三井住友ファイナンス&リース株式会社 有価証券報告書 第57期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第57期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:三井住友ファイナンス&リース株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2019年6月26日

    【事業年度】                      第57期(自       2018年4月1日        至   2019年3月31日)

    【会社名】                      三井住友ファイナンス&リース株式会社

    【英訳名】                      Sumitomo Mitsui Finance and Leasing Company, Limited

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長 橘 正喜 

    【本店の所在の場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目3番2号

    【電話番号】                      03(5219)6339

    【事務連絡者氏名】                      経理部長 戸谷 仁

    【最寄りの連絡場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目3番2号

    【電話番号】                      03(5219)6339

    【事務連絡者氏名】                      経理部長 戸谷 仁

    【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。

                                   1/119










                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1) 連結経営指標等
             回次             第53期       第54期       第55期       第56期       第57期
            決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

     売上高               (百万円)      1,152,011       1,147,898       1,420,430       1,622,823       1,502,378

     経常利益               (百万円)        86,996       81,078       90,458       97,636       87,593

     親会社株主に帰属する
                   (百万円)        45,851       45,593       50,449       54,553       80,010
     当期純利益
     包括利益               (百万円)        80,294       32,942       69,576       67,149       82,818
     純資産額               (百万円)       714,660       728,821       779,319       824,602       734,041

     総資産額               (百万円)      4,594,742       4,732,940       5,596,643       5,660,666       5,812,698

     1株当たり純資産額                (円)      6,813.25       6,915.84       7,325.11       7,719.36       7,971.63

     1株当たり当期純利益                (円)       495.67       492.88       545.38       589.74       920.10

     潜在株式調整後
                     (円)         ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率                (%)        13.7       13.5       12.1       12.6       10.6
     自己資本利益率                (%)        7.5       7.2       7.7       7.8      12.1

     株価収益率                (倍)         ―       ―       ―       ―       ―

     営業活動による
                   (百万円)      △ 136,546      △ 100,985      △ 113,811      △ 46,033     △ 343,019
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (百万円)       △ 6,189      △ 6,052     △ 148,604       △ 3,388     △ 15,689
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (百万円)       146,909        98,711      275,470        67,796      334,357
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                   (百万円)        96,754       86,697      109,662       135,181       108,420
     の期末残高
     従業員数
                            2,358       2,481       3,492       3,550       3,285
                     (人)
                           〔 240  〕    〔 246  〕    〔 601  〕    〔 624  〕    〔 313  〕
     〔外、平均臨時従業員数〕
     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3 株価収益率については、非上場につき株価がないため、記載しておりません。
        4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  2018年2月16日)等を当連結会計年度
         の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適
         用した後の指標等となっております。
                                   2/119






                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     (2) 提出会社の経営指標等
             回次             第53期       第54期       第55期       第56期       第57期

            決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

     売上高               (百万円)        841,142       809,212       807,560       965,258       947,386

     経常利益               (百万円)        65,674       53,657       47,289       55,621       44,969

     当期純利益               (百万円)        40,230       36,664       40,484       39,534       61,592

     資本金               (百万円)        15,000       15,000       15,000       15,000       15,000

     発行済株式総数                (株)     95,314,112       95,314,112       95,314,112       95,314,112       95,314,112

     純資産額               (百万円)        424,685       437,759       467,477       495,402       385,826

     総資産額               (百万円)       2,796,062       2,901,108       3,617,401       3,641,948       3,855,933

     1株当たり純資産額                (円)      4,591.01       4,732.34       5,053.61       5,355.48       5,010.45

                             217       198       218       213       262
     1株当たり配当額                (円)
                            ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( -)
     (うち1株当たり中間配当額)
     1株当たり当期純利益                (円)       434.91       396.35       437.65       427.38       708.29
     潜在株式調整後
                    (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率                (%)        15.2       15.1       12.9       13.6       10.0
     自己資本利益率                (%)         9.7       8.5       8.9       8.2       14.0

     株価収益率                (倍)          ―       ―       ―       ―       ―

     配当性向                (%)        49.9       50.0       49.8       49.8       37.0

     従業員数                       1,469       1,532       1,568       1,578       2,296
                    (人)
     〔外、平均臨時従業員数〕                       〔 133  〕     〔 136  〕     〔 129  〕     〔 142  〕     〔 207  〕
     株主総利回り                (%)
                              ―       ―       ―       ―       ―
                             ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     (比較指標:―)                (%)
     最高株価                (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     最低株価                (円)          ―       ―       ―       ―       ―

     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3 株価収益率、株主総利回り、最高株価及び最低株価については、非上場につき株価がないため、記載してお
         りません。
        4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  2018年2月16日)等を当事業年度の期
         首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後
         の指標等となっております。
                                   3/119






                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    2 【沿革】
       1963年 2月        不動産の取得、賃貸借及び処分等を目的として東西興業株式会社設立

       1963年    8月
               株式会社日本リース設立
       1968年 5月        東西興業株式会社が住商リース興産株式会社に商号変更し、リース事業に進出
       1968年    9月    株式会社住友銀行(現           株式会社三井住友銀行)が中心となり、総合リース株式会社を設立
       1969年    4月
               三洋電機クレジット株式会社設立
       1969年10月        住商リース興産株式会社が住商リース株式会社に商号変更し、不動産部門は住商興産株式会社に
               分離
       1972年 8月        総合リース株式会社がThe            Hong   Kong   General    Lease   Co.,Ltd.(現       Sumitomo     Mitsui    Finance
               and  Leasing    (Hong   Kong)   Ltd.)を設立(現         連結子会社)
       1973年 4月        株式の額面金額変更のため、住商リース株式会社(旧商号                            株式会社大塚伸銅所、存続会社)と
               合併
       1980年 5月        総合リース株式会社がThe            General    Lease   (Singapore)      Pte.Ltd.(現       Sumitomo     Mitsui    Finance
               and  Leasing    (Singapore)      Pte.Ltd.)を設立(現           連結子会社)
       1982年10月        総合リース株式会社が住銀総合リース株式会社に商号変更
       1983年11月        住商リース株式会社が大阪証券取引所市場第二部に株式を上場
       1986年 2月        住銀総合リース株式会社が住銀リース株式会社に商号変更
       1988年 9月        住商リース株式会社が大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定
       1989年 3月        住商リース株式会社が東京証券取引所市場第一部に株式を上場
       1996年    9月    住銀リース株式会社がSB            Leasing    (Guangzhou)      Co.,Ltd.(現       Sumitomo     Mitsui    Finance    and
               Leasing    (China)    Co.,Ltd.)を設立(現           連結子会社)
       1996年12月        住銀リース株式会社が住銀レックス株式会社を設立
       1997年    3月    住銀リース株式会社がSB            Leasing    (Malaysia)      Sdn.Bhd.(現       SMFL   Leasing    (Malaysia)
               Sdn.Bhd.)を設立(現           連結子会社)
       2001年    1月
               株式会社日本リースがジーイーキャピタルリーシング株式会社に商号変更
       2001年 9月        住銀リース株式会社が三井住友銀リース株式会社に商号変更
       2003年 2月        株式会社三井住友フィナンシャルグループによる三井住友銀リース株式会社の完全子会社化
       2003年 3月        住商リース株式会社がエヌイーシーリース株式会社(現                           NECキャピタルソリューション株式
               会社)の株式を追加取得(現              持分法適用関連会社)
               住商リース株式会社がSumisho              Leasing    (Thailand)      Co.,Ltd.(現       SMFL   Leasing    (Thailand)
               Co.,Ltd.)を設立
       2003年10月        三井住友銀リース株式会社がさくらリース株式会社と合併
       2005年 5月        住商リース株式会社が株式会社ジャストイン・レンテック(現                              SMFLレンタル株式会社)の
               株式を取得(現        連結子会社)
       2006年12月        住友商事株式会社による住商リース株式会社の株式の公開買付け終了(住友商事株式会社による
               子会社化)
       2007年 6月        住商リース株式会社の株式は上場廃止
       2007年 7月        住友商事株式会社が株式交換により住商リース株式会社の株式を追加取得(住友商事株式会社に
               よる完全子会社化)
       2007年 9月        三井住友銀リース株式会社がSMFLインベストメント株式会社を設立
       2007年10月        住商リース株式会社と三井住友銀リース株式会社が合併し(存続会社                                 住商リース株式会社)、
               三井住友ファイナンス&リース株式会社に商号変更
       2008年    1月    三洋電機クレジット株式会社がGE三洋クレジット株式会社に商号変更
       2008年    6月    ジーイーキャピタルリーシング株式会社がGEフィナンシャルサービス株式会社に商号変更
       2008年12月        ニチエレ株式会社の株式を取得
       2009年    1月    GE三洋クレジット株式会社がGEフィナンシャルサービス株式会社と合併
       2009年 6月        持分法適用関連会社であったエイジェイシーシー株式会社(現 AJCC株式会社)の株式を追
               加取得(現 連結子会社)
       2009年 7月        住銀レックス株式会社とニチエレ株式会社が合併し、ネクスレント株式会社に商号変更
                                   4/119


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
       2009年12月        SMFLインベストメント株式会社が三井住友ファイナンス&リース株式会社と合併(存続会社
               三井住友ファイナンス&リース株式会社)
       2010年 1月        PT. SMFL Leasing Indonesiaを設立(現 連結子会社)
       2010年    1月    GEフィナンシャルサービス株式会社が日本GE株式会社と合併
       2010年11月        SFIリーシング株式会社の株式を取得(現                     連結子会社)
       2012年    6月    ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・グループ・ピーエルシーより、同行傘下の航空機リー
               ス事業を、当社及び株式会社三井住友銀行並びに住友商事株式会社と共同で買収し、「SMBC
               Aviation     Capital」(同事業の総称)として業務を開始
       2013年10月        株式会社ジャストイン・レンテックとネクスレント株式会社が合併し、SMFLレンタル株式会
               社に商号変更(現         連結子会社)
       2014年12月        Shanghai     Sumitomo     Mitsui    Finance    and  Leasing    Co.,   Ltd.を設立(現連結子会社)
       2015年12月        Sumitomo     Mitsui    Finance    and  Leasing    (China)    Co.,   Ltd.の上海分公司を、会社分割により新
               たにShanghai       Sumitomo     Mitsui    General    Finance    and  Leasing    Co.,   Ltd.として設立(現          連結
               子会社)
               DMG  MORI   Finance    GmbHの株式を追加取得(現             連結子会社)
       2016年    3月    日本GE株式会社が日本GE合同会社に組織変更
       2016年    4月    日本GE合同会社の全持分を取得
       2016年    9月    日本GE合同会社がSMFLキャピタル株式会社に組織変更及び商号変更
       2018年10月        SMFLみらいパートナーズ株式会社を設立(現                     連結子会社)
       2018年11月        株式会社三井住友フィナンシャルグループ及び住友商事株式会社の2社による三井住友ファイナ
               ンス&リース株式会社の持分法適用関連会社化
       2019年    1月    SMFLキャピタル株式会社が三井住友ファイナンス&リース株式会社と合併(存続会社                                           三井
               住友ファイナンス&リース株式会社)
               住友三井オートサービス株式会社の株式を取得(現                        持分法適用関連会社)
                                   5/119











                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当社グループの事業は、主として機械設備等各種物品の賃貸・延払事業、営業貸付事業及びその他であり、また、
     各事業に関連するサービス等の事業活動を展開しております。
      当社グループの事業にかかる位置付けは次のとおりであります。また、事業区分の内容は、セグメント情報等にお
     けるセグメントと同一であります。
      なお、当社グループは、当社、子会社297社及び関連会社7社により構成されております。
                                              事業区分

                     名称
                                        賃貸・延払      営業貸付
                                                     その他
                                         事業      事業
     三井住友ファイナンス&リース株式会社                                     ○      ○      ○
     子会社     連結子会社(62社)
          株式会社エスシー倶楽部                                ―     ○      ―
          SFIリーシング株式会社                                ○      ○      ○
          SMFLレンタル株式会社                                ○      ○      ○
                                                ―
          AJCC株式会社                                ○            ○
                                                ―
          SMFLみらいパートナーズ株式会社                                ○            ○
                                                ―
          九州キャピタルファイナンス株式会社                                ○            ○
                                          ―      ―
          SMFL信託株式会社                                            ○
                                                ―
          SMFLビジネスサービス株式会社                                ○            ○
                                          ―      ―
          ホスピタルサプライジャパン株式会社                                            ○
          SMBC   Aviation     Capital    Limited
                                          ○      ○      ○
          SMBC   Aviation     Capital    (UK)   Limited
                                          ○      ○      ○
                                                ―
          Sumitomo     Mitsui    Finance    and  Leasing    (China)    Co.,Ltd.
                                          ○            ○
          Shanghai     Sumitomo     Mitsui    General    Finance    and  Leasing
                                                ―
                                          ○            ○
          Co.,Ltd.
          Shanghai     Sumitomo     Mitsui    Finance    and  Leasing    Co.,   Ltd.
                                          ○      ○      ○
          Sumitomo     Mitsui    Finance    and  Leasing    (Singapore)
                                          ○      ○      ○
          Pte.Ltd.
          SMFL   Hire   Purchase     (Malaysia)      Sdn.Bhd.
                                          ○      ○      ○
          SMFL   Leasing    (Malaysia)      Sdn.Bhd.
                                          ○      ○      ○
                                                ―
          PT. SMFL Leasing Indonesia                                ○            ○
                                                ―
          DMG  MORI   Finance    GmbH
                                          ○            ○
          SMFL Leasing (Thailand) Co.,Ltd.                                ○      ○      ○
          Sumitomo Mitsui Finance and Leasing (Hong Kong) Ltd.                                ○      ○      ○
                                                ―
          大手町142特定目的会社                                ○            ○
          その他40社
         非連結子会社(235社)
                                                ―      ―
                                          ○
          アイフェルリーシング有限会社               他234社
     関連
         持分法適用関連会社(6社)
     会社
          住友三井オートサービス株式会社                                ○      ―     ○
          NECキャピタルソリューション株式会社                                ○      ○      ○
          清水リース&カード株式会社                                ○      ○      ○
          株式会社福銀リース                                ○      ○      ○
          その他2社
                                   6/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      事業系統図は、次のとおりであります。
                                   7/119




















                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
                                           議決権の

                           資本金又は
                                  主要な事業        所有(被所有)割合
          名称           住所       出資金                         関係内容
                                   の内容
                                         所有割合    被所有割合
                           (百万円)
                                          (%)     (%)
    (連結子会社)
                  大阪府                                事業資金の貸付
    株式会社エスシー倶楽部                         1,000   営業貸付事業          100.0      ―
                  大阪市福島区                                役員の兼任等…有
                                                  事業資金の貸付
                                賃貸・延払事業、
                  東京都
    SFIリーシング株式会社                         1,000   営業貸付事業、           66.0      ― 設備等の賃貸等
                  千代田区
                                その他
                                                  役員の兼任等…有
                                賃貸・延払事業、
                  東京都                                事業資金の貸付
    SMFLレンタル株式会社                         499   営業貸付事業、           93.0      ―
                  千代田区                                役員の兼任等…有
                                その他
                  東京都                                設備等の賃貸等
                                賃貸・延払事業、
    AJCC株式会社                         400             95.0      ―
                                その他
                  千代田区                                役員の兼任等…有
                                                  事業資金の貸付
                  東京都
    SMFLみらいパートナーズ株                            賃貸・延払事業、
                              100             100.0      ― 設備等の賃貸等
    式会社                            その他
                  千代田区
                                                  役員の兼任等…有
                  福岡県                                事業資金の貸付
    九州キャピタルファイナンス株                            賃貸・延払事業、
                              100             100.0      ―
    式会社                            その他
                  福岡市博多区                                役員の兼任等…有
                                                  流動化のためのリー
                  東京都                                ス料債権等の信託
    SMFL信託株式会社                         100   その他          100.0      ―
                  千代田区                                業務の委託
                                                  役員の兼任等…有
                                                  当社リース契約に係
                  東京都
    SMFLビジネスサービス株式                            賃貸・延払事業、
                                                  る保険付保の代行
                              50            100.0      ―
    会社                            その他
                  千代田区
                                                  役員の兼任等…有
                  東京都                                事業資金の貸付
    ホスピタルサプライジャパン株
                              30  その他          100.0      ―
    式会社
                  千代田区                                役員の兼任等…有
                                賃貸・延払事業、
    SMBC  Aviation    Capital   Limited    アイルランド            US$
                                営業貸付事業、           68.0      ― 役員の兼任等…有
              (注)2,6    ダブリン市         887,512千
                                その他
                                賃貸・延払事業、
    SMBC  Aviation    Capital   (UK)    英国            US$
                                営業貸付事業、           68.0      ― 役員の兼任等…有
    Limited             ロンドン市          11,748千
                                その他
    Sumitomo    Mitsui   Finance   and
                  中華人民共和国            RMB                    債務の保証
                                賃貸・延払事業、
    Leasing   (China)   Co.,  Ltd.                             100.0      ―
                                その他
                  広東省広州市         513,025千                       役員の兼任等…有
               (注)2
    Shanghai    Sumitomo    Mitsui
    General    Finance    and  Leasing
                  中華人民共和国            RMB                    債務の保証
                                賃貸・延払事業、
                                          100.0      ―
    Co.,  Ltd.                                      その他
                  上海市         513,025千                       役員の兼任等…有
               (注)2
    Shanghai    Sumitomo    Mitsui                                      事業資金の貸付
                                賃貸・延払事業、
                  中華人民共和国            RMB
    Finance   and  Leasing   Co.,  Ltd.                 営業貸付事業、          100.0      ― 債務の保証
                  上海市         270,000千
                                その他
               (注)2                                   役員の兼任等…有
                                                  事業資金の貸付
    Sumitomo Mitsui Finance and                            賃貸・延払事業、
                  シンガポール共和国            S$
    Leasing (Singapore) Pte.Ltd.                            営業貸付事業、          100.0      ― 債務の保証
                  シンガポール市          50,000千
               (注)2                  その他
                                                  役員の兼任等…有
    SMFL  Hire  Purchase    (Malaysia)
                                賃貸・延払事業、
                  マレーシア            MYR                    債務の保証
                                          100.0
                                営業貸付事業、                 ―
    Sdn.Bhd.
                                          (100.0)
                  クアラルンプール市          99,500千                       役員の兼任等…有
                                その他
               (注)2
    SMFL Leasing (Malaysia)
                                賃貸・延払事業、
                  マレーシア            MYR                    債務の保証
                                営業貸付事業、          100.0      ―
    Sdn.Bhd.
                  クアラルンプール市          90,000千                       役員の兼任等…有
               (注)2                 その他
                                                  事業資金の貸付
                  インドネシア共和国            Rp
    PT. SMFL Leasing Indonesia                            賃貸・延払事業、
                                           85.0      ― 債務の保証
               (注)2                 その他
                  ジャカルタ市         250,000百万
                                                  役員の兼任等…有
                  ドイツ連邦共和国 
    DMG  MORI  Finance   GmbH                   EUR                    事業資金の貸付
                                賃貸・延払事業、
                  バーデンヴュルテン                         50.1      ―
                                その他
               (注)2             15,000千                       役員の兼任等…有
                  ベルク州
                                賃貸・延払事業、
    SMFL Leasing (Thailand)              タイ王国            THB                    債務の保証
                                営業貸付事業、           80.0      ―
    Co., Ltd.             バンコック市         460,000千                       役員の兼任等…有
                                その他
                                賃貸・延払事業、
    Sumitomo Mitsui Finance and             中華人民共和国            HK$                     債務の保証
                                営業貸付事業、          100.0      ―
    Leasing (Hong Kong) Ltd.             香港特別行政区          70,000千                       役員の兼任等…有
                                その他
                                           議決権の
                           資本金又は
                                  主要な事業        所有(被所有)割合
          名称           住所       出資金                         関係内容
                                   の内容
                                         所有割合    被所有割合
                           (百万円)
                                          (%)     (%)
                                   8/119


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    大手町142特定目的会社             東京都               賃貸・延払事業、
                            23,000                ―     ― 優先出資の引受
              (注)2,4                   その他
                  千代田区
    その他40社                 ―         ―      ―        ―     ―      ―

    (持分法適用関連会社)
    住友三井オートサービス株式会             東京都
                                賃貸・延払事業、
                                                 ― 設備等の賃貸借
                            13,636               26.0
    社
                                その他
                  新宿区
    NECキャピタル
                                賃貸・延払事業、
                  東京都
    ソリューション株式会社                            営業貸付事業、                 ―      ―
                             3,776              25.0
                  港区
               (注)3                 その他
                                賃貸・延払事業、
                  静岡市
    清水リース&カード株式会社                            営業貸付事業、                 ― 役員の兼任等…有
                              60             30.0
                  清水区
                                その他
                                賃貸・延払事業、
                  福井県
    株式会社福銀リース                            営業貸付事業、                 ―      ―
                              50             20.0
                  福井市
                                その他
    その他2社                 ―         ―      ―        ―     ―      ―
    (その他の関係会社)
    株式会社三井住友
                  東京都
                           2,339,443     銀行持株会社            ―   50.0   役員の兼任等…有
    フィナンシャルグループ
                  千代田区
               (注)3
                                                  設備等の賃貸
    住友商事株式会社     
                  東京都
                                総合商社               50.0   債権の買取等
                            219,449                ―
               (注)3
                  千代田区
                                                  役員の兼任等…有
     (注)   1 主要な事業の内容欄(親会社・その他の関係会社を除く)には、セグメント情報の名称を記しております。

        2 SMBC    Aviation     Capital    Limited、Sumitomo         Mitsui    Finance    and  Leasing    (China)    Co.,Ltd.、Shanghai
         Sumitomo     Mitsui    General    Finance    and  Leasing    Co.,Ltd.、Shanghai          Sumitomo     Mitsui    Finance    and
         Leasing    Co.,   Ltd.、Sumitomo        Mitsui    Finance    and  Leasing    (Singapore)      Pte.Ltd.、SMFL        Hire   Purchase
         (Malaysia)Sdn.        Bhd.、SMFL      Leasing    (Malaysia)      Sdn.Bhd.、PT.       SMFL   Leasing    Indonesia、DMG        MORI
         Finance    GmbH及び大手町142特定目的会社は、特定子会社であります。
        3 NECキャピタルソリューション株式会社、株式会社三井住友フィナンシャルグループ及び住友商事株式会
         社は、有価証券報告書を提出しております。
        4 議決権の所有割合は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため子会社としております。
        5 議決権の所有割合の(             )内は、間接所有割合を内数で示しております。
        6 SMFLキャピタル株式会社及びSMBC                    Aviation     Capital    Limitedについては、売上高(連結会社相互間の内
         部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。各社の主要な損益情報等は次のとおり
         であります。なお、SMFLキャピタル株式会社は、2019年1月1日付で当社と合併したため連結子会社から
         除外しております。
                                      SMBC   Aviation     Capital    Limited
                       SMFLキャピタル株式会社
          (1)売上高                   177,048百万円                 197,651百万円
          (2)経常利益                    12,325百万円                 40,995百万円
          (3)当期純利益                    13,098百万円                 35,448百万円
          (4)純資産額                      ―百万円              321,253百万円
          (5)総資産額                      ―百万円             1,422,657百万円
                                   9/119







                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    5 【従業員の状況】
     (1) 連結会社の状況
                                                2019年3月31日現在
             セグメントの名称                            従業員数(人)
     賃貸・延払事業

     営業貸付事業                                        2,356   〔 241  〕

     その他

     全社(共通)                                         929  〔 72 〕

                合計                            3,285   〔 313  〕

     (注)   1 当社グループでは、セグメントごとの経営組織体系を有しておらず、同一の従業員が複数の事業に従事して
         おります。
        2 従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの
         出向者を含む。)であり、臨時従業員数は〔                       〕内に年間の平均人員を外数で記載しております。
        3 臨時従業員には、嘱託、派遣社員、パートタイマー及びアルバイトを含んでおります。
        4 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定セグメントに区分できない管理部門に所属しているもの
         であります。
     (2) 提出会社の状況

                                                2019年3月31日現在
         従業員数             平均年齢            平均勤続年数             平均年間給与
        2,296   人〔  207  人〕           42 歳 0 ヶ月          13 年 11 ヶ月           8,370   千円

             セグメントの名称                            従業員数(人)

     賃貸・延払事業

     営業貸付事業                                        1,882   〔 163  〕

     その他

     全社(共通)                                         414  〔 44 〕

                合計                            2,296   〔 207  〕

     (注)   1 提出会社では、セグメントごとの経営組織体系を有しておらず、同一の従業員が複数の事業に従事しており
         ます。
        2 従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時
         従業員数は〔        〕内に年間の平均人員を外数で記載しております。
        3 臨時従業員には、嘱託、派遣社員、パートタイマー及びアルバイトを含んでおります。
        4 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定セグメントに区分できない管理部門に所属しているもの
         であります。
        5 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        6 提出会社の従業員数は前連結会計年度末と比べ718人増加しております。これは主として提出会社とSMFL
         キャピタル株式会社が合併したことによるものであります。
     (3) 労働組合の状況

       当社グループでは、提出会社において三井住友ファイナンス&リース従業員組合が組織されており、組合員数は
      2019年3月31日現在1,357人であります。
       提出会社において、労働組合との間に特記すべき事項はありません。
                                  10/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

     (1)  今後の経済見通しについて
      世界経済は、米中貿易交渉の動向や中国経済の減速など、先行きへの不透明感が依然残っており、国内において
     も、これらの影響は避けられない見通しであります。また金融緩和・超低金利が維持される中で、リース需要は伸び
     悩んだ状況が続いており、当社グループを取り巻く経済環境は決して楽観視できるものではありません。
     (2)  中期経営計画について

      当社グループは「次なる進化への挑戦」をテーマとして3か年の中期経営計画を策定しており、2019年度はその最終
     年度にあたります。この中期経営計画で掲げた経営目標の実現および財務目標の達成に向けて業務戦略を実施し、健
     全な事業運営を引き続き行ってまいります。
     <中期経営計画(2017~2019年度)の概要>

       ■経営目標
       Ⅰ.  専門性を高め、グループ総合力を結集し、収益性を向上
       Ⅱ.  ビジネスモデルを進化させ、持続的に成長
       Ⅲ.  強靭な経営基盤の確立と、1人1人が力を発揮できる企業文化の醸成
       ■財務目標

        中期経営計画の最終年度(2019年度)において、以下の3つの財務目標を掲げ、収益性を重視しながら持続的な
       成長を図ります。
        ・連結ROA*1          1.7%程度
        ・連結粗利益*2          1,950億円

        ・連結OHR*3           41%程度

         *1   ROA(Return      On  Assets):営業資産経常利益率
         *2   売上総利益から与信関係費用を控除したもの
         *3   OHR(Overhead       Ratio):営業経費を粗利益で除したもの
       ■業務戦略

        3つの経営目標の実現に向けて9つの業務戦略を実施してまいります。
         Ⅰ.  専門性を高め、グループ総合力を結集し、収益性を向上
           ①  お客さまのニーズを的確に捉えたソリューション営業への更なる進化
           ②  航空機・不動産ビジネスのポートフォリオ戦略強化
           ③  専門性を活かしたノンアセット収益の拡大
         Ⅱ.  ビジネスモデルを進化させ、持続的に成長
           ④  グローバル販売金融を起点とした海外ビジネス拡大
           ⑤  国内販売金融のトップブランドをSMFLグループで確立
           ⑥  社会のイノベーションを捉え、新たなビジネスに挑戦
         Ⅲ.  強靭な経営基盤の確立と、1人1人が力を発揮できる企業文化の醸成
           ⑦  ビジネス拡大に応じたコーポレートガバナンスの強化
           ⑧  新技術活用等による業務効率化推進
           ⑨  多様な人材の働き方を支え、グローバル・専門人材を育成
      なお、本項には将来に関する事項も含まれておりますが、当該事項は当連結会計年度末日現在において判断したも

     のであります。
                                  11/119


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      当社グループの事業等に関するリスクについて、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主
     な事項を以下に記載しております。当社グループは、これら個々のリスクに対する施策を講じるとともに、リスクが
     顕在化した際には適切な対応が迅速に行えるように、リスク管理体制の整備・強化を図っております。
      なお、本項には将来に関する事項も含まれておりますが、当該事項は有価証券報告書提出日現在において判断した
     ものであります。
      (1)  設備投資の動向

        当社グループは、事業法人、官公庁及び個人事業者等の設備投資需要に対して、リース取引を基軸とした事業
       展開を行っております。経済環境や顧客の事業環境の悪化等で設備投資が大幅に減少した場合、当社グループの
       経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)  信用リスク

        当社グループは、リース取引等の各種取引から生じる債権が取引先の破綻等により回収不能となる信用リスク
       を有しております。
        案件取り組みに際しては個別案件審査を慎重に行い、リース物件の将来中古価値等も勘案のうえ、取引の可否
       判断を行っております。海外向け与信については取引先の属する国の外貨事情や政治・経済情勢を勘案したカン
       トリーリスクも含めて可否判断を行っております。また、取引開始後は定期的に自己査定を行い取引先の状況を
       モニタリングするとともに、信用リスクの程度に応じて担保・物件処分等による回収見込額及び貸倒実績率等を
       勘案し、貸倒引当金の計上を行っております。さらに、既存顧客ごとの信用状況や業界ごとの市場動向を定期的
       に検証し、特定の企業や業種に与信残高が集中しないように、ポートフォリオ管理を行っております。
        しかしながら、内外の経済動向の変化、取引先の経営状況の変化(業況の悪化、企業の信頼性を失墜させる不
       祥事等の問題発生など)、担保価値及び貸倒実績率の変動、貸倒引当金計上に係る会計基準の変更等により、与
       信関係費用や不良債権残高が増加し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (3)  アセットリスク

        当社グループは、中古価値の見込める物件を対象にリース満了時の残存価値(以下、残価という)を設定した
       オペレーティング・リースを積極的に展開しております。この取引では、リース満了時に返還された物件を設定
       した残価を上回る価格で売却することにより利益を得ることができる半面、残価を下回る価格での売却処分とな
       る場合及びリース期間中の減損・引当処理によって損失が発生するリスクを有しております。このアセットリス
       クについては、定期的にモニタリングを実施することによりリスク量の計測を行い、また、対象となる機種や満
       了時期の分散が図れるように努めておりますが、中古売買市況の急激な変化によっては、売却損・処分損が発生
       し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  12/119








                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (4)  市場リスク
       ①  金利変動リスク
         当社グループが行うリース取引から生じる収入は、物件価格並びに契約時点の金利水準等をもとに取り決め
        られ契約期間中変動しませんが、リース物件等の取得資金については固定金利ベース及び変動金利ベースの資
        金調達を行うことにより資金原価を低減させ、利鞘収益の拡大を図っております。このため、金利水準が上昇
        した場合には資金原価が増加するリスクを有しております。この金利変動リスクについては、ALM(資産と負
        債を総合的に管理する手法)により固定金利ベースの資産・負債の状況を的確に把握し、金融環境や金利動向を
        注視しながら適宜ヘッジオペレーションを行い、金利変動に伴うリスク量を適切に管理しております。
         しかしながら、市場金利が急上昇するような局面においては、利鞘収益の縮小により当社グループの経営成
        績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ②  為替リスク

         当社グループは、外貨建資産・負債について原則為替リスクは負わない方針としておりますが、為替リスク
        が適切にヘッジできなかった場合には、為替レートの変動により為替差損が発生し、当社グループの経営成績
        及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ③  株価変動リスク

         当社グループは、市場性のある株式を保有しております。内外経済及び株式市場の需給関係の悪化、発行体
        の経営状態の悪化等により株価が下落する場合には、保有株式に評価損が発生し、当社グループの経営成績及
        び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (5)  資金の流動性リスク

        当社グループは、事業資金を自己資本、金融機関からの借入のほか、資本市場におけるコマーシャル・ペー
       パー、無担保社債、ユーロ・ミディアム・ターム・ノートの発行及びリース債権流動化等により調達しておりま
       す。資金調達に際しては適切な資金繰りやALM等の管理により、資金の流動性確保を図っております。
        しかしながら、金融環境の急激な悪化や当社グループの信用力の低下により資金調達の安定性が損なわれ、通
       常よりも著しく不利な金利水準での調達を余儀なくされる、または、十分な資金量の持続的な確保が困難になる
       場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (6)  制度変更リスク

        当社グループは、現行の法律・税務・会計等の制度や基準に基づき、リース取引等の各種事業を行っておりま
       す。現行の制度や基準が将来大幅に変更された場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす
       可能性があります。
      (7)  オペレーショナルリスク

        当社グループは、業務を行うに際して事務リスクが存在し、役職員が事務に関する社内規定・手続等に定めら
       れた事務処理を怠る、または事故、不正を起こすこと等により損失が発生する可能性があります。また、同様に
       情報システムリスクが存在し、不測の事態による停止や誤作動、品質不良、人為的ミス、外部からの不正アクセ
       ス、コンピューターウィルスの侵入等により、事業活動に悪影響が生じ損失が発生する可能性があります。これ
       らの場合に、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  13/119






                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (8)  コンプライアンスに関わるリスク
        当社グループは、業務を行うに際して会社法、金融商品取引法、独占禁止法、個人情報保護法、貸金業法及び
       銀行法等の法令の適用及び規制当局の監督を受けております。また、海外においては、それぞれの国、地域にお
       ける法令等の適用及び規制当局の監督を受けております。当社グループは、法令その他諸規則等を遵守すべく、
       コンプライアンス体制及び内部管理体制の強化に取り組んでおり、役職員に対して適切な指示、指導及びモニタ
       リングを行う体制を整備するとともに、不正行為の防止・発見のために予防策を講じております。
        しかしながら、役職員が法令その他諸規則を遵守できなかった場合、法的検討が不十分であった場合には、不
       測の損失の発生や業務制限を受けること、また、取引先からの損害賠償請求や社会的信用の失墜等により、当社
       グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (9)  当社の出資、戦略的提携等に係るリスク

        当社グループはこれまで、リース業務等における戦略的提携、買収等を国内外で行ってきており、今後も同様
       の戦略的提携等を行っていく可能性があります。しかしながら、こうした戦略的提携等については、法制度の変
       更、経済金融環境の変化や競争の激化、提携先や出資・買収先の業務遂行に支障をきたす事態が生じた場合、提
       携関係が解消される場合等には、期待されるサービス提供ができない可能性や、当社グループの経営成績及び財
       政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (10)   災害等の発生に関するリスク

        当社グループは、国内外の拠点において業務を行っておりますが、これらの施設は、地震等の自然災害、停
       電、テロ等による被害を受ける可能性があります。また、各種感染症の流行により、当社グループの業務運営に
       支障が生じる可能性があります。当社グループは、不測の事態に備えたコンティンジェンシープランを策定して
       おりますが、被害の程度によっては、当社グループの業務が停止し、当社グループの業務運営や経営成績及び財
       政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  14/119












                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ①  財政状態及び経営成績の状況

       当年度における当社グループの営業の業容では、新規契約実行高は前年度比10.4%増加の2兆4,122億円となり、
      営業資産残高は前年度末比0.4%増加の4兆8,152億円となりました。
       損益面では、連結営業利益は前年度比6.3%減少の909億円、連結経常利益は同10.3%減少の875億円となりました
      が、親会社株主に帰属する当期純利益は同46.7%増加の800億円となりました。
       セグメントの業績は、次のとおりであります。なお、セグメント売上高には、セグメント間の内部売上高又は振

      替高が含まれております。
      賃貸・延払事業

        賃貸・延払事業の契約実行高は前連結会計年度比13.7%増加の1兆6,310億円となり、営業資産残高は前連結会
       計年度末比1.0%増加の4兆3,678億円となりました。セグメント売上高は前連結会計年度比7.8%減少の1兆4,611
       億円となり、セグメント利益は同7.3%減少の959億円となりました。
      営業貸付事業

        営業貸付事業の契約実行高は前連結会計年度比3.9%増加の7,673億円となりましたが、営業資産残高は前連結
       会計年度末比6.8%減少の4,000億円となりました。セグメント売上高は前連結会計年度比6.7%減少の139億円と
       なり、セグメント利益は同7.6%減少の96億円となりました。
      その他

        その他の契約実行高は前連結会計年度比19.9%増加の137億円となり、営業資産残高は前連結会計年度末比
       13.9%増加の473億円となりました。セグメント売上高は前連結会計年度比8.5%増加の346億円となり、セグメン
       ト利益は同28.2%増加の192億円となりました。
      ②  キャッシュ・フローの状況

       連結会計年度末における現金及び現金同等物の期末残高は前連結会計年度末比267億円減少し、1,084億円となり
      ました。
      a 営業活動によるキャッシュ・フロー

        営業活動では、賃貸資産の売却による収入2,004億円、減価償却費及びその他の償却費974億円及び税金等調整
       前当期純利益932億円等の収入に対し、賃貸資産の取得による支出4,590億円、賃貸資産前渡金の増加1,001億円、
       リース債権及びリース投資資産の増加769億円、営業貸付債権の増加274億円、延払債権の増加202億円及び法人税
       等の支払額が266億円となったこと等により、3,430億円のキャッシュ・アウト(前連結会計年度は460億円の
       キャッシュ・アウト)となりました。
      b 投資活動によるキャッシュ・フロー

        投資活動では、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入256億円に対し、投資有価証券の取得によ
       る支出361億円及び社用資産の取得による支出66億円となったこと等により、156億円のキャッシュ・アウト(前
       連結会計年度は33億円のキャッシュ・アウト)となりました。
                                  15/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      c 財務活動によるキャッシュ・フロー
        財務活動では、金融機関からの借入残高の増加3,866億円、社債等による資本市場からの調達残高の増加1,574
       億円、非支配株主からの払込みによる収入317億円及び自己株式の売却による収入290億円に対し、自己株式の取
       得による支出1,762億円、非支配株主への払戻による支出316億円、リース債務の返済による支出211億円及び配当
       金の支払額が197億円となったこと等により、3,343億円のキャッシュ・イン(前連結会計年度は677億円のキャッ
       シュ・イン)となりました。
      ③  特定金融会社等の開示に関する内閣府令に基づく貸付金(営業貸付金及びその他の営業貸付債権)の状況

       「特定金融会社等の開示に関する内閣府令」(1999年5月19日                              大蔵省令第57号)に基づく、当社における貸付金の
      状況は次のとおりであります。
       a 貸付金の種別残高内訳

                                                2019年3月31日現在
                              件数の                残高の
                                                   平均約定金利
         貸付種別            件数(件)        構成割合       残高(百万円)         構成割合
                                                     (%)
                               (%)                (%)
     消費者向
       無担保(住宅向を除く)                     7,835       28.69          3,913       0.79       4.89
       有担保(住宅向を除く)                      18     0.07          525      0.11       2.07

       住宅向                      -       -          -       -      -

           計              7,853       28.76          4,438       0.90       4.56

     事業者向
           計              19,453       71.24         491,385        99.10       1.82
          合計              27,306      100.00         495,824       100.00        1.85

      b 資金調達内訳

                                                2019年3月31日現在
              借入先等                    残高(百万円)              平均調達金利(%)
     金融機関等からの借入                                     1,722,020             0.64

     その他                                     1,461,193             0.11

         社債・CP                                 1,383,020             0.06

               合計                           3,183,214             0.40

     自己資本                                      412,402             -

         資本金・出資額                                   15,000             -

                                  16/119






                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      c 業種別貸付金残高内訳
                                                2019年3月31日現在
                                     先数の                残高の
             業種別               先数(件)        構成割合       残高(百万円)         構成割合
                                     (%)                (%)
     農業、林業、漁業                            540      2.82          748      0.15
     建設業                           1,374       7.18         9,023       1.82

     製造業                           1,539       8.04        161,190        32.51

     電気・ガス・熱供給・水道業                             6     0.03         5,116       1.03

     情報通信業                             53     0.28         10,313        2.08

     運輸業、郵便業                            580      3.03         61,538       12.41

     卸売業、小売業                           4,718       24.64         54,668       11.03

     金融業、保険業                             72     0.38         25,713        5.19

     不動産業、物品賃貸業                            201      1.05        130,510        26.32

     宿泊業、飲食サービス業                            212      1.11         3,333       0.67

     教育、学習支援業                             76     0.40         2,745       0.55

     医療、福祉                           4,635       24.21         12,588        2.54

     複合サービス事業                             2     0.01           3     0.00

     サービス業(他に分類されないもの)                           5,006       26.15         17,415        3.51

     個人                            121      0.63          567      0.12

     特定非営利活動法人                             1     0.00           0     0.00

     その他                             7     0.04          345      0.07

              合計                  19,143       100.00         495,824       100.00

                                  17/119









                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      d 担保別貸付金残高内訳
                                                2019年3月31日現在
             受入担保の種類                      残高(百万円)               構成割合(%)
     有価証券                                        341          0.07

         うち株式                                    341          0.07

     債権                                       5,747           1.16

         うち預金                                     -           -

     商品                                        193          0.04

     不動産                                       55,190           11.13

     財団                                         -           -

     その他                                       50,954           10.27

                計                           112,428            22.67

     保証                                       24,768            5.00

     無担保                                      358,627            72.33

               合計                            495,824           100.00

      e 期間別貸付金残高内訳

                                                2019年3月31日現在
                                     件数の                残高の
             期間別               件数(件)        構成割合       残高(百万円)         構成割合
                                     (%)                (%)
     1年以下                           3,362       12.31         275,603        55.58
     1年超    5年以下

                               11,537       42.25         82,156       16.57
     5年超    10年以下

                               12,196       44.66         102,614        20.70
     10年超     15年以下

                                 134      0.49         24,719        4.98
     15年超     20年以下

                                 67     0.25         10,008        2.02
     20年超     25年以下                          6     0.02          478      0.10

     25年超                             ▶     0.02          242      0.05

              合計                  27,306       100.00         495,824       100.00

                  1件当たり平均期間                                    3.00年

     (注)    期間は、約定期間によっております。
                                  18/119





                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      ④  営業取引の状況
       a 契約実行高
         当連結会計年度における契約実行高の実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
              セグメントの名称                    契約実行高(百万円)              前年同期比(%)

               ファイナンス・リース                         819,905              116.0
               オペレーティング・リース                         449,915              120.7
     賃貸・延払事業
               延払事業                         361,225              101.6
                      小計                 1,631,046               113.7
     営業貸付事業                                    767,393              103.9
     その他                                    13,762              119.9
                 合計                       2,412,201               110.4
     (注)    ファイナンス・リース及びオペレーティング・リースについては、当連結会計年度に取得した賃貸用資産の取
        得金額、延払事業については、延払債権から延払未実現利益を控除した額を表示しております。
        なお、オペレーティング・リースには再リース取引の実行額は含んでおりません。
       b 営業資産残高

         連結会計年度における営業資産残高をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度

              セグメントの名称
                                  期末残高       構成比      期末残高       構成比
                                  (百万円)        (%)     (百万円)        (%)
               ファイナンス・リース                    2,094,353        43.7     2,093,824         43.5
                                                1,783,387
               オペレーティング・リース                    1,720,632        35.9             37.0
     賃貸・延払事業
               延払事業                     510,215       10.6      490,653       10.2
                      小計            4,325,201        90.2     4,367,865         90.7
     営業貸付事業                               429,167        8.9     400,032        8.3
     その他                               41,587       0.9      47,350       1.0
                 合計                 4,795,956        100.0      4,815,249        100.0
     (注)  延払事業については、延払債権から延払未実現利益を控除した額を表示しております。
                                  19/119










                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
       c 営業実績
         連結会計年度における営業実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
        前連結会計年度 
                        売上高       売上原価       差引利益       資金原価       売上総利益

         セグメントの名称
                       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                         700,546          ―       ―       ―       ―
          ファイナンス・リース
          オペレーティング・
     賃貸・                    553,491          ―       ―       ―       ―
          リース
     延払事業
                         330,184          ―       ―       ―       ―
          延払事業
                        1,584,222       1,375,461        208,760

               小計                                47,313       161,447
                          9,716         ―     9,716

     営業貸付事業                                           2,330       7,385
                         28,884       11,983       16,901         216

     その他                                                 16,684
                        1,622,823       1,387,444        235,378        49,860       185,517

            合計
        当連結会計年度 

                        売上高       売上原価       差引利益       資金原価       売上総利益

         セグメントの名称
                       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
          ファイナンス・リース               696,675          ―       ―       ―       ―
          オペレーティング・
     賃貸・
                         447,940          ―       ―       ―       ―
          リース
     延払事業
          延払事業               316,492          ―       ―       ―       ―
               小計         1,461,108       1,249,381        211,726        54,187       157,539

     営業貸付事業                     9,801         ―     9,801       2,213       7,588

     その他                     31,468       10,852       20,615         251      20,364

            合計            1,502,378       1,260,234        242,144        56,652       185,492

     (注)    売上高について、セグメント間の内部売上高または振替高は含まれておりません。
                                  20/119









                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
      ①  事業環境

        当連結会計年度の世界経済は、中国や欧州など一部地域で鈍化や減速が見られたものの、全体としては緩やか
       な回復基調となりました。国内経済は、企業収益および雇用・所得環境の改善維持や、これを受けた個人消費の
       持ち直しにより、緩やかな回復が続きましたが、通商問題や中国経済の減速など、先行きへの不透明感から期末
       にかけて弱さが見られました。
         国内の設備投資は企業収益が高い水準で維持される中で緩やかに増加し、リース取扱高(公益社団法人リース
       事業協会統計)は、前年比2.8%の増加となりました。
        金融資本市場においては、日本銀行による「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」のもと、極めて緩和した
       状態が続きました。
      ②  事業活動

        このような状況下、当社グループは、3か年の中期経営計画の2年目を迎え、経営目標の実現と財務目標の達成
       に向けて様々な業務戦略を進めてまいりました。
      a 事業再編

        当社は、当社の株主である株式会社三井住友フィナンシャルグループ(以下「三井住友フィナンシャルグルー
       プ」)と住友商事株式会社(以下「住友商事」)、および住友三井オートサービス株式会社(以下「SMA
       S」)、SMFLキャピタル株式会社(以下「FLC」)とともに、三井住友フィナンシャルグループと住友商
       事の戦略的共同事業である総合リース事業、オートリース事業および航空機リース事業において、当社をプラッ
       トフォームとして再編すること(以下「事業再編」)を前連結会計年度に決定し、2019年1月1日付で完了いたし
       ました。事業再編により、当社は三井住友フィナンシャルグループと住友商事それぞれが保有する議決権の所有
       割合が50%となり、両社の持分法適用関連会社となりました。また、FLCを統合し、両社の強みを活かした新
       SMFLをスタートさせました。モビリティ事業においては、FLCのフリート事業(オートリース事業)を会
       社分割・株式譲渡によりSMAS子会社として承継するとともに、SMASへの資本参加により、同社を持分法
       適用関連会社といたしました。また、SMBC                    Aviation     Capital    Limited(以下「SMBCAC」)の資本増強によ
       り航空機リース事業の中長期的な競争力の向上を図るなど、事業再編の目的実現に向けた体制構築に取り組んで
       まいりました。
      b 営業基盤の拡充

        国内ビジネスでは、リース需要が伸び悩む中、専門性を活かしたビジネスソリューションの提案を引き続き推
       進し、お客さまのニーズに適う金融サービスの提供を拡大してまいりました。また、SMBCグループおよび住
       友商事グループとの連携強化や、事業再編により当社と統合したFLCとのシナジー創出などを通じ、収益基盤
       の拡充に努めてまいりました。加えて、SMFLみらいパートナーズ株式会社を戦略子会社として設立し、不動
       産、環境エネルギー、地方創生等の各分野で当社がこれまで培ってきた様々な知見やノウハウをベースに新たな
       サービスの提供に向けた検討を進めております。
        海外ビジネスでは、グローバル販売金融の深化や日系企業のお客さまへのソリューション営業を推進し、安定
       した収益の獲得に努めてまいりました。
        航空機リースビジネスでは、エンジンリース事業への参画に加え、市場の需要を的確に捉えた資産ポートフォ
       リオ戦略に基づく優良資産の積み上げ等により、持続的成長に向けた収益基盤の構築に努めてまいりました。
      c 経営基盤の強化

        経営管理においては、ビジネスモデルに合わせた事業戦略の推進や資源配分の最適化を図ることを目的に、部
       門制の導入に取り組むとともに、マネーローンダリングやテロ資金供与防止の徹底など、グループのコンプライ
       アンスおよびリスク管理体制を整備し、連結グループ経営の基盤を強化してまいりました。
        また、業務体制では、事業再編に伴う組織やシステム統合の推進に加え、RPA(Robotic                                                Process
       Automation)などの新技術を活用し、業務効率化や業務改革への取組を推進してまいりました。
        人事面では、ダイバーシティの推進やワークライフバランスの強化を図り、多様な人材が能力を最大限に発揮
       できる体制整備や働き方改革に関する施策を推進してまいりました。
                                  21/119


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      ③  財政状態の分析

      a 資産の状況
        当連結会計年度末の総資産は、現金及び預金が連結会計年度末比93億円、のれんが同90億円の減少となったこ
       と等に対し、賃貸資産前渡金が同1,051億円、営業資産残高が同192億円、投資有価証券(営業資産に含まれる営業
       目的の金融収益を得るため所有する投資有価証券を除く)が同314億円、繰延税金資産が同123億円の増加となった
       こと等により前連結会計年度末比1,520億円増加の5兆8,126億円となりました。
      b 資金調達の状況

       ア.資金調達の方針
         当社は健全な財務体質を維持・強化していくことにより、安定的かつ低廉な資金調達基盤の構築を図ってお
        ります。有力な取引金融機関との良好な取引関係をもとに継続的な資金調達を行っていくとともに、優良な格
        付を背景に資本市場におけるコマーシャル・ペーパー、無担保社債、ユーロ・ミディアム・ターム・ノートの
        発行及びリース債権流動化の実施により、調達手段の多様化を行っております。また、的確なALM(資産と負
        債を総合的に管理する手法)の運営のもとで、市場金利の変動に適切に対処し金利変動リスクを管理しながら、
        長短金利差を活かした利鞘収益の確保を図っております。
       イ.当連結会計年度の資金調達の状況

        当連結会計年度末の有利子負債残高は、前連結会計年度末比2,652億円増加の4兆5,149億円となりました。この
       内、金融機関からの借入残高は前連結会計年度末比1,337億円増加の2兆8,321億円、コマーシャル・ペーパー、社
       債等の資本市場からの調達残高は同1,314億円増加の1兆6,828億円となりました。
        低廉な調達手段であるコマーシャル・ペーパー残高を維持する一方、国内外で社債を継続的に発行し、将来に
       わたる資金調達の安定性にも配慮致しました。
       ウ.格付の状況

                    格付機関                   長期格付          短期格付
         株式会社日本格付研究所(JCR)                              AA-          J-1+
         株式会社格付投資情報センター(R&I)                               A+          a-1
         S&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社                               A-           -
         当連結会計年度末現在、当社は複数の格付機関から格付を取得しております。
      c 純資産の状況

        純資産は、親会社株主に帰属する当期純利益の積上げによる利益剰余金の増加、自己株式の処分及び為替換算
       調整の直接計上による増加の一方で、自己株式の取得、剰余金の配当の実施による利益剰余金の減少や繰延ヘッ
       ジの直接計上による減少があったため、前連結会計年度末比905億円減少の7,340億円となりました。
        この結果、自己資本比率は前連結会計年度末比2.0ポイント下降し10.6%となりました。

      ④  経営成績等の分析

      a 経営成績の状況
        当連結会計年度における営業の成果としましては、新規の契約実行高は前年同期比10.4%増加の2兆4,122億円
       となりました。
        売上高は前連結会計年度比7.4%減少の1兆5,023億円となりました。売上総利益は、前連結会計年度比ほぼ横ば
       いの1,854億円となり、営業利益は事業再編に係る費用や与信関連費用の増加などにより、同6.3%減少の909億円
       となり、経常利益は同10.3%減少の875億円となりました。特別利益において投資有価証券売却益の計上があった
       ことに加えて前連結会計年度に計上した特別損失の反動や、法人税、住民税及び事業税・法人税等調整額の影響
       により、親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度比46.7%増加の800億円となりました。
        当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2                                    事業の状況      2  事業等のリスク」

       に記載のとおりであります。
                                  22/119


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      b 目標とする経営指標の達成状況等

        中期経営計画の最終年度(2019年度)において、以下の3つの財務目標を掲げ、収益性を重視しながら持続的な
       成長を図っております。当連結会計年度における連結ROAは1.82%、連結粗利益は1,855億円、連結OHRは41.3%
       と、堅調な推移となりました。
        <中期経営計画の最終年度(2019年度)における3つの財務目標>

        ・連結ROA*1          1.7%程度
        ・連結粗利益*2          1,950億円

        ・連結OHR*3           41%程度

         *1   ROA(Return      On  Assets):営業資産経常利益率
         *2   売上総利益から与信関係費用を控除したもの
         *3   OHR(Overhead       Ratio):営業経費を粗利益で除したもの
      c 資本の財源及び資金の流動性に係る情報

        事業再編の一環として実施した三井住友フィナンシャルグループの保有する当社普通株式の取得及びSMBC
       Aviation     Capital    Limitedへの増資等の財源については、主に取引銀行からの借入により調達いたしました。
      d セグメント情報に記載された区分ごとの状況

        セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は、次のとおりであります。
        セグメントの業績は、次のとおりであります。なお、セグメント売上高には、セグメント間の内部売上高又は

       振替高が含まれております。
       賃貸・延払事業

        賃貸・延払事業の契約実行高は前連結会計年度比13.7%増加の1兆6,310億円となり、営業資産残高は前連結会
       計年度末比1.0%増加の4兆3,678億円となりました。セグメント売上高は前連結会計年度比7.8%減少の1兆4,611
       億円となり、セグメント利益は、事業再編に係る費用や与信関連費用の増加などにより同7.3%減少の959億円と
       なりました。
       営業貸付事業

        営業貸付事業の契約実行高は前連結会計年度比3.9%増加の7,673億円となりましたが、営業資産残高は前連結
       会計年度末比6.8%減少の4,000億円となりました。セグメント売上高は前連結会計年度比6.7%減少の139億円と
       なり、セグメント利益は与信関連費用の増加などにより同7.6%減少の96億円となりました。
       その他

        その他の契約実行高は前連結会計年度比19.9%増加の137億円となり、営業資産残高は前連結会計年度末比
       13.9%増加の473億円となりました。セグメント売上高は、手数料収入の増加などを主因として前連結会計年度比
       8.5%増加の346億円となり、セグメント利益は同28.2%増加の192億円となりました。
                                  23/119





                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
      (1)  リース共同事業の再編に関する契約の締結
        当社の親会社である株式会社三井住友フィナンシャルグループ(以下「三井住友フィナンシャルグループ」)
       及び住友商事株式会社(以下「住友商事」)は、国内外の関係当局の認可等を得ることを前提として、三井住友
       フィナンシャルグループと住友商事が共同して運営するリース共同事業を再編すること(以下、「本再編」)に
       ついて、2017年11月6日、基本合意書を締結いたしました。これに伴い、当社は、2017年11月6日付の取締役会に
       おいて、①親会社の異動の発生が見込まれる、三井住友フィナンシャルグループの保有する当社普通株式の取
       得、及び、②当社を吸収合併存続会社、当社の子会社であるSMFLキャピタル株式会社(以下「FLC」)を
       吸収合併消滅会社とする吸収合併(以下、「本合併」)を含む本再編実施の基本方針につき決議いたしました。
       2018年3月27日付の取締役会において、三井住友フィナンシャルグループ、住友商事及びFLCとの間で、本再編
       に関する総合リース事業再編契約書を締結することを決議し、同契約を2018年3月30日に締結いたしました。
        また、当社は、2018年3月27日付の取締役会において、③FLCとの吸収合併後に当社のオートリース事業を、
       当社が設立予定の会社           (以下「新会社」)に吸収分割(以下「オートリース事業の吸収分割」)によって承継させる
       ことを決議し、三井住友フィナンシャルグループ、住友商事及び住友三井オートサービス株式会社との間で、
       オートリース事業の吸収分割等を行うことを内容とする本再編に関するオートリース事業再編契約書を2018年3月
       30日に締結いたしました。
        当社は、2018年10月22日付の取締役会の決議に基づき、②当社とFLCの間での本合併に関する吸収合併契約
       書、及び、③当社と設立された新会社の間でのオートリース事業の吸収分割に関する吸収分割契約書を、2018年
       10月22日に締結いたしました。
        詳細につきましては、「第5              経理の状況      1 連結財務諸表」の「注記事項(企業結合等関係)                       1 共通支配下の
       取引等」に記載のとおりであります。
      (2)  SMBC   Aviation     Capital    Limitedとエアバス社及びボーイング社との間の航空機の購入契約

        当連結会計年度において、当社の連結子会社であるSMBC                          Aviation     Capital    Limitedはエアバス社との間で、航
       空機を購入する契約を締結いたしました。
          契約会社名          契約締結年度          契約先      受領予定時期             契約内容
                                           航空機の購入契約
                                   2016年から
                                           ・A320neo     110機
                   2015年3月期        エアバス社
                                   2022年まで
                                           ・A320ceo     5機
                                           航空機の購入契約
       SMBC   Aviation     Capital
                                   2018年から
                   2015年3月期        ボーイング社
                                   2022年まで        ・ボーイング737        MAX  8 90機
       Limited
                                           航空機の購入契約
                                   2023年から
                                           ・A320neo     50機
                   2019年3月期        エアバス社
                                   2025年まで
                                           ・A321neo     15機
      (3)  エムジーリース株式会社の株式譲渡契約の締結

        当社は、2018年12月26日付の取締役会において、連結子会社であるエムジーリース株式会社(以下「MGL」)
       の株式をMGL及び丸紅株式会社(以下「丸紅」)に譲渡することを決議し、2018年12月27日付でMGL及び丸紅
       との間で株式譲渡契約を締結、2019年2月1日に本株式を譲渡いたしました。
      (4)  不動産リース事業の吸収分割契約の締結

        当社は、2019年1月29日付の取締役会において、当社の不動産リース事業の一部を、当社完全子会社であるSM
       FLみらいパートナーズ株式会社に吸収分割(以下「不動産リース事業の吸収分割」)によって承継させること
       を決議し、同社との間で、同日付で締結した不動産リース事業の吸収分割契約書に基づき、2019年4月1日付で、
       不動産リース事業の吸収分割を実施いたしました。
        詳細につきましては、「第5              経理の状況      1 連結財務諸表」の「注記事項(重要な後発事象)                        (不動産リース
       事業の会社分割)」に記載のとおりであります。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                  24/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【賃貸資産】

     (1)  設備投資等の概要
       当社グループにおける当連結会計年度の賃貸資産設備投資は、次のとおりであります。
                    区分                       取得価額(百万円)

     オペレーティング・リース資産                                                 449,915
     (注)    ファイナンス・リース取引終了後の再リース契約の締結により、リース投資資産から振替えた資産を含んでお
        りません。
       当連結会計年度において、賃貸取引の終了等により売却・除却した資産の内訳は、次のとおりであります。

                    区分                        帳簿価額(百万円)
     オペレーティング・リース資産                                                 190,372
     (2)  主要な設備の状況

       当社グループにおける賃貸資産は、次のとおりであります。
                    区分                        帳簿価額(百万円)

     オペレーティング・リース資産                                                1,783,387
     (3)  設備の新設、除却等の計画

       重要な設備の新設・除却等の計画はありません。なお、取引先との契約等に基づき、オペレーティング・リース
      に係る資産の取得及び除却等を随時行っております。
                                  25/119












                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    2  【社用資産】
     (1)  設備投資等の概要
       当連結会計年度では、業務効率化のための情報システム関連を中心に71億円の設備投資を実施しました。
     (2)  主要な設備の状況

       当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
      ①   提出会社
                                                  2019年3月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)
                                                         従業
        事業所名                  設備の
                               建物    機械装置
                 セグメントの名称                                        員数
                                        土地    リース
        (所在地)                  内容
                               及び     及び            器具備品     合計
                                                         (人)
                                       (面積㎡)    賃借資産
                               構築物    車両運搬具
     東京本社
                賃貸・延払事業、営業                          -              1,007
                          事務所等      1,403       -       436    246    2,086
                貸付事業、その他                          (-)              〔108〕
     (東京都千代田区)
     大阪本社
                                          -               330
                同上          同上       164      2        20    58    246
                                          (-)               〔60〕
     (大阪市中央区)
     営業部並びに営業所等                                      -               959
                同上          同上       762     16        174    751    1,705
                                          (-)              〔201〕
     (札幌市中央区他)
     (注)   1   上記事業所は全て賃借しており、その賃借料は年間2,496百万円であります。
        2   従業員数の〔        〕は、臨時従業員数を外書きしております。
        3   上記以外に提出会社は、ソフトウエア5,823百万円を所有しております。
      ②   国内子会社

                                                  2019年3月31日現在
                                        帳簿価額(百万円)
                                                         従業
             事業所名              設備の
                                建物    機械装置
      会社名            セグメントの名称                                       員数
                                         土地    リース
             (所在地)               内容
                                及び     及び            器具備品     合計
                                                         (人)
                                        (面積㎡)    賃借資産
                               構築物    車両運搬具
            本社他      賃貸・延払事業、
     SMFLレンタ                                      -               202
            (東京都      営業貸付事業、        事務所等       251      8        -    37    297
     ル㈱                                      (-)              〔64〕
            千代田区他)      その他
                  賃貸・延払事業、
            本社他
     SFIリーシン                                      -               86
                  営業貸付事業、
            (東京都              同上       43     -        0    53     96
     グ㈱                                      (-)              〔20〕
            千代田区他)
                  その他
     (注)    従業員数の〔        〕は、臨時従業員数を外書きしております。
      ③   在外子会社

                                                  2019年3月31日現在
                                        帳簿価額(百万円)
                                                         従業
             事業所名              設備の
                                建物    機械装置
      会社名            セグメントの名称                                       員数
                                         土地    リース
             (所在地)               内容
                                及び     及び            器具備品     合計
                                                         (人)
                                        (面積㎡)    賃借資産
                               構築物    車両運搬具
            本社
     SMBC  Aviation
                  賃貸・延払事業、
            (アイルラ                               -               158
     Capital             営業貸付事業、        事務所等       182      -        -   139     322
            ンド・ダ                              (-)               〔-〕
                  その他
     Limited
            ブリン市)
     (注)    従業員数の〔        〕は、臨時従業員数を外書きしております。
     (3)  設備の新設、除却等の計画

       特記事項はありません。
                                  26/119





                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                  400,000,000

                 計                                 400,000,000

      ② 【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (2019年3月31日)          (2019年6月26日)         商品取引業協会名
                                            完全議決権株式であり、権利
                                            内容に何ら限定のない当社に
       普通株式           95,314,112          95,314,112           ―
                                            おける標準となる株式
                                            (注)1,2
        計         95,314,112          95,314,112           ―            ―
     (注)   1 当社は単元株制度を採用しておりません。
        2 譲渡による当社の株式の取得については、取締役会の承認を要する旨定款に定めております。
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。 
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2007年10月1日(注)            51,987,517       95,314,112           239     15,000         653     15,000
     (注)    三井住友銀リース株式会社との合併に伴い、同社普通株式1株につき当社普通株式1.4859株(※)、同社種類株
        式1株につき当社普通株式5.7050株(※)の割合をもって割当交付いたしました。
         (※)   小数点第5位以下を切り捨てて表記しております。
                                  27/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                2019年3月31日現在
                             株式の状況
                                                      単元未
                                                      満株式
      区分                            外国法人等
           政府及び
                                                      の状況
                     金融商品      その他の                個人
           地方公共     金融機関                                  計
                                                       (株)
                     取引業者       法人              その他
                                  個人
            団体
                                      個人
                                  以外
     株主数
               ―     ―     ―       2    ―    ―      1      3    ―
     (人)
     所有株式数
               ―     ―     ―  77,004,444         ―    ― 18,309,668      95,314,112         ―
     (株)
     所有株式数
               ―     ―     ―     80.8      ―    ―    19.2     100.00       ―
     の割合(%)
     (注)    自己株式18,309,668株は「個人その他」に記載しております。
     (6)  【大株主の状況】

                                                2019年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                             所有株式数       除く。)の
            氏名又は名称                      住所
                                               (株)     総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
     株式会社三井住友フィナンシャルグループ                      東京都千代田区丸の内一丁目1番2号                   38,502,222          50.00
     住友商事株式会社                      東京都千代田区大手町二丁目3番2号                   38,502,222          50.00

              計                    -           77,004,444          100.00

     (注)    上記のほか当社所有の自己株式18,309,668株があります。
     (7)  【議決権の状況】

      ① 【発行済株式】
                                                2019年3月31日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                          ―          ―         ―

     議決権制限株式(自己株式等)                          ―          ―         ―

     議決権制限株式(その他)                          ―          ―         ―

                     (自己保有株式)
                                          権利内容に何ら限定のない当社に
     完全議決権株式(自己株式等)                                    ―
                     普通株式     18,309,668
                                          おける標準となる株式
                                          権利内容に何ら限定のない当社に
     完全議決権株式(その他)                普通株式     77,004,444          77,004,444
                                          おける標準となる株式
     単元未満株式                          ―          ―         ―
     発行済株式総数                                    ―         ―

                          95,314,112
     総株主の議決権                          ―     77,004,444              ―

                                  28/119





                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      ② 【自己株式等】
                                                2019年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都千代田区丸の内一
     三井住友ファイナンス&                           18,309,668           ―  18,309,668          19.2
                  丁目3番2号
     リース株式会社
          計              ―        18,309,668           ―  18,309,668          19.2
    2 【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】会社法第155条第3号に基づく普通株式の取得
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

                区分                   株式数(株)            価額の総額(百万円)
     株主総会(2018年11月27日)での決議状況
                                       18,500,749                190,000
     (取得期間     2018年11月28日~2019年3月31日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       ―               ―
     当事業年度における取得自己株式                                  18,500,749                176,284

     残存授権株式の総数及び価額の総額                                       ―            13,715

     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                       ―            7.2%

     当期間における取得自己株式                                       ―               ―

     提出日現在の未行使割合(%)                                       ―            7.2%

     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間
            区分
                               処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                (百万円)                  (百万円)
     引き受ける者の募集を行った
                         3,001,448           29,000            ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                        ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                             ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他(―)                        ―         ―         ―         ―
     保有自己株式数                    18,309,668              ―    18,309,668              ―

                                  29/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    3  【配当政策】
      当社は、株主である株式会社三井住友フィナンシャルグループと住友商事株式会社の経営戦略との整合及び両株主
     への利益還元に留意しつつ、基本的には当社の自己資本の状況を考慮し、多様化する事業活動と将来の事業拡大に必
     要な内部留保の維持・充実に努め、株主総会の決議により年に1回、剰余金の配当を行うこととしております。
      第57期の1株当たりの配当金につきましては262円としました。
      第57期の剰余金の配当は以下のとおりであります。

           決議年月日            配当金の総額(百万円)              1株当たり配当額(円)
          2019年6月25日
                               20,175               262
         定時株主総会決議
                                  30/119

















                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社では経営における普遍的な考え方として「経営理念」を定めており、コーポレート・ガバナンスの強化・
       充実は、「経営理念」を実現するための経営上の重要な課題の一つと考えております。
        (経営理念)

        時代を先取りし、付加価値の高いサービスを提供することにより、社会に貢献する
        ・付加価値の高いサービスを提供し、お客様とともに発展する
        ・時代を先取りした事業展開を行い、企業価値の持続的成長を図る
        ・高い遵法精神と高潔な倫理観のもと事業を行う
        ・自由闊達な社風を醸成し、社員が意欲と能力を最大限発揮できる環境を作る
      ②   コーポレート・ガバナンス体制

       a   役員の状況
         役員は取締役8名、監査役6名の体制となっており、このうち取締役2名、監査役3名は社外からの選任であり
        ます(有価証券報告書提出日現在)。また、当社では「意思決定・監督」機能と「業務執行」機能を分離して
        経営の透明性と健全性を高める観点から執行役員制度を導入しております。取締役会が選任した執行役員31名
        (うち5名は取締役を兼務)が業務を執行しております。
       b   取締役会並びに監査役

         取締役会は原則として月1回開催され、重要な事項を決定するとともに、取締役及び執行役員の職務の執行を
        監督しております。取締役会の議長には取締役会長が就任、業務執行の最高責任者である取締役社長との分担
        を図っております。
         当社は監査役設置会社であります。監査役は経営方針決定の経過及び職務執行の状況を把握するために、取
        締役会をはじめとする重要な会議に出席し取締役等から事業の報告を受けるとともに、重要な決裁書類の閲覧
        や会計監査人からの報告や聴取等を通じて、取締役の職務執行の監査を行っております。
       c   業務執行

         当社では取締役会において選任された執行役員が業務執行を担当し、業務執行の最高意思決定機関として経
        営会議を設置しております。経営会議は執行役員を兼務する取締役及び取締役社長が指名する執行役員で構成
        され、重要な業務執行の審議を行っております。
         業務運営に関して、広範囲かつ機動的に情報伝達、意見交換等を行う場として、情報連絡会等の諸会議、社
        内横断的な協議、調整機関として各種の委員会を設置し、重要な業務報告や具体的な施策の審議を行っており
        ます。
                                  31/119







                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
       d   経営管理組織・体制等
         当社の経営管理組織・体制を図に示すと次のとおりであります。
      ③   内部統制システム及びリスク管理体制の整備の状況












        当社では会社業務の適正を確保するための体制(内部統制システム)を内部統制規程に定め、取締役の職務執
       行にかかる体制、リスク管理体制、コンプライアンス体制、財務報告にかかる内部統制、企業集団における業務
       の適正を確保するための体制、監査役の監査業務にかかる体制及び内部監査体制を整備し、健全な経営体制の構
       築に取組んでおります。
       a   取締役の職務の執行に係る体制

         取締役の職務の執行にかかる情報については、情報管理規程、情報・文書管理規則等に則り、適切な保存及
        び管理を行っております。取締役の職務の執行については、業務計画を策定し、効率的な業務運営及び業績管
        理を行っております。また、各取締役が適切に職務の執行を分担するとともに、組織及び職務権限規程等を定
        め、これらの規程に則った適切な権限委譲を行っております。
                                  32/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
       b   リスク管理体制
         当社及び当社グループ会社の損失の危険の管理を適切に行うため、リスク管理の基本的事項を総合リスク管
        理規程として定め、戦略目標と業務形態に応じて、管理すべきリスクの所在と種類を特定した上で、各リスク
        の特性に応じ適切な管理を実施しております。
         同規程において当社が管理すべきリスクの種類として、信用リスク、アセットリスク、市場リスク、流動性
        リスク、オペレーショナルリスク(事務リスク、システムリスク等)、法務リスク、税務・会計リスク、レ
        ピュテーショナルリスク、人事リスクを定めており、各リスクの管理担当部署は、リスク管理部及び企画部と
        ともに、網羅的、体系的な管理を行っております。
       c   コンプライアンス体制

         当社及び当社グループ会社の役員及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するため、
        コンプライアンス・マニュアルを制定し、役員及び従業員がこれを遵守しております。同マニュアルでは経営
        理念を実践し、お客様の信頼にこたえるとともに、広く社会の発展に貢献していく上で、役員及び従業員に求
        められる業務遂行上の行動規範及びこれを実効性のあるものとするための業務上の手続並びに検証体制を定め
        ております。さらに、コンプライアンス体制を有効に機能させることを目的として、年度ごとに、規定の整備
        や研修等、コンプライアンスに関する具体的な年間計画を策定し、体制整備を進めております。
         また、法令等の違反を早期に発見・是正することを目的として、内部通報制度を整備し、これを適切に運営
        しております。
         反社会的勢力との取引を排除するため、当社のグループ全体の基本方針を定め、適切に管理する体制を整備
        しており、またマネーローンダリング及びテロ資金の供与を防止するため、当社のグループ全体の基本方針と
        してマネーローンダリング・テロ資金供与防止管理規程を定め、同規程に基づいた運営及び管理を行っており
        ます。
       d   財務報告に係る内部統制

         当社のグループ全体の会計経理の適正性及び財務報告の信頼性を確保するため、財務報告に係る内部統制評
        価規程等を制定し、財務報告に係る内部統制について必要な体制を整備・運用するとともに、その有効性を評
        価しております。
       e   企業集団における業務の適正を確保するための体制

         当社グループ会社に対し、コンプライアンスマニュアル・グループ会社規則を定め、同規則に則った適切な
        グループ管理を行っております。
         当社グループ内における取引等の公正性及び適切性を確保するため、当社及び当社グループ会社は、当社グ
        ループ内並びに株式会社三井住友フィナンシャルグループ及び住友商事株式会社並びにそれらのグループ内の
        会社との間で取引等を行う場合には、法務リスク管理規則に定める手続に則り、商品ないし役務の対価等の条
        件が、その通常の条件に照らして適正かつ妥当であることを多面的に検証した上で行います。
         当社のグループ会社における取締役の職務執行状況を把握し、取締役による職務執行が効率的に行われるこ
        と等を確保するため、グループ会社管理の基本的事項をグループ会社規程等として定め、これらの規程に則っ
        たグループ会社の管理及び運営を行うこととしております。
      ④   役員報酬の内容

        第57期における当社の取締役及び監査役に対する報酬等は、次のとおりであります。
         取締役に対する報酬等          327  百万円   (支給人数     10 名)
         監査役に対する報酬等           52 百万円
                        (支給人数     ▶ 名)
         (内、社外役員に対する報酬等              22 百万円)
         (注)   1   報酬等の額には、取締役に対する役員賞与引当金繰入額(61百万円)が含まれております。なお、社

             外取締役及び監査役に対する役員賞与金はありません。
            2   報酬等の額には、取締役及び監査役に対する役員退職慰労引当金繰入額(取締役34百万円、監査役4
             百万円)が含まれております。
                                  33/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      ⑤   取締役の定数
        当社の取締役は3名以上とする旨、定款に定めております。
      ⑥   取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任について、株主総会において、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以
       上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、定款に定めております。
        また、取締役の選任は、累積投票によらないものとする旨、定款に定めております。
                                  34/119


















                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性    14 名 女性      0 名 (役員のうち女性の比率               0 %)
                                                       所有
        役職名         氏名      生年月日               略歴            任期   株式数
                                                       (千株)
                               1981年   4月   住友商事株式会社入社
                               2009年   4月   同社理事
                               2012年   4月   同社執行役員
                               2015年   4月   同社常務執行役員
        取締役
         会長       堀 江  誠      1959年 3月15日      生                       (注4)    ―
                               2015年   6月   同社取締役常務執行役員
       (代表取締役)
                               2017年   4月   同社取締役専務執行役員
                               2017年   6月   同社専務執行役員
                               2019年   6月   三井住友ファイナンス&リース株
                                     式会社取締役会長(現職)
                               1980年   4月   株式会社住友銀行入行
                               2007年   4月   株式会社三井住友銀行執行役員
                               2010年   4月   同行常務執行役員
                               2012年   4月   株式会社三井住友フィナンシャル
                                     グループ常務執行役員
        取締役
         社長       橘  正 喜      1956年   7月  6日 生                       (注4)    ―
                               2013年   4月   株式会社三井住友銀行取締役兼専
       (代表取締役)
                                     務執行役員
                               2015年   4月   同行取締役兼副頭取執行役員
                               2017年   6月   三井住友ファイナンス&リース株
                                     式会社顧問
                                     当社取締役社長(現職)
                               1979年   4月   株式会社住友銀行入行
                               2007年   4月   株式会社三井住友銀行執行役員
                               2010年   4月   同行常務執行役員
        取締役
                               2012年   5月   三井住友ファイナンス&リース株
                       1956年   6月30日   生
       副社長執行役員         植田 祐一郎                                    (注4)    ―
                                     式会社常務執行役員
       (代表取締役)
                               2013年   4月   当社専務執行役員
                               2013年   6月   当社取締役専務執行役員
                               2019年   4月   当社取締役副社長執行役員(現職)
                               1984年   4月   住友商事株式会社入社
                               2012年   4月   同社理事
                               2016年   4月   同社執行役員(現職)
        取締役
                諸 岡 礼   二  1961年   4月25日   生
       専務執行役員                                             (注4)    ―
                               2017年   4月   三井住友ファイナンス&リース株
       (代表取締役)
                                     式会社常務執行役員
                               2018年   6月   当社取締役常務執行役員
                               2019年   4月   当社取締役専務執行役員(現職)
                               1983年   4月   株式会社三井銀行入行
                               2011年   4月   株式会社三井住友銀行執行役員
                               2013年   4月   同行常務執行役員
                               2016年   5月   三井住友ファイナンス&リース株
        取締役
                池 田 剛   久
                       1958年11月12日      生                       (注4)    ―
       専務執行役員
                                     式会社専務執行役員
                               2016年   6月   当社取締役専務執行役員(現職)
                               2017年   4月   株式会社三井住友フィナンシャル
                                     グループ常務執行役員(現職)
                               1982年   4月   住友商事株式会社入社
                               2012年   4月   同社理事
                               2015年   4月   同社執行役員
                               2018年   4月   三井住友ファイナンス&リース株
        取締役
                村 田 雄   史
                      1958年 5月 20日      生                       (注4)    ―
                                     式会社常務執行役員
       専務執行役員
                               2019年   4月   住友商事株式会社顧問(現職)
                                     三井住友ファイナンス&リース株
                                     式会社専務執行役員
                               2019年   6月   当社取締役専務執行役員(現職)
                                  35/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有
        役職名         氏名      生年月日               略歴            任期   株式数
                                                       (千株)
                               1983年   4月   住友商事株式会社入社
                               2011年   4月   同社理事
                               2014年   4月   同社執行役員
                               2017年   4月   同社常務執行役員
        取締役
                岡    省一郎    1959年   7月17日   生
                                                    (注4)    ―
       (社外取締役)
                               2018年   4月   三井住友ファインナンス&リース
                                     株式会社取締役(現職)
                               2019年   4月   住友商事株式会社専務執行役員(現
                                     職)
                               1986年   4月   株式会社住友銀行入行
                               2014年   4月   株式会社三井住友銀行執行役員
                               2016年   4月   同行常務執行役員
                               2017年   4月   株式会社三井住友フィナンシャル
                                     グループ常務執行役員
        取締役
                中 島  達      1963年 9月14日      生                       (注5)    ―
                               2019年   4月   株式会社三井住友銀行取締役兼専
       (社外取締役)
                                     務執行役員(現職)
                                     株式会社三井住友フィナンシャル
                                     グループ執行役専務(現職)
                                     三井住友ファイナンス&リース株
                                     式会社取締役(現職)
                               1981年   4月   株式会社住友銀行入行
                               2013年   4月   三井住友ファイナンス&リース株
        常任監査役
                       1958年   2月23日   生        式会社理事
                細 川  学                                    (注6)    ―
         常勤
                               2015年   4月   当社執行役員
                               2017年   6月   当社常任監査役(現職)
                               1982年   4月   住友商事株式会社入社
        常任監査役
                服 部 進   睦
       (社外監査役)                1959年11月18日      生                       (注7)    ―
                               2016年   6月   三井住友ファイナンス&リース株
         常勤
                                     式会社常任監査役(現職)
                               1983年   4月   朝日オートリース株式会社入社
                               1989年   5月   住商リース株式会社入社
                               2014年   4月   三井住友ファイナンス&リース株
        常任監査役
                相 川 敏   文
                       1960年 1月29日      生                       (注8)    ―
         常勤
                                     式会社理事
                               2016年   4月   当社執行役員
                               2019年   5月   当社常任監査役(現職)
                               1983年   4月   株式会社住友銀行入行
                               2018年   4月   三井住友ファイナンス&リース株
        常任監査役
                多 久 善   雄
                       1960年10月29日      生                       (注8)    ―
                                     式会社理事
         常勤
                               2019年   5月   当社常任監査役(現職)
                               1987年   4月   住友商事株式会社入社
                               2016年   4月   同社リース・事業開発部長(現職)
        監査役
                村 上 兼   士  1962年   9月23日   生                       (注7)    ―
       (社外監査役)
                               2016年   6月   三井住友ファイナンス&リース株
                                     式会社監査役(現職)
                               1989年   4月   株式会社住友銀行入行
        監査役
                伊藤 誠一郎      1967年 2月15日      生  2019年   5月   三井住友ファイナンス&リース株               (注8)    ―
       (社外監査役)
                                     式会社監査役(現職)
                             計                           ―
     (注)   1 取締役のうち、岡省一郎氏及び中島達氏は社外取締役であります。     

        2 監査役のうち、服部進睦氏、村上兼士氏及び伊藤誠一郎氏は社外監査役であります。
        3 当社は執行役員制度を導入しており、その数は31名(うち取締役兼務5名)であります。
        ▶ 2019年6月25日から2020年3月期定時株主総会終結の時まで。
        5 2019年4月18日から2020年3月期定時株主総会終結の時まで。 
        6 2017年6月27日から2021年3月期定時株主総会終結の時まで。
        7 2016年6月27日から2020年3月期定時株主総会終結の時まで。
        8 2019年5月1日から2023年3月期定時株主総会終結の時まで。 
                                  36/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      ②   社外取締役及び社外監査役との関係

        当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であります。
        社外取締役である岡省一郎氏は、住友商事株式会社の専務執行役員、株式会社大島造船所の取締役及び当社の
       連結子会社であるSMBC           Aviation     Capital    Limitedの取締役であります。当社は、同氏が総合商社での豊富な業務
       経験と高い識見を当社の経営に活かしていただけると判断し、選任しております。また、同氏と当社との間に特
       別な利害関係はありません。住友商事株式会社は当社のその他の関係会社であり、同社とは通常の営業取引があ
       ります。株式会社大島造船所は当社のその他の関係会社の関連会社であります。
        社外取締役である中島達氏は、株式会社三井住友フィナンシャルグループの執行役専務並びに株式会社三井住
       友銀行の取締役兼専務執行役員であり、株式会社SMBC信託銀行及びSMBC日興証券株式会社の取締役であ
       ります。当社は、同氏が銀行での豊富な業務経験と高い識見を当社の経営に活かしていただけると判断し、選任
       しております。また、同氏と当社との間に特別な利害関係はありません。株式会社三井住友フィナンシャルグ
       ループは当社のその他の関係会社であります。株式会社三井住友銀行、株式会社SMBC信託銀行及びSMBC
       日興証券株式会社は当社のその他の関係会社の子会社であり、同社とは通常の営業取引があります。
        社外監査役である服部進睦氏は、住友商事株式会社の出身であり、当社の連結子会社であるSMFLみらい
       パートナーズ株式会社及びホスピタルサプライジャパン株式会社の監査役であります。当社は、同氏が総合商社
       での豊富な業務経験と高い識見を当社の実効的な監査に活かしていただけると判断し、選任しております。ま
       た、同氏と当社との間に特別な利害関係はありません。住友商事株式会社は当社のその他の関係会社であり、同
       社とは通常の営業取引があります。
        社外監査役である村上兼士氏は、住友商事株式会社のリース・事業開発部長並びにエステック・ソリューショ
       ンズ株式会社の取締役であります。当社は、同氏が総合商社での豊富な業務経験と高い識見を当社の実効的な監
       査に活かしていただけると判断し、選任しております。また、同氏と当社との間に特別な利害関係はありませ
       ん。住友商事株式会社は当社のその他の関係会社であり、同社とは通常の営業取引があります。エステック・ソ
       リューションズ株式会社は当社のその他の関係会社の関連会社であります。当社は同社に出資しており、通常の
       営業取引があります。
        社外監査役である伊藤誠一郎氏は、SMBC日興証券株式会社の取締役(監査等委員)、株式会社日本総合研究
       所及び三井住友DSアセットマネジメント株式会社の監査役であります。当社は、同氏が銀行での豊富な業務経
       験と高い識見を当社の実効的な監査に活かしていただけると判断し、選任しております。また、同氏と当社との
       間に特別な利害関係はありません。SMBC日興証券株式会社及び株式会社日本総合研究所は当社のその他の関
       係会社の子会社であり、同社とは通常の営業取引があります。三井住友DSアセットマネジメント株式会社は当
       社のその他の関係会社の子会社であります。
        なお、当社には社外取締役又は社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準又は方針はありま
       せん。
                                  37/119








                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
       ①   監査役監査の状況
         当社では監査役の監査業務の遂行を補助するために監査役室を設置しており、その使用人の取締役からの独
        立性を確保するために、監査業務の遂行を補助する業務に関する当該使用人の人事評価・異動については、監
        査役の同意を必要とすることとしております。また監査役室の使用人は、監査業務の遂行を補助する業務につ
        いては監査役の指示に基づきこれを行うものとしております。
         当社及び当社のグループ会社の役員及び従業員は、当社もしくは当社グループ会社に著しい損害を及ぼすお
        それのある事実や、不正の行為または法令、定款に違反する重大な事実を発見したときには、当該事実を監査
        役に報告することとしており、また業務執行について監査役から説明を求められたときには、速やかに当該事
        項を報告することとしております。
         当社及び当社のグループ会社の役員及び従業員は、法令等の違反行為等を発見したときには、所属する会社
        の監査役、所属する会社にて設置する内部通報窓口のほか、株式会社三井住友フィナンシャルグループが設置
        する内部通報窓口に報告することができることとしております。当社及び当社グループ会社のコンプライアン
        ス担当部署は、監査役に対し、内部通報の受付・処理状況を定期的に報告するとともに、経営に与える影響を
        考慮の上、必要と認められるとき、または監査役から報告を求められたときにも速やかに報告することとして
        おります。
         当社及び当社グループ会社の役員及び従業員が、所属する会社の内部通報窓口及び監査役に報告したことを
        理由として不利な取扱いを受けることがないことを確保するため、各々の会社の内部通報規則に不利益取扱い
        の禁止を定めております。
         内部監査担当部署(監査部)は、監査役と緊密な連携を保ち、監査役が自らの監査について協力を求めると
        きには、監査役が実効的な監査を行うことができるよう努めております。
         代表取締役は、監査役との間で定期的な意見交換を行う機会を確保すること等により、監査役による監査機
        能の実効性向上に努めております。
       ②   内部監査の状況

         当社では他の部門から独立した監査部(人員22名(有価証券報告書提出日現在))が、当社の業務の健全か
        つ適切な運営の確保を目的として、本社各部並びに営業部店等に対し内部監査を実施しております。監査部
        は、業務の有効性と効率性、財務報告の信頼性及び内部管理体制等の適切性、有効性を検証し、その結果に基
        づき評価及び改善提言を行っております。これらの監査結果は、監査部の担当役員、経営会議、取締役会に対
        して定期的に報告が行われております。
         また、監査部、監査役及び会計監査人は必要に応じ連絡・調整を行い、適切かつ効率的な監査の実施に努め
        ております。
       ③   会計監査の状況

        a.  監査法人の名称
          有限責任     あずさ監査法人
        b.  業務を執行した公認会計士の氏名

          指定有限責任社員          業務執行社員        羽太   典明、髙橋      善盛
        c.  監査業務に係る補助者の構成

          公認会計士       8名、公認会計士試験合格者               8名、その他        6名
                                  38/119





                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
        d.  監査法人の選定方針と理由
          当社は、会計監査人候補者を選定する場合、監査法人の概要、独立性、内部管理体制、監査報酬の水準等
         の判断基準に基づき、職業的専門組織としての信頼性を確認し、有限責任                                   あずさ監査法人を選定しておりま
         す。
          会社法第340条第1項各号のいずれかに該当する事由があった場合には会計監査人の解任を検討するほか、
         会計監査人が職務を適正に遂行することが困難と認められる等の場合には、会社法第344条に基づき会計監査
         人の解任又は不再任を目的とする議案を株主総会に提出することを検討いたします。
        e.  監査役による監査法人の評価

          当社の監査役は、有限責任             あずさ監査法人について、監査役の協議に基づき、同監査法人の独立性、職務
         遂行の体制整備状況、職務の遂行状況及び外部評価等の項目に関して総合的に検討を行った結果、いずれの
         項目に関しても問題はないと評価しております。
       ④ 監査報酬の内容等

         「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(2019年1月31日 内閣府令第3号)によ
        る改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規定に経過措
        置を適用しております。
        a.  監査公認会計士等に対する報酬の内容
                        前連結会計年度                     当連結会計年度
            区分
                   監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                  基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
          提出会社                129            ―          194            ―
          連結子会社                127            ―          118            ―
             計             256            ―          313            ―
        b.  その他重要な報酬の内容

          (前連結会計年度)
            当社及び当社の連結子会社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているKPMG
           メンバーファームに対して、監査業務及び監査関連業務にかかる報酬として134百万円、非監査業務にか
           かる報酬として70百万円を支払っております。
          (当連結会計年度)
            当社及び当社の連結子会社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているKPMG
           メンバーファームに対して、監査業務及び監査関連業務にかかる報酬として129百万円、非監査業務にか
           かる報酬として70百万円を支払っております。
        c.  監査報酬の決定方針

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、監査時間、提出会社の規模及び業務の特性等を総合的に勘
         案することにより決定しております。
        d. 監査役が会計監査人の報酬等に同意した理由

          監査役は、社内関係部署および会計監査人から、監査計画の内容、従前の監査状況および報酬実績、報酬
         見積の算出根拠等を確認し、監査役協議会で協議した結果、会計監査人の報酬等は適切であると判断し、同
         意しております。
     (4)  【役員の報酬等】

       該当事項はありません。
     (5)  【株式の保有状況】

       該当事項はありません。
                                  39/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号。以
       下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、当連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報のうち、
       「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(2018年3月23日内閣府令第
       7号。以下「改正府令」という。)による改正後の連結財務諸表規則第15条の5第2項第2号及び同条第3項に係るも
       のについては、改正府令附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財

       務諸表等規則」という。)及び「特定金融会社等の会計の整理に関する内閣府令」(1999年5月19日総理府・大蔵省
       令第32号)に基づいて作成しております。
        なお、当事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表に含まれる比較情報のうち、改正府令に
       よる改正後の財務諸表等規則第8条の12第2項第2号及び同条第3項に係るものについては、改正府令附則第2条第2
       項により、改正前の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)
     の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任 あずさ監査法
     人により監査を受けております。
                                  40/119













                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)【連結財務諸表】
      ①【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                    ※2 , ※8  135,611           ※2 , ※8  126,277
        現金及び預金
        延払債権                                533,936              516,538
                                     ※2  2,094,353            ※2  2,093,824
        リース債権及びリース投資資産
                                      ※2  429,167            ※2  400,032
        営業貸付債権
        有価証券                                 3,394              1,116
        商品                                 4,469              7,397
                                   ※2 , ※8 , ※10  191,068         ※2 , ※8 , ※10  220,385
        その他
                                        △ 8,478             △ 7,198
        貸倒引当金
        流動資産合計                               3,383,523              3,358,373
      固定資産
        有形固定資産
         賃貸資産
                                  ※1 , ※2 , ※9  1,720,632          ※1 , ※2 , ※9  1,783,387
           賃貸資産
           賃貸資産処分損引当金                              △ 474             △ 532
                                    ※2 , ※8  237,473           ※2 , ※8  342,647
           賃貸資産前渡金
           賃貸資産合計                            1,957,631              2,125,502
                                       ※1  5,417            ※1  5,236
         社用資産
         有形固定資産合計                             1,963,049              2,130,739
        無形固定資産
         のれん                               86,335              77,297
                                        67,020              33,925
         その他
         無形固定資産合計                              153,356              111,222
        投資その他の資産
                                    ※2 , ※3  124,061           ※2 , ※3  163,581
         投資有価証券
         長期貸付金                                 3            1,045
                                      ※5  22,418            ※5  21,494
         固定化営業債権
         繰延税金資産                               8,370              20,757
                                     ※2 , ※8  14,538            ※8  13,447
         その他
                                        △ 8,656             △ 7,962
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              160,737              212,363
        固定資産合計                               2,277,142              2,454,325
      資産合計                                5,660,666              5,812,698
                                  41/119







                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                      ※10  92,780            ※10  93,404
        支払手形及び買掛金
        短期借入金                                911,353             1,060,316
                                      ※2  330,321            ※2  353,554
        1年内返済予定の長期借入金
        1年内償還予定の社債                                77,037              80,120
        コマーシャル・ペーパー                               1,110,900              1,040,900
                                       ※6  9,411            ※6  14,412
        債権流動化に伴う支払債務
        1年内支払予定の債権流動化に伴う長期支払債
                                      ※6  29,981            ※6  34,486
        務
                                      ※2  23,519
        リース債務                                               19,098
        未払法人税等                                14,365               3,926
        延払未実現利益                                23,721              25,884
        賞与引当金                                 2,768              2,245
        役員賞与引当金                                  208              205
        資産除去債務                                   3              93
                                      ※2  119,249            ※2  117,129
        その他
        流動負債合計                               2,745,620              2,845,779
      固定負債
                                    ※2 , ※8  273,589           ※2 , ※8  483,561
        社債
                                   ※2 , ※8  1,456,688           ※2 , ※8  1,418,288
        長期借入金
                                      ※6  50,489            ※6  29,349
        債権流動化に伴う長期支払債務
                                      ※2  58,783
        リース債務                                               40,814
        繰延税金負債                                50,348              39,258
        役員退職慰労引当金                                  452              452
        退職給付に係る負債                                 7,678              7,306
                                      ※2  99,194            ※2  108,435
        預り保証金
        資産除去債務                                 2,648              1,441
                                        90,569              103,969
        その他
        固定負債合計                               2,090,443              2,232,878
      負債合計                                4,836,063              5,078,657
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                15,000              15,000
        資本剰余金                                421,017              419,255
        利益剰余金                                263,301              322,858
                                       △ 20,000             △ 168,639
        自己株式
        株主資本合計                                679,318              588,474
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                24,435              22,187
        繰延ヘッジ損益                                △ 2,377             △ 14,340
        為替換算調整勘定                                14,570              19,789
                                        △ 1,878             △ 2,260
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                34,750              25,376
      非支配株主持分                                 110,533              120,190
      純資産合計                                 824,602              734,041
     負債純資産合計                                  5,660,666              5,812,698
                                  42/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     売上高                                  1,622,823              1,502,378
                                     ※2  1,437,305            ※2  1,316,886
     売上原価
     売上総利益                                   185,517              185,492
                                      ※1  88,438            ※1  94,559
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   97,079              90,932
     営業外収益
      受取利息                                    40              130
      受取配当金                                  1,103              1,171
      持分法による投資利益                                  1,821              2,000
      為替差益                                    0              -
                                          584              660
      その他
      営業外収益合計                                  3,550              3,962
     営業外費用
      支払利息                                  1,980              2,611
      金利スワップ解約損                                    -            2,674
      社債発行費償却                                   198             1,823
      為替差損                                    -              7
      債権売却損                                    98              137
      匿名組合損益分配額                                   605               -
                                          110               47
      その他
      営業外費用合計                                  2,993              7,301
     経常利益                                   97,636              87,593
     特別利益
      投資有価証券売却益                                    82             2,934
      関係会社株式売却益                                   408             1,775
      在外子会社清算に伴う為替換算調整勘定取崩益                                    -            1,092
                                           7              58
      その他
      特別利益合計                                   498             5,861
     特別損失
                                       ※2  5,093
      減損損失                                                   -
                                        ※3  28            ※3  55
      社用資産除売却損
      投資有価証券評価損                                    -              94
      その他                                    53              11
      特別損失合計                                  5,175               161
     税金等調整前当期純利益                                   92,959              93,293
     法人税、住民税及び事業税
                                        23,987              13,927
                                         1,286             △ 14,572
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   25,274               △ 644
     当期純利益                                   67,685              93,938
     非支配株主に帰属する当期純利益                                   13,131              13,927
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   54,553              80,010
                                  43/119





                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     当期純利益                                   67,685              93,938
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  5,833             △ 2,158
      繰延ヘッジ損益                                  2,273             △ 16,505
      為替換算調整勘定                                 △ 7,925              8,093
      退職給付に係る調整額                                  △ 552             △ 313
                                         △ 164             △ 235
      持分法適用会社に対する持分相当額
                                       ※1  △  536          ※1  △  11,119
      その他の包括利益合計
     包括利益                                   67,149              82,818
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                  58,049              70,636
      非支配株主に係る包括利益                                  9,099              12,182
                                  44/119















                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      ③【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自         2017年4月1日        至  2018年3月31日)
                                      (単位:百万円)
                             株主資本
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
     当期首残高              15,000      421,017      230,329      △ 20,000      646,346
     当期変動額
     剰余金の配当                        △ 20,165            △ 20,165
     親会社株主に帰属する
                               54,553            54,553
     当期純利益
     連結範囲の変動                         △ 1,415            △ 1,415
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―      ―    32,972        ―    32,972
     当期末残高              15,000      421,017      263,301      △ 20,000      679,318
                          その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分       純資産合計
               その他有価証券              為替換算     退職給付に係る       その他の包括
                     繰延ヘッジ損益
                評価差額金             調整勘定      調整累計額     利益累計額合計
     当期首残高              18,852      △ 4,161      17,936      △ 1,373      31,254      101,718      779,319
     当期変動額
     剰余金の配当                                                 △ 20,165
     親会社株主に帰属する
                                                       54,553
     当期純利益
     連結範囲の変動                                                  △ 1,415
     株主資本以外の項目の
                   5,582      1,784     △ 3,365      △ 504     3,496      8,814      12,311
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計              5,582      1,784     △ 3,365      △ 504     3,496      8,814      45,283
     当期末残高              24,435      △ 2,377      14,570      △ 1,878      34,750      110,533      824,602
                                  45/119











                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自         2018年4月1日        至  2019年3月31日)
                                      (単位:百万円)
                             株主資本
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
     当期首残高              15,000      421,017      263,301      △ 20,000      679,318
     会計方針の変更による
                               △ 505            △ 505
     累積的影響額
     会計方針の変更を反映し
                  15,000      421,017      262,796      △ 20,000      678,813
     た当期首残高
     当期変動額
     剰余金の配当                        △ 19,703            △ 19,703
     親会社株主に帰属する
                               80,010            80,010
     当期純利益
     自己株式の取得                              △ 176,284     △ 176,284
     自己株式の処分                   1,355            27,644      29,000
     非支配株主との取引に
                        △ 3,116                  △ 3,116
     係る親会社の持分変動
     連結範囲の変動                          △ 244            △ 244
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―    △ 1,761      60,062     △ 148,639      △ 90,338
     当期末残高              15,000      419,255      322,858     △ 168,639      588,474
                          その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分       純資産合計
               その他有価証券              為替換算     退職給付に係る       その他の包括
                     繰延ヘッジ損益
                評価差額金             調整勘定      調整累計額     利益累計額合計
     当期首残高              24,435      △ 2,377      14,570      △ 1,878      34,750      110,533      824,602
     会計方針の変更による
                                                  △ 87     △ 592
     累積的影響額
     会計方針の変更を反映し
                  24,435      △ 2,377      14,570      △ 1,878      34,750      110,446      824,010
     た当期首残高
     当期変動額
     剰余金の配当                                                 △ 19,703
     親会社株主に帰属する
                                                       80,010
     当期純利益
     自己株式の取得                                                 △ 176,284
     自己株式の処分                                                  29,000
     非支配株主との取引に
                                                       △ 3,116
     係る親会社の持分変動
     連結範囲の変動                                                  △ 244
     株主資本以外の項目の
                  △ 2,247     △ 11,963       5,218      △ 382    △ 9,374      9,743       369
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 2,247     △ 11,963       5,218      △ 382    △ 9,374      9,743     △ 89,969
     当期末残高              22,187     △ 14,340      19,789      △ 2,260      25,376      120,190      734,041
                                  46/119







                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                  92,959              93,293
      減価償却費及びその他の償却費                                 100,202               97,448
      減損損失                                  8,180              5,386
      のれん償却額                                  9,376              9,133
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 764            △ 1,467
                                        ※2  879           ※2   △  139
      その他の引当金の増減額(△は減少)
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   199              345
      社用資産処分損益(△は益)                                    21               6
      投資有価証券評価損益(△は益)                                    -              94
      ゴルフ会員権評価損                                    1              11
      在外子会社清算に伴う為替換算調整勘定取崩益                                    -           △ 1,092
      受取利息及び受取配当金                                 △ 1,143             △ 1,301
      資金原価及び支払利息                                  51,841              59,263
      社債発行費償却                                   198             1,823
      持分法による投資損益(△は益)                                 △ 1,821             △ 2,000
      賃貸資産処分損益(△は益)                                 △ 12,378              △ 8,495
      投資有価証券売却損益(△は益)                                   △ 30            △ 2,934
      関係会社株式売却損益(△は益)                                  △ 408            △ 1,775
      延払債権の増減額(△は増加)                                  8,580             △ 20,242
      リース債権及びリース投資資産の増減額(△は
                                        44,694             △ 76,971
      増加)
      営業貸付債権の増減額(△は増加)                                 △ 12,361             △ 27,436
      その他の営業資産の増減額(△は増加)                                  3,536             △ 5,021
      固定化営業債権の増減額(△は増加)                                 △ 1,377               308
      賃貸資産の取得による支出                                △ 380,132             △ 459,066
      賃貸資産の売却による収入                                 313,977              200,418
      賃貸資産前渡金の増減額(△は増加)                                △ 150,157             △ 100,138
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 2,201              6,896
                                       △ 48,327             △ 28,074
      その他
      小計                                  23,544             △ 261,729
      利息及び配当金の受取額
                                         1,361              1,619
      利息の支払額                                 △ 51,424             △ 56,223
                                       △ 19,514             △ 26,686
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 46,033             △ 343,019
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      社用資産の取得による支出                                 △ 4,841             △ 6,660
      社用資産の売却による収入                                   241              616
      投資有価証券の取得による支出                                  △ 712            △ 36,136
      投資有価証券の売却及び償還による収入                                  3,199              4,688
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                      ※3  △  3,054
                                                         -
      る支出
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                                    ※4  25,673
                                           -
      る収入
      子会社の清算による支出                                    -           △ 1,512
                                         1,777             △ 2,358
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 3,388             △ 15,689
                                  47/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 180,339              334,229
      コマーシャル・ペーパーの純増減額(△は減
                                        185,500              △ 41,000
      少)
      長期借入れによる収入                                 438,664              804,445
      長期借入金の返済による支出                                △ 437,429             △ 751,995
      債権流動化による収入                                  54,101              54,872
      債権流動化の返済による支出                                 △ 44,454             △ 66,723
      社債の発行による収入                                 177,592              292,825
      社債の償還による支出                                 △ 94,409             △ 82,547
      リース債務の返済による支出                                 △ 10,978             △ 21,180
      担保提供預金の増減額(△は増加)                                    -           △ 17,427
      配当金の支払額                                 △ 20,165             △ 19,703
      非支配株主からの払込みによる収入                                    -            31,754
      非支配株主への配当金の支払額                                  △ 284            △ 1,605
      非支配株主への払戻による支出                                    -           △ 31,628
      自己株式の取得による支出                                    -          △ 176,284
      自己株式の売却による収入                                    -            29,000
                                           -           △ 2,674
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  67,796              334,357
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △ 1,657              △ 279
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   16,716             △ 24,631
     現金及び現金同等物の期首残高
                                        109,662              135,181
     連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減
                                         8,802             △ 2,129
     額(△は減少)
                                      ※1  135,181            ※1  108,420
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  48/119











                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1   連結の範囲に関する事項
     (1)   連結子会社の数         62 社
        主要な連結子会社名は、「第1企業の概況                      4   関係会社の状況」に記載しているため省略いたしました。
        当連結会計年度において、匿名組合出資を引き受けたことにより、木曽岬エムジーソーラー合同会社を営業者と
       する匿名組合を連結子会社に含めております。
        当連結会計年度に設立したこと等によりSMFLみらいパートナーズ㈱ほか7社を連結子会社に含めておりま
       す。
        当連結会計年度において、株式を譲渡したことによりエムジーリース㈱及びその子会社等12社ならびにSMAS
       フリート㈱ほか2社を連結子会社から除外しております。
        SMBC    Aviation     Capital    Aircraft     Holdings     B.V.ほか24社は、会社を清算したこと等により、当連結会計年度よ
       り連結子会社から除外しております。
        SMFLキャピタル㈱は、2019年1月1日付で当社と合併したため、連結子会社から除外しております。
        また、匿名組合契約方式による賃貸事業を行う営業者であり、その資産及び損益は実質的には当該子会社に帰属
       しない匿名組合事業を、当連結会計年度において開始したアマドールリーシング㈲ほか13社について連結財務諸表
       等規則第5条第1項第2号により非連結子会社としたことに加え、当連結会計年度において実施された、当社の親会
       社であった㈱三井住友フィナンシャルグループと住友商事㈱が共同して運営するリース共同事業に関する再編に際
       し、当社の親会社が異動したことに伴い、当社が連結範囲について連結財務諸表に及ぼす影響を勘案し見直しを
       行った結果、アービスコリーシング㈲ほか64社を連結の範囲から除外しております。
     (2)   主要な非連結子会社の名称等
       主要な非連結子会社
       アイフェルリーシング㈲
       (連結の範囲から除いた理由)
        非連結子会社アイフェルリーシング㈲ほか149社は、匿名組合契約方式による賃貸事業を行う営業者であり、そ
       の資産及び損益は実質的に当該子会社に帰属しないものであるため、連結財務諸表規則第5条第1項第2号により連
       結の範囲から除外しております。
        非連結子会社アービスコリーシング㈲ほか84社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益
       (持分に見合う額)及び利益剰余金等(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしてい
       ないため、連結の範囲から除外しております。
    2   持分法の適用に関する事項

     (1)   持分法適用の関連会社数             6 社
       持分法適用の関連会社の名称
       住友三井オートサービス㈱
       NECキャピタルソリューション㈱
       ㈱福銀リース
       清水リース&カード㈱
       その他2社
        当連結会計年度において、住友三井オートサービス㈱の株式を取得したことにより、持分法適用の関連会社に含
       めております。
        当連結会計年度において、エムジーリース㈱の株式を譲渡したことにより、議決権の所有割合が低下したため、
       木曽岬エムジーソーラー合同会社を営業者とする匿名組合ほか1社は連結の範囲から除外し、持分法適用の関連会
       社に含めております。また、TDBLeasing                   LLCほか1社は持分法の適用範囲から除外しております。
                                  49/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     (2)  非連結子会社アイフェルリーシング㈲ほか149社は、匿名組合契約方式による賃貸事業を行う営業者であり、その
       資産及び損益は実質的に当該子会社に帰属しないものであるため、連結財務諸表規則第10条第1項第2号により持分
       法の適用範囲から除外しております。
        また、非連結子会社アービスコリーシング㈲ほか84社および関連会社Bangkok                                     SMBC   Consulting      Co.,   Ltd.は、
       当期純損益(持分に見合う額)、利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表
       に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
    3   連結子会社の事業年度等に関する事項

      連結子会社の決算日は、Sumitomo                 Mitsui    Finance    and  Leasing    (China)    Co.,   Ltd.ほか31社は12月末日、アビエー
     ション    マネジメント㈱ほか1社は2月末日でありますが、連結決算日との差異が3ヶ月以内であるため、当該会社の事業
     年度の財務諸表を使用しております。
      ただし、連結決算日との間に生じた重要な取引については連結上必要な調整を行っております。
      また、Vivamex       PDP  Airfinance      Limitedについては、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用して
     おります。
    4   会計方針に関する事項

     (1)   重要な資産の評価基準及び評価方法
      ①有価証券
       その他有価証券
        時価のあるもの
        ☠☠♨⩟༰欰搰䐰昰漰Ŭ穻靧ὧ⭥䴀㄰࠰湞ɘ㑏ꅨ㰰湞獗䝻䤰歗侮攰佦䉏ꅬ픰İ崰豎ᘰ欰搰䐰昰漰Ŭ穻靧
           末日の市場価格等に基づく時価法
          (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定しております。)
        時価を把握することが極めて困難と認められるもの
        ………移動平均法による原価法、又は償却原価法
           なお、投資事業有限責任組合及びそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券
           とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基
           礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。 
      ②デリバティブ
        ………時価法
      ③たな卸資産
        通常の販売目的で保有するたな卸資産
        ………個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法により算定)
     (2)   重要な減価償却資産の減価償却の方法
      ①有形固定資産(リース賃借資産を除く)
      (ア)賃貸資産
        主にリース期間または資産の見積耐用年数を償却年数とし、期間満了時の処分見積価額を残存価額とする定額法
       を採用しております。
      (イ)社用資産
        当社及び国内連結子会社は、定率法(ただし、建物並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物
       については定額法)を採用しております。
        また、在外連結子会社は主に定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        建物              ……3年~50年
        器具備品  ……3年~20年
      ②無形固定資産(のれん及びリース賃借資産を除く)
        当社及び連結子会社は、定額法を採用しております。
        なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(主に5年)に基づく定額法を採用してお
       ります。
                                  50/119


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      ③リース賃借資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース賃借資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     (3)   重要な引当金の計上基準
      ①貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
       いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        なお、破産更生債権等については、債権額から回収が可能と認められる額を控除した残額を取立不能見込額とし
       て債権額から直接減額しており、その金額は36,669百万円(前連結会計年度末は35,711百万円)であります。
      ②賃貸資産処分損引当金
        リース期間満了時の賃貸資産処分による損失に備えるため、個別に処分損失を見積り、損失見込額を計上してお
       ります。
      ③賞与引当金
        従業員の賞与の支出に備えるため、翌連結会計年度の支給見込額のうち、当連結会計年度に負担すべき金額を計
       上しております。
      ④役員賞与引当金
        役員(執行役員を含む)の賞与の支出に備えるため、当連結会計年度に係る支給見込額に基づき計上しておりま
       す。
      ⑤役員退職慰労引当金
        役員(執行役員を含む)の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく当連結会計年度末要支給額を計上してお
       ります。
     (4)   退職給付に係る会計処理の方法
      ①退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給
       付算定式基準によっております。
      ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
        過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主に10年)による定額法に
       より費用処理しております。
        数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
       (主に10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度より費用処理しております。
     (5)   重要な収益及び費用の計上基準
      ①ファイナンス・リース取引に係る売上高及び売上原価の計上基準
        リース料を収受すべき時に売上高と売上原価を計上する方法によっております。
      ②オペレーティング・リース取引に係る売上高の計上基準
        リース契約期間に基づくリース契約上の収受すべき月当たりのリース料を基準として、その経過期間に対応する
       リース料を計上しております。
     (6)   重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
       す。
        なお、在外子会社等の資産及び負債、収益及び費用は、連結決算日等の直物為替相場により円貨に換算し、換算
       差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めております。
                                  51/119





                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     (7)   重要なヘッジ会計の方法
      ①ヘッジ会計の方法
        繰延ヘッジ処理または時価ヘッジ処理等によっております。また、振当処理の要件を満たす為替予約等について
       は振当処理を、特例処理の要件を満たす金利スワップについては特例処理を行うこととしております。
      ②ヘッジ手段とヘッジ対象
       ヘッジ手段
       ………外貨建借入金、為替予約取引、通貨スワップ取引及び金利スワップ取引等
       ヘッジ対象
       ………外貨建子会社株式、外貨建その他有価証券、予定取引及び借入金等
      ③ヘッジ方針及びヘッジ有効性評価の方法
        当社グループは事業活動に伴って発生する為替・金利の変動リスクをヘッジし、資産・負債・損益を総合的に管
       理する目的でデリバティブ取引等を利用しております。
        金利スワップ取引等をヘッジ手段、借入金をヘッジ対象とする包括ヘッジについては、ヘッジ開始時点から連結
       決算日までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段のキャッシュ・フロー変動の累計を比較し、ヘッジの有効性
       を評価しております。
        また、外貨建その他有価証券の時価ヘッジについては、事前にヘッジ対象となる外貨建有価証券を特定し、ヘッ
       ジ手段である外貨建借入金との為替相場変動額の比率を比較し、ヘッジの有効性を評価しております。
     (8)   のれんの償却方法及び償却期間
        のれんは、投資効果の発現する期間を勘案の上、20年以内の均等償却としております。ただし、その金額に重要
       性がない場合には発生年度に全額を償却しております。
     (9)   連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び
       容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の
       到来する短期投資からなっております。
     (10)   その他連結財務諸表作成のための重要な事項
      ①消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
      ②支払利息の取得原価への算入
        大型不動産開発事業に係る正常な開発期間中の支払利息は、取得原価に算入しております。
                                  52/119










                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (会計方針の変更)
      (「金融商品」(IFRS第9号)の適用)
       在外連結子会社において、当連結会計年度の期首から「金融商品」(IFRS第9号)を適用しております。当該基準
      では、金融商品の分類及び測定、減損並びにヘッジ会計について新たな要求事項が導入されております。
       また、当該基準の適用にあたっては、経過措置として認められている、当該基準の適用による累積的影響額を適
      用開始日に認識する方法を採用しております。
       この結果、当連結会計年度の期首の貸倒引当金が770百万円、繰延税金資産が178百万円それぞれ増加し、非支配
      株主持分が87百万円、利益剰余金が505百万円それぞれ減少しております。
       なお、当連結会計年度の損益及び1株当たり情報に与える影響は軽微であります。
      (未適用の会計基準等)

       当社及び国内連結子会社
        ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2018年3月30日)
        ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                    2018年3月30日)
        (1)  概要
          収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行義務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
           ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。 
           ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
        (2)  適用予定日
          2022年3月期の期首より適用予定であります。
        (3)   当該会計基準等の適用による影響
          「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
         であります。
       在外連結子会社

        ・「リース」(IFRS第16号)
        (1)  概要
          本会計基準は、借手に原則として全てのリースを貸借対照表に資産及び負債として計上することを要求す
         るものであります。貸手の会計処理に重要な変更はありません。
        (2)  適用予定日
          2020年3月期の期首より適用予定であります。
        (3)   当該会計基準等の適用による影響
          「リース」(IFRS第16号)の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中でありま
         す。
                                  53/119







                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (表示方法の変更)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                 2018年2月16日)等を当連結会計年度の期
      首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示し
      ております。
       この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」2,412百万円を「投資そ
      の他の資産」の「繰延税金資産」に、「流動負債」の「その他の流動負債」940百万円を「固定負債」の「繰延税金
      負債」に含めて表示し、同一の納税主体の「繰延税金資産」および「繰延税金負債」を2,324百万円相殺しておりま
      す。そのため、前連結会計年度の「総資産」が、2,324百万円減少し、5,660,666百万円となっております。
       また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係る会計
      基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加しております。ただ
      し、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な取り扱
      いに従って記載しておりません。
      (追加情報)

       当社及び一部の国内連結子会社は、2019年度より連結納税制度を適用することについて国税庁長官の承認を受け
      たため、当連結会計年度より「連結納税制度を適用する場合の税効果会計に関する当面の取扱い(その1)」(実務
      対応報告第5号        2015年1月16日)及び「連結納税制度を適用する場合の税効果会計に関する当面の取扱い(その
      2)」(実務対応報告第7号             2015年1月16日)に基づき、連結納税制度の適用を前提とした会計処理を行っておりま
      す。
      (連結貸借対照表関係)

     ※1    有形固定資産減価償却累計額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        賃貸資産                       401,197    百万円             343,096    百万円
        社用資産                        5,243   百万円              5,471   百万円
        減価償却累計額には、減損損失累計額が含まれております。
     ※2    担保に供している資産及び対応する債務

       (1)  担保に供している資産
                                              当連結会計年度
                             前連結会計年度
                             (2018年3月31日)
                                              (2019年3月31日)
                                                17,437百万円
        現金及び預金                        1,922百万円
                                                25,890百万円
        リース債権及びリース投資資産                        29,664百万円
                                                 2,409百万円
        営業貸付債権                         194百万円
        その他(流動資産)                         262百万円                 153百万円
        賃貸資産                        10,293百万円                 2,755百万円
        賃貸資産前渡金                        75,142百万円                 89,406百万円
        投資有価証券                         595百万円                1,647百万円
        その他(投資その他の資産)                         173百万円                  ―百万円
        オペレーティング・リース契約債権                         478百万円                  ―百万円
               合計                118,728百万円                 139,699百万円
       (2)  担保提供資産に対応する債務

                                              当連結会計年度
                             前連結会計年度
                             (2018年3月31日)
                                              (2019年3月31日)
        長期借入金(1年内返済予定を含む)                        41,176百万円                 49,664百万円
        リース債務(1年内返済予定を含む)                        11,816百万円                   ―百万円
        その他(流動負債)                          62百万円                 83百万円
        社債                        50,730百万円                 50,730百万円
                                                 1,566百万円
        預り保証金                         633百万円
               合計                104,419百万円                 102,044    百万円
                                  54/119


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     ※3    非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                                              当連結会計年度
                             前連結会計年度
                             (2018年3月31日)
                                              (2019年3月31日)
        投資有価証券                        23,644百万円                 60,854百万円
     4   偶発債務

       (1)  営業上の債務保証等(保証予約を含む)
              前連結会計年度                     当連結会計年度
              (2018年3月31日)                     (2019年3月31日)
                                  (11,045件)       43,536百万円
             (11,527件) 53,985百万円
        なお、上記のうち350百万円につきま                      なお、上記のうち100百万円につきま
       しては、再保証等を取得しております。                     しては、再保証等を取得しております。
       (2)  関係会社向けの債務保証

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        TDB  Leasing    LLC
                                2,390百万円                   ―百万円
       (3)  従業員向けの債務保証(住宅資金等)

              前連結会計年度                     当連結会計年度
              (2018年3月31日)                     (2019年3月31日)
                     30百万円                     20百万円
     ※5    固定化営業債権

        固定化営業債権は、財務諸表等規則第32条第1項第10号の債権等であります。
     ※6    債権流動化に伴う支払債務及び債権流動化に伴う長期支払債務

        債権流動化に伴う支払債務は、リース料債権等を流動化したことに伴い発生した債務であります。
     7   貸出コミットメント

       (1)  貸手側
         貸出コミットメントに係る貸出未実行残高等は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        貸出コミットメントの総額                        58,047百万円                 67,972百万円
        貸出実行残高                        32,437百万円                 36,944百万円
        差引額                        25,609百万円                 31,028百万円
         なお、上記貸出コミットメント契約においては、借入人の資金用途、信用状態等に関する審査を貸出の条件
        としているものが含まれているため、必ずしも全額が貸出実行されるものではありません。
       (2)  借手側

         運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行21行(前連結会計年度は22行)と貸出コミットメント契約を
        締結しております。これらの契約に基づく借入未実行残高等は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        貸出コミットメントの総額                       389,052百万円                 393,431百万円
        借入実行残高                       135,333百万円                 68,882百万円
        差引額                       253,719百万円                 324,549百万円
                                  55/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     ※8    ノンリコース債務
       (1)  連結した特別目的会社のノンリコース債務は次のとおりであります。
                                              当連結会計年度
                             前連結会計年度
                             (2018年3月31日)
                                              (2019年3月31日)
        社債                        50,730百万円                 50,730百万円
        長期借入金                        4,700百万円                 4,700百万円
       (2)  当該ノンリコース債務に対応する資産は、次のとおりであります。

                                              当連結会計年度
                             前連結会計年度
                             (2018年3月31日)
                                              (2019年3月31日)
        現金及び預金                        2,751百万円                 1,887百万円
        その他(流動資産)                          9百万円                 8百万円
        賃貸資産前渡金                        75,142百万円                 76,083百万円
        その他(投資その他の資産)                         684百万円                 590百万円
        なお、上記には、「2            担保に供している資産及び対応する債務」に記載の金額の一部が含まれております。
     ※9    圧縮記帳額

        有形固定資産(賃貸資産)の取得価額から国庫補助金等により控除している圧縮記帳額は次のとおりでありま
       す。
              前連結会計年度                     当連結会計年度
              (2018年3月31日)                     (2019年3月31日)
                     363百万円                      163百万円
     ※10    満期手形

        期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
        なお、期末日は金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれており、その内訳は次
       の通りであります。
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                               (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
        その他(流動資産)                          173百万円                20百万円
        リース・延払契約等に基づく預り手形                         3,902百万円               3,152百万円
        支払手形                          752百万円              2,068百万円
                                  56/119










                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年4月     1日         (自    2018年4月     1日
                            至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        従業員給与及び賞与                       36,266   百万円              36,538   百万円
        貸倒引当金繰入額及び貸倒損失                       3,464   百万円              6,268   百万円
        のれん償却額                       9,376   百万円              9,133   百万円
        賞与引当金繰入額                       2,768   百万円              2,523   百万円
                                                 205
        役員賞与引当金繰入額                        208  百万円                 百万円
        退職給付費用                       2,153   百万円              2,465   百万円
        役員退職慰労引当金繰入額                        161  百万円               132  百万円
     ※2  減損損失

        当社グループは主に以下の資産について減損損失を計上いたしました。
      前連結会計年度(自            2017年4月1日        至   2018年3月31日)
                                          減損損失
              用途               種類
                                          (百万円)
           賃貸資産(注1)              輸送用機器(航空機)                      3,058
       SMFLキャピタル株式会社の
                            のれん等                   5,093
         オートリース事業(注2)
       (注1)賃貸資産
         当社の一部の連結子会社は、主に今後生ずると見込まれる将来キャッシュ・フローが減少したことにより収
        益性が低下した賃貸資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として売上原価に計上
        しました。
         なお、当該資産の回収可能価額は、使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを主に6%で割り
        引いて算定しております。
       (注2)SMFLキャピタル株式会社のオートリース事業
         SMFLキャピタル株式会社に係るのれん及び無形固定資産は、内部管理上の事業に基づいて区分した資産
        と一体でグルーピングを行っております。
         当社グループは、2019年1月1日に実行予定であったオートリース事業再編を踏まえて、当該事業に帰属する
        資産グループの評価を見直した結果、回収可能価額の低下が認められることから、のれんの未償却残高全額及
        び無形固定資産の一部を減損損失として特別損失に計上しております。
         なお、回収可能価額は正味売却価額としており、正味売却価額は第三者により合理的に算定された評価額を
        基にして評価しております。 
      当連結会計年度(自            2018年4月1日        至   2019年3月31日)

                                          減損損失
              用途               種類
                                          (百万円)
             賃貸資産            輸送用機器(航空機)                      4,320
             賃貸資産             輸送用機器(船舶)                      1,041
         当社の一部の連結子会社は、主に今後生ずると見込まれる将来キャッシュ・フローが減少したことにより収
        益性が低下した賃貸資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として売上原価に計上
        しました。
         なお、当該資産の回収可能価額は、使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを主に6%で割り
        引いて算定しております。
                                  57/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     ※3    社用資産除売却損の内訳は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年4月     1日         (自    2018年4月     1日
                            至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        建物                         12百万円                 37百万円
        器具備品                         15百万円                 16百万円
        ソフトウエア                         1百万円                 0百万円
        その他                         0百万円                 2百万円
        合計                         28百万円                 55百万円
      (連結包括利益計算書関係)

     ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年4月     1日         (自    2018年4月     1日
                            至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
       その他有価証券評価差額金
        当期発生額
                               8,415百万円                △1,980百万円
        組替調整額                        △5百万円               △1,137百万円
         税効果調整前
                               8,409百万円                △3,118百万円
         税効果額                     △2,576百万円                   959百万円
         その他有価証券評価差額金
                               5,833百万円                △2,158百万円
       繰延ヘッジ損益
        当期発生額
                               △359百万円               △21,812百万円
        組替調整額
                               3,301百万円                 2,471百万円
         税効果調整前
                               2,941百万円               △19,340百万円
         税効果額                      △668百万円                 2,835百万円
         繰延ヘッジ損益
                               2,273百万円               △16,505百万円
       為替換算調整勘定
        当期発生額
                              △7,922百万円                  9,149百万円
        組替調整額                        △3百万円               △1,055百万円
         為替換算調整勘定
                              △7,925百万円                  8,093百万円
       退職給付に係る調整額
        当期発生額
                               △953百万円                 △895百万円
        組替調整額                        292百万円                 335百万円
         税効果調整前
                               △660百万円                 △559百万円
         税効果額                       107百万円                 246百万円
         退職給付に係る調整額
                               △552百万円                 △313百万円
       持分法適用会社に対する持分相当額
        当期発生額
                                232百万円                △175百万円
        組替調整額
                               △397百万円                 △60百万円
         持分法適用会社に対する
                               △164百万円                 △235百万円
         持分相当額
              その他の包括利益合計                  △536百万円               △11,119百万円
                                  58/119






                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自           2017年4月1日        至   2018年3月31日)
     1   発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
               当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                   株式数          増加株式数           減少株式数            株式数
                   (千株)           (千株)           (千株)           (千株)
     発行済株式
       普通株式                 95,314             ―           ―        95,314
        合計             95,314             ―           ―        95,314
     自己株式
       普通株式                  2,810             ―           ―         2,810
        合計              2,810             ―           ―         2,810
     2  新株予約権等に関する事項

        該当事項はありません。
     3   配当に関する事項

        (1)配当金支払額
                               1株当たり
       (決議)        株式の種類        配当金の総額                  基準日         効力発生日
                                配当額
     2017年6月27日
                普通株式       20,165百万円           218円     2017年3月31日          2017年6月28日
     定時株主総会
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                  1株当たり
       (決議)       株式の種類      配当金の総額       配当の原資               基準日        効力発生日
                                  配当額
     2018年6月27日
              普通株式      19,703百万円       利益剰余金         213円     2018年3月31日         2018年6月28日
     定時株主総会
     当連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日)

     1   発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
               当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                   株式数          増加株式数           減少株式数            株式数
                   (千株)           (千株)           (千株)           (千株)
     発行済株式
       普通株式                 95,314             ―           ―        95,314
        合計             95,314             ―           ―        95,314
     自己株式
       普通株式                  2,810          18,500           3,001          18,309
        合計              2,810          18,500           3,001          18,309
    (注)1   普通株式の自己株式の株式数の増加18,500千株は、2018年11月27日付の株主総会決議に基づく取得により増加し
       たものであります。
      2 普通株式の自己株式の株式数の減少3,001千株は、2018年12月27日付の株主総会決議に基づく処分により減少した
       ものであります。
     2  新株予約権等に関する事項

        該当事項はありません。
                                  59/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     3   配当に関する事項
        (1)配当金支払額
                               1株当たり
       (決議)        株式の種類        配当金の総額                  基準日         効力発生日
                                配当額
     2018年6月27日
                普通株式       19,703百万円           213円     2018年3月31日          2018年6月28日
     定時株主総会
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                  1株当たり
      (決議予定)        株式の種類      配当金の総額       配当の原資               基準日        効力発生日
                                  配当額
     2019年6月25日
              普通株式      20,175百万円       利益剰余金         262円     2019年3月31日         2019年6月26日
     定時株主総会
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1    現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                             前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自    2017年4月     1日         (自    2018年4月     1日
                            至   2018年3月31日)              至   2019年3月31日)
        現金及び預金勘定                      135,611百万円                 126,277百万円
        預入期間が3ヶ月を超える定期預金                        △430百万円                 △430百万円
        担保提供預金                         -百万円              △17,427百万円
        現金及び現金同等物                      135,181百万円                 108,420百万円
     ※2    賃貸資産処分損引当金、賞与引当金、役員賞与引当金及び役員退職慰労引当金の増減額であります。

     ※3 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

      前連結会計年度(自 2017年4月1日                至 2018年3月31日)
        株式の取得により新たにMarubeni                Aviation     Services     Ltd.(現MGL      Aviation     Services     Limited)を連結した
       ことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株式の取得価額と取得による支出との関係は次のとおりであ
       ります。
          流動資産                                  6,834百万円
          のれん                                    60百万円
          流動負債                                   △47百万円
                                            △3,776百万円
          固定負債
          株式の取得価額
                                             3,070百万円
                                             △16百万円
          現金及び現金同等物
          差引:連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出                                  3,054百万円
     ※4 株式の売却により連結子会社でなくなった会社の資産及び負債の主な内訳

      当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        株式の売却によりエムジーリース株式会社及びその子会社等12社ならびにSMASフリート株式会社ほか2社が
       連結子会社でなくなったことに伴う売却時の資産及び負債の内訳並びに株式の売却価額と売却による収入との関
       係は次のとおりであります。
          流動資産                                 183,137百万円
          固定資産                                 193,670百万円
          流動負債                                △242,913百万円
          固定負債                                 △97,340百万円
          為替換算調整勘定                                    35百万円
          非支配株主持分                                 △7,723百万円
                                             1,775百万円
          投資有価証券売却損益
          売却価額
                                            30,642百万円
                                            △4,968百万円
          現金及び現金同等物
          差引:連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入                                  25,673百万円
                                  60/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (リース取引関係)
                           前連結会計年度
                          (自    2017年4月     1日
                          至   2018年3月31日)
     借主側
     1  ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       (1)リース賃借資産の内容
        ①有形固定資産
          主として、営業用車両(車両運搬具)であります。
        ②無形固定資産
          ソフトウエアであります。
       (2)リース賃借資産の減価償却の方法
        連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償却資産の
       減価償却の方法」に記載のとおりであります。
     2  オペレーティング・リース取引
          オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
            1年以内         1年超         合計
           4,690百万円        9,712百万円         14,402百万円
     貸主側
     1  ファイナンス・リース取引
      (1) リース投資資産の内訳
          リース料債権部分               1,331,717百万円
          見積残存価額部分                63,970百万円
          受取利息相当額               △162,699百万円
          リース投資資産               1,232,988百万円
      (2) リース債権及びリース投資資産に係るリース料債権部分の連結会計年度末日後の回収予定額
                        1年超     2年超     3年超     4年超
                   1年以内                           5年超      合計
                        2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
          リース債権
                   298,546     214,052     162,332      92,995     55,477     171,240      994,646
          (百万円)
          リース投資資産
                   403,650     315,382     249,434     161,457      95,739     106,051    1,331,717
          (百万円)
      (3)  リース取引開始日が「リース取引に関する会計基準」等適用初年度開始前の所有権移転外ファイナンス・
       リース取引については、一部の連結子会社を除き、2008年3月31日における固定資産の適正な帳簿価額(減価
       償却累計額控除後)を2008年4月1日のリース投資資産の価額として計上し、会計基準等適用後の残存期間にお
       いて、利息相当額の総額をリース期間中の各期に定額で配分しております。
        このため、税金等調整前当期純利益は、リース取引開始日に遡及して通常の売買取引に係る方法に準じた
       会計処理を適用した場合に比べ、1,927百万円増加しております。
     2  オペレーティング・リース取引
          オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
            1年以内          1年超          合計
           204,484百万円         1,300,863百万円          1,505,347百万円
     3  転リース取引
        転リース取引に係る債権等及び債務のうち、利息相当額を控除する前の金額で連結貸借対照表に計上して
       いる額は次のとおりであります。
          リース債権及びリース投資資産                    12,624百万円
          リース債務                    12,634百万円
                                  61/119






                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
                           当連結会計年度

                          (自    2018年4月     1日
                          至   2019年3月31日)
     借主側
     1  ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       (1)リース賃借資産の内容
        ①有形固定資産
          主として、営業用車両(車両運搬具)であります。
        ②無形固定資産
          ソフトウエアであります。
       (2)リース賃借資産の減価償却の方法
        連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償却資産の
       減価償却の方法」に記載のとおりであります。
     2  オペレーティング・リース取引
          オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
            1年以内         1年超         合計
           3,994百万円        2,914百万円         6,909百万円
     貸主側
     1  ファイナンス・リース取引
      (1) リース投資資産の内訳
          リース料債権部分               1,278,651百万円
          見積残存価額部分                60,776百万円
          受取利息相当額               △151,029百万円
          リース投資資産               1,188,398百万円
      (2) リース債権及びリース投資資産に係るリース料債権部分の連結会計年度末日後の回収予定額
                        1年超     2年超     3年超     4年超
                   1年以内                           5年超      合計
                        2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
          リース債権
                   302,667     237,478     154,310     102,383      75,062     172,205    1,044,107
          (百万円)
          リース投資資産
                   377,097     312,081     226,029     158,612      97,932     106,897    1,278,651
          (百万円)
      (3)  リース取引開始日が「リース取引に関する会計基準」等適用初年度開始前の所有権移転外ファイナンス・
       リース取引については、一部の連結子会社を除き、2008年3月31日における固定資産の適正な帳簿価額(減価
       償却累計額控除後)を2008年4月1日のリース投資資産の価額として計上し、会計基準等適用後の残存期間にお
       いて、利息相当額の総額をリース期間中の各期に定額で配分しております。
        このため、税金等調整前当期純利益は、リース取引開始日に遡及して通常の売買取引に係る方法に準じた
       会計処理を適用した場合に比べ、1,744百万円増加しております。
     2  オペレーティング・リース取引
          オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
            1年以内          1年超          合計
           214,722百万円         1,537,446百万円          1,752,168百万円
     3  転リース取引
        転リース取引に係る債権等及び債務のうち、利息相当額を控除する前の金額で連結貸借対照表に計上して
       いる額は次のとおりであります。
          リース債権及びリース投資資産                    10,169百万円
          リース債務                    10,181百万円
                                  62/119






                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (金融商品関係)
      1  金融商品の状況に関する事項
       (1) 金融商品に対する取組方針
         当社グループは、リース、延払、営業貸付等の金融サービス事業を行っております。
         これらの事業を行うため、金融機関からの借入である間接金融並びにコマーシャル・ペーパーや社債発行等
        の直接金融によって資金調達を行っております。
         また、ALM(資産と負債を総合的に管理する手法)の運営により金利変動リスクや為替変動リスクを適切に
        管理しており、当社グループの事業における営業資産の取得及び資金調達から生じる金利・為替変動リスクに
        対するヘッジを目的としてデリバティブ取引を行っております。
       (2) 金融商品の内容及びそのリスク

         当社グループが保有するリース投資資産、リース債権、延払債権、営業貸付債権等の営業資産は、取引先の
        破綻等により回収不能となる信用リスクを有しております。また、有価証券及び投資有価証券は、株式、債
        券、出資金等であり、営業取引における政策目的並びに金融収益を得るために保有しており、市場価格の変動
        リスクや発行体や出資先の信用リスクを有しております。
         借入金、コマーシャル・ペーパー及び社債等の資金調達では、金融環境の急激な悪化や当社グループの信用
        力の低下により、通常よりも著しく高い金利での資金調達を余儀なくされる、または、十分な資金調達ができ
        なくなる流動性リスクを有しております。
         また、営業資産の多くは契約時点の金利水準をもとに回収金額が決まる固定金利の金融資産であり、これら
        の営業資産に対して固定金利と変動金利の資金調達を行うことにより資金原価を低減させ、利鞘収益の拡大を
        図っております。このため、金利水準が上昇した場合には資金原価が増加する金利変動リスクを有しておりま
        す。
         この金利変動リスクのヘッジ手段として、金利スワップ取引等のデリバティブ取引を行っております。ヘッ
        ジ対象である予定取引及び借入金等に関わる金利の変動リスクに対してヘッジ会計を適用しており、ヘッジ開
        始時から連結決算日までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段のキャッシュ・フロー変動の累計を比較
        し、ヘッジの有効性を評価しています。また、振当処理の要件を満たす為替予約等については振当処理を、特
        例処理の要件を満たす金利スワップについては特例処理を行うこととしております。
       (3) 金融商品に係るリスク管理体制

        ①   信用リスクの管理
          当社グループは、クレジットポリシーの総則において与信業務の普遍的かつ基本的な理念・指針・規範を
         定め、その運営基準において具体的な運営基準を定めております。
          管理体制としましては、信用リスクに関する業務をリスク管理部、審査各部及び債権業務部の各部が所管
         し、リスク管理部が信用リスク管理制度、与信リスク評価手法の企画立案及び信用リスクの計量化、リスク
         資本管理の統括を行っております。審査各部は所管する与信取引の審査、営業部店の監督・指導、保全対策
         立案及び実行管理等を行っております。債権業務部は問題債権の管理・問題債権の効率的な削減を図ってお
         ります。また、他の部門から独立した監査部が信用リスク管理の正確性、信用リスク評価基準・計量化モデ
         ルや信用リスク管理状況の適切性等の監査を行い、経営会議・取締役会に監査結果の報告を行っておりま
         す。
                                  63/119






                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
        ②   市場リスク・資金調達に係る流動性リスクの管理
         当社グループは、市場リスク・流動性リスク管理規程においてリスク管理の基本的枠組みを定め、市場リス
        ク・流動性リスク管理規則においてリスク管理に関する運営体制並びに管理の体系・手法・ルール等について
        定めております。
         管理体制としましてはリスク管理部が市場リスク・流動性リスクを統括的に管理し、リスク管理に係るリス
        クの限度額、ガイドライン等の設定及びモニタリングを行うとともに、定例的に市場リスク・流動性リスクの
        現況を経営会議に報告しております。
         a  金利リスクの管理

           金利変動リスクにつきましては、ALMにより固定金利ベースの資産・負債の状況を的確に把握し、金融
          環境や金利動向を注視しながら適宜ヘッジオペレーションを行い、金利変動に伴うリスク量を適切に管理し
          ております。
         b  為替リスクの管理

           為替リスクにつきましては、原則負わない方針としております。外貨建資産・負債の為替リスクに関して
          は個別の案件ごとにヘッジオペレーションを行うなど適切に管理しております。
         c  株価変動リスクの管理

           当社グループの株価変動リスクを有する株式は、営業取引における政策目的として保有するものでありま
          す。このため、価格変動によって機動的に売買及びリスクコントロールすることが困難であることから、上
          場株式についての評価損益を計測してモニタリングを実施しております。
         d  デリバティブ取引

           デリバティブ取引につきましては、デリバティブ取引細則、ヘッジ会計細則において取引の基本方針、決
          裁権限、報告等を定めております。取組については資金調達、資金運用及び営業資産の取得から生じる金
          利・為替変動リスクに対するヘッジを目的としております。取引の執行部門である財務部と検証部門である
          経理部が内部牽制機能を確保し、適切な実行・管理を行っております。
         e  流動性リスクの管理

           流動性リスクにつきましては、的確な資金繰り並びに長期借入金や短期借入金のバランスに留意するなど
          適切なALM等の管理を行うことにより、資金の流動性確保を図っております。
         f 市場リスクに係る定量的情報

           当社グループにおいて、主要なリスク変数である金利リスクの影響を受ける主たる金融商品は、延払債
          権、リース債権及びリース投資資産、営業貸付債権等の営業資産のほか、社債、長期借入金、デリバティブ
          取引のうちの金利スワップ取引等の金融負債であります。同様に金利リスクの影響を受ける主たる非金融商
          品として、オペレーティング・リース取引に係る未経過リース料等があります。当社グループでは、これら
          の非金融商品を含む営業資産及び金融負債についてALMを行っており、定期的にBPV(ベーシス・ポイ
          ント・バリュー:金利が1bp(0.01%)変動した場合の金利関連ポジションの現在価値変化額(含み損益増減
          額))を算出し、あらかじめ設定した限度額と比較することで、極度管理を実施しております。金利以外のす
          べてのリスク変数が一定であると仮定し、2019年3月31日現在、円金利が1bp(0.01%)上昇したものと想定し
          た場合には、金利関連ポジション全体の現在価値額は454百万円(2018年3月31日現在は332百万円)減少し、
          1bp(0.01%)下落したものと想定した場合には454百万円(2018年3月31日現在は332百万円)増加するものと把
          握しております。当該影響額は、金利を除くリスク変数が一定の場合を前提としており、金利とその他のリ
          スク変数との相関を考慮しておりません。
                                  64/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
       (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
        まれております。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によっ
        た場合、当該価額が異なることもあります。
         また、注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデリバティブ取引に関する契約額等につきましては、そ
        の金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
      2  金融商品の時価等に関する事項

         連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
         なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)参
        照)。
        前連結会計年度(2018年3月31日)

                               連結貸借対照表
                                           時価         差額
                                 計上額
                                          (百万円)         (百万円)
                                 (百万円)
        (1)   現金及び預金                        135,611         135,611           -
        (2)   延払債権                        533,936
             延払未実現利益                        △23,721
                                   △1,833
             貸倒引当金(※1)
                                   508,382         518,249          9,867
        (3)   リース債権及びリース投資資産
                                  2,094,353
                                   △4,059
             貸倒引当金(※1)
                                  2,090,294         2,184,201          93,907
        (4)   営業貸付債権
                                   429,167
                                   △2,978
             貸倒引当金(※1)
                                   426,189         437,258         11,069
        (5)   有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券                         65,176         65,176           -
           関連会社株式                         21,165         11,304        △9,860
        (6)   固定化営業債権                         22,418
                                   △7,389
             貸倒引当金(※2)
                                    15,029         15,029           -
                  資産計                3,261,848         3,366,831          104,983
                                  65/119







                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
                               連結貸借対照表

                                           時価         差額
                                 計上額
                                          (百万円)         (百万円)
                                 (百万円)
        (1)   支払手形及び買掛金                         92,780         92,780           -
        (2)   短期借入金                        911,353         911,353           -
        (3)    コマーシャル・ペーパー                       1,110,900         1,110,900            -
        (4)   債権流動化に伴う支払債務                         9,411         9,411          -
        (5)   社債                        350,626         351,270           643
        (6)   長期借入金                       1,787,009         1,851,972          64,962
        (7)   債権流動化に伴う長期支払債務                         80,470         81,524         1,053
        (8)   リース債務                         82,302         83,158          855
        (9)   預り保証金                         99,194         94,902        △4,291
                  負債計                4,524,049         4,587,273          63,223
          デリバティブ取引(※3)
           ①  ヘッジ会計が適用されていないもの
                                     308         308         -
           ② ヘッジ会計が適用されているもの                         (5,068)         (5,068)           -
               デリバティブ取引計                     (4,760)         (4,760)           -
         (※1) 各金融商品に対応する一般貸倒引当金を控除しております。
         (※2) 固定化営業債権に対応する個別貸倒引当金を控除しております。
         (※3) デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる
            項目については、(  )で示しております。
        当連結会計年度(2019年3月31日)

                               連結貸借対照表
                                           時価         差額
                                 計上額
                                          (百万円)         (百万円)
                                 (百万円)
        (1)   現金及び預金                        126,277         126,277           -
        (2)   延払債権                        516,538
             延払未実現利益                        △25,884
                                   △1,232
             貸倒引当金(※1)
                                   489,420                  12,869
                                            502,289
        (3)   リース債権及びリース投資資産                       2,093,824
                                   △4,271
             貸倒引当金(※1)
                                  2,089,553         2,190,438          100,884
        (4)   営業貸付債権
                                   400,032
                                   △1,399
             貸倒引当金(※1)
                                   398,633         407,029          8,396
        (5)   有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券                         62,885         62,885           -
           関連会社株式                         22,268         9,500       △12,767
        (6)   固定化営業債権                         21,494
                                   △7,683
             貸倒引当金(※2)
                                    13,811         13,811           -
                  資産計                3,202,848         3,312,231          109,381
                                  66/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
                               連結貸借対照表

                                           時価         差額
                                 計上額
                                          (百万円)         (百万円)
                                 (百万円)
        (1)   支払手形及び買掛金                         93,404         93,404           -
        (2)   短期借入金                       1,060,316         1,060,316            -
                                           1,040,894
        (3)    コマーシャル・ペーパー                       1,040,900                    △5
        (4)   債権流動化に伴う支払債務                         14,412         14,412           -
        (5)   社債                        563,681         569,915          6,234
        (6)   長期借入金                       1,771,843         1,844,602          72,758
        (7)   債権流動化に伴う長期支払債務                         63,836         64,639          803
        (8)   リース債務                         59,913         60,222          308
        (9)   預り保証金                        108,435         105,529         △2,905
                  負債計                4,776,743         4,853,937          77,193
          デリバティブ取引(※3)
           ①  ヘッジ会計が適用されていないもの
                                     828         828         -
           ② ヘッジ会計が適用されているもの                        (22,978)         (22,978)           -
               デリバティブ取引計                     (22,150)         (22,150)           -
         (※1) 各金融商品に対応する一般貸倒引当金を控除しております。
         (※2) 固定化営業債権に対応する個別貸倒引当金を控除しております。
         (※3) デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる
            項目については、(  )で示しております。
         (注1) 金融商品の時価の算定方法

          資  産
           (1)現金及び預金
             これらの時価については、主に短期間で決済されるため時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該
            帳簿価額によっております。
           (2)延払債権及び(3)リース債権及びリース投資資産
             これらの時価については、取引相手先別の内部格付、内部格付に基づく予想デフォルト確率、担保及
            び保証等に基づくデフォルト時の予想回収不能率等を加味した見積将来キャッシュ・フローを市場金利
            等で割り引く方法により算出しております。
           (4)営業貸付債権
             営業貸付債権のうち、変動金利によるものの時価については、短期間で市場金利を反映するため、取
            引相手先の信用状態が実行後大きく異なっていない限り、時価は帳簿価額と近似していることから当該
            帳簿価額によっております。一方、固定金利によるものの時価については、取引相手先別の内部格付、
            内部格付に基づく予想デフォルト確率、担保及び保証等に基づくデフォルト時の予想回収不能率を加味
            した見積将来キャッシュ・フローを市場金利等で割り引く方法により算出しております。
                                  67/119






                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
           (5)有価証券及び投資有価証券
             これらのうち、市場価格のある株式の時価については、決算期末日前1ヶ月の取引所の価格の平均等
            に基づいて算定された金額によっております。市場価格のない有価証券のうち残存期間が6ヶ月以内の
            ものの時価については、短期であるため時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
            おります。また、残存期間が6ヶ月を超えるものの時価については、発行先別の内部格付、内部格付に
            基づく予想デフォルト確率、担保及び保証等に基づくデフォルト時の予想回収不能率を加味した見積将
            来キャッシュ・フローを市場金利等で割り引く方法により算出しております。
           (6)固定化営業債権
             固定化営業債権の時価については、担保及び保証による回収見込額等に基づいて貸倒見積高を算定し
            ているため、時価は決算期末日における連結貸借対照表価額から現在の貸倒見積高を控除した金額にほ
            ぼ等しいことから、当該価額によっております。
          負  債

           (1)支払手形及び買掛金
             これらの時価については、短期間で決済されるため時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿
            価額によっております。
           (2)短期借入金、(3)コマーシャル・ペーパー及び(4)債権流動化に伴う支払債務
             これらのうち、変動金利によるものの時価については、短期間で市場金利を反映し、また当社の信用
            状態は実行後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額にほぼ等しいと考えられるため、当該帳
            簿価額によっております。一方、固定金利によるもののうち残存期間が6ヶ月以内のものの時価につい
            ては、短期間で決済されるため時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
            す。また、残存期間が6ヶ月を超えるものの時価については、期限までの残存期間に応じ、新規に市場
            調達を行った場合に想定される利率で割り引く方法により算出しております。
           (5)社債、(6)長期借入金、(7)債権流動化に伴う長期支払債務、(8)リース債務及び(9)預り保証金
             これらのうち、市場価格のあるもの(国内公募社債)の時価については、市場価格によっておりま
            す。市場価格のないもののうち変動金利によるものの時価については、短期間で市場金利を反映し、ま
            た当社の信用状態は実行後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額にほぼ等しいと考えられる
            ため、当該帳簿価額によっております。一方、固定金利によるものの時価については、期限までの残存
            期間に応じ、新規に市場調達を行った場合に想定される利率で割り引く方法により算出しております。
            なお、為替予約等の振当処理及び金利スワップの特例処理の対象とされた社債及び長期借入金の時価に
            ついては、当該為替予約等の振当処理及び金利スワップの特例処理により一体として処理された元利金
            の合計額を、同様の社債発行及び借入を行った場合に想定される利率で割り引く方法により算出してお
            ります。
           デリバティブ取引

             デリバティブ取引の時価については、取引先金融機関から提示された価格等によっております。な
            お、為替予約等の振当処理及び金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている社債及
            び長期借入金と一体として処理されているため、その時価は、当該社債及び長期借入金の時価に含めて
            記載しております。
             また、デリバティブ取引に関する事項については、注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照くだ
            さい。
                                  68/119





                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
         (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額は次のとおりであ
             り、金融商品の時価情報には含まれておりません。
            「(5)有価証券及び投資有価証券」に含まれていないもの

                                                  (単位:百万円)
                   区分            2018年3月31日               2019年3月31日
             非上場株式(※1)                          8,413              45,703
             組合出資金(※2)                         31,201               32,340
             その他の出資金(※2)                          1,500               1,500
                   合計                   41,115               79,543
             (※1) 非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められること
                から、時価開示の対象とはしておりません。
             (※2) 組合出資金及びその他の出資金については、将来キャッシュ・フローが約定されておらず、時
                価を把握することが極めて困難と認められることから、時価開示の対象とはしておりません。
         (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(2018年3月31日)
                         6ヶ月超      1年超     2年超     3年超     4年超
                   6ヶ月以内                                 5年超
                         1年以内     2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                    (百万円)                                (百万円)
                         (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)
          預金          135,179       430      ―     ―     ―     ―     ―
          延払債権          148,564      90,442     120,409      81,130     49,151     26,358     17,879
          リース債権及び
          リース投資資産          322,609     292,216     466,341     367,134     224,161     131,122     206,077
          (※1)
          営業貸付債権          234,602      41,322     54,846     34,556     21,868     27,122     15,227
          有価証券及び
                     3,335      434    2,911      750    6,504     7,947     11,130
          投資有価証券(※2)
            その他有価証券
           のうち満期のあ
           るもの
              うち社債             835      ―    397      ―    983      ―     ―
                  その他           2,500      434    2,514      750    5,520     7,947     11,130
             合計       844,292     424,846     644,509     483,571     301,686     192,550     250,315
         (※1)   リース債権及びリース投資資産のうち、見積残存価額84,688百万円は含まれておりません。
         (※2)   有価証券及び投資有価証券のうち、償還予定額が見込めない112百万円は含まれておりません。
          当連結会計年度(2019年3月31日)

                         6ヶ月超      1年超     2年超     3年超     4年超
                   6ヶ月以内                                 5年超
                         1年以内     2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                    (百万円)                                (百万円)
                         (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)
          預金          125,847       430      ―     ―     ―     ―     ―
          延払債権          155,940      78,138     117,465      79,223     48,514     23,903     13,352
          リース債権及び
          リース投資資産          311,448     281,515     488,418     338,124     231,322     152,833     205,682
          (※1)
          営業貸付債権          241,037      18,402     42,415     32,795     31,865     18,366     15,499
          有価証券及び
                     1,116       ―    750    10,725      8,983     2,487     13,318
          投資有価証券(※2)
            その他有価証券
           のうち満期のあ
           るもの
              うち社債              ―     ―     ―   1,992       ―   2,487       ―
                  その他           1,116       ―    750    8,733     8,983       ―   13,318
             合計       835,389     378,486     649,050     460,869     320,685     197,590     247,851
         (※1)   リース債権及びリース投資資産のうち、見積残存価額84,479百万円は含まれておりません。
         (※2)   有価証券及び投資有価証券のうち、償還予定額が見込めない111百万円は含まれておりません。
                                  69/119


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
         (注4)    社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
          前連結会計年度(2018年3月31日)
                         6ヶ月超      1年超     2年超     3年超     4年超
                   6ヶ月以内                                 5年超
                         1年以内     2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                    (百万円)                                (百万円)
                         (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)
          短期借入金          877,107      34,245        ―     ―     ―     ―     ―
          コマーシャル・
                   1,110,900         ―     ―     ―     ―     ―     ―
          ペーパー
          債権流動化に伴う
                     9,328       82      ―     ―     ―     ―     ―
          支払債務
          社債           43,037     34,000     28,300     30,000     81,523     50,535     83,230
          長期借入金          170,462     159,858     280,864     223,730     268,080     190,566     493,446
          債権流動化に伴う
                     15,224     14,757     28,705      9,327     1,569     1,022     9,864
          長期支払債務
          リース債務           11,992     11,526     21,675     19,883     11,005      4,715     1,503
             合計      2,238,052      254,470     359,545     282,942     362,177     246,839     588,044
          当連結会計年度(2019年3月31日)

                         6ヶ月超      1年超     2年超     3年超     4年超
                   6ヶ月以内                                 5年超
                         1年以内     2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                    (百万円)                                (百万円)
                         (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)
          短期借入金          999,493      60,823        ―     ―     ―     ―     ―
          コマーシャル・
                   1,032,900       8,000       ―     ―     ―     ―     ―
          ペーパー
          債権流動化に伴う
                     14,387       24      ―     ―     ―     ―     ―
          支払債務
          社債           61,120     19,000     31,000     93,331     75,500     95,500     188,230
          長期借入金          170,797     182,756     278,238     297,124     211,816     160,797     470,310
          債権流動化に伴う
                     12,950     21,536     15,071      4,619     1,285     2,162     6,210
          長期支払債務
          リース債務           9,606     9,492     17,160     11,603      7,385     3,465     1,200
             合計      2,301,255      301,633     341,470     406,677     295,987     261,926     665,952
                                  70/119











                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
    1   その他有価証券
     前連結会計年度(2018年3月31日)
                               取得原価        連結貸借対照表            差額
                     種類
                               (百万円)        計上額(百万円)           (百万円)
                  (1) 株式                 17,508          51,503          33,995
                  (2) 債券
     連結貸借対照表計上額が
                      社債                   ―          ―          ―
     取得原価を超えるもの
                  (3)  その他
                                   4,594          5,235           641
                     小計             22,102          56,739          34,637
                  (1) 株式                 5,480          4,781          △698
                  (2) 債券
     連結貸借対照表計上額が
                      社債                 2,590          2,590            ―
     取得原価を超えないもの
                  (3) その他                 1,191          1,064          △127
                     小計             9,262          8,436          △825
               合計                   31,364          65,176          33,811
         (注)   非上場株式・匿名組合出資等(連結貸借対照表計上額38,636百万円)については、市場価格がなく、時
            価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりませ
            ん。
     当連結会計年度(2019年3月31日)

                               取得原価        連結貸借対照表            差額
                     種類
                               (百万円)        計上額(百万円)           (百万円)
                  (1) 株式                 17,617          48,413          30,795
                  (2) 債券
     連結貸借対照表計上額が
                      社債                   ―          ―          ―
     取得原価を超えるもの
                  (3)  その他
                                   5,784          6,620           835
                     小計             23,402          55,034          31,631
                  (1) 株式                 4,308          3,371          △937
                  (2) 債券
     連結貸借対照表計上額が
                      社債                 4,479          4,479            ―
     取得原価を超えないもの
                  (3) その他                   ―          ―          ―
                     小計             8,788          7,850          △937
               合計                   32,190          62,885          30,694
         (注)   非上場株式・匿名組合出資等(連結貸借対照表計上額42,001百万円)については、市場価格がなく、時
            価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりませ
            ん。
                                  71/119






                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    2   連結会計年度中に売却したその他有価証券
     前連結会計年度(自           2017年4月1日        至   2018年3月31日)
                    売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
         種類
                    (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1) 株式                    2,264             100            52
     (2) 債券
         社債                     605             ―            ―
     (3) その他                   13,100              57            ―
         合計               15,970             158            52
     当連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日)

                    売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
         種類
                    (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1) 株式                    4,280            2,934              0
     (2) 債券
         社債                    1,795              ―            ―
     (3) その他                    8,395             57            ―
         合計               14,471            2,992              0
    3   減損処理を行った有価証券

       その他有価証券で時価のあるもののうち、当該有価証券の時価が取得原価に比べて著しく下落したものについて
      は、原則として時価が取得原価まで回復する見込みがないものとみなして、当該時価をもって連結貸借対照表価額と
      し、評価差額を損失として処理しております。
       前連結会計年度における減損処理額は、該当事項はありません。また、当連結会計年度における減損処理額は、
      94百万円であります。
                                  72/119











                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (デリバティブ取引関係)
    1  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
     (1) 金利関連
      前連結会計年度(2018年3月31日)
        該当事項はありません。
      当連結会計年度(2019年3月31日)

        該当事項はありません。
     (2) 通貨関連

      前連結会計年度(2018年3月31日)
                                     契約額等
                              契約額等        のうち        時価      評価損益
         区分          取引の種類
                              (百万円)        1年超       (百万円)       (百万円)
                                     (百万円)
                 通貨スワップ               18,566       18,241         308       308
     市場取引
                 為替予約
     以外の取引
                  売建                99        ―       0       0
               合計                 18,665       18,241         308       308
     (注) 時価の算定方法
        割引現在価値及び先物為替相場等により算定しております。
      当連結会計年度(2019年3月31日)

                                     契約額等
                              契約額等        のうち        時価      評価損益
         区分          取引の種類
                              (百万円)        1年超       (百万円)       (百万円)
                                     (百万円)
                 通貨スワップ               21,311       20,273         829       829
                 為替予約
     市場取引
                  売建                74        ―       0       0
     以外の取引
                  買建                17        ―       0       0
               合計                 21,403       20,273         828       828
     (注) 時価の算定方法
        割引現在価値及び先物為替相場等により算定しております。
                                  73/119









                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    2  ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
     (1)  金利関連
      前連結会計年度(2018年3月31日)
                                            契約額等
       ヘッジ会計の                      主なヘッジ        契約額等        のうち        時価
                    取引の種類
         方法                      対象      (百万円)        1年超       (百万円)
                                            (百万円)
                 金利スワップ
                             予定取引及び
     原則的処理方法
                              借入金等
                  受取変動・支払固定                     425,853       392,917       △2,599
                 金利スワップ
     ヘッジ対象に係る損益
                               社債
     を認識する方法
                  受取固定・支払変動                     53,125       53,125       △2,542
                 金利スワップ
     金利スワップの
                              借入金等                      (注) 2
     特例処理
                  受取変動・支払固定                     156,454       146,611
                   合計                    635,432       592,653       △5,141
     (注) 1  時価の算定方法
         割引現在価値等により算定しております。
        2  金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている借入金等と一体として処理されているた
         め、その時価は、当該借入金等の時価に含めて記載しております。
      当連結会計年度(2019年3月31日)

                                            契約額等
       ヘッジ会計の                      主なヘッジ        契約額等        のうち        時価
                    取引の種類
         方法                      対象      (百万円)        1年超       (百万円)
                                            (百万円)
                 金利スワップ
                             予定取引及び
     原則的処理方法
                              借入金等
                  受取変動・支払固定                     717,559       659,811       △21,262
                 金利スワップ
     ヘッジ対象に係る損益
                               社債
     を認識する方法
                  受取固定・支払変動                     55,500       55,500       △1,517
                 金利スワップ

     金利スワップの
                              借入金等                      (注) 2
     特例処理
                  受取変動・支払固定                     44,771       43,172
                   合計                    817,830       758,483       △22,779
     (注) 1  時価の算定方法
         割引現在価値等により算定しております。
        2  金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている借入金等と一体として処理されているた
         め、その時価は、当該借入金等の時価に含めて記載しております。
                                  74/119







                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     (2)  通貨関連
      前連結会計年度(2018年3月31日)
                                            契約額等
       ヘッジ会計の                      主なヘッジ        契約額等        のうち        時価
                   取引の種類
         方法                     対象       (百万円)        1年超       (百万円)
                                            (百万円)
                通貨スワップ                       22,014        21,145        △305
                            予定取引及び
     原則的処理方法            為替予約
                             借入金等
                 売建                      51,850          ―      379
                通貨スワップ                       53,215        37,921
     為替予約等の
                為替予約             借入金等                       (注) 2
     振当処理
                 売建                      1,381          ―
                   合計                    128,461        59,067          73
     (注) 1  時価の算定方法
         割引現在価値及び先物為替相場等により算定しております。
        2  為替予約等の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている借入金等と一体として処理されているため、
         その時価は、当該借入金等の時価に含めて記載しております。
      当連結会計年度(2019年3月31日)

                                            契約額等
       ヘッジ会計の                      主なヘッジ        契約額等        のうち        時価
                   取引の種類
         方法                     対象       (百万円)        1年超       (百万円)
                                            (百万円)
                            予定取引及び
     原則的処理方法            通貨スワップ                       28,170        26,945        △199
                             借入金等
                通貨スワップ                       38,044        34,686
     為替予約等の
                為替予約             借入金等                       (注) 2
     振当処理
                 売建                       811         ―
                   合計                    67,026        61,632        △199
     (注) 1  時価の算定方法
         割引現在価値及び先物為替相場等により算定しております。
        2  為替予約等の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている借入金等と一体として処理されているため、
         その時価は、当該借入金等の時価に含めて記載しております。
                                  75/119










                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (退職給付関係)
      1  採用している退職給付制度の概要
         当社及び一部の連結子会社は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を設け
        ているほか、確定拠出年金制度を設けております。また、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合が
        あります。
         なお、当社において退職給付信託を設定しております。
      2   確定給付制度

       (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2017年4月     1日     (自    2018年4月     1日
                                 至   2018年3月31日)           至   2019年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                               21,188百万円             22,863百万円
        勤務費用                              1,265百万円             1,373百万円
        利息費用                               127百万円             122百万円
        数理計算上の差異の発生額                              1,148百万円              798百万円
        退職給付の支払額                              △789百万円             △704百万円
        連結除外による減少額                                   -       △1,330百万円
        その他                               △76百万円             △22百万円
       退職給付債務の期末残高                               22,863百万円             23,102百万円
       (注)     一部の連結子会社については退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
       (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2017年4月     1日     (自    2018年4月     1日
                                 至   2018年3月31日)           至   2019年3月31日)
       年金資産の期首残高                               14,510百万円             15,185百万円
        期待運用収益                               264百万円             276百万円
        数理計算上の差異の発生額                               151百万円            △153百万円
        事業主からの拠出額                               788百万円             895百万円
        退職給付の支払額                              △530百万円             △408百万円
       年金資産の期末残高                               15,185百万円             15,795百万円
       (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給  

        付に係る資産の調整表
                                               当連結会計年度
                                  前連結会計年度
                                  (2018年3月31日)
                                               (2019年3月31日)
       積立型制度の退職給付債務                               22,699百万円             22,910百万円
       年金資産                              △15,185百万円             △15,795百万円
                                       7,514百万円             7,114百万円
       非積立型制度の退職給付債務                                164百万円             192百万円
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               7,678百万円             7,306百万円
       退職給付に係る負債                               7,678百万円             7,306百万円

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               7,678百万円             7,306百万円
       (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2017年4月     1日     (自    2018年4月     1日
                                 至   2018年3月31日)           至   2019年3月31日)
       勤務費用                               1,265百万円             1,373百万円
       利息費用                                127百万円             122百万円
       期待運用収益                               △264百万円             △276百万円
       数理計算上の差異の費用処理額                                284百万円             341百万円
       過去勤務費用の費用処理額                                  8百万円            △6百万円
       その他                                 61百万円             60百万円
       確定給付制度に係る退職給付費用                               1,483百万円             1,616百万円
                                  76/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
       (5)  退職給付に係る調整額
        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2017年4月     1日     (自    2018年4月     1日
                                 至   2018年3月31日)           至   2019年3月31日)
       過去勤務費用                                 52百万円            △16百万円
       数理計算上の差異                               △712百万円             △542百万円
       合計                               △660百万円             △559百万円
       (6)  退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                               当連結会計年度
                                  前連結会計年度
                                  (2018年3月31日)
                                               (2019年3月31日)
       未認識過去勤務費用                                △39百万円             △22百万円
       未認識数理計算上の差異                               2,701百万円             3,244百万円
       合計                               2,662百万円             3,221百万円
       (7)  年金資産に関する事項

        ①年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                               当連結会計年度
                                  前連結会計年度
                                  (2018年3月31日)
                                               (2019年3月31日)
       債券                                  42.4%             41.9%
       株式                                  18.1%             18.5%
       一般勘定                                  30.2%             30.0%
       その他                                   9.3%             9.6%
       合計                                  100.0%             100.0%
       (注)     年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度7.2%、当連結会計年度
        7.1%含まれております。
        ②長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成す
        る多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (8)  数理計算上の計算基礎に関する事項

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2017年4月     1日     (自    2018年4月     1日
                                 至   2018年3月31日)           至   2019年3月31日)
       割引率                              主として0.6%             主として0.4%
       長期期待運用収益率                              主として2.0%             主として2.0%
      3   確定拠出制度

         当社及び一部の連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度669百万円、当連結会計年度  
        848百万円であります。
      (ストック・オプション等関係)

        該当事項はありません。
                                  77/119





                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                             前連結会計年度                当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
        繰延税金資産
         税務上の繰越欠損金(注)2
                               142,025百万円                118,501百万円
         貸倒引当金
                               14,829百万円                15,188百万円
         有価証券償却
                                5,992百万円                4,688百万円
         減価償却費
                                6,034百万円                4,460百万円
         繰延ヘッジ損益
                                1,186百万円                4,021百万円
         退職給付に係る負債
                                2,783百万円                2,535百万円
         その他                      14,666百万円                11,895百万円
        繰延税金資産小計
                               187,518百万円                161,290百万円
         税務上の繰越欠損金に係る
                                     ―          △68,514百万円
         評価性引当額(注)2
         将来減算一時差異等の合計に
                                     ―          △16,029百万円
         係る評価性引当額
        評価性引当額小計(注)1                      △128,872百万円                 △84,544百万円
        繰延税金資産合計
                               58,645百万円                76,745百万円
        繰延税金負債

         減価償却費                     △65,943百万円                △70,503百万円
         企業結合に伴う評価差額
                              △17,784百万円                 △9,599百万円
         その他有価証券評価差額金
                               △9,562百万円                △8,549百万円
         リース取引に係る法人税法上の
                               △5,533百万円                △5,654百万円
         特例
         その他                      △1,799百万円                 △939百万円
        繰延税金負債合計                      △100,624百万円                 △95,247百万円
        繰延税金資産(負債)の純額                      △41,978百万円                △18,501百万円
         (注)1     評価性引当額が44,328百万円減少しております。この減少の主な内容は、税務上の繰越欠損金に係る
            評価性引当額が減少したことによるものであります。
         (注)2     税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
         当連結会計年度(2019年3月31日)
                        1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                             5年超       合計
                       2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                 (百万円)                             (百万円)      (百万円)
                       (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
     税務上の繰越欠損金(a)              25,132      4,180      4,085     34,557      12,170      38,374       118,501
     評価性引当額             △18,767         0     △4   △28,062      △12,170      △9,508       △68,514
                                                    (b)  49,987
     繰延税金資産              6,365      4,179      4,080      6,494        ―   28,866
         (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
         (b)  税務上の繰越欠損金118,501百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産49,987百万円を
           計上しております。当該繰延税金資産49,987百万円は、主に当社及び一部の在外連結子会社における税務
           上の繰越欠損金の一部について認識したものであります。当該繰延税金資産を計上した税務上の繰越欠損
           金は、将来の課税所得の見込みにより回収可能と判断し評価性引当額を認識しておりません。
                                  78/119






                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
      主要な項目別の内訳
                             前連結会計年度                当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
        法定実効税率                           30.9%                30.6%
         (調整)
         繰越欠損金(繰延税金資産計上
                                   -%              △22.6%
        分)
         のれん償却額
                                   3.1%                3.0%
         当社と在外連結子会社等との法定
                                  △6.1%                △8.4%
         実効税率差異
         その他
                                  △0.7%                △3.3%
        税効果会計適用後の法人税等の
                                  27.2%                △0.7%
        負担率
      (企業結合等関係)

       当社の親会社である株式会社三井住友フィナンシャルグループ(以下「三井住友フィナンシャルグループ」)及
      び住友商事株式会社(以下「住友商事」)は、国内外の関係当局の認可等を得ることを前提として、三井住友フィ
      ナンシャルグループと住友商事が共同して運営するリース共同事業を再編すること(以下、「本再編」)につい
      て、2017年11月6日、基本合意書を締結いたしました。これに伴い、当社は、2017年11月6日付の取締役会におい
      て、①親会社の異動の発生が見込まれる、三井住友フィナンシャルグループの保有する当社普通株式の取得、及
      び、②当社を吸収合併存続会社、当社の子会社であるSMFLキャピタル株式会社(以下「FLC」)を吸収合併
      消滅会社とする吸収合併(以下、「本合併」)を含む本再編実施の基本方針につき決議いたしました。2018年3月27
      日付の取締役会において、三井住友フィナンシャルグループ、住友商事及びFLCとの間で、本再編に関する総合
      リース事業再編契約書を締結することを決議し、同契約を2018年3月30日に締結いたしました。
       また、当社は、2018年3月27日付の取締役会において、③FLCとの吸収合併後に当社のオートリース事業を、当
      社が設立予定の会社          (以下「新会社」)に吸収分割(以下「オートリース事業の吸収分割」)によって承継させること
      を決議し、三井住友フィナンシャルグループ、住友商事及び住友三井オートサービス株式会社(以下「SMA
      S」)との間で、オートリース事業の吸収分割等を行うことを内容とする本再編に関するオートリース事業再編契
      約書を2018年3月30日に締結いたしました。
       当社は、2018年10月22日付の取締役会の決議に基づき同日付で締結した②当社とFLCの間での本合併に関する
      吸収合併契約書、及び、③当社と設立された新会社の間での、オートリース事業の吸収分割に関する吸収分割契約
      書に基づき、2019年1月1日付で本合併及びオートリース事業の吸収分割を実施いたしました。また、これと同日付
      で当社が保有するオートリース事業の吸収分割の相手会社である新会社の全株式をSMASに譲渡いたしました。
      1 共通支配下の取引等

        FLCの吸収合併
       (1)  取引の概要
          ①結合当事企業の名称及び事業の内容
            結合企業
            結合当事企業の名称          三井住友ファイナンス&リース株式会社
            事業の内容          総合リース事業
            被結合企業

            結合当事企業の名称          SMFLキャピタル株式会社
            事業の内容          総合リース事業
          ②企業結合日

            2019年1月1日
                                  79/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
          ③企業結合の法的形式
            当社を吸収合併存続会社、FLCを吸収合併消滅会社とする吸収合併によります。
          ④結合後企業の名称

            三井住友ファイナンス&リース株式会社
          ⑤その他取引の概要に関する事項

            本合併は、三井住友フィナンシャルグループと住友商事が共同して運営するリース共同事業全体の事業
           運営及び経営戦略を機動的かつ効率的に実施することが出来る運営体制を確立することを企図して実施し
           たものであります。
       (2)  実施した会計処理の概要

          本合併については、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                                   2013年9月13日)及び「企業結合
         会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針(企業会計基準適用指針第10号                                        2013年9月13日)に基づ
         き、共通支配下の取引として処理しております。
      2 事業分離

        オートリース事業の吸収分割及びSMASへの株式譲渡
       (1)  事業分離の概要
          ①分離先企業の名称
            住友三井オートサービス株式会社
          ②分離した事業の内容

            オートリース事業
          ③事業分離を行った主な理由

            オートリース事業の吸収分割及びSMASへの株式譲渡については、三井住友フィナンシャルグループ
           と住友商事が共同して運営するリース共同事業全体の事業運営及び経営戦略を機動的かつ効率的に実施す
           ることが出来る運営体制を確立することを企図して実施したものであります。
          ④事業分離日

            2019年1月1日
          ⑤法的形式を含むその他取引の概要に関する事項

            受取対価を株式のみとする吸収分割を行ったのち、当該株式について現金のみを対価とする譲渡を行い
           ました。
       (2)  実施した会計処理の概要

          ①移転損益の金額
            移転損益は発生しておりません。
          ②移転した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳

            流動資産           56,844百万円
            固定資産         102,368百万円
              資産合計       159,213百万円
            流動負債         131,663百万円
            固定負債          8,064百万円
              負債合計       139,727百万円
          ③会計処理

            移転したオートリース事業に関する投資は清算されたものとみて処理しております。
                                  80/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
       (3)  分離した事業が含まれていた報告セグメント
          賃貸・延払事業、営業貸付事業、その他
       (4)  当連結会計年度の連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る概算額

            売上高             48,311百万円
            営業利益              1,385百万円
      (資産除去債務関係)

        資産除去債務の金額に重要性が乏しいため記載を省略しております。
      (賃貸等不動産関係)

       当社及び一部の連結子会社では、東京都その他の地域において、賃貸用のオフィスビル(土地を含む)等を有して
      おります。
       前連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は17,403百万円(主な賃貸収益は売上高に、主な賃貸
      費用は売上原価に計上)であり、当連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は18,498百万円(主な
      賃貸収益は売上高に、主な賃貸費用は売上原価に計上)であります。
       また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自    2017年4月1日               (自    2018年4月1日
                            至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
                 期首残高                    425,923                  554,842
     連結貸借対照表計上額             期中増減額                    128,919                  48,065
                 期末残高                    554,842                  602,908
     期末時価                                 614,129                  673,980
     (注)   1 連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
        2 期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加は、不動産取得(235,756百万円)であり、主な減少は、不動産
         売却(98,090百万円)であります。
         当連結会計年度の主な増加は、不動産取得(156,955百万円)、主な減少は、不動産売却(60,149百万円)であり
         ます。
        3 期末の時価は、主要な物件については不動産鑑定評価基準に基づく評価額、その他の物件については適切に
         市場価格を反映していると考えられる評価額等であります。
                                  81/119









                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     1  報告セグメントの概要
       当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
      の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当社は、お客様の需要にあわせたサービス別の営業体制を採用しております。したがって、当社は、サービスの
      形態に応じたセグメントから構成されており、「賃貸・延払事業」及び「営業貸付事業」の2つを報告セグメントと
      しております。
       「賃貸・延払事業」は機械設備等各種物品の賃貸・延払業務を行っております。「営業貸付事業」は、金銭の貸
      付、ファクタリング業務等を行っております。
     2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
      ける記載と同一であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
     3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

      前連結会計年度(自           2017年4月1日        至   2018年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                                     連結財務諸
                                    その他            調整額
                                           合計           表計上額
                                     (注1)            (注2)
                 賃貸・延払       営業貸付
                                                       (注3)
                               計
                   事業      事業
     売上高
       外部顧客への売上高             1,584,222        9,716    1,593,938        28,884    1,622,823          ―  1,622,823

       セグメント間の内部
                      ―    5,246      5,246      3,033      8,279     △ 8,279        ―
       売上高又は振替高
          計        1,584,222        14,962    1,599,184        31,918    1,631,102       △ 8,279    1,622,823
     セグメント利益              103,424       10,465      113,889       15,019      128,908      △ 31,829      97,079

     セグメント資産             4,831,289       429,177     5,260,467        48,077    5,308,544       352,121     5,660,666

     その他の項目

       減価償却費               96,171         ―   96,171         ―   96,171       4,030     100,202

      有形固定資産及び
                   380,132         ―   380,132         ―   380,132       5,102     385,234
      無形固定資産の増加額
     (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、手数料取引、営業目的の金融収益
          を得るために所有する有価証券の運用業務、保証業務等を含んでおります。
        2 調整額は以下のとおりであります。
         (1)  セグメント利益の調整額△31,829百万円には、のれんの償却額△8,689百万円及び各報告セグメントに配
           分していない全社費用△23,139百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しな
           い一般管理費であります。
         (2)  セグメント資産の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産であります。
         (3)  減価償却費の調整額は、全社資産に係るものであります。
         (4)  有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、全社資産の設備投資額であります。
        3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  2018年2月16日)等を当連結会計年度
          の期首から適用しており、前連結会計年度に係るセグメント資産については、当該会計基準等を遡って適用
          した後の数値となっております。
                                  82/119




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                                     連結財務諸
                                    その他            調整額
                                           合計           表計上額
                                     (注1)            (注2)
                 賃貸・延払       営業貸付
                                                       (注3)
                               計
                   事業      事業
     売上高
       外部顧客への売上高             1,461,108        9,801    1,470,910        31,468    1,502,378          ―  1,502,378

       セグメント間の内部
                      ―    4,161      4,161      3,159      7,320     △ 7,320        ―
       売上高又は振替高
          計        1,461,108        13,962    1,475,071        34,628    1,509,699       △ 7,320    1,502,378
     セグメント利益               95,912       9,669     105,582       19,262      124,845      △ 33,912      90,932

     セグメント資産             4,969,044       400,368     5,369,413        58,473    5,427,886       384,812     5,812,698

     その他の項目

       減価償却費               92,810         ―   92,810         ―   92,810       4,638      97,448

      有形固定資産及び
                   459,066         ―   459,066         ―   459,066       7,138     466,205
      無形固定資産の増加額
     (注)   1   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、手数料取引、営業目的の金融収益
          を得るために所有する有価証券の運用業務、保証業務等を含んでおります。
        2   調整額は以下のとおりであります。
         (1)  セグメント利益の調整額△33,912百万円には、のれんの償却額△8,420百万円及び各報告セグメントに配
           分していない全社費用△25,492百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しな
           い一般管理費であります。
         (2)  セグメント資産の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産であります。
         (3)  減価償却費の調整額は、全社資産に係るものであります。
         (4)  有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、全社資産の設備投資額であります。
        3   セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                  83/119











                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     【関連情報】
      前連結会計年度(自           2017年4月1日        至   2018年3月31日)
     1  製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2  地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                  (単位:百万円)
                  欧米
                            アジア・
      日本                               合計
                            オセアニア
            アイルランド         その他
      1,273,613         271,938        55,896        21,374      1,622,823

     (注)   1   当社及び連結子会社の所在する国又は地域における売上高であります。
        2   国又は地域の区分は地理的近接度等によっております。
        3   各区分に属する主な国又は地域
         (1)  欧米        ・・・アイルランド、イギリス、アメリカ
         (2)  アジア・オセアニア ・・・中国、台湾、タイ
      (2)  有形固定資産

                                  (単位:百万円)
                  欧米
                            アジア・
      日本                               合計
                            オセアニア
            アイルランド         その他
       755,300       1,071,690         132,768         3,289      1,963,049

     3  主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先が存在しないため、記載を省略
      しております。
                                  84/119










                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日)
     1  製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2  地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                  (単位:百万円)
                  欧米
                            アジア・
      日本                               合計
                            オセアニア
            アイルランド         その他
      1,182,873         220,394        77,952        21,158      1,502,378

     (注)   1   当社及び連結子会社の所在する国又は地域における売上高であります。
        2   国又は地域の区分は地理的近接度等によっております。
        3   各区分に属する主な国又は地域
         (1)  欧米        ・・・アイルランド、イギリス、アメリカ
         (2)  アジア・オセアニア ・・・中国、タイ、台湾
      (2)  有形固定資産

                                  (単位:百万円)
                  欧米
                            アジア・
      日本                               合計
                            オセアニア
            アイルランド         その他
       703,347       1,318,575         105,785         3,031      2,130,739

     3  主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先が存在しないため、記載を省略
      しております。
                                  85/119











                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
      前連結会計年度(自           2017年4月1日        至   2018年3月31日)
                                          (単位:百万円)
            賃貸・延払        営業貸付
                             その他       全社・消去         合計
              事業        事業
     減損損失           3,327          ―        ―      4,852        8,180
     (注)   全社・消去の金額は、SMFLキャピタル株式会社に係るのれんの減損損失であります。
      当連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日)

                                          (単位:百万円)
            賃貸・延払        営業貸付
                             その他       全社・消去         合計
              事業        事業
     減損損失           5,386          ―        ―        ―      5,386
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      前連結会計年度(自           2017年4月1日        至   2018年3月31日)
                                          (単位:百万円)
            賃貸・延払        営業貸付               全社・消去
                             その他                合計
              事業        事業                (注)
     当期償却額            671        15        ―      8,689        9,376
     当期末残高           2,798         42        ―     83,494        86,335

     (注)   全社・消去の金額は、報告セグメントに帰属しない全社ののれんに係る償却額及び未償却残高であります。
      当連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日)

                                          (単位:百万円)
            賃貸・延払        営業貸付               全社・消去
                             その他                合計
              事業        事業                (注)
     当期償却額            700        12        ―      8,420        9,133
     当期末残高           2,222          ―        ―     75,074        77,297

     (注)   全社・消去の金額は、報告セグメントに帰属しない全社ののれんに係る償却額及び未償却残高であります。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項はありません。
                                  86/119








                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      【関連当事者情報】
    関連当事者との取引
      当社は、2018年11月28日付で株式会社三井住友フィナンシャルグループの保有する当社普通株式18,500,749株を取
     得しました。これにより、同社の総株主等の議決権に対する割合は50%となり、同社は当社の親会社からその他の関
     係会社となりました。
      (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       ①連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
      前連結会計年度(自           2017年4月1日        至   2018年3月31日)
                            議決権等
                   資本金
          会社等                   の所有
                   又は   事業の内容          関連当事者            取引金額          期末残高
      種類    の名称     所在地             (被所有)          取引の内容            科目
                   出資金    又は職業          との関係           (百万円)          (百万円)
         又は氏名                   割合(%)
                   (百万円)
     同一の親
              東京都
         ㈱三井住
                                役員の兼任
                   1,770,996    銀行業     なし          資金の借入       6,907,261    短期借入金       431,878
     会社を持
         友銀行
              千代田区
                                資金の借入
     つ会社
                                                 1年内返済
                                等
                                     利息の支払         1,894   予定の長期        6,439
                                                 借入金
                                                 長期借入金       130,646
    (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
       資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
      当連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日)

                            議決権等
                   資本金
          会社等                   の所有
                   又は   事業の内容          関連当事者            取引金額          期末残高
      種類    の名称     所在地             (被所有)          取引の内容            科目
                   出資金    又は職業          との関係           (百万円)          (百万円)
         又は氏名                   割合(%)
                   (百万円)
     その他の
              東京都
         ㈱三井住
                                役員の兼任
                   1,770,996    銀行業     なし          資金の借入       6,178,551    短期借入金       548,150
     関係会社
         友銀行
              千代田区
                                資金の借入
     の子会社
                                                 1年内返済
                                等
                                     利息の支払         2,486   予定の長期       14,486
                                                 借入金
                                                 長期借入金       71,478
    (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
       資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
       ②連結財務諸表提出会社のその他の関係会社

      前連結会計年度(自           2017年4月1日        至   2018年3月31日)
                            議決権等
                   資本金
          会社等                   の所有
                   又は   事業の内容          関連当事者            取引金額          期末残高
      種類    の名称     所在地             (被所有)          取引の内容            科目
                   出資金    又は職業          との関係           (百万円)          (百万円)
         又は氏名                   割合(%)
                   (百万円)
     その他の
                           被所有
              東京都                   役員の兼任
         住友商事                                        リース投資
                   219,278   総合商社               設備の賃貸等          411         12,010
     関係会社
         ㈱                  直接  40%                   資産
              中央区                   設備の賃貸
                                等
                                                 その他の営
                                債権の買取
                                     債権の買取等        202,504           49,771
                                                 業貸付債権
                                等
    (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
       (1)賃貸取引については、市場実勢を勘案して取引価格を決定しており、一般的取引と同様の条件によっておりま
         す。
       (2)債権の買取については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
                                  87/119





                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日)
                            議決権等
                   資本金
          会社等                   の所有
                   又は   事業の内容          関連当事者            取引金額          期末残高
      種類    の名称     所在地             (被所有)          取引の内容            科目
                   出資金    又は職業          との関係           (百万円)          (百万円)
         又は氏名                   割合(%)
                   (百万円)
     その他の     ㈱三井住
                           被所有
              東京都
     関係会社     友フィナ              銀行持株               自己株式の取
                   2,339,443                           176,284      ―       ―
                                役員の兼任
         ンシャル              会社     直接  50%        得
              千代田区
         グループ
                                      自己株式の処
                                              14,500     ―       ―
                                      分
     その他の
                           被所有
              東京都                   役員の兼任
         住友商事                                        リース投資
                   219,449   総合商社               設備の賃貸等          563         13,769
     関係会社
         ㈱                  直接  50%                   資産
              千代田区
                                設備の賃貸
                                等
                                                 その他の営
                                債権の買取
                                     債権の買取等        136,920           31,148
                                                 業貸付債権
                                等
                                     自己株式の処
                                              14,500     ―       ―
                                     分
    (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
       (1)賃貸取引については、市場実勢を勘案して取引価格を決定しており、一般的取引と同様の条件によっておりま
         す。
       (2)債権の買取については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
       (3)自己株式の取得及び処分の金額は、当事者間の合意によるものであります。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
      前連結会計年度(自           2017年4月1日        至   2018年3月31日)
                            議決権等
                   資本金
          会社等                   の所有
                   又は   事業の内容          関連当事者            取引金額          期末残高
      種類    の名称     所在地             (被所有)          取引の内容            科目
                   出資金    又は職業          との関係           (百万円)          (百万円)
         又は氏名                   割合(%)
                   (百万円)
     同一の親
              東京都
         ㈱三井住
                                役員の兼任
                   1,770,996    銀行業     なし          資金の借入        214,561    短期借入金        8,998
     会社を持
         友銀行
              千代田区
                                資金の借入
     つ会社
                                                 1年内返済
                                等
                                     利息の支払        21,283   予定の長期       55,616
                                                 借入金
                                                 長期借入金       430,792
     同一の親                                            1年内返済
                                役員の兼任
         ㈱SMBC信     東京都港
     会社を持               87,550   銀行業     なし          資金の借入        69,981   予定の長期        2,491
                                資金の借入
         託銀行     区
     つ会社                                            借入金
                                等
                                     利息の支払         3,087   長期借入金       99,069
     (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
       資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
      当連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日)

                            議決権等
                   資本金
          会社等                   の所有
                   又は   事業の内容          関連当事者            取引金額          期末残高
      種類    の名称     所在地             (被所有)          取引の内容            科目
                   出資金    又は職業          との関係           (百万円)          (百万円)
         又は氏名                   割合(%)
                   (百万円)
     その他の
         ㈱三井住     東京都
                                役員の兼任
                   1,770,996    銀行業     なし          資金の借入        341,518    短期借入金        4,430
     関係会社
         友銀行     千代田区
                                資金の借入
     の子会社
                                                 1年内返済
                                等
                                     利息の支払        18,145   予定の長期       82,350
                                                 借入金
                                                 長期借入金       358,209
     その他の                                            1年内返済
                                役員の兼任
         ㈱SMBC信     東京都港
     関係会社               87,550   銀行業     なし          資金の借入        118,120    予定の長期        4,536
                                資金の借入
         託銀行     区
     の子会社                                            借入金
                                等
                                     利息の支払         8,299   長期借入金       177,613
     (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
       資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
                                  88/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                           前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自    2017年4月     1日          (自    2018年4月     1日
                          至   2018年3月31日)                至   2019年3月31日)
     1株当たり純資産額                            7,719円36銭                  7,971円63銭
     1株当たり当期純利益                             589円74銭                  920円10銭

    (注)1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                           前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自    2017年4月     1日          (自    2018年4月     1日
                          至   2018年3月31日)                至   2019年3月31日)
     1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                    54,553                  80,010
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額
                                      ―                  ―
      (百万円)
      普通株式に係る親会社株主に
                                    54,553                  80,010
      帰属する当期純利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                              92,503                  86,958
    (注)3 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                           前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     純資産の部の合計額(百万円)                               824,602                  734,041
     純資産の部の合計額から
                                   110,533                  120,190
     控除する金額(百万円)
     (うち非支配株主持分)                              (110,533)                  (120,190)
     普通株式に係る期末の
                                   714,069                  613,851
     純資産額(百万円)
     1株当たり純資産額の算定に用いら
                                    92,503                  77,004
     れた期末の普通株式の数(千株)
      (重要な後発事象)

      当連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日)
      (不動産リース事業の会社分割)
       当社は、2019年1月29日付の取締役会において、当社の不動産リース事業の一部を、当社完全子会社であるSMF
      Lみらいパートナーズ株式会社に吸収分割(以下「不動産リース事業の吸収分割」)によって承継させることを決
      議し、同社との間で、同日付で締結した不動産リース事業の吸収分割契約書に基づき、2019年4月1日付で、不動産
      リース事業の吸収分割を実施いたしました。
      1 不動産リース事業の吸収分割の概要

       (1)  不動産リース事業の吸収分割の目的
          SMFLみらいパートナーズ株式会社は、不動産、環境エネルギー、地方創生、社会インフラ、ヘルスケア
         等の各分野で、当社がこれまで培った様々な知見、ノウハウ、実績をベースに新たなサービスの提供に取り組
         むこととしております。
          不動産リース事業の吸収分割は、顧客サービスを格段に向上させ、顧客との一層のリレーション強化を企図
         して実施したものであります。
                                  89/119





                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
       (2)  不動産リース事業の吸収分割の相手会社の名称、事業内容及び規模
                    SMFLみらいパートナーズ株式会社
          名称
          資本金の額          100百万円(2019年3月31日現在)
          純資産の額          104百万円(2019年3月31日現在)
          総資産の額          303百万円(2019年3月31日現在)
          事業の内容          金融サービス業
       (3)  会社分割する事業内容及び規模

          総資産の額          566,474百万円
          事業の内容          不動産リース事業
       (4)不動産リース事業の吸収分割の方法

          当社を吸収分割会社、SMFLみらいパートナーズ株式会社を吸収分割承継会社とする吸収分割によりま
         す。
       (5)  不動産リース事業の吸収分割の実施日

          2019年4月1日
      (航空機エンジンリース事業の共同事業化について)

       当社は、住友商事株式会社(以下「住友商事」)との間で2018年12月28日に合意した契約に基づき、2019年4月1
      日に住友商事とドイツ連邦共和国の大手航空機エンジン製造・整備会社MTU                                    Aero   Enginesとの合弁会社である航空
      機エンジンリース会社Sumisho               Aero   Engine    Lease   B.V.(以下「SAEL」)の株式を取得し子会社化、共同事業とし
      て業務を開始いたしました。
      1 企業結合の概要

       (1)  被取得企業の名称、事業の内容及び規模
                    Sumisho    Aero   Engine    Lease   B.V.
          被取得企業の名称
                     (2019年4月にSMBC         Aero   Engine    B.V.に名称変更)
          資本金の額          1千ユーロ
          事業の内容          航空機エンジンリース業
       (2)  企業結合を行った主な理由

          航空業界は堅調な旅客需要に支えられ著しい成長を続けており、当社グループは業界での更なる地位向上を
         目指しSAELの事業規模を拡大していくと共に、当社傘下の航空機リース会社SMBC                                      Aviation     Capital    Limited
         と協働し、航空機ビジネスの事業領域の一層の拡大を図って参ります。
       (3)  企業結合日

          2019年4月1日
       (4)  企業結合の法的形式

          株式取得
       (5)  結合後企業の名称

          三井住友ファイナンス&リース株式会社
       (6)  取得した議決権比率

          65.0%
                                  90/119



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
       (7)  取得企業を決定するに至った主な根拠
          当社が、現金を対価として株式を取得したためであります。
      2 被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

          Sumisho    Aero   Engine    Lease   B.V.の株式取得額(現金)             6,571百万円
      3 主要な取得関連費用の内容及び金額

          アドバイザー等に対する報酬・手数料等(概算額)                        48百万円
      4 支払資金の調達及び支払方法

          自己資金及び銀行借入
                                  91/119
















                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
      ⑤【連結附属明細表】
       【社債明細表】
                              当期首残高        当期末残高       利率
       会社名         銘柄       発行年月日                          担保     償還期限
                              (百万円)        (百万円)       (%)
             ユーロ・ミ
                     2016年7月27日                        0.02       2019年4月16日
             ディアム・                           69,900
       当社                 ~        51,300             ~   なし      ~
             ターム・ノー                          (57,900)
                     2019年3月27日                        0.08       2022年3月28日
             ト(円建)
             ユーロ・ミ
                     2018年11月8日                        3.04       2019年5月8日
             ディアム・                    4,037        2,220
        〃     ターム・ノー           ~                (2,220)      ~   なし      ~
             ト(米ドル                [US$38百万]        [US$20百万]
                     2019年1月29日                        3.09       2019年7月29日
             建)
                     2014年1月31日                        0.06       2019年8月5日
                                        165,000
             無担保社債
        〃                ~        125,000              ~   なし      ~
             (公募)
                                       (20,000)
                     2018年11月27日                        0.73       2028年8月3日
                     2017年1月31日                        0.11       2022年1月31日
             無担保社債                           105,000
        〃                 ~         5,000             ~   なし      ~
             (私募)                            (-)
                      2019年3月11日                        0.25       2026年3月10日
     SMFL   Leasing
                                         3,359
                                 3,398
      (Thailand)       米ドル建社債        2017年12月22日                     (-)    3.25   なし   2021年12月22日
                              [US$30百万]
                                      [US$30百万]
      Co.,Ltd.
     エムジーリース
             無担保社債                              ―
                     2017年1月31日            5,000             ―   ―      ―
      株式会社
             (私募)                            (―)
       (注)3
     SMBC   AVIATION
                     2016年7月19日                        2.65       2021年7月15日
                                        164,972
     CAPITAL    FINANCE
                                103,660
             米ドル建社債           ~                 (-)    ~   なし      ~
      DESIGNATED                       [US$975百万]
                                    [US$1,486百万]
                     2018年7月30日                        4.13       2023年7月15日
    ACTIVITY     COMPANY
    SFIリーシング         無担保社債                            2,500
                     2018年3月20日            2,500            0.24   なし    2025年3月20日
      株式会社       (私募)                            (-)
             特定社債
    大手町142特定                                    50,730
             (私募)        2017年3月24日           50,730             0.75   あり    2025年9月30日
      目的会社                                   (-)
                 (注)2
                                        563,681
       合計         ―        ―       350,626              ―   ―      ―
                                       (80,120)
     (注)   1   ( )内の金額は、1年内償還予定の金額であります。また、[ ]内の金額は、外貨建社債の金額であります。
        2   ノンリコース債務に該当します。
        3   当連結会計年度よりエムジーリース株式会社は当社の連結子会社から除外されております。
        4   連結決算日後5年内における償還予定額は以下のとおりであります。
                    1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                    (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
        社債              80,120        31,000        93,331        75,500        95,500
                                  92/119








                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
       【借入金等明細表】
                       当期首残高        当期末残高         平均利率
            区分                                      返済期限
                       (百万円)        (百万円)         (%)
     短期借入金                     911,353       1,060,316           0.41        ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     330,321        353,554          2.48        ―

     1年以内に返済予定のリース債務                     23,519        19,098         5.38        ―

                                                  2020年4月
     長期借入金(1年以内に返済予定の
                        1,451,988        1,413,588           2.86
     ものを除く。)
                                                 ~2034年11月
     ノンリコース長期借入金(1年以内
                           4,700        4,700         0.76      2025年9月
     に返済予定のものを除く。)
                                                  2020年4月
     リース債務(1年以内に返済予定の
                          58,783        40,814         5.41
     ものを除く。)
                                                 ~2028年4月
     その他有利子負債
       コマーシャル・ペーパー
                        1,110,900        1,040,900           0.00        ―
       (1年以内返済予定)
       債権流動化に伴う支払債務
                           9,411        14,412         0.63        ―
       (1年以内返済予定)
       債権流動化に伴う長期支払債務
                          29,981        34,486         1.12        ―
       (1年以内返済予定)
       債権流動化に伴う長期支払債務                                             2020年4月
                          50,489        29,349         1.08
       (1年超返済予定)                                            ~2034年4月
            合計             3,981,447        4,011,222            ―       ―
     (注)   1   平均利率については、借入金等の当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2   長期借入金、リース債務及びその他有利子負債(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年以内に
         おける返済予定額は以下のとおりであります。
                   1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
           区分
                    (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
       長期借入金               278,238         297,124         211,816         160,797
       リース債務               17,160         11,603          7,385         3,465
       その他有利子負債               15,071          4,619         1,285         2,162
       【資産除去債務明細表】

         当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結
        会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため記載を省略しております。
     (2) 【その他】

       当連結会計年度における四半期情報等
       (累計期間)           第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                 344,280          727,442         1,091,676          1,502,378

     税金等調整前四半期

     (当期)純利益金額(百                 24,072          50,780          75,222          93,293
     万円)
     親会社株主に帰属
     する四半期(当期)                 14,562          31,389          46,724          80,010
     純利益金額(百万円)
     1株当たり四半期(当
                      157.42          339.33          517.91          920.10
     期)純利益金額(円)
       (会計期間)           第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利

                      157.42          181.91          178.58          402.19
     益金額(円)
                                  93/119


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友ファイナンス&リース株式会社(E04791)
                                                            有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
     (1)【財務諸表】
      ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                33,073              31,352
                                        ※11  15            ※11  17
        受取手形
        延払債権                                355,692              428,748
        リース債権                                581,843              648,493
                                      ※2  725,764           ※2  1,057,260
        リース投資資産
                                    ※3 , ※8  625,937          ※2 , ※3 , ※8  221,089
        営業貸付金
                                      ※8  242,600            ※8  274,734
        その他の営業貸付債権
        有価証券                                 3,907              1,116
        商品                                 4,433              7,351
        前渡金