株式会社DDホールディングス 四半期報告書 第24期第1四半期(平成31年3月1日-令和1年5月31日)

提出書類 四半期報告書-第24期第1四半期(平成31年3月1日-令和1年5月31日)
提出日
提出者 株式会社DDホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年7月12日

    【四半期会計期間】               第24期第1四半期(自 2019年3月1日 至 2019年5月31日)

    【会社名】               株式会社DDホールディングス

    【英訳名】               DD  Holdings     Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  松村 厚久

    【本店の所在の場所】               東京都港区芝四丁目1番23号 三田NNビル18階

    【電話番号】               03-6858-6080(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理統括  樋口 康弘

    【最寄りの連絡場所】               東京都港区芝四丁目1番23号 三田NNビル18階

    【電話番号】               03-6858-6080(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理統括  樋口 康弘

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/23









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第23期           第24期

             回次              第1四半期           第1四半期            第23期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自 2018年3月1日           自 2019年3月1日           自 2018年3月1日
            会計期間
                          至 2018年5月31日           至 2019年5月31日           至 2019年2月28日
     売上高                (千円)         12,682,035           14,388,544           50,973,184
     経常利益                (千円)           558,409           845,758          2,232,493

     親会社株主に帰属する
                     (千円)           339,769           578,804          1,085,808
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           237,097           601,588           410,823
     純資産額                (千円)          6,081,617           7,156,577           6,267,572

     総資産額                (千円)         28,393,436           29,386,584           26,537,899

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           44.40           75.64          141.89
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            19.9           21.0           21.8
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第23期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び第23期の潜在株式調整後
          1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        4.第24期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化を有する
          潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半
          期連結会計期間の期首から適用しており、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営
          指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/23








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    2  【事業の内容】
      当第1四半期連結累計期間において、当社グループにおいて営まれている事業の内容について、重要な変更はあり
     ません。
      また、主要な関係会社の異動は以下のとおりであります。
       (飲食事業)

        2019年3月1日付で、持分法適用関連会社であった株式会社エスエルディー(証券コード3223、東京証券取引
       所JASDAQスタンダード市場)を実質支配力基準に基づき子会社としたため連結の範囲に含めております。
        この結果、2019年5月31日現在では、当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社20社、

       非連結子会社1社の計22社により構成されております。
                                  3/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況
       第1四半期連結累計期間の全社業績                                           (単位:千円、%)
                       前第1四半期         当第1四半期           増減額         増減率
       売上高                  12,682,035         14,388,544          1,706,509            13.5

       営業利益                    595,952         847,526         251,573           42.2

       経常利益                    558,409         845,758         287,349           51.5

       親会社株主に帰属する四半期
                           339,769         578,804         239,034           70.4
       純利益
       営業利益率                      4.7         5.9              +1.2ポイント
       当第1四半期連結累計期間(2019年3月1日~2019年5月31日)におけるわが国経済は、各種政策等の効果も

      あって、景気の緩やかな回復基調が続いており、雇用・所得環境の改善が続く中で、個人消費も緩やかではありま
      すが持ち直しております。その一方で、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、中国経済の先行き、海外経済
      の動向と政策に関する不確実性、金融資本市場の変動の影響、更には2019年10月に予定される消費税の引き上げな
      どもあり、依然として先行きの不透明感が拭えない状況が続いております。
       外食業界におきましても、原材料価格や物流費の上昇、長引く人手不足に伴う人件費の上昇等により、依然とし
      て厳しい事業環境が続いております。
       このような環境のなか、国内の飲食カテゴリー及びウェディングカテゴリーで構成される国内飲食事業の既存店
      売上高前年対比は101.1%、アミューズメント事業は108.0%となりました。
       なお、当社は、2019年3月1日付で、持分法適用関連会社であった株式会社エスエルディー(証券コード3223、
      東京証券取引所        JASDAQスタンダード市場)を実質支配力基準に基づき子会社としたため、連結の範囲に含めており
      ます。
       以上の結果、当社グループの当第1四半期連結累計期間の経営成績は、売上高14,388,544千円(前年同期比13.5%
      増)、営業利益847,526千円(同42.2%増)、経常利益845,758千円(同51.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純
      利益578,804千円(同70.4%増)となりました。
       また、当第1四半期連結累計期間の店舗展開状況につきましては以下のとおりであります。
       『直営店舗出退店等の状況(2019年5月31日現在、海外店舗含む)』
                                         連結の範囲
                       既存店       新店      退店     の変動に伴        合計     業態変更
                                         う増加(※)
       飲食事業                   373       11       6      53      431       -
       アミューズメント事業                   55       1      1      -      55      -

