共栄タンカー株式会社 四半期報告書 第90期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第90期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:共栄タンカー株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年8月14日
      【四半期会計期間】                    第90期第1四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
      【会社名】                    共栄タンカー株式会社
      【英訳名】                    KYOEI   TANKER    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  高田 泰
      【本店の所在の場所】                    東京都港区三田三丁目2番6号
      【電話番号】                    東京(03)4477局7171番(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役総務部長  中嶋 靖
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区三田三丁目2番6号
      【電話番号】                    東京(03)4477局7171番(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役総務部長  中嶋 靖
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/15













                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第89期           第90期
               回次               第1四半期           第1四半期            第89期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2018年4月1日           自 2019年4月1日           自 2018年4月1日

              会計期間
                           至 2018年6月30日           至 2019年6月30日           至 2019年3月31日
                      (千円)           3,658,386           2,867,939           13,406,886

     売上高
                      (千円)            222,843           404,491           838,354

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            124,149           278,289          1,137,152
     期)純利益
                      (千円)            895,748           △ 58,536          2,025,506
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          10,601,087           11,519,351           11,730,843

     純資産額
                      (千円)          66,513,056           56,572,004           56,710,821

     総資産額
                      (円)            32.47           72.78           297.38

     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期

                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             15.9           20.4           20.7
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/15









                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)業績の状況

         当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、雇用・所得環境や個人消費が底堅く推移した一方、中国向
        けの輸出は弱含むなど、足踏み感がみられました。海外では、個人消費を牽引役として米国の景気拡大が継続す
        る一方、中国経済は、内需の回復が遅れるなか、米国への輸出の低迷もあり、減速傾向となりました。その他、
        米中貿易摩擦への懸念や中東の地政学的リスクなど、先行き不透明感も残る状況です。
         海運市況は、大型原油船(VLCC)につきましては、極東の各国製油所の定期修理や、米国と中東の原油価格差
        が縮まり米国積み航路の優位性がなくなったため、当該地域向け配船が減ったことからトンマイルが減り、期首
        からWS30台で推移し市況は低迷しましたが、6月にホルムズ海峡付近でタンカーが襲撃され当該水域のリスクが
        増大したことから市況はWS50台まで上昇しました。
         石油製品船(LR2やMR)は、大西洋水域でガスオイルなどの輸送需要が増し活況となった時期もありましたが、
        未だ船腹需給は緩んでおり、全体的に市況は低迷いたしました。
         大型LPG船(VLGC)は、米国のLPG価格が中東と比較して安くなったことから、米国出しのトレードが活発化し
        たことによりトンマイルが増加し、船腹需給を引き締め、市況は大幅に上昇しました。
         ばら積船につきましては、ダム決壊事故によるブラジル・ヴァーレの鉱山の操業停止などにより鉄鉱石の出荷
        が減り、期首からケープ型市況は低迷し、それがバルカー市況全体に悪影響を及ぼしましたが、その後緩やかな
        回復基調で推移し、ヴァーレが操業を停止していた鉱山を再稼動するとケープ型市況の上昇が加速し、パナマッ
        クス型市況も回復して参りました。
         こうした経営環境の中、当社グループは大型タンカーを中心とする長期貸船契約を主体に安定した経営を目指
        しており、前期には新造VLCC“元栄”を取得した一方、高齢のVLCC“KAI-EI”及びばら積船2隻を売却するな
        ど、船隊構成の整備・拡充に取り組んでまいりました。なお、今年7月には新造VLCC“TENRYU”を取得いたしま
        した。
         また、各船の運航効率の向上と諸経費の節減にも全社を挙げて努めた結果、当第1四半期連結累計期間の経営
        成績は以下のとおりとなりました。
         海運業収益は航海用船を行っていたVLCC“KAI-EI”を昨年11月に売却したことにより運賃収入が無くなった事
        に加え、前期にばら積船2隻を売却したことにより貸船料が減少したこと等により28億6千7百万円(前年同四
        半期比7億9千万円減)となりました。営業利益は海運業収益の減少はありましたが運航船の減少により海運業
        費用の減少の方が大きかったため4億7千7百万円(前年同四半期比1千5百万円増)、経常利益は4億4百万
        円(前年同四半期比1億8千1百万円増)となりました。親会社株主に帰属する四半期純利益は特別利益、特別
        損失はありませんでしたが法人税等が減少したことにより2億7千8百万円(前年同四半期比1億5千4百万円
        増)となりました。
      (2)財政状態に関する説明

         資産、負債および純資産の状況
          当第1四半期連結会計期間末の資産の部は、前連結会計年度末に比べ1億3千8百万円減少し565億7千2百
         万円となりました。流動資産は、期初と比較して円高となり為替予約の評価が悪化したことでその他流動資産
         (デリバティブ流動資産)が減少したこと等により1億2千6百万円減少し22億9千2百万円となりました。
         固定資産は、建中船舶の造船所への支払い等により建設仮勘定の増加はありましたが、減価償却による船舶の
         減少等により1千2百万円減少し542億7千9百万円となりました。
          負債の部は、特別修繕引当金の増加等により前連結会計年度末に比べ7千2百万円増加し450億5千2百万円
         となりました。
          純資産の部は、繰延ヘッジ損益の減少等により前連結会計年度末に比べ2億1千1百万円減少し115億1千9
         百万円となりました。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
                                  3/15


                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
      (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
      (5)主要な設備

         該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/15


















                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  6,400,000

                  計                                6,400,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現
                                        上場金融商品取引所名又
                           提出日現在発行数(株)
              在発行数(株)
        種類                                は登録認可金融商品取引               内容
                            (2019年8月14日)
              (2019年6月30日)                          業協会名
                                          東京証券取引所
                                                      単元株式数
                    3,825,000             3,825,000
       普通株式
                                          (市場第一部)
                                                       100株
                    3,825,000             3,825,000             -          -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高               資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額
                                (千円)        (千円)              残高(千円)
                 (千株)        (千株)                       (千円)
      2019年4月1日~
                     -      3,825         -    2,850,000           -     518,694
       2019年6月30日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/15








                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(2019年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                   2019年6月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                                  -       -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -       -             -
     議決権制限株式(その他)                             -       -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                           1,100         -             -

                        普通株式
     完全議決権株式(その他)                         3,821,700             38,217           -
                        普通株式
                                 2,200         -             -
     単元未満株式                   普通株式
                               3,825,000           -             -
     発行済株式総数
                                  -         38,217           -
     総株主の議決権
     (注)「完全議決権株式(その他)」の普通株式の欄には、証券保管振替機構名義の株式100株が含まれております。ま
        た、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年6月30日現在
                                                     発行済株式総数
                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                     に対する所有株
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
                   東京都港区三田三丁目
                                   1,100      -        1,100         0.03
     共栄タンカー株式会社
                      2番6号
                       -           1,100      -        1,100         0.03
          計
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/15









                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)及び「海運企業財務諸表準則」(昭和29年運輸省告示第431号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019
       年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
        第89期連結会計年度  EY新日本有限責任監査法人
        第90期第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間  PwCあらた有限責任監査法人
                                  7/15
















                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
                                       3,658,386              2,867,939
      海運業収益
                                       3,004,473              2,185,549
      海運業費用
                                        653,913              682,389
      海運業利益
                                        191,998              204,559
      一般管理費
                                        461,915              477,830
      営業利益
      営業外収益
                                         12,307              18,226
       受取利息及び配当金
                                         11,007                 -
       為替差益
                                         9,648              7,100
       デリバティブ評価益
                                            -            57,044
       受取補償金
                                         2,029              3,888
       その他営業外収益
                                         34,992              86,259
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        223,130              152,648
       支払利息
                                            -            5,365
       為替差損
                                         50,933               1,584
       その他営業外費用
                                        274,063              159,599
       営業外費用合計
                                        222,843              404,491
      経常利益
      特別利益
                                        103,598                 -
       固定資産売却益
                                        103,598                 -
       特別利益合計
                                        326,442              404,491
      税金等調整前四半期純利益
                                        202,292              126,201
      法人税等
                                        124,149              278,289
      四半期純利益
                                        124,149              278,289
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                  8/15










                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
                                        124,149              278,289
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         88,084              25,763
       その他有価証券評価差額金
                                        683,514             △ 362,589
       繰延ヘッジ損益
                                        771,598             △ 336,826
       その他の包括利益合計
                                        895,748              △ 58,536
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        895,748              △ 58,536
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                  9/15
















                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,436,617              1,728,846
         現金及び預金
                                           854             3,854
         海運業未収金
                                         31,114              30,832
         立替金
                                        200,540              195,730
         貯蔵品
                                         18,507              23,286
         繰延及び前払費用
                                         90,819                 -
         未収還付法人税等
                                        640,638              310,156
         その他流動資産
                                       2,419,091              2,292,707
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          船舶(純額)                             47,231,944              46,199,075
          建物(純額)                               12,563              12,284
                                       6,222,108              7,283,573
          建設仮勘定
                                         13,355              12,918
          その他有形固定資産(純額)
                                       53,479,971              53,507,850
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                 7,065              5,280
         投資その他の資産
                                        625,116              662,250
          投資有価証券
                                        180,305              104,644
          その他長期資産
                                         △ 730             △ 730
          貸倒引当金
                                        804,692              766,165
          投資その他の資産合計
                                       54,291,729              54,279,296
         固定資産合計
                                       56,710,821              56,572,004
       資産合計
                                 10/15











                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        223,501              196,354
         海運業未払金
                                       8,882,628              8,681,145
         短期借入金
                                         87,932              87,591
         未払費用
                                            -            42,749
         未払法人税等
                                         50,816              12,502
         賞与引当金
                                         11,689                 -
         役員賞与引当金
                                        546,645              595,080
         その他流動負債
                                       9,803,212              9,615,422
         流動負債合計
       固定負債
                                       32,271,965              32,368,723
         長期借入金
                                        906,963             1,078,445
         特別修繕引当金
                                        187,008              197,243
         退職給付に係る負債
                                        756,367              607,713
         繰延税金負債
                                       1,054,459              1,185,104
         その他固定負債
                                       35,176,764              35,437,230
         固定負債合計
                                       44,979,977              45,052,652
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       2,850,000              2,850,000
         資本金
                                        518,694              518,694
         資本剰余金
                                       8,571,030              8,696,363
         利益剰余金
                                        △ 2,994             △ 2,994
         自己株式
                                       11,936,730              12,062,064
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        179,385              205,149
         その他有価証券評価差額金
                                       △ 385,272             △ 747,862
         繰延ヘッジ損益
                                       △ 205,886             △ 542,712
         その他の包括利益累計額合計
                                       11,730,843              11,519,351
       純資産合計
                                       56,710,821              56,572,004
      負債純資産合計
                                 11/15









                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
         計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
          ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、法定実
         効税率を使用する方法によっております。
          なお、法人税等調整額は、法人税等に含めて表示しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1
         四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりで
         あります。
                         前第1四半期連結累計期間                   当第1四半期連結累計期間
                         (自    2018年4月1日                (自    2019年4月1日
                          至   2018年6月30日)                 至   2019年6月30日)
           減価償却費                      1,424,988千円                   1,048,695千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自               2018年4月1日        至  2018年6月30日)
           配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
      2018年6月28日
               普通株式        152,956         40.00     2018年3月31日         2018年6月29日         利益剰余金
      定時株主総会
         Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自               2019年4月1日        至  2019年6月30日)

           配当金支払額
                     配当金の総額         1株当たり
       (決議)       株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
      2019年6月27日
               普通株式        152,955         40.00    2019年3月31日         2019年6月28日         利益剰余金
      定時株主総会
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当社グループは、外航海運業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                 12/15








                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     1株当たり四半期純利益                                 32円47銭               72円78銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                124,149               278,289

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       124,149               278,289
       利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               3,823,900               3,823,899
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 13/15













                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 14/15




















                                                           EDINET提出書類
                                                      共栄タンカー株式会社(E04251)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年8月14日

     共栄タンカー株式会社
      取締役会 御中
                            PwCあらた有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              澤山 宏行
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              尻引 善博
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている共栄タンカー株

     式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年
     6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
     なわち、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結貸借対照表及び注記について四半期レビューを
     行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、共栄タンカー株式会社及び連結子会社の2019年6月30日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
     要な点において認められなかった。
     その他の事項

      会社の2019年3月31日をもって終了した前連結会計年度の第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間に係る
     四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が
     実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して2018年8月13日付けで無限定の結論を表明しており、
     また、当該連結財務諸表に対して2019年6月28日付けで無限定適正意見を表明している。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 15/15



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。