バンドー化学株式会社 有価証券報告書 第96期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

有価証券報告書-第96期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:バンドー化学株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年6月27日
                          第96期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      【事業年度】
      【会社名】                    バンドー化学株式会社
                          Bando   Chemical     Industries,      Ltd.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 吉井 満隆
      【本店の所在の場所】                    神戸市中央区港島南町4丁目6番6号
                          (078)304-2516
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    財務部長 林 一志
      【最寄りの連絡場所】                    神戸市中央区港島南町4丁目6番6号
                          (078)304-2516
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    財務部長 林 一志
      【縦覧に供する場所】                    バンドー化学株式会社 東京支店
                          (東京都中央区京橋2丁目13番10号(京橋MIDビル内))
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/154












                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                               国際財務報告基準
              回次
                          移行日       第95期       第96期
                          2017年

             決算年月                    2018年3月       2019年3月
                          4月1日
                   (百万円)           -     90,798       94,318
     売上収益
                   (百万円)           -      6,899       7,166

     税引前当期利益
     親会社の所有者に帰属する
                   (百万円)           -      5,100       5,457
     当期利益
     親会社の所有者に帰属する
                   (百万円)           -      5,755       4,200
     当期包括利益
     親会社の所有者に帰属する
                   (百万円)         60,574       64,974       67,871
     持分
                   (百万円)        100,541       103,246       102,557
     総資産
     1株当たり親会社所有者帰
                    (円)       1,321.80       1,419.30       1,480.05
     属持分
                    (円)          -     111.39       119.09
     基本的1株当たり当期利益
     希薄化後1株当たり当期利
                    (円)          -       -       -
     益
                    (%)         60.2       62.9       66.2
     親会社所有者帰属持分比率
     親会社所有者帰属持分当期
                    (%)          -       8.1       8.2
     利益率
                    (倍)          -      10.94        8.91
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)           -      9,183       6,602
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)           -     △ 5,008      △ 4,575
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)           -     △ 4,588      △ 3,133
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         18,935       18,476       17,530
     残高
     従業員数                       4,043       4,128       4,083
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 708  ]     [ 721  ]     [ 753  ]
      (注)1.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         2.希薄化後1株当たり当期利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.1株当たり親会社所有者帰属持分、基本的1株当たり当期利益の算定上の基礎となる自己株式等には、従業
           員持株ESOP信託および役員報酬BIP信託が所有する当社株式を含めております。
         4.第96期より国際財務報告基準(以下、「IFRS」という。)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
                                   2/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                        日本基準
              回次
                          第92期       第93期       第94期       第95期       第96期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                   (百万円)         95,395       93,272       88,387       91,263       94,157

     売上高
                   (百万円)         5,730       6,363       6,571       6,598       7,556

     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)         3,758       4,386       4,951       4,795       4,645
     純利益
                   (百万円)         8,557       △ 262      5,955       6,074       3,463
     包括利益
                   (百万円)         56,776       55,204       58,741       63,394       65,497

     純資産
                   (百万円)         94,686       90,752       96,671       98,990       98,515

     総資産
                    (円)       1,196.68       1,168.48       1,276.46       1,379.15       1,421.66

     1株当たり純資産額
                    (円)        79.90       93.31       107.90       104.69       101.34

     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                    (%)         59.4       60.4       60.5       63.8       66.2
     自己資本比率
                    (%)         7.2       7.9       8.7       7.9       7.2

     自己資本利益率
                    (倍)        11.64       10.91        9.16       11.64       10.47

     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)         8,061       9,038       6,799       8,995       6,498
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 3,931      △ 4,184      △ 4,638      △ 4,802      △ 4,455
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 2,472      △ 3,049        422     △ 4,605      △ 3,149
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         15,697       16,435       18,935       18,476       17,530
     残高
                            3,930       3,920       4,043       4,128       4,083
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 797  ]     [ 765  ]     [ 708  ]     [ 721  ]     [ 753  ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益の算定上の基礎となる自己株式等には、従業員持株ESOP信
           託および    役員報酬BIP信託が所有する当社株式を含めております。
         4.2016    年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行いましたが、第92期の期首に当該株式併
           合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。
         5.第96期の日本基準による諸数値につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を
           受けておりません。
         6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計
           年度の期首から適用しており、第92期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適
           用した後の指標等となっております。
                                   3/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第92期       第93期       第94期       第95期       第96期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                   (百万円)         49,505       46,980       46,207       48,153       50,423

     売上高
                   (百万円)         2,385       4,297       2,795       4,051       5,137

     経常利益
                   (百万円)         1,318       3,829       2,317       3,110       3,562

     当期純利益
     資本金             (百万円)         10,951       10,951       10,951       10,951       10,951

                   (千株)        94,427       94,427       47,213       47,213       47,213

     発行済株式総数
                   (百万円)         33,719       35,769       36,443       38,554       39,965

     純資産
                   (百万円)         61,852       62,461       66,348       68,892       67,564

     総資産
                    (円)        716.61       762.37       794.34       841.21       870.21

     1株当たり純資産額
                            10.00       12.00       20.00       30.00       32.00

     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            ( 5.00  )     ( 6.00  )     ( 6.00  )    ( 15.00   )    ( 16.00   )
     額)
                    (円)        28.02       81.41       50.47       67.84       77.64
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                    (%)         54.5       57.3       54.9       56.0       59.2
     自己資本比率
                    (%)         4.0       11.0        6.4       8.3       9.1

     自己資本利益率
                    (倍)        33.19       12.51       19.58       17.97       13.67

     株価収益率
                    (%)         71.4       29.5       51.5       44.2       41.2

     配当性向
                            1,329       1,308       1,282       1,283       1,283

     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 531  ]     [ 487  ]     [ 447  ]     [ 438  ]     [ 450  ]
                    (%)        112.0       125.2       124.8       155.5       140.7

     株主総利回り
     (比較指標:配当込み東証
     業種別株価指数(ゴム製              (%)        ( 137.7   )    ( 122.4   )    ( 138.4   )    ( 146.7   )    ( 133.8   )
     品))
                    (円)         479       558       569      1,424       1,396
     最高株価
                                          (1,088)
                    (円)         360       390       443       942       966

     最低株価
                                           (925)
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益の算定上の基礎となる自己株式等には、従業員持株ESOP信
           託および    役員報酬BIP信託が所有する当社株式を含めております。
         4.2016年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行いましたが、第92期の期首に当該株式併
           合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。
         5.第94期の1株当たり配当額20円は、1株当たり中間配当額6円と1株当たり期末配当額14円の合計となって
           おります。2016年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っているため、1株当たり中
           間配当額6円は株式併合前、1株当たり期末配当額14円は株式併合後の金額となっております。
         6.  2016年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行ったため、第94期の株価については株式
           併合前の最高株価および最低株価を記載し、( )内に株式併合後の最高株価および最低株価を記載してお
           ります。
         7.最高株価および最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                   4/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         8.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当事業年度
           の期首から適用しており、第92期以降に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用し
           た後の指標等となっております。
                                   5/154




















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       年月                            概要
      1937年1月       阪東調帯護謨株式会社を設立
             (経緯)
             当社の前身は故榎並充造が1906年4月、現在の神戸市兵庫区明和通3丁目2番15号の地に、故阪東
             直三郎の考案による特許により阪東式木綿調帯を製造するために設立した、阪東式調帯合資会社で
             あります。その後1913年10月にゴムベルト、1921年5月にコンベヤベルトの製造を開始。1931年6
             月に阪東調帯護謨合資会社に商号変更し、籾摺ロールの製造を、1932年4月にはわが国最初のVベ
             ルトの製造を開始。1937年1月に、株式会社に改組し、阪東調帯護謨株式会社として、業務を継
             承。
      1941年11月       有限会社南海調帯製造所を吸収合併し、南海工場(大阪府泉南市)設置
      1961年8月       阪東調帯ゴム株式会社に商号変更
      1962年1月       大阪証券取引所市場第二部に上場
      1968年2月       大阪証券取引所市場第一部に上場
      1968年3月       兵庫県加古川市にベルトおよび工業用品の製造を目的として加古川工場新設
      1968年10月       株式会社バンドー東販(現社名                バンドー・I・C・S株式会社             )を設立
      1969年2月       九州バンドー株式会社          (現社名      バンドー・I・C・S株式会社             ) を設立
      1970年4月       大阪バンドーベルト販売株式会社               (現社名      バンドー・I・C・S株式会社             ) を設立
      1970年6月       バンドー化学株式会社に商号変更
      1970年10月       東京証券取引所市場第一部に上場
      1971年4月       株式会社近畿バンドー          (現社名      バンドー・I・C・S株式会社             ) を設立
      1973年9月       バンドー興産株式会社を設立
      1973年10月       栃木県足利市にバンコラン製品の製造を目的として足利工場新設
      1976年4月       バンドー・ショルツ株式会社を設立
      1978年6月       ドイツにBando       Chemical     Industries(Europe)GmbH(現社名 Bando                     Europe    GmbH)を設立
      1980年7月       シンガポールにBando          Chemical     Industries      (Singapore)      Pte.   Ltd.(現社名 Bando          (Singapore)
             Pte.Ltd.)を設立
      1984年9月       バンドートレーディング株式会社を設立
      1987年3月       インドネシアにPT.         Bando   Indonesiaを設立
      1987年4月       タイにSiamese-Bando          Rubber    Industry     Ltd.(現社名 Bando          Manufacturing       (Thailand)      Ltd.)を
             設立
      1987年5月       ビー・エル・オートテック株式会社を設立
      1987年7月       スペインにBando        Iberica    S.A.を設立
      1988年4月       バンドーエラストマー株式会社を設立
      1988年7月       韓国にDongil       Bando   Co.,   Ltd.(現社名 Bando          Korea   Co.,   Ltd.)を設立
      1988年8月       韓国にBando      Jungkong     Ltd.を設立
      1988年10月       北海道バンドー株式会社           (現社名      バンドー・I・C・S株式会社             ) を設立
      1990年3月       中国バンドー株式会社          (現社名      バンドー・I・C・S株式会社             ) を設立
      1990年9月       和歌山県那賀郡(現住所 和歌山県紀の川市)に伝動ベルトの製造を目的として和歌山工場および
             伝動技術研究所を新設
      1990年11月       アメリカにBando        (U.S.A.),     Inc.(現社名        Bando   USA,   Inc.  )を設立
      1995年3月       香港にBando      Sakata    Ltd.(現社名        Bando   Siix   Limited    )を設立
      1998年9月       中国にBando      Chemical     Industries(Tianjin)Co.,             Ltd.(現社名 Bando          Belt(Tianjin)Co.,
             Ltd.)を設立
      2001年6月       執行役員制度を導入
                                   6/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       年月                            概要
      2002年5月       中国にBando      (Shanghai)      International       Trading    Co.,   Ltd(現社名 Bando          (Shanghai)
             Management      Co.,Ltd.)を設立
      2002年10月       株式会社バンドー東販が、当社子会社であるバンドー神奈川販売株式会社と当社関連会社である東
             北バンドー販売株式会社を株式交換により統合し、東日本バンドー株式会社と社名変更
      2003年1月       トルコにBando       Kockaya    Belt   Manufacturing       (Turkey),     Inc.(現社名 Bando          Belt   Manufacturing
             (Turkey),     Inc.)を設立
      2003年7月       Bando   (U.S.A.),     Inc.が、同社子会社であるBando               Manufacturing       Of  America,     Inc.とBando
             American     Inc.を吸収合併し、Bando            USA,   Inc.に社名変更
      2003年12月       インドに    Bando   (India)    Private    Limited    を設立
      2005年6月       中国にBando      Manufacturing       (Dongguan)      Co.,Ltd.を設立
      2005年9月       韓国の関連会社Dongil           Bando   Co.,   Ltd.を100%出資の当社子会社とし社名もBando
             Korea   Co.,   Ltd.に変更
      2006年8月       当社の生産体制の再編成に伴う資産の有効活用や当社を含めた関係会社間の連携強化、効率化を目
             的として、神戸工場の西工場跡地に、バンドーグループファクトリー神戸を新設
      2007年1月       福井ベルト工業株式会社を当社100%出資の子会社化
      2007年10月       兵庫県神戸市/ポートアイランドに本社事業所を新設し、本社事務所、R&Dセンター、生産技術
             センターを移転
      2008年4月       当社子会社である大阪バンドーベルト販売株式会社、株式会社近畿バンドーおよび中国バンドー株
             式会社は、株式会社近畿バンドーを存続会社として合併し、西日本バンドー株式会社と商号変更
      2009年10月       トルコの子会社Bando          Kockaya    Belt   Manufacturing       (Turkey),     Inc.を100%子会社とし、社名も
             Bando   Belt   Manufacturing       (Turkey),     Inc.に変更
      2010年2月       神戸工場を足利工場へ統合
      2010年4月       本店所在地登記を兵庫県神戸市中央区の本社事業所へ変更
      2011年3月       大阪支店を本社事業所へ統合
      2012年1月       国内無担保普通社債(3,000百万円)を発行
      2012年2月       ベトナムにBando         Manufacturing       (Vietnam)     Co.,   Ltd.を設立
             中国の子会社Bando          Manufacturing       (Shanghai)      Co.,   Ltd.  (現社名 Bando        (Shanghai)
             Management       Co.,Ltd.)      にバンドー中国技術中心を開設
      2012年9月       中国の子会社Bando         Manufacturing       (Shanghai)      Co.,Ltd.を管理性公司に改組し、社名をBando
             (Shanghai)      Management      Co.,Ltd.に変更
      2013年3月       タイの子会社Bando         Manufacturing       (Thailand)      Ltd.の内に、アジア技術センターを開設
      2013年4月       東日本バンドー株式会社を存続会社として、北海道バンドー株式会社を吸収合併
             西日本バンドー株式会社を存続会社として、九州バンドー株式会社を吸収合併
      2014年4月       ビー・エル・オートテック株式会社を存続会社として、バンドー精機株式会社を吸収合併
      2014年7月       中国にBando       (Shanghai)      Industry     Equipment     Element    Co.,   Ltdを設立
      2014年11月
             Bando   Jungkong     Ltd.を当社子会社であるBando              Korea   Co.,   Ltd.100%出資の子会社化(当社の
             孫会社)
      2015年10月
             メキシコにBando        Belting    de  Mexico,    S.A.   de  C.V.を設立
      2016年11月
             西日本バンドー株式会社を100%子会社化
      2017年1月
             国内無担保普通社債(総額6,000百万円)を発行
      2017年4月
             当社完全子会社である西日本バンドー株式会社と東日本バンドー株式会社は、西日本バンドー株式会
             社を存続会社として合併し、バンドー・I・C・S株式会社と商号変更
      2017年7月
             タイにBando      Asia   & Pacific    Co.,   Ltd.を設立
                                   7/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
         当社グループは、当社、子会社23社および持分法適用会社10社で構成され、自動車部品事業、産業資材事業、高
        機能エラストマー製品事業の製造・販売および加工を主な内容とし、さらにロボット関連デバイス事業、不動産業
        等のその他の事業を展開しております。
         当社グループの事業に係わる位置づけおよびセグメントとの関連は、概ね次のとおりであります。
           事業区分                           主要な会社

                     <国内>

                     当社、福井ベルト工業株式会社、バンドー・I・C・S株式会社、バンドートレーディ
                     ング株式会社、バンドーエラストマー株式会社、ビー・エル・オートテック株式会
                     社、東日本ベルト販売株式会社、バン工業用品株式会社、北陸バンドー株式会社、
                     バンドー・ショルツ株式会社、他1社
                     <海外>
                     Bando   USA,   Inc.,、Bando       Belting    de  Mexico,    S.A.   de  C.v.,、Bando       Jungkong
     自動車部品事業
                     Ltd.,、Bando       Korea   Co.,、Bando      Belt(Tianjin)Co.,Ltd.,、Bando               (Shnghai)
     産業資材事業
                     Management      Co.,Ltd.,、Bando         (Shanghai)      Industry     Equipment     Element    Co.,
                     Ltd.、Bando      Manufacturing       (Dongguan)      Co.,Ltd.、Bando        Manufacturing
                     (Thailand)      Ltd.、Bando      Asia   & Pacific    Co.,   Ltd.、Bando      Manufacturing
                     (Vietnam)     Co.,   Ltd.、Bando      (Singapore)      Pte.   Ltd.、Bando      (India)    Private
                     Limited、Bando        Belt   Manufacturing       (Turkey),     Inc.、Bando      Europe    GmbH、Bando
                     Iberica    S.A.、Sanwu      Bando   Inc.、Kee     Fatt   Industries      Sdn.   Bhd.、PT.     Bando
                     Indonesia、他2社
                     <国内>

                     当社、福井ベルト工業株式会社、バンドー・I・C・S株式会社、バンドーエラスト
                     マー株式会社
                     <海外>
                     Bando   USA,   Inc.,、Bando       (Shnghai)Management          Co.,Ltd.,、Bando         Manufacturing
     高機能エラストマー製品事業
                     (Dongguan)      Co.,Ltd.、Bando        Siix   Limited、Bando        Manufacturing       (Thailand)
                     Ltd.、Bando      Manufacturing       (Vietnam)     Co.,   Ltd.、Bando      (Singapore)      Pte.
                     Ltd.、Bando      (India)    Private    Limited、Bando        Belt   Manufacturing       (Turkey),
                     Inc.、    Bando   Europe    GmbH、Bando      Iberica    S.A.
                     <国内>

     その他
                     当社、バンドートレーディング株式会社、ビー・エル・オートテック株式会社、バ
                     ンドー興産株式会社
                                   8/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                   9/154





















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                                関係内容
                                   議決権の

                                       役員の派遣状況
                             主要な
                                   所有割合
        名称        住所      資本金
                             事業内容
                                                         設備の
                                   (%)
                                               貸付金    営業上の取引
                                        当社    当社              賃貸借
                                        役員   従業員
                                        (人)   (人)
                            伝動ベルト製
                                                  同社製品の仕
     福井ベルト工業
              福井県福井市         10百万円    品などの製        100.00     -    3   なし         なし
     株式会社                                             入
                            造、販売
                            伝動ベルト製
                            品・運搬ベル
     バンドー・I・C・S
                            ト、ポリウレ                      当社製品の販      事務所等
     株式会社         大阪市淀川区         90百万円            100.00     1    6   なし
                            タン機能部品                      売      一部貸与
     (注)3,12
                            などの加工、
                            販売
                                                  当社材料の販
                            ベルトおよび
     バンドートレー                                             売、同社輸入      事務所等
              神戸市兵庫区         15百万円    関連製品の輸        100.00     -    3   なし
     ディング株式会社                                             品の購入、輸      貸与
                            出入
                                                  出業務委託
                            装飾表示用フ
     バンドーエラスト                                             当社製品の販      事務所等
              神戸市兵庫区         30百万円    イルムなどの        100.00     -    4   なし
     マー株式会社                                             売      貸与
                            加工、販売
                            ロボット関連
                                                  同社製品の仕
     ビー・エル・オー                      デバイスおよ                             事務所等
              神戸市兵庫区         50百万円            100.00     1    4   なし   入、当社材料
     トテック株式会社                      びプーリの製                             貸与
                                                  の販売
                            造、販売
                            不動産業、保
                                                  当社の営繕工
     バンドー興産                      険代理業、太                             事務所等
              神戸市兵庫区         88百万円            100.00     1    2   なし   事・不動産管
     株式会社                      陽光発電事業                             貸与
                                                  理等委託
                            など
                            伝動ベルト製                      当社製品の販
     Bando   USA,  Inc.
              米国         40,500千
                            品などの製        100.00     -    6   あり   売・技術供与      なし
              イリノイ          米ドル
     (注)3
                            造、販売                      等
     Bando   Belting   de
              メキシコ                      100.00
                         240千   伝動ベルト製
     Mexico,   S.A.  de
              メキシコシ                     (100.00)     -    1   なし   なし      なし
                        米ドル    品などの販売
              ティー
                                   (注)4
     C.V.
                                    100.00
     Bando   Jungkong
              韓国          370百万    プーリの製                      同社製品の仕
                                   (100.00)     -    2   なし         なし
              京畿道         韓国ウォン     造、販売                      入
     Ltd.
                                   (注)5
                            伝動ベルト製                      当社製品の販
     Bando   Korea   Co.,
              韓国         2,400百万
                            品などの製                   なし   売・技術供与      なし
                                    100.00     -    4
              慶尚南道         韓国ウォン
     Ltd.
                            造、販売                      等
                            中国における
                            製品販売およ
                            び営業統括、
                            グループ各社
     Bando
                            の人事労務、
     (Shanghai)
              中国          4,000千                          当社製品の販
                            財務経理、情        100.00     -    6   あり         なし
     Management         上海          米ドル                          売
                            報システム、
     Co.,  Ltd.
                            物流管理など
                            に関する管理
                            業務の統括・
                            支援
                                  10/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                                関係内容

                                   議決権の

                                       役員の派遣状況
                             主要な
                                   所有割合
        名称        住所      資本金
                             事業内容
                                                         設備の
                                   (%)
                                               貸付金    営業上の取引
                                        当社    当社              賃貸借
                                        役員   従業員
                                        (人)   (人)
     Bando   Belt
                            伝動ベルト製                      当社製品の販
     (Tianjin)         中国         13,310千
                            品などの製        100.00     -    6   なし   売・技術供与      なし
              天津          米ドル
     Co.,  Ltd.
                            造、販売                      等
     (注)3
     Bando
     (Shanghai)
                            搬送用ベルト
                        4,000千            100.00
     Industry
              中国              のエンドレス                      当社製品の販
                        人民元           (100.00)     -    4   なし         なし
     Equipment         上海              加工や付帯加                      売・技術供与
                                   (注)6
                            工
     Element
     Co.,  Ltd.
     Bando
                            伝動ベルト製
     Manufacturing
              中国          4,920千                          当社製品の販
                            品などの製        100.00     -    4   なし         なし
     (Dongguan)
              東莞          米ドル                          売・技術供与
                            造、販売
     Co.,  Ltd.
     Bando   Siix 
                        3,500千    ブレードなど                      当社製品の販
              香港                      70.00    -    2   なし         なし
                       香港ドル    の販売                      売・技術供与
     Limited
     Bando
                            伝動ベルト製                      当社製品の販
     Manufacturing
              ベトナム          2,000千
                            品などの製        100.00     -    5   なし   売・技術供与      なし
     (Vietnam)    Co.,
              ハノイ          米ドル
                            造、販売                      等
     Ltd.
                            アセアンおよ
                            びインドのグ
                                    100.00
     Bando   Asia  &
              タイ         11,000千    ループ会社に
                                    (0.01)     -    3   なし   なし      なし
     Pacific   Co.,  Ltd.   バンコク         タイバーツ     対する業務支
                                   (注)7
                            援と原材料調
                            達
     Bando
                            伝動ベルト製        100.00               当社製品の販
     Manufacturing
              タイ         177,000千
                            品の製造、販        (0.01)     -    7   なし   売・技術供与      なし
     (Thailand)     Ltd.    サムサコーン         タイバーツ
                            売       (注)8               等
     (注)13
                         500千
     Bando   (Singapore)
                            伝動ベルト製                      当社製品の販
              シンガポール        シンガポール              100.00     -    5   なし         なし
     Pte.  Ltd.                    品などの販売                      売
                         ドル
     Bando   (India)
                            伝動ベルト製        100.00               当社製品の販
              インド          883百万
     Private   Limited                   品などの製        (21.24)     -    6   なし   売・技術供与      なし
              ハリヤナ        インドルピー
                            造、販売                      等
                                   (注)9
     (注)3
     Bando   Belt
                       20,832   千  伝動ベルト製                      当社製品の販
              トルコ
     Manufacturing                 トルコリラ     品などの製        100.00     -    5   あり   売・技術供与      なし
              コジェエリ
                       (注)14    造、販売                      等
     (Turkey),    Inc.
                            伝動ベルト製
              ドイツ                                    当社製品の販
     Bando   Europe
                        1,022千    品、ポリウレ
              メンヒェング                      100.00     1    3   あり   売・技術供与      なし
                        ユーロ    タン機能部品
     GmbH
              ラッドバッハ                                    等
                            などの販売
                                    100.00
     Bando   Iberica,
              スペイン           300千   伝動ベルト製                      当社製品の販
                                               なし         なし
                                   (100.00)     -    2
              バルセロナ          ユーロ    品などの販売                      売
     S.A.
                                   (注)10
                                  11/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                                関係内容

                                   議決権の

                                       役員の派遣状況
                             主要な
                                   所有割合
        名称        住所      資本金
                             事業内容
                                                         設備の
                                   (%)
                                               貸付金    営業上の取引
                                        当社    当社              賃貸借
                                        役員   従業員
                                        (人)   (人)
     (持分法適用会社)

                            伝動ベルト製
                            品・運搬ベル
     東日本ベルト販売         福島県いわき                                    当社製品の販
                       24百万円    ト、ポリウレ        33.33    -    1   なし         なし
     株式会社         市                                    売
                            タン機能部品
                            などの販売
                            伝動ベルト製
                            品・運搬ベル
     バン工業用品                               32.90              当社製品の販
              東京都中央区         45百万円    ト、ポリウレ                   なし         なし
                                        -    1
                                                  売
     株式会社                             (注)11
                            タン機能部な
                            どの販売
                            伝動ベルト製
                            品・運搬ベル
     北陸バンドー                                             当社製品の販
              富山県富山市         30百万円    ト、ポリウレ                   なし         なし
                                    46.66    -    2
     株式会社                                             売
                            タン機能部品
                            などの販売
     バンドー・ショル         兵庫県加古川              運搬ベルトの                      同社製品の仕      工場用建
                       50百万円             50.00    -    4   なし
     ツ株式会社         市              製造、販売                      入      物等貸与
                            伝動ベルト製
                            品の販売、ポ                      当社製品の販
              台湾         56,000千
     Sanwu   Bando   Inc.
                            リウレタン機        50.00    1    3   なし   売・技術供与      なし
              台北         台湾ドル
                            能部品などの                      等
                            製造、販売
     Kee  Fatt
                        5,000千    伝動ベルト製                      当社製品の販
              マレーシア
                      マレーシア     品などの製                   なし   売・技術供与      なし
     Industries                               39.00    -    4
              ジョホール
                      リンギット     造、販売                      等
     Sdn.  Bhd.
                            伝動ベルト製
                                                  当社製品の販
     PT.Bando         インドネシア          5,000千    品・運搬ベル
                                    50.00    2    6   なし   売・技術供与      なし
     Indonesia         タンゲラン          米ドル    トなどの製
                                                  等
                            造、販売
     その他3社
      (注)1.      議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合を内数として表示しております。

         2.有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。
         3.特定子会社は、バンドー・I・C・S株式会社、Bando                           USA,   Inc.、Bando      Belt   (Tianjin)     Co.,   Ltd.および
           Bando   (India)    Private    Limited    であります。
         4.  Bando   Belting    de  Mexico,    S.A.   de  C.V.については、Bando           USA,   Incなどを通じて保有している比率を表
           示しております。
         5.  Bando   Jungkong     Ltd.については、Bando           Korea   Co.,   Ltd.を通じて保有している比率を表示しております。
         6.  Bando   (Shanghai)      Industry     Equipment     Element    Co.,   Ltd.については、Bando            (Shanghai)      Management
           Co.,   Ltd.を通じて保有している比率を表示しております。
         7.  Bando   Asia   & Pacific    Co.,   Ltd.については、Bando           (Singapore)      Pte.   Ltd.などを通じて保有している比
           率を含んで表示しております。
         8.  Bando   Manufacturing       (Thailand)      Ltd.については、Bando           (Singapore)      Pte.   Ltd.などを通じて保有してい
           る比率を含んで表示しております。
         9.  Bando   (India)    Private    Limitedについては、Bando             (Singapore)      Pte.   Ltd.などを通じて保有している比率
           を含んで表示しております。
         10.  Bando   Iberica,     S.A.については、Bando           Europe    GmbHを通じて保有している比率を表示しております。
                                  12/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         11.バン工業用品株式会社への議決権の所有割合は、当連結会計年度における同社の自己株式の取得により、
           32.90%となりました。
         12.バンドー・I・C・S株式会社については、売上収益(連結会社間の内部売上収益を除く。)の連結売上収益
           に占める割合が100分の10を超えております。
            主要な損益情報 (1)売上収益     26,076百万円
                    (2)税引前損失                              △150百万円
                    (3)当期損失                                 △109百万円
                    (4)資本合計                                4,749百万円
                    (5)総資産      15,595百万円
         13.Bando     Manufacturing       (Thailand)      Ltd.については、売上収益(連結会社間の内部売上収益を除く。)の連
           結売上収益に占める割合が100分の10を超えております。
            主要な損益情報 (1)売上収益     14,036百万円
                    (2)税引前利益                              1 , 384  百万円
                    (3)当期利益                               1  , 116  百万円
                    (4)資本合計                                9,137百万円
                    (5)総資産      11,975百万円
         14.  当社が、2018年5月10日に当社子会社であるBando                        Belt   Manufacturing       (Turkey),     Inc.に対し、5,040千
           トルコリラを増資した結果、同社の資本金は20,832千トルコリラとなりました。
                                  13/154















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                   2019年3月31日現在
                                           従業員数(人)

               セグメントの名称
                                                2,599      [ 380  ]
      自動車部品事業
                                                 729     [ 145  ]
      産業資材事業
                                                 363     [ 161  ]
      高機能エラストマー製品事業
                                                3,691      [ 686  ]
               報告セグメント計
                                                 102     [ 26 ]
      その他
      全社(共通)                                           290     [ 41 ]
                                                4,083      [ 753  ]

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、親会社の管理部門に所属しているものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

              1,283              42.6              15.9           6,818,666

                                                   2019年3月31日現在

                                           従業員数(人)

               セグメントの名称
                                                 341     [ 135  ]
      自動車部品事業
                                                 357     [ 113  ]
      産業資材事業
                                                 274     [ 161  ]
      高機能エラストマー製品事業
                                                 972     [ 409  ]
               報告セグメント計
                                                 21     [ 0 ]
      その他
      全社(共通)                                           290     [ 41 ]
                                                1,283      [ 450  ]

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
      (3)労働組合の状況

         当社の労働組合(バンドー化学労働組合)は、組合員1,102人(2019年3月31日現在)で組織され、その上部団
        体は日本ゴム産業労働組合連合であります。
         なお、連結会社における各社の労使関係について特記すべき事項はありません。
                                  14/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
         文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
        (1)会社の経営の基本方針

         当社グループは、「調和と誠実の精神をもって、社会のニーズに沿った新たな付加価値とより高い品質を日々創
        造、提供し、お客様をはじめとする社会の信頼に応え、社業の発展を期するとともに、バンドーグループの従業員
        たることに誇りを持ち、社会に貢献することを期する」ことを経営理念としております。
         この理念のもとに、当社グループは、ゴム・プラスチック製品メーカーのパイオニアとして、お客様のニーズに
        応えるべく、新技術や新製品を開発し、これらを社会に提供することにより、当社グループの企業価値を高め、お
        客様をはじめとして、株主、取引先、従業員および社会の期待に応えるとともに、企業倫理を遵守し、環境保全に
        配慮した事業経営をすすめることにより、企業としての社会的責任を全うしてまいりたいと考えております。
        (2)目標とする経営指標(2022年度)

         当社グループは、2018年度から2022年度までを中長期経営計画“Breakthroughs                                         for  the  future”(未来への躍
        進)の第2ステージ(BF-2)と位置づけ、次のとおり経営目標を設定し、全社一丸となって、この目標の達成を
        目指してまいります。
          売上収益(連結)……………120,000百万円

          コア営業利益(連結)………12,000百万円
          ROE(連結)         …………………12.0%
          新事業・新製品比率…             ………   30%以上(うち新事業10%以上)
          ※コア営業利益は、売上収益から売上原価、販売費及び一般管理費を控除して算出しております。
        (3)会社の対処すべき課題(BF-2の基本戦略)

         今後の見通しにつきましては、海外においては英国のEU離脱問題や米中貿易摩擦、中国およびアジア地域におけ
        る経済減速懸念など、不透明な状況が続くと予想されます。国内においては、各種経済政策のもと、緩やかな景気
        回復の持続が期待されるものの、世界経済の減速に伴う輸出の伸び悩みや消費税率の引き上げによる消費マインド
        の落ち込みなど、リスクを孕んだ状況で推移する見通しであります。
         このような情勢のもと、当社グループは、BF-2の2年目として、次の4つの指針のもと、経営目標の達成を目

        指してまいります。
         指針1.新事業の創出

            医療機器・ヘルスケア機器事業と電子資材事業を中心として新事業の創出に優先的に経営資源を配分し、
           事業ポートフォリオの転換を図ってまいります。
            具体的には、医療機器・ヘルスケア機器事業においては、伸縮性ひずみセンサ「C-STRETCH®(シースト
           レッチ)」の製品化・事業化に、電子資材事業においては、精密研磨材「TOPX®(トップエックス)」、光学
           用透明粘着剤シート「Free             Crystal®(フリークリスタル)」、高熱伝導放熱シート「HEATEX®(ヒートエク
           ス)」、低温焼成型金属ナノ粒子製品「FlowMetal®(フローメタル)」などの事業化に取り組んでまいりま
           す。当連結会計年度においては、ガラス基板ラップ工程で優れた研削性を有する精密研磨材「TOPX®」の量
           産販売を開始いたしました。
            加えて、当社は、2019年5月8日をもって、株式会社Aimedic                              MMTの全株式を取得いたしました。今後は
           同社が有する高いブランド力と販売力を活用することにより、当社グループの医療機器事業を成長させてま
           いります。また、引き続き、当社のコア技術であるゴム製品の配合・分散・加工技術やフイルムの加工技術
           を活かした新製品開発を進め、新事業の創出を目指してまいります。
                                  15/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         指針2.コア事業の拡大
            高付加価値製品を提供し、お客様の利便性向上を図ることにより、重点市場における市場地位トップを目
           指してまいります。
            具体的には、重点市場におけるリーディングカンパニーに対する販売拡大に注力し、高付加価値製品をて
           こにして市場開拓を進めてまいります。当連結会計年度においては、ベトナムにおけるスクーター用変速ベ
           ルトの需要拡大に対応するため、現地新工場を稼働させたほか、樹脂コンベヤベルト「サンライン®ベル
           ト」の新たなラインナップとして、非付着性に優れた「ミスターウルトラミラー™」や食品用高グリップベ
           ルト「ミスタースパイク™」の販売を開始いたしました。また、高負荷対応の歯付ベルト「Ceptor®-X(セプ
           ターテン)」による新規顧客開拓を実現するなど、新製品の販売拡大に注力いたしました。なお、独自に開
           発した平ベルト駆動システム「HFD®システム」は、一般社団法人省エネルギーセンターが主催する2018年度
           「省エネ大賞」(製品・ビジネスモデル部門)において、高い省エネルギー性を評価され、「省エネルギー
           センター会長賞」を受賞いたしました。
            今後も、高付加価値製品を連続して開発し、お客様の利便性の向上を図ることにより、重点市場における
           市場地位トップを目指してまいります。
         指針3.ものづくりの深化と進化

            コア事業をグローバルに成長させるとともに収益力を向上させるため、革新製法の開発やグローバル全体
           最適を目指した製造原価の低減など、ものづくりの技術と体制を進化させてまいります。
            具体的には、連結売上原価率70%以下の定着を図るため、自動車用ベルトや一般産業用伝動ベルトなどの
           主要製品について、革新製法の開発や自働化ラインの構築など既存製造ラインの原価低減を推進してまいり
           ます。また、需要地生産を基本とした世界最適生産体制の構築を推進してまいります。
         指針4.個人と組織の働き方改革

            働く環境と制度の整備、人材の育成と意識改革を通じて、自律的で創造的な働き方を推進してまいりま
           す。
            具体的には、2018年4月に新設した働き方改革部を通じて、全社における業務のスリム化や改善を図り、
           総労働時間の削減に取り組んでまいります。また、従業員の心身の健康こそがグループ発展の基盤となり、
           生産性の向上に寄与するという考えのもと、職場環境の改善や、従業員の健康増進に取り組んでまいりま
           す。当連結会計年度においては、これらの取組みが評価され、経済産業省と東京証券取引所から「健康経営
           銘柄」に3年連続で選定され、さらに経済産業省と日本健康会議からは「健康経営優良法人(大規模法人部
           門)」に認定されました。今後も、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入など業務の
           効率化と働き方改革を推進し、従業員一人ひとりが能力を最大限発揮できる組織を目指してまいります。
                                  16/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
         有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす
        可能性のある事項については、次のようなものがあります。
         なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものでありま
        す。
        (1)海外取引拡大に伴うリスク

          現在、相当程度の外貨建金銭債権について為替予約等のリスクヘッジを行っており、今後とも適切なリスク
         ヘッジ対策を実施してまいりますが、為替変動が業績に影響を与える可能性があります。
          また、当社グループは、海外の生産、販売体制の強化を進めておりますが、各地に係る経済状況等の変化は、
         当社グループの業績および財政状態に影響を与える可能性があります。
        (2)リコール発生に伴うリスク

          当社は、部品メーカーであり、自動車メーカー、OA機器メーカーおよび消費生活用製品メーカー等に当社の
         製品を納入しております。
          また、当社の子会社および持分法適用会社は、主としてこれら製品の製造、加工、販売を行っております。当
         社グループにおきましては、製品の品質を、現在の事業を維持、発展させるためのもっとも重要なものの1つで
         あると考え、各種の施策、対策を実施し、製品の品質確保に最大限の注力を行っております。しかしながら、こ
         れらの製品(部品)を組み込んだ自動車等の不具合の原因が当社グループの供給した製品にある場合、リコール
         等の処置がなされる場合が考えられます。
          このような事態が発生した場合、契約上も、法律上もリコール等の処置にかかわる費用を負担しなければなら
         ない場合が考えられます。この場合、業績に影響を与える可能性があります。
        (3)原材料の市況変動および調達に伴うリスク

          当社グループでは、随時市況価格および需給状況を注視しながら取引業者との納期交渉や価格交渉にあたって
         おりますが、原油価格の上昇により原材料価格が上昇する可能性があります。需給の安定化のために代替材料の
         検討を進め、原材料の上昇に対しては製品価格の是正や値上げおよび総原価の低減の取り組みを強化しておりま
         すが、需給の滞りや想定以上に材料、燃料等の値上げが続く場合、業績に影響を与える可能性があります。
        (4)地震等天災地変発生に伴うリスク

          東海地震あるいは東南海・南海地震の発生の可能性が指摘されております。また、台風や水害が発生する恐れ
         もあります。このような場合、当社の南海工場を含めた各事業所において、生産設備等への損害発生、それに伴
         う一時的な操業停止という事態が予見されます。国内の4工場が、それぞれ被災したことを想定し、BCP
         (Business      Continuity      Plan:事業継続計画)を策定いたしました。そのなかで、復旧計画の策定や海外生産拠
         点との相互補完による製品供給体制の確立など、その被害を最小限に止めるための体制の整備に取り組んでおり
         ますが、災害の規模によっては、業績に大きな影響を与える可能性があります。
        (5)保有資産の価値変動に伴うリスク

          当社グループは、         様々な有形固定資産や無形資産を保有しております。こうした資産は、時価の下落や、期
         待通りのキャッシュ・フローを生み出さない状況になるなど、その収益性の低下により投資額の回収が見込め
         なくなることにより減損処理が必要となる場合があり、減損処理した場合、                                   業績に大きな影響を与える可能性
         があります。
                                  17/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
         当社グループは、当連結会計年度よりIFRSを適用しており、前連結会計年度の数値もIFRSに組み替えて比較分析
        を行っております。
      (1)経営成績等の状況の概要

         当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況の概要は次のとお
        りであります。
       ①経営成績の状況

                          2018年3月期         2019年3月期           増減額         増減率

                          (百万円)         (百万円)         (百万円)          (%)
                              90,798         94,318          3,520          3.9

     売上収益
                              41,690         41,650          △40         △0.1
        自動車部品事業
                              31,918         34,814          2,896          9.1
        産業資材事業
                              15,160         15,237           77         0.5
        高機能エラストマー製品事業
                              2,733         3,880         1,147          42.0
        その他
                              △704        △1,264          △560           -
        調整額
     コア営業利益(セグメント利益)                         6,688         6,503         △185         △2.8
                              3,401         3,182         △219         △6.4

        自動車部品事業
                              1,928         1,959           31         1.6
        産業資材事業
                               552         799         247         44.7
        高機能エラストマー製品事業
                               348         530         182         52.3
        その他
                               458          31        △427           -
        調整額
                              7,156         6,815         △341         △4.8
     営業利益
                              5,100         5,457          356         7.0
     親会社の所有者に帰属する当期利益
      (注)コア営業利益は、売上収益から売上原価、販売費及び一般管理費を控除して算出しております。
        当連結会計年度における世界経済は、米国では民間部門主導の自律的な景気回復の動きが継続いたしました。日本

       においても底堅い内需に支えられ、緩やかな景気回復が持続いたしました。一方、欧州では海外景気の減速や政治を
       めぐる不確実性の高まりなどにより、中国では米中貿易摩擦の影響などにより、それぞれ景気は減速いたしました。
       また、アジア地域の景気も、中国経済の成長鈍化に伴って、輸出を中心に減速いたしました。
        当社グループの主要な市場である自動車分野におきましては、米国やタイをはじめとするアジア地域では、好調な
       内需に支えられ、自動車生産台数が前年度を上回る状況で推移いたしました。日本では、自動車生産台数が前年水準
       で推移いたしましたが、欧州および市場の減速感が強まる中国では、自動車生産台数が前年度を下回る状況で推移い
       たしました。
        このような状況のなか、当社グループは、中長期経営計画“Breakthroughs                                      for  the  future”(未来への躍進)の
       第2ステージの初年度として、新事業の創出、コア事業の拡大、ものづくりの深化と進化、個人と組織の働き方改革
       の4つの指針を掲げ、グローバルで「際立つ」サプライヤーを目指して活動してまいりました。新製品としては、高
       い非付着性を有し、小さなプーリ径にも対応したフッ素樹脂ベルト「ミスターウルトラミラー™」やベルト表面のグ
       リップ性能とスパイク形状の耐久性に優れた食品用高グリップベルト「ミスタースパイク™」の販売を開始いたしま
       した。また、独自開発した平ベルト駆動システム(当社製品名:HFD®システム)は、一般社団法人省エネルギーセン
       ター主催の省エネ大賞「製品・ビジネスモデル部門」において、高い省エネルギー性が評価され、「省エネルギーセ
       ンター会長賞」を受賞しました。さらに、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業と
       して、経済産業省と東京証券取引所から「健康経営銘柄」に3年連続で選定され、経済産業省と日本健康会議が共同
       で進める「健康経営優良法人(大規模法人部門)」にも認定されました。
                                  18/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        これらの結果、当連結会計年度は、売上収益は                         94,318百万円(前年同期比3.9%増)、コア営業利益は6,503百万円

       (前年同期比2.8%減)、営業利益は6,815百万円(前年同期比4.8%減)、親会社の所有者に帰属する当期利益は
       5,457百万円(前年同期比7.0%増)となりました。
        事業(セグメント)別の状況は、次のとおりであります。

       [自動車部品事業]

         国内においては、自動車生産台数が前年水準で推移し、補機駆動用伝動ベルト(リブエース®など)および補機
        駆動用伝動システム製品(オートテンショナ、バンドースムースカップラー®など)の販売は横ばいで推移いたし
        ました。
         海外においては、アジア地域において積極的な顧客開拓に注力したことにより、補機駆動用伝動システム製品お
        よびスクーター用変速ベルトなどの販売が増加いたしましたが、米国および中国において販売が減少いたしまし
        た。
         これらの結果、当セグメントの売上収益は                        41,650   百万円(前年同期比0.1%減)、セグメント利益は                       3,182   百万円

        (前年同期比6.4%減)           となりました。
       [産業資材事業]

         一般産業用伝動ベルトにつきましては、国内においては、機械受注に足踏みがみられたものの、産業機械用伝動
        ベルトの販売は増加いたしました。また、米国、中国およびアジア地域においては、販売強化により農業機械用伝
        動ベルトや産業機械用伝動ベルトの販売が増加いたしました。
         運搬ベルトにつきましては、国内において鉄鋼向けなどの販売が増加いたしました。
         これらの結果、当セグメントの売上収益                       は 34,814   百万円(前年同期比9.1%増)、セグメント利益は                       取引先への

        不具合対応により原価が増加した影響もあり、                      1,959   百万円(前年同期比1.6%増)となり                 ました。
       [高機能エラストマー製品事業]

         機能フイルム製品につきましては、建装材業界への販売強化により、建築資材用および工業資材用フイルムの販
        売が増加いたしましたが、医療関連製品および装飾表示製品の販売は減少いたしました。
         精密機能部品につきましては、OA機器メーカーの生産台数が横ばいで推移したものの、主要顧客向け高機能ロー
        ラおよびブレードの販売は増加いたしました。
         これらの結果、当セグメントの売上収益は15,237百万円(前年同期比0.5%増)、セグメント利益は高付加価値

        製品への転換が進んだことなどにより799百万円(前年同期比44.7%増)となりました。
       [その他事業]

         その他の事業といたしましては、ロボット関連デバイス事業などを行っているほか、電子資材事業の貢献もあ
        り、売上収益は       3,880   百万円(前年同期比42.0%増)、セグメント利益は                        530  百万円(前年同期比52.3%増)となり
        ました。
        上記の各セグメント別売上収益およびセグメント利益は、セグメント間取引消去前の金額で記載しております。

       ②財政状態の状況

        当連結会計年度末における総資産は、流動資産が66百万円増加した一方、非流動資産が756百万円減少した結果、
       前連結会計年度末に比べ689百万円減少し、102,557百万円となりました。
        負債は、流動負債が1,790百万円減少し、非流動負債が1,823百万円減少した結果、前連結会計年度末に比べ3,613
       百万円減少し、34,424百万円となりました。
        資本は、親会社の所有者に帰属する当期利益等の計上により利益剰余金が3,705百万円増加した一方、その他の資
       本の構成要素が926百万円減少した結果、前連結会計年度末に比べ2,923百万円増加し、68,132百万円となりました。
        以上の結果、親会社所有者帰属持分比率は、前連結会計年度末の62.9%から66.2%に上昇しました。
                                  19/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       ③キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ946百万円
       減少し、当連結会計年度末には17,530百万円となりました。各連結キャッシュ・フローの状況とその要因は次のとお
       りであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度において、営業活動による資金収支は6,602百万円の収入超過(前連結会計年度は9,183百万円の
        収入超過)となりました。これは主に、税引前当期利益7,166百万円によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度において、投資活動による資金収支は4,575百万円の支出超過(前連結会計年度は5,008百万円の
        支出超過)となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出3,986百万円および無形資産の取得による
        支出568百万円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度において、財務活動による資金収支は3,133百万円の支出超過(前連結会計年度は4,588百万円の
        支出超過)となりました。これは主に、長期借入金の返済による支出1,772百万円および親会社の所有者への配当
        金の支払額1,421百万円によるものであります。
                                  20/154















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       ④生産、受注および販売の実績
        a.生産実績
          当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                   生産高(百万円)                   前年同期比(%)
     自動車部品事業                             40,841                    99.2

     産業資材事業                             25,462                   101.7

     高機能エラストマー製品事業                             14,285                   106.6

          報告セグメント計                         80,589                   101.2

     その他                              2,182                   140.4

             合計                      82,772                   101.9

      (注)1.金額は、販売価格によっております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        b.受注実績

          当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称              受注高(百万円)         前年同期比(%)         受注残高(百万円)         前年同期比(%)
     自動車部品事業                       41,048          101.9         1,600          73.8

     産業資材事業                       34,222          98.7         5,870          92.4

     高機能エラストマー製品事業                       14,728          92.5         1,355          73.1

          報告セグメント計                   89,999          98.8         8,826          85.1

     その他                        2,748         122.7           99        80.8

             合計               92,748          99.6         8,925          85.0

      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        c.販売実績

          当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                   販売高(百万円)                   前年同期比(%)
     自動車部品事業                             41,615                   100.0

     産業資材事業                             34,702                   109.0

     高機能エラストマー製品事業                             15,227                   100.7

          報告セグメント計                         91,546                   103.4

     その他                              2,772                   123.8

             合計                      94,318                   103.9

      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.主な相手先別の販売実績で、総販売実績に対する割合が10%を超えるものはありません。
       なお、「生産実績」「受注実績」および「販売実績」は、セグメント間取引消去後の金額を記載しております。

                                  21/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①重要な会計方針および見積り

        当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第
       28号)第93条の規定によりIFRSに準拠して作成しております。この連結財務諸表の作成にあたって、必要と思われる
       見積りは、過去の実績および決算日において合理的であると考えられる様々な要因等を勘案した経営者の最善の判断
       に基づいております。
        なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等
       (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 3.                      重要な   会計方針 4.重要な会計上の見積りおよび見積りを伴う判
       断」に記載のとおりであります。
       ②当連結会計年度の経営成績等の状況

        当社グループの当連結会計年度の経営成績は、次のとおりであります。
        なお、      セグメントごとの経営成績の状況に関する認識および分析・検討内容については、「                                       (1)経営成績等の状
       況の概要 ①経営成績の状況             」に記載のとおりであります。
        a.売上収益
          売上収益は94,318百万円                 となり、前     連結会計年度に比べて3.9%増              となりました。これは産業資材事業で伸長
         したことなどによるものであります。
        b.コア営業利益
          コア営業利益は            6,503   百万円となり、前        連結会計年度に比べて2.8%減              となりました。これは売上原価が増加し
         たことなどによるものであります。
        c.営業利益
          営業利益は          6,815   百万円となり、前        連結会計年度に比べて4.8%減              となりました。これはその他の費用が増加し
         たことなどによるものであります。
        d.親会社の所有者に帰属する当期利益
          親会社の所有者に帰属する当期利益は                       5,457   百万円となり、前        連結会計年度に比べて7.0%増              となりました。こ
         れは為替差益が増加したことなどによるものであります。
       ③経営成績に重要な影響を与える要因

        当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因については、「2.事業等のリスク」に記載のとおりでありま
       す。
       ④資本の財源および資金の流動性

