株式会社髙松コンストラクショングループ 四半期報告書 第55期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第55期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)
提出日
提出者 株式会社髙松コンストラクショングループ
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    四半期報告書
     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                    関東財務局長

     【提出日】                    2019年8月8日

     【四半期会計期間】                    第55期第1四半期(自            2019年4月1日         至   2019年6月30日)

     【会社名】                    株式会社髙松コンストラクショングループ

     【英訳名】                    TAKAMATSU     CONSTRUCTION       GROUP   CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長            吉武 宣彦

     【本店の所在の場所】                    大阪市淀川区新北野一丁目2番3号

     【電話番号】                    (06)6303-8101(代表)

     【事務連絡者氏名】                    常務執行役員グループ統括本部長 井筒 廣之

     【最寄りの連絡場所】                    大阪市淀川区新北野一丁目2番3号

     【電話番号】                    (06)6303-8101

     【事務連絡者氏名】                    常務執行役員グループ統括本部長 井筒 廣之

     【縦覧に供する場所】                    株式会社髙松コンストラクショングループ                    東京本社

                         (東京都千代田区神田美土代町1番地)

                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
    1【主要な経営指標等の推移】
                                 第54期          第55期
                回次               第1四半期連結          第1四半期連結            第54期
                                 累計期間          累計期間
                              自   2018年4月1日       自   2019年4月1日       自   2018年4月1日
               会計期間
                              至   2018年6月30日       至   2019年6月30日       至   2019年3月31日
     売上高                    (百万円)           54,177          59,810         249,720
     経常利益                    (百万円)             926         1,348         12,425

     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                         (百万円)             463          422         7,022
     純利益
     四半期包括利益又は包括利益                    (百万円)             580          414         7,183
     純資産額                    (百万円)           113,008          116,941          118,126

     総資産額                    (百万円)           176,414          194,547          190,590

     1株当たり四半期(当期)純利益                       (円)          13.32          12.14         201.70

     潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)
                           (円)           -          -          -
     純利益
     自己資本比率                       (%)          56.1          53.0          54.6
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
    2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、
      重要な変更はありません。
       なお、当第1四半期連結累計期間における主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
       (建築事業・不動産事業)
        2019年4月1日付けでタカマツハウス㈱を設立し、当第1四半期連結会計期間より連結子会社としておりま
       す。また、2019年5月31日付けで㈱タツミプランニングの全株式を取得し、当第1四半期連結会計期間より連結
       子会社としております。
                                  2/19








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    第2【事業の状況】
      (注)「第2        事業の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示しております。
    1【事業等のリスク】
       当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
    2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       当第1四半期連結累計期間における当社グループ(当社および連結子会社)の経営環境、経営方針の概要及び経
      営成績の分析等は次のとおりです。
       なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グル―プ(当社および連結子
      会社)が判断したものであります。
      (1)経営環境および経営戦略の状況

          当第1四半期連結累計期間における我が国経済は、穏やかな成長が継続した前期に比較し、外需の下振れや
         企業収益の足踏み感がより強く感じられるようになりました。国内建設市場も、民間、官公庁共に前年度比で
         マイナスとなり、全体としても△16.6%の大きなマイナスとなりましたが、建設市場の通年見通しとしては、
         当面は高原状態の継続が予想されています。
          このような状況の中、当社グループは2020年3月期を初年度とする3ヶ年の中期経営計画「Create!2022」
         をスタートいたしました。
          本中計では、「高成長・高収益企業を創る」「グループの新事業領域を創る」「多様性尊重・コンプライア
         ンス重視の企業文化の創出」「シナジー効果の創出」「経済・社会や環境への価値創造」の5つの「創る」を
         キーワードに、中計最終年度の2022年3月期には売上高3,000億円、営業利益180億円を達成する計画となって
         います。この中で、好調が持続している東名阪の土地有効活用事業を中核事業とする髙松建設グループが事業
         拡大を図るとともに、青木あすなろ建設グループは安定成長しつつ、利益率の向上を図る計画です。
      (2)財政状態及び経営成績の状況

         ①経営成績
           上記の経営戦略のもと、当第1四半期連結累計期間の受注高は過去最高の75,822百万円(前年同期比
          12.2%増)、売上高も59,810百万円(前年同期比10.4%増)となり、売上高は8期連続増収、7期連続過去
          最高となりました。
           利益につきましては、営業利益は1,322百万円(前年同期比47.7%増)、経常利益は1,348百万円(前年同
          期比45.5%増)となりましたが、親会社株主に帰属する四半期純利益は法人税等の増加もあり前年同期に比
          べ8.9%減の422百万円となりました。
           当第1四半期連結累計期間におけるセグメント別の業績は、次のとおりであります。
           なお、セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっており、本社管理費等の調
          整額△1,097百万円は外数となっております。
         (建築事業)
           受注高は38,724百万円(前年同期比7.6%減)、完成工事高は30,630百万円(前年同期比30.6%増)とな
          り、セグメント利益は937百万円(前年同期比9.9%増)となりました。
         (土木事業)
           受注高は32,179百万円(前年同期比48.8%増)、完成工事高は24,261百万円(前年同期比9.1%減)とな
          り、セグメント利益は1,171百万円(前年同期比50.5%増)となりました。
         (不動産事業)
           不動産の売買および賃貸等による売上高は4,917百万円(前年同期比22.4%増)となり、セグメント利益
          は310百万円(前年同期比96.4%増)となりました。
         ②財政状態

         (資産の部)
           当第1四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ3,956百万円増加し、194,547百万円
          となりました。
           その主な要因は、受取手形・完成工事未収入金等が14,446百万円減少した反面、東京の新社屋用土地取
          得などに伴い、有形固定資産が9,735百万円増加、現金預金が6,176百万円増加したほか、未成工事支出金
          が1,131百万円増加したことによるものです。
                                  3/19



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
         (負債の部)
           負債は、前連結会計年度末に比べ5,141百万円増加し、77,605百万円となりました。
           その主な要因は、工事未払金が2,433百万円、未払法人税等が879百万円減少するも、未成工事受入金が
          6,760百万円、賞与引当金が1,647百万円増加したことによるものです。
         (純資産の部)
           純資産は、前連結会計年度末に比べ1,185百万円減少し、116,941百万円となりました。
           その主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益422百万円の計上と配当金の支払1,323百万円など
          の相殺による利益剰余金900百万円の減少によるものです。
           以上の結果、純資産の額から非支配株主持分を控除した自己資本の額は103,040百万円となり、自己資本
          比率は、前連結会計年度末に比べ1.6ポイント減少し53.0%となりました。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

          当第1四半期連結累計期間における当社グループの研究開発活動の金額は103百万円であります。
          なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありませ
         ん。
    3【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  4/19














                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
    1【株式等の状況】
     (1)【株式の総数等】
      ①【株式の総数】
                  種類                      発行可能株式総数(株)
        普通株式                                         52,800,000

                   計                              52,800,000

      ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所名
                              提出日現在
               第1四半期会計期間末
         種類      現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品              内容
                              発行数(株)
                (2019年6月30日)
                            (2019年8月8日)
                                        取引業協会名
                                          東京証券取引所           単元株式数
        普通株式           38,880,000            38,880,000
                                          (市場第一部)            100株
          計          38,880,000            38,880,000             -          -
     (2)【新株予約権等の状況】

      ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
     (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
          年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       2019年4月1日~
                      -   38,880,000           -      5,000         -       272
       2019年6月30日
     (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/19








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
     (6)【議決権の状況】
         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
        記載することができないことから、直前の基準日(2019年3月31日)にもとづく株主名簿による記載をしてお
        ります。
      ①【発行済株式】

                                                  2019年6月30日現在
               区分             株式数(株)          議決権の数(個)              内容
       無議決権株式                           -           -       -

       議決権制限株式(自己株式等)                           -           -       -

       議決権制限株式(その他)                           -           -       -

                          (自己保有株式)
       完全議決権株式(自己株式等)                                       -       -
                          普通株式     4,061,300
                          普通株式     34,815,100
       完全議決権株式(その他)                                    348,151          -
                          普通株式       3,600

       単元未満株式                                       -       -
                              38,880,000

       発行済株式総数                                       -       -
       総株主の議決権                       -             348,151          -

      (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が4,000株含まれており
         ます。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数40個が含まれておりま
         す。
         2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が3株含まれております。 
      ②【自己株式等】

                                                  2019年6月30日現在
                                                  発行済株式総数に
       所有者の氏名又
                          自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                 所有者の住所                                 対する所有株式数
                          株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
       は名称
                                                  の割合(%)
       (自己保有株式)
                大阪市淀川区新北
       ㈱髙松コンストラ
                           4,061,300            -    4,061,300            10.45
                野一丁目2番3号
       クショングループ
          計         -        4,061,300            -    4,061,300            10.45
        (注)当第1四半期会計期間末日現在の自己株式数(単元未満株式を除く)は4,061,300株であります。
    2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/19







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府
      令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(1949年建設省令第14号)に準じて記載しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定にもとづき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から
      2019年6月30日まで)および第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)にかかる四半期
      連結財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/19

















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金預金                                62,074              68,251
        受取手形・完成工事未収入金等                                72,219              57,773
        販売用不動産                                10,153              10,172
        未成工事支出金                                 1,594              2,726
        不動産事業支出金                                  631              838
        未収入金                                 6,262              6,398
        その他                                 1,369              1,901
                                         △ 106             △ 121
        貸倒引当金
        流動資産合計                                154,199              147,940
      固定資産
        有形固定資産
         建物・構築物(純額)                               5,429              5,747
         機械、運搬具及び工具器具備品(純額)                               1,273              1,310
         船舶(純額)                                967              951
         土地                               13,599              24,013
         リース資産(純額)                                185              188
                                         1,046                25
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                               22,502              32,237
        無形固定資産
         のれん                               1,521              2,254
                                          542              608
         その他
         無形固定資産合計                               2,063              2,862
        投資その他の資産
         投資有価証券                               5,276              4,999
         繰延税金資産                               3,802              4,239
         その他                               3,029              2,548
                                         △ 283             △ 281
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               11,825              11,506
        固定資産合計                                36,391              46,606
      資産合計                                 190,590              194,547
                                  8/19








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
     負債の部
      流動負債
        工事未払金                                30,974              28,540
        未払法人税等                                 1,737               857
        未成工事受入金                                15,341              22,101
        完成工事補償引当金                                  311              324
        工事損失引当金                                  79              65
        賞与引当金                                 3,099              4,746
                                         8,214              8,306
        その他
        流動負債合計                                59,757              64,942
      固定負債
        再評価に係る繰延税金負債                                  256              256
        繰延税金負債                                  14              28
        船舶特別修繕引当金                                  75              62
        退職給付に係る負債                                10,903              10,847
        その他                                 1,455              1,468
        固定負債合計                                12,706              12,662
      負債合計                                  72,463              77,605
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 5,000              5,000
        資本剰余金                                  524              524
        利益剰余金                                107,097              106,197
                                        △ 7,483             △ 7,483
        自己株式
        株主資本合計                                105,138              104,237
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  635              532
        土地再評価差額金                                △ 1,266             △ 1,266
        為替換算調整勘定                                   5              5
                                         △ 493             △ 467
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                △ 1,119             △ 1,196
      非支配株主持分                                  14,108              13,900
      純資産合計                                 118,126              116,941
     負債純資産合計                                   190,590              194,547
                                  9/19








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     売上高
      完成工事高                                  50,160              54,892
                                         4,017              4,917
      不動産事業売上高
      売上高合計                                  54,177              59,810
     売上原価
      完成工事原価                                  44,394              48,188
                                         3,388              4,195
      不動産事業売上原価
      売上原価合計                                  47,782              52,384
     売上総利益
      完成工事総利益                                  5,766              6,704
                                          629              722
      不動産事業総利益
      売上総利益合計                                  6,395              7,426
     販売費及び一般管理費                                    5,499              6,103
     営業利益                                     895             1,322
     営業外収益
      受取利息                                    0              0
      受取配当金                                    61              46
      受取賃貸料                                    16              19
                                           9              16
      その他
      営業外収益合計                                    87              83
     営業外費用
      支払利息                                    52              49
                                           2              7
      その他
      営業外費用合計                                    55              57
     経常利益                                     926             1,348
     特別利益
      固定資産売却益                                    3              1
                                          -              10
      受取保険金
      特別利益合計                                    3              12
     特別損失
      訴訟関連損失                                    22              40
      投資有価証券評価損                                    -              89
                                           3              3
      その他
      特別損失合計                                    25              132
     税金等調整前四半期純利益                                     904             1,228
     法人税、住民税及び事業税
                                          645             1,085
                                         △ 208             △ 372
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     437              713
     四半期純利益                                     466              514
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                      2              92
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                     463              422
                                 10/19




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     四半期純利益                                     466              514
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                    83             △ 130
      為替換算調整勘定                                   △ 5             △ 0
                                          35              30
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                   114             △ 100
     四半期包括利益                                     580              414
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                   539              345
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    40              69
                                 11/19















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
    (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
     (連結の範囲の重要な変更)
       2019年4月1日付けでタカマツハウス㈱を設立し、当第1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めておりま
      す。また、2019年5月31日付けで㈱タツミプランニングの全株式を取得し、当第1四半期連結会計期間より連結の
      範囲に含めております。
    (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
      なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)およびのれ
     んの償却額は、次のとおりであります。
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                             至   2018年6月30日)               至   2019年6月30日)
      減価償却費                               256百万円                 244百万円
      のれんの償却額                              42                   42
    (株主資本等関係)

      Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年6月30日)
        配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配
           決議      株式の種類                      基準日       効力発生日       配当の原資
                       (百万円)      当額(円)
        2018年5月11日
                 普通株式        1,253        36.0    2018年3月31日        2018年6月28日        利益剰余金
        取締役会
       (注)1株当たり配当額には、記念配当10.0円が含まれております。
      Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                2019年4月1日         至   2019年6月30日)

        配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配
           決議      株式の種類                      基準日       効力発生日       配当の原資
                       (百万円)      当額(円)
        2019年5月13日
                 普通株式        1,323        38.0    2019年3月31日        2019年6月21日        利益剰余金
        取締役会
                                 12/19










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
     (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自                   2018年4月1日         至   2018年6月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                               報告セグメント
                                                調整額     損益計算書
                                                (注)1
                                                      計上額
                        建築事業      土木事業     不動産事業        計
                                                      (注)2
           売上高
            外部顧客への売上高
                         23,456      26,704      4,017     54,177        -    54,177
            セグメント間の内部
                           73      2     113      190     △ 190      -
            売上高又は振替高
                計         23,530      26,706      4,131     54,368      △ 190    54,177
           セグメント利益                852      778      158     1,789      △ 893      895
          (注)1.セグメント利益の調整額△893百万円には、各報告セグメントに帰属しない一般管理費等
               △894百万円およびその他の調整額0百万円が含まれております。
             2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (のれんの金額の重要な変動)
          「不動産事業」セグメントにおいて、2018年4月2日付けで㈱ミブコーポレーションの全株式を取得し、
         連結子会社としました。
          なお、当該事象によるのれんの増加額は、当第1四半期連結累計期間において1,690百万円であります。
       Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                2019年4月1日         至   2019年6月30日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                               報告セグメント
                                                調整額     損益計算書
                                                (注)1
                                                      計上額
                        建築事業      土木事業     不動産事業        計
                                                      (注)2
           売上高
            外部顧客への売上高
                         30,630      24,261      4,917     59,810        -    59,810
            セグメント間の内部
                           241       0     353      595     △ 595      -
            売上高又は振替高
                計         30,872      24,262      5,271     60,405      △ 595    59,810
           セグメント利益                937     1,171       310     2,420     △ 1,097      1,322
          (注)1.セグメント利益の調整額△1,097百万円には、各報告セグメントに帰属しない一般管理費等
                △937百万円およびその他の調整額△159百万円が含まれております。
             2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (のれんの金額の重要な変動)
          「建築事業」セグメントにおいて、2019年5月31日付けで㈱タツミプランニングの全株式を取得し、連結
         子会社としました。
          当該事象によるのれんの増加額は、当第1四半期連結累計期間において774百万円であります。
           なお、のれんの金額は、当第1四半期連結会計期間末において、取得原価の配分が完了していないた
          め、暫定的に算定された金額であります。
                                 13/19





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
     (企業結合等関係)
       取得による企業結合
         当社の子会社である髙松建設㈱は2019年5月31日付けで、㈱タツミプランニングの全株式を取得し、子会社
        化いたしました。
       (1)企業結合の概要
         ①被取得企業の名称およびその事業の内容
           被取得企業の名称:㈱タツミプランニング
           事業内容:戸建住宅事業、リフォーム事業
         ②企業結合を行った主な理由
           当社の子会社髙松建設㈱は土地活用提案による賃貸マンションの建設を中心に成長を遂げてまいりまし
          たが、近年では非マンションの建設受注も急速に伸ばしております。今後もさらなる新事業領域への進出
          および業容拡大を目指し、既存の経営資源を活かした成長に努めつつM&Aの検討も継続し、さらなる成
          長戦略を描いてまいります。㈱タツミプランニングは、神奈川・横浜エリアを中心に20年以上に及ぶ戸建
          住宅の建築関連事業を進めており、当地域での高い知名度と実績に裏付けられた技術力を有していると考
          えております。今回の株式取得を足掛かりに、昨年M&Aを実行し当社グループ入りした、東京城南地域
          を主たる営業エリアとし、不動産売買・仲介を主要業務とする㈱ミブコーポレーションが有する情報も活
          用し、戸建住宅関連事業を本格的に展開していきたいと考えております。
         ③企業結合日
          2019年5月31日
         ④企業結合の法的形式
          現金を対価とする株式の取得
         ⑤結合後企業の名称
          変更はありません。
         ⑥取得した議決権比率
          100%
         ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
          髙松建設㈱が現金を対価として株式を取得したためであります。
       (2)四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間
           2019年6月30日をみなし取得日としているため、貸借対照表のみを連結しており、四半期連結損益計算
          書には被取得企業の業績を含んでおりません。
       (3)被取得企業の取得原価および対価の種類ごとの内訳
          取得の対価 現金             1,404百万円
          取得原価             1,404百万円
       (4)主要な取得関連費用の内容および金額
          アドバイザリーに対する報酬・手数料等                      74百万円
       (5)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法および償却期間
         ①発生したのれんの金額
          774百万円
           なお、のれんの金額は、当第1四半期連結会計期間末において、取得原価の配分が完了していないた
          め、暫定的に算定された金額であります。
         ②発生原因
          今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
         ③償却方法および償却期間
          10年間にわたる均等償却
                                 14/19





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
     (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益および算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自    2018年4月1日            (自    2019年4月1日
                                 至   2018年6月30日)             至   2019年6月30日)
       1株当たり四半期純利益                               13円32銭               12円14銭
       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する
                                         463               422
        四半期純利益                                  (百万円)
        普通株主に帰属しない金額                        (百万円)
                                          -               -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         463               422
        四半期純利益                                  (百万円)
        普通株式の期中平均株式数                           (千株)
                                        34,818               34,818
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 15/19
















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
     (重要な後発事象)
       青木あすなろ建設㈱に対する公開買付けの件
        当社は、2019年8月6日開催の臨時取締役会において、当社の連結子会社である青木あすなろ建設㈱(東京証券
       取引所市場第一部、証券コード:1865、以下「対象者」という。)の普通株式の全て(但し、当社が既に所有し
       ている対象者普通株式および対象者が所有する自己株式を除く。)を取得し、対象者を当社の完全子会社とする
       ことを目的とする取引の一環として、公開買付け(以下「本公開買付け」という。)を実施することを決議いた
       しました。
       1.本公開買付けの目的
         当社グループが持続的な発展を目指すには、従来の各グループ企業の多様性の尊重から、グループ全体とし
        てのシナジー効果の最大化へ、グループ・マネジメントの優先順位の転換を図ることを明確に打ち出すことが
        重要であり、これにより、当社グループがより一体となって環境に即応した柔軟な発想と強靭な経営基盤をつ
        くることが不可欠であると考えております。
         しかしながら、対象者が上場を維持し独立した事業運営を行い、対象者に少数株主が存在している現在の状
        態では、対象者の少数株主の利益を図るために当社と対象者の取引において客観的な公正性を保ちつつ、当社
        グループ全体がより一体となった事業運営を迅速に行うことや、当社グループ全体としての中長期的な戦略に
        経営資源を配分・集約することが必ずしも容易ではないという点が課題であると当社は認識しております。
         また、今後予想される建設市場のリスクや課題に備えるためには、当社と対象者の親子上場状態を解消し、
        当社グループ全体として迅速で柔軟な意思決定を行うことができる体制を整えておくことが急務であると考え
        ております。
         そこで、当社は、対象者を非公開化することについての検討を開始した結果、上記の当社と少数株主の間の
        利益相反の問題を解決しつつ、当社グループにおける経営資源の最適配分を実現し、当社グループ全体が一体
        となって事業運営を行い、中期経営計画の実現可能性を一層高めるための手段として当社による対象者の完全
        子会社化が最適な選択肢であると考えたものであります。
       2.対象者の概要
         ①名称         青木あすなろ建設株式会社
         ②所在地        東京都千代田区神田美土代町1番地
         ③代表者の役職・氏名  代表取締役社長 辻井 靖
         ④事業内容       総合建設業(国内建築事業、国内土木事業、その他関連事業)・不動産事業
         ⑤資本金        5,000百万円
         ⑥設立年月日      1950年9月25日
       3.本公開買付けの概要
         当社は、2019年8月6日現在、東京証券取引所市場第一部に上場している対象者の普通株式43,134,500株(所
        有割合:79.08%小数点以下第三位を四捨五入)を所有しており、対象者を連結子会社としております。本公開
        買付けにおいて、当社は、買付予定数の上限および下限を設定しておらず、本公開買付けに応募された対象者
        株式の全ての買付け等を行います。
         また、当社は、対象者を当社の完全子会社とすることを目的としているため、本公開買付けにおいて対象者
        の発行済株式の全てを取得できなかった場合には、対象者の株主を当社のみとするための一連の手続(株式売
        渡請求または株式併合)を実施することにより、対象者の発行済株式の全てを取得することを予定しておりま
        す。
         ①買付予定の株券等の数
          買付予定数   11,407,752株
          買付予定数の下限    -株
          買付予定数の上限    -株
          (注)買付予定の株券等の数は、2019年6月30日現在の対象者の発行済株式総数(59,100,00株)から、同
             日現在の対象者が所有する自己株式(4,557,748株)および当社が所有する対象者普通株式
             (43,134,500株)を控除した株式数(11,407,752株)になります。
         ②買付け等の期間  2019年8月7日から2019年9月19日まで(30営業日)
         ③買付け等の価格  普通株式1株につき、金1,210円
         ④買付代金     13,803,379,920円
          (注)買付予定数(11,407,752株)に1株当たりの買付け等の価格(1,210円)を乗じた金額を記載してい
             ます。
                                 16/19


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
         ⑤決済の開始日   2019年9月27日
         ⑥資金調達の方法  借入金による
           対象者普通株式は、2019年8月6日現在、東京証券取引所市場第一部に上場されていますが、当社は、本

          公開買付けにおいて買付けを行う株券等の数に上限を設定していないため、本公開買付けの結果次第で
          は、東京証券取引所の定める上場廃止基準に従って、対象者普通株式は、所定の手続きを経て上場廃止と
          なる可能性があります。また、本公開買付けの成立時点では当該基準に該当しない場合でも、本公開買付
          けの成立後に、対象者の株主を当社のみとするための一連の手続きを実行することとなった場合には、当
          該基準に該当し、対象者普通株式は、所定の手続きを経て上場廃止となります。なお、上場廃止後は、対
          象者普通株式を東京証券取引所において取引することができなくなります。
    2【その他】

        2019年5月13日開催の取締役会において、次のとおり剰余金の配当をおこなうことを決議いたしました。
         (イ)配当金の総額・・・・・・・・・・・・・・・・1,323百万円
         (ロ)1株あたりの金額・・・・・・・・・・・・・・38円00銭
         (ハ)支払請求の効力発生日および支払開始日・・・・2019年6月21日
          (注)2019年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された株主に対して、支払いをおこないます。
                                 17/19














                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
         該当事項はありません。
                                 18/19




















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年8月7日
    株式会社髙松コンストラクショングループ
     取締役会      御中
                              有限責任     あずさ監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       近藤 康仁          印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       桃原 一也          印
                               業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社髙松コ

    ンストラクショングループの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019
    年4月1日から2019年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る
    四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記
    について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社髙松コンストラクショングループ及び連結子会社の2019
    年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信
    じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    強調事項

     重要な後発事象に記載されているとおり、会社は2019年8月6日開催の取締役会において、連結子会社である青木あ
    すなろ建設株式会社を完全子会社とすることを目的として、同社の普通株式を対象として、公開買付けを実施すること
    を決議した。
     当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期
          報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク