株式会社FUJIジャパン 四半期報告書 第15期第2四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第15期第2四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)
提出日
提出者 株式会社FUJIジャパン
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    北海道財務局長
      【提出日】                    2019年8月9日
      【四半期会計期間】                    第15期第2四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
      【会社名】                    株式会社FUJIジャパン
      【英訳名】                    FUJI JAPAN CO.LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役 佐々木 忠幸
      【本店の所在の場所】                    札幌市中央区大通東四丁目4番地18
      【電話番号】                    011-209-2005 (代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部部長  樋口 俊一
      【最寄りの連絡場所】                    札幌市中央区大通東四丁目4番地18
      【電話番号】                    011-299-5361
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部部長  樋口 俊一
      【縦覧に供する場所】                    証券会員制法人札幌証券取引所
                         (札幌市中央区南一条西5丁目14番地の1)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第15期
               回次                           第14期
                           第2四半期累計期間
                            自2019年1月1日           自2018年1月1日

              会計期間
                            至2019年6月30日           至2018年12月31日
                      (千円)            715,614          1,322,591
     売上高
                      (千円)            37,789           54,095
     経常利益
                      (千円)            25,634           50,563
     四半期(当期)純利益
                      (千円)              -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)            65,424           65,424
     資本金
                      (株)           710,000           710,000
     発行済株式総数
                      (千円)            258,102           232,467
     純資産額
                      (千円)            541,565           487,955
     総資産額
                      (円)            12.03           23.74
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -
     (当期)純利益
                      (円)              -           -
     1株当たり配当額
                      (%)             47.7           47.6
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)             4,976           21,889
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            △ 5,154           28,458
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 10,098            △ 201
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)            126,472           136,748
     (期末)残高
                               第15期

               回次
                            第2四半期会計期間
                            自2019年4月1日

              会計期間
                            至2019年6月30日
                      (円)             7.49
     1株当たり四半期純利益
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
           ては記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
         4.2018年10月17日付で普通株式1株につき100株の割合で、2019年7月1日付で普通株式1株につき3株の割
           合で株式分割を行っております。第14期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当
           期)純利益を算定しております。
         5.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
         6.1株当たり配当額については、配当実績がありませんので、記載しておりません。
         7.当社は、第14期第2四半期累計期間については四半期財務諸表を作成していないため、第14期第2四半期累
           計期間に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。
                                  2/18


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
         8.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           会計期間の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡っ
           て適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

         当第2四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。
                                  3/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第2四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載した
        事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当第2四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。なお、当社
        は、前第2四半期累計期間については四半期財務諸表を作成していないため、前年同四半期累計期間との比較分析
        は行っておりません。また、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月
        16日)等を第1四半期会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前事業年度末の数値で
        比較を行っております。
       (1)  経営成績の状況

         当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、堅調な企業収益を背景とした設備投資の増加や雇用・所得環境の
        改善が続く中で、政府の各種政策の効果もあって、緩やかに回復いたしました。一方で、米中貿易摩擦に起因する
        海外経済の動向と輸出への影響や、国内外の金融資本市場の変動の影響に留意する必要があり、景気の先行きは不
        透明な状況となっております。
         リフォーム業界におきましては、リフォーム工事の事業者数は年々増加しており、専門会社以外のハウスメー
        カーや住宅設備メーカー、ホームセンターなど多岐にわたっております。
         このような経済環境の中、当社では、4月に千葉支店を開設するなど販売エリアを拡大し、北海道・東北・関東
        の三つのエリアの営業展開を引き続き図り、営業活動を行ってまいりました。また、先々を見据えたエリア拡大の
        ための基礎を固めるべく積極的に採用活動を行い、人材育成及び営業力強化に注力した体制作りを継続してまいり
        ました。
         これらにより当第2四半期累計期間における売上高は715,614千円、営業利益は35,641千円、経常利益は37,789
        千円、四半期純利益は25,634千円となりました。
         セグメント別の経営成績は、以下のとおりであります。

        (外壁リフォーム工事)

         外壁リフォーム工事については、営業部の人員増加及び人材育成により、受注数は増加し、売上高は635,743千
        円、セグメント利益は85,751千円となりました。
         なお、地域ごとの売上高の内訳としては、北海道地区(1支店)301,319千円、東北地区(1支店)127,462千
        円、関東地区(2支店)206,960千円となりました。
        (その他リフォーム工事)

         その他リフォーム工事については、法人向け工事の受注数が減少したため、売上高は24,446千円、セグメント損
        失は194千円となりました。
        (材料販売)

         材料販売については、受注数が増加し、売上高は55,424千円、セグメント利益は7,296千円となりました。
       (2)  財政状態の分析

        (資産)
         当第2四半期会計期間末における流動資産は358,722千円となり、前事業年度末と比べ39,040千円増加いたしま
        した。これは主に完成工事未収入金が52,581千円増加した一方で、現金及び預金が10,275千円減少したことによる
        ものであります。固定資産は182,842千円となり、前事業年度末と比べ14,569千円増加いたしました。これは主に
        リース資産が10,814千円、工具、器具及び備品が3,985千円増加したことによるものであります。
         この結果、総資産は541,565千円となり、前事業年度末と比べ53,609千円増加いたしました。
        (負債)

         当第2四半期会計期間末における流動負債は215,244千円となり、前事業年度末と比べ25,579千円増加いたしま
        した。これは主に工事未払金が29,518千円増加した一方で、前受金が5,610千円減少したことによるものでありま
        す。固定負債は68,218千円となり、前事業年度末と比べ2,396千円増加いたしました。これは主にリース債務が
        10,342千円増加した一方で、長期借入金が7,342千円減少したことによるものであります。
         この結果、負債合計は283,462千円となり、前事業年度末と比べ27,975千円増加いたしました。
        (純資産)
                                  4/18

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
         当第2四半期会計期間末における純資産合計は258,102千円となり、前事業年度末と比べ25,634千円増加いたし
        ました。これは四半期純利益25,634千円を計上したことにより、利益剰余金が同額増加したためであります。
         この結果、自己資本比率は47.7%(前事業年度末は47.6%)となりました。
       (3)  キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期累計期間における営業活動による資金は、4,976千円の増加となりました。
         これは主として、税引前四半期純利益38,969千円に対し、仕入債務の増加額30,002千円、減価償却費3,770千
        円、未払費用の増加額3,737千円の資金増加要因があった一方で、売上債権の増加額51,249千円、法人税等の支払
        額14,646千円、未払金の減少額2,844千円の資金減少要因があったことによるものです。
         投資活動による資金は、5,154千円の減少となりました。
         これは主として、保険積立金の解約による収入2,799千円の資金増加要因があった一方で、有形固定資産の取得
        による支出6,916千円、保険積立金の積立による支出1,421千円の資金減少要因があったことによるものです。
         財務活動による資金は、10,098千円の減少となりました。
         これは、長期借入金の返済による支出10,098千円の資金減少要因があったことによるものです。
         この結果、当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物の残高は、126,472千円となりました。
       (4)  経営方針・経営戦略等

         当第2四半期累計期間において、当社が定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
       (5)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (6)  研究開発活動

         該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

         当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/18











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                           2,600,000

                  計                                2,600,000

        ②【発行済株式】

            第2四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
       種類     在発行数(株)                         又は登録認可金融商品                内容
                          (2019年8月9日)
             (2019年6月30日)                        取引業協会名
                                                 権利内容に何ら限定のな
                                     札幌証券取引所            い当社における標準とな
     普通株式              710,000           2,130,000
                                     (アンビシャス市場)            る株式であり、単元株式
                                                 数は100株であります。
        計            710,000           2,130,000           -            -
     (注)2019年5月31日開催の取締役会決議により、2019年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っ
        ております。これにより、発行済株式総数は、1,420,000株増加し2,130,000株となっております。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     2019年1月1日~
                       -     710,000          -     65,424         -     20,424
     2019年6月30日
     (注)2019年5月31日開催の取締役会決議により、2019年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っ
        ております。これにより、発行済株式総数は、1,420,000株増加し                               2,130,000株となっております。
                                  6/18







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2019年6月30日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                                                 550        77.46

     佐々木 忠幸                  札幌市手稲区
                                                  23        3.32
     須田 忠雄                  群馬県桐生市
                       札幌市中央区大通東4丁目4番地18                           21        2.96

     FUJIジャパン従業員持株会
                                                  10        1.52

     松井証券株式会社                  東京都千代田区麹町1丁目4番地
                                                  10        1.41

     樋口 俊一                  札幌市白石区
                                                  10        1.41

     佐賀 一郎                  仙台市若林区
                                                  5        0.75

     金沢 茂                  長野県佐久市
                                                  5        0.70

     清武 秀男                  広島市中区
                                                  3        0.51

     渡辺 展規                  大阪市東住吉区
                                                  3        0.44

     柄脇 昇                  埼玉県川越市
                                                  3        0.44
     加藤 博之                  岐阜県土岐市
                                -                 645        90.92

             計
                                  7/18












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年6月30日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -
     議決権制限株式(その他)                     -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                     -             -             -

                                                権利内容に何ら限定のない
                            普通株式                   当社における標準となる株
     完全議決権株式(その他)                                      7,100
                             710,000                   式であり、単元株式数は
                                                100株であります。
     単元未満株式                     -             -             -
     発行済株式総数                        710,000           -             -

     総株主の議決権                     -                 7,100          -

     (注)2019年5月31日開催の取締役会決議により、2019年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っ
        ておりますが、上記株式数及び議決権の数につきましては、株式分割前の数値を記載しております。
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
      2【役員の状況】

         前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  8/18











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
        なお、当四半期報告書は、第2四半期に係る最初に提出する四半期報告書であるため、前年同四半期との対比は
       行っておりません。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2019年4月1日から2019年6
       月30日まで)及び第2四半期累計期間(2019年1月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期財務諸表について、
       太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  9/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        136,748              126,472
         現金及び預金
                                        123,954              176,535
         完成工事未収入金
                                         7,273              5,941
         売掛金
                                         31,339              32,623
         原材料及び貯蔵品
                                         12,817              11,549
         未成工事支出金
                                         4,529              4,742
         前払費用
                                         3,019               856
         その他
                                        319,682              358,722
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         41,489              42,582
          建物
                                        △ 15,055             △ 15,751
            減価償却累計額
            建物(純額)                             26,434              26,831
          車両運搬具                                550              550
                                         △ 549             △ 549
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                                0              0
          工具、器具及び備品                               25,703              31,526
                                        △ 17,994             △ 19,832
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              7,708              11,694
          土地                               57,821              57,821
                                           -            10,814
          リース資産
                                           -              -
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               -            10,814
                                         91,964              107,161
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         5,001              3,764
          ソフトウエア
                                         5,001              3,764
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         58,467              58,913
          敷金及び保証金
                                         7,000              6,802
          保険積立金
          長期前払費用                                330              692
                                         4,259              4,259
          繰延税金資産
                                         1,250              1,250
          その他
                                         71,307              71,916
          投資その他の資産合計
                                        168,272              182,842
         固定資産合計
                                        487,955              541,565
       資産合計
                                 10/18







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         6,637              7,122
         買掛金
                                         62,317              91,835
         工事未払金
                                         20,000              20,000
         短期借入金
                                         19,635              16,879
         1年内返済予定の長期借入金
                                         13,437              10,592
         未払金
                                         30,548              34,286
         未払費用
                                         14,646              13,335
         未払法人税等
                                         1,336              2,334
         未成工事受入金
                                         7,660              2,050
         前受金
                                         1,380              3,163
         預り金
                                         3,100              3,190
         完成工事補償引当金
                                           308              308
         前受収益
         リース債務                                  -             1,337
                                         8,657              8,810
         その他
                                        189,665              215,244
         流動負債合計
       固定負債
                                         30,268              22,926
         長期借入金
                                         35,554              34,950
         預り敷金保証金
                                           -            10,342
         リース債務
                                         65,822              68,218
         固定負債合計
                                        255,487              283,462
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         65,424              65,424
         資本金
         資本剰余金
                                         20,424              20,424
          資本準備金
                                         20,424              20,424
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        146,619              172,254
            繰越利益剰余金
                                        146,619              172,254
          利益剰余金合計
                                        232,467              258,102
         株主資本合計
                                        232,467              258,102
       純資産合計
                                        487,955              541,565
      負債純資産合計
                                 11/18








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第2四半期累計期間】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期累計期間
                                (自 2019年1月1日
                                至 2019年6月30日)
      売上高
       完成工事高                                 660,190
                                         55,424
       材料売上高
                                       ※1 715,614
       売上高合計
      売上原価
                                        374,130
       完成工事原価
                                         46,057
       材料売上原価
                                        420,188
       売上原価合計
                                        295,425
      売上総利益
                                       ※2 259,784
      販売費及び一般管理費
                                         35,641
      営業利益
      営業外収益
                                           439
       受取利息
                                         1,713
       賃貸収入
                                           665
       その他
                                         2,817
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           333
       支払利息
                                           225
       賃貸収入原価
                                           111
       その他
                                           669
       営業外費用合計
                                         37,789
      経常利益
      特別利益
                                         1,179
       保険解約益
                                         1,179
       特別利益合計
                                         38,969
      税引前四半期純利益
                                         13,335
      法人税等
                                         25,634
      四半期純利益
                                 12/18










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期累計期間
                                (自 2019年1月1日
                                至 2019年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         38,969
       税引前四半期純利益
                                         3,770
       減価償却費
       完成工事補償引当金の増減額(△は減少)                                    90
                                         △ 439
       受取利息
                                           333
       支払利息
                                        △ 1,179
       保険解約益
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 51,249
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                   △ 16
       敷金及び保証金の増減額(△は増加)                                  △ 445
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  30,002
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 2,844
       未払費用の増減額(△は減少)                                  3,737
       預り敷金保証金の増減額(△は減少)                                  △ 604
                                         △ 669
       その他の増減額(△は減少)
                                         19,454
       小計
       利息の受取額                                   439
                                         △ 270
       利息の支払額
                                        △ 14,646
       法人税等の支払額
                                         4,976
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 6,916
       有形固定資産の取得による支出
                                           383
       貸付金の回収による収入
                                        △ 1,421
       保険積立金の積立による支出
                                         2,799
       保険積立金の解約による収入
                                        △ 5,154
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 10,098
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 10,098
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 10,275
                                        136,748
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 126,472
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/18









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第2四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の
         実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会計
        期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期損益計算書関係)

         ※1 売上高の季節変動
            当社の主要事業である外壁リフォーム工事においては、受注件数が季節によって変動し、冬場と夏場が落
           ち込み、春先及び秋口に増加する傾向があり、そのため当社の第1四半期会計期間及び第3四半期会計期間
           の売上高は、他の四半期会計期間に比較して減少する傾向があります。
         ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                                 当第2四半期累計期間
                                 (自    2019年1月1日
                                  至     2019年6月30日)
          給与手当                              122,920    千円
                                          3,650
          減価償却費
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のとおり
          であります。
                                 当第2四半期累計期間
                                 (自    2019年1月1日
                                  至   2019年6月30日)
         現金及び預金勘定                               126,472千円
         預入期間が3ケ月を超える定期預金                                   -
         現金及び現金同等物                               126,472
                                 14/18









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
        当第2四半期累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年6月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                      四半期損益計
                                                調整額
                                                      算書計上額
                                                (注)1
                  外壁リフォー       その他リ
                                                      (注)2
                                 材料販売         計
                  ム工事       フォーム工事
     売上高

                    635,743        24,446       55,424       715,614          -     715,614
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                     3,212         -       -      3,212      △ 3,212         -
      上高又は振替高
                    638,955        24,446       55,424       718,827       △ 3,212      715,614
          計
     セグメント利益又は損失
                     85,751        △ 194      7,296       92,853      △ 57,211       35,641
     (△)
      (注)1.調整額は以下のとおりであります。
           セグメント利益又は損失の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用△57,211千円でありま
           す。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.セグメント利益又は損失は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           該当事項はありません。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当第2四半期累計期間
                                (自 2019年1月1日
                                 至 2019年6月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                 12円03銭

       (算定上の基礎)

        四半期純利益(千円)                                  25,634

        普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -

        普通株式に係る四半期純利益(千円)                                  25,634

        普通株式の期中平均株式数(株)                                2,130,000

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
         2.当社は、2019年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。期首に当該株式
           分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益を算定しております。
                                 15/18






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
        (株式分割)
         2019年5月31日開催の取締役会決議に基づき、2019年7月1日付で株式分割を行っております。当該株式分割の
        内容は、次のとおりであります。
        (1)株式分割の目的

          投資家の皆様にとって、より投資しやすい環境を整えるため、株式分割を行い投資単位当たりの金額を引き
         下げることにより、当社株式の流動性の向上と投資家層の更なる拡大を図る事を目的とするものであります。
        (2)株式分割の概要

         ① 分割の方法
          2019年6月30日(日曜日)(但し、当日は株主名簿管理人の休業日となるため、実質的には2019年6月28日
         (金曜日)を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する普通株式を、1株につ
         き3株の割合をもって分割いたします。
         ② 分割により増加する株式数

          株式分割前の発行済株式総数      710,000株
          今回の分割により増加する株式数   1,420,000株
          株式分割後の発行済株式総数     2,130,000株
          株式分割後の発行可能株式総数    2,600,000株(変更なし)
        (3)株式分割の日程

          基準日公告日  2019年6月14日(金曜日)
          基準日     2019年6月30日(日曜日)(注)
          効力発生日   2019年7月1日(月曜日)
           ※同日は株式名簿管理人の休業日のため、実質的には2019年6月28日(金曜日)であります。
        (4)1株当たり情報に及ぼす影響

          1株当たり情報に及ぼす影響については、当該箇所に記載しております。
      2【その他】

         該当事項はありません。
                                 16/18










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年8月8日

     株式会社FUJIジャパン
      取締役会 御中
                              太陽有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                前田 裕次  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                宮崎     哲    印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社FUJ

     Iジャパンの2019年1月1日から2019年12月31日までの第15期事業年度の第2四半期会計期間(2019年4月1日から2019
     年6月30日まで)及び第2四半期累計期間(2019年1月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわ
     ち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社FUJIジャパンの2019年6月30日現在の財政状態並びに同日をもっ
     て終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がす
     べての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク