株式会社ピー・ビーシステムズ 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社ピー・ビーシステムズ

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         福岡財務支局長
      【提出日】                         2019年8月8日
      【会社名】                         株式会社ピー・ビーシステムズ
      【英訳名】                         PBsystems,Inc.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  冨田 和久
      【本店の所在の場所】                         福岡市博多区東比恵三丁目3番24号
      【電話番号】                         092-481-5669(代表)
      【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長  彌永 玲子
      【最寄りの連絡場所】                         福岡市博多区東比恵三丁目3番24号
      【電話番号】                         092-481-5669(代表)
      【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長  彌永 玲子
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集      174,675,000円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            82,200,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            41,100,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                   1/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式           150,000(注)2.          標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                              す。
      (注)1.2019年8月8日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、2019年8月22日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
         4.上記とは別に、2019年8月8日開催の取締役会において、エイチ・エス証券株式会社を割当先とする当社普
           通株式30,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
                                   2/111















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
        2019年9月2日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
       欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引
       受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2019年8月22日開催予
       定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総
       額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対し
       て引受手数料を支払いません。
        なお、本募集は、証券会員制法人福岡証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「上場前の公募又は売出し
       等に関する規則」(以下「上場前公募等規則」という。)第3条の2に規定するブックビルディング方式(株式の取
       得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を
       把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価格で行います。
             区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                       150,000           174,675,000              94,530,000

         計(総発行株式)                   150,000           174,675,000              94,530,000

      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の上場前公募等規則により規定されております。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2019年8月8日開催の取締役会決議に基づき、
           2019年9月2日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
           資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
           ります。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,370円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は205,500,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
           照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
           しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/111









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                          申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                          単位         申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定          自   2019年9月4日(水)            未定
                                                  2019年9月11日(水)
                            100
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.           至   2019年9月9日(月)           (注)4.
      (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、      2019年8月22日       に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
           等を総合的に勘案した上で、             2019年9月2日       に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、                      2019年8月22日       開催予定の取締役会において決定される予定であ
           ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び                                            2019年9月
           2日  に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
           取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、                                2019年8月8日       開催の取締役会において、
           増加する資本金の額は、           2019年9月2日       に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
           1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
           きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
           する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、2019年9月12日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募
           集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、2019年8月26日から2019年8月30日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「株券上場審査基準」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示またはホーム
           ページにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
                                   4/111





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                  店名                           所在地
     株式会社福岡銀行 比恵支店                            福岡市博多区東比恵三丁目1番31号

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
      4【株式の引受け】

                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                        (株)
                                              1.買取引受けによります。
                                              2.引受人は新株式払込金とし
     エイチ・エス証券株式会社             東京都新宿区西新宿六丁目8番1号
                                                て、2019年9月11日までに
                                                払込取扱場所へ引受価額と
                                                同額を払込むことといたし
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                                ます。
                                              3.引受手数料は支払われませ
                                                ん。ただし、発行価格と引
     FFG証券株式会社             福岡市中央区天神二丁目13番1号
                                                受価額との差額の総額は引
                                                受人の手取金となります。
     西日本シティTT証券株式

                   福岡市博多区博多駅前一丁目3番6号                      未定
     会社
     岡三証券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目17番6号

     東洋証券株式会社             東京都中央区八丁堀四丁目7番1号

     エース証券株式会社             大阪市中央区本町二丁目6番11号

           計                 -             150,000            -

      (注)1.2019年8月22日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(2019年9月2日)に元引受契約を締結する予定であります。
         3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
                                   5/111








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【新規発行による手取金の使途】
       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
               189,060,000                    7,500,000                  181,560,000

      (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,370円)を基礎として算出した見込額であ
           ります。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
       (2)【手取金の使途】

      上記の差引手取概算額181,560千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の差引手
     取概算額上限37,812千円を合わせて、①事業拡大に係る採用費及び人件費、②社内のサーバ・ストレージ及びネットワー
     ク機器並びにソフトウエア等購入費、③長期借入金の返済に充当する予定であります。具体的には以下を予定しておりま
     す。
     ① 事業拡大のための新規人材の採用費及び人件費として130,000千円(2020年9月期50,000千円、2021年9月期80,000

     千円)
     ②  生産性向上・セキュリティ強化のための社内システム投資として、サーバ・ストレージ・ネットワーク機器及びソフ
      トウエア等購入費用15,000千円(2020年9月期5,000千円、2021年9月期10,000千円)
     ③  金融機関からの長期借入金の返済資金として60,012千円(2019年9月期30,012千円、2020年9月期30,000千円)
      なお、   上記使途以外の残額については、将来における当社の成長に資するための設備投資及び人件費の増加分等に充当

     する方針ではありますが、当該内容等について具体的に決定している事項はありません。
      上記調達資金は、具体的な充当時期まで、または具体的な資金需要が発生し、支払い時期が決定するまでは、安全性の
     高い金融商品等で運用していく方針であります。
      (注)1.設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の

           項をご参照下さい。
         2.金融機関からの長期借入金の内容については、「第二部 企業情報 第5 経理の状況 (1)財務諸表 
           注記事項(金融商品関係)当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)4.借入金の決算日後
           の返済予定額」の項をご参照下さい。
                                   6/111









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        2019年9月2日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
       格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
       式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
       引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           福岡市東区
     普通株式                     60,000       82,200,000
              方式                           冨田 和久     60,000株
     計(総売出株式)            -         60,000       82,200,000                -
      (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の上場前公募等規則により規定されております。
         2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,370円)で算出した見込額でありま
           す。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
         6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   7/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                        申込株数
     売出価格     引受価額                   申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
      (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                 自 2019年
      未定                                    東京都新宿区西新宿六丁目
           未定     9月4日(水)              未定    引受人の本店及                       未定
     (注)1.                     100                8番1号
          (注)2.      至 2019年            (注)2.     び全国各支店                      (注)3.
     (注)2.                                     エイチ・エス証券株式会社
                9月9日(月)
      (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(2019年9月2日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           7.に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           東京都新宿区西新宿六丁目8番1号
     普通株式                     30,000       41,100,000
              方式                           エイチ・エス証券株式会社   30,000株
     計(総売出株式)            -         30,000       41,100,000                -
      (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、エイチ・エス証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによ
           る売出しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合
           があります。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2019年8月8日開催の取締役会において、エイ
           チ・エス証券株式会社を割当先とする当社普通株式30,000株の第三者割当増資の決議を行っております。ま
           た、エイチ・エス証券株式会社は、福岡証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売
           出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があ
           ります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の上場前公募等規則により規定されております。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,370円)で算出した見込額でありま
           す。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                   9/111











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                 元引受契約の内容
       (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
              自 2019年                      エイチ・エス
       未定      9月4日(水)                 未定     証券株式会社
                         100                     -         -
      (注)1.       至 2019年               (注)1.      の本店及び全
             9月9日(月)                      国各支店
      (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日(2019年9月2日)に決定する予定であります。ただし、申込証拠金に
           は、利息をつけません。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.エイチ・エス証券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による
           売出し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  10/111












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1.福岡証券取引所Q-Boardへの上場について
        当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
       について、エイチ・エス証券株式会社を主幹事会社として、福岡証券取引所                                   Q-Board    への上場を予定しておりま
       す。
      2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主である冨田和久(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
       て、当社は、2019年8月8日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式30,000株の第三者割
       当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上の
       募集事項については、以下のとおりであります。
      (1)   募集株式の数               当社普通株式 30,000株
      (2)   募集株式の払込金額               未定 (注)1.

                        増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に基づ
                        き算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満
        増加する資本金及び資本準備金
      (3)                  の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資
        に関する事項
                        本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とす
                        る。 (注)2.
                        2019年10月16日(水)
      (4)   払込期日
      (注)1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2019年8月22日開催予定の取締役会において決定される予
           定の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定であり
           ます。
         2.割当価格は、2019年9月2日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
           一とする予定であります。
        また、主幹事会社は、2019年9月12日から2019年10月9日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的とし
       て、福岡証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
       バー取引を行う場合があります。
        主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、貸株人から借入れている株式の返還に
       充当し、当該株式数については、割当てに応じない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資における
       発行数の全部または一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行
       数が減少する、または発行そのものが全く行われない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内におい
       ても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジ
       ケートカバー取引を終了させる場合があります。
                                  11/111








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3.ロックアップについて
        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である冨田和久、当社株主である森﨑
       高広、彌永玲子、冨田美香、山本智弘、冨田良彦、大原和司、冨田良郎、宮地洋、松下幸史、前原俊介、廣渡愛子、
       山田一郎、吉富裕之その他31名(当社の役職員(執行役員を含む。)又は代表取締役社長の親族)の計45名は、主幹
       事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2020年3月9日までの期間
       (以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式(潜在株式
       を含む。)の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普
       通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。
        また、当社の株主である加賀電子株式会社、株式会社ユニリタ、日本アジア投資株式会社、山代ガス株式会社、株
       式会社ゼネラルアサヒ、イメージ情報開発株式会社、K&Pパートナーズ1号投資事業有限責任組合、株式会社E
       3、みやざき未来応援ファンド投資事業有限責任組合及び株式会社バリュー・アップは、主幹事会社に対し、元引受
       契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(2019年12月10日)までの期間、主幹事会社の事前の書面による同意
       なしには、当社普通株式の売却等(ただし、当社普通株式の売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の
       1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う証券会員制法人福岡証券取引所での売却等を除く。)を行わない旨を
       合意しております。
        加えて、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通
       株式の発行、当社普通株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社普通株式を取得若しくは受領する権
       利を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行、ス
       トックオプションの行使による新株式発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、2019年8月8日開催
       の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨合意して
       おります。
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を
       一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。
                                  12/111













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社の社章                              を記載いたします。

       (2)表紙の次に「1 事業の内容」~「2 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  13/111

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  20/111





















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       提出会社の状況
               回次              第18期       第19期       第20期       第21期       第22期
              決算年月              2014年9月       2015年9月       2016年9月       2017年9月       2018年9月

                      (千円)      884,754      1,136,416       1,323,399       1,591,790       1,485,725
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                 (千円)      △ 3,007      22,853       26,716       89,385       14,396
     当期純利益又は当期純損失(△)                 (千円)      △ 37,340       23,369       47,992       91,245      △ 87,318

                      (千円)         -       -       -       -       -

     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)       46,000       46,000       99,000       99,000       99,000
     資本金
                       (株)       4,736       4,736       5,796     1,159,200       1,159,200
     発行済株式総数
                      (千円)     △ 144,633      △ 121,264       32,728      123,973       36,655
     純資産額
                      (千円)      553,099       559,709       661,439       705,826       848,878
     総資産額
                       (円)    △ 30,539.10      △ 25,604.76       5,646.73        106.95       31.62
     1株当たり純資産額
                               -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                         ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
     1株当たり当期純利益金額又は
                       (円)    △ 7,884.34       4,934.34      10,036.09         78.71      △ 75.33
     1株当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -       -       -       -
     益金額
                       (%)      △ 26.1      △ 21.7       4.9      17.6       4.3
     自己資本比率
                       (%)        -       -       -     116.5        -
     自己資本利益率
                       (倍)        -       -       -       -       -
     株価収益率
                       (%)        -       -       -       -       -
     配当性向
                      (千円)         -       -       -    158,958       171,211
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)         -       -       -    △ 74,025      △ 25,638
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)         -       -       -   △ 113,658       87,419
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)         -       -       -    129,717       362,709
     現金及び現金同等物の期末残高
     従業員数                          36       39       43       45       48
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
      (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社を有していないため記載しておりません。
         4.1株当たり配当額及び配当性向は、配当を行っていないため記載しておりません。
         5.  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           り期中平均株価が把握できないため、また、第18期及び第22期は1株当たり当期純損失金額であるため、記
           載しておりません。
         6.  自己資本利益率については、第18期及び第22期は当期純損失を計上しているため、また、第19期及び第20期
           は期中平均の自己資本が負の数値となるため、記載しておりません。
         7.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         8.  第21期及び第22期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、海南監査
           法人の監査を受けております。
                                  21/111


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           なお、第18期、第19期及び第20期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づ
           き算出した各数値を記載しております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項
           の規定に基づく、海南監査法人の監査を受けておりません。
         9.第18期、第19期及び第20期についてはキャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、キャッシュ・
           フローに係る各項目については記載しておりません。
         10.2017年6月4日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っておりますが、第21期の期首に当該
           株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損
           失金額(△)を算定しております。
         11.当社は、2017年6月4日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っております。
           そこで、証券会員制法人福岡証券取引所の定める会員証券会社宛通知「『上場申請のための有価証券報告書
           (Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成20年5月12日付福証自規第20号)に基づき、第18期の期首
           に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると、以下の
           とおりとなります。
           なお、第18期、第19期及び第20期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、海南監
           査法人の監査を受けておりません。
                           第18期       第19期       第20期       第21期       第22期
                          2014年9月       2015年9月       2016年9月       2017年9月       2018年9月

       1株当たり純資産額                (円)     △152.70       △128.02         28.23       106.95        31.62

       1株当たり当期純利益金額又は
                      (円)     △39.42        24.67       50.18       78.71      △75.33
       1株当たり当期純損失金額(△)
       潜在株式調整後1株当たり当期純
                      (円)        -       -       -       -       -
       利益金額
                              -       -       -       -       -
       1株当たり配当額
                      (円)
                             (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
       (うち1株当たり中間配当額)
                                  22/111












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
         年  月                           事  項
        1997年2月        資本金10,000千円         福岡市博多区比恵町7-12フェイズイン博多駅東901号室にて創業
        1998年10月        Citrix社メタフレームの取扱を開始
        1999年6月        社員増に伴い本社を福岡市博多区比恵町16-26へ移転
        2001年10月        自社開発ソフト「デルバイ」を販売開始
        2003年6月        社員増に伴い本社を福岡市博多区比恵町17-15へ移転
        2004年4月        シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社と、シトリックス・ソリューション・アドバイ
                ザー/プラチナ契約を締結
        2004年9月        自社開発ソフト「キトラス」を販売開始
        2005年10月        東京都中央区築地に、東京オフィス設立
        2006年12月        東京オフィスを東京都港区虎の門へ移転
        2009年9月        東京オフィスを本社に集約し、本社を福岡市博多区東比恵三丁目3-24へ移転
        2010年12月        代物弁済により特許権を取得し、エモーショナルシステム事業開始
        2014年2月        シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社のCitrix                          Partner    Award   Japan   2013『Local
                King   Award』を受賞
        2014年11月        2014年4月~2014年9月度のVMwareパートナーエリアコンテスト                             九州沖縄地区のエリア賞を受賞
        2015年2月        シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社のCitrix                          Partner    Award   Japan   2014『Local
                King   of  the  Year』2年連続受賞
        2015年5月        泉陽興業株式会社と4D王販売の業務提携
        2016年1月        VMwareパートナーエリアコンテストにて功績が認められ殿堂入り
        2016年9月        加賀電子株式会社等への第三者割当増資により資本金を99,000千円に増資
        2017年2月        シトリックス・システムズ・ジャパン                  株式会社    のCitrix     Partner    Award   Japan   2016『Citrix
                Specialist      of  the  Year』、『Best        of  Citrix    Advisor    Rewards/Net      New  Partner    Sourced
                Award』をダブル受賞
        2017年6月        従来品より運搬・設置・解体を簡易化した4D王ギャロップを投入
        2018年2月        シトリックス・システムズ・ジャパン                  株式会社    のCitrix     Partner    Award   Japan   2017   『Best    of
                Citrix    Advisor    Rewards/Net      New  Partner    Sourced    Award』を受賞
        2018年7月        福岡市科学館クリエイティブスペースの企画展示作品を選ぶコンテストで4D王が大賞を受賞
                                  23/111









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
        当社の事業セグメントは、企業の基幹システムをクラウド化する「セキュアクラウドシステム事業」、特殊な映像
       技術を用いて空間を仮想化する「エモーショナルシステム事業」の2つのセグメントで構成されております。
       (セキュアクラウドシステム事業)

        セキュアクラウドシステム事業は、当社が創業間もない時期から取り組んでいる主力事業であります。
        同事業は、目安として売上高100億円~500億円規模の中堅企業を主な顧客ターゲットとしております。同事業の属
       する国内クラウドサービス市場は、2018年度の市場全体の規模は約1兆9,422億円、2023年には4兆4,754億円まで拡大
       すると予測(出典:株式会社MM総研「2019年国内クラウドサービス需要動向調査」2019年6月11日)されている有望
       かつ潤沢なマーケットと言われております。
        単一企業内で利用するクラウドをプライベートクラウドと呼び、当社は、企業、団体向けの「システムのプライ
       ベートクラウド化」を中心として事業を行っておりますが、2017年の国内プライベートクラウド市場は、前年比
       40.6%増の4,223億円、2022年の市場規模は2017年比4.9倍の2兆851億円になると予測(出典:IDC                                               Japan株式会社
       「国内プライベートクラウド市場予測、2018年~2022年」2018年11月6日)されております。
        当社は、プライベートクラウドを実現する主要なソフトウエア企業である、Citrix、VMware、Microsoftの製品群
       を熟知、これら各社の戦略を理解し、顧客企業にとって最適な選択を行うことを第一に考え、派生する多数のセキュ
       リティ、ストレージ、サーバー等のハードウェア商品及び各種ソフトウエア商品を含めた総合的な提案を柔軟に行っ
       ております。
        特に、シトリックス・システムズ・ジャパン社のスペシャリスト認定者が最も多い企業として『Citrix
       Specialist      of  the  Year』を2017年に受賞、『Best               of  Citrix    Advisor    Rewards/Net      New  Partner    Sourced    Award』
       を2017年2018年の2年連続受賞する等、既に国内では主だった仮想化技術企業として評価を得ております。
        セキュアクラウドシステム事業は、サーバーの仮想化や強固なセキュリティ環境の構築を行う「プラットフォー
       ム」、仮想化環境に特化し、現場から発生するニーズを満たした機能を製品化して販売を行う「プロダクツ」、顧客
       が望む独自機能を満たすためのスクラッチ開発(手作り開発)を行う「カスタマイザー」の3つの区分で構成されて
       おり、プライベートクラウド構築だけでなく、企業システム全般を対象としたサービスを中堅企業向けに提供してお
       ります。
         売上区分                             概要

       プラットフォーム            システム仮想化業務(プライベートクラウド化~ハイブリッドクラウド化)にて活用す
                  る各種仮想化ソフトウエア(Citrix、VMware、Microsoft等)の導入コンサルティング、
                  設計、実装、保守及びそれらに付随するハードウェア、ソフトウエア販売を行っておりま
                  す。
                   コンサルティングにおいては、上記3社の仮想化ソフトウエア全てによるシステム構築
                  が可能であることを強みとして、各社製品の特徴を生かした提案を行っております。
                   特にCitrixについては、2004年4月から15年連続でシトリックス認定販売パートナーの
                  トップカテゴリ(Citrix            Solution     Advisor    Platinum)にリストされております。
         プロダクツ           Citrix環境における印刷系諸問題を解決する「デルバイ」及び「キトラス」という製品
                  が主力で、Citrixユーザー向けに10年以上売れ続けています。2014年には、食品製造業務
                  向けの生産管理業務に特化した生産管理システムパッケージである「イートバイ」を開発
                  し、市場投入しております。
        カスタマイザー            業務ロジックのプログラミング及びデータベース化する業務で販売管理や在庫管理、物
                  流管理等対象クライアントは多岐にわたっています。既存パッケージのカスタマイズは殆
                  ど行わず、顧客ニーズと顧客状況に応じた                    システムを手作りで構築できることが特徴と
                  なっております。
                                  24/111





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     [セキュアクラウドシステム事業:事業系統図]
       (エモーショナルシステム事業)











        エモーショナルシステム事業は、VR(Virtual                       reality:仮想現実)シアター4D王の技術開発及び製造販売を中心
       に行っております。
        4D王は特許(特許第4166260号:立体映像の投影方法及び立体映像の投影装置)を取得しており、360度スクリーン
       に切れ目なく3D映像を投影する特許技術を基にした移設可能なミニシアターであります。円筒形のスクリーンの中に
       客席が設置され、スクリーンに囲まれた空間に映像が縦横無尽に飛び回り、観客を突き抜ける特殊効果と、映像に同
       期した立体音響、突風、地面の揺れによって、360度に展開するストーリーに観客を没入させる、独自のVR空間を作
       り上げる装置となっております。ヘッドマウントディスプレイ型のVRと異なり、軽量な3D眼鏡を使用することで仲間
       と感動を共有する、いわゆる「体験共有型VRシアター」と言えます。
        2019年7月末      現在、4D王の常設設置箇所は遊園地を中心として、国内17箇所、海外2箇所、計19箇所となっており
       ます。最近では、博物館や科学館で設置されるようになったほか、工場見学等産業系をはじめとした様々な用途に対
       応するシミュレーターとしての利用が検討されるなど、販売・設置先が遊園地系以外にも広がりつつあります。
        また、4D王は、運搬や設置に時間と労力を要する常設型のシアターだけではなく、装置の運搬・設置・解体を簡易
       化し、これらの時間を大幅に短縮させた可搬型のシアターである4D王ギャロップも製品化されております。一定の平
       面箇所があれば設置可能なラインアップを大小にわたって取り揃えていることから、平面スクリーンと稼働椅子を
       使ったシアターと比較して、設置にあたって柔軟な対応が可能となっております。
        その他、4D王において上映するコンテンツ制作も行っておりますが、有名なキャラクターを用いたコンテンツとし
       て、2017年3月の「ウルトラマンゼロ Another                       Battle    ~光と力~」を皮切りに、2017年8月には「頭文字D
       project    VR  -疾駆-」、2019年3月には「新幹線変形ロボ シンカリオン360°ザ・ムービー」をリリースしました。
       また、解像度が高い8k360度カメラで撮影した実写によるミュージックビデオや、各地の風景映像など、新たなコン
       テンツ制作にも取り組んでおります。
                                  25/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     [エモーショナルシステム事業:事業系統図]
     ※レベニューシェアとは、当社提供機器等の対価として4D王運営者の売上の一部を一定割合で当社に支払ってもらうものです。












     ※ここでのIPは、Interllectual            Property=知的財産のことを表しています。
                                  26/111








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
        該当事項はありません。
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                   2019年7月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

                46           45.6              8.8
                                                    5,906,120
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      セキュアクラウドシステム事業                                            32
      エモーショナルシステム事業                                             ▶

       報告セグメント計                                            36

      全社(共通)                                            10

                  合計                                46

      (注)1.従業員数は、執行役員及び                   契約社員を含んでおります。なお、臨時従業員数はその総数が従業員の総数の
           100分の10未満であるため、記載を省略しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.平均年間給与は、執行役員の役員報酬を含んでおりません。
         4.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (2)労働組合の状況

        労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  27/111











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
      (1)  経営方針

        一般的な業務効率化を目的としたシステムは、手軽でリスクが少ない方法として汎用パッケージシステムをクラウ
       ド上で利用する形態に進んでいきます。一方、個々の企業における「競争力の源泉の一つ」である独自の経営ノウハ
       ウ、独自の技術、独自の文化(生産方法や営業手法、経営管理方法、顧客サービス手法等)をシステムとして組上
       げ、最新技術を咀嚼しながらシステムを構築し運用していくことは簡単ではありません。当社は、顧客企業の「競争
       力の源泉の一つ」となる顧客独自の情報システム構築を実現すること、そして、その道がたとえ困難であっても一歩
       踏み出す勇気を持つこと、をポリシーとし、以下の経営理念として定めております。
       「勇者たらんと。」 小さな僕等が持ち得るものは、一人一人の知恵と勇気と諦めない強い心だけだ。

                 どんな時でも、「その一歩」が踏み出せるように。
                 勇者たらんと。
      (2)目標とする経営指標

       当社は、持続的な成長と企業価値の拡大を図るため、「営業利益」を重要な経営指標としております。
      (3)中長期的な会社の          経営戦略

       当社は、2019年9月期からの3年間を「小さいが強い企業」への成長プロセスとしての3ヶ年と位置付け、事業のコ
      アである仮想化技術をベースとしつつ、顧客企業のリアルなニーズに対応した高品質なIT技術を提供することで主力
      事業であるセキュアクラウドシステム事業の継続的な成長を目指しております。また、エモーショナルシステム事業
      においては、「体験共有型VRシアター」である4D王を市場に広めるため、販売パートナーの確保、および育成を行う
      とともに、販売力の強化を推進し、2つの事業が、中期的には収益面でお互いに補完しあうことで安定的な収益構造
      を構築してまいります。
      (4)  経営環境及び対処すべき課題

       当社のコア技術である仮想化技術をベースにしたクラウドシステムの進展とともに、セキュアクラウドシステム事
      業に対する需要は益々拡大傾向にあり、日本国内のプライベートクラウド市場においては、2017年の市場規模は前年
      比40.6%増の4,223億円となり、2022年には2兆851億円になると予測されております。(出典:IDC                                             Japan株式会社
      「国内プライベートクラウド市場予測、2018年~2022年」2018年11月6日)
       また、エモーショナルシステム事業においては、BtoBtoC分野が顧客ターゲットであり、セキュアクラウドシステ
      ム事業とは異なる需要を喚起することができます。頭に装着するタイプのいわゆるヘッドマウントディスプレイ型の
      VRとは異なり、軽い3D眼鏡を装着するだけで、一度に16名~100名が同時に視聴・体験・感動を共有できる独自のVR
      シアターとしての特徴が評価されています。
       このような環境下において、当社は、主力のセキュアクラウドシステム事業においては、今後の市場環境や技術革
      新に対して積極的にキャッチアップし、継続的な成長を目指すとともに、新分野開拓を戦略としたエモーショナルシ
      ステム事業の推進により、中長期的には両事業が収益面でお互いに補完しあいながら安定的な収益構造を構築すべ
      く、対処すべき課題として以下の施策に取り組んでまいります。
      ①優秀な人材の確保

        今後暫くは、企業や自治体システムのクラウド化の進展は拡大の一途と予想され、単純なクラウド化から、より
       複雑で難易度の高い技術が求められております。また、国策としての働き方改革実現のポイントはクラウド技術の
       活用であり、それらの動きも相まって、クラウド化に対する長年の経験と高い知見を持つ当社のセキュアクラウド
       システム事業への期待はますます高まるものと考えられます。その旺盛な企業ニーズに対応するためには優秀な技
       術者と営業担当者が必要であり、教育投資と並行した人材確保が鍵となりますので、中途採用、新卒採用に関わら
       ず、積極的な人材獲得活動を行い、優秀な人材の確保に努めてまいります。
      ② 企業の基幹     システムのクラウド化に係る障害対応技術への取り組み

        企業の基幹システムのクラウド化に伴う最も重大なリスクは、通信回線障害時にすべてのシステムが利用不可能
       となってしまうことです。また、パブリッククラウド業者を利用した場合は、業者が保有する機器障害等によっ
       て、ユーザーは利用不可能となります。それを回避するためには、オン・プレミス(自社構内設置)とクラウドを
       ハイブリッドで利用可能なシステム構成が必要とされます。そのため、当社は、最小のコストでこの構成を構築す
       るための技術要素を幅広く検証し、ノウハウの習得に努めてまいります。
      ③サブスクリプション型(月額徴収型)サービス普及への対処
                                  28/111


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社は、プライベートクラウド構築を得意とする会社ではありますが、現在拡大傾向にあるサブスクリプション
       型(月額徴収型)サービスを利用したシステム構築についても、顧客のニーズに合わせて採用できる体制を整えて
       ま いります。
      ④ ロイヤルカスタマー         の獲得のための営業力の強化

        自社システムの進展に応じた様々なご相談を当社に継続して行っていただけるロイヤルカスタマーの数を増加さ
       せることが、当社の安定的成長に欠かせない経営課題であるため、ロイヤルカスタマー増加に対する営業力の強化
       に努めてまいります。
      ⑤4D  王の新分野への展開

        エモーショナルシステム事業においては、2018年9月期から事業の見直しを行い、再構築の途上にあります。遊
       園地系以外の分野への特殊3D映像によるVRメディアとしての市場の開拓と、科学館、博物館、防災施設、観光施
       設、シネコン、製造業の工場見学ルート、あるいは海外への展開を担う、分野別の販売代理店の確保及び育成に努
       めてまいります。
      ⑥財務体質の強化

        当社は、金融機関からの借入金の割合が株主資本に対して高い比率となっております。今後は運転資金拡大に加
       え開発及び設備投資のための資金の確保も必要であることから、有利子負債とのバランスを勘案しつつ自己資本の
       拡充に努めてまいります。
                                  29/111














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【事業等のリスク】
        以下には、当社の事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載しております。また、
       事業上のリスクとして具体化する可能性は必ずしも高くないと見られる事項を含め、投資家の投資判断上重要と考
       えられる事項については、投資家及び株主に対する情報開示の観点から積極的に開示しております。
        当社はこれらのリスク発生の可能性を認識した上で、その発生の予防及び発生の際の対応に努力する方針ですが、
       本株式に関する投資判断は、本項目以外の記載内容もあわせて以下の記載事項を慎重に検討の上、行われる必要が
       あると考えられます。
        なお、以下の本項記載の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであり、当社の事業又
       は本株式への投資に関するリスクをすべて網羅するものではありません。
      (1)    セキュアクラウドシステム事業遂行上のリスク

       ①業界の動向について
        当社の属する情報通信サービス産業は、ネットワーク化の進む今日の社会においては必要不可欠なものとなってお
       り、近年では、情報漏洩問題対策や個人情報保護法対策としてのセキュリティ強化、モバイル端末やテレワークでの
       業務システム利用などを目的として、クラウド環境構築技術が活用されています。
        これらの社会情勢を背景に、今後の当業界は更なる発展を遂げると考えておりますが、企業のシステム投資に対す
       る姿勢の変化や、今後当社の予測に反して相応の市場拡大を遂げない場合は、当社の事業運営及び業績に影響を与え
       る可能性があります。
       ②技術革新について

        当社の属する情報通信サービス産業においては、技術革新の進捗が早く、それに応じて業界標準及び利用者ニーズ
       が急速に変化します。当社はかねてより技術革新及び顧客ニーズの変化に対応すべく、積極的に最新の情報収集、技
       術の蓄積等を行っております。しかしながら、当社の対応力を上回る急激な技術革新が生じた場合、或いは当社が想
       定していない新技術が普及した場合、当社取扱製品やサービスの陳腐化・競争力の低下を引き起こし、当社の事業及
       び業績に影響を与える可能性があります。
       ③シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社とのパートナー契約について

        シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区霞が関三丁目2番1号                                            霞が関コモンゲー
       ト西館    23F)は米国市場NASDAQに上場しているCitrix                      Systems,Inc.社の連結決算対象法人です。
        Citrix     Systems,Inc.社が提供するソリューションは2017年度に年間売上高28億2千万ドルに達しており、アメリ
       カFortune誌が監修するFortune100企業の99%及びFortune500企業の98%を含む40万社の企業や組織に採用されていま
       す。
        当社は、2004年4月にシトリックス・システムズ・ジャパン株式会社とシトリックス・ソリューション・アドバイ
       ザー/プラチナ契約(コンサルタントまたはリセラーとして、Citrix製品の販売に関する専門知識、サービスの提
       供、顧客の教育、技術的な実装とサポートを提供するパートナー契約の最上位レベル)を締結して以来、同社のパー
       トナー企業としてCitrix製品を活用したプライベートクラウド構築に注力しておりますが、その結果として、当社に
       おけるCitrix関連ビジネスがセキュアクラウドシステム事業売上に占める割合は                                     2018年9月期で約37%となっており
       ます。従って、同社並びに同社製品の市場における訴求力が大きく低下した場合や、同社とのパートナー契約が更新
       できなかった場合等には、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
       ④他社ソフトウエアの活用について

        当社のセキュアクラウドシステム事業は、多数のプラットフォーム案件においてCitrix                                         Systems,Inc.社のソフト
       ウエアを活用した事業となっております。これは、日本進出前であった同社のメタフレーム(現VirtualApps)を当
       社が1998年10月より取り扱ってきた経験及び実績により、同社ソフトウエアを利用した仮想化システム構築のノウハ
       ウを当社が積み上げてきた結果であります。現在当社では、顧客ニーズに幅広く対応することを目的として、同社以
       外の複数社のソフトウエアを取り扱うことで、活用ソフトウエアの多様化を図っており、これらのソフトウエアを利
       用した仮想化システム構築実績も多数あります。しかしながら、当社が何らかの理由でCitrix                                            Systems,Inc.社のソ
       フトウエアを利用できなくなった場合には、当社がこれまで培ってきたノウハウを活用できなくなることに伴う競争
       力の低下により、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
       ⑤競合の状況について

        当社の属する情報通信サービス産業においては、技術革新とともに既存技術の陳腐化が早いため、他社との差別化
       を図るためには高い付加価値をもった製品・サービスが求められます。
        競合先が多数存在する中、プライベートクラウド構築技術・セキュリティネットワーク構築技術においては、長年
       クラウド構築に特化した事業を行ってきた当社ならではの、独自に蓄積した実装・コンサルティング能力、ノウハウ
                                  30/111


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       や実績において他社に対し優位性を有していると考えておりますが、競合先の技術力等の向上により当社の競争力が
       大きく低下した場合は、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
       ⑥プロジェクトの検収時期の変動あるいは収支の悪化について

        当社では、顧客の検収に基づき売上を計上しております。そのため、当社はプロジェクトごとの進捗を管理し、計
       画どおりに売上及び利益の計上ができるように努めておりますが、プロジェクトの進捗如何では、検収時期が変更さ
       れることもあります。この場合、顧客の検収時期によっては、売上計上が事業年度を前後することで当社の売上計上
       時期が変動し、当社の業績に影響を与える可能性があります。
        また、    プロジェクトは、想定される工数を基に見積もりを作成し受注をしております。そのため、当社は顧客との
       認識のズレや想定工数が大幅に乖離することがないように、工数の算定をしておりますが、この算定業務の大半が顧
       客企業とのヒアリング等で把握したデータの内容に依存する事から、完全に事前に工数や成果を見込むことは困難で
       あります。そのため見積もり作成時に想定されなかった不測の事態等により、工数が増加し、プロジェクトの収支が
       悪化する場合があり、特にそれが大規模なプロジェクトの場合は、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があり
       ます。
       ⑦外注管理体制について

        当社が事業展開する上で、顧客の業務分析及びシステム設計からシステムの開発(プログラミング)までを一括し
       て行っており、その一部については協力会社への外注を活用しております。当社が事業を更に推進して利益を計上す
       るためには、システム開発を含む大規模案件の受注数を増加させることが一つの方策として考えられますが、そのた
       めには、有用な外注先企業の確かな選定と安定的な活用が必要となります。
        現在の外注管理体制としては、当社製造部門のプロジェクトマネージャーによる外注管理のもと、確かな外注先の
       選定を行うことができておりますが、今後外注先の選定が予定通りに進まない場合や管理体制が十分に機能しなかっ
       た場合には、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
       ⑧顧客の機密情報管理体制について

        当社は、事業を遂行する上で顧客情報の取扱いをしており、当該情報中には顧客の営業上・技術上の機密情報や個
       人情報(以下「機密情報等」といいます)が含まれております。当社では、機密情報等を適切に保護・管理すること
       が重要であると認識しており、情報管理体制の整備及び従業員教育等を通じて、当社内部からの情報漏洩防止及び社
       外からの不正アクセス防止等に対して必要なセキュリティを施しております。また、外注先に対しても当社と同等の
       対策を求めており、過去に機密情報等の漏洩が起こった事実は認識しておらず、これらに起因するクレームや損害賠
       償請求を受けた事実もありません。しかしながら、万一、当社から機密情報等が外部に流出する事態が生じた場合に
       は、顧客からの信用や社会的信用を喪失し、当社に対する損害賠償請求、その他責任の追及により、当社の事業及び
       業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)    エモーショナルシステム事業遂行上のリスク

       ①エモーショナルシステム事業について
        VR(Virtual      Reality:仮想現実)やAR(Augmented                  Reality:拡張現実)関連技術は、今後も技術革新が拡がるこ
       とが見込まれますが、当社のエモーショナルシステム事業は、本格的な事業の開始以降、未だ営業損益では赤字の状
       態が継続しております。しかしながら、同事業は、セキュアクラウドシステム事業に概ね特化したプライベートクラ
       ウドシステム構築会社である当社が、VRという別事業を内包することで、中長期的にセキュアクラウドシステム事業
       と互いに補完し合う関係を構築して収益構造を安定化させること、また、今後における当社企業価値向上に寄与する
       ことを期待している事業であります。
        同事業については、今後、新たな市場をさらに開拓することで早期の黒字化を目指す方針でありますが、同事業の
       技術の源泉となるVR/AR業界では技術革新が急速で、当社の技術が業界の技術革新に追いつかない場合や当社のコン
       テンツを含む4D王が一般消費者の支持を得られない場合には、同事業の事業進捗が遅れることにより、当社全体の業
       績向上が遅れる可能性があります。また、新技術等への対応のための開発投資やコンテンツ償却費等の支出が拡大し
       た場合には、      採算悪化による収益性の低下を招くとともに、事業継続の検討が必要になるなど、                                      当社の事業及び業
       績・財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ②4D王の売上時期の変動について

        当社では、4D王の販売において顧客の動作確認による検収に基づき売上を計上しております。そのため、当社は4D
       王個別のプロジェクト進捗を管理し、計画どおりに売上及び利益の計上ができるように努めておりますが、進捗如何
       では、検収時期が変更されることもあります。この場合、顧客の検収時期によっては、売上計上が事業年度を前後す
       ることで当社の売上計上時期が変動し、当社の業績に影響を与える可能性があります。
       ③資産評価リスクについて

                                  31/111


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        エモーショナルシステム事業では、「4D王」として主にスクリーン等の本体設備および上映コンテンツを提供して
       おりますが、本体設備は棚卸資産もしくは有形固定資産として、上映コンテンツは無形固定資産として計上しており
       ます。棚卸資産としての本体設備は収益性の低下に基づく簿価切下げを実施すること、また、有形固定資産としての
       本 体設備および無形固定資産としての上映コンテンツについては、採算性の悪化等に伴う減損処理を適用すること
       で、業績に影響を与える可能性があります。
      (3)    全社のリスク

       ①当社製品・サービスの不具合等による影響について
        当社が提供する製品・サービスにおいては、納品前に十分な品質管理を行い、不具合(誤作動・バグ・検収遅延
       等)の発生を未然に防ぐ方策を図っております。しかし、万一、当該製品・サービスにおいて、当社に責務のある原
       因で不具合が生じた場合、無償対応や損害賠償責任の発生、顧客からの当社に対する信頼を喪失すること等により、
       当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
       ②システム障害の影響について

        当社は、コンピュータシステムのバックアップにより安定的なシステム運用、災害対策を行っておりますが、地震
       や水害等の大規模広域災害、火災等の地域災害等予測不可能な事由によりシステム障害が生じた場合には、当社の事
       業及び業績に影響を与える可能性があります。
       ③人材の確保について

        当社の継続的な発展及び急速な技術革新に対応して、競争力のある製品及びサービスの提供を行っていくために
       は、優秀な人材の確保が不可欠となります。現時点では優秀な人材の採用、社内でのノウハウの共有等による人材教
       育により必要な人材は確保しております。更なる事業の拡大にともない、積極的に優秀な人材を確保し、育成の強化
       を図る方針でありますが、当社の希求する人材が十分に確保できない場合、又は、現在在職中の人材が流出するよう
       な場合には、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
       ④特定の人物への依存について

        当社代表取締役社長で創業者でもある冨田和久は、当社設立以来代表取締役社長を務め、豊かな知識、経験を基
       に、経営に関わる者として当社の経営方針や経営戦略・事業戦略の決定をはじめ、当社にとって重要な役割を果たし
       ております。また、冨田和久は当社の筆頭株主として本書提出日現在当社株式を201,000株(発行済株式総数の
       17.3%)所有しております。
        現状において冨田和久が不測な事態を含め当社業務より離脱することは想定しておりませんが、同氏へ依存しない
       経営体制を整備するとともに、各分野での人材登用・育成を強化しています。未だ同氏への依存の度合いが高いと思
       われ、何らかの理由により同氏が現在の役割を遂行できなくなった場合や退職をした場合には、当社の事業及び業績
       に影響を与える可能性があります。
       ⑤知的財産権について

        当社は、事業展開する上で、技術・ノウハウ・知的財産権等は重要な位置を占めるため、特許権の取得による保護
       を図るとともに、これらの保全管理については細心の注意を払っており、また同様に、他社の知的財産権の侵害をす
       ることのない様、リスク管理に取り組んでおります。
        現在、当社が保有している知的財産権を侵害されている、あるいは、第三者から当社が権利侵害をしている旨の通
       知等を受領した事実はありませんが、今後、当該事実が生じる可能性は否定できません。この場合、第三者より知的
       財産権の使用料請求、損害賠償請求及び差止請求が発生する可能性があり、当社の信用低下及びブランドの毀損等に
       より、当社の事業及び業績に重要な影響を与える可能性があります。
       ⑥法的規制について

        当社の事業運営において、現在、直接的な法的規制は存在しないと認識しておりますが、今後新たな法令等の制定
       や既存法令の解釈の変更等が行われる可能性があり、こうした場合に対応して、製品・サービス内容の変更や新たな
       コストが発生すること等により、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
       ⑦小規模組織であることについて

        当社は、2019年7月31日において、取締役5人、監査役4人、執行役員及び従業員46人(うち管理部門10人)と小
       規模な組織であり、現在の人員構成における最適と考えられる内部管理体制や業務執行体制を構築しております。当
       社は、今後の業容拡大及び事業内容の多様化に対応するため、人員の増強、内部管理体制及び執行体制の一層の充実
       を図っていく方針でありますが、これらの施策が適時適切に進まなかった場合には、当社の事業及び業績に影響を与
       える可能性があります。
       ⑧配当政策について

                                  32/111

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社は、株主に対する利益還元を経営上の重要課題の一つと位置付けております。しかしながら、当社は、現在の
       ところ成長過程にあると考えており、経営体質の強化及び将来の事業展開のための内部留保の充実に重点を置く必要
       が あると考えており、現時点において配当実施の可能性及びその実施時期については未定であります。
       ⑨新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

        当社は、当社役員及び従業員等に対するインセンティブを目的として新株予約権を発行しております。これらの新
       株予約権による潜在株式数は本書提出日現在282,200株であり、発行済株式総数1,159,200株の24.3%に相当してお
       り、将来的にこれらの新株予約権が行使された場合には、当社の一株当たりの株式価値は希薄化し、株価形成に影響
       を与える可能性があります。なお、新株予約権の詳細は、後記「第4                                提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)
       新株予約権等の状況」をご参照ください。
       ⑩税務上の繰越欠損金について

        当社には、第22期事業年度末において税務上の繰越欠損金が存在しております。当社の業績が順調に推移すること
       で繰越欠損金が解消した場合には、通常の税率に基づく法人税、住民税及び事業税が計上されることとなり、当期純
       損益及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
       ⑪資金使途に関するリスク

        当社の公募増資による調達資金の使途については、人材採用費及び社内システム整備等に充当する予定です。しか
       しながら、外部環境等の影響により、目論見どおりに事業計画が進展せず、調達資金が上記の予定通りに使用されな
       い可能性があります。また予定どおりに使用された場合でも、想定どおりの効果を上げることができず、当社の事業
       及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑫有利子負債への依存と金利変動の影響について

        当社は、長期の運転資金やコンテンツ開発資金を金融機関からの借り入れに依存しており、2018年9月末における
       有利子負債残高は369,460千円、総資産額は848,878千円であり、有利子負債依存度は43.5%となっております。な
       お、有利子負債残高は長期借入金(1年以内に返済予定のものを含む)の合計額です。当面、金融当局の巧みなかじ
       取りによりわが国の長短の金利は低水準を維持すると予測しておりますが、その動向次第で当社の経営成績等に影響
       が及ぶ可能性があります。
       ⑬ロックアップについて

        当社の株主のうち、当社の役職員(執行役員を含む。)及び代表取締役社長の親族は、上場日(当日を含む。)後
       180日目までの期間のロックアップの合意を行っております。この対象となる株式は、本書提出日現在、顕在株
       436,600株及び潜在株256,000株であります(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによ
       る売出しのために当社株式を貸し渡すこと等は除くとしており、その除かれる株式数は顕在株90,000株であることか
       ら、本書提出日現在の顕在株のロックアップ株式数は346,600株となります。)。
        また、当社の株主のうち、加賀電子株式会社、株式会社ユニリタ、日本アジア投資株式会社、山代ガス株式会社、
       株式会社ゼネラルアサヒ、イメージ情報開発株式会社、K&Pパートナーズ1号投資事業有限責任組合、株式会社E
       3、みやざき未来応援ファンド投資事業有限責任組合及び株式会社バリュー・アップは、上場日(当日を含む。)後
       90日目までの期間のロックアップの合意を行っております(ただし、当社普通株式の売却価格が本募集等における発
       行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う証券会員制法人福岡証券取引所での売却等を除
       く。)。この対象となる株式は、本書提出日現在、顕在株380,000株であります。
        上記のそれぞれのロックアップは、主幹事会社の事前の書面による同意により解除されることがあります。また、
       それぞれのロックアップ期間後又はロックアップ解除後に、上記の株主がその保有株式を一斉に売却することによ
       り、短期的に需給バランスが悪化し、当社株式の株価形成に影響を及ぼす可能性があります。
                                  33/111






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
         当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状
        況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態の状況

        第22期事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
        (資産)
          当事業年度末の資産の部は、前事業年度末に比べて143,052千円増加し、848,878千円となりました。これは主
         に、現金及び預金の増加(前事業年度末に比べて233,593千円の増加)、ソフトウエアの減少(前事業年度末に比
         べて96,751千円の減少)、売掛金の増加(前事業年度末に比べて38,213千円の増加)等によるものであります。
        (負債)
          当事業年度末の負債の部は、前事業年度末に比べて230,370千円増加し、812,223千円となりました。これは主
         に、買掛金の増加(前事業年度末に比べて153,624千円の増加)、長期借入金の増加(前事業年度末に比べて
         89,595千円の増加)、未払消費税等の減少(前事業年度末に比べて9,628千円の減少)によるものであります。
        (純資産)
          当事業年度末の純資産の部は、前事業年度末に比べて87,318千円減少し、36,655千円となりました。これは、
         当期純損失87,318千円を計上したことによるものであります。
        第23期第3四半期累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

        (資産)
          当第3四半期会計期間末の資産の部は、前事業年度末に比べて181,244千円減少し、667,634千円となりまし
         た。これは主に、売掛金の減少(前事業年度末に比べて251,422千円の減少)、現金及び預金の減少(前事業年度
         末に比べて74,971千円の減少)、受取手形の増加(前事業年度末に比べて44,876千円の増加)等によるものであ
         ります。
        (負債)
          当第3四半期会計期間末の負債の部は、前事業年度末に比べて303,657千円減少し、508,565千円となりまし
         た。これは主に、買掛金の減少(前事業年度末に比べて256,549千円の減少)、長期借入金の減少(前事業年度
         末に比べて78,277千円の減少)、未払費用の減少(前事業年度末に比べて15,646千円の減少)によるものであり
         ます。
        (純資産)
          当第3四半期会計期間末の純資産の部は、前事業年度末に比べて122,413千円増加し、159,068千円となりまし
         た。これは、四半期純利益122,413千円を計上したことによる利益剰余金の増加によるものであります。
        ②経営成績の状況

        第22期事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
         当事業年度におけるわが国経済は、堅調な企業業績と雇用・所得環境の改善による消費の持ち直し、また設備投
        資も底堅い動きを見せるなど、緩やかな回復基調で推移しました。一方、海外においては、米国の保護主義的な通
        商政策による貿易摩擦激化への懸念や海外経済の不確実性、金融資本市場の変動の影響に留意が必要な状況にあり
        ます。
         当社の属する情報通信業界も、良好な事業環境が続きました。企業のIT投資は、好調な企業業績を背景に拡大
        し、政府が主導する働き方改革と雇用状況改善による人手不足が、業務効率化のシステム需要を押し上げ、また、
        個人情報の流出や仮想通貨の流出事故等が発生したことにより、サイバーセキュリティ対策強化の機運を高めまし
        たし、AIやIoT、RPAなどの新しいビジネスに必要なIT技術も広がりを見せています。
         このような環境下、当社は主力事業であるセキュアクラウドシステム事業の受注活動の強化、さらなる採算性の
        重視、品質の向上に努めるとともにエモーショナルシステム事業の立て直しに取り組みましたが、セキュアクラウ
        ドシステム事業が過去最高の売上高を計上する一方で、エモーショナルシステム事業は不振を脱するまでには至り
        ませんでした。
         その結果、当事業年度における売上高は1,485,725千円(前事業年度比6.7%減)、営業利益は24,315千円(前事業
        年度比76.9%減)、経常利益は14,396千円(前事業年度比83.9%減)、当期純損失は減損損失98,716千円が発生した
        ことにより87,318千円(前事業年度は91,245千円の当期純利益)となりました。
         セグメントごとの業績は次のとおりであります。
                                  34/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (セキュアクラウドシステム事業)
         セキュアクラウドシステム事業は、期末に高付加価値の大型仮想化案件が実現したことなどからソフト・ハード
        販売、コンサルティング&実装サービスを中心にプラットフォーム分野が好調に伸び、過去最高の利益を更新する
        ことができました。
         これらの結果、セキュアクラウドシステム事業の売上高は、1,466,179千円(前事業年度比4.2%増)、セグメント
        利益は303,322千円(前事業年度比16.6%増)となりました。
        (エモーショナルシステム事業)

         エモーショナルシステム事業は、4D王販売案件の受注遅延により当事業年度の4D王販売実績台数を伸ばすに至り
        ませんでした。このような状況を踏まえて期中に、新市場・新分野の開拓、新たな代理店獲得により販路を拡充さ
        せ更なる可能性を引き出す            営業  戦略  への転換を行いました。           当事業年度内の販売実現には至らなかったものの、翌
        期以降の受注残高の確保と新たな販路を開拓しております。
         これらの結果、エモーショナルシステム事業の売上高は、19,546千円(前事業年度比89.5%減)、                                             セグメント     損失
        は122,699千円(前事業年度は              セグメント     損失5,342千円)となりました。なお、前期と比較して大幅な                            セグメント
        損失を計上したことにより、当事業グループの固定資産については減損損失98,716千円を計上しております。
         なお、全社営業利益は、各セグメントの営業損益の合計から、報告セグメントに分配していない全社費用

        156,307千円を差し引いた数値となっております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であ
        ります。
        第23期第3四半期累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

         当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、全体として緩やかな回復基調で推移しました。雇用情勢や所得環
        境は改善が続きました。通商問題等の影響もあって輸出や生産には弱さが見られましたが、個人消費は持ち直し、
        企業収益は高い水準で底堅く推移しました。
         当社の属する情報通信業界は、ソフトウエア投資の拡大局面が継続するなど良好な事業環境が続きました。とり
        わけ、2020年1月に迫るWindows               7 / WindowsServer       2008   サポート終了に伴うクラウド化・仮想デスクトップの
        導入需要、全国的な人手不足や政府が推進する働き方改革に対処する業務効率化のシステム需要、消費税増税と軽
        減税率制度対応のシステム需要、巧妙化するサイバーセキュリティリスクへの対応需要などが企業のIT投資需要を
        加速しています。
         このような環境の下、当社は主力事業であるセキュアクラウドシステム事業の収益性拡大と顧客満足の向上を図
        るため大口パートナーとの関係強化と中堅企業顧客の開拓に努めるとともに、エモーショナルシステム事業の再構
        築に向け4D王販売の強化、代理店ネットワークの増強に注力しました。
         その結果、当第3四半期累計期間における売上高は1,222,796千円、営業利益は121,902千円、経常利益は
        112,527千円、四半期純利益は122,413千円となりました。
         セグメントごとの業績は次のとおりであります。
        (セキュアクラウドシステム事業)

         セキュアクラウドシステム事業は企業の旺盛なIT投資需要を背景に順調に推移しました。中でもプラットフォー
        ム分野は技術者の強化・育成を図り大口パートナーとの関係強化に努めたことによりCitrix製品販売が大幅増と
        なったほか、中堅企業の旺盛なクラウド基盤刷新需要のキャッチアップによって中堅企業顧客数を拡大しました。
         これらの結果、セキュアクラウドシステム事業の売上高は、1,114,386千円、セグメント利益は256,993千円とな
        りました。
        (エモーショナルシステム事業)

         エモーショナルシステム事業は中心戦略製品である4D王の新規販売が好転し、リプレース販売も計画通りに進捗
        しました。前年(2018年7月15日)、福岡市科学館の「クリエイティブスペースプロデュースコンテスト」で大賞
        を受賞したことを契機に、全国の博物館・科学館などの文化施設を新たな市場と位置づけて営業力強化を図り、代
        理店ネットワークの強化に注力しました。
         これらの結果、エモーショナルシステム事業の売上高は、108,410千円、セグメント利益は12,796千円となりま
        した。
         なお、全社営業利益は、各セグメントの営業損益の合計から、報告セグメントに分配していない全社費用

        147,887千円を差し引いた数値となっております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であ
        ります。
        ③キャッシュ・フローの状況

                                  35/111


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        第22期事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
         当事業年度末における現金及び現金同等物の残高(以下、資金という。)は、前事業年度末に比べ232,992千円
        増加し、362,709千円となりました。
         当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動により増加した資金は171,211千円となりました。これは主に、減損損失の計上によるものでありま
        す。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動により減少した資金は25,638千円となりました。これは主に、無形固定資産の取得による支出が生じた
        ためであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動により増加した資金は87,419千円となりました。これは主に、長期借入れによる収入が生じたためであ
        ります。
        ④生産、受注及び販売の実績

        a.生産実績
         当事業年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当事業年度
           セグメントの名称                   (自 2017年10月1日                   前年同期比(%)
                               至 2018年9月30日)
                                     213,452
      セキュアクラウドシステム事業(千円)                                                  100.3
                                      3,048
      エモーショナルシステム事業(千円)                                                  277.5
                                     216,501
            合計(千円)                                           101.2
      (注)1.金額は販売価格によっております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        b.  受注実績

         当事業年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
         セグメントの名称              受注高(千円)         前年同期比(%)          受注残高(千円)          前年同期比(%)
                         1,490,636           114.5          175,159
      セキュアクラウドシステム事業                                                  116.2
                           27,031          23.8          7,900
      エモーショナルシステム事業                                                 1,905.5
                         1,517,668           107.2          183,059          121.1
            合計
      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        c.販売実績

         当事業年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                     当事業年度
                                  (自 2017年10月1日
                                                      前年同期比
           セグメントの名称                        至 2018年9月30日)
                                                       (%)
                            製商品         サービス        セグメント合計
      セキュアクラウドシステム事業(千円)
                            1,001,327          464,852         1,466,179        104.2
      エモーショナルシステム事業(千円)                         3,564         15,982          19,546       10.5

            合計(千円)                1,004,891          480,834         1,485,725         93.3

      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  36/111




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
       ①重要な会計方針及び見積り

        当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。
       この財務諸表の作成にあたりまして、経営者により、一定の会計基準の範囲内で見積りが行われている部分があり、
       資産・負債や収益・費用の数値に反映されております。これらの見積りについては、継続して評価し、必要に応じて
       見直しを行っていますが、見積りには不確定性が伴うため、実際の結果は、これらと異なることがあります。この財
       務諸表の作成にあたる重要な会計方針につきましては、「第二部 企業情報 第5 経理の状況 1.財務諸表等
       (1)財務諸表 注記事項 (重要な会計方針)」に記載しております。
       ②経営成績に重要な影響を与える要因

        経営成績に重要な影響を与える要因については「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおり、事業
       環境をはじめとした様々なリスクが存在していることを認識しております。当社が属する情報通信業界においては、
       技術革新のスピードが早いため、業界動向や環境変化等を把握しながら技術を堅実に積み重ねることで、高品質な
       サービスを提供し続けることができるよう対応してまいります。
       ③経営者の問題意識と今後の方針

        「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載した様々な課題を適切に対処するこ
       とが必要であると認識しております。常に業界動向等の変化を捉えながら既存事業であるセキュアクラウドシステム
       事業、ならびにエモーショナルシステム事業双方の事業基盤の強化に努めるとともに、優秀な人材の確保をはじめと
       した内部管理体制の充実を図ることで、持続的な成長、および効率的な事業運営を実現させる所存であります。
       ④当事業年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当事業年度における経営成績は、売上高は、全体として1,485,725千円(前事業年度比6.7%減)と小幅減収となりま
       した。営業利益は24,315千円(前事業年度比76.9%減)、経常利益は14,396千円(前事業年度比83.9%減)、当期純損失
       は減損損失98,716千円が発生したことにより87,318千円(前事業年度は91,245千円の当期純利益)となりました。
        当社の主力事業であるセキュアクラウドシステム事業での上半期の低調が響き、第4四半期の7月までは営業赤字
       状態が継続しておりましたが、8月、9月に高付加価値の大型仮想化案件が実現したことなどからソフト・ハード販
       売、コンサルティング&実装サービスを中心にプラットフォーム分野の急速な挽回により、セキュアクラウドシステ
       ム事業においては、1,466,179千円(前事業年度比4.2%増)と前事業年度を超える売上高を実現し、セグメント利益は
       303,322千円(前事業年度比16.6%増)となり過去最高の利益となりました。当事業においては、優秀な人材の確保と
       取引先の拡大に注力することで、継続的な成長を目指してまいります。
        一方、エモーショナルシステム事業については、4D王販売見込み案件の受注遅延により当事業年度の4D王販売を実
       現できず、売上高19,546千円(前事業年度比89.5%減)、                          セグメント     損失は122,699千円(前事業年度は                セグメント     損
       失5,342千円)となりました。また、前事業年度と比較して大幅な                               セグメント     損失を計上したことにより、当事業グ
       ループの固定資産については減損損失98,716千円を計上しております。当事業においては、                                          これまでの販売実績の中
       心であった遊園地系の市場だけではなく、博物館、科学館、または工場見学といった新市場・新分野の開拓に注力
       し、早期の黒字化を目指してまいります。
        当社の資本の財源及び資金の流動性については、運転資金の確保は自己資金及び金融機関からの借入により、将来
       の収益拡大を目的とした設備投資のために必要な資金の確保は、長期借入金等による資金調達を検討する方針であり
       ます。
                                  37/111






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【経営上の重要な契約等】
     相手先名称          契約の名称           契約締結日          契約内容             契約期間
     シトリックス・シス          シトリックス・ソ           2004年4月1日          コンサルタントまたはリ             2019年1月1日から

     テムズ・ジャパン株          リューション・アド                    セラーとして、Citrix製
                                                 2019年12月31日
     式会社          バイザー/プラチナ契                    品の販売に関する専門知
                                                 (注)1
               約                    識、サービスの提供、顧
                                    客の教育、技術的な実装
                                    とサポートを提供する
                                    パートナー契約。
                                    プラチナ(PLATINUM)、
                                    ゴールド(GOLD)、シル
                                    バー(SIVER)のランクが
                                    あり、プラチナ
                                    (PLATINUM)は最高ラン
                                    ク。
     泉陽興業株式会社          業務提携書           2017年8月10日          レジャー施設(遊園地、             2017年8月10日から

                                    テーマパーク、動物園、
                                                 2027年8月9日
                                    水族館、植物園、サービ
                                                 (注)2
                                    スエリアその他公園等こ
                                    れに類する施設)について
                                    独占的に4D王を販売する
                                    契約。
     (注)1.資格者数等の諸条件を満たすことで、翌年の更新が可能となります。

        2    . 期間満了の3ヶ月前までに変更解除等の申し出のない場合は、自動的に5年間延長されます。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  38/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第22期事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
        当事業年度に実施した設備投資の金額は11,888千円で、その主な内訳はエモーショナルシステム事業のデモ機等4D
       王投影用機器11,303千円で、内7,930千円は所有目的の変更により棚卸資産から固定資産に振替を行ったものです。
        なお、当事業年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
       第23期第3四半期累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

        当第3四半期累計期間に実施した設備投資の金額は4,096千円で、その内訳はエモーショナルシステム事業の4D王
       高解像度化のための高解像度プロジェクター4,096千円であります。
        なお、当第3四半期累計期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

                                                     2018年9月30日現在
                                       帳簿価額

       事業所名                                                 従業員数
                             建物      土地
             セグメントの名称        設備の内容                      工具、器具及
                                        構築物            合計
       (所在地)                                                  (人)
                                             び備品
                            (千円)
                                 (千円)
                                                   (千円)
                                       (千円)
                                             (千円)
                            (面積㎡)
                                 (面積㎡)
     本社                          -      -
             全社共通        本社事務所                    569     6,267      6,836      48
     (福岡市博多区)                       (499.56)      (432.90)
     社外 (注)4        エモーショナルシ
                      4D王デモ機         -      -      -    7,398      7,398      -
             ステム事業
     (東京都千代田区)
      (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         3.建物及び土地は賃借しております。年間賃借料は14,160千円であります。なお、賃借している建物及び土
           地の面積は(      )で外書きしております。
         4.当社デモ機を田中電気株式会社ショールーム(東京都千代田区)内に設置しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (2019年7月31日現在)

       (1)  重要な設備の新設等
                                              着手及び完了予
                               投資予定金額
                                                定年月
       事業所名       セグメント                           資金調              完成後の
                     設備の内容
      (所在地)        の名称                          達方法              増加能力
                              総額     既支払額
                                               着手     完了
                             (千円)      (千円)
                    サーバ・スト
     本社
               全社     レージ・ネット                     増資資     2020年     2021年
     (福岡市博多                         15,000        -                (注)2.
              (共通)      ワーク機器及び                      金    4月     9月
     区)
                    ソフトウエア等
       (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
          2.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
       (2)  重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  39/111





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        4,636,800

                  計                             4,636,800

        ②【発行済株式】

                                     上場金融商品取引所名又
             種類              発行数(株)           は登録認可金融商品取引                 内容
                                     業協会名
                                                  権利内容に何ら限定の
                                                  ない当社における標準
      普通株式                      1,159,200              非上場        となる株式であり、単
                                                  元株式数は100株であり
                                                  ます。
             計               1,159,200               -            -
                                  40/111














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
                             第1回新株予約権
      決議年月日                            2002年9月26日
                                  当 社取締役   5
                                  当社従業員          17
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社役員知     人    20(注)1
      新株予約権の数(個)※                            497(注)2
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 99,400(注)2

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            150(注)3

                                   自 2003年4月1日
      新株予約権の行使期間 ※
                                   至 2021年9月30日
                                  発行価格   150
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
      価格及び資本組入額(円)※
                                  資本組入額          75
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)4
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※

                                  取締役会の決議による承認を要する
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                                         -
       ※    最近事業年度の末日(2018年9月30日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年7                                                  月31
         日)において、記載すべき内容が最近事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現                                                  在に
         係る記載を省略しております。
      (注)   1.付与対象者の退職等による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、                                                当社取
           締役1名、当社従業員5名、当社役員知人25名、元当社役員1名、元当社従業員5名となっております。
         2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、200株であります。
           なお、新株予約権の割当日後、当社が株式の分割又は併合を行う場合は、本新株予約権のうち、当該株式の
           分割又は併合の時点で行使されていない新株予約権について、次の算式によりその目的となる株式の数を調
           整します。ただし、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てます。
           調整後株式数=調整前株式数×分割又は併合の比率
         3.新株予約権の割当日後、当社が株式の分割又は併合を行う場合は、本新株予約権のうち、当該株式の分割又
           は併合の時点で行使されていない新株予約権について、次の算式によりその払込をすべき金額を調整しま
           す。ただし、調整の結果生じる1円未満の端数は、これを切り上げます。
                                     1
           調整後払込価額=調整前払込価額×
                                 分割・併合の比率
         4.本新株予約権の行使の条件は以下のとおりであります。
           1)本新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)のうち当社の取締役又は従業員である
           者は、権利行使時においても当社の取締役又は従業員であること。
           2)権利行使期間中に新株予約権者が死亡した場合は、法定相続人1人に限り権利を承継することができる。
           ただし、再承継はできない。
           3)1個の本新株予約権の一部につき新株予約権を行使することはできない。
         5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件は以下のとおりであります。
           1)新株予約権者が行使条件により本新株予約権を行使できなくなったとき。
           2)本新株予約権を行使することができる期間の最終日を経過したとき。
           3)本新株予約権者が会社に対して書面により本新株予約権の全部又は一部を放棄する旨の意思表示をなし
           たとき。
           4)当社が消滅会社となる合併契約書が株主総会で承認されたとき。
           5)当社が他の会社の完全子会社と                なる株式交換契約書又は株式移転に関する事項が株主総会で承認された
           とき
                                  41/111




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                             第4回新株予約権
      決議年月日                            2017年1月13日

                                  当社取締役   3
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社従業員          44(注)1
      新株予約権の数(個)※                            914
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 182,800(注)2、3

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            504(注)4

                                   自 2019年1月14日
      新株予約権の行使期間 ※                             至 2026年12月27日
                                  (注)5
                                  発行価格  504
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
      価格及び資本組入額(円)※
                                  資本組入額 252
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)6
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※

                                  取締役会の決議による承認を要する
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                                         -
       ※ 最近事業年度の末日(2018年9月30日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年7                                                     月31
         日)において、記載すべき内容が最近事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在                                                   に
         係る記載を省略しております。
      (注)1.付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、                                                   当社取締
           役3名、当社従業員36名、元当社従業員8名                     となっ   ております。
         2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、                       200株   であります。
         3.当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個あた
           りの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満の端数は
           切り捨て、金銭による調整は行いません。「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分
           割前の発行済普通株式総数で除した数を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併
           合前の発行済普通株式総数で除した数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとします。調整後の株式数
           は、株式分割の場合は会社法第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日の翌日以降、株式併合の
           場合は株式併合の効力発生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとします。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
           当社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併する場
           合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合に                                    は、当社は適当と認める本新
           株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整を行います。
         4.本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1個あたりの目
           的となる株式数を乗じた金額とします。但し、行使価額は以下に定めるところに従い調整されることがあり
           ます。
         (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価額
           を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                                     1
            調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×
                                 分割・併合の比率
         (2)当社が、①時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含む。以
           下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に伴うものを
           除く。)、又は②時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等(取得請求
           権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若しくは当社の請求に基づ
           き又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は権利を意味する。以下同
           じ。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うときは、未行使の本新株予約権について行
           使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。なお、上記
           における「取得原因」とは、潜在株式等に基づき当社が普通株式を交付する原因となる保有者若しくは当社
           の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1株を取得するために当該潜在株式等の取得
           及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するものとし、以下同様とします。なお、本号において
           「時価」とは、調整後の行使価額を適用する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の金融商品取引所にお
           ける当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。)とします。平均値の計算
                                  42/111


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切り捨てます。但し、当社の普通株式が金融商品取
           引所に上場される前及び上場後45取引日(上場日を含む。)が経過するまでの期間においては、調整前の行
           使 価額をもって時価とみなします。上記調整による調整後の行使価額は、募集又は割当てのための基準日が
           ある場合はその日の翌日、それ以外の場合は普通株式又は潜在株式等の発行又は処分の効力発生日(会社法
           第209条第1項第2号が適用される場合は、同号に定める期間の末日)の翌日以降に適用されるものとしま
           す。
                                         新発行株式数       ×  1株あたり払込金額
                                既発行株式数       +
             調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×                   時  価
                                      既発行株式数       +  新発行株式数

         (3)前項②に定める潜在株式等の取得原因が発生する可能性のある期間が終了した場合には、当社は適当と認
           める行使価額の調整を行います。但し、その潜在株式等の全部について取得原因が発生した場合を除きま
           す。
         (4)当社が合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、当社
           は適当と認める行使価額の調整を行います。
         (5)当社が株主割当て又は株式無償割当て以外の方法で普通株式又は潜在株式等を発行又は処分する場合にお
           いて、当社が調整を行わない旨を決定した場合には、(1)(2)に基づく調整は行われないものとしま
           す。
         5.行使期間の最終日が当社の休業日にあたる場合には、その前営業日を最終日とします。
         6.本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について「会社が新株予約権を取得する
           ことができる事由及び取得の条件」に定める取得事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた
           本新株予約権の行使は認められないものとします。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りではあり
           ません。また、本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認め
           られないものとします。権利者が死亡した場合には、権利者の相続人は未行使の本新株予約権を相続するも
           のとします。但し、相続は1回に限るものとし、権利者の相続人中、本新株予約権を承継する者が死亡した
           場合には、本新株予約権は行使できなくなるものとします。
         7.当社は、以下の各項に基づき本新株予約権を取得することができます。当社は、以下の各項に定める取得の
           事由が生じた本新株予約権を取得する場合、取締役会の決議により別途定める日においてこれを取得するも
           のとします。また、当社は以下の各項に定める取得の事由が生じた本新株予約権の全部又は一部を取得する
           ことができ、一部を取得する場合は、取締役会の決議により取得する本新株予約権を決定するものとしま
           す。
         (1)当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又
           は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転について、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主
           総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が必要である場合には総株主の同意の取得、そのいず
           れも不要である場合には、取締役会の決議)が行われたときは、当社は本新株予約権を無償で取得すること
           ができます。
         (2)当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
           む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当
           社は本新株予約権を無償で取得することができます。
         (3)権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、当社は、未行使の本新株予約権を無償で取得することがで
           きます。
           ・当社又は当社の子会社の取締役又は執行役員
           ・当社又は当社の子会社の使用人
         (4)権利者が当社又は当社の子会社の取締役若しくは執行役員又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権
           発行後にかかる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場
           合、当社は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができます。
           ・権利者が自己に適用される当社又は当社の子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合。
           ・権利者が取締役としての善管注意義務、忠実義務等当社又は当社の子会社に対する義務に違反した場合。
         (5)次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
           ます。
           ・権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合。
           ・権利者が当社又は当社の子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若
           しくは使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は当社の子会社と競業した場合。但し、当社の書面によ
           る事前の承認を得た場合を除く。
           ・権利者が法令違反その他不正行為により当社又は当社の子会社の信用を損ねた場合。
                                  43/111


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ・権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受けた
           場合。
           ・権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不渡
           りとなった場合。
           ・権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始その他これらに類する手続開始の申立があった場合。
           ・権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
           力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること、又
           は資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合。
         (6)当社は権利者が死亡した場合において相続の対象とならなかった本新株予約権を無償で取得することがで
           きます。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
                                  44/111















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
     2016年9月15日
                     1,060       5,796       53,000              53,000
                                          99,000              99,000
     (注)1.
     2017年6月4日
                   1,153,404       1,159,200           -              -
                                          99,000              99,000
     (注)2.
      (注)1.有償第三者割当
           割当先 加賀電子㈱、㈱ユニリタ、                 JAIC-ブリッジ3号投資事業有限責任組合                     、㈱E3
               みやざき未来応援ファンド投資事業有限責任組合、㈱バリュー・アップ
                  1,060株
           発行価格  100,000円
           資本組入額        50,000円
         2.2017年5月10日開催の取締役会決議により、2017年6月4日付で普通株式1株を200株とする株式分割を
           行っております。これにより発行済株式総数は1,153,404株増加し、1,159,200株となっております。
       (4)【所有者別状況】

                                                     2019年7月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計
                                                        (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     -     -     13     -      1     116      130    -
     所有株式数
                -     -     -    4,186       -      8    7,398     11 ,592    -
     (単元)
     所有株式数の割
                -     -     -    36.11       -     0.07     63.82      100    -
     合(%)
       (5)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2019年7月31日現在
               区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                          -           -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                          -           -           -

      議決権制限株式(その他)                          -           -           -

      完全議決権株式(自己株式等)                          -           -           -

      完全議決権株式(その他)                     普通株式 1,159,200               11,592            -

      単元未満株式                          -           -           -

      発行済株式総数                        1,159,200             -           -

      総株主の議決権                          -          11,592            -

        ②【自己株式等】

         該当事項はありません。
                                  45/111




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

          該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営上の重要課題の一つと位置付けておりますが、同時に経営体質の強化
       及び将来の事業展開のための内部留保の充実に重点を置く必要があると考えており、当面の間は利益配当を実施しな
       い方針です。
        将来的には、財政状態を勘案し、株主への還元も検討していく方針でありますが、配当実施の可能性及びその実施
       時期等については未定です。
        なお、剰余金の配当については期末配当の年1回を基本方針としており、期末配当の決定機関は株主総会となって
       おります。また当社は、           「取締役会の決議により毎年3月31日を基準日として、中間配当をすることができる」旨を
       定款に定めており、中間配当の決定機関は取締役会となっております。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  46/111











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性 8名 女性 1名 (役員のうち女性の比率 11.1%)
                                                         所有株式
       役名      職名      氏名     生年月日                 略歴               任期    数
                                                         (株)
                            1986年4月 野村コンピュータシステム株式会社(現株式会社
     代表取締役                  1963年           野村総合研究所)入社
             -    冨田 和久                                     (注)1    201,000
       社長                7月17日生     1992年1月 株式会社シティアスコム入社
                            1997年2月 当社設立 代表取締役社長               (現任)
                            1990年4月 株式会社日立製作所入社
                            1995年2月 株式会社シティアスコム入社
                            1997年7月 当社取締役
                       1968年
      取締役    製造本部長      森﨑 高広           2005年12月 取締役退任                          (注)1    62,000
                      1月2日生
                            2006年1月 執行役員経営企画部長
                            2011年11月 取締役経営企画部長
                            2015年10月 取締役製造本部長(現任)
                            1992年4月 株式会社オービック入社
                            2001年1月 当社入社
                            2003年10月 経理部長
                       1969年
      取締役    管理本部長      彌永 玲子                                     (注)1    55,000
                            2006年1月 執行役員管理本部長             兼 経理部長
                      8月15日生
                            2007年12月 取締役管理本部長            兼 経理部長
                            2018年10月 取締役管理本部長            (現任)
                            1974年4月 三洋証券株式会社入社
                            1999年10月 三洋信販株式会社常務執行役員
                            2001年7月 株式会社エージーカード 顧問
                            2003年5月 株式会社昴 専務取締役
                            2007年3月 株式会社インベスト 取締役
                       1950年     2008年2月 株式会社グランディーズ 経営企画室長
      取締役       -   枇杷木 秀範                                     (注)1     -
                            2008年3月 同社 取締役管理部門担当
                      11月18日生
                            2011年7月 同社 取締役上席執行役員管理部長
                            2012年3月 同社 常務取締役管理部門担当
                            2017年10月 当社取締役         (現任)
                            2017年11月 株式会社アズコミュニケーションズ
                                 社外監査役(現任)
                            1983年4月 株式会社宮崎太陽銀行入行
                       1958年     2014年6月 株式会社宮崎太陽キャピタル代表取締役
      取締役          工藤 広太
             -                                        (注)1     -
                      2月20日生     2017年4月 株式会社企業経営サポート宮崎代表取締役(現任)
                            2017年10月 当社取締役(現任)
                            1958年4月 株式会社西日本相互銀行(現株式会社西日本シティ
                                 銀行)入行
                            1992年7月 西銀コンピュータサービス株式会社(現株式会社N
                                 TTデータNCB)代表取締役副社長
                       1938年
     常勤監査役        -    村本 充           2005年4月 株式会社アルデート             (現KYECジャパン株式会             (注)2     4,000
                      7月13日生
                                 社)  監査役
                            2007年12月 当社監査役
                            2009年12月 当社監査役退任
                            2011年11月 当社常勤監査役           (現任)
                            1987年4月 住友不動産株式会社入社
                            2003  年12月 当社監査役(現任)
                            2004年10月 株式会社リサ・パートナーズ
                       1964年     2006年1月 株式会社フィールド・アセットマネジメント代表取
      監査役       -    大原 和司                                     (注)3     8,800
                      1月22日生           締役社長(現任)
                            2006年5月 株式会社玄海キャピタルマネジメント取締役
                            2012年4月 株式会社長寿と健康の杜代表取締役社長(現任)
                            2013年6月 株式会社アビタシオン専務取締役(現任)
                            2001年10月 弁護士登録          岩崎・多川法律事務所入所
                            2006年4月 八尋光良法律事務所開設代表(現任)
                       1973年
      監査役       -    八尋 光良                                     (注)2     -
                      11月22日生     2008年5月 当社監査役         (現任)
                            2012年5月 株式会社アビタシオン監査役(現任)
                                  47/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                         所有株式
       役名      職名      氏名     生年月日                 略歴               任期    数
                                                         (株)
                            1975年4月 株式会社西日本相互銀行(現株式会社西日本シティ
                                 銀行)入行
                            2005年5月 福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社
                                 常勤監査役
                            2008年5月 同社取締役執行役員(営業本部担当)
                       1952年
      監査役       -    池田 登           2010年4月 同社取締役執行役員(CB本部担当)                          (注)4     -
                      8月27日生
                            2011年5月 同社常勤監査役
                            2014年3月 福岡ソフトバンクホークス株式会社常勤監査役
                            2017年5月 同社顧問
                            2017年10月 エコマルシェオニヅカ株式会社社外取締役(現任)
                            2019年5月 当社監査役(現任)
                              計                           330,800
      (注)1.取締役の任期は、              2017年12月27日開催の定時株主総会終結の時から2019年9月期に係る定時株主総会の終結
           の時までであります。
         2.  監査役村本充及び八尋光良の任期は、2015年12月27日開催の定時株主総会終結の時から2019年9月期に係る
           定時株主総会の終結の時までであります。
         3.  監査役大原和司の任期は、2017年12月27日開催の定時株主総会終結の時から2021年9月期に係る定時株主総
           会の終結の時までであります。
         4 . 監査役池田登の任期は、2019年5月27日開催の臨時株主総会終結の時から、2022年9月期に係る定時株主総会
           の終結のときまでであります。
         5.  取締役枇杷木秀範及び工藤広太              は、社外取締役であります。
         6.  監査役村本充、大原和司、八尋光良及び池田登は、社外監査役であります。
         7.当社では、業務執行体制を強化し、より機動的かつ効率的な業務運営を行うため、執行役員制度を導入して
           おります。執行役員の役職名及び氏名は次のとおりです。
                       役職名                  氏名
            執行役員 製造本部D1担当                            新開 誠治
            執行役員 営業本部長                            吉富 裕之
            執行役員 エモーショナルシステム本部長                            西山 敬二
            執行役員 製造本部副本部長                            福田  聡
            執行役員 経営企画部長                            松下 幸史
                                  48/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、株主の皆様をはじめとする全てのステークホルダーの信頼に応え、業務執行における迅速かつ的確な
         意思決定と、より透明性の高い公正で効率的な経営体制を構築することによる企業価値向上の実現をコーポレー
         ト・ガバナンスの目的と考えており、この充実・強化を経営上の重要課題の一つと位置づけ、今後も、さらなる
         充実・強化に努める方針であります。
        ② 企業統治の体制

         a. 企業統治の体制の概要
           当社は、取締役会設置会社であり、かつ監査役会設置会社であります。また、業務執行における迅速な意思
          決定を行う為、執行役員制度を導入しております。
           当社のコーポレート・ガバナンス体制の模式図は、以下のとおりであります。
        b. 取締役会







         当社の取締役会は、社外取締役2名を含む取締役5名で構成されており、毎月の定例取締役会のほか、必要に
        応じて臨時取締役会を開催し、迅速な経営上の意思決定が行える体制としております。取締役会では、経営上の
        意思決定機関として、取締役会規程に基づき重要事項を決議し、取締役の業務執行状況を監督しております。ま
        た社外取締役は社外の第三者の視点で取締役会への助言と監視を行っております。
        c. 監査役会

         当社の監査役会は、常勤監査役1名と非常勤監査役3名で構成されており、全員が社外監査役で、毎月1回の
        定例監査役会のほか、必要に応じて臨時監査役会を開催しております。
         監査役は、毎月の定例取締役会に出席し、臨時取締役会についても原則出席することとしております。
         常勤監査役は、取締役会のほか、経営会議等の重要な会議に出席し、必要に応じて意見陳述を行う等、常に取
        締役の業務執行を監視できる体制となっております。
         また、監査役会は、監査計画の策定、監査実施状況、監査結果の検討等、監査役間の情報共有を図るととも
        に、内部監査担当者及び会計監査人と緊密な連携をとり、監査の実効性と効率性の向上を図っております。
        d. 経営会議

         経営会議は、取締役及び執行役員で構成されており、最低毎月1回という頻度で、原則定例取締役会の前に開
        催しており、      社外取締役2名と常勤監査役1名も可能な限り参加しております。
         経営会議では、(1)月次業績の予実差異の分析・報告と対応策の検討(2)取締役会への付議事項についての
        事前討議(3)取締役会から委嘱された事項についての審議(4)事業計画(中期経営計画、単年度計画)の検討
        や修正対応の検討を行い、意思決定の迅速化と業務執行の効率化を図っております。
                                  49/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        e. コンプライアンス委員会
          当社は、全社的なコンプライアンス体制の強化・推進を目的として、代表取締役社長を委員長とするコンプ
         ライアンス委員会を設置し、企業活動における法令遵守、営業上の諸問題に対する対応例等について定期的に
         事例の共有・検討を行っております。コンプライアンス委員会の構成員は、取締役及び監査役であり、原則毎
         月1回の頻度で開催しております。
       ③ 内部統制システムの整備の状況

         当社は、内部統制システムの整備に関する基本方針について、次のとおり定めております。
        a.   取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          当社の取締役及び使用人が公正で高い倫理観に基づいて行動し、広く社会から信頼される経営体制を確立す
         るため、「株式会社ピー・ビーシステムズ 企業倫理綱領」を制定し、代表取締役社長が中心となってその精
         神を役職員に周知する。会社の業務執行が全体として適正かつ健全に行われるために、取締役会は企業統治を
         一層強化する観点から、実効性ある内部統制システムの構築と法令・定款遵守の体制の確立に努める。
          また、監査役はこの内部統制システムの有効性と機能を監査の方針に基づいて監査するとともに、定期的に
         検証を行うことで、課題の早期発見と是正に努めることとする。
        b.   取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         (1)  取締役の職務の執行に係る情報は、文書化(電磁的記録を含む)を行い、経営判断等のもととなった関連資
          料とともに保存する。文書管理においては、主管部門を設置し、管理対象文書をその保管場所、保存期間及び
          管理方法等を定める。
         (2)  取締役の職務の執行に係る情報は、取締役又は監査役等から要請があった場合に備え、適時閲覧可能な状態
          を維持する。
         (3)  主管部門及び文書保管部門は、取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理について、継続的に改善を行
          う。
         (4)  内部監査部門は、取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関して監査を行う。主管部門及び被監査
          部門は、是正又は改善の必要がある場合には、その対策を講ずる。
        c.   損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         (1)  当社の業務執行に係るリスクに関して、各関係部門においてそれぞれ予見されるリスクの分析と識別を行
          い、リスク管理体制を明確化するとともに、代表取締役社長が任命した内部監査担当者が各部門のリスク管理
          の状況を監査し、その結果を代表取締役社長に報告する。
         (2)  重大なリスクに対してしかるべき予防措置をとることとし、緊急時の対策等をマニュアル等に定め、リスク
          発生時には、これに基づき対応を行う。
         (3)  取締役会は、必要に応じて外部専門家(弁護士、公認会計士、税理士等)との連携をはかり、適切なリスク
          対応を行う。
        d.   取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         (1)  取締役会の運営に関する規程を定めるとともに、取締役会を原則として月1回開催するほか、必要に応じて
          適宜臨時に開催する。
         (2)  取締役会の決議により、業務の執行を担当する執行役員を選任し、会社の業務を委任する。執行役員は、取
          締役会で決定した会社の方針及び代表取締役社長の指示の下に業務を執行する。
         (3)  事業計画に基づき、予算期間における計数的目標を明示し、事業部門の目標と責任を明確化するとともに、
          予算と実績の差異分析を通じて所期の業績目標の達成を図る。
         (4)  内部監査部門は、事業活動の効率性及び有効性について監査を行う。被監査部門は、是正及び改善の必要が
          あるときは、速やかに措置を講ずる。
        e. 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

          監査役による監査が実効的に行われることを確保するために、監査役がその職務を補助すべき使用人を置く
         ことを求めた場合、代表取締役社長は監査役と協議の上、必要と認める人員を補助すべき使用人として指名す
         る。
        f, 前項の使用人の取締役からの独立性に関する事項

          監査役の職務を補助する使用人は、取締役の指揮・監督を受けない専属の使用人とし、その任命、解任、人
         事異動、人事評価、懲戒処分、賃金の改定等には監査役の事前の同意を必要とする。
                                  50/111


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        g.   取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制
         (1)  取締役及び使用人は、職務執行に関して重大な法令・定款違反もしくは不正行為の事実、又は会社に著しい
          損害を及ぼす虞のある事実を知ったときは、遅滞なく監査役に報告しなければならない。
         (2)  取締役及び使用人は、事業・組織に重大な影響を及ぼす決定、内部監査の実施結果を遅滞なく監査役に報告
         する。
         (3)  上記(1)から(2)の監査役への報告を行った者に対して、これを理由とする不利益な取り扱いを行うことを禁
         止する。
        h.   監査役の職務の執行について生ずる費用の前払い又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる

        費 用又は債務の処理に係る方針に関する事項
          監査役がその職務の執行について、当社に対し、会社法第388条に基づく費用の前払い等の請求をしたとき
         は、担当部署において確認の上、当該請求に係る費用又は債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと証明
         した場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理する。
        i.   その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

         (1)  代表取締役社長は、監査役と定期的な会合を持ち、業務報告とは別に会社運営に関する意見交換の他、意思
          の疎通を図るものとする
         (2)  取締役会は、業務の適正を確保する上で重要な業務執行の会議への監査役の出席を確保する。
         (3)  監査役は必要に応じて、独自に外部専門家(弁護士、公認会計士、税理士等)を活用し、監査役業務に関す
          る助言を受ける機会を保障されるものとする。
        j.   財務報告の適正性と信頼性を確保するための体制

         (1)  財務報告が適正に行われるよう、当基本方針に基づく経理業務に関する規程を定めるとともに、財務報告に
          係る内部統制の体制整備と有効性向上を図る。
         (2)  財務報告に関して虚偽記載が発生する可能性のあるリスクについて識別、分析し、財務報告への虚偽記載を
          防ぐため、財務報告に係る業務についてその手順等を整備し、リスクの低減に努める。
         (3)  内部監査部門は、内部統制の欠陥に関する重要な事実等が発見された場合、遅滞なく、取締役会または経営
          会議に報告する。また、併せて監査役へ報告する。
         (4)  上記(1)から(3)に掲げる方針および手続等を運用するに当たり、IT環境の適切な理解とこれを踏まえ
          たITの有効かつ効率的な利用を推進し、ITに係る全般統制および業務処理統制の整備に努め、迅速かつ適
          切な対応ができるようにする。
         (5)  内部監査部門は、財務報告に係る内部統制に対して監査を行い、その有効性について評価し、是正、改善の
          必要があるときは、遅滞なく代表取締役社長に報告し、同時に監査役へ報告する。
        k. 反社会的勢力排除に向けた基本的考え方及びその整備状況

          当社は、反社会的勢力との一切の取引を許容しない業務運営を図ることが、企業の社会的責任であることを
         十分に認識し、社会的正義を実践すべく、毅然とした態度で臨むことを基本的な考え方として、以下の体制を
         整備する。
         (1)  反社会的勢力に関する情報収集及び反社会的勢力への対応並びに役職員への教育については、総務部を統括
          部門とする。
         (2)  総務部は、随時関係行政機関や弁護士に相談を行い、助言、指導等を受けることとする。
         (3)  各業務執行部門は、取引先に対する反社会的勢力に関する調査を実施し、反社会的勢力との関係遮断に努め
          る。
                                  51/111






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ④ 反社会的勢力の排除に向けた具体的な取組み状況
         当社は、反社会的勢力との一切の接触・取引を許容しない業務運営を図ることが、企業の社会的責任であるこ
        とを十分に認識しており、社会的正義を実践すべく、毅然とした態度で臨むことを基本的な考え方として、以下
        の体制を整備しております。
        (1)  「反社会的勢力対策規程」を制定しており、同勢力に関する情報収集及び反社会的勢力への対応並びに役職
         員への教育については、総務部を統括部門としております。
        (2)  新規取引先についてはWeb検索及び日経テレコンでの記事検索を必ず行い、それでも疑義等が残る場合は、各
         業務執行部門は対象先及び経営者の風評等の確認を行った上で必要に応じてリサーチ会社による調査を行って
         取引開始の可否を決定しています。また既存取引先等については日経テレコンによるチェックを概ね年に一度
         の割合で実施しております。
        (3)  取引先と新たな取引が生じる際には、同勢力排除条項を設けた取引基本契約書あるいは暴力団等反社会的勢
         力排除に関する覚書を締結しており、現在の当社役職員からは、同勢力と関わり合いない旨の誓約書を受領し
         ております。
        (4)  総務部は、随時関係行政機関や弁護士に相談を行い、助言、指導等を受けることとしています。
        (5)  当社は、公益財団法人福岡県暴力追放運動推進センターに加入しております。また総務部長を不当要求防止
         責任者に選任し所轄の警察署に届出を行っており、地元警察と連携する体制を構築しております。
       ⑤ 内部監査及び監査役監査の状況

         当社は、代表取締役社長が直轄する経営企画部2名が内部監査業務を担当しております。経営企画部は、当社
        が定める「内部監査規程」に基づき、内部監査計画を策定し、代表取締役社長の承認を得た上で、全社各部門の
        業務執行の内部監査を実施し、代表取締役社長に報告しております。なお、経営企画部に対する内部監査は、自
        己監査を回避するため、総務部長が監査を担当しております。
         当社の監査役会は、監査役4名(うち、社外監査役4名)で構成されており、うち1名の常勤監査役を選任し
        ております。監査役は取締役会に参加して意見を述べる他、常勤監査役は、経営会議等その他会議にも参加し、
        取締役の業務執行状況を監査しております。各監査役は監査役監査計画に基づき監査を実施し、毎月定例の監査
        役会において情報共有を行っております。
         また、常勤監査役は、随時経営企画部より内部監査実施状況等につき報告を受け、情報共有を行っており、常
        勤監査役及び経営企画部長は、四半期毎に会計監査人との意見交換の場を設け、連携を図っております。
       ⑥  会計監査の状況

         当社は、海南監査法人と監査契約を締結しております。同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務
        執行社員と当社の間には、特別な利害関係はありません。
         なお、会計監査業務を執行した公認会計士は、仁戸田学、秋葉陽2名であり、当社に対する継続関与年数はい
        ずれも7年以内であります。当社の監査業務に係る補助者は公認会計士3名であります。
       ⑦ 社外取締役及び社外監査役について

         当社は、     社外取締役     2名  及び社外監査役4名を選任しております。
         社外取締役枇杷木秀範氏は、複数の事業会社において取締役としての豊富な経験があり、その経験から社外取
        締役として業務執行取締役の職務執行の監督・助言を行っております。なお、当社との間に人的関係、資本的関
        係又は取引関係及びその他の利害関係はありません。
         社外取締役工藤広太氏は、金融機関での長年の経験と、経営者としての経験があり、その経験から社外取締役
        として業務執行取締役の職務執行の監督・助言を行っております。なお、当社との間に人的関係、資本的関係又
        は取引関係及びその他の利害関係はありません。
         社外監査役村本充氏は、金融機関での長年の経験と、経営者、監査役としての経験を有し、当社の取締役会及
        び取締役の職務執行の監督・助言を行っております。なお、村本充氏は、本書提出日現在当社株式4,000株を保有
        しておりますが、その他に当社との間に人的関係、                        資本的関係又は       取引関係及びその他の利害関係はありませ
        ん。
         社外監査役大原和司氏は、経営コンサルティング業務で培われた、経営管理レベルでの業務知識・経験と法律
        的知識、他社の経営者としての経験により、経営や会計に関する知見等を有し、当社の取締役会及び取締役の職
        務執行の監督・助言を行っております。なお、大原和司氏は、本書提出日現在当社株式8,800株を保有しておりま
        すが、その他に当社との間に人的関係、                   資本的関係又は       取引関係及びその他の利害関係はありません。
         社外監査役八尋光良氏は、弁護士資格を有し、法律の専門家として当社の取締役会及び取締役の職務執行の監
        督・助言を行っており、当社は、同氏が代表を務める八尋光良法律事務所と顧問契約を締結しておりますが、そ
        の契約による報酬は少額であり、その他に当社との間に人的関係、                               資本的関係又は       取引関係及びその他の利害関
        係はありません。
                                  52/111


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         社外監査役池田登氏は、長年の金融機関業務、複数の事業会社での取締役及び監査役の経験で培われた業務知
        識等、経営や会計に関する知見等を有し、当社の取締役会及び取締役の職務執行の監督・助言を行っておりま
        す。
        なお、当社との間に人的関係、              資本的関係又は       取引関係及びその他の利害関係はありません。
       ⑧ リスク管理体制の整備状況及びコンプライアンス体制の整備状況

        a. リスク管理体制の整備状況
          当社では、持続的な成長を確保するため、「リスク管理規程」を制定しております。現在、リスク管理委員
         会は設置しておりませんが、毎週行う定例ミーティングや定例取締役会の場で、当社におけるリスクの評価、
         対策等協議を行っております。また、必要に応じて、弁護士、公認会計士、弁理士、税理士、社会保険労務士
         等の外部専門家の助言を受けられる体制を整えており、リスクの未然防止と早期発見に努めております。
        b. コンプライアンス体制の整備状況

          当社は、全社的なコンプライアンス体制の強化・推進を目的として、代表取締役社長を委員長とするコンプ
         ライアンス委員会を設置し、企業活動における法令遵守、営業上の諸問題に対する対応例等について定期的に
         事例の共有・検討を行っております。コンプライアンス委員会の構成員は、取締役及び監査役であります。ま
         た、法令違反その他のコンプライアンスに関する社内相談・報告体制として、「内部通報制度運用規程」を制
         定し、内部通報制度を整備しております。
        c.   情報セキュリティ、個人情報保護等の体制の整備状況

          当社は、     当社で取り扱う様々な情報を漏洩リスクから回避するため、「内部情報管理規程」等の諸規程を定
         め、それらに基づいて内部情報を管理しております。
          また、個人情報保護法に対応するため、「個人情報保護方針」「個人情報保護基本規程」等諸規程を定め
         て、個人情報の特定から利用等に関する各種リスクを周知するとともに、全社的な教育、社内体制の整備等を
         行っております。2016年3月には「特定個人情報等取扱規程」を制定し、組織体制と特定個人情報の取扱につ
         いても規程に基づき運用しております。
       ⑨ 役員報酬等

        a.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(千円)

                                                    対象となる
                     報酬等の総額
           役員区分                                         役員の員数
                                    ストック・
                      (千円)
                             基本報酬                賞与
                                                     (名)
                                    オプション
       取締役
                        64,470       64,470                          3
                                         ―       ―
       (社外取締役を除く)
       監査役
                          ―       ―       ―       ―         ―
       (社外監査役を除く)
                        3,450       3,450
       社外取締役                                  ―       ―         3
                        4,494       4,494
       社外監査役                                  ―       ―         3
         ※上表には、2019年1月31日で退任した社外取締役1名の当事業年度中の支給額と員数が含まれております。
        b. 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等
          報酬の総額等が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        c. 使用人兼務役員の使用人分の給与のうち重要なもの
          該当事項はありません。
        d. 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
          当社役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関しては、その最高限度額を株主総会で定めており、その
         限度内で、取締役については取締役会にて、監査役については監査役会にて決定しております。なお、役員報
         酬の最高限度額は以下のとおりとなります。
          取締役役員報酬の最高限度額 100,000千円(1997年2月6日の創立総会で決議)
          監査役役員報酬の最高限度額                 50,000千円(1997年2月6日の創立総会で決議)
                                  53/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ⑩ 株式の保有状況
        a. 投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
         該当事項はありません。
        b. 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
         該当事項はありません。
        c. 保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並び
        に 当事業年度における受取配当金、売却損益の合計額
         該当事項はありません。
       ⑪ 取締役及び監査役の員数

         当社の取締役は7名以内、監査役は5名以内とする旨を定款に定めております。
       ⑫  取締役及び監査役の選任決議

         当社は、取締役及び監査役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
        を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議
        は、累積投票によらない旨を定款に定めております。
       ⑬  取締役及び監査役の責任免除

         当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議によって、取締役(取締役であった者を含む。)
        及び監査役(監査役であった者を含む。)の会社法第423条第1項の賠償責任について、法令に定める要件に該当
        する場合には、賠償責任額から法令に定める最低限度額を控除して得た額を限度として免除することができる旨
        を定款に定めております。
       ⑭ 責任限定契約の内容

         当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同
        法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額
        は、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役ともに、会社法第425条第1項に定める最低責任
        限度額としております。
         なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)または監査役が
        責任の原因となった職務の遂行について善意で重大な過失がない時に限られます。
       ⑮  株主総会の特別決議要件

         当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項の定めによる特別決議要件は、
        定款に別段の定めがある場合を除き、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
        が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
       ⑯  中間配当に関する事項

         当社は、株主への利益還元を機動的に行うことを可能とするため、会社法第454条第5項の規定により、取締役
        会の決議によって、毎年3月31日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
       ⑰ 自己株式の取得

         当社は、経営環境の変化に応じた機動的な資本政策を可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、
        取締役会の決議によって自己株式を取得することができる旨を定款に定めております。
                                  54/111






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
             最近事業年度の前事業年度                               最近事業年度
      監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬

          (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
              7,000               -            9,600               -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近事業年度の前事業年度)
          該当事項はありません。
         (最近事業年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (最近事業年度の前事業年度)
          該当事項はありません。
         (最近事業年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社は、監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針を特に定めておりませんが、当社の規模及び監査日数
         等を勘案し     、当社と監査公認会計士等との協議の上、監査役会の同意を得て                              決定しております。
                                  55/111











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
       ( 1 ) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基
        づいて作成しております。
       (2) 当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
        第63号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

       (1) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(2016年10月1日から2017年9月30日
        まで)及び当事業年度(2017年10月1日から2018年9月30日まで)の財務諸表について、海南監査法人により監
        査を受けております。
       (2) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2019年4月1日から2019年
        6月30日まで)及び第3四半期累計期間(2018年10月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期財務諸表につ
        いて、海南監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
      4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みとして、会計基準等の内容を適切に把握し、財務諸表
       を適正に作成できる体制を整備するため、監査法人や印刷会社等が主催するセミナーへの参加及び財務・会計の専門
       書の購読等を行っております。
                                  56/111












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        135,819              369,412
         現金及び預金
                                         7,792              9,612
         受取手形
                                        330,963              369,176
         売掛金
                                         19,644              27,475
         商品及び製品
                                           619              133
         仕掛品
                                         4,788               651
         原材料及び貯蔵品
                                           866              236
         前渡金
                                         3,629              3,255
         前払費用
                                         25,016              22,634
         繰延税金資産
                                         3,333               546
         その他
         流動資産合計                                532,475              803,135
       固定資産
         有形固定資産
                                           200              200
          建物
                                          △ 15             △ 29
            減価償却累計額
            建物(純額)                               184              170
          構築物                               2,195              2,195
                                        △ 1,527             △ 1,625
            減価償却累計額
            構築物(純額)                               667              569
          工具、器具及び備品                               26,122              38,010
                                        △ 21,844             △ 24,344
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              4,278              13,666
                                         5,129              14,407
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         26,659                -
          特許権
                                         12,878                -
          特許権仮勘定
                                        116,393               19,642
          ソフトウエア
                                            8              -
          ソフトウエア仮勘定
                                           164              164
          電話加入権
                                        156,105               19,807
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           30              30
          出資金
                                         8,645              8,353
          敷金
                                         1,019              1,019
          差入保証金
                                         2,422              2,126
          長期前払費用
                                         12,116              11,529
          投資その他の資産合計
                                        173,351               45,743
         固定資産合計
                                        705,826              848,878
       資産合計
                                  57/111






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        185,905              339,529
         買掛金
                                         73,249              71,073
         1年内返済予定の長期借入金
                                         24,408              19,126
         未払金
                                         32,261              31,100
         未払費用
                                           616              616
         未払法人税等
                                         20,646              11,017
         未払消費税等
                                         25,006              30,131
         前受金
                                         9,431              9,789
         預り金
                                           162               -
         仮受金
                                        371,686              512,385
         流動負債合計
       固定負債
                                        208,792              298,387
         長期借入金
                                         1,374              1,451
         長期前受金
                                        210,166              299,838
         固定負債合計
                                        581,853              812,223
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         99,000              99,000
         資本金
         資本剰余金
                                         99,000              99,000
          資本準備金
                                         99,000              99,000
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           165              165
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        △ 74,191             △ 161,509
            繰越利益剰余金
                                        △ 74,026             △ 161,344
          利益剰余金合計
                                        123,973               36,655
         株主資本合計
                                        123,973               36,655
       純資産合計
                                        705,826              848,878
      負債純資産合計
                                  58/111









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                                当第3四半期会計期間
                                 (2019年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        294,441
         現金及び預金
                                         54,488
         受取手形
                                         16,497
         電子記録債権
                                        117,753
         売掛金
                                         62,372
         商品及び製品
                                         20,818
         仕掛品
                                           235
         原材料及び貯蔵品
                                           622
         前渡金
                                         5,042
         前払費用
                                           882
         その他
                                        573,155
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                           733
          建物
                                          △ 12
            減価償却累計額
            建物(純額)                               720
          構築物                               2,195
                                        △ 1,679
            減価償却累計額
            構築物(純額)                               516
          工具、器具及び備品                               36,743
                                        △ 24,087
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             12,656
                                         13,893
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         1,176
          特許権仮勘定
                                         33,487
          ソフトウエア
                                           164
          電話加入権
                                         34,829
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           30
          出資金
                                         10,186
          敷金
                                         1,019
          差入保証金
                                         1,373
          長期前払費用
                                         33,145
          繰延税金資産
                                         45,755
          投資その他の資産合計
                                         94,479
         固定資産合計
                                        667,634
       資産合計
                                  59/111







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)

                                当第3四半期会計期間
                                 (2019年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         82,979
         買掛金
                                         82,788
         1年内返済予定の長期借入金
                                         25,424
         未払金
                                         15,454
         未払費用
                                           462
         未払法人税等
                                         9,473
         未払消費税等
                                         41,920
         前受金
                                         14,028
         預り金
                                         15,085
         賞与引当金
                                        287,616
         流動負債合計
       固定負債
                                        220,110
         長期借入金
                                           839
         長期前受金
                                        220,949
         固定負債合計
                                        508,565
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         99,000
         資本金
         資本剰余金
                                         99,000
          資本準備金
                                         99,000
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           165
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        △ 39,096
            繰越利益剰余金
                                        △ 38,931
          利益剰余金合計
                                        159,068
         株主資本合計
                                        159,068
       純資産合計
                                        667,634
      負債純資産合計
                                  60/111









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
      売上高
                                       1,154,015              1,004,891
       製商品売上高
                                        437,775              480,834
       サービス売上高
                                       1,591,790              1,485,725
       売上高合計
      売上原価
                                        928,889              882,654
       製商品売上原価
                                        217,740              216,987
       サービス売上原価
                                       1,146,630              1,099,642
       売上原価合計
                                        445,160              386,083
      売上総利益
                                       ※1 339,910             ※1 361,767
      販売費及び一般管理費
                                        105,249               24,315
      営業利益
      営業外収益
                                            5              18
       受取利息
                                           -              11
       為替差益
                                           549              816
       雑収入
                                           555              845
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         11,116              10,222
       支払利息
                                           789              542
       保証料
                                           60              -
       電子記録債権売却損
                                           38              -
       為替差損
                                         4,413                -
       上場関連費用
                                         16,418              10,764
       営業外費用合計
                                         89,385              14,396
      経常利益
      特別損失
                                                      ※2 98,716
                                           -
       減損損失
                                         ※3 931
                                                         -
       固定資産除却損
                                           931             98,716
       特別損失合計
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                   88,454             △ 84,319
      法人税、住民税及び事業税                                     617              617
                                        △ 3,408              2,382
      法人税等調整額
                                        △ 2,791              2,999
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                   91,245             △ 87,318
                                  61/111








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【製商品売上原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2016年10月1日                   (自 2017年10月1日
                            至 2017年9月30日)                   至 2018年9月30日)
                     注記

           区分                金額(千円)                   金額(千円)
                     番号
     Ⅰ 期首製商品たな卸高                            94,804                   24,397

     Ⅱ 当期製商品仕入高                           803,386                   827,811
     Ⅲ 減価償却費                            55,096                   58,573

                                   -                 3,898
     Ⅳ たな卸資産評価損
         合計

                                 953,286                   914,680
                                 24,397                   32,026
     Ⅴ 期末製商品たな卸高
        当期製商品売上原価
                                 928,889                   882,654
        【サービス売上原価明細書】

                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2016年10月1日                   (自 2017年10月1日
                            至 2017年9月30日)                   至 2018年9月30日)
                     注記                 構成比                   構成比

           区分               金額(千円)                   金額(千円)
                     番号                 (%)                   (%)
                                       51.8                   60.8
     Ⅰ 労務費                          162,013                   159,338
     Ⅱ 外注費                          127,009        40.6           81,721        31.2
                                23,728                   21,160
     Ⅲ 経費                ※1                   7.6                   8.1
        当期総製造費用                              100.0                   100.0

                               312,751                   262,220
        期首サービス仕掛品
                                4,334                    619
        たな卸高
                     ※2          98,725                   45,718
        他勘定振替高
        期末サービス仕掛品
                                 619                   133
        たな卸高
        当期サービス売上原価
                               217,740                   216,987
      原価計算の方法
       当社の原価計算は、原則として実際原価による個別原価計算であります。
       ただし、特許権の償却費は、標準原価で配賦計算を行っております。
      (注)※1.主な内訳は次のとおりであります。

                                                     (単位:千円)
                           前事業年度                    当事業年度
                         (自 2016年10月1日                    (自 2017年10月1日
           項目
                          至 2017年9月30日)                    至 2018年9月30日)
     旅費交通費                          8,453                    9,246

     地代家賃                          6,014                    5,657
     水道光熱費                          2,015                    2,005

     消耗品費                          4,523                    1,674
                                  62/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ※2.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                           前事業年度                    当事業年度
                         (自 2016年10月1日                    (自 2017年10月1日
           項目
                          至 2017年9月30日)                    至 2018年9月30日)
                               19,496                    24,639

     営業支援費
     ソフトウエア仮勘定                          79,229                    21,078
           合計                    98,725                    45,718

                                  63/111


















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期損益計算書】
          【第3四半期累計期間】
                                     (単位:千円)
                                当第3四半期累計期間
                                (自 2018年10月1日
                                至 2019年6月30日)
                                       1,222,796
      売上高
                                        815,980
      売上原価
                                        406,815
      売上総利益
                                        284,913
      販売費及び一般管理費
                                        121,902
      営業利益
      営業外収益
                                            2
       受取利息
                                         1,080
       助成金収入
                                           123
       雑収入
                                         1,206
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         5,750
       支払利息
                                         3,049
       期限前弁済手数料
                                           682
       上場関連費用
       保証料                                   599
                                           500
       為替差損
                                         10,581
       営業外費用合計
                                        112,527
      経常利益
      特別損失
                                           162
       固定資産除却損
                                           162
       特別損失合計
                                        112,365
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     462
                                        △ 10,510
      法人税等調整額
                                        △ 10,048
      法人税等合計
                                        122,413
      四半期純利益
                                  64/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
                                                      (単位:千円)
                                       株主資本
                              資本剰余金              利益剰余金
                                            その他利益剰
                                                       株主資本合
                       資本金                       余金
                                 資本剰余金                 利益剰余金      計
                           資本準備金           利益準備金
                                 合計                 合計
                                            繰越利益剰
                                            余金
     当期首残高                  99,000      99,000      99,000       165   △ 165,436     △ 165,271      32,728
     当期変動額
      当期純利益                                        91,245      91,245      91,245
     当期変動額合計
                         -      -      -      -    91,245      91,245      91,245
     当期末残高                  99,000      99,000      99,000       165   △ 74,191     △ 74,026     123,973
                       純資産合計

     当期首残高                     32,728

     当期変動額
      当期純利益
                          91,245
     当期変動額合計                     91,245
     当期末残高                    123,973
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

                                                      (単位:千円)
                                       株主資本
                              資本剰余金              利益剰余金
                                            その他利益剰
                                                       株主資本合
                       資本金                       余金
                                 資本剰余金                 利益剰余金      計
                           資本準備金           利益準備金
                                 合計                 合計
                                            繰越利益剰
                                            余金
     当期首残高                  99,000      99,000      99,000       165   △ 74,191     △ 74,026     123,973
     当期変動額
      当期純損失(△)                                       △ 87,318     △ 87,318     △ 87,318
     当期変動額合計
                         -      -      -      -   △ 87,318     △ 87,318     △ 87,318
     当期末残高                  99,000      99,000      99,000       165   △ 161,509     △ 161,344      36,655
                       純資産合計

     当期首残高                    123,973

     当期変動額
      当期純損失(△)                   △ 87,318
     当期変動額合計                    △ 87,318
     当期末残高                     36,655
                                  65/111




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                  88,454             △ 84,319
                                         57,696              61,999
       減価償却費
                                           -            98,716
       減損損失
                                           931               -
       固定資産除却損
                                           △ 5             △ 18
       受取利息
                                         11,116              10,222
       支払利息
                                           789              542
       保証料
                                           60              -
       電子記録債権売却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 127,940              △ 40,033
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  74,124             △ 11,137
       前渡金の増減額(△は増加)                                  3,880               194
       立替金の増減額(△は増加)                                  △ 167             △ 209
       前払費用の増減額(△は増加)                                  △ 688              329
       預け金の増減額(△は増加)                                 △ 3,019              2,975
       仮払金の増減額(△は増加)                                   △ 22              22
       買掛金の増減額(△は減少)                                  67,271              153,624
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 23,051             △ 25,256
       未払費用の増減額(△は減少)                                  22,495              18,829
       預り金の増減額(△は減少)                                   824              358
       仮受金の増減額(△は減少)                                   162             △ 162
       前受金の増減額(△は減少)                                 △ 19,960               5,201
                                         17,799              △ 9,628
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                        170,751              182,249
       小計
       利息の受取額                                    5              18
                                        △ 10,978             △ 10,224
       利息の支払額
                                          △ 60              -
       電子記録債権売却に伴う支払額
                                         △ 429             △ 214
       保証料の支払額
                                         △ 329             △ 617
       法人税等の支払額
                                        158,958              171,211
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         9,652                -
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 3,651              △ 600
       定期預金の預入による支出
                                         △ 235            △ 3,958
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 79,791             △ 21,078
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 74,025             △ 25,638
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         50,000              15,000
       短期借入れによる収入
       短期借入金の返済による支出                                 △ 60,000             △ 15,000
                                         30,000              230,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 133,658             △ 142,581
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 113,658               87,419
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 28,725              232,992
                                        158,442              129,717
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 129,717              ※ 362,709
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  66/111





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           1.たな卸資産の評価基準及び評価方法

            (1)商品及び製品、仕掛品、原材料
             個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用して
            おります。
            (2)貯蔵品
             最終仕入原価法を採用しております。
           2.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
             主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物……………………15年 定額法
              構築物…………………10年~20年                    定率法(2016年3月31日以前取得分)
              工具、器具及び備品…4年~15年                   定率法
            (2)無形固定資産
             ①市場販売目的のソフトウエア
              見込販売可能期間(3年)における見込販売収益に基づく償却額と販売可能な残存販売期間に基づく均
             等配分額を比較し、いずれか大きい額により償却しております。
             ②自社利用目的のソフトウエア
              社内における利用可能期間(3年~5年)に基づく定額法を採用しております。
             ③特許権
              8年の定額法を採用しております。
           3.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許預金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスク
            しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当
             事業年度の費用として処理しております。
                                  67/111









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
           1.たな卸資産の評価基準及び評価方法

           商品及び製品、仕掛品、原材料
            個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用してお
            ります。
           2.固定資産の減価償却の方法

           (1)有形固定資産
            主な耐用年数は次のとおりであります。
             建物……………………15年 定額法
             構築物…………………10年~20年 定率法(2016年3月31日以前取得分)
             工具、器具及び備品…4年~15年 定率法
           (2)無形固定資産
            ①市場販売目的のソフトウエア
             見込販売可能期間(3年)における見込販売収益に基づく償却額と販売可能な残存販売期間に基づく均等
            配分額を比較し、いずれか大きい額により償却しております。
            ②自社利用目的のソフトウエア
             社内における利用可能期間(3年~5年)に基づく定額法を採用しております。
            ③特許権
             8年の定額法を採用しております。
           3.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許預金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスク
            しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当
             事業年度の費用として処理しております。
                                  68/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (未適用の会計基準等)
          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          (税効果会計に係る会計基準等)
           (1)「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号                                       平成30   年2月16日)
           (2)「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号                                          平成30   年2月16
           日)
             ①概要
              個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類1)に
             該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われております。
             ②適用予定日
              2019年9月期の期首より適用予定であります。
             ③当該会計基準等の適用による影響
              財務諸表に与える影響額は、現在評価中であります。
          (収益認識に関する会計基準等)

           (1)「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                             平成30   年3月30日)
           (2)「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                       平成30   年3月30日)
             ①概要
              収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し、認識されま
             す。
               ステップ1:顧客との契約を識別する。
               ステップ2:契約における履行義務を識別する。
               ステップ3:取引価格を算定する。
               ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
               ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
             ②適用予定日
              2022年9月期の期首より適用予定であります。
             ③当該会計基準等の適用による影響
              財務諸表に与える影響額は、現在評価中であります。
         (追加情報)

          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          1.(繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号                                        平成28   年3月28日)を当
          事業年度から適用しております。
          2.当事業年度において、棚卸資産の保有目的の変更を行った結果、「商品及び製品」から「工具、器具及

          び 備品」へ0千円を振替えております。
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

           当事業年度において、棚卸資産の保有目的の変更を行った結果、「商品及び製品」から「工具、器具及び備
          品」へ7,930千円を振替えております。
                                  69/111




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (損益計算書関係)
          ※ 1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度56%、当事業年度57%、一般管理費に属する費用の
            おおよその割合は前事業年度44%、当事業年度43%であります。
          販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年10月1日                  (自 2017年10月1日
                              至 2017年9月30日)                  至 2018年9月30日)
     給料及び手当                               114,758千円                  130,469千円
     役員報酬                                66,180                  72,414
          ※2   減損損失

            前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
             該当事項はありません。
            当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

             当社は、今後の業績の見通し等を勘案した結果、下記資産グループについては、将来キャッシュフロー
            によって当資産グループの帳簿価額を全額回収できる可能性が低いと判断し、当資産グループの帳簿価額
            を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失98,716千円として特別損失に計上しております。
             なお、当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しており、割引率は0%であります。
             当社は、     資産を事業資産、遊休資産等にグループ化し、事業資産については、セグメントをグルーピン
            グの最小単位とし、遊休資産等については個別の物件を最小単位としております。
                                                       金額
           事業            用途          場所           種類
                                                       (千円)
                                        ソフトウエア                 76,972
      エモーショナルシステム事業               事業用資産          本社          特許権                 13,977
                                        特許権仮勘定                  7,766
          ※3   固定資産除却損

                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年10月1日                  (自 2017年10月1日
                              至 2017年9月30日)                  至 2018年9月30日)
     ソフトウエア                                  931千円                  - 千円
                                  70/111









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (株主資本等変動計算書関係)
          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                        当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式    (注)                   5,796       1,153,404             -      1,159,200
             合計                5,796       1,153,404             -      1,159,200

      (注)2017年5月10日開催の取締役会決議により、2017年6月4日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行って
         おります。これにより発行済株式数は1,153,404株増加し、1,159,200株となっております。
           2.自己株式に関する事項

            該当事項はありません。
           3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

            該当事項はありません。
           4.配当に関する事項

            該当事項はありません。
                                  71/111














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                        当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式                     1,159,200             -         -      1,159,200

             合計              1,159,200             -         -      1,159,200

           2.自己株式に関する事項

            該当事項はありません。
           3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

            該当事項はありません。
           4.配当に関する事項

            該当事項はありません。
                                  72/111















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年10月1日                  (自 2017年10月1日
                              至 2017年9月30日)                  至 2018年9月30日)
     現金及び預金勘定                               135,819千円                  369,412千円
     預入期間が3ケ月を超える定期預金                               △6,102                  △6,702
     現金及び現金同等物                               129,717                  362,709
                                  73/111


















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              経営計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。一時的な余資は主に流動性
             の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達しております。投機目的のデ
             リバティブ取引は行わない方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である受取手形、売掛金は顧客の信用リスクに晒されております。
              買掛金、未払金、未払費用、預り金、未払消費税等、未払法人税等は、そのほとんどが3ヶ月以内の
             支払期日であります。
              長期借入金は、主に運転資金のための資金調達であります。これらは、返済又は利息の支払期日にお
             いて流動性リスクに晒されているため、担当部署が適時に資金計画を作成し、管理を行っております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              営業債権については、債権管理規程に従い、各事業部門における債権管理責任者が取引先の状況をモ
             ニタリングし、取引先別に債権残高、回収期日を管理するとともに、経営状況の異常等による回収懸念
             の早期把握や軽減を図っております。
             ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

              営業債務の一部には、外貨建取引のものがあり、為替の変動リスクに晒されておりますが、一定額以
             上の取引に関しては為替予約等を行う方針であります。
             ③資金調達に係る流動性リスクの管理

              各部門からの報告に基づき担当部署が随時、資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
             維持等により流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                  74/111









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                           貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
                                                          -

      (1)現金及び預金                          135,819            135,819
                                                          -
      (2)受取手形                           7,792            7,792
                                                          -
      (3)売掛金                          330,963            330,963
                                                          -

       資産計                         474,574            474,574
                                                          -

      (1)買掛金                          185,905            185,905
                                                          -
      (2)未払金                           24,408            24,408
                                                          -
      (3)未払費用                           32,261            32,261
                                                          -
      (4)預り金                           9,431            9,431
                                                          -
      (5)未払消費税等                           20,646            20,646
                                                          -
      (6)未払法人税等                            616            616
                                                          -
      (7)1年内返済予定の長期借入金                           73,249            73,249
      (8)長期借入金                          208,792            209,376              584
                                            555,894

       負債計                         555,310                          584
     (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形、(3)売掛金
           これらはすべて短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
          おります。
         負 債

          (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払費用、(4)預り金、(5)未払消費税等、(6)未払法人税等、(7)1年内返済予定
          の長期借入金
           これらはすべて短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
          おります。
          (8)長期借入金
           長期借入金の時価は、元利金の合計額を、                     同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在
          価値により算定しております。
                                  75/111








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           3.金銭債権の決算日後の償還予定額
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
                                        -         -         -

      現金及び預金                      135,819
                                        -         -         -
      受取手形                       7,792
                                        -         -         -
      売掛金                      330,963
                                        -         -         -

             合計               474,574
           4.借入金の決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                    73,249
      長期借入金                      46,441       27,304       63,092       58,100       13,855
          合計          73,249       46,441       27,304       63,092       58,100       13,855

                                  76/111














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              経営計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。一時的な余資は主に流動性
             の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達しております。投機目的のデ
             リバティブ取引は行わない方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である受取手形、売掛金は顧客の信用リスクに晒されております。
              買掛金、未払金、未払費用、預り金、未払消費税等、未払法人税等は、そのほとんどが3ヶ月以内の
             支払期日であります。
              長期借入金は、主に運転資金のための資金調達であります。これらは、返済又は利息の支払期日にお
             いて流動性リスクに晒されているため、担当部署が適時に資金計画を作成し、管理を行っております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              営業債権については、債権管理規程に従い、各事業部門における債権管理責任者が取引先の状況をモ
             ニタリングし、取引先別に債権残高、回収期日を管理するとともに、経営状況の異常等による回収懸念
             の早期把握や軽減を図っております。
             ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

              営業債務の一部には、外貨建取引のものがあり、為替の変動リスクに晒されておりますが、一定額以
             上の取引に関しては為替予約等を行う方針であります。
             ③資金調達に係る流動性リスクの管理

              各部門からの報告に基づき担当部署が随時、資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
             維持等により流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                  77/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                           貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
                                                          -

      (1)現金及び預金                          369,412            369,412
                                                          -
      (2)受取手形                           9,612            9,612
                                                          -
      (3)売掛金                          369,176            369,176
                                                          -

       資産計                         748,201            748,201
                                                          -

      (1)買掛金                          339,529            339,529
                                 19,126                          -
      (2)未払金                                       19,126
                                 31,100                          -
      (3)未払費用                                       31,100
                                                          -
      (4)預り金                           9,789            9,789
                                                          -
      (5)未払消費税等                           11,017            11,017
                                                          -
      (6)未払法人税等                            616            616
                                                          -
      (7)1年内返済予定の長期借入金                           71,073            71,073
      (8)長期借入金                          298,387            298,588              201
                                            780,841

       負債計                         780,640                          201
     (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形、(3)売掛金
           これらはすべて短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
          おります。
         負 債

          (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払費用、(4)預り金、(5)未払消費税等、(6)未払法人税等、(7)1年内返済予定
          の長期借入金
           これらはすべて短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
          おります。
          (8)長期借入金
           長期借入金の時価は、元利金の合計額を、                     同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在
          価値により算定しております。
                                  78/111








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           3.金銭債権の決算日後の償還予定額
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
                            369,412            -         -         -

      現金及び預金
                                        -         -         -
      受取手形                       9,612
                                        -         -         -
      売掛金                      369,176
                                        -         -         -

             合計               748,201
           4.借入金の決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                    71,073
      長期借入金                      63,288       105,594        98,044       25,706        5,755
          合計          71,073       63,288       105,594        98,044       25,706        5,755

                                  79/111














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
            該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                             第1回   新株予約権               第4回   新株予約権
                          当社取締役5名
                                            当社取締役3名
     付与対象者の区分及び人数                     当社従業員17名
                                            当社従業員44名
                          当社役員知人20       名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 99,400株                  普通株式 182,800株
     数(注)
     付与日                    2002年10月1日                  2017年1月16日
                                           当社の取締役又は従業員について
                         当社の取締役又は従業員について                  は、権利行使時においても当社の取
                         は、権利行使時においても当社の取                  締役又は従業員のいずれかの地位を
     権利確定条件
                         締役又は従業員のいずれかの地位を                  保有していること。但し、当社が特
                         保有していること。                  に行使を認めた場合はこの限りでは
                                           ありません。
     対象勤務期間                    対象勤務期間の定めはありません。                  対象勤務期間の定めはありません。
                         自 2003年4月1日                  自 2019年1月14日
     権利行使期間
                         至 2021年9月30日                  至 2026年12月27日
     (注)株式数に換算して記載しております。なお、2017年6月4日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)によ
        る分割後の株式数に換算して記載しております。
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当事業年度(2017年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
             ションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                             第1回   新株予約権               第4回   新株予約権
     権利確定前               (株)

      前事業年度末                                  -                  -
      付与                                  -               182,800

      失効                                  -                  -

      権利確定                                  -                  -

      未確定残                                  -               182,800

     権利確定後               (株)

      前事業年度末                               282,200                     -

      権利確定                                  -                  -

                                        -                  -

      権利行使
                                      182,800                     -
      失効
                                                          -
      未行使残                                99,400
     (注)2017年6月4日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しておりま
        す。
                                  80/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                             第1回   新株予約権               第4回   新株予約権
     権利行使価格               (円)                    150                  504

                                        -                  -
     行使時平均株価               (円)
                                        -                  -
     付与日における公正な評価単価               (円)
     (注)2017年6月4日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しておりま
        す。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
             ストック・オプション付与日時点においては、当社は株式を上場していないことから、ストック・オプ
            ションの公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。
             また、その価値を算定する基礎となる自社の株式の評価方法は、DCF法に拠っております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実際の失効数のみ反映させる方法を採
            用しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的

             価値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源
             的価値の合計額
           (1)当事業年度末における本源的価値の合計額                                        -千  円
           (2)当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における                                        本源的   価値  の 合計額
                                           -千  円
                                  81/111













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
            該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                             第1回   新株予約権               第4回   新株予約権
                          当社取締役5名
                                            当社取締役3名
     付与対象者の区分及び人数                     当社従業員17名
                                            当社従業員44名
                          当社役員知人20       名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 99,400株                  普通株式 182,800株
     数(注)
     付与日                    2002年10月1日                  2017年1月16日
                                           当社の取締役又は従業員について
                         当社の取締役又は従業員について                  は、権利行使時においても当社の取
                         は、権利行使時においても当社の取                  締役又は従業員のいずれかの地位を
     権利確定条件
                         締役又は従業員のいずれかの地位を                  保有していること。但し、当社が特
                         保有していること。                  に行使を認めた場合はこの限りでは
                                           ありません。
     対象勤務期間                    対象勤務期間の定めはありません。                  対象勤務期間の定めはありません。
                         自 2003年4月1日                  自 2019年1月14日
     権利行使期間
                         至 2021年9月30日                  至 2026年12月27日
     (注)株式数に換算して記載しております。なお、2017年6月4日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)によ
        る分割後の株式数に換算して記載しております
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当事業年度(2018年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
             ションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                             第1回   新株予約権               第4回   新株予約権
     権利確定前               (株)

                                        -               182,800
      前事業年度末
                                        -                  -
      付与
                                        -                  -
      失効
                                        -                  -
      権利確定
                                        -               182,800
      未確定残
     権利確定後               (株)

                                                          -
      前事業年度末                                99,400
                                        -                  -
      権利確定
                                        -                  -
      権利行使
                                        -                  -
      失効
                                                          -
      未行使残                                99,400
     (注)2017年6月4日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しておりま
        す。
                                  82/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                             第1回   新株予約権               第4回   新株予約権
     権利行使価格               (円)                    150                  504

                                        -                  -
     行使時平均株価               (円)
                                        -                  -
     付与日における公正な評価単価               (円)
     (注)2017年6月4日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しておりま
        す。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             ストック・オプション付与日時点においては、当社は株式を上場していないことから、ストック・オプ
            ションの公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。
             また、その価値を算定する基礎となる自社の株式の評価方法は、DCF法に拠っております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実際の失効数のみ反映させる方法を採
            用しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的

             価値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源
             的価値の合計額
           (1)当事業年度末における本源的価値の合計額                                        -千  円
           (2)当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における                                        本源的   価値  の 合計額
                                           -千  円
                                  83/111












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前事業年度     (2017年9月30日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2017年9月30日)
            繰延税金資産
             税務上の繰越欠損金                             42,418千円
                                          14,948
             商品評価損
                                          8,305
             減価償却超過額
                                          6,000
             未払賞与
                                          3,155
             商品評価損
                                           701
             敷金償却
            繰延税金資産小計                              75,529
                                         △50,512
            評価性引当額
            繰延税金資産合計
                                          25,016
                                            -
            繰延税金負債
            繰延税金負債合計                                -
                                          25,016
            繰延税金資産純額
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2017年9月30日)
            法定実効税率
                                          30.04%
            (調整)
             繰延税金資産に係る評価性引当額の増減                            △33.89
                                           0.70
             住民税均等割
                                          △0.01
             その他
            税効果会計適用後の法人税等の負担率                              △3.16
                                  84/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度     (2018年9月30日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2018年9月30日)
            繰延税金資産
             税務上の繰越欠損金                             42,013千円
                                          13,722
             商品評価損
             減価償却超過額                             9,523
                                          5,434
             未払賞与
                                           788
             敷金償却
                                          29,422
             減損損失
            繰延税金資産小計                             100,906
                                         △78,271
            評価性引当額
            繰延税金資産合計
                                          22,634
                                            -
            繰延税金負債
            繰延税金負債合計                                -
                                          22,634
            繰延税金資産純額
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
             当事業年度においては、税引前当期純損失のため、注記を省略しております。
                                  85/111













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (持分法損益等)
          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           当社は関連会社を有していないため、該当事項はありません。
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

           当社は関連会社を有していないため、該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
            当社資産除去債務は、本社事務所の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であり、使用見込期間を契約
           開始から12年として算出しております。「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用
           指針第2    1号平成20年3月31日)に基づき、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的
           に見積り、当事業年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によって処理しております。
            当事業年度末の敷金残高のうち、回収が最終的に見込めないと認められる金額は、1,141千円でありま
           す。
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

            当社資産除去債務は、本社事務所の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であり、使用見込期間を契約
           開始から12年として算出しております。「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用
           指針第21号平成20年3月31日)に基づき、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的
           に見積り、当事業年度の負担             に属する金額を費用に計上する方法によって処理しております。
            当事業年度末の敷金残高のうち、回収が最終的に見込めないと認められる金額は、849千円であります。
                                  86/111













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
         前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
         1.報告セグメントの概要
           当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経
          営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
           当社は、本社に製商品・サービス別の事業本部を置き、各事業本部は、取り扱う製商品・サービスについ
          て国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
           従いまして当社は、事業本部を基礎とした製商品・サービス別のセグメントから構成されており、「セ
          キュアクラウドシステム事業」及び「エモーショナルシステム事業」の2つを報告セグメントとしておりま
          す。
           「セキュアクラウドシステム事業」は、企業システムの仮想化や強固なセキュリティ環境を整備するイン
          フラ構築、販売管理や顧客管理といった企業、団体向けの業務システム開発、生産管理システムや仮想化環
          境に特化した自社プロダクト販売を行っております。
           「エモーショナルシステム事業」は、テーマパーク等のレジャー産業を中心とした顧客向けに空間を仮想
          化するための特殊な映像技術を用いた、4D王というVRシアターの技術開発及び設備製造販売を行っておりま
          す。
         2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と概ね同一であり
          ます。
           報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
         3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                     (単位:千円)
                          報告セグメント
                                              調整額
                                                    財務諸表計上額
                                             (注)1
                セキュアクラウド         エモーショナル
                                      計
                 システム事業         システム事業
     売上高
      外部顧客への売上
                    1,406,489          185,301        1,591,790             -     1,591,790
      高
      セグメント間の内
                       -         -         -         -         -
      部売上高又は振替
      高
                    1,406,489          185,301        1,591,790             -     1,591,790
          計
     セグメント利益又は
                     260,229         △ 5,342        254,886        △ 149,637         105,249
     損失(△)
      (注)   1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△149,637千円は、報告セグメントに分配していない全社費用であ
           ります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)は、財務諸表の営業利益と調整を行っております。
         3.セグメント資産、負債その他の項目の金額は、事業セグメントに配分していないため、開示しておりませ
           ん。
                                  87/111





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
         1.報告セグメントの概要
           当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経
          営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
           当社は、本社に製商品・サービス別の事業本部を置き、各事業本部は、取り扱う製商品・サービスについ
          て国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
           従いまして当社は、事業本部を基礎とした製商品・サービス別のセグメントから構成されており、「セ
          キュアクラウドシステム事業」及び「エモーショナルシステム事業」の2つを報告セグメントとしておりま
          す。
           「セキュアクラウドシステム事業」は、企業システムの仮想化や強固なセキュリティ環境を整備するイン
          フラ構築、販売管理や顧客管理といった企業、団体向けの業務システム開発、生産管理システムや仮想化環
          境に特化した自社プロダクト販売を行っております。
           「エモーショナルシステム事業」は、テーマパーク等のレジャー産業を中心とした顧客向けに空間を仮想
          化するための特殊な映像技術を用いた、4D王というVRシアターの技術開発及び設備製造販売を行っておりま
          す。
         2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と概ね同一であり
          ます。
           報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
         3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                     (単位:千円)
                          報告セグメント
                                              調整額
                                                    財務諸表計上額
                                             (注)1
                セキュアクラウド         エモーショナル
                                      計
                 システム事業         システム事業
     売上高
      外部顧客への売上
                    1,466,179          19,546       1,485,725             -     1,485,725
      高
      セグメント間の内
                       -         -         -         -         -
      部売上高又は振替
      高
                    1,466,179          19,546       1,485,725             -     1,485,725
          計
     セグメント利益又は
                     303,322        △ 122,699         180,623        △ 156,307         24,315
     損失(△)
      (注)   1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△156,307千円は、報告セグメントに分配していない全社費用であ
           ります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)は、財務諸表の営業利益と調整を行っております。
         3.セグメント資産、負債その他の項目の金額は、事業セグメントに配分していないため、開示しておりませ
           ん。
                                  88/111






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【関連情報】
           前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
            1.製品及びサービスごとの情報
             製品   及び  サービスの区分が報告セグメント区分と同一であるため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
             (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
             載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載はあり
            ません。
           当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

            1.製品及びサービスごとの情報
             製品   及び  サービスの区分が報告セグメント区分と同一であるため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
             (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
             載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載はあり
            ません。
                                  89/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

                                            (単位:千円)
                セキュアクラウド         エモーショナル
                                    全社・消去          合計
                 システム事業         システム事業
                       -       98,716           -       98,716
     減損損失
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

            該当事項はありません。
                                  90/111












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【関連当事者情報】
          前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
           関連当事者との取引
            財務諸表提出会社の役員及び主要株主等
                              議決権等の
                    資本金又     事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者            取引金額         期末残高
                    は出資金
       種類          所在地         容又は職                取引の内容           科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係            (千円)         (千円)
                    (千円)     業
                               (%)
                                        当社銀行借
     役員及び                    当社代表          当社代表取
                              (被所有)
                                        入に対する
     個人主要株     冨田 和久               取締役社          締役社長             134,061
                 -    -                               -      -
                              直接  17.3         債務被保証
     主                    長          債務被保証
                                        (注)1、2
      (注)1.      取引条件及び取引条件の決定方針等
           当社は、銀行借入に対して代表取締役社長冨田和久より債務保証を受けております。
           取引金額には、当事業年度末の債務被保証額を記載しております。
           なお、保証料の支払いは行っておりません。
         2.本債務被保証は2019年5月30日をもって解消しております。
          当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

           関連当事者との取引
            財務諸表提出会社の役員及び主要株主等
                              議決権等の
                    資本金又     事業の内
                              所有(被所                 取引金額         期末残高
          会社等の名                        関連当事者
       種類          所在地    は出資金     容又は職                取引の内容           科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係            (千円)         (千円)
                         業
                    (千円)
                               (%)
                                        当社銀行借
     役員及び                    当社代表          当社代表取
                              (被所有)
                                        入に対する
     個人主要株     冨田 和久               取締役社          締役社長             146,784
                 -    -                               -      -
                              直接  17.3         債務被保証
     主                    長          債務被保証
                                        (注)1、2
      (注)1.      取引条件及び取引条件の決定方針等
           当社は、銀行借入に対して代表取締役社長冨田和久より債務保証を受けております。
           取引金額には、当事業年度末の債務被保証額を記載しております。
           なお、保証料の支払いは行っておりません。
         2.本債務被保証は2019年5月30日をもって解消しております。
                                  91/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
        前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
                                 当事業年度
                              (自 2016年10月1日
                               至 2017年9月30日)
     1株当たり純資産額                               106.95円

     1株当たり当期純利益金額                                78.71円
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、                                             当社株式は非上場であ
           り期中平均株価が把握できないため                 記載しておりません。
         2.当社は、2017年6月4日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。当事業年度の
           期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定してお
           ります。
         3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 当事業年度
                              (自 2016年10月1日
                               至 2017年9月30日)
     当期純利益金額(千円)                               91,245

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                 -

     普通株式に係る当期純利益金額(千円)                               91,245

     普通株式の期中平均株式数(株)                              1,159,200

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                              -
     株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった
     潜在株式の概要
        当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

                                 当事業年度
                              (自 2017年10月1日
                               至 2018年9月30日)
     1株当たり純資産額                                31.62円

     1株当たり当期純損失金額(△)                               △75.33円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、                                             当社株式は非上場であ
           り期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失であるため                                    記載しておりません。
         2.1株当たり当期純損失金額(△)の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 当事業年度
                              (自 2017年10月1日
                               至 2018年9月30日)
     当期純損失額(千円)                              △87,318

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                 -

     普通株式に係る当期純損失金額(△)(千円)                              △87,318

     普通株式の期中平均株式数(株)                              1,159,200

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                              -
     株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった
     潜在株式の概要
                                  92/111




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
         前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          該当事項はありません。
         当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          該当事項はありません。
                                  93/111


















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (追加情報)
          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」                      (企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
          (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

           当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累
          計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                              当第3四半期累計期間

                             (自 2018年10月1日
                              至 2019年6月30日)
            減価償却費                        13,502千円
          (株主資本等関係)

           当第3四半期累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)
           1.配当金支払額
             該当事項はありません。
           2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日

             後となるもの
             該当事項はありません。
           3.株主資本の著しい変動

             該当事項はありません。
          (持分法損益等)

           当社は関連会社を有していないため、該当事項はありません。
                                  94/111










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (セグメント情報等)
           【セグメント情報】
            当第3四半期累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)
            報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                          報告セグメント
                                                      四半期
                                              調整額
                                                     損益計算書
                                             (注)1
                セキュアクラウド         エモーショナル
                                      計                 計上額
                 システム事業         システム事業
     売上高
      外部顧客への売上
                    1,114,386          108,410        1,222,796             -     1,222,796
      高
      セグメント間の内
                       -         -         -         -         -
      部売上高又は振替
      高
                    1,114,386          108,410        1,222,796             -     1,222,796
          計
                     256,993         12,796        269,789        △ 147,887         121,902
     セグメント利益
      (注)1.     セグメント利益の調整額           △147,887千円は、報告セグメントに分配していない全社費用であります。全社費
           用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          (1株当たり情報)

           1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当第3四半期累計期間
                                (自 2018年10月1日
                                 至 2019年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 105円60銭

     (算定上の基礎)
      四半期純利益金額(千円)                                 122,413

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -

      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                                 122,413

      普通株式の期中平均株式数(株)                                1,159,200

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                               -
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
     式で、前事業年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、                                            当社株式は非上場であり
         期中平均株価が把握できないため               記載しておりません。
          (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                  95/111





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          該当事項はありません。
         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     償却累計額       (千円)     高(千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
      建物
                     200                   200       29      13      170
                            -      -
      構築物              2,195                   2,195      1,625       97      569
                            -      -
      工具、器具及び備品              26,122      11,888            38,010      24,344       2,500      13,666
                                  -
        有形固定資産計            28,517      11,888            40,406      25,999       2,611      14,407
                                  -
     無形固定資産
                                 76,972
      ソフトウエア
                    218,017       21,087            162,132      142,490       40,865      19,642
                               (76,972)
      ソフトウエア仮勘定                8    21,078      21,087
                                                     -
                                        -      -            -
                                 13,977
      特許権
                    140,295       5,547            131,865      131,865       18,230        -
                               (13,977)
                                 13,314
      特許権仮勘定              12,878       435
                                        -      -            -
                               (7,766)
      電話加入権               164                   164                   164
                                  -
                            -                   -      -
                                125,351
        無形固定資産計
                    371,364       48,149            294,163      274,356       59,096      19,807
                                (98,716)
      (注)1.「当期減少額」欄の(                 )内は減損損失計上額を内書きで表示しています。
         2.当期増減額のうち主なものは次のとおりであります。
          (増加額)
          ソフトウエア             4D王コンテンツ                   18,607千円
          ソフトウエア仮勘定             4D王コンテンツ                   18,607千円
          工具、器具及び備品             商品及び製品からの振替                   7,930千円
          (減少額)

          ソフトウエア             4D王コンテンツ                   76,972千円
          ソフトウエア仮勘定             4D王コンテンツ                   18,607千円
                                  96/111








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
                                 73,249
     1年以内に返済予定の長期借入金                                   71,073        1.465       -
                                                   2019年10月~
                                 208,792
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                                  298,387        3.022
                                                   2024年8月
     その他有利子負債                              -       -        -     -
                                 282,041
                合計                        369,460          -     -
      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりで
           あります。
                            1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                              (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
           長期借入金                     63,288        105,594         98,044        25,706

         【引当金明細表】

          該当事項はありません。
         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                  97/111











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【主な資産及び負債の内容】
        ① 流動資産
         イ.現金及び預金
                  区分                          金額(千円)
      預金
       普通預金                                              362,709
       定期預金                                               6,702
                  合計                                   369,412
         ロ.受取手形

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      中興化成工業㈱                                                9,612
                  合計                                    9,612
           期日別内訳
                 期日別                          金額(千円)
      2018年10月                                                2,599
         11月                                             2,430
         12月                                             1,486
      2019年1月                                                3,096
                  合計                                    9,612
         ハ.売掛金

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      ㈱JIMOS                                               58,005
      システムラボラトリー㈱                                               44,859
      エコー電子工業㈱                                               28,306
      ㈱きもと                                               22,832
      医療法人社団シマダ                                               22,040
      その他                                               193,131
                  合計                                   369,176
           売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                           回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)

                                           (C)            2
                                                ×  100
         (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)  +  (B)          (B)
                                                       365
                                                79.9

         330,963        1,507,597         1,469,384          369,176                      85
      (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
                                  98/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ニ.商品
                  品目                          金額(千円)
      セキュアクラウド商品                                                3,587
                                                      1,826
      映像装置関連商品
                  合計                                    5,414
         ホ.製品

                  品目                          金額(千円)
                                                     22,061
      特殊映像装置
                  合計                                    22,061
         ヘ.仕掛品

                  品目                          金額(千円)
      システム開発作業                                                 133
                  合計                                     133
         ト.原材料

                  品目                          金額(千円)
      映像装置資材                                                 651
                  合計                                     651
        ② 流動負債

         買掛金
                 相手先                          金額(千円)
      SB   C&S㈱
                                                     108,888
      アセンテック㈱
                                                     91,074
      デル㈱
                                                     44,533
      兼松エレクトロニクス㈱
                                                     39,032
      ダイワボウ情報システム㈱ 福岡第2支店                                               19,511
      その他                                               36,488
                  合計                                   339,529
       (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                  99/111






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  毎年10月1日から翌年9月30日まで

      定時株主総会                  毎事業年度終了後3ヶ月以内

      基準日                  毎年9月30日

      株券の種類                  -

      剰余金の配当の基準日                  毎年9月30日、毎年3月31日

      1単元の株式数                  100株

      株式の名義書換(注)1

                       東京都千代田区霞が関三丁目2番5号

       取扱場所
                       株式会社アイ・アール ジャパン
                       東京都千代田区霞が関三丁目2番5号
       株主名簿管理人
                       株式会社アイ・アール ジャパン
       取次所                 -

       名義書換手数料                 無料

       新券交付手数料

                       -
      単元未満株式の買取り

                       東京都千代田区霞が関三丁目2番5号

       取扱場所
                       株式会社アイ・アール ジャパン
                       東京都千代田区霞が関三丁目2番5号
       株主名簿管理人
                       株式会社アイ・アール ジャパン
       取次所                 -

       買取手数料                 無料

                       電子公告により行う。ただし、電子公告によることができない事故その他や

      公告掲載方法                  むを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載する方法により行う。
                       公告掲載URL http://www.pbsystems.co.jp/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

      (注)1.当社株式は、証券会員制法人福岡証券取引所への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条第

           1項に規定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
         2.当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができませ
           ん。
           (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
           (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
           (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                100/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        該当事項はありません。
                                101/111


















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第三部【特別情報】
     第1【連動子会社の最近の財務諸表】
       当社は、連動子会社を有していないため、該当事項はありません。
                                102/111



















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第四部【株式公開情報】
     第1【特別利害関係者等の株式等の移動状況】
                                        移動後所有
                                                   価格
          移動前所有者           移動前所有者の              移動後所
                移動前所有            移動後所有者の            者の提出会     移動株数
     移動年月日     の氏名又は名           提出会社との関              有者の住               (単価)      移動理由
                者の住所            氏名又は名称            社との関係
                                              (株)
          称           係等              所               (円)
                                        等
          JAIC-ブ
          リッジ3号投
          資事業有限責
          任組合無限責                         東京都千
                東京都千代            日本アジア投資
          任組合員JA           特別利害関係者              代田区神              24,000,000
      2018年          田区神田錦            株式会社              ―            所有者の事情
          IC・キャピ           等(大株主上位              田錦町三
                                              48,000      (500)
      12月20日           町三丁目11            代表取締役             (注)4              による
          タルパート           10名)              丁目11番
                                                   (注)5
                番地            下村哲朗
          ナーズ株式会                         地
          社 代表取締
          役
           下村哲朗
      (注)1.当社は、福岡証券取引所Q-Boardへの上場を予定しておりますが、証券会員制法人福岡                                                  証券取引所
           (以下「同取引所」という。)が定める「上場前の公募又は売出し等に関する規則」(以下「上場前公募等規
           則」という。)第15条並びに上場前公募等規則の取扱い第14条の規定                               に基づき、特別利害関係者等が、新規
           上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年前の日(2016年10月1日)から上場日の前日までの期間
           において、当社の発行する株式又は新株予約権の譲受け又は譲渡(上場前の公募等を除き、新株予約権の行
           使を含む。以下「株式等の移動」という。)を行っている場合には、当該株式等の移動の状況を、有価証券
           上場規程に関する取扱い要領2.(1)に規定する「上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」に記載す
           ることとされております。
         2.当社は、      上場前公募等規則第16条及び上場前公募等規則の取扱い第14条の2                               の規定に基づき、上場日から5
           年間、上記株式等の移動の状況に係る記載内容についての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当
           社が当該記録を把握し、かつ、保存するための事務組織を適切に整備している状況にあることを確認するこ
           ととされております。
           また、当社は、当該記録につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされてお
           ります。同取引所は、当社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該提出請求に応じない状況
           にある旨を公表することができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記
           録を検討した結果、上記株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合に
           は、当社及び幹事取引参加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することが
           できるとされております。
         3.特別利害関係者等の範囲は次のとおりであります。
          (1)当社の特別利害関係者………役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下「役員等」という。)、役員等
                         により総株主の議決権の過半数が所有されている会社並びに関係会社及びそ
                         の役員
          (2)当社の大株主上位10名
          (3)当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
          (4)金融商品取引業者等(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業を行う者に限る)並びにそ
            の役員、人的関係会社及び資本的関係会社
         4.当該株式移動により、特別利害関係者等(大株主上位10名)となっております。
         5.移動価格は、譲渡人の取得価格を参考として、当事者間で協議の上決定しております。
                                103/111






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【第三者割当等の概況】
      1【第三者割当等による株式等の発行の内容】
              項目                  新株予約権
      発行年月日                         2017年1月16日

                              第4回新株予約権
      種類
                            (ストック・オプション)
      発行数                            普通株式 914株
                                     100,800円
      発行価格
                                     (注)2.
      資本組入額                                50,400円
      発行価額の総額                              92,131,200円

      資本組入額の総額                              46,065,600円

                          2016年12月27日開催の第20期定時株
                          主総会及び2017年1月13日開催の取
                          締役会において、会社法に基づく新
      発行方法
                          株予約権の付与(ストック・オプ
                          ション)に関する決議を行っており
                          ます。
      保有期間等に関する確約                            -
      (注)1.第三者割当等による株式等の発行の制限に関し、証券会員制法人福岡証券取引所(以下「                                              同取引所    」とい
           う。)の定める規則等並びにその期間については以下のとおりであります。
           (1)  同取引所    の定める    上場前の公募又は売出し等に関する規則(以下「上場前公募等規則」という。)                                     第20
             条並びに上場前公募等規則の取扱い第19条の規定において、新規上場申請者が、新規上場申請日の直前
             事業年度の末日から起算して1年前より後において、役員又は従業員等に報酬として新株予約権の割当
             てを行っている場合には、当該新規上場申請者は、割当てを受けた役員又は従業員等との間で、書面に
             より報酬として割当てを受けた新株予約権の継続所有、譲渡時及び同取引所からの当該所有状況に係る
             照会時の同取引所への報告その他同取引所が必要と認める事項について確約を行うものとし、当該書面
             を同取引所が定めるところにより提出するものとされております。
           (2)新規上場申請者が、前項の規定に基づく書面の提出等を行わないときは、同取引所は上場申請の不受理
             又は受理の取消しの措置をとるものとしております。
           (3)当社の場合、上場申請日の直前事業年度の末日は2018年9月30日であります。
         2.発行価格は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー法)により算定した価格を総合的に勘案し
           て、決定しております。
         3.新株予約権の行使時の払込金額、行使請求期間、行使の条件及び譲渡に関する事項については、次のとおり
           であります。
      項目                    第4回新株予約権

      行使時の払込金額                    1株につき100,800円

      行使請求期間                    2019年1月14日から2026年12月27日まで

                          「第二部 企業情報 第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株
      行使の条件及び譲渡に関する事項
                          予約権等の状況」に記載のとおりであります。
         4.2017年5月10日開催の取締役会決議により、2017年6月4日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分
           割を行っておりますが、上記「発行数」、「発行価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」は、当
           該株式分割前の「発行数」、「発行価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」を記載しておりま
           す。なお、当該株式分割により、「発行数」は182,800株、「発行価格」は504円、「資本組入額」は252
           円、「行使時の払込金額」は504円にそれぞれ調整されております。
                                104/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【取得者の概況】
        新株予約権
        2016年12月27日開催の第20期定時株主総会及び2017年1月13日開催の取締役会決議に基づく新株予約権の発行
                               取得者の職              価格
                                     割当株数            取得者と提出会社と
       取得者の氏名又は名称               取得者の住所         業及び事業             (単価)
                                      (株)            の関係
                               の内容等             (円)
                                                 特別利害関係者等
                                           71,971,200
     冨田 和久               福岡市東区           会社役員          714         (当社代表取締役社
                                             (504)
                                                 長、大株主上位10名)
                                                 特別利害関係者等
                                           5,040,000
     森﨑 高広               福岡市早良区           会社役員          50        (当社取締役、大株主
                                             (504)
                                                 上位10名)
                                                 特別利害関係者等
                                           5,040,000
     彌永 玲子               福岡県春日市           会社役員          50        (当社取締役、大株主
                                             (504)
                                                 上位10名)
                                            907,200
     新開 誠治               福岡市東区           会社員           9        当社執行役員
                                             (504)
                                            907,200
     吉富 裕之               福岡市早良区           会社員           9        当社執行役員
                                             (504)
      (注)1.      上記のほか、新株予約権の目的である株式の総数が1,000株以下の取得者                                  である従業員(特別利害関係者等
           を除く)    は42名であり、その株式の総数は16,400株であります。
         2.2017年5月10日開催の取締役会決議により、2017年6月4日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分
           割を行っておりますが、上記割当株数及び価格は株式分割前の割当株数及び価格で記載しております。
      3【取得者の株式等の移動状況】

        該当事項はありません。
                                105/111











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【株主の状況】
                                                  株式(自己株式を除
                                            所有株式数       く。)の総数に対す
           氏名又は名称                     住所
                                             (株)      る所有株式数の割合
                                                      (%)
                                              410,800            28.50
     冨田 和久 ※1.2                  福岡市東区
                                             (209,800)            (14.56)
                                              72,000            5.00
     森﨑 高広 ※2.5                  福岡市早良区
                                             (10,000)            (0.69)
                                              65,000            4.51
     彌永 玲子 ※2.5                  福岡県春日市
                                             (10,000)            (0.69)
     加賀電子株式会社 ※2                  東京都千代田区神田松永町20番地                       54,000            3.75
     株式会社ユニリタ ※2                  東京都港区港南二丁目15番1号                       50,000            3.47

     日本アジア投資株式会社 ※2                  東京都千代田区神田錦町三丁目11番地                       48,000            3.33

     山代ガス株式会社 ※2                  佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸2153番1号                       48,000            3.33

     株式会社ゼネラルアサヒ ※2                  福岡市東区松田三丁目777番地                       42,000            2.91

                       東京都千代田区神田猿楽町二丁目4番11
     イメージ情報開発株式会社 ※2                                         40,000            2.78
                       号
     K&Pパートナーズ1号投資事業有                  東京都千代田区内神田一丁目2番1号ダ
                                              38,000            2.64
     限責任組合 ※2                  コタハウス9階
     株式会社E3                  東京都   港区赤坂六丁目12番11号                    34,000            2.36
                                              20,800            1.44
     内野 浩                  東京都中央区
                                               (800)          (0.06)
     江藤 庄治                  福岡県太宰府市                       20,000            1.39
     みやざき未来応援ファンド投資事業
                       宮崎県宮崎市広島二丁目1番31号                       20,000            1.39
     有限責任組合
     冨田 美香 ※3                  福岡市東区                       19,200            1.33
                                              18,400            1.28
     河内 康志                  新潟市中央区
                                              (1,800)           (0.13)
                                              17,000            1.18
     山本 智弘 ※8
                       福岡市中央区
                                              (4,200)           (0.29)
                                              16,800            1.17
     古賀 由国                  東京都新宿区
                                               (800)          (0.06)
                                              16,000
     株式会社ダイショー                  福岡市東区松田一丁目11番17号                                  1.11
                                                          0.97
     冨田 良彦 ※       4           福岡市東区                       14,000
                       福岡市博多区吉塚四丁目6番12号709号
     株式会社共栄テック                                         12,600            0.87
                       室
                                              11,400            0.79
     龍 正子                  福岡市博多区
                                              (1,400)           (0.10)
                                              10,800            0.75
     小池 裕                  横浜市青葉区
                                               (800)          (0.06)
                                              10,800            0.75
     神宮 厚彦                  川崎市麻生区
                                               (800)          (0.06)
                                              10,800            0.75
     豊田 知子                  横浜市緑区
                                               (800)          (0.06)
                                              10,800            0.75
     中島 克之                  横浜市青葉区
                                               (800)          (0.06)
                                              10,800            0.75
     馬場 哲久                  福岡市東区
                                               (800)          (0.06)
                                106/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                  株式(自己株式を除
                                            所有株式数       く。)の総数に対す
           氏名又は名称                     住所
                                             (株)      る所有株式数の割合
                                                      (%)
     株式会社パッセルインテグレーショ
                        佐賀県武雄市北方町大字志久1199番4号                       10,000            0.69
     ン
                                                          0.61

     大原 和司 ※6                  佐賀県唐津市                       8,800
                                                          0.61

                                               8,800
     金光 誠也                  福岡市中央区
                                                         (0.06)
                                               (800)
                                               8,800           0.61
     長澤 利之                  福岡県筑紫野市
                                               (800)          (0.06)
                                                          0.61
                                               8,800
     山崎 仁志                  東京都板橋区
                                                         (0.06)
                                               (800)
                                               8,800           0.61
     吉村 慶太郎                  横浜市栄区
                                               (800)          (0.06)
                                                          0.60
                                               8,600
     酒井 直隆                  福岡市城南区
                                                         (0.04)
                                               (600)
                                                          0.60
                                               8,600
     真田 清司                  石川県羽咋郡宝達志水町
                                                         (0.04)
                                               (600)
     太田 俊彦                  福岡市博多区                       8,000           0.56
                                               8,000           0.56
     柴田 芳明                  福岡県春日市
     冨田 良郎 ※4                  福岡市東区                       8,000           0.56

     福島 泰広                  福岡県糟屋郡粕屋町                       8,000           0.56

                                               8,000           0.56
     宮原 宏                  佐賀県鳥栖市
                                               8,000           0.56
     村野 淳                  東京都世田谷区
                                               7,800           0.54
     宮地 洋 ※8
                        福岡県糟屋郡粕屋町
                                               (400)          (0.03)
     花村 紳二                  福岡県春日市                       6,600           0.46
                                               6,400           0.44
     松下 幸史 ※7
                        福岡市西区
                                               (800)          (0.06)
                        東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目17番2
     株式会社バリュー・アップ                                         6,000           0.42
                        号
                                               5,800           0.40
     前原 俊介 ※8
                        福岡県宗像市
                                              (1,800)           (0.13)
                                               5,600
                                                          0.39
     廣渡 愛子 ※8                  福岡市東区
                                                         (0.14)
                                              (2,000)
                                               5,200           0.36
     山田 一郎 ※8
                        福岡市城南区
                                               (400)          (0.03)
                                               5,200           0.36
     吉富 裕之 ※7                  福岡市早良区
                                              (1,800)           (0.13)
     江口 幹康                  福岡市博多区                       4,600           0.32
                                              127,000            8.81
     その他95名
                                             (27,800)            (1.93)
                                             1,441,400            100.00
             計                   -
                                             (282,200)            (19.58)
      (注)1.「氏名又は名称」欄の※の番号は、次のとおり株主の属性を示します。
          1:特別利害関係者等(当社の代表取締役社長)
          2:  特別利害関係者等(大株主上位10名)
          3:特別利害関係者等(当社の代表取締役社長の配偶者)
          4:特別利害関係者等(当社の代表取締役社長の二親等内の血族)
          5:特別利害関係者等(当社の取締役)
          6:特別利害関係者等(当社の監査役)
                                107/111


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          7:当社の執行役員
          8:当社の従業員
         2.( )内は、新株予約権による潜在株式数及びその割合であり、内数であります。
         3.  株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しておりま
           す。
                                108/111



















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2019年7月31日

     株式会社ピー・ビーシステムズ

      取締役会 御中
                               海南監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                             仁戸田 学  ㊞
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士       秋葉  陽  ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社ピー・ビーシステムズの2017年10月1日から2018年9月30日までの第22期事業年度の財務諸表、すなわち、
     貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属
     明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
      また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体
     としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     ピー・ビーシステムズの2018年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッ
     シュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                109/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2019年7月31日

     株式会社ピー・ビーシステムズ

      取締役会 御中
                               海南監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                             仁戸田 学  ㊞
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士       秋葉  陽  ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社ピー・ビーシステムズの2016年10月1日から2017年9月30日までの第21期事業年度の財務諸表、すなわち、
     貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針及びその他の注記につい
     て監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
      また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体
     としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     ピー・ビーシステムズの2017年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッ
     シュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                110/111



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ピー・ビーシステムズ(E33384)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年7月31日

     株式会社ピー・ビーシステムズ

      取締役会 御中
                               海南監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                             仁戸田 学  ㊞
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士       秋葉  陽  ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ピー・

     ビーシステムズの2018年10月1日から2019年9月30日までの第23期事業年度の第3四半期会計期間(2019年4月1日から
     2019年6月30日まで)及び第3四半期累計期間(2018年10月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期財務諸表、すな
     わち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ピー・ビーシステムズの2019年6月30日現在の財政状態及び同日を
     もって終了する第3四半期累計期間の経営成績及を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において
     認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券

           届出書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                111/111




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。