ニッコンホールディングス株式会社 有価証券報告書 第78期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第78期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)
提出日
提出者 ニッコンホールディングス株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年6月28日
      【事業年度】                    第78期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                    ニッコンホールディングス株式会社
      【英訳名】                    NIKKON    Holdings     Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  黒 岩 正 勝
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区明石町6番17号
      【電話番号】                    03(3541)5330(代)
      【事務連絡者氏名】                    取締役執行役員経理部長  枩 田 泰 典
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区明石町6番17号
      【電話番号】                    03(3541)5330(代)
      【事務連絡者氏名】                    取締役執行役員経理部長  枩 田 泰 典
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/121













                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第74期       第75期       第76期       第77期       第78期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                  (百万円)         170,076       174,031       179,312       187,819       197,693
     売上高
                  (百万円)         17,259       18,439       19,574       20,715       22,019
     経常利益
     親会社株主に帰属する
                  (百万円)         12,312       11,875       13,468       14,545       14,768
     当期純利益
                  (百万円)         16,318        7,327       15,615       15,966       11,806
     包括利益
                  (百万円)         156,165       159,561       171,282       182,627       186,900
     純資産額
                  (百万円)         243,457       254,298       280,079       286,013       294,213
     総資産額
                  (円)        2,306.28       2,355.31       2,529.33       2,702.46       2,810.70
     1株当たり純資産額
                  (円)         179.67       175.73       199.22       215.30       221.03
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後
                  (円)         179.13       175.12       198.65       214.58       220.22
     1株当たり当期純利益金額
                  (%)          64.0       62.6       61.0       63.7       63.3
     自己資本比率
                  (%)           8.1       7.5       8.2       8.2       8.0
     自己資本利益率
                  (倍)          11.7       11.6       11.9       13.0       11.8
     株価収益率
     営業活動による
                  (百万円)         17,994       19,111       22,757       24,309       25,337
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  (百万円)         △ 5,430      △ 28,334      △ 20,984      △ 22,884      △ 16,892
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                  (百万円)         △ 3,296       1,621       6,987      △ 8,330      △ 11,659
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                  (百万円)         34,650       26,487       35,027       28,302       25,231
     期末残高
                           10,435       10,930       11,226       12,209       12,361
     従業員数
                  (人)
     (ほか、平均臨時雇用人
                           ( 3,707   )    ( 3,629   )    ( 3,617   )    ( 5,532   )    ( 3,677   )
     員)
      (注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2 従業員数は、就業人員数を記載しております。
         3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当連結会計年
          度の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適
          用した後の指標等となっております。
                                   2/121






                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第74期       第75期       第76期       第77期       第78期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                  (百万円)         90,432       45,717        4,818       13,299       10,413
     売上高及び営業収益
                  (百万円)         11,636        7,932       7,124       9,547       9,444
     経常利益
                  (百万円)          8,940       6,013       6,790       9,561       9,075
     当期純利益
                  (百万円)         11,316       11,316       11,316       11,316       11,316
     資本金
                  (株)       70,239,892       68,239,892       68,239,892       68,239,892       68,239,892
     発行済株式総数
                  (百万円)         100,850       101,021       106,353       112,342       110,838
     純資産額
                  (百万円)         173,138       168,444       187,570       191,554       185,870
     総資産額
                  (円)        1,488.95       1,490.43       1,569.85       1,662.43       1,666.52
     1株当たり純資産額
                            54.00       53.00       60.00       65.00       67.00

     1株当たり配当額
                  (円)
     (内、1株当たり中間配当
                           ( 19.00   )    ( 24.00   )    ( 27.00   )    ( 30.00   )    ( 32.00   )
     額)
                  (円)         130.46        88.98       100.44       141.53       135.83
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                  (円)         130.07        88.67       100.15       141.06       135.33
     当期純利益金額
                  (%)          58.1       59.8       56.6       58.5       59.4
     自己資本比率
                  (%)           9.0       6.0       6.6       8.8       8.2
     自己資本利益率
                  (倍)          16.1       22.9       23.6       19.7       19.3
     株価収益率
                  (%)          41.4       59.6       59.7       45.9       49.3
     配当性向
                            3,001         94       95       23       27

     従業員数
                  (人)
     (ほか、平均臨時雇用人
                            ( 811  )      ( 1 )      ( 1 )      ( 9 )      ( 3 )
     員)
                  (%)          118.7       118.0       139.7       166.1       160.4
     株主総利回り
     (比較指標:配当込み
                  (%)         ( 130.7   )    ( 116.5   )    ( 133.7   )    ( 154.9   )    ( 147.1   )
     TOPIX)
                  (円)          2,267       2,428       2,541       3,440       3,175
     最高株価
                  (円)          1,614       1,804       1,746       2,221       2,386
     最低株価
      (注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2 従業員数は、就業人員数を記載しております。
         3   当社は、2015年10月1日付で持株会社体制へ移行しております。これに伴い、第75期以降の主要な経営指
          標等は、第74期と比較して大きく変動しております。
         4 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当事業年度
          の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用し
          た後の指標等となっております。
         6 第78期より営業収益に係る表示方法の変更を行っております。第77期に係る主要な経営指標等について
          も、当該表示方法の変更を反映した組替後の数値を記載しております。
                                   3/121




                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        当社は、1953年8月27日、株式会社日本梱包運搬社として創業し、1965年5月25日、株式の額面変更を目的とし
       て、1950年12月7日設立の東洋化成工業株式会社(1962年2月より事業活動を休止、1963年4月に株式会社日本梱包
       運搬社に商号変更)に吸収合併され、1968年10月1日、商号を日本梱包運輸倉庫株式会社と変更しました。さらに、
       2015年10月1日に持株会社体制へ移行したことに伴い、商号をニッコンホールディングス株式会社に変更し今日に
       至っております。
       設  立       1953年8月27日、陸上小運送及び運送取扱業、貨物自動車運送業、鉄道発着貨物取扱業、貨物荷造梱

             包作業請負、梱包資材販売及び損害保険代理業を目的とし、東京都中央区築地1丁目3番地に本社を
             設置し創業。
       1953年       本社を東京都中央区入舟町2丁目4番地に移転。
             一般小型自動車運送事業の免許を受け、運送を開始。
       1955年       東京都中央区明石町8番地(現在は新住居表示により中央区明石町6番17号)に本社を移転。
       1956年       二段積載車両を開発、社旗・社章を制定。
       1959年       愛知県名古屋市、熱田急配株式会社(連結子会社)及び三重県四日市市、豊田貨物自動車運送株式会
             社(連結子会社)を買収。
       1960年       愛知県名古屋市、熱田急配株式会社を株式会社名古屋梱包運搬社、三重県四日市市、豊田貨物自動車
             運送株式会社を株式会社日本陸送と商号変更。
       1961年       株式を東京店頭登録し公開。
       1964年       倉庫営業(現日本梱包運輸倉庫株式会社・三芳営業所、連結子会社)の許可を受ける。
       1965年       同名の株式会社日本梱包運搬社に吸収合併。
       1966年       群馬県邑楽郡大泉町に日本運輸株式会社(連結子会社)を設立。
       1968年       商号を日本梱包運輸倉庫株式会社(現ニッコンホールディングス株式会社)と変更。
       1970年       株式を東京証券取引所市場第二部に上場。
       1971年       埼玉県朝霞市に株式会社オートテクニック(連結子会社)を設立。
       1973年       通関業の許可を受け、横浜営業所において営業を開始。
       1974年       東京都板橋区に日輸商事株式会社(連結子会社)を設立。
       1977年       埼玉県浦和市(現さいたま市)の株式会社東倉庫(連結子会社)を買収。
       1978年       三重県鈴鹿市に株式会社テクニックサービス(連結子会社)を設立。
       1981年       奈良県磯城郡田原本町の日本梱包運輸株式会社(現株式会社ニッコン奈良、連結子会社)を買収。
       1982年       栃木県芳賀郡芳賀町に株式会社オートテクニックジャパン(連結子会社)を設立。三段積載フルト
             レーラーを開発。
       1988年       熊本県菊池郡菊陽町にコスモ技研株式会社(現株式会社ニッコン九州、連結子会社)を設立。
       1989年       米国オハイオ州シドニー市にNK               PARTS   INDUSTRIES,INC.(連結子会社)を設立。日本初の車両伸縮式
             トレーラーを開発。JR仕様の2段床昇降式専用コンテナ開発。
       1990年       株式会社名古屋梱包運搬社は商号を株式会社メイコンと変更。IATA代理店資格を取得し、国際航空貨
             物代理店業務を開始。
       1993年       埼玉県狭山市にエヌケイエンジニアリング株式会社(連結子会社)を設立。
       1994年       タイ国アユタヤ県ウタイ郡にA.N.I.LOGISTICS,LTD.(連結子会社)を設立。中国江蘇省南京市に南京
             日梱儲運実業有限公司(現日梱物流(中国)有限公司、連結子会社)を設立。
       1997年       東京証券取引所市場第一部に指定替え。
       2000年       米国オハイオ州シドニー市にNK               AMERICA,INC.(連結子会社)を設立。港湾地区における拠点とし
             て、大黒ふ頭(横浜市鶴見区)に横浜営業所(現日本梱包運輸倉庫株式会社・大黒営業所、連結子会
             社)を開設。特別積み合わせ貨物運送認可取得。
       2004年       栃木営業所(現日本梱包運輸倉庫株式会社、連結子会社)においてISO14001の認証を取得。米国オハ
             イオ州シドニー市にNKA           TRANSPORTATION,        INC.(連結子会社)及びNKA             LOGISTICS,      INC.(連結子会
             社)を設立。
       2006年       ベトナム国ハノイ市にNIPPON              KONPO   VIETNAM    CO.,LTD.(連結子会社)を設立。新本社社屋を東京都中
             央区明石町6番17号(旧本社社屋敷地内)に竣工。東京都板橋区の菱自運輸株式会社(連結子会社)
             を買収。
       2008年       米国オハイオ州シドニー市にNKA               CUSTOMS    SERVICE,INC.(連結子会社)を設立。
       2010年       ブラジル国カンピーナス市にNK               BRASIL    LOGISTICA     LTDA.(連結子会社)を設立。東京都江東区の中越
             テック株式会社(連結子会社)を買収。中越テック株式会社の買収に伴い、その子会社である北海道札
             幌市の札幌新聞輸送株式会社を連結子会社化。
                                   4/121


                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       2011年       タイ国アユタヤ県ウタイ郡にA.N.I.TRANSPORT,LTD.(連結子会社)を設立。メキシコ国ハリスコ州エル
             サルト市にNKP       MEXICO,    S.A.   DE  C.V.(連結子会社)を設立。
       2013年       神奈川県足柄上郡開成町の株式会社信栄倉庫(連結子会社、同年現日本梱包運輸倉庫株式会社に吸収
             合併)を買収。米国オハイオ州シドニー市にAUTO                       TECHNIC    AMERICAS,INC.(連結子会社)を設立。
       2014年       愛知県瀬戸市の株式会社イトー急行(連結子会社)を買収。次世代環境型フルトレーラー(21m)の
             運行開始。埼玉県日高市に狭山日梱株式会社、埼玉県比企郡小川町に小川日梱株式会社、神奈川県藤
             沢市に藤沢日梱株式会社、新潟県新潟市に新潟日梱株式会社、長野県松本市に松本日梱株式会社、三
             重県鈴鹿市に鈴鹿日梱株式会社、群馬県太田市に群馬日梱株式会社(いずれも連結子会社)を設立。
       2015年       持株会社体制への移行に伴い、商号をニッコンホールディングス株式会社に変更し、大部分の事業を
             新設の日本梱包運輸倉庫株式会社(連結子会社)に承継し分社化。
             宮城県仙台市に仙台日梱株式会社、千葉県船橋市に                        千葉日梱    株式会社    、 タイ国アユタヤ県ウタイ郡に
             SIAM   AUTO   TECHNIC    CO.,LTD.、東京都中央区にニッコンムービング                      株式会社    及びニッコン情報システ
             ム 株式会社(いずれも連結子会社)を設立。
       2016年       東京都中央区にGINZAコンサルティング                     株式会社    及びNKインターナショナル             株式会社、中国重
             慶市に日梱重慶物流有限公司、石川県白山市に金沢日梱株式会社、愛知県名古屋市に名古屋日梱株式
             会社(いずれも連結子会社)を設立。
             株式会社東倉庫は連結子会社である日本梱包運輸倉庫株式会社に吸収合併。
       2017年       東京都江東区の板東産業株式会社を買収。その後連結子会社である日本梱包運輸倉庫株式会社に吸収
             合併。
       2018年       岐阜県加茂郡坂祝町の松久運輸株式会社、岐阜県美濃加茂市の株式会社松久総合(いずれも連結子会
             社)を買収。
       2019年       メキシコ国グアナファト州アパセオ エル グランデ市にNK                            LOGISTICA     MEXICO,    S.A.   DE  C.V.(連
             結子会社)を設立。
      3【事業の内容】

        当社グループは、当社及び関係会社75社で構成され、運送事業、倉庫事業、梱包事業、テスト事業を主な内容と
       し、更にこれらに附帯する業務を併せて行っております。
        なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当してお
       り、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断するこ
       ととなります。
        当社グループの事業に係わる位置づけは次のとおりであり、セグメントと同一の区分であります。
        運送事業 ……… 四輪・二輪完成自動車及び自動車部品・住宅設備・農業用機械等の輸送を行っております。
                日本梱包運輸倉庫株式会社をはじめ関係会社56社が行っております。
        倉庫事業 ……… 四輪・二輪完成自動車及び自動車部品・住宅設備・農業用機械等の保管を行っております。
                日本梱包運輸倉庫株式会社をはじめ関係会社28社が行っております。
        梱包事業 ……… 流通加工・自動車部品等の納入代行・輸出梱包等を行っております。当社のほか日本梱包運
                輸倉庫株式会社をはじめ関係会社35社が行っております。
        テスト事業 ……          四輪・二輪完成自動車及び自動車部品・農業用機械等のテストを行っております。株式会社
                オートテクニックジャパンをはじめ関係会社4社が行っております。
        その他事業 …… 通関業・車両等の修理及び整備・石油製品の販売・損害保険代理店業・不動産の売買、賃貸
                及びその仲介管理・廃棄物の処理及び収集・発電及び売電に関する事業を行っております。当
                社のほか日本梱包運輸倉庫株式会社をはじめ関係会社29社が行っております。
                                   5/121






                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        事業の系統図は次のとおりであります。
      (注)無印 連結子会社

















         ※1 非連結子会社で持分法適用会社
         ※2 非連結子会社で持分法非適用会社
         ※3 持分法適用関連会社
         ※4 持分法非適用関連会社
                                   6/121


                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                            資本金
                                          議決権の
                            又は     主要な事業
           名称           住所                   所有(被所有)割            関係内容
                            出資金       の内容
                                          合(%)
                           (百万円)
     (連結子会社)
                                                業務の一部委託及び受託

      ※4,5,6             東京都                              一部土地・建物の賃貸
                               500  運送事業他            100
                   中央区                              役員3名兼任
     日本梱包運輸倉庫㈱
                                                資金融通及び資金貸付
                   三重県                              役員1名兼任

      ※5
                               90  運送事業他            100
     ㈱日本陸送             鈴鹿市                              資金融通及び資金貸付
                   愛知県                              役員1名兼任

      ※5
                                 運送事業他
                               48             100
     ㈱メイコン             小牧市                              資金融通及び資金貸付
                   群馬県

      ※5                                           役員1名兼任
                   邑楽郡             24  運送事業他            100
     日本運輸㈱                                           資金融通及び資金貸付
                   大泉町
      ※5             埼玉県                              役員1名兼任

                               32  梱包事業他            100
                   狭山市                              資金融通
     ㈱オートテクニック
                   栃木県                              一部土地・建物の賃貸

      ※5,7
                   芳賀郡             40  テスト事業            100    役員1名兼任
     ㈱オートテクニックジャパン
                   芳賀町                              資金融通
                   栃木県                              一部土地・建物の賃貸

      ※5
                   芳賀郡              梱包事業他               役員2名兼任
                               50             100
     エヌケイエンジニアリング㈱
                   芳賀町                              資金融通
                   熊本県

      ※5
                   菊池郡             10  運送事業他            100    資金融通
     ㈱ニッコン九州
                   大津町
                   奈良県                          100
      ※5
                               10  運送事業               資金融通
     ㈱ニッコン奈良                                       (100)
                   大和郡山市
                   米国
      ※4
                             千米ドル                    役員1名兼任
                   オハイオ州              梱包事業他            100
     NK PARTS   INDUSTRIES,     INC.
                             17,500                   資金融通
                   シドニー市
      ※5             三重県
                               20  テスト事業            100    資金融通
     ㈱テクニックサービス             鈴鹿市
                                                一部土地・建物の賃貸

      ※5             埼玉県
                                 その他事業他               役員1名兼任
                               24             100
                   狭山市
     日輸商事㈱
                                                資金融通
                   タイ国

      ※4
                            百万バーツ                 99   役員1名兼任
                   アユタヤ県              梱包事業他
     A.N.I.LOGISTICS,       LTD.                                    資金貸付
                               373              (50)
                   ウタイ郡
                   米国

                             千米ドル                100
     NK AMERICA,INC.
                   オハイオ州              その他事業他               役員1名兼任
                              1,000               (80)
                   シドニー市
                                   7/121



                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
                            資本金
                                          議決権の
                            又は     主要な事業
           名称           住所                   所有(被所有)割            関係内容
                            出資金
                                   の内容
                                          合(%)
                           (百万円)
                   米国
                             千米ドル                100
     NKA  TRANSPORTATION,       INC.
                   オハイオ州              運送事業               役員1名兼任
                               200             (100)
                   シドニー市
                   米国
                             千米ドル                100
     NKA  LOGISTICS,INC.
                   オハイオ州              運送事業               役員1名兼任
                                5             (100)
                   シドニー市
                   タイ国

     NIPPON   KONPO(THAILAND)
                            百万バーツ                 99   役員1名兼任
                   アユタヤ県              梱包事業他
                                                資金貸付
                               344              (51)
     CO.,LTD.
                   ウタイ郡
                   神奈川県

      ※5                                           役員2名兼任
                   川崎市              運送事業他
                               48             100
     菱自運輸㈱                                           資金融通及び資金貸付
                   高津区
                   米国

                             千米ドル
                                             100
     NKA  CUSTOMS   SERVICE,    INC.
                   オハイオ州              その他事業               役員1名兼任
                               80
                                            (100)
                   シドニー市
                   中国江蘇省           百万元                   役員1名兼任

                                             100
     日梱物流(中国)有限公司                            その他事業他
                   南京市             58                 資金貸付
     NIPPON   KONPO   VIETNAM                  百万ドン

                   ベトナム国
                                 運送事業他            100         -
                   ハノイ市           64,338
     CO.,LTD.
      ※5             東京都                              役員1名兼任

                                             100
                                 運送事業他
                               96
     中越テック㈱             江東区                              資金融通及び     資金貸付
                   北海道

                                             94
     札幌新聞輸送㈱             札幌市             15  運送事業                     -
                                            (94)
                   西区
                   タイ国
                            百万バーツ                 99
     A.N.I.TRANSPORT,LTD.             アユタヤ県              運送事業               役員1名兼任
                                1             (99)
                   ウタイ郡
                   メキシコ国
      ※4             グアナファト州           千ペソ
                                             100
                                 運送事業他               資金貸付
                   アパセオ    エル
     NKP  MEXICO,S.A.DE      C.V.                249,169
                                            (67)
                   グランデ市
                   米国
                             千米ドル                100
     AUTO  TECHNIC   AMERICAS,INC.
                   オハイオ州              テスト事業他                     -
                               650             (100)
                   シドニー市
      ※5             東京都

                                             100
                               10  運送事業               資金融通及び資金貸付
     トランスポートジャパン㈱             江東区
      ※5             愛知県                              役員1名兼任

                                             100
                               80  運送事業他
     ㈱イトー急行             瀬戸市                              資金融通及び資金貸付
      ※5             埼玉県                          100

                               10  運送事業               資金融通
                   日高市
     狭山日梱㈱                                       (100)
                   埼玉県

      ※5                                       100
                   比企郡              運送事業               資金融通
                               10
     小川日梱㈱                                       (100)
                   小川町
      ※5             神奈川県                          100

                               10  運送事業               資金融通
                   藤沢市
     藤沢日梱㈱                                       (100)
                                   8/121



                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
                            資本金
                                          議決権の
                            又は
                                   主要な
                                        所有(被所有)
           名称          住所                               関係内容
                            出資金      事業の内容
                                          割合(%)
                           (百万円)
      ※5             新潟県                          100

                               10  運送事業               資金融通
                   新潟市
     新潟日梱㈱                                       (100)
      ※5             長野県                          100

                               10  運送事業               資金融通
                   松本市
     松本日梱㈱                                       (100)
      ※5             三重県                          100

                                 運送事業               資金融通
                               10
     鈴鹿日梱㈱             鈴鹿市                          (100)
      ※5             群馬県                          100

                               10  運送事業               資金融通
     群馬日梱㈱             太田市                          (100)
                   宮城県                          100

     仙台日梱㈱                          10  運送事業                     -
                   仙台市
                                            (100)
                   千葉県                          100

     千葉日梱㈱                          10  運送事業                     -
                   船橋市
                                            (100)
                   タイ国

                            百万バーツ                 99
     SIAM  AUTO  TECHNIC   CO.,LTD.
                   アユタヤ県              テスト事業他               役員1名兼任
                               30             (99)
                   ウタイ郡
                                                一部建物の賃貸

                   東京都
                                 梱包事業他               役員1名兼任
     ニッコンムービング㈱                          50             100
                   中央区
                                                資金貸付
                                                一部建物の賃貸

                   東京都
     ニッコン情報システム㈱                          50  その他事業            100    役員2名兼任
                   中央区
                                                資金貸付
                                                一部建物の賃貸

                   東京都
     GINZAコンサルティング㈱                          30  その他事業            100    役員1名兼任
                   中央区
                                                資金貸付
                                                一部建物の賃貸

      ※5             東京都
                               40  その他事業他            100    役員2名兼任
     NKインターナショナル㈱             中央区
                                                資金融通及び資金貸付
                             百万元                   役員1名兼任

     日梱  重慶  物流  有限公司        中国重慶市              運送事業他            100
                               53                 資金貸付
                                             (49)
                   石川県                          100

     金沢日梱㈱                          10  運送事業                     -
                   白山市
                                            (100)
                   愛知県                          100

     名古屋日梱㈱                          10  運送事業                     -
                   名古屋市
                                            (100)
      ※4

                   インドネシア国          千米ドル
                                 運送事業他            95   資金貸付
     PT NIPPON   KONPO   INDONESIA
                   ジャカルタ市           22,900
                                   9/121



                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
                            資本金
                                          議決権の
                            又は
                                   主要な
                                        所有(被所有)
           名称          住所                               関係内容
                            出資金      事業の内容
                                          割合(%)
                           (百万円)
                   インド国
     NIPPON   KONPO   INDIA   PRIVATE
                          千インドルピー
                                             99   役員1名兼任
                   ハリヤナ州              運送事業他
                                                資金貸付
                             440,000                (1)
     LTD.
                   グルガオン市
                   岐阜県

     松久運輸㈱             加茂郡             10  運送事業他            100    資金貸付
                   坂祝町
                   岐阜県

     ㈱松久総合                            梱包事業他               資金貸付
                               13             100
                   美濃加茂市
                   メキシコ国

     NK LOGISTICA    MEXICO,
                   グアナファト州
                             千ペソ                -
                                 運送事業                     -
                   アパセオ    エル
     S.A.  DE C.V.                       50             [100]
                   グランデ市
     (持分法適用関連会社)

     富田―日梱儲運(広州)             中国広東省           百万元
                                 運送事業他            30   役員1名兼任
                   広州市
     有限公司                          28
                   メキシコ国
     CARGA   Y LOGISTICA
                   グアナファト州
                             千ペソ
                                 運送事業            49
                                                      -
                   アパセオ    エル
     ESPECIALIZADA,S.A.DE         C.V.                 100
                                             (49)
                   グランデ市
                   群馬県

     日本陸送㈱                          50  運送事業            34        -
                   太田市
      (注) 1 主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

          2 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
          3 議決権の所有割合の( )は、間接所有割合で内数、[ ]内は、緊密な者又は同意している者の所有割合
           で外数であります。
         ※4 特定子会社であります。
         ※5 資金融通のため、当社との間でCMS(キャッシュ・マネジメント・システム)を導入しております。
         ※6 日本梱包運輸倉庫㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める
           割合が10%を超えております。
            主要な損益情報等 (1)売上高     94,514百万円
                     (2)経常利益               9,615百万円
                     (3)当期純利益              6,495百万円
                     (4)純資産額             104,303百万円
                     (5)総資産額             142,484百万円
         ※7 ㈱オートテクニックジャパンについては、売上高(連結売上高相互間の内部売上高を除く)の連結売上高
           に占める割合が10%を超えておりますが、セグメント情報のうち、テスト事業の売上高に占める割合が90%
           を超えているため主要な損益情報等の記載を省略しております。
                                  10/121






                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                    2019年3月31日現在
                                           従業員数(人)
               セグメントの名称
                                               3,444    ( 1,059   )
      運送事業
                                                950    ( 325  )
      倉庫事業
                                               5,163    ( 2,110   )
      梱包事業
                                               1,996     ( 30 )
      テスト事業
                                                170    ( 22 )
      その他事業
                                                638    ( 131  )
      全社共通
                                               12,361    ( 3,677   )
                  合計
      (注)1 従業員数は、就業人員数であります。
         2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員数であります。
         3 全社共通は、管理部門の従業員数であります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            27    ( 3 )           42.9              16.6             6,454

      (注)1 従業員数は、他社から当社への出向者を含む就業人員数であります。

         2   平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員数であります。
         4 提出会社の従業員は、梱包事業、その他事業のセグメント及び管理部門に所属しております。
       (3)労働組合の状況

        当社の従業員は、主に日本梱包運輸倉庫㈱からの出向者であるため、労働組合は組織されておりません。
        連結子会社の中では、日本梱包運輸倉庫㈱では1960年6月に会社を単一とする同盟日本梱包運輸倉庫労働組合が
       結成され、全国交通運輸労働組合総連合に加盟しております。2019年3月31日現在は連結子会社のうち12社も日本
       梱包運輸倉庫労働組合に加盟しており、組合員数は3,114名であります。㈱オートテクニックジャパンではオートテ
       クニックジャパン労働組合が結成されており、全国本田労働組合連合会に加盟し、2019年3月31日現在の組合員数
       は1,811名であります。菱自運輸㈱では菱自運輸労働組合が結成されており、三菱自動車労働組合連合会に加盟し、
       2019年3月31日現在の組合員数は93名であります。中越テック㈱では中越テック運送労働組合が、㈱イトー急行で
       はイトー急行労働組合が結成されており、共に全日本運輸産業労働組合連合会に加盟しております。2019年3月31
       日現在の組合員数はそれぞれ79名と110名であります。また、㈱日本陸送、㈱メイコン、日本運輸㈱の3社は、会社
       を単一とし、独立した労働組合を結成しており、2019年3月31日現在の組合員数はそれぞれ、日本陸送労働組合246
       名、メイコン労働組合93名、日本運輸労働組合357名であります。以上のすべての会社及び組合においては、労使団
       結の精神に徹して健全なあゆみを続けており、労使関係は安定しております。
        その他特記する事項はありません。
                                  11/121






                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        当社グループは、「我々は、地球的視野に立ちビジネスロジスティクスを介し『共有できる歓び』『共感し得
       る価値』『共生したる環境』を先進創造し、お客様・株主様・従業員と共に社会の繁栄に貢献する」ことを基本
       理念としております。この理念を信奉し、健全な事業活動を通して、お客様、株主様、地域の皆様に対し、企業
       責任を果たし、社会の発展に寄与してまいります。
        現在、当社グループでは、2017年4月から3か年の中期経営計画「第11次中期経営計画(Challenge11)」を
       スタートいたしました。「ニッコンホールディングスグループ全体の力を結集させ、無限の知恵と工夫により競
       争力を高め、お客様が求める高付加価値なサービスを提供するグループ経営基盤を強化し、新たなステージへ挑
       戦します。」とのグループ経営方針のもと、その最終年度である2020年3月期の経営目標が達成できるよう推進
       してまいります。
        わが国経済は、雇用・所得環境の改善により緩やかな回復基調にあるものの、貿易摩擦問題や地政学的リスク
       の影響が懸念されるなど、依然として先行きは不透明な状況が続くものと予想されます。
        物流業界におきましては、慢性的な労働力不足を背景とする物流コストの上昇、企業過多による競争の激化な
       どにより厳しい経営環境が続くことが見込まれます。
        このような状況のもと、第11次中期経営計画の2年目である2019年3月期は、主に既存顧客の業務量増加及び
       業容の拡大に伴い、売上・利益ともに計画を達成することができました。
        しかしながら、当社グループを取り巻くさまざまな経営環境の変化などにより、最終年度である2020年3月期
       通期の連結業績目標につきましては、売上高は2,080億円、営業利益は205億円、経常利益は221億円、親会社株
       主に帰属する当期純利益は154億円といたしました。また、自己資本当期純利益率につきましては、当初計画数
       値を据え置き8%としました。
        当社グループは、最終目標の達成に向け引き続き、安全・法令順守の徹底、高品質で競争力のある物流サービ
       スの開発、既存顧客の深堀と新規顧客の開拓、省人化に向けたシステム化・自動化、人材育成等に取り組んでま
       いります。また、少子高齢化等により国内需要が減少し、成行きでは業務量も減少し区域業者(貸切輸送)の競
       争が激化します。その競争に勝ち残るためには新輸送網の体制を構築し、更にビジネスモデルを積極的に進化さ
       せ、次期中期経営計画につなげる一年にしてまいります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      2【事業等のリスク】

        当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性のあるリスクには以下のようなものがあります。
       (1)燃料費の変動について
         当社グループにおいて使用する輸送用車両の燃料費は、原油価格や為替相場の変動により影響を受けており
        ます。当社グループはこれらのコスト増が生じた場合、顧客企業との協議により適正な料金の収受を図ってま
        いりますが、急激な燃料価格の上昇や適正な料金の収受できないような場合、当社グループの経営成績及び財
        政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)法的規制等について
         当社グループの営む事業について、運送事業の一部(貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業)につきまし
        ては、「自動車から排出される窒素酸化物の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法(自動車
        NOx・PM法)」や「生活環境確保条例」等の規制を受けております。
         これらの法規制等への対応については、車両の代替及び排出ガス低減装置の取付けを効果的、効率的に行う
        ことによりコストへの影響を最小限にとどめております。しかしながら、今後規制の内容の変更等が生じた場
        合、更なるコストの発生が考えられます。
       (3)重大事故の発生可能性について
         当社グループにおきましては、順法精神に則り社会的責任を最優先に営業活動を行っておりますが、万一重
        大な交通事故等が発生してしまった場合、社会及び顧客の信用が低下するとともに、事業所の営業停止、事業
        許可の取り消し等の行政処分を受ける可能性があります。
       (4)  自然災害等について
         当社グループが事業を展開する地域において、地震や風水害等により輸送経路が遮断された場合や事業所設
        備が毀損した場合、停電の発生によりシステム停止等の事態が生じた場合、当社グループの経営成績及び財政
        状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (5)顧客企業の動向について
         当社グループにおきましては、連結売上高のうち自動車業界向け売上高が過半を占めており、主要な顧客企
        業における生産調整や物流需要等の減少が生じた場合は、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼ
        す可能性があります。
                                  12/121


                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境が改善し、景気は緩やかな回復基調で推移いたし
        ましたが、米中貿易摩擦問題や地政学的リスクの高まりなどにより、先行きは依然として不透明な状況が続いて
        おります。
         物流業界におきましては、燃料価格の高騰や労働環境の問題などにより、厳しい経営環境で推移いたしまし
        た。
         当社グループはこのような経営環境のもと、国内においては熊本県菊陽町、埼玉県寄居町、栃木県宇都宮市、
        愛知県一宮市、埼玉県狭山市に倉庫及び作業場を新増設し、静岡県浜松市にテスト事業用の開発センターを新設
        いたしました。一方、海外においてはタイ国及び中国に倉庫を新増設するなど、業容の拡大に向け積極的な設備
        投資と営業活動を推進してまいりました。
         また、松久運輸株式会社及び株式会社松久総合の発行済株式のすべてを取得し、当連結会計年度より連結子会
        社といたしました。
         その結果、当連結会計年度の経営成績は、売上高1,976億93百万円(前年同期比5.3%増)、営業利益200億28百
        万円(同5.4%増)、経常利益220億19百万円(同6.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益147億68百万円(同
        1.5%増)となりました。
         セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

         運送事業
          貨物取扱量の増加により、売上高は前年同期比5.1%増の932億94百万円となりました。営業利益は、燃料価
         格の上昇はありましたが、輸送効率の向上や減価償却費の減少などにより前年同期比14.3%増の54億67百万円
         となりました。
         倉庫事業
          保管貨物量の増加により、売上高は前年同期比3.6%増の287億10百万円となりました。営業利益は、増収効
         果などにより前年同期比7.1%増の64億4百万円となりました。
         梱包事業
          業務量の増加により、売上高は前年同期比6.9%増の471億48百万円となりました。営業利益は、外注費等の
         上昇はありましたが、増収効果や業務の効率化などにより前年同期比2.0%増の40億1百万円となりました。
         テスト事業
          業務量の増加により、売上高は前年同期比2.7%増の222億13百万円となりました。営業利益は、増収効果な
         どにより前年同期比2.0%増の39億2百万円となりました。
                                  13/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        ②キャッシュ・フローの状況
         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は                                   252  億31百万円となり、前連結会計
        年度末に比べ30億71百万円減少しました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は253億37百万円となり、前連結会計年度に比べ10億27百万円増加しました。
        これは主に、増加要因として退職給付に係る負債の増減によるキャッシュ・フローが10億4百万円増加したこ
        とによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果支出した資金は168億92百万円となり、前連結会計年度に比べ59億92百万円減少しました。
        これは主に、減少要因として定期預金の払戻による収入が89億33百万円増加、有形固定資産の取得による支出
        が12億63百万円減少した一方、増加要因として定期預金の預入による支出が30億38百万円増加したことによる
        ものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果減少した資金は116億59百万円となり、前連結会計年度に比べ33億28百万円増加しました。
        これは主に、資金の減少要因として自己株式の取得による支出が25億36百万円、長期借入金の返済による支出
        が3億22百万円それぞれ増加したことによるものであります。
        ③販売の実績

          当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                       当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
           セグメントの名称
                           金額(百万円)            構成比(%)           前年同期比(%)
      運送事業                           93,294             47.2           105.1

      倉庫事業                           28,710             14.5           103.6

      梱包事業                           47,148             23.8           106.9

      テスト事業                           22,213             11.2           102.7

      その他事業                           6,325             3.2           112.6

              合計                  197,693             100.0            105.3

      (注)1 セグメント間の取引については、相殺消去しております。
         2 最近2連結会計年度における主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次の
          とおりであります。
                        前連結会計年度                     当連結会計年度
                       (自 2017年4月1日                     (自 2018年4月1日
         相手先              至 2018年3月31日)                       至 2019年3月31日)
                   金額(百万円)            割合(%)          金額(百万円)            割合(%)

      本田技研工業㈱                  17,009            9.1         17,265            8.7

         3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  14/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されてお
        ります。この連結財務諸表の作成にあたっては、当連結会計年度における財政状態、経営成績及びキャッシュ・
        フローの状況に影響を与えるような見積り、予測を必要としております。当社グループは、過去の実績値や状況
        を踏まえ合理的と判断される前提に基づき、継続的に見積り、予測を行っております。そのため実際の結果は、
        見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
        ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         当社グループの当連結会計年度の経営成績等は、以下のとおりであります。
         a.財政状態
         (資産の部)
          当連結会計年度末における流動資産は694億1百万円となり、前連結会計年度末に比べ32億5百万円減少
         しました。これは主に有価証券が38億29百万円、現金及び預金が8億15百万円それぞれ減少した一方、電
         子記録債権が4億61百万円、受取手形及び売掛金が3億56百万円それぞれ増加したことによるものであり
         ます。固定資産は2,248億11百万円となり、前連結会計年度末に比べ114億5百万円増加しました。これは
         主に有形固定資産が145億83百万円増加した一方、投資有価証券が42億18百万円減少したことによるもので
         あります。
          この結果、総資産は2,942億13百万円となり、前連結会計年度末に比べ82億円増加しました。
         (負債の部)

          当連結会計年度末における流動負債は514億58百万円となり、前連結会計年度末に比べ13億55百万円減少
         しました。これは主に1年内償還予定の社債が100億円減少した一方、営業外電子記録債務が74億2百万
         円、設備関係支払手形が12億2百万円それぞれ増加したことによるものであります。固定負債は558億53百
         万円となり、前連結会計年度末に比べ52億81百万円増加しました。これは主に社債が100億円増加した一
         方、長期借入金が35億83百万円、繰延税金負債が13億1百万円それぞれ減少したことによるものでありま
         す。
          この結果、負債合計は1,073億12百万円となり、前連結会計年度末に比べ39億26百万円増加しました。
         (純資産の部)

          当連結会計年度末における純資産は1,869億円となり、前連結会計年度末に比べ42億73百万円増加しまし
         た。これは主に利益剰余金が102億60百万円増加した一方、自己株式が30億51百万円増加、その他有価証券
         評価差額金が31億45百万円減少したことによるものであります。
          この結果、自己資本比率は63.3%(前連結会計年度末は63.7%)となりました。
         b.  経営成績

         (売上高)
          当連結会計年度における売上高は1,976億93百万円(前年同期比5.3%増)となりました。これは主に、
         当社グループの主要顧客である自動車業界を中心として貨物取扱量が増加したことによるものでありま
         す。セグメント別の売上高につきましては、「                      (1)経営成績等の状況の概要                ①財政状態及び経営成績の
         状況  」に記載しております。
         (営業利益)

          当連結会計年度における営業利益は200億28百万円(前年同期比5.4%増)となりました。これは主に、
         業務の効率化及び増収効果等によるものであります。セグメント別の営業利益につきましては、「                                              (1)経
         営成績等の状況の概要            ①財政状態及び経営成績の状況              」に記載しております。
         (経常利益)

          当連結会計年度における営業外収益は24億33百万円(前年同期比17.3%増)となりました。これは主
         に、受取補償金の増加によるものであります。営業外費用は4億43百万円(前年同期比19.7%増)となり
         ました。これは主に、社債発行費の増加によるものであります。
          この結果、経常利益は220億19百万円                 (前年同期比6.3%増)           となりました。
         (親会社株主に帰属する当期純利益)

                                  15/121


                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度における特別利益は98                  百万円となり、前連結会計年度に比べ5億49百万円減少しまし
         た。これは主に、固定資産売却益が減少したことによります。特別損失は3億87百万円となり、前連結会
         計年度に比べ2億83百万円増加しました。これは主に、建物取り壊し費用として固定資産除却損が増加し
         た ことによります。
          この結果、親会社株主に帰属する当期純利益は147億68百万円                            (前年同期比1.5%増)           となりました。
         c.キャッシュ・フローの分析

           当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「                              (1)経営成績等の状況の概要               ②キャッ
          シュ・フローの状況         」に記載しております。
         d.資本の財源及び資金の流動性についての分析

           当社グループの事業活動における資金需要としては、事業を行うための費用や一般管理費などの営業費
          用としての運転資金と主に倉庫、作業所及び事業用車両等の固定資産購入のための設備資金があります。
           当社グループは、運転資金につきましては内部資金により、設備資金につきましては、内部資金のほか
          必要に応じて固定金利の社債及び金融機関からの借入金で調達することを基本としております。当連結会
          計年度末における社債の残高は200億円、借入金の残高は265億円であります。
           なお、当社は格付機関である格付投資情報センターから「A」の格付を取得しております。
        ③経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

          当社グループは、2017年4月1日から3か年の中期経営計画をスタートさせ、その2年目である2018年
         度の達成・進捗状況は以下のとおりです。
          売上高は、計画比26億93百万円(1.4%)増となり、おおむね計画どおりとなりました。営業利益は、計
         画比5億28百万円(2.7%)増となりましたが、これは主に業務の効率化及び増収効果によるものでありま
         す。親会社株主に帰属する当期純利益は、計画比1億68百万円(1.2%)増となり、おおむね計画どおりと
         なりました。
          なお、最終年度である2019年度の連結業績目標は、売上高2,080億円、営業利益205億円、経常利益221億
         円、親会社株主に帰属する当期純利益154億円、自己資本当期純利益率8%であります。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  16/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
         当連結会計年度の設備投資については、営業車両の新規取得、自社倉庫の拡大等を中心に、                                          25,914   百万円の設
        備投資を実施しました。セグメントごとの設備投資について示すと次のとおりであります。
       (1)運送事業

         運送事業用土地及び営業車両174台の新規取得、改造費用等により                              5,811   百万円の設備投資を実施いたしまし
        た。
       (2)倉庫事業

         倉庫事業用土地及び栃木県宇都宮市、埼玉県狭山市、熊本県菊陽町の倉庫取得等により、                                         11,027   百万円の設備
        投資を実施いたしました。
       (3)梱包事業

         梱包事業用土地及び埼玉県寄居町の作業所等、千葉県佐倉市の荷捌き作業用下屋、構内作業用フォークリフト
        の新規取得等により、          4,044   百万円の設備投資を実施いたしました。
       (4)テスト事業

         テスト事業の設備投資の金額は、主に静岡県浜松市のテスト事業用建物取得によるものであり、                                            2,916   百万円と
        なりました。
       (5)その他事業

         その他事業の設備投資の金額は、東京都中央区の賃貸等不動産取得によるものであり、                                        2,113   百万円となりまし
        た。
         なお、いずれのセグメントにおいても、重要な設備の除却または売却はありません。

      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                                   2019年3月31日現在
                                     帳簿価額(百万円)
                                                          従業
                                           土地
        事業所名       セグメント
                     設備の内容                                     員数
                               機械装置    工具、器
       (所在地)        の名称
                          建物及び
                               及び    具及び             リース資産      合計    (名)
                           構築物              面積
                               運搬具     備品
                                             金額
                                        (千㎡)
     本社他          その他事業

                    事務所他       338     1    5    1   1,468         1,814     21
                                                  -
     (東京都中央区他)          全社
     不動産事業部               倉庫

               その他事業
                           4,715      18     5    194   14,138         18,877      6
                                                  -
                    作業所他
     (千葉県習志野市他)
                                  17/121






                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                                   2019年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)
                                                          従業
           事業所名
                セグメント                           土地
      会社名               設備の内容                                     員数
                               機械装置    工具、器
           (所在地)      の名称
                          建物及び
                                及び    具及び             リース資産      合計    (名)
                           構築物              面積
                               運搬具     備品
                                             金額
                                        (千㎡)
                運送事業     営業車両

           本社
                倉庫事業     倉庫
     日本梱包運     ( 東京都                             2,634
                梱包事業     荷捌き所      52,775     2,934     465        53,473      29  109,678    3,046
     輸倉庫㈱      中央区   )                           (322  )
                その他事業     給油施設
           他63事業所
                全社     事務所他
                運送事業     営業車両

           伊賀営業所
                倉庫事業     倉庫
           (三重県                               307
     ㈱日本陸送           梱包事業     荷捌き所      6,319     588     51        5,050         12,009     289
                                                   -
            伊賀市)                               (102)
                その他事業     給油施設
           他16事業所
                全社     事務所他
                運送事業     営業車両

           滋賀営業所
                倉庫事業     倉庫
           (滋賀県                               245
     ㈱メイコン           梱包事業     荷捌き所      5,093     617     25        4,874         10,611     120
                                                   -
            長浜市)                               (50)
                その他事業     給油施設
           他5事業所
                全社     事務所他
                運送事業     営業車両

           館林営業所
                倉庫事業     倉庫
           (群馬県                               252
     日本運輸㈱           梱包事業     荷捌き所      3,360     342     42        4,156         7,902    386
                                                   -
            館林市)                              (169)
                その他事業     給油施設
           他12事業所
                全社     事務所他
           テクニカル

           センター
     ㈱オートテ                車両テス
           (栃木県
                                          18
     クニック           テスト事業     ト設備      2,156    2,413     304         508     3   5,385   1,872
            芳賀郡                               (48)
     ジャパン                事務所他
            芳賀町)
           他4事業所
           東京営業部           営業車輌

                運送事業
     中越テック     (東京都           倉庫                     49
                倉庫事業            848    244     29        1,800         2,924    280
                                                   -
                     荷捌き所
     ㈱      江東区)                               (20)
                梱包事業
           他15事業所           事務所他
           本社

                     営業車輌
           (愛知県
     ㈱イトー急           運送事業                          138
                     倉庫      1,573     225     29        2,422      ▶   4,255    548
     行      瀬戸市)     倉庫事業
                                         (23)
                     事務所他
           他15事業所
                                  18/121






                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                                   2019年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)
                                                          従業
            事業所名
                 セグメント                          土地
      会社名                設備の内容                                    員数
                                機械装置    工具、器
           (所在地)       の名称
                           建物及び
                                 及び    具及び            リース資産      合計    (名)
                            構築物              面積
                                運搬具     備品
                                             金額
                                        (千㎡)
                      営業車両

           本社      運送事業
                      倉庫
     NK PARTS
           (米国      倉庫事業
                      荷捌き所                   707
            オハイオ州
                 梱包事業           1,564      58    193        247        2,063    594
     INDUSTRIES,
                                                   -
                      機械据付                   (30)
            シドニー市)      その他事業
     INC.
                      設備
                 全社
           他1事業所
                      事務所他
      (注)1 投下資本の金額は有形固定資産の帳簿価額で、建設仮勘定の金額は含まれておりません。

         2 (外書)は、賃借中のものであります。
         3 主要な設備のうち、連結会社以外から賃借している設備の内容は、下記のとおりであります。
        ①提出会社
         主要な賃借設備はありません。
        ②国内子会社

                 事業所名
        会社名                 セグメントの名称             設備の内容           年間賃借料(百万円)
                (所在地)
              朝霞営業所
                         運送事業
              (埼玉県入間郡
     日本梱包運輸倉
                         倉庫事業         土地・建物                      1,516
               三芳町)
     庫㈱
                         梱包事業
              他23事業所
              関東営業所          倉庫事業

     ㈱日本陸送                             土地・建物                       82
              (埼玉県川越市)          梱包事業
              本社営業所

     ㈱メイコン                   倉庫事業         土地・建物                       76
              (愛知県小牧市)
              関東ロジスティック

                         倉庫事業
              スセンター営業所
     日本運輸㈱                             土地・建物                       603
                         梱包事業
              (群馬県太田市)
              他3事業所
                                  19/121







                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        ③在外子会社
                 事業所名
        会社名                 セグメントの名称             設備の内容           年間賃借料(百万円)
                (所在地)
     NK  PARTS

              ヴァンデマーク倉庫
     INDUSTRIES,
                         倉庫事業         土地・建物                       96
              (米国オハイオ
     INC.
               州)
     日梱物流(中

              広州分公司
                         倉庫事業         土地・建物                       78
     国)有限公司
              (中国広州市)
     NIPPON    KONPO

                         運送事業
              ビンズン倉庫
     VIETNAM                   倉庫事業         土地・建物                       103
              (ベトナム国
                         梱包事業
     CO.,LTD.
               ビンズン省     )
                                  20/121















                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
       (1)重要な設備の新設等
          ①  提出会社
                                 投資予定額
                                                         完成後
             事業所名      セグメント             (百万円)
       会社名
                         設備の内容              資金調達方法      着手年月     完了予定年月      の増加
                     の名称
             (所在地)
                                                         能力
                                総額    既支払額
     ニッコンホー
            ATJ開発センター                                             面積
     ルディングス
                    その他事業      倉庫新設      3,179     373   自己資金     2018年6月      2020年2月
            (栃木県芳賀町)                                             3千㎡
     ㈱
      (注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
          ②  国内子会社

                                 投資予定額
                                                         完成後
       会社名       事業所名      セグメント             (百万円)
                         設備の内容              資金調達方法      着手年月     完了予定年月      の増加
             (所在地)        の名称
                                                         能力
                                総額    既支払額
                    運送事業
     日本梱包運輸        長浜営業所                                            面積
                    倉庫事業      倉庫新設              自己資金     2017年10月      2019年5月
                                1,798    1,349
     倉庫㈱      (滋賀県長浜市)                                             14千㎡
                    梱包事業
                    運送事業
     日本梱包運輸        菊陽営業所                                            面積
                    倉庫事業      倉庫建替       840    548   自己資金     2017年6月      2019年5月
     倉庫㈱      (熊本県菊陽町)                                             5千㎡
                    梱包事業
                    運送事業
     日本梱包運輸        小川営業所
                    倉庫事業      土地造成      1,101     522   自己資金     2016年9月      2019年6月
                                                          -
     倉庫㈱      (埼玉県小川市)
                    梱包事業
                    運送事業
     日本梱包運輸         未定                                           面積
                    倉庫事業      土地購入              自己資金     2019年6月      2019年6月
                                 746
                                      -
     倉庫㈱      (宮城県岩沼市)                                              29㎡
                    梱包事業
                    運送事業
     日本梱包運輸        長船営業所             土地購入                                面積
                    倉庫事業              73       自己資金     2019年6月      2019年9月
                                      -
     倉庫㈱      (岡山県瀬戸内市)               及び造成                               4千㎡
                    梱包事業
                    運送事業
     日本梱包運輸         未定                                           面積
                    倉庫事業      土地購入       504     18  自己資金     2019年1月      2019年12月
     倉庫㈱      (茨城県古河市)                                              30㎡
                    梱包事業
                    運送事業
     日本梱包運輸         未定                                           面積
                    倉庫事業      土地購入              自己資金     2018年11月      2020年2月
                                2,893
                                      -
     倉庫㈱      (大阪府茨木市)                                             38千㎡
                    梱包事業
                    運送事業
     日本梱包運輸        長船営業所                                            面積
                    倉庫事業      倉庫新設      1,146        自己資金     2020年1月      2020年9月
                                      -
     倉庫㈱      (岡山県瀬戸内市)                                              6千㎡
                    梱包事業
             北勢営業所                                            面積
                    運送事業
     ㈱日本陸送                     倉庫増設       195     2  自己資金     2019年3月      2019年9月
           (三重県いなべ市)         倉庫事業                                     2千㎡
                    運送事業
              未定            土地購入                                面積
     ㈱メイコン               倉庫事業            1,600     22  自己資金     2018年10月      2020年2月
                          及び造成
            (愛知県小牧市)                                             28千㎡
                    梱包事業
                    運送事業
              未定            土地購入                                面積
     日本運輸㈱               倉庫事業             756       自己資金     2018年9月      2020年1月
                                      -
           (群馬県伊勢崎市)               及び造成                               19千㎡
                    梱包事業
     ㈱オートテク
            ATJ開発センター
                         テスト事業
     ニックジャパ              テスト事業             2,597        自己資金     2018年11月      2020年3月
                                      -                    -
            (栃木県芳賀町)               用設備
     ン
      (注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  21/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
          ③  在外子会社
                                 投資予定額
                                                         完成後
       会社名       事業所名      セグメント             (百万円)
                         設備の内容              資金調達方法      着手年月     完了予定年月      の増加
             (所在地)        の名称
                                                         能力
                                総額    既支払額
             シラオ事業所
                    運送事業
     NKP  MEXICO,
                                                         面積
           (メキシコ国
                    倉庫事業      倉庫新設       606       自己資金     2019年2月      2019年12月
                                      -
     S.A.  DE C.V.                                                11千㎡
            グアナファト州)
                    梱包事業
     NIPPON   KONPO
           レムチャバン営業所
                    倉庫事業                                     面積
           (タイ国
     (THAILAND)                     倉庫増設              自己資金     2018年1月      2019年4月
                                 984    672
                    梱包事業                                     13千㎡
            チョンブリ県)
     CO.,LTD.
     NIPPON   KONPO    ラヨーン営業所
                    倉庫事業                                     面積
           (タイ国
     (THAILAND)                     倉庫増設              自己資金     2018年9月      2019年5月
                                 174    121
                    梱包事業
                                                         42千㎡
            ラヨーン県)
     CO.,LTD.
       (2)重要な設備の除却等

         重要な設備の除却等の計画はありません。
                                  22/121















                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                           152,000,000

                  計                         152,000,000

        ②【発行済株式】

                事業年度末現在              提出日現在
                                        上場金融商品取引所名
                 発行数(株)             発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
               (2019年3月31日)             (2019年6月28日)              取引業協会名
                                          東京証券取引所
                                                      単元株式数
                   68,239,892             68,239,892
       普通株式
                                          (市場第一部)
                                                       100株
                   68,239,892             68,239,892             -          -
         計
                                  23/121















                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
           会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
      決議年月日                           2011年6月29日
                                 当社取締役  7名
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社執行役員 10名
      新株予約権の数(個)※                           490
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     49 ,000
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           1株につき1(注)1
      新株予約権の行使期間           ※               自   2011年7月20日         至   2046年7月19日
                                 発行価格               771
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額             386
                                 ①  新株予約権者は、原則として当社の取締役及び執行役
                                 員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日間以内
                                 (10日目が休日に当たる場合には翌営業日)に限り、新株
      新株予約権の行使の条件            ※              予約権を行使することができる。
                                 ②  その他の条件については、当社と新株予約権者との間
                                 で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところによ
                                 る。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 決議による承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 (注)2
      項  ※
       ※   当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年5月31
         日)において、       記載すべき内容が        当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
     (注)1 新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的である株式の数は100株とす
         る。
          当社が当社普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につ
         き同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整
         は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整
         の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
          また、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合及びその他これらの場合に準じて付与株式数の調整を
         必要とする場合、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行うことができる。
        2 当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収
         合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割につき
         吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式交換が
         その効力を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前に
         おいて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれ
         の場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
                                  24/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、目的である株式数につき合理的な調整がなされた数とする。ただし
          調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
          に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株あたり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効
          力発生日のうちいずれか遅い日から、上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができ
          る期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本金組入額に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧ 新株予約権の行使の条件
           上記新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           当社は、以下のイ、ロ、ハ、ニ又はホの議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要
          の場合は、当社取締役会決議又は会社法第416条第4項の規定に従い委任された執行役の決定がなされた場
          合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。
          イ  当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
          ロ  当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
          ハ  当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
          ニ  当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することに
           ついての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ホ  新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認
           を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについ
           ての定めを設ける定款の変更承認の議案
                                  25/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                           2012年7月13日

                                 当社取締役  7名
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社執行役員 13名
      新株予約権の数(個)※                           460
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     46 ,000
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           1株につき1(注)1
      新株予約権の行使期間           ※               自   2012年7月31日         至   2047年7月30日
                                 発行価格               827
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額             414
                                 ①  新株予約権者は、原則として当社の取締役及び執行役
                                 員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日間以内
                                 (10日目が休日に当たる場合には翌営業日)に限り、新株
      新株予約権の行使の条件            ※              予約権を行使することができる。
                                 ②  その他の条件については、当社と新株予約権者との間
                                 で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところによ
                                 る。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 決議による承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 (注)2
      項  ※
       ※   当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年5月31
         日)において、       記載すべき内容が        当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
     (注)1 新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的である株式の数は100株とす
         る。
          当社が当社普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につ
         き同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整
         は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整
         の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
          また、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合及びその他これらの場合に準じて付与株式数の調整を
         必要とする場合、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行うことができる。
        2 当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収
         合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割につき
         吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式交換が
         その効力を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前に
         おいて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれ
         の場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
                                  26/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、目的である株式数につき合理的な調整がなされた数とする。ただし
          調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
          に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株あたり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効
          力発生日のうちいずれか遅い日から、上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができ
          る期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本金組入額に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧ 新株予約権の行使の条件
           上記新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           当社は、以下のイ、ロ、ハ、ニ又はホの議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要
          の場合は、当社取締役会決議又は会社法第416条第4項の規定に従い委任された執行役の決定がなされた場
          合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。
          イ  当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
          ロ  当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
          ハ  当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
          ニ  当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することに
           ついての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ホ  新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認
           を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについ
           ての定めを設ける定款の変更承認の議案
                                  27/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                           2013年6月27日

                                 当社取締役  7名
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社執行役員 14名
      新株予約権の数(個)※                           313
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     3 1 ,300
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           1株につき1(注)1
      新株予約権の行使期間           ※               自   2013年7月23日         至   2048年7月22日
                                 発行価格            1,480
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額             740
                                 ①  新株予約権者は、原則として当社の取締役及び執行役
                                 員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日間以内
                                 (10日目が休日に当たる場合には翌営業日)に限り、新株
      新株予約権の行使の条件            ※              予約権を行使することができる。
                                 ②  その他の条件については、当社と新株予約権者との間
                                 で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところによ
                                 る。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 決議による承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 (注)2
      項  ※
       ※   当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年5月31
         日)において、       記載すべき内容が        当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
     (注)1 新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的である株式の数は100株とす
         る。
          当社が当社普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につ
         き同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整
         は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整
         の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
          また、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合及びその他これらの場合に準じて付与株式数の調整を
         必要とする場合、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行うことができる。
        2 当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収
         合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割につき
         吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式交換が
         その効力を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前に
         おいて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれ
         の場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
                                  28/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、目的である株式数につき合理的な調整がなされた数とする。ただし
          調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
          に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株あたり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効
          力発生日のうちいずれか遅い日から、上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができ
          る期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本金組入額に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧ 新株予約権の行使の条件
           上記新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           当社は、以下のイ、ロ、ハ、ニ又はホの議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要
          の場合は、当社取締役会決議又は会社法第416条第4項の規定に従い委任された執行役の決定がなされた場
          合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。
          イ  当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
          ロ  当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
          ハ  当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
          ニ  当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することに
           ついての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ホ  新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認
           を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについ
           ての定めを設ける定款の変更承認の議案
                                  29/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                           2014年6月27日

                                 当社取締役  7名
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社執行役員 13名
      新株予約権の数(個)※                           274
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     2 7 ,400
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           1株につき1(注)1
      新株予約権の行使期間           ※               自   2014年7月23日         至   2049年7月22日
                                 発行価格            1,582
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額             791
                                 ①  新株予約権者は、原則として当社の取締役及び執行役
                                 員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日間以内
                                 (10日目が休日に当たる場合には翌営業日)に限り、新株
      新株予約権の行使の条件            ※              予約権を行使することができる。
                                 ②  その他の条件については、当社と新株予約権者との間
                                 で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところによ
                                 る。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 決議による承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 (注)2
      項  ※
       ※   当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年5月31
         日)において、       記載すべき内容が        当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
     (注)1 新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的である株式の数は100株とす
         る。
          当社が当社普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につ
         き同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整
         は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整
         の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
          また、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合及びその他これらの場合に準じて付与株式数の調整を
         必要とする場合、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行うことができる。
        2 当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収
         合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割につき
         吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式交換が
         その効力を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前に
         おいて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれ
         の場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
                                  30/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、目的である株式数につき合理的な調整がなされた数とする。ただし
          調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
          に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株あたり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効
          力発生日のうちいずれか遅い日から、上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができ
          る期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本金組入額に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧ 新株予約権の行使の条件
           上記新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           当社は、以下のイ、ロ、ハ、ニ又はホの議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要
          の場合は、当社取締役会決議又は会社法第416条第4項の規定に従い委任された執行役の決定がなされた場
          合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。
          イ  当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
          ロ  当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
          ハ  当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
          ニ  当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することに
           ついての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ホ  新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認
           を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについ
           ての定めを設ける定款の変更承認の議案
                                  31/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                           2015年6月29日

                                 当社取締役  7名
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社執行役員 14名
      新株予約権の数(個)※                           228
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     2 2 ,800
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           1株につき1(注)1
      新株予約権の行使期間           ※               自   2015年7月28日         至   2050年7月27日
                                 発行価格            1,856
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額             928
                                 ①  新株予約権者は、原則として当社の取締役及び執行役
                                 員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日間以内
                                 (10日目が休日に当たる場合には翌営業日)に限り、新株
      新株予約権の行使の条件            ※              予約権を行使することができる。
                                 ②  その他の条件については、当社と新株予約権者との間
                                 で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところによ
                                 る。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 決議による承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 (注)2
      項  ※
       ※   当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年5月31
         日)において、       記載すべき内容が        当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
     (注)1 新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的である株式の数は100株とす
         る。
          当社が当社普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につ
         き同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整
         は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整
         の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
          また、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合及びその他これらの場合に準じて付与株式数の調整を
         必要とする場合、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行うことができる。
        2 当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収
         合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割につき
         吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式交換が
         その効力を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前に
         おいて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれ
         の場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
                                  32/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、目的である株式数につき合理的な調整がなされた数とする。ただし
          調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
          に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株あたり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効
          力発生日のうちいずれか遅い日から、上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができ
          る期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本金組入額に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧ 新株予約権の行使の条件
           上記新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           当社は、以下のイ、ロ、ハ、ニ又はホの議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要
          の場合は、当社取締役会決議又は会社法第416条第4項の規定に従い委任された執行役の決定がなされた場
          合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。
          イ  当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
          ロ  当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
          ハ  当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
          ニ  当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することに
           ついての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ホ  新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認
           を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについ
           ての定めを設ける定款の変更承認の議案
                                  33/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                           2016年6月29日

                                 当社取締役  7名
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社執行役員 6名
      新株予約権の数(個)※                           295
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     29 ,500
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           1株につき1(注)1
      新株予約権の行使期間           ※               自   2016年7月22日         至   2051年7月21日
                                 発行価格            1,830
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額             915
                                 ①  新株予約権者は、原則として当社の取締役及び執行役
                                 員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日間以内
                                 (10日目が休日に当たる場合には翌営業日)に限り、新株
      新株予約権の行使の条件            ※              予約権を行使することができる。
                                 ②  その他の条件については、当社と新株予約権者との間
                                 で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところによ
                                 る。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 決議による承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 (注)2
      項  ※
       ※   当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年5月31
         日)において、       記載すべき内容が        当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
     (注)1 新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的である株式の数は100株とす
         る。
          当社が当社普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につ
         き同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整
         は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整
         の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
          また、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合及びその他これらの場合に準じて付与株式数の調整を
         必要とする場合、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行うことができる。
        2 当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収
         合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割につき
         吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式交換が
         その効力を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前に
         おいて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれ
         の場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
                                  34/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、目的である株式数につき合理的な調整がなされた数とする。ただし
          調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
          に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株あたり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効
          力発生日のうちいずれか遅い日から、上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができ
          る期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本金組入額に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧ 新株予約権の行使の条件
           上記新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           当社は、以下のイ、ロ、ハ、ニ又はホの議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要
          の場合は、当社取締役会決議又は会社法第416条第4項の規定に従い委任された執行役の決定がなされた場
          合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。
          イ  当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
          ロ  当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
          ハ  当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
          ニ  当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することに
           ついての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ホ  新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認
           を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについ
           ての定めを設ける定款の変更承認の議案
                                  35/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                           2017年6月29日

                                 当社取締役  7名
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社執行役員 6名
      新株予約権の数(個)※                           208
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     2 0 ,800
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           1株につき1(注)1
      新株予約権の行使期間           ※               自   2017年7月22日         至   2052年7月21日
                                 発行価格            2,230
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額          1,115
                                 ①  新株予約権者は、原則として当社の取締役及び執行役
                                 員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日間以内
                                 (10日目が休日に当たる場合には翌営業日)に限り、新株
      新株予約権の行使の条件            ※              予約権を行使することができる。
                                 ②  その他の条件については、当社と新株予約権者との間
                                 で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところによ
                                 る。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 決議による承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 (注)2
      項  ※
       ※   当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年5月31
         日)において、       記載すべき内容が        当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
     (注)1 新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的である株式の数は100株とす
         る。
          当社が当社普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につ
         き同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整
         は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整
         の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
          また、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合及びその他これらの場合に準じて付与株式数の調整を
         必要とする場合、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行うことができる。
        2 当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収
         合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割につき
         吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式交換が
         その効力を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前に
         おいて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれ
         の場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
                                  36/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、目的である株式数につき合理的な調整がなされた数とする。ただし
          調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
          に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株あたり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効
          力発生日のうちいずれか遅い日から、上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができ
          る期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本金組入額に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧ 新株予約権の行使の条件
           上記新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           当社は、以下のイ、ロ、ハ、ニ又はホの議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要
          の場合は、当社取締役会決議又は会社法第416条第4項の規定に従い委任された執行役の決定がなされた場
          合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。
          イ  当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
          ロ  当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
          ハ  当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
          ニ  当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することに
           ついての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ホ  新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認
           を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについ
           ての定めを設ける定款の変更承認の議案
                                  37/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                           2018年6月28日

                                 当社取締役  7名
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社執行役員 5名
      新株予約権の数(個)※                           181
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     18 ,100
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           1株につき1(注)1
      新株予約権の行使期間           ※               自   2018年7月21日         至   2053年7月20日
                                 発行価格            2,542
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額          1,271
                                 ①  新株予約権者は、原則として当社の取締役及び執行役
                                 員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日間以内
                                 (10日目が休日に当たる場合には翌営業日)に限り、新株
      新株予約権の行使の条件            ※              予約権を行使することができる。
                                 ②  その他の条件については、当社と新株予約権者との間
                                 で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところによ
                                 る。
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 決議による承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 (注)2
      項  ※
       ※   当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年5月31
         日)において、       記載すべき内容が        当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
     (注)1 新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的である株式の数は100株とす
         る。
          当社が当社普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につ
         き同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整
         は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整
         の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
          また、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合及びその他これらの場合に準じて付与株式数の調整を
         必要とする場合、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行うことができる。
        2 当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収
         合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割につき
         吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式交換が
         その効力を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前に
         おいて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれ
         の場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
                                  38/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、目的である株式数につき合理的な調整がなされた数とする。ただし
          調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
          に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株あたり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効
          力発生日のうちいずれか遅い日から、上記新株予約権の行使期間に定める新株予約権を行使することができ
          る期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本金組入額に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧ 新株予約権の行使の条件
           上記新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           当社は、以下のイ、ロ、ハ、ニ又はホの議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要
          の場合は、当社取締役会決議又は会社法第416条第4項の規定に従い委任された執行役の決定がなされた場
          合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。
          イ  当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
          ロ  当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
          ハ  当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
          ニ  当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することに
           ついての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ホ  新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認
           を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについ
           ての定めを設ける定款の変更承認の議案
                                  39/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)        (百万円)
                 (株)        (株)                      (百万円)        (百万円)
      2016年3月25日
                △2,000,000        68,239,892            -      11,316          -      12,332
        (注1)
      2018年1月1日
                    -   68,239,892            -      11,316        △749       11,582
        (注2)
      (注)1.自己株式の消却による減少であります。
         2.会社分割による減少であり、完全子会社である日本梱包運輸倉庫株式会社へ事業を承継したことによるもの
          であります。
       (5)【所有者別状況】

                                                   2019年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満
       区分                             外国法人等                   株式の状況
            政府及び
                       金融商品     その他の
            地方公共     金融機関                           個人その他       計     (株)
                       取引業者      法人
             団体
                                  個人以外      個人
     株主数(人)               45     24     121     177      1    2,517     2,885       -
               -
     所有株式数
                  184,654      10,304     119,926     250,867        3   116,226     681,980      41,892
               -
     (単元)
     所有株式数の
                   27.08      1.51     17.58     36.79      0.00     17.04     100.00       -
               -
     割合(%)
      (注) 自己株式1,943,839株は、「個人その他」に19,438単元、「単元未満株式の状況」に39株含まれております。
                                  40/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                   総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)RE
     SILCHESTER      INTERNATIONAL          50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
                                                5,702          8.60
     INVESTORS     INTERNATIONAL           5NT,   UK
     VALUE   EQUITY    TRUST
     日本マスタートラスト信託銀行
                                                3,324          5.02
                     東京都港区浜松町二丁目11番3号
     株式会社(信託口)
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)RE
                     50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
     U.S.   TAX  EXEMPTED     PENSION                                 2,988          4.51
                     5NT,   UK
     FUNDS
     日本トラスティ・サービス信託
                                                2,580          3.89
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口)
                                                2,449          3.69
     本田技研工業株式会社                東京都港区南青山二丁目1番1号
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)SUB        50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
                                                1,951          2.94
     A/C  NON  TREATY            5NT,   UK
     NORTHERN     TRUST   CO.  (AVFC)RE
     IEDU   UCITS   CLIENTS    NON      50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
                                                1,871          2.82
     LENDING    15  PCT  TREATY        5NT,   UK
     ACCOUNT
                                                1,692          2.55
     いすゞ自動車株式会社                東京都品川区南大井六丁目26番1号
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)RE
                     50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
     THE  KILTEARN     GLOBAL    EQUITY                                1,580          2.38
                     5NT,   UK
     FUND
                                                1,494          2.25
     日野自動車株式会社                東京都日野市日野台三丁目1番地1番
                               -                 25,635          38.65
            計
      (注)1     上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりであります。
            日本マスタートラスト信託銀行株式会社                          3,324千株
            日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社                          2,580千株
         2 次の法人から、大量保有報告書(変更報告書)の提出があり、次のとおり株式を所有している旨の報告を

          受けておりますが、2019年3月31日現在における当該法人名義の実質保有株式数の確認ができないため、上
          記大株主の状況には含めておりません。
           なお、大量保有報告書(変更報告書)の写しの内容は以下のとおりであります。
            大量保有者名           キルターン・パートナーズ・エルエルピー
            住所           英国スコットランドEH3 8BL、ミッドロージアン、エディンバラ、
                       センプル・ストリート、エクスチェンジ・プレイス3
            所有株式数           2,710,400株
            株券等保有割合           3.97%
            提出日           2019年3月7日
            報告義務発生日           2019年2月28日
                                  41/121




                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                       内容
                                   -       -            -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                               1,943,800
                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                         66,254,200             662,542          -
                         普通株式
                                 41,892         -            -
      単元未満株式                    普通株式
                               68,239,892           -            -
      発行済株式総数
                                   -         662,542          -
      総株主の議決権
      (注)    「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式39株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式総数
                         自己名義所有         他人名義所有         所有株式数
       所有者の氏名
                                                    に対する所有
                所有者の住所
                         株式数(株)         株式数(株)         の合計(株)
        又は名称
                                                   株式数の割合(%)
     ニッコンホール
               東京都中央区
                           1,943,800          -        1,943,800            2.85
     ディングス株式会
               明石町6番17号
     社
                   -        1,943,800          -        1,943,800            2.85
         計
                                  42/121











                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
     【株式の種類等】 会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      取締役会(2018年3月2日)での決議状況
                                         700,000          2,000,000,000
      (取得期間2018年3月5日~2018年5月31日)
      当事業年度前における取得自己株式                                   191,000           528,691,700
      当事業年度における取得自己株式                                   153,200           439,048,100
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                   355,800          1,032,260,200
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     50.8             51.6
      当期間における取得自己株式                                      -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                     50.8             51.6
                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      取締役会(2018年9月7日)での決議状況
                                         700,000          2,000,000,000
      (取得期間2018年9月10日~2018年12月28日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
      当事業年度における取得自己株式                                   700,000          1,956,108,300
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                      -         43,891,700
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      -             2.2
      当期間における取得自己株式                                      -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                      -             2.2
                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      取締役会(2018年12月7日)での決議状況
                                         241,000           669,498,000
      (取得日2018年12月10日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
      当事業年度における取得自己株式                                   241,000           669,498,000
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                      -             -
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      -             -
      当期間における取得自己株式                                      -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                      -             -
                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      取締役会(2019年5月10日)での決議状況
                                         200,000           486,200,000
      (取得日2019年5月13日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
      当事業年度における取得自己株式                                      -             -
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                   200,000           486,200,000
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    100.0             100.0
      当期間における取得自己株式                                   200,000           486,200,000
      提出日現在の未行使割合(%)                                      -             -
                                  43/121


                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      取締役会(2019年6月7日)での決議状況
                                         385,000          1,000,000,000
      (取得期間2019年6月10日~2019年8月30日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
      当事業年度における取得自己株式                                      -             -
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                   385,000          1,000,000,000
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    100.0             100.0
      当期間における取得自己株式                                    65,400           168,687,100
      提出日現在の未行使割合(%)                                     83.0             83.1
       (注) 当期間における取得自己株式には、2019年6月17日からこの有価証券報告書提出日までの期間における買取
          りによる株式は含まれておりません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

             区分                 株式数(株)                  価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                737               2,043,640
      当期間における取得自己株式                                 -                   -
       (注) 当期間における取得自己株式には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          取りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                          当事業年度                       当期間
          区分
                    株式数(株)         処分価額の総額(円)             株式数(株)         処分価額の総額(円)
      引き受ける者の募集を

                          -           -           -           -
      行った取得自己株式
      消却の処分を行った取
                          -           -           -           -
      得自己株式
      合併、株式交換、会社
      分割に係る移転を行っ                    -           -           -           -
      た取得自己株式
      その他(注)3                   7,300        15,525,271               -           -
      保有自己株式数                 1,943,839              -       2,143,839              -

       (注)1 当期間における処理自己株式には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
           売渡しによる株式は含まれておりません。
          2 当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日からのこの有価証券報告書提出日までの単元未満株
           式の買取り及び受渡しによる株式は含まれておりません。
          3 当事業年度及び当期間は、新株予約権の権利行使であります。
                                  44/121






                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社の利益配分につきましては、配当性向30%を目途とし、今後の収益予想、企業体質強化、配当性向などを総合
       的に勘案し、配当を行うことを基本方針としております。配当の支払回数等につきましては、中間配当と期末配当の
       年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        当社は、2006年6月29日開催の定時株主総会において、機動的な利益還元ができるよう取締役会決議でも剰余金の
       配当を行うことができる旨の定款変更を行いました。
        当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき1株当たり67円(うち中間配当32円)の配当を実施すること
       を決定しました。
        この結果、当事業年度の配当性向は49.3%(当連結会計年度の連結配当性向は30.3%)となりました。
        内部留保資金につきましては、各々の事業の競争力強化のための設備投資、財務体質強化資金に充て、グループの
       企業価値向上のため活用してまいります。
        当社は中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
      (注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                                  配当金の総額(百万円)              1株当たり配当額(円)
                決議年月日
                                          2,147               32
      2018年11月2日         取締役会決議
                                          2,320               35
      2019年5月10日         取締役会決議
                                  45/121














                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、物流に関する一貫体制を整えた総合物流業者として、経営の健全性、順法性、迅速性を常に意識
         し、上場企業として株主、投資家の皆様をはじめ、取引先等の利害関係者から信頼される関係を築き、長期的
         に成長を継続し、企業価値を向上させていくことが重要と考え、企業活動を律する枠組み(コーポレート・ガ
         バナンス)の環境整備とそれを有効に機能させるため、組織体制の整備・強化を行い、企業活動の透明性の確
         保に努めております。
          内部統制の仕組みは、企業の健全性を守るための施策として、「行動指針」を制定し、コンプライアンス体
         制及びリスク管理体制を整備しております。
          こうした事業活動を行うことによって、お客様・株主様・その他の皆様に対し、企業責任を果たし、社会の
         発展に寄与したいと考えております。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          当社は、取締役会の監督機能を更に強化するとともに、意思決定の迅速化を図り、コーポレート・ガバナン
         スコードの一層の充実と、更なる企業価値の向上を図ることを目的として、2018年6月28日開催の定時株主総
         会の決議により監査等委員会設置会社に移行しました。
          当社は、経営管理機構として取締役会・監査等委員会・会計監査人を設置しております。
          取締役会は、代表取締役社長 黒岩正勝が議長を務めております。その他のメンバーとして、取締役 長岡
         敏巳、取締役 黒岩慶太、取締役 佐野恭行、取締役 枩田泰典、取締役 大岡誠司、取締役 鈴木隆、取締
         役 小林克典、取締役 金子和孝、取締役 宮田英樹、取締役 味岡良行の取締役11名で構成されており、そ
         のうち、鈴木隆、小林克典、宮田英樹、味岡良行の4名が社外取締役であります。重要事項の決裁を目的とし
         た毎月1回の定例取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。重要決定事項の意思決定
         の迅速化を目的として経営戦略会議を毎月1回、報告及び情報交換等を目的とした執行役員会を毎月1回開催
         し、監督機能強化、審議・報告事項の充実、機動的な意思決定ができる体制としております。また、経営の意
         思決定、監督機能と業務執行の機能を分離し、意思決定の迅速化と業務執行責任の明確化を図り、経営の効率
         化を高めるとともにコーポレート・ガバナンスの強化を図るため執行役員制度を導入しております。
          監査等委員会は、監査等委員 金子和孝が委員長を務めており、その他のメンバーとして、監査等委員 宮
         田英樹、監査等委員 味岡良行の監査等委員3名で構成されており、そのうち、宮田英樹、味岡良行の2名が
         社外取締役であります。監査等委員会及び監査等委員ミーティングを開催し、その独立性や機能強化を図り、
         「監査等委員会規則」、「監査等委員会監査等基準」及び「内部統制システムに係る監査等委員会監査の実施
         基準」に沿った監査体制としております。また、監査等委員については、取締役会その他重要な会議への出
         席、取締役及び各部門長等からの個別ヒアリング、また国内及び海外事業所の業務監査・報告等を通して、取
         締役の職務執行について十分監視できる体制としております。
          当社は社外からのチェックという観点から、社外取締役4名による監視・監督をしております。従って、現
         在、経営監視機能の客観性及び中立性が確保されていると考えており、コーポレート・ガバナンスの実効性を
         確保できていると考えております。
                                  46/121








                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        ③ 企業統治に関するその他の事項









          当社の内部統制のシステムは、会社法及び会社法施行規則に基づき、当社及びその子会社における業務の適
         正を確保するため、以下のとおり、「内部統制システム構築に関する基本方針」を定め、そのシステムの構築
         に必要な体制の整備を図り、その維持に努めるものとします。
         a.  監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項(会社法施行規則第110条の4第1項第1号)
          Ⅰ 監査等委員会の職務の執行のために必要となる使用人(以下「補助使用人」という。)を置く。
         b.  補助使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事項(同項第2号)

          Ⅰ 補助使用人は、監査等委員会の職務を補助する範囲内において、監査等委員である取締役の指揮命令に
           従う。
          Ⅱ 補助使用人の人事異動・人事評価・懲戒処分に関しては、監査等委員会の事前の同意を得る。
         c.  監査等委員会の使用補助人に対する使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項(同項第3号)

          Ⅰ 取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、監査等委員である取締役の補助使用人に対する指揮命
           令を不当に制限しない。
         d.  取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人が監査等委員である取締役に報告をするための体
          制その他の監査等委員会への報告に関する体制(同項第4号)
          Ⅰ 監査等委員である取締役は、重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を聴取・把握するため、取締役
           会のほか、経営戦略会議その他の重要な会議又は委員会・報告会等に出席することができ、必要に応じて
           説明を求め、また、関係資料を閲覧することができる。
          Ⅱ 監査等委員である取締役に定期的に報告すべき事項(グループ会社を含む。)
           ⅰ 経営・事業の遂行状況、財務状況
           ⅱ 内部監査部門が実施した内部監査の結果(内部統制システムの状況を含む。)
           ⅲ リスク及びリスク管理の状況
           ⅳ コンプライアンスの状況(事故・不正・苦情・トラブル)等
          Ⅲ 監査等委員である取締役に臨時的に報告すべき事項(グループ会社を含む。)
           ⅰ 会社に著しい損害・被害・信用の低下、業績へ影響を及ぼす恐れのある事実
           ⅱ 取締役(監査等委員である取締役を除く。)の職務執行に関して不正の行為、法令、定款に違反する
           重 大な事実
           ⅲ 内部通報制度に基づき通報された事実
                                  47/121


                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
           ⅳ 当局検査、外部監査の結果
           ⅴ 当局から受けた行政処分等
           ⅵ 重要な会計方針の変更、会計基準等の制定(改廃)
           ⅶ 業績及び業績見込みの発表内容、重要開示書の内容等
           ⅷ 社内規則、規程、基準等に違反する重大な事実
           ⅸ その他、監査等委員である取締役又は監査等委員会が必要に応じて報告を求める事項
         e.  前項の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体

          制(同項第5号)
          Ⅰ 監査等委員会に前項に規定する報告を行ったニッコンホールディングスグループの取締役及び使用人等に
           対する人事異動・人事評価・懲戒処分に関しては、監査等委員会の事前の同意を得る。                                        (同項第5号)
         f.取締役の職務の執行(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る。)について生ずる費用の前払又は

          償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項                                            (同項第6
          号)
          Ⅰ 当社は、      監査等委員会      の職務執行について生ずる費用の前払又は債務の請求があった場合は速やかに支払
           う。
         g.その他監査等委員である取締役の監査が実効的に行われることを確保するための体制                                         (同項第7号)

          Ⅰ 代表取締役は、監査等委員である取締役と定期的に会合をもち、当社の経営方針を説明するとともに、
           会社が対処するべき課題、会社を取巻くリスクのほか、監査等委員である取締役の環境整備の状況、監査
           上の重要課題等について意見を交換し、監査等委員会との相互認識と信頼関係を深めるよう努める。
          Ⅱ 取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、監査等委員である取締役が会社の業務及び財産の状況
           の調査その他監査業務を遂行するにあたり、内部監査部門と緊密な関係を保ち、効率的な監査が実施でき
           るよう、内部監査部門の体制と環境を整備する。
          Ⅲ   取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、監査等委員である取締役が会計監査人と定期的な会合
           をもつほか、会計監査人の往査に立会うなど、会計監査人と緊密な連係を保ち、効率的な監査が実施でき
           るよう、体制と環境を整備する。
          Ⅳ 取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、監査等委員である取締役が監査を実施するにあたり必
           要な場合には、外部専門家(弁護士、公認会計士、税理士、コンサルタント等)を活用することができる
           よう、体制と環境を整備する。
         h.取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制                                    (会社法第399条の13第1項第1

          号ハ前段)
          Ⅰ 取締役は、取締役会が定める「ニッコンホールディングスグループ基本理念」及び「ニッコンホール
           ディングスグループ行動指針」に従い、法令及び定款を順守するとともに、倫理観をもって事業活動を行
           う企業風土を醸成するため、取締役自らによる率先垂範と従業員への周知徹底に取り組む。
          Ⅱ   当社は、コンプライアンスと社会的責任を果たすことを経営の最重要課題と位置付け、コンプライアン
           スに関する諸施策については、これを法務部に一元的に主管させ、コンプライアンス体制及び内部統制の
           整備や推進活動を行い、コンプライアンスの徹底を図る。
          Ⅲ   当社のコンプライアンス体制は、取締役会、コンプライアンス推進委員会、グループ管理部及び各部門
           の責任者を中心に運営する。
          Ⅳ   コンプライアンス推進委員会は、コンプライアンスに関する社内規程に沿って、ニッコンホールディン
           グスグループ全体におけるコンプライアンスに関する重要な問題を審議するとともに、コンプライアンス
           体制の維持・向上を図り、啓発・教育を行う。また、必要に応じて取締役会に報告、助言を行う。
          Ⅴ   法務部は、コンプライアンス推進委員会の事務局を務めるとともに、コンプライアンス体制に関する企
           画、推進を担当する。
         i.  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制(会社法施行規則第110条の4第2項第1号)

          Ⅰ   取締役会等の議事録、稟議書その他の取締役の職務執行に係る情報は、社内規程(文書・情報の保管・
           管理に関する諸規程)を制定し、それに従い適切に保存・管理を行う。
          Ⅱ   上記社内規程には、保存・管理の対象とすべき情報の明確化、保存期間と管理方法、情報セキュリティ
           ポリシーの制定、情報の保存・管理のための組織の制定と必要な権限の付与、情報の漏えい、滅失又は紛
           失時の対応方法の制定を含む。
         j.  損失の危険(リスク)の管理に関する規程その他の体制(同項第2号、同項第5号ロ)

                                  48/121


                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
          Ⅰ   当社は、ニッコンホールディングスグループ全体のリスク管理を体系的に実施するために「リスク管理
           規程」を定める。
          Ⅱ   当社は、その運用にあたって、リスク管理委員会を設置の上、リスク管理責任者を任命し、職務分掌の
           制定を行い、必要な権限を付与する。
          Ⅲ   リスク管理委員会は、ニッコンホールディングスグループ全体で予見されるリスクの識別・分析・評
           価、企業戦略と整合性を持ち経営環境の変化への対応力を備えたリスク管理、その具体的な計画の策定、
           リスク管理体制の有効性の検証、リスク管理に関する取締役会への報告事項の明確化等を行う。
          Ⅳ   ニッコンホールディングスグループのリスク管理責任者は、当社の「リスク管理規程」に則り、リスク
           の管理状況を当社リスク管理委員会に報告する。
          Ⅴ   リスク管理委員会は、定期的にニッコンホールディングスグループのリスク管理に関する事項を取締役
           会に報告する。
         k.  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制(同項第3号)

          Ⅰ   当社は、取締役会を月1回定時に開催するほか、適宜臨時に開催する取締役会で決定を行う。
          Ⅱ   取締役会は、経営方針、法令で定められた事項、その他の経営に関する重要事項を決定し、経営計画及
           び各部門の業務計画等の進捗状況及び実施状況等を、定期的に監督する。
          Ⅲ   ニッコンホールディングスグループは、取締役の職務分担、各部門の職務分掌を明確にし、権限の付与
           により、取締役の職務執行の効率性を確保する。
         l.  使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制(同項第4号、同項第5号ニ)

          Ⅰ   ニッコンホールディングスグループは、健全な事業活動を通して、お客様、株主様、地域の皆様に対
           し、企業責任を果たし、社会の発展に寄与する。この目的を達するため、ニッコンホールディングスグ
           ループは、2007年10月に制定した「ニッコンホールディングスグループ行動指針」を、全従業員が一丸と
           なって実践する。
          Ⅱ   当社は、コンプライアンス等に関する情報の通報のため、「コンプライアンス ホットライン(社内外
           からの通報制度)」を設置する。コンプライアンス推進委員会は、同ホットラインで通報された案件を審
           議し、適正な対応を行う。
          Ⅲ   内部監査部門は、コンプライアンス体制の整備、有効性の検証を行う。
         m.  当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制(同項第5号)

          Ⅰ   当社は、子会社を管理する専任部署を設置し、責任者を任命の上「関係会社規程」に基づき子会社の業
           務等を管理する体制とする。
          Ⅱ   子会社の取締役等は、子会社の事業及び業務の状況を定期的に当社の取締役に報告する。
          Ⅲ   子会社は、当社の内部監査部門及び監査等委員である取締役の監査の対象とする。
          Ⅳ   当社は、親会社である当社において、子会社が不当な行為を行わないように監視する体制、また、親会
           社が、不当な行為を子会社に指示したときに、子会社がそれに従わなくてもよい体制を整備する。
          Ⅴ   当社は、財務報告の信頼性を確保し、社会的な信用の維持向上に資するために必要な内部統制の体制を
           整備し運用する。
         n.  反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

          Ⅰ 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方
            ニッコンホールディングスグループは、市民社会の秩序や安全に脅威を与え、経済活動に障害となる暴力
           団等の反社会的勢力との関係を遮断するための体制を整備し、反社会的勢力とは、組織全体として対応し、
           毅然とした態度で臨み、取引関係を含めて一切の関係をもたない。
          Ⅱ 反社会的勢力排除に向けた整備状況
            ニッコンホールディングスグループは、反社会的勢力排除に向け、各総務部門を対応部署とし、平素か
           ら、警察、弁護士等の外部の専門機関と緊密な関係を構築し、情報交換、各種研修への参加等により連携強
           化を図る。
                                  49/121




                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        ④ 責任限定契約の内容の概要
          当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、社外取締役との間で、会社法第423条第1項の損害賠償責任
         を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令の定める額を限度額と
         しております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役が責任の原因となった職務の遂行につ
         いて善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
          また、当社と会計監査人との間では、会社法第423条第1項に定める責任について、会社法第425条第1項に
         定める金額を限定とする契約を締結しております。
        ⑤ 取締役の定数

          当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は3名以上11名以内とし、監査等委員である取締役は、
         4名以内(このうち、過半数を社外取締役とする。)旨を定款で定めております。
        ⑥ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項

         a.自己の株式の取得
           当社は、自己の株式の取得について、経済情勢の変化に対応して機動的に資本政策を遂行することを可能
          とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議をもって自己の株式を取得することが
          できる旨を定款で定めております。
         b.剰余金の配当

           当社は、株主の皆様への機動的な利益還元ができるよう、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定
          める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会決議によって定めることとする旨を定
          款で定めております。
        ⑦ 取締役の選任の決議要件

          取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、
         その議決権の過半数をもって行う旨及びその選任決議は累積投票によらないものとする旨を定款に定めており
         ます。
        ⑧ 株主総会の特別決議要件

          当社は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
         的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
         株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定め
         ております。
                                  50/121










                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    11 名 女性      -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                        所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (千株)
                               1973年3月       当社入社
                               1981年9月       当社鈴鹿センター営業所長
                               1986年6月       当社取締役
                               1989年6月       当社常務取締役
                               1994年11月       A.N.I.LOGISTICS,LTD.社長
                               1999年6月       当社専務取締役
        代表取締役社長
                 黒岩 正勝      1951年2月2日      生  2003年1月       NK PARTS   INDUSTRIES,INC.会長兼           (注)4      392
        社長執行役員
                                      社長
                               2009年4月       当社営業本部長
                               2009年6月       当社代表取締役社長
                               2011年6月       当社代表取締役社長執行役員
                               2015年10月       当社代表取締役社長        社長執行役
                                      員(現在)
                               1979年3月       当社入社
                               1993年4月       当社和光営業所長
                               1996年4月       NK PARTS   INDUSTRIES,INC.出向
                               2002年7月       A.N.I.LOGISTICS,LTD.社長
                               2006年6月       当社取締役
                               2008年6月       当社海外事業推進部長
                               2009年4月       当社KD営業部長
        代表取締役
                               2009年6月       当社常務取締役
        専務執行役員         長岡 敏巳      1956年1月21日      生                       (注)4       32
                               2009年7月       当社埼玉事業部長、国際営業部長
        海外事業部長
                               2011年6月       当社取締役常務執行役員
                               2012年6月       当社取締役専務執行役員
                               2015年10月       当社取締役執行役員
                               2015年10月       当社海外事業部長(現在)
                               2016年4月       当社取締役専務執行役員
                               2016年6月       当社代表取締役専務執行役員
                                      (現在)
                               1979年3月       当社入社
                               1985年9月       日本運輸㈱伊勢崎営業所長
                               1989年5月       同社取締役
                               1991年5月       同社代表取締役社長
                               1999年6月       当社取締役
        代表取締役         黒岩 慶太      1956年7月10日      生                       (注)4      525
                               2003年6月       当社常務取締役
                               2004年6月       当社代表取締役副社長
                               2011年6月       当社代表取締役副社長執行役員
                               2015年10月       当社代表取締役執行役員
                               2016年4月       当社代表取締役(現在)
                               1980年3月       当社入社
                               1992年9月       当社狭山梱包センター営業所長
                               1996年11月       当社群馬営業所長
                               2004年4月       当社勤労部次長
                               2005年6月       当社人事部長兼勤労部長
                               2007年6月       当社取締役
         取締役
                 佐野 恭行      1957年6月25日      生
                               2007年6月       当社総務部長              (注)4       28
        常務執行役員
                               2010年8月       当社社長室長
                               2011年6月       当社取締役執行役員
                               2012年6月       当社取締役常務執行役員
                               2015年10月       当社取締役執行役員
                               2015年10月       当社グループ管理部長
                               2016年4月
                                      当社取締役常務執行役員(現在)
                                  51/121



                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (千株)
                               1982年3月       当社入社
                               1997年11月       当社経理部次長
                               2000年6月       NK PARTS   INDUSTRIES,INC.出向
         取締役
                               2007年6月
         執行役員                             当社経理部長(現在)
                 枩田 泰典      1959年3月9日      生
                                                    (注)4       22
         経理部長                      2009年10月       当社関係会社管理部長
         法務部長
                               2012年4月       当社執行役員
                               2012年6月       当社取締役執行役員(現在)
                               2019年4月       当社法務部長(現在)
                               1983年3月       当社入社
                               1992年10月       当社狭山梱包センター営業所課長
                               1998年8月       A.N.I.LOGISTICS,LTD出向
                               2007年6月       当社KD梱包営業所長
                               2009年7月       当社梱包営業部長兼KD梱包営業所
                                      長
                               2011年4月       当社梱包営業部長兼東京事業部長
                               2011年6月       当社執行役員
         取締役
         執行役員        大岡 誠司      1960年6月30日      生                       (注)4       12
                               2014年1月       当社梱包営業部長兼東京事業部長
        国内事業部長
                                      兼第五営業部長
                               2015年9月       当社執行役員退任
                               2015年10月       日本梱包運輸倉庫㈱執行役員
                               2016年4月       当社執行役員
                               2016年6月       当社取締役執行役員(現在)
                               2016年7月       当社国内事業部長(現在)
                               2017年6月       日本梱包運輸倉庫㈱代表取締役
                                      社長執行役員(現在)
                               1974年4月       三菱商事㈱入社
                               1980年11月       五十鈴鋼材㈱(現五十鈴㈱)入社
                               1987年3月       同社取締役
                               1987年5月       同社常務取締役
                               1990年3月       同社取締役副社長
                               1992年5月       同社代表取締役社長
                               2000年4月       同社代表取締役社長(最高経営責
         取締役        鈴木  隆      1951年4月21日      生                       (注)4       3
                                      任者)(現在)
                               2010年11月       ㈱メタルワン・サービスセンター・
                                      ホールディングス代表取締役社長
                               2013年6月
                                      当社社外取締役(現在)
                               2018年4月       ㈱メタルワン・サービスセンター・
                                      ホールディングス代表取締役会長
                                      (現在)
                                  52/121








                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (千株)
                               1978年4月       弁護士登録(第二東京弁護士会)
                               1995年4月       第二東京弁護士会綱紀委員
                               2000年4月       最高裁判所司法研修所民事弁護教
                                      官
                               2004年4月       第二東京弁護士会司法修習委員会
                                      委員長
                                      日本弁護士連合会司法修習委員会
                                      副委員長
                               2004年12月       ㈱整理回収機構企業再生委員第1
                                      部会長
                               2005年10月       ㈱日立プラズマパテントライセン
                                      シング監査役
                               2006年4月       第二東京弁護士会常議員会副議長
                                      社会保険労務士紛争解決手続代理
         取締役        小林 克典      1952年8月1日      生                       (注)4       3
                                      業務試験委員
                               2007年4月       第二東京弁護士会司法制調査会委
                                      員長
                               2007年6月       最高裁判所司法修習委員会幹事
                               2008年2月       第二東京弁護士会懲戒委員会副委
                                      員長
                               2009年6月       三井金属エンジニアリング㈱社外
                                      取締役
                               2009年12月       独立行政法人日本学生支援機構契
                                      約監視委員会委員(現在)
                               2010年2月       第二東京弁護士会懲戒委員会委員
                                      長
                               2014年6月
                                      当社社外取締役(現在)
                               2016年4月       第二東京弁護士会監事
                               1974年3月       当社入社
                               1997年4月       当社総務部長
                               2000年5月       ㈱オートテクニックジャパン常務
                                      取締役
         取締役
                               2005年6月       当社経理部次長
                 金子 和孝      1955年9月7日      生                       (注)5       24
        監査等委員
                               2006年7月       当社関係会社管理部長
                               2010年3月       当社経営企画室長
                               2010年6月       当社常勤監査役
                               2018年6月
                                      当社取締役監査等委員(現在)
                               1990年4月       大和土地建物株式会社入社
                               1993年9月       お茶の水総合事務所入社(現:税
                                      理士法人お茶の水税経)
                               1996年12月       税理士試験合格
                               1997年4月       宮田英樹税理士事務所代表
                                      (現在)
                               1999年11月
         取締役                            社会福祉法人一寿会監事(現在)
                 宮田 英樹      1968年3月27日      生                       (注)5       3
        監査等委員
                               2002年4月       有限会社資産経営研究所取締役
                                      (現在)
                               2014年6月       経済産業省経営革新支援機関認定
                                      (認定者:宮田英樹)
                               2016年6月       当社監査役
                               2018年6月       当社社外取締役監査等委員
                                      (現在)
                                  53/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (千株)
                               1988年4月       弁護士登録(第二東京弁護士会)
                               1988年4月       永野・真山法律事務所入所
                               1990年4月       土屋東一法律事務所入所
                               1993年9月
                                      味岡法律事務所開設(現在)
                               2007年4月       武蔵野簡易裁判所民事調停委員
         取締役
                 味岡 良行      1952年11月30日      生                       (注)5       0
                                      (現在)
        監査等委員
                               2009年4月       2009年度第二東京弁護士会副会長
                               2015年4月       2015年度関東弁護士連合会常務理
                                      事
                               2018年6月       当社社外取締役監査等委員
                                      (現在)
                              計                            1,047
      (注)   1 取締役のうち、鈴木隆、小林克典、宮田英樹及び味岡良行は、社外取締役であります。
         2 当社の監査等委員会の体制は次のとおりであります。
            委員長 金子和孝 委員 宮田英樹 委員 味岡良行
         3 代表取締役黒岩慶太は代表取締役黒岩正勝の弟であります。
         4 取締役(監査等委員である取締役を除く)の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2020
          年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
         5 監査等委員である取締役の任期は、2018年3月期に係る定時株主総会終結の時から2020年3月期に係る定
          時株主総会終結の時までであります。
         6 当社では、経営の意思決定、監督機能と業務執行の機能を分離し、意思決定の迅速化と業務執行責任の明
          確化を図り、経営の効率化を高めるとともにコーポレート・ガバナンスの強化を図るために執行役員制度を
          導入しております。
           なお、執行役員は16名で、うち5名が取締役を兼務しております。
       役名       氏名                        職名
                   日本梱包運輸倉庫㈱代表取締役会長
                   A.N.I.LOGISTICS,LTD.取締役会長、NIPPON                 KONPO(THAILAND)CO.,LTD.取締役会長
      社長執行役員       黒岩 正勝
                   A.N.I.TRANSPORT,LTD.取締役会長、SIAM                AUTO  TECHNIC   CO.,LTD.取締役会長
                   海外事業部長
                   エヌケイエンジニアリング㈱代表取締役社長、                  GINZAコンサルティング㈱代表取締役社長
      専務執行役員       長岡 敏巳
                   日梱物流(中国)有限公司董事長、日梱重慶物流有限公司董事長
                   NIPPON   KONPO   INDIA   PRIVATE,LTD.取締役会長
      常務執行役員       佐野 恭行

             枩田 泰典      経理部長、法務部長

       執行役員
             大岡 誠司      国内事業部長、日本梱包運輸倉庫㈱代表取締役社長執行役員

                   PT NIPPON   KONPO   INDONESIA取締役社長

             岡本 賢二
             阿邊 隆司

                   NIPPON   KONPO   INDIA   PRIVATE,LTD.取締役社長

             谷口  彰
             長濵 英己      ㈱メイコン代表取締役社長

                   中越テック㈱代表取締役社長、札幌新聞輸送㈱代表取締役社長
             増井 雅彦
                   トランスポートジャパン㈱代表取締役社長
             加藤 善啓      ㈱イトー急行代表取締役社長
                                  54/121



                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       役名       氏名                        職名

       執行役員             NKP  MEXICO,S.A.     DE C.V.取締役会長
                   NK PARTS   INDUSTRIES,INC.社長、NK          AMERICA,INC.社長、NKA         TRANSPORTATION,INC.社長
             水町 靖之
                   NKA  LOGISTICS,INC.社長、NKA          CUSTOMS   SERVICE,INC.社長、AUTO          TECHNIC   AMERICAS,INC.社長
             髙田 隆幸      ㈱オートテクニックジャパン代表取締役社長
             重盛 真治      ㈱日本陸送代表取締役社長、㈱テクニックサービス代表取締役社長

                   NIPPON   KONPO   VIETNAM   CO.,LTD.取締役社長

             松島 孝之
             海野 克也      グループ業務監査室長

        ② 社外役員の状況

         a.社外取締役の員数並びに会社と各社外取締役の人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
           当社は、社外取締役4名を選任しております。
           社外取締役の鈴木隆氏が在籍しております五十鈴㈱及び㈱メタルワン・サービスセンター・ホールディング
          スと当社の間に取引関係は無く、一般株主と利益相反の生じる恐れは無いと判断します。
           また、同氏は、当社の取締役に就かれて、経営者としての豊富な経験と幅広い見識を活かし、経営全般に助
          言をいただくとともに、当社の論理に捉われず、独立性をもって客観的な視点で経営を監視していただくこと
          により、取締役会の透明性の向上と監督機能の強化に繋がるものと当社は判断し、社外取締役として選任して
          おります。なお、同氏は当社の発行済株式3千株を保有しております。
           社外取締役の小林克典氏は弁護士であります。当社と同氏は過去に一切の取引関係はなく、独立性を確保し
          ており、一般株主と利益相反の生じる恐れは無いと判断します。同氏は弁護士としての経験・知識が豊富であ
          り、当社の論理に捉われず、法令を含む企業社会全体を踏まえた客観的視点で、独立性をもって経営の監視を
          遂行する上で適任であり、取締役会の透明性の向上及び監督機能の強化に繋がるものと判断し、社外取締役と
          して選任しております。なお、同氏は当社の発行済株式3千株を保有しております。
           社外取締役の宮田英樹氏は税理士であります。当社と同氏は過去に一切の取引関係はなく、独立性を確保し
          ており、一般株主と利益相反の生じる恐れは無いと判断します。同氏は税理士としての専門的な知識及び豊な
          経験等を有し、企業会計に精通しております。これらの経験に基づき、当社の監査等の体制の強化に適切な人
          材と判断し、社外取締役として選任しております。なお、同氏は当社の発行済株式3千株を保有しておりま
          す。
           社外取締役の味岡良行氏は弁護士であります。当社と同氏は過去に一切の取引関係はなく、独立性を確保し
          ており、一般株主と利益相反の生じる恐れは無いと判断します。同氏は弁護士としての専門的な知識を有して
          おります。これらの経験に基づき、当社の監査等の体制の強化に適切な人材と判断し、社外取締役として選任
          しております。なお、同氏は当社の発行済株式0千株を保有しております。
           上記以外に社外取締役と当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
         b.社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針について
           当社は、東京証券取引所が定める独立性基準を満たすことを前提として、当社グループの事業・経営環境及
          び企業理念を十分に理解していただき、誠実な人格で幅広い見識・経験を基に当社の経営に対して公平・公正
          かつ適切な指導・助言をいただくことで、経営体制をさらに強化できることと考え、以下の要件のいずれにも
          該当しない者が独立性を有するものと判断しております。
          1.当社グループの主要な取引先(注1)の業務執行者、または当社グループを主要な取引先とする会社の業
            務執行者
          2.直近の事業年度末において、当社の連結総資産の2%を超える借入額がある当社グループの借入先の業務
            執行者
          3.直近3事業年度において、出資比率10%以上を超える当社の主要株主、若しくは上位10社以内の株主及び
            出資先の業務執行者
          4.直近3事業年度において、当社から平均して年間1,000万円を超える報酬を得ているコンサルタント、会
            計専門家、法律専門家
          5.過去5年間において、上記1.から4.に該当していた者
          6.当社及び連結子会社の取締役等の配偶者または二親等以内の親族
          7.通算の在籍期間が8年を超える者
          (注)1 主要な取引先とは、当社グループの取引先であって、その年間取引金額が直近3事業年度におい
              て、当社の連結売上または相手方の連結売上の2%を超えるものをいう。
                                  55/121


                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         c.社外取締役の機能・役割、監査等委員である社外取締役の選任状況についての考え方
           当社は、社外取締役(監査等委員である取締役を除く)を2名選任しており、取締役会の透明性の向上及び
          監督機能の強化を図っております。また、監査等委員である社外取締役を2名選任しており、監査等委員であ
          る社外取締役2名を含む3名で監査等委員会を構成し、社内とは独立したチェック機関として十分に機能する
          体制を整えております。
        ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会による監査及び会計監査との相互連携並びに内部統
         制部門との関係
          監査等委員である社外取締役は、監査等の体制の独立性及び中立性を一層高めるために、積極的に監査等に必
         要な情報の入手に心掛けており、常勤の監査等委員からは、重要な社内会議で得た情報及び内部監査部門である
         グループ業務監査室からの内部監査報告書等の情報、並びに会計監査人からの監査の状況や内部統制の状況を監
         査等委員会において情報を伝達され、その情報を全監査等委員で共有しております。また、取締役会に対しては
         忌憚のない質問をして、又は意見を述べております。
          社外取締役(監査等委員である取締役を除く)は、取締役会を通じ監査等委員会監査、内部監査、会計監査及
         び内部統制についての情報を入手しており、適宜意見交換を行うことで取締役会の監督機能の強化を図っており
         ます。
                                  56/121
















                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ① 監査等委員会の状況
         監査等委員会の監査については、監査方針及び監査計画に基づきコンプライアンス、リスク管理等、内部統制シ
        ステムの運用状況の監視・検証を重点項目とし、内部監査部門等から監査結果について定期的かつ随時に報告を受
        け、必要があると認めたときは内部監査部門に調査を求め、その内容を検証するなど組織的かつ効率的に職務を執
        行しております。
        ② 内部監査の状況

         内部監査についてはグループ業務監査室の2名が担当し、社内全部門における組織運営及び業務の状態が、会社
        の方針、基準、手続き等に基づき、適正かつ効率的に運営されているか否かを調査・評価しております。その調査
        方法としては、実地調査を原則とし、必要に応じて関係部門からの意見も聴取しております。また、指摘事項の改
        善がなされたかの確認についてのフォローも行っており適正な内部監査に努めております。
        ③ 会計監査の状況

         a.監査法人の名称
           有限責任     あずさ監査法人
         b.業務を執行した公認会計士の氏名
           指定有限責任社員 業務執行委員:文倉辰永、内田好久
         c.会計監査業務に係る補助者の構成
           公認会計士 7名、その他 9名
         d.監査法人の選定方針と理由
            当社は、会計監査人の選定に際しては、監査の実施体制、監査計画及び監査報酬の見積額の妥当性、世界
           的なネットワークがあること、過去の監査実績等を踏まえ、総合的に判断しております。
            監査等委員会は、会計監査人の監査品質、独立性、職務遂行状況などを総合的に判断し、監査の適正性及
           び信頼性が確認できないと認められる場合は、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議
           案の内容を決議いたします。また、監査等委員会は、会計監査人が、会社法第340条第1項各号に定める項目
           に該当すると認められる場合は、監査等委員全員の同意に基づき、会計監査人を解任します。この場合、監
           査等委員会が選定した監査等委員は、解任後最初に招集される株主総会において、解任の旨及びその理由を
           報告します。
         e.監査等委員会による監査法人の評価
            監査等委員会は、監査法人に対して評価を行っており、同監査法人による会計監査が、従前から独立の立
           場を保持し、適正に実施されていることを確認しております。
            また、監査等委員会は会計監査人の再任に関する確認決議をしており、その際には日本監査役協会が公表
           する「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」に基づき、総合的に評価しており
           ます。
                                  57/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等
         a.監査公認会計士等に対する報酬
                        前連結会計年度                     当連結会計年度
          区分
                  監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく
                  く報酬(百万円)           報酬(百万円)          く報酬(百万円)           報酬(百万円)
                          54           16           54           10

        提出会社
        連結子会社                  16           -           17           -

                          71           16           72           10

          計
         前連結会計年度における非監査業務に基づく報酬の内容は、財務及び税務デューデリジェンス業務であります。
         当連結会計年度における非監査業務に基づく報酬の内容は、財務及び税務デューデリジェンス業務及び社債発行
        に係るコンフォートレター作成業務であります。
         b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(KPMG)に対する報酬(a.を除く)

                        前連結会計年度                     当連結会計年度
          区分
                  監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく
                  く報酬(百万円)           報酬(百万円)          く報酬(百万円)           報酬(百万円)
                          -           2          -           2

        提出会社
                          1           5           3           ▶

        連結子会社
                          1           8           3           6

          計
         当社における非監査業務の内容は、BEPS対応税務アドバイザリー業務であります。
         連結子会社における非監査業務の内容は、メキシコ子会社の税務アドバイザリー業務等であります。
         c.監査報酬の決定方針

           当社の会計監査人に対する監査報酬は、会計監査人から受領する監査計画を勘案し、当社と会計監査人で協
          議したうえで監査等委員会による事前の同意を得て決定しております。
         d.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査等委員会は、過去の会計監査人が行った監査項目別監査時間及び監査報酬の実績推移並びに過年度の監
          査計画と実績の状況を確認し、当事業年度の監査計画及び報酬の見積りの妥当性について分析、検討したうえ
          で会計監査人の報酬等の額について同意の判断を行っております。
                                  58/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社の役員報酬は、業績連動報酬以外の報酬等と業績連動報酬である役員賞与から構成されております。
          当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬については、総額の限度額を株主総会の決議によ
         り決定したうえで、代表取締役社長が取締役会からの委任を受け、担当職務、各期の業績等を総合的に勘案
         し、限度額の範囲内で個別の報酬額を決定しております。
          取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬限度額は、2018年6月28日開催の第77回定時株主総会に
         おいて年額300百万円以内(うち社外取締役分年額24百万円以内とし、取締役(社外取締役を除く。)に対する
         業績連動報酬を含み、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない。)と決議されており、当該決議に係る取
         締役の員数は9名であります。また、別枠で同日開催の定時株主総会において、株式報酬型ストックオプショ
         ン報酬額として年額79百万円以内と決議されております。
          業績連動報酬は、評価の指標として業績に係る指標を用いることにより、業績向上に対する士気を高めるた
         め導入しております。その指標は、連結売上高及び連結営業利益の計画達成度であり、別に定める評価基準に
         基づき決定しております。なお、当事業年度における業績連動報酬に係る指標の目標は、連結売上高1,950億
         円、連結営業利益195億円、実績は、連結売上高1,976億円、連結営業利益200億円であります。
          また、監査等委員である取締役の報酬限度額は、2018年6月28日開催の第77回定時株主総会において年額72
         百万円以内と決議されております。
          監査等委員である取締役の各報酬額は、監査等委員の協議により決定しております。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                       報酬等の種類別の総額(百万円)
                                         対象となる役
               報酬等の総額
                                          員の員数
       役員区分
               (百万円)
                                   ストックオプ
                                           (人)
                      固定報酬      業績連動報酬
                                    ション
     取締役(監査等委
     員及び社外取締役              185       98       50       36       7
     を除く)
     監査等委員(社外
                    9       9       -       -       1
     取締役を除く)
     監査役(社外監査
                    1       1       -       -       1
     役を除く)
                    16       16       -       -       5
     社外役員
      (注)1.当社は、2018年6月28日開催の第77回定時株主総会の決議により、同日付けをもって、監査等委員会設置
          会社に移行いたしました。
         2.当社は、2011年6月29日開催の第70回定時株主総会終結の時をもって、役員退職慰労金制度を廃止いたし
          ました。
       ③ 報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

         該当事項はありません。
                                  59/121







                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、投資株式について、もっぱら株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的と
         して保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的外の目的である投資株式(政策
         保有株式)に区分しております。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
          内容
           当社は、物流事業を安定して維持するには長期的なパートナーの存在が不可欠と考えております。政策保
          有株式については、業務提携、取引の維持・強化等、相互の企業連携が高まることで、企業価値向上につな
          がる取引先企業の株式を対象とすることを基本としております。
           株式保有は、取引額等の定量的評価や企業価値向上の効果等を勘案のうえ取締役会にて見直し、当社の持
          続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資すると認められない株式がある場合は、相手先企業との十分な
          対話を行い、対話の実施によっても改善が認められない株式については、適宜・適切に縮減しております。
         b.  銘柄数及び貸借対照表計上額
                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      1             23

     非上場株式
                      29           19,632
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      -             -             -

     非上場株式
                      1             6
     非上場株式以外の株式                                取引先持株会を通じた株式の取得
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

      該当事項はありません。
                                  60/121










                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
     c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
             特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  (保有目的)企業間取引の強化
                   3,494,171         3,492,203
                                  (定量的な保有効果)注
     本田技研工業㈱
                                                        有
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
                     10,465         12,781
                                  を通じた株式の取得
                    272,400         272,400
                                  (保有目的)企業間取引の強化
     平田機工㈱
                                                        有
                                  (定量的な保有効果)注
                     2,081         2,664
                    412,000         412,000

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     アイカ工業㈱
                                                        有
                                  (定量的な保有効果)注
                     1,520         1,623
                    921,000         921,000

     セイノーホールディ
                                  (保有目的)企業間取引の強化
                                                        有
     ングス㈱
                                  (定量的な保有効果)注
                     1,358         1,803
                    256,500         256,500

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     TOTO㈱
                                                        無
                                  (定量的な保有効果)注
                     1,204         1,438
                    341,700         341,700

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     井関農機㈱
                                                        有
                                  (定量的な保有効果)注
                      556         720
                    150,400         150,400

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     日東工業㈱
                                                        有
                                  (定量的な保有効果)注
                      332         248
                    704,000         704,000

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     永大産業㈱
                                                        有
                                  (定量的な保有効果)注
                      292         387
                    461,000         461,000

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     ㈱ミツバ                                                   有
                                  (定量的な保有効果)注
                      286         630
                    507,617         507,617

     ㈱三菱UFJフィナ                             (保有目的)企業間取引の強化
                                                        無
     ンシャル・グループ                             (定量的な保有効果)注
                      279         353
                    281,800         281,800

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     ㈱ユーシン                                                   有
                                  (定量的な保有効果)注
                      277         213
                    422,000         422,000

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     センコン物流㈱
                                                        有
                                  (定量的な保有効果)注
                      272         314
                    144,000         144,000

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     ㈱ケーヒン                                                   有
                                  (定量的な保有効果)注
                      260         312
                    135,400         135,400

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     日信工業㈱
                                                        有
                                  (定量的な保有効果)注
                      187         248
     MS&ADインシュ
                     32,100         32,100
                                  (保有目的)企業間取引の強化
     アランスグループ
                                                        無
                                  (定量的な保有効果)注
                      108         107
     ホールディングス㈱
                                  61/121



                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    118,000         118,000

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     大崎電気工業㈱
                                                        有
                                  (定量的な保有効果)注
                       81         91
                    181,300         181,300

     ㈱みずほフィナン                             (保有目的)企業間取引の強化
                                                        無
     シャルグループ                             (定量的な保有効果)注
                       31         34
                     9,000         9,000

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     ㈱武蔵野銀行                                                   有
                                  (定量的な保有効果)注
                       19         30
                     2,000         2,000

     SOMPOホール
                                  (保有目的)企業間取引の強化
                                                        無
     ディングス㈱
                                  (定量的な保有効果)注
                       8         8
                     4,200         4,200

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     住友ゴム工業㈱
                                                        有
                                  (定量的な保有効果)注
                       5         8
                     1,000         1,000

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     積水化学工業㈱
                                                        無
                                  (定量的な保有効果)注
                       1         1
                      100         100

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     ㈱ブリヂストン                                                   無
                                  (定量的な保有効果)注
                       0         0
                     1,000         1,000

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     NTN㈱
                                                        無
                                  (定量的な保有効果)注
                       0         0
                      100         100

     シップヘルスケア
                                  (保有目的)企業間取引の強化
                                                        無
     ホールディングス㈱
                                  (定量的な保有効果)注
                       0         0
                      100         100

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     ㈱ユタカ技研                                                   無
                                  (定量的な保有効果)注
                       0         0
                     1,000         1,000

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     ニッコー㈱
                                                        無
                                  (定量的な保有効果)注
                       0         0
                      100         100

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     ㈱エフテック                                                   無
                                  (定量的な保有効果)注
                       0         0
                      100         100

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     三菱自動車工業㈱
                                                        無
                                  (定量的な保有効果)注
                       0         0
                      100         100

                                  (保有目的)企業間取引の強化
     ㈱イトーキ                                                   無
                                  (定量的な保有効果)注
                       0         0
         (注)当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証した方法
         について記載いたします。当社は、取締役会において個別の保有株式についてその意義を検証しており、現状保
         有する株式はいずれも保有方針に沿っていることを確認しております。
         ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
                                  62/121



                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任                                                    あ
       ずさ監査法人による監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
       務会計基準機構へ加入しております。
                                  63/121














                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         17,755              16,940
         現金及び預金
                                         33,032              33,389
         受取手形及び売掛金
                                         3,249              3,711
         電子記録債権
                                         14,105              10,276
         有価証券
                                            ▶              5
         商品及び製品
                                           366              429
         原材料及び貯蔵品
                                         4,102              4,663
         その他
                                          △ 10             △ 15
         貸倒引当金
                                         72,606              69,401
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        163,829              180,094
          建物及び構築物
                                        △ 90,135             △ 95,157
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             73,694              84,936
          機械装置及び運搬具                               45,185              46,923
                                        △ 36,535             △ 38,382
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              8,649              8,540
          工具、器具及び備品                               7,163              7,778
                                        △ 5,870             △ 6,355
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              1,293              1,422
          土地                               88,717              91,226
                                           713              672
          リース資産
                                         △ 345             △ 410
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               368              262
                                         3,005              3,921
          建設仮勘定
                                        175,727              190,310
          有形固定資産合計
                                         1,918              1,937
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                        ※1 27,760             ※1 23,542
          投資有価証券
                                           129              533
          長期貸付金
                                         3,090              3,646
          繰延税金資産
                                        ※2 4,864             ※2 4,942
          その他
                                          △ 84             △ 100
          貸倒引当金
                                         35,760              32,563
          投資その他の資産合計
                                        213,406              224,811
         固定資産合計
                                        286,013              294,213
       資産合計
                                  64/121






                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         11,573              11,330
         支払手形及び買掛金
                                         3,962              4,401
         電子記録債務
                                         3,800              3,905
         短期借入金
                                         10,000                -
         1年内償還予定の社債
                                           118              115
         リース債務
                                         3,379              3,927
         未払法人税等
                                         3,627              3,860
         賞与引当金
                                           186              196
         役員賞与引当金
                                           383             1,585
         設備関係支払手形
                                           863             8,266
         営業外電子記録債務
                                         14,918              13,868
         その他
                                         52,813              51,458
         流動負債合計
       固定負債
         社債                                10,000              20,000
                                         26,200              22,616
         長期借入金
                                           284              172
         リース債務
                                         6,633              5,332
         繰延税金負債
                                         5,113              5,699
         退職給付に係る負債
                                           276              303
         役員退職慰労引当金
                                         2,063              1,728
         その他
                                         50,572              55,853
         固定負債合計
                                        103,385              107,312
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         11,316              11,316
         資本金
                                         12,332              12,332
         資本剰余金
                                        148,112              158,372
         利益剰余金
                                        △ 1,716             △ 4,767
         自己株式
                                        170,044              177,253
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         13,437              10,291
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 777             △ 375
         為替換算調整勘定
                                         △ 603             △ 831
         退職給付に係る調整累計額
                                         12,056               9,084
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   321              354
                                           204              208
       非支配株主持分
                                        182,627              186,900
       純資産合計
                                        286,013              294,213
      負債純資産合計
                                  65/121







                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      売上高
                                         88,771              93,294
       運送収入
                                         27,721              28,710
       倉庫収入
                                         44,089              47,148
       梱包収入
                                         27,236              28,538
       その他の収入
                                        187,819              197,693
       売上高合計
      売上原価
                                         79,630              83,212
       運送原価
                                         20,711              21,255
       倉庫原価
                                         37,870              40,641
       梱包原価
                                         21,565              22,830
       その他の原価
                                        159,778              167,939
       売上原価合計
                                         28,041              29,753
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         5,613              5,803
       人件費
                                           323              354
         賞与引当金繰入額
                                           174              196
         役員賞与引当金繰入額
                                           146              126
         退職給付費用
                                           52              64
         役員退職慰労引当金繰入額
                                           482              484
       減価償却費
                                           815             1,227
       租税公課
                                           351              337
       旅費及び交通費
                                           △ 5              3
       貸倒引当金繰入額
                                         1,774              1,867
       その他
                                         9,031              9,724
       販売費及び一般管理費合計
                                         19,009              20,028
      営業利益
      営業外収益
                                           87              104
       受取利息
                                           560              658
       受取配当金
                                           104               86
       受取賃貸料
                                           540              647
       持分法による投資利益
                                           418              148
       助成金収入
                                            5             389
       受取補償金
                                           358              398
       雑収入
                                         2,075              2,433
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                   197              168
                                           61              32
       為替差損
                                           -              52
       社債発行費
                                           41              21
       控除対象外消費税等
                                           69              167
       雑支出
                                           370              443
       営業外費用合計
                                         20,715              22,019
      経常利益
                                  66/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      特別利益
                                         ※1 457             ※1 98
       固定資産売却益
                                           189               -
       退職給付制度改定益
                                           647               98
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※2 3            ※2 75
       固定資産売却損
                                         ※3 100             ※3 310
       固定資産除却損
                                           -               0
       投資有価証券評価損
                                            0              -
       投資有価証券売却損
                                          ※4 0             ※4 1
       減損損失
                                           103              387
       特別損失合計
                                         21,259              21,730
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    6,092              7,301
                                           608             △ 348
      法人税等調整額
                                         6,700              6,953
      法人税等合計
                                         14,558              14,777
      当期純利益
                                           12               9
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         14,545              14,768
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  67/121













                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                         14,558              14,777
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         1,603             △ 3,145
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 419              449
       為替換算調整勘定
                                           207             △ 228
       退職給付に係る調整額
                                           16             △ 45
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         ※ 1,407             ※ △ 2,970
       その他の包括利益合計
                                         15,966              11,806
      包括利益
      (内訳)
                                         15,972              11,795
       親会社株主に係る包括利益
                                           △ 6              11
       非支配株主に係る包括利益
                                  68/121
















                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                              (単位:百万円)
                                 株主資本
                    資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式      株主資本合計
     当期首残高
                      11,316       12,332      137,823       △ 1,193      160,279
     当期変動額
      剰余金の配当                             △ 4,257             △ 4,257
      親会社株主に帰属する
                                    14,545              14,545
      当期純利益
      自己株式の取得                                     △ 529      △ 529
      自己株式の処分                               △ 0       6       6
      連結範囲の変動                                             -

      株主資本以外の項目の

                                                   -
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  -       -     10,288       △ 523      9,765
     当期末残高                 11,316       12,332      148,112       △ 1,716      170,044
                         その他の包括利益累計額

                                                  非支配
                                     その他の包括      新株予約権            純資産合計
                  その他有価証      為替換算調整      退職給付に係る                    株主持分
                                     利益累計額合
                  券評価差額金      勘定      調整累計額
                                     計
     当期首残高                11,834       △ 393     △ 810     10,630       277       95    171,282
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                         △ 4,257
      親会社株主に帰属する
                                                         14,545
      当期純利益
      自己株式の取得                                                    △ 529
      自己株式の処分                                                     6
      連結範囲の変動                                               107      107

      株主資本以外の項目の

                     1,603      △ 384      207     1,426       44       1    1,472
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                1,603      △ 384      207     1,426       44      108     11,344
     当期末残高
                     13,437       △ 777     △ 603     12,056       321      204    182,627
                                  69/121







                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                              (単位:百万円)
                                 株主資本
                    資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式      株主資本合計
     当期首残高                 11,316       12,332      148,112       △ 1,716      170,044
     当期変動額
      剰余金の配当                             △ 4,506             △ 4,506
      親会社株主に帰属する
                                    14,768              14,768
      当期純利益
      自己株式の取得
                                          △ 3,066      △ 3,066
      自己株式の処分                               △ 2      15       13
      株主資本以外の項目の
                                                   -
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  -       -     10,260      △ 3,051       7,208
     当期末残高
                      11,316       12,332      158,372       △ 4,767      177,253
                         その他の包括利益累計額

                                                  非支配
                                     その他の包括      新株予約権            純資産合計
                  その他有価証      為替換算調整      退職給付に係る                    株主持分
                                     利益累計額合
                  券評価差額金      勘定      調整累計額
                                     計
     当期首残高                13,437       △ 777     △ 603     12,056       321      204    182,627
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 4,506
      親会社株主に帰属する
                                                         14,768
      当期純利益
      自己株式の取得                                                   △ 3,066
      自己株式の処分
                                                           13
      株主資本以外の項目の
                     △ 3,145       401     △ 228    △ 2,972       32       ▶   △ 2,935
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 3,145       401     △ 228    △ 2,972       32       ▶    4,273
     当期末残高
                     10,291       △ 375     △ 831     9,084       354      208    186,900
                                  70/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         21,259              21,730
       税金等調整前当期純利益
                                         9,461              9,712
       減価償却費
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   228              224
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 2              10
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0              19
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 753              251
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    1              20
                                         △ 647             △ 763
       受取利息及び受取配当金
                                           197              168
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                  △ 540             △ 647
       固定資産売却損益(△は益)                                  △ 454              △ 22
       退職給付制度改定益                                  △ 189               -
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    0              -
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 996             △ 492
       その他の資産の増減額(△は増加)                                  △ 600              244
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  1,133               200
       その他の負債の増減額(△は減少)                                  2,298               571
                                         △ 328              197
       その他
                                         30,066              31,427
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,081              1,229
                                         △ 195             △ 169
       利息の支払額
                                        △ 6,643             △ 7,150
       法人税等の支払額
                                         24,309              25,337
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 3,414             △ 6,453
       定期預金の預入による支出
                                           517             9,451
       定期預金の払戻による収入
                                         △ 999            △ 1,054
       有価証券の取得による支出
                                         1,000               220
       有価証券の売却及び償還による収入
                                        △ 19,273             △ 18,010
       有形固定資産の取得による支出
                                           845              779
       有形固定資産の売却による収入
                                          △ 94             △ 189
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 159               -
       関係会社出資金の払込による支出
                                         △ 486              △ 32
       投資有価証券の取得による支出
                                           50              -
       投資有価証券の売却による収入
                                         △ 112             △ 501
       貸付けによる支出
                                           180               94
       貸付金の回収による収入
                                          △ 20             △ 539
       関係会社株式の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の
                                         △ 934             △ 671
       取得による支出
                                           17              14
       その他
                                        △ 22,884             △ 16,892
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  71/121






                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 3,554             △ 3,876
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 529            △ 3,066
       自己株式の取得・売却による収支
                                           -            10,000
       社債の発行による収入
                                           -           △ 10,000
       社債の償還による支出
                                        △ 4,257             △ 4,506
       配当金の支払額
                                           △ 7             △ 8
       非支配株主への配当金の支払額
                                           17             △ 200
       その他
                                        △ 8,330             △ 11,659
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 31              143
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 6,936             △ 3,071
      現金及び現金同等物の期首残高                                   35,027              28,302
      連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減
                                           211               -
      額(△は減少)
                                        ※ 28,302              ※ 25,231
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  72/121














                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
      (1)連結子会社は        50 社であり、主要な連結子会社は次のとおりであります。
        日  本  梱  包  運  輸  倉  庫  ㈱
        ㈱  日  本  陸  送
        ㈱  メ  イ  コ  ン
        日  本  運  輸  ㈱
        ㈱オートテクニックジャパン
        中    越    テ   ッ     ク   ㈱
        NK  PARTS   INDUSTRIES,      INC.
        NK  LOGISTICA     MEXICO,S.A.DE       C.V.は新たに設立したため、松久運輸㈱及び㈱松久総合はその株式を取得したた
       め、当連結会計年度より連結の範囲に含めております。
      (2)非連結子会社は㈱セフテック他19社であります。

        非連  結子会社は総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金等(持分に見合う額)の観点か
       らみていずれも小規模であり、全体としても連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないので連結の範囲から除外
       したものであります         。
     2.持分法の適用に関する事項

        非連結子会社      11 社及び関連会社富田―日梱儲運(広州)有限公司、                        CARGA   Y LOGISTICA     ESPECIALIZADA       S.A.DE
       C.V.及び日本陸送㈱に対する投資については、持分法を適用しております。
        なお、   非連結子会社NKV        LOGISTICS     LTD.、KOLAR      LOGISTICS     AGENT   PRIVATE    LTD.、TAPUKARA        LOGISTICS     AGENT
       PRIVATE    LTD.、NIPPON       KONPO   VIETNAM    REAL   ESTATE    CO.,LTD.、PT.NK        INDO   LOGISTIK、PT.NKI         GUDANG    KEMAS、
       NIPPON    KONPO   (MALAYSIA)SDN.BHD.、N&Aハラルロジスティクス㈱、築地リアルエステート㈱及び関連会社S&Nロジ
       スティクス㈱、広州東風日梱物流有限公司については、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金等(持分に
       見合う額)の観点からみていずれも小規模であり、全体としても連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないので
       持分法の適用から除外しております                。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社のうち、日梱物流(中国)有限公司及び日梱重慶物流有限公司の決算日は12月31日であります。連結財
      務諸表の作成にあたっては、これらの会社については、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用し
      ております。その他の連結子会社の決算日は、連結会計年度の末日と一致しております。
     4.会計方針に関する事項

      (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
       ① 有価証券
        a 満期保有目的の債券…償却原価法(定額法)
        b その他有価証券
          時価のあるもの…決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売
                   却原価は移動平均法により算定)
          時価のないもの…主に移動平均法による原価法
       ② デリバティブ
         時価法
       ③ 運用目的の金銭の信託
         時価法
       ④ たな卸資産
         原材料…主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方
              法)
         貯蔵品…主として最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げ
              の方法)
                                  73/121




                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ① 有形固定資産(リース資産を除く)
         主として定率法を採用しております。
         ただし、当社及び国内連結子会社は1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)                                            、並びに2016
        年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物に                         ついては定額法を採用しており、取得価額が100千円以上
        200千円未満の少額減価償却資産については、3年間で均等償却する方法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物             10~50年
          機械装置及び運搬具             4~17年
          工具、器具及び備品             4~10年
       ② 無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、当社及び連結子会社のソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(主として
        5年)に基づく定額法を採用しております。
       ③ リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      (3)重要な引当金の計上基準

       ① 貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
        ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       ② 賞与引当金
         従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額を計上しております。
       ③ 役員賞与引当金
         役員に対して支給する賞与の支出に備えるため、当連結会計年度における支給見込額に基づき、当連結会計年
        度に見合う分を計上しております。
       ④ 役員退職慰労引当金
         一部の連結子会社においては、役員の退職慰労金の支給に備えるため、役員退職慰労金の内規に基づく期末要
        支給額を計上しております。
      (4)  退職給付に係る会計処理の方法

       ① 退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
        給付算定式基準によっております。
       ② 数理計算上の差異の費用処理方法
         数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
        (5年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしておりま
        す。
      (5)重要なヘッジ会計の方法

       ① ヘッジ会計の方法
         原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、振当処理の要件を満たしている為替予約については振当
        処理に、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては特例処理によっております。
       ② ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段……金利スワップ及び為替予約
         ヘッジ対象……借入金及び売掛金
       ③ ヘッジ方針
         金利リスク及び為替リスクをヘッジする目的に限定しております。
       ④ ヘッジの有効性の評価
         ヘッジの開始時から有効性判定の時点までの期間において、ヘッジ手段とヘッジ対象の相場変動の累計を比較
        し、両者の変動額等を基礎にして判断しております。また、為替予約の締結時に、リスク管理方針に従って、外
        貨建による同一金額で同一期日の為替予約をそれぞれ振当てているため、その後の為替相場の変動による相関関
        係は完全に確保されているので、決算日における有効性の評価を省略しております。
      (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

                                  74/121


                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
        連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及
       び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない、取得日から3ヶ月以内に償還期
       限の到来する短期投資からなっております。
      (7)消費税等の会計処理

        消費税等の会計処理は税抜方式によっております。ただし、控除対象外消費税等は当連結会計年度の費用として
       処理しております。
         (未適用の会計基準等)

         ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
         ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日 企業会計基準
          委員会)
          (1)概要

            収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
             ステップ1:顧客との契約を識別する。
             ステップ2:契約における履行義務を識別する。
             ステップ3:取引価格を算定する。
             ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
             ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
          (2)適用予定日
            2022年3月期の期首より適用予定であります。
          (3)当該会計基準等の適用による影響

            「収益認識に関する会計基準」              等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価
           中であります。
         (表示方法の変更)

          ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更                              )
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)を当連結会計年
          度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に
          表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が1,618百万円
          減少し、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が1,071百万円増加しております。また、「固定負債」
          の「繰延税金負債」が546百万円減少しております。
           なお、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が
          546百万円減少しております。
                                  75/121








                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
      ※1 非連結子会社株式及び関連会社株式は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                2,505百万円                 3,190百万円
      ※2 非連結子会社出資金及び関連会社出資金は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     その他                                3,272百万円                 3,272百万円
       3 手形信託譲渡高

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     手形信託譲渡高                                603  百万円                560  百万円
                                  76/121















                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
      ※1 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     建物及び構築物                                 11百万円                  0百万円
     機械装置及び運搬具                                 21                 87
     工具、器具及び備品                                  0                 0
     土地                                 424                   9
               計                       457                  98
      ※2 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     建物及び構築物                                 - 百万円                26百万円
     機械装置及び運搬具                                  2                 6
     工具、器具及び備品                                  0                 0
     土地                                  0                 41
     その他                                  0                 0
               計                        3                 75
      ※3 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     建設仮勘定                                 11百万円                  0百万円
     固定資産解体費用                                 83                 310
     その他                                  ▶                 0
               計                       100                 310
      ※4 減損損失

     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
       重要性が乏しいため記載を省略しております。
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

       重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                  77/121







                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
      ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                2,310百万円              △4,532百万円
      組替調整額                                   0               -
       税効果調整前
                                       2,310              △4,532
       税効果額                               △706               1,387
       その他有価証券評価差額金
                                       1,603              △3,145
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                △374                 449
      組替調整額                                 △44                 -
       為替換算調整勘定
                                       △419                 449
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                △178               △654
      組替調整額                                  477               325
       税効果調整前
                                        298              △328
       税効果額                                △91                100
       退職給付に係る調整額
                                        207              △228
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                                  16              △45
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        16              △45
        その他の包括利益合計
                                       1,407              △2,970
         (連結株主資本等変動計算書関係)

     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      1.発行済株式に関する事項
         株式の種類          当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 68,239,892               -           -       68,239,892

      2.自己株式に関する事項

         株式の種類          当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                  668,489           191,413            3,700          856,202

            (変動事由の概要)
            増加数の内訳は、次のとおりであります。
             取締役会の決議に基づく自己株式の取得                             191,000株
             単元未満株式の買取りによる増加                               413株
            減少数の内訳は、次のとおりであります。
             新株予約権の行使による減少                              3,700株
                                  78/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      3.新株予約権に関する事項
                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                              年度末残高
                                当連結会計                 当連結会計
                                       増加      減少
                          式の種類                             (百万円)
                                 年度期首                  年度末
     提出会社
            ストック・オプションとして
                            -      -      -      -      -       321
            の新株予約権
     (親会社)
              合計              -      -      -      -      -       321
      4.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                          配当金の総額         1株当たり
          決議         株式の種類                           基準日        効力発生日
                           (百万円)        配当額(円)
     2017年6月29日
                   普通株式           2,229          33   2017年3月31日         2017年6月30日
     定時株主総会
     2017年11月10日
                   普通株式           2,027          30   2017年9月30日         2017年12月12日
     取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額               1株当たり
         決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
     2018年5月11日
                普通株式         2,358    利益剰余金            35   2018年3月31日         2018年6月7日
     取締役会
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      1.発行済株式に関する事項
         株式の種類          当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 68,239,892               -           -       68,239,892

      2.自己株式に関する事項

         株式の種類          当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                  856,202          1,094,937             7,300         1,943,839

            (変動事由の概要)
            増加数の内訳は、次のとおりであります。
             取締役会の決議に基づく自己株式の取得                            1,094,200株
             単元未満株式の買取りによる増加                               737株
            減少数の内訳は、次のとおりであります。
             新株予約権の行使による減少                              7,300株
                                  79/121







                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      3.新株予約権に関する事項
                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                              年度末残高
                                当連結会計                 当連結会計
                                       増加      減少
                          式の種類                             (百万円)
                                 年度期首                  年度末
     提出会社
            ストック・オプションとして
                            -      -      -      -      -       354
            の新株予約権
     (親会社)
              合計              -      -      -      -      -       354
      4.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                          配当金の総額         1株当たり
          決議         株式の種類                           基準日        効力発生日
                           (百万円)        配当額(円)
     2018年5月11日
                   普通株式           2,358          35   2018年3月31日         2018年6月7日
     取締役会
     2018年11月2日
                   普通株式           2,147          32   2018年9月30日         2018年12月4日
     取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額               1株当たり
         決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
     2019年5月10日
                普通株式         2,320    利益剰余金            35   2019年3月31日         2019年6月6日
     取締役会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
      現金及び預金勘定                              17,755   百万円              16,940   百万円
      預入期間が3か月を超える定期預金                              △3,559                  △708
      有価証券勘定のうち取得日から3か月以内に
                                    14,105                 8,999
      償還期限の到来する短期投資
      現金及び現金同等物                              28,302                 25,231
         (リース取引関係)

        重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                  80/121







                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
        (1) 金融商品に対する取組方針
          当社グループは、設備投資計画に照らして必要な資金を主に銀行借入や社債発行により調達しております。
         一時的な余資は安全性の高い金融商品で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達しておりま
         す。デリバティブは、将来の為替・金利の変動によるリスク回避を目的として行っており、投機目的には行わ
         ない方針です。
        (2) 金融商品の内容及びそのリスク
          営業債権である受取手形、売掛金及び電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。また、外貨
         建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されております。
          有価証券及び投資有価証券は、主に満期保有目的の債券及び業務上の関係を有する企業の株式であり、市場
         価格の変動リスクに晒されております。
          営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、そのほとんどが4ヶ月以内の支払期日であります。
         外貨建てのものについては、為替の変動リスクに晒されておりますが、同じ外貨建ての営業債権の残高の範囲
         内にあります。
          営業外債務である設備関係支払手形、営業外電子記録債務は、そのほとんどが6                                     ヶ月以内    の支払期日であり
         ます。
          借入金及び社債は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、償還日は最長で決算日後7
         年であります。このうち一部は、変動金利であるため金利の変動リスクに晒されております。
          デリバティブ取引は、外貨建ての営業債権債務に係る為替の変動リスクを回避する目的で為替予約取引を、
         借入金及び社債に係る支払金利の変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っております。なお、
         ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジの方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、前述
         の「会計方針に関する事項」の「重要なヘッジ会計の方法」をご参照ください。
        (3) 金融商品に係るリスク管理体制
         ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
           当社は、営業債権について営業部が主要な取引先の状況をモニタリングし、事業部及び営業所において取
          引先ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っ
          ております。連結子会社も当社と同様の管理を行っております。
           満期保有目的の債券は、資金運用規程に従って格付の高い債券のみを対象としているため、信用リスクは
          僅少であります。
           デリバティブについては、信用リスクを軽減するため格付の高い発行体に限定して取引を行っております。
         ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
           当社は、外貨建て営業債権債務について、通貨別月別に把握された為替の変動リスクに対し、必要に応じ
          て為替予約を利用してヘッジしております。
           有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握し、満期保有目的の債
          券以外のものについては、取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
           デリバティブ取引につきましては、運用規程に基づき担当部署が取締役会の承認を得て行っております。
          月次の取引実績は、取締役会に報告しております。
         ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
           当社グループは、各社が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持などにより流動
          性リスクを管理しております。
        (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
         まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
         とにより、当該価額が変動することがあります。
                                  81/121





                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      2.金融商品の時価等に関する事項
        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
       が極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2 参照)。
        前連結会計年度(2018年3月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
      (1)現金及び預金                           17,755           17,755             -

      (2)受取手形及び売掛金                           33,032           33,032             -

      (3)電子記録債権                            3,249           3,249             -

      (4)有価証券及び投資有価証券                           39,287           39,279             △7

       資産計                          93,325           93,318             △7

      (1)支払手形及び買掛金                           11,573           11,573             -

      (2)電子記録債務                            3,962           3,962             -

      (3)短期借入金                            3,800           3,800             -

      (4)1年内償還予定の社債                           10,000           10,000             -

      (5)未払法人税等                            3,379           3,379             -

      (6)営業外電子記録債務                             863           863            -

      (7)社債                           10,000           10,101             101

      (8)長期借入金                           26,200           26,219             19

       負債計                          69,779           69,900             121

        当連結会計年度(2019年3月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
      (1)現金及び預金                           16,940           16,940             -

      (2)受取手形及び売掛金                           33,389           33,389             -

      (3)電子記録債権                            3,711           3,711             -

      (4)有価証券及び投資有価証券                           30,553           30,550             △3

       資産計                          84,594           84,591             △3

      (1)支払手形及び買掛金                           11,330           11,330             -

      (2)電子記録債務                            4,401           4,401             -

      (3)短期借入金                            3,905           3,905             -

      (4)未払法人税等                            3,927           3,927             -

      (5)設備関係支払手形                            1,585           1,585             -

      (6)営業外電子記録債務                            8,266           8,266             -

      (7)社債                           20,000           20,032             32

      (8)長期借入金                           22,616           22,619              2

       負債計                          76,033           76,069             35

                                  82/121



                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      (注)1 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
          資 産
             (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、(3)電子記録債権
               これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
              価額によっております。
             (4)有価証券及び投資有価証券
               これらの時価について、株式等は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格又は取引金融機
              関等から提示された価格によっております。
          負 債

             (1)支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務、(3)短期借入金、(4)未払法人税等、(5)設備関係支払
             手形、(6)営業外電子記録債務
              これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
              価額によっております。
             (7)社債
              元利金の合計額を当該社債の発行期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値により
              算定しております。
             (8)長期借入金
               元利金の合計額を当該借入金の借入期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値によ
              り算定しております。なお、変動金利によるものは、金利が一定期間ごとに更改される条件となって
              いるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいと言えることから、当該帳簿価額によっております。                                           また、
              変動金利による長期借入金の一部は金利スワップの特例処理の対象とされており、当該金利スワップ
              と一体化して処理された元利金の合計額を、同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
              現在価値により算定しております。
          2 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
             区分
                            (2018年3月31日)                   (2019年3月31日)
      非上場株式                                2,579                   3,264
          これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)有
         価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
                                  83/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      3 金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
         前連結会計年度(2018年3月31日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (百万円)                            (百万円)
                                   (百万円)         (百万円)
      現金及び預金                       17,755           -         -         -
      受取手形及び売掛金                       33,032           -         -         -

                             3,249

      電子記録債権                                  -         -         -
      有価証券及び投資有価証券

       満期保有目的の債券

       (1)  コマーシャルペーパー

                             9,000           -         -         -
       (2)  譲渡性預金

                             5,000           -         -         -
       (3)  その他                     106         424          -         -
             合計                68,144           424          -         -

         当連結会計年度(2019年3月31日)

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (百万円)                            (百万円)
                                   (百万円)         (百万円)
      現金及び預金                       16,940           -         -         -
      受取手形及び売掛金                       33,389           -         -         -

                             3,711

      電子記録債権                                  -         -         -
      有価証券及び投資有価証券

       満期保有目的の債券

       (1)  コマーシャルペーパー

                             5,000           -         -         -
       (2)  譲渡性預金

                             4,000           -         -         -
       (3)  その他
                             1,276           -         -         -
             合計                64,317           -         -         -

                                  84/121








                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      4 社債及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額
         前連結会計年度(2018年3月31日)
                             1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                  5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (百万円)                                  (百万円)
                           (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      社債                 10,000         -     10,000         -       -       -
      長期借入金                 3,800       3,800       3,800       3,800       1,800      13,000
           合計           13,800       3,800      13,800       3,800       1,800      13,000
         当連結会計年度(2019年3月31日)

                             1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                  5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (百万円)                                  (百万円)
                           (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      社債                   -     10,000         -       -       -     10,000
      長期借入金                 3,885       3,869       3,843       1,823      13,023         57
           合計            3,855      13,869       3,843       1,823      13,023       10,057
         (有価証券関係)

      1.満期保有目的の債券
         前連結会計年度(2018年3月31日)
                        連結貸借対照表計上額            連結決算日における時価                 差額
             区分
                          (百万円)             (百万円)             (百万円)
     時価が連結貸借対照表計上額を超
                                 -             -             -
     えるもの
     時価が連結貸借対照表計上額を超
                               14,534             14,526              △7
     えないもの
             合計                   14,534             14,526              △7
         当連結会計年度(2019年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額            連結決算日における時価                 差額
             区分
                          (百万円)             (百万円)             (百万円)
     時価が連結貸借対照表計上額を超
                                 -             -             -
     えるもの
     時価が連結貸借対照表計上額を超
                               10,276             10,272              △3
     えないもの
             合計                   10,276             10,272              △3
                                  85/121







                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      2.その他有価証券
         前連結会計年度(2018年3月31日)
                        連結貸借対照表計上額                取得原価              差額
             区分
                          (百万円)             (百万円)             (百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えるもの
      株式                         24,326             4,800            19,525
      その他                           20             8            12

             小計                   24,346             4,808            19,537

     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えないもの
      株式                           406             460            △53
      その他                           -             -             -

             小計                    406             460            △53

             合計                   24,753             5,269            19,483

     (注)    非上場株式(連結貸借対照表計上額 73百万円)については市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
       と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
         当連結会計年度(2019年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額                取得原価              差額
             区分
                          (百万円)             (百万円)             (百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えるもの
      株式                         19,683             4,620            15,062
      その他                           18             8            10

             小計                   19,702             4,629            15,073

     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えないもの
      株式                           575             704            △128
      その他                           -             -             -

             小計                    575             704            △128

             合計                   20,277             5,333            14,944

     (注)    非上場株式(連結貸借対照表計上額 74百万円)については市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
       と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                  86/121







                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      3.売却したその他有価証券
         前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
      株式                         0              -               0
      その他                        50              -              -
          合計                    50              -               0

         当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

          該当事項はありません。
         (デリバティブ取引関係)

       1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
        通貨関連
         前連結会計年度(2018年3月31日)
                                     契約額のうち
                              契約額等                 時価       評価損益
       区分          取引の種類                     1年超
                              (百万円)                (百万円)        (百万円)
                                      (百万円)
                通貨スワップ取引
                                  598        471       △116       △116
             日本円受取・タイバーツ支払
      市場取引
      以外の取引
                通貨スワップ取引
                                  178        158        △5       △5
            USドル受取・インドルピー支払
                合計                   776        630       △122       △122
         (注)時価の算定方法
            取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
         当連結会計年度(2019年3月31日)

                                     契約額のうち
                              契約額等                 時価       評価損益
       区分          取引の種類                     1年超
                              (百万円)                (百万円)        (百万円)
                                      (百万円)
                通貨スワップ取引
                                  471        344       △101       △101
             日本円受取・タイバーツ支払
      市場取引
      以外の取引
                通貨スワップ取引
                                  165        145         7       7
            USドル受取・インドルピー支払
                合計                   637        489        △93       △93
         (注)時価の算定方法
            取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                  87/121






                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
        金利関連
         前連結会計年度(2018年3月31日)
                                           契約額のうち
                           主なヘッジ        契約額等                  時価
      ヘッジ会計の方法            取引の   種類                        1年超
                            対象      (百万円)                 (百万円)
                                            (百万円)
      金利スワップの          金利スワップ取引
                          長期借入金            1,000          750    (注)
        特例処理        変動受取・固定支払
         (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されて
           いるため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
         当連結会計年度(2019年3月31日)

                                           契約額のうち
                           主なヘッジ        契約額等                  時価
      ヘッジ会計の方法            取引の   種類                        1年超
                            対象      (百万円)                 (百万円)
                                            (百万円)
      金利スワップの          金利スワップ取引
                          長期借入金             750         500    (注)
        特例処理        変動受取・固定支払
         (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されて
           いるため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                  88/121














                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を設けております。ま
      た、当社及び一部の連結子会社は確定拠出型の制度として、確定拠出年金制度を設けております。
       なお、一部の連結子会社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債
      及び退職給付費用を計算しております。
     2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                               16,258百万円              15,360百万円
          勤務費用                              1,233              1,201
          利息費用                                28              21
          数理計算上の差異の発生額                                24              322
          退職給付の支払額                              △668              △841
          確定拠出年金制度への移行に伴う減少額                             △1,508                 -
          過去勤務費用の発生額                                13              -
          その他                               △22               △1
         退職給付債務の期末残高                               15,360              16,062
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
         年金資産の期首残高                               9,888百万円              10,246百万円
          期待運用収益                               249              256
          数理計算上の差異の発生額                              △153              △331
          事業主からの拠出額                               681              702
          退職給付の支払額                              △419              △509
         年金資産の期末残高                               10,246              10,363
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る

         資産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                               12,755百万円              13,444百万円
         年金資産                              △10,246              △10,363
                                        2,509              3,081
         非積立型制度の退職給付債務                               2,604              2,617
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               5,113              5,699
         退職給付に係る負債                               5,113              5,699
         退職給付に係る資産                                 -              -
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               5,113              5,699
         (注)簡便法を適用した制度を含みます。
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
         勤務費用                               1,233百万円              1,201百万円
         利息費用                                 28              21
         期待運用収益                               △249              △256
         過去勤務費用の費用処理額                                 13              -
         数理計算上の差異の費用処理額                                377              325
         確定給付制度に係る退職給付費用                               1,404              1,292
         (注)前連結会計年度については、上記の他に、退職一時金制度の一部について確定拠出年金制度へ移行したこ
         とに伴い、特別利益として189百万円を計上しております。
                                  89/121



                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
       (5)退職給付に係る調整額
         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
         数理計算上の差異                                298  百万円             328百万円
           合 計                              298              328
       (6)退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
         未認識数理計算上の差異                                868百万円             1,197百万円
           合 計                              868             1,197
       (7)年金資産に関する事項

        ①年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           債券                              26.9%              28.5%
           株式                              12.4               1.1
           一般勘定                              48.3              50.2
           その他                              12.5              20.1
             合 計                           100.0              100.0
        ②長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成す
         る多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  ( 2018年3月31日       )      ( 2019年3月31日       )
          割引率                           △0.1%~0.4%              △0.2%~0.1%
          長期期待運用収益率                               2.5%              2.5%
          予想昇給率                            1.1%~1.7%              1.0%~   1.7  %
     3.確定拠出制度

       当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度は223百万円、当連結会計年度は286百万円で
      あります。
                                  90/121









                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
     1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                    (単位:百万円)
                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自 2017年4月1日                    (自 2018年4月1日
                          至 2018年3月31日)                    至 2019年3月31日)
     販売費及び一般管理費                                  50                    45
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      (1)  ストック・オプションの内容
                        2011年新株予約権             2012年新株予約権             2013年新株予約権
                      当社取締役  7名             当社取締役  7名             当社取締役  7名
     付与対象者の区分及び人数
                      当社執行役員 10名             当社執行役員 13名             当社執行役員 14名
     株式の種類別のストック・オプ
                      普通株式 82,600株             普通株式 68,600株             普通株式 50,200株
     ションの数(注)
     付与日                 2011年7月19日             2012年7月30日             2013年7月22日
                      権利確定条件は付されて             権利確定条件は付されて             権利確定条件は付されて

     権利確定条件
                      いません。             いません。             いません。
                      対象勤務期間の定めはあ             対象勤務期間の定めはあ             対象勤務期間の定めはあ

     対象勤務期間
                      りません。             りません。             りません。
                      自  2011年7月20日            自  2012年7月31日            自  2013年7月23日
     権利行使期間
                      至  2046年7月19日            至  2047年7月30日            至  2048年7月22日
                        2014年新株予約権             2015年新株予約権             2016年新株予約権

                      当社取締役  7名             当社取締役  7名             当社取締役  7名
     付与対象者の区分及び人数
                      当社執行役員 13名             当社執行役員 14名             当社執行役員 6名
     株式の種類別のストック・オプ
                      普通株式 42,900株             普通株式 37,000株             普通株式 31,900株
     ションの数(注)
     付与日                 2014年7月22日             2015年7月27日             2016年7月21日
                      権利確定条件は付されて             権利確定条件は付されて             権利確定条件は付されて

     権利確定条件
                      いません。             いません。             いません。
                      対象勤務期間の定めはあ             対象勤務期間の定めはあ             対象勤務期間の定めはあ

     対象勤務期間
                      りません。             りません。             りません。
                      自  2014年7月23日            自  2015年7月28日            自  2016年7月22日
     権利行使期間
                      至  2049年7月22日            至  2050年7月27日            至  2051年7月21日
                        2017年新株予約権             2018年新株予約権

                      当社取締役  7名             当社取締役  7名
     付与対象者の区分及び人数
                      当社執行役員 6名             当社執行役員 5名
     株式の種類別のストック・オプ
                      普通株式 22,800株             普通株式 18,100株
     ションの数(注)
     付与日                 2017年7月21日             2018年7月20日
                      権利確定条件は付されて             権利確定条件は付されて

     権利確定条件
                      いません。             いません。
                      対象勤務期間の定めはあ             対象勤務期間の定めはあ

     対象勤務期間
                      りません。             りません。
                      自  2017年7月22日            自  2018年7月21日
     権利行使期間
                      至  2052年7月21日            至  2053年7月20日
         (注)株式数に換算して記載しております。
                                  91/121



                                                           EDINET提出書類
                                                ニッコンホールディングス株式会社(E04191)
                                                            有価証券報告書
      (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
        当連結会計年度(2019年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
       数については、株式数に換算して記載しております。
       ①ストック・オプションの数

                     2011年新株予約権          2012年新株予約権          2013年新株予約権          2014年新株予約権
     権利確定前                      (株)
                           -                              -
      前連結会計年度末                              -          -
                                                         -
      付与                    -          -          -
                                                         -
      失効                    -          -          -
                                                         -
      権利確定                    -          -          -
                                                         -
      未確定残                    -          -          -
     権利確定後                      (株)
                                                       28,800
      前連結会計年度末                  49,000          46,000          32,900
                                                         -
      権利確定                    -          -          -
                                                       1,400
      権利行使                    -          -         1,600
                                                         -
      失効                    -          -          -
                                                       27,400
      未行使残                  49,000          46,000          31,300
                     2015年新株予約権          2016年新株予約権          2017年新株予約権          2018年新株予約権

     権利確定前                      (株)
                                                         -
      前連結会計年度末                    -          -          -
                                                       18,100
      付与                    -          -