株式会社ビジョン 四半期報告書 第19期第2四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第19期第2四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社ビジョン

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年8月9日

    【四半期会計期間】               第19期第2四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

    【会社名】               株式会社ビジョン

    【英訳名】               VISION    INC.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長兼CEO 佐野 健一

    【本店の所在の場所】               東京都新宿区西新宿六丁目5番1号

    【電話番号】               03  (5325)    0344

    【事務連絡者氏名】               取締役    常務執行役員 CFO兼管理本部長 中本 新一

    【最寄りの連絡場所】               東京都新宿区西新宿六丁目5番1号

    【電話番号】               03  (5325)    0344

    【事務連絡者氏名】               取締役    常務執行役員 CFO兼管理本部長 中本 新一

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/20









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第18期           第19期

              回次               第2四半期           第2四半期            第18期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自 2018年1月1日           自 2019年1月1日           自 2018年1月1日
             会計期間
                          至 2018年6月30日           至 2019年6月30日           至 2018年12月31日
     売上高                 (千円)         9,855,554          12,937,295           21,503,668
     経常利益                 (千円)         1,245,516           1,673,620           2,499,685
     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                      (千円)          809,398          1,075,384           1,529,476
     純利益
     四半期包括利益又は包括利益                 (千円)          814,994          1,044,927           1,496,143
     純資産額                 (千円)         9,117,097          10,852,078           9,803,086
     総資産額                 (千円)         12,161,345           14,589,386           13,552,015
     1株当たり四半期(当期)純利益金額                  (円)           49.80           66.26           94.20
     潜在株式調整後1株当たり
                       (円)           48.64           64.74           92.00
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                  (%)           74.8           74.2           72.2
     営業活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)         1,103,957           1,444,498           2,888,796
     投資活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)         △ 902,808          △ 993,817         △ 1,457,969
     財務活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)         △ 303,630            2,245         △ 312,490
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)         6,338,325           7,994,544           7,563,234
     (期末)残高
                             第18期           第19期

              回次               第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自 2018年4月1日           自 2019年4月1日
             会計期間
                          至 2018年6月30日           至 2019年6月30日
     1株当たり四半期純利益金額                  (円)           18.21           25.01
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
    2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
     な変更はありません。
                                  2/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が
      判断したものであります。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況

       当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、個人消費は持ち直し、雇用・所得環境の改善が続き、輸出や
      生産の弱さが残るものの緩やかに回復しておりますが、米中貿易摩擦の行方や通商問題の動向、金融資本市場の変
      動の影響等に留意する必要があり、先行きは不透明といえます。
       このような状況の中、当社グループは、「進化への挑戦~第2章~」のスローガンのもと、当社グループにしか
      できないビジネスモデルへの進化を目指し、長期的にお客様から当社グループを選んでいただける為の取り組みを
      強化してまいりました。
       セグメント別の経営成績は、次のとおりです。
       (グローバルWiFi事業)

       我が国経済の不透明感は否めないものの、当事業が身を置く旅行市場は活況を呈しております。日本からの出国
      者数はゴールデンウイーク10連休等を背景とし、また訪日外国人数は中国をはじめとした東アジアの需要が牽引
      し、いずれも当第2四半期連結累計期間における過去最高値を記録しております(出典:日本政府観光局(JNT
      O))。 
       このような旺盛な旅行需要を取り込むべく、かつ長期に渡りお客様から選んでいただくべく必要な投資を行った
      結果、前年同期実績を上回る結果となりました。
                               前年同期

                      当第2四半期
                                       増減率
                        実績
                                実績
        グローバルWiFi事業
                       (百万円)        (百万円)         (%)
        売上高                 8,184        5,987        36.7
        セグメント利益                 1,596        1,149        38.9
       実施した施策、投資は次のとおりです。

       ・通信容量に対するニーズに柔軟に対応する為に導入した無制限プランが法人ユーザーを中心に好評を博し、A
        RPUが増加いたしました。
       ・Wi-Fiルーター・SIMカード等の仕入れを増やし、ゴールデンウイークの旺盛な需要に応えました。一
        方、ボリュームディスカウントによる仕入条件の改善、及びクラウドWiFiの活用による通信原価の運用効
        率向上で、原価率の上昇を抑制しました。
       ・スマートピックアップ(自動受渡しロッカー)、スマートエントリー(セルフレジKIOSK端末)、スマー
        トチェック(QRコード活用受付カウンター)による「店舗スマート化戦略」を当第2四半期連結累計期間に
        おいても推進し、混雑緩和とオペレーションの効率化を図りました。
         また北九州空港において、当社グループ初となる、無人店舗による端末受渡・返却と、自動販売機による日
        本用プリペイドカードSIMの販売を開始いたしました。
       ・店舗スマート化戦略、クラウドWiFi、顧客データベースの連動により、空港カウンター前でのWEB申込
        も可能となり、お申込み忘れや空港への移動時の広告訴求からの利用ニーズへの対応および空港カウンターで
        の手続きの手間を減少させました。
       ・利用ごとのレンタル手続き等が不要となる、世界107の国と地域対応の社内常備型モバイルWi-Fiルーター
        「グローバルWiFi           for    Biz」が好評を博し、出荷数が増加いたしました。
       (情報通信サービス事業)

       「2018全国新設法人動向調査(出典:東京商工リサーチ)」によると、2018年度新設法人数は前年比で減少して
                                  3/20


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
      いるものの、2007年以降で初めて13万社を超えた2017年に次ぐ設立登記数であり、高い水準にあります。
       2019年5月までにおける「会社の設立登記の件数(出典:法務省)」も前年同期比で減少しているものの、微減
      といえ(1~5月合計 2018年:49,734件 2019年:49,066件)、高い水準を維持しております。
       当事業では、新設法人・ベンチャー企業を主要ターゲットとし、企業の成長とニーズにあわせたクロスセル・
      アップセルを提案しております。更に、サポートサービス、メンテナンスサービスといった様々な継続サービスに
      加入いただくことで、より長期的な取引と安定的な成長を目指してまいりました。
       当第2四半期連結累計期間においては、通信インフラ回線や、新電力取次の受注は伸び悩みましたが、複数商材
      のセット販売による1件あたり販売単価の増加、OA機器の設置工事やホームページ製作の内製化による収益性の
      向上等により、前年同期実績を上回る結果となりました。
                               前年同期

                      当第2四半期
                                       増減率
                        実績
                                実績
        情報通信サービス事業
                       (百万円)        (百万円)         (%)
        売上高                 4,509        3,827        17.8
        セグメント利益                  832        634       31.2
       また当事業におきましては、様々なニーズに対応する為に取扱商材やサービスを増やしておりますが、そのこと

      でマネタイズポイントも多様化し、価格競争力が強まります。当第2四半期連結累計期間におきましては、新たな
      サービスとして労務コンサルサービス(助成金のコンサルサービス)の需要が増えてきたこと、当社が開発した月
      額制のクラウド型ワークフローサービス「VWS」を拡販し、これらの契約件数が着実に増えてきたことが特徴と
      してあげられます。
       このように取扱商材やサービスが増加しても、事業部間で緊密な連携を図ることで柔軟に対応し、営業機会を逃
      すことなく受注につなげます。これは当社グループの各事業部が、それぞれの担当商材の販売と同時に、あまねく
      とらえたニーズを他の専門部署に橋渡しすることで可能となっております。さらに、長年に渡りこれを評価する体
      制を整えてきた結果、企業文化として根ざし、営業効率が格段に高まるまでに至ったことが、当社グループの強み
      であると考えております。
       以上の結果、当第2四半期連結累計期間における当社グループの連結実績は同期間における業績予想を超え、前
      年同期比も向上しております。
                                            前年同期

                      当第2四半       当第2四半
                                      増減率              増減率
                        期実績      期業績予想
                                             実績
                       (百万円)       (百万円)        (%)      (百万円)        (%)
        売上高                 12,937       11,614       11.4       9,855       31.3
        営業利益                 1,690       1,437       17.6       1,236       36.7
        経常利益                 1,673       1,439       16.3       1,245       34.4
        親会社株主に帰属する四半
                          1,075        962      11.7        809      32.9
        期純利益
       (将来への取り組みの強化)

       当社グループといたしましては、人口減少に伴う労働力の減少と採用コストの増加によって生じる、機会損失や
      採算性が低下する可能性があります。これに対し次のような取り組みを行うことで、生産性の向上に努めてまいり
      ます。
       ・最新技術を積極的に活用し、労働集約型からの脱却を図っております。前述の店舗スマート化戦略に加え、A
        I(BOT)を活用したコールセンターでの自動案内、バックヤード業務のロボット化(RPA)の推進等
        は、業務の効率化と生産性の向上につながっております。
       ・佐賀県佐賀市の当社コールセンターの敷地内に、企業主導型保育事業による「ビジョンキッズ保育園」を開園
        いたしました。これまでも勤務ルールの柔軟化等に対応してまいりましたが、仕事と子育ての両立を後押し
        し、これまで以上に働きやすい、仕事に集中できる環境(子どもが近くにいる安心感)を提供しております。
        職場復帰しやすく、育児世代で働く意欲のある人材の雇用環境を整えることで採用活動における競争優位性を
        保ち、当社グループの持続的成長を可能とする源泉として継続して取り組んでまいります。
                                  4/20




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
       財政状態の分析
      (資産)
       当第2四半期連結会計期間末における資産合計は                       14,589百万円      (前連結会計年度末比          1,037百万円増       )となりまし
      た。
       流動資産は、      11,074百万円      (前連結会計年度末比          811百万円増      )となり、その主な要因は、現金及び預金が431百万
      円、受取手形及び売掛金が202百万円増加したことによるものです。
       固定資産は、      3,515百万円      (前連結会計年度末比          225百万円増      )となり、その主な要因は、有形固定資産が287百万円
      増加した一方で、無形固定資産が32百万円減少したことによるものです。
      (負債)

       当第2四半期連結会計期間末における負債合計は                       3,737百万円      (前連結会計年度末比          11百万円減     )となりました。
       流動負債は、      3,729百万円      (前連結会計年度末比          19百万円減     )となり、その主な要因は、未払法人税が42百万円、賞
      与引当金が48百万円、短期解約返戻引当金が25百万円それぞれ減少した一方で、支払手形及び買掛金が194百万円増
      加したことによるものです。
       固定負債は、      7百万円    (前連結会計年度末比          7百万円増     )となっております。
      (純資産)

       当第2四半期連結会計期間末における純資産は                      10,852百万円      (前連結会計年度末比          1,048百万円増       )となりました。
      その主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益を1,075百万円計上したことしたことによるものです。
     (2)  キャッシュ・フローの状況

       当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末と比
      べ 431百万円増加       し、  7,994百万円      となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       当第2四半期連結累計期間における営業活動による資金の増加は                              1,444百万円      (前年同期は      1,103百万円の増加         )と
      なりました。これは、主として税金等調整前四半期純利益、減価償却費の計上及び売上債権の増加、未払金の減
      少、法人税等の支払によるものです。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       当第2四半期連結累計期間における投資活動による資金の減少は                              993百万円     (前年同期は      902百万円の減少        )となり
      ました。これは、主として有形固定資産及び無形固定資産の取得によるものです。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       当第2四半期連結累計期間における財務活動による資金の増加は                              2百万円    (前年同期は      303百万円の減少        )となりま
      した。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び連結子会社)が対処すべき課題について重要な変
      更及び新たに生じた課題はありません。
     (4)  研究開発活動

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/20





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     41,000,000

                 計                                   41,000,000

      ②  【発行済株式】

             第2四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所名

       種類       現在発行数(株)            発行数(株)         又は登録認可金融商品                内容
              (2019年6月30日)           (2019年8月9日)            取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                              単元株式数は100株であ
      普通株式           16,337,000           16,341,000
                                     (市場第一部)          ります。
        計          16,337,000           16,341,000           -            -
    (注)    「提出日現在発行数」欄には、2019年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
        発行された株式数は含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2019年4月1日~
     2019年6月30日               1,600    16,337,000           406    2,362,362          406    2,180,361
     (注)
     (注)新株予約権の行使による増加であります。
                                  6/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                                 2019年6月30日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                              所有株式数       除く。)の
            氏名又は名称                       住所
                                               (千株)     総数に対する
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
     佐野 健一                      東京都新宿区                      4,318       26.60
     株式会社メンバーズモバイル                      東京都豊島区西池袋1-4-10                      2,610       16.08

     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                           東京都中央区晴海1-8-11                      2,067       12.74
     (信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                           東京都港区浜松町2-11-3                      1,084       6.68
     (信託口)
      資産管理サービス信託銀行株式会社
                           東京都中央区晴海1-8-12                       334      2.12
     (証券投資信託口)
     東海東京証券株式会社                      愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1                       278      1.71
     野村信託銀行株式会社
                           東京都千代田区大手町2-2-2                       217      1.34
     (投信口)
                           BANKPLASSEN       2,  0107   OSLO   1 OSLO
     GOVERMENT     OF  NORWAY
                           0107   NO                     199      1.23
     (常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東
     京支店)
                           (東京都新宿区新宿6-27-30)
     モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社                      東京都千代田区大手町1-9-7                       192      1.18
                           東京都豊島区東池袋3-1-1

      株式会社クレディセゾン                                             180      1.11
               計                     -             11,492       70.79

     (6)  【議決権の状況】

      ①  【発行済株式】
                                               2019年6月30日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    -          -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -

     議決権制限株式(その他)                    -          -              -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                              -              -
                     普通株式     102,800
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               162,301             -
                        16,230,100
                     普通株式
     単元未満株式                              -              -
                           4,100
     発行済株式総数                    16,337,000          -              -
     総株主の議決権                    -           162,301             -

      ②  【自己株式等】
                              自己名義       他人名義      所有株式数
                                                  発行済株式総数に
     所有者の氏名又は
                              所有株式数       所有株式数        の合計
                   所有者の住所                               対する所有株式数
        名称
                                                   の割合(%)
                               (株)       (株)       (株)
     (自己保有株式)
               東京都新宿区西新宿6-5-1                 102,800       -      102,800           0.63
     株式会社ビジョン
         計            -           102,800       -      102,800           0.63
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                  7/20



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年
     6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2018年12月31日)              (2019年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               7,563,234              7,994,544
        受取手形及び売掛金                               1,966,648              2,169,463
        商品                                74,575              94,429
        貯蔵品                                 3,006              3,477
        その他                                701,587              874,240
                                       △ 46,603             △ 61,830
        貸倒引当金
        流動資産合計                              10,262,447              11,074,324
      固定資産
        有形固定資産                               1,071,768              1,359,328
        無形固定資産                                676,523              644,401
        投資その他の資産
         その他                             1,583,757              1,552,643
                                       △ 42,480             △ 41,312
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,541,276              1,511,331
        固定資産合計                               3,289,568              3,515,061
      資産合計                                13,552,015              14,589,386
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                877,495             1,071,595
        未払法人税等                                598,616              556,262
        賞与引当金                                242,451              194,139
        短期解約返戻引当金                                63,976              38,463
                                       1,966,353              1,869,011
        その他
        流動負債合計                               3,748,893              3,729,472
      固定負債
                                          35             7,835
        その他
        固定負債合計                                  35             7,835
      負債合計                                3,748,929              3,737,308
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               2,360,330              2,362,362
        資本剰余金                               2,392,789              2,394,821
        利益剰余金                               5,317,015              6,392,399
                                       △ 311,010             △ 311,010
        自己株式
        株主資本合計                               9,759,123              10,838,572
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                △ 7,751             △ 4,641
        繰延ヘッジ損益                                 8,612             △ 7,728
        為替換算調整勘定                                21,757               4,531
        その他の包括利益累計額合計                                22,618              △ 7,837
      新株予約権                                  21,344              21,344
      純資産合計                                9,803,086              10,852,078
     負債純資産合計                                 13,552,015              14,589,386
                                  9/20




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     売上高                                  9,855,554              12,937,295
                                       4,036,357              5,440,873
     売上原価
     売上総利益                                  5,819,197              7,496,421
                                     ※  4,583,002             ※  5,806,210
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  1,236,195              1,690,211
     営業外収益
      受取利息                                   232              748
      受取配当金                                  1,502              1,502
      為替差益                                  5,610                -
                                         3,066              2,986
      その他
      営業外収益合計                                  10,412               5,236
     営業外費用
      支払利息                                   185               49
      為替差損                                    -             1,104
      自己株式取得費用                                   782             19,855
                                          122              818
      その他
      営業外費用合計                                  1,090              21,827
     経常利益                                  1,245,516              1,673,620
     特別利益
                                          -              462
      固定資産売却益
      特別利益合計                                    -              462
     特別損失
      固定資産売却損                                    67              -
      固定資産除却損                                   339             7,990
                                         9,669              78,433
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                  10,076              86,424
     税金等調整前四半期純利益                                  1,235,439              1,587,659
     法人税、住民税及び事業税
                                        423,843              507,549
                                         6,198              4,724
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   430,041              512,274
     四半期純利益                                   805,398             1,075,384
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 4,000                -
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   809,398             1,075,384
                                 10/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     四半期純利益                                   805,398             1,075,384
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  37,506               3,109
      繰延ヘッジ損益                                 △ 13,853             △ 16,340
                                       △ 14,057             △ 17,225
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                  9,596             △ 30,456
     四半期包括利益                                   814,994             1,044,927
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 818,994             1,044,927
      非支配株主に係る四半期包括利益                                 △ 4,000                -
                                 11/20















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                1,235,439              1,587,659
      減価償却費                                 392,056              488,992
      のれん償却額                                  6,295              13,298
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  9,877              14,077
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 35,625             △ 47,072
      短期解約返戻引当金の増減額(△は減少)                                  2,824             △ 25,513
      受取利息及び受取配当金                                 △ 1,734             △ 2,250
      支払利息                                   185               49
      固定資産売却損益(△は益)                                    67             △ 462
      固定資産除却損                                  8,596              17,343
      投資有価証券評価損益(△は益)                                  9,669              78,433
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 294,069             △ 207,200
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 24,726             △ 20,336
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  54,679              197,802
      未払金の増減額(△は減少)                                  26,475             △ 98,505
                                        72,794               6,448
      その他
      小計                                1,462,803              2,002,765
      利息及び配当金の受取額
                                         1,767              2,218
      利息の支払額                                  △ 185              △ 49
                                       △ 360,427             △ 560,435
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                1,103,957              1,444,498
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 401,160             △ 864,554
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 84,538             △ 78,967
      投資有価証券の取得による支出                                △ 198,000                 -
      長期貸付けによる支出                                    -           △ 29,275
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                       △ 48,700                -
      る支出
      事業譲受による支出                                △ 139,126                 -
      敷金保証金の払込による支出                                 △ 29,322             △ 54,101
      敷金保証金の回収による収入                                  9,751              33,351
                                       △ 11,712               △ 269
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 902,808             △ 993,817
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入金の返済による支出                                 △ 2,734                -
      ストックオプションの行使による収入                                  20,828               4,064
      自己株式の取得による支出                                △ 309,049                 -
                                       △ 12,674              △ 1,818
      リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 303,630               2,245
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △ 11,567             △ 21,616
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 114,049              431,310
     現金及び現金同等物の期首残高                                  6,452,374              7,563,234
                                     ※  6,338,325             ※  7,994,544
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 12/20




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (追加情報)
      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結会
      計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
      分に表示しております。
       (四半期連結損益計算書関係)

     ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                         前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間

                          (自 2018年1月1日                  (自 2019年1月1日
                          至 2018年6月30日)                  至 2019年6月30日)
     貸倒引当金繰入額                           19,322   千円               27,746   千円
     給与手当                          1,068,530     千円             1,170,985     千円
     賞与引当金繰入額
                               167,012    千円              166,384    千円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     
      であります。
                         前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間

                          (自 2018年1月1日                  (自 2019年1月1日
                          至 2018年6月30日)                  至 2019年6月30日)
     現金及び預金                          6,150,127     千円             7,994,544     千円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                           △2,020    千円                 - 千円
     預け金(流動資産「その他」)                           190,217    千円                 - 千円
     現金及び現金同等物                          6,338,325     千円             7,994,544     千円
       (株主資本等関係)

     前第2四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年6月30日)
     1.配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     当第2四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年6月30日)

     1.配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                 13/20





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       前第2四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年6月30日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                    報告セグメント
                                   その他             調整額     損益計算書
                                          合計
                                   (注1)             (注2)
                                                       計上額
               グローバル       情報通信
                              計
                                                       (注3)
              WiFi事業      サービス事業
     売上高
      外部顧客への売
               5,987,643      3,827,286      9,814,929        40,624     9,855,554          -   9,855,554
      上高
      セグメント間の
      内部売上高又は             -      -      -      -      -      -      -
      振替高
         計       5,987,643      3,827,286      9,814,929        40,624     9,855,554          -   9,855,554
     セグメント利益
               1,149,403       634,244     1,783,648       △ 67,182     1,716,465      △ 480,270     1,236,195
     又は損失(△)
     (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、カタログ販売事業、メディア事
          業等を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額             △480,270     千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告
          セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       当第2四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年6月30日)

       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                    報告セグメント
                                   その他             調整額     損益計算書
                                          合計
                                   (注1)             (注2)
                                                       計上額
               グローバル       情報通信
                              計
                                                       (注3)
              WiFi事業      サービス事業
     売上高
      外部顧客への売
               8,184,949      4,509,039      12,693,988        243,307     12,937,295           -  12,937,295
      上高
      セグメント間の
      内部売上高又は             -      349      349     4,237      4,586     △ 4,586        -
      振替高
         計       8,184,949      4,509,388      12,694,337        247,544     12,941,881        △ 4,586    12,937,295
     セグメント利益
               1,596,213       832,303     2,428,517      △ 157,868     2,270,648      △ 580,437     1,690,211
     又は損失(△)
     (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ハイヤーシェアリングサービ
          ス事業、メディア事業、カタログ販売事業等を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額             △580,437     千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告
          セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 14/20





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上
       の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                 項目                (自 2018年1月1日             (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)             至 2019年6月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        49円80銭             66円26銭
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                    809,398            1,075,384
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -             -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                        809,398            1,075,384
     (千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                  16,252,390             16,230,819
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                        48円64銭             64円74銭
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                      -             -
     普通株式増加数(株)                                   388,403             380,514
                                2017年11月13日取締役             2017年11月13日取締役
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                           会決議による新株予約権             会決議による新株予約権
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
                                (普通株式1,334,000株)             (普通株式1,334,000株)
                                 15/20













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
       (重要な後発事象)
        (自己株式の取得及び自己株式の公開買付け)
          当社は、2019年5月14日付の取締役会決議により、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用され
         る同法第156条第1項及び当社定款の規定に基づき、自己株式の取得及びその具体的な取得方法として、自己
         株式の公開買付けを行うことを決定し、自己株式を取得いたしました。
         (1)  自己株式の取得に関する取締役会決議内容

           取得する株式の種類  普通株式
           取得する株式の総数  292,300株(上限)
           取得価額の総額    1,344,580千円(上限)
           取得する期間     2019年5月15日から2019年7月12日まで
         (2)  自己株式の公開買付けの概要

           買付予定数      292,200株
           買付け等の価格    普通株式1株につき、金4,600円
           買付け等の期間    2019年5月15日から2019年6月11日まで
           公開買付開始公告日  2019年5月15日
           決済の開始日     2019年7月3日
         (3)  自己株式の取得結果

           取得した株式の種類  普通株式
           取得した株式の総数  243,500株
           取得価額の総額    1,120,100千円
           取得日        2019年7月3日
        (株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更)

          当社は、2019年8月9日開催の取締役会において、株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更を行うこ
         とを決議いたしました。
         (1)  株式分割の目的

           株式分割の実施により投資単位当たりの金額を引き下げることにより、当社株式の流動性を高め、投資家
          層の拡大を図ることを目的としております。
         (2)  株式分割の概要

         ①  分割の方法
           2019年9月30日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する普通株式を、
          1株につき3株の割合をもって分割いたします。
         ②  分割により増加する株式数

           株式分割前の発行済株式総数                                16,341,000株
           今回の株式分割により増加する株式数                        32,682,000株
           株式分割後の発行済株式総数                                49,023,000株
           株式分割後の発行可能株式総数                             123,000,000株
         ③  分割の日程

           基準日公告日                   2019年9月13日
           基準日                         2019年9月30日
           効力発生日                     2019年10月1日
                                 16/20



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
         ④  1株当たり情報に及ぼす影響
           当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり情報は、以下のとおりであ
          ります。
                            前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                            (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                             至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
           1株当たり四半期純利益                         16円60銭                22円09銭
           潜在株式調整後
                                    16円21銭                21円58銭
           1株当たり四半期純利益
         (3)  株式分割に伴う定款の一部変更

         ① 定款変更の理由
           今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、2019年10月1日をもって、当社定款第6
          条の発行可能株式総数を変更いたします。
         ② 定款変更の内容

           変更の内容は以下のとおりであります。
                                      (下線は変更箇所を示しております。)
                    現行定款                        変更後定款
           (発行可能株式総数)                        (発行可能株式総数)
               第6条 当会社        の発行可能株式総数                第6条 当会社        の発行可能株式総数
               は、  4,100   万株とする。                   は、  1億2,300    万株とする。
         ③ 定款変更の日程

           効力発生日    2019年10月1日
         (4)  その他

         ①  資本金の額の変更
           今回の株式分割に際して、資本金の額の変更はありません。
         ②  新株予約権の行使価額の調整

           今回の株式分割に伴い、当社発行の新株予約権の1株当たり行使価額を2019年10月1日以降、以下のとお
          り調整いたします。
                            取締役会決議日          調整前行使価額           調整後行使価額
           2012年ストック・オプション                 2012年5月1日               508円           170円
           2013年ストック・オプション                 2013年2月1日               508円           170円
           2017年有償新株予約権                 2017年11月13日              2,589円            863円
                                 17/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                 18/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年8月9日

    株式会社ビジョン
     取締役会      御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       上野 直樹       印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       土屋 光輝       印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ビジョ

    ンの2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年6月
    30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
    ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算
    書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ビジョン及び連結子会社の2019年6月30日現在の財政状
    態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
    ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。