株式会社あらた 有価証券報告書 第17期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第17期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社あらた

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年6月26日
      【事業年度】                    第17期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                    株式会社あらた
      【英訳名】                    ARATA   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役 社長執行役員 須崎 裕明
      【本店の所在の場所】                    東京都江東区東陽六丁目3番2号
      【電話番号】                    03-5635-2800(代表)
      【事務連絡者氏名】                    代表取締役 副社長執行役員 鈴木 洋一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都江東区東陽六丁目3番2号
      【電話番号】                    03-5635-2800(代表)
      【事務連絡者氏名】                    代表取締役 副社長執行役員 鈴木 洋一
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/123













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
             回次            第13期       第14期       第15期       第16期       第17期
            決算年月            2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                          638,792       676,743       704,610       732,914       754,447

     売上高              百万円
                           2,469       5,811       7,842       9,439       9,429

     経常利益              百万円
     親会社株主に帰属する当期
                           1,124       3,244       4,863       6,361       6,903
                   百万円
     純利益
                           2,780       3,183       6,241       7,837       5,549
     包括利益              百万円
                          53,911       55,941       59,613       71,472       80,515

     純資産額              百万円
                          211,840       219,689       222,974       243,698       243,614

     総資産額              百万円
                         3,496.31       3,627.53       4,054.51       4,285.43       4,546.87

     1株当たり純資産額               円
                           72.96       210.43       330.95       399.12       397.71

     1株当たり当期純利益金額               円
     潜在株式調整後1株当たり
                            -       -     294.89       377.82       381.24
                    円
     当期純利益金額
                    %       25.4       25.5       26.7       29.3       33.0
     自己資本比率
                    %       2.1       5.9       8.4       9.7       9.1

     自己資本利益率
                           22.21       11.75        9.16       14.93        9.59

     株価収益率               倍
     営業活動によるキャッ
                          21,955        7,594       12,637       11,649        9,513
                   百万円
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                          △ 6,775      △ 3,360      △ 3,155      △ 2,924       △ 880
                   百万円
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                         △ 13,990       △ 1,791      △ 9,948      △ 4,501      △ 6,678
                   百万円
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                          11,001       13,399       12,923       17,136       19,109
                   百万円
     残高
                           2,917       2,914       2,926       3,023       3,016
     従業員数
                    人
     [外、平均臨時雇用者数]                     [ 5,174   ]    [ 5,091   ]    [ 5,052   ]    [ 5,255   ]    [ 5,219   ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第13期及び第14期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
           しておりません。
         3.2015年8月1日を効力発生日として、5株を1株とする株式併合を実施いたしました。このため、第13期
           (2015年3月期)の期首に株式併合が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益及び1株当たり純資産を算
           定しております。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計
           年度の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡っ
           て適用した後の指標等となっております。
                                   2/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次            第13期        第14期        第15期        第16期        第17期
            決算年月            2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月        2019年3月

                         535,975        561,850        584,748        601,572        609,945
     売上高              百万円
                          1,374        4,303        5,896        7,322        7,266
     経常利益              百万円
                           552       2,737        3,575        4,769        5,473
     当期純利益              百万円
                          5,000        5,000        5,220        7,026        8,568
     資本金              百万円
                        79,301,124        15,860,224        16,029,705        17,417,840        18,027,640
     発行済株式総数               株
                          48,427        50,823        52,978        62,849        70,735
     純資産額              百万円
                         177,208        180,620        180,561        192,984        189,787
     総資産額              百万円
                         3,141.52        3,296.72        3,603.77        3,768.97        3,995.37
     1株当たり純資産額               円
                          10.00        55.00        65.00        75.00        80.00
     1株当たり配当額
                    円
     (うち1株当たり中間配当
                           ( - )    ( 25.00   )    ( 30.00   )    ( 35.00   )    ( 40.00   )
     額)
                          35.83       177.59        243.31        299.20        315.33
     1株当たり当期純利益金額               円
     潜在株式調整後1株当たり
                            -        -      216.80        283.24        302.27
                    円
     当期純利益金額
                    %       27.3        28.1        29.3        32.6        37.3
     自己資本比率
                    %       1.1        5.5        6.9        8.2        8.2
     自己資本利益率
                          45.19        13.92        12.45        19.92        12.10
     株価収益率               倍
                    %      139.5        31.0        26.7        25.1        25.4
     配当性向
                          2,083        2,056        2,047        2,096        2,061
     従業員数
                    人
     [外、平均臨時雇用者数]                     [ 4,505   ]    [ 4,446   ]    [ 4,339   ]    [ 4,444   ]    [ 4,408   ]
                    %       98.2       151.6        188.2        365.0        243.5

     株主総利回り
     (比較指標:日経平均株
                    %      ( 129.5   )    ( 113.0   )    ( 127.5   )    ( 144.7   )    ( 143.0   )
     価)
                           344       3,045        3,170        6,320        7,830
     最高株価               円
                                   (447)
                           296       1,986        2,039        2,854        3,775

     最低株価               円
                                   (317)
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第13期及び第14期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
           しておりません。
         3.2015年8月1日を効力発生日として、5株を1株とする株式併合を実施いたしました。このため、第13期
           (2015年3月期)の期首に株式併合が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益及び1株当たり純資産を算
           定しております。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当事業年度
           の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用し
           た後の指標等となっております。
         5.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
         6.当社は、2015年8月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。第14期の株価に
           ついては株式併合後の最高株価及び最低株価を記載しており、( )内に株式併合前の最高株価及び最低株
           価を記載しております。
                                   3/123


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        株式会社あらたの前身は、それぞれ日用品・化粧品等の卸商社であり、1936年5月に設立された、北海道エリアを
       基盤として北海道・東北・関東エリアを商圏としていたジャスダック証券取引所(現在の東京証券取引所JASDA
       Q市場 以下同様)上場企業であるダイカ株式会社と、1966年9月に設立された、中部エリアを基盤として中部・関
       西エリアを商圏としていたジャスダック証券取引所上場企業である伊藤伊株式会社と、1990年5月に設立された、九
       州エリアを基盤として九州・中国エリアを基盤としていたジャスダック証券取引所上場企業である株式会社サンビッ
       クであります。
        年月                            事項
       2002年4月        ダイカ株式会社、伊藤伊株式会社、株式会社サンビックと共同で当社は持株会社、株式会社あら
              たを設立し、ジャスダックに上場する。
       2002年9月        株式交換により徳倉株式会社を子会社とする。
       2004年4月        持株会社から事業会社へ移行する。
       2004年6月        本店を東京都港区より千葉県船橋市に移転する。
       2004年8月        株式交換により株式会社木曾清を子会社とする。
       2005年4月        子会社である株式会社木曾清、株式会社木曾清サービス、株式会社ドルフと合併する。
       2005年12月        株式交換によりジャペル株式会社を子会社とする。
       2006年10月        株式会社シスコと合併する。
       2006年11月        株式会社電通の100%子会社である株式会社電通テック、日本電気株式会社、大日本印刷株式会
              社の3社と共同で株式会社電通リテールマーケティングを設立する。
       2007年4月        子会社として株式会社インストアマーケティングを設立する。
       2007年12月        資本効率の改善及び株主様への利益還元を目的として自己株式の取得を行い、公開買付で
              4,066,750株を取得する。
       2008年9月        シーエス薬品株式会社、株式会社サイバーリンクス、日本総合システム株式会社と共同で、棚割
              用商品情報を配信するサービスを開始する。
       2010年3月        株式会社日本アクセス、アルフレッサホールディングス株式会社と業務提携契約を締結する。
       2011年3月        東京証券取引所市場第二部に上場する。
       2012年2月        子会社として中国上海に子会社凱饒泰(上海)貿易有限公司を設立する。
       2012年3月        東京証券取引所市場第一部に指定される。
       2012年8月        市野株式会社の株式を取得し子会社とする。
       2013年10月        子会社としてタイバンコクにARATA(THAILAND)CO.,LTD.を設立する。
       2014年7月        本店を千葉県船橋市より東京都江東区に移転する。
       2015年3月        タイバンコクにサハグループと合弁会社SIAM                     ARATA   CO.,LTD.を設立する。
       2016年6月        120%コールオプション条項付第1回無担保転換社債型新株予約権付社債を発行する。
       2018年7月        新株式発行、自己株式の処分及び当社株式の売り出し並びに120%コールオプション条項付第2
              回無担保転換社債型新株予約権付社債を発行する。
       2019年4月        子会社である株式会社ファッションあらたと合併する。
                                   4/123








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
       当社の企業集団は、化粧品・日用品・家庭用品・ペット用品等の卸売業を主な事業の内容としております。
       当社グループは、ドラッグストア、ホームセンター、スーパー、総合スーパー等に化粧品・日用品等を販売する卸
      売業を主たる業務としており、当社、連結子会社11社                         及び  関連会社1社により構成されております。
        事業の系統図は、次のとおりであります。
      (注)1.関連会社は持分法適用会社であります。









         2.店頭管理・フィールドサポート事業とは、当社と㈱電通リテールマーケティングとがメーカーと共同で企画
           した広告提案を、当社お得意先に対して行い、提案した広告とお得意先の店頭とが連動するように㈱インス
           トアマーケティングが店頭管理を行うことでお得意先の店頭活性化を図る事業です。
                                   5/123









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
       (1)連結子会社
                                            議決権の所有
                           資本金
          名称          住所             主要な事業の内容           割合又は被所          関係内容
                          (百万円)
                                            有割合(%)
                                                   役員の兼任        3名
                                                   当社取扱商品の
                                化粧品・化粧雑貨・軽
     ㈱ファッションあらた             東京都江東区           22                   100
                                                   販売
                                衣料等の卸売業
                                                   建物の賃貸
                                                   資金の借入
                                                   役員の兼任        4名
     ジャペル㈱             愛知県              ペット関連商品の卸売
                             140                   100
                                                   当社取扱商品の
     (注)2、3             春日井市              業
                                                   販売
                                ペット関連商品の小売
     ジャペルパートナーシッ             愛知県                              100
                                                   役員の兼任        1名
                             10   業、フランチャイズ加
     プサービス㈱             春日井市                             (100)
                                盟店の募集業務等
                                愛玩動物    及び  ペット
                                フード・ペット用品の
                                                100
     ペットライブラリー㈱                                              役員の兼任       1名
                  愛知県小牧市           10   販売、ペット美容、
                                               (100)
                                ペットホテル、ペット
                                保険関連業務
                  神奈川県                              100
     モビィ㈱                                                  -
                             10   ペット関連品輸出入
                  平塚市                             (100)
                                                   役員の兼任        3名
     ㈱インストアマーケティ
                                                   当社得意先の
                  東京都江東区           60   店頭管理                 80
     ング
                                                   店頭管理
                                                   建物の賃貸
                                日用品・化粧品・ペッ
                                                   役員の兼任        1名
     凱  饒  泰(上海)      貿易
                                ト関係・家庭用品の卸
                  中国上海           200                   100
                                                   当社取扱商品の
                                売 及び  輸出入販売、そ
     有限公司
                                                   販売
                                の他関連サービス
                                                   役員の兼任        2名
                  大阪府
                                                   当社取扱商品の
     ㈱リビングあらた                        27   家庭用雑貨の卸売業                100
                  東大阪市
                                                   販売
                                                   資金の貸付
                                ペット関連商品の小売
     JAPELL                                              役員の兼任        1名
                              2  業、卸売業     及び  輸出入         100
     (HONG       KONG)
                  中国香港
                                                   当社取扱商品の
                          (百万HK$)      販売、その他関連サー               (100)
     CO.,LIMITED                                              販売
                                ビス
     ARATA                                              当社取扱商品の
                  タイ            2
     (THAILAND)                           タイにおける卸売業                 49  販売
                  バンコク        (百万THB)
     CO.,LTD.                                              資金の貸付
                                                   当社取扱商品の
     SIAM     ARATA
                  タイ           20                   75
                                タイにおける卸売業                   販売
                  バンコク        (百万THB)                      (26)
     CO.,LTD.
                                                   資金の貸付
      (注)1.「議決権の所有割合又は被所有割合」欄の(内書)は間接所有であります。
         2.特定子会社に該当しております。
                                   6/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        3.ジャペル㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%
          を超えております。
          主要な損益情報等
           ジャペル㈱
           (1)売上高                     122,614百万円
           (2)経常利益                      1,284百万円
           (3)当期純利益                     1,043百万円
           (4)純資産額                      6,780百万円
           (5)総資産額    45,342百万円
       (2)持分法適用の非連結子会社
         該当事項はありません。
       (3)持分法適用関連会社
                                           議決権の所有
                          資本金
          名称          住所             主要な事業の内容           割合又は被所          関係内容
                         (百万円)
                                           有割合(%)
     ㈱電通リテールマーケ                         フィールドサポートの
                 東京都港区          300                     36        -
     ティング                         サービス事業
                                   7/123














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2019年3月31日現在
                                           従業員数(人)
               セグメントの名称
                                                3,016   ( 5,219   )

      化粧品・日用品卸売業
      (注)1.従業員数は、就業人員であります。
         2.臨時雇用者(パート           及び  嘱託社員を含む)を雇用しており、年間平均人員(1日8時間換算)を従業員数欄
           に( )外数で記載しております。
       (2)提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
          2,061   ( 4,408   )           41.7              18.2           5,311,784

      (注)1.従業員数は、就業人員であります。
         2.臨時雇用者(パート            及び  嘱託社員を含む)を雇用しており、年間平均人員(1日8時間換算)を従業員数欄
           に( )外数で記載しております。
         3.平均年間給与は、賞与             及び  基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         当社グループには労働組合は組織されておりませんが、労使関係は良好であります。
                                   8/123













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
        当社グループは「美と健康、清潔で快適な生活を創造する」を経営ビジョンとし、みなさまの暮らしを快適にする
       身近な商品を、全国の小売業様の店頭にお届けする、日用品・化粧品の卸商社として、社会的インフラの一躍を担っ
       ております。
        当社設立から15年は経営基盤強化を図るファーストステージであり、セカンドステージへステップアップし、今後
       は10年先を見据えて引き続き企業価値の向上を図ってまいります。
        対処すべき課題

       ■中期経営計画策定の背景
        日本経済はこれまで幾度となく大きな環境変化を経て発展してきました。
        現在においても、少子高齢化や人手不足、ネット利用の拡大やSNSによる情報拡散、ダイバーシティや働き方
       改革など、様々な環境において変化している時であり、当社グループが属する流通業界も例外ではなく、大きな転
       換期にあると言えます。
        これまで、当社グループはサプライチェーン全体の最適化を追求し、皆さまのお役に立ち続ける存在として卸商
       社の役割を担ってまいりました。
        これからの大きな転換期を迎える流通業のため、社会全体のために卸商社として何ができるのかを考えるととも
       に、当社グループとして10年後の「あるべき姿」を考え、その姿に近づき、追い越すために、2018年3月期から
       2020年3月期までの3期間における基本戦略と目標数値を中期経営計画としてまとめました。
       ■中期経営計画の目標数値

        (連結)                                   (単位:億円)
                          2019年3月期(実績)                2020年3月期(計画)
                                    7,544                7,710

          売      上      高
                                      94                100
          経    常    利    益
          親会社株主に帰属する
                                      69                65
          当   期   純   利   益
         なお、収益性の向上と同時に総資産の圧縮を進め、ROE9%台を目標として経営効率性を高めます。

        ■中期経営計画の活動計画

       (1)   成長戦略を描き続ける
          ファーストステージでは、次世代型卸売業のための強固な経営基盤を築き上げてきました。しかし現状に満足
         することなく、企業として更なる飛躍を目指します。刻々と変化する社会環境・市場環境にタイムリーに対応す
         べく、従来の卸という枠組みを超え、卸機能の幅を広げながら新しい取り組みに積極的に挑戦し、サプライ
         チェーン全体のリーダーシップをとれる企業へ進化してまいります。
       (2  ) 未来への布石を打つ

          目の前の目標や課題だけを追いかけるのではなく、10年先20年先の我々の「あるべき姿」を見据えながら、営
         業機能・物流機能・システム・グローバル化への積極的な投資を行ってまいります。また、未来の当社グループ
         を担える人材育成にも注力してまいります。
       (3  ) 経営基盤の更なる強化

          収益力・財務体質の強化はもちろんのこと、スピーディな変化対応力のある組織体制への変更を実施しま
         す。また、当社グループとしてのシナジーを発揮すべくグループ会社間の連携強化にも取り組みます。更に、
         CSRへの取組強化や事業継続計画(BCP)についても継続して推進していきます。
        当社設立からの15年は、収益向上・業務改革・統合統一を主軸とした次世代型卸のための経営基盤の強化を行っ

       てきたファーストステージでありました。
        これからはセカンドステージとして、10年先を見据えて、卸売業の新たな可能性を追求いたします。
        「モノをつなぐ、コトをつなぐ、ココロをつなぐ。」
        新中期経営計画のメッセージを基に、更なる成長戦略を描き、目標数値を達成してまいります。
                                   9/123


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項については、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
        ①  競争激化による投資コストの増加について
          当社グループが属する化粧品・日用品の卸売業界におきましては、取扱い商品における業界の垣根を越えた再
         編の可能性があり、主要顧客である小売業界においても同様の動きが起こる可能性があります。また、外資系小
         売業の進出などにより、物流機能の取り込みが起こり、卸売業の物流機能の評価が低下する可能性もあります。
         このような業界再編やそれにともなう物流形態の変化等の環境変化に対応するために、新しい事業分野への進出
         や、物流機能の充実のための大型物流センター等の設備投資が必要となってくると考えられます。その場合に
         は、減価償却費や物流に関連する各種経費の一時的増加により業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ②  業績変動について

          当社グループの業績は、第4四半期において他の四半期に比べて売上高                                  及び  利益は低下する傾向にあります。
          これは主に、12月に日用品をまとめて購入する消費需要の反動や、2月は営業日数が少ない等の影響によるも
         のであります。このため、第3四半期までの業績の傾向が、年間の業績の傾向を示さない可能性があります。
          なお、2018年3月期並びに2019年3月期の四半期毎の業績は、以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)

                                   2018年3月期
                  第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期          年度計
          売上高           183,701         186,064         190,218         172,929         732,914
        (構成比     %)
                     (25.0   )      (25.4   )      (26.0   )      (23.6   )      (100.0)
         営業利益             2,457         2,015         2,454         1,929         8,857
        (構成比     %)
                     (27.7   )      (22.8   )      (27.7   )      (21.8   )      (100.0)
         経常利益             2,701         2,142         2,580         2,015         9,439
        (構成比     %)
                     (28.6   )      (22.7   )      (27.3   )      (21.4   )      (100.0)
                                                    (単位:百万円)

                                   2019年3月期
                  第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期          年度計
          売上高           191,872         189,208         197,043         176,321         754,447
        (構成比     %)
                     (25.4   )      (25.1   )      (26.1   )      (23.4   )      (100.0)
         営業利益             2,486         1,991         2,450         1,963         8,892
        (構成比     %)
                     (28.0   )      (22.4   )      (27.5   )      (22.1   )      (100.0)
         経常利益             2,551         2,122         2,611         2,144         9,429
        (構成比     %)
                     (27.1   )      (22.5   )      (27.7   )      (22.7   )      (100.0)
                                  10/123







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         ③  ペット生体の需給動向について
          犬猫生体については、繁殖者の減少から生体が供給不足になる可能性があります。また、犬猫の平均寿命は
         延びているものの、高齢生体の比率が上昇しており、高齢生体の死亡により飼育頭数が減少する可能性があり
         ます。生体全般としては人獣共通感染症が発生した場合に生体が減少する可能性があります。ペットフード・
         用品の売上については、ペット生体の数の増減によって業績に影響を及ぼす可能性があります。
         ④  商慣習によるリスクについて

          当社グループが所属する日用品化粧品・ペット卸売業界は、商品の販売数量や支払条件等に応じて、メー
         カーから販売奨励金等が支払われます。これは、メーカーと当社グループの間で取り決められた条件を達成す
         ることによって支払われますが、メーカーの営業戦略の変更により制度変更された場合は、業績に影響を及ぼ
         す可能性があります。
          また、当社グループの商品在庫におきましては、ほぼメーカーへの返品が可能となっております。しかしな
         がら、メーカーの民事再生等により債務不履行が発生した場合は、在庫評価損の計上や返品が不能となる場合
         があり、業績に影響を及ぼす可能性があります。
         ⑤  ペットフードの安全性について

          「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」の施行により、安全基準値を超えた商品が発見された場
         合にはペットフードの生産、流通に支障が生じる可能性があります。また、鳥インフルエンザなどの発生によ
         るペットフード原料の調達不足が発生した場合には業績に影響を及ぼす可能性があります。
         ⑥  カントリーリスクについて

          当社グループは、海外事業の拡大を図っており、海外現地におけるに政情不安、貿易制裁、文化や法制度の
         相違、特殊な労使関係等によるカントリーリスクにより、円滑な業務運営が妨げられ、当社グループの業績と
         財政状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ⑦  信用リスクについて

          当社グループでは取引先の信用悪化や経営破綻による損失が発生する信用リスクを管理するため、信用調査
         会社による資料に基づき要注意先を設定し与信限度額を定め、与信先の信用状態に応じて必要な担保・保証な
         どを取り付けるとともに、会計上充分な貸倒引当金を計上しております。
          しかしながら、得意先の業績悪化により、債権等が回収不能となった場合、当社グループの業績に影響を及
         ぼす可能性があります。
         ⑧  減損会計について

          当社グループは、事業用資産として多くの土地及び建物等を所有しております。事業用資産の簿価に対して
         時価が著しく下落した場合や各支社の収益性が悪化した場合等には、固定資産の減損処理が必要となる場合が
         あります。その場合、特別損失が計上され、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         ⑨  投資有価証券保有にかかる株価変動リスクについて

          当社グループは主として営業上の取引関係の維持、強化のため取引先を中心に株式を保有しております。
          このため、株式相場の動向もしくは株式を保有している企業の業績次第では、それぞれの株価に大きな変動
         が発生し、当社グループの業績              及び  財政状態に重要な影響を与える可能性があります。
         ⑩  大規模災害について

          当社グループは全国に多くの拠点があり、大規模災害が発生した場合にはその地域における物流機能の麻痺
         及び  システム障害が発生し、商品の供給が滞る可能性があります。
         ⑪  システムトラブルについて

          当社グループは、営業活動、商品管理等の多くをコンピューターネットシステムに依拠しております。自然
         災害や事故の発生、コンピューターウイルスの侵入等により機能が停止した場合、リカバリーシステムによる
         復旧までに時間を要し、業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  11/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)  経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度における経営環境は、企業の好業績や雇用情勢の改善などにより、景気は緩やかな回復基調にあ
        ります。
         今後は開催が来年7月に迫った東京オリンピックに向けたインフラ建設等の需要増加や、外国人旅行者の増加な
        どから、景気の持ち直し傾向が続くことが予想されるものの、相次ぐ自然災害や慢性的な人手不足の影響が懸念さ
        れるとともに、通商問題の動向や、保護貿易主義的な動きによるグローバル経済への悪影響が懸念されるなど、先
        行き不透明な状況で推移しております。
         このような中、当連結会計年度においては人口減少による市場規模の縮小に伴う競争激化に加え、天候不順、相
        次ぐ自然災害などによる販売機会の損失と費用の増加により厳しい1年間となりましたが、中期経営計画の達成に
        向けて積極的な営業活動により売上拡大を目指すとともに、予算達成に向けて利益率の高い商品の販売拡大と生産
        性向上に向けた施策を実施してまいりました結果以下のとおりとなりました。
        a.財政状態

          当連結会計年度末の資産合計は              243,614    百万円となり、前連結会計年度末と比較して                     83百万円の減少       となりま
         した。
          負債合計は     163,098    百万円となり、前連結会計年度末と比較して                     9,127百万円の減少         となりました。
          純資産の部は      80,515   百万円となり、前連結会計年度末と比較して                     9,043百万円の増加         となりました。
        b.経営成績

          当連結会計年度における売上高は               754,447    百万円(前年同期        2.9%増    )、営業利益は       8,892   百万円(前年同期
         0.4%増    )、経常利益は       9,429   百万円(前年同期        0.1%減    )、親会社株主に帰属する当期純利益は                   6,903   百万円(前
         年同期   8.5%増    )となりました。
                                  12/123











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          なお、セグメントの業績につきましては、当社グループは日用品・化粧品等の卸売業を主たる事業とする単一
         セグメントであるため記載を省略しておりますので、カテゴリー別及び業態別の売上実績につきまして記載して
         おります。
         カテゴリー別売上実績

          当連結会計年度におけるカテゴリー別売上実績は、次のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                                           当連結会計年度
             カテゴリー                主要商品
                                         (自 2018年4月1日
                                                      前年同期比
                                          至 2019年3月31日)
                                                          %
                      化粧品、装粧品、入浴剤、身体洗浄
         Health    & Beauty
                      剤、ヘアカラー、オーラルケア、医薬                           234,426        104.7
                      品、健康食品
                      衣料用洗剤類、台所・食器用洗剤類、

         ハウスホールド                                       105,506        104.6
                      住居用洗剤類
                      芳香・消臭剤、防虫剤、殺虫剤、薫香

                      ローソク、乾電池/乾電池応用品、記
         ホームケア                                        69,179        98.1
                      録メディア、照明用品、電気応用品、
                      OA用品、写真関連品
                      ベビー用品、ベビー用おむつ、介護用

         紙製品             品、大人用おむつ、生理用品、ティッ                           147,203        100.0
                      シュペーパー、トイレットペーパー
                      台所消耗品、洗面用品、清掃用品、収
         家庭用品             納用品、季節品、保存用品、調理用                           56,631        104.7
                      品、卓上用品、行楽用品
         ペット・多角品・その他             ペット用品、文具、玩具、カー用品                           141,499        103.7

                       合計                         754,447        102.9

         (注)当連結会計年度より、カテゴリーの商品分類を一部変更しております。なお、前年同期比につきまして
            は、前連結会計年度の数値を組み替えて算定しております。
          取扱カテゴリーにおいて、猛暑や暖冬などの異常気象の影響により、殺虫剤やカイロ等の不振が響きホームケ
         アカテゴリーが前年を下回る結果となりましたが、中期経営計画における重点カテゴリーであるHealth                                                &
         Beauty、家庭用品が好調に推移しており、特に化粧品については、2019年4月に化粧品専門卸である子会社の
         ファッションあらたと合併し、専門性を生かしたHealth                          & Beautyの拡大戦略を図ることとしております。
                                  13/123








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         業態別売上実績

          当連結会計年度における業態別売上実績は、次のとおりであります。
                                   (単位:百万円)
                       当連結会計年度

             業態
                      自 2018年4月1日
                                    前年同期比
                      至 2019年3月31日
                                         %
         ドラッグストア                    367,008          104.9

         ホームセンター                    123,829          100.2

         SM                     93,043         100.8

         ディスカウント                     55,448         104.5

         GMS                     40,818          95.9

         その他                     74,298         103.9

             合計                754,447          102.9

         (注)当連結会計年度より、業態別の分類を一部変更しております。なお、前年同期比につきましては、前連結
            会計年度の数値を組み替えて算定しております。
          小売業態の中でも現在成長が著しいドラッグストアを中心に、高齢者向け商品の提案、消費者が満足する付加
         価値を持った商品の提案などの施策により前年比2.9%増加しております。
        ②キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
         1,973百万円増加し、19,109百万円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれ
         らの要因は、次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果、獲得した資金は9,513百万円(前年は11,649百万円の獲得)となりました。これは主に、税金
         等調整前当期純利益が10,152百万円、減価償却費4,455百万円、仕入債務の増加額1,231百万円等の収入に対し、
         投資有価証券売却益1,075百万円、売上債権の増加額1,421百万円、たな卸資産の増加額787百万円等の支出が
         あったことによるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果、支出した資金は880百万円(前年は2,924百万円の支出)となりました。これは主に、有形固定
         資産の売却による収入703百万円、投資有価証券の売却による収入1,919百万円等の収入に対して、有形固定資産
         の取得による支出1,800百万円、無形固定資産の取得による支出1,398百万円、投資有価証券の取得による支出
         304百万円等の支出があったことによるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果、支出した資金は6,678百万円(前年は4,501百万円の支出)となりました。これは主に、長期借
         入れによる収入6,501百万円、社債の発行による収入5,979百万円、株式の発行による収入3,061百万円、自己株
         式の処分による収入1,517百万円等の収入に対して、短期借入金の純減による支出10,600百万円、長期借入金の
         返済による支出8,914百万円、社債の償還による支出2,000百万円、配当金の支払による支出1,389百万円、リー
         ス債務の返済による支出830百万円等の支出があったことによるものであります。
                                  14/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ③生産、受注及び販売の実績

       a.生産の実績及び受注実績
        当社グループの        事業内容は、日用雑貨・化粧品等の卸売業であり、生産の実績は記載ができないため、当該記載
       を省略しております。
        また、受注実績は販売実績と近似しているため、下記の販売実績を参照ください。
       b.販売実績

        当社グループの        事業内容は、日用雑貨・化粧品等の卸売業を主たる事業とする単一セグメントであります。
        主な相手先別の販売実績            及び  当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                              至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
               相手先
                           金額(百万円)          割合(%)       金額(百万円)          割合(%)
        株式会社ツルハホールディングス                      87,640          12.0       97,743          13.0

       (注)上記金額には、消費税等を含んでおりません。
                                  15/123















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は以下のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針        及び  見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。当社グループの連結財務諸表の作成にあたっては、当連結会計年度末における財務状態、経営成績及び
        キャッシュ・フローの状況に影響を与えるような見積り、予測を必要としております。当社グループは過去の実績
        値や分析値、状況等を踏まえ合理的と判断される前提に基づき、継続的に見積り、予測を行っております。そのた
        め実際の結果とは見積り特有の不確実性があるため、異なる場合があります。
         なお、当社グループの連結財務諸表の作成に当たり採用した会計方針及びその適用方法                                        並びに   見積りの評価につ
        いては、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本
        となる重要な事項」に記載のとおりであります。
        ② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

          当社グループは2020年3月期を最終年度とする中期経営計画を2018年3月期にスタートさせ、それ以前までを
         ファーストステージ、中期経営計画からをセカンドステージとして10年先を見据えた「あるべき姿」を考え、中
         期経営計画における戦略(1)成長戦略を描き続ける(2)未来への布石を打つ(3)経営基盤の更なる強化とい
         う3つの戦略を軸に各種施策を実施しております。
         a.財政状態の分析

          当連結会計年度末の資産合計は              243,614百万円       となり、前連結会計年度           末 と比較して     83百万円の減少       となりま
         した。
          資産の部では、流動資産が            175,156百万円       となり、前連結会計年度           末 と比較して     3,899百万円の増加         となりまし
         た。
          これは主に現金及び預金が            1,972百万円      、受取手形及び売掛金が           1,441百万円      、商品が    807百万円     増加したこと
         によるものであります。
          固定資産は     68,458百万円      となり、前連結会計年度           末 と比較して     3,983百万円の減少         となりました。
          これは主に工具、器具及び備品が               455百万円     増加し、建物及び構築物が            1,077百万円      、土地が    525百万円     、リー
         ス資産が    497百万円     、投資有価証券が        2,386百万円      減少したことによるものであります。
          負債の部では、流動負債が            129,829百万円       となり、前連結会計年度           末 と比較して     16,001百万円の減少         となりま
         した。
          これは主に支払手形及び買掛金が               919百万円     増加し、短期借入金が          14,619百万円      、未払法人税等が        306百万円     減
         少したことによるものであります。
          固定負債は     33,269百万円      となり、前連結会計年度           末 と比較して     6,874百万円の増加         となりました。
          これは主に社債が        5,760百万円      、長期借入金が       1,742百万円      増加したことによるものであります。
          純資産の部は      80,515百万円      となり、前連結会計年度           末 と比較して     9,043百万円の増加         となりました。
          これは主に資本金が         1,542百万円      、資本剰余金が       2,425百万円      、利益剰余金が       5,515百万円      が増加したこと、純
         資産の部から控除される自己株式が                914百万円     減少した一方で、その他有価証券評価差額金が                      1,355百万円      減少し
         たことによるものであります。
          このような結果、自己資本比率は               33.0  %となりました。
          なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結
         会計年度の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行ってお
         ります。
                                  16/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         b.経営成績の分析

          当連結会計年度における売上高は               754,447百万円       ( 前年同期2.9%増        )となりました。主な要因は、業態別では
         ドラッグストアが前年同期比4.9%増、ディスカウントが前年同期比4.5%増と好調に推移し、またカテゴリー別
         では、中期経営計画における重点カテゴリーであるHealth                           &  Beauty、家庭用品がそれぞれ前年同期比4.7%
         増、ハウスホールドが前年同期比4.6%増と好調に推移しております。
          次に営業利益は       8,892百万円      ( 前年同期0.4%増        )、経常利益は       9,429百万円      ( 前年同期0.1%減        )となってお
         り、間接業務の集約や物流面・業務面の生産性向上等の施策を行うことで、売上高の前年同期比2.9%増に対
         し、販売費及び一般管理費が前年同期比2.5%増に抑制して、販売費及び一般管理費比率は前年9.23%から
         9.19%と改善できたことが要因の一つにあげられます。
          また、今後の売上高増加に伴い必要となる運転資金をより安定的に優位な条件で調達できるように設定しまし
         た500億円のコミットメントライン、及び中長期の成長に向けた資金として7月に行った社債、公募増資の初期
         手数料を営業外費用に計上しましたが、有利子負債の削減と調達条件の改善により支払利息を低減し、前年は営
         業外収益に計上しました貸倒引当金戻入益の減少による影響を抑制することができたことも要因の一つです。
          次に親会社株主に帰属する当期純利益は                   6,903百万円      ( 前年同期8.5%増        )となりました。主な要因は、特別損
         失として、台風・地震などの災害により82百万円、2019年3月に当社物流センターにおける火災の復旧に264百
         万円の特別損失を計上いたしましたが、コーポレートガバナンス・コードの適用により、政策保有株式について
         その保有目的と経済合理性を鑑みて売却を進めたことで1,079百万円の特別利益を計上したことが主な要因で
         す。
          ROEについては、今期も9%台を維持しており、中期経営計画最終年度である第18期においても9%台を維
         持できるよう、バランスを考えた経営を進めてまいります。
         c.キャッシュ・フローの分析

          当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状
         態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                           経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状
         況」に記載のとおりであります。
          当社グループの資本の財源             及び  資金の流動性につきましては、次のとおりであります。

          当社グループの運転資金需要のうち主なものは、商品の仕入であります。投資を目的とした主な資金需要は、
         設備投資によるものであります。
          当社グループは、事業運営上必要な資金の流動性と資金の源泉を安定的に確保することを                                          基本方針としており
         ます。
          短期運転資金は自己資金、金融機関からの短期借入                        及び  債権流動化を基本としており、設備投資や長期運転資
         金は、金融機関からの長期借入              及び  社債の発行を基本としております               。
          なお、当連結会計年度末における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は33,624百万円となっており
         ます。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は19,109百万円となっております。
      4【経営上の重要な契約等】

         該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

         該当事項はありません。
                                  17/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
         当連結会計年度中において実施いたしました設備投資の総額は                             3,325   百万円で、主な内訳は支店の改修等にかか
        る投資1,892百万円、システム投資1,397百万円であります。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                   2019年3月31日現在
                                     帳簿価額

