株式会社プレミアムウォーターホールディングス 四半期報告書 第14期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第14期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)
提出日
提出者 株式会社プレミアムウォーターホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2019年8月14日
                         第14期第1四半期(自            2019年4月1日         至   2019年6月30日)
     【四半期会計期間】
     【会社名】
                         株式会社プレミアムウォーターホールディングス
     【英訳名】                   Premium    Water   Holdings,Inc.
                         代表取締役社長            萩尾 陽平
     【代表者の役職氏名】
                         山梨県富士吉田市上吉田4597番地の1
     【本店の所在の場所】
                         (上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は下記の場所で行って
                         おります。)
     【電話番号】                   (03)6864-0980
     【事務連絡者氏名】                   執行役員経営管理本部長 清水 利昭
     【最寄りの連絡場所】                   東京都渋谷区神宮前一丁目4番16号
     【電話番号】                   (03)6864-0982
     【事務連絡者氏名】                   執行役員経営管理本部長 清水 利昭
                         株式会社東京証券取引所
     【縦覧に供する場所】
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/46












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】

     1【主要な経営指標等の推移】

                              第13期          第14期
               回次              第1四半期連結          第1四半期連結            第13期
                              累計期間          累計期間
                            自2018年4月1日          自2019年4月1日          自2018年4月1日
              会計期間
                            至2018年6月30日          至2019年6月30日          至2019年3月31日
     売上収益                  (千円)         8,486,987         10,592,479          37,744,224

     売上総利益                  (千円)         7,203,947          8,923,504         32,009,387

     営業利益                  (千円)          153,776          437,642          814,330

     税引前四半期(当期)利益                  (千円)          142,034          329,798          428,086

     親会社の所有者に帰属する

                       (千円)         △ 73,147         154,901         △ 312,180
     四半期(当期)利益又は損失(△)
     親会社の所有者に帰属する
                       (千円)         △ 70,895         164,517         △ 296,889
     四半期(当期)包括利益
     親会社の所有者に帰属する持分                  (千円)         1,951,795          4,884,677          1,892,717
     資本合計                  (千円)         1,968,568          4,901,849          1,909,856

     資産合計                  (千円)        26,856,434          32,087,612          31,848,182

     基本的1株当たり
                       (円)          △ 2.71          5.65        △ 11.50
     四半期(当期)利益又は損失(△)
     希薄化後1株当たり
                       (円)          △ 2.71          5.20        △ 11.50
     四半期(当期)利益又は損失(△)
     親会社帰属持分比率                  (%)            7.3         15.2          5.9

     営業活動による
                       (千円)         1,155,575          1,080,706          4,781,980
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                       (千円)         △ 446,144         △ 349,024       △ 1,195,812
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                       (千円)        △ 1,264,977         △ 1,701,105         △ 1,907,430
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                       (千円)         4,497,455          5,753,621          6,734,463
     四半期末(期末)残高
     (注)   1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
          載しておりません。
        2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
        3.上記指標は、国際会計基準(IFRS)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいており
          ます。
                                  2/46





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     2【事業の内容】
       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内
      容について、重要な変更はありません。
       なお、主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      (1)連結の範囲の重要な変更
         当第1四半期連結会計期間において、深圳日商沃徳管理諮詢有限公司は、2019年5月で清算結了となったた
        め、連結の範囲から除外しております。
      (2)持分法適用の重要な変更
         当第1四半期連結会計期間において、当社が保有する株式会社SPScorporationの発行済株式を売却したこと
        に伴い、同社を持分法適用の範囲から除外しております。
                                  3/46

















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、前事業年度の有価証券報告書に記載した
      「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が
      判断したものであります。
       なお、当社グループは当第1四半期連結会計期間より、従来の日本基準に替えて国際会計基準(以下「IFRS」とい
      う。)を適用しており、前第1四半期連結会計期間及び前連結会計年度の数値もIFRSベースに組み替えて比較分析を
      行っております。
      (1)財政状況及び経営成績の状況

       当第1四半期連結累計期間における我が国の経済は、企業収益が好調に推移して設備投資の増加が続くなか、雇
      用・所得環境の改善を背景に個人消費の持ち直しの動きがみられるなど、緩やかな回復基調が続きました。その一
      方で、米中貿易摩擦の長期化や英国のEU離脱問題など海外経済の不透明感に加え、本年10月1日施行予定の消費税
      率引上げによる景気への影響が懸念される状況にあります。
       当社グループの中核事業である宅配水事業の分野においては、飲料水に対する「安心」・「安全」・「安定供
      給」を求める意識の高まりを背景に、宅配水の認知度が向上し、宅配水市場は緩やかに成長しております。しかし
      ながら、人手不足を背景とする人件費や物流費の上昇などにより、当社グループを取り巻く経営環境は厳しさを増
      しております。
       このような状況のなか、当社グループは、2019年5月9日に公表しました中期経営計画のもと、宅配水事業にお
      いては、お客様が宅配水の定期配送サービスを長期にわたって継続的に利用していただくことで安定的な収益基盤
      の構築に繋がることから、新規契約の獲得に向けて引き続き経営資源を投下する一方、各種付帯サービスの提供率
      の向上、お客様満足度のためのキャンペーンの実施等の各種施策を通じて1契約当たりの継続率及び収益性の向上
      に努めてまいりました。また、物流費、販売促進費等の増加が当社グループの利益の押下げ要因となっているもの
      の、PETボトル製造工場をはじめとする各工場設備の稼働率の向上による製造原価の低減を実現する一方で、物流費
      の安定化につながる物流網の構築の推進や商品の出荷方法の変更等による各種費用の削減に努めてまいりました。
       以上のような各施策の実施の結果、当第1四半期連結累計期間の連結業績につきましては、売上収益は                                                10,592百
      万円  ( 前年同期比24.8%増         )、営業利益は       437百万円     ( 前年同期比184.6%増          )、税引前四半期利益は            329百万円     ( 前
      年同期比132.2%増         )、親会社の所有者に帰属する四半期利益は                     154百万円     (前年同期は73百万円の親会社の所有者
      に帰属する四半期損失)となりました。
       また、財政状態については以下のとおりとなります。

       ①資産、負債及び資本の状況
       (資産)
         当第1四半期連結会計期間末の資産は前連結会計年度末に比べて                              239百万円増加       し、  32,087百万円      となりまし
        た。主な増加要因としては、新規契約の獲得に向けた各種営業費用の増加に伴う契約コストの増加                                              330百万円     等
        であります。
       (負債)
         当第1四半期連結会計期間末の負債は前連結会計年度末に比べて                              2,752百万円減少        し、  27,185百万円      となりま
        した。主な減少要因としては、A種優先株式の内容変更に伴う有利子負債の減少2,800百万円であります。
       (資本)
         当第1四半期連結会計期間末の資本は前連結会計年度末に比べて                              2,991百万円増加        し、  4,901百万円増加        とな
        りました。主な増加要因としては、親会社の所有者に帰属する四半期利益154百万円の計上及びA種優先株式の
        内容変更に伴う資本金及び資本準備金の増加各1,400百万円であります。
                                  4/46



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
       (A種優先株式の取扱いに関する補足説明)
         当社が2017年9月27日付で発行いたしましたA種優先株式につきましては、日本基準のもとでは純資産
        (IFRSのもとでは資本に相当)に分類されておりましたが、IFRSのもとでは金融負債(有利子負債)に分類さ
        れることになります。そのため、IFRSを適用して組み替えた前連結会計年度末ではA種優先株式の券面額2,800
        百万円が負債として計上されることとなります。しかしながら、2019年6月26日開催の定時株主総会の決議及
        び会社法第325条が準用する同条第1項に基づくA種優先株主総会のみなし決議により、A種優先株式の内容を
        変更したことに伴い、当第1四半期連結会計期間末においてはA種優先株式の券面額2,800百万円を負債から資
        本に振り替えたため、前連結会計年度末との比較に際して負債及び資本の2項目で大幅な増減が生じておりま
        す。
       ②キャッシュ・フローの状況

        当第1四半期連結累計期間末において現金及び現金同等物(以下「資金」といいます。)の残高は                                              5,753百万円
       と前連結会計年度末(6,734百万円)に比べて980百万円の減少となりました。各キャッシュ・フローの状況とそ
       の主な要因は以下のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロ-)
         当第1四半期連結累計期間において営業活動により獲得した資金は、                                1,080百万円      と前第1四半期連結累計期
        間(  1,155百万円      )に比べて     74百万円の減少       となりました。この主な要因は、税引前四半期利益                        329百万円     の計
        上及び資金の支出を伴わない減価償却費及び償却費                        1,437百万円      等による資金の増加がある一方、契約コスト
        330百万円     、法人所得税の支払額          252百万円     の支払い等による資金の流出があったことによるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロ-)
         当第1四半期連結累計期間において投資活動に使用した資金は、                               349百万円     と前第1四半期連結累計期間
        ( 446百万円     )に比べて     97百万円の減少       となりました。この主な要因は、ウォーターサーバーの取得数の増加及
        び工場関連設備の投資実施に伴い、有形固定資産及び無形資産の取得による支出                                     328百万円     等が発生したことよ
        るものとなります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロ-)
         当第1四半期連結累計期間において財務活動に使用した資金は、                               1,701百万円      と前第1四半期連結累計期間
        ( 1,264百万円      )に比べて     436百万円の増加        となりました。この主な要因は、金融機関等からの借入額の増加に
        伴う長期有利子負債の支出            1,715百万円      によるものとなります。
      (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (3)研究開発活動

        当第1四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は、                            18 百万円であります。
        なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/46






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】

      (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)
               普通株式                                84,000,000

              A種優先株式                                     28

                 計                              84,000,000

     (注)当社の発行可能株式総数は84,000,000株であり、普通株式の発行可能種類株式総数及びA種優先株式の発行可
        能種類株式総数の合計数とは異なります。
       ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間
                                     上場金融商品取引所
                        提出日現在発行数(株)
       種類      末現在発行数(株)                       名又は登録認可金融               内容
                         (2019年8月14日)
                                     商品取引業協会名
              (2019年6月30日)
                                               権利内容に何ら限定の
                                               ない、当社における標
                                      東京証券取引所
      普通株式           27,446,162            27,446,162                  準となる株式であり、
                                       市場第二部
                                               単元株式数は100株であ
                                               ります。
                                                   (注)2
     A種優先株式                 28            28        ―
                                                   (注)3
        計          27,446,190            27,446,190            ―           ―

     (注)   1 提出日現在発行数には、2019年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
          れた株式数は含まれておりません。
        2 A種優先株式の単元株式数は1株となります。
        3   A種優先株式の内容は、次のとおりです。なお、2019年6月26日開催の定時株主総会の決議及びA種優先株
          主総会の決議に代わる会社法第319条第1項に基づくみなし決議により、A種優先株式の内容を変更してお
          り、その変更後の内容を記載しております。
       (1)  優先配当金
         ①A種優先配当金
          当社は、普通株式を有する株主(以下「普通株主」という。)又は普通株式の登録株式質権者(以下「普通
          登録株式質権者」という。)に対して定款第43条第1項に規定する基準日に係る剰余金の配当を行う場合に
          限り、定款第42条の規定に基づいて行う取締役会の決議により、当該配当に係る基準日の最終の株主名簿に
          記載又は記録されたA種優先株式を有する株主(以下「A種優先株主」という。)またはA種優先株式の登
          録株式質権者(以下「A種優先登録株式質権者」という。)に対し、普通株主または普通登録株式質権者に
          先立ち、A種優先株式1株につき第2号に定める額の剰余金(以下「A種優先配当金」という。)を配当す
          る。
         ②A種優先配当金の額
          A種優先配当金の額は、1事業年度毎に1株につき2,000,000円とする。なお、A種優先株式が発行された
          事業年度におけるA種優先配当金の額は、1株につき2,000,000円を、A種優先株式発行日の翌日から当該
          事業年度の末日までの日数に応じて、1年を365日とする日割り計算により算出した額とする。
         ③累積条項
          ある事業年度においてA種優先株主又はA種優先登録株式質権者に対して支払う剰余金の配当の額がA種優
          先配当金の額に達しないとき(剰余金の配当が行われない場合を含む。)は、その不足額は、翌事業年度以降
          に累積するものとする。
                                  6/46



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
         ④非参加条項
          当社は、上記①及び②に基づくA種優先配当金の配当後、さらに分配可能額について普通株主又は普通登録
          株式質権者に対する剰余金の配当を行うときは、別段の定めをしない限り、A種優先株主又はA種優先登録
          株式質権者に対しては、普通株主又は普通登録株式質権者に対する剰余金の配当と同順位での剰余金の配当
          を行わない。
       (2)  残余財産の分配
         ①残余財産の分配
          当社は、残余財産を分配するときは、A種優先株主又はA種登録株式質権者に対して、A種優先株式1株に
          つき、普通株式1株に対する残余財産分配金に500を乗じた金額の残余財産分配金を、普通株主又は普通登
          録株式質権者に対する残余財産分配金の分配と同順位で支払う。
         ②非参加条項
          A種優先株式又はA種優先登録株式質権者に対しては、上記①に定めるほか、残余財産の分配は行わない。
       (3)  議決権
         A種優先株主は株主総会において議決権を有しない。また、当社が会社法第322第1項各号に掲げる行為をす
         る場合においては、法令に定める場合を除き、A種優先株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
       (4)   株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
         当社は、法令に定める場合を除き、A種優先株式について株式の分割又は併合を行わない。また、当社は、A
         種優先株主には、募集株式の割当てを受ける権利又は募集新株予約権の割当てを受ける権利を与えず、また、
         株式無償割当て又は新株予約権無償割当てを行わない。
       (5)  金銭を対価とする取得条項
        ① 当社は、A種優先株主又はA種優先登録株式質権者の承諾を得た場合、当社の取締役会が別に定める日にお
         いて、法令上可能な範囲で、次号に定める取得価額の金銭の交付と引換えにA種優先株式の全部又は一部を
         取得することができる(当該取得を行う日を、以下「金銭対価取得条項取得日」という。)。なお、一部を取
         得するときは、比例按分その他当社の取締役会が定める合理的な方法により、取得すべきA種優先株式を決
         定する。
        ② A種優先株式1株あたりの取得価額は、次に定める算式による金額とする。
          A種優先株式1株あたりの取得価額=[100,000,000円]+[A種優先株式発行日の翌日から金銭対価取得
          請求日までの日数に応じて1年につき2,000,000円の割合による金額(1年未満の期間部分については1年を
          365日とする日割り計算によるものとする。)]-[当社が当該A種優先株式につき支払ったA種優先配当金
          額合計額]
       (6)  譲渡制限
         A種優先株式を譲渡により取得するには、当社の取締役会の承認を要する。
       (7)  種類株主総会における決議
         本優先株主は株主総会において議決権を有しない。また、当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をす
         る場合においては、法令に定める場合を除き、本優先株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
      (2)【新株予約権等の状況】

       ①【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
                                  7/46




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                                    資本金
                                                資本準備      資本準備
                                         資本金残高
                発行済株式総数          発行済株式総数
                                    増減額
        年月日                                        金増減額      金残高
                 増減数(株)           残高(株)
                                          (千円)
                                    (千円)            (千円)      (千円)
                普通株式       33,390

      2019年4月1日~
                         普通株式     27,446,162
                                      7,452    4,021,956        7,452    3,131,456
      2019年6月30日
                A種優先株式 -
                         A種優先株式            28
     (注)新株予約権の行使による増加となります。

      (5)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (6)【議決権の状況】

         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
        記載することができないことから、直前の基準日(2019年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしており
        ます。
       ①【発行済株式】

                                                  2019年3月31日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容
                                             「1(1)②     発行済株式」の
                       A種優先株式         28
     無議決権株式                                       ―
                                             「内容」の記載を参照
     議決権制限株式(自己株式等)                           ―            ―         ―
     議決権制限株式(その他)                           ―            ―         ―

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                       ―         ―
                       普通株式         300
                                              権利内容に何ら限定のな

                                              い、当社における標準と
                       普通株式     27,410,800
     完全議決権株式(その他)                                    274,108
                                              なる株式であり、単元株
                                              式数は100株であります。
                       普通株式        1,672

     単元未満株式                                       ―         ―
     発行済株式総数                       27,412,800                ―         ―

     総株主の議決権                           ―         274,108            ―

     (注)「単元未満株式」の欄には、自己株式12株が含まれております。
       ②【自己株式等】

                                                  2019年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
      所有者の氏名                      自己名義        他人名義       所有株式数の
                 所有者の住所                                  対する所有株式の
       又は名称                   所有株式数(株)        所有株式数(株)          合計(株)
                                                     割合(%)
     (自己保有株式)
               山梨県富士吉田市上
     株式会社プレミアム
                                300         -       300        0.0
               吉田4597番地の1
     ウォーターホール
     ディングス
    2【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                  8/46



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
      閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019
      年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る要約四半期連結財
      務諸表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成するこ

      とができる体制の整備について
       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
      することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりであります。
      (1) 会計基準等の内容を適正に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、公

       益財団法人財務会計基準機構に加入しております。
      (2) IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把

       握を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表等を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計
       方針を作成し、それに基づいた会計処理を行っております。
                                  9/46












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    1【要約四半期連結財務諸表】
      (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                   (単位:千円)
                                                  当第1四半期
                             移行日         前連結会計年度
                       注記                           連結会計期間
                          (2018年4月1日)           (2019年3月31日)
                                                (2019年6月30日)
     資産
      流動資産
       現金及び現金同等物                         5,055,213           6,734,463           5,753,621
       営業債権及びその他の債権                         3,227,224           4,446,221           4,448,216
       棚卸資産                          204,500           269,396           241,245
       その他の金融資産                 7         506,709           695,613           719,644
                                371,562           342,084           429,286
       その他の流動資産
       流動資産合計                         9,365,210          12,487,779           11,592,014
      非流動資産

       有形固定資産                 8       11,199,464           12,321,166           12,919,881
       のれん                          75,625           75,625           75,625
       無形資産                          515,002           764,134           958,458
       持分法で会計処理されている投資                          16,098           15,486           14,631
       その他の金融資産                 7         510,444           829,775           838,924
       繰延税金資産                          725,775           275,644           281,138
       契約コスト                         3,728,171           5,057,580           5,388,194
                                 29,127           20,989           18,743
       その他の非流動資産
       非流動資産合計                        16,799,709           19,360,402           20,495,598
      資産合計                         26,164,920           31,848,182           32,087,612
                                 10/46












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:千円)
                                                 当第1四半期
                             移行日         前連結会計年度
                       注記                           連結会計期間
                          (2018年4月1日)           (2019年3月31日)
                                                (2019年6月30日)
     負債及び資本
      負債
      流動負債
       営業債務及びその他の債務                        3,711,046           5,677,698           5,691,478
       有利子負債                7        6,248,802           6,797,693           7,120,109
       未払法人所得税                          58,803          254,523           188,678
                                250,675           407,249           244,909
       その他の流動負債
       流動負債合計                        10,269,328           13,137,165           13,245,175
      非流動負債

       有利子負債                5,7        13,768,980           16,630,583           13,767,116
       引当金                          39,098           46,165           46,259
       繰延税金負債                          19,528           11,410           7,572
                                82,491          112,999           119,638
       その他の非流動負債
       非流動負債合計                        13,910,098           16,801,159           13,940,586
      負債合計                         24,179,426           29,938,325           27,185,762
      資本

       資本金                5        2,529,075           2,614,504           4,021,956
       資本剰余金                5        1,762,915           1,898,316           3,318,345
       利益剰余金                       △ 2,304,266          △ 2,616,447          △ 2,461,545
       自己株式                          △ 173          △ 204          △ 244
                               △ 18,741          △ 3,450           6,165
       その他の包括利益累計額
       親会社の所有者に帰属する持分
                               1,968,810           1,892,717           4,884,677
       合計
                                16,683           17,138           17,172
       非支配持分
       資本合計                        1,985,493           1,909,856           4,901,849
      負債及び資本合計                         26,164,920           31,848,182           32,087,612
                                 11/46










                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (2)【要約四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                          注記    (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                               至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
      売上収益                     10            8,486,987              10,592,479
                                      1,283,040               1,668,975
      売上原価
       売上総利益
                                      7,203,947               8,923,504
      その他の収益                                   982              4,658

      販売費及び一般管理費                                7,034,968               8,488,870
                                        16,185               1,650
      その他の費用
       営業利益
                                       153,776               437,642
      金融収益                                  1,006               5,579

      金融費用                     6             84,521              119,736
      持分法による投資損益                                 △ 1,727               6,314
                                        73,500                 -
      その他の営業外損益
       税引前四半期利益
                                       142,034               329,798
                                       215,092               174,862
      法人所得税費用
       四半期利益(△は損失)                                △ 73,057              154,935
     四半期利益(△は損失)の帰属

      親会社の所有者                                 △ 73,147              154,901
                                          89               34
      非支配持分
     四半期利益(△は損失)                                  △ 73,057              154,935
     1株当たり四半期利益(△は損失)

      基本的1株当たり四半期利益
                          11             △ 2.71               5.65
      (△は損失)(円)
      希薄化後1株当たり四半期利益
                          11             △ 2.71               5.20
      (△は損失)(円)
                                 12/46









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     四半期利益(△は損失)                                   △ 73,057               154,935

     その他の包括利益

      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       キャッシュ・フロー・ヘッジの有効部分                                  1,572                 805
                                          679               8,810
       在外営業活動体の換算差額
      純損益に振り替えられる可能性のある
                                         2,251                9,615
      項目合計
      税引後その他の包括利益                                   2,251                9,615
      四半期包括利益                                  △ 70,806               164,551
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                  △ 70,895               164,517
                                          89                34
      非支配持分
      四半期包括利益                                  △ 70,806               164,551
                                 13/46













                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
      前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日                       至 2018年6月30日)
                                                    (単位:千円)
                         親会社の所有者に帰属する持分
                                      その他の
                                                 非支配      資本
                      資本      利益      自己
            注記
                資本金                      包括利益       合計
                                                  持分      合計
                     剰余金      剰余金      株式
                                      累計額
    2018年4月1日            2,529,075      1,762,915     △ 2,304,266       △ 173    △ 18,741    1,968,810       16,683    1,985,493
    四半期包括利益
    四半期利益又は四
                   -      -   △ 73,147       -      -   △ 73,147       89   △ 73,057
    半期損失(△)
    その他の包括利益               -      -      -      -    2,251      2,251       -    2,251
    四半期包括利益
                   -      -   △ 73,147       -    2,251    △ 70,895       89   △ 70,806
    合計
    所有者との
    取引額等
    自己株式の取得
                   -      -      -     △ 31      -     △ 31      -     △ 31
    及び処分
    新株の発行
    (新株予約権の             25,447      24,904       -      -      -    50,352       -    50,352
    行使)
    株式報酬取引               -    3,560       -      -      -    3,560       -    3,560
    所有者との
                 25,447      28,464       -     △ 31      -    53,880       -    53,880
    取引額等合計
    2018年6月30日            2,554,523      1,791,380     △ 2,377,414       △ 204    △ 16,489    1,951,795       16,773    1,968,568
                                 14/46













                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      当第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日                       至 2019年6月30日)
                                                    (単位:千円)
                         親会社の所有者に帰属する持分
                                      その他の
                                                 非支配      資本
                      資本      利益      自己
            注記
                資本金                      包括利益      合計
                                                  持分      合計
                     剰余金      剰余金      株式
                                      累計額
    2019年4月1日            2,614,504      1,898,316     △ 2,616,447       △ 204    △ 3,450    1,892,717       17,138    1,909,856
    四半期包括利益
    四半期利益又は四
                   -      -   154,901        -      -   154,901        34   154,935
    半期損失(△)
    その他の包括利益               -      -      -      -    9,615      9,615       -    9,615
    四半期包括利益
                   -      -   154,901        -    9,615     164,517        34   164,551
    合計
    所有者との
    取引額等
    自己株式の取得
                   -      -      -     △ 39      -     △ 39      -     △ 39
    及び処分
    新株の発行
    (新株予約権の             7,452      7,441       -      -      -    14,893       -    14,893
    行使)
    株式報酬取引               -    12,587       -      -      -    12,587       -    12,587
    資本分類の変更        5    1,400,000      1,400,000         -      -      -   2,800,000         -   2,800,000
    所有者との
                1,407,452      1,420,028         -     △ 39      -   2,827,441         -   2,827,441
    取引額等合計
    2019年6月30日            4,021,956      3,318,345     △ 2,461,545       △ 244     6,165    4,884,677       17,172    4,901,849
                                 15/46














                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:千円)
                                前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)             至 2019年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                   142,034             329,798
      減価償却費及び償却費                                  1,185,864             1,437,006
      金融収益                                   △ 1,006            △ 5,579
      金融費用                                   84,521             119,736
      持分法による投資損益(△は益)                                    1,727            △ 6,314
      契約コストの増減(△は増加)                                  △ 351,100            △ 330,614
      営業債権及びその他の債権の増減(△は増加)                                  △ 67,840             △ 6,731
      営業債務及びその他の債務の増減(△は減少)                                   372,477             △ 73,249
      棚卸資産の増減(△は増加)                                  △ 77,493             28,150
                                        △ 26,333            △ 90,897
      その他
       小計
                                       1,262,850             1,401,305
      利息の受取額                                    1,006             1,204
      利息の支払額                                  △ 62,089            △ 69,347
                                        △ 46,192            △ 252,456
      法人所得税の支払額又は還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  1,155,575             1,080,706
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産及び無形資産の取得による支出                                  △ 213,758            △ 328,968
      子会社の支配獲得による収支(△は支出)                                   △ 6,400               -
      貸付けによる支出                                  △ 243,884             △ 31,000
      貸付金の回収による収入                                   11,075              8,238
                                          6,823             2,704
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 446,144            △ 349,024
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期有利子負債の支出                                 △ 1,315,298            △ 1,715,959
      自己株式の取得による支出                                    △ 31            △ 39
                                         50,352             14,893
      新株予約権の行使による株式の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,264,977            △ 1,701,105
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    △ 2,210            △ 11,418
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 557,758            △ 980,842
     現金及び現金同等物の期首残高                                   5,055,213             6,734,463
     現金及び現金同等物の四半期末残高                                   4,497,455             5,753,621
                                 16/46









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
    1.報告企業
      株式会社プレミアムウォーターホールディングス(以下「当社」という。)は日本に所在する株式会社であり、東京
     証券取引所に株式を上場しております。登記上の本社の住所は山梨県富士吉田市上吉田4597番地の1であります。当
     第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)及び当第1四半期連結累計期間(2019年4月1日か
     ら2019年6月30日まで)の要約四半期連結財務諸表は、当社及びその子会社(以下「当社グループ」という。)並びに関
     連会社に対する当社グループの持分から構成されております。当社グループは、主に宅配水事業の分野において様々
     な事業に取り組んでおります。
    2.要約四半期連結財務諸表作成の基礎

     (1)  IFRSに準拠している旨及び初度適用に関する事項
       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特
      定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成しております。
       当社グループは、2019年4月1日に開始する連結会計年度の第1四半期連結会計期間よりIFRSを初めて適用して
      おり、当連結会計年度の年次の連結財務諸表がIFRSに準拠して作成する最初の連結財務諸表となります。IFRSへの
      移行日は2018年4月1日であります。従前の会計基準は日本基準であり、日本基準による直近の連結財務諸表に表
      示されている会計期間の末日は2019年3月31日であります。
       また、当社グループが適用しているIFRS第1号「国際財務報告基準の初度適用」(以下「IFRS第1号」とい
      う。)が与える影響については、「注記13.初度適用」に記載しております。
     (2)  測定の基礎

       本要約四半期連結財務諸表は「注記3.重要な会計方針」に記載している会計方針に基づいて作成されておりま
      す。資産及び負債の残高は、公正価値で測定している金融商品などを除き、取得原価を基礎として計上しておりま
      す。
     (3)  機能通貨及び表示通貨

       本要約四半期連結財務諸表は当社の機能通貨である日本円(千円単位、単位未満切捨て)で表示しております。
    3.重要な会計方針

      以下の会計方針は、本要約四半期連結財務諸表(IFRS移行日の要約連結財政状態計算書を含む)に記載されている全
     ての期間に適用しております。
     (1)  連結の基礎
      a.子会社
        子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。
        支配とは、投資先に対するパワー、投資先への関与により生じる変動リターンに対するエクスポージャー又は
       権利、及び投資先に対するパワーにより当該リターンに影響を及ぼす能力の全てを有している場合をいいます。
        子会社については、支配獲得日から支配喪失日までの期間を連結しております。
        子会社が採用する会計方針が当社グループの会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該子会社の財務諸表
       に調整を行っております。
        非支配持分は、当初の支配獲得日での持分額及び支配獲得日からの非支配持分の変動から構成されておりま
       す。
        子会社の包括利益は、たとえ非支配持分が負の残高になる場合であっても、原則として親会社の所有者に帰属
       する持分と非支配持分に配分します。
        グループ内の債権債務残高、取引、及びグループ内取引によって発生した未実現損益は、連結財務諸表作成に
       あたり消去しております。
        支配を喪失しない子会社に対する持分の変動は、資本取引として会計処理しております。当社グループの持分

       及び非支配持分の帳簿価額は、子会社に対する持分の変動を反映して調整しております。
        非支配持分を調整した額と支払対価又は受取対価の公正価値との差額は資本に直接認識し、親会社の所有者に
       帰属させます。
        当社が子会社の支配を喪失する場合、関連する損益は以下の差額として算定しております。
                                 17/46

                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
        ・受取対価の公正価値及び残存持分の公正価値の合計
        ・子会社の資産(のれんを含む)、負債及び非支配持分の支配喪失時の帳簿価額(純額)
        子会社について、それまで認識していたその他の包括利益累計額は、純損益に振り替えております。
        当社グループの連結財務諸表には、決算日を当社に決算日に統一することが実務上不可能であり、当社の決算
       日と異なる決算日とする子会社の財務諸表が含まれております。当該子会社の所在する現地法制度上、当社と異
       なる決算日が要請されていることにより、決算日を統一することが実務上不可能です。当該子会社の決算日と当
       社の決算日の差異は3か月を超えることはありません。
        連結財務諸表の作成に用いる子会社の財務諸表を当社と異なる決算日で作成する場合、その子会社の決算日と
       当社に決算日の間に生じた重要な取引又は事象の影響について、調整を行っております。
      b.関連会社

        関連会社とは、当社グループがその企業の財務及び経営方針に対して重要な影響力を有しているものの、支配
       又は共同支配を有していない企業をいいます。
        関連会社に対する投資は、取得原価で当初認識した後、持分法による会計処理により、重要な影響力を有した
       日から喪失する日までの純損益及びその他の包括利益の当社グループの持分を認識し、投資額を修正しておりま
       す。
        関連会社の損失が、当社グループの当該会社に対する投資持分を超過する場合は、実質的に当該会社に対する
       正味投資の一部を構成する長期投資を零まで減額し、当社グループが当該会社に対して法的債務又は推定的債務
       を負担する、又は代理で支払いを行う場合を除き、それ以上の損失については認識しておりません。
        関連会社との取引から発生した未実現損益は、当社グループの持分を上限として投資に加減算しております。
        関連会社に対する投資の取得原価が、取得日に認識された識別可能な資産及び負債の正味の公正価値の当社グ
       ループの持分を超える金額は、のれんとして認識し、関連会社に対する投資の帳簿価額に含めております。
        当該のれんは区分して認識されないため、のれん個別での減損テストは実施しておりません。これに代わり、
       関連会社に対する投資の総額を単一の資産として、投資が減損している可能性を示唆する客観的な証拠が存在す
       る場合に、減損テストを実施しております。
     (2)  企業結合

       企業結合は支配獲得日に、取得法によって会計処理しております。
       企業結合時に引き渡した対価は、当社グループが移転した資産、当社グループが引き受けた被取得企業の旧所有
      者の負債、及び支配獲得日における当社グループが発行した資本性金融商品の公正価値の合計として測定しており
      ます。取得関連費用は発生時に純損益で認識しております。
       支配獲得日において、取得した識別可能な資産及び引き受けた負債は、以下を除き、支配獲得日における公正価
      値で認識しております。
       ・繰延税金資産又は繰延税金負債、及び従業員給付に係る資産又は負債は、それぞれIAS第12号「法人所得税」及
        びIAS第19号「従業員給付」に従って認識し、測定
       ・被取得企業の株式に基づく報酬契約、又は被取得企業の株式に基づく報酬契約の当社グループの制度への置換
        えのために発行された負債又は資本性金融商品は、支配獲得日にIFRS第2号「株式に基づく報酬」に従って測
        定
       ・売却目的に分類される資産又は処分グループは、IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び非継続事
        業」に従って測定
       のれんは、移転した対価と被取得企業の非支配持分の金額の合計が、支配獲得日における識別可能な資産及び負
      債の正味価額を上回る場合にその超過額として測定しております。この差額が負の金額である場合には、直ちに純
      損益で認識しております。
                                 18/46





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
       当社グループは、         非支配持分を当社グループで認識した識別可能純資産に対する非支配持分の比例割合で測定し
      ております。段階的に達成する企業結合の場合、当社グループが以前に保有していた被取得企業の持分は支配獲得
      日の公正価値で再測定し、発生した利得又は損失は純損益で認識しております。
       企業結合の当初の会計処理が期末日までに完了しない場合、当社グループは、完了していない項目については暫
      定的な金額で報告しております。その後、新たに入手した支配獲得日時点に存在していた事実と状況について、支
      配獲得日時点に把握していたとしたら企業結合処理の認識金額に影響を与えていたと判断される場合、測定期間の
      修正として、支配獲得日に認識した暫定的な金額を遡及的に修正いたします。測定期間は支配獲得日から最長で1
      年間としております。
       支配獲得日前に計上していた被取得企業の持分の価値の変動に係るその他の包括利益の金額は、純損益で認識し
      ております。
       IFRS移行日前の企業結合により生じたのれんは、従前の会計基準(日本基準)で認識していた金額をIFRS移行日時
      点で引き継ぎ、これに減損テストを実施した後の帳簿価額で計上しております。
     (3)  金融商品

      ① 金融資産
       (ⅰ)当初認識及び測定
         当社グループは、金融資産について、純損益又はその他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産又
        は償却原価で測定する金融資産に分類しております。
         当社グループは、金融資産に関する契約の当事者となった取引日に当該金融商品を認識しております。
         全ての金融資産は、純損益を通じて公正価値で測定される区分に分類される場合を除き、公正価値に取引費
        用を加算した金額で当初測定しております。また、重大な金融要素を含まない営業債権は、取引価格で当初測
        定しております。
         金融資産は以下の要件をともに満たす場合には、償却原価で測定する金融資産に分類しております。
         ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基づいて、
          金融資産が保有されている。
         ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが特定
          の日に生じる。
         償却原価で測定する金融資産以外の金融資産は、公正価値で測定する金融資産に分類しております。
         公正価値で測定する資本性金融商品については、当初認識時において個々の資本性金融商品ごとに、その他
        の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に取消不能の指定をしております。
       (ⅱ)事後測定
         金融資産の当初認識後の測定は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
        (a)  償却原価により測定する金融資産
          償却原価により測定する金融資産については、実効金利法による償却原価により測定しております。な
         お、利息収益、為替差損益、減損及び認識の中止時の利得または損失は純損益に認識いたします。
        (b)  公正価値により測定する金融資産
          公正価値により測定する金融資産の公正価値の変動額は純損益として認識しております。
          ただし、資本性金融商品のうち、その他の包括利益を通じて公正価値で測定すると指定したものについて
         は、公正価値の変動額はその他の包括利益として認識しております。なお、当該金融資産からの配当金につ
         いては、金融収益の一部として当期の純損益として認識しております。
       (ⅲ)金融資産の認識の中止
         当社グループは、金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅する、又は当社グループ
        が金融資産の所有のリスクと経済価値のほとんど全てを移転する場合において、金融資産の認識を中止してお
        ります。当社グループが、移転した当該金融資産に対する支配を継続している場合には、継続的関与を有して
        いる範囲において、資産と関連する負債を認識いたします。
         なお、財政状態計算上で認識された資産を譲渡するものの、譲渡資産又は譲渡資産の一部に係るリスクと経
        済価値の全て、又はほとんど全てを保持する取引を締結した場合には、譲渡資産の認識の中止は行っておりま
        せん。
       (ⅳ)金融資産の減損
         償却原価で測定する金融資産については、予想信用損失に対する貸倒引当金を認識しております。
         当社グループは、期末日ごとに各金融資産に係る信用リスクが当初認識時点から著しく増加しているかどう
                                 19/46

                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
        かを評価しており、当初認識時点から信用リスクが著しく増加していない場合には、12ヶ月の予想信用損失を
        貸倒引当金として認識しております。一方で、当初認識時点から信用リスクが著しく増加している場合には、
        全 期間の予想信用損失と等しい金額を貸倒引当金として認識しております。
         契約上の支払の期日経過が30日超である場合には、原則として信用リスクの著しい増大があったものとして
        おりますが、信用リスクが著しく増加しているか否かの評価を行う際には、期日経過情報のほか、当社グルー
        プが合理的に利用可能かつ裏付け可能な情報を考慮しております。
         なお、金融資産に係る信用リスクが期末日現在で低いと判断される場合には、当該金融資産に係る信用リス
        クが当初認識以降に著しく増大していないと評価しております。
         ただし、重大な金融要素を含んでいない営業債権については、信用リスクの当初認識時点からの著しい増加
        の有無にかかわらず、常に全期間の予想信用損失と等しい金額で貸倒引当金を認識しております。
         予想信用損失は、契約に従って当社グループに支払われるべき全ての契約上のキャッシュ・フローと、当社
        グループが受け取ると見込んでいる全てのキャッシュ・フローとの差額の現在価値として測定しております。
         当社グループは、期日経過が90日以上となる場合など金融資産の全体又は一部分について回収できず、又は
        回収が極めて困難であると判断された場合には、債務不履行とみなしております。金融資産が信用減損してい
        る証拠がある金融資産については、総額での帳簿価額から貸倒引当金を控除した純額に実効金利を乗じて利息
        収益を測定しております。
         当社グループは、ある金融資産の全体又は一部分を回収するという合理的な予想を有していない場合は、金
        融資産の総額での帳簿価額を直接減額しております。
         金融資産に係る貸倒引当金の繰入額は、純損益で認識しております。貸倒引当金を減額する事象が生じた場
        合は、貸倒引当金戻入額を純損益で認識しております。
      ② 金融負債
       (ⅰ)当初認識及び測定
         当社グループは、金融負債について、償却原価で測定する金融負債に分類しております。この分類は、当初
        認識時に決定しております。
         当社グループは、発行した負債証券を、その発行日に当初認識しております。また、当該負債証券以外のそ
        の他の金融負債は、全て、当該金融商品の契約の当事者になる取引日に当初認識しております。
         なお、償却原価で測定する金融負債については、直接帰属する取引費用を控除した金額で測定しておりま
        す。
       (ⅱ)事後測定
         償却原価で測定する金融負債については、当初認識後、実効金利法による償却原価で測定しております。
         実効金利法による償却及び認識が中止された場合の利得及び損失については、金融費用の一部として当期の
        純損益として認識しております。
       (ⅲ)金融負債の認識の中止
         当社グループは、金融負債が消滅したとき、すなわち、契約中の特定された債務が免責、取消し、又は、失
        効となった時に、金融負債の認識を中止しております。
      ③ デリバティブ及びヘッジ会計

        当社グループでは、金利変動リスクなどをヘッジするために、金利スワップ取引などのデリバティブ取引を
       行っております。ヘッジ会計の要件を満たすデリバティブについては、ヘッジ手段として指定し、ヘッジ会計を
       適用しております。
        ヘッジ会計の適用に当たっては、ヘッジ開始時にヘッジ関係、リスク管理目的及び戦略に関して、公式に指定
       し文書を作成しております。当該文書には、ヘッジ手段、ヘッジ対象、ヘッジするリスクの性質及びヘッジの有
       効性を判定する方法を記載しており、ヘッジ関係が将来に向けて有効であるかどうかを継続的に評価しておりま
       す。
                                 20/46




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
        当社グループは、ヘッジ会計の要件を満たす金利関連のデリバティブ取引について、キャッシュ・フロー・
       ヘッジを適用しております。ヘッジ手段であるデリバティブの公正価値変動のうち、有効なヘッジと判断される
       部分は、その他の包括利益として認識し、有効部分以外は純損益として認識しております。
        その他の資本の構成要素としてその他の包括利益に認識した金額は、ヘッジ対象である取引が純損益に影響を
       与える時点で純損益に振り替えております。
        予定取引の発生が見込まれない場合には、ヘッジ会計を中止し、従来その他の資本の構成要素として認識して
       いた、その他の包括利益の累計額を純損益に振り替えております。
     (4)  現金及び現金同等物

       現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動につ
      いて僅少なリスクしか負わない取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されております。
     (5)  棚卸資産

       棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い金額で測定しております。棚卸資産は、主に商品から
      構成され、原価は、購入原価ならびに現在の場所及び状態に至るまでに発生したその他の全ての原価を含めており
      ます。原価は、移動平均法による原価法を用いて算定しております。
       正味実現可能価額は、通常の事業の過程における見積販売価格から、完成までに要する見積原価及び販売に要す
      る見積費用を控除して算定しております。
     (6)  有形固定資産(使用権資産を除く)

       有形固定資産の測定には原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額
      で測定しております。取得原価には、当該資産の取得に直接付随する費用、解体・除去及び設置場所の原状回復費
      用の当初見積額を含めております。
       減価償却費は、償却可能価額を各構成要素の見積耐用年数にわたって、定額法により算定しております。償却可
      能価額は、資産の取得価額から残存価額を差し引いて算出しております。土地及び建設仮勘定は減価償却を行って
      おりません。
       主要な有形固定資産項目ごとの見積耐用年数は、以下のとおりです。
        建物
        15年~38年
        構築物
        10年~15年
        機械及び装置
        10年
        車両運搬具
        3年~4年
        工具、器具及び備品
        2年~10年
       また、賃貸用資産については経済的、機能的な実情を勘案した合理的な償却年数に基づく定額法によっておりま
      す。
       資産の減価償却方法、見積耐用年数及び残存価額は各年度末に見直し、変更がある場合は、会計上の見積りの変
      更として将来に向かって適用しております。
     (7)  のれん

       当初認識時におけるのれんの測定は、「注記3.重要な会計方針(2)企業結合」に記載しております。のれん
      は、取得原価から減損損失累計額を控除した金額で測定しております。
       のれんは償却を行わず、配分した資金生成単位又は資金生成単位グループに減損の兆候がある場合、及び減損の
      兆候の有無に関わらず各年度の一定時期に、減損テストを実施しております。減損については「注記3.重要な会
      計方針(10)非金融資産の減損」に記載しております。
       なお、関連会社の取得により生じたのれんに関する当社グループの会計方針は、「注記3.重要な会計方針(1)
      連結の基礎」に記載しております。
                                 21/46


                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     (8)  無形資産(使用権資産を除く)
       無形資産の測定には原価モデルを採用し、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で測定し
      ております。
       個別に取得した無形資産は、当初認識時に取得原価で測定しております。
       主要な無形資産項目ごとの見積耐用年数は、以下のとおりであります。
        ソフトウエア
        5年
       資産の償却方法、見積耐用年数及び残存価額は各年度末に見直し、変更がある場合は、会計上の見積りの変更と
      して将来に向かって適用しております。
     (9)  リース

       (借手側)
        リース取引におけるリース負債は、リース開始日におけるリース料総額の未決済分の割引現在価値として測定
       を行っており、「有利子負債」に含めて表示しております。使用権資産については、リース負債の当初測定額に
       当初直接コスト、前払リース料等を調整し、リース契約に基づき要求される原状回復義務などのコストを加えた
       額で当初の測定を行っており、減価償却累計額を控除した価額で「有形固定資産」に含めて表示しております。
       使用権資産は、資産の耐用年数又はリース期間のうちいずれか短いほうの期間にわたり規則的に、減価償却を
       行っております。
        リース料は、リース負債残高に対して一定の利子率となるように、金融費用とリース負債残高の返済部分とに
       配分しております。金融費用は連結損益計算書上、使用権資産に係る減価償却費と区分して表示しております。
        契約がリースであるか否か、又は契約にリースが含まれているか否かについては、法的にはリースの形態をと
       らないものであっても、契約の実質に基づき判断しております。
        なお、    リース期間が12ヵ月以内に終了するリース及び原資産が少額であるリースについては、使用権資産及び
       リース負債を認識せず、当該リースに関連したリース料を、リース期間にわたり定額法又は他の規則的な基礎の
       いずれかにより費用として認識しております。
       (貸手側)
        当社グループが、資産の所有に伴うリスクと経済価値のほとんどすべてを移転するものではないリースは、オ
       ペレーティング・リースに分類しております。オペレーティング・リース取引においては、対象となる資産を連
       結財政状態計算書に計上しており、受取リース料は連結損益計算書においてリース期間にわたって定額法により
       収益として認識しております。
     (10)   非金融資産の減損

      a.有形固定資産及び無形資産の減損
        当社グループでは、期末日に、有形固定資産及び無形資産が減損している可能性を示す兆候の有無を判断して
       おります。
        減損の兆候がある場合には、回収可能価額の見積りを実施しております。個々の資産の回収可能価額を見積も
       ることができない場合には、その資産の属する資金生成単位の回収可能価額を見積もっております。資金生成単
       位は、他の資産又は資産グループからおおむね独立したキャッシュ・イン・フローを生み出す最小単位の資産グ
       ループとしております。
        耐用年数が確定できない無形資産及び未だ利用可能でない無形資産は、減損の兆候がある場合、及び減損の兆
       候の有無に関わらず各年度の一定時期に、減損テストを実施しております。
        回収可能価額は、処分コスト控除後の公正価値と使用価値のいずれか高い方で算定しております。使用価値
       は、見積将来キャッシュ・フローを貨幣の時間価値及びその資産の固有のリスクを反映した税引前の割引率を用
       いて現在価値に割り引いて算定しております。
                                 22/46




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
        資産又は資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を下回る場合には、その帳簿価額を回収可能価額まで減額
       し、減損損失は純損益で認識しております。
        のれん以外の資産における過年度に認識した減損損失については、期末日において、減損損失の減少又は消滅
       を示す兆候の有無を判断しております。減損の戻入れの兆候がある場合には、その資産又は資金生成単位の回収
       可能価額の見積りを行っております。回収可能価額が、資産又は資金生成単位の帳簿価額を上回る場合には、回
       収可能価額と過年度に減損損失が認識されていなかった場合の償却又は減価償却控除後の帳簿価額とのいずれか
       低い方を上限として、減損損失を戻入れております。
      b.のれんの減損
        のれんは、企業結合のシナジーから便益を享受できると期待される資金生成単位又は資金生成単位グループに
       配分し、その資金生成単位又は資金生成単位グループに減損の兆候がある場合、及び減損の兆候の有無に関わら
       ず各年度の一定時期に、減損テストを実施しております。減損テストにおいて資金生成単位又は資金生成単位グ
       ループの回収可能価額が帳簿価額を下回る場合には、減損損失は資金生成単位又は資金生成単位グループに配分
       されたのれんの帳簿価額から減額し、次に資金生成単位又は資金生成単位グループにおけるその他の資産の帳簿
       価額の比例割合に応じて各資産の帳簿価額から減額しております。
        のれんの減損損失は純損益に認識し、その後の会計期間に戻入れは行っておりません。
     (11)   従業員給付

      ① 短期従業員給付
        短期従業員給付は、関連するサービスが提供された時点で費用として計上しております。当社グループが、従
       業員から過去に提供された労働の結果として支払うべき現在の法的及び推定的債務を負っており、かつその金額
       を信頼性をもって見積ることができる場合、支払われると見積られる額を負債として認識しております。
     (12)   引当金

       引当金は、当社グループが過去の事象の結果として、現在の法的債務又は推定的債務を負い、当該債務を決済す
      るために経済的便益を有する資源の流出が必要となる可能性が高く、かつ、その債務の金額について信頼性のある
      見積りが可能な場合に認識しております。
       引当金は、見積将来キャッシュ・フローを貨幣の時間価値及びその負債に特有のリスクを反映した税引前の利率
      を用いて現在価値に割り引いて測定しております。
       当社グループは引当金として、資産除去債務を認識しております。
     (13)   株式に基づく報酬

       当社グループは、ストック・オプション制度を持分決済型の株式に基づく報酬制度に分類しております。ストッ
      ク・オプションは、受領した役務を付与日における付与した資本性金融商品の公正価値によって見積もり、最終的
      に権利確定すると予想されるストック・オプションの数を考慮した上で、権利確定期間にわたって費用として連結
      損益計算書において認識し、同額を連結財政状態計算書において資本の増加として認識しております。付与された
      ストック・オプションの公正価値は、ブラック・ショールズ・モデルに基づいて測定しております。
     (14)   資本

      ① 資本金及び資本剰余金
        当社グループが発行した資本性金融商品は、「資本金」及び「資本剰余金」に計上しております。優先株式に
       ついては「注記5.資本及びその他の資本項目」をあわせてご覧下さい。
      ② 自己株式
        自己株式を取得した場合は、資本の控除項目として認識しております。自己株式の購入、売却又は消却におい
       て損益は認識しておりません。なお、帳簿価額と売却時の対価との差額は資本剰余金として認識しております。
      ③ 配当金
        当社グループの株主への支払配当金は、当社グループの株主による承認が行われた期間に負債として認識して
       おります。
     (15)   収益認識

       当社グループではIFRS第16号「リース」に基づく賃貸収入等を除き、以下の5ステップアプローチに基づき、顧
      客への財及びサービスの移転との交換により、その権利を得ると見込む対価を反映した金額で収益を認識しており
                                 23/46

                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      ます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:取引価格を契約における別個の履行義務へ配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時点で(又は充足するにつれて)収益を認識する。
       当社グループは、ナチュラルミネラルウォーター製品の宅配形式による製造販売を主な事業としております。こ
      のような販売につきましては、顧客に製品を引渡し、検収完了時点において顧客が支配を獲得し、履行義務が充足
      されると判断しており、当該時点において収益を認識しております。
       顧客との契約獲得のための増分コストのうち、回収可能であると見込まれる部分について資産として認識してお
      ります。契約獲得のための増分コストとは、顧客との契約を獲得するために発生したコストで、当該契約を獲得し
      なければ発生しなかったであろうものであります。当該資産については、顧客の見積利用期間(3年)にわたって定
      額法で償却しております。
     (16)   法人所得税

       法人所得税は当期税金及び繰延税金から構成され、企業結合から生じる税金、及びその他の包括利益又は直接資
      本に認識する項目から生じる税金を除き、純損益で認識しております。
       当期税金は税務当局に対する納付又は税務当局からの還付が予想される金額で測定し、税額の算定においては、
      期末日に制定又は実質的に制定されている税率及び税法を使用しております。
       繰延税金資産は、将来減算一時差異、繰越欠損金及び繰越税額控除について、将来の課税所得により使用できる
      可能性が高い範囲内で認識しております。また、繰延税金資産は期末日に回収可能性の見直しを実施しておりま
      す。
       ただし、繰延税金資産は、企業結合以外の取引で、かつ、会計上の利益にも課税所得にも影響を及ぼさない取引
      における資産又は負債の当初認識から生じる一時差異には認識しておりません。
       子会社及び関連会社に対する投資に係る将来減算一時差異については、一時差異が予測可能な将来に解消する可
      能性が高く、かつ、当該一時差異が使用できる課税所得の生じる可能性が高い場合のみ、繰延税金資産を認識して
      おります。
       繰延税金負債は、以下の一時差異を除き、原則として将来加算一時差異について認識しております。
       ・企業結合以外の取引で、かつ、会計上の利益にも課税所得にも影響を及ぼさない取引における資産又は負債の
        当初認識から生じる一時差異
       ・のれんの当初認識から生じる将来加算一時差異
       ・子会社及び関連会社に対する投資に係る将来加算一時差異のうち、一時差異の解消時期をコントロールするこ
        とができ、予測可能な将来に当該一時差異が解消しない可能性が高い場合
       繰延税金資産及び負債は、期末日に制定又は実質的に制定されている法律に基づいて、当該資産が実現される又
      は負債が決済される時点において適用されると予測される税率を用いて測定しております。
       繰延税金資産及び負債は、当期税金資産及び負債を相殺する法律上強制力のある権利を有し、かつ、法人所得税
      が同一の税務当局によって同一の納税主体に課されている場合に相殺しております。
     (17)   政府補助金

       政府補助金は、補助金交付のための付帯条件を満たし、かつ補助金を受領することに合理的な保証が得られた場
      合に公正価値で認識しております。
       資産に関する補助金は、繰延収益として認識し、当該資産の見積耐用年数にわたって規則的に純損益に計上して
      おります。
                                 24/46





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     (18)   外貨換算
      ① 外貨建取引
        外貨建取引は、取引日の為替レート又はそれに近似するレートで機能通貨に換算しております。
        期末日における外貨建貨幣性資産及び負債は、期末日の為替レートで機能通貨に換算しております。公正価値
       で測定されている外貨建非貨幣性資産及び負債は、当該公正価値の測定日における為替レートで機能通貨に換算
       しております。
        換算又は決済により生じる換算差額は、純損益として認識しております。ただし、その他の包括利益を通じて
       公正価値で測定する金融資産から生じる換算差額については、その他の包括利益に計上しております。
      ② 在外営業活動体
        在外営業活動体の資産及び負債は、期末日の為替レートで、収益及び費用は、為替レートに著しい変動がある
       場合を除き、期中の平均為替レートで換算しております。
        在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる為替換算差額は、その他の包括利益として認識しております。在
       外営業活動体が処分された場合には、在外営業活動体の累積換算差額を処分した期の純損益として振り替えてお
       ります。
     (19)   1株当たり利益

       基本的1株当たり四半期利益は、親会社の所有者に帰属する利益を、その期間の自己株式を調整した発行済普通
      株式の加重平均株式数で除して算定しております。
       希薄化後1株当たり四半期利益は、希薄化効果を有するすべての潜在株式の影響を調整して計算しております。
    4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

      IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用ならびに資産、負債、収益及
     び費用の金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが要求されております。実際の業績は、その性質上こ
     れらの見積りとは異なる場合があります。
      見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積りを見直し
     た会計期間及びそれ以降の将来の会計期間において認識されます。
      経営者が行った要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断及び見積りは以下のとおりであります。
         ・金融商品に関する事項(注記3.                 重要な会計方針(3)         金融商品)
         ・非金融資産の減損(注記3.重要な会計方針(10)                        非金融資産の減損)
         ・繰延税金資産の回収可能性(注記3.重要な会計方針(16)                            法人所得税)
         ・金融商品の公正価値測定(注記7.金融商品(レベル3の金融商品の公正価値測定))
         ・契約コストの回収可能性(注記3.重要な会計方針(15)収益認識)
    5.資本及びその他の資本項目

      優先株式につきましては、2019年6月の定時株主総会において契約内容の変更を決議しております。2019年3月期ま
     で優先株式2,800,000千円を金融負債として分類しておりましたが、当第1四半期連結会計期間から資本として分類し
     ております。
                                 25/46







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    6.配当
     (1)  前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
      a.配当金支払額
        該当事項はありません。
        なお、優先株式につきましては、IFRSでは金融負債として認識しており、要約四半期連結損益計算書上、配当
       金は金融費用として認識しております。
      b.基準日が前第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が前第1四半期連結会計期間末後

       となるもの
        該当事項はありません。
        なお、優先株式につきましては、IFRSでは金融負債として認識しており、要約四半期連結損益計算書上、配当
       金は金融費用として認識しております。
     (2)  当第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

      a.配当金支払額
        該当事項はありません。
        なお、優先株式につきましては、契約変更前の期間においてIFRSでは金融負債として認識しており、要約四半
       期連結損益計算書上、配当金は金融費用として計上しております。
      b.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間末後

       となるもの
        該当事項はありません。
        なお、優先株式につきましては、契約変更前の期間においてIFRSでは金融負債として認識しており、要約四半
       期連結損益計算書上、配当金は金融費用として計上しております。
                                 26/46












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    7.金融商品
      金融商品は、その公正価値の測定にあたって、その公正価値の測定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に
     応じて、公正価値ヒエラルキーの3つのレベルに分類しております。当該分類において、それぞれの公正価値のヒエ
     ラルキーは、以下のように定義しております。
      レベル1:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により測定した公正価値
      レベル2:レベル1以外の直接又は間接的に観察可能なインプットを使用して測定した公正価値
      レベル3:観察可能でないインプットを使用して測定した公正価値
      当社グループは、公正価値の測定に使用される公正価値の階層のレベルを、公正価値の測定の重要なインプットの

     最も低いレベルによって決定しております。
     (1)  経常的に公正価値で測定する金融商品

      ① 公正価値のヒエラルキー
        公正価値の階層ごとに分類された、金融商品は以下のとおりであります。
       移行日(2018年4月1日)

                                                   (単位:千円)
                       レベル1         レベル2         レベル3          合計
     金融資産
     純損益を通じて公正価値で
     測定する金融資産
      その他                      -         -         -         -
     その他の包括利益を通じて
     公正価値で測定する金融資産
                            -         -       36,415         36,415
      株式
           合計
                            -         -       36,415         36,415
       前連結会計年度(2019年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                       レベル1         レベル2         レベル3          合計
     金融資産
     純損益を通じて公正価値で
     測定する金融資産
      その他                      -         -       44,867         44,867
     その他の包括利益を通じて
     公正価値で測定する金融資産
      株式                      -         -       150,821         150,821
           合計
                            -         -       195,689         195,689
       当第1四半期連結会計期間(2019年6月30日)

                                                   (単位:千円)
                       レベル1         レベル2         レベル3          合計
     金融資産
     純損益を通じて公正価値で
     測定する金融資産
      その他                      -         -       45,200         45,200
     その他の包括利益を通じて
     公正価値で測定する金融資産
                            -         -       150,821         150,821
      株式
           合計
                            -         -       196,022         196,022
                                 27/46




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
        公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、振替えを生じさせた事象又は状況の変化が生じた日に認識してお
       ります。
        レベル間の重要な振替が行われた金融商品はありません。
      ② 公正価値の測定方法

        市場性のない有価証券については、割引将来キャッシュ・フローに基づく評価技法、純資産価値に基づく評価
       技法を用いて算定しており、公正価値ヒエラルキーレベル3に区分しております。非上場株式の公正価値測定に
       あたっては、割引率等の観察可能でないインプットを利用しております。
      ③ レベル3の調整表

        以下の表は、前第1四半期連結累計期間(2018年4月1日~2018年6月30日)におけるレベル3の金融商品の変
       動を表示しております。
                                                   (単位:千円)
                                       株式           その他
     2018年4月1日残高                                      36,415              -
     取得                                        -           -
     売却                                        -           -
     四半期包括利益
      四半期利益                                        -         43,884
      その他の包括利益                                        -           -
                                            △10            -
     その他
     2018年6月30日残高                                      36,405           43,884
     2018年6月30日に保有する金融商品に関して純損益に認識した
                                             -         43,884
     利得又は損失
     (注) 四半期利益に含まれている利得は、決算日時点の純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に関するもの及
        び持分法を中止した時点の投資の簿価と公正価値の差額であります。この利得は、要約四半期連結損益計算書
        の「金融収益」及び「その他の営業外損益」に含まれております。
        以下の表は、当第1四半期連結累計期間(2019年4月1日~2019年6月30日)におけるレベル3の金融商品の変

       動を表示しております。
                                                   (単位:千円)
                                       株式           その他
     2019年4月1日残高                                      150,821            44,867
     取得                                        -           -
     売却                                        -           -
     四半期包括利益
      四半期利益                                        -           332
      その他の包括利益                                        -           -
                                             -           -
     その他
     2019年6月30日残高                                      150,821            45,200
     2019年6月30日に保有する金融商品に関して純損益に認識した
                                             -           332
     利得又は損失
      ④ レベル3に分類される資産に関する定量的情報

        レベル3に分類した金融商品について、観察可能でないインプットを利用した公正価値の評価技法及び主なイ
       ンプットは、以下のとおりであります。
                                  観察可能でないインプットの範囲
                 観察可能でない
                                                 当第1四半期
        評価技法
                              移行日        前連結会計年度
                  インプット
                                                 連結会計期間
                           (2018年4月1日)          (2019年3月31日)
                                                (2019年6月30日)
     割引キャッシュ・
                    割引率                -          3%          3%
     フロー法
      ⑤ 重要な観察可能でないインプットの変動に係る感応度分析

                                 28/46


                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
        公正価値で測定するレベル3に分類される資産の公正価値のうち、割引将来キャッシュ・フローで評価される
       有価証券投資の公正価値は、割引率の上昇(下落)により減少(増加)いたします。
        レベル3に分類した金融商品について、観察可能でないインプットを合理的に考え得る代替的な仮定に変更し
       た場合に重要な公正価値の増減は見込まれておりません。
     (2)  償却原価で測定する金融商品

      ① 公正価値
        償却原価で測定する金融資産及び金融負債の公正価値は以下のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
                       移行日           前連結会計年度末           当第1四半期連結会計期間
                    (2018年4月1日)             (2019年3月31日)             (2019年6月30日)
                   帳簿価額       公正価値       帳簿価額       公正価値       帳簿価額       公正価値
     金融資産
      貸付金
                     80,719       80,846      195,190       196,922       192,351       194,524
     金融負債
      長期借入金
                   6,653,009       6,618,961       8,751,406       8,711,829       7,854,672       7,822,959
      (1年内返済予定含む)
      社債(1年内償還予定含む)               24,000       23,951       12,800       12,781       7,200       7,177
      割賦未払金              7,803,259       7,808,335       6,558,113       6,542,109       6,059,837       6,048,834
      優先株式              2,800,000       2,764,637       2,800,000       2,819,930          -       -
     (注) 短期の金融資産、短期の金融負債は、公正価値と帳簿価格とが近似しているため、上記には含めておりませ
        ん。
      ② 公正価値の測定方法

        貸付金
        貸付金については、その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標に信用スプレッドを上乗せした
        利率で割り引く方法により算定しており、レベル3に分類しております。
        長期借入金
        長期借入金については、元利金の合計を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引く方法に
        より算定しており、レベル3に分類しております。
        社債
        社債については、元利金の合計額を、新規に同様の社債の発行を行った場合に想定される利率で割り引く方法
        により算定しており、レベル3に分類しております。
        割賦未払金
        割賦未払金については、元利金の合計額を、新規に同様の割賦契約を行った場合に想定される利率で割り引く
        方法により算定しており、レベル3に分類しております。
        優先株式
        優先株式については、優先配当金の合計である将来キャッシュ・フローを、安全性の高い長期の債券の利回り
        に信用リスクを勘案した割引率で割り引いた現在価値により算定しており、レベル3に分類しております。
                                 29/46







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    8.有形固定資産
      移行日、前連結会計年度末及び第1四半期連結会計年度末における有形固定資産の内訳は以下のとおりです。
                                                   (単位:千円)
                                                 当第1四半期
                              移行日        前連結会計年度
                                                 連結会計期間
                           (2018年4月1日)           (2019年3月31日)
                                                (2019年6月30日)
     土地                            415,997           415,997           415,997
     建物                           1,199,347           1,197,277           1,197,338
     建物附属設備                            248,365           334,548           423,102
     構築物                            100,918           151,095           167,026
     機械装置                            864,697          1,000,738           1,056,738
     車両運搬具                            11,606           14,856           23,069
     工具器具及び備品                            302,311           328,262           341,365
     リース資産                            804,859           926,971           926,971
     建設仮勘定                            35,581           83,710           48,044
                               13,599,633           16,887,316           17,920,866
     レンタル用資産
     小計
                               17,583,318           21,340,776           22,520,459
                               6,383,854           9,019,609           9,600,577
     減価償却累計額及び減損損失累計額
     有形固定資産合計                          11,199,464           12,321,166           12,919,881
    9.事業セグメント

     (1)  報告セグメントの概要
       当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
      役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
      す。
       当社グループは、ナチュラルミネラルウォーターの製造及び宅配形式による販売が主要な事業内容であり、区分
      すべき事業セグメントが存在しないため、報告セグメントは単一となっております。
     (2)  報告セグメントごとの売上収益、利益又は損失、その他の項目の金額の算定方法

       単一セグメントのため、記載を省略しております。
    10.売上収益

      (収益の分解)
                                                   (単位:千円)
                                             当第1四半期連結累計期間
                              前第1四半期連結累計期間
                                             (自 2019年4月1日 
                              (自 2018年4月1日 
                               至 2018年6月30日)
                                             至 2019年6月30日)
            ナチュラルミネラルウォーター
                                      5,762,213              7,042,863
            販売
     主要なサービ
            ウォーターサーバーレンタル                         1,111,280              1,422,528
     スライン
            その他                         1,613,493              2,127,087
               合計                      8,486,987              10,592,479

     (注) ナチュラルミネラルウォーター販売はIFRS第15号に基づく顧客との契約から認識した収益であります。また、

    ウォーターサーバーレンタルはIFRS第16号に基づくその他の源泉から認識した収益であります。
                                 30/46





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    11.1株当たり四半期利益
      基本的1株当たり四半期利益金額及び算定上の基礎、希薄化後1株当たり四半期利益金額及び算定上の基礎は、以
     下のとおりであります。
                             前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                              (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                               至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     (1)  基本的1株当たり四半期利益(△は損失)
                                      △2円71銭                5円65銭
     (算定上の基礎)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(△は損
                                      △73,147               154,901
     失)(千円)
     親会社の普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -
     基本的1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                      △73,147               154,901
     金額(△は損失)(千円)
     普通株式の加重平均株式数(株)                                 27,004,273               27,415,426
     (2)  希薄化後1株当たり四半期利益(△は損失)
                                      △2円71銭                5円20銭
     (算定上の基礎)
     基本的1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                      △73,147               154,901
     金額(△は損失)(千円)
     希薄化後1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                      △73,147               154,901
     金額(△は損失)(千円)
     普通株式の加重平均株式数(株)                                 27,004,273               27,415,426
     新株予約権による普通株式増加数(株)                                     -           2,372,183
     希薄化後1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                       27,004               29,787
     普通株式の加重平均株式数(千株)
    12.後発事象

      該当事項はありません。
    13.初度適用

     (1)IFRSに基づく財務報告への移行
       IFRSは、IFRSを初めて適用する会社に対して、原則としてIFRSで要求される基準を遡及して適用することを求め
      ております。ただし、IFRS第1号は、一部については例外的に遡及適用が禁止され、IFRS移行日から将来に向かっ
      て適用されます。当該例外規定のうち当社グループに該当する項目は、「会計上の見積り」、「金融資産及び金融
      負債の認識の中止」、「ヘッジ会計」、「非支配持分」、「金融資産の分類及び測定」及び「金融資産の減損」で
      あり、当社グループでは移行日より将来に向かって適用します。
       また、IFRS第1号では、IFRSで要求される基準の一部について任意に免除規定を適用できることを定めておりま
      す。当社グループが適用した主な免除規定の内容は以下のとおりであります。
       ① 企業結合
         IFRS移行日より前に行われた企業結合については、IFRS第3号「企業結合」を適用しておりません。
       ② 在外営業活動体に係る為替換算差額
         IFRS移行日現在の累積為替換算差額の全額を、その他の包括利益累計額から利益剰余金に振り替えておりま
        す。
       ③ 株式に基づく報酬
         IFRS移行日より前に権利が確定しているストック・オプションについては、IFRS第2号「株式に基づく報
        酬」を適用しておりません。
                                 31/46





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
       ④ 移行日以前に認識した金融商品の指定
         IFRS第1号では、IFRS第9号「金融商品」(以下「IFRS第9号」という。)における分類について、当初認
        識時点で存在する事実及び状況ではなく、移行日時点の事実及び状況に基づき判断することができます。ま
        た、移行日時点に存在する事実及び状況に基づき資本性金融資産の公正価値の変動をその他の包括利益を通じ
        て測定する金融資産として指定することができます。当社は、IFRS第9号における分類について、移行日時点
        で存在する事実及び状況に基づき判断を行っており、すべての資本性金融資産についてその他の包括利益を通
        じて測定する金融資産として指定しております。
       ⑤ 顧客との契約から生じる収益
         IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」では、初度適用企業に対して、最初の報告期間の期首現在で完
        了している契約及び期首以前に条件変更された契約については修正再表示しないことが認められております。
        当社グループは、当該実務上の便法を適用し、最初の報告期間の期首である2018年4月1日現在完了している
        契約及び同日よりも前に条件変更された契約については修正再表示を行っておりません。なお、当該便法の適
        用による連結財政状態計算書及び連結損益計算書に与える影響に重要性はありません。
       ⑥ リース
         IFRS第1号では、初度適用企業は、契約にリースが含まれているか否かの評価をIFRS移行日時点で判断する
        ことが認められております。当社グループは、当該免除規定を適用し、移行日時点で存在する事実と状況に基
        づいて、契約にリースが含まれているかを判断しております。
         また、借手のリースにおけるリース負債及び使用権資産を認識する際に、すべてのリースについてリース負
        債及び使用権資産をIFRS移行日現在で測定することが認められております。当社グループは、リース負債を
        IFRS移行日現在で測定しており、当該リース負債について、残りのリース料をIFRS移行日現在の借手の追加借
        入利率で割り引いた現在価値としております。また、当社グループは、使用権資産をIFRS移行日現在で測定し
        ており、リース負債と同額としております。なお、リース期間が移行日から12か月以内に終了するリース及び
        原資産が少額であるリースについて、当該リースに関連したリース料を、リース期間にわたり定額法又は他の
        規則的な基礎のいずれかにより費用として認識しております。
        当社グループは、IFRSによる連結財務諸表を作成するにあたり、既に開示された日本基準による連結財務諸表

       に対して必要な調整を加えております。
        IFRSを初めて適用した連結会計年度において開示が求められる調整表は、以下のとおりであります。
        調整表上の「表示組替」には利益剰余金及び包括利益に影響を及ぼさない項目を、「認識及び測定の差異」に
       は利益剰余金及び包括利益に影響を及ぼす項目を含めて表示しております。
                                 32/46









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    (2)資本に対する調整
      IFRS移行日(2018年4月1日)
                                認識及び

      日本基準表示科目            日本基準       表示組替               IFRS     注記     IFRS表示科目
                               測定の差異
                   千円       千円       千円       千円
     資産の部                                           資産
      流動資産                                            流動資産
                                                 現金及び
       現金及び預金              5,555,213       △500,000              5,055,213
                                                 現金同等物
                                                 営業債権及び
       売掛金              3,457,309        10,150     △240,235       3,227,224      A
                                                 その他の債権
       商品及び製品               770,946      △582,104        15,658      204,500     A     棚卸資産
       原材料及び貯蔵品               184,436      △184,436                 -
       前払費用              1,790,904       △28,211     △1,762,692           -
       その他               603,984      △97,274              506,709          その他の金融資産
                          371,562              371,562          その他の流動資産
                  △257,804        257,804                -
       貸倒引当金
       流動資産合計             12,104,990       △752,510      △1,987,269        9,365,210           流動資産合計
      固定資産                                            非流動資産

       有形固定資産
        建物及び構築物
                   1,245,478       8,632,059       1,321,926      11,199,464      C,D     有形固定資産
        (純額)
        機械装置及び
                   664,998      △664,998                 -
        運搬具(純額)
        土地               415,997      △415,997                 -
        リース資産(純額)               205,200      △205,200                 -
        建設仮勘定               35,581      △35,581                 -
        賃貸用資産(純額)              6,479,368      △6,479,368                  -
        その他(純額)               78,401      △78,401                 -
       無形固定資産
        のれん
                    75,625                    75,625         のれん
        その他
                   515,002                    515,002          無形資産
       投資その他の資産
        長期前払費用              1,307,774       △29,127     △1,278,647           -
                                            A,E
        繰延税金資産               174,359              551,416       725,775          繰延税金資産
                                             F
        その他               743,885      △743,885                 -
        貸倒引当金              △201,701        201,701                -
                                                 持分法で会計処理
                           16,098              16,098
                                                 されている投資
                          526,086      △15,641       510,444          その他の金融資産
                                3,728,171       3,728,171      B     契約コスト
                                                 その他の
                           29,127              29,127
                                                 非流動資産
       固定資産合計             11,739,973        752,510      4,307,225      16,799,709           非流動資産合計
      資産合計             23,844,964           -   2,319,956      26,164,920          資産合計
                                 33/46







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
                               認識及び

      日本基準表示科目            日本基準       表示組替               IFRS     注記      IFRS表示科目
                               測定の差異
                   千円       千円       千円       千円
                                               負債及び資本
     負債の部                                           負債
      流動負債                                            流動負債
                                                 営業債務及び
       買掛金               493,338      3,252,488       △34,781      3,711,046      A
                                                 その他の債務
       短期借入金              1,500,000       4,748,802              6,248,802           有利子負債
       1年内償還予定の
                    11,200      △11,200                 -
       社債
       1年内返済予定の
                  2,527,453      △2,527,453                  -
       長期借入金
       リース債務               255,272      △255,272                 -
       未払金              3,167,990      △3,167,990                  -
       割賦未払金              1,937,596      △1,937,596                  -
       未払法人税等               67,502      △8,699              58,803         未払法人所得税
                   163,410      △93,079       180,345       250,675
       その他                                        F     その他の流動負債
       流動負債合計             10,123,764           -    145,563     10,269,328           流動負債合計
      固定負債                                            非流動負債

       社債               12,800     10,775,632       2,980,547      13,768,980      D,G     有利子負債
       長期借入金              4,125,556      △4,125,556                  -
       リース債務               725,708      △725,708                 -
       長期割賦未払金              5,865,663      △5,865,663                  -
       資産除去債務               39,098                    39,098         引当金
                                 19,528       19,528    B,C     繰延税金負債
       その他
                   138,095      △58,703        3,099      82,491
                                                 その他の非流動負債
       固定負債合計             10,906,922           -   3,003,176      13,910,098           非流動負債合計
      負債合計             21,030,686           -   3,148,739      24,179,426          負債合計
     純資産の部                                           資本

      資本金              3,929,075            △1,400,000        2,529,075      G     資本金
      資本剰余金              3,138,575         9,134    △1,384,794        1,762,915      G     資本剰余金
      利益剰余金             △4,267,671               1,963,404      △2,304,266      A-G     利益剰余金
      自己株式                △173                    △173         自己株式
      為替換算調整勘定              △11,347        11,347                -
                                                 その他の包括利益
                         △11,347       △7,393      △18,741
                                                 累計額
                    9,134      △9,134                -
      新株予約権
                                                親会社の所有者に帰属
                  2,797,594          -   △828,784       1,968,810
                                                する持分合計
                    16,683                    16,683
      非支配株主持分                                             非支配持分
      純資産合計              2,814,278          -   △828,784       1,985,493          資本合計
      負債純資産合計             23,844,964           -   2,319,955      26,164,920          負債及び資本合計
                                 34/46







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      前第1四半期連結会計期間(2018年6月30日)
                                認識及び

      日本基準表示科目            日本基準       表示組替               IFRS     注記      IFRS表示科目
                               測定の差異
                   千円       千円       千円       千円
     資産の部                                           資産
      流動資産                                            流動資産
       現金及び預金              4,997,455       △500,000              4,497,455           現金及び現金同等物
                                                 営業債権及び
       売掛金              3,514,644        △6,232      △216,360       3,292,052      A
                                                 その他の債権
       商品及び製品               720,292      △532,652        12,847      200,487     A     棚卸資産
       原材料及び貯蔵品               157,970      △157,970                 -
       前払費用              1,834,817       △24,028     △1,810,789           -
       その他               587,879      △69,099              518,779          その他の金融資産
                          377,795              377,795          その他の流動資産
                  △238,365        238,365                -
       貸倒引当金
       流動資産合計             11,574,693       △673,822      △2,014,301        8,886,570           流動資産合計
      固定資産                                            非流動資産

       有形固定資産
        建物及び構築物
                  1,227,918       9,299,096       1,294,218      11,821,233      C,D     有形固定資産
        (純額)
        機械装置及び
                   654,607      △654,607                 -
        運搬具(純額)
        土地               415,997      △415,997                 -
        リース資産(純額)               190,863      △190,863                 -
        建設仮勘定               114,740      △114,740                 -
        賃貸用資産(純額)              7,176,584      △7,176,584                  -
        その他(純額)               72,480      △72,480                 -
       無形固定資産
        のれん               68,356              7,268      75,625         のれん
        その他               554,919                    554,919          無形資産
       投資その他の資産
        その他              2,791,216      △1,291,016       △1,500,199           -
        貸倒引当金              △232,577        232,577                -
                                                 持分法で会計処理
                           20,770              20,770
                                                 されている投資
                          814,073      △15,857       798,216          その他の金融資産
                                            A,E
                          197,188       396,231       593,419          繰延税金資産
                                             F
                                4,079,272       4,079,272      B     契約コスト
                           26,407              26,407
                                                 その他の非流動資産
       固定資産合計             13,035,108        673,822      4,260,933      17,969,863           非流動資産合計
      資産合計             24,609,802           -   2,246,632      26,856,434          資産合計
                                 35/46








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
                                認識及び

      日本基準表示科目            日本基準       表示組替               IFRS     注記      IFRS表示科目
                               測定の差異
                   千円       千円       千円       千円
                                                負債及び資本
     負債の部                                           負債
      流動負債                                            流動負債
                                                  営業債務及び
       買掛金               470,650      3,690,704       △18,860      4,142,495      A
                                                  その他の債務
       短期借入金              1,500,000       4,835,798              6,335,798           有利子負債
       1年内償還予定の
                    11,200      △11,200                 -
       社債
       1年内返済予定の
                  2,362,138      △2,362,138                  -
       長期借入金
       リース債務               438,116      △438,116                 -
       未払金              3,577,671      △3,577,671                  -
       割賦未払金              1,992,053      △1,992,053                  -
       未払法人税等               94,094      △4,844              89,250         未払法人所得税
                   222,878      △140,478        148,061       230,461
       その他                                        F     その他の流動負債
       流動負債合計             10,668,804           -    129,200     10,798,005           流動負債合計
      固定負債                                            非流動負債

       社債                7,200    10,981,990       2,962,624      13,951,814      D,G     有利子負債
       長期借入金              3,597,352      △3,597,352                  -
       リース債務              1,402,926      △1,402,926                  -
       長期割賦未払金              5,866,585      △5,866,585                  -
       資産除去債務               38,662                    38,662         引当金
                                 17,854       17,854    B,C     繰延税金負債
                   195,127      △115,126         1,527      81,528
       その他固定負債                                             その他の非流動負債
       固定負債合計             11,107,853           -   2,982,006      14,089,859           非流動負債合計
     負債合計             21,776,658           -   3,111,207      24,887,865          負債合計
     純資産の部                                           資本

      資本金              3,954,523            △1,400,000        2,554,523      G     資本金
      資本剰余金              3,164,023         8,591    △1,381,234        1,791,380      G     資本剰余金
      利益剰余金             △4,299,894               1,922,480      △2,377,414      A-G     利益剰余金
      自己株式                △204                    △204         自己株式
      為替換算調整勘定              △10,667        10,667                -
                                                  その他の包括利益
                          △10,667       △5,821      △16,489
                                                  累計額
                    8,591      △8,591                -
      新株予約権
                                                 親会社の所有者に帰属
                  2,816,370          -   △864,575       1,951,795
                                                 する持分合計
                    16,773                    16,773
      非支配株主持分                                             非支配持分
      純資産合計              2,833,144          -   △864,575       1,968,568          資本合計
      負債純資産合計             24,609,802           -   2,246,632      26,856,434          負債及び資本合計
                                 36/46







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      前連結会計年度(2019年3月31日)
                                認識及び

      日本基準表示科目            日本基準       表示組替               IFRS     注記      IFRS表示科目
                               測定の差異
                   千円       千円       千円       千円
     資産の部                                           資産
      流動資産                                            流動資産
       現金及び預金              7,334,463       △600,000              6,734,463           現金及び現金同等物
                                                  営業債権及び
       売掛金              4,333,299        341,340      △228,419       4,446,221      A
                                                  その他の債権
       商品及び製品               207,589       48,845       12,960      269,396     A     棚卸資産
       原材料及び貯蔵品               198,663      △198,663                 -
       前払費用              2,091,920       △33,952     △2,057,967           -
       その他              1,103,436       △407,822               695,613          その他の金融資産
                          342,084              342,084          その他の流動資産
                  △385,752        385,752                -
       貸倒引当金
       流動資産合計             14,883,621       △122,416      △2,273,426       12,487,779           流動資産合計
      固定資産                                            非流動資産

       有形固定資産
        建物及び構築物
                  1,304,458       9,918,597       1,098,110      12,321,166      C,D     有形固定資産
        (純額)
        機械装置及び
                   717,651      △717,651                 -
        運搬具(純額)
        土地               415,997      △415,997                 -
        リース資産(純額)               148,504      △148,504                 -
        建設仮勘定               83,710      △83,710                 -
        賃貸用資産(純額)              8,367,589      △8,367,589                  -
        その他(純額)               62,728      △62,728                 -
       無形固定資産
        のれん               46,551              29,073       75,625         のれん
        その他               764,134                    764,134          無形資産
       投資その他の資産
        長期前払費用              1,963,317       △20,989     △1,942,327           -
                                            A,E
        繰延税金資産               747,381            △471,736        275,644          繰延税金資産
                                             F
        その他               882,303      △882,303                 -
        貸倒引当金              △39,035        39,035                -
                                                  持分法で会計処理
                           15,486              15,486
                                                  されている投資
                          827,782        1,993      829,775          その他の金融資産
                                5,057,580       5,057,580      B     契約コスト
                           20,989              20,989
                                                  その他の非流動資産
       固定資産合計             15,465,293        122,416      3,772,693      19,360,402           非流動資産合計
      資産合計             30,348,914           -   1,499,267      31,848,182          資産合計
                                 37/46







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
                                認識及び

      日本基準表示科目            日本基準       表示組替               IFRS     注記      IFRS表示科目
                               測定の差異
                   千円       千円       千円       千円
                                                負債及び資本
     負債の部                                           負債
      流動負債                                            流動負債
                                                  営業債務及び
       買掛金               631,620      5,028,852        17,226     5,677,698      A
                                                  その他の債務
       短期借入金                     6,797,693              6,797,693           有利子負債
       1年内償還予定の
                    12,800      △12,800                 -
       社債
       1年内返済予定の
                  3,635,018      △3,635,018                  -
       長期借入金
       リース債務              1,058,706      △1,058,706                  -
       未払金              4,752,625      △4,752,625                  -
       割賦未払金              2,008,882      △2,008,882                  -
       未払法人税等               269,861      △15,337              254,523          未払法人所得税
                   558,974      △343,174        191,448       407,249
       その他                                        F     その他の流動負債
      流動負債合計             12,928,490           -    208,675     13,137,165           流動負債合計
      固定負債                                            非流動負債

       社債                    13,670,180       2,960,403      16,630,583      D,G     有利子負債
       長期借入金              5,116,388      △5,116,388                  -
       リース債務              3,694,972      △3,694,972                  -
       長期割賦未払金              4,549,230      △4,549,230                  -
       資産除去債務               46,165                    46,165         引当金
                                 11,410       11,410    B,C     繰延税金負債
                                                  その他の非流動負債
                   394,236      △309,588        28,351      112,999
       その他固定負債
      固定負債合計             13,800,993           -   3,000,165      16,801,159           非流動負債合計
     負債合計             26,729,484           -   3,208,841      29,938,325          負債合計
     純資産の部                                           資本

      資本金              4,014,504            △1,400,000        2,614,504      G     資本金
      資本剰余金              3,224,004        43,404    △1,369,092        1,898,316      G     資本剰余金
      利益剰余金             △3,665,329               1,048,881      △2,616,447      A-G     利益剰余金
      自己株式                △204                    △204         自己株式
      為替換算調整勘定              △14,087        14,087                -
                                                  その他の包括利益
                          △14,087        10,636      △3,450
                                                  累計額
                    43,404      △43,404                 -
      新株予約権
                                                 親会社の所有者に帰属
                  3,602,291          -  △1,709,573        1,892,717
                                                 する持分合計
                    17,138                    17,138
      非支配株主持分                                             非支配持分
      純資産合計              3,619,430          -  △1,709,573        1,909,856          資本合計
      負債純資産合計             30,348,914           -   1,499,267      31,848,182          負債及び資本合計
                                 38/46







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    (3)損益および包括利益に対する調整
      前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
                               認識及び

      日本基準表示科目            日本基準       表示組替               IFRS     注記      IFRS表示科目
                               測定の差異
                   千円       千円       千円       千円
     売上高             8,463,112               23,875     8,486,987       A   売上収益
                  1,284,393               △1,353      1,283,040
     売上原価                                        A   売上原価
     売上総利益             7,178,718          -     25,229     7,203,947          売上総利益
                                                その他の収益
                            982              982
                                           A,B,C
     販売費及び一般管理費             7,137,617         5,009     △107,658       7,034,968          販売費及び一般管理費
                                            D,F
                          18,016      △1,831       16,185
                                                その他の費用
     営業利益               41,100      △22,043       134,718       153,776         営業利益
     営業外収益
                    1,989      △1,989                -
     営業外費用               82,298      △82,298                 -
                           1,006              1,006        金融収益
                          62,389       22,131       84,521    D,G    金融費用
                          △1,727              △1,727         持分法による投資損益
                                 73,500       73,500
                                                その他の営業外損益
     税金等調整前四半期
                  △39,208       △4,844       186,087       142,034         税引前四半期利益
     純損失(△)
                                           A,B,C
     法人税等合計               66,425      △4,844       153,511       215,092         法人所得税費用
                                            E,F
     四半期純損失(△)             △105,633          -     32,576      △73,057         四半期利益(△は損失)
     親会社株主に帰属する

                  △105,723               32,576      △73,147         親会社の所有者
     四半期損失(△)
     非支配株主に帰属する
                      89                    89      非支配持分
     四半期純利益
     その他の包括利益                                            その他の包括利益

                                                 キャッシュ・フ
                                  1,572       1,572         ロー・ヘッジの有効
                                                 部分
                                                 在外営業活動体の
                     679                    679
      為替換算調整勘定
                                                 換算差額
                                                税引後その他の包括利
     その他の包括利益合計                 679       -     1,572       2,251
                                                益
     四半期包括利益             △104,954          -     34,148      △70,806         四半期包括利益合計
     親会社株主に係る

                  △105,044               34,148      △70,895         親会社の所有者
     四半期包括利益
     非支配株主に係る
                      89                    89      非支配持分
     四半期包括利益
                                 39/46








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                               認識及び

      日本基準表示科目            日本基準       表示組替              IFRS     注記      IFRS表示科目
                               測定の差異
                   千円       千円       千円       千円
     売上高             37,732,408               11,816    37,744,224       A   売上収益
                  5,732,782               2,053    5,734,836
     売上原価                                        A   売上原価
     売上総利益             31,999,625           -     9,762    32,009,387          売上総利益
                           34,039      △26,415        7,624        その他の収益
                                           A,B,C
     販売費及び一般管理費             31,283,923         19,552     △134,644      31,168,830          販売費及び一般管理費
                                            D,F
                          102,661      △68,811        33,849
                                                その他の費用
     営業利益               715,702      △88,173       186,802       814,330         営業利益
     営業外収益
                    48,475      △48,475                -
     営業外費用               504,314      △504,314                 -
     特別利益               15,155      △15,155                -
     特別損失                1,557      △1,557                -
                           27,519             27,519        金融収益
                          403,045       86,291      489,337     D,G    金融費用
                           2,072             2,072        持分法による投資損益
                                 73,500       73,500
                                                その他の営業外損益
     税金等調整前当期
                   273,461      △19,387       174,011       428,086         税引前利益
     純利益
                                           A,B,C
     法人税等合計              △255,834       △19,387      1,015,034        739,811         法人所得税費用
                                            E,F 
     当期純利益               529,296         -   △841,022       △311,725          当期利益(△は損失)
     親会社株主に帰属する

                   528,841            △841,022       △312,180          親会社の所有者
     当期純利益
     非支配株主に帰属する
                     455                    455       非支配持分
     当期純利益
     その他の包括利益                                           その他の包括利益
                                                 キャッシュ・フ
                                  1,163       1,163         ロー・ヘッジの有効
                                                 部分
                                                 その他の包括利益を
                                 16,867       16,867         通じて公正価値で測
                                                 定する金融資産
                                                 在外営業活動体の
                   △2,739                    △2,739
      為替換算調整勘定
                                                 換算差額
                                                税引後その他の包括利
     その他の包括利益合計               △2,739         -    18,030       15,290
                                                益
     包括利益               526,557         -   △822,991       △296,434          当期包括利益
     親会社株主に係る

                                                 親会社の所有者
                   526,101            △822,991       △296,889
     包括利益
     非支配株主に係る
                     455                    455       非支配持分
     包括利益
                                 40/46







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     (4)表示の組替に関する注記
       以下の項目については、IFRSの規定に準拠するための表示の組替であり、利益剰余金及び包括利益に影響を及ぼ
      しません。
       a.現金及び現金同等物
         日本基準において現金及び預金に含めていた預け入れ期間が3か月超の定期預金については、IFRSではその他
        の金融資産として表示しております。
       b.棚卸資産
         日本基準において区分掲記していた商品及び製品、原材料及び貯蔵品は、IFRSでは棚卸資産として表示して
        おります。また、日本基準では貯蔵品に含めていた出荷前サーバー等、IFRSでは棚卸資産の定義を満たさない
        ものを、有形固定資産等に振替えております。
       c.その他の流動資産
         日本基準において区分掲記していた前払費用及びその他(流動資産)に含めていた前渡金などは、IFRSでは
        その他の流動資産として表示しております。
       d.営業債権及びその他の債権
         日本基準において区分掲記していた売掛金、貸倒引当金(流動)、及びその他(流動資産)に含めていた未
        収入金などの債権は、IFRSでは営業債権及びその他の債権として表示しております。
       e.繰延税金資産及び負債
         日本基準において投資その他の資産に含めて表示しておりました繰延税金資産については、                                           IFRSでは繰延税
        金資産として区分掲記しております。
       f.その他の金融資産
         日本基準において投資その他の資産に含めて表示しておりました貸付金等についてはIFRSではその他の金融
        資産として表示しております。日本基準において区分掲記していた貸倒引当金(流動)、貸倒引当金(固定)
        は、IFRSではその他の金融資産として表示しております。
       g.損益項目
         日本基準において営業外収益、営業外費用、特別利益及び特別損失として表示されていた金額のうち、支払
        利息などの金融関連項目については、IFRSでは金融収益及び金融費用として、それ以外の項目については、
        IFRSでは販売費及び一般管理費、その他の収益、その他の費用、持分法による投資損益及びその他の営業外損
        益として表示しております。
       h.営業債務及びその他の債務
         日本基準において区分掲記していた買掛金、未払金及びその他流動負債は、IFRSでは営業債務及びその他の
        債務として表示しております。
       i.有利子負債
         日本基準において区分掲記していた短期借入金、割賦未払金、1年以内返済予定の長期借入金及び短期リース
        債務などの負債は、IFRSでは有利子負債(流動)として表示しております。また、日本基準において区分掲記
        していた長期借入金、長期割賦未払金及び長期リース債務などの負債は、IFRSでは有利子負債(非流動)とし
        て表示しております。
                                 41/46







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     (5)認識及び測定の差異に関する注記
       利益剰余金に関する差異調整の主な項目は、以下のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
                                       前第1四半期
                             IFRS移行日                    前連結会計年度
                                       連結会計期間
                           (2018年4月1日)                     (2019年3月31日)
                                     (2018年6月30日)
                              △4,267,671           △4,299,894           △3,665,329
     日本基準の利益剰余金
     認識及び測定の差異
      A.営業債権及びその他の債務                          △161,565           △142,460           △148,454
      B.契約コスト                           686,831           782,450          1,057,493
      C.直接コスト                          1,077,601           1,072,843            833,540
      D.リース                             -          439           32
      E.繰延税金資産及び繰延税金負債                           531,887           378,376          △483,146
      F.その他の流動負債                          △154,112           △142,420           △166,214
      G.優先株式                          △28,230           △47,658           △84,230
                                 10,992           20,910           39,861
      その他
     認識及び測定の差異合計                           1,963,404           1,922,480           1,048,881
     IFRSの利益剰余金                          △2,304,266           △2,377,414           △2,616,447
       主要な差異の内容は、以下のとおりであります。

      A.営業債権及びその他の債務
        日本基準では、宅配水事業の収益認識を、出荷基準により認識しておりましたが、IFRSでは着荷基準により認
       識しております。そのため、営業債権及びその他の債務を調整しております。
      B.契約コスト
        代理店手数料等の顧客との契約獲得のための増分コストについて、日本基準では一括費用処理しておりました
       が、IFRSでは回収可能であると見込まれる部分について、資産として認識しております。その結果、当該コスト
       に係る前払費用及び販売費及び一般管理費が、契約コストとして資産に振替えられております。
      C.直接コスト
        顧客にリースされるサーバーの配送費用について、日本基準では一括費用処理しておりましたが、IFRSでは当
       初直接コストとして、サーバーの帳簿価額に加算しております。その結果、有形固定資産の帳簿価額及び減価償
       却費が増加しております。
      D.リース
        日本基準では、借手のリースについてファイナンス・リースとオペレーティング・リースに分類し、オペレー
       ティング・リースについては通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理を行っておりました。IFRSでは、借
       手のリースについてファイナンス・リース又はオペレーティング・リースに分類することはないため、リース取
       引についてリース資産(使用権資産)及びリース債務(有利子負債)を両建て計上しております。
      E.繰延税金資産及び繰延税金負債
        IFRSの適用に伴い、すべての繰延税金資産の回収可能性を再検討したため、繰延税金資産及び法人所得税が増
       減しております。
      F.その他の流動負債
        日本基準では負債認識が要求されていない従業員の未消化の有給休暇並びに賦課金について、IFRSでは負債と
       して認識する必要があるため、その他の流動負債が増加しております。
      G.優先株式
        日本基準では、資本として計上していた優先株式について、将来現金を優先株式の保有者に引き渡す条件付き
       義務を負っている場合、IFRSでは金融負債として認識しております。その結果、有利子負債が増加し、資本金及
       び資本剰余金は減少しております。
        また、配当金は金融費用として認識しており、その結果、金融費用が増加しております                                         。
     (6)キャッシュ・フローの調整に関する注記

       日本基準に基づく連結キャッシュ・フロー計算書とIFRSに基づく連結キャッシュ・フロー計算書との間に、重要
      な差異はありません。
                                 42/46



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    14.承認日
      2019年8月13日に当要約四半期連結財務諸表は、当社取締役会によって承認されております。
                                 43/46




















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    2【その他】
      該当事項はありません。
                                 44/46




















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
         該当事項はありません。

                                 45/46



















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年8月14日

    株式会社プレミアムウォーターホールディングス
     取締役会      御中
                       三優監査法人
                        指定社員

                                   公認会計士       山  本  公  太            印
                        業務執行社員
                        指定社員

                                   公認会計士       畑  村  国  明            印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社プレミ

    アムウォーターホールディングスの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間
    (2019年4月1日から2019年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)
    に係る要約四半期連結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期
    連結包括利益計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結
    財務諸表注記について四半期レビューを行った。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
    第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
    誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
    統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
    対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
    に準拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
    報告」に準拠して、株式会社プレミアムウォーターホールディングス及び連結子会社の2019年6月30日現在の財政状態
    並びに同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していな
    いと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 46/46



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク