ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド 半期報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                  半期報告書

     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  令和元年6月7日

     【中間会計期間】                  自 2018年10月1日 至 2019年3月31日

     【会社名】                  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド

                      (ABN   12  004  044  937)
                      (National      Australia      Bank   Limited)
                      (ABN   12  004  044  937)
     【代表者の役職氏名】                  最高財務責任者

                      (Chief    Financial      Officer)
                      ゲイリー・レノン
                      (Gary   Lennon)
     【本店の所在の場所】                  オーストラリア連邦 ビクトリア州 3008 ドックランズ

                      バークストリート 800 1階
                      (Level    1,   800  Bourke    Street,     Docklands,      Victoria,      3008,
                      Australia)
     【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  梅 津  立

     【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング

                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03  ―6775―1000

     【事務連絡者氏名】                  弁護士 中村 慎二

                      弁護士 大木 彩衣里
                      弁護士 上石 涼太
                      弁護士 今枝 泰郎
                      弁護士 崔  加奈
     【連絡場所】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング

                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03  ―6775―1000

     【縦覧に供する場所】                  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド東京支店

                      ( 東京都中央区日本橋室町2丁目2番1号
                      室町東三井ビルディング18階)
                                   1/135



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第一部      【企業情報】

      (注)   1 本書において、別段の記載がある場合を除き、「当社」とはナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドを

          指し、「当社グループ」とは全体としてみたナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドおよびその被支配
          会社を指す。別段の記載がある場合を除き、本書に記載されている情報は、令和元年5月2日(本国における当社
          の半期報告書(2019         Half   Year   Results)の作成日)現在のものである。
        2 本書に記載の「豪ドル」及び「ドル」は、別段の記載がある場合を除き、オーストラリア・ドルを指す。本書にお
          いて便宜上記載されている日本円への換算は、1豪ドル=77.38円の換算率(令和元年5月7日現在の株式会社三菱
          UFJ銀行における対顧客電信直物売買相場仲値)により換算されている。
        3 本書中の表で計数が四捨五入されている場合、合計は計数の総和と必ずしも一致しない。
        4 本書は2018年度有価証券報告書および本国における半期報告書(2019                                  Half   Year   Results)と合わせて読まれるもの
          とする。
        5 本書の表における「大」とは、100%を超える割合を指す。
        6 将来の見通しに関する記述
          本報告書には、1934年米国証券取引所法第21E条で定義された「将来の見通しに関する記述」または同記述とみな
          すことができる記載が含まれている。1995年米国証券民事訴訟改革法は、企業が訴訟リスクを負うことなく当該企
          業に関する予測情報を発表するのを促す目的で、当該予測情報が将来の見通しであることが見分けられるように
          し、かつ、実際の結果を当該予測情報の内容から大幅に異ならせる可能性のある重要な諸要因をしかるべき注意書
          きにおいて識別している場合には、その限りにおいて将来の見通しに関する情報についてセーフハーバーを設けて
          いる。これらの将来の見通しに関する記述は、「確信する」、「予測する」、「計画」、「計画する」、「予想す
          る」、「期待する」、「目標とする」、「予定する」、「~の可能性が高い」、「~ことがある」、「~つもりで
          ある」、「可能性がある」、「だろう」もしくはこれらの否定形その他の変化形もしくはその他同様の用語が使用
          されていること、または戦略、計画、目的、目標、将来の事象もしくは目的が検討されていることをもって、識別
          される。
          本報告書は、一定の将来の見通しに関する記述を含む当社グループの戦略的課題に関する一定のイニシアティブ

          (「本プログラム」)を説明している。これらの記述は、以下を含む多くのリスク、推定および制限に服してい
          る。
          (1)詳細な事業計画は本プログラム全体については展開されておらず、本プログラムの範囲およびコストの全体
          は計画の展開および第三者の関与によって変化することがあること。
          (2)順序立っており、統制され、かつ効果的な方法で、また関連するプロジェクトおよび事業計画(展開後)に
          基づいて本プログラムを実行および管理する当社グループの能力。
          (3)本プログラムの計画(対収益費用比率(「CTI」)および株主資本利益率(「ROE」)の目標に関しては、現
          在の本プログラムの計画の改善の拡大を含む。)に基づいて生産性イニシアティブを実行し、業務上のシナジー、
          費用節減および収益の恩恵を実現する当社グループの能力。
          (4)内部純フルタイム相当従業員(「FTE」)削減目標を達成する当社グループの能力。
          (5)本プログラムのイニシアティブを達成するために必要な技能および経験を有するフルタイム相当従業員およ
          び契約社員を採用し、留任させる当社グループの能力。
          (6)当社グループの財務実績またはオーストラリアおよびニュージーランドにおける経済状況を含む経営環境の
          重大な変化、金融市場および当社グループの資金調達能力および当該資金調達コストの変化、競争の激化、金利の
          変化、顧客行動の変化がないこと。
          (7)法令の変更、または当社グループの資本および流動性要件に関するものを含む、規制政策もしくは解釈の変
          更がないこと。
          (8)フルタイム相当従業員の費用節減および人員整理費用の計算のため、当社グループは、グループ全体の平均
          に基づいてフルタイム相当従業員の平均費用を負担しており、当該費用は、特定の生産性イニシアティブまたは個
          別の従業員給付金を参照して計算されたものではないこと。
          (9)予定されている当社の資産運用業務(JBウェアおよびナブトレードを除く。)の処分が本プログラムの時
          期、範囲およびコストに影響を及ぼす可能性があること(ただし、現時点で影響を数値化することはできな
          い。)。
          実際の結果が本報告書中の将来の見通しに関する記述と大きく異ならないという保証はない。

                                   2/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
        7 当社グループが使用するIFRSに基づかない主要財務業績指標
          本書で詳述する一定の財務指標はIFRSの範囲内での会計上の尺度ではない。経営陣は、当社グループの全般的な財
          務業績および財務状況を計測するためにこれらの財務指標を見直しており、このような業界標準の財務指標が示さ
          れることによってアナリストおよび投資家に対して当社グループの営業成績に関する有用な情報が提供され、他の
          業界関係者との迅速な比較が可能になると確信している。当社グループは当社の報告書に含まれるIFRSに基づかな
          い指標を定期的に見直すことによって、適切な財務指標のみが取り入れられるようにしている。
        8 現金収益の説明および定義
          現金収益は、IFRSの評価尺度ではないが、当社、投資業界および事業ポートフォリオが当社に類似しているオース
          トラリアの同業他社により用いられる主要財務業績指標である。当社はまた、現金収益が当社グループの基本的業
          績であると当社が考えるものをよりよく反映していることから、内部管理報告においても現金収益を使用してい
          る。現金収益は、当社株主に帰属する法定当期純利益に含まれる非継続事業および一定のその他非現金項目を除外
          して計算される。現金収益は、当社グループのキャッシュ・フロー、資金調達状況または流動性状況を示すことを
          意図しているものではなく、またキャッシュ・フロー計算書に表示される金額を意図しているものでもない。現金
          収益は法定財務指標ではなく、オーストラリア会計基準に従って提示されておらず、オーストラリア監査基準に
          従って監査または見直しがされていない。現金収益は、当社グループの基本的業績をよりよく反映するために当社
          グループが適切と考える項目について調整を加えた、継続事業からの当社株主に帰属する当期純利益と定義され
          る。当上半期の現金収益は、以下の項目について調整が加えられている。
          -分配金
          -公正価値およびヘッジの非有効部分
          -取得無形資産の償却
          -MLCウェルスからの投資引き揚げ費用
                                   3/135














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第1    【本国における法制等の概要】
      当上半期中、重要な変更はなかった。詳細については、平成31年1月7日提出の2018年度有価証券報告書を参照

     のこと。
                                   4/135


















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第2    【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      下表は、報告対象期間における当社グループの営業成績の重要事項を示しており、本書第一部、第6記載の財務

     書類と合わせて読まれるべきである。
      国際財務報告基準のオーストラリア版(IFRS)に基づく経営指標-2019年度上半期、2018年度上半期および2017年

      度上半期ならびに2018事業年度および2017事業年度
                                  当社グループ

                2019年3月31日         2018年9月30日         2018年3月31日         2017年9月30日         2017年3月31日
                  に 終了した        に終了した         に 終了した        に終了した         に終了した
                  6ヶ月間         事業年度         6ヶ月間         事業年度         6ヶ月間
     税引  前利益
                      4,124         8,400         4,058         8,661         3,984
           (1)
     (百万豪ドル)
     当社株主に帰属する
     当期純利益
                      2,694         5,554         2,583         5,285         2,545
           (1)
     (百万豪ドル)
     払込資本
                     36,850         35,982         35,702         34,627         34,341
           (2)
     (百万豪ドル)
     払込資本を構成する
     発行済証券総数
                 2,823,496,394         2,746,744,934         2,735,047,011         2,696,269,306         2,685,546,910
     (2)
                 (2,811,315,222)         (2,734,119,600)         (2,722,925,747)         (2,685,469,050)         (2,675,423,653)
     (内 全額払込済普
     通株式総数)(株)
     純資産
                     54,091         52,712         52,401         51,317         50,856
           (3)
     (百万豪ドル)
     資産合計
                     826,943         806,510         796,068         788,325         789,320
     (百万豪ドル)
     総自己資本比率
                     14.00   %      14.12%         14.43%         14.58%         14.71%
     (4)
         (1)(5)
                     77.4  %       94.1%         96.9%         79.4%         79.9%
     配当性向
     従業員数
     (フルタイム相当)
                     33,790         33,283         33,944         33,422         33,552
     (1)(6)
     (1)

        情報は、継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       「払込資本」および「払込資本を構成する発行済証券総数」は、(ⅰ)全額払込済普通株式、(ⅱ)一部払込済普通株式、
       (iii)ナショナル・インカム・セキュリティーズ(「NIS」)および(iv)信託優先証券(「TPS」)から成る。TPSは、初回
       の任意繰上早期償還日である2018年12月17日に全額償還された。
     (3)
        純資産額は、資産合計から負債合計を引いたものである。
     (4)
        オーストラリア健全性規制庁(「APRA」)                    の定義による      。
     (5)
        配当性向は、当該期間の配当額を継続事業からの現金収益ベースの1株当たり利益で除して計算されている。当社グ
       ループの現金収益の詳細については、「第6-1 中間財務書類」の注記2「セグメント情報」を参照のこと。
     (6)
        フルタイム相当従業員(「FTE」)数には、パートタイム従業員(フルタイム換算済)および従業員名簿に記載されてい
       ないフルタイム相当従業員(契約社員等)が含まれる。
                                   5/135



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     2  【事業の内容】
       平成31年1月7日提出の2018年度有価証券報告書において報告された当社の事業の内容に重要な変更はなかっ
      た。
     3  【関係会社の状況】

       2018年度有価証券報告書提出日以降本半期報告書提出日まで親会社および子会社について報告すべき重要な変
      更はなかった。
     4  【従業員の状況】

      フルタイム相当従業員

                     2019  年     2018  年     2018  年     2019  年 3月対     2019  年 3月対

                    3月31日       9月30日       3月31日        2018  年 9月     2018  年 3月
                     現在       現在       現在        (%)        (%)
     フルタイム相当従業員
                      33,790       33,283       33,944           1.5       (0.5)
     (「FTE」)数(スポット)
     フルタイム相当従業員
                      33,620       33,618       33,904           -      (0.8)
     (「FTE」)数(平均)
                                   6/135













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第3    【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題】

       過去6ヵ月間は、当社にとって試練の期間であった。王立委員会は、当社の現状と、当社が顧客およびコミュ

      ニティの期待に応えるために必要とする状態との差を強調した。委員会は、当社に対し、顧客の扱い方につい
      て、また社内の責任、ガバナンスおよび風土についてのより幅広い課題に取り組ませた。2月、変化の必要性を
      認め、当社CEOのアンドリュー・ソーバーン氏は辞任し、当社会長のケン・ヘンリー氏は本年内に辞任する意思
      を表明した。常任のCEOのグローバルな探索は順調に進行している。
       当社は、かかる幅広い課題および委員会の提言に対応するための措置を行っている。当社は、76ヵ条の提言の
      うち72ヵ条を支持し、うち26ヵ条については完了しているか、現在進行中である。
       当社は、不公平な扱いを受けていた顧客を救済する取組みを加速している。当社には顧客救済に特化した人員
      が約350人いるが、問題解決および再発防止の確保のためにより注力し規律を強化しているため、当該人員は間
      もなく500人に達するであろう。当社は、2019年度上半期中、顧客関連救済措置引当金の増加に関連して525百万
      豪ドル(税考慮後)の追加費用を支出した。当該費用のうち91%は資産運用に関するものであり、残りは銀行業
      務に関するものである。2018年度下半期に引き上げられた利用されていない引当金と合わせて、当社の2019年3
      月31日現在の顧客関連救済措置引当金は合計1,102百万豪ドルである。顧客救済および規制上のコンプライアン
      ス調査は、2019年度下半期およびその後において継続され、金額および時期は未確定であるが追加費用が生じる
      可能性がある。
       取締役会は、当社が顧客、株主およびコミュニティの期待に応えていない領域における責任の成果を検討し
      た。その結果、前期の繰延報酬は2018年度のエグゼクティブ・リーダーシップ・チームの過半数に関して失権し
                                                    (1)
      たが、これは以前2016年度から2018年度の間に稼得された変動報酬のうち約5.5百万豪ドル                                                 に相当する可能
      性がある。これに加えて、ソーバーン氏の繰延変額報酬および権利未確定の変額報酬の全額が辞任に伴い失権し
                     (1)
      たが、これは約21百万豪ドル                  に相当する可能性がある。取締役会はまた、ヘンリー博士の辞任の決定を超
      える責任の必要性も認識しており、継続する取締役全員について、2019年度の取締役報酬は2018年度の基本報酬
      の20パーセント相当の減額がなされる。
       顧客が最も必要とする時にその成長を支え顧客を助けることは当社にとって重要である。これにより、オース
      トラリアの農村部および地方を含めて、少なくとも2021年1月まで当社の316の支店の営業を継続することを約
      束したこと、また干ばつの影響を受けた農業顧客への延滞利息の課金を廃止したことなど、多くの変化がもたら
      された。当社はまた、ビジネスに対して開かれた状態を維持することにより顧客および経済を支えており、2019
      年3月31日に終了した6ヵ月間について住宅貸付は銀行業界全体の1.1倍の伸びを記録しているほか、中小企業
      に対する毎月30億豪ドルの貸付を継続している。
                                   7/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       2017年11月に発表された当社の3ヵ年変革プログラムは、規制・コンプライアンスのコストが想定を上回って
      いるものの、現在折り返し地点に来ており、順調に進行している。3年間にわたり15億豪ドル増加した投資の利
      益が発生していると共に、費用(顧客関連救済措置を除く。)は2019年度上半期において2018年度下半期から
      2%減少している。2019年度上半期に達成した122百万豪ドルのコスト節減により、2017年9月以来の節減総額
      は512百万豪ドルとなった。当社は引き続き、2020年9月30日までに累積コスト節減額を最低10億豪ドルとする
                                       (2)(3)
      こと、ならびに2019年度および2020年度の費用を多額の特記費用                                       を除き概ね横ばいに維持することを
      目標とする。
       当社の簡略化課題は、顧客および当社従業員に対してより良くより迅速な結果を提供するために必要不可欠で
      ある。当社は徐々にデジタルによる組成が可能になっているより簡略な提供に移行しているため、2019年度上半
      期の商品の数は、2017年9月現在の600個と比較して75個少ない420個と再び減少している。812台のスマートATM
      の導入を含む顧客のセルフ・サービス能力の改善により、2017年9月以来、店頭取引は23%減少し、コールセン
      ターへの問い合わせ件数は14%減少した。当社は、ITアプリケーションを8%削減し、8%をより柔軟で、信頼
      でき、かつコストの低いテクノロジー・プラットフォームを実現するクラウドに移管した。
       当社が促進する投資の主要な焦点は引き続き最高の事業者向け銀行であり、これは当社のすでに主導的となっ
      ている中小企業フランチャイズにおいて大規模な機能およびイノベーションの向上をもたらしている。これは、
      中小企業への事業貸付の強化を支えており、2019年3月31日に終了した12ヵ月間において5%増加し、主要な同
      業銀行を大幅に上回っている。新たな成長機会への投資もまた、当社のデジタル銀行であるユー・バンクを通じ
      て2019年度上半期において有望な結果をもたらしており、顧客は10%すなわち50,000人増加し、住宅貸付は13%
      増加している。
       新たなリーダーシップの下でのMLCウェルス事業の再配置は勢いを持っているが、規制環境および経営環境は
      依然として厳しい。当社は、2020年度内の目標である公開市場からの撤退の準備を継続する中でMLCを当社グ
      ループ内の独立の事業として運営できるよう手続を進めており、一方で潜在的なトレードセールに備えて選択肢
      を残している。2019年度上半期中、MLCは、解約手数料を廃止しライフサイクルに基づく提供を行うマイスー
      パー商品の改良版を発売し、ラップおよびマスターキーの価格設定をより競争的なものにすることを発表した。
      年金事業の最新化を含むさらなるイニシアティブが計画されている。
       貸借対照表の健全性は引き続き優先事項である。2019年度上半期における配当金の16%の減少は、より厳しい
      経営環境に合わせてリセットし、さらなる規制上の変更および追加の収益ボラティリティ(さらなる潜在的な顧
      客関連救済措置を含む。)に対応する柔軟性を高める。2019年度上半期の配当再投資プランを部分的に支持する
      決定と合わせて、当社は現在、より堅固な自己資本比率を有しており、2020年1月までにAPRAの「疑いなく堅固
      な資本」ベンチマークを上回ることができる状態にある。
                                   8/135







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       将来に目を向けると、経営環境は引き続き厳しいものである。経済成長は減速しているが2019年の予測は引き
      続き2%を上回っており、住宅金融の成長は減速しており、規制上の変化は多く、顧客およびコミュニティの期
      待は増加している。すなわち当社は、株主、顧客および従業員が真に誇りを持つことができる銀行になるために
      は、より迅速な対応、より高度な訓練、より高度な責任をもって、また当社のすべての行動において顧客を公平
      に中心に据えた上で、遂行しなければならない。
       「第3-3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および「第6-1 中
      間財務書類」の注記13「偶発債務」を参照のこと。
       「第3-3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および注記13「偶発債
      務」には、2019年3月31日現在の情報が記載されている。「第3-3 経営者による財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フローの状況の分析」および注記13「偶発債務」で開示された情報の最新版は、「第6-2 その
      他」および「第6-1 中間財務書類」の注記15「後発事象」に記載されている。
      (1)

         25 豪ドルの気配値に基づいており、基準を満たしたすべての権利、株式および現金報酬の完全な権利確定を推定して
        おり、権利未確定の株式に係る配当金の価額を除く。
      (2)
         前述「第一部 企業情報」、(注)6「将来の見通しに関する記述」に関する主要なリスク、留保および推定を参照
        のこと。
      (3)
         多額の特記費用は、顧客関連救済措置および事業再編関連費用を含む。
                                   9/135













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     2  【事業等のリスク】

       一般銀行業務、経済情勢および財務状況に関連するものを含む当社グループ特有のリスク

       以下は、当社および被支配会社(「当社グループ」)に関連する主要なリスクおよび                                            不確定性に関する記述で
      ある。これらのリスクおよび不確定性は、重要度の順に記載されておらず、これらのリスクが発生する可能性を
      判断することは不可能である。これらのリスクの一または複数が具体化した場合、当社グループの評判、戦略、
      事業、営業、財務状況および将来の業績は重大な悪影響を被る可能性がある。
       風評被害によって当社グループが短期的または長期的に顧客または従業員をひきつけ維持する能力および新規
      の事業機会を追求する能力が悪影響を被る可能性がある。その結果、当社グループに適用されるリスクプレミア
      ムが上昇し、当社グループの事業の資金調達コストまたは財政状態に影響を及ぼす可能性がある。さらに規制当
      局が当社グループに対して追加資本の維持、制裁金の支払いまたは救済措置の実施コストを含む追加コストの負
      担を要求する可能性がある。これらによって当社グループの事業活動の一部または全部の存続可能性に影響が及
      ぶ可能性がある。
       当社グループのリスク管理体制および内部統制は、当社グループが直面しているリスクの正確な特定、評価ま
      たは取扱にあたり十分または効果的でない場合がある。その他、現在は不明であるかまたは重要でないとみなさ
      れているが、後に判明するかまたは重要なものとなる可能性のあるリスクがある。これらは個別にまたはあわせ
      て、当社グループに悪影響を及ぼす可能性がある。                          そのため、当社グループは、将来の業績、収益性、収益の分
      配または資本収益率について補償または保証しない。
      1.銀行・金融サービス業界特有のリスク

       通常、この外部リスクの性質および影響については、予測不能であり、かつ当社グループの直接の支配が及ば
      ない。
      1.1   当社グループはマクロ経済および地政学的リスクならびに金融市場の状況から悪影響を受ける可能性があ

      る。
       当社グループの金融業務の大半は、オーストラリアおよびニュージーランドで行われており、アジア、英国お
      よび米国に支店が置かれている。当社グループの事業活動は、世界各地の顧客が要求する銀行・財務サービスお
      よび商品の性質および程度に左右される。とりわけ、借入水準は、顧客心理、雇用動向、市場金利ならびにその
      他の経済・金融市場の状況および予測に非常に大きく左右される。
       国内外の経済状況および経済予測は、経済成長率、資本の利用可能性およびコスト、中央銀行の介入、インフ
      レ率およびデフレ率、ならびに市場の不安定性および不確実性等の数多くのマクロ経済要因の影響を受ける。こ
      れらの要因の悪化により、以下の事象が起こる可能性がある。
       ● 資金調達費用の増加または利用可能な資金の欠如
       ● 資産(担保を含む。)の価値の低下および資産(担保を含む。)の流動性の悪化
       ● 一部の資産に係る価格決定不能
       ● 顧客または契約相手方の債務不履行および信用損失の増加
                                  10/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       ● 貸倒引当金の増加
       ● 株式ポジションおよび売買ポジションにおける値洗い損
       ● 利用可能なまたは適切なヘッジ目的のデリバティブ商品の欠如
       ● 営業収益および利益における成長率の低下。とりわけ、当社グループのウェルス業務の収益は資産価値
         (主に上場株式の価値)への依存度が高い。
       ● 保険コストの増加、利用可能なもしくは適切な保険の欠如または保険業者の破綻
       経済状況はまた、気候変動ならびに自然災害、戦争・テロ、政治・社会不安ならびに公的債務の再編および不

      履行等の大きな衝撃をもたらす事象の影響を受ける。
       以下は、現在当社グループと関わりがあり当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性の
      あるマクロ経済・金融市場の状況の例である。
       ● 過去の水準を超えるグローバル規模の成長の期間を経て、現在のグローバル規模の経済成長サイクルは減
         速し始めている。過去の基準に照らすと、ピーク時の成長率も中央銀行の政策金利(米国等の地域を含
         む。)も特に高くはなかった。近年の穏やかなインフレの結果、主要な中央銀行は過去の基準に照らして
         低い水準の政策金利を維持した。欧州中央銀行および日本銀行の場合、近年政策金利を引き上げることが
         できなかったのは現在の成長の鈍化に対処するために利用可能な伝統的な金融政策の選択肢が限られてい
         ることを意味する。
       ● ここ数か月間で主要な中央銀行の金融政策に対する見通しが大きく変化した。米国の連邦準備銀行は2019
         年1月、辛抱強く、段階的に政策金利をさらに引き上げる予定であるという従前のガイダンスを修正する
         ことを公表した。世界的に一層穏健な金融政策の立場によって短期的な成長の低下には歯止めがかかるも
         のの、種々の資産クラスおよび地域における既存の不均衡が増加するリスクがある。
       ● 中央銀行による低い政策金利の維持は、いくつかの地域における従来にない金融政策と相俟って、多くの
         地域における高い負債水準および(歴史的な評価基準または伝統的な評価基準に照らして)資産価格の上
         昇を伴い世界全体にわたる相当程度の金融的脆弱性を生み出した。成長および所得への流れの鈍化は、借
         手が負債を返済する能力に影響し、資産の処分、担保価値の減少および市場におけるボラティリティーの
         上昇につながる可能性がある。
       ● 中央銀行の低い政策金利および縮小したリスクプレミアムにより、投資家はイールドの追求のため、より
         多くのリスクを引き受けることとなった。これにより、経済成長が減速するにつれ、デフォルトに対して
         より脆弱になるリスクの高い政府(特に新興市場)および法人の借手の範囲に資本が流入することとなっ
         た。
       ● 特に借入国が経常赤字および財政赤字を計上しており、多額の対外債務を有する場合、新興市場からの資
         本移動により為替相場および金融市場のボラティリティーが上昇し、金利が上昇し信用格付けが低下する
         可能性がある。ネガティブな感情によって新興国全体に伝染し、資本の流出が拡大する可能性がある。ラ
         テンアメリカ、アフリカ、アジアおよび東ヨーロッパの諸国は資本の変動に対して脆弱であると思われる
         が、これらの国の一部はオーストラリアおよびニュージーランドの主要な輸出市場である。
                                  11/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       ● 東アジアにおいては銀行セクターのリスクが増大している。中国の銀行は負債比率の高い企業および不動
         産にさらされており、中国の不良債権化したローンに対する見通しについては不確実性がある。香港、シ
         ンガポール及び中国に存在する国内総生産の伸び以上の不動産価格の高騰と与信の増加は、これらの地域
         経済にマイナスのショックが発生した場合の潜在的な問題を示している。中国の広範かつ複雑なシャドー
         バンキングセクターはさらなるリスクをもたらしている。
       ● オーストラリアとニュージーランドにおいては、継続中の貿易および投資が中国の急速な経済成長の速度
         の急激な低下に常にさらされていることから、中国の継続的な経済成長は、オーストラリアとニュージー
         ランドにとって重要である。中国の多額かつ増加し続ける債務負担は、中国の中期的な成長の見通しに対
         するリスクを示している。オーストラリア経済は、その輸出構成により、特に中国による事業、インフラ
         または住宅への投資の突発的な低迷にさらされている。継続する米国と中国との貿易摩擦はさらなる不確
         実性を示している。2019年の年初以降両国間の合意の可能性は高まりつつあるものの、これらの貿易措置
         に対する中国の政策対応は一定程度の不確実性も示している。さらに、中国が引き続き米国の主要なター
         ゲットであるものの、バリューチェーン内の連鎖は(主にアジアにおける)その他の新興国市場も影響を
         受けることを意味している。これらの市場の大半はオーストラリアおよびニュージーランドの主たる貿易
         相手である。
       ● オーストラリアおよびニュージーランドは、商品輸出経済として、国際商品価格の変動にさらされてお
         り、かかる変動は突発的、大規模かつ予測困難なものとなる可能性がある。商品相場の変動は、国民所
         得、税収および為替レート等の主要な経済変数に影響を及ぼす可能性がある。過去におけるオーストラリ
         アおよびニュージーランドでの商品価格の急激な低下は、トレンドを下回る世界的な成長による需要の抑
         制と商品供給の増加とが相俟ってもたらされた。商品価格の変動性は依然として大きいところ、当社グ
         ループは商品生産およびトレーディング事業に対する大きなエクスポージャーがある。
       ● オーストラリアおよびニュージーランドの特定の大規模な都市部における住宅用不動産の価格は、標準的
         な住宅取得能力基準と比較して高い。高水準の移民が住宅需要の上昇の下支えとなり、これらの不動産市
         場価格に寄与している。幅広い要因が住宅不動産価格の下落に寄与する可能性がある。これは、信用の状
         態に影響を及ぼす可能性のある規制上の変更、移住および対外投資にとってより不利な政府の方針の変
         更、課税方針の変更ならびに失業率の上昇を含む。当社グループはオーストラリアおよびニュージーラン
         ドの不動産および建設セクターに重大なエクスポージャーを有している。
       ● 地政学的リスクは引き続き経済情勢の不確実性を示している。主要な民主的経済の多くにおける分断の拡
         大およびポピュリズムの増加は、政策実行上の問題をもたらした。英国のEU離脱(Brexit)の交渉をめぐ
         る不確実性が継続しており、依然として解決されておらず、欧州地域の不確実性を増大させている。さら
         に、米国の対外方針の性質の変化は、朝鮮半島、南シナ海および対イラン核関連制裁にまつわる不確実性
         が続いていることを特に考慮すると、地政学的リスクの増加の要因となった。
                                  12/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       ● オーストラリアおよびニュージーランドにおける成長の鈍化は事業の状況および労働市場に影響を及ぼ
         し、信用の質および信用に対する需要に悪影響を及ぼす可能性がある。
      1.2   当社グループは広範囲にわたる規制に服する。規制の変更は当社グループの評判、業務ならびに財務実績

      および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループは、当社グループが事業を行うか、取引を行うかまたは資金を調達する法域における厳格な規制
      に服し、またいくつかの規制当局および業界の実務指針の監督に服する。規制内容は、法域毎に異なり、顧客、
      保険契約者、有価証券の保有者、および銀行・金融サービスシステム全体の利益の保護を目的としている。法律
      および規則の変更または規制方針もしくは解釈の変更は、予測不能かつ当社グループの支配が及び得ないもので
      あり、当社グループが事業を行う法域間で調整されない可能性がある。規制の変更は、多額の資本・コンプライ
      アンス費用、企業構造の変更、経営陣、従業員およびITシステムに対する要求の増加をもたらす可能性がある。
      また、その結果として、当社グループの特定の市場への参加の実現可能性が変化し、または当社グループの事業
      の一部を処分する必要が生じる可能性がある。
       オーストラリアおよびニュージーランドの金融サービスおよび銀行業界は現在、規制上および国政上の監視が
      強化されている環境で営業を行っている。検討および調査に基づく勧告ならびに規制上および法律上の変更は、
      金融サービスおよび銀行業界に大幅な改革をもたらす可能性がある。この規制上および国政上の監視の潜在的な
      帰趨および関連費用の合計額は依然として不確実である。
       「銀行業務、年金および金融サービス業界の不正行為」を調査する王立委員会

       2017  年12月、オーストラリア政府は、「銀行業務、年金および金融サービス業界の不正行為」を調査する王立
      委員会を設置した。王立委員会は、オーストラリア政府の行政機関によってのみ開始され、付託条項の指示を受
      ける正式な公的調査機関である。平たく言えば、王立委員会は金融サービス会社(当社グループを含む。)の行
      為のいずれかが不正行為に相当するか、およびこれらの会社の行為、実務、行動または事業活動が地域共同体の
      基準および期待に満たないものであったかについて調査を実施し報告を行うよう指示された。2018年中、王立委
      員会は、個人貸付、事業貸付、財務アドバイスの提供、年金、保険、金融規制当局の役割および措置ならびに企
      業風土、ガバナンスおよび報酬を含む当社グループの事業および経営に関連する広範囲の事項に関して公聴手続
      を実施した。王立委員会の最終報告書(「最終報告書」)は2019年2月4日に公表された。最終報告書におい
      て、王立委員会は、下記の点を含む76項目の提言を行った。
       ● 財務助言サービス会社および財務サービスのライセンシーに対する登録、規律および行動報告システムを
         創設すること
       ● 財務助言サービス会社との継続手数料の取決めを毎年見直し、助言サービス会社の利益相反に関するより
         明瞭な開示を義務づけること
       ● 住宅ローンの仲介業者が借手の最善の利益となるよう行動する義務を導入し、貸手が仲介業者にトレーリ
         ング・コミッションその他の手数料を支払うことを段階的に禁止すること
                                  13/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       ● 利益相反性のある報酬を最終的に禁止する意図のもと、利益相反性のある報酬に関連した規制の適用除外
         規定の廃止およびその他の免除の見直しをすること
       ● すべての労働者に対する単一のデフォルト退職年金基金を導入し、「マイスーパー」(MySuper)退職年
         金口座からの助言手数料の控除を禁止し、その他のあらゆる退職年金口座からの助言手数料の控除に制限
         を課すこと
       ● 退職年金の受託者が退職年金基金の受託者の職務の遂行から、または職務の遂行の過程で生じる債務以外
         の債務を負担することを禁止すること
       ● 申込みのあった借入額が500万豪ドル未満の場合において、2019年銀行実務規範(2019                                                Banking     Code   of
         Practice)(「銀行実務規範」)による保護を雇用するフルタイム従業員(またはフルタイムに相当する
         従業員)の数が100名未満の事業者またはグループに拡大するために銀行実務規範における「小規模事業
         者(small      business)」の定義を改正すること
       ● リテール顧客に対して、退職年金および保険商品の呼び声を出しての販売(hawking)または一方的な押
         付け販売を禁止すること
       ● ディストレスト農家向け貸付金の処理をあっせんするための国家的な仕組みを確立し、財産管理人または
         その他の形式の外部管財人の選任は最終的な救済手段であることを認識すること等、農家の借手を保護す
         るためのその他の措置を導入すること
       不正行為の発生を阻止し、かかる行為に対して適切な制裁を課す際のオーストラリア証券投資委員会

      (「ASIC」)およびオーストラリア健全性規制庁(「APRA」)の有効性および監視を強化するために多数の措置
      が提言された。これらの提言事項には、ASICがエンフォースメントに対する姿勢を変更し、専ら行政手続による
      ことが適切でない行動問題に関して訴訟手続の実行を促すことを重視することの提言が含まれている。
       非財務リスクの管理および不正行為のリスクの軽減を特に重視し、財務サービス会社が自社の従業員および経
      営陣の報酬制度の設計および実施ならびに自社の風土、ガバナンス方針および実務を定期的・継続的に見直すよ
      う要求する提言がなされた。
       オーストラリア政府および野党である労働党はそれぞれ最終報告書に対して回答し、両者ともに76の提言項目
      のうち75項目を支持することを確認している。オーストラリア政府はトレーリング・コミッションの廃止の影響
      および住宅ローンの仲介業者に対する継続的な手数料の一括前払いの実現可能性についてさらに検討することを
      要求する予定である。野党である労働党は借手が申し込んだ貸付実行額の一定割合を上限とする標準化された一
      括前払手数料を貸手が住宅ローンの仲介業者に支払うことを認めることを提案している。
       王立委員会の提言は立法または規制上の変更に至る可能性が高い。これらの変更の多くの詳細および実施時期
      は明らかではない。これらの変更が実施された場合、遵守のための費用が多額となる可能性があり、当社グルー
      プの事業、経営、財務実績および財政的見通しに悪影響を及ぼす可能性がある。
       王立委員会は、不正行為の可能性のある多数の事案につき、ASICおよびAPRAに検討を委ねた。これらの案件が
      当社グループに関連する場合、当社グループに対して訴訟手続が開始する可能性があり、その結果当社グループ
      に民事上または刑事上の制裁が課され、さらに当社グループに対する集団訴訟またはその他の訴訟が提起される
      可能性がある。制裁があるとした場合、その規模は不明である。
                                  14/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       当社グループは現在これらの提言事項のうち26項目の対応を進めており、これらの変更の一部は最終報告書の
      公表前に発表している。
       財務サービス会社および銀行業界に影響を与える可能性のあるその他の検討および照会には以下のものが含ま
      れる。
       ● 2018年5月、ニュージーランド金融市場局(「FMA」)およびニュージーランド準備銀行(「RBNZ」)は
         ニュージーランド銀行業界の措置および文化の見直しを開始し、業界全体に対するいくつかの勧告が2018
         年11月5日に発表された報告書に組み込まれた。2018年11月にニュージーランドの個々の銀行(バンク・
         オブ・ニュージーランド(「BNZ」)を含む。)に対して追加的な発見事項が提供された。BNZは2019年3
         月29日にFMAおよびRBNZに対して回答を提出し、2019年6月末までに正式なフィードバックが予想され
         る。さらに、FMAおよびRBNZはニュージーランドにおける生命保険会社の審査に着手しており、2019年1
         月に審査項目別の報告書を、2019年2月に個別の保険会社ごとの報告書を発行した。回答期限は2019年6
         月30日までとされている。これらの審査の結果は、ニュージーランドの銀行業界に対する国政上または規
         制上の監視のさらなる強化につながる可能性があり、BNZに悪影響を及ぼし得る。
       ● 2018年5月、APRAは「コモンウェルス・バンク・オブ・オーストラリアに対する健全性調査」に関する最
         終報告書を発表した。APRAは他の主要銀行(当社を含む。)に同報告書が提起する各問題に対する自己評
         価を行うよう要請した。当社グループは2018年11月29日に自己評価をAPRAに提出し、さらにこれを公表し
         た。当社グループは現在発見事項の対処中であり、その進捗状況を今後報告する予定である。当社グルー
         プが自己評価において明示した対策を講じなかった場合、当社の評判に悪影響を及ぼす可能性がある。
       ● 贈賄・腐敗防止、反マネーロンダリング(「AML」)およびテロ資金対策(「CTF」)法令および貿易制裁
         に関する監督、規制および執行が増加した。2018年6月、オーストラリアの金融情報機関であるAUSTRAC
         は、他のオーストラリアの主要銀行との間でAML/CTF法令の重大な違反に関する700百万豪ドルの罰金に
         ついて合意に達した。
       ● 銀行役員責任体制(「BEAR」)を実施する法律が2018年7月から当社グループについて効力を生じた。こ
         の法律は公認預金受入機関(「ADI」)ならびにその取締役および上級執行役員の責任および説明責任を
         強化することを意図している。王立委員会はBEARの適用をAPRAの許認可を受けているすべての事業者に拡
         大すること、ADIのプロダクト・チェーンの全体について責任を負う新たな説明責任を負う者を導入する
         こと、およびADIの商品に関して必要な顧客の救済措置を含むBEARに関する数多くの提言を行っている。
         さらに王立委員会はBEARをASICとAPRAの共同所管とし、ASICが消費者保護および市場行動を監視し、APRA
         が健全性の側面を監視することを提言している。オーストラリア政府はこれらの提言への支持を明言して
         いる。
       ● 2019年4月、2019年財政法を改正する法律(設計および販売義務ならびに商品介入権限)がオーストラリ
         ア連邦議会の両議院で可決された。新法は金融商品の設計および販売に関する追加義務を当社グループに
         課している。設計および販売義務には2年間の段階的導入期間が設けられている。ASICが消費者に重大な
         損害をもたらすと判断する場合に商品に介入することのできるASICの権限は、法律の施行とともに直ちに
         発効する。
                                  15/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       ● ASICは2018年8月に、執行および監督の機能を強化する予定であることを発表し、これにはガバナンスお
         よび法令遵守の監視のために大規模金融機関に専任監督スタッフを配属することが含まれる。この枠組み
         はすでに運用されている。
       ● 2018年財政法を改正する法律(法人および金融セクターの制裁強化)は、裁判所は金銭的な制裁を命じる
         ことよりも被害者に対する補償を優先させるべきであることを明示する等、法人および金融セクターの不
         正行為に対してより強力な制裁の枠組みを導入している。
       ● 2018年3月、金融セクターの企業に影響を及ぼす危機に対処するため、APRAの権限を拡張し強化する法律
         が可決された。当該法律はADI(および一定の場合にはその子会社)の経営への介入に関してAPRAに大幅
         な権限を授与している。
       ● オーストラリア下院の経済常設委員会の「主要4行の見直し」ならびにオーストラリア自由競争消費者委
         員会の「住宅ローン商品価格調査」および「為替業務調査」等、他に数件の継続的調査が行われた。
       オーストラリアおよび当社グループの関連するその他の法域においてバーゼル銀行監督委員会(「BCBS」)の

      規制改革の実行が今後続く予定である。2017年12月、BCBSはバーゼルIII基準を最終確定した。その後の規制上
      の変更には以下のものが含まれる。
       ● オーストラリアにおいて、APRAは、2018年2月に自己資本の枠組みの改訂に関する協議を開始し、「疑い
         なく堅固な」自己資本比率を確立することによる銀行システムの強靭性の強化を行なう意向を再確認し
         た。オーストラリアの大手銀行は2020年1月までに普通株式等Tier1自己資本比率を10.5%以上とするこ
         とが期待されている。協議は2019年を通して継続する予定であり、これまでに「資本力の基準」、「リス
         ク感受性」および資本枠組の「透明性、比較可能性および柔軟性」の検討が行なわれた。最終改訂された
         健全性基準は2020年に公表され、2022年から実施される予定である。
       ● ニュージーランドでは、RBNZがニュージーランドにおいて設立された登録銀行に適用される自己資本健全
         性の枠組みの見直しを実施している。その目的は、現行の枠組みの運用状況および銀行の自己資本要件の
         国際的な進展を考慮しながら、ニュージーランドの銀行向けの自己資本の要件を設定するための枠組みを
         特定することである。2018年12月、RBNZは5年間の段階的移行期間を経て銀行の必要資本の水準を大幅に
         増加させる提案を行い、2019年5月まで協議が予定されている。ニュージーランドの銀行システムを強化
         し、銀行の破綻の可能性を軽減することによって預金者を一層保護することを目的とした当該変更案は、
         実施された場合、ニュージーランドの銀行が保有しなければならないTier                                       1 資本の水準に重大な影響を
         及ぼす可能性がある。システム上重要であるとみなされる銀行(BNZを含む。)に対するTier                                                1 資本要件
         をリスク加重資産(「RWA」)の16%(最低Tier                          1 要件としてRWAの6%および健全性資本バッファーと
         してRWAの10%からなる。)に増加させることが提案されている。RBNZの提案は、RBNZが以前公表した補
         完資本となる商品の除外を含む資本の定義に関する「原則論」およびRWAの計算に関する「原則論」の決
         定に従ったものである。APRAがオーストラリアの資本枠組みの見直しの一環としてRBNZの提案の要素をど
         の程度取り入れるのかは依然として不明である。
                                  16/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       当社グループに影響を及ぼすその他の現行のおよび潜在的な規制の変更には、以下のものが含まれる。
       ● オーストラリア政府は、「オーストラリアにおけるオープン・バンキング体制の見直し」に関する報告書
         の公表および公開協議から生じた勧告に対する支持を表明した。これは、消費者および第三者による銀行
         商品およびデータへのアクセスを増加させるように設計されている。当該体制のエクスポージャー法案に
         ついての協議が開始され、2019年7月から改革が段階的に実施される予定である。これは、「銀行」とい
         う名称の使用に関する規制を緩和する法律の可決とともに、銀行業界への新規参入者に対する障壁を低下
         させ同業界の競争を増加させると予測されている。
       ● 2018年11月8日、APRAは、ADIの損失吸収力を高めるための提案を概略した審議文書を公表した。この提
         案は、オーストラリアのADIの秩序ある破綻処理を促進し、公的資金投入による支援を最小限に抑えるの
         に十分な枠組みを実施する金融制度審議会の勧告と一致している。この文書は、国内のシステム上重要な
         銀行(「D-SIBs」)におけるRWAの4~5%の総自己資本要件の増加について概略している。D-SIBs(当
         社グループを含む。)は、主にTier2資本の追加によってこの要件を充足することが見込まれており、こ
         れによって当社グループの継続的な資金コストが増加することが予想される。APRAの要件は2019年に最終
         化する予定であり、調整後の資本要件は2023年までに適用される。
       ● 2018年7月、APRAは、関連法人のエクスポージャーの限度および拡張認可法人の枠組みを更新する提案を
         含む、関連当事者の枠組みの改訂に関する協議を開始した。最終的な枠組みは、2020年1月から実施され
         る予定である。
       ● 2019年3月25日、APRAは健全性基準APS220に規定されたADI向けの信用リスク管理枠組みの改訂案の概要
         を記載したディスカッションペーパーを公表した。この改訂案には信用リスク管理実務の拡大、与信基準
         の改訂ならびに近年の会計基準の変更およびBCBSからのガイダンスに整合的な資産区分および引当てに関
         する提案が含まれている。
       ● RBNZは2017年9月にニュージーランドの登録銀行により外注されたサービス(オフショアの親銀行が提供
         するサービスを含む。)に焦点を当てた修正外注指針を発行した。当該指針の遵守は2022年9月までに要
         求される。最終版の指針の実施および遵守によって当社グループの経営が影響を被る可能性がある。
       ● 2019年財政法を改正する法律(退職年金における説明責任および加入者の地位の向上のための措置第1
         号)は退職年金における説明責任の強化およびAPRAの規制を受ける退職年金の受託者の運営ガバナンスの
         慣行を向上するための年金健全性枠組みに関する変更を実施するものである。
       ● 財務指標(その監督および規制を含む。)、デリバティブ改革(特に中央清算されないデリバティブに対
         する当初証拠金要件の実施)、支払、データ保護およびプライバシー法、データの質、会計・報告要件、
         税法制定および銀行固有の課税における変更。
                                  17/135







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       これらのような現行のかつ潜在的な調査および規制改革の全容、スケジュールおよび効果または(実施される
      としたならば)どのように実施されるかは、不明である。要件の特性およびそれがどのように実施されるかに
      よっては、かかる要件は当社グループの事業、経営、構造、コンプライアンス費用または資本要件、そして最終
      的には評判、財務実績および財政的見通しに悪影響を及ぼす可能性がある。
      1.3   当社グループは、激しい競争にさらされており、当社グループの財務実績および競争上の地位に悪影響を

      及ぼす可能性がある。
       当社グループが活動する市場全体にわたり熾烈な競争が繰り広げられている。顧客の獲得競争が激化した場
      合、利益マージンが圧縮されるかマーケット・シェアを失う可能性がある。当社グループはより低コストのかつ
      新たな経営およびビジネスモデルを有する外国銀行およびノンバンクの競合他社を含む新規市場参入者に加え
      て、有力な金融サービス提供者との競争にも直面している。進化する業界の傾向および予想される急速な技術の
      変化は、顧客のニーズおよび志向に影響を及ぼす可能性がある。当社グループは、これらの変化を正確にもしく
      は十分な速さで予想し、または業界の動きに後れをとらずに十分な余裕をもって適応し、顧客の期待に応えるた
      めの資源と柔軟性を備えていない可能性がある。
      2.当社グループ特有のリスク

       銀行業界および金融サービス業界の主要な金融機関である当社グループの事業および当社グループ特有の構造
      には、それぞれ直接起因する複数のリスクが存在する。当社グループの財務実績および財務状況は、以下に記載
      した当該リスクの影響を受けており、今後も受け続ける可能性がある。
      2.1   当社グループは評判、財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性のある信用リスクにさらされてい

      る。
       信用リスクとは、顧客が当社グループに対して契約条件に従った債務の履行が不可能となる可能性をいう。当
      社グループの信用リスクの大半は貸付事業によるものである。銀行勘定およびトレーディング勘定、その他の金
      融商品および貸付金、コミットメントおよび保証の供与ならびに取引決済において、その他の信用リスク要因が
      存在する。
       当社グループの貸付ポートフォリオは、当社グループの貸付金および支払承諾総額の重要な要素である住宅
      ローンならびに商業用不動産ローン(大半がオーストラリアおよびニュージーランドに所在)を含む。厳しい事
      業状況または経済状況(住宅不動産および商業用不動産の評価もしくは価格の低下を含む。)、雇用水準の悪
      化、政治環境の不安定化またはオーストラリアおよびニュージーランドにおける高い水準の家計の負債により、
      信用リスクが増加する可能性がある。
                                  18/135







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       また、金利が近年の記録上最低またはそれに近い水準から上昇した場合は、当社グループはカウンター・パー
      ティーまたは顧客の債務不履行リスクの増加にさらされる可能性がある。とりわけ、当社グループのリテールお
      よび非リテールセグメントにわたる金利限定返済義務付のローンのポートフォリオおよび住宅投資家向けの住宅
      抵当貸付ポートフォリオは、金利が上昇した場合または不動産価格が下落した場合には、損失を受けやすい可能
      性がある。当社グループはまた、集合住宅市場が悪化した場合は、不動産開発業者に対するリテール貸付および
      非リテール貸付を通じて、カウンター・パーティーによる債務不履行リスクの増加にさらされる可能性がある。
       当社グループのオーストラリアおよびニュージーランドにおける事業貸付のマーケット・シェアが大きいこと
      により、非リテールセグメントの顧客の状況が悪化した場合は、当社グループは潜在的損失および評判の失墜に
      さらされる。同様に、当社グループはオーストラリアおよびニュージーランドの農業部門(とりわけニュージー
      ランドの酪農部門)において大きなマーケット・シェアを占めている。商品価格の乱高下、為替変動、病気およ
      び病原菌や害虫の流入、輸出および検疫にかかる規制ならびにその他のリスクが、同部門および当社グループの
      財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       現在、潜在的な信用リスクの主要な要因には以下のものが含まれる。
       ● オーストラリアの数多くの地域で住宅不動産の価格の下落が確認されている。この傾向が続いた場合、当
         社グループは、これらの資産によって担保される貸付からの信用損失の増加の影響を受ける可能性があ
         る。住宅価格の下落は担保価値に影響を及ぼし、デフォルト発生後に当社グループが損失を回収する能力
         を損なう可能性がある。住宅ローンの記録上は、ローン・トゥー・バリュー比率(LVR)の高い顧客が住宅
         価格の重大な訂正が生じた後に引き続き最も大きなリスクを負っている。さらに、住宅不動産の価値の大
         幅な下落は、住宅不動産の開発に関わっている事業者および住宅不動産が担保として使用されている場合
         は事業者貸付ポートフォリオに関係のある事業者の信用損失を増加させる可能性がある。
       ● リテール販売部門は、一部のリテール販売業者およびリテール資産の所有者が債務返済能力に影響を及ぼ
         す可能性がある課題に直面している。これらには低い家計収入の伸び率、国際的な新規参入およびオンラ
         インチャンネルの成長が含まれる。
       ● 気候変動によって、資産または事業の経営に影響を及ぼす異常気象現象、気候変動を軽減させるために策
         定された新規の法律および政府の指針の影響ならびに再生可能かつ低排出の技術に経済が移行することに
         よる一定の顧客セグメントに及ぼす影響によってリスクが生じる可能性がある。その結果、当社グループ
         が、構造的な減少がみられ、流動性が限られた部門の資産によって担保される顧客に資金を供給するリス
         クが生じる。
       ● オーストラリア東部の地域では深刻な干ばつが発生している。これらの干ばつの影響は、第一次生産者の
         みならず、農業部門に対する供給者である顧客ならびに地方コミュニティに居住し事業を行なう顧客にま
         で及ぶと予測される。
       ● 世界的な乳製品価格または乳固形分に係る受取単価の割合の大幅な低下、もしくはその両方は、ニュー
         ジーランドの乳製品部門の負債の支払能力に重大な悪影響を及ぼす可能性がある。
                                  19/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       当社グループは、貸付金、前渡金その他の資産に関連する貸倒損失に備えて引当を行っている。貸出金ポート
      フォリオ上の損失の見積は、その性質上不確実である。かかる見積の正確性は、一般的な経済情勢、予測および
      仮定を含む多くの要因に左右され、複雑なモデリングおよび判断を伴う。評価の前提条件となる情報や仮定が不
      正確であることが判明した場合、信用減損に係る引当金を修正する必要が生じる。これは、当社グループの財務
      実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
      2.2   当社グループはオペレーショナルリスクにさらされていることにより損失を被り、その結果当社グループ

      の評判、財務実績および財務状況が悪影響を受ける可能性がある。
       オペレーショナルリスクは、不十分な、または欠陥のある内部手続、人員およびシステムまたは外部事象に起
      因する損失のリスクである。これは、法的リスクを含むが、戦略リスクおよび風評リスクを含まない。
       オペレーショナルリスクは、戦略プロジェクトおよび事業変革の取組みに加えて当社グループの日々の事業活
      動から発生する事業遂行における中核的要素である。オペレーショナルリスクが完全に緩和できないことに鑑み
      て、当社グループは潜在的損失の負担と緩和コストの負担との間の適切なバランスを決定する。
       オペレーショナルリスク事由は、経済的損失、罰金、課徴金、身体傷害、風評被害、マーケット・シェアの喪
      失、財産または情報の喪失、顧客救済、訴訟および当社の株価下落を含む相当な損失をもたらす可能性がある。
      さらに、当該事由は一般大衆、株主、投資家、顧客、規制当局または格付機関の当社グループに対する印象に悪
      影響を及ぼす可能性がある。ソーシャル・メディアもまた当社グループに対する印象に影響を及ぼす。オペレー
      ショナルリスク事由による損失は、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能
      性がある。オペレーショナルリスク事由の例には、以下のものがある。
       ● 従業員、請負業者および外部者による詐欺的または不正な行為
       ● システム、技術およびインフラの故障、サイバー攻撃(サービスの拒否および悪質なソフトウェア攻撃を
         含む。)または顧客もしくは機密のデータへの不正アクセス
       ● 人為的ミス(不正確または不完全なデータ収集および記録管理を含む。)または手順もしくは制御の不適
         切な設計に基づく処理の誤りまたは失敗
       ● 第三者(オフショアおよび外部委託によるサービス提供者を含む。)による処理上の失敗
       ● 雇用慣行(多様性、差別、職場の健康・安全を含む。)の脆弱性
       ● 商品の設計の欠陥または保守の不備
       ● 自然災害、気候変動、生物学的危害またはテロ行為等の事象から生じる業務の混乱および物的損害
                                  20/135








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       さらに、当社グループは、主要な業務執行役員、従業員および取締役会の構成員を維持し惹きつける能力に左
      右されている。2019年2月7日、グループ最高経営責任者であるアンドリュー・ソーバーンおよび取締役会長で
      あるケネス・ヘンリーが当社グループから退任することを発表した。2019年3月6日、当社取締役会は現在の取
      締役であり暫定的な最高経営責任者であるフィリップ・クロニカンを当社の次期取締役会長に選任した。フィ
      リップ・クロニカンは、2019年の後半に取締役会長としてケネス・ヘンリーの地位を受け継ぐ。当社取締役会
      は、最高経営責任者の選定プロセスを管理するための特別委員会を設置した。これらの変更およびこれ以上の主
      要人的資源が予期せず流失した場合、または適切な経験を有する人材を惹きつけることができなかった場合、当
      社グループが効果的かつ効率的に事業を展開しまたは戦略的目標を達成する能力が悪影響を受ける可能性があ
      る。
       モデルは、当社グループの業務の遂行(例えば、資本要件の計算ならびにエクスポージャーに係る測定および
      ストレス負荷)において広く使用されている。使用されたモデルが不十分であるかまたは誤ったもしくは妥当で
      ない仮定、判断もしくは情報に基づいていることが判明した場合は、当社グループの財務実績および財務状況に
      悪影響を及ぼすことがある。
      2.3   当社グループはコンプライアンス・リスクおよびコンダクト・リスクにさらされるおそれがあり、かかる

      リスクは当社グループの評判、財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある                                             。
       コンプライアンス・リスクとは、適用ある法律、規則、免許の条件、監督上の要求事項、自主規制的な業界の
      行動規範、自主的な取組みならびに当社グループの内部方針、基準、手続および枠組みの理解不足および不遵守
      のリスクをいう。これには、当社グループが事業を行う法域における金融犯罪義務の遵守が含まれる。コンダク
      ト・リスクとは、当社グループまたは当社グループを代理する者の行為が顧客への不公平な結果を招くリスクを
      いう。これには、以下のような有害な慣行が含まれることがある。
       ● 顧客の需要を満たさずまたは不適切な商品・サービスの販売、顧客に対して当該商品・サービスを購入さ
         せるための不当な影響力の行使
       ● 不適切な市場慣行の実施または詐欺的もしくは違法な取引の当事者となること
       ● 適用ある受託者責任の不遵守または不適切なもしくは顧客の最善の利益とならない財務アドバイスの提供
       ● 規制上の問題の適切な上申の遅延
       ● 時宜に適った問題解決および顧客関連救済措置の不履行
       行為地の規制当局および政府による重大な規制の変更およびグローバルな金融サービス業界に対する公開調査

      により、基準が多数設定され、顧客の期待度が上昇している。
       当社グループのコンプライアンスおよび行為に関する統制に重大な不備があり、不適切に設定され、または法
      律上、規制上もしくは共同体の期待に満たない場合、当社グループは以下のような不利益を被る可能性がある。
       ● コンプライアンス費用、罰金、追加資本要件、世間の非難、訴訟、和解および顧客に対する損害賠償の増
         加
                                  21/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       ● 規制当局もしくはその他の利害関係者の監督、監視または執行の強化
       ● ローン、保証その他の担保関連書類等の契約の執行不能
       ● 強制的な営業停止、免許条件の変更または当社グループの業務の全部もしくは一部を行うための免許の取
         消
       ● 強制的約束など、その他の強制的または行政上の行為または合意
       これにより、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況が悪影響を受ける可能性がある。

       数多くの国内金融機関および国際金融機関が、法令違反に対して、注目度の高いエンフォースメント(多額の
      罰金を含む。)を受けた。事案によっては、これらのエンフォースメントから集団訴訟に至ったものもある。
       当社グループ会社は随時、規制上の審査の対象となるが、これは業界全体のものか当社グループの個別のもの
      かを問わない。また、当社グループは、自身でまたは第三者の補助を受けて一定の行為の調査を行っている。
       現在、当社グループに対して多数の審査、調査および訴訟手続が行われている。これには、財務アドバイスの
      提供、不適切なサービスの手数料の賦課、消費者クレジット保険商品に関する販売慣行およびアドバイス、許認
      可条件の遵守ならびにAML/CTFのコンプライアンス課題および弱点の特定、通知および改善に関する事項が含ま
      れる。上記の事項の詳細、その他の規制上のコンプライアンスおよび行為の調査および審査の詳細、ならびに当
      社グループに対して提起された集団訴訟および訴訟手続の一部の詳細については、「第6-1 中間財務書類」
      の注記13「偶発債務」を参照のこと。これらの調査、審査および訴訟手続に関連する潜在的結果および合計費用
      は現時点では不確定であり、これらの事項または当社がまだ認識していないその他の事項に関連した追加の集団
      訴訟、規制上の調査または新規の許認可条件が発生する可能性がある。
       王立委員会は、当社グループの退職年金の受託者であるNULISノミニーズ(オーストラリア)リミテッド
      (「NULIS」)が受託者としての義務に違反した可能性があるとの理由により、同社の行為に関する2件の案件
      につきAPRAに判断を委ねた。APRAはこれらの案件に関してNULISに対して訴訟を提起する可能性がある。
       さらに王立委員会は、不正行為の可能性がある他の事案についてASICに検討を委ねた。これらの案件が当社グ
      ループに関連する場合、ASICから当社グループに対して訴訟手続が開始される可能性があり、その結果当社グ
      ループに民事上または刑事上の制裁が課され、さらに当社グループに対する集団訴訟またはその他の民事訴訟が
      提起される可能性がある。
       王立委員会の調査の過程で明らかにされた行為に関しては公開の討論が継続的に行われており、当社グループ
      および当社グループ内の個々の企業に対してさらに結果が生じる可能性がある。
       2009  年全国消費者クレジット保護法に基づく責任ある貸付義務の解釈および当該貸付義務に関するガイダンス
      には近年進展があった。これらの規制もしくはその解釈の変更(裁判所によるものを含む。)、またはこれらの
      義務に関する規制上および公開調査の増加の可能性により、個人貸付けに関する手順または手続の変更が必要と
      なる可能性がある。現在までのところ、別のオーストラリアの大手の銀行が責任ある貸付義務に違反したとして
      ASICから提訴され、さらに集団訴訟が提起された。
                                  22/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       2018  年8月、原告法律事務所のスレーター&ゴードンは、銀行が所有する退職年金基金に対する一連の集団訴
      訟の開始を発表した。当該訴訟は、一定の財務アドバイスの料金、および老齢退職年金信託受託者が構成員の最
      善の利益のために行為しなかった(例えば、現金投資において利用可能な最も競争力のある金利を取得しないこ
      とによる。)と訴えられている状況が焦点となると予想される。現在までに、かかる性質の集団訴訟が他の主要
      な銀行に対して1件提訴されている。
       適切な場合、過去の実績、予測、業界内での比較および外部専門家の助言(適切な場合)に基づく主観的判断
      の行使の組み合わせから導かれる数多くの仮定に基づいて、行為および訴訟問題に関して引当金が設定される。
      これらの仮定および当社グループが負う損害賠償請求の最終的なコストにはあくまでリスクおよび不確定性が存
      在する。これらの要因は、コンダクト・リスクおよびコンプライアンス関連事項の最終コストが予想とは大幅に
      異なり、追加の引当金を要する可能性があり、これにより当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況
      が悪影響を被る可能性があることを意味している。
      2.4   技術システムの混乱またはデータ・セキュリティーの侵害は、当社グループの評判、業務ならびに財務実

      績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループの日常業務の大半は情報技術を利用して行われているため、当社グループの情報技術のシステム
      および基盤の信頼性および安全性は、業務にとって不可欠である。技術環境の複雑性、技術を最新の状態に保て
      ないこと、不十分な回復、当社グループのシステムが効果的に稼働できないこと、これらのシステムの許容時間
      内に修復または回復できないこと、データ・セキュリティーの侵害その他の形でのサイバー攻撃または物理的攻
      撃を含む数々の要因から、技術的リスクが発生する可能性がある。これらの要因の全部または一部は当社グルー
      プの制御の範囲外である。かかる事由は顧客側の重大な混乱、業務および当社グループの義務の遵守に対する支
      障、顧客への賠償、評判の毀損、変化および革新をもたらすスピードおよび機敏性への悪影響、訴訟、顧客デー
      タの滅失もしくは盗失または規制当局による調査および課徴金をもたらす可能性がある。これらのリスクは、当
      社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       金融サービス業界における技術の急速な進展、オンデマンドのインターネットおよびモバイルサービスへの顧
      客の期待の増加により、当社グループはこれらの分野で新たな挑戦にさらされている。
       当社グループは、コンピューター・システムおよびネットワークを通じて大量の個人情報および機密情報を処
      理し、保管し、送信している。当社グループはこれらの情報の機密性および完全性の保護に対して多額の資金を
      投資している。しかし、情報セキュリティーに対する脅威はますます進化しており、サイバー攻撃の実行に使用
      される技術は一層高度化している。当社グループは、セキュリティーに対する脅威を予測できない可能性があ
      り、また、結果として生じる損害を防止または最小限とするための有効な措置を講じることができない可能性も
      ある。情報セキュリティー侵害は、業務の混乱、規制当局による執行行為、財務損失、顧客データの盗失もしく
      は滅失、またはプライバシー法の違反をもたらすおそれがあり、これらはすべて、当社グループの評判ならびに
      財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
                                  23/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       その他の事業活動と同様、当社グループは、機密情報を保管し、また技術的解決法を開発および提供する(ク
      ラウドインフラの使用の増加を含む。)ために厳選した外部技術提供者(オーストラリア国内および海外)を使
      用している。これらの外部提供者が当社グループに対する義務を履行できなかった場合または当社グループがこ
      れらの提供者を適切に管理できなかった場合は、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響
      を及ぼす可能性がある。
      2.5   買収または売却を含む戦略的決定が当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼ

      す可能性がある。
       戦略リスクとは、当社グループの戦略的目標の追求に伴うリスクをいい、当社グループが選択した戦略を履行
      できないリスクを含む。当社グループの戦略的決定の基礎となる前提が不正確である(または不正確であると判
      明する)おそれまたはそれらの戦略的決定を支えている条件が変更されるおそれがある。当社グループはこうし
      た変更に迅速に適応するリソースおよび柔軟性を有していない可能性(またはそもそも適応するリソースおよび
      柔軟性をまったく有していない可能性)がある。さらに、当社グループの戦略的取組みのうち、効果的な実施が
      著しく困難であるかまたは実施のための費用がかさむと判明するものがある可能性がある。当社グループは買
      収、売却、ジョイントベンチャーおよび投資を含む様々な会社の機会を定期的に検討している。追求した機会
      は、当社グループのリスク構成および資本構成を変え、またその性質上、買収対象の過大評価(もしくは売却対
      象の過小評価)を含む取引リスク、風評被害の可能性および財務リスクを伴う可能性がある。
       事業の統合または分離(期待したシナジーが実現できないこと、業務の中断、経営資源の転換または予想を上
      回る費用を含む。)を通じてリスクが発生する可能性がある。さらに、当社グループは売却した事業の継続的な
      エクスポージャー(継続的なサービスおよびインフラ(MLCリミテッドに提供されている移行サービス等)の提
      供を通じたものまたは債務の維持(販売契約に基づく保証および補償を通じたものを含む。)を通じたものを含
      む。)にさらされる可能性がある。
       上記のリスクに加え、2016年の日本生命保険相互会社(「日本生命」)に対するMLCリミテッドの80%の売却
      に関連する多くの特有のリスクが存在する。当社は、日本生命のために一定の契約を行い、保証および補償を提
      供した。これらについて違反した場合またはトリガーが働いた場合、当社は日本生命に対して責任を負うことと
      なる可能性がある。当社はまた、生命保険商品の販売およびMLCリミテッドによるMLCブランドの使用の継続に関
      して長期契約を締結した。これらの契約の期間および性質により一定のリスクが生じる。かかるリスクには、規
      制環境または商業環境の変化によりこれらの契約の商業的な魅力に影響が生じ、非競争的な取決めによって当社
      の将来の機会が制限されるリスクが含まれる。
       当社はMLCリミテッドを独立の事業体として設立するために一定の措置(移行サービスの提供、データ移行お
      よび技術システム開発を含む。)を講じることに同意した。かかる措置はまだ完了していないため、実行コスト
      が最終的に予想を上回ることとなるリスクがある。当社はまた、これらの事項に関連する合意に従って義務を履
      行しなかった場合、MLCリミテッドに対して責任を負うことがある。「第6-1 中間財務書類」の注記13「偶
      発債務」の「MLCリミテッドの生命保険業務」の項を参照のこと。
                                  24/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       2018  年5月3日の発表のとおり、当社グループは、助言、プラットフォーム・年金および資産運用業務の売却
      (「MLCウェルスの売却」)を目指す予定である。当社グループのMLCウェルスの売却の推進の決定およびその履
      行能力は、市況、王立委員会による調査結果を含む規制上の変更および調査の影響、分離のコストおよび複雑
      性、ならびに取締役会の承認および規制上の承認の獲得を含む多数の要因に左右される。2019年2月7日、当社
      グループは、ウェルス事業に対する現在の規制上および事業上の環境は依然として厳しいため、公開市場を通し
      たMLCの売却は2020年事業年度に延期される可能性が高いことを公表した。当社グループがMLCウェルスの売却を
      推進する場合、当社グループは当該取引に伴うコストを負担することとなり、当該取引の条件および分離の実行
      は、当社グループならびにその顧客、提携アドバイザー、従業員、供給業者およびその他の当事者にとってのリ
      スクおよび不確実性を生じさせる可能性がある。当社グループがMLCウェルスの売却を推進しないことを決定す
      るまたは推進できない場合、当社グループは、当該未完了の取引に伴うコストを負担することとなり、顧客、提
      携アドバイザー、従業員、供給業者および助言、プラットフォーム・年金および資産運用業務のその他の当事者
      にとっての不確実性が生じる可能性がある。
      2.6   当社グループ全体にわたる変革および変更の計画は期待された利益の全部または一部をもたらさず、当社

      グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループは組織全体にわたる変化(技術、インフラおよび文化の変革を含む。)に対して多額の投資を行
      う。これらの計画は、期待された利益の全部または一部を実現しないリスクがある。また当社グループは、戦略
      的目標を達成し、変化する顧客の期待に応え、競争圧力に対処するために、引き続き業務プロセス改善計画を追
      求し、技術に対して投資を行う。これらのプロセスの変更は、オペレーショナルリスクおよびコンプライアンス
      およびその他のリスクを増加させ、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能
      性がある。
      2.7   重要な会計上の判断および見積りの誤りが後に判明した場合、当社グループは損失を被る可能性があり、

      それが当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループの財務書類を作成するにあたっては、経営陣は、見積りおよび仮定を用い、会計原則を適用して
      判断を行う必要があり、それぞれが資産、負債、収益および費用の報告額に影響を及ぼす可能性がある。高度な
      判断を伴うかあるいは仮定が財務書類にとって重要な分野には、引当金(コンダクト・リスクに関するものを含
      む。)の計算において使用される推定、のれんおよび無形資産の評価ならびに金融商品の公正価値が含まれる。
      のれんおよび無形資産の残高が前提としている手法および仮定の変更ならびに予想される将来キャッシュ・フ
      ローの変動(現在および潜在的な規制上の改革から生じる変動を含む。)の結果、のれんおよび無形資産の残高
      の一部または全部につき評価損が計上される可能性がある。
       連結財務諸表の作成にあたり当社グループが使用した判断、見積りおよび仮定に誤りがあることが後に判明し
      た場合、当社グループは予想または引当金の設定を上回る多大な損失を被る可能性がある。これは、当社の評
      判、財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
                                  25/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      2.8   当社グループの業務遂行から生じる訴訟および偶発債務は、当社グループの評判ならびに財務実績および
      財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループ内の企業は、自社の業務遂行に起因する法的手続に随時巻き込まれる場合がある。当該法的手続
      に関する潜在的な債務およびコストの総額は正確に評価できない。
       当社グループの重要な法的手続および偶発債務に関する詳細については、「第6-1 中間財務書類」の注記
      13「偶発債務」を参照のこと。
      2.9   2019年年次株主総会において「第2のストライク」となる2019年報酬報告書に対する反対票が株主から投

      じられ、取締役の信任を再度問うための株主総会を開催すべきとの決議が可決された場合、当社グループのガバ
      ナンスおよび監視に混乱が生じる可能性がある。
       当社の2018年の年次株主総会では、当社の2018年報酬報告書を採択する決議に対する投票のうち88.11%が決
      議の反対票に投じられ、オーストラリア会社法に基づく「第1のストライク」に該当することとなった。当社の
      2019年の年次株主総会において当社の2019年報酬報告書を採択する決議に対する投票のうち25%以上が決議の反
      対票に投じられた場合、当社は「第2のストライク」を受けることとなり、当該株主総会において、当社取締役
      の信任を改めて問うための株主総会を別途開催すべきか否かに関する株主の意思を問うための決議(spill
      resolution)を諮らなければならない。この株主の意思を問うための決議が単純過半数によって可決された場
      合、2019年の年次株主総会の日から90日以内に開催される次回の株主総会において、2019年報酬報告書を承認し
      た取締役の全員(最高経営責任者を除く。)が当該株主総会において再任のための候補者とならねばならない。
      2019年の年次株主総会において当社が「第2のストライク」を受け、株主の意思を問うための決議が可決された
      場合、当社の取締役会の構成に変動が生じ、当社グループのガバナンスおよび監視に混乱が生じる可能性があ
      る。
      2.10   資本不足は、当社グループの評判、事業ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があ

      る。
       資本リスクは、当社グループが健全性の要件を満たすため、戦略的計画および目標を達成するため、自らがさ
      らされるリスクをカバーするため、または予期せぬ損失から自らを防御するための十分な資本を有していないリ
      スクをいう。当社グループは、法域全体における当社グループの事業のバランスシートの規模およびリスク構成
      に相応の最小限の資本を保持する義務を負う。 
       健全性資本要件およびこれらの要件における提案された変更は、
       ● 当社グループが当社グループ内の企業全体における資本を管理する能力を制限するか、
       ● 株式およびハイブリッド商品の配当金もしくは分配金の支払を制限するか、または
       ● 当社グループに対し、より質の高い資本のより多くの調達もしくは使用またはバランスシートの増大の制
         限を要求する可能性がある。
       さらに、資本要件の評価の根拠とされた情報または前提が不正確であることが判明した場合、当社グループの
      業務ならびに財務実績および財務状況は悪影響を被る可能性がある。
                                  26/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      2.11   当社グループの資金調達および流動性水準は、世界の資本市場の混乱から悪影響を受ける可能性がある。
       資金調達リスクは、当社グループが継続事業、戦略的計画および目標を支援するための短期・長期の資金調達
      ができないリスクである。当社グループは、その事業運営に必要な資金を調達するため、顧客預金を集めること
      に加えて、国内外の資本市場にアクセスしている。これらの資本市場のいずれかに混乱が生じた場合または当社
      グループの証券を保有することもしくは資金を預け入れることへの投資家および顧客の意欲が低下した場合、当
      社グループの資金調達能力が悪影響を被るかまたはより高いコストもしくは不利な条件で資金を調達しなければ
      ならなくなる可能性がある。
       流動性リスクとは、当社グループが金銭債務を満期到来時に履行できないリスクをいう。これらの債務には、
      要求時または契約上の満期日における預金支払、満期のホールセール借入金および借入資本の期日弁済、借入利
      息の支払が含まれる。当社グループの流動性水準の大幅な悪化は、当社グループの資金調達コストの増加をもた
      らすか、新規貸付高を抑制するかまたは当社グループによるオーストラリア準備銀行の流動性約定融資枠の利用
      をもたらす可能性がある。これは、当社グループの評判、財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があ
      る。
      2.12   当社グループの信用格付の大幅な引下げは、当社グループの資金調達コスト、市場アクセスおよび競争力

      に悪影響を及ぼす可能性がある。
       信用格付は、借入人の一般的信用度に関する見解であり、市場参加者が当社グループならびにその商品、サー
      ビスおよび証券を評価するにあたって重要な参考指標となり得る。格付機関は、当社グループまたは当社グルー
      プが業務を行う国の政府の信用格付の設定および見通しに変更をもたらす可能性がある継続的な格付見直し業務
      を行っている。信用格付は、業務上のおよび市場の要因ならびに格付機関が使用する格付方法の変更から影響を
      受ける。
       当社グループもしくは当社グループの発行する有価証券の信用格付または当社グループが事業を行う1もしく
      は複数の国の国債の格付が引き下げられた場合、当社グループの資金調達コストが増加するかまたは資本市場へ
      のアクセスが制限される可能性がある。この結果、流動性水準の低下をもたらし、デリバティブ契約その他の保
      証付資金調達において担保の追加が要求される可能性もある。当社グループの信用格付の引下げにより、当社グ
      ループの競争力が悪影響を被る可能性がある。
      2.13   金利変動は当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

       金利リスクは、市場金利の変動が収益またはバランスシートの経済的価値の点において当社グループの財務状
      況に悪影響を及ぼすリスクをいう。銀行業界では、かかるエクスポージャーは通常銀行の貸付ポートフォリオと
      預金ポートフォリオ(およびその他資金調達源)の満期日構成のミスマッチから生じる。
                                  27/135







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      2.14   当社グループは財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性のある外国為替リスクおよび換算リスク
      にさらされている。
       外国為替リスクおよび換算リスクは、世界中の金融市場および国際的な事業運営に参入しているために、当社
      グループのキャッシュ・フロー、損益、資産および負債の価値に対する為替変動の影響に起因する。
       当社グループの所有構造は、海外子会社および関連会社に対する投資および確定した為替取引からのエクス
      ポージャー(海外子会社からの資本の本国送還および配当金等)を含む。当社グループはオーストラリア国外で
      も事業を行っており、顧客、銀行その他の相手方と多数の通貨建てで取引を行っている。したがって、当社グ
      ループの事業は、為替レート変動またはこれらの通貨のいずれかの準備金の状況の変更の影響を受ける可能性が
      ある。外国為替相場の不利な変動は当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループの財務書類は豪ドル建てで作成かつ表示されており、当社グループが投資または取引を行い、利
      益を稼得する(または損失を被る)際に用いる他通貨と豪ドルとの為替変動が生じた場合には、当社グループの
      財務実績および財務状況が悪影響を受ける可能性がある。
      2.15   当社グループはトレーディング活動からの多額の損失を被る可能性があり、それが当社グループの評判な

      らびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       トレーディング市場リスクは、当社グループのトレーディング活動(自己勘定を含む。)から発生する損失リ
      スクをいう。市場価格の悪化により、金融商品のポジションの価値の変動またはヘッジから損失が発生する可能
      性がある。これには金利、為替相場、商品および株式の価格ならびに信用スプレッドの変動が含まれる。
      2.16   引受リスクを転嫁できない場合、当社グループは損失を被り、当社グループの評判ならびに財務実績およ

      び財務状況が悪影響を受ける可能性がある。
       当社グループ会社は、金融仲介業者として、上場および非上場の債券、株価指数連動型有価証券および株式の
      募集を含む数多くの各種取引、リスクおよび結果を引受けまたは保証している。引受けの義務または保証は、当
      該証券の価格設定および発行に関するものである場合もあるため、当社グループは、当該リスクの全部または一
      部を他の市場参加者に転嫁できなかった場合に潜在的な損失にさらされる可能性がある。
                                  28/135









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     概況
      当社グループは、包括的かつ統合的な範囲の金融商品およびサービスを提供している国際的金融サービスグルー
     プである。
      当社の歴史は、1858年のザ・ナショナル・バンク・オブ・オーストラレイシアの創業にさかのぼる。ナショナ

     ル・オーストラリア・バンク・リミテッドは、1893年6月23日に、当社の主たる所在地であるオーストラリアにお
     いて設立された株式公開会社である。
      2019  年3月31日現在、当社グループは、全世界で、

     -826,943百万豪ドルの資産合計
     -1,432億豪ドルの運用・管理資産
     -33,790名のフルタイム相当従業員
     を有していた。
                                  29/135














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
             (1)
     グループの業績
                                  半期

                                               2019  年    2019  年
                           2019  年    2018  年    2018  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2018年       対2018年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               (%)      (%)
          (2)
                             6,776       6,717      6,750        0.9      0.4
     純利息収益
           (2)
                             2,442       2,416      2,343        1.1      4.2
     その他の収益
             (3)
                             ( 344  )    ( 249  )      -      38.2        大
     顧客関連救済措置
     純営業収益                       8,874       8,884      9,093        (0.1)       (2.4)
         (4)
                            (4,  055  )   (4,  137  )   (3,  989  )     (2.0)       1.7
     営業費用
             (3)
                               -      -     ( 755  )       -      大
     事業再編関連費用
             (3)
                             (120)       ( 111  )      -      8.1       大
     顧客関連救済措置
     基礎収益                       4,699       4,636      4,349        1.4      8.0
     信用減損費用                        (449)       ( 406  )    (373)       10.6       20.4
     税引前および分配前現金収益                       4,250       4,230      3,976        0.5      6.9
     法人税                       (1,244)      (1,  236  )   (1,  168  )      0.6      6.5
     分配前現金収益                       3,006       2,994      2,808        0.4      7.1
     分配金                        (52)      ( 51 )     ( 49 )      2.0      6.1
     現金収益                       2,954       2,943      2,759        0.4      7.1
     現金収益(多額の特記事項を除く)                       3,279       3,204      3,289        2.3      (0.3)
     非現金収益項目(税引後):
      分配金                         52       51      49       2.0      6.1
      公正価値およびヘッジの非有効部分                        (69)      101       81       大      大
      取得無形資産の償却                        (14)      ( 15 )     ( 15 )     (6.7)       (6.7)
      MLCウェルスの投資引き揚げ費用                        (19)      (12)        -      58.3        大
     継続事業からの当期純利益                       2,904       3,068      2,874        (5.3)       1.0
     非継続事業からの税引後当期純損失                        (210)       (97)      (291)        大     (27.8)
     当社株主に帰属する当期純利益                       2,694       2,971      2,583        (9.3)       4.3
     内訳:

     事業者向け・プライベートバンキング業
                             1,462       1,429      1,482        2.3      (1.3)
     務
     消費者金融・資産運用業務                        638      735       804      (13.2)      (20.6)
     法人・機関投資家向け銀行業務                        781      763       778       2.4      0.4
     ニュージーランド銀行業務                        503      470       452       7.0      11.3
                    (4)
                             (105)       (193)      (227)       (45.6)      (53.7)
     コーポレート機能・その他業務
             (3)
                               -      -     (530)         -      大
     事業再編関連費用
             (3)
                             (325)       (261)        -      24.5        大
     顧客関連救済措置
     現金収益                       2,954       2,943      2,759        0.4      7.1
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       顧客関連救済措置を除く。
     (3)
       追加情報については、後述「多額の特記事項」を参照のこと。
     (4)
       事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除く。
                                  30/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     多額の特記事項
                                  半期

                                               2019  年    2019  年
                           2019  年    2018  年    2018  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2018年       対2018年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               (%)      (%)
     純利息収益
      顧客関連救済措置                        (42)        -      -       大      大
     その他の収益
      顧客関連救済措置                       (302)       (249)        -      21.3        大
     純営業収益                        (344)       (249)        -      38.2        大
     営業費用
      顧客関連救済措置                       (120)       (111)        -      8.1       大
      事業再編関連費用                        -      -     (755)         -      大
     税引前現金収益                        (464)       (360)      (755)       28.9      (38.5)
     法人税                        139       99      225       40.4      (38.2)
     現金収益                        (325)       (261)      (530)       24.5      (38.7)
     非継続事業からの税引後当期純損失                        (200)       (53)        -       大      大
     当社株主に帰属する当期純利益                        (525)       (314)      (530)       67.2       (0.9)
     多額の特記事項

      当社株主に帰属する当期純利益に含まれる多額の特記事項は、以下のとおりである。
     顧客関連救済措置

      当上半期中、当社グループは、現金収益を325百万豪ドル減少させ、非継続事業からの収益を200百万豪ドル減少
     させた顧客関連救済措置の問題についての費用の増額を認識した。これらの増加費用は、以下を含む。
     -消費者信用保険の販売、NABファイナンシャル・プラニングから請求された助言サービス手数料、ウェルス業務
     助言に関する再調査を含む当社のウェルス事業における問題により影響を受けた顧客に対する返金および補償
     -NABアドバイス・パートナーシップから請求された助言サービス手数料の調査費用
     -顧客が一定の手数料無料の取引に対して不適切に手数料が課されていた問題を含む銀行業務関連問題
     -救済措置手続の実施費用
      前年下半期の現金収益への影響は261百万豪ドルであり、非継続事業からの収益が53百万豪ドル減少した。

     事業再編関連費用

      2018  年3月に終了した6ヵ月に当社グループは、顧客経験価値を高め、事業を単純化するために戦略的課題の加
     速を実現する目的で、(税引前で)755百万豪ドルの事業再編関連費用を認識した。その内訳は人件費、再就職支
     援およびプロジェクト管理費用として540百万豪ドル、ソフトウェア償却費用として146百万豪ドル、ならびに不動
     産物件の合理化費用として69百万豪ドルである。
     次へ

                                  31/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     グループの業績(多額の項目の調整)

                                 半期

                                                       2019  年  2019  年
                                                       3月終了    3月終了
                       2019  年            2018  年            2018  年
                                                        対    対
                   多額の    3月終了          多額の    9月終了          多額の    3月終了
               2019  年            2018  年            2018年             2018  年  2018  年
                   特記事    (多額の          特記事    (多額の          特記事    (多額の
              3月終了              9月終了              3 月終了            9月終了    3月終了
                    項   特記事項           項   特記事項           項   特記事項
                                                       (多額の    (多額の
                       を除く)              を除く)              を除く)
                                                       特記事項    特記事項
                                                       を除く)    を除く)
                   (百万              (百万              (百万
              (百万豪         (百万豪     (百万豪         (百万豪     (百万豪        (百万豪
                    豪              豪              豪        (%)    (%)
               ドル)         ドル)     ドル)         ドル)     ドル)         ドル)
                   ドル)              ドル)              ドル)
     純利息収益          6,734     (42)   6,776     6,717      -  6,717     6,750      -  6,750      0.9    0.4
     その他の収益          2,140     (302)    2,442     2,167     (249)    2,416     2,343      -  2,343      1.1    4.2
     純営業収益          8,874     (344)    9,218     8,884     (249)    9,133     9,093      -  9,093      0.9    1.4
     営業費用          (4,175)     (120)   (4,055)     (4,248)     (111)   (4,137)     (4,744)     (755)   (3,989)      (2.0)     1.7
     基礎収益          4,699     (464)    5,163     4,636     (360)    4,996     4,349     (755)    5,104      3.3    1.2
     信用減損費用           (449)      -   (449)     (406)      -   (406)     (373)      -   (373)     10.6    20.4
     税引前および分配
               4,250     (464)    4,714     4,230     (360)    4,590     3,976     (755)    4,731      2.7    (0.4)
     前現金収益
     法人税          (1,244)      139   (1,383)     (1,236)      99  (1,335)     (1,168)      225   (1,393)      3.6    (0.7)
     分配前現金収益          3,006     (325)    3,331     2,994     (261)    3,255     2,808     (530)    3,338      2.3    (0.2)
     分配金           (52)     -   (52)     (51)     -   (51)     (49)     -   (49)     2.0    6.1
     現金収益          2,954     (325)    3,279     2,943     (261)    3,204     2,759     (530)    3,289      2.3    (0.3)
     次へ

                                  32/135











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     株主向けサマリー

                                  半期

                                               2019  年    2019  年
                                               3月終了       3月終了
                           2019  年    2018  年    2018  年
                                               対2018年       対2018年
                          3月終了      9月終了       3月終了
                                               9月終了       3月終了
                                               (%)      (%)
     グループ
      1株当たり配当金(豪セント)                         83       99      99       (16)      (16)
      配当性向                       77.4  %    91.5  %    96.9  %       大       大
      法定1株当たり利益(豪セント)
                             95.9      107.3       93.9       (11.4)        2.0
       -基本的
      法定1株当たり利益(豪セント)
                             92.1      103.4       91.1       (11.3)        1.0
       -希薄化後
      継続事業からの法定1株当たり利益
                             103.5       110.9      104.7        (7.4)       (1.2)
       (豪セント)-基本的
      継続事業からの法定1株当たり利益
                             99.1      106.6      101.0        (7.5)       (1.9)
       (豪セント)-希薄化後
      1株当たり現金収益(豪セント)
                             107.2       108.2      102.2        (1.0)       5.0
       -基本的
      1株当たり現金収益(豪セント)
                             102.5       104.1       98.8       (1.6)       3.7
       -希薄化後
                                               (140   bps)
      法定株主資本利益率                       10.5  %    11.9  %    10.5  %              -
                                                (30  bps)     30  bps
      現金株主資本利益率(「ROE」)                       11.7  %    12.0  %    11.4  %
                      (1)
     グループ(多額の特記事項を除く)
      配当性向                      69.7  %    84.0  %    81.2  %       大       大
      法定1株当たり利益(豪セント)
                             114.9       116.9      113.5        (2.0)       1.4
       -基本的
      法定1株当たり利益(豪セント)
                             109.6       112.2      109.2        (2.6)       0.4
       -希薄化後
      継続事業からの法定1株当たり利益
                             115.3       120.5      124.3        (5.2)       (9.0)
       (豪セント)-基本的
      継続事業からの法定1株当たり利益
                             109.9       115.5      119.2        (5.6)       (9.3)
       (豪セント)-希薄化後
      1株当たり現金収益(豪セント)
                             119.0       117.8      121.9        1.2      (2.9)
       -基本的
      1株当たり現金収益(豪セント)
                             113.3       113.0      117.0        0.3      (3.7)
       -希薄化後
                                                (40  bps)
      法定株主資本利益率                       12.6  %    13.0  %    12.6  %              -
      現金株主資本利益率(「ROE」)                       13.0  %    13.1  %    13.6  %     (10  bps)    (60  bps)
     (1)

       追加情報については、前述「多額の特記事項」を参照のこと。
                                  33/135







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     主要業績指標
                                  半期

                                               2019  年    2019  年
                           2019  年    2018  年    2018  年     3月終了       3月終了
                          3月終了      9月終了       3月終了       対2018年       対2018年
                                               9月終了       3月終了
         (1)
     グループ
                                                (2  bps)     2 bps
      期中平均資産に対する現金収益                      0.71  %    0.73  %    0.69  %
      平均リスク加重資産に対する現金収益
                                                 (1  bp)     ▶ bps
                            1.49  %    1.50  %    1.45  %
       の比率
      平均FTE1人当たりの現金収益
                              176       175      163      0.9  %     8.0  %
      (千豪ドル)
                                               (660   bps)
      ジョーズ                       1.6  %     8.2  %    (22.5   % )             大
                                                (80  bps)    (520   bps)
      対収益費用比率(「CTI」)                       47.0  %    47.8  %    52.2  %
                                                (5  bps)     (8  bps)
      純利息マージン                      1.79  %    1.84  %    1.87  %
                      (2)
     グループ(多額の特記事項を除く)
                                                       (3  bps)
      期中平均資産に対する現金収益                       0.79  %    0.79  %    0.82  %        -
       平均リスク加重資産に対する現金収益
                                                 2 bps     (8  bps)
                            1.65  %    1.63  %    1.73  %
       の比率
      平均FTE1人当たりの現金収益
                              196       190      195      3.1  %     0.5  %
       (千豪ドル)
                                                620  bps    580  bps
      ジョーズ                      2.9  %    (3.3  % )   (2.9  % )
                                               (130   bps)     10  bps
      対収益費用比率(「CTI」)                      44.0  %    45.3  %    43.9  %
                                                (4  bps)     (7  bps)
      純利息マージン                      1.80  %    1.84  %    1.87  %
     資本
                                                20  bps     19  bps
      普通株式等Tier1資本比率                     10.40   %    10.20   %    10.21   %
                                                 7 bps     5 bps
      Tier1資本比率                     12.45   %    12.38   %    12.40   %
                                                (12  bps)    (43  bps)
      総自己資本比率                     14.00   %    14.12   %    14.43   %
      リスク加重資産(十億豪ドル)                      403.2       389.7      387.4       3.5  %     4.1  %
     額(十億豪ドル)
                   (3)
                             601.3       585.6      571.2       2.7  %     5.3  %
      貸付金および支払承諾総額
      期中平均利付資産                      754.3       728.2      725.1       3.6  %     4.0  %
      平均資産合計                      829.1       806.8      807.3       2.8  %     2.7  %
      顧客預金合計                      421.7       409.0      408.4       3.1  %     3.3  %
     資産の質
      貸付金および支払承諾総額に対する90
                                                 8 bps     8 bps
       日以上期日経過の貸付金および減損資                     0.79  %    0.71  %    0.71  %
       産総額の比率
      信用リスク加重資産に対する一括引当
                                                 2 bps     5 bps
                            0.94  %    0.92  %    0.89  %
       金の割合
      減損資産総額に対する個別引当金の比
                                                140  bps    (50  bps)
                            45.8  %    44.4  %    46.3  %
        (4)
       率
     その他
      運用・管理資産(「FUM/A」)(該当時
       点における残高)(十億豪ドル)
                             143.2       144.7      139.5       (1.0  % )    2.7  %
       (5)
      運用資産(「AUM」)(該当時点におけ
                             202.9       206.7      199.3       (1.9  % )    1.8  %
                  (5)
       る残高)(十億豪ドル)
      フルタイム相当従業員(「FTE」)数
                            33,790       33,283      33,944        1.5  %    (0.5  % )
       (スポット)
      フルタイム相当従業員(「FTE」)数
                            33,620       33,618      33,904          -    (0.8  % )
       (平均)
                                  34/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       追加情報については、前述「多額の特記事項」を参照のこと。
     (3)
       貸付金および前渡金-公正価値を含む。
     (4)
       同比率は、保有担保ベースで損失ではないと評価されたニュージーランドの酪農業に係るエクスポージャー(2019年3
       月:ゼロ豪ドル(ゼロニュージーランド・ドル)、2018年9月:2百万豪ドル(3百万ニュージーランド・ドル)、2018
       年3月:76百万豪ドル(81百万ニュージーランド・ドル))を含まない。一括引当金はこれらの貸付金のために準備され
       ている。
     (5)
       FUM/AおよびAUMは、当社グループの収益源である運用資金および運用資産をすべて示している2の別個の開示において表
       示されている。一部の項目はFUM/AおよびAUMのいずれとしても表示される。これはすなわち、FUM/AおよびAUMの2つの項
       目を合計してはならないことを意味している。
                      (1)

     グループの事業および業績の概観
     財務分析
     当上半期と前年同期との比較

      当社株主に帰属する当期純利益(法定当期純利益)                          は、111百万豪ドルすなわち4.3%増加した。非継続事業の影
     響を除くと、当社株主に帰属する当期純利益(法定当期純利益)は、30百万豪ドルすなわち1.0%増加した。非継
     続事業は、顧客救済関連措置に関する損失および生命保険事業の売却関連の追加コストを反映している。
      現金収益     は、当上半期における325百万豪ドルの顧客関連救済措置および前年同期における530百万豪ドルの事業

     再編関連費用の影響を含み、195百万豪ドルすなわち7.1%増加した。これらの項目を除くと、現金収益は、10百万
     豪ドルすなわち0.3%減少した。
      平均リスク加重資産に対する現金収益の比率                       は、多額の特記事項の影響を反映して、4ベーシス・ポイント上昇

     した。これらの項目を除くと、平均リスク加重資産に対する現金収益の比率は、現金収益の減少および平均リスク
     加重資産の増加に起因して8ベーシス・ポイント低下した。
      純利息収益      は、16百万豪ドルすなわち0.2%減少した。この結果には、その他の収益における経済的ヘッジの変

     動により相殺された113百万豪ドルの減少および当上半期における42百万豪ドルの顧客関連救済措置が含まれる。
     これらの変動を除くと、増加金額のうちの139百万豪ドルすなわち2.1%分は、住宅貸付および事業貸付のポート
     フォリオにおける金利再設定の影響ならびに預金コストの減少と併せて、住宅貸付高および事業貸付高双方の増加
     によってもたらされた。これらの変動は、顧客の好みの変化および競争圧力に起因する住宅貸付の商品構成ならび
     に短期ホールセール資金調達コストの増加により一部相殺された。
                                  35/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      その他の収益       は、203百万豪ドルすなわち8.7%減少した。この結果には、純利息収益における経済的ヘッジの変
     動および当上半期における302百万豪ドルの顧客関連救済措置により相殺された113百万豪ドルの増加が含まれる。
     これらの変動を除くと、減少金額のうちの14百万豪ドルすなわち0.6%分の主な要因は、顧客リスク管理商品の売
     上の減少およびウェルス業務の収益の減少である。これは、NABリスク管理収益の増加および資産売却からの収益
     の増加により一部相殺された。
      営業費用     は、569百万豪ドルすなわち12.0%減少した。前年同期における755百万豪ドルの事業再編関連費用およ

     び当上半期における120百万豪ドルの顧客関連救済措置を除くと、営業費用はテクノロジーに対する投資の継続お
     よび関連する償却費、法令遵守および統制の環境の向上のための支出増、ならびに年間給与の増加の影響により、
     66百万豪ドルすなわち1.7%増加した。この結果は、業績ベースの報酬の減少と併せて、当社グループの業務の簡
     略化の継続および第三者支出の減少を通じて達成された生産性向上からの利益により大幅に相殺された。
      信用減損費用       は、少数の大口エクスポージャーの減損を主因とする法人・機関投資家向け銀行業務における信用

     減損費用の増加により、76百万豪ドルすなわち20.4%増加した。
     当上半期と前年下半期との比較

      当社株主に帰属する当期純利益(法定当期純利益)                            は、277百万豪ドルすなわち9.3%減少した。非継続事業の影
     響を除くと、当社株主に帰属する当期純利益(法定当期純利益)は、164百万豪ドルすなわち5.3%減少した。非継
     続事業は、顧客救済関連措置に関する損失および生命保険事業の売却関連の追加コストを反映している。
      現金収益      は、64百万豪ドルの顧客関連救済措置の増加を含み、11百万豪ドルすなわち0.4%増加した。この項目

     を除くと、現金収益は、75百万豪ドルすなわち2.3%増加した。
      平均リスク加重資産に対する現金収益の比率                        は、多額の特記事項の影響を反映して、1ベーシス・ポイント低下

     した。これらの項目を除くと、平均リスク加重資産に対する現金収益の比率は、平均リスク加重資産の増加により
     一部相殺された現金収益の増加に起因して2ベーシス・ポイント上昇した。
      純利息収益      は、17百万豪ドルすなわち0.3%増加した。この結果には、その他の収益における経済的ヘッジの変

     動および当上半期における42百万豪ドルの顧客関連救済措置により相殺された10百万豪ドルの増加が含まれる。こ
     れらの変動を除くと、増加金額のうちの49百万豪ドルすなわち0.7%分は、住宅貸付高および事業貸付高双方の増
     加、住宅貸付ポートフォリオにおける当期間の金利再設定の影響およびオーストラリアの事業貸付ポートフォリオ
     における過年度の金利再設定の多大な影響によってもたらされた。これらの変動は、顧客の好みの変化および競争
     圧力に起因する住宅貸付の商品構成により一部相殺された。
                                  36/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      その他の収益       は、27百万豪ドルすなわち1.2%減少した。この結果には、10百万豪ドルの減少が含まれるが、純
     利息収益における経済的ヘッジの変動および顧客関連救済措置の53百万豪ドルの増加により相殺された。これらの
     変動を除くと、増加金額のうちの36百万豪ドルすなわち1.5%分の主な要因は、NABリスク管理収益の増加(ウェル
     ス業務の収益の減少、資産売却からの収益の減少および顧客リスク管理商品の売上の減少により一部相殺され
     た。)である。
      営業費用     は、73百万豪ドルすなわち1.7%減少した。顧客関連救済措置の9百万豪ドルの増加を除くと、営業費

     用は、業績ベースの報酬の減少と併せて、当社グループの業務の簡略化の継続および第三者支出の減少を通じて達
     成された生産性向上からの利益により、82百万豪ドルすなわち2.0%減少した。この結果は、テクノロジーに対す
     る投資の継続および関連する償却費、法令遵守および統制の環境の向上のための支出増ならびに年間給与の増加の
     影響により一部相殺された。
      信用減損費用       は、少数の大口エクスポージャーの減損を主因とする法人・機関投資家向け銀行業務における信用

     減損費用の増加により、43百万豪ドルすなわち10.6%増加した。この結果は、少数の大口エクスポージャーの事業
     回復に起因する戻入れと併せて、新たに減損するエクスポージャーの水準の低下に起因する事業者向け・プライ
     ベートバンキング業務における信用減損費用の減少により一部相殺された。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
          (1)

     純利息収益
                               半期

                                             2019  年     2019  年
                                            3 月終了      3月終了
                        2019  年     2018  年     2018  年
                                            対 2018  年    対2018年
                       3月終了       9月終了       3月終了
                                            9 月終了      3月終了
                                             (%)       (%)
          (2)
     純利息収益
                         6,776       6,717       6,750         0.9       0.4
     (百万豪ドル)
             (3)
     顧客関連救済措置
                          ( 42 )      -       -        大       大
     (百万豪ドル)
     期中平均利付資産
                         754.3       728.2       725.1         3.6       4.0
     (十億豪ドル)
            (4)
                                               (5  bps  )    (8  bps)
                          1.79       1.84       1.87
     純利息マージン          (%)
                                  37/135







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年同期との比較
      顧客関連救済措置を除く              純利息収益      は、26百万豪ドルすなわち0.4%増加した。この結果には、その他の収益に
     おける経済的ヘッジの変動により相殺された113百万豪ドルの減少が含まれる。この変動を除くと、増加金額のう
     ちの139百万豪ドルすなわち2.1%分は、以下の要因に起因している。
     -オーストラリアおよびニュージーランドにおいて当社グループが優先セグメントに注力したことを反映した、住
      宅貸付高および事業貸付高の増加
     -オーストラリアにおける住宅貸付および事業貸付のポートフォリオの金利再設定の影響
     -保有資本の水準の上昇および資本収益率の改善による投下資本収益の増加
     -マージンの改善および商品構成の好ましい変化の双方による預金コストの減少
      基礎的増加分は以下の要因により一部相殺された。

     -無担保貸付に係る規制上の変更と併せて、(金利のみ返済の貸付から元利返済の貸付への)顧客の好みの変化お
      よび競争圧力に起因する住宅貸付の商品構成
     -オーストラリアの住宅貸付ポートフォリオに多大な影響を与えた、短期ホールセール資金調達コストの増加
     当上半期と前年下半期との比較

      顧客関連救済措置を除く              純利息収益      は、59百万豪ドルすなわち0.9%増加した。この結果には、その他の収益に
     おける経済的ヘッジの変動により相殺された10百万豪ドルの増加が含まれる。この変動を除くと、増加金額のうち
     の49百万豪ドルすなわち0.7%分は、以下の要因に起因している。
     -オーストラリアおよびニュージーランドにおいて当社グループが優先セグメントに注力したことを反映した、住
      宅貸付高および事業貸付高の増加
     -住宅貸付ポートフォリオにおける当期間の金利再設定の影響およびオーストラリアの事業貸付ポートフォリオに
      おける過年度の金利再設定の多大な影響
     -保有資本の水準の上昇および資本収益率の改善による投下資本収益の増加
      基礎的増加分は以下の要因により一部相殺された。

     -無担保貸付に係る規制上の変更と併せて、(金利のみ返済の貸付から元利返済の貸付への)顧客の好みの変化お
      よび競争圧力に起因する住宅貸付の商品構成
     -マーケッツ業務およびトレジャリー業務の収益の減少
      ホールセール資金調達コストの増加は、預金コストの減少により相殺された。

     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       顧客関連救済措置を除く。
     (3)
       追加情報については、前述「多額の特記事項」を参照のこと。
     (4)
       顧客関連救済措置を含む。
                                  38/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
             (1)(2)
     純利息マージン
                                半期

                                              2019  年     2019  年
                        2019  年     2018  年     2018  年
                                             3月終了       3月終了
                        3月終了       9月終了       3月終了
                                             対2018年       対2018年
                        (%)       (%)       (%)
                                             9月終了       3月終了
                                               (5  bps  )    (8  bps)
     当社グループの純利息マージン                      1.79       1.84       1.87
     事業者向け・プライベートバンキン

                                                 1 bp     (3  bps)
                           2.94       2.93       2.97
     グ業務
                                               (10  bps)     (22  bps)
     消費者金融・資産運用業務                      1.84       1.94       2.06
                                               (6  bps)      (6  bps)
     法人・機関投資家向け銀行業務                      0.73       0.79       0.79
                                                 1 bp      6 bps
     ニュージーランド銀行業務                      2.30       2.29       2.24
     当上半期と前年同期との比較

      当社グループの         純利息マージン        は、以下に起因して、8ベーシス・ポイント低下した。
     -無担保貸付に係る規制上の変更と併せて、(金利のみ返済の貸付から元利返済の貸付への)顧客の好みの変化お
      よび競争圧力に起因する住宅貸付の商品構成により、貸付マージンが5ベーシス・ポイント低下。この結果は、
      オーストラリアの住宅貸付および事業貸付のポートフォリオにおける金利再設定により一部相殺された。
     -預金コストの減少により相殺された短期ホールセール資金調達コストの増加による、安定した資金調達コストお
      よび流動性コスト。
     -顧客関連の救済に起因して、1ベーシス・ポイント低下。
     -保有資本の水準の上昇および資本収益率の改善による投下資本収益の増加に起因して、1ベーシス・ポイント上
      昇。
     -トレジャリー業務のヘッジ活動からの純利息収益の減少(その他の収益において相殺された。)および資産構成
      の好ましくない変化に起因して、マーケッツ業務およびトレジャリー業務において3ベーシス・ポイント低下。
      この低下は、より強固な顧客リスク管理収益により一部相殺された。
                                  39/135










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      当社グループの         純利息マージン        は、以下に起因して、5ベーシス・ポイント低下した。
     -無担保貸付に係る規制上の変更と併せて、(金利のみ返済の貸付から元利返済の貸付への)顧客の好みの変化お
      よび競争圧力に起因する住宅貸付の商品構成により、貸付マージンが3ベーシス・ポイント低下。この結果は、
      住宅貸付ポートフォリオにおける金利再設定およびオーストラリアの事業貸付ポートフォリオにおける過年度の
      金利再設定の多大な影響により一部相殺された。
     -預金コストの減少により相殺されたホールセール資金調達コストの増加による、安定した資金調達コストおよび
      流動性コスト。
     -顧客関連の救済に起因して、1ベーシス・ポイント低下。
     -マーケッツ業務およびトレジャリー業務における資産構成の好ましくない変化を主因として、マーケッツ業務お
      よびトレジャリー業務において1ベーシス・ポイント低下。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       顧客関連救済措置を含む。
            (1)

     その他の収益
                               半期

                                              2019  年     2019  年
                       2019  年     2018  年     2018  年
                                             3月終了       3月終了
                      3月終了       9月終了       3月終了
                                             対2018年       対2018年
                       ( 百万       ( 百万       ( 百万
                                             9月終了       3月終了
                       豪ドル)       豪ドル)       豪ドル)
                                              (%)       (%)
     手数料等                    1,075       1,097       1,088         (2.0)       (1.2)
     トレーディング収益                     752       656       610        14.6       23.3
        (2)
                          615       663       645        (7.2)       (4.7)
     その他
             (3)
                          (302)       (249)         -       21.3        大
     顧客関連救済措置
     その他の収益合計                    2,140       2,167       2,343         (1.2)       (8.7)
     当上半期と前年同期との比較

      その他の収益       は、203百万豪ドルすなわち8.7%減少した。顧客関連救済措置を除くと、その他の収益は99百万豪
     ドルすなわち4.2%増加した。
      手数料等     は、13百万豪ドルすなわち1.2%減少した。この減少の主な要因は、消費者金融・資産運用業務の手数

     料収入が減少したことおよび事業者向け・プライベートバンキング業務において顧客がデジタル決済に移行し続け
     ていることである。
      トレーディング収益          は、142百万豪ドルすなわち23.3%増加した。この結果には、経済的ヘッジの変動に起因す

     る113百万豪ドルの増加が含まれるが、純利息収益において相殺された。増加金額のうち29百万豪ドルは、NABリス
     ク管理収益の増加が主因となってもたらされた。この結果は、顧客リスク管理商品の売上の減少により一部相殺さ
     れた。
                                  40/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      その他   は、30百万豪ドルすなわち4.7%減少した。この減少は、事業構成において低マージンの商品への移行が
     続いたことおよび顧客状況改善のための金利再設定起因するウェルス業務からの収益の減少ならびに法人・機関投
     資家向け銀行業務における収益の減少を主因としてもたらされた。これは資産売却からの収益の増加により一部相
     殺された。
     当上半期と前年下半期との比較

      その他の収益       は、27百万豪ドルすなわち1.2%減少した。顧客関連救済措置を除くと、その他の収益は26百万豪
     ドルすなわち1.1%増加した。
      手数料等     は、22百万豪ドルすなわち2.0%減少した。この減少の主な要因は、消費者金融・資産運用業務の手数

     料収入の減少である。この結果は、ニュージーランド銀行業務における手数料収入の増加および法人・機関投資家
     向け銀行業務における取引活動の増加により一部相殺された。
      トレーディング収益          は、96百万豪ドルすなわち14.6%増加した。この結果には、経済的ヘッジの変動に起因する

     10百万豪ドルの減少が含まれるが、純利息収益において相殺された。増加金額のうちの106百万豪ドルは、NABリス
     ク管理収益の増加に起因する。
      その他   は、48百万豪ドルすなわち7.2%減少した。この減少の主な要因は、事業構成において低マージンの商品

     への移行が続いたことおよび顧客環境改善のための金利再設定に起因するウェルス業務の収益の減少である。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       顧客関連救済措置を除く。
     (3)
       追加情報については、前述「多額の特記事項」を参照のこと。
                                  41/135










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                        (1)
     マーケッツ・トレジャリー業務の収益
                               半期

                                              2019  年     2019  年
                       2019  年     2018  年     2018  年
                                             3月終了       3月終了
                      3月終了       9月終了       3月終了
                                             対2018年       対2018年
                       (百万       (百万       (百万
                                             9月終了       3月終了
                      豪ドル)       豪ドル)       豪ドル)
                                              (%)       (%)
     純利息収益                     161       157       213        2.5      (24.4)
     その他の収益                     779       705       663        10.5       17.5
     マーケッツ・トレジャリー業務
                          940       862       876        9.0       7.3
     の収益合計
              (2)(3)

     顧客リスク管理収益
      為替変動リスク                     233       249       243        (6.4)       (4.1)
      金利変動リスク                     139       140       153        (0.7)       (9.2)
     顧客リスク管理収益合計                     372       389       396        (4.4)       (6.1)
              (2)(4)
     NABリスク管理収益
      マーケッツ業務                     260       231       229        12.6       13.5
      トレジャリー業務                     312       241       253        29.5       23.3
     NABリスク管理収益合計                     572       472       482        21.2       18.7
                 (5)

                           (4)        1       (2)        大       大
     デリバティブの評価調整
     マーケッツ・トレジャリー業務
                          940       862       876        9.0       7.3
     の収益合計
     マーケッツ業務トレーディング

     市場リスクバリュー・アットリ
                          6.5       8.2       8.3       (20.7)       (21.7)
               (6)
     スク(「VaR」)平均
     当上半期と前年同期との比較

      マーケッツ・トレジャリー業務の収益                    は、NABリスク管理収益の増加に起因して、64百万豪ドルすなわち7.3%増
     加した。
      顧客リスク管理収益          は、金利リスク管理業務の売上減により、24百万豪ドルすなわち6.1%減少した。

      NABリスク管理収益          は、以下に起因して、90百万豪ドルすなわち18.7%増加した。

     -マーケッツ業務のリスク管理収益は、31百万豪ドルすなわち13.5%増加した。
     -トレジャリー業務のリスク管理収益は、平均信用スプレッドの縮小を主因として、59百万豪ドルすなわち23.3%
     増加した。
     当上半期と前年下半期との比較

      マーケッツ・トレジャリー業務の収益                    は、NABリスク管理収益の増加により、78百万豪ドルすなわち9.0%増加し
     た。
                                  42/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      顧客リスク管理収益          は、為替リスク管理業務の売上減が主因となり、17百万豪ドルすなわち4.4%減少した。
      NAB  リスク管理収益        は、平均信用スレッドの縮小によるトレジャリー業務の収益の増加が主因となり、100百万豪

     ドルすなわち21.2%増加した。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       顧客リスク管理収益は、その他の収益を構成する。NABリスク管理収益は、純利息収益およびその他の収益を構成し、当
      社グループの営業拠点網を支援するための銀行勘定の金利リスク、ホールセール資金調達および流動性要件ならびにトレー
      ディング市場リスクの管理収益と定義される。
     (3)
       オーストラリア銀行業務(消費者金融・資産運用業務、事業者向け・プライベートバンキング業務および法人・機関投資
      家向け銀行業務)ならびにニュージーランド銀行業務に関する顧客リスク管理を反映している。比較情報は、これまではデ
      リバティブの評価調整の一部とされていたデリバティブの当初評価調整を含めることによる当事業年度中の変更に従い、修
      正再表示されている。
     (4)
       マーケッツ業務の収益は、法人・機関投資家向け銀行業務の売上高の一部を構成する。トレジャリー業務の収益は、コー
      ポレート機能・その他業務の収益の一部を構成する。
     (5)
       信用評価調整および資金調達評価調整を含むデリバティブの評価調整は、ヘッジコストまたはヘッジ利益を控除した値が
      表示されている。比較情報は、現在顧客リスク管理収益と相殺されているデリバティブの当初評価調整を除外することによ
      る当事業年度中の変更に従い、修正再表示されている。
     (6)
       デリバティブの評価調整に関するヘッジ業務の影響を除く。
         (1)

     営業費用
                          半期

                                            2019  年      2019  年
                  2019  年      2018  年      2018  年
                                           3月終了         3月終了
                 3月終了        9月終了        3月終了
                                           対2018年         対2018年
                  ( 百万        ( 百万        ( 百万
                                           9月終了         3月終了
                 豪ドル)        豪ドル)        豪ドル)
                                            (%)         (%)
     人件費               2,178        2,199        2,648           (1.0)        (17.7)
          (2)
                     271        279        310          (2.9)        (12.6)
     設備関連費
        (2)
                    1,726        1,770        1,786           (2.5)         (3.4)
     一般費
     営業費用合計               4,175        4,248        4,744           (1.7)        (12.0)
                       (3)

     営業費用(多額の特記事項を除く)
                          半期

                                            2019  年      2019  年
                  2019  年      2018  年      2018  年
                                           3月終了         3月終了
                 3月終了        9月終了        3月終了
                                           対2018年         対2018年
                  ( 百万        ( 百万        ( 百万
                                           9月終了         3月終了
                 豪ドル)        豪ドル)        豪ドル)
                                            (%)         (%)
     人件費               2,178        2,199        2,221           (1.0)         (1.9)
          (2)
                     271        279        275          (2.9)         (1.5)
     設備関連費
        (2)
                    1,606        1,659        1,493           (3.2)         7.6
     一般費
     営業費用合計               4,055        4,137        3,989           (2.0)         1.7
                                  43/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年同期との比較
      営業費用     は、569百万豪ドルすなわち12.0%減少した。多額の特記事項を除くと、営業費用は66百万豪ドルすな
     わち1.7%増加した。
      人件費   は、事業再編関連費用を除くと、43百万豪ドルすなわち1.9%減少した。この減少は、業績ベースの報酬

     の減少と併せて、当社グループの業務が引き続き簡略化されたことを通じて達成された生産性向上からの利益に
     よってもたらされた。この結果は、テクノロジーに対する投資の継続、顧客およびデータの可能性、法令遵守およ
     び統制の環境の向上のための支出増ならびに年間給与の増加により大幅に相殺された。
      設備関連費      は、事業再編関連費用を除くと、4百万豪ドルすなわち1.5%減少した。この減少は、主として生産

     性向上からの利益によってもたらされた。
      一般費   は、事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除くと、113百万豪ドルすなわち7.6%増加した。この増

     加は、テクノロジーに対する投資の継続および関連する償却費、ならびに法令遵守および統制の環境の向上のため
     の支出増によりもたらされた。この結果は、第三者支出の減少を通じて達成された生産性向上からの利益により一
     部相殺された。
     当上半期と前年下半期との比較

      営業費用     は、73百万豪ドルすなわち1.7%減少した。多額の特記事項を除くと、営業費用は82百万豪ドルすなわ
     ち2.0%減少した。
      人件費   は、21百万豪ドルすなわち1.0%減少した。この減少は、業績ベースの報酬の減少と併せて、当社グルー

     プの業務が引き続き簡略化されたことを通じて達成された生産性向上からの利益によってもたらされた。この結果
     は、テクノロジーに対する投資の継続、顧客およびデータの可能性、法令遵守および統制の環境の向上のための支
     出増ならびに年間給与の増加により一部相殺された。
      設備関連費      は、生産性向上からの利益が主因となり、8百万豪ドルすなわち2.9%減少した。

      一般費   は、顧客関連救済措置を除くと、53百万豪ドルすなわち3.2%減少した。この減少は、第三者支出の減少

     を通じて達成された生産性向上からの利益、および王立委員会に関連するコストを含む弁護士費用の減少によって
     もたらされた。この結果は、テクノロジーに対する投資の継続および関連する償却費により一部相殺された。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       比較情報は、減価償却費の「設備」費および「一般」費間での再配分を反映した、当事業年度中になされた表示の変更に
       従い、修正再表示されている。
     (3)
       追加情報については、前述「多額の特記事項」を参照のこと。
                                  44/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
         (1)
     投資支出
                               半期

                                             2019  年      2019  年
                        2019  年    2018  年    2018  年
                                             3月終了        3月終了
                        3月終了       9月終了      3月終了
                                             対2018年        対2018年
                        ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                             9月終了        3月終了
                        豪ドル)      豪ドル)       豪ドル)
                                             (%)        (%)
     インフラストラクチャー                      273      278       264        (1.8)        3.4
     コンプライアンスおよびリスク                      211      267       189        (21.0)        11.6
     顧客経験価値、効率性および持続可
                           231      282       239        (18.1)        (3.3)
     能な収益
     投資支出合計                      715      827       692        (13.5)         3.3
      投資支出     は、顧客経験価値を向上させること、法律および規制の要件を遵守すること、当社グループの業務プロ

     セスの機能および効率性を改善することを企図した取組みに係る支出である。2017年11月、当社グループは戦略の
     促進および投資支出のプロファイルを発表した。当上半期の投資支出は、前年同期に比して23百万豪ドルすなわち
     3.3%増、前年下半期に比して112百万豪ドルすなわち13.5%減の715百万豪ドルであった。
     当上半期と前年同期との比較

      インフラストラクチャー             関連の取組みへの投資は、9百万豪ドルすなわち3.4%増加した。この増加の主要な要
     因は、継続的な簡素化および技術刷新活動、銀行による顧客ニーズの一層の充足を可能とするためのデータインフ
     ラおよびデータ技術に対する投資である。
      コンプライアンスおよびリスク                関連の取組みへの投資は、22百万豪ドルすなわち11.6%増加した。この増加の主

     要な要因は、規制上の変更に応じた報告の改善を含む法令遵守および統制の環境の向上に関する当社の能力の向上
     である。
      顧客経験価値、効率性および持続可能な収益                       関連の取組みへの投資は、8百万豪ドルすなわち3.3%減少した。

     顧客経験価値を高め、単純化する方法への投資に継続的に注力がなされている。
     当上半期と前年下半期との比較

      インフラストラクチャー             関連の取組みへの投資は、5百万豪ドルすなわち1.8%減少した。この減少の主な要因
     はタイミングであり、当年度下半期には支出の増加が予想されている。
      コンプライアンスおよびリスク                関連の取組みへの投資は、56百万豪ドルすなわち21.0%減少した。この減少の主

     な要因は、規制上および法令遵守上の義務を履行するための支出のタイミングである。
                                  45/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      顧客経験価値、効率性および持続可能な収益                       関連の取組みへの投資は、51百万豪ドルすなわち18.1%減少した。
     この減少の主な要因はタイミングであり、当年度下半期には支出の増加が予想されている。顧客経験価値を高め、
     単純化する方法への投資に引き続き注力がなされている。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
       (1)

     課税
                            半期

                                             2019  年      2019  年
                                    2018  年
                   2019  年      2018  年              3月終了        3月終了
                                   3月終了
                   3月終了        9月終了                 対2018年        対2018年
                                            9月終了        3月終了
     法人税(百万豪ドル)                 1,244        1,236        1,168         0.6  %       6.5  %
                                               10  bps      (10  bps)
     実効税率(%)                 29.3        29.2        29.4
     当上半期と前年同期との比較

      現金収益に係る法人税            は、76百万豪ドルすなわち6.5%増加した。この増加の主な要因は、税引前現金収益の増
     加である。
      現金収益に係る実効税率             は、10ベーシス・ポイント低下し、29.3%であった。この低下の要因は、両年度におけ

     る小額の臨時項目である。
     当上半期と前年下半期との比較

      現金収益に係る法人税            は、8百万豪ドルすなわち0.6%増加した。この増加の主な要因は、税引前現金収益の増
     加である。
      現金収益に係る実効税率             は、10ベーシス・ポイント上昇し、29.3%であった。この上昇の要因は、当上半期にお

     ける課税されない海外支店収益額の減少および両期間におけるその他臨時項目である。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
                                  46/135








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       (1)
     貸付
                           2019  年    2018  年    2018  年     2019  年    2019  年

                          3月31日       9月30日       3月31日        3月      3月
                           現在       現在      現在      対2018年       対2018年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万       9月      3月
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)       (%)      (%)
     住宅貸付
      事業者向け・プライベートバンキング
                            89,999      90,793       90,625        (0.9)       (0.7)
      業務
      消費者金融・資産運用業務                     216,621       212,157       206,994         2.1      4.7
      法人・機関投資家向け銀行業務                       133      168       174      (20.8)      (23.6)
      ニュージーランド銀行業務                      39,539      36,422       35,965         8.6      9.9
     住宅貸付合計                      346,292       339,540       333,758         2.0      3.8
     非住宅貸付
      事業者向け・プライベートバンキング
                           111,178       108,724       105,775         2.3      5.1
      業務
      消費者金融・資産運用業務                      6,431       6,643      6,893        (3.2)       (6.7)
      法人・機関投資家向け銀行業務                      95,311      91,215       85,277         4.5      11.8
      ニュージーランド銀行業務                      41,736      39,208       39,173         6.4      6.5
      コーポレート機能・その他業務                       365      260       364       40.4       0.3
     非住宅貸付合計                      255,021       246,050       237,482         3.6      7.4
     支払承諾を含む貸付金
                           601,313       585,590       571,240         2.7      5.3
     および前渡金総額
     当上半期と前年同期との比較

      貸付  (支払承諾を含む貸付金および前渡金総額)は、住宅貸付および事業貸付の伸びを要因として、301億豪ド
     ルすなわち5.3%増加した。
      住宅  貸付は、以下を主因として、125億豪ドルすなわち3.8%増加した。

     -ブローカー販売経路の伸びを主因として、消費者金融・資産運用業務において96億豪ドルすなわち4.7%増加
     -ブローカー販売経路および自社販売経路双方の伸びを反映して、ニュージーランド銀行業務において36億豪ドル
      すなわち9.9%増加
      非住宅   貸付は、以下を主因として、175億豪ドルすなわち7.4%増加した。

     -事業者向け・プライベートバンキング業務において、その業界の深い専門性および好調な市場ポジションを活用
      することにより、54億豪ドルすなわち5.1%増加
     -法人・機関投資家向け銀行業務において、成長セグメントへの注力の継続を反映して、100億豪ドルすなわち
      11.8%増加
     -ニュージーランド銀行業務において、主要セグメント全体にわたる伸びを反映して、26億豪ドルすなわち6.5%
      増加
                                  47/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      貸付  (支払承諾を含む貸付金および前渡金総額)は、住宅貸付および事業貸付の伸びに起因して、157億豪ドル
     すなわち2.7%増加した。
      住宅   貸付は、以下を主因として、68億豪ドルすなわち2.0%増加した。

     -消費者金融・資産運用業務において、ブローカー販売経路の伸びを主因として、45億豪ドルすなわち2.1%増加
     -ニュージーランド銀行業務において、自社販売経路およびブローカー販売経路双方の伸びを反映して、31億豪ド
      ルすなわち8.6%増加
      非住宅   貸付は、以下を主因として、90億豪ドルすなわち3.6%増加した。

     -事業者向け・プライベートバンキング業務において、その業界の深い専門性および好調な市場ポジションを活用
      することにより、25億豪ドルすなわち2.3%増加
     -法人・機関投資家向け銀行業務において、成長セグメントへの注力の継続を反映して、41億豪ドルすなわち
      4.5%増加
     -ニュージーランド銀行業務において、主要セグメント全体にわたる伸びを反映して、25億豪ドルすなわち6.4%
      増加
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
                    (1)

     のれんおよびその他無形資産
      のれんは、2018年3月31日現在および2018年9月30日現在の双方に比して横ばいであった。
      無形資産は、資産計上ソフトウェアおよびその他の無形資産から構成される。無形資産は、前年同期に比して

     264百万豪ドルすなわち9.6%増加した。この増加の主な要因は、ソフトウェアに対する継続的投資である。この結
     果は、ソフトウェアの配備に伴う償却費の増加により一部相殺された。
      当社グループは、顧客重視の戦略的目標を支えるために引き続きソフトウェアに対する投資を行っている。現在

     行われている主な投資は、以下のとおりである。
     -オーストラリアでは、規制コンプライアンスの取組みに加え、オーストラリアの営業拠点網のデジタル機能向
      上、技術回復力の向上および顧客経験価値の変革に対して更なる投資が行われている。
     -ニュージーランドでは、ニュージーランド銀行戦略計画、とりわけ、顧客経験価値を向上させ、同行の生産性の
      課題および規制コンプライアンスの取組みを支援するためのデジタル化の実行を支える機能に対して投資が続け
      られている。
                                  48/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      資産計上ソフトウェアの変動は、以下のとおりである。
                                     半期

                     2019  年 3月終了          2018  年 9月終了          2018  年 3月終了
                     (百万豪ドル)              (百万豪ドル)              (百万豪ドル)
     期首残高                       2,895              2, 713             2,706
     追加                        371              469              350
     処分および償却                         -             (24)             (148)
     償却費                       (296)              (259)              (198)
     為替換算調整勘定                        12              (4)              3
     資産計上ソフトウェア                       2,982              2,895              2,713
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
         (1)

     顧客預金
                           2019  年    2018  年    2018  年     2019  年    2019  年

                          3月31日       9月30日       3月31日        3月      3月
                           現在       現在      現在      対2018年       対2018年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万       9月      3月
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)       (%)      (%)
     事業者向け・プライベートバンキング
                           135,950       132,487       132,698         2.6      2.5
     業務
     消費者金融・資産運用業務                      123,870       120,640       118,475         2.7      4.6
     法人・機関投資家向け銀行業務                       99,470      97,981       89,617         1.5      11.0
     ニュージーランド銀行業務                       57,225      53,542       54,807         6.9      4.4
     コーポレート機能・その他業務                       5,220       4,324      12,807        20.7      (59.2)
     顧客預金合計                      421,735       408,974       408,404         3.1      3.3
     当上半期と前年同期との比較

      顧客預金     は、133億豪ドルすなわち3.3%増加した。この増加は、当社グループが安定的かつ質の高い顧客預金の
     増加を含む資金調達計画の実行を続けた結果、もたらされた。この増加の要因は、以下のとおりである。
     -事業者向け・プライベートバンキング業務では、定期預金の34億豪ドルの増加および無利子事業用決済勘定の16
      億豪ドルの継続的増加に起因して、33億豪ドルすなわち2.5%増加した。この結果は、通知預金から定期預金へ
      の移行に起因する企業貯蓄預金の17億豪ドルの減少により一部相殺された。
     -消費者金融・資産運用業務では、定期預金の24億豪ドルの増加および5億豪ドルの住宅貸付相殺勘定の増加に加
      えて競争力のある価格設定に起因する通知預金の26億豪ドルの増加により、54億豪ドルすなわち4.6%増加し
      た。
     -法人・機関投資家向け銀行業務では、国内事業通知預金の18億豪ドルの増加に加えて、81億豪ドルの機関投資家
      向け定期預金の増加により、99億豪ドルすなわち11.0%増加した。
                                  49/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     -ニュージーランド銀行業務では、事業用決済勘定の伸びに起因する要求払短期預金の8億豪ドルおよび無利子預
      金の5億豪ドルの好調な増加と併せて、ニュージーランド・ドルの価値の上昇10億豪ドルを主因として、24億
      豪ドルすなわち4.4%増加した。
     -コーポレート機能・その他業務では、トレジャリー業務における要求払預金の減少に起因して、76億豪ドルすな
      わち59.2%減少した。
     当上半期と前年下半期との比較

      顧客預金     は、以下に起因して、128億豪ドルすなわち3.1%増加した。
     -事業者向け・プライベートバンキング業務では、定期預金の増加を主因として、35億豪ドルすなわち2.6%増加
      した。
     - 消費者金融・資産運用業務では、競争力のある価格設定に起因する通知預金の8億豪ドルの増加と併せて、定期
      預金の24億豪ドルの増加により、32億豪ドルすなわち2.7%増加した。
     -法人・機関投資家向け銀行業務では、機関投資家向け定期預金の28億豪ドルの増加により、15億豪ドルすなわち
      1.5%増加した。この結果は、季節的要因に起因する事業通知預金の14億豪ドルの減少により一部相殺された。
     -ニュージーランド銀行業務では、事業用決済勘定の伸びに起因する要求払短期預金の8億豪ドルおよび無利子預
      金の2億豪ドルの好調な増加と併せて、ニュージーランド・ドルの価値の上昇25億豪ドルを主因として、37億
      豪ドルすなわち6.9%増加した。
     -コーポレート機能・その他業務では、                     トレジャリー業務における要求払預金および定期預金の増加に起因して、
      9億豪ドルすなわち20.7%増加した。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
                                  50/135











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
         (1)
     資産の質
     信用減損費用
                             半期

                                              2019  年      2019  年
                    2019  年       2018  年       2018  年
                                             3月終了        3月終了
                   3月終了         9月終了         3月終了
                                             対2018年        対2018年
                    ( 百万        ( 百万        ( 百万
                                             9月終了        3月終了
                   豪ドル)         豪ドル)         豪ドル)
                                               (% )      (% )
     個別信用減損費用
                       409         387         366         5.7       11.7
      -新規および増加
     個別信用減損費用
                       (89)         (99)         (94)       (10.1)        (5.3)
      -戻入
     個別信用減損費用
                       (23)         (28)         (45)       (17.9)        (48.9)
      -回収
     個別信用減損費用                  297         260         227        14.2        30.8
     一括信用減損費用                  152         146         146         4.1        4.1
     信用減損費用      合計            449         406         373        10.6        20.4
                             半期

                                              2019  年      2019  年
                    2019  年       2018  年       2018  年       3月終了        3月終了
                   3月終了         9月終了         3月終了         対2018年        対2018年
                                              9月終了        3月終了
     貸付金および支払承諾
     総額に対する信用減損
                                                 1 bp      2 bps
                      0.15  %       0.14  %       0.13  %
     費用の割合
     (年度換算ベース)
     貸付金および支払承諾
     に対する純償却額の割
     合
                                                (1  bp)      2 bps
                      0.09  %       0.10  %       0.07  %
     (年度換算ベース)
     (2)
     当上半期と前年同期との比較

      信用減損費用       は、76百万豪ドルすなわち20.4%増の449百万豪ドルであった。
      個別信用減損費用         は、少数の大口エクスポージャーの減損が主な要因となり法人・機関投資家向け銀行業務にお

     いて同費用が増加したことを主因として、70百万豪ドルすなわち30.8%増加した。
      一括信用減損費用         は、以下の要因により、6百万豪ドルすなわち4.1%増加した。

     -オーストラリアのリテール貸付ポートフォリオに係る一括引当金費用の増加
      この増加は、以下により一部相殺された。
     -モーゲージのモデルの改善に係る一括引当金費用が繰り返されなかったこと
     -対象セクターのために設定された一括引当金に係る将来の見通しに関する調整(「FLA」)の純額での水準の低
      下
                                  51/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      当社グループの         貸付金および支払承諾総額に対する純償却額                       の比率は、償却の水準が低い水準から小幅に上昇し
     たことにより、2ベーシス・ポイント上昇して0.09%となった。
      移動ベースの12ヵ月でみた総リテール貸付ポートフォリオの純償却額の比率(個人向け貸付金総額の0.10%)

     は、住宅貸付ポートフォリオの同比率(住宅貸付金総額の0.02%)を含み、引き続き概ね安定している。
     当上半期と前年下半期との比較

      信用減損費用       は、43百万豪ドルすなわち10.6%増の449百万豪ドルであった。
      個別信用減損費用         は、少数の大口エクスポージャーの減損を主因とする法人・機関投資家向け銀行業務における

     同費用の増加により、37百万豪ドルすなわち14.2%増加した。この結果は、少数の大口エクスポージャーのための
     事業転換に起因する戻入れと併せて、新たに減損するエクスポージャーの水準の低下に起因する事業者向け・プラ
     イベートバンキング業務における同費用の減少により、一部相殺された。
      一括信用減損費用         は、以下より、6百万豪ドルすなわち4.1%増加した。

     -オーストラリアのリテール貸付ポートフォリオに係る一括引当金費用の増加
      この増加は、以下により一部相殺された。
     -モーゲージのモデルの改善に係る一括引当金費用が繰り返されなかったこと
     -対象セクターのために設定された一括引当金に係るFLAの純額での水準の低下
      当上半期の当社グループの               貸付金および支払承諾総額に対する純償却額                       の比率は、当社グループの事業貸付ポー

     トフォリオに係る償却の水準が低下したことにより、1ベーシス・ポイント低下して0.09%となった。
      移動ベースの12ヵ月でみた総リテール貸付ポートフォリオの純償却額の比率(個人向け貸付金総額の0.10%)

     は、住宅貸付ポートフォリオの同比率(住宅貸付金総額の0.02%)を含み、引き続き概ね安定している。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2  )
       純償却額には、公正価値で測定された貸付金の純償却額が含まれる。
                                  52/135








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     信用減損引当金
                                               2019  年    2019  年

                           2019  年    2018  年    2018  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月31日       9月30日       3月31日
                                              対2018年       対2018年
                           現在       現在      現在
                                              9月終了       3月終了
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                                (% )     (% )
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
     償却原価の貸付金に対する一括引当金                       3,015       2,840      2,699        6.2      11.7
     公正価値による貸付金に対する
                              73       80      92      (8.8)      (20.7)
     一括引当金
     公正価値によるデリバティブに対する
                              161      134       147       20.1       9.5
     一括引当金
     一括信用減損引当金合計                       3,249       3,054      2,938        6.4      10.6
     個別信用減損引当金合計                        717      675       710       6.2      1.0
     信用減損引当金合計                       3,966       3,729      3,648        6.4      8.7
                                               2019  年    2019  年

                           2019  年    2018  年    2018  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月31日       9月30日       3月31日
                                              対2018年       対2018年
                           現在       現在      現在
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 2 bps     2 bps
                            0.66  %    0.64  %    0.64  %
     引当金合計の割合
     純償却額に対する引当金合計の割合
                             766  %     746  %     862  %       大      大
              (1)(2)
     (年度換算ベース)
     減損資産総額に対する個別引当金の
                                                140  bps    (50  bps)
                            45.8  %    44.4  %    46.3  %
       (3)
     比率
     信用リスク加重資産に対する
                                                 2 bps     5 bps
                            0.94  %    0.92  %    0.89  %
     一括引当金の割合
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 2 bps     3 bps
                            0.54  %    0.52  %    0.51  %
     一括引当金の割合
     当上半期と前年同期との比較

      信用減損引当金        は、318百万豪ドルすなわち8.7%増加して3,966百万豪ドルとなった。
      個別引当金      は、少数の大口エクスポージャーの減損を主因として、7百万豪ドルすなわち1.0%増加した。この

     結果は、少数の大口エクスポージャーのための事業転換に起因する戻入れにより一部相殺された。
      一括引当金      は、311百万豪ドルすなわち10.6%増加した。この結果は主として、以下の要因に起因する。

     -農業、住宅抵当および商業用不動産貸付ポートフォリオの変動を含む対象セクターのための一括引当金に係る
      FLAの純増
     -モーゲージモデルの改善を含むオーストラリアのリテール貸付ポートフォリオに係る一括引当金の増加
      信用リスク加重資産に対する一括引当金                     の割合は、一括引当金の増加を主因として、5ベーシス・ポイント上昇

     し、0.94%となった。
                                  53/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      信用減損引当金        は、237百万豪ドルすなわち6.4%増加して3,966百万豪ドルとなった。
      個別引当金      は、少数の大口エクスポージャーの減損を主因として、42百万豪ドルすなわち6.2%増加した。この

     結果は、少数の大口エクスポージャーのための事業転換に起因する戻入れにより一部相殺された。
      一括引当金      は、195百万豪ドルすなわち6.4%増加した。この結果は主として、以下の要因に起因する。

     -農業、住宅抵当および商業用不動産貸付ポートフォリオの変動を含む対象セクターのための一括引当金に係る
      FLAの純増
     -オーストラリアのリテール貸付ポートフォリオに係る一括引当金の増加
      信用リスク加重資産に対する一括引当金                     の割合は、一括引当金の増加に起因して、2ベーシス・ポイント上昇

     し、0.94%となった。
     (1)

       2019年3月および2018年3月の数値は半期の割合を指している。2018年9月の数値は通年の割合を指している。
     (2)
       純償却額には、公正価値で測定された貸付金の純償却額が含まれる。
     (3)
       同比率は、保有担保ベースで損失ではないと評価されたニュージーランドの酪農業に係るエクスポージャー(2019年3
       月:ゼロ豪ドル(ゼロニュージーランド・ドル)、2018年9月:2百万豪ドル(3百万ニュージーランド・ドル)、2018
       年3月:76百万豪ドル(81百万ニュージーランド・ドル))を含まない。一括引当金はこれらの貸付金のために準備され
       ている。
     90 日以上期日経過の貸付金および減損資産総額

                           2019  年    2018  年    2018  年     2019  年    2019  年

                          3月31日       9月30日       3月31日       3月終了       3月終了
                           現在       現在      現在      対2018年       対2018年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万      9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)        (%)      (%)
     90日以上期日経過(「DPD」)の貸付金
                             3,206       2,648      2,427        21.1       32.1
           (1)
                             1,564       1,521      1,609        2.8      (2.8)
     減損資産総額
     90日以上DPDの貸付金および
                             4,770       4,169      4,036        14.4       18.2
     減損資産総額
                                               2019  年    2019  年

                           2019  年    2018  年    2018  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月31日       9月30日       3月31日
                                              対2018年       対2018年
                           現在       現在      現在
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 8 bps     10  bps
                            0.53  %    0.45  %    0.43  %
     90日以上DPDの貸付金の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                       (2  bps)
                            0.26  %    0.26  %    0.28  %        -
     減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 8 bps     8 bps
     90日以上DPDの貸付金および                       0.79  %    0.71  %    0.71  %
     減損資産総額の比率
                                  54/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年同期との比較
      当社グループの        貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金                              の比率は、10ベーシス・ポイント上昇
     し、0.53%となった。この結果は主に全州において延滞が増加したオーストラリアの住宅抵当貸付ポートフォリオ
     からもたらされた。
      当社グループの          貸付金および支払承諾総額に対する減損資産総額                          の比率は、2ベーシス・ポイント低下し、

     0.26%となった。この低下は主に以下よりもたらされた。
     -オーストラリアの事業貸付ポートフォリオ全体にわたる少数の大口エクスポージャーの事業回復
     -前年下半期におけるニュージーランドの酪農業の減損ポートフォリオの減少
      この低下は、少数の大口エクスポージャーの減損により一部相殺された。
     当上半期と前年下半期との比較

      当社グループの         貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金                              の比率は、8ベーシス・ポイント上昇
     し、0.53%となった。この結果の主な要因は、全州で延滞が増加したオーストラリアの住宅抵当貸付ポートフォリ
     オである。
      当社グループの         貸付金および支払承諾総額に対する減損資産総額                         の比率は、0.26%で横ばいであった。この結果

     は主に、少数の大口エクスポージャーの減損によってもたらされたが、オーストラリアの事業貸付ポートフォリオ
     全体にわたる少数の大口エクスポージャーの事業回復により一部相殺された。
     (1  )

       減損資産総額は、保有担保ベースで損失ではないと評価されたニュージーランド銀行業務の酪農業に係るエクスポー
       ジャー(2019年3月:ゼロ豪ドル(ゼロニュージーランド・ドル)、2018年9月:2百万豪ドル(3百万ニュージーラン
       ド・ドル)、2018年3月:76百万豪ドル(81百万ニュージーランド・ドル))を含む。一括引当金はこれらの貸付金のた
       めに準備されている。
     資本管理および資金調達

     貸借対照表の管理の概観
      当社グループは、バランスシートの健全性に対する継続的なコミットメントに基づき、強力な資本、資金調達お
     よび流動性の水準の維持を目指している。これには、以下が含まれる。
     -多様な市場、通貨および商品                にわたる資金調達方法を利用する適切に分散されたホールセール資金調達ポート
      フォリオを維持しようと努めていること。
     -市況の変化および規制の変更に順応できるようにこれらの水準の監視および評価を今後も継続すること。
                                  55/135







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     規制改革
      当社グループは引き続き規制上の変更の対象となる各分野にも注目している。当社グループの資本および資金調
     達に影響を及ぼす可能性の              ある主な改革は、以下を含む。
     「疑いなく堅固」およびバーゼルIIIの修正:

     -2017年12月、バーゼル銀行監督委員会は、バーゼルIII資本枠組を確定させた。その後オーストラリア健全性規
      制庁(「APRA」)は2018年2月に国内の資本枠組の修正を検討し始め、「疑いなく堅固」な自己資本比率を確立
      することによって銀行制度の耐性を強化する意思を再確認した。APRAは、オーストラリアの主要銀行の普通株式
      等Tier1(「CET1」)資本比率が2020年1月1日までに現行のリスク加重資産による計算方法に基づき少なく
      とも10.5%となることを期待している。
     -APRAはまた、2022年1月1日以降について、内部格付(「IRB」)アプローチをとるADIに関する3.5%の最低レ
      バレッジ比率要件および修正版レバレッジ比率エクスポージャー計測手法を提案した。2019年3月31日現在(現
      手法に基づき)5.5%である当社グループのレバレッジ比率については、2019年3月のピラー3レポートにおい
      てさらなる詳細が開示されている。
     -APRAは、相手方信用リスクに対する標準化されたアプローチに係る健全性要件を確定させた。同アプローチによ
      り、新たなAPRA健全性基準APS180「相手方信用リスク」が導入されている。これらの要件は2019年7月1日から
      有効となる。
     総損失吸収力

     -2018年11月、APRAはオーストラリアの損失吸収力制度の実施に関する諮問書を発表した。APRAは、国内のシステ
      ム上重要な銀行について、リスク加重資産の4%から5%の総自己資本の増加を提案した。予定では、2019年に
      条件が確定し、2023年までに実施される。
     ニュージーランド準備銀行(「RBNZ」)                     の資本レビュー

     -2018年12月、RBNZは、地場銀行に要求される規制上の自己資本の額の変更を提案した。同提案は、以下を含む。
      -IRBの再調整、スカラー量の増加および標準化された資本フロアの導入を通じてIRBアプローチをとる銀行につ
       いてのリスク加重資産の増加
      -Tier1資本要件をリスク加重資産の16%に引き上げること
     -RBNZは、Tier1資本要件を5年間にわたり引き上げることを含む提案された変更の実施日として、様々な日付を
      提案している。
      当社グループに変更を及ぼす規制上の変更の詳細は、当社の2019年3月のピラー3レポートに概要が示されてい
     る。
                                  56/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     資本管理
      当社グループの資本管理戦略は、適正性、効率性および柔軟性に注力している。自己資本比率の目標は、社内の
     リスク評価に基づく資本要件および規制上の要件を超える十分な資本を保有すること、そして資本が当社グループ
     のバランスシート上のリスク選好の範囲内であることを確保することである。このアプローチは、当社グループの
     子会社間で一貫してとられている。
      当社グループの自己資本比率の運用目標は、バランスシートの健全性を維持するため、外部経済の状況および規

     制の見通しに照らして定期的に見直されている。当社グループは2020年1月1日以降「疑いなく堅固」というAPRA
     の新たな資本基準である10.5%を達成できると予想している。
     ピラー3に基づく開示

      自己資本比率およびリスク管理については、APRA健全性基準APS330「公表」が要求するとおり、2019年3月のピ
     ラー3レポートにおいてさらに開示されている。
     自己資本比率

                           2019  年    2018  年    2018  年     2019  年    2019  年

                          3月31日       9月30日       3月31日        3月      3月
     自己資本比率
                           現在       現在      現在      対2018年       対2018年
                           ( %)      ( %)      ( %)       9月      3月
                                                20  bps     19  bps
     普通株式等Tier1資本          比率             10.40       10.20      10.21
                                                 7 bps     5 bps
     Tier  1資本比率                     12.45       12.38      12.40
                                                (12  bps)    (43  bps)
     総自己資本比率                       14.00       14.12      14.43
                           2019  年    2018  年    2018  年     2019  年    2019  年

                          3月31日       9月30日       3月31日        3月      3月
     リスク加重資産(「RWA」)
                           現在       現在      現在      対2018年       対2018年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万       9月      3月
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)       (%)      (%)
     信用リスク                      345,397       331,381       329,882         4.2      4.7
     市場リスク                       9,190       9,460      8,656        (2.9)       6.2
     オペレーショナルリスク                       40,945      37,500       39,027         9.2      4.9
     銀行勘定の金利リスク                       7,673      11,343       9,850       (32.4)      (22.1)
     リスク加重資産合計                      403,205       389,684       387,415         3.5      4.1
     当上半期中の資本の変動

      2019年3月31日現在の当社グループのCET1比率は、10.40%であった。当上半期における自己資本の主要な変動
     は、以下を含んでいた。
     -配当再投資プラン(「DRP」)への参加分を控除した配当金を差し引いた現金収益は、39ベーシス・ポイントの
      上昇をもたらした。
     -リスク加重資産の純増額により、CET1比率が29ベーシス・ポイント低下した。信用リスク、オペレーショナル
      リスクおよび市場リスクの増加は、銀行勘定の金利リスクの減少により一部相殺された。
                                  57/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     -750百万豪ドルのNAB転換優先株式(「CPS」)の普通株式への転換は、19ベーシス・ポイントの上昇をもたらし
      た。
     -525百万豪ドルの顧客関連救済措置税引後引当金は、13ベーシス・ポイントの低下をもたらした。
     -チャイナ・インダストリアル・インターナショナル・トラストの保有株式の売却は、6ベーシス・ポイントの上
      昇をもたらした。
     配当金および配当再投資プラン

      当社グループは、自己資本比率および見通しを反映させるために定期的にDRPを調整している。当上半期の中間
     配当金は83豪セントに引き下げられ、DRPの割引率は参加制限なしに1.5%である。当社は、DRPへの予想参加額を
     超える10億豪ドルを上限として中間配当に係るDRPを一部引き受けられる契約を締結している。DRP参加率を35%と
     仮定すると、同取組みにより、株式資本が約18億豪ドル増加する。これは当社のCET1比率における45ベーシス・
     ポイントの上昇に相当する。
     その他Tier1資本イニシアティブ

      2018年12月17日、当社グループは、ナショナル・キャピタル・トラストIが発行し、当社が2003年9月29日に
     (限定的に)保証した信託優先証券(「TPS」)を400百万ポンド償還した。TPSは額面金額に未払分配金を付して
     現金で償還された。
      2019  年3月20日、当社グループは、NABキャピタル・ノート3を1,874百万豪ドル発行した。これは、一定の条件
     を満たす場合に2028年6月19日に当社普通株式に強制的に転換する。APRAから事前に書面で承認を得た上で、当社
     は、一定の条件を満たす場合、2026年6月17日にまたは一定の事由が発生した際にNABキャピタル・ノート3を転
     換、償還または転売することを選択できる。
      2019  年3月20日、当社グループは、2019年2月11日に行った転売通知に従い、2013年3月20日に発行された全て
     のCPSの指定買取人への転売を完了した。当該転売に基づき、750百万豪ドルのCPSが普通株式に転換され、残りの
     約764百万豪ドルのCPSは償還された。
     資金調達および流動性

      当社グループは、APRAの流動性カバレッジ比率(「LCR」)および安定調達比率(「NSFR」)の規制要件の充足
     を含む取締役会が承認したリスク選好を通じて、資金調達および流動性の構成および安定性を監視している。
     資金調達

      当社グループは、リスク選好の設定およびバランスシートの健全性の計測のために、一連の尺度を採用してい
     る。NSFRは、将来の資金調達ストレスのリスクを緩和するために、資産が安定的な調達源で調達される範囲を計測
     する指標である。2019年3月31日現在の当社グループのNSFRは、規制最低必要値の100%を上回る112%であった。
                                  58/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      当社グループが使用している1つの主要な構造的尺度は、安定資金調達指標(「SFI」)であり、同指標は、顧
     客資金調達指標(「CFI」)および中長期資金調達指標(「TFI」)から構成される。CFIは、顧客預金により調達
     された当社グループのコア資産の割合を表している。同様に、TFIは、満期までの残存期間が12ヵ月超の中長期
     ホールセール資金調達により調達された当社グループのコア資産の割合を表している。当上半期にわたり、SFI
     は、CFIの上昇がTFIの低下により相殺されたことから、93%で安定していた。満期までの期間が12ヶ月超の中長期
     資金調達ポートフォリオは、当上半期にわたり比較的安定していた。
     グループ資金調達測定指標

                       2019  年        2018  年        2018  年

                     3月31日現在          9月30日現在          3月31日現在
                       ( %)         ( %)         ( %)
     顧客資金調達指標                      70          69          70
     中長期資金調達指標                      23          24          23
     安定資金調達指標                      93          93          93
     安定調達比率                      112          113          115
     顧客資金調達

      当社は、市況、資金調達の要件および顧客関係を元に安定した確実な預金基盤を育てる預金戦略をとっている。
      APRAが発表する銀行業務統計月報は、当上半期にわたり、                               当社が以下の増加をみせたことを示している。

     -オーストラリアの国内世帯の預金が2.8%増加
     -事業預金(金融会社および世帯の預金を除く。)が0.9%増加
     -金融機関からの預金が3.7%増加
     中長期ホールセール資金調達

      全世界の資金調達の状況は、報道される信用スプレッドがある程度のボラティリティを示したにもかかわらず、
     概ね建設的であった。全般的に、中長期的発行スプレッドは、当上半期初めに比してほとんど変更はなかったもの
     の、ピークと底の間の格差は過年度より顕著で、大幅に拡大し、その後相応する発行マージンの縮小がみられた。
     中長期資金調達市場は、引き続き投資家のセンチメント、マクロ経済の状況、金融および財政政策の状況ならびに
     各種デリバティブ市場におけるヘッジ費用の影響を受ける。
      当社グループは、           発行の種類、通貨、投資家の所在地および投資期間が様々な                                適切に分散された資金調達プロ

     ファイルを維持しており、当上半期にわたり164億豪ドルを調達した。
                                  59/135







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      当社は、88億豪ドルの無担保シニア債券および52億豪ドルの担保付債券(カバードボンドおよび住宅ローン債権
     担保証券(「RMBS」)により構成される。)を含む140億豪ドルを調達した。バンク・オブ・ニュージーランドは
     当上半期にわたり24億豪ドルを調達した。
      当上半期にわたり当社グループが調達した中長期ホールセール資金の加重平均償還期間は、初回の繰上早期償還

     日まで約4.9年であった。当社グループの中長期ホールセール資金調達のポートフォリオの加重平均残存償還期間
     は、3.2年である。
     取引類型別中長期ホールセール資金調達

                          2019  年 3月31日        2018  年 9月30日        2018  年 3月31日

                            現在            現在            現在
                            ( % )          ( % )          ( % )
     シニア債公募(海外)                            32            47            44
     シニア債公募(国内)                            28            25            16
     担保付公募(海外)                            22            ▶           -
     担保付公募(国内)                            10            12            26
     私募                             8           12            14
     合計                           100  %          100  %          100  %
     通貨別中長期ホールセール資金調達

                          2019  年3月31日          2018  年9月30日          2018  年 3月31日

                            現在            現在            現在
                            ( % )          ( % )          ( % )
     米ドル                            35            26            35
     豪ドル                            34            38            44
     ユーロ                            17            22            12
     英ポンド                            -            3            3
     日本円                             9            5           -
     その他                             5            6            6
     合計                           100  %          100  %          100  %
     短期ホールセール資金調達

      当社グループは、当上半期にわたり、一貫して国内外の短期ホールセール資金調達市場に参入を続け、一部の期
     間において変動率の上昇がみられた。
      さらに、レポ取引は主に市場および取引活動の支援に利用されてきた。

     約定されたレポ取引は、同様の契約条件を有する売戻条件付契約によって大幅に相殺され、当社の中核業務の資金
     調達には利用されていない。
                                  60/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     流動資産のポートフォリオ
      当社グループは、業務を行う様々な地域において、規制要件および内部的要件を満たすため、適切に分散された
     流動資産のポートフォリオを維持している。2019年3月31日現在の貸借対照表上の流動資産合計の時価は、1,220
     億豪ドルであった。これは、850億豪ドルの質の高い流動資産(「HQLA」)および中央銀行によるレポ取引に適格
     である270億豪ドルの非HQLA証券を含む。
      当社グループはさらに、偶発資産の源泉として、かつ流動性約定融資枠(「CLF」)を補強するために、RMBSの

     グループ内証券化プールを保有している。2019年3月31日現在保有されている第三者の権利設定のないグループ内
     RMBSの(中央銀行により適用される掛目適用前の)価値は、610億豪ドルであった。
     流動性カバレッジ比率

      LCR  は、深刻な流動性逼迫シナリオが続いている30日間において正味キャッシュ・アウトフローを満たすために
     利用可能なHQLAの適格性を計測する指標である。HQLAおよびCLFのための担保の時価に対して掛目適用がなされ
     る。
      2019年3月の四半期平均規制流動資産には、559億豪ドルのCLF(2018暦年は593億豪ドル)が含まれる。四半期
     平均正味キャッシュ・アウトフローの詳細な内訳はピラー3レポートに示されている。
                                           四半期平均

                                   2019  年       2018  年       2018  年
                                  3月31日         9月30日         3月31日
                                   現在         現在         現在
     LCR算入流動資産合計(十億豪ドル)                                  140         142         146
     正味キャッシュ・アウトフロー(十億豪ドル)                                  108         110         115
     四半期平均LCR(%)                                  130         129         127
     信用格付

      当社グループは、格付機関の動向を緊密に監視し、主要な格付機関と定期的に連絡をとっている。当社グループ
     に属する会社は、S&Pグローバル・レーティングス(「S&P」)、ムーディーズ・インベスターズ・サービス
     (「ムーディーズ」)およびフィッチ・レーティングス(「フィッチ」)によって格付を付与されている。
     ナショナル・オーストラリア・バンクの信用格付

                                       長期        短期    アウトルック

     S&Pグローバル・レーティングス                                  AA-        A-1+     ネガティブ
     ムーディーズ・インベスターズ・サービス                                  Aa3        P-1       安定的
     フィッチ・レーティングス                                  AA-        F1+     ネガティブ
     前へ      次へ

                                  61/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     部門別業績の概要

                                                 コーポレート

                    事業者向け・               法人・機関投資       ニュージーラン
                           消費者金融・                             当社グループの
                                                 機能・その他
     2019  年3月31日に終了した             プライベート               家       ド
                           資産運用業務                             現金収益
                                                   (1)
     上半期               バンキング業務               向け銀行業務       銀行業務
                                                 業務
                           (百万豪ドル)                             (百万豪ドル)
                    (百万豪ドル)              (百万豪ドル)       (百万豪ドル)
                                                 (百万豪ドル)
         (2)
                        2,808       1,900        934       920       214      6,776
     純利息収益
           (2)(3)
                         521       708       804       269       140      2,442
     その他営業収益
            (4)
                          -       -       -       -      (344)       (344)
     顧客関連救済措置
     純営業収益                   3,329       2,608       1,738       1,189         10      8,874
         (2)
                        (1,115)       (1,530)        (649)       (450)       (311)      (4,055)
     営業費用
            (4)
                          -       -       -       -      (120)       (120)
     顧客関連救済措置
     基礎収益/(損失)                   2,214       1,078       1,089        739       (421)       4,699
     信用減損費用                    (119)       (173)        (43)       (41)       (73)       (449)
     税引前および分配前現金収益/(損
                        2,095        905      1,046        698       (494)       4,250
     失)
     法人税(費用)/       控除             (633)       (267)       (265)       (195)        116      (1,244)
     分配前現金収益/(損失)                   1,462        638       781       503       (378)       3,006
     分配金                     -       -       -       -      (52)       (52)
     現金収益/(損失)                   1,462        638       781       503       (430)       2,954
     現金収益/(損失)
                        1,462        638       781       503       (105)       3,279
     (顧客関連救済措置を除く。)
     貸借対照表の主要項目(十億豪ド
                                                             合計
     ル)
     貸付金および支払承諾総額                   201.2       223.1        95.4       81.3        0.3      601.3
     顧客預金                   135.9       123.9        99.5       57.2        5.2      421.7
     (1)

       コーポレート機能・その他業務には、当社グループ内の消去が含まれる。
     (2)
       顧客関連救済措置を除く。
     (3)
       消費者金融・資産運用業務には、純投資収益が含まれる。
     (4)
       詳細については、上記「多額の費用」を参照のこと。
                                  62/135










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     部門別業績の概要
                                                 コーポレート

                    事業者向け・               法人・機関投資       ニュージーラン
                           消費者金融・                             当社グループの
                                                 機能・その他
     2018  年9月30日に終了した             プライベート               家       ド
                           資産運用業務                             現金収益
                                                   (1)
     下半期               バンキング業務               向け銀行業務       銀行業務
                                                 業務
                           (百万豪ドル)                             (百万豪ドル)
                    (百万豪ドル)              (百万豪ドル)       (百万豪ドル)
                                                 (百万豪ドル)
     純利息収益                   2,783       1,950        936       870       178      6,717
           (2)(3)
                         536       771       714       257       138      2,416
     その他営業収益
            (4)
                          -       -       -       -      (249)       (249)
     顧客関連救済措置
     純営業収益                   3,319       2,721       1,650       1,127         67      8,884
         (3)
                        (1,139)       (1,536)        (660)       (443)       (359)      (4,137)
     営業費用
            (4)
                          -       -       -       -      (111)       (111)
     事業再編関連費用
     基礎収益/(損失)                   2,180       1,185        990       684       (403)       4,636
     信用減損(費用)/戻入れ                    (133)       (138)        36       (32)       (139)       (406)
     税引前および分配前現金収益/(損
                        2,047       1,047       1,026        652       (542)       4,230
     失)
     法人税(費用)/       控除             (618)       (312)       (263)       (182)        139      (1,236)
     分配前現金収益/(損失)                   1,429        735       763       470       (403)       2,994
     分配金                    -       -       -       -       (51)       (51)
     現金収益/(損失)                   1,429        735       763       470       (454)       2,943
     現金収益/(損失)
                        1,429        735       763       470       (193)       3,204
     (顧客関連救済措置を除く。)
     貸借対照表の主要項目(十億豪ド
                                                             合計
     ル)
     貸付金および支払承諾総額                   199.5       218.8        91.4       75.6        0.3      585.6
     顧客預金                   132.5       120.6        98.0       53.5        4.4      409.0
     (1)

       コ ー ポレ  ー ト機能・その他業務には、当社グル                 ー プ内の消去が含まれる。
     (2)
       消費者金融・資産運用業務には、純投資収益が含まれる。
     (3)
       顧客関連救済措置を除く。
     (4)
       詳細については、上記「多額の費用」を参照のこと。
                                  63/135











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     部門別業績の概要
                                                 コーポレート

                    事業者向け・               法人・機関投資       ニュージーラン
                           消費者金融・                             当社グループの
                                                 機能・その他
     2018  年3月31日に終了した             プライベート               家       ド
                           資産運用業務                             現金収益
                                                   (1)
     上半期               バンキング業務               向け銀行業務       銀行業務
                                                 業務
                           (百万豪ドル)                             (百万豪ドル)
                    (百万豪ドル)              (百万豪ドル)       (百万豪ドル)
                                                 (百万豪ドル)
     純利息収益                   2,756       2,014        946       828       206      6,750
           (2)
                         532       770       737       263        41      2,343
     その他営業収益
     純営業収益                   3,288       2,784       1,683       1,091        247      9,093
         (3)
                        (1,091)       (1,510)        (637)       (426)       (325)      (3,989)
     営業費用
            (4)
                          -       -       -       -      (755)       (755)
     事業再編関連費用
     基礎収益/(損失)                   2,197       1,274       1,046        665       (833)       4,349
     信用減損(費用)/戻入れ                    (74)       (133)        7       (38)       (135)       (373)
     税引前および分配前現金収益/(損
                        2,123       1,141       1,053        627       (968)       3,976
     失)
     法人税(費用)/       控除             (641)       (337)       (275)       (175)        260      (1,168)
     分配前現金収益/(損失)                   1,482        804       778       452       (708)       2,808
     分配金                    -       -       -       -       (49)       (49)
     現金収益/(損失)                   1,482        804       778       452       (757)       2,759
     現金収益/(損失)
                        1,482        804       778       452       (227)       3,289
     (事業再編関連費用を除く。)
     貸借対照表の主要項目(十億豪ド
                                                             合計
     ル)
     貸付金および支払承諾総額                   196.4       213.9        85.5       75.1        0.3      571.2
     顧客預金                   132.7       118.5        89.6       54.8       12.8       408.4
     (1)

       コーポレート機能・その他業務には、当社グループ内の消去が含まれる。
     (2)
       消費者金融・資産運用業務には、純投資収益が含まれる。
     (3)
       事業再編関連費用を除く。
     (4)
       詳細については、上記「多額の費用」を参照のこと。
     前へ      次へ

                                  64/135










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     事業者向け・プライベートバンキング業務

      事業者向け・プライベートバンキング業務は、当社の優先顧客セグメントのうち3つ(小規模企業、中規模企業

     および投資家)のニーズに対応することに注力している。顧客へのサービス提供は、事業者向け銀行業務センター
     および小規模企業顧客ハブを通してマネージング・パートナーが地域的に主導する統合された銀行モデルを通じて
     行われる。これには、健康、アグリビジネス、政府、教育、コミュニティおよびフランチャイズ(GECF)の専門
     家、専門サービスおよび商業用不動産が含まれる。当該部門は、プライベートバンキングおよびJBウェアを通じて
     富裕層の顧客にもサービスを提供している。
                               半期

                                           2019  年    2019  年
                        2019  年    2018  年    2018  年
                                          3月終了      3月終了
                        3月終了      9月終了      3月終了
                                          対2018年      対2018年
                        ( 百万豪ド     ( 百万豪ド     ( 百万豪ド
                                          9月終了      3月終了
                         ル)      ル)      ル)
                                           ( %)     ( %)
     純利息収益                     2,808      2,783      2,756        0.9      1.9
     その他営業収益                      521      536      532      (2.8)      (2.1)
     純営業収益                     3,329      3,319      3,288        0.3      1.2
     営業費用                    (1,115)      (1,139)      (1,091)        (2.1)      2.2
     基礎収益                     2,214      2,180      2,197        1.6      0.8
     信用減損費用                     (119)      (133)      (74)      (10.5)      60.8
     税引前現金収益                     2,095      2,047      2,123        2.3     (1.3)
     法人税                     (633)      (618)      (641)       2.4     (1.2)
     現金収益                     1,462      1,429      1,482        2.3     (1.3)
     残高

     (十億豪ドル)
     住宅貸付                     90.0      90.8      90.6       (0.9)      (0.7)
     事業貸付                     107.8      105.3      102.4        2.4      5.3
     その他貸付                      3.4      3.4      3.4        -      -
     貸付金および支払承諾総額                     201.2      199.5      196.4        0.9      2.4
     期中平均利付資産                     191.3      189.4      185.9        1.0      2.9
     資産合計                     201.5      199.8      196.2        0.9      2.7
     顧客預金                     135.9      132.5      132.7        2.6      2.4
     リスク加重資産合計                     119.3      116.2      114.4        2.7      4.3
     パフォーマンス指標

     期中平均資産に対する現金収益                    1.47%      1.44%      1.53%       3 bps    (6  bps)
     期中平均リスク加重資産に対する
                                            2 bps    (16  bps)
                         2.48%      2.46%      2.64%
     現金収益
                                             1 bp    (3  bps)
     純利息マージン                    2.94%      2.93%      2.97%
                                           (80  bps)    30  bps
     対収益費用比率                    33.5%      34.3%      33.2%
                                  65/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                               半期
                        2019  年    2018  年    2018  年     2019  年    2019  年
                        3月終了      9月終了      3月終了       3月終了      3月終了
     資産の質
                       ( 百万豪ド     ( 百万豪ド     ( 百万豪ド       対2018年      対2018年
                         ル)      ル)      ル)      9月終了      3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                            5 bps     8 bps
     90日以上DPDの貸付金および減損資産                    0.83%      0.78%      0.75%
     総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する
     信用減損費用の比率(年度換算ベー
                                            (1  bp)    ▶ bps
                         0.12%      0.13%      0.08%
       (1)
     ス)
     (1)

       比率は、年度換算ベースの半期比率を表している。
     事業者向け・プライベートバンキング業務

     財務分析
     当上半期と前年同期との比較
      現金収益は、テクノロジーに対する投資の継続および関連する償却費用による信用減損費用の増加および営業費
     用の増加によって20百万豪ドルすなわち1.3%減少したが、バランスシートの増大による収益の増加によって一部
     相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、当社がその業界の深い専門性および強力な市場ポジションを活
     52 百万豪ドル           用し続けることで、事業貸付が増加し、54億豪ドルすなわち2.9%増加した。
     すなわち1.9%増加           ・顧客預金は、質の高い預金の増加を継続的に重視したことを反映して、32億豪ドルす
                  なわち2.4%増加した。
                 ・純利息マージンは、顧客選好および継続的な競争圧力の結果としての住宅貸付の商品
                  構成の変更により、3ベーシス・ポイント下落した。
     その他営業収益           ・電子取引に対する顧客行動の継続的変化を原因とする口座手数料の減少。
     11 百万豪ドル
     すなわち2.1%減少
     営業費用           ・テクノロジーに対する投資の継続および関連する償却費用、顧客経験価値を向上させ
     24 百万豪ドル           る顧客の能力ならびに法令遵守および統制の環境の向上のための費用の増加に加え、
     すなわち2.2%増加            年間給与の増加。
                 ・業務の継続的簡略化により達成された生産性向上による利益および第三者支出の削減
                  に加え業績ベースの報酬の減少によって一部相殺された。
     信用減損費用           ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金および減損資産総額の比率
     45 百万豪ドル           が、住宅抵当貸付の延滞を主因とする90日以上DPDの資産の増加によって8ベーシス・
     すなわち60.8%増加            ポイント上昇したが、減損資産の減少によって一部相殺された。
                 ・一括引当金費用は、貸付金および支払承諾総額の増加ならびに90日以上DPDの増加を原
                  因として増加した。個別引当金繰入額は、少数の大口エクスポージャーのための事業
                  回復による戻入れによって減少した。
     リスク加重資産           ・モデルおよび規制に規定された方法論の変更ならびに貸付金および支払承諾総額の増
     49 億豪ドル           加を原因とするリスク加重資産の増加。
     すなわち4.3%増加
                                  66/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      現金収益は、バランスシートの増大による収益の増加に加え、業務の継続的な簡略化により達成された生産性向
     上による利益および信用減損費用の減少による営業費用の減少によって、33百万豪ドルすなわち2.3%増加した。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、当社がその業界の深い専門性および強力な市場ポジションを活
     25 百万豪ドル           用し続けることで、事業貸付が増加し、19億豪ドルすなわち1.0%増加した。
     すなわち0.9%増加           ・顧客預金は、質の高い預金の増加に継続的に焦点を当てたことを反映して、34億豪ド
                  ルすなわち2.6%増加した。
                 ・純利息マージンは、1ベーシス・ポイント上昇した。
     その他営業収益           ・季節的な外国為替収益の減少。
     15 百万豪ドル          ・貸付手数料の増加によって一部相殺された。
     すなわち2.8%減少
     営業費用           ・業務の継続的な簡略化により達成された生産性向上による利益および第三者支出の削
     24 百万豪ドル           減ならびに業績ベースの報酬の減少。
     すなわち2.1%減少           ・テクノロジーに対する投資の継続および関連する償却費用、顧客経験価値を向上させ
                  る顧客の能力および法令遵守および統制の環境の向上のための費用の増加ならびに年
                  間給与の増加によって一部相殺された。
     信用減損費用           ・個別引当金繰入額は、少数の大口エクスポージャーのための事業回復による戻入れに
     14 百万豪ドル           よって減少した。一括引当金費用は、貸付金および支払承諾総額の増加ならびに90日
     すなわち10.5%減少            以上DPDの増加を原因として増加した。
                 ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金および減損資産総額の比率
                  が、住宅抵当貸付の延滞を主因とする90日以上DPDの資産の増加によって5ベーシス・
                  ポイント上昇したが、減損資産の減少によって一部相殺された。
     リスク加重資産           ・モデルおよび規制の所定の方法の変更ならびに貸付金および支払承諾総額の増加を原
     31 億豪ドル           因とするリスク加重資産の増加。
     すなわち2.7%増加
                                  67/135











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     消費者金融・資産運用業務
      消費者金融・資産運用業務は、当社およびユー・バンクの消費者金融部門ならびにアドバイス、資産管理および

     年金業務を行う資産運用部門からなる。同部門は、住宅ローン・ブローカーを含むアドバイザーならびにオースト
     ラリアの自営業アドバイザーおよび社内アドバイザーのファイナンシャル・プランニング・ネットワークへのアク
     セスを顧客に提供している。
                               半期

                                           2019  年    2019  年
                        2019  年    2018  年    2018  年
                                          3月終了      3月終了
                        3月終了      9月終了      3月終了
                                          対2018年      対2018年
                        ( 百万豪ド     ( 百万豪ド     ( 百万豪ド
                                          9月終了      3月終了
                         ル)      ル)      ル)
                                           ( %)     ( %)
     純利息収益                     1,900      1,950      2,014       (2.6)      (5.7)
     純投資収益                      433      463      486      (6.5)     (10.9)
     その他営業収益                      275      308      284      (10.7)      (3.2)
     純営業収益                     2,608      2,721      2,784       (4.2)      (6.3)
     営業費用                    (1,530)      (1,536)      (1,510)        (0.4)      1.3
     基礎収益                     1,078      1,185      1,274       (9.0)     (15.4)
     信用減損費用                     (173)      (138)      (133)       25.4      30.1
     税引前現金収益                      905     1,047      1,141       (13.6)      (20.7)
     法人税                     (267)      (312)      (337)      (14.4)      (20.8)
     現金収益                      638      735      804      (13.2)      (20.6)
     残高

     (十億豪ドル)
     住宅貸付                     216.6      212.2      207.0        2.1      4.6
     その他貸付                      6.5      6.6      6.9      (1.5)      (5.8)
     貸付金および支払承諾総額                     223.1      218.8      213.9        2.0      4.3
     期中平均利付資産                     207.4      200.9      196.0        3.2      5.8
     資産合計                     232.5      228.7      223.4        1.7      4.1
     顧客預金                     123.9      120.6      118.5        2.7      4.6
     リスク加重資産合計                     81.1      79.0      78.3       2.7      3.6
                                  68/135









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     パフォーマンス指標
                                           (10  bps)    (18  bps)
     期中平均資産に対する現金収益                    0.56%      0.66%      0.74%
     期中平均リスク加重資産に対する
                                           (22  bps)    (38  bps)
                         1.40%      1.62%      1.78%
     現金収益(消費者金融)
                                           (10  bps)    (22  bps)
     純利息マージン(消費者金融)                    1.84%      1.94%      2.06%
                                           200  bps    370  bps
     対収益費用比率(消費者金融)                    56.0%      54.0%      52.3%
                                           340  bps    810  bps
     対収益費用比率(資産運用)                    71.1%      67.7%      63.0%
     運用・管理資産(該当時点における
                         116,636      119,145      116,090        (2.1)      0.5
     残高)(百万豪ドル)
     運用・管理資産(平均)(百万豪ド
                         114,356      118,046      116,695        (3.1)      (2.0)
     ル)
     運用資産(該当時点における残高)
                         202,875      206,704      199,309        (1.9)      1.8
     (百万豪ドル)
     運用資産(平均)(百万豪ドル)                    199,064      203,349      199,422        (2.1)      (0.2)
     平均運用・管理資産に対する投資収
                                           (2  bps)    (5  bps)
                           54      56      59
     益の比率(bps)(資産運用)
     平均運用資産に対する投資収益の比
                                                  (1  bp)
                           13      13      14       -
     率(bps)(資産運用)
                               半期

                        2019  年    2018  年    2018  年     2019  年    2019  年
                        3月終了      9月終了      3月終了       3月終了      3月終了
     資産の質
                       ( 百万豪ド     ( 百万豪ド     ( 百万豪ド       対2018年      対2018年
                         ル)      ル)      ル)      9月終了      3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                            14  bps    18  bps
     90日以上DPDの貸付金および減損資産                    0.98%      0.84%      0.80%
     総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する
     信用減損費用の比率(年度換算ベー
                                            3 bps     ▶ bps
                         0.16%      0.13%      0.12%
       (1)
     ス)
     (1)

       比率は、年度換算ベースの半期比率を表している。
                                  69/135











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     消 費者金融・資産運用業務
     財務分析
     当上半期と前年同期との比較
      現金収益は、資金調達コストの上昇ならびに住宅貸付および資産運用ポートフォリオ両方の顧客に利益をもたら
     したマージンの低下に加え、信用減損費用が増加した結果、166百万豪ドルすなわち20.6%減少した。これは、バ
     ランスシートの増大および住宅貸付ポートフォリオの金利再設定の利益による収益の増加により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、住宅貸付の増加により、114億豪ドルすなわち5.8%増加した。
     114  百万豪ドル          ・顧客預金は、主要な商品において伸びがみられ、54億豪ドルすなわち4.6%増加した。
     すなわち5.7%減少           ・純利息マージンは、競争圧力および金利のみ返済の貸付から元利返済の貸付への顧客
                  選好の変化に加え、無担保貸付に関する規制の変更による資金調達コストの上昇と住
                  宅貸付マージンの低下によって、22ベーシス・ポイント低下したが、金利再設定に
                  よって一部相殺された。
     純投資収益           ・事業構成において低マージンの商品への移行が継続したことおよび顧客環境の改善の
     53 百万豪ドル           ための金利再設定。
     すなわち10.9%減少           ・平均運用・管理資産(23億豪ドルすなわち2.0%の減少)および運用資産(4億豪ドル
                  すなわち0.2%の減少)の減少により収益が減少。
     その他営業収益           ・市場の緩やかな成長を反映した手数料の減少。
     9 百万豪ドル           ・取引の増加によるカード・スキーム手数料の増加。
     すなわち3.2%減少
     営業費用           ・テクノロジーに対する投資の継続および関連する減価償却費および償却費用、法令遵
     20 百万豪ドル           守および統制の環境の向上のための費用の増加ならびに年間給与の増加。
     すなわち1.3%増加           ・業務の継続的な簡略化により達成された生産性向上による利益、第三者への支出の削
                  減および業績ベースの報酬の減少によって一部相殺された。
     信用減損費用           ・住宅抵当貸付の延滞比率の上昇および住宅価格の下落による一括引当金の増加。
     40 百万豪ドル          ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金および減損資産総額の比率
     すなわち30.1%増加            は、住宅抵当貸付の延滞の増加を反映して、18ベーシス・ポイント上昇して0.98%と
                  なった。
     リスク加重資産           ・住宅貸付高の増加を原因とする増加。
     28 億豪ドル
     すなわち3.6%増加
                                  70/135









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      現金収益は、住宅貸付、無担保貸付および資産運用ポートフォリオの顧客に利益をもたらしたマージンの低下に
     加え、信用減損費用が増加したことによる利益の減少を主因として、97百万豪ドルすなわち13.2%減少した。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、住宅貸付の増加を原因として、65億豪ドルすなわち3.2%増加し
     50 百万豪ドル           た。
     すなわち2.6%減少           ・顧客預金は、主要な商品において伸びがみられ、33億豪ドルすなわち2.7%増加した。
                 ・純利息マージンは、競争圧力および金利のみ返済の貸付から元利返済の貸付への顧客
                  選好の変化に加え、無担保貸付に関する規制の変更による資金調達コストの上昇と住
                  宅貸付マージンの低下によって、10ベーシス・ポイント低下したが、金利再設定に
                  よって一部相殺された。
     純投資収益           ・事業構成において低マージンの商品への移行が継続したことおよび金利再設定により
     30 百万豪ドル           顧客営業成果が改善。
     すなわち6.5%減少           ・平均運用・管理資産(37億豪ドルすなわち3.1%の減少)および運用資産(43億豪ドル
                  すなわち2.1%の減少)の減少により収益が減少。
     その他営業収益           ・市場の緩やかな成長を反映した手数料の減少および住宅貸付ポートフォリオに関する
     33 百万豪ドル           季節的要因。
     すなわち10.7%増加           ・季節的な外国為替収益の低下。
                 ・取引の増加およびロイヤルティ費用のタイミングによるカード・スキーム手数料の増
                  加。
     営業費用           ・業務の継続的簡略化により達成された生産性向上による利益、第三者支出の削減およ
     6 百万豪ドル            び業績ベースの報酬の減少。
     すなわち0.4%増加
     信用減損費用           ・住宅抵当貸付の延滞比率の上昇および住宅価格の下落による一括引当金の増加。
     35 百万豪ドル          ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金および減損資産総額の比率
     すなわち25.4%増加            は、住宅抵当貸付の延滞の増加を反映して、半期中で14ベーシス・ポイント上昇して
                  0.98%となった。
     リスク加重資産           ・住宅貸付高の増加を原因とする増加。
     21 億豪ドル
     すなわち2.7%増加
                                  71/135










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     消費者金融
                               半期

                                           2019  年    2019  年
                        2019  年    2018  年    2018  年
                                          3月終了      3月終了
                        3月終了      9月終了      3月終了
                                          対2018年      対2018年
                        ( 百万豪ド     ( 百万豪ド     ( 百万豪ド
                                          9月終了      3月終了
                         ル)      ル)      ル)
                                           ( %)     ( %)
     純利息収益                     1,900      1,950      2,014       (2.6)      (5.7)
     その他営業収益                      252      285      262      (11.6)      (3.8)
     純営業収益                     2,152      2,235      2,276       (3.7)      (5.4)
     営業費用                    (1,206)      (1,207)      (1,190)        (0.1)      1.3
     基礎収益                      946     1,028      1,086       (8.0)     (12.9)
     信用減損費用                     (173)      (138)      (133)       25.4      30.1
     税引前現金収益                      773      890      953      (13.1)      (18.9)
     法人税                     (231)      (269)      (285)      (14.1)      (18.9)
     現金収益                      542      621      668      (12.7)      (18.9)
     資産運用

                               半期

                                           2019  年    2019  年
                        2019  年    2018  年    2018  年
                                          3月終了      3月終了
                        3月終了      9月終了      3月終了
                                          対2018年      対2018年
                       ( 百万豪ド     ( 百万豪ド     ( 百万豪ド
                                          9月終了      3月終了
                         ル)      ル)      ル)
                                           ( %)     ( %)
     純投資収益                      433      463      486      (6.5)     (10.9)
     その他営業収益                      23      23      22       -     4.5
     純営業収益                      456      486      508      (6.2)     (10.2)
     営業費用                     (324)      (329)      (320)       (1.5)      1.3
     税引前現金収益                      132      157      188      (15.9)      (29.8)
     法人税                      (36)      (43)      (52)      (16.3)      (30.8)
     現金収益                      96     114      136      (15.8)      (29.4)
                                  72/135










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     法人・機関投資家向け銀行業務
      法人・機関投資家向け銀行業務は、金融および債券市場、特殊資本、保管ならびに代替的投資に関連する幅広い

     貸付および取引の商品およびサービスを提供する。同部門は、専門的な産業上の関係および商品チームを通じて、
     オーストラリアの顧客ならびに米国、英国およびアジアの支店を含む世界の顧客にサービスを提供している。
                                  半期

                                               2019  年    2019  年
                           2019  年    2018  年    2018  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2018年       対2018年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                        934      936       946       (0.2)       (1.3)
     その他の収益                        804      714       737       12.6       9.1
     純営業収益                       1,738       1,650      1,683        5.3      3.3
     営業費用                        (649)       (660)      (637)       (1.7)       1.9
     基礎利益                       1,089        990     1,046        10.0       4.1
     信用減損(費用)/戻入れ                        (43)       36       7       大      大
     税引前現金収益                       1,046       1,026      1,053        1.9      (0.7)
     法人税                        (265)       (263)      (275)        0.8      (3.6)
     現金収益                        781      763       778       2.4      0.4
     純営業収益

     貸付および預金収入                       1,113       1,045      1,048        6.5      6.2
     マーケッツ収益(デリバティブの
                              416      395       416       5.3        -
     評価調整を除く。)
                 (1)
                              (4)       1      (3)       大     33.3
     デリバティブの評価調整
     その他                        213      209       222       1.9      (4.1)
     純営業収益合計                       1,738       1,650      1,683        5.3      3.3
     残高

     (十億豪ドル)
     コーポレート・ファイナンス                        34.0      30.8       26.9       10.4       26.4
     事業貸付                        61.0      60.1       58.1        1.5      5.0
     その他貸付                        0.4      0.5       0.5      (20.0)      (20.0)
     貸付金および支払承諾総額                        95.4      91.4       85.5        4.4      11.6
     期中平均利付資産                       256.2       236.0      239.2        8.6      7.1
     資産合計                       273.0       263.8      250.1        3.5      9.2
     顧客預金                        99.5      98.0       89.6        1.5      11.0
     リスク加重資産合計                       119.1       112.3      114.8        6.1      3.7
                                  73/135







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     パフォーマンス指標
                                                (2  bps)     (2  bps)
     期中平均資産に対する現金収益                       0.56  %    0.58%       0.58%
     期中平均リスク加重資産に対する
                                                 2 bps     (2  bps)
                            1.34  %    1.32%       1.36%
     現金収益
                                                (6  bps)     (6  bps)
     純利息マージン                       0.73  %    0.79%       0.79%
                                                 1 bp     6 bps
     純利息マージン(マーケッツを除く。)                       1.70  %    1.69%       1.64%
                                               (270   bps)    (50  bps)
     対収益費用比率                       37.3  %    40.0%       37.8%
                                  半期

                                               2019  年    2019  年
                           2019  年    2018  年    2018  年     3月終了       3月終了
     資産の質
                          3月終了       9月終了       3月終了       対2018年       対2018年
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
                                                 9 bps     9 bps
     以上DPDの貸付金および減損資産総額の                       0.48  %    0.39%       0.39%
     比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                17  bps     11  bps
                            0.09  %    (0.08%)      (0.02%)
                      (2)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
     (1)

       デリバティブの評価調整は、信用評価調整および資金調達評価調整を含んでおり、ヘッジ費用および利益を控除した上で
       表示されている。比較情報は、当期中に行われた表示の変更に基づき再表示されている。
     (2)
       比率は、年度換算ベースの半期比率を表している。
                                  74/135













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     法人・機関投資家向け銀行業務
     財務分析
     当上半期と前年同期との比較
      現金収益は、マージン(マーケッツを除く。)の改善、ならびに貸付金および支払承諾総額ならびに顧客預金の
     増加を反映した収益の増加により3百万豪ドルすなわち0.4%増加した。これは、顧客リスク管理商品の売上の減
     少により一部相殺された。営業費用は、テクノロジーに対する投資の継続ならびに法令遵守および統制の環境の強
     化の費用の増加を反映して増加した。信用減損費用は、少数の大口エクスポージャーの減損に関連して増加した。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・その他の収益において相殺された経済的ヘッジの変動による111百万豪ドルの減少を含
     12 百万豪ドル           む。
     すなわち1.3%減少           ・99百万豪ドルの基礎的増加分は、純利息マージン(マーケッツを除く。)の上昇、貸
                  付金および支払承諾総額の増加ならびに顧客預金の増加を反映している。
                 ・純利息マージン(マーケッツを除く。)は、ポートフォリオ収益への継続的な注力お
                  よび資金調達コストの減少によって6ベーシス・ポイント上昇して1.70%となった。
                 ・貸付金および支払承諾総額は、成長セグメントへの継続的な注力を反映して99億豪ド
                  ルすなわち11.6%増加した。
                 ・顧客預金は、機関投資家向け定期預金の増加を反映して99億豪ドルすなわち11.0%増
                  加した。
     その他の収益           ・純利息収益において相殺された経済的ヘッジの変動による111百万豪ドルの増加を含
     67 百万豪ドル           む。
     すなわち9.1%増加           ・顧客リスク管理商品の売上減少による44百万豪ドルの基礎的減少分。
     営業費用           ・テクノロジーに対する投資の継続、法令遵守および統制の環境の強化の費用の増加、
     12 百万豪ドル           ならびに年間給与の増加。
     すなわち1.9%増加           ・事業の継続的な簡略化および第三者支出の削減を通じて達成された生産性向上による
                  利益、ならびに業績ベースの報酬の減少により一部相殺された。
     信用減損費用           ・少数の大口エクスポージャーの減損に関する費用の増加。
     50 百万豪ドル     増加
     リスク加重資産           ・リスク加重資産は、モデルおよび規制で規定された方法論の38億豪ドルの変更ならび
     43 億豪ドル           に貸付金および支払承諾総額の増加により増加した。これは、継続的な利益重視の
     すなわち3.7%増加            ポートフォリオ管理により一部相殺された。
                                  75/135









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      現金収益は、貸付金および支払承諾総額ならびに顧客預金の増加、ならびにコーポレート・ファイナンスにおけ
     る取引活動の増加を反映した収益の増加により18百万豪ドルすなわち2.4%増加した。営業費用は、当社グループ
     事業の継続的な簡略化および               第三者への支出の削減を通じた生産性向上による利益を反映して減少した。信用減損
     費用は、少数の大口エクスポージャーの減損に関連して増加した。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・その他の収益において相殺された経済的ヘッジの変動による65百万豪ドルの減少を含
     2百万豪ドル            む。
     すなわち0.2%減少           ・63百万豪ドルの基礎的増加分は、貸付金および支払承諾総額の増加、顧客預金の増加
                  ならびにマーケッツ収益の増加を反映している。
                 ・貸付金および支払承諾総額は、成長セグメントへの継続的な注力を反映して40億豪ド
                  ルすなわち4.4%増加した。
                 ・顧客預金は、機関投資家向け定期預金の増加を反映して15億豪ドルすなわち1.5%増加
                  した。
     その他の収益           ・純利息収益において相殺された経済的ヘッジの変動による65百万豪ドルの増加を含
     90 百万豪ドル           む。
     すなわち12.6%増加           ・コーポレート・ファイナンスにおける取引活動の増加による25百万豪ドルの基礎的増
                  加分。
     営業費用           ・事業の継続的な簡略化および第三者支出の削減を通じて達成された生産性向上による
     11 百万豪ドル           利益、ならびに業績ベースの報酬の減少。
     すなわち1.7%減少           ・テクノロジーに対する投資の継続、法令遵守および統制の環境の強化の費用の増加、
                  ならびに年間給与の増加により一部相殺された。
     信用減損費用           ・少数の大口エクスポージャーの減損に関連して費用が増加した一方で前期は少数の戻
     79 百万豪ドル     増加      入れがあった。
     リスク加重資産           ・リスク加重資産は、モデルおよび規制で規定された方法論の38億豪ドルの変更ならび
     68 億豪ドル           に貸付金および支払承諾総額の増加により増加した。これは、継続的な利益重視の
     すなわち6.1%増加            ポートフォリオ管理により一部相殺された。
                                  76/135










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     ニュージーランド銀行業務
      ニュージーランド銀行業務は、「バンク・オブ・ニュージーランド」のブランド名で運営されているニュージー

     ランドにおける消費者金融業務、資産運用業務、事業金融業務、アグリビジネス業務、法人向け業務、保険フラン
     チャイズ業務およびマーケッツ・セールス業務からなる。ニュージーランド銀行業務には、バンク・オブ・ニュー
     ジーランドのマーケッツ部門のトレーディング業務は含まれない。
      数値は現地通貨で表示されている。豪ドル建ての数値は後出表を参照のこと。
                                  半期

                                               2019  年    2019  年
                           2019  年    2018  年    2018  年
                                              3 月終了     3 月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対 2018  年   対 2018  年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9 月終了     3 月終了
                           NZ ドル)     NZ ドル)     NZ ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                        973      943       905       3.2      7.5
     その他の収益                        285      279       287       2.2      (0.7)
     純営業収益                       1,258       1,222      1,192        2.9      5.5
     営業費用                        (475)       (481)      (465)       (1.2)       2.2
     基礎利益                        783      741       727       5.7      7.7
     信用減損費用                        (44)      (35)       (41)       25.7       7.3
     税引前現金収益                        739      706       686       4.7      7.7
     法人税                        (207)       (196)      (192)        5.6      7.8
     現金収益                        532      510       494       4.3      7.7
     残高

     (十億NZドル)
     住宅貸付                        41.3      39.8       38.2        3.8      8.1
     事業貸付                        42.2      41.5       40.3        1.7      4.7
     その他貸付                        1.4      1.3       1.3       7.7      7.7
     貸付金および支払承諾総額                        84.9      82.6       79.8        2.8      6.4
     期中平均利付資産                        85.0      82.3       80.9        3.3      5.1
     資産合計                        88.7      86.4       84.0        2.7      5.6
     顧客預金                        59.7      58.5       58.2        2.1      2.6
     リスク加重資産合計                        62.4      61.2       59.0        2.0      5.8
     パフォーマンス指標

                                                 2 bps     3 bps
     期中平均資産に対する現金収益                       1.22  %    1.20%       1.19%
     期中平均リスク加重資産に対する
                                                 3 bps      1 bp
                            1.72  %    1.69%       1.71%
     現金収益
     純利息マージン                       2.30  %    2.29%       2.24%        1 bp     6 bps
                                               (160   bps)    (120   bps)
     対収益費用比率                       37.8  %    39.4%       39.0%
     フルタイム相当従業員(該当時点に
                             4,537       4,655      4,676        (118)       (139)
     おける人数)
                                  77/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     資産の質
                                  半期

                                               2019  年    2019  年
                           2019  年    2018  年    2018  年     3 月終了     3 月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了        対 2018  年   対 2018  年
                                               9 月終了     3 月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する
     90日以上DPDの貸付金および減損資産総額
                                                 6 bps    (10  bps)
                            0.52  %    0.46%       0.62%
        (1)
     の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                 2 bps
                            0.10  %    0.08%       0.10%                 -
                      (2)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
          (3)

     市場シェア
                                 2019  年 3月31日      2018  年 9月30日      2018  年 3月31日

                                   現在         現在         現在
     住宅貸付                                15.9  %       15.7%         15.6%
     アグリビジネス                                22.0  %       22.3%         22.5%
     事業貸付                                23.6  %       23.8%         23.5%
     リテール預金                                18.1  %       18.1%         18.5%
     販売

                                 2019  年 3月31日      2018  年 9月30日      2018  年 3月31日

                                   現在         現在         現在
     リテール支店数                                 153         153         155
     ATM台数                                 642         633         618
     インターネットバンキング顧客数(単位:千人)                                 753         731         712
     (1)

       減損資産総額は、保有証券に基づき損失ではないと評価されていたニュージーランド銀行業務の酪農業に係るエクスポー
       ジャー(2019年3月現在0NZドル、2018年9月現在3百万NZドル、2018年3月現在81百万NZドル)を含む。一括引当金は
       これらの貸付のために準備されている。
     (2)
       比率は、年度換算ベースの半期比率を表している。
     (3)
       出典:RBNZ。
                                  78/135









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     ニュージーランド銀行業務
     財務分析
     当上半期と前年同期との比較
      現金収益は、収益増加により38百万NZドルすなわち7.7%増加したが、費用および信用減損費用の増加により一
     部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、住宅貸付および事業貸付の成長により41億NZドルすなわち5.1%
     68 百万  NZドル         増加した。
     すなわち7.5%増加           ・顧客預金は、主に需要預金の成長により15億NZドルすなわち2.6%増加した。
                 ・純利息マージンは、資金調達構成の改善により6ベーシス・ポイント上昇した。これ
                  は、貸付マージンの減少によって一部相殺された。
     その他の収益           ・特定の顧客費用が削減および廃止され、ライン手数料収入の増加により一部相殺され
     2百万NZドル            た。
     すなわち0.7%減少
     営業費用           ・営業担当者の効率化および顧客経験価値の向上のためのデジタル機能への継続的な投
     10 百万  NZドル         資、ならびに法令遵守および統制の環境の強化の費用の増加。これは、生産性向上に
     すなわち2.2%増加            よる利益により一部相殺された。
                 ・優先セグメントおよびデジタル機能への投資に伴う減価償却費および償却費。
     信用減損費用           ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金および減損資産総額の比率
     3百万NZドル            は、酪農業に係るエクスポージャーに関連する減損資産総額の減少を主因として、10
     すなわち7.3%増加            ベーシス・ポイント低下した。
     リスク加重資産合計           ・貸付金および支払承諾総額の増加。
     34 億NZドル
     すなわち5.8%増加
                                  79/135











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      現金収益は、収益および費用の改善により22百万NZドルすなわち4.3%増加したが、信用減損費用の増加により
     一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、住宅貸付および事業貸付の両方における成長により、27億NZド
     30 百万  NZドル         ルすなわち3.3%増加した。住宅貸付の成長は、前年下半期および当上半期の両方にお
     すなわち3.2%増加            いて銀行業界全体の伸びを上回った。
                 ・顧客預金は、12億NZドルすなわち2.1%増加した。
                 ・純利息マージンは、資金調達構成の改善を主因として1ベーシス・ポイント上昇し
                  た。これは、住宅貸付マージンの低下により一部相殺された。
     その他の収益           ・ライン手数料収入およびカードからの収益の増加。
     6百万NZドル
     すなわち2.2%増加
     営業費用           ・手続の簡略化および継続的なコスト抑制を通じた生産性向上による利益。
     6百万NZドル           ・優先セグメントおよびデジタル機能への投資に伴う減価償却費および償却費、ならび
     すなわち1.2%減少            に法令遵守および統制の環境の強化の費用の増加により一部相殺された。
     信用減損費用           ・貸付金および支払承諾総額に対する信用減損費用の比率は、個人貸付を主因として2
     9百万NZドル            ベーシス・ポイント増加した。
     すなわち25.7%増加           ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金および減損資産総額の比率
                  は、酪農業に係るシングルネームの大口エクスポージャーに関連する減損資産総額の
                  増加を主因として、6ベーシス・ポイント増加した。
     リスク加重資産合計           ・貸付金および支払承諾総額の増加。
     12 億NZドル
     すなわち2.0%増加
                                  80/135












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     ニュージーランド銀行業務
      数値は豪ドルで表示されている。現地通貨建ての数値については前出表を参照のこと。
                                  半期

                                               2019  年    2019  年
                           2019  年    2018  年    2018  年
                                              3 月終了     3 月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対 2018  年   対 2018  年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9 月終了     3 月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                        920      870       828       5.7      11.1
     その他収益                        269      257       263       4.7      2.3
     純営業収益                       1,189       1,127      1,091        5.5      9.0
     営業費用                        (450)       (443)      (426)        1.6      5.6
     基礎利益                        739      684       665       8.0      11.1
     信用減損費用                        (41)      (32)       (38)       28.1       7.9
     税引前現金収益                        698      652       627       7.1      11.3
     法人税                        (195)       (182)      (175)        7.1      11.4
     現金収益                        503      470       452       7.0      11.3
     外国為替相場の変動の影響

                                    2019  年               2019  年

                                   3月終了                 3月終了
                           2018  年 9月              2018  年 3月
     2019  年 3月における                           対2018年                 対2018年
                          終了後の半期                 終了後の1年
     プラス/(マイナス)                              9月終了                 3月終了
                          ( 百万豪ドル)                ( 百万豪ドル)
                                  ( 為替変動を                ( 為替変動を
                                   除く)(%)                 除く)(%)
     純利息収益                           23        3.1         29        7.6
     その他収益                           6       2.3          9       (1.1)
     営業費用                          (12)        (1.1)         (15)        2.1
     信用減損費用                           -       28.1          (1)        5.3
     法人税                           (4)        4.9         (6)        8.0
     現金収益                           13        4.3         16        7.7
                                  81/135










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     コーポレート機能・その他業務
      当社グループの「コーポレート機能・その他業務」部門には、トレジャリー業務、技術・オペレーション業務、

     サポート部門および消去業務をはじめ、全事業部門を支援する機能が含まれる。トレジャリー業務は、資本管理、
     バランスシート管理および流動資産ポートフォリオとともに、当社グループの業務を支援する資本および構造的資
     金の移動を担当する中央機関としての役割を務める。
                                  半期

                                                2019  年    2019  年
                           2019  年     2018  年     2018  年     3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了       対2018年       対2018年
                         ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)      (百万豪ドル)         9月終了       3月終了
                                                ( %)      (%)
          (1)
                              354       316       247       12.0       43.3
     純営業収益
             (2)
                             (344)       (249)        -      38.2        大
     顧客関連救済措置
     純営業収益                         10       67      247      (85.1)      (96.0)
         (3)
                             (311)       (359)       (325)       (13.4)       (4.3)
     営業費用
             (2)
                               -       -     (755)         -      大
     事業再編関連費用
             (2)
                             (120)       (111)        -      8.1       大
     顧客関連救済措置
     基礎損失                        (421)       (403)       (833)        4.5     (49.5)
     信用減損費用                         (73)      (139)       (135)       (47.5)      (45.9)
     税引前および分配前現金損失                        (494)       (542)       (968)       (8.9)      (49.0)
     法人税控除額                         116       139       260      (16.5)      (55.4)
     分配前現金損失                        (378)       (403)       (708)       (6.2)      (46.6)
     分配                         (52)       (51)       (49)       2.0       6.1
     現金損失                        (430)       (454)       (757)       (5.3)      (43.2)
     現金損失(多額の特記事項を除く。)                        (105)       (193)       (227)       (45.6)      (53.7)
     (1)

       顧客関連救済措置を除く。
     (2)
       詳細は、上記「多額の特記事項」を参照。
     (3)
       事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除く。
                                  82/135









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年同期との比較
      現金損失は、前年同期の事業再編関連費用を主因として327百万豪ドル減少したが、当上半期の顧客関連救済措
     置により一部相殺された。現金損失(多額の特記事項を除く。)は、資金調達およびリスク管理業務からの収益の
     増加、資産売却および前期における臨時項目による利益ならびに一括引当金の水準の低下を主因として122百万豪
     ドル減少した。
     主な変動           主な要因

     純営業収益           ・344百万豪ドルの顧客関連救済措置を含む。
     237  百万豪ドル          ・107百万豪ドルの基礎的増加分は、資金調達およびリスク管理業務からの収益の増加な
     すなわち96.0%減少            らびに当期における資産売却および前期における臨時項目による利益を反映してい
                  る。
     営業費用           ・前年同期における755百万豪ドルの事業再編関連費用および当上半期における120百万
     649  百万豪ドル           豪ドルの顧客関連救済措置を含む。
     すなわち60.1%減少           ・14百万豪ドルの基礎的減少分は、前期アジアでのプライベート・ウェルス業務の売却
                  に伴う費用を反映している。
     信用減損費用           ・モーゲージのモデルの改善が繰り返されなかったことによる一括引当金の水準の低下
     62 百万豪ドル           および対象セクターにおいて引き上げられた一括引当金に係るFLAの正味水準の低下。
     すなわち45.9%減少
     分配           ・分配は比較的安定している。
     3百万豪ドル
     すなわち6.1%増加
     当上半期と前年下半期           との比較

      現金損失は、顧客関連救済措置を含み24百万豪ドル減少した。現金損失(多額の特記事項を除く。)は、資金調
     達およびリスク管理業務からの収益の増加、弁護士費用(王立委員会関連費用を含む。)の減少ならびに一括引当
     金の水準の低下を主因として88百万豪ドル減少した。
     主な変動           主な要因

     純営業収益           ・顧客関連救済措置の95百万豪ドルの増加を含む。
     57 百万豪ドル          ・38百万豪ドルの基礎的増加分は、資金調達およびリスク管理業務からの収益の増加を
     すなわち85.1%減少            反映している。
     営業費用           ・顧客関連救済措置の9百万豪ドルの増加を含む。
     39 百万豪ドル          ・48百万豪ドルの基礎的減少分は、弁護士費用(王立委員会関連費用を含む。)の減少
     すなわち8.3%減少            を反映している。
     信用減損費用           ・モーゲージのモデルの改善が繰り返されなかったことによる一括引当金の水準の低下
     66 百万豪ドル           および対象セクターにおいて引き上げられた一括引当金に係るFLAの正味水準の低下。
     すなわち47.5%減少
     分配           ・分配は比較的安定している。
     1百万豪ドル
     すなわち2.0%増加
     前へ

                                  83/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     4  【経営上の重要な契約等】

       経営上の重要な契約はない。
     5  【研究開発活動】

       上記「第3-3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。
       2019年のソフトウェアへの投資の概要は、上記「第3-3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッ

      シュ・フローの状況の分析」の「のれんおよびその他無形資産」に記載されている。
                                  84/135

















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第4    【設備の状況】

     1  【主要な設備の状況】

       当上半期中、当社の主要な設備の状況に重要な変化はなかった。
     2  【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループは、銀行の支店および関連設備に関する継続的な保守・改修計画を有しており、設備需要を継続
      的に見直している。「第3-3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の
      「投資支出」を参照のこと。
                                  85/135
















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第5    【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  株式の総数等(2019年3月31日現在)
       ① 授権株式の総数

         オーストラリア法上授権資本を有する必要はなくなった。
                                  86/135

















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
               (1)
       ② 発行済株式
                                      上場金融商品取引所名

      記名・無記名の別
                     種類         発行数(千株)         又は登録認可金融商品               内容
     及び額面・無額面の別
                                        取引業協会名
                                                 普通株式(完全議
                                                 決権株式であり、
                                                 権利内容に何ら制
                                                 限のない標準とな
                                                 る株式である。)
                                                 米  国  預  託  株  式

                                                 (ADS)(預託機関
                                      オーストラリア証券取           または保管機関に
                 普通株式               2,811,315
                                      引所           預託されている当
                                                 社の全額払込済普
                                                 通株式。ADSを構成
                                                 する各全額払込済
        記名式株式
                                                 普通株式には、全
                                                 額払込済普通株式
                                                 に付されるものと
                                                 同じ権利が付され
                                                 る。)
                 25セントまでの一部
                                    21
                      (2)
                 払込済株式
                                      オーストラリア証券取           当社が支配する株
                 自己株式                 (7,840)
                                      引所           式
                 ナショナル・インカ
                                      オーストラリア証券取
                 ム・セキュリティー
                                  20,000
                                      引所
                  (3)
                 ズ
          計                      2,823,496
      (1)

        上記の発行済株式数には従業員持株制度に基づく一部払込済株式が含まれる。全額払込済発行済株式総数(千株)は
       2,823,496(NISのために発行された証券を含む。)である。「払込資本を構成する発行済証券総数」は、(2016年7月1
       日付の承継ファンド合併まで)当社グループの連結投資事業により保有されていた当社自己株式および従業員インセン
       ティブ制度の要件を満たすために当社グループの被支配会社により信託保管されている自己株式について調整がなされて
       いる。株価変動から発生した値洗い価値の未実現変動、配当収益および当社グループの連結投資事業により保有されてい
       た株式の売却から発生した実現損益は、法定報告上消去されている。
      (2)
        従業員持株制度における一部払込済株式。
      (3)
        1999年6月29日、当社は、NIS20百万株を1株当たり100豪ドルで発行した。NISは、当社がニューヨーク支店を通じて
       発行した100豪ドルの全額払込済社債1単位および当社が発行した未払いのNIS優先株式1株から成るステープル証券であ
       る。NIS優先株式の未払額は、一定の限定された状況(不履行事由の発生等)の下でその支払期日が到来する。NISの各保有
       者は、四半期毎に後払いされる、オーストラリアの90日銀行手形の利率に年率1.25%を加えた利率による非累積配当を受
       領する権利を有する。APRAの事前の同意を得て、当社は各証券を1単位当たり100豪ドル(プラス未払配当金)で償還し、か
       かる証券に非分離のものとして付されたNIS優先株式を無償で買い戻すか消却することができる。NISには満期日はない。
                                  87/135







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      (2)  行使価額修正条項付新株予約権付社債等の行使状況等
        該当なし
      (3)  発行済株式総数及び資本金の推移

                             2018年9月30日                     2019年3月31日

                    種類                     期中異動
                                現在                     現在
               全額払込済普通株式                  2,734,119            77,196         2,811,315
               25セントまでの
                                    25           (4)           21
               一部払込済普通株式
               自己株式                   (7,800)            (40)         (7,840)
      発行済株式総数
        (千株)
               ナショナル・インカム・
                                  20,000             -        20,000
               セキュリティーズ
               信託優先証券                     400          (400)            -
               合計                  2,746,744            76,752         2,823,496

              資本金
                                  35,982            868         36,850
           (単位:百万豪ドル、
                                  (2,784)            (67)         (2,851)
            カッコ内十億円)
      (4)  大株主の状況

        2019年3月31日現在、発行済普通株式総数の1%超を所有する名簿上の普通株式所有者は以下のとおりであ
       る。
                                       所有普通株式数         発行済普通株式総数

             名称                 住所
                                          (株)       に対する割合(%)
                         ニューサウスウェールズ州
     HSBC・カストディー・ノミニーズ                                    627,704,804              22.33
                         シドニー
     JPモルガン・ノミニーズ・オーストラ                    ビクトリア州
                                         370,425,487              13.18
     リア・ピーティーワイ・リミテッド                    メルボルン
     シティコープ・ノミニーズ・ピー                    ビクトリア州
                                         179,963,179              6.40
     ティーワイ・リミテッド                    メルボルン
                         ビクトリア州
     ナショナル・ノミニーズ・リミテッド                                    114,380,157              4.07
                         メルボルン
     BNPパリバ・ノミニーズ・ピーティーワ                    ニューサウスウェールズ州
                                         56,508,322              2.01
     イ・リミテッド                    ロイヤル・エクスチェンジ
     BNPパリバ・ノムズ・ピーティーワイ・                    ニューサウスウェールズ州
                                         29,490,424              1.05
     リミテッド                    ロイヤル・エクスチェンジ
              計                          1,378,472,373               49.04
                                  88/135







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     2  【株価の推移】
                                (1)
       下表は、当上半期中のオーストラリア証券取引所                            における当社普通株式の株価の推移を示したものであ
      る。
                                                    (単位:豪ドル)
               月別     2018年10月        11月       12月     2019年1月        2月       3月
      当上半期中に
      おける月別最         最高      27.78       26.05       24.96       25.03       25.36       25.82
      高・最低株価
               最低      24.52       23.32       22.52       23.47       23.51       24.68
      (1)

         当社普通株式は、2006年9月10日に東京証券取引所への上場を廃止した。
     3  【役員の状況】

       以下のとおり、当社取締役会の構成に関する多くの変更が当上半期中に発表された。
      ● アンドリュー・ソーバーン氏は、2019年2月28日付でマネージング・ディレクター兼グループ最高経営責任
        者を辞任し、当社グループとの雇用関係を終了した。
      ● 取締役のフィリップ・クロニカン氏は、2019年3月1日付で暫定グループ最高経営責任者の業務を開始し、
        常任のグループ最高経営責任者が選任され次第、取締役会に属する独立非業務執行取締役の業務に戻る。
      ● 取締役会に属する非業務執行取締役兼会長のケネス・ヘンリー博士は、常任のグループ最高経営責任者が選
        任され次第、取締役を辞任する意思を表明している。
      ● フィリップ・クロニカン氏は、取締役会により次期会長に選任されており、本年中、ヘンリー博士の退任と
        同時に会長に就任する。
                                  89/135











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第6    【経理の状況】

     (1)  本書記載の中間財務書類は、2019年3月31日現在および同日に終了した6ヵ月間についてのナショナル・オー

      ストラリア・バンク・リミテッドの中間財務書類の翻訳である。
       ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドの中間財務書類は、豪ドルで表示されている。以下の中間
      財務書類に表示された主要な円金額は、2019年5月7日現在の株式会社三菱UFJ銀行における対顧客電信直物売
      買相場の仲値(1豪ドル=77.38円)により換算したものである。金額は百万円単位(四捨五入)で表示されてい
      る(ただし1株当たり情報は円単位で四捨五入している)。日本円に換算された金額は、四捨五入のため合計欄
      の数値が総計と一致しない場合がある。
     (2)  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドの中間財務書類は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作

      成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)76条1項の規定に準拠して作成されている。
     (3)  日本において一般に公正妥当と認められる会計原則または会計慣行とオーストラリアにおける会計原則または

      会計慣行との主要な差異は、「3                  日豪の会計原則および会計慣行の相違」に記載されている。
     (4)  本書記載の中間財務書類は、公認会計士等による監査を受けていない。

                                  90/135












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     1  【中間財務書類】

                (1)
      中間連結損益計算書
                            2019年3月31日に           2018年9月30日に           2018年3月31日に

                             終了した6ヵ月           終了した6ヵ月           終了した6ヵ月
                         注記
                           百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円
     受取利息                        14,981    1,159,230       14,450    1,118,141       14,093    1,090,516
     支払利息                        (8,240)    (637,611)      (7,711)    (596,677)      (7,327)    (566,963)
     純利息収益                        6,741    521,619      6,739    521,464      6,766    523,553
     その他収益                     3    2,428    187,879      2,738    211,866      2,858    221,152
        (2)
                          ▶   (4,591)    (355,252)      (4,726)    (365,698)      (5,184)    (401,138)
     営業費用
     貸倒引当金繰入額                     8    (454)    (35,131)       (409)    (31,648)       (382)    (29,559)
     税引前利益                        4,124    319,115      4,342    335,984      4,058    314,008
     法人税                     5   (1,219)     (94,326)      (1,273)     (98,505)      (1,182)     (91,463)
     継続事業からの当期純利益                        2,905    224,789      3,069    237,479      2,876    222,545
     非継続事業からの税引後当期純(損失)                    14    (210)    (16,250)       (97)    (7,506)      (291)    (22,518)
     当期純利益                        2,695    208,539      2,972    229,973      2,585    200,027
     非支配持分への帰属                          1     77      1     77      2    155
     当社の株主への帰属                        2,694    208,462      2,971    229,896      2,583    199,873
                             セント       円    セント       円    セント       円
     基本的1株当たり利益                         95.9      74    107.3       83    93.9      73
     希薄化後1株当たり利益                         92.1      71    103.4       80    91.1      70
                             セント       円    セント       円    セント       円
     継続事業からの基本的1株当たり利益                        103.5       80    110.9       86    104.7       81
     継続事業からの希薄化後1株当たり利益                         99.1      77    106.6       82    101.0       78
     (1)  情報は継続事業ベースで表示している。
     (2)  事業再編関連費用を含む。詳細は注記4「営業費用」を参照。
                                  91/135












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                  (1)
      中間連結包括利益計算書
                            2019年3月31日に           2018年9月30日に           2018年3月31日に

                             終了した6ヵ月           終了した6ヵ月           終了した6ヵ月
                        注記
                           百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円     百万豪ドル      百万円
     継続事業からの当期純利益                        2,905     224,789     3,069     237,479      2,876     222,545
     その他の包括利益
     純損益に振り替えられない項目
     確定給付年金制度の年金数理上の利益                          -      -     7     542      -      -
     公正価値で測定の指定を受けた金融負債の公正                         120     9,286      47     3,637      19    1,470
      価値の変動のうち当社グループの自己の信用
      リスクに起因する変動額
     その他の払込資本の為替換算調整額                          -      -    (5)     (387)      46    3,559
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
      資本性金融商品積立金:
      再評価益/(損)                         7     542     (7)     (542)      26    2,012
     資本へ/(から)直接振り替えられた項目に係る                         (29)     (2,244)      (12)      (929)      (6)     (464)
      法人税
     純損益に振り替えられない項目合計                         98     7,583      30     2,321      85    6,577
     純損益に振り替えられ得る項目
     キャッシュ・フロー・ヘッジ積立金:
      キャッシュ・フロー・ヘッジ手段に係る利                        91     7,042      25     1,935      (51)    (3,946)
       得/(損失)
     ヘッジ費用積立金                        (189)     (14,625)      (76)     (5,881)       -      -
     外貨換算積立金:
      在外営業活動体の為替換算調整額(ヘッジ部                        335    25,922     (175)     (13,542)      190    14,702
       分を除く)
      在外営業活動体の処分に伴う損益計算書への                         -      -    (62)     (4,798)       -      -
       振替
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
      負債性金融商品積立金:
      再評価益/(損)                        39     3,018     (48)     (3,714)      (40)    (3,095)
      損益計算書に振り替えられた売却益                        (1)     (77)     (7)     (542)      (2)     (155)
      負債性金融商品に係る貸倒引当金の変動額                        (1)     (77)     -      -     5     387
     資本へ直接振り替えられた項目に係る法人税                          1     77     37     2,863      1     77
     純損益に振り替えられ得る          項目合計              275    21,280     (306)     (23,678)      103     7,970
     当期その他の包括利益(法人税控除後)                         373    28,863     (276)     (21,357)      188    14,547
     継続事業からの当期包括利益合計                        3,278     253,652     2,793     216,122      3,064     237,092
     非継続事業からの当期純損失                    14    (210)     (16,250)      (97)     (7,506)      (291)    (22,518)
     当 期包括利益合     計                  3,068     237,402     2,696     208,616      2,773     214,575
     非支配株主への帰属                          1     77     1      77     2     155
     当社株主に帰属する包括利益合計                        3,067     237,324     2,695     208,539      2,771     214,420
     (1)  情報は継続事業ベースで表示している。
                                  92/135









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       中間連結貸借対照表
                           2019年3月31日現在           2018年9月30日現在           2018年3月31日現在

                       注記
                          百万豪ドル      百万円     百万豪ドル      百万円     百万豪ドル      百万円
     資産
     現金および流動資産                       54,044    4,181,925       50,188    3,883,547       44,232    3,422,672
     他の銀行に対する債権                       27,418    2,121,605       30,568    2,365,352       40,309    3,119,110
     売買目的金融商品                       84,043    6,503,247       78,228    6,053,283       77,687    6,011,420
     負債性金融商品                       42,873    3,317,513       42,056    3,254,293       40,969    3,170,181
     その他の金融資産                       8,827     683,033      10,041     776,973      13,173    1,019,327
     ヘッジ目的デリバティブ                       3,055     236,396      3,840     297,139      5,135     397,346
     貸出金                      585,730    45,323,787       567,981    43,950,370       550,262    42,579,274
     支払承諾見返                       3,096     239,568      3,816     295,282      5,288     409,185
     有形固定資産                       1,133     87,672      1,199     92,779      1,245     96,338
     のれんおよびその他の無形資産                       5,872     454,375      5,787     447,798      5,607     433,870
     繰延税金資産                       2,232     172,712      2,083     161,183      2,070     160,177
          (1)
                            8,620     667,016      10,723     829,746      10,091     780,842
     その他の資産
     資産合計                      826,943    63,988,849       806,510    62,407,744       796,068    61,599,742
     負債
     他の銀行に対する債務                       36,960    2,859,965       38,192    2,955,297       35,914    2,779,025
     売買目的金融商品                       23,287    1,801,948       22,422    1,735,014       26,503    2,050,802
     その他の金融負債                       32,973    2,551,451       30,437    2,355,215       29,986    2,320,317
     ヘッジ目的デリバティブ                       2,985     230,979      2,547     197,087       553    42,791
     預金およびその他の借入金                   10   518,692    40,136,387       503,145    38,933,360       502,690    38,898,152
     当期未払税金                        229    17,720       103     7,970       44    3,405
     引当金                       2,568     198,712      2,196     169,926      2,050     158,629
     社債、ノ   ー トおよび劣後債                  140,699    10,887,289       140,222    10,850,378       132,341    10,240,547
     その他の発行負債                       6,509     503,666      6,158     476,506      6,159     476,583
     その他の負債                       7,950     615,171      8,376     648,135      7,427     574,701
     負債合計                      772,852    59,803,288       753,798    58,328,889       743,667    57,544,952
     純資産                       54,091    4,185,562       52,712    4,078,855       52,401    4,054,789
     資本
     払込資本                   11    36,850    2,851,453       35,982    2,784,287       35,702    2,762,621
     積立金                   11     458    35,440       46    3,559      331    25,613
     利益剰余金                       16,776    1,298,127       16,673    1,290,157       16,357    1,265,705
     資本合計(親会社持分)                       54,084    4,185,020       52,701    4,078,003       52,390    4,053,938
     被支配会社の非支配持分                         7     542      11     851      11     851
     資本合計                       54,091    4,185,562       52,712    4,078,855       52,401    4,054,789
     (1)  第三者に差し入れられた現金担保、未収利息、償却原価で測定するその他の負債性金融商品、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本
       性金融商品および関係会社に対する投資を含む。
                                  93/135









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       中間要約連結キャッシュ・フロー計算書
                            2019年3月31日に           2018年9月30日に           2018年3月31日に

                             終了した6ヵ月           終了した6ヵ月           終了した6ヵ月
                         注記   百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円
     営業活動によるキャッシュ・フロー
     利息受取額                        14,938    1,155,902       14,481    1,120,540       13,859    1,072,409
     利息支払額                        (8,114)    (627,861)      (7,492)    (579,731)      (7,286)    (563,791)
     配当金受取額                          10     774      34    2,631       15    1,161
     法人税支払額                        (1,185)     (91,695)      (1,183)     (91,541)      (1,451)    (112,278)
     営業資産および負債の変動考慮前の営業活動に                        (4,292)    (332,115)       6,357    491,905      (1,135)     (87,826)
      よりもたらされたその他キャッシュ・フロー
     営業資産および負債の変動                        4,644    359,353     (20,294)    (1,570,350)       (5,101)    (394,715)
     営業活動によりもたらされた/(使用された)                        6,001    464,357      (8,097)    (626,546)      (1,099)     (85,041)
            (1)
      キャッシュ純額
     投資活動によるキャッシュ・フロー
     負債性金融商品の投資の変動
      購入                       (13,139)    (1,016,696)       (12,251)     (947,982)      (9,767)    (755,770)
      処分および満期償還による収入                        12,990    1,005,166       10,951     847,388      11,277     872,614
     投資の売却ならびにその他の負債および資本性                         284    21,976       17    1,315      (149)    (11,530)
      金融商品からの収入
     有形固定資産およびソフトウェアの購入                         (455)    (35,208)       (608)    (47,047)       (443)    (34,279)
     有形固定資産およびソフトウェアの売却による                          3    232      30    2,321      (11)     (851)
      収入(売却費用控除後)
     投資活動によりもたらされた/(使用された)                         (317)    (24,529)      (1,861)    (144,004)       907    70,184
      キャッシュ純額
     財務活動によるキャッシュ・フロー
     社債、ノートおよび劣後債の返済                       (19,062)    (1,475,018)       (10,004)     (774,110)      (12,947)    (1,001,839)
     社債、ノートおよび劣後債の発行による収入                        17,315    1,339,835       16,039    1,241,098       16,100    1,245,818
      (発行費用控除後)
     その他の払込資本の返済                         (722)    (55,868)        -     -     -     -
     その他の発行債務による収入(発行費用控除                        1,858    143,772        -     -     -     -
      後)
     その他の発行債務の返済                         (764)    (59,118)       (7)    (542)      (34)    (2,631)
     配当金および分配金支払額(配当再投資プランを                        (1,771)    (137,040)      (2,452)    (189,736)      (1,769)    (136,885)
      除く)
     財務活動によりもたらされた/(使用された)                        (3,146)    (243,437)       3,576    276,711      1,350    104,463
      キャッシュ純額
     現金および現金同等物の純増(減)額                        2,538    196,390      (6,382)    (493,839)       1,158     89,606
     現金および現金同等物の期首残高                        37,946    2,936,261       43,062    3,332,138       39,800    3,079,724
     外貨建現金残高に対する為替レート変動の影響                         870    67,321      1,266     97,963      2,104    162,808
      額
     現金および現金同等物の期末残高                        41,354    3,199,973       37,946    2,936,261       43,062    3,332,138
     (1)  2018  年3月に終了した6ヵ月には、当社グループの非継続事業に関連するキャッシュ・フローが含まれており、618百万豪ドルがCYBGに関連する
       もので、33百万豪ドルが当社グループの生命保険事業に関連するものである。
                                  94/135








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      中間連結持分変動計算書
                                               被支配会社の

                            (1)     (1)
                         払込資本      積立金     利益剰余金       合計    非支配持分      資本合計
                         百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル
     2017年10月1日現在残高                      34,627       237    16,442      51,306       11    51,317
     継続事業からの当期純利益                        -      -    2,874      2,874       2    2,876
     非継続事業からの当期純損失                        -      -    (291)      (291)       -    (291)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -     174      14     188       -     188
     当期包括利益合計                        -     174     2,597      2,771       2    2,773
     株主との取引(資本直入処理):
      株主による拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                      914       -      -     914       -     914
       利益剰余金から/(へ)の振替                      -      1     (1)      -      -      -
       株式報酬積立金からの振替                      161     (161)       -      -      -      -
       株式報酬                      -     80      -     80      -     80
       支払配当金                      -      -    (2,632)      (2,632)       (2)    (2,634)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -     (49)      (49)       -     (49)
     2018年3月31日現在残高                      35,702       331    16,357      52,390       11    52,401
     継続事業からの当期純利益                        -      -    3,068      3,068       1    3,069
     非継続事業からの当期純損失                        -      -     (97)      (97)       -     (97)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -    (317)       41     (276)       -    (276)
     当期包括利益合計                        -    (317)     3,012      2,695       1    2,696
     株主との取引(資本直入処理):
      株主による拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                      268       -      -     268       -     268
       利益剰余金から/(へ)の振替                      -     (22)       22      -      -      -
       株式報酬積立金からの振替                      12     (12)       -      -      -      -
       株式報酬                      -     66      -     66      -     66
       支払配当金                      -      -    (2,667)      (2,667)       (2)    (2,669)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -     (51)      (51)       -     (51)
             (2)
      所有者持分の変動
       被支配会社の非支配持分の変動                      -      -      -      -     1      1
     2018年9月30日現在残高                      35,982       46    16,673      52,701       11    52,712
     継続事業からの当期純利益                        -      -    2,904      2,904       1    2,905
     非継続事業からの当期純損失                        -      -    (210)      (210)       -    (210)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -     290      83     373       -     373
     当期包括利益合計                        -     290     2,777      3,067       1    3,068
     株主との取引(資本直入処理):
      株主による拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                      957       -      -     957       -     957
       優先株式の転換                      750       -      -     750       -     750
       利益剰余金から/(へ)の振替                      -     (83)      83      -      -      -
       株式報酬積立金からの振替                      136     (136)       -      -      -      -
       株式報酬                      -     54      -     54      -     54
       支払配当金                      -      -    (2,674)      (2,674)       (2)    (2,676)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -     (52)      (52)       -     (52)
      信託優先証券の償還                      (975)      287      (31)     (719)       -    (719)
             (2)
      所有者持分の変動
       被支配会社の非支配持分の変動                      -      -      -      -     (3)      (3)
     2019年3月31日現在残高                      36,850       458    16,776      54,084        7    54,091
     (1)  注記11「払込資本および積立金」を参照。
     (2)  支配の喪失とならない被支配会社の所有者持分の変動。
                                  95/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                                               被支配会社の
                            (1)     (1)
                         払込資本      積立金     利益剰余金       合計    非支配持分      資本合計
                          百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2017年10月1日現在残高                     2,679,437       18,339    1,272,282      3,970,058        851   3,970,909
     継続事業からの当期純利益                        -      -   222,390      222,390       155    222,545
     非継続事業からの当期純損失                        -      -   (22,518)      (22,518)        -   (22,518)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -    13,464      1,083     14,547        -    14,547
     当期包括利益合計                        -    13,464     200,956      214,420       155    214,575
     株主との取引(資本直入処理):
      株主による拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                    70,725        -      -    70,725        -    70,725
       利益剰余金から/(へ)の振替                      -     77     (77)       -      -      -
       株式報酬積立金からの振替                    12,458     (12,458)         -      -      -      -
       株式報酬                      -    6,190       -    6,190       -    6,190
       支払配当金                      -      -   (203,664)      (203,664)       (155)    (203,819)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -    (3,792)      (3,792)        -    (3,792)
     2018年3月31日現在残高                     2,762,621       25,613    1,265,705      4,053,938        851   4,054,789
     継続事業からの当期純利益                        -      -   237,402      237,402        77    237,479
     非継続事業からの当期純損失                        -      -    (7,506)      (7,506)        -    (7,506)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -   (24,529)       3,173     (21,357)        -   (21,357)
     当期包括利益合計                        -   (24,529)      233,069      208,539        77    208,616
     株主との取引(資本直入処理):
      株主による拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                    20,738        -      -    20,738        -    20,738
       利益剰余金から/(へ)の振替                      -    (1,702)      1,702       -      -      -
       株式報酬積立金からの振替                      929     (929)       -      -      -      -
       株式報酬                      -    5,107       -    5,107       -    5,107
       支払配当金                      -      -   (206,372)      (206,372)       (155)    (206,527)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -    (3,946)      (3,946)        -    (3,946)
             (2)
      所有者持分の変動
       被支配会社の非支配持分の変動                      -      -      -      -     77      77
     2018年9月30日現在残高                     2,784,287       3,559    1,290,157      4,078,003        851   4,078,855
     継続事業からの当期純利益                        -      -   224,712      224,712        77    224,789
     非継続事業からの当期純損失                        -      -   (16,250)      (16,250)        -   (16,250)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -    22,440      6,423     28,863        -    28,863
     当期包括利益合計                        -    22,440     214,884      237,324        77    237,402
     株主との取引(資本直入処理):
      株主による拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                    74,053        -      -    74,053        -    74,053
       優先株式の転換                    58,035        -      -    58,035        -    58,035
       利益剰余金から/(へ)の振替                      -    (6,423)      6,423       -      -      -
       株式報酬積立金からの振替                    10,524     (10,524)        -      -      -      -
       株式報酬                      -    4,179       -    4,179       -    4,179
       支払配当金                      -      -   (206,914)      (206,914)       (155)    (207,069)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -    (4,024)      (4,024)        -    (4,024)
      信託優先証券の償還                     (75,446)      22,208      (2,399)     (55,636)        -   (55,636)
             (2)
      所有者持分の変動
       被支配会社の非支配持分の変動                      -      -      -      -    (232)      (232)
     2019年3月31日現在残高                     2,851,453       35,440    1,298,127      4,185,020        542   4,185,562
     (1)  注記11「払込資本および積立金」を参照。
     (2)  支配の喪失とならない被支配会社の所有者持分の変動。
     次へ

                                  96/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      中間財務書類に対する注記

       1 重要な会計方針
         本書類は、オーストラリア証券取引所(以下「ASX」)上場規則、2001年会社法(連邦法)およびオース
        トラリア会計基準審議会(以下「AASB」)が公表する会計基準第134号「中間財務報告」に準拠して作成さ
        れている2019年3月31日に終了した6ヵ月間の報告期間に関する中間財務書類である。
         本書類は、関連する会計基準が要求または許容する公正価値の測定の適用により修正された取得原価主義
        に基づき作成されている。
         本中間財務書類は、年次財務書類に通常含まれている開示のすべてを含んでいるわけではない。したがっ
        て年次財務書類のような当社グループの財政状態および財務業績についての全面的な理解が得られることは
        期待できない。本書類は、当社グループの2018事業年度の年次財務書類および本中間財務書類の日付までに
        公表した書類とともに読まれるべきである。
         本中間財務書類の会計方針は、AASB第15号「顧客との契約から生じる収益」の採用を除き、当社グループ
        の2018事業年度の年次財務書類に適用されている会計方針と一致している。AASB第15号はAASB第111号「工
        事契約」およびAASB第118号「収益」(関連する解釈を含む。)を置き換えたものであり、他の基準書の範
        囲に含まれるものを除き、あらゆる顧客との契約からの収益に適用される。当該新基準は顧客との契約から
        生じる収益の会計処理のために5つのステップによるモデルを確立している。AASB第15号のもとでは、収益
        は顧客に対する財またはサービスの移転と交換に企業が権利を得ると見込んでいる対価を反映した金額に
        よって認識される。
         当該基準は、企業が当該モデルの各ステップを顧客との契約に当てはめる際に関連する諸般の事情を考慮
        したうえで判断を行うことを要求している。さらに、当該基準は、契約獲得の増分コストおよび契約の履行
        に直接関連するコストの会計処理を明記している。当社グループは修正遡及適用法(適用開始の累積的影響
        を2018年10月1日の利益剰余金期首残高を通して認識する方法)を用いてAASB第15号を適用した。AASB第15
        号の適用から重要な変更は生じなかった。
         当期間中に適用したオーストラリア会計基準の他の重要な改訂で当社グループに重要な影響を与えたもの
        はなかった。
         非継続事業は継続事業の業績から除外され、損益計算書において非継続事業からの税引後損益として別個
        に表示される。
       重要な会計上の仮定および見積り

         本中間財務書類を作成するにあたっては、資産、負債、収益および費用の報告額に影響を与える重要な会
        計上の見積り、判断および仮定を用いる必要がある。
         2019年3月31日に終了した6ヵ月間の報告期間において2018事業年度の年次財務報告書に適用した見積
        り、判断および仮定の領域との比較で大きく変更したものはない。
       表示通貨

         すべての金額は、別途記載のない限り豪ドルで表示されている。
                                  97/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                 (1)
       2 セグメント情報
          (1)
            情報は継続事業ベースで表示している。
         当社グループの事業は、以下の報告対象セグメントから構成されている。「事業者向け・プライベートバ
        ンキング業務」、「消費者金融・資産運用業務」「法人・機関投資家向け銀行業務」および「ニュージーラ
        ンド銀行業務」。なお当社グループの情報と一致させる目的で「コーポレート機能・その他業務」を注記に
        含めている。
         当社グループは現金収益を基準に報告対象セグメントの業績を評価している。現金収益はIFRSの評価尺度
        ではないが、当社、投資業界および事業ポートフォリオが当社に類似しているオーストラリアの主要な同業
        他社により用いられる主要財務業績指標である。現金収益は、当社グループの基本的業績をよりよく反映す
        るために当社グループが適切と考える項目について調整を加えた、継続事業からの当社株主に帰属する当期
        純利益と定義される。2019年3月31日に終了した6ヵ月間の現金収益は、分配金、公正価値およびヘッジの
        非有効部分、取得無形資産の償却、ならびにMLCウェルスからの投資引き揚げ費用について調整が加えられ
        ている。現金収益は、当社グループのキャッシュ・フロー、資金調達状況または流動性状況を示すことを意
        図しているものではなく、またキャッシュ・フロー計算書に表示される金額を意図しているものでもない。
        主要顧客

         当社グループの収益の10%を超える収益をもたらす単一顧客はいない。
        報告対象セグメント

                                  2019  年3月31日に終了した6ヵ月

                       事業者向け・
                                              コーポレート
                       プライベート            法人・機関投
                                              機能・その他
                       バンキング     消費者金融・      資家向け銀行      ニュージーラ
                                                 (2)
                         業務    資産運用業務        業務    ンド銀行業務       業務      合計
        報告対象セグメント情報               百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル
             (3)
                          2,808      1,900       934      920      172     6,734
        純利息収益
               (3)            521      708      804      269     (162)     2,140
        その他の営業収益
        純営業収益                  3,329      2,608      1,738      1,189       10     8,874
            (3)              (1,115)      (1,530)       (649)      (450)      (431)     (4,175)
        営業費用
        基礎収益(損失)                  2,214      1,078      1,089       739     (421)     4,699
        信用減損費用                  (119)      (173)      (43)      (41)      (73)     (449)
        税引前および分配前現金収益/(損                  2,095       905     1,046       698     (494)     4,250
          失)
        法人税(費用)/還付                  (633)      (267)      (265)      (195)      116     (1,244)
        分配前現金収益/(損失)                  1,462       638      781      503     (378)     3,006
        分配金                   -      -      -      -     (52)      (52)
        現金収益/(損失)                  1,462       638      781      503     (430)     2,954
        公正価値およびヘッジ非有効部分                   (1)      3     (47)       7     (31)      (69)
        その他の非現金収益項目                   -     (13)       -      -     32      19
        継続事業からの当期純利益/(損                  1,461       628      734      510     (429)     2,904
          失)
        非継続事業に帰属する当期純損失                   -      -      -      -     (210)      (210)
        当社株主に帰属する純利益/(損                  1,461       628      734      510     (639)     2,694
          失)
        報告対象セグメント資産                 201,486      232,527      273,049      84,945      34,936     826,943
         (2)  コーポレート機能・その他業務にはグループ間消去が含まれる。
         (3)  多額の特記事項を含む。詳細については本書第3-2「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況―多額の特記事
          項」を参照。
                                  98/135



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                                  2018  年9月30日に終了した6ヵ月
                       事業者向け・
                                              コーポレート
                       プライベート            法人・機関投
                                              機能・その他
                       バンキング     消費者金融・      資家向け銀行      ニュージーラ
                                                 (2)
                         業務    資産運用業務        業務    ンド銀行業務       業務      合計
        報告対象セグメント情報               百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル
        純利息収益                  2,783      1,950       936      870      178     6,717
               (3)            536      771      714      257     (111)     2,167
        その他の営業収益
        純営業収益                  3,319      2,721      1,650      1,127       67     8,884
            (3)              (1,139)      (1,536)       (660)      (443)      (470)     (4,248)
        営業費用
        基礎収益(損失)                  2,180      1,185       990      684     (403)     4,636
        信用減損(費用)/戻入                  (133)      (138)       36     (32)     (139)      (406)
        税引前および分配前現金収益/(損                  2,047      1,047      1,026       652     (542)     4,230
          失)
        法人税(費用)/還付                  (618)      (312)      (263)      (182)      139     (1,236)
        分配前現金収益/(損失)                  1,429       735      763      470     (403)     2,994
        分配金                   -      -      -      -     (51)      (51)
        現金収益/(損失)                  1,429       735      763      470     (454)     2,943
        公正価値およびヘッジ非有効部分                   (3)      2     (2)      (2)     106      101
        その他の非現金収益項目                   -     (15)       -      -     39      24
        継続事業からの当期純利益/(損                  1,426       722      761      468     (309)     3,068
          失)
        非継続事業に帰属する当期純損失                   -      -      -      -     (97)      (97)
        当社株主に帰属する純利益/(損                  1,426       722      761      468     (406)     2,971
          失)
        報告対象セグメント資産                 199,750      228,705      263,752      79,130      35,173     806,510
         (2)  コーポレート機能・その他業務にはグループ間消去が含まれる。
         (3)  多額の特記事項を含む。詳細については本書第3-2「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況―多額の特記事
          項」を参照。
                                  2018  年3月31日に終了した6ヵ月

                       事業者向け・
                                              コーポレート
                       プライベート            法人・機関投
                                              機能・その他
                       バンキング     消費者金融・      資家向け銀行      ニュージーラ
                                                 (2)
                         業務    資産運用業務        業務    ンド銀行業務       業務      合計
        報告対象セグメント情報               百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル
        純利息収益                  2,756      2,014       946      828      206     6,750
        その他の営業収益                  532      770      737      263      41     2,343
        純営業収益                  3,288      2,784      1,683      1,091       247     9,093
            (3)              (1,091)      (1,510)       (637)      (426)     (1,080)      (4,744)
        営業費用
        基礎収益(損失)                  2,197      1,274      1,046       665     (833)     4,349
        信用減損(費用)/戻入                  (74)     (133)       7     (38)     (135)      (373)
        税引前および分配前現金収益/(損                  2,123      1,141      1,053       627     (968)     3,976
          失)
        法人税(費用)/還付                  (641)      (337)      (275)      (175)      260     (1,168)
        分配前現金収益/(損失)                  1,482       804      778      452     (708)     2,808
        分配金                   -      -      -      -     (49)      (49)
        現金収益/(損失)                  1,482       804      778      452     (757)     2,759
        公正価値およびヘッジ非有効部分                   (3)      25      15      -     44      81
        その他の非現金収益項目                   -     (15)       -      -     49      34
        継続事業からの当期純利益/(損                  1,479       814      793      452     (664)     2,874
          失)
        非継続事業に帰属する当期純損失                   -      -      -      -     (291)      (291)
        当社株主に帰属する純利益/(損                  1,479       814      793      452     (955)     2,583
          失)
        報告対象セグメント資産                 196,180      223,416      250,117      79,048      47,307     796,068
         (2)  コーポレート機能・その他業務にはグループ間消去が含まれる。
         (3)  多額の特記事項を含む。詳細については本書第3-2「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況―多額の特記事
          項」を参照。
                                  99/135




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
               (1)
       3 その他収益
          (1)
           情報は継続事業ベースで表示している。
                                    2019年3月31日に        2018年9月30日に        2018年3月31日に

                                     終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
                                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        公正価値で測定する金融商品に係る純利益
        売買目的有価証券                                1,207        651        92
               (2)
        ヘッジ非有効部分                                  (5)        94       463
        公正価値で測定の指定を受けた金融商品                                 (527)        62       163
        公正価値で測定する金融商品に係る純利益合計                                 675        807        718
        その他営業収益
        受取配当金                                  10        23        15
             (3)
                                          536        510        498
        銀行手数料
        送金手数料                                 282        289        284
               (3) (4)
                                          692        816       1,100
        報酬および手数料
        投資管理報酬                                 146        158        154
        その他収益                                  87       135        89
        その他営業収益合計                                1,753        1,931        2,140
        その他収益合計                                2,428        2,738        2,858
         (2)
           ヘッジ関係に指定されたヘッジの非有効部分を表している。
         (3)
           2018  年3月に対応する数値は銀行手数料の一部を報酬および手数料に組み替えるために修正再表示されている。
         (4)
           顧客関連救済措置を含む。
        顧客関連救済措置

         2019年4月18日に当社グループは、顧客関連救済措置の事案についての費用の増額を公表した。これらの
        追加費用は、NABファイナンシャル・プラニングから請求された助言サービス手数料、ウェルス業務助言に
        関する再調査および顧客が一定の手数料無料の取引に対して不適切に手数料が課されていた問題を含む銀行
        業務関連問題を含む当社のウェルス事業における問題により影響を受けた顧客に対する返金および補償に関
        係している。
         顧客関連救済措置の302百万豪ドルは、2019年3月31日に終了した6ヵ月間において報酬および手数料の
        減額として認識された。2018年9月30日に終了した6ヵ月間においてには、顧客関連救済措置の249百万豪
        ドルが報酬および手数料の減額として認識された。
                                100/135









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
              (1)
       4 営業費用
          (1)
            情報は継続事業ベースで表示している。
                                    2019年3月31日に        2018年9月30日に        2018年3月31日に

                                     終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
                                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        人件費
         給与および関連経費                                1,722        1,673        1,672
         退職年金費用-確定拠出制度                                136        132        134
         業績連動型報酬                                256        301        321
               (2)
                                          139        151        577
         その他の人件費
        人件費合計                                2,253        2,257        2,704
        施設関連費
         オペレーティング・リース賃借料                                225        226        225
              (2)
                                          46        51        82
         その他の費用
        施設関連費合計                                 271        277        307
        一般管理費
         支払報酬および手数料                                270        308        304
         有形固定資産の減価償却費                                149        151        153
         無形資産の償却費                                305        268        208
         広告およびマーケティング費                                 96       123        103
                                (3)
                                          240        202        93
         オペレーショナル・リスク事由による損失の引当金繰入額
         通信費、郵送費および事務用品費                                 91       102        104
         コンピューター機器およびソフトウェア                                361        326        331
         データ通信および処理費                                 40        33        42
              (2)
                                          296        379        420
         専門家報酬
               (2)
                                          -       24       150
         減損損失認識額
              (2)
                                          219        276        265
         その他の費用
        一般管理費合計                                2,067        2,192        2,173
        営業費用合計                                4,591        4,726        5,184
         (2)
           リストラクチャリング関連費用を含む。
         (3)
           顧客関連救済措置を含む。
        顧客関連救済措置

         2019  年4月18日に当社グループは、事案の調査費用および救済措置手続の実施費用を含む顧客関連救済措
        置の事案についての費用の増額を公表した。120百万豪ドルの顧客関連救済措置について2019年3月31日に
        終了した6ヵ月間においてオペレーショナルリスク事由による損失の引当金繰入額が認識された。
         2018年9月30日に終了した6ヵ月間においては、111百万豪ドルの顧客関連救済措置についてオペレー
        ショナルリスク事由による損失の引当金繰入額が認識された。
        事業再編

         2018年3月に終了した6ヵ月に当社グループは755百万豪ドルのリストラクチャリング関連費用を認識し
        た。その内訳は人件費、再就職支援およびプロジェクト管理費用として540百万豪ドル、ソフトウェア償却
        費用として146百万豪ドル、ならびに不動産物件の合理化費用として69百万豪ドルである。
                                101/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
         事業再編関連費用は以下のようなその他の営業費用に反映している。
         ●  人件費427百万豪ドル
         ●  施設関連費35百万豪ドル
         ●  減損損失繰入認識額146百万豪ドル
         ●  専門家報酬125百万豪ドル
         ●  その他の費用22百万豪ドル
             (1)

       5 法人税
          (1)
            情報は継続事業ベースで表示している。
        損益計算書上の法人税と会計上の税引前利益に基づく計算上の法人税額との調整
                                    2019年3月31日に        2018年9月30日に        2018年3月31日に

                                     終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
                                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        税引前利益                                4,124        4,342        4,058
        税率30%での計算上の法人税額                                1,237        1,303        1,217
        永久差異の税効果
         課税される海外収益                                 2        ▶        3
         外国税率差異                                (28)        (18)        (20)
         課税されない海外支店収益                                (27)        (30)        (31)
         過年度における引当金過大計上額                                 -        -       (3)
         オフショア・バンキング・ユニットの収益                                (29)        (29)        (33)
         税率の変更に伴う繰延税金残高の修正再表示                                 1       (8)        8
         損金算入されないハイブリッド分配金                                 36        36        36
         税効果を伴わない損失                                 -        ▶        -
         その他                                 27        11        5
        法人税合計                                1,219        1,273        1,182
        実効税率(%)                                29.6%        29.3%        29.1%
       6 配当金および分配金

         当社グループは以下の普通株式配当金を認識した。
                              2019年3月31日に          2018年9月30日に          2018年3月31日に

                              終了した6ヵ月          終了した6ヵ月          終了した6ヵ月
                             1株当たり          1株当たり          1株当たり
                             配当金     合計金額     配当金     合計金額     配当金     合計金額
        普通株式に対する配当金                     セント    百万豪ドル      セント    百万豪ドル      セント    百万豪ドル
        配当金(過去の期間に関するもの)                        99    2,707      99    2,696      99    2,659
        控除:配当金に代わる特別配当株                       n/a     (33)     n/a     (29)     n/a     (27)
        当社が支払を行った配当金                       n/a    2,674      n/a    2,667      n/a    2,632
        加算:被支配会社の非支配持分に支払われた配当
         金                      n/a      2    n/a      2    n/a      2
        支払配当金合計                       n/a    2,676      n/a    2,669      n/a    2,634
         当期中に支払が行われた税額控除適格の配当金は、すべて30%の税率で課税済である(2018年:30%)。

                                102/135





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
        中間配当
         2019年5月2日に取締役が決定した配当金は以下のとおりである。
                              1株当たり        1株当たり        1株当たり

                               配当金       課税済配当        外国収益        合計
                               セント        %        %      百万豪ドル
        2019  年9月30日に終了する事業年度に関して決定
          された中間配当金                         83       100        ―      2,333
         2019事業年度の中間配当金は2019年7月3日に支払われる。配当金再投資プランには1.5%の割引率が適

        用され、参加金額に上限はない。中間配当金の財務上の影響額は2019年3月31日に終了した6ヵ月間の財務
        書類には計上されておらず、今後の財務書類に認識される予定である。
                              2019年3月31日に          2018年9月30日に          2018年3月31日に

                              終了した6ヵ月          終了した6ヵ月          終了した6ヵ月
                            証券1単位          証券1単位          証券1単位
                             当たり          当たり          当たり
                               (1)          (1)          (1)
                             分配金     合計金額     分配金     合計金額     分配金     合計金額
        その他の資本性金融商品に係る分配金                     豪ドル    百万豪ドル      豪ドル    百万豪ドル      豪ドル    百万豪ドル
        ナショナル・インカム・セキュリティーズ                       1.61      32    1.53      30    1.49      30
              (2)
        信託優先証券                      50.42      20    50.15      21    49.08      19
        その他の資本性金融商品に係る分配金合計                             52          51          49
         (1)
           証券1単位当たり分配金は、発行済証券単位数で除した豪ドル分配実額による。
         (2)
           豪ドル相当額
         ナショナル・キャピタル・トラストⅠが発行し、(限定ベースで)当社が保証していた信託優先証券は、

        2018年12月17日(初回任意償還日)に償還された。各信託優先証券は、額面金額に未払分配金を付して現金
        により償還された。
        配当金および分配金プラン

         配当金は現金または配当金プランの一部として支払われる。現金配当は、口座入金または現金同等物によ
        り支払われる。実施中の配当金プランは、配当金再投資プランおよび特別配当株プラン(新規参加者の受け
        入れはない)である。
         配当金再投資プランおよび特別配当株プランに関する選択通知の最終受理日は、2019年5月15日午後5時
        (オーストラリア東部標準時)である。
                                103/135








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       7 支払承諾を含む貸出金
                                   2019  年       2018  年       2018  年

                                  3月31日現在         9月30日現在         3月31日現在
                                  百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        住宅ローン                             346,292         339,540         333,758
        その他の長期貸付金                             218,647         209,594         199,856
        資産およびリース金融                              12,633         12,428         11,989
        当座貸越                              6,182         5,821         5,853
        クレジットカード債権                              7,235         7,294         7,538
        その他の貸付金                              6,920         6,822         6,620
        公正価値調整                               308         275         338
        貸出金総額                             598,217         581,774         565,952
        支払承諾                              3,096         3,816         5,288
        支払承諾を含む貸出金総額                             601,313         585,590         571,240
        内訳:
                    (1)
                                      8,388         9,845
         公正価値で測定する貸出金                                              11,966
         償却原価で測定する貸出金                            589,829         571,929         553,986
         支払承諾                             3,096         3,816         5,288
        支払承諾を含む貸出金総額                             601,313         585,590         571,240
        未経過収益および繰延手数料収入純額                              (368)         (435)         (316)
        貸倒引当金                              (3,731)         (3,513)         (3,408)
        支払承諾を含む貸出金純額                             597,214         581,642         567,516
        証券化された貸付金およびカバードボンドの裏付け資産を構                              38,139         33,541         34,847
              (2)
         成する貸付金
         (1)
           この金額は貸借対照表上の「公正価値で測定するその他の金融資産」に含まれている。この金額は下記の商品および地域別分析に含まれ
          ている。
         (2)
           証券化およびカバードボンドの裏付け資産を構成する貸付金は「支払承諾を含む貸出金純額」に含まれている。
                      オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計

        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2019年3月31日現在
        住宅ローン                  306,661          39,539           92       346,292
        その他の長期貸付金                  164,867          38,849         14,931         218,647
        資産およびリース金融                   12,144            1         488        12,633
        当座貸越                   3,794         2,356           32        6,182
        クレジットカード債権                   6,121         1,114           -        7,235
        その他の貸付金                   5,150          472         1,298         6,920
        公正価値調整                    283          26         (1)         308
        貸出金総額                  499,020          82,357         16,840         598,217
        支払承諾                   3,096           -         -        3,096
        支払承諾を含む貸出金総額                  502,116          82,357         16,840         601,313
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  6,127         2,261           -        8,388
         償却原価で測定する貸出金                  492,893          80,096         16,840         589,829
         支払承諾                  3,096           -         -        3,096
        支払承諾を含む貸出金総額                  502,116          82,357         16,840         601,313
                                104/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                      オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計
        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2018年9月30日現在
        住宅ローン                  303,007          36,422           111        339,540
        その他の長期貸付金                  161,338          36,381         11,875         209,594
        資産およびリース金融                   11,938            ▶         486        12,428
        当座貸越                   3,666         2,124           31        5,821
        クレジットカード債権                   6,232         1,062           -        7,294
        その他の貸付金                   4,789          455         1,578         6,822
        公正価値調整                    250          25          -         275
        貸出金総額                  491,220          76,473         14,081         581,774
        支払承諾                   3,816           -         -        3,816
        支払承諾を含む貸出金総額                  495,036          76,473         14,081         585,590
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  7,259         2,586           -        9,845
         償却原価で測定する貸出金                  483,961          73,887         14,081         571,929
         支払承諾                  3,816           -         -        3,816
        支払承諾を含む貸出金総額                  495,036          76,473         14,081         585,590
                      オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計

        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2018年3月31日現在
        住宅ローン                  297,668          35,965           125        333,758
        その他の長期貸付金                  153,034          36,298         10,524         199,856
        資産およびリース金融                   11,515            7         467        11,989
        当座貸越                   3,773         2,039           41        5,853
        クレジットカード債権                   6,427         1,111           -        7,538
        その他の貸付金                   4,569          500         1,551         6,620
        公正価値調整                    296          42          -         338
        貸出金総額                  477,282          75,962         12,708         565,952
        支払承諾                   5,288           -         -        5,288
        支払承諾を含む貸出金総額                  482,570          75,962         12,708         571,240
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  8,668         3,298           -       11,966
         償却原価で測定する貸出金                  468,614          72,664         12,708         553,986
         支払承諾                  5,288           -         -        5,288
        支払承諾を含む貸出金総額                  482,570          75,962         12,708         571,240
     次へ

                                105/135









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       8 償却原価で測定する貸出金に係る信用減損引当金

                                          2019年      2018年      2018年

                                         3月31日に終      9月30日に終      3月31日に終
                                         了した6ヵ月      了した6ヵ月      了した6ヵ月
                                         百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル
        信用減損引当金の新規設定および増額(一括信用減損引当金の取崩し控除後)                                    566      536      521
        個別信用減損引当金戻入れ                                    (89)      (99)      (94)
        個別信用減損引当金回収                                    (23)      (28)      (45)
        損益計算書繰入額合計                                    454      409      382
                                106/135


















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
        償却原価で測定する貸出金に対する信用減損引当金の変動
                                ステージ    1

                                     ステージ2        ステージ3
                                12 ヵ月の予    全期間のECL     全期間のECL     全期間のECL
                                想信用損失     (信用減損     (信用減損     (信用減損
                                (ECL)      なし)     あり)     あり)
                                一括貸倒     一括貸倒     一括貸倒     個別貸倒
                                 引当金     引当金     引当金     引当金      合計
        当社グループ                       百万豪ドル     百万豪ドル     百万豪ドル     百万豪ドル     百万豪ドル
        2017  年10月1日現在残高                         313     1,819      403     689     3,224
        期首残高に計上されていた金融資産に発生した以下の振替
          に伴う変動:
          12 ヵ月のECL(一括信用減損引当金)への振替                         194     (178)      (16)      -     -
          全期間のECL(信用減損なし、一括信用減損引当金)へ                         (42)     109     (67)      -     -
           の振替
          全期間のECL(信用減損あり、一括信用減損引当金)へ                          (2)     (48)      50      -     -
           の振替
          全期間のECL(信用減損あり、個別信用減損引当金)へ                          (1)     (22)     (101)      124      -
           の振替
        信用減損引当金の新規設定および増額               (一括信用減損引当           (128)      291     114     244     521
        金の取崩し控除後)
        個別信用減損引当金の戻入れ                           -     -     -     (94)     (94)
        個別信用減損引当金からの貸倒償却                           -     -     -    (256)     (256)
        外貨換算およびその他の調整                           2     7     2     2     13
        2018  年3月31日残高                         336     1,978      385     709     3,408
        期首残高に計上されていた金融資産に発生した以下の振替
          に伴う変動:
          12 ヵ月のECL(一括信用減損引当金)への振替                         213     (202)      (11)      -     -
          全期間のECL(信用減損なし、一括信用減損引当金)へ                         (38)      90     (52)      -     -
           の振替
          全期間のECL(信用減損あり、一括信用減損引当金)へ                          (2)     (46)      48      -     -
           の振替
          全期間のECL(信用減損あり、個別信用減損引当金)へ                          (1)     (22)     (80)     103      -
           の振替
        信用減損引当金の新規設定および増額               (一括信用減損引当           (184)      335     103     282     536
        金の取崩し控除後)
        個別信用減損引当金の戻入れ                           -     -     -     (99)     (99)
        個別信用減損引当金からの貸倒償却                           -     -     -    (317)     (317)
        外貨換算およびその他の調整                           -     (8)     (2)     (5)     (15)
        2018  年9月30日現在残高                         324     2,125      391     673     3,513
        期首残高に計上されていた金融資産に発生した以下の振替
          に伴う変動:
          12 ヵ月のECL(一括信用減損引当金)への振替                         243     (235)      (8)      -     -
          全期間のECL(信用減損なし、一括信用減損引当金)へ                         (37)      87     (50)      -     -
           の振替
          全期間のECL(信用減損あり、一括信用減損引当金)へ                          (1)     (58)      59      -     -
           の振替
          全期間のECL(信用減損あり、個別信用減損引当金)へ                          (1)     (55)     (86)     142      -
           の振替
        信用減損引当金の新規設定および増額               (一括信用減損引当           (175)      312     159     270     566
        金の取崩し控除後)
        個別信用減損引当金の戻入れ                           -     -     -     (89)     (89)
        個別信用減損引当金からの貸倒償却                           -     -     -    (281)     (281)
        外貨換算およびその他の調整                           3     16      2     1     22
        2019  年3月31日現在残高                         356     2,192      467     716     3,731
                                107/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       9 資産内容
         減損資産は、契約上90日間延滞し、元本および延滞利息をカバーする担保が不十分な個人向け貸付金
        (ポートフォリオ管理の無担保与信枠を除く)、個人向け以外の貸付金で、契約上90日間以上延滞し、か
        つ/または元本および利息の最終的な回収可能性に相当の疑念があるもの、ならびに現在の状況が損失の発
        生の可能性を示している減損したオフバランス・シートの与信エクスポージャーからなる。ポートフォリオ
        管理の無担保与信枠は、180日以上延滞しているもので償却されていない場合に減損貸付金に分類される。
                                   2019  年       2018  年       2018  年

                                  3月31日現在         9月30日現在         3月31日現在
        減損資産合計の要約                          百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        減損資産                              1,540         1,433         1,560
        貸出条件緩和債権                               24         88         49
              (1) (2)
                                      1,564         1,521         1,609
        減損資産総額
        個別信用減損引当金-信用減損                              (717)         (675)         (710)
        減損資産純額                               847         846         899
         (1)
           減損資産には、ニュージーランド銀行業務の酪農業向けエクスポージャー(2019年3月31日現在:ゼロ豪ドル(ゼロニュージーランド・
          ドル)、2018年9月30日現在:2百万豪ドル(3百万ニュージーランド・ドル)、2018年3月31日現在:76百万豪ドル(81百万ニュージー
          ランド・ドル))が含まれている。ただし担保の保有状況に照らして当該エクスポージャーの評価損はゼロと評価された。これらの貸付金
          に対しては一括信用減損引当金が計上されている。
         (2)
           減損資産の総額には、公正価値で測定するその他の減損金融資産総額7百万豪ドル(2018年9月30日現在:16百万豪ドル、2018年3月31
          日現在:19百万豪ドル)が含まれている。
                         オーストラリア        ニュージーランド          その他海外        当社グループ合計

        減損資産総額の変動                 百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2017年10月1日現在残高                     1,213          437         74        1,724
          (3)
                              314         155          -        469
        新規
        償却                      (72)         (14)         (5)        (91)
        正常先への変更または返済                      (260)         (230)         (14)        (504)
        為替換算調整                       -        8         3        11
        2018年3月31日現在残高                     1,195          356         58        1,609
          (3)
                              325         76         -        401
        新規
        償却                      (101)         (26)         (9)        (136)
        正常先への変更、返済または減損に非                      (189)         (150)          (6)        (345)
         該当
        為替換算調整                       -        (9)         1        (8)
        2018年9月30日現在残高                     1,230          247         44        1,521
          (3)
                              439         97         -        536
        新規
        償却                      (86)         (20)         (1)        (107)
        正常先への変更、返済または減損に非                      (356)         (36)         (6)        (398)
         該当
        為替換算調整                       -        12         -        12
        2019年3月31日現在の減損資産総額                     1,227          300         37        1,564
         (3)
           2019  年 3月31日に終了した6ヵ月の新規の減損資産総額には、ニュージーランド銀行業務の酪農業向けエクスポージャーについてのゼロ
          豪ドル(ゼロニュージーランド・ドル)(2018年9月30日に終了した6ヵ月:2百万豪ドル(3百万ニュージーランド・ドル)、2018年3
          月31日に終了した6ヵ月:43百万豪ドル(47百万ニュージーランド・ドル))が含まれている。ただし担保の保有状況に照らして当該エク
          スポージャーの評価損はゼロと評価された。これらの貸付金に対しては一括信用減損引当金が計上されている。
                                108/135






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
         以下の金額は減損資産として分類されておらず、したがって上記の要約には含まれていない。
                                          2019年      2018年      2018年

                                         3月31日現在      9月30日現在      3月31日現在
        90日以上延滞している貸付金-地域別                                 百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル
        オーストラリア                                   3,062      2,527      2,296
        ニュージーランド                                    125      104      113
        その他海外                                     19      17      18
        90日以上延滞している貸付金                                   3,206      2,648      2,427
       10  預金およびその他の借入金

                                       2019年       2018年       2018年

                                     3月31日現在       9月30日現在       3月31日現在
                                      百万豪ドル       百万豪ドル       百万豪ドル
        定期預金                                172,347       163,166       158,146
        要求払預金および短期預金                                197,501       195,040       200,951
        譲渡性預金                                43,877       43,962       46,867
             (1)
                                         51,886       50,767       49,306
        無利子預金
        預金合計                                465,611       452,935       455,270
        借入金                                25,920       27,021       27,919
        買戻条件付売却有価証券                                32,465       27,732       24,063
        公正価値調整                                  7       2       (3)
        預金およびその他の借入金合計                                524,003       507,690       507,249
        内訳:
         公正価値で測定する預金およびその他の借入金合計                                5,311       4,545       4,559
         償却原価で測定する預金およびその他の借入金合計                               518,692       503,145       502,690
        預金およびその他の借入金合計                                524,003       507,690       507,249
         (1)
           無利子預金は住宅ローン相殺勘定を含む。
                          オーストラリア        ニュージーランド          その他海外       当社グループ合計

        商品別および地域別                   百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        2019年3月31日現在
        定期預金                     131,647         32,883         7,817        172,347
        要求払預金および短期預金                     170,934         20,250    &nbs