                                                         従業員
        事業所名
                      建物及び      工具、器具
                                   土地
                設備の内容
                                                          数
                                        リース資産       その他      合計
        (所在地)
                                  (百万円)
                      構築物      及び備品
                                                         (人)
                                        (百万円)      (百万円)     (百万円)
                                 (面積千㎡)
                      (百万円)      (百万円)
                                    1,081
                                                          325
         本社
                全社管理
                        1,039       137            198      ▶   2,461
                                    (20  )
      (東京都江東区)
                 業務
                                                          (26  )
                                   〔401   〕
                                    3,467
      北海道・東北地区
                                                          366
                販売業務
                        7,470      1,630             160      6   12,735
                                   (298   )
     北海道支社管轄拠点
                物流業務
                                                         (941   )
      東北支社管轄拠点
                                   〔155   〕
                                    3,835

                                                          476
                販売業務
        首都圏地区
                        3,437       282           2,010       0   9,565
                                    (82)
     首都圏支社管轄拠点
                物流業務
                                                        (1,322    )
                                  〔1,605〕
                                    2,738

                                                          237
                販売業務
        中部地区
                        2,430       586             2     0   5,757
                                    (45)
      中部支社管轄拠点
                物流業務
                                                         (549   )
                                   〔100〕
                                    1,715
                                                          241
                販売業務
        関西地区
                        1,787       356            145      0   4,004
                                    (83)
      関西支社管轄拠点
                物流業務
                                                         (491   )
                                   〔277〕
                                    5,373
      九州・中四国地区
                                                          416
                販売業務
                        3,601       969            215      2   10,161
      九州支社管轄拠点                             (109)
                物流業務
                                                         (995   )
     中四国支社管轄拠点
                                   〔351〕
      (注)1.上記金額には、消費税等を含めておりません。
         2.帳簿価額「その他」の内容は、車両運搬具と建設仮勘定の合計であります。
         3.土地の[       ]内の数字は賃借中のものであり、年間賃借料(百万円)を外書しております。
         4.現在休止中の主要な設備はありません。
         5.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
         6.上記の他、主要な賃借設備の内容は、次のとおりであります。
                                     年間賃借料
           名称            設備の内容
                                     (百万円)
                                       430
      摂津センター                  物流センター
                                  18/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
         ジャペル㈱
                                      帳簿価額

                                                         従業
        事業所名
                                                         員数
                 設備の内容       建物及び      工具、器具
                                     土地
        (所在地)
                                         リース資産      その他      合計
                                                         (名)
                                    (百万円)
                        構築物      及び備品
                                         (百万円)     (百万円)     (百万円)
                        (百万円)      (百万円)      (面積千㎡)
                全社管理業務
                                       581
                                                          166
         本社
                                  36     (9)           -
                  販売業務         283                  37          938
                                                         (42)
      (愛知県春日井市)
                                      〔-〕
                  物流業務
                                       192
                  販売業務                                         106
      東北営業所その他
                                     (15)             0
                          1,477        22           52         1,745
                                                         (98)
      (宮城県仙台市他)
                  物流業務
                                     〔82〕
      (注)1.上記金額には、消費税等を含めておりません。
         2.帳簿価額「その他」の内容は、車両運搬具と建設仮勘定の合計であります。
         3.土地の[       ]内の数字は賃借中のものであり、年間賃借料(百万円)を外書しております。
         4.現在休止中の主要な設備はありません。
         5.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
                             投資予定金額                 着手及び完了予定
                                                       完成後
        会社名
                所在地     設備の内容                資金調達方法                  の増加
                            総額    既支払額
        事業所名
                                             着手     完了
                                                       能力
                          (百万円)     (百万円)
       株式会社あらた
                     土地、建物及                自己資金、借入
      首都圏物流センター
                関東地域             8,000      -          未定     未定     -
                     び物流設備                金及び増資資金
        (仮称)
         合計

                 -      -      8,000      -    -      -     -     -
     (注)1.上記金額には、消費税等を含んでおりません。

        2.完成後の増加能力は、合理的な算定が困難であるため記載しておりません。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  19/123









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           30,000,000

                  計                                30,000,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所名
             事業年度末現在発行数(株)              提出日現在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
               (2019年3月31日)             (2019年6月26日)
                                        取引業協会名
                                                   権利内容に何ら限定
                                                   のない当社における
                                        東京証券取引所
                   18,027,640             18,027,640
     普通株式                                              標準となる株式であ
                                        (市場第一部)
                                                   り、単元株式数は
                                                   100株であります。
                   18,027,640             18,027,640             -           -
        計
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行

        された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
                                  20/123











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ③【その他の新株予約権等の状況】
         会社法に基づき発行した新株予約権付社債は、次のとおりであります。
        120%コールオプション条項付第1回無担保転換社債型新株予約権付社債
      決議年月日                                             2016年6月2日
      新株予約権の数(個)(注)1 ※                                                  184
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個) ※                                                   -
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)(注)2 ※                                         普通株式71,760
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)3 ※                                                2,564.1
                                              自   2016年8月1日
      新株予約権の行使期間 (注)4 ※
                                              至   2021年6月16日
                                             発行価格              2,564.1
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
      及び資本組入額(円)(注)5 ※                                       資本組入額               1,283
      新株予約権の行使の条件 ※                                          (注)6

                                          本新株予約権又は本社債の一方のみを

      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                          譲渡することはできない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                                          (注)7
                                          各本新株予約権の行使に際しては、当該
                                          各本新株予約権に係る各本社債を出資す
      新株予約権の行使の際に出資の目的とする財産の内容及び価額 ※                                   るものとし、各本新株予約権の行使に際
                                          して出資される財産の価額は、各本社債
                                          の払込金額と同額とする。
      新株予約権付社債の残高(百万円) ※                                                  184
       ※   当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年5月
           31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現
           在に係る記載を省略しております。
      (注)1.本社債の額面金額1百万円につき1個とする。
         2.本新株予約権の目的である株式の数は、同一の新株予約権者により同時に行使された本新株予約権に係る本
           社債の金額の総額を下記(注)3に定める転換価額で除して得られる数とする。この場合に1株未満の端数
           を生ずる場合は、これを切り捨て、現金による調整は行わない。
         3.各本新株予約権の行使に際しては、当該各本新株予約権に係る各本社債を出資するものとし、各本新株予約
           権の行使に際して出資される財産の価額は、各本社債の払込金額と同額とする。
           各本新株予約権の行使により交付する当社普通株式の数を算定するにあたり用いられる価額(以下「転換価
           額」という。)は、当初、2,602円とする。ただし、転換価額は本第(1)号乃至第(7)号に定めるところによ
           り調整されることがある。
          (1)  当社は、本新株予約権付社債の発行後、本第(2)号に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更が生じ
            る場合又は変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「新株発行等による転換価額調整
            式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                          発行・処分          1株あたりの
                                                 ×
                                既  発  行
                                                    払  込  金  額
                                          株 式 数
                                       +
                                株  式  数
                                                時  価
               調  整  後     調  整  前
                     =        ×
               転換価額         転換価額
                                     既発行株式数+発行・処分株式数
          (2)  新株発行等による転換価額調整式により転換価額の調整を行う場合及びその調整後の転換価額の適用時期
            については、次に定めるところによる。
            ①  時価(本第(6)号②に定義する。以下同じ。)を下回る払込金額をもってその発行する当社普通株式又
              はその処分する当社の有する当社普通株式を引き受ける者の募集をする場合。
              調整後の転換価額は、払込期日又は払込期間の末日の翌日以降、また、当該募集において株主に株式
              の割当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日の翌日以降これ
              を適用する。
                                  21/123



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
            ②  当社普通株式の株式分割又は当社普通株式の無償割当て等をする場合。

              調整後の転換価額は、当該株式分割又は無償割当て等により株式を取得する株主を定めるための基準
              日(基準日を定めない場合は、効力発生日)の翌日以降これを適用する。
            ③  時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付と引換えに取得される証券(権利)もしくは取得させ
              ることができる証券(権利)又は当社普通株式の交付を受けることができる新株予約権の交付と引換
              えに取得される証券(権利)もしくは取得させることができる証券(権利)、又は行使することによ
              り当社普通株式の交付を受けることができる新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
              む。)を発行する場合。なお、新株予約権無償割当ての場合(新株予約権付社債を無償で割り当てる
              場合を含む。以下同じ。)は、新株予約権を無償として当該新株予約権を発行したものとして本③を
              適用する。
              調整後の転換価額は、発行される証券(権利)又は新株予約権(新株予約権の交付と引換えに取得さ
              れる証券(権利)もしくは取得させることができる証券(権利)に関して交付の対象となる新株予約
              権を含む。)の全てが当初の転換価額で取得され又は当初の転換価額で行使されたものとみなして新
              株発行等による転換価額調整式を準用して算出するものとし、当該証券(権利)又は新株予約権の払
              込期日又は払込期間の末日の翌日以降、また、当該募集において株主に割当てを受ける権利を与える
              場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、その効力発生日)
              の翌日以降これを適用する。
              ただし、本③に定める証券(権利)又は新株予約権の発行(新株予約権無償割当ての場合を含む。)
              が当社に対する企業買収の防衛を目的とする発行である旨を、当社が公表のうえ社債管理者に通知し
              たときは、調整後の転換価額は、当該証券(権利)又は新株予約権(新株予約権の交付と引換えに取
              得される証券(権利)もしくは取得させることができる証券(権利)については、交付の対象となる
              新株予約権を含む。)について、当該証券(権利)又は新株予約権の要項上、当社普通株式の交付と
              引換えにする取得の請求もしくは取得条項に基づく取得もしくは当該証券(権利)もしくは新株予約
              権の行使が可能となった日(以下「転換・行使開始日」という。)の翌日以降、転換・行使開始日に
              おいて取得の請求、取得条項による取得又は当該証券(権利)もしくは新株予約権の行使により当社
              普通株式が交付されたものとみなして新株発行等による転換価額調整式を準用して算出してこれを適
              用する。
            ④  本号①乃至③の場合において、当社普通株式の株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日が設
              定され、かつ、効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取締役会その他当社の機関の承認を条件と
              しているときには、本号①乃至③にかかわらず、調整後の転換価額は、当該承認があった日の翌日以
              降これを適用する。この場合において、当該基準日の翌日から当該承認があった日までに本新株予約
              権の行使請求をした本新株予約権者に対しては、次の算出方法により、当社普通株式を交付する。
                           調  整  前      調  整  後
                                               調整前転換価額により当該
                                            ×
                                 -
                        (                 )
                                               期間内に交付された株式数
                           転換価額         転換価額
                      =
                 株式数
                                      調整後転換価額
              この場合に1株未満の端数を生じる場合は、これを切り捨て、現金による調整は行わない。
          (3)  当社は、本新株予約権付社債の発行後、本第(4)号に定める特別配当を実施する場合には、次に定める算
            式(以下「特別配当による転換価額調整式」といい、新株発行等による転換価額調整式と併せて「転換価
            額調整式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                        時価-1株あたり特別配当
                 調  整  後       調  整  前
                         =          ×
                 転換価額          転換価額
                                             時価
            「1株あたり特別配当」とは、特別配当を、剰余金の配当に係る当該事業年度の最終の基準日における各
            社債の金額(金100万円)あたりの本新株予約権の目的となる株式の数で除した金額をいう。1株あたり
            特別配当の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
                                  22/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          (4)  ①  「特別配当」とは、下記のいずれかの事業年度内に到来する各基準日に係る当社普通株式1株あたり

              の剰余金の配当(配当財産が金銭であるものに限り、会社法第455条第2項及び第456条の規定により
              支払う金銭を含む。)の額に当該基準日時点における各社債の金額(金100万円)あたりの本新株予約
              権の目的となる株式の数を乗じて得た金額の当該事業年度における累計額が、基準配当金(基準配当
              金は、各社債の金額(金100万円)を転換価額等決定日に確定する転換価額で除して得られる数値(小
              数第1位まで算出し、小数第1位を切り捨てる。)に55を乗じた金額とする。)に当該事業年度に係
              る以下に定める比率(当社が当社の事業年度を変更した場合には、以下に定める事業年度及び比率は
              社債管理者と協議のうえ合理的に修正されるものとする。)を乗じた金額を超える場合における当該
              超過額をいう。
              2017年3月31日に終了する事業年度                 1.20
              2018年3月31日に終了する事業年度                 1.44
              2019年3月31日に終了する事業年度                 1.73
              2020年3月31日に終了する事業年度                 2.07
              2021年3月31日に終了する事業年度                 2.49
            ②  特別配当による転換価額の調整は、各事業年度の配当に係る最終の基準日に係る会社法第454条又は第
              459条に定める剰余金の配当決議が行われた日の属する月の翌月10日以降これを適用する。
          (5)  転換価額調整式により算出された調整後の転換価額と調整前の転換価額との差額が1円未満にとどまる限
            りは、転換価額の調整はこれを行わない。ただし、次に転換価額の調整を必要とする事由が発生し転換価
            額を算出する場合は、転換価額調整式中の調整前転換価額に代えて、調整前転換価額からこの差額を差引
            いた額を使用するものとする。
          (6)  ①  転換価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
            ②  転換価額調整式で使用する「時価」は、新株発行等による転換価額調整式の場合は調整後の転換価額
              を適用する日(ただし、本第(2)号④の場合は基準日)又は特別配当による転換価額調整式の場合は当
              該事業年度の配当に係る最終の基準日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引
              所における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を
              除く。)とする。
              この場合、平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
            ③  新株発行等による転換価額調整式で使用する既発行株式数は、当該募集において株主に株式の割当て
              を受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日、また、それ以外の場合
              は、調整後の転換価額を適用する日の30日前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日にお
              ける当社の有する当社普通株式の数を控除し、当該転換価額の調整前に本第(2)号又は第(7)号に基づ
              き発行・処分株式数とみなされた当社普通株式のうち未だ発行・処分されていない当社普通株式の株
              式数を加えた数とする。また、当社普通株式の株式分割が行われる場合には、新株発行等による転換
              価額調整式で使用する発行・処分株式数は、基準日における当社の有する当社普通株式に割り当てら
              れる当社普通株式数を含まないものとする。
          (7)  当社は、本第(2)号及び第(3)号に掲げた事由によるほか、次の本号①乃至⑤に該当する場合は社債管理者
            と協議のうえその承認を得て、転換価額の調整を適切に行うものとする。
            ①  株式の併合、資本金もしくは準備金の額の減少、合併、会社分割又は株式交換のために転換価額の調
              整を必要とするとき。
            ②  本号①のほか、当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由の発生により転換価額
              の調整を必要とするとき。
            ③  当社普通株式の株主に対する他の種類株式の無償割当てのために転換価額の調整を必要とするとき。
            ④  金銭以外の財産を配当財産とする剰余金の配当が、経済的に特別配当に相当するために転換価額の調
              整を必要とするとき。
            ⑤  転換価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の転換価額の算出
              にあたり使用すべき時価が、他方の事由によって調整されているとみなされるとき。
          (8)  本第(1)号乃至第(7)号に定めるところにより転換価額の調整を行うときは、当社は、あらかじめ書面に
            よりその旨並びにその事由、調整前の転換価額、調整後の転換価額及びその適用の日その他必要な事項を
            社債管理者に通知し、かつ、適用の日の前日までに必要な事項を公告する。ただし、適用の日の前日まで
            に前記の公告を行うことができないときは、適用の日以降すみやかにこれを行う。
         4.本新株予約権付社債の新株予約権者(以下「本新株予約権者」という。)は、2016年8月1日から2021年6
           月16日までの間(以下「行使請求期間」という。)、いつでも、本新株予約権を行使し、当社に対して当社
           普通株式の交付を請求すること(以下「行使請求」という。)ができる。ただし、以下の期間については、
           行使請求をすることができないものとする。
                                  23/123


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          (1)  当社普通株式に係る株主確定日(会社法第124条第1項に定める基準日をいう。)及びその前営業日(振

            替機関の休業日等でない日をいう。以下同じ。)
          (2)  振替機関が必要であると認めた日
          (3)  組織再編行為において承継会社等の新株予約権を交付する場合で、本新株予約権の行使請求の停止が必要
            となるときは、当社が行使請求を停止する期間(当該期間は1か月を超えないものとする。)その他必要
            な事項をあらかじめ書面により社債管理者に通知し、かつ、当該期間の開始日の1か月前までに必要な事
            項を公告した場合における当該期間
          (4)  2021年6月16日以前に本社債が償還される場合には、当該償還日の前銀行営業日以降
          (5)  当社が本社債につき期限の利益を喪失した場合には、期限の利益の喪失日(当日を含める。)以降
         5.本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条に従い
           算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端
           数を切り上げるものとする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減
           じた額とする。
         6.当社が本新株予約権付社債を買入れ本社債を消却した場合には、当該本社債に係る本新株予約権を行使する
           ことはできない。また、各本新株予約権の一部について本新株予約権を行使することはできないものとす
           る。
         7.当社が、組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の新
           株予約権者に対して、当該新株予約権者の有する本新株予約権に代えて、それぞれの場合につき、承継会社
           等の新株予約権で、本第(1)号乃至第(8)号の内容のもの(以下「承継新株予約権」という。)を交付する。
           この場合、組織再編行為の効力発生日において、本新株予約権は消滅し、本社債に係る債務は承継会社等に
           承継され(承継会社等に承継された本社債に係る債務を以下「承継社債」という。)、本新株予約権者は、
           承継新株予約権の新株予約権者となるものとし、本新株予約権付社債の要項の本新株予約権に関する規定は
           承継新株予約権について準用する。ただし、吸収分割又は新設分割を行う場合は、本第(1)号乃至第(8)号の
           内容に沿って、その効力発生日の直前において残存する本新株予約権の新株予約権者に対して当該本新株予
           約権に代えて承継会社等の承継新株予約権を交付し、承継会社等が本社債に係る債務を承継する旨を、吸収
           分割契約又は新設分割計画において定めた場合に限るものとする。
          (1)  交付する承継会社等の承継新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の数と同一の数とする。
          (2)  承継新株予約権の目的たる承継会社等の株式の種類
            承継会社等の普通株式とする。
          (3)  承継新株予約権の目的たる承継会社等の株式の数の算定方法
            行使請求に係る承継新株予約権が付された承継社債の金額の合計額を下記第(4)号に定める転換価額で除
            して得られる数とする。この場合に1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨て、現金による調整は行
            わない。
          (4)  承継新株予約権付社債の転換価額
            組織再編行為の効力発生日の直前に本新株予約権を行使した場合に本新株予約権者が得られるのと同等の
            経済的価値を、組織再編行為の効力発生日の直後に承継新株予約権の新株予約権者がこれを行使したとき
            に受領できるように、承継新株予約権付社債(承継新株予約権を承継社債に付したものをいう。以下同
            じ。)の転換価額を定める。なお、組織再編行為の効力発生日以後における承継新株予約権付社債の転換
            価額は、上記(注)3第(1)号乃至第(7)号に準じた調整を行う。
          (5)  承継新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその価額又はその算定方法
            交付される各承継新株予約権の行使に際しては、当該各承継新株予約権に係る各社債を出資するものと
            し、各承継新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、当該各社債の金額と同額とする。
          (6)  承継新株予約権を行使することができる期間
            組織再編行為の効力発生日(当社が上記(注)4第(3)号に定める期間を指定したときは、当該組織再編
            行為の効力発生日又は当該期間の末日の翌銀行営業日のうちいずれか遅い日)から、上記(注)4に定め
            る本新株予約権の行使請求期間の満了日までとする。
          (7)  承継新株予約権の行使の条件及び承継新株予約権の取得条項
            上記(注)6に準じて決定する。
          (8)  承継新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            上記(注)5に準じて決定する。
                                  24/123



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        120%コールオプション条項付第2回無担保転換社債型新株予約権付社債
      決議年月日                                             2018年7月4日
      新株予約権の数(個)(注)1               ※
                                                        6,000
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                      ※
                                                         -
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)(注)2                               ※         普通株式     919,117
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)3                       ※                           6,528
                                             自   2018年9月3日
      新株予約権の行使期間(注)4               ※
                                             至   2023年7月20日
                                             発行価格              6,528
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
      及び資本組入額(円)(注)5               ※
                                             資本組入額            3,264
      新株予約権の行使の条件            ※                             (注)6
                                       本新株予約権又は本社債の一方のみを譲渡
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                       することはできない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                          ※                 (注)7
                                       各本新株予約権の行使に際しては、当該各
                                       本新株予約権に係る各本社債を出資するも
      新株予約権の行使の際に出資の目的とする財産の内容及び価額                              ※
                                       のとし、各本新株予約権の行使に際して出
                                       資される財産の価額は、各本社債の払込金
                                       額と同額とする。
      新株予約権付社債の残高(百万円)                  ※
                                                        6,000
       ※    当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年5月
           31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現
           在に係る記載を省略しております。
      (注)1.本社債の額面金額1百万円につき1個とする。
         2.本新株予約権の目的である株式の数は、同一の新株予約権者により同時に行使された本新株予約権に係る本
           社債の金額の総額を下記(注)3に定める転換価額で除して得られる数とする。この場合に1株未満の端数
           を生ずる場合は、これを切り捨て、現金による調整は行わない。
         3.各本新株予約権の行使に際しては、当該各本新株予約権に係る各本社債を出資するものとし、各本新株予約
           権の行使に際して出資される財産の価額は、各本社債の払込金額と同額とする。
           各本新株予約権の行使により交付する当社普通株式の数を算定するにあたり用いられる価額(以下「転換価
           額」という。)は、当初、6,528円とする。ただし、転換価額は本第(1)号乃至第(7)号に定めるところによ
           り調整されることがある。
          (1)  当社は、本新株予約権付社債の発行後、本第(2)号に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更が生じ
            る場合又は変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「新株発行等による転換価額調整
            式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                                  1株あたりの
                                         発行・処分
                                                ×
                               既  発  行
                                                   払  込  金  額
                                         株 式 数
                                      +
                               株  式  数
                                               時  価
              調  整  後     調  整  前
                    =        ×
              転換価額         転換価額
                                    既発行株式数+発行・処分株式数
          (2)  新株発行等による転換価額調整式により転換価額の調整を行う場合及びその調整後の転換価額の適用時期
            については、次に定めるところによる。
            ①  時価(本第(6)号②に定義する。以下同じ。)を下回る払込金額をもってその発行する当社普通株式又
              はその処分する当社の有する当社普通株式を引き受ける者の募集をする場合(ただし、2018年7月4
              日付の取締役会決議に基づく公募による新株式発行498,000株及び公募による自己株式の処分300,000
              株 並びに   第三者割当による新株式発行上限119,000株に係る募集を除く。)。
              調整後の転換価額は、払込期日又は払込期間の末日の翌日以降、また、当該募集において株主に株式
              の割当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日の翌日以降これ
              を適用する。
            ②  当社普通株式の株式分割又は当社普通株式の無償割当て等をする場合。
              調整後の転換価額は、当該株式分割又は無償割当て等により株式を取得する株主を定めるための基準
              日(基準日を定めない場合は、効力発生日)の翌日以降これを適用する。
                                  25/123


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
            ③  時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付と引換えに取得される証券(権利)もしくは取得させ
              ることができる証券(権利)又は当社普通株式の交付を受けることができる新株予約権の交付と引換
              えに取得される証券(権利)もしくは取得させることができる証券(権利)、又は行使することによ
              り当社普通株式の交付を受けることができる新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
              む。)を発行する場合。なお、新株予約権無償割当ての場合(新株予約権付社債を無償で割り当てる
              場合を含む。以下同じ。)は、新株予約権を無償として当該新株予約権を発行したものとして本③を
              適用する。
              調整後の転換価額は、発行される証券(権利)又は新株予約権(新株予約権の交付と引換えに取得さ
              れる証券(権利)もしくは取得させることができる証券(権利)に関して交付の対象となる新株予約
              権を含む。)の全てが当初の転換価額で取得され又は当初の転換価額で行使されたものとみなして新
              株発行等による転換価額調整式を準用して算出するものとし、当該証券(権利)又は新株予約権の払
              込期日   又 は払込期間の末日の翌日以降、また、当該募集において株主に割当てを受ける権利を与える
              場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、その効力発生日)
              の翌日以降これを適用する。
              ただし、本③に定める証券(権利)又は新株予約権の発行(新株予約権無償割当ての場合を含む。)
              が当社に対する企業買収の防衛を目的とする発行である旨を、当社が公表のうえ社債管理者に通知し
              たときは、調整後の転換価額は、当該証券(権利)又は新株予約権(新株予約権の交付と引換えに取
              得される証券(権利)もしくは取得させることができる証券(権利)については、交付の対象となる
              新株予約権を含む。)について、当該証券(権利)又は新株予約権の要項上、当社普通株式の交付と
              引換えにする取得の請求もしくは取得条項に基づく取得もしくは当該証券(権利)もしくは新株予約
              権の行使が可能となった日(以下「転換・行使開始日」という。)の翌日以降、転換・行使開始日に
              おいて取得の請求、取得条項による取得又は当該証券(権利)もしくは新株予約権の行使により当社
              普通株式が交付されたものとみなして新株発行等による転換価額調整式を準用して算出してこれを適
              用する。
            ④  本号①乃至③の場合において、当社普通株式の株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日が設
              定され、かつ、効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取締役会その他当社の機関の承認を条件と
              しているときには、本号①乃至③にかかわらず、調整後の転換価額は、当該承認があった日の翌日以
              降これを適用する。この場合において、当該基準日の翌日から当該承認があった日までに本新株予約
              権の行使請求をした本新株予約権者に対しては、次の算出方法により、当社普通株式を交付する。
                        調  整  前      調  整  後
                                            調整前転換価額により当該
                              -           ×
                      (                 )
                                            期間内に交付された株式数
                        転換価額         転換価額
                   =
              株式数
                                   調整後転換価額
              この場合に1株未満の端数を生じる場合は、これを切り捨て、現金による調整は行わない。
          (3)  当社は、本新株予約権付社債の発行後、本第(4)号に定める特別配当を実施する場合には、次に定める算
            式(以下「特別配当による転換価額調整式」といい、新株発行等による転換価額調整式と併せて「転換価
            額調整式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                     時価-1株あたり特別配当
              調  整  後       調  整  前
                     =          ×
              転換価額          転換価額
                                          時価
            「1株あたり特別配当」とは、特別配当を、剰余金の配当に係る当該事業年度の最終の基準日における各
            社債の金額(金1百万円)あたりの本新株予約権の目的となる株式の数で除した金額をいう。1株あたり
            特別配当の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
          (4)  ①  「特別配当」とは、下記のいずれかの事業年度内に到来する各基準日に係る当社普通株式1株あたり
              の剰余金の配当(配当財産が金銭であるものに限り、会社法第455条第2項及び第456条の規定により
              支払う金銭を含む。)の額に当該基準日時点における各社債の金額(金1百万円)あたりの本新株予
              約権の目的となる株式の数を乗じて得た金額の当該事業年度における累計額が、基準配当金(基準配
              当金は、各社債の金額(金1百万円)を転換価額等決定日に確定する転換価額で除して得られる数値
              (小数第1位まで算出し、小数第1位を切り捨てる。)に75を乗じた金額とする。)に当該事業年度
              に係る以下に定める比率(当社が当社の事業年度を変更した場合には、以下に定める事業年度及び比
              率は社債管理者と協議のうえ合理的に修正されるものとする。)を乗じた金額を超える場合における
              当該超過額をいう。
                                  26/123



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
              2019年3月31日に終了する事業年度                 1.20
              2020年3月31日に終了する事業年度                 1.44
              2021年3月31日に終了する事業年度                 1.73
              2022年3月31日に終了する事業年度                 2.07
              2023年3月31日に終了する事業年度                 2.49
            ②  特別配当による転換価額の調整は、各事業年度の配当に係る最終の基準日に係る会社法第454条又は第
              459条に定める剰余金の配当決議が行われた日の属する月の翌月10日以降これを適用する。
          (5)  転換価額調整式により算出された調整後の転換価額と調整前の転換価額との差額が1円未満にとどまる限
            りは、転換価額の調整はこれを行わない。ただし、次に転換価額の調整を必要とする事由が発生し転換価
            額を算出する場合は、転換価額調整式中の調整前転換価額に代えて、調整前転換価額からこの差額を差引
            いた額を使用するものとする。
          (6)  ①  転換価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
            ②  転換価額調整式で使用する「時価」は、新株発行等による転換価額調整式の場合は調整後の転換価額
              を適用する日(ただし、本第(2)号④の場合は基準日)又は特別配当による転換価額調整式の場合は当
              該事業年度の配当に係る最終の基準日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引
              所における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を
              除く。)とする。
              この場合、平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
            ③  新株発行等による転換価額調整式で使用する既発行株式数は、当該募集において株主に株式の割当て
              を受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日、また、それ以外の場合
              は、調整後の転換価額を適用する日の30日前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日にお
              ける当社の有する当社普通株式の数を控除し、当該転換価額の調整前に本第(2)号又は第(7)号に基づ
              き発行・処分株式数とみなされた当社普通株式のうち未だ発行・処分されていない当社普通株式の株
              式数を加えた数とする。また、当社普通株式の株式分割が行われる場合には、新株発行等による転換
              価額調整式で使用する発行・処分株式数は、基準日における当社の有する当社普通株式に割り当てら
              れる当社普通株式数を含まないものとする。
          (7)  当社は、本第(2)号及び第(3)号に掲げた事由によるほか、次の本号①乃至⑤に該当する場合は社債管理者
            と協議のうえその承認を得て、転換価額の調整を適切に行うものとする。
            ①  株式の併合、資本金もしくは準備金の額の減少、合併、会社分割又は株式交換のために転換価額の調
              整を必要とするとき。
            ②  本号①のほか、当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由の発生により転換価額
              の調整を必要とするとき。
            ③  当社普通株式の株主に対する他の種類株式の無償割当てのために転換価額の調整を必要とするとき。
            ④  金銭以外の財産を配当財産とする剰余金の配当が、経済的に特別配当に相当するために転換価額の調
              整を必要とするとき。
            ⑤  転換価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の転換価額の算出
              にあたり使用すべき時価が、他方の事由によって調整されているとみなされるとき。
          (8)  本第(1)号乃至第(7)号に定めるところにより転換価額の調整を行うときは、当社は、あらかじめ書面によ
            りその旨    並びに   その事由、調整前の転換価額、調整後の転換価額及びその適用の日その他必要な事項を社
            債管理者に通知し、かつ、適用の日の前日までに必要な事項を公告する。ただし、適用の日の前日までに
            前記の公告を行うことができないときは、適用の日以降すみやかにこれを行う。
         4.本新株予約権付社債の新株予約権者(以下「本新株予約権者」という。)は、2018年9月3日から2023年7
           月20日までの間(以下「行使請求期間」という。)、いつでも、本新株予約権を行使し、当社に対して当社
           普通株式の交付を請求すること(以下「行使請求」という。)ができる。ただし、以下の期間については、
           行使請求をすることができないものとする。
          (1)  当社普通株式に係る株主確定日(会社法第124条第1項に定める基準日をいう。)及びその前営業日(振
            替機関の休業日等でない日をいう。以下同じ。)
          (2)  振替機関が必要であると認めた日
          (3)  組織再編行為において承継会社等の新株予約権を交付する場合で、本新株予約権の行使請求の停止が必要
            となるときは、当社が行使請求を停止する期間(当該期間は1か月を超えないものとする。)その他必要
            な事項をあらかじめ書面により社債管理者に通知し、かつ、当該期間の開始日の1か月前までに必要な事
            項を公告した場合における当該期間
          (4)  2023年7月20日以前に本社債が償還される場合には、当該償還日の前銀行営業日以降
          (5)  当社が本社債につき期限の利益を喪失した場合には、期限の利益の喪失日(当日を含める。)以降
                                  27/123


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         5.本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条に従い
           算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端
           数を切り上げるものとする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減
           じた額とする。
         6.当社が本新株予約権付社債を買入れ本社債を消却した場合には、当該本社債に係る本新株予約権を行使する
           ことはできない。また、各本新株予約権の一部について本新株予約権を行使することはできないものとす
           る。
         7.当社が、組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の新
           株予約権者に対して、当該新株予約権者の有する本新株予約権に代えて、それぞれの場合につき、承継会社
           等の新株予約権で、本第(1)号乃至第(8)号の内容のもの(以下「承継新株予約権」という。)を交付する。
           この場合、組織再編行為の効力発生日において、本新株予約権は消滅し、本社債に係る債務は承継会社等に
           承継され(承継会社等に承継された本社債に係る債務を以下「承継社債」という。)、本新株予約権者は、
           承継新株予約権の新株予約権者となるものとし、本新株予約権付社債の要項の本新株予約権に関する規定は
           承継新株予約権について準用する。ただし、吸収分割又は新設分割を行う場合は、本第(1)号乃至第(8)号の
           内容に沿って、その効力発生日の直前において残存する本新株予約権の新株予約権者に対して当該本新株予
           約権に代えて承継会社等の承継新株予約権を交付し、承継会社等が本社債に係る債務を承継する旨を、吸収
           分割契約又は新設分割計画において定めた場合に限るものとする。
          (1)  交付する承継会社等の承継新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の数と同一の数とする。
          (2)  承継新株予約権の目的たる承継会社等の株式の種類
            承継会社等の普通株式とする。
          (3)  承継新株予約権の目的たる承継会社等の株式の数の算定方法
            行使請求に係る承継新株予約権が付された承継社債の金額の合計額を下記第(4)号に定める転換価額で除
            して得られる数とする。この場合に1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨て、現金による調整は行
            わない。
          (4)  承継新株予約権付社債の転換価額
            組織再編行為の効力発生日の直前に本新株予約権を行使した場合に本新株予約権者が得られるのと同等の
            経済的価値を、組織再編行為の効力発生日の直後に承継新株予約権の新株予約権者がこれを行使したとき
            に受領できるように、承継新株予約権付社債(承継新株予約権を承継社債に付したものをいう。以下同
            じ。)の転換価額を定める。なお、組織再編行為の効力発生日以後における承継新株予約権付社債の転換
            価額は、上記(注)3第(1)号乃至第(7)号に準じた調整を行う。
          (5)  承継新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその価額又はその算定方法
            交付される各承継新株予約権の行使に際しては、当該各承継新株予約権に係る各社債を出資するものと
            し、各承継新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、当該各社債の金額と同額とする。
          (6)  承継新株予約権を行使することができる期間
            組織再編行為の効力発生日(当社が上記(注)4第(3)号に定める期間を指定したときは、当該組織再編
            行為の効力発生日又は当該期間の末日の翌銀行営業日のうちいずれか遅い日)から、上記(注)4に定め
            る本新株予約権の行使請求期間の満了日までとする。
          (7)  承継新株予約権の行使の条件及び承継新株予約権の取得条項
            上記(注)6に準じて決定する。
          (8)  承継新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            上記(注)5に準じて決定する。
                                  28/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増減        資本準備金残高

        年月日
               増減数(株)        残高(株)        (百万円)        (百万円)       額(百万円)        (百万円)
      2015年8月1日

               △63,440,900         15,860,224            -      5,000         -      28,280
        (注)1
      2016年4月1日~
      2017年3月31日             169,481      16,029,705           220       5,220         220      28,500
        (注)2
      2017年4月1日~
      2018年3月31日            1,388,135       17,417,840          1,806        7,026        1,806       30,306
        (注)2
     2018年7月24日
                  498,000      17,915,840          1,259        8,286        1,259       31,566
        (注)3
     2018年8月22日
                  111,800      18,027,640           282       8,568         282      31,849
        (注)   4
      (注)1.2015年8月1日を効力発生日として、5株を1株とする株式併合を実施いたしました。このため、発行済株
           式総数が79,301,124株から63,440,900株減少し、15,860,224株となっております。
         2.転換社債型新株予約権付社債の転換によるものであります。
         3.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
           発行価格   5,276円
           発行価額   5,058.4円
           資本組入額  2,529.2円
           払込金総額  2,519百万円
         4.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
           発行価格   5,058.4円
           資本組入額  2,529.2円
           割当先    SMBC日興証券㈱
       (5)【所有者別状況】

                                                     2019年3月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                        単元未満株
                                                        式の状況
         区分                             外国法人等
               政府及び地          金融商品取     その他の法
                                                        (株)
                    金融機関                         個人その他       計
               方公共団体          引業者     人
                                    個人以外      個人
     株主数(人)             -     36     26     169     129      2   3,303     3,665      -
     所有株式数(単元)             -   34,003      2,550     43,491     37,114       13   62,916     180,087      18,940

     所有株式数の割合
                  -    18.88      1.42     24.15     20.61      0.01     34.93     100.00       -
     (%)
      (注)1.自己株式323,299              株は、「金融機関」に1,731単元、「個人その他」に1,501単元                             及び  「単元未満株式の状
           況」に99株を含めて記載しております。なお、上記の「金融機関」に含まれている1,731単元は、「株式給
           付信託(BBT)」制度に関する資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有しております。
         2.「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、7単元含まれております。
                                  29/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
         氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                    愛知県名古屋市中区大須1-7-26                           1,081          6.05

     音羽殖産株式会社
                    東京都江東区東陽6-3-2                            945         5.29
     あらた社員持株会
     日本マスタートラスト信託銀
                    東京都港区浜松町2-11-3                            825         4.62
     行株式会社
                    東京都墨田区本所1-3-7                            721         4.04
     ライオン株式会社
     日本トラスティ・サービス信
                    東京都中央区晴海1-8-11                            707         3.96
     託銀行株式会社
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)
                    50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
     SUB  A/C  USL  NON-TREATY
                    5NT,   UK                          509         2.85
     (常任代理人 香港上海銀行
     東京支店 カストディ業務               (東京都中央区日本橋3-11-1)
     部)
                                                 461         2.58
     畑中 伸介               大阪府大阪市東住吉区
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)     RE
     IEDU   UCITS   CLIENTS    NON
                    50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
     LENDING    15  PCT  TREATY
                    5NT,   UK                          435         2.43
     ACCOUNT
                    (東京都中央区日本橋3-11-1)
     (常任代理人 香港上海銀行
     東京支店 カストディ業務
     部)
                    BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1 OSLO   0107
     GOVERNMENT      OF  NORWAY
                    NORWAY                            430         2.41
     (常任代理人 シティバン
     ク、エヌ・エイ東京支店)
                    (東京都新宿区新宿6-27-30)
                    愛知県名古屋市東区徳川2-6-18                            344         1.93
     合名会社木曽清商店
                              -                  6,461          36.14

            計
      (注)1.上記の他、自己株式が150千株あります。なお、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理サービス信
           託銀行株式会社(信託E口)が所有する、当社株式173千株は自己株式には含まれておりません。
         2.2018年4月20日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、株式会社みずほ銀行及びその共同
           保有者であるみずほ証券株式会社               、 みずほ信託銀行株式会社、アセットマネジメントOne株式会社が2018年
           4月13日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2019年3月31日
           現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
            なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
                                            保有株券等の数         株券等保有割合
              氏名又は名称                   住所
                                              (千株)         (%)
                        東京都千代田区大手町1-5-5                         123        0.71
           株式会社みずほ銀行
                        東京都千代田区大手町1-5-1                         135        0.78
           みずほ証券株式会社
           みずほ信託銀行株式会社             東京都中央区八重洲         1 - 2-1               200        1.15
           アセットマネジメント
                        東京都千代田区丸の内          1 -8-2              518        2.98
           One株式会社
                                  30/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         3.2019年2月15日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、BNYメロン・アセット・マネジ
           メント・ジャパン株式会社が2019年2月11日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、
           当社として2019年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含
           めておりません。
            なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
             大量保有者                               BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン株式会社
             住所                                     東京都千代田区丸の内1-8-3
             保有株券等の数                           株式    958千株
             株券等保有割合                           5.32%
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                        内容
                                   -           -         -

      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -           -         -

      議決権制限株式(その他)                             -           -         -

                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                      1,731          -
                          普通株式       323,200
      完全議決権株式(その他)                         17,685,500            176,855           -
                          普通株式
                                 18,940            -         -

      単元未満株式                    普通株式
                               18,027,640              -         -

      発行済株式総数
                                   -        178,586           -

      総株主の議決権
      (注)1.「完全議決権株式(自己株式等)」欄の普通株式323,200株には、当社所有の自己株式が150,100株、「株式給
           付信託(BBT)」制度に関する資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する当社株式が
           173,100株(議決権の数1,731個)が含まれております。なお、当該議決権の数1,731個は、議決権不行使と
           なっております。
         2.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が700株含まれております。
           また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式にかかる議決権の数7個が含まれております。
         3.「単元未満株式」の欄には、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する自己株式が50株含
           まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                         自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
      所有者の氏名又
                                                   対する所有株式数
                所有者の住所
                         式数(株)         式数(株)         計(株)
      は名称
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)
               東京都江東区東陽
                            150,100        173,100          323,200           1.80
               六丁目3番2号
     株式会社あらた
                   -         150,100        173,100          323,200           1.80
         計
         (注)他人名義で保有している理由等
           保有理由             名義人の氏名又は名称                   名義人の住所
     「株式給付信託(BBT)」制度の信                                東京都中央区晴海        1 丁目  8 番12号
                      資産管理サービス信託銀行株
                      式会社(信託E口)
     託財産として173,100株拠出                                晴海トリトンスクエア タワーZ棟
                                  31/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
       会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                    1,201           5,670,470
      当期間における取得自己株式                                      30           124,800
     (注)「当期間における取得自己株式」には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
        取りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                   当事業年度                当期間
                区分
                                      処分価額の総額               処分価額の総額
                               株式数(株)               株式数(株)
                                        (円)               (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                          300,000      666,597,489            -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得
                                   -        -       -        -
      自己株式
      その他
      (株式給付信託制度による自己株式の給付)
                                                23,500
                                 27,100      45,799,000               39,715,000
                                                  -
      (転換社債型新株予約権付社債の転換による減少)                           93,227      207,422,340                    -
      保有自己株式数                          323,299           -    299,829           -
      (注)   1.当事業年度における「保有自己株式数」には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理サービス信
           託銀行株式会社(信託E口)が所有する当社株式が173,150株含まれております。
         2.当期間における「保有自己株式数」には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理サービス信託銀
           行株式会社(信託E口)が所有する当社株式が149,650株含まれております。
         3.当期間における「保有自己株式数」には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株
           式の買取りによる株式は含まれておりません。
                                  32/123








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
      (1)基本的な方針
        当社は、企業価値の継続的向上を図るとともに、株主様に対する利益還元を経営の重要課題として位置付けてお
       ります。
        このような観点から、剰余金の配当等の決定につきましては、当社を取り巻く経営環境や下記の方針によって実
       施することとしております。
        配当につきましては、安定した配当を継続的に実施することを基本として、各事業年度の業績、財務状況、今後
       の事業展開等を総合的に勘案して、配当を実施してまいります。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。また、剰余金の配
       当につきましては、取締役会での決議とさせていただいております。
        内部留保につきましては、財務体質の強化、今後成長が見込める地域への設備投資やシステム統一などに活用し
       てまいります。
        今後につきましては、企業環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するため、財務状況、株価の動向等を
       勘案しながら適切に実施してまいります。
        これらの基本方針と2019年3月期の連結業績を勘案して、株主の皆様により高い利益還元を行うために、1株当
       たりの期末配当金を40円とすることといたしました。
      (2)剰余金の配当等の決定機関

        当社は、2010年6月28日開催の第8期定時株主総会において会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決
       議をもって剰余金の配当等を行うことができる旨決議いただいております。これは、剰余金の配当等を取締役会の
       権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
      (3)当事業年度に係る剰余金の配当

        当事業年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりであります。
                          配当金の総額              1株当たり配当額
           決議年月日
                           (百万円)                (円)
          2018年11月2日
                                   713               40
           取締役会
          2019年5月9日
                                   715               40
           取締役会
                                  33/123











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グループは、卸商社として流通経済の一翼を担い、産業社会・地域社会に貢献する事を念願に、全国各地
         の有力なる卸企業各社が長年の歴史と伝統を一つに集結した会社であります。
          したがって、われわれはこの設立の精神を基に旺盛なるフロンティア精神で事にあたり、常に和親協調・相互
         信頼・謙虚なるをもって身上とし、「世の中のお役に立ち続ける」ための努力を続けてゆかなければならないと
         いう経営理念のもと、「美と健康、清潔で快適な生活を創造する」を経営ビジョンとして代替できない優れた卸
         機能を有した企業になることで社会に貢献し続け、積極的な事業を展開してまいります。
          当社グループが考える企業価値の向上とは、継続的な事業活動を通じて業績の向上を図ることでありますが、
         そのうえでステークホルダーに対するさまざまな責任の遂行を行うことが求められることと考えております。
          特に企業としては投資家、社員、取引先などに会社の活動を適時に開示し、その経営の透明性を高めることが
         重要であります。
          また、企業活動を行う上で、業績の向上と同様にコンプライアンス、環境対策、人権の尊重などの社会的責任
         (CSR)を果たすことも重要なことと認識しており、これら利害関係者による当社グループの経営監視機能
         は、取締役会      及び  監査役会と考えております。
          この考え方を踏まえ、取締役              及び  監査役の役割は企業の健全で持続的な成長を確保し、社会的信頼に応える良
         質な企業統治体制を確立することであると考えております。
          このような考えに立脚して、次の施策に取り組んでおります。
         イ.「顧客」には、常に満足される先進な卸機能を提供します。
         ロ.「社員」には、貢献した人が正しく評価される働き甲斐のある職場環境を提供します。
         ハ.「株主」には、適正利益の確保・財務体質の強化・企業価値の向上を通じて、株主への利益還元の増大を目
           指します。
         ニ.「社会」には、商品の安定供給・コンプライアンス重視・適正な納税・環境問題への配慮を通じて積極的に
           社会貢献します。
                                  34/123












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ② 企業統治の体制
         当社の提出日現在におけるコーポレート・ガバナンス体制の模式図は以下のとおりであります。
         イ.企業統治の概要         及び  当該体制を採用する理由










           当社は監査役制度を採用しております。また、当社は経営に対する意思決定のスピードアップと企業活動の
          透明性を高めるために上記の企業統治体制を採用しております。
         ロ.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

           当社は、2018年4月1日よりCSR本部を新設し、グループ全体のリスク管理に関する基本方針を定めるとと
          もに、グループ各社に周知徹底を図ってまいります。重要な子会社におきましては、リスク管理を整備してま
          いります。
           また、有事が発生した場合、代表取締役を委員長とし、必要な人員で構成するリスク管理委員会をCSR委員
          会の中に設置、子会社の経営に重大な影響を及ぼす事態を認知した場合には、リスク管理委員会は直ちに事実
          関係の調査を行い、取締役会             及び  監査役会に報告を行い、適時・適切に対処する体制を整備してまいります。
         ハ.会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

           当社の機関につきましては、              経営方針    及び  重要事項の決定       並びに   執行役員の業務機関として取締役会を、業
          務遂行の統制組織として社長、本社各部署責任者等による経営会議を開催して、業務遂行の内容と業績の報告
          を行っております。
           また、当社は監査役会設置会社を採用するとともに、社外取締役を2名選任しております。
           これにより、取締役会に対して社外取締役が取締役の職務遂行に対する監督・助言・提言を行い、監査役が
          取締役の指示内容の適正、業務遂行の適正性を監査する体制をとっており、現状の形が最良であると考えてお
          ります。
           このような考え方から、現状のガバナンス体制を継続し、監査等委員会設置会社への移行は予定しておりま
          せん。
           監査機関といたしましては、社長直轄である内部監査室を設置し全国の拠点                                    及び  関係会社を監査して社長、

          取締役会    及び  監査役会に提出しております。監査役会につきましては、常勤監査役が定期的に業務監査を行
          い、その報告を監査役会に提出しております。
                                  35/123


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
           また、当社は法律事務所と顧問契約を締結し、経営全般にわたって適宜助言等を受けており、コンプライア
          ンス体制の強化を図っております。
           当社の企業活動の基本は透明性の高い経営、高い企業倫理に基づく経営を目指すことであります。そのため
          に企業行動指針を策定して企業業績の向上とともに法令順守、社会的責任の遂行に取り組んでおります。ま
          た、内部監査室で内部統制システムの構築を図り更なる企業価値の向上に取り組んでおります。
        ③ リスク管理体制の整備の状況
          当社は各支社の独自性を重視しており、当社の経営目標に基づき支社ごとに独自の経営方針を持っておりま
         す。したがって支社ごとに発生するリスクに、どのように対処するかどうかが重点課題となってまいります。当
         社の業務遂行の統制組織として毎月開催しております経営会議では、各支社からの業務遂行内容の報告と業績の
         報告を行い、経営目標の達成状況を確認・検討のほかコンプライアンスの状況をチェックして不正、リスクの防
         止を行っております。また、経営会議の議事については取締役会、内部監査室に報告しており、重要な事項につ
         いては取締役会の審議を経て決定しております。
        ④ 取締役の定数
          当社の取締役は、15名以内とする旨を定款で定めております。
        ⑤ 責任限定契約の内容の概要
          当社は、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)                            及び  監査役と会社法第427条第1項の規定に基づ
         き、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款に定めております。ま
         た、当社は、社外取締役           及び  監査役と責任限定契約を締結しております。
          当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、社外取締役                           及び  監査役ともに法令が定める額としております。な
         お、当該責任限定契約が認められるのは、当該社外取締役                           及び  監査役が責任の原因となった職務の遂行について
         善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
        ⑥  取締役の選任及び解任の決議要件
          当社は取締役の選任及び解任の決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を
         有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨                           及び  累積投票によらない旨を定款で定めております。
        ⑦ 自己株式の取得
          当社は会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得する
         ことができる旨を定款に定めております。
          これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場等により自己の株式を取
         得することを目的とするものであります。
        ⑧ 株主総会の特別議決権要件
          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別議決要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めてお
         ります。これは株主総会における特別議決の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的としております。
        ⑨ 取締役、監査役         及び  会計監査人の責任免除
          当社と取締役、監査役           及び  会計監査人の責任免除について、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠っ
         たことによる取締役(取締役であった者を含む。)、監査役(監査役であった者を含む。)                                          及び  会計監査人(会
         計監査人であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除すること
         ができる旨定款に定めております。これは、取締役、監査役                            及び  会計監査人がその期待される役割を十分に発揮
         できることを目的とするものであります。
        ⑩ 剰余金の配当等の決定機関
          当社は剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に定めがある場合を除き、株主
         総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会
         の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
                                  36/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
         男性  13 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                         所有
                                                         株式数
         役職名         氏名       生年月日                略歴            任期
                                                         (千株)
                                1972年4月       ㈱トーメン入社
                                1974年6月       ㈱秀光舎入社
                                1974年11月       同社 取締役就任
                                1983年4月       同社 常務取締役就任
                                1988年11月       同社 取締役副社長就任
                                1998年12月       同社 代表取締役社長就任
                                2002年1月       ㈱伊藤安代表取締役会長就任
                                2004年4月       ㈱シスコ代表取締役社長就任
         取締役会長         畑中 伸介      1949年8月1日      生                        注3     461
                                2006年10月       当社 代表取締役副社長執行役員就
                                       任
                                2007年4月       当社 代表取締役社長執行役員就任
                                2008年6月       ㈱ファッションあらた 代表取締役
                                       会長就任
                                2017年4月       当社 代表取締役会長最高経営責任
                                       者(CEO)就任
                                2019年6月       当社 取締役会長就任(現任)
                                1978年4月       ダイカ㈱入社
                                2000年7月       同社 千葉支店長就任
                                2004年6月       当社 所沢支店長就任
                                2007年4月       当社 営業本部商品部長就任
                                2008年4月       当社 執行役員営業本部商品部長就
                                       任
                                2012年4月       当社 執行役員営業本部商品部長兼
                                       開発戦略部長就任
                                2014年4月       当社 常務執行役員中部支社長就任
                                2016年6月       当社 取締役常務執行役員中部支社
         代表取締役
                                       長就任
                  須崎 裕明      1955年10月25日      生                        注3      5
                                2017年1月       当社 取締役副社長執行役員営業統
        社長執行役員
                                       括本部長代行就任
                                2017年4月       当社 代表取締役社長執行役員最高
                                       執行責任者(COO)就任
                                2018年4月       当社 代表取締役社長執行役員最高
                                       執行責任者(COO)兼営業統括本
                                       部長就任
                                2019年4月      当社 代表取締役社長執行役員最高
                                      執行責任者(COO)就任
                                2019年6月       当社 代表取締役社長執行役員就任
                                       (現任)
                                  37/123








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
         役職名         氏名       生年月日                略歴            任期   株式数
                                                         (千株)
                                1980年6月       伊藤伊㈱入社
                                1998年4月       同社 第三営業部長就任
                                1999年6月       同社 取締役経理部長就任
                                2001年6月       同社 専務取締役就任
                                2002年4月       当社 取締役理事就任
                                2004年6月       当社 専務取締役業務本部長就任
                                2005年6月       当社 取締役専務執行役員管理本部
                                       長就任
                                2006年10月       当社 取締役専務執行役員管理本部
                                       長兼内部統制推進室長就任
         代表取締役
                                2007年4月       当社 代表取締役専務執行役員管理
        副社長執行役員          鈴木 洋一      1953年4月23日      生                        注3      61
                                       本部長兼内部統制推進室長就任
         管理本部長
                                2008年4月       当社 代表取締役専務執行役員管理
                                       本部長就任
                                2009年4月       当社 代表取締役副社長執行役員管
                                       理本部長就任
                                2012年10月       当社 代表取締役副社長執行役員管
                                       理本部長兼経営企画室長就任
                                2015年4月       当社 代表取締役副社長執行役員管
                                       理本部長兼システム本部長就任
                                2018年4月       当社 代表取締役副社長執行役員管
                                       理本部長就任(現任)
                                1979年4月       ダイカ㈱入社
                                2004年4月       当社 営業本部広域量販部東日本担
                                       当マネージャー就任
                                2006年10月       当社 営業本部広域量販部長就任
                                2010年4月       当社 執行役員営業本部広域量販部
         取締役
                                       長就任
        専務執行役員          表 利行      1956年10月20日      生                        注3      3
                                2015年4月       当社 常務執行役員営業本部第一広
                                       域量販部長就任
         営業本部長
                                2018年4月       当社 常務執行役員営業本部長就任
                                2018年6月       当社 取締役常務執行役員営業本部
                                       長就任
                                2019年4月       当社 取締役専務執行役員営業本部
                                       長就任(現任)
                                1980年3月       ㈱ユーホー(㈱サンビック)入社
                                1990年5月       ㈱サンビック オペレーション本部
                                       部長代理就任
                                2003年6月       同社 取締役就任
                                2008年4月       当社 執行役員福岡支店長就任
                                2008年6月       当社 執行役員九州支社営業統括マ
                                       ネージャー兼福岡支店長就任
                                2009年4月       当社 執行役員九州支社営業統括マ
                                       ネージャー就任
         取締役
                                2011年4月       当社 執行役員九州支社長就任
        常務執行役員
                  小野 雄三      1955年3月14日      生                        注3      27
                                2014年4月       当社 常務執行役員ロジスティクス
      ロジスティクス本部長
                                       室長兼業務改革推進室長就任
      兼物流ソリューション部長
                                2015年4月       当社 常務執行役員ロジスティクス
                                       本部長兼経営企画室長就任
                                2015年6月       当社 取締役常務執行役員ロジステ
                                       ィクス本部長兼経営企画室長就任
                                2018年4月       当社 取締役常務執行役員ロジステ
                                       ィクス本部長就任
                                2019年4月       当社 取締役常務執行役員ロジステ
                                       ィクス本部長兼物流ソリューション
                                       部長就任(現任)
                                  38/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
         役職名         氏名       生年月日                略歴            任期   株式数
                                                         (千株)
                                1989年4月       プロクター&ギャンブル・ファー・
                                       イースト・インク入社
                                1993年3月       ダイカ㈱入社
                                2010年4月       当社 広域量販部統括マネージャー
                                       就任
                                2012年4月       当社 関東副支社長営業統括就任
                                2014年4月       当社 執行役員首都圏統括部長兼関
                                       東支社長就任
         取締役
                                2015年4月       当社 常務執行役員営業本部長就任
        常務執行役員
                                2015年6月       当社 取締役常務執行役員営業本部
        事業開発本部長          振吉 高広      1965年7月17日      生
                                                      注3      21
                                       長就任
        兼開発戦略部長
                                2016年3月       ㈱リビングあらた 代表取締役社長
        兼EC事業部長
                                       就任
                                2017年4月       当社 取締役常務執行役員事業開発
                                       本部長就任
                                2018年4月       当社 取締役常務執行役員事業開発
                                       本部長兼開発戦略部長就任
                                2019年4月       当社 取締役常務執行役員事業開発
                                       本部長兼開発戦略部長兼EC事業部長
                                       就任(現任)
                                1974年9月       ジャペル㈱入社
                                1988年5月       同社 本社営業部長就任
                                1990年6月       同社 取締役就任
                                2002年6月       同社 常務取締役就任
                                2005年12月       同社 取締役副社長就任
                                2007年6月       同社 代表取締役社長就任
         取締役        片岡 春樹      1949年8月12日      生                        注3      39
                                2008年5月       ジャペルパートナーシップサービス
                                       ㈱  代表取締役社長就任
                                2008年6月
                                       当社 取締役就任(現任)
                                2016年6月       ジャペル㈱ 代表取締役会長就任
                                       (現任)
                                2017年4月       ジャペルパートナーシップサービス
                                       ㈱ 代表取締役会長就任(現任)
                                1974年4月       伊藤忠商事㈱入社
                                2003年6月       同社 執行役員就任
                                2006年4月       同社 常務執行役員就任
                                2009年4月       同社 食料カンパニープレジデント
                                       就任
                                2009年6月       同社 常務取締役就任
                                2010年4月       代表取締役専務執行役員 食料カン
         社外取締役         青木 芳久      1952年1月17日      生                       注1.3      -
                                       パニープレジデント就任
                                2015年3月       同社 顧問就任
                                2017年3月       同社 理事就任(現任)
                                2017年6月
                                       当社 取締役就任(現任)
                                2019年3月
                                       大塚ホールディングス㈱ 取締役就
                                       任(現任)
                                  39/123







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
         役職名         氏名       生年月日                略歴            任期   株式数
                                                         (千株)
                                1978年4月
                                       ㈱日本興業銀行(現㈱みずほ銀行)
                                       入行
                                       みずほ証券㈱ 経営企画グループ人
                                2002年4月
                                       事部長兼人事部研修室長就任
                                       ㈱みずほコーポレート銀行 本店営
                                2004年4月
                                       業第一部長就任
                                       同社 福岡営業部長就任
                                2006年4月
                                       同社 執行役員福岡営業部長就任
                                2007年4月
                                       興和不動産㈱(現新日鉄興和動産㈱
                                2008年4月
                                       常務執行役員就任
                                       同社 常務取締役就任
         社外取締役         石井 秀雄      1954年10月6日      生  2008年7月
                                                     注1.3      -
                                       同社 専務取締役就任
                                2010年4月
                                       新日鉄興和不動産㈱ 専務取締役
                                2012年10月
                                       就任
                                       日本インベスター・ソリューショ
                                2013年6月
                                      ン・アンド・テクノロジー㈱ 取締
                                      役社長就任
                                       ロイヤルホールディングス㈱社外取
                                2018年3月
                                       締役(監査等委員)就任(現任)
                                       当社 取締役就任(現任)
                                2018年6月
                                1980年4月

                                       ライオン㈱入社
                                1982年4月
                                       ㈱伊藤安入社
                                1985年6月
                                       同社 取締役就任
                                1987年6月
                                       同社 取締役副社長就任
                                1989年4月
                                       伊藤安ヒルコ㈱専務取締役就任
                                1993年7月
                                       同社 取締役副社長就任
                                1995年4月
                                       伊藤安大山㈱取締役副社長営業本部
                                       長就任
                                1998年4月
                                       同社 代表取締役社長就任
                                2002年1月
                                       ㈱伊藤安代表取締役社長就任
                                2002年5月
                                       ㈱秀光舎取締役就任
                                2004年4月
                                       ㈱シスコ取締役副社長企画開発本部
                                       長兼営業副本部長就任
                                2006年10月
                                       当社 専務執行役員関西支社営業統
                                       括兼関西支店長就任
                                2008年4月
                                       当社 専務執行役員九州支社長就任
         常勤監査役         伊藤 幹久      1955年5月5日      生                        注6      47
                                2008年6月
                                       当社 取締役常務執行役員九州支社
                                       長就任
                                2011年4月
                                       当社 取締役常務執行役員営業副本
                                       部長就任
                                2011年10月       当社 取締役常務執行役員営業副本
                                       部長兼海外事業部長就任
                                2012年4月
                                       当社 取締役常務執行役員海外事業
                                       部長就任
                                2016年4月       当社 取締役常務執行役員特販事業
                                       部長兼海外事業部長就任
                                2017年4月
                                       当社 取締役常務執行役員就任
                                       ㈱ファッションあらた 代表取締役
                                       会長就任
                                       ㈱リビングあらた 代表取締役社長
                                       就任
                                2018年6月
                                       当社 監査役就任(現任)
                                  40/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
         役職名         氏名       生年月日                略歴            任期   株式数
                                                         (千株)
                                1979年4月 ダイカ㈱入社
                                2002年4月 同社 釧路支店長就任
                                2003年4月 同社 福島支店長就任
                                2008年4月 当社 新潟支店長就任
                                2012年4月 当社 北関東甲信越支社副支社長営業
         常勤監査役         齊藤 武敏       1956年8月16日      生                        注5      6
                                      統括兼甲信越支店長就任
                                2014年4月 当社 北関東甲信越支社長就任
                                2015年4月 当社 執行役員北関東甲信越支社長就
                                      任
                                2017年4月 当社 執行役員就任
                                2017年6月 当社 監査役就任(現任)
                                1990年4月 ㈱東海銀行(現 ㈱三菱東京UFJ銀
                                      行)入行
                                1993年11月 中央監査法人入所
                                2003年9月 中野正信公認会計士事務所入所
         社外監査役         平  光   聡   1967年5月14日      生                       注2.4      -
                                2005年4月 税理士法人TAS 業務執行社員就任
                                2012年6月 当社 監査役就任(現任)
                                2014年11月 税理士法人TAS 代表社員就任
                                      (現任)
                                2019年6月 フジテック㈱ 監査役就任(現任)
                                1987年4月 弁護士登録(第二東京弁護士会)
                                2003年4月 第二東京弁護士会調査室長
                                2005年4月 第二東京弁護士会事務局長
                                2008年4月 銀座ポラリス法律事務所開設
                                2010年4月 第二東京弁護士会副会長
         社外監査役         土  井   隆   1955年8月28日      生                       注2.4      -
                                2010年4月 日本弁護士連合会常務理事
                                2011年6月 アコム株式会社社外監査役
                                2012年6月 当社 監査役就任(現任)
                                2016年10月 土井隆法律事務所開設(現任)
                                2017年6月 アコム株式会社社外取締役(監査等委
                                      員)就任(現任)
                                           計
                                                           675
      (注)1.取締役青木芳久            及び  石井秀雄は、社外取締役であります。
         2.監査役平光 聡         及び  土井 隆は、社外監査役であります。
         3.取締役の任期は、2019年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から1年。
         4.監査役の任期は、2016年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年。
         5.監査役の任期は、2017年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年。
         6.監査役の任期は、2018年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年。
         7.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
           役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                        所有
              氏名       生年月日                   略歴                株式数
                                                       (千株)
                            2000年4月      第二東京弁護士会弁護士登録

                            2006年4月      鹿野・岡田法律事務所パートナー弁護士
                                  (現任)
                            2010年4月      農林水産本省入札等監視委員会委員
                                                           -
            岡田 修一       1970年7月20日生
                            2012年4月      東京簡易裁判所司法委員(現任)
                            2013年4月      東京都消費者総合センター消費生活相談ア
                                  ドバイザー
                            2017年4月      第二東京弁護士会常議員会副議長
                                  41/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ② 社外役員の状況

         イ.社外取締役及び社外監査役の員数                   並びに   各社外取締役及び社外監査役と当社との人的関係、資本的関係                             又 は
           取引関係その他の利害関係
          当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。
          社外取締役である、青木芳久氏は、伊藤忠商事㈱において、代表取締役専務執行役員として企業経営全般を統
         括された経験を有しており、当社の経営に対しても客観的な視点で適切な業務執行に関する判断・指摘を期待で
         きる人材であります。
          社外取締役である、石井秀雄氏は、銀行や不動産、企業年金関連業務など様々な業界で活躍され、また日本イ
         ンベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー㈱においては取締役社長として企業経営全般を統括された
         経験を有しており、当社の経営に対しても客観的な視点で適切な業務執行に関する判断・指摘を期待できる人材
         であります。
          社外監査役平光聡氏は、公認会計士の資格を有しており、公認会計士としての専門的な見地からのアドバイ
         スを期待しております。
          社外監査役土井隆氏は、弁護士の資格を有しており、弁護士としての専門的な見地からのアドバイスを期待し
         ております。
          社外取締役である、青木芳久氏及び石井秀雄氏と当社との間に、人的関係及び資本的関係                                          又 は、取引関係その
         他利害関係はありません。
          社外監査役は、常勤監査役と情報を共有し、取締役会に出席し経営内容の報告を受け、監査役会での十分な議
         論を踏まえて監査を行っております。
          社外監査役である平光聡氏及び土井隆氏と当社の間に、人的関係及び資本的関係                                      又 は、取引関係その他利害関
         係はありません。
         ロ.   社外取締役及び社外監査役の機能、役割及び選任状況に関する考え方

          当社は、企業統治を機能させるために、経営監視機能の強化と取締役の職務遂行に対する取締役会の監督・助
         言・提言によりコーポレートガバナンスの強化を図ることを目的として、一般株主と利益相反が生じるおそれの
         ない、社外取締役        及び  社外監査役を選任しております。
          当社が定める社外取締役・社外監査役候補者の適正を以下のとおり、定めております。
          a.人格、見識に優れた人材であること
          b.会社経営、法曹、行政、会計、教育等の分野で指導的役割を務めた者                                  又 は政策決定レベルの経験を有する
           者であること
          c.社会、経済動向などに関する高い見識に基づく客観的かつ専門的な視点を有する者であること
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

          統制部門との関係
          社外監査役と内部監査室との連携は、内部監査室は監査計画及び監査結果を監査役に定期的に報告するととも
         に、内部監査室と随時会議を行い、相互の監査内容の報告を行っております。
          内部監査室では、各拠点、支社、関係会社等を中心に内部監査を行っており、その結果を監査役会に報告し、
         監査の効率を図っております。また、会計監査人との打ち合わせも随時行うことによって内部統制が機能するよ
         う図っております。
          監査役と会計監査人との連携は、会計監査人より各決算の監査概要報告書により、監査の方法と結果について
         詳細な報告と説明を受け、意見交換を行っております。
                                  42/123







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ① 監査役監査の状況
          監査役監査については、常勤監査役を中心に本社、支社等を定期的に巡回し、取締役の指示内容の適正、業務
         遂行の適正性を監査しており、監査結果については監査役会に報告しております。また、内部監査室、会計監査
         人と随時会議を行い、相互の監査内容の報告を交わしております。
          監査役全員は取締役会に出席し、経営状態                     及び  業務の遂行について監査しております。
          なお、常勤監査役伊藤幹久氏は、取締役常務執行役員九州支社長、営業副本部長、海外事業部長として営業                                                   及
         び 管理全般を統括していた経験があり、さらに子会社の管掌を担い、当社グループ全体を把握していたことから
         業務全般に関する相当程度の知見を有しております。
          常勤監査役齊藤武敏氏は、執行役員北関東甲信越支社長として営業                                及び  管理全般を統括していた経験があり、
         業務全般に関する相当程度の知見を有しております。
          社外監査役平光聡氏は、公認会計士の資格を有しております。
          社外監査役土井隆氏は、弁護士の資格を有しております。
        ② 内部監査の状況
          内部監査については、社長直轄である内部監査室が行っております。内部監査室では、支社、関係会社等を中
         心に7名体制で監査を行っており、内部統制基本方針にしたがい、重要性の判断基準に基づき監査対象を決定し
         ております。具体的には売上高の重要性を考慮して監査対象拠点を選定し、企業の事業目的に大きく関わる勘定
         科目とそれに至るプロセスを監査対象としております。また、内部監査に加えて、安全衛生管理                                            及び  人事管理に
         ついても監査対象としております。
          監査内容は、内部監査規程             及び  内部監査実施規程に定められている内容(会計監査、業務監査)並びにIT監
         査 及び  決算・財務報告プロセス監査を行っており、監査結果                         及び  改善提案等を随時社長、取締役会               及び  監査役会
         へ報告を行い、会計監査人との打ち合わせも随時行うことによって内部統制が機能するよう図っております。
          また、子会社においては、当社の内部監査室                      及び  各機能本部(機能本部とは、営業本部・商品本部・管理本
         部・システム本部・ロジスティクス本部・                    事業開発本部      をいいます。)が定期的に訪問することにより必要な是
         正を行うとともに、子会社においても内部統制の体制整備に努めております。
        ③ 会計監査の状況
         イ.監査法人の名称
           有限責任監査法人トーマツ
         ロ.業務を執行した公認会計士
           平野洋氏
           中川満美氏
         ハ.監査業務に係る補助者の構成
          当社の会計監査業務にかかる補助者は、公認会計士8名、会計士試験合格者等3名、その他10名であります。
         ニ.監査法人の選定方針と理由
          監査役会は、会計監査人を適切に評価するため、次の事項を確認し、評価しております。
         a. 組織・業況
           次の事項に関し、会計監査人としての業務継続に支障をきたす組織・業況の変化・兆候はないか、確認して
          おります。
          ・組織・体制 組織の大幅な変更等の有無、海外メンバーファームとの連携状況
          ・人員数   人員数の大幅な変化等の有無、会計士数の十分性
          ・財務状況  直近決算の状況と今後の見通し
          ・監査実績  監査先数及びその変化、同業態の監査先などの経験度
         b. コンプライアンス
           次の事項に関し、会計監査人としてのコンプライアンス体制の整備・運用状況に問題はないか、確認してお
          ります。
          ・関係法令の遵守態勢 会社法第340条の解任事由の該当性、その他法令違反事例の有無
          ・訴訟        影響が大きいと考えられる訴訟の有無
                                  43/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         c. 独立性

           次の事項に関し、内外の法・規制に基づき、会計監査人としての独立性が確保されているか、確認しており
          ます。
          ・独立性確保のための態勢 独立性確保に係る態勢・施策・研修、筆頭・担当パートナーのローテーション
          ・既存の取引・契約関係  独立性に抵触する既存の契約や取引の有無
          ・役務提供        役務提供時のチェック態勢・運用状況
          ・監査役会への適切な報告 監査契約、監査/レビュー報告時における報告の適切性、身分的・金銭的な独立
                       性の有無
         d. 品質管理
           次の事項に関し、会計監査人としての品質管理態勢の整備・運用状況に問題はないか、確認しております。
          ・品質管理のための態勢 監査品質の維持・向上のための態勢・施策
          ・審査制度       審査品質管理態勢の整備・運用状況
         e. サービス提供態勢
           次の事項に関し、会計監査人としてのサービス提供態勢の整備・運用状況に問題はないか、確認しておりま
          す。
          ・監査チームの組成・運営 監査チームの組成・運用状況
          ・監査手法高度化・効率化 監査手法の高度化に向けた取組み状況、監査業務の効率化に向けた取組み状況
          ・情報セキュリティ管理  情報機器、資料等管理態勢の整備・運用状況
          ・外部委託先管理     外部委託先管理態勢の整備・運用状況
         f. その他
          ・監査規模・内容からみた適切性
          ・他の監査法人に比した特長等 監査先から評価されている点、業務特性、地域特性上の優位点
          ・コミュニケーションの状況  監査役会とのコミュニケーションの状況、内部監査部門とのコミュニケー
                         ションの状況、経営者及び執行部門とのコミュニケーションの状況
         ホ.監査役及び監査役会による監査法人の評価
          上記「ニ 監査法人の選定方針と理由」の検討を踏まえ、有限責任監査法人トーマツの組織及び監査は、特段
         問題となる事項は認められないので、再任するのが相当であると評価しております。
        ④ 監査報酬の内容等

        イ.監査公認会計士等に対する報酬の内容
                       前連結会計年度                      当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく          監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく
                報酬(百万円)            報酬(百万円)          報酬(百万円)            報酬(百万円)
                         73           ▶           73           1

      提出会社
                         14           -           15           -

      連結子会社
                         87           ▶           88           1

          計
         (前連結会計年度)
          当社は、監査公認会計士等に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務(非監査業務)であるサイ
         バーセキュリティ対策への助言指導業務等を委託し、対価を支払っております。
         (当連結会計年度)
          当社は、監査公認会計士等に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務(非監査業務)であるコン
         フォートレター作成業務について対価を支払っております。
                                  44/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ロ.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(イ.を除く)

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
          該当事項はありません。
        ハ.その他重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
          該当事項はありません。
        ニ.監査報酬の決定方針
          当社の会計監査人に対する監査報酬の決定方針については、会計監査人の往査場所、往査内容、監査見積り日
         数等を基に算出された見積り監査報酬について、その金額の妥当性を吟味し、監査役会の同意を得たうえで、決
         定しております。
        ホ.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由
          当社監査役会は、会計監査人の前事業年度における監査実績の分析・評価を行い、当事業年度の監査計画及び
         報酬等の見積額の算定根拠などを確認し、検討した結果、相当と判断し、会計監査人の報酬等の額について同意
         しました。
                                  45/123














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          役員の報酬等の額         又 はその算定方法の決定に関する方針の内容                    及び  決定方法について、         当社は定款において、
         取締役及び監査役の報酬等を株主総会の決議によって定めるとしており、2006年6月29日開催の第4期定時株主
         総会において取締役の報酬限度額を年額500百万円以内(ただし、使用人分給与は含まない)、監査役の報酬限
         度額を年額120百万円以内と決議いただいております。
          取締役の報酬の決定について、経営環境、利益                       及び  貢献度を勘案し、取締役会において審議を経た人事考課に
         基づき、取締役会の決議により、上記の報酬限度額の範囲内において代表取締役社長執行役員須崎裕明に一任し
         ております。また、監査役の報酬については、監査役会が独立的な立場で判断するものと考えております。
          これに加え当社は、社外取締役               及び  監査役を除き、株式報酬制度として「株式給付信託(BBT)」を導入して
         おります。     本制度は、役員報酬制度の見直しを行い、役員退職慰労金制度を廃止し、取締役及び執行役員等の報
         酬と当社の株式価値との連動性をより明確にし、取締役及び執行役員等が株価上昇によるメリットのみならず、
         株価下落リスクまでも株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を
         高めることを目的としております。
          取締役(社外取締役を除く)の報酬制度は、基本報酬と業績連動賞与とすることとしております。

          基本報酬は、業績や従業員の昇給率、勤続年数、経営能力、功績、貢献度等をベースとし、代表権・役職等の
         責任や経営への影響度等を勘案してそれぞれ設計しております。役職別の基本報酬の構成比は以下のとおりで
         す。
          役職名            取締役          代表権          執行役員           役付
                                                 -
     代表取締役会長                     10.7%          17.9%                     71.4%
                                                 -
     代表取締役社長執行役員                     11.1%          18.5%                     70.4%
                                                 -
     代表取締役副社長執行役員                     12.5%          20.8%                     66.7%
                                      -
     取締役専務執行役員                     17.7%                     58.8%          23.5%
                                      -
     取締役常務執行役員                     20.0%                     66.7%          13.3%
          業績連動報酬は、業績連動賞与として従業員と同等の決定に関する方針のもと支給しております。支給の決定

         については通期の業績に対する評価を反映し、目標達成に向けた意欲の向上、成果に対する評価を明確にするこ
         とを方針としております。
          支給基準については、取締役と従業員を対象として客観性のある指標である経常利益が前期より2億円以上増
         加した場合、増加額の30%を支給総額の上限とし、実際の支給総額については取締役会にて決定することとして
         おります。なお、当期については、経常利益が前期7,322百万円、当期7,266百万円であり、上記支給基準を満た
         していないことから業績連動賞与は支給しておりません。
          また、2014年6月27日開催の第12期定時株主総会の終結の時をもって取締役及び監査役の役員退職慰労金制度
         を廃止し、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として株式給付信託を導
         入しており、当社の株式価値との連動性をより明確にし、株価上昇によるメリットのみならず、株価下落リスク
         も負うこととしております。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額                           及び  対象となる役員の員数
                                  報酬等の種類別の額
                                                      対象となる
                                    (百万円)
                  報酬等の総額
                                                      役員の員数
         役員区分
                  (百万円)
                                            役員株式給付
                                                       (人)
                            基本報酬        業績連動賞与
                                             信託引当金
     取締役
                       192         159         -         32         8
     (社外取締役を除く)
     監査役
                        21         21         -         -         2
     (社外監査役を除く)
                        25         25         -         -         5
     社外役員
          今後については、社外役員を過半数のメンバーとする報酬委員会を設置し、取締役会に審議される前の報酬額

         についてその妥当性を審議し、取締役会に上申する体制とし、社外役員の積極的な意見の反映及び関与の強化を
         図り、客観性・公正性・透明性の強化を図ってまいります。
                                  46/123



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は投資株式について、企業の成長等による株式の価値の変動                              又 は配当によって利益を得ることを目的とし
         て保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保
         有株式)に区分しております。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検討内
           容
           政策保有株式については、継続的取引関係がある企業との関係維持・強化等を保有目的とする一方、慣例的
          相互保有や人的関係等の情実等を排除するとともに、将来の取引関係や持続的な企業価値向上に資するかどう
          かなど、中長期的な観点に立ち、その合理性・必要性が認めた場合保有することができることとし、個別銘柄
          ごとにその判断を行い、最適な政策保有株式を有しております。
           取締役会においては、毎年1回財務部門と取引主管部署が策定した保有方針に対し、全銘柄毎に将来の見通
          し等、中長期的な視点に立って、資本コストに見合うリターンやリスクを精査・検証しております。この結
          果、継続して保有する経済合理性が乏しいと判断した場合には、その時の経済情勢や譲渡損益等を考慮したう
          えで、当該保有先との対話を経て、適切な時期に保有株式の売却を行うこととしております。
         ロ.銘柄数及び貸借対照表計上額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      40             156

     非上場株式
                      64            9,039
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      1             -

     非上場株式                                無償割当による増加
                      25             75
     非上場株式以外の株式                                取引先持株会を通じた株式取得による増加
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      -             -
     非上場株式
                      14             548
     非上場株式以外の株式
                                  47/123








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         ハ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
            特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、仕入業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                   1,250,000         1,500,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ライオン㈱
                                                        有
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                     2,912         3,214
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、仕入業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                    129,600         162,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ユニ・チャーム㈱
                                                        有
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      474         490
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     48,000         48,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
     ㈱ツルハホールディ                             コストに見合うリターンの確保』・『中
                                                        無
     ングス                             長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      432         728
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  48/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                    273,258         266,893
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     アークランドサカモ
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     ト㈱
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                      409         472
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  6,365株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                    152,779         149,918
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱ライフコーポレー
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     ション
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                      363         439
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  2,861株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                    104,528         110,619
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     イオン㈱
                                                        無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      242         210
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  49/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     69,625         68,079
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     アクシアルリテイリ
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     ング㈱
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                      237         275
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  1,546株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                    201,076         198,284
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱リテールパート
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     ナーズ
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                      234         286
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  2,792株増加しております。
                                  同社株式は、仕入業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     23,413         23,230
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     小林製薬㈱
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      有
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                      218         178
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  183株増加しております。
                                  50/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、仕入業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                    160,000         160,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     大王製紙㈱
                                                        有
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      217         240
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                    247,437         244,795
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱ヤマナカ                             ら総合的に判断を行っております。定量                      無
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                      213         242
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  2,642株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     24,000         24,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
     ㈱アインホールディ                             コストに見合うリターンの確保』・『中
                                                        無
     ングス                             長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      199         190
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  51/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、仕入業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                    131,000         187,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     フマキラー㈱
                                                        有
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      188         369
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     71,639         71,311
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱クリエイトSD
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     ホールディングス
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                      186         197
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  328株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     48,270         47,047
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ウエルシアホール
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     ディングス㈱
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                      181         224
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  1,223株増加しております。
                                  52/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     35,300         35,300
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱ココカラファイン                                                   無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      155         256
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                    125,384         125,151
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱天満屋ストア                             ら総合的に判断を行っております。定量                      無
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                      152         153
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  233株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     27,987         27,789
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱イズミ                             ら総合的に判断を行っております。定量                      無
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                      144         201
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  198株増加しております。
                                  53/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、仕入業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     20,700         29,700
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱クレハ                                                   有
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      128         205
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                    267,155         257,486
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱ミスターマック                             長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ス・ホールディング                             ら総合的に判断を行っております。定量                      有
     ス                             的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                      118         176
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  9,669株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                    109,000         109,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
     DCMホールディン                             コストに見合うリターンの確保』・『中
                                                        無
     グス㈱
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      112         117
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  54/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     40,600         40,600
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
     ㈱バローホールディ                             コストに見合うリターンの確保』・『中
                                                        無
     ングス                             長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      108         116
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     43,000         43,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱アークス                                                   無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      104         110
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                    108,800         108,800
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
     ダイユー・リック
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                                        無
     ホールディングス㈱
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                      101         123
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  55/123







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     32,506         31,152
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱サンドラッグ                             ら総合的に判断を行っております。定量                      無
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       99         153
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  1,354株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     33,633         33,312
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     コーナン商事㈱
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       92         84
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  321株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     16,700         16,700
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
     スギホールディング
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                                        無
     ス㈱
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       81         98
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  56/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     39,245         38,267
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱フジ                             ら総合的に判断を行っております。定量                      無
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       74         86
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  978株増加しております。
                                  同社株式は、物流システム運用の円滑化
                                  を目的として保有しています。当社保有
                                  株式については、『取引規模』・『事業
                     40,000         40,000
                                  収益・配当収入』を参照指標として、
                                  『経営戦略上の重要性』・『資本コスト
                                  を含む保有コストに見合うリターンの確
     ㈱プラネット                             保』・『中長期的な企業価値の向上』な                      無
                                  どの観点から総合的に判断を行っており
                                  ます。定量的な保有効果については営業
                                  上の秘密にあたるとの判断により記載し
                       73         83
                                  ませんが、投資効果は確保できており保
                                  有の合理性はあるものと考えておりま
                                  す。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     17,480         16,728
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱セブン&アイ・
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     ホールディングス
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       72         76
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  752株増加しております。
                                  57/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     60,948         59,235
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱オークワ                             ら総合的に判断を行っております。定量                      無
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       67         64
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  1,713株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     5,588         5,248
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱しまむら                             ら総合的に判断を行っております。定量                      無
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       52         69
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  340株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     24,888         24,572
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     イオン九州㈱
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       49         46
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  316株増加しております。
                                  58/123




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     12,986         12,495
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     マックスバリュ北海
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     道㈱
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       45         45
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  491株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     26,292         23,825
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     エイチ・ツー・オー
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     リテイリング㈱
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       40         46
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  2,467株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     52,400         88,949
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱マキヤ                                                   無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       38         63
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  59/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     20,728         20,237
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱キリン堂ホール
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     ディングス
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       30         36
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  491株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     10,000         10,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱島忠                                                   無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       28         34
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、仕入業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     10,000         10,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱マンダム                                                   有
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       28         36
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  60/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、円滑な金融機関取引の維持
                                  を目的として保有しています。当社保有
                                  株式については、『取引規模』・『事業
                    100,000         100,000
                                  収益・配当収入』を参照指標として、
                                  『経営戦略上の重要性』・『資本コスト
                                  を含む保有コストに見合うリターンの確
     ㈱北洋銀行                             保』・『中長期的な企業価値の向上』な                      有
                                  どの観点から総合的に判断を行っており
                                  ます。定量的な保有効果については営業
                                  上の秘密にあたるとの判断により記載し
                       27         35
                                  ませんが、投資効果は確保できており保
                                  有の合理性はあるものと考えておりま
                                  す。
                                  同社株式は、仕入業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     8,820         8,688
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ロート製薬㈱
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       25         25
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  132株増加しております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     15,200         15,200
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱サンデー                                                   無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       24         27
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  61/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     32,000         32,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱ダイイチ                                                   無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       22         23
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     4,400         4,400
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱ベルク                                                   無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       22         26
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     17,973         17,622
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ユナイテッド・スー
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     パーマーケット・
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     ホールディングス㈱                             的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       19         19
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  351株増加しております。
                                  62/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     9,240         8,241
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     マックスバリュ九州
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     ㈱
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       19         19
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  999株増加しております。
                                  同社株式は、円滑な金融機関取引の維持
                                  を目的として保有しています。当社保有
                                  株式については、『取引規模』・『事業
                     17,000         17,000
                                  収益・配当収入』を参照指標として、
                                  『経営戦略上の重要性』・『資本コスト
                                  を含む保有コストに見合うリターンの確
     ㈱ほくほくフィナン
                                  保』・『中長期的な企業価値の向上』な                      無
     シャルグループ
                                  どの観点から総合的に判断を行っており
                                  ます。定量的な保有効果については営業
                                  上の秘密にあたるとの判断により記載し
                       19         24
                                  ませんが、投資効果は確保できており保
                                  有の合理性はあるものと考えておりま
                                  す。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     9,600         9,600
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
     サツドラホールディ
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                                        無
     ングス㈱
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       18         20
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  63/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     12,000         12,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
     マックスバリュ東北
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                                        無
     ㈱
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       16         16
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     10,000         10,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱ナフコ                                                   無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       15         18
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、円滑な金融機関取引の維持
                                  を目的として保有しています。当社保有
                                  株式については、『取引規模』・『事業
                     5,100         5,100
                                  収益・配当収入』を参照指標として、
                                  『経営戦略上の重要性』・『資本コスト
                                  を含む保有コストに見合うリターンの確
     ㈱青森銀行                             保』・『中長期的な企業価値の向上』な                      有
                                  どの観点から総合的に判断を行っており
                                  ます。定量的な保有効果については営業
                                  上の秘密にあたるとの判断により記載し
                       14         16
                                  ませんが、投資効果は確保できており保
                                  有の合理性はあるものと考えておりま
                                  す。
                                  64/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     8,000         8,000
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱カワチ薬品                                                   無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       14         20
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     7,200         7,200
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     ㈱ヤマザワ                                                   無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       12         12
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、円滑な金融機関取引の維持
                                  を目的として保有しています。当社保有
                                  株式については、『取引規模』・『事業
                     4,400         22,000
                                  収益・配当収入』を参照指標として、
                                  『経営戦略上の重要性』・『資本コスト
                                  を含む保有コストに見合うリターンの確
     ㈱ふくおかフィナン
                                  保』・『中長期的な企業価値の向上』な                      無
     シャルグループ
                                  どの観点から総合的に判断を行っており
                                  ます。定量的な保有効果については営業
                                  上の秘密にあたるとの判断により記載し
                       10         12
                                  ませんが、投資効果は確保できており保
                                  有の合理性はあるものと考えておりま
                                  す。
                                  65/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                     15,322         15,003
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
     ㈱テーオーホール
                                  ら総合的に判断を行っております。定量                      無
     ディングス
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                       9         11
                                  はあるものと考えております。
                                  2018年度において、取引の一層の強化を
                                  目的として株式を追加取得しており、
                                  319株増加しております。
                                  同社株式は、円滑な金融機関取引の維持
                                  を目的として保有しています。当社保有
                                  株式については、『取引規模』・『事業
                     53,000           *
                                  収益・配当収入』を参照指標として、
                                  『経営戦略上の重要性』・『資本コスト
                                  を含む保有コストに見合うリターンの確
     ㈱みずほフィナン
                                  保』・『中長期的な企業価値の向上』な                      無
     シャルグループ
                                  どの観点から総合的に判断を行っており
                                  ます。定量的な保有効果については営業
                                  上の秘密にあたるとの判断により記載し
                       9         *
                                  ませんが、投資効果は確保できており保
                                  有の合理性はあるものと考えておりま
                                  す。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     2,000           *
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     北雄ラッキー㈱
                                                        有
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       6         *
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  66/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                     7,500           *
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
     イオン北海道㈱
                                                        無
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       5         *
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
                                  同社株式は、販売業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                       -       37,567
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
     ユニー・ファミリー
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
     マートホールディン
                                                        無
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
     グス㈱
                                  コストに見合うリターンの確保』・『中
                       -         336
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。
                                  同社株式は、円滑な金融機関取引の維持
                                  を目的として保有しています。当社保有
                                  株式については、『取引規模』・『事業
                       -       65,000
                                  収益・配当収入』を参照指標として、
                                  『経営戦略上の重要性』・『資本コスト
                                  を含む保有コストに見合うリターンの確
     ㈱三菱UFJフィナン
                                  保』・『中長期的な企業価値の向上』な                      無
     シャル・グループ
                                  どの観点から総合的に判断を行っており
                                  ます。定量的な保有効果については営業
                                  上の秘密にあたるとの判断により記載し
                       -         45
                                  ませんが、投資効果は確保できており保
                                  有の合理性はあるものと考えておりま
                                  す。
                                  同社株式は、仕入業務の円滑化を目的と
                                  して保有しています。当社保有株式につ
                                  いては、『取引規模』・『事業収益・配
                       -       21,300
                                  当収入』を参照指標として、『経営戦略
                                  上の重要性』・『資本コストを含む保有
     日清紡ホールディン                             コストに見合うリターンの確保』・『中
                                                        無
     グス㈱
                                  長期的な企業価値の向上』などの観点か
                                  ら総合的に判断を行っております。定量
                                  的な保有効果については営業上の秘密に
                       -         30
                                  あたるとの判断により記載しませんが、
                                  投資効果は確保できており保有の合理性
                                  はあるものと考えております。
     (注)「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。「*」は、当該銘柄の貸借対照表計上額が当社の資
        本金額の100分の1以下であり、かつ貸借対照表計上額の大きい順の60銘柄に該当しないために記載を省略してい
        ることを示しております。
                                  67/123



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
           みなし保有株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    110,000         110,000

     花王㈱
                                  議決権行使の指図権限                      無
                      958         877
                     20,000         20,000

     豊田合成㈱
                                  同上                      無
                       46         49
     (注)1.貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。
        2.みなし保有株式は退職給付信託に設定しているものであり、「貸借対照表計上額」欄には当事業年度末日に
           おける時価に議決権行使の指図権限の対象となる株式数を乗じて得た額を、また「保有目的、定量的な保有
           効果及び株式数が増加した理由」欄には当該株式について当社が有する権限の内容を記載しております。
        ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

                         当事業年度                      前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                     (銘柄)         合計額(百万円)             (銘柄)         合計額(百万円)
                           2          274            1          100

     非上場株式
                          -           -           -           -
     非上場株式以外の株式
                               当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                  合計額(百万円)           合計額(百万円)           合計額(百万円)
                           3          -          △ 5

     非上場株式
                          -           -           -
     非上場株式以外の株式
                                  68/123










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、

        財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
       法人トーマツによる監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みを行っております。具体的には、会計基準等の
       内容を適切に把握し、その変更等についても把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入
       し、適時情報を得ることで適正な財務諸表の作成を行っております。
                                  69/123














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                                      ※2 19,798
                                         17,826
         現金及び預金
                                        ※5 97,321             ※5 98,763
         受取手形及び売掛金
                                         29,997              30,804
         商品
                                        ※4 22,827             ※4 22,825
         未収入金
                                         3,286              2,970
         その他
                                           △ 3             △ 5
         貸倒引当金
                                        171,256              175,156
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※2 50,157             ※2 50,126
          建物及び構築物
                                        △ 27,173             △ 28,220
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             22,983              21,906
          車両運搬具                                184              138
                                         △ 173             △ 124
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                               10              14
                                         14,639              16,076
          工具、器具及び備品
                                        △ 10,975             △ 11,957
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              3,663              4,118
                                        ※2 20,461             ※2 19,936
          土地
                                         8,678              8,596
          リース資産
                                        △ 5,171             △ 5,588
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              3,506              3,008
                                           414               37
          建設仮勘定
                                         51,041              49,022
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           -              14
          のれん
                                         2,815              3,018
          ソフトウエア
                                           128               94
          リース資産
                                           550              532
          その他
                                         3,495              3,659
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※1 , ※2 13,539           ※1 , ※2 11,153
          投資有価証券
                                           45              32
          破産更生債権等
                                           200              185
          差入保証金
                                           480              572
          繰延税金資産
                                           908             1,061
          退職給付に係る資産
                                         2,787              2,825
          その他
                                          △ 57             △ 54
          貸倒引当金
                                         17,905              15,776
          投資その他の資産合計
                                         72,442              68,458
         固定資産合計
                                        243,698              243,614
       資産合計
                                  70/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                      ※2 , ※5 89,112           ※2 , ※5 90,031
         支払手形及び買掛金
                                        ※2 31,869           ※2 , ※6 17,250
         短期借入金
                                         12,783              12,883
         未払金
                                         1,996              1,963
         未払費用
                                           784              695
         リース債務
                                         2,358              2,051
         未払法人税等
                                         1,651              1,461
         賞与引当金
                                         5,275              3,490
         その他
                                        145,831              129,829
         流動負債合計
       固定負債
                                           424             6,184
         社債
                                        ※2 11,347             ※2 13,090
         長期借入金
                                         2,877              2,587
         リース債務
                                         7,535              7,724
         退職給付に係る負債
                                         1,286              1,278
         資産除去債務
                                           944              442
         繰延税金負債
                                         1,979              1,960
         その他
                                         26,394              33,269
         固定負債合計
                                        172,226              163,098
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         7,026              8,568
         資本金
                                         25,353              27,779
         資本剰余金
                                         35,024              40,539
         利益剰余金
                                        △ 1,542              △ 628
         自己株式
                                         65,861              76,259
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         5,793              4,437
         その他有価証券評価差額金
                                           46              14
         為替換算調整勘定
                                         △ 240             △ 212
         退職給付に係る調整累計額
                                         5,599              4,239
         その他の包括利益累計額合計
                                           10              16
       非支配株主持分
                                         71,472              80,515
       純資産合計
                                        243,698              243,614
      負債純資産合計
                                  71/123








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                        732,914              754,447
      売上高
                                       ※1 656,439             ※1 676,249
      売上原価
                                         76,475              78,197
      売上総利益
                                        ※2 67,618             ※2 69,305
      販売費及び一般管理費
                                         8,857              8,892
      営業利益
      営業外収益
                                            7              6
       受取利息
                                           161              172
       受取配当金
                                           14               8
       持分法による投資利益
                                           298              292
       業務受託手数料
                                           186              198
       古紙売却収入
                                           138               3
       貸倒引当金戻入額
                                           387              507
       その他
                                         1,195              1,189
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           325              217
       支払利息
                                           82              84
       売上割引
                                           150              163
       売上債権売却損
                                           -              100
       アレンジメント手数料
                                           54              87
       その他
                                           612              652
       営業外費用合計
                                         9,439              9,429
      経常利益
      特別利益
                                         ※3 361             ※3 160
       固定資産売却益
                                           24             1,079
       投資有価証券売却益
                                           26              -
       負ののれん発生益
                                           411             1,239
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※4 ▶            ※4 157
       固定資産売却損
                                          ※5 16             ※5 6
       固定資産除却損
                                         ※8 103
                                                         -
       減損損失
                                           43               2
       投資有価証券評価損
                                           -               3
       投資有価証券売却損
                                                        ※6 82
                                           -
       災害による損失
                                                       ※7 264
                                           -
       火災による損失
                                           168              516
       特別損失合計
                                         9,683              10,152
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    3,299              3,360
                                           19             △ 116
      法人税等調整額
                                         3,319              3,244
      法人税等合計
                                         6,363              6,908
      当期純利益
                                            2              ▶
      非支配株主に帰属する当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益                                    6,361              6,903
                                  72/123





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                         6,363              6,908
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         1,234             △ 1,355
       その他有価証券評価差額金
                                           20             △ 31
       為替換算調整勘定
                                           218               28
       退職給付に係る調整額
                                      ※1 , ※2 1,473          ※1 , ※2 △ 1,358
       その他の包括利益合計
                                         7,837              5,549
      包括利益
      (内訳)
                                         7,831              5,543
       親会社株主に係る包括利益
                                            5              5
       非支配株主に係る包括利益
                                  73/123
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       5,220        23,322         29,765        △ 2,833        55,474
     当期変動額
      新株の発行                 1,806         1,806                          3,612
      剰余金の配当
                                        △ 1,102                △ 1,102
      親会社株主に帰属する当期
                                        6,361                 6,361
      純利益
      自己株式の取得                                            △ 9        △ 9
      自己株式の処分                           224                1,301         1,526
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  1,806         2,030         5,258         1,291        10,386
     当期末残高                  7,026        25,353         35,024        △ 1,542        65,861
                           その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る       その他の包括利
                  評価差額金       定       調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                 4,558        29      △ 459      4,129         8     59,613
     当期変動額
      新株の発行                                                   3,612
      剰余金の配当                                                   △ 1,102
      親会社株主に帰属する当期
                                                          6,361
      純利益
      自己株式の取得
                                                          △ 9
      自己株式の処分                                                   1,526
      株主資本以外の項目の当期
                      1,234        16       218      1,470         2     1,472
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 1,234        16       218      1,470         2     11,859
     当期末残高                 5,793        46      △ 240      5,599        10     71,472
                                  74/123








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  7,026        25,353         35,024        △ 1,542        65,861
     当期変動額
      新株の発行                 1,542         1,542                          3,084
      剰余金の配当                                 △ 1,388                △ 1,388
      親会社株主に帰属する当期
                                        6,903                 6,903
      純利益
      自己株式の取得                                            △ 5        △ 5
      自己株式の処分                           883                 919        1,803
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       1,542         2,425         5,515         914       10,397
     当期末残高                  8,568        27,779         40,539         △ 628       76,259
                           その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る       その他の包括利
                  評価差額金       定       調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                 5,793        46      △ 240      5,599        10     71,472
     当期変動額
      新株の発行                                                   3,084
      剰余金の配当
                                                         △ 1,388
      親会社株主に帰属する当期
                                                          6,903
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 5
      自己株式の処分
                                                          1,803
      株主資本以外の項目の当期
                     △ 1,355        △ 31       28     △ 1,359         5     △ 1,353
      変動額(純額)
     当期変動額合計                △ 1,355        △ 31       28     △ 1,359         5     9,043
     当期末残高
                      4,437        14      △ 212      4,239        16     80,515
                                  75/123








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         9,683              10,152
       税金等調整前当期純利益
                                         4,353              4,455
       減価償却費
                                           103               -
       減損損失
                                            7              7
       のれん償却額
                                          △ 26              -
       負ののれん発生益
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    76             △ 190
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 109              △ 0
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   424              277
                                         △ 169             △ 178
       受取利息及び受取配当金
                                           325              217
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                    12             △ 25
       持分法による投資損益(△は益)                                   △ 14              △ 8
       固定資産売却損益(△は益)                                  △ 356              △ 3
                                           16               6
       固定資産除却損
       投資有価証券売却損益(△は益)                                   △ 24            △ 1,075
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    43               2
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 15,128              △ 1,421
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 384             △ 787
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  12,556               1,231
       その他の資産の増減額(△は増加)                                  1,109               △ 29
       その他の負債の増減額(△は減少)                                  1,212               408
                                           638              193
       その他
                                         14,350              13,232
       小計
                                           161              179
       利息及び配当金の受取額
                                         △ 323             △ 214
       利息の支払額
                                        △ 2,539             △ 3,685
       法人税等の支払額
                                         11,649               9,513
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 695             △ 733
       定期預金の預入による支出
                                           752              699
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 4,072             △ 1,800
       有形固定資産の取得による支出
                                           △ 2             △ 40
       有形固定資産の除却による支出
                                         2,031               703
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 1,014             △ 1,398
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 129             △ 304
       投資有価証券の取得による支出
                                           37             1,919
       投資有価証券の売却による収入
                                           △ 9             △ 14
       貸付けによる支出
                                           30              49
       貸付金の回収による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                           74              18
       収入
                                           73              19
       その他
                                        △ 2,924              △ 880
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  76/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  1,913             △ 10,600
                                         3,950              6,501
       長期借入れによる収入
                                        △ 7,808             △ 8,914
       長期借入金の返済による支出
                                           -             5,979
       社債の発行による収入
                                         △ 500            △ 2,000
       社債の償還による支出
                                           -             3,061
       株式の発行による収入
                                           -             1,517
       自己株式の処分による収入
                                           △ 9             △ 5
       自己株式の取得による支出
                                         △ 945             △ 830
       リース債務の返済による支出
                                        △ 1,101             △ 1,389
       配当金の支払額
                                        △ 4,501             △ 6,678
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 10              20
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    4,213              1,973
                                         12,923              17,136
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 17,136             ※1 19,109
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  77/123














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
        1.連結の範囲に関する事項
           連結子会社の数              11 社
            会社名
             株式会社ファッションあらた
             ジャペル株式会社
             ジャペルパートナーシップサービス株式会社
             株式会社インストアマーケティング
             凱饒泰(上海)貿易有限公司
             JAPELL(HONG            KONG)CO.,LIMITED
             株式会社リビングあらた
             ARATA(THAILAND)CO.,LTD.
             SIAM     ARATA      CO.,LTD.
             ペットライブラリー株式会社
             モビィ株式会社
             当連結会計年度において、当社の連結子会社であるジャペルパートナーシップサービス株式会社がモ
            ビィ株式会社の全株式を取得したため、連結の範囲に含めております。
        2.持分法の適用に関する事項
           持分法を適用した関連会社の数                     1 社
            会社名
             株式会社電通リテールマーケティング
             持分法適用会社は決算日が連結決算日と異なるため、当該会社の事業年度にかかる財務諸表を使用して
            おります。
        3.連結子会社の事業年度等に関する事項
           凱饒泰(上海)貿易有限公司及びJAPELL(HONG                            KONG)CO.,LIMITED、ARATA
          (THAILAND)CO.,LTD.並びにSIAM                         ARATA      CO.,LTD.の決算日は12月31日であ
          り、株式会社リビングあらたの決算日は1月31日であります。当連結財務諸表の作成にあたっては、同社の決
          算日現在の財務諸表を使用しており、当連結決算日との間に生じた重要な取引については連結上必要な調整を
          行っております。
        4.  会計方針    に関する事項
         (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
          ① 有価証券
             その他有価証券
              時価のあるもの
               連結会計年度末の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却
              原価は移動平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
          ② デリバティブ
             時価法を採用しております。
          ③ たな卸資産
             商品
              主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により
             算定)を採用しております。
         (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
          ① 有形固定資産(リース資産を除く)
             主として定率法を採用しております。
             ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取
            得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物及び構築物    2年~50年
               工具、器具及び備品  2年~20年
                                  78/123



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          ② 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採
            用しております。
          ③ リース資産
             所有権移転ファイナンス・リース取引にかかるリース資産
              自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
             所有権移転外ファイナンス・リース取引にかかるリース資産
              リース期間を耐用年数として、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         (3)重要な引当金の計上基準
          ① 貸倒引当金
             売掛金等債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
            等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          ② 賞与引当金
             従業員に対して支給する賞与の支払に備えるため、支給見込額の当連結会計年度負担額を計上してお
            ります。
         (4)退職給付に係る会計処理の方法
          ① 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につ
            いては、給付算定式基準によっております。
          ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
             過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)に
            よる定額法により費用処理しております。
             数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一
            定の年数(5年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しており
            ます。
         (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
             外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理
            しております。なお         、 在外子会社等の資産及び負債は連結決算日の直物為替相場により円貨に換算                                   し 、 収
            益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び
            非支配株主持分に含めて計上しております。
         (6)重要なヘッジ会計の方法
          ① ヘッジ会計の方法
             繰延ヘッジ処理によっております。また、金利スワップについては、特例処理の要件を満たしており
            ますので特例処理を採用しております。
          ② ヘッジ手段とヘッジ対象
              (ヘッジ手段)           (ヘッジ対象)
               金利スワップ             借入金
          ③ ヘッジ方針
             借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象の識別は個別
            契約毎に行っております。
          ④ ヘッジ有効性評価の方法
             ヘッジ対象のキャッシュ・フロー変動の累積とヘッジ手段のキャッシュ・フロー変動の累計を比較
            し、その変動額の比率によって有効性を評価しております。ただし、特例処理によっている金利スワッ
            プについては有効性の評価を省略しております。
                                  79/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        (7)のれんの償却方法及び償却期間
            のれんの償却については、3年の期間で定額法により償却を行っております。
        (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能
           な預金   及び  容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヵ
           月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        ( 9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
             税抜方式によっております。
         (未適用の会計基準等)

          収益認識に関する会計基準等の適用
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基
           準委員会)
          (1) 概要

           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な
          会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBに
          おいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は
          2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益
          認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
           企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整
          合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れるこ
          とを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項
          目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
          (2) 適用予定日

             適用時期については現在検討中であります。
          (3) 当該会計基準等の適用による影響

          「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
          ります。
         (表示方法の変更)

          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当連結会計年
          度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表
          示する方法に変更しております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が893百万円減少
          し、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が210百万円増加しております。また、「固定負債」の「繰延
          税金負債」が682百万円減少しております。
           なお、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が682
          百万円減少しております。
                                  80/123






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
       ※1. 関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                281百万円                 287百万円
       ※2. 担保資産及び担保付債務

        (1)  担保提供資産は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     現金及び預金                                 - 百万円                 1 百万円
     建物及び構築物                                3,803                 3,710
     土地                                9,750                 9,750
     投資有価証券                                 185                 188
               計                      13,739                 13,650
        (2)  担保付債務は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     支払手形及び買掛金                                5,643百万円                 5,459百万円
     短期借入金                                8,043                 5,117
     長期借入金                                7,986                 9,319
               計                      21,673                 19,897
       3. 受取手形割引高

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     受取手形割引高                                 189  百万円                150  百万円
       ※4. 債権流動化

          当社は、売上債権流動化を行っております。売上債権流動化に係る金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     売掛金譲渡金額                               37,845百万円                 38,932百万円
     債権譲渡に係る未収入金                                7,515                 7,232
       ※5.期末日満期手形

         連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
         なお、当連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結会計年度末
        残高に含まれております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     受取手形                                 937百万円                 763百万円
     支払手形                                 347                 376
       ※6.貸出コミットメントラインに関する注記

         当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行8行と貸出コミットメント契約を締結しております。
        この契約に基づく連結会計年度末における貸出コミットメントに係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     貸出コミットメントの総額                                 -百万円               50,000百万円
     借入実行残高                                 -                7,000
              差引額                         -               43,000
                                  81/123


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
       ※1. 期末たな卸高は収益性の低下にともなう簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれ
          ております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
    &