株式会社Link-U 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社Link-U

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         2019年6月13日
      【会社名】                         株式会社Link-U
      【英訳名】                         Link-U    Inc.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  松原 裕樹
      【本店の所在の場所】                         東京都千代田区神田駿河台四丁目4番1号
      【電話番号】                         03-6260-9279
      【事務連絡者氏名】                         取締役管理部長  志村 優太
      【最寄りの連絡場所】                         東京都千代田区神田駿河台四丁目4番1号
      【電話番号】                         03-6260-9279
      【事務連絡者氏名】                         取締役管理部長  志村 優太
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集                             550,443,000円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            675,960,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            198,402,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                  1/98










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
                    発行数(株)
          種類                                  内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
                     251,000(注)2
         普通株式                     標準となる株式であります。
                              また、1単元の株式数は100株であります。
      (注)1.2019年6月13日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、2019年7月1日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.「第1 募集要項」に記載の募集(以下「本募集」という。)及び本募集と同時に行われる後記「第2 売
           出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」に記載の売出し(以下「引受人の買取引受によ
           る売出し」という。)に伴い、その需要状況等を勘案し、76,900株を上限として、SMBC日興証券株式会
           社が当社株主である松原裕樹(以下「貸株人」という。)より借り入れる当社普通株式の売出し(以下
           「オーバーアロットメントによる売出し」という。)を行う場合があります。オーバーアロットメントによ
           る売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 オーバーアロットメントによ
           る売出し等について」をご参照ください。
           これに関連して、当社は、2019年6月13日開催の取締役会において、本募集及び引受人の買取引受による売
           出しとは別に、SMBC日興証券株式会社を割当先とする第三者割当による当社普通株式76,900株の新規発
           行(以下「本第三者割当増資」という。)を決議しております。その内容に関しましては、後記「募集又は
           売出しに関する特別記載事項 3 第三者割当増資について」をご参照ください。
         4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連してロックアップに関する合意がなされておりますが、そ
           の内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 4 ロックアップについて」をご参
           照ください。
         5.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                  2/98











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
        2019年7月9日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
       欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引
       受価額と異なる価額(発行価格)で募集を行います。引受価額は2019年7月1日開催予定の取締役会において決定さ
       れる会社法上の払込金額(発行価額)以上の価額となります。引受人は払込期日に引受価額の総額を当社に払込み、
       本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払
       いません。
        なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
       233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
       件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況等を把握した上で発行価格等を決定する方法をいう。)により決
       定する価格で行います。
                         発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
             区分
                               -             -             -
     入札方式のうち入札による募集
                               -             -             -
     入札方式のうち入札によらない募集
                            251,000           550,443,000             297,886,800
     ブックビルディング方式
         計(総発行株式)                   251,000           550,443,000             297,886,800
      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定
           されております。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規則第14条第1項に従い算出される
           資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
           ります。また、2019年6月13日開催の取締役会において、会社法上の増加する資本金の額は、2019年7月9
           日に決定される予定の引受価額に基づき、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金等増加限度額
           の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとし、会社
           法上の増加する資本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加する資本金の額を減じた額とす
           ることを決議しております。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,580円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は647,580,000円となります。
                                  3/98










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                      資本     申込株                   申込
     発行価格     引受価額     払込金額
                     組入額     数単位                   証拠金
                                   申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)
                     (円)     (株)                   (円)
                                自 2019年7月10日(水)
      未定     未定     未定     未定                        未定
                            100                      2019年7月17日(水)
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3                        (注)4
                                至 2019年7月16日(火)
      (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格の決定に当たり、2019年7月1日に仮条件を提示する予定であります。
           当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク等を総合的に勘案した上で、2019年7月9日に発
           行価格及び引受価額を決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2019年7月1日開催予定の取締役会において決定します。また、
           前記「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、会社法上の払込金額及び2019年7月9日に決定される予定
           の発行価格、引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金となり
           ます。
         3.資本組入額は、前記「2 募集の方法」に記載の資本組入額の総額を、前記「2 募集の方法」に記載の発
           行数で除した金額とし、2019年7月9日に決定する予定であります。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。なお、申込証拠金のうち引受価額相当額
           は、払込期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、2019年7月18日(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
           る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
           い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、2019年7月2日から2019年7月8日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、各社の定める配分に係る基本方針及び社内規則等に従い販
           売を行う方針であります。配分に係る基本方針については各社の店頭における表示又はホームページにおけ
           る表示等をご確認ください。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は本募集を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の全国の本支店及び営業所で
         申込みの取扱いをいたします。
        ②【払込取扱場所】

                  店名                           所在地
     株式会社三井住友銀行 赤坂支店                            東京都港区赤坂二丁目5番1号

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                  4/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【株式の引受け】
                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                      引受けの条件
                                        (株)
                                              1.買取引受けによります。
     SMBC日興証券株式会社             東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                                              2.引受人は新株式払込金とし
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                                て、払込期日までに払込取
                                                扱場所へ引受価額と同額を
     野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                                払込むことといたします。
     極東  証券株式会社           東京都中央区日本橋茅場町一丁目4番7号                      未定
                                              3.引受手数料は支払われませ
                                                ん。ただし、発行価格と引
     いちよし証券株式会社             東京都中央区八丁堀二丁目14番1号
                                                受価額との差額の総額は引
     エース   証券株式会社          大阪府大阪市中央区本町二丁目6番11号
                                                受人の手取金となります。
     岡三  証券株式会社           東京都中央区日本橋一丁目17番6号
                            -            251,000            -

           計
      (注)1.各引受人の引受株式数は、2019年7月1日に決定する予定であります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(2019年7月9日)に元引受契約を締結する予定であります。
         3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
      5【新規発行による手取金の使途】

       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
               595,773,600                    9,000,000                  586,773,600

      (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,580円)を基礎として算出した見込額であ
           ります。
         2.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。また、
           消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
       (2)【手取金の使途】

           上記の差引手取概算額586,773千円に本第三者割当増資の手取概算額上限181,890千円を合わせた手取概算額
          合計上限768,663千円については、以下のとおり充当する予定であります。
          ① 顧客企業数等の増加に伴う通信トラヒック増加や、機能拡充に対応するため、内部サーバ費用等として
           280,000千円(2020年7月期:80,000千円、2021年7月期:100,000千円、2022年7月期:100,000千円)
          ② 今後の会社規模の拡大及び事業ポートフォリオの多様化のため優秀な新規エンジニア等の確保を目的とし
           た人件費及び人材採用教育費として378,000千円(2020年7月期:105,000千円、2021年7月期:182,000千
           円、2022年7月期:91,000千円)
          ③   人員の増加に伴い必要となるオフィス増床のための追加敷金及び費用等として96,000千円(2020年                                             7 月
           期:42,000千円、2021年           7 月期:27,000千円、2022年7月期:27,000千円)
          ④ 金融機関からの借入金の返済として9,000千円(2020年7月期:9,000千円)
           なお、残額は人件費として2023年7月期までに充当する予定です。また、上記調達資金は、具体的な充当時
          期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
                                  5/98






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        2019年7月9日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
       格、発行価格と同一の価格)で売出しを行います。引受人は株式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受
       人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対
       して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額
                                           売出しに係る株式の所有者の
                   売出数(株)
        種類
                                  (円)
                                             住所及び氏名又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        東京都杉並区
                                        松原 裕樹
                                                       131,000株
              ブックビルディング
                          262,000       675,960,000
     普通株式
              方式
                                        東京都文京区
                                        山田 剛史
                                                       131,000株
     計(総売出株式)            -        262,000       675,960,000                 -
      (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
           ります。
         2.本募集における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたします。
         3.売出数等については今後変更される可能性があります。
         4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案しオーバーアロットメントによる
           売出しを行う場合があります。
           オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 
           オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
         5.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、
           その内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 4 ロックアップについて」をご
           参照ください。
         6.振替機関の名称及び住所は、前記「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と
           同一であります。
         7.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,580円)で算出した見込額でありま
           す。
                                  6/98








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                       申込株      申込
     売出価格     引受価額
                                                        元引受契
                       数単位     証拠金
                 申込期間                 申込受付場所       引受人の住所及び氏名又は名称
      (円)     (円)
                                                        約の内容
                       (株)     (円)
                自 2019年
      未定
                                 引受人の本店       東京都千代田区丸の内三丁目3
                7月10日(水)
           未定                  未定                            未定
     (注)1
                         100
                                 及び全国各支       番1号
          (注)2                  (注)2                            (注)3
                至 2019年
     (注)2                            店       SMBC日興証券株式会社
                7月16日(火)
      (注)1.売出価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           1と同様であります。
         2.売出価格、引受価額及び申込証拠金は、本募集における発行価格、引受価額及び申込証拠金とそれぞれ同一
           といたします。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
         3.引受人の引受価額による買取引受けによることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売
           出価格決定日(2019年7月9日)に決定する予定であります。なお、元引受契約においては、引受手数料は
           支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の
           (注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                  7/98










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額
                                           売出しに係る株式の所有者の
        種類           売出数(株)
                                  (円)
                                             住所及び氏名又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                          76,900       198,402,000
     普通株式
              方式                           SMBC日興証券株式会社
     計(総売出株式)            -         76,900       198,402,000                 -
      (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況
           等を勘案した上で行われる、SMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式の売出しであ
           ります。なお、上記売出数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、又はオー
           バーアロットメントによる売出しが全く行われない場合があります。
           オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 
           オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
         2.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定さ
           れております。
         3.本募集における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止いたします。
         4.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と同一
           であります。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,580円)で算出した見込額でありま
           す。
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金
                                               引受人の住所及び         元引受契
              申込期間                       申込受付場所
       (円)               (株)       (円)
                                                氏名又は名称        約の内容
              自 2019年
                                   SMBC日興証券株式
             7月10日(水)
       未定                       未定
                         100                         -       -
                                   会社の本店及び全国各
      (注)1                       (注)1
              至 2019年
                                   支店
             7月16日(火)
      (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
           ん。
         2.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式
           は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から
           売買を行うことができます。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.SMBC日興証券株式会社の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディン
           グ方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                  8/98




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1 東京証券取引所マザーズへの上場について
        当社は前記「第1 募集要項」における募集株式及び前記「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株
       式について、SMBC日興証券株式会社を主幹事会社として東京証券取引所マザーズへの上場を予定しております。
      2 オーバーアロットメントによる売出し等について

        本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、76,900株を上限として、本募集及び
       引受人の買取引受による売出しの主幹事会社であるSMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式
       (以下「借入株式」という。)の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)を行う場合があります。なお、当
       該売出株式数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、又はオーバーアロットメントに
       よる売出しが全く行われない場合があります。
        これに関連して、オーバーアロットメントによる売出しが行われる場合は、当社はSMBC日興証券株式会社に対
       して、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数を上限として、本第三者割当増資の割当を受ける権利(以
       下「グリーンシューオプション」という。)を、2019年8月15日を行使期限として付与します。
        SMBC日興証券株式会社は、借入株式の返還を目的として、上場(売買開始)日から2019年8月15日までの間
       (以下「シンジケートカバー取引期間」という。)、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数の範囲内で
       東京証券取引所において当社普通株式の買付(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があり、当該
       シンジケートカバー取引で買付けられた株式は借入株式の返還に充当されます。なお、シンジケートカバー取引期間
       内においても、SMBC日興証券株式会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わない、又はオーバーアロッ
       トメントによる売出しに係る株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
        SMBC日興証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数からシンジケートカバー取引に
       より買付けた株式数を控除した株式数についてのみ、グリーンシューオプションを行使し本第三者割当増資の割当に
       応じる予定であります。したがって、本第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、そ
       の結果、失権により本第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場合
       があります。
        SMBC日興証券株式会社が本第三者割当増資に応じる場合には、SMBC日興証券株式会社はオーバーアロット
       メントによる売出しによる手取金をもとに払込みを行います。
        オーバーアロットメントによる売出しが行われるか否か及びオーバーアロットメントによる売出しが行われる場合
       の売出数については、2019年7月9日に決定されます。オーバーアロットメントによる売出しが行われない場合は、
       SMBC日興証券株式会社による貸株人からの当社普通株式の借り入れは行われません。したがって、SMBC日興
       証券株式会社はグリーンシューオプションを全く行使しないため、失権により、本第三者割当増資による新株式発行
       は全く行われません。また、東京証券取引所におけるシンジケートカバー取引も行われません。
                                  9/98










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3 第三者割当増資について
        上記「2 オーバーアロットメントによる売出し等について」に記載のSMBC日興証券株式会社を割当先とする
       本第三者割当増資について、当社が2019年6月13日開催の取締役会において決議した内容は、以下のとおりでありま
       す。
      (1)
        募集株式の数               当社普通株式 76,900株
      (2)                  未定(注)1
        募集株式の払込金額
                        増加する資本金の額は、割当価格に基づき、会社計算規則第14条第1項に従い
                        算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の
        増加する資本金及び資本準備金
      (3)                  端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとします。また、増加する資
        に関する事項
                        本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加する資本金の額を減
                        じた額とします。(注)2
      (4)                  2019年8月20日(火)
        払込期日
      (注)1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、1株につき、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 
           (2)ブックビルディング方式」に記載の本募集における払込金額(会社法上の払込金額)と同一とし、2019
           年7月1日開催予定の取締役会において決定します。
         2.割当価格は、1株につき、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」に記載
           の本募集における引受価額と同一とし、2019年7月9日に決定します。
      4 ロックアップについて

        本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である松原裕樹、売出人である山田剛史、当
       社株主である前田有幾、当社役員かつ当社新株予約権者である志村優太、池田裕、塚田英樹及び髙木伸學は、SMB
       C日興証券株式会社(以下「主幹事会社」という。)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元
       引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の2020年1月13日までの期間中は、主幹事会社
       の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含
       む。)の売却等を行わない旨を約束しております。
        当社新株予約権者である井上裕貴、広畑壮一郎、村上航規、友野拓也、松田暁、光益義幸、土屋達示、矢ノ目亮、
       平藤燎、岡田卓也、         中田雄太、     山田彩実    、加藤瞳、平文英徳、小林尚貴、星子恭平、南保大地、藁谷富次郎及び豊田
       智香  は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場
       (売買開始)日から起算して90日目の2019年10月15日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受ける
       ことなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約
       束しております。
        当社株主である株式会社メディアシークは、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係
       る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の2019年10月15日までの期間中は、主幹事会
       社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式の売却等(た
       だし、その売却価格が募集における発行価格又は売出しにおける売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通し
       て行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨を約束しております。
        また、当社は、主幹事会社に対し、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、
       上場(売買開始)日から起算して180日目の2020年1月13日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を
       受けることなく、当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利あるいは義務を有する有価証券の発行又は売却(本
       第三者割当増資に係る新株式発行並びに株式分割による新株式発行等及びストック・オプションに係る新株予約権の
       発行を除く。)を行わないことに合意しております。
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社は、その裁量で当該合意内容の一部若しくは全部につき解除
       し、又はその制限期間を短縮する権限を有しております。
        上記のほか、当社は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等によ
       る募集株式等の割当に関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っております。その内容については、
       「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照ください。
                                 10/98




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社のマーク                        を記載いたします。

       (2)裏表紙に当社のマーク                    を記載いたします。

       (3)表紙の次に「1 企業の概況」~「5 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 11/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 12/98





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 13/98





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/98





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/98





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/98





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/98





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/98





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
              回次             第1期       第2期       第3期       第4期       第5期
             決算年月             2014年7月       2015年7月       2016年7月       2017年7月       2018年7月

                    (千円)        38,028       89,117       390,725       628,803       610,247
     売上高
                    (千円)         276      34,266       187,148       279,424       211,082
     経常利益
                    (千円)         148      23,085       127,145       166,267       149,168
     当期純利益
     持分法を適用した場合の投資
                    (千円)          -       -       -       -       -
     利益
                    (千円)        1,000       8,500       13,000       13,000       43,450
     資本金
                    (株)         100      2,000       20,600       206,000       210,200
     発行済株式総数
                    (千円)        1,148       39,233       175,379       341,647       551,715
     純資産額
                    (千円)        11,289       70,885       354,007       577,399       729,002
     総資産額
                    (円)      11,480.16       19,616.98        8,513.59         82.92       131.24
     1株当たり純資産額
                             -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
     額)
                    (円)      1,480.16       12,821.62        6,237.66         40.36       36.00
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)        10.17       55.35       49.54       59.17       75.68
     自己資本比率
                    (%)        12.89       114.34       118.49        64.32       33.39
     自己資本利益率
                    (倍)         -       -       -       -       -
     株価収益率
                    (%)         -       -       -       -       -
     配当性向
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)          -       -       -     151,512        74,143
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)          -       -       -    △ 21,476      △ 42,734
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)          -       -       -     58,434       24,536
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                    (千円)          -       -       -     397,182       453,127
     高
                              ▶       5       15       18       26
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( -)      ( -)      ( -)      ( -)       ( 3 )
      (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社がないため記載しておりません。
         4.1株当たり配当額及び配当性向については配当を実施しておりませんので、記載しておりません。
         5.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第1期及び第2期は潜在株式が存在しないため記載
           しておりません。第3期、第4期及び第5期は潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるため、
           期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         6.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         7.第4期及び第5期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限
           責任監査法人の監査を受けております。
                                 19/98


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           なお、第1期、第2期及び第3期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づ
           き算出した各数値を記載しております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項
           の規定に基づく、太陽有限責任監査法人の監査を受けておりません。
         8.当社は第4期よりキャッシュ・フロー計算書を作成しておりますので、第1期から第3期までのキャッ
           シュ・フローに係る各項目については記載しておりません。
         9.従業員数は就業人員であり、平均臨時雇用者数(アルバイト含む。)は年間平均人員を( )外数で記載し
           ております。
         10.当社は2013年8月20日設立のため、第1期は、2013年8月20日から2014年7月31日までの11か月と12日間と
           なっております。
         11.当社は、2015年7月23日付で普通株式1株につき18株の株式分割を行っておりますが、第2期の期首に当該
           株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しておりま
           す。
         12.当社は、2016年7月30日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っておりますが、第3期の期首に当該
           株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しておりま
           す。
         13.当社は、2017年7月28日付で普通株式1株につき10株、2019年2月20日付で普通株式1株につき20株の株式
           分割を行っておりますが、第4期の期首に当該株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり純資産額及び
           1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         14.当社は、2015年7月23日付で普通株式1株につき18株、2016年7月30日付で普通株式1株につき10株、2017
           年7月28日付で普通株式1株につき10株、2019年2月20日付で普通株式1株につき20株の株式分割を行って
           おります。
           そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申
           請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133
           号)に基づき、第1期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を
           参考までに掲げると、以下のとおりとなります。
           なお、第1期、第2期及び第3期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、太陽有
           限責任監査法人の監査を受けておりません。
                          第1期       第2期       第3期       第4期       第5期
                         2014年7月       2015年7月       2016年7月       2017年7月       2018年7月

                            0.32
     1株当たり純資産額               (円)               9.81       42.57       82.92       131.24
                            0.04
     1株当たり当期純利益金額               (円)               6.41       31.19       40.36       36.00
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
     1株当たり配当額                        -       -       -       -       -
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
     額)
                                 20/98








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
        年月                            概要
      2013年8月       東京都千代田区飯田橋に、インターネットサービス事業を主目的として株式会社Link-U(資本
              金1,000千円)を設立
      2014年10月       本社を千代田区飯田橋から港区六本木に移転
      2014年12月       株式会社小学館との協業により、スマートフォンアプリ「マンガワン」をリリース
      2015年7月       資本金を8,500千円に増資
      2015年12月       資本金を13,000千円に増資
      2016年6月       本社を港区六本木から港区虎ノ門に移転
      2017年1月       株式会社スクウェア・エニックス提供のスマートフォンアプリ「マンガUP!」をリリース
      2017年8月       株式会社白泉社提供のスマートフォンアプリ「マンガPark」をリリース
      2018年1月       資本金を28,225千円に増資
      2018年7月       資本金を43,450千円に増資
      2018年10月       本社を港区虎ノ門から千代田区神田駿河台に移転
                                 21/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
       (1)事業の概況
         当社は、「世の中の課題を技術で解決する」という経営理念のもと、自社設計のオリジナルサーバーを基軸とし
        たデータ配信と、そのデータを適切に蓄積・分析・処理するAIソリューションを併せてワンストップで提供する
        サーバープラットフォームビジネスを展開しております。その中で培ったサーバーインフラ技術、データ処理技術
        及びコンテンツ処理技術等を強みとして、事業規模を拡大してまいりました。
        (注)データセンター及び付随する高速回線についてはハウジングサービスを利用しており、通信事業者が所有す





           るデータセンター設備内に、当社のサーバーを設置しております。
       (2 ) 技術の特徴

         当社のサーバープラットフォーム技術には、以下の特徴があります。
        ①ユーザビリティ

        ・高速配信が可能
         ハウジングで利用しているデータセンターにおいて、インターネット回線が集積する東京都千代田区大手町から
        当社のみが利用する専用線を引き込んでおり、自社のみで使用できる環境にある高速なインターネット回線を通じ
        て配信しているため、他社の利用状況の影響を受けず安定した高速配信により快適なユーザー体験を提供できる能
        力を有しております。
         当社は高性能なサーバーを自社で保有していることを利点として、仮想化(注1)やルーティング(注2)によ
        るオーバーヘッド(注3)なくサーバーを稼働させております。
         ユーザーに快適な使用環境を提供することは、隙間時間の活用やサービスへの接触機会の増加につながり、ユー
        ザー満足度の向上のために重要であると考えております。
        ・コンテンツ処理

         マンガに適した画像とするためのトーンをグラデーションにする処理技術(注4)、画像圧縮技術、ノイズリダ
        クション(注5)技術及びアップコンバート(注6)技術を有しております。
         その他、パソコン上のブラウザやスマートフォン上での快適な画面の閲覧が可能になる画像表示ソフトウェア
        (viewer)、データの大量配信に対応した電子認証システム等の技術を有しております。
         動画につきましても、画像と同じく圧縮処理技術・ノイズリダクション等の技術を有しております。
        ・通信量削減

         ユーザーの読書履歴及びお気に入り登録などから、大量のデータにより学習した情報を基にユーザーが読むであ
        ろうコンテンツを予測し、充電中かつWi-Fiに接続しているユーザーの端末への事前の配信を可能にしておりま
        す。これにより携帯電話回線接続時にダウンロードが不要になることから画像表示に要する時間及び通信量が削減
        され、電車の中など電波状態の悪い環境におけるコンテンツ閲覧に要する通信環境のハードルが下がり、パケット
        制限への抵触が回避しやすくなります。
         またユーザーの回線状態に合わせてコンテンツのクオリティを自動調整することにより、通信量の削減も可能と
        なっております。
                                 22/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②安定した運用
        ・サービス停止の防止策
         当社ではサーバーを3重化、ネットワークを2重化した、単一障害点(注7)のない冗長化(注8)構成を基本
        としております。突発的なサーバーダウンが発生した場合においてもダウンしたサーバーを自動で除外し、残りの
        2台のサーバーが相互補完する仕組みとなっており、サービスを中断することなく提供することが可能な体制と
        なっております。同様に、ネットワークダウンが発生した場合においても、予備のネットワークに自動で切り替え
        る体制となっております。
        ・耐障害性の高さ

         データベースサーバーにおいて、マルチマスタ方式(注9)を採用しております。一般的にはマスタ・スレーブ
        方式(注10)が採用されておりますが、マスタデータを更新してからスレーブデータに更新されるまでにタイムラ
        グが発生し、マスタサーバーに不具合が発生した場合、マスタ・スレーブの切替の処理が必要というデメリットが
        あります。マルチマスタ方式を採用することにより、マスタ・スレーブの切替の処理が不要となり、障害発生時に
        自動フェイルオーバー(注11)によるサービスの継続が可能となっております。
        ③高コストパフォーマンス

        ・低コストでの運用
         コンテンツの電子配信事業者は、クラウドサーバー事業者を活用することが通常であるなかで、当社は用途、配
        信量に応じたサーバーハードウェアを自社設計する方針としており、画像・動画の高速大量配信に特化したオリジ
        ナルサーバーを高性能・低コストで調達することができます。通常、サーバーの台数が増加するほど、サーバー間
        の連携をとるためのシステムは複雑になり、サーバーの監視に要する人的コストは高まります。当社はサーバー1
        台の性能を高めることにより、少数のサーバーにより運営しております。それにより複雑なシステムを構築する必
        要がなく、また監視対象が少ないため、保守に要する労力も削減しております。
        ・サーバーコスト抑制

         当社は圧縮率の高いフォー            マットである      WebP  (注12)を採用しております。コンテンツの容量を削減することに
        より、サーバーを構築するうえで確保する必要のある容量を削減、サーバーに必要なコストを抑制しております。
        ④マーケティング

         迅速なフィードバック
         当社は高速なデータベースの集計処理を可能とする技術を有しております。データの高速取得は、データ分析の
        容易さに直結するため、リアルタイムで取得したユーザーの動向を、サービスに対して迅速にフィードバックを行
        うことが容易となっております。
        ⑤セキュリティ

         著作権保護技術
         動画コンテンツにおいては、DRM(注13)としてGoogle                          Inc.が提供するWideVine(注14)を採用した実績があり
        ます。
        (注)1.仮想化:サーバーなどのハードウエアリソースを、物理的な構成にとらわれずに、論理的に統合や分割

             することができる技術のこと。1台のサーバーを複数台のサーバーであるかのように論理的に分割し
             て、それぞれにOSを動作させることが可能。
           2.ルーティング:送信元から宛先まで、データを転送すること。
           3.オーバーヘッド:コンピューターが処理する際の、当該処理を実行するために必要となる付加的な負
             荷。
           4.トーンをグラデーションにする処理技術:目の細かいトーンを潰してグラデーションにすることでデー
             タ量を削減する技術。
           5.ノイズリダクション:音声や映像等といった信号に含まれるノイズを抑圧・軽減する、信号処理の一
             種。
           6.アップコンバート:多層構造のニューラルネットワークを用いた機械学習である深層学習を利用して、
             低解像度の画像を高解像度の画像に近づける技術。低解像度の画像と高解像度の画像を大量に準備し、
             低解像度を不正解、高解像度を正解とPCに学習させ、低解像度の画像からPCに正解(高解像度の画像)
             を導き出させる。
           7.単一障害点:その単一箇所が停止するとシステム全体が停止するような箇所。
           8.冗長化:      システムの一部に何らかの障害が発生したケースに備えて、障害発生後もシステム全体の機能
             を維持するため、予備装置を普段から配置、運用しておくこと。
                                 23/98


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           9.マル    チマスタ方式:複数のデータベースサーバーが本番データベースのみで構成される。更新がすべて
             のデータベースに遅延なく反映され、常に同じデータを格納する方式。すべてのデータベースは更新/
             検索ともに可能となっている。
           10.マスタ・スレーブ方式:1つの本番データベース(マスタ)と複数の複製データベース(スレーブ)で
             構成される。アプリケーションからの更新はマスタデータベースが受付け、マスタデータベースの更新
             データが順次スレーブデータベースに反映される方式。スレーブデータベースは検索用途に限定され
             る。
           11.フェイルオーバー:稼働中のシステムで問題が生じてサーバーが停止してしまった際に、待機サーバー
             に切り替える仕組み。
           12.  WebP  :Google     Inc.が開発しているオープンな静止画フォーマット。
           13.DRM:動画などのデジタルデータの無制限な利用を防ぎ、コンテンツを保護する技術の総称。
           14.WideVine:Google           Inc.が提供する著作権保護技術。
                                 24/98

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3 ) サービスの内容
         本書提出日現在、当社の事業は「インターネットサービス事業」の単一セグメントであり、当該事業セグメント
        は、上記の技術を基盤とした3つのサービスから構成されております。3つのサービスとは「リカーリングサービ
        ス」、「初期開発・保守開発サービス」、その他にスポットで発生する「その他サービス」であり、それぞれの
        サービス概要は以下のとおりであります。
        ①リカーリングサービス

         「リカーリングサービス」は、当社の持続的な収益基盤となるレベニューシェア(注15)収益及び月額固定収益
        で構成されております。①サーバーの調達、システムの構築及びデータセンター設置のサーバー保守運用、②継続
        するスマートフォンアプリケーションの開発・アップデート並びに③サービス運用及び広告運用の組み合わせ、も
        しくは単体でこれらのサービスを提供しております。
         事業領域としては、電子書籍配信サービスに注力しております。
         電子書籍配信サービスでメインのサービスは、その配信者(コンテンツホルダー)または配信者からサービス運
        営を受託した企業とのレベニューシェア契約を締結しているサービスであり、株式会社小学館が提供するマンガア
        プリである「マンガワン」においては上記サーバー、アプリ開発及びサービス運用の3サービスをまとめて提供し
        ており、株式会社スクウェア・エニックスが提供する「マンガUP!」及び株式会社白泉社が提供する「マンガ
        Park」では、サーバーサービスを提供しております。
         電子書籍配信サービスではマンガコンテンツをメインに配信しておりますが、その他に当社の技術を活用しなが
        ら動画コンテンツや小説コンテンツも配信し、他サービスとの差別化を図り、付加価値の向上に努めております。
         当社のサーバープラットフォームは、エンターテインメント領域に幅広く利用されており、そのトラヒック量は
        増加傾向を示しております。
        トラヒック量:データセンターにおける月間トラヒック量の上位5%を除いた最大値。95パーセンタイル値。





        ※1 マンガワン:       2014年12月リリース。㈱小学館提供のマンガアプリ。
        ※2 マンガUP!:2017年1月リリース。㈱スクウェア・エニックス提供のマンガアプリ。
        ※3 マンガPark:2017年8月リリース。㈱白泉社提供のマンガアプリ。
        ※4 銀魂公式アプリ:2018年8月リリース。㈱集英社提供のマンガ・ノベル・アニメアプリ。
        ※5 MANGA     Plus  by SHUEISHA:2019年1月リリース。㈱集英社提供の海外配信マンガアプリ。
        (注)15.レベニューシェア:企業間の提携手段のひとつ。支払い枠が固定された委託契約ではなく、企業が互い

             にパートナーとして提携し、リスクを共有しながら、相互の協力で生み出した利益を予め決めておいた
             配分率で分け合うこと。
         マンガアプリの主な収益構造は、ユーザーからの課金及び広告収入となっております。

         「マンガワン」については、ライフ、SPライフ、チケットの3種類のポイントがあり、それぞれのポイントを使
        用することでマンガを閲覧することが可能となっております。ライフは1日に2回4ポイントまで回復します。SP
        ライフは広告の閲覧や、広告主の提供するサービスの利用、課金の際のおまけポイント等により入手可能です。チ
        ケットは、ユーザーがApple             Inc.やGoogle       Inc.といったプラットフォーム運営事業者による課金決済を通じて入
        手できるポイントになります。「マンガUP!」及び「マンガPark」も同様の構造となっております。また、コンテ
        ンツにより閲覧する際に使用できるポイントの種類が異なっております。
                                 25/98


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         当社が提供するマンガアプリは無料ポイントを付与するフリーミアムモデル(注16)により、ユーザーのマンガ
        閲覧に対する敷居を下げ、アプリに慣れ親しんでもらいたいと考えております。またアプリオリジナル作品を提供
        するアプリもあり、ユーザー獲得に努めております。
         なお、「マンガワン」の収益は、まずユーザーの課金額からプラットフォーム手数料を差し引いた金額がプラッ
        トフォーム運営事業者からコンテンツホルダーへ、また広告料が広告代理店からコンテンツホルダーへ支払われま
        す。次に両者を合計した金額から、レベニューシェア料率に基づいた配分額がコンテンツホルダーから当社へ支払
        われます。     また「マンガUP!」及び「マンガPark」の収益は、コンテンツホルダーから共同開発先へ支払われた配
        分額からサービス運用のための諸費用を控除したうえで、レベニューシェア料率に基づいた配分額が共同開発先か
        ら当社へ支払われます。
        (注)16.     フリーミアムモデル:制約の範囲内では無償でサービスを利用でき、制約以上のサービス利用のために

             課金等が必要となるモデル。
         当社はもともとクラウドサーバーを独自の技術で効率的に運用することにより、顧客のサーバー費用の削減を提

        案し、収益化に繋げてきました。その成長により得た資金でオンプレミスサーバー(注17)での管理が可能にな
        り、ビジネス規模を拡大してまいりました。レベニューシェアのコンテンツ配信サービスはオンプレミスサーバー
        での配信を核とし、画像処理技術やデータ分析を付加価値として提供することが評価され獲得した案件であり、今
        後も当社事業の中核をなしていくと考えております。しかしながら、クラウドサーバーからオンプレミスサーバー
        管理へ環境は変わりましたが、従来営んできたような顧客のサーバー費用の削減に貢献し、当社の収益化に繋がる
        サーバー保守運用サービスについても、ストック型のビジネスとして案件を拡大してまいります。その一例とし
        て、株式会社メディアシークが運営する、QRコードリーダーアプリ「ICONIT」のサーバー保守運用を行っておりま
        す。
        (注)17.オンプレミスサーバー:自社運用サーバー

        ②初期開発・保守開発サービス

         「初期開発・保守開発サービス」は、リカーリングサービス案件獲得のための受託開発を提供するサービスで
        す。取引先の新規サービス立ち上げ時、既存サーバーからの乗り換え時に、当社がその後のサービス保守運用も見
        据えたサーバープラットフォームやアプリケーション等をワンストップで提供します。またサービスのアップデー
        トのための開発も請け負っております。
         当社はリカーリングサービスの拡大による持続的な成長に努めております。そのためには初期開発においてクオ
        リティの高い成果物、納期の遵守等の顧客ニーズを確実に満たす必要があります。また、その後の保守運用におい
        て、安定的なサービス運用及びユーザー動向をサービスに反映するための適時のアップデート対応なども必要と
        なってまいります。今後も技術力を基礎とした開発サービスの提供により取引先からの信頼を獲得し、リカーリン
        グサービス案件の獲得に努めてまいります。
        ③その他サービス

         「その他サービス」は、上記の2サービスには分類されないWebサイト開発などスポットの開発案件を主として
        構成されております。
         サービスの収益構造としては、初期開発売上及び保守開発売上と、レベニューシェア収益及び月額固定収益から

        構成されるサーバープラットフォームの継続利用料になります。
         取引先のニーズに合わせてサービス毎に自社で設計したオリジナルサーバーを提供しており、クラウドのサービ
        ス等へスイッチングする場合には、最適化された環境から汎用的な環境へと移行することによるコストが高くなる
        ため、案件の失注を防ぎ安定的な収益の獲得に貢献しております。
                                 26/98





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       [事業系統図]
        以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
       (1)リカーリングサービス

        ① リカーリングサービスで主力になっている「マンガワン」の事業系統図は以下のとおりであります。
         (注)1.ユーザーの課金額からプラットフォーム手数料(Apple                               Inc.やGoogle       Inc.などのプラットフォーム






              運営事業者による代金回収代行業務及び売上管理業務に対する手数料)を差し引いた金額が、プラッ
              トフォーム運営事業者からコンテンツホルダーへ支払われます。
            2.プラットフォーム運営事業者及び広告代理店から支払われた収益額のうち、当社への配分額がコンテ
              ンツホルダーより支払われます。
        ② 上記レベニューシェア契約の他に、取引先企業に対する継続開発及びサーバー保守運用等、継続した収益が見

         込める案件をリカーリングサービスとしております。
       (2)初期開発・保守開発サービス





         リカーリングサービス案件獲得のための開発案件になります。
         スマートフォンアプリケーション、Webシステム等の開発やサーバーシステムの構築等の案件となっておりま
        す。取引先に納入する単純な取引であるため、事業系統図の記載を省略しております。
       (3)その他サービス

         その他サービスについては、売上金額が小さくまたその商流が多様であるため、事業系統図の記載を省略してお
        ります。
                                 27/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
        該当事項はありません。
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                   2019年5月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

              41(5)              29.1              1.8             6,232

      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(アルバイト含む。)は、最近1年間の平均人員を( )外数で
           記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.当社はインターネットサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の従業員の記載は行ってお
           りません。
         4.従業員数が最近1年間において16名増加しましたのは、主として業務拡大に伴う採用によるものでありま
           す。
       (2)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係については円満に推移しております。
                                 28/98














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
       (1)経営方針

         当社は、「人の期待を常に超える」という経営理念のもと、自社設計のオリジナルサーバーを基軸としたデータ
        配信と、そのデータを適切に蓄積・分析・処理するAIソリューションを併せてワンストップで提供するサーバープ
        ラットフォームビジネスを展開しております。
       (2)経営戦略等

         ネット利用状況の変化により、スマートフォンのトラヒック量は更に飛躍的に増加していくと予測しておりま
        す。そのような状況下において、当社の強みである大量のデータを高速かつ安価に捌けることの優位性も比例して
        高まっていくと考えております。当社は汎用的に応用可能な技術を有しており、様々な領域に進出可能なため、上
        記背景による需要と優位性の高まりを活かしながら、ストック収益の積み上げにリソースを投下してまいります。
        出所)総務省「我が国の移動通信トラヒックの現状」より作成





       (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社は持続的な成長を通じた企業価値の向上を目指しており、売上高を重要な経営指標と位置付け、収益力の向
        上に邁進してまいります。また堅実な経営基盤を構築するため、営業利益を重要な経営指標と位置付け、経営の効
        率化を図ってまいります。
       (4)当社の経営成績に影響を与える経営環境

         当事業年度におけるわが国経済は、政府の経済政策や日銀の金融緩和等の効果によって、雇用・所得環境に改善
        が見られ、景気は緩やかな回復基調が続いているものの、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、海外経済の
        不確実性、金融資本市場の変動がわが国経済に影響を及ぼす可能性があり、先行きは不透明であります。
         当社の事業領域である情報通信産業は、総務省発行の「平成30年版情報通信白書」によると、2016年時点で94.4
        兆円の市場規模となっており、全産業の9.6%を占めております。また2011年価格をベースとした実質国内生産額
        では、2000年から年平均成長率0.7%で成長しております。また中でもネット利用状況の変化により、移動体通信
        サービス契約者の総トラヒック量は、2017年12月時点の1,999Gbpsから2018年12月時点で2,535Gbpsと、前期比で約
        27%増加しました(総務省「我が国の移動通信トラヒックの現状」)。今後、スマートフォンのトラヒック量は更
        に飛躍的に増加していくものと見込んでおります。
         当社が注力する電子書籍市場につきまして、2017年度の市場規模は2,241億円と推計され、2016年度の1,976億円
        から265億円(13.4%)増加しており、電子書籍と電子雑誌を合わせた電子出版市場は2,556億円になりました。
        2018年度以降の日本の電子出版市場は今後も拡大基調で、2022年度には2017年度の1.4倍の3,500億円程度になると
        予測されております(インプレス総合研究所「電子書籍ビジネス調査報告書2018」)。
         またICT総研の「2017年 有料動画配信サービス利用動向に関する調査」によると、2015年末(12月末)時点の
        有料動画配信サービス利用者は980万人で、2022年にはPPV(注)利用者と合わせて2,010万人にまで拡大すると予
        測されており、また現在、無料動画サービスしか利用していないユーザーが有料サービスに移行する可能性もあ
        り、有料動画サービスの潜在市場は大きいものと想定されております。今後5Gの整備により、より動画視聴環境の
        向上が見込まれ、動画視聴サービスへの需要は高まってくると思われます。また、動画視聴サービス提供時のハー
        ドルとなりやすいDRMにつきましても、当社が一貫してご提供することにより、サービス開始時のコストの最小化
        を実現しております。
                                 29/98


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (注)PPV:Pay        Per  View。定額制のコンテンツ視聴システム。
       (5)対処すべき課題

         当社では下記の事項を対処すべき課題として取り組みを進めております。
        ① システム技術の強化

          当社のサービスとして、電子認証、大量データ配信に対応したシステムを提供しております。今後予想される
         更なる1人当たりデータ配信量の増加、ユーザー数の増加、IoTデバイス等の新たなデバイスに対応した新しい
         技術の開発に取り組んでまいります。
        ② 新たなコンテンツホルダーとの契約の実現

          当社の主力事業であるコンテンツビジネスにおいて、継続的な成長のためには、今まで取扱いができなかった
         コンテンツホルダーと契約して、商材としての知名度が高く人気のあるコンテンツを獲得することで、コンテン
         ツを拡充していくことが不可欠であると考えております。したがって、これまでのマンガを中心とした画像配信
         に加え、今後はアニメーション、ドラマ、映画等動画サービスを展開する上で、新たなコンテンツホルダーとの
         契約を実現していく必要があります。
        ③ 将来に向けた新規事業・技術力向上について

          当社が事業を展開するインターネット業界においては、ボーダレス化の加速や競合企業の台頭など、市場環境
         や顧客ニーズ、競合他社の状況が常に変化しており、今後も変化の激しい事業環境になることが想定されます。
          このような事業環境においては、将来を見据えた新規事業の創出や技術のキャッチアップは重要な課題である
         と考えております。
          今後、当社の中長期の競争力確保につながる技術力の向上及びノウハウの蓄積を積極的かつ継続的に行うとと
         もに、新規事業開発にも取り組んでまいります。
        ④ 海外事業展開の推進

          当社は主に国内で事業展開しておりますが、多くの優良なコンテンツを抱える日本の電子書籍業界において
         は、ボーダレス化が進みグローバル市場での事業展開が加速していくものと思われます。当社としても日本の電
         子書籍コンテンツを海外配信するため業務体制を強化し、世界に向けたビジネスを展開していきたいと考えてお
         ります。
        ⑤ 優秀な人材の確保

          当社は、情報セキュリティスペシャリスト試験(現情報処理安全確保支援士試験)に合格したエンジニアが多
         く在籍しているものの、クライアントの更なる拡大を図るためには、引き続き優秀な人材を確保し育成すること
         が重要であると考えております。
          人材獲得競争は今後も厳しい状況が続くと思われますが、当社としましては、優秀な人材を惹きつけられるよ
         うに、社内教育制度の整備、福利厚生の充実を図っていくとともに、サービスの提供を通じて業界での存在感を
         さらに高め、会社の魅力を訴求していくことで採用強化につなげたいと考えております。
        ⑥ 知的財産権について

          当社は、これまで第三者の知的財産権に関してこれを侵害することのないよう対応してまいりました。しかし
         ながら、当社の事業拡大に伴い、知的財産権の取扱いが増加することから、第三者の知的財産権を侵害すること
         のないよう知的財産権への理解をさらに深め、管理体制の強化に努めてまいります。
        ⑦ 内部管理体制の強化

          当社が今後更なる業容拡大を図るためには、各種業務の標準化と効率化の徹底を図ることにより、事業基盤を
         確立することが重要な課題であると認識しております。そのため、適切かつ効率的な業務運営を遂行するため
         に、従業員に対し業務フローやコンプライアンス等を周知徹底させ、内部管理体制の強化をするとともに、業務
         の有効性、効率性及び適正性の確保に努めてまいります。
                                 30/98




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【事業等のリスク】
        本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
       事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
       ① コンテンツ配信市場の動向について

         当社の主力サービスが属するコンテンツ配信市場は拡大を続けておりますが、歴史が浅い新しいマーケットでも
        あります。当社としましては引き続きコンテンツ配信市場へ注力してまいりますが、利用者の嗜好の急激な変化、
        法制度の改正等により当社が関わるサービスが規制対象となった場合、その他、業界における取引慣行や価格体系
        の変化など、計画策定時の想定を超える不確定要素が顕在化した場合には、当社の経営方針や経営戦略の変更を余
        儀なくされ、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
         なお、2018年7月期においてはマンガアプリへの依存度が高く、コンテンツ配信市場、特に電子マンガ配信市場
        の動向が、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ② Apple     Inc.及びGoogle        Inc.の動向について

         当社のスマートフォンアプリはApple                   Inc.及びGoogle        Inc.が運営する各アプリマーケット上において提供して
        おり、当社の売上高に占める当該スマートフォンアプリによる売上高の割合は高くなっております。利用規約の変
        更など、プラットフォーム運営事業者の事業戦略の転換並びに動向によっては、当社の業績に影響を及ぼす可能性
        があります。
       ③ スマートフォン及びタブレット端末等の普及について

         当社の主力サービスが属する市場については、スマートフォン、タブレット端末等の普及が市場拡大に貢献して
        おりますが、スマートフォン、タブレット端末等の普及が当社の見込みよりも遅れた場合は、今後の事業展開に影
        響を及ぼす可能性があります。
       ④ 競合他社について

         当社の主力サービスが属するコンテンツ配信市場は、法制度や規制又は特許等による参入障壁が低く、コンテン
        ツ提供元である出版社等も非独占的にコンテンツ提供を行っております。このような状況を踏まえ、当社では今後
        もコンテンツラインナップの充実と当社が提供する配信システムの強化により、競合他社との差別化を図ってまい
        ります。しかしながら、今後、当社の取扱うコンテンツ及び配信システムで他社との十分な差別化が図れない場
        合、利用者のニーズに適合したサービスの開発・提供や先進技術への対応等が遅れることによりサービス・技術の
        陳腐化を招いた場合には、当社が関わるサービスの利用者数が減少し、当社の業績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       ⑤ 外的要因(自然災害等)について

         当社は、インターネットや通信などの各種サービスの提供に必要な通信ネットワークや情報システムなどを構
        築・整備しております。地震・台風・洪水・津波・竜巻・豪雨・大雪・火山活動などの自然災害、火災や停電・電
        力不足、テロ行為、コンピューターウイルスなどの攻撃により、通信ネットワークや情報システムなどが正常に稼
        働しなくなった場合、当社の各種サービスの提供に支障を来す可能性があります。これらの影響が広範囲にわた
        り、復旧に相当時間を要した場合、信頼性や企業イメージが低下し、顧客の獲得・維持が困難になる可能性があり
        ます。また、通信ネットワークや情報システムなどを復旧するために多額の費用負担が発生する可能性がありま
        す。その結果、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑥ 特定顧客への依存について

         当社の売上高は、特定顧客への依存度が高く、2018年7月期においては、主要顧客である株式会社小学館に対す
        る売上高は499,268千円であり、当社の売上高全体の81.8%を占める規模となっています。なお、同社に対する売
        上高のうち、「マンガワン」による売上高がその大部分を占めております。
         マンガワンは、サービスの方針について同社と協議の上、決定しております。しかしながら同社の方針、業績及
        び財政状態によっては、           売上高や広告宣伝費を含む            当社  の業績に影響を及ぼす可能性があります。今後、提供サー
        ビスの差別化、新規技術の獲得を促進することで売上高の維持・拡大に努めるとともに、新規顧客開拓を進めてま
        いりますが、競合企業がさらなる付加価値の創造を行うこと等によって新規顧客開拓が思うように進まなかった場
        合には、同社への依存度が軽減されず、同社の動向及び取引の動向によって、当社の業績に影響を及ぼす可能性が
        あります。
         同社との契約期間は1年ごとの自動更新となっております。ニーズに合わせて自社で設計したオリジナルサー
        バーを提供しており、顧客満足度を高めるべく努めておりますが、競合他社の動向やシステムリスクの顕在化等、
                                 31/98


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        何らかの理由により同社との契約が終了ないし大幅に縮小した場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があり
        ます。
       ⑦ システムリスクについて

         当社が関連するサービスは、スマートフォン等の端末によるインターネット接続によって提供されております
        が、当社が関連するサービスに対するアクセスの急激な増加等、一時的な負荷増大によって当社又は携帯電話通信
        キャリアのサーバーが作動不能に陥った場合や、当社のハードウエア又はソフトウエアの欠陥により正常な情報発
        信が行われなかった場合には、システムが停止しサービス提供が不可能となる場合があります。さらには、外部か
        らの不正な手段によるコンピュータ内への侵入や当社担当者の過誤等によって、当社や取引先のシステムが置き換
        えられたり、重要なデータを消失又は不正に入手されたりする可能性があります。
         当社としては、侵入防止策、担当者の過誤を防止する体制を採っておりますが、もし上記のような障害等が発生
        した場合には、当社に直接損害が生じる他、当社の社会的信用・信頼の低下を招きかねず、当社の業績に影響を及
        ぼす可能性があります。
       ⑧ 知的財産権に係るリスクについて

         当社では第三者の著作権等の知的財産権を侵害しないよう常に注意しておりますが、意図せず知的財産権を侵害
        した場合や、第三者から当該知的財産権に関する対価の支払要請が発生した場合、当社の業績に影響を及ぼす可能
        性があります。
       ⑨ 海賊版サイトの台頭について

         コンテンツビジネスにおいては、海賊版が流通することによってコンテンツホルダー、著作権者、ベンダーなど
        が本来受け取るべき収益について機会損失が発生する場合があり、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑩ 人材の確保と定着化について

         当社が成長、拡大するうえでサーバーエンジニアリングに長けた知識と経験を有する人材の確保が極めて重要と
        なります。当社は当該分野でのスキル・経験を有する技術者の採用拡大を予定しており、今後も中途採用・新卒採
        用をあわせ優秀な人材の確保を進めてゆく方針ですが、いずれも継続的な人材の確保を保証するものではありませ
        ん。適切な人材を十分に確保できなかった場合には、当社の事業拡大に制約を受ける可能性があります。
       ⑪ 小規模組織について

         当社組織は、従業員数が2019年5月31日現在で41名(臨時従業員を除く)と規模が小さく、現在の社内管理体制
        もこの規模に応じたものとなっております。当社では、今後の事業強化、拡大に対応して人材の採用、育成と管理
        体制の強化を進めてまいりますが、必要な人材の確保や社内教育等が順調に進まなかった場合には、当社の事業拡
        大に影響を与え、その結果、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑫ 内部管理体制について

         当社は、企業価値の持続的な増大を図るためにはコーポレート・ガバナンスが有効に機能することが不可欠であ
        るという考えのもと、業務の適正性及び財務報告の信頼性の確保、さらに健全な倫理観に基づく法令遵守の徹底が
        必要であると認識しております。
         また、当社では、役職員等の内部関係者の不正行為等が発生しないよう、リスク管理規程を制定し、当社の役職
        員が遵守すべきルールを定めており、内部監査等により遵守状況の確認を行っております。しかしながら、法令等
        に抵触する事態や内部関係者による不正行為が発生するといった事態が生じた場合、事業の急速な拡大により内部
        管理体制の構築が追いつかないという事態が生じる場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑬ 特定人物への依存について

         当社の代表取締役社長である松原裕樹は、当社の強みである事業モデルの創出や経営方針及び経営戦略の策定に
        おいて、取締役である山田剛史は当社の技術開発においてそれぞれ中心的な役割を果たしております。当社は、両
        名に対して過度に依存しない経営体制の構築を目指し人材の育成・強化に注力しておりますが、現状では両名が何
        らかの理由により業務執行できない事態となった場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 32/98




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ⑭ 法的規制に関するリスクについて
         当社の事業は、個人情報の保護に関する法律、景品表示法、特定商取引に関する法律、資金決済法等、多岐にわ
        たって関連しております。今後の法改正などにより当社事業分野において新たな法的規制が適用されることにな
        り、当社の事業展開が制約を受けたり、対応措置をとる必要が生じたりする場合、当社の業績に影響を及ぼす可能
        性があります。
       ⑮   著作権管理に係るリスクについて

         当社は電子書籍配信サービスが主力となっております。当該サービスをユーザーに提供するにあたり、コンテン
        ツホルダーと著作権者(漫画家)との間で著作権に関する契約を締結しております。著作権の管理はコンテンツホ
        ルダーが責任を負いますが、著作権の管理に問題があり、著作権者から訴訟等が発生した場合、電子書籍配信サー
        ビスにおけるコンテンツホルダーの運営方針や掲載するコンテンツ数等が減少し、当社の業績に影響を及ぼす可能
        性があります。
       ⑯ 個人情報の取扱いについて

         個人情報の取扱いにつきましては、コンプライアンスの一環として、「個人情報の保護に関する法律」に沿った
        対応をとり、社内ルールを策定するなどの社内体制を整備しております。しかしながら、第三者による不正アクセ
        スなどにより個人情報の漏洩があった場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑰ 配当政策について

         当社は、株主に対する配当や自社株買い等の利益還元を重要な経営課題として認識しております。しかしなが
        ら、それと同時に内部留保の充実により経営基盤を強化すること、収益力強化及び収益基盤の多様化のための投資
        に充当することも重要であると認識しております。
         したがって、経営成績や財政状態を総合的に勘案したうえで株主に対する利益還元を実施する方針でおります
        が、当面は実施する見込みはなく、当該方針が投資家の支持を得られなかった場合、当社株価の形成に影響を及ぼ
        す可能性があります。
       ⑱ 調達資金の使途について

         当社が計画している公募増資による調達資金については、事業規模の拡大に係る人件費、サーバー購入に係る設
        備投資資金、オフィス増床に係る賃借料及び敷金並びに借入金の返済に充当する予定であります。しかしながら、
        当社が属するIT市場においては変化が著しいため、計画の変更に迫られ、調達資金を上記以外の目的で使用する可
        能性があり、その場合は速やかに資金使途の変更について開示を行う予定であります。また、当初の計画に沿って
        調達資金を使用した場合でも、想定していた投資効果を上げられない可能性があります。
                                 33/98










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
         当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとお
        りであります。
        ① 財政状態の状況

         第5期事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)
          (資産)
           当事業年度末における資産合計は729,002千円となり、前事業年度末と比較して151,603千円増加しました。
          その主な要因は、現金及び預金が55,945千円、売掛金が60,606千円、工具、器具及び備品が10,232千円並びに
          敷金及び保証金が27,556千円増加したためであります。
           売掛金の増加は、主に当事業年度の4月に海賊版サイトがブロッキングされて以降、マンガワンの売上高が
          前年同期を上回ったためであります。工具、器具及び備品の増加は、主にサーバー機器を取得したためであり
          ます。
          (負債)
           当事業年度末における負債合計は177,287千円となり、前事業年度末と比較して58,464千円減少しました。
          その主な要因は、未払法人税等が50,796千円及び長期借入金が36,364千円減少したためであります。
          (純資産)
           当事業年度末における純資産合計は551,715千円となり、前事業年度末と比較して210,068千円増加しまし
          た。その主な要因は、第三者割当増資の実施に伴い資本金及び資本準備金がそれぞれ30,450千円並びに当期純
          利益の計上に伴い利益剰余金が149,168千円増加したためであります。
         第6期第3四半期累計期間(自 2018年8月1日 至 2019年4月30日)

          (資産)
           当第3四半期会計期間末における資産合計は1,063,844千円となり、前事業年度末と比較して334,841千円増
          加しました。その主な要因は現金及び預金が290,483千円、売掛金が16,485千円並びに固定資産が32,256千円
          増加したためであります。
          (負債)
           当第3四半期会計期間末における負債合計は250,245千円となり、前事業年度末と比較して72,958千円増加
          しました。その主な要因は、未払法人税等が82,691千円増加した一方で、借入金返済に伴い長期借入金(1年
          内返済予定の長期借入金を含む。)が27,273千円減少したためであります。
          (純資産)
           当第3四半期会計期間末における純資産合計は813,598千円となり、前事業年度末と比較して261,883千円増
          加しました。その要因は、四半期純利益の計上に伴い利益剰余金が261,883千円増加したためであります。
                                 34/98









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ② 経営成績の状況
         第5期事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)
          当事業年度におけるわが国経済は、政府の経済政策や日銀の金融緩和等の効果によって、雇用・所得環境に改
         善が見られ、景気は緩やかな回復基調が続いているものの、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、海外経
         済の不確実性、金融資本市場の変動がわが国経済に影響を及ぼす可能性があり、先行きは不透明であります。
          このような経営環境の中、当社は、リカーリングサービス及び初期開発・保守開発サービスにおいて、既存
         サービスの収益力拡大及び新規サービスのリリースに注力してまいりました。
          しかしながら、第5期事業年度中から海賊版サイトの利用者が増加したことにより、マンガサービスのユー
         ザーが流出してしまう事態が発生しました。政府主導による海賊版サイトのブロッキングが実施されて以降、マ
         ンガサービスの収益力は回復しておりますが、前年比で収益が減少しております。
          この結果、当事業年度の業績は、売上高610,247千円(前事業年度比97.0%)、営業利益207,115千円(前事業
         年度比74.4%)、経常利益211,082千円(前事業年度比75.5%)、当期純利益149,168千円(前事業年度比
         89.7%)となりました。
          なお、当社はインターネットサービス事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしておりま
         せん。サービス別の状況は、次のとおりであります。
          (リカーリングサービス)

           リカーリングサービスは、レベニューシェア案件やサーバー保守などのストック型収益獲得構造を持つサー
          ビスであり、当社の収益力の柱となるサービスとなっております。
           当事業年度においては、上記海賊版サイトの影響により既存サービスの収益が縮小しましたが、既存のマン
          ガサービスを横展開した新規マンガサービスである「マンガUP!」「マンガPark」において、動画やラジオな
          どのマンガ以外のコンテンツの拡充及び積極的な広告宣伝施策の実施により、アクティブユーザー数等の各種
          指標は順調に推移しております。
           この結果、リカーリングサービスの売上高は580,698千円(前事業年度比94.7%)となりました。
          (初期開発・保守開発サービス)

           初期開発・保守開発サービスにおきましては、リカーリングサービスに係る案件を受注するための初期開発
          及びリカーリングサービスに係る案件を継続して運用するための保守開発を行っております。当事業年度は、
          受注案件が増加及びサービス1件当たりの受注金額が上昇しました。
           この結果、初期開発・保守開発サービスの売上高は26,162千円(前事業年度比166.6%)となりました。
          (その他サービス)

           その他サービスは、上記の2サービスに分類されないスポット案件等により構成されております。
           その他サービスの売上高は3,386千円(前事業年度比3,621.2%)となりました。
         第6期第3四半期累計期間(自 2018年8月1日 至 2019年4月30日)

          当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用情勢の改善等を背景とした緩やかな回復基調が
         みられるものの、国際情勢の緊張不安や不確実性による為替や株価の不安定な動きにより、引き続き不透明な状
         況が続いております。
          このような経営環境の中、当社は、リカーリングサービス及び初期開発・保守開発サービスにおいて、既存
         サービスの収益力拡大及び新規サービスのリリースに注力してまいりました。
          この結果、当第3四半期累計期間の業績は、売上高818,156千円、営業利益374,452千円、経常利益374,509千
         円、四半期純利益261,883千円となりました。
          なお、当社はインターネットサービス事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしておりま
         せん。サービス別の状況は、次のとおりであります。
          (リカーリングサービス)

           リカーリングサービスにおきましては、「マンガワン」等のレベニューシェア案件及び初期開発・保守開発
          サービスからのストック型保守運用業務の積み上げに注力いたしました。
          この結果、リカーリングサービスの売上高は625,949千円となりました。
                                 35/98




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (初期開発・保守開発サービス)
           初期開発・保守開発サービスにおきましては、ストック型ビジネスであるサーバー保守運用業務を積み重ね
          るため、新規案件の獲得に努めており、大型案件を複数リリースいたしました。
           この結果、初期開発・保守開発サービスの売上高は192,205千円となりました。
          (その他サービス)

           その他サービスは、上記の2サービスに分類されないスポット案件等により構成されております。
           その他サービスの売上高は2千円となりました。
        ③ キャッシュ・フローの状況

         第5期事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)
          当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」といいます。)は、前事業年度末と比較して55,945千
         円増加し、当事業年度末には453,127千円となりました。
          当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

          (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           当事業年度において営業活動の結果獲得した資金は74,143千円(前事業年度は151,512千円の獲得)となり
          ました。その主な要因は、税引前当期純利益の計上211,082千円、法人税等の支払額100,925千円によるもので
          あります。
          (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           当事業年度において投資活動の結果支出した資金は42,734千円(前事業年度は21,476千円の支出)となりま
          した。その主な要因は、本社移転に伴う敷金及び保証金の差入による支出27,635千円、有形固定資産の取得に
          よる支出14,795千円によるものであります。
          (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           当事業年度において財務活動の結果獲得した資金は24,536千円(前事業年度は58,434千円の獲得)となりま
          した。その要因は、株式の発行による収入60,900千円、長期借入金の返済による支出36,364千円によるもので
          あります。
                                 36/98











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 生産、受注及び販売の実績
         a.生産実績
           当社で行う事業は、提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、当該記載を省略してお
          ります。
         b.受注実績

           第5期事業年度及び第6期第3四半期累計期間の受注実績は、次のとおりであります。なお、当社はイン
          ターネットサービス事業の単一セグメントであるため、サービス別に記載しております。
                            第5期事業年度                   第6期第3四半期累計期間
                          (自 2017年8月1日                      (自 2018年8月1日
                           至 2018年7月31日)                      至 2019年4月30日)
       サービスの名称
                   受注高      前年同期比        受注残高       前年同期比        受注高       受注残高
                   (千円)        (%)       (千円)        (%)       (千円)       (千円)
     初期開発・保守開発サー
                     80,087       1,127.3        54,500       9,478.3       137,705          -
     ビス
      (注)1.リカーリングサービス及びその他サービスで行う事業は、提供するサービスの性格上、受注実績の記載にな
           じまないため、当該記載を省略しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         c.販売実績

           第5期事業年度及び第6期第3四半期累計期間の販売実績は、次のとおりであります。なお、当社はイン
          ターネットサービス事業の単一セグメントであるため、サービス別に記載しております。
                               第5期事業年度               第6期第3四半期累計期間
                             (自 2017年8月1日                  (自 2018年8月1日
                              至 2018年7月31日)                  至 2019年4月30日)
           サービスの名称
                          販売高(千円)          前年同期比(%)             販売高(千円)
                              580,698            94.7             625,949

     リカーリングサービス
                               26,162           166.6             192,205
     初期開発・保守開発サービス
                               3,386         3,621.2                  2
     その他サービス
           合計(千円)                   610,247            97.0             818,156
      (注)1.最近2事業年度及び第6期第3四半期累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に
           対する割合は次のとおりであります。
                       第4期事業年度             第5期事業年度           第6期第3四半期累計期間
                     (自 2016年8月1日             (自 2017年8月1日             (自 2018年8月1日
                      至 2017年7月31日)             至 2018年7月31日)             至 2019年4月30日)
              相手先
                     金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)
                       571,728        90.9     499,268        81.8     429,903        52.5

            株式会社小学館
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 37/98







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中の将
        来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
        ① 重要な会計方針及び見積り

          当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。
          この財務諸表の作成にあたって、見積り、判断並びに仮定を用いることが必要となりますが、これらは期末日
         における資産・負債の金額、開示期間の収益・費用の金額及び開示情報に影響を与えます。ただし、これらの見
         積り、判断並びに仮定は、実際の結果とは異なる場合があります。
          当社の財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針は「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)
         財務諸表 注記事項 重要な会計方針」に記載しております。
        ② 当事業年度の経営成績等の状況に関する分析・検討内容

          経営成績等の状況に関する分析・検討内容については、「                            (1)経営成績等の状況の概要             」に含めて記載してお
         ります。また経営成績等に重要な影響を与える要因については、「2 事業等のリスク」に含めて記載しており
         ます。
        ③   資本の財源及び資金の流動性

          当社の資金需要は、事業規模の拡大に係る人件費、その採用費、広告宣伝費及び主にサーバー購入に係る設備
         投資資金となります。財政状態等を勘案しながら、自己資金、金融機関からの借入及びエクイティファイナンス
         等による資金調達を考えております。
          流動資産と流動負債のバランスを注視し、財政状態の健全性を評価しており、当事業年度末時点で健全な財務
         体制であると判断しております。なお、資金の短期流動性確保のため、金融機関と合計250,000千円の当座貸越
         契約を締結しております。
      4【経営上の重要な契約等】

      相手方の名称           国名        契約の名称              契約内容              契約期間
                                                   2014年9月1日から
                                 Android及びiOSアプリケーション
                                                   2019年6月30日(以
     株式会社小学館         日本         業務委託契約         「マンガワン」の開発及び運用業務
                                                   後1年ごとの自動更
                                 を受託することを目的とした契約書
                                                   新)
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 38/98









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第5期事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)
        当事業年度の設備投資は21,859千円(無形固定資産含む)となります。その主な内容は、新規サービス開始及び
       ユーザー増加対応のためのサーバー機器の取得になります。また、当事業年度において重要な設備の除却、売却等は
       ありません。
        なお、当社の事業はインターネットサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略してお
       ります。
       第6期第3四半期累計期間(自 2018年8月1日 至 2019年4月30日)

        当第3四半期累計期間に実施した設備投資は58,317千円となります。その主な内容は、新規サービス開始及びユー
       ザー増加対応のためのサーバー機器の取得並びに本社の移転に伴う事務所改装になります。また、当第3四半期累計
       期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
        なお、当社の事業はインターネットサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略してお
       ります。
      2【主要な設備の状況】

        当社における主要な設備は以下のとおりであります。
                                                   2018年7月31日現在
                                    帳簿価額
        事業所名                                              従業員数
                 設備の内容
                         工具、器具及び備          ソフトウエア
       (所在地)                                               (人)
                                            合計(千円)
                         品(千円)           (千円)
     データセンター
                             29,338          1,562         30,901          -
                業務用設備
     (東京都江東区)
      (注)1.上記の金額に消費税等は含まれておりません。
         2.当社の事業はインターネットサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略してお
           ります。
         3.本社の建物は賃借しており、その年間賃借料は11,244千円であります。
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (2019年5月31日現在)

       (1)重要な設備の新設
         該当事項はありません。
       (2)重要な改修

         該当事項はありません。
                                 39/98








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                               16,800,000
       普通株式
                                               16,800,000
                  計
      (注) 当社は、2019年2月20日付で株式分割に伴う定款の変更を行い、発行可能株式総数は15,960,000株増加し、
          16,800,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                              上場金融商品取引所名又は登録
                    発行数(株)
          種類                                          内容
                              認可金融商品取引業協会名
                                              完全議決権株式であり、株主と
                                              しての権利内容に何ら限定のな
                        4,204,000
      普通株式                         非上場               い当社における標準となる株式
                                              であります。なお、単元株式数
                                              は100株であります。
                        4,204,000             -               -
          計
      (注)1.当社は         、2019年2月20日付で普通株式1株につき20株の株式分割を行っております。これにより発行済株式
           総数は3,993,800株増加し、4,204,000株となっております。
         2.当社は、2019年2月20日付で1単元を100株とする単元株制度を採用しております。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日                               2016年7月26日             2017年7月28日
                                                当社取締役      1
     付与対象者の区分及び人数(名)                             当社従業員                12   当社監査役      3
                                                当社従業員                10
     新株予約権の数(個)※                                        934            1,465
                                  普通株式 9,340[186,800]              普通株式 1,465[29,300]
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
                                        (注)1、6             (注)1、6
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                              1,500[75](注)2、6             8,470[424](注)2、6
                                    自 2018年7月31日             自 2019年7月29日
     新株予約権の行使期間※
                                    至 2026年7月29日             至 2027年7月28日
                                   発行価格   1,500[75]             発行価格   8,470[424]
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価
                                   資本組入額   750[38]             資本組入額  4,235[212]
     格及び資本組入額(円)※
                                          (注)6             (注)6
     新株予約権の行使の条件※                                        (注)3
     新株予約権の譲渡に関する事項※                                        (注)4

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                                        (注)5

      ※ 最近事業年度の末日(2018年7月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(2019年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載
        しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1.新株予約権の割当後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整するもの

           とする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる
           株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(又は併合)の比率
                                 40/98


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         2.新株予約権の割当後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整に
           よる1円未満の端数は切上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価(当社の株式が国内外の金融商品取引所に上場される前にあっては、調整前行使価額をいう。)
           を下回る価額で新株を発行する場合又は自己株式を処分する場合(新株予約権の行使によるものを除く。)
           は、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                              新規発行株式数×1株当たりの払込金額
                      既発行株式数+
                                   新規発行前の株価
            調整後     調整前
                =     ×
            行使価額     行使価額
                            既発行株式数+新規発行株式数
         3.(1)権利行使時において当社の新株予約権の目的たる株式が、国内外いずれかの金融商品取引所に上場され
             ていること。
           (2)新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時において当社及び当社子会社の取締役・監査役又は従業
             員のいずれの地位を保有していることとする。ただし、当社若しくは当社子会社の取締役・監査役を任
             期満了により退任した場合、当社及び当社子会社の従業員の定年による退職、又は取締役会において正
             当な理由があると認められた場合はこの限りではない。
           (3)新株予約権者が死亡した場合は、相続は認めないものとする。
         4.本新株予約権は譲渡することができない。
         5.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点
           において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場
           合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」とい
           う。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予
           約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編
           対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式
           交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
            残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定する。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、(注)2で定められる行使価額を組織
            再編行為の条件等を勘案の上調整して得られる再編後行使価額に上記(3)に従って決定される当該新株予
            約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
            新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
            ら、行使期間の末日までとする。
          (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            上記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」に準じて決定す
            る。
          (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          (8)新株予約権を取得することができる事項
            現在の発行内容に準じて決定する。
          (9)新株予約権の行使の条件
            (注)3に準じて決定する。
         6.当社は、2019年2月20日付で普通株式1株につき20株の割合で株式分割を行っております。これにより「                                                   新
           株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数                      」、「   新株予約権の行使時の払込金額              」及び「    新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額                              」が調整されております。
                                 41/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
       2013年8月15日
                      100       100      1,000       1,000         -       -
        (注)1
       2015年7月23日
                     1,700       1,800         -      1,000         -       -
        (注)2
       2015年7月31日
                      200      2,000       7,500       8,500       7,500       7,500
        (注)3
       2015年12月11日
                      60      2,060       4,500       13,000        4,500       12,000
        (注)4
       2016年7月30日
                    18,540       20,600         -     13,000         -     12,000
        (注)5
       2017年7月28日
                    185,400       206,000          -     13,000         -     12,000
        (注)6
       2018年1月12日
                     2,100      208,100        15,225       28,225       15,225       27,225
        (注)7
       2018年7月31日
                     2,100      210,200        15,225       43,450       15,225       42,450
        (注)8
       2019年2月20日
                   3,993,800       4,204,000           -     43,450         -     42,450
        (注)9
      (注)1.発起人割当
           割当先 三重野将大、松原裕樹
           発行価格  10,000円
           資本組入額 10,000円
         2.株式分割(1:18)によるものであります。
         3.有償第三者割当
           割当先 ㈱メディアシーク
           発行価格  75,000円
           資本組入額 37,500円
         4.有償第三者割当
           割当先 前田有幾
           発行価格       150,000円
           資本組入額 75,000円
         5.株式分割(1:10)によるものであります。
         6.株式分割(1:10)によるものであります。
         7.有償第三者割当
           割当先 ㈱セレス
           発行価格  14,500円
           資本組入額        7,250円
         8.有償第三者割当
           割当先 ㈱ACCESS
           発行価格  14,500円
           資本組入額        7,250円
         9.  株式分割(1:20)によるものであります。
                                 42/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (4)【所有者別状況】
                                                     2019年5月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
                                                       式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     -     -      3     -     -      3      6     -
     所有株式数
                -     -     -    4,840       -     -    37,200      42,040       -
     (単元)
     所有株式数の割
                -     -     -    11.51       -     -    88.49      100      -
     合(%)
       (5)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2019年5月31日現在
                             株式数(株)          議決権の数(個)

               区分                                       内容
                                   -           -        -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -           -        -
     議決権制限株式(その他)                             -           -        -

     完全議決権株式(自己株式等)                             -           -        -

                                                  完全議決権株式であ
                                                  り、株主としての権利
                                                  内容に何ら限定のない
                               普通株式 
     完全議決権株式(その他)                                       42,040
                                                  当社における標準とな
                               4,204,000
                                                  る株式であります。
                                                  なお、1単元の株式数
                                                  は100株であります。
                                   -           -        -
     単元未満株式
                               4,204,000               -        -
     発行済株式総数
                                   -         42,040          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                 43/98








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は、財務体質の強化と事業拡大のための内部留保の充実等を図ることが重要であると考え、過去において配当
       を行っておりませんが、株主に対する利益還元も経営の重要課題であると認識しております。
        今後の配当政策の基本方針といたしましては、収益力の強化や事業基盤の整備を実施しつつ、内部留保の充実状況
       及び企業を取り巻く事業環境を勘案したうえで、株主への安定的かつ継続的な利益還元を検討していく方針でありま
       すが、現時点では、実現可能性及びその実施時期等については未定であります。内部留保資金につきましては、事業
       拡大を目的とした中長期的な事業原資として利用していく予定であります。
        なお、剰余金の配当を行う場合、年1回の期末配当を基本方針としており、期末配当の決定機関は株主総会となっ
       ております。また、当社は中間配当を取締役会の決議によって行うことができる旨を定款に定めております。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                 44/98











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性 7名 女性 -名 (役員のうち女性の比率 -%)
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                                2011年4月 楽天株式会社入社
                                2012年2月 株式会社サイバーエージェント入社
     代表取締役社
             -    松原 裕樹      1989年3月11日生        2013年4月 株式会社電通入社                    (注)3    1,800,000
     長
                                2013年8月 当社設立 取締役
                                2014年12月 当社代表取締役社長(現任)
                                2013年12月 当社取締役技術開発部長
     取締役                           2017年10月 当社取締役CTO兼技術開発部長
           第一事業部長      山田 剛史      1988年7月6日生                            (注)3    1,800,000
                                2018年4月 当社取締役CTO兼第一事業部長
     CTO
                                     (現任)
                                2013年2月 有限責任監査法人トーマツ入所
                                2016年1月 当社入社 管理部長
     取締役      管理部長      志村 優太      1989年8月25日生                            (注)3       -
                                2016年8月 当社取締役管理部長(現任)
                                1991年4月 アンダーセンコンサルティング入社
                                1996年9月 アンダーセンコンサルティング株式
                                     会社(現アクセンチュア株式会社)
                                     へ転籍
                                2000年3月 株式会社メディアシーク設立 代表
                                     取締役社長(現任)
     取締役        -    西尾 直紀      1965年11月1日生                            (注)3       -
                                2003年7月 スタートメディアジャパン株式会社
                                     代表取締役社長(現任)
                                2015年2月 株式会社デリバリー(現株式会社デ
                                     リバリーコンサルティング)取締役
                                     (現任)
                                2015年10月 当社取締役(現任)
                                1965年4月 株式会社弘電社入社
                                1969年11月 富士通株式会社入社
                                1997年7月 データマネジメント株式会社入社
     監査役
             -     池田 裕      1941年1月26日生        1997年11月 同社取締役社長                    (注)4       -
     (常勤)
                                2003年6月 株式会社東邦システムサイエンス監
                                     査役
                                2015年10月 当社常勤監査役(現任)
                                1996年4月 監査法人トーマツ(現有限責任監査
                                     法人トーマツ)入所
                                1999年9月 税理士法人プライスウォーターハウ
     監査役        -    塚田 英樹      1972年6月5日生                            (注)4       -
                                     スクーパース入所
                                2007年10月 塚田会計事務所設立 所長(現任)
                                2015年10月 当社監査役(現任)
                                1966年4月 最高裁判所司法研修所入所
                                1968年4月 鈴木秀雄法律事務所勤務
                                1973年5月 井口・髙木法律事務所開設
     監査役            髙木 伸學      1940年11月14日生
             -                                      (注)4       -
                                2007年4月 株式会社不二家監査役
                                2010年1月 髙木法律事務所設立 所長(現任)
                                2016年10月 当社監査役(現任)
                             計                           3,600,000
      (注)1.取締役西尾直紀は、社外取締役であります。
         2.監査役池田裕、塚田英樹及び髙木伸學は、社外監査役であります。
         3.2019年2月1日開催の臨時株主総会終結の時から、2020年7月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
           ます。
         4.2019年2月1日開催の臨時株主総会終結の時から、2022年7月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
           ます。
                                 45/98





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         5.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
           役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                所有株式数
             氏名      生年月日                略歴
                                                 (株)
                          1988年4月 草鹿・富澤法律事務所入所
                          1997年4月 石井和男法律事務所設立(現任)
            石井 和男      1948年1月28日生                                  -
                          2015年6月 石井食品株式会社監査役
                          2016年6月 同社取締役(現任)
                                 46/98


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、コンプライアンスの方針、体制、運営方法を定め、企業の社会的責任を深く自覚するとともに日常の
         業務遂行において関係諸法令を遵守し、社会倫理に適合した行動を実践することが、企業価値の向上につながる
         と考えております。
          全てのステークホルダーを尊重し、企業の健全性、透明性を高めるとともに、長期的かつ安定的な株主価値の
         向上に努めるため、迅速で合理的な意思決定体制及び業務執行の効率化を可能とする社内体制を構築し、コーポ
         レート・ガバナンスの強化に取り組んでまいります。
        ② 企業統治の体制

         イ.企業統治の体制の概要
           当社の取締役会は、取締役4名(うち社外取締役1名)で構成され、毎月開催される定時取締役会に加え、
          必要に応じて臨時取締役会を開催しております。取締役会においては、経営上の重要な意思決定を行うととも
          に、各取締役の業務執行の監督を行っております。
           当社の監査役会は、常勤監査役1名、非常勤監査役2名の合計3名で構成されており、3名全員が社外監査
          役であります。監査役会は、毎月1回定例監査役会を開催するほか、必要に応じて臨時監査役会を開催し、監
          査計画の策定、監査実施状況等、監査役相互の情報共有を図っております。
           なお、監査役は、取締役会及びその他重要な会議に出席するほか、監査計画に基づき重要書類の閲覧、役職
          員への質問等の監査手続きを通じて、経営に対する適正な監視を行っております。また、内部監査担当者及び
          会計監査人と緊密な連携をとり、監査の実効性と効率性の向上に努めております。
           コンプライアンス他の法的判断については、顧問弁護士と連携する体制をとっております。
         ロ.当社のコーポレート・ガバナンス体制の状況

           当社のコーポレート・ガバナンスの状況を図示すると以下のとおりとなります。
         ハ.当該体制を採用する理由







           当社では、透明性が高く、かつ迅速な意思決定を図るとともに、それに伴う機動的な業務執行並びに監査対
          応を適切に行える体制を構築するため、取締役会による監督及び監査役、監査役会による監査の体制を採用し
          ております。
                                 47/98




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ニ.内部統制システムの整備の状況
           当社は、業務の適正性及び財務報告の信頼性を確保するための体制として、「内部統制システムの基本方
          針」を定め、コーポレート・ガバナンス体制の強化を図りながら、経営環境の変化に迅速に対応できる組織体
          制を構築することを重要な経営課題と位置付けております。
           「内部統制システムの基本方針」の具体的な内容は以下のとおりであります。
          a 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

            当社は、取締役会を毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、法令及び取締役会規程
           等の社内規程に基づき、会社の重要な業務執行の決定、代表取締役社長の選定及び解職を行うほか、取締役
           の職務の執行を監督する。
            また、組織の構成と各組織の所掌業務及び権限を定める組織規程、業務分掌規程及び職務権限規程を策定
           し、各職位の責任・権限や業務を明確にし、権限の範囲内で迅速かつ適正な意思決定、効率的な業務執行を
           行う。
          b 使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

            当社は、コンプライアンス体制の整備及び維持を図り、企業倫理・法令遵守の姿勢を明確にするため、リ
           スク管理委員会を設置し、コンプライアンス、リスク管理等に関わる基本方針の審議及び管理統括をする。
            リスク管理規程を制定し、取締役及び使用人が法令・定款及び当社の基本方針を遵守した行動をとるため
           の経営理念等を定め、代表取締役社長が繰り返しその精神を取締役及び使用人に伝えることにより、倫理を
           もって行動し、法令遵守をあらゆる企業活動の前提とすることを徹底させる。
            内部監査担当者は、コンプライアンスの状況を監査する。これらの活動は、定期的に代表取締役社長に報
           告される。
            法令・定款上疑義のある行為等について使用人が直接情報提供・相談を行う手段としてホットラインを設
           置するとともに当該使用人に不利益な扱いを行わない旨等を規定する内部通報制度運用規程を制定する。
          c 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

            当社は、原則として、部員から所属長へ行う報告から日々の問題点やクレーム等の対応を確認し、所属長
           がリスクにつながる事項を発見した場合、ただちに代表取締役社長又は取締役に報告を行うことでリスクを
           確認し、事前防止を図る。また、リスク管理規程等の社内規程に基づき、リスク管理を推進するために組織
           横断的リスク状況の監視及び全社的な対応を管理部が担当し、情報セキュリティ基本方針を定め、規程類と
           ともに、取締役及び使用人全員に提示し周知徹底を図る。
          d 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

            当社は、法令及び取締役会規程の定めに従い取締役会を毎月1回開催し、取締役会の議事録を作成し、文
           書管理規程に基づき、適切に保管・管理する。各部署の業務遂行に伴い、職務権限表に従い決裁される案件
           は、稟議書によって決裁し、適切に保管・管理する。また、情報セキュリティ基本方針に従い、情報の適切
           な保管・管理を徹底し、情報の漏えいや不適切な利用を防止する。
          e 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

            現在、監査役の職務を補助すべき使用人はいないが、必要に応じて、監査役の業務補助のための監査役ス
           タッフを置くこととし、その人事については、取締役と監査役が意見交換を行う。
          f 前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項

            監査役から、監査業務に必要な指示を受けた使用人は、その指示に関する限りにおいては、取締役の指揮
           命令を受けないものとする。
          g 取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制

            監査役は、会社の意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、取締役会等の重要会議に出席し、
           取締役及び使用人から重要事項の報告を受ける。
            取締役及び使用人は、会社に重要な損失を与える事項が発生し、又は発生するおそれがあるとき、取締役
           及び使用人による違法又は不正な行為を発見したとき、その他監査役に報告すべきものと定めた事項が生じ
           たときは、監査役に遅滞なく報告する。
                                 48/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          h 財務報告の信頼性を確保するための体制
            当社の財務報告の信頼性確保及び金融商品取引法に規定する内部統制報告書の適切な提出のため、代表取
           締役社長の指示の下、内部統制システムの構築を行い、その仕組みが適正に機能することを継続的に評価し
           必要な是正を行うとともに、金融商品取引法及び関係法令等との適合性を確保する。また、法令等に定める
           情報の開示について適切な開示のための体制を整備する。
          i 反社会的勢力排除に向けた体制

            当社は、反社会的勢力への対応に関する基本方針及び反社会的勢力対応規程を制定し、全社的な反社会的
           勢力排除の基本方針及び反社会的勢力への対応を定めており、事業活動を行う際は法令や規範を遵守し、社
           会秩序や健全な事業活動を阻害する個人、団体とは関わりを持たないことを基本的な考え方とする。この基
           本的な考え方に基づき、組織としての対応を心掛けるとともに、顧問弁護士等との連携を密にし、反社会的
           勢力に関する情報共有を行い、関係を遮断排除する。
          j その他監査が実効的に行われることを確保するための体制

            監査役、内部監査担当者及び会計監査人は、内部監査計画について協議するとともに、内部監査結果や指
           摘事項等について意見交換を行い、常に連携を密にする。また、代表取締役社長との定期的な意見交換を実
           施し、適切な意思疎通及び効果的な監査業務の遂行を図る。
         ホ.リスク管理体制の整備の状況

           当社は、持続的な成長を確保するためリスク管理規程を制定し、全社的なリスク管理体制の強化を図ってお
          ります。リスク管理委員会において、リスクの評価、対策等、広域なリスク管理に関し協議を行い、具体的な
          対応を検討しております。さらに、地震、火災等の災害に対処するため、必要に応じて緊急時対策組織を招集
          し、不測の事態に備えております。また、弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士等の外部専門家の助
          言を受けられる体制を整えており、リスクの未然防止と早期発見に努めております。
         ヘ.責任限定契約の内容の概要

           当社は、会社法第427条第1項に基づき、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役との間
          において、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠
          償責任の限度額は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役(業
          務執行取締役等である者を除く。)または監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な
          過失がないときに限られます。
        ③ 内部監査、監査役監査及び会計監査の状況

         イ.内部監査及び監査役監査の状況
           当社の内部監査につきましては、内部監査担当者2名が担当しており、内部監査は、当社が定める内部監査
          規程に基づき、内部監査計画を策定し、代表取締役社長の承認を得た上で、内部監査を全部署に対して実施
          し、監査結果については代表取締役社長に報告する体制となっております。内部監査については、当社の業務
          運営及び財産管理の実態を調査し、経営方針、法令、定款及び諸規程への準拠性を確かめ、会社財産の保全、
          業務運営の適正性の確保を図り、もって経営の合理化と効率向上に資することを基本方針として実施しており
          ます。なお、内部監査担当者は監査役、会計監査人ともそれぞれ独立した監査を実施しつつも、随時情報交換
          を行なうなど、相互連携による効率性の向上を目指しております。
           当社の監査役会は、監査役3名により構成され、全員社外監査役であり、うち1名の常勤監査役を選任して
          おります。各監査役は、定められた業務分担に基づき監査を行い、原則として月1回開催されている監査役会
          において、情報共有を図っております。監査役監査は、毎期策定される監査計画書に基づき、取締役会への出
          席、実地監査、取締役及び使用人への意見聴取を行っております。さらに、内部監査担当者及び会計監査人と
          の連携を密にして、監査の実効性と効率性の向上を図っております。
         ロ.会計監査の状況

           当社は、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結し、会計に関する事項の監査を受けております。同監査法
          人及び当社の監査に従事する同監査法人の業務執行社員との間には特別な利害関係はありません。
           業務を執行した公認会計士は本間洋一及び石田宏の2名であり、補助者の構成は公認会計士3名、会計士試
          験合格者等2名、その他5名となっております。なお、監査継続年数が7年以内のため、年数の記載を省略し
          ております。
                                 49/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 社外取締役及び社外監査役との関係
          当社は、社外取締役1名及び社外監査役3名を選任しております。
          当社では、社外取締役は、客観的かつ中立的な立場から業務執行取締役に対する監督及び自己の見識に基づく
         経営への助言を通じ、取締役会の透明性の維持、強化を担っており、社外監査役は、取締役の職務の執行の適正
         性及び効率性を高めるための牽制機能として、経営に対する監視、監督機能を担っております。
          社外取締役の西尾直紀は、当社の株主である株式会社メディアシークの設立時からの代表取締役社長であり、
         企業経営に関する幅広い知見と豊富な経験を有していることから、当社のコーポレート・ガバナンスの強化に貢
         献いただけると判断し、社外取締役に選任しております。なお、本書提出日現在、当社の株主かつ取引先である
         株式会社メディアシークの代表取締役社長でありますが、当社の具体的な業務執行は業務執行取締役の判断のも
         と自主独立した意思決定により行っております。また当社の営業取引における同社に対する依存度は低く、関連
         当事者取引として一般企業との取引と同等の取引として、取締役会にて決議されております。それ以外に当社と
         の間で、人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
          社外監査役の池田裕は、IT系企業における取締役社長としての経験及びIT系上場企業における監査役とし
         ての経験を有しており、企業経営に関する幅広い知見と豊富な経験を有していることから、当社の監査体制の強
         化に貢献いただけると判断し、社外監査役に選任しております。なお、本書提出日現在、当社の新株予約権30個
         (600株)を保有しておりますが、それ以外に当社との間で、人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関
         係はありません。
          社外監査役の塚田英樹は、公認会計士としての専門的な知識と豊富な経験を有していることから、当社の監査
         体制の強化に貢献いただけると判断し、社外監査役に選任しております。なお、本書提出日現在、当社の新株予
         約権20個(400株)を保有しておりますが、それ以外に当社との間で、人的関係、資本的関係、取引関係その他
         の利害関係はありません。
          社外監査役の髙木伸學は、弁護士としての専門的な知識と豊富な経験を有しており、また上場企業における監
         査役としての経験を有していることから、当社の監査体制の強化に貢献いただけると判断し、社外監査役に選任
         しております。なお、本書提出日現在、当社の新株予約権20個(400株)を保有しておりますが、それ以外に当
         社との間で、人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
          当社は、社外取締役または社外監査役の独立性に関する基準や方針についての特段の定めはありませんが、そ
         の選任につきましては、経歴や当社との関係を踏まえて社外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保
         できていることを個別に判断しております。
        ⑤ 役員報酬

         イ.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる役
                  報酬等の総額
                                                      員の員数
         役員区分
                   (千円)
                                ストックオプ
                                                       (人)
                          基本報酬               賞与      退職慰労金
                                ション
     取締役
                     26,400       26,400         -       -       -        3
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                       -       -       -       -       -       -
     (社外監査役を除く。)
                     2,280       2,280         -       -       -        3
     社外役員
      (注) 上記には無報酬の取締役1名を除いております。
         ロ.提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

           報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         ハ.使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

           該当事項はありません。
         ニ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

           取締役の報酬については、株主総会で決議された報酬総額の限度内において、各取締役の貢献等を勘案し、
          報酬額を決定することとしております。また、監査役の報酬は、株主総会で決議された報酬総額の限度内にお
          いて監査役会で決定しております。
                                 50/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑥ 株式の保有状況
         イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           該当事項はありません。
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

           的
           該当事項はありません。
         ハ.保有目的が純投資である投資株式

           該当事項はありません。
        ⑦ 取締役の定数

          当社の取締役は7名以内とする旨定款に定めております。
        ⑧ 取締役選任の決議要件

          取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、そ
         の議決権の過半数をもって行う旨及び選任決議は、累積投票によらない旨を定款に定めております。
        ⑨ 中間配当

          当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年1月31日を基準日として中間配当
         をすることができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためでありま
         す。
        ⑩ 自己株式の取得

          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨
         を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場
         取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
        ⑪ 取締役及び監査役の責任免除

          当社では、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠った取締役(取締役であったものを含む。)及び監
         査役(監査役であったものを含む。)の損害賠償責任を法令の限度において、取締役会の決議によって免除でき
         る旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮し
         て、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
        ⑫ 株主総会の特別決議要件

          当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議
         要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権
         の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
                                 51/98








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
             最近事業年度の前事業年度                               最近事業年度
      監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬
          (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
              7,500               -            8,800               -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近事業年度の前事業年度)
          該当事項はありません。
         (最近事業年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (最近事業年度の前事業年度)
          該当事項はありません。
         (最近事業年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の事業規模や特性に照らし監査内容、監査日数等を勘案し、双方協議の上で監査役会の同意を得て監査報
         酬を決定しております。
                                 52/98












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
       (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
       (2)当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第
        63号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

       (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(2016年8月1日から2017年7月31日
        まで)及び当事業年度(2017年8月1日から2018年7月31日まで)の財務諸表について、太陽有限責任監査法人に
        よる監査を受けております。
       (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2019年2月1日から2019年
        4月30日まで)及び第3四半期累計期間(2018年8月1日から2019年4月30日まで)に係る四半期財務諸表につい
        て、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
      4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
       適切に把握し、または会計基準の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、監査法人等が主
       催するセミナーに参加しております。
                                 53/98













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年7月31日)              (2018年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        397,182              453,127
         現金及び預金
                                        128,112              188,718
         売掛金
                                           276             9,759
         仕掛品
                                         2,075              2,140
         前払費用
                                         10,329               5,817
         繰延税金資産
                                         1,013                -
         未収還付法人税等
                                           600             1,917
         その他
                                         △ 813             △ 866
         貸倒引当金
                                        538,775              660,614
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         25,104              46,661
          工具、器具及び備品
                                        △ 5,505             △ 16,830
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             19,598              29,830
                                         19,598              29,830
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         1,747              1,562
          ソフトウエア
                                         1,747              1,562
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         7,542              35,099
          敷金及び保証金
                                         9,734              1,895
          繰延税金資産
                                         17,277              36,995
          投資その他の資産合計
                                         38,623              68,388
         固定資産合計
                                        577,399              729,002
       資産合計
                                 54/98










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年7月31日)              (2018年7月31日)
      負債の部
       流動負債
                                           623              416
         買掛金
                                         36,364              36,364
         1年内返済予定の長期借入金
                                         15,105              29,095
         未払金
                                         63,236              78,060
         未払費用
                                         55,909               5,113
         未払法人税等
                                         5,274              9,817
         預り金
                                         13,784               9,329
         その他
                                        190,297              168,197
         流動負債合計
       固定負債
                                         45,454               9,090
         長期借入金
                                         45,454               9,090
         固定負債合計
                                        235,751              177,287
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         13,000              43,450
         資本金
         資本剰余金
                                         12,000              42,450
          資本準備金
                                         12,000              42,450
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        316,647              465,815
            繰越利益剰余金
                                        316,647              465,815
          利益剰余金合計
                                        341,647              551,715
         株主資本合計
                                        341,647              551,715
       純資産合計
                                        577,399              729,002
      負債純資産合計
                                 55/98











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                                当第3四半期会計期間
                                 (2019年4月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        743,610
         現金及び預金
                                        205,204
         売掛金
                                         9,490
         その他
                                         △ 923
         貸倒引当金
                                        957,381
         流動資産合計
       固定資産
                                         72,593
         有形固定資産
                                         1,185
         無形固定資産
                                         32,683
         投資その他の資産
                                        106,462
         固定資産合計
                                       1,063,844
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                           486
         買掛金
                                         18,181
         1年内返済予定の長期借入金
                                         87,804
         未払法人税等
                                         16,318
         賞与引当金
                                        127,455
         その他
                                        250,245
         流動負債合計
                                        250,245
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         43,450
         資本金
                                         42,450
         資本剰余金
                                        727,698
         利益剰余金
                                        813,598
         株主資本合計
                                        813,598
       純資産合計
                                       1,063,844
      負債純資産合計
                                 56/98










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2016年8月1日              (自 2017年8月1日
                                至 2017年7月31日)               至 2018年7月31日)
                                        628,803              610,247
      売上高
                                        167,071              186,354
      売上原価
                                        461,732              423,892
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         9,890              18,087
       役員報酬
                                         23,320              30,150
       給料
                                        100,695              100,854
       広告宣伝費
                                         19,817              17,953
       支払報酬
                                           681              843
       減価償却費
                                           35              97
       貸倒引当金繰入額
                                           -             4,136
       賞与引当金繰入額
                                         28,972              44,654
       その他
                                        183,414              216,777
       販売費及び一般管理費合計
                                        278,318              207,115
      営業利益
      営業外収益
                                            2              3
       受取利息
                                         2,200              4,870
       助成金収入
                                           10              -
       その他
                                         2,212              4,873
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           955              744
       支払利息
                                         ※1 133
                                                         -
       固定資産除却損
                                           -              163
       為替差損
                                           17              -
       その他
                                         1,107               907
       営業外費用合計
                                        279,424              211,082
      経常利益
      特別損失
                                        ※2 38,880
                                                         -
       減損損失
                                         38,880                -
       特別損失合計
                                        240,544              211,082
      税引前当期純利益
                                         88,046              49,562
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 13,769              12,351
      法人税等調整額
                                         74,276              61,913
      法人税等合計
                                        166,267              149,168
      当期純利益
                                 57/98








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2016年8月1日                   (自 2017年8月1日
                            至 2017年7月31日)                   至 2018年7月31日)
                     注記                 構成比                   構成比

           区分               金額(千円)                   金額(千円)
                     番号                 (%)                   (%)
     Ⅰ 労務費                          91,898        55.3          128,948        65.6

                                74,333                   67,722
     Ⅱ 経費                ※1                  44.7                   34.4
       小計                               100.0                   100.0

                               166,232                   196,671
                                2,230                    276
       期首仕掛品たな卸高
        小計

                               168,462                   196,947
       期末仕掛品たな卸高                          276                  9,759
                                1,115                    833
       他勘定振替高              ※2
       売上原価
                               167,071                   186,354
      (注)※1.主な内訳は次のとおりであります。
                              前事業年度                   当事業年度
             項目              (自 2016年8月1日                   (自 2017年8月1日
                            至 2017年7月31日)                   至 2018年7月31日)
     減価償却費(千円)                                4,821                  10,968

     地代家賃(千円)                                8,808                   5,957

     保守運用管理費(千円)
                                     25,487                   29,745
     著作権使用料(千円)
                                     11,200                   7,145
     外注委託費(千円)
                                     14,027                   2,100
         ※2.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2016年8月1日                   (自 2017年8月1日
             項目
                            至 2017年7月31日)                   至 2018年7月31日)
     保守運用管理費(千円)

                                     1,115                    833
             合計                        1,115                    833

          3.原価計算の方法は、実際原価による個別原価計算を採用しております。

                                 58/98







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期損益計算書】
          【第3四半期累計期間】
                                     (単位:千円)
                                当第3四半期累計期間
                                (自 2018年8月1日
                                至 2019年4月30日)
                                        818,156
      売上高
                                        210,997
      売上原価
                                        607,159
      売上総利益
                                        232,706
      販売費及び一般管理費
                                        374,452
      営業利益
      営業外収益
                                            ▶
       受取利息
                                         2,850
       助成金収入
                                           411
       その他
                                         3,266
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           268
       支払利息
                                         2,050
       株式公開費用
                                           890
       その他
                                         3,209
       営業外費用合計
                                        374,509
      経常利益
                                        374,509
      税引前四半期純利益
                                        112,626
      法人税等
                                        261,883
      四半期純利益
                                 59/98













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
                                                      (単位:千円)
                                  株主資本
                            資本剰余金            利益剰余金
                                     その他利益剰                  純資産合計
                    資本金                 余金            株主資本合計
                               資本剰余金合            利益剰余金合
                         資本準備金
                               計            計
                                     繰越利益剰余
                                     金
     当期首残高                13,000      12,000      12,000      150,379      150,379      175,379      175,379
     当期変動額
      当期純利益                                 166,267      166,267      166,267      166,267
     当期変動額合計                  -      -      -    166,267      166,267      166,267      166,267
     当期末残高
                     13,000      12,000      12,000      316,647      316,647      341,647      341,647
          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

                                                      (単位:千円)
                                  株主資本
                            資本剰余金            利益剰余金
                                     その他利益剰                  純資産合計
                    資本金                 余金            株主資本合計
                               資本剰余金合            利益剰余金合
                         資本準備金
                               計            計
                                     繰越利益剰余
                                     金
     当期首残高                13,000      12,000      12,000      316,647      316,647      341,647      341,647
     当期変動額
      新株の発行
                     30,450      30,450      30,450                  60,900      60,900
      当期純利益                                 149,168      149,168      149,168      149,168
     当期変動額合計                30,450      30,450      30,450      149,168      149,168      210,068      210,068
     当期末残高                43,450      42,450      42,450      465,815      465,815      551,715      551,715
                                 60/98










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2016年8月1日              (自 2017年8月1日
                                至 2017年7月31日)               至 2018年7月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        240,544              211,082
       税引前当期純利益
                                         5,502              11,811
       減価償却費
                                         38,880                -
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    35              52
                                           △ 2             △ 3
       受取利息
                                           955              744
       支払利息
                                        △ 2,200             △ 4,870
       助成金収入
                                           133               -
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 6,308             △ 60,606
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  1,954             △ 9,483
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 16,950               △ 128
       長期前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 22,200                -
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 5,746              △ 206
       未払金の増減額(△は減少)                                  6,451              7,614
       未払費用の増減額(△は減少)                                  8,732              14,824
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 6,392             △ 4,919
                                         2,165              2,784
       その他
                                        245,555              168,695
       小計
       利息の受取額                                    1              3
                                        △ 1,068              △ 680
       利息の支払額
                                         1,600              5,470
       助成金の受取額
                                        △ 94,576             △ 100,925
       法人税等の支払額
                                           -             1,580
       法人税等の還付額
                                        151,512               74,143
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 21,317             △ 14,795
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 351             △ 303
       無形固定資産の取得による支出
                                           -           △ 27,635
       敷金及び保証金の差入による支出
                                           192               -
       敷金及び保証金の回収による収入
                                        △ 21,476             △ 42,734
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 20,000                -
                                        100,000                 -
       長期借入れによる収入
                                        △ 21,566             △ 36,364
       長期借入金の返済による支出
                                           -            60,900
       株式の発行による収入
                                         58,434              24,536
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   188,469               55,945
                                        208,712              397,182
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 397,182              ※ 453,127
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 61/98






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
           1.たな卸資産の評価基準及び評価方法
             個別法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法により算定)を採
            用しております。
           2.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
              定率法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
               工具、器具及び備品   4~10年
            (2)無形固定資産

              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
            (3)少額減価償却資産

              取得価額が10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については、法人税法の規定に基づき、3年間
             で均等償却を行っております。
           3.引当金の計上基準

             貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特
             定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           4.重要な収益及び費用の計上基準

             受注制作ソフトウエアに係る収益の計上基準
              当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクトについては工事進行基
             準(進捗率の見積りは原価比例法)を適用し、その他のプロジェクトについては工事完成基準を適用し
             ております。
           5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 62/98







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)
           1.たな卸資産の評価基準及び評価方法
             個別法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法により算定)を採
            用しております。
           2.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
              定率法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
               工具、器具及び備品   4~10年
            (2)無形固定資産

              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
            (3)少額減価償却資産

              取得価額が10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については、法人税法の規定に基づき、3年間
             で均等償却を行っております。
           3.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

             外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
            ります。
           4.引当金の計上基準

            (1)貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特
             定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
            (2)賞与引当金

              従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額を計上しております。
           5.重要な収益及び費用の計上基準

             受注制作ソフトウエアに係る収益の計上基準
              当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクトについては工事進行基
             準(進捗率の見積りは原価比例法)を適用し、その他のプロジェクトについては工事完成基準を適用し
             ております。
           6.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 63/98





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (未適用の会計基準等)
          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

           1 税効果会計に係る会計基準の適用指針等
             ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」
              (企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日改正 企業会計基準委員会)
             ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」
              (企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日最終改正 企業会計基準委員会)
            (1)概要

              「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等は、日本公認会計士協会における税効果会計に関する実
             務指針を企業会計基準委員会に移管するに際して、基本的にその内容を踏襲した上で、必要と考えられ
             る以下の見直しが行われたものであります。
              (会計処理の見直しを行った主な取扱い)
               ・個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱い
               ・(分類1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い
            (2)適用予定日

              2019年7月期の期首から適用します。
            (3)当該会計基準等の適用による影響

              「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時
             点で評価中であります。
           2 収益認識に関する会計基準等

             ・「収益認識に関する会計基準」
              (企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
             ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」
              (企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
            (1)概要

              国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に
             関する包括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにお
             いてはIFRS第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月
             1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される
             状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指
             針と合わせて公表されたものです。
              企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS
             第15号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的
             な原則を取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われ
             てきた実務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追
             加することとされております。
            (2)適用予定日

              2022年7月期の期首から適用します。
            (3)当該会計基準等の適用による影響

              「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
             であります。
                                 64/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (追加情報)
          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
          (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当
          事業年度から適用しております。
          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

           該当事項はありません。
         (貸借対照表関係)

          当座貸越契約
           当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と当座貸越契約を締結しております。これら契約
          に基づく事業年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2017年7月31日)                  (2018年7月31日)
     当座貸越極度額の総額                               100,000千円                  250,000千円
     借入実行残高                                  -                  -
              差引額                       100,000                  250,000
         (損益計算書関係)

          ※1 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年8月1日                  (自 2017年8月1日
                              至 2017年7月31日)                  至 2018年7月31日)
     ソフトウエア                                  133千円                  -千円
          ※2 減損損失

             前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
              当事業年度において、当社は以下の資産について減損損失を計上しました。
          用途              種類              場所             減損損失
                   前払費用              本社(東京都港区)                     16,680千円

     事業用資産
                   長期前払費用              本社(東京都港区)                     22,200千円
              当社は、原則として、主にキャッシュ・フローを生み出す最小単位を基準としてグルーピングを行っ
             ております。
              当事業年度において、動画配信サービスで使用しているコンテンツの最低保証料金につき、当事業年
             度末の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しました。
              なお、当該資産の回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローがマ
             イナスであるため、回収可能価額をゼロとしております。
             当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

              該当事項はありません。
                                 65/98






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (株主資本等変動計算書関係)
          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)1.2.
                             20,600         185,400            -       206,000
             合計                20,600         185,400            -       206,000

     自己株式

      普通株式                         -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

      (注)1.当社は、2017年7月28日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております。
         2.普通株式の発行済株式総数の増加185,400株は株式分割によるものであります。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
              該当事項はありません。
            (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

              該当事項はありません。
          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)
                            206,000          4,200           -       210,200
             合計               206,000          4,200           -       210,200
     自己株式

      普通株式                         -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

      (注) 普通株式の発行済株式総数の増加4,200株は、第三者割当による新株の発行による増加であります。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
              該当事項はありません。
            (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

              該当事項はありません。
                                 66/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年8月1日                  (自 2017年8月1日
                              至 2017年7月31日)                  至 2018年7月31日)
     現金及び預金勘定                               397,182千円                  453,127千円
     現金及び現金同等物                               397,182                  453,127
         (金融商品関係)

          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は、資金計画に基づき、必要な運転資金及び設備投資資金に関しては、自己資金及び銀行借入で
             賄っております。資金運用においては短期的な預金等に限定し、投機的な取引は行わない方針でありま
             す。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              敷金及び保証金は、本社オフィスの賃貸借契約に基づくものであり、差入先の信用リスクに晒されて
             おります。
              営業債務である買掛金、未払金、未払費用、未払法人税等及び預り金は短期間で決済されるものであ
             ります。
              借入金は主に運転資金や設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであります。
              営業債務や借入金は流動性リスクに晒されております。また借入金は、変動金利であるため金利の変
             動リスクに晒されております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               営業債権並びに敷金及び保証金については、社内規程に従い、取引先の状況を定期的に確認し、取
              引先ごとに財務状況等の悪化による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
             ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
               各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
              維持などにより流動性リスクを管理しております。
             ③ 金利の変動リスクの管理
               借入金の返済期日は決算日後3年以内となっており、金利の変動リスクの軽減を図っております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
            (5)信用リスクの集中

              当事業年度の決算日現在における営業債権のうち95.7%が特定の取引先に対するものであります。
                                 67/98






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                           貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          397,182            397,182              -

      (2)売掛金                          128,112            128,112              -
      (3)未収還付法人税等                           1,013            1,013             -

      (4)敷金及び保証金                           7,542            7,553             11
       資産計                         533,850            533,861              11

      (1)買掛金                            623            623            -

      (2)未払金                           15,105            15,105              -
      (3)未払費用                           63,236            63,236              -

      (4)未払法人税等                           55,909            55,909              -

      (5)預り金                           5,274            5,274             -

      (6)長期借入金 ※                           81,818            81,818              -
       負債計                         221,967            221,967              -

      ※ 長期借入金には、1年内返済予定の長期借入金が含まれております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

          資 産
           (1)現金及び預金、(2)売掛金、(3)未収還付法人税等
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
             ります。
           (4)敷金及び保証金
             時価については、賃貸借契約の終了期間を考慮した敷金の返還予定時期に基づき、国債の利率で割り引
             いた現在価値によっております。なお、「貸借対照表計上額」及び「時価」については、敷金の回収が
             最終的に見込めないと認められる部分の金額(資産除去債務の未償却残高)が含まれております。
          負 債
           (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払費用、(4)未払法人税等、(5)預り金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
             ります。
           (6)長期借入金
             長期借入金は、変動金利によるものであり、短期間で市場金利を反映し、また、当社の信用状態は実行
             後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額に
             よっております。
         2.金銭債権の決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      397,182            -         -         -

      売掛金                      128,112            -         -         -
      未収還付法人税等                       1,013           -         -         -

      敷金及び保証金                         -        7,542           -         -
             合計               526,307          7,542           -         -

                                 68/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.長期借入金の決算日後の返済予定額
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金              36,364       36,364        9,090         -       -       -

          合計          36,364       36,364        9,090         -       -       -

          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は、資金計画に基づき、必要な運転資金及び設備投資資金に関しては、自己資金及び銀行借入で
             賄っております。資金運用においては短期的な預金等に限定し、投機的な取引は行わない方針でありま
             す。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              敷金及び保証金は、本社オフィスの賃貸借契約に基づくものであり、差入先の信用リスクに晒されて
             おります。
              営業債務である買掛金、未払金、未払費用、未払法人税等及び預り金は短期間で決済されるものであ
             ります。
              借入金は主に運転資金や設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであります。
              営業債務や借入金は流動性リスクに晒されております。また借入金は、変動金利であるため金利の変
             動リスクに晒されております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               営業債権並びに敷金及び保証金については、社内規程に従い、取引先の状況を定期的に確認し、取
              引先ごとに財務状況等の悪化による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
             ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
               各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
              維持などにより流動性リスクを管理しております。
             ③ 金利の変動リスクの管理
               借入金の返済期日は決算日後2年以内となっており、金利の変動リスクの軽減を図っております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
            (5)信用リスクの集中

              当事業年度の決算日現在における営業債権のうち79.8%が特定の取引先に対するものであります。
                                 69/98






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                           貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          453,127            453,127              -

      (2)売掛金                          188,718            188,718              -
      (3)敷金及び保証金                           35,099            35,196              97
       資産計                         676,945            677,042              97

      (1)買掛金                            416            416            -

      (2)未払金                           29,095            29,095              -
      (3)未払費用                           78,060            78,060              -

      (4)未払法人税等                           5,113            5,113             -

      (5)預り金                           9,817            9,817             -

      (6)長期借入金 ※                           45,454            45,454              -
       負債計                         167,957            167,957              -

      ※ 長期借入金には、1年内返済予定の長期借入金が含まれております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

          資 産
           (1)現金及び預金、(2)売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
             ります。
           (3)敷金及び保証金
             時価については、賃貸借契約の終了期間を考慮した敷金の返還予定時期に基づき、国債の利率で割り引
             いた現在価値によっております。なお、「貸借対照表計上額」及び「時価」については、敷金の回収が
             最終的に見込めないと認められる部分の金額(資産除去債務の未償却残高)が含まれております。
          負 債
           (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払費用、(4)未払法人税等、(5)預り金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
             ります。
           (6)長期借入金
             長期借入金は、変動金利によるものであり、短期間で市場金利を反映し、また、当社の信用状態は実行
             後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額に
             よっております。
         2.金銭債権の決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      453,127            -         -         -

      売掛金                      188,718            -         -         -
      敷金及び保証金                       7,463         27,635           -         -
             合計               649,309          27,635           -         -

                                 70/98




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.長期借入金の決算日後の返済予定額
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金              36,364        9,090         -       -       -       -

          合計          36,364        9,090         -       -       -       -

         (退職給付関係)

          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
           1.採用している退職給付制度の概要
             当社は、従業員の退職給付に充てるため、確定拠出制度を採用しております。
           2.確定拠出制度

             当社は、マッチング拠出制度を採用しており、確定拠出制度への要拠出額はありません。
          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

           1.採用している退職給付制度の概要
             当社は、従業員の退職給付に充てるため、確定拠出制度を採用しております。
           2.確定拠出制度

             当社は、マッチング拠出制度を採用しており、確定拠出制度への要拠出額はありません。
                                 71/98













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
             該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
                                           当社取締役 1名
     付与対象者の区分及び人数                    当社従業員 12名                  当社監査役 3名
                                           当社従業員 10名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 191,000株                  普通株式 29,300株
     数(注)
     付与日                    2016年7月31日                  2017年7月28日
                         「第4 提出会社の状況 1 株式                  「第4 提出会社の状況 1 株式
     権利確定条件                    等の状況 (2)新株予約権等の状                  等の状況 (2)新株予約権等の状
                         況」に記載のとおりであります。                  況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                    定めておりません。                  定めておりません。
                         自 2018年7月31日                  自 2019年7月29日
     権利行使期間
                         至 2026年7月29日                  至 2027年7月28日
      (注) 株式数に換算して記載しております。なお、当社は2017年7月28日付で普通株式1株につき10株、                                                   2019年2月
          20日付で普通株式1株につき20株               の割合で株式分割を行っており、分割後の株式数に換算して記載しておりま
          す。
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当事業年度(2017年7月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
             ションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     権利確定前               (株)

                                      191,000
      前事業年度末                                                    -
                                                        29,300
      付与                                  -
      失効                                4,200                    -

      権利確定                                  -                  -

      未確定残                               186,800                   29,300

     権利確定後               (株)

      前事業年度末                                  -                  -

      権利確定                                  -                  -

      権利行使                                  -                  -

      失効                                  -                  -

      未行使残                                  -                  -

      (注)      当社は2017年7月28日付で普通株式1株につき10株、                         2019年2月20日付で普通株式1株につき20株                     の割合で株
          式分割を行っており、分割後の株式数に換算して記載しております。
                                 72/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     権利行使価格(注)               (円)                    75                  424

     行使時平均株価               (円)                    -                  -

     付与日における公正な評価単価               (円)                    -                  -

      (注)      当社は2017年7月28日付で普通株式1株につき10株、                         2019年2月20日付で普通株式1株につき20株                     の割合で株
          式分割を行っており、          分割後の価格に換算して記載しております。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             ストック・オプションを付与した時点において、当社は未公開企業であるため、ストック・オプション
            の公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。また、単位当たりの
            本源的価値の算定基礎となる当社株式の評価方法は、DCF法及び簿価純資産価額方式の折衷方法並びに
            DCF法、簿価純資産価額方式及び類似会社比較方式の折衷方法により算定した価格を勘案して決定して
            おります。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
            用しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的

             価値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源
             的価値の合計額
            ① 当事業年度末における本源的価値の合計額                     65,099千円
            ② 当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
                                                         -千円
          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
             該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
                                           当社取締役 1名
     付与対象者の区分及び人数                    当社従業員 12名                  当社監査役 3名
                                           当社従業員 10名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 191,000株                  普通株式 29,300株
     数(注)
     付与日                    2016年7月31日                  2017年7月28日
                         「第4 提出会社の状況 1 株式                  「第4 提出会社の状況 1 株式
     権利確定条件                    等の状況 (2)新株予約権等の状                  等の状況 (2)新株予約権等の状
                         況」に記載のとおりであります。                  況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                    定めておりません。                  定めておりません。
                         自 2018年7月31日                  自 2019年7月29日
     権利行使期間
                         至 2026年7月29日                  至 2027年7月28日
      (注) 株式数に換算して記載しております。なお、当社は2017年7月28日付で普通株式1株につき10株、                                                   2019年2月
          20日付で普通株式1株につき20株               の割合で株式分割を行っており、分割後の株式数に換算して記載しておりま
          す。
                                 73/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
              当事業年度(2018年7月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
             ションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     権利確定前               (株)

      前事業年度末                               186,800                   29,300

      付与                                  -                  -

      失効                                  -                  -

      権利確定                                  -                  -

      未確定残                               186,800                   29,300

     権利確定後               (株)

      前事業年度末                                  -                  -

      権利確定                                  -                  -

      権利行使                                  -                  -

      失効                                  -                  -

      未行使残                                  -                  -

      (注)      当社は2017年7月28日付で普通株式1株につき10株、                         2019年2月20日付で普通株式1株につき20株                     の割合で株
          式分割を行っており、分割後の株式数に換算して記載しております。
             ② 単価情報

                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
                                                          424
     権利行使価格(注)               (円)                    75
     行使時平均株価               (円)                    -                  -

     付与日における公正な評価単価               (円)                    -                  -

      (注)      当社は2017年7月28日付で普通株式1株につき10株、                         2019年2月20日付で普通株式1株につき20株                     の割合で株
          式分割を行っており、          分割後の価格に換算して記載しております。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             ストック・オプションを付与した時点において、当社は未公開企業であるため、ストック・オプション
            の公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。また、単位当たりの
            本源的価値の算定基礎となる当社株式の評価方法は、DCF法及び簿価純資産価額方式の折衷方法並びに
            DCF法、簿価純資産価額方式及び類似会社比較方式の折衷方法により算定した価格を勘案して決定して
            おります。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
            用しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的

             価値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源
             的価値の合計額
            ① 当事業年度末における本源的価値の合計額                                                           130,253千円
            ② 当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
                                                         -千円
                                 74/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前事業年度(2017年7月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2017年7月31日)
            繰延税金資産
             未払事業税                             3,693千円
             未払地方法人特別税                             1,488
             減損損失                             11,945
                                          3,145
             その他
            繰延税金資産小計
                                          20,272
                                          △208
             評価性引当額
            繰延税金資産合計                              20,064
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2017年7月31日)
            法定実効税率
                                          34.81%
            (調整)
             住民税均等割                              0.07
             税率の変更                              1.10
             評価性引当額の増減                              0.07
             税額控除                             △4.33
             中小法人軽減税率                             △0.39
             過年度法人税等                             △0.42
                                          △0.03
             その他
            税効果会計適用後の法人税等の負担率                              30.88
                                 75/98











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(2018年7月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2018年7月31日)
            繰延税金資産
             未払事業税                              505千円
             未払地方法人特別税                              203
             減損損失                             6,797
                                           205
             その他
            繰延税金資産合計                              7,712
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2018年7月31日)
            法定実効税率
                                          34.81%
            (調整)
             住民税均等割                              0.09
             税率の変更                             △0.76
             評価性引当額の増減                             △0.10
             税額控除                             △4.27
             中小法人軽減税率                             △0.45
             過年度法人税等                             △0.04
                                           0.05
             その他
            税効果会計適用後の法人税等の負担率                              29.33
         (資産除去債務関係)

          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
           当社は、本社事務所の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識し
          ておりますが、当該債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           なお、当事業年度における資産除去債務は、負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関連する敷金の回収が
          最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当事業年度の負担に属する金額を費用に計
          上する方法によっております。
          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

           当社は、本社事務所の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識し
          ておりますが、当該債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           なお、当事業年度における資産除去債務は、負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関連する敷金の回収が
          最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当事業年度の負担に属する金額を費用に計
          上する方法によっております。
                                 76/98







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
            当社は、インターネットサービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

            当社は、インターネットサービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が、損益計算書の売上高の90%を超えるため記載
             を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産

               本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の氏名又は名称                      売上高               関連するセグメント名

     株式会社小学館                               571,728      インターネットサービス事業
           当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が、損益計算書の売上高の90%を超えるため記載
             を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産

               本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の氏名又は名称                      売上高               関連するセグメント名

     株式会社小学館                               499,268      インターネットサービス事業
                                 77/98






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
            当社は、インターネットサービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

            該当事項はありません。
                                 78/98














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【関連当事者情報】
          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
           関連当事者との取引
            財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                               議決権等の
                     資本金又は
          会社等の名               事業の内容     所有(被所     関連当事者          取引金額         期末残高
       種類          所在地    出資金                     取引の内容           科目
          称又は氏名               又は職業     有)割合     との関係          (千円)         (千円)
                     (千円)
                                (%)
                                         当社銀行借
                                         入に対する
                                                81,818     -      -
                                         債務被保証
                                         (注)2
     役員及び主                     当社代表取     (被所有)
          松原 裕樹       -     -              債務被保証
     要株主                     締役社長     直接 43.7
                                         当社賃貸借
                                         契約に対す
                                                11,244     -      -
                                         る債務被保
                                         証(注)3
      (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
         2.当社は金融機関からの借入に対して、当社代表取締役社長松原裕樹の債務保証を受けております。なお、保
           証料の支払は行っておりません。
         3.当社事務所の賃貸借契約に基づく賃借料の支払いについて、当社代表取締役社長松原裕樹より債務保証を受
           けております。なお、保証料の支払は行っておりません。
          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

           関連当事者との取引
            財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                               議決権等の
                     資本金又は
          会社等の名                事業の内容     所有(被所     関連当事者          取引金額         期末残高
       種類          所在地    出資金                     取引の内容           科目
          称又は氏名                又は職業     有)割合     との関係          (千円)         (千円)
                     (千円)
                                (%)
                                         当社銀行借
                                         入に対する
                                                45,454     -      -
                                         債務被保証
                                         (注)2
     役員及び主                     当社代表取     (被所有)
          松原 裕樹       -     -              債務被保証
     要株主                     締役社長     直接 42.8
                                         当社賃貸借
                                         契約に対す
                                                11,244     -      -
                                         る債務被保
                                         証(注)3
      (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
         2.当社は金融機関からの借入に対して、当社代表取締役社長松原裕樹の債務保証を受けております。なお、保
           証料の支払は行っておりません。
         3.当社事務所の賃貸借契約に基づく賃借料の支払いについて、当社代表取締役社長松原裕樹より債務保証を受
           けております。なお、保証料の支払は行っておりません。
                                 79/98








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
                                当事業年度
                             (自 2016年8月1日
                              至 2017年7月31日)
     1株当たり純資産額                               82.92円

     1株当たり当期純利益金額                               40.36円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           るため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         2.当社は、2017年7月28日付で普通株式1株につき10株、                            2019年2月20日付で普通株式1株につき20株の株式
           分割を行っておりますが、            当事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び
           1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当事業年度
                             (自 2016年8月1日
                              至 2017年7月31日)
     当期純利益金額(千円)                               166,267

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                 -

     普通株式に係る当期純利益金額(千円)                               166,267

     普通株式の期中平均株式数(株)                              4,120,000

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                      新株予約権2種類(新株予約権の
     1株当たり当期純利益金額の算定に含めな                      数2,399個)。
     かった潜在株式の概要                      なお、新株予約権の概要は「第
                           4 提出会社の状況 1 株式等
                           の状況 (2)新株予約権等の状
                           況」に記載のとおりであります。
                                 80/98











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)
                                当事業年度
                             (自 2017年8月1日
                              至 2018年7月31日)
     1株当たり純資産額                              131.24円

     1株当たり当期純利益金額                               36.00円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           るため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         2.当社は、      2019年2月20日付で普通株式1株につき20株の株式分割を行っておりますが、前                                     事業年度の期首に
           当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しておりま
           す。
         3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当事業年度
                             (自 2017年8月1日
                              至 2018年7月31日)
     当期純利益金額(千円)                               149,168

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                 -

     普通株式に係る当期純利益金額(千円)                               149,168

     普通株式の期中平均株式数(株)                              4,143,244

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                      新株予約権2種類(新株予約権の
     1株当たり当期純利益金額の算定に含めな                      数2,399個)。
     かった潜在株式の概要                      なお、新株予約権の概要は「第
                           4 提出会社の状況 1 株式等
                           の状況 (2)新株予約権等の状
                           況」に記載のとおりであります。
                                 81/98











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
          前事業年度(自 2016年8月1日 至 2017年7月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2017年8月1日 至 2018年7月31日)

          (株式分割及び単元株制度の採用)
           当社は、2019年1月24日開催の取締役会決議に基づき、2019年2月20日付をもって株式分割を行っておりま
          す。また、2019年2月1日開催の臨時株主総会において、定款の一部を変更し単元株制度を採用しておりま
          す。
          1.株式分割、単元株制度の採用の目的

            当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1単元
           を100株とする単元株制度を採用いたします。
          2.株式分割の概要

           (1)分割方法
             2019年2月19日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき20株の
            割合をもって分割しております。
           (2)分割により増加する株式数
             株式分割前の発行済株式総数    210,200株
             今回の分割により増加する株式数 3,993,800株
             株式分割後の発行済株式総数   4,204,000株
             株式分割後の発行可能株式総数                    16,800,000株
           (3)株式分割の効力発生日
             2019年2月20日
           (4)1株当たり情報に与える影響
             「1株当たり情報」は、当該株式分割が前事業年度の期首に行われたと仮定して算出しており、これに
            よる影響については、当該箇所に反映されております。
          3.単元株制度の採用

            単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
                                 82/98










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
           (税金費用の計算)
             税金費用については、当第3四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
            用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
          (追加情報)

           (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
            「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半
           期会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
          (四半期貸借対照表関係)

           当座貸越契約
            当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と当座貸越契約を締結しております。これら契
           約に基づく当第3四半期会計期間末における当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                             当第3四半期会計期間
                              (2019年4月30日)
     当座貸越極度額の総額                               250,000千円
                                       -
     借入実行残高
                                     250,000
              差引額
          (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

           当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累
          計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             当第3四半期累計期間
                             (自 2018年8月1日
                              至 2019年4月30日)
     減価償却費                                15,931千円
          (株主資本等関係)

           当第3四半期累計期間(自 2018年8月1日 至 2019年4月30日)
           1.  配当金支払額
             該当事項はありません。
           2.  基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日

             後となるもの
             該当事項はありません。
           3.株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
          (持分法損益等)

            当社は関連会社を有していないため、該当事項はありません。
          (セグメント情報等)

           【セグメント情報】
            当第3四半期累計期間(自 2018年8月1日 至 2019年4月30日)
             当社は、インターネットサービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                 83/98




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (1株当たり情報)
           1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当第3四半期累計期間
                                (自 2018年8月1日
                                 至 2019年4月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 62円29銭

     (算定上の基礎)
      四半期純利益金額(千円)                                 261,883

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -

      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                                 261,883

      普通株式の期中平均株式数(株)                                4,204,000

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                                -
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
     式で、前事業年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、                                 潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場で
           あるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         2.      当社は、2019年2月20日付で普通株式1株につき20株の株式分割を行っておりますが、期首に当該株式分割
           が行われたものと仮定し、1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
          (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                 84/98












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          該当事項はありません。
         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                                          償却累計額
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)     高(千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
      工具、器具及び備品              25,104      21,556        -    46,661      16,830      11,324      29,830
        有形固定資産計
                    25,104      21,556        -    46,661      16,830      11,324      29,830
     無形固定資産
      ソフトウエア                -      -      -     2,512       950      487     1,562
        無形固定資産計              -      -      -     2,512       950      487     1,562
      (注)1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
           工具、器具及び備品   業務に使用するサーバー類の購入   21,211千円
         2.無形固定資産の金額が資産の総額の1%以下であるため「当期首残高」、「当期増加額」及び「当期減少
           額」の記載を省略しております。
         【社債明細表】

          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
                                 36,364       36,364        0.95       -

     1年以内に返済予定の長期借入金
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                           45,454        9,090        0.95
                                                      2019年
                                 81,818       45,454       -        -
                合計
      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりで
           あります。
                            1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                              (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
                                9,090          -        -        -

            長期借入金
         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                         当期末残高
                                     (目的使用)         (その他)
           区分
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
     貸倒引当金                    813         97        44        -        866

         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                 85/98





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【主な資産及び負債の内容】
        ① 流動資産
         イ.現金及び預金
                  区分                          金額(千円)
      預金

       普通預金                                              453,127
                  合計                                   453,127

         ロ.売掛金

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      株式会社小学館                                               150,582

      and  factory株式会社
                                                     29,434
      株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーショ
                                                      2,635
      ンズ
      株式会社ベストクリエイト                                                2,026
      株式会社セレス                                                1,436

      その他                                                2,603
                  合計                                   188,718

           売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                           回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)

                                           (C)            2
                                                ×  100
         (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)  +  (B)          (B)
                                                       365
                                                76.0

         128,112         659,064         598,457         188,718                      88
      (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
         ハ.仕掛品

                  品目                          金額(千円)
      ソフトウエア開発                                                9,759

                  合計                                    9,759

                                 86/98






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ② 流動負債
         イ.買掛金
                 相手先                          金額(千円)
      株式会社ウィルプラス                                                 324

      株式会社サイバード                                                 92
                  合計                                     416

         ロ.未払費用

                 相手先                          金額(千円)
                                                     43,614

      株式会社小学館
                                                     20,865
      従業員賞与
                                                      5,506
      社会保険料
      株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーショ
                                                      5,339
      ンズ
      株式会社CA      Wise                                          1,210
                                                      1,524
      その他
                                                     78,060
                  合計
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                 87/98












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  毎年8月1日から翌年7月31日まで

      定時株主総会                  毎事業年度末日の翌日から3か月以内

      基準日                  毎年7月31日

      株券の種類                  -

                       毎年1月31日

      剰余金の配当の基準日
                       毎年7月31日
      1単元の株式数                  100株

      株式の名義書換え(注)1

                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

       取扱場所
                       三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       株主名簿管理人
                       三井住友信託銀行株式会社
       取次所                 三井住友信託銀行株式会社 全国各支店

       名義書換手数料                 無料

                       -

       新券交付手数料
      単元未満株式の買取り

                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

       取扱場所
                       三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       株主名簿管理人
                       三井住友信託銀行株式会社
       取次所                 三井住友信託銀行株式会社 全国各支店(注)1

                       無料(注)2

       買取手数料
                       当社の公告方法は、電子公告としております。

                       ただし、    事故その他やむを得ない事由によって電子公告による公告をするこ
      公告掲載方法                  とができない場合は、日本経済新聞に掲載して行います。
                       当社の公告掲載URLは次のとおりであります。
                       https://www.link-u.co.jp/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

      (注)1.当社株式は、株式会社東京証券取引所への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条第1項に

           規定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
         2.単元未満株式の買取手数料は、当社株式が東京証券取引所に上場された日から「                                       株式の売買の委託に係る手
           数料相当額とし       て別途定める金額        」に変更されます。
         3.当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない
           旨、定款に定めております。
          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 88/98


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        該当事項はありません。
                                 89/98


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第三部【特別情報】
     第1【連動子会社の最近の財務諸表】
       当社は、連動子会社を有していないため、該当事項はありません。
                                 90/98



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第四部【株式公開情報】
     第1【特別利害関係者等の株式等の移動状況】
       該当事項はありません。
     第2【第三者割当等の概況】

      1【第三者割当等による株式等の発行の内容】
                                 株式①                  株式②
              項目
      発行年月日                         2018年1月12日                  2018年7月31日

      種類                          普通株式                  普通株式

      発行数                               2,100株                  2,100株

                                 14,500円(注)3                  14,500円(注)3
      発行価格
      資本組入額                               7,250円                  7,250円

      発行価額の総額                             30,450,000円                  30,450,000円
      資本組入額の総額                             15,225,000円                  15,225,000円

      発行方法                         有償第三者割当                  有償第三者割当

                                (注)2.                  (注)2.
      保有期間等に関する確約
                               新株予約権①

              項目
      発行年月日                         2017年7月28日

                                新株予約権
      種類
                            (ストック・オプション)
      発行数                      普通株式     1,465株
                                 8,470円(注)4
      発行価格
      資本組入額                               4,235円

      発行価額の総額                             12,408,550円

      資本組入額の総額                             6,204,275円

                          2017年7月28日開催の臨時株主総会
                          において、会社法第236条、第238条
                          及び第239条の規定に基づく新株予
      発行方法
                          約権の付与(ストック・オプショ
                          ン)に関する決議を行っておりま
                          す。
                                  -
      保有期間等に関する確約
      (注)1.第三者割当等による募集株式の割当て等に関する規制に関し、株式会社東京証券取引所(以下、「同取引
           所」という。)の定める規則は、以下のとおりであります。
          (1)同取引所の定める有価証券上場規程施行規則(以下、「同施行規則」という。)第255条の規定におい
            て、新規上場申請者が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して1年前より後において、第三
            者割当等による募集株式の割当てを行っている場合(上場前の公募等による場合を除く。)には、当該新
            規上場申請者は、割当てを受けた者との間で、書面により募集株式の継続所有、譲渡時及び同取引所から
            の当該所有状況に係る照会時の同取引所への報告並びに当該書面及び報告内容の公衆縦覧その他同取引所
            が必要と認める事項について確約を行うものとし、当該書面を同取引所が定めるところにより提出するも
            のとされております。
          (2)新規上場申請者が、前項の規定に基づく書面の提出等を行わないときは、同取引所は新規上場申請の不受
            理又は受理の取消しの措置をとるものとしております。
          (3)当社の場合、新規上場申請日の直前事業年度の末日は2018年7月31日であります。
         2.同取引所の定める同施行規則第255条第1項第1号の規定に基づき、当社は、割当てを受けた者との間で、
           割当てを受けた株式(以下「割当株式」という。)を、原則として、割当てを受けた日から上場日以後6か
                                 91/98

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           月間を経過する日(当該日において割当株式に係る払込期日又は払込期間の最終日以後1年間を経過してい
           ない場合には、割当株式に係る払込期日又は払込期間の最終日以後1年間を経過する日)まで所有する等の
           確 約を行っております。
         3.発行価格は、類似会社比較方式により算出した価格を勘案して決定した価格であります。
         4.発行価格は、DCF法、簿価純資産価額方式及び類似会社比較方式の折衷方法により算出した価格を勘案し
           て決定した価格であります。
         5.新株予約権の行使時の払込金額、行使期間、行使の条件及び譲渡に関する事項については、以下のとおりと
           なっております。
                               新株予約権①
      行使時の払込金額                               8,470円

                              2019年7月29日から
      行使期間
                              2027年7月28日まで
                          「第二部 企業情報 第4 提出会
                          社の状況 1 株式等の状況 (2)
      行使の条件
                          新株予約権等の状況」に記載のとお
                          りであります。
      新株予約権の譲渡に関する事項                           同上
         6 .当社は、2019年2月20日付で普通株式1株につき20株の割合で株式分割を行っておりますが、上記「発行
           数」、「発行価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」は、当該株式分割前の「発行数」、「発行
           価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」を記載しております。
      2【取得者の概況】

       株式①
                                              価格
                              取得者の職業
                                      割当株数
                                                   取得者と提出会社
                                            (単価)
       取得者の氏名又は名称              取得者の住所         及び事業の内
                                      (株)
                                                   との関係
                              容等               (円)
     株式会社セレス
                                            30,450,000
                                                   特別利害関係者等
                    東京都世田谷区用賀
                                        2,100
     代表取締役社長  都木 聡                         情報・通信業
                                                   (大株主上位10名)
                    四丁目10番1号                          (14,500)
     資本金 1,799百万円
      (注)1.株式会社セレスは、当該第三者割当増資により特別利害関係者等(大株主上位10名)となりました。
         2.  当社は、2019年2月20日付で普通株式1株につき20株の割合で株式分割を行っておりますが、上記割当株数
           及び価格(単価)は、当該株式分割前の割当株数及び価格(単価)で記載しております。
       株式②

                                              価格
                              取得者の職業
                                      割当株数
                                                   取得者と提出会社
                                            (単価)
       取得者の氏名又は名称              取得者の住所         及び事業の内
                                      (株)             との関係
                              容等               (円)
     株式会社ACCESS
                                            30,450,000
                    東京都千代田区神田                               特別利害関係者等
                                        2,100
                              情報・通信業
     代表取締役  大石 清恭
                                                   (大株主上位10名)
                    練塀町3番地                          (14,500)
     資本金 29,386百万円
      (注)1.株式会社ACCESSは、当該第三者割当増資により特別利害関係者等(大株主上位10名)となりました。
         2.  当社は、2019年2月20日付で普通株式1株につき20株の割合で株式分割を行っておりますが、上記割当株数
           及び価格(単価)は、当該株式分割前の割当株数及び価格(単価)で記載しております。
                                 92/98





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       新株予約権①
                                              価格
                              取得者の職業
                                      割当株数
      取得者の氏名又は                                             取得者と提出会社
                                            (単価)
                   取得者の住所           及び事業の内
                                      (株)
      名称                                             との関係
                              容等               (円)
                                             7,114,800
                                         840
     土屋 達示          千葉県船橋市              会社員                     当社従業員
                                               (8,470)
                                             1,778,700
                                                   特別利害関係者等
     志村 優太          東京都千代田区              会社役員           210
                                                   (当社取締役)
                                               (8,470)
                                             1,694,000
                                         200
     中田 雄太          東京都世田谷区              会社員                     当社従業員
                                               (8,470)
                                              254,100
                                                   特別利害関係者等
                                         30
     池田 裕          埼玉県さいたま市大宮区              会社役員
                                                   (当社監査役)
                                               (8,470)
                                              169,400
                                                   特別利害関係者等
                                         20
     塚田 英樹          神奈川県川崎市中原区              会社役員
                                                   (当社監査役)
                                               (8,470)
                                              169,400
                                                   特別利害関係者等
                                         20
     髙木 伸學          東京都小金井市              会社役員
                                                   (当社監査役)
                                               (8,470)
                                              169,400
     加藤 瞳          千葉県流山市              会社員           20         当社従業員
                                               (8,470)
                                              169,400
                                         20
     平文 英徳          東京都港区              会社員                     当社従業員
                                               (8,470)
                                              169,400
                                         20
     小林 尚貴          東京都江戸川区              会社員                     当社従業員
                                               (8,470)
                                              169,400
                                         20
     星子 恭平          東京都板橋区              会社員                     当社従業員
                                               (8,470)
                                              169,400
                                         20
     南保 大地          東京都文京区              会社員                     当社従業員
                                               (8,470)
                                              169,400
                                         20
     藁谷 富次郎          東京都台東区              会社員                     当社従業員
                                               (8,470)
                                              169,400
                                         20
     豊田 智香          埼玉県所沢市              会社員                     当社従業員
                                               (8,470)
                                               42,350
                                          5
     山田 彩実          埼玉県さいたま市南区              会社員                     当社従業員
                                               (8,470)
      (注)      当社は、2019年2月20日付で普通株式1株につき20株の割合で株式分割を行っておりますが、上記割当株数及
          び価格は、当該株式分割前の割当株数及び価格(単価)で記載しております。
      3【取得者の株式等の移動状況】

        該当事項はありません。
                                 93/98








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【株主の状況】
                                                   株式(自己株式を除
                                                   く。)の総数に対す
                                         所有株式数(株)
          氏名又は名称                    住所
                                                   る所有株式数の割合
                                                      (%)
     松原 裕樹(注)1,2                                        1,800,000            40.72

                       東京都杉並区
     山田 剛史(注)2,3                                        1,800,000            40.72
                       東京都文京区
     株式会社メディアシーク(注)2                                         400,000            9.05
                       東京都港区南麻布三丁目20番1号
     前田 有幾(注)2                                         120,000            2.71
                       愛知県名古屋市東区
     株式会社セレス(注)2                                         42,000           0.95
                       東京都世田谷区用賀四丁目10番1号
     株式会社ACCESS(注)2                                         42,000           0.95
                       東京都千代田区神田練塀町3番地
                                               26,000           0.59
     井上 裕貴(注)5
                       東京都文京区
                                              (26,000)           (0.59)
                                               26,000           0.59
     広畑 壮一郎(注)5
                       東京都台東区
                                              (26,000)           (0.59)
                                               26,000           0.59
     村上 航規(注)5
                       東京都北区
                                              (26,000)           (0.59)
                                               26,000           0.59
     友野 拓也(注)5                  東京都杉並区
                                              (26,000)           (0.59)
                                               26,000           0.59
     松田 暁(注)5
                       東京都文京区
                                              (26,000)           (0.59)
                                               17,200           0.39
     志村 優太(注)3
                       東京都千代田区
                                              (17,200)           (0.39)
                                               17,200           0.39
     光益 義幸(注)5
                       神奈川県川崎市中原区
                                              (17,200)           (0.39)
                                               17,200           0.39
     土屋 達示(注)5
                       千葉県船橋市
                                              (17,200)           (0.39)
                                               13,000           0.29
     矢ノ目 亮(注)5
                       東京都江東区
                                              (13,000)           (0.29)
                                               8,600           0.19
     平藤 燎(注)5
                       埼玉県川口市
                                               (8,600)           (0.19)
                                               4,200           0.10
     岡田 卓也(注)5
                       埼玉県蕨市
                                               (4,200)           (0.10)
                                               4,000           0.09
     中田 雄太(注)5
                       東京都世田谷区
                                               (4,000)           (0.09)
                                                600          0.01
     池田 裕(注)4
                       埼玉県さいたま市大宮区
                                                (600)          (0.01)
                                                500          0.01
     山田 彩実(注)5
                       埼玉県さいたま市南区
                                                (500)          (0.01)
                                                400          0.01
     塚田 英樹(注)4
                       神奈川県川崎市中原区
                                                (400)          (0.01)
                                                400          0.01
     髙木 伸學(注)4
                       東京都小金井市
                                                (400)          (0.01)
                                                400          0.01
     加藤 瞳(注)5
                       千葉県流山市
                                                (400)          (0.01)
                                                400          0.01
     平文 英徳(注)5
                       東京都港区
                                                (400)          (0.01)
                                                400          0.01
     小林 尚貴(注)5
                       東京都江戸川区
                                                (400)          (0.01)
                                                400          0.01
     星子 恭平(注)5
                       東京都板橋区
                                                (400)          (0.01)
                                 94/98


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   株式(自己株式を除
                                                   く。)の総数に対す
          氏名又は名称                    住所           所有株式数(株)
                                                   る所有株式数の割合
                                                      (%)
                                                400          0.01
     南保 大地(注)5
                       東京都文京区
                                                (400)          (0.01)
                                                400          0.01
     藁谷 富次郎(注)5                  東京都台東区
                                                (400)          (0.01)
                                                400          0.01
     豊田 智香(注)5
                       埼玉県所沢市
                                                (400)          (0.01)
                                             4,420,100            100.0
                               -
             計
                                             (216,100)            (4.89)
      (注)1.特別利害関係者等(当社代表取締役社長)
         2.特別利害関係者等(大株主上位10名)
         3.特別利害関係者等(当社取締役)
         4.特別利害関係者等(当社監査役)
         5.当社従業員
         6.株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しておりま
           す。
         7.( )内は、新株予約権による潜在株式数及びその割合であり、内数であります。
                                 95/98














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2019年6月6日

     株式会社Link-U

      取締役会 御中

                              太陽有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               本間 洋一  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               石田 宏   印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社Link-Uの2017年8月1日から2018年7月31日までの第5期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表に
     ついて監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     Link-Uの2018年7月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フロー
     の状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 96/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2019年6月6日

     株式会社Link-U

      取締役会 御中

                              太陽有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               本間 洋一  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               石田 宏   印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社Link-Uの2016年8月1日から2017年7月31日までの第4期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     Link-Uの2017年7月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フロー
     の状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 97/98



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社Link-U(E34853)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年6月6日

     株式会社Link-U

      取締役会 御中

                              太陽有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               本間 洋一  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               石田 宏   印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社Lin

     k-Uの2018年8月1日から2019年7月31日までの第6期事業年度の第3四半期会計期間(2019年2月1日から2019年4
     月30日まで)及び第3四半期累計期間(2018年8月1日から2019年4月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四
     半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社Link-Uの2019年4月30日現在の財政状態及び同日をもって終了
     する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められな
     かった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券

           届出書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 98/98



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。