       合計                   428       12       7      53      486       -

       ※2019年3月1日付にて株式会社エスエルディーを連結子会社化(運営受託店舗2店舗除く)。
                                  4/23




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
       セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。
       ①『飲食事業』                                           (単位:千円、%)
                       前第1四半期         当第1四半期           増減額         増減率
       売上高                  10,388,781         11,907,415          1,518,634            14.6

       セグメント利益                    849,483        1,058,416          208,933           24.6

       セグメント利益率                      8.2         8.9              +0.7ポイント

       当第1四半期連結累計期間における飲食事業は、4月末から5月初めにかけての大型連休は、一部ビジネス立地

      で運営する店舗にて苦戦したものの、商業施設立地で運営する店舗などでは集客増となりました。従前どおり既存
      ブランドのブラッシュアップを継続的に実施し、広告媒体の最適化などを行い顧客満足度の向上に努めるととも
      に、更なるブランドポートフォリオ拡充のための業態開発にも注力してまいりました。
       新たな取り組みといたしましては、当第1四半期連結会計期間に連結子会社化した株式会社エスエルディーにお
      いて、他社が保有するIP(Intellectual                   Property:知的財産)コンテンツを活用した期間限定コラボレーションイ
      ベント等の実施に特化した業態「collabo_Index(コラボスペースインデックス)」を直営店のうち2店舗で開始
      いたしました。
       主な出店状況につきましては、国内では株式会社ダイヤモンドダイニングが「WINEHALLGLAMOUR」を東京都品川区
      に、株式会社商業藝術が「和カフェyusoshi」を大阪市阿倍野区に、株式会社ゼットンが「FEEL                                              GREEN   CAFE」や
      「日本橋髙島屋 ROOFTOP             BBQ ビアガーデン」を東京都中央区に、また、都立葛西臨海公園内に「PARKLIFE                                       CAFE
      & RESTAURANT」を含む4店舗を出店するなど業態並びに展開エリアの拡充に取り組んでまいりました。
       海外においては、株式会社ゼットンの子会社であるZETTON,                            INC.が新しいスタイルのカジュアルなステーキハウ
      スである「ALOHA        STEAK   HOUSE(アロハステーキハウス)」をハワイ州に出店するなど、国内外合わせて11店舗の出
      店を行い新規ブランドでの出店にも力をいれてまいりました。
       以上の結果、当第1四半期連結累計期間における飲食事業の経営成績は、売上高11,907,415千円(前年同期比
      14.6%増)、セグメント利益1,058,416千円(同24.6%増)となりました。
       また、当第1四半期連結累計期間の店舗展開状況につきましては以下のとおりであります。
       『飲食事業の直営店舗出退店等の状況(2019年5月31日現在、海外店舗含む)』
                                         連結の範囲
                       既存店       新店      退店     の変動に伴        合計     業態変更
                                         う増加(※)
       飲食事業                   373       11       6      53      431       -
       ※2019年3月1日付にて株式会社エスエルディーを連結子会社化(運営受託店舗2店舗除く)。
       ②『アミューズメント事業』                                           (単位:千円、%)

                       前第1四半期         当第1四半期           増減額         増減率
       売上高                   2,293,253         2,481,128          187,874            8.2

       セグメント利益                    419,599         542,627         123,028           29.3

       セグメント利益率                     18.3         21.9              +3.6ポイント

       当第1四半期連結累計期間におけるアミューズメント事業は、各店舗において各種キャンペーンを継続的に実施

      するとともに、最新機種のダーツ機である「DARTSLIVE3」の導入や風営法等の解釈運用基準の改正にともなうダー
      ツ機の増設や深夜営業時間の延長を実施したことに加えて、店舗内で複数コンテンツを楽しんでいただくための回
      遊性の向上にも継続して注力してまいりました。また、複合カフェにおいては、映画等のコラボレーション施策を
      実施、鍵付きブース改修等の設備強化を進めるなど、アミューズメント事業の各店舗において新規顧客の獲得並び
      に既存顧客の満足度向上に努めてまいりました。
       新たな取り組みといたしましては、株式会社ネクシィーズグループ(証券コード:4346、東京証券取引所市場第
      一部)がプロデュースする定額制セルフエステスタジオ「BODY                              ARCHI(ボディアーキ)」に、パートナーとして参
      画することといたしました。
       主な出店状況につきましては、東京都町田市に新設された商業施設「AETA町田」内に「GRAN                                            CYBER   CAFE   BAGUS
      町田店」を出店いたしました。
       以上の結果、当第1四半期連結累計期間におけるアミューズメント事業の経営成績は、売上高2,481,128千円(前
                                  5/23

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      年同期比8.2%増)、セグメント利益542,627千円(同29.3%増)となりました。
       また、当第1四半期連結累計期間の店舗展開状況につきましては以下のとおりであります。
       『アミューズメント事業の直営店舗出退店等の状況(2019年5月31日現在)』
                                         連結の範囲
                       既存店       新店      退店     の変動に伴        合計     業態変更
                                          う増加
       アミューズメント事業                   55       1      1      -      55      -
                                  6/23


















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
     (2)  財政状態の分析
       連結貸借対照表 要約                                           (単位:千円、%)
                       前連結会計年度          当第1四半期           増減額         増減率
       総資産                  26,537,899         29,386,584          2,848,684            10.7

       純資産                   6,267,572         7,156,577          889,005           14.2

       自己資本比率                     21.8         21.0              △0.8ポイント
       当第1四半期連結会計期間末における総資産の残高は、前連結会計年度末に比べ2,848,684千円増加し、

      29,386,584千円となりました。主な要因といたしましては、投資有価証券が507,934千円減少したものの、現金及び
      預金、有形固定資産、のれん、差入保証金がそれぞれ1,436,061千円、510,540千円、472,406千円、450,134千円増
      加したこと等によるものであります。
       負債につきましては、前連結会計年度末に比べ1,959,679千円増加し、22,230,006千円となりました。主な要因と
      いたしましては、未払法人税等が424,123千円減少したものの、短期借入金、長期借入金、買掛金、未払費用がそれ
      ぞれ241,666千円、769,475千円、306,797千円、257,393千円増加したこと等によるものであります。
       純資産は、前連結会計年度末に比べ889,005千円増加し、7,156,577千円となりました。主な要因といたしまして
      は、利益剰余金、非支配株主持分がそれぞれ441,067千円、482,358千円増加したこと等によるものであります。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (4)  研究開発活動

       該当事項はありません。
     (5)  経営成績に重要な影響を与える要因及び経営成績の現状と見通し

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因及び経営成績の現状と
      見通しに重要な変更はありません。
     (6)  経営者の問題認識と今後の方針について

       当第1四半期連結累計期間において、経営者の問題認識と今後の方針について重要な変更はありません。
     (7)  目標とする指針について

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループの目標とする指針について重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       (連結子会社の募集株式の総数引受契約の締結)
        当社は、会社法第370条の規定に基づき、取締役会の開催をすることなく、書面による提案を行い、2019年4月
       11日付で全取締役より同意を取り付けることにより、2019年5月7日付で、当社と株式会社エスエルディー(証
       券コード3223、東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)との間で、2019年5月7日を効力発生日として、当該
       会社に対する貸付金を株式化(デット・エクイティー・スワップ)することにより、当該会社の募集株式(普通
       株式)の総数を当社が引き受ける「総数引受契約」を締結いたしました。
                                  7/23






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     31,285,000

                 計                                   31,285,000

      ②  【発行済株式】

              第1四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               (2019年5月31日)           (2019年7月12日)           商品取引業協会名
                                     東京証券取引所            単元株式数
       普通株式            7,821,360           7,821,360
                                      (市場第一部)             100株
        計           7,821,360           7,821,360          -           -
     (注) 普通株式は完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2019年3月1日~
                     -   7,821,360           -    699,384          -    689,384
     2019年5月31日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/23






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の内容が確認できないため、記載する
      ことができないことから、直前の基準日(2019年2月28日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                                 2019年5月31日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     -           -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -              -

     議決権制限株式(その他)                     -           -              -

                                           権利内容に何ら限定のない当社に
                     普通株式      169,200
     完全議決権株式(自己株式等)                                -
                                           おける標準となる株式
                     普通株式     7,650,100
     完全議決権株式(その他)                                  76,501           同上
                     普通株式       2,060

     単元未満株式                                -              -
     発行済株式総数                     7,821,360          -              -

     総株主の議決権                     -             76,501            -

      ②  【自己株式等】

                                               2019年5月31日現在
                                                    発行済株式
                                             所有株式数
                                自己名義       他人名義
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所                         の合計
                               所有株式数       所有株式数
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)
                                              (株)
                                                    の割合(%)
     株式会社             東京都港区芝
                                 169,200         -    169,200        2.16
     DDホールディングス             四丁目1番23号
          計             -          169,200         -    169,200        2.16
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  9/23









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年3月1日から2019年
     5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年3月1日から2019年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年2月28日)              (2019年5月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               5,675,335              7,111,397
        売掛金                                639,972             1,053,099
        預け金                                378,673              606,355
        商品                                23,177              22,159
        原材料及び貯蔵品                                340,451              379,583
        前払費用                                945,935              990,722
        未収入金                                379,914              341,381
        その他                                410,077               91,475
                                        △ 7,546             △ 8,923
        貸倒引当金
        流動資産合計                               8,785,993              10,587,250
      固定資産
        有形固定資産
         建物                             17,791,891              18,677,010
           減価償却累計額                           △ 9,241,966             △ 9,731,001
                                      △ 2,499,426             △ 2,518,783
           減損損失累計額
           建物(純額)                            6,050,498              6,427,225
         車両運搬具
                                         5,729              12,147
                                        △ 5,107             △ 5,635
           減価償却累計額
           車両運搬具(純額)                               622             6,512
         工具、器具及び備品
                                       5,325,449              5,655,195
           減価償却累計額                           △ 3,950,896             △ 4,211,635
                                       △ 359,482             △ 357,413
           減損損失累計額
           工具、器具及び備品(純額)                            1,015,069              1,086,146
         土地
                                        148,859              148,859
         リース資産                              693,100              684,612
           減価償却累計額                            △ 602,049             △ 596,434
                                       △ 69,209             △ 69,209
           減損損失累計額
           リース資産(純額)                             21,841              18,968
         建設仮勘定                               70,363              130,082
         有形固定資産合計                             7,307,253              7,817,794
        無形固定資産
         のれん                             2,934,276              3,406,682
         商標権                               15,215              14,159
         ソフトウエア                               96,215              103,854
         その他                               35,143              63,385
         無形固定資産合計                             3,080,849              3,588,081
        投資その他の資産
         投資有価証券                              662,616              154,681
         長期前払費用                              157,852              164,958
         差入保証金                             5,577,461              6,027,595
         繰延税金資産                              606,101              693,506
         その他                              131,557              140,803
         投資その他の資産合計                             7,135,589              7,181,545
        固定資産合計                              17,523,693              18,587,421
      繰延資産
                                        228,213              211,912
        開業費
        繰延資産合計                                228,213              211,912
      資産合計                                26,537,899              29,386,584
                                 11/23




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年2月28日)              (2019年5月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               1,369,254              1,676,051
        短期借入金                                200,000              441,666
        1年内返済予定の長期借入金                               3,782,339              3,792,704
        1年内償還予定の社債                                50,000              10,000
        未払費用                               1,503,556              1,760,950
        未払法人税等                                755,650              331,526
        賞与引当金                                62,851              134,296
        株主優待引当金                                50,386              29,430
        ポイント引当金                                57,036              50,241
        資産除去債務                                 8,404              35,547
                                       1,601,008              2,232,324
        その他
        流動負債合計                               9,440,487              10,494,739
      固定負債
        長期借入金                               9,085,267              9,854,743
        リース債務                                16,686              12,051
        資産除去債務                               1,578,253              1,674,540
        長期前受収益                                17,285              16,352
        繰延税金負債                                 4,671              7,891
                                        127,674              169,686
        その他
        固定負債合計                              10,829,839              11,735,266
      負債合計                                20,270,327              22,230,006
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                699,384              699,384
        資本剰余金                                689,029              641,459
        利益剰余金                               4,338,451              4,779,518
                                       △ 71,732             △ 71,732
        自己株式
        株主資本合計                               5,655,132              6,048,630
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                12,848               9,308
                                        114,921              127,064
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                127,770              136,372
      新株予約権                                    -             4,547
      非支配株主持分                                 484,669              967,027
      純資産合計                                6,267,572              7,156,577
     負債純資産合計                                 26,537,899              29,386,584
                                 12/23








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2018年5月31日)               至 2019年5月31日)
     売上高                                 12,682,035              14,388,544
                                       3,089,939              3,407,986
     売上原価
     売上総利益                                  9,592,096              10,980,558
     販売費及び一般管理費                                  8,996,143              10,133,031
     営業利益                                   595,952              847,526
     営業外収益
      受取利息                                   174              325
      受取協賛金                                  32,702              26,981
      受取地代家賃                                  18,872              22,942
                                        41,076              23,075
      その他
      営業外収益合計                                  92,825              73,325
     営業外費用
      支払利息                                  23,562              20,840
      賃貸費用                                  16,200              20,842
      支払手数料                                  3,918              12,196
      持分法による投資損失                                  75,048                -
                                        11,640              21,213
      その他
      営業外費用合計                                 130,369               75,093
     経常利益                                   558,409              845,758
     特別利益
      固定資産売却益                                  4,269              1,183
      受取和解金                                 215,000                 -
                                          -            16,678
      段階取得に係る差益
      特別利益合計                                 219,269               17,861
     特別損失
      固定資産除却損                                    41             1,147
      減損損失                                    -            45,809
      解約違約金                                  8,000                -
                                         1,400              9,031
      その他
      特別損失合計                                  9,442              55,988
     税金等調整前四半期純利益                                   768,235              807,631
     法人税等                                   371,602              214,645
     四半期純利益                                   396,632              592,986
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                   56,863              14,181
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   339,769              578,804
                                 13/23







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2018年5月31日)               至 2019年5月31日)
     四半期純利益                                   396,632              592,986
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                △ 110,636              △ 3,540
                                       △ 48,899              12,142
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                △ 159,535               8,602
     四半期包括利益                                   237,097              601,588
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 213,464              598,411
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  23,632               3,176
                                 14/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
                                      当第1四半期連結累計期間

                                  (自 2019年3月1日 至 2019年5月31日)
                               (1)  連結範囲の変更
                                  当第1四半期連結会計期間において、持分法適
                                 用関連会社であった株式会社エスエルディー(証
                                 券コード:3223、東京証券取引所JASDAQスタン
                                 ダード市場)を実質支配力基準に基づき子会社と
                                 したため、連結の範囲に含めております。
            連結の範囲の重要な変更
                                  当該連結の範囲の変更は、当第1四半期連結累
                                 計期間の属する連結会計年度の連結財務諸表に重
                                 要な影響を与える見込みです。
                               (2)  変更後の連結子会社の数

                                 20社
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

       (税金費用の計算)
        当社及び一部の連結子会社の税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当
       期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗
       じて計算しております。
      (追加情報)

       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期連結
      会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
      区分に表示しております。
                                 15/23











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
       なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれん
      の償却額は、次のとおりであります。
                          前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                           (自    2018年3月1日              (自    2019年3月1日
                            至   2018年5月31日)               至   2019年5月31日)
        減価償却費                      288,005    千円             303,271    千円
        のれんの償却額                       48,270                 54,063
      (株主資本等関係)

     前第1四半期連結累計期間(自 2018年3月1日 至 2018年5月31日)
     1.配当金支払額
                            1株当たり

                    配当金の総額
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                            配当額(円)
     2018年5月25日
              普通株式        114,780          15  2018年2月28日         2018年5月28日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     当第1四半期連結累計期間(自 2019年3月1日 至 2019年5月31日)

     1.配当金支払額
                            1株当たり

                    配当金の総額
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                            配当額(円)
     2019年5月29日
              普通株式        137,737          18  2019年2月28日         2019年5月30日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                 16/23









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2018年3月1日 至 2018年5月31日)
       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:千円)
                                                   四半期連結
                           報告セグメント
                                             調整額       損益計算書
                                             (注)1        計上額
                            アミューズ
                     飲食事業                合計
                                                    (注)2
                            メント事業
     売上高
      外部顧客への売上高                10,388,781        2,293,253       12,682,035            -    12,682,035

      セグメント間の内部売上高
                          -        -        -        -        -
      又は振替高
           計          10,388,781        2,293,253       12,682,035            -    12,682,035
     セグメント利益                  849,483        419,599       1,269,082        △ 673,129        595,952

     (注)   1.セグメント利益の調整額△673,129千円は、主に各報告セグメントに配分していない間接部門費用でありま
          す。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2019年3月1日 至 2019年5月31日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:千円)
                                                   四半期連結
                           報告セグメント
                                             調整額       損益計算書
                                             (注)1        計上額
                            アミューズ
                     飲食事業                合計
                                                    (注)2
                            メント事業
     売上高
      外部顧客への売上高                11,907,415        2,481,128       14,388,544            -    14,388,544

      セグメント間の内部売上高
                          -        -        -        -        -
      又は振替高
           計          11,907,415        2,481,128       14,388,544            -    14,388,544
     セグメント利益                 1,058,416         542,627       1,601,044        △ 753,517        847,526

     (注)   1.セグメント利益の調整額△753,517千円は、主に各報告セグメントに配分していない間接部門費用でありま
          す。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの資産に関する情報

      (子会社の取得による資産の著しい増加)
        第1四半期連結会計期間において、2019年3月1日付で持分法適用関連会社であった株式会社エスエルディー
       (証券コード3223、東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)を支配力基準に基づき連結子会社としたことに伴
       い、前連結会計年度の末日に比べ、「飲食事業」のセグメント資産が1,342,795千円増加しております。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
       「飲食事業」において、撤退済2店舗及び撤退予定2店舗等について減損損失を計上しております。
        なお、当該減損損失の計上額は、当第1四半期連結累計期間においては36,409千円であります。
       「アミューズメント事業」において、撤退済1店舗について減損損失を計上しております。
        なお、当該減損損失の計上額は、当第1四半期連結累計期間においては9,400千円であります。
      (のれんの金額の重要な変動)

        「飲食事業」において、2019年3月1日付で持分法適用関連会社であった株式会社エスエルディー(証券コー
                                 17/23


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
       ド3223、東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)を実質支配力基準に基づき連結子会社としたことに伴い、の
       れんが発生しております。
        なお、当該事象によるのれんの増加額は、当第1四半期連結累計期間において、525,678千円であります。
                                 18/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      (企業結合等関係)
      取得による企業結合
      1.企業結合の概要
       (1)被取得企業の名称及びその事業内容
          被取得企業の名称 株式会社エスエルディー
          事業内容     飲食店サービス及びコンテンツ企画サービス
       (2)企業結合を行った主な理由
          両社のビジネスノウハウやリソースの共有による競争力強化を図り、今後さらに組織の活性化や人材交流
         により、将来の当社グループの事業基盤の拡大に資するものと判断いたしました。
       (3)企業結合日
          2019年3月1日
       (4)企業結合の法的形式
          実質支配力基準に基づく子会社化
       (5)結合後企業の名称
          変更はありません。
       (6)取得した議決権比率
          企業結合直前に所有していた議決権比率 41.2%
          企業結合日に追加取得した議決権比率   -%
          取得後の議決権比率          41.2%
       (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
          重要な財務及び営業又は事業の方針の決定を支配する契約等が存在することとなったため、実質支配力基
         準に基づいて、株式会社エスエルディーは当社の持分法適用関連会社から連結子会社になりました。
      2.四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間
        2019年3月1日から2019年5月31日まで
      3.被取得企業の取得対価及び対価の種類ごとの内訳
         取得の対価        企業結合直前に保有していた株式の企業結合日における時価                                    619,200千円
         取得原価                                            619,200千円
      4.主要な取得関連費用の内容及び金額
        該当事項はありません。
      5.被取得企業の取得原価と取得するに至った取引ごとの取得原価の合計額との差額
         段階取得に係る差益  16,678千円
      6.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
       (1)発生したのれんの金額
          525,678千円
       (2)発生原因
          今後の事業展開により期待される将来の超過収益力であります。
       (3)償却方法及び償却期間
          18.83年間にわたる均等償却
                                 19/23






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                 (自 2018年3月1日             (自 2019年3月1日
                                 至 2018年5月31日)             至 2019年5月31日)
      1株当たり四半期純利益金額                                  44円40銭             75円64銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額                     (千円)             339,769             578,804

      普通株主に帰属しない金額                     (千円)               -             -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                           (千円)             339,769             578,804
      四半期純利益金額
      普通株式の期中平均株式数                      (株)           7,652,066             7,652,066
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                      -             -
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注) 前第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しない
        ため記載しておりません。また、当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額に
        ついては、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 20/23












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 22/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年7月11日

    株式会社DDホールディングス
     取締役会 御中
                       太陽有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       柴  谷  哲  朗            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       清  水  幸  樹            ㊞
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社DD

    ホールディングスの2019年3月1日から2020年2月29日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年3月1日
    から2019年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年3月1日から2019年5月31日まで)に係る四半期連結財務
    諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
    レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社DDホールディングス及び連結子会社の2019年5月31日
    現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事
    項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク