株式会社ビットワングループ 有価証券報告書 第20期(平成30年3月1日-平成31年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第20期(平成30年3月1日-平成31年2月28日)

提出日:

提出者:株式会社ビットワングループ

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2019年5月30日

    【事業年度】                      第20期(自       2018年3月1日         至   2019年2月28日)

    【会社名】                      株式会社ビットワングループ

                           (旧会社名      株式会社ファステップス)
    【英訳名】                      Bit  One  Group   Co.,   Ltd.
                           (旧英訳名      Fasteps    Co.,Ltd.)
                           (注)2018年5月30日開催の第19回定時株主総会の決議により、
                          2018年9月1日から会社名を上記のとおり変更いたしました。
    【代表者の役職氏名】                      代表取締役          木 村 淳 一
    【本店の所在の場所】                      東京都新宿区四谷四丁目32番4号

    【電話番号】                      03(5360)8998(代表)

    【事務連絡者氏名】                      取締役管理部長    村  山  雅  経

    【最寄りの連絡場所】                      東京都新宿区四谷四丁目32番4号

    【電話番号】                      03(5360)8998(代表)

    【事務連絡者氏名】                      取締役管理部長    村  山  雅  経

    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/93








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
           回次           第16期       第17期       第18期       第19期       第20期

          決算年月           2015年2月       2016年2月       2017年2月       2018年2月       2019年2月

     売上高            (千円)      8,532,940       9,322,673       4,955,343       1,034,520         618,794

     経常利益又は
                 (千円)      △ 97,880       22,873      △ 289,525      △ 198,446      △ 510,243
     経常損失(△)
     親会社株主に帰属する
     当期純利益
                 (千円)      △ 496,652        21,645      △ 459,162      △ 518,827     △ 1,111,887
     又は親会社株主に帰属
     する当期純損失(△)
     包括利益            (千円)      △ 429,705        77,179      △ 523,957      △ 534,344     △ 1,120,425
     純資産額            (千円)      1,281,627       1,360,120       1,248,795         543,605       506,959

     総資産額            (千円)      3,443,115       4,842,349       3,473,196         775,450       576,081

     1株当たり純資産額             (円)       207.23       210.53       137.27        86.81       59.97

     1株当たり当期純利益
     金額又は             (円)      △ 166.21         6.55     △ 120.98       △ 97.89      △ 155.75
     当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当
                 (円)         -      6.54         -       -       -
     たり当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        19.9       14.4       18.7       69.7       83.7
     自己資本利益率             (%)         -       3.1        -       -       -

     株価収益率             (倍)         -      37.56         -       -       -

     営業活動による
                 (千円)      △ 89,618       817,707      △ 700,446       △ 72,411      △ 443,198
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)      △ 131,770      △ 666,957       △ 70,747      △ 159,375      △ 301,179
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)        65,989       356,090       169,954       △ 11,320       855,449
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                 (千円)       614,939      1,121,728         518,390       274,715       386,260
     期末残高
     従業員数             (名)         60       129        94       95       75
     (注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第16期、第18期、第19期及び第20期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存
          在しますが、1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。
        3.第16期、第18期、第19期及び第20期の自己資本利益率及び株価収益率は、親会社株主に帰属する当期純損失
          であるため記載しておりません。
        4.従業員数は、正社員数及び契約社員数となっております。
                                  2/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第16期       第17期       第18期       第19期       第20期

          決算年月           2015年2月       2016年2月       2017年2月       2018年2月       2019年2月

     売上高            (千円)       401,984       336,758       313,662       240,334       201,482

     経常損失(△)            (千円)      △ 352,344      △ 196,072       △ 44,120      △ 116,351       △ 61,547

     当期純損失(△)            (千円)      △ 507,311      △ 161,975      △ 765,575      △ 533,599     △ 1,218,918

     資本金            (千円)      1,071,390       1,071,390       1,274,295       1,484,207       2,009,711

     発行済株式総数             (株)     3,343,500       3,343,500       4,776,987       6,261,987       8,081,987

     純資産額            (千円)      1,173,489       1,012,828         659,885       536,319       390,394

     総資産額            (千円)      1,429,949       2,663,297       2,224,389       1,064,226         850,625

     1株当たり純資産額             (円)       353.54       304.54       136.49        85.64       45.39

     1株当たり配当額             (円)         -       -       -       -       -
     (内、1株当たり
                 (円)         ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     中間配当額)
     1株当たり当期純損失
                 (円)      △ 169.78       △ 49.01      △ 201.72      △ 100.68      △ 170.74
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当
                 (円)         -       -       -       -       -
     たり当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        81.7       37.8       29.1       50.1       42.9
     自己資本利益率             (%)         -       -       -       -       -

     株価収益率             (倍)         -       -       -       -       -

     配当性向             (%)         -       -       -       -       -

     従業員数             (名)         13       12       13       12       10

     (注) 1.売上高には消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、潜在株式は存在しますが、1株当たり当期純損
          失金額であるため記載しておりません。
        3.自己資本利益率及び株価収益率につきましては、当期純損失であるため記載しておりません。
        4.従業員数は、各期の正社員数及び契約社員数となっております。
                                  3/93








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    2  【沿革】
      1999年5月        インターネットコンサルティングファームの確立を目的に、埼玉県朝霞市溝沼一丁目3番15
              号に有限会社ザイオンを設立
      2000年1月        事業拡大に伴い、本社を東京都港区西新橋三丁目11番1号に移転
      2000年2月        株式会社ザイオンに組織変更
      2002年7月        韓国インフォトラスト社(Infotrust,Inc.)とスマートカード関連技術での業務提携
      2002年7月        米国フォーレル社(Fourelle Systems,Inc.)とデータ通信における圧縮技術に関する業務提携
      2002年11月        東京証券取引所マザーズ市場に上場
      2003年5月        株式会社デジタルガレージと事業に関する業務提携
      2003年6月        株式会社ディーエス・インタラクティブ(現・株式会社Xenlon)の株式取得
      2004年4月        ゼィープラスホールディングス株式会社(現・FRACTALE株式会社)と事業に関する資本業務提
              携
      2004年5月        キャル株式会社、株式会社パナッシュの株式取得
      2004年12月        日本ベリサイン株式会社と事業に関する業務提携
      2004年12月        東西キャピタル株式会社と事業に関する業務提携
      2004年12月        株式会社パナッシュの株式譲渡
      2007年6月        キャル株式会社の株式譲渡
      2007年7月        セブンシーズ・テックワークス株式会社に商号変更
      2007年7月        本社を東京都新宿区神楽坂六丁目77番へ移転
      2007年8月        株式会社Xenlonの株式譲渡
      2007年8月        DR Fortress,LLCのユニット取得
      2009年5月        DR Fortress,LLCのユニット譲渡
      2009年5月        株式会社ピーアール・ライフの株式取得
      2011年9月        TMプランニング株式会社を設立
      2012年2月        本社を東京都新宿区四谷四丁目32番4号へ移転
      2012年9月        株式会社ファステップスに商号変更
      2012年9月        TMプランニング株式会社の100%子会社として株式会社ライフプランニングを設立
      2014年3月        株式会社ライフプランニングが株式会社NSFの株式取得
      2015年1月        ジャパンアシュアランス株式会社(現・株式会社ビットワン)を設立(現・連結子会社)
      2015年7月        東京証券取引所市場第二部へ市場変更
      2015年11月
              エムアンドケイ株式会社(現・株式会社プロケアラボ)の株式取得(現・連結子会社)
      2015年11月
              Plurecil     Holdings     Limitedの出資持分取得
      2016年2月        株式会社ライフプランニング、株式会社NSFの株式譲渡
      2016年5月        監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行
      2017年1月        TMプランニング株式会社の株式譲渡
      2017年7月        新規事業として、日本国内における仮想通貨交換所の運営事業を立ち上げるため、ジャパン
              アシュアランス株式会社を株式会社ビットワンに商号変更(現・連結子会社)
      2017年8月
              株式会社ピーアール・ライフの株式譲渡
      2018年1月        新規事業として、仮想通貨のマイニング(採掘)事業を立ち上げるため、株式会社マイニン
              グワンを設立(現・連結子会社)
              香港における仮想通貨交換所の運営事業を立ち上げるため、BIT                              ONE  HONG   KONG   LIMITEDを設
      2018年1月
              立(現・連結子会社)
              シンガポールにおける仮想通貨交換所の運営事業を立ち上げるため、FASTEPS                                    SINGAPORE
      2018年2月
              PTE.   LTD.を設立(現・連結子会社)
      2018年3月
              BIT  ONE  HONG   KONG   LIMITEDが株式会社アルデプロと事業に関する業務提携
      2018年3月
              仮想通貨のマイニング(採掘)事業を開始
      2018年4月
              Plurecil     Holdings     Limitedの出資持分をすべて譲渡
              株式会社ビットワンよりBIT             ONE  HONG   KONG   LIMITEDの持分株式取得及び株式会社マイニング
      2018年4月
              ワンの全株式を取得
                                  4/93

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      2018年6月
              香港における仮想通貨交換所を開始
      2018年7月
              FASTEPS    SINGAPORE     PTE.   LTD.へBIT     ONE  HONG   KONG   LIMITEDの持分株式譲渡
      2018年9月
              株式会社ビットワングループへ商号変更
      2018年11月
              株式会社マイニングワンの100%子会社として株式会社クロスワンを設立(現・連結子会社)
      2018年12月
              シンガポールにおける仮想通貨交換所を開始
      2019年2月
              仮想通貨関連コンサルティング事業を開始
    (注)2019年3月 連結子会社のエムアンドケイ株式会社は株式会社プロケアラボに商号変更いたしました。

                                  5/93


















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ビットワングループ)と連結子会社6社(株式会社
     ビットワン、BIT        ONE  HONG   KONG   LIMITED、FASTEPS         SINGAPORE     PTE.   LTD.、株式会社マイニングワン、エムアンドケ
     イ株式会社(現・株式会社プロケアラボ)、株式会社クロスワン)により構成されており、フィンテック事業、シス
     テムソリューション事業及びアイラッシュケア事業を主な事業として取り組んでおります。
      当社及び当社の関係会社の事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであ
     ります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。
     フィンテック事業

      当社グループは、当連結会計年度より当事業を新たな事業セグメントとして追加いたしました。当事業は、マイニ
     ング事業、仮想通貨交換所運営事業及び仮想通貨に関するテクニカルサポート事業等からなりますが、マイニング事
     業については、2018年3月より稼働したものの、仮想通貨の取引量の減少及び市場価額の低迷等の影響から、業績が
     上がらず、2019年1月に事業撤退をいたしました。また仮想通貨交換所運営事業に関しましては、2018年6月より香
     港にて交換所を開設し、同年12月には、シンガポールにおいて交換所の口座開設申込みを開始しておりますが、マイ
     ニング同様、仮想通貨の取引量の減少及び市場価額の低迷等の影響から想定した口座開設数・取引高に至らず、日本
     で開設を予定していた仮想通貨交換所の予定も取りやめました。
      (主な関係会社)㈱ビットワン、FASTEPS                    SINGAPORE     PTE.   LTD.、㈱マイニングワン、BIT              ONE  HONG   KONG   LIMITED
     システムソリューション事業

      当事業におきましてはシステムコンサルティング、システムインテグレーション、ソフトウェア開発及びシステム
     受託開発を行っております。
      (主な関係会      社)当社、㈱クロスワン
     アイラッシュケア事業

      まつげエクステンションサロンの運営、まつげエクステンションスクール運営、化粧品の販売を展開するアイラッ
     シュケア事業を行っております。
      (主な関係会社)エムアンドケイ㈱(現・㈱プロケアラボ)
                                  6/93










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      事業系統図は、次のとおりであります。

     (注)   1.上記事業系統図については、2019年5月30日現在を記載しております。







         なお、Plurecil        Holdings     Limitedは、2018年4月13日付で当社保有持分をすべて譲渡したため、当社の子会
         社ではなくなっております。
        2.日本国内における仮想通貨交換業者の登録を受けておらず、日本国内における仮想通貨取引所運営事業は
         行っておりません。2019年5月30日現在、香港及びシンガポールにおいて仮想通貨交換所運営事業を行っ
         ております。
        3.前連結会計年度末において非連結子会社であったBIT                          ONE  HONG   KONG   LIMITEDは、当連結会計年度より連結
         子会社といたしております。
        4.FASTEPS      SINGAPORE     PTE.LTD.は、2018年2月に設立し、当連結会計年度より連結子会社といたしておりま
         す。
        5.株式会社クロスワンは、2018年11月に設立しております。
        6.株式会社プロケアラボは、2019年3月にエムアンドケイ株式会社から商号変更いたしております。
                                  7/93










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
                                           議決権の所有
                          資本金
          名称          住所           主要な事業の内容                     関係内容
                                           (又は被所有)
                          (千円)
                                            割合(%)
     (連結子会社)            
                   東京都
                         135,000     フィンテック事業                100.0    役員の兼務3名
     株式会社ビットワン
                   新宿区
     (注)6
     (連結子会社)            
                   沖縄県
                          10,000     フィンテック事業                100.0    役員の兼務1名
     株式会社マイニングワン
                   那覇市
     (注)6
     (連結子会社)            
                   シンガ      1シンガ
                               フィンテック事業                100.0
     FASTEPS    SINGAPORE     PTE  LTD
                   ポール     ポールドル
     (注)6
     (連結子会社)
                   中国       400万
                               フィンテック事業                 85.0
     BIT  ONE  HONG   KONG   LIMITED
                   香港      香港ドル
     (注)6
     (連結子会社)
                   東京都
                          60,265     アイラッシュケア事業                100.0    役員の兼務2名
     エムアンドケイ株式会社
                   目黒区
     (注)4、5
                   東京都           システムソリューショ
     (連結子会社)
                          8,000                     100.0    役員の兼務1名
                   千代田区           ン事業
     株式会社クロスワン
     (注)   1.連結子会社の「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
        2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
        3.Plurecil       Holdings     Limitedについては2018年4月13日付で全持分を譲渡したため、本有価証券報告書提出
          日現在においては、連結の範囲から除外しております。
        4.2019年3月1日付でエムアンドケイ株式会社は、株式会社プロケアラボに商号変更いたしました。
        5.エムアンドケイ株式会社(現・株式会社プロケアラボ)については、売上高(連結会社相互間の内部売上高
          を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
            主要な損益情報等           ①  売上高               492,904    千円
                     ②   経常利益              32,526
                     ③   当期純利益              1,731
                     ④  純資産額               547,285
                     ⑤  総資産額               570,234
        6.当連結会計年度末における債務超過会社及び債務超過額は次のとおりであります。
          株式会社ビットワン                    52,254    千円
          株式会社マイニングワン                    519,676    千円
          FASTEPS    SINGAPORE     PTE  LTD         133,900    千円
          BIT  ONE  HONG   KONG   LIMITED           94,125    千円
                                  8/93








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                             (2019年2月28日現在)
             セグメントの名称                            従業員数(名)
     フィンテック事業                                                   9

     アイラッシュケア事業                                                  54

     システムソリューション事業                                                   7

     全社(共通)                                                   5

                合計                                       75

     (注) 1.従業員数は、契約社員を含む就業人員数であります。
        2.全社(共通)は、特定のセグメントに区分できない管理部門の従業員であります。
        3.従業員が当連結会計年度末までの1年間において、20名減少しているが、その主な理由は、アイラッシュケ
          ア事業における、連結子会社であったPlurecil                      Holdings     Limitedの当社保有株式をすべて譲渡したため、
          当連結事業年度において連結子会社から除外したこと及びエムアンドケイ株式会社の店舗数減少に伴い、雇
          用調整を実施したことによるものです。
     (2) 提出会社の状況

                                             (2019年2月28日現在)
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
                10            47.5              3.8            4,128

             セグメントの名称                            従業員数(名)

     システムソリューション事業                                                   5

     全社(共通)                                                   5

                合計                                       10

     (注) 1.従業員数は、契約社員を含む就業人員数であります。
        2.平均年間給与は、平均年俸額を表示しています。
        3.全社(共通)は、特定のセグメントに区分できない管理部門の従業員であります。
        4.従業員が当事業年度末までの1年間において、2名減少しているが、その主な理由は、連結子会社への転籍
          等によるものです。
     (3) 労働組合の状況

       労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円滑に推移しております。
                                  9/93







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  会社の経営の基本方針
       当社グループは、当連結会計年度において、事業ポートフォリオの再構築を目指し、フィンテック事業の領域を
      広げるよう事業を進めてまいりましたが、仮想通貨の取引量の減少及び市場価額の低迷等により、フィンテック事
      業が振るわず、フィンテック事業の事業領域の見直しが急務となり、その結果、日本国内の仮想通貨交換所の開設
      中止及びマイニング事業の撤退を決定いたしました。しかしながら、海外における仮想通貨事業やブロックチェー
      ン、キャッシュレスなど、フィンテック事業の将来性、成長性はあるものと考え、引き続き、フィンテック事業の
      継続、拡大を図ってまいります。
       同時に、グローバルなフィンテック事業においては、急速な市場環境の変化や各国の規制方針など外的要因が当
      事業業績に大きく影響することも鑑み、システムソリューション事業に再注力し、当社業績におよぼす事業リスク
      の分散、低減を図りつつ、高収益事業体へと転換を図ってまいります。
       そのようななか、当社の経営理念である「事業・顧客・人材の創造」のもと、グローバルな観点で「事業」「顧
      客」「人材」の創造に取り組んでいく所存です。
       当社グループは「人に求められているものは何か?」を追求するフィンテック企業として、常に国際社会に最新
      のフィンテックサービスを提供し続け、もって国際社会に貢献していく企業であることを基本方針としておりま
      す。
     (2)   目標とする経営指標

       当社グループは、フィンテック業界の高収益企業を目指してまいります。中期的に経営指標として売上高経常利
      益率15%以上を掲げております。
       当社グループといたしましては、スピーディーなフィンテック事業の国際展開を当面の目標としており、グルー
      プ間のシナジーを高め、顧客への高品質・高セキュリティなサービス提供に努め、利益率と成長スピードのバラン
      スを重視した事業展開を行っていきたいと考えております。
     (3)  中長期的な会社の経営戦略

       当社グループは、仮想通貨、ブロックチェーン、キャッレスなどフィンテック事業ならびにシステムソリュー
      ション事業のシナジー効果を高める事業を展開することを目指してまいります。
      ①  フィンテック事業
        海外の仮想通貨交換所においては、取扱い通貨の換金性や支払い等への利用など独自性のあるサービス提供を
       目指してまいります。そのなかで、当グループの仮想通貨交換所が提供する仮想通貨取引に関するコンサルティ
       ング等の関連サービスと、国内海外問わず急速に拡大するキャッシュレス・サービスの連携を図ってまいりま
       す。
      ②  システムソリューション事業
        既存のアプリ開発やシステム開発のみでなく、海外の仮想通貨交換所の開設・運営により蓄積したノウハウを
       もとに、ブロックチェーンを利用したシステムなど、これまで以上に幅広い案件の受注を目指してまいります。
      ③アイラッシュケア事業
        サロンでは、新しい技術を用いたエクステを出来るだけ早くサービスのラインナップに加え、従業員の技術
       面・接客面等の教育を充実させてまいります。また、販売商品に関しては、幹細胞等を使用した、高付加価値商
       品の拡大と、既存商品・高付加価値商品の流通拡大を目指してまいります。
     (4)  会社の対処すべき課題

       当社グループの中長期的な経営戦略を実践するにあたっては、継続的な人材の確保が大きな課題となっておりま
      す。人材の確保については、社外のパートナーとの協業や、恒常的な人材募集広告や人材紹介サービスの活用によ
      り優秀な人材を採用することに全社的に取り組むとともに、社内教育を充実させることにより、より一層の人材教
      育を行ってまいります。
                                 10/93



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
     (1)  競合関係等について
       当社グループにおいて、システムソリューション事業では、プロジェクトごとに各分野での提携企業を、技術力
      やコストその他の要因によって選択し、ビジネスパートナーとしておりますが、これらの企業のうち、同様の技術
      ノウハウをもった企業とは競合関係になる可能性があります。
       また、今後において当社グループと同様なサービスを提供する企業が、新しい技術やビジネスモデル等を用いて
      新規参入した場合、競争が激化する可能性があります。その結果、当社グループの収益性が低下し、当社グループ
      の業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       アプリケーション開発では、スマートフォンアプリの市場が大幅に拡大してきており、多くの参入企業によって
      新たなサービスが生み出されてきております。当社グループといたしましては、刻々と変化する市場に対応する努
      力を行っておりますが、対応が遅れた場合には、サービスの遅延が起こり競合他社との競争力が低下することによ
      り、当社グループの財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       また、今後において当社グループと同様なサービスを提供する企業が、新しい技術やビジネスモデル等を用いて
      新規参入した場合、競争が激化する可能性があります。その結果、当社グループの収益性が低下し、当社グループ
      の業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       アイラッシュケア事業では、まつげエクステンション専門サロン数を伸ばすため、全国及びアジアを中心に新規
      エリアの開拓を進め、多くの顧客に対して満足度の高いサービスの提供に努めてまいります。しかしながら、刻々
      と変化する市場の対応に遅れた場合には、サービスの遅延が起こり競合他社との競争力が低下することにより、当
      社グループの財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       当社グループは、大手企業と競合しない、ニッチな分野での営業力、企画力を活かし優位性を保とうとしており
      ますが、その保証はなく、獲得案件の低下や利幅の縮小等により、当社グループの財政状態及び経営成績に悪影響
      を及ぼす可能性があります。
     (2)  外部環境に関わるリスクについて

       当社グループにおいて、システムソリューション事業では、今後ともインターネット、移動体通信の分野に特化
      した事業展開を行い、インターネットを利用したサービスに関するシステム構築を引き続き収益の柱の一つにする
      方針であります。しかしながら、市場は緩やかな成熟へと大きな構造転換点にあると考えられ、移動体通信の中核
      である携帯電話市場が今後も拡大する保証はなく、当社グループの業績は携帯電話市場の動向に影響を受ける可能
      性があります。また携帯電話サービスの今後の展開は、モバイルキャリア、移動体通信端末メーカーの方針による
      ものであり、当社グループが影響を及ぼせるものではありません。従って関連サービスの変更、当該事業からの撤
      退、その他何らかの理由により当社の関連するサービスの市場規模が縮小した場合には、当社グループの事業拡大
      や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)  知的財産権について

       当社グループは、特許権等の知的財産権侵害に係る通知請求や訴えを起こされた事実はありません。しかし、将
      来的に当社事業に関連した特許その他の知的財産権が各関連事業にどのように適用されるかについて予想するのは
      困難であります。今後、当社グループ関連事業に関する知的財産権(いわゆるビジネスモデル特許を含む。以下同
      じ)が第三者に成立した場合、または現在すでに当社関連技術に関して当社グループが認識していない知的財産権
      が成立している場合、当該知的財産権の所有者より権利侵害に係る訴えを起こされることにより、当該知的所有権
      が使えないことで業務遂行に大きな影響を及ぼしたり、当社グループが損害賠償義務を負う可能性があります。
                                 11/93






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (4)  システムに不具合が発生した場合の影響について
       当社グループにおいて、システムソリューション事業では、システムの開発に際し、プログラムの不具合である
      バグを無くすことは重要な課題であると認識しておりますが、ハードウェア環境やプラットフォームとの相性もあ
      り、皆無にするのは一般的には難しいと言われておりますが、バグの発生を防止するため多数のテストを実施する
      などの対策を講じ、システムの信頼性を高めることにより、顧客企業と良好な関係を築いていけるものと考えてお
      ります。
       しかしながら、万一システムに不具合が生じた場合、当社グループは賠償責任を負う場合があり、またシステム
      の信頼性に重大な影響を及ぼす可能性があります。
     (5)  研究開発活動について

       当社グループにおいて、システムソリューション事業が事業展開を図っておりますインターネット及び移動体通
      信などのIT分野は、技術革新が急速に変化する業界であり、IT分野の一部については設備投資も装置産業など
      の業界と比較して軽微であると考えられることから、新規事業者の参入は比較的容易であり業界内における顧客獲
      得競争は激しいものと認識しております。
       当事業は、ソリューション開発部員が日々の提案活動を通じて得られた情報の共有化をはじめ様々な標準化団体
      への参加、独自のシステム・ツール等の開発等を通じて、通信市場における新たなビジネス・技術・システムに対
      応すべく研究開発活動を行っております。
       しかしながら、技術革新への対応が遅れた場合、あるいは想定していない新技術が出現し普及した場合は、当事
      業技術の陳腐化により、今後の事業活動に支障を与える可能性があります。
     (6)  ビジネスパートナーの選定に関するリスクについて

       システムソリューション事業における、ビジネスパートナーの選定上、選定先のシステム開発能力、スケジュー
      ル管理能力、開発担当者のスキル等を総合的に勘案することで、システム開発プロジェクト全体のスケジュール管
      理、品質管理、コスト管理等のマネジメントに支障が生じないよう努めております。
       しかしながら、当事業が受託するシステム開発に関して希望するシステム開発能力や開発担当者のスキル等を有
      する企業が存在するとは限りません。また、当事業の要望に添う企業が存在しても、ビジネスパートナーとなると
      は限りません。更に当社が調査した上で選定したビジネスパートナーが開発したシステムに修復が困難なバグ・エ
      ラーが発見された場合、または納期までにシステム開発が間に合わない場合等が生じた際には、当事業全体のプロ
      ジェクトマネジメントに支障をきたすおそれがあります。
       これらのように何らかの理由により、希望するビジネスパートナーが選定できない場合またはビジネスパート
      ナーのシステム開発に問題が生じた場合には、当社グループの業績または当事業のシステム開発に関する信用に悪
      影響を及ぼすおそれがあります。
     (7)  顧客情報に関するリスクについて

       通信販売及び対面販売を行う場合、保有する個人顧客情報を、適切に取り扱うことが重要であります。個人情報
      保護については、法律の遵守だけではなく、情報漏洩による被害防止を行う必要があります。
       当社グループは、個人情報保護法の施行に対応して社員教育の徹底等、万全の体制を敷いており、個人情報を厳
      正かつ慎重に管理しておりますが、万一、外部からの不正アクセス等により個人情報が社外に漏洩した場合、損害
      賠償請求や社会的な信用失墜により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 12/93






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (8)  金融関連(フィンテック)事業に特有のリスクについて
       金融関連(フィンテック)事業においては、その事業の性質上、市場関連リスク、信用リスク、システムリス
      ク、オペレーショナルリスク等があります。当社グループにおいては、リスク管理を徹底しておりますが、万一こ
      れらのリスクが顕在化した場合、その対応のための費用の増加、当社グループに対する損害賠償請求、当社グルー
      プの信用の低下、収益の悪化等が発生する可能性があります。これらのような場合には、当社グループの事業、業
      績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
       ①  市場関連リスク
        仮想通貨の市場価格、為替等の市場のリスクファクターの変動により保有資産が変動して損失を被るリスクで
       す。市場の混乱等で市場において取引ができなくなる、または、通常より著しく不利な条件で取引を余儀なくさ
       れることにより損失を被るリスクも含みます。
       ②  信用リスク
        信用供与先の財務状況の悪化等により保有資産の価値が減少または消失することにより損失を被るリスクで
       す。
       ③  システムリスク
        サーバーへの不正アクセス、システムダウン、ネットワークの途絶その他のトラブルにより損失を被るリスク
       です。
       ④  オペレーショナルリスク
        業務プロセス、人、システムが不適切なこと、または適切に機能しないこと、もしくは外生的な事業に起因し
       て損失を被るリスクです。
       ⑤  その他
        仮想通貨交換所の開設・運営は、当該仮想通貨交換所を開設する国の法令等に準拠して行わなければなりませ
       んが、開設した国の法令等の変更等により、仮想通貨交換所そのものを開設することや事業を継続することが困
       難になったり、収益性が低下するリスクがあります。
     (9)  新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

       当社は、2018年11月5日開催の取締役会において、第三者割当による第8回新株予約権の発行を決議し、2018年
      11月21日に新株予約権の払込が完了しております。それに加え、前連結会計年度に発行した第7回新株予約権につ
      いても発行した全ての新株予約権の権利行使が完了しておりません。
       本有価証券報告書提出日の属する月の前月末(2019年4月30日)における第7回及び第8回新株予約権等の潜在
      株式数は、合計1,587,600株であり、同日における自己株式控除後の発行済株式総数8,043,587株の19.7%に相当し
      ます。
       これらの新株予約権が権利行使された場合には、当社株式が新たに発行され、既存株主の有する株式の価値及び
      議決権の割合が希薄化する可能性があります。
                                 13/93








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (10)   継続企業の前提に関する重要事象等
       当社グループは、前連結会計年度において売上高が著しく減少し、営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属す
      る当期純損失を計上したことに加え、営業活動によるキャッシュ・フローがマイナスとなりました。当連結会計年
      度におきましても、引き続き売上高が著しく減少し、営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する当期純損失を計
      上し、営業活動によるキャッシュ・フローがマイナスとなりました。なお、前連結会計年度においてエムアンドケ
      イ株式会社の株式譲渡契約における期限の利益喪失事由への抵触を原因として、株式譲渡者の村井幸生氏(以下
      「村井氏」といいます。)及び村井氏の親族1名(以下総称して「村井氏ら」といいます。)から株式譲渡代金の
      一括返済を求められておりました。村井氏らと交渉の結果、第1四半期連結会計期間において株式譲渡代金の返済
      猶予を受けることなどを内容とした和解が成立し、当連結会計年度におきまして当該代金の支払いを全額実施した
      ことによりかかる課題は終息いたしました。しかしながら、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるよう
      な状況が依然として存在しております。当社グループは当該状況を早急に解消するため、以下の施策を実施してま
      いります。
       システムソリューション事業では、新規パートナーの開拓及び既存パートナーとの更なるビジネス連携強化に努
      め、社会的ニーズに対応する技術や製品のための研究開発を強化し、付加価値の高い製品やITソリューションを
      提供してまいります。
       メディアソリューション事業は、第1四半期連結会計期間において、セグメント損失(営業損失)を計上いたし
      ましたが、債権者株式会社ドリームデベロップメントによる担保権実行に伴い、当該事業を構成する当社の連結子
      会社であった株式会社ピーアール・ライフの株式を2017年8月25日に譲渡いたしました。これに伴い、第2四半期
      連結会計期間期首より株式会社ピーアール・ライフを当社グループの連結の範囲から除外しております。
       アイラッシュケア事業では、スタッフの商品知識とお客様のニーズにあった提案力を高め、顧客コミュニケー
      ション能力、販売力の向上を図るとともに新サービス紹介やエクステデザインの提案等をSNSで情報発信するこ
      とにより店舗への来店喚起を強化してまいります。
       また、連結子会社の株式会社ビットワン(旧商号 ジャパンアシュアランス株式会社)及びBIT                                              ONE  HONG   KONG
      LIMITEDを通じ日本国内及び香港における仮想通貨取引所の運営事業の計画・準備を進めており、さらに、連結子会
      社の株式会社マイニングワンによる仮想通貨の採掘(マイニング)事業も2018年3月1日から稼働を開始しており
      ます。来期以降は、仮想通貨取引所の運営事業及び仮想通貨の採掘(マイニング)事業等からなるフィンテック事
      業を当社グループの事業の主軸とした事業展開を行っていく所存です。
       これら今後必要となる事業資金の確保については、資金調達で得た資金や手許資金の他、必要に応じた新たな資
      金調達を検討することで対応してまいります。
       しかし、これらの対応策の実現可能性は、市場の状況、需要動向、他社との競合等の影響による成果を負ってお
      り、新株予約権者や投資家のご意向や事業計画の達成如何にも左右されるため、現時点では継続企業の前提に関す
      る重要な不確実性が認められます。
       なお、連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、上記のような重要な不確実性の影響を反映してお
      りません。
                                 14/93








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
    (業績等の概要)
     (1)  業績
      当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善等を背景とした穏やかな回復基調で推移したもの
     の、海外経済の不確実性の高まりや物価上昇等による消費意欲の不安定さなどから景気の先行きは依然として不透明
     な状況のまま推移いたしました。
      このような状況のもと、当社グループは、経営資源の集中と財務体質の改善などを図るべく、前連結会計年度よ
     り、新規事業として仮想通貨のマイニング事業及び仮想通貨交換所運営事業等からなるフィンテック事業に参入しま
     したが、仮想通貨の流通量の減少及び市場価額の低迷等の影響からマイニング事業に関しては事業撤退を余儀なくさ
     れました。また、仮想通貨交換所運営事業に関しても、当連結会計年度に香港に仮想通貨交換所を開設したことに続
     き、シンガポールに新規に開設を行いましたが、マイニング事業と同様、仮想通貨の流通量の減少及び市場価額の低
     迷等により、いずれの交換所においても当初想定以下の口座開設数・取引額に留まりました。
      この結果、当連結会計年度につきましては、売上高618百万円(前年同期比40.2%減)、営業損失480百万円(前年
                                                     㬀
     は営業損失187百万円)となりました。経常損益につきましては、営業外収益として                                       違約金収入28百万円           、営業外費
     用として支払手数料56百万円を計上したこと等から、経常損失510百万円(前年は経常損失198百万円)となり、ま
     た、減損損失638百万円を計上したこと等により、親会社株主に帰属する当期純損失1,111百万円(前年は親会社株主
     に帰属する当期純損失518百万円)となりました。
      当社グループは、中期的な経営指標として売上高経常利益率15%以上を掲げておりますが、当連結会計年度は、経
     常損失を計上しており、経営指標を達成することができませんでした。これを達成するために必要な対応等に関しま
     しては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (7)                                                     継
     続企業の前提に関する重要事象等についての分析、検討内容及び解消、改善するための対応策」に記載のとおりであ
     ります。
      セグメント別の売上高は、以下のとおりであります。(セグメントの業績については、セグメント間の内部売上高

     又は振替高を含めて記載しております。)
      なお、当連結会計年度より、報告セグメントとして記載する事業セグメントを変更しており、当連結会計年度の比
     較・分析は、変更後の区分に基づいております。
     (フィンテック事業)

      当社グループは、当連結会計年度より当事業を新たな事業セグメントとして追加いたしました。当事業は、マイニ
     ング事業、仮想通貨交換所運営事業及び仮想通貨に関するテクニカルサポート事業等からなりますが、マイニング事
     業については、2018年3月より稼働を開始したものの、仮想通貨の取引量の減少及び市場価額の低迷等の影響から、
     業績が上がらず、2019年1月に事業撤退いたしました。また、仮想通貨交換所運営事業に関しては、2018年6月より
     香港にて交換所を開設し、同年12月には、シンガポールにおいて交換所の口座開設申込を開始しておりますが、同じ
     く仮想通貨の取引量の減少及び市場価額の低迷等の影響から想定した口座開設数・取引高に至っておらず、日本で開
     設を予定していた仮想通貨交換所の予定を取りやめました。香港及びシンガポールにおける仮想通貨交換所のシステ
     ム構築費については、当連結会計年度において104百万円(個別会計上は133百万円)全額を研究開発費として費用処
     理しております。その結果、売上高は17百万円、売上構成比は2.5%となりました。セグメント損失(営業損失)は、
     417百万円となりました。
      当社グループは、中期的な経営指標として売上高経常利益率15%以上を掲げておりますが、フィンテック事業にお
     いては、セグメント損失を計上しており、経営指標を達成することができませんでした。これを達成するために必要
     な対応等に関しましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状
     況の分析 (7)       継続企業の前提に関する重要事象等についての分析、検討内容及び解消、改善するための対応策」に
     記載のとおりであります。
                                 15/93




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (システムソリューション事業)
      当事業におきましては、当社グループのフィンテック事業で利用する仮想通貨交換所システムの開発を行ったた
     め、セグメント間の内部売上高は増加しておりますが、受託開発において新規案件の失注や既存顧客からの注文数減
     少等により外部顧客への売上高は減少しております。その結果、売上高は205百万円(前年同期比14.3%減)、売上構
     成比は28.7%となりました。セグメント利益(営業利益)は100百万円(前年同期比587.5%増)となりました。
      当社グループは、中期的な経営指標として売上高経常利益率15%以上を掲げております。システムソリューション
     事業における売上高セグメント利益率は、48.8%であり、当該事業においては経営指標を達成したものと認識してお
     ります。今後は、海外での仮想通貨交換所の開設・運営により蓄積したノウハウをもとに、ブロックチェーンを利用
     したシステムなど、これまで以上に幅広い案件の受注を目指し、当該事業の売上高及び売上構成比を増加させること
     により全社的な利益率の向上及び全社的な事業リスクの分散、低減を図る予定です。
     (アイラッシュケア事業)

      当事業におきましては、第1四半期連結会計期間において、当社グループの事業ポートフォリオ再構築の一環とし
     て、香港子会社であったPlurecil                Holdings     Limitedの持分を売却し、当社グループの連結対象外とするとともに、人
     事制度や商品仕入れ先の見直し、経費の削減等を行い、より良い品質のまつげエクステサービスの提供を進めてまい
     りました。その結果、売上高は492百万円(前年同期比28.1%減)、売上構成比は68.8%となりました。セグメント利
     益(営業利益)は60百万円(前年は営業損失2百万円)となりました。
      当社グループは、中期的な経営指標として売上高経常利益率15%以上を掲げております。アイラッシュケア事業に
     おける売上高セグメント利益率は、12.2%であり、経営指標を達成することができませんでした。これを達成するた
     めに必要な対応策に関しましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
     ローの状況の分析 (7)           継続企業の前提に関する重要事象等についての分析、検討内容及び解消、改善するための対
     応策」に記載のとおりであります。
       ※1:違約金収入につきましては、第3四半期連結会計期間に係る2019年1月11日付「営業外収益の計上及び特別損失の計上並びに連結業

        績予想修正に関するお知らせ」の「1.営業外収益の計上について」で開示した違約金収入11,680千円について、第4四半期連結会計
        期間において、更に当該違約金収入が16,320千円あり、その合計額として28,000千円が計上されたものであります。
     (2)  キャッシュ・フロー

      当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」といいます。)は、前連結会計年度末に比べ111百万
     円増加し、386百万円となりました。
      当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりです。
      (イ)営業活動によるキャッシュ・フロー
         営業活動による資金の減少は443百万円(前年同期は△72百万円)となりました。
         これは主に税金等調整前当期純損失、減価償却費、減損損失及び支払手数料(営業外費用)、連結子会社売却
        益の計上によるものであります。
      (ロ)投資活動によるキャッシュ・フロー
         投資活動による資金の減少は301百万円(前年同期は△159百万円)となりました。
         これは主に有形固定資産の取得、連結範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入および貸付金の回収に
        よる収入によるものであります。
      (ハ)財務活動によるキャッシュ・フロー
         財務活動による資金の増加は855百万円(前年同期は△11百万円)となりました。
         これは主に長期借入金の返済による支出および新株予約権の行使による株式の発行によるものであります。
                                 16/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    (生産、受注及び販売の状況)
     (1) 生産実績
       当社グループの事業内容は、フィンテック事業、システムソリューション事業及びアイラッシュケア事業である
      ため、生産に該当する事項はありません。
     (2) 受注実績

       当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。 
         セグメントの名称               受注高(千円)          前期比(%)        受注残高(千円)          前期比(%)
     システムソリューション事業                      197,389         △23.2          77,490         △9.9

            合計               197,389         △23.2          77,490         △9.9

     (注)   1.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.システムソリューション事業において、受注高及び受注残高がそれぞれ23.2%、9.9%減少しているのは、
          当連結会計年度において、当社グループの事業ポートフォリオ再構築のため、システムソリューション事業
          における営業活動を縮小したためです。
        3.受注生産を行っているのはシステムソリューション事業のみであるため、システムソリューション事業以外
          のセグメントについては受注実績に関する記載をしておりません。
     (3) 販売実績

       当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。 
             セグメントの名称                       販売高(千円)              前期比(%)
     フィンテック事業                                        17,872            -

     システムソリューション事業                                       205,945          △14.3

     アイラッシュケア事業                                       492,904          △28.1

                合計                           716,721          △22.6

     (注) 1.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.上記金額にはセグメント間の販売実績が含まれております。
        3.当連結会計年度よりフィンテック事業を新たなセグメントとして追加いたしました。そのため、前期比
          (%)についての記載を省略しております。
        4.システムソリューション事業において、販売高が前期比14.3%減少しているのは、当連結会計年度におい
          て、当社グループの事業ポートフォリオ再構築のため、システムソリューション事業における営業活動を縮
          小したためです。
        5.アイラッシュケア事業において、販売高が前期比28.1%減少しているのは、第1四半期連結会計期間におい
          て、アイラッシュケア事業の一部を構成する当社連結子会社であったPlurecil                                     Holding    Limitedの持分を全
          て売却し、連結対象外としたためです。
        6.前連結会計年度第3四半期よりメディアソリューション事業のセグメントを廃止いたしました。
        7.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績の割合は全ての相手先において100分の10未満であるため、
          記載を省略いたします。 
                                 17/93







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    (経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  重要な会計方針及び見積り

       当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されていま
      す。この連結財務諸表の作成にあたりまして、決算日における資産・負債の報告数値、報告期間における収益・費
      用の報告数値に影響を与える見積りは、主に貸倒引当金、のれんであり、継続して評価を行っております。
     (2)  財政状態の分析

       当社グループの当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末の775百万円から199百万円減少し、576百
      万円となりました。負債の部は、前連結会計年度末の231百万円から162百万円減少し、69百万円となりました。純
      資産の部は、前連結会計年度末の543百万円から36百万円減少し、506百万円となりました。
      ①   流動資産

        当連結会計年度末における流動資産の残高は、前連結会計度末の446百万円から114百万円増加し、560百万円と
       なりました。これは、現金及び預金が101百万円、前払費用が24百万円、その他の流動資産が42百万円増加し、前
       渡金が63百万円減少したことなどによります。
      ②   固定資産

        当連結会計年度末における固定資産の残高は、前連結会計年度末の329百万円から313百万円減少し、15百万円
       となりました。これは、有形固定資産が78百万円、のれんが176百万円、長期貸付金が267百万円、貸倒引当金が
       143百万円減少し、破産更生債権等が88百万円増加したことなどによります。
      ③   流動負債

        当連結会計年度末における流動負債の残高は、前連結会計年度末の163百万円から108百万円減少し、55百万円
       となりました。これは、1年内返済予定の長期借入金が110百万円減少したことなどによります。
      ④   固定負債

        当連結会計年度末における固定負債の残高は、前連結会計年度末の67百万円から54百万円減少し、13百万円と
       なりました。これは、長期借入金が50百万円減少したことなどによります。
                                 18/93









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (3)  経営成績の分析
       当連結会計年度における経営成績の分析については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成
      績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (業績等の概要) (1)                               業績」をご参照下さい。
      ①   売上高

        当連結会計年度における売上高は前連結会計年度に比べて40.2%減少の618百万円となりました。これは主に、
       前連結会計年度まで「メディアソリューション事業」を構成しておりました株式会社ピーアール・ライフの株式
       を前連結会計年度に譲渡し、前連結会計年度の第2四半期連結会計期間の期首より連結の範囲から除外したこと
       及び当連結会計年度にPlurecil               Holdings     Limitedの出資持分全てを譲渡したため、当連結会計年度の期首より連
       結の範囲から除外したことによるものです。
      ②   売上原価、販売費及び一般管理費

        売上原価は売上高の減少に伴い、前連結会計年度から168百万円減少し205百万円となっております。販売費及
       び一般管理費は45百万円増加し894百万円となっております。これは、主にフィンテック事業において仮想通貨交
       換所のシステム開発のための支払手数料及び研究開発費が前期と比較して増加し、それぞれ205百万円、104百万
       円の計上があったことによるものです。
      ③   営業外収益、営業外費用

        営業外収益は38百万円計上しておりますが、これは主に違約金収入及び貸倒引当金戻入額等の計上によるもの
       です。営業外費用は68百万円を計上しておりますが、これは主に支払手数料及びその他の営業外費用等の計上に
       よるものです。
      ④   特別利益、特別損失

        特別利益は32百万円計上しておりますが、これは子会社株式売却益の計上によるものです。特別損失は638百万
       円を計上しておりますが、これは主に減損損失の計上によるものです。
     (4)  キャッシュ・フローの状況の分析

       キャッシュ・フローの分析については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
      シュ・フローの状況の分析 (業績等の概要) (2)                         キャッシュ・フロー」に記載のとおりであります。
     (5)資本の財源及び資金の流動性に係る情報

        当社グループは、事業の特性から通常は多額の設備投資等を必要とせず、当社グループの資金需要は、主に運転
       資金に係るものであります。この運転資金は、主にシステムを運営するための外注費、経費の支払い並びに販売費
       及び一般管理費等の営業費用の支払いに要するものであります。
        現状、これらの資金需要につきましては自己資金で賄っておりますが、必要に応じて借入金や増資により資金調
       達を行う等、柔軟に対応することとしております。
     (6)  戦略的現状と見通し

       本有価証券報告書「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」及び「第2 事業の状
      況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」に記載のとおりであります。
                                 19/93






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (7)  継続企業の前提に関する重要事象等についての分析、検討内容及び解消、改善するための対応策
       当社グループは、前連結会計年度において売上高が著しく減少し、営業損失が発生したことに加え、営業活動に
      よるキャッシュ・フローがマイナスとなりました。当連結会計年度におきましても、引き続き売上高が著しく減少
      し、営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する当期純損失を計上しております。これらの状況により、継続企業
      の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。当社グループは当該状況を早急に解消す
      るため、以下の施策を実施して参ります。
       当連結会計年度におきましては、仮想通貨の取引高の減少、市場価額の低迷及び仮想通貨に関する各国の規制の

      不透明さなどから、フィンテック事業が振るわず、業績が低迷する結果となりました。フィンテック事業に将来性
      はあると考えられるものの、今後世界的な仮想通貨を取り巻く環境が急激に改善することは期待できず、フィン
      テック事業に経営資源を集中しすぎることは、経営リスクが大きいと判断いたしました。そこで、全社的な戦略と
      しては、来期以降は、海外でのフィンテック事業を継続しつつ、当社が従来より行ってきたシステムソリューショ
      ン事業の中で、システム開発やマッチングアプリの企画運営などの事業にも注力していくことといたしました。
       フィンテック事業では、当連結会計年度において、仮想通貨の市場価額の低迷等の影響から、2019年1月にマイニ

      ング事業から撤退し、香港及びシンガポールに開設した仮想通貨交換所の口座数や取引額の増大のためのマーケ
      ティング活動等に尽力したものの、想定した口座数・取引額を達成するに至らず、日本で開設を予定していた仮想
      通貨交換所の開設も取りやめました。このような状況の下、今後は、香港・シンガポールを中心として仮想通貨の
                     㬀                  㬀
      ICO(Initial       coin   offering)      や STO(Security       token   offering)      に関する技術的なサポートやコンサルティ
      ング事業についての案件取得に力を入れていく所存です。
       システムソリューション事業では、新規システム開発案件の取得やマッチングアプリの企画運営事業などを開始

      いたします。そのため、新規パートナーの開拓及び既存パートナーとの更なるビジネス連携強化に努め、社会的
      ニーズに対応する技術や製品のための研究開発を強化し、付加価値の高い製品やITソリューションを提供してまい
      ります。
       アイラッシュケア事業では、スタッフの商品知識とお客様ニーズに合った提案力を高め、顧客コミュニケーショ

      ン能力、販売力の向上を図るとともに新サービス紹介やエクステデザインの提案等をSNSで情報発信することにより
      店舗への来店喚起を強化してまいります。また、既存の国内事業の立て直しを図り、人事制度や商品仕入先の見直
      し、経費の削減等を推し進めてまいります。
       これら今後必要となる事業資金の確保については、資金調達で得た資金や手元資金のほか、必要に応じて新たな

      資金調達を検討することで対応してまいります。
       しかし、これらの対応策の実現可能性は、市場の状況、需要動向、他社との競合等の影響による成果を負ってお

      り、新株予約権者や投資家のご意向や事業計画の達成如何にも左右されるため、現時点では継続企業の前提に関す
      る重要な不確実性が認められます。
       なお、連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、上記のような重要な不確実性の影響を反映してお
      りません。
       ※1:企業等がトークンと呼ばれるものを電子的に発行して、公衆から法定通貨や仮想通貨の調達を行う行為

       ※2:予めSecurity(証券)の要件に合致するコインを電子的に発行し、公衆から法定通貨や仮想通貨の調達を行う
         行為
                                 20/93




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
       該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      当連結会計年度の研究開発活動は、フィンテック事業に係る仮想通貨交換所システムの開発及びそのシステムの高
     性能・高セキュリティ化を達成すべく研究をいたしました。
      研究開発体制は、当社のフィンテック事業部門が外注等を用いて行っております。
      当連結会計年度における当社グループが支出した研究開発費の総額は、104,806千円であります。
      研究開発活動のセグメントごとの状況は、次のとおりであります。

      フィンテック事業

      フィンテック事業では、当連結会計年度において開設した香港及びシンガポールの仮想通貨交換所システムの開発
     及び高性能・高セキュリティ化の達成に向けて研究開発をしておりました。当連結会計年度における研究開発費の金
     額は、104,268千円であります。
      その他

      システムソリューション事業において529千円、アイラッシュケア事業において8千円の研究開発費を計上しており
     ます。
                                 21/93













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当連結会計年度の設備投資については、主にフィンテック事業に係るマイニング機材に設備投資を実施しておりま
     す。なお、有形固定資産の他、無形固定資産への投資を含めて記載しております。
      当連結会計年度の設備投資の総額は、460,096千円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のとおり

     であります。
     フィンテック事業関連

       当連結会計年度の主な設備投資は、マイニング事業に対して当該機材購入のための総額459,425千円の投資を実施
      いたしました。
       なお、フィンテック事業において、マイニング事業撤退のため、次の主要な施設を減損処理後、除却しておりま
      す。その内容は、以下のとおりです。
                                                  前期末帳簿価額
         会社名            所在地          設備の内容           除却時期
                                                    (千円)
     株式会社マイニングワン             沖縄県那覇市           マイニング設備          平成31年2月                47,785
    2  【主要な設備の状況】

      該当事項はありません。
    3  【設備の新設、除却等の計画】

      該当事項はありません。
                                 22/93












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     11,500,000

                 計                                   11,500,000

      ② 【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (2019年2月28日)          (2019年5月30日)          商品取引業協会名
                                            権利内容に何ら限定のない当
                                   東京証券取引所
                                            社における標準となる株式で
       普通株式           8,081,987          8,081,987
                                            あり、単元株式数は100株で
                                   (市場第二部)
                                            あります。
        計          8,081,987          8,081,987          -            -
     (注) 提出日現在発行数には、2019年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は、含まれておりません。
                                 23/93













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【新株予約権等の状況】
       ①  【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日                         2013年5月30日
     付与対象者の区分及び人数(名)                         当社取締役 1

     新株予約権の数(個) ※                        50(注)1

     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                             普通株式 5,000(注)1
     (株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                         371(注)2
     新株予約権の行使期間 ※                        2015年7月25日~2023年7月24日

                             発行価格                     371
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                             資本組入額                    186
     株式の発行価格及び資本組入額(円) ※
                              新株予約権の割り当てを受けたものは、権利行使時におい
                             て、当社及び子会社の取締役または従業員であることを要す
                             る。ただし、定年退職した場合、あるいは取締役会が正当な理
     新株予約権の行使の条件 ※                        由があると認めた場合はこの限りではない。
                              その他の条件は、当社と新株予約権の割り当てを受ける者と
                             の間で締結した「新株予約権付与契約」で定めるところによ
                             る。
                              新株予約権を譲渡する時は、当社取締役会の決議による承認

     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                             を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                           -
     関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2019年2月28日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月現
        末現在(2019年4月30日)にかけて変更された事項はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
          整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
          算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                           1株当たり時価
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
                                 24/93






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      ③  【その他の新株予約権等の状況】
        当社は、会社法に基づき新株予約権を発行しております。
                            第7回新株予約権                  第8回新株予約権

     決議年月日                  2018年3月6日                  2018年11月5日

     新株予約権の数(個) ※                  11,826 (注)1                  4,000 (注)1

     新株予約権のうち自己新株予約権の
                                ―                  ―
     数(個) ※
     新株予約権の目的となる株式の種
                       普通株式 1,182,600(注)1                  普通株式 400,000(注)1
     類、内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額
                       1,349(注)2                  488(注)2
     (円) ※
     新株予約権の行使期間 ※                  2018年3月22日~2021年3月19日                  2018年11月21日~2021年11月20日
     新株予約権の行使により株式を発行
                       発行価格  1,600,790,400                  発行価格  197,936,000
     する場合の株式の発行価格及び資本
                       資本組入額         800,395,200           資本組入額        98,968,000
     組入額(円) ※
     新株予約権の行使の条件 ※                  本新株予約権の一部行使はできない。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                  新株予約権の譲渡による取得については当社取締役会の承認を要する。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                         ―
     交付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2019年2月28日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
        現在(2019年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載
        しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数(以下、「付与株式数」という)は、100株であります。
          ただし、当社が当社普通株式の分割又は併合を行う場合、付与株式数は次の算式により調整するものとし、
          調整の結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てる。
                           調整前割当株式数 ×            調整前行使価額
               調整後割当株式数 =
                                  調整後行使価額
          また、当社が合併、資本の減少、会社分割、株式交換または株式移転を行う場合、当社が時価を下回る価額
          で株式を発行または自己株式の処分を行う場合、株式の無償割当てを行う場合、その他目的となる株式の数
          を調整することが適切な場合は、合理的な範囲内で目的となる株式数の調整を行うことができるものとす
          る。
                                 25/93









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
        2.行使価額の調整
        (1)   当社は、本新株予約権の割当日後、本項第(2)号に掲げる各事由により当社の発行済普通株式数に変更を
          生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「行使価額調整式」という。)
          をもって行使価額を調整するものとする。
                                        交付普通株式数×1株当たり払込金額

                           既発行普通株式数 +
     調整後行使価額 =           調整前行使価額 ×                             1株当たり時価
                                   既発普通行株式数+交付普通株式数
        (2)   行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及び調整後行使価額の適用時期については、次に定める

          ところによる。
         ① 本項第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を新たに発行し、又は当社の有する
          当社普通株式を処分する場合(無償割当てによる場合を含む。)(但し、新株予約権(新株予約権付社債
          に付されたものを含む。)の行使、取得請求権付株式又は取得条項付株式の取得、その他当社普通株式の交
          付を請求できる権利の行使によって当社普通株式を交付する場合、及び会社分割、株式交換又は合併により
          当社普通株式を交付する場合を除く。)
          調整後行使価額は、払込期日(募集に際して払込期間を定めた場合はその最終日とし、無償割当ての場合は
          その効力発生日とする。)以降、又はかかる発行若しくは処分につき株主に割当てを受ける権利を与えるた
          めの基準日がある場合はその日の翌日以降これを適用する。
         ② 株式分割により当社普通株式を発行する場合
          調整後の行使価額は、当社普通株式の分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
         ③ 本項第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を交付する定めのある取得請求権付
          株式又は本項第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約
          権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)を発行又は付与する場合
          調整後行使価額は、取得請求権付株式の全部に係る取得請求権又は新株予約権の全部が当初の条件で行使さ
          れたものとみなして行使価額調整式を適用して算出するものとし、払込期日(新株予約権の場合は割当日)
          以降又は(無償割当ての場合は)効力発生日以降これを適用する。但し、株主に割当てを受ける権利を与え
          るための株主割当日がある場合には、その日の翌日以降これを適用する。
         ④ 当社の発行した取得条項付株式又は取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)
          の取得と引換えに本項第(4)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する場合
          調整後行使価額は、取得日の翌日以降にこれを適用する。
        (3)   行使価額調整式により算出された調整後の行使価額と調整前の行使価額との差額が1円未満にとどまる場
          合は、行使価額の調整は行わない。但し、その後の行使価額の調整を必要とする事由が発生し行使価額を調
          整する場合は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前行使価額からこの差額を差引いた額を
          使用する。
        (4)   その他
         ① 行使価額調整式の計算については、円位未満小数第3位まで算出し、小数第3位を切り捨てるものとす
          る。
         ② 行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額が初めて適用される日に先立つ45                                           取引日目に始まる
          30  取引日(終値のない日数を除く。)の金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値の単純平
          均値とする。この場合、平均値の計算は、円位未満小数第3位まで算出し、その小数第3位を切り捨てるも
          のとする。
         ③ 行使価額調整式で使用する既発行普通株式数は、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある
          場合はその日、また、かかる基準日がない場合は、調整後行使価額を初めて適用する日の1ヶ月前の日にお
          ける当社の発行済普通株式の総数から、当該日において当社の保有する当社普通株式を控除した数とする。
        (5)   本項第(2)号の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当社は必要な行使価額
          の調整を行う。
         ① 株式の併合、資本の減少、会社分割、株式移転、株式交換又は合併のために行使価額の調整を必要とする
          とき。
         ② その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由の発生により行使価額の調整を必要
          とするとき。
         ③ 行使価額を調整すべき複数の事由が相接して発生し、一方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあたり
          使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
        (6)   行使価額の調整を行うときは、当社は、調整後行使価額の適用開始日の前日までに、本新株予約権者に対
          し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前行使価額、調整後行使価額及びその適用開始日その他必要
          な事項を書面で通知する。但し、適用開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開
          始日以降速やかにこれを行う。
                                 26/93



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
        3.新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額

        (1)   本新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式1株の発行価格
          本新株予約権の行使により発行する当社普通株式1株の発行価格は、行使請求に係る各本新株予約権の行使
          に際して出資される財産の総額に、行使請求に係る各本新株予約権の払込金額の総額を加えた額を、別記
          「新株予約権の目的となる株式の数」欄記載の本新株予約権の目的である株式の総数で除した額とする。
        (2)   本新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金及び資本準備金
          本新株予約権の行使により当社普通株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17
          条第1項の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし(計算の結果1円未満の端数を
          生じる場合はその端数を切り上げた額とする。)、当該資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じ
          た額を増加する資本準備金の額とする。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
                                 27/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                  (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2014年11月7日
                   461,000      3,343,500         87,590     1,071,390         87,590       87,590
     (注)1
     2016年10月28日
                  1,423,487       4,766,987        200,000      1,271,390        200,000       287,590
     (注)2,8
     2016年11月1日~
     11月30日
                   10,000     4,776,987         2,905     1,274,295         2,905      290,495
     (注)3
     2017年8月1日~
     2018年1月31日             1,480,000       6,256,987        208,458      1,482,754        208,458       498,954
     (注)4,8
     2017年12月26日
                    5,000     6,261,987         1,452     1,484,207         1,452      500,407
     (注)3
     2018年3月27日
                   520,000      6,781,987         73,003     1,557,210         73,003      573,410
     (注)4
     2018年5月9日
                   300,000      7,081,987        205,081      1,762,291        205,081       778,491
     (注)5
     2018年12月3日~
     2019年1月7日             1,000,000       8,081,987        247,420      2,009,711        247,420      1,025,911
     (注)6
      (注)1.第三者割当増資による増加であります。
        2.第1回無担保転換社債型新株予約権付社債の新株予約権の権利行使による増加であります。
        3.  新株予約権(ストックオプション)の権利行使による増加であります。
        4.第5回新株予約権及び第6回新株予約権の権利行使による増加であります。
        5.第7回新株予約権の権利行使による増加であります。
        6.第8回新株予約権の権利行使による増加であります。
        7.  2016年10月11日付で提出した有価証券届出書に記載いたしました「第一部 証券情報 第1                                           募集要項 3
          新規発行による手取金の使途              (2)手取金の使途」について変更が生じております。なお変更箇所につい
          ては、____で示しております。
        (1)  ①変更の理由

          当社は、2016年10月11日付「第三者割当による第6回新株予約権の発行及び第1回無担保転換社債型新株予
         約権付社債の発行に関するお知らせ」にて開示いたしましたとおり、第1回無担保転換社債型新株予約権付社
         債による調達資金の使途については、アイラッシュケア事業を含む総合美容事業のグローバル展開資金、運転
         資金に充当する予定でおりました。
          しかしながら、アイラッシュケア事業を含む総合美容事業のグローバル展開に関する精査・検討および2016
         年12月2日付で開示しているとおり、当社の代表取締役変更に伴い、新たな代表で事業を推し進める上での経
         営計画練り直しなど社内体制の再構築に時間を要しており、アイラッシュケア事業を含む総合美容事業のグ
         ローバル展開の進捗が遅れている状況であり、新株予約権及び新株予約権付社債の発行により得た資金を当該
         事業展開に充当できていない状態です。当該事業の展開状況に従って、得た資金を使用していく予定ですが、
         現時点では、当社の銀行預金での保管として留まっております。加えて、当社の業績が低調に推移しているこ
         とから、資金効率を考慮して、金融機関からの借入金返済の一部に充当し、返済をすることで有利子負債の圧
         縮と支払利息の負担軽減を図ることと決断いたしました。
          以上より、総合美容事業のグローバル展開資金の支出予定時期を2017年1月~2018年2月に変更し、総合美
         容事業のグローバル展開資金として予定していた金額(アイラッシュサロン出店費用152,000千円)のうち、
         100,000千円を金融機関への借入金返済に充当することといたしました。
          なお、この資金使途変更によって借入金の返済に充てることに伴い不足するアイラッシュサロン出店費用
         100,000    千円については、当該事業展開の進捗状況により、必要に応じて改めて調達する予定でございます。
                                 28/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
          ②変更の内容
        変更前
         新株予約権付社債による調達資金の具体的な使途及び支出時期
           具体的な使途                  金 額(千円)                 支出予定時期
          アイラッシュケア事業を含む総
      ①    合美容事業のグローバル展開資                          370,000         2016年11月     ~ 2017年4月
          金
      ②    運転資金                          18,000      2016年11月~2017年2月(支払済)
        変更後

         新株予約権付社債による調達資金の具体的な使途及び支出時期
            具体的な使途                 金 額(千円)                 支出予定時期
          アイラッシュケア事業を含む総
      ①    合美容事業のグローバル展開資                          270,000         2017年1月     ~ 2018年2月
          金
      ②    運転資金                          18,000      2016年11月~2017年2月(支払済)
      ③    金融機関への借入金返済                          100,000      2016年12月     ~ 2017年1月(支払済)
        (2)  ①変更の理由

          当社は、2016年10月11日付「第三者割当による第6回新株予約権の発行及び第1回無担保転換社債型新株予
         約権付社債の発行に関するお知らせ」にて開示いたしましたとおり、第6回新株予約権による調達資金につい
         ては、その全額をアイラッシュケア事業を含む総合美容事業のグローバル展開資金として充当し、第1回無担
         保転換社債型新株予約権付社債による調達資金の使途については、アイラッシュケア事業資金及び運転資金に
         充当する予定でおりました。
          その後、第1回無担保転換社債型新株予約権の資金使途については、アイラッシュケア事業資金、運転資金
         及び金融機関への借入金返済へ充当することに変更することといたしました。
          しかしながら、当社は2017年12月18日付「採掘(マイニング)事業の開始に伴う業務提携及び孫会社設立に
         関するお知らせ」で開示いたしましたように、新規事業として仮想通貨のマイニング事業を開始することとな
         りました。当社グループでは、アイラッシュケア事業の市場動向が飽和状態にあること等から、調達資金の一
         部をマイニング事業に充当したほうが、当社グループの企業価値向上につながると判断したことから、アイ
         ラッシュケア事業資金の一部130,000千円をマイニング事業の資金に充当することといたしました。また、エ
         ムアンドケイ株式会社の株式譲渡代金弁済の未弁済残額が200,000千円あることから、その弁済に充当するこ
         とも併せて決定いたしました。
          そのため、第6回新株予約権による調達資金については、アイラッシュケア事業資金に343,059千円全額を
         充当するとしていたところ、アイラッシュケア事業に183,059千円、マイニング事業資金に130,000千円及びエ
         ムアンドケイ株式会社(現、株式会社プロケアラボ)の株式譲渡代金弁済として30,000千円を充当することと
         し、第1回無担保転換社債型新株予約権の資金使途については、アイラッシュケア事業資金に270,000千円充
         当する予定であったところ、その全額をエムアンドケイ株式会社の株式譲渡代金弁済に充当することといたし
         ました。
          ②変更の内容
        変更前
        a.新株予約権による調達資金の具体的な使途及び支出予定時期
            具体的な使途                 金 額(千円)                 支出予定時期
          アイラッシュケア事業を含む総
      ①    合美容事業のグローバル展開資                          343,059         2016年11月~2019年10月
          金
        b.新株予約権付社債による調達資金の具体的な使途及び支出時期

            具体的な使途                 金 額(千円)                 支出予定時期
          アイラッシュケア事業を含む総
      ①    合美容事業のグローバル展開資                          270,000         2017年7月     ~ 2018年2月
          金
      ②    運転資金                          18,000      2016年11月~2017年2月(支払済)
      ③    金融機関への借入金返済                          100,000      2016年12月~2017年1月(支払済)
                                 29/93




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
        変更後
        a.新株予約権による調達資金の具体的な使途及び支出予定時期
            具体的な使途                 金 額(千円)                 支出予定時期
          アイラッシュケア事業を含む総
      ①    合美容事業のグローバル展開資                          183,059         2016年11月~2019年10月
          金
      ②    マイニング事業資金                          130,000      2017年12月     ~ 2018年2月(支払済)
          エムアンドケイ株式会社の株式
      ③                              30,000         2017年12月(支払済)
          譲渡代金弁済
     注)2019年3月1日付でエムアンドケイ株式会社は、株式会社プロケアラボに商号変更いたしました。
        b.新株予約権付社債による調達資金の具体的な使途及び支出時期

            具体的な使途                 金 額(千円)                 支出予定時期
          アイラッシュケア事業を含む総
      ①    合美容事業のグローバル展開資                            -           -
          金
      ②    運転資金                          18,000      2016年11月~2017年2月(支払済)
      ③    金融機関への借入金返済                          100,000      2016年12月~2017年1月(支払済)
          エムアンドケイ株式会社の株式
      ③                             270,000      2017年5月     ~ 2017年12月(支払済)
          譲渡代金弁済
     注)2019年3月1日付でエムアンドケイ株式会社は、株式会社プロケアラボに商号変更いたしました
        (3)  ①変更の理由

          当社は、2016年10月11日付「第三者割当による第6回新株予約権の発行及び第1回無担保転換社債型新株予
         約権付社債の発行に関するお知らせ」にて開示いたしましたとおり、第6回新株予約権による調達資金につい
         ては、その全額をアイラッシュケア事業を含む総合美容事業のグローバル展開資金として充当し、第1回無担
         保転換社債型新株予約権付社債による調達資金の使途については、アイラッシュケア事業資金及び運転資金に
         充当する予定でおりました。
          その後、前述のとおり新規事業として仮想通貨のマイニング事業を開始することとなり、当初アイラッシュ
         ケア事業資金として使用する予定でおりました当該資金の一部をマイニング事業に充当したほうが、当社グ
         ループの企業価値向上につながると判断し、第6回新株予約権の資金使途については、アイラッシュケア事業
         資金の一部130,000千円をマイニング事業の資金に充当することに変更いたしました。また、第1回無担保転
         換社債型新株予約権の資金使途については、運転資金、金融機関への借入金返済及びエムアンドケイ株式会社
         (現・株式会社プロケアラボ)の株式譲渡代金弁済へ充当することへ変更いたしました。
          その後も当社内での検討を進めた結果、アイラッシュケア事業と比較して経営資源を新規事業であるマイニ
         ング事業へ振り向けたほうが有益であるという判断から、第6回新株予約権の資金使途について、アイラッ
         シュケア事業資金の全額183,059千円をマイニング事業の機器購入資金へ充当することを目的として、当社の
         子会社である株式会社マイニングワンへの貸付金への資金使途変更を決定いたしました。
          ②変更の内容
        変更前
         新株予約権による調達資金の具体的な使途及び支出予定時期
            具体的な使途                 金 額(千円)                 支出予定時期
          アイラッシュケア事業を含む総
          合美容事業のグローバル展開資
      ①                             183,059         2016年11月~      2019年10月
          金
        変更後

         新株予約権による調達資金の具体的な使途及び支出予定時期
            具体的な使途                 金 額(千円)                 支出予定時期
          当社子会社(株式会社マイニン
      ①                             183,059         2016年11月~      2019年3月
          グワン)への貸付金
                                 30/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                              2019年2月28日現在
                       株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
      区分                           外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
     株主数(人)          -      1     30     53     19     18    5,529     5,650       -

     所有株式数
              -     601    3,604     3,213     8,674      279    64,437     80,808      1,187
     (単元)
     所有株式数
              -     0.7     4.4     3.9     10.7      0.3     79.7     100.0       -
     の割合(%)
     (注)    自己株式38,400株は、「個人その他」に384単元含めて記載しております。
     (6)  【大株主の状況】

                                              2019年2月28日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                                     除く。)の
                                               所有株式数
           氏名又は名称                       住所
                                                    総数に対する
                                                (株)
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
     KGI  ASIA   LIMITED-CLIENT        ACCOUNT
                        41/F   CENTRAL     PLAZA,    18  HARBOUR     ROAD,
     (常任代理人 香港上海銀行東京支店                                           735,000        9.13
                        WANCHAI,     HONG   KONG
     カストディ業務部)
     古西 大輔                    東京都港区                        189,300        2.35
     本田 信昭                    東京都港区                        93,000       1.15

     松井証券株式会社                    東京都千代田区麹町1-4                        88,700       1.10

     安田健康産業株式会社                    東京都江戸川区一之江3-1-1                        85,500       1.06

     桑畑 佐登美                    宮崎県宮崎市                        70,000       0.87

     広瀬 和也                    東京都渋谷区                        69,000       0.85

     日本証券金融株式会社                    東京都中央区日本橋茅場町1-2-10                        60,100       0.74

     明和證券株式会社                    東京都中央区八丁堀2-21-6                        55,000       0.68

     楽天証券株式会社                    東京都世田谷区玉川1-14-1                        49,900       0.62

             計                     -             1,495,500        18.59

     (注)   1.上記のほか、自己株式38,400株を保有しております。
        2.KGI    ASIA   LIMITED-CLIENT        ACCOUNTについては株主名簿上の名称と異なりますが、特に実質株主として把握
          していることにより記載しております。
        3.前事業年度末現在主要株主であったBMI(JAPAN)                         Investment      Holdings     Limited(常任代理人 世紀華亜投
          資株式会社)は、当事業年度末では主要株主ではなくなりました。
                                 31/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                              2019年2月28日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     -          -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -          -              -

     議決権制限株式(その他)                     -          -              -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                               -              -
                     普通株式       38,400
                     普通株式      8,042,400
     完全議決権株式(その他)                                 80,424            -
                     普通株式        1,187

     単元未満株式                               -              -
     発行済株式総数                      8,081,987         -              -

     総株主の議決権                     -            80,424            -

      ② 【自己株式等】

                                              2019年2月28日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都新宿区四谷
     (自己保有株式)
                                  38,400       -       38,400        0.47
     ㈱ビットワングループ
                  4-32-4
          計             -          38,400       -       38,400        0.47
                                 32/93











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】           普通株式
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                    当期間

            区分
                                処分価額の総額                   処分価額の総額
                       株式数(株)                   株式数(株)
                                  (円)                   (円)
     引き受ける者の募集を行った
                             -         -         -         -
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         -         -         -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る
                             -         -         -         -
     移転を行った取得自己株式
     その他(  -  )                         -         -         -         -
     保有自己株式数                      38,400        -           38,400        -

      (注) 当期間における保有自己株式数には、2019年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
         の買取りによる株式数は含めておりません。
                                 33/93











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    3 【配当政策】
      当社は、株主の皆様に対しての利益還元を経営の重要な課題の一つとして位置付けており、長期的かつ総合的な株
     主利益の向上を図ることを利益配分に関する基本方針としております。
      当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
      これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
      当面は、企業体質と経営基盤強化を優先課題ととらえ内部留保に重点を置くこととしておりますが、早期の復配を
     実現していくことで、株主の皆様の期待に応えていく方針です。
      当社は、「取締役会の決議により、毎年8月31日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定
     めております。
    4 【株価の推移】

     (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第16期         第17期         第18期         第19期         第20期

      決算年月        2015年2月         2016年2月         2017年2月         2018年2月         2019年2月

      最高(円)             668         660         480        1,050         2,280

      最低(円)             212         199         232         288         349

     (注)    最高・最低株価は、2015年7月1日より東京証券取引所市場第二部におけるものであり、それ以前は東京証券
        取引所マザーズ市場における株価を記載しております。
     (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別       2018年9月         10月       11月       12月      2019年1月         2月

      最高(円)            733       623       594       759       825       550

      最低(円)            544       366       367       349       436       421

     (注)    最高・最低株価は、東京証券取引所市場第二部における株価を記載しております。
                                 34/93










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    5  【役員の状況】
    男性7名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                               1997年10月      ㈱ソフィア(現㈱カスタ
                                     ネット)
                               2011年5月      当社入社
                               2016年12月      ㈱ビットワン取締役(現)
                               2018年1月      ㈱マイニングワン代表取締役
                                     (現)
     代表取締役       社長    木 村 淳 一       1972年4月21日                            (注)2      -
                                     BIT  ONE  HONG  KONG  LIMITED
                                      Director(現)
                               2018年2月      FASTEPS   SINGAPORE
                                     PTE.LTD.Director(現)
                               2018年11月      ㈱クロスワン取締役(現)
                               2019年5月      当社代表取締役(現)
                               1996年2月      ㈱リムネット入社
                               2000年8月      ㈱ディーエス・インタラクティ
                                     ブ(現㈱Xenlon)入社
                               2004年6月      当社入社
                               2006年5月      当社取締役ビジネスサポートグ
      取締役      管理部長     村  山  雅  経       1966年8月30日             ループ統括マネージャー              (注)2      500
                               2007年5月      当社取締役管理部長(現)
                                     ㈱ビットワン取締役(現)
                               2017年9月
                               2018年5月      エムアンドケイ㈱(現㈱プロケ
                                     アラボ)監査役(現)
                               20018年11月      ㈱クロスワン取締役(現)
                               2001年9月      ㈱JDコーポレーション代表取
                                     締役(現)
      取締役          清 水 武 志       1967年5月13日        2011年9月      TMプランニング㈱代表取締役              (注)2      -
             -
                               2012年5月      当社取締役
                               2019年5月      当社取締役(現)
                               1986年7月      デロイト・トーマツ入社
                               1994年5月      シャンハイ・インターナショナ
                                     ル・キャピタル(香港)入社
                               1995年10月      BMIグループ会長・取締役
                                     (現)
                               2001年4月      有限会社中国再生医学インター
                                     ナショナル取締役
                               2004年9月      有限会社中国投資基金国際ホー
                                     ルディングズ取締役
                 Lo Wah  Wai
      取締役       -           1963年9月17日                            (注)2      -
                 ( 盧 華 威 )
                                     有限会社領航医薬生物科技取締
                                     役
                                     南南資源実業有限会社取締役
                                     有限会社瑞鑫インターナショナ
                                     ルホールディングス取締役
                               2007年7月      有限会社重慶機電取締役(現)
                               2011年8月      天福ホールディングス取締役
                                     (現)
                               2017年5月      当社取締役(現)
                                 35/93







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                               1970年9月      田辺税務会計事務所(現小川税務
                                     会計事務所)入所
                               1978年5月      税理士登録
      取締役
             -   堤 田 健 二       1949年11月16日                            (注)3      -
    (監査等委員)
                               1980年2月      堤田会計事務所開設所長(現)
                               2014年5月      当社監査役
                               2016年5月      当社取締役(監査等委員)(現)
                               1993年5月      地産トーカン㈱
                               1996年10月      日本綜合地所㈱
      取締役
             -   上 田 達 臣       1967年9月19日                            (注)3      -
    (監査等委員)
                               2005年2月      ㈲上田オフィス取締役(現)
                               2019年5月      当社取締役(監査等委員)(現)
                               2004年10月      弁護士登録K
                                     東京合同法律事務所
                               2014年12月      文部科学省研究開発局原子力損
                                     害賠償紛争和解仲介室支援上席
      取締役
             -    佐 藤  生       1970年7月28日                            (注)3      -
    (監査等委員)
                                     和解仲介専門官
                               2016年8月      池袋若松法律事務所設立代表弁
                                     護士(現)
                               2019年5月      当社取締役(監査等委員)(現)
                             計                            500
     (注)1.取締役Lo         Wah  Wai、堤田健二、上田達臣、佐藤生の4氏は、社外取締役であります。

        2.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、2019年5月30日開催の定時株主総会終結の時から1
          年間であります。
        3.監査等委員である取締役の任期は、2018年5月30日開催の定時株主総会終結の時から2年間であります。 
        4.監査等委員会の体制は、次の通りであります。 
          委員長 堤田健二、委員 上田達臣、委員 佐藤生
                                 36/93













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
      (コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方)
       当社は、経営陣が行う意思決定についての、適法性の監視、不正な業務執行の抑止を図るとともに、事業リスク
      を回避又は軽減しつつ、会社の意思決定の迅速化と経営責任の明確化を実現する企業組織体制の確立をコーポレー
      ト・ガバナンスと考えております。
       適法性の監視については、社内監視体制に留まらず、随時社外の顧問弁護士、公認会計士、税理士に確認を行
      い、社内外からの二重チェック体制でコンプライアンスの確保・維持継続に努めております。
       上記のコーポレート・ガバナンス体制を効果的に運営することで、株主・投資家の皆様へは、迅速かつ正確な情
      報開示に努めるとともに、幅広い情報公開により経営の透明性を高めてまいります。
      ①   会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況(2019年5月30日現在)

       (A)  会社の機関の基本説明
         当社の取締役会は取締役4名(監査等委員である取締役を除く)及び監査等委員である取締役3名で構成さ









        れております。このうち取締役1名(監査等委員である取締役を除く)と監査等委員である取締役3名は社外
        取締役であり、取締役の業務執行に対し厳正な監視機能を発揮しております。
         取締役会は月1回の定例取締役会のほか、必要に応じて機動的に臨時取締役会を開催し、独立性を保持した
        監査等委員(社外取締役)の出席のもと、取締役の職務執行状況の監視を行うとともに、経営の妥当性、効率
        性及び公正性等について適宜検討を行い、重要な業務に関する事項の決議及び職務執行についての意思決定を
        行っております。
         会計監査人には監査法人アリアを選任し、正しい経営情報を提供するために、公正不偏な立場から監査が実
        施される環境を整備しております。顧問弁護士には、法律上の判断を必要とする場合に適宜アドバイスを受け
        ております。
                                 37/93



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
       (B)  内部統制システムの整備の状況及びリスク管理体制の整備の状況
         当社は、内部統制システム及びリスク管理体制について、以下のように定め、運用しております。
        1)取締役・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         イ)役職員が法令、定款及び社内規程を遵守し、誠実に行動し、業務遂行するために、取締役会は全職員を
           対象とするコンプライアンス基本規程を制定する。
         ロ)コンプライアンス全体を統括する組織として、コンプライアンス委員会を設置する。
         ハ)コンプライアンスの推進については、コンプライアンス基本規程に基づき、教育・研修会を適宜開催す
           る。
         ニ)当社の役職員が法令違反の疑義がある行為等を発見した場合は、コンプライアンス委員会に通報する制
           度を設ける。
         ホ)当社及び当社グループは、社会秩序や企業の健全な活動に悪影響を及ぼす反社会的勢力に対しては、一
           切の取引を行わず、組織的な対応を行う。
        2)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         イ)取締役の職務の執行及び意思決定に係る情報の記録や文書は、保存及び廃棄等の管理方法を法令及び文
           書管理規程に基づき、適切に管理し、関連規程は必要に応じて適宜見直し、改善を図る。
         ロ)取締役、監査等委員及び会計監査人から閲覧要請があった場合は、速やかに対応する。
        3)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          当社のリスク管理は、社長が対策責任者となる担当取締役を任命し、必要に応じ委員会やプロジェクト
         チームを設置しリスクを管理する。経営上のリスクを総合的に分析、把握を行い、顧問弁護士等外部アドバ
         イザーと共に対応を行い、そのリスクの軽減に努める。
        4)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          定例の取締役会を毎月1回開催し、重要事項の決定を行うと共に、更に迅速な意思決定が必要な場合は、
         臨時取締役会を適宜開催し、取締役会規程に基づく職務権限及び意思決定に適正かつ効率的に職務を執行す
         ることとする。
        5)当社企業グループにおける業務の適正を確保するための体制

         イ)当社の子会社については、グループ運営体制を整備すると共にグループ管理体制を構築し、グループ会
           社に対して監査及び経営指導を行い、業務の適正を確保する体制を整備する。
         ロ)主要な子会社の取締役又は監査役は当社から派遣し、法令及び社内規程に基づき、経営管理、経営指導
           にあたる。
        6)監査等委員会の職務を補助すべき使用人を置くことに関する体制と当該使用人の取締役からの独立性に関

          する事項
         イ)監査等委員会が監査職務を補助すべき使用人を必要とした場合は、適切な人材を配置する。
         ロ)当該使用人は取締役から独立して機能し、人事考課、人事異動は監査等委員の同意を得た上で決定す
           る。
        7)取締役及び使用人が監査等委員会に報告するための体制その他監査等委員への報告に関する事項

         イ)監査等委員は、重要な意思決定の過程及び取締役の職務執行状況を把握するため、取締役会に出席する
           他、経営会議、その他重要な会議に出席し、意見を述べることができる。
         ロ)取締役及び使用人は会社に著しい損害を及ぼすおそれがある事実や、重大な法令違反または定款違反の
           事実が発生したときは直ちに監査等委員会へ報告する。
                                 38/93




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
        8)その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         イ)監査等委員会は、代表取締役社長と定期的に会合を持ち、監査上の重要課題について意見交換を行う。
         ロ)取締役は、監査等委員の職務執行にあたり、監査等委員が必要と認めたときは、会計監査人、顧問弁護
           士等と緊密な連携を図ることができる環境を整備する。
        9)財務報告の信頼性を確保するための体制

          当社は、当社及び当社グループの財務報告の信頼性を確保するため、金融商品取引法に基づく内部統制報
         告書の有効かつ適切な提出に向けた内部統制システムの構築を行い、その仕組みが適正に機能することを継
         続的に評価し、不備があれば必要な是正を行うことにより、金融商品取引法及びその他の関係法令等の適合
         性を確保する体制を整備するものとする。
      ②   内部監査及び監査等委員会の状況(2019年5月30日現在)

        当社「内部監査規程」に基づき、経営の合理化・効率化と業務の適正な遂行を図ることを目的として、定期的
       に内部監査が行われております。その結果については、適宜、監査等委員と情報交換が行われ、内部監査報告書
       は内部監査責任者を経由して代表取締役社長へ報告されます。
        監査等委員監査については、社外取締役3名で構成されており、取締役会に常時出席し、取締役の職務執行に
       ついて厳正に監視するほか、会計監査人とのヒアリング及び意見交換を行い、業務執行が適法に行われているこ
       とを確認しております。
        なお、監査等委員の堤田健二氏は税理士の資格を有しているため、財務及び会計に関する相当程度の知見を有
       しております。また、上田達臣氏は会社経営をはじめとして様々な分野における業務経験と見識により、経営に
       関する相当程度の知見を有しております。さらに、佐藤生氏は、弁護士の資格を有し、会社法務等を通じて経営
       に関する相当程度の知見を有しております。
      ③   社外取締役(2019年5月30日現在)
       (A)  社外取締役の員数及び当社との利害関係
         当社は、独立性を保ち中立な立場から客観的に監視を実施していただくことを目的として社外取締役を4名
        選任しており、そのうち3名が監査等委員であります。
         社外取締役である         Lo  Wah  Wai氏は、香港・中国を中心とするファイナンシャルグループであるBMIグルー
        プのオーナーであり、かつ香港公認会計士、米国公認会計士等の資格を有しており、また堤田健二氏は税理士
        の資格を有しているため、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。さらに、上田達臣氏は会
        社経営をはじめとして様々分野における業務経験と見識を重ねており、佐藤生氏は弁護士の資格を有し会社法
        務等に精通しております。いずれも当社の業務執行を行う経営陣から独立した客観的な立場から監査機能を発
        揮していただけるため、社外取締役として選任しております。
         監査等委員である社外取締役3名と当社との間には、人的関係、資本関係、取引関係またはその他の利害関
        係はありません。
       (B)  企業統治において果たす機能及び役割、選任状況に関する提出会社の考え方
         社外取締役を選任することにより、高い独立性と専門的な知見に基づき、社外の立場から経営に助言を行う
        とともに、経験や知識等を活かして経営の適合性に対する客観的かつ適切な監視等により、当社の企業統治の
        有効性を高める機能及び役割を担っております。
         また、社外取締役の選任状況に関する考え方については、当社の現在の社外取締役は経営に対する監査機能
        を十分に発揮しており、客観的な立場で適切に監査しており、当社の企業統治の有効性に大きく寄与している
        ものと考えております。
       (C)  社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針

         当社は、社外取締役を選任する際の独立性に関する基準または方針については特に定めておりませんが、候
        補者の選定にあたっては、外部からの客観性及び資質・能力など総合的に勘案して判断しております。
                                 39/93




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      ④   取締役の定数
        当社定款において当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は
       4名以内と定めております。
      ⑤   取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
       株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらない旨を定めております。
      ⑥ 取締役会で決議できる株主総会決議事項

        (自己の株式の取得)
        当社は、機動的な資本政策を遂行できるように、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって
       市場取引等により、自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
        (中間配当)

        当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって
       8月31日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
        (取締役の責任免除)

        当社は、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定
       により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締役(取締役であった者を含む。)の損害
       賠償責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めております。
      ⑦   株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めており
       ます。これは、株主総会の特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的と
       しております。
                                 40/93










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      ⑧   役員の報酬等
       (A)  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(千円)

                                                    対象となる
                報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                  (千円)
                                ストック
                                                      (名)
                         基本報酬               賞与      退職慰労金
                               オプション
     取締役
                    11,520       11,520         -       -       -      3
     (監査等委員を除く。)
     (社外取締役を除く。)
     取締役(監査等委員)
                      -       -       -       -       -      -
     (社外取締役を除く。)
     社外役員               3,600       3,600         -       -       -      3
       (B)  提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

         連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       (C)  使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

               対象となる役員の

      総額(千円)                                 内容
                 員数(名)
          12,280            2  使用人としての給与であります。
       (D)  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

         当社の役員の報酬等の額は、株主総会で決議された報酬枠の範囲内で支給し、毎月の定期同額給与(基本報
        酬)によって構成されております。各取締役への配分は取締役会において、また、各監査等委員である取締役へ
        の配分は監査等委員会の協議により決定しております。
      ⑨   株式の保有状況

       (A)  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
         該当事項はありません。
       (B)  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式のうち、当事業年度における貸借対照表計上額が資本金額

        の100分の1を超える金額
         該当事項はありません。
       (C)  保有目的が純投資目的である投資株式

         該当事項はありません。
      ⑩   会計監査の状況

        当社の会計監査業務を執行した公認会計士の氏名及び所属監査法人名は以下のとおりです。
       (A)  業務を執行した公認会計士の氏名
         代表社員      業務執行社員:茂木 秀俊
         代表社員      業務執行社員:山中 康之
       (B)  所属する監査法人

         監査法人アリア
       (C)  監査業務に係る補助者の構成

         公認会計士 2名  その他 3名
                                 41/93



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      ⑪   責任限定契約の内容の概要
        当社と監査等委員である取締役3名は、会社法第427条第1項の契約を締結しており、当該契約に基づく損害賠
       償責任の限度額は、法令が定める最低責任限度額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該
       社外取締役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
        当社と監査法人アリアは、会社法第427条第1項の契約を締結しており、当該契約内容の概要は次のとおりで

       す。
        悪意又は重大な過失があった場合を除き、会計監査人としての在職中に報酬その他の職務執行の対価、又は受
       けるべき財産上の利益の額の事業年度ごとの合計額のうち最も高い額に二を乗じて得た額のいずれか高い額を
       もって、損害賠償責任の限度となります。
     (2) 【監査報酬の内容等】

      ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社              18,150             -         16,375             -
       連結子会社                 -           -           -           -

         計             18,150             -         16,375             -

      ② 【その他重要な報酬の内容】

        前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)
         該当事項はありません。
      ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)
         該当事項はありません。
      ④ 【監査報酬の決定方針】

        該当事項はありませんが、当社グループの規模、監査日数、要員等を総合的に勘案し、監査公認会計士等と協
       議し、同意のもと適切に決定しております。
                                 42/93







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年3月1日から2019年2月28日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2018年3月1日から2019年2月28日まで)の財務諸表について、監査法人アリアによ
     り監査を受けております。
      当社の監査公認会計士等は次のとおり異動しております。
      第18期連結会計年度の連結財務諸表及び第18期事業年度の財務諸表 仁智監査法人
      第19期連結会計年度の連結財務諸表及び第19期事業年度の財務諸表 監査法人アリア
      当該異動について臨時報告書を提出しております。臨時報告書に記載した事項は次のとおりです。

      (1)  異動に係る監査公認会計士等の名称
        ①  選任する監査公認会計士等の名称
         監査法人アリア
        ②  退任する監査公認会計士等の名称
         仁智監査法人
      (2)  異動の年月日  
        2017年5月26日
      (3)  退任する監査公認会計士等が直近において監査公認会計士等となった年月日
        2016年5月25日
      (4)  退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項
        該当事項はありません。
      (5)    異動の決定又は異動に至った理由及び経緯
        当社の会計監査人である仁智監査法人は当社第18回定時株主総会の終結の時をもって任期満了となります。こ
       れに伴い、当社監査等委員会は、当社の会計監査人に求められる専門性及び独立性、並びに品質管理体制、職務
       遂行能力等を総合的に勘案した結果、監査法人アリアを会計監査人として選任するものであります。
      (6)    上記(5)の理由及び経緯に対する監査報告書等の記載事項に係る退任する監査公認会計士等の意見
        特段の意見はない旨の回答を得ております。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。
      具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体
     制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。
                                 43/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年2月28日)              (2019年2月28日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                284,715              386,260
        受取手形及び売掛金                                62,893              57,579
        商品及び製品                                38,573              56,585
        仕掛品                                 4,273              1,080
        前渡金                                63,664                 -
        前払費用                                 5,987              30,405
        その他                                19,768              62,238
                                       △ 33,747             △ 33,702
        貸倒引当金
        流動資産合計                                446,128              560,447
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               55,422                 -
                                       △ 20,212                 -
           減価償却累計額
           建物及び構築物(純額)                             35,210                 -
         建設仮勘定
                                        21,244                 -
         その他                               35,975                 -
                                       △ 13,712                 -
           減価償却累計額
           その他(純額)                             22,263                 -
         有形固定資産合計                               78,718                 -
        無形固定資産
         のれん                              176,017                 -
                                         4,890                -
         その他
         無形固定資産合計                              180,908                 -
        投資その他の資産
         長期貸付金                              267,450                 -
         破産更生債権等                               64,024              152,729
         その他                               34,826              15,633
         貸倒引当金                             △ 296,605             △ 152,729
         投資その他の資産合計                               69,696              15,633
        固定資産合計                                329,322               15,633
      資産合計                                 775,450              576,081
                                 44/93







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年2月28日)              (2019年2月28日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                 6,257              4,965
        未払金                                28,985              21,928
        1年内返済予定の長期借入金                                110,372                 -
        未払法人税等                                 4,123              5,706
                                        14,114              22,563
        その他
        流動負債合計                                163,853               55,163
      固定負債
        長期借入金                                50,000                 -
        退職給付に係る負債                                14,650              13,701
                                         3,340               256
        その他
        固定負債合計                                67,991              13,958
      負債合計                                 231,844               69,121
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               1,484,207              2,009,711
        資本剰余金                               1,076,231              1,601,735
        利益剰余金                              △ 1,960,218             △ 3,068,543
                                       △ 58,994             △ 58,994
        自己株式
        株主資本合計                                541,226              483,909
      その他の包括利益累計額
                                         △ 957            △ 1,571
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                 △ 957            △ 1,571
      新株予約権
                                         3,337              25,322
                                           -            △ 700
      非支配株主持分
      純資産合計                                 543,605              506,959
     負債純資産合計                                   775,450              576,081
                                 45/93










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自  2017年3月1日            (自  2018年3月1日
                                至   2018年2月28日)             至   2019年2月28日)
     売上高                                  1,034,520               618,794
                                      ※1  373,592            ※1  205,055
     売上原価
     売上総利益                                   660,927              413,738
                                     ※2 ,3  848,163            ※2 ,3  894,099
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                  △ 187,235             △ 480,360
     営業外収益
      受取利息                                  1,652               179
      受取配当金                                    63               0
      為替差益                                    -             469
      受取賃貸料                                  2,777                -
      貸倒引当金戻入額                                  1,894              7,068
      違約金収入                                    -            28,000
                                         2,935              2,872
      その他
      営業外収益合計                                  9,324              38,589
     営業外費用
      支払利息                                  14,716               2,019
      為替差損                                  2,339                -
      賃貸費用                                  1,869                -
      仮想通貨差損                                    -            3,735
      支払手数料                                    -            56,329
                                         1,608              6,387
      その他
      営業外費用合計                                  20,534              68,472
     経常損失(△)                                  △ 198,446             △ 510,243
     特別利益
      投資有価証券売却益                                  8,985                -
      新株予約権戻入益                                  2,101                -
                                           -            32,968
      子会社株式売却益
      特別利益合計                                  11,086              32,968
     特別損失
                                       ※4  4,236              ※4  0
      固定資産除却損
                                                       ※5  70
      固定資産売却損                                    -
                                      ※6  276,619            ※6  638,015
      減損損失
      関係会社株式売却損                                  44,060                 -
                                         1,236               700
      その他
      特別損失合計                                 326,152              638,785
     税金等調整前当期純損失(△)                                  △ 513,511            △ 1,116,060
     法人税、住民税及び事業税
                                         3,810              4,324
     法人税等調整額                                    5,820                -
     法人税等合計                                    9,631              4,324
     当期純損失(△)                                  △ 523,143            △ 1,120,385
     非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                   △ 4,315             △ 8,498
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)                                  △ 518,827            △ 1,111,887
                                 46/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自  2017年3月1日            (自  2018年3月1日
                                至   2018年2月28日)             至   2019年2月28日)
     当期純損失(△)                                  △ 523,143            △ 1,120,385
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 10,977                 -
                                         △ 223              △ 40
      為替換算調整勘定
                                     ※  △  11,200              ※  △  40
      その他の包括利益合計
     包括利益                                  △ 534,344            △ 1,120,425
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                △ 525,211            △ 1,111,927
      非支配株主に係る包括利益                                 △ 9,132             △ 8,498
                                 47/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自 2017年3月1日 至 2018年2月28日)
                                                   (単位:千円)
                       株主資本             その他の包括利益累計額
                                          その他の
                                              新株予約    非支配株    純資産合
                                  その他有
                   資本剰余    利益剰余        株主資本        為替換算    包括利益
                                               権   主持分     計
               資本金           自己株式        価証券評
                    金    金       合計       調整勘定    累計額合
                                  価差額金
                                            計
               1,274,295     866,320   △ 1,441,390    △ 58,994    640,231    10,977    △ 734   10,243    13,126    585,194   1,248,795
     当期首残高
     当期変動額
                209,911    209,911            419,822                        419,822
     新株の発行
     親会社株主に帰属す
                       △ 518,827       △ 518,827                       △ 518,827
     る当期純損失(△)
     株主資本以外の項目
                                   △ 10,977    △ 223  △ 11,200    △ 9,789   △ 585,194   △ 606,184
     の当期変動額(純
     額)
                209,911    209,911   △ 518,827      -  △ 99,005   △ 10,977    △ 223  △ 11,200    △ 9,789   △ 585,194   △ 705,189
     当期変動額合計
               1,484,207    1,076,231   △ 1,960,218    △ 58,994    541,226      -   △ 957   △ 957   3,337     -  543,605
     当期末残高
     当連結会計年度(自 2018年3月1日 至 2019年2月28日)

                                                   (単位:千円)
                       株主資本             その他の包括利益累計額
                                          その他の
                                              新株予約    非支配株    純資産合
                                  その他有
                   資本剰余    利益剰余        株主資本        為替換算    包括利益
                                               権   主持分     計
               資本金           自己株式        価証券評
                    金    金       合計       調整勘定    累計額合
                                  価差額金
                                            計
               1,484,207    1,076,231   △ 1,960,218    △ 58,994    541,226      -   △ 957   △ 957   3,337     -  543,605
     当期首残高
     当期変動額
                525,504    525,504           1,051,009                        1,051,009
     新株の発行
     親会社株主に帰属す
                      △ 1,111,887       △ 1,111,887                       △ 1,111,887
     る当期純損失(△)
     株主資本以外の項目
                        3,561        3,561     -   △ 613   △ 613   21,984    △ 700   24,231
     の当期変動額(純
     額)
                525,504    525,504   △ 1,108,325       -  △ 57,316      -   △ 613   △ 613   21,984    △ 700  △ 36,646
     当期変動額合計
               2,009,711    1,601,735   △ 3,068,543    △ 58,994    483,909      -  △ 1,571   △ 1,571    25,322    △ 700   506,959
     当期末残高
                                 48/93









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年3月1日              (自 2018年3月1日
                                至 2018年2月28日)               至 2019年2月28日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純損失(△)                                △ 513,511            △ 1,116,060
      減価償却費                                  8,301              52,680
      のれん償却額                                  73,527              22,711
      減損損失                                 276,619              638,015
      為替差損益(△は益)                                  2,694                -
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 17,517              △ 7,821
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    -              -
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 1,679              △ 949
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  3,422                -
      受取利息及び受取配当金                                 △ 1,652              △ 179
      支払手数料                                    -            56,329
      支払利息                                  14,716               2,019
      有形固定資産売却損益(△は益)                                    -              70
      有形固定資産除却損                                  4,236                0
      投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 8,985                -
      関係会社株式売却損益(△は益)                                  44,060             △ 32,968
      新株予約権戻入益                                 △ 2,101                -
      違約金収入                                    -           △ 28,000
      売上債権の増減額(△は増加)                                 203,839               5,314
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  30,642             △ 17,433
      未収入金の増減額(△は増加)                                 △ 3,131             △ 4,630
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 132,051              △ 1,056
                                       △ 61,279             △ 30,904
      その他
      小計                                 △ 79,849             △ 462,862
      利息及び配当金の受取額
                                         1,034               179
      違約金の受取額                                    -            28,000
      利息の支払額                                 △ 14,293              △ 2,019
      法人税等の還付額                                  21,973                 0
                                        △ 1,276             △ 6,496
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 72,411             △ 443,198
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                 △ 98,115                 -
      定期預金の払戻による収入                                 354,025               10,000
      有形固定資産の取得による支出                                △ 118,173             △ 404,491
      有形固定資産の売却による収入                                    -             126
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 1,274                -
      投資有価証券の取得による支出                                 △ 8,337                -
      投資有価証券の売却による収入                                  18,609                 -
      差入保証金の回収による収入                                    -            9,918
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                     ※2  △  110,785
                                                         -
      る支出
      子会社株式の取得による支出                                △ 199,999                 -
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                                    ※2  31,607
                                           -
      る収入
      貸付金の回収による収入                                  9,157              50,907
                                        △ 4,482               752
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 159,375             △ 301,179
                                 49/93



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年3月1日              (自 2018年3月1日
                                至 2018年2月28日)               至 2019年2月28日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 300,000                 -
      長期借入金の返済による支出                                △ 120,629             △ 160,372
      新株予約権の発行による収入                                 412,135               36,574
      新株予約権の行使による株式の発行による収入                                    -           980,090
                                        △ 2,826              △ 843
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 11,320              855,449
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    △ 567              473
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 243,675              111,545
     現金及び現金同等物の期首残高                                   518,390              274,715
                                      ※1  274,715            ※1  386,260
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 50/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       当社グループは、前連結会計年度において売上高が著しく減少し、営業損失が発生したことに加え、営業活動に
      よるキャッシュ・フローがマイナスとなりました。当連結会計年度におきましても、引き続き売上高が著しく減少
      し、営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する当期純損失を計上しております。これらの状況により、継続企業
      の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。当社グループは当該状況を早急に解消す
      るため、以下の施策を実施して参ります。
       当連結会計年度におきましては、仮想通貨の取引高の減少、市場価額の低迷及び仮想通貨に関する各国の規制の

      不透明さなどから、フィンテック事業が振るわず、業績が低迷する結果となりました。フィンテック事業に将来性
      はあると考えられるものの、今後世界的な仮想通貨を取り巻く環境が急激に改善することは期待できず、フィン
      テック事業に経営資源を集中しすぎることは、経営リスクが大きいと判断いたしました。そこで、全社的な戦略と
      しては、来期以降は、海外でのフィンテック事業を継続しつつ、当社が従来より行ってきたシステムソリューショ
      ン事業の中で、システム開発やマッチングアプリの企画運営などの事業にも注力していくことといたしました。
       フィンテック事業では、当連結会計年度において、仮想通貨の市場価額の低迷等の影響から、2019年1月にマイニ

      ング事業から撤退し、香港及びシンガポールに開設した仮想通貨交換所の口座数や取引額の増大のためのマーケ
      ティング活動等に尽力したものの、想定した口座数・取引額を達成するに至らず、日本で開設を予定していた仮想
      通貨交換所の開設も取りやめました。このような状況の下、今後は、香港・シンガポールを中心として仮想通貨の
                     㬀                  㬀
      ICO(Initial       coin   offering)      や STO(Security       token   offering)      に関する技術的なサポートやコンサルティ
      ング事業についての案件取得に力を入れていく所存です。
       システムソリューション事業では、新規システム開発案件の取得やマッチングアプリの企画運営事業などを開始

      いたします。そのため、新規パートナーの開拓及び既存パートナーとの更なるビジネス連携強化に努め、社会的
      ニーズに対応する技術や製品のための研究開発を強化し、付加価値の高い製品やITソリューションを提供してまい
      ります。
       アイラッシュケア事業では、スタッフの商品知識とお客様ニーズに合った提案力を高め、顧客コミュニケーショ

      ン能力、販売力の向上を図るとともに新サービス紹介やエクステデザインの提案等をSNSで情報発信することにより
      店舗への来店喚起を強化してまいります。また、既存の国内事業の立て直しを図り、人事制度や商品仕入先の見直
      し、経費の削減等を推し進めてまいります。
       これら今後必要となる事業資金の確保については、資金調達で得た資金や手元資金のほか、必要に応じて新たな

      資金調達を検討することで対応してまいります。
       しかし、これらの対応策の実現可能性は、市場の状況、需要動向、他社との競合等の影響による成果を負ってお

      り、新株予約権者や投資家のご意向や事業計画の達成如何にも左右されるため、現時点では継続企業の前提に関す
      る重要な不確実性が認められます。
       なお、連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、上記のような重要な不確実性の影響を反映してお
      りません。
         ※1:企業等がトークンと呼ばれるものを電子的に発行して、公衆から法定通貨や仮想通貨の調達を行う行為

         ※2:予めSecurity(証券)の要件に合致するコインを電子的に発行し、公衆から法定通貨や仮想通貨の調達を
           行う行為
                                 51/93




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項
     (1)  連結子会社の数
       6 社
      主要な連結子会社の名称
       株式会社ビットワン
       株式会社マイニングワン
       FASTEPS    SINGAPORE     PTE  LTD
       BIT  ONE  HONG   KONG   LIMITED
       エムアンドケイ株式会社
       株式会社クロスワン
       FASTEPS    SINGAPORE     PTE  LTD及びBIT      ONE  HONG   KONG   LIMITEDは重要性が増したため、株式会社クロスワンは新規

      設立に伴い、当連結会計年度より連結子会社に含めております。
       従来、連結子会社であったPlurecil                 Holdings     Limitedは、2018年4月13日付で全持分を譲渡いたしました。これ
      に伴い、Plurecil         Holdings     Limitedを連結の範囲から除外しております。
        また、エムアンドケイ株式会社は、2019年3月1日付で株式会社プロケアラボに商号変更いたしました。
     (2)  非連結子会社の数

       該当事項はありません。
    2.持分法の適用に関する事項

     (1)  持分法を適用した関連会社数
       該当事項はありません。
     (2)  持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社の数

       該当事項はありません。 
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社の事業年度等に関する事項は以下のとおりであります。
       ・BIT   ONE  HONG   KONG   LIMITED
       ・FASTEPS     SINGAPORE     PTE.   LTD.
       決算日12月31日
       連結財務諸表の作成にあたっては、同日現在の財務諸表を利用し、連結決算日との間に生じた重要な取引につい
      ては、連結上必要な調整を行っております。
    4.会計方針に関する事項

     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
      ①   有価証券
        その他有価証券
         時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
         により算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
      ②   たな卸資産
        商品
         移動平均法による原価法
         (貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        仕掛品
         個別法による原価法
                                 52/93

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

      ①   有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。
        ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建
       物附属設備及び構築物については定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
        建物及び構築物             6~15年
        工具、器具及び備品             4~15年
      ②   無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法を採用しております。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
     (3)  重要な引当金の計上基準

      ①   貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      ②   賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上して
       おります。
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法

       当社及び一部の連結子会社では、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合
      要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
     (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

       外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
      す。
     (6)  のれんの償却方法及び償却期間

       のれんの償却は、その効果が発現すると見積もられる期間(5~10年)で均等償却しております。また、負のの
      れんについては一括償却しております。
     (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

       連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及
      び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限
      の到来する短期投資からなっております。
     (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

      ①   消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
      ②   連結納税制度の適用
        連結納税制度を適用しております。
                                 53/93




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (表示方法の変更)
      前連結会計年度において、「流動資産」の「その他」に含めていた「前払費用」は、金額的重要性が増したため、
     当連結会計年度より独立掲記することとしております。
      この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
      この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「その他」に表示していた25,755千円は、
     「前払費用」5,987千円、「その他」19,768千円として組み替えております。
      (未適用の会計基準等)

      (収益認識に関する会計基準等)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
      (1) 概要
        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1      :  顧客との契約を識別する。
         ステップ2      :  契約における履行義務を識別する。
         ステップ3      :  取引価格を算定する。
         ステップ4      :  契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5      :  履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2) 適用予定日
        2023年2月期の期首より適用予定であります。 
      (3) 当該会計基準等の適用による影響
        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
      (連結損益計算書関係)

     㯿ᄀ   期末たな卸高は収益性の低下による簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれており
       ます。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年3月1日              (自    2018年3月1日
                            至   2018年2月28日)               至   2019年2月28日)
        商品及び製品                       16,542   千円              2,970   千円
     ※2    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2017年3月1日              (自    2018年3月1日
                            至   2018年2月28日)               至   2019年2月28日)
        給与手当                      311,715    千円             285,983    千円
        役員報酬                       37,000                 22,320
        のれん償却額                       73,527                 22,711
        支払手数料                       83,658                205,414
        貸倒引当金繰入額                       △ 191                 33
        退職給付費用                        860                2,366
        研究開発費                       53,292                104,806
                              114,743
        賃借料                                        82,416
     ※3    研究開発費の総額

       一般管理費に含まれる研究開発費
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年3月1日              (自    2018年3月1日
                            至   2018年2月28日)               至   2019年2月28日)
                               53,292   千円             104,806    千円
     ※4    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                                 54/93


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年3月1日              (自    2018年3月1日
                            至   2018年2月28日)               至   2019年2月28日)
        建物及び構築物                       4,236   千円                - 千円
        工具器具備品                         -  〃                0  〃
        計                       4,236   千円                0 千円
     ※5 固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年3月1日              (自    2018年3月1日
                            至   2018年2月28日)               至   2019年2月28日)
        工具器具備品                         - 千円                70 千円
                                 55/93

















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     ※6    減損損失
       前連結会計年度(自 2017年3月1日 至 2018年2月28日)
        当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
                                                   減損損失
            場所              用途               種類
                                                    (千円)
         東京都目黒区          アイラッシュケア事業資産                 のれん                  276,619
          資産のグルーピングについては、原則として事業用資産については管理会計上の区分に基づいておりま
         す。
           アイラッシュケア事業資産ののれんの減損損失は、「連結財務諸表における資本連結手続に関する実務指
         針」(日本公認会計士協会平成26年11月28日会計制度委員会報告第7号)第32項の規定に基づき、連結子
         会社株式の減損処理に伴って、のれんを償却したものであります。
       当連結会計年度(自 2018年3月1日 至 2019年2月28日)

        当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
                                                   減損損失
            場所              用途               種類
                                                    (千円)
                                    建物及び構築物、工具器
         東京都新宿区          本社管理部門全社共通資産                                    1,347
                                    具備品
                                    建物及び構築物、工具器
         東京都新宿区          フィンテック事業資産                                    2,973
                                    具備品、ソフトウェア
                   フィンテック事業資産(マイニン                 建物及び構築物、工具器
         沖縄県那覇市                                             459,688
                   グ設備)                 具備品
         中国・香港          フィンテック事業資産                 工具器具備品                    816
                                    建物及び構築物、工具器
         東京都目黒区          アイラッシュケア事業資産                 具備品、ソフトウェア、                  173,191
                                    のれん
          資産のグルーピングについては、原則として事業用資産については管理会計上の区分に基づいておりま
         す。
          本社管理部門全社共通資産、フィンテック事業資産(マイニング設備を除く)及びアイラッシュケア事業
         資産の建物及び構築物、工具器具備品及びソフトウェアの減損損失は、当社グループの2020年2月期の見込
         みが売上高690百万円、営業損失160百万円、経常損失170百万円、親会社株主に帰属する当期純損失150百万
         円であることを勘案し、当社グループの保有する事業用資産の全額を回収することは困難と判断し、その帳
         簿価格の全額を減損損失(25,021千円)として計上いたしました。
          その内訳は、本社管理部門全社共通資産が、1,347千円(内、建物及び構築物246千円及び工具器具備品
         1,100千円)、東京都新宿区のフィンテック事業資産が、2,973千円(内、建物及び構築物503千円、工具器具
         備品1,449千円及びソフトウェア1,019千円)、中国・香港のフィンテック事業が816千円(全額工具器具備
         品)及びアイラッシュケア事業資産が、19,885千円(内、建物及び構築物17,476千円、工具器具備品174千円
         及びソフトウェア2,234千円)であります。
          フィンテック事業資産(マイニング設備)については、仮想通貨取引量の減少及び仮想通貨相場価格の下
         落等により、想定通りの収益を得ることができなかったことから、マイニング事業に関連する事業用資産の
         全額を回収することは困難と判断し、その帳簿価格の全額を減損損失(459,688千円)として計上いたしまし
         た。
          その内訳は、建物及び構築物が8,519千円及び工具器具備品が451,169千円であります。
          当連結会計年度において、アイラッシュケア事業ののれんについて減損損失153,305千円を計上しておりま
         す。
                                 56/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
     ※    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額 
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年3月1日              (自    2018年3月1日
                            至   2018年2月28日)               至   2019年2月28日)
        その他有価証券評価差額金:
          当期発生額                      △17,283    千円                - 千円
                                 -                 -
          組替調整額
            税効果調整前
                              △17,283                    -
                               6,305                  -
            税効果額
            その他有価証券評価差額金                      △10,977                    -
        為替換算調整勘定:
                               △223                 △40
         当期発生額
              その他の包括利益合計                      △11,200                   △40
      (連結株主資本等変動計算書関係)

     前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
     1   発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                4,776,987           1,485,000              -       6,261,987
     (変動事由の概要)
      新株の発行(新株予約権の行使)
       第5回新株予約権の権利行使による増加 560,000株
       第6回新株予約権の権利行使による増加 920,000株
       2013年ストック・オプションとしての新株予約権の権利行使による増加 5,000株
     2   自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 38,400             -           -         38,400
     3   新株予約権等に関する事項

                                   目的となる株式の数(株)
                                                      当連結会計
                       目的となる
      会社名         内訳                                      年度末残高
                       株式の種類
                             当連結会計
                                               当連結会計
                                                       (千円)
                                     増加      減少
                                                 年度末
                             年度期首
            2013年ストック・オ
      提出会社      プションとしての新           普通株式        10,000        -     5,000      5,000      1,050
            株予約権
            2016年8月8日第5
      提出会社                 普通株式       800,000         -    560,000      240,000        918
            回新株予約権
            2016年10月11日第6

      提出会社                 普通株式      1,200,000          -    920,000      280,000       1,367
            回新株予約権
               合計              2,010,000          -   1,485,000       525,000       3,337
     (変動事由の概要)
      2013年ストック・オプションとしての新株予約権の権利行使による減少 5,000株
      第5回新株予約権の権利行使による減少 560,000株
      第6回新株予約権の権利行使による減少 920,000株
     4   配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                 57/93



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)
     1   発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                6,261,987           1,820,000              -       8,081,987
     (変動事由の概要)
      新株の発行(新株予約権の行使)
       第5回新株予約権の権利行使による増加                     240,000株
       第6回新株予約権の権利行使による増加                    280,000株
       第7回新株予約権の権利行使による増加                    300,000株
       第8回新株予約権の権利行使による増加                   1,000,000株
     2   自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 38,400             -           -         38,400
     3   新株予約権等に関する事項

                                   目的となる株式の数(株)
                                                      当連結会計
                       目的となる
      会社名         内訳                                      年度末残高
                       株式の種類
                             当連結会計
                                               当連結会計
                                                       (千円)
                                     増加      減少
                                                 年度末
                             年度期首
            2013年ストック・オ
      提出会社      プションとしての新           普通株式        5,000        -      -     5,000      1,050
            株予約権
            2016年8月8日第5
      提出会社                 普通株式       240,000         -    240,000         -      -
            回新株予約権
            2016年10月11日第6

      提出会社                 普通株式       280,000         -    280,000         -      -
            回新株予約権
            2018年3月6日第7

      提出会社                 普通株式          -   1,482,600       300,000     1,182,600        21,535
            回新株予約権
            2018年11月5日第8

      提出会社                 普通株式          -   1,400,000      1,000,000       400,000       2,736
            回新株予約権
               合計               525,000     2,882,600      1,820,000      1,587,600        25,322
     (変動事由の概要)
      第5回新株予約権の権利行使による減少                   240,000株
      第6回新株予約権の権利行使による減少                   280,000株
      第7回新株予約権の発行による増加                 1,482,600株
      第7回新株予約権の権利行使による減少                   300,000株
      第8回新株予約権の発行による増加                 1,400,000株
      第8回新株予約権の権利行使による減少                   1,000,000株
     4   配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                 58/93






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1    現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載されている科目の金額との関係
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年3月1日              (自    2018年3月1日
                            至   2018年2月28日)               至   2019年2月28日)
        現金及び預金勘定                      284,715    千円             386,260    千円
        預入期間が3ヶ月を超える
                              △10,000                    -
        定期預金
        現金及び現金同等物                      274,715                 386,260
     ※2    株式の売却により連結子会社でなくなった会社の資産及び負債の主な内訳

       前連結会計年度(自 2017年3月1日 至 2018年2月28日)
        株式の売却により株式会社ピーアール・ライフが連結子会社から除外されたことに伴う株式売却時の資産及び
       負債の内訳並びに関係会社株式の売却価額と売却による支出との関係は次のとおりであります。
        流動資産                                      1,148,574     千円
        流動資産(短期貸付金の相殺消去相当分)                                       749,600
        固定資産                                       364,185
        流動負債                                      △571,475
        固定負債                                      △515,247
        非支配株主持分                                      △585,695
        その他                                        3,668
        関係会社売却損                                      △44,060
        関係会社株式売却価額                                       549,550
        売却価額と長期借入金との相殺額                                      △549,550
        関係会社現金および現金同等物                                      △110,785
        連結範囲の変更を伴う子会社株式の売却による支出                                      △110,785
       当連結会計年度(自 2018年3月1日 至 2019年2月28日)

        出資持分の売却によりPlurecil               Holdings     Limitedが連結子会社から除外されたことに伴う株式売却時の資産及
       び負債の内訳並びに関係会社株式の売却価額と売却による支出との関係は次の通りであります。
        流動資産                                       23,110   千円
        固定資産                                       15,604
        流動負債                                      △26,271
        為替換算調整勘定                                         957
        その他                                        3,629
        関係会社売却益                                       32,968
        関係会社株式売却価額                                       50,000
        関係会社現金および現金同等物                                      △18,392
        連結範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入                                       31,607
     3 重要な非資金取引の内容

       前連結会計年度(自 2017年3月1日 至 2018年2月28日)
        当連結会計年度に譲渡した株式会社ピーアール・ライフの株式譲渡先である株式会社ドリームデベロップメン
       トに、当社は549,550千円の長期借入金があったため、同株式の譲渡に際し、当該長期借入金と相殺することによ
       り譲渡しております。
       当連結会計年度(自 2018年3月1日 至 2019年2月28日)

        該当事項はありません。
                                 59/93



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループでは、資金運用について安全性の高い金融資産を対象に行っております。資金については銀行等金
      融機関からの借入により資金を調達しております。デリバティブ取引等投機的な取引は行わない方針であります。
     (2)  金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク並びにリスク管理体制

       営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクを伴いますが、取引相手ごとに入金管理及び未収残高
      管理をすることによって、回収懸念の早期把握を実施し、リスク軽減を図っております。
       貸付金は、相手先の信用リスクを伴いますが、貸付先企業の財務状況を定期的に確認しております。
       投資有価証券は主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格変動のリスクを伴いますが、定期的に時
      価の把握を行っています。
       営業債務である買掛金並びに短期借入金は、資金調達に係る流動性リスクを伴いますが、当社グループでは各社
      が月次に資金繰り計画を作成する等の方法により管理しております。
       なお、借入金は、主に運転資金に係る資金調達を目的としたものであります。
                                 60/93















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    2.金融商品の時価等に関する事項
      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)                            参照)。
      前連結会計年度(2018年2月28日)

                          連結貸借対照表
                                      時価(千円)            差額(千円)
                          計上額(千円)
     (1)  現金及び預金
                               284,715            284,715               -
     (2)  受取手形及び売掛金

                                62,893
       貸倒引当金(※1)                        △33,696

                                29,197            29,197              -

     (3)  長期貸付金(1年内回収予定含む)

                               276,498
       貸倒引当金(※1)                       △230,393

                                46,104            47,517            1,412

     (4)  破産更生債権等

                                64,024
       貸倒引当金(※2)                          △64,024

                                  -            -            -

      資産計                         360,016            361,429             1,412

     (1)  買掛金

                                6,257            6,257              -
     (2)  未払金

                                28,985            28,985              -
     (3)  未払法人税等

                                4,123            4,123              -
     (4)  長期借入金(1年内返済予定含む)

                               160,372            159,660             △711
      負債計                         199,739            199,027             △711

     (※1)     受取手形及び売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
     (※2)     破産更生債権等に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
                                 61/93









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(2019年2月28日)
                          連結貸借対照表
                                      時価(千円)            差額(千円)
                          計上額(千円)
     (1)  現金及び預金                        386,260            386,260               -
     (2)  受取手形及び売掛金

                                57,579
       貸倒引当金(※1)                        △33,702

                                23,877            23,877              -

     (3)長期貸付金(1年内回収予定含む)

                                  -            -            -
     (4)  破産更生債権等

                               152,729
                              △152,729

       貸倒引当金(※2)
                                  -            -            -

      資産計                         410,137            410,137               -

     (1)  買掛金

                                4,965            4,965              -
     (2)  未払金

                                21,928            21,928              -
     (3)  未払法人税等

                                5,706            5,706              -
     (4)  長期借入金(1年内返済予定含む)

                                  -            -            -
      負債計                          32,600            32,600              -

     (※1)     受取手形及び売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
     (※2)     破産更生債権等に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
     (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

        資  産
        (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
          これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
          よっております。
        (3)長期貸付金(1年内回収予定含む)
          長期貸付金の時価については、元利金の合計額を、一定の期間ごとに分類し、その将来キャッシュ・フロー
          を国債の利回り等適切な指標に信用スプレッドを上乗せした利率で割り引いた現在価値により算定しており
          ます。
        (4)  破産更生債権等
          破産更生債権等の時価については、個別に回収見込額等に基づいて貸倒見積り額を算定しているため、時価
          は連結決算日における連結貸借対照表価額から現在の貸倒見積り額を控除した金額に近似しており、当該価
          額によって算定しております。
        負  債

        (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等
          これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
          よっております。
        (4)長期借入金(1年内返済予定含む)
          固定金利によるものは、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いて
          算定する方法によっております。変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映することから、時価は帳
          簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によっております。
                                 62/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                                             (単位:千円)
              区分            2018年2月28日               2019年2月28日
             出資金                      20               20
         上記については、市場価格がなく、かつ、将来キャッシュ・フローを見積もることができず、時価を把握す
        ることが極めて困難と認められることから、時価開示の対象としておりません。
     (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(2018年2月28日)
                                         1年超      5年超
                                  1年以内                   10年超
                                        5年以内      10年以内
                                   (千円)                   (千円)
                                         (千円)      (千円)
        現金及び預金                           284,715         -      -      -
        受取手形及び売掛金                           62,893        -      -      -
        長期貸付金(1年内返済予定含む)                            9,048      26,624      240,826         -
                   合計                356,656       26,624      240,826         -
          当連結会計年度(2019年2月28日)

                                         1年超      5年超
                                  1年以内                   10年超
                                        5年以内      10年以内
                                   (千円)                   (千円)
                                         (千円)      (千円)
        現金及び預金                           386,260         -      -      -
        受取手形及び売掛金                           57,579        -      -      -
        長期貸付金(1年内返済予定含む)                              -      -      -      -
                   合計                443,840         -      -      -
     (注4)    長期借入金及びその他有利子負債の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(2018年2月28日)
                        1年超       2年超       3年超       4年超
                 1年以内                                  5年超
                       2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                 (千円)
                       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
        長期借入金          110,372       50,000         -       -       -       -
          合計        110,372       50,000         -       -       -       -
          当連結会計年度(2019年2月28日)

                        1年超       2年超       3年超       4年超
                 1年以内                                  5年超
                       2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                 (千円)
                       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
        長期借入金             -       -       -       -       -       -
          合計          -       -       -       -       -       -
                                 63/93







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
    1.その他有価証券
      前連結会計年度(2018年2月28日) 
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(2019年2月28日) 

       該当事項はありません。
    2.売却したその他有価証券

      前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
       前連結会計年度末において連結子会社であった株式会社ピーアール・ライフについては、債権者株式会社ドリー
      ムデベロップメントによる担保権実行に伴い、2017年8月25日付で当社保有株式をすべて譲渡したため、当連結会
      計年度末において連結の範囲から除外しております。前連結会計年度末において、その他有価証券を保有していた
      のは、当社グループにおいては株式会社ピーアール・ライフのみであったため、当連結会計年度末の連結貸借対照
      表には、その他有価証券の計上はありません。
      当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

       該当事項はありません。
      (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
      当社及び一部の連結子会社は、確定給付型の制度として退職金規定に基づく退職一時金制度を採用しております。
      なお、当社及び一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用
     を計算しております。
    2.確定給付制度

     (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                                     (千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年3月1日              (自 2018年3月1日
                                至 2018年2月28日)              至 2019年2月28日)
    退職給付に係る負債の期首残高                                     16,330              14,650
     退職給付費用                                    1,526              3,377
     退職給付の支払額                                   △3,205              △4,327
    退職給付に係る負債の期末残高                                     14,650              13,701
     (2)  退職給付債務と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調整表

                                                     (千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年2月28日)              (2019年2月28日)
    非積立型制度の退職給付債務                                     14,650              13,701
    連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                     14,650              13,701
    退職給付に係る負債                                     14,650              13,701

    連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                     14,650              13,701
     (3)  退職給付費用

                                前連結会計年度        1,526千円      当連結会計年度        3,377千円
      簡便法で計算した退職給付費用
                                 64/93




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (ストック・オプション等関係)
    1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
     販売費及び一般管理費の
                                     -千  円                 -千  円
     株式報酬費用
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)ストック・オプションの内容
                              2013年ストック・オプション
     会社名                     提出会社

                          当社取締役          3名
     付与対象者の区分及び人数
                          子会社取締役        1名
                          普通株式           30,000株
     株式の種類及び付与数
     付与日                     2013年7月24日

                          付与日(2013年7月24日)から権利確定日
     権利確定条件                     (2015年7月24日)まで継続して勤務してい
                          ること。
                          2013年7月24日~
     対象勤務期間
                          2015年7月24日
                          2015年7月25日~
     権利行使期間
                          2023年7月24日
     (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

       当連結会計年度(2019年2月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
      数については、株式数に換算して記載しております。
      ①   ストック・オプションの数
                              2013年ストック・オプション
     会社名                                      提出会社

     権利確定後(株)

      前連結会計年度

                                            5,000
       権利行使                                         -

       失効                                         -

       未行使残                                       5,000

      ②   単価情報

                              2013年ストック・オプション
     会社名                                      提出会社

     権利行使価格(円)                                        371

     行使時平均株価(円)                                        764

     付与日における公正な評価単価(円)                                         -

    3.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。 
                                 65/93



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2018年2月28日)                (2019年2月28日)
       繰延税金資産
         貸倒引当金                           101,223    千円            57,085   千円
         未払事業税                             543                666
         繰越欠損金                           329,027                381,324
         退職給付に係る負債
                                   4,521                4,195
         減価償却超過額
                                     -             25,363
         一括償却資産                            -             20,220
         減損損失                            -             84,901
         商品評価損
                                   10,209                11,040
                                   6,891                2,700
         その他
         繰延税金資産小計                          452,417                587,497
         評価性引当金                         △452,417                △587,497
       繰延税金資産合計                             -                -
       繰延税金負債
         子会社投資に係る一時差異
                                   3,755                 -
         その他有価証券評価差額金
                                     -                -
       繰延税金負債合計                            3,755                 -
       繰延税金資産の純額                           △3,755                  -
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
      前連結会計年度(2018年2月28日)
        税金等調整前当期純損失が計上されているため記載を省略しております。
      当連結会計年度(2019年2月28日)

        税金等調整前当期純損失が計上されているため記載を省略しております。  
                                 66/93








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (企業結合等関係)
     事業分離
     Plurecil     Holdings     Limited
      (1)  事業分離の概要
       ①  分離先企業の名称及び事業の内容
         分離先企業の名称 ZHAO            BAO  INVESTMENT      LIMITED 兆寶投資有限公司
         事業の内容    Investment               Holding
       ②  分離した事業の内容
         当社グループのアイラッシュケア事業
       ③  事業分離を行った主な理由
        当社グループでは、2015年11月1日、中期的な成長と安定的・持続的な企業価値向上を実現するために、当社
       の経営基盤の強化・多角化を図ることを目的として、Plurecil                             Holdings     Limited(以下「Plurecil」という。)
       の出資持分の全部を取得し、当社連結子会社として、アイラッシュケア事業を開始いたしました。
        その後、2016       年  10  月  11  日付「第三者割当による第             6 回新株予約権       の発行及び第1回無担保転換社債型新
       株予約権付社債の発行に関するお知らせ」にて開示したように、当社グループでは、アイラッシュケア事業を含
       む総合美容事業のグローバル展開(以下「アイラッシュケア事業等のグローバル展開」という。)を実施するた
       め、その事業計画に理解を示していただいたBMI(Japan)Investment                                 Holdings     Limited(以下「BMI(Japan)」
       という。)に対し、第三者割当でファイナンス(以下「本ファイナンス」という。)を行い、調達資金のほぼ全
       額(一部運転資金)をアイラッシュケア事業等のグローバル展開資金として充当する予定でおりました。
        しかしながら、アイラッシュケア事業に係る市場の冷え込み等諸々の事情により、当社グループにおいては、
       アイラッシュケア事業等のグローバル展開への資金の充当が行え無い状況の中、本ファイナンスでの調達資金の
       資金使途の変更を重ね(2016年12月19日付「第1回無担保転換社債型新株予約権付社債に係る資金使途および支
       出時期変更のお知らせ」、2017年5月30日付「第1回無担保転換社債型新株予約権付社債に係る資金使途および支
       出時期変更のお知らせ」、2017年12月18日付「第6回新株予約権および第1回無担保転換社債型新株予約権付社債
       に係る資金使途および支出時期変更のお知らせ」及び2018年3月6日付「第三者割当による第7回新株予約権の
       募集並びに第6回新株予約権の資金使途の変更並びに第5回新株予約権及び第6回新株予約権の一部譲渡に関す
       るお知らせ」参照)、最終的には、本ファイナンスでの調達資金を全てアイラッシュケア事業等のグローバル展
       開資金以外の資金に充当することとなりました。
        このような中で、アイラッシュケア事業等のグローバル展開の事業計画に理解を示し、ファイナンスをしてい
       ただいたBMI(Japan)から、PlurecilをBMI(Japan)が紹介する相手先に売却してもらえないかという打診がご
       ざいました。
        その一方で、当社グループにおいては、2017年7月18日付「子会社における新たな事業開始および商号変更に関
       するお知らせ」及び2018年1月9日付「(変更)「当社子会社における合弁会社(孫会社)設立に関するお知ら
       せ」の一部変更について」などで、日本国内及び香港において仮想通貨取引所を開設し、その運営事業を開始す
       ることを開示し、更に、2017年12月18日付「子会社における採掘(マイニング)事業の開始、それに伴う孫会社
       設立及び業務提携に関するお知らせ」などで開示したように仮想通貨のマイニング事業を開始することとなりま
       した。
        当社グループとしては、企業価値向上の手段として、成長が期待できる事業を見極め「選択と集中」による資
       源投下を実施すべく取り組んでまいりましたが、現状において、当社グループを取り巻く環境を勘案すると、新
       規事業として開始する仮想通貨取引所の運営事業や仮想通貨のマイニング事業に戦略的に経営資源を集中すべき
       局面にあると考えていたところ、前述のようにBMI(Japan)からのPlurecil売却の打診があったため、全持分の
       譲渡を行うことが当社グループの戦略にも合致するものと判断したため、Plurecilの全持分の譲渡をすることと
       いたしました。
       ④  事業分離日
         2018年4月15日
       ⑤  法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
         受取対価を現金等の対価のみとする持分譲渡
                                 67/93



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (2)実施した会計処理の概要
       ①  移転損益の金額
        子会社株式売却益 32,968千円
       ②  移転した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
         流動資産              23,110   千円
         固定資産              15,604
         資産合計              38,715
         流動負債              26,271
         固定負債                -
         負債合計              26,271
       ③  会計処理

        当該株式会社の連結上の帳簿価額と売却価額との差額を子会社株式売却益として特別利益に計上しておりま
       す。
      (3)   分離した事業が含まれていた報告セグメント

        アイラッシュケア事業
      (4)   当連結会計年度の連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額

         売上高                - 千円
         営業損失                -
                                 68/93













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
    1.報告セグメントの概要
      報告セグメントの決定方法
      当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役
     会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
      当社グループは事業別の会社を置き、各事業会社は取り扱う製品・サービスについて包括的な戦略を立案し、事業
     活動を展開しております。
    2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
     る記載と概ね同一であります。
      報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
      セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
    3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
      前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
                                                    (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                       連結
                                                       財務諸表
                                      その他           調整額
                                            合計
                                                       計上額
                   システムソリュー      アイラッシュケア             (注)1           (注)2
              フィンテック事業
                                 計
                    ション事業       事業                            (注)3
     売上高

     外部顧客への売
                  -    191,406      685,783      877,189      157,330     1,034,520         -   1,034,520
     上高
     セグメント間の
                  -    48,927       -    48,927       -    48,927     △ 48,927       -
     内部売上高又は
     振替高
                  -    240,334      685,783      926,117      157,330     1,083,448      △ 48,927    1,034,520
        計
     セグメント利益又
                  -    14,578     △ 2,077     12,500     △ 37,900     △ 25,399    △ 161,835     △ 187,235
     は損失(△)
                  -    114,208      445,807      560,016      207,354      767,370       8,080     775,450
     セグメント資産
     その他の項目

                  -      40    8,899      8,940       281     9,221       -    9,221

      減価償却費
                  -      -    73,527      73,527       -    73,527       -    73,527

      のれん償却額
     有形固定資産及
                  -      -    9,975      9,975     52,349      62,325       -    62,325
     び無形固定資産
     の増加額
    (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであります。
       2.調整額の内容は以下のとおりであります。
        (1)  セグメント利益又はセグメント損失の調整額△161,835千円は、セグメント間取引消去△48,927千円及び各
          報告セグメントに配分していない全社費用△112,908千円であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管
          理費であります。
        (2)  セグメント資産の調整額8,080千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であり、主に報告セグ
          メントに帰属しない提出会社本社での余資運用資金(現金及び預金)及び管理部門に係る資産並びに貸付金
          であります。
       3.セグメント利益又はセグメント損失は、連結財務諸表の営業損失と調整を行っております。
                                 69/93




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)
                                                    (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                       連結
                                                       財務諸表
                                      その他           調整額
                                            合計
                                                       計上額
                   システムソリュー      アイラッシュケア             (注)1           (注)2
              フィンテック事業
                                 計
                    ション事業       事業
                                                       (注)3
     売上高

     外部顧客への売
                17,872     108,017      492,904      618,794        -    618,794        -    618,794
     上高
     セグメント間の
                  -    97,927       -    97,927       -    97,927     △ 97,927       -
     内部売上高又は
     振替高
                17,872     205,945      492,904      716,721        -    716,721     △ 97,927     618,794
        計
     セグメント利益又
               △ 417,457      100,222      60,828    △ 256,406        -   △ 256,406     △ 223,953     △ 480,360
     は損失(△)
                104,855      11,468     184,461      266,000        -    266,000      310,080      576,081
     セグメント資産
     その他の項目

                47,817       747     4,415     52,680       -    52,680       -    52,680

      減価償却費
                  -      -    22,711      22,711       -    22,711       -    22,711

      のれん償却額
     有形固定資産及
                459,425       671      -    460,096        -    460,096        -    460,096
     び無形固定資産
     の増加額
    (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであります。
       2.調整額の内容は以下のとおりであります。
        (1)  セグメント利益又はセグメント損失の調整額△223,953千円は、セグメント間取引消去△97,927千円及び各
          報告セグメントに配分していない全社費用△126,026千円であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管
          理費であります。
        (2)  セグメント資産の調整額310,080千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であり、主に報告セ
          グメントに帰属しない提出会社本社での余資運用資金(現金及び預金)及び管理部門に係る資産でありま
          す。
       3.セグメント利益又はセグメント損失は、連結財務諸表の営業損失と調整を行っております。
     【関連情報】

      前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
    1.製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の開示をしているため、記載を省略しております。
    2.地域ごとの情報

     (1)売上高
       本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2)有形固定資産
                                   (単位:千円)
         日本             中国             合計
             72,337             6,381            78,718

                                 70/93




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)
    1.製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の開示をしているため、記載を省略しております。
    2.地域ごとの情報

     (1)売上高
       本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2)有形固定資産
       本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
      前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
                                             (単位:千円)
                   システムソ
            フィンテック             アイラッシュ
                   リューション              その他     全社・消去         合計
              事業            ケア事業
                     事業
     減損損失            -      -    276,619         -      -      276,619
      当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

                                             (単位:千円)
                   システムソ
            フィンテック             アイラッシュ
                   リューション              その他     全社・消去         合計
              事業            ケア事業
                     事業
     減損損失          463,477       1,347     173,191          -      -     638,015
                                 71/93












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
      前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
                                            (単位:千円)
                     システムソ
             フィンテック               アイラッシュ
                    リューション事                全社・消去          合計
               事業              ケア事業
                       業
     当期償却額              -        -     73,527          -      73,527
     当期末残高              -        -    176,017          -      176,017

     (注)上記のほか、アイラッシュケア事業において、のれん償却額276,619千円を特別損失の減損損失に含めて計上し
        ております。当該のれん償却額は、「連結財務諸表における資本連結手続に関する実務指針」(日本公認会計
        士協会 2014年11月28日会計制度委員会報告第7号)第32項の規定に基づき、連結子会社株式の減損処理に
        伴って、のれんを償却したものであります。
      当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

                                            (単位:千円)
                     システムソ
             フィンテック               アイラッシュ
                    リューション事                全社・消去          合計
               事業              ケア事業
                       業
     当期償却額              -        -     22,711          -      22,711
     当期末残高              -        -       -        -        -

     (注)アイラッシュケア事業において、のれんの減損損失153,305千円が計上されております。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
      該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

      該当事項はありません。
                                 72/93











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      【関連当事者情報】
    1.関連当事者との取引
     (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等
       前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
                             議決権等
                   資本金又
                       事業の内容      の所有                 取引金額         期末残高
          会社等の名称                       関連当事者
      種類          所在地   は出資金                    取引の内容             科目
           又は氏名             又は職業     (被所有)    との関係              (千円)         (千円)
                   (HKD)
                             割合(%)
          BMI(Japan)
                                     転換社債型新株予約
                                               112,400
          Investment
                             (所有)
     主要株主           香港    10,000    投資業          -   権付社債の行使によ               -      -
          Holdings
                             直接20.5
                                              (400千株)
                                     る新株の発行
          Limited
       当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

        該当事項はありません。
     (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

      (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等
       前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

        該当事項はありません。
      (イ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

       前連結会計年度(自 2017年3月1日 至 2018年2月28日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2018年3月1日 至 2019年2月28日)

        該当事項はありません。
      (ウ)連結財務諸表提出会社の連結子会社の役員及びその近親者等

       前連結会計年度(自           2017年3月1日         至   2018年2月28日)
                             議決権等
                    資本金又
                        事業の内容     の所有              取引金額            期末残高
                                 関連当事者
                    は出資金
      種類    会社等の名称      所在地                      取引の内容            科目
                                  との関係
                        又は職業     (被所有)               (千円)            (千円)
                    (千円)
                             割合(%)
                                      子会社金融
                        エムアンド
                                      機関借入に
    重要な子会
          髙橋  秀行     -      - ケイ㈱代表        - 債務被保証            10,372      -        ー
    社の役員
                                      対する債務
                        取締役
                                      被保証
     (注)   当社子会社エムアンドケイ㈱は金融機関からの借入金に対して、当社子会社代表取締役髙橋秀行より債務保証を
        受けております。
       当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

        該当事項はありません。 
                                 73/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (1株当たり情報)
              前連結会計年度                           当連結会計年度
            (自    2017年3月1日                        (自    2018年3月1日
             至   2018年2月28日)                         至   2019年2月28日)
     1株当たり純資産額                      86円81銭     1株当たり純資産額                      59円97銭
     1株当たり当期純損失金額(△)                     △97円89銭      1株当たり当期純損失金額(△)                    △155円75銭

     潜在株式調整後1株当たり当期純                           潜在株式調整後1株当たり当期純

                             -                           -
     利益金額                           利益金額
     (注)潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であ
        るため記載しておりません。
     (注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (2018年2月28日現在)             (2019年2月28日現在)
     純資産の部の合計額(千円)                                    543,605             506,959
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                     3,337             24,621

     (うち新株予約権(千円))                                   ( 3,337)            ( 25,322)

                                        (      -)         (       △700)

     (うち非支配株主持分(千円))
     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                    540,268             482,338

     1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株式の数
                                       6,223,587             8,043,587
     (株)
       2.1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2017年3月1日           (自    2018年3月1日
                                 至   2018年2月28日)           至   2019年2月28日)
     1株当たり当期純損失金額(△)
      親会社株主に帰属する当期純損失(△)(千円)                                   △518,827            △1,111,887

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -             -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純損失
                                       △518,827            △1,111,887
      (△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                   5,300,080             7,139,148
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      普通株式増加数(株)                                      -             -

      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
                                           -             -
     り当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 74/93




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
       【借入金等明細表】
                       当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                       -         -         -      -
     1年以内に返済予定の長期借入金                     110,372           -         -      -

     長期借入金(1年以内に返済予定
                          50,000           -         -      -
     のものを除く)
     その他有利子負債                       -         -         -      -
           合計              160,372           -         -      -

     (注)   1 . 「平均利率」については、借入金等の期末残高が無いため記載を省略しております。
       【資産除去債務明細表】

         当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結
        会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定
        により記載を省略しております。
     (2) 【その他】

       当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

     売上高           (千円)         181,779          354,115          482,600          618,794

     税金等調整前四半期
     (当期)純損失金額           (千円)         △91,174         △172,204          △772,330         △1,116,060
     (△)
     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純損失           (千円)         △80,961         △157,002          △752,163         △1,111,887
     金額(△)
     1株当たり四半期(当
                (円)         △12.14          △22.89         △108.71          △155.75
     期)純損失金額(△)
         (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純損

                (円)         △12.14          △11.09          △86.02         △143.21
     失金額(△)
                                 75/93







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年2月28日)              (2019年2月28日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                53,231              267,090
                                      ※1  14,612            ※1  16,214
        売掛金
        仕掛品                                 4,273              1,080
        前払費用                                  776             2,052
                                      ※1  19,788            ※1  70,546
        未収入金
        その他                                17,929              17,009
                                         △ 108            △ 76,602
        貸倒引当金
        流動資産合計                                110,503              297,391
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               6,843                -
                                        △ 6,565                -
           減価償却累計額
           建物(純額)                               277               -
         工具、器具及び備品
                                        14,592                 -
                                       △ 13,445                 -
           減価償却累計額
           工具、器具及び備品(純額)                              1,146                -
         有形固定資産合計                               1,423                -
        投資その他の資産
         関係会社株式                              735,875              727,244
         関係会社長期貸付金                              181,280              723,548
         長期貸付金                              267,450                 -
         差入保証金                                 -             264
         破産更生債権等                               64,024              152,729
         その他                                274               10
         貸倒引当金                             △ 296,605             △ 876,277
                                           -          △ 174,285
         投資損失引当金
         投資その他の資産合計                              952,299              553,233
        固定資産合計                                953,723              553,233
      資産合計                                1,064,226               850,625
                                 76/93








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年2月28日)              (2019年2月28日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                 6,687              3,848
        1年内返済予定の長期借入金                                100,000                 -
        未払金                                 9,320              42,499
        未払法人税等                                 1,889               950
        未払消費税等                                   -            5,726
        前受金                                  422              135
                                         2,140              8,196
        預り金
        流動負債合計                                120,460               61,355
      固定負債
        関係会社長期借入金                                342,796              385,773
        長期借入金                                50,000                 -
                                        14,650              13,101
        退職給付引当金
        固定負債合計                                407,447              398,874
      負債合計                                 527,907              460,230
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               1,484,207              2,009,711
        資本剰余金
         資本準備金                              500,407             1,025,911
                                        575,824              575,824
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                             1,076,231              1,601,735
        利益剰余金
         その他利益剰余金
                                      △ 1,968,462             △ 3,187,380
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                            △ 1,968,462             △ 3,187,380
        自己株式                               △ 58,994             △ 58,994
        株主資本合計                                532,982              365,072
      新株予約権                                  3,337              25,322
      純資産合計                                 536,319              390,394
     負債純資産合計                                  1,064,226               850,625
                                 77/93









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年3月1日              (自 2018年3月1日
                                至 2018年2月28日)               至 2019年2月28日)
                                      ※1  240,334            ※1  201,482
     売上高
                                        135,466               87,289
     売上原価
     売上総利益                                   104,867              114,193
     販売費及び一般管理費
      役員報酬                                  18,000              15,120
      給料及び手当                                  44,918              47,664
      退職給付費用                                   860             1,766
      販売促進費                                  11,496              13,780
      賃借料                                  8,673              5,353
      研究開発費                                  53,292                529
      減価償却費                                   130              690
      支払手数料                                  41,728              43,733
      貸倒引当金繰入額                                    29              33
                                        26,013              28,009
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                 205,143              156,681
     営業損失(△)                                  △ 100,275              △ 42,488
     営業外収益
                                       ※1  1,911            ※1  4,953
      受取利息
      為替差益                                    -             801
      雑収入                                  1,418              1,656
      貸倒引当金戻入額                                    -            7,057
      違約金収入                                    -            28,000
                                           -             253
      その他
      営業外収益合計                                  3,329              42,722
     営業外費用
                                      ※1  18,494             ※1  5,452
      支払利息
      為替差損                                    0              -
      支払手数料                                    -            56,329
      貸倒引当金繰入額                                   365               -
                                          545               -
      その他
      営業外費用合計                                  19,405              61,782
     経常損失(△)                                  △ 116,351              △ 61,547
     特別利益
      新株予約権戻入益                                  2,101                -
                                                    ※2  46,064
                                           -
      子会社株式売却益
      特別利益合計                                  2,101              46,064
     特別損失
                                      ※3  60,956
      関係会社株式売却損                                                   -
      関係会社株式評価損                                 364,235              230,369
      減損損失                                    -            1,347
                                         ※4  -         ※4  174,285
      投資損失引当金繰入額
                                         ※4  -         ※4  800,076
      貸倒引当金繰入額
      特別損失合計                                 425,192             1,206,078
     税引前当期純損失(△)                                  △ 539,442            △ 1,221,562
     法人税、住民税及び事業税                                   △ 5,842             △ 2,643
     法人税等調整額                                      -              -
     法人税等合計                                   △ 5,842             △ 2,643
     当期純損失(△)                                  △ 533,599            △ 1,218,918
                                 78/93



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      【売上原価明細書】
                              第19期                  第20期

                          (自    2017年3月1日               (自    2018年3月1日
                           至   2018年2月28日)               至   2019年2月28日)
                    注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                    番号                (%)                  (%)
     1.製品売上原価
                                     84.2
     Ⅰ  外注費                         168,145                  75,597
                                                       78.6
     Ⅱ  労務費                          27,440       13.7           17,941       18.7
                               4,051                  2,653
     Ⅲ  経費                ※1                 2.0                  2.8
         当期総製造費用                                100.0                  100.0
                              199,636                  96,192
                               3,042                  4,273
         期首仕掛高
           合計
                              202,679                  100,465
         期末仕掛高                           2,727                  1,080
                               64,788                  13,806
         他勘定振替高                ※2
         製品売上原価
                              135,163                  85,578
     2.商品売上原価
                                302                 1,710
         当期商品仕入高
           合計                     302                 1,710
         商品売上原価                            302                 1,710
         売上原価合計
                              135,466                  87,289
     原価計算の方法
       原価計算の方法は、個別原価計算による実際原価計算であります。
     (注)※1.経費の主な内訳は次のとおりであります。

                               前事業年度                当事業年度

                            (自    2017年3月1日              (自    2018年3月1日
                項目
                             至   2018年2月28日)              至   2019年2月28日)
          賃借料(千円)                            2,074                1,393
          消耗品費(千円)                              83                168
          通信費(千円)                            1,112                 729
          減価償却費(千円)                              40                57
         ※2.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。

                               前事業年度                当事業年度

                            (自    2017年3月1日              (自    2018年3月1日
                項目
                             至   2018年2月28日)              至   2019年2月28日)
          研究開発費(千円)                           53,292                  25
          販売促進費(千円)                           11,496                13,780
                                 79/93







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 2017年3月1日 至 2018年2月28日)
                                                     (単位:千円)
                               株主資本
                       資本剰余金           利益剰余金
                                                   新株予約
                                その他利益
                                                       純資産合計
                                              株主資本合
                                                    権
               資本金                           自己株式
                                 剰余金
                   資本準備    その他資本     資本剰余金         利益剰余金
                                                計
                     金   剰余金     合計         合計
                                繰越利益剰
                                  余金
                1,274,295     290,495     575,824     866,320   △ 1,434,862    △ 1,434,862     △ 58,994    646,759    13,126    659,885
     当期首残高
     当期変動額
                 209,911    209,911         209,911                   419,822         419,822
     新株の発行
                                  △ 533,599    △ 533,599        △ 533,599        △ 533,599
     当期純損失(△)
     株主資本以外の項目
                                                  -  △ 9,789    △ 9,789
     の当期変動額(純
     額)
                 209,911    209,911       -   209,911    △ 533,599    △ 533,599      -  △ 113,777    △ 9,789   △ 123,566
     当期変動額合計
                1,484,207     500,407     575,824    1,076,231    △ 1,968,462    △ 1,968,462     △ 58,994    532,982     3,337    536,319
     当期末残高
     当事業年度(自 2018年3月1日 至 2019年2月28日)

                                                     (単位:千円)
                               株主資本
                       資本剰余金           利益剰余金
                                                   新株予約
                                その他利益
                                                       純資産合計
                                              株主資本合
                                                    権
               資本金                           自己株式
                                 剰余金
                   資本準備    その他資本     資本剰余金         利益剰余金
                                                計
                     金   剰余金     合計         合計
                                繰越利益剰
                                  余金
                1,484,207     500,407     575,824    1,076,231    △ 1,968,462    △ 1,968,462     △ 58,994    532,982     3,337    536,319
     当期首残高
     当期変動額
                 525,504    525,504         525,504                  1,051,009         1,051,009
     新株の発行
                                 △ 1,218,918    △ 1,218,918        △ 1,218,918        △ 1,218,918
     当期純損失(△)
     株主資本以外の項目
                                                  -  21,984     21,984
     の当期変動額(純
     額)
                 525,504    525,504       -   525,504   △ 1,218,918    △ 1,218,918       -  △ 167,909    21,984    △ 145,924
     当期変動額合計
                2,009,711    1,025,911     575,824    1,601,735    △ 3,187,380    △ 3,187,380     △ 58,994    365,072    25,322    390,394
     当期末残高
                                 80/93








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)

      当社は、前事業年度において売上高が著しく減少し、営業損失、経常損失及び当期純損失を計上いたしました。当
     事業年度におきましても、引き続き売上高が著しく減少し、営業損失、経常損失、当期純損失を計上いたしました。
     このような状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。当社は当
     該状況を早急に解消するため、以下の施策を実施してまいります。
      システムソリューション事業では、新規システム開発案件の取得やマッチングアプリの企画運営事業などを開始い
     たします。そのため、新規パートナーの開拓及び既存パートナーとの更なるビジネス連携強化に努め、社会的ニーズ
     に対応する技術や製品のための研究開発を強化し、付加価値の高い製品やITソリューションを提供してまいります。
      これら今後必要となる事業資金の確保については、資金調達で得た資金や手許資金の他、必要に応じた新たな資金
     調達を検討することで対応してまいります。
      しかし、これらの対応策の実現可能性は、市場の状況、需要動向、他社との競合等の影響による成果を負ってお
     り、新株予約権者や投資家のご意向や事業計画の達成如何にも左右されるため、現時点では継続企業の前提に関する
     重要な不確実性が認められます。
      なお、財務諸表は継続企業を前提として作成されており、上記のような重要な不確実性の影響を反映しておりませ
     ん。 
                                 81/93














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (重要な会計方針)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法
       子会社株式及び関連会社株式
       移動平均法による原価法
    2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
       仕掛品
       個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
    3.固定資産の減価償却の方法
     (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法を採用しております。
       ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附
      属設備及び構築物については定額法を採用しております。
       なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        建物             10~15年
        工具、器具及び備品             4~6年
     (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

       定額法を採用しております。
       なお、自社利用目的のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
    4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

       外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場より円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
    5.引当金の計上基準

     (1)  貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
      いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
     (2)  退職給付引当金

       従業員の退職給付に備えるため、期末における退職給付債務の見込額を計上しております。
     (3)  投資損失引当金

       子会社への投資に対する損失に備えるため、子会社株式について当該子会社の財政状態を勘案して、必要額を計
      上しております。
    6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

     (1)  消費税等の処理方法
       消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
     (2)  連結納税制度の適用

       連結納税制度を適用しております。
                                 82/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
        ※1    関係会社項目
          区分表示されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権又は金銭債務が属する項目ごとの金額は、次の
         とおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度
                            (2018年2月28日)                 (2019年2月28日)
        短期金銭債権                       24,147   千円              90,131   千円
      (損益計算書関係)
     ※1    関係会社との営業取引及び営業取引以外の取引の取引高の総額
                                前事業年度
                                                当事業年度
                             (自    2017年3月1日
                                              (自 2018年3月1日
                                              至   2019年2月28日)
                              至   2018年2月28日)
        営業取引(収入分)                         48,927千円                 92,527千円
        営業取引以外の取引(収入分)                          1,393                 4,776
        営業取引以外の取引(支出分)                          2,599                 5,007
     ※2 子会社株式売却益

       前事業年度(自 2017年3月1日 至 2018年2月28日)
       該当事項はありません。
       当事業年度(自 2018年3月1日 至 2019年2月28日)

       当社連結子会社であったPlurecil                Holdings     Limitedの当社保有持分全てを譲渡したことにより発生したものであ
       ります。
     ※3    関係会社株式売却損

       前事業年度(自 2017年3月1日 至 2018年2月28日)
       当社連結子会社であった株式会社ピーアール・ライフについて、債権者株式会社ドリームデベロップメントによ
      る担保権実行に伴い、当社保有株式をすべて譲渡したことにより発生したものであります。 
       当事業年度(自 2018年3月1日 至 2019年2月28日)

       該当事項はありません。
     ※4    関係会社に係る引当金の繰入額

        下記の特別損失に計上されている引当金の繰入額は、当社の関係会社に係る引当金の繰入額であります。
                                前事業年度
                                                当事業年度
                             (自    2017年3月1日              (自 2018年3月1日
                                              至   2019年2月28日)
                              至   2018年2月28日)
        投資損失引当金繰入額                            -千円              174,285千円
        貸倒引当金繰入額                            -              800,076
                                 83/93






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
       子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は関係会社株式727,244千円、前事業年度の貸借対照表計上額は関係
      会社株式735,875千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、子会社株式
      の時価を記載しておりません。
      (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前事業年度                当事業年度
                               (2018年2月28日)                (2019年2月28日)
       繰延税金資産
         貸倒引当金
                                   90,868   千円            291,771    千円
         繰越欠損金
                                  311,014                302,748
         退職給付引当金                            4,521                4,011
         関係会社株式評価損
                                  210,112                279,017
        未払事業税                             289                -
         投資損失引当金                            -             46,942
         その他                            4,427                2,293
         繰延税金資産小計
                                  621,233                926,784
                                 △621,233                △926,784
         評価性引当金
       繰延税金資産合計
                                     -                -
       繰延税金負債
                                     -                -
       繰延税金負債合計
       繰延税金資産の純額                             -                -
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       前事業年度(2018年2月28日)
        税引前当期純損失が計上されているため記載を省略しております。
       当事業年度(2019年2月28日)

        税引前当期純損失が計上されているため記載を省略しております。
      (企業結合等関係)

      事業分離 
       連結財務諸表の「注記事項(企業結合等関係)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しておりま
      す。 
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 84/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
      ④  【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                                   (単位:千円)
                                                      減価償却累
                        当期首残高     当期増加額     当期減少額     当期償却額     当期減損額
                                                 当 期末残高
       区分        資産の種類
                                                        計額
     有形固定資産
             建物
                          277      -     -     30     246      -     -
             工具、器具及び備品             1,146      671      -     717    1,100       -     -
                 計        1,423      671      -     747    1,347       -     -
       【引当金明細表】

                                                   (単位:千円)
         科目         当期首残高          当期増加額           当期減少額           当期末残高
     貸倒引当金                296,713           661,461            5,295          952,879
     投資損失引当金                  -         174,285              -         174,285
     退職給付引当金                14,650            2,777           4,327           13,101
     (2) 【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3) 【その他】

       該当事項はありません。
                                 85/93













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度             3月1日から2月末日まで

     定時株主総会             5月中

     基準日             2月末日

                  8月31日
     剰余金の配当の基準日
                  2月末日
     1単元の株式数             100株
     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)

         取扱場所
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                  (特別口座)

         株主名簿管理人
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社
         取次所              ―――

         買取手数料             無料

                  当会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由によっ
                  て電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
                  なお、電子公告は当会社のホームページに掲載しており、そのアドレスは次のとおり
     公告掲載方法
                  です。
                   https://www.bitone-g.co.jp/
     株主に対する特典             該当事項はありません。
                                 86/93












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
     (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに有価証券報告書の確認書

       事業年度      第19期(自       2017年3月1日         至   2018年2月28日)2018年5月30日関東財務局長に提出
     (2)内部統制報告書及びその添付書類

       事業年度      第19期(自       2017年3月1日         至   2018年2月28日)2018年5月30日関東財務局長に提出
     (3)四半期報告書及び確認書

       第20期第1四半期(自            2018年3月1日         至   2018年5月31日)2018年7月13日関東財務局長に提出
       第20期第2四半期(自            2018年6月1日         至   2018年8月31日)2018年10月12日関東財務局長に提出
       第20期第3四半期(自            2018年9月1日         至   2018年11月30日)2019年1月11日関東財務局長に提出
     (4)臨時報告書

       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における決議)の規定に基づく臨時報告書
       2018年5月31日関東財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号(財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著
       しい影響を与える事象)及び第19号(連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響
       を与える事象)の規定に基づく臨時報告書
       2018年7月10日関東財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)の規定に基づく臨時報告書
       2018年10月10日関東財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19号(連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
       の状況に著しい影響を与える事象)の規定に基づく臨時報告書
       2019年1月11日関東財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号(財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著
       しい影響を与える事象)及び第19号(連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響
       を与える事象)の規定に基づく臨時報告書
       2019年4月10日関東財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)の規定に基づく臨時報告書
       2019年4月10日関東財務局長に提出
     (5)有価証券届出書(組込方式)及びその添付書類

       新株予約権証券に係る有価証券届出書 2018年3月6日関東財務局長に提出
       新株予約権証券に係る有価証券届出書 2018年11月5日関東財務局長に提出
                                 87/93





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                 88/93




















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    2019年5月29日

    株式会社ビットワングループ
     取締役会      御中
                          監  査  法  人  ア  リ  ア

                           代表社員

                                           茂      木      秀      俊
                                   公認会計士                    ㊞
                           業務執行社員
                           代表社員

                                           山      中      康      之
                                   公認会計士                    ㊞
                           業務執行社員
    <財務諸表監査>

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社ビットワングループ(旧会社名                      株式会社ファステップス)の2018年3月1日から2019年2月28日までの連
    結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動
    計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附
    属明細表について監査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
    式会社ビットワングループ(旧会社名                   株式会社ファステップス)及び連結子会社の2019年2月28日現在の財政状態並び
    に同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表
    示しているものと認める。
    強調事項

     継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は前連結会計年度及び当連結会計年度において、売上高
    が著しく減少し、営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する当期純損失、営業キャッシュ・フローのマイナスを計上
    している。このため、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企業の前
    提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由につい
    ては当該注記に記載されている。連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の
    影響は連結財務諸表に反映されていない。
                                 89/93

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
                                 90/93




















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
    <内部統制監査>
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ビットワングループ
    (旧会社名       株式会社ファステップス)の2019年2月28日現在の内部統制報告書について監査を行った。
    内部統制報告書に対する経営者の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
    を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
    基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
    な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
    することを求めている。
     内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
    ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
    要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
    価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、株式会社ビットワングループ(旧会社名                            株式会社ファステップス)が2019年2月28日現在の財務報告
    に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報
    告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において
    適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      㯿ᄀ   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

        社)が別途保管しております。
      2   XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 91/93







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2019年5月29日

    株式会社ビットワングループ
     取締役会      御中
                          監  査  法  人  ア  リ  ア

                           代表社員

                                           茂      木      秀      俊
                                   公認会計士                    ㊞
                           業務執行社員
                           代表社員

                                           山      中      康      之
                                   公認会計士                    ㊞
                           業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社ビットワングループ(旧会社名                      株式会社ファステップス)の2018年3月1日から2019年2月28日までの第
    20期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注
    記及び附属明細表について監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
    社ビットワングループ(旧会社名                 株式会社ファステップス)の2019年2月28日現在の財政状態及び同日をもって終了す
    る事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    強調事項

      継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は前事業年度及び当事業年度において、売上高が著し
    く減少し、営業損失、経常損失、当期純損失を計上している。このため、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるよ
    うな状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する
    対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。財務諸表は継続企業を前提として
    作成されており、このような重要な不確実性の影響は財務諸表に反映されていない。
                                 92/93



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ビットワングループ(E05315)
                                                            有価証券報告書
     当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      㯿ᄀ   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

        社)が別途保管しております。
      2   XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 93/93

















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。