株式会社オンワードホールディングス 四半期報告書 第73期第1四半期(平成31年3月1日-令和1年5月31日)

提出書類 四半期報告書-第73期第1四半期(平成31年3月1日-令和1年5月31日)
提出日
提出者 株式会社オンワードホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年7月12日

    【四半期会計期間】               第73期第1四半期(自            2019年3月1日         至   2019年5月31日)

    【会社名】               株式会社オンワードホールディングス

    【英訳名】               ONWARD    HOLDINGS     CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長        保 元 道 宣

    【本店の所在の場所】               東京都中央区日本橋三丁目10番5号

    【電話番号】               03(4512)1030(ダイヤルイン)

    【事務連絡者氏名】               執行役員 財務・経理担当   佐 藤   修

    【最寄りの連絡場所】               東京都中央区日本橋三丁目10番5号

    【電話番号】               03(4512)1030(ダイヤルイン)

    【事務連絡者氏名】               執行役員 財務・経理担当   佐 藤   修

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                    株式会社名古屋証券取引所

                     (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                                  1/17







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第72期           第73期

             回次              第1四半期           第1四半期            第72期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自   2018年3月1日         自   2019年3月1日         自   2018年3月1日
            会計期間
                          至   2018年5月31日         至   2019年5月31日         至   2019年2月28日
     売上高                (百万円)            60,882           64,878          240,652
     経常利益                (百万円)            4,128           3,206           5,161

     親会社株主に帰属する
                     (百万円)            2,145           1,621           4,948
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)             308           959          1,481
     純資産額                (百万円)           163,142           158,901           162,210

     総資産額                (百万円)           281,283           298,844           287,554

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           15.11           11.80           35.24
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)           14.97           11.71           34.96
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            56.7           51.8           55.1
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          いません。
        2.売上高には、消費税等は含まれていません。
        3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第1四半期連結累計期間および前連結会計年度に係る主要な経営
          指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について重要な
      変更はありません。また、主要な関係会社に異動はありません。
                                  2/17









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社および連結子会社)
       が判断したものです。
      (1)経営成績の分析

      当第1四半期連結累計期間(2019年3月1日~2019年5月31日)におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境の改
     善により緩やかな回復基調で推移したものの、米中貿易摩擦や中国経済の成長鈍化など、先行き不透明な状況が続き
     ました。
      当アパレル・ファッション業界では、消費者の購買意識の変化に伴う販売チャネルの多様化およびEコマースへの
     シフトが進むなか、衣料品に対する節約志向は依然として強く、総じて厳しい経営環境が続きました。
      このような経営環境のなか、当社グループは当連結会計年度を初年度とする中期経営計画の実行に着手しました。
     個性的なブランド価値を追求する「クリエーション・ファースト事業」の展開、マス・カスタマイゼーション時代に
     対応した「ファクトリー・トゥ・カスタマー(F2C)事業」の加速、アパレル事業とのシナジーを生む「ハイクオ
     リティ・ライフスタイル事業」の開発など、今後の成長に向けた事業の強化を推進しています。また、厳しい市場環
     境に対応する体質強化を実現するための事業構造改革により、事業の選択と集中を引き続き推進していきます。
      以上の結果、連結売上高は             648億78百万円       (前年同期比       6.6%増    )、連結営業利益は          29億40百万円       (前年同期比
     17.4%減    )、連結経常利益は         32億6百万円      (前年同期比      22.3%減    )、親会社株主に帰属する四半期純利益は                    16億21百
     万円  (前年同期比      24.4%減    )となりました。
      また、当社グループでは、新規事業の創出やM&A等を活用した事業基盤の強化・拡大による成長を加速させてい
     く中で、異なる会計基準に対しての比較を容易にすることを目的とし、                                  EBITDA(営業利益+減価償却費および
     のれん償却費)を経営指標としています。なお、当第1四半期連結累計期間のEBITDAは51億86百万円(前年同
     期比9.4%減)となりました。
      セグメント別の状況は、次のとおりです。

     〔アパレル関連事業〕
      国内事業は、継続的に資源集中しているEコマースの収益は堅調に推移し、また中核事業会社の株式会社オンワー
     ド樫山の主力ブランド「23区」「ポール・スミス」などのブランドは増収したものの、「自由区」「組曲」などのブ
     ランドは前年を下回りました。また国内関係会社では、オンワード商事株式会社や株式会社オンワードグローバル
     ファッションなどで増収増益となりましたが、株式会社アイランドなどで減収減益となり、国内事業全体としては減
     収減益となりました。
      海外事業は、ジル・サンダー事業のクリエイティブ部門の刷新による売上拡大により、欧州事業が堅調に推移し、
     海外事業全体としては増収増益となりました。
      結果として、アパレル事業全体としては減収減益となりました。
     〔ライフスタイル関連事業〕

      当第1四半期連結会計期間に株式を取得したギフト事業を行う株式会社大和をライフスタイル関連事業に加え、
     「ギフト」という新しい事業領域が広がることにより、更なるライフスタイル関連事業の拡大を図ってまいります。
      ライフスタイル関連事業は株式会社大和の収支が全体に大きく寄与し、またリゾート事業のグアムへの日本人旅行
     者の増加により、ライフスタイル関連事業全体として大幅に増収増益となりました。
      (2)財政状態の分析

        当第1四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ                                  112億90百万円増加         し、  2,988億44百万
       円 となりました。これは主に受取手形及び売掛金が22億49百万円、のれんが89億18百万円増加したことによるもの
       です。負債は、前連結会計年度末に比べ                   145億99百万円増加         し、  1,399億43百万円        となりました。これは主に短期借
       入金が109億87百万円、長期借入金が10億99百万円増加したことによるものです。純資産は、前連結会計年度末に
                                  3/17

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
       比べ  33億9百万円減少        し、  1,589億1百万円        となりました。これは主に親会社株主に帰属する四半期純利益16億21
       百万円、剰余金の配当33億8百万円、および自己株式の取得8億94百万円によるものです。
       この結果、自己資本比率は             51.8%   となりました。
      (3)事業上および財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループの事業上および財務上の対処すべき課題に重要な変更および
       新たに生じた課題はありません。なお、当社は「財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本
       方針」を定めています。基本方針等の概要につきましては、次のとおりです。
       (会社の支配に関する基本方針)
      1.当社の財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針
        当社は、金融商品取引所に株式を上場している者として、市場における当社株式の自由な取引を尊重し、特定の
       者による当社株式の大規模買付行為であっても、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に
       資するものである限り、これを一概に否定するものではありません。また、最終的には株式の大規模買付提案に応
       じるかどうかは株主の皆様の決定に委ねられるべきだと考えています。
        ただし、株式の大規模買付等の提案の中には、株主の皆様が最終的な決定をされるために必要な情報が十分に提
       供されないものや、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を損なうおそれのあるもの、あるいはステー
       クホルダーとの良好な関係を保ち続けることができない可能性があるものや、当社グループの価値を十分に反映し
       ているとは言えないものなどもありえます。
        そのような提案に対して、当社取締役会は、株主の皆様から負託された者の責務として、株主の皆様のために、
       必要な時間や情報の確保、株式の大規模買付提案者との交渉などを行う必要があると考えています。
      2.  基本方針実現のための取組みの具体的な内容
       (1)基本方針の実現に資する特別な取組み
        当社は、「人々の生活に潤いと彩りを与えるおしゃれの世界」を事業領域に定め、「ファッション」を生活文化
       として提案することによって新しい価値やライフスタイルを創造し、人々の豊かな生活づくりへ貢献することを経
       営の基本方針としています。
        中長期的な経営戦略は、ファッションを基軸とした生活文化企業として、ブランドを磨き上げその価値の極大化
       をはかる「ブランド軸経営」を基本戦略にし、「独自の企画力」、「クオリティとコストバランスのとれた生
       産」、「売れ筋の追加体制」、「機敏な物流体制」、「強力な販売力」、「魅力ある売場環境」、「話題性のある
       広告宣伝」そして「最新の情報システムの活用」の基本項目を強化・進化させ、事業規模の拡大と経営基盤の強化
       をはかることが、ブランド価値の創造、企業価値向上につながると考えています。
        また、継続的に企業価値を高めることをめざし、コーポレート・ガバナンス体制を強化し、経営効率の向上、お
       よび経営の健全性の向上に努め、顧客や株主の皆様はもとより社会全体から高い信頼を得るよう取り組んできまし
       た。2005年より独立性の高い社外取締役・社外監査役を選任しており、独立役員である社外取締役2名・社外監査
       役2名を選任し、経営に対する監視機能の強化をはかっています。
        また、従来より執行役員制度を採用しており、さらに取締役の任期を1年としています。
        以上を着実に実行することで、当社の持つ経営資源を有効に活用するとともに、様々なステークホルダーとの良
       好な関係を維持・発展させることが、当社および当社グループの企業価値・株主共同の利益の向上に資することが
       できると考えています。
       (2)基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定が支配されることを防止するため
       の取組み
        当社は、2017年5月25日開催の第70回定時株主総会において、「当社株式等の大規模買付行為に関する対応策」
       (以下「本プラン」といいます。)を継続することについて決議しました。本プランは、当社株式等の大規模買付行
       為を行い、または行おうとする者                (以下「買付者等」といいます。)が遵守すべきルールを明確にし、株主の皆様
       が適切な判断をするために必要かつ十分な情報および時間、ならびに買付者等との交渉の機会を確保するととも
       に、一定の場合には当社が対抗措置をとることによって買付者等に損害が発生する可能性があることを明らかに
       し、これらを適切に開示することにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に資さない買付者等に対して、
       警告を行うものです。
      3.具体的取組みに対する取締役会の判断およびその判断に係る理由
        本プランは、上記2.に記載のとおり、企業価値・株主共同の利益を確保・向上させる目的を持って導入された
       ものであり、基本方針に沿うものです。特に、本プランは、株主意思を重視するものであること、その内容として
       合理的な客観的発動要件が設定されていること、独立性の高い社外者によって構成される独立委員会が設置されて
       おり、本プランの発動に際しては必ず独立委員会の判断を経ることが必要とされていること、独立委員会は当社の
                                  4/17

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
       費用で、当社の業務執行を行う経営陣から独立した第三者(投資銀行、証券会社、フィナンシャル・アドバイ
       ザー、公認会計士、弁護士、コンサルタントその他の専門家を含みます。)の助言を得ることができるとされてい
       る こと、有効期間が3年間と定められた上、株主総会または取締役会により何時でも廃止できるとされていること
       などにより、その公正性、客観性が担保されており、高度の合理性を有し、企業価値ひいては株主共同の利益に資
       するものであって、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではありません。
      (4)研究開発活動

        記載すべき重要な研究開発活動はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  5/17

















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    400,000,000

                 計                                   400,000,000

       ②  【発行済株式】

              第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (2019年5月31日)          (2019年7月12日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
                                           権利内容に何ら限定のない当
                                  (市場第一部) 
                                           社における標準となる株式で
       普通株式          157,921,669          157,921,669
                                  名古屋証券取引所          す。なお、単元株式数は、100
                                           株です。
                                  (市場第一部)
        計         157,921,669          157,921,669           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2019年3月1日~
                     -  157,921,669            ―    30,079          ―    51,550
     2019年5月31日
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/17






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               2019年5月31日現在
          区分            株式数(株)            議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                          ―             ―        ―

     議決権制限株式(自己株式等)                          ―             ―        ―

     議決権制限株式(その他)                          ―             ―        ―

                   (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                      ―        ―
                   普通株式
                          21,472,200
     完全議決権株式(その他)              普通株式      136,333,200              1,363,332            ―
     単元未満株式              普通株式        116,269                ―  一単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                    157,921,669                  ―        ―

     総株主の議決権                         ─         1,363,332            ―

     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式94株が含まれています。
       ②  【自己株式等】

                                               2019年5月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都中央区日本橋三丁
     株式会社オンワードホー                           21,472,200          ―    21,472,200         13.59
                  目10番5号
     ルディングス
          計              ―        21,472,200          ―    21,472,200         13.59
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/17










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しています。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年3月1日から2019年
     5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年3月1日から2019年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けています。
                                  8/17

















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年2月28日)              (2019年5月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                31,284              28,011
        受取手形及び売掛金                                25,508              27,757
        商品及び製品                                39,148              39,119
        仕掛品                                 2,199              1,843
        原材料及び貯蔵品                                 5,418              6,178
        その他                                11,520              11,394
                                         △ 753             △ 717
        貸倒引当金
        流動資産合計                                114,324              113,588
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               33,613              34,832
         土地                               46,265              46,664
                                        16,838              16,139
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               96,717              97,636
        無形固定資産
         のれん                               9,455              18,374
                                         7,570              7,962
         その他
         無形固定資産合計                               17,025              26,336
        投資その他の資産
         投資有価証券                               27,845              28,819
         退職給付に係る資産                               2,918              2,924
         繰延税金資産                               15,899              16,450
         その他                               13,259              13,535
                                         △ 436             △ 446
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               59,486              61,283
        固定資産合計                                173,230              185,256
      資産合計                                 287,554              298,844
                                  9/17









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2019年2月28日)              (2019年5月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                17,556              17,868
        電子記録債務                                14,182              12,962
        短期借入金                                56,686              67,673
        未払法人税等                                  475             1,010
        賞与引当金                                  777             1,401
        役員賞与引当金                                  156               33
        返品調整引当金                                  241              276
        ポイント引当金                                  764             1,003
                                        14,564              16,596
        その他
        流動負債合計                                105,405              118,825
      固定負債
        長期借入金                                 4,706              5,806
        退職給付に係る負債                                 3,993              3,959
        役員退職慰労引当金                                  202              232
                                        11,035              11,118
        その他
        固定負債合計                                19,938              21,117
      負債合計                                 125,343              139,943
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                30,079              30,079
        資本剰余金                                50,043              50,043
        利益剰余金                                107,139              105,409
                                       △ 19,833             △ 20,645
        自己株式
        株主資本合計                                167,429              164,887
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                △ 1,452             △ 2,673
        繰延ヘッジ損益                                  79              △ 6
        土地再評価差額金                                △ 8,956             △ 8,956
        為替換算調整勘定                                 1,134              1,602
                                          81              62
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                △ 9,113             △ 9,972
      新株予約権
                                          559              519
                                         3,336              3,467
      非支配株主持分
      純資産合計                                 162,210              158,901
     負債純資産合計                                   287,554              298,844
                                 10/17







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2018年5月31日)               至 2019年5月31日)
     売上高                                   60,882              64,878
                                        30,960              33,872
     売上原価
     売上総利益                                   29,922              31,005
     販売費及び一般管理費                                   26,363              28,065
     営業利益                                    3,558              2,940
     営業外収益
      受取利息                                    14              13
      受取配当金                                    13              12
      受取地代家賃                                   331              333
      受取補償金                                   262               -
                                          374              446
      その他
      営業外収益合計                                   996              806
     営業外費用
      支払利息                                    85              95
      賃貸費用                                   141              211
      持分法による投資損失                                    91              85
                                          108              147
      その他
      営業外費用合計                                   427              540
     経常利益                                    4,128              3,206
     特別利益
      固定資産売却益                                    10              -
      投資有価証券売却益                                   303               -
                                          25              -
      関係会社清算益
      特別利益合計                                   339               -
     特別損失
      固定資産処分損                                    15              -
      関係会社株式売却損                                    61              -
                                          48              26
      減損損失
      特別損失合計                                   125               26
     税金等調整前四半期純利益                                    4,342              3,179
     法人税等合計                                    2,000              1,360
     四半期純利益                                    2,341              1,818
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     196              197
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    2,145              1,621
                                 11/17







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2018年5月31日)               至 2019年5月31日)
     四半期純利益                                    2,341              1,818
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  △ 795            △ 1,270
      繰延ヘッジ損益                                    29             △ 86
      為替換算調整勘定                                  △ 984              485
      退職給付に係る調整額                                    25             △ 19
                                         △ 309               31
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 △ 2,033              △ 858
     四半期包括利益                                     308              959
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                   154              762
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   153              197
                                 12/17















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
     (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      当第1四半期連結会計期間において、株式の取得により株式会社大和を連結の範囲に含めています。
      なお、変更後の連結子会社の数は73社です。
     (追加情報)

     (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
     「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期連結
     会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
     の区分に表示しています。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していません。
       なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)およびの
      れんの償却額は、次のとおりです。
                         前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                         (自 2018年3月1日                 (自 2019年3月1日
                          至 2018年5月31日)                  至 2019年5月31日)
        減価償却費                        1,546   百万円             1,686   百万円
        のれん償却額                         620  百万円              559  百万円
      (株主資本等関係)

     前第1四半期連結累計期間(自                2018年3月1日         至   2018年5月31日)
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2018年5月24日
               普通株式         3,420       24.00    2018年2月28日         2018年5月25日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     当第1四半期連結累計期間(自                2019年3月1日         至   2019年5月31日)

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2019年5月23日
               普通株式         3,308       24.00    2019年2月28日         2019年5月24日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                 13/17






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
    Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                2018年3月1日         至   2018年5月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高および利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                      アパレル関連事業
                                    ライフ
                                                調整額     損益計算書
                                    スタイル        計
                                                (注)1       計上額
                                    関連事業
                  (国内)      (海外)        計
                                                      (注)2
      売上高

    (1)  外部顧客への売上高

                   42,589      11,657      54,246       6,636      60,882        -    60,882
    (2)  セグメント間の内部
                     316      891     1,207       549     1,757     △ 1,757        -
       売上高又は振替高
          計         42,905      12,548      55,453       7,186      62,640      △ 1,757      60,882
    セグメント利益又は損失
                   4,315      △ 838     3,476       569     4,045      △ 487     3,558
    (△)
     (注)   1. セグメント利益又は損失(△)の調整額                     △487百万円      には、のれんの償却額          △620百万円      およびセグメント
          間取引消去     1,138百万円      、各報告セグメントに配分していない全社費用                      △1,004百万円       が含まれています。全
          社費用は主にセグメントに帰属しない一般管理費です。
     (注)   2. セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しています。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       当第1四半期連結会計期間における、重要な発生および変動はありません。
    Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                2019年3月1日         至   2019年5月31日)

     1.報告セグメントごとの売上高および利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                      アパレル関連事業
                                    ライフ
                                                調整額     損益計算書
                                    スタイル        計
                                                (注)1       計上額
                                    関連事業
                  (国内)      (海外)        計
                                                      (注)2
      売上高

    (1)  外部顧客への売上高

                   42,254      11,884      54,139      10,738      64,878        -    64,878
    (2)  セグメント間の内部
                     314     1,001      1,315       511     1,826     △ 1,826        -
       売上高又は振替高
          計         42,568      12,885      55,454      11,250      66,705      △ 1,826      64,878
    セグメント利益又は損失
                   3,351      △ 602     2,749       784     3,534      △ 594     2,940
    (△)
     (注)   1. セグメント利益又は損失(△)の調整額                     △594百万円      には、のれんの償却額          △559百万円      およびセグメント
          間取引消去     1,055百万円      、各報告セグメントに配分していない全社費用                      △1,089百万円       が含まれています。全
          社費用は主にセグメントに帰属しない一般管理費です。
     (注)   2. セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しています。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       当第1四半期連結会計期間における、重要な発生および変動はありません。
                                 14/17





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額および算定上の基礎ならびに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額および算
      定上の基礎は、以下のとおりです。
                               前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                (自    2018年3月1日           (自    2019年3月1日
                項目
                                 至   2018年5月31日)           至   2019年5月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        15円11銭             11円80銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)

                                         2,145             1,621
         普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -             -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         2,145             1,621
       四半期純利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                        142,025             137,468
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                        14円97銭             11円71銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -             -
       (百万円)
       普通株式増加数(千株)
                                         1,265             1,002
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                                           ―             ―
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。 
    2  【その他】

        該当事項はありません。
                                 15/17









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社オンワードホールディングス(E02521)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年7月12日

    株式会社オンワードホールディングス
     取締役会      御中
                      EY新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       渡 辺   伸  啓            印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                          廣 瀬   美        智  代
                                   公認会計士                    印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       小 林   勇  人            印
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社オン

    ワードホールディングスの2019年3月1日から2020年2月29日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年
    3月1日から2019年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年3月1日から2019年5月31日まで)に係る四
    半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記に
    ついて四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社オンワードホールディングス及び連結子会社の2019年5
    月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさ
    せる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

         報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク