株式会社フォーバル・リアルストレート 有価証券報告書 第25期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

有価証券報告書-第25期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社フォーバル・リアルストレート

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2019年6月26日

    【事業年度】                      第25期(自       2018年4月1日         至   2019年3月31日)

    【会社名】                      株式会社フォーバル・リアルストレート

    【英訳名】                      Forval        RealStraight              Inc.

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長            吉 田 浩 司

    【本店の所在の場所】                      東京都千代田区神田神保町三丁目23番地の2

    【電話番号】                      03-6826-1500(代表)

    【事務連絡者氏名】                      取締役管理部長            早   川   慎   一   郎

    【最寄りの連絡場所】                      東京都千代田区神田神保町三丁目23番地の2

    【電話番号】                      03-6826-1502

    【事務連絡者氏名】                      取締役管理部長            早   川   慎   一   郎

    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/61









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1) 連結経営指標等
           回次           第21期       第22期       第23期       第24期       第25期

          決算年月           2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

     売上高            (千円)       686,133       925,941      1,146,235       1,281,470       1,517,561

     経常利益
                 (千円)       21,463       32,907       46,085       56,434       68,127
     親会社株主に帰属する
     当期純利益            (千円)       16,310       32,649       73,694       68,627       100,405
     包括利益            (千円)       16,310       32,649       73,694       68,627       100,405

     純資産額            (千円)       67,648       109,480       201,332       268,176       355,151

     総資産額            (千円)       267,450       289,631       439,459       490,389       650,846

     1株当たり純資産額             (円)        2.83       4.49       7.66       9.71       12.83

     1株当たり当期純利益金

                 (円)        0.75       1.40       3.15       2.93       4.29
     額
     潜在株式調整後
                 (円)        0.74       1.40       3.15       2.92       4.28
     1株当たり当期純利益金
     額
     自己資本比率             (%)        24.5       36.3       40.8       46.4       46.2
     自己資本利益率             (%)       179.9        38.3       51.9       33.8       38.0

     株価収益率             (倍)       135.8        71.4       37.5       41.9       18.7

     営業活動による
                 (千円)       176,536         8,568       83,636       28,433       143,745
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)       △ 1,147          -    △ 4,169      △ 15,340         808
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)        6,048       4,828         354     △ 21,462      △ 27,344
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)       188,165       201,561       281,382       273,013       390,222
     の期末残高
     従業員数             (名)         41       48       51       56       66
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第25期の期首
          から適用しており、第24期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
          等となっております。
                                  2/61






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     (2)   提出会社の経営指標等
           回次           第21期       第22期       第23期       第24期       第25期

          決算年月           2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

     売上高            (千円)       299,002       479,209       568,250       683,365       744,099

     経常利益            (千円)        21,438       32,835       46,015       56,364       49,747

     当期純利益            (千円)        16,349       32,649       73,694       68,627       74,112

     資本金            (千円)       227,655        53,408       53,656       55,136       55,598

     発行済株式総数             (株)     23,148,100       23,384,100       23,401,800       23,417,800       23,422,800

     純資産額            (千円)        67,648       109,480       201,332       268,176       328,859

     総資産額            (千円)       192,612       205,120       320,300       392,810       494,491

     1株当たり純資産額             (円)        2.83       4.49       7.66       9.71       11.71

     1株当たり配当額
                           ―       ―       1      1.2       1.4
                 (円)
     (うち、1株当たり
                 (円)
                        (  ―)     (  ―)     (   ―)     (   ―)
                                                      (   ―)
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益金
                 (円)        0.75       1.40       3.15       2.93       3.16
     額
     潜在株式調整後1株当た
                 (円)        0.74       1.40       3.15       2.92       3.16
     り当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        34.0       51.2       55.9       57.9       55.5
     自己資本利益率             (%)        180.8        38.3       51.9       33.8       29.5

     株価収益率             (倍)        135.4        71.4       37.5       41.9       25.3

     配当性向             (%)          ―       ―      31.8       40.9       44.2

     従業員数             (名)         37       45       45       50       52

     株主総利回り             (%)        208.2       204.1       242.9       255.5       170.6
     (比較指標:TOPIX配当             (%)     (   130.7   )   (   116.6   )   (   133.7   )   (   154.9   )   (   147.1   )
     込)
     最高株価             (円)         157       247       165       154       132
     最低株価             (円)         39       80       80       100        58

     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ市場におけるものであります。
        3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第25期の期首
          から適用しており、第24期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
          等となっております。
                                  3/61






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    2 【沿革】
                 通信機器及び事務機器販売を事業目的として、名古屋市中村区名駅五丁目に「株式会社
      1995年     3月
                 東海ビジネス」(現           株式会社フォーバル・リアルストレート)を設立
      2000年     4月       「株式会社東海ビジネス」を「株式会社フリード」に社名変更
                 通信回線取次事業のサービス拡充を目的として「株式会社アンタック」(現株式会社F
      2004年11月
                 RSファシリティーズ)を設立
      2004年11月           第三者割当により資本金を82,090,000円へ増資
      2005年     3月       第三者割当により資本金を114,340,000円へ増資

                 ジャスダック証券取引所(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))へ上
      2005年11月
                 場、資本金を310,690,000円へ増資
      2006年12月           新株予約権の権利行使により資本金を462,518,860円へ増資
      2007年12月           第三者割当増資により資本金を541,131,860円へ増資

      2009年     2月

                 第三者割当増資により資本金を771,149,360円へ増資
      2009年 7月           「株式会社フリード」を「株式会社フォーバル・リアルストレート」に社名変更

      2009年 7月           本社(旧東京オフィス)を東京都品川区から東京都渋谷区に移転開設

      2009年 7月           オフィス移転をトータルにサポートするオフィスソリューション事業を開始

      2009年 8月           資本金を771,149,360円から100,000,000円へ減資

      2009年 9月           宅地建物取引業免許取得

      2010年 3月           プライバシーマーク取得

      2011年 3月           第三者割当増資により資本金を146,505,550円へ増資

      2011年 7月           事業拡大のため本社を移転、通称社名として「株式会社FRS」を採用

      2012年 4月           賃貸オフィス探し依頼サイト「らくらくオフィス探し」オープン

      2012年 6月           居抜き情報サービス「イヌキング」開始

      2012年 8月           株式会社FRSファシリティーズにて一般建設業許可を取得

      2013年 3月           第三者割当増資により資本金を176,506,300円へ増資

      2013年10月           普通株式1株を100株に株式分割、単元株制度を導入し1単元の株式数を100株に変更

      2014年 8月           本社を東京都渋谷区から東京都千代田区に移転開設

      2015年 3月           第三者割当増資により資本金を227,655,912円へ増資

      2015年 8月           資本金を229,822,913円から52,167,001円へ減資

                                  4/61







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社グループは、企業のソリューションニーズが最も高まるオフィス移転時において、不動産物件の仲介から内装
     工事、各種インフラやオフィス機器・什器の手配までトータルにサポートする、ソリューション事業をおこなってお
     ります。
     [事業系統図]

      以上に述べた内容を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
    4 【関係会社の状況】









                                        議決権の所有

                             資本金      主要な事業
          名称           住所                    〔被所有〕         関係内容
                             (千円)       の内容
                                         割合(%)
    (親会社)
                                               役員の兼務2名
    株式会社フォーバル                             情報通信コン
                 東京都渋谷区           4,150,294             〔61.18〕
             (注)1                    サルタント業
                                               商品売買等取引
    (連結子会社)
                                               役員の兼務4名
    株式会社FRSファシリティー                             オフィスソ
    ズ             東京都千代田区             10,000    リューション          100.00   サービスの提供
            (注)2、3                      業務
                                               従業員の出向
     (注)   1   株式会社フォーバルは有価証券報告書の提出会社であります。
        2 株式会社FRSファシリティーズは特定子会社であります。
        3   株式会社FRSファシリティーズについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高
          に占める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等           ①売上高             823,730千円
                    ②経常利益             27,199千円
                    ③当期純利益            35,111千円
                    ④純資産額               26,316千円
                    ⑤総資産額              213,004千円
                                  5/61



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)   連結会社の状況
                                               2019年3月31日現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
     ソリューション事業                                                  66

                合計                                       66

     (注)    従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(アルバイト・パートタイマーを含み、人材会社からの派遣社員を
        除く)は、臨時雇用者数の総数が従業員の100分の10未満のため記載は省略しております。
     (2)   提出会社の状況

                                              2019年3月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
                52            35.6               ▶           6,643

     (注)   1   従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(アルバイト・パートタイマーを含み、人材会社からの派遣社員
          を除く)は、臨時雇用者数の総数が従業員の100分の10未満のため記載は省略しております。
        2   当社は、単一セグメントであるため、セグメントに関連付けた記載はありません。
        3   平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
     (3)   労働組合の状況

       当社には労働組合はありません。
       労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
                                  6/61












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      当社グループは、オフィス環境関連業務の収益拡大を図るべく、不動産物件の仲介から内装工事、各種インフラの
     整備やオフィス機器・什器の手配までを行うオフィス移転のワンストップサービスについて、引き続き取り組みを強
     化してまいります。具体的には、案件数を増やすため、物件情報の充実やコンテンツの拡充などを実施することで、
     集客サイトの更なる強化を図ってまいります。同時に、既存顧客からの紹介獲得やグループ会社顧客への働きかけ強
     化等による紹介案件の創出についても、引き続き働きかけの徹底やキャンペーンの随時実施等により、引き続き取り
     組んでまいります。
      また、相場情報の提供やノベルティグッズの活用、障害対応等を通じて顧客との接点を増やすことで、顧客の囲い
     込みを図ってまいります。顧客を囲い込むことで、将来的な移転ニーズを競合他社に先駆けて把握し、当社グループ
     のサービスをいち早く提供することで、安定的な収益確保に取り組んでまいります。
      以上の課題につきまして、役員及び従業員が一体となってスピードを上げて取り組み、持続的な収益向上に努めて
     まいります。
    2  【事業等のリスク】

      当社グループの経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性のある主なリスクは以下のとおりであります。な
     お、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末時点において入手可能な情報に基づき判断したものであります。
     (1)法的規制について

       不動産取引については、「宅地建物取引業法」、「国土利用計画法」、「都市計画法」、「建築基準法」などの
      規制があります。当社グループは不動産仲介業者としてそれらの規制を受けており、「宅地建物取引業法」                                                  に基づ
      く免許を取得して不動産賃貸の仲介等の業務を行っております。また、内装工事等については「建設業法」などの
      規制があり、当社グループはそれらの規制を受けております。
       今後、これらの規制の改廃や解釈の変更、新たに法的規制が設けられた場合には、当社グループの業績に影響を
      与える可能性があります。
     (2)個人情報保護について

       当社グループは、事業活動を行う上で顧客の個人情報を取り扱うことがあります。個人情報については、Pマー
      クを取得し全社員に個人情報の管理の徹底を促進するとともに、施錠管理及びパスワード入力によるアクセス制限
      等の管理を行い、厳重に管理をしております。しかしながら、万一、当社グループの保有する個人情報が外部に漏
      洩した場合あるいは不正使用された場合には、当社グループの信用の失墜、または損害賠償等により当社の業績に
      影響を与える可能性があります。
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)   経営成績等の状況の概要 
       当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
      (以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ①財政状態及び経営成績の状況

        当連結会計年度におけるわが国経済は、中国など新興国の景気減速懸念に加え、米中貿易摩擦の継続、英国の
       EU離脱問題の停滞等の懸念事項はありましたが、国内の企業収益や雇用情勢は改善がみられ、景気は緩やかな
       回復基調が続いております。
        このような経済環境の中、東京都心5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷区)のオフィスビル市場において
       は、2019年3月末時点の平均空室率が1.78%となり、前年同月比1.02%低下いたしました。(注)
        また、東京都心5区の2019年3月末時点における平均賃料は前年同月比で1,435円(7.28%)上昇し、21,134
       円/坪となりました。(注)
        当連結会計年度において、当社は引き続き顧客企業の移転時における、不動産物件の仲介から内装工事、各種
       インフラの整備やオフィス機器・什器の手配までをトータルにサポートするソリューション事業を中心に事業活
       動を進めてまいりました。
        不動産仲介等の売上高については、前年同期比24.2%増の158,004千円となりました。
                                  7/61


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
        内装工事及びそれに付随するサービスに関する売上高につきましては、前年同期比17.8%増の1,359,557千円と
       なりました。
        以上の結果、当連結会計年度の経営成績は、売上高が1,517,561千円(前連結会計年度比236,090千円増、
       18.4%増)、営業利益が68,124千円(同11,956千円増、21.3%増)、経常利益が68,127千円(同11,693千円増、
       20.7%増)、親会社株主に帰属する当期純利益が100,405千円(同31,777千円増、46.3%増)となりました。
        (注)大手不動産会社調べ
        また当連結会計年度末における財政状態は以下のとおりであります。

        当連結会計年度末における総資産は、650,846千円となりました。増減の主な要因は、現金及び預金の増加
       117,209千円、売掛金の増加11,168千円、繰延税金資産の増加31,815千円等であります。
        負債は、295,695千円となりました。増減の主な要因は、買掛金の増加14,131千円、未払金の増加23,740千円、
       未払費用の増加4,645千円、前受金の増加20,555千円、賞与引当金の増加7,069千円等であります。
        また、純資産は、当連結会計年度における親会社株主に帰属する当期純利益の計上等により355,151千円となり
       ました。
      ②キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は前連結会計年度末と比べ117,209千円
       増加し390,222千円となりました。
        なお、当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は以下のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果、得られた資金は143,745千円(前連結会計年度は28,433千円の収入)となりました。収入の
        主な内訳は、税金等調整前当期純利益68,860千円、未払金の増加額21,923千円、未払費用の増加額4,645千円、
        仕入債務の増加額14,131千円等であり、支出の主な内訳は、売上債権の増加額11,168千円等であります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果、得られた資金は808千円(前連結会計年度は15,340千円の使用)となりました。主な内訳
        は、有形固定資産の取得による支出2,641千円、無形固定資産の取得による支出1,401千円、保証金の差入によ
        る支出4,007千円、保証金の回収による収入8,858千円等であります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果、使用した資金は27,344千円(前連結会計年度は21,462千円の使用)となりました。主な内
        訳は、剰余金の配当による支出27,889千円、新株予約権の行使による株式の発行による収入545千円でありま
        す。
      ③生産、受注及び販売の実績

       a.生産、受注の実績
         当社グループは生産、受注は行っておりません。
       b.販売実績
         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
             セグメントの名称                     販売高(千円)             前年同期比(%)

     ソリューション事業                                1,517,561千円                  18.4
                                                       18.4
                合計                     1,517,561千円
     (注)    上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
      ①重要な会計方針及び見積もり

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
       ております。この連結財務諸表の作成にあたり、会計上の見積りが必要な費用につきましては、合理的な基準に
                                  8/61


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
       基づき見積もりをしております。
        なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針については、「第5 経理の状況 1連結財務
       諸表等 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております。
      ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当社グループの当連結会計年度の経営成績等は、売上高が1,517,561千円(前連結会計年度比236,090千円増、
       18.4%増)、営業利益が68,124千円(同11,956千円増、21.3%増)、経常利益が68,127千円(同11,693千円増、
       20.7%増)、親会社株主に帰属する当期純利益が100,405千円(同31,777千円増、46.3%増)となりました。これは
       不動産仲介等の売上高が前年同期比24.2%増の158,004千円となったこと、内装工事及びそれに付随するサービス
       に関する売上高が前年同期比17.8%増の1,359,557千円となったことによるものであります。
        当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2事業等のリスク」に
       記載しております。
        当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、当連結会計年度末における現金及び預金の残高は
       390,222千円となり、前連結会計年度末と比べ117,209千円増加しております。この増加は、主に親会社株主に帰
       属する当期純利益の増加によるものであります。なお、当連結会計年度末における資金の借り入れはございませ
       ん。
        セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は、次のとおりであります。
        当社グループは、企業のソリューションニーズが最も高まるオフィス移転時において、不動産物件の仲介から
       内装工事、各種インフラやオフィス機器・什器の手配までをトータルにサポートする、ソリューション事業を
       行っております。当連結会計年度においては、不動産仲介、内装工事及びそれに付随するサービスについて、顧
       客単価及び成約件数ともに順調に推移し、増収増益となりました。その結果は、「第2 事業の状況 3経営者
       による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要」に記載して
       おります。
        キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容は、次のとおりであります。
        当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は前連結会計年度末と比べ117,209千円
       増加し390,222千円となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果、得られた資金は143,745千円(前連結会計年度は28,433千円の収入)となりました。収入の
        主な内訳は、税金等調整前当期純利益68,860千円、未払金の増加額21,923千円、未払費用の増加額4,645千円、
        仕入債務の増加額14,131千円等であり、支出の主な内訳は、売上債権の増加額11,168千円等であります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果、得られた資金は808千円(前連結会計年度は15,340千円の使用)となりました。主な内訳
        は、有形固定資産の取得による支出2,641千円、無形固定資産の取得による支出1,401千円、保証金の差入によ
        る支出4,007千円、保証金の回収による収入8,858千円等であります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果、使用した資金は27,344千円(前連結会計年度は21,462千円の使用)となりました。主な内
        訳は、剰余金の配当による支出27,889千円、新株予約権の行使による株式の発行による収入545千円でありま
        す。
                                  9/61






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)賃貸借契約
           相手方
                               契約内容                   契約期間
           の名称
                                              契約期間(自動更新あり)
     株式会社ケイ・エム・アンド・ティ               当社神保町オフィス賃貸借契約                          自 2014年8月1日
                                              至 2017年3月31日
     (2)業務委託契約
           相手方
                               契約内容                   契約期間
           の名称
                                              契約期間(自動更新あり)
        株式会社ヴァンクール             OA機器及び情報通信機器等販売に関する契約                          自 2015年1月1日
                                              至 2015年3月31日
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 10/61
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当連結会計年度の設備投資の総額は                 5,647   千円であります。内訳は、事務所設備(建物:1,931千円)、PC等(工
     具、器具及び備品:2,314千円)、設計ソフト等(ソフトウェア:1,401千円)であります。
      なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
    2 【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
     (1)   提出会社
                                               2019年3月31日現在
                                 帳簿価額(千円)
          事業所名        設備の                                 従業員数
                              工具、器具
         (所在地)         内容                                  (名)
                         建物            ソフトウェア         合計
                               及び備品
        東京オフィス
                          5,353              2,423
                  本社業務                2,693              10,470        52
        (東京都千代田区)
      (注)    現在休止中の主要な設備はありません。
     (2)   国内子会社

       該当事項はありません。
    3 【設備の新設、除却等の計画】

     (1)   重要な設備の新設等
       該当事項はありません。
     (2)   重要な設備の除却等

       経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 11/61











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)
               普通株式                                     84,300,000
                 計                                   84,300,000
      ② 【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在
                                 上場金融商品取引所
                発行数(株)          発行数(株)
        種類                          名又は登録認可金融                内容
                                  商品取引業協会名
               (2019年3月31日)          (2019年6月26日)
                                  東京証券取引所
       普通株式           23,422,800          23,422,800       JASDAQ         単元株式数100株
                                  (スタンダード)
        計         23,422,800          23,422,800          -            -
     (注)    提出日現在発行数には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は、含まれておりません。
     (2)   【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日               2015年11月11日          2016年7月5日          2017年11月10日          2018年11月9日
                                                 当社取締役 2名

                    当社取締役 2名          当社取締役 2名          当社取締役 2名
     付与対象者の区分及び人数
                    当社従業員 46名          当社従業員 50名          当社従業員 54名
                                                 当社従業員 62名
     新株予約権の数(個) ※               2,390(注)1          4,025(注)1          4,400(注)1          5,300(注)1

                                                 普 通 株 式

     新株予約権の目的となる株式               普通株式 239,000          普通株式 402,500          普通株式 440,000
     の種類、内容及び数(株)※               (注)1          (注)1          (注)1
                                                 530,000(注)1
     新株予約権の行使時の払込金

                    109(注)2          93(注)2          124(注)2          105(注)2
     額(円)※
                                                 2020年11月27日~

                    2017年11月27日~          2018年7月21日~          2019年11月28日~
     新株予約権の行使期間
                    2019年11月26日          2020年7月20日          2021年11月27日
                                                 2022年11月26日
     新株予約権の行使により株式
                                                 発行価格  105
                    発行価格  109                    発行価格  124
                             発行価格  93
     を発行する場合の株式の発行
                    資本組入額        54.5             資本組入額        62
                             資本組入額 46.5                    資本組入額        52.5
     価格及び資本組入額(円) ※
                    1.新株予約権者は、権利行使時において、当社または当社関係会社の取締役、監査
                    役および従業員のいずれかの地位にあることを要する。ただし、任期満了、定年に
                    よる退任者および正当な理由がある場合はこの限りではない。
     新株予約権の行使の条件
                    2.新株予約権の質入れその他の担保設定は認めない。
                    3.その他新株予約権の行使に関する条件については、当社と新株予約権の割当てを
                    受ける者との間で締結する契約に定める。
     新株予約権の譲渡に関する事
                    譲渡による新株予約権の取得については、取締役会の承認を要する。
     項
     組織再編成行為に伴う新株予

                    (注)3
     約権の交付に関する事項
      ※ 当事業年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2019年5月31
        日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株とする。
          なお、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により株式の数を調整するものとする。ただし、
          かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について
          のみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てるものとする。
           調整後付与株式数        = 調整前付与株式数        × 分割・併合の比率
        2.割当日後、当社が当社普通株式につき、次の(1)または(2)を行う場合は、それぞれ次の算式(以下、「行使
                                 12/61


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
          価額調整式」という。)により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
         (1)当社が株式分割または株式併合を行う場合。
                                   1
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                              株式分割・株式併合の比率
         (2)当社が時価を下回る価額で、新株を発行する場合(ストックオプションの権利行使による新株の発行および
          公正発行価額による公募増資を除く。)。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                           新規発行前の株価
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                  既発行株式数+新株発行による増加株式数
         (3)上記(1)(2)に定める場合のほか、割当日後行使価額の調整を必要とするやむを得ない事由が生じた場合、合
          理的な範囲で適切に調整する。
        3.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分割
          会社となる場合に限る。)、株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
          (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸
          収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割に
          つき吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式
          交換がその効力を生ずる日、および株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同
          じ。)の直前において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者
          に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、
          「再編対象会社」という。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再
          編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株
          式交換契約または株式移転計画において定めることを条件とする。
         (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
         (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、上記「新株予約権の目的となる株式の種類」および「新株予約権の目的
          となる株式の数」に準じて決定する。
         (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、2.で定められる行使価額を組織再編行為
          の条件等を勘案の上、調整して得られる再編後行使価額に上記(3)に従って決定される当該新株予約権の目
          的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
         (5)新株予約権を行使することができる期間
          上記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の
          効力発生日のうちいずれか遅い日から、上記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使すること
          ができる期間の満了日までとする。
         (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金および資本準備金に関する事項
          上記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入れ額」に準じて決定す
          る。
         (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         (8)新株予約権の取得条項
         ①当社が消滅会社となる合併契約承認の議案が株主総会で承認された場合、または当社が完全子会社となる
         株式交換契約承認の議案もしくは株式移転の議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不
         要な場合は、当社取締役会決議の決定がなされた場合)は取締役会が別途定める日に、当社は無償で新株予
         約権を取得することができる。
         ②新株予約権の割当を受けた者が、当社取締役会決議または同決議に基づく新株予約権割当契約書において
         定める権利を行使する条件に該当しなくなった場合および新株予約権を喪失した場合は、当社は当該新株予
         約権を無償で取得することができる。
         (9)新株予約権の行使の条件
          上記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
      ②  【ライツプランの内容】
       該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
                                 13/61



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     (3)   【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
       該当事項はありません。
     (4)   【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日         総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2014年4月1日~
                   559,800     21,814,700         8,297      187,653        8,297      87,653
     2015年3月31日(注1)
     2015年3月2日(注2)              1,333,400      23,148,100         40,002      227,655       40,002      127,655
     2015年8月28日(注3)                 -       -   △177,655        50,000     △112,137        15,518

     2015年4月1日~
                   236,000     23,384,100         3,408      53,408       3,408      18,926
     2016年3月31日(注1)
     2016年4月1日~
                    17,700     23,401,800          248     53,656        248     19,174
     2017年3月31日(注1)
     2017年4月1日~
                    16,000     23,417,800         1,480      55,136       1,480      20,654
     2018年3月31日(注1)
     2018年4月1日~
     2019年3月31日(注1)                5,000    23,422,800          462     55,598        462     21,117
     (注)   1 新株予約権(ストックオプション)の権利行使による増加

        2 有償第三者割当増資 割当先 株式会社フォーバル、吉田浩司 発行価格60円 資本組入額30円
        3 繰越利益剰余金の欠損填補を目的とした資本等の減少
     (5)   【所有者別状況】

                                                2019年3月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                     単元未満
           政府及び
                                  外国法人等
      区分
                                                    株式の状況
                     金融商品     その他の                 個人
           地方公共     金融機関                                計
                                                      (株)
                     取引業者      法人               その他
                                個人以外      個人
            団体
     株主数
              -      1     18     17     10     12    3,096     3,154       -
     (人)
     所有株式数
              -     533    7,419    144,071      1,065      657    80,471     234,216       1,200
     (単元)
     所有株式数
              -    0.22     3.16     61.51      0.45     0.28     34.35     100.00        -
     の割合(%)
                                 14/61









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     (6)   【大株主の状況】
                                                2019年3月31日現在
                                              発行済株式(自己株式を
                                        所有株式数
         氏名又は名称                    住所                 除く。)の総数に対する
                                          (株)
                                               所有株式数の割合(%)
     株式会社フォーバル                 東京都渋谷区神宮前5丁目52-2                  14,330,300               61.18
     海老澤一                 茨城県筑西市                    300,000              1.28

     神津光宏                 群馬県高崎市                    238,700              1.01

                      東京都千代田区神田神保町3丁目23-
     FRS従業員持株会                                     220,500              0.94
                      2
     石原勝                 新潟県佐渡市                    215,000              0.91
     西村敏男                 山口県山口市                    183,200              0.78

     吉田浩司                 東京都品川区                    181,700              0.77

     宗次徳二                 岐阜県可児市                    177,800              0.75

                      東京都中央区日本橋茅場町1丁目13-
     立花証券株式会社                                     176,800              0.75
                      14
     株式会社SBI証券                 東京都港区六本木1丁目6番1号                    150,000              0.64
            計                  -          16,174,000               69.05

     (7)   【議決権の状況】

      ① 【発行済株式】
                                                2019年3月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               234,216             ―
                        23,421,600
                     普通株式
     単元未満株式                              ―       1単元(100株)未満の株式
                           1,200
     発行済株式総数                    23,422,800           ―              ―
     総株主の議決権                     ―          234,216             ―

      ②  【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                 15/61






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    2 【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】           該当事項はありません。
     (1)   【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2)   【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)   【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4)   【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

       該当事項はありません。
    3  【配当政策】

      当社は、株主の皆様への利益還元を重要な経営課題の一つと考えております。そのため、経営基盤と財務体質の強
     化及び今後の事業展開を勘案した上で業績に応じた配当を実施してまいる所存であります。当社の剰余金の配当は、
     年1回期末配当を基本的な方針としており、配当の決定機関は株主総会であります。なお、当社は「取締役会の決議
     により毎年9月30日を基準日として金銭の分配(中間配当)を行うことが出来る」旨を定款に定めております。
      当期につきましては、期末配当予想が1株当たり1.4円の予定となっております。
      また、次期の配当につきましては、1株当たり1.4円の配当を予定しております。
     (注)  基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                           配当金の総額              1株当たり配当額

             決議年月日
                             (千円)               (円)
         2019年6月26日
                                32,791,920                  1.4
         定時株主総会決議
                                 16/61











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、事業活動を通じて、お客様、株主・投資家の皆様、お取引先、地域社会、従業員をはじめとするス
       テークホルダーの皆様からの期待にお応えし、信頼される企業になることを重要な経営課題と位置付けておりま
       す。そのために、法令を遵守し効率的で健全性及び透明性を確保できる経営管理体制を確立し維持してまいりま
       す。
      ②  企業統治の体制の概要及び企業統治の体制を採用する理由

       イ 企業統治の体制の概要
         当社は、経営の透明性及び健全性の確保、向上に努めることは、企業の当然の責務であると認識しておりま
        す。企業価値の向上と競争力強化のために、常に組織の見直し及び職務権限の明確化を図り、コーポレート・
        ガバナンスが有効に機能するよう取り組んでおります。また、意思決定の迅速化のために、取締役会の機能充
        実を図るとともに監査役及び監査役会による監視、内部統制の体制についても強化しております。
         当社における、企業統治の体制の概要は以下のとおりであります。
         当社の取締役会は、取締役4名(2019年6月26日現在)で構成され、当社の業務執行を決定し、取締役の職








        務の執行を監督する権限を有しております。経営の意思決定機関である取締役会は、月1回の定例取締役会と
        必要に応じて臨時取締役会を開催し、機動的且つ迅速な意思決定を行っております。また、取締役の任期は、
        経営環境の変化により迅速に対応できる経営体制にするため、1年としております。
         当社は、監査役制度を採用しております。監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)、(2019年6月26
        日現在)で構成されております。監査役は、取締役の職務執行を監視し、会計監査を含む業務全般の監査をし
        ております。監査役3名はやむを得ない事情がある場合を除き、全ての取締役会に出席し、取締役会の職務執
        行を十分監視できる体制をとっております。また、会計監査人との連携を密にし、監査結果の講評時には情報
        交換・意見交換を行っております。
       ロ 企業統治の体制を採用する理由

         当社ではコーポレート・ガバナンスにおいて、外部からの客観的、中立の経営監視の機能が重要と考えてお
        り、社外監査役2名による監査が実施されることにより、外部からの経営監視機能が十分に機能する体制が
        整っていると考えております。
                                 17/61


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      ③  企業統治に関するその他の事項
       イ 内部統制システムの整備の状況
         当社は、職務分掌、職務権限等を定めた各種規程の整備と運用を通じて役職員の権限と責任を明確にし、業
        務が適正に遂行されるよう体制を整備しております。また、内部監査室を設置し、内部監査担当者は監査役及
        び会計監査人と連携して適宜業務監査を実施しております。
       ロ リスク管理体制の整備の状況

         当社のリスク管理体制は、社内におけるチェックや牽制を有効にするため、社内規程、マニュアルに沿った
        業務遂行を行っております。さらに、その運用状況に関して、内部監査室及び監査役が整合性を監査しており
        ます。また、業務上生じる様々な経営判断及び法的判断については、必要に応じて弁護士、公認会計士、税理
        士等の社外専門家からの助言を受ける体制を整えており、リスクの早期発見と未然防止に努めております。
       ハ 当社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

         当社は株式会社フォーバルの子会社であり、その企業集団の一員として情報の共有と業務執行の適正を確保
        することに努めてまいります。グループ間における不適切な取引または会計処理の防止に留意いたします。
         また当社子会社における業務の適正を確保するために「関係会社管理規程」を制定し、当該規程の中で管理
        責任担当を管理部長と定めております。管理部長は、当社子会社に対し、必要と認められる業務についての適
        切な内部統制システムの整備を行うよう指導し、業務の適正を確保します。
       ニ 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

         『フォーバル・グループ企業行動指針』において反社会的勢力排除に向けた指針を定め、具体的な行動指針
        として『フォーバル・グループ役職員行動指針』を整備、社内外の通報窓口である『グループ・コンプライア
        ンス・アラーム制度(内部通報制度)』の活用も含め、反社会的な勢力との一切の関係を遮断することを基本
        方針としております。また不当な要求に対しては、組織全体として毅然とした姿勢で対応するものとしてまい
        ります。
         そのため、顧問弁護士等の外部機関と連携し、必要に応じて管轄警察署に協力を要請することとしておりま
        す。
      ④  責任限定契約の内容の概要

        当社と会計監査人太陽有限責任監査法人は、会社法第427条第1項の規定に基づき同法第423条第1項の責任限
       定契約を締結しております。その契約内容の概要は次のとおりです。
        ①受嘱者は、本契約の履行に伴い生じた委嘱者損害について、受嘱者が職務を行うにつき善意でかつ重大な過
       失がないときは、受嘱者の会計監査人としての在職中に報酬その他の職務執行の対価として委嘱者から受け、若
       しくは受けるべき財産上の利益の額の事業年度ごとの合計額のうち最も高い額に二を乗じて得た額をもって、損
       害賠償責任の限度とする。
        ②受嘱者の行為が①の要件を充足するか否かについては、委嘱者がこれを判断し、速やかに受嘱者に結果を通
       知するものとする。
      ⑤  取締役会で決議できる株主総会決議事項

       イ 自己株式の取得
         当社は、自己株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行する
        ことを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により、自
        己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。
       ロ 中間配当

         当社は、中間配当としての剰余金の配当について、株主への利益還元を機動的に遂行することを可能とする
        ため、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議によって配当することができる旨を定款で定めて
        おります。
                                 18/61



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
       ハ 取締役及び監査役の責任免除
         当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む)及
        び監査役(監査役であった者を含む)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除
        することができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務遂行にあたり期待される役割を
        十分発揮できるようにするためであります。
      ⑥  取締役の定数

        当社の取締役は7名以内とする旨定款に定めております。
      ⑦  取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
       主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、その選任については、累積投
       票によらない旨を定款に定めております。
      ⑧  株主総会の特別決議事項

        当社は、株主総会の特別決議について、株主総会の円滑な運営を可能とするため、会社法第309条第2項の規定
       に基づき、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3
       分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。
                                 19/61














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     (2)【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性  7 名 女性    0 名 (役員のうち女性の比率             0.00  %)
                                                     所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                略歴            任期
                                                      (株)
                             1987年2月      株式会社フォーバル入社
                             1998年4月      株式会社フォーバルテレコム法人営
                                  業グループジェネラルマネージャー
                             2000年4月      株式会社フォーバルコミュニケー
                                  ションズ代表取締役社長
                             2002年2月      ビー・ビー・コミュニケーションズ
                                  株式会社取締役
                             2002年6月      株式会社フォーバルテレコム取締役
      代表取締役
             吉 田 浩 司       1962年7月3日      生                       (注)2     181,700
       社長
                             2006年4月      株式会社ヴァンクール代表取締役社
                                  長
                             2014年6月      当社取締役
                             2014年8月      当社代表取締役(現任)
                             2014年8月      株式会社FRSファシリティーズ代
                                  表取締役社長(現任)
                             2014年8月      株式会社ヴァンクール取締役(現
                                  任)
                             1998年4月      ラオックスヒナタ株式会社入社
                             2004年4月      当社入社
                             2009年4月      当社経理財務部長
       取締役
             早 川 慎 一 郎
                    1972年8月31日      生                       (注)2      11,300
       管理部長
                             2009年6月      当社取締役管理部長(現任)
                             2015年10月      株式会社FRSファシリティーズ取
                                  締役(現任)
                             1996年2月      株式会社フォーバル入社
                             2003年4月      同社経理部長
                             2006年6月      同社取締役管理本部長
                             2007年6月      株式会社フォーバルテレコム取締役
       取締役      加 藤 康 二        1959年3月10日        2009年6月      当社取締役(現任)               (注)2        ―
                             2014年4月      株式会社フォーバル常務取締役(現
                                  任)
                             2014年8月      株式会社ヴァンクール代表取締役社
                                  長(現任)
                             1989年5月      株式会社フォーバル入社
                             2006年4月      同社役員待遇兼事業統括本部通信事
                                  業統括
                             2007年4月      同社執行役員首都圏第二支社長
                             2010年4月      同社上席執行役員首都圏支社長兼城
                                  南支店長兼企画営業部長兼事業推進
                                  本部副本部長
                             2012年4月      同社上席執行役員営業本部長兼首都
       取締役       行 辰 哉       1964年10月15日              圏支社長兼城南第二支店長               (注)2        ―
                             2013年4月      同社上席執行役員社長室長
                             2013年6月      株式会社フォーバルテレコム取締役
                                  (現任)
                             2013年6月      当社取締役(現任)
                             2015年4月      株式会社フォーバル常務執行役員社
                                  長室長
                             2016年6月      株式会社フォーバル取締役社長室長
                                  (現任)
                                 20/61







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                略歴            任期
                                                      (株)
                             1988年3月      株式会社フォーバル入社
       監査役
                             2016年4月      当社入社
             三 浦 静 雄       1958年12月16日      生                       (注)4      ―
                             2016年4月      当社管理部付部長
       (常勤)
                             2016年6月      当社監査役(常勤)(現任)
                             1990年9月      株式会社あさひ銀総合研究所(現
                                  りそな総合研究所株式会社)入所
                             1998年10月      株式会社カサイ経営入社
                             2000年10月      同社取締役
                             2002年7月      同社常務取締役
       監査役      西 田 拓 稔       1938年9月7日      生                       (注)5      ―
                             2005年6月      当社監査役
                             2006年6月      当社監査役(常勤)
                             2015年10月      株式会社FRSファシリティーズ
                                  監査役(現任)
                             2016年6月      当社監査役(現任)
                             1974年10月      監査法人中央会計事務所入所
                             1980年3月      公認会計士登録
                             1995年6月      中央監査法人代表社員
       監査役      吉 川 正 幸       1949年1月18日      生   2007年8月      太陽ASG有限責任監査法人代表               (注)3      ―
                                  社員
                             2012年8月      吉川公認会計士事務所開設
                             2015年6月      当社監査役(現任)
                            計                           193,000
     (注)   1   監査役西田拓稔、吉川正幸は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。

        2 2019年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から2020年6月開催の定時株主総会終結の時まで
        3 2019年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から2023年6月開催の定時株主総会終結の時まで
        4 2016年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から2020年6月開催の定時株主総会終結の時まで
        5 2018年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から2022年6月開催の定時株主総会終結の時まで
      ② 社外役員の状況

        当社では社外取締役を選任しておりません。また、社外監査役は2名であります。
        当社が社外取締役を選任していない理由は次のとおりであります。
        当社は経営の意思決定機能及び取締役の職務執行を管理監督する機能を持つ取締役会に対する監視機能を強化
       するため、監査役2名を社外監査役としております。コーポレート・ガバナンスにおいて外部からの客観的、中
       立的な監視機能が重要と考えており、社外監査役2名が監査を実施することにより、外部からの経営監視機能が
       十分に確保できると考えております。
        また当社は、社外監査役を、社外での経営に関する豊富な経験や高い見識を有する者から選任することとして
       おり、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣から独立した立場で社外役員としての職務を遂行できる十分
       な独立性が確保できることを個別に判断しております。
        社外監査役の西田拓稔氏は、大手金融機関及び系列のシンクタンク企業での管理職及び融資担当業務担当、経
       営コンサルタント等の豊富な経験と見識を有していることから、当社の社外監査役として適任であると判断して
       おります。なお、西田拓稔氏は、本書提出日現在、当社の発行済株式は保有しておりません。
        社外監査役の吉川正幸氏は、公認会計士としての専門的な知見を有していることから、当社の社外監査役とし
       て適任であると判断しております。なお、吉川正幸氏は、本書提出日現在、当社の発行済株式は保有しておりま
       せん。
        なお、当社と社外監査役との間に、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
      ③ 社外監査役による監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

        社外監査役は、常勤監査役、取締役と意思疎通を図り、重要な意思決定のプロセスや業務の執行状況を把握す
       るため、取締役会への出席及び、常勤監査役とともに月1回または臨時の監査役会を実施し、監査上の重要課題
       について意見を述べております。また、内部監査業務については、社長直轄の内部監査室にて年間監査計画に基
       づき実施しており、定期的に代表取締役社長に報告しております。社外監査役は、報告された内部監査結果につ
       いて常勤監査役、会計監査人との連携のもと、業務の改善、内部統制の効率化及び強化に寄与しております。
                                 21/61



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     (3)【監査の状況】
      ①  監査役監査の状況
        当社は、社外監査役2名を含む監査役3名(提出日現在)によって構成される監査役会を設置しております。
        監査役監査は、監査方法や時期など監査役相互で協議して作成した監査計画に基づき、取締役・使用人との面
       談、資料調査、内部監査室や会計監査人との定期的な意見や情報交換及び必要に応じた討議などを通じて進めて
       おります。
      ②  内部監査の状況

        内部監査業務は、社長直轄の内部監査室(1名)にて年間監査計画に基づき監査を実施しており、定期的に監査
       状況を代表取締役社長に報告しております。
      ③  会計監査の状況

       a.  監査法人の名称
        太陽有限責任監査法人
       b.  業務を執行した公認会計士

        指定有限責任社員・業務執行社員 佐藤 健文
        指定有限責任社員・業務執行社員 小野 潤
       c.  監査業務に係る補助者の構成

        当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士3名、その他4名であります。
       d.  監査法人の選定方針と理由

        監査役会が太陽有限責任監査法人を会計監査人とした理由は、同法人が当社の会計監査人に必要とされる専門
       性、独立性及び適切性と当社グループの事業活動を一元的に監査する体制を有していること等を総合的に検討し
       た結果、当社の会計監査人として選任することが適当であると判断したためであります。
        また、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると判断した場合、監査役会は、監査役全員
       の同意により会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される
       株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。
       e.  監査役及び監査役会による監査法人の評価

        当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については、会計監査人が
       独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証するとともに、会計監査人からその職
       務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求めております。また、会計監査人から、「監査に関す
       る品質管理基準」(2005年10月28日企業会計審議会)等に従って「会計監査人の職務の遂行が適正に行われるこ
       とを確保するための体制」(会社計算規則第131条各号に掲げる事項)を整備している旨の通知を受け、必要に応
       じて説明を求めております。
       f.  監査法人の異動

         当社の監査法人は次のとおり異動しております。
          前連結会計年度及び前事業年度 優成監査法人
          当連結会計年度及び当事業年度 太陽有限責任監査法人
         なお、臨時報告書に記載した事項は次のとおりであります。

         (1) 異動に係る監査公認会計士等の氏名又は名称
          ① 存続する監査公認会計士等
            太陽有限責任監査法人
          ② 消滅する監査公認会計士等
            優成監査法人
         (2) 異動の年月日 
            2018年7月2日
         (3) 消滅する監査公認会計士等の直近における就任年月日
           2018年6月27日
                                 22/61


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
         (4) 消滅する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書又は内部統制監査報告書等における意見
         等に関する事項
           該当事項はありません。
         (5) 異動の決定又は異動に至った理由及び経緯
           当社の会計監査人である優成監査法人(消滅監査法人)が、2018年7月2日付で、太陽有限責任監査法人
          (存続監査法人)と合併したことに伴うものであります。
          これに伴いまして、当社の監査証明を行う監査公認会計士等は太陽有限責任監査法人となります。
         (6) 上記(5)の理由及び経緯に対する監査報告書又は内部統制監査報告書等の記載事項に係る消滅する監査公
         認会計士等の意見
           特段の意見はないとの申し出を受けております。
      ④  監査報酬の内容等

       「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(2019年1月31日 内閣府令第3号)による
      改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規定に経過措置を適
      用しております。
       a.  監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                     当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               12,000             ―        13,600             ―
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

         計             12,000             ―        13,600             ―

       b.  監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

         該当事項はありません。
       c.  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
       d.  監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

         該当事項はありません。
       e.  監査報酬の決定方針

         監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は策定しておりませんが、監査公認会計士等からの見積提案
        をもとに、監査計画、監査内容、監査日数等の要素を勘案して検討し、監査役会の同意を得て決定する手続き
        を実施しております。
       f.  監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、会計監査人か
        ら、前事業年度の監査実績について報告を受けた上で、会計監査人の監査計画の内容、従前の事業年度におけ
        る監査の職務遂行状況、過去の報酬実績の推移等を確認して、報酬見積の算出根拠の妥当性を検討し、会社法
        第399条第1項の同意を行っております。
                                 23/61





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     (4)【役員の報酬等】
      ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
       当社は、役員の報酬等の額又はその算定方法に関する方針は定めておりませんが、同業あるいは同規模の他企業
      の報酬水準を勘案し、役職ごとにガイドラインを設定し、各役員の役職及び役割等を踏まえ、会社の業績及び担当
      業務における貢献・実績に基づき決定しております。また、役員賞与に関しても報酬と同様に当期の業績を考慮し
      て決定しております。このため、明確な業績連動報酬は採用しておりません。
       なお、2004年6月29日開催の第10回定時株主総会での決議により、取締役の報酬額は年額150百万円以内とし、監
      査役の報酬額は年額40百万円以内となっております。
       また、個別の報酬額は、代表取締役社長が取締役会からの委任を受け、限度額の範囲内で個別の報酬額を決定し
      ております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                             報酬等の種類別の総額(千円)

                報酬等の総額                                  対象となる役
        役員区分
                (千円)                                  員の員数(名)
                               ストック
                        基本報酬              賞与     退職慰労金
                              オプション
     取締役               31,425       25,044       1,381       5,000        -        2
     監査役

                    6,600       6,600        -       -       -        1
     (社外監査役を除く)
     社外役員               5,400       5,400        -       -       -        2

      ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

        連結報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
     (5)  【株式の保有状況】

      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式のいずれも保有してお
       りません。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                 24/61








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1   連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、太陽有限責任監査法
     人により監査を受けております。
      なお、従来から当社が監査証明を受けている優成監査法人は、2018年7月2日に太陽有限責任監査法人と合併し、
     太陽有限責任監査法人に名称を変更しております。
      当該変更につきまして臨時報告書を提出しております。臨時報告書に記載した事項は次のとおりです。
     (1)異動に係る監査公認会計士等の名称

      ①存続する監査公認会計士等の概要
       名称                         太陽有限責任監査法人
       所在地                         東京都港区元赤坂1丁目2番7号
      ②消滅する監査公認会計士等の概要
       名称                         優成監査法人
                                東京都千代田区丸の内一丁目8番1号
       所在地
                                丸の内トラストタワーN館9階
     (2)当該異動の年月日

      2018年7月2日
     (3)消滅する監査公認会計士等の直近の就任年月日

      2018年6月27日
     (4)消滅する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等又は内部統制監査報告書における意見等に関する

    事項
      該当事項はありません。
     (5)当該異動の決定又は当該異動に至った理由及び経緯

      当社の会計監査人である優成監査法人(消滅監査法人)が、2018年7月2日付で、太陽有限責任監査法人と合併し
     たことに伴うものであります。
      これに伴いまして、当社の監査証明を行う監査公認会計士等は太陽有限責任監査法人となります。
     (6)(5)の理由及び経緯に対する監査報告書等又は内部統制監査報告書の記載事項に係る消滅する監査公認会計士等の

    意見
      特段の意見はないとの申し出を受けております。
    3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
     人財務会計基準機構へ加入し、各種セミナーへ参加しております。
                                 25/61



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                273,013              390,222
        売掛金                                142,327              153,495
        原材料及び貯蔵品                                  563              905
        前払費用                                 7,793              5,316
        1年内回収予定の差入保証金                                 8,858                -
        その他                                 1,948              6,030
                                         △ 119             △ 130
        貸倒引当金
        流動資産合計                                434,384              555,840
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               10,983               6,120
           減価償却累計額                             △ 2,638              △ 767
                                        △ 4,419                -
           減損損失累計額
           建物(純額)                              3,925              5,353
         工具、器具及び備品
                                         3,898              5,577
           減価償却累計額                             △ 2,047             △ 2,865
                                         △ 257              △ 18
           減損損失累計額
           工具、器具及び備品(純額)                              1,593              2,693
         有形固定資産合計                               5,518              8,046
        無形固定資産
                                         1,528              2,423
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                               1,528              2,423
        投資その他の資産
         出資金                                 35              35
         破産更生債権等                               8,062              8,062
         差入保証金                               10,280              13,793
         繰延税金資産                               38,339              70,154
         その他                                302              552
                                        △ 8,062             △ 8,062
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               48,957              84,535
        固定資産合計                                56,004              95,005
      資産合計                                 490,389              650,846
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                103,029              117,161
        未払金                                33,990              57,730
        未払費用                                24,711              29,357
        未払法人税等                                  270              270
        未払消費税等                                14,989              16,808
        前受金                                 1,857              22,413
        賞与引当金                                30,911              37,981
        役員賞与引当金                                 3,500              5,000
                                         8,952              8,972
        その他
        流動負債合計                                222,213              295,695
      負債合計                                 222,213              295,695
                                 26/61



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                55,136              55,598
        資本剰余金                                20,654              21,117
                                        151,569              223,873
        利益剰余金
        株主資本合計                                227,360              300,589
      新株予約権                                  40,815              54,561
      純資産合計                                 268,176              355,151
     負債純資産合計                                   490,389              650,846
                                 27/61
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     売上高                                  1,281,470              1,517,561
                                        592,388              732,688
     売上原価
     売上総利益                                   689,082              784,873
     販売費及び一般管理費
      役員報酬                                  38,718              38,844
      給料及び手当                                 321,764              367,063
      法定福利費                                  58,016              65,109
      退職給付費用                                  5,722              6,153
      賞与引当金繰入額                                  30,911              40,109
      役員賞与引当金繰入額                                  3,500              5,000
      貸倒引当金繰入額                                  △ 659             △ 230
                                        174,939              194,699
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                 632,914              716,748
     営業利益                                   56,168              68,124
     営業外収益
      受取利息                                    2              2
      受取賃貸料                                  4,361                -
                                           6              -
      雑収入
      営業外収益合計                                  4,369                2
     営業外費用
                                         4,103                -
      不動産賃貸原価
      営業外費用合計                                  4,103                -
     経常利益                                   56,434              68,127
     特別利益
      資産除去債務戻入益                                  1,623                -
                                          380              732
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                  2,003               732
     税金等調整前当期純利益                                   58,437              68,860
     法人税、住民税及び事業税
                                          270              270
     法人税等調整額                                  △ 10,459             △ 31,815
     法人税等合計                                  △ 10,189             △ 31,544
     当期純利益                                   68,627              100,405
     非支配株主に帰属する当期純利益                                      -              -
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   68,627              100,405
                                 28/61







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                        68,627              100,405
     当期純利益
     包括利益                                   68,627              100,405
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                  68,627              100,405
      非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 29/61

















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
        前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                              株主資本
                                               新株予約権       純資産合計
                     資本金      資本剰余金       利益剰余金      株主資本合計
     当期首残高                  53,656       19,174      106,343       179,174       22,157      201,332
     当期変動額
     新株の発行                 1,480       1,480              2,960              2,960
     剰余金の配当                              △ 23,401      △ 23,401             △ 23,401
     親会社株主に帰属する当期純利
                                    68,627       68,627              68,627
     益
     株主資本以外の項目の当期変動
                                                 18,657       18,657
     額(純額)
     当期変動額合計                  1,480       1,480      45,225       48,185       18,657       66,843
     当期末残高                  55,136       20,654      151,569       227,360       40,815      268,176
        当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                              株主資本
                                               新株予約権       純資産合計
                     資本金      資本剰余金       利益剰余金      株主資本合計
     当期首残高                  55,136       20,654      151,569       227,360       40,815      268,176
     当期変動額
     新株の発行                  462       462              925              925
     剰余金の配当                              △ 28,101      △ 28,101             △ 28,101
     親会社株主に帰属する当期純利
                                   100,405       100,405              100,405
     益
     株主資本以外の項目の当期変動
                                                 13,746       13,746
     額(純額)
     当期変動額合計                   462       462      72,303       73,228       13,746       86,975
     当期末残高                  55,598       21,117      223,873       300,589       54,561      355,151
                                 30/61










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                  58,437              68,860
      株式報酬費用                                  20,253              14,858
      減価償却費                                  1,562              2,224
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,732                11
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  1,785              7,069
      役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                  1,500              1,500
      受取利息及び受取配当金                                   △ 2             △ 2
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 31,477             △ 11,168
      破産更生債権等の増減額(△は増加)                                   831               -
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 6,711              14,131
      未払金の増減額(△は減少)                                   504             21,923
      未払費用の増減額(△は減少)                                  3,961              4,645
      前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 2,744              2,477
      前受金の増減額(△は減少)                                 △ 20,443              20,555
      前渡金の増減額(△は増加)                                  1,097                0
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                  △ 403             1,819
                                         2,280             △ 4,893
      その他
      小計                                  28,701              144,013
      利息及び配当金の受取額
                                           2              2
                                         △ 270             △ 270
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  28,433              143,745
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 5,148             △ 2,641
      無形固定資産の取得による支出                                  △ 358            △ 1,401
      差入保証金の差入による支出                                 △ 9,828             △ 4,007
      差入保証金の回収による収入                                    -            8,858
                                          △ 5              -
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 15,340                808
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      配当金の支払額                                 △ 23,206             △ 27,889
      新株予約権の行使による株式の発行による収入                                  1,744               545
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 21,462             △ 27,344
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 8,369             117,209
     現金及び現金同等物の期首残高                                   281,382              273,013
                                      ※  273,013             ※  390,222
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 31/61







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。 
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

    1.連結の範囲に関する事項
      連結子会社の数         1 社
        連結子会社の名称 株式会社FRSファシリティーズ
    2.連結子会社の事業年度等に関する事項

      連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
    3.会計方針に関する事項

     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
       たな卸資産
       貯蔵品
        最終仕入原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

      ①  有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法によっております。
        但し、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得する建物
       附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        また、取得価額が20万円未満の少額減価償却資産については、3年間で均等償却しております。
       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
        建物         12~24年
        工具、器具及び備品  4~5年
      ②  無形固定資産(リース資産を除く)
       ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっておりま
       す。
     (3)  重要な引当金の計上基準

      ① 貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      ② 賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上して
       おります。
      ③ 役員賞与引当金
        役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上してお
       ります。
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法

       当社グループは、確定給付型の制度として複数事業主制度としての総合設立型の企業年金基金(ベネフィット・ワ
      ン企業年金基金)に加入しております。当該企業年金基金は、自社の拠出に対応する年金資産の額を合理的に計算す
      ることが出来ないため、確定拠出制度と同様に会計処理しております。
     (5)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

       手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、か
      つ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資であります。
                                 32/61



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     (6)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
       消費税等の会計処理 
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によっております。
       (未適用の会計基準等)

     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
     (1)  概要

       国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
      基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
      Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日
      より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的
      な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
       企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
      を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
      点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
      には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
     (2)   適用予定日
       2022年3月期の期首から適用します。
     (3)   当該会計基準等の適用による影響
       「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
      ます。
      (表示方法の変更)

     (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日。以下「税効果会計基準一
     部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、
     繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しました。
      この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」38,339千円は、「投資そ
     の他の資産」の「繰延税金資産」38,339千円に含めて表示しております。
      また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係る会計
     基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加しております。
     ただし、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な取
     扱いに従って記載しておりません。
      (連結貸借対照表関係)
       該当事項はありません。
      (連結損益計算書関係)

       該当事項はありません。
      (連結包括利益計算書関係)

       該当事項はありません。
                                 33/61







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                23,401,800             16,000             -       23,417,800
     (変動事由の概要)
        普通株式の増加16,000株は新株予約権の権利行使による新株の発行による増加であります。
     2.自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)
                                                     当連結会計
                     目的となる株
      会社名         内訳                                      年度末残高
                             当連結会計                  当連結会計
                     式の種類
                                    増加      減少
                                                      (千円)
                             年度期首                  年度末
           第5回新株予約権
           (2015年11月26日発           普通株式        270,000         -    21,000     249,000        18,924
           行)
           第6回新株予約権

     提出会社      (2016年7月20日発           普通株式        432,500         -    15,000     417,500        17,170
           行)
           第7回新株予約権

           (2017年11月27日発           普通株式          -   470,000       7,500     462,500        4,721
           行)
               合計               702,500      470,000      43,500    1,129,000         40,815

     (注)1 目的となる株式の数は、新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載しており
          ます。
        2 目的となる株式の数の変動事由の概要
          第5回新株予約権の減少は、権利行使16,000株及び退職による失効5,000株によるものであります。
          第6回新株予約権の減少は、退職による失効15,000株によるものであります。
          第7回新株予約権の減少は、退職による失効7,500株によるものであります。
        3 第6回新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
          第7回新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
     4.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                        配当金の総額       1株当たり配当額
        決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                         (千円)         (円)
     2017年6月28日
                 普通株式           23,401          1.0   2017年3月31日          2017年6月29日
     定時株主総会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                                  1株当たり
                     配当金の総額
       (決議)       株式の種類              配当の原資       配当額        基準日         効力発生日
                      (千円)
                                    (円)
     2018年6月27日
                普通株式        28,101    利益剰余金         1.2   2018年3月31日          2018年6月28日
     定時株主総会
      当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
                                  5,000             -       23,422,800
     普通株式(株)                23,417,800
     (変動事由の概要)
        普通株式の増加5,000株は新株予約権の権利行使による新株の発行による増加であります。
                                 34/61


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     2.自己株式に関する事項
       該当事項はありません。
     3.新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)
                                                     当連結会計
                     目的となる株
      会社名         内訳                                      年度末残高
                             当連結会計                  当連結会計
                     式の種類
                                    増加      減少
                                                      (千円)
                             年度期首                  年度末
           第5回新株予約権
           (2015年11月26日発           普通株式        249,000         -    10,000     239,000        18,164
           行)
           第6回新株予約権

                                       -         402,500        18,917
           (2016年7月20日発           普通株式        417,500            15,000
           行)
     提出会社
           第7回新株予約権
                                       -                 15,272
           (2017年11月27日発           普通株式        462,500            22,500     440,000
           行)
           第8回新株予約権

           (2018年11月26日発           普通株式          -   530,000         -   530,000        2,208
           行)
               合計              1,129,000       530,000      47,500    1,611,500         54,561

     (注)1 目的となる株式の数は、新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載しており
          ます。
        2 目的となる株式の数の変動事由の概要
          第5回新株予約権の減少は、権利行使5,000株及び退職による失効5,000株によるものであります。
          第6回新株予約権の減少は、退職による失効15,000株によるものであります。
          第7回新株予約権の減少は、退職による失効22,500株によるものであります。
        3 第7回新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
          第8回新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
     4.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                        配当金の総額
                               1株当たり配当額
        決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                                  (円)
                         (千円)
     2018年6月27日
                 普通株式           28,101          1.2   2018年3月31日          2018年6月28日
     定時株主総会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                                  1株当たり
                     配当金の総額
       (決議)       株式の種類              配当の原資       配当額        基準日         効力発生日
                      (千円)
                                    (円)
     2019年6月26日
                        32,791              1.4
                普通株式             利益剰余金             2019年3月31日          2019年6月27日
     定時株主総会
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係 
                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                            至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
       現金及び預金                        273,013千円                 390,222千円
               計                273,013千円                 390,222千円
       預入期間3ヶ月超の定期預金                          -千円                 -千円
       現金及び現金同等物                        273,013千円                 390,222千円
                                 35/61




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社は、資金運用については短期的な預金等に限定しております。また、デリバティブの利用も無く、投機的な
      取引は行わない方針であります。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
       営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、与信管
      理規程に沿ってリスク低減を図っております。
       差入保証金は、主として事務所賃貸に伴う敷金であります。
       営業債務である買掛金及びその他金銭債務である未払金、未払費用、未払法人税等、未払消費税等については、
      そのほとんどが1年以内の支払期日となっております。
       また、営業債務等は、流動性リスクに晒されていますが、当社では、月次に資金繰り計画を作成するなどの方法
      により管理しております。
    2.金融商品の時価等に関する事項

       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       前連結会計年度(2018年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                           連結貸借対照表計上額               時価           差額
     (1)現金及び預金
                                  273,013           273,013             -
     (2)売掛金
                                  142,327
        貸倒引当金(※1)
                                   △119
                                  142,207           142,207             -
     (3)破産更生債権等
                                   8,062
        貸倒引当金(※2)
                                  △8,062
                                    -           -           -
     (4)差入保証金(※3)
                                  17,719           17,719             -
              資産計
                                  432,940           432,940             -
     (1)買掛金
                                  103,029           103,029             -
     (2)未払金
                                  33,990           33,990             -
     (3)未払費用
                                  24,711           24,711             -
     (4)未払法人税等
                                    270           270           -
     (5)未払消費税等
                                  14,989           14,989             -
              負債計                    176,991           176,991             -
     (※1)   売掛金に対応する貸倒引当金を控除しております。
     (※2)   破産更生債権等に対応する貸倒引当金を控除しております。
     (※3)   連結貸借対照表計上額との差額は、資産除去債務相当額619千円及び時価を把握することが極めて困難と認めら
        れるものであります。
                                 36/61







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(2019年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                           連結貸借対照表計上額               時価           差額
     (1)現金及び預金
                                  390,222           390,222             -
     (2)売掛金
                                  153,495
                                   △130
        貸倒引当金(※1)
                                  153,365           153,365             -
     (3)破産更生債権等
                                   8,062
        貸倒引当金(※2)
                                  △8,062
                                               -           -
                                    -
     (4)差入保証金(※3)
                                  11,068           11,068             -
              資産計
                                  554,656           554,656             -
     (1)買掛金
                                  117,161           117,161             -
     (2)未払金
                                  57,730           57,730             -
     (3)未払費用
                                  29,357           29,357             -
     (4)未払法人税等
                                    270           270           -
     (5)未払消費税等
                                  16,808           16,808             -
                                  221,328           221,328             -
              負債計
     (※1)   売掛金に対応する貸倒引当金を控除しております。
     (※2)   破産更生債権等に対応する貸倒引当金を控除しております。
     (※3)   連結貸借対照表計上額との差額は、資産除去債務相当額1,924千円及び時価を把握することが極めて困難と認め
        られるものであります。
    (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

    資産
    (1)  現金及び預金、(2)売掛金
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
    (3)  破産更生債権等
      破産更生債権等については、担保及び保証による回収見込額等に基づいて貸倒見積高を算定しているため、時価は
     決算日における貸借対照表価額から現在の貸倒見積高を控除した金額に近似しており、当該価額をもって時価として
     おります。
    (4)  差入保証金
      差入保証金のうち、敷金については、その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標で割り引いた現在
     価値により算定しております。なお、1年内回収予定の差入保証金を含めております。
    負債

    (1)  買掛金、(2)      未払金、(3)      未払費用、(4)未払法人税等、(5)                未払消費税等
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                              (単位:千円)
     区分            2018年3月31日           2019年3月31日
     差入保証金                   800           800
     差入保証金のうち、仕入先に対する営業保証金については返済期間を見積もることができず、時価を算定することが
    極めて困難と認められるため、「資産(4)差入保証金」には含めておりません。 
                                 37/61





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額
    前連結会計年度(2018年3月31日)
                   1年以内         1年超5年以内           5年超10年以内             10年超
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
     現金及び預金                  273,013              -           -           -
     売掛金                  142,327              -           -           -
     差入保証金                   8,858           8,861            -           -
     (注)破産更生債権(連結貸借対照表計上額8,062千円)については、償還予定が明確に確定できないため、記載して
        おりません。
    当連結会計年度(2019年3月31日)
                   1年以内         1年超5年以内           5年超10年以内             10年超
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
                      390,222              -           -           -
     現金及び預金
                      153,495              -           -           -
     売掛金
                         -         11,068             -           -
     差入保証金
     (注)破産更生債権(連結貸借対照表計上額8,062千円)については、償還予定が明確に確定できないため、記載して
        おりません。
      (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
      当社グループは、確定給付型の企業年金制度を採用しております。
      企業年金基金制度の「ベネフィット・ワン企業年金基金」は、複数事業主制度であり、自社の拠出に対応する年金
     資産の額を合理的に計算することが出来ないため、年金基金への拠出額を退職給付費用として会計処理しておりま
     す。 
     複数事業主制度

      確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の企業年金基金制度への要拠出額は、前連結会計年度5,722千
     円、当連結会計年度6,153千円であります。
     (1)  複数事業主制度の直近の積立状況

                                                       (千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                                                      28,874,677
       年金資産の額                                 19,170,226
       年金財政計算上の数理債務の額                                 18,831,759               28,932,001
       差引額                                   338,466              △57,324

     (2)  複数事業主制度の掛金に占める当社グループの割合
       前連結会計年度 0.06%(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
       当連結会計年度 0.06%(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     (3)  補足説明
       上記(2)の割合は、当社グループの実際の負担割合とは一致しません。
       (注)年金制度全体の積み立て状況については、入手可能な直近時点の年金財政計算に基づく数値として、当連結
        会計年度は2019年3月31日時点の数値を記載しております。
                                 38/61






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      (ストック・オプション等関係)
    1.費用計上額及び科目名
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
     販売費及び一般管理費                               20,253千円                  14,858千円
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       当連結会計年度(2019年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプション
      の数については、株式数に換算して記載しております。
     (1)  ストック・オプションの内容
                   第5回新株予約権          第6回新株予約権          第7回新株予約権          第8回新株予約権
     決議年月日               2015年11月11日          2016年7月5日          2017年11月10日          2018年11月9日

                   当社取締役2          当社取締役2                    当社取締役2

     付与対象者の区分及び人数                                   当社取締役2
     (名)                                   当社従業員54
                   当社従業員46          当社従業員50                    当社従業員62
     株式の種類及び付与数(株)               普通株式 280,000          普通株式 440,000          普通株式 470,000          普通株式 530,000

     付与日               2015年11月26日          2016年7月20日          2017年11月27日          2018年11月26日

                   付与日(2015年11月          付与日(2016年7月          付与日(2017年11月          付与日(2018年11月
                   26日)から権利確定          20日)から権利確定          27日)から権利確定          26日)から権利確定
     権利確定条件               日(2017年11月26          日(2018年7月20          日(2019年11月27          日(2020年11月26
                   日)まで継続して勤          日)まで継続して勤          日)まで継続して勤          日)まで継続して勤
                   務していること          務していること          務していること          務していること
                   2015年11月26日~          2016年7月20日~                    2018年11月26日~
                                        2017年11月27日~
     対象勤務期間
                                        2019年11月27日
                   2017年11月26日          2018年7月20日                    2020年11月26日
                   2017年11月27日~          2018年7月21日~                    2020年11月27日~
                                        2019年11月28日~
     権利行使期間
                                        2021年11月27日
                   2019年11月26日          2020年7月20日                    2022年11月26日
                                 39/61












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
       ①ストック・オプションの数
                    第5回新株予約権          第6回新株予約権          第7回新株予約権          第8回新株予約権
     決議年月日                2015年11月11日          2016年7月5日          2017年11月10日          2018年11月9日

     権利確定前

                           -        417,500          462,500

      前連結会計年度末(株)                                                     -
                           -          -          -

      付与(株)                                                   530,000
                           -         7,500          22,500

      失効(株)                                                     -
                           -        410,000             -

      権利確定(株)                                                     -
                           -          -        440,000

      未確定残(株)                                                   530,000
     権利確定後

                         249,000                       -

      前連結会計年度末(株)                                 -                    -
      権利確定(株)                       -        410,000             -          -

                          5,000            -          -

      権利行使(株)                                                     -
                          5,000          7,500            -

      失効(株)                                                     -
                         239,000          402,500             -

      未行使残(株)                                                     -
       ②単価情報

     決議年月日                2015年11月11日          2016年7月5日          2017年11月10日          2018年11月9日
     権利行使価格(円)                      109           93          124          105

                                      -          -

     行使時平均株価(円)                      119                               -
     付与日における公正な評価単
                           76          47          49          20
     価(円)
    3.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

     (1)使用した算定技法
       ブラック・ショールズモデル
     (2)使用した主な基礎数値及びその見積方法
       ①株価変動性 35.55%
        過去3年間(2015年11月25日から2018年11月26日まで)の株価実績に基づき算定
       ②予想残存期間 3年
        権利行使までの期間を合理的に見積もることが出来ないため、権利行使期間の中間点において行使されるもの
       と推定
       ③予想配当  1.2円/株
        直近の配当実績による
       ④無リスク利子率 -0.125%
        予想残存期間に対応する国債の利回りを採用
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しております。
                                 40/61



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳 
                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
      (繰延税金資産)
        貸倒引当金                            7,722千円                 7,605千円
        減価償却費超過額                             815千円                 -千円
        賞与引当金                           10,383千円                 12,757千円
        繰越欠損金                           92,298千円                 61,405千円
                                    6,100千円                 6,976千円
        その他
        繰延税金資産小計                           117,320千円                 88,745千円
        税務上の繰越欠損金に係る評価性
                                     -千円              △7,251千円
        引当額(注2)
        将来減算一時差異等の合計に係る
                                     -千円              △11,338千円
        評価性引当額
                                  △78,981千円                 △18,590千円
        評価性引当額小計(注1)
        繰延税金資産合計
                                   38,339千円                 70,154千円
                                     -千円                 -千円
        繰延税金負債との相殺
        繰延税金資産の純額
                                   38,339千円                 70,154千円
     (注)   1.評価性引当額が60,390千円減少しております。この減少の主な内容は、当社において税務上の繰越欠損金に
          係る評価性引当額が前連結会計年度の68,358千円から7,251千円に減少したことに伴うものであります。
        2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
         当連結会計年度(2019年3月31日)
                           1年超     2年超     3年超     4年超
                     1年以内                         5年超       合計
                          2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
         税務上の繰越欠損金
                      17,055     14,570     10,600     16,891     1,347      940      61,405
         (千円)(a)
         評価性引当額(千円)                ―     ―  △1,046     △3,917     △1,347      △940       △7,251
         繰延税金資産(千円)             17,055     14,570     9,554    12,973       ―     ―    (b)54,153
        (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
        (b)  税務上の繰越欠損金61,405千円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産54,153千円を計上して
          おります。当該繰延税金資産54,153千円は、税務上の繰越欠損金の残高61,405千円(法定実効税率を乗じた
          額)の一部について認識したものであります。当該繰延税金資産を計上した税務上の繰越欠損金は、将来の
          課税所得の見込みにより、回収可能と判断し評価性引当額を認識しておりません。
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳 

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
       法定実効税率
                                      33.80%              33.59%
       (調整)
       役員報酬損金不算入の影響                               1.16%              1.71%
       株式報酬費用損金不算入の影響                               11.49%               7.25%
       新株予約権の戻入益の当期認容額の影響                                 -%            △0.36%
       損金経理をした附帯税、加算金、延滞金及び過怠
                                        -%             0.10%
       税の影響
       繰越欠損金の期限切れによる影響                               64.24%                -%
       評価性引当額の増減による影響                             △128.60%               △87.95%
       住民税均等割等                               0.46%              0.39%
                                       0.01%             △0.54%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                              △17.44%              △45.81%
                                 41/61




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      (資産除去債務関係)
     前連結会計年度(2018年3月31日)
     資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
     該当事項はありません。
     なお、資産除去債務の負債計上に代えて、敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積もり、
    そのうち当連結会計年度の負担に属する金額を費用計上する方法を用いているものに関して、当連結会計年度末におい
    て敷金の回収が最終的に見込めないと算定した金額は1,702千円であります。
     当連結会計年度(2019年3月31日)

     資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
     該当事項はありません。
     なお、資産除去債務の負債計上に代えて、敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積もり、
    そのうち当連結会計年度の負担に属する金額を費用計上する方法を用いているものに関して、当連結会計年度末におい
    て敷金の回収が最終的に見込めないと算定した金額は2,197千円であります。
      (セグメント情報等)

     【セグメント情報】
    1.報告セグメントの概要
      (1) 報告セグメントの決定方法
          当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
        経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
          当社グループは、企業のソリューションニーズが最も高まるオフィス移転時において、不動産物件の仲介から内
        装工事、各種インフラやオフィス機器・什器の手配までトータルにサポートする、ソリューション事業をおこなっ
        ております。
          従って、当社グループはソリューション事業の単一セグメントから構成されており、当該セグメントを報告セグ
        メントとしております。
      (2) 各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

          「(1)報告セグメントの決定方法」を参照願います。
    2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        当社グループは、ソリューション事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

        当社グループは、ソリューション事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

        該当事項はありません。
                                 42/61







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     【関連情報】
      前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       当社のソリューション事業は単一のサービスを取り扱っており、損益計算書の売上高は全て当該サービスによる
      ものであるため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1) 売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。 
      (2) 有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

        該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

     1.製品及びサービスごとの情報
       当社のソリューション事業は単一のサービスを取り扱っており、損益計算書の売上高は全て当該サービスによる
      ものであるため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1) 売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。 
      (2) 有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

        該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
        該当事項はありません。 
      当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

        該当事項はありません。 
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         該当事項はありません。
                                 43/61





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      【関連当事者情報】
    1.関連当事者との取引
     (1)   連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (ア)   連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
         前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
                              議決権等
                    資本金又
         会社等の名称                事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類           所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                     (千円)
                              割合(%)
                                       商品の仕入
                                  役員の兼
                                              13,695    買掛金      1,582
                                  任、オフィ
                              (被所有)
                         情報通信コ
                東京都
                                  ス賃貸、商     受取賃貸料
    親会社    ㈱フォーバル            4,150,294    ンサルタン       直接               3,329     -       -
                                  品の仕入、
                渋谷区
                         ト業
                                61.19
                                  有形固定資
                                       有形固定資
                                               4,189     -       -
                                  産の購入
                                       産の購入
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注)1 取引の価格の算定は双方協議の上、契約等に基づき決定しております。
         2 取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

                              議決権等
                    資本金又
         会社等の名称                事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類           所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                     (千円)
                              割合(%)
                              (被所有)
                         情報通信コ         役員の兼
                東京都
                                              17,725           3,039
    親会社    ㈱フォーバル            4,150,294    ンサルタン       直接  任、商品の     商品の仕入           買掛金
                渋谷区
                         ト業         仕入
                                61.18
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注)1 取引の価格の算定は双方協議の上、契約等に基づき決定しております。
         2 取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
      (イ)   連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

         前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
                              議決権等
                    資本金又
         会社等の名称                事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類           所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                     (千円)
                              割合(%)
                                       請負業務収
                                              350,077     売掛金      36,965
                                  役員の兼
                                       入
               東京都
    親会社の    ㈱ヴァンクー                情報通信機
                                  任、
                      10,000           -
    子会社    ル                器販売事業
               千代田区
                                  業務受託、
                                       商品の仕入       7,261     -       -
                                  商品の仕入
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注)1 取引価格の算定は、双方協議の上、契約等に基づき決定しております。
         2 取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

                              議決権等
                    資本金又
         会社等の名称                事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類           所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                     (千円)
                              割合(%)
               東京都                   役員の兼

    親会社の    ㈱ヴァンクー                情報通信機              請負業務収
                                              347,679           32,575
                      10,000           -                  売掛金
                                  任、
    子会社    ル                器販売事業              入
               千代田区
                                  業務受託、
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注)1 取引価格の算定は、双方協議の上、契約等に基づき決定しております。
         2 取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
                                 44/61




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      (ウ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
         前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

          該当事項はありません。
     (2)   連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

      株式会社FRSファシリティーズ
      (ア)   連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
         前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
                              議決権等
                    資本金又
         会社等の名称                事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類           所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                     (千円)
                              割合(%)
                              (被所有)
                         情報通信コ         商品の売
               東京都
    親会社    ㈱フォーバル            4,150,294    ンサルタン       間接  上、商品の     商品の売上       2,365     -       -
               渋谷区
                         ト業         仕入
                                61.19
                                       商品の売上       1,886    売掛金       637
                                  商品の売
               東京都
    親会社の    ㈱ヴァンクー                情報通信機
                      10,000           - 上、商品の
    子会社    ル       千代田区         器販売事業
                                  仕入
                                       商品の仕入       3,840    買掛金       140
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注)1 取引価格の算定は、双方協議の上、契約等に基づき決定しております。
         2 取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

                              議決権等
                    資本金又
         会社等の名称                事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類           所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                     (千円)
                              割合(%)
                                              10,728           635
                                       商品の売上           売掛金
                              (被所有)
                         情報通信コ         商品の売
               東京都
    親会社    ㈱フォーバル            4,150,294    ンサルタン       間接  上、商品の
               渋谷区
                         ト業         仕入
                                61.18
                                       商品の仕入        678    -       -
                                               2,482           658

                                       商品の売上           売掛金
                                  商品の売
               東京都
    親会社の    ㈱ヴァンクー                情報通信機
                      10,000           - 上、商品の
    子会社    ル                器販売事業
               千代田区
                                  仕入
                                               1,500
                                       商品の仕入            -       -
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注)1 取引価格の算定は、双方協議の上、契約等に基づき決定しております。
         2 取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
    2   親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)  親会社情報
       株式会社フォーバル(株式会社東京証券取引所に上場)
     (2)  重要な関連会社の要約財務情報

       該当事項はありません。
                                 45/61






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                           前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                          至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     1株当たり純資産額                                9.71円                 12.83円
     1株当たり当期純利益金額                                2.93円                  4.29円
     潜在株式調整後
                                    2.92円                  4.28円
     1株当たり当期純利益金額
     (注)   1.1株当たり当期純利益金額、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりで
          あります。
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)             至 2019年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                                100,405
                                         68,627
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                                      100,405
                                         68,627
      当期純利益(千円)
                                                    23,421,636
       普通株式の期中平均株式数(株)                                  23,404,545
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

                                                         ―
      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)                                       ―
                                                         ―
      (うち支払利息(税額相当控除後)(千円)                                       ―
      普通株式増加数(株)                                    81,400             30,487
      (うち新株予約権(株))                                   (81,400)             (30,487)
                                            第7回新株予約権
                                            (新株予約権の数4,400個)
                               第7回新株予約権
                                            (新株予約権の目的となる
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり                           (新株予約権の数4,625個)
                                            株式の数440,000株)
     当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要
                                            第8回新株予約権
                               (新株予約権の目的となる
                                            (新株予約権の数5,300個)
                               株式の数462,500株)
                                            (新株予約権の目的となる
                                            株式の数530,000株)
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。 
                                 46/61









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      ⑤  【連結附属明細表】
       【社債明細表】
         該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

         該当事項はありません。
       【資産除去債務明細表】

         本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、
        資産除去債務明細表の記載を省略しております。
     (2)  【その他】

        当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

     売上高               (千円)          382,183          743,008         1,081,551          1,517,561

     税金等調整前四半期(当期)純利
                          15,431          23,481          38,388          68,860
     益金額(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                          15,364          23,346          38,185         100,405
     (当期)純利益金額(千円)
     1株当たり四半期(当期)純利
                           0.66          1.00          1.63          4.29
     益金額(円)
         (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額

                           0.66          0.34          0.63          2.66
     (円)
                                 47/61











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                224,365              277,920
                                      ※1  64,778            ※1  74,087
        売掛金
        貯蔵品                                  115              115
        立替金                                 1,750              4,968
        関係会社短期貸付金                                30,000              30,000
                                       ※1  8,160            ※1  15,037
        未収入金
        前払費用                                 7,541              5,060
        1年内回収予定の差入保証金                                 8,858                -
        その他                                  144              378
                                        △ 8,902               △ 94
        貸倒引当金
        流動資産合計                                336,811              407,473
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               3,925              5,353
                                         1,593              2,693
         工具、器具及び備品
         有形固定資産合計                               5,518              8,046
        無形固定資産
                                         1,528              2,423
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                               1,528              2,423
        投資その他の資産
         出資金                                 30              30
         破産更生債権等                               8,062              8,062
         長期前払費用                                302              552
         差入保証金                               10,280              13,793
         繰延税金資産                               38,339              62,171
                                        △ 8,062             △ 8,062
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               48,952              76,547
        固定資産合計                                55,999              87,018
      資産合計                                 392,810              494,491
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                 7,833              17,560
                                      ※1  33,771            ※1  55,351
        未払金
                                      ※1  25,064            ※1  29,693
        未払費用
        未払法人税等                                  200              200
        未払消費税等                                13,368              10,678
                                       ※1  1,527             ※1  390
        前受金
        預り金                                 8,456              8,773
        賞与引当金                                30,911              37,981
        役員賞与引当金                                 3,500              5,000
                                           1              3
        その他
        流動負債合計                                124,634              165,632
      負債合計                                 124,634              165,632
                                 48/61



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                55,136              55,598
        資本剰余金
                                        20,654              21,117
         資本準備金
         資本剰余金合計                               20,654              21,117
        利益剰余金
         その他利益剰余金
                                        151,569              197,581
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                              151,569              197,581
        株主資本合計                                227,360              274,297
      新株予約権                                  40,815              54,561
      純資産合計                                 268,176              328,859
     負債純資産合計                                   392,810              494,491
                                 49/61















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                      ※1  683,365            ※1  744,099
     売上高
                                        58,355              80,104
     売上原価
     売上総利益                                   625,009              663,994
                                      ※2  573,390            ※2  627,110
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   51,619              36,884
     営業外収益
                                        ※1  432            ※1  444
      受取利息
                                       ※1  3,600            ※1  3,600
      受取手数料
                                       ※1  4,361
      受取賃貸料                                                   -
      貸倒引当金戻入額                                   449             8,819
                                           5              -
      雑収入
      営業外収益合計                                  8,848              12,863
     営業外費用
                                         4,103                -
      不動産賃貸原価
      営業外費用合計                                  4,103                -
     経常利益                                   56,364              49,747
     特別利益
      資産除去債務戻入益                                  1,623                -
                                          380              732
      新株予約権戻入益
     特別利益合計                                    2,003               732
     税引前当期純利益                                   58,367              50,480
     法人税、住民税及び事業税
                                          200              200
                                       △ 10,459             △ 23,832
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  △ 10,259             △ 23,632
     当期純利益                                   68,627              74,112
      【売上原価明細書】 

                            前事業年度                  当事業年度
                         (自    2017年4月1日               (自    2018年4月1日
                          至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
                   注記               構成比                  構成比
          区分              金額(千円)                  金額(千円)
                   番号                (%)                  (%)
     Ⅰ   商品仕入高
                              50,972       87.3           71,401       89.1
     Ⅱ   外注費
                              7,383                  8,703
                                    12.7                  10.9
       売上原価
                                    100.0           80,104      100.0
                              58,355
     (注)製品、仕掛品がないため原価計算制度は採用しておりません。

                                 50/61







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      ③【株主資本等変動計算書】
        前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                             株主資本
                       資本剰余金           利益剰余金
                                                 新株     純資産
                                その他
                                          株主資本
                                                予約権      合計
                資本金
                               利益剰余金
                          資本剰余金           利益剰余金
                                           合計
                    資本準備金
                           合計           合計
                                繰越利益
                                剰余金
     当期首残高            53,656     19,174     19,174     106,343     106,343     179,174      22,157     201,332
     当期変動額
     新株の発行            1,480     1,480     1,480                2,960           2,960
     剰余金の配当                           △ 23,401     △ 23,401     △ 23,401          △ 23,401
     当期純利益                           68,627     68,627     68,627           68,627
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                            18,657     18,657
     額)
     当期変動額合計            1,480     1,480     1,480     45,225     45,225     48,185     18,657     66,843
     当期末残高            55,136     20,654     20,654     151,569     151,569     227,360      40,815     268,176
        当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                             株主資本
                       資本剰余金           利益剰余金
                                                 新株     純資産
                                その他
                                          株主資本
                                                予約権      合計
                資本金
                               利益剰余金
                          資本剰余金           利益剰余金
                                           合計
                    資本準備金
                           合計           合計
                                繰越利益
                                剰余金
     当期首残高            55,136     20,654     20,654     151,569     151,569     227,360      40,815     268,176
     当期変動額
     新株の発行            462     462     462                925           925
     剰余金の配当                           △ 28,101     △ 28,101     △ 28,101          △ 28,101
     当期純利益                           74,112     74,112     74,112           74,112
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                            13,746     13,746
     額)
     当期変動額合計             462     462     462    46,011     46,011     46,936     13,746     60,682
     当期末残高            55,598     21,117     21,117     197,581     197,581     274,297      54,561     328,859
                                 51/61








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
      (重要な会計方針)

     1.資産の評価基準及び評価方法
      (1)有価証券の評価基準及び評価方法
       子会社株式
        移動平均法による原価法
      (2)たな卸資産の評価基準及び評価方法

        たな卸資産
        貯蔵品
         最終仕入原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
     2.固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法によっております。
        但し、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得する建物
       附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        また、取得価額が20万円未満の少額減価償却資産については、3年間で均等償却しております。
       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
        建物         12~24年
        工具、器具及び備品  4~5年
      (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

       ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっておりま
       す。
     3.引当金の計上基準

      (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)  賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上しており
       ます。
      (3)  役員賞与引当金
        役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上しておりま
       す。
     4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によっております。
      (表示方法の変更)

     (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日。以下「税効果会計基準一
     部改正」という。)を当事業年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負
     債は固定負債の区分に表示する方法に変更しました。
      この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」38,339千円は、「投資その他の資
     産」の「繰延税金資産」38,339千円に含めて表示しております。
      また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第4項に定める「税効果会計に係る会計基準」注解
     (注8)(1)(評価性引当額の合計額を除く。)に記載された内容を追加しております。ただし、当該内容のうち前事
                                 52/61

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
     業年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な取扱いに従って記載しておりませ
     ん。 
      (貸借対照表関係)

     ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務
       区分表示されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権または金銭債務の金額は、次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度

                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
       短期金銭債権                        19,051千円                 27,560千円
       短期金銭債務                         1,733千円                 3,039千円
      (損益計算書関係)

     ※1 関係会社との営業取引及び営業取引以外の取引の取引高の総額
                              前事業年度                 当事業年度

                           (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                            至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
       営業取引(収入分)                        70,795千円                 50,914千円
       営業取引(支出分)                        21,601千円                 17,775千円
       営業取引以外の取引(収入分)                         7,360千円                 4,042千円
     ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                              前事業年度                 当事業年度

                           (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                            至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
       給料及び手当                        284,554    千円             311,861    千円
       販売促進費                        26,573   千円              38,740   千円
       賞与引当金繰入額                        27,746   千円              28,471   千円
       役員賞与引当金繰入額                         3,500   千円              5,000   千円
       減価償却費                         1,562   千円              2,224   千円
        おおよその割合

        販売費                          4.7%                 6.2%
        一般管理費                          95.3〃                 93.8〃
                                 53/61









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
        該当事項はありません。
      (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                              前事業年度                 当事業年度

                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
      (繰延税金資産)
        貸倒引当金                            5,620千円                 2,542千円
        減価償却費超過額                             815千円                 -千円
        関係会社株式評価損                            3,359千円                 3,358千円
        賞与引当金                           10,383千円                 12,757千円
        繰越欠損金                           68,358千円                 47,180千円
                                    5,667千円                 5,967千円
        その他
        繰延税金資産小計
                                   94,205千円                 71,806千円
                                  △55,865千円                 △9,634千円
        評価性引当額
        繰延税金資産合計
                                   38,339千円                 62,171千円
                                     -千円                 -千円
        繰延税金負債との相殺
        繰延税金資産の純額
                                   38,339千円                 62,171千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳 

                                  前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
       法定実効税率
                                      33.80%              33.59%
       (調整)
       役員報酬損金不算入の影響                               1.16%              2.33%
       株式報酬費用損金不算入の影響                               11.51%               9.89%
       新株予約権の戻入益の当期認容額の影響                                 -%            △0.49%
       損金経理をした附帯税、加算金、延滞金及び過怠
                                        -%             0.13%
       税の影響
       繰越欠損金の期限切れによる影響                               64.32%                -%
       評価性引当額の増減による影響                             △128.81%               △91.92%
       住民税均等割等                               0.34%              0.40%
                                       0.10%             △0.74%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                              △17.58%              △46.82%
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。 
                                 54/61







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
      ④  【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:千円)
                                                       差引期末
                                          減価償却累
      区分      資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
                                            計額
                                                        残高
    有形固定
          建物                 1,931      2,374      6,120       767      503     5,353
                     6,564
    資産
          工具、器具及び
                           2,314       395     5,559      2,865      1,214      2,693
                     3,640
          備品
                           4,245      2,770     11,680      3,633      1,717      8,046
             計       10,204
    無形固定
                           1,401       -    3,977      1,553       506     2,423
          ソフトウェア           2,575
    資産
                           1,401       -    3,977      1,553       506     2,423
             計        2,575
     (注)   1 当期増加額は次のとおりであります。
          建物            宇田川ビル建物附属設備購入                             1,931千円
          工具、器具及び備品                                        2,314千円
                      PC等購入
                                                 1,401千円
          ソフトウェア            設計ソフト等購入
        2 当期首残高及び当期末残高は、取得価額から減損損失累計額を除いた数値を記載しております。
       【引当金明細表】

                                          (単位:千円)

         区分         当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高

                                11       8,819        8,156

     貸倒引当金                 16,964
                              37,981        30,911        37,981

     賞与引当金                 30,911
                              5,000        3,500        5,000

     役員賞与引当金                 3,500
     (2)  【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3)  【その他】
         該当事項はありません。
                                 55/61









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度             4月1日から3月31日まで

     定時株主総会             6月中

     基準日             3月31日

     剰余金の配当の基準日             9月30日、3月31日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り

       取扱場所           東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

       株主名簿管理人           東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社

       取次所           三井住友信託銀行株式会社 全国各支店

       買取手数料           株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による公告

                  をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
     公告掲載方法
                  当社の公告掲載URLは次のとおりであります。
                  https://www.realstraight.co.jp/
     株主に対する特典             なし

                                 56/61












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2【その他の参考情報】

     当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
    (1)  有価証券報告書及びその添付書類、並びに確認書

      事業年度      第24期(自       2017年4月1日         至   2018年3月31日)2018年6月27日                 関東財務局長に提出
    (2)  内部統制報告書及びその添付書類
      事業年度      第24期(自       2017年4月1日         至   2018年3月31日)2018年6月27日                 関東財務局長に提出
    (3)  四半期報告書及び確認書
      第25期第1四半期         (自    2018年4月1日         至   2018年6月30日)2018年8月9日                 関東財務局長に提出
      第25期第2四半期         (自    2018年7月1日         至   2018年9月30日)2018年11月9日                 関東財務局長に提出
      第25期第3四半期         (自    2018年10月1日         至   2018年12月31日)2019年2月12日                 関東財務局長に提出
    (4)  臨時報告書
      企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づ
      く臨時報告書                                                       2018年7月2日         関東財務局長に提出
      企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4(監査公認会計士等の異動)の規定に基づく臨時報告
      書                                                       2018年7月2日              関東財務局長に提出
                                 57/61













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 58/61



















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    2019年6月26日

    株式会社フォーバル・リアルストレート
     取締役会  御中
                            太陽有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士       佐藤 健文         ㊞
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員
                                        公認会計士       小野 潤         ㊞
                              業務執行社員
    <財務諸表監査>

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社フォーバル・リアルストレートの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸
    表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッ
    シュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監
    査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
    式会社フォーバル・リアルストレート及び連結子会社の2019年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連
    結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 59/61





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
    <内部統制監査>
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社フォーバル・リアル
    ストレートの2019年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
    内部統制報告書に対する経営者の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
    を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
    基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
    な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
    することを求めている。
     内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
    ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
    要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
    価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、株式会社フォーバル・リアルストレートが2019年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であ
    ると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の
    基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと
    認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

         会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 60/61








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーバル・リアルストレート(E05528)
                                                            有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2019年6月26日

    株式会社フォーバル・リアルストレート
     取締役会  御中
                            太陽有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士       佐藤 健文         ㊞
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員
                                        公認会計士       小野 潤         ㊞
                              業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社フォーバル・リアルストレートの2018年4月1日から2019年3月31日までの第25期事業年度の財務諸表、
    すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について
    監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
    社フォーバル・リアルストレートの2019年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をす
    べての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

         会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 61/61


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。