        当社グループは、2015年3月期より現金及び現金同等物の金額が有利子負債の残高を上回るネットキャッシュの状
       況にあり、当連結会計年度末においては、現金及び現金同等物は17,530百万円、有利子負債(社債及び借入金)は
       10,404百万円となりました。当連結会計年度では、下請法運用基準見直し対応により現金支払が増加したことに加
       え、借入金の約定弁済を行ったものの、現金及び現金同等物は前連結会計年度末に比べて5.1%の減少に留まり、十
       分な流動性を確保しております。
       ⑤   経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成を判断するための客観的な指標等

        当連結会計年度を初年度とする中長期経営計画“Breakthroughs                                 for  the  future”(未来への躍進)の第2ステー
       ジ(BF-2)の達成・進捗状況は、次のとおりであります。
                    当連結会計年度(実績)               2022年度(目標)
           指標                                        目標との乖離
                                                     25,681百万円減
     売上収益                     94,318百万円             120,000百万円
                                                      (21.4%減)
                                                     5,496百万円減
     コア営業利益                     6,503百万円             12,000百万円
                                                      (45.8%減)
     ROE                        8.2%             12.0%

                                                     3.8ポイント減
                                  22/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (3)並行開示情報
         連結財務諸表規則(第7章および第8章を除く。以下、「日本基準」という。)により作成した要約連結財務諸
        表は、次のとおりであります。
         なお、日本基準により作成した当連結会計年度の要約連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第
        1項の規定に基づく監査を受けておりません。
       ①要約連結貸借対照表(日本基準)

                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                  (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産                                    53,767              53,708
      固定資産
       有形固定資産                                   29,409              29,348
       無形固定資産                                    1,563              1,419
                                          14,249              14,038
       投資その他の資産
       固定資産合計                                   45,222              44,806
      資産合計                                    98,990              98,515
     負債の部

      流動負債                                    25,043              23,170
                                          10,552               9,847
      固定負債
      負債合計                                    35,595              33,017
     純資産の部

      株主資本                                    61,897              65,200
      その他の包括利益累計額                                     1,265                40
                                            231              256
      非支配株主持分
      純資産合計                                    63,394              65,497
     負債純資産合計                                     98,990              98,515
                                  23/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       ②要約連結損益計算書及び要約連結包括利益計算書(日本基準)
        要約連結損益計算書
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
     売上高                                     91,263              94,157
                                          63,731              66,550
     売上原価
     売上総利益                                     27,532              27,607
     販売費及び一般管理費                                     21,196              21,215
     営業利益                                      6,336              6,392
     営業外収益
                                           1,097              1,668
                                            836              504
     営業外費用
     経常利益                                      6,598              7,556
     特別損失                                       184             1,288
     税金等調整前当期純利益                                      6,413              6,267
     法人税等合計                                      1,582              1,590
     当期純利益                                      4,831              4,677
     非支配株主に帰属する当期純利益                                       35              31
     親会社株主に帰属する当期純利益                                      4,795              4,645
        要約連結包括利益計算書

                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
     当期純利益                                      4,831              4,677
                                           1,243             △1,214
     その他の包括利益合計
     包括利益                                      6,074              3,463
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                     6,053              3,421
      非支配株主に係る包括利益                                      20              41
                                  24/154









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       ③要約連結株主資本等変動計算書(日本基準)
        前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                 その他の包括利益

                          株主資本                 非支配株主持分          純資産合計
                                 累計額
     当期首残高                        58,513            7        220        58,741

     当期変動額合計                        3,383         1,257           11        4,653

     当期末残高                        61,897          1,265          231        63,394

        当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                 その他の包括利益

                          株主資本                 非支配株主持分          純資産合計
                                 累計額
     当期首残高                        61,897          1,265          231        63,394

     当期変動額合計                        3,302        △1,224            24        2,103

     当期末残高                        65,200           40         256        65,497

       ④要約連結キャッシュ・フロー計算書(日本基準)

                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー                                      8,995              6,498
     投資活動によるキャッシュ・フロー                                     △4,802              △4,455
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                     △4,605              △3,149
                                           △45               159
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                           △458              △946
     現金及び現金同等物の期首残高                                     18,935              18,476
     現金及び現金同等物の期末残高                                     18,476              17,530
       ⑤連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更(日本基準)

        前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

         該当事項はありません。
                                  25/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (4)経営成績等の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報
         IFRSにより作成した連結財務諸表における主要な項目と日本基準により作成した場合の連結財務諸表におけるこ
        れらに相当する項目との差異に関する事項は、次のとおりであります。
        前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

         「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 38.初度適用」に記載の
        とおりであります。
        当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

         (退職給付制度の改訂に係る会計処理)
          当社および一部の連結子会社は、2019年4月1日付で、確定給付企業年金制度をリスク分担型企業年金制度へ
         と移行しております。日本基準においては、「リスク分担型企業年金の会計処理等に関する実務上の取扱い」を
         適用し、当連結会計年度に移行に伴う損失を特別損失に計上いたしますが、IFRSにおいては、2020年3月期第1
         四半期に移行に伴う損失を「その他の費用」に計上する予定であります。
          この結果、IFRSでは日本基準に比べて、税引前当期利益が806百万円増加しております。
         (研究開発費の資産計上)

          日本基準において、研究および開発における支出は、すべて発生時に費用処理しておりましたが、IFRSにおい
         ては、資産計上の要件を満たすものを無形資産として認識しております。
          この結果、IFRSでは日本基準に比べて、連結損益計算書の「販売費及び一般管理費」が120百万円減少してお
         ります。
                                  26/154














                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
       (1)当社の技術導入契約
         相手方の名称             国名        契約品目           契約内容           契約期間
     Litens    Automotive
                                      特許およびノウハウ           1990年4月1日から
                   カナダ        オートテンショナ
                                      の実施許諾           2020年3月31日まで
     Partnership
      (注)上記については、ロイヤルティとして純売上収益の一定率を支払っております。
       (2)当社の技術供与契約

         相手方の名称             国名        契約品目           契約内容           契約期間
                                                 2017年4月1日から3
                                      特許およびノウハウ
     Sanwu   Bando   Inc.
                   台湾        伝動ベルト製品など                     年間 その後3か年毎
                                      の実施許諾
                                                 に更新
                                                 1978年10月1日から5
     Philippine      Belt
                                      特許およびノウハウ
                   フィリピン        伝動ベルト製品など                     年間 その後5か年毎
     Manufacturing       Corp.                          の実施許諾
                                                 に更新
                                                 1978年12月11日から5
     Kee  Fatt   Industries
                                      特許およびノウハウ
                   マレーシア        伝動ベルト製品など                     年間 その後5か年毎
     Sdn.   Bhd.                              の実施許諾
                                                 に更新
                                                 1988年1月1日から5
                           伝動ベルト製品・運           特許およびノウハウ
     PT.  Bando   Indonesia
                   インドネシア                              年間 その後4か年毎
                           搬ベルトなど           の実施許諾
                                                 に更新
      (注)上記については、ロイヤルティとして売上収益の一定率を受け取っております。
         なお、上記の他、当社は次の連結子会社との間でベルト、工業用品等に関わる特許、またはノウハウの実施許諾

        に関わる契約を締結しており、ロイヤルティとして売上収益に対する一定率の支払を受けております。
         ・Bando    USA,   Inc.
         ・Bando    Korea   Co.,   Ltd.
         ・Bando    Belt   (Tianjin)     Co.,   Ltd.
         ・Bando    Manufacturing       (Dongguan)      Co.,   Ltd.
         ・Bando    Siix   Limited
         ・Bando    Manufacturing         (Vietnam)     Co.,   Ltd.
         ・Bando    Manufacturing       (Thailand)      Ltd.
         ・Bando    (India)    Private    Limited
         ・Bando    Belt   Manufacturing       (Turkey),     Inc.
       (3)買収による契約

        当社は、2019年4月5日付で株式会社Aimedic                       MMTの全株式を取得する株式売買契約を締結し、2019年5月8日付
       で全株式を取得し、子会社化しております。詳細は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸
       表連結財務諸表注記 37.後発事象」に記載のとおりであります。
                                  27/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        2018年度の当社グループは、2013年度から2022年度までの中長期経営計画“Breakthroughs                                             for  the  future”(未
       来への躍進)の第2ステージの初年度として、4つの指針のもと、経営目標の達成に積極的に取り組んでまいりまし
       た。
        指針1の「新事業の創出」においては、重点市場に向けてエラストマー・樹脂の配合・分散・複合化のコア技術に
       磨きをかけ、これに新技術を融合させて練り上げた「尖った技術」をベースに新製品の創出と新市場開拓を進め、次
       代の新事業の柱として育成を加速することを目指しております。なお、優先的に経営資源を配分する領域は医療機
       器・ヘルスケア機器事業、電子資材事業およびその他の新規事業分野としております。
        また、指針2の「コア事業の拡大」においては、グローバル各地域の市場ニーズにマッチした「市場最適仕様」製
       品の開発を促進、お客様の「環境負荷低減・高効率・コンパクト化・機能複合化」に貢献する製品を連続的に生み出
       し育てていくことを目指しております。これらの指針に基づき、研究開発は、新事業推進センター、ものづくりセン
       ター、基盤技術研究所および伝動技術研究所(当連結会計年度末人員227名)を中心に取り組んでおり、当連結会計
       年度における全体の改良開発を含む開発・研究に                       4,459   百万円(    無形資産に計上された開発費120百万円を含む)                      を投
       入いたしました。
        セグメント別の研究開発活動とその成果は次のとおりであります。なお、自動車部品事業および産業資材事業での
       研究開発活動については、特定のセグメントに関連付けられないため、両事業部を合わせて記載しております。
       [自動車部品事業・産業資材事業]

         当事業では、基盤技術研究所・伝動技術研究所を中心として、伝動ベルトおよび伝動ベルトシステム製品、搬送
        ベルトおよび搬送周辺製品や農業・工業用ゴム製品、補修市場におけるサービタイゼーションの創出に関する研究
        開発に取り組んでおります。自動車部品事業においては、主力の補機駆動用ベルトにおいて革新製法を用いた新製
        品開発を進め、量産にこぎつけました。また、電動パワーステアリング(EPS)向けベルトなど、電動化市場への
        参入・拡販を狙った製品開発を進めております。産業資材事業においては、軽搬送用ベルト「サンライン®ベル
        ト」の新たなラインナップとして、2018年11月に小プーリ対応フッ素樹脂ベルト「ミスターウルトラミラー™」、
        2019年2月には食品用高グリップベルト「ミスタースパイク™」の販売を開始いたしました                                          。
       [高機能エラストマー製品事業]

         当事業では、電子写真プロセス用のクリーニングブレード、現像ローラなどの高機能樹脂製品や装飾表示用フイ
        ルムなどの改良開発を行っております。新製品としては、クリーンルーム(準クリーンルームを含む)等で問題と
        なっている落下塵の除去や可視化を実現したシステム製品である「BANDO                                  MDEC®(Micro       Dust   Electric     Cleaner:
        静電吸着ゴミ除去装置)」、異物検査ツール「BANDO                        DEC-20™」およびタッチパネルディスプレイ製品の各部材の貼
        り合わせに用いられる超厚膜光学用透明粘着剤「Free                         Crystal®(フリークリスタル)」の開発を進めました。
       [その他事業]

         医療機器・ヘルスケア機器事業では、伸縮性ひずみセンサ「C-STRETCH®(シーストレッチ)」の応用開発を進めま
        した。当製品は、当社のコア技術であるゴム・ウレタン材料の配合設計、フイルムの加工技術に導電材料の分散技
        術を組み合わせすることで生まれました。当製品の柔らかさや伸びの大きさが人の動きと親和性が高く、医療機
        器・ヘルスケア機器用センサとして適用できます。呼吸や嚥下に関する領域で影響力を持つ医師(Key                                               Opinion
        Leader    :KOL)のいる大学と共同開発契約を結び、開発に取り組んでおります。
         電子資材事業では、ガラス研磨用のTOPX®ラッピングパッドの量産販売をスタートさせました。熱伝導性フィ
        ラーを垂直配向した高い熱伝導率を有する放熱シート「HEATEX®(ヒートエクス)」は、発熱部品(CPU、LEDバッ
        クライト、パワーチップ)から発生する熱を効率的に冷却部材(ヒートシンク等)へ伝達するためのインターフェイ
        スとしてお客様での評価が進んできました。これらは、2018年6月の「第22回                                     機械要素技術展(M-Tech)」、
        2018年12月の「第9回 高機能フィルム展(フィルムテック                            ジャパン)」「第5回           ウェアラブルEXPO」に出展
        し、非常に多くの来場者を集め、好評を得ております。
         なお、改良開発を中心とした開発・研究として、自動車部品事業・産業資材事業に                                          2,077   百万円、高機能エラス

        トマー製品事業に        763  百万円、その他事業に212百万円を投資した他、新規新製品の研究開発として1,406百万円
        (無形資産に計上された開発費120百万円を含む)を投入しております。
                                  28/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループにおきましては、当連結会計年度に、設備の集約、強化、合理化などを主な目的として、                                                   4,706   百万
       円の設備投資を行いました。
        自動車部品事業          につきましては、当社の製造設備の拡充を中心にグループ全体で                              2,369   百万円の設備投資を行いま
       した。
        産業資材事業         につきましては、当社の製造設備の拡充を中心にグループ全体で                              1,001   百万円の設備投資を行いまし
       た。
        高機能エラストマー製品事業に                  つきましては、当社の製造設備の拡充を中心にグループ全体で                             710  百万円の設備投
       資を行いました。
        その他事業につきましては、65百万円の設備投資を行いました。
        全社につきましては、559百万円の設備投資を行いました。
        また、当連結会計年度において、減損損失166百万円を計上いたしました。減損損失の内容については「                                                 第5 経
       理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 14.                                     非 金融資産の減損       」に記載のとおり
       であります。
        なお、上記の金額には消費税等は含まれておりません。
                                  29/154















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      2【主要な設備の状況】
        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
        なお、当連結会計年度よりIFRSに基づく金額を記載しております。
        また、下記の各金額には、消費税等は含まれておりません。
       (1)提出会社

                                                   2019年3月31日現在
                                     帳簿価額(単位:百万円)                     従業員
       事業所名        セグメントの                                           数
                      設備の内容
                 名称                機械装置                         (人)
       (所在地)                     建物及び           土地          その他
                                          建設仮勘定           合計
                            構築物                             (注)2
                                      (面積㎡)          (注)1
                                及び運搬具
              自動車部品    事業
     南海工場
              産業資材事業             (注)3                    (注)4
                                                           456
                      製造設備
     (大阪府泉南市)         高機能エラスト                    2,428      330     366         6,121
                             2,424                     572
                                                          [191]
              マー製品事業
                                       (89,420)
                            (注)5
     加古川工場
                                                           254
              産業資材事業        製造設備       1,180     1,977      412     239     155    3,965
     (兵庫県加古川市)
                                                           [71]
                                       (95,990)
                      製造設備、
     足利工場         高機能エラスト
                                                           141
                              973     811     248     109     201    2,344
                      研究開発施
     (栃木県足利市)         マー製品事業
                                                          [126]
                      設                 (92,331)
                                      (注)6
     和歌山工場
                                                           59
              産業資材事業        製造設備        337     263          152     65    1,665
                                        846
     (和歌山県紀の川市)
                                                           [27]
                                      (103,638)
     本社事業所
     新事業推進センター                 全社管理、                 1,664
              その他
                                                           239
     ものづくりセンター
                      研究開発施       1,029      689   (14,954)       201     257    3,842
              全社
                                                           [19]
     基盤技術研究所
                      設
     (神戸市中央区)
                                (注)7     (注)6
     伝動技術研究所         自動車部品    事業    研究開発施
                                                           49
                              326               56     114     839
                                   341     -
              産業資材事業        設
     (和歌山県紀の川市)
                                                           [14]
                            (注)8          (注)9
     東京支店
                                                           43
                      販売施設
              全社                104      0     16     -     5    126
     (東京都中央区)
                                                           [2]
                                       (1,857)
     名古屋オフィス                      (注)10
                                                            8
              全社
                      販売施設              -     -     -     5     9
     (名古屋市中村区)                          3
                                                           [- ]
     大阪オフィス
                            (注)11
                                                           34
              全社
                      販売施設
                                    -     -     1     -     8
     (大阪市淀川区)                          7
                                                           [- ]
                            (注)13     (注)13     (注)14          (注)13
                      全社管理
                                              -          382
                              316     16     46          3
                                                           -
     その他(注)12         全社        福利厚生施
                                       (18,120)
                                                           [- ]
                      設等
                                       [4,527]
      (注)1.主として工具、器具及び備品であります。
         2.従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書きしております。
         3.この他連結会社以外の会社から建物等を賃借しており、年間賃借料は7百万円であります。
         4.連結会社のBando          Manufacturing       (Thailand)      Ltd.へ貸与しているその他(帳簿価額2百万円)を含んでお
           ります。
         5.連結会社のバンドー・I・C・S株式会社および持分法適用会社のバンドー・ショルツ株式会社へ貸与してい
           る建物及び構築物(帳簿価額141百万円)を含んでおります。
         6.和歌山工場の土地には、伝動技術研究所の土地が含まれております。
         7.連結会社の福井ベルト工業株式会社へ貸与している機械装置及び運搬具(帳簿価額1百万円)を含んでおり
           ます。
         8.この他連結会社以外の会社から建物を賃借しており、年間賃借料は75百万円であります。また、連結会社の
           バンドー・I・C・S         株式会社へ貸与している建物及び構築物(帳簿価額77百万円)を含んでおります。
         9.この土地を連結会社のバンドー・I・C・S株式会社へ貸与しております。
         10.連結会社以外の会社から建物を賃借しており、年間賃借料は14百万円であります。
         11.連結会社以外の会社から建物を賃借しており、年間賃借料は22百万円であります。
         12.各地に保有しております社宅・寮等の施設であります。
                                  30/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         13.連結会社のバンドーエラストマー株式会社、ビー・エル・オートテック株式会社およびバンドー興産株式会
           社へ貸与している建物及び構築物(帳簿価額271百万円)、機械装置及び運搬具(帳簿価額16百万円)およ
           びその他(帳簿価額2百万円)を含んでおります。
         14.  大阪府所在の旧独身寮跡地(4,404㎡)、東京都所在の社宅土地(121㎡)、和歌山県所在の独身寮土地
           (773㎡)であります。また、              連結会社のバンドートレーディング株式会社、バンドーエラストマー株式会
           社、ビー・エル・オートテック株式会社およびバンドー興産株式会社へ貸与している土地(帳簿価額6百万
           円)を含んでおります。貸与している土地の面積は[ ]で内書きしております。
         16.現在休止中の主要な設備はありません。
       (2)国内子会社

                                                   2019年3月31日現在
                                     帳簿価額(単位:百万円)
                                                         従業員
        会社名
               セグメントの
                                                         数(人)
                      設備の内容
       (所在地)         名称            建物及び     機械装置      土地          その他
                                          建設仮勘定           合計
                                                         (注)2
                            構築物    及び運搬具     (面積㎡)          (注)1
              自動車部品    事業
     バンドー・I・C・S
              産業資材事業                          887
                              381     69          6    119    1,464
                                                           326
     株式会社
                     販売施設
              高機能エラスト                         (11,357)
                                                           [32]
     (大阪市淀川区)
              マー製品事業
      (注)1.主として工具、器具及び備品であります。
         2.従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書きしております。
       (3)在外子会社

                                                   2019年3月31日現在
                                     帳簿価額(単位:百万円)
                                                         従業員
        会社名       セグメントの
                                                         数(人)
                      設備の内容
                名称
       (所在地)                     建物及び     機械装置      土地          その他
                                          建設仮勘定           合計    (注)2
                            構築物    及び運搬具     (面積㎡)          (注)1
              自動車部品    事業
     Bando   USA,Inc.
              産業資材事業
                              421    1,304      27     54     39    1,847
                                                           209
                     製造設備
              高機能エラスト
     (米国   イリノイ)
                                       (54,422)
                                                           [4]
              マー製品事業
     Bando   Korea   Co.,
              自動車部品    事業
                                                           180
                              283     479     315     31     78    1,188
     Ltd.                製造設備
              産業資材事業
                                       (19,523)                    [-]
     (韓国   慶尚南道)
     Bando   Belt
     (Tianjin)         自動車部品    事業
                                                           158
                              182     299     -     151     111     744
                     製造設備
     Co.,  Ltd.      産業資材事業
                                                           [-]
     (中国 天津)
     Bando
     Manufacturing
              自動車部品    事業
     (Thailand)
              産業資材事業
                                                           989
                             1,462     1,412      504     243     433    4,056
                     製造設備
              高機能エラスト
     Ltd.
                                                           [4]
                                       (98,092)
              マー製品事業
     (タイ   サムサコー
     ン)
     Bando   (India)
              自動車部品    事業
     Private   Limited     産業資材事業
                                                           233
                              702     884     230      ▶     23    1,846
                     製造設備
              高機能エラスト
     (インド ハリヤ
                                       (67,543)
                                                          [223]
              マー製品事業
     ナ)
      (注)1.主として工具、器具及び備品であります。
         2.従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書きしております。
                                  31/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループの設備投資については、生産能力の拡充、新製品開発や長期展望に立った研究開発を中心に策定して
       おります。
        設備計画は連結会社各社が策定しておりますが、計画策定に当っては提出会社を中心に調整を図っております。
        なお、当連結会計年度末現在における主要な設備の新設、拡充の計画は次のとおりであります。また、重要な設備
       の除却、売却の計画はありません。
                                   投資予定金額               着手および完了予定年月

                                             資金
       会社名・事業所名          セグメントの
                          設備の内容                   調達
        (所在地)           名称
                                  総額     既支払額
                                             方法      着手      完了
                                 (百万円)     (百万円)
                自動車部品事業         伝動ベルト関係設                   自己資金お
                                    846      -        2019年4月      2020年3月
     当社
                産業資材事業         備の拡充等                   よび借入金
     南海工場
                高機能エラストマー         フィルム関係設備                   自己資金お
     (大阪府泉南市)
                                    231      -        2019年4月      2020年3月
                製品事業         の拡充等                   よび借入金
     当社                   運搬ベルト関係工
                                           自己資金お
     加古川工場           産業資材事業         業用品関係設備の           703      -        2019年4月      2020年3月
                                           よび借入金
     (兵庫県加古川市)                   拡充等
     当社
                         工業用品関係伝動
                高機能エラストマー                           自己資金お
     足利工場                   ベルト関係設備の           364      -        2019年4月      2020年3月
                製品事業                           よび借入金
                         拡充等
     (栃木県足利市)
     当社
                         伝動ベルト関係設                   自己資金お
     和歌山工場           産業資材事業                    239      -        2019年4月      2020年3月
                         備の拡充等                   よび借入金
     (和歌山県紀の川市)
     当社
     本社事業所
                         新製品開発
     新事業推進センター
                その他事業                           自己資金お
                         試験研究設備           756      -        2019年4月      2020年3月
     ものづくりセンター           全社                           よび借入金
                         システム投資
     基盤技術研究所
     (神戸市中央区)
     当社
                自動車部品事業                           自己資金お
     伝動技術研究所                   試験研究設備                         2019年4月      2020年3月
                                    135      -
                産業資材事業                           よび借入金
     (和歌山県紀の川市)
     Bando   Korea   Co.,Ltd
                         伝動ベルト関係設
                自動車部品事業
                                    214      -  自己資金      2019年4月      2020年3月
                産業資材事業         備の拡充等
     (韓国 慶尚南道)
     Bando   Belt(Tianjin)
                自動車部品事業         伝動ベルト関係設
                                           自己資金      2019年4月      2020年3月
                                    165      -
     Co.,Ltd
                産業資材事業         備の拡充等
     (中国 天津)
                         伝動ベルト関係設
                自動車部品事業
     Bando   Manufacturing
                         備の拡充、
                産業資材事業
                         工業用品関係伝動                   自己資金      2019年4月      2020年3月
                                    778      -
     (Thailand)Ltd.
                高機能エラストマー
                         ベルト関係設備の
     (タイ サムサコーン)
                製品事業
                         拡充等
                         伝動ベルト関係設
                自動車部品事業
     Bando   (India)
                         備の拡充、
                                           自己資金お
                産業資材事業
     Private   Limited                工業用品関係伝動           449      -        2019年4月      2020年3月
                高機能エラストマー                           よび借入金
                         ベルト関係設備の
     (インド ハリヤナ)
                製品事業
                         拡充等
      (注)1.上記に伴う設備完成後の生産能力の増加は僅少であります。
         2.上記金額には消費税等を含んでおりません。
                                  32/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          187,000,000

                  計                               187,000,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所名
            事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
       種類                                 または登録認可金融商               内容
              (2019年3月31日)              (2019年6月27日)
                                        品取引業協会名
                                        東京証券取引所             単元株式数
                   47,213,536             47,213,536
     普通株式
                                        市場第一部             100株
                   47,213,536             47,213,536             -           -
       計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式         資本金        資本金       資本準備金        資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高        増減額        残高       増減額        残高
                 (千株)        (千株)       (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
      2016年10月1日
                 △47,213         47,213          -      10,951          -      2,738
        (注)
      (注)2016年10月1日付で普通株式について2株につき1株の割合で株式併合をしており、発行済株式総数は47,213千
         株減少し、47,213千株となっております。
       (5)【所有者別状況】

                                                   2019年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                        単元未満
       区分                              外国法人等                   株式の状況
            政府および            金融商品     その他の
                  金融機関                          個人その他       計
                                                        (株)
            地方公共団体            取引業者      法人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)           -     36     28     219     154      1    5,617     6,055      -
     所有株式数
                -   195,177      2,548     58,102     77,747       20   137,531     471,125     101,036
      (単元)
     所有株式数の
                -    41.43      0.54     12.33     16.51      0.00     29.19     100.00       -
      割合(%)
      (注)1.自己株式831,023              株は「個人その他」に831,000株(8,310単元)、「単元未満株式の状況」に23株を含めて
           記載しております。
         2.上記「その他の法人」の中には証券保管振替機構名義の株式が10単元含まれております。
                                  33/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2019年3月31日現在
                                                    発行済株式(自
                                                    己株式を除
                                            所有株式数
                                                    く。)の総数に
         氏名または名称                     住所
                                             (千株)
                                                    対する所有株式
                                                    数の割合(%)
     バンドー共栄会               神戸市中央区港島南町4丁目6番6号                          3,810         8.21

                                              2,313         4.99

     株式会社三井住友銀行               東京都千代田区丸の内1丁目1番2号
                                              2,002         4.32

     三菱UFJ信託銀行株式会社               東京都千代田区丸の内1丁目4番5号
                                              2,000         4.31

     明治安田生命保険相互会社               東京都千代田区丸の内2丁目1番1号
                                              1,800         3.88

     株式会社みずほ銀行               東京都千代田区大手町1丁目5番5号
     日本マスタートラスト信託銀
                                              1,759         3.79
                    東京都港区浜松町2丁目11番3号
     行株式会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信
                                              1,685         3.63
                    東京都中央区晴海1丁目8番11号
     託銀行株式会社(信託口)
                                              1,575         3.40
     株式会社三菱UFJ銀行               東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
     日本生命保険相互会社               東京都千代田区丸の内1丁目6番6号                          1,174         2.53

     GOVERNMENT      OF  NORWAY
                    BANKPLASSEN2,       0107   OSLO   1 OSLO   0107   NO
                                               983        2.12
     (常任代理人 シティバン
                    (東京都新宿区6丁目27番30号)
     ク、エヌ・エイ)
                               -               19,104         41.19
            計
      (注)    1.日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数1,759千株、日本トラスティ・サービス信
           託銀行株式会社(信託口)の所有株式数1,685千株は信託業務に係る株式数であります。
         2.日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)の所有株式に、従業員持株ESOP信託および役員報酬
           BIP信託が所有する当社株式192千株および263千株は含まれておりません。
                                  34/154











                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容
                                 -            -             -

      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                           -            -             -
      議決権制限株式(その他)                           -            -             -

      完全議決権株式(自己株式等)                         965,300               -             -

                       普通株式
      完全議決権株式(その他)                       46,147,200              461,472               -
                       普通株式
                                                 1単元(100株)未満
                               101,036               -
      単元未満株式                 普通株式
                                                 の株式
                             47,213,536                -             -
      発行済株式総数
                                 -          461,472               -
      総株主の議決権
      (注)上記「完全議決権株式(その他)」の中には、証券保管振替機構名義の当社株式1,000株(議決権の数10個)、
         従業員持株ESOP信託が所有する当社株式192,900株(議決権の数1,929個)および役員報酬BIP信託が所有
         する当社株式263,800株(議決権の数2,638個)が含まれております。なお、当該株式にかかる議決権の数4,577
         個については、「議決権の数」の欄に含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名または
                                                   対する所有株式数
                   所有者の住所
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
      名称
                                                   の割合(%)
                 神戸市中央区港島南町
                               831,000          -     831,000          1.76
     バンドー化学株式会社
                 4丁目6番6号
                 東京都中央区東日本橋
                               91,100        12,200       103,300          0.22
     バン工業用品株式会社
                 2丁目27番1号
                 富山県富山市問屋町3
                                 600      29,300        29,900          0.06
     北陸バンドー株式会社
                 丁目2番19号
                 福島県いわき市平字愛
     東日本ベルト販売株式
                                1,100         -      1,100         0.00
                 谷町4丁目6番地13
     会社
                     -         923,800        41,500       965,300          2.04
          計
      (注)   1.バン工業用品株式会社および北陸バンドー株式会社は、当社の取引先会社で構成される持株会(バンドー共
           栄会 神戸市中央区港島南町4丁目6番6号)に加入しており、同持株会名義で当社株式をそれぞれ12,200
           株および29,300株を所有しております。
         2.従業員持株ESOP信託および役員報酬BIP信託が所有する当社株式は、上記自己株式等には含まれてお
           りません。
                                  35/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】
       ①従業員持株ESOP信託
        当社は、中長期的な企業価値を高めることを目的として、従業員インセンティブ・プラン「従業員持株ESOP
       信託」を導入しております。
        (1)従業員持株ESOP信託の概要
         当社が「バンドー化学社員持株会」(以下、「当社持株会」という。)に加入する従業員のうち一定の要件を充
        足する者を受益者とする信託を設定し、当該信託は信託設定時より5年間にわたり当社持株会が取得すると見込ま
        れる数の当社株式を、予め定めた取得期間において取得しております。その後、当該信託は当社株式を毎月一定日
        に当社持株会に売却します。信託終了時に、株価の上昇により信託収益がある場合には、受益者たる従業員の拠出
        割合に応じて金銭が分配されます。株価の下落により譲渡損失が生じ信託財産に係る債務が残る場合には、金銭消
        費貸借契約の保証条項に基づき、当社が銀行に対して一括弁済するため、従業員の追加負担はありません。
        (2)従業員持株会に取得させる予定の株式の総額
         453百万円
        (3)当該制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲
         当社持株会加入員のうち受益者要件を充足する者
       ②役員向け業績連動型株式報酬制度

        当社は、取締役(業務執行取締役でない取締役および海外居住者を除く。以下、同じ。)および委任契約を締結し
       ている執行役員(海外居住者を除く。以下、同じ。)(以下、併せて「取締役等」という。)を対象に、取締役等の
       報酬と当社株式の価値との連動性をより明確にし、中長期的な業績の向上と企業価値の増大への貢献意識を高めるこ
       とを目的として、業績連動型株式報酬制度(以下、「本制度」という。)を導入しております。
        (1)役員向け業績連動型株式報酬制度の概要

         本制度を導入するにあたり、役員報酬BIP(Board                             Incentive     Plan)信託(以下、「BIP信託」という。)
        と称される仕組みを採用します。BIP信託とは、米国の業績連動型株式報酬(Performance                                           Share)制度および
        譲渡制限付株式報酬(Restricted                Stock)制度を参考にした役員に対するインセンティブプランであり、BIP信
        託により取得した当社株式を業績目標の達成度等に応じて取締役等に交付するものです。信託期間中、毎事業年度
        における業績達成度等に応じて、取締役等にポイントが付与されます。一定の受益者要件を満たす取締役等に対し
        て、当該取締役等に付与されたポイント数に相当する当社株式が退任時に交付されます。なお、当初設定される本
        信託については、2017年3月末日で終了する事業年度から7事業年度を本制度の対象期間としています。
        (2)対象となる取締役等に取得させる予定の株式の総数
         上限567,000株(うち、取締役分として上限378,000株)
        (3)当該制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲
         取締役等のうち受益者要件を充足する者
                                  36/154









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】             会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                  株式数(株)               価額の総額(円)
                                       1,019              1,256,497
      当事業年度における取得自己株式
                                        182              200,281

      当期間における取得自己株式
      (注)当期間における取得自己株式には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                             株式数(株)                株式数(株)
                                      (円)                (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                  -        -        -        -
      行った取得自己株式
                                831,023                831,205
      保有自己株式数(注)1           ,2                         -                -
      (注)1.当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
           買取りおよび売渡しによる株式は含まれておりません。
         2.従業員持株ESOP信託および役員報酬BIP信託が所有する当社株式は含めておりません。
                                  37/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社の利益配分につきましては、収益および財務状況を配慮しつつ、当面の連結配当性向は30%を目処に安定した
       利益配当を行うことを目標とし、利益還元の充実に努めることを基本方針としています。
        また、中間配当と期末配当の年2回の配当を基本としており、決定機関は中間配当は取締役会、期末配当は株主総
       会であります。
        当事業年度の配当につきましては、当該基本方針および業績等を総合的に勘案し、中間配当を1株当たり16円、期
       末配当を1株当たり16円とさせていただきました。
        内部留保資金につきましては、長期的展望に立った研究開発、新製品開発、生産技術開発、市場開拓などの開発投
       資や企業体質の強化、国際化および新規事業分野への展開を図るための投資などに充当し、さらなる企業価値の向上
       を図ってまいります。当社は、取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる
       旨を定款に定めております。
        当該事業年度に係る配当は、次のとおりであります。

                              配当金の総額                  1株当たり配当額
           決議年月日
                              (百万円)                    (円)
          2018年11月9日
                                     742                   16
           取締役会決議
          2019年6月25日
                                     742                   16
          定時株主総会決議
      (注)配当金の総額には、従業員持株ESOP信託および役員報酬BIP信託が所有する当社株式に対する配当金が含
         まれております。
                                  38/154













                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
         ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るためには、当社グループも社会の一員として、法令
         を遵守し、社会的良識に基づいて行動するとともに、当社グループの製品を使っていただく最終のお客様をはじ
         めとして、従業員、取引先、株主、地域社会等と調和し、これらの人々からの信頼を得て、より良い関係を構築
         していくことが極めて重要と考えております。
          このような考え方のもと、当社は、コーポレート・ガバナンス体制の充実を図り、経営の健全性・透明性・効
         率性の確保に重きを置いた経営に努めております。
         ②企業統治体制の概要および当該体制を採用する理由

         (ⅰ)       企業統治体制の概要
            当社は、監査等委員会設置会社制度を採用することにより、監査・監督機能の一層の強化を図っておりま
           す。当社の取締役会は、監査等委員でない取締役4名および監査等委員である取締役4名の合計8名の取締
           役で構成されており、少なくとも月1回は開催しております。なお、取締役のうち、3名を社外取締役と
           し、業務執行に対する独立した立場から監督が行われることを期しております。また、当社では、業務執行
           の効率化と迅速化を図るため、執行役員制度を導入しているほか、社長による経営の意思決定のための諮問
           機関として、経営課題審議会を設置しております。
            取締役会におきましては、経営の基本方針、法令で定められた事項、その他経営に関する重要事項を決定
           するとともに、取締役および執行役員の業務執行状況をチェックする体制をとっております。なお、当社の
           監査等委員でない取締役は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする旨を定款に定めておりま
           す。
            当社の監査等委員である取締役は4名であり、このうち3名が社外取締役であります。また、監査等委員
           である取締役1名を常勤の監査等委員としております。
            さらに、当社は、会社法上、指名委員会および報酬委員会の設置を義務づけられてはおりませんが、取締
           役会の諮問機関としてこれらの委員会を設置し、さらなるコーポレート・ガバナンスの強化を図る体制とし
           ております。具体的には、取締役の選任、報酬配分の決定については、社長を議長とし、社外取締役および
           監査等委員である取締役をメンバーに含む指名委員会および報酬委員会の審議を経て、取締役会の決議によ
           り決定しております。なお、提出日現在においては、議長は吉井満隆氏(代表取締役社長)であり、他のメ
           ンバーは中村恭祐氏(監査等委員である取締役)、松坂隆廣氏、重松崇氏および清水春生氏(松坂氏、重松
           氏および清水氏は監査等委員である社外取締役)であります。一方、監査等委員である取締役の選任に関し
           ては、監査等委員会の同意を得、監査等委員である取締役の報酬配分については、監査等委員会で協議して
           おります。
         (ⅱ)       当該体制を採用する理由

            当社は、監査等委員会設置会社制度を採用することにより、監査等委員である取締役が取締役会の議決権
           を有しながら業務執行取締役の業務執行を監査・監督することによる監査・監督機能の一層の強化を図って
           おります。
         ③企業統治に関するその他の事項

         (ⅰ)       内部統制システムの整備状況
            当社においては、過去100年の歴史のなかにおいて、各種の内部統制システムを構築、整備してきました
           が、今後とも、これら内部統制システムについて、常にマネジメントサイクルを回して、さらに有効かつ効
           率的な体制の構築、整備に取組んでいく必要があると考えております。なお、会社法が取締役会決議を求め
           る内部統制システムの整備に関する体制については、次のとおりであります。
          a.取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

            バンドーグループ行動規範や企業倫理も含めた法令等遵守に係る規程を制定し、法令等遵守委員会を含む
           各種委員会から構成されるCSR推進委員会を設置し、グループの役員および従業員に対する啓蒙活動、内部
           監査部門によるグループ全体の内部監査、社外の弁護士を通報先の一つとする内部通報制度の採用、グルー
           プ全員による法令および企業倫理遵守を期す体制とする。
                                  39/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
          b.取締役の職務の執行に係る情報の保存と管理に関する体制
            文書および情報管理に係る規程を含め社内規則の整備を進め、その定めに従って、役員および従業員の業
           務に係る情報について、情報セキュリティを含め、その他の管理について規定し、適切な情報管理を期す体
           制とする。
          c.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

            経営に重大な影響を与える事象の発生に備え、リスク管理委員会を設置し、適切な対応を期す体制とす
           る。また、重要な業務執行に関しては、取締役会等の会議体において、リスクマネジメントという視点も含
           めて審議をする体制とする。
          d.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

            決裁権限に関する規程を整備して権限委譲を図るとともに、必要に応じて弾力的に委員会等を活用するこ
           とにより、取締役の職務の執行が効率的に行われる体制とする。また、内部監査制度、予算・業績管理制
           度、人事管理制度等各種制度を常に見直し、業務が有効かつ効率的に行われる体制とする。
          e.当社および当社の子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

            当社は、グループ会社とともにグループ全体の企業価値の向上を図るため、経営理念、バンドーグループ
           行動規範、重要な社内規則の共有、それら社内規則等の整備、グループ各社に対する当社内部監査部門によ
           る内部監査の実施、関係会社管理に関する規程の制定等により、グループ全体の業務の適正を図る体制とす
           る。
          (a)当社の子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制

             当社が定める関係会社管理に関する規程等により、定期的に事業の執行状況を報告させるほか、子会社
            の重要な業務執行については、その都度、報告をさせ、当社と協議する体制とする。
          (b)当社の子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

             子会社の取締役および使用人は、自社に内在するリスクを把握、分析、評価したうえで適切な対策を実
            施するとともに、不測の事態や危機の発生時には、当社に速やかに連絡する体制とする。
          (c)当社の子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

             子会社の規模や業態等に応じて、決裁権限に関する規程等を整備させるとともに、各種の規則等を整備
            させることにより、業務が有効かつ効率的に行われる体制とする。
          f.監査等委員会の職務を補助すべき取締役および使用人に関する事項

            監査等委員会事務局を設置し、監査等委員会が必要とする場合、監査等委員会の職務を補助する従業員を
           配置する体制とする。
          g.前号の使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く)からの独立性に関する事項

            監査等委員会事務局に配属された従業員の人事異動を含む人事に関する事項の決定については、監査等委
           員会の事前の同意を得る体制とする。
          h.監査等委員会の使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

            当該使用人が監査等委員会の指揮命令のもと監査等委員会の職務を補助する体制とする。
          i.当社および当社の子会社の取締役および使用人が監査等委員会に報告するための体制その他の監査等委員

           会への報告に関する体制
            当社および当社の子会社の取締役および使用人が、当社グループに著しい損害を及ぼすおそれのある事実
           あるいは法令・定款に違反する事実を発見したときは、遅滞なく監査等委員会に報告する体制とするととも
           に、報告した者が不利な扱いを受けない体制とし、グループ内で周知徹底する。また、あわせて、当社内部
           監査部門は、その監査結果をすべて監査等委員会に報告する体制とする。
          j.監査等委員の職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還の手続きその他の当該職務の執行につい

           て生ずる費用または、債務の処理に係る方針に関する事項
            監査等委員の職務の執行について生ずる費用については、全額を前払いまたは償還する体制とする。
          k.その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

                                  40/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
            監査等委員会は、重要会議への出席、社長や執行役員との定期的な意見交換、重要案件の決裁書の確認、
           関係会社の監査役との意見交換等によりその権限を支障なく行使できる体制とする。
         (ⅱ)リスク管理体制の整備状況

            当社は、当社グループのリスク管理を統括し、その整備・運用状況を組織全体の視点で確認・評価し、リ
           スク管理活動について多様な視点で議論、審議を行う機関として、リスク管理委員会を設置し、平常時から
           リスクの低減と危機発生回避に努め、危機発生時には、お客様、従業員、取引先、株主、地域社会等の各ス
           テークホルダーの損失もしくは不利益を最小限に抑えるとともに、その再発防止に努める体制を整備してお
           ります。
         (ⅲ)       反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方およびその整備状況

            当社グループにおきましては、反社会的勢力排除の方針のもと、バンドーグループ行動規範に、法令と企
           業倫理の遵守を第一に掲げ、新規取引開始時においては、相手先の事前調査等を実施することにより、その
           排除の徹底を期しております。また、内部通報制度を整備し、法令および企業倫理に反する行為を行なわな
           いよう周知徹底しております。なお、仮に、相手先が反社会的勢力であると判明したときは、速やかに関係
           を解消することにしております。
         (ⅳ)       取締役の選任の決議要件

            当社は、取締役の「選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
           主が出席し、その議決権の過半数をもって行う。」旨を、また、「取締役の選任決議は、累積投票によらな
           いものとする。」旨を定款に定めております。
         (ⅴ)       株主総会の特別決議要件

            当社は、「会社法第309条第2項の規定によるべき決議は、議決権を行使することができる株主の議決権
           の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもってこれを行う。」旨を定款に定め
           ております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を
           行うことを目的とするものであります。
         (ⅵ)       株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項

          a.       自己株式の取得
            当社は、「会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己株式を取得することができ
           る。」旨を定款に定めております。これは、経営環境に対応した機動的な資本政策を遂行することを目的と
           するものであります。
          b.       中間配当
            当社は、会社法第454条第5項の規定により、「取締役会の決議により、毎年9月30日の最終の株主名簿
           に記載または記録された株主または登録株式質権者に対し中間配当を行うことができる。」旨を定款で定め
           ております。これは、株主への機動的な利益還元を行なうことを目的とするものであります。
         (ⅶ)       責任限定契約の内容の概要

            当社は、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)との間で、会社法第427条第1項の規定に基づ
           き、同法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の
           限度額は、法令の定める最低責任限度額としております。
                                  41/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  8 名 女性    0 名 (役員のうち女性の比率             0 %)
                                                        所有株式数
        役職名        氏名       生年月日                略歴             任期
                                                        (千株)
                               1981年4月     当社入社
                               1999年4月     同伝動事業部自動車部品販売部長
                               2000年4月     同営業本部東京支店
                                   AMP営業部長
                               2002年11月     同海外事業推進室長
                               2003年5月     Bando   Europe   GmbH  取締役社長
                               2007年4月     当社調達部長
       取締役社長
               吉井 満隆       1958年8月18日      生
                               2009年4月     同執行役員に就任                (注)2       54
       (代表取締役)
                               2009年4月     同経営企画部長
                               2011年4月     同産業資材事業部長
                               2011年4月     バンドー・ショルツ株式会社代表取
                                   締役社長
                               2011年   6月  当社取締役に就任
                               2013年4月     同取締役社長(代表取締役)兼社長
                                   執行役員に就任(現在)
                               1985年4月     当社入社
                               2000年4月     同営業本部名古屋支店
                                   AMP営業部長
                               2002年11月     同営業本部東京支店
                                   AMP営業部長
                               2006年4月     同営業本部東京支店副支店長
                               2007年4月     同営業本部大阪支店長
        取締役       柏田 真司       1962年2月27日      生                        (注)2        9
                               2008年4月     同伝動事業部企画管理部長
                               2009年4月     同執行役員に就任
                               2009年4月     同伝動事業部長兼AMP営業部長
                               2011年6月
                                   同取締役に就任(現在)
                               2013年4月     同BF推進部長兼東京支店長
                               2016年4月     同常務執行役員に就任
                               2018年4月     同専務執行役員に就任(現在)
                               1987年4月     当社入社
                               2000年12月     同伝動事業部伝動技術研究所
                                   設計第3グループ長
        取締役
                               2008年4月     同伝動技術研究所長
       ものづくり        染田 厚      1963年2月28日      生   2013年4月     同自動車部品事業部長
                                                    (注)2        6
                               2016年4月     同執行役員に就任
       センター長
                               2017年6月
                                   同取締役に就任(現在)
                               2018年4月     同常務執行役員に就任(現在)
                               2018年4月     同ものづくりセンター長(現在)
                               1985年4月     当社入社
                               1997年7月     同中央研究所 研究部第3グループ
                                   長
                               2000年4月     同中央研究所 研究部長
                               2003年5月     同開発事業部 技術部長
                               2008年4月     同R&Dセンター 新事業推進部長
        取締役                      2009年4月     同R&Dセンター長兼新事業推進部
                                   長
       新事業推進        畑 克彦      1960年10月8日      生                        (注)2        ▶
                               2012年4月     同執行役員に就任
       センター長
                               2013年4月     同エラストマー製品事業本部長兼
                                   R&Dセンター長
                               2015年4月     同R&Dセンター長
                               2017年4月     同常務執行役員に就任(現在)
                               2018年4月
                                   同新事業推進センター長(現在)
                               2018年6月
                                   同取締役に就任(現在)
                                  42/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
        役職名        氏名       生年月日                略歴             任期
                                                        (千株)
                               1981年4月     当社入社
                               1998年4月     同伝動事業部大阪販売部部長代理
                               2003年12月     同人事・総務部長
                               2009年4月     同執行役員に就任
        取締役
                               2011年4月     同経営情報システム部長
               中村 恭祐       1956年3月26日      生                        (注)3       25
                               2013年4月     同経営企画部長
       (監査等委員)
                               2014年4月     同常務執行役員に就任
                               2014年6月     同取締役に就任
                               2018年6月     同取締役(監査等委員)に就任(現
                                   在)
                               1974年4月     株式会社太陽神戸銀行(現株式会社
                                   三井住友銀行)入行
                               1993年6月     株式会社さくら銀行(現株式会社三
                                   井住友銀行)茨木支店長
                               1995年4月     同関西審査第一部 業務推進役
                               1996年6月     同融資部(関西)室長
                               2000年4月     同三宮支店長
                               2000年10月     同三宮法人営業部長
                               2002年6月     株式会社三井住友銀行執行役員姫路
        取締役
                                   法人営業部長
               松坂 隆廣       1950年8月11日      生                        (注)3        3
                               2004年6月     銀泉株式会社 専務執行役員
       (監査等委員)
                               2008年6月     神戸土地建物株式会社代表取締役副
                                   社長
                               2010年6月     神戸ビル管理株式会社代表取締役社
                                   長
                               2012年6月     神戸土地建物株式会社代表取締役社
                                   長
                               2014年6月     当社監査役(常勤)に就任
                               2016年6月     同取締役(監査等委員)に就任(現
                                   在)
                               1975年4月     トヨタ自動車工業株式会社(現トヨ
                                   タ自動車株式会社)入社
                               2001年6月     同第5開発センター第2電子技術部
                                   長
                               2004年6月     同常務役員
        取締役                      2005年6月     富士通テン株式会社(現          株式会社デ
                重松 崇      1949年11月3日      生                        (注)3       -
       (監査等委員)                             ンソーテン)社外取締役
                               2010年6月     同代表取締役社長
                               2014年6月     同代表取締役会長
                               2015年6月     当社社外取締役に就任
                               2016年6月     同取締役(監査等委員)に就任(現
                                   在)
                               1970年2月     株式会社大金製作所(現株式会社エ
                                   クセディ)入社
                               1989年4月     同海外事業室長
                               1993年7月     同営業本部副本部長
                               1994年6月     同取締役
                               1996年6月     同営業本部長
        取締役
               清水 春生       1947年1月7日      生   1999年6月     同常務取締役
                                                    (注)3       -
       (監査等委員)
                               2002年6月     同専務取締役
                               2006年6月     同代表取締役社長
                               2015年4月     同取締役会長
                               2016年6月     同相談役
                               2016年6月     当社取締役(監査等委員)に就任
                                   (現在)
                                         計                  105
                                  43/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.取締役のうち、             松坂隆廣、     重松崇、清水春生は社外取締役であります。
         2.2019年6月25日の定時株主総会終結の時から1年間であります。
         3.  2018年6月21日の定時株主総会終結の時から2年間であります。
         4.当社では経営執行体制の充実と、取締役と執行役員の機能を分離して責任体制の明確化を図るため、執行
           役員制度を導入しております。
           執行役員は13名で、次のとおり構成されております。
            社長執行役員   吉井 満隆
            専務執行役員   柏田 真司
            常務執行役員   染田 厚
            (ものづくりセンター長)
            常務執行役員   畑  克彦
            (新事業推進センター長)
            常務執行役員   永瀨 貴行
            常務執行役員   万場 一幸
            (Bando    USA,   Inc. 取締役会長)
            常務執行役員   松尾 聡
            (産業資材事業部長)
            執行役員     山口 勝也
            (ものづくりセンター副センター長)
            執行役員     岡田 勉
            (経営企画部長)
            執行役員     本田 裕治
            (バンドー・I・C・S株式会社 代表取締役社長)
            執行役員     八木 尚史
            (自動車部品事業部長)
            執行役員     野口 忠彦
            (高機能エラストマー製品事業部長、Bando                     Siix   Ltd.   董事長)
            執行役員     植野 富夫
            (Bando    Manufacturing       (Thailand)      Ltd.   取締役社長)
        ② 社外役員の状況

         a.社外取締役との関係
           社外取締役と当社との間に取引等の利害関係はありません。また、社外取締役は、いずれも東京証券取引所
          の有価証券上場規程に定める独立役員であります。
           なお、社外取締役である松坂隆廣氏は、当社の主要な取引先である株式会社三井住友銀行の出身者ではあり
          ますが、同行を退職後、相当期間が経過しており、同行の意向に影響される立場にありません。また、当社は
          複数の金融機関と取引を行っているところ、同行との取引は通常の条件(他の金融機関と同等の条件)による
          ものであり、当社の意思決定において重大な影響を受けることはないと判断しております。また、同氏は、当
          社株式を3,900株所有しておりますが、当社の発行済株式総数に占める割合は僅少であるほか、当社株式の所
          有により一般株主と利益相反が生じるおそれはないことから、業務執行に対する独立した立場からの監督を期
          待できると判断しております。
           また、社外取締役である重松崇氏は、株式会社村田製作所社外取締役を兼任しております。また、同氏は、
          株式会社デンソーテン代表取締役会長を兼任しておりましたが、2018年6月22日をもって、同職を退任いたし
          ました。当社と株式会社村田製作所および株式会社デンソーテンの間には、開示すべき関係はありません。
           また、社外取締役である清水春生氏は、住江織物株式会社社外取締役を兼任しておりますが、当社と住江織
          物株式会社の間には、開示すべき関係はありません。
           当社は、社外取締役を選任することにより、業務執行に対する独立した立場から監督が行われることを期し
          ております。また、当社は、監査等委員会事務局を置き、監査等委員である社外取締役をサポートする体制と
          しております。
         b.社外取締役の独立性に関する方針

           当社は、社外取締役の選任にあたっては、客観的かつ中立的な立場から、それぞれの経験によって培われた
          識見により、監査および監督を充分に行っていただくべく、独立性につきましても考慮、勘案のうえ、選任す
          ることにしております。なお、独立性を考慮、勘案するにあたっては、東京証券取引所が開示を求める社外役
          員の独立性に関する事項を参考にしております。
                                  44/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        ③ 社外取締役または社外監査役による監督または監査と内部監査、監査役監査および会計監査との相互連携なら
         びに内部統制部門との関係
          当社の社外取締役は全員、監査等委員であります。社外取締役は、取締役会における詳細な業務執行状況報
         告、重要な会議への出席、常勤監査等委員からの適時適切な監査報告により業務執行の状況を適切に把握したう
         えで、取締役会等において積極的に意見を述べております。
          また、会計監査人からの監査計画の説明や四半期ごとの報告には、社外取締役を含む監査等委員全員が出席し
         ております。常勤監査等委員は、内部監査への同行、会計監査人監査への立ち会い、内部統制部門との緊密な情
         報交換やヒアリングを行っており、その結果を社外取締役に適切に報告しております。
                                  45/154


















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
         ①監査等委員会による監査の状況
          当社の監査等委員会は、社外取締役3名を含む4名で構成されており、このうち1名を常勤の監査等委員とし
         て選定しております。当事業年度開催の監査等委員会は14回であり、2名の社外取締役は全てに出席し、1名の
         社外取締役は14回のうち13回に出席しております。また、常勤の監査等委員は2018年6月21日に就任し、それ以
         降開催された監査等委員会11回全てに出席しております。また、監査等委員は、取締役会の諮問機関である指名
         委員会および報酬委員会に全員が出席するほか、監査等委員会で定めた分担に従って、重要な会議への出席なら
         びに子会社往査や内部監査立ち会い等を行っております。なお、監査等委員である社外取締役の松坂隆廣氏は、
         金融機関における長年の経験があり、財務および会計に関する相当程度の知見を有する者であります。
         ②内部監査の状況

          当社は、社長直轄の独立部門として経営監査室(人員4名)を設置しております。経営監査室は、全部署およ
         び国内外の関係会社を対象として、内部統制システム(財務報告に係る内部統制システムを含む)に係る内部監
         査も含め、計画的な内部監査を実施しております。また、経営監査室による当社事業所および関係会社の往査に
         は原則として監査等委員が同行し、監査結果につきましては、社長、監査等委員でない取締役および監査等委員
         会に報告されることになっております。
         ③会計監査の状況

          a.監査法人の名称
            有限責任監査法人トーマツ
          b.業務を執行した公認会計士の氏名

            指定有限責任社員 業務執行社員  増村 正之
            指定有限責任社員 業務執行社員                      川添 健史
            指定有限責任社員 業務執行社員  西方                       実
          c.会計監査業務に係る補助者の構成

            公認会計士 7名、その他 12名
            当社は、会社法に基づく会計監査および金融商品取引法に基づく会計監査を有限責任監査法人トーマツに
           委嘱しておりますが、同監査法人および当社監査に関与する同監査法人の業務執行社員と当社との間には、
           特別の利害関係はありません。当社と同監査法人とは、会社法監査および金融商品取引法監査に関しては監
           査契約書を締結し、当該契約に基づき監査報酬を支払っております。また、同監査法人は、当社の会計監査
           に従事する業務執行社員が一定期間を超えて関与しない措置を講じております。
          d.監査法人の選定方針と理由

            当社は、会計監査に必要とされる独立性や専門性、グローバルに展開している当社グループの事業活動に
           対して効果的かつ効率的な監査体制を有しているか等を、総合的に勘案して監査法人を選定しており、                                               有限
           責任監査法人トーマツが適任であると判断しております。
          e.監査等委員および監査等委員会による監査法人の評価

            当社の監査等委員会は、監査法人に対して評価を行っております。その結果、次の方針に抵触する事項は
           なく、監査等委員会として再任の決議を行っております。
           「会計監査人の新たな選任ならびに解任または不再任の決定に関する方針」

            監査等委員会は、会計監査人の選任にあたっては、その独立性、専門性、監査品質、信頼性、社会的な評
           価等を総合的に勘案して、これを決定する。
            監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目のいずれかに該当すると判断した

           ときは、監査等委員全員の同意により、会計監査人を解任いたします。また、会計監査人がその職務を適切
           に遂行することが困難であると判断したとき、または適正性をより高めるために会計監査人の変更が妥当で
           あると判断したとき、その他必要と判断したときは、会計監査人の解任または不再任に関する議案を決定
           し、当該議案を株主総会に提出することを取締役会に求めます。
                                  46/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         ④監査公認会計士等に対する報酬の内容
                                                    (単位:百万円)
                      前連結会計年度                        当連結会計年度
                    (自 2017年4月1日                       (自 2018年4月1日
                     至 2018年3月31日)                         至 2019年3月31日)
        区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく
               報酬            報酬            報酬            報酬
                       67            -            70            -
      提出会社
                       -            -            -            -
      連結子会社
                       67            -            70            -
         計
         ⑤その他重要な報酬の内容

         前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
          当社および当社の連結子会社が、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているデロイト                                                     トウ
         シュ   トーマツに対して支払う報酬の金額は49百万円であります。
         当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

          当社および当社の連結子会社が、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているデロイト                                                     トウ
         シュ   トーマツに対して支払う報酬の金額は51百万円であります。
         ⑥監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

         前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

          該当事項はありません。
         ⑦監査報酬の決定方針

          該当事項はありませんが、報酬見積りの監査の範囲・監査日数等を勘案し決定しております。
         ⑧     監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況、報酬見積りの算定根拠等を確認
         し、これを検討した結果、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたしました。
                                  47/154









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
         ①役員報酬等
          a.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数
                       報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                                             報酬等の総額
                     固定報酬            業績連動報酬
                                                      役員の員数
          役員区分
                                             (百万円)
                             金銭報酬
                                                       (名)
                     金銭報酬                 株式報酬
                           (利益連動給与)
     監査等委員でない取締役
                         54        18        18        91         5
     (社外取締役を除く)
     監査等委員でない取締役
                         -        -        -        -         0
     (社外取締役)
     監査等委員である取締役
                         14        -        -        14         1
     (社外取締役を除く)
     監査等委員である取締役
                         30        -        -        30         3
     (社外取締役)
      (注)1.当事業年度末現在の監査等委員でない取締役は4名(うち社外取締役は0名)、監査等委員である取締役は
           4名(うち社外取締役は3名)であります。
         2.上記の対象となる役員の員数には、2018年6月21日開催の第95期定時株主総会終結の時をもって退任した監
           査等委員でない取締役1名を含んでおります。
         3.上記の株式報酬の総額は、業務執行取締役に付与した株式交付ポイント18,704ポイント(対応する当社株式
           数にして18,704株相当)に係る費用計上額であります。
         4.上記のほか、使用人兼務取締役に対する使用人分給与・賞与は、次のとおりであります。
             区分                総額(百万円)               対象となる取締役の員数(名)
           使用人分給与                             56                   ▶

           使用人分賞与                             20                   3

         5.当社は、2016年6月23日開催の株主総会決議により、監査等委員でない取締役の報酬総額を年額190百万円
           以内、監査等委員である取締役の報酬総額を年額84百万円以内と定めております。また、同株主総会決議に
           より、1年あたりの上限を50百万円かつ54,000株とする退任時交付型の株式交付信託を導入しております。
           当社は定款において、監査等委員でない取締役の員数を10名以内、監査等委員である取締役の員数を5名以
           内と定めており、業績連動報酬は、監査等委員でない取締役のうち業務執行取締役を支給対象とします。
          b.役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針

            当社は、監査等委員でない取締役および監査等委員である取締役の報酬について、株主総会の決議によ
           り、報酬限度額を決定しております。
            また、報酬配分の決定の透明性を高めるべく、当社は、会社法上、報酬委員会の設置を義務づけられては
           おりませんが、取締役会の諮問機関として、社外取締役を構成員とする報酬委員会を設置しております。取
           締役の報酬等に係る方針については、報酬委員会の審議を経たうえ、監査等委員でない取締役の報酬等につ
           いては取締役会の決議により決定し、監査等委員である取締役の報酬等については、監査等委員である取締
           役の協議により決定しております。
          c.報酬委員会の手続の概要

            報酬委員会は、取締役会長、取締役社長、社外取締役および監査等委員である取締役を構成委員とし、取
           締役会の諮問に応じて取締役の報酬等に関する事項ついて審議し、その結果を取締役会に報告します。
          d.最近事業年度における取締役会および報酬委員会の活動状況

            最近事業年度においては、2018年6月21日に取締役会を開催し、監査等委員でない取締役の報酬について
           審議いたしました。また、2019年2月25日に報酬委員会(独立社外取締役が過半数)を開催し、委員全員が
           出席し、取締役の報酬額の妥当性、業績連動報酬支給基準の改定、今後の報酬制度の在り方等につき審議い
           たしました。
                                  48/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         ②取締役に対する業績連動報酬
          当社は、業績と企業価値向上に向けた貢献意識を高めることを目的として、親会社株主に帰属する当期純利益
         (親会社の所有者に帰属する当期利益)を指標とする業績連動報酬(金銭報酬および株式報酬)を導入しており
         ます。また、中長期的な業績の向上に向けたインセンティブとして機能するよう、退任時交付型の株式報酬(毎
         年の業績に応じて株式交付ポイントを付与し、累積ポイント数に基づく株式を退任時に交付する)を導入してお
         ります。
          なお、当連結会計年度における親会社株主に帰属する当期純利益は、4,645百万円であります。
         ③業績連動報酬の額の決定方法

          a.利益連動給与(業績に連動して支給する金銭報酬をいう。以下、同じ。)の支給基準
            支給要件
            当社の監査等委員でない常勤取締役(業務執行取締役でない取締役を除く。)に対して支給する利益連動
           給与は、期末の業績が次の要件を満たす場合に限りこれを支給する。
            (1)一株あたり配当が、12円/年以上であること。
            (2)親会社株主に帰属する当期純利益が3,000百万円以上かつ単体当期純利益が黒字であること。
            利益連動給与の総額の算定式

            取締役に対して支給する利益連動給与総額については、次の算式により算定する。
            ただし、当算定式に基づく利益連動給与総額の確定限度額は50百万円とする。
            利益連動給与総額
            =業績連動型株式報酬および利益連動給与支給前の親会社株主に帰属する当期純利益
             ×0.004×(1.05)
                     n-4
             *         n=取締役人数
            役位別利益連動給与額

            個々の取締役に対する利益連動給与額については、次のとおり役位別に定めるものとし、使用人給与を除
           いた取締役報酬月額を社長を1.000として係数化し、全取締役の係数の合計(S)で除した配分率で利益連
           動給与総額を配分する。
            算式は、S=0.735V+0.676W+1.0+0.781X+0.147Y とする。
                                 [配分率]      [対象人数]
            代表取締役会長                    0.735/S        V名
            代表取締役副会長                    0.676/S        W名
            代表取締役社長                    1.0/S        1名
            その他の代表取締役                    0.781/S        X名
            取締役(使用人兼務)                    0.147/S        Y名
            個々の取締役に対する役位別の利益連動給与の限度額を、次のとおりとする。

            (1)代表取締役会長                    9.0百万円
            (2)代表取締役副会長                    8.5百万円
            (3)代表取締役社長                    12.5百万円
            (4)その他の代表取締役                    10.0百万円
            (5)取締役(使用人兼務)                    2.0百万円
          b.株式報酬の支給基準

            上記の利益連動給与と同じ支給基準により株式報酬の支給額を算出し、これを平均取得単価(信託契約に
           基づき受託者が株式市場等から取得した会社株式の平均単価)にて除して毎年の株式交付ポイントを算出す
           る(1未満は切り捨て)。支給対象となる取締役が在任期間中に付与された株式交付ポイントの累計と同数
           の当社株式を、退任時に交付する。
                                  49/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
          c.第97期以降の業績連動報酬の支給基準
            業績連動報酬に係る業務の効率化と、業績と報酬との連動性を高めることを目的として、第97期以降の利
           益連動給与の支給基準を次のとおり変更する。また、第97期以降の株式報酬についても変更後の支給基準に
           より支給額を算出する。
            支給要件

            当社の監査等委員でない常勤取締役(業務執行取締役でない取締役を除く。)に対して支給する利益連動
           給与は、期末の業績が次の要件を満たす場合に限りこれを支給する。
            (1)一株あたり配当が、12円/年以上であること。
            (2)          業績連動報酬支給前の          親会社の所有者に帰属する当期利益が3,000百万円以上かつ単体当期純利益
               が黒字であること。
            利益連動給与の総額の算定式

            取締役に対して支給する利益連動給与総額については、次の算式により算定する。
            ただし、当算定式に基づく利益連動給与総額の確定限度額は50百万円とする。
            利益連動給与総額
            =        利益標準額×0.004×(1.05)
                          n-4
             *         n=取締役人数
             *         利益標準額は、親会社の所有者に帰属する当期利益の額に応じて次のとおりとする。
     業績連動報酬支給前の親会社の所有者に帰属する当期利益                                       利益標準額

           3,000百万円以上3,200百万円未満                                 3,100百万円
           3,200百万円以上3,400百万円未満                                 3,300百万円
           3,400百万円以上3,600百万円未満                                 3,500百万円
           3,600百万円以上3,800百万円未満                                 3,700百万円
           3,800百万円以上4,000百万円未満                                 3,900百万円
      業績連動報酬支給前の親会社の所有者に帰属する当期利益が4,000百万円以上である場合も同様に200百万円ごとに区分
      し、その中央の値を利益標準額とする。
            役位別利益連動給与額

            個々の取締役に対する利益連動給与額については、次のとおり役位別に定めるものとし、使用人給与を除
           いた取締役報酬月額を社長を1.000として係数化し、全取締役の係数の合計(S)で除した配分率で利益連
           動給与総額を配分する。
            算式は、S=0.735V+0.676W+1.0+0.781X+0.147Y とする。
                                 [配分率]      [対象人数]
            代表取締役会長                    0.735/S        V名
            代表取締役副会長                    0.676/S        W名
            代表取締役社長                    1.0/S        1名
            その他の代表取締役                    0.781/S        X名
            取締役(使用人兼務)                    0.147/S        Y名
            個々の取締役に対する役位別の利益連動給与の限度額を、次のとおりとする。

            (1)代表取締役会長                    18.0百万円
            (2)代表取締役副会長                    17.0百万円
            (3)代表取締役社長                    25.0百万円
            (4)その他の代表取締役                    20.0百万円
            (5)取締役(使用人兼務)                    4.0百万円
                                  50/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
       ① 投資株式の区分の基準および考え方
         当社が保有する投資株式については、すべて純投資目的以外の目的である投資株式であり、貸借対照表上は投資
        有価証券に区分しております。
       ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針および保有の合理性を検証する方法ならびに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
         内容
         当社取締役会は、毎年、政策保有株式の見直しを行い、当社の保有方針への適合性に加え、保有に伴う便益やリ
        スクが資本コストに見合っているか等を精査・検証し、保有意義が乏しいと判断した場合には削減する方針として
        おります。
         すべての個別銘柄毎に、貸借対照表価額に対する資本コストと比較した配当金および関連取引利益などの関連収
        益の状況を検証した結果、検証対象の大半において関連収益が資本コストを上回っていることを確認いたしまし
        た。あわせて、すべての個別銘柄ごとに定性的な保有意義を確認いたしました。結果として、保有意義の希薄化な
        どにより、今後売却を検討していく銘柄も確認いたしました。
       b.銘柄数および貸借対照表計上額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      25             133

     非上場株式
                      29            5,074
     非上場株式以外の株式
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                                     加入している取引先持株会を通じての買付によ
                      3             9
     非上場株式以外の株式
                                     る増加
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      1             1

     非上場株式
                      1             0
     非上場株式以外の株式
                                  51/154








                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       c.特定投資株式およびみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
         特定投資株式
                   当事業年度          前事業年度
                                                         当社の
                  株式数(株)          株式数(株)
                                        保有目的、定量的な保有効果                 株式の
         銘柄
                                        および株式数が増加した理由                 保有の
                 貸借対照表計上額          貸借対照表計上額
                                                          有無
                   (百万円)          (百万円)
                                     合成ゴムの主要仕入先であり、継続的な取
                      600,202          600,202
     JSR株式会社                                引を目的とし、同社との良好な取引関係の                     有
                       1,029          1,436
                                     維持、強化を図るため。
                                     主要取引金融機関であり、株式会社三井住
                      125,565          125,565
                                     友銀行との間で資金借入取引等の銀行取引
     株式会社三井住友フィ
                                     を行っており、継続的な取引を目的とし、                     有
     ナンシャルグループ
                                     同社との良好な取引関係の維持、強化を図
                        486          559
                                     るため。
                                     地元企業として継続的な地域貢献を目的と
                      275,000          275,000
     株式会社ノーリツ                                し、同社との良好な関係の維持、強化を図                     有
                        475          528
                                     るため。
                                     一般産業用伝動ベルト製品の取引を行って
                      118,000          118,000
     株式会社マキタ                                おり、継続的な取引を目的とし、同社との                     有
                        454          613
                                     良好な取引関係の維持、強化を図るため。
                                     自動車用伝動ベルト製品の取引を行ってお
                       84,000          84,000
     スズキ株式会社                                り、継続的な取引を目的とし、同社との良                     無
                        411          481
                                     好な取引関係の維持、強化を図るため。
                                     免震支承用ゴム製品の材料を供給してお
                      212,750          212,750
     オイレス工業株式会社                                り、継続的な取引を目的とし、同社との良                     有
                        375          481
                                     好な取引関係の維持、強化を図るため。
                                     あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と
                       73,181          73,181
     MS&ADインシュア
                                     の間で損害保険契約等の取引を行ってお
     ランスグループホール                                                     有
                                     り、同社との良好な取引関係の維持、強化
     ディングス株式会社                   246          245
                                     を図るため。
                                     主要取引金融機関であり、株式会社みずほ
                     1,001,000          1,001,000
                                     銀行との間で資金借入取引等の銀行取引を
     株式会社みずほフィナ
                                     行っており、継続的な取引を目的とし、同                     有
     ンシャルグループ
                                     社との良好な取引関係の維持、強化を図る
                        171          191
                                     ため。
                                     農業機械向けの伝動ベルト製品の取引を
                      100,000          100,000
                                     行っており、継続的な取引を目的とし、同
     株式会社クボタ                                                     無
                                     社との良好な取引関係の維持、強化を図る
                        159          186
                                     ため。
                                     樹脂コンベヤベルト製品の取引を行ってお
                       33,000          33,000
     岩塚製菓株式会社                                り、継続的な取引を目的とし、同社との良                     有
                        139          174
                                     好な取引関係の維持、強化を図るため。
                                     パワーシーブ等プーリの外注先であり、継
                      141,220          141,220
     株式会社カネミツ                                続的な取引を目的とし、同社との良好な取                     有
                        129          153
                                     引関係の維持、強化を図るため。
                                     鉄道用床材製品の取引を行っており、継続
                       5,000          5,000
     東海旅客鉄道株式会社                                的な取引を目的とし、同社との良好な取引                     無
                        128          100
                                     関係の維持、強化を図るため。
                                     農業機械向けの伝動ベルト製品の取引を
                       77,200          77,200
                                     行っており、継続的な取引を目的とし、同
     井関農機株式会社                                                     有
                                     社との良好な取引関係の維持、強化を図る
                        125          162
                                     ため。
                                  52/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                   当事業年度          前事業年度

                                                         当社の
                  株式数(株)          株式数(株)
                                        保有目的、定量的な保有効果                 株式の
         銘柄
                                        および株式数が増加した理由                 保有の
                 貸借対照表計上額          貸借対照表計上額
                                                          有無
                   (百万円)          (百万円)
                                     自動車用伝動ベルト製品の取引を行ってお
                      120,000          120,000
     日産自動車株式会社                                り、継続的な取引を目的とし、同社との良                     無
                        108          132
                                     好な取引関係の維持、強化を図るため。
                                     コンベヤベルト製品の取引を行っており、
                       26,875          26,875
     太平洋セメント株式会
                                     継続的な取引を目的とし、同社との良好な                     無
     社
                         99          103
                                     取引関係の維持、強化を図るため。
                                     合成ゴムおよびウレタンの主要仕入先であ
                       55,500          55,500
     東ソー株式会社                                り、継続的な取引を目的とし、同社との良                     有
                         95          115
                                     好な取引関係の維持、強化を図るため。
                                     医療用フイルム製品の取引を行っており、
                       17,377          16,898
                                     継続的な取引を目的とし、同社との良好な
                                     取引関係の維持、強化を図るため。
     久光製薬株式会社                                                     無
                                     また、当社は同社の持株会に加入してお
                         88          139   り、定期的な株式買付により、前期末より
                                     株式数が増加。
                                     自動車用伝動ベルト製品の取引を行ってお
                       33,777          32,298
                                     り、継続的な取引を目的とし、同社との良
                                     好な取引関係の維持、強化を図るため。
     株式会社SUBARU
                                                          無
                                     また、当社は同社の持株会に加入してお
                         85          112   り、配当分を株式投資に充当していること
                                     から、前期末より株式数が増加。
                                     同じ経営研究会に参画し、経営者同士の交
                       72,000          72,000
                                     流を行っており、継続的に交流を重ねるこ
     株式会社ノザワ                                                     有
                                     とを目的とし、同社との良好な関係の維
                         54          87
                                     持、強化を図るため。
                                     建装用フイルム製品の取引を行っており、
                       27,890          26,921
                                     継続的な取引を目的とし、同社との良好な
     凸版印刷株式会社
                                     取引関係の維持、強化を図るため。
                                                          無
     (注)2
                                     また、当社は同社の持株会に加入してお
                         46          47  り、定期的な株式買付により、前期末より
                                     株式数が増加。
                                     鉄道用床材製品の取引を行っており、継続
                       5,000          5,000
     西日本旅客鉄道株式会
                                     的な取引を目的とし、同社との良好な取引                     無
     社
                         41          37
                                     関係の維持、強化を図るため。
                                     コンベヤベルト製品の取引を行っており、
                       9,502          9,502
     三菱マテリアル株式会
                                     継続的な取引を目的とし、同社との良好な                     無
     社
                         27          30
                                     取引関係の維持、強化を図るため。
                                     当社のシステム構築および運用支援を受け
                       30,000          30,000
     株式会社さくらケー                                ており、継続的な取引を目的とし、同社と
                                                          有
     シーエス                                の良好な取引関係の維持、強化を図るた
                         24          20
                                     め。
                                     合成ゴムの主要仕入先であり、継続的な取
                       20,000          20,000
     日本ゼオン株式会社                                引を目的とし、同社との良好な取引関係の                     有
                         22          30
                                     維持、強化を図るため。
                                     コンベヤベルト製品の取引を行っており、
                       4,500          4,500
     日鉄鉱業株式会社                                継続的な取引を目的とし、同社との良好な                     有
                         20          27
                                     取引関係の維持、強化を図るため。
                                  53/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                   当事業年度          前事業年度

                                                         当社の
                  株式数(株)          株式数(株)
                                        保有目的、定量的な保有効果                 株式の
         銘柄
                                        および株式数が増加した理由                 保有の
                 貸借対照表計上額          貸借対照表計上額
                                                          有無
                   (百万円)          (百万円)
                                     一般産業用伝動ベルト製品の取引を行って
                       3,643          3,643
     澁谷工業株式会社                                おり、継続的な取引を目的とし、同社との                     無
                         11          13
                                     良好な取引関係の維持、強化を図るため。
     ジェイ    エフ   イー
                                     コンベヤベルト製品の取引を行っており、
                       4,300          4,300
                                     継続的な取引を目的とし、同社との良好な                     無
     ホールディングス株式
                         8          9
                                     取引関係の維持、強化を図るため。
     会社
                                     コンベヤベルト製品の取引を行っており、
                        802          802
     住友大阪セメント株式
                                     継続的な取引を目的とし、同社との良好な                     無
     会社(注)2
                         3          3
                                     取引関係の維持、強化を図るため。
                                     主要取引金融機関であり、株式会社三菱U
                       2,500          2,500
     株式会社三菱UFJ                                FJ銀行との間で資金借入取引等の銀行取
     フィナンシャル・グ                                引を行っており、継続的な取引を目的と                     有
     ループ                                し、同社との良好な取引関係の維持、強化
                         1          1
                                     を図るため。
      (注)1.定量的な保有効果については、取引先との秘密保持の観点から記載することが困難であります。なお、保有
           の合理性を検証した方法については、「                   ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式」の「a.保有
           方針および保有の合理性を検証する方法ならびに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
           内容」に記載のとおりであります。
         2.凸版印刷株式会社および住友大阪セメント株式会社におきましては、当事業年度中に株式併合を実施してい
           るため、前事業年度の株式数については株式併合後の数値で記載しております。
                                  54/154












                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         みなし保有株式
                   当事業年度          前事業年度
                                                         当社の
                  株式数(株)          株式数(株)
                                        保有目的、定量的な保有効果                 株式の
         銘柄
                                        および株式数が増加した理由                 保有の
                 貸借対照表計上額          貸借対照表計上額
                                                          有無
                   (百万円)          (百万円)
                                     主要取引金融機関であり、株式会社三菱U
                                     FJ銀行との間で資金借入取引等の銀行取
                     2,313,830          2,313,830
                                     引を行っており、継続的な取引を目的と
     株式会社三菱UFJ
                                     し、同社との良好な取引関係の維持、強化
     フィナンシャル・グ                                                     有
                                     を図るため、継続して保有しており、退職
     ループ
                                     給付信託に拠出している。この議決権行使
                       1,272          1,612
                                     については、当社が指図権を留保してい
                                     る。
                                     同社との良好な取引関係の維持、強化を図
                       15,794          15,794
     三井住友トラスト・
                                     るため、継続して保有しており、退職給付
     ホールディングス株式                                                     無
                                     信託に拠出している。この議決権行使につ
                         62          68
     会社
                                     いては、当社が指図権を留保している。
                                     主要取引金融機関であり、株式会社みずほ
                                     銀行との間で資金借入取引等の銀行取引を
                      119,000          119,000
                                     行っており、継続的な取引を目的とし、同
     株式会社みずほフィナ
                                     社との良好な取引関係の維持、強化を図る                     有
     ンシャルグループ
                                     ため、継続して保有しており、退職給付信
                         20          22
                                     託に拠出している。この議決権行使につい
                                     ては、当社が指図権を留保している。
      (注)定量的な保有効果については、取引先との秘密保持の観点から記載することが困難であります。なお、保有の合
         理性を検証した方法については、「                ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式」の「a.保有方針およ
         び保有の合理性を検証する方法ならびに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容」に記載
         のとおりであります。
      (注)貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。

                                  55/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表および財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        第93条の規定により、IFRSに準拠して作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
       まで)の連結財務諸表および事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監
       査法人トーマツにより監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みおよびIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成するこ

       とができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みおよびIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作
       成することができる体制の整備を行っております。その内容は次のとおりであります。
      (1)会計基準等の内容を適切に把握し、遅滞なく開示できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ

        加入しております。
      (2)IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把

        握を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表等を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計
        方針および会計指針を作成し、それらに基づいて会計処理を行っております。
                                  56/154












                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                              IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度
                       注記
                            (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                       番号
     資産
      流動資産
                       7,34           18,935           18,476           17,530
       現金及び現金同等物
                       8,34           20,835           21,492           21,707
       営業債権及びその他の債権
                        9          10,950           12,207           12,949
       棚卸資産
                                    19            7           12
       未収法人所得税
                       10,34             603           481           471
       その他の金融資産
                                    812           832           894
                        11
       その他の流動資産
                                  52,158           53,498           53,564
       流動資産合計
      非流動資産
                       12,14           32,487           32,762           32,597
       有形固定資産
                        13             74           74           72
       のれん
                       13,14            1,666           1,813           1,761
       無形資産
       持分法で会計処理されている
                        15           5,533           5,814           6,357
       投資
                       10,34            7,535           8,200           6,997
       その他の金融資産
                        16            412           349           457
       繰延税金資産
                                    672           733           748
                        11
       その他の非流動資産
                                  48,383           49,748           48,992
       非流動資産合計
                                  100,541           103,246           102,557
     資産合計
                                  57/154












                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                              IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度
                       注記
                            (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                       番号
     負債および資本
      負債
       流動負債
                       17,34           16,293           18,067           16,650
        営業債務及びその他の債務
                       18,34            4,499           2,921           2,768
        社債及び借入金
                                    868           782           552
        未払法人所得税
                       21,34             46           31           38
        その他の金融負債
                        22             -           -           315
        引当金
                                   4,014           4,218           3,908
                        23
        その他の流動負債
                                  25,722           26,022           24,232
        流動負債合計
       非流動負債
                        18          10,913            9,226           7,635
        社債及び借入金
                        20           2,169           1,407           1,623
        退職給付に係る負債
                       21,34             154           139           145
        その他の金融負債
                        16            505           926           470
        繰延税金負債
                                    277           315           316
                        23
        その他の非流動負債
                                  14,021           12,015           10,192
        非流動負債合計
                                  39,743           38,037           34,424
       負債合計
      資本
                        24          10,951           10,951           10,951
       資本金
                        24           3,022           3,060           3,092
       資本剰余金
                        24          45,380           49,442           53,147
       利益剰余金
                        24          △ 1,368          △ 1,433          △ 1,346
       自己株式
                                   2,587           2,952           2,026
                        24
       その他の資本の構成要素
       親会社の所有者に帰属する持
                                  60,574           64,974           67,871
       分合計
                                    223           235           261
       非支配持分
                                  60,798           65,209           68,132
       資本合計
                                  100,541           103,246           102,557
     負債および資本合計
                                  58/154









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                           注記
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                           番号
                                 至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
                           6,26               90,798               94,318
     売上収益
                                          63,272               66,755
                           27
     売上原価
                                          27,526               27,562
     売上総利益
                           27              20,837               21,059
     販売費及び一般管理費
                           28
     その他の収益                                      244               327
                           28                527               920
     その他の費用
                                           750               905
                           15
     持分法による投資利益
                                          7,156               6,815
     営業利益
                           29
                                           275               487
     金融収益
                                           532               135
                           29
     金融費用
                                          6,899               7,166
     税引前当期利益
                           16               1,763               1,676
     法人所得税費用
                                          5,136               5,490
     当期利益
     当期利益の帰属:

                                          5,100               5,457
      親会社の所有者
                                            35               33
      非支配持分
                                          5,136               5,490
      当期利益
     親会社の所有者に帰属する1株当たり当期

     利益
                                          111.39               119.09
      基本的1株当たり当期利益(円)                     31
                                  59/154











                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                           注記
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                           番号
                                 至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
                                          5,136               5,490
     当期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて測定する金
                           30                534              △ 828
       融資産の公正価値の純変動
                           30                334              △ 373
       確定給付制度の再測定
       持分法適用会社におけるその他の包括
                                           △ 69               31
                           30
       利益に対する持分
      純損益に振り替えられることのない項目
                                           799             △ 1,170
      合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項

      目
                           30                △ 0              △ 96
       在外営業活動体の換算差額
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価
                           30                △ 0               -
       値の純変動
       持分法適用会社におけるその他の包括
                                          △ 158                20
                           30
       利益に対する持分
      純損益に振り替えられる可能性のある項
                                          △ 159               △ 76
      目合計
                                           640             △ 1,246
      その他の包括利益合計
                                          5,776               4,244
     当期包括利益
     当期包括利益の帰属:

                                          5,755               4,200
      親会社の所有者
                                            21               43
      非支配持分
                                          5,776               4,244
      当期包括利益
                                  60/154









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結持分変動計算書】
                                                      (単位:百万円)

                               親会社の所有者に帰属する持分
                                               親会社の
                                          その他の         非支配持分     資本合計
                    注記                           所有者に
                        資本金    資本剰余金     利益剰余金     自己株式     資本の構
                    番号                           帰属する
                                          成要素
                                               持分合計
     2017年4月1日 残高
                        10,951     3,022    45,380    △ 1,368     2,587    60,574      223   60,798
      当期利益
                                  5,100              5,100      35   5,136
                                            655     655    △ 14    640
      その他の包括利益
     当期包括利益合計                     -     -   5,100      -    655    5,755      21   5,776
      剰余金の配当              25             △ 1,329             △ 1,329      △ 9  △ 1,338

      自己株式の取得              24                  △ 156         △ 156         △ 156
      自己株式の処分              24          11          83          95          95
      株式に基づく報酬取引              24,33           26          7         34          34
      その他の資本の構成要素から
                                   290         △ 290     -          -
                     24
      利益剰余金への振替
     所有者との取引額等合計
                          -     37   △ 1,038     △ 65   △ 290   △ 1,356      △ 9  △ 1,365
     2018年3月31日 残高                   10,951     3,060    49,442    △ 1,433     2,952    64,974      235   65,209

      当期利益                            5,457              5,457      33   5,490

                                           △ 1,256    △ 1,256      10   △ 1,246
      その他の包括利益
     当期包括利益合計                     -     -   5,457      -   △ 1,256     4,200      43   4,244
      剰余金の配当              25             △ 1,421             △ 1,421     △ 17   △ 1,439

      自己株式の取得              24                   △ 2         △ 2         △ 2
      自己株式の処分              24          14          84          98          98
      持分法適用会社に対する持分変動
                                        △ 7         △ 7         △ 7
      に伴う自己株式の増減
      株式に基づく報酬取引
                    24,33           18          12          30          30
      その他の資本の構成要素から
                                  △ 330          330     -          -
                     24
      利益剰余金への振替
     所有者との取引額等合計                     -     32   △ 1,751      86    330   △ 1,302     △ 17   △ 1,320
     2019年3月31日 残高                   10,951     3,092    53,147    △ 1,346     2,026    67,871      261   68,132

                                  61/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                           注記
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                           番号
                                 至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          6,899               7,166
      税引前当期利益
                                          4,352               4,489
      減価償却費及び償却費
                                           267               166
      減損損失
                                          △ 237              △ 301
      受取利息及び受取配当金
                                           147               117
      支払利息
      持分法による投資損益(△は益)                                    △ 750              △ 905
      固定資産除売却損益(△は益)                                     158               281
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                   △ 1,303               △ 851
      営業債権及びその他の債権の増減額(△
                                          △ 846              △ 288
      は増加)
      営業債務及びその他の債務の増減額(△
                                          1,748              △ 1,544
      は減少)
      退職給付に係る負債の増減額(△は減
                                          △ 759               224
      少)
      引当金の増減額(△は減少)                                     -               315
                                           834              △ 870
      その他
                                          10,511                7,998
              小計
      利息及び配当金の受取額                                     672               701
                                          △ 152              △ 116
      利息の支払額
                                         △ 1,859              △ 1,986
      法人所得税の支払額
                                            12                5
      法人所得税の還付額
                                          9,183               6,602
     営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー

                                          △ 452              △ 441
      定期預金の預入による支出
                                           578               432
      定期預金の払戻による収入
                                         △ 4,478              △ 3,986
      有形固定資産の取得による支出
                                            30               29
      有形固定資産の売却による収入
                                          △ 781              △ 568
      無形資産の取得による支出
                                           △ 20              △ 21
      資本性金融商品の取得による支出
      資本性金融商品の売却による収入                                     135                31
      持分法で会計処理される投資の取得によ
                                           △ 29               -
      る支出
                                            10              △ 51
      その他
                                         △ 5,008              △ 4,575
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  62/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                           注記
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                           番号
                                 至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                     32               △ 206                -
                           32                100                -
      長期借入れによる収入
                           32              △ 3,048              △ 1,772
      長期借入金の返済による支出
                                          △ 155               △ 1
      自己株式の取得による支出
                                            95               98
      自己株式の売却による収入
                           25              △ 1,329              △ 1,421
      親会社の所有者への配当金の支払額
                                           △ 9              △ 17
      非支配持分への配当金の支払額
                                           △ 33              △ 19
                           32
      その他
                                         △ 4,588              △ 3,133
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 45               159

     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     △ 458              △ 946
     現金及び現金同等物の期首残高                                    18,935               18,476
                           7              18,476               17,530
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  63/154














                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        【連結財務諸表注記】
      1.報告企業
        バンドー化学株式会社(以下、「当社」という。)は日本に所在する株式会社であります。
        当社の登記している本社の住所は神戸市中央区港島南町4丁目6番6号であります。
        当社の連結財務諸表は3月31日を期末日とし、当社および子会社(以下、「当社グループ」という。)、ならびに
       当社の関連会社および共同支配企業に対する持分により構成されております。当社グループの主な事業内容は、
       「6.セグメント情報」に記載のとおりであります。
      2.作成の基礎

      (1)連結財務諸表がIFRSに準拠している旨および初度適用に関する記載
         当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令
        第28号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定により国際
        財務報告基準(以下、「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
         本連結財務諸表は、2019年6月25日に代表取締役社長                             吉井   満隆によって承認されております。
         当社グループは、当連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)からIFRSを初めて適用しており、
        当連結財務諸表がIFRSに従って作成する最初の連結財務諸表となります。IFRSへの移行日は2017年4月1日であ
        り、IFRSへの移行日および比較年度において、IFRSへの移行が当社グループの財政状態、経営成績およびキャッ
        シュ・フローの状況に与える影響は、「38.初度適用」に記載のとおりであります。
         早期適用していないIFRSおよびIFRS第1号「国際財務報告基準の初度適用」(以下、IFRS第1号)の規定により
        認められた免除規定を除き、当社グループの会計方針は2019年3月31日時点で有効なIFRSに準拠しております。
      (2)測定の基礎

         当社グループの連結財務諸表は、「3.重要な会計方針」に記載している金融商品、退職給付制度に係る負債
        (資産)の純額等を除き、取得原価を基礎として作成しております。
      (3)機能通貨および表示通貨

         当社グループの連結財務諸表は当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未満の端数を切り捨
        てて表示しております。
                                  64/154











                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      3.重要な会計方針
      (1)連結の基礎
       ① 子会社
         子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。支配とは、企業への関与により生じる変動リ
        ターンに対するエクスポージャーまたは権利を有し、かつ企業に対するパワーにより当該リターンに影響を及ぼす
        能力を有している場合をいいます。
         子会社については、当社グループが支配を獲得した日を取得日とし、その日より当社グループが支配を喪失する
        日まで連結しております。子会社が適用する会計方針が当社グループの適用する会計方針と異なる場合には、必要
        に応じて当該子会社の財務諸表の調整を行っております。
         子会社に対する所有持分の変動で支配の喪失とならないものは、資本取引として会計処理しております。支配を
        喪失した場合には、支配の喪失から生じた利得および損失を純損益として認識しております。
         非支配持分の調整額と対価の公正価値との差額は、親会社の所有者に帰属する持分として資本に直接認識されて
        おります。
         連結財務諸表には、子会社の所在する現地法制度上、親会社と異なる決算日が要請されていることにより、決算
        日を親会社の決算日に統一することが実務上不可能であり、親会社の決算日と異なる日を決算日とする子会社の財
        務諸表が含まれております。決算日が異なる子会社の財務諸表は、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務
        諸表を使用しております。
         連結財務諸表の作成にあたり、当社グループ内の債権債務残高および内部取引高、ならびに内部取引により生じ
        た未実現損益を相殺消去しております。
       ② 関連会社および共同支配企業

         関連会社とは、当社グループがその財務および経営方針に対して重要な影響力を有しているものの、支配または
        共同支配をしていない企業をいいます。また、共同支配企業とは、当社グループを含む複数の当事者が共同支配に
        より重要な経済活動を行う契約上の取決めに基づいており、かつ、当社グループが純資産に対する権利を有してい
        る企業をいいます。
         関連会社または共同支配企業への投資は、当社グループが重要な影響力を有することとなった日から重要な影響
        力を喪失する日まで、持分法を用いて処理しております。関連会社または共同支配企業が適用する会計方針が当社
        グループの適用する会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該関連会社または共同支配企業の財務諸表の調整
        を行っております。
         持分法適用会社との取引から発生した未実現利益は、被投資企業に対する当社持分を上限として投資から控除し
        ております。未実現損失は、減損が生じている証拠がない場合に限り、未実現利益と同様の方法で控除しておりま
        す。
         連結財務諸表には、他の株主との関係等により、報告期間の末日を統一することが実務上不可能であるため、当
        社の報告期間の末日と異なる関連会社に対する投資が含まれております。決算日の差異により生じる期間の重要な
        取引または事象については必要な調整を行っております。
      (2)企業結合

         当社グループは、企業結合の会計処理として取得法を適用しております。企業結合において取得した識別可能資
        産および引き受けた識別可能負債と偶発負債は、取得日における公正価値で測定しております。取得に関連して発
        生したコストは、発生時に費用として認識しております。非支配持分は、当社グループの持分とは別個に識別して
        おります。被取得企業に対する非支配持分の測定については、非支配持分を公正価値で測定するか、被取得企業の
        識別可能な資産および負債の純額に対する非支配持分の比例割合で測定するか、個々の企業結合取引ごとに選択し
        ております。
         のれんは、移転された企業結合の対価、被取得企業の非支配持分の金額および取得企業が以前に保有していた被
        取得企業の資本持分の公正価値の合計額が、取得日における識別可能資産および負債の正味価額を上回る場合にそ
        の超過額として測定しております。
         割安購入により、当該金額が取得した識別可能資産および負債の正味価額を下回る場合、差額は純損益として認
        識しております。
         のれんは償却を行わず、毎年または減損の兆候が存在する場合にはその都度、減損テストを実施しております。
        のれんの帳簿価額は取得原価から減損損失累計額を控除した額で表示しております。のれんの減損損失は純損益と
        して認識し、戻入れは行っておりません。
         のれんは、減損テスト実施のために、企業結合からの便益を得ることが期待される個々の資金生成単位または資
        金生成単位グループに配分しております。
                                  65/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (3)外貨換算
       ① 外貨建取引
         当社グループ各社の財務諸表は、その企業が事業活動を行う主たる経済環境の通貨である機能通貨で作成してお
        ります。
         外貨建取引は、取引日における為替レートまたはそれに近似するレートで当社グループ各社の機能通貨に換算し
        ております。
         期末日における外貨建の貨幣性資産および負債は、期末日の為替レートで機能通貨に換算し、換算または決済に
        よって生じる換算差額は純損益として認識しております。ただし、その他の包括利益を通じて測定する金融資産お
        よびキャッシュ・フロー・ヘッジから生じる換算差額については、その他の包括利益として認識しております。
       ② 在外営業活動体

         在外営業活動体の資産および負債については期末日の為替レート、収益および費用については連結会計期間中の
        為替レートが著しく変動していない限り、期中平均レートを用いて日本円に換算しております。在外営業活動体の
        財務諸表の換算から生じる為替換算差額は、その他の包括利益として認識しております。当該差額は「在外営業活
        動体の換算差額」として、その他の資本の構成要素に含めております。
      (4)金融商品

       ① デリバティブ以外の金融資産
       (ⅰ)分類
          当社グループは、デリバティブ以外の金融資産を、償却原価で測定する金融資産、その他の包括利益を通じて
         公正価値で測定する金融資産、または純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類しております。
         a.償却原価で測定する金融資産

          金融資産は、次の要件を共に満たす場合に償却原価で測定する金融資産に分類しております。
           ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために金融資産を保有することを目的とする事業モデルに基づい
            て保有されている。
           ・金融資産の契約条件により、元本および元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが所
            定の日に生じる。
         b.その        他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産

          (a)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融資産
             金融資産は、次の要件を共に満たす場合にその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融資
            産に分類しております。
             ・契約上のキャッシュ・フローの回収と売却の両方によって目的が達成される事業モデルに基づいて保
              有されている。
             ・金融資産の契約条件により、元本および元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フロー
              が所定の日に生じる。
          (b)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産

             償却原価で測定する金融資産、またはその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融資産以
            外の金融資産のうち、当初認識時に事後の公正価値の変動をその他の包括利益に表示するという取消不能
            な選択をした資本性金融資産については、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類
            しております。
         c.純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

          償却原価で測定する金融資産またはその他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産以外の金融資産
         は、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類しております。
          ただし、純損益を通じて公正価値で測定しない金融資産に対し、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
         として指定することにより、会計上のミスマッチを除去または大幅に低減する場合には、当初認識時に、純損益
         を通じて公正価値で測定する金融資産として指定する取消不能な選択をする場合があります。
                                  66/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (ⅱ)当初認識および測定
          当社グループは、営業債権及びその他の債権を、これらの発生日に当初認識しております。その他のすべての
         金融資産は、当社グループが当該金融資産の契約当事者となった取引日に当初認識しております。すべての金融
         資産は、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類される場合を除き、公正価値に取引コストを加算し
         た金額で当初測定しております。
       (ⅲ)事後測定

          金融資産の当初認識後の測定は、その分類に応じて次のとおり測定しております。
         a.償却原価で測定する金融資産

          償却原価で測定する金融資産については、実効金利法による償却原価で測定しております。
         b.その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産

          (a)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融資産
             その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融資産に係る公正価値の変動額は、減損利得ま
            たは減損損失および為替差損益を除き、当該金融資産の認識の中止が行われるまで、その他の包括利益と
            して認識しております。当該金融資産の認識の中止が行われる場合、過去に認識したその他の包括利益は
            純損益に振り替えております。
          (b)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産

             その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産に係る公正価値の変動額は、その他の包
            括利益として認識しております。当該金融資産の認識の中止が行われる場合、または公正価値が著しく下
            落した場合、過去に認識したその他の包括利益は利益剰余金に直接振り替えております。なお、当該金融
            資産からの配当金については純損益として認識しております。
         c.純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

          純損益を通じて公正価値で測定する金融資産については、当初認識後は公正価値で測定し、その変動額は純損
         益として認識しております。
       (ⅳ)認識の中止

          金融資産は、キャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅したか、譲渡されたか、または実質的に所有に
         伴うすべてのリスクと経済価値が移転した場合に認識を中止しております。
       (ⅴ)減損

          当社グループは償却原価で測定する金融資産に係る予想信用損失に対する貸倒引当金を認識しております。
         a.  信用リスクの著しい増大の判定

          当社グループは、期末日ごとに、金融資産の債務不履行発生のリスクを期末日現在と当初認識日現在で比較
         し、金融資産に係る信用リスクが当初認識以降に著しく増大しているかどうかを評価しております。
          なお、当社グループは、信用リスクが著しく増加しているかどうかを当初認識以降の債務不履行の発生リスク
         の変化に基づいて判断しており、債務不履行の発生リスクに変化があるかどうかを評価するにあたっては、主に
         次を考慮しております。
          ・期日経過の情報
          ・借手の経営成績の悪化
         b.予想信用損失アプローチ

          予想信用損失は、契約に基づいて当社グループが受け取るべき契約上のキャッシュ・フローと、当社グループ
         が受け取ると見込んでいるキャッシュ・フローとの差額の現在価値であります。金融資産に係る信用リスクが当
         初認識以降に著しく増大している場合には、当該金融資産に係る貸倒引当金を全期間の予想信用損失に等しい金
         額で測定し、著しく増加していない場合には、12ヶ月の予想信用損失に等しい金額で測定しております。
          なお、上記にかかわらず、重大な金融要素を含んでいない営業債権については、貸倒引当金を全期間の予想信
         用損失に等しい金額で測定しております。
          金融資産に係る貸倒引当金の繰入額は、純損益で認識しております。貸倒引当金を減額する事象が発生した場
         合は、貸倒     引当金の戻入額を純損益で認識しております。
                                  67/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       ② デリバティブ以外の金融負債

       (ⅰ)分類
          当社グループは、デリバティブ以外の金融負債を、償却原価で測定する金融負債に分類しております。
       (ⅱ)当初認識および測定

          当社グループは、当社グループが発行した負債証券を、その発行日に当初認識しております。
          その他のすべての金融負債は、当社グループが当該金融負債の契約当事者になる取引日に当初認識しておりま
         す。
          すべての金融負債は公正価値に取引コストを加算した金額で当初測定しております。
       (ⅲ)事後測定

          金融負債の当初認識後の測定は、償却原価で測定する金融負債については、実効金利法による償却原価で測定
         しております。
       (ⅳ)認識の中止

          金融負債は消滅した時、すなわち、契約中に特定された債務が免責、取消し、または失効となった時に認識を
         中止しております。
       ③ デリバティブおよびヘッジ会計

         当社グループは、為替リスクや金利リスクをそれぞれヘッジするために、為替予約、金利スワップ契約等のデリ
        バティブを利用しております。これらのデリバティブは、契約が締結された時点の公正価値で当初測定され、その
        後も公正価値で再測定しております。
         デリバティブの公正価値変動額は純損益として認識しております。ただし、キャッシュ・フロー・ヘッジの有効
        部分はその他の包括利益として認識しております。
       (ⅰ)ヘッジ会計の適格要件
          当社グループは、ヘッジ開始時に、ヘッジ会計を適用しようとするヘッジ関係ならびにヘッジを実施するに当
         たってのリスク管理目的および戦略について、公式に指定および文書化を行っております。当該文書は、具体的
         なヘッジ手段、ヘッジ対象となる項目または取引ならびにヘッジされるリスクの性質およびヘッジされたリスク
         に起因するヘッジ対象の公正価値またはキャッシュ・フローの変動に対するエクスポージャーを相殺するに際し
         てのヘッジ手段の公正価値変動の有効性の評価方法などを含んでおります。これらのヘッジは、公正価値または
         キャッシュ・フローの変動を相殺する上で非常に有効であることが見込まれますが、ヘッジ指定を受けたすべて
         の財務報告期間にわたって実際に非常に有効であったか否かを判断するために、継続的に評価しております。
       (ⅱ)適格なヘッジ関係の会計処理

          ヘッジ会計の適格要件を満たすヘッジ関係については、次のように会計処理しております。
         a.  公正価値ヘッジ

          デリバティブの公正価値変動は、純損益として認識しております。ヘッジされるリスクに起因するヘッジ対象
         の公正価値変動については、ヘッジ対象の帳簿価額を修正し、純損益として認識しております。
         b.キャッシュ・フロー・ヘッジ

          ヘッジ手段に係る利得または損失のうち有効部分はその他の包括利益として認識し、非有効部分はただちに純
         損益として認識しております。
          その他の包括利益に計上されたヘッジ手段に係る金額は、ヘッジ対象である取引が純損益に影響を与える時点
         で純損益に振り替えております。ヘッジ対象が非金融資産または非金融負債の認識を生じさせるものである場合
         には、その他の包括利益として認識されている金額は、非金融資産または非金融負債の当初の帳簿価額の修正と
         して処理しております。
          予定取引または確定約定の発生がもはや見込まれない場合には、従来その他の包括利益を通じて資本として認
         識していた累積損益を純損益に振り替えております。ヘッジ手段が失効、売却、または他のヘッジ手段への入替
         えや更新が行われずに終了または行使された場合、もしくはヘッジ指定を取り消された場合には、ヘッジされた
         将来キャッシュ・フローの発生がまだ見込まれる場合に限り、従来その他の包括利益を通じて資本として認識さ
         れていた金額は、予定取引または確定約定が発生するまで引き続き資本に計上しております。
                                  68/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       ④ 金融商品の公正価値
         金融商品の公正価値は、市場価格等の情報や、マーケット・アプローチ、インカム・アプローチ、コスト・アプ
        ローチ等の算出技法に基づき、決定されております。
         公正価値の測定に使用されるインプットは、次の3つのレベルがあります。
          レベル1:当社グループが測定日現在でアクセスできる同一の資産または負債に関する活発な市場における
               (無調整の)相場価格
          レベル2:資産または負債について直接または間接に観察可能なインプットのうち、レベル1に含まれる相場
               価格以外のもの
          レベル3:資産または負債についての観察可能でないインプット
      (5)現金及び現金同等物

         現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、かつ価値の変動につ
        いて僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されております。
      (6)棚卸資産

         棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い価額で計上しております。取得原価は主として総平均
        法に基づいて算定されており、購入原価、加工費および現在の場所ならびに状態に至るまでに要した全ての費用を
        含んでおります。正味実現可能価額は、通常の営業過程における予想売価から、完成に要する見積原価および販売
        に要する見積費用を控除して算定しております。
      (7)有形固定資産

         有形固定資産の測定においては原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額および減損損失累計額を控除
        した価額で計上しております。取得原価には、当該資産の取得に直接関連する費用、解体・除去および土地の原状
        回復費用および適格資産の取得、建設または生産に直接起因する借入コストが含まれております。
         取得後に追加的に発生した支出については、その支出により将来の経済的便益が当社グループに流入する可能性
        が高く、金額を信頼性をもって測定することができる場合にのみ、当該取得資産の帳簿価額に算入するか個別の資
        産として認識するかのいずれかにより会計処理しております。他のすべての修繕および維持に係る費用は、発生時
        に純損益として認識しております。
         償却可能有形固定資産の減価償却は定額法によっております。
         減価償却の算定に用いた見積耐用年数は概ね次のとおりであります。
          建物及び構築物    3~50年
          機械装置及び運搬具  5~12年
          リース資産      リース期間または見積耐用年数のいずれか短い期間
         耐用年数および減価償却方法は各報告期間末に見直しを行っており、変更があった場合は、会計上の見積りの変
        更として将来に向かって適用しております。
      (8)のれんおよび無形資産

       ① のれん
         のれんは、取得日時点の公正価値で測定する被取得企業のすべての非支配持分の金額を含む移転される対価が、
        取得した識別可能な資産および引き受けた負債の取得日における正味の金額を超過した額として認識しておりま
        す。
         のれんについては取得原価から減損損失累計額を控除して測定し、その償却を行わず、原則として最低年1回の
        減損テストを行っております。
                                  69/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       ② 無形資産
         無形資産の測定においては原価モデルを採用し、取得原価から償却累計額および減損損失累計額を控除した価額
        で計上しております。
         開発活動で発生したコストは、次のすべての条件を満たしたことを立証できる場合にのみ、資産計上しておりま
        す。
          ・使用または売却できるように無形資産を完成させることの技術上の実行可能性
          ・無形資産を完成させ、さらにそれを使用または売却するという企業の意図
          ・無形資産を使用または売却できる能力
          ・無形資産が蓋然性の高い将来の経済的便益を創出する方法
          ・無形資産の開発を完成させ、さらにそれを使用または売却するために必要となる、適切な技術上、財務上お
           よびその他の資源の利用可能性
          ・開発期間中の無形資産に起因する支出を、信頼性をもって測定できる能力
         これらの開発資産は、開発活動の終了の後、量産が開始される時点より、当該開発資産が正味のキャッシュ・イ
        ンフローをもたらすと期待される期間にわたって償却されます。なお、上記の資産計上の要件を満たさない開発費
        用および研究活動に関する支出は、発生時に費用処理しております。
         耐用年数を確定できる無形資産は、それぞれの見積耐用年数にわたって、定額法で償却を行っております。
         耐用年数を確定できない無形資産を除き、主要な無形資産の見積耐用年数は概ね次のとおりであります。
          ソフトウエア  5年
          開発資産    5年
         耐用年数を確定できる無形資産の耐用年数および償却方法は、各報告期間末に見直しを行い、変更があった場合
        は、会計上の見積りの変更として将来に向かって適用しております。
         耐用年数が確定できない無形資産については、償却を行わず、減損の判定を行っております。
      (9)リース

         リースは、所有に伴うリスクと経済価値が実質的にすべて借手に移転する場合には、ファイナンス・リースに分
        類し、それ以外の場合にはオペレーティング・リースとして分類しております。
       ① 貸手リース
         オペレーティング・リース取引においては、受取リース料はリース期間にわたり均等に収益として認識しており
        ます。
       ② 借手リース
         ファイナンス・リース取引においては、リース資産およびリース負債は、リース開始日に算定したリース物件の
        公正価値と最低リース料総額の現在価値のいずれか低い金額で連結財政状態計算書に計上しております。リース料
        は、利息法に基づき金融費用とリース債務の返済額とに配分しており、金融費用は連結損益計算書において純損益
        として認識しております。リース資産は、見積耐用年数とリース期間のいずれか短い年数にわたって、定額法で減
        価償却を行っております。
         オペレーティング・リース取引においては、リース料は連結損益計算書において、リース期間にわたって定額法
        により費用として認識しております。
         契約がリースであるか否か、または契約にリースが含まれているか否かについては、法的にはリースの形態をと
        らないものであっても、IFRIC第4号「契約にリースが含まれているか否かの判断」に従い、契約の実質に基づき
        判断しております。
                                  70/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (10)非金融資産の減損
        当社グループの各報告期間ごとに、各資産についての減損の兆候の有無の判定を行い、減損の兆候が存在する場
       合、または、毎年減損テストが要求されている場合には、その資産の回収可能価額を見積っております。
        資産の回収可能価額は資産または資金生成単位の処分コスト控除後の公正価値と使用価値のいずれか高い方の金
       額としており、資産が他の資産または資産グループから概ね独立したキャッシュ・インフローを生成しない場合を
       除き、個別の資産ごとに決定しております。資産または資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を下回っている場
       合は、当該資産の帳簿価額をその回収可能価額まで減額し、減損損失として認識しております。使用価値の評価に
       あたり、見積られた将来キャッシュ・フローは、貨幣の時間価値および当該資産に固有のリスクに関する現在の市
       場評価を反映した割引率を用いて現在価値まで割り引いております。
        耐用年数を確定できない無形資産および未だ使用可能ではない無形資産は償却の対象ではなく、毎期、資産の回
       収可能額を見積り、その帳簿価額と比較する減損テストを実施しております。
        のれんについても毎年減損テストを実施し、取得原価から減損損失累計額を控除した額が帳簿価額となります。
       のれんは、減損テスト実施のために、企業結合のシナジーによる便益を得ることが期待される各資金生成単位また
       は資金生成単位グループに配分しております。
        のれん以外の資産に関しては、各報告期間の期末日において、過去に認識した減損損失がもはや存在しないか、
       または減少している可能性を示す兆候があるか否かを判定しております。このような兆候が存在する場合は、資産
       の回収可能価額の見積りを行っております。見積られた回収可能価額が資産の帳簿価額を超える場合は、減損損失
       を戻入れております。戻入れ後の帳簿価額は、過去において当該資産について認識した減損損失がなかったとした
       場合の帳簿価額(減価償却累計額控除後または償却累計額控除後)を超えない範囲で認識しております。減損の戻
       入額は純損益として認識しております。
        なお、のれんについて認識した減損損失を戻入れることはしておりません。
      (11)従業員給付

       ① 退職後給付
         当社グループは、確定給付制度および確定拠出制度を採用しております。
       (ⅰ)確定給付型年金制度
          確定給付型年金制度に関連する債務額は、確定給付制度債務の現在価値から制度資産の公正価値を控除した金
        額で認識しております。
         確定給付制度債務の現在価値は、毎年、年金数理人によって予測単位積増方式を用いて算定しております。こ
        の算定に用いる割引率は、将来の給付支払見込日までの期間を基に割引期間を設定し、割引期間に対応した期末
        日時点の優良社債の利回りに基づいております。
         確定給付負債または資産の純額の再測定は、発生時にその他の包括利益として認識し、                                         ただちに利益剰余金に
        振り替えており、        過去勤務費用、確定給付負債または資産の純額に係る利息費用および清算損益は純損益として
        認識しております。
       (ⅱ)確定拠出型年金制度

          確定拠出型年金制度の退職給付に係る費用は、拠出した時点で費用として認識しております。
       ② 短期従業員給付

         短期従業員給付については、割引計算は行わず、従業員が関連する勤務を提供した時点で費用処理しておりま
        す。
         当社が従業員から過去に提供された労働の結果として支払うべき現在の法的および推定的債務を負っており、か
        つ、その金額を信頼性をもって見積ることができる場合、支払われると見積られる額を負債として認識していま
        す。
                                  71/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       ③ その他の長期従業員給付
         当社グループは、年金制度以外の長期従業員給付として、一定の勤続年数に応じた特別休暇制度を有しておりま
        す。その他の長期従業員給付に対する債務額は、従業員が過年度および当年度において提供したサービスの対価と
        して稼得した将来給付の見積額を現在価値に割り引いた額で計上しております。
         割引率は、当社の債務と概ね同じ満期日を有する期末日時点の優良社債の利回りを使用しております。
      (12)株式に基づく報酬

         当社は、取締役(業務執行取締役でない取締役および海外居住者を除く。)および執行役員(以下、併せて「取
        締役等」という。)を対象に、取締役等の報酬と当社株式の価値との連動性をより明確にし、中長期的な業績の向
        上と企業価値の増大への貢献意識を高めることを目的として、業績連動型株式報酬制度(以下、「本制度」とい
        う。)として「役員報酬BIP信託」を導入しております。
         本制度は、当社が信託に金員を拠出し、当該信託がこれを原資として当社株式を取得し、業績達成度に応じて当
        社の取締役等に当社株式の交付を行う業績連動型株式報酬制度であります。ただし、取締役等が当社株式の交付を
        受ける時期は、原則として、取締役等の退任時とします。
         受け取ったサービスの対価は、付与した当社の株式の公正価値を参照して測定し、測定されたサービスの対価を
        費用処理するとともに、対応する金額を資本の増加として認識しております。また、信託に残存する当社株式は、
        資本より控除されます。
      (13)引当金

         当社グループは、過去の事象の結果として現在の法的または推定的債務を有しており、債務の決済を要求される
        可能性が高く、かつ当該債務の金額について信頼性のある見積りが可能である場合に引当金を認識しております。
         貨幣の時間価値の影響が重要である場合、引当金は当該負債に特有のリスクを反映させた割引率を用いた現在価
        値により測定しております。割引計算を行った場合、時の経過による引当金の増加は金融費用として認識しており
        ます。
      (14)資本

       ① 普通株式
         普通株式は、発行価額を資本金および資本剰余金に計上しております。
       ② 自己株式

         自己株式は取得原価で評価され、資本から控除しております。自己株式の購入、売却または消却において利得ま
        たは損失を認識しておりません。なお、帳簿価額と売却時の対価との差額は資本剰余金として認識しております。
      (15)収益の認識

         当社グループでは、IFRS第9号「金融商品」に基づく利息および配当収益等を除き、次の5ステップアプローチ
        に基づき、収益を認識しております。
          ステップ1:顧客との契約を識別する。
          ステップ2:契約における履行義務を識別する。
          ステップ3:取引価格を算定する。
          ステップ4:取引価格を契約における別個の履行義務へ配分する。
          ステップ5:履行義務を充足した時点で(または充足するにつれて)収益を認識する。
         当社グループは、自動車部品事業セグメントにおいては、自動車用伝動ベルト製品、二輪車用伝動ベルト製品な

        どを、産業資材事業セグメントにおいては、一般産業用伝動ベルト製品、その他伝動用製品、運搬ベルト、運搬シ
        ステム製品、もみすりロールなどを、高機能エラストマー製品事業セグメントにおいては、クリーニングブレー
        ド、高機能ローラ、精密ベルト、ポリウレタン機能部品、精密研磨材、建築資材用フイルム、医療用フイルム、装
        飾表示用フイルム、工業用フイルムなどを販売しております。これらの製品については、顧客に製品を引き渡した
        時点で、履行義務を充足したと判断し、同時点で収益を認識しております。また、収益は、顧客との契約において
        約束された対価から値引等の見積りを控除した金額で算定しております。
                                  72/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (16)政府補助金
         政府補助金は、補助金交付のための付帯条件を満たし、かつ補助金を受領するという合理的な保証が得られた時
        に、公正価値で認識しております。
         費用に関する政府補助金は、補助金で補償することを意図している費用が発生した期間において純損益に認識し
        ております。資産の取得に対する補助金は、繰延収益として認識し、関連資産の見積耐用年数にわたり規則的に収
        益として認識しております。
         政府補助金に付随する未履行の条件もしくはその他の偶発事象はありません。
      (17)法人所得税

         法人所得税は、当期税金および繰延税金から構成されております。これらは、その他の包括利益として認識され
       る項目あるいは資本に直接認識される項目に関係する場合を除いて、純損益として認識しております。
         当期税金は、当社および子会社が事業を行い、課税所得を生成している国において、期末日まで施行または実質
       的に施行されている税率に基づき算定しております。
         繰延税金は、資産および負債の会計上の帳簿価額と税務上の金額との一時差異について認識しております。な
       お、次の一時差異については繰延税金を認識しておりません。
          ・のれんの当初認識において生じる将来加算一時差異
          ・企業結合以外の取引で、かつ会計上または税務上のいずれの純損益にも影響を及ぼさない取引における資産
           または負債の当初認識にかかる一時差異
          ・子会社、関連会社ならびに共同支配企業に対する投資に係る将来減算一時差異のうち、予測可能な将来に当
           該一時差異が解消しない可能性が高い場合、または当該一時差異の使用対象となる課税所得が稼得される可
           能性が低い場合
          ・子会社、関連会社ならびに共同支配企業に対する投資に係る将来加算一時差異のうち、一時差異の解消の時
           点をコントロールすることができ、予測可能な将来に当該一時差異が解消しない可能性が高い場合
         繰延税金資産および負債は、期末日までに制定または実質的に制定されている税率に基づいて、当該資産が実現

        されるまたは負債が決済される年度の税率を見積り、算定しております。
         繰延税金資産および負債の相殺が行われるのは、当期税金資産と当期税金負債を相殺する法的に強制力のある権
        利を有しており、かつ、同一の納税主体または純額ベースでの決済を行うことを意図している異なる納税主体に対
        して、同一の税務当局によって課されている法人所得税に関連するものである場合であります。
      (18)1株当たり利益

         基本的1株当たり当期利益は、親会社の所有者に帰属する当期損益を、その期間の自己株式を調整した発行済普
        通株式の加重平均株式数で除して計算しております。
      4.重要な会計上の見積りおよび見積りを伴う判断

        当社グループの連結財務諸表は、収益および費用、資産および負債の測定に関する経営者の見積りおよび仮定を含
       んでおります。これらの見積りおよび仮定は過去の実績および決算日において合理的であると考えられる様々な要因
       等を勘案した経営者の最善の判断に基づいております。しかし、その性質上、将来において、これらの見積りおよび
       仮定とは異なる結果となる可能性があります。
        見積りおよび仮定は経営者により継続して見直されております。これらの見積りおよび仮定の見直しによる影響
       は、その見積りおよび仮定を見直した期間およびそれ以降の期間において認識しております。
        見積りおよび仮定のうち、当社グループの連結財務諸表で認識する金額に重要な影響を与える見積りおよび仮定は
       次のとおりであります。
         ・有形固定資産および無形資産の耐用年数(「12.有形固定資産」「13.のれんおよび無形資産」)
         ・非金融資産の減損(「13.のれんおよび無形資産」「14.非金融資産の減損」)
         ・繰延税金資産の回収可能性(「16.法人所得税」)
         ・確定給付制度債務の測定(「20.従業員給付」)
         ・引当金の認識および測定(「22.引当金」)
         ・金融商品の公正価値測定(「34.金融商品」)
                                  73/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      5.未適用の新基準
        連結財務諸表の承認日までに新設または改訂が行われた主な公表済基準書および解釈指針のうち、当社グループが
       当連結会計年度末時点で早期適用していない主なものは次のとおりであります。
                        強制適用時期
                                  当社グループ
       基準書         基準名                               新設・改訂の内容
                       (以降、開始年度)
                                   適用時期
      IFRS第16号          リース        2019年1月1日          2020年3月期        リースに関する会計処理の改訂

        IFRS第16号「リース」(以下、同基準)の適用による会計方針の変更および連結財務諸表に及ぼすと予想される影
       響は主として次のとおりであります。
        同基準では、借手のリースをオンバランス処理する単一の会計モデルが導入され、原則として借手は原資産を使用
       する権利を表象する使用権資産と、リース料を支払う義務を表象するリース負債を認識することになります。
        同基準の適用にあたっては、経過措置として認められている累積的影響を適用開始日に認識する方法を採用する予
       定であります。       連結財務諸表の非流動資産、流動負債および非流動負債に及ぼす影響は、現在利用可能な情報に基づ
       く概算金額でそれぞれ約2,000百万円、約900百万円および約1,100百万円であり、当期利益に及ぼす影響は軽微であ
       ると見積っております。
                                  74/154
















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      6.セグメント情報
      (1)報告セグメントの概要
         当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経
        営資源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社グループは、製品・サービスを軸とした事業部制を採用しており、各事業部は取り扱う製品・サービスにつ
        いて国内および海外における包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
         従いまして、当社グループの事業は親会社の事業部を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されて
        おり、「自動車部品事業」、「産業資材事業」および「高機能エラストマー製品事業」の3つを報告セグメントと
        しております。
         なお、各報告セグメントは、以下の製造・販売を行っております。

        セグメントの名称                             主要な製品
                    自動車用伝動ベルト製品(補機駆動用伝動ベルトおよび補機駆動用伝動システム製
     自動車部品事業
                    品)、二輪車用伝動ベルト製品(スクーター用変速ベルト)など
                    一般産業用伝動ベルト製品(産業機械用Vベルト、歯付ベルト、プーリなど)、その他
     産業資材事業              伝動用製品、運搬ベルト(コンベヤベルト、樹脂コンベヤベルト、同期搬送用ベル
                    ト)、運搬システム製品、もみすりロールなど
                    クリーニングブレード、高機能ローラ、精密ベルト、ポリウレタン機能部品、精密研磨
     高機能エラストマー製品事業
                    材、建築資材用フイルム、医療用フイルム、装飾表示用フイルム、工業用フイルムなど
                                  75/154














                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (2)報告セグメントごとの売上収益、利益または損失およびその他の項目の金額に関する情報
         報告されている各事業セグメントの会計処理の方法は、「3.重要な会計方針」における記載と同一でありま
        す。セグメント間の売上収益または振替高は市場実勢価格に基づいております。
         当社グループの報告セグメントごとの売上収益、利益または損失およびその他の項目は、次のとおりでありま
        す。
       前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)                                               (単位:百万円)

                            報告セグメント
                                            その他      調整額      連結
                                高機能エ
                                            (注)1      (注)2      (注)3
                    自動車部      産業資材      ラスト
                                        計
                    品事業      事業      マー製品
                                事業
     売上収益
                      41,606      31,830      15,122      88,559      2,238       -    90,798
      外部顧客への売上収益
      セグメント間の売上収益
                        84      87      37     209      494     △ 704      -
      または振替高
                      41,690      31,918      15,160      88,768      2,733      △ 704    90,798
            計
     セグメント利益
                      3,401      1,928       552     5,881       348      458     6,688
     (コア営業利益)
                        -      -      -      -      -      -     244
     その他の収益
                        -      -      -      -      -      -     527
     その他の費用
                        -      -      -      -      -      -     750
     持分法による投資利益
                        -      -      -      -      -      -    7,156

     営業利益
                        -      -      -      -      -      -     275

     金融収益
                        -      -      -      -      -      -     532
     金融費用
                        -      -      -      -      -      -    6,899

     税引前当期利益
                        -      -      -      -      -      -    1,763
     法人所得税費用
                        -      -      -      -      -      -    5,136
     当期利益
     その他の項目

                      2,044      1,508       704     4,257       78      17    4,352
      減価償却費及び償却費
      有形固定資産および
                      2,956      1,048       605     4,611       112      576     5,299
      無形資産の増加額
      減損損失     (注)4             -      -     267      267      -      -     267
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主としてロボット関連デバイス
           事業他であります。
         2.調整額は次のとおりであります。
          (1)セグメント利益の調整額458百万円には、セグメント間取引消去11百万円、全社費用446百万円が含まれ
             ております。全社費用は、各報告セグメントに配賦した一般管理費および研究開発費の予定配賦額と実
             績発生額との差額であります。
          (2)有形固定資産および無形資産の増加額の調整額576百万円は、主に報告セグメントに帰属しない固定資
             産等に係るものであります。
         3.当社グループは、売上収益から売上原価、販売費及び一般管理費を控除したコア営業利益を、経営管理上の
           指標としており、セグメント利益はコア営業利益で表示しております。
         4.  減損損失については、「14.非金融資産の減損」に記載のとおりであります。
                                  76/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)                                               (単位:百万円)

                            報告セグメント
                                            その他      調整額      連結
                                高機能エ
                                            (注)1      (注)2      (注)3
                    自動車部      産業資材      ラスト
                                        計
                    品事業      事業      マー製品
                                事業
     売上収益
                      41,615      34,702      15,227      91,546      2,772       -    94,318
      外部顧客への売上収益
      セグメント間の売上収益
                        34     112       9     156     1,108     △ 1,264       -
      または振替高
                      41,650      34,814      15,237      91,702      3,880     △ 1,264     94,318
            計
     セグメント利益
                      3,182      1,959       799     5,941       530      31    6,503
     (コア営業利益)
                        -      -      -      -      -      -     327
     その他の収益
                        -      -      -      -      -      -     920
     その他の費用
                        -      -      -      -      -      -     905
     持分法による投資利益
                        -      -      -      -      -      -    6,815

     営業利益
                        -      -      -      -      -      -     487

     金融収益
                        -      -      -      -      -      -     135
     金融費用
                        -      -      -      -      -      -    7,166
     税引前当期利益
                        -      -      -      -      -      -    1,676
     法人所得税費用
                        -      -      -      -      -      -    5,490
     当期利益
     その他の項目

                      2,469      1,190       710     4,369       39      80    4,489
      減価償却費及び償却費
      有形固定資産および
                      2,369      1,001       710     4,081       65     559     4,706
      無形資産の増加額
      減損損失     (注)4             -      -      -      -      -     166      166
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主としてロボット関連デバイス
           事業他であります。
         2.調整額は次のとおりであります。
          (1)セグメント利益の調整額31百万円には、セグメント間取引消去10百万円、全社費用20百万円が含まれて
             おります。全社費用は、各報告セグメントに配賦した一般管理費および研究開発費の予定配賦額と実績
             発生額との差額であります。
          (2)有形固定資産および無形資産の増加額の調整額559百万円は、主に報告セグメントに帰属しない固定資
             産等に係るものであります。
         3.当社グループは、売上収益から売上原価、販売費及び一般管理費を控除したコア営業利益を、経営管理上の
           指標としており、セグメント利益はコア営業利益で表示しております。
         4.  減損損失については、「14.非金融資産の減損」に記載のとおりであります。
                                  77/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (3)製品およびサービスに関する情報
         セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      (4)地域別に関する情報

       ① 外部顧客への売上収益
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度

                              (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
                                        45,573                48,909

     日本
                                        25,857                26,222
     アジア
                                         8,983                8,727
     中国
                                        10,383                10,458
     欧米他
                                        90,798                94,318
               合計
      (注)売上収益は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。
       ② 非流動資産(金融商品,繰延税金資産,退職給付に係る資産および保険契約から生じる権利を除く)

                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                                   22,610           22,675           22,942

     日本
                                   8,063           8,689           8,284
     アジア
                                   1,142           1,209           1,227
     中国
                                   2,690           2,301           2,200
     欧米他
                                   34,506           34,876           34,654

               合計
      アジア、中国および欧米他の区分に属する主な国または地域は、次のとおりであります。
       ・アジア:タイ、韓国、インド、ベトナム、インドネシアほか
       ・中 国:中国、香港
       ・欧米他:米国、ヨーロッパ、中南米、オセアニアほか
      (5)主要な顧客に関する情報

         連結損益計算書の売上収益の10%以上を占める特定の外部顧客への売上収益がないため、記載を省略しておりま
        す。
                                  78/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      7.現金及び現金同等物
        「現金及び現金同等物」の内訳は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                                   19,522           18,947           18,000

     現金及び預金
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                              △587           △471           △470
                                   18,935           18,476           17,530

               合計
       IFRS移行日、前連結会計年度および当連結会計年度の連結財政状態計算書における「現金及び現金同等物」の残高と
      連結キャッシュ・フロー計算書における「現金及び現金同等物」の残高は一致しております。
      8.営業債権及びその他の債権

        「営業債権及びその他の債権」の内訳は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                                   18,720           18,435           18,  171

     受取手形及び売掛金
                                   1,788           2,834           3,292
     電子記録債権
                                     253           101           109
     未収入金
                                     167           208
     その他                                                     213
     貸倒引当金(注)1,2                               △94           △86           △79
                                   20,835           21,492           21,707

               合計
      (注)1.連結財政状態計算書においては、貸倒引当金控除後の金額で表示しております。
         2.信用リスク管理、「営業債権及びその他の債権」の公正価値は、注記「34.金融商品」に記載のとおりであ
           ります。
      9.棚卸資産

        「棚卸資産」の内訳は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                                   6,807           7,426           7,716

     商品及び製品
                                   1,502           1,699           1,920
     仕掛品
                                   2,640           3,080           3,313
     原材料及び貯蔵品
                                   10,950           12,207           12,949
               合計
       前連結会計年度および当連結会計年度において、売上原価として費用認識した棚卸資産の金額は、それぞれ63,020百
      万円および66,052百万円であります。
       正味実現可能価額で棚卸資産を評価したことにより、前連結会計年度および当連結会計年度において、それぞれ464
      百万円および410百万円の評価減を計上しております。
       また、前連結会計年度および当連結会計年度において、それぞれ115百万円および169百万円の評価減の戻入れを計上
      しております。なお、この戻入れは、正味実現可能価額が増加したことによるものであります。
                                  79/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      10.その他の金融資産
      (1)「その他の金融資産」の内訳は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                                     15           9

     デリバティブ資産                                                      -
                                   6,952           7,624           6, 422
     株式
                                     587           471           470
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金
                                     584           576           576
     その他
                                   8,139           8,682           7, 469

               合計
     その他の金融資産(流動)                               603           481           471

     その他の金融資産(非流動)                              7,535           8,200           6, 997
                                   8,139           8,682           7,469

               合計
      (2)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産

         当社グループは、業務提携、安定的・長期的な取引関係を維持・強化等を目的として、取引先企業の株式を保有
        しており、当該株式をその他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に指定しています。
         主な銘柄およびその公正価値は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

               銘柄
                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                                   1,126           1,436

     JSR株式会社                                                    1,029
                                     507           559
     株式会社三井住友フィナンシャルグループ                                                     486
                                     580           528
     株式会社ノーリツ                                                     475
                                     460           613
     株式会社マキタ                                                     454
                                     388           481
     スズキ株式会社                                                     411
                                     436           481
     オイレス工業株式会社                                                     375
                                     303           303
     神戸土地建物株式会社                                                     340
      (3)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の認識の中止

         当社グループは、定期的に政策保有株式の見直しを行っております。
         処分時の公正価値および累積利得または損失は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2017年4月1日                            (自 2018年4月1日
              至 2018年3月31日)                            至 2019年3月31日)
          公正価値           累積利得または損失                 公正価値           累積利得または損失

                 135              47
                                             31              15
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産は、認識を中止した場合、その他の包括利益として認識され
      ていた累積利得または損失を、利益剰余金に振替えております。利益剰余金に振替えたその他の包括利益の累積利得ま
      たは損失(税引後)は、前連結会計年度および当連結会計年度において、それぞれ32百万円および10百万円でありま
      す。
                                  80/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         なお、受取配当金の内訳は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2017年4月1日                            (自 2018年4月1日
              至 2018年3月31日)                            至 2019年3月31日)
     当期中に認識の中止を行っ              期末日現在で保有している              当期中に認識の中止を行っ              期末日現在で保有している

     た投資              投資              た投資              投資
                  1             143
                                             0             159
      11.その他の資産

        「その他の流動資産」および「その他の非流動資産」の内訳は、次のとおりであります。
      (1)その他の流動資産

                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
     前払費用                               402           460           480

     未収消費税等                               212           157           139
     その他                               197           215           275
               合計                     812           832           894

      (2)その他の非流動資産

                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
     保険積立金                               393           396           376

     長期前払費用                               273           223           222

     前払法人所得税                                -          111           147

     その他                                ▶           2           2
               合計                     672           733           748

                                  81/154








                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      12.有形固定資産
      (1)取得原価、減価償却累計額および減損損失累計額の増減ならびに帳簿価額は、次のとおりであります。
       ①取得原価

                                                    (単位:百万円)
                                                その他

                  建物及び構築       機械装置及び
                                  土地      建設仮勘定                合計
                                                (注)1
                  物       運搬具
                     28,803       57,647        5,877       1,285       13,691       107,305

     2017年4月1日 残高
      取得   (注)2             198       439        -      3,640        363      4,641

                      △66       △739         -       △6      △512      △1,326
      売却または処分
      科目振替     (注)4           400      2,085         -     △3,119         657        23
                       6      △84       △18         0       26      △69

      為替換算差額
                       9      △8        -       △1       △14       △14
      その他
                     29,351       59,340        5,858       1,798       14,211       110,560

     2018年3月31日 残高
      取得   (注)2              70       318        -      3,487        328      4,204

                      △58      △1,089          -       -      △696      △1,844
      売却または処分
      科目振替     (注)4           902      2,024         -     △3,569         622       △19
                       15       111       △39        12       △3        96

      為替換算差額
                       -       30       -       △1        20       49
      その他
                     30,281       60,735        5,818       1,725       14,483       113,044

     2019年3月31日 残高
       ②   減価償却累計および減損損失累計額

                                                    (単位:百万円)
                                                その他

                  建物及び構築       機械装置及び
                                  土地      建設仮勘定                合計
                                                (注)1
                  物       運搬具
                    △ 18,094      △ 45,220        △ 37       △ 9    △ 11,455      △ 74,817

     2017年4月1日 残高
      減価償却費      (注)3         △923      △2,191          -       -      △886      △4,000
      減損損失
                      △84       △124         -       △3       △0      △213
      (注)3,5,6
                       63       665        -       -       487      1,216
      売却または処分
      科目振替     (注)4            -       △9        -        9       -       -
                      △17        31       -       -      △11         3

      為替換算差額
                      △1        0       -       -       14       14
      その他
                    △ 19,057      △ 46,848        △ 37       △ 3    △ 11,850      △ 77,798

     2018年3月31日 残高
      減価償却費      (注)3         △923      △2,340          -       -      △881      △4,145

                       52       900        -       -       640      1,592
      売却または処分
                      △12       △73        -       -        0      △85
      為替換算差額
                       -       △4        -        3      △11       △11
      その他
                    △ 19,940      △ 48,366        △ 37       -    △ 12,102      △ 80,447

     2019年3月31日 残高
                                  82/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       ③帳簿価額
                                                    (単位:百万円)
                                                その他

                  建物及び構築       機械装置及び
                                  土地      建設仮勘定                合計
                                                (注)1
                  物       運搬具
                     10,709       12,426        5,839       1,275       2,236       32,487

     2017年4月1日 残高
                     10,294       12,491        5,820       1,794       2,360       32,762
     2018年3月31日 残高
                     10,341       12,368        5,780       1,725       2,380       32,597
     2019年3月31日 残高
      (注)1.有形固定資産の「その他」は、主として工具、器具及び備品であります。
         2.取得原価に含めた借入コストはありません。
         3.有形固定資産の減価償却費は、連結損益計算書の「売上原価」および「販売費及び一般管理費」、減損損失
           は、連結損益計算書の「その他の費用」に含まれております。
         4.「科目振替」は主として建設仮勘定からの振替であります。
         5.減損損失のセグメント別内訳は、「6.セグメント情報」に記載のとおりであります。
         6.減損損失については、「14.非金融資産の減損」に記載のとおりであります。
      (2)ファイナンス・リースによるリース資産

         有形固定資産に含まれている、ファイナンス・リースによるリース資産の帳簿価額は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               機械装置及び運搬具                   その他

                                           34                61

     2017年4月1日 残高
                                           38                50
     2018年3月31日 残高
                                           44                55
     2019年3月31日 残高
                                  83/154












                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      13.のれんおよび無形資産
      (1)取得原価、償却累計額および減損損失累計額の増減ならびに帳簿価額は、次のとおりであります。
       ①取得原価

                                                    (単位:百万円)
                      のれん       ソフトウエア         開発資産         その他         合計

                          74       6,334         320         97       6,827
     2017年4月1日 残高
                          -        452         -        -        452

      取得
                          -        -        206         -        206
      自己創設
                          -       △146         △6         -       △153
      売却または処分
                          -       △23         -        -       △23
      科目振替
                         △0        △4        △1        △1        △8
      為替換算差額
                          -        △0         -        -        △0
      その他
     2018年3月31日 残高                     74       6,610         518         95       7,299

                          -        381         -        -        381

      取得
      自己創設                    -        -        120         -        120
                          -       △69         -        △2        △71

      売却または処分
                          -        19        -         0        19
      科目振替
                         △1         1       △5         1       △4
      為替換算差額
                          72       6,944         633         94       7,745

     2019年3月31日 残高
       ②   償却累計額および減損損失累計額

                                                    (単位:百万円)
                      のれん       ソフトウエア         開発資産         その他         合計

                          -      △ 4,953        △ 107        △ 25      △ 5,086
     2017年4月1日 残高
      償却費(注)1                    -       △317         △28         △5       △351

      減損損失(注)1,2,3                    -        -       △53         -       △53
                          -        74        -        -        74

      売却または処分
                          -         ▶        0        0        6
      為替換算差額
                          -      △ 5,192        △ 188        △ 30      △ 5,411

     2018年3月31日 残高
      償却費(注)1                    -       △302         △36         △5       △347

      減損損失(注)1,2,3                    -       △166          -        -       △166
                          -         8        -         0        9

      売却または処分
                          -        △1         3       △0         1
      為替換算差額
                          -      △ 5,653        △ 222        △ 35      △ 5,911

     2019年3月31日 残高
      (注)1.無形資産の償却費は、連結損益計算書の「売上原価」および「販売費及び一般管理費」、減損損失は、連結
           損益計算書の「その他の費用」に含まれております。
         2.減損損失のセグメント別内訳は、「6.セグメント情報」に記載のとおりであります。
         3.減損損失については、「14.非金融資産の減損」に記載のとおりであります。
                                  84/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       ③帳簿価額
                                                    (単位:百万円)
                      のれん       ソフトウエア         開発資産         その他         合計

                          74       1,380         213         72       1,740
     2017年4月1日 残高
                          74       1,418         329         65       1,887
     2018年3月31日 残高
     2019年3月31日 残高                     72       1,290         411         59       1,834
       資産計上基準を満たさない研究開発費は、発生時に費用として認識しております。前連結会計年度および当連結会計
      年度において費用認識した研究開発費は、それぞれ946百万円および1,286百万円であります。
      (2)ファイナンス・リースによるリース資産

         無形資産に含まれている、ファイナンス・リースによるリース資産の帳簿価額は、次のとおりであります。
                                   (単位:百万円)
                                 ソフトウエア

                                           1
     2017年4月1日 残高
                                           0
     2018年3月31日 残高
                                           -
     2019年3月31日 残高
      (3)のれんおよび耐用年数を確定できない無形資産の減損テスト

         各資金生成単位へ配分した主なのれんおよび耐用年数を確定できない無形資産の帳簿価額は、次のとおりであり
        ます。
                                                    (単位:百万円)
                      IFRS移行日             前連結会計年度              当連結会計年度

                    (2017年4月1日)              (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
                         耐用年数を確              耐用年数を確              耐用年数を確

                   のれん      定できない無         のれん      定できない無         のれん      定できない無
                         形資産              形資産              形資産
     Bando   Jungkong     Ltd.          74       -       74       -       72       -
                       -       47       -       47       -       45

     その他
       のれんの減損テストの回収可能価額は使用価値に基づき算定しております。使用価値は、過去の経験および外部から
      の情報を反映させて作成され、経営陣によって承認された、最長5年間の事業計画を基礎としたキャッシュ・フローの
      見積額を、当該資金生成単位の税引前加重平均資本コストにより現在価値に割り引いて算定しております。使用価値の
      算定に使用した税引前の割引率は、IFRS移行日、前連結会計年度および当連結会計年度において、それぞれ8.4%、
      8.8%および8.8%であります。
       事業計画の期間を超えるキャッシュ・フローは、資金生成単位が属する市場の長期平均成長率等をもとに推定してお
      ります。事業の継続価値を算定するために使用した成長率は、IFRS移行日、前連結会計年度および当連結会計年度にお
      いて、それぞれ2.9%、2.9%および2.8%であります。
       なお、IFRS移行日、前連結会計年度および当連結会計年度において、回収可能価額の算定に用いた主要な仮定に合理
      的な範囲で変動があった場合でも、回収可能価額が資金生成単位の帳簿価額を十分に上回っていることから、重要な減
      損損失が発生する可能性は低いと考えております。
       その他の耐用年数を確定できない無形資産に重要なものはありません。
                                  85/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      14.非金融資産の減損
        当社グループは、減損損失の算定にあたって概ね独立したキャッシュ・インフローを生成させるものとして識別さ
       れる資産グループの最小単位を基礎としてグルーピングを行っております。
        減損損失は、連結損益計算書の「その他の費用」に計上しております。
        減損損失の資産種類別の内訳は、次のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     (有形固定資産)

                                           84                -
      建物及び構築物
                                          124                 -
      機械装置及び運搬具
                                           3                -
      建設仮勘定
                                           0                -
      その他
     (無形資産)
                                           -

      ソフトウエア                                                    166
                                           53                -
      開発資産
                                          267

               合計                                           166
      (注)減損損失のセグメント別内訳は、「6.セグメント情報」に記載のとおりであります。
       前連結会計年度に認識した減損損失は、高機能エラストマー製品事業の生産設備等の一部について、当初想定してい

      た収益性が見込まれなくなったことから減損損失を認識しております。回収可能価額は処分コスト控除後の公正価値に
      より測定しており、土地については適切に市場価格を反映していると考えられる指標により評価しております。なお、
      公正価値のヒエラルキーはレベル3であります。
       当連結会計年度に認識した減損損失は、報告セグメントに帰属しないソフトウエアについて、計画変更等により遊休
      状態となったため、減損損失を認識しております。回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、遊休状態解消
      の見通しが確実でなく、回収可能価額を見込むことができないため、使用価値をゼロとして評価しております。
                                  86/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      15.他の企業への関与の開示
      (1)重要な子会社および関連会社等
         当社の重要な子会社および関連会社等は「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載のとおりでありま
        す。
      (2)持分法で会計処理されている投資

       ① 関連会社に対する投資
         当社グループにとって個々に重要性のある関連会社はありません。
         個々に重要性のない関連会社に対する投資の帳簿価額および当社グループ持分は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                                   2,005           2,230           2,389

     持分法で会計処理されている投資の帳簿価額
                                                    (単位:百万円)

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
                                          190                211

     純損益の当社グループ持分
                                           74               △102
     その他の包括利益の当社グループ持分
                                          265                108
     包括利益合計の当社グループ持分
       ② 共同支配企業に対する投資

         当社グループにとって個々に重要性のある共同支配企業の要約財務情報および親会社の所有者に帰属する持分と
        同社に対する持分の帳簿価額の調整は、次のとおりであります。
                                        持分割合(%)
             主要な事業の
       名称               所在地
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度
               内容
                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
             伝動ベルト製

     PT.  Bando
             品・運搬ベル
                                   50.00           50.00           50.00
                     インドネシア
     Indonesia       トなどの製
             造、販売
                                                    (単位:百万円)

                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                                   4,439           4,520           5,237

     流動資産
                                   2,876           2,738           2,866
     非流動資産
                                   1,553           1,239           1,336
     流動負債
                                   1,288           1,513           1,611
     非流動負債
                                   4,473           4,507           5,156
     資本合計
       上記の流動資産に含まれる現金及び現金同等物は、IFRS移行日、前連結会計年度末および当連結会計年度末におい
      て、それぞれ1,239百万円、1,053百万円および1,049百万円であります。また、流動負債に含まれる金融負債(営業債
      務およびその他の債務ならびに引当金を除く。)は、IFRS移行日、前連結会計年度末および当連結会計年度末におい
      て、それぞれ100百万円、100百万円および100百万円であります。
                                  87/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
                                         9,178                9,998

     売上収益
                                          322                300
     減価償却費及び償却費
                                           1                2
     受取利息
                                           0                0
     支払利息
                                          293                373
     法人所得税費用
                                          915               1,092
     当期利益
                                         △557                 116
     その他包括利益
                                          357               1,208
     当期包括利益合計
                                          161                279
     当社グループが受け取った配当金
                                                    (単位:百万円)

                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                                   4,473           4,507           5,156

     資本合計
     持分割合(%)                              50.00           50.00           50.00
                                   2,236           2,253           2,578

     当社グループに帰属する持分
                                    △51           △52           △34
     連結調整
                                   2,185           2,201           2,543
     投資の帳簿価額
        個々に重要性のない共同支配企業に対する投資の帳簿価額および要約財務情報は、次のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                                   1,342           1,381           1,424

     持分法で会計処理されている投資の帳簿価額
                                                    (単位:百万円)

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
                                          104                137

     純損益の当社グループ持分
                                         △16                △22
     その他の包括利益の当社グループ持分
                                           88                115
     包括利益合計の当社グループ持分
                                  88/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      16.法人所得税
      (1)繰延税金
       「繰延税金資産」および「繰延税金負債」の発生の主な原因別の内訳および増減は、次のとおりであります。
       前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                              純損益で認識された          その他の包括利益で

                     2017年4月1日                               2018年3月31日
                              金額          認識された金額
     (繰延税金資産)

      退職給付に係る負債                     1,794           △81          △130          1,582

      有形固定資産                      731         △145            -          585

      棚卸資産                      390          △21           -          369

      その他の一時差異                      905           87          -          992
           合計               3,821          △161          △130          3,530

     (繰延税金負債)

      退職給付に係る負債                      927           -          -          927

                          1,478
      有形固定資産                               △106            -         1,371
      その他の包括利益を通じて
      公正価値で測定する金融資                    1,050            -          236         1,286
      産
      その他の一時差異                      457           63          -          520
           合計               3,914           △43           236         4,106

     繰延税金資産(△負債)
                           △92          △117          △366          △576
     の純額
      (注)純損益で認識された金額と繰延税金費用との差額は、為替の変動によるものであります。
                                  89/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                              純損益で認識された          その他の包括利益で

                     2018年4月1日                               2019年3月31日
                              金額          認識された金額
     (繰延税金資産)

      退職給付に係る負債                     1,582           △84           153         1,650
      有形固定資産                      585           86          -          672

      棚卸資産                      369          △3           -          365

      その他の一時差異                      992          113           -         1,106
                                                153
           合計               3,530           110                    3,794
     (繰延税金負債)

      退職給付に係る負債                      927           -          -          927

      有形固定資産                     1,371            61          -         1,433

      その他の包括利益を通じて
      公正価値で測定する金融資                    1,286            -         △369           916
      産
                           520
      その他の一時差異                                 7          -          528
           合計               4,106            69         △369          3,806

     繰延税金資産(△負債)
                          △576            41          522          △12
     の純額
      (注)純損益で認識された金額と繰延税金費用との差額は、為替の変動によるものであります。
                                  90/154











                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         繰延税金資産を認識していない繰越欠損金および将来減算一時差異
                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
     繰越欠損金(注)                              1,648            935           620

                                     584           841           797
     将来減算一時差異
       (注)繰延税金資産を認識していない繰越欠損金の金額と繰越期限は、次のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                               IFRS移行日          前連結会計年度           当連結会計年度

                             (2017年4月1日)           (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
                                      2          -           -

     1年目
                                     25           -           -
     2年目
                                     19           -           72
     3年目
                                     -           46           64
     4年目
                                     51          141            5
     5年目
                                   1,549            746           478
     5年超
                                   1,648            935           620

               合計
       当社グループの子会社および共同支配企業の投資に係る将来加算一時差異について、繰延税金負債を認識していない
      金額は、IFRS移行日、前連結会計年度末および当連結会計年度末において、それぞれ23,078百万円、24,250百万円およ
      び25,120百万円であります。これは、当社グループが一時差異の取り崩しの時期をコントロールすることが可能であ
      り、一時差異が予測可能な期間内に解消しないことが確実であるためであります。
                                  91/154











                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (2)法人所       得税費用
         「法人所得税費用」の内訳は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     (当期税金費用)

      当期                                   1,645                1,719
                                         1,645                1,719

            当期税金費用 計
     (繰延税金費用)

                                         △11                 19
      一時差異等の発生と解消
                                           26                △1
      税率の変更等
      繰延税金資産の評価減
                                          103                △61
      (従前の評価減の戻入れ)
            繰延税金費用 計                              118                △42
           法人所得税費用 合計                              1,763                1,676

       当期税金費用には、従前は税効果未認識であった税務上の欠損金、税額控除または過去の期間の一時差異から生じた
      便益の額が含まれております。これに伴う当連結会計年度における当期税金費用の減少額は、146百万円であります。
       繰延税金費用には、従前は税効果未認識であった税務上の欠損金、税額控除または過去の期間の一時差異から生じた
      便益の額が含まれております。これに伴う当連結会計年度における繰延税金費用の増加額は、62百万円であります。
       適用税率と平均実際負担税率との差異要因は、次のとおりであります。

                                                      (単位:%)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
                                         30.8

     法定実効税率                                                     30.6
     (調整)
                                         △3.7

      海外子会社の税率差                                                    △4.2
                                         △3.4
      持分法投資損益                                                    △3.9
                                          0.0
      繰延税金資産に対する回収可能性の変動                                                    △1.1
                                          1.0
      永久的に税務上損金算入されない費用                                                     1.4
                                         △1.2
      税額控除                                                    △2.0
                                          1.3
      外国源泉税                                                     1.6
                                          0.8
      その他                                                     1.1
                                         25.6
     平均実際負担税率                                                     23.4
       当社グループは、主に法人税、住民税及び事業税を課されており、これらを基礎として計算した法定実効税率は、前
      連結会計年度および当連結会計年度において、それぞれ30.8%および30.6%であります。
       ただし、海外子会社についてはその所在地における法人税等が課されております。
       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)が2016年3月29日に国会で成立し、2016年4月1日以
      後に開始する連結会計年度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、2017年4月1日に開
      始する連結会計年度の法定実効税率は30.8%、2018年4月1日以降に開始する連結会計年度の法定実効税率は30.6%と