長野電鉄株式会社 有価証券報告書 第154期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第154期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:長野電鉄株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    令和元年6月27日
      【事業年度】                    第154期(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)
      【会社名】                    長野電鉄株式会社
      【英訳名】                    Nagano    Electric     Railway    Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  笠原 甲一
      【本店の所在の場所】                    長野市権堂町2201番地
      【電話番号】                    (代)(026)232-8121
      【事務連絡者氏名】                    経営管理部長  相澤 文広
      【最寄りの連絡場所】                    長野市権堂町2201番地
      【電話番号】                    (代)(026)232-8121
      【事務連絡者氏名】                    経理課長  川島 篤史
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません
                                  1/77













                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)  連結経営指標等
           回次           第150期        第151期        第152期        第153期        第154期
          決算年月           平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月        平成30年3月        平成31年3月

                (千円)      18,044,796        17,416,183        17,683,839        16,999,977        17,421,783
     営業収益
                (千円)        668,310        911,631        980,425        805,357        677,549
     経常利益
     親会社株主に帰属す
                (千円)        791,179       1,206,306        1,010,775         970,511        818,154
     る当期純利益
                (千円)        960,106       1,132,745        1,147,809        1,034,495         798,008
     包括利益
                (千円)       6,877,183        7,988,261        9,114,403        10,126,361        10,902,516
     純資産額
                (千円)      24,874,144        25,398,519        24,813,526        23,910,113        24,289,312
     総資産額
                (円)        611.60        711.79        811.75        902.05        971.77
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利
                (円)        75.11        114.52         95.96        92.13        77.67
     益金額
                (%)        25.90        29.52        34.46        39.74        42.14
     自己資本比率
                (%)        13.22        17.31        12.60        10.75         8.29
     自己資本利益率
     営業活動による
                (千円)       1,382,163        2,755,728        2,446,646        2,654,370        1,841,917
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                (千円)       △ 704,095       △ 784,375      △ 1,260,343        △ 905,512      △ 1,448,022
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                (千円)       △ 977,499       △ 674,375      △ 2,221,023       △ 1,574,621        △ 433,920
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                (千円)       2,132,073        3,429,051        2,394,332        2,568,569        2,528,543
     の期末残高
                         938        930        955        938        899
     従業員数
                (人)
     (外、平均臨時雇用
                         ( 438  )      ( 432  )      ( 435  )      ( 419  )      ( 418  )
     者数)
      (注)1.営業収益には消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.株価収益率は非上場のため記載しておりません。
         4.従業員数は期末就業人員数であり、正規職員数の他期末臨時職員数も含んでおります。
         5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計
           年度の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遮っ
           て適用した後の指標等となっております。
                                  2/77






                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
       (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第150期        第151期        第152期        第153期        第154期
          決算年月           平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月        平成30年3月        平成31年3月

                (千円)       5,235,710        5,090,885        5,300,099        4,871,871        4,815,170
     営業収益
                (千円)        408,735        428,858        533,376        446,907        408,965
     経常利益
                (千円)        554,063        825,377        632,396        642,899        396,522
     当期純利益
                (千円)        495,000        495,000        495,000        495,000        495,000
     資本金
                (千株)        12,695        12,695        10,859        10,859        10,859
     発行済株式総数
                (千円)       3,395,372        4,103,935        4,701,532        5,321,298        5,659,121
     純資産額
                (千円)      18,001,049        18,535,459        16,970,684        16,269,421        16,760,766
     総資産額
                (円)        291.00        351.73        446.32        505.16        537.23
     1株当たり純資産額
                          2        2        2        2        2
     1株当たり配当額
                (円)
     (うち1株当たり中
                         ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     間配当額)
     1株当たり当期純利
                (円)        47.49        70.74        56.20        61.03        37.64
     益金額
                (%)        18.86        22.14        27.70        32.71        33.76
     自己資本比率
                (%)        18.01        22.01        14.36        12.83         7.22
     自己資本利益率
                (%)         4.21        2.83        3.56        3.28        5.31
     配当性向
                         201        192        199        186        183
     従業員数
                (人)
     (外、平均臨時雇用
                         ( 67 )       ( 65 )       ( 66 )       ( 58 )       ( 52 )
     者数)
                (%)          -        -        -        -        -
     株主総利回り
     (比較指標:-)           (%)         ( - )       ( - )       ( - )       ( - )       ( - )
                (円)          -        -        -        -        -

     最高株価
                (円)          -        -        -        -        -
     最低株価
      (注)1.営業収益には消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.株価収益率は非上場のため記載しておりません。
         4.従業員数は期末就業人員数であり、正規職員数の他期末臨時職員数も含んでおります。
         5.株主利回り、比較指標、最高株価及び最低株価については、当社株式は非上場でありますので記載しており
           ません。
         6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当事業年度
           の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遮って適用し
           た後の指標等となっております。
                                  3/77






                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            概要
      大正9年5月         河東鉄道㈱設立(資本金500万円)
        11年6月       河東線屋代・須坂間(現在営業廃止)営業開始
        12年3月       河東線須坂・信州中野間(現在長野線(一部)と改称)営業開始
        12年7月       遊園地事業(現在旅館業その他の観光事業と改称)開始
        14年7月       河東線信州中野・木島間(現在営業廃止)営業開始
        15年1月       電力供給業開始(現在供給業廃止)
        15年6月       長野線須坂・権堂間営業開始(長野電気鉄道㈱)
        15年9月       河東鉄道㈱と長野電気鉄道㈱が合併し、商号を長野電鉄㈱とする
              (資本金700万円)
      昭和2年4月         平穏線信州中野・湯田中間(現在長野線(一部)と改称)営業開始
        2年7月       長野温泉自動車㈱設立(資本金30万円)
        2年9月       本社を長野市権堂町2201番地に新築移転
        3年6月       長野線権堂・長野間営業開始
        16年2月       長野温泉自動車㈱ほかより営業権を譲受し、乗合自動車及び貸切自動車営業開始
        24年8月       北信米油㈱(現・連結子会社)を設立
        27年12月       索道事業営業開始
        28年12月       長電観光㈱を設立(現在合併により消滅)
        33年10月       長電興業㈱(現・長電建設㈱・連結子会社)を設立
        35年2月       長野菱和自動車㈱(現・長野三菱自動車販売㈱・連結子会社)を設立
        43年9月       不動産業営業開始
        46年8月       長電産業㈱を設立(現在合併により消滅)
        52年12月       国内旅行業免許取得
        56年3月       長野線長野・善光寺下間地下鉄完成運転開始
        63年4月       ㈱上林ホテル仙壽閣を設立(現在合併により消滅)
      平成4年6月         事業目的を一部変更し、電力供給業廃止
        7年10月       一般乗合旅客自動車運送事業及び一般貸切旅客自動車運送事業の営業全部を長電バス㈱(現・連
              結子会社)へ譲渡
        14年3月       河東線信州中野・木島間(木島線)廃止
        16年1月       ㈱ながでんハートネット倶楽部を設立(現・㈱ながでんウェルネス・連結子会社)
        16年9月       ㈱長電パークリゾートを設立(現在清算により消滅)
        18年3月       長電観光㈱、長電産業㈱(当社の連結子会社)を合併
        18年4月       長電バス㈱は、信濃交通㈱と信州バス㈱および㈱長電整備を合併
        19年7月       奥志賀地区のホテル・スキー場ほか全施設をユニファイド・パートナーズ㈱の子会社へ売却譲渡
        19年10月       長野三菱自動車販売㈱は、北信三菱自動車販売㈱を合併
        20年3月       ㈱丸池観光ホテルを設立(現在清算により消滅)
        20年11月       丸池スキー場の全施設を志賀高原リゾート開発㈱へ売却譲渡
        21年3月       北信米油㈱の賃貸部門を吸収分割
        24年3月       河東線屋代・須坂間(屋代線)廃止
        24年10月       長電タクシー㈱は、高水タクシー㈱と北信観光タクシー㈱を合併
        25年4月       北信米油㈱は、北信石油ガス㈱を合併
              ㈱エアフォルク(現・連結子会社)の株式取得
        29年7月       ㈱ながでんハートネット倶楽部と、㈱長電スイミングスクールを合併し、㈱ながでんウェルネス
              に商号変更
              ㈱長電ホテルズ(現・連結子会社)を設立
        30年3月       ㈱長電パークリゾートが清算により消滅
                                  4/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社(長野電鉄㈱)グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社12社により構成されており、その営ん
       でいる主な事業内容は、次のとおりであります。
        当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置づけは次のとおりであります。
             事業区分              事業の内容                    会社名
        愉送サービス事業群                鉄道業              当社
        (5社)                旅客自動車運送業              ◎  長電バス㈱(A)
                                     ◎  長電タクシー㈱(A)
                                     □  飯山観光ハイヤー㈱
                       車両整備
                                     ◎  長電テクニカルサービス㈱(A)(C)
        生活サービス事業群                自動車販売業              ◎  長野三菱自動車販売㈱
        (3社)                石油製品・ガス販売業
                                     ◎  北信米油㈱(A)
                       スポーツクラブ事業
                                     ◎  ㈱ながでんウェルネス(A)
                       介護サービス事業
        不動産サービス事業群                分譲・仲介・賃貸業              当社
        (3社)                建設業              ◎  長電建設㈱(B)
                       仲介業
                                     ◎  ㈱エアフォルク(A)
        おもてなしサービス事業群                ホテル事業              ◎  ㈱長電ホテルズ(A)
        (3社)                ハイウェイオアシス業
                                     ◎  ㈱小布施ハイウェイオアシス
                       観光施設業
                                     ◎  ㈱地獄谷野猿公苑(A)
        関連サービス事業群                旅行業              当社
        (1社)                広告業
                       保険代理業
      (注)1.◎は連結子会社です。
         2.□は非連結子会社です。
         3.当社は(A)の会社に対し施設の賃貸を行っています。
         4.当社は(B)の会社に対し建設工事を発注しています。
         5.当社は(C)の会社に対し業務の委託を行っています。
                                  5/77











                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        (事業系統図)
         以上の企業集団等の状況について事業系統図を示すと次のとおりになります。
                                  6/77




















                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                         議決権の

                            資本金
            名称           住所          主要な事業の内容         所有割合          関係内容
                           (千円)
                                          (%)
     (連結子会社)

                     長野県           愉送サービス
      長電バス㈱                                    100.0    当社と営業上の取引がある。
                            100,000
      (注)3.5                                        役員の兼任あり。
                     長野市           事業群
                     長野県           愉送サービス
                                               当社と営業上の取引がある。
      長電タクシー㈱                      15,000               100.0
                                               役員の兼任あり。
                     長野市           事業群
                     長野県           愉送サービス
      長電テクニカルサービス㈱                                     80.0    当社と営業上の取引がある。
                            50,000
      (注)3                                    (12.0)    役員の兼任あり。
                     須坂市           事業群
                     長野県           生活サービス
      長野三菱自動車販売㈱                                        当社と営業上の取引がある。
                            40,000               50.1
      (注)6                                        役員の兼任あり。
                     長野市           事業群
                     長野県           生活サービス
      北信米油㈱                                        当社と営業上の取引がある。
                            11,600               100.0
      (注)3.7                                        役員の兼任あり。
                     長野市           事業群
                     長野県           生活サービス
      ㈱ながでんウェルネス                                        当社と営業上の取引がある。
                            10,000               100.0
      (注)3                                        役員の兼任あり。
                     長野市           事業群
                     長野県
      長電建設㈱                          不動産サービス              当社と営業上の取引がある。
                            20,000               100.0
      (注)3.8                          事業群              役員の兼任あり。
                     長野市
                     長野県
                                 不動産サービス              当社と営業上の取引がある。
      ㈱エアフォルク                      3,000              100.0
                                 事業群              役員の兼任あり。
                     松本市
                     長野県
                                 おもてなし              当社と営業上の取引がある。
      ㈱長電ホテルズ                      10,000               100.0
                     下高井郡
                                 サービス事業群              役員の兼任有り。
                     山ノ内町
                     長野県
                                 おもてなし
      ㈱小布施ハイウェイオアシス                                        当社と営業上の取引がある。
                            60,000               80.0
                     上高井郡
      (注)3                                        役員の兼任あり。
                                 サービス事業群
                     小布施町
                     長野県
                                 おもてなし
                                               当社と営業上の取引がある。
      ㈱地獄谷野猿公苑                      10,000               71.0
                     下高井郡
                                               役員の兼任あり。
                                 サービス事業群
                     山ノ内町
      (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
         3.特定子会社に該当しております。
         4.有価証券届出書又は、有価証券報告書を提出している会社はありません。
         5.長電バス㈱は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えて
           おります。
           主要な損益情報等           (1)売上高             2,041百万円
                     (2)経常損失            172百万円
                     (3)当期純利益   54百万円
                     (4)純資産額            731百万円
                     (5)総資産額          1,578百万円
                                  7/77






                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         6.長野三菱自動車販売㈱は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が
           10%を超えております。
           主要な損益情報等          (1)売上高            2,192百万円
                     (2)経常利益            48百万円
                     (3)当期純利益           27百万円
                     (4)純資産額   841百万円
                     (5)総資産額  1,612百万円
         7.北信米油㈱は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えて
           おります。
           主要な損益情報等           (1)売上高           3,517百万円
                     (2)経常損失            73百万円
                     (3)当期純利益           15百万円
                     (4)純資産額  1,281百万円
                     (5)総資産額  1,712百万円
         8.長電建設㈱は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えて
           おります。
           主要な損益情報等          (1)売上高            1,752百万円
                     (2)経常利益            53百万円
                     (3)当期純利益           22百万円
                     (4)純資産額   982百万円
                     (5)総資産額  1,409百万円
                                  8/77













                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)  連結会社の状況
                                                平成31年3月31日現在
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      愉送サービス事業群                                            449   (132)
      生活サービス事業群                                            272   (205)

      不動産サービス事業群                                             82   (5)

      おもてなしサービス事業群                                             43   (64)

      関連サービス事業群                                             38   (8)

      全社(共通)                                             15   (4)

                  合計                                 899   (418)

      (注)1.従業員数は期末就業人員(期末臨時雇用者含む)であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数
           で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員は、特定のセグメントに区分できない管理部門に属しているもの
           であります。
       (2)  提出会社の状況

                                                平成31年3月31日現在
                       平均年齢             平均勤続年数            平均年間給与(円)

        従業員数(人)
          183   (52)             42歳5ヶ月              18年3ヶ月              4,170,356
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      愉送サービス事業群                                            113   (35)

      生活サービス事業群                                             0   (0)

      不動産サービス事業群                                             17   (5)

      おもてなしサービス事業群                                             0   (0)

      関連サービス事業群                                             38   (8)

      全社(共通)                                             15   (4)

                  合計                                 183   (52)

      (注)1.従業員数は期末就業人員(期末臨時雇用者含む)であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数
           で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員は、特定のセグメントに区分できない管理部門に属しているもの
           であります。
       (3)  労働組合の状況

         当社グループの労働組合は日本労働組合総連合会参加の日本私鉄労働組合総連合会に所属しており、平成31年
        3月31日の組合員の数は412人であります。
         なお、労使関係は安定しております。
                                  9/77




                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        当社グループは、グループ経営理念「ながでんグループは、旅客輸送で培った安全・安心ノウハウを活かし、地域
       の快適な生活に資するサービスを提供します」の実現により、地域とお客さまの期待を持続的に超える企業グループ
       になることをめざしてまいります。
       各セグメントの対処すべき課題は次のとおりです。
        愉送サービス事業群では、安全マネジメント体制を一層強化し、安全・安心で快適な輸送サービスを提供するほ
       か、鉄道で各種イベント開催により新たな需要の創出と貸切バスで運転士確保による受注拡大を図ってまいります。
        生活サービス事業群では、自動車販売業で新車販売を強化するほかスポーツクラブ事業や介護事業で利用者さま本
       位のサービス向上により利用者確保に努めてまいります。
        不動産サービス事業群では、新規分譲用地取得と早期商品化に注力してまいります。
        おもてなしサービス事業群では、インバウンドの受入体制を一層強化するほか、グリーン期の集客策により通年で
       の顧客確保に努めてまいります。
        関連サービス事業群では、営業基盤の強化により新規顧客の獲得に努めてまいります。
      2【事業等のリスク】

        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       当社グループを取り巻く環境について

        当社グループは、運輸業をはじめ建設、不動産、燃料等販売、介護、ホテル業など幅広い事業を展開しておりま
       す。当社グループの業績および財務状況に影響を及ぼす主なリスクは以下のとおりです。なお、以下は当社グループ
       全てのリスクを網羅したものではなく、事業等のリスクはこれらに限定されるものではありません。
       (1)自然災害・事故災害に関わるリスク
         当社グループは、地域に根差した企業として、安全・安心なサービスの提供に努めておりますが、突発的に発生
        する災害や天災、不慮の事故が発生した場合や、電力等の社会インフラ機能が低下した場合には、当社グループの
        業績や財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)事業環境の変化に関わるリスク
        ①燃料価格等の上昇
         事業運営に必要となる燃料および電気等は価格が大きく変動し、これらの価格上昇分を十分に転嫁できない場合
        は、当社グループの業績や財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
        ②法的規制
         運輸業に関わる鉄道事業法、道路運送法等の法的な規制や法令改正へ対応するための設備投資、経費の負担増加
        や、介護業における介護保険制度の改正などにより当社グループの業績や財務状況に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
        ③金利の上昇
         運輸業をはじめとする各事業の必要資金の多くを借入金等により調達しているため、市場金利の上昇により当社
        グループの業績や財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
        ④需要環境の変動
         公共交通環境や消費動向の変化、少子高齢化の進展などによる利用者の減少により当社グループの業績や財務状
        況に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)コンプライアンスに関わるリスク
         当社グループは、運輸業をはじめとする各事業において、関係法令を遵守し、企業倫理に従って事業を行ってお
        りますが、これらに反する行為が発生し、社会的信頼を損なった場合には、社会的制裁等により当社グループの業
        績や財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
                                 10/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)  経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度におけるわが国経済は、好調な企業収益を背景に設備投資が底堅く推移したほか個人消費も緩や
        かながらも増加を続け、2019年1月時点での景気拡大の長さは6年2カ月となり、リーマン・ショックのあった
        2008年まで続いた「いざなみ景気」を抜いて戦後で最も長くなった可能性が高いとの政府見解が示されました。し
        かしながら、過去の好景気に比して景気回復の実感は薄く、また米中貿易摩擦の拡大や海外経済の減速のほか原油
        高の影響などにより、3月の日銀短観では大企業製造業が6年3カ月振りの悪化に転じるなど、景気後退の兆候も
        見られます。
         このような状況下、当社グループは平成30年4月より第5次中期経営計画「VALUE                                          UP'18」をスタートさ
        せ、「収益力UP」「生産性UP」「お客さまサービスUP」「ES                                 UP」の基本戦略を軸に取り組んでまいり
        ました。
         グループ全体の業績は、石油製品・ガス販売業でガソリン市況が高値で推移したほか愉送サービス事業や観光施
        設業(地獄谷野猿公苑)を中心に訪日外国人の利用が増加したものの、バス事業やホテル事業が低調に推移したこ
        となどにより、増収減益となりました。
         愉送サービス事業群では、鉄道事業で地元利用が多い駅で定期外収入が減少したほか、バス事業で貸切バスの受
        注が減少したことなどにより、減収減益となりました。
         生活サービス事業群では、石油製品・ガス販売業で燃料油が高いマージンで安定し油外販売(SS・セブン-イ
        レブン複合店)も堅調に推移したほか、自動車販売業で新車・中古車ともに販売台数が前年を上回ったものの、介
        護事業で利用者数が低調に推移したことにより、増収減益となりました。
         不動産サービス事業群では、不動産業で分譲地販売が不足したものの、建設業で各種土木工事の完工などによ
        り、増収増益となりました。
         おもてなしサービス事業群では、地獄谷野猿公苑を中心に訪日外国人の入込が堅調に推移したものの、上林ホテ
        ル仙壽閣と野沢グランドホテルが空調工事等に伴う休館の影響を受けたことなどにより、減収減益となりました。
         関連サービス事業群では、保険代理業が好調に推移したものの、旅行業は原価率上昇の影響を受けたことなどに
        より、増収減益となりました。
         この結果、当連結会計年度の営業収益は17,421百万円(前年比102.5%・421百万円増)、営業費用は16,609百万
        円(前年比103.7%・586百万円増)、営業利益は812百万円(前年比83.1%・164百万円減)、経常利益は677百万円
        (前年比84.1%・127百万円減)、親会社株主に帰属する当期純利益は818百万円(前年比84.3%・152百万円減)と
        なりました。
                                 11/77











                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        ①  愉送サービス事業群

         鉄道事業では、4月に3年振りとなるダイヤ改正を実施しました。定期収入は通学定期が振るわず減収となり、
        定期外収入は観光旅客が堅調に推移したものの、地元利用の減少などにより減収となりました。雑収入では、鉄道
        グッズ販売などが好調だったものの直営工事の減少により減収となりました。
         バス事業では、運転士や整備士不足による受注制限の影響などを受け減収となりました。特に貸切バス部門は、
        計画的な減車(5台減)など効率化を図ったものの、大手代理店などからの受注減少により減収となりました。
         タクシー事業では、須坂・湯田中営業所は市町村からの受託事業などにより増収となったものの、長野営業所は
        運転士不足から運行回数が減少し観光タクシーも低迷したことにより減収となりました。
         保守業では、長野電鉄㈱重軌条交換工事の竣工により増収となったものの、しなの鉄道㈱の重要部検査が前年よ
        り減少したことから減収となりました。
         この結果、営業収益は4,667百万円となりました。
        ※提出会社の運輸成績表

                              当連結会計年度
           種別         単位                           前年同期比(%)
                         平成30年4月1日~平成31年3月31日
     営業日数                日                365                100.00

     営業キロ                ㌔               33.20                 100.00

     客車走行キロ               千㌔               3,142                 95.54

             定期        千人               5,017                 99.01

     輸送人員        定期外        〃               3,110                 99.55

              計       〃               8,128                 99.23

             定期        千円              803,442                  99.48

     旅客運輸収入        定期外        〃             1,134,061                   98.42

              計       〃             1,937,504                   98.86

     運輸雑収入                〃              125,822                  99.08

     運輸収入合計                〃             2,063,326                   98.87

     乗車効率                %               22.71                 104.31

      (注)乗車効率の算出方法
         乗車効率=延人㌔(駅間通過人員×駅間㌔程)÷(客車走行㌔×平均定員)×100
        業種別営業成績

                              当連結会計年度
             種別                                  前年同期比(%)
                         平成30年4月1日~平成31年3月31日
                                  2,063,326
     鉄道事業(千円)                                                 98.9
                                  2,127,429

     バス事業(千円)                                                 96.0
                                    312,418

     タクシー事業(千円)                                                100.9
     保守業(千円)                              839,804                   99.7

                                  △675,071

     消去(千円)                                                  -
                                  4,667,907

     営業収益計(千円)                                                 96.4
                                 12/77




                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        ②  生活サービス事業群
         自動車販売業では、新車部門のほか中古部門で他銘柄車などの販売が好調に推移したほか、修理部門でも車検入
        庫台数が増加したことにより増収となりました。
         石油製品・ガス販売業では、ガソリン販売数量が前年を上回ったことや長野大通り・セブン-イレブン複合店が
        堅調に推移したことにより増収となりました。
         スポーツクラブ事業では、スイミング部門は、須坂校の会員数は伸長しましたが、体験からの入会の伸び悩みで
        長野校、若里校、中野校の会員数が減少したことにより減収となりました。フィットネス部門は、営業エリア内へ
        の競合他社の新規出店が相次ぐ中、長野校の会員数は前年を下回りましたが、夜間営業を再開した若里校とエフバ
        イエーライトが会員数を伸ばしたことにより増収となりました。
         介護事業では、4月の介護保険制度改正の影響を受けDS・SS全14事業所中11事業所で利用者数が低調となる
        中、かむりきの里が開所以来初の黒字化を達成したほか、5月に放課後等デイサービスの第2号事業所「メゾふぉ
        るて中野ポルカ」を開所し障がい児福祉事業の拡充を図ったことなどにより増収となりました。
         この結果、営業収益は7,342百万円となりました。
                              当連結会計年度

             種別                                  前年同期比(%)
                         平成30年4月1日~平成31年3月31日
                                                      125.3

     自動車販売業(千円)                             2,231,433
     石油製品・ガス販売業(千円)                             3,769,438                   105.4

     スポーツクラブ事業(千円)                              603,560                   99.7

     介護事業(千円)                             1,029,513                   100.3

     消去(千円)                             △291,756                     -

     営業収益計(千円)                             7,342,190                   109.0

        ③  不動産サービス事業群

         不動産事業では、分譲部門は、分譲用土地の仕入れ・商品化の遅れにより新規開発物件が16区画にとどまり、在
        庫物件と併せた販売区画も35区画(前年比1区画減)と振るわず減収となりました。住宅部門は、受注は前年を上
        回ったものの完工が前年を下回り減収となりました。賃貸仲介部門は、新規仲介件数が前年を上回ったほか、建物
        総合管理・清掃業務も好調に推移したことにより増収となりました。賃貸部門は、賃料改定において一部が減額改
        定となったことから減収となりました。駐車場部門は、権堂パーキングの耐震補強工事に伴う駐車区画の減少など
        が影響し減収となりました。介護関連賃貸部門は、ハートネット桜枝町とハートネット吉田において堅調に入居者
        を確保したものの、ハートネット信州中野が低迷したことにより減収となりました。
         建設業では、建設部門は、官庁工事2件や各民間工事を完工し増収となりました。BESS部門は、建物完成見
        学会や展示場でのイベント開催などを実施し、受注は僅かに前年に及ばなかったものの、完工は前年を上回り増収
        となりました。
         この結果、営業収益は3,197百万円となりました。
                              当連結会計年度

             種別                                  前年同期比(%)
                         平成30年4月1日~平成31年3月31日
     不動産業(千円)                             2,065,756                    98.9

     建設業(千円)                             2,089,162                   112.4

     消去(千円)                             △957,046                     -

     営業収益計(千円)                             3,197,871                   100.2

                                 13/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        ④  おもてなしサービス事業群
         ホテル事業では、インバウンド旅客は増加したものの、大手旅行代理店からの送客減少などに加え、野沢グラン
        ドホテル、上林ホテル仙壽閣ともに空調工事や客室改装工事のため、それぞれ18日間、35日間を休館としたことに
        より減収となりました          。
         ハイウェイオアシス事業では、軽食部門が価格見直しなどにより増収となったほか、売店部門がオリジナル商品
        や県内産地ビールの販売が好調に推移し増収となりました。自動販売機の売上計上方法の変更により、全体として
        は減収となりました。
         観光施設業(地獄谷野猿公苑)では、白根火山の活動活発化による交通規制の影響等により日本人が減少したも
        のの、外国人入苑者数が開苑以来はじめて日本人を上回るなど好調で増収となりました。
         この結果、営業収益は1,197百万円となりました。
                              当連結会計年度

             種別                                  前年同期比(%)
                         平成30年4月1日~平成31年3月31日
     ホテル事業(千円)                              535,198                   92.6

     ハイウェイオアシス事業(千円)                              491,029                   99.5

     観光施設業(千円)                              181,315                  100.9

     消去(千円)                              △9,923                    -

     営業収益計(千円)                             1,197,619                    96.3

        ⑤  関連サービス事業群

         旅行業では、募集旅行は各商品の拡販に努めたものの集客不足から減収となりました。一方、団体貸切旅行は堅
        調に推移したほか、海外旅行において付加価値を付けた商品販売が好調であったことから増収となりました。
         広告業では、インターネット関連広告などは増加したものの、交通広告は電車・バス部門とも新規契約が伸長せ
        ず減収となりました。
         保険代理業では、損保部門は主力商品である自動車保険の契約更新率が上昇したことにより増収となり、生保部
        門でも初年度手数料が増加したほか販売奨励金を獲得したことにより増収となりました。
         その他事業では、長野売店での土産品の販売が増加する一方、9月末に権堂売店を閉店したことに加え宝くじの
        販売が伸びず減収となりました。
         この結果、営業収益は1,016百万円となりました。
                              当連結会計年度

             種別                                  前年同期比(%)
                         平成30年4月1日~平成31年3月31日
     旅行業(千円)                              706,571                  107.3

     広告業(千円)                              180,093                   98.9

     保険代理業(千円)                               73,347                  102.8
     その他(千円)                              225,387                   85.9

     消去(千円)                             △169,206                     -

     営業収益計(千円)                             1,016,194                   103.0

                                 14/77






                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
       (2)  財政状態の状況
         当連結会計年度における総資産は、前連結会計年度と比較して379百万円増加し24,289百万円となりました。こ
        れは主に未収金の増加257百万円、有形固定資産の増加141百万円によるものです。
         負債は396百万円減少し13,386百万円となりました。これは主に未払金の減少197百万円、長期借入金                                               ( 一年内含
        む ) の減少805百万円、厚生年金基金解散損失引当金の減少280百万円によるものです。
         純資産は776百万円増加し10,902百万円となりました。これは主に利益剰余金の増加797百万円によるものです。
       (3)  キャッシュ・フロー
         当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの状況については、現金及び現金同等物期末残高は2,528百万円と
        なり、前連結会計年度末に比べ40百万円の減少となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況と、それらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果得られた資金は1,841百万円(前年同期は2,654百万円の獲得)となりました。
        これは主に非現金支出の減価償却費1,278百万円や、運転資金の売上債権の増加228百万円、仕入債務の減少にとも
        なう119百万円等の減少によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果使用した資金は1,448百万円(前年同期は905百万円の支出)となりました。これは主に仙壽閣空
        調機更新・特別室改修、須坂駅~桜沢駅間集中連動化工事等の有形固定資産の取得による1,462百万円支出したこ
        とによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果使用した資金は433百万円(前年同期は1,574百万円の支出)となりました。これは短期借入金の
        純増588百万円、長期借入金の純減805百万円(借入2,830百万円・返済3,635百万円)、リース債務の返済146百万円
        等によるものであります。
       (4)  生産、受注及び販売の実績
         当社グループの販売品目は広範囲かつ多種多様であり、同種の商品であっても、その容量、構造、形式等は必ず
        しも一様ではなく、また受注生産の形態を採らない商品及び製品も多く、セグメント毎に、生産規模及び受注規模
        を金額あるいは数量で示すことはしておりません。
         従いまして、受注及び販売の状況については、「(1)経営成績等の状況の概要」における各セグメント業績に関
        連づけて示しております。
       (5)  重要な会計方針及び見積もり
         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計の基準に基づいて作成してお
        ります。当社グループの連結財務諸表作成において、損益または資産の状況に影響を与える見積り、判断は上述の
        基準及び過去の実績やその時点で入手可能な情報に基づき行っておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実
        性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
       (6)  当連結会計年度の経営成績の分析
         国内景気は、好調な企業収益を背景に設備投資が底堅く推移したほか、個人消費を緩やかながらも増加を続ける
        などもあり、景気回復の実感は薄いものの1-3月期の国内総生産は2四半期連続してプラス成長となりました。
         当社グループを取り巻く環境は、石油販売事業でのガソリン市況の高値推移や、愉送サービス事業やおもてなし
        サービス事業を中心に訪日外国人の利用が増加したものの、バス事業やホテル事業が低調に推移したことにより、
        グループ全体では前年比で増収減益となりました。
         この結果、当連結会計年度の営業収益は17,421百万円(前年比102.5%・421百万円増)、営業費用は16,609百万
        円(前年比103.7%・586百万円増)となり、営業利益は812百万円(前年比83.1%・164百万円減)、経常利益は677
        百万円(前年比84.1%・127百万円減)となり、親会社株主に帰属する当期純利益は818百万円(前年比84.3%・152
        百万円減)と前年度を下回りました。
       (7)  経営成績に重要な影響を与える要因について
         2「事業等のリスク」に記載した事項が、経営成績に重要な影響を与える可能性があります。
       (8)  経営戦略の現状と見通し
         2019年度はグループ中期経営計画「                  VALUE      UP'18    」の2年目にあたります。グループ各社が連携すること
        でグループ経営の強みを最大限に発揮し、基本戦略である「収益力                               UP  」「生産性     UP  」「お客さまサービス          U
        P 」「  ES   UP  」の各種施策を着実に実行し、地域社会から信頼され、活力溢れる企業グループを目指して参り
        ます。
       (9)  資本の財源及び資金の流動性についての分析
        (資金需要)
         当社グループの事業活動における資金需要の主なものは、持続的な成長のための投資や各事業に係る運転資金の
        他、鉄道事業をはじめとする輸送サービスにおける設備や老朽化店舗への更新等に要する設備資金であります。
                                 15/77


                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        (財務政策)
         当社グループの事業活動の維持拡大に必要な資金を安定的に確保するため、金融機関からの借入により資金調達
        を行い、さらに資金効率向上のため、キャッシュ・マネジメント・システム(CMS)を導入し、極力グループ内資金
        を有効活用する仕組みを構築しております。
         当社グループの主要な事業資産に対しては、各事業群を取り巻く事業環境を考慮したバランスのとれた投資を行
        うことで、回収効率を高め、当社グループの全体の有利子負債の削減を図ってまいります。
         また、資金調達コストの低減に努める一方、過度の金利変動リスクに晒されないよう、借入の一部について金利
        スワップ等を活用しております。
      4【経営上の重要な契約等】

        当社グループでは、当連結会計年度において重要な契約等の決定、または締結はありません。
      5【研究開発活動】

        当社グループでは、当連結会計年度において研究開発費を計上しておりません。
                                 16/77















                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度の設備投資については、輸送の安全確保や旅客サービスの向上による各種設備の維持、向上を図る
       とともに、増収対策や地域内での競争激化に対処するため、1,511百万円の設備投資を実施しました。
        愉送サービス事業群においては、須坂駅~桜沢駅間集中連動化工事140百万円、バス車両(リース含む)244百万
       円、タクシー車両(リース)12百万円、車両牽引車の購入15百万円などの投資を実施しました。
        生活サービス事業群では、バルク貯槽の購入25百万円、車両の購入48百万円、屋根及び鉄部塗装工事2百万円等の
       投資を実施しました。
        不動産サービス事業群では、上林ホテル仙壽閣空調機更新・特別室改修等の工事173百万円や、各テナント施設の
       更新工事など投資を実施しました。
        おもてなしサービス事業群では、客室畳床取替8百万円、デジタルサイネージ6百万円、建物前駐車場改修工事2
       百万円などの投資を実施しました。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)  提出会社
                                                平成31年3月31日現在
                                     帳簿価額

        事業所名        セグメン            機械装置                            従業員数

                      建物及び             土地     リース
        (所在地)         トの名称             及び                 その他      合計     (人)
                       構築物           (千円)       資産
                            運搬具                 (千円)      (千円)
                      (千円)           (面積㎡)      (千円)
                            (千円)
                不動産
     イーストプラザビル                              60,501
                サービス       105,753        -            -      49   166,304      41(7)
     (長野県長野市)                             (1,211.8)
                事業群
                不動産
     長電権堂ビル                              36,910
                サービス       685,413        -            -   177,639      899,964       -
     (長野県長野市)                             (4,213.1)
                事業群
                不動産
     長電権堂第2ビル                             379,460
                サービス       358,553        -            -      -   738,013       -
     (長野県長野市)                             (2,192.6)
                事業群
                不動産
     長野パーキングビル                             647,000
                サービス       179,898       7,042             -    3,178     837,118      1(2)
     (長野県長野市)                             (2,025.4)
                事業群
                不動産
     権堂パーキングビル                             477,460
                サービス       129,246       1,813             -     252    608,773       (3)
     (長野県長野市)                             (2,537.8)
                事業群
                愉送
                                   530,075
     鉄道事業           サービス      3,640,198      1,117,924               -    36,562    5,324,760      113(35)
                                 (404,899.5)
                事業群
                                 17/77







                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
       (2)  国内子会社
                                                  平成31年3月31日現在
                                      帳簿価額

              事業所名     セグメン           機械装置                          従業員数

       会社名                 建物及び            土地     リース
             (所在地)      トの名称            及び               その他      合計     (人)
                         構築物          (千円)      資産
                              運搬具               (千円)     (千円)
                         (千円)          (面積㎡)      (千円)
                              (千円)
              長野県      愉送
     長電バス㈱        長野市他      サービス      143,761     307,965        -   380,465     70,173     902,366     191(76)
              2箇所      事業群
              長野県      生活
     長野三菱自動                               645,527
              長野市他      サービス      208,046      40,384             -   8,002     901,960      78(7)
     車販売㈱                              (27,435.7)
              3箇所      事業群
              長野県      生活
                                    850,350
     北信米油㈱        長野市他      サービス      279,886     144,880             -   17,556    1,292,675      55(18)
                                    (691.23)
              13箇所      事業群
              長野県      生活
     ㈱ながでん                               129,313
              長野市他      サービス      599,567       228         26,886     11,565     767,560    139(180)
     ウェルネス                              (2,475.7)
              22箇所      事業群
        (注)従業員数の(          )は、臨時雇用者数を外書しております。
       (3)  在外子会社

         当社グループに在外子会社はありません。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘定して策定しております。設
       備計画は原則的に連結会社各社が策定しておりますが、計画決定に当たっては事前に提出会社と協議の上決定してお
       ります。
        なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修は次のとおりであります。
       (1)  重要な設備の新設及び改修
                             投資予定金額               着手及び完了予定年月
                    セグメント                  資金調達                 完成後の
      会社名        件名
                            総額     既支払額
                    の名称                  方法                 増加能力
                                             着手      完了
                           (千円)      (千円)
            権堂パーキング        不動産
                                             平成      令和
     長野電鉄㈱      耐震補強工事        サービス        719,146      85,436    借入金                  (注)
                                            30年10月      元年12月
            及び付帯工事        事業群
        (注) 完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
       (2)  重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 18/77







                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           40,000,000

                  計                                40,000,000

        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数              提出日現在発行数            上場金融商品取引所名
        種類          (株)             (株)         又は登録認可金融商品               内容
               (平成31年3月31日)             (令和元年6月27日)             取引業協会名
                                                     単元株制度は
     普通株式              10,859,733             10,859,733         該当事項ありません            採用しており
                                                     ません。
         計          10,859,733             10,859,733              ―          ―
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                資本金増減       資本金残高
         年月日        総数増減       総数残高                     増減額       残高
                                額(千円)        (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成28年12月1日
                  △1,835,447        10,859,733           -     495,000          -     21,446
     (注)
     (注)自己株式の消却によるものです。
       (5)【所有者別状況】

                                                   平成31年3月31日現在
                               株式の状況
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等
                                            個人その他
            政府及び地           金融商品取     その他の法                           式の状況
                 金融機関                                  計
            方公共団体           引業者     人
                                             (注)
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          3     2     1     43               2,995     3,044     -
                                     -     -
     所有株式数
             23,044     455,204      30,000    1,647,742                8,703,743     10,859,733
                                     -     -               -
     (株)
     所有株式の割
              0.21     4.19     0.28     15.17                80.15      100    -
                                     -     -
     合(%)
      (注)自己株式325,900株は「個人その他」に含まれております。
                                 19/77



                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成31年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
         氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
      北野建設㈱              長野市県町524                          902         8.31

                    長野市岡田町178-8                          405         3.73
      ㈱八十二銀行
                                              151         1.39
      笠原 甲一              長野市
                                              128         1.19
      荒井 洋子              長野市
      第一法規㈱              東京都港区南青山2-11-17                          113         1.05
      高沢産業㈱              長野市南千歳1丁目15-3                          109         1.01

                                              104         0.96

      神津 雄平              長野市
                                               81         0.75
      仁科 良三              長野市
                                               72         0.66
      佐藤 喜惣治              山ノ内町
      直富商事㈱              長野市大豆島3397-6                           70         0.64
                              ―               2,139          19.70

            計
      (注)上記のほか自己株式が325千株あります。
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成31年3月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

      無議決権株式                      ―             ―             ―

      議決権制限株式(自己株式等)                      ―             ―             ―

      議決権制限株式(その他)                      ―             ―             ―

                                                権利内容に何ら限定の
                       普通株式   325,900
      完全議決権株式(自己株式等)                                   ―       ない当社における標準
                                                となる株式
                       普通株式       10,533,833

      完全議決権株式(その他)                                   10,533,833            同上
      単元未満株式                      ―             ―             ―

      発行済株式総数                      10,859,733             ―             ―

      総株主の議決権                      ―             10,533,833             ―

                                 20/77






                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        ②【自己株式等】
                                                  平成31年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)
               長野市権堂町2201             325,900           -      325,900            3.00
     長野電鉄㈱
         計          -         325,900           -      325,900            3.00
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

         該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                               当事業年度                  当期間
              区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                           株式数(株)                 株式数(株)
                                     (円)                 (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            ―        ―        ―         ―
     消却の処分を行った取得自己株式                            ―        ―        ―         ―

     合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                 ―        ―        ―         ―
     行った取得自己株式
     その他
                                 ―        ―        ―         ―
     (-)
     保有自己株式                        325,900            ―     325,900            ―
                                 21/77









                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は株主に対する利益還元を経営上の重要政策と認識し、業績、経営環境、中長期的な財務体質の強化等を勘案
       し配当を行うことを基本方針としています。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        当事業年度の配当につきましては、当社を取り巻く経営環境が依然として厳しい業況にありますが、財務状況や今
       後の見通しなど慎重に検討し、上記方針に基づき当期は1株当たり2円の配当(うち中間配当0円)を実施すること
       を決定しました。この結果、当事業年度の配当性向は5.31%となりました。
        内部留保資金につきましては、営業収益の漸減傾向を食い止めることを目標とし、新規事業の更なる展開と充実を
       図るとともに、設備の改修・更新によって安全性の向上を行なうために有効投資してまいりたいと考えております。
        当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定
       めております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                                                1株当たり配当額
                               配当金の総額
              決議年月日
                                                  (円)
                                (千円)
             令和元年6月25日
                                     21,067                    2
             定時株主総会決議
                                 22/77















                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
          当社は、株主の皆様をはじめ、顧客、沿線の住民の皆様などから信頼されるグループであるために、より経営
         の効率性・透明性を高める観点から、意思決定の迅速化、監督機能の強化、更にはグループの統制などについて
         体制を整えることを重要課題と認識しております。今後もコーポレート・ガバナンスの充実を図るため、必要な
         施策を実施してまいります。
        ①.会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等
        a.会社の機関の内容
           当社は、監査役制度を採用しております。取締役会は、社外取締役2名を含む6名で構成され、法令で定め
          られた事項及び経営上重要な事項についての決定及び業務執行の監督を行っております。また、常勤取締役で
          構成する常務会を置き、取締役会で決定した方針に基づいて、年間の経営方針をはじめ経営上の重要な事項に
          ついて審議を行っております。
        b.内部統制システム整備の状況
           当社は、各種規程を制定し、職務分掌、職務権限、決裁事項、決裁者等を明確に規定すると共に、全ての業
          務の効率的な運営を目指しながら、順法意識の向上を図り、適法かつ適正に事業活動を行い、責任体制の確立
          及び強化を図っております。また、取締役間の意思疎通を図り、相互に監督しながら、企業行動の透明性・適
          法性を担っております。
           取締役の職務執行に関する文書及びその他の情報等については、文書管理規程に基づき、適切に保存及び管
          理しております。また、顧問弁護士は宮澤法律事務所に依頼しており、重要な契約等、必要に応じ適宜アドバ
          イスを受けております。
        ②   .リスク管理体制の整備の状況
          当社のリスク管理体制は、重要な法的課題及びコンプライアンスに係る事項については経営管理部を中心とし
         て必要な検討を加えるとともに、場合によっては顧問弁護士に法的                                   な側面から助言を受ける体制をとっておりま
         す。なお、         「 コンプライアンス管理委員会             」 を設置し、各部署及びグループ各社において周知徹底を図り、定期
         的に教育をしております。
          また鉄道事業部においては、安全輸送の確保を最優先の命題として、安全に関する取組みの基本方針・組織
         体制等および運転、施設、車両に関する業務の実施体制、方法を「安全管理規程」に定め実施しております。
        ③.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
          子会社の業務の適正を確保するための体制につきましては、「グループ法人管理規程」に基づき、重要事項の
         決定等については、事前に当社と協議するなど、業務の適正化及び指導に努めております。
        ④.役員報酬の内容
          当事業年度における当社の取締役及び監査役に対する役員報酬の内容は以下のとおりであります。
           社内取締役に支払った報酬 102,716千円
           社外取締役に支払った報酬  5,520千円
           監査役に支払った報酬                 10,800   千 円
        ⑤.取締役の定数
          当社の取締役は、12名以内とする旨を定款に定めております。
        ⑥.取締役の選任の決議要件
          当社は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過
         半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
        ⑦.株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項
          中間配当
           当社は、株主への機動的な利益還元を目的として、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議に
          よって、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨定款に定めております。
        ⑧.株主総会の特別決議要件
          当社は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することによる株主総会の円滑な運営を目的として、会
         社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権
         の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
                                 23/77




                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性7名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数
         役職名          氏名         生年月日               略歴           任期
                                                        (千株)
                                       日本鋼管㈱入社
                                   昭45.4
                                       当社入社
                                   〃50.4
        取締役社長                               当社取締役
                                   平1.6
                  笠原 甲一        昭和19年12月3日生
                                                     (注)2      151
       (代表取締役)                           〃3.6    当社常務取締役
                                   〃6.7    当社代表取締役専務
                                   〃9.6    当社代表取締役社長(現任)
                                   昭53.4    ㈱八十二銀行入行
                                   平20.6    当社常勤監査役
        専務取締役
                                   〃21.6    当社取締役
        企画部長         久保田 敏之        昭和30年7月11日生
                                                     (注)2       3
                                   〃25.    当社常務取締役
        管財部長
                                   6〃29.    当社専務取締役(現任)
                                   6
                                       当社入社
                                   平5.3
                                       当社取締役
                                   〃16.6
        常務取締役
                  神津 雄平        昭和36年9月28日生         〃18.2    当社執行役員
                                                     (注)2      104
       不動産事業部長
                                   〃23.6    当社取締役
                                   〃29.   6  当社常務取締役(現任)
                                   昭51.4    当社顧問弁護士(現任)

                                       長野県弁護士会会長
                                   〃58.4
         取締役         宮澤 建治        昭和15年9月30日生
                                                     (注)2      53
                                   〃60.6    当社取締役(現任)
                                   平11.4    日本弁護士連合会副会長
                                       信濃毎日新聞社入社
                                   平12.4
                                       同社取締役
                                   〃14.3
                                   〃16.6    同社常務取締役
                                   〃20.3    同社専務取締役
         取締役         小坂 壮太郎        昭和36年9月13日生
                                                     (注)2      10
                                   〃21.3    同社代表取締役専務
                                   〃23.3    同社代表取締役社長(現任)
                                   〃23.6    当社取締役(現任)
                                       当社入社
                                   昭60.7
         取締役
                  井原 本雄        昭和36年7月30日生             当社執行役員
                                   平19.7
                                                     (注)2       6
       鉄道事業部長
                                   〃25.6    当社取締役(現任)
                                       ㈱八十二銀行入行
                                   昭54.4
                                   平17.6    同 中野支店長
        常勤監査役          小林 明       昭和31年9月20日生         〃19.6    同 小諸支店長
                                                     (注)3       1
                                       (財)長野経済研究所 常務理事
                                   〃22.6
                                   〃28.6    当社常勤監査役(現任)
                                           計                330
      (注)1.取締役宮澤建治及び小坂壮太郎は、社外取締役であります。

         2.令和元年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
         3.平成28年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
        ② 社外役員の状況

          社外の豊富な見識と経験により、必要に応じて客観的な助言・意見等を受け、経営の透明性の確保、監督の強
         化を図っております。なお、社外取締役と当社の間に、資本的関係及び取引関係その他特別な利害関係はありま
         せん。
                                 24/77




                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ①  監査役監査及び内部監査の状況
           当社の監査役は取締役会に出席し必要に応じて助言・意見等を行なっております。また、会計監査人との連
          携については、定期的な意見交換等を行いながら連携を密に協力しております。
           なお当社に内部監査室はありませんが、取締役会は社内の相互牽制機能が有効に機能しているか否か等につ
          き常に注意をはらい、万一検出事項の報告がなされれば、直ちに対応し得る体制をとっています。
        ②  会計監査の状況
         a  .監査法人の名称
           UHY東京監査法人
         b.業務を執行した公認会計士
           谷田 修一 氏
           安河内 明 氏
         c.監査業務に係る補助者の構成
           当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士3名、その他4名程度であります。
         d.監査法人の選定方針と理由
           会計監査人が独立性及び必要な専門性を有すること、当社の広範な業務内容に対応して効率的な監査業務
          を実施できる相応の規模を持つこと、監査体制が整備されていること、監査範囲及び監査スケジュール等具
          体的な監査計画並びに監査費用が合理的かつ妥当であることを確認し、監査実績などを踏まえたうえで、会
          計監査人を総合的に評価し、選定しております。
         e.監査役及び監査役会による監査法人の評価
            当社の監査役は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については、監査法人より報告の受
           領、報告の聴取及び監査法人の実証手続への同席をすることで、監査法人の監査方法及び監査結果が相当で
           あることを確認しております。
        ③  監査報酬の内容等
           「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日内閣府令第3号)に
          よる改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規定に経過
          措置を適用しております。
         a.監査公認会計士等に対する報酬
                       前連結会計年度                      当連結会計年度
          区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
                報酬(千円)           報酬(千円)           報酬(千円)           報酬(千円)
                      10,020                      10,020

        提出会社                            ―                      ―
        連結子会社                 ―           ―           ―           ―

           計            10,020             ―         10,020             ―

          当社及び連結子会社における非監査業務の該当事項はありません。
         b.その他重要な報酬の内容
          前連結会計年度及び当連結会計年度のいずれにおいても、該当事項はありません。
         c.監査報酬の決定方針
          該当事項はありませんが、規模・特性・監査日数等を勘案した上定めております。
         d.監査役会が会計監査人の報酬等も同意した理由
          当社は監査役会設置会社及び会計監査人設置会社ではないため該当事項はありません。
       (4)【役員の報酬等】

         当社は非上場会社でありますので、記載すべき事項はありません。
         なお、役員報酬の内容につきましては、「4 コーポレート・ガバナンスの状況等 (1)コーポレート・ガバ
        ナンスの概要」に記載しております。
       (5)【株式の保有状況】

         当社は非上場会社でありますので、記載すべき事項はありません。
                                 25/77


                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)並びに

        「鉄道事業会計規則」(昭和62年運輸省令第7号。)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成30年4月1日から平成31年3月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)の財務諸表についてUHY
       東京監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、会計基準等の内容及び変更等について当社への影響を適切に把握するために、専門的情報を有する団体
       等が主催する研修・セミナーに積極的に参加し、連結財務諸表等の適正性確保に取り組んでおります。
                                 26/77















                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                      ※2 2,865,556             ※2 2,793,877
         現金及び預金
                                        547,499              613,161
         受取手形及び売掛金
                                        668,371              925,898
         未収金
                                        244,477              247,246
         分譲土地
                                        178,578              211,675
         商品
                                        128,952              123,882
         原材料及び貯蔵品
                                        120,510              177,225
         未成工事支出金
                                        379,058              409,853
         その他
                                        △ 16,773             △ 23,005
         貸倒引当金
                                       5,116,231              5,479,817
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※2 9,524,129             ※2 9,443,847
          建物及び構築物(純額)
                                       ※2 644,261             ※2 579,265
          車両運搬具(純額)
                                       ※2 914,551            ※2 1,078,454
          機械及び装置(純額)
          工具、器具及び備品(純額)                              281,952              292,068
          リース資産(純額)                              437,203              451,662
                                      ※2 5,026,707             ※2 5,032,208
          土地
                                         45,944              139,190
          建設仮勘定
                                      ※1 16,874,750             ※1 17,016,697
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        304,773              315,695
          その他
                                        304,773              315,695
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        924,006              815,513
          投資有価証券
                                        206,941              174,897
          繰延税金資産
                                        747,218              750,499
          その他
                                       △ 263,807             △ 263,807
          貸倒引当金
                                       1,614,358              1,477,102
          投資その他の資産合計
                                       18,793,882              18,809,495
         固定資産合計
                                       23,910,113              24,289,312
       資産合計
                                 27/77








                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        381,634              376,045
         支払手形及び買掛金
                                       ※2 459,000            ※2 1,047,000
         短期借入金
                                      ※2 2,642,090             ※2 2,447,534
         1年内返済予定の長期借入金
                                        146,788              162,404
         リース債務
                                        655,412              457,628
         未払金
                                        124,797              198,429
         未払法人税等
                                         99,946              221,969
         未成工事受入金
                                        157,534              160,863
         賞与引当金
                                         1,651                -
         屋代線廃線引当金
                                         6,200                -
         資産除去債務
                                        906,573              924,199
         その他
                                       5,581,628              5,996,074
         流動負債合計
       固定負債
                                        600,000              600,000
         社債
                                      ※2 5,413,169             ※2 4,802,405
         長期借入金
                                        325,057              327,372
         リース債務
                                        315,511              525,565
         長期未払金
                                        371,889              424,743
         繰延税金負債
                                        168,860                 -
         役員退職慰労引当金
                                        280,522                 -
         厚生年金基金解散損失引当金
                                         24,141              20,428
         屋代線廃線引当金
                                         60,070              57,908
         退職給付に係る負債
                                         74,701              70,452
         資産除去債務
                                        568,200              561,845
         その他
                                       8,202,123              7,390,721
         固定負債合計
                                       13,783,752              13,386,795
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        495,000              495,000
         資本金
                                        279,255              279,255
         資本剰余金
                                       8,518,977              9,316,063
         利益剰余金
                                        △ 18,116             △ 18,116
         自己株式
                                       9,275,115              10,072,202
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        226,962              164,290
         その他有価証券評価差額金
                                        226,962              164,290
         その他の包括利益累計額合計
                                        624,282              666,024
       非支配株主持分
                                       10,126,361              10,902,516
       純資産合計
                                       23,910,113              24,289,312
      負債純資産合計
                                 28/77






                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
                                       16,999,977              17,421,783
      営業収益
                                       13,419,230              13,985,660
      運輸業等営業費及び売上原価
                                       3,580,747              3,436,122
      売上総利益
                                      ※1 2,603,328             ※1 2,623,431
      販売費及び一般管理費
                                        977,418              812,691
      営業利益
      営業外収益
                                         22,978              22,132
       受取利息及び配当金
                                           200               -
       貸倒引当金戻入額
                                         9,712                -
       受取保険金
                                         29,566              37,507
       雑収入
                                         62,457              59,640
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        212,223              178,709
       支払利息
                                         22,295              16,072
       雑支出
                                        234,519              194,782
       営業外費用合計
                                        805,357              677,549
      経常利益
      特別利益
                                        ※2 7,570             ※2 9,266
       固定資産売却益
                                        470,499              492,383
       補助金
                                         21,243                -
       環境対策引当金戻入益
                                         16,224                -
       屋代線廃線引当金戻入益
                                            9              -
       燃料不正賠償金
                                           -            208,356
       厚生年金基金解散損失引当金戻入益
                                           652             9,394
       その他
                                        516,200              719,401
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※3 4,743              ※3 951
       固定資産売却損
                                        ※4 18,235             ※4 17,795
       固定資産除却損
                                           -            30,370
       役員退職慰労金
                                           -            23,203
       投資有価証券評価損
                                           -            47,129
       減損損失
                                         11,744               9,381
       その他
                                         34,724              128,831
       特別損失合計
                                       1,286,833              1,268,119
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   265,150              297,528
                                        △ 10,889              109,837
      法人税等調整額
                                        254,260              407,366
      法人税等合計
                                       1,032,572               860,753
      当期純利益
                                         62,060              42,599
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                        970,511              818,154
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 29/77






                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
                                       1,032,572               860,753
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         1,923             △ 62,744
       その他有価証券評価差額金
                                         1,923             △ 62,744
       その他の包括利益合計
                                       1,034,495               798,008
      包括利益
      (内訳)
                                        972,322              755,481
       親会社株主に係る包括利益
                                         62,172              42,527
       非支配株主に係る包括利益
                                 30/77
















                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                             株主資本                   その他の包括利益累計額
                                                      その他の包括
                                               その他有価証券
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計             利益累計額合
                                                評価差額金
                                                      計
     当期首残高             495,000      279,218     7,569,533       △ 18,116     8,325,635       225,151      225,151
     当期変動額
      剰余金の配当                        △ 21,067            △ 21,067
      親会社株主に帰属する
                               970,511             970,511
      当期純利益
      連結子会社株式の取得
                           36                   36
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
                                                   1,811      1,811
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               -      36    949,443        -    949,480       1,811      1,811
     当期末残高
                  495,000      279,255     8,518,977       △ 18,116     9,275,115       226,962      226,962
                非支配株主持分       純資産合計

     当期首残高             563,616     9,114,403

     当期変動額
      剰余金の配当                  △ 21,067
      親会社株主に帰属する
                         970,511
      当期純利益
      連結子会社株式の取得
                           36
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
                   60,666      62,477
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             60,666     1,011,957
     当期末残高
                  624,282     10,126,361
                                 31/77









                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自平成30年4月1日 至平成31年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                             株主資本                   その他の包括利益累計額
                                                      その他の包括
                                               その他有価証券
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計             利益累計額合
                                                評価差額金
                                                      計
     当期首残高             495,000      279,255     8,518,977       △ 18,116     9,275,115       226,962      226,962
     当期変動額
      剰余金の配当
                              △ 21,067            △ 21,067
      親会社株主に帰属する
                               818,154             818,154
      当期純利益
      連結子会社株式の取得
                                              -
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
                                                 △ 62,672     △ 62,672
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               -      -    797,086        -    797,086      △ 62,672     △ 62,672
     当期末残高             495,000      279,255     9,316,063       △ 18,116     10,072,202        164,290      164,290
                非支配株主持分       純資産合計

     当期首残高             624,282     10,126,361

     当期変動額
      剰余金の配当
                        △ 21,067
      親会社株主に帰属する
                         818,154
      当期純利益
      連結子会社株式の取得
                           -
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
                   41,741     △ 20,930
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             41,741      776,155
     当期末残高             666,024     10,902,516
                                 32/77










