永大化工株式会社 訂正有価証券報告書 第64期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出書類 訂正有価証券報告書-第64期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)
提出日
提出者 永大化工株式会社
カテゴリ 訂正有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       永大化工株式会社(E02441)
                                                          訂正有価証券報告書
      【表紙】

      【提出書類】                     有価証券報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の2第1項

      【提出先】                     近畿財務局長

      【提出日】                     2019年7月5日

      【事業年度】                     第64期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      【会社名】                     永大化工株式会社

      【英訳名】                     EIDAI   KAKO.,LTD.

      【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長 浦 義則

      【本店の所在の場所】                     大阪市平野区平野北二丁目3番9号

      【電話番号】                     (06)6791―3355(代表)

      【事務連絡者氏名】                     執行役員管理本部長 田中 敏幸

      【最寄りの連絡場所】                     大阪市平野区平野北二丁目3番9号

      【電話番号】                     (06)6791―3355(代表)

      【事務連絡者氏名】                     執行役員管理本部長 田中 敏幸

      【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/3








                                                           EDINET提出書類
                                                       永大化工株式会社(E02441)
                                                          訂正有価証券報告書
      1  【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】

        2019年6月27日に提出いたしました第64期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)有価証券報告書の記載事
       項の一部に誤りがありましたので、これを訂正するため有価証券報告書の訂正報告書を提出するものであります。
      2  【訂正事項】

         第一部 企業情報
          第2 事業の状況
           1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等
           2 事業等のリスク
      3  【訂正箇所】

        訂正箇所は       を付して表示しております。
      第2   【事業の状況】

      1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       (訂正前)
        (1)  経営方針、経営環境及び対処すべき課題の内容
          文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
          当社グループを取り巻く経済環境は、設備投資や雇用環境の改善など引き続き緩やかな回復基調が続くものと期

         待されておりますが、物価上昇を受けての消費者の節約志向も依然根強く、今後の消費者マインドの低下も懸念さ
         れるなど予断を許さない状況であると思われます。
          当社グループは創業から現在まで培ってきた強みを生かし、グローバルビジネスの拡大による「量の追求」と付
         加価値を高める「質の追求」を目標に掲げ、企画開発設計から提案までのトータルサポートを強化し、お客様視点
         でのものづくりに挑戦し続けることで合成樹脂成形メーカーとして、存在感を期待される企業を目指しチャレンジ
         を続けることで社会の発展に貢献しようと考えております。
          これらを実現するための中長期的な課題として、重点方針を以下のとおり定めております。
          ・成長戦略に基づくグローバル営業戦略の強化
          ・コスト体質改革と調達構造の確立
          ・グローバル品質保証体制の確立
          ・商品進化/新商品創出を実現する開発技術の強化
          ・効率的な生産体制とアロケーションの構築
          ・体質強化に向けた収益管理体制の構築
          ・将来に繋がる計画的な人材育成と風土づくり
          これらの取り組みに加え、継続的な事業の展開をしていくためにリスクマネジメント体制の強化とコンプライア
         ンス体制の徹底を図り、コーポレートガバナンスを充実してまいります。
          今後とも当社の存在価値を高め、更なる売上、利益の向上に取り組んでまいります。
                                 2/3






                                                           EDINET提出書類
                                                       永大化工株式会社(E02441)
                                                          訂正有価証券報告書
       (訂正後)

        (1)  経営方針、経営環境及び対処すべき課題の内容
          文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
          当社グループを取り巻く経済環境は、設備投資や雇用環境の改善など引き続き緩やかな回復基調が続くものと期

         待されておりますが、物価上昇を受けての消費者の節約志向も依然根強く、今後の消費者マインドの低下も懸念さ
         れるなど予断を許さない状況であると思われます。
          当社グループは創業から現在まで培ってきた強みを生かし、グローバルビジネスの拡大による「量の追求」と付
         加価値を高める「質の追求」を目標に掲げ、企画開発設計から提案までのトータルサポートを強化し、お客様視点
         でのものづくりに挑戦し続けることで合成樹脂成形メーカーとして、存在感を期待される企業を目指しチャレンジ
         を続けることで社会の発展に貢献しようと考えております。
          これらを実現するための中長期的な課題として、重点方針を以下のとおり定めております。
          ・顧客満足度向上を目指した営業戦略の強化
          ・購買/調達領域のコスト体質改革と管理一元化
          ・生産/品質領域のグローバル保証体制の確立
          ・開発力のレベルアップおよび安全性を主体とした物作りの徹底
          ・原価/経費を意識した収益体質の確立
          これらの取り組みに加え、継続的な事業の展開をしていくためにリスクマネジメント体制の強化とコンプライア
         ンス体制の徹底を図り、コーポレートガバナンスを充実してまいります。
          今後とも当社の存在価値を高め、更なる売上、利益の向上に取り組んでまいります。
      2  【事業等のリスク】

       (訂正前)
        (4)  当社グループの特定取引先に対する依存度について
          当社の取り扱う製品および商品は、各産業分野に分散されておりますが、当連結会計年度における、主な販売先
         に対する販売実績の総販売実績に対する割合は、株式会社ホンダアクセスに対して                                      29.3%   、豊通オートモーティブ
         クリエーション株式会社に対して13.9%、スズキ株式会社に対して12.1%と販売比率が高くなっております。今後
         も当該取引先との安定的な取引を確保できるよう努めてまいりますが、当該取引先との長期契約や資本関係は無
         く、取引の継続性や安定性が保証されていないため、当該取引先の経営施策や取引方針の変更等によっては、当社
         グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (訂正後)

        (4)  当社グループの特定取引先に対する依存度について
          当社の取り扱う製品および商品は、各産業分野に分散されておりますが、当連結会計年度における、主な販売先
         に対する販売実績の総販売実績に対する割合は、株式会社ホンダアクセスに対して                                      27.3%   、豊通オートモーティブ
         クリエーション株式会社に対して13.9%、スズキ株式会社に対して12.1%と販売比率が高くなっております。今後
         も当該取引先との安定的な取引を確保できるよう努めてまいりますが、当該取引先との長期契約や資本関係は無
         く、取引の継続性や安定性が保証されていないため、当該取引先の経営施策や取引方針の変更等によっては、当社
         グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 3/3





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク