株式会社あさくま 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社あさくま

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       東海財務局長

    【提出日】                       2019年5月24日

    【会社名】                       株式会社あさくま

    【英訳名】                       ASAKUMA    CO.,   LTD.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長  横 田   優

    【本店の所在の場所】                       愛知県日進市赤池町西組32番地

                           (上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は下記の場所で
                           行っております。)
    【電話番号】                        ―
    【事務連絡者氏名】                        ―

    【最寄りの連絡場所】                       愛知県名古屋市天白区植田西二丁目1410番地

    【電話番号】                       052-800-7781(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役管理部長  西 尾 すみ子

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                       株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                       募集金額

                           ブックビルディング方式による募集                        488,750,000円
                           売出金額
                            (引受人の買取引受による売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                        105,915,000円
                            (オーバーアロットメントによる売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                        97,750,000円
                           (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社
                              法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届
                              出書提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                        該当事項はありません。

                                   1/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

         種類          発行数(株)                       内容

                            完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社におけ
        普通株式          500,000 (注)2.
                            る標準となる株式です。単元株式数は100株です。
     (注)   1.2019年5月24日開催の取締役会決議によっております。
        2.発行数については、2019年6月10日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
        3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりです。
          名称:株式会社証券保管振替機構
          住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
        4.上記とは別に、2019年5月24日開催の取締役会において、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社を
          割当先とする当社普通株式85,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。なお、その内容につ
          いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引につい
          て」をご参照下さい。
                                   2/150














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2019年6月18日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4                                             株式の引受け」欄
     記載の金融商品取引業者(以下「第1                  募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受価額
     と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2019年6月10日開催予定の取締役
     会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当社に
     払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数
     料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価
     格で行います。
          区分            発行数(株)           発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち
                              ―             ―             ―
     入札による募集
     入札方式のうち
                              ―             ―             ―
     入札によらない募集
     ブックビルディング方式                      500,000           488,750,000             264,500,000
       計(総発行株式)                    500,000           488,750,000             264,500,000

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
        2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
          ます。
        3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額です。
        4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2019年5月24日開催の取締役会決議に基づき、
          2019年6月18日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
          資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額です。
        5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,150円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
          込額)は575,000,000円となります。
        6.本募集並びに「第2            売出要項 1       売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2                         売出しの条件(引
          受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状況を勘
          案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2                              売出要項 3       売出株式(オーバーアロッ
          トメントによる売出し)」及び「4                 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さ
          い。
        7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
          しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/150








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                        申込株

                    資本                      申込
    発行価格     引受価額     払込金額
                        数単位        申込期間                 払込期日
                    組入額                      証拠金
     (円)     (円)     (円)
                    (円)                      (円)
                         (株)
     未定     未定     未定     未定         自 2019年6月19日(水)              未定
                          100                     2019年6月26日(水)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.          至 2019年6月24日(月)             (注)4.
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
          発行価格は、2019年6月10日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
          等を総合的に勘案した上で、2019年6月18日に引受価額と同時に決定する予定です。
          仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
          が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定です。
          需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
          関投資家等を中心に需要の申告を促す予定です。
        2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2019年6月10日開催予定の取締役会において決定される予定で
          す。また、「2        募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2019年6月18日
          に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金
          となります。
        3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金です。なお、2019年5月24日開催の取締役会において、増加す
          る資本金の額は、2019年6月18日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に
          基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、
          その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加する資
          本金の額を減じた額とする旨を決議しております。
        4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
          期日に新株式払込金に振替充当いたします。
        5.株式受渡期日は、2019年6月27日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
          る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
          い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集に係る株券
          は、発行されません。
        6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.申込みに先立ち、2019年6月11日から2019年6月17日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
          需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能です。
          販売に当たっては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性の確
          保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
          引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
          い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については、各社の店頭における表示またはホーム
          ページにおける表示等をご確認下さい。
        8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止します。
      ①  【申込取扱場所】

        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の本店及び全国各支店で申込みの取扱いをいたします。
                                   4/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【払込取扱場所】
                店名                          所在地

     株式会社三菱UFJ銀行 名古屋中央支店                           愛知県名古屋市中区錦二丁目20番15号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
    4  【株式の引受け】

                                    引受株式数

      引受人の氏名又は名称                   住所                     引受けの条件
                                      (株)
     三菱UFJモルガン・スタン
                    東京都千代田区丸の内二丁目
                                            1.買取引受けによります。
     レー証券株式会社
                    5番2号
                                            2.引受人は新株式払込金と
                    東京都千代田区丸の内一丁目
                                              して、2019年6月26日ま
     大和証券株式会社
                    9番1号
                                              でに払込取扱場所へ引受
                    東京都港区六本木一丁目6番
     株式会社SBI証券
                                              価額と同額を払込むこと
                    1号
                                              とします。
                    愛知県名古屋市中村区名駅四
     東海東京証券株式会社                                 未定
                    丁目7番1号
                                            3.引受手数料は支払われま
                    東京都中央区日本橋兜町4番
                                              せん。ただし、発行価格
     フィリップ証券株式会社
                    2号
                                              と引受価額との差額の総
                    東京都中央区日本橋一丁目17
     岡三証券株式会社
                                              額は引受人の手取金とな
                    番6号
                                              ります。
                    愛知県名古屋市中区錦三丁目
     安藤証券株式会社
                    23番21号
           計                ―            500,000           ―
     (注)   1.2019年6月10日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定です。
        2.上記引受人と発行価格決定日(2019年6月18日)に元引受契約を締結する予定です。
        3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000                      株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
          引業者に販売を委託する方針です。
    5  【新規発行による手取金の使途】

     (1)  【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)

                529,000,000                   17,000,000                  512,000,000

     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
          の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,150円)を基礎として算出した見込額です。
        2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
        3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものです。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額         512,000千円及び「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限
      89,930千円については、株式会社あさくまの直営店の新規出店にかかる設備投資資金に充当する予定であります。
      具体的には、2020年3月期に計画する新規出店8店舗に320,000千円、2021年3月期に予定する新規出店8店舗に
      281,930千円の充当を予定しております。なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針
      であります。
      (注)設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備状況 3 設備新設、除去等の計画」の項を
         ご参照ください。
                                   5/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2019年6月18日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2                                              売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2                                                売出要項」に
     おいて「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価格
     と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引受
     価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金と
     します。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                              売出価額の総額             売出しに係る株式の

       種類           売出数(株)
                                (円)        所有者の住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち
        ―                    ―        ―           ―
             入札による売出し
             入札方式のうち
        ―                    ―        ―           ―
             入札によらない売出し
                                      東京都大田区田園調布三丁目12番8号

             ブックビルディング
     普通株式                     92,100     105,915,000
             方式
                                      有限会社あさしお
     計(総売出株式)             ―        92,100     105,915,000                ―

     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
          す。
        2.「第1      募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止しま
          す。
        3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,150円)で算出した見込額です。
        4.売出数等については今後変更される可能性があります。
        5.振替機関の名称及び住所は、「第1                   募集要項 1       新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一で
          す。
        6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しに当たっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
          よる売出しを行う場合があります。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3                             売出株式(オーバーアロットメントによる売
          出し)」及び「4        売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
        7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
          いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   6/150








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                       申込     申込

     売出価格     引受価額                                 引受人の住所          元引受契
                申込期間      株数単位      証拠金     申込受付場所
      (円)     (円)                               及び氏名又は名称           約の内容
                       (株)     (円)
               自 2019年
                                        東京都千代田区丸の内二
                                引受人の本店
      未定
               6月19日(水)
                                        丁目5番2号
           未定                 未定                          未定
                                及び全国各支
     (注)1.                   100
                                        三菱UFJモルガン・ス
          (注)2.     至 2019年            (注)2.                          (注)3.
                                店
     (注)2.
                                        タンレー証券株式会社
               6月24日(月)
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1                 募集要項 3       募集の条件 (2)        ブックビルディング方式」の(注)1.と同
          様です。
        2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
          申込証拠金には、利息をつけません。
          引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
        3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
          価格決定日(2019年6月18日)に決定する予定です。
          なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
          は引受人の手取金となります。
        4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定です。
        5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定です。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構の「株
          式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことが
          できます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
        6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものとします。
        7.上記引受人の販売方針は、「第1                  募集要項 3       募集の条件 (2)        ブックビルディング方式」の(注)7.に
          記載した販売方針と同様です。
                                   7/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                              売出価額の総額             売出しに係る株式の

       種類           売出数(株)
                                (円)        所有者の住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち
        ―                    ―        ―           ―
             入札による売出し
             入札方式のうち
        ―                    ―        ―           ―
             入札によらない売出し
                                      東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
                                      三菱UFJモルガン・スタンレー証券株
             ブックビルディング
     普通株式                     85,000      97,750,000
             方式
                                      式会社
                                                     85,000株
     計(総売出株式)             ―        85,000      97,750,000                ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
          況を勘案し、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバー
          アロットメントによる売出しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若し
          くは中止される場合があります。
        2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2019年5月24日開催の取締役会において、三菱
          UFJモルガン・スタンレー証券株式会社を割当先とする当社普通株式85,000株の第三者割当増資の決議を
          行っております。また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社は、東京証券取引所においてオー
          バーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケー
          トカバー取引」という。)を行う場合があります。
          なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
          カバー取引について」をご参照下さい。
        3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
          す。
        4.「第1      募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
          します。
        5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,150円)で算出した見込額です。
        6.振替機関の名称及び住所は、「第1                   募集要項 1       新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一で
          す。
                                   8/150











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                   申込      申込

     売出価格                                               元引受契約
                                          引受人の住所
            申込期間       株数単位      証拠金      申込受付場所
                                         及び氏名又は名称
      (円)                                               の内容
                   (株)      (円)
                              三菱UFJモル
           自 2019年
                              ガン・スタン
      未定     6月19日(水)               未定
                     100         レー証券株式会               ―          ―
     (注)1.      至 2019年             (注)1.
                              社の本店及び全
           6月24日(月)
                              国各支店
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
          れぞれ同一とし、売出価格決定日(2019年6月18日)に決定する予定です。ただし、申込証拠金には、利息を
          つけません。
        2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
          す。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に従
          い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーアロット
          メントによる売出しに係る株券は、発行されません。
        3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものとします。
        4.三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社の販売方針は、「第2                                   売出要項 2       売出しの条件(引受人
          の買取引受による売出し) (2)               ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様です。
                                   9/150











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場について
      当社は、「第1        募集要項」における新規発行株式及び「第2                     売出要項」における売出株式を含む当社普通株式に
     ついて、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所JASDAQ(スタン
     ダード)への上場を予定しております。
    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である株式会社テンポスホールディングス(以下「貸株人」という。)より借入れる株式で
     す。これに関連して、当社は、2019年5月24日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式
     85,000株の第三者割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しています。本件第三者割当増
     資の会社法上の募集事項については、以下のとおりです。
     (1)   募集株式の数                 当社普通株式 85,000株
     (2)   募集株式の払込金額                 未定 (注)1.

                         増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1
                         項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計
       増加する資本金及び資本準備金に
     (3)                    算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるもの
       関する事項
                         とする。また、増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から
                         増加する資本金の額を減じた額とする。 (注)2.
     (4)   払込期日                 2019年7月26日(金)
     (注)   1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2019年6月10日開催予定の取締役会において決定される予定
          の「第1     募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定です。
        2.割当価格は、2019年6月18日に決定される予定の「第1                            募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
          一とする予定です。
      また、主幹事会社は、2019年6月27日から2019年7月22日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的とし

     て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
     バー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、割当てに応じ
     ない予定ですので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部または一部につき申込みが行われず、そ
     の結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場
     合があります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全
     く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
                                  10/150








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3.ロックアップについて
      本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である有限会社あさしお、貸株人である株式会社
     テンポスホールディングス、当社株主である近藤裕貴、近藤典子、西尾すみ子、近藤千鶴子、伊藤恵美、横田優、新
     貝栄市、矢田真一、大坂浩二は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目
     の2019年12月23日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買
     取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行
     わない旨合意しております。
      また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2019年12月23日
     までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交換される
     有価証券の発行又は当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割、
     ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、2019年5月24日
     開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨合意し
     ております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
     きる権限を有しております。
                                  11/150















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

     (1)  表紙に当社のロゴマーク


                              及び店舗外観をイメージしたイラストを記載いたします。
     (2)  裏表紙に当社のロゴマーク


                               を記載いたします。
     (3)  表紙の次に「1 経営方針」~「5 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  12/150















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  13/150





















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/150





















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/150





















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/150





















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/150





















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/150





















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/150





















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
           回次               第44期               第45期

          決算年月               2017年3月               2018年3月

     売上高            (千円)             9,127,989               9,440,858

     経常利益            (千円)              912,559               874,699

     親会社株主に帰属する
                 (千円)              372,947               494,352
     当期純利益
     包括利益            (千円)              373,768               493,533
     純資産額            (千円)             2,299,852               2,793,385

     総資産額            (千円)             3,550,229               4,168,775

     1株当たり純資産額             (円)              488.24               593.02

     1株当たり当期純利益
                 (円)               79.17              104.94
     金額
     潜在株式調整後
     1株当たり当期純利益             (円)                 ―               ―
     金額
     自己資本比率             (%)               64.8               67.0
     自己資本利益率             (%)               17.7               19.4

     株価収益率             (倍)                 ―               ―

     営業活動による
                 (千円)              791,654               779,570
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)              185,486              △ 316,060
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)              △ 16,144              △ 16,067
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)             1,682,348               2,129,790
     の期末残高
     従業員数
                                 110               109
     [ほか、平均臨時
                 (名)
                                [ 734  ]             [ 797  ]
     雇用人員]
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高がありますが、当社株式は非上場
          であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        3.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.前連結会計年度(第44期)及び当連結会計年度(第45期)の連結財務諸表につきましては、金融商品取引法第
          193条の2第1項の規定に基づき、有限責任大有監査法人により監査を受けております。
                                  20/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第41期       第42期       第43期        第44期       第45期

          決算年月           2014年3月       2015年3月       2016年3月        2017年3月       2018年3月

     売上高            (千円)      4,114,874       4,688,667       6,011,372        7,101,246       7,969,579

     経常利益            (千円)       411,556       676,016       881,755        991,163       861,826

     当期純利益            (千円)       308,951       377,664       317,881        190,209       405,252

     資本金            (千円)       490,000       490,000       515,000        515,000       515,000

     発行済株式総数             (株)     4,510,420       4,510,420       4,710,420        4,710,420       4,710,420

     純資産額            (千円)      1,367,874       1,746,215       2,113,121        2,304,385       2,708,818

     総資産額            (千円)      1,855,069       2,579,239       3,022,977        3,321,915       3,875,966

     1株当たり純資産額             (円)       303.26       387.15       448.60        489.21       575.06

     1株当たり配当額                      ―       ―       ―        ―       ―
                 (円)
     (1株当たり中間配当額)                     ( ―)      ( ―)      ( ―)       ( ―)      ( ―)
     1株当たり当期純利益
                 (円)        68.49       83.73       70.06        40.38       86.03
     金額
     潜在株式調整後
     1株当たり当期純利益             (円)          ―       ―       ―        ―       ―
     金額
     自己資本比率             (%)        73.7       67.7       69.9        69.4       69.9
     自己資本利益率             (%)        25.5       24.3       16.5        8.6       16.2

     株価収益率             (倍)          ―       ―       ―        ―       ―

     配当性向             (%)          ―       ―       ―        ―       ―

     従業員数
                          61       70       84        78       84
     [ほか、平均臨時
                 (名)
                         [ 344  ]     [ 385  ]     [ 522  ]      [ 590  ]     [ 685  ]
     雇用人員]
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高がありますが、当社株式は非上場
          であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        3.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.前事業年度(第44期)及び当事業年度(第45期)の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の
          規定に基づき、有限責任大有監査法人により監査を受けております。
        5.第41期、第42期及び第43期については、「会社計算規則(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した
          各数値を記載しております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基
          づく有限責任大有監査法人の監査を受けておりません。
                                  21/150







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【沿革】
      当社は、1954年9月、愛知県日進町赤池(現日進市)に設立した合資会社割烹旅館朝熊西店(1967年5月、合資会社
     キッチンあさくまに社名変更。)を前身とし、1962年3月にステーキレストラン1号店として「ドライバーズコー
     ナー・キッチンあさくま(現在のステーキのあさくま本店)」を開店したことに始まります。
      その後、1973年6月に当時休眠会社であった株式会社紙忠商店(同社の会社設立日は、1948年12月)が、同社の社名
     を株式会社あさくま(以降「旧あさくま」)に変更、1977年9月に旧あさくまを実質的な存続会社として合資会社キッ
     チンあさくまを合併し、現在に至っております。従いまして、以下の「沿革」については、合資会社割烹旅館朝熊西
     店の設立以降から現在までを記載しております。
         月                          概要
       1954年9月       「合資会社割烹旅館朝熊西店」を設立。

              ステーキレストラン1号店、「ドライバーズコーナー・キッチンあさくま(現在のステーキの
       1962年3月
              あさくま本店)」を開店。
       1967年5月       「合資会社割烹旅館朝熊西店」を「合資会社キッチンあさくま」に社名変更。
       1970年11月       名古屋市港区に3号店として「あさくま港店」開店、郊外型立地のモデルとする。

       1973年6月       「ステーキのあさくま」の営業開始。

       1977年9月       旧あさくまを実質的な存続会社として合資会社キッチンあさくまを合併。

       1985年3月       つくば科学万博(国際科学技術博覧会)、アメリカ館に出店。

       1987年7月       名古屋で開催された世界デザイン博覧会に出店。

       1991年3月       101店舗目として下九沢店を出店。

              株式会社テンポスバスターズ(現 株式会社テンポスホールディングス)と業務・資本提携。
       2006年12月
              同社を割当先とする募集新株式及び転換社債型新株予約権付社債を発行。
              株式会社テンポスバスターズ(現 株式会社テンポスホールディングス)の転換社債型新株予
       2011年4月
              約権付社債の株式転換により、当社を子会社化。
       2013年8月       連結子会社、株式会社あさくまサクセッションを設立。
              連結子会社、株式会社株式会社あさくまサクセッションがモツ焼き居酒屋5店舗「エビス
       2013年9月
              参」を事業譲受。
       2013年10月       株式会社西岬魚類の株式を取得し、連結子会社化。
              連結子会社、株式会社あさくまサクセッションがビュッフェレストラン「ファーマーズガー
       2013年11月
              デン」を開業。
              連結子会社、株式会社あさくまサクセッションがモツ焼き居酒屋1店舗「エビス参」を事業
       2014年2月
              譲受。
              連結子会社、株式会社あさくまサクセッションが株式会社西岬魚類を吸収合併。
       2014年7月
              (合併後商号は、株式会社あさくまサクセッション)
              連結子会社、株式会社あさくまサクセッションがカフェ4店舗「オランダ坂珈琲邸」、惣菜
       2014年12月
              ビュッフェ2店舗「まいにちごはん」(現在は全店を閉店)を事業譲受。
              連結子会社、株式会社あさくまサクセッションが株式会社きよっぱち総本店の株式を取得
       2015年1月
              し、連結子会社化。
              連結子会社、株式会社あさくまサクセッションがインドネシア料理4店舗「スラバヤ」、イ
       2015年3月
              ンドネシア風居酒屋1店舗「ワヤンバリ」を事業譲受。
       2015年10月       東京都大田区、東京事務所を新規開設。
       2016年8月       東京都大田区内にて、東京事務所を移転。

              連結子会社、株式会社きよっぱち総本店の全株式を株式会社テンポスバスターズ(現 株式会
       2016年9月
              社テンポスホールディングス)へ譲渡。
       2018年1月       新業態「やっぱりあさくま」1号店をオープン。
                                  22/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【事業の内容】
      当社グループは、株式会社テンポスホールディングスを親会社とする企業グループに属し、当社及び連結子会社(株
     式会社あさくまサクセッション)の2社で構成されており、飲食店の経営を主な事業として取り組んでおります。
      1962年3月に「ドライバーズコーナー・キッチンあさくま」を愛知県日進町(現日進市)に開店以来、「ステーキの
     あさくま」の名称で名古屋市内から郊外へと店舗展開しはじめ、お客様が車で気軽に立ち寄り易いよう駐車場を完備
     した郊外型のステーキ・その他肉類を中心としたレストランとして、幹線道路沿いを中心に出店してまいりました。
      当社の事業は「ステーキのあさくま」の店舗展開を主業態とするレストラン事業であり、「ステーキのあさくま」
     では、メインメニューであるステーキやハンバーグは和牛、国産牛、米国産牛、豪州産牛を使用し、一緒に新鮮なサ
     ラダ(サラダバー)を揃えております。また、原材料となる牛肉や野菜、ソースに至るまで、品質・鮮度にこだわった
     食材を追求し続け、バランスの取れた商品構成等を心がけております。
      連結子会社の株式会社あさくまサクセッションは、ビュッフェレストラン「ファーマーズガーデン」、モツ焼き居
     酒屋「エビス参」、カフェ「オランダ坂珈琲邸」、インドネシア料理「スラバヤ」、インドネシア風居酒屋「ワヤン
     バリ」等、様々な業態の店舗展開を行っております。
      2019年4月30日現在、当社は直営店60店舗、FC加盟店7店舗の計67店舗、連結子会社の株式会社あさくまサク
     セッションは直営店20店舗を展開しており、当社グループ全体として計87店舗(FC加盟店を含む)となっておりま
     す。
      当社グループの事業の系統図は、次のとおりであります。

                                  23/150














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      なお、当社グループにおける主な業態の特徴及び店舗数は、以下のとおりとなっております。
       会社区分          業態                  特徴                店舗数

                        メインメニューであるステーキやハンバーグは和牛、国
                        産牛、米国産牛、豪州産牛を使用し、一緒に新鮮なサラ
                        ダ(サラダバー)を揃えております。また、原材料となる
                                                     66店舗
                ステーキの        牛肉や野菜、ソースに至るまで、品質・鮮度にこだわっ
                                                   (FC7店舗
                あさくま       た食材を追求し続け、バランスの取れた商品構成等を心
                                                     含む)
                        がけております。主にファミリー層をターゲットとし、
         当社
                        ロードサイドに立地しております。
       株式会社
       あさくま
                        「あさくま」の品質に裏打ちされた商品を「気取らず」
                        「気軽に」ご利用していただくカジュアル・ファスト・
                        ダイニングで、炭火焼の分厚いステーキを豪快に、ス
              やっぱりあさくま                                      1店舗
                        テーキ・ハンバーグをファーストフードのように提供し
                        ております。繁華街に立地しております。
                        新鮮食材を使用した料理や寿司、豚しゃぶしゃぶ、ス

                        イーツメニュー等約50種類のメニューが食べ放題で楽し
               ファーマーズ        めるビュッフェレストランになります。主に女性顧客や
                                                    5店舗
                ガーデン       ファミリー層をターゲットとし、ショッピングセンター
                        内に立地しております。
                        仕事帰りのサラリーマンから女性客まで、気軽に楽しめ

                        るフレンドリーなもつ焼き居酒屋になります。こだわり
                エビス参       の新鮮な食材で作る様々なモツ料理を提供し、主に都心                             8店舗
       連結子会社
                        部の駅周辺に立地しております。
       株式会社
       あさくま
      サクセッション
                        フルサービス型で落ち着いた雰囲気でくつろげる喫茶店
                        になります。主に近隣のファミリー層やシニア層をター
              オランダ坂珈琲邸                                      4店舗
                        ゲットとし、ロードサイドに立地しております。
                        インドネシア本国のシェフが腕を振るう本場のインドネ

                スラバヤ                                    2店舗
                        シア料理専門店になります。主にファミリー層やカップ
                        ル層をターゲットとし、ショッピングセンター内に立地
                        しております。
                ワヤンバリ                                    1店舗
                                                    87店舗

                           合計                        (FC7店舗
                                                     含む)
                                  24/150







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    店舗数の推移
                             期初店舗数        出店数        退店数        期末店舗数
                       直営店             32        1        2      31
              株式会社
              あさくま
                       FC              ▶        ▶        ―       8
              株式会社
     2014年3月末
              あさくま         直営店              ―        6        ―       6
              サクセッション
              合計                      36        11        2      45
                       直営店             31        3        ―      34
              株式会社
              あさくま
                       FC              8        3        3       8
              株式会社
     2015年3月末
              あさくま         直営店              6       19        ―      25
              サクセッション
              合計                      45        25        3      67
                       直営店             34        11        ―      45
              株式会社
              あさくま
                       FC              8        2        ―      10
              株式会社
     2016年3月末
              あさくま         直営店             25        7        3      29
              サクセッション
              合計                      67        20        3      84
                       直営店             45        7        3      49
              株式会社
              あさくま
                       FC             10        ―        ―      10
              株式会社
     2017年3月末
              あさくま         直営店             29        1        7      23
              サクセッション
              合計                      84        8       10       82
                       直営店             49        7        1      55
              株式会社
              あさくま
                       FC             10        ―        ―      10
              株式会社
     2018年3月末
              あさくま         直営店             23        ―        3      20
              サクセッション
              合計                      82        7        ▶      85
                       直営店             55        5        ―      60
              株式会社
              あさくま
                       FC             10        ―        3       7
              株式会社
     2019年3月末
              あさくま         直営店             20        1        1      20
              サクセッション
              合計                      85        6        ▶      87
                                  25/150







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
                                        議決権の所有

                            資本金      主要な事業
          名称           住所                   (又は被所有)          関係内容
                            (千円)       の内容
                                         割合(%)
     (親会社)
                                               <役員の兼任>
                                               ・1名
     株式会社テンポスホール
                                  厨房機器
     ディングス             東京都大田区            509,125             (57.54)
                                    販売           <主要な取引>
     (注)1
                                               ・厨房機器の購入等
     (連結子会社)

     株式会社あさくま

                  愛知県名古屋市
                                   飲食店            <役員の兼任>
     サクセッション                         55,100             100.00
                                    経営           ・3名
                  天白区
     (注)2、3、4
     (注)   1.有価証券報告書提出会社であります。

        2.特定子会社であります。
        3.債務超過会社であり、2018年3月末時点で債務超過額は33,209千円であります。
        4.株式会社あさくまサクセッションにつきましては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上
          高に占める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等 ① 売上高                      1,471,278千円
                   ② 経常利益              16,975千円
                   ③ 当期純利益           △21,797千円
                   ④ 純資産額            △33,209千円
                   ⑤ 総資産額             447,559千円
                                  26/150












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                                2019年4月30日現在
              事業部門の名称                           従業員数(名)
                                                        106
     店舗
                                                       (729)
                                                        11
     本社部門
                                                        (8)
                                                        117
                合計
                                                       (737)
     (注)   1.当社グループは、単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しております。
        2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(パートタイマー、アルバイト)の年間平均雇用人員(1日平均8時間換
          算)であります。
     (2)  提出会社の状況

                                                2019年4月30日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)             平均勤続年数            平均年間給与(千円)
               92
                             44.1               4.5             4,602
              (625)
              事業部門の名称                           従業員数(名)

                                                        81
     店舗
                                                       (617)
                                                        11
     本社部門
                                                        (8)
                                                        92
                合計
                                                       (625)
     (注)   1.当社グループは、単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しております。
        2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(パートタイマー、アルバイト)の年間平均雇用人員(1日平均8時間換
          算)であります。
        3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
     (3)  労働組合の状況

       当社グループは、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  27/150









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、提出日現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  会社経営の基本方針
      当社グループは、食を通じてコミュニティの場を提供するとともに、従業員にとっての自己実現の場を提供し、企
     業として市場の需要への対応、市場において競争力を確保、社会から信用されることを経営の基本理念として、事業
     の運営と発展に努め、株主の皆様をはじめとする社会の期待に応えてまいります。
      それを実現させるために、いかなる従業員であっても、[誇りのある職場づくり]を志すことにより、クオリティ
     の高いサービス及び商品を提供できる店舗づくりに日々心掛け、徹底したコスト管理と品質の高いサービスの提供に
     取り組むことを経営の基本方針としております。
     (2)  中長期的な会社の経営戦略

      当社グループは87店舗(FC7店舗を含む)を展開しております。中部地区を基盤として、関東地区、関西地区へ
     出店エリアを拡大して100店舗を目指してまいります。
     (3)  目標とする経営指標

      当社グループは高い収益性を維持し企業価値を向上させていくため、原価率の低減やコスト管理に努めることによ
     り、事業活動の成果をはかることができる、売上高経常利益率を経営指標として掲げております。
     (4)  経営環境及び対処すべき課題 

      ①既存店舗の収益力の維持拡大
      外食産業におきましては、原材料価格の高騰と物流コスト負担の増加により厳しい経営環境下にあります。そのよ
     うな環境下において当社グループは、各店舗のサラダバー及びビュッフェコーナーで主に取り扱っている原材料のう
     ち、近年特に仕入価格の高騰が顕著である野菜類及び米について、仕入先等との仕入価格交渉等による原価管理を徹
     底していくことにより、原価率改善による収益力向上を目指しております。
      販売費及び一般管理費に関しては、外食産業全体として深刻な問題となっている人員不足及び採用難に伴う人件費
     関連費用の増加に対して、パート・アルバイトの正社員への積極的な雇用促進や、年間休日日数の見直し、育児休業
     及び介護休業等を取得しやすい職場環境の改善等の施策に取り組むとともに、年間ベースでコスト削減目標数値を設
     定し、経常利益率の向上に努めてまいります。さらには客単価を上げるための取り組みとして、季節メニュー(フェア
     メニュー)の企画や、お客様同士で1つの料理を取り分けて楽しんでもらえる大皿料理のメニュー開発等についても積
     極的に取り組んでまいります。
      また、消費者の節約志向が年々高まってきており、外食産業では企業間における価格競争が激化してきておりま
     す。今後も引き続き競合他社における販売メニューの内容及び価格動向についての調査を徹底するとともに、お客様
     に喜ばれるリーズナブルでお手頃な価格のメニュー提供ができるよう取り組んでまいります。
      ②新規出店に伴う店舗運営体制の強化

