株式会社No.1 四半期報告書 第31期第1四半期(平成31年3月1日-令和1年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第31期第1四半期(平成31年3月1日-令和1年5月31日)

提出日:

提出者:株式会社No.1

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年7月11日
      【四半期会計期間】                    第31期第1四半期(自 2019年3月1日 至 2019年5月31日)
      【会社名】                    株式会社No.1
      【英訳名】                    No.1 Co.,Ltd
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  辰巳 崇之
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区内幸町一丁目5番2号
      【電話番号】                    03-5510-8911(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営企画室長  山本 貴則
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区内幸町一丁目5番2号
      【電話番号】                    03-5510-8911(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営企画室長  山本 貴則
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第30期           第31期
               回次               第1四半期           第1四半期            第30期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2018年3月1日           自 2019年3月1日           自 2018年3月1日

              会計期間
                           至 2018年5月31日           至 2019年5月31日           至 2019年2月28日
                      (千円)           1,929,280           1,980,292           8,164,877
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)            19,660          △ 22,454           323,872
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                (千円)            11,805          △ 16,842           218,293
     する四半期純損失(△)
                      (千円)            13,424          △ 16,013           220,204
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           1,670,445           1,775,958           1,879,375
     純資産額
                      (千円)           3,407,961           3,316,227           3,945,237
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     又は1株当たり四半期純損失                 (円)             3.78          △ 5.41           69.80
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)             3.57            -          66.28
     (当期)純利益
                      (%)             48.8           53.1           47.4
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.当社は、2018年7月31日開催の当社取締役会の決議に基づき、2018年9月1日付で普通株式1株につき
           普通株式2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定
           して、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益を算定してお
           ります。
         4.第31期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在する
           ものの、1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
                                  2/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当社グループは、当社及び連結子会社3社(株式会社オフィスアルファ、株式会社Club                                          One  Systems、株式会社
       No.1パートナー)の4社で構成されており、OA機器、情報セキュリティ機器の販売及び保守を主な事業として
       おります。
        当第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は「第4 経理の状況 1 四半
       期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
        当第1四半期連結累計期間における、主要な関係会社の異動は次のとおりであります。
        2019年4月に株式会社No.1パートナーを設立したため、連結の範囲に含めております。
        また、2019年4月に株式会社キューブエスの社名を、株式会社オフィスアルファに変更いたしました。同社の主な
       事業内容について変更はありません。
                                  3/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       た「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)経営成績の状況

         当第1四半期連結累計期間における我が国経済は、企業の堅調な設備投資が継続するとともに雇用環境の改善が
        続いております。一方、米国の保護主義政策の推進により景気の先行きは不透明な状況が続いております。
         当社グループが属するOA機器及び情報セキュリティ機器に関する市場環境におきましては、世界的なペーパレス
        化が進行する中、OA機器市場の成長は鈍化してきております。一方、情報セキュリティ機器分野においては「第四
        次産業革命」と呼ばれる全産業のデジタル化が急速に進行する中、サイバー攻撃が一層高度化、多様化してきてお
        り、それに伴い情報セキュリティ機器並びに情報セキュリティサービスに対する社会的需要は一層高まっておりま
        す。
         このような状況の中、当社グループは当第1四半期連結累計期間を中長期的な視野に立った当社グループの更な
        る飛躍への準備期間と位置付け、組織変更、営業支援システム投資、将来の営業力の核となる人員の拡充投資の3
        つの施策を実施いたしました。
         組織変更については、営業部門とサポート部門の統合を行いました。組織変更により、お客様のニーズを一元的
        に把握し、より効率の良い営業活動と顧客サポートを行える体制を整えました。
         営業支援システム投資は、前期に行った営業プロセスの標準化プロジェクトに加え、今期よりSFAシステムの
        投資を行うと共に、営業の第一線に配属していた経験豊富なメンバーをプロジェクトチームに配属し、営業支援シ
        ステムの効果的運用に向けたプロジェクトを実施いたしました。5月下旬より営業支援システムの運用を開始し、
        当初の計画より早期の生産性向上寄与を見込んでおります。
         人員の拡充投資については、新卒採用、中途採用共に積極的な採用活動を行うと共に研修プログラムを充実させ
        ることで将来的なヒューマンリソースの強化に取組みました。
         これらの施策を実施した結果、営業部門での商品別の販売状況において、主要な商品であるOA関連商品及び情報
        セキュリティ商品販売は概ね堅調に推移し、それ以外の商品についてはほぼ前年並みに推移いたしました。サポー
        ト部門においては、ITサポートサービスの件数も堅調に推移し、概ね予想どおりに推移いたしました。
         一方、営業部門の一時的なヒューマンリソース減少による生産性の低下により売上総利益率が低下いたしまし
        た。また、営業支援システムや人員拡充による先行投資により、販売費及び一般管理費が増加いたしました。
         その結果、当第1四半期連結累計期間における売上高は1,980,292                               千円(前年同期比2.6%増)、経常損失22,454
        千円(前年同期は19,660千円の経常利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失は16,842千円(前年同期は11,805
        千円の親会社株主に帰属する四半期純利益)となりました。
       (2)財務状態の分析

         資産、負債及び純資産の状況
         (流動資産)
          流動資産は、前連結会計年度末比643,545千円減少し、2,714,210千円となりました。                                        これは主に、売掛金の減
         少391,513千円及び現金及び預金の減少332,628千円によるものであります。
         (固定資産)
          固定資産は、前連結会計年度末比14,535千円増加し、602,016千円となりました。                                       これは主に、有形固定資産
         の増加10,009千円によるものであります。
         (流動負債)
          流動負債は、前連結会計年度末比501,954千円減少し、1,369,458千円となりました。                                        これは主に、未払金の減
         少323,236千円及び未払法人税等の減少74,647千円によるものであります。
         (固定負債)
          固定負債は、前連結会計年度末比23,638千円減少し、170,810千円となりました。                                       これは主に、社債の減少
         20,000千円によるものであります。
                                  4/18



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
         (純資産)
          純資産は、前連結会計年度末比103,417千円減少し、1,775,958千円となりました。                                       これは主に、利益剰余金の
         減少63,767千円及び自己株式取得に伴う自己資本の増加49,540千円によるものであります。
          この結果、自己資本比率は47.4%から53.1%に増加となりました。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       8,000,000
                 普通株式
                                                       8,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第1四半期会計期間末            提出日現在発行数
                                     上場金融商品取引所名
               現在発行数(株)               (株)
        種類                             又は登録認可金融商品                内容
               (2019年5月31日)           (2019年7月11日)           取引業協会名
                                       東京証券取引所
                                                 単元株式数は100株であ
                                         JASDAQ
                    3,133,220           3,133,220
       普通株式
                                                 ります。
                                      (スタンダード)
         計           3,133,220           3,133,220          -            -
      (注) 提出日現在の発行数には、2019年7月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
          れた株式数は、含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
                  数増減数
         年月日
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     2019年3月1日~
                     4,860     3,133,220          541     519,198         541     463,222
     2019年5月31日
     (注)
      (注)新株予約権の行使による増加であります。
                                  6/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (6)【議決権の状況】

           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2019年2月28日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                   2019年5月31日現在
                        株式数(株)            議決権の数(個)

           区分                                         内容
                          -             -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -
     議決権制限株式(その他)                     -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                     -             -             -

     完全議決権株式(その他)                  普通株式 3,127,100                    31,271          -

                       普通株式   1,260                -             -

     単元未満株式
                             3,128,360           -             -
     発行済株式総数
                          -                 31,271          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                   2019年5月31日現在
                                                    発行済株式総数

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                       (%)
           -            -         -         -         -         -

           計            -         -         -         -         -

      (注)当第1四半期会計期間末現在、自己株式を58,200株所有しております。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  7/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用                            語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年3月1日から2019
       年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年3月1日から2019年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年2月28日)              (2019年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,730,753              1,398,124
         現金及び預金
                                       1,333,299               941,785
         売掛金
                                         92,747              108,571
         商品
                                         22,726              18,632
         仕掛品
                                         7,010              6,938
         貯蔵品
                                        176,077              244,281
         その他
                                        △ 4,859             △ 4,123
         貸倒引当金
                                       3,357,756              2,714,210
         流動資産合計
       固定資産
                                        157,176              167,185
         有形固定資産
                                         21,134              19,484
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                        457,518              461,383
          その他
                                        △ 48,347             △ 46,037
          貸倒引当金
                                        409,170              415,346
          投資その他の資産合計
                                        587,481              602,016
         固定資産合計
                                       3,945,237              3,316,227
       資産合計
                                  9/18













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年2月28日)              (2019年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        661,799              634,312
         買掛金
                                        200,000              160,000
         短期借入金
                                         60,000              50,000
         1年内償還予定の社債
                                         83,467               8,819
         未払法人税等
                                        631,896              308,660
         未払金
                                           -            19,475
         賞与引当金
                                         22,000                -
         役員賞与引当金
                                        212,250              188,191
         その他
                                       1,871,413              1,369,458
         流動負債合計
       固定負債
                                         20,000                -
         社債
                                         20,157              20,512
         アフターサービス引当金
                                         34,960              39,021
         退職給付に係る負債
                                         13,869              13,896
         資産除去債務
                                        105,461               97,378
         その他
                                        194,448              170,810
         固定負債合計
                                       2,065,862              1,540,269
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        518,656              519,198
         資本金
                                        564,389              565,339
         資本剰余金
                                        781,296              717,528
         利益剰余金
                                           -           △ 49,540
         自己株式
                                       1,864,341              1,752,526
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         7,377              8,205
         その他有価証券評価差額金
                                         7,377              8,205
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  7,656              8,634
                                           -             6,591
       非支配株主持分
                                       1,879,375              1,775,958
       純資産合計
                                       3,945,237              3,316,227
      負債純資産合計
                                 10/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2018年5月31日)               至 2019年5月31日)
                                       1,929,280              1,980,292
      売上高
                                       1,179,674              1,224,732
      売上原価
                                        749,605              755,560
      売上総利益
                                        723,870              781,740
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                   25,735             △ 26,180
      営業外収益
                                           368              259
       受取利息
                                           109              119
       受取配当金
                                            -             330
       助成金収入
                                           660             2,310
       貸倒引当金戻入額
                                           369             3,367
       保険解約返戻金
                                           181              285
       その他
                                         1,689              6,672
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,533              1,895
       支払利息
                                         5,231              1,017
       支払手数料
                                            -              32
       その他
                                         7,764              2,945
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   19,660             △ 22,454
      特別損失
                                            0              -
       固定資産除却損
                                            0              -
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                         19,660             △ 22,454
      純損失(△)
                                         7,840             △ 5,611
      法人税等
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   11,820             △ 16,842
                                           15               -
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                         11,805             △ 16,842
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 11/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2018年5月31日)               至 2019年5月31日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   11,820             △ 16,842
      その他の包括利益
                                         1,603               828
       その他有価証券評価差額金
                                         1,603               828
       その他の包括利益合計
                                         13,424             △ 16,013
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         13,409             △ 16,013
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           15               -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          当第1四半期連結会計期間より、株式会社No.1パートナーを新たに設立したため、連結の範囲に含めてお
         ります。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純損益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期
         連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定
         負債の区分に表示しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間

                             (自 2018年3月1日                  (自 2019年3月1日
                              至 2018年5月31日)                  至 2019年5月31日)
     減価償却費                                10,034千円                  14,388千円
        (株主資本等関係)

      Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2018年3月1日 至 2018年5月31日)
          配当金支払額
           該当事項はありません。
      Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2019年3月1日 至 2019年5月31日)

          配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
         (決議)
                株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)       配当額(円)
       2019年5月29日

                          46,925        15.00
                普通株式                     2019年2月28日         2019年5月30日         利益剰余金
       定時株主総会
       (注)2019年5月29日定時株主総会決議による1株当たり配当額には、設立30周年記念配当5円を含んでおります。
                                 13/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2018年3月1日 至 2018年5月31日)
           「Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(報告セグメントの変更等に関する事項)」に記載のとおりであります。
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2019年3月1日 至 2019年5月31日)

           当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略しております。

           (報告セグメントの変更等に関する事項)

            当社グループは、従来「オフィスコンサルタント事業」、「システムサポート事業」の2事業を報告セグ
           メントとしておりましたが、当第1四半期連結会計期間より単一セグメントに変更しております。
            当社グループでは、従来、営業活動を主体とする「オフィスコンサルタント事業」とメンテナンス活動を
           主体とする「システムサポート事業」に分類しておりましが、当第一四半期連結累計期間より、経営効率を
           高めるとともに顧客との接点を一元化し、お客様に関するニーズを集中的に把握することによりお客様に対
           する一層のサービス向上を図る目的で、会社組織を変更しております。当該状況に伴い、当社グループの経
           営管理体制の実態等を踏まえ報告セグメントについて再考した結果、報告セグメントは単一セグメントが適
           切であると判断したことによるものであります。
            この変更により、当社グループは単一セグメントとなることから、前第1四半期連結累計期間及び当第1
           四半期連結累計期間のセグメント情報の記載を省略しております。
                                 14/18













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期
        純利益及び算定上の基礎は、次のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年3月1日               (自 2019年3月1日
                 項目
                                 至 2018年5月31日)               至 2019年5月31日)
      (1)1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半
                                         3円78銭              △5円41銭
      期純損失(△)
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                         11,805              △16,842
      に帰属する四半期純損失(△)(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
      又は普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純                                   11,805              △16,842
      損失(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 3,126,848               3,114,452
                                                          -

      (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                   3円57銭
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -               -
      (千円)
      普通株式増加数 (株)                                   181,057                 -
      (うち新株予約権(株))                                  (181,057)                  -

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                                           -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
     概要
     (注)1.     当社は、2018年7月31日開催の当社取締役会の決議に基づき、2018年9月1日付で普通株式1株につき2株

          の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当
          たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益を算定しております。
        2.当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するもの
          の、1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
                                 15/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 16/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社No.1(E33037)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年7月11日

     株式会社 No.1
      取締役会 御中
                              三優監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              山本 公太  印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              井上 道明  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社

     No.1の2019年3月1日から2020年2月29日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年3月1日から
     2019年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年3月1日から2019年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社No.1及び連結子会社の2019年5月31日現在の財政状態及
     び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な
     点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。