株式会社アイ・ピー・エス 四半期報告書 第29期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第29期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社アイ・ピー・エス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年8月9日

    【四半期会計期間】               第29期第1四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

    【会社名】               株式会社アイ・ピー・エス

    【英訳名】               IPS,   Inc.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役 宮下 幸治

    【本店の所在の場所】               東京都中央区築地四丁目1番1号

    【電話番号】               (03)3549-7621(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理本部長 林田 宣之

    【最寄りの連絡場所】               東京都中央区築地四丁目1番1号

    【電話番号】               (03)3549-7621(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理本部長 林田 宣之

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/23









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第28期           第29期

             回次              第1四半期           第1四半期            第28期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自 2018年4月1日           自 2019年4月1日           自 2018年4月1日
            会計期間
                          至 2018年6月30日           至 2019年6月30日           至 2019年3月31日
     売上高                 (千円)         1,387,704           1,577,664           5,780,112
     経常利益                 (千円)          335,095           231,857          1,001,647

     親会社株主に帰属する
                     (千円)          196,060           139,672           588,231
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                 (千円)          101,711           183,039           592,002
     純資産額                 (千円)         2,685,032           4,007,847           3,728,091

     総資産額                 (千円)         5,389,195           6,784,761           6,746,122

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           19.49           11.41           50.62
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)           17.83           10.92           47.73
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)           46.4           48.6           46.3
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.2019年1月1日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っております。このため、前連結会計年
          度の期首に当該株式分割が行われたものと仮定して、1株当たり四半期(当期)純利益を算定しておりま
          す。
    2  【事業の内容】

       当第1四半期累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
      変更はありません。また主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/23









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」からの重要な変
     更があった事項は次のとおりです。なお、変更箇所は下線で示しており、変更箇所の前後について一部記載を省略し
     ております。
      また、以下の見出しに付された項目番号は、前事業年度の有価証券報告書における「第一部 企業情報 第2 事
     業の状況 2 事業等のリスク」の項目の番号に対応したものです。
      (2)  フィリピンでの       通信事業に関わるリスク

         当社グループの        フィリピンでの       通信事業は、①当社によるフィリピンと香港などを結ぶ国際通信サービスの提
       供と②InfiniVAN,         Inc.によるマニラ首都圏地域内での法人向けインターネット接続サービスの提供                                     、フィリピン
       国内外の通信回線・通信設備の貸し出し                   からなります。
        (後略)
       ① 当社による海外通信事業

        A フィリピンにおける当社の通信事業サービスの提供の形態等について

          (前略)
          当社とPT&T社との関係は長期にわたり安定しており、今後も引き続き提携して事業を遂行していく予定であ
         ります。    なお、   PT&T社は、再生手続を定めるFinancial                   Rehabilitation        and  Insolvency      Act  of  2010の適用
         を受けており      ましたが、現時点では新たなオーナーの下増資が行われ、民事再生手続きは終結しております。
          (後略)
       ② InfiniVAN,        Inc.による通信事業について

        A フィリピンにおける規制等について

          (前略)
          PAを同社に付与する命令書(Order)では、PAの有効期間は2017年11月10日から18か月間とされ、
         InfiniVAN,      Inc.はPAの取得後1年以内に約305百万ペソ以上の増資を行うこと等の義務を負い、増資義務に違
         反した場合には、PAの更新及び期間延長ができない旨が条件として規定されております。                                         なお、出資義務は履
         行され、2019年4月にPAの更新手続きに入っております。                           さらに、2018年9月に、ビサヤ・ミンダナオ地域で
         のCPCNのPAを取得し、約185百万ペソの増資を行うこと等の義務を負いました。また、InfiniVAN,                                              Inc.に通信
         事業の権利を付与するR.A10898では、事業開始後5年内に同社株式を30%以上売り出して、フィリピン株式市
         場に上場させることが規定され、当該期限内に株式の上場ができない場合、通信事業を行う権利が無効になる
         旨規定されております。
          (後略)
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において、当社グループ(当社及び連結子会社)が判
     断したものであります。
     (1)  経営成績の分析

       当第1四半期連結累計期間の世界経済は、米中貿易摩擦の継続、中国経済の減速懸念等、景気の先行きの不透明

      感が増しております。
       当社の主要事業基盤の一つであるフィリピンが位置する東南アジア地域においては、多くの国において内需の拡
      大が外需の縮小を上回り、地域外を取り巻く環境が悪化する中でも引き続き経済の成長が見込まれております。
      フィリピンでは、インフラストラクチャーの整備を中心とした活発な民間部門・公共部門の投資、好調な海外送
      金、失業率の低下による民間消費支出の増加といった景気を押し上げる要素が加わっております。2018年の実質GDP
                                  3/23


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
      成長率は6.2%となり、2019年は6.4%の成長が予測されております(2019年4月アジア開発銀行「Asia
      Development      Outlook」参照)。
       フィリピンにおける2019年1月~3月の経済成長率は前年同期比5.6%増と4年ぶりの低成長となりましたが、こ
      れは、2019年予算の成立日が2019年4月15日となり新規公共事業の執行が遅れたこと、5月13日に行われた中間選
      挙に関し、選挙日前45日間の公共事業が選挙の公平性の保持のため執行できなかったことによる一時的なものと見
      込まれております。
       当第1四半期連結累計期間において、円ドル為替レートは111円から107円と円高傾向で推移いたしました。フィ
      リピンペソは期中を通じておおむね2.1円前後で推移いたしました。
       当社の主要な事業領域である通信業界は、通信技術の発達による伝送速度の向上、動画配信サービス等の拡大に

      よるデータ通信量の増加が見込まれることから、引き続き通信トラフィックの増加が見込まれます。今後は次世代
      移動通信(5G)の普及により、携帯端末と基地局との間の通信量が増加し、バックボーン回線についても需要が
      高まることが予想されます。通信事業者は、ユーザ当たり通信収入が伸び悩む中、多様な手法で収益の拡大を図っ
      ていくことが求められております。
       このような状況のもと、当社グループは収益の拡大を図るため、各事業において新規顧客の獲得及び既存顧客と

      の取引拡大を積極的に推進しております。フィリピンでは子会社であるInfiniVAN,                                       Inc.が、マニラ首都圏地域にお
      いて法人向けインターネットサービスプロバイダー事業を拡大させておりますが、2019年1月からは、国内外の企
      業の拠点が集まるマカティ市で、主要ビルを光ファイバーで結ぶ回線設備を敷設する工事を開始しております。今
      後も採算性が高く早期の投資回収が見込まれる案件への投資を積極的に行う方針です。
       以上の結果、当第1四半期連結累計期間における売上高は1,577百万円(前年同期比13.7%増)、営業利益は308

      百万円(同19.2%増)となりました。円高に伴い為替差損を80百万円計上したことから、経常利益は231百万円(同
      30.8%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は139百万円(同28.8%減)となりました。
       セグメント別の業績は、次のとおりであります。

       なお、当第1四半期連結会計期間より報告セグメントを一部変更しました。従来フィリピン国内通信事業セグメ
      ントにはInfiniVAN,          Inc.のすべての事業とKEYSQUARE,                INC.の一部の事業が計上されておりましたが、InfiniVAN,
      Inc.の事業のみを計上し、KEYSQUARE,                  INC.の一部の事業については海外通信事業セグメントに計上することといた
      しました。これに伴い、比較のための各セグメントの前期の数値は組替え後の数値となっております。
      (海外通信事業)

       当第1四半期連結会計期間の海外通信事業は、前事業年度からの3年前に締結したIRUの売上計上期間の終了の影
      響による売上高の減少がありましたが、マニラ地区においては、所得水準の向上を背景とした家庭用ブロードバン
      ド市場が拡大し、通信事業者各社が恩恵を受けております。当社は、こうした市場環境の変化に対応してCATV事業
      者が積極的にユーザーを獲得できるよう、競争力強化のための戦略的値下げを行ってきました。それにより容量・
      仕入金額を増加させたCATV事業者がでております。こうした容量の追加分につきましては、仕入れ単価の引き下げ
      も実現し収益性も向上しております。また光回線によるブロードバンドサービスが、マニラ地区でも見られるよう
      になっており、CATV事業者も光ファイバー回線のニーズが高まっております。そのため当社は、InfiniVAN,Inc.と
      提携して、光ファイバー回線の提供を開始いたしました。
       こうした状況の中でマニラ地域は、下げ止まりが見込める状況になってきております。
       また2018年11月より、以前はサービスの提供が困難であったビサヤ・ミンダナオ地区のCATV事業者や通信事業者
      への国際通信回線の提供を進めており、2019年2月の住民投票で認められたイスラム教自治地域の首都となるミン
      ダナオ島のコタバト市のCATV事業者に当社設備まで回線を敷設いただきサービスを提供することとなりました。ま
      た、ミンダナオ地域は提携通信事業者の回線設備が不十分な地域が多いため、当社子会社InfiniVAN,                                               Inc.は、現地
      CATV事業者と提携し、2019年中に2,000㎞以上の回線を敷設する計画を進めております。
       この結果、売上高は340百万円(前年同期比17.7%減)となりました。セグメント利益は、収益性の高い地方の
      CATV事業者へのIRUの提供による売上や主要回線の減価償却期間の終了などにより採算性が向上したことも寄与し、
      150百万円(同18.0%増)となりました。
      (フィリピン国内通信事業)

                                  4/23

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
       当第1四半期連結会計期間は、前年度に引き続きInfiniVAN,                            Inc.が、フィリピン国内外の企業の拠点が集まるマ
      カティ市で法人向けインターネット接続サービスの積極的な営業活動を行い、比較的需要の大きく単価の高いお客
      様 を中心に獲得が進みました。2019年3月末におけるサービス提供先は575件、回線開通済み建物は116棟となりま
      した。
       マカティ市内の回線を他社に頼っているため、サービス開始に時間を要するケースが多いことから、2018年7月
      より自社での回線敷設を開始いたしました。フィリピンを代表する財閥であるアヤラ財閥と提携して大規模な工事
      を実施しております。新規回線開通に要する期間の短縮により、さらなる顧客獲得を進める方針です。
       また、マニラ首都圏地域内の高架鉄道LRT2号線の高架上に設置したダクトの中に光ファイバを敷設し、1,000本あ
      まりの光ファイバを、主要財閥であるロペス財閥傘下のフィリピン最大のCATV事業者SkyCable                                             Corporationに対し
      て長期リースを実施いたしました。鉄道の敷地に通信回線を敷設して商業的に利用するケースはフィリピンではほ
      とんどありません。今後次世代携帯通信規格の実用化により、基地局間のバックボーン回線の需要が高まることが
      予想されます。新たな基地局やそれを結ぶ回線も必要になり、こうした設備のリースのニーズは拡大すると期待し
      ております。
       この結果、売上高は188百万円(前年同期比394.5%増)、セグメント利益は6百万円(前年同四半期は3百万円
      の損失)となりました。
      (国内通信事業)

       当第1四半期連結会計期間における国内通信事業は、当社が日本国内の販売代理権を持つ、インドのDrishti-
      soft   Solutions     Pvt.   Ltd.が開発したコールセンターシステム「AmeyoJ」に、大手電気通信事業者が提供している
      着信課金サービス(フリーダイヤル)を大量に仕入れて、コールセンター事業者向けに秒単位で販売する秒課金
      サービスを組み合わせたコールセンター向けのソリューション売上が拡大いたしました。また主に国際電話事業者
      向けに提供している通話サービスも好調でした。
       また、2019年3月より、スイスのクラウド事業者CloudSigma社と提携を結び、同社のクラウドサービスの日本国
      内での販売を開始しており、今後の伸長が期待されます。音声通話サービスの市場は縮小が続いておりますが、当
      社はユーザのニーズに合わせた多様なサービスの提供を通じ、今後も積極的に取り組む方針です。
       以上の結果、売上高は786百万円(前年同期比15.0%増)、セグメント利益は99百万円(同34.3%増)となりまし
      た。
      (在留フィリピン人関連事業)

       当第1四半期連結会計期間における在留フィリピン人関連事業は、いわゆる入管法の改正が決まり、新たな在留
      資格を設けることになり、海外からの就労目的の人材を広く受け入れることが決まりました。既に多くの事業所で
      人手が足りなくなり、外国人に頼っている現状を追認することになりました。
       このような環境下、当社は介護以外への人材紹介及び人材派遣の拡大に努めましたが、就労希望者の確保が難し
      いため、紹介・派遣ともに低調に推移しました。在留外国人の採用を希望する事業者を一堂に集め、そこへ当社に
      登録している在留外国人を派遣し、出展する事業者から参加料をいただくジョブフェア(展示会方式の集団面接
      会)を企画・開催し、人材事業収益の拡大に努めました。
       一方、連結子会社であるKEYSQUARE,                 INC.のコールセンターを活用し、在留フィリピン人への商材提供を行う通販
      事業では、従来の携帯電話や海外送金サービスの新規顧客開拓サービスに加え、電気やガス等の扱いを開始し、ク
      ロスセルによる販売を積極的に行いました。
       この結果、売上高は56百万円(前年同期比23.3%減)、セグメント利益については、厳しい人材採用環境の影響
      を受け人材派遣者数が低調に推移したことから、16百万円の損失(前年同四半期は6百万円の損失)となりまし
      た。
      (医療・美容事業)

       当第1四半期連結会計期間は、Shinagawa                     Lasik   & Aesthetics      Center    Corporationにおいて、近視矯正手術が引
      き続き好調を維持したことにより、売上・利益ともに好調に推移しました。
       クレジットカードを発行する銀行や、大手企業の健康保険のプログラムを提供している保険会社と提携したプロ
      モーションを行い、積極的な営業活動を行いました。SNSで著名人にレーシックの体験を書いてもらう活動も進み、
      近視矯正手術についての当社の知名度を高める方策を継続しております。
       現在はマニラ首都圏において2院体制で事業を行っておりますが、新たにマニラ首都圏の新興都市である
                                  5/23


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
      Bonifacio     Global    Cityに、高所得者を主対象とした病院を開設いたします。手厚いサービスで顧客満足度を高め、
      客単価を向上させる方針です。2019年中にソフトオープン、2020年初頭より本格営業を行う計画となっておりま
      す。
       この結果、売上高は204百万円(前年同期比15.4%増)、セグメント利益は68百万円(同2.5%増)となりまし
      た。
     (2)  財政状態の分析

      (資産の状況)

       当第1四半期連結会計期間末の流動資産は5,088百万円となり、前連結会計年度末に比べ53百万円減少いたしまし
      た。これは主に、現金及び預金が58百万円増加した一方、リース投資資産が128百万円減少したことによるものであ
      ります。また、固定資産は1,696百万円となり、前連結会計年度末に比べ92百万円増加いたしました。これは主に、
      設備投資により有形固定資産が95百万円増加したことによるものであります。
       この結果、資産合計は6,784百万円となり、前連結会計年度末に比べ38百万円増加しました。
      (負債の状況)

       当第1四半期連結会計期間末の流動負債は2,146百万円となり、前連結会計年度末に比べ160百万円減少いたしま
      した。これは主に、繰延延払利益が88百万円、未払法人税等が62百万円それぞれ減少したことによるものでありま
      す。また、固定負債は630百万円となり、前連結会計年度末に比べ80百万円減少いたしました。これは主に、長期借
      入金が66百万円減少したことによるものであります。
       この結果、負債合計は2,776百万円となり、前連結会計年度末に比べ241百万円減少しました。
      (純資産の状況)

       当第1四半期連結会計期間末の非支配株主持分を含めた純資産は4,007百万円となり、前連結会計年度末に比べ
      279百万円増加いたしました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益を139百万円計上したこと、子会社
      CorporateONE,       Inc.の増資等により非支配株主持分が110百万円増加したことによるものであります。
       この結果、自己資本比率は48.6%(前連結会計年度末は46.3%)となりました。
     (3)  経営方針・経営戦略等

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
      りません。
     (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
      に生じた課題はありません。
     (5)  研究開発活動

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/23





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     39,960,000

                 計                                   39,960,000

      ②  【発行済株式】

              第1四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               (2019年6月30日)           (2019年8月9日)           商品取引業協会名
                                               完全議決権株式であ
                                               り、株主としての権
                                               利内容に何ら限定の
                                     東京証券取引所
                                               ない当社における標
       普通株式            12,250,000           12,280,000
                                               準となる株式であり
                                      (マザーズ)
                                               ます。なお、単元株
                                               式数は100株でありま
                                               す。
        計          12,250,000           12,280,000           ―           ―
     (注)    提出日現在発行数には、2019年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
         た株式数は、含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。 
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2019年4月1日~
                   50,000     12,250,000          4,950     1,057,192         4,950      997,292
     2019年6月30日
     (注)新株予約権(ストックオプション)の行使による増加であります。
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/23




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】  
       当第1四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
      ることができないことから、直前の基準日(2019年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                               2019年6月30日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

                     普通株式

     完全議決権株式(その他)                               121,984      単元株式数は100株であります。
                        12,198,400
                     普通株式

     単元未満株式                              ―              ―
                           1,600
     発行済株式総数                    12,200,000           ―              ―

     総株主の議決権                     ―          121,984             ―

    (注)「単元未満株式」欄には、自己株式54株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

        該当事項はありません。
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                  8/23










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年
     6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               2,512,346              2,570,529
        売掛金                               1,011,273               992,697
        リース投資資産                               1,247,124              1,118,866
        商品                                46,184              45,227
        貯蔵品                                31,966              36,884
        その他                                313,639              347,648
                                       △ 20,127             △ 23,386
        貸倒引当金
        流動資産合計                               5,142,408              5,088,467
      固定資産
        有形固定資産                                868,962              964,503
        無形固定資産                                198,357              188,976
        投資その他の資産
         長期前払費用                              254,605              257,726
         繰延税金資産                              128,690              128,812
         その他                              153,097              156,274
                                          △ 0             △ 0
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              536,393              542,812
        固定資産合計                               1,603,713              1,696,293
      資産合計                                6,746,122              6,784,761
                                 10/23












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                406,128              401,954
        1年内返済予定の長期借入金                                300,430              290,431
        リース債務                                43,545              40,002
        未払法人税等                                151,608               89,149
        繰延延払利益                               1,076,101               987,584
        賞与引当金                                19,474              14,672
                                        309,696              322,394
        その他
        流動負債合計                               2,306,984              2,146,189
      固定負債
        長期借入金                                520,264              453,761
        リース債務                                44,854              35,702
        退職給付に係る負債                                45,026              38,254
        役員退職慰労引当金                                78,828              81,111
        資産除去債務                                 3,626              3,646
                                        18,446              18,248
        その他
        固定負債合計                                711,045              630,724
      負債合計                                3,018,030              2,776,913
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               1,052,242              1,057,192
        資本剰余金                                988,617              993,567
        利益剰余金                               1,129,732              1,269,405
                                         △ 68             △ 68
        自己株式
        株主資本合計                               3,170,524              3,320,096
      その他の包括利益累計額
        為替換算調整勘定                               △ 47,532             △ 27,297
                                         2,060              1,989
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               △ 45,472             △ 25,307
      非支配株主持分                                 603,040              713,058
      純資産合計                                3,728,091              4,007,847
     負債純資産合計                                  6,746,122              6,784,761
                                 11/23








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     売上高                                  1,387,704              1,577,664
                                        837,401              953,265
     売上原価
     売上総利益                                   550,303              624,398
     販売費及び一般管理費                                   291,223              315,582
     営業利益                                   259,080              308,815
     営業外収益
      受取利息及び配当金                                   417             6,169
      為替差益                                  85,130                 -
                                         1,184                43
      その他
      営業外収益合計                                  86,733               6,212
     営業外費用
      支払手数料                                  7,141                -
      支払利息                                  3,430              2,161
      為替差損                                    -            80,977
                                          144               32
      その他
      営業外費用合計                                  10,717              83,171
     経常利益                                   335,095              231,857
     特別損失
                                           -              5
      固定資産除却損
      特別損失合計                                    -              5
     税金等調整前四半期純利益                                   335,095              231,851
     法人税等                                   115,894               68,976
     四半期純利益                                   219,201              162,875
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                   23,140              23,202
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   196,060              139,672
                                 12/23










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     四半期純利益                                   219,201              162,875
     その他の包括利益
      為替換算調整勘定                                △ 117,308               20,234
                                         △ 181              △ 70
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                △ 117,490               20,164
     四半期包括利益                                   101,711              183,039
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  97,919              159,837
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  3,792              23,201
                                 13/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
       (税金費用の計算)
        税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
       適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、法定実効
       税率を使用する方法によっております。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、当第1四
      半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                           (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                            至   2018年6月30日)               至   2019年6月30日)
        減価償却費                        51,175千円                 43,979千円
      (株主資本等関係)

     前第1四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年6月30日)
     1.配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の金額の著しい変動

       当社は、2018年6月27日に東京証券取引所マザーズに上場いたしました。当社は上場にあたり2018年5月24日及
      び2018年6月7日開催の取締役会において、次の通り新株式の発行を決議しており、2018年6月26日に払込が完了
      しました。
       この結果、資本金は953,180千円、発行済株式総数は2,318,000株となっております。
       (1)     募集方法         一般募集(ブックビルディング方式による募集)
       (2)     発行する株式の種類及び数 普通株式320,000株
       (3)     発行価格         3,900円
       (4)     引受価額         3,588円
                       この価額は当社が引受人より1株当たりの払込金として受取った金額でありま
                      す。なお、発行価額と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金となります。
       (5)     資本組入額        1株につき1,794円
       (6)     発行価額の総額      1,248,000千円
       (7)     引受価額の総額      1,148,160千円
       (8)     資本組入額の総額     574,080千円
       (9)     払込期日         2018年6月26日
       (10)資金の使途                   全額を連結子会社であるInfiniVAN,Incへの関係会社投融資に充当する予定であ
                      ります。
     当第1四半期連結累計期間(自                2019年4月1日         至   2019年6月30日)

     1.配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
                                 14/23

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
       該当事項はありません。
     3.株主資本の金額の著しい変動

       該当事項はありません。
      (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
      前第1四半期連結累計期間(自                  2018年4月1日         至   2018年6月30日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                          報告セグメント
                                                      四半期連結
                                                      損益計算書
                      フィリピ          在留フィリ
                                             合計     調整額
                  海外          国内         医療・美容
                                                       計上額
                       ン国内         ピン人関連
                 通信事業          通信事業            事業
                                                        (注)
                      通信事業            事業
     売上高
      外部顧客への売上高            414,087      38,110     683,924      74,049     177,531    1,387,704         ― 1,387,704

      セグメント間の
                   6,490       ―     ―   1,270        ―   7,760    △ 7,760        ―
      内部売上高又は振替高
          計        420,578      38,110     683,924      75,319     177,531    1,395,464      △ 7,760   1,387,704
     セグメント利益又は損失
                  127,667     △ 3,731     74,276     △ 6,011     66,879     259,080        ―  259,080
     (△)
     (注) セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
      当第1四半期連結累計期間(自                  2019年4月1日         至   2019年6月30日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                          報告セグメント
                                                      四半期連結
                                                      損益計算書
                      フィリピ          在留フィリ
                                             合計     調整額
                  海外          国内         医療・美容
                                                       計上額
                       ン国内         ピン人関連
                 通信事業          通信事業            事業
                                                        (注)
                      通信事業            事業
     売上高
      外部顧客への売上高            340,900     188,474     786,697      56,795     204,797    1,577,664         -  1,577,664

      セグメント間の
                  43,077       -     -     291      -   43,369    △ 43,369        -
      内部売上高又は振替高
          計        383,977     188,474     786,697      57,086     204,797    1,621,033      △ 43,369    1,577,664
     セグメント利益又は損失
                  150,683      6,762     99,779    △ 16,932      68,522     308,815        -   308,815
     (△)
     (注) セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
     3.報告セグメントの変更等に関する事項

        当第1四半期連結会計期間より、従来「フィリピン国内通信事業」に記載されていた子会社KEYSQUARE,                                                 INC.の
       一部の事業につき、「海外通信事業」に記載する方法に変更しております。
        なお、前第1四半期連結会計期間のセグメント情報については、変更後の区分により作成したものを記載して
       おります。
                                 15/23


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
      以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)             至 2019年6月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                   19円49銭             11円41銭
       (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

                                        196,060             139,672
      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                           ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        196,060             139,672
      四半期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                       10,060,330             12,245,714
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                   17円83銭             10円92銭

      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)

                                           ―             ―
      普通株式増加数(株)

                                        937,120             539,363
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                       ―             ―
     会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)    1.当社は、2018年6月27日に東京証券取引所マザーズに上場しているため、前第1四半期連結累計期間にお
          ける潜在株式調整後1株当たり四半期純利益は、新規上場日から前第1四半期連結累計期間末日までの平均
          株価を期中平均株価とみなして算定しております。 
       2.2019年1月1日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っております。このため、前連結会計年
          度の期首に当該株式分割が行われたものと仮定して、1株当たり四半期純利益を算定しております。
                                 16/23










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
     (重要な後発事象)
     当社は、2019年8月9日開催の取締役会において、以下のとおり、第三者割当により発行される第7回新株予約権
    (以下「本新株予約権」といいます。)の発行を行うこと及び時価発行新株予約権信託®(以下「本信託」といいま
    す。)を活用したインセンティブプラン(以下「本インセンティブプラン」といいます。)の導入について決議いたし
    ました。
     時価発行新株予約権信託とは、時価により発行される新株予約権を受託者が保管しておき、一定の期日になった時点
    で条件を満たした受益者に対して交付するという新たなインセンティブ制度であります。
    1.募集の概要

     (1)     割当日            2019年8月26日
     (2)     発行新株予約権数            6,125個

     (3)     発行価額            7,350,000円(新株予約権1個につき1,200円)

          当該発行による
     (4)                 612,500株(新株予約権1個につき100株)
          潜在株式数
                      712,950,000円(差引手取概算額:                702,950,000円)
                      (内訳)新株予約権発行による調達額:                     7,350,000円
                          新株予約権行使による調達額:705,600,000円
     (5)     資金調達の額
                      差引手取概算額は、本新株予約権の払込金額の総額及び本新株予約権の行
                      使に際して出資される財産の価額の合計額を合算した金額から、本新株予
                      約権にかかる発行諸費用の概算額を差し引いた金額となります。
     (6)     行使価額            1株当たり1,152円(固定)

          募集又は割当方法
                      受託者    石尾肇に対して第三者割当の方法によって行います。
     (7)
          (割当予定先)
                                 17/23












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
                       本新株予約権は、当社の業績拡大及び企業価値の増大を目指すに当た
                      り、当社及び当社子会社・関連会社の取締役、監査役及び従業員並びに顧
                      問(以下「当社役職員等」といいます。)の一体感と結束力をさらに高
                      め、より一層意欲及び士気の向上を図ることを目的として発行されるもの
                      です。
                       当社は、一般的に実施されているストックオプションのような従来型
                      のインセンティブプランではなく、信託を用いた本インセンティブプラン
                      を活用することにより、当社役職員等を対象として、当社への貢献度に応
                      じて、予め定めた本新株予約権の交付ガイドライン(以下「交付ガイドラ
                      イン」といいます。)に従って新株予約権を分配することができます。こ
                      れにより、当社は、当社企業価値の向上に向けた当社役職員等の貢献を公
                      平に評価した上で新株予約権を分配することができるようになり、既存の
                      新株予約権を用いたインセンティブプランよりも一層、当社役職員等の当
                      社への貢献意欲の向上を図ることができ、また優秀な人材を誘引できるも
                      のと期待しております。
                      なお、本新株予約権の譲渡には、当社取締役会の承認を要します。
                      <主な行使条件>
                      ① 本新株予約権の割当を受けた者(以下、「受託者」といいます。)
                      は、本新株予約権を行使することができず、受託者より本新株予約権の付
                      与を受けた者(以下、「受益者」または「本新株予約権者」という。)の
                      みが本新株予約権を行使できることとする。
                      ② 受益者は、2020年3月期から2023年3月期までの事業年度に係る当社
                      が提出した有価証券報告書に記載される当社連結損益計算書の営業利益
                      が、いずれかの事業年度において下記各号に掲げる条件を満たした場合、
                      満たした条件に応じて、交付を受けた本新株予約権のうち当該条件に応じ
     (8)     その他
                      た割合を乗じた本新株予約権を行使することができる。この場合におい
                      て、かかる割合に基づき算定される行使可能な本新株予約権の個数につき
                      1個未満の端数が生ずる場合には、かかる端数を切り捨てた個数の本新株
                      予約権についてのみ行使することができるものとする。なお、国際財務報
                      告基準の適用等により参照すべき指標の概念に重要な変更があった場合や
                      決算期を変更する場合等これらの場合に準じて指標の調整を必要とする場
                      合には、合理的な範囲で適切に別途参照すべき指標を取締役会にて定める
                      ものとする。
                        (a)17億円を超過している場合:受益者が交付を受けた本新株予約権
                        のうち70%
                        (b)25億円を超過している場合:受益者が交付を受けた本新株予約権
                        のうち100%
                     ③ 受益者は、権利行使時において、当社または当社子会社・関連会社の
                     取締役、監査役または従業員もしくは顧問のいずれかの地位を有している
                     ことを要する。但し、任期満了による退任、定年又は会社都合による退
                     職、その他取締役会が正当な理由があると認めた場合にはこの限りではな
                     い。
                     ④ 受益者が行使期間中に死亡した場合、その相続人は本新株予約権を行
                     使することができない。
                     ⑤ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点にお
                     ける発行可能株式数を超過することとなるときは、当該本新株予約権の行
                     使を行うことはできない。
                     ⑥ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
                     ⑦ 金融商品取引法に基づく届出の効力が発生することを条件とする。
       (注)資金調達の額は、本新株予約権の払込金額の総額に本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額を
       合算した額から、発行諸費用の概算額を差し引いた金額です。本新株予約権の行使期間中に行使が行われない場
       合又は新株予約権を取得した者がその権利を喪失した場合、払込金額の総額及び差引手取概算額は減少します。
    2.募集の目的及び理由

     <本インセンティブプラン導入の目的及び理由>
      当社は、当社役職員等のモチベーションの維持・向上を図るとともに中長期的な企業価値向上へのインセンティブ
     を付与することを目的として、当社代表取締役社長である宮下幸治を委託者(以下「本委託者」といいます。)と
     し、石尾肇を受託者(以下「本受託者」といいます。)とする時価発行新株予約権信託設定契約(以下「本信託契
     約」といいます。)を締結し、時価発行新株予約権信託®(以下「本信託」といいます。)を活用したインセンティブ
     プランを実施いたします。
      本インセンティブプランは、以下のように構成されます。
      新株予約権の種類と数                 評価頻度                 新株予約権交付日
                                 18/23


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
       第7回新株予約権            新株予約権交付日まで毎年半
                                    本新株予約権の行使の条件の成就時
                       期に1回評価
          6,125個
      本インセンティブプランでは、本信託契約の定めに従って、本委託者が本受託者に対してその手許資金を信託し、
     本受託者が本新株予約権の総数を引受けるとともに、信託拠出された資金を用いて本新株予約権の発行価額の総額を
     払い込むことで、本新株予約権を取得します。そして、このようにして本受託者が取得した本新株予約権は、上記表
     中の交付日(本新株予約権の行使の条件の成就時)において、受益者となる当社役職員等に分配されることになりま
     す。
      なお、受託者より本新株予約権の交付を受ける者(以下、「受益者」といいます。)は、本新株予約権の配分方法
     が規定される交付ガイドライン(以下「交付ガイドライン」といいます。)に従って指定されます。評価委員会は、
     原則として委託者を除く取締役会の構成員によって構成されますが、当社の取締役又は顧問に対する評価に関して
     は、取締役会の構成員の中から、その過半数を社外役員が占めるような形で人選が行われることとされております。
     なお、本委託者は、受益者となることができません。
      当社の交付ガイドラインの内容は具体的には以下の通りであります。
         ① 半期に一度、100ポイントを配分するものとし、そのうち70を営業部門に、30を管理部門に配分する。
         ② ①によって部門ごとに配分されたポイントを、各部門に所属する取締役及び一定の役職以上の従業員
           の評価に応じて、これらの者に対してSからCの評価を付け、これに基づき傾斜をつけて分配する。
         ③ 監査役に関しては交付日直前の評価委員会において在籍年数に応じたポイントを1回付与し、顧問に
           関しては、交付日直前の評価委員会において当社の取締役又は従業員の業績と対比し、また、関与度
           合い・日常的な報酬金額の多寡等を考慮した上で個別に設定したポイントを1回付与する。
         ④ 上記①~③に従って、各当社役職員等が交付日に保有するポイント数に比例按分する形で、交付日に
           在籍する当社役職員等に対して本新株予約権を交付する。
      以上のとおり、当社が今般導入いたしました本インセンティブプランは、現在当社に在籍している者のみならず将
     来採用される当社役職員等も含めて、将来の分配時点において、それまでの貢献度を考慮して本新株予約権の交付対
     象者と交付個数を決定することが可能となる点において、一般的に実施されているストックオプションのような従来
     型のインセンティブプランとは異なる特徴を有するものであります。
      即ち、従来型のインセンティブプランにおいては、発行会社は、新株予約権の発行時点で付与対象者及び付与対象
     者ごとの付与個数を決定しなければならず、①役職員の過去の実績などを手掛かりに将来の貢献度を現時点で見積
     もって付与した結果、実際の業績貢献度に応じた適切な報酬配分とならない場合や、②発行後に入社する役職員との
     間の不公平を避けるために、何度も新たな新株予約権を発行しなければならず、その都度煩雑な発行手続きや管理コ
     ストの負担が必要になるなどといった課題がありました。
      これに対して、本インセンティブプランにおいては、一旦本受託者に対して発行された本新株予約権を、本信託の
     趣旨に従って人事評価期間中の当社役職員等の貢献度に応じて、将来的に分配することが可能であり、将来採用され
     る従業員に対しても本新株予約権を分配することが可能となるほか、本新株予約権の交付日まで当社に勤続していた
     当社役職員等にのみ本新株予約権を交付することができるため、交付日までに退職者が出た場合にも対応することが
     可能となるなど、従来型のインセンティブプランでは実現し得なかった柔軟な運用が可能となっております。さら
     に、本インセンティブプランでは、限られた個数の本新株予約権を将来の貢献度に応じて当社役職員等で分配するこ
     とになるため、より一層当社への貢献意欲が向上するものと期待されるとともに、優秀な人材の獲得に当たっての誘
     引手段として機能することが期待されます。
      当社は、このように本インセンティブプランを活用することにより、当社の現在及び将来の当社役職員等のいずれ
     もが当社において待遇に関して不公平を感じることなく、当社の結束力及び一体感を高め、より一層意欲及び士気を
     向上させてくれるものと期待しております。
      さらに、本新株予約権には、営業利益に関する2段階(17億円、25億円)の業績達成条件が定められております。
     この営業利益目標は、当社が将来に達成すべき中長期的な目標を数値として具体化したものであります。新株予約権
     にこのような業績目標を定めることで、過去の業績推移と比較して一段と高い目標に対する当社役職員等の業績達成
     意欲をより一層向上させ、当該業績目標の達成を通じて、当社の企業価値・株式価値を名実ともに向上させることが
     期待できます。これにより当社役職員等の業績達成意欲をより一層向上させ、当該業績目標の達成を通じて、当社の
     企業価値・株式価値を名実ともに向上させることが期待できます。
      以上のことから、当社は、本インセンティブプランの導入が既存株主の皆様の利益にも資するものであると考えて
     おります。
     <本信託の概要>

                                 19/23


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
     名称
                      時価発行新株予約権信託設定契約
     委託者
                      宮下 幸治
     受託者
                      石尾 肇
                      信託期間満了日に受益者として指定された者(受益者確定手続を経て特定
     受益者
                      されるに至ります。)
     信託契約日(信託期間開始日)
                      2019年8月22日
     信託期間満了日
                      本新株予約権の行使の条件の成就時
     (本新株予約権の交付日)
     信託の目的
                      本新株予約権を受益者に引き渡すことを主たる目的とします。
                      信託期間満了日時点の当社役職員等のうち、本信託契約に基づき、本新株
                      予約権の交付日時点において受益者として指定された者を受益者とし、そ
                      れぞれ本新株予約権の分配数量を確定します。
     受益者適格要件
                      なお、分配のための基準は、信託契約日である2019年8月22日付で定めら
                      れる予定の交付ガイドラインに規定されており、その内容は、上記<本イ
                      ンセンティブプラン導入の目的および理由>に記載の通りです。
    3.調達する資金の額、使途及び支出予定時期

    (1)調達する資金の額(差引手取概算額)
        払込金額の総額(円)               発行諸費用の概算額(円)                  差引手取概算額(円)
               712,950,000              10,000,000                   702,950,000
       (注)1.払込金額の総額は、新株予約権の払込金額の総額(7,350,000円)に新株予約権の行使に際して
            払い込むべき金額の合計額(705,600,000円)を合算した金額であります。
          2.発行諸費用の概算額には、消費税等は含まれておりません。
          3.発行諸費用の概算額は、新株予約権の価額算定費用、インセンティブ制度・人事評価制度設計に
            係るコンサルティング費用等の合計額であります。
          4.本新株予約権の行使期間内に行使が行われない場合及び当社が取得した本新株予約権を消却した
            場合には、上記払込金額の総額及び差引手取概算額は減少します。
    (2)調達する資金の具体的な使途

         本新株予約権は、当社の業績拡大及び企業価値の増大を目指すに当たり、当社役職員等の一体感と結束力を
       さらに高め、より一層意欲及び士気の向上を図ることを目的として発行されるものであり、資金調達を目的と
       しておりません。
         なお、本新株予約権の行使の決定は受託者から本新株予約権の交付を受けた当社役職員等の判断に委ねられ
       るため、本新株予約権の行使に際して払い込むべき金額は、現時点でその金額及び時期を資金計画に織り込む
       ことは困難であります。従って、手取金は運転資金に充当する予定でありますが、具体的な金額については、
       行使による払込みがなされた時点の状況に応じて決定いたします。
         また、行使による払込みがなされた以降、上記充当時期までの資金管理につきましては、銀行預金等の安定
       的な金融資産で運用する予定です。
    4.資金使途の合理性に関する考え方

        本新株予約権の発行及びその行使により調達する資金は、当社の業務運営に資するものであり、合理性があるも
      のと考えております。
                                 20/23






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社アイ・ピー・エス(E33623)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年8月9日

    株式会社アイ・ピー・エス
     取締役会      御中
                       太陽有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       本 間 洋 一            ㊞
                         業 務 執 行 社 員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       陶 江   徹            ㊞
                         業 務 執 行 社 員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アイ・

    ピー・エスの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から
    2019年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アイ・ピー・エス及び連結子会社の2019年6月30日現在
    の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
    すべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以   上 
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。