株式会社新生銀行 臨時報告書

提出書類 臨時報告書
提出日
提出者 株式会社新生銀行
カテゴリ 臨時報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                              臨時報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    臨時報告書

      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年8月8日
      【会社名】                    株式会社新生銀行
      【英訳名】                    Shinsei    Bank,   Limited
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 最高経営責任者  工藤 英之
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋室町二丁目4番3号
      【電話番号】                    03-6880-7000(代表)
      【事務連絡者氏名】                    グループ財務管理部シニアマネージャー  平山 實
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋室町二丁目4番3号
      【電話番号】                    03-6880-7000(代表)
      【事務連絡者氏名】                    グループ財務管理部シニアマネージャー  平山 實
      【縦覧に供する場所】                    株式会社新生銀行大阪支店
                         (大阪市北区小松原町2番4号)
                         株式会社新生銀行名古屋支店
                         (名古屋市中村区名駅三丁目28番12号)
                         株式会社新生銀行大宮支店
                         (さいたま市大宮区桜木町一丁目9番地1)
                         株式会社新生銀行柏支店
                         (千葉県柏市柏一丁目4番3号)
                         株式会社新生銀行横浜支店
                         (横浜市西区南幸一丁目9番13号)
                         株式会社新生銀行神戸支店
                         (神戸市中央区三宮町三丁目7番6号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/3










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                              臨時報告書
     1【提出理由】
       2019年8月8日(木)開催の当行取締役会において、海外市場(但し、米国においては1933年米国証券法に基づく
      ルール144Aに従った適格機関投資家に対する販売に限る。)における当行普通株式の売出し(以下「海外売出し」とい
      う。)の実施を承認する旨が決議され、海外売出しが開始されましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業
      内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第1号の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。
     2【報告内容】

      (1)株式の種類
        当行普通株式
      (2)売出数

        下記①及び②の合計による当行普通株式 29,651,400株(予定)
        ① 下記(9)に記載の引受人による買取引受の対象株式として当行普通株式 25,783,900株
        ② 下記(9)に記載の引受人に付与される当行普通株式を追加的に取得する権利の対象株式の上限として当行普通
         株式 3,867,500株
        (注) 海外売出しと同時に、当行株主であるSaturn                          Ⅳ  Sub  L.P.、J.     Christopher      Flowers、Saturn        Japan   Ⅲ
            Sub  C.V.、Saturn       Japan   Ⅱ  Sub  C.V.、SATURN       Ⅰ  SUB(CAYMAN)EXEMPT         LTD.及びThierry        Georges    Porte
            が保有する当行普通株式13,883,600株の日本国内における売出し(以下「引受人の買取引受による国内売
            出し」という。)が行われます。引受人の買取引受による国内売出し及び海外売出しの総売出株式数は
            43,535,000株であり、引受人の買取引受による国内売出しの売出数13,883,600株、海外売出しの売出数
            29,651,400株(上記①及び②の合計)を目処に売出しが行われますが、その最終的な内訳は、需要状況等
            を勘案した上で、2019年8月20日(火)から2019年8月23日(金)までの間のいずれかの日(以下「売出
            価格等決定日」という。)に決定されます。
      (3)売出価格

        未定
        (日本証券業協会の定める有価証券の引受け等に関する規則第25条に規定される方式により、売出価格等決定日の
        株式会社東京証券取引所における当行普通株式の普通取引の終値(当日に終値のない場合は、その日に先立つ直近
        日の終値)に0.90~1.00を乗じた価格(1円未満端数切捨て)を仮条件として、需要状況等を勘案した上で、売出
        価格等決定日に決定される。)
      (4)引受価額

        未定
        (需要状況等を勘案した上で、売出価格等決定日に決定される。なお、引受価額とは、下記(8)に記載の売出人が
        下記(9)に記載の引受人より1株当たりの買取金額として受け取る金額をいう。)
      (5)売出価額の総額

        未定
      (6)株式の内容

        完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当行における標準となる株式であります。単元株式数は100株
       であります。
      (7)売出方法

        下記(9)に記載の引受人に海外売出し分の全株式を総額個別買取引受させます。また、下記(8)に記載の売出人は、
       下記(9)に記載の引受人に対して上記(2)②に記載の当行普通株式を追加的に取得する権利を付与します。
      (8)売出しを行う者の氏名又は名称

        Saturn    Ⅳ  Sub  L.P.
        J.  Christopher      Flowers
        Saturn    Japan   Ⅲ  Sub  C.V.
        Saturn    Japan   Ⅱ  Sub  C.V.
        SATURN    Ⅰ  SUB(CAYMAN)EXEMPT         LTD.
                                 2/3



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                              臨時報告書
      (9)引受人の名称
        Merrill    Lynch   International(共同主幹事会社兼ジョイント・ブックランナー)
        [以下アルファベット順]
        Citigroup     Global    Markets    Limited(共同主幹事会社兼ジョイント・ブックランナー)
        Nomura    International       plc(共同主幹事会社兼ジョイント・ブックランナー)
     (10)売出しを行う地域

        海外市場(但し、米国においては1933年米国証券法に基づくルール144Aに従った適格機関投資家に対する販売に限
       る。)
     (11)受渡年月日

        2019年8月27日(火)から2019年8月30日(金)までの間のいずれかの日。但し、売出価格等決定日の5営業日後
       の日とします。
     (12)当該有価証券を金融商品取引所に上場しようとする場合における当該金融商品取引所の名称

        該当事項はありません。
     (13)その他の事項

      (イ)当行の発行済株式総数及び資本金の額(2019年8月8日現在)
         発行済株式総数 普通株式 259,034,689株
         資本金の額        512,204百万円
      (ロ)海外売出しと同時に、引受人の買取引受による国内売出しが行われますが、かかる引受人の買取引受による国内

        売出しにあたり、その需要状況等を勘案した上で、野村證券株式会社が当行株主から2,082,500株を上限として借
        入れる当行普通株式の日本国内における売出し(以下「オーバーアロットメントによる売出し」という。)が行わ
        れる場合があります。
         引受人の買取引受による国内売出し、オーバーアロットメントによる売出し及び海外売出しのジョイント・グ
        ローバル・コーディネーターは、メリルリンチ日本証券株式会社、シティグループ証券株式会社及び野村證券株式
        会社(アルファベット順)であります。
     安定操作に関する事項

     1.今回の売出しに伴い、当行の発行する上場株式について、市場価格の動向に応じ必要があるときは、金融商品取引法
       施行令第20条第1項に規定する安定操作取引が行われる場合があります。
     2.上記の場合に安定操作取引が行われる取引所金融商品市場を開設する金融商品取引所は、株式会社東京証券取引所で
       あります。
                                                         以 上

                                 3/3








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク