株式会社安川電機 有価証券報告書 第103期(平成30年3月1日-平成31年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第103期(平成30年3月1日-平成31年2月28日)

提出日:

提出者:株式会社安川電機

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年5月29日
      【事業年度】                    第103期(自        2018年3月1日         至   2019年2月28日)
      【会社名】                    株式会社安川電機
      【英訳名】                    YASKAWA    Electric     Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長         小笠原     浩
      【本店の所在の場所】                    北九州市八幡西区黒崎城石2番1号
      【電話番号】                    093-645-8801
      【事務連絡者氏名】                    コーポレート・ガバナンス推進室長                   島子    秀昭
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区海岸一丁目16番1号                ニューピア竹芝サウスタワー
      【電話番号】                    03-5402-4564
      【事務連絡者氏名】                    広報・IR部長        林田    歩
      【縦覧に供する場所】                    株式会社安川電機東京支社
                         (東京都港区海岸一丁目16番1号                  ニューピア竹芝サウスタワー)
                         株式会社安川電機大阪支店
                         (大阪市北区堂島二丁目4番27号                  新藤田ビル)
                         株式会社安川電機中部支店
                         (愛知県みよし市根浦町二丁目3番地1)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         証券会員制法人福岡証券取引所
                         (福岡市中央区天神二丁目14番2号)
                                   1/105










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)  連結経営指標等
           回次           第98期       第99期      第100期       第101期       第102期       第103期
          決算年月           2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年2月       2019年2月
                      363,570       400,153       411,260       394,883       448,523       474,638
     売上高           百万円
                       27,084       33,884       35,833       31,963       55,300       50,844
     経常利益           百万円
     親会社株主に帰属する
                       16,964       24,819       22,365       20,397       39,749       41,164
                 百万円
     当期純利益
                       25,306       35,689       11,826       22,571       47,222       34,729
     包括利益           百万円
                      139,870       175,190       183,901       200,698       238,626       249,753
     純資産額           百万円
                      340,506       388,205       373,533       387,512       441,249       455,957
     総資産額           百万円
                       532.86       658.55       680.77       745.45       886.66       935.27
     1株当たり純資産額            円
                       67.42       98.45       84.71       76.60      149.35       155.86
     1株当たり当期純利益            円
     潜在株式調整後1株当
                       63.98       93.60       84.11        -       -       -
                  円
     たり当期純利益
                  %      39.4       44.1       48.5       51.2       53.5       54.1
     自己資本比率
                  %      13.8       16.3       12.8       10.7       18.3       17.1
     自己資本利益率
                       19.16       18.45       14.73       29.87       33.55       20.31
     株価収益率            倍
     営業活動によるキャッ
                 百万円      23,972       29,023       31,954       33,752       46,054       32,832
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                      △ 16,942      △ 27,874      △ 22,421      △ 18,936      △ 18,852      △ 27,111
                 百万円
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                      △ 5,983      △ 1,471      △ 2,601     △ 16,453      △ 14,820      △ 8,754
                 百万円
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                       22,992       24,347       31,656       29,735       42,213       39,289
                 百万円
     期末残高
                       11,463       11,356       11,450       11,810       12,449       13,139
     従業員数
                  人
     [外、平均臨時雇用人
                       [ 3,116   ]    [ 2,977   ]    [ 2,869   ]    [ 2,822   ]    [ 2,838   ]    [ 2,766   ]
     員]
      (注)1.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         2.第101期、第102期および第103期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しな
          いため記載しておりません。
         3.当社は、第102期より「株式給付信託(BBT)」および「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しております。
          第102期および第103期の1株当たり純資産額の算定上、株主資本において自己株式として計上されている信
          託が保有する当社株式は、期末発行済株式総数から控除する自己株式に含めております。
           また、第102期および第103期の1株当たり当期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する
          自己株式に含めております。
         4.第102期は、決算期変更により2017年3月21日から2018年2月28日までとなっております。
                                   2/105







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第98期       第99期      第100期       第101期       第102期       第103期
          決算年月           2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年2月       2019年2月
                      180,168       188,588       183,203       179,558       195,748       205,179
     売上高           百万円
                       16,703       18,098       18,270       14,795       21,602       15,329
     経常利益           百万円
                       11,830       14,685       15,358       11,326       18,689       12,407
     当期純利益           百万円
                       23,062       27,842       30,562       30,562       30,562       30,562
     資本金           百万円
                      252,331       260,967       266,690       266,690       266,690       266,690
     発行済株式総数            千株
                       82,434      107,140       118,765       127,354       139,162       126,303
     純資産額           百万円
                      201,309       222,558       221,343       229,387       255,347       238,378
     総資産額           百万円
                       327.26       411.24       445.53       477.75       522.62       477.91
     1株当たり純資産額            円
                         12       20       20       20       40       52
     1株当たり配当額
                  円
     (内1株当たり中間配
                         ( 6 )      ( 8 )     ( 10 )     ( 10 )     ( 20 )     ( 26 )
     当額)
                       46.96       58.19       58.11       42.49       70.15       46.89
     1株当たり当期純利益            円
     潜在株式調整後1株当
                       44.57       55.32       57.70        -       -       -
                  円
     たり当期純利益
                  %      40.9       48.1       53.7       55.5       54.5       53.0
     自己資本比率
                  %      15.3       15.5       13.7       9.2      14.0       9.3
     自己資本利益率
                        27.5       31.2       21.5       53.8       71.4       67.5
     株価収益率            倍
                  %      25.6       34.4       34.4       47.1       57.0      110.9
     配当性向
                       2,721       2,724       2,719       2,741       2,787       2,817
     従業員数
                  人
     [外、平均臨時雇用人
                        [ 339  ]     [ 303  ]     [ 305  ]     [ 298  ]     [ 265  ]     [ 237  ]
     員]
      (注)1.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         2.第99期の1株当たり配当額には、創立100周年記念配当2円を含んでおります。
         3.第101期、第102期および第103期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しな
          いため記載しておりません。
         4.当社は、第102期より「株式給付信託(BBT)」および「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しております。第
          102期および第103期の1株当たり純資産額の算定上、株主資本において自己株式として計上されている信託が
          保有する当社株式は、期末発行済株式総数から控除する自己株式に含めております。
           また、第102期および第103期の1株当たり当期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自
          己株式に含めております。
         5.第102期は、決算期変更により2017年3月21日から2018年2月28日までとなっております。
                                   3/105









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       年月                            沿革
     1915年7月      合資会社安川電機製作所を創立。
     1919年12月      株式会社安川電機製作所を設立。
     1920年3月      株式会社安川電機製作所は、合資会社安川電機製作所を吸収合併し、今日の当社の基礎を確立。
     1949年5月      東京証券取引所に株式を上場。
     1949年6月      福岡証券取引所に株式を上場。
     1960年9月      電動機応用製品販売部門である商事部を分離し、安川商事株式会社を設立(2000年3月解散)。
     1967年9月      アメリカにおける製品の販売業務を担当する米国安川電機株式会社を設立。
     1967年9月      部品の製造・販売およびサービス業務を担当する安川コントロール株式会社(現・連結子会社)を設立。
     1971年5月      電気機械設備の保全・整備および技術指導業務を担当する安川エンジニアリング株式会社(現・連結子会
            社)を設立。
     1973年9月      電算機周辺端末機器の事業分野へ進出するため、株式会社ワイ・イー・データ(現・連結子会社)を設
            立。
     1976年3月      倉庫・発送部門を分離し、総合物流事業を担当する株式会社安川ロジステック(現・連結子会社)を設
            立。
     1978年2月      情報処理部門を分離し、計算処理受託、ソフトウェア開発を担当する安川情報システム株式会社(現・株
            式会社YE     DIGITAL(現・関連会社))を設立。
     1980年10月      欧州における製品の販売業務を担当する欧州安川電機有限会社を設立。
     1985年12月      株式会社ワイ・イー・データ、東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
     1989年11月      ヨーロッパにおける産業用ロボットの販売業務を担当するモートマンロボティクスヨーロッパ株式会社
            (現商号・安川ノルディック株式会社(現・連結子会社))に追加出資し、経営権を取得。
     1991年9月      商号を株式会社安川電機に変更。
     1992年9月      東京および中京地区の安川電機代理店を統合し、株式会社安川メカトレック(現・連結子会社)を設立。
     1994年2月      アメリカにおける産業用ロボットの販売業務を担当するモートマン株式会社に追加出資し、経営権を取
            得。
     1994年4月      ヨーロッパにおける産業用ロボットの販売、ロボットシステムの設計・製造を担当するロボテック有限会
            社に追加出資し、経営権を取得。あわせて、商号をモートマンロボテック有限会社に変更。
     1994年10月      韓国における製品の販売およびサービス業務を担当する韓国安川電機株式会社(現・連結子会社)を設
            立。
     1999年4月      中国における電気機器の輸入・販売およびサービス業務を担当する安川電機(上海)有限公司を設立。
     1999年10月      安川システムエンジニアリング株式会社(1999年4月設立)株式の50%をシーメンス社(ドイツ)に譲渡
            し、産業用ドライブシステム分野での合弁事業を開始。あわせて、商号を安川シーメンス                                           オートメー
            ション・ドライブ株式会社(現商号・安川オートメーション・ドライブ株式会社(現・連結子会社))に
            変更。
     2000年6月      中・大型回転機部門を分社し、安川モートル株式会社(現・連結子会社)を設立。
     2003年2月      安川情報システム株式会社、東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
     2010年6月      米国安川電機株式会社とモートマン株式会社を統合し、商号を米国安川株式会社(現・連結子会社)に変
            更。
            欧州安川電機有限会社とモートマンロボテック有限会社を統合し、商号を欧州安川有限会社(現・連結子
            会社)に変更。
     2012年1月      安川電機(上海)有限公司を投資性公司に改組し、中国統括会社として安川電機(中国)有限公司(現・
            連結子会社)に商号を変更。
     2013年3月      安川モートル株式会社にその子会社である西南電機株式会社および株式会社ワイ・イー・テックを吸収合
            併。
     2014年7月      フィンランドの風力発電用電機品メーカーThe                      Switch    Engineering      Oyの持分を100%取得(現・連結子会
            社)。
            米国安川株式会社を通じ、太陽光発電用パワーコンディショナメーカーSolectria                                       Renewables,      LLCの持
            分を100%取得(現・連結子会社)。
     2014年8月      安川情報システム株式会社の一部株式を三井物産企業投資投資事業有限責任組合に譲渡し、持分法適用関
            連会社化。
     2015年7月      株式会社ワイ・イー・データの上場廃止と株式交換による完全子会社化。
     2018年3月      製造・産業用ロボット向けのAIソリューション開発などを手掛ける新会社「株式会社エイアイキューブ」
            を設立。
            関連会社の末松九機株式会社を連結子会社化。
     2018年8月      野菜生産システム用装置の生産・販売を主力事業とする株式会社FAMS(ファムス)を設立。
     2018年9月      安川コントロール株式会社のベスタクト制御機器事業を分社化し、株式会社ベスタクト・ソリューション
            ズを設立。
     2018年11月      シーメンス株式会社(           以下、「SKK」といいます。)と               の合弁会社である、安川シーメンス                 オートメー
            ション・ドライブ株式会社のSKK持分を100%取得。完全子会社化し商号を安川オートメーション・ドライ
            ブ株式会社に変更。
                                   4/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社を中核として子会社81社および関連会社18社(2019年2月28日現在)により構成され、
       「モーションコントロール」、「ロボット」、「システムエンジニアリング」、「その他」の各セグメントの様々な
       分野で製造、販売、据付、保守、エンジニアリング等の事業展開を行っております。
        各セグメントにおける主な製品と、当社および主要な関係会社の当該セグメントにおける位置付けは、概ね以下の
       とおりです。
                セグメントおよび主要製品                               主要な会社
     〔モーションコントロール〕                                    当社
     ACサーボモータ、工作機械用AC主軸モータ、                                    安川コントロール㈱
                                         安川エンジニアリング㈱
     リニアモータ、各種モータ制御装置、マシンコントローラ、
                                         米国安川㈱
     ビジョンシステム、汎用インバータ、
                                         ㈱安川メカトレック
     電源回生コンバータ、マトリクスコンバータ
                                         韓国安川電機㈱
                                         安川電機(中国)有限公司
                                         安川モートル㈱
                                         欧州安川㈲
                                         末松九機㈱
                                         安川オートメーション・ドライブ㈱
     〔ロボット〕                                    当社
     アーク溶接ロボット、スポット溶接ロボット、塗装ロボット、                                    安川エンジニアリング㈱
     ハンドリングロボット、シーリング・切断ロボット、                                    米国安川㈱
     バリ取り・研磨ロボット、                                    ㈱安川メカトレック
     半導体・液晶製造装置用クリーン・真空搬送ロボット、人協働ロボット、                                    韓国安川電機㈱
     バイオメディカル用途対応ロボット、ロボット周辺機器、ロボット応用FA                                    安川電機(中国)有限公司
     システム                                    欧州安川㈲
                                         末松九機㈱
     〔システムエンジニアリング〕                                    当社
     鉄鋼プラント用電気システム、上下水道用電気システム、                                    米国安川㈱
     各種産業用電気システム、高圧インバータ、高圧マトリクスコンバータ、                                    ㈱安川メカトレック
     産業用モータ・発電機、風力発電用コンバータ・発電機、太陽光発電用パ                                    安川モートル㈱
     ワーコンディショナ、小水力発電用発電機、船舶用電機品
                                         末松九機㈱
                                         安川オートメーション・ドライブ㈱
     〔その他〕                                    当社
     情報関連製品、物流サービス、EV用モータドライブシステム、ほか                                    ㈱ワイ・イー・データ
                                         ㈱安川ロジステック
                                   5/105









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        以上の企業集団等について図示すると以下のとおりです。
        なお、当社を除く下記の会社は、すべて連結子会社です。
      (注)矢印は、製品、部品、製品据付、調整、保守および各種サービスの提供関係を示しています。
















                                   6/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
       (1)  連結子会社
                                         議決権の
                         資本金       主要な事業の
         名称         住所                       所有割合          関係内容
                        (百万円)
                                  内容
                                         (%)
                                              当社製品の保全・整備および
                              モーション
                                              アフターサービス業務を委託
     安川エンジニアリン
               北九州市小倉
                              コントロール
                            210               100   しており、建物の賃貸関係が
     グ㈱
               北区
                                              あります。
                              ロボット
                                              (兼任3(3)、転籍2)
                                              当社が部品等を購入してお
                              モーション                り、建物の賃貸関係がありま
     安川コントロール㈱                       200               100
               福岡県行橋市
                                              す。
                              コントロール
                                              (兼任3(3)、転籍1)
                              モーション
                                              当社製品の製造、販売をして
                              コントロール
     安川オートメーショ
                           2,125                100   おります。
               東京都品川区
     ン・ドライブ㈱
                              システム
                                              (兼任2(2)、転籍2)
                              エンジニアリング
                              モーション
                                              当社製品の製造、販売をして
                              コントロール
               北九州市八幡
     安川モートル㈱                       342               100   おります。
               東区
                              システム
                                              (兼任2(2)、転籍3)
                              エンジニアリング
                              モーション
                                              当社製品の販売をしておりま
                              コントロール
                                              す。
                             85               100
     ㈱安川メカトレック          東京都港区               ロボット
                                              (兼任4(4)、転籍3、出
                              システム
                                              向1)
                              エンジニアリング
                              モーション
                              コントロール
                                              当社製品の製造、販売をして
                              ロボット
     末松九機㈱                       100               89.5   おります。
               福岡市博多区
                                              (兼任3(3)、転籍2)
                              システム
                              エンジニアリング
                              モーション
                              コントロール
                                              当社製品の製造、販売をして
                         万米ドル
               米国
                              ロボット
     米国安川㈱                                      100   おります。
                           3,917
               イリノイ州
                                              (兼任4(4)、出向2)
                              システム
                              エンジニアリング
                              モーション
                                              当社製品の製造、販売をして
                                           100
                         万ユーロ
               ドイツ
                              コントロール
     欧州安川㈲                                         おります。
                           1,000
               ヘッセン州                           (100)
                                              (兼任6(5)、出向1)
                              ロボット
                              モーション

                                              当社製品の販売をしておりま
     安川電機(中国)                    万米ドル
               中国
                              コントロール
                                           100   す。
                           5,440
               上海市
     有限公司
                                              (兼任5(4)、出向5)
                              ロボット
                              モーション

                                              当社製品の販売をしておりま
                        百万ウォン
               韓国
                              コントロール
     韓国安川電機㈱                                      100   す。
                           47,300
               ソウル市
                                              (兼任4(3)、出向1)
                              ロボット
                                   7/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
                                         議決権の
                         資本金       主要な事業の
         名称         住所                       所有割合          関係内容
                        (百万円)
                                  内容
                                         (%)
                                              当社が部品等を購入してお
                                              り、建物の賃貸関係がありま
     ㈱ワイ・イー・デー
                            100               100
               埼玉県入間市               その他
                                              す。
     タ
                                              (兼任2(2)、転籍1)
                                              当社製品の輸送・荷役および
                                              保管業務を委託しており、建
               北九州市小倉
                            200               100
     ㈱安川ロジステック                         その他
                                              物の賃貸関係があります。
               北区
                                              (兼任2(2)、転籍2)
                              モーション
                              コントロール
                                              当社の製造業務の請負をして
     安川マニュファク
               北九州市八幡
                              ロボット
                             80               100   おります。
     チャリング㈱
               西区
                                              (兼任2(2)、転籍6)
                              システム
                              エンジニアリング
                                              当社の福利施設業務を委託し
                                              ており、建物の賃貸関係があ
                                              ります。
               北九州市八幡
                             60               100
     ㈱ドーエイ                         その他
                                              (兼任3(3)、転籍1、出
               西区
                                              向1)
                                              当社の広告、宣伝、企画およ

                                              び技術資料の作成を委託して
               北九州市八幡
     安川オビアス㈱                        30               100   おり、建物の賃貸関係があり
                              その他
               東区
                                              ます。
                                              (兼任5(5)、転籍1)
                                              当社製品の保守点検および改

                              システム
                             10               100   良保全をしております。
     ㈱フィールドテクノ          福岡県行橋市
                              エンジニアリング
                                              (兼任3(3)、転籍1)
                                              当社製品の製造、販売をして

     ㈱FAMS                       100               100   おります。
               新潟県見附市               その他
                                              (兼任3(3)、転籍2)
                                              当社が部品等を購入してお

                                              り、建物の賃貸関係がありま
     ㈱ベスタクト・ソ
                            100               100
               福岡県行橋市               その他
                                              す。
     リューションズ
                                              (兼任2(2)、転籍2)
                            百万
                                              当社従業員が役員の兼務等を
     YASKAWA    Europe
               スウェーデン        スウェーデン
                              その他             100   しております。
                         クローネ
     Holding    AB      カルマル
                                              (兼任2(2))
                            207
                                              当社製品の販売をしておりま

               英国
                                           100
                         万ポンド     モーション
     英国安川電機㈱                                         す。
               スコットラン
                            300
                                           (100)
                              コントロール
                                              (兼任3(3))
               ド
                              モーション

                              コントロール
                         万シンガ                     当社製品の販売をしておりま
     安川アジアパシ
                              ロボット
                        ポールドル                   100   す。
               シンガポール
     フィック㈲
                           2,045                   (兼任5(4)、出向2)
                              システム
                              エンジニアリング
                              モーション
                                              当社製品の製造、販売をして
                              コントロール
                                           100
                         万米ドル
     上海安川電動機器有          中国
                                              おります。
                           1,625
     限公司          上海市               システム            (34.5)
                                              (兼任4(4)、出向2)
                              エンジニアリング
                                   8/105


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
                                         議決権の
                         資本金       主要な事業の
         名称         住所                       所有割合          関係内容
                        (百万円)
                                  内容
                                         (%)
                              モーション
                                              当社製品の販売をしておりま
                       百万台湾ドル
     台湾安川電機股份有          台湾
                              コントロール
                                           100   す。
                            203
     限公司          新北市
                                              ( 兼任3(2)、出向         2)
                              ロボット
                              モーション

                                              当社製品の販売をしておりま
               イスラエル
                                           100
     欧州安川テクノロ                   万シュケル
                              コントロール
                                              す。
               ロッシュ・
     ジー㈲                        31
                                          (55.2)
                                              (兼任2(2))
               ハアイン市
                              ロボット
                                              当社製品の製造、販売をして

                                           100
                         万米ドル     モーション
     安川電機(瀋陽)有          中国
                                              おります。
                           6,360
     限公司          遼寧省                           (43.4)
                              コントロール
                                              (兼任4(4)、出向2)
                                              当社製品の販売およびアフ

                                           65.0
                         万米ドル                     ターサービスを行っておりま
     安川首鋼ロボット有          中国
                              ロボット
                            700                  す。
     限公司          北京市                           (50.0)
                                              (兼任4(4)、出向1)
                                              当社製品の製造、販売をして

                                           100
                         万米ドル
     安川(中国)機器人          中国
                                              おります。
                              ロボット
     有限公司          江蘇省            3,875                (100)
                                              (兼任4(4)、出向1)
                              モーション

                        百万インド                      当社製品の製造、販売をして
                                           100
               インド
                              コントロール
     インド安川㈱                     ルピー                    おります。
               カルナタカ州                           (1.0)
                            401                  (兼任2(2)、出向1)
                              ロボット
                              モーション
                              コントロール
                                              当社製品の販売をしておりま
                                           100
                         万米ドル
     安川通商集団有限公          香港
                              ロボット
                                              す。
                            500
     司          新界                          (60.0)
                                              (兼任4(3))
                              システム
                              エンジニアリング
                              モーション
                              コントロール
                                              当社製品の販売をしておりま
                                           100
                         万米ドル
     安川通商(上海)実          中国
                              ロボット
                                              す。
                            480
     業有限公司          上海市                           (100)
                                              (兼任1(1)、出向4)
                              システム
                              エンジニアリング
                                              当社製品の製造、販売をして
     The  Switch                                    100
                         万ユーロ     システム
               フィンランド
                                              おります。
                            528
     Engineering      Oy    ヘルシンキ市                           (100)
                              エンジニアリング
                                              (兼任1(1)、出向1)
                                              当社製品の製造、販売をして

                                           100
                         万ユーロ     モーション
               ドイツ
     VIPA   GmbH                                      おります。
                             ▶
               バイエルン州                           (100)
                              コントロール
                                              (兼任2(2))
                                              当社製品の製造、販売をして

               米国
     Solectria                                      100
                              システム
                          ―                    おります。
               マサチュー
     Renewables,      LLC                               (100)
                              エンジニアリング
                                              (兼任1(1))
               セッツ州
               スロベニア

     YASKAWA    Europe                                  100
                         万ユーロ
                                              当社製品の開発、製造をして
               コチェーヴィ               ロボット
                           2,100
     Robotics     d.o.o.                                 (100)   おります。
               エ市
     その他     40社          ―       ―         ―        ―          ―

                                   9/105




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.議決権の所有割合の(              )内は、間接所有割合で内数であります。
         3.役員の兼務等の(            )内は、当社従業員の兼務人数を表しております。
         4.米国安川㈱、安川電機(中国)有限公司、安川電機(瀋陽)有限公司、安川(中国)機器人有限公司、韓
          国安川電機㈱、YASKAWA           Europe    Holding    ABの6社は、当社の特定子会社に該当しております。
         5.米国安川㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%
          を超えております。
           主要な損益情報等
            (1)  売上高              73,780百万円
            (2)  経常利益              4,707百万円
            (3)  当期純利益            3,325百万円
            (4)  純資産額            26,748百万円
            (5)  総資産額            47,096百万円
         6.安川電機(中国)有限公司については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占
          める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等
            (1)  売上高              65,278   百万円
            (2)  経常利益              8,573百万円
            (3)  当期純利益            6,928百万円
            (4)  純資産額            32,456百万円
            (5)  総資産額            53,223   百万円
         7.Solectria       Renewables,      LLCは、米国法上のLimited             Liability     Companyであり資本金の概念と正確に一致
          するものがないことから、資本金を記載しておりません。
       (2)  持分法適用関連会社

                                        議決権の
                         資本金       主要な事業の
         名称         住所                      所有割合           関係内容
                        (百万円)
                                 内容
                                        (%)
                                             当社の情報処理業務を委託して

               北九州市八幡
     安川情報システム㈱                      673               38.5
                              その他               おり、当社従業員が役員の兼務
               西区
                                             等をしております。
                                          15.2

               愛知県北名古                              当社製品の販売をしておりま
     ゼネラルパッカー㈱                      251
                              その他
               屋市                          (15.2)    す。
     その他     8社          ―       ―        ―        ―           ―

      (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.議決権の所有割合の(              )内は、間接所有割合で内数であります。
         3.安川情報システム㈱は、2019年3月1日付で株式会社YE                            DIGITALに商号変更しております。
         4 .安川情報システム㈱およびゼネラルパッカー㈱は、有価証券報告書を提出しております。
                                  10/105







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)  連結会社の状況
                                                 (2019年2月28日現在)
                  セグメントの名称
                                            従業員数(人)
                                             4,912
          モーションコントロール                                             [1,234]
                                             4,160         [   545]
          ロボット
                                             1,714         [   363]
          システムエンジニアリング
                                             1,173         [   527]
          その他
                                             1,180         [    97]
          全社(共通)
                                             13,139
                     合計                                  [2,766]
          (注)1.[        ]に臨時雇用の年間平均人員数を外数で記載しております。
             2.「全社(共通)」として記載している従業員数は、特定の部門に区分できない管理部門に所属して
              いる者です。
       (2)  提出会社の状況

                                                 (2019年2月28日現在)
                           平均年齢(歳)          平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
              従業員数(人)
              2,817                 41.6             18.5          8,611,707
                   [237]
                  セグメントの名称                           従業員数(人)

                                              646         [ 37]
          モーションコントロール
                                              582         [ 52]
          ロボット
                                              395         [ 49]
          システムエンジニアリング
                                               14         [   2]
          その他
                                             1,180          [ 97]
          全社(共通)
                                             2,817
                     合計                                   [237]
          (注)1.[        ]に臨時雇用の年間平均人員数を外数で記載しております。
             2.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
             3.「全社(共通)」として記載している従業員数は、特定の部門に区分できない管理部門に所属して
              いる者です。
       (3)  労働組合の状況

         当社の労働組合は、1945年12月25日に安川電機製作所従業員組合として発足し、その後、安川電機労働組合と改
        称いたしました。
         現在の加盟上部団体は、全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会です。
         2019年2月28日現在の関係会社を含めた組合員数は2,874名であり、パートや嘱託契約社員の労働組合は結成さ
        れておりません。
         また、当社グループの労働組合にて安川グループユニオンを組織し、安川電機労働組合を始めFAMS労働組
        合、安川エンジニアリング労働組合、YAD労働組合が加入しております。
                                  11/105







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  会社の経営の基本方針

          当社グループは、創業以来、「事業の遂行を通じて広く社会の発展、人類の福祉に貢献すること」を使命と
         し、この使命達成のため、「品質重視の考えに立ち、常に世界に誇る技術を開発、向上させる」、「経営効率の
         向上に努め、企業の存続と発展に必要な利益を確保する」、「市場志向の精神に従い、市場ニーズにこたえ、需
         要家への奉仕に徹する」の3項目を掲げ、その実現に努力することを経営理念といたしております。このような
         経営理念のもと、顧客ニーズを高い次元で実現できる商品・サービスの提供や、従業員にとって働きがいのある
         会社づくりに取り組んでいます。これらにより、継続的な利益の創出を実現し、ステークホルダーのみなさまへ
         の一層の還元を図ることで、持続的な企業価値の向上に努めてまいります。
       (2)  目標とする経営指標

          新中期経営計画「Challenge             25」においては、更なる高収益体質を目指し、営業利益を主要な経営指標として
         おります。営業利益率の改善により、資本効率を着実に向上させていく所存です。
       (3)  中長期的な会社の経営戦略

          長期経営計画「2025年ビジョン」(2016年度~2025年度)実現のための2ndステップとして、新しいビジネス
         モデルへの挑戦の意味を込めた、新中期経営計画「Challenge                             25」(2019年度~2021年度)をスタートさせまし
         た。
          新中期経営計画「Challenge              25」では、前中期経営計画「Dash                25」で達成した高収益体質を更に向上させる
         とともに、「2025年ビジョン」の実現に向けた新領域・新ビジネスモデルへの挑戦を加速していきます。
        「Challenge      25」の概要

         ① 基本方針
         ・ i   -Mechatronicsによるビジネスモデル変革
            3
         ・ 拡大する“ロボティクス”ビジネスでの収益最大化
         ・ “選択と集中”によるリソース強化で新規事業拡大
         ② 数値目標および重点方策等については、2019年6月6日に発表を予定しております。

       (4)  対処すべき課題

          2019年度の当社グループを取り巻く経営環境は、労働力不足の解消を背景とした生産の自動化・省人化の流れ
         が継続しているものの、スマートフォン・半導体関連の投資減速や、米中貿易摩擦の影響などによる中国経済の
         減速により、先行き不透明な状況が続くものと予想されます。
          このような状況下、当社グループは長期経営計画「2025年ビジョン」で掲げる「産業自動化革命の実現」に向
         け、これまでのコンポーネント販売にデジタルデータのソリューション提供を加え、お客さまの経営課題の解決
         に貢献する新たなソリューションコンセプト「i                       -Mechatronics(アイキューブ              メカトロニクス)※」を軸に、以
                               3
         下のような取り組みを行ってまいります。
         ① 「i    -Mechatronics」コンセプトの浸透とビジネスモデルの確立

             3
           ACサーボドライブ「Σ-7シリーズ」を生産する次世代生産工場「安川ソリューションファクトリ(埼玉県入
           間市)」が2018年12月より本格稼働を開始しました。この工場では「i                                -Mechatronics」コンセプトの実践を
                                           3
           目的に、生産現場のデータ活用などを通じた生産の自動化を進めた結果、生産性が従来比3倍となるなど飛
           躍的に向上しました。今後は、当社グループのグローバル生産拠点における展開を加速させるとともに、ビ
           ジネスモデルをこれまでのコンポーネント販売である「モノ売り」から、お客さまの経営課題を解決するソ
           リューション提供を行う「モノ+コト売り」に変革し、お客さまの利益拡大を実現していきます。
         ② グローバルでの開発力・生産力の強化
           当社グループの開発・生産技術の機能を事業横断的に集約し、基礎研究から量産試作の実証、そして品質管
           理までの一貫した研究開発体制を構築する目的で「安川テクノロジーセンタ(仮称)」の設立準備を進め、グ
           ローバルでの開発力強化に取り組みます。また、スロベニアのロボット新工場にて安定的な生産体制を構築
           し、欧州地域におけるロボット事業の拡大を図ります。
                                  12/105


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
         ③ リソース集中による新規事業の拡大
           食品・農業関連市場を新規事業と位置づけ、取り組みを強化します。まずは国内大手のコンビニエンススト
           ア向けに、中食分野での自動化・省人化を加速する目的で、アライアンスの強化を進めていきます。また、
           農産物の安定供給ニーズに対応するために、野菜自動生産システム向け機器などの販売を拡充させていきま
           す。
          なお、各セグメントにおける具体策については、それぞれ以下のとおりです。

         〔モーションコントロール〕

          ACサーボモータ・コントローラ事業においては、「安川ソリューションファクトリ」のさらなる進化を目指す
         と同時に、「i       -Mechatronics」をより具現化する次期主力製品の開発を進め、お客さまへのソリューション提
                3
         案力の強化を図ります。インバータ事業においては、お客さまの機械を画期的に進化させる新製品(GA500)の市
         場投入や、米州・中国・国内などの成長市場における拡販加速・原価の低減などによって、収益力の強化を図り
         ます。
         〔ロボット〕

          主力製品を展開する自動車産業においては、グローバルに展開する完成車・部品供給メーカへの拡販を進める
         と同時に、中国市場における販売体制の強化を図ります。また、欧州スロベニア工場の本格稼働によって、需要
         地における安定的な生産を実現し、収益性のさらなる改善を図ります。
         〔システムエンジニアリング〕

          環境・エネルギー分野においては、欧州を中心とした大型風力発電市場にて洋上風車案件の受注拡大を目指
         し、米州を中心とした太陽光発電市場では新製品の拡販を進めるなど、採算性の改善を図ります。また、鉄鋼プ
         ラント・社会システム分野については、グループ内にて実施した事業再編により経営の効率化を進めるほか、国
         内の公共事業関連のビジネスにおいて、IoT(Internet                          of  Things)技術を取り入れた新たな取り組みを加速し、
         高収益体質の確立を目指します。
         ※i -Mechatronics:機械工学を表すメカニズムと、電気工学を表すエレクトロニクスを融合させた

          3
                   「Mechatronics(メカトロニクス)」に、3つの”i”(integrated:統合的、intelligent:知
                   能的、innovative:革新的)を重ね合わせ、お客さまの工場の生産現場から、経営課題の解
                   決に貢献するソリューションコンセプト。2017年10月に発表
       (5)  株式会社の支配に関する基本方針について

          当社では、会社の財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針については特に定めて
         おりません。しかしながら、当社のみならず株主のみなさまや当社のお取引先、従業員等、当社の利害関係者に
         おいて、重要な事項であることから、企業価値の向上を第一義として、適宜対応してまいります。
                                  13/105








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループの業績、財務状況等に影響を及ぼす可能性のある主なリスクは以下のようなものがあります。
        なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末時点において当社グループが判断したものです。当社
       グループは、これらのリスクを認識したうえで、発生の回避および発生したときの対応に万全を尽くす所存です。
       (1)  経済動向

          当社グループ製品の売上高は、当社グループ製品の販売先である日本国内および米州、欧州、アジア(特に中
         国)の経済状況ならびに主たる需要先である自動車、半導体等の各業界の設備投資および生産動向の影響を大き
         く受けます。これらの業界動向は、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (2)  為替相場の変動

          当社グループは、米ドルやユーロの現地通貨建ての製品輸出を行っており、為替相場の変動は、当社グループ
         の業績に影響を及ぼす可能性があります。想定以上の円高は、製品の競争力を弱め、当社グループの業績および
         財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (3)  金利の変動

          当社グループは、借入金等の有利子負債の適正化を図っておりますが、今後の市場金利の動向によっては、な
         お当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼすおそれがあります。
       (4)  競争の激化

          当社グループの事業分野においては、それぞれの分野で強力な競合相手が存在しています。特に価格面での競
         争の激化に直面し、当社グループ製品のシェアの高い分野でも、将来とも優位に競争できるという保証はありま
         せん。価格面での激しい競争は、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼすおそれがあります。
       (5)  市場環境の変動

          当社グループの主要製品であるACサーボモータおよび制御装置ならびにアーク溶接ロボット、スポット溶接ロ
         ボット、塗装ロボット等および半導体・液晶製造装置用クリーン・真空搬送ロボットは、半導体、自動車、液
         晶、電子部品の各関連業界の動向に大きな影響を受けます。これらの業界からの需要が減少すれば、当社グルー
         プの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (6)  原材料の調達

          当社グループは、鋼材等の原材料や各種部品を多数の取引先から調達していますが、調達価格の高騰や業界の
         需要増によっては継続的に必要量を入手できない場合があります。この結果、当社グループの生産に影響を与
         え、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼすおそれがあります。
       (7)  災害の発生

          当社グループは、国内および海外に展開しており、これらの地区において大規模災害が発生した場合には、生
         産活動をはじめとする企業活動全般に重大な影響を与え、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす
         おそれがあります。
       (8)  品質問題の発生

          当社グループは、国内および海外の品質基準によって国内および海外生産拠点で製品の製造を行い、すべての
         製品につき欠陥が発生しないように万全の品質管理体制を整えております。しかしながら、すべての製品におい
         て、まったく品質に欠陥がなく、製造物賠償責任が発生しないという保証はありません。
          生産物賠償責任保険に加入していますが、すべてをこの保険でカバーできずに当社グループの業績および財務
         状況に悪影響を及ぼすおそれがあります。
       (9)  知的財産権等の訴訟

          当社グループは、事業を遂行するうえで、当社グループで保有し、またはライセンスを取得した知的財産権を
         利用しており、今後これらのライセンスを維持できる保証はありません。また、当社製品に係るその他の知的財
         産権につき第三者から権利侵害にあたるとして訴訟提起等された場合は、当社グループの業績および財務状況に
         悪影響を及ぼすおそれがあります。
                                  14/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)  経営成績等の状況の概要
        ① 財政状態及び経営成績の状況
         (a) 財政状態(B/S)
          (ア) 資産  4,559億57百万円(前期末比 147億7百万円増加)
             現金及び預金、受取手形及び売掛金が減少した一方、たな卸資産が増加したこと等により、流動資産が
            前期末に比べ11億35百万円増加しました。また、投資有価証券の減少等により、投資その他の資産が減少
            しましたが、有形固定資産や無形固定資産が増加したことにより、固定資産が前期末に比べ135億71百万
            円増加しました。
          (イ) 負債  2,062億3百万円(前期末比 35億80百万円増加)

             短期借入金等が増加した一方、支払手形及び買掛金や未払法人税等が減少したことにより、流動負債が
            前期末に比べ80億41百万円減少しました。また、長期借入金や退職給付に係る負債等の増加により、固定
            負債が前期末に比べ116億21百万円増加しました。
          (ウ) 純資産 2,497億53百万円(前期末比 111億26百万円増加)

             株主資本が177億45百万円増加しました。これは利益剰余金の増加および自己株式の取得等によるもの
            です。
             その他の包括利益累計額が68億72百万円減少しました。これはその他有価証券評価差額金や為替換算調
            整勘定の減少によるものです。
         (b) 経営成績(P/L)

          (ア) 概況
             当社は、前期より事業年度の末日を従来の3月20日から2月末日に変更いたしました。これにより、当
            期(2018年3月1日から2019年2月28日まで)と比較対象となる前期(2017年3月21日から2018年2月28日
            まで)の期間が異なるため、前期比増減については記載しておりません。
             当期における当社グループの経営環境は、期初に生産設備の高度化・自動化の需要が旺盛だったもの

            の、期の半ばからスマートフォン関連の需要に一服感がみられたことに加え、半導体関連の設備投資需要
            が急減速する状況となりました。また、中国を中心に米中貿易摩擦の影響が拡大し、製造業全般で設備投
            資に慎重な姿勢がみられるようになりました。このような状況下、当社グループの業績は中国市場の減速
            影響を受けた一方で、自動車関連の需要をグローバルで的確に捉えるなど、総じて堅調に推移しました。
            この結果、売上高については過去最高となりました。
             なお、当期における当社グループの地域別の経営環境は以下のとおりです。

              日 本:    半導体関連の設備投資需要が下期に落ち込んだものの、自動車関連を中心とした生
                      産効率化の需要に支えられ、底堅く推移しました。
              米 国:    持続する経済成長を背景に、工作機械関連やオイル・ガス関連などの需要は底堅く
                      推移しましたが、下期にかけては半導体関連の設備投資が弱含みました。
              欧 州:    自動車関連の旺盛な設備投資需要を受け好調に推移しました。また、環境エネル
                      ギー分野は大型風力発電関連の積極的な投資を背景に高い水準で推移しました。
              中 国:    前期好調だったスマートフォン関連の需要が急減速したことに加え、米中貿易摩擦
                      の深刻化や金融引締め政策による資金繰りの悪化影響を受け、製造業全般で設備投
                      資を控える動きがみられました。
              中国除くアジア:韓国を中心に半導体や有機EL関連の需要が弱含んだものの、自動車関連を中心に設
                      備投資は堅調に推移しました。
                                  15/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
             この結果、当期の経営成績は以下のとおりです。
                           2018年2月期             2019年2月期              前期比
                                                          -
         売       上       高     4,485億23百万円             4,746億38百万円
                                                          -
         営    業    利    益      541億26百万円             497億66百万円
                                                          -
         経    常    利    益      553億0百万円             508億44百万円
         親会社株主に帰属する
                            397億49百万円             411億64百万円                 -
         当   期   純   利   益
         米  ド  ル  平  均  レ  ー  ト         111.46円             110.49円           △0.97円
         ユ  ー  ロ  平  均  レ  ー  ト         128.75円             128.88円            +0.13円
         中国人民元平均レート                      16.71円             16.56円           △0.15円

         韓国ウォン平均レート                      0.099円             0.099円          ±0.000円

          (イ) セグメント別の状況

             当社グループ      では、事業内容を4つのセグメントに分けています。
             当期の各セグメントの経営成績は以下のとおりです。
                        売  上  高      2,054億23百万円           (前期比     -  )
          モーションコントロール
                        営業損益            339億7百万円          (前期比     -  )
        モーションコントロールセグメントは、ACサーボモータ・コントローラ事業とインバータ事業で構成されていま
        す。
        インバータ事業の販売がグローバルで堅調に推移した一方、ACサーボモータ・コントローラ事業の売上が中国・
        アジアを中心に減速したことから、セグメント全体の業績は伸び悩みました。
        〔ACサーボモータ・コントローラ事業〕
         スマートフォン関連や半導体関連の設備投資需要が期の半ばから急減速したことに加え、米中貿易摩擦の影響
         などにより、中国の製造業全般で設備投資を控える動きがみられたことから、売上高・営業利益ともに伸び悩
         みました。
        〔インバータ事業〕
         米国におけるオイル・ガス関連などの需要が底堅く推移するなど、売上はグローバルで堅調に推移しました。
                        売  上  高     1,779億95百万円           (前期比     -  )
              ロボット
                        営業損益           172億98百万円          (前期比     -  )
        自動車向けを中心とした堅調な需要を背景に売上高は好調に推移しました。一方、中国における一般産業分野向
        けの需要の急減速を主因とする操業度の低下などにより、営業利益は伸び悩みました。
        ・溶接・塗装ロボットなど自動車関連向けの販売は、グローバルで高水準に推移しました。特に欧州市場の売上
         が大幅に伸長しました。
        ・一般産業分野については、前期好調だったスマートフォン関連の需要が落ち込んだ影響により、売上は伸び悩
         みました。
                        売  上  高        594億63百万円          (前期比     -  )
         システムエンジニアリング
                        営業損益                  65百万円        (前期比     -  )
        売上高は底堅く推移しました。営業損益は環境エネルギー関連の再編を通じた経費削減などにより改善し、黒字
        に転換しました。
        ・鉄鋼プラントシステム・社会システム分野は、国内を中心とした更新需要を的確に捉え、堅調に推移しまし
         た。
        ・環境・エネルギー分野では、米国市場における太陽光発電用パワーコンディショナ関連の販売が伸び悩んだ一
         方、大型風力発電関連の案件を確実に捉え、欧州における売上は大幅に伸長しました。
                         売  上  高        317億55百万円          (前期比     -  )
              その他
                         営業損益            4億46百万円          (前期比     -  )
        その他セグメントは、情報関連事業や物流サービス事業などで構成されています。
        子会社の再編や新規連結化、およびEV関連の量産立ち上げによる一時的な影響により、売上高・営業利益は堅調
        に推移しました。
                                  16/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        ② キャッシュ・フロー           (C/F)の状況
          当期末における現金及び現金同等物は392億89百万円(前期末比で29億24百万円減)となりました。
          当期における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下のとおりです。なお、当社は、前期より事業
         年度の末日を従来の3月20日から2月末日に変更いたしました。これにより、当期(2018年3月1日から2019年
         2月28日まで)と比較対象となる前期(2017年3月21日から2018年2月28日まで)の期間が異なるため、各
         キャッシュ・フローに関する前期比増減については記載しておりません。
         (a) 営業活動によるキャッシュ・フロー

           売上債権が減少した一方、たな卸資産の増加や仕入債務の減少等により運転資金が増加しましたが、営業利
          益の計上等により328億32百万円の収入となりました。
         (b) 投資活動によるキャッシュ・フロー

           グローバルな生産力の拡大やITインフラ等への積極的な設備投資を行なったことにより、有形及び無形固定
          資産の取得による支出が増加し、271億11百万円の支出となりました。
         (c) 財務活動によるキャッシュ・フロー

           自己株式の取得や配当金の支払増加等の株主還元施策を行なったことにより、87億54百万円の支出となりま
          した。
          ※営業活動によるキャッシュ・フローと投資活動によるキャッシュ・フローを合算したフリー・キャッシュ・

           フローは57億21百万円の収入となりました。
          なお、当社グループのキャッシュ・フロー関連指標の推移は下記のとおりです。

                                 2017年3月期         2018年2月期         2019年2月期
                                      51.2         53.5         54.1
         自己資本比率(%)
                                     157.2         302.0         183.1
         時価ベースの自己資本比率(%)
                                      1.1         0.7         1.5
         キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)
                                      58.6         78.0         53.8
         インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)
         自己資本比率:自己資本/総資産
         時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
         キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業キャッシュ・フロー
         インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い
          (注)1.いずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
             2.株式時価総額は自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。なお、控除する自己株
              式数については、「株式給付信託(BBT)」および「株式給付信託(J-ESOP)」が所有する当社株式
              を含めております。
             3.有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち、利子を支払っている全ての負債を対
              象としております。
             4.営業キャッシュ・フローおよび利払いは、連結キャッシュ・フロー計算書に計上されている「営業
              活動によるキャッシュ・フロー」および「利息の支払額」を用いております。
        ③ 生産、受注及び販売の実績

          当社グループの生産・販売品目は広範囲にわたりかつ多種多様であり、同種の製品であっても、その容量、構
         造、形式等は必ずしも一様ではなく、また受注生産形態をとらない製品も多く、セグメントごとに生産規模およ
         び受注規模を金額あるいは数量で示すことはしておりません。
          このため、生産および受注の実績については、「①財政状態及び経営成績の状況                                        (b)経営成績」におけるセ
         グメントの     経営成績    に関連づけて記載しております。
          また、販売の実績については、「①財政状態及び経営成績の状況                                (b)経営成績」におけるセグメントの                 経営
         成績  に関連づけて、連結の数字を示しております。
                                  17/105




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討                           内容
        ① 重要な会計方針及び見積り
          当社の連結財務諸表は我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成していま
         す。連結財務諸表の作成にあたり、期末日現在の資産・負債の金額、偶発的な資産・負債の開示および報告対象
         期間の収益・費用の金額に影響を与える様々な見積りや仮定を用いており、実際の結果は、これらの見積りと異
         なる場合があります。
        ② 2016年度~2018年度中期経営計画「Dash                     25」に関する認識及び分析・検討内容

          2016年度から2018年度の中期経営計画「Dash                      25」における業績目標は、最終年度の2018年度で、売上高4,500
         億円、営業利益450億円、営業利益率10%でした。
          グローバルで加速する自動化・省力化のニーズ、そして、2017年度の中国を中心とした力強い需要を的確に捉
         えることで、「Dash          25」の業績目標を達成いたしました。
          また、ROE13%以上および配当性向27%などの財務目標を掲げ、合わせて達成いたしました。
        ③ 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         (a) 経営成績等の状況
           当社は、前期より事業年度の末日を従来の3月20日から2月末日に変更いたしました。これにより、当期
          (2018年3月1日から2019年2月28日まで)と比較対象となる前期(2017年3月21日から2018年2月28日まで)の
          期間が異なるため、前期比増減については記載しておりません。
          (ア) 売上高
             当連結会計年度の売上高は、中国市場においてスマートフォン関連の需要が急減速した影響や、米中貿
            易摩擦の深刻化などの影響を受けた一方で、自動車関連の需要をグローバルで的確に捉えたことから、
            4,746億38百万円となりました。海外売上高比率は、前連結会計年度の70%から3ポイント低下し、67%
            となりました。
             なお、セグメント別の内容は、「(1)経営成績等の状況の概要                               ①財政状態及び経営成績の状況                (b)経
            営成績」に記載のとおりです。
          (イ) 営業利益

             当連結会計年度の営業利益は、モーションコントロール・ロボットを中心に、期の半ばからの受注減に
            伴う生産調整などにより操業度が低下したことから、497億66百万円となりました。売上高営業利益率
            は、営業利益の減少により、前連結会計年度の12.1%から1.6ポイント低下し、10.5%となりました。
             なお、セグメント別の内容は、「(1)経営成績等の状況の概要                               ①財政状態及び経営成績の状況                (b)経
            営成績」に記載のとおりです。
          (ウ) 経常利益

             当連結会計年度の経常利益は、営業利益の減少により、508億44百万円となりました。
          (エ) 親会社株主に帰属する当期純利益

             当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は、411億64百万円となりました。また、1株当た
            り当期純利益は、155円86銭となり、前期比で6円51銭増加いたしました。
         (b) 資本の財源及び資金の流動性についての分析

           当社グループは、財務体質の健全性を維持しつつ、安定的な事業運営を行なうため、グループ資金の流動性
          を高める等、資金調達環境を整理し、安定した資金調達体制の確立を基本方針としております。
           グループ資金は、本社および各地域の統括会社にて一括運用・調達を行なうことにより、資金の効率的な運
          営を図っております。手元資金を上回る設備投資等を実行する場合は、金融機関からの借入等により、規模や
          市場環境に応じて適した手段で調達を行なっております。
           なお、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は392億89百万円、有利子負債残高は486億64百
          万円です。
                                  18/105




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
       (1)  安川オートメーション・ドライブ株式会社との会社分割
         当社は、2018年11月9日開催の取締役会において、当社の鉄鋼エンジニアリング事業および当社の子会社である
        安川モートル株式会社(以下、「YM社」といいます。)の一般産業用電動機事業を当社の子会社である安川オー
        トメーション・ドライブ株式会社に吸収分割する決議を行い、2019年1月10日付で吸収分割契約を締結し、2019年
        3月1日付で吸収分割を実施いたしました。
         詳細は「第5 経理の状況 2 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」に記載のとおり
        です。
       (2)  安川モートル株式会社との会社分割

         当社は、2018年11月9日開催の取締役会において、当社の子会社であるYM社のサーボモータ・EVモータの生
        産機能を当社のモーションコントロール事業部に、YM社のPMモータ事業を当社のインバータ事業部に吸収分割
        する決議を行い、2019年1月10日付で吸収分割契約を締結し、2019年3月1日付で吸収分割を実施いたしました。
         詳細は「第5 経理の状況 2 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」に記載のとおり
        です。
                                  19/105















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        当連結会計年度は、2016年度~2018年度中期経営計画「Dash                             25」の最終年度に当たり、グローカル開発体制によ
       るスピーディな製品開発、および新規事業・新分野のコア事業化に向けた研究開発を加速し、新製品の開発・市場投
       入を通じ主力事業の受注拡大を進めるとともに、長期経営計画「2025年ビジョン」に掲げる「新たな産業自動化革命
       の実現」に向け、ソリューションコンセプト「i                       -Mechatronics(アイキューブ              メカトロニクス)」を提唱し、デジ
                             3
       タルデータソリューションの提供につながる研究開発を進めました。
        当社は、グローバルで高い競争力を有する当社のコンポーネント製品にAI技術を加えることで、新たなソリュー
       ションの提供を目指しており、製造・産業用ロボット向けのAIソリューション開発などを手掛ける株式会社エイアイ
       キューブの設立や、人工知能(AI)のアルゴリズム開発・コンサルティングを手掛けるAIベンチャー企業の株式会社
       クロスコンパスとAIソリューション開発の加速を目的とした戦略的提携を行いました。
        さらに、世界中の製造業における生産設備や機械などの高度化・自動化へのニーズが急速に高まる中、お客さまの
       要求に対してスピーディに対応できる体制の構築を目的に、基礎研究から量産試作までの一貫した研究開発拠点「安
       川テクノロジーセンタ(仮称)」を新設することを決定いたしました。
        当連結会計年度の研究開発費は207億92百万円であり、各分野におけるその状況は、以下のとおりです。
       〔研究開発分野〕

        長期経営計画      「2025年ビジョン」の実現に向け、2018年度はソリューションコンセプト「i                                    -Mechatronics」に基
                                                  3
       づく研究開発へと集約した取り組みを加速しました。また、IoTを軸とする新製品・新技術開発、AI技術を製品に反
       映させるためのオープンイノベーションもさらに強化して進めています。
        当分野の研究開発費は50億96百万円です。
       〔モーションコントロール分野〕

        「i  -Mechatronics」コンセプトの実現に向け、世界トップクラスのサーボドライブとロボットの制御技術を結集
         3
       し、マシンコントローラから産業用ロボットの制御が可能なハード面でのソリューションとなる“ロボットモジュー
       ルRM100”を開発しました。
        サーボモータではデータ検出機能を向上させ、従来と比べてより多種・大量のデータを詳細に監視することが可能
       となりました。インバータでは機械・設備の視える化、および故障予知や不具合の検知を実現する機能を強化しまし
       た。また、マトリクスコンバータ「U1000」を各種船級規格に適合させました。
        2018年12月より本格稼働開始した安川ソリューションファクトリ(埼玉県入間市)では、サーボモータなどから検
       出したデータを「YASKAWA            Cockpit」と連携させることで、装置の予防保全や製品の品質管理への活用実現に向け取
       り組んでいます。
        当分野の研究開発費は84億円です。
       〔ロボット分野〕

        環境に配慮したエコカーの開発が世界規模で進められている中、自動車製造ラインの構成が大きく変化しつつあり
       ます。また、従来の鋼材とは異なる新しい素材が採用され始めています。このようなトレンドに対し、新しい素材の
       溶接や高付加価値ラインの構築に対応した新型ロボットの開発を進めております。また、研磨やダイカストにおける
       高い防滴・防じん性への要求や、食品を直接扱うニーズに対応するため、ロボットの耐環境性を向上させた防滴仕様
       タイプと、機械潤滑剤に食品機械用グリースを採用した食品グリース仕様タイプを新たにラインアップしました。
       MOTOMAN-HC10DTハンドキャリータイプは、人協働ロボットと手押台車を組み合わせることで、ものづくりプロセスの
       フレキシビリティ向上を実現いたしました。
        当分野の研究開発費は46億86百万円です。
       〔システムエンジニアリング分野〕

        環境・エネルギー分野においては、省エネ・創エネ技術を応用し、大型風力・太陽光発電関連機器の開発など、
       Clean   Powerのコア事業化を進めました。
        当分野の研究開発費は24億8百万円です。
       〔その他分野〕

        長期経営計画「2025年ビジョン」に掲げるヒューマトロニクスの事業領域確立に向けて、前腕回内回外リハビリ装
       置の臨床研究機を開発しました。本装置は、前腕の回内・回外運動のリハビリに特化した装置です。
        当分野の研究開発費は2億円です。
                                  20/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループ(当社および連結子会社)は、中核事業分野であるモーションコントロール部門およびロボット部門
       に重点を置き、あわせて省力化、合理化および製品の信頼性向上のための投資を行っております。
        当連結会計年度の設備投資の内訳は、以下のとおりです。
        なお、設備投資の金額には、有形固定資産のほか無形固定資産を含めております。
               セグメントの名称                  設備投資金額(百万円)
           モーションコントロール                            13,660
           ロボット                            7,544
           システムエンジニアリング                            5,309
           その他                             756
                  小計                    27,271
           消去又は全社                            8,383
                  合計                    35,654
      2【主要な設備の状況】

        当社グループ(当社および連結子会社)における主要な設備は、以下のとおりです。
       (1)  提出会社
                                                   (2019年2月28日現在)
                                          帳簿価額(百万円)
                                       機械及び
                                                         従業員
        事業所名
                                    建物及    装置、    土地
               セグメントの名称            設備の内容                               数
                                               リース
       (所在地)
                                           (面積千
                                    び構築   工具、器           その他    合計
                                                         (人)
                                               資産
                                     物  具及び備     ㎡)
                                         品
     本社・八幡西事業所
                       業務統括                       9            1,029
               全セグメント                      9,621    1,540        -    0 11,172
     (北九州市八幡西区)                  産業用ロボットの製造・販売
                                             (77)              [80]
     中間事業所                                        91              47
               ロボット        産業用ロボットの製造
                                     2,388    1,335        10    1  3,827
     (福岡県中間市     )                                  (44)              [4]
     小倉事業所                                       182              297
               全セグメント        電気機械器具の開発               980    939       -    0  2,102
     (北九州市小倉北区)                                       (26)              [29]
               モーション
     行橋事業所                  電気機械システムの設計、制御                      18             569
               コントロール
                                     3,705    1,936        227    5  5,893
     (福岡県行橋市)                  器具・装置の製造                     (110)              [67]
               システム
               エンジニアリング
     入間事業所                                       903              457
               モーション
                       電子機器の製造              4,771    4,970        -    ▶ 10,650
     (埼玉県入間市)         コントロール                              (89)              [37]
     東京支社                                                     269
               全セグメント        製品の販売               69   214    -   326    0   611
     (東京都港区)
                                                          [15]
                       製品の販売、中部ロボットセン                      249              149
     支店・営業所         全セグメント
                                      803    209       -   -  1,262
                       タ                      (2)              [6]
      (注)1.土地の面積は、公簿面積によっております。
         2.帳簿価額には、建設仮勘定を含んでおりません。なお、金額には消費税等を含んでおりません。
         3.上記の他、主要な賃借およびリース設備として、以下のものがあります。
              事業所名                        従業員数      土地の面積      賃借料又はリース料
                      セグメントの名称         設備の内容
              (所在地)                         (人)      (千㎡)       (百万円)
           関東ロボットセンタ                   関東ロボットセ            38
                      ロボット                          -         20
           (さいたま市北区)                   ンタ            [9]
         4.各事業所における臨時雇用者数を[                     ]外数で記載しています。
                                  21/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       (2)  国内子会社
                                                   (2019年2月28日現在)
                                          帳簿価額(百万円)
                                        機械及び
                  事業所名      セグメントの                                従業員数
         会社名                      設備の内容
                                    建物及び    装置、工      土地
                  (所在地)        名称                               (人)
                                                 その他    合計
                                     構築物   具、器具    (面積千㎡)
                                        及び備品
                本社事業所        モーション
                              技術サービス                             554
     安川エンジニアリング㈱           (北九州市小倉北        コントロール              348    157      -    0   506
                              設備                             [59]
                区)        ロボット
                本社事業所
                        モーション      制御機器製造                 96           153
     安川コントロール㈱                                 64   101          0   262
                (福岡県行橋市)        コントロール      設備                 (6)            [52]
                        モーション
                        コントロール
     安川オートメーション・           本社事業所
                                                           242
                        システム      情報関連機器        16    83     -    -   100
     ドライブ㈱           (東京都品川区)
                                                           [0]
                        エンジニアリ
                        ング
                        モーション
                本社事業所        コントロール
                              電動機等                 136            162
     安川モートル㈱           (北九州市八幡東        システム              486    456         15   1,094
                              製造設備                 (28)            [43]
                区)        エンジニアリ
                        ング
                        モーション
                        コントロール
                本社事業所
                        ロボット                       281            140
     ㈱安川メカトレック                         業務統括        190    41         8   522
                (東京都港区)        システム                       (2)            [11]
                        エンジニアリ
                        ング
                        モーション
                        コントロール
                              業務統括
                本社事業所        ロボット                       495            208
     末松九機㈱                         制御機器製造        288    44         0   828
                (福岡市博多区)        システム                       (25)            [45 ]
                              設備
                        エンジニアリ
                        ング
      (注)1.帳簿価額には、建設仮勘定を含んでおりません。なお、金額には消費税等を含んでおりません。
         2.各事業所における臨時雇用者数を[                     ]外数で記載しています。
                                  22/105










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       (3)  在外子会社
                                                   (2019年2月28日現在)
                                          帳簿価額(百万円)
                                        機械及び
                  事業所名      セグメントの                                従業員数
         会社名                      設備の内容
                                    建物及び    装置、工      土地
                  (所在地)        名称                               (人)
                                                 その他    合計
                                     構築物   具、器具    (面積千㎡)
                                        及び備品
                        モーション
                        コントロール
                              業務統括・
                本社事業所                               216            790
                        システム      インバータ等        716   1,300           6  2,238
                (米国イリノイ州)                               (19)            [76 ]
                        エンジニアリ      製造設備
     米国安川㈱                   ング
                ロボット事業所              ロボット                 200            475

                        ロボット             1,603     495          6  2,304
                (米国オハイオ州)              製造設備
                                               (27)            [14 ]
                本社事業所

                        モーション                                   151
                (ドイツヘッセン              業務統括
                                      -    63     -    -    63
                        コントロール                                   [25 ]
                州)
     欧州安川㈲
                ロボット事業所
                                               563            238
                              ロボット
                (ドイツバイエル
                        ロボット             1,873     400         20   2,858
                              製造設備                 (26)            [78 ]
                ン州)
                        モーション
                        コントロール
                        ロボット
     安川電機(中国)有限公           本社事業所                                          229
                              業務統括        58    92     -    19   169
     司           (中国上海市)        システム                                   [0]
                        エンジニアリ
                        ング
                        モーション
                        コントロール
                本社事業所        ロボット                       796            153
     韓国安川電機㈱                         業務統括       1,100     81         0  1,979
                (韓国ソウル市)        システム                       (16)            [3]
                        エンジニアリ
                        ング
      (注)1.帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。なお、金額には消費税等を含んでおりません。
         2.各事業所における臨時雇用者数を[                     ]外数で記載しています。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資については、受注の見通し、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して決定し
       ております。設備投資計画は原則的に連結会社各社が個別に策定していますが、計画策定にあたっては提出会社を中
       心に調整を図る場合があります。
        当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、除却等の計画はありません。
                                  23/105







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
              種類         発行可能株式総数(株)
             普通株式              560,000,000
              計             560,000,000
        ②【発行済株式】

           事業年度末現在発行数(株)              提出日現在発行数(株)            上場金融商品取引所名又は登
       種類                                                 内容
             (2019年2月28日)             (2019年5月      29 日)    録認可金融商品取引業協会名
                                      東京証券取引所市場第一部、
                                                     単元株式数
      普通株式            266,690,497            266,690,497
                                                     100株
                                      福岡証券取引所
       計          266,690,497            266,690,497               -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                      発行済株式      発行済株式        資本金      資本金      資本準備金       資本準備金
           年月日          総数増減数       総数残高       増減額       残高      増減額       残高
                      (千株)      (千株)      (百万円)      (百万円)       (百万円)       (百万円)
     自 2014年3月21日
                        8,635     260,967        4,780      27,842       4,780      23,271
     至 2015年3月20日(注)1
     自 2015年3月21日
                        5,722     266,690        2,720      30,562       3,974      27,245
     至 2016年3月20日(注)2
      (注)1.新株予約権の行使による増加です。
        2.新株予約権の行使、株式会社ワイ・イー・データとの株式交換による増加です。
       (5)【所有者別状況】

                                                   (2019年2月28日現在)
                            株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株式
          区分                             外国法人等                  の状況
                                その他の               個人
                 政府および           金融商品
                       金融機関                              計    (株)
                地方公共団体           取引業者      法人              その他
                                     個人以外      個人
     株主数(人)               -    107     45    705     676     84   81,972     83,589       -
     所有株式数(単元)               -  1,364,246      102,570     121,973     577,504      621   498,670    2,665,584      132,097
     所有株式数の割合(%)               -   51.18     3.85     4.58    21.67     0.02    18.71    100.00       -
      (注)1.「金融機関」には、「株式給付信託(BBT)」および「株式給付信託(J-ESOP)」の信託財産として信託が
          保有する当社株式2,848単元が含まれております。
         2.自己株式2,120,863株は「個人その他」に                     21,208   単元および「単元未満株式の状況」に                  63 株を含めて記載し
          ております。
         3.「その他の法人」および「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ2単
          元および90株含まれております。
                                  24/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                 (2019年2月28日現在)
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                              所有株式数
                                                    総数に対する所有
           氏名又は名称                      住所
                                              (千株)
                                                     株式数の割合
                                                      (%)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会
                                               27,085         10.24
                        東京都港区浜松町2丁目11番3号
     社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株
                        東京都中央区晴海1丁目8-11                      23,415         8.85
     式会社(信託口)
                        東京都千代田区大手町1丁目5-5
     株式会社みずほ銀行
                        (東京都中央区晴海1丁目8-12 晴海ア
     (常任代理人 資産管理サービス信託                                          8,100         3.06
                        イランドトリトンスクエアオフィスタワーZ
     銀行株式会社)
                        棟)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株
     式会社(三井住友信託銀行退職給付信                   東京都中央区晴海1丁目8-11                       7,970         3.01
     託口)
                        東京都千代田区丸の内2丁目1-1
     明治安田生命保険相互会社
                        (東京都中央区晴海1丁目8-12 晴海ア
     (常任代理人 資産管理サービス信託                                          7,774         2.94
                        イランドトリトンスクエアオフィスタワーZ
     銀行株式会社)
                        棟)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株
     式会社(三井住友信託銀行再信託分・                   東京都中央区晴海1丁目8-11                       5,100         1.93
     株式会社福岡銀行退職給付信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株
                        東京都中央区晴海1丁目8-11                       4,548         1.72
     式会社(信託口5)
     STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT    -   1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,    MA
     TREATY    505234               02171,    U.S.A.
                                               4,493         1.70
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決                   (東京都港区港南2丁目15-1 品川イン
     済営業部)                   ターシティA棟)
                        東京都千代田区有楽町1丁目13-1
     第一生命保険株式会社
                        (東京都中央区晴海1丁目8-12 晴海ア
     (常任代理人 資産管理サービス信託                                          4,199         1.59
                        イランドトリトンスクエアオフィスタワーZ
     銀行株式会社)
                        棟)
                        東京都千代田区丸の内2丁目7-3                       3,975         1.50
     JPモルガン証券株式会社
                                  ――             96,663         36.54
              計
      (注)1.2019年2月28日現在において、日本マスタートラスト信託銀行株式会社、日本トラスティ・サービス信託銀
          行株式会社が自己の名義において保有する株式数については、当社として把握することができないため、株主
          名簿上の株式数に基づき記載しております。
         2.2018年10月1日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、株式会社三菱UFJ
          銀行および共同保有者が2018年9月24日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記載されている
          ものの、株式会社三菱UFJ銀行を除き、当社として2019年2月28日現在における実質所有株式数の確認がで
          きておりませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
                                                保有株券等      株券等保有
             氏名又は名称                        住所
                                                の数(株)      割合(%)
                                                 1,500,000         0.56
     株式会社三菱UFJ銀行                       東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
                                                 7,928,766         2.97
     三菱UFJ信託銀行株式会社                       東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                                                 3,786,900         1.42
     三菱UFJ国際投信株式会社                       東京都千代田区有楽町一丁目12番1号
                                                 4,045,791         1.52
     三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社                       東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
                                  25/105




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
         3.2019年1月9日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、ブラックロック・
          ジャパン株式会社および共同保有者が2018年12月31日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記
          載されているものの、当社として2019年2月28日現在における実質所有株式数の確認ができておりませんの
          で、上記大株主の状況には含めておりません。
                                                保有株券等      株券等保有
             氏名又は名称                        住所
                                                の数(株)      割合(%)
                                                 5,263,500         1.97

     ブラックロック・ジャパン株式会社                       東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
                            米国   ニュージャージー州          プリンストン
     ブラックロック・インベストメント・マネジメ
                                                  282,523        0.11
     ント・エルエルシー                       ユニバーシティ        スクウェア      ドライブ1
                            英国   ロンドン市      スログモートン・アベ
     ブラックロック・ファンド・マネジャーズ・リ
                                                  326,663        0.12
     ミテッド                       ニュー    12
                            アイルランド共和国          ダブリン     ボールス
     ブラックロック・アセット・マネジメント・ア
                                                 1,746,423         0.65
                            ブリッジ     ボールスブリッジパーク            2 
     イルランド・リミテッド
                            1階
                            米国   カルフォルニア州         サンフランシス
                                                 4,333,900         1.63
     ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ
                            コ市   ハワード・ストリート           400
                            米国   カリフォルニア州         サンフランシス
     ブラックロック・インスティテューショナル・
                                                 3,524,583         1.32
     トラスト・カンパニー、エヌ.エイ.
                            コ市   ハワード・ストリート           400
                            英国   ロンドン市      スログモートン・アベ
     ブラックロック・インベストメント・マネジメ
                                                  784,628        0.29
     ント(ユーケー)リミテッド                       ニュー    12
         4.2019年2月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、株式会社みずほ銀行
          および共同保有者が2019年1月31日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記載されているもの
          の、株式会社みずほ銀行を除き、当社として2019年2月28日現在における実質所有株式数の確認ができており
          ませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
                                                保有株券等      株券等保有
             氏名又は名称                        住所
                                                の数(株)      割合(%)
                                                 8,100,856         3.04

     株式会社みずほ銀行                       東京都千代田区大手町一丁目5番5号
     みずほ証券      株式会社                                       830,560        0.31

                            東京都千代田区大手町1丁目5番1号
                                                  284,800        0.11

     みずほ信託銀行株式会社                       東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                                                 9,995,234         3.75

     アセットマネジメントOne株式会社                       東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
         5.2019年3月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、三井住友信託銀行株
          式会社および共同保有者が2019年2月28日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記載されてい
          るものの、当社として2019年2月28日現在における実質所有株式数の確認ができておりませんので、上記大株
          主の状況には含めておりません。
                                                保有株券等      株券等保有
             氏名又は名称                        住所
                                                の数(株)      割合(%)
                                                 8,350,000         3.13

     三井住友信託銀行株式会社                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
     三井住友トラスト・アセットマネジメント株式
                            東京都港区芝公園一丁目1番1号                     6,764,900         2.54
     会社
                                                 8,309,500         3.12
     日興アセットマネジメント株式会社                       東京都港区赤坂九丁目7番1号
         6.2019年3月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、野村證券株式会社お
          よび共同保有者が2019年2月28日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記載されているもの
          の、当社として2019年2月28日現在における実質所有株式数の確認ができておりませんので、上記大株主の状
          況には含めておりません。
                                                保有株券等      株券等保有
             氏名又は名称                        住所
                                                の数(株)      割合(%)
                                                  435,164        0.16
     野村證券株式会社                       東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                            1 Angel   Lane,   London    EC4R   3AB,   United
                                                  822,607        0.31
     ノムラ インターナショナル ピーエルシー
                            Kingdom
                                                 15,743,300
     野村アセットマネジメント株式会社                       東京都中央区日本橋一丁目12番1号                              5.90
                                  26/105


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                 (2019年2月28日現在)
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                            ―         ―          ―
     議決権制限株式(自己株式等)                            ―         ―          ―
     議決権制限株式(その他)                            ―         ―          ―
                      (自己保有株式)
                                          ―          ―
                             2,120,800
                      普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)
                      (相互保有株式)
                                          ―          ―
                              694,400
                      普通株式
                            263,743,200          2,637,432
     完全議決権株式(その他)                 普通株式                               ―
                              132,097
     単元未満株式                 普通株式                    ―   1単元(100株)未満の株式
                            266,690,497
     発行済株式総数                                     ―          ―
                                      2,637,432
     総株主の議決権                            ―                    ―
      (注)1.「単元未満株式」欄には、当社所有の自己株式および相互保有株式が以下のとおり含まれております。
          自己株式                                                                63株
          相互保有株式                 末松九機株式会社                         8株
                     桑原電工株式会社                         18株
                     九州制盤株式会社                         77株
                     五楽信和工業株式会社                     83株
         2.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、「株式給付信託(BBT)」および「株式給付信託(J-
           ESOP)」の信託財産として信託が保有する当社株式284,800株(議決権2,848個)が含まれております。な
           お、「株式給付信託(BBT)」の信託財産として信託が保有する当社株式に係る議決権の数1,848個は、議決
           権不行使となっております。
         3.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が200株含まれております。また、
           「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数2個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                 (2019年2月28日現在)
                                                     発行済株式総数
                                    自己名義      他人名義     所有株式数
                                   所有株式数      所有株式数       の合計
     所有者の氏名又は名称                 所有者の住所                              に対する所有株
                                     (株)      (株)      (株)
                                                     式数の割合(%)
                                    2,120,800          ―  2,120,800          0.80
     株式会社安川電機            北九州市八幡西区黒崎城石2-1
                                     417,700         ―   417,700         0.16
     末松九機株式会社            福岡市博多区美野島2丁目1-29
                                        ―   149,200      149,200         0.06
     桑原電工株式会社            北九州市八幡西区築地町10-20
                                        ―   89,400      89,400         0.03
     九州制盤株式会社            北九州市八幡西区紅梅2丁目1-13
                                     30,000      8,100     38,100         0.01
     五楽信和工業      株式会社      北九州市八幡西区築地町9-43
                                    2,568,500       246,700     2,815,200          1.06
          計                ―
      (注)1.他人名義所有分の名義はすべて当社の取引先会社で構成される持株会(名称:安川電機関連企業持株会、住
           所:東京都港区海岸一丁目16番1号                   ニューピア竹芝サウスタワー)となっております。
         2.「株式給付信託(BBT)」および「株式給付信託(J-ESOP)」の信託財産として信託が保有する当社株式
           284,800    株は、上記自己保有株式には含まれておりません。
                                  27/105






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】
        (取締役および執行役員に対する株式給付信託(BBT))
        ①  株式給付信託(BBT)の概要
         当社は、2017年6月15日開催の第101回定時株主総会                        および2019年5月28日開催の第103回定時株主総会                       決議
        (注)   に基づき、当社の取締役           (監査等委員を除く。)、監査等委員である取締役                        および執行役員に対する株式
        報酬制度「株式給付信託(BBT)」(以下、「本制度」とい                           います   。)を導入しております。
         本制度は、取締役(監査等委員を除く。)に対しては、当社業績の指標である中期経営計画の目標達成度合に
        連動した株式報酬を、監査等委員である取締役に対しては、当社業績に連動しない株式報酬を導入するもので
        す。これにより、        取締役   (監査等委員を除く。)、監査等委員である取締役                        および執行役員(以下、「当社役員
        等」とい    います   。)  が株価上昇によるメリットのみならず、株価下落リスクまでも株主のみなさまと共有し、中
        長期的な業績向上と企業価値増大に対する貢献を促すことを企図しております。
         また、本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、当社役員等に対して、
        当社が定める役員株式給付規程にしたがって、当社株式および当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以
        下、「当社株式等」とい           います   。)が信託を通じて給付される株式報酬制度です。なお、当社役員等が当社株式
        等の給付を受ける時期は、原則として当社役員等の退任時となります。
        (注)2019年5月28日開催の第103回定時株主総会にて取締役(監査等委員を除く                                      。 )を対象とした株式報酬制度

          の変更を行いました。
        ②  当社役員等に取得させる予定の株式の総数

         184,800株
        ③  当該株式給付信託(BBT)による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

         退任した当社役員等のうち役員株式給付規程に定める受益者要件を満たす者
        (従業員および国内関係会社の取締役に対する株式給付信託(J-ESOP))

        ①  株式給付信託(J-ESOP)の概要
         当社は、当社の従業員および国内関係会社の取締役(以下、「当社従業員等」とい                                      います   。)に対する株式報
        酬制度「株式給付信託(J-ESOP)」(以下、「本制度」とい                            います   。)を導入しております。
         本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、当社従業員等に対して、当社
        が定める株式給付規程にしたがって、当社株式および当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下、「当社
        株式等」とい      います   。)が信託を通じて給付される株式報酬制度です。なお、当社従業員等が当社株式等の給付
        を受ける時期は、原則として当社従業員等の退職時となります。
        ②  当社従業員等に取得させる予定の株式の総数

         100,000株
        ③   当該株式給付信託(J-ESOP)による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

         退職した当社従業員等のうち株式給付規程に定める受益者要件を満たす者
                                  28/105







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】          会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得および会社法第155条第7号に該当する普通株式
                の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      取締役会(2018年4月12日)での決議状況
                                        2,000,000           12,000,000,000
      (取得期間       2018年4月13日~2018年5月28日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
                                        2,000,000
      当事業年度における取得自己株式                                              9,389,569,500
                                            -        2,610,430,500
      残存決議株式の総数および価額の総額
                                            -            21.8
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)
                                            -             -
      当期間における取得自己株式
                                            -
      提出日現在の未行使割合(%)                                                  21.8
                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      取締役会(2019年4月11日)での決議状況
                                        2,000,000           9 ,000,000,000
      (取得期間       2019年4月15日~2019年6月28日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
      当事業年度における取得自己株式                                      -             -
      残存決議株式の総数および価額の総額                                      -             -
                                            -
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                                   -
                                                    7,740,920,025
      当期間における取得自己株式                                  2,000,000
                                            -
      提出日現在の未行使割合(%)                                                  14.0
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

         会社法第192条第1項の規定に基づく単元未満株式の買取請求による取得
                   区分               株式数(株)          価額の総額(円)
                                        246         783,831
          当事業年度における取得自己株式
                                        -           -
          当期間における取得自己株式
          (注)     当期間における取得自己株式数には、2019年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満
             株式の買取による株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                  当事業年度                 当期間
               区分
                                     処分価額の総額                  処分価額の
                            株式数(株)                  株式数(株)
                                       (円)               総額(円)
                                ―         ―         ―       ―
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式
                                ―         ―         ―       ―
     消却の処分を行った取得自己株式
     合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                ―         ―         ―       ―
     取得自己株式
     その他
                                50       223,960          ―       ―
     (単元未満株式の売渡請求による売渡)
                             2,120,863            ―      4,120,863          ―
     保有自己株式数
      (注)1.当期間における保有自己株式数には、2019年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
          買取および売渡による株式は含まれておりません。
         2.保有自己株式数には、            「 株式給付信託(BBT)          」 および   「 株式給付信託(J-ESOP)           」 が所有する当社株式
          284,800株は含まれておりません。
                                  29/105


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、長期経営計画「2025年ビジョン」において、株主のみなさまへ、より積極的かつ安定的な利益還元を行う
       ことを目的とし、連結配当性向を2020年度までに段階的に30%、また以降2025年度までは30%+αにすることを基本
       方針に掲げております。
        上記の基本方針を踏まえて、当期の剰余金の期末配当は、2019年4月11日開催の取締役会決議により、1株当たり
       普通配当26円とさせていただきました。これにより、中間配当26円と合わせた当期の年間配当金は1株当たり52円、
       連結配当性向は33.4%となりました。
        内部留保資金の使途につきましては、今後予想される事業経営環境の変化に対応すべく、今後の事業展開への備え
       と研究開発費用として投入していくことを基本とし、状況等を勘案して決定することとしております。
        当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりです。
                             配当金の総額          1株当たり配当額
               決議年月日
                              (百万円)            (円)
                                6,878
        2018年10月10日取締役会決議                                    26.0
                                6,878
        2019年4月11日取締役会決議                                    26.0
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
           回次      第98期        第99期       第100期        第101期        第102期        第103期
          決算年月      2014年3月        2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年2月        2019年2月
                                         2,294        6,120        5,260
         最高(円)         1,696        1,831        1,814
         最低(円)          892       1,079        1,114        1,198        1,983        2,426
          (注)1.株価は、東京証券取引所市場第一部の市場相場におけるものであり、第98期から第101期について
              は4月1日から3月31日までの、第102期については4月1日から2月28日までの、第103期について
              は3月1日から2月28日までの間の最高・最低を表示しております。
             2.第102期は、決算期変更により2017年4月1日から2018年2月28日までの11ヶ月間となっておりま
              す。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

           月別     2018年9月        2018年10月        2018年11月        2018年12月        2019年1月        2019年2月
                  3,760        3,630        3,740        3,710        3,185        3,425
         最高(円)
                  3,025        2,831        3,125        2,550        2,426        2,866
         最低(円)
          (注)     株価は、東京証券取引所市場第一部の市場相場におけるものであります。
                                  30/105










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性11名 女性1名 (役員のうち女性の比率8.3%)
                                                          所有
                                                         株式数
       役名        職名       氏名      生年月日               略歴           任期
                                                         (百株)
                                   1976年3月     当社入社
                                   2005年6月     取締役   モーションコントロール
                                        事業部インバータ事業統括部長
                                   2009年6月     常務取締役     ロボット事業部長
                     津田    純嗣            2010年3月
     代表取締役会長           ―           1951年3月15日生             取締役社長(代表取締役)              (注)2     437
                                   2013年3月     代表取締役会長      兼 社長
                                   2016年3月     代表取締役会長(現任)
                                   2018年6月     TOTO株式会社        社外取締役
                                        (現任)
                                   1979年3月
                                        当社入社
                                   2006年6月
                                        取締役
                                   2007年3月
                                        取締役   インバータ事業部長
                                   2011年3月
                                        取締役   モーションコントロール
                                        事業部長
                                   2013年6月
                                        取締役   常務執行役員
                                   2014年3月
                                        取締役   常務執行役員      技術開発本
            人づくり推進担当
                                        部長
                     小笠原    浩
     代表取締役社長                      1955年9月19日生                           (注)2     264
            ICT戦略推進室長
                                   2015年3月
                                        代表取締役     専務執行役員      技術開
                                        発本部長
                                   2016年3月
                                        代表取締役社長      技術開発本部長
                                   2017年3月
                                        代表取締役社長       人づくり推進担
                                        当 人材多様性推進室長
                                   2018年3月
                                        代表取締役社長       人づくり推進担
                                        当 ICT戦略推進室長(現任)
                                   1982年   3月  当社入社
                                   2008年6月     取締役   経営企画室長
            専務執行役員
                                   2012年6月     取締役   執行役員
            CSR・コンプライアン
                                   2014年3月     取締役   常務執行役員
                     村上    周二
     代表取締役       ス担当               1959年4月21日生                           (注)2     346
                                   2016年3月     代表取締役     専務執行役員
            管理担当
                                   2017年3月     代表取締役     専務執行役員      CSR・
            経営企画本部長
                                        コンプライアンス担当          管理担当
                                        経営企画本部長(現任)
                                   1983年12   月
                                        当社入社
                                   2008年6月     取締役
                                   2012年6月     執行役員    ロボット事業部長
                                   2015年6月     取締役   常務執行役員
            常務執行役員
                                   2017年3月     取締役   常務執行役員      ICT戦略担
            生産・業務本部長         南   善勝
     取締役                      1959年10月31日生
                                                      (注)2     222
            兼 輸出管理部長
                                        当 生産・業務本部長       兼 輸出管
                                        理部長
                                   2018年3月     取締役   常務執行役員      生産・業務
                                        本部長   兼 輸出管理部長(現任)
                                   1983年3月
                                        当社入社
                                   2010年6月     取締役
                                   2011年3月     欧州安川有限会社       取締役会長
                                        (現任)
                                   2012年6月     執行役員
                                   2015年3月     執行役員    マーケティング本部長
                                   2016年3月     安川通商集団有限公司         董事長
                                        (現任)
            常務執行役員
                                   2016年6月     取締役   常務執行役員
                     髙宮    浩一
     取締役                      1960年7月12日生
                                                      (注)2     161
            営業本部長
                                   2017年3月     取締役   常務執行役員      マーケティ
                                        ング本部長     兼 東京支社長
                                   2018年3月     取締役   常務執行役員      営業本部長
                                        (現任)
                                   2018年9月     台湾安川電機股份有限公司           董事
                                        長(現任)
                                        韓国安川電機株式会社         取締役会
                                        長(現任)
                                  31/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名        職名       氏名      生年月日               略歴           任期   株式数
                                                         (百株)
                                   1987年3月
                                        当社入社
                                   2010年12月     米国安川株式会社(会長)
                                   2012年6月     執行役員
                                   2016年3月     執行役員    ロボット事業部長
                                        安川首鋼ロボット有限公司           董事
                                        長(現任)
            執行役員
                                   2018年4月     ロボティック・バイオロジー・イ
            ロボット事業部長
                     小川    昌寛
     取締役                      1964年8月25日生
                                                      (注)2     61
                                        ンスティテュート株式会社           代表
            兼 ロボット事業部
            制御技術部長                            取締役社長(現任)
                                   2019  年3月   執行役員    ロボット事業部長       兼
                                        ロボット事業部制御技術部長
                                   2019年5月     取締役   執行役員    ロボット事業部
                                        長 兼 ロボット事業部      制御技術
                                        部長(現任)
                                   1983年3月
                                        当社入社
                                   2010年6月     取締役   経理部長
                                   2012年6月     執行役員
                                   2013年6月     取締役   執行役員
     取締役
                     中山    裕二            2017年3月     取締役   執行役員    人事総務部長
                ―           1960年5月17日生                           (注)3     209
     監査等委員
                                   2019年3月     取締役   執行役員    人事総務部     監
                                        査担当
                                   2019年5月     取締役   監査等委員(常勤・現
                                        任)
                                   1985年3月     当社入社
                                   2009年3月     モーションコントロール事業部八
                                        幡工場長
                                   2010年6月     モーションコントロール事業部
                                        副事業部長
     取締役
                     塚畑    浩一
                ―           1960年9月22日生                           (注)3     72
                                   2013年3月     理事  安川電機(瀋陽)有限公司
     監査等委員
                                        (董事・総経理)
                                   2018年3月     理事  監査担当
                                   2018年5月     取締役   監査等委員(常勤・現
                                        任)
                                   1984年9月     公認会計士登録
                                   2006年3月     株式会社ベルパーク        社外取締役
                                        (現任)
                                   2007年9月     株式会社レイヤーズ・コンサル
     取締役
                     秋田    芳樹
                           1952年2月12日生
                ―                                      (注)3     117
                                        ティング代表取締役会長(現任)
     監査等委員
                                   2012年6月     当社  社外取締役
                                   2015年6月     当社  社外取締役     監査等委員(現
                                        任)
                                   1980年4月     新日本製鐵株式会社(現日本製鉄
                                        株式会社)入社
                                   2004年2月     黒崎播磨株式会社入社         君津支店
                                        長
                                   2008年6月     同社  執行役員    君津支店長
                                   2015年6月     同社  取締役   常務執行役員
                                   2017年6月     当社  社外取締役     監査等委員(現
     取締役
                                        任)
                     坂根    淳一
                           1955年8月29日生
                ―                                      (注)3     -
     監査等委員
                                   2018年6月     黒崎播磨株式会社       取締役常務執
                                        行役員   セラミックス事業部門管
                                        掌 研究開発部門管掌       技術管理部
                                        長 安全衛生環境防災に関し管掌
                                   2019年4月     同社  取締役(現任)
                                        新日本サーマルセラミックス株式
                                        会社  代表取締役社長(現任)
                                  32/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名        職名       氏名      生年月日               略歴           任期   株式数
                                                         (百株)
                                   1983年4月     日本アイ・ビー・エム株式会社入
                                        社
                                   2007年1月     同社  執行役員    APAC&ジャパンテ
                                        クニカル・セールス・サポート
                                   2011年1月     日本マイクロソフト株式会社入社
     取締役
                                        執行役   カストマー・サービス&サ
                     佐々木   順子
                ―           1960年1月12日生                           (注)4      1
     監査等委員
                                        ポート   ゼネラル・マネージャー
                                   2016年12月     ザルトリウス・ジャパン株式会社
                                        入社  社長  兼 経営執行責任者
                                   2018年5月     当社  社外取締役     監査等委員(現
                                        任)
                                   2003年4月     最高裁判所司法研修所入所
                                   2004年10月     最高裁判所司法研修所修了(57
                                        期)、弁護士登録(第二東京弁護
                                        士会所属)、アンダーソン・毛利
                                        法律事務所(現アンダーソン・毛
                                        利・友常法律事務所)入所
                                   2010年11月     法務省民事局勤務(会社法改正法
                                        の企画・立案担当)
                                   2013年1月     アンダーソン・毛利・友常法律事
                                        務所パートナー就任(現任)
     取締役
                ―     塚本 英巨      1980年7月25日生                           (注)3     -
                                   2014年4月     東京大学法学部非常勤講師
     監査等委員
                                   2016年1月     公益社団法人日本監査役協会ケー
                                        ス・スタディ委員会専門委員
                                   2017年12月     経済産業省コーポレート・ガバナ
                                        ンス・システム(CGS)研究会
                                        (第2期)委員(現任)
                                   2018年6月     JA三井リース株式会社          社外監
                                        査役(現任)
                                   2019年5月     当社  社外取締役     監査等委員(現
                                        任)
            計                    12名             ―            1,893
      (注)1.監査等委員である取締役秋田芳樹、坂根淳一、佐々木順子および塚本英巨は、会社法第2条第15号に定める
          社外取締役です。
         2.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、いずれも2020年5月開催予定の定時株主総会終結の
          時までです。
         3.監査等委員である取締役中山裕二、塚畑浩一、秋田芳樹、坂根淳一および塚本英巨の任期は、2021年5月開
          催予定の定時株主総会終結の時までです。
         4.監査等委員である取締役佐々木順子の任期は、2020年5月開催予定の定時株主総会終結の時までです。
         5.当社では、取締役会における意思決定機能および監視・監督機能の一層の強化ならびに業務執行の迅速化を
          図るため、執行役員制度を導入しております。執行役員は14名で、上記の取締役兼務執行役員4名の他、下記
          の執行役員を選任しております。
             職名        氏名               担当
                   扇      博幸
          常務執行役員               システム事業改革担当
                   善家    充彦
          執行役員               品質経営推進部長
          執行役員         今福    正教    中国統括
                   熊谷      彰   技術開発本部長      兼 技術開発本部電気駆動システム部長
          執行役員
                   マンフレッド
          執行役員               欧州統括
                   スターン
                   マイケル
          執行役員         ステファン       米州統括
                   ナペック
                   森川    泰彦    経営企画本部      財務部長    兼 経営企画本部      渉外担当
          執行役員
                   中野    純一
          執行役員               アジア統括
                   陣内    信朗
          執行役員               インバータ事業部長
          執行役員         上山 顕治       モーションコントロール事業部長
                                  33/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、法令等の遵守に基づく企業倫理の重要性を認識するとともに、変動する社会、経済環境に対応した経
        営の意思決定の迅速化と、経営の健全性の向上を図ることによって企業価値を高めることを重要な課題と考えて
        おります。
         これを実現するために、株主のみなさまやお客様をはじめ、取引先、地域社会、社員等の各ステークホルダー
        との良好な関係を構築するとともに、現在の株主総会、取締役会、監査等委員会、会計監査人等の機関を一層強
        化しながら、コーポレート・ガバナンスの充実を図ってまいります。
         また、株主・投資家のみなさまに対しましては、迅速かつ正確な情報開示に努めると同時に、幅広い情報の公
        開により、経営の透明性を高めてまいります。
         企業価値向上を実現するための具体的な体制およびその構築・運用に関しては、「②                                        企業統治の体制」以下に
        示しているとおりです。
        ②  企業統治の体制

        (a)  企業統治の体制の概要および当該企業統治の体制を採用する理由
           当社は、経営者に対する取締役会の監督機能とコーポレート・ガバナンスの一層の強化を図り、経営の健
          全性と効率性を高めるため、監査等委員会設置会社の体制を採用しております。監査等委員が取締役とし
          て、代表取締役の選解任等の会社の重要な事項について取締役会で議決権を行使できることや、業務執行取
          締役の業務執行について結果を検証し、その選解任・報酬について株主総会で意見を述べることができるこ
          と等、監査等委員の法律上の機能を活用することにより、取締役会の経営陣に対する監督機能が一層高まる
          と考えております。また、業務執行の迅速化を図るため、執行役員制度を導入しております。
           取締役においては、取締役候補者の指名や代表取締役および役付取締役選定プロセスにおける透明性およ
          び公正性を確保すること、また監査等委員である社外取締役が役員の指名等について意見を形成するための
          十分な情報に基づき議論する場を確保することを目的として、社長の諮問機関である指名諮問委員会を設置
          しております。役員の指名等に関する議案を取締役会に付議する際は、当委員会の答申を経て、その内容を
          十分反映させます。また、取締役(監査等委員である取締役を除く。)および執行役員の報酬について、公
          正な審議による妥当性および透明性を確保し、また、監査等委員である社外取締役が当該報酬について意見
          を形成するための十分な情報を得て議論する場を確保することを目的として、社長の諮問機関である報酬諮
          問委員会を設置しております。当委員会は、社長の諮問に応じて、役員報酬規程等に基づき算出された役員
          報酬、その他、役員報酬に関して必要な事項について妥当性の観点から審議し、社長に対して答申しており
          ます。
           当社の取締役会は社内取締役8名および社外取締役4名の計12名から構成されます。
           取締役会は定例取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、経営に関する重要事項や、法令で
          定められた事項を決定するとともに、業務執行の状況を逐次監督しております。
           当事業年度においては、13回の取締役会を開催し、経営に関する重要事項および各種法令で定める事項を
          決定するとともに、業務執行状況の監督を行いました。
           監査等委員会は、6名の取締役(うち、4名が社外取締役)で構成されます。
           当事業年度においては、14回の監査等委員会を開催いたしました。
           また、経営会議を編成し、取締役会決定事項のうち、あらかじめ協議を必要とする事項や業務執行上の重
          要な意思決定に関する協議を行っております。経営会議は原則として月1回開催しておりますが、必要があ
          れば臨時に開催しております。
           企業活動の規範については、「安川グループ企業行動規準ガイダンス」により、当社および子会社を含む
          グループ各社に対しその遵守、啓蒙および遵法体制の展開・推進を図っております。あわせて、「グルー
          プ・コンプライアンス基本規程」を制定しコンプライアンス体制の整備を図るとともに、当社およびグルー
          プ各社を対象に内部通報制度「コンプライアンス・ホットライン」を設置、運営しております。
           個人情報保護の観点からは、「個人情報保護方針」を定め、個人情報の保護に努めております。
           また、会社情報の適時開示の一環として、2018年4月および2018年10月に決算説明会を開催いたしまし
          た。
                                  34/105




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        (b)  内部統制システムの整備の状況
           会社法に基づき、当社取締役会が『取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための
          体制その他株式会社の業務の適正を確保するために必要なものとして法務省令で定める体制』を構築する義
          務を負っていることから、当社は、当社および子会社からなる企業集団において整備・維持するべき体制
          (内部統制システム)の整備の基本方針について、取締役会において決議しており、また必要に応じて取締
          役会においてこれを改定しております。
           当社は、法令の遵守を前提とした企業倫理の重要性を認識するとともに、変動する社会、経済環境に対応
          した迅速な経営意思の決定と、経営の健全性の向上を図ることによって企業価値を高めることを重要な課題
          と考えております。内部統制システムの構築・運用はこの課題を実現するために重要な施策のひとつであ
          り、不可欠であるという認識をもち、これを構築・維持していく必要があると考えております。
           当社は、業務執行の効率性の向上、コンプライアンス、損失の危険の管理、財務報告の信頼性の確保、子
          会社の管理、内部監査、監査等委員会の運営といった観点から、グループ全体にわたる企業行動の適正化を
          推進するための内部統制システムの強化・充実に努めております。
        (c)  リスク管理体制の整備の状況

           当社は、全社的なリスク管理体制の構築にあたり、「安川グループ企業行動規準ガイダンス」の遵守と啓
          発およびコンプライアンス体制の強化についてのグループ内展開および推進を目的とするコンプライアンス
          委員会ならびに危機管理に関する方針の立案・推進、管理体制のフォローおよび意識の啓蒙を目的とする危
          機管理委員会を設置しております。
           また、法律上の判断を必要とする場合には顧問弁護士に相談し、助言をいただいております。
        (d)  責任限定契約の内容の概要

           当社と非業務執行取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を
          限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会社法第425条第1項に定め
          る最低責任限度額としております。
        ③  内部監査および監査等委員会監査の状況

        (a)  内部監査の組織、人員および手続き
           内部監査体制としまして、当社は、社長直属の監査部を設置しております。監査部は、本書提出日現在、
          内部監査担当者5名から構成されます。監査部の権限、内部監査の対象範囲と内容等諸手続については、
          「内部監査規程」にて定めております。監査部は、あらかじめ定めた監査計画に基づき、当社の各部門およ
          び当社のグループ会社を対象として内部監査を行い、問題点の指摘とその改善および改善策の定着状況の
          フォロー等を実施しております。
        (b)  監査等委員会監査の組織、人員および手続き

           監査等委員会は社外取締役4名を含む6名の監査等委員で構成されており、取締役の職務の執行について
          監査を行っています。監査等委員会は監査等委員会監査等の基準に準拠し、監査の方針、職務の分担等に従
          い、内部監査部門と連携のうえ、重要な会議に出席し、取締役および使用人等からその職務の執行に関する
          事項の報告を受け、必要に応じて説明を求め、重要な決裁書類等を閲覧し、本社および主要な事業所におい
          て業務および財産の状況を調査しています。また、子会社については、子会社の取締役および監査役等と意
          思疎通および情報の交換を図り、必要に応じて子会社から事業の報告を受けました。
           なお、監査等委員会の監査・監督機能の実効性を確保するため、取締役(監査等委員である取締役を除
          く。)および使用人等からの情報収集ならびに重要な社内会議での情報共有および内部監査部門等との十分
          な連携を行うべく、常勤監査等委員2名を選定しています。
           また、監査等委員秋田芳樹氏は公認会計士の資格を有しており、また、監査等委員中山裕二氏は長年当社
          の経理業務等を担当するなど、財務および会計に関する相当程度の知見を有しています。
                                  35/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        (c)  内部監査、監査等委員会監査および会計監査の相互連携ならびにこれらの監査と内部統制部門との関係
           監査等委員会は、内部監査部門が行った監査に関する報告を受けるほか、内部監査部門と定期的にコミュ
          ニケーションを図り、当社グループ全体で実効的な監査が実施可能な体制を構築しています。また、監査等
          委員会、会計監査人および内部監査部門は、定期的に情報・意見交換を実施し、相互の連携を図っていま
          す。
           また、監査等委員会、会計監査人、内部監査部門と、管理部門等の内部統制部門は、必要に応じて打ち合
          わせを実施し、内部統制に関する報告、意見交換を実施しています。
           なお、各監査等委員は、常勤監査等委員を通じて、取締役、内部統制部門と意思疎通を図っています。
        ④  当社と社外取締役との関係

        (a)  社外取締役の員数
           当社は、社外取締役を4名選任しております。
        (b)  社外取締役との利害関係

           当社と社外取締役である秋田芳樹氏、坂根淳一氏、佐々木順子氏および塚本英巨氏との間には、特別の利
          害関係はありません。
           社外取締役による当社株式の保有は、「役員の状況」の「所有株式数」欄に記載のとおりです。
        (c)  社外取締役が企業統治において果たす機能および役割

           当社は、投資家、顧客および社会一般に近い立場から当社を監督していただくために、社外取締役を選任
          しております。
        (d)  社外取締役の独立性に関する基準または方針の内容

           社外取締役につきましては、金融商品取引所が定める独立性基準に加え、以下の事項のいずれにも該当し
          ていない者を独立社外取締役として選定しております。
           ・当社の大株主である組織において、現在勤務しているまたは過去に勤務したことがある。
           ・当社のメインバンクや主要な借入先において、現在勤務しているまたは過去に勤務したことがある。
           ・当社の主幹事証券において、現在勤務しているまたは過去に勤務したことがある。
           ・当社の主要な取引先である組織において、現在勤務しているまたは過去に勤務したことがある。
           ・当社の監査法人において、現在勤務しているまたは過去に勤務したことがある。
           ・コンサルティングや顧問契約等の重要な取引関係が現在あるまたは過去にあった。
        (e)  各社外取締役の選任状況に関する当社の考え方

           社外取締役秋田芳樹氏は、公認会計士やコンサルティング会社代表取締役としての豊富な専門知識、経
          験、知見等は当社にとって大変有益であり、社外取締役としての客観的な視点から当社経営に対する監督を
          行っていただけるものと判断しております。
           社外取締役坂根淳一氏は、事業会社での役員等の経歴を通じて培われた豊富な専門知識、経験、知見等は
          当社にとって大変有益であり、社外取締役としての客観的な視点から当社経営に対する監督を行っていただ
          けるものと判断しております。
           社外取締役佐々木順子氏は、グローバル企業での役員等の経歴を通じて培われた経営の専門家としての豊
          富な専門知識、ご経験、知見等は、グローバル取引の拡大を目指す当社にとって大変有益であり、社外取締
          役としての客観的な視点から当社経営に対する監督を行っていただけるものと判断しております。
           社外取締役塚本英巨氏は、社外役員となること以外の方法で企業経営に関与した経験はありませんが、弁
          護士としての豊富な専門知識、ご経験のほかコーポレート・ガバナンスへの精通した見識は当社にとって大
          変有益であり、社外取締役としての客観的な視点から当社経営に対する監督を行っていただけるものと判断
          しております。
           上記の社外取締役については、各氏とも当社の主要取引先および主要株主の業務執行者でなく、一般株主
          と利益相反が生じるおそれがないと判断することから、株式会社東京証券取引所の定める独立役員として同
          取引所へ届け出ております。
        (f)  各社外取締役の監督と内部監査、監査等委員会監査および会計監査との相互連携ならびに内部統制部門との

          関係
           各社外取締役は、取締役会の審議において、内部統制部門、内部監査部門、本社事業部門および会計監査
          人から付議または報告される情報により当社の現状を十分把握したうえで、それぞれの知見に基づいた提言
          等を行うことにより、適切な監督機能を果たしております。
                                  36/105


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        ⑤  役員報酬等
        (a)  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数
                                      報酬等の種類別の総額(百万円)
                           員数
              役員区分
                          (人)
                                        基本報酬      業績連動報酬        株式報酬
       取締役(監査等委員を除く。)                       6      616       276       255        84

       監査等委員である取締役
                               3       64       57       -        6
       (社外取締役を除く。)
       社外取締役                       ▶       59       46       -       13
       (注)上記には、2018年5月29日開催の第102回定時株主総会終結の時をもって退任した監査等委員である取締役1
          名を含んでおります。
        (b)  連結報酬等の総額が1億円以上である者の連結報酬等の総額等

                                      報酬等の種類別の総額(百万円)
            氏名           役員区分
                                        基本報酬      業績連動報酬        株式報酬
       津田 純嗣                取締役             141        62       58       20

       小笠原 浩                取締役             142        63       58       20

        (c)  役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容および決定方法

         (ア)役員報酬の考え方
             当社は、以下の役員報酬の考え方に基づき、役員報酬制度の設計を行っております。役員報酬制度は、
           監査等委員である取締役以外の取締役(以下、「取締役」といいます。)については、基本報酬、業績連
           動報酬による単年度報酬、株式報酬による中長期報酬で構成され、監査等委員である取締役(以下、「監
           査等委員」といいます。)については、基本報酬および株式報酬で構成されます。
                                  37/105












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
         (イ)取締役(監査等委員を除く)の報酬内容
           (ⅰ)基本報酬
               取締役の基本報酬にかかる限度額は、2015年6月18日開催の第99回定時株主総会において、430百万
              円以内の固定枠と決議をいただいており、その詳細は以下のとおりです。
              ・取締役(社外取締役を除く。)
               企業価値向上の職責を負うことから、各取締役の業績評価および役位に応じ、一定額を支給いたし
               ます。
              ・社外取締役
               職務執行の監督の職責を負うことから、予め定められた固定額を支給いたします。
           (ⅱ)業績連動報酬

               2015年6月18日開催の第99回定時株主総会において以下のとおり決議をいただいております。
              ・取締役(社外取締役を除く。)
               業績連動報酬にかかる限度額は、連結業績との連動性をより明確にするため、選任または重任され
               た株主総会の前事業年度の連結当期純利益の1.0%以内といたします。
              ・社外取締役
               業績連動報酬は、支給はしないものといたします。
           (ⅲ)株式報酬

              (一)株式報酬の概要・目的
                 当社は、2017年6月15日開催の第101回定時株主総会決議および2019年5月28日開催の第103回
                定時株主総会決議(注)に基づき当社の取締役に対する株式報酬制度「株式給付信託(BBT)」を導
                入しております。この制度は、中期経営計画における会社業績評価指標の達成度と連動した株式
                報酬制度です。これにより、取締役が株価上昇によるメリットのみならず、株価下落リスクまで
                も株主のみなさまと共有し、取締役の中長期的な業績向上と企業価値増大に向けた意欲向上を促
                すことを企図しております。
                (注)2019年5月28日開催の第103回定時株主総会にて取締役を対象とした株式報酬制度の変更を

                   行いました。
              (二)支給対象者

                 以下の要件を満たす取締役に支給いたします。支給対象の取締役に対しては、当社普通株式お
                よび金銭(以下、「当社株式等」といいます)を給付します。
                a.評価対象期間中の事業年度に6ヵ月以上取締役として在任したこと
                b.一定の非違行為がなかったこと
              (三)業績連動株式報酬の支給額等の算定方法

                a.付与ポイント数
                  中期経営計画期間の経過後最初に開催される定時株主総会日に、取締役に対して「会社業績
                 評価指標」の達成度合に応じた確定ポイントを付与します(1ポイント未満は切り捨て)。
                b.評価対象期間
                  中期経営計画に対応する複数事業年度を評価対象期間とします。
                c.支給時期
                  本項に従い算出される当社株式等を取締役の退職時に支給いたします。
                d.会社業績評価指標
                  別途、報酬諮問委員会を経て定める役員株式給付規程で評価指標を設けるものといたしま
                 す。
                                  38/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
         (ウ)監査等委員
           (ⅰ)基本報酬
               監査等委員の基本報酬にかかる限度額は、2018年5月29日開催の第102回定時株主総会において年額
              120百万円以内の固定枠と決議いただいております。
           (ⅱ)株式報酬

              (一)株式報酬の概要・目的
                 当社は、2017年6月15日開催の第101回定時株主総会決議に基づき監査等委員に対する株式報酬
                制度を導入しております。この制度は、監査等委員が業務執行監督機能に加え、中期経営計画の
                達成をより確実なものにすべく経営遂行等のモニタリング機能を担っている状況に鑑み、中期経
                営計画の達成を前提に、報酬を支給するものです。この報酬は株主のみなさまとの価値の共有を
                図るため株式報酬とし、監査等委員に支給される株式数は、業績には連動せず、報酬としての価
                値が当社株価のみに連動する仕組みとすることで、監査等委員の業務執行監督機能への影響を排
                除しています。
              (二)支給対象者

                 以下の要件を満たす監査等委員に支給いたします。監査等委員に対しては、当社株式等を給付
                します。
                a.評価対象期間中の事業年度に6ヵ月以上監査等委員として在任したこと
                b.一定の非違行為がなかったこと
              (三)株式報酬の支給額等の算定方法

                a.付与ポイント数
                  会社業績目標達成の有無により確定ポイントを付与します。
                b.評価対象期間
                  毎年3月1日から翌年2月末日までを評価対象期間とします。
                c.支給時期
                  本項に従い算出される当社株式等を監査等委員の退職時に支給いたします。
                d.会社業績評価指標
                  2019年度~2022年度中期経営計画「Challenge                      25」で目標とする会社業績の達成の有無によ
                 りあらかじめ設定したポイントを付与いたします。
         (エ)役員報酬等の決定方法

             当社は諮問機関である報酬諮問委員会を設置し、取締役(監査等委員を除く。)および執行役員の報酬
           について、公正な審議による妥当性および透明性の確保を図っております。
             また、監査等委員の報酬は、監査等委員会の協議により決定しております。
                                  39/105








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        ⑥  株式の保有状況
        (a)  投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数および貸借対照表計上額の合計額
           99銘柄       16,353百万円
        (b)  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額および保有

          目的
        (前事業年度)
         特定投資株式
                                    貸借対照表計上額
                             株式数(株)
                 銘柄                                  保有目的
                                      (百万円)
                                              当社との良好な取引関係を維
                              2,630,000             3,387
        西部電機株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                              29,541,089             2,873
        東元電機股份有限公司
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               403,008            1,777
        日特エンジニアリング株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
        サンワテクノス株式会社                       797,280            1,761
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               113,700            1,438
        ダイキン工業株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               186,465            1,271
        オークマ株式会社
                                              持発展させるため。
                                              主要取引金融機関である発行
                               816,666            1,060
        株式会社山口フィナンシャルグループ                                      会社傘下の北九州銀行からの
                                              資金調達等の円滑化のため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               111,990             712
        オムロン株式会社
                                              持発展させるため。
                               789,572             672
        株式会社伊予銀行                                      資金調達等の円滑化のため。
                                              主要取引金融機関である発行
                              1,093,372              602
        株式会社ふくおかフィナンシャルグループ                                      会社傘下の福岡銀行からの資
                                              金調達等の円滑化のため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               272,400             596
        富士機械製造株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               420,000             519
        ルネサスエレクトロニクス株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                                90,660            429
        株式会社スターフライヤー
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               101,040             426
        住友重機械工業株式会社
                                              持発展させるため。
                                              主要取引金融機関である発行
        株式会社みずほフィナンシャルグループ                      2,082,505              415   会社傘下のみずほ銀行からの
                                              資金調達等の円滑化のため。
                                              当社との良好な関係を維持発
                                70,078            357
        黒崎播磨株式会社
                                              展させるため。
                               136,615             299
        株式会社筑邦銀行                                      資金調達等の円滑化のため。
                                              主要取引金融機関である発行
        株式会社西日本フィナンシャルホールディ                                      会社傘下の西日本シティ銀行
                               183,151             243
        ングス                                      からの資金調達等の円滑化の
                                              ため。
                                  40/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
                                    貸借対照表計上額
                             株式数(株)
                 銘柄                                  保有目的
                                      (百万円)
                                              主要取引金融機関である発行
                                              会社傘下の三菱東京UFJ銀
        株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ                                      行(2018年4月1日付で三菱
                               296,550             226
        ループ                                      UFJ銀行に商号変更)から
                                              の資金調達等の円滑化のた
                                              め。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               769,000             218
        エリーパワー株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
        ReWalk    Robotics     Ltd.             1,561,968              201
                                              持発展させるため。
                                              主要取引金融機関である発行
        三井住友トラスト・ホールディングス株式                                      会社傘下の三井住友信託銀行
                                42,064            182
        会社                                      からの資金調達等の円滑化の
                                              ため。
                               199,654             167
        株式会社広島銀行                                      資金調達等の円滑化のため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               132,809             159
        九州電力株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               100,000             152
        株式会社ナ・デックス
                                              持発展させるため。
                                              協業を目的とした新規事業投
        O Luxe   Holdings     Ltd.             5,450,900              136
                                              資のため。
                                32,330            131
        株式会社大分銀行                                      資金調達等の円滑化のため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                                11,923            119
        株式会社SCREENホールディングス
                                              持発展させるため。
                                              主要取引金融機関である発行
                                              会社傘下の三井住友銀行から
                                25,268            118
        株式会社三井住友フィナンシャルグループ
                                              の資金調達等の円滑化のた
                                              め。
                                              当社との良好な取引関係を維
                                44,100            112
        新日鐵住金株式会社
                                              持発展させるため。
        (注) 富士機械製造株式会社は、2018年4月1日付で株式会社FUJIに商号変更しております。
                                  41/105









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        (当事業年度)
         特定投資株式
                                    貸借対照表計上額
                             株式数(株)
                 銘柄                                  保有目的
                                      (百万円)
                                              当社との良好な取引関係を維
                              2,630,000             2,603
        西部電機株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                              29,541,089             2,025
        東元電機股份有限公司
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               113,700            1,374
        ダイキン工業株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               186,465            1,144
        オークマ株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               403,008            1,097
        日特エンジニアリング株式会社
                                              持発展させるため。
                                              主要取引金融機関である発行
                               816,666             847
        株式会社山口フィナンシャルグループ                                      会社傘下の北九州銀行からの
                                              資金調達等の円滑化のため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               797,280             771
        サンワテクノス株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               111,990             538
        オムロン株式会社
                                              持発展させるため。
                                              主要取引金融機関である発行
                               218,674             526
        株式会社ふくおかフィナンシャルグループ                                      会社傘下の福岡銀行からの資
                                              金調達等の円滑化のため。
                               789,572             484
        株式会社伊予銀行                                      資金調達等の円滑化のため。
                                              当社との良好な取引関係を維
        株式会社FUJI                       272,400             428
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な関係を維持発
                                70,078            414
        黒崎播磨株式会社
                                              展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               101,040             384
        住友重機械工業株式会社
                                              持発展させるため。
                                              主要取引金融機関である発行
                              2,082,505              364
        株式会社みずほフィナンシャルグループ                                      会社傘下のみずほ銀行からの
                                              資金調達等の円滑化のため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                                90,660            340
        株式会社スターフライヤー
                                              持発展させるため。
                               136,615             279

        株式会社筑邦銀行                                      資金調達等の円滑化のため。
                                              当社との良好な取引関係を維

                               420,000             273
        ルネサスエレクトロニクス株式会社
                                              持発展させるため。
                                              主要取引金融機関である発行
        株式会社西日本フィナンシャルホールディ                                      会社傘下の西日本シティ銀行
                               183,151             181
        ングス                                      からの資金調達等の円滑化の
                                              ため。
                                              主要取引金融機関である発行
        三井住友トラスト・ホールディングス株式                                      会社傘下の三井住友信託銀行
                                42,064            177
        会社                                      からの資金調達等の円滑化の
                                              ため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               132,809             175
        九州電力株式会社
                                              持発展させるため。
                                  42/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
                                    貸借対照表計上額
                             株式数(株)
                 銘柄                                  保有目的
                                      (百万円)
                                              主要取引金融機関である発行
        株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ                                      会社傘下の三菱UFJ銀行か
                               296,550             171
        ループ                                      らの資金調達等の円滑化のた
                                              め。
                               199,654             123

        株式会社広島銀行                                      資金調達等の円滑化のため。
                                32,330            111

        株式会社大分銀行                                      資金調達等の円滑化のため。
                                              主要取引金融機関である発行
                                              会社傘下の三井住友銀行から
                                25,268             99
        株式会社三井住友フィナンシャルグループ
                                              の資金調達等の円滑化のた
                                              め。
                                              当社との良好な取引関係を維
                               100,000             94
        株式会社ナ・デックス
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                                44,100             88
        新日鐵住金株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                                12,415             55
        株式会社SCREENホールディングス
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                                63,998             51
        アイダエンジニアリング株式会社
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
        ReWalk    Robotics     Ltd.             1,561,968              43
                                              持発展させるため。
                                              当社との良好な取引関係を維
                                6,770            36
        東京海上ホールディングス株式会社
                                              持発展させるため。
        ⑦  会計監査の状況

         当社は、会計監査人としてEY新日本有限責任監査法人を選任し、監査契約の下、正確な経営情報を提供し、独
        立の立場から監査が実施される環境を整備しております。また、会計監査人の判断を必要とする場合には相談
        し、助言をいただいております。なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって名称をEY新日本有
        限責任監査法人に変更しております。
         会計監査の状況は以下のとおりです。
          ・業務を執行した公認会計士の氏名および所属する監査法人名
            公認会計士の氏名等                     所属する監査法人名
            指定有限責任社員
                      嵯   峨   貴   弘
            業務執行社員
            指定有限責任社員
                      仲         昌   彦
                                 EY新日本有限責任監査法人
            業務執行社員
            指定有限責任社員
                      渋   田   博   之
            業務執行社員
             (注)     継続年数については、全員7年以内であるため記載を省略しております。
          ・監査業務に係る補助者の構成
           公認会計士       26名
           その他           35名
                                  43/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        ⑧  取締役に関する定款の定め
        (a)  取締役の定数
           当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は12名以内、監査等委員である取締役は6名以内とす
          る旨定款に定めております。
        (b)  取締役の選任の決議要件
           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
          る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および累積投票によらないものとする旨定款に定めて
          おります。
        ⑨  取締役会にて決議できる株主総会決議事項

         当社は、剰余金の配当その他会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を
        除き、取締役会の決議により定める旨定款に定めております。
         これは、機動的な資本政策および配当政策の遂行を可能とすることを目的とするものです。
        ⑩  株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めておりま
        す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
        的とするものです。
                                  44/105














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
      提出会社                  104            13           113            63

      連結子会社                  15           -           23           -

         計              119            13           136            63

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          当社の連結子会社である米国安川㈱等は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している監査法
         人であるアーンスト・アンド・ヤングに対して、監査証明業務に基づく報酬等を支払っております。
         (当連結会計年度)

          当社の連結子会社である米国安川㈱等は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している監査法
         人であるアーンスト・アンド・ヤングに対して、監査証明業務に基づく報酬等を支払っております。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          当社は、公認会計士法第2条第1項の業務以外の非監査業務として、国際財務報告基準導入に関するアドバイ
         ザリー業務を委託しております              。
         (当連結会計年度)

          当社は、公認会計士法第2条第1項の業務以外の非監査業務として、国際財務報告基準導入に関するアドバイ
         ザリー業務を委託しております              。
        ④【監査報酬の決定方針】

          監査公認会計士等に対する報酬は、監査工数・業務の内容等を勘案し、監査等委員会の同意の上決定しており
         ます。
                                  45/105










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
       (3)  2017年6月15日開催の第101回定時株主総会において定款の一部変更が決議され、事業年度を3月1日から2月

        末日までに変更しました。その経過措置として、前連結会計年度及び前事業年度は2017年3月21日から2018年2月
        28日までの11ヶ月8日間となっております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年3月1日から2019年2月28日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年3月1日から2019年2月28日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
       責任監査法人による監査を受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、又は会計基準等の変更について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人
       財務会計基準機構へ加入し、情報の入手に努めているほか、社外のセミナー等に参加しております。
                                  46/105












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年2月28日)              (2019年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                         42,279              39,320
         現金及び預金
                                        142,039              136,201
         受取手形及び売掛金
                                         58,640              66,668
         商品及び製品
                                         19,311              19,221
         仕掛品
                                         22,100              25,599
         原材料及び貯蔵品
                                         9,369              8,937
         繰延税金資産
                                         13,951              12,561
         その他
                                        △ 2,695             △ 2,379
         貸倒引当金
                                        304,995              306,130
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※1 32,067             ※1 42,490
          建物及び構築物(純額)
                                        ※1 14,576             ※1 19,109
          機械装置及び運搬具(純額)
                                         8,650              8,583
          土地
                                         6,974              3,124
          建設仮勘定
                                        ※1 5,687             ※1 6,834
          その他(純額)
                                         67,956              80,142
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,931              6,797
          のれん
                                         9,457              8,042
          ソフトウエア
                                         9,650              14,209
          その他
                                         22,039              29,050
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※2 37,061             ※2 28,865
          投資有価証券
                                           54               9
          退職給付に係る資産
                                         5,840              6,591
          繰延税金資産
                                        ※2 3,680             ※2 5,587
          その他
                                         △ 379             △ 420
          貸倒引当金
                                         46,258              40,632
          投資その他の資産合計
                                        136,254              149,826
         固定資産合計
                                        441,249              455,957
       資産合計
                                  47/105








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年2月28日)              (2019年2月28日)
      負債の部
       流動負債
                                         84,795              71,823
         支払手形及び買掛金
                                         22,498              28,991
         短期借入金
                                         24,038              25,862
         未払費用
                                         6,338               798
         未払法人税等
                                           59              70
         役員賞与引当金
                                         1,480              1,285
         製品保証引当金
                                         22,462              24,800
         その他
                                        161,673              153,632
         流動負債合計
       固定負債
                                         8,977              16,858
         長期借入金
                                           202              232
         役員退職慰労引当金
                                           367              707
         株式給付引当金
                                           785              796
         製品保証引当金
         退職給付に係る負債                                25,917              27,148
                                         4,698              6,828
         その他
                                         40,949              52,571
         固定負債合計
                                        202,623              206,203
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         30,562              30,562
         資本金
                                         27,717              27,638
         資本剰余金
                                        164,360              193,333
         利益剰余金
                                        △ 1,338             △ 12,487
         自己株式
                                        221,301              239,047
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         10,961               6,948
         その他有価証券評価差額金
                                           13              15
         繰延ヘッジ損益
                                         4,126              1,959
         為替換算調整勘定
                                         △ 538            △ 1,232
         退職給付に係る調整累計額
                                         14,563               7,690
         その他の包括利益累計額合計
                                         2,761              3,015
       非支配株主持分
                                        238,626              249,753
       純資産合計
                                        441,249              455,957
      負債純資産合計
                                  48/105








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年3月21日              (自 2018年3月1日
                                 至 2018年2月28日)               至 2019年2月28日)
                                        448,523              474,638
      売上高
                                       ※2 294,348             ※2 317,946
      売上原価
                                        154,174              156,692
      売上総利益
                                     ※1 , ※2 100,048           ※1 , ※2 106,926
      販売費及び一般管理費
                                         54,126              49,766
      営業利益
      営業外収益
                                           237              355
       受取利息
                                           370              478
       受取配当金
                                         1,861              1,456
       持分法による投資利益
                                           533             1,105
       補助金収入
                                           347               -
       償却債権取立益
                                           300              175
       その他
                                         3,651              3,572
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           594              597
       支払利息
                                         1,625              1,459
       為替差損
                                           257              436
       その他
                                         2,477              2,494
       営業外費用合計
                                         55,300              50,844
      経常利益
      特別利益
                                         ※3 335             ※3 42
       固定資産売却益
                                         1,144                87
       投資有価証券売却益
                                            0              -
       関係会社出資金売却益
                                            7              -
       関係会社清算益
                                                      ※5 6,014
                                           -
       子会社化関連損益
                                           25              -
       企業結合における交換利益
                                            0              ▶
       その他
                                         1,513              6,148
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※4 94            ※4 383
       固定資産除売却損
                                           446              670
       投資有価証券評価損
                                            7             399
       関係会社株式評価損
                                           20              -
       関係会社株式売却損
                                           -              204
       関係会社出資金評価損
                                        ※6 2,677             ※6 1,166
       減損損失
                                           11               6
       その他
                                         3,257              2,829
       特別損失合計
                                         53,556              54,163
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   14,426              10,817
                                        △ 1,339              1,679
      法人税等調整額
                                         13,087              12,497
      法人税等合計
                                         40,469              41,666
      当期純利益
                                           720              501
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         39,749              41,164
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  49/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年3月21日              (自 2018年3月1日
                                 至 2018年2月28日)               至 2019年2月28日)
                                         40,469              41,666
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         2,251             △ 3,884
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 83               2
       繰延ヘッジ損益
                                         2,587             △ 2,078
       為替換算調整勘定
                                         1,397              △ 850
       退職給付に係る調整額
                                           599             △ 125
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         ※ 6,753             ※ △ 6,936
       その他の包括利益合計
                                         47,222              34,729
      包括利益
      (内訳)
                                         46,423              34,291
       親会社株主に係る包括利益
                                           798              437
       非支配株主に係る包括利益
                                  50/105















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自           2017年3月21日         至   2018年2月28日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  30,562         27,704        132,607         △ 249       190,624
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 7,997                △ 7,997
      親会社株主に帰属する
                                        39,749                 39,749
      当期純利益
      自己株式の取得                                          △ 1,094        △ 1,094
      自己株式の処分                           12                  5        18
      非支配株主との取引に係る
                                                           -
      親会社の持分変動
      連結範囲の変動                                                     -
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                    -         12       31,752        △ 1,088        30,676
     当期末残高                  30,562         27,717        164,360         △ 1,338        221,301
                            その他の包括利益累計額

                                                 非支配株主
                                     退職給付      その他の            純資産合計
                  その他有価証       繰延ヘッジ       為替換算                   持分
                                      に係る      包括利益
                  券評価差額金        損益     調整勘定
                                     調整累計額      累計額合計
     当期首残高                8,627       101     1,292     △ 2,132      7,889      2,184     200,698
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 7,997
      親会社株主に帰属する
                                                         39,749
      当期純利益
      自己株式の取得                                                   △ 1,094
      自己株式の処分                                                     18
      非支配株主との取引に係る
                                                           -
      親会社の持分変動
      連結範囲の変動                                                     -
      株主資本以外の項目の
                     2,334       △ 88     2,834      1,594      6,674       576     7,251
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                2,334       △ 88     2,834      1,594      6,674       576     37,927
     当期末残高               10,961        13     4,126      △ 538     14,563       2,761     238,626
                                  51/105








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  30,562         27,717        164,360         △ 1,338        221,301
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 12,190                △ 12,190
      親会社株主に帰属する
                                        41,164                 41,164
      当期純利益
      自己株式の取得                                          △ 9,395        △ 9,395
      自己株式の処分
                                 △ 0                 24         24
      非支配株主との取引に係る
                                 △ 78                         △ 78
      親会社の持分変動
      連結範囲の変動
                                                △ 1,778        △ 1,778
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -        △ 78       28,973        △ 11,149         17,745
     当期末残高
                       30,562         27,638        193,333        △ 12,487        239,047
                            その他の包括利益累計額

                                                 非支配株主
                                     退職給付      その他の            純資産合計
                  その他有価証       繰延ヘッジ       為替換算                   持分
                                      に係る      包括利益
                  券評価差額金        損益     調整勘定
                                     調整累計額      累計額合計
     当期首残高               10,961        13     4,126      △ 538     14,563       2,761     238,626
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 12,190
      親会社株主に帰属する
                                                         41,164
      当期純利益
      自己株式の取得                                                   △ 9,395
      自己株式の処分                                                     24
      非支配株主との取引に係る
                                                          △ 78
      親会社の持分変動
      連結範囲の変動                                                   △ 1,778
      株主資本以外の項目の
                    △ 4,013        2    △ 2,167      △ 694    △ 6,872       254    △ 6,618
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 4,013        2    △ 2,167      △ 694    △ 6,872       254     11,126
     当期末残高                6,948       15     1,959     △ 1,232      7,690      3,015     249,753
                                  52/105








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年3月21日              (自 2018年3月1日
                                 至 2018年2月28日)               至 2019年2月28日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         53,556              54,163
       税金等調整前当期純利益
                                         12,691              14,314
       減価償却費
                                         2,677              1,166
       減損損失
                                         1,106               955
       のれん償却額
       子会社化関連損益(△は益)                                    -            △ 6,014
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    51             △ 509
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 197            △ 1,690
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    27             △ 30
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 6              10
       株式給付引当金の増減額(△は減少)                                   367              363
       製品保証引当金の増減額(△は減少)                                   398             △ 153
       固定資産除売却損益(△は益)                                  △ 241              340
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 1,144               △ 87
       関係会社株式売却損益(△は益)                                    20              -
       関係会社出資金売却損益(△は益)                                   △ 0              -
       投資有価証券評価損益(△は益)                                   446              670
                                            7             399
       関係会社株式評価損
                                           -              204
       関係会社出資金評価損
                                         △ 608             △ 834
       受取利息及び受取配当金
                                           594              597
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 5,385              16,906
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 19,080              △ 9,106
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  13,573             △ 22,732
       未払金の増減額(△は減少)                                    71            △ 1,724
       未収消費税等の増減額(△は増加)                                 △ 1,758               855
                                         △ 802               80
       その他
                                         56,366              48,145
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  2,306              1,792
                                         △ 590             △ 610
       利息の支払額
                                        △ 12,027             △ 16,494
       法人税等の支払額
                                         46,054              32,832
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 17,751             △ 23,057
       有形及び無形固定資産の取得による支出
                                           423              289
       有形及び無形固定資産の売却による収入
                                        △ 2,808             △ 1,458
       投資有価証券等の取得による支出
                                         1,367                98
       投資有価証券等の売却及び償還による収入
                                           -            △ 1,181
       子会社株式等の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式等の取得によ
                                                     ※2 △ 3,058
                                           -
       る支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式等の取得によ
                                           -             1,353
       る収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式等の売却によ
                                           371               -
       る収入
                                         △ 455              △ 97
       その他
                                        △ 18,852             △ 27,111
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  53/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年3月21日              (自 2018年3月1日
                                 至 2018年2月28日)               至 2019年2月28日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 4,418              15,412
                                         5,320              10,697
       長期借入れによる収入
                                        △ 6,224             △ 12,114
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 1,040             △ 9,390
       自己株式の取得による支出
                                        △ 7,997             △ 12,190
       配当金の支払額
                                         △ 232             △ 418
       非支配株主への配当金の支払額
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式等の取得
                                           -             △ 140
       による支出
                                         △ 227             △ 608
       その他
                                        △ 14,820              △ 8,754
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           96              109
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   12,478              △ 2,924
      現金及び現金同等物の期首残高                                   29,735              42,213
                                        ※1 42,213             ※1 39,289
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  54/105














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1.連結の範囲に関する事項
       (1)  連結子会社の状況
         連結子会社の数         74 社
         主要な連結子会社名
          安川エンジニアリング㈱、安川コントロール㈱、安川オートメーション・ドライブ㈱、安川モートル㈱、
          ㈱安川メカトレック、末松九機㈱、米国安川㈱、欧州安川㈲、安川電機(中国)有限公司、韓国安川電機㈱
          連結範囲の異動状況
         (持分の追加取得による増加)
          末松九機㈱、安川オートメーション・ドライブ㈱
          なお、安川シーメンス            オートメーション・ドライブ㈱は、2018年11月1日付で安川オートメーション・ドラ
         イブ㈱に商号変更しております。
         (設立による増加)
          ㈱FAMS、㈱ベスタクト・ソリューションズ
         (合併による減少)
          ㈱安川オフィステック
       (2)  非連結子会社の状況
         主要な非連結子会社名
          広東安川美的工業機器人有限公司
         (連結の範囲から除いた理由)
          非連結子会社7社は小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金
         (持分に見合う額)等は、いずれも                連結財務諸表      に重要な影響を及ぼしていないためです。
      2.持分法の適用に関する事項

       (1)  持分法適用の非連結子会社及び関連会社の状況
         持分法を適用した非連結子会社はありません。
         持分法適用の関連会社数             10 社
         主要な会社名
          安川情報システム㈱、ゼネラルパッカー㈱
         持分法適用範囲の異動状況
         (持分の追加取得による減少)
          末松九機㈱、安川オートメーション・ドライブ㈱
         (清算による減少)
          TECO安川モータエンジニアリング㈱
       (2)  持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社の状況
         主要な会社名
          広東安川美的工業機器人有限公司
         (持分法を適用していない理由)
          持分法を適用していない非連結子会社7社及び関連会社8社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰
         余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の適用対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であ
         り、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
       (3)  持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の直近の事業年度に係る財務諸
        表、又は2月28日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち、安川電機(中国)有限公司、上海安川電動機器有限公司、安川電機(瀋陽)有限公司、安川
       首鋼ロボット有限公司、安川(中国)機器人有限公司、安川通商(上海)実業有限公司他8社の決算日は12月31日
       です。また、インド安川㈱の決算日は3月31日です。連結財務諸表の作成にあたっては、それぞれ2月28日現在で
       実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。
                                  55/105




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      4 .会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ①   有価証券
          その他有価証券
           時価のあるもの
            決算期末日の市場価格等に基づく時価法により評価しております。(評価差額は全部純資産直入法によ
           り処理し、売却原価は主として移動平均法により算定しております。)
           時価のないもの
            主として移動平均法による原価法により評価しております。
        ②   デリバティブ
          時価法により評価しております。
        ③   たな卸資産
          主として以下によっております。
         ( ⅰ )   評価基準     ―――――――――――――――                 原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下
                                 げの方法により算定)
         (ⅱ)    評価方法
            ・商品及び製品         注文品    ――――――――          個別法
                    標準品    ――――――――          総平均法
            ・半製品     ―――――――――――――――                 総平均法
            ・仕掛品     ―――――――――――――――                 個別法
            ・原材料     ―――――――――――――――                 総平均法
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ①   有形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
          建物及び構築物        ――――――――――――――                3年~60年
          機械装置及び運搬具          ――――――――――――              3年~17年
        ②   無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用して
         おります。
        ③   リース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (3)  重要な引当金の計上基準
        ①   貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
         については債権の実情に応じて個別の引当額を計上しております。
        ②   役員賞与引当金
          一部の国内連結子会社は、役員の賞与の支出に備えるため、当連結会計年度末における支給見込額を計上し
         ております。
        ③   製品保証引当金
          製品保証による支出に備えるため、過去の実績率に基づく発生見込額を計上しているほか、発生額を個別に
         見積もることができる費用については当該見積額を計上しております。
        ④  役員退職慰労引当金
          一部の国内連結子会社は、役員の退職慰労金の支出に備えるため、規程に基づく期末要支給額を計上してお
         ります。
        ⑤   株式給付引当金
          株式給付規程等に基づく取締役、執行役員及び従業員への当社株式等の給付に備えるため、当連結会計年度
         末における株式給付債務の見込額に基づき計上しております。
                                  56/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法
        ①   退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
         は、給付算定式基準によっております。
        ②   数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          過去勤務費用については、主としてその発生時における従業員の平均残存勤務期間による定額法により費用
         処理しております。
          数理計算上の差異については、主として各連結会計年度の                           発生時における従業員の平均残存勤務期間による
         定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
        ③   小規模企業等における簡便法の採用
          一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給
         額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用して                          おります。
       (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
        ます。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は
        期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含め
        て計上しております。
       (6)  重要なヘッジ会計の方法
        ①   ヘッジ会計の方法
          繰延ヘッジ処理によっております。
        ②   ヘッジ手段とヘッジ対象
          ヘッジ手段      ――  為替予約、通貨オプション、金利スワップ
          ヘッジ対象      ――  外貨建予定取引、借入金
        ③   ヘッジ方針
          社内規程に基づき、為替変動リスク等をヘッジしております。
        ④   ヘッジ有効性評価の方法
          金融商品会計に関する実務指針に基づき評価しております。
       (7)  のれんの償却方法及び償却期間
         のれんの償却については、5年間又は10年間の定額法により償却を行っております。
       (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及
        び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に満期
        日・償還期限の到来する短期投資からなっております。
       (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
        ①   消費税等の会計処理
          税抜方式によっております。
        ②   連結納税制度の適用
          連結納税制度を適用しております。
                                  57/105








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (未適用の会計基準等)
       ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委
        員会)
       (1)概要

         国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会
        計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおい
        てはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12
        月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関す
        る包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
         企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
        性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
        出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目があ
        る場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
       (2)適用予定日

         2020年2月期の期首から適用します。
       (3)当該会計基準等の適用による影響

         「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
        ります。
                                  58/105













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (表示方法の変更)
       (連結貸借対照表)
        前連結会計年度において、「流動負債」及び「固定負債」の「その他」に含めて表示しておりました「製品保証
       引当金」は、表示の明瞭性を高めるため、当連結会計年度より独立掲記しております。この表示方法の変更を反映
       させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
        この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動負債」の「その他」に表示しておりました23,942
       百万円は「製品保証引当金」1,480百万円、「その他」22,462百万円として組み替えており、「固定負債」の「その
       他」に表示しておりました5,484百万円は「製品保証引当金」785百万円、「その他」4,698百万円として組み替えて
       おります。
       (連結キャッシュ・フロー計算書)

        前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めておりました「製品保証
       引当金の増減額」は、表示の明瞭性を高めるため、当連結会計年度より独立掲記しております。この表示方法の変
       更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
        この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」
       の「その他」に表示しておりました△404百万円は「製品保証引当金の増減額」398百万円、「その他」△802百万円
       として組み替えております。
      (追加情報)

       (取締役及び執行役員に対する株式給付信託(BBT))
        当社は、2017年6月15日開催の第101回定時株主総会                        及び2019年5月28日開催の第103回定時株主総会                      決議に基づ
       き、当社の取締役及び執行役員(以下、「当社役員等」という。)に対する株式報酬制度「株式給付信託
       (BBT)」(以下、「本制度」という。)を導入しております。
       (1)  取引の概要
         本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、当社役員等に対して、当社が
        定める役員株式給付規程にしたがって、当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下、「当社
        株式等」という。)が信託を通じて給付される株式報酬制度です。なお、当社役員等が当社株式等の給付を受け
        る時期は、原則として当社役員等の退任時となります。
       (2)  信託に残存する自社の株式
         信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株
        式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度末549百万円、185千株、当
        連結会計年度末548百万円、184千株です。
       (従業員及び国内関係会社の取締役に対する株式給付信託(J-ESOP))

        当社は、当社の従業員及び国内関係会社の取締役(以下、「当社従業員等」という。)に対する                                             株式報酬制度
       「株式給付信託(J-ESOP)」(以下、「本制度」という。)を導入しております。
       (1)  取引の概要
         本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、当社従業員等に対して、当社
        が定める株式給付規程にしたがって、当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下、「当社株
        式等」という。)が信託を通じて給付される株式報酬制度です。なお、当社従業員等が当社株式等の給付を受け
        る時期は、原則として当社従業員等の退職時となります。
       (2)  信託に残存する自社の株式
         信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株
        式として計上しており          ます。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度末485百万円、104千株、当
        連結会計年度末       462百万円、100千株です。
                                  59/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
       ※1    有形固定資産の減価償却累計額
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2018年2月28日現在)                  (2019年2月28日現在)
     有形固定資産の減価償却累計額                              90,346   百万円               95,764   百万円
       ※2    非連結子会社及び関連会社に対するものは、以下のとおりです。

                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2018年2月28日現在)                  (2019年2月28日現在)
     投資その他の資産
      投資有価証券(株式等)                             12,505百万円                   8,946百万円
      その他(出資金)                               839                 1,233
        3   偶発債務は、被保証先の金融機関借入金に対する債務保証で以下のとおりです。

                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2018年2月28日現在)                  (2019年2月28日現在)
     従業員                                49百万円                  44百万円
        4   受取手形割引高

                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2018年2月28日現在)                  (2019年2月28日現在)
     受取手形割引高                                 9 百万円                 10 百万円
                                  60/105













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
       ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は以下のとおりです。
                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                             (自    2017年3月21日              (自    2018年3月1日
                             至     2018年2月28日)               至     2019年2月28日)
     販売手数料                               1,189   百万円               1,243   百万円
                                     4,120                  4,613
     運賃諸掛
                                    47,717                  52,425
     給料及び手当
                                      60                  72
     役員賞与引当金繰入額
                                     1,769                  1,425
     退職給付費用
                                      80                  52
     役員退職慰労引当金繰入額
                                      364                  362
     株式給付引当金繰入額
                                     6,819                  6,820
     減価償却費
                                      66                 237
     貸倒引当金繰入額
                                      198                 △ 10
     製品保証引当金繰入額
       ※2    一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

               前連結会計年度                     当連結会計年度
             (自    2017年3月21日                  (自    2018年3月1日
              至     2018年2月28日)                   至     2019年2月28日)
                      19,072   百万円                  20,792   百万円
       ※3

          前連結会計年度(自           2017年3月21日         至   2018年2月28日)
          固定資産売却益の主な内訳は、建物等の売却益です。
          当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

          固定資産売却益の主な内訳は、運搬具等の売却益です。
       ※4

          前連結会計年度(自           2017年3月21日         至   2018年2月28日)
          固定資産売却損の主な内訳は、土地等の売却損です。
          当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

          固定資産売却損の主な内訳は、土地等の売却損です。
       ※5 子会社化関連損益

          前連結会計年度(自           2017年3月21日         至   2018年2月28日)
          該当事項はありません。
          当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

          持分法適用関連会社であった末松九機㈱の株式追加取得に伴う負ののれん発生益4,179百万円から段階取得に
         係る差損1,216百万円を差し引いた2,963百万円と、持分法適用関連会社であった安川シーメンス                                              オートメー
         ション・ドライブ㈱の株式追加取得に伴う段階取得に係る差益3,050百万円を計上しております。
                                  61/105






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       ※6 減損損失
          前連結会計年度(自           2017年3月21日         至   2018年2月28日)
          当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
                                          減損損失金額
             場所           用途           種類
                                           (百万円)
        米国
                      事業用資産        その他の無形固定資産                2,541
         マサチューセッツ州
        ドイツ
                      処分予定資産          構築物、器具備品                105
         バイエルン州
        福岡県
                      処分予定資産             土地              16
         行橋市
        福岡県
                       遊休資産            土地              14
         遠賀郡
                                              2,677
                        合計
          当社グループは、事業の種類別セグメントを基準として資産のグルーピングを行っております。
          なお、賃貸資産については、概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す単位として個別にグルーピングを
         行っており、遊休資産及び処分予定資産については、個々の資産単位で区分しております。
          事業用資産については、米国の連結子会社であるSolectria                            Renewables,      LLCに帰属するその他の無形固定資
         産について、当初想定された収益が見込まれなくなったことから、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該
         減少額を減損損失(2,541百万円)として特別損失に計上しております。
          処分予定資産については、処分の意思決定を行ったことに伴い、当資産グループの帳簿価額を回収可能価額
         まで減額し、当該減少額を減損損失(122百万円)として特別損失に計上しております。
          遊休資産については、将来の使用見込みがなくなったため、当資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで
         減額し、当該減少額を減損損失(14百万円)として特別損失に計上しております。
          なお、当事業用資産の回収可能価額は、使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを17.5%で
         割り引いて算定しております。また、当遊休資産及び処分予定資産の回収可能価額は正味売却価額により測定
         しており、遊休資産については、不動産鑑定評価額をもとに、合理的な調整を行い評価し、処分予定資産につ
         いては、処分見込価額により評価しておりますが、他への転用や売却が困難であるものについては、零と評価
         しております。
          当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

          当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
                                          減損損失金額
             場所           用途           種類
                                           (百万円)
        米国
                      事業用資産        その他の無形固定資産                 398
         マサチューセッツ州
                      事業用資産        その他の無形固定資産                 138
        ドイツ
         バイエルン州
                      処分予定資産           建設仮勘定               40
        福岡県
                      処分予定資産          建物、構築物等                96
         遠賀郡
        福岡県
                       遊休資産       土地、建物、構築物等                 491
         北九州市等
                                              1,166
                        合計
          当社グループは、事業の種類別セグメントを基準として資産のグルーピングを行っております。
          なお、賃貸資産については、概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す単位として個別にグルーピングを
         行っており、遊休資産及び処分予定資産については、個々の資産単位で区分しております。
          事業用資産については、米国の連結子会社であるSolectria                            Renewables,      LLC及びドイツの連結子会社である
         VIPA   GmbHに帰属するその他の無形固定資産について、当初想定された収益が見込まれなくなったことから、帳
         簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(537百万円)として特別損失に計上しております。
          処分予定資産については、処分の意思決定を行ったことに伴い、当資産グループの帳簿価額を回収可能価額
         まで減額し、当該減少額を減損損失(136百万円)として特別損失に計上しております。
          遊休資産については、将来の使用見込みがなくなったため、当資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで
         減額し、当該減少額を減損損失(491百万円)として特別損失に計上しております。
          なお、当事業用資産の回収可能価額は、使用価値により測定しており、主に将来キャッシュ・フローを
         19.5%で割り引いて算定しております。また、当遊休資産及び処分予定資産の回収可能価額は正味売却価額に
         より測定しており、遊休資産については、不動産鑑定評価額をもとに、合理的な調整を行い評価し、処分予定
         資産については、処分見込価額により評価しておりますが、他への転用や売却が困難であるものについては、
         零と評価しております。
                                  62/105


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
       ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年3月21日               (自 2018年3月1日
                                 至 2018年2月28日)               至 2019年2月28日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                3,896百万円              △5,543百万円
      組替調整額                                △782                 67
       税効果調整前
                                       3,114              △5,476
       税効果額                               △862               1,591
       その他有価証券評価差額金
                                       2,251              △3,884
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額
                                        18               21
      組替調整額
                                       △138                △18
       税効果調整前
                                       △119                 2
       税効果額
                                        36               △0
       繰延ヘッジ損益
                                       △83                 2
     為替換算調整勘定:
      当期発生額
                                       2,587              △2,078
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額
                                       1,312              △1,440
      組替調整額
                                        702               197
       税効果調整前
                                       2,015              △1,242
       税効果額
                                       △617                392
       退職給付に係る調整額
                                       1,397               △850
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                                 548              △185
      組替調整額                                  50               60
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        599              △125
        その他の包括利益合計
                                       6,753              △6,936
                                  63/105










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 2017年3月21日                    至 2018年2月28日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                     (単位:千株)
                                当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                      当連結会計年度期首
                         株式数
                                 増加株式数          減少株式数           株式数
     発行済株式
      普通株式                    266,690            -          -       266,690
            合計              266,690            -          -       266,690
     自己株式
      普通株式      (注)1、2、3
                            387          292           6         674
            合計                387          292           6         674
     (注)1.自己株式における普通株式には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」が保有する当社
         株式(   当連結会計年度末        290千株)が含まれております。
        2.自己株式における普通株式数の増加292千株は、単元未満株式の買取りによる増加1千株、「株式給付信託
         (BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」による当社株式の取得による増加290千株、持分法適用会社が購入
         した当社株式の当社帰属分1千株です。
        3.自己株式における普通株式数の減少6千株は、単元未満株式の売渡しによる減少0千株、持分法適用会社が
         売却した当社株式の当社帰属分6千株です。
      2.配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
        (決議)         株式の種類                           基準日         効力発生日
                          (百万円)
                                  配当額(円)
     2017年4月20日
                 普通株式            2,665         10.0    2017年3月20日          2017年5月23日
     取締役会
     2017年10月23日
                 普通株式            5,331         20.0    2017年9月20日          2017年11月28日
     取締役会
     (注)2017年10月23日取締役会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」の信託財産として信託が保有す
        る当社株式に対する配当金3百万円が含まれております。
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額               1株当たり
        (決議)        株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)              配当額(円)
     2018年4月12日
                普通株式          5,331     利益剰余金          20.0    2018年2月28日         2018年5月10日
     取締役会
     (注)配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」の信託財産として信託が保有する
        当社株式に対する配当金5百万円が含まれております。
      当連結会計年度(自 2018年3月1日                    至 2019年2月28日)

      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                     (単位:千株)
                                当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                      当連結会計年度期首
                         株式数
                                 増加株式数          減少株式数           株式数
     発行済株式
      普通株式                    266,690            -          -       266,690
            合計              266,690            -          -       266,690
     自己株式
      普通株式      (注)1、2、3
                            674         2,208            5        2,877
            合計                674         2,208            5        2,877
     (注)1.自己株式における普通株式には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」が保有する当社
         株式(   当連結会計年度期首         290千株、     当連結会計年度末        284千株)が含まれております。
        2.自己株式における普通株式数の増加2,208千株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加2,000千株、
         単元未満株式の買取りによる増加0千株、持分法適用会社が購入した当社株式の当社帰属分1千株、連結範囲
         の変動による増加206千株であります。
        3.自己株式における普通株式数の減少5千株は、単元未満株式の売渡しによる減少0千株、「株式給付信託
         (BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」の給付による減少5千株であります。
                                  64/105


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      2.配当に関する事項
       (1)  配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
        (決議)         株式の種類                           基準日         効力発生日
                          (百万円)
                                  配当額(円)
     2018年4月12日
                             5,331         20.0
                 普通株式                         2018年2月28日          2018年5月10日
     取締役会
     2018年10月10日
                             6,878         26.0
                 普通株式                         2018年8月31日          2018年11月8日
     取締役会
     (注)1.2018年4月12日取締役会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-
          ESOP)」の信託財産として信託が保有する当社株式に対する配当金5百万円が含まれております。
        2.2018年10月10日取締役会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-
          ESOP)」の信託財産として信託が保有する当社株式に対する配当金7百万円が含まれております。
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額               1株当たり
        (決議)        株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)              配当額(円)
     2019年4月11日
                普通株式          6,878     利益剰余金          26.0    2019年2月28日         2019年5月9日
     取締役会
     (注)配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」の信託財産として信託が保有する
        当社株式に対する配当金7百万円が含まれております。
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    2017年3月21日           (自    2018年3月1日
                                  至   2018年2月28日)            至   2019年2月28日)
     現金及び預金勘定                                  42,279百万円              39,320百万円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                   △65              △30
     現金及び現金同等物                                  42,213              39,289
       ※2 株式の追加取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

          前連結会計年度(自           2017年3月21日         至   2018年2月28日)
          該当事項はありません。
          当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

          株式の追加取得により新たに              安川シーメンス        オートメーション・ドライブ㈱を連結したことに伴う連結開始
         時の資産及び負債の内訳並びに株式の取得価額と取得による支出(純額)との関係は以下のとおりです。
           流動資産                                   12,191   百万円
           固定資産                                    2,863
           のれん                                    4,783
           流動負債                                   △6,762
           固定負債                                   △1,815
           株式の取得価額
                                              11,260
           支配獲得時までの持分法評価額                                   △2,579
           段階取得に係る差益                                   △3,050
           現金及び現金同等物                                   △2,571
           差引:連結の範囲の変更を伴う子会社株式等の取得による支出
                                               3,058
                                  65/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (リース取引関係)
        オペレーティング・リース取引
         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2018年2月28日現在)                  (2019年2月28日現在)
      1年内                                1,352                  1,584
      1年超                                2,766                  5,041
      合計                                4,119                  6,626
      (金融商品関係)

      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)  金融商品に対する取組方針
         当社グループは、資金運用については一時的な余資を安全性の高い金融資産で運用し、資金調達については金
        融機関からの借入及び社債発行により調達しております。デリバティブは、主に為替相場の変動によるリスク及
        び金利の変動によるリスクの軽減を目的としており、投機目的のための取引は行わない方針です。
       (2)  金融商品の内容及びそのリスク

         営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、グローバルに事業を展
        開していることから生じている外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されておりますが、先物為替予約
        を利用してヘッジしております。投資有価証券である株式は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市
        場価格の変動リスク等に晒されております。
         営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であり、短期借入金は主に営業取
        引に係る資金調達です。これらは流動性リスクに晒されております。
         デリバティブ取引は、輸出入取引の為替相場の変動リスク軽減を目的とした先物為替予約取引及び金融負債に
        係る将来の金利変動によるリスク軽減を目的とした金利スワップ取引などです。なお、ヘッジ会計に関するヘッ
        ジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、前述の「連結財務諸表作成のため
        の基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                           (6)  重要なヘッジ会計の方法」」をご参照ください。
       (3)  金融商品に係るリスク管理体制

        ①   信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          当社グループは、与信管理規程に従い、営業債権について取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うととも
         に、主な取引先の信用状況を定期的に把握する体制としております。
          デリバティブ取引については、通貨関連及び金利関連とも、信用リスクを軽減するために信用度の高い金融
         機関とのみ取引を行っております。
        ②   市場リスク(株価等の変動リスク)の管理

          当社及び一部の連結子会社は、外貨建ての営業債権債務について、通貨別月別に把握された為替の変動リス
         クに対して、原則として先物為替予約を利用してヘッジしております。
          投資有価証券については、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握し、管理しております。
          デリバティブ取引については、取引限度額等を定めた社内管理規程に従い、担当部署が決裁担当者の承認を
         得て行っております。
        ③   資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

          当社グループでは、各社が月次に資金繰計画を作成するなどの方法により管理しております。
                                  66/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      2.金融商品の時価等に関する事項
        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、以下のとおりです。なお、時価を把握することが極
       めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
         前連結会計年度(2018年2月28日現在)

                              連結貸借対照表計上額                時価         差額
                                (百万円)            (百万円)         (百万円)
       (1)  現金及び預金
                                     42,279         42,279           -
       (2)  受取手形及び売掛金
                                    142,039         142,039            -
       (3)  投資有価証券
                                     21,328         21,328           -
         資産計
                                    205,647         205,647            -
       (1)  支払手形及び買掛金
                                     84,795         84,795           -
       (2)  短期借入金
                                     10,459         10,459           -
       (3)  長期借入金
                                     21,015         20,919           △96
         負債計
                                    116,271         116,174           △96
                                      853
       デリバティブ取引(*)                                        853          -
       (*)   デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
          ついては(      )で示しております。
         当連結会計年度(2019年2月28日現在)

                              連結貸借対照表計上額                時価         差額
                                (百万円)            (百万円)         (百万円)
       (1)  現金及び預金
                                     39,320         39,320           -
       (2)  受取手形及び売掛金
                                    136,201         136,201            -
       (3)  投資有価証券
                                     18,129         18,129           -
         資産計
                                    193,651         193,651            -
       (1)  支払手形及び買掛金
                                     71,823         71,823           -
       (2)  短期借入金
                                     26,465         26,465           -
       (3)  長期借入金
                                     19,384         19,182          △201
         負債計
                                    117,672         117,471           △201
       デリバティブ取引(*)                               (68)         (68)          -
       (*)   デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
          ついては(      )で示しております。
       (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
          資   産
           (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
            額によっております。
           (3)  投資有価証券
             これらの時価について、株式等は取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に
            関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
          負   債
           (1)  支払手形及び買掛金、(2)            短期借入金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
            額によっております。なお、              連結貸借対照表上、「短期借入金」として表示されている1年内返済予定
            の長期借入金は、長期借入金に含めております。
           (3)  長期借入金
             時価の算定は、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価
            値によっております。
          デリバティブ取引
            注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照ください。
                                  67/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
          2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
              区分
                           (2018年2月28日現在)                  (2019年2月28日現在)
            非上場株式等                          3,378                  1,939
        これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)                                                投資有価
       証券」には含めておりません。
          3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

            前連結会計年度(2018年2月28日現在)
                          1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                          (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
       現金及び預金                     42,229           -         -         -
       受取手形及び売掛金                    142,039            -         -         -
       投資有価証券
        その他有価証券のうち
        満期があるもの
        (1)  債券(国債・地方債)
                              -         -          2         -
        (2)  債券(社債)
                              -        1,760           -         -
        (3)  その他
                              -         -         -         -
              合計              184,269          1,760           2         -
            当連結会計年度(2019年2月28日現在)

                          1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                          (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
       現金及び預金                     39,243           -         -         -
       受取手形及び売掛金                    136,201            -         -         -
       投資有価証券
        その他有価証券のうち
        満期があるもの
        (1)  債券(国債・地方債)
                              -         -          2         -
        (2)  債券(社債)
                              -        1,813           -         -
        (3)  その他
                              -         -         -         -
              合計              175,445          1,813           2         -
          4.長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

            前連結会計年度(2018年2月28日現在)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                   5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (百万円)                                  (百万円)
                           (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       短期借入金               10,459         -       -       -       -       -
       長期借入金               12,038       2,005       1,991       3,233        756       989
            合計          22,498       2,005       1,991       3,233        756       989
            当連結会計年度(2019年2月28日現在)

                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                   5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (百万円)                                  (百万円)
                           (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       短期借入金               26,465         -       -       -       -       -
       長期借入金               2,525       1,916       3,248       3,738       7,421        533
            合計          28,991       1,916       3,248       3,738       7,421        533
                                  68/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
      1.その他有価証券
        前連結会計年度(2018年2月28日現在)
                                                    (単位:百万円)
                                  連結貸借対照表
                         種類                    取得原価          差額
                                    計上額
                    (1)  株式
                                     20,838          6,204         14,633
                    (2)  債券
                      ①   国債・地方債等
      連結貸借対照表計上額                                 -         -         -
                      ②   社債
      が取得原価を超えるもの                                 -         -         -
                      ③   その他
                                       -         -         -
                    (3)  その他
                                       -         -         -
                         小計            20,838          6,204         14,633
                    (1)  株式
                                      487         491         △3
                    (2)  債券
                      ①   国債・地方債等               2         2
      連結貸借対照表計上額                                                   -
                      ②   社債
      が取得原価を超えない                                 -         -         -
                      ③   その他
      もの                                 -         -         -
                    (3)  その他
                                       -         -         -
                         小計              489         493         △3
                  合計                   21,328          6,697         14,630
      (注)      非上場株式等(連結貸借対照表計上額                  3,378百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
         めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
        当連結会計年度(2019年2月28日現在)

                                                    (単位:百万円)
                                  連結貸借対照表
                         種類                    取得原価          差額
                                    計上額
                    (1)  株式
                                     15,779          6,088         9,691
                    (2)  債券
                      ①   国債・地方債等
      連結貸借対照表計上額                                 -         -         -
                      ②   社債
      が取得原価を超えるもの                                 -         -         -
                      ③   その他
                                       -         -         -
                    (3)  その他
                                       -         -         -
                         小計            15,779          6,088         9,691
                    (1)  株式                684
                                                806        △121
                    (2)  債券
                      ①   国債・地方債等
      連結貸借対照表計上額                                 2         2         -
      が取得原価を超えない                ②   社債             1,663         1,693          △29
                      ③   その他
      もの                                 -         -         -
                    (3)  その他                 -         -         -
                         小計             2,350         2,501         △151
                  合計                   18,129          8,590         9,539
      (注)      非上場株式等(連結貸借対照表計上額                  1,939百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
         めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                  69/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      2.売却したその他有価証券
        前連結会計年度(自           2017年3月21日         至   2018年2月28日)
                                                    (単位:百万円)
           種類             売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
      (1)  株式
                            1,367              1,144                -
      (2)  債券
        ①   国債・地方債等
                             -              -              -
        ②   社債
                             -              -              -
        ③   その他
                             -              -              -
      (3)  その他
                             -              -              -
           合計                 1,367              1,144                -
        当連結会計年度(自           2018年3月1日         至   2019年2月28日)

                                                    (単位:百万円)
           種類             売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
      (1)  株式
                             98              87              -
      (2)  債券
        ①   国債・地方債等
                             -              -              -
        ②   社債
                             -              -              -
        ③   その他
                             -              -              -
      (3)  その他
                             -              -              -
           合計                   98              87              -
      3.減損処理を行った有価証券

        前連結会計年度において、有価証券について454百万円(その他有価証券の株式446百万円、関係会社株式7百万
       円)減損処理を行っております。
        当連結会計年度において、有価証券について1,273百万円(その他有価証券の株式670百万円、関係会社株式399
       百万円、関係会社出資金204百万円)減損処理を行っております。
        なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を行
       い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行っており
       ます。
                                  70/105










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (デリバティブ取引関係)
      1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         通貨関連
           前連結会計年度(2018年2月28日現在)
                          契約額等                    時価        評価損益
                                  契約額等のうち
       区分        取引の種類
                                 1年超(百万円)
                         (百万円)                   (百万円)         (百万円)
     市場取引       為替予約取引
              売建
     以外の取引
               米ドル
                            7,330           -         264         264
               ユーロ
                            5,491           -         106         106
               ウォン
                            6,645           -         138         138
               中国元
                            3,996           -          7         7
               台湾ドル
                            1,720           -         17         17
               ブラジルレアル
                              86         -          1         1
              買建
               円
                             353          -         △7         △7
               ユーロ
                             106          -        △13         △13
             金利通貨スワップ取引
                            3,969         1,390          319         319
              米ドル変動受取
              日本円固定支払
             合計               29,702          1,390          834         834
     (注)1.時価の算定方法
          取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
        2.金利通貨スワップ取引の時価は、通貨要素部分の数値を記載しております。
           当連結会計年度(2019年2月28日現在)

                          契約額等                    時価        評価損益
                                  契約額等のうち
       区分        取引の種類
                                 1年超(百万円)
                         (百万円)                   (百万円)         (百万円)
     市場取引       為替予約取引
              売建
     以外の取引
               米ドル
                            3,198           -        △15         △15
               ユーロ
                            1,175           -         △4         △4
               ウォン
                            1,437           -        △20         △20
               中国元
                             569          -        △12         △12
               台湾ドル
                             334          -         △7         △7
               ブラジルレアル
                              52         -         △0         △0
               シンガポールドル
                              26         -         △0         △0
               円
                              24         -          0         0
              買建                          -
               円
                             358          -         △5         △5
             金利通貨スワップ取引
                            1,390         1,390          △24         △24
              米ドル変動受取
              日本円固定支払
                            8,565                            △90
             合計                         1,390          △90
     (注)1.時価の算定方法
          取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
        2.金利通貨スワップ取引の時価は、通貨要素部分の数値を記載しております。
                                  71/105




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
     2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
       (1)  通貨関連
          前連結会計年度(2018年2月28日現在)
                                    契約額等                   時価
                                           契約額等のうち
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                          1年超(百万円)
                                   (百万円)                  (百万円)
     原則的処理方法
               為替予約取引
                            売掛金
                売建
                           (予定取引)
                 中国元
                                       827          -        △5
                  合計                    827          -        △5
     (注)     時価の算定方法         取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
          当連結会計年度(2019年2月28日現在)

                                    契約額等                   時価
                                           契約額等のうち
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                          1年超(百万円)
                                   (百万円)                  (百万円)
     原則的処理方法
               為替予約取引
                            売掛金
                売建
                           (予定取引)
                 台湾ドル
                                       70         -        △1
                  合計                     70         -        △1
     (注)     時価の算定方法         取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
       (2)  金利関連

          前連結会計年度(2018年2月28日現在)
                                    契約額等                   時価
                                           契約額等のうち
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                          1年超(百万円)
                                   (百万円)                  (百万円)
     原則的処理方法          金利スワップ取引
                                                        △5
                           長期借入金          1,775           -
                変動受取・固定支払
     原則的処理方法          金利通貨スワップ取引
                                                         29
                米ドル変動受取           長期借入金          3,969         1,390
                日本円固定支払
                                                         23
                   合計                   5,744         1,390
     (注)1.時価の算定方法              取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
        2.金利通貨スワップ取引の時価は、金利要素部分の数値を記載しております。
          当連結会計年度(2019年2月28日現在)

                                    契約額等                   時価
                                           契約額等のうち
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                          1年超(百万円)
                                   (百万円)                  (百万円)
     原則的処理方法          金利通貨スワップ取引
                                                         22
                米ドル変動受取           長期借入金          1,390         1,390
                日本円固定支払
                                                         22
                   合計                   1,390         1,390
     (注)1.時価の算定方法              取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
        2.金利通貨スワップ取引の時価は、金利要素部分の数値を記載しております。
                                  72/105






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社及び連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を
       採用しております。
        確定給付企業年金制度(すべて積立型制度です。)では、給与と勤務期間に基づいた一時金又は年金を支給しま
       す。
        退職一時金制度では、退職給付として、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給します。
        また、一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支
       給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
        なお、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合があります。
      2.確定給付制度

       (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年3月21日              (自 2018年3月1日
                                  至 2018年2月28日)              至 2019年2月28日)
         退職給付債務の期首残高                              58,004百万円              57,827百万円
          勤務費用                              2,009              2,091
          利息費用                               366              313
          数理計算上の差異の発生額                               221              656
          退職給付の支払額                             △2,759              △3,336
          企業結合の影響による増減額                               -             2,585
          その他                              △14              △169
         退職給付債務の期末残高                              57,827              59,968
       (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年3月21日              (自 2018年3月1日
                                  至 2018年2月28日)              至 2019年2月28日)
         年金資産の期首残高                              30,759百万円              32,771百万円
          期待運用収益                               662              722
          数理計算上の差異の発生額                              1,599              △877
          事業主からの拠出額                              2,014              2,260
          退職給付の支払額                             △2,160              △2,187
          企業結合の影響による増減額                               -             1,151
          その他                              △104               △5
         年金資産の期末残高                              32,771              33,834
       (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年3月21日              (自 2018年3月1日
                                  至 2018年2月28日)              至 2019年2月28日)
         退職給付に係る負債の期首残高                                718百万円              806百万円
          退職給付費用                               141              138
          退職給付の支払額                              △49              △56
          制度への拠出額                              △11              △11
          企業結合の影響による増減額                               -              137
          その他                                6             △9
         退職給付に係る負債の期末残高                                806             1,005
                                  73/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る
         資産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年2月28日)              (2019年2月28日)
         積立型制度の退職給付債務                              33,307百万円              33,507百万円
         年金資産                             △33,027              △34,084
                                         280             △576
         非積立型制度の退職給付債務                              25,582              27,716
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              25,862              27,139
         退職給付に係る負債                              25,917              27,148

         退職給付に係る資産                               △54               △9
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              25,862              27,139
        (注)簡便法を適用した制度を含みます。
       (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年3月21日              (自 2018年3月1日
                                  至 2018年2月28日)              至 2019年2月28日)
         勤務費用                               2,151百万円              2,229百万円
         利息費用                                366              313
         期待運用収益                               △662              △722
         数理計算上の差異の費用処理額                                882              377
         過去勤務費用の費用処理額                               △179              △179
         確定給付制度に係る退職給付費用                               2,559              2,019
        (注)簡便法で計算した退職給付費用は、勤務費用に含めております。
       (6)  退職給付に係る調整額

         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は以下のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年3月21日              (自 2018年3月1日
                                  至 2018年2月28日)              至 2019年2月28日)
         過去勤務費用                               △179百万円              △179百万円
         数理計算上の差異                               2,195             △1,063
           合 計                             2,015             △1,242
       (7)  退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は以下のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年2月28日)              (2019年2月28日)
         未認識過去勤務費用                               △179百万円                -百万円
         未認識数理計算上の差異                                406             1,469
           合 計                              226             1,469
       (8)  年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、以下のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年2月28日)              (2019年2月28日)
         債券                                33%              35%
         株式                                28              33
         オルタナティブ                                18              14
         生保一般勘定                                 6              6
         その他                                15              12
           合 計                              100              100
        (注)オルタナティブは、主にファンドへの投資です。
                                  74/105


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
        ② 長期期待運用収益率の設定方法
          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成す
         る多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年2月28日)              (2019年2月28日)
          割引率                           主として0.5%              主として0.5%
          長期期待運用収益率                           主として2.2%              主として2.2%
      3.確定拠出制度

        当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度1,644百万円、当連結会計年度1,542百万円
       です。
                                  75/105
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                              (2018年2月28日現在)              (2019年2月28日現在)
       繰延税金資産
        退職給付に係る負債                             7,993百万円              8,515百万円
        たな卸資産評価損                             3,175              3,440
                                     2,211              2,359
        未払費用
                                     2,146              1,916
        繰越欠損金
        株式評価損                             1,456              1,846
                                     1,503              1,612
        減損損失
        貸倒引当金                              699              596
                                      392
        製品保証引当金                                            301
        株式給付引当金                              112              216
        株式みなし配当                              181              181
        役員退職慰労引当金                              72              80
        役員賞与引当金                              19              -
                                     6,084              5,470
        その他
       繰延税金資産小計
                                    26,048              26,539
                                    △5,145              △5,279
       評価性引当額
       繰延税金資産合計                             20,903              21,259
       繰延税金負債
                                    △3,746              △2,873
        その他有価証券評価差額金
                                    △2,618
                                                  △4,009
        その他
       繰延税金負債合計                             △6,365              △6,883
       繰延税金資産(負債)の純額                             14,538              14,376
       (注) 前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産(負債)の純額は、連結貸借対照表の以下の項
           目に含まれております。
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                              (2018年2月28日現在)              (2019年2月28日現在)
       流動資産-繰延税金資産
                                     9,369百万円              8,937百万円
       固定資産-繰延税金資産                              5,840              6,591
       流動負債-その他                              △23               -
       固定負債-その他                              △647             △1,152
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

       た主要な項目別の内訳
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                              (2018年2月28日現在)              (2019年2月28日現在)
       法定実効税率
                                     30.7%              30.7%
       (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.2              0.2
        持分法投資損益
                                     △1.1              △0.8
        評価性引当額の増減
                                      0.1              0.4
        税額控除
                                     △2.6              △2.7
        在外子会社の税率差異等                             △3.3              △3.3
        税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              1.6              -
        外国子会社からの配当等の源泉税等                              0.3              1.5
        子会社化関連損益                              -            △3.4
        その他                             △1.5               0.5
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                     24.4              23.1
                                  76/105



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (企業結合等関係)
       取得による企業結合
       1.企業結合の概要
         当社は、当社の関連会社である安川シーメンス                       オートメーション・ドライブ株式会社の株式を追加取得し子会
        社化する契約を2018年7月12日に締結し、2018年10月31日に取得いたしました。
        (1)  被取得企業の名称及びその事業の内容
          被取得企業の名称 安川シーメンス                 オートメーション・ドライブ株式会社
          事業の内容 主として産業用電気機械設備                    及 びシステムの設計・製造・販売・保全
        (2)  企業結合を行った主な理由
                           3
          当社のソリューションコンセプト「i                  -Mechatronics(アイキューブ              メカトロニクス)」実現に向けた施策
         のひとつとして、子会社化することといたしました。
        (3)  企業結合日
          2018年10月31日
        (4)  企業結合の法的形式
          持分の取得
        (5)  結合後企業の名称
          安川オートメーション・ドライブ株式会社
        (6)  取得した議決権比率
          企業結合直前に所有していた議決権比率 50%
          企業結合日に追加取得した議決権比率  50%
          取得後の議決権比率                            100%
        (7)  取得企業を決定するに至った主な根拠
          当社による現金を対価とした持分の取得であるため。
       2.連結財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間

         2018年11月1日から2019年2月28日まで
         なお、被取得企業は持分法適用関連会社であったため、2018年3月1日から2018年10月31日までの業績は「持
        分法による投資利益」として計上しております。
       3.被取得企業の取得原価            及 び対価の種類ごとの内訳

         企業結合直前に所有していた持分の企業結合日における時価                              5,630   百万円
         追加取得に伴い支出した現金                              5,630
         取得原価                              11,260
       4.主要な取得関連費用の内容及び金額

         アドバイザリー費用                  2百万円
       5.被取得企業の取得原価と取得するに至った取引ごとの取得原価の合計額との差額

         段階取得に係る差益   3,050百万円
       6.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法                       及 び償却期間

        (1)  発生したのれんの金額
          4,783百万円
        (2)  発生原因
          期待される将来の収益力に関連して発生したものです。
        (3)  償却方法及び償却期間
          10年間にわたる均等償却
                                  77/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
       7.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
          流動資産            12,191百万円
          固定資産             2,863
          資産合計            15,055
          流動負債             6,762
          固定負債             1,815
          負債合計             8,578
       8.企業結合が当連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす

         影響の概算額及びその算定方法
         重要性が乏しいため、記載を省略しております。なお、当該注記は監査証明を受けておりません。
                                  78/105

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       1.報告セグメントの概要
         当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取
        締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
         当社グループは、モーションコントロール、ロボット、システムエンジニアリングの3つの事業単位を基本に
        組織が構成されており、各事業単位で日本及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
         したがって、当社グループは「モーションコントロール」「ロボット」「システムエンジニアリング」の3つ
        を報告セグメントとしております。
         「モーションコントロール」は、ACサーボモータ・制御装置及びインバータの開発、製造、販売及び保守サー
        ビスを行っております。「ロボット」は、産業用ロボット等の開発、製造、販売及び保守サービスを行っており
        ます。「システムエンジニアリング」は、主として、鉄鋼プラント用電気システムや上下水道用電気システムの
        開発、製造、販売及び保守サービスを行っております。
       2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

         報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
        おける記載と概ね同一です。
         報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値です。
         セグメント間の内部売上高又は振替高は、主に市場実勢価格に基づいております。
       3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

          前連結会計年度(自           2017年3月21日         至   2018年2月28日)
                                                    (単位:百万円)
                                                       連結財務諸表
                                       その他            調整額
                    モーション            システム
                                                         計上額
                           ロボット                   計
                    コントロール           エンジニアリング
                                       (注)1            (注)2
                                                        (注)3
       売上高
        外部顧客への売上高
                     212,095      163,379       52,934      20,112     448,523        -   448,523
        セグメント間の内部売上高
                     20,443      4,327       114    16,433      41,319     △ 41,319        -
        又は振替高
            計
                     232,539      167,707       53,049      36,546     489,843     △ 41,319     448,523
       セグメント利益又は損失(△)
                     41,729      17,761      △ 3,794      △ 212    55,484     △ 1,357     54,126
       セグメント資産
                     168,554      151,724       40,532      32,593     393,404      47,845     441,249
       その他の項目
        減価償却費
                      5,945      4,792      1,593       331    12,662        28    12,691
        のれん償却額
                       289      214      566      35    1,106       -    1,106
        有形固定資産及び
                      8,761      5,148      2,273       503    16,688      2,996     19,684
        無形固定資産の増加額
      (注)1.「その他」の区分には、情報関連事業及び物流サービス等の事業が含まれております。
         2.調整額の内容は以下のとおりです。
           (1)セグメント利益又は損失の調整額△1,357百万円には、セグメント間取引消去△79百万円、各セグメ
              ントに配分していない全社費用△1,278百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメン
              トに帰属しない基礎研究等に係る費用です。
           (2)セグメント資産の調整額47,845百万円には、セグメント間消去△10,893百万円及び各セグメントに
              配分していない全社資産58,738百万円等が含まれています。全社資産は、主に親会社での余剰運用
              資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)等です。
         3.セグメント利益又は損失は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                  79/105





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社安川電機(E01741)
    &n