阪神高速道路株式会社 訂正発行登録書

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正発行登録書

提出日:

提出者:阪神高速道路株式会社

カテゴリ:訂正発行登録書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      阪神高速道路株式会社(E04372)
                                                            訂正発行登録書
     【表紙】
      【提出書類】                         訂正発行登録書

      【提出先】                         近畿財務局長
      【提出日】                         令和元年8月7日
      【会社名】                         阪神高速道路株式会社
      【英訳名】                         Hanshin    Expressway      Company    Limited
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長            幸   和範
      【本店の所在の場所】                         大阪市北区中之島三丁目2番4号
      【電話番号】                         06-6203-8888(代表)
      【事務連絡者氏名】                         経理部長         岡島    久幸
      【最寄りの連絡場所】                         大阪市北区中之島三丁目2番4号
      【電話番号】                         06-6203-8888(代表)
      【事務連絡者氏名】                         経理部長         岡島    久幸
      【発行登録の対象とした募集有価証券の種類】                         社債
      【発行登録書の提出日】                         平成30年3月26日
      【発行登録書の効力発生日】                         平成30年4月11日
      【発行登録書の有効期限】                         令和2年4月10日
      【発行登録番号】                         30-近畿1
      【発行予定額又は発行残高の上限】                         発行予定額       180,000百万円
      【発行可能額】                         110,000,000,000円
                                ( 109,999,700,000        円)
                                (注)   発行可能額は、券面総額又は振替社債の総額の合計額
                                  (下段(    )書きは、発行価額の総額の合計額)に基づき
                                  算出しております。
      【効力停止期間】                         この訂正発行登録書の提出による発行登録の効力停止期間は、
                               令和元年8月7日(提出日)であります。
      【提出理由】                         平成30年3月26日        に提出した発行登録書並びに平成30年7月27日
                               及び平成30年8月6日に提出した訂正発行登録書                       に記載されてい
                               る「第三部       保証会社等の情報          第2    保証会社以外の会社の情
                               報   3   継続開示会社に該当しない当該会社に関する事項                       」につ
                               いて、独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構より「高速
                               道路機構平成30事業年度決算承認及び決算に合わせて開示する高
                               速道路事業関連情報について」と題する書面が作成、記者発表さ
                               れたことによる当該書面記載の情報に合わせた情報の訂正、及び
                               その他訂正すべき事項がありますので、訂                    正発行登録書を提出す
                               るものであります。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                 1/3





                                                           EDINET提出書類
                                                      阪神高速道路株式会社(E04372)
                                                            訂正発行登録書
     【訂正内容】
      表紙の「提出理由」に記載のとおりであります。
       (注)訂正を要する箇所及び訂正した箇所には、下線を付して表示しております。
      第三部     保証会社等の情報

      第2    保証会社以外の会社の情報

      3   継続開示会社に該当しない当該会社に関する事項

      (訂正前)

      <前略>

      本訂正発行登録書提出日(平成30年8月6日)                      現在の機構の概要は下記のとおりです。

      ①   名称          独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構
      ②   設立根拠法       独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構法
      ③   主たる事務所の所在地
           神奈川県横浜市西区高島一丁目1番2号
           子会社及び関連会社はありません。
      ④   役員    機構法第7条第1項の規定により、機構には、役員としてその長である理事長及び監事2人を置くと
           されており、いずれも、国土交通大臣により任命されます。
           また、同条第2項の規定により、役員として理事3人以内を置くことができるとされており、                                           平成30年
           3月31日    現在、3名が任命されております。理事は、理事長の定めるところにより、理事長を補佐して
           機構の業務を掌理しております。なお、役員の任期は以下のとおりです。
           理事長・・・      平成34年3月31日まで          (中期目標の期間の末日まで)
           理   事・・・    平成31年9月30日まで          (2年)
           監   事・・・    平成33年度     の財務諸表承認日まで(中期目標の期間の最後の事業年度についての財務諸表
                 承認日まで)
      ⑤   資本金及び資本構成
           平成30年3月31日        現在の機構の資本金及び資本構成は下記のとおりであり、資本金は、その全額を国
           及び関係地方公共団体が出資しております。
           Ⅰ   資本金                                                                                                  5,637,664百万円
               政府出資金                                                                                         4,101,908百万円
               地方公共団体出資金                                                                                 1,535,756百万円
           Ⅱ   資本剰余金                                                                                                 841,603百万円
               資本剰余金                                                                                                  228百万円
               日本道路公団等民営化関係法施行法第15条による積立金                                                    850,932百万円
               損益外除売却差額相当額                                                                                     △54百万円
               損益外減価償却累計額                                                                                  △7,441百万円
               損益外減損損失累計額                                                                                  △2,061百万円
           Ⅲ   利益剰余金                                                                                              5,769,409百万円
           純資産合計                                                                                                  12,248,677百万円
           機構の財務諸表は、独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)(以下「通則法」といいます。)、機構
           法、独立行政法人会計基準及び独立行政法人会計基準注解等に基づき作成されます。
           機構の財務諸表は、金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を
           受けておりませんが、毎事業年度、国土交通大臣の承認を受ける必要があります(通則法第38条)。また、
           その監査については、機構の監事(通則法第19条第4項)及び会計監査人(通則法第39条)により実施され
           るもののほか、会計検査院法(昭和22年法律第73号)第22条第5号の規定に基づき、会計検査院によっても
           実施されます。
      < 後 略>

                                 2/3


                                                           EDINET提出書類
                                                      阪神高速道路株式会社(E04372)
                                                            訂正発行登録書
      (訂正後)
      <前略>

      本訂正発行登録書提出日(令和元年8月7日)                      現在の機構の概要は下記のとおりです。

      ①   名称          独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構
      ②   設立根拠法       独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構法
      ③   主たる事務所の所在地
           神奈川県横浜市西区高島一丁目1番2号
           子会社及び関連会社はありません。
      ④   役員    機構法第7条第1項の規定により、機構には、役員としてその長である理事長及び監事2人を置くと
           されており、いずれも、国土交通大臣により任命されます。
           また、同条第2項の規定により、役員として理事3人以内を置くことができるとされており、                                           平成31年
           3月31日    現在、3名が任命されております。理事は、理事長の定めるところにより、理事長を補佐して
           機構の業務を掌理しております。なお、役員の任期は以下のとおりです。
           理事長・・・      令和4年3月31日まで          (中期目標の期間の末日まで)
           理   事・・・    令和元年9月30日まで          (2年)
           監   事・・・    令和3年度     の財務諸表承認日まで(中期目標の期間の最後の事業年度についての財務諸表
                 承認日まで)
      ⑤   資本金及び資本構成
           平成31年3月31日        現在の機構の資本金及び資本構成は下記のとおりであり、資本金は、その全額を国
           及び関係地方公共団体が出資しております。
           Ⅰ   資本金                                                                                                  5,629,259百万円
               政府出資金                                                                                         4,109,004百万円
               地方公共団体出資金                                                                                 1,520,254百万円
           Ⅱ   資本剰余金                                                                                                 841,327百万円
               資本剰余金                                                                                                  597百万円
               日本道路公団等民営化関係法施行法第15条による積立金                                                    850,932百万円
               損益外除売却差額相当額                                                                                     △63百万円
               損益外減価償却累計額                                                                                  △8,077百万円
               損益外減損損失累計額                                                                                  △2,061百万円
           Ⅲ   利益剰余金                                                                                              6,430,000百万円
           純資産合計                                                                                                  12,900,586百万円
           機構の財務諸表は、独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)(以下「通則法」といいます。)、機構
           法、独立行政法人会計基準及び独立行政法人会計基準注解等に基づき作成されます。
           機構の財務諸表は、金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を
           受けておりませんが、毎事業年度、国土交通大臣の承認を受ける必要があります(通則法第38条)。また、
           その監査については、機構の監事(通則法第19条第4項)及び会計監査人(通則法第39条)により実施され
           るもののほか、会計検査院法(昭和22年法律第73号)第22条第5号の規定に基づき、会計検査院によっても
           実施されます。
      < 後 略>

                                 3/3






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。