株式会社ピクセラ 四半期報告書 第38期第3四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第38期第3四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社ピクセラ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                 四半期報告書

    【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                 近畿財務局長

    【提出日】                 2019年8月14日

    【四半期会計期間】                 第38期第3四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

    【会社名】                 株式会社ピクセラ

    【英訳名】                 PIXELA CORPORATION

    【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長  藤           岡 浩

    【本店の所在の場所】                 大阪市浪速区難波中二丁目10番70号

    【電話番号】                 (06)6633-3500             (代表)

    【事務連絡者氏名】                 取締役  池       本  敬  太

    【最寄りの連絡場所】                 大阪市浪速区難波中二丁目10番70号

    【電話番号】                 (06)6633-3500             (代表)

    【事務連絡者氏名】                 取締役  池       本  敬  太

    【縦覧に供する場所】                 株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

                      第37期       第38期

           回次          第3四半期       第3四半期         第37期
                     連結累計期間       連結累計期間
                     自 2017年       自 2018年       自 2017年
                       10月1日         10月1日         10月1日
          会計期間
                     至 2018年       至 2019年       至 2018年
                       6月30日         6月30日         9月30日
     売上高            (千円)      1,582,906       4,174,329       2,551,217
     経常損失(△)            (千円)      △ 885,539      △ 916,614     △ 1,030,054

     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純損失            (千円)      △ 904,040      △ 926,886     △ 1,048,595
     (△)
     四半期包括利益
                 (千円)      △ 904,040      △ 926,886     △ 1,048,595
     又は包括利益
     純資産額            (千円)      2,378,517       2,180,478       2,933,965
     総資産額            (千円)      2,950,207       2,798,938       3,699,175

     1株当たり四半期(当

                 (円)      △ 18.20      △ 16.06      △ 20.66
     期)純損失(△)
     潜在株式調整後
     1株当たり四半期             (円)          ―       ―       ―
     (当期)純利益
     自己資本比率             (%)        80.0       77.4       79.0
                      第37期       第38期

           回次          第3四半期       第3四半期
                     連結会計期間       連結会計期間
                     自 2018年       自 2019年
                       4月1日         4月1日
          会計期間
                     至 2018年       至 2019年
                       6月30日         6月30日
     1株当たり四半期純損

                 (円)       △ 6.72      △ 6.93
     失(△)
     (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 第37期第3四半期連結累計期間及び第38期第3四半期連結累計期間並びに第37期の潜在株式調整後1株当た
         り四半期(当期)純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失であるた
         め、記載しておりません。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
     変更はありません。また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」からの重要な変
     更があった事項は以下の通りであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)
     が判断したものであります。
     継続企業の前提に関する重要事象等

       当社グループは、前連結会計年度に営業損失10億5百万円及び親会社株主に帰属する当期純損失10億48百万円を
      計上しました。       また、営業活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度まで5期連続のマイナスとなってお
      ります。
       当第3四半期連結累計期間においても、依然として営業損失8億14百万円及び親会社株主に帰属する四半期純損
      失9億26百万円を計上しました。
       これらのことから、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
       当社グループでは当該状況を解消するため対応策に取り組んでいますが、現時点では継続企業の前提に関する重
      要な不確実性が認められます。
       なお、当該事象等を解消するための対応策につきましては、「2                               経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
      シュ・フローの状況の分析 (6)事業等のリスクに記載した重要事象等を解消するための対応策」に記載しておりま
      す。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
     断したものであります。
     (1)  経営成績の分析
        当社グループでは、2018年12月の新4K・8K放送開始を経て、4K関連製品の開発・生産体制と販売体制のさらな
       る強化に注力するとともに、グループ全体の成長性を高めるためにM&Aにより子会社化した株式会社A-Stageの収
       益基盤のさらなる拡大を図って参りました。また、当下半期後半に発売が予定されている4K関連製品の先行開発
       に継続して着手いたしました。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は41億74百万円(前年同期比163.7%増)、営業損失8億14百万
       円(前年同期は営業損失8億61百万円)、経常損失9億16百万円(前年同期は経常損失8億85百万円)、親会社
       株主に帰属する四半期純損失9億26百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失9億4百万円)とな
       りました。 
        セグメント別の業績の概況は以下のとおりであります。

     〔AV関連事業〕

       IoT事業との融合である4K衛星放送対応のセットトップボックスの量産体制を確立いたしました。引き続き次世代
      セットトップボックスとして家庭内の様々なIoT機器をインターネット環境に接続するためのゲートウエイ機能や、
      スマートフォンや専用端末でのみ視聴できるVR映像を家庭用のテレビでも視聴できるようにする機能、さらにAIを
      使った視聴番組のお勧め機能等、既存ビジネスと新規ビジネスを融合させた製品の開発を継続して進めておりま
      す。
       また、大手通信事業者の要求に合致する機能のカスタマイズ対応も準備しており、当社のプラットフォームデバ
      イスを拡散するため、機能強化のための開発も順次進めております。
       パソコン向けテレビキャプチャーをはじめとするテレビキャプチャー関連カテゴリの製品の販売状況は、競合
      メーカーの事業撤退などにより当社のシェアは拡大しておりますが、パソコン市場が依然としてタブレットやス
      マートフォン市場の影響を受け縮小しております。こうした状況下において、開発案件が減少したものの、当社OEM
      先の所要量自体は増加したため、当該カテゴリ全体としては増収となり、損失は減少しました。
       4K関連製品を中心とするホームAV関連製品カテゴリに関しましては、OEM向け及びリテール向けの4K関連製品が4K
      放送開始直後の売れ行きは落ち着き、当該カテゴリ全体としては、増収となりましたが、損失は拡大しました。
       これらの結果、売上高は25億49百万円(前年同期比144.8%増)、セグメント損失(営業損失)は2億14百万円
      (前年同期はセグメント損失2億72百万円)となりました。
                                  3/23


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
     〔家電事業〕
       家電事業では、大手ECサイト向けOEM製品の所要量の減少や競合製品の増加により全体として増収減益となりまし
      た。量販店向けやEC通販事業者向けの低価格でデザイン性のある白物家電の売上につきましては堅調に推移してお
      り、EC通販事業者向けプライベートブランドの製品の販売を含めると、売上高全体の約65%を占めております。テ
      レビやポータブルDVDプレーヤーといった黒物家電につきましては、以前より販売している定番品やEC事業者向けプ
      ライベートブランドの製品を中心にやや減少気味ではありますが、堅調に推移しており売上高全体の約27%を占め
      ております。
       また、生活家電製品や季節家電製品の販売は売上高全体の約12%に増加いたしました。今後、市場規模が拡大し
      ていくと推測される生活家電分野や4K関連製品に対し市場のニーズを捉えた新製品を継続的に投入し、それと同時
      に新たな販路の開拓を継続的に行うことでさらなる売上の底上げを引き続き目指してまいります。
       これらの結果、売上高は16億24百万円(前年同期比200.2%増)、セグメント損失(営業損失)は40百万円(前年
      同期はセグメント利益11百万円)となりました。
     (注)各セグメントのセグメント損失(営業損失)は、「セグメント情報」に記載のとおり、各セグメントに配分し

        ていない全社費用5億59百万円(前年同期比3.5%増)を配分する前の金額であります。
                                  4/23















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
     (2)  財政状態の分析
     (総資産)
       当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ9億円減少し、27億98百万円となりました。
      これは主に、商品及び製品が1億80百万円、ソフトウェアが87百万円それぞれ増加したものの、現金及び預金が7
      億46百万円、前渡金が2億33百万円それぞれ減少したこと等によるものであります。
     (負債)
       当第3四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末に比べ1億46百万円減少し、6億18百万円となりまし
      た。これは主に、資産除去債務が10百万円増加したものの、支払手形及び買掛金が1億16百万円、賞与引当金が22
      百万円それぞれ減少したこと等によるものであります。
     (純資産)
       当第3四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べ7億53百万円減少し、21億80百万円となりま
      した。これは新株発行により資本金及び資本剰余金がそれぞれ86百万円増加したものの、親会社株主に帰属する四
      半期純損失を9億26百万円計上したこと等によるものであります。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題について重要な変更及
      び新たに生じた課題はありません。
     (4)  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、24百万円であります。
       なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     (5)  生産、受注及び販売の実績

       当第3四半期連結累計期間において、販売の実績が著しく増加しております。
       これは主に、新製品の4K関連製品の売上が18億72百万円だったこと、及び前連結会計年度において、株式会社A-
      Stageの株式を取得し、前第3四半期連結会計期間から同社を連結の範囲に含めたのですが、前第3四半期連結累計
      期間は新たに加えた家電事業の売上は3ヶ月分だったのに対し、当第3四半期連結累計期間は新たに加えた家電事
      業の売上は9ヶ月分の16億24百万円であることによるものであります。
     (6)    事業等のリスクに記載した重要事象等を解消するための対応策

       当社グループは、「第2 事業の状況 1 事業等のリスク」に記載のとおり、継続企業の前提に関する重要な
      疑義を生じさせるような状況が存在しております。
       当社グループでは、当該状況を解消するため、以下の施策を実施しております。
       ①  自社のデジタルテクノロジーのさらなる進化による他社との差別化

       4K/8K、IoT、VR/AR、AIといった先進的な技術開発分野において、これまで開発投資を行ってきたデジタルテクノ
      ロジーのさらなる進化をはかり、AndroidTV™やWindowsといった汎用的なプラットフォームに対し、自社オリジナル
      のIoTサービスやVR/AR機能、AIシステムを搭載した独自のプラットフォームを構築することにより、他社との差別
      化を図ってまいります。
      ②  企業価値の向上を目的とした事業領域の拡大

       今後、株式発行により調達した資金を、積極的に新規事業への投資に充当してまいります。
       当社独自のデジタルテクノロジーが生かせる事業領域を見つけ、そこに対して投資を行い、AV関連事業、家電事
      業に関連する収益基盤を拡大していくことを重点課題とし、財務状況の改善を目指してまいります。
      ③  独自ブランドの確立

       「AV関連事業」及び「家電事業」のそれぞれについて、コーポレートブランド、製品ブランドの両側面から認知
      拡大及びブランド価値の向上を継続的に図ってまいります。
       ④経営戦略資金の確保

       EVO   FUNDを割当先とする株式発行プログラム設定契約に基づき、第三者割当増資を実施しました。第1回5月9
                                  5/23


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
      日、第2回6月5日、第3回6月24日の合計1億73百万円を調達しております。また、「第4 経理の状況 1 
      四半期連結財務諸表 注記事項 重要な後発事象」に記載の通り、第4回7月11日、第5回7月29日に合計1億9
      百 万円を調達完了しております。株式発行プログラム設定契約の全ての第三者割当増資が第5回の発行価額で実施さ
      れた場合には、さらに5億37百万円の資金調達が可能であり、これらの資金を運転資金をはじめ積極的に活用し、
      新規事業の早期の収益化と財務状況の改善を目指してまいります。
      ⑤固定費削減と原価低減コスト削減による収益体質への構造改革

       役員報酬の減額、人件費の削減をはじめとする固定費をゼロベースで見直し経費の圧縮に努めてまいります。
       また、部材調達及び物流をはじめとするPMIを早期に検討し、グループでの効率化、原価低減、利益率の                                                 改善に努
      めてまいります。
       さらに、ECの自動化により、お客様への納期の短縮、人員の最適化などスピードと品質を高め、早期の収益性の
      向上を目指してまいります。
       当社グループでは、上記の活動を継続的に行うとともに製品開発の加速と新たな顧客に対する営業活動の強化に

      より、これら事業の早期の収益貢献を図ってまいります。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/23














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)
               普通株式                                    100,000,000

                 計                                  100,000,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所
        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (2019年6月30日)          (2019年8月14日)         商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
       普通株式           60,208,581          62,208,581                  単元株式数 100株
                                   (市場第二部)
        計         60,208,581          62,208,581           ―            ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
      2019年5月9日
                   600,000     58,208,581         23,700     3,719,861         23,700     2,618,570
      (注)1
      2019年6月5日

                  1,000,000      59,208,581         33,000     3,752,861         33,000     2,651,570
      (注)2
      2019年6月24日

                  1,000,000      60,208,581         30,000     3,782,861         30,000     2,681,570
      (注)3
      (注)1.    第三者割当による増加であります。
           発行価額 79円 資本組入額 39.5円 割当先 EVO                         FUND
        2.第三者割当による増加であります。
           発行価額 66円 資本組入額 33円 割当先 EVO                        FUND
        3.第三者割当による増加であります。
           発行価額 60円 資本組入額 30円 割当先 EVO                        FUND
        4.2019年5月16日付で提出した「有価証券届出書の訂正届出書」に記載いたしました「第一部 証券情報 第
          1 募集要項 4新規発行による手取金の使途(2)手取金の使途」について重要な変更が生じておりま
          す。
                                  7/23



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
         ①変更の理由

          当社は、2019年5月16日付で提出した「有価証券届出書の訂正届出書」において、2019年4月23日における
          株価(87円)に基づいた払込金額により資金使途を開示しておりました。しかし市場環境や当社業績等の影
          響で、近時の当社株価が、87円を下回って推移していることもあり、当初の払込金額が見込めない状況であ
          ります。当該状況を踏まえ、手取金の総額、資金使途の金額及び支払予定時期の見直しを行いました。
         ②変更の内容

          手取金の総額、資金使途の金額及び支払予定時期の変更の内容は下記のとおりです。変更箇所は下線を付し
          ております。
        (変更前)

                  具体的な使途                   金額(百万円)           支出予定時期
                                                 2019  年 5 月
       ①(AV関連事業)製品開発資金及び仕入れ資金等の運転資金                                     175
                                                 ~ 2019  年 6 月
                                                 2019  年 5 月
       ②(その他)ブランディング及びプロモーション関連費用                                     100
                                                 ~ 2019  年 7 月
       ③(家電事業)商品仕入れ資金及び運転資金                                     88    2019  年 7 月

       ④(AV関連事業)         4K/8K、IoT、VR/AR、AI各関連技術開発会
                                                 2019  年9月
                                            395
       社との間の資本業務提携、M&A費用及び各事業に関連する人
                                                 ~ 2019  年 12 月
       件費
       ⑤(その他)EC事業、インバウンド関連事業、デジタル
                                                 2019  年 12 月
                                            361
       マーケティング事業、クラウドソフトウェア開発事業に係る
                                                 ~ 2020  年3月
       資本業務提携、M&A費用及び各事業に関連する人件費
                    合 計                       1,120

       (変更後)

                  具体的な使途                   金額(百万円)           支出予定時期
                                                 2019  年 5 月
       ①(AV関連事業)製品開発資金及び仕入れ資金等の運転資金                                     196
                                                 ~ 2019  年 7 月
                                                 2019  年 5 月
       ②(その他)ブランディング及びプロモーション関連費用                                     33
                                                 ~ 2019  年 7 月
       ③(家電事業)商品仕入れ資金及び運転資金                                     53    2019  年 7 月

       ④(AV関連事業)         4K/8K、IoT、VR/AR、AI各関連技術開発会
                                                 2019  年9月
                                            275
       社との間の資本業務提携、M&A費用及び各事業に関連する人
                                                 ~ 2019  年 12 月
       件費
       ⑤(その他)EC事業、インバウンド関連事業、デジタル
                                                 2019  年 12 月
                                            247
       マーケティング事業、クラウドソフトウェア開発事業に係る
                                                 ~ 2020  年3月
       資本業務提携、M&A費用及び各事業に関連する人件費
                    合 計                        804
                                  8/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。 
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2019年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ① 【発行済株式】
                                               2019年3月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     普通株式     118,700

     完全議決権株式(自己株式等)                              ―         単元株式数 100株
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               574,865            同上
                        57,486,500
                     普通株式      3,381
     単元未満株式                              ―              ―
     発行済株式総数                    57,608,581           ―              ―

     総株主の議決権                     ―          574,865             ―

      ② 【自己株式等】

                                               2019年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  大阪市浪速区難波中
     株式会社ピクセラ                            118,700          ―    118,700        0.21
                  二丁目10番70号
          計              ―         118,700          ―    118,700        0.21

    2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  9/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年
     6月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年10月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、新月有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年9月30日)              (2019年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,058,303               311,339
        受取手形及び売掛金                                502,526              340,342
        電子記録債権                                65,006                -
        商品及び製品                                752,730              932,731
        仕掛品                                  39              582
        原材料及び貯蔵品                                76,838              144,020
        前渡金                                332,436               98,945
                                        248,727               98,699
        その他
        流動資産合計                               3,036,609              1,926,661
      固定資産
        有形固定資産                                126,788              151,969
        無形固定資産
         ソフトウエア                              209,744              297,436
         のれん                               39,629              35,057
                                        27,966              177,650
         その他
         無形固定資産合計                              277,340              510,143
        投資その他の資産
         投資有価証券                               75,864              25,800
         敷金                              128,220              126,515
         その他                               47,190              44,914
                                        △ 8,100             △ 8,100
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              243,174              189,129
        固定資産合計                                647,304              851,242
      繰延資産
        株式交付費                                10,839              18,953
                                         4,422              2,081
        新株予約権発行費
        繰延資産合計                                15,261              21,034
      資産合計                                3,699,175              2,798,938
                                 11/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年9月30日)              (2019年6月30日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                451,021              334,254
        未払金                                78,025              65,831
        未払費用                                104,773               90,414
        未払法人税等                                20,020              15,942
        未払消費税等                                 4,896              4,918
        賞与引当金                                46,826              24,388
        前受金                                24,136              28,905
                                         7,536              11,311
        その他
        流動負債合計                                737,235              575,966
      固定負債
        繰延税金負債                                 1,008              4,815
                                        26,965              37,677
        資産除去債務
        固定負債合計                                27,974              42,493
      負債合計                                 765,210              618,460
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               3,696,161              3,782,861
        資本剰余金                               2,594,870              2,681,570
        利益剰余金                              △ 3,244,929             △ 4,171,815
                                       △ 125,038             △ 125,038
        自己株式
        株主資本合計                               2,921,063              2,167,577
      新株予約権                                  12,901              12,901
      純資産合計                                2,933,965              2,180,478
     負債純資産合計                                  3,699,175              2,798,938
                                 12/23











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     売上高                                  1,582,906              4,174,329
                                       1,494,804              3,843,273
     売上原価
     売上総利益                                   88,101              331,056
     販売費及び一般管理費                                   949,118             1,145,439
     営業損失(△)                                  △ 861,016             △ 814,382
     営業外収益
      受取利息                                    51              446
      広告料収入                                  3,469              6,195
      為替差益                                  1,721              9,042
                                         1,370              2,866
      その他
      営業外収益合計                                  6,613              18,550
     営業外費用
      支払手数料                                  19,402              19,072
      持分法による投資損失                                    -            78,064
                                        11,733              23,645
      その他
      営業外費用合計                                  31,135              120,782
     経常損失(△)                                  △ 885,539             △ 916,614
     特別損失
                                        10,899                -
      減損損失
      特別損失合計                                  10,899                -
     税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 896,439             △ 916,614
     法人税、住民税及び事業税
                                         7,658              6,464
                                         △ 57             3,807
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    7,600              10,271
     四半期純損失(△)                                  △ 904,040             △ 926,886
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 904,040             △ 926,886
                                 13/23










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     四半期純損失(△)                                  △ 904,040             △ 926,886
     その他の包括利益
                                          -              -
      その他の包括利益合計
     四半期包括利益                                  △ 904,040             △ 926,886
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 904,040             △ 926,886
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 14/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
       当社グループは、前連結会計年度に営業損失1,005,616千円及び親会社株主に帰属する当期純損失1,048,595千円
      を計上しました。また、営業活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度まで5期連続のマイナスとなって
      おります。
       当第3四半期連結累計期間においても、依然として営業損失814,382千円及び親会社株主に帰属する四半期純損失
      926,886千円を計上しました。
       これらのことから、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
       当社グループでは、当該状況を解消するため、以下の施策を実施しております。

       ①  自社のデジタルテクノロジーのさらなる進化による他社との差別化
       4K/8K、IoT、VR/AR、AIといった先進的な技術開発分野において、これまで開発投資を行ってきたデジタルテクノ
      ロジーのさらなる進化をはかり、AndroidTV™やWindowsといった汎用的なプラットフォームに対し、自社オリジナル
      のIoTサービスやVR/AR機能、AIシステムを搭載した独自のプラットフォームを構築することにより、他社との差別
      化を図ってまいります。
      ②  企業価値の向上を目的とした事業領域の拡大

       今後、株式発行により調達した資金を、積極的に新規事業への投資に充当してまいります。
       当社独自のデジタルテクノロジーが生かせる事業領域を見つけ、そこに対して投資を行い、AV関連事業、家電事
      業に関連する収益基盤を拡大していくことを重点課題とし、財務状況の改善を目指してまいります。
      ③  独自ブランドの確立

       「AV関連事業」及び「家電事業」のそれぞれについて、コーポレートブランド、製品ブランドの両側面から認知
      拡大及びブランド価値の向上を継続的に図ってまいります。
       ④経営戦略資金の確保

       EVO   FUNDを割当先とする株式発行プログラム設定契約に基づき、第三者割当増資を実施しました。第1回5月9
      日、第2回6月5日、第3回6月24日の合計173,400千円を調達しております。また、「第4 経理の状況 1 四
      半期連結財務諸表 注記事項 重要な後発事象」に記載の通り、第4回7月11日、第5回7月29日に合計109,000千
      円を調達完了しております。株式発行プログラム設定契約の全ての第三者割当増資が第5回の発行価額で実施された
      場合には、さらに537,350千円の資金調達が可能であり、これらの資金を運転資金をはじめ積極的に活用し、新規事
      業の早期の収益化と財務状況の改善を目指してまいります。
      ⑤固定費削減と原価低減コスト削減による収益体質への構造改革

       役員報酬の減額、人件費の削減をはじめとする固定費をゼロベースで見直し経費の圧縮に努めてまいります。
      また、部材調達及び物流をはじめとするPMIを早期に検討し、グループでの効率化、原価低減、利益率の                                                改善に努め
      てまいります。
       さらに、ECの自動化により、お客様への納期の短縮、人員の最適化などスピードと品質を高め、早期の収益性の
      向上を目指してまいります。
       当社グループでは、上記の活動を継続的に行うとともに製品開発の加速と新たな顧客に対する営業活動の強化に

      より、これら事業の早期の収益貢献を図ってまいります。
        以上の施策を実施することにより、新たな収益基盤の確保と経営の安定化を図り、当該状況の解消に努めてまい

      ります。
       しかしながら、第三者割当増資による資金調達額は現時点で確定したものではなく、またこれらの施策は実施途
      上であり、新規事業の今後の進捗状況や営業活動等により収益が計画どおり改善しない可能性があるため、現時点
      では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。
       なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影
      響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
                                 15/23


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         該当事項はありません。
       (追加情報)

                         当第3四半期連結累計期間

                     (自    2018年10月1日         至   2019年6月30日)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結会計
     期間の期首から適用しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、
       次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    2017年10月1日              (自    2018年10月1日
                            至   2018年6月30日)               至   2019年6月30日)
        減価償却費                           43,897千円                197,919千円
        のれんの償却額                            1,524千円                 4,572千円
       (株主資本等関係)

       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2018年6月30日)
        1.配当に関する事項
        該当事項はありません。
        2.株主資本の著しい変動

        当第3四半期連結累計期間において、新株予約権の行使により、資本金が336,015千円及び資本準備金が
       336,014千円増加し、当第3四半期連結会計期間末において資本金が3,343,694千円、資本剰余金が2,242,403千円
       となっております。
       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

        1.配当に関する事項
        該当事項はありません。
        2.株主資本の著しい変動

        当第3四半期連結累計期間において、第三者割当増資により、資本金が86,700千円及び資本準備金が86,700千
       円増加し、当第3四半期連結会計期間末において資本金が3,782,861千円、資本剰余金が2,681,570千円となって
       おります。
                                 16/23






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2018年6月30日)
       1 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                          (単位:千円)
                        報告セグメント
                                      その他      合計
                     AV
                          家電事業       計
                    関連事業
     売上高
      外部顧客への売上高              1,041,779       541,127     1,582,906          ―  1,582,906

      セグメント間の内部売上高

                        ―      ―      ―      ―      ―
      又は振替高
           計         1,041,779       541,127     1,582,906          ―  1,582,906

     セグメント利益又は損失(△)               △ 272,963      11,820    △ 261,143         ―  △ 261,143

       2 報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

         内容(差異調整に関する事項)
                                                    (単位:千円)
                損失                           金額
     報告セグメント計                                                △261,143
     「その他」の区分の利益                                                    ―
     セグメント間取引消去                                                    ―
     全社費用(注)                                                △540,834
     棚卸資産の調整額                                                    ―
     子会社株式の取得関連費用                                                △59,039
      四半期連結損益計算書の営業損失(△)                                                △861,016
     (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費及び基礎研究費等であります

       3 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
        (固定資産に係る重要な減損損失)
         「AV関連事業」において、遊休資産について減損損失を計上しております。なお、当該減損損失の計上額
        は、当第3四半期連結累計期間において10,899千円であります。
        (のれんの金額の重要な変動) 

         当第3四半期連結会計期間において、株式会社A-Stageの株式を取得し、連結の範囲に含めております。
         なお、「家電事業」における当該事象によるのれんの増加額は、当第3四半期連結累計期間において42,678
        千円であります。
                                 17/23






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)
       1 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                          (単位:千円)
                        報告セグメント
                                     その他      合計
                     AV
                          家電事業       計
                    関連事業
     売上高
      外部顧客への売上高              2,549,970     1,624,359      4,174,329          ―  4,174,329

      セグメント間の内部売上高

                      85,068       51    85,120        ―   85,120
      又は振替高
           計         2,635,038     1,624,411      4,259,450          ―  4,259,450

     セグメント損失(△)               △ 214,333     △ 40,397    △ 254,731         ―  △ 254,731

       2 報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

         内容(差異調整に関する事項)
                                                    (単位:千円)
                損失                           金額
     報告セグメント計                                                △254,731
     「その他」の区分の利益                                                    ―
     セグメント間取引消去                                                    ―
     全社費用(注)                                                △559,651
     棚卸資産の調整額                                                    ―
      四半期連結損益計算書の営業損失(△)                                                △814,382
     (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費及び基礎研究費等であります。

       3 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
                                 18/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                   (自    2017年10月1日          (自    2018年10月1日
                  項目
                                   至   2018年6月30日)           至   2019年6月30日)
        1株当たり四半期純損失(△)(円)

                                          △18.20             △16.06
       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)

                                         △904,040             △926,886
        普通株主に帰属しない金額(千円)

                                             ―             ―
        普通株式に係る親会社株主に帰属する

                                         △904,040             △926,886
        四半期純損失(△)(千円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)

                                           49,675             57,727
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり

       四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                       ―             ―
       会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在するものの、1株当たり四半期純損失

         であるため、記載しておりません。
                                 19/23













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
       (重要な後発事象)
      第三者割当による新株式発行
       当社は、EVO       FUND(以下「割当予定先」といいます。)との間で締結した株式発行プログラムの設定に係る契約
      に基づき、割当予定先に対する第三者割当による新株式の発行を決議し2019年7月11日(第4回割当)及び2019年
      7月29日(第5回割当)に払込が完了しております。
       第三者割当による新株発行の概要

      (第4回割当)
            割当決議日
       (1)                 2019年6月25日
            払込期日

       (2)                 2019年7月11日
            発行新株式数

       (3)                 普通株式1,000,000株
            発行価額
       (4)                 1株あたり54円
            発行総額
       (5)                 54,000千円
            募集方法

       (6)                 第三者割当の方法による。
            割当予定先

                        EVO  FUND
       (7)
            増加する資本金の額

       (8)                 27,000千円
            増加する資本準備金の額

       (9)                 27,000千円
      (第5回割当)

            割当決議日
       (1)                 2019年7月12日
            払込期日

       (2)                 2019年7月29日
            発行新株式数

       (3)                 普通株式1,000,000株
            発行価額

       (4)                 1株あたり55円
            発行総額

       (5)                 55,000千円
            募集方法

       (6)                 第三者割当の方法による。
            割当予定先

       (7)                 EVO  FUND
            増加する資本金の額

       (8)                 27,500千円
            増加する資本準備金の額

       (9)                 27,500千円
                                 20/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
    第二部 【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ピクセラ(E02075)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年8月14日

    株式会社ピクセラ
     取締役会 御中
                             新月有限責任監査法人
                             指定有限責任社員

                                          公認会計士        佐 野 明 彦         印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                          公認会計士        岡 本 光 弘         印
                             業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ピクセラ

    の2018年10月1日から2019年9月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年6月30日ま
    で)及び第3四半期連結累計期間(2018年10月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半
    期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ピクセラ及び連結子会社の2019年6月30日現在の財政状態
    及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
    な点において認められなかった。
    強調事項 

     継続企業の前提に関する事項に記載されているとおり、会社は前連結会計年度において営業損失1,005,616千円及び親
    会社株主に帰属する当期純損失1,048,595千円を計上しており、また営業活動によるキャッシュ・フローは前連結会計年
    度まで5期連続のマイナスとなっている。当第3四半期連結累計期間においても、依然として営業損失814,382千円及び
    親会社株主に帰属する四半期純損失926,886千円を計上している。これらのことから継続企業の前提に重要な疑義を生じ
    させるような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。
     なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。四半期
    連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は四半期連結財務諸表に反映
    されていない。
     当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。