丸紅株式会社 四半期報告書 第96期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第96期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:丸紅株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年8月13日
      【四半期会計期間】                    第96期第1四半期(自           2019年4月1日 至          2019年6月30日)
      【会社名】                    丸紅株式会社
      【英訳名】                    Marubeni     Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役       社長  柿 木 真 澄
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋二丁目7番1号
      【電話番号】                    03-3282-2111        (大代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  岩 根 秀 禎 
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋二丁目7番1号
      【電話番号】                    03-3282-2111        (大代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  岩 根 秀 禎
      【縦覧に供する場所】                    丸紅株式会社大阪支社
                          (大阪市北区堂島浜一丁目2番1号)
                          丸紅株式会社中部支社
                          (名古屋市中区錦二丁目2番2号)
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                          株式会社名古屋証券取引所
                          (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                                  1/39











                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                              第95期           第96期
               回次               第1四半期           第1四半期            第95期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自2018年4月1日           自2019年4月1日           自2018年4月1日

              会計期間
                            至2018年6月30日           至2019年6月30日           至2019年3月31日
                     (百万円)            2,169,303           1,907,646           7,401,256
      収益
      税引前四半期利益又は
                     (百万円)             111,108            82,540           288,819
      税引前利益
      親会社の所有者に帰属する
                     (百万円)             86,828           65,166           230,891
      四半期(当期)利益
      親会社の所有者に帰属する
                     (百万円)             158,535           △ 32,550           270,904
      四半期(当期)包括利益合計
      親会社の所有者に帰属する
                     (百万円)            1,897,599           1,910,684           1,977,741
      持分合計
                     (百万円)            1,959,415           1,997,998           2,071,726
      資本合計
                     (百万円)            6,970,237           6,755,891           6,809,077

      総資産額
      基本的1株当たり
                       (円)            49.46           36.98           130.74
      親会社の株主に帰属する
      四半期(当期)利益
      希薄化後1株当たり
                       (円)            49.43           36.94           130.62
      親会社の株主に帰属する
      四半期(当期)利益
                       (%)            27.22           28.28           29.05
      親会社所有者帰属持分比率
      営業活動による
                     (百万円)            △ 11,205           13,542           284,895
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                     (百万円)              4,655          △ 29,204           22,528
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                     (百万円)            △ 94,943           36,887
                                                       △ 427,420
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の
                     (百万円)             528,077           525,118           509,288
      四半期末(期末)残高
      (注)1.     当社は、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して連結財務諸表を作成しております。
         2.  当社は、要約四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
           しておりません。
         3.  「基本的1株当たり         親会社の株主に帰属する           四半期   (当期)利益」及び「希薄化後              1株当たり     親会社の株主
           に帰属する     四半期   (当期)利益」に使用する            四半期   (当期)利益      は、「親会社の所有者に帰属する四半期
           (当期)利益      」から当社普通株主に帰属しない金額を控除し算定しております。
                                  2/39






                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当社及び連結子会社は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、フォレストプロダク
       ツ、食料、アグリ事業、化学品、電力、エネルギー、金属、プラント、航空・船舶、金融・リース事業、建機・自動
       車・産機、次世代事業開発、その他の広範な分野において、輸出入(外国間取引を含む)及び国内取引の他、各種
       サービス業務、内外事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開しております。
        当連結会計年度より、「食料」、「生活産業」、「素材」、「エネルギー・金属」、「電力・プラント」及び「輸
       送機」としていたオペレーティング・セグメントを、「ライフスタイル」、「情報・不動産」、「フォレストプロダ
       クツ」、「食料」、「アグリ事業」、「化学品」、「電力」、「エネルギー」、「金属」、「プラント」、「航空・
       船舶」、「金融・リース事業」、「建機・自動車・産機」及び「次世代事業開発」に再編しております。
        当社グループのオペレーティング・セグメント毎の取扱商品・サービスの内容及び主要な関係会社名は次の通りで
       あります。
                  取扱商品・サービスの内容
                                            主要な関係会社名
                                         丸紅インテックス、丸紅ファッションリンク、

            国内及び海外において、衣料・フットウェア・生活用品・
                                    子  会  社
                                         丸紅フットウェア
            スポーツ用品等、消費者のライフスタイルに係る商品を幅
     ライフスタイル
            広く取り扱い、商品の企画・製造・輸入・卸売/小売販売
                                         ラコステジャパン、
            から事業投資まで様々な事業を展開しております。
                                    関連会社等
                                         Saide   Tekstil   Sanayi   ve Ticaret
                                         アルテリア・ネットワークス、

            国内及び海外において、ICT分野では、システムソリュー
                                         ジャパン・リート・アドバイザーズ、
            ション事業、ネットワーク事業、モバイル販売事業等、不
                                         丸紅情報システムズ、
            動産分野では、住宅開発事業、再開発・建替事業、アセッ
                                    子  会  社
                                         丸紅セーフネット、丸紅都市開発、
     情報・不動産       トマネジメント・プロパティマネジメント事業等、物流分
                                         丸紅リアルエステートマネジメント、
            野では、フォワーディング事業、物流センター事業等、保
                                         丸紅ロジスティクス、MXモバイリング
            険分野では、保険仲介事業、再保険事業等、幅広い分野に
            取り組み、多様なサービスを提供しております。
                                    関連会社等      -
                                         興亜工業、丸紅紙パルプ販売、

            国内及び海外において、製紙原料・洋紙・板紙・バイオマ
                                         Musi  Hutan   Persada、
                                    子  会  社
     フ ォ レ ス ト
            ス燃料等の製造・販売、植林事業への参画及び住宅資材の
                                         Tanjungenim     Lestari   Pulp  and  Paper
     プ ロ ダ ク ツ
            販売を行っております。
                                    関連会社等      丸住製紙
                                         ウェルファムフーズ、日清丸紅飼料、

                                         パシフィックグレーンセンター、山星屋、
                                    子  会  社
            国内及び海外において、飼料穀物、大豆、小麦、砂糖、加
                                         Creekstone     Holding
     食     料  工食品・飲料及びその原料、業務用食材、農水畜産物等、
            食に係る商品の製造事業や売買を行っております。
                                         イオンマーケットインベストメント              (注)  1、
                                    関連会社等
                                         ナックス
                                         Columbia    Grain   International、
            アグリインプット事業分野では、米国、英国、アジア等地
                                         Gavilon   Agriculture     Investment、
                                    子  会  社
            域において農業資材販売事業を展開しております。北米穀
                                         Helena   Agri-Enterprises
     ア グ リ 事 業  物事業分野では、北米において穀物・油糧種子の集荷・販
            売事業を推進する一方、新分野の開拓としてスペシャリ
            ティー商品の取扱拡大に取り組んでおります。                       関連会社等      片倉コープアグリ
            国内及び海外において、石油化学品等の川上から電子材

                                    子  会  社  丸紅ケミックス、丸紅プラックス
            料、機能化学品の川下に至るまで多種多様の製品を取り
     化   学   品  扱っております。中国、米州、中東、東南アジアを重要地
            域として位置付け、事業投資とトレードの両面でバランス
                                         Dampier   Salt、Shen     Hua  Chemical    Industrial
                                    関連会社等
            の良いビジネス展開を図っております。
                                         日本洋上風力      (注)  2、丸紅新電力、

                                         丸紅電力開発、丸紅パワーシステムズ、
                                    子  会  社
            国内及び海外において、発電事業並びに電力小売事業を含
                                         Axia  Power   Holdings
            む電力サービス事業から成る多彩な電力事業における開
     電     力
            発・投資・保守・運営・資産維持管理に加え、発電・送変
                                         Lion  Power   (2008)、Mesaieed       Power、
            電機器の納入及び工事請負を行っております。
                                    関連会社等
                                         TeaM  Energy、TrustEnergy
                                  3/39



                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
                  取扱商品・サービスの内容
                                            主要な関係会社名
            国内及び海外において、石油・ガス等多岐にわたるエネル
                                         丸紅エネルギー、
                                    子  会  社
            ギー関連の商材について、資源開発を中心とした川上から
                                         Marubeni    Oil  & Gas  (USA)、MIECO
            ガソリンスタンドに至る川下まであらゆる段階で事業参画
     エ ネ ル ギ ー
            しております。新エネルギー分野においては、水素、アン
            モニア等、CO2フリー燃料サプライチェーン事業に実証段
                                    関連会社等     ENEOSグローブ
            階より参画しております。
                                         丸紅テツゲン、丸紅メタル、
            鉄鋼・非鉄軽金属の原料資源の海外における開発事業、及
                                         Marubeni    Coal、Marubeni      LP Holding、
                                    子  会  社
            び非鉄軽金属の製造・加工・販売、鉄鋼・非鉄軽金属の原
                                         Marubeni    Metals   & Minerals    (Canada)
     金     属
            料資源の売買、並びに鋼板・鋼管・特殊鋼等の鉄鋼製品全
            般の生産・加工・販売事業等を行っております。
                                    関連会社等     伊藤忠丸紅鉄鋼、丸紅建材リース
            国内及び海外において、エネルギー関連インフラ事業、上

                                         丸紅プロテックス、MM         Capital   Partners、
                                    子  会  社
            下水道・海水淡水化事業、交通インフラシステム事業及び
                                         AGS  MCUK  Holdings、Aguas       Decima
            産業プラントの各分野での開発・投資・運営・資産運転維
     プ  ラ  ン  ト
            持管理に加え、関連機器の納入及び工事請負を行っており
                                         Eastern   Sea  Laem  Chabang   Terminal、
            ます。また、海外インフラ資産を対象としたファンド運営
                                    関連会社等
                                         Southern    Cone  Water   (注)  3
            事業を行っております。
                                         スカーレットLNG輸送、

            国内及び海外において、航空機・防衛宇宙関連機器等の輸
                                         丸紅エアロスペース、MMSLジャパン、
            出入、並びにこれら関連商材を取り扱う卸売・小売・製品
                                    子  会  社
                                         Marubeni    Aviation    Parts   Trading、
            開発・各種サービス等の分野への事業展開・投融資、ま
     航 空 ・ 船 舶
                                         Royal   Maritime
            た、貨物船・タンカー・LNG船等各種船舶の取引仲介・
            ファイナンス、保有・運航・管理等の事業を展開するとと
                                    関連会社等
                                         -
            もに、船舶関連資材の取扱いを行っております。
            国内及び海外において、総合リース、自動車販売金融、航

                                         MAC  Trailer   Leasing、MAI      Holding   (注)  4、
                                    子  会  社
            空機リース、航空機エンジンリース、冷蔵冷凍トレー
                                         Marubeni    Aviation    Holding   (注)  5
     金   融   ・
            ラー・商用車のリース及びレンタル、貨車リース、プライ
     リ ー ス 事 業
            ベートエクイティファンド事業、インフラファンド事業等
                                         Marubeni    SuMiT   Rail  Transport    (注)  6
                                    関連会社等
            を行っております。
                                         丸紅テクノシステム、

            国内及び海外において、建設機械・鉱山機械・自動車・タ
                                         Marubeni    Auto  Investment     (UK)、
                                    子  会  社
            イヤ及びコンベヤベルト等のゴム資材・産業機械・工作機
                                         Marubeni-Komatsu
     建機・自動車・
            械等の輸出入、並びにこれら多様な商材を取り扱う、卸売
     産     機
                                         Hitachi   Construction      Machinery    (Australia)、
            事業・小売事業・製品開発・各種サービス等の分野への投
                                         Temsa   Is Makinalari     Imalat   Pazarlama    Ve
                                    関連会社等
            融資を幅広く行っております。
                                         Satis
            アジア中間層、スマートシティ、ヘルスケア、ウェルネ
            ス、教育、スポーツ及びエンターテイメント等、今後飛躍
                                    子  会  社  丸紅ベンチャーズ
            的な市場成長が見込まれ、これまで当社として十分な取組
            みができていない領域において、当社が有する幅広い事
     次世代事業開発
            業・機能との掛け合わせや、AI、ブロックチェーン及びデ
            ジタルマーケティング等のデジタル機能やイノベーション
                                    関連会社等
                                         -
            機能の組み合わせにより、新たなビジネスモデル、プラッ
            トフォーム機能の開発・構築を推進しております。
                                         丸紅フィナンシャルサービス、
     そ   の   他  グループファイナンス及びグループ会社向けの財務・金融
                                         Marubeni    Finance   America、
                                    子  会  社
     (本部・管理等)       業務等を行っております。
                                         Marubeni    Finance   Europe
     (注)1.    イオンマーケットインベストメントは、首都圏でスーパーマーケット事業を展開するユナイテッド・スーパーマーケット・ホールデ
          ィングスの持株会社であります。
        2.  日本洋上風力は、英国洋上風力据付大手Seajacks                   Internationalの持株会社であります。
        3.  Southern    Cone  Waterは、チリにおいて上下水道のフルサービスを提供するAguas                         Nuevasの持株会社であります。
        4.  MAI  Holdingは、米国において自動車販売金融事業を展開するWestlake                          Servicesの持株会社であります。
        5.  Marubeni    Aviation    Holdingは、米国において航空機オペレーティングリース事業を展開するAircastleの持株会社であります。
        6.  Marubeni    SuMiT   Rail  Transportは、北米において鉄道貨車リース事業等を営むMidwest                         Railcarの持株会社であります。
                                  4/39



                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)経営成績及び財政状態の状況
                                                  (単位:百万円)
                           前第1四半期
                                      当第1四半期
                                                    増減
                                      連結累計期間
                           連結累計期間
                              2,169,303           1,907,646            △261,657
        収益
                                194,180           192,254            △1,926
        売上総利益
                                59,457           55,378           △4,079
        営業利益
                                37,241           38,787            1,546
        持分法による投資損益
        親会社の所有者に帰属する
                                           65,166
                                86,828                      △21,662
        四半期利益
       (注)「営業利益」は、投資家の便宜を考慮し、日本の会計慣行に従った自主的な表示であり、IFRSで求められて
          いる表示ではありません。「営業利益」は、要約四半期連結包括利益計算書における                                       「売上総利益」、
          「販売費及び一般管理費」及び「貸倒引当金繰入額」の合計額として表示しております。
        収益

         収益は、前第1四半期連結累計期間比                   2,617億円     ( 12.1%   ) 減収  の 1兆9,076億円       となりました。       オペレーティ
        ング・セグメント別には、主に食料、アグリ事業、化学品で減収となりました。
        売上総利益

         売上総利益は、前第1四半期連結累計期間比                      19億円   ( 1.0%   ) 減益  の 1,923億円     となりました。       オペレーティン
        グ・セグメント別には、主に化学品、アグリ事業、電力で減益となりました。
        営業利益

         営業利益は、前第1四半期連結累計期間比                     41億円   ( 6.9%   ) 減益  の 554億円    となりました。
        持分法による投資損益

         持分法による投資損益は、前第1四半期連結累計期間比                          15億円   ( 4.2%   )増益の388億円となりました。オペ
        レーティング・セグメント別には、主に金属で増益となりました。
        親会社の所有者に帰属する四半期利益

         親会社の所有者に帰属する四半期利益(以下、四半期利益)は、前第1四半期連結累計期間比                                            217億円
        ( 24.9%   )減益の652億円となりました。
                                  5/39







                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                             前連結
                                      当第1四半期
                                                    増減
                            会計年度末
                                      連結会計期間末
                              6,809,077           6,755,891            △53,186
        総資産
                              2,071,726           1,997,998            △73,728
        資本合計
                              1,858,839           1,900,276             41,437
        ネット有利子負債
                                           0.95倍
        ネットDEレシオ                        0.90倍                    0.05ポイント
        (注)   ネット有利子負債は、社債及び借入金(流動・非流動)の合計額から現金及び現金同等物、定期預金を差し
           引いて算出しております。
         当第1四半期連結会計期間末における総資産は、                        新会計基準適用による有形固定資産等の増加があったもの

        の、棚卸資産の減少等により、前連結会計年度末比532億円減少の6兆7,559億円となりました。また、資本合計
        は、純利益の積上げによる利益剰余金の増加があったものの、円高による在外営業活動体の換算差額の減少等に
        より、前連結会計年度末比737億円減少の1兆9,980億円となりました。
         当第1四半期連結会計期間末におけるネット有利子負債は、為替の影響による減少があったものの、支払配当
        の影響等により、前連結会計年度末比414億円増加の1兆9,003億円となりました。この結果、当第1四半期連結
        会計期間末のネットDEレシオは0.95倍となりました。
        当第1四半期連結累計期間の             オペレーティング・         セグメント別の業績は次の通りです。

        ・ライフスタイル

         売上総利益は、衣料品及び生活資材の販売減少により、前第1四半期連結累計期間比3億円(5.7%)減益の49
        億円となりました。四半期利益は、前第1四半期連結累計期間比9億円(72.4%)減益の3億円となりました。
        ・情報・不動産

         売上総利益は、情報関連事業における持分法適用会社を連結子会社化したことにより、前第1四半期連結累計
        期間比46億円(20.9%)増益の269億円となりました。四半期利益は、前第1四半期連結累計期間比3億円
        (9.4%)増益の36億円となりました。
        ・フォレストプロダクツ

         売上総利益は、市況悪化に伴うパルプ事業の減益等により、前第1四半期連結累計期間比2億円(2.1%)減益
        の93億円となりました。四半期利益は、パルプ事業における持分法適用会社の連結除外等により、前第1四半期
        連結累計期間比24億円(48.5%)減益の26億円となりました。
        ・食料

         売上総利益は、為替相場変動の影響等による海外穀物事業の減益等により、前第1四半期連結累計期間比3億
        円(1.3%)減益の246億円となりました。四半期利益は、国内小売事業における関係会社株式売却益の計上等に
        より、前第1四半期連結累計期間比47億円(125.6%)増益の85億円となりました。
        ・アグリ事業

         売上総利益は、米中通商摩擦及び米国内の天候不順の影響による減益により、前第1四半期連結累計期間比26
        億円(4.3%)減益の583億円となりました。四半期利益は、前第1四半期連結累計期間比14億円(8.6%)減益の
        152億円となりました。
        ・化学品

         売上総利益は、石油化学製品の採算悪化等により、前第1四半期連結累計期間比29億円(26.8%)減益の78億
        円となりました。四半期利益は、前第1四半期連結累計期間比17億円(51.5%)減益の16億円となりました。
        ・電力

         売上総利益は、海外電力EPC案件等の減益により、前第1四半期連結累計期間比17億円(21.4%)減益の63億円
        となりました。四半期利益は、前年同期に計上した国内発電事業売却益の反動等により、前第1四半期連結累計
        期間比119億円(69.7%)減益の52億円となりました。
                                  6/39



                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
        ・エネルギー
         売上総利益は、LNG分野における取扱数量の増加及び採算改善等により、前第1四半期連結累計期間比6億円
        (5.5%)増益の123億円となりました。四半期利益は、石油・ガス開発事業における減損損失を主因に、前第1
        四半期連結累計期間比88億円(              - %)悪化の50億円(損失)となりました。
        ・金属

         売上総利益は、非鉄軽金属事業の採算悪化により、前第1四半期連結累計期間比8億円(7.7%)減益の93億円
        となりました。四半期利益は、豪州鉄鉱石事業における持分法による投資損益の増益により、前第1四半期連結
        累計期間比45億円(34.5%)増益の176億円となりました。
        ・プラント

         売上総利益は、海外プラント案件の減益等により、前第1四半期連結累計期間比7億円(17.0%)減益の34億
        円となりました。四半期利益は、海外インフラ事業における持分法による投資損益の減益等により、前第1四半
        期連結累計期間比11億円(26.8%)減益の29億円となりました。
        ・航空・船舶

         売上総利益は、航空及び船舶関連事業の増益により、前第1四半期連結累計期間比15億円(33.5%)増益の58
        億円となりました。四半期利益は、前第1四半期連結累計期間比2億円(6.4%)増益の31億円となりました。
        ・金融・リース事業

         売上総利益は、プライベートエクイティファンド関連事業の増益により、前第1四半期連結累計期間比6億円
        (24.9%)増益の30億円となりました。四半期利益は、前第1四半期連結累計期間比9億円(19.9%)増益の57
        億円となりました。
        ・建機・自動車・産機

         売上総利益は、タイヤ・ゴム資材、産業設備事業等における販売増加により、前第1四半期連結累計期間比5
        億円(2.2%)増益の220億円となりました。四半期利益は、前年同期に計上した国内発電事業売却益の反動等に
        より、前第1四半期連結累計期間比10億円(13.9%)減益の63億円となりました。
       (注)1.       当連結会計年度より、「食料」、「生活産業」、「素材」、「エネルギー・金属」、「電力・プラン

             ト」及び「輸送機」としていたオペレーティング・セグメントを、「ライフスタイル」、「情報・不動
             産」、「フォレストプロダクツ」、「食料」、「アグリ事業」、「化学品」、「電力」、「エネル
             ギー」、「金属」、「プラント」、「航空・船舶」、「金融・リース事業」、「建機・自動車・産機」
             及び「次世代事業開発」に再編しております。                      これらに伴い、前第1四半期連結累計期間のオペレー
             ティング・セグメント情報を組み替えて表示しております。
          2.       セグメント間取引は、通常の市場価格により行われております。
                                  7/39








                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      (2)キャッシュ・フローの状況
         当第1四半期連結会計期間末における「現金及び現金同等物」の残高は、前連結会計年度末比158億円(3.1%)
        増加の5,251億円となりました。
         当第1四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下の通りであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業資金負担等の増加があったものの、営業収入や配当収入等により、135億円の収入となりました。前第1四
        半期連結累計期間比では247億円の収入の増加であります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         株式の売却収入があったものの、海外事業における資本的支出等により、292億円の支出となりました。前第1
        四半期連結累計期間比では339億円の支出の増加であります。
         以上により、当第1四半期連結累計期間のフリーキャッシュ・フローは、157億円の支出となりました。前第1

        四半期連結累計期間比では91億円の支出の増加であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         社債及び長期借入金等の調達を行った結果、369億円の収入となりました。前第1四半期連結累計期間比では
        1,318億円の収入の増加であります。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

         特に記載すべき事項はありません。
      (5)経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

         当第1四半期連結累計期間の経済環境を概観しますと、先進国や中国の景気減速に加え、米中通商摩擦の継続や
        英国のEU離脱交渉の長期化から世界経済の先行きに対する懸念が高まりました。この結果、米国をはじめ各国で金
        融政策を緩和方向に見直す動きがみられました。この間、原油をはじめとする商品市況は、供給側の要因や、米中
        通商摩擦、中東を中心とした地政学リスクの高まりをうけて、商品ごとに異なる値動きとなりました。
         米国経済は、堅調な雇用環境を背景に、緩やかな景気の拡大が続きました。しかし、米中通商摩擦の継続などを
        うけ、景気の先行きに対する不透明感が高まり、個人・企業の景況感に悪化がみられました。その結果、インフレ
        圧力が限定的ななか、米国連邦準備制度理事会(FRB)は金融政策を緩和方向に転換しました。
         欧州経済は、ドイツを中心に、総じて減速感が強まりました。英国のEU離脱交渉の難航やポピュリズムの台頭に
        より先行き不透明感が継続するなか、欧州中央銀行(ECB)は緩和的な金融政策を維持し、さらなる緩和も示唆し
        ました。
         新興国経済は、総じて拡大の動きが継続しましたが、米中通商摩擦などが景気を下押ししました。その結果、中
        国では景気の鈍化が鮮明となったほか、他の新興国でも成長率が低下しました。
         日本経済は、雇用の改善が続き、消費も緩やかな増勢を維持しました。しかし、物価の上昇圧力は依然弱く、加
        えて世界的な景気減速の影響をうけ、輸出が伸び悩みました。
         このような経済環境のなか、当第1四半期連結累計期間の親会社の所有者に帰属する四半期利益は、前第1四半

        期連結累計期間比        217億円(24.9%)減益の652億円となりました。この結果、2019年度の連結業績予想における親
        会社の所有者に帰属する当期利益2,400億円に対しての進捗率は、27.2%となりました。オペレーティング・セグ
        メント別の業績については、「2 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の
        「(1)経営成績及び財政状態の状況」に記載の通りであります。
                                  8/39





                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      (6)資本の財源及び資金の流動性についての分析
         ① 財政状態
           財政状態については、「2 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の
          「(1)経営成績及び財政状態の状況」に記載の通りであります。
         ② 資金調達

           当社及び連結子会社の資金調達に関しては、資産構成に合わせた最適資金調達を基本方針とし、銀行をはじ
          めとした金融機関からの間接調達と社債、コマーシャル・ペーパー等の直接調達により、安定的な流動性を確
          保するとともに、金融費用の削減を目指しております。
           また、主要な連結子会社の資金調達を当社及び国内外の金融子会社、海外現地法人からのグループファイナ
          ンスに一元化する体制の下、資金余剰のあるグループ会社の余資を、他のグループ会社の資金需要に機動的に
          活用し、当社グループ全体の資金効率化を推進しております。
           なお、財務基盤の更なる強化を図るため、2016年8月16日に永久劣後特約付ローンによる2,500億円の資金
          調達を実行しております。
           直接調達手段として、国内公募普通社債発行登録枠2,000億円を設定しております。

           当社はムーディーズ・ジャパン株式会社(Moody's)、S&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社
          (S&P)、株式会社格付投資情報センター(R&I)、株式会社日本格付研究所(JCR)の4社から格付けを取得
          しております。
           当第1四半期連結会計期間末における長期格付けは、Moody'sがBaa2、S&PがBBB、R&IがA、JCRがA+となっ
          ております。
         ③ 流動性の状況

           連結ベースの流動比率は、前連結会計年度末の128.1%に対し、当第1四半期連結会計期間末は128.5%とな
          り、流動性の点で当社の財務健全性を維持しております。また、当社及び連結子会社では、主として現金及び
          現金同等物並びに定期預金の保有、コミットメントラインの設定により、資金需要、並びに一年以内に償還予
          定社債等の市場性資金(当第1四半期連結会計期間末残高601億円)に対する十分な流動性補完を確保してお
          ります。
           当第1四半期連結会計期間末の現金及び現金同等物並びに定期預金の残高は5,254億円となっております。
           設定しているコミットメントラインは以下の通りです。
           ・ 大手邦銀を主としたシンジケート団による3,000億円(長期)
           ・ 欧米主要銀行を主としたシンジケート団による555百万米ドル(短期)
      (将来に関する記述等についてのご注意)

       本報告書に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が当四半期報告書提出日現在において入手して
      いる情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能
      性があります。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  9/39







                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                4,300,000,000

      普通株式
                                                4,300,000,000

                  計
        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末
                                     上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
                現在発行数(株)
        種類                             又は登録認可金融商品                内容
                          (2019年8月13日)
               (2019年6月30日)                        取引業協会名
                                                権利内容に何ら限定のな
                                      東京証券取引所、
                                                い当社における標準とな
                  1,737,940,900           1,737,940,900         名古屋証券取引所
      普通株式
                                                る株式
                                      各市場第一部
                                                単元株式数は100株
                  1,737,940,900           1,737,940,900            -            -
         計
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年8月1日から当四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
        た株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき新株予約権を発行する方法
         によるものであります。当該制度に基づき、当第1四半期会計期間において発行した新株予約権は、次の通りで
         あります。
         2019年3月27日開催の取締役会決議に基づくストックオプション(株式報酬型ストックオプション)

      決議年月日                      2019年3月27日
      付与対象者の区分及び人数                      取締役を兼務しない当社執行役員 1名
      新株予約権の数 ※                      166個
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容
                           普通株式 16,600株 (注)1
      及び数 ※
                           新株予約権を行使することにより交付を受けることができる
      新株予約権の行使時の払込金額 ※
                           株式1株当たり1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。
                           2019年4月27日から
      新株予約権の行使期間 ※
                           2052年4月26日       まで
                           発行価格1円
      新株予約権の行使により株式を発行する場                      資本組入額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金
      合の株式の発行価格及び資本組入額 ※                      等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果生じる1円未満の
                           端数は、これを切り上げる。
                           (注)2
      新株予約権の行使の条件 ※
                           譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の決議に
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           よる承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                           (注)3
      関する事項 ※
        ※ 新株予約権の発行時(2019年4月26日)における内容を記載しております。
                                 10/39




                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
     (注)1.     付与株式数の調整
          新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下
          「付与株式数」という。)は100株とする。ただし、新株予約権の募集を決議する日(以下「決議日」とい
          う。)以降、当社が当社普通株式の株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載
          につき同じ)又は株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整を行い、調整の結果生じる1株
          未満の        端数は、これを切り捨てる。
            調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  株式分割又は株式併合の比率
          また、決議日以降、当社が合併又は会社分割を行う場合その他これらの場合に準じて付与株式数の調整を必要
          とする場合には、当社は、合理的な範囲で付与株式数を適切に調整することができる。
        2.     新株予約権の行使の条件
        (1)        新株予約権原簿に記載された各新株予約権を保有する者(以下「新株予約権者」という。)                                          は、新株予約
            権を割り当てる日(以下「割当日」という。)の翌日から3年を経過する日又は当社の取締役及び執行役
            員のいずれの地位をも喪失した日の翌日のうちいずれか早い日以降、割当てを受けた新株予約権を行使す
            ることができる。
        (2) 上記(1)にかかわらず、新株予約権者は、上記新株予約権の行使期間において、当社が消滅会社となる
            合併契約承認の議案又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき株
            主総会で承認された場合(株主総会決議が不要な場合は、取締役会決議がなされた場合)には、当該承認
            日の翌日から15日間に限り新株予約権を行使できる(ただし、下記(注)3に従って新株予約権者に再編
            成対象会社の新株予約権が交付される旨が合併契約、株式交換契約若しくは株式移転計画において定めら
            れている場合を除く)。
        (3) 上記(1)は、新株予約権を相続により承継した者については適用しない。
        (4) 新株予約権者が新株予約権を放棄した場合、当該新株予約権を行使することができない。
        (5) 新株予約権者は、当社の取締役及び執行役員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10年間経過した場
            合、新株予約権を行使することができなくなるものとし、当該時点において未行使の新株予約権を放棄                                                       し
            たものとみなす。
        3.     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割会
          社となる場合に限る)又は株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る)(以上
          を総称して以下「組織再編成行為」という。)をする場合には、組織再編成行為の効力発生日(吸収合併につ
          き吸       収合併がその効力を生じる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分割につき吸収分
          割がその効力を生じる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換につき株式交換がその
          効力を生じる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ)の直前において残
          存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につ
          き、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下「再編成対象会社」という。)の新株
          予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編成対象会社の新株予約権を交付する
          旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において
          定めることを条件とする。
        (1) 交付する再編成対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
        (2) 新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の種類
            再編成対象会社の普通株式とする。
        (3) 新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の数
            組織再編成行為の条件等を勘案の上、上記(注)1に準じて決定する。
        (4) 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定められる再編成後行使価額に
            上記(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の数を乗じて得られる
            金額とする。再編成後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることがで
            きる再編成対象会社の株式1株当たり1円とする。
        (5) 新株予約権を行使することができる期間
            上記新株予約権の行使期間の開始日と組織再編成行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上記新株
            予約権の行使期間の満了日までとする。
        (6) 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            上記新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額に準じて決定する。
        (7) 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編成対象会社の取締役会の決議による承認を要する。
        (8) 新株予約権の取得条項
                                 11/39


                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
            下記(注)4に準じて決定する。
        (9) その他の新株予約権の行使の条件
            上記(注)2に準じて決定する。
        4.     新株予約権の取得条項

          以下の(1)、(2)、(3)、(4)又は(5)の議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決
          議が不要の場合は、当社の取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日に、当社は無償で
          新株予約権を取得することができる。
        (1) 当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
        (2) 当社が分割会社となる分割契約若しくは分割計画承認の議案
        (3) 当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案
        (4) 当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することにつ
            いての定めを設ける定款の変更承認の議案
        (5) 新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認を
            要すること若しくは当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することにつ
            いての定めを設ける定款の変更承認の議案
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
                総数増減数        総数残高                       増減額        残高
        年月日
                               (百万円)        (百万円)
                 (株)        (株)                      (百万円)        (百万円)
     2019年4月1日~
                     -  1,737,940,900             -     262,686          -      91,073
     2019年6月30日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 12/39










                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
         記載することができないことから、直前の基準日(2019年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしており
         ます。
        ①【発行済株式】

                                                   2019年6月30日現在
                           株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                       内容
                                  -            -       -

     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -

     議決権制限株式(その他)                             -            -       -

                        (自己保有株式)
                                              -
                        普通株式
                                                権利内容に何ら限定のな
                              2,412,400
     完全議決権株式(自己株式等)
                                                い当社における標準とな
                        (相互保有株式)
                                                る株式
                                              -
                        普通株式
                               176,700
                        普通株式  (注)1
     完全議決権株式(その他)                                    17,348,797
                                                     同上
                            1,734,879,700
                        普通株式  (注)2
                                              -
     単元未満株式                                               同上
                               472,100
                            1,737,940,900                 -       -
     発行済株式総数
                                  -        17,348,797            -

     総株主の議決権
      (注)1.      「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が                                  25,000株(議決権250個)含まれ
           ております。
         2.  「単元未満株式」の欄には、下記の通り1                    社所有の相互保有株式80株及び当社所有の自己株式20株が含まれ
           ております。
            丸住製紙株式会社      80株
        ②【自己株式等】

                                                   2019年6月30日現在
                                                   発行済株式総数に
                             自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
       所有者の氏名
                                                   対する所有株式数
                  所有者の住所
        又は名称                     株式数(株)       株式数(株)        合計(株)
                                                     の割合(%)
     丸紅株式会社          東京都中央区日本橋

                               2,412,400           -    2,412,400             0.14
     (自己保有株式)          二丁目7番1号
     丸住製紙株式会社          愛媛県四国中央市川之江町

                                136,700          -     136,700            0.01
     (相互保有株式)          826番地
     丸倉化成株式会社          大阪府羽曳野市川向

                                40,000         -     40,000           0.00
               2060番地の1
     (相互保有株式)
                     -          2,589,100           -    2,589,100             0.15
         計
      (注) 株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が                                       1,000株(議決権10個)あります。
         なお、当該株式数は上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」に含まれております。
                                 13/39




                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当第1四半期累計期間において、役員(取締役・監査役)の異動はあ
       りません。
                                 14/39




















                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、国際会計基準第34号「期中財務報告」(以下「IAS第34号」という。)に準
       拠して作成しております。当社は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件をすべて満たしているため、同第93条の
       規定を適用しております。
        なお、金額の表示は、百万円未満を四捨五入して記載しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019
       年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る要約四半期連結
       財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 15/39
















                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                   前連結会計年度末            当第1四半期連結会計期間末
                                 (2019年3月31日現在)              (2019年6月30日現在)
                            注記

                                   金額(百万円)              金額(百万円)
               区分
                            番号
     資産の部
     流動資産
                             10             509,288              525,118
      現金及び現金同等物
                             10               250              235
      定期預金
                             10               151              192
      有価証券
                            3,10             1,289,196              1,276,591
      営業債権及び貸付金
                             10             182,208              197,646
      その他の金融資産
                                          900,472              753,524
      棚卸資産
                                          35,438              39,555
      売却目的保有資産
                                          241,546              241,854
      その他の流動資産
             流動資産合計                            3,158,549              3,034,715
     非流動資産
                                         1,732,712              1,683,589
      持分法で会計処理される投資
                             10             292,752              258,371
      その他の投資
                             10             132,328              127,782
      長期営業債権及び長期貸付金
                             10              79,511              80,614
      その他の非流動金融資産
                             3             926,092             1,097,544
      有形固定資産
                             3             379,941              371,924
      無形資産
                                          45,806              43,967
      繰延税金資産
                                          61,386              57,385
      その他の非流動資産
                                         3,650,528              3,721,176
            非流動資産合計
                             4            6,809,077              6,755,891
              資産合計
                                 16/39








                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
                                   前連結会計年度末            当第1四半期連結会計期間末

                                 (2019年3月31日現在)              (2019年6月30日現在)
                            注記

                                   金額(百万円)              金額(百万円)
               区分
                            番号
     負債及び資本の部
     流動負債
                            5,10              478,387              571,753
      社債及び借入金
                             10            1,273,196              1,113,004
      営業債務
                            3,10              275,217              317,910
      その他の金融負債
                                          17,778              13,380
      未払法人所得税
                                            359             3,093
      売却目的保有資産に直接関連する負債
                                          421,489              342,411
      その他の流動負債
             流動負債合計                            2,466,426              2,361,551
     非流動負債
                            5,10             1,889,990              1,853,876
      社債及び借入金
                             10              11,566               9,531
      長期営業債務
                            3,10               74,404              249,684
      その他の非流動金融負債
                                          89,764              90,125
      退職給付に係る負債
                                          107,783              101,451
      繰延税金負債
                                          97,418              91,675
      その他の非流動負債
                                         2,270,925              2,396,342
            非流動負債合計
                                         4,737,351              4,757,893
              負債合計
     資本
                                          262,686              262,686
      資本金
                                          139,898              141,520
      資本剰余金
                                          243,589              243,589
      その他資本性金融商品
                                          △ 1,384             △ 1,383
      自己株式
                             3            1,163,472              1,189,576
      利益剰余金
      その他の資本の構成要素
       その他の包括利益にて公正価値測定
                             10              71,912              49,166
       される金融資産の評価差額
                             10             131,178               69,684
       在外営業活動体の換算差額
                                         △ 33,610             △ 44,154
       キャッシュ・フロー・ヘッジの評価差額
       親会社の所有者に帰属する持分合計                                  1,977,741              1,910,684
                                          93,985              87,314
      非支配持分
                                         2,071,726              1,997,998
              資本合計
                                         6,809,077              6,755,891
           負債及び資本合計
     「要約四半期連結財務諸表に対する注記」参照
                                 17/39



                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                 前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                  (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
                            注記

                                   金額(百万円)              金額(百万円)
               区分
                            番号
     収益

                            4,7             2,123,853              1,860,228
      商品の販売等に係る収益
                                          45,450              47,418
                           4,7,10
      サービスに係る手数料等
                            4,7

       収益合計                                  2,169,303              1,907,646
                                        △ 1,975,123             △ 1,715,392
                             10
     商品の販売等に係る原価
                             4

     売上総利益                                     194,180              192,254
     その他の収益・費用

                             2            △ 131,639             △ 136,052

      販売費及び一般管理費
                             2             △ 3,084              △ 824

      貸倒引当金繰入額
      固定資産損益

                             8                -           △ 11,830

       固定資産評価損
                                             74               7

       固定資産売却損益
                                          10,085               1,206
                             10
      その他の損益
       その他の収益・費用合計                                  △ 124,564             △ 147,493

     金融損益

                                           4,319              4,395

      受取利息
                                         △ 10,726             △ 13,610

      支払利息
                                           6,332              5,390

      受取配当金
                                           4,326              2,817
                             10
      有価証券損益
       金融損益合計                                    4,251             △ 1,008

                                          37,241              38,787

     持分法による投資損益                       4
     税引前四半期利益                                     111,108               82,540

                                         △ 22,142             △ 14,805

     法人所得税
                                          88,966              67,735

     四半期利益
     四半期利益の帰属:

                             4              86,828              65,166

      親会社の所有者
                                           2,138              2,569
      非支配持分
                                 18/39



                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
                                 前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                                  (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
                            注記

                                   金額(百万円)              金額(百万円)
               区分
                            番号
     その他の包括利益

      四半期利益に組み替えられない項目

       その他の包括利益にて公正価値測定

                             10              17,324             △ 24,759
       される金融資産の評価差額
                                            188             △ 520
       確定給付制度に係る再測定
       持分法適用会社におけるその他の

                                           △ 762             △ 345
       包括利益増減額
      四半期利益に組み替えられる項目

                             10              46,417             △ 60,263

       在外営業活動体の換算差額
                                           △ 444            △ 1,857

       キャッシュ・フロー・ヘッジの評価差額
       持分法適用会社におけるその他の

                                           9,608             △ 10,529
       包括利益増減額
                                          72,331             △ 98,273
     税引後その他の包括利益合計
     四半期包括利益合計                                     161,297              △ 30,538

     四半期包括利益合計の帰属:

                                          158,535              △ 32,550

      親会社の所有者
                                           2,762              2,012
      非支配持分
                                 前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2018年6月30日)              至 2019年6月30日)
                            注記

               区分                        金額              金額
                            番号
     基本的1株当たり親会社の株主に

                             9             49.46              36.98
                                             円              円
     帰属する四半期利益
     希薄化後1株当たり親会社の株主に

                             9             49.43              36.94
                                             円              円
     帰属する四半期利益
     「要約四半期連結財務諸表に対する注記」参照
                                 19/39







                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                                   その他の資本の
                                                     構成要素
                                                  その他の
                   注記
                                  その他資
                                                  包括利益
                       資本金-
                   番号
                            資本剰余金      本性金融     自己株式     利益剰余金
                                                  にて公正      在外営業
                       普通株式
                                   商品
                                                  価値測定      活動体の
                                                  される金      換算差額
                                                  融資産の
                                                  評価差額
                       262,686      135,295      243,589      △ 1,379   1,014,709       82,596      76,253
     期首残高
      新会計基準適用による
                                             △ 1,117
      累積的影響額
                    4                          86,828
      四半期利益
                                                   16,673      48,343
      その他の包括利益
                                          △ 0
      自己株式の取得及び売却
                    6                         △ 32,107
      支払配当
      非支配持分との資本取引
                               652
      及びその他
                                                82      11
      利益剰余金への振替
      非金融資産等への振替
                       262,686      135,947      243,589      △ 1,379   1,068,395       99,280     124,596
     期末残高
                            親会社の所有者に帰属する持分

                            その他の資本の
                              構成要素
                                          親会社の
                   注記
                                                非支配持分       資本合計
                        キャッ
                                          所有者に帰
                   番号
                       シュ・フ      確定給付制      その他の資
                                          属する持分
                       ロー・ヘッ      度に係る再      本の構成要
                                           合計
                       ジの評価差        測定      素合計
                         額
                        △ 42,274        -    116,575     1,771,475        64,162     1,835,637
     期首残高
      新会計基準適用による
                                            △ 1,117            △ 1,117
      累積的影響額
                    4                        86,828       2,138      88,966
      四半期利益
                         6,598        93    71,707      71,707        624     72,331
      その他の包括利益
                                              △ 0            △ 0
      自己株式の取得及び売却
                    6                       △ 32,107      △ 5,119     △ 37,226
      支払配当
      非支配持分との資本取引
                                              652       11      663
      及びその他
                                △ 93     △ 82      -             -
      利益剰余金への振替
                          161             161      161             161
      非金融資産等への振替
                        △ 35,515        -    188,361     1,897,599        61,816     1,959,415
     期末残高
                                 20/39




                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
           当第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                                   その他の資本の
                                                     構成要素
                                                  その他の
                   注記
                                  その他資
                                                  包括利益
                       資本金-
                   番号
                            資本剰余金      本性金融     自己株式     利益剰余金
                                                  にて公正      在外営業
                       普通株式
                                   商品
                                                  価値測定      活動体の
                                                  される金      換算差額
                                                  融資産の
                                                  評価差額
                       262,686      139,898      243,589      △ 1,384   1,163,472       71,912     131,178
     期首残高
      新会計基準適用による
                    3                          △ 6,674
      累積的影響額
                    4                          65,166
      四半期利益
                                                  △ 25,349    △ 61,494
      その他の包括利益
                                0           1
      自己株式の取得及び売却
                    6                         △ 29,504
      支払配当
      非支配持分との資本取引
                              1,622                   7
      及びその他
                                             △ 2,891      2,603
      利益剰余金への振替
      非金融資産等への振替
                       262,686      141,520      243,589      △ 1,383   1,189,576       49,166      69,684
     期末残高
                            親会社の所有者に帰属する持分

                            その他の資本の
                              構成要素
                                          親会社の
                   注記
                                                非支配持分       資本合計
                        キャッ
                                          所有者に帰
                   番号
                       シュ・フ      確定給付制      その他の資
                                          属する持分
                       ロー・ヘッ      度に係る再      本の構成要
                                           合計
                       ジの評価差        測定      素合計
                         額
                        △ 33,610        -    169,480     1,977,741        93,985     2,071,726
     期首残高
      新会計基準適用による
                    3                        △ 6,674            △ 6,674
      累積的影響額
                    4                        65,166       2,569      67,735
      四半期利益
                        △ 10,585       △ 288    △ 97,716     △ 97,716       △ 557    △ 98,273
      その他の包括利益
                                               1             1
      自己株式の取得及び売却
                    6                       △ 29,504      △ 4,894     △ 34,398
      支払配当
      非支配持分との資本取引
                                             1,629     △ 3,789     △ 2,160
      及びその他
                                 288     2,891        -             -
      利益剰余金への振替
                           41             41      41             41
      非金融資産等への振替
                        △ 44,154        -    74,696     1,910,684        87,314     1,997,998
     期末残高
     「要約四半期連結財務諸表に対する注記」参照
                                 21/39



                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                 前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                  至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
                            注記

                                   金額(百万円)               金額(百万円)
                区分
                            番号
     営業活動によるキャッシュ・フロー

                                          88,966               67,735
      四半期利益
      営業活動によるキャッシュ・フローへの調整

                                          27,221               39,743

       減価償却費等
                                           △ 74             11,823

       固定資産損益
                                          △ 4,251               1,008

       金融損益
                                         △ 37,241              △ 38,787

       持分法による投資損益
                                          22,142               14,805

       法人所得税
                                         △ 94,681               13,277

       営業債権の増減
                                          84,993              127,312

       棚卸資産の増減
                                         △ 99,217             △ 145,538

       営業債務の増減
                                          △ 7,642             △ 77,306

       その他-純額
                                           3,280               3,687

       利息の受取額
                                          △ 9,219             △ 13,956

       利息の支払額
                                          34,828               33,172

       配当金の受取額
                                         △ 20,310              △ 23,433
       法人所得税の支払額
                                         △ 11,205               13,542

        営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー

                                           △ 15               11
      定期預金の純増減額
                                            623              1,823

      有形固定資産の売却による収入
      投資不動産の売却による収入                                     108               -

                                           6,227               3,171

      貸付金の回収による収入
      子会社の売却による収入
                                            118               112
      (処分した現金及び現金同等物控除後)
      持分法で会計処理される投資及び
                                          35,069               18,838
      その他の投資等の売却による収入
                                         △ 16,815              △ 24,960
      有形固定資産の取得による支出
                                           △ 16              △ 12

      投資不動産の取得による支出
                                         △ 13,349              △ 7,363

      貸付による支出
      子会社の取得による支出
                                            -            △ 5,374
      (取得した現金及び現金同等物控除後)
      持分法で会計処理される投資及び
                                          △ 7,295             △ 15,450
      その他の投資等の取得による支出
                                           4,655             △ 29,204
        投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 22/39



                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
                                 前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間

                                 (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                  至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
                            注記

                                   金額(百万円)               金額(百万円)
                区分
                            番号
     財務活動によるキャッシュ・フロー

                                          △ 4,816              77,155
      短期借入金等の純増減額
                                          126,381               81,264

      社債及び長期借入金等による調達
                                        △ 181,088              △ 82,525

      社債及び長期借入金等の返済
                             6            △ 32,107              △ 29,504

      親会社の株主に対する配当金の支払額
                                            △ 3              △ 1

      自己株式の取得及び売却
                                             2              67

      非支配持分からの払込による収入
                                            △ 7            △ 5,062

      非支配持分からの子会社持分取得による支出
                                          △ 3,305              △ 4,507
      その他
                                         △ 94,943               36,887

        財務活動によるキャッシュ・フロー
     為替相場の変動の現金及び現金同等物に与える
                                           3,736              △ 5,395
     影響
                                         △ 97,757               15,830
     現金及び現金同等物の純増減額
                                          625,834               509,288

     現金及び現金同等物の期首残高
                                          528,077               525,118

     現金及び現金同等物の四半期末残高
     「要約四半期連結財務諸表に対する注記」参照
                                 23/39











                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
       要約四半期連結財務諸表に対する注記
      1 報告企業の事業内容
        丸紅株式会社(以下「当社」という。)は日本国にある株式会社であります。当社及び当社が直接・間接に議決権
       の過半数を所有する等により支配を有している国内外の連結子会社(以上を合わせて「当社及び連結子会社」とい
       う。)は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、フォレストプロダクツ、食料、アグリ
       事業、化学品、電力、エネルギー、金属、プラント、航空・船舶、金融・リース事業、建機・自動車・産機、次世代
       事業開発、その他の広範な分野において、輸出入(外国間取引を含む)及び国内取引の他、各種サービス業務、内外
       事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開しております。
      2 作成の基礎

      (1)要約四半期連結財務諸表がIFRSに準拠している旨の記載
        当社の要約四半期連結財務諸表は、IAS第34号に準拠して作成しており、2019年3月31日に終了した連結会計年度
       の連結財務諸表と併せて利用されるべきものであります。当社は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法
       に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件をすべて満た
       しているため、同第93条の規定を適用しております。
      (2)機能通貨及び表示通貨

        要約四半期連結財務諸表は当社の機能通貨である日本円で表示されており、百万円未満を四捨五入しております。
      (3)見積り及び判断の利用

        要約四半期連結財務諸表の作成にあたっては、報告期間の期末日における資産・負債の計上、偶発資産・偶発負債
       の開示及び期中の収益・費用の計上を行うため、必要に応じて会計上の見積り及び仮定を用いております。この会計
       上の見積り及び仮定は、その性質上不確実であり、実際の結果と異なる可能性があります。本要約四半期連結財務諸
       表に重要な影響を与える会計上の見積り及び仮定並びに判断は、前連結会計年度に係る連結財務諸表と同様でありま
       す。
      (4)表示方法の変更

        当第1四半期連結累計期間において、要約四半期連結財務諸表の表示をより明瞭にするため、従来、「販売費及び
       一般管理費」に含めていた「営業債権等から発生した減損損失」を「貸倒引当金繰入額」として独立掲記することと
       しております。
      3 重要な会計方針

        本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除き、前連結会計年度に係る連結財務諸表
       において適用した会計方針と同一であります。
       新たに適用する基準書及び解釈指針

        当社及び連結子会社は、当第1四半期連結会計期間より以下の基準を適用しております。
             基準書及び解釈指針                               概要

      IFRS第16号「リース」                        リース会計に関する改訂

        IFRS第16号「リース」の適用による本要約四半期連結財務諸表への主な影響としては、原則としてすべてのリース

       について、原資産を使用する権利を表す使用権資産及びリース料を支払う義務を表すリース負債が要約四半期連結財
       政状態計算書に認識され、使用権資産の減価償却費及びリース負債に係る金融費用が要約四半期連結包括利益計算書
       に認識されます。同基準の適用により、適用開始日において「有形固定資産」、「無形資産」及び「営業債権及び貸
       付金」が合計で235,170百万円、「その他の金融負債(流動及び非流動)」が237,958百万円それぞれ増加しておりま
       す。また、要約四半期連結包括利益計算書に与える重要な影響はありません。
        なお、上記の基準書及び解釈指針の適用による累積的影響として、適用開始日の利益剰余金が6,674百万円減少し
       ております。
        リース負債は適用開始日で支払われていないリース料を適用開始日の借手の追加借入利子率で割り引いており、借
       手の追加借入利子率の加重平均は2.5%であります。前連結会計年度末に開示した解約不能オペレーティング・リー
       ス契約に係る支払最低リース料総額の割引後の金額と、適用開始日に認識したリース負債との差額は以下の通りであ
       ります。
                                 24/39


                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
                                         金額
                    項目
                                       (百万円)
      前連結会計年度末に開示した解約不能オペレーティング・
                                            188,242
      リース契約に係る支払最低リース料総額の割引後の金額
                                            57,070
      リース期間の見直しを行ったことによる影響
                                            △1,335
      短期リース又は少額資産のリースに該当し認識されない金額
      前連結会計年度末の借手側ファイナンス・リース契約に係る
                                            30,691
      支払最低リース料総額の現在価値
                                            △6,019
      その他
                                            268,649

      適用開始日に認識したリース負債
        上記の基準書及び解釈指針に関する重要な会計方針は以下の通りであります。

       IFRS第16号「リース」

        契約がリース又はリースを含んだものであるのか否かについては、契約が特定された資産の使用を支配する権利を
       一定期間に亘り対価と交換に移転するかに基づき、リース契約日に判定しております。
       リースの借手である場合

        リース開始日において、原資産を使用する権利を表す使用権資産及びリース料を支払う義務を表すリース負債を認
       識しております。使用権資産は取得原価で測定され、取得原価はリース負債の当初測定の金額、リース開始日以前に
       支払ったリース料、当初直接コスト及び原状回復費用等により構成されております。使用権資産は原則としてリース
       期間に亘って減価償却しております。リース期間は、リースの解約不能期間に、リースを延長するオプションを行使
       すること又はリースを解約するオプションを行使しないことが合理的に確実な期間を加えて決定しております。
        リース負債はリース開始日現在で支払われていないリース料の現在価値で測定しております。当該リース料は、
       リースの計算利子率が容易に算定できる場合は当該利子率で割り引き、当該利子率が容易に算定できない場合は借手
       の追加借入利子率で割り引いております。リース負債に係る支払利息は、リース負債の残高に対して毎期一定の利率
       により算定された金額としております。
        なお、リース期間が12ヵ月以内であるリース及び原資産が少額であるリースについては、他の規則的な方法が借手
       の便益のパターンをより適切に表す場合を除いて、リース期間に亘り定額法により費用として認識しております。
       リースの貸手である場合

        原資産の所有に伴うリスクと経済価値のほとんどすべてを移転するファイナンス・リースについては、リース開始
       日において、リースに供された原資産の認識を中止し、ファイナンス・リースにより保有する資産を正味リース投資
       未回収額に等しい金額でリース債権を認識しております。当初直接コストは、原則として正味リース投資未回収額の
       当初測定額に含めて認識しております。
        オペレーティング・リースについては、その対象となる原資産を、原資産の性質に応じて要約四半期連結財政状態
       計算書に表示しており、当該原資産に係る減価償却の方針は、貸手の同様の資産に係る減価償却の方針と整合してお
       ります。リース収益は、他の規則的な方法が原資産の使用により便益が減少するパターンをより適切に表す場合を除
       いて、リース期間に亘り定額法により認識しております。また、リース契約を獲得するために発生した当初直接コス
       トは原資産の帳簿価額に加算し、リース期間に亘りリース収益と同じ基礎によって費用として認識しております。
       組替

        要約四半期連結財務諸表及び要約四半期連結財務諸表に対する注記の表示方法を変更した場合には、比較情報を組
       替表示しております。
                                 25/39





                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      4 セグメント情報
       【オペレーティング・セグメント情報】
        当社及び連結子会社は、業績評価及び資源配分の意思決定のためのセグメント(オペレーティング・セグメント)
       として、商品及びサービスの特性に応じて区分したセグメントを採用しております。各セグメントは、種々の産業に
       関連して、国内及び海外において、原材料、生産財を含む広範囲な工業製品、消費財の購入、販売、市場開拓等を
       行っており、これらの営業活動は、金融、保険、その他の役務提供を伴っております。当社はこれらの事業を、オペ
       レーティング・セグメントとして14の商品別セグメントに分類しております。
        前第1四半期連結累計期間及び当第1四半期連結累計期間におけるオペレーティング・セグメント情報は、次の通

       りであります。
                                                    (単位:百万円)

       前第1四半期連結累計期間
                    ライフ     情報・    フォレスト
                                    食料    アグリ事業      化学品      電力    エネルギー
                   スタイル      不動産    プロダクツ
     収益
                     52,105     24,670     66,469     576,797     933,744     160,831      33,520     87,310
      商品の販売等に係る収益
                      811    16,172      1,462     1,173       93    8,247     2,283     5,111
      サービスに係る手数料等
                     52,916     40,842     67,931     577,970     933,837     169,078      35,803     92,421
           合計
                     5,199     22,265      9,467     24,967     60,971     10,706      7,995     11,619
     売上総利益
                      411     720     807    1,617      457     442    7,673       72
     持分法による投資損益
     親会社の所有者に帰属する
                     1,194     3,334     4,965     3,772     16,638      3,266     17,032      3,756
     四半期利益又は損失(△)
     セグメントに対応する資産
                    122,188     447,106     266,855     762,628    1,233,343      351,427     712,176     787,524
     (前連結会計年度末)
                                    金融・     建機・     次世代

                    金属    プラント     航空・船舶                      その他      連結
                                   リース事業     自動車・産機      事業開発
     収益
                    100,420      14,536     15,368      5,569     79,164       1  △ 26,651    2,123,853
      商品の販売等に係る収益
                     3,406     1,306     1,540      234    3,374       0    238    45,450
      サービスに係る手数料等
                    103,826      15,842     16,908      5,803     82,538       1  △ 26,413    2,169,303
           合計
                     10,087      4,129     4,361     2,433     21,480       0   △ 1,499    194,180
     売上総利益
                     9,179     5,369     1,222     5,436     3,729       3    104    37,241
     持分法による投資損益
     親会社の所有者に帰属する
                     13,089      3,963     2,923     4,728     7,349     △ 376    1,195     86,828
     四半期利益又は損失(△)
     セグメントに対応する資産
                    853,100     343,588     245,707     250,097     340,728       643    91,967    6,809,077
     (前連結会計年度末)
                                 26/39








                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
       当第1四半期連結累計期間                                               (単位:百万円)
                    ライフ     情報・    フォレスト
                                    食料    アグリ事業      化学品      電力    エネルギー
                   スタイル      不動産    プロダクツ
     収益
                     34,584     30,037     68,808     465,717     859,419      99,763     31,802     110,428
      商品の販売等に係る収益
                     1,082     17,330      1,209     1,966       44    7,174     2,176     5,549
      サービスに係る手数料等
                     35,666     47,367     70,017     467,683     859,463     106,937      33,978     115,977
           合計
                     4,904     26,912      9,269     24,647     58,334      7,840     6,282     12,263
     売上総利益
                      161     499     △ 1    1,946      501     253    8,160      231
     持分法による投資損益
     親会社の所有者に帰属する
                      330    3,649     2,556     8,508     15,208      1,584     5,165    △ 5,026
     四半期利益又は損失(△)
                    114,578     479,901     266,206     715,018    1,215,766      332,586     708,685     728,958
     セグメントに対応する資産
                                    金融・     建機・     次世代

                    金属    プラント     航空・船舶                      その他      連結
                                   リース事業     自動車・産機      事業開発
     収益
                     89,666      4,312     16,633      5,576     75,585       0  △ 32,102    1,860,228
      商品の販売等に係る収益
                     2,721     1,555     1,732      853    3,507       0    520    47,418
      サービスに係る手数料等
                     92,387      5,867     18,365      6,429     79,092       0  △ 31,582    1,907,646
           合計
                     9,315     3,429     5,823     3,040     21,963       1   △ 1,768    192,254
     売上総利益
                     14,710      4,405     1,017     5,449     1,457       1    △ 2   38,787
     持分法による投資損益
     親会社の所有者に帰属する
                     17,611      2,899     3,111     5,667     6,329     △ 615    △ 1,810     65,166
     四半期利益又は損失(△)
                    824,248     323,887     291,991     254,247     347,704       516    151,600    6,755,891
     セグメントに対応する資産
      (注)1.     当連結会計年度より、「食料」、「生活産業」、「素材」、「エネルギー・金属」、「電力・プラント」及
           び「輸送機」としていたオペレーティング・セグメントを、「ライフスタイル」、「情報・不動産」、
           「フォレストプロダクツ」、「食料」、「アグリ事業」、「化学品」、「電力」、「エネルギー」、「金
           属」、「プラント」、「航空・船舶」、「金融・リース事業」、「建機・自動車・産機」及び「次世代事業
           開発」に再編しております。
         2.  上記に伴い     、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度末のオペレーティング・セグメント情報を組み
           替えて表示しております。
         3.  セグメント間取引は、通常の市場価格により行われております。
         4.  「その他」には、        特定のオペレーティング・セグメントに配賦されない本部経費等の損益、セグメント間の
           内部取引消去、全社目的のために保有され特定のオペレーティング・セグメントに配賦されない資金調達に
           関連した現金及び現金同等物等の資産が含まれております。
                                 27/39







                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      5 社債
        前第1四半期連結累計期間において10,000百万円の社債を償還しております。
        前第1四半期連結累計期間において53,540百万円の社債を発行しております。
        当第1四半期連結累計期間における社債の償還はありません。

        当第1四半期連結累計期間において55,925百万円の社債を発行しております。
      6 配当

        前第1四半期連結累計期間において、期末配当として普通株式1株当たり18円50銭(総額32,107百万円)を支払っ
       ております。
        当第1四半期連結累計期間において、期末配当として普通株式1株当たり17円00銭(総額29,504百万円)を支払っ
       ております。
      7 収益

        当社及び連結子会社の関与する取引には、財又はサービスを顧客に提供する契約あるいは金銭授受の当事者として
       行う仕切取引や、買手と売手との間で直接取引代金の決済が行われ、当社及び連結子会社が買手と売手いずれか一
       方、もしくは両方から手数料を受け取る代行取引等、種々の形態があります。
        当社及び連結子会社は、それらの取引から生じる収益を顧客との契約に基づき、「商品の販売等に係る収益」、
       「サービスに係る手数料等」に区分して表示しており、財又はサービスを顧客に移転する前に支配している場合には
       本人取引として「商品の販売等に係る収益」に含め、そうでない場合には取引により得られた対価の総額から第三者
       に対する支払額を差し引いた純額のみを、代理人取引として「サービスに係る手数料等」に含めております。
        収益の分解については、            「1   要約四半期     連結財務諸表       要約四半期     連結財務諸表に対する注記4              セグメント情
       報」をご参照願います。
       商品の販売等に係る収益

        商品の販売においては、当社及び連結子会社が出荷を手配する場合、船荷証券・倉庫証券・貨物引換証・荷渡指示
       書等を買主に引渡した時等、契約上の受渡条件が履行された時点、またはその他検収が完了し、履行すべき義務がほ
       ぼなくなり、顧客の受取が確実となった時点をもって収益を認識しております。商品の販売契約の大半の取引におい
       て、履行義務は一時点で充足されます。変動対価や買戻し義務を含む収益の額に金額的重要性はありません。
        なお、顧客の資産を創出または増価させる工事契約については、工事の進捗度を測定することにより、複数の会計
       期間にわたり収益を認識しております。進捗度の測定は、各報告期間の期末日までに発生した工事原価が、予想され
       る工事原価の合計に占める割合に基づいて行っております。進捗度を合理的に測定することができない場合は、発生
       したコストの範囲でのみ収益を認識しております。工事契約に係る収益に金額的重要性はないため、「商品の販売等
       に係る収益」に含めて表示しております。
        また、一部の商品取引等においてIFRS第9号「金融商品」に従って認識した収益についても、「商品の販売等に係
       る収益」に含めて表示しております。
       サービスに係る手数料等

        サービスに係る手数料等は、主に代理人取引としての手数料であり、契約及び関連する法令・判例・取引慣行等に
       基づいて、顧客から対価の支払を受ける権利を得たと判断される役務提供完了時に収益を認識しております。
      8 固定資産評価損

        当第1四半期連結累計期間において、掘削計画の見直しにより、米国メキシコ湾に所在する石油・ガス資産の回収
       不能見込額について11,488百万円の減損損失を認識しております。当該減損損失は、要約四半期連結包括利益計算書
       上、「固定資産評価損」に含まれております。
                                 28/39





                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      9 1株当たり四半期利益
        基本的及び希薄化後1株当たり親会社の株主に帰属する四半期利益の計算は次の通りであります。
                                  前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                                   (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                  項目
                                    至 2018年6月30日)             至 2019年6月30日)
     分子項目(百万円)
                                           86,828             65,166
      親会社の所有者に帰属する四半期利益
       基本的1株当たり親会社の株主に帰属する
       四半期利益の計算に使用する利益調整額
                                             990             994
        親会社の株主に帰属しない金額
      基本的1株当たり親会社の株主に帰属する四半期利益の
                                           85,838             64,172
      計算に使用する四半期利益
       希薄化後1株当たり親会社の株主に帰属する
       四半期利益の計算に使用する利益調整額
                                             △1             △1
        新株予約権に係る調整
      希薄化後1株当たり親会社の株主に帰属する四半期利益の
                                           85,837             64,171
      計算に使用する四半期利益
     分母項目(株)
      基本的1株当たり親会社の株主に帰属する四半期利益の
                                        1,735,356,035             1,735,351,574
      計算に使用する普通株式の加重平均株式数
       希薄化効果の影響
                                          1,179,391             1,657,651
        新株予約権に係る調整
      希薄化後1株当たり親会社の株主に帰属する四半期利益の
                                        1,736,535,426             1,737,009,225
      計算に使用する普通株式の加重平均株式数
     1株当たり親会社の株主に帰属する四半期利益(円)
                                            49.46             36.98
      基本的
                                            49.43             36.94
      希薄化後
                                 29/39











                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      10 金融商品の公正価値
      ① 現金及び現金同等物、定期預金
        現金及び現金同等物、定期預金は償却原価にて測定しており、その要約四半期連結財政状態計算書上の帳簿価額は
       満期までの期間が短期であるため概ね公正価値であります。
      ② 営業債権及び貸付金

        営業債権及び貸付金の帳簿価額の内訳は次の通りであります。
                              前連結会計年度末               当第1四半期連結会計期間末
                             (2019年3月31日現在)                 (2019年6月30日現在)
                                (百万円)                 (百万円)
                                       54,355                 52,965

      受取手形
                                      1,288,688                 1,270,326
      売掛金
                                       129,622                 132,450

      貸付金
                                      △51,141                 △51,368
      貸倒引当金
               合計                       1,421,524                 1,404,373

        前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末におけるFVTPLの営業債権及び貸付金はそれぞれ、18,680百万
       円及び17,848百万円であり、FVTPLを除く営業債権及び貸付金は償却原価にて測定しております。
        前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末における償却原価にて測定する営業債権及び貸付金の公正価値
       はそれぞれ、1,402,911百万円及び1,386,659百万円であります。
      ③ 有価証券及びその他の投資

        有価証券及びその他の投資の帳簿価額の内訳は次の通りであります。
                              前連結会計年度末               当第1四半期連結会計期間末
                             (2019年3月31日現在)                 (2019年6月30日現在)
                                (百万円)                 (百万円)
      有価証券

                                         151                 192
       償却原価で測定される負債性金融資産
                                         151                 192

               合計
      その他の投資

       FVTPLの金融資産(資本性及び負債性)                                4,596                 4,487
                                       285,241                 251,228

       FVTOCIの資本性金融資産
                                        2,915                 2,656
       償却原価で測定される負債性金融資産
                                       292,752                 258,371

               合計
        前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末における償却原価にて測定される有価証券及びその他の投資の
       帳簿価額は概ね公正価値であります。
                                 30/39







                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      ④ 営業債務
        営業債務の帳簿価額の内訳は次の通りであります。
                              前連結会計年度末               当第1四半期連結会計期間末
                             (2019年3月31日現在)                 (2019年6月30日現在)
                                (百万円)                 (百万円)
                                       251,463                 195,213

      支払手形
      買掛金                               1,033,299                  927,322
                                      1,284,762                 1,122,535

               合計
        営業債務は償却原価にて測定しております。
        前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末における営業債務の帳簿価額は概ね公正価値であります。
      ⑤ 社債及び借入金

        社債及び借入金の帳簿価額の内訳は次の通りであります。
                              前連結会計年度末               当第1四半期連結会計期間末
                             (2019年3月31日現在)                 (2019年6月30日現在)
                                (百万円)                 (百万円)
                                       331,945                 386,910

      社債
                                      2,036,432                 2,038,719
      借入金
                                      2,368,377                 2,425,629

               合計
        社債及び借入金は償却原価にて測定しております。
        前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末における社債及び借入金の帳簿価額は概ね公正価値でありま
       す。
      ⑥ その他の金融資産及びその他の金融負債

        その他の金融資産及びその他の金融負債は、デリバティブ資産及びデリバティブ負債並びに非デリバティブ資産及
       び非デリバティブ負債により構成されております。
        デリバティブ資産及びデリバティブ負債の要約四半期連結財政状態計算書上の帳簿価額は公正価値であります。
        非デリバティブ資産は主に取引先に対するその他の債権で構成されており、FVTPLの金融資産を除いて償却原価に
       て測定しております。
        非デリバティブ負債は主にリース負債、取引先に対するその他の債務、認識の中止の要件を満たさずに譲渡した営
       業債権及び貸付金の対価に係る債務で構成されており、償却原価にて測定しております。
        償却原価で測定されている非デリバティブ資産及び非デリバティブ負債の要約四半期連結財政状態計算書上の帳簿
       価額は概ね公正価値であります。
                                 31/39









                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      ⑦ 公正価値の測定
        当社及び連結子会社は、特定の資産及び負債を公正価値で測定しております。公正価値の測定のために使われるイ
       ンプットは、市場における観察可能性に応じて以下の3つのレベルに区分されております。
        レベル1:測定日において当社及び連結子会社がアクセス可能な、同一の資産又は負債に関する活発な市場におけ

             る(無調整の)相場価格
        レベル2:レベル1に含まれる相場価格以外の、直接又は間接的に観察可能な、資産又は負債に関するインプット
        レベル3:資産又は負債に関する観察不能なインプット
        前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末現在において、当社及び連結子会社が経常的に公正価値で測定

       している資産及び負債は次の通りであります。
                         前連結会計年度末                  当第1四半期連結会計期間末
                       (2019年3月31日現在)                     (2019年6月30日現在)
                   レベル1     レベル2     レベル3          レベル1     レベル2     レベル3
                                    合計                     合計
                                   (百万円)                     (百万円)
                   (百万円)     (百万円)     (百万円)          (百万円)     (百万円)     (百万円)
     資産
     純損益を通じて公正価値測
     定された非デリバティブ金
     融資産
                      -   18,680       -   18,680       -   17,848       -   17,848
      営業債権及び貸付金
      その他の投資(資本性)                -     -      2     2     -     -      2     2
      その他の投資(負債性)                -     -    4,594     4,594       -     -    4,485     4,485
                      -     -   15,214     15,214       -     -   14,886     14,886
      その他の金融資産
     その他の包括利益を通じて

     公正価値測定された非デリ
     バティブ金融資産
      その他の投資(資本性)             165,105        -   120,136     285,241     152,651        -   98,577     251,228
     デリバティブ取引

                      -   23,642       -   23,642       -   27,062       -   27,062
      金利取引
                      -    3,650       -    3,650       -    5,150       -    5,150
      為替取引
                    10,654     80,610      2,276     93,540      4,035     83,965      1,668     89,668
      商品取引
                      -     -    1,260     1,260       -     -     956     956
      その他
     負債(△)
     デリバティブ取引
                      -    △153       -    △153       -    △47      -    △47
      金利取引
                      -   △3,303        -   △3,303        -   △4,505        -   △4,505
      為替取引
                   △3,958     △52,790      △2,662     △59,410      △7,942     △58,582      △1,104     △67,628
      商品取引
                      -     -      0     0     -     -      0     0
      その他
        レベル1に区分されているその他の投資は、主に活発な市場のある資本性証券であり、デリバティブ取引は商品に

       係るデリバティブ取引であります。これらは活発な市場における無調整の相場価格によって評価しております。
        レベル2に区分されている営業債権及び貸付金は将来の市場価格で決済される営業債権であります。デリバティブ
       取引は主に金利スワップ、為替予約及び商品に係るデリバティブ取引であります。これらはレベル1には属さない、
       活発ではない市場における同一資産の相場価格、あるいは活発な市場における類似資産又は類似負債に基づき評価さ
       れ、商品取引所の相場価格、外国為替相場及び金利等の観察可能なインプットを使用して、主にマーケットアプロー
       チで評価しております。
        レベル3に区分されたその他の投資は主に活発な市場のない資本性証券であり、デリバティブ取引は主に商品に係
       るデリバティブ取引であります。これらは、活発な市場における類似資産又は類似負債がない、または極端な流動性
       の低下等により相場価格が歪められている等の理由で観察可能なインプットが使用できないため、合理的に入手可能
       なインプットや多くの市場参加者が合理的だとして採用しているインプット等によって、主にインカムアプローチで
       評価しております。
                                 32/39


                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
        経常的に公正価値で評価される資産及び負債のうち、レベル3に区分された投資の公正価値の測定に関する重要な
       観察不能なインプットは割引率であります。公正価値は割引率の上昇(低下)により減少(増加)することとなりま
       す。前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末において、当社及び連結子会社が公正価値の測定に使用して
       いる割引率はそれぞれ、7.2%から12.4%及び6.7%から12.4%となっております。
        当社及び連結子会社は、これらの資産及び負債のレベル間振替を各四半期連結会計期間末に認識することとしてお

       ります。
        なお、前第1四半期連結累計期間及び当第1四半期連結累計期間において、レベル1とレベル2の間の振替はあり

       ません。
        前第1四半期連結累計期間及び当第1四半期連結累計期間において、当社及び連結子会社が経常的に公正価値で測

       定しているレベル3の資産及び負債の増減は次の通りであります。
       前第1四半期連結累計期間

                                        その他の包括

                                        利益を通じて
                             純損益を通じて
                                        公正価値測定
                            公正価値測定された                      デリバティブ取引
                                        された非デリ
                           非デリバティブ金融資産
                                        バティブ金融
                                          資産
                           その他の       その他の       その他の

                                                商品取引        その他
                            投資      金融資産        投資
                                               (百万円)       (百万円)
                          (百万円)       (百万円)       (百万円)
     期首残高
                             4,601       13,152      140,861         929       820
     (資産/負債(△))
                               23       847        -     1,189       △130
     純損益
                               -       -     11,715         -       -
     その他の包括利益
                               61       -       570        -       -
     購入
                             △269      △1,228        △374         -       -
     売却/償還
                               -       -       -     △848         -
     決済
                               -       -       -     △436         -
     振替
                               -       -       -       -       -
     連結範囲の異動による影響
                               -       -       -       -       -
     レベル3へ(から)の振替
                               40       527      3,039         20      △18
     その他
     前第1四半期連結会計期間末残高
                             4,456       13,298      155,811         854       672
     (資産/負債(△))
     前第1四半期連結会計期間末に保有する
     資産及び負債に係る前第1四半期連結累                         23       847        -      532      △130
     計期間の損益
                                 33/39







                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
       当第1四半期連結累計期間
                                        その他の包括

                                        利益を通じて
                             純損益を通じて
                                        公正価値測定
                            公正価値測定された                      デリバティブ取引
                                        された非デリ
                           非デリバティブ金融資産
                                        バティブ金融
                                          資産
                           その他の       その他の       その他の

                                                商品取引        その他
                            投資      金融資産        投資
                                               (百万円)       (百万円)
                          (百万円)       (百万円)       (百万円)
     期首残高
                             4,596       15,214      120,136        △386       1,260
     (資産/負債(△))
                              △87        946        -     1,337        △61
     純損益
                               -       -    △16,217          -       -
     その他の包括利益
                               3       -       452        -       -
     購入
                               -    △1,292       △1,412          -       -
     売却/償還
     決済                         -       -       -    △1,672        △243
                               -       -       -     1,268         -
     振替
                               -       -       -       -       -
     連結範囲の異動による影響
                               -       -       -       -       -
     レベル3へ(から)の振替
                              △25        18    △4,382          17       -
     その他
     当第1四半期連結会計期間末残高
                             4,487       14,886       98,577         564       956
     (資産/負債(△))
     当第1四半期連結会計期間末に保有する
                              △87        946        -      550       △59
     資産及び負債に係る当第1四半期連結累
     計期間の損益
        要約四半期連結包括利益計算書上、上記の資産及び負債に係る損益について、その他の投資に係る損益は「有価証
       券損益」に、その他の金融資産に係る損益は「サービスに係る手数料等」に、デリバティブ取引に係る損益は主に
       「商品の販売等に係る原価」又は「その他の損益」に含まれております。
        また、上記のその他は主に要約四半期連結包括利益計算書上の「在外営業活動体の換算差額」であります。
        レベル3に区分されている資産、負債については当社で定めた公正価値測定の評価方針及び手続きに従い、担当部

       署が、対象資産、負債の評価方法を決定し、公正価値を測定しております。また、必要に応じて適切な第三者評価機
       関から鑑定評価等を入手しております。公正価値測定の結果は、担当部署から独立したコーポレートスタッフグルー
       プがレビューしております。
        レベル3に区分されている資産のうち、「その他の包括利益を通じて公正価値測定されたその他の投資」の評価に

       使用されているインプットを代替的な仮定に変更した場合、前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末にお
       いては、著しい公正価値の変動はありません。
                                 34/39







                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      11 約定及び偶発負債
        当社グループは、全世界的な規模で営業活動を行っており、日本及びそれ以外の地域の諸監督機関の指導監督の下
       に活動しております。この様な営業活動は、リスクを伴うこともあり、時として提訴されたり、クレーム等を受ける
       こともあります。
        当社は、2011年3月17日付でインドネシア最高裁判所(以下、最高裁)において当社が勝訴した訴訟(以下、旧訴

       訟※)と同一の請求内容である、損害賠償請求等を求める南ジャカルタ訴訟及びグヌンスギ訴訟(併せて以下、現訴
       訟)について、第一審及び第二審での一部敗訴を受け最高裁に上告しておりましたが、南ジャカルタ訴訟については
       2017年5月17日に、グヌンスギ訴訟については2017年9月14日に、それぞれ最高裁判決を受領しました。
       㭟卹㸰䰰ꐰ줰촰뜰ꈰ湏ũ洰뀰ﰰ휰朰䈰謀匀甀最愀                         Groupに属する企業であるPT.               Indolampung      Perkasa及びPT.
        Sweet   Indolampungに対して債権を保有し、支払の督促を行っていたところ、当該債務者2社を含むSugar                                              Groupに
        属する企業(PT.         Indolampung      Perkasa、PT.       Sweet   Indolampung、PT.         Gula   Putih   Mataram、PT.       Indolampung
        Distillery及びPT.         Garuda    Pancaarta)が債権者である当社を被告に含めて当社債権・担保の無効確認及び損害賠
        償の請求を行ったもの。
       南ジャカルタ訴訟の最高裁判決内容の要旨は以下の通りです。

        被告6名のうち当社及び丸紅欧州会社を含む被告4名が連帯して原告5社(Sugar                                        Groupに属する企業であるPT.
       Indolampung      Perkasa、PT.       Sweet   Indolampung、PT.         Gula   Putih   Mataram、PT.       Indolampung      Distillery及びPT.
       Garuda    Pancaarta)に対して合計2億5千万米ドルの損害賠償金を支払うことを命じるもの。
       グヌンスギ訴訟の最高裁判決内容の要旨は以下の通りです。

        被告7名のうち当社を含む被告5名が連帯して原告4社(Sugar                                 Groupに属する企業であるPT.               Indolampung
       Perkasa、PT.       Sweet   Indolampung、PT.         Gula   Putih   Mataram及びPT.        Indolampung      Distillery)に対して合計2億5
       千万米ドルの損害賠償金を支払うことを命じるもの。
        現訴訟は、旧訴訟と同一内容の請求に関して、Sugar                          Groupに属する企業が再び当社らを提訴したものであり、上

       記の判決内容は、Sugar           Groupに属する企業の主張を棄却した旧訴訟での最高裁自身の判決と矛盾するものであると
       考えられます。そのため、当社は、インドネシア最高裁判所法に基づき、南ジャカルタ訴訟については2017年10月24
       日に、またグヌンスギ訴訟については2018年2月6日に、それぞれ最高裁に対して司法審査(再審理)を申し立てて
       おります。     このうち、グヌンスギ訴訟について2018年10月8日付で当社の司法審査(再審理)申立を不受理とする旨
       の記載が、最高裁ホームページ(ただし、ホームページ上の情報は最高裁の公式記録ではない旨の注記あり)に掲示
       されましたが、当四半期報告書提出日現在、当社は最高裁からの当該不受理の決定を受領しておらず、また不受理の
       理由は最高裁ホームページに掲示されておりません。
        当四半期報告書提出日現在においては、現訴訟の最高裁判決が無効になる可能性が高いと判断するこれまでの当社

       の立場の変更を要する情報はなく、当第1四半期連結会計期間末現在において、現訴訟に対する訴訟損失引当金は認
       識しておりません。
        また、   旧訴訟において、Sugar            Groupに属する企業であるPT.              Indolampung      Perkasa及びPT.        Sweet   Indolampungに

       対する当社の債権及びそれに関わる担保は有効であることが確認されておりますところ、Sugar                                             Groupに属する企業
       であるPT.     Indolampung      Perkasa、PT.       Sweet   Indolampung、PT.         Gula   Putih   Mataram、PT.       Indolampung      Distillery
       及びPT.    Garuda    Pancaarta(以下、本段落においてSugar                   Group被告企業)はその有効性を否認したため、                      当社は、
       2017年4月26日、インドネシア・中央ジャカルタ地方裁判所において、Sugar                                    Group被告企業に対して、Sugar               Group
       被告企業の不法行為による当社の信用毀損等の損害約16億米ドルの支払を求める損害賠償請求訴訟を提起しました。
       これに対して、Sugar          Group被告企業は、当該訴訟の手続の中で、当社による当該訴訟の提起が不法行為であると主
       張し、当社に対して合計77億5千万米ドルの支払を求める損害賠償請求訴訟(反訴)を2019年4月30日に提起しまし
       た。当社は、当該反訴による損失発生の可能性は低いと判断しております。
        当第1四半期連結会計期間末において、上記の他、海外インフラ案件における損害賠償や債権回収に関する未解決

       の訴訟等がありますが、損失処理を行っている一部案件を除き、結果を現時点で予測することは不可能です。なお、
       これらに係る詳細な開示は、訴訟等に重要な影響を及ぼす可能性があるため、行わないこととしております。
                                 35/39



                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      12 後発事象
        当第1四半期連結会計期間末の翌日から、2019年8月13日の当四半期報告書提出までの事象及び取引を評価した結
       果、該当事項はありません。
      13 要約四半期連結財務諸表の承認

        2019年8月13日に、要約四半期連結財務諸表は当社代表取締役 社長 柿木真澄及び代表取締役 最高財務責任
       者 矢部延弘により承認されております。
                                 36/39


















                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
       ① 配当決議
         2019年5月15日開催の取締役会において、利益剰余金の期末配当を決議しております。配当金の総額及び1株当
        たりの金額は、「第4           経理の状況」における「1             要約四半期連結財務諸表            要約四半期連結財務諸表に対する注
        記6   配当」に記載の通りであります。
       ② 訴訟

         当社は、2011年3月17日付でインドネシア最高裁判所(以下、最高裁)において当社が勝訴した訴訟と請求内容
        が同一であるものの別途提起された南ジャカルタ訴訟及びグヌンスギ訴訟につき、第一審及び第二審での一部敗訴
        を受け最高裁に上告しておりましたが、南ジャカルタ訴訟については2017年5月17日に、グヌンスギ訴訟について
        は2017年9月14日に、それぞれ当社の上告が棄却されました。これを受けて、当社は、インドネシア最高裁判所法
        に基づき、南ジャカルタ訴訟については2017年10月24日に、グヌンスギ訴訟については2018年2月6日に、それぞ
        れ最高裁に対して司法審査(再審理)を申し立てておりますが、このうち、グヌンスギ訴訟について2018年10月8
        日付で当社の司法審査(再審理)申立を不受理とする旨の記載が、最高裁ホームページ(ただし、ホームページ上
        の情報は最高裁の公式記録ではない旨の注記あり)に掲示されました。
         また、これらの訴訟に加えて、2019年4月30日に、当社がSugar                               Groupに属する企業(以下、Sugar                Group)を被
        告として提起した訴訟の手続きの中で、Sugar                      Groupから訴訟(反訴)を提起されました。
         詳細については、「第4             経理の状況」における「1             要約四半期連結財務諸表            要約四半期連結財務諸表に対す
        る注記11     約定及び偶発負債」に記載の通りであります。
                                 37/39














                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 38/39




















                                                           EDINET提出書類
                                                         丸紅株式会社(E02498)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年8月13日

     丸  紅  株  式  会  社

      代表取締役       社長   柿木   真澄   殿

                             EY新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              清 水 伸 幸          印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              高 木 健 治           印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              小 川 浩 徳           印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている丸紅株式会社の

     2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年6月30日
     まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結
     キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表に対する注記について四半期レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、丸紅株式会社及び連結子会社の2019年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第1四半期
     連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点に
     おいて認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      ※1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書

        提出会社)が別途保管しております。
      2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 39/39




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。