NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2019年8月14日       提出
      【発行者名】                      野村アセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      CEO兼代表取締役社長            中川 順子
      【本店の所在の場所】                      東京都中央区日本橋一丁目12番1号
      【事務連絡者氏名】                      松井 秀仁
      【電話番号】                      03-3241-9511
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      10兆円を上限とします。
      信託受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所
                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/79














                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

      N EXT   FUNDS    日経平均      レバレッジ      ・インデックス連動型上場投信

      ( 以下「ファンド」といいます。                なお、ファンドの愛称を「              日経  レバレッジ      指数ETF    」とします。       )
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

      追加型証券投資信託・受益権               ( 以下「   受益権   」といいます。)

       なお、当初元本は         1口当り、     4,351円    とします。
      ■信用格付■
       信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付はありません。また、信用格付業者から提
      供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
       ファンドの受益権は、           社債  、株式   等の振替に関する法律           ( 「社振法」といいます。以下同じ。                  ) の規定の

      適用を受け、受益権の帰属は、                後述の「     ( 11 ) 振替機関に関する事項           」に記載の      振替機関及び当該振替機関
      の下位の口座管理機関            ( 社振法第2条に規定す           る「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機
      関等」といいます。          ) の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります                               ( 以下、振替口座簿に記
      載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。                                       ) 。委託者である野村アセット
      マネジメント株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発
      行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

       10兆円を上限とします。

     (4)【発行(売出)価格】

                                               ※
       取得申込日の翌営業日(以下「取得申込受付日」といいます。)の基準価額                                        に100.05%以内(         2019年8月
      14日  現在100.02%)の率を乗じて得た価額(「販売基準価額」といいます。)とします。
       なお、取得申込受付日の前営業日の午後4時までに委託者に追加設定の連絡をして受理されたものを当日
      の申込みとします。
          㬰౗﩮陏ꆘ䴰ര栰漰Žᒌ익⍽쾘䴰銊ࡻ靥欰䨰儰譓흶쩪⥓瀰枖搰地徑톘䴰鈰䐰䐰縰夰Ȱ樰䨰İ픰ꄰ줰欰䨰
           ては100口当りの価額で表示されます。
       ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。
           野村アセットマネジメント株式会社
           サポートダイヤル 0120-753104(フリーダイヤル)
             <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
           インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
                                  2/79



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【申込手数料】

                                      ※
       販売基準価額に販売会社が独自に定める率を乗じて得た額                               とします。
        ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     (6)【申込単位】

      2万  口以上   2万  口単位

     (7)【申込期間】

      2019年8月15日から2020年8月17日まで

      *申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
     (8)【申込取扱場所】

       ファンドの申込取扱場所             ( 以下「販売会社」といいます。                ) については下記の照会先までお問い合わせ下

      さい。
          野村アセットマネジメント株式会社
          サポートダイヤル           0120-753104      ( フリーダイヤル        )
            <受付時間> 営業日の午前               9 時~午後     5 時
          インターネットホームページ                 http://www.nomura-am.co.jp/
     (9)【払込期日】

       投資者は、      販売会社の指定する日までに申込代金を申込みの販売会社に支払うものとします。

       各取得申込日の発行価額の総額は、各販売会社によって、追加信託が行なわれる日に、野村アセットマネ
      ジメント株式会社         ( 「委託者」または「委託会社」といいます。                       ) の 指定する     口座を経由して、         野村信託銀
      行株式会社      ( 「受託者」または「受託会社」といいます。                       ) の指定するファンド口座に払い込まれます。
     (10)【払込取扱場所】

       申込代金は申込みの販売会社にお支払いください。払込取扱場所についてご不明の場合は、下記の照会先

      までお問い合わせ下さい。
          野村アセットマネジメント株式会社
          サポートダイヤル           0120-753104      ( フリーダイヤル        )
            <受付時間> 営業日の午前               9 時~午後     5 時
          インターネットホームページ                 http://www.nomura-am.co.jp/
     (11)【振替機関に関する事項】

       ファンドの受益権に係る振替機関は下記の通りです。

                                  3/79

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          株式会社     証券保管振替機構
     (12)【その他】

       該当事項はありません。

                                  4/79


















                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

                                  ;
       ファンドは、日経平均レバレッジ・インデックス                           (「対象指数」といいます。)に連動する投資成果
      (基準価額の変動率が対象指数の変動率に一致することをいいます。以下同じ。)を目指す追加型株式投資
      信託です。
        ※日経平均レバレッジ・インデックスとは
           日経平均レバレッジ・インデックスは、日々の騰落率を日経平均株価の騰落率の2倍として計算された指数
          で、2001年12月28日の指数値を10,000ポイントとして計算されています。
       投資者は、ファンドを金融商品取引所において時価により株式と同様に売買することができます。

      ■信託金の限度額■

       ファンドの信託金限度額は、2兆円です。ただし、受託者と合意のうえ、当該信託金限度額を変更するこ
      とができます。
       ファンドは契約型の追加型株式投資信託ですが、以下の点で通常の投資信託とは異なる商品設計となって

      おります。
          ①受益権を上場します。
            いつでも下記の金融商品取引所で売買することができます。
              東京証券取引所
            売買単位は1口以上1口単位です。
            手数料は取扱い第一種金融商品取引業者等が独自に定める金額とします。
            取引方法は原則として株式と同様です。詳しくは取扱い第一種金融商品取引業者等へお問い合
           わせください。
          ②追加設定は一定口数以上の申込みでないと行なうことはできません。
            対象指数に連動する投資成果という目的の支障とならないようにするために、追加設定をポー
           トフォリオを組成するために必要な金額以上の場合に限定するものです。
          ③一定口数以上の受益権を有する投資家は、信託契約の一部解約の実行を請求することができます。
            基準価額と取引所での時価との間に乖離が生じたときに、合理的な裁定が入り、そうした乖離
           が収斂することにより、取引所での円滑な価格形成が行なわれることを期待するものです。
          ④収益分配金の支払いは、名義登録によって受益者を確定する方法で行なわれます。
     <商品分類>


      一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類は以下の通りで
     す。
                                  5/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      なお、ファンドに該当する商品分類及び属性区分は下記の表中に                                 網掛け表示      しております。
               (NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信)

     《商品分類表》
                            投資対象資産
      単位型・追加型           投資対象地域                       独立区分           補足分類
                            (収益の源泉)
                              株  式

                   国  内                      MMF
        単  位 型                   債  券                    インデックス型
                   海  外          不動産投信            MRF

                             その他資産                      特  殊  型

        追  加 型
                   内  外           (  )           ETF
                             資産複合

     《属性区分表》

        投資対象資産               決算頻度            投資対象地域             対象インデックス
      株式                 年1回            グローバル
       一般                             (日本を含む)
       大型株                 年2回
       中小型株
                       年4回              日本             日経225
      債券
       一般                 年6回              北米
       公債                 (隔月)
       社債                               欧州
       その他債券                 年12回                          TOPIX
       クレジット属性                 (毎月)              アジア
       (  )
                        日々            オセアニア
      不動産投信
                       その他             中南米             その他
      その他資産                 (  )
                                              (日経平均レバレッジ・
      (株価指数先物取引)                              アフリカ
                                                インデックス)
      資産複合                              中近東

      (  )                              (中東)
       資産配分固定型
       資産配分変更型                             エマージング
      ファンドは、株価指数先物取引のうち日経平均株価を対象とするものを主要取引対象とします。このため、
     組入れている資産を示す属性区分上の投資対象資産(その他資産(株価指数先物取引))と収益の源泉となる
     資産を示す商品分類上の投資対象資産(株式)とが異なります。
     上記、商品分類及び属性区分の定義については、下記をご覧ください。

     なお、下記一般社団法人投資信託協会のホームページでもご覧頂けます。
     《一般社団法人投資信託協会インターネットホームページアドレス》  http://www.toushin.or.jp/
     ◆一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類及び属性区分は

      以下の通りです。(2013年2月21日現在)
     <商品分類表定義>

                                  6/79

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     [単位型投信・追加型投信の区分]
      (1)単位型投信…当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切行われないファンドを
              いう。
      (2)追加型投信…一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファ
              ンドをいう。
     [投資対象地域による区分]
      (1)国内…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨
           の記載があるものをいう。
      (2)海外…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨
           の記載があるものをいう。
      (3)内外…目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載が
           あるものをいう。
     [投資対象資産による区分]
      (1)株式…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載
           があるものをいう。
      (2)債券…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載
           があるものをいう。
      (3)不動産投信(リート)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に不動産投資
                  信託の受益証券及び不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (4)その他資産…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に上記(1)から(3)に掲
              げる資産以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。なお、その他資産と併記して具体的な
              収益の源泉となる資産の名称記載も可とする。
      (5)資産複合…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複数の資産による投資収益を
             実質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
     [独立した区分]
      (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMFをいう。
      (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをいう。
      (3)ETF…投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第2号に規定する証券投資信
          託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場証券投資信託をいう。
     [補足分類]
      (1)インデックス型…目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨の記載があるもの
                をいう。
      (2)特殊型…目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要と思われる特殊な仕組み
            あるいは運用手法の記載があるものをいう。なお、下記の属性区分で特殊型の小分類において「条件付運
            用型」に該当する場合には当該小分類を括弧書きで付記するものとし、それ以外の小分類に該当する場合
            には当該小分類を括弧書きで付記できるものとする。
     <属性区分表定義>

     [投資対象資産による属性区分]
      株式
      (1)一般…次の大型株、中小型株属性にあてはまらないすべてのものをいう。
      (2)大型株…目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があるものをいう。
      (3)中小型株…目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があるものをいう。
      債券
      (1)一般…次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらないすべてのものをいう。
      (2)公債…目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債(地方債、政府保証債、政府機関
           債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主として投資する旨の記載があるものをいう。
      (3)社債…目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載があるものをい
           う。
      (4)その他債券…目論見書又は投資信託約款において、公債又は社債以外の債券に主として投資する旨の記載があるも
              のをいう。
      (5)格付等クレジットによる属性…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)の「発行体」による区分のほ
                      か、特にクレジットに対して明確な記載があるものについては、上記(1)から(4)に
                      掲げる区分に加え「高格付債」「低格付債」等を併記することも可とする。
      不動産投信…これ以上の詳細な分類は行わないものとする。
      その他資産…組入れている資産を記載するものとする。
      資産複合…以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。
      (1)資産配分固定型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については固定的とす
                                  7/79

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                る旨の記載があるものをいう。なお、組み合わせている資産を列挙するものとする。
      (2)資産配分変更型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については、機動的な
                変更を行なう旨の記載があるもの若しくは固定的とする旨の記載がないものをいう。なお、組み合
                わせている資産を列挙するものとする。
     [決算頻度による属性区分]
      (1)年1回…目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいう。
      (2)年2回…目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいう。
      (3)年4回…目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいう。
      (4)年6回(隔月)…目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいう。
      (5)年12回(毎月)…目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをいう。
      (6)日々…目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいう。
      (7)その他…上記属性にあてはまらないすべてのものをいう。
     [投資対象地域による属性区分(重複使用可能)]
      (1)グローバル…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載が
              あるものをいう。なお、「世界の資産」の中に「日本」を含むか含まないかを明確に記載するものと
              する。
      (2)日本…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるも
           のをいう。
      (3)北米…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記載があ
           るものをいう。
      (4)欧州…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産を源泉とする旨の記載があ
           るものをいう。
      (5)アジア…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジア地域の資産を源泉とす
            る旨の記載があるものをいう。
      (6)オセアニア…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域の資産を源泉とする
              旨の記載があるものをいう。
      (7)中南米…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載
            があるものをいう。
      (8)アフリカ…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の資産を源泉とする旨の
             記載があるものをいう。
      (9)中近東(中東)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資産を源泉とする旨
               の記載があるものをいう。
      (10)エマージング…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地域(新興成長国(地
                域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
     [投資形態による属性区分]
      (1)ファミリーファンド…目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資され
                  るものを除く。)を投資対象として投資するものをいう。
      (2)ファンド・オブ・ファンズ…「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをい
                     う。
     [為替ヘッジによる属性区分]
      (1)為替ヘッジあり…目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の資産に為替のヘッジを行う旨
                の記載があるものをいう。
      (2)為替ヘッジなし…目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の記載があるもの又は為替の
                ヘッジを行う旨の記載がないものをいう。
     [インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分]
      (1)日経225
      (2)TOPIX
      (3)その他の指数…上記指数にあてはまらないすべてのものをいう。
     [特殊型]
      (1)ブル・ベア型…目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的に投資を行うとと
               もに各種指数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若しくは逆連動を含む。)を目指す旨
               の記載があるものをいう。
      (2)条件付運用型…目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資又はその他特殊な仕組みを用いることによ
               り、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等
               の値により定められる一定の条件によって決定される旨の記載があるものをいう。
      (3)ロング・ショート型/絶対収益追求型…目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に左右されにくい収益の追
                          求を目指す旨若しくはロング・ショート戦略により収益の追求を目指す旨の
                          記載があるものをいう。
      (4)その他型…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(3)に掲げる属性のいずれにも該当しない特殊な仕組
                                  8/79

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             みあるいは運用手法の記載があるものをいう。
     (2)【ファンドの沿革】

      2012年4月10日            信託契約締結、ファンドの設定日、運用開始

      2012年4月12日            受益権を大阪証券取引所へ上場
      2013年7月16日            取引所の統合により東京証券取引所に上場
     (3)【ファンドの仕組み】


        ■委託会社の概況(2019年6月末現在)■











         ・名称
           野村アセットマネジメント株式会社
         ・本店の所在の場所
           東京都中央区日本橋一丁目12番1号
         ・資本金の額
           17,180百万円
         ・会社の沿革
           1959年12月1日                 野村證券投資信託委託株式会社として設立
                                  9/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           1997年10月1日                 投資顧問会社である野村投資顧問株式会社と合併して野村
                            アセット・マネジメント投信株式会社に商号を変更
           2000年11月1日                 野村アセットマネジメント株式会社に商号を変更
         ・大株主の状況
              名称                    住所             所有株式数        比率
       野村ホールディングス株式会社                   東京都中央区日本橋一丁目9番1号                     5,150,693株        100%
     2【投資方針】

     (1)【投資方針】

       円建ての短期公社債等の短期有価証券を中心に、コールローン等にも投資するとともに、対象先物取引

        ※1
      等  を行ない、対象指数に連動する投資成果を目指します。
       対象先物取引の買建ての時価額ならびに保有する日経平均株価の採用銘柄(採用が決定された銘柄を含み
      ます。)である株式および日経平均株価に連動する投資成果を目指す投資信託証券(以上を総称して「対象
      株式等」といいます。)および対象指数に連動する投資成果を目指す投資信託証券(「対象指数連動投資信
      託証券」といいます。)の時価額の合計(以下「実質買建エクスポージャー額」といいます。)は、原則と
      して信託財産の純資産総額の2倍程度となるように調整を行ないます。なお、合計額の計算において、対象
      指数連動投資信託証券の時価額は、実額の2倍の額とみなします。
                   㬀
         㬀㄰[ﺌ慑䡲楓홟          ならびに対象株式等および対象指数連動投資信託証券の売買をあわせて「対象先
            物取引等」といいます。
         㬀㈰h⩏ꅣݥ灑䡲楓홟ᔰ渰䘰慥䱞獗䝨⩏ꄰ鉛ﺌ愰栰夰謰舰滿࡭睙ᘰ湓홟ᕢ䀰欰䨰䐰晓홟ᔰ唰谰謰舰
            を含みます。)を「対象先物取引」といいます。
       追加設定時には、設定後の信託財産が上記に沿うよう、信託財産を組成します。
       取引を行なう対象先物取引は、出来高その他流動性を勘案して、海外の取引所で行われるものを取引する
      場合があります。この場合の証拠金等、外貨建資産への投資にあたっては、為替ヘッジを行なうことを基本
      とします。
       取引を行なう対象先物取引の限月の変更は、対象限月銘柄の出来高その他流動性を勘案して行ないます。
       一部解約の実行の請求に応じる場合には、信託財産に属する有価証券その他の資産のうち当該一部解約に
      係る受益権の当該信託財産に対する持分に相当するものについて換価を行ないます。ただし、当該一部解約
      の実行の請求に対し、追加信託に係る金銭の引渡しをもって応じることができる場合を除きます。
       上記のほか、次の場合には、信託財産の構成を調整するために対象先物取引等の運用指図を行なうことを
      基本とします。
       イ.対象指数の変動等の要因により、実質買建エクスポージャー額が信託財産の純資産総額の2倍程度か
          ら乖離した場合
       ロ.対象指数の計算方法等が変更された場合もしくは当該変更等が公表された場合
       ハ.イおよびロのほか、基準価額と対象指数の連動性を維持する等のために必要な場合
      なお、資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

                                 10/79



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                    日経平均レバレッジ・インデックスについて
     ①「日経平均レバレッジ・インデックス」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手
      法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均レバレッジ・イン
      デックス」自体及び「日経平均レバレッジ・インデックス」を算定する手法、さらには、「日経平
      均レバレッジ・インデックス」を算出する際の根拠となる「日経平均株価」に対して、著作権その
      他一切の知的財産権を有している。
     ②「日経」及び「日経平均レバレッジ・インデックス」を示す標章に関する商標権その他の知的財産
      権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属している。
     ③「NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信」は、投資信託委託業者等の責
      任のもとで運用されるものであり、株式会社日本経済新聞社は、その運用及び「NEXT FUNDS 日経
      平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信」の取引に関して、一切の責任を負わない。
     ④株式会社日本経済新聞社は、「日経平均レバレッジ・インデックス」及び「日経平均株価」を継続
      的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負わない。
     ⑤株式会社日本経済新聞社は、「日経平均レバレッジ・インデックス」及び「日経平均株価」の計算
      方法など、その内容を変える権利及び公表を停止する権利を有している。
     ■ファンドが対象とする指数の値動きについて■


     ◆日経平均レバレッジ・インデックスは、日々の騰落率が日経平均株価の騰落率の2倍として計算された指数
      です。したがって、以下の例に示すように、日経平均レバレッジ・インデックスの騰落率と日経平均株価の
      騰落率とは、       2日以上離れた日との比較においては、一般に「2倍」とはなりません                                     ので、十分ご留意くだ
      さい。
     <例①>日経平均株価が、              1日目「下落」、2日目「上昇」                の場合

                                 11/79









                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     <例②>日経平均株価が、              1日目「上昇」、2日目「下落」                の場合













                                 12/79








                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     <例③>日経平均株価が、              1日目「上昇」、2日目「上昇」                の場合













                                 13/79







                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     <例④>日経平均株価が、              1日目「下落」、2日目「下落」                の場合













                                 14/79







                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      㬰匰谰褰湏譹㨰漰ť䱞獗䝨⩏ꄰ湐⑒픰䴰桥䱞獗䜰퀰쌰렰אּꐰ윰쌰꼰뤰湐⑒픰䴰溕ꉏ숰銊













       明するための計算例であり、実際の値動きを示したものではありません。
       実際のファンドの基準価額は、信託報酬等のコスト負担や追加設定・一部解約の影響、日経平均の
       値動きと日経平均先物の値動きの差異の影響などにより、運用目標が完全に達成できるとは限りま
       せん。
       また、ファンドの市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決まります。した
       がって、市場価格は基準価額とは必ずしも一致するものではありません。
     (2)【投資対象】


       円建ての短期公社債等の短期有価証券を主要投資対象とし、対象先物取引を主要取引対象とします。な

      お、対象株式等ならびに対象指数連動投資信託証券に投資する場合があります。
                                 15/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ①投資の対象とする資産の種類(約款第17条)
         この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
           1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定め
            るものをいいます。以下同じ。)
              イ.有価証券
              ロ.デリバティブ取引(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、後述の「(5)投資
                制限 ⑦及び⑧」に定めるものに限ります。)に係る権利
              ハ.約束手形(イに掲げるものに該当するものを除きます。)
              ニ.金銭債権(イ及びハに掲げるものに該当するものを除きます。)
           2.次に掲げる特定資産以外の資産
              イ.為替手形
      ②有価証券の指図範囲(約款第18条第1項)
         委託者は、信託金を、次の各号に掲げる有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券
        とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
           1.株券または新株引受権証書
           2.国債証券
           3.地方債証券
           4.特別の法律により法人の発行する債券
           5.特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいます。)
           6.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証券を除
            きます。)
           7.コマーシャル・ペーパー
           8.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有するも
            の
           9.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをい
            います。)
           10.投資証券、新投資口予約権証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定め
            るものをいいます。)
           11.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい
            ます。)
            なお、第1号の証券または証書、第8号の証券または証書のうち第1号の証券または証書の性質を
           有するものを以下「株式」といい、第2号から第6号までの証券および第8号の証券または証書のう
           ち第2号から第6号までの証券の性質を有するものを以下「公社債」といい、第9号および第10号の
           証券を以下「投資信託証券」といいます。
      ③金融商品の指図範囲(約款第18条第2項)
         委託者は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第
        2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用することを指図
        することができます。
           1.預金
           2.指定金銭信託(信託法に規定する受益証券発行信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第
            14号で定めるものをいいます。)に表示されるべきものを除きます。)
           3.コール・ローン
                                 16/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           4.手形割引市場において売買される手形
      ④その他の投資対象
        1.先物取引等
        2.スワップ取引
     (3)【運用体制】


       ファンドの運用体制は以下の通りです。

     当社では、ファンドの運用に関する社内規程として、                            運用担当者に関する規程             並びにスワップ取引、信







     用リスク管理、資金の借入、外国為替の予約取引等、信用取引等に関して各々、取扱い基準を設けてお
     ります。
        ファンドを含む委託会社における投資信託の内部管理及び意思決定を監督する組織等は以下の通りで

                                 17/79








                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       す。
     ≪委託会社によるファンドの関係法人(販売会社を除く)に対する管理体制等≫












     当社では、「受託会社」または受託会社の再信託先に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合な
     どを行っています。また、受託業務の内部統制の有効性についての監査人による報告書を、受託会社より受
     け取っております。
     運用の外部委託を行う場合、「運用の外部委託先」に対しては、外部委託先が行った日々の約定について、
     投資ガイドラインに沿ったものであるかを確認しています。また、コンプライアンスレポートの提出を義務
     付け、定期的に管理状況に関する報告を受けています。さらに、外部委託先の管理体制、コンプライアンス
     体制等について調査ならびに評価を行い、定期的に商品に関する委員会に報告しています。
      ファンドの運用体制等は今後変更となる場合があります。

     (4)【分配方針】

      毎決算時に、原則として以下の方針に基づき分配を行ないます。

      ①信託財産から生ずる配当等収益から経費を控除後、全額分配することを原則とします。ただし、分配金が
       ゼロとなる場合もあります。なお、売買益が生じても、分配は行ないません。                                        留保益の運用については、
                                 18/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       特に制限を設けず、委託者の判断に基づき、元本部分と同一の運用を行ないます。
      ②信託財産から生ずる配当等収益と前期から繰越した分配準備積立金は、毎計算期末において経費を控除
       し、前期から繰越した負数の分配準備積立金があるときはその全額を補てんした後、その残額を受益者に
       分 配します。ただし、収益分配金額の調整のためその一部または全部を信託財産内に留保したときは分配
       準備積立金として積立て、次期以降の分配に充てることができます。なお、経費および負数の分配準備積
       立金を控除しきれないときは、その差額を負数の分配準備積立金として次期に繰越します。
      ③ 毎計算期末に信託財産から生じた第1号に掲げる利益の合計額は、第2号に掲げる損失を控除し、繰越欠損
       金があるときは、その全額を補てんした後、次期に繰越します。
          1 . 有価証券売買益、先物取引等取引益、追加信託差益金、解約差益金
          2 . 有価証券売買損、先物取引等取引損、追加信託差損金、解約差損金
      *将来の分配金の支払いおよびその金額について示唆、保証するものではありません。

     (5)【投資制限】


      ①株式への投資割合(運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限)

         株式への投資割合には制限を設けません。
      ②外貨建資産への投資割合(運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限)
         外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
      ③外国為替予約取引等の利用(運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限)
         外国為替予約取引等の利用はヘッジ目的に限定します。
      ④デリバティブの利用(運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限)
         デリバティブ取引の利用はヘッジ目的に限定しません。
         一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を
        超えることとなるデリバティブ取引等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行
        ないません。
      ⑤投資信託証券への投資割合(運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限)
         投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内と
        します。
      ⑥同一銘柄の上場投資信託証券への投資割合(運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限)
         同一銘柄の上場投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
      ⑦先物取引等の運用指図(約款第22条)
        (ⅰ)委託者は、わが国の金融商品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号
          イに掲げるものをいいます。以下同じ。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項
          第3号ロに掲げるものをいいます。以下同じ。)、有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条
          第8項第3号ハに掲げるものをいいます。以下同じ。)および外国の金融商品取引所におけるこれらの
          取引と類似の取引を行なうことの指図をすることができます。なお、選択権取引はオプション取引
          に含めるものとします(以下同じ。)。
        (ⅱ)委託者は、わが国の金融商品取引所における通貨に係る先物取引ならびに外国の金融商品取引所に
          おける通貨に係る先物取引およびオプション取引を行なうことの指図をすることができます。
        (ⅲ)委託者は、わが国の金融商品取引所における金利に係る先物取引およびオプション取引ならびに外
                                 19/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行なうことの指図をすることができま
          す。
      ⑧スワップ取引の運用指図(約款第23条)
        (ⅰ)委託者は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、異なった通貨、異なった受取り金
          利または異なった受取り金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」
          といいます。)を行なうことの指図をすることができます。
        (ⅱ)スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないものと
          します。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではあり
          ません。
        (ⅲ)スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が提示する価額、価格情報会社が提供する価額等、
          法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って評価するものとします。
        (ⅳ)委託者は、スワップ取引を行なうにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保
          の提供あるいは受入れの指図を行なうものとします。
      ⑨有価証券の貸付の指図および範囲(約款第24条)
        (ⅰ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を次の各号
          の範囲内で貸付の指図をすることができます。
          1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合
           計額の50%を超えないものとします。
          2.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公
           社債の額面金額の合計額の50%を超えないものとします。
        (ⅱ)上記(ⅰ)に定める限度額を超えることとなった場合には、委託者は速やかに、その超える額に相当
          する契約の一部の解約を指図するものとします。
        (ⅲ)委託者は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行なうものとし
          ます。
      ⑩特別の場合の外貨建有価証券への投資制限(約款第25条)
         外貨建有価証券(外国通貨表示の有価証券をいいます。以下同じ。)への投資については、わが国の
        国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合には、制約されることがあります。
      ⑪資金の借入れ(約款第32条)
        (ⅰ)委託者は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性をはかるため、一部解約に伴う支払資金
          の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的とし
          て、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該
          借入金をもって有価証券等の運用は行なわないものとします。
        (ⅱ)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財
          産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信
          託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日か
          ら信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間
          とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、有価証券等の解約代金および有価証券等の償還金
          の合計額を限度とします。ただし、資金の借入額は、借入れ指図を行なう日における信託財産の純
          資産総額の10%を超えないこととします。
        (ⅲ)借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      ⑫一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
        ジャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそ
                                 20/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        れぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、同規則に従い
        当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。(運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限)
      ⑬同一の法人の発行する株式への投資制限(投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
         同一の法人の発行する株式について、次の(ⅰ)の数が(ⅱ)の数を超えることとなる場合には、当該株
         式を信託財産で取得することを受託会社に指図しないものとします。
         (ⅰ)委託者が運用の指図を行なうすべてのファンドで保有する当該株式に係る議決権の総数
         (ⅱ)当該株式に係る議決権の総数に100分の50の率を乗じて得た数
     3【投資リスク】

     ≪基準価額の変動要因≫

      ファンドの基準価額は、投資を行なっている有価証券等の値動きによる影響を受けますが、これらの                                                    運用に
      よる損益はすべて投資者の皆様に帰属します                       。
      したがって、ファンドにおいて、                 投資者の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落
      により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります                              。 なお、投資信託は預貯金と異なります。
       [株価変動リスク]

         ファンドは株価指数先物取引を積極的に活用しますので、株価変動の影響を受けます。
       [債券価格変動リスク]
         債券(公社債等)は、市場金利や信用度の変動により価格が変動します。ファンドは債券に投資を行
         ないますので、これらの影響を受けます。
        ※基準価額の変動要因は上記に限定されるものではありません。

       ≪対象指数と基準価額の主な乖離要因≫

         ファンドは、基準価額が対象指数と高位に連動することを目指しますが、主として次のような要因が
        あるため、対象指数と一致した推移をすることを運用上お約束できるものではありません。
          ①実質買建エクスポージャー額が必ずしも純資産総額の2倍と同額とならないこと
          ②日経平均株価の値動きと対象先物取引の評価値段の値動きが必ずしも一致しないこと
          ③追加設定・解約等に対応するために行なった対象先物取引の約定値段と当該日の評価値段とのず
            れ
          ④追加設定・解約時または取引を行なう対象先物取引の限月の変更時等における売買コストの負担
            があること、また対象先物取引の限月間に価格差(スプレッド)があること
          ⑤公社債等の短期有価証券への投資による利子等収入があること
          ⑥信託報酬等のコスト負担があること
          *対象指数と基準価額の乖離要因は上記に限定されるものではありません。
         また、主として以下のような状況が発生した場合、前記の「投資方針」に従って運用ができない場合

        があるため、対象指数と一致した推移をすることを運用上お約束できるものではありません。
          ①対象先物取引において取引規制が行なわれた場合
          ②運用資金が少額の場合
          ③対象先物取引の証拠金の差し入れ比率が一定水準以上に引き上げられた場合
                                 21/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ④市場の大幅な変動や流動性の低下等により、対象先物取引が成立せず、または、必要な取引数量
            のうち全部または一部が成立しない場合
     ≪その他の留意点≫

      ◆ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はあ
       りません。
      ◆資金動向、市況動向等によっては、また、不慮の出来事等が起きた場合には、投資方針に沿った運用がで
       きない場合があります。
      ◆ファンドが組み入れる有価証券の発行体において、利払いや償還金の支払いが滞る可能性があります。
      ◆有価証券への投資等ファンドにかかる取引にあたっては、取引の相手方の倒産等により契約が不履行にな
       る可能性があります。
      ◆ファンドの基準価額と対象指数は、費用等の要因により、完全に一致するものではありません。また、
       ファンドの投資成果が対象指数との連動または上回ることを保証するものではありません。
      ◆ファンドの市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決まります。したがって、市場
       価格は基準価額とは必ずしも一致するものではありません。
      ◆受益者は、自己に帰属する受益権をもって当該受益権の信託財産に対する持分に相当する有価証券との交
       換をすることはできません。
      ◆基準価額の値が著しく小さくなる等、運用上やむをえない場合が発生したときは、ファンドは、上場廃止
       のうえ信託を終了する場合があります。
      ◆ファンドは、受益権の口数が20営業日連続して10万口を下回った場合、上場廃止のうえ信託終了となりま
       すのでご留意ください。
      ◆日経平均レバレッジ・インデックスに内在する性質に関する注意点
        日経平均レバレッジ・インデックスは、常に、前営業日に対する当営業日の当インデックスの騰落率
       が、同期間の日経平均株価の騰落率の2倍となるよう計算されます。しかしながら、2営業日以上離れた
       期間における日経平均レバレッジ・インデックスの騰落率は、                                一般に日経平均株価の2倍とはならず、計
       算上、差(ずれ)が不可避に生じます。
        2営業日以上離れた期間における日経平均レバレッジ・インデックスの騰落率と日経平均株価の騰落率
       の2倍との差(ずれ)は、当該期間中の日経平均株価の値動きによって変化し、プラスの方向にもマイナ
       スの方向にもどちらにも生じる可能性がありますが、                            一般に、日経平均株価の値動きが上昇・下降を繰り
       返した場合に、マイナスの方向に差(ずれ)が生じる可能性が高くなります。また、一般に、期間が長く
       なれば長くなるほど、その差(ずれ)が大きくなる傾向があります。
        したがって、       NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(日経レバレッジ指数
       ETF)は、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いてい
       る金融商品です。
      ◆指数の動きと実際のファンドの値動きの乖離に関する注意点
        実際のファンドの基準価額は、信託報酬等のコスト負担や追加設定・一部解約の影響、日経平均の値動
       きと日経平均先物の値動きの差異の影響などにより、                            運用目標が完全に達成できるとは限りません。
        また、ファンドの市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決まります。したがっ
       て、  市場価格は基準価額とは必ずしも一致するものではありません。
     ≪ 委託会社におけるリスクマネジメント体制                      ≫

                                 22/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       リスク管理関連の委員会
        ◆パフォーマンスの考査
         投資信託の信託財産についてパフォーマンスに基づいた定期的な考査(分析、評価)の結果の報告、
         審議を行ないます。
        ◆運用リスクの管理
         投資信託の信託財産の運用リスクを把握、管理し、その結果に基づき運用部門その他関連部署への是
         正勧告を行なうことにより、適切な管理を行ないます。
        リスク管理体制図

      ※投資リスクに関する管理体制等は今後変更となる場合があります。






                                 23/79











                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】


















     (1)【申込手数料】

                                 24/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       販売基準価額(取得申込日の翌営業日の基準価額に100.05%以内(                                  2019年8月14日       現在100.02%)の率を乗
                                       ※
      じて得た価額)に、販売会社が独自に定める率を乗じて得た額                                 とします。
        
         下さい。
       購入時手数料は、ファンドの購入に関する事務手続き等の対価として、購入時に頂戴するものです。

     (2)【換金(解約)手数料】

       販売会社は、受益者が一部解約の実行の請求をするときは、当該受益者から、販売会社が独自に定める手

      数料および当該手数料に係る消費税等に相当する金額を徴することができます。
                   ;
       また、受益権の買取り            を行なうときは、基準価額に販売会社が独自に定める率を乗じて得た手数料およ
      び当該手数料に係る消費税等に相当する金額を徴することができます。
        㭓흶쩪⤰溌띓혰訰漰İ౻Ⰰ             管理及び運営 2        換金(解約)手続等 (c)受益権の買取り(買取請求制)」に該当する場
         合に限られます。
       詳しくは販売会社にお問い合わせください。なお、販売会社については、「サポートダイヤル」までお問
      い合わせ下さい。
       換金時手数料は、ファンドの換金に関する事務手続き等の対価として、換金時に頂戴するものです。

     (3)【信託報酬等】

       信託報酬の総額は、ファンドの計算期間を通じて毎日、次の第1号により計算した額に、第2号により計算

      した額を加算して得た額とし、その配分については以下の通り(税抜)とします。
                             ※1
          1.信託財産の純資産総額に年0.864%                    (税抜年0.80%)以内で委託会社が定める率(2019年8月14日現
                 ※1
           在年0.864%       (税抜年0.80%))(「信託報酬率」といいます。)を乗じて得た額。
            <委託会社>          <受託会社>
             年0.75%          年0.05%
            *上記配分は、2019年8月14日現在の信託報酬率における配分です。
                                                 㬀
          2.信託財産に属する有価証券の貸付を行なった場合は、その品貸料の43.2%                                        (税抜40%)以内の額と
           し、その配分については、委託会社は80%、受託会社は20%とします。
       ファンドの信託報酬は、日々計上され、ファンドの基準価額に反映されます。なお、毎計算期間の最初の
      6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のときファンドから支払われます。
       *2019年10月1日以降消費税率が10%となった場合は、※1が年0.88%、※2が44%となります。
     ≪支払先の役務の内容≫

            <委託会社>               <受託会社>
        ファンドの運用とそれに               ファンドの財産の保管・
        伴う調査、受託会社への               管理、委託会社からの指
        指図、法定書面等の作               図の実行等
        成、基準価額の算出等
                                 25/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)【その他の手数料等】

      ①ファンドに関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託者の立替えた立替金の利息等は、受益

       者の負担とし、信託財産から支払われます。なお、受益権の上場に係る費用および対象指数についての商
       標(これに類する商標を含みます。)の使用料(これに類するものを含みます。以下「商標使用料等」とい
       います。)ならびに当該上場に係る費用および当該商標使用料等に係る消費税等に相当する金額は、受益
       者の負担とし、信託財産中から支弁することができます。なお、信託財産中から支払わない金額について
       は、委託会社の負担となり、委託会社が受領する信託報酬中から支払います。
        ※2019年8月14日現在、商標使用料等は以下の通りです。
                                   㬀
          純資産総額に対し、原則として、年率0.0648%                          (税抜0.06%)以下。ただし、年率0.06%により
                                            ※2
          計算した金額が年間税抜120万円を下回る場合は、年額129.6万円                                  (税抜120万円)。
        ※2019年8月14日現在、受益権の上場に係る費用は以下の通りです。
         ・追加上場料:追加上場時の増加額(毎年末の純資産総額について、新規上場時及び新規上場した年か
                                                          㬀
          ら前年までの各年末の純資産総額のうち最大のものからの増加額)に対して、0.0081%                                                (税抜
          0.0075%)。
                                         ※3
         ・年間上場料:毎年末の純資産総額に対して、最大0.0081%                                (税抜0.0075%)。
        *2019年10月1日以降消費税率が10%となった場合は、※1が0.066%、※2が132万円、※3が0.00825%とな
         ります。
      ②ファンドに関する組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、売買委託手数料に係る消費税等に
       相当する金額、先物取引・オプション取引等に要する費用、外貨建資産の保管等に要する費用は信託財産
       から支払われます。
      ③監査法人等に支払うファンドの監査に係る費用および当該監査費用に係る消費税等に相当する金額は、毎
       計算期間の最初の6ヶ月終了日および毎計算期末または信託終了のときに信託財産から支払われます。
      ④ファンドにおいて一部解約に伴う支払資金の手当て等を目的として資金借入れの指図を行なった場合、当
       該借入金の利息は信託財産から支払われます。
      ⑤販売基準価額は、取得申込日の翌営業日の基準価額に100.05%以内(2019年8月14日現在100.02%)の率を
       乗じた価額となります。したがって、購入時には、基準価額に0.05%以内(2019年8月14日現在0.02%)の
       率を乗じて得た額を1口あたりに換算して、購入する口数に応じてご負担いただきます。
                                      ※1
      ⑥ファンドにおいて一部解約の実行に伴い、信託財産留保額                                をご負担いただきます。信託財産留保額は、
       基準価額に0.05%以内(2019年8月14日現在0.02%)の率を乗じて得た額を1口当たりに換算して、換金す
       る口数に応じてご負担いただきます。
          
           を図るため、クローズド期間の有無に関係なく、信託期間満了前の解約に対し解約者から徴収する一定の金
           額をいい、信託財産に繰り入れられます。
      *これらの費用等の中には、運用状況等により変動するものがあり、事前に料率、上限額等を表示すること

       ができないものがあります。
     (5)【課税上の取扱い】

      ①個人の受益者に対する課税

                                 26/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ●収益分配金の受取時
           分配金については、20.315%(国税(所得税及び復興特別所得税)15.315%および地方税5%)の税率
          による源泉徴収が行なわれます。なお、確定申告により、申告分離課税もしくは総合課税のいずれか
          を選択することもできます。
        ●受益権の売却時、換金(解約)時および償還時
                                     ;
           売却時、換金(解約)時および償還時の差益(譲渡益)                           については、申告分離課税により20.315%(国
          税15.315%および地方税5%)の税率が適用され、源泉徴収口座を選択した場合は20.315%の税率によ
          り源泉徴収が行なわれます。
            ※売却時、換金(解約)時および償還時の価額から取得費(買付・申込手数料(税込)を含む)及び譲
            渡費用を控除した利益が譲渡益として課税対象となります。
        ≪損益通算について≫

        以下の所得間で損益通算が可能です。上場株式等の配当所得については申告分離課税を選択したものに
        限ります。
                                       (注2)
         《利子所得》                                      《配当所得》
                     《上場株式等に係る譲渡所得等》
                     特定  公社債、     公募  公社債投資信託、上場

            (注1)
                                           ・上場株式の配当
     ・ 特定  公社債      の利子
                     株式、公募株式投資信託の
                                           ・公募株式投資信託の収益
     ・ 公募  公社債投資信託の収
                             ・譲渡益
                                            分配金
      益分配金
                             ・譲渡損
        (注1)「特定公社債」とは、国債、地方債、外国国債、公募公社債、上場公社債、2015年12月31日以前に発行され
            た公社債(同族会社が発行した社債を除きます。)などの一定の公社債をいいます。
        (注2)株式等に係る譲渡所得等について、上場株式等に係る譲渡所得等とそれ以外の株式等に係る譲渡所得等に区
            分し、別々の分離課税制度とすることとされ、原則として、これら相互の通算等ができないこととされま
            した。
        *少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」をご利用の場合

          少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」は、上場株式、公募株式投資信託等に係る非課税制度です。
          NISAをご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入したETFなどから生じる配当所得及び譲渡所
          得が一定期間非課税となります。他の口座で生じた配当所得や譲渡所得との損益通算はできません。
          販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。なお、分配金の
          受取方法によっては非課税とならない場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせくださ
          い。
      ②法人の受益者に対する課税

        ●収益分配金の受取時
                                            ;
           分配金については、15.315%(国税15.315%)の税率で源泉徴収                                 が行なわれます。なお、地方税の
          源泉徴収はありません。
           ※源泉税は所有期間に応じて法人税額から控除
        ●受益権の売却時、換金(解約)時および償還時

           法人の投資家については、受益権の売却時、換金(解約)時および償還時における源泉徴収はありま
          せん。
                                 27/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       税金の取扱いの詳細については税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
       㭺๬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰漰Ŏઊᠰఀ⠀㔀⦊뉺๎ਰ湓홢焰䐰ര湑蕛맿ࠀ㈀ ㄀㥞琀㙧ࡧ⭳﹗⣿र䱙०欰樰識㑔࠰
       あります。
     5【運用状況】


     以下は   2019年6月28日       現在  の運用状況であります。
     また、投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
     (1)【投資状況】

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     現金・預金・その他資産(負債控除後)                            ―           389,978,778,019              100.00
                合計(純資産総額)                            389,978,778,019              100.00
     その他の資産の投資状況

     ※その他の資産として、下記の通り先物取引を利用しています。

      評価にあたっては知りうる直近の日の主たる取引所の発表する清算値段又は最終相場で評価しております。
        資産の種類         建別        国/地域            時価合計(円)             投資比率(%)

     株価指数先物取引            買建   日本                    716,525,780,000                  183.73
     (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】

     該当事項はありません。

     種類別及び業種別投資比率

     該当事項はありません。

     ②【投資不動産物件】

     該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】

     その他の資産として、下記の通り先物取引を利用しています。

     評価にあたっては知りうる直近の日の主たる取引所の発表する清算値段又は最終相場で評価しております。
                                                           投資

                                              帳簿価額       評価額
                                 買建/
       種類        取引所            名称          枚数    通貨                  比率
                                 売建
                                              (円)       (円)
                                                           (%)
     株価指数先物     大阪取引所           日経平均株価先物(2019年09月            買建    33,703  日本円      712,990,814,209       716,525,780,000       183.73
     取引                限)
                                 28/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【運用実績】

     ①【純資産の推移】

     2019年6月末日及び同日前1年以内における各月末並びに下記決算期末の純資産及び金融商品取引所の取引価格の推移は次の

     通りです。
                            純資産総額(百万円)              1口当たり純資産額(円)

                                                      金融商品取引所
                                                      取引価格(円)
                          (分配落)        (分配付)       (分配落)       (分配付)
     第1計算期間            (2013年    5月20日)         56,507        56,507    11,079.9800       11,079.9800          11,080
     第2計算期間            (2014年    5月20日)        251,237        251,237     8,651.4200       8,651.4200          8,670
     第3計算期間            (2015年    5月20日)        335,682        335,682     17,611.8600       17,611.8600          17,580
     第4計算期間            (2016年    5月20日)        644,843        644,843     11,324.9700       11,324.9700          11,310
     第5計算期間            (2017年    5月20日)        276,291        276,291     15,298.5300       15,298.5300          15,300
     第6計算期間            (2018年    5月20日)        454,750        454,750     21,033.8100       21,033.8100          21,010
     第7計算期間            (2019年    5月20日)        356,585        356,585     18,082.4100       18,082.4100          18,100
                  2018年    6月末日        377,518           ―  19,911.3100            ―     19,900
                     7月末日        348,126           ―  20,216.4300            ―     20,290
                     8月末日        324,868           ―  20,824.8900            ―     20,820
                     9月末日        242,402           ―  23,488.5800            ―     23,500
                     10月末日           594,247           ―  19,156.9100            ―     19,170
                     11月末日           590,536           ―  19,910.2000            ―     19,930
                     12月末日           593,141           ―  15,876.3700            ―     15,820
                  2019年    1月末日        550,016           ―  17,028.3600            ―     17,040
                     2月末日        483,724           ―  18,035.9600            ―     17,980
                     3月末日        447,558           ―  17,974.2300            ―     17,920
                     4月末日        304,881           ―  19,746.2200            ―     19,740
                     5月末日        365,213           ―  16,783.6900            ―     16,850
                     6月末日        389,978           ―  18,037.8700            ―     17,970
     ※決算日が休日の場合は、前営業日の取引価格を記載しております。

     ※金融商品取引所の統合により、2013年7月16日以降は大阪取引所(旧大阪証券取引所)から東京証券取引所に取引価格の
      取得先が変更になっております。
     ②【分配の推移】

                             計算期間                    1口当たりの分配金

        第1計算期間         2012年    4月10日~2013年        5月20日                             0.0000円
        第2計算期間         2013年    5月21日~2014年        5月20日                             0.0000円
        第3計算期間         2014年    5月21日~2015年        5月20日                             0.0000円
        第4計算期間         2015年    5月21日~2016年        5月20日                             0.0000円
        第5計算期間         2016年    5月21日~2017年        5月20日                             0.0000円
        第6計算期間         2017年    5月21日~2018年        5月20日                             0.0000円
                                 29/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第7計算期間         2018年    5月21日~2019年        5月20日                             0.0000円
     ③【収益率の推移】

                             計算期間                       収益率

        第1計算期間         2012年    4月10日~2013年        5月20日                             154.7%
        第2計算期間         2013年    5月21日~2014年        5月20日                             △21.9%
        第3計算期間         2014年    5月21日~2015年        5月20日                             103.6%
        第4計算期間         2015年    5月21日~2016年        5月20日                             △35.7%
        第5計算期間         2016年    5月21日~2017年        5月20日                              35.1%
        第6計算期間         2017年    5月21日~2018年        5月20日                              37.5%
        第7計算期間         2018年    5月21日~2019年        5月20日                             △14.0%
     ※各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配付の額)から当該計算期間の直前の計算期間末の基準価額(分配落

      の額。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得た数に100を乗じて得た数を記
      載しております。なお、小数点以下2桁目を四捨五入し、小数点以下1桁目まで表示しております。
     (4)【設定及び解約の実績】

                       計算期間               設定口数        解約口数        発行済み口数

       第1計算期間        2012年    4月10日~2013年        5月20日             7,980,000        2,880,000         5,100,000
       第2計算期間        2013年    5月21日~2014年        5月20日            39,840,000        15,900,000         29,040,000
       第3計算期間        2014年    5月21日~2015年        5月20日            79,610,000        89,590,000         19,060,000
       第4計算期間        2015年    5月21日~2016年        5月20日            133,320,000         95,440,000         56,940,000
       第5計算期間        2016年    5月21日~2017年        5月20日            51,000,000        89,880,000         18,060,000
       第6計算期間        2017年    5月21日~2018年        5月20日            50,060,000        46,500,000         21,620,000
       第7計算期間        2018年    5月21日~2019年        5月20日            59,660,000        61,560,000         19,720,000
     ※本邦外における設定及び解約の実績はありません。

     ≪参考情報≫

                                 30/79







                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】


















     1【申込(販売)手続等】

                                 31/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      申込期間中の各営業日に、受益権の募集が行なわれます。
      取得申込みの受付けについては、取得申込日の午後4時までに委託者に追加設定の連絡をして受理されたもの
     を当日の申込みとします。
      なお、委託者は、次の期日または期間(「申込不可日」という場合があります。)における受益権の取得申込
     みについては、原則として、当該取得申込みの受付けを停止します。ただし、委託者は、申込不可日における
     受益権の取得申込みであっても、信託財産の状況、資金動向、市況動向等を鑑み、信託財産に及ぼす影響が軽
     微である等と判断される期日および期間(第3号に掲げるものを除きます。)における受益権の取得申込みについ
     ては、当該取得申込みの受付けを行なうことができます。
        1.取引を行なう株価指数先物取引のうち日経平均株価を対象とするもの(海外の取引所において取引さ
         れるものを含みます。)(以下「対象先物取引」といいます。)の限月の変更を行なう期間として委
         託者が別に定めるもの
        2.取得申込日当日が、計算期間終了日の4営業日前から起算して3営業日以内(ただし、計算期間終了日
         が休日(営業日でない日をいいます。)の場合は、計算期間終了日の5営業日前から起算して4営業日
         以内)
        3.前各号のほか、委託者が、運用の基本方針に沿った運用に支障をきたすおそれのあるやむを得ない事
         情が生じたものと認めたとき
      ファンドの申込(販売)手続についてご不明な点がある場合には、下記の照会先までお問い合わせ下さい。

        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
          <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
      販売の単位は2万口以上2万口単位とします。

      受益権の販売価額は、販売基準価額とします。
      次のような事情が発生した場合には、委託者の判断で取得の申込みを中止すること、および既に受付けた取
     得の申込みの受付けを取り消す場合があります。
      1.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取引
       所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会の全部または一部が行なわれないときもしくは停止された
       とき。
      2.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取引
       所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会終了時における当該先物取引の呼値が当該金融商品取引所
       が定める呼値の値幅の限度の値段とされること等やむを得ない事情が発生したことから、ファンドの当該
       取引にかかる呼値の取引数量の全部もしくは一部についてその取引が成立しないとき。
      上記にかかわらず、取得申込日において、当日申込み分の取得申込口数と一部解約の実行の請求口数の差が
     当日の残存口数を超えることとなる場合、金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取
     引所をいいます。)等における取引の停止(個別銘柄の売買停止等を含みます。)、外国為替取引の停止、決
     済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、信託約款の規定に従い、委託者の判断でファンドの受益
     権の取得申込の受付けを停止することおよびすでに受付けた取得申込の受付けを取り消す場合があります。
     㭓홟靵㎏벀԰澌꥘᩹㸰欰œ홟靵㎏배桔౦䈰欰縰弰潎蠰腟厊牓홟靵㎏벀԰䱓흶쩪⤰湣⽦P銈䰰䘰弰脰湣⽦ェ

     関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録が行なわれま
                                 32/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     す。なお、販売会社は、当該取得申込の代金(販売基準価額に当該取得申込の口数を乗じて得た額に申込手数料
     および当該申込手数料に係る消費税等に相当する金額を加算した額)の支払いと引き換えに、当該口座に当該取
     得 申込者に係る口数の増加の記載または記録を行なうことができます。受託者は、追加信託金を受入れた場合
     には、振替機関に対し追加信託が行われた旨を通知するものとします。委託者は、追加信託により分割された
     受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事項の振替機
     関への通知を行なうものとします。振替機関等は、委託者から振替機関への通知があった場合、社振法の規定
     にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行ないます。
     2【換金(解約)手続等】

     (a)信託の一部解約(解約請求制)

                                          ;
       受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託者に対し、一定口数                                   の受益権をもって一部解約の実行を
      請求することができます。なお、一部解約の実行の請求日の午後4時までに委託者に解約の連絡をして受理
      されたものを、一部解約の申込みとして取扱います。
        ※2万口以上2万口単位
       受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものとしま
      す。
       委託者は、次の期日または期間における受益権の一部解約の実行の請求については、原則として、当該請
      求の受付けを停止します。ただし、委託者は、次に該当する期日および期間における受益権の一部解約の実
      行の請求であっても、信託財産の状況、資金動向、市況動向等を鑑み、信託財産に及ぼす影響が軽微である
      等と判断される期日および期間(第3号に掲げるものを除きます。)における受益権の一部解約の実行の請求
      については、当該請求の受付けを行なうことができます。
          1.取引を行なう対象先物取引の限月の変更を行なう期間として委託者が別に定めるもの
          2.解約申込日当日が、計算期間終了日の4営業日前から起算して3営業日以内(ただし、計算期間終
           了日が休日(営業日でない日をいいます。)の場合は、計算期間終了日の5営業日前から起算して4
           営業日以内)
          3.前各号のほか、委託者が、運用の基本方針に沿った運用に支障をきたすおそれのあるやむを得な
           い事情が生じたものと認めたとき
       換金価額は、換金のお申込み日の翌営業日の基準価額から信託財産留保額を差し引いた価額となります。
       販売会社は、受益者が一部解約の実行の請求をするときは、当該受益者から、販売会社が独自に定める手
      数料および当該手数料に係る消費税等に相当する金額を徴することができます。
       なお、信託財産の資金管理を円滑に行なうため、大口解約には制限を設ける場合があります。
       解約代金は、原則として一部解約の実行の請求日から起算して4営業日目から販売会社において支払いま
      す。
       次のような事情が発生した場合には、委託者の判断で一部解約の実行の請求の受付けを中止すること、お
      よび既に受付けた一部解約の実行の請求の受付けを取り消す場合があります。
       1.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取
         引所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会の全部または一部が行なわれないときもしくは停止さ
         れたとき。
       2.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取
         引所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会終了時における当該先物取引の呼値が当該金融商品取
         引所が定める呼値の値幅の限度の値段とされること等やむを得ない事情が発生したことから、ファンド
                                 33/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         の当該取引にかかる呼値の取引数量の全部もしくは一部についてその取引が成立しないとき。
       上記にかかわらず、金融商品取引所等における取引の停止(個別銘柄の売買停止等を含みます。)、外国
      為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、信託約款の規定に従い、委託者の
      判断で一部解約の実行の請求の受付けを中止する場合およびすでに受付けた一部解約の実行の請求の受付け
      を取り消す場合があります。
       また、一部解約の実行の請求の受付けが中止された場合には、受益者は当該受付け中止以前に行なった当
      日の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場合
      には、当該受付け中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受付けたものとし
      ます。
       㮌꥘᩹㸰漰ţ⽦ェ徕ꈰ湛騰脰譥륬픰欰蠰訰ţ⽦s흶쩪⤰湢륭蠰歏숰譢䭽騰䴰銈䰰樰䘰舰渰栰地縰夰ɣ⽦
       機関は、当該手続きが行なわれた後に、当該一部解約に係る受益権の口数と同口数の振替受益権を抹消す
       るものとし、社振法の規定にしたがい振替機関等の口座に一部解約の実行の請求を行なった受益者に係る
       当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。
     (b)受益権と信託財産に属する有価証券との交換
       受益者は、信託期間中において、自己に帰属する受益権をもって当該受益権の信託財産に対する持分に相
      当する有価証券との交換を請求することはできません。
     (c)受益権の買取り(買取請求制)
       販売会社は、受益権を上場したすべての金融商品取引所において上場廃止になった場合で、信託終了日の
      3営業日前までに受益者の請求があるときは、その受益権を買取ります。
       受益権の買取価額は、買取申込みを受付けた日の翌営業日の基準価額とします。
       販売会社は、受益権の買取りを行なうときは、基準価額に販売会社が独自に定める率を乗じて得た手数料
      および当該手数料に係る消費税等に相当する金額を徴することができるものとします。
       販売会社は、金融商品取引所等における取引の停止(個別銘柄の売買停止等を含みます。)、外国為替取
      引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、委託者との協議に基づいて受益権の買取
      りを停止することおよびすでに受付けた受益権の買取りを取り消す場合があります。
       また、受益権の買取りが停止された場合には、受益者は買取り停止以前に行なった当日の買取り請求を撤
      回できます。ただし、受益者がその買取り請求を撤回しない場合には、当該受益権の買取価額は、買取り停
      止を解除した後の最初の基準価額の計算日に買取り請求を受付けたものとして、計算されたものとします。
      上記(a)、(b)及び(c)の詳細については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
          <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】

      <基準価額の計算方法>

         基準価額とは、純資産総額を計算日における受益権口数で除した金額をいいます。なお、ファンドに
        おいては100口当りの価額で表示されます。
                                 34/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         純資産総額とは、資産総額から負債総額を控除した金額をいいます。
         資産総額とは、信託財産に属する資産を法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価評価
        して得た金額の合計額をいいます。
         ファンドの主な投資対象の評価方法は以下の通りです。
           1.信託財産に属する有価証券の時価評価は、原則として、計算日(外国において取引されているも
            のについては、原則として、計算日の前日となります。)における公表されている最終価格に基
            づき算出した価格又はこれに準ずるものとして合理的な方法により算出した価格により評価す
            るものとします。
           2.信託財産に属する外貨建資産の円換算は、原則として、基準価額計算日の対顧客電信売買相場
            の仲値によって計算します。
           3.対象先物取引については、原則として、基準価額計算日の金融商品取引所の清算値段で評価し
            ます。
              ※外国で取引されているものについては、原則として、基準価額計算日の前日とします。
         ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

           野村アセットマネジメント株式会社
           サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
             <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
           インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
      <追加信託金>
        (ⅰ)追加信託金は、追加信託を行なう日の前日の基準価額に100.05%以内の率を乗じて得た価額に当該
          追加信託にかかる受益権の口数を乗じた額とします。
        (ⅱ)追加信託金は、当該金額と元本に相当する金額との差額を追加信託差金として処理します。
      <受益権と一部解約金の計理処理>
         信託の一部解約金は、当該金額と元本に相当する金額との差額を、解約差金として処理します。
     (2)【保管】

       ファンドの受益権         の帰属は、      振替機関     等の振替口座簿に記          載または記録されることにより定まり、受益証

      券を発行しませんので、受益証券の保管に関する該当事項はありません。
     (3)【信託期間】

       無期限とします(2012年4月10日設定)。

     (4)【計算期間】

       毎年  5 月 2 1 日から翌年      5 月 2 0 日までとします。

       なお、最終計算期間の終了日は、この信託が終了する場合における                                  信託期間の終了日とします。
     (5)【その他】

                                 35/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (a)ファンドの繰上償還条項
        (ⅰ)委託者は、信託期間中において、この信託契約を解約することが受益者のため有利であると認める
          とき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託者と合意のうえ、この信託契約を解約し、
          信託を終了させることができます。この場合において、委託者は、あらかじめ、解約しようとする
          旨を監督官庁に届け出ます。
        (ⅱ)委託者は、受益権の口数が20営業日連続して10万口を下回った場合、受益権を上場したすべての金
          融商品取引所において上場廃止になった場合または対象指数が廃止された場合は、受託者と合意の
          うえ、この信託契約を解約し、信託を終了させます。この場合において、委託者は、あらかじめ、
          解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。なお、すべての金融商品取引所において当該受益権
          の上場が廃止された場合には、委託者は、その廃止された日に、信託を終了するための手続きを開
          始するものとします。
      (b)信託期間の終了
        (ⅰ)委託者は、上記「(a)ファンドの繰上償還条項(ⅰ)」に従い信託期間を終了させるには、書面による
          決議(以下「書面決議」といいます。)を行ないます。この場合において、あらかじめ、書面決議の
          日ならびに信託契約の解約の理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託契約
          に係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発しま
          す。
        (ⅱ)上記(ⅰ)の書面決議において、受益者(委託者およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属す
          るときの当該受益権に係る受益者としての受託者を除きます。)は受益権の口数に応じて、議決権を
          有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当
          該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
        (ⅲ)上記(ⅰ)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
          もって行ないます。
        (ⅳ)上記(ⅰ)から(ⅲ)までの規定は、委託者が信託契約の解約について提案をした場合において、当該
          提案につき、この信託契約に係るすべての受益者が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をし
          たときには適用しません。また、上記「(a)ファンドの繰上償還条項(ⅱ)」に従い信託期間を終了さ
          せる場合には適用しません。
        (ⅴ)委託者は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託契
          約を解約し信託を終了させます。
      (c)信託約款の変更等
        (ⅰ)委託者は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受託
          者と合意のうえ、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合(投資信託及び投
          資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。)を行な
          うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容を監督官庁
          に届け出ます。なお、この信託約款は本条に定める以外の方法によって変更することができないも
          のとします。
        (ⅱ)委託者は、上記(ⅰ)の事項(上記(ⅰ)の変更事項にあってはその変更の内容が重大なものに該当する
          場合に限り、併合事項にあってはその併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場
          合を除き、以下、合わせて「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行ないま
          す。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容およびその
          理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託約款に係る知れている受益者に対
          し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
                                 36/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (ⅲ)上記(ⅱ)の書面決議において、受益者(委託者およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属す
          るときの当該受益権に係る受益者としての受託者を除きます。)は受益権の口数に応じて、議決権を
          有 し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当
          該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
        (ⅳ)上記(ⅱ)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
          もって行ないます。
        (ⅴ)書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
        (ⅵ)上記(ⅱ)から(ⅴ)までの規定は、委託者が重大な約款の変更等について提案をした場合において、
          当該提案につき、この信託約款に係るすべての受益者が書面又は電磁的記録により同意の意思表示
          をしたときには適用しません。
        (ⅶ)上記(ⅰ)から(ⅵ)の規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合に
          あっても、当該併合にかかる一又は複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決された
          場合は、当該他の投資信託との併合を行なうことはできません。
      (d)公告
         委託者が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行ない、次のアドレスに掲載します。
           http://www.nomura-am.co.jp/
         なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公告
        は、日本経済新聞に掲載します。
      (e)反対者の買取請求権
         ファンドの信託契約の解約または重大な約款の変更等を行なう場合には、書面決議において当該解約
        または重大な約款の変更等に反対した受益者は、受託者に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産を
        もって買取るべき旨を請求することができます。この買取請求の内容および買取請求の手続に関する事
        項は、前述の「(b)信託期間の終了」(ⅰ)または「(c)信託約款の変更等」(ⅱ)に規定する書面に付記し
        ます。
      (f)金融商品取引所への上場
         委託者は、この信託の受益権について、別に定める金融商品取引所に上場申請を行なうものとし、当
        該受益権は、当該金融商品取引所の定める諸規則等に基づき当該金融商品取引所の承認を得たうえで、
        当該金融商品取引所に上場されるものとします。
         委託者は、この信託の受益権が上場された場合には、上記の金融商品取引所の定める諸規則等を遵守
        し、当該金融商品取引所が諸規則等に基づいて行なう受益権に対する上場廃止または売買取引の停止そ
        の他の措置に従うものとします。
      (g)信託財産の登記等および記載等の留保等
        (ⅰ)信託の登記または登録をすることができる信託財産については、信託の登記または登録をすること
          とします。ただし、受託者が認める場合は、信託の登記または登録を留保することがあります。
        (ⅱ)上記(ⅰ)ただし書きにかかわらず、受益者保護のために委託者または受託者が必要と認めるとき
          は、速やかに登記または登録をするものとします。
        (ⅲ)信託財産に属する旨の記載または記録をすることができる信託財産については、信託財産に属する
          旨の記載または記録をするとともに、その計算を明らかにする方法により分別して管理するものと
          します。ただし、受託者が認める場合は、その計算を明らかにする方法により分別して管理するこ
          とがあります。
        (ⅳ)動産(金銭を除きます。)については、外形上区別することができる方法によるほか、その計算を明
          らかにする方法により分別して管理することがあります。
                                 37/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (h)有価証券の売却等の指図
         委託者は、信託財産に属する有価証券の売却等の指図ができます。
      (i)再投資の指図
         委託者は、有価証券の売却代金、有価証券に係る償還金等、株式の清算分配金、有価証券等に係る利
        子等、株式の配当金およびその他の収入金を再投資することの指図ができます。
      (j)受託者による資金立替え
         信託財産に属する有価証券について、借替、転換、新株発行または株式割当がある場合で、委託者の
        申出があるときは、受託者は資金の立替えをすることができます。
         信託財産に属する有価証券に係る償還金等、株式の清算分配金、有価証券等に係る利子等、株式の配
        当金およびその他の未収入金で、信託終了日までにその金額を見積りうるものがあるときは、受託者が
        これを立替えて信託財産に繰り入れることができます。
         立替金の決済および利息については、受託者と委託者との協議によりそのつど別にこれを定めます。
      (k)委託者の登録取消等に伴う取扱い
        (ⅰ)委託者が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委託
          者は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。
        (ⅱ)上記(ⅰ)の規定にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託者の業務を他の投資信託委託
          会社に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、「(c)信託約款の変更等」の書面決議が否決とな
          る場合を除き、当該投資信託委託会社と受託者との間において存続します。
      (l)委託者の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
         委託者は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に関する事業を
        譲渡することがあります。
         また、委託者は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この信託
        契約に関する事業を承継させることがあります。
      (m)受託者の辞任および解任に伴う取扱い
        (ⅰ)受託者は、委託者の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託者がその任務に違反し
          て信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託者または受益者は、裁
          判所に受託者の解任を申立てることができます。受託者が辞任した場合、または裁判所が受託者を
          解任した場合、委託者は、上記「(c)信託約款の変更等」に従い、新受託者を選任します。なお、受
          益者は、上記によって行う場合を除き、受託者を解任することはできないものとします。
        (ⅱ)委託者が新受託者を選任できないときは、委託者はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
      (n)受益権の分割、信託日時の異なる受益権の内容
         委託者は、信託契約締結日の受益権については当初設定口数に、追加信託によって生じた受益権につ
        いては、これを追加信託のつど追加口数に、それぞれ均等に分割します。
         信託の受益権は、信託の日時を異にすることにより差異を生ずることはありません。
      (o)信託約款に関する疑義の取扱い
         この信託約款の解釈について疑義を生じたときは、委託者と受託者との協議により定めます。
      (p)他の受益者の氏名等の開示の請求の制限
         受益者は、委託者または受託者に対し、次に掲げる事項の開示の請求を行うことはできません。
           1.他の受益者の氏名または名称および住所
           2.他の受益者が有する受益権の内容
      (q)関係法人との契約の更新に関する手続
         委託者と販売会社との間で締結する「募集・販売等に関する契約」は、契約終了の3ヵ月前までに当事
                                 38/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        者の一方から別段の意思表示のないときは、原則1年毎に自動的に更新されるものとします。
     4【受益者の権利等】

      受益者の有する主な権利は次の通りです。

        ①収益分配金に対する請求権および名義登録
          ■収益分配金の支払い■
         (a) 収益分配金は、計算期間終了日現在において、氏名もしくは名称および住所が受託者に登録さ
            れている者を、計算期間終了日現在における受益者とし(以下「名義登録受益者」といいま
            す。)、当該名義登録受益者に支払います。なお、受託者は他の証券代行会社等、受託者が適当
            と認める者と委託契約を締結し、名義登録にかかる事務を委託することができます。
             受益者は、原則として上記の登録をこの信託の受益権が上場されている金融商品取引所の会
            員(口座管理機関であるものに限ります。以下同じ。)を経由して行なうものとします。この場
            合、当該会員は、当該会員が独自に定める手数料および当該手数料にかかる消費税等に相当する
            金額を徴することができるものとします。ただし、証券金融会社等は上記の登録を受託者に対し
            て直接に行なうことができます。
              名義登録の手続きは、以下の通りとします。
              (ⅰ)受益権は、会員の振替口座簿に口数が記載または記録されることにより、当該振替口座
                 簿に記載または記録された口数に応じた受益権が帰属します。
              (ⅱ)会員は、計算期間終了日までに当該会員にかかる上記(ⅰ)の受益者の氏名もしくは名称
                 および住所その他受託者が定める事項を書面等により受託者に届出るものとします。
                 また、届出た内容に変更が生じた場合は、当該会員所定の方法による当該受益者から
                 の申し出にもとづき、当該会員はこれを受託者に通知するものとします。
              (ⅲ)会員は、計算期間終了日現在の当該会員にかかる上記(ⅰ)の受益者の振替機関の定める
                 事項を(当該会員が直接口座管理機関でない場合はその上位機関を通じて)振替機関に
                 報告するとともに、振替機関はこれを受託者に通知するものとします。
             上記に規定する収益分配金の支払いは、原則として毎計算期間終了日から起算して40日以内の
            委託者の指定する日に、上記に規定する登録の際に名義登録受益者があらかじめ指定する預金口
            座に当該収益分配金を振り込む方式により行なうものとします。なお、名義登録受益者があらか
            じめ預金口座を指定していない場合は、当該名義登録受益者に対する収益分配金の支払いの開始
            が遅れる場合がありますので、ご留意ください。
             また、上記の方式のほか、名義登録受益者が当該会員と別途収益分配金の取り扱いに係る契
              ※
            約  を締結している場合は、収益分配金は当該契約にしたがい支払われるものとします。
              ※詳しくは、当該会員にお問い合わせください。
         (b) 受託者は、収益分配金について支払開始日から5年経過した後に未払残高があるときは、当該
            金額を委託者に交付するものとします。
             受託者は、収益分配金を払い込んだ後は、受益者に対する支払いにつき、その責に任じませ
            ん。
          ■収益分配金請求権の失効■
             受益者が、収益分配金について支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権
            利を失い、委託者に帰属します。
        ②償還金に対する請求権
                                 39/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ■償還金の支払い■
             償還金(信託終了時における信託財産の純資産総額を受益権口数で除した額をいいます。以下
            同じ。)は、信託終了日から起算して40日以内の委託者の指定する日から、原則として、信託終
            了日現在において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者に対して、受託者
            または上記①の会員等から支払います。
             受託者は、信託終了による償還金について支払開始日から10年経過した後に未払残高があると
            きは、当該金額を委託者に交付するものとします。
             受託者は、償還金を払い込んだ後は、受益者に対する支払いにつき、その責に任じません。
          ■償還金請求権の失効■
             受益者は、償還金を支払開始日から10年間支払請求しないと権利を失います。
        ③換金(解約)請求権
             受益者は、一部解約の実行を請求することができます。詳しくは、前述の「2 換金(解約)
            手続等」をご参照下さい。
                                 40/79















                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

     NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信
     (1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)(以下

     「財務諸表等規則」という。)ならびに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理
     府令第133号)(以下「投資信託財産計算規則」という。)に基づいて作成しております。なお、財務諸表に記載している金額
     は、円単位で表示しております。
     (2)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第7期計算期間(2018年5月21日から2019年5月20日ま

     で)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による監査を受けております。
     1【財務諸表】

                                 41/79
















                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                     第6期               第7期
                                 (2018年    5月20日現在)           (2019年    5月20日現在)
      資産の部
       流動資産
                                      332,593,703,673               243,462,478,492
        コール・ローン
                                      67,559,211,022                1,300,585,486
        派生商品評価勘定
                                      56,262,313,468               118,576,531,748
        差入委託証拠金
                                      456,415,228,163               363,339,595,726
        流動資産合計
                                      456,415,228,163               363,339,595,726
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                          74,844            4,603,243,569
        派生商品評価勘定
                                        98,883,001               128,136,348
        未払受託者報酬
                                       1,483,244,962               1,922,045,247
        未払委託者報酬
                                         1,744,066                428,027
        未払利息
                                        80,345,263               100,520,229
        その他未払費用
                                       1,664,292,136               6,754,373,420
        流動負債合計
                                       1,664,292,136               6,754,373,420
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                      94,068,620,000               85,801,720,000
        元本
        剰余金
                                      360,682,316,027               270,783,502,306
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                      454,750,936,027               356,585,222,306
        元本等合計
                                      454,750,936,027               356,585,222,306
       純資産合計
                                      456,415,228,163               363,339,595,726
      負債純資産合計
                                 42/79











                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                    第6期               第7期
                                 自 2017年      5月21日          自 2018年      5月21日
                                 至 2018年      5月20日          至 2019年      5月20日
      営業収益
       受取利息                                  △ 46,896                  -
                                      112,932,285,978
                                                    △ 24,680,832,869
       派生商品取引等損益
                                      112,932,239,082
                                                    △ 24,680,832,869
       営業収益合計
      営業費用
                                        123,230,038               225,845,850
       支払利息
                                        164,193,688               234,355,148
       受託者報酬
                                       2,462,905,278               3,515,327,128
       委託者報酬
                                        138,243,906               194,663,326
       その他費用
                                       2,888,572,910               4,170,191,452
       営業費用合計
                                      110,043,666,172
                                                    △ 28,851,024,321
      営業利益又は営業損失(△)
                                      110,043,666,172
                                                    △ 28,851,024,321
      経常利益又は経常損失(△)
                                      110,043,666,172
                                                    △ 28,851,024,321
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                             -               -
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                      197,712,429,455               360,682,316,027
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                      692,433,004,000               874,357,824,000
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      692,433,004,000               874,357,824,000
       額
                                      639,506,783,600               935,405,613,400
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                      639,506,783,600               935,405,613,400
       額
                                             -               -
      分配金
                                      360,682,316,027               270,783,502,306
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 43/79











                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

     1.運用資産の評価基準及び評価方法                  先物取引

                       取引所の発表する計算日の清算値段を用いております。
     2.費用・収益の計上基準                  派生商品取引等損益
                       約定日基準で計上しております。
     3.金融商品の時価等に関する事項の補                  金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理
      足説明                 的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては一定の前提条
                       件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なること
                       もあります。
                       また、デリバティブ取引に関する契約額等は、あくまでもデリバティブ取引におけ
                       る名目的な契約額または計算上の想定元本であり、当該金額自体がデリバティブ取
                       引の市場リスクの大きさを示すものではありません。
     4.その他                  当ファンドの計算期間は、信託約款の規定により、2018年                           5月21日から2019年         5月
                       20日までとなっております。
     (貸借対照表に関する注記)

                  第6期                            第7期

              2018年    5月20日現在                         2019年    5月20日現在
     1.   計算期間の末日における受益権の総数                          1.   計算期間の末日における受益権の総数
                           21,620,000口                            19,720,000口
     2.   計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額                          2.   計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                   21,033.81円         1口当たり純資産額                   18,082.41円
        (100口当たり純資産額)                  (2,103,381円)          (100口当たり純資産額)                  (1,808,241円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                  第6期                            第7期

               自 2017年   5月21日                        自 2018年   5月21日
               至 2018年   5月20日                        至 2019年   5月20日
      1. 分配金の計算過程                           1. 分配金の計算過程
            項目                            項目
       当期配当等収益額              A     △123,276,934円          当期配当等収益額              A     △225,845,850円
       分配準備積立金              B    △13,286,709,085円           分配準備積立金              B    △16,175,328,891円
       配当等収益合計額             C=A+B     △13,409,986,019円           配当等収益合計額             C=A+B     △16,401,174,741円
       経費              D     2,765,342,872円          経費              D     3,944,345,602円
       収益分配可能額             E=C-D           0円     収益分配可能額             E=C-D           0円
       収益分配金              }          0円     収益分配金              }          0円
       次期繰越金(分配準備積立金)             G=E-F     △16,175,328,891円           次期繰越金(分配準備積立金)             G=E-F     △20,345,520,343円
       口数              H      21,620,000口         口数              H      19,720,000口
       100口当たり分配金            I=F/H×100            0円     100口当たり分配金            I=F/H×100            0円
                                 44/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (金融商品に関する注記)

     (1)金融商品の状況に関する事項
                  第6期                            第7期

              自  2017年    5月21日                       自  2018年    5月21日
              至  2018年    5月20日                       至  2019年    5月20日
     1.金融商品に対する取組方針                            1.金融商品に対する取組方針
     当ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第                            同左
     4項に定める証券投資信託であり、信託約款に規定する運用
     の基本方針に従い、有価証券等の金融商品に対して投資とし
     て運用することを目的としております。
     2.金融商品の内容及びその金融商品に係るリスク                            2.金融商品の内容及びその金融商品に係るリスク
     当ファンドが保有する金融商品の種類は、デリバティブ取                            同左
     引、コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務であります。
     これらは、株価変動リスク、金利変動リスクなどの市場リス
     ク、信用リスク及び流動性リスクにさらされております。
     当ファンドは、信託財産に属する資産の効率的な運用に資す
     ることを目的として、株価指数先物取引を行っております。
     当該デリバティブ取引は、対象とする株価指数等に係る価格
     変動リスクを有しております。
     3.金融商品に係るリスク管理体制                            3.金融商品に係るリスク管理体制
     委託会社においては、独立した投資リスク管理に関する委員                            同左
     会を設け、パフォーマンスの考査及び運用リスクの管理を行
     なっております。
     ○市場リスクの管理
     市場リスクに関しては、資産配分等の状況を常時、分析・把
     握し、投資方針に沿っているか等の管理を行なっておりま
     す。
     ○信用リスクの管理
     信用リスクに関しては、発行体や取引先の財務状況等に関す
     る情報収集・分析を常時、継続し、格付等の信用度に応じた
     組入制限等の管理を行なっております。
     ○流動性リスクの管理
     流動性リスクに関しては、必要に応じて市場流動性の状況を
     把握し、取引量や組入比率等の管理を行なっております。
     (2)金融商品の時価等に関する事項

                  第6期                            第7期

              2018年    5月20日現在                         2019年    5月20日現在
     1.貸借対照表計上額、時価及び差額                            1.貸借対照表計上額、時価及び差額
      貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価で評価し                            同左
      ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
      ん。
     2.時価の算定方法                            2.時価の算定方法
                                 45/79



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  同左
      派生商品評価勘定
       デリバティブ取引については、(その他の注記)の                         3
      デリバティブ取引関係に記載しております。
      コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
       これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時
      価と近似していることから、当該帳簿価額を時価としてお
      ります。
     (関連当事者との取引に関する注記)

                  第6期                            第7期

              自  2017年    5月21日                       自  2018年    5月21日
              至  2018年    5月20日                       至  2019年    5月20日
     市場価格その他当該取引に係る公正な価格を勘案して、一般                            同左
     の取引条件と異なる関連当事者との取引は行なわれていない
     ため、該当事項はございません。
     (その他の注記)

     1  元本の移動
                  第6期                            第7期

              自  2017年    5月21日                       自  2018年    5月21日
              至  2018年    5月20日                       至  2019年    5月20日
     期首元本額                    78,579,060,000円        期首元本額                    94,068,620,000円
     期中追加設定元本額                    217,811,060,000円         期中追加設定元本額                    259,580,660,000円
     期中一部解約元本額                    202,321,500,000円         期中一部解約元本額                    267,847,560,000円
     2  有価証券関係

     該当事項はありません。

     3  デリバティブ取引関係

                  デリバティブ取引の契約額等、時価及び評価損益
                    第6期(2018年     5月20日現在)                   第7期(2019年     5月20日現在)

                契約額等(円)                        契約額等(円)

        種類
                         時価(円)      評価損益(円)                  時価(円)      評価損益(円)
                     うち1年                        うち1年
                      超                        超
     市場取引

     株価指数先物取引

      買建        841,991,873,460         -  909,564,310,000       67,559,136,178      741,102,362,741         -  737,816,130,000       △3,302,658,083

        合計      841,991,873,460         -  909,564,310,000       67,559,136,178      741,102,362,741         -  737,816,130,000       △3,302,658,083

                                 46/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注)時価の算定方法
      1先物取引

        国内先物取引について

         先物の評価においては、取引所の発表する計算日の清算値段を用いております。

     ※上記取引でヘッジ会計が適用されているものはございません。

     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表

     (1)株式(2019年5月20日現在)
     該当事項はありません。

     (2)株式以外の有価証券(2019年5月20日現在)

     該当事項はありません。

     第2   デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     財務諸表における注記事項として記載しているため省略しております。


                                 47/79










                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】

     【純資産額計算書】

                                    2019年6月28日現在

     Ⅰ 資産総額                             1,103,355,436,971         円 

     Ⅱ 負債総額                              713,376,658,952        円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                              389,978,778,019        円 
     Ⅳ 発行済口数                                 21,620,000     口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                 18,037.87     円 
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

     (1)受益証券の名義書換え             の事務   等

       該当事項はありません。
       ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり、                                                   この信
      託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消された場合または当該指定が
      効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しない場合その他やむを得ない事情
      がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
       なお、受益者は、委託者がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券
      から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求、受益証券の再
      発行の請求を行なわないものとします。
     (2)受益者に対する特典
       該当事項はありません。
     ( 3 ) 受益権の譲渡
      ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または
       記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ②上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の
       減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するも
       のとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先
       口座を開設した他の振替機関等                ( 当該他の振替機関等の上位機関を含みます。                       ) に社振法の規定にしたが
       い、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれるよう通知するものとしま
       す。
      ③上記①の      振替について、        委託者は、      当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている振
       替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合                                            等 において、      委託者
       が必要と認めたときまたは              やむをえない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設け
       ることができます。
     ( ▶ ) 受益権の譲渡の対抗要件
       受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託者および受託者に対抗することが
      できません。
     ( 5 ) 受益権の再分割
       委託者は、受託者と協議のうえ、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
                                 48/79

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( 6 ) 質権口記載又は記録の受益権の取り扱いについて
       振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、一部
      解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、この約款によるほか、民法そ
      の他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                 49/79



















                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

      (1)資本金の額

        2019年6月末現在、17,180百万円
        会社が発行する株式総数  20,000,000株
        発行済株式総数                     5,150,693株
        過去5年間における主な資本金の額の増減:該当事項はありません。
      (2)会社の機構

       (a)会社の意思決定機構
         当社は監査等委員会設置会社であり、会社の機関として株主総会、取締役会のほか代表取締役および
        監査等委員会を設けております。各機関の権限は以下のとおりです。
        株主総会
         株主により構成され、取締役・会計監査人の選任・解任、剰余金の配当の承認、定款変更・合併等の
        重要事項の承認等を行います。
        取締役会
         取締役により構成され、当社の業務につき意思決定を行います。また代表取締役等を選任し、取締役
        の職務の執行を監督します。
        代表取締役・業務執行取締役
         代表取締役を含む各業務執行取締役は、当社の業務の執行を行います。代表取締役は当社を代表いた
        します。また取締役会により委任された一定の事項について、代表取締役を含む業務執行取締役で構成
        される経営会議が意思決定を行います。なお、当社は執行役員制度を導入しており、経営会議の構成員
        には執行役員が含まれます。
        監査等委員会
         監査等委員である取締役3名以上(但し、過半数は社外取締役)で構成され、取締役の職務執行の適
        法性および妥当性に関する監査を行うととともに、株主総会に提出する会計監査人の選任・解任・不再
        任に関する議案の内容や監査等委員である取締役以外の取締役の選任・解任・辞任および報酬等につい
        ての監査等委員会としての意見を決定します。
                                 50/79






                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (b)投資信託の運用体制
     2【事業の内容及び営業の概況】















       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託者は、証券投資信託の設定

      を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っていま
      す。また「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業に係る業務の一部及び投資助言業務を行ってい
      ます。
       委託者の運用する証券投資信託は2019年5月31日現在次の通りです(ただし、親投資信託を除きます。)。
                種類           本数      純資産総額(百万円)

                                 51/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            追加型株式投資信託               1,028          27,005,893
            単位型株式投資信託                173           994,363
            追加型公社債投資信託                 14         5,235,105
            単位型公社債投資信託                 423          1,720,629
                合計           1,638          34,955,990
     3【委託会社等の経理状況】


       1.委託会社である野村アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という)の財務諸表は、「財務

        諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務諸表等規則」
        という)、ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月
        6日内閣府令第52号)により作成しております。
       2.財務諸表の記載金額は、百万円未満の端数を切り捨てて表示しております。

       3.委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2018年4月1日から2019年3

        月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人の監査を受けております。
        なお、従来、当社が監査証明を受けている新日本有限責任監査法人は、2018年7月1日に名称を変更し、
        EY新日本有限責任監査法人となりました。
     (1)【貸借対照表】

                        前事業年度                       当事業年度        

                           (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                     注記
            区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                     番号
          (資産の部)
     流動資産
      現金・預金                              919              1,562
      金銭の信託                            47,936               45,493
      有価証券                            22,600               19,900
      前払金                               0               -
      前払費用                               26               27
      未収入金                              464               500
      未収委託者報酬                            24,059               25,246
      未収運用受託報酬                             6,764               5,933
      その他                              181               269
      貸倒引当金                              △15               △15
          流動資産計                        102,937               98,917
     固定資産
      有形固定資産                              874               714
       建物              ※2       348               320
       器具備品              ※2       525               393
      無形固定資産                             7,157               6,438
                                 52/79

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ソフトウェア                    7,156               6,437
       その他                      0               0
      投資その他の資産                            13,825               18,608
       投資有価証券                    1,184               1,562
       関係会社株式                    9,033               12,631
       従業員長期貸付金                      36                -
       長期差入保証金                      54               235
       長期前払費用                      36               22
       前払年金費用                    2,350               2,001
       繰延税金資産                    3,074               2,694
       その他                     168               168
       貸倒引当金                     △0                -
       投資損失引当金                      -             △707
          固定資産計                         23,969               25,761
          資産合計                        126,906               124,679
                        前事業年度                       当事業年度        

                           (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                     注記
            区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                     番号
          (負債の部)
     流動負債
      預り金                              133               145
      未払金               ※1             17,853               16,709
       未払収益分配金                      1               0
       未払償還金                      31               25
       未払手数料                    7,884               7,724
       関係会社未払金                    7,930               7,422
       その他未払金                    2,005               1,535
      未払費用               ※1             12,441               11,704
      未払法人税等                             2,241               1,560
      前受収益                               33               29
      賞与引当金                             4,626               3,792
          流動負債計                         37,329               33,942
     固定負債
      退職給付引当金                             2,938               3,219
      時効後支払損引当金                              548               558
          固定負債計                          3,486               3,777
          負債合計                        40,816               37,720
         (純資産の部)
     株主資本                             86,078               86,924
      資本金                             17,180               17,180
      資本剰余金                              13,729               13,729
       資本準備金                      11,729               11,729
       その他資本剰余金                      2,000               2,000
      利益剰余金                              55,168               56,014
       利益準備金                       685               685
       その他利益剰余金                      54,483               55,329
        別途積立金                      24,606               24,606
        繰越利益剰余金                      29,876               30,723
     評価・換算差額等                                11               33
                                 53/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      その他有価証券評価差額金                                11               33
          純資産合計                         86,090               86,958
        負債・純資産合計                          126,906               124,679
     (2)【損益計算書】

                            前事業年度               当事業年度

                          (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                           至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                     注記
            区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                     番号
     営業収益
      委託者報酬                            115,907              119,196
      運用受託報酬                             26,200              21,440
      その他営業収益                              338              355
          営業収益計                        142,447              140,992
     営業費用
      支払手数料                             45,252              42,675
      広告宣伝費                             1,079              1,210
      公告費                               0              0
      調査費                             30,516              30,082
       調査費                    5,830               5,998
       委託調査費                    24,685               24,083
      委託計算費                             1,376              1,311
      営業雑経費                             5,464              5,435
       通信費                     125                92
       印刷費                     966               970
       協会費                      79               86
       諸経費                    4,293               4,286
          営業費用計                         83,689              80,715
     一般管理費
      給料                             11,716              11,113
       役員報酬                     425               379
       給料・手当                    6,856               7,067
       賞与                    4,433               3,666
      交際費                              132              107
      旅費交通費                              482              514
      租税公課                             1,107              1,048
      不動産賃借料                             1,221              1,223
      退職給付費用                             1,110              1,474
      固定資産減価償却費                             2,706              2,835
      諸経費                             9,131              10,115
          一般管理費計                         27,609              28,433
           営業利益                        31,148              31,843
                            前事業年度              当事業年度

                          (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                          至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
                                 54/79

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     注記
            区分                金額(百万円)              金額(百万円)
                     番号
     営業外収益
      受取配当金               ※1      4,031              6,538
      受取利息                       ▶              0
      その他                      362              424
          営業外収益計                         4,398              6,964
     営業外費用
      支払利息                        2              1
      金銭の信託運用損                       312              489
      時効後支払損引当金繰入額                        13              43
      為替差損                       46              34
      その他                       31              17
          営業外費用計                          405              585
           経常利益                       35,141              38,222
     特別利益
      投資有価証券等売却益                       20              20
      関係会社清算益               ※3        -              29
      株式報酬受入益                       75              85
          特別利益計                          95              135
     特別損失
      投資有価証券等評価損                       2             938
      関係会社株式評価損                       -             161
      固定資産除却損               ※2       58              310
      投資損失引当金繰入額                       -             707
          特別損失計                          60             2,118
         税引前当期純利益                          35,176              36,239
     法人税、住民税及び事業税                             10,775              10,196

     法人税等調整額                             △439               370
          当期純利益                        24,840              25,672

     (3)【株主資本等変動計算書】

       前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本
                        資本剰余金                  利益剰余金
                                        その他利益剰余金
                                                        株 主 
                         その他     資 本                     利 益
                                              繰 
               資本金                                         資 本
                     資 本              利 益
                         資 本     剰余金                     剰余金
                                        別 途     越  
                                                         合 計
                     準備金              準備金
                         剰余金     合 計                     合 計
                                        積立金     利 益
                                             剰余金
     当期首残高          17,180     11,729     2,000     13,729      685    24,606      30,635      55,927      86,837
     当期変動額
      剰余金の配当                                       △25,598      △25,598      △25,598
      当期純利益                                        24,840      24,840      24,840
                                 55/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      株主資本以外の
      項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計             -     -    -     -     -     -    △758      △758      △758
     当期末残高           17,180     11,729     2,000     13,729      685    24,606      29,876      55,168      86,078
                                 (単位:百万円)

                     評価・換算差額等
                                   純資産合計
                  その他有価証         評価・換算
                  券評価差額金         差額等合計
     当期首残高                  41        41       86,878

     当期変動額
      剰余金の配当                                △25,598
      当期純利益                                 24,840
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                △29        △29         △29
      額)
     当期変動額合計                 △29        △29         △788
     当期末残高                  11        11       86,090
       当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本
                        資本剰余金                  利益剰余金
                                        その他利益剰余金
                                                        株 主 
                         その他    資 本                     利 益
                                              繰 
                資本金                                         資 本
                     資 本              利 益
                         資 本    剰余金                     剰余金
                                        別 途     越  
                                                         合 計
                     準備金              準備金
                         剰余金    合 計                     合 計
                                        積立金     利 益
                                             剰余金
     当期首残高           17,180     11,729    2,000    13,729      685    24,606      29,876      55,168      86,078
     当期変動額
      剰余金の配当                                       △24,826      △24,826      △24,826
      当期純利益                                        25,672      25,672      25,672
      株主資本以外の
      項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計             -     -    -     -     -     -     846      846      846
     当期末残高           17,180     11,729    2,000    13,729      685    24,606      30,723      56,014      86,924
                                 (単位:百万円)

                     評価・換算差額等
                                 56/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                   純資産合計
                  その他有価証        評価・換算
                  券評価差額金        差額等合計
     当期首残高                  11        11       86,090

     当期変動額
      剰余金の配当                                △24,826
      当期純利益                                 25,672
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                 21        21         21
      額)
     当期変動額合計                  21        21         868
     当期末残高                  33        33       86,958
     [重要な会計方針]

     1.有価証券の評価基準及び評価方法                    (1)  子会社株式及び関連会社株式              … 移動平均法による原価法

                         (2)  その他有価証券

                         時価のあるもの        …  決算期末日の市場価格等に基づく時価法
                                    (評価差額は全部純資産直入法により処理し、
                                    売却原価は移動平均法により算定しておりま
                                    す。)
                         時価のないもの        …  移動平均法による原価法
     2.金銭の信託の評価基準及び評価方                    時価法

       法
     3.固定資産の減価償却の方法                    (1)  有形固定資産

                           定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得
                          した建物(附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以降に取得した
                          建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しておりま
                          す。
                           主な耐用年数は以下の通りであります。
                             建物          38~50年
                             附属設備           8~15年
                             構築物            20年
                             器具備品           4~15年
                         (2)  無形固定資産及び投資その他の資産

                           定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウェアに
                          ついては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
                          よっております。
     4.引当金の計上基準                    (1)  貸倒引当金

                           一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
                          債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計
                          上しております。
                         (2)  賞与引当金

                           賞与の支払いに備えるため、支払見込額を計上しております。
                                 57/79




                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                         (3)  退職給付引当金
                           従業員の退職給付に備えるため、退職一時金及び確定給付型企
                          業年金について、当事業年度末における退職給付債務及び年金資
                          産の見込額に基づき計上しております。
                         ①  退職給付見込額の期間帰属方法
                           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末
                          までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっ
                          ております。
                         ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                           確定給付型企業年金に係る数理計算上の差異は、その発生時の
                          従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法によ
                          り、発生した事業年度の翌期から費用処理することとしておりま
                          す。また、退職一時金に係る数理計算上の差異は、発生した事業
                          年度の翌期に一括して費用処理することとしております。
                           退職一時金及び確定給付型企業年金に係る過去勤務費用は、その
                          発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法
                          により、発生した事業年度から費用処理することとしております。
                         (4)  時効後支払損引当金

                           時効成立のため利益計上した収益分配金及び償還金について、
                          受益者からの今後の支払請求に備えるため、過去の支払実績に基
                          づく将来の支払見込額を計上しております。
                         (5)  投資損失引当金

                           子会社等に対する投資に係る損失に備えるため、当該会社の財
                          政状態等を勘案して必要額を計上しております。
     5.消費税等の会計処理方法                     消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によっており、控

                         除対象外消費税及び地方消費税は、当期の費用として処理しておりま
                         す。
     6.連結納税制度の適用                     連結納税制度を適用しております。

     [ 未適用の会計基準等           ]

       ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
       (1)概要
          収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識さ
       れます。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行義務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
           ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
           ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
       (2)適用予定日
          2022年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)当該会計基準等の適用による影響
          影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
     [ 表示方法の変更に関する注記               ]

      (「  『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更                                )
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                    平成30年2月16日)         を当事業年度        の期
                                 58/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示
       する方法に変更しました。
        この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」2,111百万円は、「投資
       その他の資産」の「繰延税金資産」3,074百万円に含めて表示しております。
     [注記事項]

     ◇ 貸借対照表関係

               前事業年度末                           当事業年度末

              (2018年3月31日)                           (2019年3月31日)
      ※1.関係会社に対する資産及び負債                           ※1.関係会社に対する資産及び負債
        区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている                           区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている
       ものは、次のとおりであります。                           ものは、次のとおりであります。
         未払費用                 1,781百万円          未払費用                 1,434百万円
      ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額                           ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額

         建物                  708百万円         建物                  736百万円
         器具備品                3,491           器具備品                3,106
         合計                4,200           合計                3,842
     ◇ 損益計算書関係

                前事業年度                           当事業年度

             (自 2017年4月1日                           (自 2018年4月1日
              至 2018年3月31日)                           至 2019年3月31日)
      ※1.関係会社に係る注記                           ※1.関係会社に係る注記
        区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの                           区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの
       は、次のとおりであります。                           は、次のとおりであります。
         受取配当金                4,026百万円           受取配当金                6,531百万円
         支払利息                  2         支払利息                  1
      ※2.固定資産除却損                           ※2.固定資産除却損

         建物                   4百万円        建物                    -百万円
         器具備品                   0        器具備品                   3
         ソ   フ   ト   ウ   ェ                 ソ   フ   ト   ウ   ェ
                           53                           307
         ア                                     ア          
         合計                  58         合計                  310
                                 ※3.関係会社清算益

                                    関係会社清算益は、関係会社の清算にともなう
                                   清算配当です。
     ◇   株主資本等変動計算書関係

       前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

       1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

      株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

       2.  剰余金の配当に関する事項

                                 59/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (1)配当財産が金銭である場合における当該金銭の総額
           2017年5月12日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     25,598百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,970円
            基準日                     2017年3月31日
            効力発生日                     2017年6月23日
        (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2018年5月14日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     24,826百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,820円
            基準日                    2018年3月31日
            効力発生日                    2018年6月25日
       当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

       1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

      株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

       2.  剰余金の配当に関する事項

       (1)配当財産が金銭である場合における当該金銭の総額
           2018年5月14日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     24,826百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,820円
            基準日                     2018年3月31日
            効力発生日                     2018年6月25日
        (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2019年5月15日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     25,650百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,980円
            基準日                     2019年3月31日
            効力発生日                     2019年6月28日
     ◇ 金融商品関係

       前事業年度(自         2017年4月1日         至  2018年3月31日)

                                 60/79

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を特定金外信託を通じ保有しております。特定金外信託を通じ行っているデリバ
         ティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を
         目的としているため、投資信託保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバディブ取
         引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          特定金外信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変動リスクや価格変動リスクに晒
         されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、債券先物などのデリバティブ取
         引によりヘッジしております。また、株式につきましては、政策投資として、あるいは業務上の関係
         維持を目的として保有しておりますが、価格変動リスクに晒されております。有価証券及び投資有価
         証券並びに金銭の信託については財務部が管理しており、定期的に時価や発行体の財務状況を把握
         し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用調査本部で行っております。デリバ
         ティブ取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクは
         ほとんどないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経
         営会議で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。同じく営業債権である未収運用受託報酬は、投資顧問契約
         に基づき、運用受託者に対して支払われる報酬の未払金額であります。この未収運用受託報酬は、信
         託財産から運用受託者に対して支払われる場合は、信託財産が信託銀行において分別保管されている
         ため、信用リスクはほとんどないと認識しており、顧客から直接運用受託者に対して支払われる場合
         は、当該顧客の信用リスクにさらされておりますが、顧客ごとに決済期日および残高を管理すること
         により、回収懸念の早期把握や回収リスクの軽減を図っております。
       2.  金融商品の時価等に関する事項

          2018年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりです。な
         お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                 (単位:百万円)
                             貸借対照表計上額                時価         差額
     (1)現金・預金                                919          919         -
     (2)金銭の信託                               47,936           47,936           -
     (3)未収委託者報酬                               24,059           24,059           -
     (4)未収運用受託報酬                               6,764          6,764          -
     (5)有価証券及び投資有価証券                               22,600           22,600           -
                                 61/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        その他有価証券                            22,600           22,600           -
              資産計                      102,279           102,279           -
     (6)未払金                               17,853           17,853           -
       未払収益分配金                                 1          1        -
       未払償還金                                 31          31        -
       未払手数料                               7,884          7,884          -
        関係会社未払金                             7,930          7,930          -
       その他未払金                               2,005          2,005          -
     (7)未払費用                               12,441           12,441           -
     (8)未払法人税等                               2,241          2,241          -
              負債計                      32,536           32,536           -
      注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      (1)  現金・預金
        短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (2)  金銭の信託

        信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
       構成されております。これらの時価について投資信託については基準価額、デリバティブ取引に関して
       は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
       先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
       ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

        その他有価証券
        譲渡性預金は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
       おります。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照く
       ださい。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等

      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
      注2:非上場株式等(貸借対照表計上額:投資有価証券1,184百万円、関係会社株式9,033百万円)は、市場価

        格がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極めて困難
        と認められるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
                                 62/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      注3:金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
                                          (単位:百万円)
                                1年超       5年超
                         1年以内                    10年超
                                5年以内      10年以内
       預金                     919        -       -       -
       金銭の信託                   47,936          -       -       -
       未収委託者報酬                   24,059          -       -       -
       未収運用受託報酬                   6,764         -       -       -
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券                   22,600          -       -       -
       合計                  102,279          -       -       -
       当事業年度(自         2018年4月1日         至  2019年3月31日)


       1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を特定金外信託を通じ保有しております。特定金外信託を通じ行っているデリバ
         ティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を
         目的としているため、投資信託保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバディブ取
         引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          特定金外信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変動リスクや価格変動リスクに晒
         されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、債券先物などのデリバティブ取
         引によりヘッジしております。また、株式につきましては、政策投資として、あるいは業務上の関係
         維持を目的として保有しておりますが、価格変動リスクに晒されております。有価証券及び投資有価
         証券並びに金銭の信託については財務部が管理しており、定期的に時価や発行体の財務状況を把握
         し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用調査本部で行っております。デリバ
         ティブ取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクは
         ほとんどないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経
         営会議で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。同じく営業債権である未収運用受託報酬は、投資顧問契約
                                 63/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         に基づき、運用受託者に対して支払われる報酬の未払金額であります。この未収運用受託報酬は、信
         託財産から運用受託者に対して支払われる場合は、信託財産が信託銀行において分別保管されている
         た め、信用リスクはほとんどないと認識しており、顧客から直接運用受託者に対して支払われる場合
         は、当該顧客の信用リスクにさらされておりますが、顧客ごとに決済期日および残高を管理すること
         により、回収懸念の早期把握や回収リスクの軽減を図っております。
       2.  金融商品の時価等に関する事項

          2019年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりです。な
         お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                 (単位:百万円)
                             貸借対照表計上額               時価         差額
     (1)現金・預金                               1,562          1,562          -
     (2)金銭の信託                               45,493          45,493           -
     (3)未収委託者報酬                               25,246          25,246           -
     (4)未収運用受託報酬                               5,933          5,933          -
     (5)有価証券及び投資有価証券                               19,900          19,900           -
        その他有価証券                            19,900          19,900           -
              資産計                      98,136          98,136           -
     (6)未払金                               16,709          16,709           -
       未払収益分配金                                 0          0        -
       未払償還金                                 25          25        -
       未払手数料                               7,724          7,724          -
       関係会社未払金                               7,422          7,422          -
       その他未払金                               1,535          1,535          -
     (7)未払費用                               11,704          11,704           -
     (8)未払法人税等                               1,560          1,560          -
              負債計                      29,974          29,974           -
      注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      (1)  現金・預金
        短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (2)  金銭の信託

        信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
       構成されております。これらの時価について投資信託については基準価額、デリバティブ取引に関して
       は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
       先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
       ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
                                 64/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

        その他有価証券
        譲渡性預金は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
       おります。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照く
       ださい。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等


        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      注2:非上場株式等(貸借対照表計上額:投資有価証券1,562百万円、関係会社株式12,631百万円)は、市場

        価格がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極めて困
        難と認められるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。なお、当事業年度におい
        て、非上場株式について1,100百万円(投資有価証券938百万円、関係会社株式161百万円)減損処理を
        行っております。
      注3:金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                          (単位:百万円)
                                1年超       5年超
                         1年以内                    10年超
                                5年以内      10年以内
       預金                   1,562         -       -       -
       金銭の信託                   45,493          -       -       -
       未収委託者報酬                   25,246          -       -       -
       未収運用受託報酬                   5,933         -       -       -
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券                   19,900          -       -       -
       合計                   98,136          -       -       -
     ◇ 有価証券関係

       前事業年度      (自   2017年4月1日         至  2018年3月31日)

       1.売買目的有価証券(2018年3月31日)

        該当事項はありません。
       2.満期保有目的の債券(2018年3月31日)

        該当事項はありません。
                                 65/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       3.子会社株式及び関連会社株式(2018年3月31日)
        該当事項はありません。
       4.その他有価証券(2018年3月31日)

                 貸借対照表       取得原価        差額

         区分         計上額
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えるもの
      株式                -       -       -
         小計             -       -       -
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えないもの
      譲渡性預金             22,600       22,600         -
         小計          22,600       22,600         -
         合計          22,600       22,600         -
       5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                         2017年4月1日         至  2018年3月31日)

        該当事項はありません。
       当事業年度      (自   2018年4月1日         至  2019年3月31日)


       1.売買目的有価証券(2019年3月31日)

        該当事項はありません。
       2.満期保有目的の債券(2019年3月31日)

        該当事項はありません。
       3.子会社株式及び関連会社株式(2019年3月31日)

        該当事項はありません。
       4.その他有価証券(2019年3月31日)

                 貸借対照表       取得原価        差額

         区分         計上額
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えるもの
      株式                -       -       -
         小計             -       -       -
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えないもの
                                 66/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      譲渡性預金             19,900       19,900         -
         小計          19,900       19,900         -
         合計          19,900       19,900         -
       5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                         2018年4月1日        至  2019年3月31日)

        該当事項はありません。
       ◇ 退職給付関係

                   前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

          1.採用している退職給付制度の概要

            当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
           定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
          2.確定給付制度

          (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
             退職給付債務の期首残高                             19,546   百万円
              勤務費用                              929
              利息費用                              167
              数理計算上の差異の発生額                             1,415
              退職給付の支払額                             △660
              その他                               0
             退職給付債務の期末残高                             21,398
          (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

             年金資産の期首残高                             16,572   百万円
              期待運用収益                              414
              数理計算上の差異の発生額                              395
              事業主からの拠出額                              510
              退職給付の支払額                             △518
             年金資産の期末残高                             17,373
          (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

            及び前払年金費用の調整表
             積立型制度の退職給付債務                             18,163   百万円
             年金資産                            △17,373
                                           790
             非積立型制度の退職給付債務                             3,235
             未積立退職給付債務                             4,025
             未認識数理計算上の差異                            △3,768
             未認識過去勤務費用                               331
             貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                               588
             退職給付引当金                             2,938

             前払年金費用                            △2,350
             貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                               588
                                 67/79




                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
             勤務費用                              929  百万円
             利息費用                              167
             期待運用収益                             △414
             数理計算上の差異の費用処理額                              244
             過去勤務費用の費用処理額                              △40
             確定給付制度に係る退職給付費用                              887
          (5)  年金資産に関する事項

            ①年金資産の主な内容
              年金資産合計に対する主な分類毎の比率は、次の通りです。
             債券                              47%
             株式                              41%
             生保一般勘定                              12%
             その他                               0%
             合計                              100%
            ②長期期待運用収益率の設定方法

             年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分
             と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮
             しております。
          (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

             当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
             確定給付型企業年金制度の割引率                             0.9%
             退職一時金制度の割引率                             0.5%
             長期期待運用収益率                             2.5%
          3.確定拠出制度

            当社の確定拠出制度への要拠出額は、195百万円でした。
                   当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)


          1.採用している退職給付制度の概要

            当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
           定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
          2.確定給付制度

          (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
             退職給付債務の期首残高                            21,398   百万円
              勤務費用                              951
              利息費用                              179
              数理計算上の差異の発生額                             1,672
              退職給付の支払額                             △737
             過去勤務費用の発生額                              71
              その他                              15
             退職給付債務の期末残高                            23,551
          (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

             年金資産の期首残高                            17,373   百万円
              期待運用収益                              434
              数理計算上の差異の発生額                             △241
              事業主からの拠出額                              483
              退職給付の支払額                             △579
             年金資産の期末残高                            17,469
                                 68/79



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金
            及び前払年金費用の調整表
             積立型制度の退職給付債務                            20,181   百万円
             年金資産                           △17,469
                                         2,712
             非積立型制度の退職給付債務                             3,369
             未積立退職給付債務                             6,082
             未認識数理計算上の差異                            △5,084
             未認識過去勤務費用                              220
             貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                             1,218
             退職給付引当金                             3,219

             前払年金費用                            △2,001
             貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                             1,218
          (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

             勤務費用                              951  百万円
             利息費用                              179
             期待運用収益                             △434
             数理計算上の差異の費用処理額                              598
             過去勤務費用の費用処理額                             △38
             確定給付制度に係る退職給付費用                             1,255
          (5)  年金資産に関する事項

            ①年金資産の主な内容
              年金資産合計に対する主な分類毎の比率は、次の通りです。
             債券                              47%
             株式                              41%
             生保一般勘定                              12%
             その他                              0%
             合計                             100%
            ②長期期待運用収益率の設定方法

             年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分
             と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮
             しております。
          (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

             当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
             確定給付型企業年金制度の割引率                             0.7%
             退職一時金制度の割引率                             0.4%
             長期期待運用収益率                             2.5%
          3.確定拠出制度

            当社の確定拠出制度への要拠出額は、197百万円でした。
     ◇ 税効果会計関係


                前事業年度末                            当事業年度末

               (2018年3月31日)                            (2019年3月31日)
                                 69/79





                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の                            1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の
      内訳                            内訳
      繰延税金資産                       百万円     繰延税金資産                       百万円
       賞与引当金                      1,434      賞与引当金                      1,175
       退職給付引当金                        910     退職給付引当金                       998
       投資有価証券評価減                        417     投資有価証券評価減                       708
       未払事業税                        409     未払事業税                       288
       投資損失引当金                         -    投資損失引当金                       219
       ゴルフ会員権評価減                        207     ゴルフ会員権評価減                       192
       時効後支払損引当金                        169     時効後支払損引当金                       172
       減価償却超過額                        171     減価償却超過額                       171
       子会社株式売却損                        148     子会社株式売却損                       148
       未払社会保険料                        107     未払社会保険料                        82
                               566                            466
       その他                            その他
      繰延税金資産小計                        4,543      繰延税金資産小計                      4,625
      評価性引当額                            評価性引当額
                              △735                           △1,295
      繰延税金資産合計                        3,808     繰延税金資産合計                       3,329
      繰延税金負債                            繰延税金負債
       その他有価証券評価差額金                         5   その他有価証券評価差額金                         15
       前払年金費用                        728     前払年金費用                       620
      繰延税金負債合計                         733     繰延税金負債合計                       635
      繰延税金資産の純額                        3,074     繰延税金資産の純額                       2,694
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率                            2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率

      との差異の原因となった主な項目別の内訳                            との差異の原因となった主な項目別の内訳
      法定実効税率                      31.0%      法定実効税率                      31.0%
      (調整)                            (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                       0.2%      交際費等永久に損金に算入されない項                       0.1%
      受取配当金等永久に益金に算入されな                            目
      い項目                      △3.4%       受取配当金等永久に益金に算入され
      タックスヘイブン税制                       1.8%      ない項目                      △5.6%
      外国税額控除                      △0.2%       タックスヘイブン税制                       2.6%
      外国子会社からの受取配当に係る外国                            外国税額控除                      △0.6%
      源泉税                       0.3%      外国子会社からの受取配当に係る外
      その他                      △0.4%       国源泉税                       0.3%
                                   その他                       1.3%
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
                             29.3%
                                   税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                                         29.1%
     ◇ セグメント情報等


       前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      1.セグメント情報

         当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      2.関連情報

       (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
         品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
       (2)地域ごとの情報

         ①  売上高
           本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
                                 70/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ②  有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
       (3)主要な顧客ごとの情報

          外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
         な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
       当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      1.セグメント情報

         当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      2.関連情報

       (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
         品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
       (2)地域ごとの情報

         ①  売上高
           本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
         ②  有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
       (3)主要な顧客ごとの情報

          外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
         な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
     ◇ 関連当事者情報

     前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      1.関連当事者との取引

         (ア)親会社及び法人主要株主等
                              議決権等                  取引         期末

          会社等                        関連当事者との
      種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額     科目    残高
          の名称                          関係
                             (被所有)割合                  (百万円)         (百万円)
                                         資金の借入
                                                3,000
                                         (*1)
                                                   短期借
                                                          -
         野村ホール                     (被所有)     資産の賃貸借
                                                   入金
               東京都      594,492
     親会社    ディングス株               持株会社      直接    及び購入等
                                         資金の返済       3,000
               中央区     (百万円)
         式会社                     100%
                                   役員の兼任
                                         借入金利息           未払費
                                                  2       -
                                         の支払           用
         (イ)子会社等

         該当はありません。
                                 71/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (ウ)兄弟会社等

                              議決権等                 取引        期末
           会社等                         関連当事者との
      種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額    科目    残高
           の名称                           関係
                              (被所有)割合                 (百万円)        (百万円)
                                   当社投資信託
                                   の募集の取扱
                                          投資信託に
                                   及び売出の取
                                          係る事務代
     親会社の    野村證券株式      東京都      10,000              扱ならびに投                未払手数
                         証券業      -          行手数料の      37,482        6,691
     子会社    会社      中央区     (百万円)               資信託に係る                料
                                          支払(*2)
                                   事務代行の委
                                   託等
                                   役員の兼任
         (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (*1) 資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
          (*2) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

         (1)親会社情報
           野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール証券取引所、
            ニューヨーク証券取引所に上場)
         (2)重要な関連会社の要約財務諸表

           該当はありません。
     当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      1.関連当事者との取引

         (ア)親会社及び法人主要株主等
                              議決権等                 取引        期末

           会社等                         関連当事者との
      種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額    科目    残高
           の名称                           関係
                              (被所有)割合                 (百万円)        (百万円)
                                          資金の借入
                                                3,000
                                          (*1)
                                                   短期借入
                                                          -
         野村ホール                     (被所有)     資産の賃貸借
                                                   金
               東京都      594,492
     親会社    ディングス株                持株会社      直接    及び購入等
                                          資金の返済      3,000
               中央区     (百万円)
         式会社                      100%
                                   役員の兼任
                                          借入金利息
                                                  1 未払費用       -
                                          の支払
         (イ)子会社等

           該当はありません。
         (ウ)兄弟会社等

                                 72/79

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                              議決権等                 取引        期末
           会社等                         関連当事者との
      種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額    科目    残高
           の名称                           関係
                              (被所有)割合                 (百万円)        (百万円)
                                   当社投資信託
                                   の募集の取扱
                                          投資信託に
                                   及び売出の取
                                          係る事務代
     親会社の    野村證券株式      東京都      10,000              扱ならびに投                未払手数
                         証券業      -          行手数料の      34,646        6,410
     子会社    会社      中央区     (百万円)               資信託に係る                料
                                          支払(*2)
                                   事務代行の委
                                   託等
                                   役員の兼任
         (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (*1) 資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
          (*2) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

         (1)親会社情報
           野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール証券取引所、
            ニューヨーク証券取引所に上場)
         (2)重要な関連会社の要約財務諸表

           該当はありません。
     ◇ 1株当たり情報

               前事業年度                           当事業年度
             (自 2017年4月1日                           (自 2018年4月1日
              至 2018年3月31日)                           至 2019年3月31日)
     1株当たり純資産額                    16,714円33銭       1株当たり純資産額                    16,882円89銭

     1株当たり当期純利益                    4,822円68銭       1株当たり当期純利益                    4,984円30銭
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在                           潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在

     株式が存在しないため記載しておりません。                           株式が存在しないため記載しておりません。
     1株当たり当期純利益の算定上の基礎                           1株当たり当期純利益の算定上の基礎

       損益計算書上の当期純利益                  24,840百万円         損益計算書上の当期純利益                  25,672百万円
       普通株式に係る当期純利益                  24,840百万円         普通株式に係る当期純利益                  25,672百万円
       普通株主に帰属しない金額の主要な内訳                           普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
        該当事項はありません。                           該当事項はありません。
       普通株式の期中平均株式数                   5,150,693株        普通株式の期中平均株式数                   5,150,693株
                                 73/79




                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】

      委託者は、「       金融商品取引法        」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が禁

     止されています。
      ①自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者
       の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものと
       して内閣府令で定めるものを除きます。)。
      ②運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若しくは取
       引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるもの
       を除きます。)。
      ③通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託者の親法人等                                                      ( 委
       託者の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有す
       る法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤において同じ。                                                  )又は子
       法人等(    委託者が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な
       関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。                                                 ) と有価証
       券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行うこと。
      ④委託者の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産の
       額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
      ⑤上記③④に掲げるもののほか、委託者の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者の保護に
       欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものとして内閣
       府令で定める行為
     5【その他】

     (1)定款の変更

       委託者の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
     (2)訴訟事件その他の重要事項
       委託者およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありません。
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

     (1)受託者

                                *
            (a)名称                              (c)事業の内容
                        (b)資本金の額
                                  銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融
     野村信託銀行株式会社                     35,000百万円        機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営
                                  法)に基づき信託業務を営んでいます。
      *2019年5月末現在
     (2)販売会社

                                          *
                 (a)名称                              (c)事業の内容
                                  (b)資本金の額
                                 74/79

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     野村證券株式会社                               10,000百万円        「金融商品取引法」に定め
     SMBC日興証券株式会社                               10,000百万円        る第一種金融商品取引業を
     エービーエヌ・アムロ・クリアリング証券株式会社                                5,500百万円       営んでいます。
     ゴールドマン・サックス証券株式会社                               83,616百万円
     JPモルガン証券株式会社                               73,272百万円
     シティグループ証券株式会社                               96,307百万円
     ソシエテ・ジェネラル証券株式会社                               35,765百万円
     大和証券株式会社                               100,000百万円
     ドイツ証券株式会社                                72,728百万円
     BNPパリバ証券株式会社                               102,025百万円
     みずほ証券株式会社                               125,167百万円
     三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社                               40,500百万円
     メリルリンチ日本証券株式会社                                83,140百万円
     モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社                               62,149百万円
                                            銀行法に基づき銀行業を営
     野村信託銀行株式会社                               35,000百万円
                                            んでいます。
     *2019年5月末現在
     2【関係業務の概要】

     (1)受託者

       ファンドの受託会社          (受託者)     として、信託財産の保管・管理・計算、外国証券を保管・管理する外国の保
      管銀行への指図・連絡等を行ないます。
     (2)  販売会社
       ファンドの販売会社として、募集の取扱いおよび販売を行ない、                                 信託契約の一部解約に関する事務                 、受益
      権の買取りに関する事務             、一部解約金の支払いに関する事務                  等を行ないます。
     3【資本関係】

      (持株比率5.0%以上を記載します。)

     (1)受託者
       該当事項はありません。
     (2)販売会社
       該当事項はありません。
     第3【その他】


     (1)目論見書の表紙にロゴ・マークや図案を採用すること、またファンドの形態などの記載をすることがありま

      す。
     ( 2 ) 目論見書の巻末に約款を掲載               する場合     があります。
     ( 3 )届出書本文「第一部 証券情報」、「第二部 ファンド情報」に記載の内容について、投資者の理解を助け
                                 75/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      るため、当該内容を説明した図表等を付加して目論見書の当該内容に関連する箇所に記載することがあり
      ます。
     (4 )目論見書は電子媒体等として使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
     (5 )目論見書は目論見書の別称として「投資信託説明書」と称して使用する場合があります。
     (6 )目論見書の表紙裏等にインターネットホームページに加え、他のインターネットのアドレス                                                ( 当該アドレス
      をコード化した図形等も含む               ) も掲載し、当該アドレスにアクセスすることにより基準価額等の情報を入手
      できる旨を記載する場合があります。
     (7)目論見書に当該委託会社の金融商品取引業者登録番号、当該委託会社が運用する投資信託財産の合計純資産
      総額および目論見書の使用を開始する日を記載する場合があります。
     (8)目論見書に投資信託の財産は                 受託  会社において信託法に基づき分別管理されている旨を記載する場合があり
      ます。
                                 76/79
















                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の監査報告書

                                               2019年6月5日

     野村アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会  御 中
                     EY新日本有限責任監査法人

                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          亀 井  純 子
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          櫻 井  雄一郎
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          津 村  健二郎
                     業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、

     「委託会社等の経理状況」に掲げられている野村アセットマネジメント株式会社の2018年
     4月1日から2019年3月31日までの第60期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示の
     ない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用
     することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対
     する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる
     監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示
     がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を
     実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施さ
     れる。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示
     のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性に
     ついて意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況
     に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者に
     よって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
                                 77/79


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
     基準に準拠して、野村アセットマネジメント株式会社の2019年3月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示してい
     るものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害
     関係はない。
                                                    以  上
     (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

          おります。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 78/79














                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書

                                                 2019年6月28日

      野村アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中 
                     EY新日本有限責任監査法人

                     指定有限責任社員

                                    公認会計士          亀 井 純 子
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                    公認会計士          伊 藤 志 保
                     業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経

      理状況」に掲げられているNEXT               FUNDS   日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信の2018年5月21日か
      ら2019年5月20日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附
      属明細表について監査を行った。
      財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し
      適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表
      示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明す
      ることにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
      た。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るため
      に、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
       監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続
      は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及
      び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査
      法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な
      表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営
      者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
       当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      監査意見

       当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
      NEXT   FUNDS   日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信の2019年5月20日現在の信託財産の状態及び同日
      をもって終了する計算期間の損益の状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
      利害関係

       野村アセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の
      規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以     上
      (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

           おります。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 79/79




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。