株式会社椿本チエイン 四半期報告書 第110期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第110期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)
提出日
提出者 株式会社椿本チエイン
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                      四半期報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2019年8月2日

    【四半期会計期間】                      第110期第1四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

    【会社名】                      株式会社椿本チエイン

    【英訳名】                      TSUBAKIMOTO CHAIN CO.

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  大 原  靖

    【本店の所在の場所】                      大阪市北区中之島三丁目3番3号

    【電話番号】                      (06)6441-0011(代表)

    【事務連絡者氏名】                      財務部長  川 﨑  加 寸 也

                           (連絡場所)京都府京田辺市甘南備台一丁目1番3号
                           (電話番号) (0774)64-5001
    【最寄りの連絡場所】                      東京都港区港南二丁目16番2号
    【電話番号】                      (03)6703-8400

    【事務連絡者氏名】                      東京支社総務係長  落 合  信 之

    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/17








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                         第109期       第110期

             回次            第1四半期       第1四半期        第109期
                        連結累計期間       連結累計期間
                         自 2018年       自 2019年       自 2018年
                          4月1日         4月1日         4月1日
            会計期間
                         至 2018年       至 2019年       至 2019年
                          6月30日         6月30日         3月31日
     売上高               (百万円)        55,480       55,894       238,515
     経常利益               (百万円)         5,764       4,314       21,621

     親会社株主に帰属する
                   (百万円)         4,204       3,201       13,779
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益               (百万円)         3,993       1,938       10,520
     純資産額               (百万円)        171,294       175,120       175,454

     総資産額               (百万円)        303,608       303,136       305,916

     1株当たり四半期

                    (円)       111.09        84.58       364.03
     (当期)純利益金額
     潜在株式調整後
     1株当たり四半期                (円)         -       -       -
     (当期)純利益金額
     自己資本比率                (%)        55.8       57.2       56.8
     (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載してお
          りません。
        4 2018年10月1日付けで普通株式5株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。第109期の期
          首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
        5 第109期連結会計年度末において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、第109期第1四半
          期連結累計期間の関連する主要な経営指標等について、暫定的な会計処理の確定の内容を反映させておりま
          す。
    2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、
      重要な変更はありません。
                                  2/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
     のリスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      2018年6月15日に行われたCentral                 Conveyor     Company,     LLCとの企業結合について前第1四半期連結会計期間に暫定
     的な会計処理を行っておりましたが、前連結会計年度末に確定したため、前年同四半期連結累計期間との比較・分析
     にあたっては、暫定的な会計処理の確定による見直し後の金額を用いております。
      (1)  経営成績の状況

       当第1四半期連結累計期間(2019年4月1日~6月30日)における当社グループの事業環境は、米国は、通商問
      題の影響が一部でみられるものの、景気は回復傾向を維持しました。また、欧州や環インド洋地域でも緩やかなが
      ら景気は回復基調で推移しましたが、通商問題の影響や消費の伸び悩みなどから中国の景気は減速傾向となりまし
      た。
       わが国経済も、生産や輸出に弱さがみられる中、雇用・所得環境の改善などにより緩やかな回復基調にはありま
      したが、米中通商問題の影響などから景気の不透明感が強まる状況となりました。
       このような状況のもと、当第1四半期連結累計期間の                         受注高は56,946百万円           (前年同期比      4.2%減    )、  売上高は
      55,894百万円      (同  0.7%増    )となりました。
       損益につきましては、            営業利益は3,659百万円           (同  32.6%減    )、  経常利益は4,314百万円           (同  25.2%減    )、  親会社
      株主に帰属する四半期純利益は3,201百万円                    (同  23.9%減    )となりました。
       当社グループは、「あるべき姿(グローバルトップ企業)」の実現に向けて、引き続き市場ニーズに徹底対応し
      た商品開発やモノづくり、グループ総合力を生かしたビジネスの拡大に取り組み、持続的成長力を強化していきま
      す。
       なお、セグメント別の経営成績は、次のとおりであります。
       [チェーン]

        チェーンにつきましては、日本国内におけるドライブチェーンやコンベヤチェーン、環インド洋地域における
       コンベヤチェーン、欧州におけるドライブチェーンの販売は堅調であったものの、米州や東アジアにおけるドラ
       イブチェーン、コンベヤチェーン、ケーブル・ホース支持案内装置などの販売が低調であったことなどから、前
       年同期比で減収となりました。
        以上により、チェーンの            受注高は16,725百万円           (前年同期比       4.7%減    )、  売上高は16,596百万円           (同  2.3%
       減 )、  営業利益は2,067百万円           (同  17.7%減    )となりました。
       [精機]

        精機につきましては、日本国内における作動機やクラッチの販売が堅調であった反面、減速機や締結具の販売
       が低調となりました。また、中国における減速機などの販売は堅調に推移したものの、米州や環インド洋地域に
       おけるクラッチの販売が減少したことなどから、前年同期比で減収となりました。
        以上により、精機の         受注高は6,834百万円          (前年同期比      1.6%増    )、  売上高は5,875百万円          (同  3.8%減    )、  営業
       利益は656百万円        (同  28.0%減    )となりました。
       [自動車部品]

        自動車部品につきましては、日本、米国、欧州、タイ、中国、韓国の各拠点において自動車エンジン用タイミ
       ングチェーンシステムの販売が減少したことなどから、前年同期比で減収となりました。
        以上により、自動車部品の             受注高は18,338百万円           (前年同期比      10.4%減    )、  売上高は18,393百万円           (同  9.7%
       減 )となりました。営業利益については、売上高の減少に加え、生産能力増強に向けた設備投資の増加に伴う減
       価償却費の増加などにより            1,718百万円      (同  32.0%減    )となりました。
                                  3/17


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
       [マテハン]
        マテハンにつきましては、日本国内における自動車業界向けシステムや粉粒体搬送コンベヤ、欧州における金
       属切り屑搬送・クーラント処理装置などの売上が増加したことに加え、米州における自動車業界向けシステムや
       金属切り屑搬送・クーラント処理装置の売上が増加したことなどから、前年同期比で増収となりました。
        以上により、マテハンの           受注高は14,299百万円          (前年同期比      2.3%増    )、  売上高は14,200百万円          (同  25.3%増    )
       となりましたが、損益については工事費用が増加したことなどにより                                400百万円の営業損失          (前年同期は      236百万
       円の営業損失      )となりました。
       [その他]

        その他の    受注高は748百万円         (前年同期比      0.1%増    )、  売上高は829百万円         (同  24.7%増    )、損益については         26百
       万円の営業損失       (前年同期は      27百万円の営業損失         )となりました。
      (2)  財政状態の状況

       (資産)
        当第1四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末と比較して                                     2,779百万円減少        し、  303,136百
       万円  となりました。
        流動資産は、有価証券が1,889百万円増加した一方で、現金及び預金が4,166百万円減少したことなどから、前
       連結会計年度末と比較して            2,557百万円減少        し、  141,391百万円       となりました。
        固定資産は、設備投資により有形固定資産が1,056百万円増加した一方で、償却により無形固定資産が599百万
       円減少したこと、保有株式の時価下落などにより投資有価証券が544百万円減少したことなどから、前連結会計年
       度末と比較して       221百万円減少       し、  161,744百万円       となりました。
       (負債)

        負債は、借入金が7,622百万円増加した一方で、償還により社債が10,000百万円減少したことなどから、前連結
       会計年度末と比較して          2,446百万円減少        し、  128,015百万円       となりました。
       (純資産)

        純資産は、利益剰余金が930百万円増加した一方で、為替の変動により為替換算調整勘定が1,179百万円減少し
       たことなどから、前連結会計年度末と比較して                      333百万円減少       の 175,120百万円       となり、自己資本比率は           57.2%   とな
       りました。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)  研究開発活動

        当第1四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、                                   1,167百万円      であります。
        なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     59,800,000

                 計                                   59,800,000

      ②  【発行済株式】

              第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (2019年6月30日)          (2019年8月2日)          商品取引業協会名
                                            権利内容に何ら限定のない当
                                  東京証券取引所
       普通株式           38,281,393          38,281,393                 社における標準となる株式
                                   (市場第一部)
                                              単元株式数      100株
        計         38,281,393          38,281,393           ―            ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     2019年4月1日~
                      ―    38,281          ―    17,076          ―    12,671
     2019年6月30日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
       載することができないことから、直前の基準日(2019年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
       す。
      ①  【発行済株式】
                                               2019年6月30日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                          ―           ―               ―

     議決権制限株式(自己株式等)                          ―           ―               ―

     議決権制限株式(その他)                          ―           ―               ―

                     普通株式      431,200

     完全議決権株式(自己株式等)                                     ―               ―
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                  377,454                  ―
                          37,745,400
                     普通株式      104,793
     単元未満株式                                     ―  1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                     38,281,393                ―               ―

     総株主の議決権                          ―        377,454                  ―

     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式55株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                               2019年6月30日現在
                          自己名義所有
                                 他人名義所有       所有株式数の       発行済株式総数に対する
     所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                                 株式数(株)       合計(株)      所有株式数の割合(%)
                          株式数(株)
                大阪市北区中之島
     株式会社椿本チエイン                        431,200          ―    431,200             1.13
                三丁目3-3
         計           ―       431,200          ―    431,200             1.13
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                  6/17









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年
     6月30日まで)および第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表に
     ついて、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                33,647              29,481
                                      ※4  46,721            ※4  44,803
        受取手形及び売掛金
                                      ※4  13,085            ※4  13,019
        電子記録債権
        有価証券                                 4,114              6,004
        商品及び製品                                18,536              18,805
        仕掛品                                13,363              13,992
        原材料及び貯蔵品                                 9,984              10,304
        その他                                 4,892              5,540
                                         △ 397             △ 560
        貸倒引当金
        流動資産合計                                143,949              141,391
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               29,746              29,536
         機械装置及び運搬具(純額)                               38,893              38,061
         工具、器具及び備品(純額)                               3,702              4,166
         土地                               37,554              37,528
                                         7,050              8,710
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                              116,946              118,002
        無形固定資産
         のれん                               3,387              3,247
                                         9,399              8,940
         その他
         無形固定資産合計                               12,787              12,188
        投資その他の資産
         投資有価証券                               24,335              23,791
         その他                               8,021              7,881
                                         △ 123             △ 119
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               32,233              31,553
        固定資産合計                                161,966              161,744
      資産合計                                 305,916              303,136
                                  8/17








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
     負債の部
      流動負債
                                      ※4  20,289            ※4  19,581
        支払手形及び買掛金
                                      ※4  13,411            ※4  13,193
        電子記録債務
        短期借入金                                12,708              12,418
        1年内償還予定の社債                                10,000                -
        1年内返済予定の長期借入金                                  71             3,270
        未払法人税等                                 2,269               656
        賞与引当金                                 4,307              2,343
        工事損失引当金                                  106              116
                                       ※4  2,431            ※4  2,978
        営業外電子記録債務
                                      ※4  17,022            ※4  20,204
        その他
        流動負債合計                                82,617              74,762
      固定負債
        社債                                15,000              15,000
        長期借入金                                 5,992              10,706
        役員退職慰労引当金                                  106              102
        退職給付に係る負債                                13,872              13,884
        資産除去債務                                  422              422
                                        12,449              13,138
        その他
        固定負債合計                                47,844              53,253
      負債合計                                 130,461              128,015
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                17,076              17,076
        資本剰余金                                13,559              13,559
        利益剰余金                                142,442              143,372
                                        △ 1,047             △ 1,048
        自己株式
        株主資本合計                                172,030              172,960
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 9,824              9,612
        繰延ヘッジ損益                                 △ 11              28
        土地再評価差額金                               △ 10,614             △ 10,614
        為替換算調整勘定                                 3,285              2,106
                                         △ 780             △ 745
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                 1,703               387
      非支配株主持分                                  1,720              1,772
      純資産合計                                 175,454              175,120
     負債純資産合計                                   305,916              303,136
                                  9/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     売上高                                   55,480              55,894
                                        39,237              40,724
     売上原価
     売上総利益                                   16,242              15,169
     販売費及び一般管理費                                   10,815              11,510
     営業利益                                    5,426              3,659
     営業外収益
      受取利息                                    27              27
      受取配当金                                   529              678
                                          151              228
      その他
      営業外収益合計                                   707              934
     営業外費用
      支払利息                                    62              96
      為替差損                                    71              70
                                          236              112
      その他
      営業外費用合計                                   369              279
     経常利益                                    5,764              4,314
     税金等調整前四半期純利益                                    5,764              4,314
     法人税、住民税及び事業税
                                         1,024               621
                                          519              470
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    1,543              1,091
     四半期純利益                                    4,221              3,222
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     16              21
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    4,204              3,201
                                 10/17











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     四半期純利益                                    4,221              3,222
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   211             △ 211
      繰延ヘッジ損益                                   △ 74              40
      為替換算調整勘定                                  △ 400            △ 1,155
      退職給付に係る調整額                                    42              35
                                          △ 7              8
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                  △ 228            △ 1,283
     四半期包括利益                                    3,993              1,938
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  4,017              1,885
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   △ 24              53
                                 11/17















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (会計方針の変更等)
       (会計方針の変更)
        国際財務報告基準を適用している子会社は、当第1四半期連結会計期間より、国際財務報告基準第16号「リー
       ス」(以下「IFRS第16号」という。)を適用しております。これにより、リースの借手は、原則としてすべてのリー
       スを貸借対照表に資産および負債として計上することとしました。                                IFRS第16号の適用については、経過的な取扱
       いに従っており、当該会計基準の適用による累積的影響を適用開始日に認識する方法を採用しております。
        この結果、当第1四半期連結会計期間末の「有形固定資産」が722百万円、「無形固定資産」が4百万円増加
       し、流動負債の「その他」が313百万円および固定負債の「その他」が419百万円増加しております。当第1四半期
       連結累計期間の損益に与える影響は軽微であります。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     1   保証債務
      関係会社の借入金および従業員の住宅借入金に対する債務の保証額は、次のとおりであります。
       (1)関係会社
                             前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                             (2019年3月31日)                (2019年6月30日)
         天津東椿大気塗装輸送系統設備
                                 382  百万円               416  百万円
         有限公司
       (2)従業員

                             前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                             (2019年3月31日)                (2019年6月30日)
                                 21 百万円               20 百万円
     2    受取手形割引高

                             前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間

                             (2019年3月31日)                 (2019年6月30日)
                                 30 百万円                28 百万円
     3    電子記録債権割引高

                             前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                             (2019年3月31日)                (2019年6月30日)
                                 13 百万円               14 百万円
     ※4 期末日満期手形

      四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理は、手形交換日をもって決済処理しております。
      なお、当第1四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四
     半期連結会計期間末残高に含まれております。
                               前連結会計年度             当第1四半期連結会計期間

                              (2019年3月31日)                (2019年6月30日)
        受取手形                         1,258   百万円             1,308   百万円
        支払手形                          419  百万円              293  百万円
        流動負債その他(設備関係支払手形)                          66 百万円               29 百万円
        受取手形割引高                          15 百万円               14 百万円
                                 12/17




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
      また、債権債務の一部については、手形と同様の期日条件で現金決済する方法によっておりますので、上記の四半
     期連結会計期間末日満期手形と同様に、四半期連結会計期間末日が決済日であるものが四半期連結会計期間末残高に
     含まれております。
                               前連結会計年度             当第1四半期連結会計期間

                              (2019年3月31日)                (2019年6月30日)
        売掛金                          125  百万円              140  百万円
        電子記録債権                         3,190   百万円             1,252   百万円
        買掛金                         1,360   百万円             1,174   百万円
        電子記録債務                         3,139   百万円             2,843   百万円
        営業外電子記録債務                          416  百万円              393  百万円
        流動負債その他(未払金)                          146  百万円              269  百万円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)およびのれんの償却額は、次
      のとおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間

                               (自    2018年4月1日            (自    2019年4月1日
                                至   2018年6月30日)            至   2019年6月30日)
        減価償却費                          2,835   百万円            3,165   百万円
        のれんの償却額                            56 百万円             42 百万円
    (注) 前第1四半期連結累計期間の減価償却費およびのれんの償却額は、(企業結合等関係)の比較情報における取得原
       価の当初配分額の重要な見直しに記載の見直しが反映された後の金額により算定しております。
      (株主資本等関係)

     Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自                  2018年4月1日         至   2018年6月30日)
       配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     2018年6月28日
               普通株式         2,460        13.0    2018年3月31日         2018年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
    (注) 2018年10月1日付で実施いたしました株式併合前の金額を記載しております。
     Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自                  2019年4月1日         至   2019年6月30日)
       配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     2019年6月27日
               普通株式         2,271        60.0    2019年3月31日         2019年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会
      (企業結合等関係)

       比較情報における取得原価の当初配分額の重要な見直し
        2018年6月15日に行われたCentral                  Conveyor     Company,     LLCとの企業結合につきまして前第1四半期連結会計期
       間において暫定的な会計処理を行っておりましたが、前連結会計年度末に確定しております。
        この暫定的な会計処理の確定に伴い、当第1四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる比較情報に
       おいて取得原価の当初配分額に重要な見直しが反映されました。
        この結果、前第1四半期連結累計期間の四半期連結損益計算書は、販売費及び一般管理費が13百万円増加した
       ことにより営業利益、経常利益、税金等調整前四半期純利益、親会社株主に帰属する四半期純利益がそれぞれ13
       百万円減少しております。
                                 13/17



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年6月30日)
     1 報告セグメントごとの売上高および利益または損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                      四半期
                          報告セグメント
                                         その他         調整額    連結損益
                                              合計
                                         (注1)         (注2)     計算書
                            自動車
                   チェーン     精機        マテハン      計
                                                      計上額
                            部品
     売上高
       外部顧客への売上高               16,994     6,105    20,379    11,335    54,814      665   55,480      -  55,480

       セグメント間の内部
                     407    118     -    97    623    234    858   △ 858     -
       売上高又は振替高
           計        17,401     6,224    20,379    11,432    55,438      900   56,338     △ 858   55,480
    セグメント利益又は損失(△)

                    2,513     911   2,529    △ 236   5,717     △ 27   5,689    △ 263   5,426
    (営業利益又は損失(△))
     (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ビルメンテナンス、保険代理
           業等を含んでおります。
        2 セグメント利益又は損失の調整額                  △263百万円      には、セグメント間取引消去             18百万円    、各報告セグメントに
          配分していない全社費用           △281百万円      が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない
          一般管理費等であります。
        3 (企業結合等関係)に記載の取得原価の当初配分額の重要な見直しに伴い、前第1四半期連結累計期間のセ
          グメント情報については、当該見直し反映後のものを記載しております。
     2 報告セグメントごとの資産に関する情報

       前連結会計年度の末日に比して、当第1四半期連結会計期間の報告セグメントごとの資産が著しく変動していま
      す。その概要は以下のとおりです。
       当第1四半期連結会計期間において、当社連結子会社であるU.S.                                TSUBAKI    HOLDINGS,     INC.がCentral       Conveyor
      Company,     LLCを買収したため、同社および同社子会社5社を連結の範囲に含めたことにより、「マテハン」のセグ
      メント資産が22,629百万円増加しています。
     3 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (のれんの金額の重要な変動)
                                                 (単位:百万円)
            チェーン        精機     自動車部品      マテハン(注)        その他       調整額       合計
     のれん           -       -       -     5,595        -       -     5,595

     (注)「マテハン」において、当第1四半期連結会計期間に当社連結子会社であるU.S.                                          TSUBAKI    HOLDINGS,     INC.が
       Central    Conveyor     Company,     LLCを買収したため、同社および同社子会社5社を連結の範囲に含めたことにより発
       生したものです。発生したのれんの金額は、暫定的に12,941百万円を計上しておりましたが、前連結会計年度末
       に取得原価の配分が完了したことにより7,346百万円減少しております。
                                 14/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
    Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                2019年4月1日         至   2019年6月30日)

       報告セグメントごとの売上高および利益または損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                      四半期
                          報告セグメント
                                         その他         調整額    連結損益
                                              合計
                                         (注1)         (注2)     計算書
                            自動車
                   チェーン     精機        マテハン      計
                                                      計上額
                            部品
     売上高
       外部顧客への売上高               16,596     5,875    18,393    14,200    55,064      829   55,894      -  55,894

       セグメント間の内部
                     474    191     -    151    817    168    986   △ 986     -
       売上高又は振替高
           計        17,070     6,067    18,393    14,351    55,881      998   56,880     △ 986   55,894
    セグメント利益又は損失(△)

                    2,067     656   1,718    △ 400   4,042     △ 26   4,016    △ 357   3,659
    (営業利益又は損失(△))
     (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ビルメンテナンス、保険代理
           業等を含んでおります。
        2 セグメント利益又は損失の調整額                  △357百万円      には、セグメント間取引消去             △4百万円     、各報告セグメント
          に配分していない全社費用            △353百万円      が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しな
          い一般管理費等であります。
      (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益金額および算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                (自    2018年4月1日           (自    2019年4月1日
                                 至   2018年6月30日)           至   2019年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                  111円09銭              84円58銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                    4,204             3,201

     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -             -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         4,204             3,201
     四半期純利益金額(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                    37,852             37,850
     (注)    1 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        2 2018年10月1日付で、普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しております。前連結会計年度の
          期首に当該株式併合が行なわれたと仮定し、1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        3 前第1四半期連結累計期間の1株当たり四半期純利益金額は、(企業結合等関係)の比較情報における取得
          原価の当初配分額の重要な見直しに記載の見直しが反映された後の金額により算定しております。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
    2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 15/17



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 16/17



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社椿本チエイン(E01578)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年8月2日

    株式会社椿本チエイン
     取締役会  御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                          林           由  佳
                                   公認会計士                    印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                          柴      田      芳      宏
                                   公認会計士                    印
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社椿本チ

    エインの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年
    6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すな
    わち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
    行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社椿本チエイン及び連結子会社の2019年6月30日現在の財
    政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
    ての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 17/17




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク