株式会社髙松コンストラクショングループ 有価証券報告書 第54期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第54期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)
提出日
提出者 株式会社髙松コンストラクショングループ
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】

    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2019年6月21日

    【事業年度】                      第54期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

    【会社名】                      株式会社髙松コンストラクショングループ

    【英訳名】                      TAKAMATSU     CONSTRUCTION       GROUP   CO.,   LTD.

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  吉武 宣彦

    【本店の所在の場所】                      大阪市淀川区新北野一丁目2番3号

    【電話番号】                      (06)6303-8101(代表)

    【事務連絡者氏名】                      常務執行役員グループ統括本部長 井筒 廣之

    【最寄りの連絡場所】                      大阪市淀川区新北野一丁目2番3号

    【電話番号】                      (06)6303-8101

    【事務連絡者氏名】                      常務執行役員グループ統括本部長 井筒 廣之

    【縦覧に供する場所】                      株式会社髙松コンストラクショングループ                    東京本社

                          (東京都千代田区神田美土代町1番地)

                          株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/87








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】
     1 【主要な経営指標等の推移】
       (1)  連結経営指標等
             回次             第50期       第51期       第52期       第53期       第54期
            決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

     売上高              (百万円)       189,212       208,883       214,130       245,107       249,720

     経常利益              (百万円)        7,212       10,468       12,932       13,702       12,425

     親会社株主に帰属する
                   (百万円)        6,343       5,799       6,596       7,957       7,022
     当期純利益
     包括利益              (百万円)        7,980       6,666       7,531       9,356       7,183
     純資産額              (百万円)        99,131       104,592       110,555       113,992       118,126

     総資産額              (百万円)       162,144       165,254       180,907       184,895       190,590

     1株当たり純資産額                (円)     2,397.37       2,528.74       2,673.89       2,861.26       2,987.44

     1株当たり当期純利益                (円)      176.13       161.01       183.13       223.39       201.70

     潜在株式調整後
                     (円)        -       -       -       -       -
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率                (%)       53.3       55.1       53.2       53.9       54.6
     自己資本利益率                (%)       7.6       6.5       7.0       8.1       6.9

     株価収益率                (倍)      14.57       15.07       14.21       13.50       11.85

     営業活動による
                   (百万円)        3,823       2,676       8,061       5,146       4,160
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (百万円)         280      △ 658     △ 1,388      △ 7,850      △ 5,371
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (百万円)       △ 1,185      △ 1,338      △ 1,718      △ 6,121      △ 5,402
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                   (百万円)        71,762       72,442       77,396       68,571       62,074
     期末残高
     従業員数                (名)      3,003       3,196       3,372       3,577       3,915
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
        3.平均臨時雇用者数については、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第54期の期
          首から適用しており、第50期から第53期までの主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用
          した後の金額となっております。
                                  2/87






                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
              回次              第50期      第51期      第52期      第53期       第54期
             決算年月              2015年3月      2016年3月      2017年3月      2018年3月       2019年3月

     売上高                 (百万円)        2,115      2,093      2,711       3,113       3,700

     経常利益                 (百万円)        1,230      1,116      1,619       1,713       2,413

     当期純利益                 (百万円)        3,854      1,150      1,655       1,708       2,727

     資本金                 (百万円)        5,000      5,000      5,000       5,000       5,000

     発行済株式総数                  (千株)      38,880      38,880      38,880       38,880       38,880

     純資産額                 (百万円)       33,103      32,886      33,176       29,988       30,168

     総資産額                 (百万円)       34,872      34,034      34,399       31,238       31,025

     1株当たり純資産額                   (円)     919.06      913.04      921.09       861.27       866.46

                          ※1    27.00      34.00      43.00    ※2    56.00
                                                       60.0
     1株当たり配当額
                       (円)
                            ( 11.00   )   ( 12.00   )   ( 15.00   )    ( 20.00   )    ( 22.0  )
     (うち1株当たり中間配当額)
     1株当たり当期純利益                   (円)     107.00       31.95      45.97       47.98       78.32
     潜在株式調整後
                              -      -      -       -       -
                       (円)
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率                   (%)      94.9      96.6      96.4       96.0       97.2
     自己資本利益率                   (%)      12.3       3.5      5.0       5.4       9.1

     株価収益率                   (倍)      23.98      75.94      56.62       62.84       30.52

     配当性向                   (%)      25.2      106.4       93.5      116.7       76.6

                          ※3       22                      ※3       31
     従業員数                   (人)             21      23       28
     〔外、平均臨時雇用人員〕                               〔 ▶ 〕     〔 3 〕     〔 ▶ 〕
     株主総利回り                   (%)      141.3      135.5      147.5       173.0       142.2
     (比較指標:TOPIX[配当込み])                   (%)     (   130.7   )   (  116.5   )   (  133.7   )   (   154.9   )    (  147.1   )

     最高株価                   (円)      2,693      2,879      2,905       3,210       3,385

     最低株価                   (円)      1,500      1,960      2,219       2,525       2,380

     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.※1 特別配当          4.00円を含んでおります。
          ※2 記念配当10.00円を含んでおります。
        3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
        4.※3 平均臨時雇用者数については、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
        5.最高・最低株価は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  3/87






                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    2 【沿革】
       当社は、1917年10月大阪市において髙松留吉が土木建築請負業として髙松組を創業いたしました。
       その後の主な変遷は次のとおりであります。
       1965年6月      資本金3百万円をもって㈱髙松組を設立

       1970年2月      一級建築士事務所大阪府知事登録
       1971年2月      宅地建物取引業法による宅地建物取引業者として、建設大臣免許を取得
       1978年2月      建設業法による建設大臣許可変更
       1980年11月      ㈱日本内装を設立
       1983年1月      東京都中央区に東京支店(のち東京本店)を開設
       1990年10月      髙松建設㈱に商号変更
       1993年3月      やまと建設㈱(現         髙松テクノサービス㈱(本店所在地・大阪府)(子会社))を設立
       1994年4月      ㈱髙富士(現       髙松エステート㈱(本店所在地・大阪府)(子会社))を設立
       1996年3月      本社ビル完成にともない、本社および大阪本店所在地を大阪市淀川区新北野一丁目2番3号に移転
       1997年4月      やまと建設㈱(現         髙松テクノサービス㈱(本店所在地・東京都)(子会社))を設立
       1997年10月      大阪証券取引所市場第二部に上場、公募増資により資本金2,418百万円となる
       1999年1月      大阪本店において、建築物の設計・施工および附帯サービスについて、ISO9001認証取得
       2000年1月      日本オーナーズクレジット㈱(子会社)を設立
       2000年1月      東京証券取引所市場第二部に上場
       2000年10月      小松建設工業㈱(現          青木あすなろ建設㈱)の株式取得、それにともない小松舗道㈱(現                               あすなろ
              道路㈱)を子会社化
       2000年12月      ㈱日本建商(現        髙松エステート㈱(本店所在地・東京都)(子会社))を設立
       2000年12月      大阪本店・本社において環境国際規格ISO14001認証取得
       2002年7月      ㈱青木建設の株式取得、それにともない青木マリーン㈱を子会社化
       2002年10月      小松建設工業㈱をあすなろ建設㈱に、小松舗道㈱をあすなろ道路㈱に社名変更
       2004年1月      ㈱住之江工芸の株式取得、同社を子会社化
       2004年4月      あすなろ建設㈱と㈱青木建設が合併し、青木あすなろ建設㈱となる
       2004年7月      東京本店所在地を東京都港区芝二丁目14番5号に移転
       2005年3月      東京証券取引所、大阪証券取引所の市場第一部に指定
       2005年4月      戸建住宅事業部門(JPホーム事業本部)を分社化し、JPホーム㈱(子会社)を設立
       2005年11月      ㈱金剛組(子会社)を設立
       2006年1月      旧㈱金剛組より社寺建築事業を全面的に譲受け、新「㈱金剛組」としてスタート
       2006年2月      青木あすなろ建設㈱が大和ロック㈱(子会社)を設立
       2006年5月      青木あすなろ建設㈱が東興建設㈱の株式取得、同社を子会社化
       2007年9月      ㈱金剛組が㈱中村社寺の株式取得、同社を子会社化
       2008年9月      青木あすなろ建設㈱がみらい建設工業㈱およびみらいジオテック㈱の株式取得、両社を子会社化
       2008年9月      青木マリーン㈱がテクノマリックス㈱の株式取得、同社を子会社化
       2008年9月      やまと建設㈱(現         髙松テクノサービス㈱(本店所在地・東京都))が㈱エムズの株式取得、同社を
              子会社化
                                  4/87





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       2008年10月      吸収分割により持株会社へ移行し、主たる事業である建設事業を㈱日本内装に承継

              当社は㈱髙松コンストラクショングループに、㈱日本内装は髙松建設㈱に商号を変更
       2009年10月      みらい建設工業㈱がやまと建設㈱(現                  髙松テクノサービス㈱(本店所在地・東京都))から㈱エム
              ズの株式を取得、同社を子会社化
       2010年4月      青木マリーン㈱とテクノマリックス㈱が合併、合併後の商号は青木マリーン㈱
       2010年6月      東興建設㈱、みらいジオテック㈱および大和ロック㈱が合併、商号を東興ジオテック㈱に変更
       2011年6月      青木あすなろ建設㈱が新潟みらい建設㈱(子会社)を設立
       2012年2月      当社およびグループ各社の東京地区事業拠点を東京都港区芝四丁目8番2号に移転、集約
       2012年5月      青木あすなろ建設㈱が㈱島田組および㈱アクセスの株式を取得、子会社化
       2013年8月      青木あすなろ建設㈱が株式交換により青木マリーン㈱を完全子会社化
       2017年4月      やまと建設㈱(本店所在地・大阪府)およびやまと建設㈱(本店所在地・東京都)の両社の商号を
              髙松テクノサービス㈱(本店所在地・大阪府)および髙松テクノサービス㈱(本店所在地・東京
              都)に変更
       2017年4月      ㈱日本建商(本店所在地・大阪府)および㈱日本建商(本店所在地・東京都)の両社の商号を髙松
              エステート㈱(本店所在地・大阪府)および髙松エステート㈱(本店所在地・東京都)に変更
       2017年7月      株式交換により、みらい建設工業㈱が青木マリーン㈱を子会社化
       2017年10月      米国・ニューヨーク州にTakamatsu                 Construction       Group   USA,Inc.(子会社)を設立
       2018年4月      髙松建設㈱が㈱ミブコーポレーションの株式を取得、同社を子会社化
       2019年4月      髙松建設㈱がタカマツハウス㈱(子会社)を設立
       2019年5月      髙松建設㈱が㈱タツミプランニングの株式を取得、同社を子会社化
                                  5/87












                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    3 【事業の内容】
       当社グループは、建築事業および土木事業を主たる事業内容とし、その他に、不動産事業ならびにこれらに関連
      する事業をおこなっております。
       なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当してお
      り、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値にもとづいて判断する
      こととなります。
       事業会社各社の代表的な事業内容および当社グループの事業の系統図は、次のとおりであります。
      (建築事業主体)
       髙松建設㈱(建築工事・不動産事業)、㈱金剛組・㈱中村社寺(社寺建築)、JPホーム㈱(RC戸建住宅)、㈱
       住之江工芸(インテリアリフォーム)、髙松テクノサービス㈱[大阪府]・髙松テクノサービス㈱[東京都]
       (リフォーム・メンテナンス)、㈱エムズ(リノベーション事業)
      (建築事業、土木事業の両方)
       青木あすなろ建設㈱(土木・建築工事・不動産事業)、みらい建設工業㈱(港湾・海洋・土木・建築工事)
      (土木事業主体)
       青木マリーン㈱(海洋土木工事)、あすなろ道路㈱(舗装工事)、東興ジオテック㈱(法面保護・地盤改良工
       事)、新潟みらい建設㈱(舗装・一般土木工事)、㈱島田組・㈱アクセス(埋蔵文化財発掘調査)
      (不動産事業)
       髙松エステート㈱[大阪府]・髙松エステート㈱[東京都](不動産総合コンサルタント)、Takamatsu
       Construction       Group   USA,Inc.(不動産事業)、㈱ミブコーポレーション(不動産売買および仲介)
      (その他事業)
       日本オーナーズクレジット㈱(建築資金融資)
      (注)   ※ 東京証券取引所市場第一部に株式を上場しております。










                                  6/87



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
                                   議決権の所有
                       資本金     主要な事業
         名称         住所                又は被所有割             関係内容
                       (百万円)     の内容
                                   合(%)
     (連結子会社)
     髙松建設㈱            大阪市           建築事業、              当社が設備を賃貸しております。
                        5,000              100.0
      ※1 ※2            淀川区           不動産事業              役員の兼務…有
                            建築事業、
     青木あすなろ建設㈱            東京都                         当社が設備を賃貸しております。
                        5,000    土木事業、          79.1
      ※1 ※3            港区                         役員の兼務…有
                            不動産事業
     みらい建設工業㈱            東京都           建築事業、

                                      100.0
                        2,500                  当社が設備を賃貸しております。
                                     (100.0)
      ※1 ※4            港区           土木事業
     Takamatsu

                 米   国
                        21,100
     Construction            ニ  ュ  ー       不動産事業          100.0    役員の兼務…有
                       千米ドル
      Group    USA,Inc.     ※1    ヨーク州
                 大阪市
     髙松テクノサービス㈱                                 100.0
                         300   建築事業              役員の兼務…有
     〔大阪府〕                                (100.0)
                 北区
                 東京都
     髙松テクノサービス㈱                                 100.0
                         300   建築事業              役員の兼務…有
     〔東京都〕                                (100.0)
                 港区
                 大阪市                         当社が設備を賃貸しております。
                                      100.0
     ㈱金剛組                    300   建築事業
                                     (100.0)
                 天王寺区                         役員の兼務…有
                 東京都
                                      100.0
     JPホーム㈱                    100   建築事業              当社が設備を賃貸しております。
                                     (100.0)
                 中央区
                 愛知県
                                      100.0
     ㈱中村社寺                    100   建築事業              役員の兼務…有
                                     (100.0)
                 一宮市
     ㈱ミブコーポレーショ            東京都                    100.0
                         100   不動産事業              役員の兼務…有
     ン            渋谷区                   (100.0)
                 堺市                         当社が設備を賃貸しております。
                                      100.0
     ㈱住之江工芸                     98  建築事業
                                     (100.0)
                 美原区                         役員の兼務…有
                 神戸市
                                      100.0
     青木マリーン㈱                     90  土木事業
                                     (100.0)
                 東灘区
                 大阪府
                                      100.0
     ㈱島田組                     85  土木事業
                                     (100.0)
                 八尾市
                 札幌市
                                      100.0
     あすなろ道路㈱                     80  土木事業
                                     (100.0)
                 中央区
                 東京都
                                      100.0
     東興ジオテック㈱                     80  土木事業
                                     (100.0)
                 港区
     髙松エステート㈱            大阪市                         当社が設備を賃貸しております。
                                      100.0
                          50  不動産事業
                                     (100.0)
     〔大阪府〕            淀川区                         役員の兼務…有
     髙松エステート㈱            東京都
                                      100.0
                          50  不動産事業              役員の兼務…有
                                     (100.0)
     〔東京都〕            港区
                 東京都
                                      90.0
     ㈱エムズ                     40  建築事業
                 中央区                    (90.0)
                 大阪府                    100.0
     ㈱アクセス                     40  土木事業
                                     (100.0)
                 八尾市
                 新潟県
                                      100.0
     新潟みらい建設㈱            南魚沼郡         20  土木事業
                                     (100.0)
                 湯沢町
     他2社 ※5              -      -       -      -             -
                                  7/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     (注)   1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
        2.議決権の所有割合の(  )内は、間接所有割合を表示しており内数であります。
        3.※1 特定子会社に該当します。
        4.※2 髙松建設㈱は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超
             えております。
             同社の主要な損益情報等は以下のとおりであります。
               (1)売上高               66,964百万円
               (2)経常利益                5,087
               (3)当期純利益                3,538
               (4)純資産額               21,884
               (5)総資産額               43,908
        5.※3 青木あすなろ建設㈱は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が
             10%を超えておりますが、有価証券報告書の提出会社であるため主要な損益情報等の記載を省略して
             おります。
        6.※4 みらい建設工業㈱は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が
             10%を超えております。
             同社の主要な損益情報等は以下のとおりであります。
               (1)売上高               32,581百万円
               (2)経常利益                 630
               (3)当期純利益                 437
               (4)純資産額               12,575
               (5)総資産額               22,117
        7.※5     Takamatsu     Construction       Group   USA,Inc.が管理上の目的で不動産投資案件ごとに設立したLLC(有限
             責任会社)2社であり、重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                  8/87













                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1) 連結会社の状況
                                                 2019年3月31日現在
              セグメントの名称                           従業員数(名)
      建築事業                                                 2,118

      土木事業

                                                       1,246
      不動産事業                                                  364

       報告セグメント計                                                 3,728

      全社(共通)                                                  187

                 合計                                     3,915

      (注)   1.従業員数は就業人員であります。
         2.平均臨時雇用者数については、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、報告セグメントに帰属していない人員であります。
     (2) 提出会社の状況

                                                 2019年3月31日現在
      セグメントの名称            従業員数(名)           平均年齢(歳)          平均勤続年数(年)          平均年間給与(千円)
        全社(共通)                31           45.0           10.0          7,477

      (注)   1.従業員数は就業人員であります。また執行役員3名を含んでおりません。
         2.平均勤続年数の算定にあたり、グループ会社からの転籍者および出向者は各社における勤続年数を通算し
           ております。
         3.平均臨時雇用者数については、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
         4.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
     (3) 労働組合の状況

       労使関係について特に記載すべき事項はありません。
                                  9/87










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
        (注)   「第2 事業の状況」における各事項の記載金額については、消費税等抜きの金額で表示しております。
     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

         文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
       (1)経営方針

         当社グループは、建設を通して社会における相互補完の一翼を担うことを経営理念とし、お客様、お取引
        先、株主様をはじめとするステークホルダーの皆様はもちろん、地域社会を含めた全ての人々に対し、グルー
        プ会社がそれぞれの事業を通じて高い評価を得ることを目指し、もってグループトータルの企業価値の増大を
        計ることを経営目標に掲げております。
         この経営目標達成のため、よりビッグでよりハイプロフィットなグループを目指しておりますが、不正や不
        当な手段による社益の追求は勿論のこと、浮利を追うなどの利益第一主義に陥ってはならないことを経営の基
        本姿勢としております。
       (2)経営環境
         日本国内における建設市場は、2020年の東京オリンピック後も2~3年は比較的堅調な市況が継続するとの
        見通しが大方の見方となっていますが、その後はなだらかな減少に向かうと当社は考えています。また今後、
        政府主導による働き方改革への対応や、建設業界の担い手の急速な減少にともなう労務費の上昇なども避けら
        れない見通しです。
         一方、当社グループの中核事業会社である髙松建設㈱の中心セグメントである賃貸マンション建築は、人口
        流入が継続すると見込まれる3大都市圏、特に首都圏で堅調であり、低金利の継続見通しと併せ考えると、当
        面は堅調な市況が継続すると考えています。
       (3)経営戦略および対処すべき課題等
         このような状況のなかで、当社は2019年3月期に中期経営計画の最終年度に当たる2020年3月期の目標を1年
        前倒しで達成する計画とし、売上高や利益項目につきましては未達となったものの、受注は目標を大きく上回
        ることができました。また、2018年4月に当社グループの中核事業会社である髙松建設㈱と青木あすなろ建設㈱
        に新社長が就任して2年目を迎えるにあたり、新体制下での長期ビジョンを社内外に明示すべく、このたび2020
        年3月期を初年度とする新たな中期経営計画「Create!2022」を策定いたしました。
         本中計ではグループ全体として、「高成長・高収益企業を創る」、「グループの新事業領域を創る」、「多
        様性とコンプライアンスを尊重する企業文化の創造」、「シナジー効果の創出」、「経済・社会や環境への価
        値創造」の5つの「創る」をキーワードにしています。
         「高成長・高収益企業を創る」に関しては、髙松建設グループは好調を持続する首都圏の土地有効活用を中
        心に事業拡大を図り、グループ全体の成長を牽引する一方で、中堅ゼネコンである青木あすなろ建設グループ
        は将来の建設市場全体のなだらかなピークアウトを見据え、堅実な成長と利益率の向上をはかってまいりま
        す。具体的には、髙松建設グループでは非マンション領域での競争力強化に加え、2019年3月期の売上高未達要
        因にもなった設計期間の延びを抑制するためのチェック体制の強化および技術・ノウハウ・社員スキルの向上
        をはかることで成長を持続させ、青木あすなろ建設グループでは利益率向上のため、生産性向上や工事採算性
        の向上に取り組みます。
         「グループの新事業領域を創る」は、直近の具体例として、髙松建設㈱が2019年4月に新会社タカマツハウス
        ㈱を設立すると同時に㈱タツミプランニングのM&Aも実施し、新事業領域である木造戸建住宅事業に進出したこ
        とが示すように、今後とも積極的なM&Aと新規事業領域へのチャレンジを継続します。
         「多様性とコンプライアンスを尊重する企業文化の創造」については、多様性を成長力や変革・革新の源泉
        と考え、グループ会社の多様性、従業員の多様性を尊重してまいります。具体的には女性活躍や高齢人材の有
        効活用、社員教育を推進し、働き方改革を進めてまいります。働き方改革については、中核会社においては現
        場閉所目標値を設け、生産性向上との両輪で取り組み、建設業全体の労働環境の向上に貢献する所存です。
         上記の取り組みにより、グループ22社のシナジー効果を最大化し、中期経営計画最終年度の2022年3月期に
        は、売上高3,000億円、営業利益180億円を実現し、「経済・社会や環境」への価値創造をはかってまいりま
        す。
                                 10/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】
         有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及
        ぼす可能性のある事項には、主として以下のようなものがあります。
         なお、文中における将来に関する事項については当連結会計年度末現在において当社グループが判断したも
        のであります。
         当社グループでは、こうした事業を取り巻くリスクや不確定要因等に対して、その予防や分散、リスクヘッ
        ジを実施することにより企業活動への影響について最小限にとどめるべく対応をはかっております。
       (1)  受注環境の変化によるリスク

          国内外の景気を取り巻く不透明感等により民間設備投資・住宅投資が減少した場合や、財政健全化を目的
         とした公共投資が減少した場合には、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)  建設資材価格・労務単価の上昇及び人手不足のリスク

          建設資材価格や労務単価などが請負契約締結後に大幅に上昇し、競争激化によりそれを請負金額に反映す
         ることが困難な場合、及び建設技術者・技能労働者の確保が困難な場合、業績に影響を及ぼす可能性があり
         ます。
       (3)  税制改正及び金融環境等の変化によるリスク

          相続税・資産課税強化や、金融機関の融資スタンスの変化並びに金利上昇等の金融情勢に変化があった場
         合、及び賃貸マンションの空室率等に変化があった場合、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (4)  取引先の信用リスク

          景気の後退や建設市場の縮小などにより発注者、協力業者、共同施工会社などの取引先が信用不安に陥っ
         た場合には、資金の回収不能や施工遅延などの事態が発生し、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (5)  施工上の不具合や重大な事故によるリスク

          設計施工などで重大な瑕疵があった場合や、人身・施工物などに重大な事故が発生した場合には、その改
         修や損害賠償および信用失墜により、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)  資産の保有リスク

          国内および海外に事業上必要な不動産、有価証券等を保有しており、これらについて予想を上回る市場価
         格の下落や為替相場の変動等が生じた場合には、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)  新規事業(海外、M&A)に関するリスク

          海外での事業展開の中で、進出国での政治・経済情勢、為替や法的規制等に著しい変化が生じた場合や不
         動産市況の変化等が起こった場合には、工事の進捗や利益確保に影響を及ぼす恐れがあります。また、M&Aで
         取得した企業との融合によるシナジー効果が実現されない場合、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (8)  自然災害等によるリスク

          地震、台風等の自然災害の発生や火災等の人災により、施工中の物件に被害が生じた場合、また本社・本
         店、営業所等の営業拠点に被害が生じた場合には、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)  個人情報漏洩によるリスク

          事業活動を通じて取得した個人情報、機密情報がサイバー攻撃や不正なアクセス等により漏洩等が発生し
         た場合には、社会的信用失墜等により、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (10)   コンプライアンス、法令などに関するリスク

           当グループの属する建設業界は、建設業法、建築基準法、宅地建物取引業法、国土利用計画法、都市計画
          法、独占禁止法、さらには環境、労務関連の法令など様々な法的規制を受けております。コンプライアンス
          遵守は徹底しておりますが、万が一違法な行為があった場合には、業績や企業評価に影響を及ぼす可能性が
          あります。
                                 11/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当連結会計年度の
      期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連結会計年度
      との比較・分析をおこなっております。
       当連結会計年度における当社グループ(当社および連結子会社)の経営環境、経営方針の概要及び経営成績の分
      析等は次のとおりです。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものです。
       (1)経営環境及び経営方針の概要

         当連結会計年度におけるわが国経済は、前期に引き続き穏やかな回復基調が持続しましたが、期末にかけて
        は外需の下振れなど足踏み感も見えた一年となりました。一方、国内建設市場は前期に大型工事を計上した官
        公庁の反動減はあったものの、民間企業の受注は年度末に大幅増となるなど好転し、全体としては、7.1%の増
        加となりました。国内建設市場全体は2014年3月期以降の高原状態が継続しており、今後2~3年もこの状態が継
        続すると予想されています。
         一方、当社グループは2017年10月に創業100周年を迎え、その記念すべき2018年3月期をスタートとして、中
        期経営計画「TRY!         NEXT   CENTURY    2020」を策定いたしました。
         本中期経営計画において髙松建設グループは、好調を持続する首都圏での賃貸マンション建築を中心とした
        土地有効活用事業を拡大し、グループ全体の成長を牽引する計画としました。もう一方の中核会社で、中堅ゼ
        ネコンである青木あすなろ建設グループは、建設業全般の先行きを見据え、堅調な成長・高利益率の持続を目
        指しました。
         創業101年目にあたる2019年3月期は、2018年3月期の堅調な業績や積極的な人員の採用などに鑑み、「NEXT
        CENTURY    101!中計目標を1年前倒しで実現しよう!」をテーマに、売上高・営業利益は中計最終年度に当たる
        2020年3月期の目標を1年前倒しで達成する計画としました。
       (2)経営成績の分析

        ①売上高
         当連結会計年度の売上高は、前期比1.9%増の249,720百万円と7期連続増収、5期連続過去最高となりまし
        た。これは当連結会計年度にグループ入りした㈱ミブコーポレーションによる不動産事業の売上高が伸びた反
        面、建築事業および土木事業は前年比微減の売上高となった結果です。
        ②営業利益
         営業利益は、前期比8.7%減の12,441百万円となりました。これは、売上総利益率は13.8%(前期は13.5%)
        と前期比0.3ポイント増加したものの、一部工事の着工・進捗の遅れなどにより、売上総利益が前期比3.9%増
        の34,361百万円にとどまった一方、販売費及び一般管理費が積極的な新卒採用等による人件費の増加等によ
        り、前年比12.7%増の21,919百万円となった結果です。
        ③経常利益
         経常利益は、12,425百万円(前期比9.3%減)となりました。
        ④親会社株主に帰属する当期純利益
         親会社株主に帰属する当期純利益は、政策保有株式の売却による特別利益の計上があったものの、災害によ
        る損失、連結子会社が保有する船舶の減損損失を計上したこと等により、前期に比べ11.7%減の7,022百万円と
        なりました。
        ⑤セグメント別業績
        (建築事業)
          当連結会計年度の受注高は169,742百万円(前期比32.1%増)、完成工事高は115,114百万円(前期比1.9%
         減)となり、セグメント利益は7,048百万円(前期比17.4%減)となりました。
        (土木事業)
          受注高は109,265百万円(前期比1.7%増)、完成工事高は108,355百万円(前期比0.4%減)となり、セグ
         メント利益は6,949百万円(前期比1.8%増)となりました。
        (不動産事業)
          不動産の売買および賃貸等による売上高は26,250百万円(前期比38.2%増)となり、セグメント利益は
         1,975百万円(前期比46.0%増)となりました。
          なお、セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっており、本社管理費等の調整額△

         3,531百万円は外数となっております。
                                 12/87



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度における受注および売上の実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。

        受注実績
                               当連結会計年度
             セグメントの名称                (自 2018年4月1日                 前年同期比(%)
                              至 2019年3月31日)
           建築事業           (百万円)             169,742                  32.1
         建
         設
           土木事業           (百万円)             109,265                  1.7
         事
         業
            計
                      (百万円)             279,007                  18.3
         不動産事業              (百万円)              26,250                 38.2
          計
                      (百万円)             305,257                  19.8
        売上実績
                               当連結会計年度
             セグメントの名称                (自 2018年4月1日                 前年同期比(%)
                              至 2019年3月31日)
           建築事業           (百万円)             115,114                 △1.9
         建
         設
           土木事業           (百万円)             108,355                 △0.4
         事
         業
            計
                      (百万円)             223,470                 △1.2
         不動産事業              (百万円)              26,250                 38.2

          計
                      (百万円)             249,720                  1.9
         (注) 当社グループ(当社および連結子会社)では生産実績を定義することが困難であるため、「生産の状
            況」は記載しておりません。
         なお、提出会社個別の事業の状況につきましては、持株会社であるため、記載を省略しています。

       (3)財政状態の分析

        ①資産の部
         当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べ5,694百万円増加し、190,590百万円となりました。
         その主な要因は、現金預金が6,496百万円、投資有価証券が1,160百万円減少した反面、のれんを含む固定資
        産が4,153百万円増加したほか、受取手形・完成工事未収入金が4,072百万円、販売用不動産が㈱ミブコーポ
        レーションのグループ入りなどに伴い2,561百万円、未収入金が998百万円増加したことなどによるものです。
        ②負債の部
          負債は、前連結会計年度末に比べ1,560百万円増加し、72,463百万円となりました。
          その主な要因は、工事未払金が1,591百万円、未払法人税等が636百万円減少した反面、未成工事受入金が
         4,285百万円増加したことなどによるものです。
        ③純資産の部
         純資産は、前連結会計年度末に比べ4,134百万円増加し、118,126百万円となりました。
         その主な要因は、親会社株主に帰属する当期純利益7,022百万円と配当金の支払2,019百万円の相殺などによ
        り、利益剰余金が4,997百万円増加したことなどによるものです。
         以上の結果、純資産の額から非支配株主持分を控除した自己資本の額は104,018百万円となり、自己資本比率
        は、前連結会計年度末に比べ0.7ポイント増加し54.6%となりました。
                                 13/87






                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       (4)キャッシュ・フローの分析
         当連結会計年度末の連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度末
        より6,496百万円減少の62,074百万円となりました。
        各キャッシュ・フローの状況は、次のとおりです。
        ①営業活動によるキャッシュ・フロー
          営業活動により資金は4,160百万円の増加(前連結会計年度は5,146百万円の増加)となりました。これ
         は、売上債権の増加3,916百万円、法人税等の支払4,570百万円、仕入債務の減少1,601百万円、未収入金の増
         加1,106百万円、たな卸資産の増加681百万円等の支出があった一方、税金等調整前当期純利益11,593百万円
         の計上、未成工事受入金の増加4,273百万円等の収入があったことによるものです。
        ②投資活動によるキャッシュ・フロー
          投資活動により資金は5,371百万円の減少(前連結会計年度は7,850百万円の減少)となりました。これ
         は、投資有価証券の売却による収入767百万円、有形固定資産の売却による収入83百万円等があった一方、
         TCG  USA,Incによる固定資産の取得や、東京オフィス拡大への対策としてのオフィスビル購入などによる有形
         固定資産の取得による支出3,976百万円、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出2,198百万円
         等があったことによるものです。
        ③財務活動によるキャッシュ・フロー
          財務活動により資金は5,402百万円の減少(前連結会計年度は6,121百万円の減少)となりました。これ
         は、配当金の支払額2,017百万円、当期にグループ入りしたミブコーポレーションが計上していた短期借入金
         1,191百万円および長期借入金998百万円の返済による支出、上場子会社である青木あすなろ建設の市場から
         の自己株式の取得による支出756百万円等があったことによるものです。
       (5)当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因

         当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2事業の状況 2事業等のリス
        ク」に記載のとおりです。
       (6)当社グループの資本の財源および資金の流動性

         当社グループは財務の安全性を重視するとともに、無借金経営を継続しております。資金の運用は短期的な
        預金等に限定し、資金調達が必要な場合は銀行借入による方針であります。当社グループの運転資金需要の主
        なものは、工事の施工にともなう材料費・外注費等の営業費用であり、これらの支出は、回収した工事代金に
        よっております。また設備投資資金等についても、現預金を使用することとしており、安全性を重視しつつも
        効率的な資金運用を目指しています。
       (7)重要な会計方針および見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準にもとづき作成
        されています。この連結財務諸表の作成にあたっては、過去の実績や現在の状況に応じ合理的と考えられる見
        積りによっている部分があり、見積り特有の不確実性のために、実際の結果が見積りと異なることがありま
        す。
         重要な会計方針については「第5経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財
        務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載されているとおりです。
     4  【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                 14/87






                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     5  【研究開発活動】
        当社グループは、当社の技術研究所(髙松コンストラクショングループ技術研究所)内に、中核子会社の髙松建
       設㈱および青木あすなろ建設㈱のそれぞれ研究開発部門があり、各社が得意とする技術分野において、研究開発活
       動をおこなっております。その主なものは次のとおりであり、当連結会計年度における研究開発費の総額は                                                  482  百
       万円であります。なお、研究開発費につきましては各セグメントに配分しておりません。
      (1)髙松建設㈱

        ①TAS(Takamatsu          Aoki-asunaro       Support)工法
         コンクリート打設後の型枠支保工を一部のサポートを残し、数日で全てを解体できる工法を開発しました。
         FEM解析といわれる高度な構造計算をおこなうことで、最低限必要な支保工を算出し、サポート本数の大幅な
        削減を実現、次工程への早期着手や型枠材の転用等による工期の短縮、材料等のコスト削減をはかりました。
         当社では2016年より、数多くの新築物件にて本工法を採用し、施工効率の改善に取り組んでおります。
        ②外壁診断調査システムの開発
         建築基準法では「タイル張り外壁、モルタル塗り外壁」の定期検診が定められており、建築物の所有者、管理
        者または占有者は経年劣化等による外壁剥離の診断が義務付けられています。しかし、外壁の診断は足場やゴン
        ドラ等の高所作業で危険を伴うことが多く、仮設や安全対策が大がかりとなり診断費用は割高になります。
         そのため、外壁を走行できるロボットを用い、外壁の打診診断や目視調査が実施できるシステムを共同開発し
        ております。昨年度までで打診診断に関する技術を確立、本年度より実際の物件での検証を実施してまいりま
        す。
        ③ロングスパン解析の基礎的研究
         近年、流通施設や工場等の広い無柱空間が必要とされる建築物だけでなく、事務所ビルや診療施設においても
        開放的な間取りが要求される事例が増加しており、鉄骨造による柱スパンの大きい空間設計が求められておりま
        す。
         これらの設計においては、建物毎に最適な梁の断面、柱から梁の接合部の形状等、また製造しやすく施工性の
        優れた設計が必要となります。FEM解析であれば一般の構造計算プログラムではできない、部材の変形能力や変
        形状態を再現し解析することができるため、応力状態に応じた最適な設計が可能となります。
         解析結果をロングスパン建物の構造設計指針としてまとめ、今後は柱スパンの大きい建築物の設計に活用して
        いきます。
        ④サイホン排水システムの研究
         サイホン排水システムとは従来の重力式排水システムと異なり、排水管内を満流にし、その排水の落差(サイ
        ホン作用)を活用する小口径で無勾配の排水管設置が可能となる排水システムです。無勾配で小口径の配管シス
        テムによりキッチン等の水回り設備の自由な配置が可能となり、将来の改装時も既存の設備配置にとらわれない
        大幅な間取り変更が可能となります。
         また、強力なサイホン作用による満流で高速の排水は自浄作用もあり、排水管内の汚れが付きにくくメンテナ
        ンス性に優れた排水システムです。当社が施工する賃貸マンションの平面計画に適した排水システムを目指し研
        究を進めております。
        ⑤中断熱工法
         省エネルギー基準が強化される中、RC構造においても断熱材の使用による躯体の高断熱化が必須となってお
        ります。一方、RC建築の特徴的なコンクリート打放しのデザインを好まれるお客様も多く、断熱性能とデザイ
        ンを両立させることが要望されております。本工法は50㎜の断熱材の両面に厚さ120㎜の鉄筋コンクリートの壁
        を作り、断熱材を埋め込んで耐震構造壁としたもので、断熱性能とデザインの両立と共に断熱材の施工性向上を
        はかったものであり、構造実験により厚さ240㎜の鉄筋コンクリート壁と同等の構造耐力のあることを確認して
        おります。
        ⑥省エネルギー仕様の開発
         「我が国のエネルギー基本計画」において、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)、ZEB(ネッ
        ト・ゼロ・エネルギー・ビル)の普及目標が「2030年までに新築建物の平均でZEBの実現」、「2030年までに
        新築住宅の平均でZEHの実現」と設定されています。地球温暖化対策や災害時におけるエネルギー自給の観点
        からZEHおよびZEBの普及が当社としても重要と認識しており、それを実現するための断熱仕様、空調、照
        明、給湯等の設備仕様や様々な環境配慮技術の効果をエネルギー消費性能計算プログラムにより算出、また部材
        費や施工効率をふまえた最適な仕様・設備の検討をおこなっております。
      (2)青木あすなろ建設㈱

                                 15/87

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        ①既設橋梁の耐震性向上技術に関する研究
         2013年6月に首都高速道路株式会社が公募した共同研究テーマ「既設橋梁の耐震性向上技術に関する研究」に
        ついて、摩擦ダンパーを既設橋梁に応用する研究を実施しています。今期は橋軸方向の地震動の影響を低減し、
        橋軸直角方向の地震動に対してのみ可動するメカニズムの開発に取り組みました。同時に従来の摩擦ダンパーに
        ついても耐久性試験、実橋梁に適用した場合の効果を調べる動的解析を実施しました。
        ②無人化施工・水陸両用機械における操作ガイダンス技術の開発
         重機の位置姿勢情報やドローン撮影による地形画像を用いて、コンピュータ画面上に複数重機を統合表示する
        技術です。無人化施工や水陸両用機械の遠隔操作においてカメラ映像を見ずに遠隔操作することが可能になりま
        す。今期はバックホウの姿勢情報を検出することで、カメラ映像を見ずにダンプトラックへ土砂等の積込みがで
        きるように改良しました。
        ③コンクリートの品質向上技術の開発
         コンクリートひび割れ制御システムを改良し、コンクリート構造物の躯体内にパイプを設置し、コンクリート
        の温度上昇を抑制するパイプクーリングを自動運転管理する機能に、タブレットで遠隔管理および遠隔操作を追
        加したことで更なる省人化をはかるとともに、品質の向上を実現しました(名古屋港飛島ふ頭改良工事で実
        施)。また、本技術は2016年11月17日にNETIS新技術情報提供システムに登録された他に、2019年2月1日に特
        許登録されました。
        ④制震ブレースを用いた耐震補強工法
         日本大学と共同開発した摩擦ダンパーを用いた既存建物の制震補強工法で、高性能・居ながら補強・短工期・
        低コストを特長としており、制震補強工法として、我が国で初めて日本建築防災協会技術評価を取得しておりま
        す。今期は、これまでの施工物件で用いた摩擦ダンパー約3,600基のデータを確認するとともに、品質管理方法
        の改善をはかりました。また、補強工事後20年が経過したダンパーの検査をおこない、初期の性能を維持してい
        ることを確認しました。
        ⑤折返しブレースを用いた耐震補強工法
         折返しブレースは断面の異なる3本の鋼材を一筆書きの要領で折り返して接合させた形状を有し、優れた変形
        性能を示し、合理的な鉄骨造建物を建設できます。今期は、円形鋼管タイプの性能確認実験データを分析し、信
        頼性の向上をはかりました。
        ⑥耐震天井工法(AA-TEC工法)の開発
         大地震時の大空間建物の天井被害を軽減するため、耐震天井の開発に取り組んでいます。従来の耐震天井より
        も約1.5倍の耐震性能に優れた工法を開発し、2016年10月には建築技術性能証明を取得しました。今期は、鉄骨
        造を対象とした仕様書の作成および天井の吊り長さを4.5mとした場合の性能確認実験をおこない、適用範囲の
        拡大をはかりました。
                                 16/87









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
        (注)   「第3 設備の状況」における各事項の記載金額については、消費税等抜きの金額で表示しております。
     1 【設備投資等の概要】

        当連結会計年度に実施した設備投資の総額は                     4,133   百万円であり、その主なものは、TCG                  USA,Incによる固定資
       産の取得および当社によるオフィスビル取得のために支出した建設仮勘定等であります。
     2 【主要な設備の状況】

        当社グループ(当社および連結子会社)における主要な設備は、以下のとおりであります。
        (1) 提出会社
                                                  2019年3月31日現在
                                    帳簿価額(百万円)
         事業所名                                             従業員数
                                機械
                   設備の内容                    土地
         (所在地)                 建物    運搬具               建設          (名)
                                                   合計
                          構築物    工具器具               仮勘定
                                   面積(㎡)      金額
                                備品
      本社・東京本社
                    事務所        690     155    1,162      931    1,046     2,824       31
      (大阪市淀川区他)
      賃貸設備(西日本地区)
                    事務所等         88     3    441     239     -    331      -
      (大阪市淀川区他)
      賃貸設備(西日本地区)            機材センター・
                             5    -   18,962     1,032      -   1,038       -
      (大阪市淀川区他)               倉庫
      賃貸設備(東日本地区)
                    事務所等       1,309      67   4,771     5,475      -   6,852       -
      (東京都港区他)
        (注)   1.提出会社は持株会社であり、設備の大半を事業会社である連結子会社等に賃貸しているため、報告セ
             グメントごとに分類せず、一括して記載しております。
           2.連結会社以外に賃貸しているものは次のとおりです。
              西日本地区 :         土地      124㎡     建物      646㎡
              東日本地区 :         土地     4,119㎡      建物      282㎡
           3.東京本社の事務所は連結会社以外から賃借しております。
              所在地: 東京都港区   年間賃借料:43百万円(子会社への転貸料を除いた当社負担額)
           4.リース契約による賃借設備で重要なものはありません。
                                 17/87










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (2) 国内子会社
                                                  2019年3月31日現在
                                    帳簿価額(百万円)
                                                      従業
               事業所      セグメント
                              機械
       会社名                               土地               員数   摘要
              (所在地)       の名称
                          建物   運搬具              リース
                                               建設仮
                                                      (名)
                                 船舶                 合計
                                               勘定
                          構築物   工具器具               資産
                                    面積(㎡)     金額
                              備品
            本社
            東京土木本店
                            121    356   -  47,373     546    1   -  1,027    631   ※1
            東京建築本店
                    建築事業
     青木あすなろ
            (東京都港区他)
                    土木事業
     建設㈱
                    不動産事業
            大阪土木本店
            大阪建築本店               142     7   -   3,754    1,289     3   -  1,442    253   ※2
            (大阪市北区他)
            計               263    364   -  51,128    1,836     5   -  2,470    884
            本社
            大阪本店
                            783    67   -   3,060    1,028     -   -  1,879    638   ※3
            機材センター
            (大阪市淀川区他)        建築事業
                    不動産事業
            東京本店
     髙松建設㈱
            機材センター
                            270    22   -   7,670     403    -   -   696   639   ※4
            (さいたま市岩槻区
            他)
            計              1,053     89   -  10,730    1,432     -   -  2,575   1,277
            本社
     東興ジオテック
                    土木事業       244    234   -  85,625    1,348    33   -  1,861    390   ※5
     ㈱
            (東京都港区)
        (注)   1.保有する設備として以下の設備を含めて記載しております。
                                                   土地
               事業所名                        建物
                            設備の内容
              (所在地)                       (百万円)
                                             面積(㎡)       金額(百万円)
          技術研究所
        ※
                         研究所                 105      23,699         144
       1
          (茨城県つくば市)
          東京機材センター
        ※
                         機材センター                  0     17,824         109
       1
          (千葉県野田市)
          名古屋支店
        ※
                         事務所                  8      1,472         217
       1
          (名古屋市中川区)
        ※  大阪土木本店・大阪建築本店
                         事務所                  74      1,816         864
       2   (大阪市北区)
          九州支店
        ※
                         事務所                  63      1,221         413
       2
          (福岡市博多区)
          本社・大阪本店
        ※
                         事務所                 533        411        546
       3
          (大阪市淀川区)
          大阪機材センター
        ※
                         機材センター                  49      2,649         482
       3
          (大阪市淀川区)
          岩槻機材センター
        ※
                         機材センター                 157       7,670         403
       ▶
          (さいたま市岩槻区)
          テクニカルセンター
        ※
                         研究所・資材センター                  51      27,860         341
       5
          (栃木県さくら市)
          広島工場
        ※
                         不定形耐火物製造工場                 115      32,022         543
       5
          (広島県東広島市)
           2.事務所の一部を連結会社以外から賃借しており、賃借料は627百万円であります。
           3.リース契約による賃借設備で重要なものはありません。
                                 18/87





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    3 【設備の新設、除却等の計画】
     (1)重要な設備の新設等

       当連結会計年度末現在における重要な設備の新設等の計画は次のとおりであります。
                            投資予定金額                  着手及び完了予定年月
            事業所名        設備の                  資金調達
                           総額     既支払額
     会社名
                                               着手       完了
            (所在地)        内容                  方法
                          (百万円)      (百万円)
          東京事務所ビル                           自己資金    およ    2020年7月       2022年9月
     提出会社               事務所ビル       未定       1,046
          (東京都港区)                           び借入金        (予定)       (予定)
      注1.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
       2.投資予定金額の総額は、建築プランの詳細が決定していないため、未定としております。
         なお、既支払額は同ビルの取得にともなう手付金(建設仮勘定)であります。  
     (2)重要な設備の除却等

       重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 19/87















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
     1 【株式等の状況】
        (1) 【株式の総数等】
         ① 【株式の総数】
                  種類                      発行可能株式総数(株)

                 普通株式                                 52,800,000
                  計                               52,800,000
         ② 【発行済株式】

                 事業年度末現在            提出日現在         上場金融商品取引所名
         種類         発行数(株)           発行数(株)         又は登録認可金融商品               内容
                 (2019年3月31日)           (2019年6月21日)          取引業協会名
                                        東京証券取引所           単元株式数
        普通株式             38,880,000           38,880,000
                                         (市場第一部)            100株
          計           38,880,000           38,880,000           ―          ―
        (2) 【新株予約権等の状況】

         ①  【ストックオプション制度の内容】
            該当事項はありません。
         ②  【ライツプランの内容】

            該当事項はありません。
         ③  【その他の新株予約権等の状況】

            該当事項はありません。
        (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

            該当事項はありません。
        (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額       資本金残高
          年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                 (百万円)       (百万円)
                    (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
      2006年4月1日 ※            19,440,000       38,880,000           -     5,000         -      272
        (注)   ※ 2006年2月15日開催の取締役会決議により、2006年3月31日最終の株主名簿および実質株主名簿に記
           載または記録された株主に対し、2006年4月1日をもって、その所有する普通株式数を1株につき2株
           の割合をもって株式分割いたしました。
            これにより発行済株式の総数は株式の分割割合に応じ19,440,000株増加し、38,880,000株となりまし
           た。
        (5)  【所有者別状況】

                                                  2019年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数               100  株)
                                                      単元未満
             政府及び
                                   外国法人等
        区分                                              株式の状況
                       金融商品      その他                個人
             地方公共     金融機関                                計
                                                       (株)
                       取引業者      の法人               その他
                                 個人以外      個人
             団体
      株主数
                -     25     23     246     122      12   11,475     11,903        ―
       (人)
      所有株式数
                -   67,825      3,355     73,201     30,175       16   214,192     388,764       3,600
       (単元)
      所有株式数
                -    17.45      0.86     18.83      7.76     0.00     55.10     100.00        ―
      の割合(%)
        (注)1.     自己株式4,061,303株は、「個人その他」に40,613単元および「単元未満株式の状況」に3株を含めて
           記載しております。
          2.上記「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が40単元含まれております。
                                 20/87


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     (6)  【大株主の状況】
                                                 2019年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                            所有株式数
          氏名又は名称                     住所                    総数に対する所
                                             (千株)
                                                   有株式数の割合
                                                      (%)
      髙松 孝之                 兵庫県宝塚市                         8,581        24.65
      ㈱三孝社                 大阪市北区茶屋町8番21-3001号                         4,800        13.79
      髙松 孝育                 大阪府豊中市                         2,165         6.22
      日本トラスティ・サービス信託銀
                      東京都中央区晴海一丁目8番11号                         1,331         3.82
      行㈱(信託口9)
      ㈱孝                 大阪市淀川区新北野一丁目2番3号                         1,226         3.52
      ㈱りそな銀行                 大阪市中央区備後町二丁目2番1号                         1,080         3.10
      ㈱みずほ銀行                 東京都千代田区大手町一丁目5番5号                          824        2.37
      日本マスタートラスト信託銀行㈱
                      東京都港区浜松町二丁目11番3号                          771        2.22
      (信託口)
      NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)      RE
                      50 BANK     STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
      HCROO   (常任代理人)香港上海銀
                      5NT,   UK                        548        1.57
      行東京支店      カストディ業務部
                       東京都中央区日本橋三丁目11-1
      髙松コンストラクショングループ
                      大阪市淀川区新北野一丁目2番3号                          488        1.40
      社員持株会
             計                    ―              21,818         62.66
       (注)      上記のほか、当社所有の自己株式が4,061千株あります。
     (7)  【議決権の状況】

      ① 【発行済株式】
                                                 2019年3月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)              内容
      無議決権株式                             ―            ―       ―
      議決権制限株式(自己株式等)                             ―            ―       ―
      議決権制限株式(その他)                             ―            ―       ―
                        (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                        ―       ―
                         普通株式      4,061,300
                         普通株式     34,815,100
      完全議決権株式(その他)                                     348,151          ―
                         普通株式        3,600
      単元未満株式                                        ―       ―
      発行済株式総数                        38,880,000                ―       ―
      総株主の議決権                        ―             348,151          ―
     (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が4,000株含まれております。
          また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数40個が含まれております。
        2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が3株含まれております。
      ② 【自己株式等】

                                                 2019年3月31日現在
                             自己名義       他人名義       所有株式数       発行済株式総数に
       所有者の氏名
                  所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計      対する所有株式数
        又は名称
                             (株)       (株)       (株)       の割合(%)
      (自己保有株式)
                 大阪市淀川区新北野
      ㈱髙松コンストラク                       4,061,300           ―   4,061,300            10.45
                 一丁目2番3号
      ショングループ
          計           ―        4,061,300           ―   4,061,300            10.45
                                 21/87



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     2 【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】           普通株式
       (1) 【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2) 【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
       (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                   当事業年度                当期間
                  区分
                                      処分価額の               処分価額の
                               株式数(株)               株式数(株)
                                       総額(円)               総額(円)
         引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            ―       ―       ―       ―
         消却の処分を行った取得自己株式                            ―       ―       ―       ―

         合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                    ―       ―       ―       ―
         た取得自己株式
         その他                            ―       ―       ―       ―
         保有自己株式数                       4,061,303         ―      4,061,303         ―

         (注)    当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式
            の買取による株式数は含めておりません。
    3 【配当政策】

         当社は、株主の皆様への利益還元を経営の最重要政策のひとつと位置付け、受注競争力と企業体質の強化を
        目指し、内部留保の充実による経営基盤の強化をはかるとともに、安定した配当を継続しつつ、業績に応じた
        利益還元をおこなうことを基本方針としております。
         当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を
        除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって定める旨を定款に定めております。
         また、当社は毎年9月30日を基準日とした中間配当および3月31日を基準日とした期末配当の年2回、剰余
        金の配当をおこなうことを基本方針とし、その他取締役会の決議により基準日を定めて剰余金の配当をおこな
        うことができる旨を定款に定めております。
          なお、内部留保資金につきましては、当社グループ全体において経営体質の一層の強化、充実ならびに今後
        の事業展開に役立てる等、中長期的な視点で有効に活用してまいります。
         当事業年度(2019年3月期)の配当金は、期初発表の通り年間60円とさせていただきました。その結果、配
        当性向は期初目標値であった25%を上回る29.7%となりました。
         翌事業年度(2020年3月期)の配当金につきましても、一株当たり63円、配当性向30%を予定しておりま
        す。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
              決議年月日               配当金の総額(百万円)                 1株当たり配当額(円)
          2018年11月14日
                                    766                 22.0
          取締役会決議
          2019年5月13日
                                   1,323                  38.0
          取締役会決議
                                 22/87



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
         一部の項目につきましては、当社に関する事項に代えて、当社グループのコーポレート・ガバナンスに関する
        事項について記載しております。
        1.コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

           当社は、当社グループが株主やお客様をはじめとするステークホルダーの皆様の信任に応え、広く社会か
          ら信頼されるグループであることを経営上の重要な課題と位置付けており、意思決定の透明性・公正性を確
          保するとともに、保有する経営資源を十分有効に活用し、迅速・果断な判断によりグループ全体の企業価値
          を継続的に向上させるため、コーポレート・ガバナンスの強化に取り組んでおります。
        2.企業統治の体制の概要および当該体制を採用する理由
           当社は、監査役会設置会社であります。
           当社は、コーポレート・ガバナンスの実効性を高めるため、取締役会の監督・監視機能を強化しておりま
          す。また、監査役会は専門性の高い監査役で構成し、監査役監査を支える体制を整えることで、監査役会の
          機能を有効に活用しております。
           1)取締役会
              当社の取締役会は、提出日現在(2)「役員の状況」に記載の12名の取締役(うち社外取締役3
             名)により構成されております。議長は代表取締役会長の小川完二が務め、原則として月1回定期的
             に開催し、グループ企業価値を最大化するという認識のもとに、会社法上要請される事項の決定をは
             じめグループ全体の経営方針・戦略の最終決定等をおこなうとともに、業務執行を厳正に管理・監督
             しております。
           2)監査役会
              当社の監査役会は、提出日現在(2)「役員の状況」に記載の4名の監査役(うち社外監査役3
             名)により構成されております。
              議長は常勤監査役の藤原利往が務め、各監査役は、監査役会が策定した監査計画に従い、事業会社
             の監査役と連携をとり各社の重要な事業所への往査をおこなうほか、各社の取締役会等、重要な会議
             への出席や、当社ならびに事業会社の取締役等および会計監査人に報告を求めることで、取締役の職
             務執行につき厳正な監査をおこなっております。また、監査役監査の機能強化のため取締役会等の指
             揮命令から独立して監査役の職務を補助する監査役室を設置し、公認会計士の資格を持つ者を配置し
             ております。
              さらに、監査役は、代表取締役、社外取締役、会計監査人および内部監査部門等との情報交換、な
             らびにグループ各社の監査役と情報交換を適宜おこない、監査役監査の実効性の向上をはかっており
             ます。
              なお、社外監査役津野友邦は公認会計士および税理士として、財務および会計に関する十分な知見
             を有しております。
           3)報酬委員会
              当社は任意の諮問委員会として代表取締役会長の小川完二、代表取締役社長の吉武宣彦、社外取締
             役の萩原敏孝、青山繁弘を構成メンバーとする報酬委員会を設置しております。取締役の報酬は株主
             総会で承認された報酬総額の範囲内において、業績や職責の貢献度などの要素を踏まえ、取締役会の
             一任を受けた社長が、報酬委員会との協議の上、決定しており、公平性、透明性の確保に努めており
             ます。
        3.企業統治に関するその他の事項
           1)業務の適正を確保するための体制の整備状況
              当社は、会社法第362条第4項第6号および第5項にもとづく、取締役の職務の執行が法令および
             定款に適合することを確保するための体制その他株式会社の業務の適正を確保するための体制につい
             て2006年5月18日開催の取締役会において決議いたしました。その後適宜これを改訂しております。
             この業務の適正を確保するための体制に関する以下の基本方針にもとづいて、グループ会社を含めた
             体制の整備とその適切な運用に努めております。
             ①当社および子会社の取締役の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
              a.当社グループでは、取締役は、「取締役会規程」および「決裁規程」にもとづき、その職務の
               執行をおこなうにあたり、法令、定款、企業理念および諸規程に則り行動し、その職責を果たす
               こととしております。
              b.当社グループでは、取締役会は企業倫理および社会的責任にてらし、経営方針およびその執
               行 方法に適法性、妥当性、相当性の欠落はないか、善管注意義務違反、不作為による忠実義務
               違反がないか自ら検証することが使命であるとしております。
              c.当社および子会社の内部監査部門は、連携をとって各社の内部監査を随時実施しております。
              d.社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与えるあらゆる反社会的勢力および団体に対しては、
               毅然とした態度で臨み、関係遮断を徹底しております。
             ②取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制
                                 23/87

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
               当社は、取締役会の決定に関する記録について、「取締役会規程」および「文書管理要領」に則
              り作成保存および管理しております。
             ③当社および子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
              a.当社グループでは、各社が損失の危険の管理に関する事項は、「決裁規程」「リスク管理規
               程」「緊急事態対策要領」および「リスク事項取扱要領」に定めており、重要事項については取
               締役会で決議しております。
              b.当社は、子会社の重大なリスク発生等を把握し、グループに影響を及ぼす事項を統括しており
               ます。特にリスクが高い事項については、都度速やかに当社へ報告することとしております。
             ④当社および子会社の取締役の職務の執行が効率的におこなわれることを確保するための体制
              a.当社グループでは、取締役会は、グループの重要事項について適正かつ迅速な意思決定をおこ
               なう体制を整え、取締役の業務執行が経営方針と合致しているか検証するとともに、目標実現に
               向けて指導ならびに指示を与えております。
              b.当社は、取締役会の審議のさらなる活性化と、ガバナンスおよび経営監督機能の強化のため、
               社外取締役を選任しております。
              c.当社は、子会社の取締役会が適切に意思決定をおこない、チェック機能をはたすよう支援し、
               その決議事項が適正なものか管理しております。
             ⑤当社および子会社の使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
              a.当社グループでは、社員全員に「企業理念」カードを配布し、日々唱和をおこない、経営目
               標、経営姿勢、存在意義および行動指針で構成された企業理念に則った行動をとるよう努めてお
               ります。
              b.当社グループでは、共通のグループ報や各社の社内会議の機会を捉え、社員全員に法令遵守が
               企業活動の前提であることを繰り返し伝え、社員の法令、定款および諸規程の遵守についての周
               知徹底をはかっております。
              c.当社および子会社の内部監査部門は、連携をとって各社の内部監査を随時実施しております。
             ⑥当社およびその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
              a.当社グループは純粋持株会社体制を採用し、グループ共通事項は当社が、業務執行に係る事項
               は中核会社が支援および管理をおこなうこととしております。
              b.グループとしての一体感を形成するため「グループ憲章」を定め、各社が共通した企業理念に
               もとづいて適正かつ適法な企業活動をおこなうこととしております。
              c.グループ各社が相互に緊密に連携をとり、子会社の自主独立による発展をはかるとともに、グ
               ループトータルの企業価値の増大をはかるため、「持株会社と事業会社に関する規程」を定めて
               おります。
              d.各中核会社が主催するグループ社長会を開催して、実効性を高める体制をとり、各社の業務の
               適正の確保に努めております。
              e.当社は、子会社が報告すべき事項を定め、定期的あるいは発生の都度報告を受けております。
             ⑦監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
               当社は、監査役の職務を補助するために監査役室を設置しております。
             ⑧監査役の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性および当該使用人に対する指示の実効性の
             確保に関する事項
              a.補助者に対しては、監査役が直接、指揮監督し統括いたします。
              b.補助者の監査役補助職務に係る人事評価は監査役がおこない、人事異動・懲戒処分に関しては
               監査役の同意を得ておこなうこととしております。
             ⑨当社および子会社の取締役および使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告
             に関する体制
              a.当社取締役は、会社に著しい影響を及ぼす事実が発生し、または発生するおそれがあるとき
               は、監査役に速やかに報告します。
              b.監査役は、一部子会社の監査役を兼任し、各社の業務遂行状況等の報告を受ける体制としてお
               ります。
              c.監査役は、必要があると認めたときは、取締役および社員に報告を求めることができることと
               しております。
              d.内部監査部門およびグループ統括部門は、当社グループにおける内部監査、リスク管理等の現
               状を報告することとしております。
              e.グループ各社で内部通報規程を定め、グループの役員、社員からの通報窓口を当社のコンプラ
               イアンスを担当する本部または中核会社の担当部門、監査役および外部の弁護士事務所とすると
               ともに、当該通報をおこなったことを理由とする、解雇その他不利益な取り扱いを禁止しており
               ます。
             ⑩その他監査役の監査が実効的におこなわれることを確保するための体制
              a.監査役会は、会計監査人および内部監査部門から監査内容について説明を受けるとともに、必
               要な情報の交換をおこなうなど連携をはかっております。
                                 24/87

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
              b.監査役の職務執行に係る費用については、あらかじめ予算に計上し、請求に応じております。
               また臨時に発生した費用についても、正当性を確認のうえ、請求に応じることとしております。
           2)業務の適正を確保するための体制の運用状況
              当社および当社グループは、業務の適正を確保するための体制に関する基本方針にもとづいて、制
             度の整備とその適切な運用に努め、企業価値の継続的な向上をはかっております。当事業年度におけ
             る当該体制の運用状況の概要は、以下のとおりであります。
             ①内部統制システム全般
              a.当社は、当期中に13回の取締役会を開催し、重要事項について審議・決定するほか、グループ
               における業務の適正を確保するため、グループ会社の事業、業績、リスク、法令遵守の状況を重
               要度に応じて報告を受けました。
              b.内部監査については、当社が定めた内部監査基本方針に則り、各中核会社の内部監査部門が中
               心となって自グループ各社の内部監査をおこない、当社の内部監査部門がその内容をモニタリン
               グする体制としました。これにより、監査水準の引き上げ、課題の共有化、改善の徹底をはかり
               ました。また、外部の公認会計士に委託し、独立した立場と専門的な見地から各社が監査を受け
               る等の体制をとり、引き続き内部統制システムの強化をはかりました。
              c.当社およびグループ各社の財務報告に係る内部統制の評価については期中から期末にかけてお
               こない、適正な財務報告を作成する体制の改善をはかりました。
             ②コンプライアンスに関する取組み
               当社はグループのコンプライアンス体制のより一層の強化をはかるべく、2019年4月に管理本部
              内にコンプライアンス室を設置いたしました。
              a.行動指針
               当社は、グループ憲章、経営理念、企業理念のもと、社員の考え方や意識の方向性を明確にす
               るものとして「行動指針」を定め、社員に次の事項等を周知、徹底しました。
               ・コンプライアンスの重要性を認識し、社会が求める高い規範意識をもって公正で誠実に業務を
               おこなうこと。
               ・取引先等に利益や便宜の提供を要求したり、受取ることはせず、公私の区別を厳密にわきまえ
               ること。
               ・独立した個人として自らの品性を磨き、不正は、勇気をもって正すこと。
              b.コンプライアンス委員会
               中核会社では、コンプライアンス委員会が中心になって、問題となる事項がないかの情報収集
               をおこない、社員の教育、啓蒙に努めました。
              c.コンプライアンス研修
               「コンプライアンス・マニュアル」を制定し、研修や朝礼等の場でその内容を徹底するほか、コ
               ンプライアンスにまつわる必要な情報を適宜通達にて発信する等をおこないました。
              d.内部通報体制
               グループの内部通報窓口を当社の監査役や外部の弁護士事務所にも設置するとともに、社内
               イントラネットや掲示板を利用して、内部通報者の不利益取扱いを禁止する等の周知を徹底
               し、実効性のある内部通報制度の整備をはかりました。
                なお、当期は重大な法令違反等に係る内部通報案件はありませんでした。
             ③リスク管理体制の強化
              a.リスク管理体制
               「リスク事項取扱要領」において、重大な物理的・経済的・信用上のリスクや損害が発生した
               場合に、早期かつ有利な解決をはかるため、その報告・対応・管理の手続きを定めています。
               当社は、その影響度に応じてグループ会社から報告を受け、必要に応じて取締役会に報告をお
               こないました。また、「危機管理対応広報マニュアル」を制定し、エスカレーションルールに
               もとづきグループの危機対応がスムーズにおこなわれるものとしました。
              b.情報セキュリティ
               情報資産に関するリスクについては「情報セキュリティ基本規程」を定め、その基本方針に則
               り、情報セキュリティの体制や必要なシステムの構築、教育・訓練の実施、自己点検・監督に
               よる徹底および事故・トラブル発生時の対応等をおこなうこととし、当社およびグループ各社
               のレベルアップをはかりました。
             ④グループ会社管理
              a.「持株会社と事業会社に関する規程」を定め、グループ会社における重要事項のうち、株主と
               して決定すべき事項、グループに影響を及ぼすリスクの高い財務事項、業務執行事項およびグ
               ループトータルの企業価値増大の観点から共通化をはかるべき事項を持株会社対応事項とし、
               ルールを定めて当社取締役会で承認等をおこなうこととしております。
              b.各中核会社は、自社グループの社長会を毎月開催し、各社業務執行の報告、グループ決定事項
               および注意事項の伝達、課題の協議、問題点への指導等をおこないました。
              c.グループ会社の業績の計画実績対比および期末見込、経営指標、金融取引状況、係争・懸案事
                                 25/87

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
               項等について毎月定型書式で報告を受けました。
                新規に発生した案件については逐次詳細な資料で報告を受け、重大なリスクが発生した場合、
               当社の取締役会で報告をおこない、また、グループ全体のリスク動向について四半期毎に取締役
               会に報告をおこないました。
              d.グループ会社の取締役会が適切に意思決定をおこなっているか、決議事項が適正であるかにつ
               いて、グループ各社の取締役会の議事録等を毎月収集しており、その内容を精査のうえ指導をお
               こないました。
             ⑤取締役の職務執行
              a.当社は、取締役会規程にもとづき、月1回取締役会を開催し、法令または定款に定められた事
               項や決裁規程に定める重要事項を決定するとともに、取締役の職務執行に関する報告を受け、取
               締役の職務執行の監督をおこないました。
              b.当社では、議案等に係る分析・検討資料を取締役会の1週間前に取締役会メンバーに配布する
               等、審議が活性化するよう情報提供に留意しました。
              c.社外取締役をはじめとした役員による十分な審議がおこなわれました。
              d.取締役会の実効性を評価し、改善すべき事項を明確にして対応を進めました。
             ⑥監査役の職務執行
              a.監査役は、当社およびグループ会社の取締役会およびその他の重要会議に出席し、必要に応じ
               て意見を述べるとともに、定期的に往査をおこない、担当取締役や担当者に説明を求め、改善事
               項等の指導をおこないました。
              b.監査役会を月1回開催し、個々の監査役の監査活動状況の報告、意見交換および情報交換をおこ
               ない、重要な事項について協議・決議をおこないました。
              c.監査役は、代表取締役、社外取締役、会計監査人および内部監査部門等との意見交換をおこな
               いました。加えて、グループ各社の監査役との意見交換を当期中に4回開催し、監査の実効性を
               高めました。また、当社およびグループ会社に係る重要な情報が適時適切に監査役に報告され、
               または監査役が報告を求めることができる体制をとり、適切な運用がなされました。
              d.取締役会等の指揮命令から独立して監査役の職務を補助する監査役室を設置し、公認会計士の
               資格を持つ者を配置し、幅広い高度な監査を進めました。
           3)コンプライアンス経営の推進
              コンプライアンス重視の経営を実践するため、関係法規、社内規程および行動指針・行動基準の遵
             守について様々な機会を通じてグループ全体に周知徹底し、企業倫理の定着に努めております。
           4)社会貢献活動
              当社グループは、社会貢献活動としてステークホルダーの皆様はもちろん、地域社会を含めた全て
             の人々との良好な関係を構築するため、「植樹活動および育林活動」や「地域清掃活動」および「地
             元楽団への支援」等をおこなっております。このような活動がささやかながらも社会貢献に寄与する
             ものと考え、今後も継続的に実施してまいります。
           5)責任限定契約の内容の概要
              当社は、2015年6月25日開催の定時株主総会において定款の一部変更を決議し、会社法第427条第1
             項にもとづき、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)および監査役との間において、同法
             第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定めております。当該契
             約にもとづく損害賠償責任限度額は、会社法第425条第1項に定める最低責任限度額としておりま
             す。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)お
             よび監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失がないときに限られます。
           6)定款の規定
             ①当社の取締役は、18名以内とする旨を定款に定めております。
             ②株主総会における取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以
              上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもっておこない、累積投票によらないものとする
              旨を定款に定めております。
             ③株主総会の特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営をおこなうことを目的
              として、会社法第309条第2項に定める決議について、議決権を行使することができる株主の議決
              権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもっておこなう旨を定款に
              定めております。
             ④経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行することを目的として、会社法第165条第2項
              の規定により、取締役会の決議により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めておりま
              す。
             ⑤株主への機動的な利益還元をおこなうことを目的として、剰余金の配当等会社法第459条第1項各
              号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役
              会の決議によって定める旨を定款に定めております。
                                 26/87

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
                                 27/87





















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
     ①役員一覧
       男性  15 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             6.3  %)
                                                        所有
        役職名         氏名      生年月日                略歴             任期   株式数
                                                       (千株)
                             1965年6月     当社代表取締役社長 
                             1990年4月     当社代表取締役会長
    取締役
               髙松 孝之      1937年9月27日      生  2005年6月     当社取締役名誉会長(現任)                  ※1    8,581
    名誉会長
                             2008年10月     髙松建設㈱取締役名誉会長(現任)
                             2013年6月     青木あすなろ建設㈱取締役(現任)
                             2003年6月     当社入社顧問
                             2003年6月     当社代表取締役副社長本社担当
                             2004年4月     当社代表取締役副社長執行役員本社担当
                             2004年4月     青木あすなろ建設㈱取締役(現任)
                             2006年1月     ㈱金剛組代表取締役社長
                             2006年3月     当社代表取締役副社長執行役員本社統括
    代表取締役
               小川 完二      1949年7月3日      生  2007年9月     ㈱中村社寺代表取締役会長                  ※1     18
    会長
                             2008年10月     当社代表取締役副社長
                             2009年8月     髙松建設㈱取締役(現任)
                             2012年4月     当社代表取締役社長
                             2012年4月     ㈱金剛組代表取締役会長(現任)
                             2013年4月     当社代表取締役社長執行役員
                             2017年4月     当社代表取締役会長(現任)
                                  青木あすなろ建設㈱代表取締役兼副社長
                             2012年6月
                                  執行役員
                                  同社代表取締役兼副社長執行役員本社統
                             2015年4月
                                  轄本部長兼営業企画本部長
    代表取締役社長
               吉武 宣彦      1952年11月19日      生                         ※1      2
                             2015年6月     当社取締役
    (社長執行役員)
                             2017年4月     当社代表取締役社長執行役員(現任)
                             2017年4月     青木あすなろ建設㈱取締役(現任)
                             2017年6月     髙松建設㈱取締役(現任)
                             1990年4月     当社入社
                             2005年4月     当社社長室長
                             2005年6月     当社取締役社長室長
                             2006年3月     当社取締役
                                  ㈱日本建商[大阪府](現           髙松エステー
                             2006年3月
                                  ト㈱[大阪府])取締役常務執行役員
                             2008年10月     髙松建設㈱執行役員経営企画室長
                             2009年8月     同社取締役執行役員本社統括
                             2011年4月     同社取締役常務執行役員本社統括
    代表取締役
                             2013年4月     当社取締役常務執行役員管理本部担当
    (副社長執行役員)
               髙松 孝嘉      1967年2月6日      生                         ※1     320
                                  当社取締役専務執行役員グループ統括本
                             2015年6月
    全社統括兼グループ監査
                                  部担当
    本部長
                                  当社代表取締役専務執行役員グループ統
                             2016年6月
                                  括本部担当
                                  当社代表取締役副社長執行役員グループ
                             2017年4月
                                  統括所管
                             2017年6月     髙松建設㈱取締役(現任)
                             2019年4月     当社代表取締役副社長執行役員全社統括兼
                                  グループ監査本部担当
                             2019年6月     当社代表取締役副社長執行役員全社統括兼
                                  グループ監査本部長(現任)
                             2007年6月     当社取締役
                                  やまと建設㈱〔大阪府〕(現            髙松テクノ
                             2014年4月
                                  サービス㈱〔大阪府〕)代表取締役副社
                                  長
                             2015年6月     髙松建設㈱取締役常務執行役員
                             2016年4月     髙松建設㈱取締役専務執行役員
                                  当社取締役専務執行役員グループ戦略本
                             2017年4月
    取締役           髙松 浩孝      1971年2月28日      生                         ※1     292
                                  部担当兼グループ経営戦略室長
                             2017年4月     髙松建設㈱取締役
                                  当社取締役専務執行役員グループ戦略本部
                             2018年4月
                                  担当
                                  髙松建設㈱代表取締役副社長執行役員(現
                             2018年4月
                                  任)
                                  当社取締役(現任)
                             2019年4月
                                 28/87



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有

        役職名         氏名      生年月日                略歴             任期   株式数
                                                       (千株)
                             1998年3月     当社入社
                             2005年6月     JPホーム㈱取締役東京本店長
                             2009年4月     同社代表取締役副社長
                             2010年6月     当社取締役(現任)
                             2012年4月     JPホーム㈱代表取締役社長
    取締役           髙松 孝年      1970年9月6日      生  2013年6月     髙松建設㈱取締役                  ※1     297
                             2014年4月     同社代表取締役副社長
                             2015年6月     同社代表取締役副社長執行役員
                             2016年4月     JPホーム㈱取締役会長
                             2017年4月     同社取締役
                             2018年4月     髙松建設㈱代表取締役社長(現任)
                             1972年4月     ㈱青木建設入社
                             2002年7月     同社取締役兼常務執行役員大阪本店長
                                  青木あすなろ建設㈱取締役兼専務執行役
                             2004年4月
                                  員大阪本店長
                                  同社代表取締役兼専務執行役員土木担当
                             2010年6月
                                  兼大阪土木本店長
                                  同社代表取締役兼副社長執行役員土木本
                             2011年4月
    取締役           上野 康信      1949年10月23日      生                         ※1      1
                                  部長兼土木技術本部長兼大阪地区関係会
                                  社担当
                             2013年4月     同社代表取締役社長
                             2013年6月     当社取締役(現任)
                             2018年4月     青木あすなろ建設㈱取締役会長(現任)
                             2018年6月     髙松建設㈱取締役(現任)
                             1969年12月     ㈱小松製作所入社
                             1990年6月     同社取締役
                             1995年6月     同社常務取締役
                             1997年6月     同社専務取締役
                             1999年6月     同社代表取締役副社長
    取締役           萩原 敏孝      1940年6月15日      生                         ※1      ▶
                             2003年6月     同社代表取締役会長
                             2007年6月     同社相談役・特別顧問
                             2011年6月     同社特別顧問
                             2013年6月     同社顧問(現任)
                             2014年6月     当社社外取締役(現任)
                             1981年4月     当社入社
                             2005年6月     当社執行役員本社営業企画室長
                             2007年6月     当社取締役常務執行役員大阪本店長
                                  髙松建設㈱取締役専務執行役員大阪本店
                             2008年10月
                                  長
    取締役           西出 雅弘      1956年12月29日      生                         ※1     30
                             2010年6月     同社代表取締役専務執行役員大阪本店長
                             2014年4月     同社代表取締役社長
                             2014年6月     当社取締役(現任)
                             2018年4月     髙松建設㈱代表取締役会長(現任)
                             2018年6月     青木あすなろ建設㈱取締役(現任)
                             1969年4月     サントリー㈱入社
                             1994年3月     同社取締役洋酒事業部長
                                  同社常務取締役マーケティング部門・宣
                             1999年3月
                                  伝事業部担当営業推進本部長
                             2003年3月     同社専務取締役経営企画本部長
                             2006年3月     同社取締役副社長酒類カンパニー長
                                  サントリーホールディングス㈱取締役副
    取締役           青山 繁弘      1947年4月1日      生  2009年2月                       ※1      2
                                  社長
                             2010年3月     同社代表取締役副社長
                             2014年10月     同社代表取締役副会長
                             2015年4月     同社最高顧問
                             2016年6月     当社社外取締役(現任)
                                  サントリーホールディングス㈱特別顧問
                             2018年4月
                                  ㈱たかまつ屋(現㈱孝兄社)設立、代表
                             2005年11月
                                  取締役社長(現任)
    取締役           髙松 英之      1977年2月28日      生                         ※1     328
                             2016年6月     当社取締役(現任)
                                 29/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有
        役職名         氏名      生年月日                略歴             任期   株式数
                                                       (千株)
                             1973年4月     三菱商事㈱入社
                             2004年4月     同社執行役員欧州支社長
                             2006年4月     同社執行役員中国総代表
                             2007年4月     同社常務執行役員中国総代表
                                  同社取締役常務執行役員コーポレート担当
                             2009年6月
                                  役員(地域戦略)、地域開発管掌
    取締役           中原 秀人      1950年11月17日      生                         ※1     -
                             2011年6月     同社代表取締役副社長執行役員
                             2016年4月     同社取締役
                             2016年6月     同社顧問
                             2018年6月     当社社外監査役
                             2019年6月     当社社外取締役(現任)
                                  ㈱りそな銀行執行役兵庫地域CEO兼神戸支
                             2004年4月
                                  店長兼三宮支店長
                                  昭和オートレンタリース㈱(現日本カー
                             2007年6月
                                  ソリューションズ㈱)代表取締役社長
    常勤監査役           藤原 利往      1955年2月1日      生                         ※2      0
                             2009年6月     シライ電子工業㈱監査役
                             2012年6月     因幡電機産業㈱常勤監査役
                             2016年6月     当社常勤監査役(現任)
                             2009年1月     当社入社経営管理本部部長
                             2011年4月     当社執行役グル―プ管理本部部長
                             2015年4月     当社常務執行役員管理本部長
                             2016年6月     当社取締役常務執行役員管理本部長
                                  当社取締役常務執行役員管理本部担当
                             2017年4月
                                  当社取締役常務執行役員グループリスク統
                             2018年4月
    常勤監査役           松下 善紀      1955年8月17日      生                         ※3      2
                                  括本部担当兼グループリスク統括本部長兼
                                  リスク・規程管理室長
                                  日本オーナーズクレジット㈱代表取締役社
                             2018年4月
                                  長
                                  当社取締役常務執行役員グループ監査本部
                             2019年4月
                                  長
                                  当社常勤監査役(現任)
                             2019年6月
                             2002年10月     新日本監査法人入所
                             2006年6月     公認会計士登録
                                  津野公認会計士事務所開業、代表(現
                             2007年7月
                                  任)
                                  税理士法人津野・倉本会計事務所設立、
                             2010年9月
                                  代表社員
    監査役           津野 友邦      1973年1月20日      生                         ※2     -
                             2016年6月     当社社外監査役(現任)
                             2016年9月     いざなみ監査法人設立、代表社員(現任)
                                  いざなみ税理士法人設立、代表社員(現
                             2017年1月
                                  任)
                             2018年1月     ㈱いざなみ総研代表取締役(現任)
                             1989年4月     弁護士登録
                             1995年10月     井口・石橋法律事務所共同開設
                             2004年10月     弁護士法人神戸シティ法律事務所代表社員
                                  弁護士(現任)
    監査役           石橋 伸子      1961年6月12日      生                          ※3     -
                             2005年6月     アジア太平洋トレードセンター㈱社外監査
                                  役
                                  ㈱関西アーバン銀行(現㈱関西みらい銀
                             2015年6月
                                  行)社外取締役
                             2019年6月     当社社外監査役(現任)
                             計                           9,883
     (注)   1.代表取締役髙松孝嘉と取締役髙松孝年は兄弟であります。
        2.取締役髙松浩孝は、取締役名誉会長髙松孝之の長男であります。
        3.取締役髙松英之は、取締役名誉会長髙松孝之の次男であります。
        4.取締役萩原敏孝、青山繁弘および中原秀人は、社外取締役であります。
          また、当社は、萩原敏孝、青山繁弘および中原秀人を株式会社東京証券取引所の定めにもとづく独立役員と
          して届け出ております。
        5.  監査役藤原利往、津野友邦および石橋伸子は、社外監査役であります。
          また、当社は、藤原利往、津野友邦および石橋伸子を株式会社東京証券取引所の定めにもとづく独立役員と
          して届け出ております。
        6.※1 取締役の任期は2019年3月期に係る定時株主総会の終結の時から2020年3月期に係る定時株主総会の
             終結の時までであります。
          ※2    監査役の任期は2016年3月期に係る定時株主総会の終結の時から2020年3月期に係る定時株主総会の
             終結の時までであります。
          ※3    監査役の任期は2019年3月期に係る定時株主総会の終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会の
             終結の時までであります。
        7.提出日現在の執行役員は次のとおりであります。
          (※印の執行役員は取締役を兼務しております。)
                                 30/87

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
              役職           氏名                  担当
           社長執行役員             ※吉武 宣彦
                                 全社統括    兼 グループ監査本部長
           副社長執行役員             ※髙松 孝嘉
                                 グループ統括本部長        兼 IR・広報室長
           常務執行役員              井筒 廣之
           常務執行役員                      管理本部長     兼 法務室長
                         植田 伸吾
                                 グループ事業本部長        兼 新規事業・M&A推進部長         兼 グループ経
           常務執行役員              島林 正弘
                                 営管理室長
                                 31/87


















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        ②社外役員の状況
          当社は社外取締役を3名、社外監査役を3名選任しております。
         社外取締役および社外監査役の選任につきましては、東京証券取引所が一般株主と利益相反が生じるおそれの
         ある項目として示す独立性に関する判断基準をもとに会社独自の基準により独立性を確保し、様々な分野に関
         する豊富な経験と知識を有する者を選任することとしております。
          当社は、社外取締役および社外監査役全員について、東京証券取引所の定めにもとづく独立役員として届け
         出ております。
          各社外取締役および社外監査役の当社との関係等につきましては、以下のとおりであります。
          社外取締役萩原敏孝は、企業経営者として豊富な経験と幅広い見識を持たれ、既に5年間当社の社外取締役

         として、公正かつ客観的な立場に立って適切な意見をいただいており、今後も引き続き取締役会の意思決定に
         際して適切な指導をお願いできるものと判断して、社外取締役に選任しております。同氏および㈱小松製作所
         と当社グループとの間には当社の意思決定に影響を与えるような取引関係はなく、独立した公正・中立な立場
         を保持できるものと判断しております。
          社外取締役青山繁弘は、企業経営者として豊富な経験と幅広い見識を持たれ、この3年間当社の社外取締役

         として、公正かつ客観的な立場に立って適切な意見をいただいており、今後も引き続き取締役会の意思決定に
         際して適切な指導をお願いできるものと判断して、社外取締役に選任しております。同氏と当社グループとの
         間には当社の意思決定に影響を与えるような取引関係はなく、独立した公正・中立な立場を保持できるものと
         判断しております。
          社外取締役中原秀人は、企業経営者として豊富な経験と幅広い見識を持たれ、昨年6月より当社の社外監査

         役として、経営全般の監視と有効な助言をいただいてきました。今後は社外取締役として、幅広い知見と専門
         的な知識を活かし、忌憚のない助言をいただくことで当社の経営体制がさらに強化できるものと判断して社外
         取締役に選任しております。同氏と当社グループとの間に当社の意思決定に影響を与えるような取引関係はな
         く、独立した公正・中立な立場を保持できるものと判断しております。
          社外監査役藤原利往は、金融機関や企業経営における豊富な経験や上場会社の監査役経験を持たれ、その幅

         広い知見と専門的な知識により当社の経営全般を監視し有効な助言を期待し得るものと判断し、社外監査役に
         選任しております。同氏の出身銀行である㈱りそな銀行は当社の取引銀行であり、当社の株主(その持株比率
         は発行済株式総数から自己株式数を控除して算出するベースで約3.1%)でありますが、同行と当社グループ
         との間には当社の意思決定に影響を与えるような取引関係はありません。また、同氏と当社グループとの間に
         取引関係はなく、独立した公正・中立な立場を保持できるものと判断しております。
          社外監査役津野友邦は、公認会計士、税理士として幅広く活躍し、財務・会計に関する適切な知見を持た

         れ、また、当社のリスク調査業務を2012年から3年半受託し、グループ各社の事業実態に通じられており、当
         社の経営全般の監視およびコンプライアンス経営の推進にご活躍いただけるものと判断し、社外監査役に選任
         しております。現在は同氏と当社グループとの間に取引関係はなく、独立した公正・中立な立場を保持できる
         ものと判断しております。
          社外監査役石橋伸子は、弁護士としての専門的見地から企業法務に関して高い実績をあげられており、また

         経営に関する高い見識を有しているため、当社の監査機能の一層の充実およびコンプライアンス経営の推進に
         活躍いただけるものと判断し、社外監査役に選任しております。同氏と当社グループとの間に取引関係はな
         く、独立した公正・中立な立場を保持できるもとの判断しております。
         社外取締役および社外監査役と当社グループとの間にその他特別の利害関係はありません。

         社外取締役および社外監査役が所有する当事業年度末における当社株式数は、「(2)役員の状況」に記載して
         おります。
        ③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

        統制部門との関係
          当社は、提出日現在社外取締役3名、社外監査役3名(監査役の員数は4名)を選任しております。社外取
         締役および社外監査役は、毎月1回開催される定時取締役会、また臨時に開催される臨時取締役会に出席し、
         取締役および執行役員の職務執行の監督をおこなっております。
          また、監査役は、代表取締役、社外取締役、会計監査人および内部監査部門等との意見交換をおこない、相
         互に連携を取りながら監査の実効性を高めております。
                                 32/87



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
        1.監査役監査の状況
          当社の監査役会は、提出日現在4名の監査役(うち社外監査役3名)により構成されており、毎月1回監査
         役会を開催しております。各監査役は、監査役会が策定した監査計画に従い、事業会社の重要な拠点への往査
         をおこなうほか、各社の取締役会等、重要な会議への出席や、当社ならびに事業会社の取締役等および会計監
         査人に報告を求めることで、取締役の職務執行につき厳正な監査をおこなっております。また、監査役監査の
         機能強化のため取締役会等の指揮命令から独立して監査役の職務を補助する監査役室を設置し、公認会計士の
         資格を持つ者を配置しております。
          さらに、監査役は、代表取締役、社外取締役、会計監査人および内部監査部門等との情報交換、ならびにグ
         ループ各社の監査役と情報交換を適宜おこない、監査役監査の実効性の向上をはかっております。
          なお、社外監査役津野友邦は公認会計士および税理士として、財務および会計に関する相当程度の知見を有
         しております。
        2.内部監査の状況
          当社は、グループ全体の健全かつ持続的な発展に資するため、グループ監査本部の下に内部監査部門を設置
         しております。グループ全体での人員は14名であり、監査の内容によりその業務に通じた社員を補助者とし、
         法令、諸規程、経営方針、経営計画等にもとづいて業務運営および財産保全が適正かつ適切におこなわれてい
         るかについて監査し、必要に応じて改善策の提案をおこなっております。
          監査役会、内部監査室および事業会社の内部監査室は定期的に意見交換をおこない、各監査業務が効率的か
         つ実効的におこなわれるよう、相互連携をはかっております。
        3.会計監査の状況
          ①監査法人の名称
           有限責任      あずさ監査法人
          ②業務を執行した公認会計士
           指定有限責任社員 業務執行社員  近藤 康仁
           指定有限責任社員 業務執行社員  桃原 一也
           なお、当社と同監査法人または業務を執行した公認会計士との間に特別な利害関係はありません。 
          ③監査業務に係る補助者の構成
           当社の会計監査業務に係る補助者は公認会計士8名、その他8名であります。
          ④監査法人の選定方針と理由
            当社は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合には、監査役会
           の決議により、会計監査人の解任または不再任を株主総会の会議の目的とすることといたします。
            また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合には、監査役
           会は監査役全員の同意により、会計監査人を解任いたします。
          ⑤監査役および監査役会による監査法人の評価
            当社の監査役および監査役会は、監査法人から品質管理体制、独立性や専門性、監査計画、監査結果の
           概要等の報告をうけ、審議をおこなった結果、いずれの事項についても問題ないと評価しております。
          ⑥会計監査人と監査役会との連携
            会計監査人と監査役会との連携については、事業年度開始時に監査体制および監査計画について協議を
           おこなうとともに、定期的に監査状況報告会を実施し、また必要に応じて適宜意見交換をおこなうなど、
           各監査業務が適正かつ実効的におこなわれる体制を整備しております。
       4.監査報酬の内容等
        ①監査公認会計士等に対する報酬
                       前連結会計年度                     当連結会計年度
          区分
                 監査証明業務に           非監査業務に           監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                 21           -           22           -
        連結子会社                 69           -           65           -
           計               91           -           88           -
                                 33/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        ②監査公認会計士等と同一のネットワーク(KPMGグループ)に対する報酬(①を除く)
                       前連結会計年度                     当連結会計年度
          区 分
                 監査証明業務に           非監査業務に           監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                 -           -           -           -
        連結子会社                 -           -           -           15
           計               -           -           -           15
        連結子会社における非監査業務の内容は、М&A検討のためのデューデリジェンス業務等であります。
        ③その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
         前連結会計年度および当連結会計年度とも該当事項はありません。
        ④監査報酬の決定方針
         当社ならびに公認会計士監査対象の連結子会社各社において、連結会計年度開始時に監査法人から監査計画
        書を受領し、計画の内容およびこれにもとづく見積監査時間数の妥当性等について総合的に検討し、さらに監
        査役会・監査役の同意を得たうえで決定することとしております。
        ⑤監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由
         会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意をした理由は、会計監査
        人の提案する監査方法および監査内容を検討した結果、監査の品質が維持できると監査役会が判断したもので
        あります。
     (4)  【役員の報酬等】

         1.役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針に係る事項
            業務執行取締役の報酬等は、業績を考慮した報酬体系としております。本業での収益状況をあらわす営
           業利益を指標とし、各々の取締役の職責や貢献度などの要素を踏まえて算出しており、会社の業績が報酬
           に反映するインセンティブの要素を盛り込んだ仕組みとしております。なお、業務執行をおこなわない取
           締役の報酬等は、業績の要素を含まず、あらかじめ決定した定額としております。この方針にもとづき、
           取締役の報酬は、株主総会にて承認を得た範囲内で、取締役会の一任を得た社長が、会長、社長、独立社
           外取締役2名で構成する報酬委員会と協議のうえ決定しております。
            監査役の報酬は、株主総会で承認された監査役の報酬総額の範囲内において、監査役会における監査役
           の協議により決定しております。
            なお、株主総会で承認された取締役、監査役の報酬総額の限度額は次のとおりであります。
             取締役報酬限度額:年額250百万円以内(2004年6月29日定時株主総会決議)
             監査役報酬限度額:年額45百万円以内(1997年6月25日定時株主総会決議)
         2.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                対象となる
                        報酬等
               役員区分         の総額                        役員の員数
                                    業績連動
                              固定報酬            退職慰労金
                       (百万円)
                                                 (名)
                                     報酬
           取締役
                           184      184       -      -      15
           (社外取締役を除く。)
           監査役
                           -      -      -      -      -
           (社外監査役を除く。)
           社外役員                79      79      -      -      6
           (注)   1.上記支給額のほか、2018年6月27日開催の定時株主総会の決議にもとづき、特別功労金を退任

               取締役1名に対し、50百万円支給しております。
             2.連結報酬等の総額が1億円を超える役員はおりません。
             3.使用人兼務役員はおりません。
             4.社外役員の員数は、当事業年度において辞任または社外役員でなくなった者を含みます。
                                 34/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、投資株式について、もっぱら株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的とし
       て保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保
       有株式)に区分しております。
      ② 青木あすなろ建設㈱における株式の保有状況
        当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会社)
       である青木あすなろ建設㈱については以下のとおりであります。
       a.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
        イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
         の内容
          青木あすなろ建設㈱は、取引関係の維持・強化を通じて同社の企業価値増大に資すると判断する企業の株
         式を保有しております。保有株式については、取引先との取引内容、取引の規模、取引の継続期間等を考慮
         し、その保有の適否を取締役会において毎期検証しており、同社の企業価値増大に資すると認められず保有
         意義が希薄化した株式は順次売却する方針であります。
        ロ.銘柄数及び貸借対照表計上額
                              貸借対照表計上額の
                       銘柄数
                       (銘柄)
                               合計額(百万円)
          非上場株式                 22           1,040
          非上場株式以外の株式                 6           2,189
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)
          該当事項はありません。
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)
          該当事項はありません。
        ハ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
          特定投資株式
               当事業年度         前事業年度
                                                      当社の株
                                    保有目的、定量的な保有効果
               株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                               式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                       の有無
               (百万円)         (百万円)
                               (保有目的)営業上の取引関係の維持・拡大等
                  33,000         33,000
     東海旅客鉄道㈱                                                   無
                               (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の合
                    848         664
                               理性を検証した方法を欄外に注記しております。
                               (保有目的)営業上の取引関係の維持・拡大等
                  117,000         117,000
     トヨタ自動車㈱                                                   無
                               (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の合
                    758         798
                               理性を検証した方法を欄外に注記しております。
                               (保有目的)営業上の取引関係の維持・拡大等
                  60,000         60,000
     阪急阪神ホール
                                                        無
                               (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の合
     ディングス㈱
                    249         236
                               理性を検証した方法を欄外に注記しております。
                               (保有目的)営業上の取引関係の維持・拡大等
                  108,400         108,400
     関西電力㈱                                                   無
                               (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の合
                    176         148
                               理性を検証した方法を欄外に注記しております。
                               (保有目的)営業上の取引関係の維持・拡大等
                  40,000         40,000
     山陽電気鉄道㈱                          (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の合                         無
                    88        105
                               理性を検証した方法を欄外に注記しております。
                               (保有目的)営業上の取引関係の維持・拡大等
                  37,000         37,000
     積水ハウス㈱                          (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の合                         無
                    67         71
                               理性を検証した方法を欄外に注記しております。
      注.保有の合理性を検証した方法
         取引先との取引内容、取引の規模、取引の継続期間等を考慮し、その保有の適否を取締役会において毎期検
        証しております。
          みなし保有株式
           該当事項はありません。
       b.保有目的が純投資目的である投資株式
          該当事項はありません。
                                 35/87



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
      ③ みらい建設工業㈱における株式の保有状況
        当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最大保有会社の次に大きい会社
       である、みらい建設工業㈱については以下のとおりであります。
       a.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
        イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
         の内容
          みらい建設工業㈱は、取引関係の維持・強化を通じて同社の企業価値増大に資すると判断する企業の株式
         を保有しております。保有株式については、取引先との取引内容、取引の規模、取引の継続期間等を考慮
         し、その保有の適否を取締役会において毎期検証しており、同社の企業価値増大に資すると認められず保有
         意義が希薄化した株式は順次売却する方針であります。
        ロ.銘柄数及び貸借対照表計上額
                              貸借対照表計上額の
                       銘柄数
                       (銘柄)
                               合計額(百万円)
          非上場株式                 23            587
          非上場株式以外の株式                 2            317
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)
                       銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                              株式数の増加の理由
                       (銘柄)      価額の合計額(百万円)
          非上場株式                 -             -         -
          非上場株式以外の株式                 2            10   取引先の持株会を通じた取得
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)
          該当事項はありません。
        ハ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
          特定投資株式
               当事業年度         前事業年度
                                                       当社の株
                                    保有目的、定量的な保有効果
               株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                               式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                       の有無
               (百万円)         (百万円)
                               (保有目的)営業上の取引関係の維持・拡大等
                  62,438         61,455
                               (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の合
     理研ビタミン㈱                                                    無
                               理性を検証した方法を欄外に注記しております。
                    219         253
                               (増加理由)取引先の持株会を通じた取得
                               (保有目的)営業上の取引関係の維持・拡大等
                   2,378         2,213
                               (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の合
     SMC㈱                                                    無
                               理性を検証した方法を欄外に注記しております。
                    98         95
                               (増加理由)取引先の持株会を通じた取得
      注.保有の合理性を検証した方法
         取引先との取引内容、取引の規模、取引の継続期間等を考慮し、その保有の適否を取締役会において毎期検
        証しております。
          みなし保有株式
           該当事項はありません。
       b.保有目的が純投資目的である投資株式
          該当事項はありません。
      ④ 提出会社における株式の保有状況

       a.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
        イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
         の内容
          当社は、取引関係の維持・強化を通じて当社グループの企業価値の増大に資する場合や、事業シナジーが
         見込まれる場合を除き、原則として取引先の株式を保有いたしません。政策保有株式については、毎年、取
         締役会において、営業面への貢献度、利回りなどのリターンや株価変動のリスク、またその保有が資本コス
         トに見合っているか等を勘案し、保有の必要性を検証の上、保有継続の可否および株式数の見直しを実施し
         ております。
                                 36/87



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        ロ.銘柄数及び貸借対照表計上額
                              貸借対照表計上額の
                       銘柄数
                       (銘柄)
                               合計額(百万円)
          非上場株式                 -             -
          非上場株式以外の株式                 6            591
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)
          該当事項はありません。
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)
                       銘柄数      株式数の減少に係る売却
                       (銘柄)      価額の合計額(百万円)
          非上場株式                 -             -
          非上場株式以外の株式                 ▶            767
        ハ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
          特定投資株式
                                                       当社の
                 当事業年度         前事業年度
                                                        株
                                     保有目的、定量的な保有効果
                 株式数(株)         株式数(株)
         銘柄                                               式の保
                                      及び株式数が増加した理由
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                        有
                  (百万円)         (百万円)
                                                       の有無
                                  (保有目的)グループの事業活動を円滑に推進
                   1,851,530         1,851,530
                                  するため。
     ㈱みずほフィナン
                                                        有※
                                  (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の
     シャルグループ
                                  合理性を検証した方法を欄外に注記しており
                      317         354
                                  ます。
                                   (保有目的)グループの事業活動を円滑に推
                    231,265         231,265
                                  進するため。
     ㈱りそなホールディ
                                                        有※
                                  (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の
     ングス
                                  合理性を検証した方法を欄外に注記しており
                      110         129
                                  ます。
                                   (保有目的)グループの事業活動を円滑に推
                    38,000         38,000
                                  進するため。
     東洋テック㈱                                                    有
                                  (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の
                                  合理性を検証した方法を欄外に注記しており
                      43         45
                                  ます。
                                   (保有目的)グループの事業活動を円滑に推
                    243,926         343,926
                                  進するため。
     ㈱池田泉州ホール
                                                        無
                                  (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の
     ディングス
                                  合理性を検証した方法を欄外に注記しており
                      69        137
                                  ます。
                                   (保有目的)グループの事業活動を円滑に推
                    54,450         54,450
                                  進するため。
     ㈱三菱UFJフィナ
                                                        有※
                                  (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の
     ンシャルグループ
                                  合理性を検証した方法を欄外に注記しており
                      29         37
                                  ます。
                                   (保有目的)グループの事業活動を円滑に推
                     5,134         5,134
                                  進するため。
     三井住友トラスト
                                                        有※
                                  (定量的な保有効果)記載が困難なため保有の
     ホールディングス㈱
                                  合理性を検証した方法を欄外に注記しており
                      20         22
                                  ます。
                       -      336,960
                                   (保有目的)グループの事業活動を円滑に推
     リゾートトラスト㈱                                                    有
                                  進するため。
                       -        752
                       -      71,000
                                   (保有目的)グループの事業活動を円滑に推
     中山福㈱                                                    有
                                  進するため。
                       -        53
                       -      91,000
                                   (保有目的)グループの事業活動を円滑に推
     ㈱ケー・エフ・シー                                                    有
                                  進するため。
                       -        189
      注1.保有の合理性を検証した方法
         当社は、毎年、取締役会において、営業面への貢献度、利回りなどのリターンや株価変動のリスク、また、
        その保有が資本コストに見合っているか等を勘案し、保有の必要性を検証の上、保有継続の可否および株式数
        の見直しを実施しております。
       2.※当社が株式を保有している先のグループ会社が当社の株式を保有しております。
          みなし保有株式
           該当事項はありません。
       b.保有目的が純投資目的である投資株式
          該当事項はありません。
                                 37/87


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    第5 【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に
       準拠して作成し、「建設業法施行規則」(1949年建設省令第14号)に準じて記載しております。
        なお、当連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報のうち、
       「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(2018年3月23日内閣府令第
       7号。以下「改正府令」という。)による改正後の連結財務諸表規則第15条の5第2項第2号及び同条第3項に係
       るものについては、改正府令附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則にもとづいて作成しておりま
       す。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)第2条の

       規定にもとづき、同規則および「建設業法施行規則」(1949年建設省令第14号)により作成しております。
        なお、当事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表に含まれる比較情報のうち、改正府令
       による改正後の財務諸表等規則第8条の12第2項第2号及び同条第3項に係るものについては、改正府令附則第2
       条第2項により、改正前の財務諸表等規則にもとづいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定にもとづき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月
       31日まで)の連結財務諸表および事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、有限
       責任 あずさ監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みをおこなっております。
        具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制
       を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、会計基準の内容またはその変更等についての情報収集
       をおこなっております。
                                 38/87












                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
       (1) 【連結財務諸表】
       ①  【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金預金                                68,571              62,074
        受取手形・完成工事未収入金等                                68,146              72,219
        販売用不動産                                 7,592              10,153
        未成工事支出金                                  781             1,594
        不動産事業支出金                                  764              631
        未収入金                                 5,263              6,262
        その他                                 1,275              1,369
                                         △ 270             △ 106
        貸倒引当金
        流動資産合計                                152,125              154,199
      固定資産
        有形固定資産
         建物・構築物(純額)                               4,016              5,429
         機械、運搬具及び工具器具備品(純額)                               1,199              1,273
         船舶(純額)                               1,595               967
                                      ※3  12,916            ※3  13,599
         土地
         リース資産(純額)                                152              185
                                          58             1,046
         建設仮勘定
                                      ※1  19,938            ※1  22,502
         有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          473             2,063
        投資その他の資産
                                       ※2  6,436            ※2  5,276
         投資有価証券
         繰延税金資産                               3,653              3,802
         その他                               2,563              3,029
                                         △ 295             △ 283
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               12,357              11,825
        固定資産合計                                32,770              36,391
      資産合計                                 184,895              190,590
                                 39/87









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        工事未払金                                32,565              30,974
        未払法人税等                                 2,373              1,737
        未成工事受入金                                11,055              15,341
        完成工事補償引当金                                  690              311
        工事損失引当金                                  175               79
        賞与引当金                                 2,797              3,099
        役員退職慰労引当金                                  50               -
        災害損失引当金                                  240               -
                                         8,326              8,214
        その他
        流動負債合計                                58,274              59,757
      固定負債
                                        ※3  256            ※3  256
        再評価に係る繰延税金負債
        繰延税金負債                                  253               14
        船舶特別修繕引当金                                  52              75
        退職給付に係る負債                                10,660              10,903
                                         1,405              1,455
        その他
        固定負債合計                                12,628              12,706
      負債合計                                  70,903              72,463
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 5,000              5,000
        資本剰余金                                  391              524
        利益剰余金                                102,100              107,097
                                        △ 7,483             △ 7,483
        自己株式
        株主資本合計                                100,008              105,138
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 1,129               635
                                      ※3  △  1,266           ※3  △  1,266
        土地再評価差額金
        為替換算調整勘定                                  -               5
                                         △ 245             △ 493
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                 △ 382            △ 1,119
      非支配株主持分                                  14,367              14,108
      純資産合計                                 113,992              118,126
     負債純資産合計                                   184,895              190,590
                                 40/87







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     売上高
      完成工事高                                 226,117              223,470
                                        18,989              26,250
      不動産事業売上高
      売上高合計                                 245,107              249,720
     売上原価
                                      ※1  194,903
      完成工事原価                                                192,937
                                      ※2  17,128            ※2  22,421
      不動産事業売上原価
      売上原価合計                                 212,032              215,359
     売上総利益
      完成工事総利益                                  31,213              30,532
                                         1,861              3,828
      不動産事業総利益
      売上総利益合計                                  33,075              34,361
                                     ※3 , ※4  19,444           ※3 , ※4  21,919
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   13,630              12,441
     営業外収益
      受取利息                                    1              0
      受取配当金                                   100              108
      受取賃貸料                                    46              56
      受取補償金                                    81               -
                                          45              61
      その他
      営業外収益合計                                   276              226
     営業外費用
      支払利息                                   163              174
      遊休資産諸費用                                    -              57
      自己株式取得費用                                    31               -
                                           9              10
      その他
      営業外費用合計                                   204              242
     経常利益                                   13,702              12,425
     特別利益
                                        ※5  18            ※5  47
      固定資産売却益
      投資有価証券売却益                                    5             393
                                           -              14
      その他
      特別利益合計                                    23              455
     特別損失
                                        ※6  10            ※6  164
      固定資産除却損
                                        ※7  126            ※7  508
      災害による損失
                                                      ※8  430
      減損損失                                    -
      係争和解金                                   950               -
                                          110              184
      その他
      特別損失合計                                  1,198              1,287
     税金等調整前当期純利益                                   12,527              11,593
     法人税、住民税及び事業税
                                         4,289              3,755
                                         △ 927              △ 70
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    3,361              3,685
     当期純利益                                    9,165              7,908
     非支配株主に帰属する当期純利益                                    1,208               885
     親会社株主に帰属する当期純利益                                    7,957              7,022
                                 41/87



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     当期純利益                                    9,165              7,908
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   150             △ 476
      為替換算調整勘定                                    -               5
                                          41             △ 253
      退職給付に係る調整額
                                        ※  191            ※  △  724
      その他の包括利益合計
     包括利益                                    9,356              7,183
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                  8,098              6,286
      非支配株主に係る包括利益                                  1,257               897
                                 42/87
















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       ③ 【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         2017年4月1日 至          2018年3月31日)
                                           (単位:百万円)

                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
     当期首残高              5,000        271      95,860       △ 4,296       96,835
     当期変動額

     剰余金の配当                           △ 1,008              △ 1,008

     剰余金の配当(中間
                                 △ 708              △ 708
     配当)
     親会社株主に帰属す
                                 7,957              7,957
     る当期純利益
     自己株式の取得                                  △ 3,186      △ 3,186
     連結子会社の自己株
     式の取得による持分                     119                      119
     の増減
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計                -       119      6,240      △ 3,186       3,173
     当期末残高              5,000        391      102,100       △ 7,483      100,008

                        その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券評              退職給付に係る調       その他の包括利益
                      土地再評価差額金
                価差額金              整累計額       累計額合計
     当期首残高              1,010      △ 1,266       △ 267      △ 524      14,245       110,555
     当期変動額

     剰余金の配当                                                 △ 1,008

     剰余金の配当(中間
                                                       △ 708
     配当)
     親会社株主に帰属す
                                                       7,957
     る当期純利益
     自己株式の取得                                                 △ 3,186
     連結子会社の自己株
     式の取得による持分                                                  119
     の増減
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純              119        -       22       141       122       263
     額)
     当期変動額合計               119        -       22       141       122      3,436
     当期末残高              1,129      △ 1,266       △ 245      △ 382      14,367       113,992

                                 43/87





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         2018年4月1日 至          2019年3月31日)
                                      (単位:百万円)

                            株主資本
                資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
     当期首残高             5,000       391    102,100      △ 7,483     100,008
     当期変動額

     剰余金の配当                        △ 1,253            △ 1,253

     剰余金の配当(中間
                              △ 766            △ 766
     配当)
     連結範囲の変動                          △ 6            △ 6
     連結範囲の変動に伴
     う為替換算調整勘定
     の増減
     親会社株主に帰属す
                              7,022            7,022
     る当期純利益
     連結子会社の自己株
     式の取得による持分                   132                   132
     の増減
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計               -      132     4,997       -     5,130
     当期末残高             5,000       524    107,097      △ 7,483     105,138

                         その他の包括利益累計額

                                             非支配株主持分       純資産合計
              その他有価証券      土地再評価差額      為替換算調整勘      退職給付に係る      その他の包括利
               評価差額金        金      定    調整累計額      益累計額合計
     当期首残高             1,129     △ 1,266       -     △ 245     △ 382     14,367      113,992
     当期変動額

     剰余金の配当                                                 △ 1,253

     剰余金の配当(中間
                                                       △ 766
     配当)
     連結範囲の変動                                                  △ 6
     連結範囲の変動に伴
     う為替換算調整勘定                          △ 0            △ 0            △ 0
     の増減
     親会社株主に帰属す
                                                       7,022
     る当期純利益
     連結子会社の自己株
     式の取得による持分                                                  132
     の増減
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純            △ 494       -       5    △ 247     △ 736     △ 259     △ 995
     額)
     当期変動額合計             △ 494       -       5    △ 247     △ 736     △ 259     4,134
     当期末残高              635    △ 1,266        5    △ 493    △ 1,119      14,108      118,126

                                 44/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                  12,527              11,593
      減価償却費                                   906             1,120
      減損損失                                    -              430
      のれん償却額                                    -              169
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 718             △ 175
      完成工事補償引当金の増減額(△は減少)                                   △ 76             △ 379
      工事損失引当金の増減額(△は減少)                                   116              △ 95
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 49              282
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    50             △ 50
      船舶特別修繕引当金の増減額(△は減少)                                   △ 39              23
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    17             △ 116
      受取利息及び受取配当金                                  △ 102             △ 109
      支払利息                                   163              174
      固定資産売却損益(△は益)                                   △ 7             △ 44
      投資有価証券売却損益(△は益)                                   △ 5            △ 375
      災害損失引当金繰入額                                   112               -
      災害損失                                    14              508
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 7,891             △ 3,916
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  2,509              △ 681
      未収入金の増減額(△は増加)                                  1,258             △ 1,106
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  2,854             △ 1,601
      未成工事受入金の増減額(△は減少)                                 △ 1,906              4,273
      未払又は未収消費税等の増減額                                  △ 116              622
                                         1,539              △ 313
      その他
      小計                                  11,158              10,231
      利息及び配当金の受取額
                                          102              109
      利息の支払額                                  △ 163             △ 174
      訴訟関連損失の支払額                                   △ 53             △ 62
      和解金の支払額                                    -             △ 950
      災害損失の支払額                                  △ 272             △ 621
      法人税等の支払額                                 △ 5,625             △ 4,570
      法人税等の還付額                                    -              198
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  5,146              4,160
                                 45/87








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 7,151             △ 3,976
      有形固定資産の売却による収入                                    52              83
      無形固定資産の取得による支出                                  △ 231             △ 241
      投資有価証券の売却による収入                                    73              767
      短期貸付金の回収による収入                                    0             172
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                                    ※2  △  2,198
                                          -
      る支出
      定期預金の払戻による収入                                    -              57
                                         △ 593              △ 36
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 7,850             △ 5,371
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -            △ 1,191
      長期借入金の返済による支出                                    -             △ 998
      リース債務の返済による支出                                  △ 171             △ 170
      自己株式の取得による支出                                 △ 3,218                -
      子会社の自己株式の取得による支出                                  △ 754             △ 756
      配当金の支払額                                 △ 1,715             △ 2,017
                                         △ 262             △ 268
      非支配株主への配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 6,121             △ 5,402
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     -              △ 5
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 8,825             △ 6,618
     現金及び現金同等物の期首残高                                   77,396              68,571
     新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額                                     -              121
                                      ※1  68,571            ※1  62,074
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 46/87











                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
        (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
        (1)  連結子会社
           前期    18 社  当期       22 社
           連結子会社名は、「第1企業の概況4.関係会社の状況」に記載のとおりであります。
           なお、前連結会計年度において、非連結子会社としておりましたTakamatsu                                       Construction       Group
          USA,Inc.は、重要性が増したため、当連結会計年度より連結の範囲に含めております。また、2018年4月
          2日付けで全株式を取得した㈱ミブコーポレーションを当連結会計年度より連結の範囲に含めておりま
          す。
        (2)  主要な非連結子会社
           日本オーナーズクレジット㈱
        (3)  非連結子会社について連結の範囲から除いた理由
           非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益および利益剰余金等は、
          いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲から除外しております。
       2.持分法の適用に関する事項

        (1)  持分法適用会社
           該当ありません。
        (2)  主要な持分法非適用会社
           日本オーナーズクレジット㈱
        (3)  持分法を適用しない会社について、その適用しない理由
           持分法適用外の会社は、いずれも当期純損益および利益剰余金等に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体
          としても重要性がないため、持分法の適用から除外しております。
       3.連結子会社の事業年度等に関する事項

          連結子会社のうち、海外子会社の決算日は12月31日であります。連結財務諸表の作成にあたっては、同日
         現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた取引については、連結上必要な調整をおこなっており
         ます。
       4.会計方針に関する事項

        (1)  重要な資産の評価基準および評価方法
           有価証券
            ①子会社株式および関連会社株式
              移動平均法による原価法によっております。
            ②その他有価証券
             時価のあるもの
              期末日の市場価格等にもとづく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
             移動平均法により算定)によっております。
             時価のないもの
              移動平均法による原価法によっております。
           たな卸資産
            ①販売用不動産および不動産事業支出金
              個別法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下にもとづく簿価切下げの方法により算
             定)によっております。
            ②未成工事支出金
              個別法による原価法によっております。
        (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
           有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法によっております。
            ただし、船舶、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)、2016年4月1日以降に
           取得した建物附属設備および構築物については、定額法によっております。
            なお、耐用年数および残存価額については、主として法人税法に規定する方法と同一の基準によって
           おります。
           無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法によっております。
                                 47/87


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
            なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)にもとづいておりま
           す。
           リース資産
            所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法によっております。
            所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数として、残存価額を零とする定額法によっております。
        (3) 重要な引当金の計上基準
           貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
            定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           完成工事補償引当金
             完成工事に係るかし担保の費用に備えるため、当連結会計年度の完成工事高に対する将来の見積補
            償額および特定工事における将来の補償費用を計上しております。
           工事損失引当金
             受注工事に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末手持工事のうち、損失の発生が見込ま
            れ、かつ、その金額を合理的に見積もることができる工事について、損失見込額を計上しておりま
            す。
           賞与引当金
             従業員に対して支給する賞与に充てるため、将来の支給見込額のうち当連結会計年度対応額を計上
            しております。
           船舶特別修繕引当金
             船舶の定期修繕に要する費用に充てるため、最近の支出実績にもとづく定期修繕見積額を計上して
            おります。
        (4)  退職給付に係る会計処理の方法
         ①退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
          ては、給付算定式基準によっております。
         ②数理計算上の差異および過去勤務費用の費用処理方法
           数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
          (5年から7年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しており
          ます。
           過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年から7年)による定
          額法により費用処理しております。
         ③未認識数理計算上の差異および未認識過去勤務費用の会計処理方法
           未認識数理計算上の差異および未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部におけ
          るその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
         ④小規模企業等における簡便法の採用
           一部の連結子会社は、退職給付に係る負債および退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合
          要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
        (5)  重要な収益および費用の計上基準
           完成工事高および完成工事原価の計上基準
            当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工
           事の進捗率の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しております。
        (6)  のれんの償却方法および償却期間
           のれんの償却については発生原因に応じ、20年以内の一定の年数で均等償却することとしております。
        (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
           手許現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
          スクしか負わない取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
           消費税等の会計処理
            消費税および地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    (未適用の会計基準等)

     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2018年3月30日        企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                     2018年3月30日        企業会計基準委員会)
                                 48/87


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     (1) 概要

       国際会計基準審議会(IASB)および米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な
      会計基準の開発をおこない、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASB
      においてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は
      2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認
      識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
       企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
      性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
      出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国でおこなわれてきた実務等に配慮すべき項目
      がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
     (2) 適用予定日

       2022年3月期の期首から適用します。
     (3) 当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
      ります。
                                 49/87















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (表示方法の変更)
         (連結損益計算書関係)
           前連結会計年度において、「特別損失」の「その他」に含めておりました「固定資産除却損」は、金額的
          重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、
          前連結会計年度の連結財務諸表の組替えをおこなっております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「特別損失」の「その他」に表示しておりました
          121百万円は、「固定資産除却損」10百万円、「その他」110百万円として組替えております。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

           前連結会計年度において、独立掲記しておりました「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「長期未収
          入金の増減額」は、金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度より「その他」に含めて表示してお
          ります。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えをおこなっており
          ます。
           この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フ
          ロー」に表示しておりました「長期未収入金の増減額」603百万円、「その他」935百万円は、「その他」
          1,539百万円として組替えております。
           前連結会計年度において、「投資活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めておりました「短

          期貸付金の回収による収入」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記しております。
          また、前連結会計年度において独立掲記しておりました「投資有価証券の取得による支出」は、金額的重要
          性が乏しくなったため、当連結会計年度より「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を
          反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えをおこなっております。
           この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「投資活動によるキャッシュ・フ
          ロー」に表示しておりました「投資有価証券の取得による支出」△594百万円、「その他」0百万円は、「短
          期貸付金の回収による収入」0百万円、「その他」△593百万円として組替えております。
         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)

           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日。以下「税効果会
          計基準一部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分
          に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更
          しております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において                         、「流動資産」の「繰延税金資産」2,197百万円の
          うち2,179百万円は「投資その他の資産」の「繰延税金資産」に含めて表示しており、また、18百万円は
          「固定負債」の「繰延税金負債」と相殺しております。
           なお、同一の納税主体で「繰延税金資産」と「繰延税金負債」を相殺した影響により、総資産が18百万円
          減少しております。
           また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に
          係る会計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)および同注解(注9)に記載された内容を
          追加しております。ただし、当該内容のうち前連結会計年度にかかる内容については、税効果会計基準一部
          改正第7項に定める経過的な取扱いにしたがって記載しておりません。
                                 50/87






                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (連結貸借対照表関係)
     ※1    資産の金額から直接控除した減価償却累計額は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
       有形固定資産                         15,817   百万円              15,528   百万円
     ※2 非連結子会社および関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
       投資有価証券(株式)                          255百万円                 132百万円
     ※3 事業用土地の再評価

       提出会社および連結子会社の一部は、「土地の再評価に関する法律」(1998年3月31日公布法律第34号)にもと
      づき、事業用の土地の再評価をおこなっております。評価差額については、当該評価差額に係る税金相当額を「再
      評価に係る繰延税金負債」に計上し、これを控除した金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上してお
      ります。
       なお、一部の連結子会社の「土地再評価差額金」は、連結消去後の金額を純資産の部に計上しております。
      (1)提出会社
       ・再評価の方法…「土地の再評価に関する法律施行令」(1998年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定め
               る事業用土地について地価税法(1991年法律第69号)第16条に規定する地価税の課税価格の計
               算の基礎となる土地の価額を算定するために国税庁長官が定めて公表した方法により算定した
               価額に合理的な調整をおこなって算定しております。
       ・再評価の実施年月日…2002年3月31日
       ・再評価を行った土地の期末における時価と再評価後の帳簿価額との差額は、前連結会計年度末および当連結会
        計年度末ともに、再評価をおこなった土地の時価が再評価後の帳簿価額を上回っているため、記載しておりま
        せん。
      (2)一部の連結子会社

       ・再評価の方法…「土地の再評価に関する法律施行令」(1998年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定め
               る事業用土地について地価税法(1991年法律第69号)第16条に規定する地価税の課税価格の計
               算の基礎となる土地の価額を算定するために国税庁長官が定めて公表した方法により算定した
               価額および第2条第3号に定める事業用土地について地方税法(1950年法律第226号)第341条
               第10号の土地課税台帳または同条第11号の土地補充課税台帳に登録されている価格に合理的な
               調整をおこなって算定しております。
       ・再評価の実施年月日…2001年3月31日
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
         再評価を行った土地の期末におけ
         る時価と再評価後の帳簿価額との                        △160百万円                 △103百万円
         差額
                                 51/87







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (連結損益計算書関係)
      ※1 完成工事原価に含まれている工事損失引当金繰入額は、次のとおりであります。
                 前連結会計年度                         当連結会計年度
               (自 2017年4月1日                         (自 2018年4月1日
                至 2018年3月31日)                         至 2019年3月31日)
                        150百万円                         -百万円
      

       産事業売上原価に含まれております。
                 前連結会計年度                         当連結会計年度
               (自 2017年4月1日                         (自 2018年4月1日
                至 2018年3月31日)                         至 2019年3月31日)
                        15 百万円                       32 百万円
      ※3 販売費及び一般管理費のうち主要な費目および金額は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
        従業員給料手当                       8,479   百万円              9,874   百万円
        賞与引当金繰入額                       1,125                 1,320
        退職給付費用                        373                 352
        役員退職慰労引当金繰入額                         50                 -
        貸倒引当金繰入額                       △ 423                △ 173
      ※4 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は次のとおりであります。

                 前連結会計年度                         当連結会計年度
               (自 2017年4月1日                         (自 2018年4月1日
                至 2018年3月31日)                         至 2019年3月31日)
                       429  百万円                       482  百万円
      ※5 固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
        機械、運搬具及び工具器具備品                         18 百万円                39 百万円
        その他                         -                 7
        計                         18                 47
      ※6 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
        建物・構築物                         7 百万円               152  百万円
        その他                         3                11
        計                         10                164
      ※7 災害による損失

       前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        火災により被災した事業用資産の復旧費用等であり、災害損失引当金繰入額112百万円を含んでおります。
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

        当連結会計年度に発生した台風等の自然災害により生じた損失を計上しております。
                                 52/87



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
      ※8 減損損失
       当社グループは、以下の資産または資産グループについて減損損失を計上しました。
       前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                  減損損失
              用途             種類            場所
                                                 (百万円)
        遊休資産                  船舶             -               430
        当社グループは、事業用資産については管理会計上の事業単位で、賃貸用資産および遊休資産については個別
       の物件単位でグルーピングしております。本社等については独立したキャッシュ・フローを生み出さないことか
       ら、共用資産としてグルーピングしております。
        当連結会計年度において、連結子会社が保有する船舶について、稼働状況が低下し遊休状態となったことか
       ら、上記資産または資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失430百万円として
       特別損失に計上しております。
        なお、当資産または資産グループの回収可能価額は、市場価格を基準とした正味売却価額により測定しており
       ます。
        (連結包括利益計算書関係)

         ※   その他の包括利益に係る組替調整額および税効果額
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
           その他有価証券評価差額金
            当期発生額
                                   225百万円               △294百万円
            組替調整額                      △5               △375
             税効果調整前
                                   220               △669
             税効果額                     △70                193
             その他有価証券評価差額金
                                   150               △476
           為替換算調整勘定
            当期発生額                       -                5
           退職給付に係る調整額
            当期発生額
                                  △229                △505
            組替調整額                      254                145
             税効果調整前
                                   24              △360
             税効果額                      16               106
             退職給付に係る調整額
                                   41              △253
           その他の包括利益合計                        191               △724
                                 53/87








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
       前連結会計年度(自         2017年4月1日 至          2018年3月31日)
       1.発行済株式の種類および総数に関する事項
                  当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度末
         株式の種類
                  期首株式数(株)           増加株式数(株)           減少株式数(株)           株式数  (株)
          普通株式            38,880,000               -           -       38,880,000
       2.自己株式の種類および株式数に関する事項
                  当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度末
         株式の種類
                  期首株式数(株)           増加株式数(株)           減少株式数(株)           株式数  (株)
          普通株式             2,861,003           1,200,300              -       4,061,303
      (変動事由の概要)
        2017年7月19日開催の取締役会決議による公開買付け 600,300株
        2018年1月24日開催の取締役会決議による公開買付け 600,000株
       3.新株予約権等に関する事項
          該当事項はありません。
       4.配当に関する事項
        (1) 配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
       (決議)          株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (百万円)        配当額(円)
       2017年5月11日
                 普通株式           1,008         28.0    2017年3月31日         2017年6月23日
       取締役会
       2017年11月14日
                 普通株式            708        20.0    2017年9月30日         2017年12月12日
       取締役会
        (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                     配当金の総額              1株当たり
       (決議)        株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
       2018年5月11日
                普通株式         1,253    利益剰余金           36.0   2018年3月31日         2018年6月28日
       取締役会
      (注)1株当たり配当額には、記念配当10.0円が含まれております。
       当連結会計年度(自         2018年4月1日 至          2019年3月31日)

       1.発行済株式の種類および総数に関する事項
                  当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度末
         株式の種類
                  期首株式数(株)           増加株式数(株)           減少株式数(株)           株式数  (株)
          普通株式            38,880,000               -           -       38,880,000
       2.自己株式の種類および株式数に関する事項
                  当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度末
         株式の種類
                  期首株式数(株)           増加株式数(株)           減少株式数(株)           株式数  (株)
          普通株式             4,061,303              -           -       4,061,303
       3.新株予約権等に関する事項
          該当事項はありません。
       4.配当に関する事項
        (1) 配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
       (決議)          株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (百万円)        配当額(円)
       2018年5月11日
                 普通株式           1,253         36.0    2018年3月31日         2018年6月28日
       取締役会
       2018年11月14日
                 普通株式            766        22.0    2018年9月30日         2018年12月11日
       取締役会
      (注)2018年5月11日取締役会決議による1株当たり配当額には、記念配当10.0円が含まれております。
        (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                     配当金の総額              1株当たり
       (決議)        株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
       2019年5月13日
                普通株式         1,323    利益剰余金           38.0   2019年3月31日         2019年6月21日
       取締役会
                                 54/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       ※1    現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自  2017年4月1日               (自  2018年4月1日
                            至  2018年3月31日)                至  2019年3月31日)
       現金預金勘定                        68,571百万円                 62,074百万円
       現金及び現金同等物                        68,571                 62,074
       ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産および負債の主な内訳

          株式の取得により新たに㈱ミブコーポレーションを連結したことにともなう連結開始時の資産および負債の
         内訳ならびに同社株式の取得価額と同社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりです。
          流動資産                    3,239   百万円

          固定資産                     169
          のれん                    1,690
          流動負債                   △1,575
          固定負債                   △1,024
           株式の取得価額
                              2,500
                              △301
          現金及び現金同等物
           差引:取得のための支出                   2,198
       (リース取引関係)

        オペレーティング・リース取引
        (借主側)
         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                 (単位:百万円)
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
         1年内                            611                1,278
         1年超                            780                3,393

               合計                     1,391                 4,671

        (表示方法の変更)

          オペレーティング・リース取引につきましては、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より解約不能
         のものに係る未経過リース料について記載しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計
         年度についても記載しております。
                                 55/87








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (金融商品関係)
        1.金融商品の状況に関する事項
        (1) 金融商品に対する取組方針
           当社および連結子会社は、資金運用については短期的な預金等に限定し、また資金調達については銀行
          借入による方針であります。
        (2)  金融商品の内容およびそのリスクならびにリスク管理体制
           営業債権である受取手形・完成工事未収入金等は、取引先の信用リスクを有しておりますが、当該リス
          クに関しては、当社および連結子会社の社内規程およびその附則に従い、取引先の信用状況を定期的にモ
          ニタリングし、取引先の財政状態等の悪化等による回収懸念の早期把握をはかっております。
           投資有価証券は、主に株式であり、市場価格の変動リスクを有しておりますが、定期的に時価の把握を
          おこなっております。
           営業債務である工事未払金は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日であります。
        (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
           金融商品の時価には、市場価格にもとづく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
          額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を
          採用することにより、当該価額が変動することがあります。
        2.金融商品の時価等に関する事項

          連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
         することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。(注2参照)
          前連結会計年度(2018年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
        (1)現金預金                       68,571            68,571              -
        (2)受取手形・
                               68,146            68,146              -
          完成工事未収入金等
        (3)  未収入金
                                5,263            5,263              -
        (4)  投資有価証券
          その他有価証券                      4,323            4,323              -
             資産計                 146,304            146,304               -
        工事未払金                       32,565            32,565              -

             負債計                  32,565            32,565              -

          当連結会計年度(2019年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
        (1)現金預金                       62,074            62,074              -
        (2)受取手形・
                               72,219            72,219              -
          完成工事未収入金等
        (3)  未収入金
                                6,262            6,262              -
        (4)  投資有価証券
          その他有価証券                      3,272            3,272              -
             資産計                 143,829            143,829               -
        工事未払金                       30,974            30,974              -

             負債計                  30,974            30,974              -

                                 56/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
      注1 金融商品の時価の算定方法ならびに有価証券に関する事項
        資  産
         (1)現金預金、(2)受取手形・完成工事未収入金等および(3)未収入金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
         (4)投資有価証券
          これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
          また、有価証券について定められた注記事項は、「有価証券関係」に記載しております。
        負  債
         工事未払金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
      注2 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                  (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
               区分
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        非上場株式(その他有価証券)                              1,657                 1,671
        関係会社株式                               255                 132
        優先出資証券                               200                 200
         これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることができず、時価を把握する
        ことが極めて困難と認められるため、時価開示の対象には含めておりません。
      注3 金銭債権および満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

        前連結会計年度(2018年3月31日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内 
                                                    10年超 
                                   5年以内          10年以内
                           (百万円)
                                                     (百万円)
                                    (百万円)          (百万円)
        現金預金                     68,571           -         -         -
        受取手形・完成工事未収入金等                     68,146           -         -         -
        未収入金                      5,263          -         -         -
               合計              141,981           -         -         -
        当連結会計年度(2019年3月31日)

                                    1年超         5年超
                          1年以内 
                                                    10年超 
                                   5年以内          10年以内
                           (百万円)
                                                     (百万円)
                                    (百万円)          (百万円)
        現金預金                     62,074           -         -         -
        受取手形・完成工事未収入金等                     72,219           -         -         -
        未収入金                      6,262          -         -         -
               合計              140,556           -         -         -
                                 57/87







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    (有価証券関係)
     1.その他有価証券
       前連結会計年度(2018年3月31日)
                                 連結貸借対照表
                                           取得原価          差額
                                   計上額
                                          (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
       (1)  連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
          株式
                                     4,186         2,287         1,898
       (2)  連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
          株式
                                      137         194        △56
                   合計                   4,323         2,482         1,841
       (注)   非上場株式(連結貸借対照表計上額1,657百万円)、関係会社株式(連結貸借対照表計上額255百万円)、
         優先出資証券(連結貸借対照表計上額200百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
         めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
       当連結会計年度(2019年3月31日)

                                 連結貸借対照表
                                           取得原価          差額
                                   計上額
                                          (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
       (1)  連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
          株式
                                     2,984         1,724         1,260
       (2)  連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
          株式
                                      288         376        △88
                   合計                   3,272         2,100         1,171
       (注)   非上場株式(連結貸借対照表計上額1,671百万円)、関係会社株式(連結貸借対照表計上額132百万円)、
         優先出資証券(連結貸借対照表計上額200百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
         めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     2.売却したその他有価証券

       前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                         売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
             種類
                        (百万円)            (百万円)            (百万円)
             株式                  73            5           -
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                         売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
             種類
                        (百万円)            (百万円)            (百万円)
             株式                  767            393            17
     3.減損処理をおこなった有価証券

       前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        有価証券について1百万円(非上場株式1百万円)減損処理をおこなっております。
        なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を
       おこない、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理をお
       こなっております。
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

        該当事項はありません。
                                 58/87





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
      当社および連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、非積立型の確定給付制度として退職一時金制度を設け
     ており、退職給付として、給与と勤務期間にもとづいた一時金を支給しております。
      なお、一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債および退職給付費用を計算
     しております。
    2.確定給付制度(簡便法を適用した制度を含む)

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                                至   2018年3月31日)            至   2019年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                  10,667              10,660
        勤務費用                                   659              675
        利息費用                                   87              90
        数理計算上の差異の発生額                                   229              505
        退職給付の支払額                                  △983             △1,028
       退職給付債務の期末残高                                  10,660              10,903
       (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は「勤務費用」に計上しております。
     (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
       非積立型制度の退職給付債務                                  10,660              10,903
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  10,660              10,903
       退職給付に係る負債                                  10,660              10,903
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  10,660              10,903
     (3)  退職給付費用およびその内訳項目の金額

                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                                至   2018年3月31日)            至   2019年3月31日)
       勤務費用                                    659              675
       利息費用                                    87              90
       数理計算上の差異の費用処理額                                    154              86
       過去勤務費用の費用処理額                                    99              58
       確定給付制度に係る退職給付費用                                   1,001               911
       (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は「勤務費用」に計上しております。
                                 59/87







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     (4)  退職給付に係る調整額
       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                                至   2018年3月31日)            至   2019年3月31日)
       過去勤務費用                                    99              58
       数理計算上の差異                                   △75             △418
       合計                                    24            △360
     (5)  退職給付に係る調整累計額

       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
       未認識過去勤務費用                                    117              58
       未認識数理計算上の差異                                    223              642
       合計                                    340              700
     (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                                (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                                至   2018年3月31日)            至   2019年3月31日)
       割引率                               0.8%~1.1%              0.8%~1.1%
       予想昇給率等                               4.8%~5.5%              4.8%~5.4%
       (注)予想昇給率等はポイント制における予想ポイントの上昇率であります。
                                 60/87












                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度             当連結会計年度
                                (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
      繰延税金資産
       貸倒引当金                            476  百万円            420  百万円
       賞与引当金                            886             979
       未払事業税                            212             215
       退職給付に係る負債                           3,339             3,328
       減損損失累計額等                            373             442
       譲渡損益調整勘定                            309             309
       税務上の繰越欠損金(注)                           2,484             2,761
       未払役員退職金                            167             165
       完成工事補償引当金                            207              95
       災害損失引当金                             80             -
       減価償却累計額                            118             155
                                   1,497             1,210
       その他
      繰延税金資産小計
                                  10,152             10,085
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)
                                    -           △2,221
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額                              -           △3,654
      評価性引当額小計                           △6,068             △5,876
      繰延税金資産合計
                                   4,084             4,209
      繰延税金負債
       譲渡損益調整勘定                            △29             △29
       その他有価証券評価差額金                           △550             △356
                                   △105              △36
       その他
      繰延税金負債合計                            △684             △422
       繰延税金資産の純額                           3,400             3,787
     (注)   税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

         当連結会計年度(2019年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
                           1年超     2年超     3年超     4年超
                     1年以内                         5年超      合計
                          2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
         税務上の繰越欠損金(a)               238     194     94    768     96   1,369      2,761
         評価性引当額              △238     △134     △94    △288     △96   △1,368      △2,221
                                                     (b)  540
         繰延税金資産               -     60     -    480     -     0
        (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
        (b)  税務上の繰越欠損金2,761百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産540百万円を計上して
          おります。
          当該税務上の繰越欠損金については、将来の課税所得の見込み等により、回収可能と判断した部分について
          は評価性引当額を認識しておりません。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                前連結会計年度             当連結会計年度
                                (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
      法定実効税率                             30.8  %            -
      (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.7              -
      受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △0.1               -
      留保金税額                              0.8              -
      住民税均等割                              1.7              -
      評価性引当額の増減                            △5.8               -
      税額控除                            △2.2               -
      複数税率による影響                              0.1              -
                                    0.8              -
      その他
      税効果会計適用後の法人税等の負担率                             26.8              -
     (注)   当連結会計年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分
        の5以下であるため注記を省略しております。
                                 61/87


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (企業結合等関係)
     取得による企業結合
      当社の子会社である髙松建設㈱は2018年4月2日付けで、㈱ミブコーポレーションの全株式を取得し、子会社化
     いたしました。
     (1)企業結合の概要
      ①  被取得企業の名称およびその事業の内容
        被取得企業の名称:㈱ミブコーポレーション
        事業内容:不動産売買および仲介、不動産賃貸および管理、不動産賃貸借の仲介
      ②  企業結合をおこなった主な理由
         髙松建設㈱は、土地活用提案による賃貸住宅建設を得意としておりますが、近年はそのコンサルティング
        能力を賃貸住宅以外にも展開し非住宅分野のシェアを拡大させております。また、売上高は数年前から首都
        圏が本社のある関西圏を上回っており、今後も首都圏でのさらなる受注拡大を目指しております。
         ㈱ミブコーポレーションは、1980年の創業以来東京城南エリアをベースに幅広い不動産のニーズに応える
        事業を展開してきた会社で、地域内で圧倒的なブランド力と豊富な顧客、不動産情報を有しております。
         本子会社化により髙松建設㈱が㈱ミブコーポレーションの持つ情報を活用して建築工事受注機会の増大を
        はかり、㈱ミブコーポレーションは当社グループ参入で財務基盤を強化し不動産取扱い規模の拡大をはかる
        など、シナジー効果の発揮により企業価値の向上を目指してまいります。
      ③  企業結合日
        2018年4月2日
      ④  企業結合の法的形式
        現金を対価とする株式の取得
      ⑤  結合後企業の名称
        変更はありません。
      ⑥  取得した議決権比率
        100%
      ⑦  取得企業を決定するに至った主な根拠
        髙松建設㈱が現金を対価として株式を取得したためであります。
     (2)当連結会計年度に係る連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間
       2018年4月1日から2019年3月31日まで
     (3)被取得企業の取得原価および対価の種類ごとの内訳
        取得の対価        現金     2,500百万円
        取得原価            2,500百万円
     (4)主要な取得関連費用の内容および金額
       アドバイザリーに対する報酬・手数料等 65百万円
     (5)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法および償却期間
      ①  発生したのれんの金額
        1,690百万円
      ②  発生原因
        今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
      ③  償却方法および償却期間
        10年間にわたる均等償却
     (6)企業結合日に受け入れた資産および負債の額ならびにその主な内訳
        流動資産            3,239百万円
        固定資産             169百万円
         資産合計            3,408百万円
        流動負債            1,575百万円
        固定負債            1,024百万円
         負債合計            2,599百万円
                                 62/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
    1.報告セグメントの概要
      当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役
     会が経営資源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討をおこなう対象となっているものでありま
     す。
      当社グループの事業は建設事業と不動産事業に大別されますが、更に、建設事業におきましては、建築事業を専業
     とする連結子会社、土木事業を専業とする連結子会社ならびにその両方の事業を営む連結子会社に分かれます。建
     築、土木両方の事業を営む連結子会社におきましては、本支店組織を建築部門および土木部門に区分して編成してお
     ります。
      このため、当社グループは「建築事業」、「土木事業」、「不動産事業」の3つを報告セグメントとしておりま
     す。
    2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載
     と概ね同一であります。
      報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
      セグメント間の内部売上高又は振替高は市場実勢価格にもとづいております。
      当社グループは、事業セグメントに資産を配分しておりませんが、当該資産にかかる減価償却費についてはその使
     用状況によった合理的な基準に従い事業セグメントに配分しております。
    3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失の金額に関する情報

      前連結会計年度(自         2017年4月1日         至  2018年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                                     連結損益計
                              報告セグメント
                                                調整額
                                                     算書計上額
                                               (注)1
                      建築事業      土木事業      不動産事業         計
                                                      (注)2
      売上高
       外部顧客への売上高
                       117,347      108,770       18,989      245,107         -    245,107
       セグメント間の内部売上高
                         753       17      385     1,156     △ 1,156        -
       又は振替高
             計          118,100      108,787       19,375      246,264      △ 1,156     245,107
      セグメント利益                  8,528      6,823      1,353      16,705      △ 3,074      13,630
      その他の項目
        減価償却費                   167      490      144      802      104      906
       (注)   1.セグメント利益の調整額△3,074百万円には、各報告セグメントに帰属しない一般管理費等△3,028百万
            円およびその他の調整額△46百万円が含まれております。
          2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっております。
      当連結会計年度(自         2018年4月1日         至  2019年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                                                     連結損益計
                              報告セグメント
                                                調整額
                                                     算書計上額
                                               (注)1
                      建築事業      土木事業      不動産事業         計
                                                      (注)2
      売上高
       外部顧客への売上高
                       115,114      108,355       26,250      249,720         -    249,720
       セグメント間の内部売上高
                         252       38      470      761     △ 761       -
       又は振替高
             計          115,367      108,394       26,721      250,482       △ 761    249,720
      セグメント利益                  7,048      6,949      1,975      15,973      △ 3,531      12,441
      その他の項目
       減価償却費
                         198      577      224     1,000       120     1,120
       のれんの償却額                   -      -      169      169       -      169
       (注)   1.セグメント利益の調整額△3,531百万円には、各報告セグメントに帰属しない一般管理費等△3,533百万
            円およびその他の調整額1百万円が含まれております。
          2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっております。
                                 63/87



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     【関連情報】
      前連結会計年度(自         2017年4月1日         至  2018年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1) 売上高
         本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
       (2) 有形固定資産

         本邦以外に所在する有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      3.主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める特定の顧客については、該当事項は
       ありません。
      当連結会計年度(自         2018年4月1日         至  2019年3月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1) 売上高
         本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2) 有形固定資産

         本邦に所在する有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める特定の顧客については、該当事項は
       ありません。
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      前連結会計年度(自         2017年4月1日         至  2018年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自         2018年4月1日         至  2019年3月31日)                (単位:百万円)

                建築事業         土木事業         不動産事業         全社・消去          合計
     減損損失                -         430          -         -       430
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      前連結会計年度(自         2017年4月1日         至  2018年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自         2018年4月1日         至  2019年3月31日)                (単位:百万円)

                建築事業         土木事業         不動産事業         全社・消去          合計
     当期償却額                -         -         169          -       169
     当期末残高                -         -        1,521           -      1,521
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      前連結会計年度(自         2017年4月1日         至  2018年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自         2018年4月1日         至  2019年3月31日)

       該当事項はありません。 
                                 64/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
      【関連当事者情報】
      関連当事者との取引
       前連結会計年度(自         2017年4月1日 至          2018年3月31日)
        (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
          連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                              議決権等
                    資本金又
          会社等の名称                     の所有               取引金額          期末残高
                        事業の内容又          関連当事者
                    は出資金
       種類          所在地                       取引の内容            科目
                          は職業         との関係
           又は氏名                   (被所有)               (百万円)          (百万円)
                    (百万円)
                              割合(%)
      役員お
                                                 投資その他
      よびそ
                                                 の資産
                                       敷金の返還         16          115
      の近親
                                                 その他(長
                                  事務所の
      者が議
                                                 期保証金)
                                  賃借
                大阪市
      決権の
                              (被所有)
          ㈱三孝社              50 資産管理
                              直接13.79
      過半数
                北区
                                       賃借料        118    -       -
      を所有
      してい
      る会社
                                  役員の兼任
      等
          (注)   1.取引金額には消費税等が含まれておりません。
             2.取引条件及び取引条件の決定方針等
               事務所の賃借料および敷金については、近隣の取引事例を参考に決定しております。
             3.㈱三孝社は、当社代表取締役髙松孝嘉、当社取締役髙松孝年の両氏の近親者が議決権の100%を
              保有しております。
        (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

          連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                             議決権等の
                    資本金又
                               所有
          会社等の名称               事業の内容          関連当事者           取引金額          期末残高
                    は出資金
       種類          所在地                       取引の内容           科目
                              (被所有)
           又は氏名              又は職業          との関係          (百万円)          (百万円)
                    (百万円)
                              割合(%)
      役員お
                        当社取締役
      よびそ
                              (被所有)
          髙松 孝之      -       -            工事の請負     完成工事高         35   -       -
                              直接24.69
      の近親
                        名誉会長
      者
                                                  投資その他
                                                  の資産
                                       敷金の返還         40          511
                                  事務所の
                                                  その他(長
                                  賃借
                                                  期保証金)
                                       賃借料        533    -       -
                大阪市
                              (被所有)
                                                  受取手形・
          ㈱三孝社             50 資産管理
      役員お
                              直接13.79
                北区
                                  工事の請負     完成工事高         29 完成工事未         ▶
      よびそ
                                                  収入金等
      の近親
                                  賃貸建物の               受取手形・
      者が議
                                  維持管理契     管理料         35 完成工事未         0
      決権の
                                  約受託               収入金等
      過半数
                                  役員の兼任
      を所有
      してい
                                  賃貸建物の               受取手形・
      る会社
                                  維持管理契     管理料         26 完成工事未         0
                神戸市
                        不動産賃貸
          芦屋棉業㈱             60        -
      等
                                  約受託               収入金等
                        業
                東灘区
                                  役員の兼任
                                  賃貸建物の               受取手形・
                                  維持管理契     管理料         11 完成工事未         2
                兵庫県
                              (被所有)
          (同)孝兄社             50  資産管理
                                  約受託               収入金等
                              直接1.03
                宝塚市
                                  役員の兼任
          (注)   1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
             2.取引条件及び取引条件の決定方針等
              (1)賃貸建物の維持管理料および工事の請負代金については、一般の取引条件と同様に決定してお
                ります。
              (2)事務所の賃借料および敷金については、近隣の取引事例を参考に決定しております。
             3.㈱三孝社は、当社代表取締役髙松孝嘉、当社取締役髙松孝年の両氏の近親者が議決権の100%を
              保有しております。
             4.芦屋棉業㈱は、当社取締役名誉会長髙松孝之氏が議決権の100%を保有しております。
             5.  (同)孝兄社は、当社取締役名誉会長髙松孝之氏が議決権の100%を保有しております。
                                 65/87


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自         2018年4月1日 至          2019年3月31日)
        (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
          連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                              議決権等
                    資本金又
          会社等の名称                     の所有               取引金額          期末残高
                        事業の内容又          関連当事者
                    は出資金
       種類          所在地                       取引の内容            科目
                          は職業         との関係
           又は氏名                   (被所有)               (百万円)          (百万円)
                    (百万円)
                              割合(%)
                                                 投資その他
      役員お
                                                 の資産
      よびそ
                                         -       -          115
                                                 その他(長
                                  事務所の
      の近親
                                                 期保証金)
                                  賃借
      者が議
                大阪市
      決権の
                              (被所有)
          ㈱三孝社              50 資産管理
                                       賃借料        121    -       -
                              直接13.79
      過半数
                北区
      を所有
                                       固定資産の
                                                - 建設仮勘定       1,046
      してい
                                       取得
      る会社
      等
                                  役員の兼任
          (注)   1.取引金額には消費税等が含まれておりません。
             2.取引条件及び取引条件の決定方針等
               事務所の賃借料および敷金については、近隣の取引事例を参考に決定しております。また、固定
              資産の取得については、不動産鑑定評価額にもとづき決定しております。なお、建設仮勘定の期末
              残高は、固定資産の取得に伴う手付金であります。
             3.㈱三孝社は、当社代表取締役髙松孝嘉、当社取締役髙松孝年の両氏およびその近親者が議決権の
               100%を保有しております。
        (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

          連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                             議決権等の
                    資本金又
                               所有
          会社等の名称               事業の内容          関連当事者           取引金額          期末残高
                    は出資金
       種類          所在地                       取引の内容           科目
                              (被所有)
           又は氏名              又は職業          との関係          (百万円)          (百万円)
                    (百万円)
                              割合(%)
                        当社取締役
                              (被所有)
          髙松 孝之      -       -            工事の請負     完成工事高         59   -       -
      役員お
                              直接24.65
                        名誉会長
      よびそ
      の近親
                               (被所有)
      者
          髙松 孝育      -       -  -          土地の購入     販売用不動産         301    -       -
                              直接6.22
                                                  投資その他
                                                  の資産
                                       敷金の預入         2         514
                                  事務所の
                                                  その他(長
                                  賃借
                                                  期保証金)
                                       賃借料        537    -       -
                大阪市
                              (被所有)
                                                  受取手形・
          ㈱三孝社             50 資産管理
                              直接13.79
                北区
                                  工事の請負     完成工事高         16 完成工事未         1
                                                  収入金等
      役員お
                                  賃貸建物の               受取手形・
      よびそ
                                  維持管理契     管理料         27 完成工事未         0
      の近親
                                  約受託               収入金等
      者が議
      決権の
                                  役員の兼任
      過半数
                                  賃貸建物の               受取手形・
      を所有
                                  維持管理契     管理料         17 完成工事未         0
                神戸市
                        不動産賃貸
      してい
          芦屋棉業㈱             60        -
                                  約受託               収入金等
                        業
                東灘区
      る会社
      等
                                  役員の兼任
                                  賃貸建物の               受取手形・
                                  維持管理契     管理料         28 完成工事未         0
                                  約受託               収入金等
                兵庫県
                              (被所有)
                                                  受取手形・
          (同)孝兄社             50  資産管理
                              直接1.03
                宝塚市
                                  工事の請負     完成工事高         63 完成工事未         42
                                                  収入金等
                                  役員の兼任
          (注)   1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
             2.取引条件及び取引条件の決定方針等
              (1)賃貸建物の維持管理料および工事の請負代金については、一般の取引条件と同様に決定してお
                ります。
              (2)事務所の賃借料および敷金については、近隣の取引事例を参考に決定しております。
              (3)土地の購入については、一般的な市場価格を勘案し、価格交渉をおこなったうえで決定してお
                                 66/87


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
                ります。
             3.髙松孝育氏は、当社代表取締役髙松孝嘉、当社取締役髙松孝年の両氏の近親者であります。
             4.㈱三孝社は、当社代表取締役髙松孝嘉、当社取締役髙松孝年の両氏およびその近親者が議決権の
               100%を保有しております。
             5.芦屋棉業㈱は、当社取締役名誉会長髙松孝之氏が議決権の100%を保有しております。
             6.  (同)孝兄社は、当社取締役名誉会長髙松孝之氏が議決権の100%を保有しております。
                                 67/87



















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度
                                                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日
                                              (自 2018年4月1日
                                               至 2019年3月31日)
                                至 2018年3月31日)
         1株当たり純資産額                          2,861.26円               2,987.44円
         1株当たり当期純利益                           223.39円               201.70円

         潜在株式調整後                     潜在株式がないため記載し                潜在株式がないため記載し
                             ておりません               ておりません
         1株当たり当期純利益
        (注)   1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (2018年3月31日)            (2019年3月31日)
         純資産の部の合計額                     (百万円)            113,992            118,126
         純資産の部の合計額から控除する金額                     (百万円)             14,367            14,108

         (うち非支配株主持分)                     (百万円)            (14,367)            (14,108)

         普通株式に係る期末の純資産額                     (百万円)             99,625            104,018

         1株当たり純資産額の算定に用いられた
                               (千株)            34,818            34,818
         期末の普通株式の数
        (注)   2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                 前連結会計年度
                                                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日
                                              (自 2018年4月1日
                                               至 2019年3月31日)
                                至 2018年3月31日)
         親会社株主に帰属する当期純
                        (百万円)                 7,957               7,022
         利益
         普通株主に帰属しない金額               (百万円)                  -               -
         普通株式に係る親会社株主に
                        (百万円)                 7,957               7,022
         帰属する当期純利益
         普通株式の期中平均株式数                (千株)               35,618               34,818
                                 68/87










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (重要な後発事象)
       該当事項はありません。
                                 69/87




















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                            当期首残高        当期末残高        平均利率
                 区分                                   返済期限
                            (百万円)        (百万円)         (%)
          短期借入金                      -        -        -      -
          1年以内に返済予定の長期借入金                      -        -        -      -

          1年以内に返済予定のリース債務                      158        116        -      -

          長期借入金(1年以内に返済予定
                                 -        -        -      -
          のものを除く。)
          リース債務(1年以内に返済予定
                                241        254        -  2020年~2025年
          のものを除く。)
                 合計               399        371        -      -
          (注)   1.「平均利率」については、当期末借入金残高がないため記載しておりません。
             2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額で
               リース債務を連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
             3.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定額は
               以下のとおりであります。
                       1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                        (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
             リース債務                 86         70         45         46
         【資産除去債務明細表】

           該当事項はありません。
       (2) 【その他】

         当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)                 第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度

         売上高           (百万円)          54,177        114,311         174,893         249,720

         税金等調整前四半期
                    (百万円)           904        3,590         5,939        11,593
         (当期)純利益
         親会社株主に
         帰属する四半期           (百万円)           463        1,954         3,209         7,022
         (当期)純利益
         1株当たり四半期
                     (円)         13.32         56.12         92.16        201.70
         (当期)純利益
         (会計期間)                 第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

         1株当たり
                     (円)         13.32         42.81         36.04        109.54
         四半期純利益
                                 70/87





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    2 【財務諸表等】
       (1) 【財務諸表】
       ①  【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金預金                                 9,012              6,320
        不動産事業未収入金                                  -               0
        販売用不動産                                 1,123              1,092
        その他                                  654              665
                                          △ 0             △ 0
        貸倒引当金
        流動資産合計                                10,790               8,079
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               4,376              4,285
                                        △ 2,227             △ 2,222
           減価償却累計額
           建物(純額)                              2,148              2,063
         構築物
                                          105              100
                                         △ 77             △ 70
           減価償却累計額
           構築物(純額)                               27              30
         機械及び装置
                                          356              361
                                         △ 101             △ 153
           減価償却累計額
           機械及び装置(純額)                               255              208
         工具器具・備品
                                          95              65
                                         △ 66             △ 47
           減価償却累計額
           工具器具・備品(純額)                               28              18
         土地                               7,624              7,678
         建設仮勘定                                 -             1,046
         有形固定資産合計                               10,084              11,046
        無形固定資産
         ソフトウエア                                 0              -
                                           0              0
         その他
         無形固定資産合計                                 0              0
        投資その他の資産
         投資有価証券                               1,723               591
         関係会社株式                               8,508              10,831
                                          132              476
         その他
         投資その他の資産合計                               10,363              11,899
        固定資産合計                                20,448              22,945
      資産合計                                  31,238              31,025
                                 71/87






                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        不動産事業未払金                                  166               8
        未払金                                  33              25
        未払法人税等                                  15              17
        不動産事業受入金                                   5              28
        賞与引当金                                  22              24
        役員退職慰労引当金                                  50              -
                                          45              49
        その他
        流動負債合計                                  339              153
      固定負債
        再評価に係る繰延税金負債                                  40              40
        繰延税金負債                                  227               14
        退職給付引当金                                  34              40
        未払役員退職金                                  502              502
        長期預り保証金                                  104              103
        固定負債合計                                  910              702
      負債合計                                  1,250               856
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 5,000              5,000
        資本剰余金
                                          272              272
         資本準備金
         資本剰余金合計                                272              272
        利益剰余金
         利益準備金                                978              978
         その他利益剰余金
           別途積立金                             28,270              28,270
                                         3,680              4,387
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                               32,928              33,635
        自己株式                                △ 7,483             △ 7,483
        株主資本合計                                30,716              31,424
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                                  574               47
                                        △ 1,303             △ 1,303
        土地再評価差額金
        評価・換算差額等合計                                 △ 728            △ 1,255
      純資産合計                                  29,988              30,168
     負債純資産合計                                   31,238              31,025
                                 72/87







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       ②  【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     売上高
      不動産事業売上高                                   343              438
      関係会社受取配当金                                  2,768              3,260
                                           1              1
      関係会社受入手数料
      売上高合計                                  3,113              3,700
     売上原価
                                          307              371
      不動産事業売上原価
      売上原価合計                                   307              371
     売上総利益
      不動産事業総利益                                    35              67
                                         2,770              3,262
      その他の売上総利益
      売上総利益合計                                  2,805              3,329
                                       ※1  1,110             ※1  966
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                    1,695              2,363
     営業外収益
      受取利息                                    0              -
      受取配当金                                    47              47
                                           2              2
      その他
      営業外収益合計                                    49              50
     営業外費用
      自己株式取得費用                                    31              -
                                           0              -
      その他
      営業外費用合計                                    31              -
     経常利益                                    1,713              2,413
     特別利益
      固定資産売却益                                    -               0
                                          -              393
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    -              393
     特別損失
      投資有価証券売却損                                    -              17
                                         ※2  0            ※2  58
      固定資産除却損
      特別損失合計                                    0              76
     税引前当期純利益                                    1,712              2,730
     法人税、住民税及び事業税                                      3              3
     法人税等合計                                      3              3
     当期純利益                                    1,708              2,727
                                 73/87







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
      【不動産事業売上原価報告書】
                              前事業年度                  当事業年度

                            (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
                                     構成比                  構成比
            区分               金額(百万円)                  金額(百万円)
                                      (%)                  (%)
     販売用不動産売上原価                             15     4.9            32     8.6
                                                        91.4
                                  292                  339
     不動産賃貸原価                                  95.1
            合計                      307     100.0             371     100.0

      (注)   1.原価計算の方法は、個別原価計算であります。

         2.販売用不動産売上原価のうち販売用不動産の収益性の低下にもとづく簿価の切下げ額は、前事業年度15百
           万円、当事業年度32百万円であります。
                                 74/87
















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       ③ 【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自       2017年4月1日 至          2018年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                  株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                資本金                          その他利益剰余金
                     資本準備金     資本剰余金合計       利益準備金                  利益剰余金合計
                                        別途積立金     繰越利益剰余金
     当期首残高             5,000       272      272      978     28,270       3,688      32,936
     当期変動額
     剰余金の配当                                          △ 1,008     △ 1,008
     剰余金の配当(中間
                                                 △ 708     △ 708
     配当)
     当期純利益                                           1,708      1,708
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計               -      -      -      -      -      △ 7     △ 7
     当期末残高             5,000       272      272      978     28,270       3,680      32,928
                   株主資本              評価・換算差額等

                             その他
                                              純資産合計
                                  土地再評価      評価・換算
                自己株式     株主資本合計       有価証券
                                   差額金     差額等合計
                            評価差額金
     当期首残高            △ 4,296      33,911       568    △ 1,303      △ 734     33,176
     当期変動額
     剰余金の配当                  △ 1,008                        △ 1,008
     剰余金の配当(中間
                        △ 708                        △ 708
     配当)
     当期純利益                   1,708                         1,708
     自己株式の取得            △ 3,186     △ 3,186                        △ 3,186
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                          6      -       6      6
     額)
     当期変動額合計            △ 3,186     △ 3,194        6      -       6    △ 3,188
     当期末残高            △ 7,483      30,716       574    △ 1,303      △ 728     29,988
                                 75/87









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(自       2018年4月1日 至          2019年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                  株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                資本金                          その他利益剰余金
                     資本準備金     資本剰余金合計       利益準備金                  利益剰余金合計
                                        別途積立金     繰越利益剰余金
     当期首残高             5,000       272      272      978     28,270       3,680      32,928
     当期変動額
     剰余金の配当                                          △ 1,253     △ 1,253
     剰余金の配当(中間
                                                 △ 766     △ 766
     配当)
     当期純利益                                           2,727      2,727
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計               -      -      -      -      -      707      707
     当期末残高             5,000       272      272      978     28,270       4,387      33,635
                   株主資本              評価・換算差額等

                             その他
                                              純資産合計
                                  土地再評価      評価・換算
                自己株式     株主資本合計       有価証券
                                   差額金     差額等合計
                            評価差額金
     当期首残高            △ 7,483      30,716       574    △ 1,303      △ 728     29,988
     当期変動額
     剰余金の配当                  △ 1,253                        △ 1,253
     剰余金の配当(中間
                        △ 766                        △ 766
     配当)
     当期純利益                   2,727                         2,727
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                         △ 526       -     △ 526     △ 526
     額)
     当期変動額合計               -      707     △ 526       -     △ 526      180
     当期末残高            △ 7,483      31,424        47    △ 1,303     △ 1,255      30,168
                                 76/87










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
        (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準および評価方法
      (1)  子会社株式および関連会社株式
         移動平均法による原価法によっております。
      (2)  その他有価証券

        時価のあるもの
         期末日の市場価格等にもとづく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法に
        より算定)によっております。
        時価のないもの

         移動平均法による原価法によっております。
     2.たな卸資産の評価基準および評価方法

       販売用不動産
        個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下にもとづく簿価切下げの方法により算定)によっておりま
       す。
     3.固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産
        定率法によっております。
         ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く。)ならびに2016年4月1日以降に取得し
        た建物附属設備および構築物については、定額法によっております。
         なお、耐用年数および残存価額については、主として法人税法に規定する方法と同一の基準によっておりま
        す。
      (2)  無形固定資産

        定額法によっております。
         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)にもとづいております。
     4.引当金の計上基準

      (1) 貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
        ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      (2) 賞与引当金

         従業員に対して支給する賞与に充てるため、将来の支給見込額のうち当事業年度対応額を計上しております。
      (3)  退職給付引当金

         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額にもとづき計上しております。
        ①退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給
         付算定式基準によっております。
        ②数理計算上の差異、過去勤務費用の費用処理方法
          数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(7年)に
         よる定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
          過去勤務費用は、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(7年)による定額法に
         より費用処理しております。
     5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)  退職給付に係る会計処理
         退職給付に係る未認識数理計算上の差異および未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結財務
        諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
      (2)  消費税等の会計処理

         消費税および地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 77/87




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
        (表示方法の変更)
         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日。以下「税効果会
          計基準一部改正」という。)を当事業年                   度 の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表
          示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更しております。
           また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第4項に定める「税効果会計に係る会計基
          準」注解(注8)(1)(評価性引当額の合計額を除く。)に記載された内容を追加しております。ただし、
          当該内容のうち前事業年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な取扱い
          にしたがって記載しておりません。
        (損益計算書関係)

         㯿ᄰŒ꥘묰歜帰夰讌뭵⠰渰䨰䨰蠰崰湒牔࠰潒䵎譩浞瑞ꘀ㐀⸀㣿԰ş华譩浞瑞ꘀ㄀⸀㏿԰Ŏ'ⱻꅴڌ묰歜帰夰讌뭵

          のおおよその割合は前事業年度95.2%、当事業年度98.7%であります。
        販売費及び一般管理費のうち主要な費目および金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
          役員報酬                        287  百万円               265  百万円
          従業員給料手当                        254                 280
          賞与引当金繰入額                         19                 20
          役員退職慰労引当金繰入額                         50                 -
          減価償却費                         17                 18
          雑費                        164                 120
         ※2 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
          建物                         0 百万円                43 百万円
          構築物                        -                 11
          その他                         0                 ▶
          計                         0                58
       (有価証券関係)

      子会社株式
       前事業年度(2018年3月31日)
                        貸借対照表計上額                時価            差額
              種類
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
         子会社株式                       3,274            42,358            39,084
        (注)    時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式
                                  貸借対照表計上額
                    種類
                                   (百万円)
             子会社株式                             5,234
             市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上記の「子会社株式」に
            は含めておりません。
       当事業年度(2019年3月31日)

                        貸借対照表計上額                時価            差額
              種類
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
         子会社株式                       3,274            42,271            38,997
        (注)    時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式
                                  貸借対照表計上額
                    種類
                                   (百万円)
             子会社株式                             7,557
             市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上記の「子会社株式」に
            は含めておりません。
                                 78/87


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
          (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前事業年度             当事業年度
                                  (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
        繰延税金資産
         未払役員退職金
                                      153  百万円            153  百万円
         関係会社株式
                                       29             29
         譲渡損益調整勘定
                                      309             309
         税務上の繰越欠損金
                                     1,260             1,425
         その他                              74             63
        繰延税金資産小計
                                     1,827             1,981
         税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額
                                       -           △1,425
         将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                       -            △552
                                    △1,823             △1,978
        評価性引当額小計
        繰延税金資産合計
                                       3             3
        繰延税金負債
         その他有価証券評価差額金                            △227              △14
         その他                             △3             △3
        繰延税金負債合計                             △231              △18
        繰延税金負債の純額                             △227              △14
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                    前事業年度             当事業年度
                                  (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
       法定実効税率
                                      30.8  %           30.6  %
       (調整)
         交際費等永久に損金に算入されない項目                             0.7             0.4
         受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △50.0             △36.7
         評価性引当額の増減                             18.4              5.7
         複数税率による影響                             0.1              -
                                      0.2             0.1
         その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                               0.2             0.1
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 79/87








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
      ④ 【附属明細表】
        【有価証券明細表】
         【株式】
                                                  貸借対照表計上額
                        銘柄                   株式数(株)
                                                    (百万円)
                    ㈱みずほフィナンシャルグループ                         1,851,530            317
                    ㈱りそなホールディングス                          231,265           110

                    ㈱池田泉州ホールディングス                          243,926            69

         投資有価     その他
         証券     有価証券
                    東洋テック㈱                          38,000           43
                    ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                          54,450           29

                    三井住友トラスト・ホールディングス㈱                           5,134           20

                        計                     2,424,305            591

         【その他】

           該当事項はありません。
                                 80/87














                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
         【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価
                                                      差引当期末
                                          償却累計額
                   当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
           資産の種類                               又は償却累             残高
                   (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)            (百万円)
                                          計額
                                                      (百万円)
                                          (百万円)
         有形固定資産
          建物

                    4,376       64     155     4,285      2,222       115     2,063
          構築物

                     105      19      23     100      70      ▶      30
          機械及び装置

                     356       5     -     361      153      51      208
          工具器具・備品

                      95      ▶     34      65      47      10      18
          土地

                    7,624       53      -    7,678       -      -     7,678
          建設仮勘定             -    1,046       -    1,046       -      -     1,046

          有形固定資産計          12,557      1,193       212    13,538      2,492       182     11,046

         無形固定資産

          ソフトウェア

                      1     -      -      1      1      0      -
          その他

                      0     -      -      0     -      -       0
          無形固定資産計             1     -      -      1      1      0      0

        (注)当期増加額の主なものは、オフィスビル(TCGビル(東京))の取得にともなう手付金(建設仮勘定)
           であります。
         【引当金明細表】

                                    当期減少額        当期減少額
                    当期首残高        当期増加額                       当期末残高
                                    (目的使用)        (その他)
             区分
                     (百万円)        (百万円)                       (百万円)
                                    (百万円)        (百万円)
         貸倒引当金                 0        0       -        0        0
         賞与引当金                22        24        22        -        24

         役員退職慰労引当金                50        -        50        -        -

        (注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権の貸倒実績率にもとづく洗替による
           戻入額であります。
      (2) 【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3) 【その他】

         該当事項はありません。
                                 81/87





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    第6 【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度             4月1日から3月31日まで
     定時株主総会             6月中

     基準日             3月31日

                  9月30日(中間配当)
     剰余金の配当の基準日
                  3月31日(期末配当)
     1単元の株式数             100株
     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)
                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号
       取扱場所
                  みずほ信託銀行株式会社            本店証券代行部
                  (特別口座)
       株主名簿管理人             東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                  みずほ信託銀行株式会社
       取次所              ――――
       買取手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  当会社の公告方法は、電子公告とします。ただし、事故その他やむを得ない事由によって
                  電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載しておこないま
                  す。
     公告掲載方法
                  公告掲載URL
                  https://www.takamatsu-cg.co.jp/ir/
                   基準日     毎年3月31日
                        「南魚沼産コシヒカリ(新米)」を贈呈
     株主に対する特典
                         ・500株以上を5年以上ご所有の株主様……5kgを2袋
                  特典内容
                         ・それ以外の100株以上ご所有の株主様……5kgを1袋
                         ※贈呈に代えて、社会貢献活動への寄付をお選びいただけます。
       (注) 当社においては、単元未満株主は次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨を定款で定めてお
         ります。
         (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当ておよび募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 82/87









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
     1 【提出会社の親会社等の情報】
         当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2 【その他の参考情報】

         当事業年度の開始日から本有価証券報告書提出日までの間において提出した金融商品取引法第25条第1項各号
        に掲げる書類は、次のとおりであります。
         (1)  有価証券報告書およびその添付書類ならびに有価証券報告書の確認書

            事業年度(第53期)            自 2017年4月1日 至 2018年3月31日                        2018年6月28日
                                                関東財務局長に提出
         (2)  内部統制報告書およびその添付書類

            事業年度(第53期)            自 2017年4月1日 至 2018年3月31日                        2018年6月28日
                                                関東財務局長に提出
         (3)  四半期報告書および四半期報告書の確認書

            (第54期第1四半期)            自 2018年4月1日 至 2018年6月30日                        2018年8月9日
                                                関東財務局長に提出
            (第54期第2四半期)            自 2018年7月1日 至 2018年9月30日                        2018年11月14日

                                                関東財務局長に提出
            (第54期第3四半期)            自 2018年10月1日 至 2018年12月31日                        2019年2月14日

                                                関東財務局長に提出
         (4)  臨時報告書

            企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会                                    2018年6月28日
            における議決権行使の結果)にもとづく臨時報告書
                                                関東財務局長に提出
                                 83/87










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    第二部 【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 84/87




















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    2019年6月20日

    株式会社髙松コンストラクショングループ
     取締役会  御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       近  藤  康  仁            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       桃  原  一  也            ㊞
                        業務執行社員
    <財務諸表監査>

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社髙松コンストラクショングループの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸
    表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッ
    シュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監
    査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
    式会社髙松コンストラクショングループ及び連結子会社の2019年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する
    連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認め
    る。
                                 85/87






                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
    <内部統制監査>
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社髙松コンストラク
    ショングループの2019年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
    内部統制報告書に対する経営者の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
    を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
    基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
    な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
    することを求めている。
     内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
    ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
    要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
    価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、株式会社髙松コンストラクショングループが2019年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効で
    あると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価
    の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているもの
    と認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 86/87









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                            有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2019年6月20日

    株式会社髙松コンストラクショングループ
     取締役会  御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       近  藤  康  仁            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       桃  原  一  也            ㊞
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社髙松コンストラクショングループの2018年4月1日から2019年3月31日までの第54期事業年度の財務諸
    表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表につ
    いて監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
    社髙松コンストラクショングループの2019年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を
    すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 87/87




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク