株式会社多摩川ホールディングス 四半期報告書 第52期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第52期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社多摩川ホールディングス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年8月14日

    【四半期会計期間】               第52期第1四半期(自            2019年4月1日         至   2019年6月30日)

    【会社名】               株式会社多摩川ホールディングス

    【英訳名】               TAMAGAWA     HOLDINGS     CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長            桝沢 徹

    【本店の所在の場所】               東京都港区浜松町一丁目6番15号

    【電話番号】               03(6435)6933(代表)

    【事務連絡者氏名】               財務経理部長 本城 啓礼

    【最寄りの連絡場所】               東京都港区浜松町一丁目6番15号

    【電話番号】               03(6435)6933(代表)

    【事務連絡者氏名】               財務経理部長 本城 啓礼

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/16









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第51期           第52期
             回次              第1四半期           第1四半期            第51期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自   2018年4月1日         自   2019年4月1日         自   2018年4月1日
            会計期間
                          至   2018年6月30日         至   2019年6月30日         至   2019年3月31日
     売上高                (千円)           751,367           715,114          3,841,699
     経常損失(△)                (千円)          △ 80,420         △ 117,425          △ 79,380

     親会社株主に帰属する当期純利
     益又は親会社株主に帰属する四                (千円)          △ 77,373         △ 115,123           128,563
     半期純損失(△)
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)          △ 74,068         △ 125,498           131,983
     純資産額                (千円)         3,114,372           3,222,029           3,368,524

     総資産額                (千円)         11,122,237            9,430,420           9,572,670

     1株当たり当期純利益又は1株
                      (円)          △ 17.81          △ 26.07           29.58
     当たり四半期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             -           -         29.35
     期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            28.0           34.1           35.2
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失
          であるため、記載しておりません。
    2  【事業の内容】

      当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/16









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

        当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生、又は前事業年度の有価証券報告書に記載した
       「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであ
       ります。
      財政状態及び経営成績の状況

       当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業業績や雇用情勢に改善が続き、個人消費・設備投資も持
      ち直しが見られるなど緩やかな景気回復基調が続いておりますが、通商問題の動向や中国経済の先行き、政策に関
      する不確実性などが世界経済に与える影響により、依然として不透明な状況で推移しました。
       このような経営環境のもと、電子・通信用機器事業につきましては、第5世代携帯電話設備関連市場、公共関連
      市場を中心とした拡販営業に加え、新規市場や顧客開拓にも力を入れ新たな領域の受注獲得を行ってまいりまし
      た。また「製品の高付加価値化への取り組み」、「事業領域の拡大・開拓」、「業務提携先との共同開発」を継続
      的に推進しながら、自社開発品の提案強化を図ってまいりました。
       結果、従来のアナログ高周波製品以外に各種業務用無線の光関連製品をはじめ、高速信号処理に不可欠なデジタ
      ル信号処理装置、大容量データの無線伝送に必要なミリ波帯域製品等、新規開拓顧客と新しい市場からの引き合い
      も増加しております。
       移動体通信分野におきましては、2020年に商用サービス開始となる第5世代移動通信システム向けとして、高周
      波コンポーネントの引き合いが増加しております。
       また海外向け移動体通信設備関連につきましても、新規顧客からの引き合い案件が少しずつ増加しております。
      公共分野におきましては、災害対策、業務用無線、監視システム向けに、光伝送装置、デジタル信号処理装置等の
      需要が増加してきておりますので、公共事業分野における更なる需要拡大を図るとともに第5世代移動体関連市場
      向け製品開発をはじめとした自社開発品にも積極的に取り組んでまいります。
       電子・通信用機器事業全体としての受注状況は改善傾向にあり、安定した事業基盤を確立するべく、引き続き当
      社グループの事業領域の拡大を推進していくとともに自社開発品の提案強化により、収益拡大に向けた活動を継続
      してまいります。
       再エネシステム販売事業におきましては、太陽光発電所及び小型風力発電所の開発・販売を推進してまいりまし
      た。収益拡大に向け、引き続き太陽光発電所及び小型風力発電所の開発・販売活動を継続してまいります。
       再エネ発電所事業におきましては、稼働済みの各太陽光発電所が順調に売電を行っております。当社グループは
      次なる柱となる再生可能エネルギー及び環境事業全般について積極的に検討しており、同事業の業容拡大を目指し
      ております。
       以上の結果、当第1四半期連結累計期間における受注高は、1,239百万円(前年同期比47.9%増)、売上高は、
      715百万円(前年同期比4.8%減)となりました。損益面については、営業損失63百万円(前年同期は営業損失18百
      万円)、経常損失117百万円(前年同期は経常損失80百万円)、親会社株主に帰属する四半期純損失は115百万円
      (前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失77百万円)となりました。
       電子・通信用機器事業につきましては、公共関連市場を中心とした販売拡大活動に加え、新規顧客の開拓に注力
      しております。特に公共分野においては、需要も安定して増加してきており、今後も堅調に推移していくことが予
      測されます。引き続き当社グループの事業領域の拡大を推進していくとともに自社開発品の提案強化により、収益
      拡大に向けた活動を継続してまいります。
       再エネ発電所事業におきましては、太陽光発電所の開発・販売に加え、小型風力発電所の開発にも積極的に取り
      組んでおります。今後も地域の特性を生かし、地域に密着した再生可能エネルギーの開発を加速させることでCO2の
      削減はもとより、地域や社会に貢献し再生可能エネルギーの導入および普及促進に努めてまいります。
       事業の種類別セグメントの経営成績の状況は、以下のとおりです。

         a.  電子・通信用機器事業
          移動体通信分野と、官公庁及び公共関連分野での受注拡大に注力したことから、受注高は1,208百万円(前
                                  3/16

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
         年同期比49.3%増)、売上高は476百万円(前年同期比4.3%増)となり、セグメント損失は40百万円(前年同
         期はセグメント損失36百万円)となりました。
         b.  再エネシステム販売事業

          太陽光発電所をはじめとした分譲販売に注力した結果、受注高は30百万円(前年同期比6.7%増)、売上高
         68百万円(前年同期比33.2%減)、セグメント損失は42百万円(前年同期はセグメント損失16百万円)となり
         ました。
         c.  再エネ発電所事業

          稼働済みの下関市、館山市の各太陽光発電所、長崎県五島市のメガソーラー発電所及び静岡県島田市のソー
         ラーシェアリング発電所は順調に売電しております。また、北海道登別市のメガソーラー発電所が2018年11月
         より売電を開始いたしましたが、一方でかすみがうら市の太陽光発電所を2018年12月に、袖ケ浦市の太陽光発
         電所を2019年3月に売却したことから、売上高168百万円(前年同期比11.5%減)、セグメント利益は72百万
         円(前年同期比6.6%減)となりました。
      財政状態は以下の通りです。

      (総資産)
        当第1四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ142百万円減少し、9,430百万円となり
       ました。
        これは主に、未払法人税等及び流動負債その他に含まれる未払消費税の支払いにより、現金及び預金が減少した
       ためであります。
      (負債)

        当第1四半期連結会計期間末における負債は、前連結会計年度末に比べ4百万円増加し、6,208百万円となりま
       した。
        これは主に、未払法人税等及び流動負債その他に含まれる未払消費税が減少したことと、短期借入金が増加した
       ためであります。
      (純資産)

        当第1四半期連結会計期間末における純資産の部は、前連結会計年度末に比べ146百万円減少し、3,222百万円と
       なりました。
        これは主に、配当金の支払及び親会社株主に帰属する四半期純損失の計上によるものであります。
      研究開発活動は以下の通りです。

       当第1四半期連結累計期間の研究開発費の総額は51百万円であります。
       なお、当第1四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/16






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     13,419,600

                 計                                   13,419,600

       ②  【発行済株式】

              第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (2019年6月30日)          (2019年8月14日)          商品取引業協会名
                                           権利内容に何ら限定のない当
                                  東京証券取引所
                                           社における標準となる株式で
       普通株式           4,477,100          4,575,000       JASDAQ
                                           あり、単元株式数は100株で
                                  (スタンダード)
                                           あります。
        計          4,477,100          4,575,000          ―            ―
     (注)    提出日現在発行数には、2019年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
        た株式数は、含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】
        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
                                  5/16









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2019年6月24日
                    1,000     4,477,100          481    1,771,108          481     992,451
     (注)1
     2019年6月28日
                     -   4,477,100           -   1,771,108       △200,000        792,451
     (注)2
     (注)   1 第8回新株予約権の行使による増加であります。
        2 会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金を減少し、その他資本剰余金へ振り替えたものでありま
          す。
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (6)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                                 2019年6月30日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     -           -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -              -

     議決権制限株式(その他)                     -           -              -

                     普通株式
                                          単元株式数       100株
     完全議決権株式(自己株式等)                               -
                            61,400
                                          権利内容に何ら限定のない当社にお
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                 44,136    ける標準となる株式であり、単元株
                          4,413,600
                                          式数は100株であります。
                     普通株式
     単元未満株式                               -              -
                            1,100
     発行済株式総数                      4,476,100          -              -
     総株主の議決権                     -            44,136            -

     (注)   1.当第1四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
          載することができないことから、直前の基準日(2019年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        2.2019年6月30日現在、新株予約権の行使による新株発行により、当第1四半期会計期間末日現在の発行済株
          式総数は1,000株増加し、4,477,100株となっております。
       ②  【自己株式等】

                                               2019年6月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     株式会社多摩川ホール
                  東京都港区浜松町一丁目
                                 61,400         -     61,400        1.37
                  6番15号
     ディングス
          計              ―          61,400         -     61,400        1.37
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/16



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年
     6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、監査法人アヴァンティアによる四半期レビューを受けております。
      なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
      第51期連結会計年度   海南監査法人
      第52期第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間   監査法人アヴァンティア
                                  7/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,026,668               981,662
        受取手形及び売掛金                               1,535,070              1,388,667
        商品及び製品                               1,616,585              1,649,631
        仕掛品                                878,670             1,093,860
        原材料及び貯蔵品                                185,023              233,962
        前渡金                                75,543              78,158
        その他                                324,495              119,118
                                       △ 14,392             △ 14,392
        貸倒引当金
        流動資産合計                               5,627,664              5,530,668
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                              512,094              511,874
                                       △ 331,934             △ 335,237
           減価償却累計額
           建物及び構築物(純額)                             180,160              176,636
         機械装置及び運搬具
                                       2,575,930              2,576,822
                                       △ 237,289             △ 277,482
           減価償却累計額
           機械装置及び運搬具(純額)                            2,338,641              2,299,340
         工具、器具及び備品
                                        795,941              805,861
                                       △ 643,663             △ 657,503
           減価償却累計額
           工具、器具及び備品(純額)                             152,277              148,357
         土地
                                        387,466              387,466
                                        17,540              17,540
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                             3,076,086              3,029,341
        無形固定資産
         営業権                               39,614              39,470
         ソフトウエア                               48,205              57,495
                                           0              0
         その他
         無形固定資産合計                               87,820              96,966
        投資その他の資産
         投資有価証券                               22,152              19,374
         長期貸付金                               45,761              37,649
         繰延税金資産                              187,140              193,095
         その他                              506,398              505,635
                                        △ 8,700             △ 8,700
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              752,754              747,055
        固定資産合計                               3,916,660              3,873,363
      繰延資産
        株式交付費                                 4,909              4,356
        開発費                                  100               93
                                        23,335              21,938
        開業費
        繰延資産合計                                28,345              26,388
      資産合計                                9,572,670              9,430,420
                                  8/16




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                503,108              525,529
        短期借入金                                50,000              350,000
        1年内返済予定の長期借入金                                464,982              399,205
        リース債務                                179,152              193,918
        未払金                                151,932              260,481
        未払法人税等                                59,636               8,637
        前受金                                444,000              446,839
        賞与引当金                                114,905               41,160
        製品保証引当金                                14,257              14,278
                                        213,953               76,798
        その他
        流動負債合計                               2,195,928              2,316,848
      固定負債
        長期借入金                                231,415              159,463
        リース債務                               3,132,673              3,085,798
        繰延税金負債                                 2,501              2,472
        退職給付に係る負債                                187,940              194,290
        資産除去債務                                35,193              35,236
        長期未払金                                416,612              412,424
                                         1,882              1,855
        その他
        固定負債合計                               4,008,218              3,891,542
      負債合計                                6,204,146              6,208,390
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               1,770,627              1,771,108
        資本剰余金                               1,065,912              1,044,320
        利益剰余金                                595,043              479,920
                                       △ 61,313             △ 61,313
        自己株式
        株主資本合計                               3,370,270              3,234,035
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 △ 724            △ 3,288
                                        △ 5,085             △ 12,896
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                △ 5,810             △ 16,185
      新株予約権                                  4,064              4,179
      純資産合計                                3,368,524              3,222,029
     負債純資産合計                                  9,572,670              9,430,420
                                  9/16







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     売上高                                   751,367              715,114
                                        511,483              470,768
     売上原価
     売上総利益                                   239,883              244,345
     販売費及び一般管理費                                   258,462              307,805
     営業損失(△)                                  △ 18,578             △ 63,459
     営業外収益
      受取利息                                  2,097              1,097
      受取配当金                                   242               6
      為替差益                                  1,932                -
                                         2,560              1,210
      その他
      営業外収益合計                                  6,832              2,313
     営業外費用
      支払利息                                  57,976              43,228
      為替差損                                    -            1,121
      持分法による投資損失                                  8,968              9,576
                                         1,729              2,352
      その他
      営業外費用合計                                  68,674              56,279
     経常損失(△)                                  △ 80,420             △ 117,425
     特別損失
                                           0              -
      その他
      特別損失合計                                    0              -
     税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 80,420             △ 117,425
     法人税、住民税及び事業税
                                         3,627              3,467
                                        △ 6,673             △ 5,769
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   △ 3,046             △ 2,302
     四半期純損失(△)                                  △ 77,373             △ 115,123
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                      -              -
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 77,373             △ 115,123
                                 10/16









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     四半期純損失(△)                                  △ 77,373             △ 115,123
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 2,482             △ 2,564
                                         5,787             △ 7,810
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                  3,304             △ 10,375
     四半期包括利益                                  △ 74,068             △ 125,498
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 △ 74,068             △ 125,498
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 11/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (四半期連結貸借対照表関係)
       四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
       なお、当第1四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
      が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                         前連結会計年度                  当第1四半期連結会計期間

                         (2019年3月31日)                    (2019年6月30日)
       受取手形                   13,352千円                      422千円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                           (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                            至   2018年6月30日)               至   2019年6月30日)
        減価償却費                          93,654千円                 95,748千円
      (株主資本等関係)

    Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年6月30日)
     配当に関する事項
       配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                        基準日         効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
      2018年5月
              普通株式      資本剰余金         21,715        0.50    2018年3月31日          2018年6月29日
     11日取締役会
    Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                2019年4月1日         至   2019年6月30日)

     配当に関する事項
       配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                        基準日         効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
      2019年5月
              普通株式      資本剰余金         22,073        5.00    2019年3月31日          2019年6月28日
     17日取締役会
                                 12/16









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年6月30日)
     報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                    四半期連結
                           報告セグメント
                                               調整額      損益計算書
                                              (注)   1     計上額
                  電子・通信
                        再エネシステ       再エネ発電所
                                         計
                                                     (注)   2
                         ム販売事業        事業
                  用機器事業
     売上高
       外部顧客への売上高               457,200       102,704       189,998       749,903        1,464      751,367

      セグメント間の
                      -       71       -       71      △ 71       -
      内部売上高又は振替高
          計          457,200       102,775       189,998       749,974        1,392      751,367
     セグメント利益
                   △ 36,973      △ 16,052       77,221       24,194      △ 42,773      △ 18,578
     又は損失(△)
     (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△42,773千円は未実現利益等の調整額1,557千円、連結子会社からの
          配当金の調整額△17,500千円及び事業セグメントに配分していないグループ管理部門の損益△26,831千円
          であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失(△)と一致しております。
    Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                2019年4月1日         至   2019年6月30日)

     報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                    四半期連結
                           報告セグメント
                                               調整額      損益計算書
                                              (注)   1     計上額
                  電子・通信
                        再エネシステ       再エネ発電所
                                         計
                                                     (注)   2
                         ム販売事業        事業
                  用機器事業
     売上高
       外部顧客への売上高               476,936       68,559      168,154       713,650        1,464      715,114

      セグメント間の
                      -       -       -       -       -       -
      内部売上高又は振替高
          計          476,936       68,559      168,154       713,650        1,464      715,114
     セグメント利益
                   △ 40,920      △ 42,981       72,157      △ 11,744      △ 51,715      △ 63,459
     又は損失(△)
     (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△51,715千円は未実現利益等の調整額1,591千円、連結子会社からの
          配当金の調整額△17,500千円及び事業セグメントに配分していないグループ管理部門の損益△35,807千円
          であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失(△)と一致しております。
                                 13/16







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                (自    2018年4月1日           (自    2019年4月1日
                項目
                                 至   2018年6月30日)           至   2019年6月30日)
     1株当たり四半期純損失                                   17円81銭             26円07銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純損失
                                         77,373             115,123
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)
                                           -             -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失
                                         77,373             115,123
      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                       4,343,145             4,414,722
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
     り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前                                -             -
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失で
        あるため、記載しておりません。
    2  【その他】

       2019年5月17日開催の取締役会において、2019年3月31日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり期末
      配当を行うことを決議いたしました。
      ① 配当金の総額                                                       22,073千円
      ② 1株当たりの金額                                5円00銭
      ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                        2019年6月28日
                                 14/16











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 15/16



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社多摩川ホールディングス(E01864)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年8月14日

    株式会社多摩川ホールディングス
     取締役会      御中
                       監査法人アヴァンティア

                        指定社員

                                   公認会計士       木村 直人            印
                        業務執行社員
                        指定社員

                                   公認会計士       相馬 裕晃            印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社多摩川

    ホールディングスの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年4月1
    日から2019年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連
    結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について
    四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社多摩川ホールディングス及び連結子会社の2019年6月30
    日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる
    事項がすべての重要な点において認められなかった。
    その他の事項

     会社の2019年3月31日をもって終了した前連結会計年度の第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間に係
    る四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監
    査が実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して2018年8月10日付けで無限定の結論を表明して
    おり、また、当該連結財務諸表に対して2019年6月27日付けで無限定適正意見を表明している。
    利害関係

    会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

          報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。