株式会社ゴールドウイン 有価証券報告書 第68期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

有価証券報告書-第68期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ゴールドウイン

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    令和元年6月26日
                          第68期(自       平成30年4月1日          至   平成31年3月31日)
      【事業年度】
      【会社名】                    株式会社ゴールドウイン
                          GOLDWIN    INC.
      【英訳名】
                          代表取締役社長            西田    明男
      【代表者の役職氏名】
      【本店の所在の場所】                    富山県小矢部市清沢210番地
                          (0766)61-4802(代表)
      【電話番号】
                          取締役副社長執行役員管理統括本部長兼管理本部長                             二川    清人
      【事務連絡者氏名】
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区松濤2丁目20番6号
                          (03)3481-7203(代表)
      【電話番号】
                          執行役員管理統括本部管理本部副本部長兼財務部長                             白井    準三
      【事務連絡者氏名】
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                          株式会社ゴールドウイン東京本社
                          (東京都渋谷区松濤2丁目20番6号)
                                  1/90












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第64期       第65期       第66期       第67期       第68期
             決算年月            平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月       平成31年3月

                   (百万円)         57,417       59,713       60,903       70,420       84,934

     売上高
                   (百万円)         4,089       4,180       4,578       7,833       12,982

     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)         3,471       3,369       3,424       5,174       9,243
     純利益
                   (百万円)         5,333       1,130       3,114       6,847       8,425
     包括利益
                   (百万円)         29,105       29,614       31,918       35,425       39,609

     純資産額
                   (百万円)         53,289       57,315       60,572       70,713       77,544

     総資産額
                    (円)       2,528.73       2,575.20       1,390.24       1,540.47       1,747.81

     1株当たり純資産額
                    (円)        297.79       293.49       149.04       228.09       406.22

     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                    (%)         54.5       51.6       52.6       50.0       51.0
     自己資本比率
                    (%)         12.8       11.5       11.1       15.4       24.7

     自己資本利益率
                    (倍)         13.7       15.5       19.6       28.0       39.7

     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)         3,108       4,315       4,241       9,131       13,163
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 1,463      △ 2,987      △ 2,773      △ 5,981      △ 2,084
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 2,051        376      △ 104     △ 1,332      △ 7,933
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         4,308       6,001       7,414       9,233       12,356
     残高
                    (人)        1,152       1,168       1,151       1,199       1,290
     従業員数
                           ( 1,029   )    ( 1,076   )    ( 1,100   )    ( 1,131   )    ( 1,236   )
      (注)1.売上高には、消費税等(消費税および地方消費税をいう。以下同じ。)は含んでおりません。
         2.平成27年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。第64期の期首
           に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を算定しておりま
           す。
         3.平成30年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を実施しております。第66期の期首
           に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を算定しておりま
           す。
         4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         5.  1株当たり情報の算定上の基礎となる「期末の普通株式の数」および「普通株式の期中平均株式数」につい
           ては、株式給付信託が所有する当社株式を控除しております。
         6.  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計
           年度の期首から適用しており、前連結会計年度                      に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡っ
           て適用した後の指標等となっております。
         7.従業員数欄の(          )内は、販売員等の年間平均雇用人数を外数で記載しております。
                                  2/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第64期       第65期       第66期       第67期       第68期
             決算年月            平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月       平成31年3月

                   (百万円)         48,680       50,203       51,270       60,288       72,845

     売上高
                   (百万円)         2,015       2,410       3,469       6,719       11,341

     経常利益
                   (百万円)         1,856       1,863       2,452       4,704       7,915

     当期純利益
     資本金             (百万円)         7,079       7,079       7,079       7,079       7,079

                   (千株)        59,560       11,912       11,912       11,912       23,824

     発行済株式総数
                   (百万円)         17,062       17,843       19,863       21,279       24,670

     純資産額
                   (百万円)         37,952       42,273       45,130       53,082       58,717

     総資産額
                    (円)       1,486.57       1,553.44        866.19       926.54      1,090.45

     1株当たり純資産額
                            10.00       55.00       65.00       85.00       85.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (内1株当たり中間配当
                             ( - )      ( - )      ( - )      ( - )    ( 16.00   )
     額)
     1株当たり当期純利益              (円)        159.28       162.29       106.71       207.39       347.88
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                    (%)         45.0       42.2       44.0       40.1       42.0
     自己資本比率
                    (%)         11.3       10.7       13.0       22.1       34.5

     自己資本利益率
                    (倍)         25.6       28.1       27.4       30.8       46.3

     株価収益率
                    (%)         31.4       33.9       30.5       41.0       24.4

     配当性向
                    (人)         580       584       580       611       679
     従業員数
                            ( 891  )     ( 944  )     ( 932  )     ( 958  )    ( 1,050   )
                    (%)        159.5       179.9       232.4       502.5      1,261.2
     株主総利回り
     (比較指標:TOPIX(配当込
                    (%)        ( 130.7   )    ( 116.5   )    ( 133.7   )    ( 154.9   )    ( 147.1   )
     み))
                    (%)         850      1,103       6,300       13,350       16,120
     最高株価
                                  □7,120              □6,530
                    (%)         435       700      3,980       5,400       6,180
     最低株価
                                  □4,235              □5,810
     (注)1.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        2.平成27年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。第64期の期首に
          当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を算定しております。
        3.平成30年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を実施しております。第66期の期首に
          当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を算定しております。
        4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        5.  1株当たり情報の算定上の基礎となる「期末の普通株式の数」および「普通株式の期中平均株式数」について
          は、株式給付信託が所有する当社株式を控除しております。
        6.  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当会計年度の
          期首から適用しており、前会計年度                に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後
          の指標等となっております。
        7.従業員数欄の(          )内は、販売員等の年間平均雇用人数を外数で記載しております。
        8.最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
        9.平成27年10月1日付で普通株式5株を1株とする株式併合を実施しており、第65期の□印は株式併合による権
          利落ち後の最高・最低株価を記載しております。
        10.平成30年4月1日付で普通株式1株を2株とする株式分割を実施しており、第67期の□印は株式分割による権
          利落ち後の最高・最低株価を記載しております。
                                  3/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        当社(形式上の存続会社、旧日東物産株式会社、富山県東砺波郡城端町所在)は、株式会社ゴールドウイン(富山
       県小矢部市所在)の株式額面金額変更のため、昭和52年6月21日を合併期日として同社を吸収合併し、資産負債およ
       び権利義務一切を引き継いでおりますが、合併期日前の当社は休業状態にあり、合併において被合併会社の営業活動
       を全面的に継承しております。
        従って、実質上の存続会社は被合併会社である株式会社ゴールドウインであることから、以下の記載事項について
       は別段の記述がないかぎり実質上の存続会社についてのものであります。
       昭和26年12月        株式会社津沢メリヤス製造所設立(資本金50万円、富山県西砺波郡津沢町清沢1062番地)

       昭和27年7月        野球ストッキングを中心にスポーツウエアの全面生産に転換
       昭和31年4月        大阪営業所開設
       昭和33年2月        東京営業所開設
       昭和38年6月        本社を富山県小矢部市清沢210番地に移転
               同時に社名をブランドにあわせ株式会社ゴールドウインと改称
       昭和45年9月        札幌営業所開設
       昭和46年12月        福岡営業所開設
       昭和47年6月        名古屋営業所開設
       昭和52年6月        株式額面金額変更のため株式会社ゴールドウイン(旧日東物産株式会社)と合併
       昭和54年5月        株式会社トヤマゴールドウイン(現・連結子会社)を設立(平成15年4月、株式会社ゴールドウイ
               ンテクニカルセンターに商号変更)
       昭和54年6月        生産部門を分離し、株式会社トヤマゴールドウイン(当社の持株比率100%)に生産に関する営業
               を譲渡
       昭和54年6月        東京営業所は東京本社に、同時に本社は本店と改称
       昭和56年2月        名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場
       昭和61年9月        決算期を6月20日から3月31日に変更
       昭和62年7月        株式会社ウエザーステーションを設立
       昭和63年6月        ゴールドウイン開発株式会社(現・関連会社)を設立
       平成2年6月        株式会社シークラフトの株式取得
       平成2年7月        株式会社ゴールドウインイベントサポート(現・連結子会社)を設立(平成12年7月、株式会社
               イー・エス・ジーに商号変更)
       平成3年12月        東京証券取引所市場第二部に株式を上場
       平成5年3月        東京新本社ビル竣工
       平成7年4月        中国北京市に現地資本と合弁で北京奥冠英有限公司(現・連結子会社)を設立
       平成7年9月        東京証券取引所ならびに名古屋証券取引所市場第一部に株式を上場
       平成9年2月        株式会社ゴールドウインエンタープライズ(現・連結子会社)を設立
       平成9年4月        株式会社ゴールドウインロジテム(現・連結子会社)を設立
               株式会社ゴールドウイントレーディング(現・連結子会社)を設立
       平成13年4月        株式会社ジーパーソンを設立
       平成13年5月        株式会社カンタベリーオブニュージーランドジャパン(現・連結子会社)の株式取得
       平成15年2月        名古屋証券取引所へ上場廃止申請を行い、上場廃止
       平成15年3月        株式会社ナナミカ(現・連結子会社)を設立
       平成17年4月        株式会社テイースポーツの株式取得
       平成20年4月        株式会社ウエザーステーションおよび株式会社ジーパーソンを吸収合併
       平成20年7月        株式会社シークラフトおよび株式会社テイースポーツから事業の譲受け
       平成21年5月        株式会社シークラフトおよび株式会社テイースポーツ清算結了
       平成22年7月        株式会社アートウイン(現・連結子会社)を設立
       平成23年11月        ブラックアンドホワイトスポーツウェア株式会社(現・連結子会社)の株式取得
       平成23年12月        スイス    アールガウ州にGOLDWIN           EUROPE    AG(現・連結子会社)を設立
       平成25年7月        アメリカ     カリフォルニア州にGOLDWIN             AMERICA    INC.(現・連結子会社)を設立
       平成29年12月        株式会社ウールリッチジャパン(現・連結子会社)を設立
       平成31年4月        株式会社アートウインを吸収合併
                                  4/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社および子会社14社、関連会社3社で構成されており、主とし
       て繊維製品を中心に各種スポーツ用品の製造・販売を行っております。当社グループの事業内容および各社の位置づ
       けは次のとおりであります。
        なお、当社グループは、スポーツ用品関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しており
       ます。
       〔事業内容〕
       スポーツ用品関連事業
        アウトドア関連ブランド商品………登山用ウエア、マリンウエア、アウトドア用品および関連商品
        アスレチック関連ブランド商品……トレーニングウエア、テニスウエア、フィットネスウエア、スイムウエア、
                        ラグビーウエア、ゴルフウエアおよび関連商品
        ウインター関連ブランド商品………スキーウエア、スノーボードウエアおよび関連商品
        そ  の  他………………………………機能アンダーウエア、ハイテックウエア(防塵服)、OEMなど
       〔各社の位置づけ〕
        スポーツウエア関係は主に当社が製品企画・製造・販売を行い、その製品の一部については㈱ゴールドウインテク
       ニカルセンターおよび北京奥冠英有限公司に製造を委託しております。㈱アートウインは染色加工業務を行っており
       ます。また、YOUNGONE           OUTDOOR    Corporation(韓国)は、韓国においてスポーツウエアの企画・販売を行っておりま
       す。高得運(上海)服装科技有限公司(中国)は中国においてハイテックウエア(防塵服)の販売を行っておりま
       す。さらにGOLDWIN         EUROPE    AG(スイス)は、欧州でのスポーツウエアの輸入販売を行っており、GOLDWIN                                    AMERICA
       INC.(アメリカ)は、北米でのスポーツウエアの輸入販売を行っております。
        また、㈱カンタベリーオブニュージーランドジャパンおよびブラックアンドホワイトスポーツウェア㈱はスポーツ
       ウエアを中心に販売を行っており、㈱ナナミカおよび㈱ウールリッチジャパンはスポーツカジュアルウエアの企画・
       販売を行っております。
        ㈱ゴールドウインロジテムは主に当社の物流部門を担当しております。
        その他、㈱ゴールドウイントレーディングは当社グループ商品を中心とした職域販売等新チャネルの販売を行って
       おります。
        また、ゴールドウイン開発㈱は主にゴルフ場の運営を行っており、㈱イー・エス・ジーは旅行代理店業を行ってお
       ります。㈱ゴールドウインエンタープライズは主として当社グループおよびその社員に対する損害保険の代理店業務
       および不動産関連事業を行っており、                  Woolrich     International       Limitedはアウトドアのグローバル事業を行っており
       ます。
                   名称                       事業内容(取扱商品)

                                  アウトドア関連ブランド商品、アスレチック関連ブラン
        ㈱ゴールドウイン
                                  ド商品、ウインター関連ブランド商品、その他
       子会社
                                  アウトドア関連ブランド商品、アスレチック関連ブラン
        ㈱ゴールドウインテクニカルセンター
                                  ド商品、ウインター関連ブランド商品、その他
       子会社
                                  その他
        ㈱イー・エス・ジー
       子会社
                                  アウトドア関連ブランド商品、アスレチック関連ブラン
        ㈱ゴールドウインロジテム
                                  ド商品、ウインター関連ブランド商品、その他
       子会社
                                  その他
        ㈱ゴールドウインエンタープライズ
       子会社
                                  アウトドア関連ブランド商品、アスレチック関連ブラン
        ㈱ゴールドウイントレーディング
                                  ド商品、ウインター関連ブランド商品、その他
       子会社
                                  アスレチック関連ブランド商品
        ㈱カンタベリー        オブ   ニュージーランド         ジャパン
       子会社
                                  その他
        ㈱アートウイン
       子会社
                                  アウトドア関連ブランド商品
        北京奥冠英有限公司
       子会社
                                  アウトドア関連ブランド商品、アスレチック関連ブラン
        ㈱ナナミカ
                                  ド商品、その他
       子会社
                                  アスレチック関連ブランド商品
        ブラックアンドホワイトスポーツウェア㈱
       子会社
                                  ウインター関連ブランド商品、その他
        GOLDWIN    EUROPE    AG
       子会社
                                  ウインター関連ブランド商品、その他
        GOLDWIN    AMERICA    INC.
       子会社
                                  アウトドア関連ブランド商品、その他
        ㈱ウールリッチジャパン
                                  5/90


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
                   名称                       事業内容(取扱商品)
       非連結子会社
                                  その他
        高得運(上海)服装科技有限公司
       関連会社(持分法)
                                  アウトドア関連ブランド商品
        YOUNGONE     OUTDOOR    Corporation
       関連会社(持分法)
                                  その他
        ゴールドウイン開発㈱
       関連会社(持分法)
                                  アウトドア関連ブランド商品
        Woolrich     International       Limited
      事業の系統図は次のとおりであります。

                                  6/90

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                          資本金また                議決権の所
         名称          住所      は出資金       主要な事業の内容          有割合          関係内容
                          (百万円)                 (%)
     連結子会社
                                                当社取扱商品の製造。役
     ㈱ゴールドウインテ                           スポーツウエア
                富山県小矢部市              60              100.0    員の兼任あり。資金援助
     クニカルセンター                           の製造
                                                あり。工場設備の賃貸。
                                                当社役職員の航空チケッ
     ㈱イー・エス・ジー           東京都渋谷区              24  旅行代理店業            100.0    ト等の手配。役員の兼任
                                                あり。債務保証あり。
                                                当社取扱商品の物流管
     ㈱ゴールドウインロ                                           理。役員の兼任あり。債
                富山県小矢部市              50  物流管理            100.0
     ジテム                                           務保証あり。営業設備の
                                                賃貸。
                                                役員の兼任あり。資金援
     ㈱ゴールドウインエ                           損害保険代理・
                富山県小矢部市             100              100.0    助あり。営業設備の賃貸
     ンタープライズ                           不動産関連業
                                                借。
     ㈱ゴールドウイント                           スポーツ用品の                当社取扱商品の販売。役
                東京都渋谷区             100              100.0
     レーディング                           販売                員の兼任あり。
     ㈱カンタベリー         オ
                                スポーツウエア                役員の兼任あり。資金援
     ブ   ニュージーラン
                東京都新宿区              98              100.0
                                の販売                助あり。債務保証あり。
     ド   ジャパン
                                                役員の兼任あり。資金援
     ㈱アートウイン           富山県小矢部市             100   染色加工            100.0
                                                助あり。
     北京奥冠英有限公司                           スポーツウエア            100.0    当社取扱商品の製造。役
                中国北京市          US$8,300千
     (注)1                           の製造            (35.7)    員の兼任あり。
                                                当社取扱商品の販売。役
                スイスアールガウ                スポーツウエア
     GOLDWIN    EUROPE    AG
                          CHF6,913千                  100.0    員の兼任あり。資金援助
                州                の販売
                                                あり。
     GOLDWIN    AMERICA
                米国カリフォルニ                スポーツウエア                当社取扱商品の販売。役
                          US$4,500千                  100.0
                ア州                の販売                員の兼任あり。
     INC.
                                スポーツカジュ
     ㈱ウールリッチジャ                                           当社取扱商品の販売。役
                東京都渋谷区             100   アルウエアの企            100.0
     パン                                           員の兼任あり。
                                画・販売
     ブラックアンドホワ
                                スポーツウエア                債務保証あり。資金援助
     イトスポーツウェア                         45
                東京都千代田区                            100.0
                                の販売                あり。
     ㈱
                                スポーツカジュ
     ㈱ナナミカ           東京都渋谷区              60  アルウエアの企            96.7    役員の兼任あり。
                                画・販売
     持分法適用関連会社
     YOUNGONE     OUTDOOR
                          3,000百万      スポーツウエア                当社取扱商品の販売等。
                韓国ソウル市                            40.7
                          韓国ウォン      の企画・販売                役員の兼任あり。
     Corporation
     ゴールドウイン開発
     ㈱           富山県小矢部市              10  ゴルフ場の運営            31.9    役員の兼任あり。
     (注)2
     Woolrich
                                Woolrichグルー
     International
                                プの株式保有お
                          GBP     10千
                英国ロンドン市                            20.2    役員の兼任あり。
                                よび事業活動の
     Limited
                                管理
      (注)1.議決権の所有割合の(               )内は、間接所有の割合で内数となっております。
         2.有価証券報告書を提出しております。
                                  7/90


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成31年3月31日現在
                                           従業員数(人)
                 事業区分
                                                 1,290    [ 1,236   ]
      スポーツ用品関連事業
      (注)1.従業員数は就業人員数であり、従業員数欄の[                           ]内は、販売員等の年間平均雇用人数を外数で記載しており
           ます。
         2.当社グループは、スポーツ用品関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しており
           ます。
       (2)提出会社の状況

                                                 平成31年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
            679  [ 1,050   ]           43.0              15.4           6,483,984

      (注)1.従業員数は就業人員数であり、従業員数欄の[                           ]内は、販売員等の年間平均雇用人数を外数で記載しており
           ます。
         2.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
         3.当社は、スポーツ用品関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
       (3)労働組合の状況

         労働組合はありませんが、労使関係は円滑に推移しております。
                                  8/90













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      (1)  会社の経営の基本方針
        当社グループは「スポーツを通じて心と体の健康を提供する」を企業理念として掲げて、スポーツ衣料・スポーツ
       用品の企画・製造・販売、およびその他関連事業を行っております。
        経営指針である「強い・速い・きれいな経営」のもと、持続可能な企業体質を求め、企業を取り巻く環境の変化に
       対応するよう絶えず経営体質の改善・改革に取り組んでおります。
        また、平成24年からタグラインとして「スポーツファースト」を掲げ、グループ社員一同が、スポーツを第一に考
       え、スポーツを愛し、自ら実践し、スポーツのチカラを信じて日々の業務に精励しております。これはスポーツ基本
       法に掲げられる精神、「スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営む」国家戦略に合致するものであり、今後も引き続
       き着実に努力を積み重ねてまいります。
      (2)  目標とする経営指標

        主たる経営指標としては、自己資本利益率(ROE)の向上を目標とし、収益性・効率性の高い経営を目指してお
       ります。
        具体的には、引き続きキャッシュ・フロー重視の経営を推進することで、ROE10%以上を目標として取り組みま
       す。
        また、積極的に投資を推進する方針でありますが、経営の健全性を保つために有利子負債比率(D/Eレシオ)は
       0.4倍以内を限度として取り組みます。
      (3)  中長期的な会社の経営戦略および対処すべき課題

