        -        -        48
         合計            4,625        1,597         101         0      6,324
      当第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

                                                 (単位:百万円)
                 オンライン        ITオフショア
                                  投資事業         その他         合計
                  旅行事業        開発事業
     日本                13,792           -       242         0      14,035
     ベトナム                  -      1,817          -        -      1,817
     その他                 270         -        -        -       270
         合計            14,063         1,817         242         0      16,123
                                 29/36






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
      前第3四半期連結会計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
                                                 (単位:百万円)
                 オンライン        ITオフショア
                                  投資事業         その他         合計
                  旅行事業        開発事業
     日本                2,281          -        0        0      2,282
     ベトナム                  -       544         -        -       544
     その他                  48         -        -        -        48
         合計            2,330         544         0        0      2,875
      当第3四半期連結会計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

                                                 (単位:百万円)
                 オンライン        ITオフショア
                                  投資事業         その他         合計
                  旅行事業        開発事業
     日本                4,509          -       241         0      4,750
     ベトナム                  -       675         -        -       675
     その他                  79         -        -        -        79
         合計            4,588         675        241         0      5,505
     9.1株当たり利益

           前第3四半期連結累計期間                           当第3四半期連結累計期間

            (自 2017年10月1日                           (自 2018年10月1日
             至 2018年6月30日)                            至 2019年6月30日)
     基本的1株当たり四半期利益(円)                      38.20    基本的1株当たり四半期損失(円)                       △1.61
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                      36.85    希薄化後1株当たり四半期損失(円)                       △1.61
       基本的1株当たり四半期利益及び希薄化後1株当たり四半期利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                                  (単位:百万円)
                             前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 2017年10月1日               (自 2018年10月1日
                               至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
     基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)                                  38円20銭              △1円61銭
      親会社の所有者に帰属する四半期利益又は損失
                                         661              △29
      (△)(百万円)
      親会社の普通株主に帰属しない四半期利益
                                          -               -
      (百万円)
      基本的1株当たり四半期利益の計算に使用する
                                         661              △29
      四半期利益(△は損失)(百万円)
      発行済普通株式の期中平均株式数(株)                                17,327,311               18,482,840
     希薄化後1株当たり四半期利益又は損失(△)                                  36円85銭              △1円61銭
      四半期利益調整額(百万円)                                    -               -
      普通株式増加数(株)                                 633,946                  -
      (うち新株予約権)                                 633,946                  -
      (注)希薄化後1株当たり四半期損失については、当第3四半期連結累計期間においては、新株予約権の行使が1
         株当たり当期損失を減少させるため、潜在株式は希薄化効果を有しておりません。
                                 30/36





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
           前第3四半期連結会計期間                           当第3四半期連結会計期間

            (自 2018年4月1日                           (自 2019年4月1日
             至 2018年6月30日)                            至 2019年6月30日)
     基本的1株当たり四半期利益(円)                       8.53   基本的1株当たり四半期利益(円)                       △1.07
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                       8.24   希薄化後1株当たり四半期利益(円)                       △1.07
       基本的1株当たり四半期利益及び希薄化後1株当たり四半期利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                                  (単位:百万円)
                             前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                               (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                               至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
     基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)                                  8円53銭              △1円7銭
      親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)                                   148              △20
      親会社の普通株主に帰属しない四半期利益
                                          -               -
      (百万円)
      基本的1株当たり四半期利益の計算に使用する
                                         148              △20
      四半期利益(百万円)
      発行済普通株式の期中平均株式数(株)                                17,455,663               19,166,541
     希薄化後1株当たり四半期利益                                  8円24銭              △1円7銭
      四半期利益調整額(百万円)                                    -               -
      普通株式増加数(株)                                 599,169                  -
      (うち新株予約権)                                 599,169                  -
      (注)希薄化後1株当たり四半期利益については、当第3四半期連結会計期間においては、新株予約権の行使が1
         株当たり当期損失を減少させるため、潜在株式は希薄化効果を有しておりません。
     10.公正価値

      (1)  償却原価により測定された金融商品
                                                  (単位:百万円)
                           前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                           (2018年9月30日)                  (2019年6月30日)
                        帳簿価額         公正価値         帳簿価額         公正価値
     長期借入金(注)                       5,165         5,175         6,123         6,103

            合計                5,165         5,175         6,123         6,103

     (注) 長期借入金は、1年内返済予定の残高を含んでおります。
        償却原価で測定する短期金融資産については、公正価値は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額に

       よっております。また、一年超の金融資産については、想定される保有期間及び信用リスクを加味した利率によ
       り割り引いた現在価値によっております。
        償却原価で測定する短期金融負債については、公正価値は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
        長期借入金の公正価値は、一定の期間ごとに区分した債務毎に、債務額を満期までの期間及び信用リスクを加
       味した利率により割り引いた現在価値により算定しております。
                                 31/36





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
      (2)  公正価値で測定される金融商品
        公正価値で測定される金融商品について、測定に用いた評価技法へのインプットの観察可能性に応じて算定し
       た公正価値を以下の3つのレベルに分類しております。
        レベル1:活発に取引される市場で公表価格により測定された公正価値

        レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接、又は間接的に使用して算出された公正価値
        レベル3:観察可能な市場データに基づかないインプットを含む評価技法から算出された公正価値
        公正価値測定に複数のインプットを使用している場合には、その公正価値測定の全体において重要な最も低い

       レベルのインプットに基づいて公正価値のレベルを決定しております。金融商品のレベル間の振替は、振替の
       あった報告期間の期末日に認識しております。
        公正価値で測定される金融商品の公正価値ヒエラルキーは、以下のとおりであります。

                                                  (単位:百万円)
             2018年9月30日                  レベル1       レベル2       レベル3        合計
     金融資産
     純損益を通じて公正価値で測定される金融資産
      資本性金融商品                            1,018         -     2,441       3,460
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定される
     金融資産
      資本性金融商品                              -       -       49       49
      デリバティブ契約資産
       為替予約                             -       1       -       1
                合計                  1,018         1     2,490       3,510
                                                 (単位:百万円) 

             2019年6月30日                  レベル1       レベル2       レベル3        合計
     金融資産
     純損益を通じて公正価値で測定される金融資産
      資本性金融商品                             999        -     3,172       4,171
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定される
     金融資産
      資本性金融商品                              -       -       56       56
      デリバティブ契約資産
       為替予約                             -      △0        -       -
                合計                   999       △0      3,228       4,228
        レベル1に分類される市場性のある株式の公正価値は、同一の資産又は負債の活発な市場における無調整の公

       表価格によっております。
        レベル2のデリバティブ金融商品の評価は、取引金融機関から提示された価格等の観察可能なインプットに基
       づき算定しております。
        レベル3に分類される活発な市場における公表価格が入手できない非上場株式の公正価値は、合理的に入手可
       能なインプットにより、割引キャッシュ・フロー法および類似会社の相場価格などを使用して測定しています。
        非上場株式の公正価値は、当社グループの担当部門がグループ会計方針等に従って、四半期ごとに入手可能な
       直前の数値を用いて測定し、公正価値の変動の根拠と併せて経営者に報告がなされております。なお、当該公正
       価値の評価については、外部評価機関の利用が含まれております。
                                 32/36




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
        レベル3に分類された金融商品の期首から四半期末までの変動は、以下のとおりであります。
                                                  (単位:百万円)

                         前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                          (自 2017年10月1日                  (自 2018年10月1日
                          至 2018年6月30日)                   至 2019年6月30日)
     期首残高                                 986                 2,490
      利得(損失)                                556                  487
      購入                                706                  387
      売却                               △100                  △48
      上場によるレベル1への振替                                △70                  △88
      その他変動                                △1                  △0
     四半期末残高                                2,079                  3,228
     (注) 利得又は損失のうち、各報告期間の末日時点の純損益を通じて公正価値で測定される金融資産に関するものの

        利得又は損失は要約四半期連結損益計算書の「投資損益」に認識されております。
     11.重要な後発事象

       ナショナル流通産業株式会社の連結子会社化について
       当社は、2019年8月6日開催の臨時取締役会において、当社を株主交換完全親会社とし、ナショナル流通産業株

      式会社(以下、ナショナル流通産業社)を株主交換完全子会社とする株式交換を実施することを決議いたしまし
      た。
       なお、現時点において、支配獲得日における取得資産及び引受負債の公正価値の計算が完了していないため、支
      配獲得日現在ののれん、取得資産及び引受負債の公正価値等を含む当該企業結合の会計処理に関する詳細な情報は
      開示していません。
       (1)企業結合を行った理由

       当社はオンライン旅行代理店として、国内航空券・海外航空券販売を主軸に、サービスラインの多角化と主要ブ
      ランドである「エアトリ」の認知度向上に向けたTVCMの放映により、業容を拡大してまいりました。この戦略をさ
      らに推進すべく、今回ナショナル流通産業社の子会社化に至りました。
       (2)被取得企業の概要

         名称      ナショナル流通産業株式会社
         事業内容    各種商品券、旅行券の販売等
       (3)支配獲得予定日

         2019年8月30日
                                 33/36







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                 34/36




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 35/36



















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エボラブルアジア(E32194)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年8月14日

    株式会社エボラブルアジア
     取締役会      御中
                       三  優  監  査  法  人

                        指定社員

                                   公認会計士       岩田 亘人       印
                        業務執行社員
                        指定社員

                                   公認会計士       川村 啓文       印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エボラ

    ブルアジアの2018年10月1日から2019年9月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年4月1日から
    2019年6月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年10月1日から2019年6月30日まで)に係る要約四半期連結
    財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、
    要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行っ
    た。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
    第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
    誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
    統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
    対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
    に準拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
    報告」に準拠して、株式会社エボラブルアジア及び連結子会社の2019年6月30日現在の財政状態、同日をもって終了す
    る第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フ
    ローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 36/36


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク