株式会社リミックスポイント 臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社リミックスポイント(E05645)
                                                              臨時報告書
    【表紙】
    【提出書類】                       臨時報告書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2019年7月25日

    【会社名】                       株式会社リミックスポイント

    【英訳名】                       Remixpoint,      inc

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長CEO 小           田  玄  紀

    【本店の所在の場所】                       東京都港区六本木三丁目2番1号

    【電話番号】                       03-6303-0280

    【事務連絡者氏名】                       経営管理部長 髙         橋  由  彦

    【最寄りの連絡場所】                       東京都港区六本木三丁目2番1号

    【電話番号】                       03-6303-0280

    【事務連絡者氏名】                       経営管理部長 髙         橋  由  彦

    【縦覧に供する場所】                       株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社リミックスポイント(E05645)
                                                              臨時報告書
    1【提出理由】
      連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象が発生いたしましたの
     で、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19号の規定に基づき、
     本臨時報告書を提出するものであります。
    2【報告内容】

      (1)    当該事象の発生年月日
          2019年7月11日
      (2)    当該事象の内容

          当社連結子会社である株式会社ビットポイントジャパン(以下「BPJ」といいます。)において、仮想通貨
         交換所における仮想通貨の不正流出(以下「本事案」といいます。)が発生したことにより、以下の特別損
         失を計上する見込みです。
          ①BPJのお客様預り分の流出仮想通貨調達費用等                         2,060百万円
          ②BPJの自己保有分の流出仮想通貨被害額                          960百万円
          ③海外の仮想通貨交換所に係る対応費用                          250百万円
          ④初期対応及び再発防止策等に係る費用                          400百万円
                    合計               3,670百万円
                             ※金額はすべて概算です。
         ①BPJのお客様預り分仮想通貨約2,060百万円の仮想通貨の流出が発生いたしました。BPJでは、事業の継続と

          サービス再開のため、お客様預り分仮想通貨のうち、本事案により流出した仮想通貨の全種類及び全量に
          ついて外部調達などにより確保いたしましたので、調達に要した費用等を計上いたします。
         ②BPJの自己保有分の仮想通貨約960百万円の仮想通貨の流出が判明し、流出分を被害額として計上いたしま
          す。
         ③BPJが仮想通貨交換所システムを提供している海外の仮想通貨交換所の一部において、仮想通貨の流出が確
          認されており、流出した仮想通貨は概算で250百万円となる見込みであります。BPJでは、引き続き状況の
          詳細を調査するとともに、当該海外の仮想通貨交換所における流出分仮想通貨の調達等の対応を想定し、
          費用を計上いたします。
         ④BPJでは、各種施策に鋭意取り組んでおります。本事案の原因究明のために、コンピュータやデジタル記録
          媒体の中に残された証拠の収集・調査を行うフォレンジック、各種のログ解析・分析等の調査を行ってお
          ります。また、被害拡大防止策、リカバリー対策及び再発防止策のために、仮想通貨のウォレットシステ
          ム及びエラー検知システム等の見直し・強化、システムリスク管理態勢を含む経営管理態勢の見直し等を
          早急に行う予定であります。そのため、かかる施策の実施に係る費用を計上いたします。。
      (3)    当該事象の連結損益に与える影響

          本事案につき、当社グループの2020年3月期第2四半期連結会計期間において約3,670百万円の特別損失が
         発生する見通しであります。
                                 2/2






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。