        当社グループを取り巻く経営環境は、不透明な景気動向や為替相場の中、競争の激化が進むなど、引き続き厳しい
       ものと想定されます。
        このような環境の下、          当社グループでは、顧客や市場の変化に柔軟に対応して、ブランド事業の収益基盤を強化
       し、企業価値を高めるべく取り組んでおります。顧客基点のさらなる強化戦略として、次の戦略を掲げています。
       ①   マルチブランド戦略

         単一ブランドでは出来ない新しい市場を創造し、カテゴリー分類別にマルチブランド戦略を実践し、スポーツス
        タイルの提案を強化します。
       ②   自主管理売場の強化

         小売機能の強化を図り、直営店の連結売上構成比を拡大し、消費者ニーズを直接・間接的に汲み上げると同時に
        クリエイティブな提案を積極的に行います。
       ③   商品力の優位性の確立

         各分野において、今まで以上に世界でもトップクラスの高機能・高品質を誇れる製品を開発し、市場においても
        お客様にとっても絶対必要なブランドとしての地位を確立します。
       ④   グローバル市場への挑戦

         国内のみならず海外市場においても、当社グループの商品力の優位性を背景に、オリジナルブランドを世界で展
        開していくための戦略の構築、布石に積極的に取り組んでいきます。
       ⑤   CSR・コンプライアンス体制

         社会の中で信頼の置ける必要な会社であると認められるためには、取扱商品への高いニーズ・信頼性にはじま
        り、企業倫理・法令遵守はもとより、環境問題への積極的な取り組み、さらには当社グループとしての独自の社会
        貢献活動が今後の取り組み課題となります。
        長期的な経営戦略は上記のとおりでありますが、                       当社は、平成29年3月期(第66期)を初年度とする令和3年3月

       期(第70期)までの中期経営計画を策定しております。
        基本方針「2020年ゴールドウイン70周年に向けて、オリジナルブランドの強化を図り、海外での事業展開を積極推
       進し、新たな中核事業として育成する。」に基づき、重点課題として以下の施策を遂行すべくグループ全社を挙げて
       取り組んでいきます。
                                  9/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       重点課題
        ①   オリジナルブランド事業・海外事業の強化
        ②   ランニング・ワークアウト市場におけるコアブランド事業の確立
        ③   Spiber株式会社との協業推進による新世代高機能素材を用いた商品開発と企業認知度向上
        ④   デジタルブランドマーケティングの強化とeコマース販売拡大
        ⑤   自主管理型ビジネス強化の継続推進
       数値目標(連結)

                            平成31年3月期               令和3年3月期
         ① 売上高                       84,934百万円               97,000百万円
         ② 営業利益                       11,861               13,500
         ③ 経常利益                       12,982               15,000
         ④ ROE                        24.7   %            20.0   %
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

        当社では「財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針」を定めており、その内容等は以下

       のとおりであります。
       ①   基本方針の内容

         当社は、上場会社として当社株式の自由な売買を認める以上、当社の取締役会の賛同を得ずに行われる、いわゆ
        る「敵対的買収」であっても、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に資するものであれば、これを一概に否定
        するものではありません。買収者に対して株式を売却するか否かの判断や、買収者に対して会社の経営を委ねるこ
        との是非に関する判断は、基本的には、個々の株主の皆さまのご意思に委ねられるべきものだと考えております。
         しかし、買収行為の中には、その態様によって、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を害するものが存在い
        たします。
         当社の企業価値を構成する要素は、①業界トップクラスに位置付けられる高付加価値・高イメージの複数のス
        ポーツウエアブランド(スポーツブランド)の商標権ないし販売権、②このようなブランド価値を具現化する為の優
        れた創造力・企画力・製造ノウハウ、③このような創造力・企画力・製造ノウハウを支える個々の優秀な従業員、
        ④永年の取引を通じて培われた信頼関係に裏付けられた多数の取引先・顧客・商権等々の経営資源を有すること、
        ならびに、⑤これらの経営資源に基づき既存事業の遂行に加えて新規事業・新規商材・新規市場を開発することに
        より将来的に業容を拡大して会社業績を向上させ得る事業基盤、および、⑥事業活動を通じて安定してキャッ
        シュ・フローを創出して将来にわたる会社資本強化を実現し得る経営基盤を有することであります。以上のような
        当社の企業価値の本質(本源的価値)に対する理解なくして、当社の企業価値を持続的に向上させていくことは不可
        能でございます。
         このような理解に欠ける買収者が、当社の株式の大規模買付を行い、短期的な経済的効率性のみを重視して、一
        時的な利益を上げる反面で当社の持つ上記の経営資源や事業基盤を損なうことや、あるいは当社の特定のブランド
        または商権のみを獲得しその余については処分するなど、当社の企業価値を生み出す仕組に反する行為を行い、当
        社の事業体としての継続性を阻害することなどは、結果として当社の企業価値ひいては株主共同の利益の毀損につ
        ながるものです。
         このように企業価値ひいては株主共同の利益を害する買収者に対しては、企業価値ひいては株主共同の利益を保
        護するために相当な限度で取締役会が対抗措置を発動することが認められてしかるべきであります。しかしなが
        ら、買収提案の内容は多種多様なものがありえますので、当該買収提案の内容が企業価値ひいては株主共同の利益
        に資するものであるか、これを害するものであるか、にわかに判別し難い場合も存在しうるところです。当社は、
        かかる買収提案が行われた場合には、まずは取締役会において買収提案者と協議、交渉することといたしますが、
        買収提案者から買収提案に関する十分な情報の提供が行われた上で書面による請求があった場合など一定の要件を
        満たす場合には、株主総会の場において、当該買収提案につき本プランによる対抗措置を発動すべきか否かを株主
        の皆さま方に判断して頂くことが望ましいものと考えております。
         また、株主の皆さまが、買収提案が企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に資するものであるか否かに
        つき株主総会の場において適切な判断を行うことができるよう、当該買収提案が当社株主の皆さまおよび当社グ
        ループの経営に与える影響、当該買収者が意図する当社グループの経営方針や事業計画の内容、当社グループを取
        り巻く多くの関係者に対する影響等について、買収提案者から十分な情報の開示がなされるようにすることは、当
        社取締役会の責務と考えております。
                                 10/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       ②   基本方針の実現に資する特別な取組み
        イ.中期経営計画に基づく企業価値向上への取組み
          当社は中期経営計画をもとに、業務やコスト構造を見直し、顧客基点のさらなる強化を図り、顧客や市場の変
         化に柔軟に対応して、ブランド事業ごとの収益基盤を強化し、企業価値を高めるべく経営に取り組んでおりま
         す。
        ロ.コーポレート・ガバナンスについて

          当社は、各ステークホルダーとの良好な関係を築くとともに、内部統治構造の機能および制度を一層強化・改
         善・整備しながら、コーポレート・ガバナンスの充実を図っております。具体的には、業務の執行を迅速かつ効
         果的に行うため、内部統制機能の充実、職務権限規程等の運用を行うことにより、その実効性を図るとともに、
         コンプライアンスを含むリスク管理、経営の透明性確保や公正な情報開示等の取組みを行っております。今後と
         も当社のガバナンス体制のより一層の強化を進めてまいります。
          当社は監査役制度を採用しており、取締役会、監査役会、および会計監査人を設置しております。当社の取締
         役会は社外取締役3名を含む10名で構成しております。なお、取締役の任期を1年とすることにより、業務執行
         の監視体制の強化を図っております。監査役会は4名で構成しており、3名は社外監査役となっております。監
         査役は取締役会のほか重要な会議に出席し、取締役の職務執行状況を監査するとともに、内部監査室および会計
         監査人と緊密な連携を保ち、情報交換を行い、相互の連携を深め、監査の有効性・効率性を高めております。
       ③   基本方針に照らし不適切な者により支配されることを防止するための取組み

         上記①記載の認識に基づき、当社は、平成30年6月28日開催の定時株主総会において、当社の企業価値・株主共
        同の利益の確保・向上のための新株予約権を用いた方策(以下「本プラン」といいます)に関する継続承認議案の
        承認を得ており、かかる承認決議の内容に従い、上記定時株主総会後に開催された取締役会において、本プランの
        継続採用および円滑な実行のために必要な事項、措置を決議しております。本プランの内容は、インターネット上
        の当社ウェブサイト(アドレスhttp://www.goldwin.co.jp/corporate/info/ir/defense)に掲載していますので、
        詳細についてはそちらをご参照ください。
         当社は、本プランに則り、当社の20%以上の株券等保有割合の株券等を特定公開買付開始公告の実施、または支
        配株式の取得を企図する者(その共同保有者およびこれらを支配する者その他を含む)に対して、予め当社に対し
        書面により一定の情報が記載された買収提案を提出することを求めます。買収提案が当社に対して行われた場合、
        当社取締役会から付議を受けた特別委員会が、買収提案について、企業価値ひいては株主共同の利益に資するか否
        かの観点から検討し、その結果を当社取締役会に勧告し、当社取締役会が対抗措置の不発動確認決議を行うか否か
        を検討します。なお、買収提案者が一定の要件を具備した上で、買収提案者の行う特定の買収提案に対し、本プラ
        ンによる対抗措置を採ることの可否を問うための株主総会の開催を請求した場合および当社取締役会が自らの判断
        でかかる株主総会を開催すべきと判断した場合には、当社取締役会は株主総会を招集するものとし、当該株主総会
        において、本プランに基づく対抗措置を採ることが承認されなかった場合には、当該買収提案に対しては本プラン
        による対抗措置の発動は行われません。
       ④   基本方針の実現のための取組みについての取締役等の判断およびその理由

        イ.  基本方針の実現に資する特別な取組みについて
          当社の中期経営計画、コーポレート・ガバナンスの強化、企業としての社会的責任を遂行するための取組み
         は、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保し、向上させることを直接目的とするものであり、結果とし
         て基本方針の実現に資するものです。
          したがって、当該取組みは基本方針に沿い、当社の株主共同の利益に合致するものであり、当社の会社役員の
         地位の維持を目的とするものではございません。
        ロ.  基本方針に照らし不適切な者により支配されることを防止するための取組みについて
          本プランは上記の基本方針に沿うものであり、またその合理性を高めるため以下のような特段の工夫が施され
         ております。本プランは、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を損なうものではなく、また当社経営陣の地
         位の維持を目的とするものでもありません。
         Ⅰ      当社は、株主の皆さまの意思を反映させるため、本プランの導入に際して、定時株主総会において、本プ
           ランの導入に関する定款変更の特別決議によるご承認および一定の附帯条件のもと本プランによる対抗措置
           を採ることに関する普通決議によるご承認(「本プラン承認決議」)を受けております。
         Ⅱ      特定の買収提案に対する不発動確認決議における判断の中立性を担保するため、本プランでは、当社社外
           役員および外部有識者から構成される特別委員会が、買収提案の内容について情報収集・検討を行い、不発
           動確認決議の是非について、当社社外役員を兼任する者は当社の役員としての会社に対する法的義務を背景
           に、企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上の観点から検討を行います。そして、取締役会は特別委
           員会の勧告を最大限尊重し、当該買収提案が当社の企業価値の向上や株主共同の利益に資するか否かの観点
           から真摯に検討します。また、特別委員会から当社取締役会に対し、不発動確認決議を行うべきとの勧告決
                                 11/90


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
           議がなされ、取締役会がその勧告を受容れることで株主に対する取締役としての善管注意義務に反すると判
           断する場合には、取締役会が本プランによる対抗措置を採ることの可否についての株主総会を招集します。
         Ⅲ      本プランでは、予め定める事項を全て充足すると認められる買収提案に対しては不発動確認決議がなされ
           るものとされており、取締役会による恣意的な発動を防止するための仕組みが採られています。
         Ⅳ      本プランでは、取締役会自ら株主総会の招集が必要と判断した場合のみならず、一定の要件を充足すれば
           買収提案者自身も自らの買収提案に対して本プランによる対抗措置を採るか否かを決する旨の議案を上程す
           る株主総会を開催することを要求することができ、取締役会が判断の不当な引き伸ばしを行うことを回避す
           る仕組みが組み込まれているとともに、本プランによる対抗措置の発動の可否について具体的な買収提案を
           前提として株主の皆さまの意思を直接反映する仕組みを採用しております。
         Ⅴ      当社取締役の任期は1年であり、期差任期制や解任要件の普通決議からの加重等も行っていないため、毎
           年取締役の選任を通じて株主の皆さまの意思を反映することが可能となっています。
         Ⅵ      本プランでは、定款上の根拠を有した株主総会決議による承認決議の有効期間を、平成30年6月27日開催
           の定時株主総会終了後3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会後最初に開催さ
           れる取締役会の終結時までとし、3年が経過した時点で、本プランの各条件の見直し等を含め、必要に応じ
           て株主総会の承認を求めることとし、本プランに株主の直接の意思を反映することができるようにしていま
           す。
         Ⅶ      本プランの効力は、原則として各期の定時株主総会後最初に開催される取締役会の終結の時までとし、当
           該取締役会において、本プランの維持・改定または廃止など随時その内容を見直すことを基本としておりま
           す。当社の取締役の任期は1年ですので、毎年の取締役の改選を反映した内容となることが確保されている
           とともに、関連する法制度の動向その他当社を取り巻く様々な状況に対応することが可能となります。
         Ⅷ      本プランは、経済産業省および法務省が平成17年5月27日に公表した「企業価値・株主共同の利益の確保
           又は向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(①企業価値・株主共同の利益の確保・向上の
           原則、②事前開示・株主意思の原則、③必要性・相当性確保の原則)を充足しており、また、経済産業省に
           設置された企業価値研究会が平成20年6月30日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在
           り方」その他の買収防衛策に関する実務・議論を踏まえた内容となっており、高度な合理性を有するもので
           す。
                                 12/90












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループの経営成績、株価および財政状態等に影響を及ぼす可能性のあるリスクには以下のようなものがあり
       ます。なお、記載内容のうち将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       1.調達に関するリスク

        ①   為替レート変動に伴うリスク
          当社グループの製品調達は、海外生産比率が高く、為替レートの変動は外貨建ての直接取引および商社等を経
         由する間接取引の製品調達に影響を及ぼす可能性があります。
          為替レートの変動リスクを回避するために為替予約取引等の手段を講じておりますが今後の為替レートの変動
         によっては、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります                                。
        ②   製造物責任に関するリスク

          当社グループは、品質管理基準に従って生産および仕入を行っております。しかしながらすべての製品に不良
         がなく、製造物責任賠償が発生しないという保証はありません。
          製造物責任賠償については保険に加入しておりますが、製造物責任問題の発生で企業責任を問われることによ
         る社会的評価の低下は、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       2.退職給付債務に関するリスク

         当社グループの従業員退職給付費用および債務は、割引率、長期期待運用収益率等、数理計算で設定され、運用
        収益率の低下等実際の結果が、前提条件と異なる場合、当初算出された費用および債務に影響を及ぼします。ま
        た、当社においては、確定給付企業年金制度のほか、退職給付信託を設定し年金資産の運用を行っており、年金資
        産運用利回りの悪化は、当社グループの業績と財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります                                          。
       3.個人情報の取扱いに係るリスク

         当社グループは売上の一部を通信販売によっていることから、顧客の個人情報を保有しております。個人情報に
        ついては社内管理体制を整備し、情報管理への意識を高めるとともに、安易に情報が漏洩することの無いように、
        取り扱いには留意しております。
         しかしながら、外部からのハッキングなど、不測の事態により、万が一、個人情報が外部に漏洩するような事態
        となった場合には当社グループの信用失墜による売上の減少、または損害賠償による費用の発生等が起こることも
        考えられ、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       4.  固定資産の減損に係るリスク

         当社グループが保有する固定資産について、資産の収益性低下等により投資額の回収が見込めなくなる可能性が
        あります。これに伴い「固定資産の減損に係る会計基準」に規定される減損処理が必要になった場合には、当社グ
        ループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       5.  他社との提携に関するリスク

         当社グループは、シナジー効果による市場での優位性を確保するために技術提携およびコラボレーション等共同
        での活動を行っております。今後も継続していく予定でありますが、当事者間において市場や事業運営等につき大
        きな見解の相違が生じた場合は当該事業の継続が困難になり、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があり
        ます。
       6.消費者の嗜好の変化ならびに気象状況などによるリスク

         当社グループが扱う商品は景気の変動による個人消費の動向、そして消費者の嗜好の変化に影響を受けやすく、
        また特定の季節に利用される商品においては、天候不順、暑さ寒さなど気象条件が、大きく売上に影響を及ぼす可
        能性があります。
       7.地震等の天災に関するリスク

         地震等の天災により、当社グループおよび取引先等に直接被害があった場合や原材料の調達が困難になった場合
        など、販売、回収活動等に影響を及ぼす可能性があります。その場合には、当社グループの業績や財政状態に影響
        を与える可能性があります。
                                 13/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      1.業績等の概要
       (1)業績
        当社グループ(当社、連結子会社および持分法適用会社)は当連結会計年度を第2年度とする令和3年3月期(第
       70期)までの中期経営計画を策定し、その遂行に全社を挙げて取組んでおります。
        直営店やeコマース販売等の自主管理型売上が拡大したこと、さらに発注流動管理強化による販売ロス削減、プロ
       パー販売比率改善等により、             当連結会計年度の業績は、売上高               84,934百万円      (前期比    20.6%増    )、  営業利益11,861百
       万円  (前期比    67.0%増    )、  経常利益12,982百万円          (前期比    65.7%増    )、  親会社株主に帰属する当期純利益は9,243百
       万円  (前期比    78.6%増    )となり、     売上高は9     期連続の増収、営業利益は1             1 期連続の増益で最高益更新、経常利益は6
       期連続の最高益の更新、親会社株主に帰属する当期純利益も3期連続の最高益の更新となりました                                             。
        なお、記載金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)キャッシュ・フロー

         当連結会計年度末における現金及び現金同等物は12,356百万円となり、前連結会計年度末より3,122百万円増加
        いたしました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果得られたキャッシュ・フローは13,163百万円(前連結会計年度比4,031百万円の収入増)とな
         りました。主な要因は、法人税及び住民税の支払3,479百万円があったものの、税金等調整前当期純利益12,702
         百万円の計上のほか、仕入債務の増加3,202百万円等があったためであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果使用したキャッシュ・フローは2,084百万円(前連結会計年度比3,897百万円の支出減)となり
         ました。これは主に、投資有価証券の取得による支出885百万円、固定資産の取得による支出742百万円および差
         入保証金の差入による支出329百万円等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果使用したキャッシュ・フローは7,933百万円(前連結会計年度比6,601百万円の支出増)となり
         ました。これは主に、長期借入金の返済による支出2,995百万円、自己株式の取得による支出2,875百万円および
         配当金の支払1,387百万円等によるものであります。
       (参考)キャッシュ・フロー関連指標の推移

                         平成27年3月期       平成28年3月期       平成29年3月期       平成30年3月期       平成31年3月期
        自己資本比率(%)                      54.5       51.6       52.6       50.0       51.0
        時価ベースの自己資本比率(%)                      87.9       91.3      110.7       207.2       470.3
        債務償還年数(年)                       1.3       1.3       1.7       1.1       0.5
        インタレスト・カバレッジ・レシオ
                             23.2       34.7       40.1       72.5      105.4
       (倍)
        自己資本比率:自己資本/総資産
        時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
        債務償還年数:有利子負債/キャッシュ・フロー
        インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い
       (注1)各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
       (注2)株式時価総額は、自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。
       (注3)キャッシュ・フローは、営業キャッシュ・フローを利用しております。
       (注4)有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている短期借入金、長期借入金
           (1年以内返済分を含む)および社債(1年以内返済分を含む)を対象としております。また、利払いにつ
           いては、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。
                                 14/90




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       (3)生産、受注及び販売の実績
         当社グループは、製品の種類、性質、製造方法および販売市場等の類似性から判断して、同種・同系列のスポー
        ツ用品を専ら製造販売しているため、生産および販売の実績についての記載を省略しております。また、受注状況
        についても一部の特殊商品のみ受注生産を行っておりますが、全体に占める割合が僅少であるため、記載を省略し
        ております。
      2.経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       (1)重要な会計方針および見積り

         当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づき作成され
        ておりますが、その中で以下に掲げる重要な会計方針および見積りにつきましては特に、当社グループの経営成績
        に重要な影響を与える要因になっていると考えております。
        ①   売上高の計上基準

          当社グループの売上高は、取引先との契約により、先方に対して製品が出荷された時点、あるいは取引先また
         は当社グループの運営店舗が消費者に売り上げた時点で計上されるのが基本であります。
          スポーツ用品業界の慣習として、いったん売上計上したものについても取引先からの返品あるいは値引が発生
         することがあり、その場合はその時点での売上高から控除されることになります。
        ②   製品・商品・原材料の評価

          たな卸資産のうち、製品・商品についてはあらかじめ設定された販売適用時期を過ぎたものについて、過去の
         販売実績に基づき開発年度ごとに算定した評価率を乗じて時価(正味売却価額)を算出し、その時価の見積り額
         と原価との差額を評価減しております。
          原材料は生地等の今後の使用可能性とともに、一定の滞留期間を経過したものについて、処分価格を基準とし
         て評価減しております。
        ③   有価証券の減損処理

          市場価格のある有価証券については、基本的に連結会計年度末の市場価格が取得原価を50%以上下回ったもの
         は全て、下落率が30%以上50%未満のものは、回復可能性を一定の基準で判定し減損処理を行っております。ま
         た、市場価格のない会社への投資については、当該会社の1株当たり純資産額が取得原価を30%以上下回った場
         合に、回復可能性を一定の基準で判定し減損処理しております。
       (2)財政状態の分析

        ①   流動資産
          当連結会計年度末における流動資産の残高は39,972百万円となり、前連結会計年度末と比べ5,170百万円増加
         いたしました。その主な要因は、               現金及び預金の増加3,052百万円および電子記録債権の増加926百万円等であり
         ます  。
         ・売上債権(受取手形及び売掛金、電子記録債権)
           当連結会計年度末の売上債権回転月数は、1.88ヵ月であり、前連結会計年度末の売上債権回転月数2.05ヵ月
          に比べ0.17ヵ月短縮しました。
         ・たな卸資産(商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品)
           当連結会計年度末のたな卸資産は12,288百万円となり、前連結会計年度末と比べ770百万円増加いたしまし
          た。たな卸資産回転月数につきましては前連結会計年度末1.96ヵ月から当連結会計年度末1.74ヵ月となりまし
          た。
        ②   固定資産

          当連結会計年度末における固定資産の残高は37,571百万円となり、前連結会計年度末と比べ1,660百万円増加
         いたしました。その主な要因は、繰延税金資産が1,079百万円増加したこと等によるものであります。
         ・投資有価証券
           投資有価証券には、関連会社の株式18,549百万円のほか、長期・安定的な取引関係維持のために所有してい
          る主要取引金融機関や主要仕入先等の株式が含まれております。当連結会計年度末における投資有価証券の残
          高は23,730百万円となり、前連結会計年度末と比べ115百万円増加いたしました。
                                 15/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        ③   負債(流動負債および固定負債)
          当連結会計年度末における負債合計の残高は37,934百万円となり、前連結会計年度末と比べ2,646百万円増加
         いたしました。主な要因は、借入金の減少2,945百万円があったものの、電子記録債務の増加2,258百万円、支払
         手形及び買掛金の増加942百万円、賞与引当金の増加778百万円および未払法人税等の増加643百万円があったた
         めであります。
        ④   純資産

          当連結会計年度末における純資産合計の残高は39,609百万円となり、前連結会計年度末と比べ4,184百万円増
         加いたしました。主な要因は、自己株式の増加2,834百万円があったものの、利益剰余金の増加7,855百万円が
         あったためであります。
         ・自己資本比率
           当連結会計年度末の自己資本比率は51.0%となり、前連結会計年度末と比べ1.0ポイント増加いたしまし
          た。
         ・ROE
           当連結会計年度末のROEは24.7%となり、前連結会計年度末と比べ9.3ポイント上昇いたしました。
       (3)資本の財源および資金の流動性に係る情報等

        ①   キャッシュ・フローの状況
          当連結会計年度末における現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末より3,122百万円増加し、
         12,356百万円となりました。
          これは、営業活動の結果得られた収入13,163百万円に対し、投資有価証券の取得や固定資産の取得等の投資活
         動による支出が2,084百万円あったことおよび自己株式の取得や長期借入金の返済等の財務活動による支出が
         7,933百万円あったことによるものです。
          なお、当社グループは、運転資金および設備投資について、営業活動から獲得する自己資金ならびに金融機関
         からの借入による調達を行うものとしております。
        ②   財務政策

          現在、当社グループの財務政策の重点課題として、「グループキャッシュ・フロー重視経営の徹底」を掲げて
         おります。有利子負債の削減を目的としてキャッシュ・フロー管理の徹底を図り、ブランド事業ごとの収益基盤
         の強化および社内カンパニー制度を推進し、財務体質を強化いたします。また、財務の健全性を高めるため、長
         期安定資金の比率を高めるとともに総資産の圧縮を進めます。
          主たる経営指標としては、自己資本利益率(ROE)の向上を目標とし、収益性・効率性の高い経営を目指し
         ております。
          具体的には、引き続きキャッシュ・フロー重視の経営を推進することで、ROE10%以上の維持を目標として
         取り組みます。
          また、積極的に投資を推進する方針でありますが、経営の健全性を保つために有利子負債比率(D/Eレシ
         オ)は0.4倍以内を限度として取り組みます。
       (4)経営成績の分析

        ①   売上高
          連結売上高については、「ザ・ノース・フェイス」「ヘリーハンセン」等アウトドア関連ブランドの販売が、
         年間を通じて好調に推移し、前期比大幅増収となりました。今期新たにスタートした「ウールリッチ」ブランド
         の秋冬商品の販売も堅調で、増収の要因となっております。アスレチック関連ブランドでは、百貨店を主販路と
         する「ブラックアンドホワイト」や専門店・ナショナルスポーツチェーン向け卸事業を主業態とする「スピー
         ド」が苦戦し減収となりました。ウィンター関連ブランドは、店頭での販売促進を徹底し、返品・値引による販
         売ロスを削減したことにより、微増収となりました。合計売上としては、アウトドア関連ブランドの好調推移が
         全社売上を大きく牽引した結果、前期比14,513百万円の増収となりました。
          これらの結果、当連結会計年度の売上高は84,934百万円(前期比20.6%増)となりました。
        ②   売上総利益

          当連結会計年度の売上総利益は売上高の増加等により、43,018百万円(前期比26.2%増)となり、売上総利益
         率は50.6%となりました。
        ③   営業利益

          売上総利益の増加により、当連結会計年度の営業利益は11,861百万円(前期比67.0%増)となりました。販売
         費及び一般管理費につきましては、グループを挙げて経費削減に取り組んではおりますが、                                          直営店出店に伴う関
         連経費等の販売管理費も増加し              31,347百万円(前期比15.0%増)となりました。
                                 16/90


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        ④   経常利益
          営業外収益は、       韓国における持分法適用関連会社であるYOUNGONE                       OUTDOOR    Corporationの業績が堅調で、持分
         法による投資利益が増加したことで、                  1,320百万円(前期比39.5%増)となりました。
          営業外費用につきましては、支払利息の増加等により、199百万円(前期比7.5%減)となりました。その結
         果、経常利益は12,982百万円(前期比65.7%増)となっております。
        ⑤   親会社株主に帰属する当期純利益

          上記経常利益の増加に伴い法人税等が増加したものの、                          親会社株主に帰属する当期純利益は9,243百万円                      (前
         期比  78.6%増    )となりました。
       (5)目標とする経営指標の達成状況

         中期経営計画における経営指標の進捗状況は以下の通りとなっております。なお、当連結会計年度の経営成績が
        好調に推移した結果、中期経営計画最終年度の営業利益、経常利益を前倒しで達成することができましたので、中
        期経営計画最終年度の数値目標を再度上方修正することとしました。
                                                    (単位:百万円)
                                             令和3年3月期
               平成29年        平成30年        平成31年
                                       当初目標        修正目標       再修正目標
                3月期        3月期        3月期
                                     (平成28年5月13日        (平成30年11月6日        (令和元年5月14日
                (実績)        (実績)        (実績)
                                        公表)        公表)        公表)
      連結売上高          60,903        70,420        84,934        80,000        90,000        97,000
      連結営業利益           3,910         7,102        11,861         6,500        11,000        13,500
      連結経常利益           4,578         7,833        12,982         7,300        11,500        15,000
      ROE          11.1%        15.4%        24.7%        11.2%       15.0%以上        20.0%以上
      4【経営上の重要な契約等】

      (1)  技術導入契約
        当社の営業に関し次のとおり技術導入契約を締結しております。
                契約締結先                             内容
                                 スイムウエア、アスレチックウエアおよび関連グッズ等
     三井物産㈱          (日本)
                                 の製造権、販売権ならびに商標権の使用許諾契約
      5【研究開発活動】

        当社グループはスポーツ衣料を中心としたスポーツ用品関連で、品質・機能・価格・デザインのあらゆる面で対応
       していくため、各分野にわたって研究開発に取り組んでおり、とくにファッションに対する感性を主とする企画強化
       とともに高機能製品の研究開発を重点的にすすめております。
        現在の研究開発は当社の事業部および子会社の企画事業部門のほか、グループ全体として開発委員会を設置し、新
       製品の企画開発を中心に推進しております。
        当連結会計年度における研究開発費は、当社、㈱ナナミカ、㈱カンタベリーオブニュージーランドジャパンおよび
       ブラックアンドホワイトスポーツウェア㈱の事業部における新製品の企画・開発関係費、海外デザイナー・海外提携
       先との提携費、素材メーカー等との開発費や㈱ゴールドウインテクニカルセンターの生産技術面の研究開発費、商品
       開発費等が主なもので、総額として                 756  百万円となっております。
        なお、当社グループは、スポーツ用品関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しており
       ます。
                                 17/90





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループはスポーツ衣料を中心としたスポーツ用品関連分野に重点を置き、主に製品の機能向上、品質向上お
       よび合理化、省力化のための投資および店舗に関わる投資を行っております。当連結会計年度の設備投資(無形固定
       資産を含む)の総額は          1,736   百万円であります。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除去、売却等はありません。
        当社グループは、スポーツ用品関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社

                                                    平成31年3月31日現在
                                     帳簿価額
        事業所名                                                従業員数
                設備の内容                   土地
                      建物及び構      機械装置及
        (所在地)                                リース資産       その他      合計     (人)
                      築物      び運搬具      (百万円)
                                       (百万円)      (百万円)      (百万円)
                      (百万円)      (百万円)
                                  (面積㎡)
     本店                               262
                生産管理施設         372       3           -      41     679     94
     (富山県小矢部市)                            (14,045.76)
                                    157
     流通加工センター
                物流倉庫         384       -  (13,578.28)         -      -     541     -
     (富山県小矢部市)
       (2)国内子会社

                                                    平成31年3月31日現在
                                       帳簿価額
              事業所名                                           従業員数
                               機械装置
       会社名             設備の内容      建物及び            土地
             (所在地)                 及び運搬          リース資産      その他      合計    (人)
                         構築物          (百万円)
                               具
                                         (百万円)     (百万円)     (百万円)
                         (百万円)          (面積㎡)
                               (百万円)
     ㈱ゴールドウイ       本社工場
                   繊維製品                   142
             (富山県小矢
     ンテクニカルセ                       205      30          13     18     409     294
                   生産設備                (15,663.00)
     ンター       部市)
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設
        特記すべき事項はありません。
       (2)重要な設備の売却

        特記すべき事項はありません。
                                 18/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           92,000,000

                  計                                92,000,000

        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数              提出日現在発行数
                                        上場金融商品取引所名
                  (株)             (株)
        種類                                または登録認可金融商               内容
               (平成31年3月31日)             (令和元年6月26日)             品取引業協会名
                                        東京証券取引所
                                                     単元株式数
                   23,824,086             23,824,086
     普通株式
                                        (市場第一部)
                                                     100株
                   23,824,086             23,824,086             -          -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                 19/90











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総       発行済株式総                      資本準備金増
                               資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数       数残高                      減額
                                (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                  (千株)       (千株)                      (百万円)
      平成27年10月1日

                  △47,648        11,912          -      7,079         -       258
        (注)1
      平成30年4月1日

                   11,912       23,824          -      7,079         -       258
        (注)2
      (注)1.     平成27年6月25日開催の第64回定時株主総会決議により、平成27年10月1日付で普通株式5株につき1株の

           割合をもって株式併合を実施しております。これにより、発行済株式総数は47,648,175株減少し、
           11,912,043株となっております。
         2.  平成30年2月6日開催の取締役会決議により、平成30年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもっ
           て株式分割を実施しております。これにより、発行済株式総数は11,912,043株増加し、23,824,086株となっ
           ております。
       (5)【所有者別状況】

                                                   平成31年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府および
                       金融商品     その他の法
            地方公共団      金融機関                           個人その他       計    (株)
                       取引業者     人
            体
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     42     23     144     166      3    4,130     4,508     -
     所有株式数
                -   73,886      1,935     60,791     57,713       10    43,438     237,773      46,786
     (単元)
     所有株式数の
                -    31.07      0.81     25.57     24.27      0.00     18.27     100.00     -
     割合(%)
      (注)1.自己株式         363,740株は「個人その他」に3,637単元および「単元未満株式の状況」に40株を含めて記載してお
           ります。なお、自己株式363,740株は株主名簿上の株式数であり、平成31年3月31日現在の実保有残高は
           362,540株であります。
         2.「金融機関」の欄には、株式給付信託が所有する株式が8,377単元含まれております。
                                 20/90









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成31年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
          氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
     コリア     セキュリティーズ          デポ

                      34-6   YEOUIDO-DONG,YEONGDEUNGPO-GU,
     ジトリー      サムスン
                      SEOUL,KOREA                       4,220          17.99
     (常任代理人シティバンク、エ
                      (東京都新宿区新宿6-27-30)
     ヌ・エイ東京支店)
                      東京都千代田区丸の内1-1-3                       2,183          9.31

     三井物産株式会社
     日本トラスティ・サービス信託銀
                      東京都中央区晴海1-8-11                       1,298          5.53
     行株式会社(信託口)
                      富山県富山市堤町通り1-2-26                        990         4.22
     株式会社北陸銀行
                      東京都中央区日本橋2-7-1                        961         4.10

     丸紅株式会社
                      石川県金沢市広岡2-12-6                        867         3.70

     株式会社北國銀行
                      富山県小矢部市清沢1061                        862         3.68

     株式会社西田
     資産管理サービス信託銀行株式会
                      東京都中央区晴海1-8-12                        837         3.57
     社(信託E口)
     みずほ信託銀行株式会社(ゴール
     ドウイン西田東作スポーツ振興記                 東京都中央区八重洲1-2-1                        676         2.88
     念財団口)
                      東京都千代田区大手町1-5-5                        607         2.59
     株式会社みずほ銀行
                               -              13,501          57.56

             計
     (注)1.上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち信託業務に関わる株式数は
          201千株であります。
        2.資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)は、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引」
          に係る信託財産の委託先であります。なお、上記委託先が所有している当社株式は、連結財務諸表および財務
          諸表において自己株式として表示しております。
                                 21/90









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成31年3月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                       内容
                                   -       -            -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                           362,500          -            -

                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                         23,414,800             234,148          -
                         普通株式
                                 46,786         -            -
      単元未満株式                    普通株式
                               23,824,086           -            -
      発行済株式総数
                                   -         234,148          -
      総株主の議決権
      (注)     「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式給付信託が所有する当社株式837,700株(議決権の数8,377個)
          が含まれております。なお、会計処理上は、当社と株式給付信託は一体であると認識し、株式給付信託が所有
          する当社株式を自己株式として計上しております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成31年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                         自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
      所有者の氏名ま
                                                   対する所有株式数
                所有者の住所
                         式数(株)         式数(株)         計(株)
      たは名称
                                                   の割合(%)
               東京都渋谷区松濤
                            362,500           -      362,500           1.52
     ㈱ゴールドウイン
               2-20-6
                   -         362,500           -      362,500           1.52
         計
      (注)     上記のほか、株主名簿上は当社名義となっておりますが実質的に所有していない株式が1,200株(議決権の数
          12個)あります。なお、当該株式数は、上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄に含めて
          おります。
          また、「第5       経理の状況」以下の自己株式数は1,200,240株で表示しております。これは当社と信託口が一体
          であるとする会計処理に基づき、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する当社株式
          837,700株を含めて自己株式として処理しているためであります。
       (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】

        ①   役員・従業員株式所有制度の概要
          当社は、当社の成長を支える従業員に対する福利厚生制度をより一層充実させるとともに、株価上昇へのイン
         センティブを付与することにより、当社の業績や株式価値に対する従業員の意識を更に高め、中長期的な企業価
         値の向上を図ることを目的として、従業員インセンティブ・プラン「株式給付信託(従業員持株会処分型)」
         (以下、「株式給付信託」)の導入をしております。
          当プランでは、「ゴールドウイン従業員持株会」(以下、「当社持株会」)へ当社株式を譲渡していく目的で
         設立する株式給付信託が、平成29年から4年間にわたり当社持株会が取得すると見込まれる数の当社株式を一括
         で取得し、その後、毎月一定日に当社持株会に売却を行います。信託終了時までに、信託銀行が持株会への売却
         を通じて本信託の信託財産内に株式売却益相当額が累積した場合には、それを残余財産として受益者適格要件を
         充足する当社従業員持株会会員に分配します。また当社は、信託銀行が当社株式を取得するための借入に対し保
         証をしているため、信託終了時において、当社株価の下落により当該株式売却損相当の借入残債がある場合に
         は、保証契約に基づき当社が当該残債を弁済することとなります。
        ②   役員・従業員持株会に取得させる予定の株式の総数
          36,800株
        ③   当該役員・従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲
          受益者適格要件を充足する当社持株会会員
                                 22/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】             会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得および会社法第155条第7号に該当する普通株
                 式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      取締役会(平成30年8月3日)での決議状況

                                         360,000          2,865,600,000
      (取得期間       平成30年8月6日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -

      当事業年度における取得自己株式                                   360,000          2,865,600,000
                                                         -
      残存決議株式の総数および価額の総額                                      -
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      -             -
      当期間における取得自己株式                                      -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                      -             -
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)

      当事業年度における取得自己株式                                     938          10,239,720
      当期間における取得自己株式                                     -              -

      (注)当期間における取得自己株式には、令和元年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                   当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                               株式数(株)               株式数(株)
                                       (円)               (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

                                                  -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -               -
      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取
                                   -        -       -        -
      得自己株式
      その他(-)                             -        -       -        -

      保有自己株式数(注)                           362,540           -    362,540           -

      (注)当期間の保有自己株式数には、令和元年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
         よる株式は含まれておりません。
        なお、「第5       経理の状況」以下の当事業年度末の自己株式数は1,200,240株で表示しております。これは当社と信

       託口が一体であるとする会計処理に基づき、平成31年3月31日現在で、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E
       口)が所有する当社株式837,700株を含めて自己株式として処理しているためです。
                                 23/90




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主に対する利益還元が企業として最重要課題の一つであることを常に認識し、財務体質と経営基盤の強
       化を図るとともに、株主に対し安定的な配当を継続することを基本とし、業績と配当性向を勘案して実行してまいり
       ます。
        内部留保金につきましては、財務基盤の充実を図るとともに、今後の事業展開を推進するために有効活用してまい
       ります。
        当面は、安定配当を継続しつつも、中長期的な利益成長による配当水準の向上を目指します。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当ができる旨を定款に定めており、これらの剰余金の配当の決
       定機関は、取締役会であります。
        当事業年度の配当に関しましては、令和元年5月14日に公表しましたとおり普通配当1株当たり85円を実施させて
       いただきました。当社は第61回定時株主総会でご承認いただきました定款変更により、取締役会決議によって期末配
       当金のお支払いができるようになりましたので、令和元年5月14日開催の当社取締役会において、今回の期末配当金
       について1株につき69円のほか、効力発生日ならびに支払開始日を令和元年6月11日とすることを決議いたしまし
       た。
        また、次期配当につきましては今後の業績予想および事業展開等を総合的に勘案するとともに、株主の皆さまのご
       支援に積極的にお応えするため、普通配当1株当たり100円(中間配当30円、期末配当70円)を予想しており、実質
       17.6%の増配とさせていただく予定であります。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりであります。
           決      議      配当金の総額(百万円)              1株当たり配当額(円)
        平成30年11月6日
                             375              16
         取   締   役   会
        令和元年5月14日
                            1,618               69
         取   締   役   会
       (注)   1.平成30年11月6日取締役会決議に基づく配当金の総額には、信託の保有する自社の株式に対する配当金13
            百万円を含めております。
          2.令和元年5月14日取締役会決議に基づく配当金の総額には、信託の保有する自社の株式に対する配当金57
            百万円を含めております。
                                 24/90











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①   コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は   タグライン「SPORTS          FIRST:スポーツ・ファースト」               のもと、スポーツを通じて豊かな健康生活を実現す
        ることを使命としております。こうした企業としての社会的責任、すなわち法令等の遵守、内部統制の確立、顧客
        対応の向上、環境の重視、労働安全・衛生の徹底、人権擁護、社会貢献などを全うし、すべてのステークホルダー
        から信頼され、収益力の拡大ならびに経営体質の強化・改善を図り、長期的かつ安定した利益還元を維持すること
        が、事業活動において不可欠であると認識しております。この基本的考えのもと、コーポレート・ガバナンスを強
        化し充実させるため、経営の公正性と透明性の向上、的確かつ迅速な意思決定と効率的な業務執行に努めておりま
        す。その考えは行動指針「強い、速い、きれいな経営」として、全ての役職員に徹底されております。
        ②   企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         当社は監査役会設置会社であります。監査役会は、経営に対する監査機能を充分に発揮するため、4名の監査役
        のうち3名は社外監査役で構成しております。
         当社の取締役会は、社内出身者に加え、他企業で実務経験豊富な人材等、10名で構成されております。任期は1
        年となっており、経営環境の変化に迅速に対応できる体制を確立するとともに、各年度における経営責任を明確に
        することから、代表取締役と社外取締役3名を除く6名は執行役員を兼務しております。なお、取締役会は月1回
        の定例取締役会のほか、案件の重要度を考慮し、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。
                                 25/90















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        ③   企業統治に関するその他の事項
         a.   内部統制システムの整備状況
          当社は企業理念、経営方針、タグライン「SPORTS                       FIRST:スポーツ・ファースト」および行動規範に示される
         経営戦略ミッションをゴールドウイングループ全役職員によって具現化するために、適切な組織の構築、規程・
         ルールの制定、情報の伝達および業務執行のモニタリングを行う体制として内部統制システムを整備・維持して
         おります。また内部統制システムは適宜見直をし、改善を行い、適法かつ効率的に業務を執行する体制の確立を
         図っております。
         b.   リスク管理体制の整備状況

          当社は、経営課題に内在する様々なリスクに対応するため、CSR推進委員会、ガバナンス委員会をはじめと
         する各種の社内委員会を設定し、リスク管理、コーポレート・ガバナンスの充実に努めております。また、当社
         の企業価値に影響を与える広範なリスクのうち、経営戦略に関する意思決定など、経営判断に関するリスクにつ
         いては必要に応じて法律事務所などの外部の専門家の助言を受け、関係部門において分析・検討を行っておりま
         す。企業倫理の確立およびコンプライアンスについては、当社の倫理・行動規範を盛り込んだ「企業行動規範・
         社員行動基準」を策定し、全役職員に意識の徹底を図っております。
          また、役職員は、日常業務を通じてリスク発生原因となる情報や状況の変化を事前に把握し、リスク回避・移
         転に努めることは勿論のこと、やむを得ず未然防止することができなかった場合には、直ちに危機管理担当部門
         に報告をすることを規定しております。危機管理担当部門は情報収集・分析し、対策および再発防止策の検討に
         取り組み、危機解決に必要な行動を役職員に指示・命令する体制を確立することとしております。
         c.   子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

          当社は、子会社が経営上重要事項を決定する場合には、当社および子会社の社内規程に基づき当社の事前承認
         を得るとともに、業務上重要な事項が発生した場合は、都度、当社に報告が行われる体制を構築しております。
          また、子会社担当取締役は、子会社の取締役会、その他重要会議に出席し、議案・審議等に必要な発言を適宜
         行い、子会社の適正な業務運営の管理・監督を行っております。また                                その結果は、当社取締役会に適宜報告して
         おります。
         d.   責任限定契約の内容の概要

          当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)および社外
         監査役と同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款に定めており、当
         該契約を締結しております。
          当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められ
         るのは、当該取締役または監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに
         限られます。
         e.   反社会的勢力への対策

          当社は、市民生活の秩序や安全に脅威を与え、経済活動の障害となる反社会的勢力および団体に対しては、企
         業の社会的責任を強く認識し、毅然とした態度で接するとともに、いかなる名目の利益供与も行わないことを基
         本としております。これを徹底するために企業行動規範・社員行動基準ガイドブックに次のように規定をしてお
         ります。
          (1)    反社会的な活動や勢力とは対決し、関係を一切持たない
          (2)    反社会的勢力から不当な要求を受けた場合、金銭などによる安易な妥協はしない
          (3)    反社会的勢力とは、合法的であるなしを問わず、一切の取引をしない
          (4)    反社会的勢力の影響力は利用しない
         f.   取締役の定数

          当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
         g.   取締役の選任の決議要件

          当社は株主総会における取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1
         以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
          また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
                                 26/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         h.   情報開示の方針
          当社は、経営の透明性向上および株主・投資家および市場に対する説明責任を果たすため、正しい情報の適時
         開示を基本方針としております。また、情報開示およびIR活動はコーポレートコミュニケーション室が担当
         し、内容の充実強化と適時適切な情報開示に務めております。なお、当社の開示資料についてはウェブサイトで
         閲覧が可能です。
         i.   剰余金の配当等の決定機関

          当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
         き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を
         取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な資本政策および配当政策を行うことを目的とするものであ
         ります。
         j.   株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
         ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものであります。
         k.   取締役及び監査役の責任免除

          当社は、取締役および監査役がその期待される成果を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定に
         基づき、取締役会の決議によって、会社法第423条第1項の取締役(取締役であった者を含む。)および監査役
         (監査役であった者を含む。)の賠償責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めておりま
         す。
                                 27/90













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  12 名 女性    2 名 (役員のうち女性の比率             14.3  %)
                                                       所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (株)
                                 昭和52年10月      当社入社
                                 昭和59年6月      当社北陸営業所長
                                 平成元年6月      当社取締役経営企画室長
                                 平成4年6月      当社常務取締役社長室長兼新規
                                       事業開発室長
                                 平成6年6月      当社専務取締役営業統括
                                 平成11年5月      当社常務取締役総合企画室長
         取締役社長
                  西田    明男
                        昭和28年11月6日       生                    (注)5     127,928
                                 平成12年6月      当社代表取締役社長(現任)
        (代表取締役)
                                 平成14年4月      ㈱トヤマゴールドウイン[㈱ゴー
                                       ルドウインテクニカルセンター
                                       に商号変更]代表取締役社長
                                 平成21年4月      ㈱ゴールドウインテクニカルセ
                                       ンター代表取締役会長(現任)
                                 平成21年10月      ゴールドウイン開発㈱代表取締
                                       役社長(現任)
                                 昭和51年4月      当社入社
                                 平成15年4月      当社財務部長
                                 平成16年6月      当社執行役員財務部長
                                 平成17年6月      当社取締役執行役員財務部長
                                 平成18年5月      当社取締役執行役員管理本部長
                                       兼財務部長
                                 平成22年4月      当社取締役常務執行役員管理本
                                       部長
          取締役                       平成24年4月      当社取締役専務執行役員管理本
                  二川    清人
        副社長執行役員                昭和28年1月12日       生                    (注)5     56,920
                                       部長
     管理統括本部長兼管理本部長
                                 平成26年5月      当社取締役専務執行役員管理本
                                       部長兼財務部長
                                 平成26年10月      当社取締役専務執行役員管理本
                                       部長
                                 平成29年4月      当社取締役副社長執行役員管理
                                       本部長
                                 平成30年4月      当社取締役副社長執行役員管理
                                       統括本部長兼管理本部長
                                       (現任)
                                 28/90









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (株)
                                 昭和57年4月      当社入社
                                 平成12年4月      当社ノースフェイス事業部長
                                 平成16年6月      当社執行役員ノースフェイス事
                                       業部長
                                 平成17年6月      当社取締役執行役員ノースフェ
                                       イス事業部長兼コールマン事業
                                       部企画担当部長
                                 平成18年4月      当社取締役執行役員アウトドア
                                       スタイル事業本部長兼ノース
                                       フェイス事業部長
                                 平成20年4月      当社取締役執行役員アウトドア
                                       スタイル事業本部長兼ノース
                                       フェイス事業部長兼ダイレクト
                                       マーケティング推進部長
                                 平成22年4月      当社取締役常務執行役員事業統
          取締役
                                       括本部副本部長兼アウトドアス
                  渡辺    貴生
        副社長執行役員                昭和35年3月22日       生                    (注)5     19,000
                                       タイル事業本部長兼ヘリーハン
     事業統括本部長兼事業本部長
                                       セン事業部長兼ダイレクトマー
                                       ケティング推進部長
                                 平成24年4月      当社取締役専務執行役員事業統
                                       括本部長兼アウトドアスタイル
                                       事業本部長
                                 平成25年4月      当社取締役専務執行役員事業統
                                       括本部長兼ノースフェイス事業
                                       部長
                                 平成27年4月      当社取締役専務執行役員事業統
                                       括本部長
                                 平成29年4月      当社取締役副社長執行役員事業
                                       統括本部長
                                 平成30年4月      当社取締役副社長執行役員事業
                                       統括本部長兼事業本部長
                                        (現任)
                                 昭和53年4月      当社入社
                                 平成15年4月      当社調達管理部長
                                 平成16年6月      当社執行役員調達管理部長
                                 平成21年4月      ㈱ゴールドウインテクニカルセ
                                       ンター代表取締役社長(現任)
                                 平成22年6月      当社取締役執行役員調達管理部
                                       長
                                 平成24年4月      当社取締役常務執行役員総合企
          取締役
                                       画本部調達担当
        専務執行役員
                  西田    吉輝   昭和31年1月4日       生                    (注)5     200,146
                                 平成25年4月      当社取締役常務執行役員総合企
     富山地区関係会社担当・調達担
                                       画本部富山地区関係会社担当・
           当
                                       仕入先担当
                                 平成26年4月      当社取締役常務執行役員富山地
                                       区関係会社担当・仕入先担当
                                 平成29年4月      当社取締役専務執行役員富山地
                                       区関係会社担当・仕入先担当
                                 平成30年4月      当社取締役専務執行役員富山地
                                       区関係会社担当・調達担当
                                       (現任)
                                 29/90






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (株)
                                 昭和57年4月      当社入社
                                 平成15年4月      ㈱ナナミカ代表取締役社長(現
                                       任)
                                 平成18年4月      当社マーケティング室長
                                 平成19年4月      当社総合企画本部経営企画室長
                                 平成22年4月      当社執行役員総合企画本部経営
                                       企画室長
                                 平成24年6月      当社取締役執行役員総合企画本
                                       部経営企画室長
                                 平成25年4月      当社取締役執行役員総合企画本
                                       部副本部長兼経営企画室長兼事
                                       業統括本部海外部長
          取締役
                                 平成26年4月      当社取締役常務執行役員総合企
        専務執行役員
                                       画本部長兼経営企画室長兼事業
                  本間    永一郎
                        昭和35年3月19日       生                    (注)5     15,200
     総合企画統括本部長兼グローバ
                                       統括本部海外部長
         ル本部長
                                 平成28年4月      当社取締役常務執行役員総合企
                                       画本部長兼グローバル本部長
                                 平成29年4月      当社取締役専務執行役員総合企
                                       画本部長兼グローバル本部長
                                 平成30年4月      当社取締役専務執行役員総合企
                                       画統括本部長兼グローバル本部
                                       長
                                 平成31年4月      当社取締役専務執行役員総合企
                                       画統括本部長兼経営企画本部長
                                       兼グローバル本部長
                                 令和元年6月      当社取締役専務執行役員総合企
                                       画統括本部長兼グローバル本部
                                       長(現任)
                                 昭和60年8月      当社入社
                                 平成12年4月      当社第二営業本部販売統括販売
                                       三部長
                                 平成18年4月      当社アウトドアスタイル事業本
                                       部販売統括部長
                                 平成22年4月      当社執行役員営業統括部長兼ア
                                       ウトドアスタイル事業本部副本
                                       部長
                                 平成24年4月      当社執行役員事業統括本部副本
                                       部長兼営業統括部長
          取締役
                                 平成24年6月      当社取締役執行役員事業統括本
        常務執行役員
                  浅見    保夫   昭和29年5月1日       生                    (注)5     10,800
                                       部副本部長兼営業統括部長
     事業統括本部副本部長兼販売本
                                 平成26年4月      当社取締役常務執行役員事業統
          部長
                                       括本部副本部長兼営業統括部長
                                       兼百貨店・リテイル担当部長
                                 平成27年4月      当社取締役常務執行役員事業統
                                       括本部副本部長兼営業統括部長
                                 平成30年4月      当社取締役常務執行役員事業統
                                       括本部副本部長兼販売本部長兼
                                       営業統括部長
                                 平成31年4月      当社取締役常務執行役員事業統
                                       括本部副本部長兼販売本部長
                                       (現任)
                                 30/90





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (株)
                                 昭和51年4月      当社入社
                                 平成17年4月      当社総務部長
                                 平成20年4月      当社管理本部人事部長
                                 平成21年4月      当社管理本部人事総務部長
                                 平成24年4月      当社執行役員管理本部人事部長
          取締役
                                 平成27年6月      当社取締役常務執行役員管理本
                  山道    修平
     常務執行役員管理統括本部副本                   昭和28年7月23日       生                    (注)5     11,500
                                       部人事部長
       部長兼人事総務本部長
                                 平成28年4月      当社取締役常務執行役員管理本
                                       部副本部長
                                 平成30年4月      当社取締役常務執行役員管理統
                                       括本部副本部長兼人事総務本部
                                       長(現任)
                                 平成2年4月      弁護士登録(第一東京弁護士
                                       会)
                  鈴木    政俊
          取締役              昭和25年5月31日       生                    (注)5       -
                                 平成22年4月      秀英法律事務所所属(現任)
                                 平成25年6月      当社社外取締役(現任)
                                 昭和50年12月      日本女子プロゴルフ協会入会
                  森口    祐子            平成24年3月      岐阜県教育委員(現任)
          取締役              昭和30年4月13日       生                    (注)5       -
                                 平成27年6月      当社社外取締役(現任)
                                 平成11年4月 弁護士登録(東京弁護士会)
                                 平成11年4月 馬場法律事務所(現 馬場・澤
          取締役         秋山 里絵      昭和45年3月17日       生                    (注)5       -
                                       田法律事務所)所属(現任)
                                 令和元年6月 当社社外取締役(現任)
                                 昭和56年4月      当社入社
                                 平成21年4月      当社CSR推進本部CSR推進
                                       室長
                                 平成23年4月      当社管理本部総務部長
                                 平成26年4月      当社管理本部総務部長兼総合企
                                       画本部法務室長
          監査役
                                 平成28年4月      当社執行役員管理本部総務部長
                  近藤 政明      昭和32年12月1日       生                    (注)8      2,600
         (常勤)
                                       兼総合企画本部法務室長
                                 平成29年4月      当社執行役員管理本部総務部長
                                 平成30年4月      当社執行役員管理統括本部人事
                                       総務本部副本部長兼総務部長
                                 平成31年4月      当社監査役付
                                 令和元年6月      当社監査役(現任)
                                 昭和52年4月      三井物産㈱入社
                                 平成17年6月      同社中部化学品部長
                                 平成18年4月      同社工業材料事業部長
                                 平成20年4月      同社内部監査部検査役
                  塩原    明之
          監査役              昭和27年5月17日       生                    (注)6       -
                                 平成25年6月      三井物産インターファッション
                                       ㈱常勤監査役
                                 平成28年10月      三井物産アイ・ファッション㈱
                                       常勤監査役
                                 平成29年6月      当社社外監査役(現任)
                                 昭和52年4月      丸紅㈱入社
                                 平成11年4月      MARUBENI    TEXTILE   ASIA(香港)
                                       代表取締役社長
                                 平成15年4月      丸紅㈱テキスタイル製品部長
                                 平成18年4月      同社繊維部門長補佐
                  世一    秀直
          監査役              昭和28年11月8日       生  平成20年4月      同社執行役員大阪支社長             (注)7       -
                                 平成22年4月      同社執行役員中国副代表兼上海
                                       会社代表取締役
                                 平成24年4月      丸紅インテックス㈱代表取締役
                                       社長兼住江織物㈱非常勤監査役
                                 平成30年6月      当社社外監査役(現任)
                                 31/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (株)
                                 昭和52年4月      ㈱北陸銀行入行
                                 平成22年6月      同行執行役員融資第一部長
                                 平成24年1月      同行常務執行役員
                                 平成25年6月      ㈱ほくほくフィナンシャルグ
          監査役         森田 勉     昭和29年9月8日       生       ループ取締役             (注)8       -
                                 平成25年6月      ㈱北陸銀行取締役常務執行役員
                                 平成28年6月      ほくほく債権回収㈱代表取締役
                                       社長(現任)
                                 令和元年6月      当社社外監査役(現任)
                                         計               444,094
      (注)1.取締役          鈴木政俊、森口祐子および秋山里絵は、社外取締役であります。
         2.監査役       塩原明之、世一秀直および森田勉は、社外監査役であります。
         3.取締役社長        西田明男と取締役         西田吉輝は、兄弟であります。
         4.当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しておりま
           す。執行役員は12名で構成されております。
         5.令和元年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         6.  平成29年6月28日        開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         7.平成30年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         8.令和元年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
        ② 社外役員の状況

         当社の社外取締役は3名であります。
         社外取締役鈴木政俊は、弁護士としての見地から意見を述べるなど、取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確
        保するための助言・提言を行っております。
         社外取締役森口祐子は、プロスポーツ選手として長年培った豊富な経験と専門的見地から、取締役会の意思決定
        の妥当性・適正性を確保するための助言・提言を行っております。
         社外取締役秋山里絵は、企業法務に関する弁護士としての経験と専門知識を有しており、法律専門家としての客
        観的立場から社外取締役としての職務を適切に遂行していただけるものと判断しております。
         当社の社外監査役は3名であります。
         監査役塩原明之は、商社の国内外における経営ならびに経営監督業務経験者としての見地から意見を述べるな
        ど、取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確保するための助言・提言を行っております。
         監査役世一秀直は、商社での繊維製品の調達経験に加え、国内外での経営業務に長らく携わった豊富な経験と幅
        広い見識から意見を述べるなど、取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確保するための助言・提言を行っており
        ます。
         監査役森田勉は、金融機関における長年の経験と財務等に関する豊富な知見を有しており、社外取締役として当
        社の経営の監督等に十分な役割を果たしていただけるものと判断しております。
         当社は、社外取締役および社外監査役を選任するにあたり、独立性に関する基準を株式会社東京証券取引所の独
        立役員の独立性に関する判断基準等を基に作成しております。
        なお、当社は、社外取締役鈴木政俊、森口祐子および秋山里絵の3氏を一般株主と利益相反が生じるおそれがない
        独立役員として、東京証券取引所に届け出ております。当社と社外取締役および社外監査役との間には取引関係お
        よびその他利害関係はありません。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

        統制部門との関係
         社外監査役は、常勤監査役から監査役監査の報告を受けるとともに、必要に応じて役職員に報告を求め、取締役
        の職務執行に関して厳正な監査を実行しております。また、会計監査人と定期的に意見交換会を開催するととも
        に、内部監査室とグループ内部統制の有効性について適時、意見交換を行っております。
                                 32/90




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
       ①   監査役監査の状況
         当社における監査役監査は、常勤監査役が定期的に実施しております。監査役は定期的に監査役会を開催すると
        ともに、取締役会およびその他の社内の重要な会議に出席するほか、必要に応じて役職員に報告を求め、取締役の
        職務執行に関して厳正な監査を実行しております。
         なお、監査役会には専従スタッフを配置せず、監査役職務の補助は内部監査室の従業員が監査役会スタッフを兼
        任し、適宜対応しております。
         また、監査役会と会計監査人は定期的に意見交換会を開催し、お互いのコミュニケーションを図っております。
       ②   内部監査の状況

         当社における内部監査は、代表取締役直轄組織で、公正かつ独立の立場である内部監査室(室長以下6名)を設
        置し、監査役との綿密な連携のもとで内部統制機能の向上を図っております。内部監査室は経営諸活動の遂行状況
        を適法性と合理性の観点から内部監査を実施、検討、評価し、これに基づいて意見を述べ助言・勧告を行うと同時
        に、その結果を代表取締役、業務執行取締役および常勤監査役に報告しております。また内部監査室と監査役会お
        よび内部統制担当部門である総務部は、グループ内部統制の有効性について適時、意見交換を行っております。
       ③   会計監査の状況

       a.監査法人の名称
         EY新日本有限責任監査法人
       b.業務を執行した公認会計士の氏名

         指定有限責任社員・業務執行社員                 公認会計士          田光完治
         指定有限責任社員・業務執行社員                 公認会計士          佐藤 晶
         (注)継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
       c.監査業務に係る補助者の構成

         公認会計士          10名          その他        16名
       d.監査法人の選定方針と理由

         監査役会は、会計監査人の再任が不適当と判断した場合は、新たな会計監査人候補者の検討に際しては、取締役
        および社内関係部署から必要な資料を入手し、当社監査役監査基準に定めた「監査法人の職務の遂行が適正に行わ
        れていることを確保するための体制の確認」を行うべく会社法上の欠落事由はないか、また品質管理体制、独立性
        の保持、監査計画の内容、監査チーム編成の的確性、ならびに監査報酬見積額の相当性等々を勘案し、会計監査人
        候補者とも打合せを行い、株主総会に提出する会計監査人の選任議案の内容を決定いたします。
       e.監査役及び監査役会による監査法人の評価

         当社は適切な監査の確保に向けて、当社監査役会作成の「会計監査人再任のための評価基準表」に基づき、毎期
        適正な時期に監査役会にて当該会計監査人の評価を行っております。主な評価項目としましては、職務執行の適正
        確保体制、監査計画の内容、監査業務実績、監査報酬の相当性であります。当年度におきましても当期会計監査人
        であるEY新日本有限責任監査法人に対する評価を実施し、監査活動の適切性・相当性は評価でき、また独立性・
        専門性・法律等の遵守もされており、会社法第340条第1項に定める事由(監査役等による会計監査人の解任)に
        は当たらないと判断しています。
                                 33/90






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       ④   監査報酬の内容等
        「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日内閣府令第3号)による改
       正後の開示布令第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規定に経過措置を適用しております。
       a.監査公認会計士等に対する報酬

                      前連結会計年度                       当連結会計年度

         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
                        51            -            53            -

      提出会社
                        -            -            -            -

      連結子会社
                        51            -            53            -

         計
       b.その他重要な報酬の内容

         該当事項はありません。
       c.監査報酬の決定方針

         当社は、取締役会において、当社の事業規模の観点から合理的監査日数を勘案し、監査公認会計士等(金融商品
        取引法監査     b.その他の     人)に対する監査報酬額を決議しております。
       d.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査役会は会計監査人の報酬について、取締役会、社内関係部門及び会計監査人から必要な資料を入手しかつ報
        告を受け、前事業年度の監査計画と監査実績、職務執行状況の分析・評価を踏まえ、当事業年度の監査計画におけ
        る監査時間・配置計画及び報酬額の見積りの相当性について判断した結果、会社法399条第1項の同意を行ってお
        ります。
                                 34/90












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
       ①   役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          取締役の報酬等の決定に関する方針については、業績への貢献、経済環境、従業員等のバランス等を考慮し、
         取締役会で方針と手続きを決定しております。また、個々の取締役の報酬等の額についても、上記方針に基づ
         き、株主総会でご承認いただいた上限額の範囲で、独立社外取締役を含む取締役会で慎重に協議し、適切に決定
         しています。      なお、取締役の報酬限度額は、平成28年6月23日開催の第65回定時株主総会において年額400百万
         円以内(うち社外取締役50百万円以内)と決議しております。
          監査役個々の報酬につきましては、監査役会の協議によって定めております。なお、監査役の報酬限度額は、
         平成28年6月23日開催の第65回定時株主総会において年額70百万円以内と決議しております。
          また、当社は、平成17年6月29日開催の第54回定時株主総会終結の時をもって取締役および監査役の役員退職
         慰労金制度を廃止しております。
       ②   役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

                                                      対象となる役

                                  報酬等の種類別の総額(百万円)
                       報酬等の総額
                                                       員の員数
             役員区分
                       (百万円)
                                固定報酬       業績連動報酬        退職慰労金
                                                       (名)
          取締役
                           264        264        -        -        8
          (社外取締役を除く。)
          監査役
                            14        14        -        -        1
          (社外監査役を除く。)
                            37        37        -        -        6
          社外役員
       ③   提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                 35/90












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
       ①   投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式の
        価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする投資を純投資目的である投資株式とし、
        それ以外を純投資目的以外の目的である投資株式としております。
       ②   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        a.  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容
         当社が今後成長を続けていくためには研究開発、生産および金融面において様々な企業との協同関係が必要と考
        えています。そのため、事業戦略、取引先との事業上の目的などを総合的に勘案し、中長期的な企業価値の向上に
        必要と判断した場合に投資目的以外での株式を保有することがあります。
         一方で、保有の意義が希薄と考えられる政策保有株式は、できる限り速やかに処分・縮減していく基本方針のも
        と、現在保有している株式についても、毎年、全株式を取締役会で個別に検証しております。検証の結果、保有目
        的が適切である、または保有に伴う便益やリスクが資本コストに見合っている銘柄については引き続き保有してお
        りますが、そうでない銘柄については株価や市場動向等を考慮して速やかに売却を進めることとしております。
        b.  銘柄数及び貸借対照表計上額

                       銘柄数       貸借対照表計上額の
                      (銘柄)        合計額(百万円)
                          12            1,965

         非上場株式
                          17            3,114
         非上場株式以外の株式
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                       銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                              株式数の増加の理由
                      (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                          -             -  -

         非上場株式
                                         持株会による定期購入および事業上の
                          3             3
         非上場株式以外の株式
                                         取組強化のための増加
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                       銘柄数      株式数の減少に係る売却
                      (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                          -             -

         非上場株式
                          5             92
         非上場株式以外の株式
                                 36/90








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        c.  特定株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
          特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    395,092         394,271

     ㈱ほくほくフィナン
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      無
     シャルグループ
                      455         568
                     83,002         82,707

     ㈱北國銀行                             長期・安定的な取引関係の維持                      有
                      288         341
                    150,000         150,000

     三井物産㈱
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      有
                      257         273
                     63,100         63,100

     ㈱富山銀行                             長期・安定的な取引関係の維持                      有
                      206         241
                    175,000         175,000

     東レ㈱
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      有
                      123         176
                    150,000         150,000

     丸紅㈱
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      有
                      114         115
                     15,000         15,000

     トナミホールディン
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      有
     グス㈱
                       94         94
                    250,000         472,360

     ㈱みずほフィナン
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      無
     シャルグループ
                       42         90
                     14,000         14,000

     川田テクノロジーズ
                                  当社事業の円滑な遂行                      無
     ㈱
                      110          80
                     15,000         30,000

     伊藤忠商事㈱
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      無
                       30         61
                     40,000         80,000

     ㈱三菱UFJフィナ
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      無
     ンシャル・グループ
                       22         55
                     97,375         97,375

     ㈱富山第一銀行                             長期・安定的な取引関係の維持                      有
                       35         48
                    154,560         154,560

     ゼット㈱
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      有
                       35         38
                     18,000         18,000

     東洋紡㈱
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      無
                       25         37
                     23,000         23,000

     ㈱ヒマラヤ                             長期・安定的な取引関係の維持                      無
                       21         28
                                 37/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                     21,292         20,234

     ㈱三越伊勢丹ホール
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      無
     ディングス
                       23         23
                     10,000         10,000

     ㈱アルペン                             長期・安定的な取引関係の維持                      無
                       17         23
                     10,800         10,800

     帝人㈱
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      無
                       19         21
                     20,000         20,000

     田中精密工業㈱
                                  当社事業の円滑な遂行                      有
                       16         17
                     11,000         11,000

     旭化成㈱
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      無
                       12         15
                     4,000         4,000

     ㈱アシックス                             当社事業の円滑な遂行                      無
                       5         7
                     2,250         2,250

     ゼビオホールディン
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      有
     グス㈱
                       2         ▶
                     1,400         1,400

     協栄産業㈱
                                  当社事業の円滑な遂行                      有
                       2         2
                       -        149

     三井住友トラスト・
                                  長期・安定的な取引関係の維持                      無
     ホールディングス㈱
                       -         0
                     1,000         1,000

     福島印刷㈱
                                  当社事業の円滑な遂行                      有
                       0         0
                       -        800

     ㈱井筒屋                             長期・安定的な取引関係の維持                      無
                       -         0
                      100         100

     日本電気㈱
                                  当社事業の円滑な遂行                      有
                       0         0
         (注)     ㈱ほくほくフィナンシャルグループ、㈱北國銀行、三井物産㈱、㈱富山銀行、東レ㈱、丸紅㈱、トナ
             ミホールディングス㈱および川田テクノロジーズ㈱以外は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の
             1以下でありますが、保有する特定投資株式全銘柄について記載しております。
        d.  保有目的が純投資目的の投資株式

         該当事項はありません。
        e.  保有目的を変更した投資株式

         該当事項はありません。
                                 38/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
         なお、当連結会計年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報のう
        ち、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成30年3月23日内閣
        府令第7号。以下「改正府令」という。)による改正後の連結財務諸表規則第15条の5第2項第2号及び同条第3
        項に係るものについては、改正府令附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しており
        ます。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成30年4月1日から平成31年3月
       31日まで)の連結財務諸表および事業年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)の財務諸表について、EY
       新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は平成30年7月1日をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団
       法人財務会計基準機構へ加入し、各種セミナー等へ参加しております。
                                 39/90












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         10,542              13,595
         現金及び預金
                                        ※5 10,118             ※5 10,461
         受取手形及び売掛金
                                        ※5 1,887             ※5 2,813
         電子記録債権
                                         10,912              11,688
         商品及び製品
                                           55              62
         仕掛品
                                           550              537
         原材料及び貯蔵品
                                           748              830
         その他
                                          △ 13             △ 17
         貸倒引当金
                                         34,802              39,972
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※2 1,669             ※2 1,642
          建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具(純額)                                 66              74
                                         ※2 951             ※2 951
          土地
          リース資産(純額)                               1,015              1,172
                                           463              375
          その他(純額)
                                        ※3 4,165             ※3 4,215
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           672              729
          ソフトウエア
                                         2,659              2,374
          商標権
                                           96              47
          ソフトウエア仮勘定
                                           196              146
          その他
                                         3,624              3,297
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※1 , ※2 23,614           ※1 , ※2 23,730
          投資有価証券
                                           45              45
          長期貸付金
                                           615              881
          退職給付に係る資産
                                         1,981              2,204
          差入保証金
                                           149              147
          破産更生債権等
                                           429             1,509
          繰延税金資産
                                        ※1 1,551             ※1 1,806
          その他
                                         △ 267             △ 265
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                               28,121              30,058
                                         35,911              37,571
         固定資産合計
                                         70,713              77,544
       資産合計
                                 40/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※5 5,272             ※5 6,215
         支払手形及び買掛金
                                        ※5 9,038            ※5 11,296
         電子記録債務
                                           328              328
         短期借入金
                                        ※2 2,661             ※2 2,450
         1年内返済予定の長期借入金
                                           468              543
         リース債務
                                         1,960              2,374
         未払金
                                         2,242              2,886
         未払法人税等
                                           697              977
         未払消費税等
                                         1,443              1,823
         未払費用
                                         1,323              2,101
         賞与引当金
                                           300              109
         返品調整引当金
                                           470              437
         その他
                                         26,208              31,544
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※2 6,790             ※2 4,056
         長期借入金
                                           916             1,048
         リース債務
                                           272              259
         退職給付に係る負債
                                           53              54
         資産除去債務
                                           404              536
         株式給付引当金
                                           642              435
         その他
                                         9,080              6,390
         固定負債合計
                                         35,288              37,934
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         7,079              7,079
         資本金
                                         1,439              1,439
         資本剰余金
                                         27,854              35,709
         利益剰余金
                                        △ 1,438             △ 4,273
         自己株式
                                         34,934              39,956
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           595              270
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 16              56
         繰延ヘッジ損益
         為替換算調整勘定                                 1,497               402
                                        △ 1,632             △ 1,144
         退職給付に係る調整累計額
                                           444             △ 414
         その他の包括利益累計額合計
                                           45              67
       非支配株主持分
                                         35,425              39,609
       純資産合計
                                         70,713              77,544
      負債純資産合計
                                 41/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
                                         70,420              84,934
      売上高
                                      ※1 , ※3 36,320           ※1 , ※3 41,915
      売上原価
                                         34,099              43,018
      売上総利益
                                           257              190
      返品調整引当金戻入額
                                         34,356              43,209
      差引売上総利益
                                      ※2 , ※3 27,254           ※2 , ※3 31,347
      販売費及び一般管理費
                                         7,102              11,861
      営業利益
      営業外収益
                                           25              24
       受取利息
                                           59              64
       受取配当金
                                           783             1,137
       持分法による投資利益
                                           78              93
       その他
                                           946             1,320
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           124              126
       支払利息
                                           20              23
       手形売却損
                                           70              48
       その他
                                           215              199
       営業外費用合計
                                         7,833              12,982
      経常利益
      特別利益
                                          ※4 0             ※4 0
       固定資産売却益
                                            0              46
       投資有価証券売却益
                                            0              47
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※5 23             ※5 5
       固定資産処分損
                                         ※6 172             ※6 257
       減損損失
                                          ※7 24             ※7 2
       店舗閉鎖損失
                                           28              31
       特別退職金
                                            1              29
       その他
                                           249              326
       特別損失合計
                                         7,584              12,702
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,578              4,132
                                         △ 192             △ 714
      法人税等調整額
                                         2,385              3,418
      法人税等合計
                                         5,198              9,284
      当期純利益
                                           24              41
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         5,174              9,243
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 42/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
                                         5,198              9,284
      当期純利益
      その他の包括利益
                                           52             △ 324
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 15              17
       繰延ヘッジ損益
                                           46             △ 98
       為替換算調整勘定
                                           445              488
       退職給付に係る調整額
                                         1,120              △ 941
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         ※ 1,649              ※ △ 858
       その他の包括利益合計
                                         6,847              8,425
      包括利益
      (内訳)
                                         6,823              8,386
       親会社株主に係る包括利益
                                           24              39
       非支配株主に係る包括利益
                                 43/90















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       7,079         4,066        23,453        △ 1,514        33,085
     当期変動額
      連結子会社株式の取得によ
                                                           -
      る持分の増減
      自己株式の取得                                          △ 2,602        △ 2,602
      自己株式の処分                         △ 2,627                 2,678          51
      剰余金の配当
                                         △ 773                △ 773
      親会社株主に帰属する当期
                                         5,174                 5,174
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
                                                           -
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -      △ 2,627         4,400          76       1,849
     当期末残高                  7,079         1,439        27,854        △ 1,438        34,934
                            その他の包括利益累計額

                                                 非支配株主持
                                           その他の包括             純資産合計
                  その他有価証      繰延ヘッジ損      為替換算調整      退職給付に係る             分
                                           利益累計額合
                  券評価差額金      益      勘定       調整累計額
                                           計
     当期首残高                 543      △ 0     331    △ 2,079     △ 1,205       37    31,918
     当期変動額
      連結子会社株式の取得によ
                                                           -
      る持分の増減
      自己株式の取得                                                   △ 2,602
      自己株式の処分
                                                           51
      剰余金の配当                                                    △ 773
      親会社株主に帰属する当期
                                                          5,174
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
                      52     △ 15     1,166       446     1,649        8    1,658
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 52     △ 15     1,166       446     1,649        8    3,507
     当期末残高                 595      △ 16     1,497     △ 1,632       444       45    35,425
                                 44/90








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自平成30年4月1日 至平成31年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  7,079         1,439        27,854        △ 1,438        34,934
     当期変動額
      連結子会社株式の取得によ
                                  0                          0
      る持分の増減
      自己株式の取得                                          △ 2,875        △ 2,875
      自己株式の処分                                            41         41
      剰余金の配当                                  △ 1,387                △ 1,387
      親会社株主に帰属する当期
                                         9,243                 9,243
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -         0       7,855        △ 2,834         5,021
     当期末残高                  7,079         1,439        35,709        △ 4,273        39,956
                            その他の包括利益累計額

                                                 非支配株主持
                                           その他の包括             純資産合計
                  その他有価証      繰延ヘッジ損      為替換算調整      退職給付に係る             分
                                           利益累計額合
                  券評価差額金      益      勘定       調整累計額
                                           計
     当期首残高
                      595      △ 16     1,497     △ 1,632       444       45    35,425
     当期変動額
      連結子会社株式の取得によ
                                                            0
      る持分の増減
      自己株式の取得                                                   △ 2,875
      自己株式の処分                                                     41
      剰余金の配当
                                                         △ 1,387
      親会社株主に帰属する当期
                                                          9,243
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
                     △ 324       73    △ 1,095       488     △ 858       21     △ 837
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                     △ 324       73    △ 1,095       488     △ 858       21     4,184
     当期末残高                 270       56      402    △ 1,144      △ 414       67    39,609
                                 45/90








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         7,584              12,702
       税金等調整前当期純利益
                                         1,471              1,532
       減価償却費
       持分法による投資損益(△は益)                                  △ 783            △ 1,137
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                  △ 415             △ 266
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 15             △ 13
                                           172              257
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 23               1
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   450              778
                                          △ 84             △ 88
       受取利息及び受取配当金
                                           124              126
       支払利息
       固定資産処分損益(△は益)                                    22               5
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 1,352             △ 1,270
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 431             △ 772
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  1,521              3,202
       未払金の増減額(△は減少)                                   347              416
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                   249              279
       前払費用の増減額(△は増加)                                   △ 23             △ 94
                                           906              481
       その他
                                         9,721              16,141
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   334              626
                                         △ 125             △ 124
       利息の支払額
                                         △ 797            △ 3,479
       法人税等の支払額
                                         9,131              13,163
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 329             △ 127
       定期預金の預入による支出
                                           371              128
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 1,390              △ 742
       固定資産の取得による支出
                                            0              0
       固定資産の売却による収入
                                        △ 4,191              △ 885
       投資有価証券の取得による支出
                                           12              98
       投資有価証券の売却による収入
                                         △ 254             △ 329
       差入保証金の差入による支出
                                           53              48
       差入保証金の回収による収入
                                         △ 254             △ 274
       その他
                                        △ 5,981             △ 2,084
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 200               -
                                         5,150                50
       長期借入れによる収入
                                        △ 2,279             △ 2,995
       長期借入金の返済による支出
       リース債務の返済による支出                                  △ 674             △ 745
                                        △ 2,602             △ 2,875
       自己株式の取得による支出
                                         △ 773            △ 1,387
       配当金の支払額
                                           48              22
       その他
                                        △ 1,332             △ 7,933
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            1             △ 23
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    1,819              3,122
                                         7,414              9,233
      現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※ 9,233             ※ 12,356
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 46/90




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

     1   連結の範囲に関する事項
     (1)連結子会社数           13 社
        連結子会社の名称
          ㈱ゴールドウインテクニカルセンター、㈱                    イー・エス・ジー、㈱ゴールドウインロジテム、㈱ゴールドウイン
          エンタープライズ、㈱ゴールドウイントレーディング、北京奥冠英有限公司、㈱カンタベリー                                             オブ   ニュー
          ジーランド      ジャパン、㈱ナナミカ、㈱アートウイン、ブラックアンドホワイトスポーツウェア㈱、GOLDWIN
          EUROPE    AG、GOLDWI     N AMERICA    INC.、   ㈱ウールリッチジャパン
     (2)主要な非連結子会社の名称等

        主要な非連結子会社
         高得運(上海)服装科技有限公司
         (連結の範囲から除いた理由)
          高得運(上海)服装科技有限公司                は小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)
         および利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであり
         ます。
     2   持分法の適用に関する事項

     (1)持分法適用の関連会社数                3 社
          YOUNGONE     OUTDOOR    Corporation、ゴールドウイン開発㈱、                  Woolrich     International       Limited
     (2)持分法を適用していない非連結子会社(                     高得運(上海)服装科技有限公司                )は、当期純損益(持分に見合う額)

        および利益剰余金(持分に見合う額)等に及ぼす影響が軽微であり、全体としても重要な影響を及ぼしていない
        ため、持分法の適用範囲から除外しております。
     (3)持分法適用会社のうち、YOUNGONE                   OUTDOOR    Corporation      およびWoolrich        International       Limited    の決算日は12月

        31日であり、持分法適用にあたっては同決算日現在の財務諸表を使用しております。
     3   連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち北京奥冠英有限公司、GOLDWIN                       EUROPE    AGおよび    GOLDWI   N AMERICA    INC.の決算日は、12月31日で
       あります。
        連結財務諸表の作成にあたっては、同決算日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との期間に発生した重要な取
       引については、連結上必要な調整を行っております。
     4   会計方針に関する事項

     (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
       イ   有価証券
         その他有価証券
          時価のあるもの…当連結会計年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処
                  理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。
          時価のないもの…移動平均法による原価法を採用しております。
       ロ   たな卸資産
         主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を
         採用しております。
                                 47/90




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     (2)重要な減価償却資産の減価償却方法
       イ   有形固定資産(リース資産を除く)
         建物(建物附属設備を除く)……定額法を採用しております。
         その他の有形固定資産……………定率法を採用しております。
          ただし、国内連結子会社1社および在外連結子会社3社は定額法によっております。
         少額減価償却資産…………………取得価額が10万円以上20万円未満の資産については、3年均等償却をしてお
                        ります。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物及び構築物            3~50年
         機械装置及び運搬具            2~12年
       ロ   無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、ソフトウエア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によってお
        ります。
       ハ   リース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     (3)重要な引当金の計上基準

       イ   貸倒引当金
         債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については
        個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       ロ   賞与引当金
         従業員の賞与の支払に備えるため、支給見込額に基づき当連結会計年度負担額を計上しております。
       ハ   返品調整引当金
         製品及び商品の返品による損失に備えるため、過去の返品率等を勘案した将来の返品見込額に対する損失予想
        額を計上しております。
       ニ   株式給付引当金
         株式給付規程に基づく従業員の当社株式の給付に備えるため、当連結会計年度末における株式給付債務の見込
        額に基づき株式給付引当金を計上しております。
     (4)退職給付に係る会計処理の方法

       ①   退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
        給付算定式基準によっております。
       ②   数理計算上の差異の費用処理方法
         数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
        (10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
         未認識数理計算上の差異については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計額の退職
        給付に係る調整累計額に計上しております。
     (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
       す。なお、在外子会社等の資産、負債および収益、費用は在外子会社等の決算日の直物為替相場により円貨に換算
       し、換算差額は「純資産の部」における為替換算調整勘定に含めております。
                                 48/90






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     (6)重要なヘッジ会計の方法
       イ   ヘッジ会計の方法
         繰延ヘッジ処理によっております。
         ただし、特例処理の要件を満たしている金利スワップ取引について特例処理を、振当処理の要件を満たしてい
        る為替予約取引について振当処理を採用しております。
       ロ   ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段…金利スワップ取引、為替予約取引
         ヘッジ対象…借入金利息、外貨建予定取引、外貨建債権債務
       ハ   ヘッジ方針
         金利リスクおよび為替変動リスクの低減のため、対象債権債務の範囲内でヘッジを行っております。
       ニ   ヘッジの有効性評価の方法
         ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動またはキャッシュ・フロー変動を比較し、相関性を見て有効性を評価して
        おります。
     (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスクしか
        負わない取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
     (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

       イ   消費税等の会計処理
         税抜方式によっております。
       ロ   連結納税制度の適用
         連結納税制度を適用しております。
                                 49/90













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
      (収益認識に関する会計基準等)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員
       会)
      (1)概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基
       準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
       Topic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成29年12月15
       日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的
       な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性を
       図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発点と
       し、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合には、
       比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
      (2)適用予定日

        令和4年3月期の期首から適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」              等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中でありま
       す。
         (表示方法の変更)

     ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更                              )
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会計基準一
     部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示してお
     ります。
      この結果、前連結会計年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」1,005百万円は、「固定負債」の
     「繰延税金負債」587百万円と相殺して、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」429百万円に含めて表示しておりま
     す。
      また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係る会計基
     準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)および同注解(注9)に記載された内容を追加しております。ただ
     し、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な取扱いに
     従って記載しておりません。
     (連結損益計算書        )

      前連結会計年度において独立掲記しておりました「営業外収益」の「受取ロイヤリティー」は、金額的重要性が乏し
     くなったため、当連結会計年度においては「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるた
     め、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
      この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「受取ロイヤリティー」に表示していた0百
     万円は、「その他」として組替えております。
                                 50/90






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (追加情報)
      (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)
     1.   株式給付信託(J-ESOP)
     (1)取引の概要
        本制度は、予め当社が定めた株式給付規程に基づき、一定の要件を満たした当社の従業員に対し当社株式を給付す
       る仕組みです。
        当社は、従業員に対し役職等に応じてポイントを付与し、一定の条件により受給権の取得をしたときに当該付与ポ
       イントに相当する当社株式を給付します。従業員に対し給付する株式については、予め信託設定した金銭により将来
       分も含め取得し、信託財産として分別管理するものとします。
        本制度の導入により、当社従業員の株価および業績向上への関心が高まり、これまで以上に意欲的に業務に取り組
       むことに寄与することが期待されます。
     (2)信託に残存する自社の株式
        信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価格(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株式と
       して計上しております。当該自己株式の帳簿価額は、前連結会計年度1,264百万円、当連結会計年度1,249百万円であ
       ります。
        期末株式数は前連結会計年度798,800株、当連結会計年度789,300株であり、期中平均株式数は、前連結会計年度
       799,077株、当連結会計年度793,015株であります。期末株式数および期中平均株式数は、1株当たり情報の算出上、
       控除する自己株式に含めております。
     2.   株式給付信託(従業員持株会処分型)

     (1)取引の概要
        当社は、当社の成長を支える従業員に対する福利厚生制度をより一層充実させるとともに、株価上昇へのインセン
       ティブを付与することにより、当社の業績や株式価値に対する従業員の意識を更に高め、中長期的な企業価値の向上
       を図ることを目的として、従業員インセンティブ・プラン「株式給付信託(従業員持株会処分型)」の導入をしてお
       ります。
        当プランでは、「ゴールドウイン従業員持株会」(以下、「当社持株会」)へ当社株式を譲渡していく目的で設立
       する株式給付信託(従業員持株会処分型)が、平成29年から4年間にわたり当社持株会が取得すると見込まれる数の
       当社株式を一括で取得し、その後、毎月一定日に当社持株会に売却を行います。信託終了時までに、信託銀行が持株
       会への売却を通じて本信託の信託財産内に株式売却益相当額が累積した場合には、それを残余財産として受益者適格
       要件を充足する当社従業員持株会会員に分配します。また当社は、信託銀行が当社株式を取得するための借入に対し
       保証をしているため、信託終了時において、当社株価の下落により当該株式売却損相当の借入残債がある場合には、
       保証契約に基づき当社が当該残債を弁済することとなります。
     (2)信託に残存する自社の株式
        信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価格(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株式と
       して計上しております。当該自己株式の帳簿価額は、前連結会計年度170百万円、当連結会計年度144百万円でありま
       す。
        期末株式数は前連結会計年度57,200株、当連結会計年度48,400株であり、期中平均株式数は、前連結会計年度
       65,508株、当連結会計年度52,969株であります。期末株式数および期中平均株式数は、1株当たり情報の算出上、控
       除する自己株式に含めております。
     (3)総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額
        前連結会計年度159百万円、当連結会計年度76百万円
                                 51/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
      ※1    非連結子会社および関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
        投資有価証券(株式)                            18,016百万円                 18,549百万円
        投資その他の資産その他(出資金)                              59百万円                 59百万円
      ※2    担保資産および担保付債務

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
        建物                             485百万円                 384百万円
        土地                             318百万円                 247百万円
        投資有価証券                            1,796百万円                 1,397百万円
                 計                    2,600百万円                 2,029百万円
         担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
        長期借入金(1年内返済予定を含む)                            5,141百万円                 3,820百万円
      ※3    有形固定資産減価償却累計額

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
                                     9,579   百万円             10,337   百万円
       4   偶発債務

         受取手形割引高等
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
        受取手形割引高                              24 百万円               24 百万円
        電子記録債権割引高                              50 百万円               25 百万円
      ※5    連結会計年度末日満期手形、電子記録債権および電子記録債務

         連結会計年度末日満期手形、電子記録債権および電子記録債務の会計処理については、当連結会計年度末日が金
        融機関の休日でしたが、満期日に決済が行われたものとして処理しております。当連結会計年度末日満期手形、電
        子記録債権および電子記録債務の金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
        受取手形                             200百万円                 269百万円
        電子記録債権                              23百万円                 50百万円
        支払手形                             157百万円                  4百万円
        電子記録債務                             131百万円                 102百万円
                                 52/90






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
      ※1    期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれており
         ます。
                                前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至     平成30年3月31日)              至     平成31年3月31日)
                                       483  百万円               615  百万円
      ※2    販売費及び一般管理費のうち主要な費目および金額は次のとおりであります。

                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至     平成30年3月31日)              至     平成31年3月31日)
         広告宣伝費                            4,290   百万円              5,250   百万円
         役員報酬及び給与手当                            9,388   百万円             10,227   百万円
         賃借料                            3,852   百万円              4,347   百万円
         賞与引当金繰入額                            1,143   百万円              1,922   百万円
         退職給付費用                             421  百万円               329  百万円
         株式給付引当金繰入額                             146  百万円               156  百万円
      ※3    一般管理費および当期製造費用に含まれる研究開発費は次のとおりであります。

                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至     平成30年3月31日)              至     平成31年3月31日)
                                       667  百万円               756  百万円
      ※4    固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至   平成30年3月31日)              至   平成31年3月31日)
         機械及び装置                              0百万円                 0百万円
      ※5    固定資産処分損の内容は次のとおりであります。

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至   平成30年3月31日)              至   平成31年3月31日)
         土地及び建物                              3百万円                 4百万円
         構築物及び器具備品                              0百万円                 1百万円
         リース資産                              17百万円                 0百万円
         その他                              0百万円                 0百万円
                  計                      23百万円                 5百万円
                                 53/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      ※6    減損損失
         当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
        前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)
               場所                 用途                 種類
         富山県小矢部市                 工場                 建物及び構築物等
         富山県小矢部市                 遊休資産                 土地
         埼玉県越谷市他                 営業店舗他                 リース資産等
        当社グループは、事業用資産については各拠点を基礎としてグルーピングを行っており、遊休資産については
       個々の資産ごとに減損の検討を行っております。
        減損は業績不振および時価の下落を要因としており、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損
       失(172百万円)として特別損失に計上いたしました。その内訳は、工場92百万円(建物78百万円、その他13百万
       円)、遊休資産46百万円(土地46百万円)、営業店舗他33百万円(リース資産20百万円、その他13百万円)であり
       ます。
        なお、工場の回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを3.6%で割り引いて算定
       しております。遊休資産の回収可能価額は正味売却価額により測定しており、固定資産税評価額を基礎として算定
       しております。採算の悪化している営業店舗他の回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・
       フローに基づく使用価値がマイナスのため、回収可能価額をゼロとして算定しております。
        当連結会計年度(自平成30年4月1日                    至平成31年3月31日)

               場所                 用途                 種類
         東京都中央区他                 営業店舗他                 リース資産等
         富山県小矢部市                 工場                 建物及び構築物等
        当社グループは、事業用資産については各拠点を基礎としてグルーピングを行っており、遊休資産については
       個々の資産ごとに減損の検討を行っております。
        減損は業績不振および事業撤退を要因としており、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失
       (257百万円)として特別損失に計上いたしました。その内訳は、工場79百万円(建物68百万円、その他11百万
       円)、営業店舗他177百万円(リース資産147百万円、その他29百万円)であります。
        なお、採算の悪化している営業店舗他の回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フロー
       に基づく使用価値がマイナスのため、回収可能価額をゼロとして算定しております。工場の回収可能価額は正味売
       却価額により測定しており、固定資産税評価額を基礎として算定しております。
      ※7    店舗閉鎖損失の内容は次のとおりであります。

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至   平成30年3月31日)              至   平成31年3月31日)
         リース解約費用                              1百万円                -百万円
         退店時違約金                              21百万円                 2百万円
         その他                              1百万円                -百万円
                  計                      24百万円                 2百万円
                                 54/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
      ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                                至   平成30年3月31日)             至   平成31年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                 △44百万円               △329百万円
      組替調整額                                  △0               △44
       税効果調整前
                                       △44               △373
       税効果額                                 96               49
       その他有価証券評価差額金
                                        52              △324
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                 △22                 25
      組替調整額                                  -               -
       税効果調整前
                                       △22                 25
       税効果額                                  6              △7
       繰延ヘッジ損益
                                       △15                 17
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                  46              △98
      組替調整額                                  -               -
       税効果調整前
                                        46              △98
       税効果額                                 -               -
       為替換算調整勘定
                                        46              △98
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                   0             △164
                                        454               328
      組替調整額
       税効果調整前
                                        454               164
                                        △8               323
       税効果額
       退職給付に係る調整額                                445               488
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                                1,120               △941
        その他の包括利益合計
                                       1,649               △858
                                 55/90










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
       前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)
       1.発行済株式の種類および総数ならびに自己株式の種類および株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首 株式数(千株)         加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式

      普通株式                     11,912            -          -        11,912

            合計               11,912            -          -        11,912

     自己株式

      普通株式      (注)1,2,3

                             446          329          346          428
            合計                 446          329          346          428

      (注)1.     普通株式の自己株式の株式数の増加329千株は、取締役会決議に基づく自己株式の取得329千株および                                              単元未
          満株式の買取による増加0千株であります。
         2.普通株式の自己株式の株式数の減少346千株は、公益財団法人ゴールドウイン西田東作スポーツ振興記念財
          団の活動原資拠出を目的として第三者割当により処分した338千株および信託の売却による減少8千株であり
          ます。
         3.  信託の株式数につき、当連結会計年度期首436千株、当連結会計年度期末428千株が自己株式数に含まれてお
          ります。
       2.新株予約権に関する事項

         該当事項はありません。
       3.配当に関する事項

        (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
     (決議)
     平成29年5月23日
                 普通株式              773          65  平成29年3月31日         平成29年6月12日
       取  締  役  会
      (注)   配当金の総額には、信託の保有する自社の株式に対する配当金28百万円を含めております                                         。
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                      (百万円)
                                     (円)
     (決議)
     平成30年5月15日
                普通株式          1,012    利益剰余金           85  平成30年3月31日         平成30年6月12日
       取  締  役  会
      (注)1.平成30年4月1日を効力発生日として普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割をしております。
           平成30年3月31日を基準日とする配当につきましては、株式分割前の株式数を基準に実施しております。
         2.配当金の総額には、信託の保有する自社の株式に対する配当金36百万円を含めております。
                                 56/90






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自平成30年4月1日                    至平成31年3月31日)
       1.発行済株式の種類および総数ならびに自己株式の種類および株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首 株式数(千株)         加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式

      普通株式     (注)1

                           11,912          11,912            -        23,824
            合計               11,912          11,912            -        23,824

     自己株式

      普通株式      (注)2,3,4

                             428          788          18        1,200
            合計                 428          788          18        1,200

      (注)1.     普通株式の増加11,912千株は、              平成30年4月1日付の株式分割によるもの                    であります。
         2.  普通株式の自己株式の株式数の増加788千株は、                      平成30年4月1日付の株式分割428千株、                   取締役会決議に基
          づく自己株式の取得360千株および                単元未満株式の買取による増加0千株であります。
         3.  普通株式の自己株式の株式数の減少18千株は、信託の売却による減少であります。
         4.信託の株式数につき、当連結会計年度期首428千株、当連結会計年度期末837千株が自己株式数に含まれてお
          ります。
       2.新株予約権に関する事項

         該当事項はありません。
       3.配当に関する事項

        (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
     (決議)
     平成30年5月15日
                 普通株式             1,012           85  平成30年3月31日         平成30年6月12日
       取  締  役  会
     平成30年11月6日
                 普通株式              375          16  平成30年9月30日         平成30年12月5日
       取  締  役  会
      (注)1.平成30年4月1日を効力発生日として普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割をしております。
           平成30年3月31日を基準日とする配当につきましては、株式分割前の株式数を基準に実施しております。
         2.      平成30年5月15日取締役会決議に基づく                   配当金の総額には、信託の保有する自社の株式に対する配当金36百
           万円を含めております。
         3.      平成30年11月6日取締役会決議に基づく                   配当金の総額には、信託の保有する自社の株式に対する配当金13百
           万円を含めております。
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                      (百万円)
                                     (円)
     (決議)
     令和元年5月14日
                普通株式          1,618    利益剰余金           69  平成31年3月31日         令和元年6月11日
       取  締  役  会
      (注)1.     配当金の総額には、信託の保有する自社の株式に対する配当金57百万円を含めております。
                                 57/90





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※   現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                              至   平成30年3月31日)               至   平成31年3月31日)
      現金及び預金勘定                              10,542   百万円              13,595   百万円
      預入期間が3か月を超える定期預金                              △1,309    百万円             △1,238    百万円
      現金及び現金同等物                               9,233   百万円              12,356   百万円
         (リース取引関係)

     1.ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ①   リース資産の内容
       (ア)有形固定資産
          主として、ホストコンピュータ、コンピュータ端末機および店舗設備(「工具器具及び備品」)であります。
       (イ)無形固定資産
          ソフトウエアであります。
       ②   リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(2)重要な減価償却資産の減価
        償却方法」に記載のとおりであります。
     2.オペレーティング・リース取引

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (平成30年3月31日)                   (平成31年3月31日)
     1年内                               440百万円                   440百万円
     1年超                              1,760百万円                   1,320百万円
     合計                              2,200百万円                   1,760百万円
                                 58/90











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については主として短期的な預金等で運用し、また、資金調達については銀行借入ある
       いは社債発行による方針です。デリバティブは、外貨建営業債権・債務の為替変動リスクと借入金の金利変動リスク
       を回避するために利用し、投機的な取引は行っておりません。
     (2)金融商品の内容およびそのリスクならびにリスク管理体制
        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、当社グ
       ループの与信管理規程に従い、取引先ごとに与信限度を設定するとともに期日管理および残高管理を行い、主な取引
       先の信用状況については定期的に把握する体制としております。また、一部に製品等の輸出に伴う外貨建のものがあ
       り、為替変動リスクに晒されておりますが、先物為替予約によるヘッジを行っております。
        投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、定
       期的に時価を把握し、取締役会に報告しております。
        営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。また、一部に製品等の輸
       入に伴う外貨建のものがあり、為替変動リスクに晒されておりますが、先物為替予約によるヘッジを行っておりま
       す。
        借入金のうち、短期借入金および長期借入金(原則として5年以内)は主に営業取引に係る資金調達であります。
       変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒されていますが、このうち長期のものの一部については、支払金利の変
       動リスクを回避し支払利息の固定化を図るために、個別契約ごとにデリバティブ取引(金利スワップ取引)をヘッジ
       手段として利用しております。
        デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内規程に従って行っており、また、デリバティブ
       の利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関とのみ取引を行っております。
        また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されておりますが、当社グループでは、当社の財務部が各部署から
       の報告に基づき適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、グループ各社におきましても月次に資金繰計画を見直
       しするなどの方法により管理しております。
     (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        「2.金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取引に関しては、その金額自体がデリバティブ取引
       に係る市場リスクを示すものではありません。
                                 59/90












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
        連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
       が極めて困難と認められるものは、次表に含まれておりません。
            前連結会計年度(平成30年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                                                    差額(百万円)
                                         時価  (百万円)
                               (百万円)
         (1)  現金及び預金                        10,542           10,542             -
         (2)  受取手形及び売掛金                        10,118           10,118             -
         (3)  電子記録債権                        1,887           1,887            -
         (4)  投資有価証券
                                    2,460           2,460            -
             その他有価証券
         (5)  差入保証金                        1,981           1,871            109
         (6)  支払手形及び買掛金                       (5,272)           (5,272)             -
         (7)  電子記録債務                       (9,038)           (9,038)             -
         (8)  短期借入金                        (328)           (328)            -
         (9)  長期借入金                       (9,452)           (9,443)              9
         (10)   デリバティブ取引
                                    (23)           (23)            -
            ヘッジ会計が適用されているもの
          (※1)合計で正味の債務となる項目については(                        )で示しております。
          (※2)長期借入金には1年内返済予定長期借入金も含まれております。
          (※3)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
          (※4)上記以外の連結貸借対照表に計上されている金銭債権・債務については、総資産に対する重要性が乏
              しいため注記を省略しております。
            当連結会計年度(平成31年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                                                    差額(百万円)
                                         時価  (百万円)
                               (百万円)
         (1)  現金及び預金                        13,595           13,595             -
         (2)  受取手形及び売掛金                        10,461           10,461             -
         (3)  電子記録債権                        2,813           2,813            -
         (4)  投資有価証券
                                    2,042           2,042            -
             その他有価証券
         (5)  差入保証金                        2,204           2,096            107
         (6)  支払手形及び買掛金                       (6,215)           (6,215)             -
         (7)  電子記録債務                       (11,296)           (11,296)              -
         (8)  短期借入金                        (328)           (328)            -
         (9)  長期借入金                       (6,506)           (6,499)              7
         (10)   デリバティブ取引
                                      1           1          -
            ヘッジ会計が適用されているもの
          (※1)合計で正味の債務となる項目については(                        )で示しております。
          (※2)長期借入金には1年内返済予定長期借入金も含まれております。
          (※3)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
          (※4)上記以外の連結貸借対照表に計上されている金銭債権・債務については、総資産に対する重要性が乏
              しいため注記を省略しております。
         (注)1.金融商品の時価の算定方法ならびに有価証券およびデリバティブ取引に関する事項

             (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金、ならびに(3)                 電子記録債権
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
              ております。
             (4)  投資有価証券
               これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
               なお、有価証券はその他有価証券として保有しており、これに関する連結貸借対照表計上額と取
              得原価との差額は375百万円であります。
                                 60/90


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
             (5)  差入保証金
               差入保証金の時価については、その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標に信用
              スプレッドを上乗せした利率で割り引いた現在価値により算定しております。
             (6)  支払手形及び買掛金、(7)            電子記録債務、ならびに(8)             短期借入金
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
              ております。
             (9)  長期借入金
               長期借入金の時価については、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利
              率で割り引いた現在価値により算定しております。
             (10)   デリバティブ取引
               注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
            2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                    区分
                               (平成30年3月31日)               (平成31年3月31日)
              非上場株式                          21,154               21,687
               これらについては、         市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、
              時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(4)投資有価証券                                    その他有価証券」には含
              めておりません。
            3.金銭債権および満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

              前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                       1年超        5年超
                              1年以内                         10年超
                                      5年以内        10年以内
                               (百万円)                         (百万円)
                                       (百万円)         (百万円)
              現金及び預金                  10,542          -        -        -
              受取手形及び売掛金                  10,118          -        -        -
                                 1,887
              電子記録債権                            -        -        -
              差入保証金                    891        884        205         -
                    合計             23,440          884        205         -
              当連結会計年度(平成31年3月31日)

                                       1年超        5年超
                              1年以内                         10年超
                                      5年以内        10年以内
                               (百万円)                         (百万円)
                                       (百万円)         (百万円)
              現金及び預金                  13,595          -        -        -
              受取手形及び売掛金                  10,461          -        -        -
                                 2,813
              電子記録債権                            -        -        -
              差入保証金                   1,112         895        195         -
                    合計             27,983          895        195         -
                                 61/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
            4.長期借入金およびその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
              前連結会計年度(平成30年3月31日)
                               1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                                5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (百万円)                                (百万円)
                              (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
              短期借入金
                           328       -      -      -      -      -
              長期借入金
                          2,661      2,503      1,938      1,763       523       60
                 合計         2,989      2,503      1,938      1,763       523       60
              当連結会計年度(平成31年3月31日)

                               1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                                5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (百万円)                                (百万円)
                              (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
              短期借入金
                           328       -      -      -      -      -
              長期借入金
                          2,450      1,900      1,656       500       -      -
                 合計         2,778      1,900      1,656       500       -      -
         (有価証券関係)

         前連結会計年度(平成30年3月31日現在)
         1.その他有価証券
                              連結貸借対照表計             取得原価
                       種類                             差額(百万円)
                              上額(百万円)            (百万円)
                   (1)株式                 1,774           898          875
     連結貸借対照表計上額が
                   (2)その他                  26          16           9
     取得原価を超えるもの
                       小計            1,800           915          885
                   (1)株式                  639          773         △134
     連結貸借対照表計上額が
                   (2)その他                  21          22          △1
     取得原価を超えないもの
                       小計             660          796         △136
                合計                   2,460          1,711           749
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額                    3,137百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
         困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
         2.売却したその他有価証券

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
       株式                        7              0              -
          合計                     7              0              -
         3.減損処理を行った有価証券

           該当事項はありません。
           なお、市場価格のある有価証券については、基本的に連結会計年度末の市場価格が取得原価を50%以上下
          回ったものは全て、下落率が30%以上50%未満のものは、回復可能性を一定の基準で判定し減損処理を行って
          おります。また、市場価格のない会社への投資については、当該会社の1株当たり純資産額が取得原価を30%
          以上下回った場合に、回復可能性を一定の基準で判定し減損処理しております。
                                 62/90




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(平成31年3月31日現在)
         1.その他有価証券
                              連結貸借対照表計             取得原価
                       種類                             差額(百万円)
                              上額(百万円)            (百万円)
                   (1)株式                 1,156           511          644
     連結貸借対照表計上額が
                   (2)その他                  25          16           8
     取得原価を超えるもの
                       小計            1,181           528          653
                   (1)株式                  844         1,121          △276
     連結貸借対照表計上額が
                   (2)その他                  16          18          △1
     取得原価を超えないもの
                       小計             861         1,139          △278
                合計                   2,042          1,667           375
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額                    3,137百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
         困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
         2.売却したその他有価証券

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
       株式
                               94              46              △2
          合計                    94              46              △2
         3.減損処理を行った有価証券

           該当事項はありません。
           なお、市場価格のある有価証券については、基本的に連結会計年度末の市場価格が取得原価を50%以上下
          回ったものは全て、下落率が30%以上50%未満のものは、回復可能性を一定の基準で判定し減損処理を行って
          おります。また、市場価格のない会社への投資については、当該会社の1株当たり純資産額が取得原価を30%
          以上下回った場合に、回復可能性を一定の基準で判定し減損処理しております。
                                 63/90











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
         1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          通貨関連
          前連結会計年度(平成30年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(平成31年3月31日)

           該当事項はありません。
         2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

          (1)通貨関連
          前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                            契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                            1年超
         ヘッジ会計の方法           取引の種類        主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
                   為替予約取引
                    買建
        原則的処理方法
                                          613         -       △14
                     米ドル
                             買掛金
                             買掛金             270         -        △9
                     ユーロ
                                          884         -       △23
                     合計
         (注)時価の算定方法は、先物為替相場に基づき算定しております。
          当連結会計年度(平成31年3月31日)

                                            契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                            1年超
         ヘッジ会計の方法           取引の種類        主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
                   為替予約取引
                    買建
        原則的処理方法
                                          370         -         6
                     米ドル
                             買掛金
                             買掛金             230         -        △4
                     ユーロ
                                          601         -         1
                     合計
         (注)時価の算定方法は、先物為替相場に基づき算定しております。
          (2)金利関連

          前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                            契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                            1年超
         ヘッジ会計の方法           取引の種類        主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
                   金利スワップ取引
        金利スワップの特例
                                         1,830        1,330     (注)
                   支払固定・         長期借入金
        処理
                   受取変動
                                         1,830        1,330          -
                     合計
         (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されてい
            るため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
          当連結会計年度(平成31年3月31日)

                                            契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                            1年超
         ヘッジ会計の方法           取引の種類        主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
                   金利スワップ取引
        金利スワップの特例
                                         1,330         910    (注)
                   支払固定・         長期借入金
        処理
                   受取変動
                                         1,330         910         -
                     合計
         (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されてい
            るため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 64/90


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社および一部の連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、積立型の確定給付制度および確定拠出制度を採
       用しております。
        確定給付企業年金制度では、ポイント制度に基づいた一時金または年金を支給します。
        確定給付企業年金制度の一部には、退職給付信託が設定されております。
        また、一部の国内連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり簡便法を採用しておりますが、重要性が乏しいため
       確定給付制度に含めて表示しております。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                               7,149百万円              7,178百万円
          勤務費用                               259              258
          利息費用                                7              7
          数理計算上の差異の発生額                               △4               45
          退職給付の支払額                              △233              △271
         退職給付債務の期末残高                               7,178              7,218
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
         年金資産の期首残高                               7,061百万円              7,521百万円
          期待運用収益                               176              188
          数理計算上の差異の発生額                               △4             △118
          事業主からの拠出額                               518              519
          退職給付の支払額                              △231              △270
         年金資産の期末残高                               7,521              7,840
       (3)退職給付債務および年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債および退職給付に係

         る資産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                               7,055百万円              7,077百万円
         年金資産                              △7,521              △7,840
                                        △466              △762
         非積立型制度の退職給付債務                                123              140
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               △342              △622
         退職給付に係る資産                               △615              △881

         退職給付に係る負債                                272              259
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               △342              △622
                                 65/90






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
       (4)退職給付費用およびその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
         勤務費用                                259百万円              258百万円
         利息費用                                  7              7
         期待運用収益                               △176              △188
         数理計算上の差異の費用処理額                                454              328
         特別退職金(※)                                 28              31
         確定給付制度に係る退職給付費用                                573              437
        (※)特別損失に計上しております。
       (5)退職給付に係る調整額

         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
         数理計算上の差異                               △454百万円              △164百万円
           合 計                             △454              △164
       (6)退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
         未認識数理計算上の差異                               1,756百万円              1,591百万円
           合 計                             1,756              1,591
        (注)上記は連結会社に関するものであり、退職給付に係る調整累計額には、上記の他、持分法適用関連会社の未
          認識項目(持分相当額)が含まれております。
       (7)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
           債券                               62%              68%
           株式                               20              14
           一般勘定                               15              16
           短期金融資産                               1              1
           その他                               2              1
             合 計                            100              100
          (注)年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度26%、当連結会計年
            度25%含まれております。
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在および予想される年金資産の配分と、年金資産を構成す
         る多様な資産からの現在および将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
          割引率                               0.1%              0.1%
          長期期待運用収益率                               2.5%              2.5%
          予想昇給率                               4.1%              4.1%
      3.確定拠出制度

        当社および連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度52百万円、当連結会計年度53百万円であり
       ます。
                                 66/90


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
     繰延税金資産
      賞与引当金                               417百万円                  662百万円
      たな卸資産評価損否認                               233                  252
      退職給付に係る負債                               509                  390
      貸倒引当金                                65                  93
      固定資産減損損失                               205                  187
      繰越欠損金                               267                  417
      その他                              1,076                  1,274
     繰延税金資産小計
                                     2,775                  3,278
     評価性引当額(注)                              △1,684                  △1,136
     繰延税金資産合計
                                     1,091                  2,141
     繰延税金負債
      関係会社留保利益                              △445                  △450
      その他有価証券評価差額金                              △152                  △103
      その他                               △64                  △78
     繰延税金負債合計
                                     △661                  △632
     繰延税金資産の純額
                                      429                 1,509
     (注)    前連結会計年度に比べて評価性引当額が547百万円減少しております。この減少の主な内容は、当連結会計年度よ

        り、繰延税金資産の回収可能性に関する企業分類を変更したことに伴い、連結財務諸表提出会社の将来減算一時
        差異に関する評価性引当額が511百万円減少したこと(前連結会計年度961百万円、当連結会計年度449百万円)に
        伴うものであります。
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主

      要な項目別の内訳
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
      法定実効税率
                          法定実効税率と税効果会計適用後の                           30.6%
       (調整)                   法人税等の負担率との間の差異が法
       住民税均等割額                   定実効税率の100分の5以下であるた                            0.5
       評価性引当額等                   め注記を省略しております。                           △1.5
       持分法投資利益                                             △2.7
       その他                                              0.0
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                                     26.9
                                 67/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)および当連結会計年度(自平成30年4月1日                                 至平成
       31年3月31日)
         当社グループは、スポーツ用品関連事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       【関連情報】

       前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)および当連結会計年度(自平成30年4月1日                                 至平成
       31年3月31日)
       1.製品及びサービスごとの情報
         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略
        しております。
       2.地域ごとの情報

       (1)売上高
         本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

         外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略してお
        ります。
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)および当連結会計年度(自平成30年4月1日                                 至平成
       31年3月31日)
         当社グループは、スポーツ用品関連事業の単一のセグメントであるため、記載を省略しております。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)および当連結会計年度(自平成30年4月1日                                 至平成
       31年3月31日)
         当社グループは、スポーツ用品関連事業の単一のセグメントであるため、記載を省略しております。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)および当連結会計年度(自平成30年4月1日                                 至平成
       31年3月31日)
         当社グループは、スポーツ用品関連事業の単一のセグメントであるため、記載を省略しております。
                                 68/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
      前連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)
      1.関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の非連結子会社および関連会社等
                         事業の    議決権等の
                     資本金
         会社等の名称                内容ま    所有(被所      関連当事者       取引の    取引金額          期末残高
      種類           所在地    または                               科目
         または氏名                たは職    有)割合      との関係       内容    (百万円)          (百万円)
                     出資金
                         業     (%)
                                   韓国におけ
                     3,000    スポー
         YOUNGONE
     関連           韓国ソ             (所有)      る商標権の
                         ツ用品
                     百万
         OUTDOOR                                 使用料      1,502    売掛金       331
                                   使用料
                         関連事
     会社           ウル市    韓国         直接40.7
         Corporation
                         業          役員の兼任
                     ウォン
       (注)1.取引金額には消費税等は含まれておりません。
          2.取引条件および取引条件の決定方針等
            上記関連会社への取引条件については、両社協議により決定しております。
       役員および主要株主(個人株主に限る)等

                               議決権等の
                     資本金   事業の内容又
           会社等の名称                    所有(被所      関連当事者      取  引  の  取引金額        期末残高
     種    類        所在地    又は   は                             科 目
           又  は  氏  名               有 ) 割 合  と の 関 係  内     容
                                                 (百万円)        (百万円)
                     出資金   職     業
                               (%)
                        当社代表取締
                        役  社  長
                                           第三者割当
                        公益財団法人
                                           による自己
     役員及びそ                          (被所有)
           西田 明男        -   -   ゴールドウイ            理事長の兼任                0  -   -
                                           株式の処分
     の 近 親 者                      直接1.5
                        ン西田東作ス
                                            (注)
                        ポーツ振興記
                        念財団理事長
     (注)当社の配当金によって公益財団法人ゴールドウイン西田東作スポーツ振興記念財団の活動原資を拠出す
        るための第三者割当による自己株式の処分(338千株、338千円)を行っております。なお、本自己株式
        の処分および取得に関しましては、平成29年6月28日開催の第66回定時株主総会において承認されてお
        ります。
      2.重要な関連会社に関する注記

        当連結会計年度において、重要な関連会社は                     YOUNGONE     OUTDOOR    Corporation      であり、その要約財務諸表は以下の
       とおりであります。
                      YOUNGONE     OUTDOOR    Corporation      (単位    百万韓国ウォン)
           流動資産合計                       331,742
           固定資産合計                       62,997
           流動負債合計                       72,360
           固定負債合計                         731
           純資産合計                       321,647
           売上高                       425,409
           税引前当期純利益金額                       24,075
           当期純利益金額                       17,673
                                 69/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自平成30年4月1日                    至平成31年3月31日)
      1.関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の非連結子会社および関連会社等
                         事業の    議決権等の
                     資本金
         会社等の名称                内容ま    所有(被所      関連当事者       取引の    取引金額          期末残高
      種類           所在地    または                               科目
         または氏名                たは職    有)割合      との関係       内容    (百万円)          (百万円)
                     出資金
                         業     (%)
                                   韓国におけ
                     3,000    スポー
         YOUNGONE
     関連           韓国ソ             (所有)      る商標権の
                         ツ用品
                     百万
         OUTDOOR                                 使用料      1,543    売掛金       283
                                   使用料
                         関連事
     会社           ウル市    韓国         直接40.7
         Corporation
                         業          役員の兼任
                     ウォン
       (注)1.取引金額には消費税等は含まれておりません。
          2.取引条件および取引条件の決定方針等
            上記関連会社への取引条件については、両社協議により決定しております。
       役員および主要株主(個人株主に限る)等

                               議決権等の
                     資本金   事業の内容又
           会社等の名称                    所有(被所      関連当事者      取  引  の  取引金額        期末残高
     種    類        所在地    又は   は                             科 目
           又  は  氏  名               有 ) 割 合  と の 関 係  内     容   (百万円)        (百万円)
                     出資金   職     業
                               (%)
                                           自己株式の

                                     自己株式の
     役員及びそ                   当社代表取締       (被所有)
                                            取得
                                      取得
           西田 明男        -   -                             1,034    -    -
     の 近 親 者               役       直接0.5
                                            (注)2
                                     (注)2
                                           自己株式の

                                     自己株式の
     役員及びそ                          (被所有)
                                            取得
                                      取得
           西田 吉輝        -   -   当社取締役                           318   -    -
     の 近 親 者                      直接0.9
                                            (注)2
                                     (注)2
                                           自己株式の

                                     自己株式の
     役員及びそ                   関係会社取締       (被所有)
                                            取得
                                      取得
           西田 勉        -   -                             318   -    -
     の 近 親 者               役
                                直接1.2
                                            (注)2
                                     (注)2
     (注)1.取引金額には消費税は含まれておりません。

        2.自己株式の取得は、東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNet-3)により取得しており、取引金額は
          平成30年8月3日の終値によるものです。
      2.重要な関連会社に関する注記

        当連結会計年度において、重要な関連会社は                     YOUNGONE     OUTDOOR    Corporation      であり、その要約財務諸表は以下の
       とおりであります。
                      YOUNGONE     OUTDOOR    Corporation      (単位    百万韓国ウォン)
           流動資産合計                       369,084
           固定資産合計                       63,128
           流動負債合計                       76,881
           固定負債合計                        1,109
           純資産合計                       354,222
           売上高                       465,145
           税引前当期純利益金額                       52,759
           当期純利益金額                       39,010
                                 70/90





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至   平成30年3月31日)              至   平成31年3月31日)
     1株当たり純資産額
                                     1,540.47円                1,747.81円
     1株当たり当期純利益                                 228.09円                406.22円
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.平成30年4月1日を効力発生日として普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を実施しておりま
           す。これに伴い、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益は、前連結会計年度の期首に当該株式分
           割が行われたと仮定し、算定しております。
         3.算定上の基礎は、以下のとおりであります。
        1株当たり純資産額

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)               (平成31年3月31日)
     純資産の部の合計額(百万円)                                  35,425               39,609

     純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                    45               67

      (うち非支配株主持分)                                   (45)               (67)

     普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                  35,379               39,542

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通
                                       22,966               22,623
     株式の数(千株)
        1株当たり当期純利益

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                                至   平成30年3月31日)             至   平成31年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                   5,174               9,243

     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -               -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                         5,174               9,243
     (百万円)
     期中平均株式数(千株)                                   22,684               22,754
       株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり当期純利益の算定上、期
      中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めており、また、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式総
      数から控除する自己株式数に含めております。
       1株当たり当期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は前連結会計年度864,584株、当連結会計
      年度845,984株であり、1株当たり純資産額の算定上、控除した当該自己株式の期末株式数は、前連結会計年度856,000
      株、当連結会計年度837,700株であります。
       当社は、平成30年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っております。前連結会計年度
      の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を算出しております。
         (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 71/90






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首   残高    当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                               328        328     0.90      -
     1年以内に返済予定の長期借入金                              2,661        2,450      0.80      -
     1年以内に返済予定のリース債務                               468        543     0.83      -
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
                                   6,790        4,056      0.76   令和2年~5年
     (注)2
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
                                    916       1,048      0.74   令和2年~7年
     (注)2
     その他有利子負債
      未払金                                            0.36
                                    207        202            -
      長期未払金(1年以内に返済予定のものを除く。)
                                                 0.36
                                    364        161         令和2年~3年
      (注)2
      預り保証金                                            0.06
                                     36        36           -
                 合計                  11,774        8,827        -     -
      (注)1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金、リース債務およびその他有利子負債(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5
           年間の返済予定額は以下のとおりであります。
                      1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
               区分
                        (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
                                    1,656           500
            長期借入金               1,900                               -
            リース債務                414          311          227          88
                                      19
            その他有利子負債                142                    -          -
         【資産除去債務明細表】

       当連結会計年度期首および当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首および当連結会計
      年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定により記載
      を省略しております。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     14,818          33,405          63,706          84,934
     税金等調整前四半期(当期)純
                           1,069          2,689          11,450          12,702
     損益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                            588         1,563          7,612          9,243
     (当期)純損益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利
                           25.62          68.39          333.98          406.22
     益(円)
     (会計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益(円)                      25.62          42.79          267.41           72.08
                                 72/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         6,266              8,194
         現金及び預金
                                        ※4 1,457              ※4 823
         受取手形
                                        ※4 1,840             ※4 2,675
         電子記録債権
                                         6,983              8,043
         売掛金
                                         9,641              9,911
         商品及び製品
                                           46              49
         仕掛品
                                           503              502
         原材料及び貯蔵品
                                           554             1,094
         未収入金
                                           150              158
         前払費用
                                           672             1,516
         その他
                                           △ 1             △ 1
         貸倒引当金
                                        ※2 28,115             ※2 32,969
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※1 1,011             ※1 1,009
          建物
                                           101               96
          構築物
                                         ※1 452             ※1 452
          土地
                                           884             1,050
          リース資産
                                           355              340
          その他
                                         2,805              2,948
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,659              2,374
          商標権
                                           640              677
          ソフトウエア
                                           96              47
          ソフトウエア仮勘定
                                           174              128
          その他
                                         3,569              3,228
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※1 5,534             ※1 5,121
          投資有価証券
                                         6,701              7,030
          関係会社株式
                                            0              10
          出資金
                                           594              594
          関係会社出資金
                                         1,185              1,165
          長期貸付金
                                           131              130
          破産更生債権等
                                         1,631              1,794
          差入保証金
                                         1,474              1,549
          前払年金費用
                                           502             1,113
          繰延税金資産
                                         1,086              1,310
          その他
                                         △ 249             △ 248
          貸倒引当金
                                        ※2 18,591             ※2 19,571
          投資その他の資産合計
         固定資産合計                                24,967              25,748
       資産合計                                  53,082              58,717
                                 73/90





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         ※4 318             ※4 603
         支払手形
                                        ※4 8,781            ※4 10,991
         電子記録債務
                                         3,308              4,032
         買掛金
                                           328              328
         短期借入金
                                        ※1 2,605             ※1 2,450
         1年内返済予定の長期借入金
                                           434              502
         リース債務
                                         2,272              2,785
         未払金
                                         1,946              2,325
         未払法人税等
                                         1,053              1,264
         未払費用
                                           988             1,601
         賞与引当金
                                           217               82
         返品調整引当金
                                           960             1,113
         その他
                                        ※2 23,215             ※2 28,080
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※1 6,589             ※1 4,056
         長期借入金
                                           793              911
         リース債務
                                           446              243
         長期未払金
                                           404              536
         株式給付引当金
                                           352              218
         その他
                                         8,587              5,966
         固定負債合計
                                         31,803              34,047
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         7,079              7,079
         資本金
         資本剰余金
                                           258              258
          資本準備金
                                         1,175              1,175
          その他資本剰余金
                                         1,434              1,434
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           337              476
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         13,292              19,682
            繰越利益剰余金
                                         13,630              20,158
          利益剰余金合計
                                        △ 1,438             △ 4,273
         自己株式
                                         20,706              24,399
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           589              269
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 16               1
         繰延ヘッジ損益
                                           573              270
         評価・換算差額等合計
                                         21,279              24,670
       純資産合計
                                         53,082              58,717
      負債純資産合計
                                 74/90






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
                                        ※1 60,288             ※1 72,845
      売上高
                                        ※1 30,323             ※1 35,090
      売上原価
                                         29,965              37,755
      売上総利益
                                           225              135
      返品調整引当金戻入額
                                         30,190              37,890
      差引売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         3,647              4,375
       広告宣伝費
                                         8,251              8,878
       役員報酬及び給料手当
                                           350              949
       賞与引当金繰入額
                                           367              295
       退職給付費用
                                         1,126              1,220
       減価償却費
                                        ※1 3,364             ※1 3,810
       賃借料
                                           146              156
       株式給付引当金繰入額
                                        ※1 7,266             ※1 8,320
       その他
                                         24,521              28,007
       販売費及び一般管理費合計
                                         5,668              9,882
      営業利益
      営業外収益
                                         ※1 868            ※1 1,232
       受取利息及び受取配当金
                                         ※1 126             ※1 126
       受取賃貸料
                                         ※1 263             ※1 292
       その他
                                         1,258              1,650
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           116              117
       支払利息
                                           32              34
       貸与資産減価償却費
                                           58              40
       その他
                                           207              191
       営業外費用合計
                                         6,719              11,341
      経常利益
      特別利益
                                            0              46
       投資有価証券売却益
                                            0              46
       特別利益合計
      特別損失
                                           -              546
       関係会社株式評価損
                                           62              112
       減損損失
                                          ※2 22             ※2 2
       店舗閉鎖損失
                                           20              -
       特別退職金
                                           23               ▶
       その他
                                           129              666
       特別損失合計
      税引前当期純利益                                    6,590              10,722
      法人税、住民税及び事業税                                    2,110              3,379
                                         △ 224             △ 573
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    1,886              2,806
                                         4,704              7,915
      当期純利益
                                 75/90





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        【製造原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                           (自    平成29年4月1日               (自    平成30年4月1日
                            至   平成30年3月31日)                至   平成31年3月31日)
                     注記                 構成比                  構成比
            区分
                           金額(百万円)                  金額(百万円)
                     番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ   材料費

                                   1,848     6.5             1,819     5.5
     Ⅱ   労務費
                                    127    0.4              239    0.7
       (うち賞与引当金繰入額)                            (10)                  (21)

     Ⅲ   経費

                                             29,079

        外注加工費                   24,898
        荷造運搬費                     15                  16

                            1,603       26,517     93.1       1,763       30,860     93.7

        その他
       当期総製造費用                                100.0                  100.0

                                  28,494                  32,919
                                    104                   46

       期首仕掛品たな卸高
        合計

                                  28,598                  32,965
                                    46                  49

       期末仕掛品たな卸高
       当期製品製造原価

                                  28,552                  32,916
      (注)     原価計算の方法は、部門別総合原価計算を採用しております。
                                 76/90












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                         資本剰余金               利益剰余金
                                        その他利益
                                                        株主資本合
               資本金                         剰余金           自己株式
                         その他資本     資本剰余金               利益剰余金          計
                    資本準備金               利益準備金
                         剰余金     合計               合計
                                        繰越利益剰
                                        余金
     当期首残高           7,079      258    3,803     4,061      260    9,439     9,699    △ 1,514     19,326
     当期変動額
      自己株式の取得                                              △ 2,602    △ 2,602
      自己株式の処分                    △ 2,627    △ 2,627                     2,678      51
      剰余金の配当
                                       77    △ 851    △ 773         △ 773
      当期純利益                                    4,704     4,704          4,704
      株主資本以外の項
      目の当期変動額                                                     -
      (純額)
     当期変動額合計
                  -     -   △ 2,627    △ 2,627      77    3,853     3,931      76    1,379
     当期末残高           7,079      258    1,175     1,434      337    13,292     13,630     △ 1,438     20,706
                  評価・換算差額等

               その他有価               純資産合計
                    繰延ヘッジ     評価・換算
               証券評価差
                    損益     差額等合計
               額金
     当期首残高            537     △ 0    536    19,863
     当期変動額
      自己株式の取得                         △ 2,602
      自己株式の処分
                                 51
      剰余金の配当                          △ 773
      当期純利益                          4,704
      株主資本以外の項
      目の当期変動額            51    △ 15     36     36
      (純額)
     当期変動額合計             51    △ 15     36    1,416
     当期末残高            589     △ 16     573    21,279
                                 77/90







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自平成30年4月1日 至平成31年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                         資本剰余金               利益剰余金
                                        その他利益
                                                        株主資本合
               資本金                         剰余金           自己株式
                         その他資本     資本剰余金               利益剰余金          計
                    資本準備金               利益準備金
                         剰余金     合計               合計
                                        繰越利益剰
                                        余金
     当期首残高           7,079      258    1,175     1,434      337    13,292     13,630     △ 1,438     20,706
     当期変動額
      自己株式の取得
                                                    △ 2,875    △ 2,875
      自己株式の処分                                                41     41
      剰余金の配当                                138   △ 1,526    △ 1,387         △ 1,387
      当期純利益                                    7,915     7,915          7,915
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
                                                           -
      (純額)
     当期変動額合計             -     -     -     -     138    6,389     6,527    △ 2,834     3,693
     当期末残高           7,079      258    1,175     1,434      476    19,682     20,158     △ 4,273     24,399
                  評価・換算差額等

               その他有価               純資産合計
                    繰延ヘッジ     評価・換算
               証券評価差
                    損益     差額等合計
               額金
     当期首残高
                 589     △ 16     573    21,279
     当期変動額
      自己株式の取得                         △ 2,875
      自己株式の処分                           41
      剰余金の配当
                               △ 1,387
      当期純利益                          7,915
      株主資本以外の項
      目の当期変動額          △ 320      17    △ 302    △ 302
      (純額)
     当期変動額合計           △ 320      17    △ 302    3,390
     当期末残高            269      1    270    24,670
                                 78/90








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
         (重要な会計方針)

     1.資産の評価基準および評価方法
      (1)有価証券の評価基準および評価方法
         子会社株式および関連会社株式
          移動平均法による原価法を採用しております。
         その他有価証券
          時価のあるもの
           決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
          により算定)を採用しております。
          時価のないもの
           移動平均法による原価法を採用しております。
      (2)たな卸資産の評価基準および評価方法

          移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用し
         ております。
     2.固定資産の減価償却の方法

      (1)有形固定資産(リース資産を除く)
         建物(建物附属設備を除く)
          定額法を採用しております。
         その他の有形固定資産
          定率法を採用しております。
      (2)無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、ソフトウエア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用してお
        ります。
      (3)リース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     3.引当金の計上基準

      (1)貸倒引当金
         債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については
        個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)賞与引当金
         従業員の賞与の支払に備えるため、支給見込額に基づき当事業年度負担額を計上しております。
      (3)返品調整引当金
         製品及び商品の返品による損失に備えるため、過去の返品率等を勘案した将来の返品見込額に対する損失予想
        額を計上しております。
      (4)退職給付引当金
        ① 退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
         算定式基準によっております。なお、当事業年度末において認識すべき年金資産が、退職給付債務から数理計算
         上の差異等を控除した額を超過する場合には、前払年金費用として投資その他の資産に計上しております。
        ② 数理計算上の差異の費用処理方法
          数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10
         年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
      (5)株式給付引当金
         株式給付規程に基づく従業員の当社株式の給付に備えるため、当事業年度末における株式給付債務の見込額に
        基づき株式給付引当金を計上しております。
                                 79/90



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     4.ヘッジ会計の方法
      (1)ヘッジ会計の方法
         繰延ヘッジ処理によっております。
         ただし、特例処理の要件を満たしている金利スワップ取引について特例処理を、振当処理の要件を満たしてい
        る為替予約取引について振当処理を採用しております。
      (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段…金利スワップ取引、為替予約取引
         ヘッジ対象…借入金利息、外貨建予定取引、外貨建債権債務
      (3)ヘッジ方針
         金利リスクおよび為替変動リスクの低減のため、対象債権債務の範囲内でヘッジを行っております。
      (4)ヘッジの有効性評価の方法
         ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動またはキャッシュ・フロー変動を比較し、相関性を見て有効性を評価して
        おります。
     5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)   退職給付に係る会計処理
         退職給付に係る未認識数理計算上の差異の会計処理の方法は、連結財務諸表における会計処理の方法と異なっ
        ております。
      (2)消費税等の会計処理
         税抜方式によっております。
      (3)連結納税制度の適用
         連結納税制度を適用しております。
         (表示方法の変更)

     ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更                              )
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会計基準一
     部改正」という。)を当事業年度の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しておりま
     す。
      この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」737百万円は、「固定負債」の「繰延
     税金負債」235百万円と相殺して、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」502百万円に含めて表示しております。
         (追加情報)

      (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)
       従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引について、連結財務諸表「注記事項(追加情報)(従業員等に信
      託を通じて自社の株式を交付する取引)」に同一の内容を記載しておりますので、注記を省略しております。
                                 80/90









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
      ※1    担保資産および担保付債務
         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
        建物                             414百万円                 384百万円
        土地                             247百万円                 247百万円
        投資有価証券                            1,796百万円                 1,397百万円
                 計                    2,458百万円                 2,029百万円
         担保付債務は、次のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
        長期借入金(1年内返済予定を含む)                            5,060百万円                 3,820百万円
      ※2    関係会社項目

         関係会社に対する金銭債権および金銭債務(区分表示したものを除く)
                                前事業年度                 当事業年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
        短期金銭債権                            1,271百万円                 2,622百万円
        長期金銭債権                            1,140百万円                 1,120百万円
        短期金銭債務                             874百万円               1,059百万円
       3   偶発債務

         保証債務
         下記の会社の金融機関からの借入および仕入債務等に対し、債務保証を行っております。
         関係会社に対する金銭債権および金銭債務(区分表示したものを除く)
                                前事業年度                 当事業年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
        ブラックアンドホワイトスポーツウェ                             920百万円                 583百万円
        ア㈱
        ㈱カンタベリーオブニュージーランド                             352百万円                 579百万円
        ジャパン
        ㈱イー・エス・ジー                              8百万円                14百万円
        ㈱ゴールドウインロジテム                              2百万円                 1百万円
         計                           1,284百万円                 1,178百万円
      ※4    事業年度末日満期手形、電子記録債権および電子記録債務

         事業年度末日満期手形、電子記録債権および電子記録債務の会計処理については、当事業年度末日が金融機関の
        休日でしたが、満期日に決済が行われたものとして処理しております。当事業年度末日満期手形、電子記録債権お
        よび電子記録債務の金額は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
        受取手形                             200百万円                 269百万円
        電子記録債権                              23百万円                 50百万円
        支払手形                              9百万円                 4百万円
        電子記録債務                             131百万円                 102百万円
                                 81/90




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
      ※1    関係会社との取引高
                                 前事業年度                 当事業年度
                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至   平成30年3月31日)              至   平成31年3月31日)
         営業取引による取引高
          売上高                            3,023百万円                 3,966百万円
          仕入高                            2,675百万円                 4,017百万円
          販売費及び一般管理費                            2,065百万円                 2,407百万円
         営業取引以外の取引による取引高                             1,117百万円                 1,531百万円
      ※2    店舗閉鎖損失の内容は次のとおりであります。

                                 前事業年度                 当事業年度
                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至   平成30年3月31日)              至   平成31年3月31日)
         退店時違約金                              21百万円                 2百万円
         その他                              1百万円                -百万円
                  計                      22百万円                 2百万円
         (有価証券関係)

       前事業年度(平成30年3月31日)
        子会社株式(貸借対照表計上額2,080百万円)および関連会社株式(貸借対照表計上額4,620百万円)は、市場価格
       がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
       当事業年度(平成31年3月31日)

        子会社株式(貸借対照表計上額1,534百万円)および関連会社株式(貸借対照表計上額5,496百万円)は、市場価格
       がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
         (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度               当事業年度
                                (平成30年3月31日)               (平成31年3月31日)
     繰延税金資産
      棚卸資産評価損否認                                 188百万円               196百万円
      賞与引当金                                 302               490
      貸倒引当金                                  65               86
      関係会社株式評価損                                 951              1,119
      デット・エクイティ・スワップ損失                                 514               514
      その他                                1,010               1,079
     繰延税金資産小計
                                       3,033               3,486
     評価性引当額                                △2,224               △2,083
     繰延税金資産合計
                                        809              1,402
     繰延税金負債
      その他有価証券評価差額金                                △148               △101
      その他                                △159               △187
     繰延税金負債合計
                                       △307               △288
     繰延税金資産の純額
                                        502              1,113
                                 82/90





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主
      要な項目別の内訳
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
     法定実効税率                                 30.9%                  30.6%
      (調整)
      受取配当金等永久に益金に算入されない                               △3.7                  △3.2
      項目
      住民税均等割等                                0.9                  0.6
      評価性引当額等                                0.2                 △1.3
      その他                                0.3                 △0.5
     税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                      28.6                  26.2
         (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 83/90















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:百万円)
                資産の         当期首      当 期      当 期      当 期      当期末      減価償却

       区 分
                種 類         残高      増加額      減少額      償却額       残高      累計額
                                        8

            建物             1,011       165             159     1,009      2,321
      有形固
                                       (8)
                                        ―
      定資産      構築物
                           101       13             18      96      252
                                       (―)
                                        ―
            土地
                           452       ―             ―     452       ―
                                       (―)
                                        94
            リース資産              884      639             378     1,050      1,970
                                       (93)
                                       372
            その他
                           355      567             209      340     1,401
                                       (0)
                                       475
                 計         2,805      1,385             767     2,948      5,945
                                      (102)
                                        2
            商標権             2,659        26            308     2,374        ―
      無形固
                                       (2)
                                        1
      定資産      ソフトウエア              640      229             190      677       ―
                                       (―)
            ソフトウエア仮勘定               96      149      198       ―      47       ―
                                        0
            その他              174       10             56      128       ―
                                       (0)
                                       202
                 計
                          3,569       416             554     3,228        ―
                                       (2)
      (注)1.「当期減少額」欄の(                 )は内数で、当期減損損失計上額であります。
         2.建物の「当期増加額」のうち、86百万円は創業記念館の開設によるものであります。
         3.リース資産の「当期増加額」のうち、497百万円は店舗投資によるものであります。
         4.ソフトウエアの「当期増加額」のうち、175百万円は物流管理システムの開発によるものであり、ソフト
           ウエア仮勘定からの振替を含みます。
         【引当金明細表】

                                                    (単位:百万円)
           区分           当期首   残高       当期増加額          当期減少額          当期末残高

      貸倒引当金                      250           ー           1         249

      賞与引当金                      988         1,601           988         1,601

      返品調整引当金                      217           82          217           82

      株式給付引当金                      404          156           24          536

       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           特記事項はありません。
                                 84/90




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

                        9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り

                        (特別口座)
                        東京都中央区八重洲一丁目2番1号
       取扱場所
                         みずほ信託銀行株式会社             本店証券代行部
                        (特別口座)

                        東京都中央区八重洲一丁目2番1号
       株主名簿管理人
                         みずほ信託銀行株式会社
       取次所                               ──────

       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

      公告掲載方法                  日本経済新聞に掲載して行う。

                        毎年3月31日現在の所有株式数100株以上の株主に対し、市価3,000円相当の
      株主に対する特典
                        自社商品を贈呈。
      (注)     当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨を
          定款に規定しております。
           (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
           (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
           (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当ておよび募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 85/90










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)  有価証券報告書およびその添付書類ならびに確認書
         事業年度(第67期)(自             平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)平成30年6月28日関東財務局長に提出
       (2)  内部統制報告書およびその添付資料
         平成30年6月28日関東財務局長に提出
       (3)  四半期報告書および確認書
         (第68期第1四半期)(自              平成30年4月1日          至   平成30年6月30日)平成30年8月10日関東財務局長に提出
         (第68期第2四半期)(自              平成30年7月1日          至   平成30年9月30日)平成30年11月14日関東財務局長に提出
         (第68期第3四半期)(自              平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)平成31年2月14日関東財務局長に提出
       (4)  臨時報告書
         平成30年7月3日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
         時報告書であります。
                                 86/90














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 87/90




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                  令和元年6月26日

     株式会社       ゴールドウイン
       取締役会       御中

                           EY新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             田光     完治
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             佐藤      晶
                           業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
     ている   株式会社ゴールドウイン           の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、す
     なわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー
     計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、                                                     株式
     会社ゴールドウイン         及び連結子会社の平成31年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の
     経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 88/90





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、                                          株式会社ゴールドウイン           の
     平成31年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、       株式会社ゴールドウイン           が平成31年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示し
     た上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
     て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない                                               。
                                                       以      上
      (※)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 89/90









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ゴールドウイン(E00603)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                  令和元年6月26日

     株式会社       ゴールドウイン

       取締役会       御中

                           EY新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             田光     完治
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             佐藤      晶
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ

     ている   株式会社ゴールドウイン           の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの第                           68  期事業年度の財務諸表、す
     なわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査
     を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、                                                   株式会社
     ゴールドウイン       の平成31年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な
     点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない                                               。
                                                       以      上
      (※)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 90/90



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。