株式会社ハピネス・アンド・ディ 四半期報告書 第29期第3四半期(平成31年3月1日-令和1年5月31日)

提出書類 四半期報告書-第29期第3四半期(平成31年3月1日-令和1年5月31日)
提出日
提出者 株式会社ハピネス・アンド・ディ
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
     【提出書類】                 四半期報告書

     【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                 関東財務局長

     【提出日】                 2019年7月12日

     【四半期会計期間】                 第29期第3四半期(自 2019年3月1日 至 2019年5月31日)

     【会社名】                 株式会社ハピネス・アンド・ディ

     【英訳名】                 Happiness     and  D Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長  田 泰夫

     【本店の所在の場所】                 東京都中央区銀座一丁目16番1号 東貨ビル4階

     【電話番号】                 03(3562)7521(代表)

     【事務連絡者氏名】                 取締役経営企画室長  追川 正義

     【最寄りの連絡場所】                 東京都中央区銀座一丁目16番1号 東貨ビル4階

     【電話番号】                 03(3562)7521(代表)

     【事務連絡者氏名】                 取締役経営企画室長  追川 正義

     【縦覧に供する場所】                 株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注)第1四半期会計期間より、日付の表示方法を和暦表示から西暦表示に変更しております。

                                  1/14







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】

     1【主要な経営指標等の推移】

                               第28期           第29期
               回次                                       第28期
                           第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
                           自 2017年9月1日           自 2018年9月1日           自 2017年9月1日

              会計期間
                           至 2018年5月31日           至 2019年5月31日           至 2018年8月31日
                      (千円)          15,335,840           16,036,539           20,330,900
     売上高
                      (千円)            471,607           490,152           494,245

     経常利益
                      (千円)            281,294           270,699           270,599

     四半期(当期)純利益
                      (千円)              -           -           -

     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)            325,397           325,397           325,397

     資本金
                       (株)          2,532,400           2,532,400           2,532,400

     発行済株式総数
                      (千円)           2,370,962           2,570,295           2,343,167

     純資産額
                      (千円)          10,203,757           10,870,687            9,961,624

     総資産額
                       (円)            112.86           109.41           108.64

     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期

                       (円)            107.92           103.57           103.72
     (当期)純利益
                       (円)              -           -           23
     1株当たり配当額
                       (%)             22.5           22.7           22.7

     自己資本比率
                               第28期           第29期

               回次
                           第3四半期会計期間           第3四半期会計期間
                           自 2018年3月1日           自 2019年3月1日

              会計期間
                           至 2018年5月31日           至 2019年5月31日
                       (円)            15.65           11.21
     1株当たり四半期純利益
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につき
           ましては記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないことから記載しておりません。
     2【事業の内容】

        当第3四半期累計期間において、当社が営む事業内容について、重要な変更はありません。
                                  2/14






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】

        当第3四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または前事業年度の有価証券報告書に記載した事
       業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会
      計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前事業年度末の数値で比較を行っております。
      (1 )  財政状態及び経営成績の状況

        当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、緩やかな回復局面にあるものの、米中貿易摩擦の長期化などによ
       り、企業業績の先行き不透明感が強まっております。一方で、個人消費は、高額品を中心とした持ち直しの動きがみ
       られるものの、食料品を中心とした値上げの動き等により、消費者の節約志向も強まり、力強い回復には至っており
       ません。また、景気回復基調が続く中、一層の人材採用難が大きな経営課題になっております。
        このような状況下、当社は、厳選した新規出店と既存店対策、新業態店                                   Le  Bonheur    Parfait    (ル・ボヌール パ
       ルフェ)の拡大、EC(ネット通販)事業における競合対策の強化等を当事業年度の重点課題として取り組んでおり
       ます。
        店舗展開につきましては、11月に津南店、3月に                         Le  Bonheur    Parfait    トレッサ横浜店、4月に            Le  Bonheur
       Parfait    名取店、同春日部店を新規出店するとともに、ファッションビルへの出店第1号として、この9月に津田沼
       パルコへ出店することを決定いたしました。また、既存店舗の活性化として、下妻店、長岡店、甲府昭和店、松本
       店、新小松店、長久手店、神戸店、むさし村山店、名取店、成田店の合計10店舗の改装を実施いたしました。
        営業施策につきましては、値ごろ感のある価格帯の商品拡充を継続し、売れ筋の高額ナショナルブランドの販売強
       化にも努め、時計フェアやアウトレットセール等の販促企画を実施いたしました。
        オリジナルブランド商品につきましては、シーズンの新作リリースにあわせたファッション誌への掲載を行いまし
       た。さらにラボグロウンダイヤモンド商品の店頭での取り扱いを開始するなどの施策を実施いたしました。
        新事業といたしましては、4月よりブランド品買取事業者との協業として、下取り・買取りの紹介事業を開始した
       ことで、紹介手数料収入に加えて、販売機会の拡大にもつなげてまいります。また、オリジナルブランド商品の卸売
       事業への布石として、2月に開催された第87回東京インターナショナルギフトショーへ、バッグ・財布小物を中心と
       したブースを出店し、パートナーの選定と事業の具体化へ向けての準備を進め、5月より一部小売事業者へ向けてオ
       リジナルブランド商品の卸売りを開始いたしました。さらに、オリジナルブランド商品の百貨店販売への布石とし
       て、人気エリアにある百貨店とまずは期間限定催事を実施することで合意いたしました。
        ECにつきましては、前年度に引き続き買い上げ率の向上へ向けての施策や大手通販サイト内の店舗の強化を図
       り、10月からはアウトレット商品の取扱いを開始いたしました。
        従業員のモチベーションアップにつながる施策につきましては、前事業年度に引き続き、全ての準社員・正社員を
       対象としたストックオプションを発行するとともに、店舗スタッフの表彰基準の拡大などを実施いたしました。
        商品部門別の売上の状況は以下のとおりです。

         ・宝飾品は、店頭での各種販売キャンペーン強化に加え、                           人気商品の展開を引き続き強化したこと、及び、ラボ
         グロウンダイヤモンド商品の導入と下期からのラインアップ商品の拡大により                                    、 売上高    2,639,459千円       (前第3
         四半期累計期間比         2.1%増    )となりました。
         ・時計は、高額海外ブランド商品の販売が引き続き好調に推移し、売上高                                   4,940,826千円       (同   4.6%増    )となり
         ました。
         ・バッグ・小物は、海外主力ブランドの販売フェアを強化したことに加え、新規ブランドの導入や、人気の財布
         の展開を強化したことにより、売上高                  8,456,253千円       (同   5.3%増    )となりました。
        2019年1月15日に開示いたしました「元従業員による不正行為に関する調査結果のお知らせ」のとおり、不正行為

       による被害総額        54,570千円を、第1四半期会計期間において、店舗盗難損失として特別損失に計上しております。
       また、外部の弁護士等を含む調査委員会を設置したことにより、不正調査費用                                     17,391千円が発生し、第2四半期会
       計期間に販売費及び一般管理費に計上いたしております。
        さらに、閉店予定店舗1店舗の減損損失                    2,622千円を、当第3四半期会計期間において特別損失に計上いたしてお
       ります。
        以上の結果、       当第3四半期累計期間の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。

                                  3/14


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
        a.財政状態の分析

        (流動資産)
         当第3四半期会計期間末における流動資産の残高は、8,913,128千円となり、前事業年度末と比較して881,626千
        円増加しております。これは主として、現金及び預金が241,514千円減少したものの、商品が1,180,033千円増加し
        たことが要因であります。
        (固定資産)

         当第3四半期会計期間末における固定資産の残高は、1,957,558千円となり、前事業年度末と比較して27,436千
        円増加しております。これは主として、工具、器具及び備品が10,090千円減少したものの、建物が16,619千円増
        加、敷金及び保証金が11,564千円増加、投資その他の資産のその他が14,397千円増加したことが要因であります。
        (流動負債)

         当第3四半期会計期間末における流動負債の残高は、4,243,620千円となり、前事業年度末と比較して501,728千
        円増加しております。これは主として、その他が65,064千円減少したものの、仕入債務(支払手形及び買掛金と電
        子記録債務の合計)が405,638千円増加、短期借入金が100,000千円増加、賞与引当金が46,574千円増加したことが
        要因であります。
        (固定負債)

         当第3四半期会計期間末における固定負債の残高は、4,056,771千円となり、前事業年度末と比較して180,206千
        円増加しております。これは主として、長期未払金が26,550千円減少したものの、長期借入金が201,204千円増加
        したことが要因であります。
        (純資産)

        当第3四半期会計期間末における純資産の残高は、2,570,295千円となり、前事業年度末と比較して227,127千円増
        加しております。これは主として、利益剰余金が213,794千円増加したことが要因であります。
        b.経営成績の状況

         売上高は     16,036,539千円となり、前年同期売上高                   15,335,840千円に対して            4.5%増となり、第3四半期累計期
        間として過去最高となりました。営業利益は待遇改善策としての従業員向けストックオプションの発行や上記不正
        調査費用の発生があったものの               505,545千円となり、前年同期営業利益                   487,950千円に対し         3.6%増となりまし
        た。同様に、経常利益は            490,152千円となり、前年同期経常利益                   471,607千円に対し3.9%増となりました。四半
        期純利益は、閉店予定店舗の減損損失                  2,622千円及び上記不正行為による被害額                    54,570千円を特別損失に計上し
        たことにより       270,699千円となりましたが、前年同期四半期純利益                         281,294千円に対し         3.7%減に留めることがで
        きました。
         なお、当社の業績は、クリスマス時期を中心とした年末年始商戦のウエイトが高くなっているため、四半期決算

        としては第2四半期の占める比重が高くなっております。
       (2)   経営方   針 ・経営戦略等

         当第3四半期累計期間において、当社が定めている経営方針・経営戦略等に重要な変更はありません。
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)  研究開発活動

         該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/14



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                 普通株式                                       6,400,000

                                                       6,400,000

                  計
       ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末
                                      上場金融商品取引所
                          提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                              名又は登録認可金融               内容
                           (2019年7月12日)
              (2019年5月31日)                        商品取引業協会名
                                                 単元株式数は100株であ
                                                 ります。完全議決権株式
                                       東京証券取引所
                                                 であり、権利内容に何ら
                    2,532,400            2,532,400       JASDAQ
       普通株式
                                                 限定のない当社における
                                       (スタンダード)
                                                 標準となる株式でありま
                                                 す。
                    2,532,400            2,532,400          -           -
        計
      (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年7月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
         された株式数は含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
         年月日
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     2019年3月1日~
                       -    2,532,400           -     325,397          -     302,397
     2019年5月31日
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/14






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
       ることができないことから、直前の基準日(2019年2月28日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①【発行済株式】
                                                   2019年2月28日現在
                       株式数(株)          議決権の数(個)
            区分                                       内容
     無議決権株式                    -           -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                    -           -              -

     議決権制限株式(その他)                    -           -              -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                               -              -
                            58,200
                     普通株式
                                            権利内容に何ら限定のない当社に
     完全議決権株式(その他)                     2,473,600             24,736
                     普通株式                       おける標準となる株式であり、単
                                            元株式数は100株であります。
                              600       -
     単元未満株式                普通株式                       1単元(100株)未満の株式
                          2,532,400          -              -

     発行済株式総数
                          -              24,736            -

     総株主の議決権
       ②【自己株式等】

                                                   2019年2月28日現在
                                                    発行済株式総数に
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
                                                    対する所有株式数
                                所有株式数       所有株式数        の合計
        所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                                      の割合
                                  (株)       (株)       (株)
                                                      (%)
                      東京都中央区銀座
                                  58,200         -    58,200          2.30
     株式会社ハピネス・アンド・ディ
                      一丁目16-1
                          -        58,200         -    58,200          2.30
             計
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/14








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について

        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2019年3月1日から2019年5
       月31日まで)及び第3四半期累計期間(2018年9月1日から2019年5月31日まで)に係る四半期財務諸表について、
       EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/14
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
     1【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (2018年8月31日)              (2019年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,377,998              2,136,483
         現金及び預金
                                       1,001,145               922,606
         売掛金
                                       4,463,750              5,643,784
         商品
                                        111,695              111,850
         貯蔵品
                                         76,912              98,404
         その他
                                       8,031,502              8,913,128
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                              772,787              789,407
          構築物(純額)                                 15              12
          工具、器具及び備品(純額)                              298,286              288,196
                                         1,410               352
          リース資産(純額)
          有形固定資産合計                             1,072,499              1,077,968
         無形固定資産
                                         24,391              20,396
          ソフトウエア
                                         24,391              20,396
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        612,050              623,615
          敷金及び保証金
                                        221,180              235,578
          その他
                                        833,231              859,193
          投資その他の資産合計
                                       1,930,122              1,957,558
         固定資産合計
                                       9,961,624              10,870,687
       資産合計
                                  8/14











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (2018年8月31日)              (2019年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        901,802             1,259,603
         支払手形及び買掛金
                                        342,615              390,453
         電子記録債務
                                           -            100,000
         短期借入金
                                       1,735,408              1,738,431
         1年内返済予定の長期借入金
                                         94,454              106,464
         未払法人税等
                                         88,870              135,444
         賞与引当金
                                         6,672              5,568
         ポイント引当金
                                           791             1,443
         資産除去債務
                                        571,276              506,211
         その他
                                       3,741,892              4,243,620
         流動負債合計
       固定負債
                                       3,204,216              3,405,420
         長期借入金
                                        205,981              211,533
         資産除去債務
                                        466,368              439,817
         長期未払金
                                       3,876,565              4,056,771
         固定負債合計
                                       7,618,457              8,300,392
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        325,397              325,397
         資本金
                                        312,747              312,747
         資本剰余金
                                       1,681,596              1,895,391
         利益剰余金
                                        △ 55,775             △ 55,776
         自己株式
                                       2,263,965              2,477,758
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        △ 2,628             △ 7,858
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 2,628             △ 7,858
         評価・換算差額等合計
                                         81,830              100,394
       新株予約権
                                       2,343,167              2,570,295
       純資産合計
                                       9,961,624              10,870,687
      負債純資産合計
                                  9/14









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期損益計算書】
       【第3四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                                (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                 至 2018年5月31日)               至 2019年5月31日)
                                      ※1 15,335,840             ※1 16,036,539
      売上高
                                       11,678,795              12,291,714
      売上原価
                                       3,657,044              3,744,825
      売上総利益
                                       3,169,094              3,239,279
      販売費及び一般管理費
                                        487,950              505,545
      営業利益
      営業外収益
                                           159              114
       受取利息
                                           916             1,068
       受取配当金
                                         1,580               547
       受取保険金
                                         2,294              3,059
       その他
                                         4,951              4,790
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         20,035              18,976
       支払利息
                                         1,258              1,206
       その他
                                         21,293              20,183
       営業外費用合計
                                        471,607              490,152
      経常利益
      特別損失
                                         9,931              2,623
       固定資産廃棄損
                                           -             2,622
       減損損失
                                           -            54,570
       店舗盗難損失
                                         9,931              59,815
       特別損失合計
                                        461,676              430,337
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   165,451              169,198
                                         14,931              △ 9,561
      法人税等調整額
                                        180,382              159,637
      法人税等合計
                                        281,294              270,699
      四半期純利益
                                 10/14










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (追加情報)
       ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等                       の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会計期
        間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
       (四半期損益計算書関係)

       ※1 売上高の季節的変動
         当社の業績は、クリスマス時期を中心とした年末年始商戦のウエイトが高くなっているため、四半期決算とし
        ては第2四半期の占める比重が高くなっております。
       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
         なお、第3四半期累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費も含む。)は、次のとおりでありま
        す。
                             前第3四半期累計期間                 当第3四半期累計期間
                            (自 2017年9月1日                (自 2018年9月1日
                             至 2018年5月31日)                  至 2019年5月31日)
                                    155,878                158,005
         減価償却費                              千円                千円
       (株主資本等関係)

         前第3四半期累計期間(自 2017年9月1日 至 2018年5月31日)
       1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2017年11月29日
                        37,386         15
               普通株式                     2017年8月31日         2017年11月30日         利益剰余金
     定時株主総会
       2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後とな

        るもの
         該当事項はありません。
         当第3四半期累計期間(自 2018年9月1日 至 2019年5月31日)

       1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2018年11月29日
                        56,905         23
               普通株式                     2018年8月31日         2018年11月30日         利益剰余金
     定時株主総会
       2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後とな

        るもの
         該当事項はありません。
                                 11/14






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        当社はインポートブランドを中心とした宝飾品、時計及びバッグ・小物等の小売業という単一セグメントである
       ため記載を省略しております。
       (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
        以下のとおりであります。
                                前第3四半期累計期間                 当第3四半期累計期間
                               (自 2017年9月1日                (自 2018年9月1日
                項目
                                至 2018年5月31日)                  至 2019年5月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                  112円86銭                109円41銭

      (算定上の基礎)

       四半期純利益(千円)                                 281,294                270,699

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -                -

       普通株式に係る四半期純利益(千円)                                 281,294                270,699

       普通株式の期中平均株式数(株)                                2,492,369                2,474,152

     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                  107円92銭                103円57銭

      (算定上の基礎)

       四半期純利益調整額(千円)                                    -                -

       普通株式増加数(株)                                 114,019                139,298

                             第8回新株予約権(新株予約権
                             の数60個、普通株式600株)
                              この概要は以下の通りであり
                             ます。
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
                             決議年月日 2017年12月12日
     当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株
                             新株予約権の行使期間                       -
     式で、前事業年度末から重要な変動があったもの
                              自 2022年10月2日
     の概要
                              至 2023年8月31日
                             発行価格           1,496円
                             資本組入額            748円
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

        該当事項はありません。
                                 12/14






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
        該当事項はありません。

                                 13/14



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ハピネス・アンド・ディ(E26579)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  2019年7月12日

     株式会社ハピネス・アンド・ディ

       取      締     役      会     御中

                      EY新日本有限責任監査法人

                       指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                         善  方  正  義                ㊞
                       業務執行社員
                       指定有限責任社員

                                 公認会計士        藤  原  由  佳  ㊞
                       業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ハピ

     ネス・アンド・ディの2018年9月1日から2019年8月31日までの第29期事業年度の第3四半期会計期間
     (2019年3月1日から2019年5月31日まで)及び第3四半期累計期間(2018年9月1日から2019年5
     月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ハピネス・アンド・ディの2019年5月31日現在の財政状態及び
     同日をもって終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点にお
     いて認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 14/14





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク