日東電工株式会社 有価証券報告書 第154期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第154期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:日東電工株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                有価証券報告書

      【根拠条文】                金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                関東財務局長
      【提出日】                2019年6月21日
      【事業年度】                第154期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                日東電工株式会社
      【英訳名】                NITTO   DENKO   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                取締役社長  髙﨑 秀雄
      【本店の所在の場所】                大阪府茨木市下穂積1丁目1番2号
                      (上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は下記で行っております。)
                      大阪市北区大深町4番20号グランフロント大阪タワーA
      【電話番号】                (06)7632-2101(代表)
      【事務連絡者氏名】                取締役 CFO  武内 徹
      【最寄りの連絡場所】                大阪市北区大深町4番20号グランフロント大阪タワーA
      【電話番号】                (06)7632-2101(代表)
      【事務連絡者氏名】                執行役員 経理財務統括部長 伊勢山 恭弘
      【縦覧に供する場所】                日東電工株式会社東京支店
                       東京都品川区東品川4丁目12番4号
                       品川シーサイドパークタワー
                      日東電工株式会社名古屋支店
                       名古屋市中区栄2丁目3番1号
                       名古屋広小路ビルヂング
                      株式会社東京証券取引所
                       東京都中央区日本橋兜町2番1号
                                   1/133










                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                                       国際会計基準
              回次
                          第150期       第151期       第152期       第153期       第154期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                   (百万円)        825,243       793,054       767,710       857,376       806,495
     売上収益
                   (百万円)        105,947       101,996        91,791       126,168        91,910
     税引前当期利益
     親会社の所有者に帰属する
                   (百万円)         77,876       81,683       63,453       87,377       66,560
     当期利益
     親会社の所有者に帰属する
                   (百万円)        107,643        44,569       63,283       83,820       62,009
     当期包括利益
     親会社の所有者に帰属する
                   (百万円)        612,016       614,425       653,772       693,278       700,443
     持分
                   (百万円)        855,433       825,905       879,899       937,796       913,418
     総資産額
     1株当たり親会社所有者帰
                    (円)       3,705.96       3,785.91       4,027.57       4,328.50       4,465.70
     属持分
                    (円)        471.75       495.23       390.94       538.99       423.50
     基本的1株当たり当期利益
     希薄化後1株当たり当期利
                    (円)        470.85       494.56       390.45       538.41       423.14
     益
                    (%)         71.5       74.4       74.3       73.9       76.7
     親会社所有者帰属持分比率
     親会社所有者帰属持分当期
                    (%)         13.7       13.3       10.0       13.0        9.6
     利益率
                    (倍)         17.0       12.6       22.0       14.8       13.7
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)        119,481       140,658       119,939       122,551        98,569
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 53,857      △ 57,085      △ 49,739      △ 50,215      △ 49,955
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 68,966      △ 44,902      △ 28,884      △ 44,919      △ 58,419
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)        214,559       240,891       280,343       304,709       297,682
     残高
                            27,160       26,837       26,659       26,310       26,001
     従業員数
                    (名)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 4,698   )    ( 3,938   )    ( 2,984   )    ( 3,051   )    ( 3,045   )
      (注)1 売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         2 従業員数は、就業人員数を表示しております。
         3 単位未満の数値は百万円未満を切り捨てて表示しております。
         4 国際会計基準(IFRS)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
         5 第154期より、連結損益計算書の「その他の収益」に計上していた「受取ロイヤリティー」を、「売上収
           益」に含めて計上することに変更したため、第153期についても当該表示方法の変更を反映した組替後の数
           値を記載しております。
                                   2/133




                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
                          日本基準
              回次
                          第150期
             決算年月             2015年3月

                   (百万円)        825,522
     売上高
                   (百万円)        104,713
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)         72,023
     純利益
                   (百万円)        106,767
     包括利益
                   (百万円)        617,437
     純資産額
                   (百万円)        853,189
     総資産額
                    (円)       3,711.41
     1株当たり純資産額
                    (円)        436.30
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)        435.46
     当期純利益金額
                    (%)         71.8
     自己資本比率
                    (%)         12.7
     自己資本利益率
                    (倍)         18.4
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)        119,261
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 53,637
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 68,966
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)        214,559
     残高
                            27,160
     従業員数
                    (名)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 4,698   )
      (注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2 従業員数は、就業人員数を表示しております。
         3 単位未満の数値は百万円未満を切り捨てて表示しております。
         4 第150期の日本基準による諸数値につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を
           受けておりません。
                                   3/133







                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第150期       第151期       第152期       第153期       第154期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                     (百万円)       514,460       485,044       476,325       524,008       490,626
     売上高
                     (百万円)        68,184       62,568       70,332       95,679       86,621
     経常利益
                     (百万円)        43,977       53,549       53,974       75,434       71,894
     当期純利益
                     (百万円)        26,783       26,783       26,783       26,783       26,783
     資本金
                     (千株)       173,758       173,758       173,758       173,758       158,758
     発行済株式総数
                     (百万円)       377,460       387,227       418,558       449,998       466,075
     純資産額
                     (百万円)       565,874       544,147       614,825       662,416       663,139
     総資産額
                     (円)      2,281.05       2,381.43       2,573.28       2,805.35       2,966.81
     1株当たり純資産額
                            120.00       140.00       150.00       160.00       180.00

     1株当たり配当額
                     (円)
     (内、1株当たり中間配当額)                       ( 55.00   )    ( 70.00   )    ( 75.00   )    ( 80.00   )    ( 90.00   )
                     (円)       266.40       324.66       332.54       465.32       457.45

     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当期
                     (円)       265.89       324.22       332.12       464.82       457.05
     純利益金額
                     (%)        66.6       71.0       67.9       67.8       70.2
     自己資本比率
                     (%)        12.1       14.0       13.4       17.4       15.7
     自己資本利益率
                     (倍)        30.1       19.3       25.9       17.1       12.7
     株価収益率
                     (%)        45.0       43.1       45.1       34.4       39.3
     配当性向
                             5,059       5,093       5,164       5,269       5,423

     従業員数
                     (名)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 950  )     ( 890  )     ( 850  )     ( 802  )     ( 750  )
                     (%)        164.9       131.9       182.4       173.0       132.8

     株主総利回り
     (比較指標:配当込みTOPIX)                (%)       ( 130.7   )    ( 116.6   )    ( 133.7   )    ( 154.9   )    ( 147.1   )
                     (円)        8,280       10,435        9,859       11,750        9,154

     最高株価
                     (円)        4,387       5,175       5,582       7,473       5,109
     最低株価
      (注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2 従業員数は、就業人員数を表示しております。
         3 第154期より、損益計算書の「営業外収益」に計上していた「受取ロイヤリティー」を、「売上高」に含め
           て計上することに変更したため、第153期についても当該表示方法の変更を反映した組替後の数値を記載し
           ております。
         4 最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                   4/133






                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            沿革
       1918年10月       電気絶縁材料の国産化を目的として日東電気工業㈱を設立(東京・大崎)
       1941年12月       茨木工場操業
       1946年7月       本社を茨木市に移転
       1946年10月       ブラックテープの製造開始、テープ事業に進出
       1957年6月       ㈱新興化学工業社(現社名 日東シンコー㈱)に出資(現・連結子会社)
       1961年2月       乾電池、磁気テープ部門を分離独立させ、マクセル電気工業㈱(現・マクセル㈱)として発足
       1962年5月       豊橋事業所操業
       1962年8月       株式を東京、大阪(現・東京)両証券取引所市場に上場
       1966年10月       半導体封止材料の製造開始
       1967年9月       関東事業所操業
       1968年12月       Nitto   Denko   America,     Inc.を設立
       1969年10月       亀山事業所操業
       1969年12月       Nitto   Denko   (Taiwan)     Corporation設立(現・連結子会社)
       1973年6月       フレキシブル回路基板の製造開始
       1974年2月       Nitto   Europe    NV(現社名 Nitto         Belgium    NV)設立(現・連結子会社)
       1975年4月       ㈱ニトムズ設立(現・連結子会社)
       1975年4月       液晶表示用偏光フィルムの製造開始
       1976年4月       高分子分離膜の製造開始
       1977年3月       医療関連材料の専門工場として東北事業所操業
       1980年1月       Nitto   Denko   (Singapore)      Pte.   Ltd.設立(現・連結子会社)
       1983年12月       経皮吸収型テープ製剤の製造開始
       1986年4月       高分子分離膜の専門工場として滋賀事業所操業
       1987年11月       米国・Hydranautics買収(現・連結子会社)
       1988年7月       米国・Permacel買収(現・連結子会社)
       1988年9月       商号を日東電気工業㈱より日東電工㈱へ変更
       1995年12月       Nitto   Denko   (Shanghai     Songjiang)      Co.,   Ltd.設立(現・連結子会社)
       1996年2月       液晶表示関連材料の専門工場として尾道事業所操業
       1999年1月       日東電工包装システム㈱(現社名 日東電工CSシステム㈱)設立(現・連結子会社)
       1999年11月       Korea   Nitto   Optical    Co.,   Ltd.設立(現・連結子会社)
       2000年11月       Nitto   Denko   America    Latina    LTDA.   設立(現・連結子会社)
       2002年8月       Nitto   Denko   (China)    Investment      Co.,   Ltd.設立(現・連結子会社)
       2003年4月       Taiwan    Nitto   Optical    Co.,   Ltd.設立(現・連結子会社)
       2003年11月       Korea   Optical    High   Tech   Co.,   Ltd.設立(現・連結子会社)
       2004年11月       Nitto   Denko   Fine   Circuit    Technology      (Shenzhen)      Co.,Ltd.     設立(現・連結子会社)
       2004年12月       日昌㈱を株式交換により完全子会社化(現・連結子会社)
       2005年7月       Shanghai     Nitto   Optical    Co.,   Ltd.   設立(現・連結子会社)
       2006年1月       本社機能を大阪市北区に移転
       2006年10月       Shenzhen     Nitto   Optical    Co.,   Ltd.   設立(現・連結子会社)
       2007年7月       連結子会社である共信㈱および日東電工マテックス㈱を吸収合併
       2011年2月       米国・Avecia       Biotechnology,        Inc.(現社名 Nitto          Denko   Avecia    Inc.)買収(現・連結子会
              社)
       2012年6月       トルコ・Bento       Bantcilik     ve  Temizlik     Maddeleri     Sanayi    Ticaret(現社名 Nitto            Bento   Bantçı
              lık  San.   ve  Tic.   A.S.)買収(現・連結子会社)
       2012年10月       半導体用封止材事業(光半導体向け封止材事業を除く)を譲渡
       2015年8月       東京にグローバルマーケティングセンターを開設
       2016年3月       研究開発と人財育成を一体的に行う施設「inovas(イノヴァス)」を茨木事業所内に設立
       2016年11月       臓器線維症治療薬の開発、製造および販売についてブリストル・マイヤーズ                                    スクイブ社とグロー
              バル独占ライセンス契約を締結
       2017年11月       杭州錦江集団有限公司および、その関連各社と大型偏光板技術提携契約を締結
                                   5/133


                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社および当社の関係会社(当社、子会社98社および関連会社1社(2019年3月31日現在)により構成)において
       は、インダストリアルテープ、オプトロニクス、ライフサイエンス、その他の4部門に関係する事業を主として行っ
       ており、その製品は多岐にわたっております。各事業における当社および関係会社の位置付けは次のとおりでありま
       す。
        なお、次の4部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 5.セグ
       メント情報」に掲げるセグメントの区分と同一であります。
       (インダストリアルテープ)
         当部門においては、基盤機能材料(接合材料、保護材料等)、自動車材料等を製造・販売しております。
       (オプトロニクス)
         当部門においては、情報機能材料、プリント回路、プロセス材料等を製造・販売しております。
       (ライフサイエンス)
         当部門においては、医療関連材料を製造・販売しております。
       (その他)
         当部門においては、高分子分離膜、その他製品を製造・販売しております。
                                   6/133
















                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       事業系統図
        以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
                                   7/133




















                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                    議決権の
                     資本金又は             所有(被所有)割合
                           主要な事業の
         名称        住所    出資金                             関係内容
                           内容
                     (百万円)             所有割合    被所有割合
                                  (%)     (%)
     (連結子会社)
                大阪市            インダストリア
                                           (1)役員の兼任等 有
                         515          100.0      -
                                           (2)資金の貸付・借入を行っている。
                北区            ルテープ
     日昌㈱
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
                                           (1)役員の兼任等 有
                福井県            インダストリア
     日東シンコー㈱                    482           94.5      -  (2)資金の貸付・借入を行っている。
                坂井市            ルテープ
                                           (3)同社製品等の購入。
                                           (1)役員の兼任等 有
                東京都            インダストリア
     ㈱ニトムズ                    160          100.0      -  (2)資金の貸付・借入を行っている。
                品川区            ルテープ
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
                                           (1)役員の兼任等 有
                Oceanside       千米ドル             100.0
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                           その他
     Hydranautics                                    -
                                           (3)北米における当社製品の販売。
                U.S.A.         511          (100.0)
                                           (4)同社製品の半製品の一部を支給。
                                           (1)役員の兼任等 有
                Santana   de
                      千ブラジル
     Nitto   Denko   America
                           インダストリア        100.0
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                Parnaiba        レアル                  -
     Latina   LTDA.                   ルテープ                (3)南米における当社製品の販売。
                                  (100.0)
                        68,850
                Brazil
                                           (1)役員の兼任等 有
     Nitto   Automotive,
                Kansas   City    千米ドル    インダストリア        100.0
                                         -
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                         10  ルテープ
                                  (100.0)
     Inc.          U.S.A.
                                           (1)役員の兼任等 有
                           インダストリア
                                           (2)  資金の貸付・借入を行っている。
                Lakewood       千米ドル
     Nitto,   Inc.
                           ルテープ                (3)  同社製品の半製品の一部を支給。
                                   100.0      -
                U.S.A.          0
                                           (4)  北米における当社製品の販売。
                           持株会社
                                           (5)米州における統括機能。
                                           (1)役員の兼任等 有
     Nitto   Denko   Avecia
                Milford       千米ドル    ライフサイエン        100.0
                                         -
                                           (2)  資金の貸付・借入を行っていない。
                U.S.A.          1 ス       (100.0)
     Inc.
                                           (1)役員の兼任等 有
                Leuven       千ユーロ
     Nitto   EMEA  NV
                           持株会社                (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                                   100.0      -
                Belgium        212,282
                                           (3)欧州における統括機能。
                                           (1)役員の兼任等 有
     Nitto   Bento   Bantçılık
                Istanbul     千トルコリラ      インダストリア        100.0
                                         -  (2)資金の貸付・借入を行っていない。
     San.  ve Tic.  A.S.     Turkey        7,646   ルテープ       (100.0)
                                           (1)役員の兼任等 有
                           インダストリア
     Nitto   Denko   (Taiwan)
                台湾     千新台湾ドル
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                           ルテープ        100.0      -
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
                高雄市        405,497
     Corporation
                           オプトロニクス
                                           (4)台湾における当社製品の販売。
                                           (1)役員の兼任等 有
                           インダストリア
     Nitto   Denko   (Shanghai
                中国       千人民元             100.0
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                           ルテープ              -
     Songjiang)     Co.,  Ltd.   上海市        428,709
                                  (100.0)
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
                           その他
                                           (1)役員の兼任等 有
                           インダストリア
     Nitto   Denko   (HK)  Co.,         千香港ドル
                                           (2)資金の貸付・借入を行っている。
                Hong  Kong
                           ルテープ        100.0      -
                        13,826
     Ltd.
                                           (3)香港・中国における当社製品の販売。
                           オプトロニクス
                                           (1)役員の兼任等 有
     Shanghai    Nitto
                       千人民元
                中国                    100.0
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                           オプトロニクス              -
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
     Optical   Co.,  Ltd.     上海市        89,981           (24.5)
                                           (4)中国における当社製品の販売。
                                           (1)役員の兼任等 有
                       百万韓国
     Korea   Nitto   Optical
                韓国
                                           (2)資金の貸付・借入を行っている。
                        ウォン    オプトロニクス
                                   100.0      -
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
     Co.,  Ltd.        平澤市
                        84,365
                                           (4)韓国における当社製品の販売。
                                           (1)役員の兼任等 有
     Nitto   Denko   (China)
                中国       千人民元
                           持株会社        100.0      -  (2)資金の貸付・借入を行っていない。
     Investment     Co.,  Ltd   上海市        925,394
                                           (3)中国における統括機能。
                                   8/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
                                    議決権の

                     資本金又は             所有(被所有)割合
                           主要な事業の
         名称        住所    出資金                             関係内容
                           内容
                     (百万円)             所有割合    被所有割合
                                  (%)     (%)
                                           (1)役員の兼任等 有
     Taiwan   Nitto   Optical
                台湾     千新台湾ドル
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                           オプトロニクス        100.0      -
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
     Co.,  Ltd.        台中市        568,004
                                           (4)台湾における当社製品の販売。
                                           (1)役員の兼任等 有
     Nitto   Denko   Fine
                中国       千人民元
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
     Circuit   Technology
                           オプトロニクス
                                   100.0      -
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
                深セン市
                       210,913
     (Shenzhen)     Co.,  Ltd.
                                           (4)同社製品等の購入。
                                           (1)役員の兼任等 有
                       百万韓国
     Korea   Optical   High
                韓国
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                        ウォン    オプトロニクス        100.0      -
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
     Tech  Co.,  Ltd.      亀尾市
                        22,000
                                           (4)韓国における当社製品の販売。
                                           (1)役員の兼任等 有
     Shenzhen    Nitto
                中国       千人民元
                           オプトロニクス                (2)資金の貸付・借入を行っている。
                                   100.0      -
                深セン市
     Optical   Co.,  Ltd.            568,925
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
                                           (1)役員の兼任等 有
                           インダストリア
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
     Nitto   (China)   New
                中国       千人民元    ルテープ        100.0
                                         -
                                           (3)中国における当社製品の販売。
                上海市            オプトロニクス
     Materials    Co.,  Ltd.            50,000           (100.0)
                           その他
                                           (1)役員の兼任等 有
                           インダストリア
     Nitto   Denko
                Queenstown       千米ドル
                                           (2)資金の貸付・借入を行っている。
                           ルテープ        100.0      -
                                           (3)東南アジアにおける当社製品の販売。
     (Singapore)     Pte.  Ltd.   Singapore        55,770
                           持株会社
                                           (4)南アジアにおける統括機能。
                                           (1)役員の兼任等 有
     Nitto   Denko   Material
                Ayutthaya     千タイバーツ              100.0
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                           オプトロニクス              -
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
     (Thailand)     Co.,  Ltd.   Thailand        460,000           (100.0)
                                           (4)タイにおける当社製品の販売。
                                           (1)役員の兼任等 有
     Nitto   Matex
                     千タイバーツ
                Chonburi            インダストリア        100.0
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                                         -
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
     (Thailand)     Co.,  Ltd.           931,000    ルテープ
                Thailand                   (100.0)
                                           (4)タイにおける当社製品の販売。
                                           (1)役員の兼任等 有
     Nitto   Vietnam   Co.,
                Hanoi       千米ドル
                                           (2)資金の貸付・借入を行っていない。
                           オプトロニクス
                                   100.0      -
                                           (3)同社製品の半製品の一部を支給。
                Vietnam        8,500
     Ltd.
     その他69社

     持分法適用関連会社
     1社
      (注)1 主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2 上記子会社のうち、Nitto              Denko   America    Latina    LTDA.、Nitto       EMEA   NV、
           Nitto   Denko   (Shanghai     Songjiang)      Co.,   Ltd.、   Korea   Nitto   Optical    Co.,   Ltd.、
           Nitto   Denko   (China)    Investment      Co.,   Ltd.、
           Nitto   Denko   Fine   Circuit    Technology      (Shenzhen)      Co.,Ltd.、
           Shanghai     Nitto   Optical    Co.,   Ltd.、Shenzhen        Nitto   Optical    Co.,   Ltd、
           Nitto   Denko   (Singapore)      Pte.   Ltd.は特定子会社に該当します。
         3 議決権の所有(被所有)割合の( )内は、間接所有で内数であります。
         4 Shanghai       Nitto   Optical    Co.,   Ltd.については、売上収益(連結会社相互間の内部売上収益を除く。)の連
           結売上収益に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等                (1)売上収益              111,135百万円
                      (2)当期利益                 2,296百万円
                      (3)資本合計                18,057百万円
                      (4)資産合計                35,721百万円
                                   9/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2019年3月31日現在
                  インダストリ        オプトロ       ライフサ
                                         その他      全社(共通)         合計
                  アルテープ        ニクス       イエンス
                   10,768       12,754        875       911       693
                                                       26,001
          従業員数(名)
                   [ 1,272   ]    [ 1,260   ]     [ 131  ]     [ 176  ]     [ 206  ]
                                                       [ 3,045   ]
        (注)1 従業員数は就業人員(使用人兼務役員および当社グループからグループ外への出向者を除く。)であ
              り、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
           2 臨時従業員には、パートタイマーおよび準社員を含み、派遣社員を除いております。
       (2)提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
            従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)            平均年間給与(千円)
             5,423     [ 750  ]          40.1             13.5            8,230

                   インダストリ

                           オプトロニクス        ライフサイエンス           その他         合計
                   アルテープ
                     1,913         2,941         252         317
                                                       5,423
          従業員数(名)
                     [ 172  ]       [ 378  ]       [ 55 ]       [ 145  ]
                                                       [ 750  ]
        (注)1 従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除く。)であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の
              平均人員を外数で記載しております。
           2 臨時従業員には、パートタイマーおよび準社員を含み、派遣社員を除いております。
           3 平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         労使関係について特に記載すべき事項はありません。
                                  10/133











                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)会社の経営の基本方針

         当社グループは、「Innovation                for  Customers」をブランドスローガンとして掲げ、経営理念の核である「新し
        い発想でお客様の価値創造に貢献します。」というミッションのもと、全従業員が一丸となり、グローバルに成長
        し続ける企業を目指します。
         経営の基本戦略としては「※グローバルニッチトップ™」戦略(成長するマーケットを選択し、ニッチな分野を
        対象に当社固有の差別化技術を活かして、世界№1シェアを狙う)と「※エリアニッチトップ™」戦略(エリア固
        有のニーズにマッチした製品で、世界各地でのトップシェアを狙う)を掲げ、この両輪で事業の拡大を図ります。
         このような方針のもと、当社グループは新しい発想でお客様の価値創造に貢献し、更なる成長に向け多くのイノ
        ベーションを創出してまいります。
       (2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループでは、「新しい発想でお客様の価値創造に貢献します。」という経営理念に基づき、中期経営計画
        を策定しております。また、売上収益、営業利益およびROE(親会社所有者帰属持分当期利益率)を客観的な指標
        として採用しております。
       (3)中長期的な会社の経営戦略

         製造業を取り巻く経営環境は昨今、激変しています。自動車業界においては、電動化、自動運転、コネクテッ
        ド、シェアリングなどの技術革新が急速に進んでいます。
         また、エネルギー業界や情報通信業界との融合など、従来の業界の枠を超えた再編も始まろうとしています。AI
        (人工知能)やIoT(Internet               of  Things)をはじめとするデジタル化の進展、米国における保守主義の台頭によ
        る経済活動への影響、グローバル規模での企業間の競争激化など、外部環境は著しい変化の中にあります。
         当社グループは、2018年度に策定した中期経営計画において、ニッチトップ戦略で強みを発揮できる「情報イン
        ターフェイス」「次世代モビリティ」「ライフサイエンス」の3つのフォーカス領域を明確に打ち出し、これらの
        領域で変化を先取りし、新たな事業を打ち立てることで事業ポートフォリオを進化させていきます。
        ①  成長戦略の推進

          Nittoグループの強みを発揮すべく「情報インターフェイス」「次世代モビリティ」「ライフサイエンス」を
         新たな成長領域とし、これまで培ってきた技術やビジネスモデルと融合させながら、新しい事業の創出に取り組
         みます。その一例として、次世代の高速大容量通信の実現に向け、プラスチック光ケーブル事業への参入を発表
         しました。これまで蓄積してきた光学フィルムに関する押し出し技術や幅広い産業へのアクセスを活用しなが
         ら、2020年度の量産開始を目指します。
        ②  現行事業の構造改革

          インダストリアルテープ事業やオプトロニクス事業を中心に、グローバル規模での生産拠点の見直しなどを行
         い、徹底した合理化を図っていくとともに、国内及び海外での事業構造改革を推進してまいります。
        ③  経営基盤の強化

          事業の成長を推進すると同時に「安心で安全な職場環境づくり」、「事業活動に伴う環境負荷の低減」、「お
         客様に喜んでいただける品質の追求」、「社会貢献活動への取組み」などの施策に引き続き取り組むことで、ス
         テークホルダーの皆様へ高い価値を提供してまいります。特に、SDGsなどの社会課題への取組みを意識した経営
         を目指します。
          また2017年から2020年までの4年間、男子プロテニス協会「Association                                     of  Tennis    Professionals(AT
         P)」と、ATPワールドツアーのシーズン最終戦「ATPファイナルズ」において、日本企業初となるタイト
         ルスポンサー契約を締結しております。ブランド力向上を図り、新たな世紀におけるグローバル展開を加速して
         いきます。
                                  11/133




                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (4)会社の対処すべき課題
         当社グループは、「Innovation               for  Customers」をブランドスローガンとして掲げ、経営理念の核である「新し
        い発想でお客様の価値創造に貢献します                   。 」というミッションのもと、全従業員が一丸となり、グローバルに成長
        し続ける企業を目指します。世界経済の減速や景気の下振れ懸念、グローバル規模での競争激化など、当社グルー
        プは対処すべき課題の多い環境下におかれています。このような環境下で、当社グループは、社内外の様々な技術
        や情報を融合させることで新たな価値を創出していきます。また、創業からの当社グループの強みである、新技
        術・新用途を追求することで新需要を創出する「三新活動」に改めて力を入れて取り組み、顧客の価値創造に貢献
        してまいります。
        ・インダストリアルテープ

          基盤機能材料では、既存事業でグローバルでの生産性改革を実行しつつ、市場変化や顧客ニーズにいち早く対
         応していきます。一方、半導体プロセス材料や工業用プロセス材料等の需要は中長期で伸びていきます。今後更
         に、オプトロニクスなどとの連携による新製品創出を進めてまいります。トランスポーテーション事業では、グ
         ローバルで供給体制の最適化を推進し、収益性を改善していきます。また、自動車の電動化、自動運転、コネク
         テッド、シェアリングといった変化に対する、新たな製品の創出を進め、市場の変化とニーズに応えていきま
         す。
        ・オプトロニクス

          情報機能材料では、業界トップの技術力に磨きをかけ、フォルダブルやローラブルといった新たなディスプレ
         イの変化に応えていきます。また、製品ライフサイクルマネジメントの強化と合理化を徹底し、高収益事業の拡
         大を目指します。プリント回路においては、ハードディスクドライブ(HDD)用途でのシェア拡大と合理化を
         徹底し、高収益性を目指します。また、新たな需要を創出し、ポートフォリオ変革に取り組んでいきます。
        ・ ライフサイエンス

          新薬承認と治験件数が増加している核酸医薬分野において、新規顧客開拓を強化し受託製造のシェアを拡大す
         るとともに、創薬では、線維症及び難治性のがん治療薬領域で研究開発と治験を推進し、新たな事業の柱として
         育てていきます。
        ・その他

          メンブレンでは、生産プロセスの自動化を始めとする合理化を進めるとともに、事業基盤の強化を進めてまい
         ります。また、高い成長が期待される市場セグメントでの事業拡大により、収益性向上に向けて取り組んでいき
         ます。新規事業では、プラスチック光ケーブルを始め、開発中案件の一刻も早い量産化を目指します。
        ※「グローバルニッチトップ             / Global    Niche   Top」「エリアニッチトップ             / Area   Niche   Top」は、当社の登録商

        標です。
       (5)会社の支配に関する基本方針について

         当社株式の大規模買付け行為に対する基本的な考え方は、以下のとおりであります。
         当社は、株式の大量保有を目的とする買付けが行われる場合において、それに応じるか否かは、最終的には株主
        の皆様の判断に委ねられるべきものと考えておりますが、一方では高値での売抜け等の不当な目的による企業買収
        の存在も否定できず、そのような買収者から当社の基本理念やブランドおよび株主を始めとする各ステークホル
        ダーの利益を守るのは、当社の経営を預かる者として当然の責務であると認識しております。
         現在のところ、当社株式の大量買付けに係る具体的な脅威が生じているわけでなく、また当社としても、そのよ
        うな買付者が出現した場合の具体的な取組み(いわゆる「買収防衛策」)を予め定めるものではありませんが、当
        社としては、株主から付託を受けた経営者の責務として、当社株式の取引や株主の異動状況を常に注視するととも
        に、株式の大量取得を企図する者が出現した場合には、直ちに当社として最も適切と考えられる措置を講じる方針
        です。
                                  12/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性があると認識している主要なリスクは以下のとおりであります。
        (1)政治、社会、経済動向

         当社グループは、世界各国でグローバルな事業展開を行っています。進出国における予想しない雇用関係の悪化
        や労働争議、人件費の上昇、輸送や電力供給の停止などのリスクが内在しており、これらのリスクが顕在化した場
        合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。また、政情の激変によるテロ、戦争、クーデター等の
        発生、自国優先主義の台頭、各国の安全保障上の貿易規制など世界経済の急変による市場の停滞、想定を超えた為
        替レートの変動、金融不安なども、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        (2)法規制の変化とコンプライアンス

         当社グループは、世界各国の様々な分野で事業を展開しています。すべての活動において、各国の法規制の遵守
        に努めていますが、法令・税制・規制の強化や大幅な変更、解釈の相違、商習慣の相違などにより、当社グループ
        の活動が制限され、新たなコストが発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。また、役員・
        従業員がコンプライアンス上の問題を発生させた場合も、業績に影響を及ぼす可能性があります。
        (3)事故・災害

         当社グループは「安全をすべてに優先する」方針のもと事故や災害に備え、事業継続計画(BCP)および事業
        継続マネジメント(BCM)を推進しています。特に地震は日本において発生確率が高く津波や洪水などを伴うこ
        とがあります。さらにその影響から火災、化学物質漏えい、電力・ガスなどインフラ被害が発生し、その結果広範
        囲にわたるサプライチェーンの分断が発生する可能性もあります。また、人命に深刻な影響を及ぼす感染症の大流
        行があった場合も、地域や世界経済への影響を免れず、事業継続が妨げられ、当社グループの業績に影響を及ぼす
        可能性があります。
        (4)環境問題

         当社グループは、地域から地球規模までの環境に配慮した誠実な行動を重要方針に掲げ、社会的責任の観点から
        自主的な環境負荷削減計画を作り、廃棄物削減、大気汚染防止、地球温暖化防止などに取り組んでいます。しかし
        ながら、環境負荷削減において、計画通りの実績が上がらない場合や、予期せぬ事故や自然災害により不測の環境
        汚染が生じた場合、多額の対策費用が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。また、関連
        する法令規則や国際的なイニシアチブ等が大幅に強化された場合、多額の対策費用が発生し、当社グループの業績
        に影響を及ぼす可能性があります。
        (5)労働環境

         当社グループは、社会の持続可能な発展のため、人権の尊重・労働環境の整備などを始めとする企業の社会的責
        任を重要な経営課題と認識しています。現在、当社グループは、労働安全、ダイバーシティの推進、働き方改革に
        取り組むことで労働環境の整備を進めています。また人権の尊重については、サプライチェーンを含む事業活動の
        中で取り組みを始めています。しかしながら人権尊重については、児童労働、強制労働、外国人労働者への差別
        等、種々の人権に係る問題が生じ、これをすみやかに発見・是正ができなかった場合、当社グループの社会的な信
        用が低下し、顧客からの取引停止、または一部事業からの撤退等により、業績に大きな影響を及ぼす可能性があり
        ます。また、関連する様々な法令規則や国際的なイニシアチブ等による規制が大幅に強化された場合、これらに適
        応するため、多額の対策費用が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        (6)オプトロニクス事業

         液晶表示用材料やタッチパネル用材料は当社グループの中核事業です。これらの市場では多くの企業による厳し
        い競争が続いています。当社グループの材料が組み込まれた製品の市場動向、技術の革新、顧客である液晶パネル
        メーカーやタッチパネルメーカーの再編や戦略の変化、需給バランスの変化による製品価格の下落、原材料メー
        カーの生産能力と需要変化による原材料価格の高騰などが生じた場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性
        があります。
        (7)ライフサイエンス事業

         当社グループは、新たな事業分野としてライフサイエンス事業への取組みを強化しています。本事業は、関係す
        る各国の厳格な審査とそれに基づく承認に、当社グループの想定を超えた障害が生じた場合、業績に影響を及ぼす
        可能性があります。
                                  13/133


                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        (8)研究開発
         当社グループが事業展開する分野の多くは、技術革新とコスト競争力への厳しい要求があります。そのため当社
        グループは、グローバルニッチトップ戦略に、エリア特有のニーズに合った製品を供給するエリアニッチトップ戦
        略を加え、新製品開発、新用途開拓、新需要創造に取り組み、必要な研究開発投資や設備投資を行っています。し
        かし、市場変化が激しい業界では、その変化の予測は容易ではありません。他社の新技術や新製品により、当社グ
        ループ製品が突然予期せぬ陳腐化を起こすこともあります。このような状況が生じた場合、将来の業績に影響を及
        ぼす可能性があります。
        (9 ) 原材料確保

         当社グループでは原材料調達先を複数にするなど主要原材料が確保できなくなるリスクを低減するよう努めてい
        ます。しかし、一部の原材料は特定の購入先に依存しています。その購入先の自然災害による被災、事故、倒産な
        ど、止むを得ない事情により、供給量が減少したり停止した場合、需給バランスがくずれ必要な原材料の確保がで
        きなかったりコストが上昇するなど、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (10  ) 製品品質

         当社グループは、国際的品質管理システムに従い部材を中心とする製品を製造し、お客様に納入しています。し
        かし、製品の欠陥による賠償リスクを完全に排除することは困難です。生産物賠償責任保険の適用を超える賠償な
        どが発生した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (11)知的財産権

         当社グループは、市場競争力を高める目的から多くの知的財産権を保有し、維持、管理しています。しかし、第
        三者から無効とされる可能性、特定の地域で十分な保護が得られない可能性、模倣される可能性、訴訟を受ける可
        能性などがあり、知的財産権による保護が大きく損なわれた場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があ
        ります。
       (12)M&A

         当社グループは事業成長を目的として、優れた技術を有する企業の買収や事業提携など様々な形で他企業との関
        係を構築しています。しかし、買収や事業提携などが期待どおりの効果を生まなかった場合、当社グループの業績
        や財務状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (13)人財確保

         当社グループの事業活動を推進するためには、研究・開発・製造・販売・管理など様々な分野において優秀な人
        財の確保が必要です。事業の発展に向けたグローバル人財の採用を積極的に進めていますが、人財の継続的な獲得
        と流出の防止ができない場合、当社グループの将来の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (14)顧客の財務状況

         当社グループは、顧客について十分な信用調査のうえ、取引を行っています。しかし、当社グループが売上債権
        を有する顧客において、事業環境の大きな変化により財務上重大な問題が発生する可能性があります。特に、変化
        の激しいエレクトロニクスやライフサイエンス分野における債権の大きい顧客で貸倒れが発生した場合、回収不能
        額が多額となり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (15)情報管理

         当社グループにとって、情報システムは事業活動のあらゆる側面において非常に重要な役割を担っており、年々
        複雑化・高度化しているうえに、サイバーテロなどの人為的リスクの対象にもなっています。当社グループは、
        ハード・ソフト両面で様々な情報セキュリティ対策を実施していますが、情報システムに障害が発生した場合、当
        社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。また、技術情報、顧客情報、取引情報、個人情報などの流出
        や不正使用を防止するため、様々な情報セキュリティ対策を実施していますが、情報流出や不正使用が発生した場
        合、その対応のため当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (16)訴訟

         当社グループが事業活動を進めていく中で、取引先や第三者との間で訴訟が発生する可能性があります。それら
        の訴訟の結果が、当社グループ側の主張および予測と異なる結果となるリスクは避けられず、当社グループの業績
        と財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
                                  14/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (17)確定給付負債
         当社グループの確定給付負債は、年金数理計算上使用される各種の基礎率と年金資産の運用利回りなどに基づき
        計算されており、年金資産の時価の変動、金利動向、退職金や年金制度の変更などにより、認識および計上される
        債務に影響を及ぼし、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  15/133



















                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       経営成績等の状況の概要
        (1)財政状態
          当連結会計年度末(以下「当期末」という。)の資産合計は、前連結会計年度末(以下「前期末」という。)
         に比べ24,377百万円減少し、913,418百万円となりました。流動資産は40,490百万円減少の581,536百万円、非流
         動資産は16,113百万円増加の331,882百万円となりました。
          流動資産の減少は、現金及び現金同等物が7,027百万円減少したこと、売上債権及びその他の債権が22,351百
         万円減少したこと、その他の金融資産が8,403百万円減少したこと等によるものであります。
          非流動資産の増加は、有形固定資産が前期末に比べ18,716百万円増加したこと、繰延税金資産が1,747百万円
         減少したこと等によるものであります。有形固定資産の増加は、情報機能材料の生産設備を中心に設備投資を
         行ったこと等によるものであります。
          当期末の負債合計は、前期末に比べ31,569百万円減少し、212,231百万円となりました。流動負債は28,957百
         万円減少の158,478百万円、非流動負債は2,611百万円減少の53,752百万円となりました。
          流動負債の減少は、仕入債務及びその他の債務が13,226百万円減少したこと、未払法人所得税等が14,196百万
         円減少したこと等によるものであります。
          非流動負債の減少は、確定給付負債が4,092百万円増加したこと、その他の非流動負債が6,030百万円減少した
         こと等によるものであります。
          当期末の資本合計は、前期末に比べ7,192百万円増加し、701,187百万円となりました。
          これは、資本剰余金が5,661百万円減少したこと、利益剰余金が、親会社の所有者に帰属する当期利益、配当
         金、自己株式の消却により前期末に比べ43,536百万円減少したこと、自己株式が58,786百万円減少したこと、そ
         の他の資本の構成要素が2,423百万円減少したこと等によるものであります。
        (2)経営成績

          当連結会計年度における経済環境は、米中貿易摩擦等を背景に先行きの不確実性が高まり、下期以降、中国経
         済の減速感が顕在化しました。また、米国の通商政策、英国の欧州連合離脱など今後の景気動向に対する懸念が
         高まっております。原油価格は低水準が継続し、金融市場においても長期金利が低調に推移しています。このよ
         うな経済環境により、当社グループも、インダストリアルテープとオプトロニクスにおいて、下期に入りエレク
         トロニクスや自動車業界向けの需要減速による影響を受けました。
          以上の結果、売上収益は前連結会計年度と比較し、                        5.9%減(以下の比較はこれに同じ)の806,495百万円とな
         りました。また、営業利益は26.2%減の92,777百万円、税引前当期利益は27.2%減の91,910百万円、当期利益は
         23.8%減の66,616百万円、親会社の所有者に帰属する当期利益は23.8%減の66,560百万円となりました。
         セグメント別の経営成績

         ① インダストリアルテープ
           基盤機能材料では、一般工業用材料は堅調に推移しました。工業用のフィルター材料、スマートフォン用
          途、半導体や電子部品の製造工程で使用される材料は下半期に減速しました。トランスポーテーション事業
          は、下半期に自動車市場の停滞による影響を受けました。その中で、モーターの絶縁紙や内圧調整材料は好調
          に推移しました。
           以上の結果、売上収益は           333,955    百万円(    1.5%減    )、営業利益は       25,940   百万円(    25.8%減    )となりました。
                                  16/133







                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
         ② オプトロニクス
           当連結会計年度から、知的財産から発生するロイヤリティ収入を売上として計上しております。また、情報
          機能材料において、汎用偏光板のロイヤリティ収入を売上として計上いたしました。一方、スマートフォンで
          使用される光学フィルムは、市場成長率の鈍化等により、前年度水準まで需要が回復しませんでした。その結
          果、合理化効果も限定的となり情報機能材料は低調でした。プリント回路は、高容量のハードディスクドライ
          ブ(HDD)がデータセンター向けで牽引して堅調に推移しました。プロセス材料は、半導体製造用途が需要
          調整局面に入り低調でした。
           以上の結果、売上収益は            451,386    百万円(    8.2%減    )、営業利益は       67,134   百万円(    27.0%減    )となりました。
         ③ ライフサイエンス

           高血圧症を対象として開発した経皮吸収型テープ製剤が頻脈性心房細動にも適用されることになりました。
          また、核酸医薬の創薬においては、肺線維症の治験に取り組み始めました。また、KRAS変異がんを対象とした
          siRNA製剤も米国FDA(食品医薬品局)より臨床試験実施を許可され、治験第1相試験を進めております。な
          お、核酸医薬の受託製造において、前連結会計年度に生じたお客様の新薬開発状況の変化による影響を受けま
          したが、核酸医薬の新薬開発や治験は活発に推移しており、受託製造は引き続き拡大傾向にあります。
           以上の結果、売上収益は            29,958   百万円(    17.2%減    )、営業利益は       1,920   百万円(    67.6%減    )となりました。
         ④   その他

           メンブレンでは、海水淡水化を含む各種産業用途の水処理プラント向けの需要に対応し好調でした。なお、
          当セグメントには未だ十分な売上収益を伴っていない新規事業が含まれています。
           以上の結果、売上収益は             26,326   百万円(    4.1%増    )、営業損失は       1,970   百万円(前年同期は営業損失192百万
          円)となりました。
           当連結会計年度においてマネジメント体制の変更を行った結果、報告セグメントの分類に一部変更がありま

          す。また、「その他の収益」に計上していた「受取ロイヤリティー」は、「売上収益」に含めて計上すること
          に変更しております。
           当該変更を反映した組替後の数値で前連結会計年度数値との比較を行っております。
                                  17/133












                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        (3)キャッシュ・フローの状況
          当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は                                   297,682    百万円となり、前連結会
         計年度末より      7,027百万円減少        しました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりでありま
         す。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動の結果、増加した資金は98,569百万円(前連結会計年度は122,551百万円の増加)となりました。
           これは主に、       税引前   当期利益91,910百万円、減価償却費及び償却費45,904百万円による増加、法人税等の支
          払額又は還付額41,835百万円による減少の結果であります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動の結果、減少した資金は49,955百万円(前連結会計年度は50,215百万円の減少)となりました。
           これは主に、有形固定資産及び無形資産の取得による支出59,628百万円による減少、定期預金の増減額
          6,689百万円、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入2,634百万円による増加の結果でありま
          す。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
           財務活動の結果、減少した資金は58,419百万円(前連結会計年度は44,919百万円の減少)となりました。
           これは主に、長期借入金の返済による支出3,000百万円、自己株式の増減額28,547百万円、配当金の支払額
          26,928百万円による減少の結果であります。
          なお当社グループのキャッシュ・フロー指標の推移は以下のとおりであります。

                            2016年3月期        2017年3月期        2018年3月期        2019年3月期

      親会社所有者帰属持分比率(%)                            74.4        74.3        73.9        76.7

      時価ベースの親会社所有者帰属持分比率
                                         158.7                 99.9
                                123.0                 136.3
     (%)
      キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)                            0.0        0.0        0.0        0.0
      インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)                           263.0        311.2        292.1        275.8

       (注)1 各指標はいずれも連結ベースの財務数値を用いて、以下の計算式により算出しております。

            親会社所有者帰属持分比率(%)       親会社所有者帰属持分÷総資産
            時価ベースの親会社所有者帰属持分比率(%) 株式時価総額÷総資産
            キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)  有利子負債÷キャッシュ・フロー
            インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)   キャッシュ・フロー÷利払い
          2 株式時価総額は、期末株価終値×自己株式控除後の期末発行済株式数により算出しております。
          3 キャッシュ・フローは、営業キャッシュ・フローを利用しております。
          4 有利子負債は、連結財政状態計算書に計上されている負債のうち、利子を支払っている全ての負債を
            対象としております。
                                  18/133








                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
         生産、受注及び販売の実績
       (1)生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
           セグメントの名称                    金額(百万円)                 前年同期比(%)
     インダストリアルテープ                              219,254                  99.4

     オプトロニクス                              430,811                  91.4

     ライフサイエンス                               27,009                 80.0

     その他                               24,763                 100.6

              合計                      701,838                  93.5

      (注)1 金額は、売価換算値によっており、セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)受注実績

         当社グループは、おおむね需要動向から見た見込み生産を行い、それ以外の製品については一部受注生産を行っ
        ておりますが、受注生産高の売上高に占める割合の重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       (3)販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
           セグメントの名称                    金額(百万円)                 前年同期比(%)
     インダストリアルテープ                              318,595                  97.9

     オプトロニクス                              438,530                  91.8

     ライフサイエンス                               25,219                 81.5

                                    24,149                 104.9
     その他
              合計                      806,495                  94.1

      (注)1 セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2 主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対応する割合は、販売実績が総販売実績の100分の10以上の相手
           が無いため記載を省略しております。
         3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  19/133









                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         当連結会計年度(以下「当期」という。)は、売上収益は前連結会計年度(以下「前期」という。)と比べて
        5.9%減の806,495百万円となりました。これは情報機能材料等の売上収益が減少したこと                                         等によるものです。
         売上原価は、前期比1.8%減の564,608百万円となりました。売上収益に対する売上原価の比率は、前期比3.0
        ポイント増の      70.0%となりました。
         販売費及び一般管理費は、前期比1.8%増の120,576百万円となりました。売上収益に対する販売費及び一般管理
        費の比率は、前期より1.1ポイント増加し15.0%となりました。研究開発費は、前期比2.4%増の31,990百万円とな
        りました。売上収益に対する研究開発費の比率は、前期より0.3ポイント増加し4.0%となりました。
         以上の結果、営業利益は前期比26.2%減の92,777百万円となりました。
         税引前当期利益は前期比27.2%減の91,910百万円となりました。
         法人所得税費用は、前期の38,704百万円から、当期は25,293百万円となり、税効果会計適用後の法人税等の負担
        率は27.5%(前期は30.7%)となりました。
         親会社の所有者に帰属する当期利益は、前期比23.8%減の66,560百万円となりました。基本的1株当たり当期利
        益は、前期比21.4%減の423円50銭となりました。
         当社グループでは、2018年度から2020年度までの3か年を対象期間とする中期経営計画「Jitsugen-2020」でグ

        ループ全体の業績目標として、2020年度に売上収益1,000,000百万円、営業利益175,000百万円を掲げておりまし
        た。経営環境が大きく変化し、前提条件の見直しが必要となりました。当初掲げた業績目標は達成したい水準とし
        て据え置くものの、2021年を目途に安定的に営業利益100,000百万円を稼ぐことができる事業基盤の再構築に取り
        組んでいきます。又、資本コストを意識した経営を推進し、持続的にROE10%以上を目指していきます。
         なお、経営成績の概況およびセグメント別の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容については、

        「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 経営成績等の
        状況の概要」に記載しております。
       資本の財源及び資金の流動性

         当社グループの主な資金需要は、材料購入の他、経費の支払い、設備投資、配当金の支払い等であります。
         2018年1月31日に2018年2月から7月の期間において50,000百万円を上限とする自己株式取得を決議し、当連結
        会計年度において28,489百万円の買付を行いました。
         当社グループの資金の源泉は、主として自己資金であり、また、グループ内の資金を効率的に活用し、有利子負
        債を極力削減することを基本方針としております。
         なお、当連結会計年度末の連結有利子負債は前連結会計業年度末に比べ3,600百万円減少し、448百万円となりま
        した。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は297,682百万円となっております。
       経営成績等の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報

         IFRSにより作成した連結財務諸表における主要な項目と連結財務諸表規則(第7章及び第8章を除く。以下「日
        本基準」という。)により作成した場合の連結財務諸表におけるこれらに相当する項目との差異に関する事項は、
        以下のとおりであります。
        (退職給付に係る費用)
          日本基準では、発生した数理計算上の差異及び過去勤務費用を一定の期間で償却しておりました。IFRSでは、
         発生した数理計算上の差異はその他の包括利益として認識し、過去勤務費用は純損益として認識することが求め
         られております。
          この影響により、当連結会計年度にて、IFRSでは日本基準に比べて、売上原価・販売費及び一般管理費が
         4,796百万円減少し、その他の包括利益が3,904百万円増加しております。
        (のれんの償却停止)

          日本基準では、のれんを一定期間にわたり償却しておりました。IFRSでは、のれんの償却は行われず、毎期減
         損テストを実施することが要求されます。
          この影響により、当連結会計年度にて、IFRSでは日本基準に比べて、販売費及び一般管理費が988百万円減少
         しております。
      4【経営上の重要な契約等】

        当連結会計年度において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  20/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        当社グループ(当社および当社の関係会社)における研究開発は、新規事業の創出と“グローバルニッチトップ”
       (GNT)、“エリアニッチトップ”(ANT)製品の開発という方針を掲げ、さまざまな産業分野での市場ニーズ
       を捉え、それをNittoグループの全技術で解決することを目指しています。「粘着技術」「塗工技術」「高分子機能
       制御技術」「高分子分析・評価技術」の4つのコア・テクノロジーをベースに様々な技術を組み合わせて新たな価値
       を提供しています。
        全社技術部門は、研究開発本部(基幹技術研究センター、サステナブル技術研究センター)、新規事業本部(情報
       インターフェース技術センター、スペースイノベーション技術センター)、核酸医薬開発本部の3つの本部を軸とし
       ており、これらと知的財産本部とプロセス技術本部が密接に連携し、将来の事業とそれを支える技術を育成していま
       す。
        研究開発拠点として、2016年3月大阪府茨木市に開設した“inovas”(イノヴァス)を中核に、海外に日東電工テ
       クニカル(米国-オーシャンサイド)、日東バイオファーマ(米国-サンディエゴ)、日東電工アジアテクニカルセン
       ター(シンガポール)、日東(青島)研究院(中国-青島)を配置しています。
        当連結会計年度はオープンイノベーションに積極的に取り組み、様々な新製品・新技術開発を行いました。特に情
       報通信領域において高速大容量通信を変革するプラスチック光ファイバーケーブルの開発では、Nittoが保有する光
       学材料の設計技術を融合し、事業化に向け着実に進展しました。
        また、ライフサイエンス領域においては、ドラッグデリバリー技術を強みにして核酸医薬開発の新しい展開を進め
       ています。当連結会計年度はKRAS変異がんを対象とした新しい核酸医薬品について、米国FDA(食品医薬品局)より
       臨床試験実施の許可を取得し、治験第1相試験を開始しました。
       これらの技術を戦略的な特許出願やモノづくりで支えながら、着実に事業につなげていきます。
        当連結会計年度の研究開発部門の人員は、当社単体で886名、グループ全体で1,511名です。また、当社グループの

       研究開発費の総額は         31,990   百万円です。このうち、各事業セグメントに直接関連しない全社技術部門の研究開発費は
       6,806百万円です。
        セグメント別の研究開発活動成果は下記のとおりです。
       (1)インダストリアルテープ

        スマートフォンなどモバイル機器市場の次の柱となる事業に向けて、さらなる機能製品の開発を進めており、半導
       体、電子部品、デバイス機器通音膜、住宅関連、自動車関連などの分野へ製品を拡充・展開しています。今後は足元
       のモバイル機器市場への継続的な新製品開発を行いながら、さらにESG、SDGsを見据えサステナブルな環境配慮型の
       製品開発にも注力していきます。
        トランスポーテ―ション分野では、自動車・鉄道車両・航空機などの輸送機の性能向上に貢献する新製品の開発を
       推進しています。自動車材料としては、車体軽量化や電装部品の搭載数増加を見据えてアルミニウム用補強材料や、
       電装部品用の内圧調整材料の製品拡充が進みました。また、電動車両の急速な市場拡大に向けて、パワートレインの
       小型化・低コスト化ニーズに応える絶縁材料の開発を進めています。さらに自動運転の安全レベル向上のために、全
       社基幹技術とのコンバージェンスで新たな価値創造と新製品開発に取り組んでいます。
        当連結会計年度における研究開発費の金額は                      6,782   百万円です。
                                  21/133








                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (2)オプトロニクス
        大型ディスプレイ用途関連では、大型化が進む市場への対応を強化しています。また、液晶ディスプレイ(LC
       D)に加え、有機ELディスプレイ(OLED)の大型化も進んでおり、視認性向上のための反射防止用偏光板の大
       型化を進めています。
        モバイルディスプレイ用途関係では、ディスプレイのフルアクティブ化、異形化が進み、加工精度の向上に取り組
       んでいます。さらにOLEDではフレキシブル化が進んでおり、湾曲や折れ曲がるディスプレイへの追従性などこれ
       までにない要望に応えられる製品開発を行っています
        自動車業界では表示のディスプレイ化が進み、非常に大きなディスプレイが採用されており、用いられる偏光板に
       も非常に高い耐久性が求められます。加えて車内の意匠性を満足させるためにこれまでにない形状の偏光板製品も求
       められており、これらの要望に応える製品開発にも注力しています。
        さらに、偏光板以外のディスプレイ周辺光学フィルムも開発し、さまざまな光学部材・インターフェース材の製品
       を通じて、ディスプレイとそれを組み込む機器のお客様への価値提供を行っています。
        プリント回路製品では、金属ベースに感光性ポリイミドとセミアディティブ銅メッキ法で形成する高精度基板を、
       ハードディスク(HDD)市場以外への展開を試みています。また、低誘電多孔ポリイミド材料では、高速通信の5G
       市場が立上る際に必要となる回路基板開発に取り組んでおり、量産準備態勢に入っています。
        半導体分野では、NANDフラッシュメモリー向けに新規プロセスが採用され、そのプロセス向けの接着フィルム
       を開発しました。また、そのプロセスに使用されるプロセス材料の開発も完了し、売上が拡大しました。今後、さら
       なる売上拡大を目指します。
        LED分野におきましては、屋内向けディスプレイ向けに、高耐熱性、高耐光性を有した樹脂を開発しました。今
       後の市場拡大が期待できます。
        当連結会計年度における研究開発費の金額は                      9,527   百万円です。
       (3)ライフサイエンス

        核酸医薬受託合成事業関連では、グローバルに開発が活発化しており、お客様からの要望への対応を着実に進めて
       います。
        医薬品関連では、高血圧症を対象として開発した経皮吸収型テープ製剤が頻脈性心房細動にも適用されることにな
       りました。また、経皮吸収型統合失調症薬は国内臨床第3相試験結果をもとに審査当局への申請を完了しました。
        医療衛生材料関連では社内他事業部門との協業により、新しい市場及び地域への展開を推進しています。
        当連結会計年度における研究開発費の金額は                      4,526   百万円です。
       (4)その他

        分離膜・メンブレン関連では、海水淡水化、超純水用途向けの需要に対応したことにより売上は順調に増加しまし
       た。かん水脱塩の用途向けの新製品も南アジアの大型プロジェクトに採用され、売上拡大に貢献できました。世界各
       地の水環境により、お客様の水処理プラントに対する要望も様々です。今後も各エリアの需要に応える製品の開発を
       通じて売上拡大に努めています。また、廃水再利用の用途向けの新製品市場投入により、循環型社会の実現に貢献し
       ていきます。
        当連結会計年度における研究開発費の金額は                      4,347百万円です。
                                  22/133








                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度における当社グループ(当社および当社の関係会社)の設備投資は、総額                                         64,353   百万円を実施しま
       した。
        インダストリアルテープにおいては、豊橋事業所における粘着テープの生産能力増強など、                                          21,972   百万円を実施し
       ました。
        オプトロニクスにおいては、新型偏光板の中国における生産設備導入など、                                   34,474   百万円を実施しました。
        ライフサイエンスにおいては、北米における生産設備導入など、                              1,329   百万円を実施しました。
        その他においては、北米におけるメンブレン(高分子分離膜)の生産設備導入など、2,238百万円を実施しまし
       た。
        なお、各セグメントに直接関連しない設備投資は4,338百万円であります。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループ(当社および当社の関係会社)における主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                     2019年3月31日現在
                                         帳簿価額(百万円)
                                                          従業
       事業所名
             セグメントの名称            設備の内容             機械装置                    員数
       (所在地)                           建物及び           土地
                                      及び運搬           その他     合計
                                                         (名)
                                 構築物          (面積㎡)
                                      具
     東北事業所                                        1,104             160
             ライフサイエンス        医療関連材料製造設備             3,903      968          264    6,240
     (宮城県大崎市)                                      (383,973)               [46]
     関東事業所        インダストリアル                                1,155             298
                      テープ関連製品製造設備             5,384     5,951           456   12,947
     (埼玉県深谷市)        テープ                               (69,920)              [20]
     豊橋事業所        インダストリアル                                6,039             1,481
                      テープ関連製品製造設備             16,658     17,772          1,297    41,767
     (愛知県豊橋市)        テープ
                                            (336,812)              [191]
     亀山事業所                電子部品材料製造設備                         79            838
             オプトロニクス
                                   10,847     7,116           655   18,699
                      情報機能材料製造設備
     (三重県亀山市)                                      (133,119)              [149]
     滋賀事業所
             その他        膜・モジュール製造設備                        1,580             198
                                   4,412     2,277           163    8,432
     (滋賀県草津市)        オプトロニクス        情報機能材料製造設備                       (74,303)              [133]
     尾道事業所                                        3,575             1,475
             オプトロニクス        情報機能材料製造設備             22,205     14,054           581   40,416
     (広島県尾道市)                                      (182,528)              [177]
             インダストリアル
             テープ
     茨木事業所                                         237             415
             オプトロニクス        研 究開発設備
                                   8,774     1,525          1,266    11,804
     (大阪府茨木市)                                       (24,777)              [12]
             ライフサイエンス
             その他
                                  23/133









                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (2)子会社
                                                     2019年3月31日現在
                                         帳簿価額(百万円)
                                                          従業
        会社名       セグメントの
                         設備の内容                                 員数
       (所在地)       名称                  建物及び構      機械装置及       土地
                                                         (名)
                                                  その他     合計
                                 築物      び運搬具
                                            (面積㎡)
     (国内子会社)
     日東シンコー㈱
               インダストリ                                282            221
     (福井県坂井市)                テープ関連製品製造設備              2,178      1,289          395   4,145
               アルテープ                              (43,232)             [137]
     (海外子会社)

     Nitto,   Inc.

               インダストリ                                158            835
                     テープ関連製品製造設備              1,508      2,879          318   4,864
     (Lakewood     U.S.A.)     アルテープ                              (135,789)              [97]
     Hydranautics

                                               299            374
               その他       膜・モジュール製造設備
                                    587     2,114          154   3,156
     (Oceanside     U.S.A.)
                                             (60,297)             [29]
     Nitto   Denko   Avecia
               ライフサイエ                                446            339
     Inc.                医療関連材料製造設備              4,319      3,484          175   8,425
               ンス
                                            (107,241)              [23]
     (Milford    U.S.A.)
     Nitto   Denko
               インダストリ
     (Taiwan)
               アルテープ                                 -           424
                     テープ関連製品製造設備              2,263      2,629          206   5,100
               オプトロニク                              (33,522)              [9]
     Corporation
               ス
     (台湾   高雄市)
     Nitto   Denko
     (Shanghai
               インダストリ
                                                -           444
     Songjiang)     Co.,     アルテープ       テープ関連製品製造設備              2,849      1,822           70   4,741
                                            (100,516)              [2]
               その他
     Ltd.
     (中国   上海市)
     Korea   Nitto   Optical
               オプトロニク                                197           1,068
     Co.,  Ltd.
                     情報機能材料製造設備
                                    8,898      5,431          211   14,738
               ス                              (107,895)              [-]
     (韓国   平澤市)
     Taiwan   Nitto
               オプトロニク                                 -          1,060
     Optical   Co.,  Ltd.
                     情報機能材料製造設備              1,907      1,276          148   3,333
               ス
                                             (52,589)              [9]
     (台湾   台中市)
     Shenzhen    Nitto
               オプトロニク                                 -          1,488
     Optical   Co.,  Ltd.
                     情報機能材料製造設備              6,436     11,365           217   18,020
               ス
                                             (54,000)              [-]
     (中国   深セン市)
      (注)1 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であります。なお、金額には建設仮勘定および消費税等
           を含みません。
         2 連結会社以外から土地および建物の一部を賃借しております。
         3 Nitto     Denko   (Taiwan)     Corporation、Nitto          Denko   (Shanghai     Songjiang)      Co.,   Ltd.およびShenzhen          Nitto
           Optical    Co.,   Ltd.の土地面積は、土地使用権に係る面積を示しております。
         4 従業員数の[ ]は、臨時従業員数の平均人員を外数で記載しております。
                                  24/133







                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        2019年3月31日現在において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が実施または計画している重要な設備
       の新設、拡充は以下のとおりであります。
        また、重要な設備の除却、売却等はありません。
                                     投資予定金額
                                                   着手および完了予定
                                      (百万円)        資金調達
       会社名             セグメントの
               所在地               設備の内容
       事業所名             名称
                                              方法
                                     総額   既支払額           着手     完了
     当社        宮城県               医療関連材料製                 自己資金

                    ライフサイエンス
                                                   2017.4
                                     1,795     462              2021.3
     東北事業所        大崎市               造設備                 借入金
                    インダストリアル

     当社        埼玉県               テープ関連製品                 自己資金
                                                   2018.4
                                     4,365    1,870               2021.8
                    テープ
     関東事業所        深谷市               製造設備                 借入金
                    インダストリアル

     当社        愛知県               テープ関連製品                 自己資金
                                                   2017.4
                                     26,025    13,386               2020.10
                    テープ
     豊橋事業所        豊橋市               製造設備                 借入金
                            電子部品材料製

     当社        三重県               造設備                 自己資金
                    オプトロニクス
                                                   2017.4
                                     34,736     8,200               2021.3
     亀山事業所        亀山市               情報機能材料製                 借入金
                            造設備
                            膜・モジュール
     当社        滋賀県               製造設備                 自己資金
                    その他
                                                   2017.4
                                     2,652    1,060               2020.9
                    オプトロニクス
     滋賀事業所        草津市               情報機能材料製                 借入金
                            造設備
     当社        広島県               情報機能材料製                 自己資金

                    オプトロニクス
                                                   2017.4
                                     26,260    11,994               2020.9
     尾道事業所        尾道市               造設備                 借入金
                    インダストリアル

                    テープ
     当社        大阪府                                自己資金
                    オプトロニクス
                                                   2017.4
                            研究開発設備        11,447     1,898               2020.4
     茨木事業所        茨木市                                借入金
                    ライフサイエンス
                    その他
      (注)上記金額には、消費税等を含みません。
                                  25/133








                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 400,000,000

                  計                               400,000,000

        ②【発行済株式】

                                      上場金融商品取引所
            事業年度末現在発行数(株)              提出日現在発行数(株)
       種類                               名又は登録認可金融               内容
              (2019年3月31日)             (2019年6月21日)
                                      商品取引業協会名
                                                権利内容に何ら限定の
                                                ない当社における標準
                                      東京証券取引所
                  158,758,428            158,758,428
      普通株式                                          となる株式であり、単
                                      市場第一部
                                                元株式数は100株であり
                                                ます。
                  158,758,428            158,758,428             -           -
        計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         ストックオプション制度の内容は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表
        注記 19.株式報酬」に記載しております。
        ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
                                  26/133










                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
         該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総数        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高      資本準備金増減        資本準備金残

         年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (百万円)       (百万円)      額(百万円)        高(百万円)
                △15,000,000        158,758,428            -     26,783          -      50,482

     2019年3月15日
      (注)発行済株式総数の減少は、自己株式の消却によるものであります。

       (5)【所有者別状況】

                                                     2019年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                                                       (株)
                  金融機関                           個人その他       計
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数
               -     107      52     410     709      22    34,860     36,160       -
     (人)
     所有株式数
               -   696,426      95,041     58,190     560,704       120    176,498     1,586,979       60,528
     (単元)
     所有株式数
               -    43.88      5.99     3.67     35.33      0.01     11.12     100.00       -
     の割合(%)
      (注)1 自己株         式1,908,766株は「個人その他」に19,087単元、「単元未満株式の状況」に66株含まれております。
         2 「その他の法人」の欄には、㈱証券保管振替機構名義の株式が5単元含まれております。
                                  27/133













                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2019年3月31日現在
                                                     発行済株式(自
                                                     己株式を除
                                              所有株式数
                                                     く。)の総数に
          氏名又は名称                      住所
                                               (千株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
     日本マスタートラスト信託銀行
                                                28,250         18.01
                      東京都港区浜松町2丁目11番3号
     ㈱(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託
                                                15,159         9.67
                      東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行㈱(信託口)
     資産管理サービス信託銀行㈱                東京都中央区晴海1丁目8番12号 晴海トリトン
                                                 3,485         2.22
     (証券投資信託口)                スクエアタワーZ
     日本トラスティ・サービス信託
                                                 2,963         1.89
                      東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行㈱(信託口5)
     日本トラスティ・サービス信託
                                                 2,908         1.85
                      東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行㈱(信託口7)
     STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT
                      1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,    MA
     - TREATY    505234
                      02171,U.S.A.
                                                 2,617         1.67
     (常任代理人       ㈱みずほ銀行決済
                      (東京都港区港南2丁目15番1号 品川インター
                      シティA棟)
     営業部)
                      25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,    E14
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   380634
                      5JP,    UNITED    KINGDOM
     (常任代理人       ㈱みずほ銀行決済                                     2,473         1.58
                      (東京都港区港南2丁目15番1号 品川インター
     営業部)
                      シティA棟)
                      25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,    E14
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385151
                      5JP,   UNITED    KINGDOM
     (常任代理人       ㈱みずほ銀行決済                                     2,411         1.54
                      (東京都港区港南2丁目15番1号 品川インター
     営業部)
                      シティA棟)
     THE  BANK   OF  NEW  YORK   MELLON
                      240  GREENWICH     STREET,    NEW  YORK,   NY  10286,
     140044
                      U.S.A.
                                                 2,307         1.47
     (常任代理人       ㈱みずほ銀行決済
                      (東京都港区港南2丁目15番1号 品川インター
                      シティA棟)
     営業部)
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                      P.O.   BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS       02101
     COMPANY    505223
                      U.S.A.
                                                 2,114         1.35
     (常任代理人       ㈱みずほ銀行決済
                      (東京都港区港南2丁目15番1号 品川インター
     営業部)                シティA棟)
                                 -                64,691         41.24
            計
      (注)     以下の大量保有報告書が公衆の縦覧に供されていますが、当社としては2019                                    年3月31日現在の株主名簿に従っ
          て記載しております。
         ( 1 )キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニー
           7,794千株保有         (2018年4月13日現在)
         (2)ブラックロック・ジャパン㈱およびその共同保有者の計10名
           14,524千株保有(2018年4月30日現在)
         (3)三井住友トラスト・アセットマネジメント㈱およびその共同保有者の計2名
           12,374千株保有(2018年12月14日現在)
         (4)株式会社三菱UFJ銀行およびその共同保有者の計4名
           10,717千株保有(2018年12月24日現在)
         (5)みずほ証券㈱およびその共同保有者の計2名
           8,830千株保有(2019年2月15日現在)
         (6)野村證券㈱およびその共同保有者の計2名
           15,986千株保有         (2019年3月15日現在)
                                  28/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                       内容
                                  -         -           -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                            -         -           -
      議決権制限株式(その他)                            -         -           -

                                                 権利内容に何ら限定の
                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                     -
                                                 ない当社における標準
                         普通株式       1,908,700
                                                 となる株式
      完全議決権株式(その他)                          156,789,200           1,567,892
                         普通株式                            同上
                                  60,528        -           -
      単元未満株式                    普通株式
                               158,758,428           -           -
      発行済株式総数
                                  -         1,567,892           -
      総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」欄には㈱証券保管振替機構名義の株式が500株含まれております。
         また、「議決権の数」欄に、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数5個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
       所有者の氏名
                  所有者の住所
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
        又は名称
                                                    (%)
     (自己保有株式)
                大阪府茨木市下穂積
                              1,908,700         -       1,908,700           1.20
     日東電工㈱           1丁目1番2号
                     -         1,908,700         -       1,908,700           1.20
          計
                                  29/133










                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】         会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得および会社法第155条第7号に該当する普通株式
                の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】
                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)

      取締役会(2018年1月31日)での決議状況
                                   上限   5,600,000             上限 50,000,000,000
      (取得期間       2018年2月5日~2018年7月31日)
      当事業年度前における取得自己株式                                  2,240,000           19,275,786,100
      当事業年度における取得自己株式                                  3,360,000           28,489,282,082
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                      -              -
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      -              -
      当期間における取得自己株式                                      -              -
      提出日現在の未行使割合(%)                                      -              -
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     143            947,436

                                           40           202,490

      当期間における取得自己株式
      (注)当期間における取得自己株式には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式数は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                       (円)                (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                         -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                        15,000,000       87,080,400,000           -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ

                               -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他
                                43,800       253,548,833          -        -
      (注)2
                                               1,908,806
      保有自己株式数                        1,908,766          -                -
      (注)1 当期間における処理自己株式には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売
           渡による株式数は含まれておりません。また、当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日から
           この有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りおよび売渡による株式数は含まれておりません。
         2 当事業年度の内訳は、新株予約権の権利                     行使(株式数19,300株、処分価額の総額112,043,448円)及び譲渡
           制限付株式報酬による処分(株式数24,500株、処分価額の総額141,505,385円)であります。
                                  30/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社の配当政策は、株主の皆様に対して安定的に利益の還元を行うことを基本にしています。一方、急速な技術
       革新への対応と顧客ニーズにタイムリーに応えるために、内部留保を使って研究・開発および生産に関わる積極的
       な先行投資を行っていくことも必要不可欠です。株主の皆様に対する配当金につきましては、将来の投資機会、財
       務状況、資本効率、利益水準、および配当性向等を総合的に勘案して実施することとしています。また、内部留保
       についても定期的に水準を確認し、総合的に勘案して使途を定めていきます。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当
       の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        なお、当社は取締役会の決議をもって、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定
       めております。
        内部留保資金につきましては、経営体質の一層の充実並びに将来の安定的な事業の成長のために活用してまいり
       ます。
        当期末の利益配当金につきましては、利益配分に関する基本方針に基づき、中間と同額の1株につき90円とし、
       年間の配当金は前期より20円増額した年間180円とさせていただきます。
        当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

                             配当金総額(百万円)           1株当たり配当額(円)

                決議年月日
               2018年10月31日
                                14,114             90
                 取締役会
               2019年6月21日
                                14,116             90
                定時株主総会
                                  31/133













                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
       コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社グループは、事業遂行における基本的価値観および目的意識を「経営理念」として確立しております。そ
       して、「経営理念」をベースに具体的な行動を示したガイドライン(「グループビジネス行動ガイドライン」)
       を策定し、役職員に周知徹底しております。
        「経営理念」のもと、企業価値を最大化させ永続的に発展していくためには、果敢な経営判断とともに、意思
       決定の迅速性や透明性が必要と考えております。そのためには、コーポレートガバナンスの確立が極めて重要な
       課題であると捉え、次の基本原則に沿って、「コーポレートガバナンスに関するガイドライン」を策定し、体制
       のより一層の充実化を図ってまいります。
       ・株主の権利・平等性を確保します。

       ・ステークホルダーと適切に協働します。
       ・適切な情報開示を実施し、透明性を確保します。
       ・ステークホルダーから期待された経営機能の実現を目指します。
       ・株主との建設的な対話を行います。
       ① 企業統治の体制の概要

         当社は、会社法第362条および会社法施行規則第100条の規定に従って、内部統制に関する基本方針を定め、以
        下のようなコーポレート・ガバナンス体制のもと、業務執行を実施しています。
        <取締役(会)>

        取締役会(議長:取締役社長)は、経営に係る重要な事項について意思決定するとともに、代表取締役、執行役
        員等による業務執行を監督しています。また、経営を健全化し、透明性を確保するために、任期を1年に設定す
        るとともに、社外取締役を複数選任しています。
        <代表取締役、執行役員、経営戦略会議>

        代表取締役および執行役員(取締役を兼任している者を含む)は、取締役会が決定した基本方針に従い、業務執
        行の任にあたっています。業務執行の意思決定に関しては、「グループ意思決定規程」を整備し、その中心とな
        る重要意思決定機関として、常勤取締役および執行役員で構成される経営戦略会議(主催者:取締役社長)を設
        置しています。
        <経営・指名・報酬諮問委員会>

        代表取締役の諮問機関として、経営上の重要課題、役員の指名および役員報酬に関する事項に関し、異なった視
        点からのアドバイスを得るために、社外有識者(現在は、社外取締役および社外監査役)で構成する経営・指
        名・報酬諮問委員会(委員長:取締役社長)を設置しています。
        <監査役(会)>

        当社は、監査役制度を採用しています。監査役は、取締役会に出席して取締役の業務執行を監視するとともに、
        その他の重要会議への出席、取締役および使用人からの活動状況聴取、決裁書類その他の重要書類の閲覧、本
        社・技術・事業部門や事業所等ならびに国内外のグループ会社などの調査、会計監査人からの監査報告聴取およ
        び意見交換などを通じて、監査を実施しています。
        <内部統制委員会・専門委員会>

        コンプライアンスやリスクマネジメントの推進を組織横断的に対応するため、関連部署の役職員で構成する専門
        委員会を設置しています。また、取締役社長を委員長、常勤取締役を委員とする内部統制委員会が、各専門委員
        会からの報告等を通じて、内部統制に関する基本方針の見直しや運用状況の確認などを行っています。
        <内部監査>

        内部監査を担当する専門部署を設置したうえで、業務の改善、業績向上に資することを目的に、当社グループ各
        社の経営活動が正確、正当かつ合理的に行われているかを監査しています。加えて、従業員、お客様、社会に対
        する安心を確保するために、品質・環境・安全を対象としたQES監査も行っています。さらに外部評価も定期的
        に受けています。
                                  32/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        [コーポレート・ガバナンス体制図]
        ② 内部統制に関する基本方針









        1.当社グループの取締役・使用人の職務執行が法令・定款に適合することを確保するための体制およびその他
        企業集団における業務の適正を確保するための体制
        (1)経営理念およびその具体的内容として法令・倫理規範遵守のためのNittoグループビジネス行動ガイ
           ドラインを定め、当社グループ全役職員にこれを周知・徹底するとともに、当社取締役は法令および倫理
           規範の遵守を率先垂範する。
        (2)当社取締役会は社外取締役制度を採用する。
        (3)当社グループのコンプライアンスやリスクマネジメント体制の整備を含むCSR活動を推進するため、C
           SR担当役員(取締役または執行役員)を定め、当該役員を委員長とするCSR委員会を設置する。
        (4)CSR委員会のほか、当社グループの横断的な課題、コンプライアンス、リスクマネジメントに取り組む
           ため、関係部署で構成された専門委員会を設置する。
        (5)当社取締役社長を委員長とする内部統制委員会を設置し、本基本方針の運用状況を確認するとともに、必
           要に応じて方針の見直しを検討する。
        (6)内部監査担当部署を置き、当社各部門およびグループ会社の業務プロセス、業務全般の適正性等について
           内部監査を行うとともに、安全・環境・品質・輸出管理などに関して専門部署を設け、内部監査担当部署
           と連携して監査を行う体制をとる。
        (7)社外の専門機関を直接の情報受領者とする通報システムのほか、社内担当窓口を整備し、CSR担当役員
           を含む法令倫理委員会を設置してその対応および再発防止体制の整備を行う。
        (8)財務報告の信頼性を確保するための内部統制を含め、業務プロセスおよび業務全般の適正性、妥当性、効
           率性を確保するための体制を整備する。
        2.当社取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

         当社株主総会議事録、取締役会議事録、経営戦略会議議事録、稟議決裁文書等取締役の職務執行に係る文書に
        ついては、文書管理および保存に関する規程に基づき、書面または電磁的媒体等その記録媒体に応じて適切かつ
        確実に保存・管理し、必要に応じて閲覧可能な状態を維持する。
                                  33/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        3.当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制
        (1)事業構成や海外での事業運営にかかわる事業リスク、為替変動やカントリーリスクなど外部要因に基づく
           リスク、新技術開発力や知的財産権など技術競争力に関するリスクについて、当社取締役会、経営戦略会
           議および各事業執行組織において常時管理し、必要に応じて対応する。
        (2)安全・環境・災害や製品の品質・欠陥に関するリスク、情報セキュリティや反社会的勢力への対応、独占
           禁止法・薬事法・輸出管理法などコンプライアンスに関するリスクなどについて、それぞれ担当部署を定
           めて定期的に重要リスクの洗い出しを行い、個々のリスクについてそれぞれの職制や各種委員会活動およ
           び必要に応じて編成するプロジェクト活動を通じて監視・対策する。
        (3)万一、不測の事態が発生した場合には、速やかに当社取締役社長、CSR担当役員および監査役に報告さ
           れる体制を整え、当社取締役社長のもとに危機対策本部を設置して損害の拡大を防止し、これを最小限に
           止め、事業継続および早期に復旧する体制を整える。
        4.当社取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

        (1)当社取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会を原則と
           して月1回定期的に開催するほか、必要に応じて適宜臨時に開催する。
        (2)当社の具体的な経営方針および経営戦略に関わる重要事項については、その重要度に応じて、取締役会決
           議とするほか、取締役および執行役員によって構成される経営戦略会議(原則月1回開催)での決議、各
           事業執行組織主催の会議での決議または稟議決裁による決定等会社としての決裁ルールを整備する。
        (3)業務執行の責任者およびその責任範囲、業務執行手続の詳細については、取締役会で定める組織、グルー
           プ意思決定規程等においてそれぞれ定める。
        5.当社グループの取締役等の職務執行に係る事項の当社への報告に関する体制

        (1)当社グループ会社の経営上の意思決定および重要事項について、当社との事前協議や当社への報告等が適
           切に行われるようグループ意思決定規程・基準を整備する。
        (2)グループ意思決定規程・基準に基づき、当社の取締役および執行役員が、それぞれ管掌する事業に関する
           グループ会社からの報告を受け、必要に応じてその意思決定に関与する体制とすることにより、グループ
           全体の業務の適正を確保する。
        6.当社グループの取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

        (1)当社グループの業務執行の責任者およびその責任範囲、業務執行手続の詳細について、グループ意思決定
           規程・基準等においてそれぞれ定める。
        (2)各グループ会社の業務執行が当社の重要事項に該当する場合には、その重要度に応じて、当社の取締役会
           その他会議体における決議とする。
        7.当社監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、当該

        使用人の取締役からの独立性に関する事項および監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
        (1)当社監査役の職務を補助すべき使用人として、監査役補助者を置く。
        (2)監査役補助者は、組織上、独立した部署に所属し、直接監査役の指揮命令下で業務を行う。
        (3)監査役補助者の選任、異動については常勤監査役の了解を得たうえで決定する。
        (4)監査役補助者の評価については、常勤監査役が決定する。
        (5)監査役補助者は業務執行にかかる役職を兼務しない。
        (6)当社取締役は、監査役監査の重要性と有用性を認識、理解し、当社グループに対しその旨周知徹底すると
           ともに、内部監査体制の充実を図る。
        8.当社取締役、その使用人、当社グループ取締役等が当社監査役(会)に報告をするための体制および当該報告

        者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
        (1)当社取締役および使用人は、監査役(会)が定める監査計画に従って、当社グループの業務または業績に影
           響を与える重要な事項について当社監査役に報告する。
        (2)前記にかかわらず、当社監査役は必要に応じていつでも、当社取締役および使用人に対して報告を求める
           ことができるとともに、重要な会議への出席およびそれら会議の議事録または稟議決裁書類および各種報
           告書の閲覧を求めることができる。
        (3)当社取締役は、コンプライアンスについての社内通報体制および緊急事態・事故発生時の報告体制を整
           え、その適切な運用を維持することにより、当社監査役への迅速かつ適切な報告体制を確保する。
        (4)社外の専門機関を直接の情報受領者とする通報システムを整備することにより、社内通報者が報告をした
           ことを理由として不利な取扱いを受けない体制を確保する。
                                  34/133


                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        9.当社監査役の職務執行について生ずる費用の前払いまたは償還の手続その他の当該職務の執行について生ず
        る費用または債務の処理に係る方針に関する事項
         当社監査役がその職務の執行について、当社に対し費用の前払いまたは償還の請求をしたときは、担当部門に
        おいて審議のうえ、当該請求に係る費用または債務が当該監査役の職務の執行に必要でないことを証明した場合
        を除き、速やかに当該費用または債務を処理する。
        10.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保する体制

        (1)当社監査役は、会計監査人および内部監査担当部署等と連携し、またグループ会社の監査役との意見・情
           報交換等を行い効率的に監査を行うことができる体制を確保する。そして、内部監査担当部署と協力し、
           監査計画に従って各グループ会社を適宜監査する。
        (2)前記監査のほか、監査役が必要に応じていつでも各グループ会社の監査役および取締役・経営幹部に報告
           を求めることができる体制を確保する。
        ③  責任限定契約の内容の概要

         当社は、定款に基づき、社外取締役および社外監査役全員と会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する
        契約を締結しており、当該契約に基づく賠償責任限度額は、法令の定める最低責任限度額であります。
        ④  企業統治の体制を採用する理由

         「①企業統治の体制の概要」に記載の「コーポレート・ガバナンス体制図」により、業務執行、経営の監督が
        有効かつ効率的に機能すると認識しているためです。
        ⑤ 取締役の定数

         当社の取締役は10名以内とする旨を定款に定めております。
        ⑥ 取締役の選任決議

         当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席
        し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、当該決議は累積投票によらないものとする旨を定款に定めており
        ます。
        ⑦ 自己の株式の取得の決定機関

         当社は、機動的な資本政策の遂行を可能にするため、取締役会の決議をもって自己の株式を市場取引等により取
        得することができる旨を定款に定めております。
        ⑧ 株主総会の特別決議要件

         当社は、株主総会の円滑な運営を                 行う  ため、会社法第309条第2項に定める株主総会の決議は、議決権を行使す
        ることができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を
        定款に定めております。
        ⑨ 中間配当の決定機関

         当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によっ
        て毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。
                                  35/133







                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
       ① 役員一覧
        男性    13 名 女性      0 名 (役員のうち女性の比率             0 %)
                                                         所有株式
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期    数
                                                         (千株)
                               1978年4月     当社に入社
                               2008年6月     当社取締役 執行役員
                               2010年6月     当社取締役 上席執行役員
                               2011年6月     当社取締役 常務執行役員
        代表取締役
                               2013年6月     当社取締役 専務執行役員
        取締役社長
                 髙﨑 秀雄      1953年8月11日      生
                                                      (注)4     19
         CEO兼
                               2014年4月
                                    当社代表取締役      取締役社長     CEO  兼 COO
         COO
                               2016年11月     当社代表取締役      取締役社長     CEO  兼 COO  兼
                                    CTO
                               2017年4月     当社代表取締役      取締役社長     CEO  兼 COO
                                    (現任)
                               1984年4月     当社に入社
                               2010年6月     当社執行役員 オプティカル事業部門長
                               2013年6月     当社上席執行役員
                               2014年4月     当社上席執行役員 経営統括部門経営戦略
                                    統括部長・調達統括部長
        代表取締役
                               2014年6月
                                    当社上席執行役員 CIO
        専務執行役員
                               2015年4月     当社上席執行役員 自動車材料事業部門長
                 梅原 俊志      1957年9月3日      生                         (注)4      ▶
         CTO兼
                               2015年6月     当社取締役 常務執行役員
         CIO
                               2017年4月
                                    当社取締役 常務執行役員 CTO
                               2017年6月
                                    当社取締役 専務執行役員 CTO
                               2018年4月     当社取締役 専務執行役員 CTO 兼 CIO
                               2019年6月     当社代表取締役 専務執行役員 CTO 兼 
                                    CIO(現任)
                               1981年4月     当社に入社
                               2010年6月     当社執行役員 経営統括部門経理統括部長
         取締役
                               2011年6月     当社取締役 執行役員 CFO
        専務執行役員          武内 徹     1959年1月1日      生                         (注)4      8
                               2014年6月
                                    当社取締役 上席執行役員 CFO
         CFO
                               2015年6月     当社取締役 常務執行役員 CFO
                               2018年   6月
                                    当社取締役 専務執行役員 CFO(現任)
                               1989年4月     当社に入社
                               2015年6月     当社執行役員 情報機能材料事業部門情報
                                    機能材料事業部長
         取締役
                               2017年4月     当社執行役員 情報機能材料事業部門長
                 富所 伸広      1965年6月1日      生                         (注)4      2
        常務執行役員
                               2017年6月     当社取締役 上席執行役員 情報機能材料
                                    事業部門長
                               2019年6月
                                    当社取締役 常務執行役員(現任)
                               1993年4月     当社に入社
                               2016年6月     当社執行役員 ICT事業部門長
                               2017年4月     当社執行役員 副CTO ICT事業部門長 
                                    兼 全社技術部門副部門長・新規事業本部
                                    長
         取締役
                 三木 陽介      1965年6月19日      生                         (注)4      2
                               2017年6月     当社取締役 執行役員 副CTO ICT事業部
        上席執行役員
                                    門長 兼 全社技術部門副部門長・新規事
                                    業本部長
                               2019年6月     当社取締役 上席執行役員 副CTO ICT事
                                    業部門長 兼 全社技術部門副部門長・新
                                    規事業本部長(現任)
                                  36/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有株式
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期    数
                                                         (千株)
                               1964年4月     ㈱住友銀行に入行
                               1989年6月     同行取締役
                               1993年10月     同行常務取締役(1996年6月退任)
                               1996年6月     マツダ㈱専務取締役(2000年6月退任)
                               2001年6月     三洋電機㈱取締役
                               2002年6月     同社代表取締役副社長(2005年10月退任)
                               2006年1月     エバンストン㈱代表取締役(現任)
         取締役       古瀬 洋一郎      1941年11月4日      生                         (注)4      2
                               2007年6月
                                    当社社外取締役(現任)
                               2010年9月     Global   Logistic    Properties     Limited取締
                                    役(2017年12月退任)
                               2015年7月     ペルミラ・アドバイザーズ㈱会長(現任)
                               2015年10月     ㈱スシローグローバルホールディングス取
                                    締役(2016年12月退任)
                               2016年3月     ㈱ナスタ社外取締役(現任)
                               2018年1月
                                    GLP  PTE.  Ltd顧問(現任)
                               1970年4月     ㈱日立製作所に入社
                               2003年6月     同社執行役常務
                               2004年4月     同社執行役専務
                               2006年4月     同社代表執行役 執行役副社長(2007年3
                                    月退任)
                               2007年6月     ㈱日立総合計画研究所代表取締役社長
                                    (2009年3月退任)
                               2009年4月     ㈱日立製作所代表執行役 執行役副社長
         取締役        八丁地 隆      1947年1月27日      生                         (注)4      -
                                    (2011年3月退任)
                               2011年4月     日立アメリカ社取締役会長(2015年3月退
                                    任)
                               2011年6月     ㈱日立製作所取締役(2015年6月退任)
                               2015年6月
                                    同社アドバイザー(2016年6月退任)
                               2015年6月     当社社外取締役(現任)
                               2017年6月     丸紅㈱社外監査役(現任)
                               2017年6月
                                    コニカミノルタ㈱社外取締役(現任)
                               1989年4月     韓国三星電子㈱デザイン顧問(1999年9月
                                    退任)
                               1999年10月     京都工芸繊維大学大学院教授
         取締役        福田 民郎      1948年6月19日      生
                                                      (注)4      0
                               2013年4月
                                    京都工芸繊維大学名誉教授(現任)
                               2018年6月
                                    当社社外取締役(現任)
                               1978年4月     当社に入社
                               2008年6月     当社執行役員 日東シンコー㈱代表取締役
                               2009年6月     当社執行役員 営業部門副部門長 東京支
                                    店長
         監査役
                               2010年4月     当社執行役員 CIO
                 神崎 正巳      1953年12月7日      生                         (注)6      7
         (常勤)
                               2011年6月     当社上席執行役員 CIO
                               2013年6月
                                    当社常務執行役員 CIO
                               2014年6月     当社常務執行役員 営業統括部門長
                               2015年6月     当社常勤監査役(現任)
                                  37/133







                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有株式
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期    数
                                                         (千株)
                               1985年4月     当社に入社
                               2005年7月     オプティカル事業部経理部長
                               2009年10月     経営統括部門経理統括部経理財務部長
                               2011年11月     経営統括部門経理統括部経理財務部長・業
                                    績管理部長
                               2014年2月     経営統括部門経理統括部経理財務部長 
                                    兼 情報機能材料事業部事業統括部長
                               2014年4月     経営統括部門経理副統括部長
         監査役
                 徳安 晋     1961年6月7日      生                         (注)6      ▶
                               2015年4月     経営統括部門経理副統括部長 兼 自動車
         (常勤)
                                    材料事業部門事業統括部経理部長
                               2016年4月     Nitto   Automotive,     Inc.代表取締役
                               2017年6月     当社執行役員       Nitto   Automotive,     Inc.代
                                    表取締役
                               2018年7月     当社執行役員 コンプライアンス統括部長
                               2019年4月     当社執行役員 サステナビリティ統括部長
                               2019年6月     当社常勤監査役(現任)
                               1969年4月     ㈱三和銀行に入行
                               2002年1月     ㈱UFJ銀行代表取締役頭取
                               2002年6月     ㈱UFJホールディングス取締役(2004年6月
                                    退任)
                               2004年5月     ㈱UFJ銀行代表取締役(2004年5月退任)
         監査役
                 寺西 正司      1947年2月6日      生                         (注)5      -
        (非常勤)                       2004年7月     同行名誉顧問
                               2006年1月     ㈱三菱東京UFJ銀行(現:㈱三菱UFJ銀行)
                                    名誉顧問(現任)
                               2008年6月
                                    当社社外監査役(現任)
                               2011年6月
                                    月島機械㈱社外取締役(2018年6月退任)
                               1973年4月     通商産業省入省
                               2003年8月     商務情報政策局長
                               2006年7月     通商政策局長
                               2007年7月
                                    経済産業省審議官(2008年7月退任)
                               2008年8月     内閣官房宇宙開発戦略本部事務局長(2010年
                                    8月退任)
                               2008年11月
                                    内閣官房参与(2010年8月退任)
         監査役
                 豊田 正和      1949年6月28日      生
                                                      (注)6      -
                               2010年6月     ㈱村田製作所社外監査役(2016年6月退
        (非常勤)
                                    任)
                               2010年7月
                                    ㈶日本エネルギー経済研究所理事長(現任)
                               2011年6月     当社社外監査役(現任)
                               2015年3月     キヤノン電子㈱社外取締役(現任)
                               2016年6月     ㈱村田製作所社外取締役(2018年6月退
                                    任)
                               2018年6月
                                    日産自動車㈱社外取締役(現任)
                               1990年4月     国士舘大学政治経済学部教授
                               1999年4月     早稲田大学政治経済学部教授
                               2005年4月
                                    早稲田大学政治経済学術院教授(現任)
                               2009年10月     国際ビジネス研究学会副会長
         監査役
                 白木 三秀      1951年5月6日      生                         (注)5      -
        (非常勤)                       2012年6月
                                    当社社外監査役(現任)
                               2012年10月     国際ビジネス研究学会常任理事
                               2013年8月     日本労務学会会長(2015年8月退任)
                               2015年10月     国際ビジネス研究学会会長(現任)
                                計
                                                           49
                                  38/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      (注)1 CEO:Chief             Executive     Officer
           COO:Chief       Operating     Officer
           CFO:Chief       Financial     Officer
           CIO:Chief       Information      Officer
           CTO:Chief       Technology      Officer
         2 取締役 古瀬 洋一郎、八丁地 隆、福田 民郎は、社外取締役であります。
         3 監査役 寺西 正司、豊田 正和、白木 三秀は、社外監査役であります。
         4 2019年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         5   2016年6月24日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         6   2019年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         7 当社は、コーポレート・ガバナンスの強化及び意思決定の迅速化、業務執行の効率化を図ることを目的とし
           て執行役員制度を導入しております。取締役兼任以外の執行役員の状況は次のとおりであります。
           専務執行役員                 表 利彦
           専務執行役員                 吉本 道雄
           常務執行役員                 中平 泰史
           常務執行役員                 飯塚 幸宏
           上席執行役員                 大脇 泰人
                            Sam  Strijckmans
           上席執行役員
           上席執行役員                 山下 潤
           上席執行役員                 高柳 敏彦
           上席執行役員                 土本 一喜
           執行役員                 福原 浩志
           執行役員                 藤岡 誠二
           執行役員                 右近 敦嗣
           執行役員                 李 培源
           執行役員                 伊勢山 恭弘
           執行役員                 佐藤 紀夫
           執行役員                 城 勝義
           執行役員                 大須賀 達也
                            Mehrdad    Tabrizi
           執行役員
           執行役員                 赤木 達哉
           執行役員                 明間 健二郎
                                  39/133










                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       ② 社外役員の状況

              氏名             重要な兼職の状況                 当社との関係及び選任の理由
                                        ① 当事業年度(2018年度)の取締役会(12回)の
                                        全てに出席し、上場企業の取締役、代表取締役を歴
                                        任して培われた経営に関する高い見識・経験に基づ
                                        く有用な意見をいただいております。
                                         今後も、これらの見識・経験を当社の経営に反映
                                        していただくことを期待しています。
                       エバンストン㈱
         社外取締役
                                        ② 当社は、「独立社外役員の選任基準」を定め、
                       ペルミラ・アドバイザーズ㈱
                                        この基準をもとに社外取締役を選任しております。
         古瀬 洋一郎
                       GLP  PTE.  Ltd
                                        なお、当社は、同氏を東京証券取引所の定めに基づ
                                        く独立役員として指定し、同取引所に届け出ており
                                        ます。
                                         また、同氏は、現在、エバンストン㈱およびぺル
                                        ミラ・アドバイザーズ㈱の重要な業務執行者であり
                                        ます。当社は両社ともに取引をしておりません。
                                        ① 当事業年度(2018年度)の取締役会(12回)の
                                        全てに出席し、上場企業の代表執行役、取締役を歴
                                        任して培われた経営に関する高い見識・経験に基づ
                                        く有用な意見をいただいております。
                                         今後も、これらの見識・経験を当社の経営に反映
                                        していただくことを期待しています。
                                        ② 当社は、「独立社外役員の選任基準」を定め、
         社外取締役              丸紅㈱
                                        この基準をもとに社外取締役を選任しております。
                                        なお、当社は、同氏を東京証券取引所の定めに基づ
         八丁地 隆
                       コニカミノルタ㈱
                                        く独立役員として指定し、同取引所に届け出ており
                                        ます。
                                         また、同氏は、過去において㈱日立製作所の重要
                                        な業務執行者でありました。当社は同社と当社製品
                                        等の売買等の取引を行っていますが、その年間取引
                                        金額は当社の連結売上収益の0.1%未満であり、独
                                        立性に影響を及ぼすものではありません。
                                        ① 当事業年度(2018年度)の取締役会(10回)の
                                        全てに出席し、デザイン経営を専門とする大学教授
                                        として、当社のコーポレートブランドの確立に助言
                                        をいただいた実績に加え、企業の顧問として経営に
                                        携わった経験に基づく有用な意見をいただいており
                                        ます。
                                         今後も、これらの見識・経験を当社の経営に反映
                                        していただくことを期待しています。
         社外取締役
                                        ② 当社は、「独立社外役員の選任基準」を定め、
                       京都工芸繊維大学
                                        この基準をもとに社外取締役を選任しております。
         福田 民郎
                                        なお、当社は、同氏を東京証券取引所の定めに基づ
                                        く独立役員として指定し、同取引所に届け出ており
                                        ます。
                                         また、同氏は、現在、京都工芸繊維大学の名誉教
                                        授であります。当社は同大学に寄付を行っています
                                        が、その年間寄付金額は当社の連結売上収益の
                                        0.1%未満であり、独立性に影響を及ぼすものでは
                                        ありません。
                                  40/133






                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
              氏名             重要な兼職の状況                 当社との関係及び選任の理由

                                        ① 当事業年度(2018年度)の取締役会(12回)お
                                        よび監査役会(13回)の全てに出席し、金融、財務
                                        分野での高い見識と豊富な経験を当社の監査に反映
                                        していただいております。
                                         今後も、これらの見識・経験を当社の経営に反映
                                        していただくことを期待しています。
                                         なお、同氏は、財務および会計に関する相当程度
                                        の知見を有するものであります。
                                        ② 当社は、「独立社外役員の選任基準」を定め、
         社外監査役
                                        この基準をもとに社外監査役を選任しております。
                       ㈱三菱UFJ銀行
                                        なお、当社は、同氏を東京証券取引所の定めに基づ
         寺西 正司
                                        く独立役員として指定し、同取引所に届け出ており
                                        ます。
                                         また、同氏は、㈱三菱UFJ銀行名誉顧問を務めて
                                        います。過去においては同グループでの重要な業務
                                        執行者でありましたが、10年以上経過しており、独
                                        立性に影響を及ぼすものではありません。さらに、
                                        当社における同行からの借入金額は、連結総資産の
                                        0.1%未満であり、独立性に影響を及ぼすものでは
                                        ありません。
                                        ① 当事業年度(2018年度)の取締役会(12回)お
                                        よび監査役会(13回)の全てに出席し、経済、国際
                                        貿易分野での高い見識と豊富な経験を当社の監査に
                                        反映していただいております。
                       ㈶日本エネルギー経済研究所
                                         今後も、これらの見識・経験を当社の経営に反映
         社外監査役
                       キヤノン電子㈱                 していただくことを期待しています。
         豊田 正和
                                        ② 当社は、「独立社外役員の選任基準」を定め、
                       日産自動車㈱
                                        この基準をもとに社外監査役を選任しております。
                                        なお、当社は、同氏を東京証券取引所の定めに基づ
                                        く独立役員として指定し、同取引所に届け出ており
                                        ます。
                                        ① 当事業年度(2018年度)の取締役会(12回)お
                                        よび監査役会(13回)の全てに出席し、大学教授と
                                        して労働問題、グローバル人材育成の専門家であ
                                        り、これらの高い見識を当社の監査に反映していた
                                        だいております。なお、同氏は、直接企業経営に関
                                        与した経験はありませんが、上記理由から、当社の
                                        社外監査役として適切に職務を遂行していただける
                                        と判断しております。
         社外監査役
                                         今後も、これらの見識・経験を当社の経営に反映
                       早稲田大学政治経済学術院
                                        していただくことを期待しています。
         白木 三秀
                                        ② 当社は、「独立社外役員の選任基準」を定め、
                                        この基準をもとに社外監査役を選任しております。
                                        なお、当社は、同氏を東京証券取引所の定めに基づ
                                        く独立役員として指定し、同取引所に届け出ており
                                        ます。
                                         また、同氏は、現在、早稲田大学政治経済学術院
                                        の教授であります。当社は、同大学に寄付を行って
                                        いません。
                                  41/133






                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       ③ 取締役・監査役の選解任にあたっての方針と手続
         a.取締役会・監査役会の適切な構成について
          当社は、現在の会社規模、取締役会・監査役会での実質的な議論の促進、社外取締役の適切な人数の確保等の
         観点から、取締役会においては10名以下(うち、独立社外取締役は2名以上)とするのが、適切な構成と考えて
         おり、定款においても上限を10名と定めております。また、監査役会においては5名以下(うち、独立社外監査
         役は半数以上)とし、適切な経験・能力および必要な財務・会計・法務に関する知識を有するものを選任し、特
         に、財務・会計に関する十分な知見を有しているものを1名以上選任することが、適切な構成と考えており、定
         款においても上限を5名と定めております。
         b.取締役・監査役の選解任について

          取締役・監査役の選解任に当たっては、下記の役員選任基準および役員解任基準を定め、当該基準に沿って運
         用しております。さらに、取締役の選解任については、より透明性・公正性を高めるために、経営・指名・報酬
         諮問委員会において審議を行い、取締役会では当該諮問委員会の答申を尊重して最終的な決定を行います。
         ・役員選任基準

          これまでの経験による深い見識や高い専門性を有することを基本として、これに加えて経営理念を理解し、実
         践し、結果を出し、新しいことにチャレンジし続けられること。(なお、当社では、この要件を満たす者を
         『Nitto    Person』という)
         ・役員解任基準

          1.公序良俗に反する行為を行った場合
          2.法令または定款その他当社グループの規程に違反し、当社グループに多大な損失または業務上の支障を生
            じさせた場合
          3.職務執行に著しい支障が生じた場合
          4.役員選任基準に定める資質が認められない場合
         c.社外取締役・社外監査役の指名について

          社外取締役および社外監査役の指名を行うに当たっては「役員選任基準」に加え、「独立社外役員の選任基
         準」を定め、当該基準に満たす者を適任者として指名しております。当社の取締役または監査役としての役割・
         責務を適切に遂行するために必要となる時間・労力を確保するため、社外取締役および社外監査役が他社の役員
         等を兼任する場合には、適切な兼任状況であることに留意しております。
         ・独立社外役員の選任基準

          当社は、ガバナンスの客観性および透明性を確保するために、社外取締役および社外監査役(以下、総称して
         「社外役員」という)の独立性に関する基準を以下のとおり定めます。
          当社は、社外役員または社外役員候補者が、当社において合理的に可能な範囲で調査した結果、次の各項目の
         いずれにも該当しないと判断される場合に、独立性を有しているものと判断します。
          1.当社および当社グループ会社(以下、総称して「当社グループ」という)の業務執行者等(取締役、監査
            役または執行役員その他の使用人)または過去10年間において当社グループの業務執行者等であった者
          2.当社の大株主(議決権所有割合10%以上の株主。以下、同じ)の重要な業務執行者等(取締役、監査役、
            会計参与、執行役または執行役員その他の重要な使用人。以下、同じ)
          3.当社が大株主である会社の重要な業務執行者等
          4.当社の主要な取引先(直近事業年度における当社との取引の対価の支払額または受取額が、連結総売上高
            の2%超)の重要な業務執行者等
          5.当社の主要な借入先(直近事業年度末における連結借入総額が、連結総資産の2%超)の重要な業務執行
            者等
          6.当社から多額の報酬または寄付(直近事業年度において、個人は1千万円以上、法人・団体は連結総売上
            高の2%超)を受領する法律専門家、会計・税務専門家、各種コンサルティング専門家、研究・教育専門
            家
          7.当社および当社グループ会社の業務執行者等の親族関係(3親等以内または同居親族)
          8.過去5年間において、上記2.から7.までのいずれかに該当していた者
          9.上記の他、独立社外役員としての独立性に疑義があり、一般株主と利益相反のおそれがあると合理的に判
            断される事情を有する者
                                  42/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       ④ 社外役員による監督・監査、監査役監査、内部監査、会計監査の相互連携及び内部統制部門との関係
         社外役員(社外取締役、社外監査役)は取締役会に出席し取締役等及び内部統制委員会からの報告等を通じて、
        監督又は監査を実施しております。また、経営・指名・報酬諮問委員会において、社外役員による意見聴取の場を
        設けており、これらの意見に基づき内部統制強化に努めています。
         また、「(1)コーポレート・ガバナンスの概要①企業統治の体制の概要」をご参照ください。
                                  43/133



















                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
       ① 内部監査および監査役監査の状況
         当社グループでは、企業の社会的責任を果たすために、牽制機能を有する独立性のある部門が、実効性のある
        内部統制と経営目標の達成に役立つ内部監査を実施しています。
        ・監査(内部監査)

         当社は、内部監査部(人員8名)を設置しており、当社内部監査規程に基づき年次監査計画を立案し当社取締
        役社長の承認を得たうえで、当社グループの監査を実施しています。
         また、「(1)コーポレート・ガバナンスの概要①企業統治の体制の概要」をご参照ください。
        ・財務報告に係る内部統制

         当社は、金融商品取引法の要請に基づき、一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準
        に準拠して、当社グループの評価対象拠点において内部統制の文書化・自己評価を実施するとともに、当該担当
        部署(人員8名)がその自己評価結果に対して独立した立場からモニタリングを実施しております。
         また、グループ全体の内部統制の有効性を審議する機関として、CFOを委員長とする「J-SOX委員会」を設置
        し、そこでの審議結果を踏まえて、内部統制報告書に署名する経営者(取締役社長およびCFO)が最終的な評価を
        実施しております。
        ・監査(監査役監査)

         当社監査役会の組織・人員は、常勤監査役2名、社外監査役3名の計5名で構成され、常勤監査役                                                 徳安晋
        は、経理・財務等を中心とした管理部門の要職や当社海外現地法人代表取締役を歴任し、財務および会計に関す
        る相当程度の知見を有するものであります。また、社外監査役                              寺西正司は、MBA(経営学修士)を取得するとと
        もに、金融機関において長年に亘り経営に携わり、財務および会計に関する相当程度の知見を有するものであり
        ます。
         また、「(1)コーポレート・ガバナンスの概要①企業統治の体制の概要」をご参照ください。
        ・内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携並びにこれらの監査と内部統制部門との関係

         監査役は、内部監査担当部署からは監査体制・監査計画の定期的な報告、およびこれらに基づいた監査結果の
        報告を受けております。そのほか、国内外グループ会社監査役との意見・情報交換等の連携を通じて、監査の実
        効性の確保を図っております。
         さらに、監査役と会計監査人とは、会計監査人からの監査報告及び情報交換会議を定期的に開催しているほ
        か、会計監査人による実地棚卸の立会への同行などを実施することにより、連携を推進しています。
       ② 会計監査の状況

         当社は、会計監査人に「有限責任                 あずさ監査法人」を起用しておりますが、同監査法人および当社監査に従
        事する同監査法人の業務執行社員と当社の間には特別の利害関係はなく、また同監査法人は従来より自主的に業
        務執行社員について、当社の会計監査に一定期間を超えて関与することのないよう措置をとっております。当社
        は同監査法人との間で、法定監査について監査契約書を締結し、それに基づき報酬を支払っております。当連結
        会計年度において業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務にかかる補助者の構成については下記のとおりで
        す。
        ・業務を執行した公認会計士の氏名

        指定有限責任社員 業務執行社員: 千田 健悟
        指定有限責任社員 業務執行社員: 公江 祐輔
        指定有限責任社員 業務執行社員: 内田  聡
        ・監査業務に係わる補助者の構成
        公認会計士15名、 その他16名
        ・監査公認会計士等を選定した理由(選定方針、業務停止処分の状況を含む)

         監査役会は、現任会計監査人に『会計監査人の解任または不再任の決定の方針』に抵触する事由が発生してお
        らずまたはその兆候もなく、また同会計監査人を評価した結果、提供する監査業務が当社の期待する品質水準・
        サービスを満足していることを勘案し、再任が妥当であると判断しております。
                                  44/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        ・監査役及び監査役会による監査法人の評価
         監査役会は会計監査人の再任・不再任の検討にあたって、『会計監査人の解任または不再任の決定の方針』を
        遵守するとともに、当社執行部門、外部機関(日本公認会計士協会、公認会計士・監査審査会)の評価結果を基
        に独立性と専門性を有しているか等について確認し、総合判断しております。
       ③ 監査報酬の内容等

        「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日内閣府令第3号)による改正後
       の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規程に経過措置を適用してお
       ります。
       ・監査公認会計士等に対する報酬の内容

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
                       164             1          163            11

      提出会社
                        16            -            16            -

      連結子会社
         計              180             1          179            11

       ・その他重要な報酬の内容

         前連結会計年度および当連結会計年度において、当社の主な海外子会社については、当社の監査公認会計士等と
        同一のネットワークに属している各国のKPMGのメンバーファームに対して監査証明業務に基づく報酬を支払っ
        ております。
       ・監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

         (前連結会計年度)
          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、環境活動に関連する書類作成に対
          する助言業務であります。
         (当連結会計年度)

          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、データモニタリング支援業務等で
          あります。
       ・監査報酬の決定方針

         前連結会計年度および当連結会計年度においては、事業規模や業務の特性等を勘案して、監査日数等を検討した
        上で決定しております。
       ・監査役会が監査報酬に同意した理由

         監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠などが適切であ
        るかどうかについて必要な検証を行い、会計監査人の報酬等について同意を行っております。
                                  45/133







                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
       ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
         a.取締役の報酬
           当社における取締役(社外取締役を除く)の報酬は、中長期的な業績向上および企業価値の持続的な向上
          への貢献意欲を高めるため、また、固定報酬と変動報酬、現金報酬と株式報酬のバランス等にも配慮し、
            ・固定報酬としての基本報酬
            ・短期的業績連動報酬としての取締役賞与
            ・中期的業績連動報酬としての業績連動型株式報酬
             (中期経営計画の業績目標などを基本として取締役会で決定する各数値目標の達成度合いに応じて、
              0%から150%の範囲で支給する)
            ・中長期的業績連動報酬としての譲渡制限付株式報酬
          の4種類で構成されています。そして、各報酬は、それぞれごとに株主総会で決議いただいた総額および株
          式総数の範囲内で決定しております。
           また、報酬の客観性および透明性を高めるために、取締役の報酬の考え方について経営・指名・報酬諮問
          委員会の意見を聴取したうえ、業績連動型株式報酬については予め定める算定式により、その他の報酬につ
          いては代表取締役が個人別の報酬の内容を個々の取締役の職務と責任および実績に応じて決定することにし
          ております。
           なお、当社の社外取締役の報酬は、取締役会の重要な意思決定を通じ経営の監督を行う等の役割に照ら
          し、株式関連報酬その他の業績連動型の要素を含めず、固定報酬である基本報酬のみで構成されています。
         b.監査役の報酬

           当社における監査役の報酬は、取締役による職務執行に対する監査等の職務を担うことに照らし、株式関
          連報酬その他の業績連動型の要素を含めず、固定報酬である基本報酬のみで構成されています。そして、当
          該報酬については、株主総会で決議いただいた総額の範囲内で決定しております。
           また、監査役の個人別の報酬の内容については、個々の監査役の職務と責任に応じた報酬額を監査役の協
          議によって決定しております。
       ② 報酬の詳細

         Ⅰ 基本報酬
           取締役の基本報酬の限度額は、第150回定時株主総会において、月額30百万円(うち社外取締役分3百万
          円以内)と決議いただいております。また、監査役の基本報酬の限度額は、第139回定時株主総会におい
          て、月額12百万円と決議いただいております。
         Ⅱ 役員賞与

           役員賞与額は、第154回定時株主総会において、2018年度の賞与として取締役9名のうち社外取締役を除
          く6名に対し、       総額210百万円       とご承認いただいております。
         Ⅲ 業績連動型株式報酬

          1.業績連動型株式報酬の概要
            当社は、当社の取締役(社外取締役を除く。以下、「対象取締役」という。)を対象に、連続する3事
           業年度(2019年4月1日~2022年3月31日)を評価期間として、業績連動型株式報酬制度(以下、「本制
           度」という。)に基づき当社普通株式(以下、「当社株式」という。)を支給いたします。本制度は、対
           象取締役の中期的な企業価値向上に向けたインセンティブの付与を主な目的としています。
          2.本制度の仕組み
            本制度の具体的       な仕組みは以下のとおりです。
            ① 当社は、本制度において使用する業績指標(営業利益及び連結ROE)や各対象取締役に対して交
              付する株式数(以下、「個別交付株式数」という。)の具体的な算出にあたって必要となる指標等
              を予め決定します。具体的な指標等は下記4.に記載のとおりです。
            ② 当社は、業績評価期間終了後、当該業績評価期間における業績指標の達成率に応じて、個別交付株
              式数を決定します。
            ③ 当社は、上記②で決定された個別交付株式数を基礎として、各対象取締役に対し、現物出資に供す
              るための金銭報酬債権を支給します。なお、当該金銭報酬債権の額については、当社株式を引き受
              ける各対象取締役に特に有利とならない範囲内で当社取締役会において決定します。
            ④ 各対象取締役は         、当社による新株発行又は自己株式の処分に際して上記③の現物出資に供するため
              の上記金銭報酬債権を現物出資することにより、当社株式を取得します。
          3.業績評価期間
            2019年4月1日から2022           年3月31日までとします。
                                  46/133

                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
          4.本制度に基づき交付する個別交付株式数の算定方法
            以下の方法に基づき、各対象取締役に係る個別交付株式数を算定します。
            ① 個別交付株式数(計算の結果生じる100株未満の端数は、100株単位に切り捨てる)
              個別交付株式数=各対象取締役に係る交付基準株式数(下記②)×支給率(下記③)
              なお、個別交付株式数の           総数は、48,400株を上限とします。
            ② 交付基準株式数
              対象取締役の当社における職位に基づき、それぞれ下表のとおりとします。
                        職位                    交付基準株式数
               取締役社長                               5,400株
               取締役 専務執行役員                               1,900株
               取締役 常務執行役員                               1,600株
               取締役 上席執行役員                               1,000株
               取締役 執行役員                               800株
            ③ 支給率
              業績評価期間の最終年度である2022年3月期の営業利益及び連結ROEに応じて、下表に基づき支
             給率を決定します。
                                        連結ROE
                             8%未満      8%~11%未満        11%~14%未満         14%以上
                    1,750億円未満          0%
                    1,750億円以上

                                      80%       110%        130%
              営業利益
                    2,000億円未満
                    2,000億円以上                  100%        130%        150%
            ④ 交付時株価

              業績評価期間      終了後に、本制度に基づき支給する株式の新株式発行又は自己株式の処分に係る当社
             取締役会決議の日の前営業日における東京証券取引所における当社普通株式の終値(同日に取引が成
             立していない場合は、それに先立つ直近取引日の終値)を基礎として、当社普通株式を引き受ける各
             対象取締役に特に有利とならない範囲内で当社取締役会において決定します。
          5.支給時期
            当社は、対象取       締役に対し、2022年3月期の業績指標数値確定後、上記4.にて算定された個別交付株
           式数を2022年8月までに交付します。
          6.当社株式の交付の要件
            ① 2019年6月21日開催の当社第154回定時株主総会の日から2022年3月31日までの期間(以下、対象
              期間という。)、対象取締役が継続して当社の取締役(社外取締役を除く)の地位にあったこと
            ②   当社取締役会が指定する一定の法令違反、当社内部規程違反または重要な契約違反等の非違行為が
              なかったこと
            ③ その他業績連動型株式報酬としての趣旨を達成するために必要なものとして当社取締役会が定める
              要件を充足すること
          7.交付方法
            当社株式の新株発行又は自己株式の処分で交付するものとします。また、株式の交付までに、当社の発
           行済株式総数が、株式分割(株式無償割当てを含む)又は株式併合によって増減する場合には、調整前の
           個別交付株式数に、併合・分割の比率を乗じることで、調整後の最終個別交付株式数を算出することとし
           ます。
                                  47/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
          8.対象期間中に対象役員が異動した場合の取扱い
            ① 対象期間中に対象役員への就任又は昇格・降格した場合
             i.新たに当社の取締役(社外取締役を除く)に就任した者に対しては、当該対象期間に係る業績連
               動型株式報酬を交付しないものとしま                  す。
             ⅱ.昇格又は降       格 (異動)した対象役員は、下記算定式にて算定した株式数を、その者の職位別の交
               付基準株式数とします。
               交付基準株式数=異動前の交付基準株式数+(異動後の交付基準株式数-異動前の交付基準株式
               数)×異動後の対象期間の残月数※/36
               ※1ヵ月に満たない場合は0ヵ月として計算します。
            ② 対象期間中に当社の取締役(社外取締役を除く)を退任した者に対しては、当該対象期間に係る業
              績連動型株式報酬を交付しないものとし                   ます。
          9.対象期間中に組織再編等又は本制度が廃止された場合の取扱い
            対象期間中に、当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計
           画その他の組織再編等に関する議案が当社の株主総会(ただし、当該組織再編等に関して当社の株主総会
           による承認を要さない場合においては、当社取締役会)で承認された場合には、当該対象期間に係る業績
           連動型株式報酬を交付しないものとします。
         Ⅳ 譲渡制限付株式報酬

          1.譲渡制限付株式報酬の概要
            当社は、当社の取締役(社外取締役を除く。以下、「対象取締役」という。)を対象に、一定の譲渡制
           限期間および当社による無償取得事由等の定めに服する当社普通株式を割り当てる「譲渡制限付株式報
           酬」を支給いたします。本制度は、対象取締役の中長期的な業績向上及び企業価値の持続的な向上への貢
           献意欲を従来以上に高めることを目的としています。
          2.本制度の仕組み
            本制度の具体的な仕組みは以下のとおりです。
            ① 譲渡制限の内容
              譲渡制限付株式の割当てを受けた対象取締役は、30年間(以下、「譲渡制限期間」という。)、当
             該譲渡制限付株式につき、第三者に対して譲渡、質権の設定、譲渡担保権の設定、生前贈与、遺贈そ
             の他一切の処分行為をすることができない。
            ② 譲渡制限の解除
              当社は、譲渡制限付株式の割当てを受けた対象取締役が、譲渡制限期間の開始日以降、最初に到来
             する当社の定時株主総会の開催日まで継続して、当社の取締役、執行役員または使用人のいずれかの
             地位にあったことを条件として、当該対象取締役に割り当てられた譲渡制限付株式(以下、「本割当
             株式」という。)の全部につき、譲渡制限期間が満了した時点をもって譲渡制限を解除する。
              ただし、譲渡制限期間が満了する前に、当該対象取締役が死亡、または当社の取締役、執行役員お
             よび使用人のいずれの地位からも退任もしくは退職したときにおいて、当社取締役会が正当と認める
             理由がある場合には、譲渡制限を解除する本割当株式の数および譲渡制限を解除する時期を、必要に
             応じて合理的に調整するものとする。
            ③ 譲渡制限付株式の無償取得
             ・当社は、譲渡制限付株式の割当てを受けた対象取締役が、譲渡制限期間の開始日以降、最初に到来
              する当社の定時株主総会の開催日の前日までに当社の取締役、執行役員および使用人のいずれの地
              位からも退任または退職したときには、当社取締役会が正当と認める理由がある場合を除き、本割
              当株式を当然に無償で取得する。
             ・当社は、本割当株式のうち、上記①の譲渡制限期間が満了した時点において上記②の譲渡制限の解
              除事由の定めに基づき譲渡制限が解除されていないものがある場合には、これを当然に無償で取得
              する。
             ・その他の無償取得事由は、当社の取締役会決議に基づき、譲渡制限付株式割当契約に定めるところ
              による。
            ④ 組織再編等における取扱い
              当社は、譲渡制限期間中に、当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契
             約または株式移転計画その他の組織再編等に関する議案が当社の株主総会(ただし、当該組織再編等
             に関して当社の株主総会による承認を要さない場合においては、当社取締役会)で承認された場合に
             は、当社取締役会決議により、譲渡制限期間の開始日から当該組織再編等の承認の日までの期間を踏
             まえて合理的に定める数の本割当株式につき、当該組織再編等の効力発生日に先立ち、譲渡制限を解
             除する。
              この場合には、当社は、上記の定めに基づき譲渡制限が解除された直後の時点において、なお譲渡
             制限が解除されていない本割当株式を当然に無償で取得する。
                                  48/133

                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
          3.本制度における支給上限株数
            32,000株(個別配分はそれぞれの職位による)
            ただし、本議案の決議の日以降、当社普通株式の株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む)ま
           たは株式併合が行われた場合その他これらの場合に準じて割り当てる譲渡制限付株式の総数の調整を必要
           とする場合には、当該譲渡制限付株式の総数を合理的に調整することができることとします。
        (ご参考)譲渡制限付株式報酬の当社の執行役員への適用

           当社は、本株主総会終結の時以降、上記と同様の譲渡制限付株式報酬を、当社の執行役員に対して割り当
          てる予定です。
       ③ 役員報酬等

        イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数
                                                    (単位:百万円)
                                   報酬等の種類別の総額
                                                       対象となる
                      報酬等の
                                                新株予約権
                                                       役員の員数
            役員区分
                                         譲渡制限付
                       総額
                                                (ストック
                            基本報酬       役員賞与
                                                        (名)
                                          株式報酬
                                               オプション)
             取締役
                       568       255       210       72       29       6
         (社外取締役を除く)
                       36       36       -       -       -       ▶
            社外取締役
             監査役
                       67       67       -       -       -       2
         (社外監査役を除く)
                       32       32       -       -       -       3
            社外監査役
       (注)  1.上記には、当事業年度中に退任した社外取締役1名を含んでおります。
         2.使用人兼務取締役の使用人分給与(賞与を含む)は上記報酬等と別枠でありますが、当事業年度は使用
           人分給与の支給はありません。
         3.取締役の基本報酬の限度額は、第150回定時株主総会において、月額30百万円(うち社外取締役分3百万
           円以内)と決議いただいております。また、監査役の基本報酬の限度額は、第139回定時株主総会におい
           て、月額12百万円と決議いただいております。
         4.役員賞与額は、第154回定時株主総会でご承認いただいたものであります。
         5.取締役(社外取締役を除く)の譲渡制限付株式報酬の限度額および上限株式数は、第153回定時株主総会
           において、年額243百万円、32,000株と決議いただいております。
         6.新株予約権(株式報酬型ストックオプション)は、第152回定時株主総会でご承認いただいたもののう
           ち、当事業年度の費用計上分となります。
         7.上記の他、取締役(社外取締役を除く)の報酬については、第153回定時株主総会において、2019年3月
           31日で終了する事業年度を初年度とした3事業年度目(以後、毎事業年度を初年度とした3事業年度
           目)の目標達成度に応じた業績連動型株式報酬の支給を決議いただいております。なお、その限度額お
           よび上限株式数は、年額364百万円、48,400株であります。
                                  49/133






                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       ④ 報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額

                                                    (単位:百万円)
                                    報酬等の種類別の額等
                                                       報酬等の
                                                新株予約権
           氏名      役員区分      会社区分
                                          譲渡制限付
                                                        総額
                              基本報酬      役員賞与            (ストック
                                           株式報酬
                                                オプション)
                                                         204
          髙﨑秀雄        取締役      提出会社        96      64      12      30
                                  50/133

















                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
       ① 投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、資産運用のために保有するものを純投資目的の投資株式、これ以外の企業価値の向上につながると判断
        し保有するものを純投資目的以外の投資株式と区分しています。
         なお、当社は純投資目的の投資株式を保有していません。
       ② 保有目的が純投資以外の目的である投資株式

        a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内
        容
        ・保有方針及び保有の合理性を検証する方法

         株式保有が企業価値の長期的な向上に繋がると判断した場合に限り、株式を保有する方針としております。
        当社との取引状況や保有に伴うリターンが当社の考える資本コストに見合っているかなどを検証しています。
        ・個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

         取締役会において、個別の銘柄ごとに保有の適否を検証し、前事業年度に引き続き全ての銘柄を継続保有する
        こととしました。
        b.銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

                       銘柄数       貸借対照表計上額の
                      (銘柄)        合計額(百万円)
                          17             60

          非上場株式
                          15            4,406
          非上場株式以外の株式
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

         該当事項はありません。
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

         該当事項はありません。
                                  51/133










                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        c.特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
          特定投資株式

                   当事業年度         前事業年度
                                      保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
                  株式数(千株)         株式数(千株)
          銘柄
                                      及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                  貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                   (百万円)         (百万円)
                                   同社傘下の㈱三菱UFJ銀行を主とした総
                       3,320         3,320
     (株)三菱UFJフィナ                              合金融取引による支援が、当社グルー
                                                         無
     ンシャル・グループ                              プのグローバルでの事業活動の発展拡
                       1,826         2,314
                                   大に寄与するため。
                                   同社の水処理に関する知見や技術が、
                        364         364
                                   当社グループのメンブレン事業におい
     栗田工業(株)
                                                         無
                                   て、更なる事業の発展拡大に寄与する
                       1,029         1,228
                                   ため。
                                   同社が総合電機の幅広い分野において
                        364         364
                                   保有する知見や技術が、当社グループ
     三菱電機(株)
                                   のインダストリアルテープ事業におい                      無
                                   て、更なる事業の発展拡大に寄与する
                        517         619
                                   ため。
                                   同社の持つエレクトロニクス分野での
                        16         16
                                   高い技術力が、当社グループのインダ
     (株)村田製作所                                                   無
                                   ストリアルテープ事業の更なる発展拡
                        264         233
                                   大に寄与するため。
                                   同社が提供する工場インフラ工事が、
                        70         70
     (株)中電工                              当社グループの複数の事業部門での安                      有
                        158         202
                                   定的な生産活動に寄与するため。
                                   同社が住宅関連事業の幅広い分野にお
                        43         43
                                   いて保有する知見や技術が、当社グ
     大和ハウス工業(株)
                                                         無
                                   ループのインダストリアルテープ事業
                        151         176
                                   の更なる発展拡大に寄与するため。
                                   同社が供給する樹脂等は複数の事業部
                        61         61
                                   門の製品製造に必要不可欠な材料であ
     長瀬産業(株)
                                   り、その安定的な供給が当社グループ                      有
                                   の更なる事業の発展拡大に寄与するた
                        98        111
                                   め。
                                   同社が提供する生命保険商品を通じ、
                        62         62
     第一生命ホールディング
                                   当社従業員のための安定した福利厚生                      無
     ス(株)
                        96        121
                                   制度を維持充実させるため。
                                   同社が総合電機の幅広い分野において
                        84         84
                                   保有する知見や技術が、当社グループ
     パナソニック(株)
                                                         無
                                   の複数の事業部門の更なる事業の発展
                        80        128
                                   拡大に寄与するため。
                                   同社の持つエレクトロニクス分野での
                        54         54
                                   高い技術力が、当社グループのインダ
     ニチコン(株)
                                                         無
                                   ストリアルテープ事業において、更な
                        54         64
                                   る事業の発展拡大に寄与するため。
                                   同社が自動車関連事業の幅広い分野に
                         5         5
                                   おいて保有する知見や技術が、当社グ
     トヨタ自動車(株)
                                   ループのインダストリアルテープ事業                      無
                                   において、更なる発展拡大に寄与する
                        34         36
                                   ため。
                                  52/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
                   当事業年度         前事業年度

                                      保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
                  株式数(千株)         株式数(千株)
          銘柄
                                      及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                  貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                   (百万円)         (百万円)
                                   同社の水処理に関する知見や技術が、
                        50         50
     野村マイクロ・サイエン
                                   当社グループのメンブレン事業におい
                                                         無
     ス(株)
                                   て、更なる事業の発展拡大に寄与する
                        33         56
                                   ため。
                                   同社の持つエレクトロニクス分野での
                        15         15
                                   高い技術力が、当社グループのインダ
     太陽誘電(株)
                                                         無
                                   ストリアルテープ事業の更なる発展拡
                        32         27
                                   大に寄与するため。
                                   同社の持つエレクトロニクス分野での
                        12         12
                                   高い技術力が、当社グループのインダ
     沖電気工業(株)
                                                         無
                                   ストリアルテープ事業の更なる発展拡
                        16         17
                                   大に寄与するため。
                                   同社の持つエレクトロニクス分野での
                         9         9
                                   高い技術力が、当社グループの複数の
     シャ-プ(株)
                                                         無
                                   事業部門において、製品の競争力維
                        11         29
                                   持・拡大に寄与するため。
     ※個別銘柄ごとに定量的な効果を記載することが困難であるため、上記記載の保有の合理性を検証する方法に基づき検証
     し、保有が適切であると判断しております。
                                  53/133













                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下「連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準(IFRS)に準拠して作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任                                                     あ
       ずさ監査法人により監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
       することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりであります。
        (1)会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備
         するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、同機構及び監査法人等の行う研修に参加しております。
        (2)IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の
         把握を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準拠したグループ会
         計方針及び会計指針を作成し、それらに基づいて会計処理を行っております。
                                  54/133












                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                           注記
                                  (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                           番号
     資産
      流動資産
                           7,14              304,709               297,682
       現金及び現金同等物
                           8,14,21               192,120               169,768
       売上債権及びその他の債権
                            9              95,068               93,985
       棚卸資産
                            14              8,815                 412
       その他の金融資産
                                          15,398               19,687
       その他の流動資産
       小計                                  616,112               581,536
                                          5,914                 -
                            10
       売却目的で保有する資産
                                         622,027               581,536
       流動資産合計
      非流動資産
                            11             248,417               267,133
       有形固定資産
                            12              6,927               6,834
       のれん
                            12              12,355               12,393
       無形資産
                                           338               194
       持分法で会計処理されている投資
                            14              9,361               8,428
       金融資産
                            25              28,295               26,548
       繰延税金資産
                                          10,073               10,349
                            17
       その他の非流動資産
                                         315,768               331,882
       非流動資産合計
                                         937,796               913,418
      資産合計
                                  55/133











                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                           注記       前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                           番号
     負債及び資本
      負債
       流動負債
        仕入債務及びその他の債務                   14,15              110,114                96,887
                           14,16               4,049                 448
        社債及び借入金
                                          19,270                5,073
        未払法人所得税等
                            14              13,362               21,609
        その他の金融負債
                                          40,379               34,458
        その他の流動負債
        小計                                 187,175               158,478
        売却目的で保有する資産に
                                           260                -
                            10
        直接関連する負債
                                         187,436               158,478
        流動負債合計
       非流動負債
                            14              1,183                 503
        その他の金融負債
                            17              46,227               50,320
        確定給付負債
                            25               612               619
        繰延税金負債
                                          8,339               2,309
        その他の非流動負債
                                          56,364               53,752
        非流動負債合計
                                         243,800               212,231
       負債合計
      資本

       親会社の所有者に帰属する持分
                            18              26,783               26,783
        資本金
                           18,19               55,981               50,319
        資本剰余金
                            18             665,561               622,025
        利益剰余金
                            18             △ 69,867              △ 11,081
        自己株式
                                          14,819               12,395
                           18,20
        その他の資本の構成要素
                                         693,278               700,443
        親会社の所有者に帰属する持分合計
       非支配持分                                    716               744
                                         693,995               701,187
       資本合計
                                         937,796               913,418
      負債及び資本合計
                                  56/133








                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度               当連結会計年度
                            注記
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                            番号
                                   至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                            21,22               857,376              806,495
     売上収益
                         9,11,12,17,22,
                                           574,879              564,608
     売上原価
                            23
                                           282,497              241,886
     売上総利益
                         11,12,17,19,22,
                                           118,421              120,576
     販売費及び一般管理費
                            23
                         11,12,17,22,23                  31,243              31,990
     研究開発費
                            6,22                4,594              8,594
     その他の収益
                                           11,703               5,137
                           11,22,23
     その他の費用
                                           125,722               92,777
     営業利益
                            24
     金融収益                                      1,185              1,195
                            24                752             1,917
     金融費用
                                             12             △ 144
     持分法による投資損益(△は損失)
                                           126,168               91,910
     税引前当期利益
                            25               38,704              25,293
     法人所得税費用
                                           87,463              66,616
     当期利益
     当期利益の帰属

                                           87,377              66,560
      親会社の所有者
                                             85              56
      非支配持分
                                           87,463              66,616
      合計
     親会社の所有者に帰属する1株当たり当期利益

      基本的1株当たり当期利益(円)                      26              538.99              423.50
      希薄化後1株当たり当期利益(円)                      26              538.41              423.14
                                  57/133









                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度               当連結会計年度
                               注記
                                   (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                               番号
                                   至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                           87,463              66,616
     当期利益
     その他の包括利益
      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定され
                               20              261             △ 686
       る金融資産の純変動額
                               20             △ 536            △ 2,180
       確定給付債務の再測定額
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                               20            △ 3,299             △ 1,807
       在外営業活動体の換算差額
       キャッシュ・フロー・ヘッジに係る公正価値の
                               20              16             120
       純変動額
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に対
                                              2             △ 1
                               20
       する持分
                                           △ 3,555             △ 4,556
     その他の包括利益合計
                                           83,907              62,060
     当期包括利益合計
     当期包括利益合計額の帰属

                                           83,820              62,009
      親会社の所有者
                                             86              51
      非支配持分
                                           83,907              62,060
      合計
                                  58/133












                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結持分変動計算書】
        前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                           親会社の所有者に帰属する持分
                                                   非支配      資本
                                        その他の
                注記
                         資本     利益
                                                    持分     合計
                   資本金               自己株式      資本の      合計
                番号
                         剰余金     剰余金
                                        構成要素
                    26,783     56,139     603,886     △ 50,876     17,839     653,772       648   654,421
     2017年4月1日残高
                      -     -   87,377       -     -   87,377       85   87,463
      当期利益
                      -     -     -     -   △ 3,556    △ 3,556       0  △ 3,555
                20
      その他の包括利益
                      -     -   87,377       -   △ 3,556     83,820       86   83,907
     当期包括利益合計
                19
                      -    △ 174      -     -     -    △ 174      -    △ 174
      株式報酬取引
                27      -     -  △ 25,166       -     -  △ 25,166      △ 18  △ 25,185
      配当金
                18      -     17     -  △ 18,990       -  △ 18,973       -  △ 18,973
      自己株式の変動
      その他の資本の構
                      -     -    △ 536      -     536      -     -     -
                18
      成要素から利益剰
      余金への振替
     所有者との取引額等
                      -    △ 157   △ 25,702    △ 18,990       536   △ 44,315      △ 18  △ 44,333
     合計
                    26,783     55,981     665,561     △ 69,867     14,819     693,278       716   693,995
     2018年3月31日残高
        当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                           親会社の所有者に帰属する持分
                                                   非支配      資本
                                        その他の
                注記
                         資本     利益
                                                    持分     合計
                   資本金                自己株式      資本の      合計
                番号
                         剰余金     剰余金
                                        構成要素
                    26,783     55,981     665,561     △ 69,867     14,819     693,278       716   693,995
     2018年4月1日残高
      会計方針の変更に
                      -     -     430      -     -     430      -     430
                 2
      よる累積的影響額
     2018年4月1日時点
                    26,783     55,981     665,992     △ 69,867     14,819     693,709       716   694,426
     の修正後残高
                      -     -    66,560       -     -   66,560       56   66,616
      当期利益
                      -     -      -     -   △ 4,550    △ 4,550      △ 5  △ 4,556
                20
      その他の包括利益
                      -     -    66,560       -   △ 4,550     62,009       51   62,060
     当期包括利益合計
                19
      株式報酬取引                -     54      -     -    △ 48      5     -      5
                27      -     -  △ 26,928       -     -  △ 26,928      △ 23  △ 26,951
      配当金
                18,19      -   △ 5,716    △ 81,423     58,786       -  △ 28,353       -  △ 28,353
      自己株式の変動
      その他の資本の構
                      -     -   △ 2,176       -    2,176       -     -     -
                18
      成要素から利益剰
      余金への振替
     所有者との取引額等
                      -   △ 5,661    △ 110,527      58,786      2,127    △ 55,275      △ 23  △ 55,299
     合計
                    26,783     50,319     622,025     △ 11,081     12,395     700,443       744   701,187
     2019年3月31日残高
                                  59/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度               当連結会計年度
                              注記
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                              番号
                                   至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期利益                                    126,168               91,910
                              11,12             49,283              45,904
      減価償却費及び償却費
                                             52              41
      減損損失
                                            2,338               725
      確定給付負債の増減額
                                          △ 18,493              23,148
      売上債権及びその他の債権の増減額
                                           △ 6,860               362
      棚卸資産の増減額
                                           △ 4,471             △ 14,227
      仕入債務及びその他の債務の増減額
                                            1,047              1,089
      利息及び配当金の受入額
                                            △ 419             △ 357
      利息の支払額
                                          △ 35,153             △ 41,835
      法人税等の支払額又は還付額
                                            9,059             △ 8,192
      その他
                                           122,551               98,569
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 48,466             △ 59,628
      有形固定資産及び無形資産の取得による支出
                                             99              331
      有形固定資産及び無形資産の売却による収入
                                           △ 2,811              6,689
      定期預金の増減額
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                               6              -             2,634
      る収入
                                             963               17
      その他
                                          △ 50,215             △ 49,955
      投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                             74             △ 374
      短期借入金の純増減額
                                             -            △ 3,000
      長期借入金の返済による支出
                                          △ 19,354             △ 28,547
      自己株式の増減額
                              27            △ 25,166             △ 26,928
      配当金の支払額
                                            △ 472              430
      その他
                                          △ 44,919             △ 58,419
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            △ 270              △ 1
     現金及び現金同等物に係る為替換算差額の影響額
     売却目的で保有する資産に含まれる現金及び現金
                              10            △ 2,780                -
     同等物
     売却目的で保有する資産に含まれる現金及び現金
                              10               -             2,780
     同等物の振戻額
                                           24,365              △ 7,027
     現金及び現金同等物の増減額
                                           280,343              304,709
     現金及び現金同等物の期首残高
                                           304,709              297,682
                               7
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  60/133






                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        【連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          日東電工株式会社(以下「当社」という。)は、日本に所在する株式会社であります。本連結財務諸表は、当
         社及び子会社(以下「当社グループ」という。)並びに当社の関連会社により構成されております。当社グルー
         プにおいては、「インダストリアルテープ事業」、「オプトロニクス事業」、「ライフサイエンス事業」を基軸
         として、これらに関係する事業を行っており、その製品は多岐にわたっております。詳細は、「注記5.セグメ
         ント情報」をご参照ください。
        2.作成の基礎

         (1)準拠する会計基準
            当社グループの連結財務諸表は、                 連結  財務諸表    規則  第1条の2に定める「指定国際会計基準特定会社」の
           要件を満たすことから、           第93条の規定によりIFRSに準拠して作成しております。
         (2)測定の基礎

            連結財務諸表は取得原価を基礎として作成しておりますが、「注記3.重要な会計方針の要約」に記載の
           とおり、一部の金融資産、金融負債及び従業員給付等については公正価値により評価しております。
         (3)表示通貨及び単位

            連結財務諸表は日本円で表示し、百万円未満を切り捨てております。
         (4)公表済みだが未適用のIFRSの新基準

            連結財務諸表の承認日時点で既に公表されている新基準、解釈指針のうち、当社グループが2019年3月末
           時点で適用していない主なものは、以下のとおりであります。
                            強制適用時期

                                     当社グループ
            IFRS
                    基準名                           新設・改訂の概要
                           (以降開始年度)
                                      適用時期
                                             リースの認識に関する会計基
         IFRS第16号        リース          2019年1月1日         2020年3月期
                                             準の改訂
            IFRS第16号「リース」の適用により、従前、IAS第17号「リース」に基づいてオペレーティング・リース
           として分類していた借手のリースについて、一部の例外を除いて資産及び負債を認識することとなります。
            また、同基準の適用にあたり、当社グループはその累積的影響を適用開始日に認識する方法(修正遡及ア
           プローチ)を選択する予定です。
            この変更により、当社グループは翌連結会計年度の期首時点における資産と負債がそれぞれ約260億円増
           加すると見込んでおります。
         (5)会計方針の変更

           当社グループは、         当 連結会計年度よりIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」(以下「IFRS第15号」と
          いう。)を適用しております。IFRS第15号の適用にあたっては、経過措置として認められている、本基準の適
          用による累積的影響を適用開始日に認識する方法を採用しております。
           IFRS第15号の適用に伴い、下記の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しております。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行義務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
           ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する。
           ステップ5:履行義務の充足時に収益を認識する。
           当社グループは、「インダストリアルテープ事業」、「オプトロニクス事業」並びに「ライフサイエンス事
          業」を主な事業としており、これらの事業においては物品販売及びライセンスビジネス(特許使用許諾や技術
          供与等)を行っております。
           物品販売については、物品の引渡時点において顧客が当該物品に対する支配を獲得することから、履行義務
          が充足されると判断しており、当該物品の引渡時点で収益を認識しております。なお、「ライフサイエンス事
          業」における一部の医療関連材料の製造及び販売に係る収益については、履行義務の進捗に応じて収益を認識
          しております。
           ライセンスビジネスについては、契約の実質に従って履行義務が充足される時点を判断しており、サービス
          の提供とともに、もしくはサービスの完了時に収益を認識しております。
           また、収益は顧客への財の移転と交換に企業が権利を得ると見込んでいる対価の金額から、値引、割戻し等
          を控除後の金額で測定しております。
                                  61/133


                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
           なお、IFRS第15号の適用による連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
           また、当社グループは、上記基準以外に、                     当 連結会計年度      より以下の基準をその経過措置に準拠して適用し
          ております。以下の基準の適用が、当社グループの連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
               IFRS

                        基準名                新設・改訂の概要
           IFRS第9号
                      金融商品         分類と測定、減損及びヘッジ会計の改訂
           (2014年改訂)
         (6)表示方法の変更

          (連結損益計算書)
            従来、「その他の収益」に計上していた「受取ロイヤリティー」は、                                 当 連結会計年度      より「売上収益」に
           含めて計上することに変更しております。
            この変更は、当社グループのビジネスモデルの多様化に伴い、当社グループが受け取る技術供与の対価の
           重要性が増したことから、当社グループの営業活動の成果をより適切に表示するために行うものでありま
           す。
            この表示方法の変更を反映させるため前連結会計年度の連結損益計算書において、受取ロイヤリティー
           1,114百万円を「その他の収益」から「売上収益」へと組み替えております。なお、この組替えが前連結会
           計年度の営業利益、税引前当期利益に与える影響はありません。
                                  62/133














                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        3.重要な会計方針の要約
          本連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、特段の記載がない限り、この連結財務諸表に記載されて
         いる全ての期間について適用された会計方針と同一であります。
         (1)連結の基礎

          (a)子会社
             子会社とは、当社グループが支配しているすべての企業をいいます。当社グループが、企業への関与に
            よる変動リターンに晒されている、または変動リターンに対する権利を有している場合で、その企業に対
            するパワーを通じてこれらの変動リターンに影響を与えることができる場合には、当社グループはその企
            業を支配しております。当社グループは子会社に対する支配を獲得する日から当該子会社を連結し、支配
            を喪失した日から連結を中止しております。
             当社グループは、企業結合の会計処理として取得法を使用しております。子会社の取得のために移転さ
            れた対価は、移転した資産、発生した負債及び当社グループが発行した資本持分の公正価値であります。
            移転された対価には、条件付対価契約から生じた資産または負債の公正価値が含まれます。取得関連費用
            は発生時に費用処理されています。企業結合において取得した識別可能資産、ならびに引き受けた負債
            は、当初取得日の公正価値で測定されます。当社グループは被取得企業の非支配持分を、買収事案ごと
            に、公正価値または被取得企業の純資産における非支配持分の比例持分のいずれかで認識しております。
             移転された対価、被取得企業の非支配持分の金額、以前に保有していた被取得企業の資本持分の取得日
            における公正価値が、取得した識別可能な純資産の当社グループ持分の公正価値を超過する額は、のれん
            として計上しております。割安購入により、購入金額が取得した子会社の純資産の公正価値を下回る場
            合、差額は純損益で認識しております。
             子会社間の取引高、残高及び子会社間取引における未実現利益は消去されます。また、未実現損失も、
            譲渡資産に減損が発生している場合以外は消去しております。
          (b)関連会社

             関連会社とは、当社グループが重要な影響力を有しているが支配していない企業であり、通常20%から
            50%の議決権の持分を保有しております。関連会社に対する投資は当初は取得原価で認識し、その後は持
            分法で会計処理しております。
         (2)セグメント別報告

            報告セグメントとは、他の報告セグメントとの取引を含む、収益を稼得し費用を発生させる事業活動の構
           成単位であります。
            報告セグメントは、最高経営意思決定機関に提出される内部報告と整合した方法で報告されております。
           最高経営意思決定機関は、報告セグメントの資源配分及び業績評価について責任を負っております。当社グ
           ループでは戦略的意思決定を行う取締役会が最高経営意思決定機関と位置付けられております。
         (3)外貨換算

          (a)外貨建取引
             当社グループの各企業の財務諸表に含まれる項目は、企業が営業活動を行う主たる経済環境における通
            貨(以下「機能通貨」という。)を用いて測定しております。
             外貨建取引は、取引日の為替レートを用いて、または財務諸表項目について再測定を実施する場合には
            その評価日における為替レートを用いて、機能通貨に換算しております。これらの取引の決済から生じる
            為替差額、ならびに外貨建の貨幣性資産及び負債を決算日の為替レートで換算することによって生じる為
            替差額は純損益で認識しております。
          (b)在外営業活動体

             表示通貨とは異なる機能通貨を使用している在外営業活動体については、資産及び負債(取得により生
            じたのれんと公正価値の修正を含む)は期末日レート、収益及び費用は期中平均為替レートを用いて日本
            円に換算しております。
             在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる為替換算差額は、                              その他の資本の構成要素           に含めて計上し
            ております。
                                  63/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
         (4)現金及び現金同等物
            現金及び現金同等物は、手許現金、要求払預金、預入日から3ヶ月以内である流動性の非常に高いその他
           の短期投資で構成されております。
         (5)棚卸資産

            棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い額で計上しております。取得原価は平均法を用
           いて算定しております。製品及び仕掛品の取得原価は、原材料費、直接労務費、その他の直接費及び関連す
           る製造間接費(正常生産能力に基づいている)から構成されております。正味実現可能価額は、通常の事業
           の過程における予想売価から関連する変動販売費を控除した額であります。
         (6)有形固定資産

            すべての有形固定資産は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した価額で計上してお
           ります。
            取得後コストは、当該項目に関連する将来の経済的便益が当社グループに流入する可能性が高く、かつそ
           の費用を合理的に見積ることができる場合には、当該資産の帳簿価額に含めるか、または適切な場合には個
           別の資産として認識しております。取り替えられた部分についてはその帳簿価額の認識を中止しておりま
           す。その他の修繕及び維持費は、発生した会計期間の連結損益計算書に費用計上しております。
            有形固定資産の減価償却費は、各資産の取得原価を残存価額まで以下の見積耐用年数にわたって定額法で
           配分することにより算定しております。
            ・ 建物及び構築物        15-30   年
            ・ 機械装置及び運搬具          5-10   年
            資産の残存価額と耐用年数は各報告期間の末日に見直し、必要があれば修正しております。
         (7)無形資産及びのれん

          (a)資産化開発費
             開発過程(又は内部プロジェクトの開発段階)で発生した費用は、以下のすべてを立証できる場合に限
            り、資産計上しております。
             ・使用又は売却できるように開発製品を完成させることの技術上の実行可能性
             ・開発製品を完成させ、さらにそれを使用又は売却するという企業の意図
             ・開発製品を使用又は売却する能力
             ・開発製品が将来の経済的便益を創出する可能性が高いこと
             ・製品の開発を完成させ、さらにそれを使用又は売却するために必要となる、適切な技術上、財務上及
              びその他の資源の利用可能性
             ・開発期間中の開発製品に起因する支出を、信頼性をもって測定できる能力
             資産化開発費の当初認識額は、無形資産が上記の認識条件のすべてを初めて満たした日から開発完了ま
            でに発生した費用の合計額であります。
             当初認識後、資産化開発費は、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で計上して
            おります。
             資産化開発費が認識されない場合は、開発費用は発生時に費用として認識されます。
                                  64/133







                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
          (b)企業結合により取得した無形資産(のれん及びその他の無形資産)
             当初認識時におけるのれんの測定については、「注記3.重要な会計方針の要約(1)連結の基礎」に
            記載しております。のれんは、取得原価から減損損失累計額を控除した金額で測定されます。
             のれんは償却を行わず、減損テストを実施しております。減損については「注記3.重要な会計方針の
            要約(8)非金融資産の減損」に記載しております。
             企業結合により取得し、のれんとは区別して認識された無形資産は、取得日の公正価値で当初認識して
            おります。
          (c)その他個別に取得した無形資産

             その他個別に取得した無形資産は、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で計上
            しており、ソフトウエア、特許権等が含まれております。
             無形資産    の償却費は、各資産の取得原価を以下の見積耐用年数にわたって定額法で配分することにより

            算定しております。
            ・ソフトウエア        5  年
            ・その他の無形資産          3-10   年
             耐用年数は各報告期間の末日に見直し、必要があれば修正しております。
         (8)非金融資産の減損

            有形固定資産及び無形資産は、事象あるいは状況の変化により、その帳簿価額が回収できない可能性を示
           す兆候がある場合に、減損の有無について検討しております。資産の帳簿価額が回収可能価額を超過する金
           額については減損損失を認識しております。回収可能価額とは、資産の売却費用控除後の公正価値と、使用
           価値のいずれか高い金額であります。使用価値の算定において、見積将来キャッシュ・フローは、貨幣の時
           間的価値及び当該資産の固有のリスクを反映した割引率を用いて現在価値に割引いております。減損を検討
           するために、資産は個別に識別可能なキャッシュ・フローが存在する最小単位(資金生成単位)にグループ
           分けされます。
            耐用年数を確定できない無形資産及び未だ使用可能ではない無形資産は償却の対象ではなく、毎期、資産
           の回収可能額を見積り、その帳簿価額と比較する減損テストを実施しております。
            のれんについても毎期減損テストを実施し、取得原価から減損損失累計額を控除した額が帳簿価額となり
           ます。のれんは、減損テストのために企業結合のシナジーによる便益を得ることが期待される各資金生成単
           位に配分されます。
            のれんを除く、過去に減損を認識した有形固定資産及び無形資産については、各報告期間の末日において
           減損が戻入れとなる可能性について評価を行っております。
         (9)非デリバティブ金融資産

            当社グループは、売上債権及びその他の債権を、これらの発生日に当初認識しております。その他のすべ
           ての非デリバティブ金融資産は、当社グループが当該金融商品の契約当事者になる取引日に認識しておりま
           す。
           (a)償却原価で測定される金融資産
             以下の2つの要件がともに満たされる場合、金融資産は「償却原価で測定される金融資産」に分類され
            ます。
             ・当社グループの事業モデルの目的が契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有するこ
              とであること
             ・契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが特定の日に
              生じること
             償却原価で測定される金融資産(重大な金融要素を含まない営業債権を除く)は公正価値で当初認識さ
            れ、金融資産の取得に直接起因する取引費用を加算して算定しております。また、事後に実効金利法に
            よって算出された金融収益と当初測定額の累計額で測定され、減損損失控除後の金額を帳簿価額として計
            上しております。重大な金融要素を含まない営業債権は取引価格で当初認識しております。事後に減損損
            失控除後の金額を帳簿価額として計上しております。
                                  65/133




                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
          (b)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
            (ⅰ)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融資産
             以下の2つの要件がともに満たされる負債性金融商品は、「その他の包括利益を通じて公正価値で測定
            する金融資産」に分類されます。
            ・契約上のキャッシュ・フローの回収と売却の両方のために資産を保有することを目的とする事業モデル
             に基づいて、資産が保有されていること
            ・金融資産の契約条件により、元本および元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが
             特定の日に生じること
            (ⅱ)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産
             すべてのその他の資本性金融商品に対する投資について、公正価値の変動を純損益ではなくその他の包
            括利益を通じて認識するという取消不能の選択を行っております。
             その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産については、実現した公正価値の変動による
            損失又は利得及び認識された減損損失は純損益に振り替えられることはありません。ただし、当該投資に
            かかる受取配当金は、その配当金が投資元本の払い戻しであることが明らかな場合を除き、純損益の一部
            として「金融収益」で認識しております。
          (c)純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

             純損益を通じて公正価値で測定する金融資産として指定する場合、または(a)(b)以外の金融資産
            は、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類しております。
             (b)(c)の公正価値で測定される金融資産は公正価値で当初認識されます。当社グループは、純損

            益を通じて公正価値で測定する金融資産を除いて、公正価値に金融資産の取得に直接起因する取引費用を
            加算して算定しております。
         (10)金融資産の減損

            当社グループは、償却原価で測定される金融資産及び契約資産等の回収可能性に関し、期末日ごとに予想
           信用損失の見積りを行っております。
            当初認識後に信用リスクが著しく増大していない金融商品については、12ヶ月以内の予想信用損失を損失
           評価引当金として認識しております。当初認識後に信用リスクが著しく増大している金融商品については、
           全期間の予想信用損失を損失評価引当金として認識しております。
            なお、当社グループは、信用リスクが著しく増大しているかどうかを当初認識以降の債務不履行の発生リ
           スクの変化に基づいて判断しており、その判断にあたっては、期日経過情報、債務者の財政状態の悪化、内
           部信用格付の低下等を考慮しております。
            また、12ヶ月及び全期間の予想信用損失の測定にあたっては、過去の事象、現在の状況及び将来の経済状
           況の予測についての、期末日において過大なコストや労力をかけずに利用可能な、合理的で裏付け可能な情
           報を用いております。
            金融資産に係る貸倒引当金の繰入額は、純損益で認識しております。貸倒引当金を減額する事象が発生し
           た場合は、貸倒引当金の戻入額を純損益で認識しております。
         (11)デリバティブ金融商品及びヘッジ会計

            当社グループは将来の為替変動リスク及び金利変動リスク等をヘッジする目的で、一部のデリバティブに
           ついてキャッシュ・フロー・ヘッジの指定を行っております。
            当社グループは、取引開始時に、ヘッジ手段とヘッジ対象との関係、種々のヘッジ取引の実施についての
           リスク管理目的及び戦略について文書化しております。当社グループはまた、ヘッジ開始時及び継続的に、
           ヘッジ取引に利用したデリバティブがヘッジ対象のキャッシュ・フローの変動を相殺するために極めて有効
           であるかどうかについての評価も文書化しております。また、予定取引に対してキャッシュ・フロー・ヘッ
           ジを適用するために、当該予定取引の発生可能性が非常に高いことを確認しております。
           ・キャッシュ・フロー・ヘッジ
            キャッシュ・フロー・ヘッジとして指定され、かつその要件を満たすデリバティブの公正価値の変動の有
           効部分は、その他の資本の構成要素で認識しております。非有効部分は連結損益計算書において純損益に認
           識しております。
            その他の資本の構成要素に認識されたヘッジ手段にかかる金額は、ヘッジ対象が損益に影響を与える期
           に、純損益に振り替えております。ヘッジ対象である予定取引が非金融資産の認識を生じさせるものである
           場合には、その他の包括利益に認識されていた金額は振り替えられ、当該資産の取得原価の当初測定に含め
           られます。
                                  66/133


                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
            ヘッジ手段が失効または売却された場合、あるいはヘッジがヘッジ会計の要件をもはや満たさなくなった
           場合には、ヘッジ会計の適用を将来に向けて中止しております。すでにその他の資本の構成要素で認識して
           いるヘッジ手段にかかる金額は、予定取引が最終的に純損益で認識される時点まで引き続き計上されます。
           予 定取引の発生がもはや見込まれなくなった場合は、その他の資本の構成要素に認識されていたヘッジ手段
           にかかる金額をただちに純損益に認識しております。
         (12)仕入債務

            仕入債務は、通常の事業の過程において、供給業者から取得した財貨またはサービスに対して支払いを行
           う義務であります。仕入債務は、支払期限が1年以内、もしくはそれ以上であっても事業の正常営業循環期
           間内に到来する場合は流動負債に分類し、それ以外の場合は非流動負債として分類しております。仕入債務
           は当初認識時においては公正価値で計上し、当初認識後は実効金利法によって算出された金融費用と当初測
           定額の累計額で測定しております。
         (13)   社債及び借入金

            社債及び借入金        は当初認識時においては発生した取引費用控除後の公正価値で計上し、当初認識後は償還
           期間又は借入期間にわたり実効金利法によって算出された金融費用と当初測定額の累計額で測定しておりま
           す。
         (14)従業員給付

          (a)短期従業員給付
             短期従業員給付は、割引計算をせず、関連するサービスが提供された時点で費用として認識しておりま
            す。賞与及び有給休暇費用については、それらを支払う法的もしくは推定的な債務を有し、信頼性のある
            見積りが可能な場合に、それらの制度に基づいて支払われると見積もられる額を負債として認識しており
            ます。
          (b)長期従業員給付

             当社グループは、従業員及び退職者に対して、確定給付型及び確定拠出型の退職後給付制度を設けてお
            ります。
             確定給付年金制度に関連して認識される負債は、報告期間の末日現在の確定給付債務の現在価値から制
            度資産の公正価値を控除した金額となっております。確定給付債務は、独立した数理人が予測単位積増方
            式を用いて毎期算定しております。確定給付債務の現在価値は、債務の支払見込期間に満期が近似してお
            り、かつ給付が支払われる通貨建の優良社債の利率を用いて、見積将来キャッシュ・アウトフローを割り
            引くことで算定しております。
             実績による修正及び数理計算上の仮定の変更から生じた数理計算上の差異は、発生した期間に、その他
            の包括利益に計上した上で即時に利益剰余金に振り替えております。
             過去勤務費用は、発生した期の損益として認識しております。
             確定拠出制度については、当社グループは公的または私的管理の年金保険制度に対し拠出金を支払って
            おります。拠出金の支払いを行っている限り、当社グループに追加的な支払債務は発生しません。拠出金
            は、支払期日において従業員給付費用として認識されます。
         (15)引当金

            引当金は、当社グループが過去の事象の結果として現在の法的または推定的債務を有しており、当該債務
           を決済するために資源の流出が必要となる可能性が高く、その金額について信頼性のある見積りができる場
           合に認識しております。引当金は、現時点の貨幣の時間価値の市場評価と当該債務に特有なリスクを反映し
           た税引前の割引率を用いて、債務の決済に必要とされると見込まれる支出の現在価値として測定します。時
           の経過により引当金が増加した場合は、金融費用として認識します。
                                  67/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
         (16)株式資本
            普通株式は資本に分類しております。
            新株(普通株式)またはストック・オプションの発行に直接起因する増分費用は、手取金額からの控除額
           として資本に計上しております。
            当社グループ内の会社が当社の株式資本を買い入れる場合(自己株式)、当該株式が消却または再発行さ
           れるまで、支払われた対価は、直接関連する増分費用も含めて、当社の株主に帰属する資本から控除してお
           ります。
         (17)株式報酬制度

            当社グループは、以下の持分決済型の株式報酬制度を運用しております。
          (a)ストック・オプション制度
             当社グループの資本性金融商品(オプション)を対価として、取締役、執行役員及び従業員からサービ
            スを受け取っています。オプションの公正価値をブラック・ショールズ・モデルで評価しており、オプ
            ションの付与と交換に受領するサービスの公正価値は、権利確定期間にわたって費用認識しております。
            権利確定期間の見積と実績に差異が生じた場合には、認識した費用を調整しております。
             なお、譲渡制限付株式報酬及び業績連動型株式報酬制度を導入したことに伴い、ストック・オプション
            制度は、既に付与されているものを除いて廃止しております。
          (b)譲渡制限付株式報酬及び業績連動型株式報酬制度
             本制度における報酬は、付与する当社株式の公正価値を参照して測定しており、算定された報酬は費用
            認識するとともに、対応する金額を資本の増加として認識しております。
         (18)収益認識

            当社グループは、下記の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しております。
             ステップ1:顧客との契約を識別する。
             ステップ2:契約における履行義務を識別する。
             ステップ3:取引価格を算定する。
             ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する。
             ステップ5:履行義務の充足時に収益を認識する。
            当社グループは、「インダストリアルテープ事業」、「オプトロニクス事業」並びに「ライフサイエンス
           事業」を主な事業としており、これらの事業においては物品販売及びライセンスビジネス(特許使用許諾や
           技術供与等)を行っております。
            物品販売については、物品の引渡時点において顧客が当該物品に対する支配を獲得することから、履行義
           務が充足されると判断しており、当該物品の引渡時点で収益を認識しております。なお、「ライフサイエン
           ス事業」における一部の医療関連材料の製造及び販売に係る収益については、履行義務の進捗に応じて収益
           を認識しております。
            ライセンスビジネスについては、契約の実質に従って履行義務が充足される時点を判断しており、サービ
           スの提供とともに、もしくはサービスの完了時に収益を認識しております。
            また、収益は顧客への財の移転と交換に企業が権利を得ると見込んでいる対価の金額から、値引、割戻し
           等を控除後の金額で測定しております。
         (19)政府補助金

            補助金交付のための条件を満たし、補助金を受領することに合理的な保証がある場合には、補助金収入を
           公正価値で測定し、認識しております。発生した費用に対する補助金は、費用の発生と同じ事業年度に収益
           として計上しております。資産の取得に対する補助金は、資産の耐用年数にわたって規則的にその他の収益
           として計上し、未経過の補助金収入を繰延収益として負債に計上しております。
         (20)金融収益及び金融費用

            金融収益は、受取利息、受取配当金等から構成されております。受取利息は、実効金利法を用いて発生時
           に認識しております。受取配当金は、当社グループの受領権が確定した時に認識しております。
            金融費用は、支払利息等から構成されております。適格資産の取得、建設または製造に直接帰属しない借
           入費用は、実効金利法により発生時に認識しております。
                                  68/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
         (21)法人所得税
            法人所得税費用は当期税金及び繰延税金から構成されています。これらは、その他の包括利益で認識され
           る項目あるいは資本に直接認識される項目に関係する場合を除いて、純損益で認識しております。
            当期法人所得税費用は、当社及び子会社が事業を行い、課税所得を生成している国において、報告期間の
           末日時点で施行または実質的に施行されている税率に基づき算定しております。
            繰延税金資産及び負債は、資産負債法により、資産及び負債の税務基準額と連結財務諸表上の帳簿価額と
           の間に生じる一時差異に対して認識しております。ただし、以下の一時差異に対しては、繰延税金資産及び
           負債を計上しておりません。
           ・のれんの当初認識から発生する場合
           ・会計上の損益にも課税所得(税務上の欠損金)にも影響を与えない取引(企業結合を除く)における、資
            産または負債の当初認識から発生する場合
           ・子会社及び関連会社に対する投資に係る将来加算一時差異のうち、解消時期をコントロールでき、かつ予
            測可能な期間内に一時差異が解消しない可能性が高い場合
            繰延税金資産の帳簿価額は毎期見直され、繰延税金資産の全額又は一部が使用できるだけの十分な課税所
           得が稼得されない可能性が高い部分については、帳簿価額を減額しております。未認識の繰延税金資産は毎
           期再評価され、将来の課税所得により繰延税金資産が回収される可能性が高くなった範囲内で認識しており
           ます。
            繰延税金資産及び負債は、報告期間の末日までに施行または実質的に施行されており、関連する繰延税金
           資産が実現する期または繰延税金負債が決済される期において適用されると予想される税率を使用しており
           ます。
            当期税金資産と当期税金負債を相殺する法的に強制力のある権利が存在し、かつ、繰延税金資産及び負債
           が、同じ納税企業体、または、純額ベースでの決済を行うことを意図している同一または異なる納税企業体
           に対して、同一の税務当局によって課されている法人所得税に関連するものである場合には、繰延税金資産
           及び負債は相殺しております。
         ( 22)支払配当金

            親会社の所有者への支払配当金は、親会社の所有者による承認が行われた時点で当社グループの連結財務
           諸表に負債として認識しております。
         (23)1株当たり利益

            基本的1株当たり利益は、親会社の所有者に帰属する損益を、当連結会計年度中の発行済普通株式の加重
           平均株式数で除して計算しております。希薄化後1株当たり利益は、希薄化効果を有する全ての潜在株式の
           影響を調整して計算しております。
         (24)   売却目的で保有する資産

            継続的使用ではなく主に売却取引により回収される資産又は処分グループのうち、1年以内に売却する可
           能性が非常に高く、かつ現在の状態で即時に売却可能で、当社グループの経営者が売却計画の実行を確約し
           ている場合には、売却目的で保有する資産又は処分グループとして分類しております。売却目的保有に分類
           されている間又は売却目的保有に分類されている処分グループの一部である間は、資産は減価償却又は償却
           は行わず、売却目的保有に分類された資産又は処分グループを、帳簿価額と売却費用控除後の公正価値のう
           ち、いずれか低い方の金額で測定しております。
        4.重要な会計上の見積り及び判断

          連結財務諸表の作成に           おいて、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を
         及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行っております。実際の業績はこれらの見積りとは異なる場合がありま
         す。見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しております。会計上の見積りの見直しによる影響は、その
         見積りを見直した会計期間と将来の会計期間において認識しております。
          経営者の見積り及び判断を行った項目で重要なものは以下のとおりであります。

          ・のれん及び無形資産の回収可能性の評価(注記12.のれん及び無形資産)

          ・繰延税金資産の回収可能性の評価(注記25.法人所得税)
          ・確定給付負債の測定(注記17.従業員給付)
                                  69/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        5.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要
            当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
           り、最高意思決定機関である取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討
           を行う対象となっているものであります。
            当社グループは、製品別の事業部を置き、各事業部は、取り扱う製品について国内及び海外の包括的な戦
           略を立案し、事業活動を展開しております。
            当社グループは、事業部を基礎とした製品別のセグメントから構成されており、「インダストリアルテー
           プ事業」、「オプトロニクス事業」及び「ライフサイエンス事業」の3つを報告セグメントとしておりま
           す。これらの報告セグメントは、製品の内容、市場等の類似性を勘案し、それぞれ一つの事業セグメントと
           して集約したものであります。
            報告対象の事業セグメントとなっている「インダストリアルテープ事業」は、主に基盤機能材料(接合材
           料、保護材料等)、自動車材料等の製造と販売によって収益を生み出しております。「オプトロニクス事
           業」は、主に情報機能材料、プリント回路、プロセス材料等の製造と販売によって収益を生み出しておりま
           す。また、「ライフサイエンス事業」は医療関連材料の製造及び販売により収益を生み出しております。
            「その他」には、「メンブレン事業」及び「新規事業」が含まれております。
            セグメント間の内部収益は市場実勢価格に基づいております。
                                  70/133















                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
         (2)報告セグメントごとの売上収益、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報
            当社グループの報告セグメントに関するセグメントの情報は以下のとおりであります。
           前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                        報告セグメント
                                       その他           調整額
                                                       連結財務諸
                  インダス
                                             合計
                       オプトロ     ライフサ          (注)1          (注)2、3
                                                       表計上額
                  トリアル                 合計
                        ニクス     イエンス
                  テープ
                  325,557     477,871      30,931     834,360      22,053     856,413        963   857,376

     外部顧客からの売上収益
                   13,323     13,855      5,251     32,430      3,225     35,656     △ 35,656       -
     セグメント間の売上収益
                  338,881     491,726      36,183     866,790      25,279     892,070      △ 34,693     857,376
     セグメント売上収益合計
     営業利益(△は損失)
                   34,976     91,916      5,929    132,821      △ 192   132,628      △ 6,905    125,722
     合計
                                                         1,185
     金融収益
                                                         △ 752
     金融費用
     持分法による投資損益
                                                           12
     (△は損失)
                                                        126,168
     税引前当期利益
                  227,775     433,998      37,858     699,633      23,536     723,170      214,625     937,796

     セグメント資産合計
     その他:
                   12,089     29,368      1,749     43,207      1,108     44,316       4,966     49,283

      減価償却費及び償却費
      有形固定資産と無形資
                   17,380     24,653      3,169     45,204      2,113     47,317       6,072     53,390
      産の増加
      (注)1.     「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、「メンブレン(高分子分離膜)

           事業」及び「新規事業」で構成されております。
         2.営業利益の調整額△6,905百万円には、各セグメントに配賦されない全社損益等が含まれております。
         3.セグメント資産の調整額214,625百万円は、事業セグメントに帰属しない現金及び現金同等物、有形固定資
           産等であります。
         4.当連結会計年度においてマネジメント体制の変更を行った結果、報告セグメントの分類に一部変更がありま
           す。また、「その他の収益」に計上していた「受取ロイヤリティー」は、「売上収益」に含めて計上するこ
           とに変更しております。前連結会計年度数値は、これらの変更を反映した数値を記載しております。
                                  71/133







                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                        報告セグメント
                                       その他           調整額
                                                       連結財務諸
                  インダス
                                             合計
                       オプトロ     ライフサ          (注)1          (注)2、3
                                                       表計上額
                  トリアル                 合計
                        ニクス     イエンス
                  テープ
                  318,595     438,530      25,219     782,345      23,032     805,378       1,117    806,495
     外部顧客からの売上収益
                   15,360     12,856      4,738     32,955      3,293     36,249     △ 36,249       -
     セグメント間の売上収益
                  333,955     451,386      29,958     815,301      26,326     841,627      △ 35,131     806,495
     セグメント売上収益合計
     営業利益(△は損失)
                   25,940     67,134      1,920     94,995     △ 1,970     93,024       △ 247    92,777
     合計
     金融収益                                                    1,195
                                                        △ 1,917
     金融費用
     持分法による投資損益
                                                         △ 144
     (△は損失)
                                                        91,910
     税引前当期利益
                  236,012     451,408      32,096     719,517      26,201     745,718      167,700     913,418

     セグメント資産合計
     その他:
                   12,325     25,902      1,944     40,172      1,281     41,453       4,450     45,904

      減価償却費及び償却費
      有形固定資産と無形資
                   23,462     36,628      2,211     62,302      2,891     65,193       4,978     70,171
      産の増加
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、「メンブレン(高分子分離膜)

           事業」及び「新規事業」で構成されております。
         2 . 営業利益の調整額        △247   百万円には、各セグメントに配賦されない全社損益等が含まれております。
         3.  セグメント資産の調整額           167,700    百万円   は、事業セグメントに帰属しない現金及び現金同等物、有形固定資
           産等であります。
      (IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の適用)

        当社グループは、「2.作成の基礎(5)会計方針の変更」に記載のとおり、IFRS第15号を                                          当 連結会計年度      から適
       用しております。なお、経過措置に従って、適用開始の累積的影響を                                当 連結会計年度      の利益剰余金期首残高の修正と
       して認識しているため、前連結会計年度については修正再表示しておりません。
                                  72/133








                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
         (3)その他の情報
          (a)製品及びサービスに関する情報
             報告セグメントの区分は製品及びサービスの性質に基づいているため、製品及びサービスに関して追加
            的な情報はありません。
          (b)地域ごとの情報

             国及び地域別の外部顧客からの収益は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
                                       223,037                 209,692

     日本
     米州                                  75,711                 69,060
     欧州                                  48,560                 49,307

     アジア・オセアニア         (注)
                                       508,852                 477,202
                                        1,214                 1,232
     その他
                                       857,376                 806,495
      合計
      (注) アジア・オセアニアのうち、中国における収益は前連結会計年度において196,476百万円、当連結会計年度に

         おいて235,407百万円、韓国における収益は前連結会計年度において128,105百万円、当連結会計年度において
         61,338百万円であります。
          なお、「その他の収益」に計上していた「受取ロイヤリティー」は、当連結会計年度より「売上収益」に含め
         て計上することに変更しております。前連結会計年度数値は、これらの変更を反映した数値を記載しておりま
         す。
             国及び地域別の非流動資産の内訳(金融商品、繰延税金資産、退職給付資産等を除く)は以下のとおり

            であります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     日本                                  153,281                 171,156

     米州                                  28,461                 30,523
     欧州                                  17,479                 16,531

                                        70,603                 70,623
     アジア・オセアニア
                                       269,826                 288,834
      合計
      (注)   国又は地域の区分の方法及び各区分に属する主な国又は地域

         (1)   国又は地域の区分の方法……………地理的近接度によっております。
         (2)   各区分に属する主な国又は地域……米州:米国、メキシコ、ブラジル
                             欧州:ベルギー、フランス、ドイツ、スウェーデン、トルコ
                             アジア・オセアニア:中国、韓国、台湾、シンガポール、
                                       マレーシア、香港、タイ
                             その他:アフリカ
          (c)主要な顧客の情報

             単独で当社グループの収益の10%以上に貢献する顧客グループは、前連結会計年度においては、2グ
            ループあり、当該顧客グループから生じた収益は183,029百万円(オプトロニクス及びインダストリアル
            テープ)であります。当連結会計年度においては、1グループあり、当該顧客グループから生じた収益は
            104,326百万円(オプトロニクス及びインダストリアルテープ)であります。
                                  73/133


                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        6.支配の喪失
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

          (子会社の出資持分譲渡)
           Nitto   Denko   (Suzhou)     Co.,   Ltd.の出資持分譲渡
            当社は、2018年1月31日において、連結子会社であるNitto                             Denko   (Suzhou)     Co.,   Ltd.の全出資持分(当
           社及び当社の子会社であるNitto               Denko   (China)    Investment      Co.,   Ltd.の全出資持分)を日本メクトロン株
           式会社に譲渡する契約を締結し、2018年5月9日をもって譲渡いたしました。これにより、1,619百万円の
           譲渡益を認識しており、連結損益計算書の「その他の収益」に計上しております。
            出資持分の譲渡により子会社でなくなった会社に対する支配喪失時の資産及び負債の主な内訳並びに受取

           対価と売却による収支の関係は次のとおりであります。
                                              (単位:百万円)

                                                 金額
                    流動資産
                                                    3,618
                    非流動資産                                1,689
                     資産合計
                                                    5,308
                    流動負債
                                                     206
                     負債合計
                                                     206
                    受取対価

                                                    6,789
                    うち前受金                               △1,026
                    支配喪失時の資産のうち現金及び現金同等物                               △3,128
                     連結範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入
                                                    2,634
                                  74/133











                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        7.現金及び現金同等物
          現金及び現金同等物の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     現金及び預金                                  311,501                 297,758

                                       △6,791                   △76
     預入期間が3ヶ月超の定期預金
                                       304,709                 297,682
      合計
          なお、前連結会計年度と当連結会計年度の連結財政状態計算書の現金及び現金同等物の残高と連結キャッ

         シュ・フロー計算書上の現金及び現金同等物の残高は一致しております。
        8.売上債権及びその他の債権

          売上債権及びその他の債権の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     売上債権

      受取手形及び売掛金                                 183,930                 165,780
     その他の債権                                   8,756                 4,674

     控除:貸倒引当金(注記14.金融商品)                                   △566                 △686
                                       192,120                 169,768
      合計
         「注記2.作成の基礎(6)表示方法の変更」に起因して、当連結会計年度より「その他の債権」に計上していた

        「未収ロイヤリティー」を、「売掛金」に含めて計上することに変更しております。この表示方法の変更を反映さ
        せるため、前連結会計年度において、64百万円の未収ロイヤリティーを「その他の債権」から「売掛金」へと組み
        替えております。
        9.棚卸資産

          棚卸資産の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                        30,258                 31,903

     商品及び製品
     仕掛品                                  45,850                 41,649
                                        18,960                 20,432
     原材料及び貯蔵品
                                        95,068                 93,985
      合計
          費用として計上された棚卸資産の評価損は、                     前連結会計年度       及び当   連結会計年度      において、それぞれ         2,138   百

         万円  及び1,063     百万円   であります。
                                  75/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        10.  売却  目的  で 保有する資産及び直接関連する負債
          売却目的で保有する資産及び直接関連する負債の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                                 前連結会計年度

                                                (2018年3月31日)
     売却目的で保有する資産

      現金及び現金同等物                                                   2,780
      売上債権及びその他の債権                                                    855

      棚卸資産                                                    185

      その他の流動資産                                                    480

      有形固定資産                                                   1,505

      無形資産                                                     0

                                                          106
      その他の非流動資産
                                                         5,914
      合計
     売却目的で保有する資産に直接関連する負債

      仕入債務及びその他の債務                                                    115

                                                          145
      その他の流動負債
                                                          260
      合計
          前連結会計年度における売却目的で保有する資産及び直接関連する負債は、報告セグメント上、オプトロニク

         スに含まれている日東電工(蘇州)有限公司(Nitto                         Denko   (Suzhou)     Co.,   Ltd.)について、2018年1月31日付
         で出資持分譲渡契約を締結したことに伴い、売却目的保有に分類する要件を満たすものです。当該出資持分譲渡
         は、2018年5月9日に完了しています。
          なお、当連結会計年度における売却目的で保有する資産及び直接関連する負債はありません。

                                  76/133










                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        11.有形固定資産
          有形固定資産の取得原価、減価償却累計額及び減損損失累計額の増減は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                    建物及び       機械装置       工具、器具

     取得原価                                     土地      建設仮勘定         合計
                    構築物      及び運搬具        及び備品
     2017年4月1日残高               273,341       483,817        42,074       18,849       11,203       829,286
                                             -
     取得                14,516       26,973        3,287              6,536       51,314
                                            △56            △24,791
     処分               △6,594       △15,112        △2,895               △132
     売却目的で保有する資産へ
                                             -
                     △7,260       △6,788        △445               △54     △14,548
     の振替
                       80      1,304       △341       △109      △2,266       △1,331
     外貨換算差額等
                     274,083       490,195        41,679       18,683       15,286       839,929
     2018年3月31日残高
     取得
                     16,101       42,483        3,758         68      4,304       66,716
                                             -           △11,214
     処分               △1,552       △7,123       △2,310               △228
                     △1,797       △3,041        △380       △131      △2,767       △8,119
     外貨換算差額等
                     286,835       522,513        42,746       18,620       16,595       887,311
     2019年3月31日残高
                                                    (単位:百万円)

     減価償却累計額及び               建物及び       機械装置       工具、器具

                                          土地      建設仮勘定         合計
     減損損失累計額               構築物      及び運搬具        及び備品
                                                    -
     2017年4月1日残高               158,816       388,444        32,247         236            579,745
                                             -       -
     減価償却費                10,042       32,959        2,570                     45,571
                       -        9       -       -       -        9
     減損損失
                                             -       -
     処分               △5,655       △13,908        △2,549                     △22,113
     売却目的で保有する資産へ
                                             -       -
                     △6,234       △6,378        △430                    △13,043
     の振替
                                                    -
                       236      1,102         19      △16              1,342
     外貨換算差額等
                     157,204       402,229        31,857         220        -     591,512
     2018年3月31日残高
     減価償却費                                       -       -
                      9,507       30,567        2,538                     42,613
                        2       38       -       -       -       41
     減損損失
                                             -       -
     処分               △1,268       △6,329       △2,153                     △9,751
                                                    -
                     △1,216       △2,701        △303        △16             △4,237
     外貨換算差額等
                     164,230       423,804        31,939         203        -     620,178
     2019年3月31日残高
                                                    (単位:百万円)

                  建物及び       機械装置       工具、器具

     帳簿価額                                     土地      建設仮勘定         合計
                   構築物      及び運搬具        及び備品
                    114,525        95,372        9,827       18,612       11,203       249,541
     2017年4月1日残高
     2018年3月31日残高              116,879        87,965        9,822       18,463       15,286       248,417
                    122,605        98,708       10,807       18,416       16,595       267,133
     2019年3月31日残高
      (注1)有形固定資産の減価償却費は「売上原価」、「販売費及び一般管理費」、「研究開発費」、「その他の費用」

          に計上しております。
      (注2)取得原価に含めた重要な借入費用はありません。
                                  77/133




                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        12.のれん及び無形資産
          のれん及び無形資産の取得原価、償却累計額及び減損損失累計額の増減は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                     ソフトウ    エ ア

                                             その他の無形
                            ソフトウ    エ ア
     取得原価                 のれん                                  合計
                                             資産(注1)
                                      仮勘定
     2017年4月1日残高                   8,153        25,053         1,576        10,571        45,354
                         -       2,415        △444         104       2,075
     取得
                         -       △271          -       △291        △563
     処分
     売却目的で保有する資産への
                         -       △186          -        -
                                                         △186
     振替
                                 △78         142
                        △435                          △14        △385
     外貨換算差額等
                        7,717        26,933         1,274        10,369        46,295
     2018年3月31日残高
     取得                    -       1,941         988        525       3,455
                         -       △396          -       △139        △536
     処分
                                          35
                        △124        △430                 △377        △897
     外貨換算差額等
                        7,592        28,048         2,297        10,377        48,316
     2019年3月31日残高
                                                    (単位:百万円)

                                     ソフトウ    エ ア   その他の無形

     償却累計額及び
                            ソフトウ    エ ア
                      のれん                                  合計
                                             資産(注1)
     減損損失累計額
                                      仮勘定
                                          -
     2017年4月1日残高                    852       18,909                 4,463        24,225
                         -       2,645          -       1,066        3,711
     償却費
                         -        43        -        -        43
     減損損失
                         -                 -
     処分                           △254                 △269        △524
     売却目的で保有する資産への
                         -                 -        -
                                △185                         △185
     振替
                        △62        △26         -       △167        △257
     外貨換算差額等
                         789       21,130          -       5,091        27,012
     2018年3月31日残高
     償却費                    -       2,393          -        897       3,290
                         -                 -
     処分                           △360                 △83        △443
                        △31        △390          -       △347        △769
     外貨換算差額等
                         758       22,772          -       5,557        29,088
     2019年3月31日残高
                                                    (単位:百万円)

                                     ソフトウ    エ ア

                                             その他の無形
                            ソフトウ    エ ア
     帳簿価額                 のれん                                  合計
                                             資産(注1)
                                      仮勘定
     2017年4月1日残高                   7,300        6,144        1,576        6,108        21,129
                        6,927        5,802        1,274        5,277        19,282
     2018年3月31日残高
     2019年3月31日残高                   6,834        5,275        2,297        4,819        19,228
      (注1)前連結会計年度及び当連結会計年度において、重要な自己創設無形資産はありません。

      (注2)無形資産の償却費は「売上原価」、「販売費及び一般管理費」、「研究開発費」に計上しております。
      (注3)取得原価に含めた重要な借入費用はありません。
                                  78/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        13.減損損失
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           重要な事項がないため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

           重要な事項がないため、記載を省略しております。
        14.金融商品

         (1)資本リスク管理
            当社グループは、経営の健全性・効率性を堅持し、持続的な成長を実現するため、安定的な財務基盤を構
           築及び維持することを資本リスク管理の基本方針としております。当該方針に沿い、競争力のある製品の開
           発・販売を通じて獲得している潤沢な営業キャッシュ・フローを基盤として、設備投資、配当、M&A、自
           己株式取得による株主還元及び借入金返済を実施しております。
         (2)財務上のリスク管理

           ①リスク管理方針
            当社グループは、事業活動を行う過程において生じる財務上のリスクを軽減するために、リスク管理を
           行っております。リスク管理にあたっては、リスク発生要因の根本からの発生を防止することでリスクを回
           避することを基本方針とし、回避できないリスクについてはその低減を図るようにしております。
            デリバティブ取引は、後述するリスクを回避することを目的とし、利用範囲や取引先金融機関選定基準等
           について定めた規程に基づき、実需の範囲で行うこととしております。
            当社グループの主要な財務上のリスク及び管理方針の詳細は、(3)                                 財務上のリスク       を参照ください。

           ②金融商品の分類

            金融資産の分類ごとの帳簿価額は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                 金融資産
                                 (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
        現金及び現金同等物(注記7)                                 304,709               297,682
        純損益を通じて公正価値で測定される金融資産
                                          1,809                181
         デリバティブ
          小計                                1,809                181
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定され
        る金融資産
                                          6,369               5,502
         資本性金融商品に対する投資
          小計                                6,369               5,502
        償却原価で測定される金融資産
         売上債権及びその他の債権(注記8)                                192,120               169,768
         負債性金融商品に対する投資                                  28                2
         その他                                 9,969               3,154
          小計                               202,117               172,925
                                         515,006               476,291
           合計
                                  79/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
            金融負債の分類ごとの帳簿価額は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                 金融負債
                                 (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
        純損益を通じて公正価値で測定される金融負債
                                                          537
                                           247
         デリバティブ
                                                          537
          小計                                 247
        ヘッジ手段として指定された金融負債
                                            91               -
         デリバティブ
          小計                                 91               -
        償却原価で測定されるその他の金融負債
         仕入債務及びその他の債務(注記15)
                                         110,114                96,887
         社債及び借入金(注記16)
                                          4,049                448
                                                         21,575
                                          14,207
         その他
                                                        118,912
          小計                               128,371
                                         128,709               119,449
           合計
         (3)   財務上のリスク

            当社グループの事業活動は、事業環境・金融市場環境による影響を受けます。事業活動の過程で保有する
           金融商品は固有のリスクに晒されます。リスクには、主に(a)市場リスク((ⅰ)為替リスク、(ⅱ)価
           格リスク、(ⅲ)金利リスク)、(b)信用リスク、(c)流動性リスクが含まれます。
          (a)市場リスク

           (ⅰ)為替リスク
              当社グループは、グローバルに事業展開を行っており、当社及び各子会社が製造した製品等を海外に
             て販売しております。このため、当社及び各子会社が機能通貨以外の通貨で行った取引から生じる外貨
             建営業債権債務等を報告期間末日の為替レートを用いて、機能通貨に換算替えすることに伴う、為替相
             場の変動リスク(以下「為替リスク」という。)に晒されております。                                 当社グループの為替リスクは、
             主に、米ドルの為替相場の変動によるものであります。
              当社グループでは、外貨建ての営業債権債務等について、為替リスクに晒されておりますが、通貨別
             月別に外貨建ての営業債権債務等の残高を把握し、原則としてこれをネットしたポジションについて先
             物為替予約等を利用することで、当該リスクをヘッジしております。
                                  80/133








                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
             デリバティブ
              当社グループの実施している              為替の変動リスクを抑制するため               の主なデリバティブの概要は以下のと
             おりであります。
               ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
                                                    (単位:百万円)
                    前連結会計年度                        当連結会計年度

                   (2018年3月31日)                        (2019年3月31日)
              契約額       うち1年超         公正価値         契約額       うち1年超         公正価値

     為替予約
      売建
      (米ドル)          70,462          -       1,611        62,557          -       △365
                  301         -        △8       3,823          -         3
      (その他)
      買建
      (米ドル)           2,078          -       △68         800         -        11
                 9,917          -        28        773         -        △5
      (その他)
                82,760          -       1,562        67,955          -       △355
       合計
               ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

                                                    (単位:百万円)
                    前連結会計年度                        当連結会計年度

                   (2018年3月31日)                        (2019年3月31日)
             主なヘッジ              うち           主なヘッジ              うち

                   契約額等            公正価値            契約額等            公正価値
             対象             1年超           対象             1年超
     通貨スワップ
     取引
      受取
             外貨建債権                        外貨建債権
                     2,449       -     △91             -      -      -
      (その他)
             債務等                        債務等
                     2,449       -     △91             -      -      -
       合計
                                  81/133









                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
           為替の感応度分析
              この分析は機能通貨建ての金融商品、及び在外営業活動体の収益及び費用を円貨に換算する際の影響
             を含めずに、他のすべての変数が一定であると仮定したうえで、報告日現在における為替エクスポー
             ジャー(米ドル)に対して、日本円が1%円高となった場合に、連結損益計算書の税引前当期利益に与
             える影響を示しております。また、ヘッジ会計を適用したデリバティブ金融商品のうち、ヘッジ関係が
             有効な部分は影響額の計算から除外しております。これらの前提の下、当社グループの為替リスク・エ
             クスポージャーに対する感応度は、前連結会計年度では△549百万円、当連結会計年度では△267百万円
             になります。なお、数値は当社グループの連結上の経営成績への影響を表したものではありません。
           (ⅱ)価格リスク

              当社グループが保有する資本性金融商品は、主に業務上の関係を有する企業の株式であります。株式
             保有によるグループ企業価値の長期的な向上を目的に取得したものであり、短期で売買することを目的
             に保有しておりません。資本性金融商品には上場株式と非上場株式が含まれており、定期的に時価や発
             行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、取引状況や保有に伴うリターンが、当社が考える資本コス
             トに見合っているかなどを検証し保有可否を判断しております。
              したがって、当社グループにとって、現在の価格リスクは重要でないと考えております                                         。
           (ⅲ)金利リスク

              金利リスクは、市場金利の変動により、金融商品の公正価値もしくは金融商品から生じる将来キャッ
             シュ・フローが変動するリスクとして定義されております。当社グループの金利リスクのエクスポー
             ジャーは、主に借入金や社債などの債務及び定期預金や貸付金などの債権に関連しております。利息の
             金額は市場金利の変動に影響を受けるため、利息の将来キャッシュ・フローが変動する金利リスクに晒
             されます。
              当社グループは、グループ内の資金を効率的に活用し、有利子負債を極力削減する取組みを行ってお
             ります。その結果、有利子負債は総資産に比べ僅少となっております。
              したがって、当社グループにとって、現在の金利リスクは重要でないと考えております。
                                  82/133












                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
          (b)信用リスク
             当社グループにおいては、主に営業債権、契約資産、その他の債権及びその他の金融資産が信用リスク
            に晒されております。当社グループは、「インダストリアルテープ事業」、「オプトロニクス事業」、
            「ライフサイエンス事業」、その他に関係する事業を通じて多数の顧客に対する営業債権及び契約資産を
            保有しております。顧客の信用リスクを把握するため、顧客に対して回収条件及び与信限度額を設定した
            うえで、定期的に回収状況を把握し、遅延債権があれば理由を明確にし、適切な対策を講じております。
            また、日々の情報収集に加え、必要に応じ外部機関から取引先の最新の信用調査報告書を入手し、回収実
            績等とあわせて分析することにより、定期的に信用状況の確認を行っております。また、その他の債権及
            びその他の金融資産についても過去の情報や外部機関の信用調査報告等を利用し、回収可能性を検討して
            おります。
             その結果、信用状況に変化や異常があると判断された場合、もしくは契約書等により合意された支払期
            日を一定期間経過しても支払いがない場合には、与信限度額の変更、回収条件変更、取引信用保険の付保
            またはファクタリングの実施等の債権保全措置を適切に講じております。当該措置を行う際には、責任者
            の承認を得る体制になっております。
             営業債権及び契約資産は、弁済期日の経過日数に応じて区分し、過去の実績を考慮して、全期間の予想

            信用損失と同額で貸倒引当金を測定しております。その他の債権及びその他の金融資産については、原則
            として12ヶ月の予想信用損失に等しい金額で貸倒引当金を測定しておりますが、金融資産に係る信用リス
            クが当初認識以降に著しく増大している場合は、過去の貸倒実績や将来の経済状況の予測などをもとに、
            当該金融資産の回収に係る全期間の予想信用損失を個別に見積もって貸倒引当金の金額を測定しておりま
            す。
             なお、当社グループは、信用リスクが著しく増大しているかどうかを当初認識以降の債務不履行の発生

            リスクの変化に基づいて判断しており、その判断にあたっては、期日経過情報、債務者の財政状態の悪
            化、内部信用格付の低下等を考慮しております。債権管理の方針として、決済期日を6ヶ月超過している
            債権について管理・牽制を強化しています。
             また、12ヶ月及び全期間の予想信用損失の測定にあたっては、過去の事象、現在の状況及び将来の経済
            状況の予測についての、期末日において過大なコストや労力をかけずに利用可能な、合理的で裏付け可能
            な情報を用いております。
             金融資産に係る貸倒引当金の繰入額は、純損益で認識しております。貸倒引当金を減額する事象が発生
            した場合は、貸倒引当金の戻入額を純損益で認識しております。
             貸倒引当金の認識対象となる営業債権、契約資産及びその他の債権の総額での帳簿価額は以下のとおり

            であります。
            前連結会計年度(2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                    その他の債権

                  営業債権及び契

                           ステージ1         ステージ2         ステージ3
         期日経過期間                                              合計
                  約資産
                          12ヵ月の予想信用         全期間の予想信用         全期間の予想信用
                          損失に等しい金額         損失に等しい金額         損失に等しい金額
                            で測定         で測定         で測定
                      176,577          8,756          -         -      185,333

        期日経過前
                       6,509          -         -         -       6,509

        3ヶ月未満
                        180         -         -         -        180

        3ヶ月から6ヶ月
                        664         -         -         -        664

        6ヶ月超
                      183,930          8,756          -         -      192,686

           合計
                                  83/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                    その他の債権

                  営業債権及び契

                           ステージ1         ステージ2         ステージ3
         期日経過期間                                              合計
                  約資産
                          12ヵ月の予想信用         全期間の予想信用         全期間の予想信用
                          損失に等しい金額         損失に等しい金額         損失に等しい金額
                            で測定         で測定         で測定
                      161,184          3,294          -         -      164,478

        期日経過前
                       4,693          -         -         -       4,693

        3ヶ月未満
                        274         -         -         -        274

        3ヶ月から6ヶ月
                       1,009          -         -         -       1,009

        6ヶ月超
                      167,160          3,294          -         -      170,455

           合計
        (注)単純化したアプローチを適用している金融資産およびステージ1の金融資産の予想信用損失は、リスクの
        特徴が類似したものごとにグルーピングした上で、過去の信用損失の実績率に将来の経済状況等の予測を加味し
        た引当率を乗じて集合的に評価しております。ステージ2およびステージ3の金融資産の予想信用損失は、取引
        相手先の財務状況に将来の経済状況の予測等を加味した上で個別に評価しております。
             営業債権、契約資産及びその他の債権の減損に対する貸倒引当金の増減は、以下のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                           当連結会計年度

                                         (自 2018年4月1日
                                          至 2019年3月31日)
                                                           566

          2018年4月1日残高
                                                           494
           期中増加額
           期中減少額(目的使用)                                              △175
                                                          △198
           その他
                                                           686
          2019年3月31日残高
             また、その他の金融資産の主な内訳は預金であり、当社グループは余剰資金を金融機関に預金し、事業

            に係るリスクを軽減するために金融機関等が提供するデリバティブ金融商品を利用しております。当社グ
            ループは、預金及びデリバティブ金融商品に係る取引を格付けの高い金融機関とのみ行っているため、当
            社グループにとって、当該取引に係る現在の信用リスクは重要でないと考えております。
          (c)流動性リスク

             当社グループは、短期借入金を主に運転資金の調達を目的として利用し、長期借入金や社債を主に設備
            投資資金の調達を目的として利用しています。支払手形及び買掛金といった債務と合わせ、当社グループ
            はこれらの債務の履行が困難になる流動性リスクに晒されております。その流動性リスクについて、決済
            に必要となるキャッシュ・フローの予測計画をもとに作成した適切な資金計画に沿って管理しておりま
            す。
             短期的な資金の調達手段である短期借入金について、当社は、各部署からの報告に基づき適時に資金繰
            計画を作成・更新するとともに、手許流動性を一定水準に保つことなどにより、流動性リスクを管理して
            おります。また、子会社で生じた資金の余剰は、グループ間で調整し効率的な資金管理を行っておりま
            す。
             長期的な資金の調達手段である長期借入金について、長期資金の調達の実行前に資金計画を作成し、取
            締役会がこれを承認します。借入金の契約上のキャッシュ・フローの満期日分析については、以下のとお
            りであります。
                                  84/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
         前連結会計年度

                   1年内      1-2年      2-3年      3-4年      4-5年       5年超       合計
        (2018年3月31日)
                    4,218                                     4,218
                            -      -      -      -      -
        借入金
                    4,218                                     4,218
                            -      -      -      -      -
         合計
                                                    (単位:百万円)

         当連結会計年度
                   1年内      1-2年      2-3年      3-4年      4-5年       5年超       合計
        (2019年3月31日)
                     481                                     481
                            -      -      -      -      -
        借入金
                     481                                     481
                            -      -      -      -      -
         合計
         当社グループは当連結会計年度末現在において、流動性リスクに対処するためいつでも使用可能な現金及び短

        期的な預金等を       297,682百万円保有しています。
         (4)金融商品の公正価値

          公正価値の見積り
           (ⅰ)公正価値の測定方法
              当社グループは、金融資産及び金融負債の公正価値について次のとおり決定しております。
           (現金及び現金同等物、売上債権及びその他の債権、仕入債務及びその他の債務、短期借入金)

              短期間で決済されるため、公正価値は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
             す。
           (その他の金融資産、その他の金融負債)

              その他の金融資産のうち、市場性のある有価証券の公正価値は市場価格等に基づいて決定しておりま
             す。
              非上場株式については評価技法を利用して公正価値を決定しております。
              デリバティブについては先物為替相場、契約締結先金融機関から提示された価額等に基づいて公正価
             値を決定しております。
              なお、金融商品の評価に用いる具体的な評価技法には以下のものが含まれております。
             ・類似の金融商品の取引相場価格またはディーラーによる見積り
             ・外国為替先物予約の公正価値は、期末日現在の先物為替レートを用いて算定した価値により算定して
             おります。
             ・上記以外の金融商品の公正価値の算定には、割引キャッシュ・フロー分析などその他の技法が用いら
             れます。
           (ⅱ)金融商品の帳簿価額と公正価値

              各決算日における連結財政状態計算書において公正価値で測定されない金融商品の該当はありませ
             ん。
           (ⅲ)公正価値ヒエラルキー

              以下の表では、公正価値で測定される金融商品に関する分析を示しております。それぞれのレベルは
             以下のとおり定義されています。
              レベル1:同一の資産又は負債の活発な市場における相場価格

              レベル2:資産または負債について、直接的に観察可能なインプット(すなわち価格そのもの)また
                   は間接的に観察可能なインプット(すなわち価格そのもの)のうち、レベル1に含まれる
                   相場価格以外のインプット
              レベル3:資産または負債について、観察可能な市場データに基づかないインプット(すなわち観察
                   不能なインプット)
                                  85/133


                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
            以下の表は、公正価値で測定した当社グループの資産及び負債を示したものであります。
                                                    (単位:百万円)
              前連結会計年度

                                レベル1        レベル2        レベル3
                                                        合計
             (2018年3月31日)
     金融資産

      純損益を通じて公正価値で測定される金融資産
       デリバティブ                            -      1,809         -      1,809

      その他の包括利益を通じて公正価値で測定される
      金融資産
                                  5,577         -       792       6,369
       資本性金融商品に対する投資
                                  5,577        1,809         792       8,179
        金融資産合計
     金融負債

      純損益を通じて公正価値で測定される金融負債

                                          △247               △247
       デリバティブ                            -               -
      ヘッジ手段として指定された金融負債

                                          △91               △91
                                    -               -
       デリバティブ
                                          △338               △338
                                    -               -
        金融負債合計
                                                    (単位:百万円)

              当連結会計年度

                                レベル1        レベル2        レベル3
                                                        合計
             (2019年3月31日)
     金融資産

      純損益を通じて公正価値で測定される金融資産
       デリバティブ                            -       181        -       181

      その他の包括利益を通じて公正価値で測定される
      金融資産
                                  4,560         -       942       5,502
       資本性金融商品に対する投資
                                  4,560         181        942       5,684
        金融資産合計
     金融負債

      純損益を通じて公正価値で測定される金融負債

                                          △537               △537
                                    -               -
       デリバティブ
                                          △537               △537
                                    -               -
        金融負債合計
            前連結会計年度及び当連結会計年度において、レベル1、2及び3の間の振替はありません。

                                  86/133






                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
           (ⅳ)資本性金融商品
              株式等の資本性金融商品は、主に長期的な事業の発展拡大に寄与することを目的として保有してお
             り、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に指定しております。資本性金融商品の主
             な銘柄、および公正価値の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                                          2,314
         (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ                                                1,826
         栗田工業(株)
                                          1,228               1,029
                                                         2,647
         その他                                 2,827
                                          6,369               5,502
          合計
              資本性金融商品から認識される、受取配当金の内訳は以下のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                 前連結会計年度                          当連結会計年度
                (2018年3月31日)                          (2019年3月31日)
         当期中に認識の中止を               期末日現在で           当期中に認識の中止を               期末日現在で

           行った金融資産             保有する金融資産              行った金融資産             保有する金融資産
                   -             120              -             140
                                  87/133













                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        15.仕入債務及びその他の債務
          仕入債務及びその他の債務の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        仕入債務

         支払手形及び買掛金                               88,367                 75,828
                                        21,746                 21,059
        その他の債務
                                        110,114                 96,887
         合計
        16.社債及び借入金

          社債及び借入金の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                                     平均利率(%)

                              前連結会計年度            当連結会計年度
                             (2018年3月31日)            (2019年3月31日)
                                                       (注)
        流動

                                                          1.0
         短期借入金                            1,049              448
                                     3,000              -
                                                           -
         1年内返済予定の長期借入金
                                     4,049              448
          合計
         (注)平均利率については借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しています。

                                  88/133












                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        17.従業員給付
          当社グループは、雇用期間中の給与水準、勤務期間、その他の要因に基づいた退職給付制度を運営しておりま
         す。退職給付制度のうち、確定給付型年金にかかる年金資産は外部に拠出しております。年金制度資産は、信
         託、その他各国の現地規制や慣行に準拠した類似の企業に預託されております。
          当社グループでは、確定給付型の制度として、基金型企業年金制度、規約型企業年金制度及び退職一時金制度
         を設けております。
          また、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合があります。
         (1)確定給付制度

          (a)連結財政状態計算書の計上額は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度

                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
                                          142,001              144,470

        確定給付制度債務の額
                                          103,720              102,026
        制度資産の公正価値
        確定給付負債

                                           46,227              50,320
        前払年金費用(注)                                   7,946              7,876
                                           38,280              42,444
        連結財政状態計算書上における資産負債の純額
          (注)前払年金費用は、連結財政状態計算書上、「その他の非流動資産」に含まれております。
          (b)確定給付制度債務の額の変動は以下のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度

                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
        期首残高                                  137,841              142,001

                                           7,139              6,548
        勤務費用
        利息費用                                    944              891

        確定給付制度債務の再測定

         人口統計上の仮定の変更から生じる数理計算上の
                                             -           △3,120
         差異
                                                         3,334
         財務上の仮定の変更から生じる数理計算上の差異                                  1,912
                                                         2,485
         実績修正                                   654
                                                        △7,395
        給付支払額                                  △6,066
                                           △423              △273
        その他
                                          142,001              144,470
        期末残高
                                  89/133






                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
          (c)制度資産の公正価値の変動は、以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度              当連結会計年度

                                   (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                    至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
        期首残高                                  102,783              103,720
        制度資産に係る利息収益                                    665              608
        制度資産の公正価値の再測定
         制度資産に係る収益                                  1,884              △389
                                            3,163              3,205
        事業主による拠出
        給付支払額                                  △4,591              △4,835
                                                         △283
                                            △ 183
        その他
                                           103,720              102,026
        期末残高
          (d)制度資産の公正価値は、以下の内容で構成されています。

                                                    (単位:百万円)
                            前連結会計年度                    当連結会計年度

                           (2018年3月31日)                    (2019年3月31日)
                      活発な市場での市場          活発な市場での市場          活発な市場での市場          活発な市場での市場

                       価値があるもの          価値がないもの          価値があるもの          価値がないもの
                                                7,703
        現金及び現金同等物                    7,250           -                    -
                                                         20,563
        生保一般勘定                      -        19,348            -
        債券                    6,127         12,350          5,968          9,764

        株式                    6,822          7,090          5,922          7,073

                                     44,730                    45,031
        その他(注)                      -                    -
                                     83,520          19,594          82,432
                           20,200
            制度資産合計
          (注)リスク抑制型のバランス運用を目的とする私募投資信託等への投資が含まれております。
                                  90/133









                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
          (e)主な数理計算上の仮定は以下のとおりであります。
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                    至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
                                            0.55%              0.45%
           割引率
          (f)主な仮定の加重平均の変動に対する確定給付制度債務の感応度分析は以下のとおりであります。

             前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                    確定給付制度債務への影響

                           仮定の変動             仮定の増加             仮定の減少
                            0.5%                △9,896

           割引率                                              10,788
             当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                    確定給付制度債務への影響

                           仮定の変動             仮定の増加             仮定の減少
                            0.5%                △9,978

           割引率                                              10,865
             上記の感応度分析は他のすべての仮定は不変として1つの仮定を変動させたものであります。実際には

            複数の仮定の変化が相互に関連して生じる可能性もあります。重要な数理計算上の仮定に対する確定給付
            制度債務の感応度を計算する際、連結財政状態計算書で認識される年金債務を計算する場合と同じ方法
            (報告期間の末日に予測単位積増方式で計算した確定給付制度債務の現在価値)が適用されております。
             なお、前連結会計年度の感応度分析の作成に使用した方法及び仮定からの変更はありません。
          (g)資産・負債マッチング戦略

             現在の市場環境下では、割引率の著しい変動は想定されず負債の著しい変動は見込まれません。した
            がって、中長期的な運用上の期待リターンが割引率を上回るように設定し、資産・負債のミスマッチを抑
            制するような投資戦略としております。
             投資戦略は主に、収益を最大化させるのではなく、下落リスクの管理強化に重点を置いております。こ
            の投資政策は、長期契約を履行できる収益を生み出すことができると予想されます。
          (h)確定給付制度の将来キャッシュ・フローに与える影響

           (ⅰ)将来の拠出に影響する積立ての取決め及び積立てについて、法令の要求を満たし、給付債務に伴うリ
             スク構造に対応したものとする方針を採用しております。
           (ⅱ)翌連結会計年度の拠出額は3,205百万円と予想しております。
           (ⅲ)確定給付制度債務の加重平均デュレーションは、15.67年であります。
         (2)確定拠出制度

            確定拠出制度への要拠出額等に係る費用は、前連結会計年度においては1,558百万円、当連結会計年度に
           おいては1,808百万円であります。
                                  91/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        18.資本及びその他の資本項目
         (1)授権株式総数及び発行済株式総数
            授権株式総数及び発行済株式総数は、以下のとおりであります。
            なお、当社の発行する株式は、無額面普通株式であり、発行済株式は全額払込済となっております。
                                                     (単位:千株)
                                   授権株式総数               発行済株式総数

          2017年4月1日残高                               400,000               173,758

                                            -               -
           増減
          2018年3月31日残高

                                         400,000               173,758
                                            -            △15,000
           増減(注)
                                         400,000               158,758
          2019年3月31日残高
          (注)当連結会計年度の発行済株式総数の期中増減は、2019年2月28日開催の取締役会決議に基づく自己株式
             の消却によるものであります。なお、自己株式の増減は以下のとおりであります。
                                  自己株式数(千株)                金額(百万円)

          2017年4月1日残高                               11,434               50,876

                                          2,158               18,990
           増減(注1)
          2018年3月31日残高                               13,592               69,867

                                         △11,683               △58,786
           増減(注2)
                                          1,908               11,081
          2019年3月31日残高
          (注1)2018年1月31日           開催  の取締役会決議に基づく自己株式の取得及び単元未満株式の買取請求による増
              加、ストック・オプションの行使による減少であります。
          (注2)    2018年1月31日開催の取締役会決議に基づく自己株式の取得及び単元未満株式の買取請求による増
              加、ストック・オプションの行使、2018年6月22日開催の取締役会決議に基づく自己株式の処分及び
              2019年2月28日開催の取締役会決議に基づく自己株式の消却                            による減少であります。
         (2)資本金及び資本剰余金

            日本における会社法では、株式の発行に対しての払込み又は給付に係る額の2分の1以上を資本金に組み
           入れ、資本金として計上しないこととした金額は資本剰余金に含まれている資本準備金に組み入れることが
           規定されております。
            また、会社法では、資本準備金の額は株主総会の決議により、資本金に組み入れることができます。
         (3)利益剰余金

            会社法では、剰余金の配当により減少する剰余金の額の10分の1を、資本準備金及び利益準備金の合計額
           が資本金の4分の1に達するまで資本準備金又は利益準備金として積み立てることが規定されております。
            積み立てられた利益準備金は、欠損填補に充当できます。また、株主総会の決議をもって、利益準備金を
           取り崩すことができることとされております。
            当社における会社法上の分配可能額は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に準拠
           して作成された当社の会計帳簿上の利益剰余金の金額に基づいて算定されております。
            また、会社法は分配可能額の算定にあたり一定の制限を設けており、当社はその範囲内で利益剰余金の分
           配を行っております。
                                  92/133





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
         (4)その他の資本の構成要素
         前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                         その他の包括利益          キャッシュ・
                在外営業活動体の         を通じて公正価値         フロー・ヘッジに         確定給付債務の
                                                       合計
                  換算差額       で測定される金融         係る公正価値の           再測定額
                          資産の純変動額           純変動額
     2017年4月1日残高                15,655         2,321         △137           -       17,839
                     △3,298           261         16       △536        △3,556
      その他の包括利益
     当期包括利益合計                △3,298           261         16       △536        △3,556
      その他の資本の構成
      要素から利益剰余金                 -        △0         -        536         536
      への振替
                     12,357         2,582         △120           -       14,819
     2018年3月31日残高
         当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                        その他の包括
                               キャッシュ・
                        利益を通じて
                               フロー・ヘッ
                在外営業活動        公正価値で              確定給付債務        譲渡制限付
                                ジに係る                       合計
                体の換算差額        測定される              の再測定額         株式
                               公正価値の
                        金融資産の
                                純変動額
                         純変動額
     2018年4月1日残高              12,357        2,582       △120         -       -       14,819
                   △1,808        △686        120     △2,176          -      △4,550
      その他の包括利益
     当期包括利益合計              △1,808        △686        120     △2,176          -      △4,550
      株式報酬取引
                     -       -       -       -      △48         △48
      その他の資本の構成
                     -       -       -      2,176         -       2,176
      要素から利益剰余金
      への振替
     2019年3月31日残高              10,548        1,895         0       -      △48        12,395
          (a)在外営業活動体の換算差額

             在外営業活動体の財務諸表の換算差額であります。
          (b)その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産の純変動額

             認識が中止されるまでに生じたその他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産の取得価額と
            公正価値との差額であります。
          (c)キャッシュ・フロー・ヘッジに係る公正価値の純変動額

             ヘッジ会計終了日以前に包括利益計算書上で計上されたヘッジ手段であるデリバティブの評価損益の変
            動額であります。
          (d)確定給付債務の再測定額

             確定給付債務の再測定額は確定給付制度の事前の数理計算上の仮定と実績の差異から生じたものであり
            ます。
          (e)譲渡制限付株式

             譲渡制限株式報酬制度において、譲渡制限付株式の出資財産とするための金銭報酬を支給しておりま
            す。当初認識時に決定した報酬額の公正価値の金額を借方計上額としてその他の資本の構成要素として認
            識しております。権利確定期間にわたって、報酬コストを認識した時点で、借方計上額として認識された
            その他の資本の構成要素を控除しております。
             譲渡制限付株式報酬制度の詳細については、「注記19.株式報酬」に記載しております。
                                  93/133



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                            有価証券報告書
        19.株式報酬
         (1)ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
           (a)ストック・オプション制度の概要
              当社グループにおけるストック・オプション制度の内容は、以下のとおりであります。
                               2004年                   2005年
                              株式報酬型                   株式報酬型
                           ストック・オプション                   ストック・オプション
     決議年月日                   2004年6月24日                   2005年6月24日
     付与対象者の区分及び人数(名)                   当社取締役及び執行役員 18                   当社取締役及び執行役員 18
     ストック・オプション数(株)
                        普通株式 40,500                   普通株式 37,100
     (注1)
     付与日                   2004年6月24日                   2005年6月24日
                        付与日(2004年6月24日)以降、権利                   付与日(2005年6月24日)以降、権利
                        確定日(2005年6月1日)まで継続し                   確定日(2006年6月1日)まで継続し
     権利確定条件(注2)
                        て取締役または執行役員の地位にある                   て取締役または執行役員の地位にある
                        こと                   こと
     対象勤務期間                   2004年6月24日~2005年6月1日                   2005年6月24日~2006年6月1日
     権利行使期間(注3)
                        2004年6月25日~2024年6月24日                   2005年6月25日~2025年6月24日
                                       16                   15
     新 株予  約権の数(個)       (注4、7)
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                            普通株式      1,600株             普通株式 1,500        株
     内容及び株式数       (注7)
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                       1株あたり1
     (注7)
     新株予約権の行使により株式を発行す
     る場合の株式の発行価格及び資本組入                                   該当なし
     額 (注5、7)
                        ① 新株予約権者は、当社の取締役、                 &n