株式会社ゴールドウイン 四半期報告書 第69期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

四半期報告書-第69期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社ゴールドウイン

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    令和元年8月9日
      【四半期会計期間】                    第69期第1四半期(自            平成31年4月1日          至   令和元年6月30日)
      【会社名】                    株式会社ゴールドウイン
      【英訳名】                    GOLDWIN    INC.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長            西田    明男
      【本店の所在の場所】                    富山県小矢部市清沢210番地
      【電話番号】                    0766(61)4802(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長執行役員管理統括本部長兼管理本部長                             二川    清人
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区松濤2丁目20番6号
      【電話番号】                    03(3481)7203(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理統括本部管理本部副本部長兼財務部長                             白井    準三
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         株式会社ゴールドウイン東京本社
                         (東京都渋谷区松濤2丁目20番6号)
                                  1/18












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                           第68期             第69期
            回次            第1四半期連結             第1四半期連結               第68期
                          累計期間             累計期間
                       自  平成30年4月1日           自  平成31年4月1日           自  平成30年4月1日
           会計期間
                       至  平成30年6月30日           至  令和元年6月30日           至  平成31年3月31日
     売上高           (百万円)               14,818             18,074             84,934

                 (百万円)               1,070             1,946            12,982

     経常利益
     親会社株主に帰属する
                 (百万円)                588            1,375             9,243
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包
                 (百万円)               △ 149            1,024             8,425
     括利益
                 (百万円)               34,260             39,008             39,609
     純資産額
                 (百万円)               67,449             74,490             77,544

     総資産額
     1株当たり四半期
                  (円)              25.62             60.81            406.22
     (当期)純利益
     潜在株式調整後1株当
                  (円)                -             -             -
     たり四半期(当期)純
     利益
                  (%)               50.7             52.3             51.0
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等(消費税および地方消費税をいう。以下同じ。)は含んでおりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
         4.1株当たり情報の算定上の基礎となる「普通株式の期中平均株式数」については、株式給付信託が所有する
           当社株式を控除しております。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/18








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態および経営成績の状況

        ①  経営成績
         当社グループ(当社、連結子会社および持分法適用会社)の当第1四半期連結累計期間(平成31年4月1日から
        令和元年6月30日まで)の経営成績は、                   直営店やeコマース販売等の自主管理型売上の拡大、返品・値引等の販売
        ロス削減、調達原価率低減による粗利益率改善等により、売上高18,074百万円(前年同期比22.0%増)、営業利益
        1,902百万円(前年同期比61.7%増)、経常利益1,946百万円(前年同期比81.9%増)、親会社株主に帰属する四半
        期純利益は1,375百万円(前年同期比133.8%増)となりました。
         なお、記載金額には、消費税等は含まれておりません。
        ②  財政状況の分析

         当第1四半期連結会計期間末における資産合計は74,490百万円となり、前連結会計年度末に比べ3,053百万円減
        少しました。これは主に、受取手形及び売掛金が2,834百万円、商品及び製品が821百万円減少したためでありま
        す。
        ・売上債権(受取手形及び売掛金、電子記録債権)
         当第1四半期連結会計期間末の売上債権回転月数は、1.82ヵ月であり、前連結会計年度末の売上債権回転月数
        1.88ヵ月に比べ0.06ヵ月短縮しました。
        ・たな卸資産(商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品)
         当第1四半期連結会計期間末のたな卸資産は11,528百万円となり、前連結会計年度末と比べ759百万円減少いた
        しました。たな卸資産回転月数につきましては前連結会計年度末1.74ヵ月から当連結会計年度末1.91ヵ月となりま
        した。
        ・投資有価証券
         投資有価証券には、関連会社の株式18,166百万円のほか、長期・安定的な取引関係維持のために所有している主
        要取引金融機関や主要仕入先等の株式が含まれております。当第1四半期連結会計期間末における投資有価証券の
        残高は23,229百万円となり、前連結会計年度末と比べ500百万円減少いたしました。
         負債合計は、前連結会計年度末に比べ2,452百万円減少し、35,482百万円となりました。これは主に、借入金の
        増加3,006百万円があったものの、未払法人税等が2,813百万円、支払手形及び買掛金が1,570百万円減少したため
        であります。
         純資産合計は、前連結会計年度末に比べ600百万円減少し、39,008百万円となりました。
        ・自己資本比率
         当第1四半期連結会計期間末の自己資本比率は52.3%となり、前連結会計年度末と比べ1.3ポイント上昇いたし
        ました   。
         ③  経営成績の分析

        ・ 売上高
         連結売上高については、「ザ・ノース・フェイス」「へリーハンセン」等アウトドア関連ブランドの春夏商品の
        消化が直営店を中心に極めて好調に推移し、前年同期比増収となりました。
         アスレチック関連ブランドについては、「エレッセ」ブランドが事業構造改革のためのリブランディング推進中
        で減収となりましたが、「カンタベリー」ブランドが増収となり、堅調に推移しました。
         合計売上としては、引き続きアウトドア関連ブランドの好調が全社売上を牽引した結果、前年同期比3,255百万
        円の増収となりました。
         これらの結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は18,074百万円(前年同期比22.0%増)となりました。
        ・売上総利益
         当第1四半期連結累計期間の売上総利益は売上高の増加等により、9,530百万円(前年同期比24.1%増)とな
        り、売上総利益率は52.7%となりました。
                                  3/18



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
        ・営業利益
         増収による粗利益の増加に加え、直営店やeコマース販売等の自主管理型売上の拡大、返品・値引等の販売ロス
        削減、調達原価率低減により、粗利益率が向上しました。一方で店舗関連経費等の販売管理費も増加しましたが、
        粗利益増加がこれら販売管理費増を上回った結果、当第1四半期連結累計期間の営業利益は1,902百万円(前年同
        期比61.7%増)となりました。
        ・経常利益
         単体事業での営業増益に加え、連結子会社や韓国における持分法適用関連会社である                                       YOUNGONE     OUTDOOR
        Corporation      の 業績が堅調に推移したことにより               、経常利益は1,946百万円(前年同期比81.9%増)となりました。
        ・親会社株主に帰属する四半期純利益
         親会社株主に帰属する四半期純利益は1,375百万円(前年同期比133.8%増)となりました。
       (2)経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (3)事業上及び財務上の対応すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
         なお、当社では「財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針」を定めており、その内容

        等は以下のとおりであります。
       ①   基本方針の内容

         当社は、上場会社として当社株式の自由な売買を認める以上、当社の取締役会の賛同を得ずに行われる、いわゆ
        る「敵対的買収」であっても、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に資するものであれば、これを一概に否定
        するものではありません。買収者に対して株式を売却するか否かの判断や、買収者に対して会社の経営を委ねるこ
        との是非に関する判断は、基本的には、個々の株主の皆さまのご意思に委ねられるべきものだと考えております。
         しかし、買収行為の中には、その態様によって、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を害するものが存在い
        たします。
         当社の企業価値を構成する要素は、①業界トップクラスに位置付けられる高付加価値・高イメージの複数のス
        ポーツウエアブランド(スポーツブランド)の商標権ないし販売権、②このようなブランド価値を具現化する為の優
        れた創造力・企画力・製造ノウハウ、③このような創造力・企画力・製造ノウハウを支える個々の優秀な従業員、
        ④永年の取引を通じて培われた信頼関係に裏付けられた多数の取引先・顧客・商権等々の経営資源を有すること、
        ならびに、⑤これらの経営資源に基づき既存事業の遂行に加えて新規事業・新規商材・新規市場を開発することに
        より将来的に業容を拡大して会社業績を向上させ得る事業基盤、および、⑥事業活動を通じて安定してキャッ
        シュ・フローを創出して将来にわたる会社資本強化を実現し得る経営基盤を有することであります。以上のような
        当社の企業価値の本質(本源的価値)に対する理解なくして、当社の企業価値を持続的に向上させていくことは不可
        能でございます。
         このような理解に欠ける買収者が、当社の株式の大規模買付を行い、短期的な経済的効率性のみを重視して、一
        時的な利益を上げる反面で当社の持つ上記の経営資源や事業基盤を損なうことや、あるいは当社の特定のブランド
        または商権のみを獲得しその余については処分するなど、当社の企業価値を生み出す仕組に反する行為を行い、当
        社の事業体としての継続性を阻害することなどは、結果として当社の企業価値ひいては株主共同の利益の毀損につ
        ながるものです。
         このように企業価値ひいては株主共同の利益を害する買収者に対しては、企業価値ひいては株主共同の利益を保
        護するために相当な限度で取締役会が対抗措置を発動することが認められてしかるべきであります。しかしなが
        ら、買収提案の内容は多種多様なものがありえますので、当該買収提案の内容が企業価値ひいては株主共同の利益
        に資するものであるか、これを害するものであるか、にわかに判別し難い場合も存在しうるところです。当社は、
        かかる買収提案が行われた場合には、まずは取締役会において買収提案者と協議、交渉することといたしますが、
        買収提案者から買収提案に関する十分な情報の提供が行われた上で書面による請求があった場合など一定の要件を
        満たす場合には、株主総会の場において、当該買収提案につき本プランによる対抗措置を発動すべきか否かを株主
        の皆さま方に判断して頂くことが望ましいものと考えております。
                                  4/18




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
         また、株主の皆さまが、買収提案が企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に資するものであるか否かに
        つき株主総会の場において適切な判断を行うことができるよう、当該買収提案が当社株主の皆さまおよび当社グ
        ループの経営に与える影響、当該買収者が意図する当社グループの経営方針や事業計画の内容、当社グループを取
        り巻く多くの関係者に対する影響等について、買収提案者から十分な情報の開示がなされるようにすることは、当
        社取締役会の責務と考えております。
       ②   基本方針の実現に資する特別な取組み

        イ.中期経営計画に基づく企業価値向上への取組み
          当社は中期経営計画をもとに、業務やコスト構造を見直し、顧客基点のさらなる強化を図り、顧客や市場の変
         化に柔軟に対応して、ブランド事業ごとの収益基盤を強化し、企業価値を高めるべく経営に取り組んでおりま
         す。
        ロ.コーポレート・ガバナンスについて

          当社は、各ステークホルダーとの良好な関係を築くとともに、内部統治構造の機能および制度を一層強化・改
         善・整備しながら、コーポレート・ガバナンスの充実を図っております。具体的には、業務の執行を迅速かつ効
         果的に行うため、内部統制機能の充実、職務権限規程等の運用を行うことにより、その実効性を図るとともに、
         コンプライアンスを含むリスク管理、経営の透明性確保や公正な情報開示等の取組みを行っております。今後と
         も当社のガバナンス体制のより一層の強化を進めてまいります。
          当社は監査役制度を採用しており、取締役会、監査役会、および会計監査人を設置しております。当社の取締
         役会は社外取締役3名を含む10名で構成しております。なお、取締役の任期を1年とすることにより、業務執行
         の監視体制の強化を図っております。監査役会は4名で構成しており、3名は社外監査役となっております。監
         査役は取締役会のほか重要な会議に出席し、取締役の職務執行状況を監査するとともに、内部監査室および会計
         監査人と緊密な連携を保ち、情報交換を行い、相互の連携を深め、監査の有効性・効率性を高めております。
       ③   基本方針に照らし不適切な者により支配されることを防止するための取組み

         上記①記載の認識に基づき、当社は、平成30年6月28日開催の定時株主総会において、当社の企業価値・株主共
        同の利益の確保・向上のための新株予約権を用いた方策(以下「本プラン」といいます)に関する継続承認議案の
        承認を得ており、かかる承認決議の内容に従い、上記定時株主総会後に開催された取締役会において、本プランの
        継続採用および円滑な実行のために必要な事項、措置を決議しております。本プランの内容は、インターネット上
        の当社ウェブサイト(アドレスhttp://www.goldwin.co.jp/corporate/info/ir/defense)に掲載していますので、
        詳細についてはそちらをご参照ください。
         当社は、本プランに則り、当社の20%以上の株券等保有割合の株券等を特定公開買付開始公告の実施、または支
        配株式の取得を企図する者(その共同保有者およびこれらを支配する者その他を含む)に対して、予め当社に対し
        書面により一定の情報が記載された買収提案を提出することを求めます。買収提案が当社に対して行われた場合、
        当社取締役会から付議を受けた特別委員会が、買収提案について、企業価値ひいては株主共同の利益に資するか否
        かの観点から検討し、その結果を当社取締役会に勧告し、当社取締役会が対抗措置の不発動確認決議を行うか否か
        を検討します。なお、買収提案者が一定の要件を具備した上で、買収提案者の行う特定の買収提案に対し、本プラ
        ンによる対抗措置を採ることの可否を問うための株主総会の開催を請求した場合および当社取締役会が自らの判断
        でかかる株主総会を開催すべきと判断した場合には、当社取締役会は株主総会を招集するものとし、当該株主総会
        において、本プランに基づく対抗措置を採ることが承認されなかった場合には、当該買収提案に対しては本プラン
        による対抗措置の発動は行われません。
       ④   基本方針の実現のための取組みについての取締役等の判断およびその理由

        イ.  基本方針の実現に資する特別な取組みについて
          当社の中期経営計画、コーポレート・ガバナンスの強化、企業としての社会的責任を遂行するための取組み
         は、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保し、向上させることを直接目的とするものであり、結果とし
         て基本方針の実現に資するものです。
          したがって、当該取組みは基本方針に沿い、当社の株主共同の利益に合致するものであり、当社の会社役員の
         地位の維持を目的とするものではございません。
        ロ.  基本方針に照らし不適切な者により支配されることを防止するための取組みについて
          本プランは上記の基本方針に沿うものであり、またその合理性を高めるため以下のような特段の工夫が施され
         ております。本プランは、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を損なうものではなく、また当社経営陣の地
         位の維持を目的とするものでもありません。
                                  5/18



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
         Ⅰ      当社は、株主の皆さまの意思を反映させるため、本プランの導入に際して、定時株主総会において、本プ
           ランの導入に関する定款変更の特別決議によるご承認および一定の附帯条件のもと本プランによる対抗措置
           を採ることに関する普通決議によるご承認(「本プラン承認決議」)を受けております。
         Ⅱ      特定の買収提案に対する不発動確認決議における判断の中立性を担保するため、本プランでは、当社社外
           役員および外部有識者から構成される特別委員会が、買収提案の内容について情報収集・検討を行い、不発
           動確認決議の是非について、当社社外役員を兼任する者は当社の役員としての会社に対する法的義務を背景
           に、企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上の観点から検討を行います。そして、取締役会は特別委
           員会の勧告を最大限尊重し、当該買収提案が当社の企業価値の向上や株主共同の利益に資するか否かの観点
           から真摯に検討します。また、特別委員会から当社取締役会に対し、不発動確認決議を行うべきとの勧告決
           議がなされ、取締役会がその勧告を受容れることで株主に対する取締役としての善管注意義務に反すると判
           断する場合には、取締役会が本プランによる対抗措置をとることの可否についての株主総会を招集します。
         Ⅲ      本プランでは、予め定める事項を全て充足すると認められる買収提案に対しては不発動確認決議がなされ
           るものとされており、取締役会による恣意的な発動を防止するための仕組みが採られています。
         Ⅳ      本プランでは、取締役会自ら株主総会の招集が必要と判断した場合のみならず、一定の要件を充足すれば
           買収提案者自身も自らの買収提案に対して本プランによる対抗措置を採るか否かを決する旨の議案を上程す
           る株主総会を開催することを要求することができ、取締役会が判断の不当な引き伸ばしを行うことを回避す
           る仕組みが組み込まれているとともに、本プランによる対抗措置の発動の可否について具体的な買収提案を
           前提として株主の皆さまの意思を直接反映する仕組みを採用しております。
         Ⅴ      当社取締役の任期は1年であり、期差任期制や解任要件の普通決議からの加重等も行っていないため、毎
           年取締役の選任を通じて株主の皆さまの意思を反映することが可能となっています。
         Ⅵ      本プランでは、定款上の根拠を有した株主総会決議による承認決議の有効期間を、平成30年6月28日開催
           の定時株主総会終了後3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会後最初に開催さ
           れる取締役会の終結時までとし、3年が経過した時点で、本プランの各条件の見直し等を含め、必要に応じ
           て株主総会の承認を求めることとし、本プランに株主の直接の意思を反映することができるようにしていま
           す。
         Ⅶ      本プランの効力は、原則として各期の定時株主総会後最初に開催される取締役会の終結の時までとし、当
           該取締役会において、本プランの維持・改定または廃止など随時その内容を見直すことを基本としておりま
           す。当社の取締役の任期は1年ですので、毎年の取締役の改選を反映した内容となることが確保されている
           とともに、関連する法制度の動向その他当社を取り巻く様々な状況に対応することが可能となります。
         Ⅷ      本プランは、経済産業省および法務省が平成17年5月27日に公表した「企業価値・株主共同の利益の確保
           又は向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(①企業価値・株主共同の利益の確保・向上の
           原則、②事前開示・株主意思の原則、③必要性・相当性確保の原則)を充足しており、また、経済産業省に
           設置された企業価値研究会が平成20年6月30日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在
           り方」その他の買収防衛策に関する実務・議論を踏まえた内容となっており、高度な合理性を有するもので
           す。
       (4)研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、180百万円であります。なお、当第
        1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  6/18






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                           92,000,000
                  計                                 92,000,000
        ②【発行済株式】

            第1四半期会計期間末               提出日現在発行数
                                       上場金融商品取引所名または登
            現在発行数(株)                 (株)
       種類                                                 内容
                                       録認可金融商品取引業協会名
            (令和元年6月30日)              (令和元年8月9日)
                                                      単元株式数
                 23,824,086             23,824,086        東京証券取引所(市場第一部)
     普通株式
                                                      100株
                 23,824,086             23,824,086               -           -
        計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式総                       資本準備金増
                               資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日       総数増減数       数残高                       減額
                               (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (千株)       (千株)                      (百万円)
     平成31年4月1日~
                    -      23,824          -      7,079         -       258
     令和元年6月30日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/18








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  令和元年6月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                                  -       -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
     議決権制限株式(その他)                             -       -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                          362,600          -            -

                        普通株式
     完全議決権株式(その他)                         23,414,400             234,144          -
                        普通株式
                                47,086         -            -
     単元未満株式                   普通株式
                              23,824,086           -            -
     発行済株式総数
                                  -         234,144          -
     総株主の議決権
      (注)     「完全議決権株式(その他)」の欄には、信託口が所有する当社株式824,700株(議決権の数8,247個)が含ま
          れております。なお、会計処理上は、当社と信託口は一体であると認識し、資産管理サービス信託銀行株式会
          社(信託E口)が所有する当社株式を自己株式として計上しております。
        ②【自己株式等】

                                                  令和元年6月30日現在
                                                     発行済株式総数
                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                     に対する所有株
     所有者の氏名または名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
                  東京都渋谷区松濤2-20-6                362,600          -     362,600          1.52

     ㈱ゴールドウイン
                       -          362,600          -     362,600          1.52

          計
      (注)     上記のほか、株主名簿上は当社名義となっておりますが実質的に所有していない株式が1,200株(議決権の数
          12個)あります。なお、当該株式数は、上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄に含めて
          おります。
          また、「第4        経理の状況」以下の自己株式数は1,187,328株で表示しております。これは当社と信託口が一
          体であるとする会計処理に基づき、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する当社株式
          824,700株を含めて自己株式として処理しているためであります。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/18








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
         当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成31年4月1日から
        令和元年6月30日まで)および第1四半期連結累計期間(平成31年4月1日から令和元年6月30日まで)に係る四
        半期連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成31年3月31日)              (令和元年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         13,595              13,593
         現金及び預金
                                        ※2 10,461             ※2 7,626
         受取手形及び売掛金
                                        ※2 2,813             ※2 3,353
         電子記録債権
                                         11,688              10,866
         商品及び製品
                                           62              92
         仕掛品
                                           537              569
         原材料及び貯蔵品
                                           830             1,350
         その他
                                          △ 17             △ 12
         貸倒引当金
                                         39,972              37,440
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               1,642              1,608
                                           951              951
          土地
          その他(純額)                               1,621              1,800
                                         4,215              4,360
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,374              2,300
          商標権
                                           923              917
          その他
                                         3,297              3,218
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         23,730              23,229
          投資有価証券
                                         2,204              2,255
          差入保証金
                                         4,390              4,251
          その他
                                         △ 265             △ 265
          貸倒引当金
                                         30,058              29,470
          投資その他の資産合計
                                         37,571              37,050
         固定資産合計
                                         77,544              74,490
       資産合計
                                 10/18










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成31年3月31日)              (令和元年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※2 6,215             ※2 4,645
         支払手形及び買掛金
                                        ※2 11,296             ※2 11,097
         電子記録債務
                                           328             3,970
         短期借入金
                                         2,450              2,382
         1年内返済予定の長期借入金
                                         2,886                72
         未払法人税等
                                         2,101              1,505
         賞与引当金
                                           109              239
         返品調整引当金
                                         6,156              5,684
         その他
                                         31,544              29,597
         流動負債合計
       固定負債
                                         4,056              3,489
         長期借入金
                                           259              257
         退職給付に係る負債
         株式給付引当金                                  536              550
                                         1,537              1,588
         その他
                                         6,390              5,884
         固定負債合計
                                         37,934              35,482
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         7,079              7,079
         資本金
                                         1,439              1,439
         資本剰余金
                                         35,709              35,466
         利益剰余金
                                        △ 4,273             △ 4,251
         自己株式
                                         39,956              39,734
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           270              198
         その他有価証券評価差額金
                                           56              74
         繰延ヘッジ損益
                                           402               ▶
         為替換算調整勘定
                                        △ 1,144             △ 1,048
         退職給付に係る調整累計額
                                         △ 414             △ 771
         その他の包括利益累計額合計
                                           67              45
       非支配株主持分
                                         39,609              39,008
       純資産合計
                                         77,544              74,490
      負債純資産合計
                                 11/18








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成30年4月1日              (自 平成31年4月1日
                                至 平成30年6月30日)               至 令和元年6月30日)
      売上高                                   14,818              18,074
                                         7,141              8,543
      売上原価
                                         7,677              9,530
      売上総利益
                                           124               -
      返品調整引当金戻入額
                                           -              129
      返品調整引当金繰入額
                                         7,801              9,401
      差引売上総利益
                                         6,625              7,499
      販売費及び一般管理費
                                         1,176              1,902
      営業利益
      営業外収益
                                            1              1
       受取利息
                                           42              40
       受取配当金
                                           -              20
       持分法による投資利益
                                           20              19
       その他
                                           64              81
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           27              20
       支払利息
                                            5              6
       手形売却損
                                           121               -
       持分法による投資損失
                                           15              10
       その他
                                           170               37
       営業外費用合計
                                         1,070              1,946
      経常利益
      特別利益
                                           -               0
       固定資産売却益
                                           -               0
       特別利益合計
      特別損失
                                            0              -
       固定資産除却損
                                           -              37
       投資有価証券評価損
                                            0              0
       その他
                                            0              37
       特別損失合計
                                         1,069              1,908
      税金等調整前四半期純利益
                                           289              177
      法人税、住民税及び事業税
                                           189              348
      法人税等調整額
                                           478              526
      法人税等合計
                                           590             1,382
      四半期純利益
                                            2              6
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                           588             1,375
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/18







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成30年4月1日              (自 平成31年4月1日
                                至 平成30年6月30日)               至 令和元年6月30日)
                                           590             1,382
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           54             △ 72
       その他有価証券評価差額金
                                           14             △ 15
       繰延ヘッジ損益
                                          △ 57              38
       為替換算調整勘定
                                           84              93
       退職給付に係る調整額
                                         △ 836             △ 402
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         △ 740             △ 357
       その他の包括利益合計
                                         △ 149             1,024
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         △ 151             1,018
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            2              6
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/18















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結貸借対照表関係)
        1   偶発債務
          受取手形割引高等
                                  前連結会計年度             当第1四半期連結会計期間
                                (平成31年3月31日)               (令和元年6月30日)
           受取手形割引高                             24 百万円              20 百万円
           電子記録債権割引高                             25 百万円              - 百万円
       ※2    四半期連結会計期間末日満期手形、電子記録債権および電子記録債務

          四半期連結会計期間末日満期手形、電子記録債権および電子記録債務の会計処理については、当第1四半期連
         結会計期間末日が金融機関の休日でしたが、満期日に決済が行われたものとして処理しております。当第1四半
         期連結会計期間末日満期手形、電子記録債権および電子記録債務の金額は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                               (平成31年3月31日)                (令和元年6月30日)
         受取手形                             269百万円                 197百万円
         電子記録債権                              50百万円                 18百万円
         支払手形                              4百万円                 5百万円
         電子記録債務                             102百万円                 71百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりでありま
        す。
                              前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                              (自    平成30年4月1日             (自    平成31年4月1日
                               至   平成30年6月30日)              至   令和元年6月30日)
         減価償却費                             360百万円                 409百万円
        (株主資本等関係)

        Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自平成30年4月1日                         至平成30年6月30日)
          配当金支払額
                               1株当たり
                        配当金の総額
          (決    議)
                  株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                        (百万円)
                                (円)
        平成30年5月15日
                  普通株式         1,012        85  平成30年3月31日         平成30年6月12日         利益剰余金
          取締役会
        (注)   1.平成30年4月1日を効力発生日として普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割をしておりま
             す。平成30年3月31日を基準日とする配当につきましては、株式分割前の株式数を基準に実施しており
             ます。
          2.配当金の総額には、信託の保有する自社の株式に対する配当金36百万円を含めております。
        Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自平成31年4月1日                         至令和元年6月30日)

          配当金支払額
                               1株当たり
                        配当金の総額
          (決    議)
                  株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                        (百万円)
                                (円)
        令和元年5月14日
                  普通株式         1,618        69  平成31年3月31日         令和元年6月11日         利益剰余金
          取締役会
        (注)   1.  配当金の総額には、信託の保有する自社の株式に対する配当金57百万円を含めております。
                                 14/18




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          前第1四半期連結累計期間(自平成30年4月1日                         至平成30年6月30日)および当第1四半期連結累計期間
          (自平成31年4月1日            至令和元年6月30日)
           当社グループは、スポーツ用品関連事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益および算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自    平成30年4月1日           (自    平成31年4月1日
                                  至   平成30年6月30日)            至   令和元年6月30日)
     1株当たり四半期純利益                                   25円62銭              60円81銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益
                                           588             1,375
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -              -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                           588             1,375
       (百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                  22,968              22,627
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.「普通株式の期中平均株式数」については、株式給付信託が所有する当社株式を控除しております。
           控除した当該株式の期中平均株式数は前第1四半期連結累計期間854千株、当第1四半期連結累計期間834千
           株であります。
        (重要な後発事象)

        (株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更)
          当社は、令和元年8月2日開催の取締役会において、株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更を行うこと
         を決議いたしました。
         1.株式分割の目的

           投資家の皆様が投資しやすい環境を整えるため、株式を分割することにより1単元当たりの投資額を引き下
          げ、当社株式の流動性の向上及び投資家層の拡大を図ることを目的として実施するものであります。
         2.株式分割の概要

          (1)  株式分割の方法
            令和元   年9月30日(月曜日)を基準日として、同日最終の株主名簿に記録された株主の所有する普通株式
           1株につき2株の割合をもって分割いたします。
          (2)  分割により増加する株式数
             株式分割前の発行済株式総数                            23,824,086株
             今回の分割により増加する株式数                            23,824,086株

             株式分割後の発行済株式総数                            47,648,172株

             株式分割後の発行可能株式総数                            184,000,000株

          (3)  分割の日程

                                  令和元年9月13日(金曜日)
             基準日公告日
                                  令和元   年9月30日(月曜日)
             基準日
                                  令和元   年10月1日(火曜日)
             効力発生日
          (4)  資本金の額の変更

            今回の株式分割に際しては、資本金の額の変更はありません。
                                 15/18



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
          (5)  1株当たり情報に及ぼす影響
            当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり情報は、以下のとおりであ
           ります。
                           前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                           (自 平成30年4月1日               (自 平成31年4月1日
                            至 平成30年6月30日)                至 令和元年6月30日)
             1株当たり四半期純利益                  12円81銭              30円41銭
            (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株主が存在しないため記載しておりませ
               ん。
         3.株式分割に伴う定款の一部変更

          (1)  定款変更の理由
            今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、令和元年10月1日(火曜日)をもって当
           社の定款第7条の発行可能株式総数を変更いたします。
          (2)  定款変更の内容
            変更内容は以下のとおりです。(下線は変更部分であることを示しております。)
                     現行定款                     変更後定款
            (発行可能株式総数)                     (発行可能株式総数)

            第7条 当会社の発行可能株式総数は                     第7条 当会社の発行可能株式総数は
                92,000,000     株とする。                184,000,000      株とする。
          (3)  定款変更の日程
            効力発生日 令和元年10月1日(火曜日)
      2【その他】

        令和元年5月14日開催の取締役会において、次のとおり剰余金の配当を行うことを決議いたしました。
        (イ)   配当金の総額………………………………………1,618百万円
        (ロ)   1株当たりの金額…………………………………69円00銭
        (ハ)   支払請求の効力発生日および支払開始日………令和元年6月11日
       (注)   1.平成31年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された株主に対し、支払いを行います。
         2.配当金の総額には、           信託の保有する自社の株式に対する配当金57百万円を含めております                                。
                                 16/18










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    令和元年8月9日

     株式会社ゴールドウイン

      取締役会       御中

                             EY新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              田光     完治     印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              佐藤      晶     印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ゴー

     ルドウインの平成31年4月1日から令和2年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成31年4
     月1日から令和元年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成31年4月1日から令和元年6月30日まで)
     に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び
     注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ゴールドウイン及び連結子会社の令和元年6月30日現在の
     財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
     ての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

            告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。