                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,286,833              1,268,119
       税金等調整前当期純利益
                                       1,296,530              1,278,818
       減価償却費
                                         8,112              8,112
       のれん償却額
                                           -            47,129
       減損損失
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  10,460                -
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  6,579              3,329
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  4,222              6,231
                                           -           △ 208,356
       厚生年金基金解散損失引当金戻入益
       屋代線廃線引当金の増減額(△は減少)                                 △ 24,964              △ 5,365
       環境対策引当金の増減額(△は減少)                                 △ 73,740                -
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  2,056             △ 2,161
       受取利息及び受取配当金                                 △ 22,978             △ 22,132
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    -            23,203
                                        212,223              178,709
       支払利息
       有形固定資産売却損益(△は益)                                 △ 2,826             △ 8,314
                                         18,235              17,795
       有形固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                 613,499             △ 228,939
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  67,669             △ 87,511
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 84,368             △ 119,136
                                       △ 108,681               71,276
       その他
                                       3,208,863              2,220,806
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  22,978              22,132
                                       △ 208,660             △ 179,571
       利息の支払額
                                       △ 368,810             △ 221,450
       法人税等の支払額
                                       2,654,370              1,841,917
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 108,512             △ 109,095
       定期預金の預入による支出
                                        107,096              140,748
       定期預金の払戻による収入
                                       △ 874,980            △ 1,462,331
       有形固定資産の取得による支出
                                         8,070              11,515
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 22,035             △ 36,468
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 2,386             △ 2,516
       投資有価証券の取得による支出
                                        △ 12,765              10,125
       その他
                                       △ 905,512            △ 1,448,022
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 33/77








                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  32,400              588,000
                                       1,300,000              2,830,000
       長期借入れによる収入
                                      △ 3,047,831             △ 3,635,320
       長期借入金の返済による支出
                                        350,000                 -
       社債の発行による収入
                                        △ 20,913             △ 21,092
       配当金の支払額
                                       △ 140,174             △ 146,298
       リース債務の返済による支出
                                        △ 47,142             △ 48,249
       割賦債務の返済による支出
                                         △ 960             △ 960
       非支配株主への配当金の支払額
                                      △ 1,574,621              △ 433,920
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   174,237              △ 40,025
                                       2,394,332              2,568,569
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       2,568,569              2,528,543
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 34/77















                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)  連結子会社の数は下記の           11 社であります。
            長電バス㈱
            長電タクシー㈱
            長電テクニカルサービス㈱
            長野三菱自動車販売㈱
            北信米油㈱
            ㈱ながでんウェルネス
            長電建設㈱
            ㈱エアフォルク
            ㈱長電ホテルズ
            ㈱小布施ハイウェイオアシス
            ㈱地獄谷野猿公苑
          (2)  非連結子会社の名称等

            1社  飯山観光ハイヤー㈱
           (連結の範囲から除いた理由)
            非連結子会社は小規模であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金
           (持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
         2.持分法の適用に関する事項
          (1)  持分法適用の関連会社
            該当事項はありません。
          (2)  持分法を適用していない非連結子会社(飯山観光ハイヤー㈱)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利
           益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響は軽微であ
           り、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項
           すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
         4.会計方針に関する事項
          (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
           イ 有価証券
             その他の有価証券
              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、評価差益につい
              ては純資産の部に計上、売却原価は主として移動平均法により算定)
              時価の無いもの
               移動平均法による原価法
           ロ 棚卸資産
             分譲土地 個別法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
                  定)
             原材料及び貯蔵品 移動平均法による原価法、但し一部連結子会社は最終仕入原価法(貸借対照表価額
                  は、収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
             商品     総平均法による原価法もしくは個別法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下に基づ
                 く簿価切下げの方法により算定)
             未成工事支出金
                 個別法   による原価法
                                 35/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
          (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
           イ 有形固定資産(リース資産を除く)
             建物及び構築物   定額法及び定率法
             取替資産 取替法(鉄道固定資産の一部)
             その他  定率法、但し一部連結子会社は定額法
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物及び構築物   5~50年
              機械装置 8~30年
           ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法
           ハ リース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価格を零とする定額法を採用しております。
          (3)  重要な引当金の計上基準
           イ 貸倒引当金
             売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
            特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ロ 賞与引当金
             従業員及び兼務役員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額基準に基づき計上しております。
           ハ 屋代線廃線引当金
             屋代線廃線に伴い発生する損失に備えるため、合理的に見込まれる損失額を計上しております。
          (4)  退職給付に係る会計処理の方法
            当社の執行役員及び一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係
           る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
            また、当社及び一部の連結子会社は、確定拠出型の退職給付制度を採用しております。
          (5)  重要な収益及び費用の計上基準
            完成工事高及び完成工事原価の計上基準
           イ 当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
             工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
           ロ その他の工事
             工事完成基準
          (6)  重要なヘッジ会計の方法
           イ ヘッジ会計の方法
             金利スワップについては、特例処理の要件を満たしておりますので、特例処理を採用しております。ま
            た、為替予約が付されている外貨建金銭債権については、振当処理を採用しております。
           ロ ヘッジ手段とヘッジ対象
             a.ヘッジ手段:金利スワップ
               ヘッジ対象:借入金利息
             b.ヘッジ手段:為替予約
               ヘッジ対象:外貨建金銭債権
           ハ ヘッジ方針
             デリバティブ取引は「デリバティブ管理規程」に基づき、為替変動リスク及び金利変動リスクを回避す
            るために行っております。
           ニ ヘッジ有効性評価の方法
            振当処理の要件を満たしている為替予約及び特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、有
           効性の評価を省略しております。
                                 36/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
          (7)  のれんの償却方法及び償却期間

            のれんの償却については、10年間の定額法により償却を行っております。
          (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3ヶ月以内に償却期限の到来する短期投資からなっております。
          (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
           イ 消費税等の処理方法
             消費税等の処理方法は、税抜方式によっています。
             また、控除対象外消費税等は、当連結会計年度の費用として処理しています。
           ロ 開発支払利子の原価算入
             不動産開発事業に係る正常な開発期間中(開発の着手から完了まで)に発生する支払利子については、
            資産の取得原価に算入しております。
          (表示方法の変更)

          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当連結会計年度
          の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示
          する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しております。
         (連結貸借対照表関係)

          ※1.有形固定資産の減価償却累計額
               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (平成30年3月31日)                            (平成31年3月31日)
                         21,761,098     千円                       22,607,911     千円
          ※2.担保に供している資産並びに担保付き債務は次のとおりであります。

             担保資産
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
     現金及び預金                       77,000千円            (―)     77,000千円            (―)
     建物及び構築物                      6,686,190        (3,602,219千円)         6,756,161        (3,640,198千円)
     車両運搬具                       304,991        (304,991  )         249,769        (249,769  )
     機械及び装置                       691,311        (691,311  )         868,155        (868,155  )
     土地                      2,962,888         (530,075  )        3,873,303         (530,075  )
              合計            10,722,381         (5,128,598  )         11,824,389         (5,288,198  )
             担保付き債務

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
     短期借入金                       196,000千円            (―)     146,000千円            (―)
     1年以内返済予定長期借入金                      2,504,132        (2,004,514千円)         2,360,734        (1,862,926千円)
     長期借入金                      5,256,327        (4,080,832  )         4,691,675        (3,905,703  )
              合計             7,956,459        (6,085,346  )         7,198,409        (5,768,629  )
             上記のうち( )内書は、財団抵当並びに当該債務を示しております。
                                 37/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成29年4月1日                  (自 平成30年4月1日
                             至 平成30年3月31日)                    至 平成31年3月31日)
     人件費                              1,492,310     千円             1,498,592     千円
                                     875,369                  882,468
     経費
                                     65,669                  70,591
     諸税
                                     169,978                  171,777
     減価償却費
          ※2.固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成29年4月1日                            (自 平成30年4月1日
              至 平成30年3月31日)                            至 平成31年3月31日)
     機械及び装置                        ― 千円   機械及び装置                       255千円
     車両運搬具                       464     車両運搬具                      9,010
     工具器具備品                        ―    工具器具備品                        0
     土地                      7,106      土地                        ―
            合計               7,570            合計               9,266
          ※3.固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成29年4月1日                            (自 平成30年4月1日
              至 平成30年3月31日)                            至 平成31年3月31日)
     車両運搬具                      4,743千円      車両運搬具                       951千円
          ※4.固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成29年4月1日                            (自 平成30年4月1日
              至 平成30年3月31日)                            至 平成31年3月31日)
     建物及び構築物                      17,069千円      建物及び構築物                      16,659千円
     機械及び装置                       266     機械及び装置                       132
     車両運搬具                       101     車両運搬具                       189
     工具器具備品                       772     工具器具備品                       649
     土地                        25    土地                        ―
     その他                        ―    その他                       165
            合計               18,235             合計               17,795
          ※5.減損損失

             当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
             当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)
                                                    減損損失
           場所              用途              種類
                                                    (千円)
                                  建物                        27,491
      長野県長野市               事業用資産
                                  土地                        19,638
          当社グループは、賃貸不動産については物件ごとにグルーピングを行い、それ以外の資産については損益管理
         を合理的に行える事業単位で資産のグルーピングを行っております。
          営業活動から生じる損益が継続してマイナスとなった事業所、もしくは土地の                                         固定資産税     評価額が簿価を大き
         く下回った事業所について、減損処理の要否を検討し、減損対象となった資産は帳簿価額を回収可能価額まで減
         額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しました。
          なお、当該資産グループの回収可能価額は売却見込額による正味売却価額により測定しており、                                                  土地について
         は、公的地価及び実勢価格を合理的に調整した金額に基づいて評価しております。
                                 38/77



                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
         ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                  5,462千円              △87,774千円
      組替調整額                                   -               -
       税効果調整前
                                        5,462              △87,774
       税効果額                               △3,539                25,029
       その他有価証券評価差額金
                                        1,923              △62,744
     その他の包括利益合計
                                        1,923              △62,744
                                 39/77

















                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                  10,859,733              ―          ―     10,859,733

            合計             10,859,733              ―          ―     10,859,733

     自己株式

      普通株式                    325,900             ―          ―       325,900

            合計              325,900             ―          ―       325,900

         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

          該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

         (1)配当金支払額
                                    1株当たり
                     配当金の総額
               株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                      (千円)
     (決議)                                (円)
     平成29年6月23日
                普通株式        21,067     利益剰余金           2  平成29年3月31日         平成29年6月26日
      定時株主総会
         (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                     配当金の総額
               株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                      (千円)
     (決議)                                (円)
     平成30年6月26日
                普通株式        21,067     利益剰余金           2  平成30年3月31日         平成30年6月27日
      定時株主総会
         当連結会計年度(自平成30年4月1日 至平成31年3月31日)

         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                  10,859,733              ―          ―     10,859,733

            合計             10,859,733              ―          ―     10,859,733

     自己株式

      普通株式                    325,900             ―          ―       325,900

            合計              325,900             ―          ―       325,900

         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

          該当事項はありません。
                                 40/77




                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         3.配当に関する事項
         (1)配当金支払額
                                    1株当たり
                     配当金の総額
               株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                      (千円)
     (決議)                                (円)
     平成30年6月26日
                普通株式        21,067     利益剰余金           2  平成30年3月31日         平成30年6月27日
      定時株主総会
         (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                     配当金の総額
               株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                      (千円)
     (決議)                                (円)
     令和元年6月25日
                普通株式        21,067     利益剰余金           2  平成31年3月31日         令和元年6月26日
      定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
     現金及び預金勘定                                  2,865,556千円              2,793,877千円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                  △296,986              △265,333
     現金及び現金同等物                                  2,568,569              2,528,543
         (リース取引関係)

     1.ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
       (ア)有形固定資産
         主として、運輸業におけるバス車輌であります。
       (イ)無形固定資産
         ソフトウェアであります。
      ② リース資産の減価償却の方法
        連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(2)重要な減価償却資産の減価
       償却の方法」に記載のとおりであります。
     2.オペレーティング・リース取引

       該当事項はありません。
                                 41/77







                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
         1.金融商品の状況に関する事項
          (1)  金融商品に対する取組方針
            当社グループは、事業計画・設備投資計画などに照らして、必要な資金を主に銀行借入により調達して
           おります。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行なってお
           りません。
          (2)  金融商品の内容及びそのリスク
            営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
            投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されており
           ます。
            営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが1ヶ月以内の支払期日であります。
            借入金、社債及びファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に係る資金調達を目的
           としたものであり、償還日は最長で決算日後10年であります。このうち一部は、金利の変動リスクに晒さ
           れておりますが、デリバティブ取引(金利スワップ取引)を利用してヘッジしております。
            デリバティブ取引は、借入金及び社債に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利ス
           ワップ取引であります。また、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効
           性の評価方法等については、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関
           する事項     (6)重要なヘッジ会計の方法」をご参照下さい。
          (3)  金融商品に係るリスク管理体制
          ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
            当社グループは、営業取引によって発生するすべての信用リスクにおよぶ取引に対して、定期的に得意
           先の財務状況等の悪化などによる回収懸念の早期発見及び把握に努めており、取引の安全と債権の保全を
           図っております。
          ②  市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
            当社グループは、投資有価証券については、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握し、市場や取引
           先企業との関係性を考慮して保有状況を継続的に見直しております。また、デリバティブ取引(金利ス
           ワップ取引)を利用し金利変動リスクをヘッジしております。
          ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
            当社グループは、日計又は月次単位で資金繰計画を作成・更新し、手許流動性資金の維持管理を行って
           おります。
          (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
            市場価格に基づく時価のほか、市場価格の無い場合については、合理的に時価を算定するなど随時取引
           先の業況の把握に努めております。
                                 42/77









                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         2.金融商品の時価等に関する事項
           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
          ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
           前連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
        (1)  現金及び預金
                             2,865,556            2,865,556                -
        (2)  受取手形及び売掛金
                              547,499            547,499               -
        (3)  未収金
                              668,371            668,371               -
        (4)  投資有価証券
                              730,263            730,263               -
              資産計               4,811,691            4,811,691                -
        (1)  支払手形及び買掛金
                              381,634            381,634               -
        (2)  未払金
                              655,412            655,412               -
        (3)  短期借入金
                              459,000            459,000               -
        (4)  社債(*1)
                              600,000            600,480              480
        (5)  長期借入金(*2)
                             8,055,259            8,110,342              55,083
        (6)  リース債務(*3)
                              471,845            472,418              573
              負債計               10,623,150            10,679,288              56,137
         デリバティブ取引                        -            -            -
         (*1)   流動負債の1年以内返済予定の社債を合算して表示しております。
         (*2)   流動負債の1年以内返済予定の長期借入金を合算して表示しております。
         (*3)   流動負債のリース債務を合算して表示しております。
           当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
        (1)  現金及び預金
                             2,793,877            2,793,877                -
        (2)  受取手形及び売掛金
                              613,161            613,161               -
        (3)  未収金
                              925,898            925,898               -
        (4)  投資有価証券
                              645,005            645,005               -
              資産計               4,977,943            4,977,943                -
        (1)  支払手形及び買掛金
                              376,045            376,045               -
        (2)  未払金
                              457,628            457,628               -
        (3)  短期借入金
                             1,047,000            1,047,000                -
        (4)  社債(*1)
                              600,000            600,205              205
        (5)  長期借入金(*2)
                             7,249,939            7,426,969             177,030
        (6)  リース債務(*3)
                              489,777            488,504            △1,273
              負債計               10,220,390            10,396,352              175,961
         デリバティブ取引                        -            -            -
         (*1)   流動負債の1年以内返済予定の社債を合算して表示しております。
         (*2)   流動負債の1年以内返済予定の長期借入金を合算して表示しております。
         (*3)   流動負債のリース債務を合算して表示しております。
                                 43/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
       (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
           資 産
             (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金、(3)            未収金
               これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
              価額によっております。
             (4)  投資有価証券
               これらの時価は、株式等は取引所の価格によっており、債権は取引所の価格又は取引金融機関等か
              ら提示された価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記
              事項「有価証券関係」をご参照下さい。
           負 債
             (1)  支払手形及び買掛金、(2)            未払金、(3)      短期借入金
               これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
              価額によっております。
             (4)  社債
               社債の時価は、市場価格のないものであり、元利金の合計額を当該社債の残存価格及び信用リスク
              を加味した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
             (5)  長期借入金、(6)        リース債務
               これらの時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入又はリース取引を行った場合に想定される利
              率で割り引いた現在価値により算定しております。
            デリバティブ取引
              注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
           2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                   区分
                               (平成30年3月31日)                (平成31年3月31日)
             非上場株式                       193,742                170,507
              これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
             「(4)   投資有価証券」には含めておりません。
           3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

             前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                      1年超        5年超
                              1年以内                         10年超
                                      5年以内        10年以内
                              (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
             現金及び預金                 2,865,556            ―        ―        ―
             受取手形及び売掛金                  547,499           ―        ―        ―
             未収金                  668,371           ―        ―        ―
                   合計           4,081,427            ―        ―        ―
             当連結会計年度(平成31年3月31日)

                                      1年超        5年超
                              1年以内                         10年超
                                      5年以内        10年以内
                              (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
             現金及び預金                 2,793,877            ―        ―        ―
             受取手形及び売掛金                  613,161           ―        ―        ―
             未収金                  925,898           ―        ―        ―
                   合計           4,332,937            ―        ―        ―
                                 44/77




                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
           4.社債、長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額
             前連結会計年度(平成30年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金               459,000          ―       ―       ―       ―       ―

     社債                  ―       ―    250,000          ―    350,000          ―
     長期借入金              2,642,090       2,125,486       1,441,183        930,014       535,739       380,747

     リース債務               146,788       118,431        96,737       66,465       40,785        2,638
          合計         3,247,878       2,243,917       1,787,920        996,479       926,524       383,385

             当連結会計年度(平成31年3月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              1,047,000           ―       ―       ―       ―       ―

     社債                  ―    250,000          ―    350,000          ―       ―
     長期借入金              2,447,534       1,796,615       1,285,446        891,171       489,834       339,339

     リース債務               162,404       124,352       103,385        71,885       25,138        2,610

          合計         3,656,938       2,170,967       1,388,831       1,313,056        514,972       341,949

                                 45/77












                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
         1.その他有価証券
           前連結会計年度(平成30年3月31日)
                             連結貸借対照表計上
                        種類                取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       株式           677,509           324,934           352,574
     を超えるもの
     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       株式           52,754           66,104          △13,350
     を超えないもの
               合計                  730,263           391,039           339,224
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 193,742千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
        て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
           当連結会計年度(平成31年3月31日)

                             連結貸借対照表計上
                        種類                取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       株式           601,540           327,181           274,359
     を超えるもの
     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       株式           43,465           66,374          △22,909
     を超えないもの
               合計                  645,005           393,555           251,450
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 170,507千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
        て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
          2.売却したその他有価証券

            前連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
             該当事項はありません。
            当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

             該当事項はありません。
                                 46/77










                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
      1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
        前連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

         該当事項はありません。
      2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

        金利関係
        前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                              契約額等の
                                       契約額等                 時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類          主なヘッジ対象                  うち1年超
                                       (千円)               (千円)
                                               (千円)
                金利スワップ取引
      金利スワップの特例
      処理
                                       1,357,500         769,500
                 変動受取・固定支払           長期借入金                           (注)
     (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
        その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
        当連結会計年度(平成31年3月31日)

                                              契約額等の
                                       契約額等                 時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類          主なヘッジ対象                  うち1年超
                                       (千円)               (千円)
                                               (千円)
                金利スワップ取引
      金利スワップの特例
      処理
                                       1,021,500         556,000
                 変動受取・固定支払           長期借入金                           (注)
     (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
        その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 47/77











                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社及び連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採
      用しております。
       当社及び連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算してお
      ります。
     2.簡便法を適用した制度

      (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                前連結会計年度               当連結会計年度
                              (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                               至 平成30年3月31日)                 至 平成31年3月31日)
         退職給付負債の期首残高                              58,013千円               60,070千円
          退職給付費用                             4,941               18,973
          退職給付の支払額                            △2,885               △21,135
          制度への拠出額                               -               -
         退職給付負債の期末残高                              60,070               57,908
      (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る負

        債及び退職給付に係る資産の調整表
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (平成30年3月31日)             (平成31年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                                193,271千円             202,470千円
         年金資産                              △137,427             △147,277
                                         55,844             55,192
         非積立型制度の退職給付債務                                 4,226             2,716
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                60,070             57,908
         退職給付に係る負債                                60,070             57,908

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                60,070             57,908
      (3)  退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用                  前連結会計年度4,941千円              当連結会計年度18,973千円
     3.確定拠出制度

       当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度52,948千円、当連結会計年度52,944千円であ
      ります。
         (ストック・オプション等関係)
          該当事項はありません。
                                 48/77







                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     繰延税金資産
      賞与引当金                             50,009    千円             52,487    千円
      未払事業税                             10,480                 10,790
      役員退職慰労引当金                             56,211                   -
      退職給付に係る負債                             18,571                 17,707
      未払金                             7,230                 6,978
      長期未払金                             77,425                118,744
      屋代線廃線引当金                             7,866                 6,230
      厚生年金基金解散損失引当金                             97,464                   -
      資産除去債務                             23,759                 21,488
      ゴルフ会員権評価損                            108,702                 109,379
      減損損失                            431,561                 438,756
      繰越欠損金                             40,349                 35,458
      未実現利益                             90,855                104,763
                                   25,808                 36,128
      その他
     繰延税金資産 小計                            1,046,297                  958,914
                                  △576,508                 △566,252
      評価性引当額 小計
     繰延税金資産 合計                             469,789                 392,661
     繰延税金負債
      その他有価証券評価差額金                           △111,241                 △77,938
      固定資産圧縮積立金                           △510,967                 △554,466
      資産除去債務                            △5,107                 △4,720
                                   △7,421                 △5,382
      特別償却
     繰延税金負債 合計                            △634,737                 △642,507
     繰延税金資産(負債)の純額                            △164,948                 △249,846
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     法定実効税率
                                    30.7   %               30.5   %
     (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.2                 0.1
      住民税均等割                              0.6                 0.6
      受取配当金等の益金不算入額                               -                △0.1
      税額控除等                             △0.8                 △0.5
      親子間の税率差異調整                              2.3                 1.4
      評価性引当額                             △12.4                  △0.6
                                   △0.7                  0.8
      その他
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                               19.8                 32.1
                                 49/77




                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
           該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           1.当該資産除去債務の概要
           (1)鉄道車両の廃棄にあたり、「環境関連法令規程」により労働安全衛生法、大気汚染防止法、建設リ
             サイクル法、廃棄物処理法などの法律遵守に伴う撤去義務であります。
           (2)デイサービス千曲施設用土地の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務当であります。
           2.当該資産除去債務の金額の算定方法

           (1)使用見込期間を取得から13年と見積り、割引率は1.30%を使用して資産除去債務の金額を計算して
             おります。
           (2)使用見込期間を取得から30年と見積り、割引率は1.61%を使用して資産除去債務の金額を計算して
             おります。
           3.当該資産除去債務の総額の増減

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成29年4月1日             (自 平成30年4月1日
                                  至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
              期首残高                       77,283    千円         80,901    千円
              有形固定資産の取得に伴う増加額                         -             -
              時の経過による調整額                         617             551
              資産除去債務の履行による減少額                         -          △11,000
              その他増減額(△は減少)                        3,000              -
              期末残高                       80,901             70,452
         (賃貸等不動産関係)

          当社及び一部の連結子会社は、長野県その他の地域において、賃貸用のオフィスビル(土地を含む。)を有
         しております。前連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は344,069千円(賃貸収益は営業収
         益に、賃貸費用は売上原価に計上)であります。当連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益
         は405,942千円(賃貸収益は営業収益に、賃貸費用は売上原価に計上)であります。
          また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 平成29年4月1日                (自 平成30年4月1日
                               至 平成30年3月31日)                  至 平成31年3月31日)
       連結貸借対照表計上額
           期首残高                         6,704,812千円                6,453,774千円
           期中増減額                         △251,037                △228,834
           期末残高                         6,453,774                6,224,940
       期末時価                             7,675,533                8,157,069
      (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
         2.期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加額は須坂駅前パーキングシステム更新工事等(34,194千
           円)であり、主な減少額は減価償却費(282,151千円)であります。当連結会計年度の主な増加額はベイ
           ユビルエレベーターリニューアル工事等(95,536千円)であり、主な減少額は減価償却費(278,299千
           円)であります。
         3.期末の時価は、主として「不動産鑑定評価額基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調整
           を行ったものを含む。)であります。
                                 50/77




                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
            経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっております。
             当社は、「顧客基盤の共通性」の観点から「愉送サービス事業群」(鉄道業、一般乗合旅客自動車
            等)、「生活サービス事業群」(自動車販売業、石油製品販売業、ガス販売業等)、「不動産サービス事
            業群」(分譲・仲介・賃貸業、建設業)、「おもてなしサービス事業群」(旅館業、ハイウェイオアシス
            業)及び「関連サービス事業群」(旅行代理業、広告代理業、保険代理業)の5つを報告セグメントとし
            ております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、棚卸資産の評価基準を除き、「連結財務諸表
            作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。
             棚卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切下げ前の価額で評価しております。
             報告セグメントの利益は、営業利益(のれん償却前)ベースの数値であります。
             セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

            前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                         連結
                                                  調整額      財務諸表
               愉送      生活     不動産     おもてなし       関連
                                                  (注)1       計上額
              サービス      サービス      サービス      サービス      サービス        計
                                                        (注)2
               事業群      事業群      事業群      事業群      事業群
      営業収益
       外部顧客への
              4,840,522      6,738,033      3,191,539      1,243,131       986,750     16,999,977          -  16,999,977
       売上高
       セグメント間
               168,891      189,785      650,684       7,559     187,613     1,204,534     △ 1,204,534         -
       の内部売上高
       又は振替高
              5,009,413      6,927,819      3,842,223      1,250,690      1,174,363      18,204,511      △ 1,204,534     16,999,977
         計
      セグメント利益
                13,497     242,619      442,302      206,562      95,577     1,000,559       △ 23,141     977,418
      又は損失(△)
              7,678,681      5,187,493      9,844,494      1,096,045       90,025    23,896,740        13,373    23,910,113
      セグメント資産
      その他の項目

               716,931      154,694      397,476      122,610       7,596    1,399,309      △ 102,779     1,296,530
       減価償却費
       有形固定資産
               730,415      99,934      90,342      15,242      7,797     943,731      △ 46,716     897,015
       及び無形固定
       資産の増加額
        (注)1.調整額は、以下のとおりであります。
           (1)セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去及び全社費用であります。
           (2)セグメント資産の調整額は、セグメント間取引消去及び全社資産であります。
           (3)減価償却費の調整額は、セグメント間未実現利益の消去であります。
           (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、セグメント間未実現利益の消去であります。
           2.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 51/77




                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(自平成30年4月1日                    至平成31年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                         連結
                                                  調整額      財務諸表
               愉送      生活     不動産     おもてなし       関連
                                                  (注)1       計上額
              サービス      サービス      サービス      サービス      サービス        計
                                                        (注)2
               事業群      事業群      事業群      事業群      事業群
      営業収益
       外部顧客への
              4,667,907      7,342,190      3,197,871      1,197,619      1,016,194      17,421,783          -  17,421,783
       売上高
       セグメント間
               132,156      228,904      671,961       9,641     169,206     1,211,870     △ 1,211,870         -
       の内部売上高
       又は振替高
              4,800,063      7,571,095      3,869,833      1,207,261      1,185,400      18,633,653      △ 1,211,870     17,421,783
         計
      セグメント利益
              △ 197,635      242,745      509,427      167,561      102,057      824,157      △ 11,466     812,691
      又は損失(△)
              8,188,065      4,962,708      9,934,118      1,163,904       97,511    24,346,307       △ 56,995    24,289,312
      セグメント資産
      その他の項目

               839,746      153,871      395,582      40,341      7,213    1,436,756      △ 157,938     1,278,818
       減価償却費
       有形固定資産
               897,807      117,095      697,486      34,687      6,812    1,753,888      △ 255,089     1,498,799
       及び無形固定
       資産の増加額
        (注)1.調整額は、以下のとおりであります。
           (1)セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去及び全社費用であります。
           (2)セグメント資産の調整額は、セグメント間取引消去及び全社資産であります。
           (3)減価償却費の調整額は、セグメント間未実現利益の消去であります。
           (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、セグメント間未実現利益の消去であります。
           2.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 52/77











                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
           前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                  鉄道       バス      自動車販売       石油製品販売         不動産        合計
      外部顧客への売上高            2,045,380       2,097,078       1,759,768       2,927,014       1,787,281       10,616,523

           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高はありません。
            (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高の金額が連結損益計算書の売上高の10%以上を
             占めるものがないため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自平成30年4月1日                    至平成31年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                  鉄道       バス      自動車販売       石油製品販売         不動産        合計
      外部顧客への売上高            2,017,221       2,041,438       2,192,513       3,085,379       1,750,264       11,086,818

           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高はありません。
            (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高の金額が連結損益計算書の売上高の10%以上を
             占めるものがないため、記載を省略しております。
                                 53/77








                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)
           該当事項はありません。
           当連結会計年度(自平成30年4月1日                    至平成31年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                  愉送       生活       不動産      おもてなし         関連
                 サービス       サービス       サービス       サービス       サービス        合計
                  事業群       事業群       事業群       事業群       事業群
     減損損失                -       -    △47,129           -       -     47,129
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                  愉送       生活       不動産      おもてなし         関連
                 サービス       サービス       サービス       サービス       サービス        合計
                  事業群       事業群       事業群       事業群       事業群
                     -       -      8,112         -       -      8,112
      当期償却額
                     -       -     40,560          -       -     40,560
      当期末残高
           当連結会計年度(自平成30年4月1日                    至平成31年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                  愉送       生活       不動産      おもてなし         関連
                 サービス       サービス       サービス       サービス       サービス        合計
                  事業群       事業群       事業群       事業群       事業群
                     -       -      8,112         -       -      8,112
      当期償却額
                     -       -     32,448          -       -     32,448
      当期末残高
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)
           該当事項はありません。
           当連結会計年度(自平成30年4月1日                    至平成31年3月31日)

           該当事項はありません。
                                 54/77








                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          前連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
         1.関連当事者との取引
           該当事項はありません。
         2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自平成30年4月1日 至平成31年3月31日)

         1.関連当事者との取引
           該当事項はありません。
         2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
           該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成29年4月1日                            (自 平成30年4月1日
              至 平成30年3月31日)                            至 平成31年3月31日)
      1株当たり純資産額                   902.05円         1株当たり純資産額                   971.77円

      1株当たり当期純利益                    92.13円        1株当たり当期純利益                    77.67円
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につい
                                              同左
     ては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (注) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                              自 平成29年4月1日                 自 平成30年4月1日
                              至 平成30年3月31日                 至 平成31年3月31日
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                970,511                 818,154

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   ―                 ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当
                                      970,511                 818,154
      期純利益(千円)
      期中平均株式数(千株)                                10,533                 10,533
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません
                                 55/77









                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                                当期首残高       当期末残高
      会社名         銘柄         発行年月日                      利率    担保     償還期限
                                 (千円)       (千円)
          第8回無担保社債                        250,000       250,000
     提出会社                  平成27年5月29日                       1.27%    なし   令和2年5月29日
          (㈱八十二銀行保証付)                          (―)       (―)
          第9回無担保社債                        350,000       350,000
     提出会社                  平成30年3月29日                       1.16%    なし   令和5年3月29日
          (㈱八十二銀行保証付)                          (―)       (―)
                                  600,000       600,000
      合計          ―           ―                    ―    ―      ―
                                    (―)       (―)
     (注)1.( )内書は、1年以内の償還予定額であります。
        2.連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
        1年以内          1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
        (千円)           (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
               ―        250,000              ―        350,000              ―
         【借入金等明細表】

                                当期首残高        当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (千円)        (千円)       (%)
     短期借入金                             459,000       1,047,000        1.458        ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                            2,642,090        2,447,534        1.702        ―
     1年以内に返済予定のリース債務                             146,788        162,404       1.181        ―
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            5,413,169        4,802,405        1.698    令和2年~9年
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             325,057        327,372       1.185    令和2年~9年
                 計                8,986,104        8,786,716          ―      ―
      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金及びリース債務(1年以内返済予定のものを除く)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下の
          とおりであります。
                       1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                        (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
                          1,796,615
            長期借入金                        1,285,446           891,171          489,834
            リース債務               124,352          103,385          71,885          25,138
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結
         会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定
         により記載を省略しております。
       (2)【その他】

          該当事項はありません。
                                 56/77







                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                      ※1(1)   404,197            ※1(1)   421,861
         現金及び預金
                                         56,593              60,552
         未収運賃
                                        216,637              492,535
         未収金
                                           -            14,160
         未収消費税等
                                         48,993                -
         未収還付法人税等
                                         13,377              15,833
         未収収益
                                        141,089               60,580
         分譲土地
                                         12,509              11,220
         商品
                                         1,290               908
         貯蔵品
                                         29,443              32,691
         前払費用
                                         3,157              2,459
         その他
                                        927,288             1,112,803
         流動資産合計
       固定資産
         鉄道事業固定資産
                                  ※1(2)  , ※2 12,815,511          ※1(2)  , ※2 13,222,111
          有形固定資産
                                      △ 7,534,424             △ 7,781,679
            減価償却累計額
            有形固定資産(純額)                            5,281,086              5,440,431
                                         14,796              19,329
          無形固定資産
                                       5,295,882              5,459,760
          鉄道事業固定資産合計
         旅館業・旅行業固定資産
                                         20,607              23,901
          有形固定資産
                                        △ 15,089             △ 16,495
            減価償却累計額
            有形固定資産(純額)                              5,518              7,405
                                           148              148
          無形固定資産
                                         5,666              7,553
          旅館業・旅行業固定資産合計
         不動産事業固定資産
                                    ※1(3)   14,458,734            ※1(3)   14,700,457
          有形固定資産
                                      △ 6,617,915             △ 6,976,637
            減価償却累計額
            有形固定資産(純額)                            7,840,818              7,723,820
                                        202,955              199,338
          無形固定資産
                                       8,043,773              7,923,159
          不動産事業固定資産合計
         付帯事業固定資産
          有形固定資産                               47,908              44,390
                                        △ 40,283             △ 38,624
            減価償却累計額
            有形固定資産(純額)                              7,625              5,766
          無形固定資産                               1,848              1,348
                                         9,474              7,115
          付帯事業固定資産合計
         建設仮勘定                                43,576              379,475
                                 57/77






                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
         投資その他の資産
                                       1,034,920              1,034,920
          関係会社株式
                                        714,018              637,034
          投資有価証券
                                         1,266              1,266
          出資金
                                         30,359              22,524
          長期前払費用
                                        224,793              224,793
          ゴルフ会員権
          敷金保証金                               55,006              55,537
                                         34,887              46,315
          その他
                                       △ 151,493             △ 151,493
          貸倒引当金
                                       1,943,759              1,870,899
          投資その他の資産合計
                                       15,342,132              15,647,962
         固定資産合計
                                       16,269,421              16,760,766
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        203,000              861,000
         短期借入金
                                        550,000              570,000
         関係会社短期借入金
                                  ※1(2)(3)      2,441,612         ※1(2)(3)      2,239,012
         1年内返済予定の長期借入金
                                         1,952              1,987
         リース債務
                                        467,158              452,420
         未払金
                                           848            124,214
         未払法人税等
                                         64,638              67,968
         未払費用
                                        139,649              146,200
         前受運賃
                                         2,409              11,267
         前受金
                                         9,225              11,442
         預り連絡運賃
                                         34,118              29,717
         預り金
                                         56,560              56,348
         前受収益
                                         3,200                -
         資産除去債務
                                         60,629              62,814
         賞与引当金
                                         1,651                -
         屋代線廃線引当金
                                         25,677              17,475
         その他
                                       4,062,332              4,651,869
         流動負債合計
       固定負債
                                        600,000              600,000
         社債
                                      ※1 4,878,760             ※1 4,476,518
         長期借入金
                                         6,418              4,431
         リース債務
                                         3,900              2,390
         退職給付引当金
                                        106,280                 -
         役員退職慰労引当金
                                        473,688              472,945
         預り保証金及び敷金
                                        309,329              380,510
         長期未払金
                                         74,701              70,452
         資産除去債務
                                         24,141              20,428
         屋代線廃線引当金
                                        392,169              405,699
         繰延税金負債
                                         16,400              16,400
         その他
                                       6,885,790              6,449,776
         固定負債合計
                                       10,948,122              11,101,645
       負債合計
                                 58/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        495,000              495,000
         資本金
         資本剰余金
                                         21,446              21,446
          資本準備金
                                        397,361              397,361
          その他資本剰余金
                                        418,808              418,808
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         10,274              12,381
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       1,115,778              1,215,006
            固定資産圧縮積立金
                                         14,639              12,265
            特別償却準備金
                                       3,127,376              3,403,870
            繰越利益剰余金
                                       4,268,069              4,643,524
          利益剰余金合計
                                        △ 18,116             △ 18,116
         自己株式
                                       5,163,761              5,539,215
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        157,537              119,905
         その他有価証券評価差額金
                                        157,537              119,905
         評価・換算差額等合計
                                       5,321,298              5,659,121
       純資産合計
                                       16,269,421              16,760,766
      負債純資産合計
                                 59/77













                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      鉄道事業営業利益
       営業収益
                                       1,959,842              1,937,504
         旅客運輸収入
                                        126,983              125,822
         運輸雑収
                                       2,086,825              2,063,326
         鉄道事業営業収益合計
       営業費
                                       1,295,565              1,417,239
         運輸営業費
                                        162,428              175,015
         一般管理費
                                         82,372              82,850
         諸税
                                        430,833              402,695
         減価償却費
                                       1,971,200              2,077,801
         鉄道事業営業費合計
       鉄道事業営業利益又は鉄道事業営業損失(△)                                 115,624              △ 14,475
      旅館業・旅行業営業利益
       営業収益
                                         49,001                -
         旅館業
                                        658,384              706,571
         旅行業
                                        707,386              706,571
         旅館業・旅行業営業収益合計
       営業費
                                         47,058                -
         旅館業
                                        657,397              706,185
         旅行業
                                         15,786              12,097
         一般管理費
                                        720,243              718,283
         旅館業・旅行業営業費合計
       旅館業・旅行業営業損失(△)                                 △ 12,856             △ 11,711
      不動産事業営業利益
                                       1,561,680              1,566,443
       営業収益
                                       1,162,296              1,113,136
       営業費
                                        399,384              453,307
       不動産事業営業利益
      付帯事業営業利益
                                        515,979              478,828
       営業収益
                                        409,226              365,065
       営業費
                                        106,752              113,762
       付帯事業営業利益
                                        608,904              540,883
      全事業営業利益
      営業外収益
                                           134              419
       受取利息
                                         24,160              18,660
       関係会社受取配当金
       その他の受取配当金                                  15,087              14,888
                                           200               -
       貸倒引当金戻入額
                                         7,697              8,475
       雑収入
                                         47,278              42,442
       営業外収益合計
                                 60/77







                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      営業外費用
                                        187,484              155,546
       支払利息
                                         3,452              7,259
       社債利息
                                         18,338              11,554
       雑支出
                                        209,276              174,360
       営業外費用合計
                                        446,907              408,965
      経常利益
      特別利益
                                         7,106                0
       固定資産売却益
                                        234,407              254,005
       補助金
                                         12,182                -
       貸倒引当金戻入額
                                         21,243                -
       環境対策引当金戻入益
                                         16,224                890
       屋代線廃線引当金戻入益
                                           430               -
       その他の特別利益
                                        291,595              254,896
       特別利益合計
      特別損失
                                         5,083               755
       固定資産除却損
                                           -            22,836
       投資有価証券評価損
       減損損失                                    -            47,129
                                           -            27,770
       役員退職慰労金
                                         2,791              6,982
       その他の特別損失
                                         7,874             105,474
       特別損失合計
                                        730,628              558,387
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   37,496              131,820
                                         50,231              30,044
      法人税等調整額
                                         87,728              161,865
      法人税等合計
                                        642,899              396,522
      当期純利益
                                 61/77











                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        【営業費明細表】
                           前事業年度                    当事業年度
                       (自 平成29年4月1日                    (自 平成30年4月1日
                        至 平成30年3月31日)                    至 平成31年3月31日)
           区分

                          金額(千円)                    金額(千円)
     Ⅰ 鉄道事業営業費

      1.運送営業費
       (1)人件費               630,054                    609,925
                      665,511                    807,314
       (2)経費
           計                 1,295,565                    1,417,239
      2.一般管理費
       (1)人件費               118,419                    119,000
                       44,009                    56,015
       (2)経費
           計                  162,428                    175,015
      3.諸税                       82,372                    82,850
                             430,833                    402,695
      4.減価償却費
       鉄道事業営業費合計                           1,971,200                    2,077,801
     Ⅱ 旅館業・旅行業営業費
      1.営業費
       (1)旅館業営業費
         人件費             12,052                      -
         経費             28,810                      -
         諸税              1,348                     -
                       4,847                     -
         減価償却費
           計                   47,057                      -
       (2)旅行業営業費
         人件費             79,464                    78,006
         経費             575,273                    624,768
         諸税               277                    324
         減価償却費              2,382                    3,086
           計                  657,396                    706,184
                                 62/77








                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
                           前事業年度                    当事業年度
                       (自 平成29年4月1日                    (自 平成30年4月1日
                        至 平成30年3月31日)                    至 平成31年3月31日)
           区分

                          金額(千円)                    金額(千円)
      2.一般管理費

        人件費              11,435                    8,369
                       4,351                    3,728
        経費
                             15,786                    12,097
           計
       旅館業・旅行業合計                            720,243                    718,283
     Ⅲ 不動産事業営業費
        人件費                    124,486                    125,510
        経費                    536,483                    485,872
        諸税                    131,411                    127,543
                             369,915                    374,207
        減価償却費
       不動産事業営業費合計                           1,162,296                    1,113,136
     Ⅳ 付帯事業営業費
        人件費                    151,298                    141,906
        経費                    252,373                    218,966
        諸税                      343                    61
                              5,212                    4,125
        減価償却費
                                   409,226                    365,065
       付帯事業営業費合計
       全事業営業費合計
                                  4,262,967                    4,274,287
                                 63/77











                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                             資本剰余金                   利益剰余金
                                                  その他利益剰余金
                 資本金
                            その他資本剰
                       資本準備金            資本剰余金合計       利益準備金
                            余金                         固定資産圧縮
                                               特別償却準備金
                                                      積立金
     当期首残高             495,000       21,446      397,361      418,807       8,167      17,697     1,042,375
     当期変動額
      特別償却準備金の取崩                                            △ 3,057
      剰余金の配当                                      2,106
      固定資産圧縮積立金の
                                                        155,318
      積立
      固定資産圧縮積立金の
                                                        △ 81,914
      取崩
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               -      -      -      -     2,106     △ 3,057      73,403
     当期末残高             495,000       21,446      397,361      418,807       10,274      14,639     1,115,778
                                         評価・換算差額

                          株主資本
                                           等
                    利益剰余金
                                                純資産合計
                その他利益剰余
                                         その他有価証券
                  金           自己株式     株主資本合計
                                          評価差額金
                      利益剰余金合計
                繰越利益剰余金
     当期首残高            2,577,997      3,646,238       △ 18,116     4,541,929       159,603     4,701,532

     当期変動額
      特別償却準備金の取崩             3,057        -             -             -
      剰余金の配当
                  △ 23,174     △ 21,067            △ 21,067            △ 21,067
      固定資産圧縮積立金の
                 △ 155,318        -             -             -
      積立
      固定資産圧縮積立金の
                   81,914        -             -             -
      取崩
      当期純利益
                  642,899      642,899             642,899             642,899
      株主資本以外の項目の
                                           △ 2,066     △ 2,066
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             549,379      621,831        -    621,831      △ 2,066     619,765
     当期末残高            3,127,376      4,268,069       △ 18,116     5,163,761       157,537     5,321,298
                                 64/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自平成30年4月1日 至平成31年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                             資本剰余金                   利益剰余金
                                                  その他利益剰余金
                 資本金
                            その他資本剰
                       資本準備金            資本剰余金合計       利益準備金
                            余金                         固定資産圧縮
                                               特別償却準備金
                                                      積立金
     当期首残高             495,000       21,446      397,361      418,807       10,274      14,639     1,115,778
     当期変動額
      特別償却準備金の取崩
                                                  △ 2,373
      剰余金の配当                                      2,106
      固定資産圧縮積立金の
                                                        176,534
      積立
      固定資産圧縮積立金の
                                                        △ 77,306
      取崩
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               -      -      -      -     2,106     △ 2,373      99,227
     当期末残高
                  495,000       21,446      397,361      418,807       12,381      12,265     1,215,006
                                         評価・換算差額

                          株主資本
                                           等
                    利益剰余金
                                                純資産合計
                その他利益剰余
                                         その他有価証券
                  金           自己株式     株主資本合計
                                          評価差額金
                      利益剰余金合計
                繰越利益剰余金
     当期首残高            3,127,376      4,268,069       △ 18,116     5,163,761       157,537     5,321,298

     当期変動額
      特別償却準備金の取崩             2,373        -             -             -
      剰余金の配当            △ 23,174     △ 21,067            △ 21,067            △ 21,067
      固定資産圧縮積立金の
                 △ 176,534        -             -             -
      積立
      固定資産圧縮積立金の
                   77,306        -             -             -
      取崩
      当期純利益            396,522      396,522             396,522             396,522
      株主資本以外の項目の
                                           △ 37,631     △ 37,631
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             276,493      375,454        -    375,454      △ 37,631      337,822
     当期末残高            3,403,870      4,643,524       △ 18,116     5,539,215       119,905     5,659,121
                                 65/77






                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.有価証券の評価基準及び評価方法
          (1)  子会社株式
            移動平均法による原価法
          (2)  その他有価証券
            時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し評価差額については
            純資産の部に計上、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。
            時価のないもの
             移動平均法による原価法
         2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
           分譲土地…………個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法に                                               より
                   算定)
           商品・貯蔵品……移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法
                   により算定)
         3.固定資産の減価償却の方法
          (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
            鉄道事業固定資産のうち取替資産………取替法
            その他の有形固定資産……定率法
            ただし、平成10年度の法人税法の改定に伴い、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)
           並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物  ………5~50年
            機械装置………8~30年
          (2)  少額減価償却資産
            取得価額が10万円以上20万円未満の資産については、法人税法の規定に基づく3年均等償却を採用して
           おります。
          (3)  無形固定資産(リース資産を除く)…………定額法
            なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
          (4)  リース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (5)  長期前払費用…………定額法
            注)上記は、投資その他の資産に計上してある長期前払費用の処理基準であります。
         4.引当金の計上基準
          (1)  退職給付引当金
            確定拠出型の制度として、平成9年度より特定退職金共済制度を採用しております。なお、執行役員に
           ついては、退職金の支出に備えて、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
          (2)  賞与引当金
            従業員に対して支給する賞与の支出に充てる為、支給見込額に基づき計上しております。
          (3)  貸倒引当金
            売上債権・貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
           特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          (4)  屋代線廃線引当金
            屋代線廃線に伴い発生する損失に備えるため、合理的に見込まれる損失額を計上しております。
                                 66/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         5.ヘッジ会計の方法
          (1)  ヘッジ会計の方法
            金利スワップについては、特例処理の要件を満たしておりますので、特例処理を採用しております。
           また、為替予約が付されている外貨建金銭債権については、振当処理を採用しております。
          (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
            a.ヘッジ手段:金利スワップ
              ヘッジ対象:借入金利息
            b.ヘッジ手段:為替予約
              ヘッジ対象:外貨建金銭債権
          (3)  ヘッジ方針
            デリバティブ取引は「デリバティブ管理規程」に基づき、為替変動リスク及び金利変動リスクを回避する
           ために行っております。
          (4)  ヘッジ有効性評価の方法
            振当処理の要件を満たしている為替予約及び特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、
           有効性の評価を省略しております。
         6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
          (1)  消費税等の処理方法
            税抜方式によっております。
          (2)  固定資産圧縮積立金
            当社は鉄道業における連続立体交差等の高架工事や踏切道路拡幅工事等を行なうに当たり、国および地方
           公共団体より工事費の一部として工事負担金等を受けています。これらの工事負担金等は工事完成時に当該
           工事負担金等相当額を利益処分にて積み立てております。
          (3)  開発支払利子の原価算入
            不動産開発事業に係る正常な開発期間中(開発の着手から完了まで)に発生する支払利子については、
           資産の取得原価に算入しております。
          (表示方法の変更)

         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当事業年度の期
         首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方
         法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しております。
                                 67/77










                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1.担保に供している資産
             ※(1)   定期預金
                前事業年度                            当事業年度
              (平成30年3月31日)                            (平成31年3月31日)
                           1,000千円                            1,000千円
               宝くじ受託業務に関して担保に供しております。
            有形固定資産のうち担保に供している資産

             ※(2)   鉄道事業固定資産(鉄道財団)
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
     構築物                       3,096,886千円         (簿価)         3,100,034千円         (簿価)
                                     (  〃  )              (  〃  )
     車両                        304,991                  249,769
                                     (  〃  )              (  〃  )
     建物                        505,332                  540,163
                                     (  〃  )              (  〃  )
     土地                        530,075                  530,075
                                     (  〃  )              (  〃  )
     機械装置                        691,311                  868,155
               計              5,128,598                  5,288,198
               上記物件に対応する借入金

                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
     長期借入金(1年以内返済予定額含む)                              6,085,346千円                  5,768,629千円
             ※(3)不動産事業固定資産

                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
     建物のうち                       2,515,105千円         (簿価)         2,563,837千円         (簿価)
                                     (  〃  )              (  〃  )
     土地のうち                       1,401,600                  2,048,600
               計              3,916,706                  4,612,437
            上記(3)    の物件に対応する借入金

                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
     長期借入金(1年以内返済予定額含む)                              1,105,176千円                   837,923千円
           2.関係会社項目

            重要性が乏しいため記載を省略しております。
          ※3.国庫補助金等の受入れによる固定資産の圧縮記帳は行っておりません。

             なお、固定資産の取得価額から控除した国庫補助金等による圧縮記帳累計額は次のとおりであります。
                前事業年度                            当事業年度
              (平成30年3月31日)                            (平成31年3月31日)
                         16,581,105千円                            16,581,105千円
                                 68/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
           4.保証債務
             次の関係会社について、金融機関からの借入金に対し保証を行っております。
                前事業年度                            当事業年度
              (平成30年3月31日)                            (平成31年3月31日)
     長野三菱自動車販売㈱                     315,444千円       長野三菱自動車販売㈱                     266,868千円
     北信米油㈱                     145,216       北信米油㈱                      80,020
     ㈱ながでんウェルネス                      51,903      ㈱ながでんウェルネス                      44,055
             計              512,563              計              390,943
         (損益計算書関係)

          ※1.固定資産売却益の内容は次のとおりであります。
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成29年4月1日                   (自 平成30年4月1日
                           至 平成30年3月31日)                    至 平成31年3月31日)
     土地                               7,106千円                    -千円
     工具器具備品                                   -                 0
              計                       7,106                     0
          ※2.固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成29年4月1日                   (自 平成30年4月1日
                           至 平成30年3月31日)                    至 平成31年3月31日)
     建物                               4,734千円                    724千円
     構築物                                 51                   -
     工具器具備品                                297                   31
              計                       5,083                    755
         (有価証券関係)

         前事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
          子会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式1,034,920千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極
         めて困難と認められることから、記載しておりません。
         当事業年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

          子会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式1,034,920千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極
         めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 69/77









                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債発生の主な原因別の内訳
                                 前事業年度                 当事業年度
                               (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     繰延税金資産
      賞与引当金                             18,491    千円             19,158    千円
      退職給付引当金                             1,189                  547
      未払金                             7,230                 6,978
      長期未払金                             77,424                113,851
      役員退職慰労引当金                             33,487                   -
      屋代線廃線引当金                             7,866                 6,230
      資産除去債務                             23,759                 21,488
      子会社株式評価損                             9,168                 9,168
      ゴルフ会員権評価損                             16,927                 16,927
      貸倒引当金                             46,205                 46,205
      減損損失                            274,188                 282,293
                                   12,355                 8,961
      その他
     繰延税金資産 小計                             528,290                 531,806
      評価性引当額 小計                             △345,796                 △338,235
     繰延税金資産 合計                             182,493                 193,570
     繰延税金負債
      その他有価証券評価差額金                            △69,135                 △52,620
      固定資産圧縮積立金                           △492,999                 △536,545
      資産除去債務                            △5,107                 △4,720
                                   △7,421                 △5,382
      特別償却
     繰延税金負債 合計                            △574,663                 △599,269
     繰延税金資産(負債)の純額                            △392,169                 △405,699
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                                  当事業年度
                                 前事業年度
                                                (平成31年3月31日)
                              (平成30年3月31日)
                                             法定実効税率と税効果会計適用後
     法定実効税率                               30.7   %
                                             の法人税等の負担率との間の差異
     (調整)
                                             が法定実効税率の100分の5以下
                                    0.1
      交際費等永久に損金に算入されない項目
                                             であるため注記を省略しておりま
      住民税均等割り                              0.3
                                             す。
                                   △1.1
      受取配当金等の益金不算入額
                                   △0.4
      税額控除等
                                   △17.2
      評価性引当金
                                    1.0
      その他
                                    12.0
     税効果会計適用後の法人税等の負担率
         (企業結合等関係)

           該当事項はありません。
         (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                 70/77



                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          【株式】
                                                    貸借対照表計上額
                       銘柄                     株式数(株)
                                                      (千円)
                 ㈱八十二銀行                             345,000          158,355
                 ㈱セブン&アイ・ホールディングス                              40,000         167,040
                 長野朝日放送㈱                               750        37,500
                 ㈱みずほフィナンシャルグループ                             176,370          30,212
                 第一法規㈱                              59,576          36,167
                 志賀高原リゾート開発㈱                              7,420         11,776
                 イオン㈱                              22,912          53,075
                 しなの鉄道㈱                               600        30,000
           その他有
     投資有価
                 ㈱インフォメーションネットワークコミュニティ                               400        20,000
           価証券
     証券
                 北野建設㈱                              4,397         13,674
                 ㈱守谷商会                              9,800         20,384
                 ㈱鉄索会館                               183         9,150
                 ㈱ながの東急百貨店                              3,840          7,157
                 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                              10,430          5,736
                 新光電気工業㈱                              9,000          7,632
                 須坂温泉㈱                              1,134          5,670
                                                        23,506
                 その他(20銘柄)                             855,002
                                             1,546,814
                 計                                       637,034
          【債券】

           該当事項はありません。
          【その他】

           該当事項はありません。
                                 71/77










                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
         【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価償
                                                       差引当期末
                                          却累計額又は
                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高             当期償却額
                                                       残高
        資産の種類
                                          償却累計額
                 (千円)      (千円)      (千円)      (千円)             (千円)
                                                       (千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
                                44,989
                 11,855,225        370,590           12,180,826       7,066,619       393,868     5,114,206
      建物
                               (27,491)
                  7,561,666       171,831       46,659     7,686,838      4,500,005       158,491     3,186,832
      構築物
                  1,692,021        6,160      4,336    1,693,845      1,444,075        61,316      249,769
      車両
                  1,873,556       291,437       82,879     2,082,113      1,201,802       116,786      880,310
      機械装置
                   756,262       42,620      25,347      773,535      596,115       42,254      177,419
      工具・器具・備品
                                19,638
                  3,579,936        2,760           3,563,057          -      -   3,563,057
      土地
                               (19,638)
                   24,093        -    13,448      10,644       4,818      1,840      5,826
      リース資産
                   43,576     1,328,958       993,060      379,475         -      -    379,475
      建設仮勘定
                              1,230,360
                 27,386,338       2,214,357            28,370,336      14,813,437        774,557     13,556,898
       有形固定資産計
                               (47,129)
     無形固定資産
                   184,695         -      -    184,695       7,770        -    176,925
      借地権
                   99,201       9,425      5,687     102,939       59,700       9,008      43,239
      電話加入権他
                   283,897       9,425      5,687     287,634       67,470       9,008     220,164
       無形固定資産計
                   30,359       1,141      8,976      22,524        -      -    22,524
     長期前払費用
      (注)1.当期増加額のうち主なものは次のとおりです。
                               上林ホテル仙壽閣         空調機更新工事
                    建物                                  116,900千円
                               須坂駅構内45号分岐器           重軌条化
                    構築物                                   53,505千円
                               集中連動化工事(須坂駅~桜沢駅間)
                    機械及び装置                                  140,000千円
                    建設仮勘定           権堂パーキング耐震補強工事                       326,106千円
         2.「当期減少額」欄の()内は内書きで、減損損失の計上額であります。
         【引当金明細表】

                                      当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                        当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                      (千円)        (千円)                        (千円)
                                      (千円)        (千円)
      貸倒引当金                  151,493           -        -        -      151,493
      賞与引当金                  60,629        62,814        60,629          -      62,814
      役員退職慰労引当金                  106,280           -        -      106,280           -
                                  -
      屋代線廃線引当金                  25,792                 5,364          -      20,428
      (注1)役員退職慰労引当金の「当期減少額(その他)」は、長期未払金への振替によるものです。
       (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 72/77





                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

      株券の種類                  株券不発行会社

                        9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                   ―
      株式の名義書換え

                        東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
       取扱場所
                        三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                        東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
       株主名簿管理人
                        三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
       取次所                 三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店
       名義書換手数料                 無料

       新株交付手数料                 印紙税相当額

      単元未満株式の買取

                        東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
       取扱場所
                        三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                        東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
       株主名簿管理人
                        三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
       取次所                 三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

      公告掲載方法                  長野市において発行する信濃毎日新聞

                         10,000株以上所有する株主に対し、電車及びバス(高速バス急行バス
                        ほか一部を除く)全線有効の、有効期限6ヵ月、年2回更新(基準日
      株主に対する特典
                        9月30日および3月31日)の記名式優待乗車証1枚を交付します。
                         ただし、資格喪失の場合は無効とします。
                                 73/77









                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は上場会社ではありませんので、金融商品取引法第24条の7第1項の適用がありません。
      2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)  有価証券報告書及びその添付書類
         事業年度(第153期)(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)平成30年6月28日関東財務局長に提出
       (2)  半期報告書
         (第154期中)(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)平成30年12月26日関東財務局長に提出
                                 74/77

















                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 75/77




















                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                    令和元年6月27日

     長野電鉄株式会社

       取締役会 御中

                           UHY東京監査法人

                             指定社員

                                    公認会計士
                                           谷田 修一    印
                             業務執行社員
                             指定社員

                                    公認会計士
                                           安河内 明    印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる長野電鉄株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸
     借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財
     務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、長野
     電鉄株式会社及び連結子会社の平成31年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及
     びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が連結財務諸表に添

           付する形で別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 76/77



                                                           EDINET提出書類
                                                       長野電鉄株式会社(E04099)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                    令和元年6月27日

     長野電鉄株式会社

       取締役会 御中

                           UHY東京監査法人

                             指定社員

                                    公認会計士
                                           谷田 修一    印
                             業務執行社員
                             指定社員

                                    公認会計士
                                           安河内 明    印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる長野電鉄株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの第154期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対
     照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、長野電鉄
     株式会社の平成31年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において
     適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が財務諸表に添付す

           る形で別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 77/77



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。