株式会社スペースバリューホールディングス 有価証券報告書 第1期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第1期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社スペースバリューホールディングス

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年6月27日
      【事業年度】                    第1期(自 2018年10月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                    株式会社スペースバリューホールディングス
      【英訳名】                    SPACE   VALUE   HOLDINGS     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長CEO  森岡 直樹
      【本店の所在の場所】                    石川県金沢市金石北三丁目16番10号
                         (同所は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                         行っております。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区芝三丁目4番12号(東京本社)
      【電話番号】                    (03)5439-6070(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員経営戦略本部部長  島田 英樹
      【縦覧に供する場所】                    株式会社スペースバリューホールディングス東京本社
                         (東京都港区芝三丁目4番12号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/160











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第1期
             決算年月             2019年3月

                   (百万円)         85,666
     売上高
                   (百万円)          4,366
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)           261
     純利益
                   (百万円)         △ 1,579
     包括利益
                   (百万円)         27,177
     純資産額
                   (百万円)         89,904
     総資産額
                    (円)        739.27
     1株当たり純資産額
                    (円)         7.44
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)         7.38
     当期純利益
                    (%)         28.87
     自己資本比率
                    (%)         0.95
     自己資本利益率
                    (倍)         68.84
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)          7,605
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)         △ 9,845
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)          4,624
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)          7,528
     残高
                    (人)         1,283
     従業員数
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.当社は、2018年10月1日設立のため、前連結会計年度以前に係る記載はしておりません。
         3.第1期連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の連結財務諸表は、単独株式移転により完
          全子会社となった日成ビルド工業株式会社の連結財務諸表を引き継いで作成しております。
         4.株主資本において自己株式として計上されている株式給付信託が保有する当社株式は、1株当たり純資産
          額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上、普通株式の期中平均株式数の
          計算において控除する自己株式に含めております。
                                   2/160






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第1期
             決算年月             2019年3月

                    (百万円)          780
     営業収益
     経常損失(△)               (百万円)         △ 519
     当期純損失(△)               (百万円)         △ 777

                    (百万円)         7,000

     資本金
                     (千株)        35,556
     発行済株式総数
                    (百万円)         18,709
     純資産額
                    (百万円)         48,551
     総資産額
                     (円)        526.20
     1株当たり純資産額
                             26.00

     1株当たり配当額
                     (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                         ( - )
                     (円)       △ 22.15

     1株当たり当期純損失
     潜在株式調整後1株当たり
                     (円)          -
     当期純利益
                     (%)        38.31
     自己資本比率
                     (%)          -
     自己資本利益率
                     (倍)          -
     株価収益率
                     (%)          -
     配当性向
                     (人)          9
     従業員数
                     (%)          -

     株主総利回り
     (比較指標:-)                (%)         ( - )
                     (円)        1,217

     最高株価
                     (円)         476
     最低株価
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失である
          ため記載しておりません。
         3.自己資本利益率、株価収益率及び配当性向については、当期純損失であるため記載しておりません。
         4.当社は2018年10月1日設立のため、前事業年度以前に係る記載及び当事業年度の株主総利回りについては記
          載しておりません。
         5.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
         6.株主資本において自己株式として計上されている株式給付信託が保有する当社株式は、1株当たり純資産額
          及び1株当たり当期純損失の算定上、普通株式の期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めてお
          ります。
                                   3/160





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        2018年10月        日成ビルド工業㈱が単独株式移転により当社を設立し、当社株式は東京証券取引所市場第一部

                に上場(日成ビルド工業㈱株式は2018年9月に上場廃止)。
                ㈱スペースバリューホテルディベロップメントを設立する。
        2019年5月        会社分割を実施し、当社の完全子会社である日成ビルド工業㈱から関係会社株式等管理事業を
                承継。
        また、2018年10月1日に単独株式移転により当社の完全子会社となった日成ビルド工業㈱の沿革は、以下のとおり

       であります。
        (参考:2018年10月までの日成ビルド工業㈱(株式移転完全子会社)の沿革)
        1961年7月        現本社所在地の金沢市金石において前取締役会長 故 森岡 弘が組立式ガレージの製造、販
                売を目的に日成ビルド工業株式会社を設立。
        1968年8月        埼玉県川島町に東京工場(現 東京生産センター)を新設。
           9月    ハウス事業本部を設置。
        1970年4月        名古屋中小企業投資育成株式会社の株式投資を受ける。
        1971年4月        福岡県古賀町に福岡工場(現 福岡生産センター)を新設。
                (1986年10月に福岡県玄海町(現 宗像市)へ移設。)
        1973年10月        岩手県前沢町(現 奥州市)に東北工場(現 東北生産センター)を新設。
        1974年8月        住宅事業本部を設置。(1991年10月特建事業本部に名称変更。)
           9月    株式の額面金額変更のため、日成ビルド工業株式会社と合併。
        1976年9月        「森岡産業株式会社」を吸収合併。
        1978年8月        大阪証券取引所市場第二部に株式上場。
        1979年7月        北海道江別市に江別工場(現 江別生産センター)を新設。
           8月    「日成ハウジング株式会社」の株式の過半数取得し、子会社とする。
                (1990年9月「日成エンジニアリング株式会社」に商号変更。)
        1980年11月        建材事業本部を設置。
        1981年12月        石川県内灘町に内灘工場を新設。
        1988年3月        立駐事業本部設置。
        1989年9月        愛媛県丹原町(現 西条市)に四国工場(現 四国生産センター)を新設。
        1991年2月        大阪証券取引所市場第一部に株式上場。
        1993年9月        建築リース事業本部設置。
                音響機器リース事業本部設置。(1997年3月ライフシステム事業本部に名称変更。)
        1994年4月        子会社「日成リース株式会社」を吸収合併。
        1995年11月        特建事業本部を建材事業本部に統合。
                電子機器開販事業本部設置。
        1996年10月        東京証券取引所市場第一部に株式上場。
        1999年1月        営業総括本部(現 営業本部)を設置し、ハウス、建築リース、ライフシステム、立駐、建
                材、電子機器開販の各事業本部を事業部に変更し統括。
        2000年5月        ハウス、建築リース、ライフシステム、立駐、建材、電子機器開販の各事業部を、プレハブ建
                築の販売及びリースを軸とするハウス事業本部(現 営業本部)と立体駐車場関連の事業を軸
                とするパーキング・システム事業本部(現 営業本部)に統合。
        2007年4月        大阪証券取引所市場第一部を上場廃止とし、東京証券取引所市場第一部の単独上場とする。
        2008年4月        大型スパンタイプ製品の拡大を図るためVスパン事業管理部(現 営業本部)を、首都圏営業
                の強化のため首都圏事業部を設置。
        2009年3月        子会社「日成エンジニアリング株式会社」を吸収合併し、メンテナンス本部を設置。
        2010年10月        首都圏営業の強化のため、東京支店を東京支社に改組。
                                   4/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        2012年3月        生産・物流の合理化・効率化の推進により、石川県内灘町の生産拠点及び広島県安芸高田市の
                物流拠点を売却。
        2012年9月        「株式会社小澤建設(現 株式会社NB建設北関東)」の全株式を取得し、子会社とする。
        2013年1月        東南アジア市場への本格的な進出拠点として、シンガポールに子会社「NISSEI                                     BUILD   ASIA
                PTE.LTD.」を設立する。
        2013年2月        「相鉄建設株式会社(現 株式会社NB建設)」の全株式を取得し、子会社とする。
        2013年3月        「東和工建株式会社(現 株式会社NBパーキング)」の全株式を取得し、子会社とする。
        2013年7月        システム建築事業及び立体駐車場事業を展開するため、タイに子会社「SPACE                                    VALUE
                (THAILAND)CO.,LTD.」を設立。
        2013年9月        建築物及び設備の清掃、保守及び管理等の事業を行う子会社「株式会社NBファシリティー
                ズ」を設立。
        2013年12月        不動産の開発、売買及び賃貸等の事業を行う子会社「株式会社NBインベストメント」を設
                立。
        2014年6月        当社グループにおけるコンピュータシステム及びソフトウェアの企画、設計、開発、運用、
                賃貸借及び保守等を行う子会社「株式会社NBネットワークス」を設立。
        2015年3月        立体駐車場事業を展開するため、ベトナムに関係会社「                          PCC-1   NISSEI    TIC  AUTO   PARKING
                JOINT   STOCK   COMPANY    」を設立。
        2015年4月        建築物及び関連施設の総合管理、メンテナンス事業を行う子会社「株式会社ジー・エフ・エム
                (現 株式会社NBマネジメント)」を設立。
        2015年6月        旧株式会社ジー・エフ・エムが営む建築物及び関連施設の総合管理、メンテナンス事業を子会
                社「株式会社ジー・エフ・エム(現 株式会社NBマネジメント)」が事業継承する。
        2015年11月        不動産の開発、取得、処分、賃貸及び管理等を行う子会社「合同会社スペースバリューA号」
                を設立。
        2015年12月        マレーシアにおいて駐車場運営・管理事業を展開する「EXCELLENCE                               PARKING    SOLUTION
                SDN.BHD.」の株式を取得し、関係会社とする。
        2016年4月        「コマツハウス株式会社(現 株式会社システムハウスアールアンドシー)」の株式を取得
                し、子会社とする。
        2017年1月        株式会社NBマネジメントを存続会社、株式会社NBファシリティーズを消滅会社として吸収
                合併。
        2017年8月        シンガポールにおいて駐車場運営・管理事業を展開する「P-PARKING                                INTERNATIONAL       PTE
                LTD」の株式を取得し、子会社とする。
        2017年10月        不動産投資法人の投資口の取得及び保有等を行う子会社「NBNS投資事業有限責任組合」を
                設立。
        2018年6月        駐車場運営・管理事業を展開するため、タイに子会社「NISSEI                             ABSA   CO.,LTD」を設立。
        2018年7月        「アーバン・スタッフ株式会社」の株式を取得し、子会社とする。
                                   5/160









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社は持株会社として、子会社等の経営管理及びそれに附帯または関連する業務を行っております。
        また、当社グループは、当社、連結子会社18社、持分法適用関連会社1社及び持分法非適用関連会社1社(2019年
       3月31日現在)により構成され、システム建築事業、立体駐車場事業、総合建設事業、開発事業及びファシリティマ
       ネジメント事業を主たる業務としております。
        なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当してお
       り、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断すること
       となります。
        当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
        システム建築事業            日成ビルド工業㈱及び㈱システムハウスアールアンドシーがシステム建築工事の請負及

                 :
                  びレンタルを行っております。
        立体駐車場事業            日成ビルド工業㈱が機械式駐車場・自走式駐車場工事の請負、メンテナンス及びリ
                 :
                  ニューアルを行っております。
                   また、㈱NBパーキングが駐車場運営・管理を行っております。
        総合建設事業            ㈱NB建設、㈱NB建設北関東及びアーバン・スタッフ㈱が建築工事・土木工事の請負
                 :
                  及びリニューアルを行っております。
                   また、㈱NB建設は鉄道工事の請負及びメンテナンスも行っております。
        開発事業            日成ビルド工業㈱、㈱NBインベストメント、㈱NBマネジメント及び合同会社スペー
                 :
                  スバリューA号が不動産の開発、売買及び賃貸等を行っております。
        ファシリティ            ㈱NBマネジメント他1社が建築物及び設備の清掃、保守、管理及びコンサルティング
                 :
        マネジメント事業          を行っております。
        海外においては、NISSEI            BUILD   ASIA   PTE.LTD.及びP-PARKING           INTERNATIONAL       PTE  LTD(シンガポール)は立体駐

       車場工事の請負及び駐車場運営・管理、SPACE                      VALUE   (THAILAND)      CO.,LTD.(タイ)はシステム建築及び立体駐車場
       工事の請負並びに駐車場運営・管理を行っております。また、PCC-1                                NISSEI    TIC  AUTO   PARKING    JOINT   STOCK
       COMPANY(ベトナム)は立体駐車場工事の請負及びメンテナンス、EXCELLENCE                                    PARKING    SOLUTION     SDN.BHD.(マレー
       シア)及びNISSEI-ABSA           CO.,LTD.(タイ)は駐車場運営・管理を行っております。
        また、㈱NBネットワークスは、当社グループにおけるコンピュータシステム及びソフトウェアの企画、設計、開
       発、運用、賃貸借及び保守並びに経営管理業務等を行っており                             、NBNS投資事業有限責任組合は、不動産投資法人
       の投資口の取得及び保有等を行っております。
                                   6/160











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。
                                   7/160




















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                             議決権の所
                                             有割合又は
          名称           住所        資本金       主要な事業の内容                  関係内容
                                             被所有割合
                                              (%)
     (連結子会社)                        百万円

     日成ビルド工業㈱            石川県金沢市              7,002    システム建築事業             100   資金の貸借
     (注)2、4、8                              立体駐車場事業                役員の兼任
                                    開発事業                不動産の賃借
     ㈱システムハウスアール            東京都品川区              1,436    システム建築事業             100   資金の貸借
     アンドシー                                           (100)    役員の兼任
     (注)2、3、5、8
     ㈱NB建設            横浜市神奈川区               490   総合建設事業             100   役員の兼任
     (注)3、6、8                                           (100)
     ㈱NB建設北関東            埼玉県加須市                50     同上          100   資金の貸借
     (注)3、8                                           (100)    役員の兼任
     アーバン・スタッフ㈱            栃木県宇都宮市                30     同上          100   資金の貸借
     (注)3、8                                           (100)    役員の兼任
     ㈱NBパーキング            東京都港区                30  立体駐車場事業             100   資金の貸借
     (注)3、8                                           (100)    役員の兼任
     ㈱NBインベストメント            東京都港区                30  開発事業             100   資金の貸借

     (注)3、8                                           (100)    役員の兼任
     合同会社スペースバ            東京都港区               490      同上          100   資金の貸借
     リューA号(注)3、8                                           (100)    役員の兼任
                                                    債務保証
     ㈱スペースバリューホテ            東京都港区                10     同上          80   資金の貸借
     ルディベロップメント                                           (80)   役員の兼任
     (注)3、8
     ㈱NBマネジメント            東京都港区               285   ファシリティマネ             100   資金の貸借
     (注)3、8、9                              ジメント事業             (100)    役員の兼任
     ㈱NBネットワークス            東京都港区                30     全社          100   資金の貸借
     (注)3、8、9                                           (100)    役員の兼任
                                                    業務委託
     NBNS投資事業有限責            石川県金沢市              2,060       同上          50      -
     任組合(注)2、3、7
                                                 (50)
     NISSEI    BUILD   ASIA      シンガポール共              SGD    立体駐車場事業             100   役員の兼任
                  和国           63,781,576                   (100)
     PTE.LTD.(注)2、3
     P-PARKING            シンガポール共              SGD       同上          100   役員の兼任
                  和国            4,000,000                  (100)    債務保証
     INTERNATIONAL       PTE  LTD
     (注)3
     SPACE   VALUE(THAILAND)         タイ王国              THB       同上          46   役員の兼任
                             100,000,000                    (46)   債務保証
     CO.,LTD.(注)3、7
     NISSEI    ABSA   CO.,LTD      タイ王国              THB       同上          45   役員の兼任
                             29,000,000
     (注)3、7                                           (45)
     その他2社
                                   8/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                                             議決権の所
                                             有割合又は
          名称           住所        資本金       主要な事業の内容                  関係内容
                                             被所有割合
                                              (%)
     (持分法適用関連会社)

     EXCELLENCE      PARKING       マレーシア              MYR       同上          49   役員の兼任
                               100,000
     SOLUTION     SDN.BHD.                                       (49)
     (注)3
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
        2.特定子会社に該当しております。
        3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
        4.日成ビルド工業㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が
         10%を超えております。
         主要な損益情報等           (1)    売上高         39,066百万円
                    (2)    経常利益         1,839百万円

                    (3)    当期純損失          724百万円

                    (4)    純資産額         21,784百万円

                    (5)    総資産額         57,706百万円

        5.㈱システムハウスアールアンドシーについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上
         高に占める割合が10%を超えております。
         主要な損益情報等           (1)    売上高         19,704百万円
                    (2)    経常利益         1,609百万円

                    (3)    当期純利益         1,092百万円

                    (4)    純資産額         9,473百万円

                    (5)    総資産額         18,652百万円

        6.㈱NB建設については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を
         超えております。
         主要な損益情報等           (1)    売上高         16,592百万円
                    (2)    経常利益          834百万円

                    (3)    当期純利益          568百万円

                    (4)    純資産額         3,507百万円

                    (5)    総資産額         9,885百万円

        7.持分は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため子会社としたものであります。
        8.当社は連結子会社各社にCMS(キャッシュ・マネジメント・システム)を導入しております。
        9.㈱NBマネジメント及び㈱NBネットワークスは債務超過会社であり、債務超過の額は、2019年3月末時点で
         それぞれ547百万円及び524百万円となっております。
                                   9/160






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2019年3月31日現在
                                           従業員数(人)
               セグメントの名称
                                                         825
      システム建築事業及び立体駐車場事業
                                                         189
      総合建設事業
                                                          5
      開発事業
                                                         32
      ファシリティマネジメント事業
      全社(共通)                                                   232
                                                        1,283

                  合計
      (注)1.システム建築事業及び立体駐車場事業については、同一の従業員が複数の事業に従事しているため、区分し
          て従業員数を記載しておりません。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
                9            46.1              0.5           3,706,890
                                           従業員数(人)

               セグメントの名称
      全社(共通)                                                    9
                                                          9

                  合計
      (注)1.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         2.平均勤続年数は、当社の設立日である2018年10月1日を起算日としております。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (3)労働組合の状況

         当社及び一部の関係会社を除く関係会社につきましては、労働組合は結成されておりません。
         ㈱システムハウスアールアンドシーは、ユニオン・ショップ制度によるシステムハウスR&Cユニオンが組織さ
        れており、2019年3月31日現在における組合員数は154名であります。
         また、㈱NB建設は、ユニオン・ショップ制度によるNB建設労働組合が組織されており、2019年3月31日現在
        における組合員数は107名であります。
         なお、共に労使関係は安定しております。
                                  10/160







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      (1)経営方針
        当社は、お客様や株主・投資家の皆様、お取引先、そして社員などあらゆるステークホルダーに対して、誠実で責
       任のある行動を心掛け、信頼される企業として成長していくことを会社の経営方針とし、次の経営理念を実践してま
       いります。
       ■ 素直に思ったことを、率直に話し合い、正直に行動し信頼関係を築こう。
       ■ 随所作主の精神で、社員一人ひとりが経営に参加する全員経営の意識を持とう。
       ■ 社会貢献の出来るサービスを提供し、顧客満足度の向上を目指そう。
       ■ 市場の変化に迅速かつ的確に対応し、常に企業価値を高める企業体質を目指そう。
      (2)対処すべき課題

        当社を取り巻く経営環境は、             建設業界におきましては民間設備投資の継続が期待される一方で、労働者不足や資材
       価格・労務費の上昇など引き続き厳しい経営環境で推移するものと想定されます。
        このような状況のなか当社グループといたしましては、「企業価値の最大化」、「グループシナジー効果の最大化
       と経営の効率化」、「コーポレート・ガバナンス強化」を目的として2018年10月1日付にて持株会社体制に移行し、
       その体制のもと、2020年3月期をスタートとする3ヵ年の中期経営計画に基づき、今後更なる成長戦略を推進してま
       いります。
        当社は、当連結会計年度に判明した不適切な会計処理等の問題に関しましては、第三者委員会による調査の結果、
       ①原価付替えその他会計に係る不適切処理、②レンタル工事未払金の過大計上、③マレーシア国その他の海外案件に
       対する独断的な意思決定及びそれに伴うビジネスリスク精査の欠如並びにモニタリング不全、④横浜市において建設
       が計画されたホテルに係る不適切な会計処理といった不適切行為並びに上場会社として不適切な内部管理態勢が認め
       られた旨の指摘を受けました。また、これらの不適切行為を生ぜしめるに至った根本原因として、「業績絶対主義を
       背景に達成困難な業績目標を設定させ、その業績目標を達成するために行われてきた悪しき先例主義を放置し、権限
       及び情報を偏在させて会社経営をコントロールするとともに、人事権の行使により支配を強固なものとした。これに
       加え、モニタリング機能を無効化ないし不全にすることによって、一部の役員・執行役員を巻き込んだ支配の構図を
       形成し、長期にわたる体制維持を可能とした」と、第三者委員会の指摘に端的に示されました。
        かかる指摘を踏まえ、当社は、第三者委員会から、再発防止策の策定に際しての指針として、以下の5つの点を提
       言されております。
        ① 業績絶対主義からの脱却
        ② 先例主義の見直し
        ③ 権限と情報の適正化
        ④ モニタリングの充実
        ⑤ 適切な人員配置及び人事権行使
                                  11/160









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        当社は、第三者委員会の提言内容を真摯に受け止め、指摘されている根本原因を解決し、上記の指針に対応する再
       発防止策として、以下のⅠ~Ⅴのとおり整理した業務改善措置を実施し、信頼の回復を早期に実現することが必要で
       あると認識しております。
        Ⅰ ガバナンス改革

         ⑴ 取締役に求める要件(資質、スキル及び経験等)と選任プロセスの明確化・合理化及び機関設計の見直し
         ⑵ 取締役会の適切な運営と実効性評価
         ⑶ マネジメント層への研修機会の提供
        Ⅱ 子会社日成ビルド工業株式会社における原価付替え等の防止策

         ⑴ 業績目標管理制度の見直し
         ⑵ 実行予算管理規程の見直し
         ⑶ 売上計上及び原価計算プロセスの見直し
         ⑷ 外注先に対する管理体制の見直し
         ⑸ 人事評価基準及び懲戒基準の見直し
        Ⅲ 投資管理体制の構築

         ⑴ 投資委員会の設置
         ⑵ 投資委員会における意思決定プロセスの明確化
         ⑶ 投資案件に対するリスクアセスメントの厳格化
         ⑷ 海外子会社の管理体制の見直し
        Ⅳ 監査役監査及び内部監査機能の強化

         ⑴ 監査役による監査機能の向上
         ⑵ 内部監査担当者の選任と人員増強
         ⑶ 三様監査における連携の強化
         ⑷ 海外子会社等のグループ内部監査の強化
        Ⅴ コンプライアンス体制の再構築・体系的教育

         ⑴ コンプライアンス基本方針の確立・体制整備
         ⑵ コンプライアンス教育体系、計画の立案とそのモニタリング
         ⑶ 内部通報制度の周知徹底
         ⑷ 反社会的勢力等との断絶
                                  12/160










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2019年6月27日)現在において当社グループが判断し
       たものであります。また、次に掲げる事項は、すべてのリスク等を網羅したものではなく、これらに限定されるもの
       ではありません。
       (1)  建設資材価格等の高騰
        建設資材価格の高止まりや労働力不足に伴う労務単価の上昇懸念など予断を許さない状況にありますが、当社グ
       ループとしては生産効率の向上や既存製品の規格統一化の推進など原価低減に努めております。しかしながら、建設
       資材価格や労務単価が予想を越え大幅に上昇あるいは急激に上昇し、これを販売価格に転嫁できない場合や自助努力
       により吸収できない場合には、当社グループの経営成績、財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (2)  企業間競争の激化
        建設市場においては、受注獲得に向け競合他社との競争が激化している状況にあります。当社グループとしては、
       システム建築事業、立体駐車場事業及び総合建設事業を軸に、過度な価格競争に陥ることがないよう、製品開発ス
       ピードの向上や企画提案力の強化等に取り組んでおります。しかしながら、景気見通しの悪化や金利の上昇等に伴う
       民間設備投資の抑制、公共投資の削減等の政策によっては更なる企業間競争の激化を招き、売上高の減少や利益率の
       低下など当社グループの経営成績、財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (3)  法的規制
        当社グループの属する建設業界は、建設業法、建築基準法等の法的規制を受けております。法律の改廃や新たな規
       制の新設、適用基準の変更等によっては、当社グループの経営成績、財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       また、環境及び安全への対策やそれらに配慮した事業活動を行っておりますが、環境関連法令の改正等によっては、
       当社グループに新たな負担が発生する可能性があります。
       (4)  瑕疵責任
        当社グループは、製品の設計、開発、製造及び施工にあたっては、法令等の遵守、安全管理のほか、品質管理など
       十分配慮しておりますが、製品に予期しない欠陥や施工不良等が生じ、改修や損害賠償等が生じる可能性がありま
       す。多額な処理費用の発生や当社グループの信用の低下等が生じた場合には、当社グループの経営成績、財務状況に
       悪影響を及ぼす可能性があります。
       (5)  資産価値の下落による影響
        今後の経営環境の変化等により、たな卸資産及び固定資産の資産価値が低下した場合には、たな卸資産の簿価切り
       下げ及び減損処理により、当社グループの経営成績、財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (6)  災害等
        当社グループの生産拠点及び物流拠点は、市場性、原材料調達先、外注加工先等との関係及び輸送条件並びに経営
       資源の有効的な活用などの観点に加え、地震、台風等の自然災害又は不測の事故が発生した場合にも、この影響が最
       小限に抑えられるようロケーションを決定しておりますが、万一これらが発生した場合には、当社グループの経営成
       績、財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (7)  不動産開発
        当社グループは、収益安定型であるストック型ビジネスの拡大のため、不動産開発を行っておりますが、地価や開
       発コストの上昇など想定外の費用の発生または開発計画の遅延もしくは中止を余儀なくされる場合には、当社グルー
       プの経営成績、財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (8)  為替リスク
        当社グループは、海外事業基盤の強化のための施策を推進し、東南アジア諸国を中心に事業展開を図っておりま
       す。海外事業における取引通貨のほとんどは現地通貨であり、これらの通貨に対する急激な円高の進行は、当社グ
       ループの経営成績、財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  13/160






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        当社は、2018年10月1日に単独株式移転により日成ビルド工業株式会社の完全親会社として設立されましたが、日
       成ビルド工業株式会社の連結財務諸表を引継いで作成しておりますので、当連結財務諸表は2018年4月1日から2019
       年3月31日となります。また、連結の範囲に実質的な変更はないため、前年同期と比較を行っている項目については
       日成ビルド工業株式会社の2018年3月期の連結業績と比較しております。
       (1)業績等の概要

        ① 業績
          当連結会計年度における我が国経済は、企業収益や雇用環境の改善等を背景に、設備投資の増加や個人消費の
         持ち直しなど緩やかな回復基調で推移いたしました。また、建設業界におきましても、公共工事、民間工事とも
         に底堅く推移いたしました。
          2018年10月1日付でスペースバリューホールディングスグループとして持株会社体制に移行し、「空間に、成
         長を。」を新たなブランドイメージに掲げ、土地開発から建設・運用・維持管理・リニューアルのワンストップ
         ソリューション体制のもと、グループ力を集結して、空間の価値を高める事業活動を推進してまいりました。
          当連結会計年度の経営成績は、売上高は                   85,666   百万円(前年同期比111.7%、8,974百万円増)、営業利益は
         4,228   百万円(前年同期比106.3%、248百万円増)、経常利益は                           4,366   百万円(前年同期比110.5%、414百万円
         増)となりました。しかしながら、特別調査費用として                          324  百万円及び開発事業資産等の事業計画の精査を行っ
         たこと等により減損損失           2,968   百万円を特別損失に計上した結果、親会社株主に帰属する当期純利益は                                 261  百万円
         (前年同期比10.5%、2,223百万円減)となりました。
          セグメントの業績は、次のとおりであります。

       (システム建築事業)
         システム建築事業につきましては、販売事業では事務所・工場や幼稚園・保育園の建築が堅調に推移したことに
        加え、大スパンタイプ商品「日成Vスパン-S」も好調に推移したこと等から売上高は34,074百万円(前年同期比
        109.9%、3,083百万円増)となりました。また、レンタル事業では、学校施設の耐震化等に伴う仮設校舎は底堅く
        推移した結果、売上高は           13,248   百万円(前年同期比111.8%、1,398百万円増)となりました。
         これらの結果、同事業全体の売上高は47,323百万円(前年同期比110.5%、4,481百万円増)となりました。
         なお、自然災害により被災した地域の復旧・復興を通じ社会貢献活動に努めました。
       (立体駐車場事業)

         立体駐車場事業につきましては、メンテナンス事業ではリニューアル工事が低調に推移し売上高は2,302百万円
        (前年同期比92.4%、188百万円減)に留まりましたが、販売事業ではコンベンションホール等の大型立体駐車場
        の建築が増加したこともあり売上高は8,824百万円(前年同期比116.3%、1,238百万円増)となりました。
         一方、駐車場運営・管理事業では、国内は3月末において駐車場は419件4,694台(586台純増)及び駐輪場は76
        件12,631台(231台純増)、海外は3月末において駐車場253件116,848台(34,481台純増)と、シンガポール国内
        有数の駐車場運営会社を子会社化した成果があり、売上高は4,883百万円(前年同期比166.0%、1,941百万円増)
        となりました。
         これらの結果、同事業全体の売上高は16,010百万円(前年同期比123.0%、2,991百万円増)となりました。
       (総合建設事業)

         総合建設事業につきましては、土木工事、マンション等の建築工事及び大規模修繕工事が堅調に推移したことに
        より、売上高は18,400百万円(前年同期比107.8%、1,333百万円増)となりました。
       (開発事業)

         開発事業につきましては、大手コンビニエンスストア開発に加え、当連結会計年度より複合型商業施設の開発に
        取り組んだことにより、売上高は               2,658   百万円(前年同期比98.9%、29百万円減)となりました。
       (ファシリティマネジメント事業)

         ファシリティマネジメント事業につきましては、大手外食チェーン店やドラッグストア等の商業店舗に向けて積
        極的な営業活動に取り組んだ成果もあり、売上高は1,273百万円(前年同期比118.4%、198百万円増)となりまし
        た。
                                  14/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ② キャッシュ・フロー
         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は前連結会計年度末と比べ                                              2,380   百万
        円増加し    7,528   百万円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果獲得した資金は              7,605   百万円(前連結会計年度は484百万円の使用)となりました。これは、主に
        売上債権の回収が進んだことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は              9,845   百万円(前年同期比118.4%)となりました。これは、主にアーバン・ス
        タッフ株式会社の株式取得による子会社化や東京都における自社ビル等の不動産取得による支出によるものであり
        ます。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果獲得した資金は              4,624   百万円(前年同期比93.1%)となりました。これは、主に銀行借入金の増
        加によるものであります。
                                  15/160
















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ③ 生産、受注及び販売の実績
        a.生産実績
         当社の生産品目は広範囲かつ多種多様であり、セグメントごとに生産実績を示すことは困難なため、当連結会計
        年度の各社における工場生産実績合計を示すと、次のとおりであります。
                                      当連結会計年度
                                     (自 2018年4月1日              前年同期比(%)
                                      至 2019年3月31日)
        日成ビルド工業株式会社(百万円)
                                         8,338            124.9
        株式会社システムハウスアールアンドシー(百万円)                                 1,924            115.0
                    合 計                     10,262             122.9
        (注)1.上記の金額は製造原価によっております。
           2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        b.  受注実績

         当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                      当連結会計年度
                                     (自 2018年4月1日
           セグメントの名称
                                      至 2019年3月31日)
                           受注高       前年同期比(%)           受注残高       前年同期比(%)
        システム建築事業(百万円)                     47,619          103.1         23,905          101.2
        立体駐車場事業       (百万円)             12,163          111.8         11,113          124.4
        総合建設事業(百万円)
                             25,035          167.8         19,456          163.7
             合  計               84,818          117.8         54,474          122.6
        (注)1.     受注生産を行っていない立体駐車場事業におけるメンテナンス事業の定期点検及び駐車場運営・管理事
            業並びに    不動産の売買、賃貸、仲介、管理及びコンサルティングを行う開発事業、ファシリティマネジメ
            ント事業    については、受注高に含めておりません                   。
           2.  上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        c.販売実績

         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度
             セグメントの名称                  (自 2018年4月1日                 前年同期比(%)
                                至 2019年3月31日)
        システム建築事業(百万円)                             47,323                 110.5
        立体駐車場事業       (百万円)                      16,010                 123.0
        総合建設事業(百万円)
                                     18,400                 107.8
        開発事業(百万円)                              2,658                 98.9
        ファシリティマネジメント事業(百万円)                              1,273                118.4
                合  計                      85,666                 111.7
        (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
           2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
                                  16/160






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (2)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
        文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2019年6月27日)現在において当社が判断したものでありま
       す。
        ① 重要な会計方針及び見積り

          当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成して
         おります。この連結財務諸表の作成に当たって採用している連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
         は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 [注記事項] (連結財務諸表作成のた
         めの基本となる重要な事項)」に記載のとおりであります。また、過去の実績や入手可能な情報等に基づき見積
         りを行っておりますが、見積りには不確実性が伴い、実際の結果と異なる場合があります。
        ② 財政状態の分析

          当連結会計年度末における資産合計は、主にアーバン・スタッフ株式会社の株式取得による子会社化や東京都
         における自社ビルの取得により、前連結会計年度末と比べ8,430百万円増加し、89,904百万円となりました。
          負債合計は、主に銀行借入金の増加により、前連結会計年度末と比べ11,337百万円増加し、62,726百万円とな
         りました。
          純資産合計は、主にその他有価証券評価差額金の減少により、前連結会計年度末と比べ2,906百万円減少し、
         27,177百万円となりました。
          また、キャッシュ・フローの状況については「                      (1)業績等の概要         ②キャッシュ・フロー」をご参照くださ
         い。
          また、当社グループの有利子負債の状況及びキャッシュ・フロー関連指標のトレンドは、次のとおりでありま
         す。
                 期  別                2019年3月期
        有利子負債残高 (百万円)                             29,236
        総 資 産 額 (百万円)                             89,904
        有利子負債比率   (%)                              32.5
        キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)                               3.8
        インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)                              38.2
        自己資本比率    (%)                              28.9
        時価ベースの自己資本比率(%)
                                       20.0
        キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業活動によるキャッシュ・フロー
        インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業活動によるキャッシュ・フロー/利払い
        自己資本比率:自己資本/総資産
        時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
        (注)1.いずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
           2.株式時価総額は自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。
           3.有利子負債は連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っているすべての負債を対象と
             しております。
                                  17/160







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ③ 経営成績の分析
         (売上高)
          堅調な民間設備投資を背景に、建設に関わる事業は総じて堅調に推移したことに加え、海外事業においてシン
         ガポール国内有数の駐車場運営会社を子会社化した成果もあり、売上高は                                  85,666   百万円となりました。
          なお、セグメントの業績等の詳細は「                  (1)業績等の概要         ①  業績」をご参照ください。
         (営業利益及び経常利益)
          売上高の増加に伴い売上総利益額が増加し、営業利益は                          4,228   百万円となりました。また、受取配当金の増加
         に伴い、経常利益は         4,366   百万円となりました。
         (親会社株主に帰属する当期純利益)
          特別調査費用として         324  百万円及び開発事業案件における事業計画の精査を行ったこと等により減損損失                                     2,968
         百万円を特別損失に計上した結果、親会社株主に帰属する当期純利益は                                 261  百万円となりました         。
        ④ 資本の財源及び資金の流動性についての分析

          当社グループは、事業活動に必要な流動性を保ちつつ、健全なバランスシートを維持することを基本とし、
         キャッシュ・フローを重視した経営を推進しております。また、当社グループの運転資金及び設備投資資金の調
         達は、自己資金及び借入金等により賄っており、余剰資金については借入金の返済に充当するなど資金の効率化
         を図っております。
          なお、当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況については、「                               (1)業績等の概要         ②キャッシュ・フ
         ロー」をご参照ください。
      4【経営上の重要な契約等】

       (吸収分割契約)
        2019年3月11日の当社取締役会決議に基づき、2019年5月31日を効力発生日として、当社の完全子会社である日成
       ビルド工業株式会社から、関係会社株式等管理事業を当社に承継するため、同社との間で吸収分割契約を締結するこ
       とを決定し、日成ビルド工業株式会社との間で吸収分割契約を締結いたしました。
        詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」をご参照くださ
       い。
      5【研究開発活動】

        当社グループは、「空間に、成長を。」をテーマに、空間の可能性を最大限に引き出すとともに、お客様の用途に
       適した製品の開発・改良に取り組んでおります。また、生産効率及び施工効率の向上など原価低減を念頭においた既
       存製品の改良にも努めております。
        当連結会計年度においては、システム建築製品・立体駐車場製品等の改善・改良に継続的に取り組んだ結果、当連
       結会計年度の研究開発費は            38 百万円となりました。
        なお、当社グループの製品は広範囲かつ多種多様であり、各セグメントに研究開発費を配分することは困難なた
       め、その総額を記載しております。
                                  18/160









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
        以下に掲げる金額等には消費税等は含めておりません。
      1【設備投資等の概要】

        当社グループでは、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して設備投資を行っており、当連結会計年度
       中では   9,373   百万円の設備投資を実施いたしました。
        その主なものは、グループ事業の更なる拡大を見据えた東京の自社ビル取得で4,299百万円、システム建築事業の
       レンタル事業における建築用部材の新規投入660百万円、立体駐車場事業の駐車場運営・管理事業における駐車場設
       備の取得で1,622百万円及び開発事業における開発用地取得により2,675百万円の投資を実施いたしました。
        なお、当連結会計年度において、減損損失2,968百万円を計上いたしました。減損損失の内容については「第5 
       経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(連結損益計算書関係)」に記載のとおりでありま
       す。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
         該当事項はありません。
       (2)国内子会社

                                                      2019年3月31日現在
                                          帳簿価額
             事業所名                                             従業員数
                   セグメント
      会社名                  設備の内容                         土地
                              建物及び              工具器具
             (所在地)       の名称               機械装置    車輌運搬具               合計    (人)
                              構築物              ・備品    (百万円)
                                  (百万円)     (百万円)              (百万円)
                              (百万円)              (百万円)
                                                 (面積㎡)
           本社、営業店、        システム建
                         統括業務設
           生産センター他
                   築事業
     日成ビルド工
                                                  6,473
                         備
                               5,004     253     0    120        11,853      541
           (石川県金沢市        立体駐車場
                         建設部材生
     業㈱                                           (389,471)
                         産設備
           他)        事業
           本社、工場他
     ㈱システムハ
                   システム建     統括業務設                         1,802
     ウスアールア      (東京都品川区                    2,843     348     5    65        5,066     257
                   築事業     備
                                                (141,720)
     ンドシー
           他)
     ㈱NB建設北      本社        総合建設事     統括業務設                           32
                                 -     -     -     0         32    12
     関東              業     備
           (埼玉県加須市)                                      (4,537)
           本社
                   総合建設事     統括業務設
           (横浜市神奈川
     ㈱NB建設                            7    -     -     31     -     38    184
                   業     備
           区)
           本社
     アーバン・ス
                   総合建設事     統括業務設                          115
           (栃木県宇都宮
                                 11    500     3     0         632     11
     タッフ㈱              業     備                        (18,730)
           市)
     ㈱NBパーキ      本社        立体駐車場     統括業務設                          173
                                280     577     0     0        1,032      10
     ング      (東京都港区)        事業     備                         (351)
     ㈱NBインベ      本社              統括業務設                          252
                   開発事業
                                498     -     -     0         753     ▶
     ストメント      (東京都港区)              備                         (1,005)
     合同会社ス
           本社              統括業務設                         5,832
     ペースバ              開発事業
                                 -     -     -     -        5,832      -
                         備
           (東京都港区)                                      (2,250)
     リューA号
      (注)1.主要な設備には、建設仮勘定は含めておりません。
         2.国内子会社の日成ビルド工業㈱及び㈱システムハウスアールアンドシーの建物及び構築物にはそれぞれレン
          タル用建物1,331百万円及び1,919百万円を含んでおります。また、日成ビルド工業㈱及び㈱NBインベストメ
          ントにはそれぞれ賃貸用として建物及び構築物260百万円及び498百万円並びに土地230百万円(23,569㎡)及
          び252百万円(1,005㎡)を含んでおります。
                                  19/160





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                                      2019年3月31日現在
                                          帳簿価額
             事業所名      セグメント                                      従業員数
      会社名                  設備の内容
                              建物及び              工具器具      土地
             (所在地)       の名称               機械装置    車輌運搬具               合計    (人)
                              構築物              ・備品    (百万円)
                                  (百万円)     (百万円)              (百万円)
                              (百万円)              (百万円)     (面積㎡)
     P-PARKING
           シンガポール共和        立体駐車場     統括業務設
     INTERNATIONA                           84     -     80   2,770      -   2,935     185
           国        事業     備
     L PTE  LTD
      (注)主要な設備には、建設仮勘定は含めておりません。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。
        なお、当連結会計年度末現在における設備投資計画(新設・拡充)は、システム建築事業において、レンタル用建
       物の新規投入で600百万円、生産設備増強300百万円及び立体駐車場事業において、その他駐車場運営設備投資1,500
       百万円等を含め、合計2,400百万円であります。
                                  20/160















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           60,000,000

                  計                                60,000,000

        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数              提出日現在発行数
                                        上場金融商品取引所名
                  (株)             (株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
               (2019年3月31日)             (2019年6月27日)            取引業協会名
                                                      単元株式数
                                        東京証券取引所
                   35,556,584             35,556,584
     普通株式
                                        市場第一部
                                                       100株
                   35,556,584             35,556,584             -           -
         計
                                  21/160














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
          当社は、2018年10月1日に単独株式移転により日成ビルド工業株式会社の完全親会社として設立されたことに
         伴い、日成ビルド工業株式会社が発行した新株予約権は同日をもって消滅し、当該新株予約権の新株予約権者に
         対し、当該新株予約権に代わり、基準時における当該新株予約権の総数と同数の新株予約権を交付いたしまし
         た。当社が交付した新株予約権の内容は以下のとおりとなります。
     1.株式会社スペースバリューホールディングス第1回新株予約権

      決議年月日(注)2
                                 2018年6月28日
      付与対象者の区分及び人数(注)3                           日成ビルド工業株式会社取締役 3名 [2名]
      新株予約権の数(個)(注)1                           35 [18]
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式 17,500 [9,000](注)4
      内容及び数(株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)1                           1(注)5
      新株予約権の行使期間(注)1
                                 自 2018年10月1日 至 2041年8月28日
                                 発行価格              239
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)(注)1
                                 資本組入額             120
                                 ① 新株予約権者は、当社の取締役及び監査役のいず
                                  れの地位をも喪失した日の翌日から10日を経過する
                                  までの日に限り、新株予約権を行使できるものとす
                                  る。
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                 ② 前記①にかかわらず、新株予約権者が2040年8月
                                  28日に至るまでに権利行使開始日を迎えなかった場
                                  合には、2040年8月29日から2041年8月28日までに
                                  限り新株予約権を行使できるものとする。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1
                                 会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 (注)6
      (注)1
     2.株式会社スペースバリューホールディングス第2回新株予約権

      決議年月日(注)2
                                 2018年6月28日
      付与対象者の区分及び人数(注)3                           日成ビルド工業株式会社取締役 5名 [4名]
      新株予約権の数(個)(注)1                           99 [64]
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式 49,500 [32,000](注)4
      内容及び数(株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)1                           1(注)5
      新株予約権の行使期間(注)1                           自 2018年10月1日 至 2042年7月19日
                                 発行価格              141
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)(注)1
                                 資本組入額               71
                                 ① 新株予約権者は、当社の取締役及び監査役のいず
                                  れの地位をも喪失した日の翌日から10日を経過する
                                  までの日に限り、新株予約権を行使できるものとす
                                  る。
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                 ② 前記①にかかわらず、新株予約権者が20                     41 年7月
                                  19日に至るまでに権利行使開始日を迎えなかった場
                                  合には、2041年7月20日から2042年7月19日までに
                                  限り新株予約権を行使できるものとする。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1
                                 会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 (注)6
      (注)1
                                  22/160



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
     3.株式会社スペースバリューホールディングス第3回新株予約権
      決議年月日(注)2
                                 2018年6月28日
      付与対象者の区分及び人数(注)1、3                           日成ビルド工業株式会社取締役 5名 [4名]
      新株予約権の数(個)(注)1                           70 [46]
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式 35,000 [23,000](注)4
      内容及び数(株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)1                           1(注)5
      新株予約権の行使期間(注)1                           自 2018年10月1日 至 2043年7月11日
                                 発行価格              295
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)(注)1
                                 資本組入額             148
                                 ① 新株予約権者は、当社の取締役及び監査役のいず
                                  れの地位をも喪失した日の翌日から10日を経過する
                                  までの日に限り、新株予約権を行使できるものとす
                                  る。
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                 ② 前記①にかかわらず、新株予約権者が2042年7月
                                  11日に至るまでに権利行使開始日を迎えなかった場
                                  合には、2042年7月12日から2043年7月11日までに
                                  限り新株予約権を行使できるものとする。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1
                                 会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 (注)6
      (注)1
     4.株式会社スペースバリューホールディングス第4回新株予約権

      決議年月日(注)2
                                 2018年6月28日
      付与対象者の区分及び人数(注)1、3                           日成ビルド工業株式会社取締役 5名 [4名]
      新株予約権の数(個)(注)1                           37 [24]
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式 18,500 [12,000](注)4
      内容及び数(株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)1                           1(注)5
      新株予約権の行使期間(注)1
                                 自 2018年10月1日 至 2044年7月13日
                                 発行価格              445
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)(注)1
                                 資本組入額             223
                                 ① 新株予約権者は、当社の取締役及び監査役のいず
                                  れの地位をも喪失した日の翌日から10日を経過する
                                  までの日に限り、新株予約権を行使できるものとす
                                  る。
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                 ② 前記①にかかわらず、新株予約権者が20                     43 年7月
                                  13日に至るまでに権利行使開始日を迎えなかった場
                                  合には、2043年7月14日から2044年7月13日までに
                                  限り新株予約権を行使できるものとする。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1
                                 会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 (注)6
      (注)1
                                  23/160





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
     5.株式会社スペースバリューホールディングス第5回新株予約権
      決議年月日(注)2
                                 2018年6月28日
      付与対象者の区分及び人数(注)1、3                           日成ビルド工業株式会社取締役 6名 [5名]
      新株予約権の数(個)(注)1                           38 [26]
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式 19,000 [13,000](注)4
      内容及び数(株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)1                           1(注)5
      新株予約権の行使期間(注)1                           自 2018年10月1日 至 2045年7月12日
                                 発行価格              521
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)(注)1
                                 資本組入額             261
                                 ① 新株予約権者は、当社の取締役及び監査役のいず
                                  れの地位をも喪失した日の翌日から10日を経過する
                                  までの日に限り、新株予約権を行使できるものとす
                                  る。
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                 ② 前記①にかかわらず、新株予約権者が2044年7月
                                  12日に至るまでに権利行使開始日を迎えなかった場
                                  合には、2044年7月13日から2045年7月12日までに
                                  限り新株予約権を行使できるものとする。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1
                                 会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 (注)6
      (注)1
     6.株式会社スペースバリューホールディングス第1回新株予約権(従業員用)

      決議年月日(注)2
                                 2018年6月28日
      付与対象者の区分及び人数(注)3
                                 日成ビルド工業株式会社使用人 14名
      新株予約権の数(個)(注)1                           30
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式 15,000(注)4
      内容及び数(株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)1                           402(注)9
      新株予約権の行使期間(注)1
                                 自 2018年10月1日 至 2023年4月8日
                                 発行価格              594
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)(注)1
                                 資本組入額             297
                                 新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、新株
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                 予約権を行使することができないものとする。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1
                                 会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 (注)7、(注)10
      (注)1
                                  24/160







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
     7.株式会社スペースバリューホールディングス第2回新株予約権(従業員用)
      決議年月日(注)2
                                 2018年6月28日
                                 日成ビルド工業株式会社執行役員 4名
      付与対象者の区分及び人数(注)3
                                 日成ビルド工業株式会社使用人  24名
      新株予約権の数(個)(注)1                           61
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式 30,500(注)4
      内容及び数(株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)1                           524(注)9
      新株予約権の行使期間(注)1
                                 自 2018年10月1日 至 2024年4月28日
                                 発行価格              770
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)(注)1
                                 資本組入額             385
                                 新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、新株
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                 予約権を行使することができないものとする。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1
                                 会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 (注)7、(注)10
      (注)1
     8.株式会社スペースバリューホールディングス第3回新株予約権(従業員用)

      決議年月日(注)2
                                 2018年6月28日
                                 日成ビルド工業株式会社執行役員 6名
      付与対象者の区分及び人数(注)3
                                 日成ビルド工業株式会社使用人  44名
      新株予約権の数(個)(注)1                           110
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式 55,000(注)4
      内容及び数(株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)1                           780(注)9
      新株予約権の行使期間(注)1
                                 自 2018年10月1日 至 2025年4月24日
                                 発行価格           1,110
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)(注)1
                                 資本組入額             555
                                 新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、新株
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                 予約権を行使することができないものとする。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1
                                 会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 (注)7、(注)10
      (注)1
                                  25/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
     9.株式会社スペースバリューホールディングス第4回新株予約権(従業員用)
      決議年月日(注)2
                                 2018年6月28日
                                 日成ビルド工業株式会社執行役員 10名
      付与対象者の区分及び人数(注)3
                                 日成ビルド工業株式会社使用人  43名
      新株予約権の数(個)(注)1                           66
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式 33,000(注)4
      内容及び数(株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)1                           984(注)9
      新株予約権の行使期間(注)1
                                 自 2018年10月1日 至 2026年4月25日
                                 発行価格           1,354
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)(注)1
                                 資本組入額             677
                                 新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、新株
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                 予約権を行使することができないものとする。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1
                                 会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 (注)7、(注)10
      (注)1
     10.株式会社スペースバリューホールディングス第5回新株予約権(従業員用)

      決議年月日(注)2
                                 2018年6月28日
                                 日成ビルド工業株式会社執行役員 15名
      付与対象者の区分及び人数(注)3
                                 日成ビルド工業株式会社使用人  55名
      新株予約権の数(個)(注)1                           88
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式 44,000(注)4
      内容及び数(株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)1                           1,306(注)9
      新株予約権の行使期間(注)1
                                 自 2019年5月12日 至 2027年5月11日
                                 発行価格           1,706
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)(注)1
                                 資本組入額             853
                                 新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、新株
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                 予約権を行使することができないものとする。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1
                                 会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 (注)7、(注)10
      (注)1
                                  26/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
     11.株式会社スペースバリューホールディングス第6回新株予約権(従業員用)
      決議年月日(注)2
                                 2018年6月28日
                                 日成ビルド工業株式会社執行役員 15名
      付与対象者の区分及び人数(注)3
                                 日成ビルド工業株式会社使用人  47名
      新株予約権の数(個)(注)1                           356
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式 35,600(注)8
      内容及び数(株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)1                           1,263(注)9
      新株予約権の行使期間(注)1
                                 自 2020年5月11日 至 2028年5月10日
                                 発行価格           1,535
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)(注)1
                                 資本組入額             768
                                 新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、新株
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                 予約権を行使することができないものとする。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1
                                 会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 (注)7、(注)10
      (注)1
      (注)1.当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前
          月末現在(2019年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内
          に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
         2.決議年月日は、日成ビルド工業株式会社における当社設立に関する株式移転計画の承認日を記載しておりま
          す。
         3.付与対象者の区分及び人数は、日成ビルド工業株式会社が発行した新株予約権の発行時における内容を記載
          しております。
         4.新株予約権の目的である株式の数は500株とする。
           新株予約権の割当日以降、当社が当社普通株式の株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下、株式
          分割の記載につき同じ。)又は株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整を行い、調整の結
          果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  株式分割又は株式併合の比率
           調整後付与株式数は、株式分割の場合は、当該株式分割の基準日の翌日(基準日を定めないときはその効力
          発生日)以降、株式併合の場合は、その効力発生日以降、これを適用する。但し、剰余金の額を減少して資本
          金又は準備金を増加する議案が株主総会において承認されることを条件として株式分割が行われる場合で、当
          該株主総会の終結の日以前の日を株式分割のための基準日とする場合は、調整後付与株式数は、当該株主総会
          の終結の日の翌日以降、当該基準日の翌日に遡及してこれを適用する。
           また、割当日以降、当社が合併又は会社分割を行う場合その他これらの場合に準じて付与株式数の調整を必
          要とする場合には、当社は、合理的な範囲で付与株式数を適切に調整することができる。
         5.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、当該新株予約権を行使することにより交付を受けるこ
          とができる株式1株当たりの行使価額を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。
                                  27/160







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         6 .当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分
          割会社となる場合に限る。)又は株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
          る。)(以上を総称して以下、組織再編行為という。)をする場合には、組織再編行為の効力発生日(吸収合
          併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分割につき
          吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換につき株式交換
          がその効力を生ずる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前に
          おいて残存する新株予約権(以下、残存新株予約権という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場
          合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、再編対象会社という。)の
          新株予約権を以下の各号の定める条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株
          予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。但し、以下の各号に沿って再編対
          象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換
          契約又は株式移転計画において定めることを条件とする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案のうえ、前記1.に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定められる再編後行使価額に前
           記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とす
           る。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象
           会社の株式1株当たり1円とする。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            前記の新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の
           効力発生日のうちいずれか遅い日から、前記の新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することが
           できる期間の満了日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            前記の新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額に準じて決定する。
          ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要する。
          ⑧ 新株予約権の取得条項
            以下のア.イ.ウ.エ.又はオ.の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合
           は、取締役会決議がなされた場合)は、取締役会が別途定める日に、当社は無償で新株予約権を取得するこ
           とができる。
            ア.当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
            イ.当社が分割会社となる分割契約若しくは分割計画承認の議案
            ウ.当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案
            エ.当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要すること
             についての定めを設ける定款の変更承認の議案
            オ.新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承
             認を要すること若しくは当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得するこ
             とについての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ⑨ その他の新株予約権の行使の条件
            前記の新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
                                  28/160






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         7.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分
          割会社となる場合に限る。)又は株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
          る。)(以上を総称して以下、組織再編行為という。)をする場合には、組織再編行為の効力発生日(吸収合
          併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分割につき
          吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換につき株式交換
          がその効力を生ずる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前に
          おいて残存する新株予約権(以下、残存新株予約権という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場
          合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、再編対象会社という。)の
          新株予約権を以下の各号の定める条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株
          予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。但し、以下の各号に沿って再編対
          象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換
          契約又は株式移転計画において定めることを条件とする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案のうえ、前記1.に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定められる再編後行使価額に前
           記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とす
           る。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            前記の新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の
           効力発生日のうちいずれか遅い日から、前記の新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することが
           できる期間の満了日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            前記の新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額に準じて決定する。
          ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要する。
          ⑧ 新株予約権の取得条項
            以下のア.イ.ウ.エ.又はオ.の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合
           は、取締役会決議がなされた場合)は、取締役会が別途定める日に、当社は無償で新株予約権を取得するこ
           とができる。
            ア.当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
            イ.当社が分割会社となる分割契約若しくは分割計画承認の議案
            ウ.当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案
            エ.当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要すること
             についての定めを設ける定款の変更承認の議案
            オ.新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承
             認を要すること若しくは当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得するこ
             とについての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ⑨ その他の新株予約権の行使の条件
            前記の新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         8.  新株予約権の目的である株式の数は100株とする。
         9.各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、当該各新株予約権を行使することにより交付を受け
          ることができる株式1株当たりの行使価額に付与株式数を乗じた金額とする。
           行使価額は、割当日の属する月の前月の各日(取引が成立しない日を除く。)の東京証券取引所における当
          社普通株式の普通取引の終値(以下、「終値」という。)の平均値(1円未満の端数は切上げる。)または割
          当日の終値(当日に終値がない場合は、それに先立つ直近の取引日の終値)のいずれか高い金額とする。
         10.前記6.④及び7.④の交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、前記9.で定め
          られた行使価額を組織再編行為の条件等を勘案の上、調整して得られる再編後払込金額に前記6.③及び7.
          ③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
                                  29/160



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総                       資本準備金増
                               資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数        数残高                       減額
                               (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (千株)        (千株)                      (百万円)
      2018年10月1日            35,556        35,556        7,000        7,000        1,000        1,000

     (注)発行済株式総数並びに資本金及び資本準備金の増加は、                             2018  年 10 月 1日に単独株式移転により当社が設立されたこ

       とによるものであります。
       (5)【所有者別状況】

                                                     2019年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                        単元未満株
                                                        式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地            金融商品     その他の法
                                                        (株)
                  金融機関                           個人その他       計
            方公共団体            取引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -      29      41     195      83     19    7,915     8,282       -
     所有株式数
               -   125,405      14,785      49,250      54,815       213    110,656     355,124      44,184
     (単元)
     所有株式数の
               -    35.31      4.16     13.87      15.44      0.06     31.16      100      -
     割合(%)
      (注)1.自己株式         206  株は、「個人その他」に2単元及び「単元未満株式の状況」に6株を含めて記載しておりま
          す。
           また、「金融機関」には、「株式給付信託」導入において設定した資産管理サービス信託銀行株式会社(信
          託E口)が保有する当社株式2,104単元が含まれております。なお、資産管理サービス信託銀行株式会社(信
          託E口)が保有する当社株式は、連結財務諸表及び財務諸表において自己株式と表示しております。
         2.「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が25単元含まれております。
                                  30/160









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                    2019年3月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                             所有株式数
                                                    総数に対する所有
           氏名又は名称                     住所
                                              (千株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
     日本トラスティ・サービス信託銀行                   東京都中央区晴海1-8-11                        3,130          8.87
     株式会社(信託口)
                        金沢市金石東2-13-12                        2,275          6.44
     株式会社森岡インターナショナル
     日本マスタートラスト信託銀行                   東京都港区浜松町2-11-3                        1,426          4.04
     株式会社(信託口)
                        富山市堤町通り1-2-26                        1,342          3.80
     株式会社北陸銀行
                        金沢市広岡2-12-6                        1,303          3.69
     株式会社北國銀行
     J.P.MORGAN      BANK   LUXEMBOURG           EUROPEAN     BANK   AND  BUSINESS     CENTER    6,        977         2.77
     S.A.1300000                   ROUTE   DE  TREVES,    L-2633
                        SENNINGERBERG,        LUXEMBOURG
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決
                        (東京都港区港南2-15-1)
     済営業部)
                        東京都千代田区丸の内1-6-6                          976         2.77
     日本生命保険相互会社
     NOMURA    SINGAPORE     LIMITED    CUSTOMER      10  MARINA    BOULEVARD     MARINA    BAY            720         2.04
     SEGREGATED      A/C  FJ-1309           FINANCIAL     CENTRETOWER2       #36-01
                        SINGAPORE018983
     (常任代理人 野村證券株式会社)
                        (東京都中央区日本橋1-9-1)
                                                  719         2.04
     森岡 篤弘                   金沢市
     日本トラスティ・サービス信託銀行                                            649         1.84
                        東京都中央区晴海1-8-11
     株式会社(信託口5)
                                 -               13,521          38.29
              計
      (注)1.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は                                                    3,130
          千株(投資信託設定分2,725千株、年金信託設定分69千株、管理有価証券分331千株及びその他4千株)であり
          ます。
         2.日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は1,426千株
          (投資信託設定分1,148千株、年金信託設定分94千株、管理有価証券分134千株及びその他47千株)でありま
          す。
         3.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5)の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は                                                  649
          千株(管理有価証券分649千株)であります。
         4.  2019年4月5日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、                                  三井住友アセットマネジメント株
          式会社及びその共同保有者であるSMBC日興証券株式会社が2019年3月29日現在で以下のとおり株式を保有
          している旨記載があるものの、当社として2019年3月31日における実質所有株式数の確認ができませんので、
          上記大株主の状況には含めておりません。
                                           保有株券等の数         株券等保有割合
              氏名又は名称                   住所
                                             (千株)          (%)
         三井住友アセットマネジメント
                                                 365
                          東京都港区愛宕二丁目5番1号                                1.03
         株式会社
                          東京都千代田区丸の内三丁目3番
                                                 98
         SMBC日興証券株式会社                                                0.28
                          1号
                                                 463
                計                 -                         1.30
                                  31/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         5.  2019年4月4日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、                                  レオス・キャピタルワークス株式
          会社が2019年3月29日現在で以下のとおり株式を保有している旨記載があるものの、当社として2019年3月31
          日における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
                                           保有株券等の数         株券等保有割合
              氏名又は名称                   住所
                                             (千株)          (%)
         レオス・キャピタルワークス                東京都千代田区丸の内一丁目11番
                                                1,817
                                                          5.11
         株式会社                1号
                                                1,817
                計                 -                         5.11
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
                           株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                                   -       -            -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                           241,900          -            -

                        普通株式
      完全議決権株式(その他)                         35,270,500            352,705           -
                        普通株式
                                 44,184         -            -
      単元未満株式                  普通株式
                               35,556,584           -            -
      発行済株式総数
                                   -        352,705           -
      総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、「株式給付信託」導入において設定した資産管理サービス信託銀行株
        式会社(信託E口)が保有する当社株式210,400株(議決権の数2,104個)及び証券保管振替機構名義の株式が
        2,500株(議決権の数25個)含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                         自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
      所有者の氏名
                                                   対する所有株式数
                 所有者の住所
                         株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
      又は名称
                                                   の割合(%)
     ㈱スペースバリュー          金沢市金石北
                              200         -        200         0.00
     ホールディングス          三丁目16番10号
                金沢市金石北
     日成ビルド工業㈱                       241,700           -      241,700           0.68
                三丁目16番10号
                   -         241,900           -      241,900           0.68
         計
      (注)上記のほか、「株式給付信託」導入において設定した資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有す
        る当社株式が210,400株あります。
         なお、当該株式数は上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄に含まれております。
                                  32/160






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】
          当社は、取締役の報酬と当社の業績及び株式価値との連動性をより明確にし、取締役が株価上昇によるメリッ
         トのみならず、株価下落リスクまでも株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に
         貢献する意識を高めることを目的として、当社の取締役(社外取締役を除く。)及び日成ビルド工業株式会社
         (以下「日成ビルド工業」といいます。)の取締役(社外取締役及び当社常勤取締役を兼任する者を除く。)
         (以下併せて「取締役等」といいます。)を対象として、日成ビルド工業の第56期定時株主総会において承認可
         決された株式報酬制度と同種の内容の株式報酬制度「株式給付信託(BBT(=Board                                       Benefit    Trust))」(以下
         「本制度」といい、本制度に関してみずほ信託銀行株式会社と締結する信託契約に基づいて設定される信託を
         「本信託」といいます。)を導入しております。当社は、日成ビルド工業がみずほ信託銀行株式会社と締結した
         2016年8月26日付株式給付信託契約について、2018年10月1日をもって、日成ビルド工業の契約上の地位並びに
         権利及び義務を承継しております。
         1.本制度の概要

           本制度は、日成ビルド工業が2018年9月30日までに拠出した金銭及び当社が拠出する金銭を原資として当社
          株式が本信託を通じて取得され、取締役等に対して、当社が定める役員株式給付規程に従って、当社株式及び
          当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下、「当社株式等」といいます。)が信託を通じて給付される
          株式報酬制度です。なお、取締役等は、原則として、役員株式給付規程に定める在任中の一定時期に当社株式
          等の給付(以下、「在任時給付」といいます。)を受けるとともに、取締役等の退任時に当社株式等の給付
          (以下、「退任時給付」といいます。)を受けるものとします。
         2.役員等に取得させる予定の株式の総数または総額

           2016年8月26日付で、日成ビルド工業が300百万円を拠出し、資産管理サービス信託銀行(信託E口)が
          495,000株、228百万円取得しております。
         3.当該従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

           取締役等のうち役員株式給付規程に定める受益者要件を満たす者
                                  33/160












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第9号に該当する普通株式の取
               得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
                                           206
      当事業年度における取得自己株式                                                 198,493
      当期間における取得自己株式                                   241,853            123,829,314

      (注)当期間      に お ける取得自己株式には、2019年5月31日を効力発生日とする当社の完全子会社である日成ビルド工業
        株式会社から承継した当社株式241,755株が含まれております。また、2019年6月1日からこの有価証券報告書提
        出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                  当事業年度                 当期間
                区分
                               株式数      処分価額の総額          株式数      処分価額の総額
                               (株)        (円)        (株)        (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取
                                  -        -       -        -
      得自己株式
      保有自己株式数                            206         -     242,059           -
      (注)1.当期間における処理自己株式数には、2019年6月1日から有価証券報告書提出日(2019年6月27日)までの
          新株予約権の権利行使及び単元未満株式の売渡による株式は含まれておりません。
         2.当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日から有価証券報告書提出日(2019年6月27日)までの
          新株予約権の権利行使並びに単元未満株式の買取り及び売渡による株式は含まれておりません。
         3.当事業年度及び当期間における保有自己株式数には、「株式給付信託」導入において設定した資産管理サー
          ビス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式(当事業年度末時点210,400株、当期間末時点210,400
          株)は含めておりません。
                                  34/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、財務状況や将来の事業展開等を総合的に勘案しつつ、安定した配当を継続して実施することを基本方針と
       しております。また、内部留保資金については、事業の拡大を図るための有効投資に備え、将来の利益還元に資する
       ために活用していきたいと考えております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        当事業年度の配当については、上記方針に基づき1株当たり26円の配当を実施することを決定いたしました。
        当社は、「取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる。」旨を定款に定
       めております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は、次のとおりであります。
                      配当金の総額          1株当たり配当額
           決議年月日
                       (百万円)            (円)
          2019年6月27日
                           924           26
         定時株主総会決議
                                  35/160
















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
         ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、以下の経営理念のもと、お客様や株主・投資家の皆
         様、お取引先、そして社員などあらゆるステークホルダーに対して、誠実で責任のある行動を心掛け、信頼され
         る企業として成長していくことを基本方針としております。
          ・素直に思ったことを、率直に話し合い、正直に行動し信頼関係を築こう。
          ・随所作主の精神で、社員一人ひとりが経営に参加する全員経営の意識を持とう。
          ・社会貢献の出来るサービスを提供し、顧客満足度の向上を目指そう。
          ・市場の変化に迅速かつ的確に対応し、常に企業価値を高める企業体質を目指そう。
          当社に関わるそれぞれのステークホルダーに対する責任を果たし、事業活動を継続するためには、コーポレー
         ト・ガバナンスの充実及び強化が重要であると認識しております。また、経営の透明性の向上や公正性の確保等
         に努め、合理的かつ機動的な経営活動が継続的に企業価値を高めるものと考えており、当社は適時適切な情報開
         示に取り組むとともに、あらゆるステークホルダーとの接点を大切にし、信頼関係を築いていきます。
         ②   企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          当社の取締役会は、有価証券報告書提出日現在、社外取締役2名を含む取締役8名(代表取締役社長CEO 
         森岡直樹、鈴木啓介、菊地潤也、水野聡彦、上田秀樹、中堀雅臣、社外取締役 樋渡利美及び社外取締役 紙野
         愛健)で構成され、経営の基本方針その他重要事項の意思決定を行うとともに、子会社を含めた重要な業務執行
         状況を監督しております。また、監査役会は、有価証券報告書提出日現在、社外監査役2名を含む監査役3名
         (常勤監査役 黒澤均、社外監査役 荒川勝治、社外監査役 妹尾喜三郎)で構成され、重要会議に出席するほ
         か、重要な書類を閲覧することにより、客観的かつ中立的な立場から、経営監視機能を果たしております。
          取締役の職務執行状況の監視・監督は、社外取締役2名を含む8名の取締役で構成する取締役会及び社外監査
         役2名を含む3名の監査役で構成する監査役会がこれを担っており、このうち社外取締役及び社外監査役が客観
         的及び中立的な立場から、経営監視機能を果たし得ると考えておりますが、取締役に求める要件(資質、スキル
         及び経験等)と選任プロセスの明確化・合理化及び機関設計の見直しなどコーポレート・ガバナンス改革を図る
         予定であります。
                                  36/160












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         ③   企業統治に関するその他の事項
          当社の内部統制システムの整備の状況は、内部監査室及び内部統制室が連携して、金融商品取引法に定める内
         部統制報告制度への対応を含め内部統制システムの構築を実施し、内部統制システム及びコンプライアンス体制
         の整備を行っております。また、「コンプライアンス規程」をグループ規程として制定するとともに、コンプラ
         イアンス担当取締役を任命して、当社グループにわたるコンプライアンス管理体制を確立し、その維持及び改善
         を図っております。加えて、取締役会の諮問機関としてコンプライアンス委員会を設置しております。
          当社のリスク管理体制の整備の状況は、「リスク管理規程」をグループ規程として制定し、リスクの軽減及び
         防止並びに会社損失の最小化を図っております。また、リスク管理担当取締役を任命して、当社グループ全体に
         わたるリスク管理体制を確立し、その維持及び改善を図っております。加えて、取締役会の諮問機関としてリス
         ク管理委員会を設置しております。
          当社の子会社の業務の適正を確保する体制整備の状況は、子会社の取締役を兼務する当社の取締役が重要な
         子会社の取締役会等の重要な会議に出席することにより法令等の適合性及び業務の適正性等を把握するととも
         に、その状況を当社の取締役会、経営会議等の重要な会議にて報告を行っております。
          なお、コンプライアンス体制の再構築及び体系的教育や投資管理体制の構築など内部統制システム、リスク
         管理体制及び子会社の業務の適正を確保するための体制の強化を図る予定であります。
         ④   責任限定契約の内容の概要

          当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
         任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額としており
         ます。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役又は社外監査役が責任の原因となった職務の遂行
         について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
         ⑤ 取締役の定数

          当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
         ⑥ 取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票
         によらないものとする旨定款に定めております。
         ⑦ 株主総会決議事項を取締役で決議できることとしている事項

         (自己の株式の取得)
          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得す
         ることができる旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能と
         するため、市場取引等により自己の株式を取得することを目的としております。
         (中間配当)
          当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間配当
         をすることができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためでありま
         す。
         ⑧ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
         ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的としております。
                                  37/160







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  10 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             9.1  %)
                                                        所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                         (株)
                               2005年4月      日成ビルド工業㈱入社
                               2005年5月      同社上席執行役員建材事業推進部長兼
                                     営業企画部長
                               2006年4月      同社上席執行役員営業本部長兼営業企
                                     画部長
                               2006年6月      同社取締役営業本部長兼営業企画部長
                               2009年4月      同社取締役メンテナンス本部長
        代表取締役                                            (注)
                 森岡 直樹      1962年1月15日      生                            22,200
        社長CEO                       2011年6月      同社常務取締役メンテナンス本部長
                                                     3
                               2012年4月      同社専務取締役
                               2016年4月      同社代表取締役副社長
                               2018年10月      当社取締役グループ営業管理本部長
                                     日成ビルド工業㈱代表取締役社長
                               2019年4月      当社代表取締役社長CEO(現任)
                                     日成ビルド工業㈱取締役会長(現任)
                               1987年4月      ㈱第一勧業銀行入行
                                     (現㈱みずほ銀行)
                               2012年8月      同行神谷町支店長
                               2015年4月      同行新宿南口支店長
        常務取締役                       2017年6月      日成ビルド工業㈱上席執行役員                (注)
                 鈴木 啓介      1964年11月22日      生
                                                           200
        管理本部長                            経営戦略   本部部長
                                                     3
                               2018年10月      当社取締役管理本部長
                                     日成ビルド工業㈱取締役人事本部長
                                     (現任)
                               2019年4月
                                     当社常務取締役管理本部長(現任)
                               1992年10月      KPMGセンチュリー監査法人入所
                                     (現EY新日本有限責任監査法人)
                               1996年4月
                                     北斗監査法人入所(現仰星監査法人)
                               2004年8月      税理士法人ウィン代表社員
                                     (現税理士法人ウィン・コンサルティ
                                     ング)
                               2005年6月      日成ビルド工業㈱取締役
                               2010年3月
                                     ㈱日本エスコン取締役就任(現任)
                               2014年6月      友朋監査法人代表社員就任
                               2015年6月      株式会社NBネットワークス代表取締
         取締役                                           (注)
                 菊地 潤也      1967年10月1日      生                            18,000
                                     役社長就任(現任)
        内部統制本部長                                              3
                               2016年1月      日成ビルド工業㈱取締役
                                     経営戦略室担当
                               2016年9月      税理士法人ウィン・コンサルティング
                                     社員(現任)
                               2017年4月      日成ビルド工業㈱取締役
                                     管理本部担当就任
                               2018年10月      当社取締役内部統制本部長就任
                                     (現任)
                                     日成ビルド工業㈱取締役(現任)
                               2019年5月
                                     友朋監査法人社員(現任)
                               1986年4月
                                     ㈱住友銀行入行(現㈱三井住友銀行)
                               2014年4月      同行銀座エリア支店長
                               2016年5月      日成ビルド工業㈱上席執行役員
         取締役                           経営戦略室管掌                (注)
                 水野 聡彦      1962年7月29日      生
                                                          2,740
        企画本部長                       2017年4月      同社上席執行役員経営戦略          本部長
                                                     3
                               2017年6月      同社取締役経営戦略        本部長
                               2018年10月
                                     当社取締役企画本部長(現任)
                                     日成ビルド工業㈱取締役(現任)
                                  38/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                         (株)
                               1981年3月      日成ビルド工業㈱入社
                               2010年4月      同社上席執行役員営業本部首都圏事業
                                     部長兼関東ブロック長
                               2012年6月      同社取締役営業本部首都圏事業部長
                                     兼関東ブロック長
                               2015年4月      同社取締役営業本部長
                                                    (注)
         取締役        上田 秀樹      1957年6月19日      生                             8,750
                               2016年4月      同社常務取締役営業本部長
                                                     3
                               2016年11月      同社常務取締役営業本部長兼
                                     工事本部長就任
                               2018年10月      同社専務取締役営業本部長兼
                                     工事本部長就任
                               2019年4月      同社  代表取締役社長(現任)
                               2019年6月
                                     当社取締役(現任)
                               1981年4月      ㈱小松製作所入社
                               2007年6月      コマツハウス㈱取締役
                                     (現㈱システムハウスアールアンド
                                     シー)
                               2007年7月      同社取締役リース事業部長
                               2009年7月      同社取締役生産リース本部長
                                                    (注)
         取締役        中堀 雅臣      1958年1月2日      生                              -
                               2010年6月      同社常務取締役
                                                     3
                               2011年4月      同社常務取締役管理本部長
                               2012年6月      同社専務取締役
                               2018年4月      同社取締役専務執行役員
                               2019年4月
                                     同社代表取締役社長(現任)
                               2019年6月      当社取締役(現任)
                               1997年4月      検事任官
                               2002年4月      東京法務局訴務部付
                               2007年4月      法務省大臣官房民事訴務課付
                               2010年4月      東京地検検事
                                                    (注)
         取締役        樋渡 利美      1971年5月30日      生  2012年3月      検事退官                      -
                                                     3
                               2012年6月      弁護士登録
                                     弁護士法人本田正幸国際法律事務所
                                     弁護士(現任)
                               2019年6月
                                     当社取締役(現任)
                               1995年10月      中央監査法人入所
                               2007年7月      新日本監査法人入所
                                     (現EY新日本有限責任監査法人)
                               2008年7月      新日本有限責任監査法人パートナー就
                                     任
                                     (現EY新日本有限責任監査法人)
                               2011年7月
                                     紙野公認会計士事務所所長(現任)
                                                    (注)
                               2012年4月      青山アクセス税理士法人代表社員
         取締役        紙野 愛健      1968年3月4日      生                              -
                                                     3
                                     (現任)
                               2016年2月
                                     ㈱№1社外監査役就任(現任)
                               2017年6月      エネルギープロダクト㈱社外監査役就
                                     任(現任)
                               2018年7月      プリモ・ジャパン㈱社外取締役就任
                                     (現任)
                               2019年6月
                                     当社取締役就任(現任)
                                  39/160






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                         (株)
                               1981年4月      ㈱北陸銀行入行
                               2003年4月      同行今立支店長
                               2011年6月      同行渋谷支店長
                                                    (注)
        常勤監査役         黒澤 均     1958年5月2日      生                              -
                               2013年6月      同行市場金融部長
                                                     4
                               2016年6月      同行総合企画部上席推進役
                               2017年1月      ほくほくTT証券㈱常勤監査役
                               2018年10月      当社常勤監査役就任(現任)
                               1995年4月      ソニーコンスーマーマーケティング
                                     株式会社中部営業統括部長
                                                    (注)
         監査役        荒川 勝治      1938年1月13日      生
                                                         58,700
                               1997年4月      財団法人銭五顕彰会理事就任(現任)
                                                     4
                               2004年6月      日成ビルド工業㈱監査役就任
                               2018年10月      当社監査役就任(現任)
                               1970年4月      大蔵省入省
                               1975年7月      北見税務署長
                               1995年5月      大臣官房会計課長
                               1997年7月      理財局次長
                               1998年7月      東京税関長
                               1999年7月      印刷局長
                               2000年7月      日本道路公団理事
                                                    (注)
         監査役       妹尾 喜三郎      1947年9月25日      生                              -
                               2004年2月      独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物
                                                     4
                                     資源機構理事
                               2007年8月      財団法人地域総合整備財団常務理事
                               2007年12月      公益財団法人日本高等教育評価機構
                                     大学評価判定委員会委員(現任)
                               2008年11月      株式会社ビックカメラ取締役副会長
                               2017年6月      日成ビルド工業㈱監査役就任
                               2018年10月      当社監査役就任
                               計                          110,590
      (注)1.取締役 樋渡利美及び紙野愛健は、社外取締役であります。
         2.監査役 荒川勝治及び妹尾喜三郎は、社外監査役であります。
         3.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から1年間。
         4.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から3年間。
         5.  当社は   、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
          役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                      所有株式数
           氏名        生年月日                    略歴
                                                       (株)
                           2000年10月       弁護士登録
                                 米津合同法律事務所入所
                           2001年11月       NS綜合法律事務所入所
                           2003年1月       アステラス製薬㈱社内治験審査委員会委員
                           2007年4月       法政大学法科大学院法務研究科兼任講師
                           2007年10月       金融庁監督局総務課信用機構対応室課長補佐
          柴田 美鈴       1974年7月25日生                                         -
                           2014年7月       特定非営利活動法人ジャパンハートクラブ
                                 監事(現任)
                           2017年4月       司法研修所民事弁護教官(現任)
                           2017年6月       デリカフーズホールディングス㈱
                                 社外取締役(現任)
                                  40/160






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。
          社外取締役 樋渡利美と当社との間には、当社との取引等の特別の利害関係はありません。
          社外取締役 紙野愛健と当社との間には、当社との取引等の特別の利害関係はありません。
          社外監査役 荒川勝治と当社との間には、当社株式の保有以外に当社との取引等の特別の利害関係はありませ
         ん。
          社外監査役 妹尾喜三郎と当社との間には、当社との取引等の特別の利害関係はありません。
          当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する明文化された基準又は方針はありません
         が、東京証券取引所の社外役員の独立性に関する事項を参考に独立役員を選任しております。
          なお、当社は社外取締役 樋渡利美及び紙野愛健、社外監査役 荒川勝治及び妹尾喜三郎を東京証券取引所の
         定めに基づく独立役員としてそれぞれ届け出ております。
          コーポレート・ガバナンスにおいては、客観的かつ中立的な立場からの経営監視機能が重要であると認識して
         おり、上記の社外取締役及び社外監査役がその役割を全うすることにより、一般株主その他のステークホルダー
         といった外部の立場からの経営監視機能が果たし得るものと考えております。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

        統制部門との関係
          内部監査室による内部監査結果は取締役及び常勤監査役に報告されるほか、常勤監査役と内部監査室とは情報
         の交換等相互に連携を図っております。また、各監査役は、当社が監査証明を受けている有限責任                                              あずさ監査
         法人からは必要と認められた都度、監査結果の報告及びその説明を受けているほか、情報の交換等相互に連携を
         図っております。加えて、内部統制システムの有効性を高めるため、常勤監査役及び内部統制担当取締役と必要
         に応じて情報や意見を交換し連携を努めております。
          なお、監査役による監査機能の向上、内部監査担当者の選任と人員増強及び三様監査における連携の強化など
         監査役監査及び内部監査性の強化を図る予定であります。
                                  41/160













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
         ①   監査役監査の状況
           監査役会は、社外監査役2名を含む3名(常勤監査役1名)の監査役から構成されております。各監査役が
          取締役会に出席するほか、常勤監査役は経営会議等の重要な会議に出席し、経営の監視・監督を行っておりま
          す。
         ②   内部監査の状況

           当社における内部監査は、社長直轄の内部監査室(専任1名)は、業務全般についての内部監査を計画的に
          実施し、業務改善に向けた具体的な助言・勧告を行っております。監査結果は取締役及び常勤監査役に報告さ
          れるほか、常勤監査役とは情報の交換等相互に連携を図っております。また、内部統制システムの有効性を高
          めるため、内部監査室と内部統制部門と必要に応じて情報や意見を交換し連携に努めております。
           なお、内部監査担当者の選任と人員増強及び三様監査における連携の強化など内部監査制度の強化を図る予
          定であります。
         ③ 会計監査の状況

          a.監査法人の名称
            有限責任     あずさ監査法人
          b.業務を執行した公認会計士

            近藤 久晴
            笠間 智樹
            石橋 勇一
          c.  当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士33名、その他22名であります。

          d.監査法人の選定方針と理由

            監査法人の選定方針は、独立性、専門性及び国際性並びに品質管理体制等を考慮するものとしておりま
           す。
          e.監査役及び監査役会による監査法人の評価

            当社の監査役会は監査法人の評価を行っており、有限責任あずさ監査法人について、会計監査人の適格
           性・独立性を害する事由等の発生は無く、会計監査人の職務の遂行に支障がないと評価しております。
         ④   監査報酬の内容等

          a.監査公認会計士等に対する報酬
                            当連結会計年度
              区分
                     監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                     報酬(百万円)           酬(百万円)
                              67           -
           提出会社
                              83           -
           連結子会社
                             150            -
               計
          (注)当連結会計年度の連結子会社の監査証明業務に基づく報酬には、金融商品取引法に基づく日成ビルド工
            業株式会社の過年度決算訂正に係る監査証明業務に対する報酬が含まれております。
          b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

            該当事項はありません。
          c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

            該当事項はありません。
          d.監査報酬の決定方針

            特記事項はありません。
          e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

            当社の監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積もりの算定根拠
           等が適切であるかどうかについて必要な検証を行い、当該検証結果を踏まえて、報酬等の額について同意の
           判断をいたしました。
                                  42/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
         ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
           当社は、役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりません。
           当社の役員報酬は、業績連動報酬と業績連動報酬以外の報酬等により構成されており、業績連動報酬は賞与
          と株式報酬により構成されております。また、当該業績連動報酬に係る指標は単年度の連結経常利益計画に対
          する連結経常利益の達成率であり、当該指標を選択した理由は、一過性の特別損益の影響を受けない経営活動
          全般の利益を表していることからモチベーション効果が高いと判断したためであります。業績連動報酬の額の
          決定方法は、役職ごとに定められた基準額又は基準ポイント(基準株式数)に上記の達成率に応じた係数を乗
          じて決定しております。
           なお、当事業年度における業績連動報酬に係る指標の実績は、連結経常利益計画達成率78%であります。
           2018年10月1日付で株式移転により当社が設立され、設立時の定款附則において、取締役の報酬限度額は年
          額400百万円以内、監査役の報酬限度額は年額22百万円以内と定められております。また、取締役(社外取締
          役を除く。)に対する株式報酬が別枠で定められております。
           2018年10月1日開催の取締役会において、設立時の取締役7名の月例報酬額を決定しました。また、同日、
          設立時の監査役3名の月例報酬額も監査役の協議により決定しました。
         ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(百万円)
                      報酬等の総額                         対象となる役員の
             役員区分
                       (百万円)                         員数(人)
                               固定報酬        業績連動報酬
         取締役
                           53         35         18           ▶
         (社外取締役を除く。)
         監査役
                            5         5        -           1
         (社外監査役を除く。)
                            7         7        -           ▶
         社外役員
                                  43/160












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式について、事業戦略上
         の重要性及び取引先との事業上の関係等を総合的に勘案し区分しております。事業戦略上の重要性及び取引先と
         の事業上の関係等を総合的に勘案し区分しております。
        ② 日成ビルド工業㈱における株式の保有状況

          当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会
         社)である日成ビルド工業㈱については、以下の通りであります。
         a.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
         保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容
         当社は、事業戦略上の重要性及び取引先との事業上の関係等を総合的に勘案し、当社の中長期的な企業価値向上
        に必要と判断した場合には上場株式を政策的に保有することとしております。また、個別の政策保有株式について
        保有継続等の経済合理性を検証し、疑義が生じた場合には、保有継続の可否について取締役会に諮ることとしてお
        ります。
         b.銘柄数及び貸借対照表計上額
                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      12             308

     非上場株式
                      9           9,938
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      1             38

     非上場株式                                業務上の取引強化のための新規取得
                                     駐車場運営・管理事業におけるノウハウ吸収と
                      1            360
     非上場株式以外の株式                                新たな取引関係の構築の契機とするための新規
                                     取得
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      2             3

     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
                                  44/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
           特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)

                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  (保有目的)
                   6,500,000         6,500,000
     ㈱日本エスコン                             業務上の取引関係の維持・強化                      無
                     4,745         6,526
                                  (定量的な保有効果)(注)
                                  (保有目的)
                   2,010,200         1,852,800
                                  駐車場運営・管理事業におけるノウハウ
     パラカ㈱
                                                        無
                                  吸収と新たな取引関係の構築
                     3,944         4,311
                                  (定量的な保有効果) (注)
                                  (保有目的)
                    110,200         110,200
     阪和興業㈱
                                  業務上の取引関係の維持・強化                      有
                      339         493
                                  (定量的な保有効果)(注)
                     70,000         70,000
     ㈱北國銀行                             同上                      有
                      242         289
     ㈱ほくほくフィナン
                    200,000         200,000
     シャル                             同上                      有
                      230         288
     グループ
                     95,700         95,700
     ㈱ラックランド                             同上                      有
                      192         226
                     22,400         22,400

     川田テクノロジーズ
                                  同上                      無
     ㈱
                      176         128
                     21,800         21,800

     フルサト工業㈱
                                  同上                      有
                       35         39
                      287         287

     マリモ地方創生リー
                                  同上                      無
     ト
                       31         31
        (注)特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証した方法について記
          載いたします。当社は、毎期、個別の政策保有株式について保有継続等の経済合理性を検証し、疑義が生じた
          場合には、保有継続の可否について取締役会に諮ることとしております。
                                  45/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
       (3)当社は、2018年10月1日設立のため、前連結会計年度及び前事業年度に係る記載はしておりません。

         なお、当連結会計年度の連結財務諸表は、単独株式移転により完全子会社となった日成ビルド工業株式会社の連
        結財務諸表を引き継いで作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年10月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任                                                    あ
       ずさ監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
       務会計基準機構へ加入し、会計基準に関する情報を収集しております。
                                  46/160












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                    (単位:百万円)
                                  当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         7,655
         現金預金
                                        ※6 23,639
         受取手形・完成工事未収入金
                                         4,655
         レンタル未収入金
                                         1,350
         販売用不動産
                                           435
         仕掛販売用不動産
                                         2,313
         未成工事支出金
                                         ※1 969
         その他のたな卸資産
                                         1,884
         その他
                                         △ 250
         貸倒引当金
                                         42,653
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※2 3,250
          レンタル用建物(純額)
                                        ※2 5,479
          建物・構築物(純額)
                                        ※2 4,771
          機械、運搬具及び工具器具備品(純額)
                                        ※4 14,749
          土地
                                           318
          建設仮勘定
                                         28,569
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         3,791
          のれん
                                         1,014
          その他
                                         4,805
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※3 11,556
          投資有価証券
                                           480
          繰延税金資産
                                         2,082
          その他
                                         △ 243
          貸倒引当金
                                         13,875
          投資その他の資産合計
                                         47,251
         固定資産合計
                                         89,904
       資産合計
                                  47/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                                    (単位:百万円)

                                  当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※6 19,905
         支払手形・工事未払金等
                                         5,927
         短期借入金
                                         3,943
         1年内返済予定の長期借入金
         未払法人税等                                 1,223
                                         1,338
         未成工事受入金
                                         4,104
         レンタル前受収益
                                           127
         工事損失引当金
                                           235
         完成工事補償引当金
                                           59
         役員賞与引当金
                                            7
         役員株式給付引当金
                                           670
         賞与引当金
                                           21
         株主優待引当金
                                         2,933
         その他
                                         40,495
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※4 18,207
         長期借入金
                                           843
         リース債務
                                           729
         繰延税金負債
                                           45
         役員退職慰労引当金
                                           46
         役員株式給付引当金
                                         1,877
         退職給付に係る負債
                                           479
         その他
                                         22,230
         固定負債合計
                                         62,726
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         7,000
         資本金
                                         3,259
         資本剰余金
                                         12,384
         利益剰余金
                                         △ 452
         自己株式
                                         22,191
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         3,780
         その他有価証券評価差額金
                                           63
         為替換算調整勘定
                                          △ 84
         退職給付に係る調整累計額
                                         3,759
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   107
                                         1,118
       非支配株主持分
                                         27,177
       純資産合計
                                         89,904
      負債純資産合計
                                  48/160






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                    (単位:百万円)
                                  当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2019年3月31日)
      売上高
                                         69,759
       完成工事高
                                         13,248
       レンタル売上高
                                         2,658
       開発事業売上高
                                         85,666
       売上高合計
      売上原価
                                      ※1 , ※2 59,551
       完成工事原価
                                         10,456
       レンタル売上原価
                                         2,237
       開発事業売上原価
                                         72,245
       売上原価合計
      売上総利益
                                         10,208
       完成工事総利益
                                         2,791
       レンタル総利益
                                           421
       開発事業総利益
                                         13,421
       売上総利益合計
                                      ※3 , ※4 9,192
      販売費及び一般管理費
                                         4,228
      営業利益
      営業外収益
                                           38
       受取利息
                                           407
       受取配当金
                                           38
       賃貸不動産収入
                                           23
       仕入割引
                                           247
       その他
                                           755
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           199
       支払利息
                                           18
       賃貸不動産原価
                                           54
       シンジケートローン手数料
                                           87
       貸倒引当金繰入額
                                           138
       持分法による投資損失
                                           119
       その他
                                           617
       営業外費用合計
                                         4,366
      経常利益
      特別利益
                                          ※5 29
       固定資産売却益
                                           15
       投資有価証券売却益
                                           11
       債務免除益
                                           57
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※6 3
       固定資産売却損
                                          ※7 31
       固定資産除却損
                                        ※8 2,968
       減損損失
                                           324
       特別調査費用
                                           19
       その他
                                         3,347
       特別損失合計
                                         1,076
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,541
                                         △ 720
      法人税等調整額
                                           820
      法人税等合計
                                           255
      当期純利益
      非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                     △ 5
                                           261
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  49/160


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                    (単位:百万円)
                                  当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2019年3月31日)
                                           255
      当期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 1,854
       その他有価証券評価差額金
                                            6
       為替換算調整勘定
                                           12
       退職給付に係る調整額
                                            0
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        ※ △ 1,835
       その他の包括利益合計
                                        △ 1,579
      包括利益
      (内訳)
                                        △ 1,612
       親会社株主に係る包括利益
                                           33
       非支配株主に係る包括利益
                                  50/160
















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                      7,002         3,079         13,534          △ 304        23,311
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 1,411                 △ 1,411
      親会社株主に帰属する
                                         261                  261
      当期純利益
      自己株式の取得
                                                  △ 0        △ 0
      自己株式の処分                          6                  24         31
      株式移転による増減                △ 2        173                 △ 171          -

      株主資本以外の項目の

      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 △ 2        180       △ 1,150         △ 147       △ 1,119
     当期末残高                7,000         3,259         12,384          △ 452        22,191
                        その他の包括利益累計額

                                           新株予約権     非支配株主持分       純資産合計
                その他有価証券        為替換算     退職給付に係る       その他の包括利
                評価差額金        調整勘定     調整累計額       益累計額合計
     当期首残高              5,673        57      △ 97      5,633       108     1,031      30,084
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 1,411
      親会社株主に帰属する
                                                           261
      当期純利益
      自己株式の取得                                                     △ 0
      自己株式の処分
                                                           31
      株式移転による増減                                                     -

      株主資本以外の項目の

                  △ 1,892        6      12     △ 1,873       △ 0      87    △ 1,786
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                  △ 1,892        6      12     △ 1,873       △ 0      87    △ 2,906
     当期末残高              3,780        63      △ 84      3,759       107     1,118      27,177
                                  51/160







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                    (単位:百万円)
                                  当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2019年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         1,076
       税金等調整前当期純利益
                                         2,286
       減価償却費
                                         2,968
       減損損失
                                           237
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    42
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    30
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 13
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    70
       役員株式給付引当金の増減額(△は減少)                                    5
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                   △ 37
       完成工事補償引当金の増減額(△は減少)                                   △ 9
       工事損失引当金の増減額(△は減少)                                   109
                                         △ 446
       受取利息及び受取配当金
                                           199
       支払利息
       固定資産除却損                                    31
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 1,582
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 1,458
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  4,383
       未成工事受入金の増減額(△は減少)                                   364
       レンタル前受収益の増減額(△は減少)                                   318
                                           95
       その他
                                         8,672
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   447
                                         △ 195
       利息の支払額
                                        △ 1,320
       法人税等の支払額
                                         7,605
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                  52/160











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                                    (単位:百万円)

                                  当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2019年3月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 9,042
       有形固定資産の取得による支出
                                           378
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 151
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 418
       投資有価証券の取得による支出
                                           300
       投資有価証券の償還による収入
                                           668
       投資有価証券の売却による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                       ※2 △ 1,504
       支出
                                         △ 152
       貸付けによる支出
                                           76
       その他
                                        △ 9,845
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 1,255
       長期借入れによる収入                                  11,430
                                        △ 3,303
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 550
       社債の償還による支出
                                           △ 1
       自己株式の取得による支出
                                         △ 287
       リース債務の返済による支出
                                        △ 1,408
       配当金の支払額
                                           △ 1
       非支配株主への配当金の支払額
                                            2
       その他
                                         4,624
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 3
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    2,384
                                         5,147
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 7,528
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  53/160










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)  連結子会社の数         18 社
            主要な連結子会社の名称
             日成ビルド工業株式会社
             株式会社システムハウスアールアンドシー
             株式会社NB建設
             当連結会計年度より、当社の子会社の日成ビルド工業株式会社が全株式を取得したアーバン・スタッフ
            株式会社を連結の範囲に含めております。また、当連結会計年度において、当社の子会社の日成ビルド工
            業株式会社が新たに設立した株式会社スペースバリューホテルディベロップメント及びNISSEI                                            ABSA
            CO.,LTDを新たに連結の範囲に含めております。
          (2)  非連結子会社の名称等
            該当事項はありません。
         2.持分法の適用に関する事項

          (1)  持分法適用の関連会社の数              1 社
            持分法適用の関連会社は次のとおりであります。
            EXCELLENCE      PARKING    SOLUTION     SDN.BHD.
          (2)  持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社の名称等
            主要な会社等の名称
            (非連結子会社)
             該当事項はありません。
            (関連会社)
             PCC-1   NISSEI    TIC  AUTO   PARKING    JOINT   STOCK   COMPANY
            (持分法を適用しない理由)
              当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等が連結財務諸表に及ぼす影響が
             軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、持分法の適用の範囲から除外しております。
          (3)  持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表を
            使用しております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           連結子会社のうち、在外子会社3社の決算日は12月31日であり、連結財務諸表の作成にあたっては、同決算
          日現在の財務諸表を使用しております。ただし、同決算日から連結決算日までの期間に発生した重要な取引に
          ついては、連結上必要な調整を行っております。
           なお、国内子会社及び在外子会社1社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
                                  54/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         4.会計方針に関する事項
          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
            その他有価証券
             時価のあるもの
              決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
             均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
              なお、投資事業有限責任組合及びこれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有
             価証券とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決
             算書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。また、組合がその他有価証券を
             保有している場合で当該有価証券に評価差額がある場合には、評価差額に対する持分相当額をその他有
             価証券評価差額金に計上することとしております。
           ② たな卸資産
            販売用不動産、仕掛販売用不動産
             個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
            未成工事支出金
             個別法による原価法
            商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品
             総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法(ただし、レンタル用建物及び1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並び
            に2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)によっております。また、
            一部の連結子会社は定額法を採用しております。
             なお、レンタル用建物以外の有形固定資産についての耐用年数及び残存価額については、経済的使用可
            能予測期間に基づき見積る方法によっております。
             レンタル用建物の耐用年数については、見積使用期間(7~12年)によっております。
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
             自社利用のソフトウエア
             社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
           ③ リース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                  55/160









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
          (3)重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
             売上債権、貸付金等の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念
            債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ② 工事損失引当金
             受注工事に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末における手持工事のうち、損失の発生が見
            込まれ、かつ、その金額を合理的に見積もることができる工事について、損失見込額を計上しておりま
            す。
           ③ 完成工事補償引当金
             完成引渡し後の請負工事等に対する責任補修費用の支出に備えるため、当期の売上高に対する将来の見
            積補償額を計上しております。
           ④ 賞与引当金
             従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上しております                                            。
           ⑤ 役員賞与引当金
             役員の賞与の支給に備えるため、当連結会計年度における支給見込額に基づき計上しております                                            。
           ⑥ 役員株式給付引当金
             役員株式給付規程に基づく当社役員に対する当社株式の給付に備えるため、当連結会計年度末における
            株式給付債務の見込額に基づき計上しております。
           ⑦ 役員退職慰労引当金
             一部の連結子会社は、役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上してお
            ります。
           ⑧ 株主優待引当金
             株主優待制度に伴う支出に備えるため、当連結会計年度において翌連結会計年度に利用が見込まれる額
            を計上しております。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法

           ①   退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
            ては、給付算定式基準によっております。
           ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
             過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5~10
            年)による定額法により費用処理しております。
             数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定
            の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しておりま
            す。
             一部の連結子会社は退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支
            給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          (5)重要な収益及び費用の計上基準

           完成工事高及び完成工事原価の計上基準
            イ 当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
              工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
            ロ その他の工事
              工事完成基準
          (6)のれんの償却方法及び償却期間

           のれん償却については、20年以内のその効果が及ぶ期間にわたって償却を行っております。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

           手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
          か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

           消費税等の会計処理
            消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
                                  56/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基
           準委員会)
          (1)概要

            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
           な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、
           FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、
           Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会に
           おいて、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
           整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
           ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮す
           べき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされておりま
           す。
          (2)適用予定日

            2022年3月期の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響

            「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
           であります。
         (表示方法の変更)

           (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用)
            「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当連結会計
           年度の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
           の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しております。
            また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に
           係る会計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加し
           ております。
         (追加情報)

          (取締役に信託を通じて自社の株式を交付する取引)
           当社は、    当社定款附則第2条第2項に基づき                 、当社取締役及び日成ビルド工業株式会社取締役に対し中長期
          的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的とし、新たな株式報酬制度「株式給付信
          託」を導入しております。
           当該株式給付信託に関する会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関
          する実務上の取扱い」(実務対応報告第30号                     平成27年3月26日)を準用し、信託の資産及び負債を企業の資
          産及び負債として貸借対照表に計上する総額法を適用しております。
          (1)  取引の概要
           本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、取締役に対して、当社が定
          める役員株式給付規程に従って、当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下、「当社株式
          等」といいます。)が信託を通じて給付される株式報酬制度です。なお、取締役は、原則として、役員株式給
          付規程に定める在任中の一定時期に当社株式等の給付を受けるとともに、取締役の退任時に当社株式等の給付
          を受けるものとします。
          (2)  信託に残存する自社の株式
            信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己
           株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は当連結会計年度末において194百万円
           及び210千株であります。
                                  57/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1.その他のたな卸資産の内訳は次のとおりであります。
                                 当連結会計年度
                                (2019年3月31日)
              商品及び製品                          525  百万円
                                        62
              仕掛品
                                        381
              原材料及び貯蔵品
          ※2.有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。

                     当連結会計年度
                    (2019年3月31日)
                              19,234   百万円
          ※3.非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                                 当連結会計年度
                                (2019年3月31日)
              投資有価証券(株式)                           8百万円
          ※4.担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度
                                (2019年3月31日)
              土地                          450百万円
             担保付債務は、次のとおりであります。

                                 当連結会計年度
                                (2019年3月31日)
              長期借入金                         2,000百万円
           5.保証債務

             関係会社の工事請負に係る金融機関の工事契約履行保証等に対する保証債務
                                  当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)
              P-PARKING     INTERNATIONAL       PTE  LTD
                                        111百万円
              SPACE   VALUE(THAILAND)CO.,LTD.                       210
                                        321
                      計
          ※6.連結会計年度末日満期手形

             連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。な
            お、当連結会計年度の末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結会計年
            度末残高に含まれております。
                                  当連結会計年度
                                (2019年3月31日)
              受取手形                        233百万円
              支払手形                        170
                                  58/160





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 完成工事原価に含まれる工事損失引当金繰入額は、次のとおりであります。
                    当連結会計年度
                   (自 2018年4月1日
                    至 2019年3月31日)
                               112百万円
          ※2 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま

            れております。
                    当連結会計年度
                   (自 2018年4月1日
                    至 2019年3月31日)
                                0 百万円
          ※3 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                               当連結会計年度
                             (自 2018年4月1日
                              至 2019年3月31日)
             給料手当                        3,248   百万円
                                      310
             賞与引当金繰入額
             役員賞与引当金繰入額                          59
                                      20
             役員退職慰労引当金繰入額
                                      14
             役員株式給付引当金繰入額
                                      160
             退職給付費用
                                      △ ▶
             貸倒引当金繰入額
                                      19
             株主優待引当金繰入額
          ※4 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

                    当連結会計年度
                   (自 2018年4月1日
                    至 2019年3月31日)
                                38 百万円
          ※5 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                    当連結会計年度
                  (自 2018年4月1日
                   至 2019年3月31日)
             建物・構築物                   12百万円
                                0
             機械、運搬具及び工具器具備品
                                16
             土地
                                29
                    計
          ※6 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                    当連結会計年度
                  (自 2018年4月1日
                   至 2019年3月31日)
             機械、運搬具及び工具器具備品                    0百万円
             土地                    3
                                3
                    計
          ※7 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                    当連結会計年度
                  (自 2018年4月1日
                   至 2019年3月31日)
             建物・構築物                   25百万円
                                5
             機械、運搬具及び工具器具備品
                                31
                    計
                                  59/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
          ※8 減損損失の内容は次のとおりであります。
            当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                 減損損失
                用途              場所           種類
                                                 (百万円)
              賃貸用資産            福島県双葉郡広野町              建設仮勘定             348
                                        土地等
              賃貸用資産            福島県双葉郡楢葉町               建物等            132
              賃貸用資産            福島県南相馬市原町               建物            159
                                         土地
             ホテル開発用資産            京都府京都市右京区龍安寺                 土地           1,887
              事業用資産              東京都港区          ソフトウェア等              441
            当社グループは、原則として、事業用資産については、会社及び生産センターを基準とし、賃貸用不動
           産、ホテル開発用資産及び遊休資産についてはそれぞれ個別案件ごとにグルーピングしております。
            賃貸用資産については、稼働状況の著しい低下や建設計画の変更に伴い帳簿価額を回収可能価額まで減額
           し、当該減少額を特別損失に計上しております。ホテル開発用資産については、事業計画の精査の結果、回
           収可能価額が著しく低下したことから帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。さらに事業用資産に
           ついては、システム投資戦略の見直しにより、帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。
            上記にかかる減損損失の内訳は、有形固定資産の建物・構築物276百万円、機械、運搬具及び工具器具備
           品23百万円、土地2,203百万円、建設仮勘定43百万円および無形固定資産のその他420百万円であります。
            なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、土地及び建物については、不動産鑑定業者の鑑
           定評価額に基づき評価し、その他の資産については正味売却価額を零として評価しております。
                                  60/160













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                    当連結会計年度
                                  (自 2018年4月1日
                                   至 2019年3月31日)
              その他有価証券評価差額金:
               当期発生額                         △2,684百万円
               組替調整額                           △15
                税効果調整前
                                        △2,700
                税効果額                           846
                計
                                        △1,854
              為替換算調整勘定:
               当期発生額                             6百万円
               組替調整額                            -
                税効果調整前
                                           6
                税効果額                           -
                計
                                           6
              退職給付に係る調整額:
               当期発生額                            △4百万円
               組替調整額                            22
                税効果調整前
                                           17
                税効果額                           △4
                計
                                           12
              持分法適用会社に対する持分相当額:
               当期発生額                             0百万円
                 その他の包括利益合計
                                        △1,835
                                  61/160












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          当連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
                    株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
     発行済株式
      普通株式(注)1、2                 35,556,584          35,556,584          35,556,584          35,556,584
           合計            35,556,584          35,556,584          35,556,584          35,556,584
     自己株式
      普通株式
                         497,383            638         45,660          452,361
      (注)3、4、5
           合計              497,383            638         45,660          452,361
     (注)   1.普通株式の発行済株式総数の増加35,556,584株は、                          日成ビルド工業株式会社が、単独株式移転により当社を設
         立した際に株式を発行したことによるものであります。
        2.普通株式の発行済株式総数の減少35,556,584株は、上記単独株式移転によるものであります。
        3.自己株式の数の増加638株は、単元未満株式の買取りによる増加分であります。
        4.自己株式の数の減少45,660株は、新株予約権の権利行使による減少30,500株及び株式給付信託による売却
         15,160株であります。
        5.普通株式の自己株式の株式数には、「株式給付信託」導入において設定した資産管理サービス信託銀行株式会
         社(信託E口)が保有する当社株式(当連結会計年度期首225,560株、当連結会計年度末210,400株)及び連結子
         会社である日成ビルド工業株式会社が保有する当社株式(当連結会計年度期首271,823株、当連結会計年度末
         241,755株)が含まれております。
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                        新株予約権         新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                        の目的とな
       区分      新株予約権の内訳                                         年度末残高
                        る株式の種
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                                       (百万円)
                        類
                              年度期首      年度増加      年度減少      年度末
     提出会社
             ストック・オプション
                          -        -      -      -      -      107
     (親会社)
             としての新株予約権
             合計             -        -      -      -      -      107
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
             当社は、2018年10月1日に単独株式移転により日成ビルド工業株式会社の完全親会社として設立された
            ため、配当金の支払額は、日成ビルド工業株式会社の株主総会及び取締役会において決議された金額を記
            載しております。
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                     (百万円)          (円)
     2018年6月28日
                 普通株式              917          26   2018年3月31日         2018年6月29日
     定時株主総会
     2018年11月7日
                 普通株式              494          14   2018年9月30日         2018年12月10日
     取締役会
     (注)上記の配当金の総額には、               資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式に対する配当金
         (2018年6月28日定時株主総会決議分5百万円、2018年11月7日取締役会決議分2百万円)が含まれておりま
         す。
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                    配当金の総額                 1株当たり
              株式の種類               配当の原資                 基準日       効力発生日
     (決議)
                     (百万円)                配当額(円)
     2019年6月27日
               普通株式          924   その他資本剰余金               26  2019年3月31日        2019年6月28日
     定時株主総会
     (注)2019年6月27日開催の第1期定時株主総会決議による配当金の総額には、資産管理サービス信託銀行株式会社(信
       託E口)が保有する当社株式に対する配当金5百万円及び連結子会社が保有する当社株式に対する配当金6百万円が
       含まれております。
                                  62/160


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日
                                  至 2019年3月31日)
             現金預金勘定                           7,655百万円
             預入期間が3か月を超える定期預金                           △126
             現金及び現金同等物                           7,528
          ※2.当連結会計年度に株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

             株式の取得により新たにアーバン・スタッフ株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債
            の内訳並びにアーバン・スタッフ株式会社の株式の取得価額とアーバン・スタッフ株式会社の株式取得の
            ための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
             流動資産                                   1,232百万円
             固定資産                                    703
             のれん                                   1,163
                                                △664
             流動負債
                                                △133
             固定負債
             アーバン・スタッフ株式会社の取得価額
                                                2,302
                                                △797
             アーバン・スタッフ株式会社の現金及び現金同等物
             差引:   アーバン・スタッフ株式会社             取得のための支出                  1,504
         (リース取引関係)

          (借主側)
           ファイナンス・リース取引
           所有権移転外ファイナンス・リース取引
           (1)リース資産の内容
             有形固定資産 事務用機器等(機械、運搬具及び工具器具備品)
             無形固定資産 ソフトウエア
           (2)リース資産の減価償却の方法
             連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資
            産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
                                  63/160










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社及び連結子会社は、投資や完成までに長期間を要する工事に係る売上・債権回収等の計画を基に作
            成される資金計画に照らして必要な資金を金融機関からの借入や社債の発行により調達しております。資
            金運用については、短期的な預金等に限定し手許資金の流動性を確保することに努め、投機的な取引は行
            わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である受取手形・完成工事未収入金、レンタル未収入金は顧客の信用リスクに晒されておりま
            す。投資有価証券は主に長期保有目的のものであり市場価格の変動リスクや発行体の信用リスクに晒され
            ております。
             営業債務である支払手形・工事未払金等は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。借入金、
            社債及びファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資や長期工事に係る工事原価等の支
            払いのためのものであり、その返済、償還日は決算日後8年以内であります。借入金の一部は変動金利で
            あるために金利の変動リスクに晒されております。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

            ・信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
             当社の連結子会社は、営業債権について所管部署が主要な取引先の状況に関する情報を定期的に調査
            し、取引相手ごとに期日および残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握
            や軽減を行っております。
            ・市場リスク(金利等の変動リスク)の管理
             当社および連結子会社は借入金および社債に係る支払利息の変動リスクを抑制するために、その大部分
            は固定金利での契約で資金調達を行っております。
             投資有価証券については定期的に時価や発行体の財務状況を把握し、取引先企業との関係等も考慮し保
            有状況を継続的に見直しております。
            ・資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
             当社および連結子会社は各部署からの報告に基づき財務企画部が適時に資金繰計画を作成・更新すると
            ともに手許流動性を維持すること等により流動性リスクを管理しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価額に基づく価額のほか、市場価額がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては、変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を
            採用することにより、当該価額が変動することがあります。
           (5)信用リスクの集中

             該当事項はありません。
                                  64/160









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
           することが極めて困難と認められるものは、次表に含めておりません。((注)2を参照)
            当連結会計年度(2019年3月31日)
                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
                                   7,655           7,655             -
     (1)現金預金
                                  23,639           23,639             -
     (2)受取手形・完成工事未収入金
                                   4,655           4,655             -
     (3)レンタル未収入金
                                  11,212           11,212             -
     (4)投資有価証券
                                  47,163           47,163             -
              資産計
                                  19,905           19,905             -
     (1)支払手形・工事未払金等
                                   5,927           5,927             -
     (2)短期借入金
                                   1,223           1,223             -
     (3)未払法人税等
     (4)長期借入金(1年内返済予定を含む)                             22,150           22,191             40
     (5)リース債務(1年内返済予定を含む)                             1,158           1,153            △5
                                  50,365           50,400             35

              負債計
     (注)1.     金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
         資産
          (1)現金預金
            預金はすべて短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (2)受取手形・完成工事未収入金、(3)レンタル未収入金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
          (4)投資有価証券
            これらの時価について、株式等は取引所の価格によっております。
         負債
          (1)支払手形・工事未払金等、(2)短期借入金、(3)未払法人税等
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
          (4)長期借入金(1年内返済予定を含む)、(5)リース債務(1年内返済予定を含む)
            これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入またはリース取引を行った場合に想定さ
           れる利率で割り引いた現在価値により算出しております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                      (単位:百万円)
                     当連結会計年度

              区分
                    (2019年3月31日)
           非上場株式               149百万円
                          8
           関係会社株式
                         185
           匿名組合出資金
           非上場株式、関係会社株式及び匿名組合出資金については、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フ
          ローが約定されておらず、時価を把握することが極めて困難と認められているため、(4)投資有価証券には
          含めておりません。
                                  65/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
          当連結会計年度(2019年3月31日)
                                         1年超         5年超
                               1年以内
                                        5年以内         10年以内
                               (百万円)
                                        (百万円)         (百万円)
           現金預金                        7,655           -         -

           受取手形・完成工事未収入金                       23,639           -         -
           レンタル未収入金                        4,655           -         -
                  合計               35,950           -         -

        4.長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

          当連結会計年度(2019年3月31日)
                          1年超      2年超      3年超      4年超
                    1年以内                                5年超
                          2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                   (百万円)                                (百万円)
                         (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                                               1,271
           長期借入金           3,943      3,689      5,190      3,252             4,803
           リース債務            314      269      209      154      109      100

                      4,258
             合計               3,959      5,399      3,407      1,380      4,903
                                  66/160













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
            当連結会計年度(2019年3月31日)
                              連結貸借対照表計上
                      種類                  取得原価(百万円)           差額(百万円)
                              額(百万円)
                                    10,958
                  (1)株式                             5,472          5,486
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債等                    -          -          -
     連結貸借対照表計上額が
                   ② 社債                    -          -          -
     取得原価を超えるもの
                   ③ その他                    -          -          -
                  (3)その他                     -          -          -
                      小計              10,958           5,472          5,486
                  (1)株式                    254          260          △5
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債等                    -          -          -
     連結貸借対照表計上額が
                   ② 社債                    -          -          -
     取得原価を超えないもの
                   ③ その他                    -          -          -
                  (3)その他                     -          -          -
                      小計               254          260          △5
                合計                    11,212           5,732          5,480
          (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額335百万円)については、市場価格がなく、時価を把握すること
            が極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」に含めておりません。
          2.売却したその他有価証券

            当連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
                                      売却益の合計          売却損の合計
                  種類        売却額(百万円)
                                      (百万円)          (百万円)
                                  -          -          -
              (1)株式
              (2)債券
                                  -          -          -
               ① 国債・地方債等
                                  -          -          -
               ② 社債
                                  300           -          -
               ③ その他
                                  668           15          -
              (3)その他
                                            15          -
                  小計               968
             (注)上表の債券の「売却額」は償還額であります。
                                  67/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
            当社及び連結子会社(3社)は非積立型の確定給付制度として退職一時金制度及び確定拠出年金制度を設け
           ており、連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算
           しております。
            連結子会社(1社)は、積立型の確定給付型企業年金制度を採用しております。
            連結子会社(1社)は、中小企業退職金共済制度及び建設業退職金共済制度を採用しております。
          2.確定給付制度

          (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)
                                        当連結会計年度
                                      (自 2018年4月1日
                                       至 2019年3月31日)
              退職給付債務の期首残高                              2,236百万円
               勤務費用                              152
               利息費用                               5
               数理計算上の差異の発生額                               ▶
               退職給付の支払額                             △157
              退職給付債務の期末残高                              2,241
          (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)

                                       当連結会計年度
                                     (自 2018年4月1日
                                      至 2019年3月31日)
             年金資産の期首残高                               702百万円
              期待運用収益                               10
              数理計算上の差異の発生額                              △0
              事業主からの拠出額                               37
              退職給付の支払額                              △50
             年金資産の期末残高                               700
          (3)簡便法を適用した制度の退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                       当連結会計年度
                                     (自 2018年4月1日
                                      至 2019年3月31日)
             退職給付に係る負債の期首残高                               325百万円
              退職給付費用                               23
              退職給付の支払額                              △11
             退職給付に係る負債の期末残高                               337
          (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に

           係る資産の調整表
                                       当連結会計年度
                                     (自 2018年4月1日
                                      至 2019年3月31日)
             積立型制度の退職給付債務                              1,326百万円
             年金資産                              △700
                                            626
             非積立型制度の退職給付債務                              1,250
             連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              1,877
                                           1,877

             退職給付に係る負債
             連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              1,877
            (注)簡便法を適用した制度を含みます。
                                  68/160





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
          (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                       当連結会計年度
                                     (自 2018年4月1日
                                      至 2019年3月31日)
             勤務費用                               152百万円
             利息費用                                5
             期待運用収益                               △10
             数理計算上の差異の費用処理額                                22
             簡便法で計算した退職給付費用                                23
             確定給付制度に係る退職給付費用                               193
          (6)退職給付に係る調整額

                                       当連結会計年度
                                     (自 2018年4月1日
                                      至 2019年3月31日)
             数理計算上の差異                                17百万円
                                             17
               合 計
          (7)退職給付に係る調整累計額

            退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                       当連結会計年度
                                      (2019年3月31日)
             未認識数理計算上の差異                               126百万円
               合 計                             126
          (8)年金資産に関する事項

           ① 年金資産の主な内訳
             年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                       当連結会計年度
                                      (2019年3月31日)
             債券                                 35%
             株式                                 20
             生命保険会社の一般勘定                                 45
             その他                                  0
               合 計                              100
           ② 長期期待運用収益率の設定方法
             年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構
            成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期収益率を考慮しております。
          (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

            当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎
                                      当連結会計年度
                                     (2019年3月31日)
             割引率                             0.0~0.6%
             長期期待運用収益率                               1.5
          3.確定拠出制度

            当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、当連結会計年度73百万円であります。
                                  69/160







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                  (単位:百万円)
                              当連結会計年度
                            (自 2018年4月1日
                             至 2019年3月31日)
     販売費及び一般管理費
     給料手当                                    9
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            当社は、2018年10月1日に単独株式移転により日成ビルド工業株式会社の完全親会社として設立されたこ
           とに伴い、日成ビルド工業株式会社が発行した新株予約権は同日をもって消滅し、当該新株予約権の新株予
           約権者に対し、当該新株予約権に代わり、基準時における当該新株予約権の総数と同数の新株予約権を交付
           いたしました。その内容、規模及びその変動状況につきましては、以下のとおりであります。
           (1)ストック・オプションの内容

                       2011年ストック・オプション                    2012年ストック・オプション
     会社名               日成ビルド工業株式会社                    日成ビルド工業株式会社
                    同社取締役(社外取締役を除く。)7名                    同社取締役(社外取締役を除く。)7名
     付与対象者の区分及び人数
                    同社監査役(社外監査役を除く。)1名                    同社監査役(社外監査役を除く。)1名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 36,500株                    普通株式 68,000株
     プションの数      (注)
     付与日               2011年8月29日                    2012年7月20日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。                    権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。                    対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2011年8月29日から2041年8月28日まで                    2012年7月20日から2042年7月19日まで
                       2013年ストック・オプションⅠ                    2013年ストック・オプションⅡ

     会社名               日成ビルド工業株式会社                    日成ビルド工業株式会社
                    同社執行役員7名                    同社  取締役(社外取締役を除く。)7名
     付与対象者の区分及び人数
                    同社使用人 32名                    同社  監査役(社外監査役を除く。)1名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 44,500株                    普通株式 48,000株
     プションの数      (注)
     付与日               2013年5月21日                    2013年7月12日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。                    権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。                    対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2015年4月9日       から  2023年4月8日       まで    2013年7月12日       から2043年7月11日まで
                       2014年ストック・オプションⅠ                    2014年ストック・オプションⅡ

     会社名               日成ビルド工業株式会社                    日成ビルド工業株式会社
                    同社執行役員12名                    同社  取締役(社外取締役を除く。)8名
     付与対象者の区分及び人数
                    同社使用人 41名                    同社  監査役(社外監査役を除く。)1名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 60,000株                    普通株式 28,000株
     プションの数      (注)
     付与日               2014年5月23日                    2014年7月14日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。                    権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。                    対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2014年4月29日       から2024年4月28日まで             2014年7月14日       から2044年7月13日まで
                                  70/160



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                       2015年ストック・オプションⅠ                    2015年ストック・オプションⅡ
     会社名               日成ビルド工業株式会社                    日成ビルド工業株式会社
                    同社執行役員11名                    同社  取締役(社外取締役を除く。)8名
     付与対象者の区分及び人数
                    同社使用人 57名                    同社  監査役(社外監査役を除く。)1名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 76,000株                    普通株式 25,000株
     プションの数      (注)
     付与日               2015年5月25日                    2015年7月13日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。                    権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。                    対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2017年4月25日       から2025年4月24日まで             2015年7月13日       から2045年7月12日まで
                       2016年ストック・オプション                    2017年ストック・オプション

     会社名               日成ビルド工業株式会社                    日成ビルド工業株式会社
                    同社執行役員10名                    同社執行役員14名
     付与対象者の区分及び人数
                    同社使用人 48名                    同社使用人 57名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 37,500株                    普通株式 45,000株
     プションの数      (注)
     付与日               2016年5月23日                    2017年6月12日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。                    権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。                    対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2018年4月26日       から2026年4月25日まで             2019年5月12日から2027年5月11日まで
                       2018年ストック・オプション

     会社名               日成ビルド工業株式会社
                    同社執行役員15名
     付与対象者の区分及び人数
                    同社使用人 47名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 35,600株
     プションの数      (注)
     付与日               2018年10月1日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2020年5月11日       から2028年5月10日まで
                                  71/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                          第1回新株予約権                    第2回新株予約権
     会社名               提出会社                    提出会社
     付与対象者の区分及び人数               日成ビルド工業株式会社取締役 3名                    日成ビルド工業株式会社取締役 5名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 17,500株                    普通株式 49,500株
     プションの数      (注)
     付与日               2018年10月1日                    2018年10月1日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。                    権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。                    対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2018年10月1日から2041年8月28日まで                    2018年10月1日から2042年7月19日まで
                          第3回新株予約権                    第4回新株予約権

     会社名               提出会社                    提出会社
     付与対象者の区分及び人数               日成ビルド工業株式会社取締役 5名                    日成ビルド工業株式会社取締役 5名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 35,000株                    普通株式 18,500株
     プションの数      (注)
     付与日               2018年10月1日                    2018年10月1日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。                    権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。                    対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2018年10月1日       から  2043年7月11日       まで    2018年10月1日       から2044年7月13日まで
                          第5回新株予約権                 第1回新株予約権(従業員用)

     会社名               提出会社                    提出会社
     付与対象者の区分及び人数               日成ビルド工業株式会社取締役 6名                    日成ビルド工業株式会社使用人 14名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 19,000株                    普通株式 15,000株
     プションの数      (注)
     付与日               2018年10月1日                    2018年10月1日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。                    権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。                    対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2018年10月1日       から2045年7月12日まで             2018年10月1日       から2023年4月8日まで
                                  72/160









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                       第2回新株予約権(従業員用)                    第3回新株予約権(従業員用)
     会社名               提出会社                    提出会社
                    日成ビルド工業株式会社執行役員 4名                    日成ビルド工業株式会社執行役員 6名
     付与対象者の区分及び人数
                    日成ビルド工業株式会社使用人  24名                    日成ビルド工業株式会社使用人  44名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 30,500株                    普通株式 55,000株
     プションの数      (注)
     付与日               2018年10月1日                    2018年10月1日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。                    権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。                    対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2018年10月1日       から2024年4月28日まで             2018年10月1日       から2025年4月24日まで
                       第4回新株予約権(従業員用)                    第5回新株予約権(従業員用)

     会社名               提出会社                    提出会社
                    日成ビルド工業株式会社執行役員 10名                    日成ビルド工業株式会社執行役員 15名
     付与対象者の区分及び人数
                    日成ビルド工業株式会社使用人  43名                    日成ビルド工業株式会社使用人  55名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 33,000株                    普通株式 44,000株
     プションの数      (注)
     付与日               2018年10月1日                    2018年10月1日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。                    権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。                    対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2018年10月1日       から2026年4月25日まで             2019年5月12日から2027年5月11日まで
                       第6回新株予約権(従業員用)

     会社名               提出会社
                    日成ビルド工業株式会社執行役員 15名
     付与対象者の区分及び人数
                    日成ビルド工業株式会社使用人  47名
     株式の種類別のストック・オ
                    普通株式 35,600株
     プションの数      (注)
     付与日               2018年10月1日
     権利確定条件               権利確定条件は定めていない。
     対象勤務期間               対象勤務期間は定めていない。
     権利行使期間               2020年5月11日       から2028年5月10日まで
     (注)株式数に換算して記載しております。
                                  73/160







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             当連結会計年度(2019年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
            ションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ① ストック・オプションの数

                          2011年ストック・オプション                   2012年ストック・オプション
     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      付与                                -                   -
      失効                                -                   -
      権利確定                                -                   -
      未確定残                                -                   -
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末                              21,500                   58,000
      権利確定                                -                   -
      権利行使                              4,000                   8,500
      失効                              17,500                   49,500
      未行使残                                -                   -
                         2013年ストック・オプションⅠ                   2013年ストック・オプションⅡ

     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      付与                                -                   -
      失効                                -                   -
      権利確定                                -                   -
      未確定残                                -                   -
     権利確定後        (株)
                                                       41,000
      前連結会計年度末                              15,000
      権利確定                                -                   -
      権利行使                                -                 6,000
      失効                              15,000                   35,000
      未行使残                                -                   -
                         2014年ストック・オプションⅠ                   2014年ストック・オプションⅡ

     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      付与                                -                   -
      失効                                -                   -
      権利確定                                -                   -
      未確定残                                -                   -
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末                              31,000                   22,000
      権利確定                                -                   -
      権利行使                               500                  3,500
      失効                              30,500                   18,500
      未行使残                                -                   -
                                  74/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                         2015年ストック・オプションⅠ                   2015年ストック・オプションⅡ
     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      付与                                -                   -
      失効                                -                   -
      権利確定                                -                   -
      未確定残                                -                   -
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末                              57,000                   21,500
                                      -                   -
      権利確定
      権利行使                              2,000                   2,500
      失効                              55,000                   19,000
                                      -                   -
      未行使残
                          2016年ストック・オプション                   2017年ストック・オプション

     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      付与                                -                   -
      失効                                -                   -
      権利確定                                -                   -
      未確定残                                -                   -
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末                              36,500                   44,000
                                      -
      権利確定                                                  -
      権利行使                              3,500                    -
      失効                              33,000                   44,000
                                      -
      未行使残                                                  -
                          2018年ストック・オプション

     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -
                                    35,600
      付与
      失効                                -
      権利確定                              35,600
      未確定残                                -
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末                                -
      権利確定                              35,600
      権利行使                                -
      失効                              35,600
      未行使残                                -
                                  75/160





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                            第1回新株予約権                   第2回新株予約権
     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      付与                              17,500                   49,500
      失効                                -                   -
      権利確定                              17,500                   49,500
      未確定残                                -                   -
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末
      権利確定                              17,500                   49,500
      権利行使                                -                   -
      失効                                -                   -
      未行使残                              17,500                   49,500
                            第3回新株予約権                   第4回新株予約権

     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      付与                              35,000                   18,500
      失効                                -                   -
      権利確定                              35,000                   18,500
      未確定残                                -                   -
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      権利確定                              35,000                   18,500
      権利行使                                -                   -
      失効                                -                   -
      未行使残                              35,000                   18,500
                                  76/160










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                            第5回新株予約権                第1回新株予約権(従業員用)
     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      付与                              19,000                   15,000
      失効                                -                   -
      権利確定                              19,000                   15,000
      未確定残                                -                   -
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      権利確定                              19,000                   15,000
      権利行使                                -                   -
      失効                                -                   -
      未行使残                              19,000                   15,000
                         第2回新株予約権(従業員用)                   第3回新株予約権(従業員用)

     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      付与                              30,500                   55,000
      失効                                -                   -
      権利確定                              30,500                   55,000
      未確定残                                -                   -
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
                                    30,500                   55,000
      権利確定
      権利行使                                -                   -
      失効                                -                   -
                                    30,500                   55,000
      未行使残
                         第4回新株予約権(従業員用)                   第5回新株予約権(従業員用)

     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
      付与                              33,000                   44,000
      失効                                -                   -
      権利確定                              33,000                   44,000
      未確定残                                -                   -
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末                                -                   -
                                    33,000
      権利確定                                                44,000
      権利行使                                -                   -
      失効                                -                   -
                                    33,000
      未行使残                                                44,000
                                  77/160





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                         第6回新株予約権(従業員用)
     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末                                -
                                    35,600
      付与
      失効                                -
      権利確定                              35,600
      未確定残                                -
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末                                -
      権利確定                              35,600
      権利行使                                -
      失効                                -
      未行使残                              35,600
            ② 単価情報

                           2011年ストック・オプション                  2012年ストック・オプション
     権利行使価格                   (円)
                                       1                  1
     行使時平均株価                  (円)
                                     1,256                  1,256
     付与日における公正な評価単価(円)                                 238                  140
                          2013年ストック・オプションⅠ                  2013年ストック・オプションⅡ

     権利行使価格                   (円)
                                      402                   1
     行使時平均株価                  (円)                     -
                                                       1,256
     付与日における公正な評価単価(円)                                 192                  294
                          2014年ストック・オプションⅠ                  2014年ストック・オプションⅡ

     権利行使価格                   (円)
                                      524                   1
     行使時平均株価                  (円)                   1,198
                                                       1,256
     付与日における公正な評価単価(円)                                 246                  444
                          2015年ストック・オプションⅠ                  2015年ストック・オプションⅡ

     権利行使価格                   (円)
                                      780                   1
     行使時平均株価                  (円)
                                     1,258                  1,256
     付与日における公正な評価単価(円)                                 330                  522
                           2016年ストック・オプション                  2017年ストック・オプション

     権利行使価格                   (円)
                                      984                 1,306
     行使時平均株価                  (円)
                                     1,259                    -
     付与日における公正な評価単価(円)                                 370                  400
                           2018年ストック・オプション

     権利行使価格                   (円)
                                     1,263
     行使時平均株価                  (円)
                                       -
     付与日における公正な評価単価(円)                                 272
                                  78/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     権利行使価格                   (円)
                                       1                  1
     行使時平均株価                  (円)
                                       -                  -
     付与日における公正な評価単価(円)                                 238                  140
                             第3回新株予約権                  第4回新株予約権

     権利行使価格                   (円)
                                       1                  1
     行使時平均株価                  (円)
                                       -                  -
     付与日における公正な評価単価(円)                                 294                  444
                             第5回新株予約権               第1回新株予約権(従業員用)

     権利行使価格                   (円)
                                       1                 402
     行使時平均株価                  (円)
                                       -                  -
     付与日における公正な評価単価(円)                                 522                  192
                          第2回新株予約権(従業員用)                  第3回新株予約権(従業員用)

     権利行使価格                   (円)
                                      524                  780
     行使時平均株価                  (円)
                                       -                  -
     付与日における公正な評価単価(円)                                 246                  330
                          第4回新株予約権(従業員用)                  第5回新株予約権(従業員用)

     権利行使価格                   (円)
                                      984                 1,306
     行使時平均株価                  (円)
                                       -                  -
     付与日における公正な評価単価(円)                                 370                  400
                          第6回新株予約権(従業員用)

     権利行使価格                   (円)
                                     1,263
     行使時平均株価                  (円)
                                       -
     付与日における公正な評価単価(円)                                 272
     (注)付与日における公正な評価単価につきましては、日成ビルド工業株式会社の付与日における公正な評価単価を記載
       しております。
                                  79/160









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
          3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
           当連結会計年度において付与された                 2018年ストック・オプション             についての公正な評価単価の見積方法は以
          下のとおりであります。
           ① 使用した評価技法                        ブラック・ショールズ式
           ② 主な基礎数値及び見積方法
                                  第6回新株予約権(従業員用)
             株価変動性(注)1                               37.70%
             予想残存期間(注)2                                 6年
             予想配当(注)3                              40円/株
             無リスク利子率(注)4                              △0.07%
            (注)1.予想残存期間に対応する期間(2012年6月から2018年6月まで)の株価実績に基づき算定して
                おります。
               2.十分なデータの蓄積がなく、合理的な見積りが困難であるため、権利行使期間の中間点におい
                て行使されるものと推定して見積もりしております。
               3.2018年3月期の配当実績によっております。
               4.予想残存期間に対応する国債の利回りであります。
          4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

           基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用し
          ております。
                                  80/160














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                       当連結会計年度
                                      (2019年3月31日)
           繰延税金資産
            貸倒引当金                                127百万円
            完成工事補償引当金                                71
            減損損失                               1,107
            賞与引当金                                216
            退職給付に係る負債                                539
            繰越欠損金                                495
            未払事業税等                                61
            減価償却超過額                                84
            棚卸資産評価損                                140
                                            587
            その他
            繰延税金資産小計
                                           3,433
            税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)3                               △475
            将来減算一次差異等の合計に係る評価性引当額                               △911
            評価性引当額小計(注)2                              △ 1,387
            繰延税金資産合計
                                           2,045
           繰延税金負債
            その他有価証券評価差額金                              △1,658
            子会社時価評価差額金                               △441
                                           △195
            その他
            繰延税金負債合計                              △2,294
           繰延税金負債の純額                                △249
         (注)1.当連結会計年度における繰延税金負債の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
                                       当連結会計年度
                                      (2019年3月31日)
            投資その他の資産-繰延税金資産
                                            480百万円
            固定負債-繰延税金負債                               △729
            2.評価性引当額が209百万円増加しております。この増加の主な内容は、固定資産の減損損失に係る評
             価性引当額を279百万円認識したことに伴うものであります。
            3.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
                         1年超      2年超      3年超      4年超
                  1年以内                               5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                   (百万                               (百万      (百万
                         (百万      (百万      (百万      (百万
                   円)                               円)      円)
                         円)      円)      円)      円)
     税務上の繰越欠損金
                      ▶      -      28      30      14      417      495
     (a)
     評価性引当額               △4       -     △16      △30      △14      △409      △475
     繰延税金資産(b)                -      -      11      -      -       8      19

            (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
            (b)税務上の繰越欠損金495百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産19百万円を計
              上しております。当該繰延税金資産19百万円は、当社における税務上の繰越欠損金の残高8百万円及
              び連結子会社の株式会社NB建設北関東における税務上の繰越欠損金の残高151百万円(法定実効税
              率を乗じた額)の一部について認識したものであります。当該繰延税金資産を計上した税務上の繰越
              欠損金は、当社において当期に税引前当期純損失を843百万円計上したこと及び連結子会社の株式会
              社NB建設北関東において2013年3月期に税引前当期純損失252百万円を計上したことにより生じたも
              のであり、将来の課税所得の見込みにより、回収可能と判断し評価性引当額を認識しておりません。
                                  81/160



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因
           となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (2019年3月31日)
           法定実効税率
                                          30.5%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                              10.9
            受取配当金の益金不算入額                              △4.6
            評価性引当額の増減                              19.5
            住民税均等割                               7.7
            のれん償却額                               6.7
            持分法による投資損益                               3.9
                                           1.6
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                               76.3
                                  82/160
















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          (取得による企業結合)
           (1)企業結合の概要
            ① 被取得企業の名称およびその事業の内容
             被取得企業の名称            アーバン・スタッフ株式会社
             事業の内容            建築・土木工事の設計、施工、監理および請負、
                         太陽光発電事業および太陽光発電所建設工事
            ②   企業結合を行った主な理由
              アーバン・スタッフ株式会社は、2001年の創業以来、高い技術力と遊休不動産の有効活用に取り組む
             ソリューション提案力を活かし、栃木県を中心に建設業を展開しております。また、同社は、太陽光発
             電事業分野にも進出し同発電設備工事業を展開するとともに、30カ所を超える太陽光発電設備を自社保
             有することで安定した収益基盤も兼ね備えております。
              本件株式取得により、当社グループ商品・サービスの幅の広がりやソリューション提案力の深みが増
             すとともに、収益安定型であるストック型ビジネスの拡大が促進されるものと考えております。
            ③  企業結合日
              2018年7月18日
            ④  企業結合の法的形式
              現金を対価とする株式の取得
            ⑤  結合後企業の名称
              アーバン・スタッフ株式会社
            ⑥  取得した議決権比率
              100%
            ⑦  取得企業を決定するに至った主な根拠
              現金を対価とした株式取得により、当社の連結子会社である日成ビルド工業株式会社がアーバン・ス
             タッフ株式会社の議決権100%を取得したため、日成ビルド工業株式会社を取得企業としております。
           (2)  連結財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間

             2018年9月1日から2019年3月31日まで
           (3)被取得企業の取得原価および対価の種類ごとの内訳

             取得の対価          現金による支出                     2,302百万円
             取得原価                               2,302百万円
           (4)主要な取得関連費用の内容および金額

             デューデリジェンス費用等                   8百万円
           (5)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法および償却期間

            ①   発生したのれんの金額
              1,163百万円
              また、のれんの金額は、当連結会計年度末において、取得原価の配分が完了していないため、暫定的
             に算出された金額であります。
            ② 発生    原因
              アーバン・スタッフ株式会社             の今後の事業展開により期待される超過収益力であります。
            ③  償却方法および償却期間
              10年による定額法
           (6)企業結合日に受け入れた資産および引き受けた負債の額ならびにその主な内訳

             流動資産        1,232百万円
                      703
             固定資産
                     1,936
             資産合計
                      664
             流動負債
                      133
             固定負債
                      798
             負債合計
                                  83/160





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
           (7)  企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及
            ぼす影響の概算額及びその算定方法
             売上高         618百万円
                      57
             営業利益
            (概算額の算定方法)
             企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定して算定した売上高及び営業利益と当社の連結損
            益計算書における売上高及び営業利益との差額を影響の概算額としております。なお、当該注記は監査証
            明を受けておりません。
           (8)取得原価の配分

             当連結会計年度末において、企業結合日における識別可能な資産及び負債の特定が未了であり、取得原
            価の配分が完了していないため、直近での入手可能な合理的な情報に基づき暫定的な会計処理を行ってお
            ります。
          共通支配下の取引等

          (単独株式移転による持株会社の設立)
           1.取引の概要
             当社は、2018年10月1日に単独株式移転の方法により、日成ビルド工業株式会社の完全親会社として設
            立されました。
           (1)結合当事企業の名称および事業の内容
             名    称  :  株式会社スペースバリューホールディングス
             事業の内容      :  グループ会社の経営管理およびそれに附帯関連する業務
           (2)企業結合日

             2018年10月1日
           (3)企業結合の法的形式
             当社を株式移転設立完全親会社、日成ビルド工業株式会社を株式移転完全子会社とする単独株式移転
           (4)結合後企業の名称
             株式会社スペースバリューホールディングス
           (5)企業結合の目的
             持株会社体制への移行の目的は次のとおりです。
            ① 企業価値の最大化
              グループ経営と業務執行を明確に分離したうえで、環境変化やグループ経営課題に柔軟かつ迅速に対
             応していく全体最適経営を行い、企業価値の最大化を目指します。
            ② グループシナジー効果の最大化と経営の効率化
              適時かつグループ横断的な連携戦略の強化と各事業会社における責任と役割の明確化により、グルー
             プシナジー効果の最大化と経営の効率化を図ります。
            ③ コーポレート・ガバナンス強化
              持株会社によるグループ内部牽制機能の充実を進めることにより、グループ全体のコーポレート・ガ
             バナンスを強化します。
           2.実施した会計処理の概要

             「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                         平成25年9月13日)および「企業結合会計基準
            及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                                    平成25年9月13日)に基づ
            き、共通支配下の取引として会計処理しております。
                                  84/160







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (賃貸等不動産関係)
          当社グループでは石川県その他の地域において、賃貸事業施設、賃貸用住居及び遊休不動産(土地を含む)を
         有しております。当連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は50百万円(賃貸収益は売上高、
         営業外収益に、賃貸費用は売上原価、営業外費用に計上)、減損損失は487百万円(特別損失に計上)でありま
         す。
          また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は次のとおりであります。
                                     (単位:百万円)
                                  当連結会計年度

                                (自 2018年4月1日
                                 至 2019年3月31日)
         連結貸借対照表計上額

             期首残高                            7,471

             期中増減額                             △33

             期末残高                            7,438

         期末時価                                7,276
         (注)1.連結       貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で                                         ありま
             す 。
            2.期中増減額のうち、当連結会計年度の主な増加額は新規取得(561百万円)によるものであり、主な
             減少額は減価償却費(65百万円)及び減損損失(487百万円)によるものであります。
            3.期末の時価は、主要な物件については社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書に基づく金額に
             よっております。ただし、直近の評価時点から、適切に市場価格を反映していると考えられる指標に重
             要な変動が生じていない場合には、当該指標を用いて調整した金額によっております。
              その他重要性の乏しい物件については、一定の評価額や適切に市場価格を反映していると考えられる
             指標に基づく金額によって            おります    。
                                  85/160












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
            り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となってい
            るものであります。
             当社グループは、取り扱う製品・サービスについて包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しておりま
            す。
             したがって、当社グループは、製品・サービス別のセグメントから構成                                 された5つを報告セグメントと
            しております。
             「システム建築事業」はシステム建築工事の請け負い及び建物のレンタルを行っております。
             「総合建設事業」はシステム建築工事以外の一般土木建築工事を請け負っております。
             「立体駐車場事業」は機械式及び自走式の立体駐車場の工事を請け負っているほか、点検・修理のサー
            ビス及び改修工事を行っております。
             「開発事業」は       不動産の開発、売買及び賃貸等を行っております。
             「ファシリティマネジメント事業」は                  建築物及び関連施設の総合管理、メンテナンス等の事業を行って
            おります。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
            項」における記載と概ね同一であります。
             報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
             セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                  86/160














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報
               当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                   報告セグメント

                                               ファシリティ

                 システム建築        総合建設       立体駐車場         開発               合計
                                               マネジメント
     売上高

                    47,323       18,400       16,010        2,658       1,273       85,666
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                      93       362        0       83       377       917
      売上高又は振替高
                    47,416       18,762       16,011        2,742       1,650       86,583
          計
     セグメント利益又は損
                     5,247        974       951       306      △ 166      7,312
     失(△)
                    34,232       13,335       13,039        9,744        253      70,604
     セグメント資産
     その他の項目

                     1,287         42       699        88        1     2,119
      減価償却費
                      -       67       169        -       -       237
      のれん償却額
      有形固定資産及び無
                      742        3     1,765       2,790          1     5,303
      形固定資産の増加額
                       (単位:百万円)

                  調整額

                        連結財務諸表
                  (注)
                          計上額
     売上高

                      -     85,666
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     △ 917        -
      売上高又は振替高
                     △ 917      85,666
          計
     セグメント利益又は損
                    △ 3,084       4,228
     失(△)
                    19,299       89,904
     セグメント資産
     その他の項目

                      167      2,286
      減価償却費
                      -       237
      のれん償却額
      有形固定資産及び無
                     4,536       9,839
      形固定資産の増加額
     (注) セグメント利益又は損失(△)の「調整額」の区分は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用であ
        り、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         セグメント資産の「調整額」の区分は、各報告セグメントに配分していない全社資産であり、主に提出会社の余
        剰資金(現金預金)、連結子会社が所有する長期投資資金(投資有価証券)及び本社の土地建物等であります。
         減価償却費、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の「調整額」の区分は、各報告セグメントに配分していな
        い全社資産にかかるものであります。
                                  87/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             製品及びサービスの区分が報告セグメント区分と同一であるため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
            (2)有形固定資産

                                                  (単位:百万円)
                  日本         シンガポール              タイ           合計
                    25,493            2,935            140          28,569
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載事項
            はありません。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                         ファシリティ
                システム建築       総合建設     立体駐車場        開発           全社・消去        合計
                                         マネジメント
                     -      -      -    2,527        -     441     2,968
           減損損失
           (注)「全社・消去」の金額は、セグメントに帰属しない全社資産に係る減損損失であります。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
            「総合建設事業」において、当連結会計年度におけるのれんの償却額は                                 67 百万円であり、当連結会計年度
           末の未償却残高は        1,096   百万円であります。
            「立体駐車場事業」において、当連結会計年度におけるのれんの償却額は                                  169  百万円であり、当連結会計
           年度末の未償却残高は          2,695   百万円であります。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                  資本金又          議決権等の所
         会社等の              事業の内
                                   関連当事者           取引金額           期末残高
      種類   名称又は     所在地    は出資金     容又は職     有(被所有)            取引の内容            科目
                                   との関係
                                             (百万円)           (百万円)
          氏名        (百万円)     業     割合(%)
                                   当社代表
                            (被所有)
         森岡 篤弘                           取締役会                その他
      役員          -     -     -              資金の預り         12           12
                             直接    2.0    長兼社長
          (注)                                         (流動負債)
                                    CEO
      (注)森岡篤弘氏は、当社代表取締役会長兼社長CEOから2019年4月10日付で取締役に異動し、2019年4月18日付で
        取締役を辞任しております。
                                  88/160





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                    当連結会計年度
                                  (自 2018年4月1日
                                   至 2019年3月31日)
         1株当たり純資産額                               739.27円

         1株当たり当期純利益                                7.44円

         潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                7.38円

         (注)1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであり
           ます。
                                    当連結会計年度
                                  (自 2018年4月1日
                                   至 2019年3月31日)
         1株当たり当期純利益

           親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                               261

           普通株主に帰属しない金額(百万円)                                -

           普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
                                          261
           益(百万円)
           期中平均株式数(千株)                              35,092
         潜在株式調整後1株当たり当期純利益

           親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                          -
           (百万円)
           普通株式増加数(千株)                               288
           (うち新株予約権(千株))                              (288)

         希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
                                          -
         当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式
         の概要
         (注)    株主資本において自己株式として計上されている株式給付信託が保有する当社株式は、1株当たり純資
            産額の算定上、期末発行済株式総数から控除する自己株式に含めており、当該株式数は当連結会計年度に
            おいて210千株であります。
             また、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上、普通株式の期中平均
            株式数の計算において控除する自己株式に含めており、当該株式数は当連結会計年度において215千株で
            あります。
                                  89/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
          (共通支配下の取引)
           2019年3月11日開催の取締役会決議に基づき、2019年5月31日を効力発生日として、当社の完全子会社であ
          る日成ビルド工業株式会社から、関係会社株式等管理事業を当社に承継する吸収分割を実施いたしました。取
          引の概要等は以下のとおりであります。
          1.取引の概要

           (1)  対象となった事業の名称及びその事業の内容
             関係会社株式等管理事業
           (2)  企業結合日
             2019年5月31日
           (3)  企業結合の法的形式
             当社を吸収分割承継会社とし、日成ビルド工業株式会社を吸収分割会社とする吸収分割
           (4)  企業結合後の企業の名称
             株式会社スペースバリューホールディングス
           (5)  その他取引の概要に関する事項
             当社は、今後更なる成長戦略を推進していくうえで、グループ事業を支える組織体制並びに経営管理体
            制の再構築を行うべく、持株会社として設立されました。
             本グループ組織再編により、グループ経営と業務執行を明確に分離したうえで、環境変化やグループ経
            営課題に柔軟かつ迅速に対応していく全体最適経営を行い、適時かつグループ横断的な連携戦略の強化に
            取り組んでまいります。
          2.実施する会計処理の概要

            「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                         平成25年9月13日)および「企業結合会計基準及
           び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                                   平成25年9月13日)に基づき、
           共通支配下の取引として処理する予定であります。
                                  90/160












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                              当期首残高      当期末残高
        会社名         銘柄       発行年月日                  利率(%)       担保      償還期限
                              (百万円)      (百万円)
     日成ビルド工業㈱         第6回無担保社債        2013年4月30日           500      -     0.90    なし    2018年4月27日
              第7回無担保社債        2013年5月31日                           なし    2018年5月31日

     日成ビルド工業㈱                             50      -     0.64
        合計         -        -        550      -    -      -       -

         【借入金等明細表】

                                当期首残高       当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (百万円)       (百万円)        (%)
     短期借入金                             7,183       5,927       0.49       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                             2,939       3,943       0.88       -
                                                  -      -
     1年以内に返済予定のリース債務                              296       314
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             11,023       18,207       0.66    2020年~2028年
                                                  -
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                              985       843         2020年~2028年
                                    -       -
     その他有利子負債                                            -      -
                 合計                 22,428       29,236        -      -
     (注)1.「平均利率」については、借入金等の当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
          なお、リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連結貸
         借対照表に計上しているため、「平均利率」を記載しておりません。
        2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下
         のとおりであります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                  (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
     長期借入金                3,689           5,190           3,252           1,271
                                                         109
     リース債務                 269           209           154
         【資産除去債務明細表】

           当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結
          会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規
          定により記載を省略しております。
                                  91/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                 第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     55,448          85,666

     税金等調整前四半期(当期)
                           1,950          1,076
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                           1,137           261
     (当期)純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                           32.42           7.44
     純利益(円)
     (会計期間)                 第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は
     1株当たり四半期純損失(△)                      3.96         △24.97
     (円)
     (注)当社は、2018年10月1日に設立されたため、第1四半期及び第2四半期に係る四半期報告書を提出しておらず、同
       四半期連結累計期間及び同四半期連結会計期間に係る記載はしておりません。
                                  92/160














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                     (単位:百万円)
                                   当事業年度
                                 (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         4,100
         現金預金
                                           12
         未収入金
                                         21,633
         関係会社短期貸付金
                                            0
         その他
                                         25,746
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                            1
          工具、器具及び備品(純額)
                                            1
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                            ▶
          商標権
                                            ▶
          ソフトウエア
                                            9
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         19,681
          関係会社株式
                                         4,020
          関係会社長期貸付金
                                           67
          繰延税金資産
                                           45
          その他
                                        △ 1,020
          貸倒引当金
                                         22,795
          投資その他の資産合計
                                         22,805
         固定資産合計
                                         48,551
       資産合計
                                  93/160











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                                     (単位:百万円)

                                   当事業年度
                                 (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         3,000
         短期借入金
                                         6,229
         関係会社短期借入金
                                         3,219
         1年内返済予定の長期借入金
                                           633
         未払金
                                           12
         未払法人税等
                                           59
         未払費用
                                           11
         賞与引当金
                                            5
         役員賞与引当金
                                            7
         役員株式給付引当金
                                           21
         株主優待引当金
                                           32
         その他
                                         13,232
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                16,428
                                           46
         役員株式給付引当金
                                           134
         関係会社事業損失引当金
                                         16,609
         固定負債合計
                                         29,842
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         7,000
         資本金
         資本剰余金
                                         1,000
          資本準備金
                                         11,574
          その他資本剰余金
                                         12,574
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                         △ 777
            繰越利益剰余金
                                         △ 777
          利益剰余金合計
                                         △ 194
         自己株式
                                         18,602
         株主資本合計
                                           107
       新株予約権
                                         18,709
       純資産合計
                                         48,551
      負債純資産合計
                                  94/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                     (単位:百万円)
                                   当事業年度
                                (自 2018年10月1日
                                 至 2019年3月31日)
                                         ※1 780
      営業収益
                                       ※1 , ※2 639
      営業費用
                                           140
      営業利益
      営業外収益
                                           36
       受取利息
                                            0
       その他
                                           36
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           36
       支払利息
                                           442
       貸倒引当金繰入額
                                           134
       関係会社事業損失引当金繰入額
                                           82
       その他
                                           696
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                    △ 519
      特別損失
                                           324
       特別調査費用
                                           324
       特別損失合計
      税引前当期純損失(△)                                    △ 843
      法人税、住民税及び事業税                                      1
                                          △ 67
      法人税等調整額
                                          △ 66
      法人税等合計
      当期純損失(△)                                    △ 777
                                  95/160












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          当事業年度(自 2018年10月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                           資本剰余金              利益剰余金
                                      その他利益
                 資本金                     剰余金            自己株式     株主資本合計
                           その他資本      資本剰余金           利益剰余金
                     資本準備金
                           剰余金      合計           合計
                                      繰越利益
                                      剰余金
     当期首残高              -      -      -      -      -      -      -      -
     当期変動額
      株式移転による増加            7,000      1,000     11,574      12,574                       19,574
      当期純損失(△)                                  △ 777     △ 777           △ 777
      自己株式の取得                                               △ 0     △ 0
      株式給付信託契約
                                                    △ 194     △ 194
      移転による増加
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計             7,000      1,000     11,574      12,574      △ 777     △ 777     △ 194     18,602

     当期末残高             7,000      1,000     11,574      12,574      △ 777     △ 777     △ 194     18,602
                新株予約権      純資産合計

     当期首残高
                   -      -
     当期変動額
      株式移転による増加
                   107    19,681
      当期純損失(△)                  △ 777
      自己株式の取得
                         △ 0
      株式給付信託契約
                        △ 194
      移転による増加
      株主資本以外の項目
                         -
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計              107    18,709

     当期末残高
                   107    18,709
                                  96/160








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.有価証券の評価基準及び評価方法
            子会社株式
             移動平均法による原価法
          2.固定資産の減価償却の方法

           (1)有形固定資産
             定率法
             なお、有形固定資産の耐用年数については、経済的使用可能予測期間に基づき見積る方法によっており
            ます。
           (2)無形固定資産
             定額法
             ・自社利用のソフトウエア 5年
             ・商標権         10年
          3.引当金の計上基準

           (1)  貸倒引当金
             債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
            権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)賞与引当金
             従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当事業年度負担額を計上しております。
           (3)役員賞与引当金
             役員の賞与の支給に備えるため、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。
           (4)役員株式給付引当金
             役員株式給付規程に基づく当社役員に対する当社株式の給付に備えるため、当事業年度末における株式
            給付債務の見込額に基づき計上しております。
           (5)  株主優待引当金
             株主優待制度に伴う支出に備えるため、当事業年度において翌事業年度に利用が見込まれる額を計上し
            ております。
           (6)  関係会社事業損失引当金
             関係会社における事業損失等に備えるため、今後の損失負担見込額を計上しております。
          4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

            消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
         (追加情報)

          (取締役に信託を通じて自社の株式を交付する取引)
           当社は、    当社定款附則第2条第2項に基づき                 、当社取締役及び日成ビルド工業株式会社取締役に対し中長期
          的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的とし、新たな株式報酬制度「株式給付信
          託」を導入しております。
           当該株式給付信託に関する会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関
          する実務上の取扱い」(実務対応報告第30号                     平成27年3月26日)を準用し、信託の資産及び負債を企業の資
          産及び負債として貸借対照表に計上する総額法を適用しております。
          (1)  取引の概要
           本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、取締役に対して、当社が定
          める役員株式給付規程に従って、当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下、「当社株式
          等」といいます。)が信託を通じて給付される株式報酬制度です。なお、取締役は、原則として、役員株式給
          付規程に定める在任中の一定時期に当社株式等の給付を受けるとともに、取締役の退任時に当社株式等の給付
          を受けるものとします。
          (2)  信託に残存する自社の株式
            信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己
           株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は当事業年度末において194百万円及び
           210千株であります。
                                  97/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
           1.保証債務
            (1)関係会社の金融機関からの借入金に対する保証債務
                      当事業年度
                    (2019年3月31日)
              合同会社スペースバリュー
                               2,780百万円
              A号
              P-PARKING     INTERNATIONAL
                               1,945
              PTE  LTD
                               4,725
                   計
            (2)関係会社のリース取引に係る保証債務

                      当事業年度
                    (2019年3月31日)
              株式会社NBパーキング                   14百万円
            (3)関係会社の工事請負に係る金融機関の工事契約履行保証等に対する保証債務

                      当事業年度
                    (2019年3月31日)
              P-PARKING     INTERNATIONAL
                                111百万円
              PTE  LTD
              SPACE   VALUE(THAILAND)
                                134
              CO.,LTD.
                                246
                   計
         (損益計算書関係)

          ※1.関係会社との取引にかかるものが次のとおり含まれております。
                                 当事業年度
                              (自 2018年10月1日
                               至 2019年3月31日)
          営業収益                            780百万円
                                      234
          営業費用
                                       47
          営業取引以外の取引による取引高
          ※2.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

             なお、当社は販売活動を行っておりませんので、販売費は生じておりません。
                                     当事業年度
                                  (自 2018年10月1日
                                   至 2019年3月31日)
          役員賞与引当金繰入額                                  5 百万円
                                           11
          賞与引当金繰入額
                                           13
          役員株式給付引当金繰入額
                                           21
          株主優待引当金繰入額
                                           76
          地代家賃
                                           179
          業務委託費
         (有価証券関係)

          子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式19,681百万円)は、市場価格がなく、時価を把握す
         ることが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                  98/160




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2019年3月31日)
           繰延税金資産
            貸倒引当金                              134百万円
            賞与引当金                               5
            未払費用                              14
            未払金                              33
            関係会社事業損失引当金                              41
            繰越欠損金                               8
                                          10
            その他
            繰延税金資産小計
                                          247
                                         △179
            評価性引当額
            繰延税金資産合計                              67
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
            税引前当期純損失のため注記を省略しております。
                                  99/160














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
          (共通支配下の取引)
           2019年3月11日開催の取締役会決議に基づき、2019年5月31日を効力発生日として、当社の完全子会社であ
          る日成ビルド工業株式会社から、関係会社株式等管理事業を当社に承継する吸収分割を実施いたしました。取
          引の概要等は以下のとおりであります。
          1.取引の概要

           (1)  対象となった事業の名称及びその事業の内容
             関係会社株式等管理事業
           (2)  企業結合日
             2019年5月31日
           (3)  企業結合の法的形式
             当社を吸収分割承継会社とし、日成ビルド工業株式会社を吸収分割会社とする吸収分割
           (4)  企業結合後の企業の名称
             株式会社スペースバリューホールディングス
           (5)  その他取引の概要に関する事項
             当社は、今後更なる成長戦略を推進していくうえで、グループ事業を支える組織体制並びに経営管理体
            制の再構築を行うべく、持株会社として設立されました。
             本グループ組織再編により、グループ経営と業務執行を明確に分離したうえで、環境変化やグループ経
            営課題に柔軟かつ迅速に対応していく全体最適経営を行い、適時かつグループ横断的な連携戦略の強化に
            取り組んでまいります。
          2.実施する会計処理の概要

            「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                         平成25年9月13日)および「企業結合会計基準及
           び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                                   平成25年9月13日)に基づき、
           共通支配下の取引として処理する予定であります。
                                100/160












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:百万円)
                                          当期末減価償
                                                       差引当期末残
        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額
                                                       高
                                          償却累計額
     有形固定資産

      工具、器具及び備品               -      -      -       1      0      0      1

        有形固定資産計             -      -      -       1      0      0      1

     無形固定資産

      商標権               -      -      -       ▶      0      0      ▶
      ソフトウエア               -      -      -       ▶      0      0      ▶
        無形固定資産計             -      -      -       9      0      0      9
      (注)有形固定資産及び無形固定資産の金額が資産の総額の1%以下であるため、「当期増加額」及び「当期減少額」
        の記載を省略しております。
         【引当金明細表】

                                            (単位:百万円)
           区分          当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高

      貸倒引当金                    -       1,020          -       1,020

      賞与引当金                    -        11        -        11
      役員賞与引当金                    -         5        -         5
                                  53
      役員株式給付引当金                    -                -        53
      株主優待引当金                    -        21        -        21
      関係会社事業損失引当金                    -        134         -        134
       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
                                101/160









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
       (3)【その他】
          株式移転による当社の完全子会社となった日成ビルド工業株式会社の前連結会計年度に係る連結財務諸表並び
         に当事業年度に係る財務諸表は、以下のとおりであります。
       (日成ビルド工業株式会社)

       (1)連結財務諸表
        ① 連結貸借対照表
                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         5,272
         現金預金
                                        ※5 21,636
         受取手形・完成工事未収入金
                                         4,867
         レンタル未収入金
                                        ※4 1,545
         販売用不動産
                                           334
         仕掛販売用不動産
                                         1,038
         未成工事支出金
                                         ※1 771
         その他のたな卸資産
         繰延税金資産                                  495
                                         1,248
         その他
                                         △194
         貸倒引当金
                                         37,016
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※2 3,644
          レンタル用建物(純額)
                                      ※2,※4   3,616
          建物・構築物(純額)
                                      ※2,※4   3,352
          機械、運搬具及び工具器具備品(純額)
                                        ※4 12,306
          土地
                                           514
          建設仮勘定
                                         23,434
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,836
          のれん
                                         1,504
          その他
                                         4,341
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※3 14,813
          投資有価証券
                                         2,125
          その他
                                         △256
          貸倒引当金
                                         16,682
          投資その他の資産合計
                                         44,457
         固定資産合計
                                         81,474
       資産合計
                                102/160







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                            有価証券報告書
                                    (単位:百万円)

                                  前連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※5 15,284
         支払手形・工事未払金等
                                        ※4 7,183
         短期借入金
                                        ※4 2,939
         1年内返済予定の長期借入金
                                           550
         1年内償還予定の社債
                                           956
         未払法人税等
                                           672
         未成工事受入金
                                         3,786
         レンタル前受収益
                                           17
         工事損失引当金
                                           244
         完成工事補償引当金
                                           72
         役員賞与引当金
                                           15
         役員株式給付引当金
                                           599
         賞与引当金
&n