株式会社ASJ 四半期報告書 第37期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第37期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社ASJ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年8月13日
      【四半期会計期間】                    第37期第1四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
      【会社名】                    株式会社ASJ
      【英訳名】                    ASJ  INC.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長兼社長  丸山 治昭
      【本店の所在の場所】                    埼玉県川口市栄町三丁目2番16号
      【電話番号】                    048(259)5111
      【事務連絡者氏名】                    取締役 IR部長 仁井 健友
      【最寄りの連絡場所】                    埼玉県川口市栄町三丁目2番16号
      【電話番号】                    048(259)5111
      【事務連絡者氏名】                    取締役 IR部長 仁井 健友
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第36期           第37期
               回次               第1四半期           第1四半期            第36期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自2018年4月1日           自2019年4月1日           自2018年4月1日
              会計期間
                            至2018年6月30日           至2019年6月30日           至2019年3月31日
     売上収益                (千円)            518,737           601,743          2,315,934

     税引前四半期損失又は税引前損失
                      (千円)           △ 30,677          △ 20,684          △ 420,267
     (△)
     四半期(当期)損失(△)                (千円)           △ 30,853          △ 21,870          △ 439,240
     親会社の所有者に帰属する四半期
                      (千円)           △ 30,853          △ 21,870          △ 439,240
     (当期)損失(△)
     親会社の所有者に帰属する四半期
                      (千円)           △ 29,681          △ 22,635          △ 434,702
     (当期)包括利益
     親会社の所有者に帰属する持分                (千円)           3,228,828           2,785,336           2,823,777
                      (千円)           4,263,378           4,045,790           4,016,445

     総資産額
     基本的1株当たり四半期(当期)
                      (円)            △ 3.93          △ 2.79          △ 55.94
     損失(△)
     希薄化後1株当たり四半期(当
                      (円)              -           -           -
     期)損失(△)
                      (%)             75.7           68.9           70.3
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            19,763           200,763            62,092
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 86,054          △ 77,043          △ 474,735
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 15,055          △ 23,110           113,201
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)            962,992           844,896           745,040
     (期末)残高
      (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移につきましては記載しておりませ
          ん。
        2.売上収益には、消費税等は含んでおりません。
        3.上記指標は、国際会計基準(以下「IFRS」という。)により作成された要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいており
          ます。
        4.希薄化後1株当たり四半期(当期)損失については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/19






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第1四半期連結累計期間における当社グループの概況としましては、新たなサービスの提供に必要となる研究
        開発活動及び積極的なマーケティング活動等、将来の収益拡大に向けた投資活動を行うとともに                                            、グループ各社の
        業績が堅調に推移いたしました。
         その結果、当第1四半期連結累計期間における売上収益は601,743千円(前年同期比16.0%増)となりました。し
        かしながら、利益面につきましては、新規事業への投資による先行費用の発生により、営業損失20,047千円(前年
        同期は営業損失30,608千円)、親会社の所有者に帰属する四半期損失は21,870千円(前年同期は親会社の所有者に
        帰属する四半期損失30,853千円)となりました。
       (2)財政状態の分析

         当第1四半期連結会計期間末資産合計につきましては、有形固定資産の増加等により、前連結会計年度末と比べ
        29,344千円増加し、4,045,790千円となりました。
         また、負債につきましては、将来の売上に係る前受金の増加等により、67,785千円増加し、1,260,453千円とな
        りました。資本につきましては、配当金の支払等により、前連結会計年度末と比べ38,440千円減少し、2,785,336
        千円となりました。
       (3)  キャッシュ・フローの状況

         当第1四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、844,896千円(前連結
        会計年度末745,040千円)となりました。
         当第1四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当第1四半期連結累計期間における営業活動の結果得られた資金は、200,763千円(前年同四半期は19,763千円
        の収入)となりました。主たる要因といたしましては、営業債権の回収等により資金が増加したものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第1四半期連結累計期間における投資活動の結果支出した資金は、77,043千円(前年同四半期は86,054千円の
        支出)となりました。主たる要因といたしましては、新規事業への投資に向けた無形資産に対する支出によるもの
        であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当第1四半期連結累計期間における財務活動に結果支出した資金は、23,110千円(前年同四半期は15,055千円の
        支出)となりました。主たる要因といたしましては、配当金の支払によるものであります。
       (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間において、研究開発活動の金額は、13,307千円(前年同期は9,406千円)となりまし
        た。なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  3/19




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種 類                        発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          26,400,000

                  計                                26,400,000

        ②【発行済株式】

            第1四半期会計期間末
                                    上場金融商品取引所名
                        提出日現在発行数(株)
            現在発行数(株)
       種 類                              又は登録認可金融商品                内 容
                         (2019年8月13日)
            (2019年6月30日)                        取引業協会名
                                                 単元株式数は100株であ
                                      東京証券取引所
                 7,947,100            7,947,100
     普通株式
                                        マザーズ
                                                 ります。
                 7,947,100            7,947,100            -            -
        計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                  4/19












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                      (千円)       (千円)
     2019年4月1日~
                      -    7,947,100           -    1,373,833           -     684,396
     2019年6月30日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (6)【議決権の状況】

         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(2019年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
        す。
        ①【発行済株式】

                                                    2019年6月30日現在
                        株式数(株)           議決権の数(個)
            区分                                        内容
                                -       -              -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                          -       -              -
     議決権制限株式(その他)                          -       -              -

     完全議決権株式(自己株式等)                        94,900         -              -

                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                       7,851,400             78,514            -
                      普通株式
                               800       -
     単元未満株式                 普通株式                        1単元(100株)未満の株式
                            7,947,100           -              -
     発行済株式総数
                                -         78,514            -
     総株主の議決権
       (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が700株含まれております。また、「議決権の数」欄に
         は、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数7個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年6月30日現在
                        自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        発行済株式総数に対する

     所有者の氏名
               所有者の住所
                        株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        所有株式数の割合(%)
     又は名称
              埼玉県川口市栄町

     株式会社ASJ                     94,900        -        94,900              1.19
              3丁目2-16
                  -         94,900        -        94,900              1.19
         計
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  5/19



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」(以下、「IAS第34号」という。)に準
       拠して作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019
       年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、赤坂有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  6/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                  前連結会計年度             当第1四半期連結会計期間
                           注記
                                 (2019年3月31日)               (2019年6月30日)
                                     千円               千円
     資産
      流動資産
                            9             745,040               844,896
       現金及び現金同等物
                            9             549,075               396,122
       営業債権及びその他の債権
                            9             50,048               50,048
       その他の金融資産
                                         123,279                93,897
       棚卸資産
                                         40,573               75,923
       その他の流動資産
       流動資産合計                                1,508,017               1,460,889
      非流動資産
                                        1,421,673               1,477,730
       有形固定資産
                                         295,728               295,728
       のれん
                                         618,691               640,474
       無形資産
                            9             166,895               166,930
       その他の金融資産
                                          3,266               1,798
       繰延税金資産
                                          2,172               2,238
       その他の非流動資産
                                        2,508,428               2,584,900
       非流動資産合計
                                        4,016,445               4,045,790
      資産合計
                                  7/19













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
                                  前連結会計年度             当第1四半期連結会計期間

                           注記
                                 (2019年3月31日)               (2019年6月30日)
                                     千円               千円
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                            9             13,008               13,008
        社債及び借入金
                            9             401,982               363,157
        営業債務及びその他の債務
                                         218,824               283,341
        前受金
                                         22,495                7,323
        未払法人所得税等
                                         39,422               39,422
        引当金
                                         122,168               138,247
        その他の流動負債
        流動負債合計                                817,900               844,500
       非流動負債
                            9             115,908               112,656
        社債及び借入金
                                         141,098               134,903
        退職給付に係る負債
                                         25,489               29,999
        引当金
                                         82,463               82,169
        繰延税金負債
                                          9,808               56,224
        その他の非流動負債
                                         374,767               415,952
        非流動負債合計
                                        1,192,668               1,260,453
       負債合計
      資本
                                        1,373,833               1,373,833
       資本金
                                        1,236,586               1,236,586
       資本剰余金
                                        △ 42,491              △ 42,491
       自己株式
                                         69,188               68,424
       その他の資本の構成要素
                                         186,660               148,984
       利益剰余金
                                        2,823,777               2,785,336
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                        2,823,777               2,785,336
       資本合計
                                        4,016,445               4,045,790
      負債及び資本合計
                                  8/19










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                           注記
                                 至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
                                     千円               千円
                            7             518,737               601,743
     売上収益
                                        △ 324,540              △ 416,429
     売上原価
                                         194,196               185,314
     売上総利益
                                        △ 224,262              △ 204,587
     販売費及び一般管理費
                                           241              1,842
     その他の収益
                                          △ 784             △ 2,616
     その他の費用
     営業損失(△)
                                        △ 30,608              △ 20,047
                                           25               26
     金融収益
                                          △ 94              △ 663
     金融費用
     税引前四半期損失(△)
                                        △ 30,677              △ 20,684
                                          △ 176             △ 1,185
     法人所得税費用
                                        △ 30,853              △ 21,870
     四半期損失(△)
     四半期損失(△)の帰属

                                        △ 30,853              △ 21,870
      親会社の所有者
                                           -               -
      非支配持分
                                        △ 30,853              △ 21,870
      四半期損失(△)
     1株当たり四半期損失(△)

      基本的1株当たり四半期損失(△)(円)                      8             △ 3.93              △ 2.79
                                  9/19











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                           注記
                                 至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
                                     千円               千円
     四半期損失(△)                                   △ 30,853              △ 21,870
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                            9               24
       定する金融資産
       純損益に振り替えられることのない項目
                                            9               24
       合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

                                          1,162               △ 788
       在外営業活動体の換算差額
       純損益に振り替えられる可能性のある項
                                          1,162               △ 788
       目合計
                                          1,172               △ 764
      税引後その他の包括利益
                                        △ 29,681              △ 22,635
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                        △ 29,681              △ 22,635
      親会社の所有者
                                           -               -
      非支配持分
                                        △ 29,681              △ 22,635
      四半期包括利益
                                 10/19












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                                その他の資本の構成要素
                                             その他の包括利益
                  注記     資本金       資本剰余金         自己株式
                                             を通じて公正価値        在外営業活動体の
                                             で測定する金融資        換算差額
                                             産
                       千円        千円        千円        千円        千円
     2018年4月1日時点の残高                  1,373,833        1,236,586         △ 42,460        66,231        △ 1,580
      四半期損失(△)                    -        -        -        -        -
                           -        -        -         9      1,162
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計
                           -        -        -         9      1,162
                           -        -        -        -        -
      配当金            6
       所有者との取引額合計
                           -        -        -        -        -
                        1,373,833        1,236,586         △ 42,460        66,240         △ 417
     2018年6月30日時点の残高
                          親会社の所有者に帰属する持分

                     その他の資本の構
                                                合計
                       成要素
                  注記            利益剰余金         合計
                       合計
                       千円        千円        千円        千円
     2018年4月1日時点の残高                    64,650        641,604       3,274,214        3,274,214
      四半期損失(△)                    -      △ 30,853       △ 30,853       △ 30,853
                         1,172         -       1,172        1,172
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計
                         1,172       △ 30,853       △ 29,681       △ 29,681
                           -      △ 15,704       △ 15,704       △ 15,704
      配当金            6
       所有者との取引額合計
                           -      △ 15,704       △ 15,704       △ 15,704
                         65,823        595,046       3,228,828        3,228,828
     2018年6月30日時点の残高
                                 11/19












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
           当第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                                その他の資本の構成要素
                                             その他の包括利益
                  注記     資本金       資本剰余金         自己株式
                                             を通じて公正価値        在外営業活動体の
                                             で測定する金融資        換算差額
                                             産
                       千円        千円        千円        千円        千円
     2019年4月1日時点の残高
                        1,373,833        1,236,586         △ 42,491        69,459         △ 270
     会計方針の変更による累積的
                           -        -        -        -        -
                  3
     影響額
     会計方針の変更を反映した当
                        1,373,833        1,236,586         △ 42,491        69,459         △ 270
     期首残高
      四半期損失(△)                    -        -        -        -        -
      その他の包括利益                    -        -        -        24       △ 788
                  9
       四半期包括利益合計
                           -        -        -        24       △ 788
                           -        -        -        -        -
      配当金            6
       所有者との取引額合計                    -        -        -        -        -
                        1,373,833        1,236,586         △ 42,491        69,484        △ 1,059
     2019年6月30日時点の残高
                          親会社の所有者に帰属する持分

                     その他の資本の構
                                                合計
                       成要素
                  注記            利益剰余金         合計
                       合計
                       千円        千円        千円        千円
     2019年4月1日時点の残高                    69,188        186,660       2,823,777        2,823,777
     会計方針の変更による累積的
                           -       △ 100       △ 100       △ 100
                  3
     影響額
     会計方針の変更を反映した当
                         69,188        186,559       2,823,676        2,823,676
     期首残高
      四半期損失(△)                    -      △ 21,870       △ 21,870       △ 21,870
                         △ 764         -       △ 764       △ 764
      その他の包括利益            9
       四半期包括利益合計
                         △ 764      △ 21,870       △ 22,635       △ 22,635
                           -      △ 15,704       △ 15,704       △ 15,704
      配当金            6
       所有者との取引額合計
                           -      △ 15,704       △ 15,704       △ 15,704
                         68,424        148,984       2,785,336        2,785,336
     2019年6月30日時点の残高
                                 12/19










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                           注記
                                 至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
                                     千円               千円
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期損失(△)                                  △ 30,677              △ 20,684
                                         56,730               55,144
      減価償却費及び償却費
                                          △ 25              △ 26
      金融収益
                                           94               576
      金融費用
                                           322                 9
      固定資産除却損
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 27,923                6,517
      営業債権及びその他の債権の増減額
                                         25,124               148,526
      (△は増加)
      営業債務及びその他の債務の増減額
                                         34,725               37,941
      (△は減少)
      引当金の増減額(△は減少)                                  △ 13,619              △ 11,123
                                          △ 103              △ 159
      その他
                                         44,647               216,721
               小計
                                           22               25
      利息及び配当金の受取額
                                           -              △ 300
      利息の支払額
                                        △ 24,906              △ 15,682
      法人所得税の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                   19,763               200,763
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 5,640              △ 14,429
      有形固定資産の取得による支出
                                        △ 80,414              △ 62,614
      無形資産の取得による支出
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 86,054              △ 77,043
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -             △ 3,252
      短期借入金の返済による支出
                                           -             △ 6,868
      リース債務の返済による支出
                                        △ 15,055              △ 12,989
      配当金の支払額
                                        △ 15,055              △ 23,110
      財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        △ 81,347               100,609
                                        1,043,242                 745,040
     現金及び現金同等物の期首残高
                                          1,096               △ 752
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         962,992               844,896
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/19








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          株式会社ASJ(以下「当社」という。)は日本に所在する株式会社であります。その登記されている本社及
         び主要な事業所の住所は当社のウェブサイト(https://www.asj.ad.jp/)で開示しております。当社の要約四半
         期連結財務諸表は、2019年6月30日を期末日とし、当社及びその子会社(以下「当社グループ」という。)に対
         する持分により構成されております。
          当社グループの事業内容は、ネットサービス事業であります。
        2.作成の基礎

         (1)IFRSに準拠している旨
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規
          則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2の「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第
          93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成しております。
           要約四半期連結財務諸表は、年次連結財務諸表で要求されている全ての情報が含まれていないため、前連結
          会計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものであります。
           本要約四半期連結財務諸表は、2019年8月13日に代表取締役会長兼社長 丸山治昭及び常務取締役管理本部
          長 中島茂喜によって承認されております。
         (2)測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定されている特定の金融商品等を除き、取得原価
          を基礎として作成しております。
         (3)機能通貨及び表示通貨

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、千円未満
          を切り捨てて表示しております。
        3.重要な会計方針

          要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下に記載する会計方針の変更を除き、前連結
         会計年度に係る連結財務諸表において適用した会計方針と同一であります。
          当社グループは、当第1四半期連結会計期間より、以下の基準を採用しております。
                 IFRS                         新設・改訂の概要
     IFRS第16号         リース                   リースに関する会計処理の改訂
          当社は、当連結会計年度の期首よりIFRS第16号「リース」を適用しております。IFRS第16号の適用について

         は、経過措置に準拠して遡及適用し、適用開始の累積的影響を当連結会計年度の利益剰余金期首残高の修正とし
         て認識しております。
          本基準の適用による当連結会計年度の期首における要約四半期連結財政状態計算書に与える影響は、主に使用
         権資産を認識することによる資産の増加53,187千円、リース債務を認識することによる負債の増加53,288千円及
         び利益剰余金期首残高の修正による資本の減少100千円でありますが、要約四半期連結損益計算書に与える影響
         は軽微であります。また、要約四半期連結財政状態計算書において、使用権資産を「有形固定資産」に、リース
         負債を「その他の金融負債」に含めて表示しております。
          当社は、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書において、従来オペレーティング・リースのリース料の支
         払が営業活動によるキャッシュ・フローに含まれていたのに対し、本基準の適用により、主に減価償却費に係る
         調整が営業活動によるキャッシュ・フローに含まれ、リース負債の支払が財務活動によるキャッシュ・フローに
         含まれることにより、従来の会計基準を適用した場合と比較して、営業活動によるキャッシュ・フローが増加
         し、財務活動によるキャッシュ・フローが減少しております。
          当社は、過去にIAS第17号を適用してオペレーティング・リースに分類したリースについて、IFRS第16号の適
         用開始日に、リース負債を認識しております。当該リース負債は、残存リース料を適用開始日現在の借手の追加
         借入利子率を用いて割り引いた現在価値で測定しております。適用開始日現在の連結財政状態計算書に認識され
         ているリース負債に適用している借手の追加借入利子率の加重平均は、0.56%であります。
          前連結会計年度末現在でIAS第17号を適用して開示したオペレーティング・リース契約と連結財政状態計算書
         に認識した適用開始日現在のリース負債の調整表は以下の通りであります。
                                 14/19



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
                                                     金額

                                                     千円

                                                       53,837
     2019年3月31日現在で開示したオペレーティング・リース契約
     2019年3月31日現在で開示したオペレーティング・リース契約(追加借入利子率で割引後)

                                                       53,288
     ファイナンス・リース債務(2019年3月31日現在)                                                  5,008
                                                       58,296
     2019年4月1日現在のリース負債
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の
         金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが要求されております。実際の業績は、これらの見積りと
         は異なる場合があります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積りを見
         直した会計期間及びそれ以降の将来の会計期間において認識されます。
          本要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り及び判断は、前連結会計年度に係る連結財務諸
         表と同様であります。
        5.セグメント情報

           当社グループは、ネットサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しており
          ます。
        6.配当金

          配当金の支払額は以下のとおりであります。
          前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
         決議日          配当金の総額          1株当たり配当額             基準日          効力発生日
                      千円           円
     2018年5月15日
                        15,704             2
                                         2018年3月31日           2018年6月12日
     取締役会
          当第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

         決議日          配当金の総額          1株当たり配当額             基準日          効力発生日
                      千円           円
     2019年5月15日
                        15,704             2
                                         2019年3月31日           2019年6月11日
     取締役会
                                 15/19







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
        7.売上収益
          収益の分解は以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                  至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
                                     千円               千円
     物品の販売                                    165,360               161,465
     受託開発                                     95,921              159,938
                                         257,456               280,339
     サービス
                                         518,737               601,743
                 合計
        8.1株当たり利益

                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                  (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                   至 2018年6月30日)              至 2019年6月30日)
     親会社の所有者に帰属する四半期損失(△)(千円)
                                          △30,853              △21,870
     親会社の普通株式に帰属しない四半期損失(△)(千円)                                       -              -
     基本的1株当たり四半期損失の計算に使用する四半期損失
                                          △30,853              △21,870
     (△)(千円)
     発行済普通株式の加重平均株式数(株)

                                         7,852,200              7,852,182
     基本的1株当たり四半期損失(△)(円)

                                           △3.93              △2.79
     (注)希薄化後1株当たり四半期損失については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

        9.金融商品の公正価値

          公正価値で測定される金融商品について、測定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じた公正価値
         測定額を、レベル1からレベル3まで分類しております。
          レベル1:活発な市場における同一の資産又は負債の市場価格(無調整)
          レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接又は間接的に使用して算出された公正価値
          レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
         (1) 公正価値の算定方法
           金融商品の公正価値の算定方法は以下のとおりであります。なお、全ての金融商品の帳簿価額と公正価値は
          近似または一致しているため、公正価値の開示を省略しております。
          (現金及び現金同等物、営業債権及びその他の債権、営業債務及びその他の債務)

           短期間で決済されるため、公正価値は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          (その他の金融資産)

           上場株式の公正価値については、期末日の市場価格によって算定しております。非上場株式の公正価値につ
          いては、純資産価値に基づく評価技法等により算定しております。
          (借入金)

           短期借入金は、短期間で決済されるものであるため、公正価値は帳簿価額に近似しております。
           長期借入金は、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法
          により、公正価値を見積もっております。
           ただし、変動金利による長期借入金は、短期間で市場金利を反映し、また、信用状態は実行後大きくこと
          なっていないことから、公正価値は帳簿価額に近似しております。
                                 16/19




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
         (2) 公正価値で測定される金融商品
           公正価値で測定される金融商品の公正価値ヒエラルキーは以下のとおりであります。
           前連結会計年度(2019年3月31日)
                        レベル1          レベル2          レベル3
                                                       合計
                         千円          千円          千円          千円
     その他の包括利益を通じて公正価
     値で測定する金融資産
                             615          -       132,430          133,046
      その他の金融資産
                             615          -       132,430          133,046
            合計
           当第1四半期連結会計期間(2019年6月30日)

                        レベル1          レベル2          レベル3
                                                       合計
                         千円          千円          千円          千円
     その他の包括利益を通じて公正価
     値で測定する金融資産
                             650          -       132,430          133,080
      その他の金融資産
                             650          -       132,430          133,080
            合計
           公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、振替を生じさせた事象又は状況の変化が生じた日に認識してお

          ります。前連結会計年度及び当第1四半期連結会計期間において、公正価値レベル1とレベル2の間の重要な
          振替は行われておりません。
           レベル3に分類される金融資産については、前第1四半期連結累計期間及び当第1四半期連結累計期間にお

          いて、重要な変動は生じておりません。
        10.後発事象

          該当事項はありません。
      2【その他】

        2019年5月15日開催の取締役会決議において、次のとおり剰余金の配当を行うことを決議いたしました。
        (イ)配当金の総額………………………………………………15百万円
        (ロ)1株当たりの金額…………………………………………2円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………………2019年6月11日
       (注)2019年3月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 17/19









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 18/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年8月13日

     株式会社ASJ

      取締役会 御中

                              赤坂有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              山本 顕三        印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              林  令史        印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ASJ

     の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年6月30
     日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、すな
     わち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結持
     分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、株式会社ASJ及び連結子会社の2019年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第1四半
     期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点
     において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別

          途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。