鉄建建設株式会社 有価証券報告書 第78期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第78期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)
提出日
提出者 鉄建建設株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    令和元年6月27日
      【事業年度】                    第78期(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)
      【会社名】                    鉄建建設株式会社
      【英訳名】                    TEKKEN    CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 伊藤 泰司
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区神田三崎町二丁目5番3号
      【電話番号】                    03(3221)2158
      【事務連絡者氏名】                    管理本部経理部長 金井 陽一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区神田三崎町二丁目5番3号
      【電話番号】                    03(3221)2158
      【事務連絡者氏名】                    管理本部経理部長 金井 陽一
      【縦覧に供する場所】                    鉄建建設株式会社 関越支店
                         (さいたま市大宮区桜木町一丁目11番地7)
                         鉄建建設株式会社 東関東支店
                         (千葉市中央区新千葉一丁目7番3号)
                         鉄建建設株式会社 横浜支店
                         (横浜市中区不老町二丁目9番2号)
                         鉄建建設株式会社 名古屋支店
                         (名古屋市中村区名駅一丁目1番4号)
                         鉄建建設株式会社 大阪支店
                         (大阪市北区堂島一丁目5番17号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/98










                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第74期       第75期       第76期       第77期       第78期
             決算年月            平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月       平成31年3月

                   (百万円)         150,672       171,243       165,053       168,551       174,670
     売上高
                   (百万円)          3,619       2,627       6,148       6,886       6,850
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)          1,467       1,271       3,998       5,639       5,587
     純利益
                   (百万円)          8,483       1,189       4,089       7,416       7,786
     包括利益
                   (百万円)         44,505       45,448       49,220       55,839       62,447
     純資産額
                   (百万円)         181,367       183,672       183,730       188,928       193,676
     総資産額
                    (円)       2,824.84       2,885.77       3,126.96       3,550.99       3,971.91
     1株当たり純資産額
                    (円)         93.98       81.47       256.11       361.33       358.06
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         24.3       24.5       26.6       29.3       32.0
     自己資本比率
                    (%)          3.7       2.9       8.5       10.8        9.5
     自己資本利益率
                    (倍)         44.1       33.3       13.1        8.5       7.6
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)         △ 1,648      △ 3,112       19,747       △ 9,631       24,055
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)         △ 3,503         16     △ 1,164        279     △ 1,917
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)          1,394       3,265      △ 11,218        △ 10     △ 9,288
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         10,675       10,795       18,173        8,766       21,633
     残高
                            1,715       1,716       1,755       1,833       1,906
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                        [ 236  ]     [ 302  ]     [ 352  ]     [ 373  ]     [ 351  ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれていません。
         2.当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しています。第74期の期首
           に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定していま
           す。
         3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載していません。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計
           年度の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡っ
           て適用した後の指標等となっています。
                                  2/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第74期       第75期       第76期       第77期       第78期
             決算年月            平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月       平成31年3月

                   (百万円)         147,396       167,885       162,254       165,304       171,221
     売上高
                   (百万円)          3,404       2,419       5,954       6,586       6,471
     経常利益
                   (百万円)          1,876       1,160       3,890       5,479       5,430
     当期純利益
                   (百万円)         18,293       18,293       18,293       18,293       18,293
     資本金
                   (千株)        156,689       156,689       156,689        15,668       15,668
     発行済株式総数
                   (百万円)         43,258       44,194       47,653       53,690       60,056
     純資産額
                   (百万円)         174,739       176,936       177,010       181,666       185,923
     総資産額
                    (円)       2,770.90       2,831.01       3,052.71       3,440.26       3,848.37
     1株当たり純資産額
                    (円)          1.5       2.0       5.0       75.0       80.0

     1株当たり配当額
     (うち1株当たり中間配当
                    (円)          ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     額)
                    (円)        120.21        74.33       249.21       351.08       347.97
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         24.8       25.0       26.9       29.6       32.3
     自己資本比率
                    (%)          4.8       2.7       8.5       10.8        9.5
     自己資本利益率
                    (倍)         34.4       36.5       13.4        8.7       7.8
     株価収益率
                    (%)         12.5       26.9       20.1       21.4       23.0
     配当性向
                            1,559       1,563       1,604       1,672       1,743

     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                        [ 223  ]     [ 287  ]     [ 339  ]     [ 359  ]     [ 338  ]
                    (%)         148.9        98.4       123.1       115.2       106.3

     株主総利回り
     (比較指標:配当込み
                    (%)        ( 130.7   )    ( 116.5   )    ( 133.7   )    ( 154.9   )    ( 147.1   )
     TOPIX(東証株価指数))
     最高株価              (円)          534       425       393      3,880       3,365
                                                  (369)
     最低株価              (円)          262       214       245      2,823       2,296

                                                  (302)
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれていません。
         2.当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しています。第74期の期首
           に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定していま
           す。なお、1株当たり配当額につきましては、当該株式併合前の実際の1株当たり配当額を記載していま
           す。
         3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載していません。
         4.東京証券取引所市場第一部における最高・最低株価を記載しました。
         5.第77期の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し、株式併合前の最高・最低株価は( )に
           て記載しております。
         6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当事業年度
           の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用し
           た後の指標等となっています。
                                  3/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        戦時中、国内産業の根幹である陸運輸送力の確保と増強という目的から、既存の鉄道工事統制協力会の組織の見直
       しが検討され、ここに鉄道建設興業株式会社として、昭和19年2月1日に資本金1,000万円をもって設立されまし
       た。
       変遷は次のとおりです。
      昭和19年2月        鉄道建設興業株式会社を設立、営業種目を「鉄道工事の施行、測量、設計、監理」とする。

      昭和19年5月        大阪支店、札幌支店開設
      昭和20年1月        福岡支店開設(平成2年4月 九州支店と改称)
      昭和21年4月        盛岡支店開設(昭和42年10月 仙台支店、平成2年4月 東北支店と改称)
      昭和22年10月        名古屋支店開設
      昭和22年11月        東京支店開設
      昭和24年10月        建設業法による建設大臣登録(イ)第365号の登録完了(以後2年ごとに登録更新)
      昭和28年5月        営業種目を「土木建築工事の施行並びに測量、設計、監理」及び「工事用資材の製造、販売及び運
              搬」と改める。
      昭和31年3月        千代田共栄株式会社を設立
      昭和36年10月        株式を東京証券取引所市場第二部に上場
      昭和37年11月        測量法による建設大臣登録第(1)-527号の登録を受ける。(以後3年ごとに登録更新・平成10年
              より5年ごとに登録更新)
      昭和37年12月        株式を大阪証券取引所市場第二部に上場
      昭和38年5月        営業種目に「土地、建物の売買、あっせん、賃貸」を加える。
      昭和38年8月        株式を東京、大阪両証券取引所市場第一部に上場
      昭和39年2月        商号を「鉄建建設株式会社」に変更、広島支店開設
      昭和39年6月        建築支店開設(平成元年6月 東京支店と併合)
      昭和43年1月        株式会社美合カントリー(株式会社岡崎ゴルフ倶楽部と改称)を設立
      昭和47年2月        パレス不動産株式会社を設立
      昭和48年6月        建設業法改正に伴い、建設大臣許可(特-48)第1220号の許可を受ける。(以後3年ごとに許可更
              新・平成9年より5年ごとに許可更新)
      昭和48年9月        宅地建物取引業法による建設大臣免許(1)第1658号を取得(以後3年ごとに免許更新・平成9年よ
              り5年ごとに許可更新)
      昭和50年8月        横浜支店、北陸支店開設
      昭和61年2月        建設コンサルタント登録規程による建設大臣登録建61第3841号の登録を受ける。(以後3年ごとに
              登録更新・平成9年より5年ごとに登録更新)
      昭和62年2月        四国支店開設
      平成元年1月        株式会社テッケンスポーツを設立
      平成元年6月        事業規模の拡大と事業の多角化をはかるため、営業種目の追加、整備を行う。
      平成2年10月        千代田共栄株式会社とパレス不動産株式会社が合併し、テッケン興産株式会社(現・連結子会社)と
              する。
      平成5年3月        富士バードタウン株式会社を設立
      平成9年4月        北関東支店(平成19年4月 関越支店と改称)、東関東支店開設
      平成10年4月        海外統括支店開設
      平成10年6月        株式会社ジェイテック(現・連結子会社)を設立
      平成14年3月        海外統括支店を廃止(本部内の組織として海外事業部を設置)
      平成16年1月        株式会社大阪証券取引所市場第一部の株式上場廃止(平成15年12月                               当社より申請)
      平成16年2月        測量法による国土交通大臣登録を更新し、第(1)-29134号の登録を受ける。(以後5年ごとに登
              録更新)
      平成16年7月        株式会社テッケンスポーツとテッケン興産株式会社が合併(存続会社はテッケン興産株式会社)
      平成17年6月        今後の事業展開とグループ経営の推進に備えるため、営業種目の追加及び変更を行う。
      平成17年7月        テッケン興産株式会社を完全子会社とする。
      平成18年9月        富士バードタウン株式会社を清算
      平成19年3月        株式会社岡崎ゴルフ倶楽部の全株式を譲渡
      平成19年4月        東京鉄道支店開設
      平成19年11月        建設技術総合センター開設
      平成20年4月        四国支店を廃止し、四国営業所を設置
      平成30年4月        海外事業部を再編し、海外事業推進室とインド高速鉄道PJ準備室とする。
                                  4/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)、子会社3社及び関連会社5社(内、連結対象
       は子会社2社)で構成され、土木工事・建築工事を主な事業とし、その他不動産事業などの事業活動を展開していま
       す。
        当社グループの事業に係わる位置づけ及びセグメントとの関連は、次のとおりです。
        なお、当社グループが行っている事業内容と、セグメントにおける事業区分は同一です。
         土木工事  当社は土木工事を営んでおり、建設資機材の一部をテッケン興産㈱より調達している他、㈱ジェイ

               テック、東和建設㈱及び建研工業㈱が専門工事の施工を行い、それらの一部は当社が発注していま
               す。
               また、THANH      PHAT   CONSTRUCTION       WORK   JOINT   STOCK   COMPANYは、海外工事の施工を行っています。
         建築工事  当社は建築工事を営んでおり、建設資機材の一部をテッケン興産㈱より調達しています。

         不動産事業 当社とテッケン興産㈱が住宅及び土地開発関連事業を行っています。

         付帯事業  テッケン興産㈱が、主に土木工事及び建築工事に付帯する資機材販売や警備業務等の事業を行って

               います。
         その他   テッケン興産㈱がスポーツ施設運営等を行っています。

               また、プラザノースマネジメント㈱及び八千代ゆりのき台PFI㈱は、PFI関連事業を行ってい
               ます。
               TKパートナーズ㈱は、建築技術者の教育及び建築工事の業務支援を行なっています。
        事業の系統図は次のとおりです。

                                  5/98













                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                        議決権の

                        資本金
          名称         住所           主要な事業の内容          所有割合           関係内容
                       (百万円)
                                        (%)
     (連結子会社)

                                             当社の不動産の管理のほか、当
                                             社の土木工事・建築工事におい
                             不動産事業・
                                             て建設資機材の納入をしていま
     テッケン興産㈱            東京都
                           58   付帯事業・            100.0
                                             す。
      (注)2            文京区
                             その他
                                             当社が事業用施設を賃貸してい
                                             ます。
     ㈱ジェイテック            東京都                            当社の土木工事において施工協
                           40   土木工事            45.0
     (注)3            千代田区                            力をしています。
      (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しています。
         2.特定子会社に該当します。
         3.持分は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため子会社としたものです。
                                  6/98















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成31年3月31日現在
                                           従業員数(人)
               セグメントの名称
                                                  841    [ 134  ]
      土木工事
                                                  616     [ 65 ]
      建築工事
                                                   9    [ 1 ]
      不動産事業
                                                  102     [ - ]
      付帯事業
                                                 1,568     [ 200  ]
       報告セグメント計
                                                   14    [ 12 ]
      その他
      全社(共通)                                            324    [ 139  ]
                                                 1,906     [ 351  ]

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの
           出向者を含む。)であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しています。
         2.全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属してい
           るものです。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成31年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           1,743   [ 338  ]            42.7              17.0           8,611,436

                                           従業員数(人)

               セグメントの名称
                                                  809    [ 133  ]
      土木工事
                                                  616     [ 65 ]
      建築工事
                                                   ▶    [ 1 ]
      不動産事業
                                                   -    [ - ]
      付帯事業
                                                 1,429     [ 199  ]
       報告セグメント計
                                                   1    [ - ]
      その他
      全社(共通)                                            313    [ 139  ]
                                                 1,743     [ 338  ]

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時
           従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しています。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいます。
         3.全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属してい
           るものです。
       (3)労働組合の状況

          当社においては、鉄建建設職員組合と称し、昭和22年9月22日結成され、平成31年3月末現在の組合員数は
         998名であり、関連団体は日本建設産業職員労働組合協議会です。
          労使関係について特記すべき事項はありません。
          なお、当社以外のグループ会社においては、労働組合はありません。
                                  7/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      以下、「第2.事業の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示しています。
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)経営方針

       当社は、経営の基本方針として
            わが社は信用と技術を基本として

            お客さまに喜んでいただける安全で良質な
            社会基盤を創造することを通じて
            社会の繁栄に貢献するとともに
            持続的に成長し家族に誇れる
            働きがいのある企業をめざします。
      を経営理念に掲げています。

       これは“株主・お客さま・取引先・従業員など関係あるすべてのステークホルダー”から「価値ある企業」として
      支持され、将来にわたりその存在を主張する基本理念です。
      (2)経営戦略等

       当社は、平成30年3月に「中期経営計画2018~2020 変革に挑戦し、企業価値を高め、業績の飛躍的な向上をめざ
      す」を策定いたしました。
        [中期経営計画の概要]

         ①計画期間          2018年度~2020年度(3ヵ年)
         ②経営目標  変革に挑戦し、企業価値を高め、業績の飛躍的な向上をめざす
         ③目標達成に向けた方針
          ・   安全・安心の追求
          ・筋肉質な経営の推進
          ・技術力を核とした現場力・企業力の飛躍的向上
          ・人間尊重企業をめざして
          ・さらなる成長への挑戦
      (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標

        当社を取り巻く経営環境が大きく変化しても、経営課題をしっかりと認識し、力強くグループ全体が発展し、お客
       さまの満足度を高めていけるように、今後3年間の目標設定を以下の内容としました。
        中期経営計画最終年度(2020年度)                 連結売上高1,860億円、連結営業利益93億円

      (4)経営環境

        わが国経済は、海外経済の不確実性や金融市場の変動の影響に留意する必要があるものの、企業収益や雇用・所得
       環境の改善を背景に、設備投資、個人消費の持ち直しが見られるなど、景気は緩やかな回復基調が続きました。
        建設業界におきましては、公共投資は弱含んでおり、民間投資については、住宅建設がおおむね横ばいで推移して
       いるものの、企業の設備投資は緩やかに増加しております。一方で、建設労働者の需給状況や資機材価格の動向など
       については、引き続き留意する必要があります。
      (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

        今後のわが国経済の見通しにつきましては、消費税率引き上げによる個人消費への影響に懸念があるものの、政
       府の経済対策の着実な実施や東京オリンピック・パラリンピック関連などによる需要喚起などから、経済の好循環
       が進展し、引き続き緩やかな回復が続く見通しですが、中国経済の先行き、金融市場の変動の影響など海外経済に
       おける動向について留意する必要があります。
        建設業界におきましては、政府建設投資の増加を背景に建設投資額は平成30年度を上回る水準が予想されており
       ます。一方で、慢性的な労働力不足の懸念など予断を許さない状況が続いております。
                                  8/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
       なお、文中における将来予測は、当連結会計年度末(平成31年3月31日)現在において判断したものです。
       (1)公共事業投資額の予想を上回る減少

        当社グループの売上高のうち重要な部分を占める建設事業は、公共事業の投資額に大きな影響を受けます。公共投
       資は変動があるため、それをカバーするべく技術を中心とした体制の構築、建築部門の営業力・収益力の強化等の施
       策を講じています。しかし、予想を上回る減少となった場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があり
       ます。
       (2)製品の欠陥による重大な瑕疵の発生
        品質管理には万全を期していますが、重大な瑕疵による損害賠償が発生した場合には、当社グループの業績に影響
       を及ぼす可能性があります。
       (3)災害、事故の発生
        施工中の防災及び事故防止には万全を期していますが、予期しない原因などにより工事事故や労働災害が発生する
       可能性があります。この場合、損害賠償や指名停止などによる受注機会の減少により、当社グループの業績に影響を
       及ぼす可能性があります。
      (4)自然災害によるリスク
        地震・洪水・台風等の自然災害により事業活動の停止や施工中物件の復旧に多額の費用と時間を要する等の直接的
       な影響を受ける可能性があります。さらに、電力・水道・燃料の使用制限をはじめとしたインフラ機能の低下、仕入
       先の被災による材料調達の停滞等の間接的な影響も受ける可能性があり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性
       があります。
      (5)取引先の信用不安
        当社グループの主たる事業である建設事業においては、工事一件あたりの取引金額が大きいため、お客さまや協力
       会社の業績が悪化し信用不安に陥った場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)資材・労務費等の高騰による工事原価の増加
        請負契約後、原材料価格・労務費等が高騰した際、それを請負金額に反映できない場合は、当社グループの業績に
       影響を及ぼす可能性があります。
       (7)当社保有資産の価値下落
        当社グループでは建設事業・不動産事業と関連して販売用不動産や有価証券等を保有しており、これらの資産価値
       が景気変動等により著しく下落した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (8)金利の上昇
        当社グループは金利上昇を見込んだ経営を行っていますが、請負業という建設事業の特性により、立替金が少なか
       らず発生し、一定水準の有利子負債が必要となります。よって、金利が著しく上昇した場合には、当社グループの業
       績に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)海外事業に伴うリスク
        海外での工事においては、戦争・テロ・紛争の発生、その国の経済状況・政治状況の変動及び予期しない法律・規
       制の変更等が行われた場合に、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。また、為替相場に大幅な変動
       等が生じた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (10)法的規制
        当社グループの事業は、建設業法、建築基準法、宅地建物取引業法、独占禁止法等により法的規制を受けていま
       す。これら法律の改廃、法的規制の新設、適用基準の変更や万一これらの法令に抵触する事象が発生した場合には、
       当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (11)繰延税金資産
        繰延税金資産については、今後の課税所得をもって全額回収可能と判断しておりますが、将来の課税所得見積額の
       変更等により一部回収が困難であると判断した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        (注)土木工事・建築工事を一括し、「建設事業」として記載しております。

                                  9/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)   経営成績等の状況の概要

         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        (以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度におけるわが国経済は、海外経済の不確実性や金融市場の変動の影響に留意する必要があるも
        のの、企業収益や雇用・所得環境の改善を背景に、設備投資、個人消費の持ち直しが見られるなど、景気は緩や
        かな回復基調が続きました。
         建設業界におきましては、公共投資は弱含んでおり、民間投資については、住宅建設がおおむね横ばいで推移
        しているものの、企業の設備投資は緩やかに増加しております。一方で、建設労働者の需給状況や資機材価格の
        動向などについては、引き続き留意する必要があります。
         このような状況の中、当社におきましては、「中期経営計画2018〜2020」の初年度として、様々な経営課題の
        解決に取り組んだ結果、工事利益率の改善、社員及び協力会社に対する安全、品質などの研修の強化、働き方改
        革の推進による労働時間の削減、海外工事の受注拡大など多くの成果をあげ、中期経営計画達成へ向けての基盤
        を整えることができました。
         この結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。
        a.財政状態

         当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ                               4,748百万円      増加し   193,676百万円       となりまし
        た。負債合計は、前連結会計年度末に比べ                    1,859百万円減少し131,229百万円               となりました。       純資産合計は、前連
        結会計年度末に比べ6,607百万円増加し62,447百万円となりました。
         なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結
        会計年度の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行ってい
        ます。
        b.経営成績

         当連結会計年度の経営成績は、売上高は                    174,670百万円(前連結会計年度比3.6%増)となりました。利益につ
        きましては、工事利益率改善の効果もあり営業利益は7,573百万円(前連結会計年度比14.5%増)、経常利益は
        6,850百万円(前連結会計年度比0.5%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は5,587百万円(前連結会計年度比
        0.9%減)となりました。
         セグメントの業績は次のとおりです。(セグメントごとの業績については、セグメント間の内部売上高等を含

        めて記載しています。)
         (土木工事)

          土木工事については、売上高98,079百万円(前連結会計年度比2.9%増)、セグメント利益5,785百万円(前
         連結会計年度比10.9%増)となりました。
         (建築工事)
          建築工事については、売上高74,589百万円(前連結会計年度比4.5%増)、セグメント利益1,320百万円(前
         連結会計年度比44.6%増)となりました。
         (不動産事業)
          不動産事業については、売上高1,043百万円(前連結会計年度比3.0%減)、セグメント利益233百万円(前連
         結会計年度比20.1%減)となりました。
         (付帯事業)
          付帯事業については、売上高25,362百万円(前連結会計年度比2.2%増)、セグメント利益139百万円(前連
         結会計年度比27.3%増)となりました。
         (その他)
          その他については、売上高291百万円(前連結会計年度比4.8%増)、セグメント利益88百万円(前連結会計
         年度比5.4%増)となりました。
       ②キャッシュ・フローの状況

         営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益が6,546百万円となったことに加え、売上債権
        の減少9,833百万円、その他の負債の増加7,308百万円などの増加要因があり、24,055百万円の資金増加(前連結
        会計年度は9,631百万円の資金減少)となりました。
         投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出2,989百万円、有価証券の売却及び償還
        による収入1,096百万円などにより、1,917百万円の資金減少(前連結会計年度は279百万円の資金増加)となりま
                                 10/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        した。
         財務活動によるキャッシュ・フローは、借入金(短期及び長期)の減少8,067百万円などにより、9,288百万円
        の資金減少(前連結会計年度は10百万円の資金減少)となりました。
         以上の結果、当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ12,866百万円
        (146.8%)増加し21,633百万円となりました。
       ③生産、受注及び販売の実績

        当社グループでは生産実績を定義することが困難であるため「生産実績」は記載していません。
        なお、参考に提出会社個別の事業の状況を「提出会社の受注工事高及び完成工事高の状況」に記載しています。
       a.受注実績

                          当連結会計年度(百万円)
          セグメントの名称                 (自平成30年4月1日                    前年同期比(%)
                            至平成31年3月31日)
                                    129,045                   33.2%
        土木工事
                                    100,592
        建築工事                                                  35.9%
             合 計                       229,637                   34.4%
      (注) 当社グループにおいては土木工事・建築工事以外は受注生産を行っていません。
       b.売上実績

                          当連結会計年度(百万円)
          セグメントの名称                 (自平成30年4月1日                    前年同期比(%)
                            至平成31年3月31日)
        土木工事                               98,079                   2.9%
        建築工事                               74,589                   4.5%
        不動産事業                                732                 △0.6%
        付帯事業                                977                 10.0%
          報告セグメント計                          174,379                    3.6%
        その他                                291                  4.8%
             合 計                       174,670                    3.6%
      (注) セグメント間の取引については相殺消去しています。
       提出会社の受注工事高及び完成工事高の状況

        ①受注工事高、完成工事高及び次期繰越工事高
                      前期繰越工事高        当期受注工事高          計     当期完成工事高        次期繰越工事高

           別       区 分
                       (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                 土木工事         137,391        94,985       232,376        93,250       139,126

          第77期
      (自平成29年4月1日          建築工事
                          71,139        74,027       145,167        71,353        73,813
       至平成30年3月31日)
                  計        208,531        169,013        377,544        164,604        212,940
                 土木工事         139,126        127,210        266,336        95,940       170,396

          第78期
      (自平成30年4月1日          建築工事         73,813       100,592        174,406        74,589        99,817
       至平成31年3月31日)
                  計
                          212,940        227,802        440,742        170,529        270,213
      (注)1.前事業年度以前に受注した工事で、契約の変更により請負金額に増減のあるものについては、当事業年度受

           注工事高にその増減額を含みます。したがって、当事業年度売上高にもかかる増減額が含まれます。また、
           前事業年度以前に外貨建で受注した工事で、当事業年度中の為替相場の変動により請負金額に増減のあるも
           のについても同様に処理しています。
         2.次期繰越工事高は、(前期繰越工事高+当期受注工事高-当期完成工事高)に一致します。
                                 11/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ②受注工事高の受注方法別比率
          工事の受注方法は、特命と競争に大別されます。
          期別           区分        特命(%)           競争(%)            計(%)
          第77期
                    土木工事           48.0           52.0          100.0
     (自 平成29年4月1日
                    建築工事           57.4           42.6          100.0
      至 平成30年3月31日)
          第78期
                    土木工事           25.9           74.1          100.0
     (自 平成30年4月1日
                    建築工事           51.3           48.7          100.0
      至 平成31年3月31日)
      (注) 百分比は請負金額比です。
        ③完成工事高

          期別           区分       官公庁(百万円)            民間(百万円)            計(百万円)
                    土木工事             44,906           48,344           93,250
          第77期
                    建築工事             7,572           63,781           71,353
     (自 平成29年4月1日
      至 平成30年3月31日)
                      計           52,478           112,125           164,604
                    土木工事             41,529           54,411           95,940
          第78期
                    建築工事             8,770           65,818           74,589
     (自 平成30年4月1日
      至 平成31年3月31日)
                      計           50,299           120,229           170,529
      (注)1.完成工事のうち主なものは、次のとおりです。
           第77期
            東日本旅客鉄道(株)                 東海・大甕間大甕南こ線道路橋外1新設工事
            東日本旅客鉄道(株)                 (仮称)仙台駅東口ホテル新築他
            東日本旅客鉄道(株)                 いわき保線技術センター管内災害復旧(太平洋地震)2017そ
                             の3工事
            (株)ジェイアール東日本都市開発                 船橋SCリニューアルⅡ期工事
            国土交通省                 大和御所道路新田東佐味トンネル工事
            環境省                 平成28年度楢葉町汚染廃棄物対策地域における被災建物等解体撤
                             去等工事
            東京都                 第二田柄川幹線工事
            ヒューリック(株)                 (仮称)六本木3丁目PJ新築工事
            NTT都市開発(株)                 (仮称)町田市中町一丁目サービス付き高齢者向け住宅新築工事
            (有)すぐる不動産                 (仮称)秋田フォーラスリファイニング工事
           第78期

            東日本旅客鉄道(株)                 品川車両基地整備他2
            東日本旅客鉄道(株)                 東北本線伊達・桑折間桑折こ線橋新設
            東日本旅客鉄道(株)                 川崎駅北口自由通路新設・駅改良他
            東日本旅客鉄道(株)                 鉄道博物館新館新築・本館改修他工事
            国土交通省                 横浜湘南道路引地川改良工事
            東京都                 第二  田柄川幹線その2工事
            東日本高速道路       (株)          東北中央自動車道 にしごうトンネル工事
            知立駅北地区市街地再開発組合                 知立駅北地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事
            ルートインジャパン(株)                 (仮称)奈良倉庫跡地ルートイングランティア奈良和蔵の宿新築
                             工事
            東洋濾紙(株)                 (仮称)東洋濾紙中条工場新築工事
                                 12/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         2.完成工事高総額に対する割合が100分の10以上の相手先別の完成工事高及びその割合は次のとおりです。

           第77期
            東日本旅客鉄道(株) 57,849百万円 35.1%
           第78期
            東日本旅客鉄道(株) 54,329百万円 31.9%
        ④ 手持工事高

                                                  平成31年3月31日現在
           区分           官公庁(百万円)              民間(百万円)              計(百万円)

                          79,540

          土木工事                               90,855             170,396
          建築工事                 12,592              87,224              99,817
           計               92,132             178,080              270,213

     (注)手持工事のうち主なものは、次のとおりです。
        東日本旅客鉄道(株)              新橋駅改良(Ⅰ期)その1                            令和3年2月       完成予定
        東日本旅客鉄道(株)              新橋駅改良(Ⅰ期)その2                            令和3年1月       完成予定
        東日本旅客鉄道(株)              東海道貨物線横浜羽沢駅構内改修工事他1                            令和2年1月       完成予定
        東日本旅客鉄道(株)              品川新駅(仮称)新設他                            令和2年4月       完成予定
        国土交通省              国道106号 松草トンネル工事                            令和2年5月       完成予定
        東京都              オリンピックアクアティクスセンター(仮称)(27)新築                            令和元年12月       完成予定
                     工事
        東京都              有明アリーナ(仮称)(27)新築工事                            令和元年12月       完成予定
        鉄道建設・運輸施設整備              北陸新幹線、梯川橋りょう他                            令和2年6月       完成予定
        支援機構
        ミャンマー国有鉄道              ヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業フェーズ1                            令和4年10月       完成予定
                     (CP102)
        ヒューリック(株)              (仮称)両国リバーセンター新築工事                            令和2年6月       完成予定
                                 13/98










                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況による分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりです。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        います。この連結財務諸表の作成にあたっては、過去の実績や現在の状況に応じ合理的と考えられる見積りによっ
        ている部分があり、見積り特有の不確実性のために、実際の結果が見積りと異なることがあります。
         重要な会計方針については「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財
        務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載されているとおりです。
       ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        a.経営成績等
         1)財政状態
          当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ4,748百万円増加(2.5%増)し193,676百万
         円となりました。主な要因は、現金預金の増加12,853百万円、投資有価証券の増加3,574百万円、受取手形・完
         成工事未収入金等の減少9,630百万円です。負債合計は、前連結会計年度末に比べ1,859百万円減少(1.4%減)
         し131,229百万円となりました。主な要因は、短期借入金の減少6,082百万円、支払手形・工事未払金等の減少
         2,580百万円、未払金の増加5,079百万円です。純資産合計は、前連結会計年度末に比べ6,607百万円増加(
         11.8%増)し62,447百万円となりました。主な要因は、利益剰余金の増加4,823百万円、その他有価証券評価差
         額金の増加2,108百万円です。
          以上の結果、自己資本比率は前連結会計年度末の29.3%に対して2.7%増加の32.0%となりました。
         2)経営成績

          当連結会計年度の経営成績は、前連結会計年度と比較すると、売上高は6,119百万円増加(3.6%増)し174,670
         百万円となりました。売上高の増加は、主に完成工事高の増加によるもので、土木工事が2,786百万円(2.9%
         増)、建築工事が3,235百万円(4.5%増)、いずれも工事施工高の増加等に伴い増加しています。
          売上総利益は、前連結会計年度比1,687百万円増加(11.1%増)し16,915百万円となりました。これは、完成工
         事高の増加に加えて、原価管理の徹底、集中購買の拡大、生産性の向上に注力し完成工事総利益率が改善した
         ことが主な要因です。従業員給料手当の増加等により、販売費及び一般管理費が前連結会計年度比728百万円増
         加(8.5%増)し、営業利益は前連結会計年度比958百万円増加(14.5%増)の7,573百万円となりました。営業
         外収支は為替差損の増加等により前連結会計年度比995百万円悪化し、経常利益は前連結会計年度比36百万円減
         少(0.5%減)の6,850百万円となりました。
          固定資産撤去費用176百万円など合計303百万円の特別損失が計上され、税金等調整前当期純利益は前連結会
         計年度比423百万円減少(6.1%減)の6,546百万円となりました。
          有税償却済の債権の処分に伴う課税所得の低減等に伴い、税金費用が前連結会計年度比402百万円減少
         (30.6%減)の911百万円となり、親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度比51百万円減少
         (0.9%減)の5,587百万円となりました。
         3)キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要                                             ②キャッ
         シュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
        b.経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         当社グループの経営に影響を与える大きな要因としては、市場動向、労務費・資材費動向、事故・災害、生産能
        力の低下等があります。
         また、今後     、当社を取り巻く経営環境については、以下の内容について認識しています。
         〔社会・経済の動向〕

         ・少子高齢化の進展
         ・第4次産業革命がもたらす産業構造の変化(IoT・AIの活用)
         ・働き方改革の実現(生産性向上、労働時間短縮、ダイバーシティ等)
         〔建設業を取り巻く情勢〕

         ・建設投資から維持修繕投資へのシフトチェンジ
         ・世界的なインフラ需要の拡大
                                 14/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         ・建設就業者数の減少、高齢化に伴う担い手不足
         ・慢性的な長時間労働からの脱却
         ・経営の多角化(建設請負業以外の拡大)
         このような状況の中、当社におきましては平成30年度を初年度とする「中期経営計画2018〜2020」を策定し、

        『変革に挑戦し、企業価値を高め、業績の飛躍的な向上をめざす』を経営目標に定めました。当社が、将来どのよ
        うな環境に置かれても力強く成長していけるよう、現状及び予測される変化についてしっかりと認識し、当社の課
        題解決に向け全社一丸となって取り組んでまいります。
        c.資本の財源及び資金の流動性

        資金需要

         当社グループの事業活動における運転資金需要の主なものは、土木事業と建築事業により構成される建設事業に
        関わる資機材及び外注業者に支払われる工事代金、各事業の一般管理費等があります。また、設備資金需要として
        は、不動産投資に加え、情報処理の為の無形固定資産があります。
        財政施策

         当社グループの事業活動の維持拡大に必要な資金を安定的に確保するため、内部資金の活用及び金融機関からの
        借入により資金調達を行っています。
         当社グループの主要な事業である建設事業の資金の調達に当たっては、担当部署が各部署からの報告に基づき適
        時資金計画を作成・更新し、適正に管理しています。
         また、顧客からの工事代金については、社内規程に従って、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うととも
        に、主な取引先の信用状況を適宜把握する体制としています。
        d.経営方針、経営戦略、経営上の達成状況を判断するための客観的な指標等

         経営方針、経営戦略、経営上の達成状況を判断するための客観的な指標につきましては、「第2 事業の状況 
        1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等                        (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標」
        をご参照ください。
        e.セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析検討内容

         (土木工事)

          売上高については、期首手持工事高が前年度より多く、また今年度の工事施工高が増加したことにより、前
         連結会計年度比2.9%増の98,079百万円となりました。
          セグメント利益については、完成工事高及び利益率の増加により、前連結会計年度比10.9%増の5,785百万円
         となりました。
         (建築工事)
          売上高については、期首手持工事高が前年度より多く、また今年度の工事施工高が増加したことにより、前
         連結会計年度比4.5%増の74,589百万円となりました。
          セグメント利益については、完成工事高及び利益率の増加により、前連結会計年度比44.6%増の1,320百万円
         となりました。
         (不動産事業)
          売上高については、          前 連結会計年度比3.0%減の1,043百万円となりました。
          セグメント利益については、前連結会計年度比20.1%減の233百万円となりました。
         (付帯事業)
          売上高については、          前 連結会計年度比2.2%増の25,362百万円となりました。
          セグメント利益については、前連結会計年度比27.3                         %増  の 139  百万円となりました。
         (その他)
          売上高については、          前 連結会計年度比4.8%増の291百万円となりました。
          セグメント利益については、前連結会計年度比5.4                        %増  の88百万円となりました。
                                 15/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
       経営上の重要な契約等はありません。
      5【研究開発活動】

         研究開発活動においては、「市場性」を充分把握し、当社の付加価値を高める技術開発や環境ビジネスに積極的
        な取組を行い、技術と営業が一体となったメンバー編成による活動を行っています。また、総合評価制度への対応
        を主軸とする研究開発活動にも力を入れ、技術戦略を持って経営に貢献する研究開発を推進しています。
         当連結会計年度の研究開発費は              559  百万円(土木工事        502  百万円・建築工事        57 百万円)で、主な研究開発活動及び
        その成果は次のとおりです。なお、研究開発活動には、子会社である株式会社ジェイテックとの共同研究開発活動
        が含まれています。
      (1)土木工事

       ①効率的な立体交差工法の開発
         当社の代表的な保有工法であるHEP&JES工法、COMPASS工法は、鉄道・道路等の新しい立体交差
        工法として開発され、幅広く適用が図られています。今年度も引き続き、適用範囲の拡大、さらなるコストダウ
        ンをめざし、大断面および大深度の案件にも取り組めるよう、構造検討および構造実験を継続し、研究開発を推
        進しています。
         また、小断面のアンダーパス工法であるCOMPASS工法も、よりコストダウンが可能で施工延長の制約がな
        い新たな工法として、工事への適用を図っていきます。
       ②大規模更新工事への技術開発
         社会資本の老朽化対策として、大規模な修繕・更新工事についての計画が発表され、実施されています。トンネ
        ルの覆工コンクリートについては、老朽化したトンネルの覆工打ち替えや、補修補強技術の開発を進めています。
        また、インバートの増設については、従来工法から大幅な工期短縮を図る新工法を開発し、実用化をめざします。
       ③i-Constructionへの取り組み
         建設業界で進められる現場作業の効率化を目的とした「ICTの全面的な活用」にもとづき、当社でも数々の施
        策を研究開発し、建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図っています。
         3Dスキャナーによる現地測量と3DCADモデルを組み合わせた施工計画を各種工事で試行し、管理業務の効
        率化や共通理解を図ります。また、トンネル工事や橋梁工事におけるICT機器や通信設備の装備、活用による帳
        票作成の省力化、施工データの一元化を推進しています。
         鉄道工事においても3DCADモデルの施工計画の活用による既設構造物との取り合い確認や、施工順序の事前
        検討等、安全性のさらなる向上や現場職員の作業の軽減化、効率化を図り、生産性の向上に努めています。
       ④バイオマスガス発電システムの開発
         道路や鉄道では、沿線の雑木や草木を定期的に伐採していく必要があります。これらの中には、廃棄物として
        処理されるものも多く、処理費用や環境的側面から課題となっていました。一方、従来のバイオマスガス発電プ
        ラントは、その原料が木材ペレットや木材チップに限定され、多くを輸入に頼っている状況です。
         当社では、道路や鉄道沿線からの伐採草木を一括して材料として使用できるバイオマスガス発電システムの開
        発を進め、廃棄物の減少とエネルギーとしての有効利用を進めています。
      (2)建築工事

       ①施工BIM(Building            Information      Modeling)の展開
         BIM推進グループでは、「フロントローディング」の一環としてでBIMの活用を行いました。工事受注前
        に、既存躯体から室内の様子を3Dレーザースキャナによる測量を採用することにより、取得した3次元データか
        ら点群データ化して、BIMモデルを構築し、デジタルモデルで既存改修部の現状把握を正確にすることが可能と
        なり、既存設備の撤去・移設等の計画を関係者へ事前に周知する事ができました。さらに、現地測量の作業量も従
        来よりも大幅に低減でき、作成した既存部のBIMモデルに足場などの仮設材を合成することで施工計画検討を3
        次元で詳細に行う事ができました。その他、作成したBIMモデルから仮設数量を算出し、事前に計画した工事量
        も合わせて把握することができました。今後も設計施工案件等において早期にBIM運用を行い生産性の向上に寄
        与していきます。
       ②新型小水力発電装置の開発と展開
         小水量・低流速という過酷な条件下でも発電可能な、新型の「小水力発電装置」の開発を行いました。狭隘な農
        業用水路やトンネル湧水を排出する中央排水溝程度の水量で発電できることを目的としており、このような水流が
        あれば、山間部や農村部でも電気を使用できるようになります。現在、自治体の協力を得て実施した試験運転で
        は、イノシシやシカによる田んぼへの獣害対策として、侵入防止電気柵2.2kmを1台の発電装置で可能としていま
        す。その他、防災のための河川の水位計測データや、監視カメラの動画の送信や山間部の雨量計測などに使用する
                                 16/98

                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        電力として、利用することが可能です。低炭素社会における環境負荷低減技術の技術開発のひとつとして、環境関
        連技術に興味を持つ自治体、企業を中心に説明会や見学会を開催して、普及展開に努めています。
       ③超高層建築の受注に向けた地下外壁の合理化工法(RCS合成壁)の開発
         超高層建築の受注に向けて、大規模・大深度の掘削を伴う地下工事を想定した条件で、RCS合成壁の曲げせん
        断実験を行い、所定の構造性能を有していることを確認しました。また、今回の実験結果に対して、第三者機関で
        ある一般財団法人ベターリビングから一般評定も取得しました。これにより、ソイルセメント壁の芯材(H形鋼の
        S造)と鉄筋コンクリート造(RC)の地下壁をシアコネクタで一体化したRCS合成壁は、構築後にその合成効
        果により、地下工事の合理化および地下外壁の壁厚の低減が可能となります。今後も受注に向けて工法の適用を図
        るとともに、引き続き研究開発を行います。
      (3)不動産事業、付帯事業及びその他

         研究開発活動は特段行われていません。
                                 17/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      以下、「第3        設備の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示しています。
      1【設備投資等の概要】

        当連結会計年度に実施した設備投資の総額は                      3,624   百万円で、このうち主なものは当社の賃貸事業用土地・建物の
       取得及び子会社であるテッケン興産株式会社の本社ビル土地・建物の取得です。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                                  平成31年3月31日現在
                              帳簿価額(百万円)

                                                       従業員数
        事業所名                                                (人)
                                  土地
                       機械、運搬具
                  建物・
        (所在地)                                               [外、臨時
                       及び工具器具                   リース資産        合計
                                                       従業員数]
                  構築物
                         備品
                              面積(㎡)       金額
     本店

                                                         297
     (東京都千代田区)              3,621        65  120,961.18         7,620        93    11,400
                                                         [14]
     (注4)
     札幌支店

                                                          70
     (札幌市中央区)                70       2  14,367.11          94      -      166
                                                          [4]
     (注4)
     東北支店

                                                         171
     (仙台市青葉区)                9      0    351.80         5      -      14
                                                         [20]
     (注4)
     関越支店

                                                          98
     (さいたま市大宮区)               158       0   2,866.41         297       -      456
                                                         [18]
     (注3)(注4)
     東京支店

                                                         304
     (東京都千代田区)                -      -      -      -      -      -
                                                         [67]
     (注3)(注4)
     東京鉄道支店                                                    385

                     -       0      -      -      -       0
     (東京都千代田区)                                                   [155]
     名古屋支店

                                                          98
     (名古屋市中村区)               188       8   1,767.34         188       -      385
                                                         [22]
     (注4)
     大阪支店

                                                         173
     (大阪市北区)                39       0    740.81        294       -      334
                                                         [17]
     (注3)(注4)
     九州支店                                                    122

                   1,001         0   9,153.08        1,193        -     2,195
     (福岡市中央区)                                                    [21]
     建設技術総合センター

                                                          25
     (千葉県成田市)               820      269   29,712.18        1,215        -     2,306
                                                         [-]
     (注5)
                                 18/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                                  平成31年3月31日現在
                                  帳簿価額(百万円)

                                                        従業員数
         会社名        セグメントの                                        (人)
                                       土地
                            機械、運搬具
        (所在地)           名称                                     [外、臨時
                        建物・                      リース
                            及び工具器具                       合計
                                                       従業員数]
                        構築物                       資産
                              備品
                                   面積(㎡)      金額
                 不動産事業
                                                         131
     テッケン興産㈱本店他
                  付帯事業       1,702        50  87,781.75       3,275       0   5,029
     (東京都文京区)
                                                         [12]
                  その他
                                                          32
     ㈱ジェイテック
                  土木工事         0      121      -     -     -    121
     (東京都千代田区)
                                                          [1]
      (注)1.帳簿価額には建設仮勘定を含んでいません。
         2.提出会社は土木工事・建築工事の他に不動産事業及びその他を行っていますが、大半の設備は土木工事・建
           築工事又は共通的に使用されていますので、セグメントに分類せず、主要な事業所ごとに一括して記載して
           います。
         3.提出会社の関越支店には北陸支店分を、東京支店には東関東支店、横浜支店分を、大阪支店には広島支店分
           をそれぞれ含んでいます。
         4.建物の一部を事務所ビルとして、連結会社以外から賃借しており、年間賃借料は182百万円です。
         5.提出会社の建設技術総合センターは、土木工事・建築工事における土木建築技術の研究開発及び安全研修施
           設です。他の施設は、提出会社・子会社共に事務所ビル及び施設賃貸物件です。
         6.土地・建物のうち賃貸中の主なものは次のとおりです。
            会社名又は事業所名                土地(㎡)              建物(㎡)
          鉄建建設㈱本店                    47,220.52              13,874.58
               札幌支店               13,884.18               1,671.20
               関越支店                  -           2,519.99
                                 -
               名古屋支店                             2,093.10
                              4,096.61              5,453.05
               九州支店
          テッケン興産㈱                     298.98             5,777.09
      3【設備の新設、除却等の計画】

         当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、除却などの計画は次のとおりです。
       (1)重要な設備の新設

                            投資予定金額               着手及び完了予定年月

                                     資金調達方                  完成後の
        事業所名        所在地     設備の内容
                                     法                  増加能力
                            総額    既支払額
                                             着手      完了
                           (百万円)     (百万円)
      建設技術総合セ         千葉県                            平成31年      令和2年
                    施工実験棟         671      6  自己資金                    -
      ンター         成田市                             4月      3月
      (注)セグメント別に記載することは困難なため記載を省略しています。また、完成後の増加能力について記載するこ
         とは算定が困難なため記載を省略しています。
       (2)重要な設備の除却

           該当事項はありません。
                                 19/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 29,847,600

                  計                                29,847,600

        ②【発行済株式】

             事業年度末現在発行数            提出日現在発行数
                                    上場金融商品取引所
                (株)           (株)
       種類                             名又は登録認可金融                内容
             (平成31年3月31日)           (令和元年6月27日)            商品取引業協会名
                                                   単元株式数
                                     東京証券取引所
                15,668,956           15,668,956
     普通株式
                                     (市場第一部)
                                                    100株
                15,668,956           15,668,956            -             -
        計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                       数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
     平成29年10月1日
               △141,020,607         15,668,956            -      18,293          -      5,289
     (注)
     (注)平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行い、発行済株式総数が141,020,607株減少し
        ています。
                                 20/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                    平成31年3月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                        単元未満株
                                                        式の状況
         区分                             外国法人等
               政府及び地          金融商品取     その他の法
                    金融機関                         個人その他       計
                                                        (株)
               方公共団体          引業者     人
                                    個人以外      個人
     株主数(人)                  31     41     164     121      5   14,748     15,110
                -                                           -
     所有株式数(単元)                39,779      2,583     27,318     19,755       7   66,426     155,868      82,156
                -
     所有株式数の割合
                      25.52      1.66     17.53     12.67      0.00     42.62     100.00
                -                                           -
     (%)
      (注)1.自己株式63,391株は「個人その他」に633単元、「単元未満株式の状況」に91株を含めて記載していま
           す。
           なお、自己株式63,391株は株主名簿上の株式数ですが、この内実質的に保有していない株式が100株含まれ
           ているため、平成31年3月31日現在の実保有株式数は63,291株です。
         2.「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が6単元含まれています。
       (6)【大株主の状況】

                                                  平成31年3月31日現在
                                                     発行済株式(自

                                                     己株式を除
                                              所有株式数
                                                     く。)の総数に
          氏名又は名称                      住所
                                              (千株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
                       東京都渋谷区代々木2丁目2-2                          1,578        10.11

     東日本旅客鉄道株式会社
                       東京都千代田区丸の内2丁目7-1                           636        4.08
     株式会社三菱UFJ銀行
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                           594        3.81
     株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                       東京都港区浜松町2丁目11-3                           517        3.32
     会社(信託口)
                       東京都千代田区大手町1丁目5-5                           515        3.30
     株式会社みずほ銀行
                       東京都港区元赤坂1丁目3-1                           470        3.01
     鹿島建設株式会社
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                           266        1.71
     株式会社(信託口5)
                       東京都千代田区神田三崎町2丁目5-3                           259        1.66
     鉄建取引先持株会
                       東京都千代田区神田三崎町2丁目5-3                           249        1.60
     鉄建職員持株会
     CGML PB CLIENT A                  CITIGROUP CENTRE,CAN
     CCOUNT/COLLATERA                  ADA SQUARE,CANARY WH                           222        1.43
     L                  ARF,LONDON E14 5LB
             計                    -                5,310        34.03
                                 21/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     (注)1.株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループから、平成30年4月13日付で公衆の縦覧に供されている大量保有
        報告書において、平成30年4月9日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記載されているもの
        の、当社として平成31年3月31日時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況には含
        めておりません。
                                             保有株券等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                     住所
                                               (株)        (%)
                                                 765,395
         株式会社三菱UFJ銀行                  東京都千代田区丸の内2丁目7-1                                 4.88
         三菱UFJ信託銀行株式会社                  東京都千代田区丸の内1丁目4-5                        270,200          1.72
         三菱UFJ国際投信株式会社                  東京都千代田区有楽町1丁目12-1                        41,300         0.26
                計                   -              1,076,895           6.87
     (注)2.株式会社みずほ銀行から、平成30年1月11日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、平成29年

        12月29日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記載されているものの、当社として平成31年3月
        31日時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況には含めておりません。
                                             保有株券等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                     住所
                                               (株)        (%)
                                                 515,258
         株式会社みずほ銀行                  東京都千代田区大手町1丁目5-5                                 3.29
         みずほ証券株式会社                  東京都千代田区大手町1丁目5-1                        36,000         0.23
         アセットマネジメントOne
                          東京都千代田区丸の内1丁目8-2                        389,000          2.48
         株式会社
                計                   -               940,258          6.00
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成31年3月31日現在
                          株式数(株)          議決権の数(個)
             区分                                       内容
                                -        -            -

      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                          -        -            -
      議決権制限株式(その他)                          -        -            -

                       (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                  -            -
                                 63,200
                       普通株式
      完全議決権株式(その他)                 普通株式        15,523,600         155,236             -
      単元未満株式                 普通株式          82,156        -      1単元(100株)未満の株式

      発行済株式総数                         15,668,956          -            -

      総株主の議決権                          -        155,236             -

       (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が600株(議決権6個)が含まれてい
          ます。
                                 22/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ②【自己株式等】
                                                   平成31年3月31日現在
                                                     発行済株式総数
                           自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合         に対する所有株
      所有者の氏名又は
                  所有者の住所
                           式数(株)         式数(株)         計(株)         式数の割合
      名称
                                                     (%)
     (自己保有株式)
                東京都千代田区神田
                              63,200        -         63,200        0.40
                三崎町二丁目5-3
     鉄建建設㈱
                    -          63,200        -         63,200        0.40

          計
       (注)上記のほか、株主名簿上は当社名義となっていますが実質的に所有していない株式が100株(議決権1個)あ
          ります。なお、当該株式は上記「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄に含まれています。
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】
         会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
                                                      2,064,186
      当事業年度における取得自己株式                                     721
      当期間における取得自己株式                                     163            471,887

     (注)   当期間における取得自己株式には、令和元年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取に
        よる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                 -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他( - )                           -        -        -        -
      保有自己株式数                         63,291          -      63,454          -

     (注)当期間における保有自己株式には、令和元年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        及び売渡による株式は含まれておりません。
                                 23/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
         当社は、総合建設業としての技術革新と競争力を保持するため、人的資源及び技術研究開発などへの投資と企業
        リスク回避のための内部留保に努め、経営基盤の維持補強を図るとともに、株主様に対する利益還元についても安
        定配当の継続を重視した利益配分を基本方針としています。
         また、剰余金の配当は、年1回期末配当を行うことを基本方針としており、剰余金の配当の決定機関は株主総会
        です。
         なお、    当期の配当金につきましては、当期の業績及び今後の経営環境等を総合的に勘案し、1株当たり年80円の
        配当を実施することとしました。
         当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                         配当金の総額           1株当たり配当額
             決議年月日
                         (百万円)           (円)
           令和元年6月27日
                          1,248           80
           定時株主総会決議
                                 24/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社では、株主・お客さま・取引先など関係あるすべてのステークホルダーからの信頼をより高めるため、ま
        た的確かつ迅速な意思決定により経営の基本方針を実現していくために、効率的で透明性の高い経営体制を確立
        することをコーポレート・ガバナンスの基本としています。
        ②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         ア.企業統治の体制の概要
            当社は、執行役員制度を導入しており、経営戦略部門である取締役会(取締役11名のうち社外取締役3
           名)は、経営の基本方針や重要事項を決定するとともに、執行役員の職務の執行を監督しています。
            取締役会の決定した経営の基本方針に基づき、社長を補佐する審議機関として経営会議を原則として毎週
           開催しています。経営会議は、全般的執行方針を確立することを目的とし、執行役員等に業務執行に関する
           指示を行っています。日常的な業務の執行については、執行役員が業務執行担当として、迅速な意思決定を
           行っています。
            また、監査役会(監査役3名のうち社外監査役2名)を設置しており、監査役会においては監査部と連携
           を図り業務監査を、会計監査人と随時情報交換を行い会計監査を行っています。
            監査役は、取締役会、経営会議等の重要な会議に参加するなどして、取締役の職務執行を監査していま
           す。
            社外取締役(3名)からは、豊富な知識と経験に基づき、客観的立場から助言・指導を受けています。
            また、社外監査役(2名)は、独立した立場から取締役の職務執行の監査と、会計監査人と連携して会計
           に関する監査を実施しています。なお、コンプライアンス体制を監視する機関及び企業リスクに対応する機
           関として「リスク管理委員会」を設置しています。
                                 25/98













                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         イ.会社の機関・内部統制の関係
         ウ.当該体制を採用する理由













            取締役及び監査役はそれぞれの立場で監督機能を十分果たしているため、上記のガバナンス体制を採用し
           ています。
         ③企業統治に関するその他の事項

          内部統制システムの整備の状況等(提出会社及び子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況)
          当社及び子会社の内部統制システムの整備状況は次のとおりです。
          [内部統制基本方針]

         a.当社グループの取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         (a)「経営理念」、「企業活動指針」、「リスク管理基本規程」及び「コンプライアンス規程」により、取締
            役及び使用人が法令及び定款に適合した行動をとるための守るべき規範や活動指針を明確にする。また、
            「リスク管理委員会」を通じて当社グループのコンプライアンス体制を監視するとともに、取締役及び使
            用人に対し教育を通じコンプライアンスに関する理解を徹底する。
         (b)内部通報制度により、法令違反行為等に関する社内通報システムを運用し、コンプライアンス経営の強化
            を図る。
         (c)監査役は、取締役会、経営会議等の重要な会議に参加するなどして、取締役の職務執行を監査する。
                                 26/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (d)監査部は、「内部監査関連規程」及び「内部監査計画」により、使用人の職務の執行に対して業務監査及
            び改善指導を実施する。
         b.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           取締役の職務の執行に係る文書その他の情報は、「取締役会規則」及び「文書情報関連規程」により、適
           切に保存及び管理を行う。
         c.当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           当社グループの諸種のリスクに迅速かつ適切に対処するため、「リスク管理基本規程」及び「リスク管理
           関連規程」により、リスク予防、リスク対応、再発防止等を行う。また、当社グループの業務に影響を与
           えるリスクに関し、社内外へ適時の開示を行う。
         d.当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         (a)取締役会は、経営の基本方針や重要事項を決定するとともに、執行役員の職務の執行を監督する。
         (b)取締役会の決定した経営の基本方針に基づき、経営に関する事項を審議、決定し、業務執行の効率化と全
            般的統制を行うことを目的として、経営会議を原則として毎週開催する。
         (c)日常的な業務の執行については、執行役員が業務執行担当として、迅速な意思決定を行う。
         (d)年度計画により、当社グループが達成すべき目標を明確化する。
         e.当社グループにおける業務の適正を確保するための体制
         (a)「子会社管理規程」により、子会社に関する主要業務に係る諸手続及び子会社に対する管理(内部統制シ
            ステムの構築・運用の管理等)、指導、育成のしくみを定め,これを実行することとし、定期的に開催す
            るグループ会社連絡会議等で、決算状況などについて報告を求める。
         (b)子会社における業務の適正を確保するため、「企業活動指針」を子会社に準用、展開し、当社グループの
            取締役及び使用人が法令及び定款に適合した行動をとるための守るべき規範や活動指針を明確にする。
         (c)子会社に、コンプライアンス担当部署を設置する。
         (d)監査部は、子会社の内部監査及び指導、勧告を行う。
         f.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び当該
         使用人の取締役からの独立性に関する事項並びに当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
         (a)監査役が必要あるときは、監査部に所属する使用人は、監査役の職務の補助業務を担当する。
         (b)監査役の職務の補助業務を担当する監査部に所属する使用人は、その業務に関して取締役の指揮命令を受
            けない。
         (c)監査役の職務の補助業務を担当する監査部に所属する使用人は、監査役に係る業務を優先して従事する。
         g.当社グループの取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制及
           び報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
         (a)当社グループの取締役及び使用人は、当社グループの業務又は業績に影響を与える重要な事項について、
            監査役に報告する。
         (b)監査役は、必要に応じて当社グループの取締役及び使用人から報告を求める。
         (c)内部通報制度により、法令違反その他のコンプライアンス上の問題について、監査役への適切な報告体制
            を確保する。
         (d)上記各項の報告をした者が、当該報告をしたことを理由として、不利な取扱いを受けない。
         h.監査役の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
           監査役が、その職務の執行について生ずる費用の前払又は償還等の請求をしたときは、速やかに処理す
           る。
         i.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         (a)代表取締役は、監査役と定期的に意見交換の場をもち、会社運営に関する意見を交換し、相互意思疎通を
            図る。
         (b)内部監査を所管する監査部は、監査役に協力し随時連絡調整を行う。
        ④取締役の定数

          当社の取締役は15名以内とする旨を定款に定めています。
        ⑤責任限定契約の内容の概要

          当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
         任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく社外取締役及び社外監査役の損害賠償責任の限度額
         は、当該契約に基づく法令が規定する額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締
         役または社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
                                 27/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ⑥取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することのできる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席した株主総会において、出席した当該株主の議決権の過半数をもって選任し、累積投票によらないもの
         とする旨を定款に定めています。
        ⑦取締役会で決議することができる株主総会決議事項

          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得す
         ることができる旨を定款に定めています。これは、経済情勢の変化に対応して、資本政策を機動的に実施するこ
         とを目的とするものです。
        ⑧株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めてい
         ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものです。
                                 28/98















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  14 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (百株)
                               昭和50年4月      日本国有鉄道入社
                               平成12年11月      東日本旅客鉄道株式会社総合企画本
                                     部投資計画部長
                                同  15年6月    同 理事八王子支社長
                                同  18年6月    同 理事建設工事部長
                                同  19年6月    同 取締役建設工事部長
                                同  21年4月    同 常務取締役鉄道事業本部
                                       副本部長建設工事部長
                                同  21年6月    同 常務取締役鉄道事業本部
                                       副本部長
                                                     (注)
                                同  24年6月    同 常務取締役鉄道事業本部
        代表取締役会長          林 康雄     昭和27年7月10日       生
                                                           79
                                                     3
                                       副本部長総合企画本部復興企画
                                       部担当鉄道事業本部信濃川
                                       発電所業務改善推進部担当
                                       建設工事部担当
                                       (平成25年6月退任)
                               平成20年6月      当社社外取締役(平成21年3月退任)

                                同  25年6月    当社代表取締役執行役員副社長
                                同  26年6月    当社代表取締役社長執行役員社長
                                同  30年6月    当社代表取締役会長(現任)
                               昭和53年4月      日本国有鉄道入社
                               平成15年6月      東日本旅客鉄道株式会社東京工事事務
                                     所上信越工事事務所長
                                同 16年6月    同 東京工事事務所長
                                同 18年6月    同 理事長野支社長
                                同 20年6月    同 執行役員長野支社長
                                同 21年6月    同 執行役員建設工事部長
                                       (平成24年6月退任)
                                同  21年6月    当社社外取締役

        代表取締役社長                                            (注)
                  伊藤泰司     昭和31年2月20日       生                             36
                                同 24年6月    当社取締役常務執行役員鉄道統括室長
         執行役員社長
                                                      3
                                     兼土木本部担当兼建築本部担当
                                同  25年4月    当社取締役専務執行役員鉄道統括室長
                                     兼土木本部担当兼建築本部担当
                                同  27年4月    当社取締役執行役員副社長鉄道統括室
                                     長兼土木本部担当兼建築本部担当
                                同  27年6月    当社取締役執行役員副社長
                                同  28年6月    当社代表取締役執行役員副社長
                                同 30年6月    当社代表取締役社長執行役員社長
                                     (現任)
                                 29/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (百株)
                               昭和54年4月      当社入社
                               平成21年4月      当社経営戦略室経営企画部長
                                同 24年4月    当社執行役員土木本部副本部長(全
                                     般)兼土木部長
                                同 25年4月    当社執行役員東北支店長
                                同 28年4月    当社執行役員東京鉄道支店副支店長
         代表取締役                                            (注)
                                     (全般)
                  高橋昭宏     昭和31年1月15日       生                             36
        執行役員副社長
                                                      3
                                同 29年4月    当社常務執行役員東京鉄道支店副支店
                                     長(全般)
                                     当社常務執行役員土木本部長
                                同 30年4月
                                同 30年6月    当社取締役常務執行役員土木本部長
                               令和元年6月      当社代表取締役執行役員副社長
                                     (現任)
                               昭和55年4月      日本国有鉄道入社

                               平成18年6月      東日本旅客鉄道株式会社東京工事事務
                                     所上信越工事事務所長
                                同 20年6月    同 東北工事事務所長
                                同 24年6月    同 東京工事事務所長
                                同 25年6月    同 執行役員鉄道事業本部信濃川発
                                     電  所業務改善推進部長・建設工事
          取締役                                           (注)
                  藤森伸一     昭和30年12月23日       生                              6
                                     部長
        執行役員副社長
                                                      3
                                同 27年6月    同 執行役員千葉支社長
                                       (平成29年6月退任)
                                同  25年6月    当社社外取締役(平成27年6月退任)

                                同 29年6月    当社専務執行役員鉄道統括室担当兼土
                                     木本部担当兼建築本部担当
                                     当社取締役執行役員副社長(現任)
                                同 30年6月
                               昭和58年4月      当社入社

                               平成20年2月      当社建築本部建築企画部長
                                同 24年4月    当社経営戦略室経営企画部長
                                同 25年4月    当社執行役員建築本部副本部長兼建築
                                     企画部長
                                同 26年6月    当社執行役員関越支店長
          取締役
                                同 28年4月    当社執行役員経営戦略室長兼建設技術
         常務執行役員                                            (注)
                  熊井和雄     昭和30年9月21日       生
                                                           20
                                     総合センター所長
       経営企画本部長 兼                                               3
                                同 28年6月    当社取締役執行役員経営戦略室長兼
      建設技術総合センター所長
                                     建設技術総合センター所長
                                同 29年4月    当社取締役常務執行役員経営戦略室長
                                     兼建設技術総合センター所長
                                同 31年4月    当社取締役常務執行役員経営企画本部
                                     長兼建設技術総合センター所長(現
                                     任)
                                 30/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (百株)
                               昭和55年4月      当社入社
                               平成17年4月      当社大阪支店総務部長
                               同 22年5月    当社管理本部総務人事部総務部長
                               同 23年1月    当社管理本部法務部長兼総務人事部総
                                     務部長
          取締役
                                                     (注)
                               同 25年4月    当社執行役員管理本部副本部長兼法務
         常務執行役員         橋本 謙     昭和32年11月18日       生                             50
                                     部長
                                                      3
         管理本部長
                               同 27年4月    当社執行役員管理本部副本部長兼経営
                                     戦略室広報部長
                               同 31年4月    当社常務執行役員管理本部長
                               令和元年6月      当社取締役常務執行役員管理本部長
                                     (現任)
                               昭和58年4月      当社入社

                               平成22年4月      当社関越支店建築部長
                                同 25年4月    当社東京鉄道支店建築部長
          取締役
                                同 28年4月    当社建築本部建築部長
                                                     (注)
         常務執行役員         瀬下耕司     昭和34年5月22日       生
                                同 29年4月    当社執行役員建築本部副本部長(工事                      15
                                                      3
                                     担当)兼建築部長
         建築本部長
                                同 31年4月    当社常務執行役員建築本部長
                               令和元年6月      当社取締役常務執行役員建築本部長
                                     (現任)
                               昭和55年4月      当社入社

                               平成17年4月      当社大阪支店鉄道営業部長
                                同 18年6月    当社大阪支店土木営業部長兼鉄道営業
                                     部長
          取締役
                                                     (注)
                                同 24年10月    当社大阪支店土木営業部長
         常務執行役員         谷口和善     昭和33年2月9日       生                             23
                                                      3
                                同 26年4月    当社土木本部副本部長兼土木営業部長
         土木本部長
                                同 28年4月    当社執行役員東北支店長
                               令和元年6月      当社取締役常務執行役員土木本部長
                                     (現任)
                               昭和51年4月      警察庁入庁

                               平成19年8月      警察庁警備局長
                                同 22年1月    警視総監
                                同 23年10月    株式会社損害保険ジャパン顧問
                                同 24年9月    原子力規制庁長官
                                同 27年11月    日本生命保険相互会社特別顧問
                                                     (注)
          取締役        池田克彦     昭和28年2月12日       生                             -
                                同 29年6月    公益財団法人日本道路交通情報セン
                                                     1・3
                                     ター理事長(現任)
                                同 29年6月    株式会社テレビ朝日ホールディングス
                                     取締役(監査等委員)(現任)
                                同 29年6月    株式会社テレビ朝日監査役(現任)
                                同 28年6月    当社取締役(現任)

                                 31/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (百株)
                               平成5年4月      東京電力株式会社入社
                                同 9年10月    東京大学助手
                                同 10年4月    高知工科大学講師
                                                     (注)
                                同 13年10月    高知工科大学助教授
          取締役        大内雅博     昭和43年1月17日       生                             -
                                同 19年4月    高知工科大学准教授
                                                     1・3
                                同 25年8月
                                     高知工科大学教授(現任)
                                同 28年6月

                                     当社取締役(現任)
                               昭和63年4月      東日本旅客鉄道株式会社入社

                               平成21年6月      同 新潟支社総務部長
                                同 24年6月
                                     同 建設工事部次長
                                同 26年6月
                                     同 建設工事部担当部長
                                同 27年6月
                                     同 総合企画本部投資計画部担当部長
                                                     (注)
                                同 28年6月
                                     同 総合企画本部投資計画部部長
          取締役        今井政人     昭和38年9月13日       生                             -
                                                     1・3
                                同 29年6月    同 執行役員新潟支社長
                               令和元年6月      同 執行役員鉄道事業本部信濃川発電
                                       所業務改善推進部長・建設工事部
                                       長(現任)
                               令和元年6月      当社取締役(現任)

                                 32/98













                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (百株)
                               昭和53年4月      当社入社
                               平成17年7月      当社四国支店総務部長
                                同 17年10月    当社東関東支店総務部長
                                                     (注)
         常勤監査役         嶺村 功     昭和31年3月20日       生                              7
                                同 19年4月    当社東京支店総務部長
                                                      4
                                同 21年6月    当社経営戦略室監査部長
                                同 29年6月    当社常勤監査役      (現任)
                               昭和53年4月      東鉄工業株式会社入社

                               平成12年4月      同 東京支店品質管理部長
                                同 14年10月    同 横浜支店土木部担当部長
                                同 17年4月    同 八王子支店工事部担当部長
                                同 19年7月    同 横浜支店安全部担当部長
                                                     (注)
         常勤監査役         浦野正人     昭和31年1月3日       生
                                                            6
                                同 23年10月    同 環境本部環境事業部長
                                                     2・4
                                同 26年7月    同 内部統制本部品質環境マネジメ
                                     ン  ト部長
                                同 29年6月

                                     当社常勤監査役      (現任)
                               昭和47年4月      弁護士登録

                                同 47年4月    一番町法律事務所
                                同 57年4月    青木二郎法律事務所
                                                     (注)
                               平成11年6月      内幸町総合法律事務所
          監査役        青木二郎     昭和20年11月19日       生
                                                           116
                                                     2・5
                               平成24年7月      弁護士法人内幸町総合法律事務所
                                     (現任)
                                同 16年6月

                                     当社監査役    (現任)
       計                                                    394
      (注)1.取締役         池田克彦、大内雅博及び今井政人               は、社外取締役です。
         2.監査役浦野正人及び青木二郎は、社外監査役です。
         3.任期は令和元年6月27日開催の定時株主総会終結の時から1年間です。
         4.任期は平成29年6月29日開催の定時株主総会終結の時から4年間です。
         5.任期は平成28年6月29日開催の定時株主総会終結の時から4年間です。
         6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
           役1名を選任しています。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                  略歴
                                                        (百株)
                               昭和34年4月      東京国税局入局
                               平成10年7月      東京国税局調査第四部部長
                                同 11年9月    税理士開業(現任)
                                同 13年8月    株式会社インプレスホールディングス監査役
                                     (現任)
         補欠監査役         大西健一     昭和15年12月17日生
                                                           20
                                同 17年12月    株式会社合同資源監査役(現任)
                                同 18年6月
                                     株式会社ゴールドクレスト監査役(現任)
                                同 22年6月    一般社団法人日本コミュニティーガス協会監
                                     事(現任)
                                 33/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         7.当社は執行役員制度を導入しており、取締役会で選任された執行役員は次のとおりです。
           ※は取締役兼務者です。
                役名           氏名                   職名

                         伊藤    泰司

            ※執行役員社長
            ※執行役員副社長             高橋 昭宏

                         藤森    伸一

            ※執行役員副社長
                         菊地     眞

             専務執行役員                      土木担当
                         相越    信秀

             専務執行役員
                         田中    健二

             専務執行役員                    土木本部担当
                         松隈    宣明

             専務執行役員                    土木本部担当
                         熊井    和雄     経営企画本部長        兼  建設技術総合センター所長

            ※常務執行役員
            ※常務執行役員             橋本  謙        管理本部長

            ※常務執行役員             瀬下 耕司        建築本部長

            ※常務執行役員             谷口 和善        土木本部長

                         森澤    吉男     建築本部担当       兼  管理本部担当

             常務執行役員
                         藤井    義久     建築本部担当       兼  管理本部担当

             常務執行役員
                         大塚    一史

             常務執行役員                    東京鉄道支店長
                         笠井    高志

             常務執行役員                    鉄道統括室長
                         城本    政雄

             常務執行役員                    東京支店長
                                 土木本部副本部長(全般)

             常務執行役員            酒井喜市郎
             常務執行役員            鈴木 辰夫        土木本部担当

                                 土木本部副本部長(海外担当) 兼 建築本部副本部長

                         中川     泰
             常務執行役員
                                 (海外担当)
                         松岡     茂     土木本部副本部長(土木技術担当)

             常務執行役員
             常務執行役員            大沢  悟        安全推進室長

                                 34/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                役名           氏名                   職名

             常務執行役員            荒川栄佐夫        東京鉄道支店副支店長

                         田中    智晴     東京鉄道支店副支店長(安全担当)

             執行役員
                         石丸    和也

             執行役員                    関越支店長
                         山内    哲裕

             執行役員                    東京支店副支店長
             執行役員            塩畑 泰典        名古屋支店長

             執行役員            小西 伸博        安全推進室副室長

             執行役員            魚谷 和亮        九州支店長

                                 建築本部副本部長(鉄道担当)

             執行役員            飯塚 博之
                                 兼 東京鉄道支店副支店長(建築鉄道担当)
                                 建築本部副本部長(全般) 兼 鉄道統括室副室長
             執行役員            尾形 直樹
                                 (建築担当)
             執行役員            小室 好孝        土木本部・建築本部 海外事業推進室長

             執行役員            鬼塚 雅嗣        建築本部副本部長(建築技術担当) 兼 建築技術部長

                                 土木本部副本部長(プロジェクト担当) 兼

                         宇田      誠
             執行役員
                                 トンネル技術部長
             執行役員            橋本 浩一        管理本部副本部長 兼 総務部長

             執行役員            三宅 信次        土木本部・建築本部 インド高速鉄道PJ準備室長

                                 管理本部副本部長 兼 財務部長 兼

             執行役員            草刈 昭博
                                 建築本部・管理本部 不動産開発室 開発部長
                                 建築本部副本部長(営業担当) 兼 建築営業部長 兼
             執行役員            簱  武志        建築本部・管理本部 不動産開発室 プロジェクト営業推
                                 進部長
             執行役員            栗城 秀章        札幌支店長

             執行役員            東海林直人        大阪支店長

             執行役員            佐藤 栄徳        東北支店長

        ② 社外役員の状況

          当社の社外取締役は3名、社外監査役は2名であります。
          社外取締役 今井政人氏は、当社の主要株主であり特定関係事業者の東日本旅客鉄道株式会社の執行役員鉄道
         事業本部信濃川発電所業務改善推進部長・建設工事部長でありますが、同社との取引は通常の取引関係でありま
         す。
          社外監査役 浦野正人氏は、当社株式を600株保有しています。また、平成29年6月28日まで在籍した東鉄工
         業株式会社との間には一定の資本関係があり、同社とは社外監査役が相互に就任していますが、取引の規模、性
         質に照らして、株主・投資者の判断に影響を及ぼす恐れがないと判断されることから、概要の記載を省略してい
         ます。
          社外監査役 青木二郎氏は、弁護士であり、当社株式を11,600株保有しています。当社が平成30年度に同氏へ
                                 35/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         支払った弁護士報酬はありません。(同氏が代表を務める法律事務所に弁護士報酬の支払いがありますが少額で
         す。)
          前記以外の当社と社外取締役及び社外監査役との人的関係、資本的関係又は取引関係、その他の利害関係はあ
         りません。
          当社は、社外取締役及び社外監査役の独立性に関する基準又は方針を定めていませんが、各々の社外取締役及
         び社外監査役が、豊富な知識と経験に基づく専門的見地及び大所高所に立った経営判断を行っています。
          社外取締役 今井政人氏は東日本旅客鉄道株式会社の建設工事部門等における豊富な知識と経験を当社の経営
         に活かしていただけると考え、社外取締役として選任しています。
          社外取締役 池田克彦氏、大内雅博氏は独立した立場から豊富な知識と経験を当社の経営に活かしていただけ
         ると判断し、選任しています。
          社外監査役 浦野正人氏、青木二郎氏は、取締役の業務執行の監査と、会計監査人と連携して会計に関する監
         査を実施するにあたり、人格、識見、能力、経験から判断し、選任しています。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

         統制部門との関係
          社外取締役は、取締役会を通じて監査役監査及び会計監査に関する情報交換や、内部監査部門である監査部
         と必要に応じて連携できる体制を整備しています。
          社外監査役は、内部監査部門である監査部の実施した内部監査結果報告を閲覧するとともに、随時情報の交換
         を行うことにより、相互の連携を高めております。また、会計監査人に対しても、必要な情報を提供し、公正不
         偏な立場から監査が実施される環境を整備しています。
                                 36/98














                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ①監査役監査の状況
          監査役監査の組織として監査役が3名おり、うち社外監査役2名を選任しています。監査役は、取締役の職務
         執行を監査する体制となっており、監査役会で作成した監査方針・監査計画に従い、取締役会、経営会議等の重
         要な会議に参加するほか、稟議等の閲覧、実地監査などを通じて、取締役の業務執行の適正性を中心に監査を行
         っています。
          監査役と会計監査人は、必要に応じ随時情報の交換を行い、また会計監査人の支店等の往査・講評に立ち会う
         等により相互の連携を高めています。
        ②内部監査の状況

          当社の内部監査として監査部(2名)が設置されており、内部監査規程、内部監査計画に従い、使用人の職務
         の執行に対して業務監査及び改善指導を実施しています。
          監査部の実施した内部監査結果報告を監査役が閲覧するとともに、随時情報の交換を行うことにより、相互の
         連携を高めています。
        ③会計監査の状況

        a.監査法人の名称
           有限責任         あずさ監査法人
        b.業務を執行した公認会計士

           安藤  見
           斉藤 直樹
        c.監査業務に係る補助者の構成

           監査業務に係る補助者の構成は、公認会計士5名、その他8名です。
        d.監査法人の選定方針と理由

           監査法人の選定に際しては、適切なメンバーによって効果的かつ効率的に監査できること、独立性を保持し
          監査役や経営者と適切なコミュニケーションを行うこと、監査スケジュール及び監査報酬が合理的かつ妥当で
          あることなどの要件によって、総合的に判断しています。以上の結果、有限責任                                         あずさ監査法人を会計監査
          人に選定しています。
        e.監査役及び監査役会による監査法人の評価

           監査役会は、「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」に基づき評価を行って
         お り、監査法人による会計監査が適正に行われていることを確認しています。
        ④監査報酬の内容等

          「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日内閣府令第3号)によ
         る改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規定に経過
         措置を適用しています。
        a.監査公認会計士等に対する報酬

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                        59           -           62           -

      提出会社
                        -           -           -           -

      連結子会社
                        59           -           62           -

         計
                                 37/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        b.その他重要な報酬の内容
          (前連結会計年度)
            該当事項はありません。
          (当連結会計年度)
            該当事項はありません。
        c.監査報酬の決定方針

            決定方針は定めていません。
        d.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査役会は、「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、監査実績の分析・評価、監査計画におけ
          る監査日数・配員計画、会計監査人の職務遂行状況、報酬見積り(監査手続別見積時間等)の相当性などを確
          認し、会計監査人の報酬額については、会社法第399条第1項の同意を行っています。
                                 38/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
       ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          取締役の報酬は、総限度額を株主総会の決議により定めており、個別の報酬額については次の方針に従って代
         表取締役社長が取締役会から委任を受けて決定しています。個別の報酬額は、上場企業等の水準を参考に、建設
         業界の環境、当社の状況等を包括的に考慮して報酬指標額を算定します。報酬指標額は、固定報酬と業績連動報
         酬により7:3の割合で構成されています。業績連動報酬は毎年の企業業績と配当額の実績に応じて加減してい
         ますが、目標とする指標はありません。各役員の報酬は、業績連動報酬が加減された報酬指標額に基づいて算定
         された役位別報酬に、各役員の業績、業務執行の責任度合い等を総合的に考慮して決定されます。
          平成30年度の取締役の報酬は、平成30年4月の取締役会において代表取締役社長が委任を受けて決定していま
         す。
          取締役の報酬限度額は、平成14年6月27日開催の第61回定時株主総会において年額300百万円以内と決議され
         ており、当該定めに係る取締役は15名です。
          監査役の報酬は、総限度額を株主総会の決議により定めており、個別の報酬額については監査役の協議により
         決定されます。
          監査役の報酬限度額は、平成8年6月27日開催の第55回定時株主総会において年額50百万円以内と決議され
         ており、当該定めに係る監査役は5名です。
       ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                    報酬等の総額
                                                      役員の員数
          役員区分
                     (百万円)
                                                       (人)
                              固定報酬       業績連動報酬         退職慰労金
     取締役

                         250        175         75        -        10
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                         18        12         6        -         1
     (社外監査役を除く。)
                         39        27        11        -         ▶
     社外役員
     (注)役員ごとの報酬等の総額については、1億円以上を支給している役員が存在しないため記載していません。
       (5)【株式の保有状況】

         ①投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、以下
         のように定めています。
           専ら株式の価格の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする場合、保有目的が純投資
          目的である投資株式に区分します。
           上記以外については、純投資目的以外の目的である投資株式に区分します。
         ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

          a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
           の内容
            当社は、保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式について、当該株式が安定的な取引関係の構築
           や当社の中長期的な企業価値の向上に資すると判断した場合について、保有する方針です。
            この方針に則り、保有先企業との取引状況並びに、保有先企業の財政状態、経営成績及び株価、配当等の
           状況を確認し、毎年、取締役会にて当該株式の保有の適否の検証を実施します。検証により保有の意義が薄
           れたと判断した株式は、取締役会にて売却を検討します。
          b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                   37              1,001

     非上場株式
                   30              38,845
     非上場株式以外の株式
                                 39/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                   -          -                   -

     非上場株式
                                     京成電鉄㈱他:持株会へ加入しています。
                    ▶               524
     非上場株式以外の株式                                住友不動産㈱:営業戦略上、将来における当社
                                     の企業価値向上を期待しています。
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                    2               102

     非上場株式
                   -          -
     非上場株式以外の株式
           c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

            特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                                                         当社の
                 株式数(株)         株式数(株)
                                       保有目的、定量的な保有効果                   株式の
         銘柄
                                       及び株式数が増加した理由                  保有の
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                          有無
                 (百万円)         (百万円)
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                   1,200,000         1,200,000
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です                        有
     東日本旅客鉄道㈱
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                                  や今後の営業案件が期待できることにより保有
                     12,816         11,834
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                    420,000         420,000
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
     東海旅客鉄道㈱
                                                          有
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                     10,798          8,454    や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                    299,000         299,000
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
     西日本旅客鉄道㈱
                                                          無
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                     2,493         2,221    や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  建設工事の共同企業体の構成員として共同で工
                                  事の施工をおこなっており、良好な取引関係の
                    770,000         770,000
                                  維持、発展を図るため、株式を継続して保有し
     東鉄工業㈱
                                  ています。定量的な保有効果の記載は困難です                        有
                                  が、建設工事の共同企業体としての実績がある
                     2,348         2,510
                                  ことにより保有の合理性があることを確認して
                                  います。
                                 40/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                                                         当社の
                 株式数(株)         株式数(株)
                                       保有目的、定量的な保有効果                   株式の
         銘柄
                                       及び株式数が増加した理由                  保有の
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                          有無
                 (百万円)         (百万円)
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                   1,530,000         1,530,000
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
     ヒューリック㈱
                                                          無
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                     1,661         1,776
                                  や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                    306,994         306,994
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
     阪急阪神
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
                                                          無
     ホールディングス㈱
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                     1,274         1,211    や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  当社の取引金融機関として、事業資金の借入等
                                  をおこなっており、良好な取引関係を維持し、
                   2,124,710         2,124,710
     ㈱三菱UFJ
                                  当社の事業基盤の充実、強化を図るため、株式
     フィナンシャル・グ                             を継続して保有しています。定量的な保有効果                        有
                                  の記載は困難ですが、営業情報取得など多岐に
     ループ
                     1,168         1,480
                                  渡り取引の実績があることにより保有の合理性
                                  があることを確認しています。
                                  建設工事の共同企業体の構成員として共同で工
                                  事の施工をおこなっており、良好な取引関係の
                    600,000        1,200,000
                                  維持、発展を図るため、株式を継続して保有し
     鹿島建設㈱
                                  ています。定量的な保有効果の記載は困難です                        有
                                  が、建設工事の共同企業体としての実績がある
                      980        1,184
                                  ことにより保有の合理性があることを確認して
                                  います。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                    253,000         253,000
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
     九州旅客鉄道㈱                                                     無
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                      920         837   や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                    122,000            -
                                  持、発展を図るため、株式を保有しています。
                                  定量的な保有効果の記載は困難ですが、建設工
     住友不動産㈱                                                     無
                                  事の発注者として、過去の受注実績や今後の営
                      559          -  業案件が期待できることにより保有の合理性が
                                  あることを確認しています。
                                  建設工事の共同企業体の構成員として共同で工
                                  事の施工をおこなっており、良好な取引関係の
                    509,061         509,061
                                  維持、発展を図るため、株式を継続して保有し
     名工建設㈱
                                  ています。定量的な保有効果の記載は困難です                        無
                                  が、建設工事の共同企業体としての実績がある
                      547         582
                                  ことにより保有の合理性があることを確認して
                                  います。
                                 41/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                                                         当社の
                 株式数(株)         株式数(株)
                                       保有目的、定量的な保有効果                   株式の
         銘柄
                                       及び株式数が増加した理由                  保有の
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                          有無
                 (百万円)         (百万円)
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                    112,950         111,840
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
     京成電鉄㈱
                                                          無
                                  や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。なお、
                      454         365
                                  当社は同社の持株会に加入しているため、株式
                                  数が増加しています。
                                  当社の取引金融機関として、事業資金の借入等
                                  をおこなっており、良好な取引関係を維持し、
                   2,483,480         2,483,480
     ㈱みずほ                             当社の事業基盤の充実、強化を図るため、株式
     フィナンシャルグ                             を継続して保有しています。定量的な保有効果                        有
     ループ                             の記載は困難ですが、営業情報取得など多岐に
                      425         475
                                  渡り取引の実績があることにより保有の合理性
                                  があることを確認しています。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                    316,000         316,000
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
     片倉工業㈱
                                                          無
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                      398         436
                                  や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                     72,400         72,400
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
     京阪
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
                                                          有
     ホールディングス㈱
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                      337         237   や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                    100,000         100,000
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
     南海電気鉄道㈱
                                                          無
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                      305         266   や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                    124,716         124,716
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
     日本電設工業㈱
                                                          有
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                      287         262   や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  当社の取引金融機関として、事業資金の借入等
                                  をおこなっており、良好な取引関係を維持し、
                     54,871         54,871
     ㈱三井住友                             当社の事業基盤の充実、強化を図るため、株式
     フィナンシャルグ                             を継続して保有しています。定量的な保有効果                        有
     ループ                             の記載は困難ですが、営業情報取得など多岐に
                      212         244
                                  渡り取引の実績があることにより保有の合理性
                                  があることを確認しています。
                                 42/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                                                         当社の
                 株式数(株)         株式数(株)
                                       保有目的、定量的な保有効果                   株式の
         銘柄
                                       及び株式数が増加した理由                  保有の
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                          有無
                 (百万円)         (百万円)
                                  建設工事の共同企業体の構成員として共同で工
                                  事の施工をおこなっており、良好な取引関係の
                     66,991         66,991
                                  維持、発展を図るため、株式を継続して保有し
     西松建設㈱
                                  ています。定量的な保有効果の記載は困難です                        有
                                  が、建設工事の共同企業体としての実績がある
                      164         176
                                  ことにより保有の合理性があることを確認して
                                  います。
                                  建設工事の共同企業体の構成員として共同で工
                                  事の施工をおこなっており、良好な取引関係の
                     71,029         71,029
                                  維持、発展を図るため、株式を継続して保有し
     第一建設工業㈱
                                  ています。定量的な保有効果の記載は困難です                        無
                                  が、建設工事の共同企業体としての実績がある
                      116         126
                                  ことにより保有の合理性があることを確認して
                                  います。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                     58,859         52,409
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
     京浜急行電鉄㈱
                                                          無
                                  や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。なお、
                      110          96
                                  当社は同社の持株会に加入しているため、株式
                                  数が増加しています。
                                  当社の取引先として工事の発注をおこなってお
                     20,000         100,000
                                  り、良好な取引関係の維持、発展を図るため、
                                  株式を継続して保有しています。定量的な保有
     太洋基礎工業㈱
                                                          有
                                  効果の記載は困難ですが、当社の取引先として
                      106         111   工事の発注の実績があることにより保有の合理
                                  性があることを確認しています。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                     32,710         30,519
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
     東京急行電鉄㈱
                                                          無
                                  や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。なお、
                       63         50
                                  当社は同社の持株会に加入しているため、株式
                                  数が増加しています。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                     8,920         8,234
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
     京王電鉄㈱
                                                          無
                                  や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。なお、
                       63         37
                                  当社は同社の持株会に加入しているため、株式
                                  数が増加しています。
                                 43/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                                                         当社の
                 株式数(株)         株式数(株)
                                       保有目的、定量的な保有効果                   株式の
         銘柄
                                       及び株式数が増加した理由                  保有の
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                          有無
                 (百万円)         (百万円)
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                     21,640         21,640
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
     小田急電鉄㈱
                                                          無
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                       58         46
                                  や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  当社の取引金融機関として、事業資金の借入等
                                  をおこなっており、良好な取引関係を維持し、
                     21,500         107,500
     ㈱ふくおか                             当社の事業基盤の充実、強化を図るため、株式
     フィナンシャル・グ                             を継続して保有しています。定量的な保有効果                        有
     ループ                             の記載は困難ですが、営業情報取得など多岐に
                       52         61
                                  渡り取引の実績があることにより保有の合理性
                                  があることを確認しています。
                                  当社の取引金融機関として、事業資金の借入等
                                  をおこなっており、良好な取引関係を維持し、
                     24,200         24,200
                                  当社の事業基盤の充実、強化を図るため、株式
     ㈱北日本銀行                             を継続して保有しています。定量的な保有効果                        有
                                  の記載は困難ですが、営業情報取得など多岐に
                       47         71
                                  渡り取引の実績があることにより保有の合理性
                                  があることを確認しています。
                                  建設工事を受注しており、良好な取引関係の維
                     32,917         32,917
                                  持、発展を図るため、株式を継続して保有して
                                  います。定量的な保有効果の記載は困難です
     日本リーテック㈱
                                                          無
                                  が、建設工事の発注者として、過去の受注実績
                       46         47  や今後の営業案件が期待できることにより保有
                                  の合理性があることを確認しています。
                                  当社の取引金融機関として、事業資金の借入等
                                  をおこなっており、良好な取引関係を維持し、
                     20,000         20,000
     ㈱ほくほく                             当社の事業基盤の充実、強化を図るため、株式
     フィナンシャル・グ                             を継続して保有しています。定量的な保有効果                        有
     ループ                             の記載は困難ですが、営業情報取得など多岐に
                       23         28
                                  渡り取引の実績があることにより保有の合理性
                                  があることを確認しています。
                                  当社の取引金融機関として、事業資金の借入等
                                  をおこなっており、良好な取引関係を維持し、
                     6,860         6,860
                                  当社の事業基盤の充実、強化を図るため、株式
     ㈱りそな
                                  を継続して保有しています。定量的な保有効果                        無
     ホールディングス
                                  の記載は困難ですが、営業情報取得など多岐に
                       3         3
                                  渡り取引の実績があることにより保有の合理性
                                  があることを確認しています。
       (注)「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しています。
                                 44/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
            みなし保有株式

                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                   -         -

          -                                  -             -
                   -         -
         ③保有目的が純投資目的である投資株式
                         当事業年度                      前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                     (銘柄)         合計額(百万円)             (銘柄)         合計額(百万円)
                      -           -           -           -

     非上場株式
                      -           -           -           -
     非上場株式以外の株式
                               当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                  合計額(百万円)           合計額(百万円)           合計額(百万円)
                      -           -           -

     非上場株式
                      -           -           -
     非上場株式以外の株式
                                 45/98












                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
         号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しています。
          なお、当連結会計年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報の
         うち、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成30年3月23日
         内閣府令第7号。以下「改正府令」という。)による改正後の連結財務諸表規則第15条の5第2項第2号及び同
         条第3項に係るものについては、改正府令附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成
         しています。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)第2

         条の規定に基づき、同規則及び「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)により作成しています。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成30年4月1日から平成31年3
        月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)の財務諸表について、
        有限責任     あずさ監査法人による監査を受けています。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っています。具体的には、会計基準等の内
        容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団
        法人財務会計基準機構へ加入し、セミナーへ参加しています。
                                 46/98












                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         8,779              21,633
         現金預金
                                       ※7 101,230             ※7 91,599
         受取手形・完成工事未収入金等
                                         1,762               110
         有価証券
                                           217              161
         販売用不動産
                                        ※5 4,360             ※5 4,486
         未成工事支出金
                                         1,342              1,656
         不動産事業支出金
                                        ※4 1,793             ※4 1,700
         その他のたな卸資産
                                         9,798              6,653
         その他
                                          △ 10             △ 19
         貸倒引当金
                                        129,272              127,983
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※3 16,443             ※3 18,003
          建物・構築物
                                         2,484              2,743
          機械、運搬具及び工具器具備品
                                      ※2 , ※3 13,548           ※2 , ※3 14,157
          土地
                                           180              212
          リース資産
                                           117              561
          建設仮勘定
                                        △ 12,284             △ 12,719
          減価償却累計額
                                         20,491              22,957
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  377              388
         投資その他の資産
                                      ※1 , ※3 36,474           ※1 , ※3 40,049
          投資有価証券
                                         ※3 496             ※3 473
          長期貸付金
                                           555              412
          破産更生債権等
                                           19              14
          繰延税金資産
                                           812              810
          退職給付に係る資産
                                           952              969
          その他
                                         △ 524             △ 382
          貸倒引当金
                                         38,786              42,348
          投資その他の資産合計
                                         59,655              65,693
         固定資産合計
                                        188,928              193,676
       資産合計
                                 47/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※7 56,488
                                                       53,908
         支払手形・工事未払金等
                                        ※3 29,343             ※3 23,260
         短期借入金
                                         1,362              6,442
         未払金
                                         5,564              7,453
         未成工事受入金
                                         12,871              13,936
         預り金
                                           292              270
         完成工事補償引当金
                                         1,019              1,216
         賞与引当金
                                        ※5 1,549              ※5 834
         工事損失引当金
                                           25              -
         損害補償引当金
                                         1,245              1,894
         その他
                                        109,762              109,216
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※3 13,392             ※3 11,407
         長期借入金
                                         1,289              2,415
         繰延税金負債
                                        ※2 2,217             ※2 2,038
         再評価に係る繰延税金負債
                                         6,326              6,049
         退職給付に係る負債
                                           101              102
         その他
                                         23,326              22,012
         固定負債合計
                                        133,089              131,229
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         18,293              18,293
         資本金
                                         5,329              5,329
         資本剰余金
                                         13,786              18,609
         利益剰余金
                                          △ 93             △ 95
         自己株式
                                         37,316              42,137
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         14,073              16,181
         その他有価証券評価差額金
                                        ※2 4,199             ※2 3,793
         土地再評価差額金
                                         △ 171             △ 128
         退職給付に係る調整累計額
                                         18,101              19,846
         その他の包括利益累計額合計
                                           421              463
       非支配株主持分
                                         55,839              62,447
       純資産合計
                                        188,928              193,676
      負債純資産合計
                                 48/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      売上高
                                       ※3 166,647             ※3 172,669
       完成工事高
                                         1,903              2,001
       兼業事業売上高
                                        168,551              174,670
       売上高合計
      売上原価
                                       ※4 151,895             ※4 156,175
       完成工事原価
                                        ※5 1,427             ※5 1,579
       兼業事業売上原価
                                        153,323              157,755
       売上原価合計
      売上総利益
                                         14,751              16,493
       完成工事総利益
                                           476              421
       兼業事業総利益
                                         15,227              16,915
       売上総利益合計
                                      ※1 , ※2 8,613           ※1 , ※2 9,342
      販売費及び一般管理費
                                         6,614              7,573
      営業利益
      営業外収益
                                           65              29
       受取利息
                                           559              611
       受取配当金
                                           243              153
       その他
                                           868              794
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           459              410
       支払利息
                                           68             1,047
       為替差損
                                           68              59
       その他
                                           596             1,517
       営業外費用合計
                                         6,886              6,850
      経常利益
      特別利益
                                         ※6 246
                                                         -
       固定資産売却益
                                           246               -
       特別利益合計
      特別損失
                                                        ※7 8
                                           -
       固定資産売却損
                                            6              29
       固定資産除却損
                                          ※8 90             ※8 35
       減損損失
                                           23              176
       固定資産撤去費用
       訴訟和解金                                    24              31
                                           17              22
       その他
                                           162              303
       特別損失合計
      税金等調整前当期純利益                                    6,970              6,546
      法人税、住民税及び事業税                                    1,649               956
                                         △ 335              △ 45
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    1,313               911
                                         5,656              5,635
      当期純利益
                                           16              47
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         5,639              5,587
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 49/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
                                         5,656              5,635
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         1,352              2,108
       その他有価証券評価差額金
                                           407               42
       退職給付に係る調整額
                                        ※1 1,760             ※1 2,150
       その他の包括利益合計
                                         7,416              7,786
      包括利益
      (内訳)
                                         7,399              7,738
       親会社株主に係る包括利益
                                           16              47
       非支配株主に係る包括利益
                                 50/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       18,293         5,329        11,580         △ 79       35,123
     当期変動額
      剰余金の配当                                   △ 780                △ 780
      親会社株主に帰属する当期純
                                         5,639                 5,639
      利益
      土地再評価差額金の取崩                                  △ 2,653                △ 2,653
      自己株式の取得                                            △ 13        △ 13
      自己株式の処分                            0                 0         0
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                    -         0       2,206         △ 13       2,192
     当期末残高                  18,293         5,329        13,786         △ 93       37,316
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主
                                                      純資産合計
                  その他有価証券        土地再評価      退職給付に係る       その他の包括利益         持分
                   評価差額金        差額金      調整累計額       累計額合計
     当期首残高                12,721       1,546       △ 579      13,688       408       49,220
     当期変動額
      剰余金の配当                                                    △ 780
      親会社株主に帰属する当期純
                                                          5,639
      利益
      土地再評価差額金の取崩                       2,653               2,653                -
      自己株式の取得
                                                          △ 13
      自己株式の処分                                                     0
      株主資本以外の項目の当期変
                      1,352        -      407       1,760       13       1,773
      動額(純額)
     当期変動額合計                 1,352       2,653        407       4,413       13       6,618
     当期末残高                14,073       4,199       △ 171      18,101       421       55,839
                                 51/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  18,293         5,329        13,786         △ 93       37,316
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 1,170                △ 1,170
      親会社株主に帰属する当期純
                                         5,587                 5,587
      利益
      土地再評価差額金の取崩
                                          406                 406
      自己株式の取得                                            △ 2        △ 2
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                    -         -       4,823         △ 2       4,821
     当期末残高
                       18,293         5,329        18,609         △ 95       42,137
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主
                                                      純資産合計
                  その他有価証券        土地再評価      退職給付に係る       その他の包括利益         持分
                   評価差額金        差額金      調整累計額       累計額合計
     当期首残高
                     14,073       4,199       △ 171      18,101       421       55,839
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 1,170
      親会社株主に帰属する当期純
                                                          5,587
      利益
      土地再評価差額金の取崩                       △ 406              △ 406               -
      自己株式の取得                                                     △ 2
      株主資本以外の項目の当期変
                      2,108        -       42      2,150       41       2,192
      動額(純額)
     当期変動額合計
                      2,108       △ 406       42      1,744       41       6,607
     当期末残高                16,181       3,793       △ 128      19,846       463       62,447
                                 52/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         6,970              6,546
       税金等調整前当期純利益
                                           585              631
       減価償却費
                                           90              35
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 8             △ 88
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   153              △ 68
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                   △ 11             △ 145
       工事損失引当金の増減額(△は減少)                                   288             △ 715
       その他の引当金の増減額(△は減少)                                   118              150
                                         △ 625             △ 640
       受取利息及び受取配当金
                                           459              410
       支払利息
       有形固定資産売却損益(△は益)                                  △ 246               8
                                           24              31
       訴訟和解金
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 8,906              9,833
       未成工事支出金の増減額(△は増加)                                 △ 2,087              △ 126
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 268             △ 103
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 4,860              3,024
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 697            △ 2,580
       未成工事受入金の増減額(△は減少)                                   826             1,888
       その他の負債の増減額(△は減少)                                   359             7,308
                                           248              △ 37
       その他
                                        △ 7,586              25,363
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   630              644
                                         △ 472             △ 410
       利息の支払額
                                        △ 2,175             △ 1,507
       法人税等の支払額
                                          △ 27             △ 34
       訴訟和解金の支払額
                                        △ 9,631              24,055
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           -             △ 328
       有価証券の取得による支出
                                         1,564              1,096
       有価証券の売却及び償還による収入
                                        △ 2,031             △ 2,989
       有形固定資産の取得による支出
                                           876               3
       有形固定資産の売却による収入
                                          △ 63             △ 168
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 29             △ 634
       投資有価証券の取得による支出
                                           -              102
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                          △ 10             △ 74
       関係会社株式の取得による支出
                                          △ 61             △ 34
       貸付けによる支出
                                           72              58
       貸付金の回収による収入
                                           -             1,067
       定期預金の払戻による収入
                                          △ 39             △ 14
       その他
                                           279            △ 1,917
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 3,900             △ 5,750
       長期借入れによる収入                                  11,900               5,320
                                        △ 7,174             △ 7,637
       長期借入金の返済による支出
                                          △ 37             △ 42
       リース債務の返済による支出
       自己株式の増減額(△は増加)                                   △ 13              △ 2
                                         △ 780            △ 1,170
       配当金の支払額
                                           △ 3             △ 5
       非支配株主への配当金の支払額
                                          △ 10            △ 9,288
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 43              17
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 9,406              12,866
                                         18,173               8,766
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 8,766            ※1 21,633
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 53/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
        (1)  連結子会社
         2 社
         連結子会社名
          テッケン興産㈱         、㈱ジェイテック
        (2)  非連結子会社

         1社
         非連結子会社名
          TKパートナーズ㈱
         非連結子会社は、小規模会社であり、総資産、売上高、当期純損益及び利益剰余金等は、いずれも連結財務諸

        表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲から除外しています。
       2.持分法の適用に関する事項

         非連結子会社及び関連会社に対する投資については、持分法を適用していません。
         持分法非適用の会社名
         非連結子会社  TKパートナーズ㈱
         関連会社    東和建設㈱、建研工業㈱、
                 プラザノースマネジメント㈱、八千代ゆりのき台PFI㈱、
                 THANH           PHAT   CONSTRUCTION       WORK   JOINT   STOCK   COMPANY
         持分法非適用の非連結子会社及び関連会社は、それぞれ当期純損益及び利益剰余金等に及ぼす影響が軽微であ

        り、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しています。
       3.連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社の事業年度は当社と一致しています。
       4.会計方針に関する事項

        (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         ①有価証券
          a.満期保有目的の債券
             償却原価法(定額法)
          b.その他有価証券
           (a)時価のあるもの
              連結会計年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却
             原価は移動平均法により算定)
           (b)時価のないもの
              移動平均法による原価法
         ②デリバティブ
           時価法
         ③たな卸資産
          販売用不動産・不動産事業支出金
           個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          未成工事支出金
           個別法による原価法
          その他のたな卸資産(材料貯蔵品)
           移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
            ただし、一部の連結子会社は貯蔵品や商品に先入先出法による原価法を採用しています。
                                 54/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        (2)  重要な減価償却資産の減価償却方法

         ①有形固定資産(リース資産を除く)
           定率法によっています。
            ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に
           取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっています。
            なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっています。
         ②無形固定資産(リース資産を除く)
           定額法によっています。
            なお、耐用年数については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっています。
            ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
           よっています。
         ③リース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しています。
        (3)  重要な引当金の計上基準

         ①貸倒引当金
           売上債権及び貸付金等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸
          念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しています。
         ②完成工事補償引当金
           完成工事に係るかし担保の費用に備えるため、当連結会計年度の完成工事高(進行基準工事を含む)に対
          する将来の見積補償額に基づいて計上しています。
         ③賞与引当金
           従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額基準により計上しています。
         ④工事損失引当金
           受注工事に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末の手持工事のうち損失の発生が見込まれ、か
          つ、その金額を合理的に見積もることができる工事について、損失見込額を計上しています。
         ⑤損害補償引当金
           将来の損害補償の履行に伴い発生するおそれのある損失に備えるため、当連結会計年度末において金額を
          合理的に見積もることができるものについて、損失見込額を計上しています。
        (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         ①退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
          は、給付算定式基準によっています。
         ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
           過去勤務費用は、発生時に一括償却しています。
           数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10
          年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しています。
        (5)  重要な収益及び費用の計上基準

         完成工事高及び完成工事原価の計上基準
           当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工事
          の進捗度の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しています。
                                 55/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        (6)  重要なヘッジ会計の方法

         ①ヘッジ会計の方法
           特例処理の要件を満たす金利スワップについて、特例処理を採用しています。
         ②ヘッジ手段とヘッジ対象
          a.ヘッジ手段
             デリバティブ取引(金利スワップ)
          b.ヘッジ対象
             相場変動による損失の可能性があり、相場変動が評価に反映されていないもの及びキャッシュ・フ
            ローが固定され、その変動が回避されるもの
         ③ヘッジ方針
           主に当社の内部規程である「金融市場リスク管理方針」に基づき、相場変動及び金利変動をヘッジしてい
          ます。
           なお、主なリスクとして借入金の金利変動をヘッジしています。
         ④ヘッジ有効性評価の方法
           金利スワップの特例処理を採用しているため、ヘッジ有効性評価は省略しています。
        (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
        負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっています。
        (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         ①消費税等の会計処理
           消費税及び地方消費税に相当する額の会計処理は、税抜方式によっています。
         ②連結納税制度の適用
           連結納税制度を適用しています。
         (未適用の会計基準等)

       ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員
       会)
        (1)  概要

         国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
        基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいて
        はTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成29年12
        月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する
        包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
         企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
        を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
        点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
        には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされています。
        (2)  適用予定日

         令和4年3月期の期首より適用予定です。
        (3)  当該会計基準等の適用による影響

         「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中です。
                                 56/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」                      (企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会計基準
       一部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示
       し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しています。
        この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が2,925百万円減少し、
       「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が8百万円増加しています。また、「固定負債」の「繰延税金負債」が
       2,917百万円減少しています。
        なお、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が2,917百万
       円減少しています。
        また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第4項に定める「税効果会計に係る会計基準」注解
       (注8)(評価性引当額の合計額を除く。)に記載された内容を追加しています。ただし、当該内容のうち前連結会
       計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定められる経過的な取扱いに従って記載していませ
       ん。
         (連結貸借対照表関係)

      ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりです。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                 111百万円                 189百万円
      ※2 当社は、「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、事業用の土地の再評価

        を行い、当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、これを控除し
        た金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しています。
         ・再評価の方法
            土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定める路線価及
           び路線価のない土地は同条第3号に定める固定資産税評価額に基づいて、奥行価格補正等の合理的な調整を
           行って算出しています。
         ・再評価を行った年月日
           平成12年3月31日
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     再評価を行った土地の期末における時価と
                                     2,268百万円                 1,642百万円
     再評価後の帳簿価額との差額
     上記差額のうち賃貸等不動産に係る差額                                 533                  86
                                 57/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      ※3 担保資産及び担保付債務

        (1)  担保に供している資産及び担保付債務は、次のとおりです。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     建物・構築物                                 563百万円                1,064百万円
     土地                                 398                 839
     投資有価証券                                8,957                 8,730
               計                      9,919                 10,635
     長期借入金                                4,028百万円                 3,562百万円

     短期借入金(長期借入金からの振替分)                                2,529                 2,277
        (2)  下記の資産は関連会社等の借入金等の担保に供しています。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     投資有価証券                                 15百万円                 12百万円
     長期貸付金                                 41                 38
               計                        56                 50
      ※4 その他のたな卸資産の内訳は次のとおりです。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
     材料貯蔵品                               1,769   百万円               1,611   百万円
                                      23                  89
     商品
      ※5 損失の発生が見込まれる工事契約に係る未成工事支出金と工事損失引当金は、相殺せずに両建てで表示していま

        す。
        工事損失引当金に対応する未成工事支出金の額
               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (平成30年3月31日)                            (平成31年3月31日)
                            11百万円                           221百万円
      6 偶発債務

        (1)  連結会社以外の会社等の金融機関借入金等について保証を行っています。
         ①借入金保証
               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (平成30年3月31日)                            (平成31年3月31日)
     マンション購入者                       17百万円     マンション購入者                       14百万円
             計               17            計               14
         ②住宅分譲手付金等保証

               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (平成30年3月31日)                            (平成31年3月31日)
                            -百万円                            22百万円
                                 ㈱マリモ
             計               -            計               22
                                 58/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      ※7 連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしています。なお、当連結会

        計年度の末日が金融機関の休業日であったため、次の期末日満期手形が連結会計年度末残高に含まれています。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     受取手形                                  3百万円                 7百万円
     支払手形                                  5                 -
         (連結損益計算書関係)

      ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成29年4月1日                  (自 平成30年4月1日
                             至 平成30年3月31日)                    至 平成31年3月31日)
     従業員給料手当                               4,272   百万円               4,537   百万円
                                      257                  289
     賞与引当金繰入額
                                      229                  172
     退職給付費用
                                      715                  741
     法定福利費
                                      290                  336
     福利厚生費
                                      568                  670
     通信交通費
                                      166                  167
     地代家賃
      ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は次のとおりです。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成29年4月1日                            (自 平成30年4月1日
              至 平成30年3月31日)                              至 平成31年3月31日)
                           552  百万円                          559  百万円
      ※3 完成工事高のうち、工事進行基準によった完成工事高は次のとおりです。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成29年4月1日                            (自 平成30年4月1日
              至 平成30年3月31日)                            至 平成31年3月31日)
                         147,426百万円                            156,805百万円
      ※4 完成工事原価に含まれる工事損失引当金繰入額は次のとおりです。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成29年4月1日                            (自 平成30年4月1日
              至 平成30年3月31日)                            至 平成31年3月31日)
                           966百万円                            657百万円
      ※5 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損(△は戻入益)が兼業事業

        売上原価に含まれています。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成29年4月1日                            (自 平成30年4月1日
              至 平成30年3月31日)                              至 平成31年3月31日)
                           △ 6 百万円                           31 百万円
      ※6 固定資産売却益の内容は次のとおりです。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                             至 平成30年3月31日)                  至 平成31年3月31日)
     建物                                △148百万円                   -百万円
     土地                                 395                  -
               計                       246                  -
      (注)同一物件の売却により発生した建物売却損と土地売却益は相殺し、連結損益計算書上では固定資産売却益として
        表示しています。
                                 59/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      ※7 固定資産売却損の内容は次のとおりです。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                             至 平成30年3月31日)                  至 平成31年3月31日)
     土地                                 -百万円                  8百万円
               計                        -                  8
      ※8 減損損失

         当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
        前連結会計年度(自 平成29年4月1日  至 平成30年3月31日)
           場所              用途               種類             その他
     広島県              不動産賃貸              建物・構築物                   ─────

         当社グループは、建設事業及び共用資産については各支店及び事業所単位に、不動産賃貸事業及びその他の事業
        については個別物件毎に、また、将来使用が見込まれない資産については処分予定資産として、グルーピングして
        います。
         上記不動産賃貸物件については、建物を解体することが決定しているため、備忘価額まで減額し、当該減少額を
        減損損失90百万円として特別損失に計上しています。当該減損損失は、建物・構築物90百万円によるものです。
        当連結会計年度(自 平成30年4月1日  至 平成31年3月31日)

           場所              用途               種類             その他
     北海道他              不動産賃貸              土地                   ─────

         当社グループは、建設事業及び共用資産については各支店及び事業所単位に、不動産賃貸事業及びその他の事業
        については個別物件毎に、また、将来使用が見込まれない資産については処分予定資産として、グルーピングして
        います。
         不動産賃貸事業は、不動産価格の下落及び賃料相場の低迷等により、上記資産の帳簿価額を正味売却価額まで減
        額し、当該減少額を減損損失35百万円として特別損失に計上しています。当該減損損失は、土地35百万円によるも
        のです。
         なお、各資産の回収可能価額は正味売却価額と使用価値のいずれか高い価額としています。建物・構築物、土地
        等の正味売却価額は路線価及び固定資産税評価額などを基に評価し、使用価値は将来キャッシュ・フローを3.0%
        で割り引いて算定しています。
         (連結包括利益計算書関係)

      ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                1,953百万円               3,083百万円
      組替調整額                                  -                2
       税効果調整前
                                       1,953               3,086
       税効果額                               △600               △978
       その他有価証券評価差額金
                                       1,352               2,108
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                  272               △69
      組替調整額                                  315               130
       税効果調整前
                                        588                61
       税効果額                               △180                △18
       退職給付に係る調整額
                                        407                42
        その他の包括利益合計
                                       1,760               2,150
                                 60/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 平成29年4月1日  至 平成30年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
          株式の種類
                      株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
       普通株式                 156,689,563              -     141,020,607          15,668,956
     (注)1 平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しています。
        2 普通株式の発行済株式に係る減少141,020,607株は、株式併合によるものです。
     2.自己株式の種類及び株式数に関する事項

                      当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
          株式の種類
                      株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
       普通株式                   587,489          11,481         536,400          62,570
     (注)1 平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しています。

        2 自己株式の増加11,481株は、株式併合前に行った単元未満株式の買取による増加8,422株、株式併合後に行っ
          た単元未満株式の買取による増加3,059株であります。
        3 自己株式の減少536,400株は、株式併合による減少536,320株、株式併合後に行った単元未満株式の売却による
          減少80株であります。
     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                         配当金の総額          1株当たり
         決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                          (百万円)        配当額(円)
      平成29年6月29日
                  普通株式             780         5   平成29年3月31日          平成29年6月30日
       定時株主総会
     (注)平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しています。平成29年3月期の期末配当に
       つきましては、当該株式併合前の実際の配当金の金額を記載しています。
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額               1株当たり
         決議       株式の種類               配当の原資               基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
     平成30年6月28日
                普通株式          1,170    利益剰余金          75   平成30年3月31日         平成30年6月29日
      定時株主総会
      当連結会計年度(自 平成30年4月1日  至 平成31年3月31日)

     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
          株式の種類
                      株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
       普通株式                 15,668,956              -          -      15,668,956
     2.自己株式の種類及び株式数に関する事項

                      当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
          株式の種類
                      株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
       普通株式                    62,570           721          -        63,291
     (注)1 自己株式の増加721株は、単元未満株式の買取による増加です。

                                 61/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                         配当金の総額          1株当たり
         決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                          (百万円)        配当額(円)
      平成30年6月28日
                  普通株式            1,170         75   平成30年3月31日          平成30年6月29日
       定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額               1株当たり
         決議       株式の種類               配当の原資               基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
     令和元年6月27日
                普通株式          1,248    利益剰余金          80   平成31年3月31日         令和元年6月28日
      定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※1  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                              至   平成30年3月31日)               至   平成31年3月31日)
      現金及び預金勘定                               8,779   百万円              21,633   百万円
      預入期間が3か月を超える定期預金                              △1,030                    -
      有価証券勘定のうちMMF                               1,018                   -
      現金及び現金同等物                               8,766                21,633
         (リース取引関係)

      (借主側)
      1.ファイナンス・リース取引
       (1)  所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ①リース資産の内容
         a.有形固定資産
           主として、コンピュータ(工具器具・備品)です。
        ②リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.(2)重要な減価償却資産の減価償却方法」に記載のと
        おりです。
      2.オペレーティング・リース取引

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (平成30年3月31日)                   (平成31年3月31日)
      1年内                                  6                   7
      1年超                                  14                   11
             合計                            20                   19
                                 62/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
        (1)  金融商品に対する取組方針
          当社グループは、資金運用については安全性の高い金融資産に限定し、また、資金調達については銀行借入に
         よる方針です。デリバティブは、借入金の金利変動リスクを回避するために利用し、投機的な取引は行いませ
         ん。
        (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
          営業債権である受取手形・完成工事未収入金等は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リスクに関して
         は、社内規程に従って、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を適宜把握
         する体制としています。
          有価証券及び投資有価証券は主として業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒さ
         れていますが、四半期ごとに時価の把握を行っています。
          営業債務である支払手形・工事未払金等は、そのほとんどが1年以内の支払期日です。
          借入金の使途は主として運転資金です。変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒されていますが、このう
         ち長期のものの一部については、支払金利の変動リスクを回避し支払利息の固定化を図るために、個別契約ごと
         にデリバティブ取引(金利スワップ取引)をヘッジ手段として利用しています。ヘッジの有効性の評価方法につ
         いては、金利スワップの特例処理の要件を満たしているため、その判定をもって有効性の評価を省略していま
         す。
          デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内規程に従っており、また、デリバティブの
         利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関とのみ取引を行っています。
          また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されていますが、当社グループでは各社が月次に資金繰り計画
         を作成するなどの方法により管理しています。
        (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
         れています。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
         り、当該価額が変動することもあります。
      2.金融商品の時価等に関する事項

        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握することが極めて
       困難と認められるものは、次表には含めていません((注2)参照)。
        前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                   連結貸借対照表
                                               時価         差額
                                     計上額
                                             (百万円)         (百万円)
                                    (百万円)
         (1)現金預金                               8,779         8,771          △7
         (2)受取手形・完成工事未収入金等                              101,230         101,230           -
         (3)有価証券及び投資有価証券                              37,018         37,017          △0
                               資産計        147,028         147,019           △8
         (1)支払手形・工事未払金等                              56,488         56,488           -
         (2)短期借入金                              22,300         22,300           -
         (3)未払金                               1,362         1,362          -
         (4)預り金                              12,871         12,871           -
         (5)長期借入金(※1)                              20,435         20,474           39
                               負債計        113,458         113,497           39
         デリバティブ取引                                -         -         -
          (※1)長期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金も含まれています。
                                 63/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(平成31年3月31日)
                                   連結貸借対照表
                                               時価         差額
                                     計上額
                                             (百万円)         (百万円)
                                    (百万円)
         (1)現金預金                              21,633         21,633           -
         (2)受取手形・完成工事未収入金等                              91,599         91,599           -
         (3)有価証券及び投資有価証券                              38,969         38,968          △0
                               資産計        152,202         152,201           △0
         (1)支払手形・工事未払金等                              53,908         53,908           -
         (2)短期借入金                              16,550         16,550           -
         (3)未払金                               6,442         6,442          -
         (4)預り金                              13,936         13,936           -
         (5)長期借入金(※1)                              18,117         18,153           35
                               負債計        108,954         108,989           35
         デリバティブ取引                                -         -         -
          (※1)長期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金も含まれています。
      (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

       資 産
        (1)  現金預金
          現金預金のうち、1年以内に満期日が到来する長期預金以外については、時価が帳簿価額にほぼ等しいことか
         ら、当該帳簿価額によっています。また、1年以内に満期日が到来する長期預金の時価については、取引金融機
         関から提示された価格によっています。
        (2)  受取手形・完成工事未収入金等
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
        (3)  有価証券及び投資有価証券
          これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は主として取引金融機関から提示された価格
         によっています。MMFは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
         よっています。
          また、有価証券について定められた注記事項は、「有価証券関係」に記載しています。
       負 債
        (1)  支払手形・工事未払金等、(2)              短期借入金、(3)        未払金、及び(4)        預り金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
        (5)  長期借入金
          長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
         現在価値により算定しています。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象とされており
         (「デリバティブ取引関係」注記参照)、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の
         借入を行った場合に適用される合理的に見積られる利率で割り引いた現在価値により算定しています。
       デリバティブ取引
        「デリバティブ取引関係」に記載しています。
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                 区分
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
           非上場株式(百万円)                             1,218                 1,190
           これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることができず、時価を把握
          することが極めて困難と認められることから、「(3)有価証券及び投資有価証券」には含めていません。
                                 64/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
        前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                     1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内
                                    (百万円)         (百万円)         (百万円)
         現金預金                               8,779          -         -
         受取手形・完成工事未収入金等                              101,230           -         -
         有価証券及び投資有価証券
           満期保有目的の債券                               744         -         -
                     合計                   110,753           -         -
        当連結会計年度(平成31年3月31日)

                                     1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内
                                    (百万円)         (百万円)         (百万円)
         現金預金                              21,633           -         -
         受取手形・完成工事未収入金等                              91,599           -         -
         有価証券及び投資有価証券
           満期保有目的の債券                               110         -         -
                     合計                   113,343           -         -
      (注4)長期借入金の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(平成30年3月31日)
                1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     長期借入金            7,043        5,503        4,317        2,654         918        -

        合計         7,043        5,503        4,317        2,654         918        -

        当連結会計年度(平成31年3月31日)

                1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     長期借入金            6,710        5,484        3,765        1,672         359        125

        合計         6,710        5,484        3,765        1,672         359        125

                                 65/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
      1.満期保有目的の債券
       前連結会計年度(平成30年3月31日)
                               連結貸借対照表
                                            時価          差額
                       種類          計上額
                                          (百万円)          (百万円)
                                (百万円)
                   (1)国債・地方債等                    -          -          -
                   (2)社債                    -          -          -

     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えるもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計               -          -          -

                   (1)国債・地方債等                    -          -          -

                   (2)社債                   744          743          △0

     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えないもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計               744          743          △0

                合計                      744          743          △0

       当連結会計年度(平成31年3月31日)

                               連結貸借対照表
                                            時価          差額
                       種類          計上額
                                          (百万円)          (百万円)
                                (百万円)
                   (1)国債・地方債等                    -          -          -

                   (2)社債                    -          -          -

     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えるもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計               -          -          -

                   (1)国債・地方債等                    -          -          -

                   (2)社債                   110          110          △0

     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えないもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計               110          110          △0

                合計                      110          110          △0

                                 66/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      2.その他有価証券
       前連結会計年度(平成30年3月31日)
                               連結貸借対照表
                                           取得原価           差額
                       種類          計上額
                                          (百万円)          (百万円)
                                (百万円)
                   (1)株式                 35,227          15,229          19,998

                   (2)債券                    -          -          -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計             35,227          15,229          19,998

                   (1)株式                    28          44         △15

                   (2)債券                    -          -          -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                   (3)その他                  1,018          1,018            -
                       小計              1,047          1,062           △15

                合計                    36,274          16,291          19,982

     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 1,218百万円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積る
        ことなどができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表の「その他有価証券」には含めてい
        ません。
       当連結会計年度(平成31年3月31日)

                               連結貸借対照表
                                           取得原価           差額
                       種類          計上額
                                          (百万円)          (百万円)
                                (百万円)
                   (1)株式                 37,619          14,452          23,166

                   (2)債券                    -          -          -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計             37,619          14,452          23,166

                   (1)株式                  1,239          1,324           △84

                   (2)債券                    -          -          -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計              1,239          1,324           △84

                合計                    38,858          15,776          23,081

     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 1,190百万円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積る
        ことなどができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表の「その他有価証券」には含めてい
        ません。
                                 67/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      3.売却したその他有価証券

       前連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

                                     売却益の合計額             売却損の合計額

           種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                          100              -              -

     (2)債券                          -              -              -

     (3)その他                          -              -              -

           合計                    100              -              -

         (デリバティブ取引関係)

       ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
       金利関連
        前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                        契約額等       うち1年超         時価
         ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                       (百万円)       (百万円)       (百万円)
          金利スワップの           金利スワップ取引

                                長期借入金          10,090        6,528         -
           特例処理         支払固定・受取変動
        (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
           め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しています。
        当連結会計年度(平成31年3月31日)

                                        契約額等       うち1年超         時価
         ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                       (百万円)       (百万円)       (百万円)
          金利スワップの           金利スワップ取引

                                長期借入金           6,785       4,214         -
           特例処理         支払固定・受取変動
        (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
           め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しています。
                                 68/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
         当社は従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を設けています。規
        約型企業年金制度(すべて積立型制度であります。)及び退職一時金制度(すべて非積立型制度であります。)で
        は、キャッシュ・バランス・プランに基づいて計算された一時金又は年金を支給しています。
         連結子会社においては、確定給付型の制度として退職一時金制度及び確定拠出制度を設けています。
         その他、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合があります。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                                 至   平成30年3月31日)            至   平成31年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                11,986百万円              11,303百万円
        勤務費用                                524              513
        利息費用                                118              111
        数理計算上の差異の発生額                               △245              △14
        退職給付の支払額                              △1,080              △1,225
       退職給付債務の期末残高                                11,303              10,688
       (注)1 連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しています。
          2 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、勤務費用に計上しています。
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                                 至   平成30年3月31日)            至   平成31年3月31日)
       年金資産の期首残高                                6,025百万円              5,789百万円
        期待運用収益                                150              144
        数理計算上の差異の発生額                                 27             △83
        事業主からの拠出額                                154              150
        退職給付の支給額                               △568              △551
       年金資産の期末残高                                5,789              5,450
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

       産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
       積立型制度の退職給付債務                                4,976百万円              4,639百万円
       年金資産                               △5,789              △5,450
                                       △812              △810
       非積立型制度の退職給付債務                                6,326              6,049
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                5,513              5,238
       退職給付に係る負債                                6,326              6,049

       退職給付に係る資産                                △812              △810
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                5,513              5,238
                                 69/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                                 至   平成30年3月31日)            至   平成31年3月31日)
       勤務費用                                 524百万円              513百万円
       利息費用                                 118              111
       期待運用収益                                △150              △144
       数理計算上の差異の費用処理額                                 315              130
       確定給付制度に係る退職給付費用                                 807              611
       (5)退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)は、次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                                 至   平成30年3月31日)            至   平成31年3月31日)
       数理計算上の差異                                 588百万円              61百万円
           合 計                                 588              61
       (6)退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)は、次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
       未認識数理計算上の差異                                 246百万円              184百万円
           合 計                                 246              184
       (7)年金資産に関する事項

        ①年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
       債券                                    45%              44%
       株式                                    19              18
       一般勘定                                    24              23
       現金及び預金                                    1              2
       その他                                    11              13
           合 計                                   100              100
        ②長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
        多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しています。
       (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                                 至   平成30年3月31日)            至   平成31年3月31日)
       割引率                                   1.0%              1.0%
       長期期待運用収益率                                   2.5              2.5
       予想昇給率                                   5.1              5.1
      3.確定拠出制度

       当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額
                  前連結会計年度                          当連結会計年度
          (自   平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)            (自   平成30年4月1日 至           平成31年3月31日)
                             126百万円                          130百万円
                                 70/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成30年3月31日)            (平成31年3月31日)
       繰延税金資産
        完成工事原価                           1,678百万円            1,929百万円
        退職給付に係る負債                           1,935            1,851
        貸倒引当金                           2,059            1,174
        たな卸資産有税評価減                            845            495
        投資有価証券有税評価減                            445            451
        賞与引当金                            311            370
        固定資産減損                            298            291
        工事損失引当金                            474            255
        保有目的変更に伴う再評価差額金取崩額                            156            156
                                    852            645
        その他
       繰延税金資産小計
                                   9,058            7,620
                                  △4,093            △2,809
       評価性引当額(注)
       繰延税金資産合計                            4,964            4,811
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                          △5,921            △6,899
        退職給付に係る資産                           △248            △247
                                   △65            △65
        その他
       繰延税金負債合計                           △6,234            △7,212
       繰延税金負債の純額                           △1,269            △2,400
     (注) 評価性引当額が1,284百万円減少しています。この減少の主な内容は、当社において、貸倒引当金に関する評価
        性引当額が884百万円、たな卸資産有税評価減に関する評価性引当額が454百万円、それぞれ減少したことに伴うも
        のです。
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成30年3月31日)            (平成31年3月31日)
       法定実効税率
                                   30.8%            30.6%
       (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                            1.7            2.1
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                           △0.6            △0.7
        住民税均等割等                            1.6            1.7
        評価性引当額の増減                           △1.3           △19.7
        税額控除                           △2.2            △0.6
        土地再評価差額金                          △11.7              -
                                    0.5            0.5
        その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                            18.8            13.9
                                 71/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (賃貸等不動産関係)
        当社及び一部の連結子会社では、東京都その他の地域において、賃貸用のオフィスビル及び住宅等(土地を含
       む。)を有しております。平成30年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は241百万円(賃貸収益は兼
       業事業売上高に、主な賃貸費用は兼業事業売上原価に計上)であり、平成31年3月期における当該賃貸等不動産に関
       する賃貸損益は234百万円(賃貸収益は兼業事業売上高に、主な賃貸費用は兼業事業売上原価に計上)です。
        また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                              至 平成30年3月31日)                 至 平成31年3月31日)
     連結貸借対照表計上額
         期首残高                              8,045                 9,060
         期中増減額                              1,014                 1,906
         期末残高                              9,060                 10,966
     期末時価                                  7,546                 7,990
      (注)   1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額です。
        2.期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加額は新規取得(1,513百万円)及び賃貸不動産への用途変更
          (322百万円)であり、主な減少額は売却(625百万円)です。また、当連結会計年度の主な増加額は新規取得
          (1,996百万円)です。
        3.期末の時価は、主要な物件については社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書に基づく金額、その他の物
          件については、一定の評価額や適切に市場価格を反映していると考えられる指標に基づく金額です。
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
        1.報告セグメントの概要
          当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
         が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
          当社は本社に土木本部、建築本部を置き、各本部は、取り扱う工事について包括的な戦略を立案し、事業活動
         を展開しています。不動産部門については専門の部署を設け、包括的な戦略を立案し、事業活動を展開していま
         す。また、付帯事業部門については、連結子会社において建設事業に付帯する資機材販売等の事業に関する専門
         部署を設け、包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しています。
          したがって、当社は、本部及び専門部署を基礎とした工事・事業別のセグメントから構成されており、「土木
         工事」、「建築工事」、「不動産事業」及び「付帯事業」の4つを報告セグメントとしています。
          「土木工事」は、土木工事の請負並びにこれに関する調査、企画、測量、設計、監理、マネジメント及びコン
         サルティングを行っています。「建築工事」は、建築工事の請負並びにこれに関する調査、企画、測量、設計、
         監理、マネジメント及びコンサルティングを行っています。「不動産事業」は、不動産の売買及び賃貸等の不動
         産に関する事業全般を行っています。また、「付帯事業」は、主に土木工事及び建築工事に付帯する資機材販売
         や警備業務等の事業を行っています。
        2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
         おける記載と概ね同一です。
          報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値です。セグメント間の内部売上高又は振替高は市場実勢価格
         に基づいています。なお、資産については事業セグメントに配分していませんが、当該資産にかかる減価償却費
         についてはその使用状況等によった合理的な基準に従い事業セグメントに配分しています。
                                 72/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額に関する情報

         前連結会計年度(自           平成29年4月1日  至             平成30年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                                        連結損益
                          報告セグメント
                                          その他          調整額     計算書
                                               合計
                   土木     建築    不動産     付帯
                                         (注1)          (注2)     計上額
                                      計
                   工事     工事     事業     事業
                                                        (注3)
     売上高
                  95,293     71,353      736     889   168,272       278   168,551       -   168,551
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                    -     -    338   23,915     24,254       -   24,254    △ 24,254       -
      上高又は振替高
                  95,293     71,353     1,075    24,804    192,527       278   192,805    △ 24,254     168,551
           計
                   5,217      912     291     109    6,531      84   6,615      △ 1   6,614
     セグメント利益
     その他の項目

                    261     155     139      ▶    561     26    587     △ 2    585
      減価償却費
         (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、スポーツ施設運営等の事業
              を含んでいます。
            2 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去です。
            3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
         当連結会計年度(自           平成30年4月1日  至             平成31年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                                        連結損益
                          報告セグメント
                                          その他          調整額     計算書
                                               合計
                   土木     建築    不動産     付帯
                                         (注1)          (注2)     計上額
                                      計
                   工事     工事     事業     事業
                                                        (注3)
     売上高
                  98,079     74,589      732     977   174,379       291   174,670       -   174,670
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                    -     -    311   24,384     24,695       -   24,695    △ 24,695       -
      上高又は振替高
                  98,079     74,589     1,043    25,362    199,075       291   199,366    △ 24,695     174,670
           計
                   5,785     1,320      233     139    7,478      88   7,567       5   7,573
     セグメント利益
     その他の項目

                    253     158     160     36    609     23    632     △ 0    631
      減価償却費
         (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、スポーツ施設運営等の事業
              を含んでいます。
            2 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去です。
            3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
          【関連情報】

         前連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
        1.製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を記載しているため、記載を省略しています。
        2.地域ごとの情報

         (1)売上高
           本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しています。
         (2)有形固定資産

                                 73/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
          を省略しています。
        3.主要な顧客ごとの情報

                                                (単位:百万円)
            顧客の名称又は氏名                   売上高             関連するセグメント名
          東日本旅客鉄道株式会社                            57,849     土木工事、建築工事

         当連結会計年度(自           平成30年4月1日          至   平成31年3月31日)

        1.製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を記載しているため、記載を省略しています。
        2.地域ごとの情報

         (1)売上高
           本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しています。
         (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
          を省略しています。
        3.主要な顧客ごとの情報

                                                (単位:百万円)
            顧客の名称又は氏名                   売上高             関連するセグメント名
          東日本旅客鉄道株式会社                            54,329     土木工事、建築工事

          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                        報告セグメント
                                            その他     全社・消去        合計
              土木工事      建築工事     不動産事業      付帯事業        計
                 -      -      90      -      90      -      -      90
       減損損失
           当連結会計年度(自           平成30年4月1日          至   平成31年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                        報告セグメント
                                            その他     全社・消去        合計
              土木工事      建築工事     不動産事業      付帯事業        計
                 -      -      35      -      35      -      -      35
       減損損失
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

            該当事項はありません。
                                 74/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
      関連当事者との取引
      連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       1.連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
        前連結会計年度(自 平成29年4月1日  至 平成30年3月31日)
                   資本金又
                              議決権等の所
                                               取引金額          期末残高
                        事業の内容
         会社等の名称                           関連当事者
                   は出資金
      種類         所在地               有(被所有)           取引の内容           科目
                                               (百万円)          (百万円)
         又は氏名                           との関係
                         又は職業
                    (百万円)
                              割合(%)
                                                57,849
                              直接                           43,318
                    200,000                     完成工事高
         東日本旅客鉄
     法人主          東京都                     建設工事               完成工事未
                        運輸事業
     要株主    道㈱      渋谷区                     の請負               収入金
                                10.2
                        流通・サービ
                                    役員の兼               未成工事受
                                                           448
                        ス事業
                                    任、転籍               入金
                        不動産・ホテ
                        ル事業
                        その他事業
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれています。
         2.取引条件ないし取引条件の決定方針等
            取引金額その他の取引条件は、当社と関連を有しない他の当事者と同様の条件によっています。
        当連結会計年度(自 平成30年4月1日  至 平成31年3月31日)

                   資本金又
                              議決権等の所
                        事業の内容                      取引金額          期末残高
         会社等の名称                           関連当事者
                   は出資金
      種類         所在地               有(被所有)           取引の内容           科目
                                               (百万円)          (百万円)
         又は氏名                           との関係
                         又は職業
                    (百万円)
                              割合(%)
                                                54,329
                              直接                           35,248
                    200,000                     完成工事高
     法人主    東日本旅客鉄      東京都
                                    建設工事               完成工事未
                        運輸事業
     要株主    道㈱      渋谷区
                                    の請負               収入金
                                10.2
                        流通・サービ
                                    役員の兼               未成工事受        546
                        ス事業
                                    任、転籍               入金
                        不動産・ホテ
                        ル事業
                        その他事業
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれています。
         2.取引条件ないし取引条件の決定方針等
            取引金額その他の取引条件は、当社と関連を有しない他の当事者と同様の条件によっています。
       2.連結財務諸表提出会社と同一の親会社及び法人主要株主をもつ会社等

        前連結会計年度(自 平成29年4月1日  至 平成30年3月31日)
                   資本金又
                              議決権等の所
                                               取引金額          期末残高
                        事業の内容
         会社等の名称                           関連当事者
                   は出資金
      種類         所在地               有(被所有)           取引の内容           科目
         又は氏名                           との関係           (百万円)          (百万円)
                         又は職業
                    (百万円)
                              割合(%)
     法人主    ㈱ジェイアー      東京都      1,450   ショッピング      なし      建設工事     完成工事高       6,060   完成工事未       5,414
     要株主    ル東日本都市      渋谷区         センター運営            の請負               収入金
     の子会    開発               事業
     社
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれています。
         2.取引条件ないし取引条件の決定方針等
            取引金額その他の取引条件は、当社と関連を有しない他の当事者と同様の条件によっています。
        当連結会計年度(自 平成30年4月1日  至 平成31年3月31日)

         該当事項はありません。
                                 75/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                                 至   平成30年3月31日)             至   平成31年3月31日)
     1株当たり純資産額                                  3,550.99円               3,971.91円
     1株当たり当期純利益金額                                   361.33円               358.06円
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。
        2.平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しています。前連結会計年度の期首に
         当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しています。
        3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                 至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      親会社株主に帰属する当期純利益   (百万円)                                    5,639               5,587

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          5,639               5,587
      当期純利益             (百万円)
      普通株式の期中平均株式数       (千株)                                   15,608               15,605
        4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)               (平成31年3月31日)
     純資産の部の合計額          (百万円)                                     55,839               62,447

     純資産の部の合計額から控除する金額  (百万円)                                      421               463

     (うち非支配株主持分)        (百万円)                                      (421)               (463)

     普通株式に係る期末の純資産額     (百万円)                                     55,418               61,984

      1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株
                                          15,606               15,605
     式の数                 (千株)
         (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 76/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首   残高     当期末残高       平均利率
                 区分                                      返済期限
                                (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                             22,300        16,550        0.6      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                              7,043        6,710       1.0      -

     1年以内に返済予定のリース債務                               37        45      -     -

                                                     令和2年から
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             13,392        11,407        0.9
                                                     令和6年
                                                     令和2年から
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                               63        55      -
                                                     令和5年
     その他有利子負債                               -        -      -     -
                 合計                  42,836        34,769        -     -

      (注)1.「平均利率」については、借入金等の当期末残高に対する加重平均利率を記載しています。
            なお、リース債務の「平均利率」については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結
           会計年度に配分しているため記載していません。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
           の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとおりです。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                  (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
     長期借入金                5,484           3,765           1,672            359

     リース債務                  27           15           10            2

         【資産除去債務明細表】

           連結財務諸表規則第92条の2第1項の規定により記載を省略しています。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報                 等
     (累計期間)
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高     (百万円)                     37,360          75,803          120,004          174,670
     税金等調整前四半期(当期)
                          1,728          4,036          6,328          6,546
     純利益金額   (百万円)
     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純利益金額                     1,161          2,759          4,284          5,587
             (百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                          74.43          176.83          274.52          358.06
     純利益金額     (円)
     (会計期間)

                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
     1株当たり四半期純利益金
     額                               74.43          102.41           97.68          83.54
     (円)
                                 77/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         7,077              20,592
         現金預金
                                                      ※3 1,530
                                           289
         受取手形
                                           429              248
         電子記録債権
                                         99,735              88,853
         完成工事未収入金
                                            0              0
         不動産事業未収入金
                                         1,762               110
         有価証券
                                           217              161
         販売用不動産
                                         4,329              4,442
         未成工事支出金
                                         1,342              1,656
         不動産事業支出金
                                         1,766              1,609
         材料貯蔵品
                                         8,453              6,007
         未収入金
                                         1,465               643
         その他
                                          △ 10             △ 19
         貸倒引当金
                                        126,859              125,839
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         12,308              13,298
          建物
                                        △ 7,251             △ 7,492
            減価償却累計額
            建物(純額)                              5,057              5,806
          構築物                                672              686
                                         △ 571             △ 576
            減価償却累計額
            構築物(純額)                               101              110
          機械及び装置                                573              709
                                         △ 374             △ 413
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                               198              295
          工具器具・備品                                853              869
                                         △ 803             △ 803
            減価償却累計額
            工具器具・備品(純額)                               49              65
          土地                               10,743              10,910
                                           174              206
          リース資産
                                          △ 83             △ 113
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               91              93
                                           -              561
          建設仮勘定
                                         16,241              17,843
          有形固定資産合計
                                           332              291
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                        ※1 36,349             ※1 39,846
          投資有価証券
                                         ※1 237             ※1 315
          関係会社株式
                                         ※1 373             ※1 365
          長期貸付金
                                           117              103
          従業員に対する長期貸付金
                                          ※1 6             ※1 ▶
          関係会社長期貸付金
                                           555              412
          破産更生債権等
                                            1              0
          長期前払費用
                                           158              303
          前払年金費用
                                           958              978
          その他
                                         △ 524             △ 382
          貸倒引当金
                                         38,232              41,948
          投資その他の資産合計
                                         54,806              60,084
         固定資産合計
                                        181,666              185,923
       資産合計
                                 78/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※3 3,328
                                                        2,552
         支払手形
                                         17,299              15,460
         電子記録債務
                                         33,258              33,208
         工事未払金
                                        ※1 28,393             ※1 22,196
         短期借入金
                                           36              44
         リース債務
                                         1,342              6,431
         未払金
                                           781              250
         未払法人税等
                                         5,390              7,407
         未成工事受入金
                                           44              41
         不動産事業受入金
                                         12,799              13,851
         預り金
                                           292              270
         完成工事補償引当金
                                           985             1,172
         賞与引当金
                                         1,549               834
         工事損失引当金
                                           25              -
         損害補償引当金
                                           257             1,472
         その他
                                        105,783              105,194
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※1 13,192             ※1 10,824
         長期借入金
                                           62              55
         リース債務
                                         1,368              2,477
         繰延税金負債
                                         2,217              2,038
         再評価に係る繰延税金負債
                                         5,351              5,276
         退職給付引当金
                                         22,192              20,672
         固定負債合計
                                        127,976              125,867
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         18,293              18,293
         資本金
         資本剰余金
                                         5,289              5,289
          資本準備金
                                            0              0
          その他資本剰余金
                                         5,289              5,289
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           80              80
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         11,848              16,514
            繰越利益剰余金
                                         11,928              16,594
          利益剰余金合計
                                          △ 93             △ 95
         自己株式
                                         35,418              40,082
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         14,072              16,180
         その他有価証券評価差額金
                                         4,199              3,793
         土地再評価差額金
                                         18,271              19,974
         評価・換算差額等合計
                                         53,690              60,056
       純資産合計
                                        181,666              185,923
      負債純資産合計
                                 79/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      売上高
                                        164,604              170,529
       完成工事高
                                           700              692
       兼業事業売上高
                                        165,304              171,221
       売上高合計
      売上原価
                                        150,624              154,967
       完成工事原価
                                           466              493
       兼業事業売上原価
                                        151,091              155,460
       売上原価合計
      売上総利益
                                         13,979              15,562
       完成工事総利益
                                           233              198
       兼業事業総利益
                                         14,213              15,761
       売上総利益合計
      販売費及び一般管理費
                                           280              309
       役員報酬
                                         3,860              4,112
       従業員給料手当
                                           225              267
       賞与引当金繰入額
                                           217              162
       退職給付費用
       法定福利費                                   656              682
                                           472              510
       福利厚生費
                                           33              49
       修繕維持費
                                           54              57
       事務用品費
                                           534              635
       通信交通費
                                           37              40
       動力用水光熱費
                                           141              197
       調査研究費
                                           34              41
       広告宣伝費
                                           △ 8              8
       貸倒引当金繰入額
                                           232              280
       交際費
                                           11              15
       寄付金
                                           166              170
       地代家賃
                                           123              150
       減価償却費
                                           403              422
       租税公課
                                           18              19
       保険料
                                           461              520
       雑費
                                         7,961              8,654
       販売費及び一般管理費合計
                                         6,252              7,107
      営業利益
                                 80/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      営業外収益
                                           34              22
       受取利息
                                           31               8
       有価証券利息
                                           604              672
       受取配当金
                                           241              150
       その他
                                           911              854
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           440              382
       支払利息
                                           68             1,047
       為替差損
                                           68              59
       その他
                                           577             1,490
       営業外費用合計
                                         6,586              6,471
      経常利益
      特別利益
                                         ※1 246
                                                         -
       固定資産売却益
       特別利益合計                                   246               -
      特別損失
                                                        ※2 8
                                           -
       固定資産売却損
                                            6              ▶
       固定資産除却損
                                           90              35
       減損損失
                                           23              176
       固定資産撤去費用
                                           24              31
       訴訟和解金
                                           17              22
       その他
                                           162              278
       特別損失合計
                                         6,670              6,193
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,505               811
                                         △ 315              △ 48
      法人税等調整額
                                         1,190               762
      法人税等合計
                                         5,479              5,430
      当期純利益
                                 81/98










                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        完成工事原価報告書
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成29年4月1日                   (自 平成30年4月1日
                           至 平成30年3月31日)                   至 平成31年3月31日)
                     注記
                                      構成比                   構成比
                              金額                   金額
           区分
                                      (%)                   (%)
                     番号       (百万円)                   (百万円)
     Ⅰ 材料費                             25,282     16.8             25,114     16.2
     Ⅱ 労務費                             3,218     2.1             3,539     2.3
       (うち労務外注費)                           (3,043)     (2.0)             (3,341)     (2.2)
     Ⅲ 外注費                            100,485      66.7             103,928      67.1
     Ⅳ 経費                             21,638     14.4             22,383     14.4
                                  (12,358)                   (12,506)
       (うち人件費)                                (8.2)                   (8.1)
            計                           100.0                   100.0
                                  150,624                   154,967
      (注) 原価計算の方法は、個別原価計算です。
        兼業事業売上原価報告書

                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成29年4月1日                   (自 平成30年4月1日
                           至 平成30年3月31日)                   至 平成31年3月31日)
                     注記
                                      構成比                   構成比
                              金額                   金額
           区分
                                      (%)                   (%)
                     番号       (百万円)                   (百万円)
     Ⅰ 不動産事業
      1 不動産取得費                              18    4.0               86   17.5
      2 工事費                              49   10.7               49    9.9
                                    382                   354
      3 経費                                 81.9                   71.8
           小計                            96.6                   99.2
                                    450                   489
                                    15                   ▶
     Ⅱ その他(PFI事業等)                                  3.4                   0.8
            計                           100.0                   100.0
                                    466                   493
      (注) 原価計算の方法は、個別原価計算です。
                                 82/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                          資本剰余金               利益剰余金
                                         その他利
                 資本金                        益剰余金          自己株式    株主資本合計
                          その他資本     資本剰余金               利益剰余金
                     資本準備金               利益準備金
                          剰余金      合計               合計
                                         繰越利益
                                         剰余金
     当期首残高            18,293     5,289       0   5,289      80    9,802     9,882     △ 79    33,385
     当期変動額
      剰余金の配当                                    △ 780    △ 780          △ 780
      当期純利益                                    5,479     5,479          5,479
      土地再評価差額金の取崩
                                         △ 2,653    △ 2,653          △ 2,653
      自己株式の取得                                               △ 13     △ 13
      自己株式の処分                       0     0                    0      0
      株主資本以外の項目の当
      期変動額(純額)
     当期変動額合計
                   -     -     0     0    -    2,046     2,046     △ 13    2,032
     当期末残高            18,293     5,289       0   5,289      80   11,848     11,928      △ 93    35,418
                     評価・換算差額等

                 その他                純資産合計
                      土地再評価      評価・換算
                 有価証券
                       差額金     差額等合計
                 評価差額金
     当期首残高             12,721      1,546     14,267      47,653
     当期変動額
      剰余金の配当
                                    △ 780
      当期純利益                             5,479
      土地再評価差額金の取崩                  2,653      2,653       -
      自己株式の取得                              △ 13
      自己株式の処分                               0
      株主資本以外の項目の当
                   1,351       -    1,351      1,351
      期変動額(純額)
     当期変動額合計             1,351      2,653      4,004      6,036
     当期末残高
                  14,072      4,199     18,271      53,690
                                 83/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                          資本剰余金               利益剰余金
                                         その他利
                 資本金                        益剰余金          自己株式    株主資本合計
                          その他資本     資本剰余金               利益剰余金
                     資本準備金               利益準備金
                          剰余金      合計               合計
                                         繰越利益
                                         剰余金
     当期首残高            18,293     5,289       0   5,289      80   11,848     11,928      △ 93    35,418
     当期変動額
      剰余金の配当
                                         △ 1,170    △ 1,170          △ 1,170
      当期純利益                                    5,430     5,430          5,430
      土地再評価差額金の取崩                                     406     406          406
      自己株式の取得                                               △ 2     △ 2
      株主資本以外の項目の当
      期変動額(純額)
     当期変動額合計              -     -     -     -     -    4,666     4,666      △ 2    4,663
     当期末残高            18,293     5,289       0   5,289      80   16,514     16,594      △ 95    40,082
                     評価・換算差額等

                 その他                純資産合計
                      土地再評価      評価・換算
                 有価証券
                       差額金     差額等合計
                 評価差額金
     当期首残高             14,072      4,199     18,271      53,690
     当期変動額
      剰余金の配当                             △ 1,170
      当期純利益                             5,430
      土地再評価差額金の取崩                  △ 406     △ 406      -
      自己株式の取得
                                    △ 2
      株主資本以外の項目の当
                   2,108       -    2,108      2,108
      期変動額(純額)
     当期変動額合計             2,108      △ 406     1,702      6,366
     当期末残高             16,180      3,793     19,974      60,056
                                 84/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
       1.有価証券の評価基準及び評価方法
        (1)  満期保有目的の債券
           償却原価法(定額法)
        (2)  子会社株式及び関連会社株式
           移動平均法による原価法
        (3)  その他有価証券
         ①時価のあるもの
           事業年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
          平均法により算定)
         ②時価のないもの
           移動平均法による原価法
       2.デリバティブの評価基準及び評価方法

          時価法
       3.たな卸資産の評価基準及び評価方法

        (1)  販売用不動産
           個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        (2)  未成工事支出金
           個別法による原価法
        (3)  不動産事業支出金
           個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        (4)  材料貯蔵品
           移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       4.固定資産の減価償却の方法

        (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
           定率法によっています。
           ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取
          得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっています。
            なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっています。
        (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
           定額法によっています。
           なお、耐用年数については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっています。
           ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっ
          ています。
        (3)  リース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しています。
       5.引当金の計上基準

        (1)  貸倒引当金
           売上債権及び貸付金等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸
          念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しています。
        (2)  完成工事補償引当金
           完成工事に係るかし担保の費用に備えるため、当事業年度の完成工事高(進行基準工事を含む)に対する
          将来の見積補償額に基づいて計上しています。
        (3)  賞与引当金
           従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額基準により計上しています。
        (4)  工事損失引当金
           受注工事に係る将来の損失に備えるため、当事業年度末手持工事のうち損失の発生が見込まれ、かつ、そ
          の金額を合理的に見積もることができる工事について、損失見込額を計上しています。
                                 85/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        (5)  損害補償引当金
           将来の損害補償の履行に伴い発生するおそれのある損失に備えるため、当事業年度末において金額を合理
          的に見積もることができるものについて、損失見込額を計上しています。
        (6)  退職給付引当金
           従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上
          しています。
          ①退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、
          給付算定式基準によっています。
          ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
           過去勤務費用は、発生時に一括償却しています。
           数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)
          による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しています。
       6.完成工事高及び完成工事原価の計上基準

          完成工事高及び完成工事原価の計上基準
           当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工事の進
          捗度の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しています。
           なお、工事進行基準によった完成工事高は154,759百万円です。
       7.ヘッジ会計の方法

        (1)  ヘッジ会計の方法
           特例処理の要件を満たす金利スワップについて、特例処理を採用しています。
        (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
          ①ヘッジ手段
           デリバティブ取引(金利スワップ)
          ②ヘッジ対象
           相場変動による損失の可能性があり、相場変動が評価に反映されていないもの及びキャッシュ・フローが
          固定され、その変動が回避されるもの
        (3)  ヘッジ方針
           主に当社の内部規程である「金融市場リスク管理方針」に基づき、相場変動及び金利変動をヘッジしてい
          ます。
           なお、主なリスクとして借入金の金利変動をヘッジしています。
        (4)  ヘッジ有効性評価の方法
           金利スワップの特例処理を採用しているため、ヘッジ有効性評価は省略しています。
       8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        (1)  退職給付に係る会計処理
           財務諸表において、未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表における会計
          処理の方法と異なっています。
        (2)  消費税等の会計処理
           消費税及び地方消費税に相当する額の会計処理は、税抜方式によっています。
        (3)  連結納税制度の適用
           連結納税制度を適用しています。
                                 86/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」                      (企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当事業年度の期首か
       ら適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法
       に変更しています。
        この結果、前事業年度の貸借対照表において、「固定負債」の「繰延税金負債」4,254百万円は「流動資産」の
       「繰延税金資産」2,885百万円と相殺して、「固定負債」の「繰延税金負債」1,368百万円として表示しており、変更
       前と比べて総資産が2,885百万円減少しています。
         (貸借対照表関係)

      ※1 担保資産及び担保付債務
        (1)  担保に供している資産及び担保付債務は、次のとおりです。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     投資有価証券                                8,957百万円                 8,730百万円
               計                      8,957                 8,730
     長期借入金                                3,828百万円                 2,980百万円

     短期借入金(長期借入金からの振替分)                                2,329                 1,963
        (2)  下記の資産は関連会社等の借入金等の担保に供しています。

                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     投資有価証券                                  2百万円                 -百万円
     関係会社株式                                 12                 12
     長期貸付金                                 35                 33
     関係会社長期貸付金                                  6                 ▶
               計                        56                 50
      2 偶発債務

        (1)  下記の会社等の金融機関借入金等について保証を行っています。
         ①借入金保証
                前事業年度                            当事業年度
              (平成30年3月31日)                            (平成31年3月31日)
     マンション購入者                       17百万円     マンション購入者                       14百万円
             計               17            計               14
         ②住宅分譲手付金等保証

                前事業年度                            当事業年度
              (平成30年3月31日)                            (平成31年3月31日)