       当社グループは、中期経営計画に基づき、今後も新規出店に積極的に取り組んでまいります。円滑に新規出店を
      進めるために、迅速な物件の情報収集、店舗オープン前後の営業指導及び実地トレーニングの徹底、当社グループ
      内での教育指導者作りを強化してまいります。
      ③人材の確保及び育成

                                  28/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       外食産業におきましては、人材不足の深刻化による採用難及び人件費の上昇が業界全体の収益を圧迫しておりま
      す。当社グループにおいても、人材不足により意図した新規出店ができなくなるほか、既存店の店舗運営が計画通
      りに実施できなくなる可能性がございます。また、年々上昇する人件費が収益を圧迫していく可能性もあります。
      これらの課題に対応するためには、優秀な人材の確保及び社内での人材教育の推進により、品質を落とすことなく
      店舗運営サービスを効率的に進めていくことが必要不可欠と考えております。人材不足・人件費上昇の課題に対応
      するため、当社グループでは、独自の取組として、スタッフとお客様との境界線を出来る限り排除する経営(カウ
      ンターレス経営)を進めております。具体例といたしましては、あさくまメール会員様向けに「商品開発担当者」
      や、駐車場の植栽を管理していただく「ガーデニングおじさん」、料理の味・接客サービス・衛生管理等をチェッ
      クしていただく「抜き打ちチェッカーさん」等を募集し、実際に業務をしていただくことで、お客様とともに店舗
      を作り上げていくとともに、人材不足へも対応しております。
    2  【事業等のリスク】

      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
     事項には、以下のようなものがあります。
      なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  市場環境及び競合状況について

       外食産業は、成熟した市場となっており、企業間における価格競争、弁当・惣菜等の中食市場の成長等により、
      一層厳しい市場環境となっております。また、他業界と比較すると参入障壁が低いため、新規参入企業が多く、厳
      しい競合状態が続いております。その中で当社グループは、人材の育成、接客サービスの向上、商品レベルの強
      化、メニューの改定等により他社との差別化を図り、店舗収益を維持向上することが重要であると考えておりま
      す。しかし、お客様に満足頂ける商品・サービスが提供できなかった場合やお客様の嗜好の変化等に伴う来店客数
      の減少により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       また、食材市況の変動等により食材を安定的に確保することが難しい状況になった場合や社会的環境の変化や法
      令の改正等により、お客様へ提供する食材の調達や加工に新たな設備や作業等が必要になった場合にも、当該変動
      要因に係る費用が発生するため、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)  当社ブランドの毀損について

       当社グループは、「ステーキのあさくま」以外に複数の業態を展開しております。しかしながら、売上収益の大
      半は「ステーキのあさくま」によるものになります。引き続き多店舗展開等に取り組んでまいりますが、今後何ら
      かの不祥事により「ステーキのあさくま」のブランドの毀損が発生した場合、当社グループの経営成績及び財政状
      態に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)  商品表示について

       外食産業におきましては、一部企業の産地偽装や賞味期限の改ざんが発生する等、食の安全性だけではなく、商
      品表示の適正性、信頼性等においても消費者の信用を失墜する事件が発生しております。当社グループは、取引の
      ある事業規模が大きな信頼性の高い納入業者から仕入を行い、適正な商品表示に努めておりますが、その表示内容
      に重大な誤り等が発生した場合、社会的信用の低下により来店客数が減少し、当社グループの経営成績及び財政状
      態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  29/150






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  各種法的規制について
      ① 食品衛生法
        当社グループが提供する商品・メニューは、いずれも食品衛生法による規制を受けております。食品衛生法
       は、食品衛生の確保のために公衆衛生の見地から必要な規制その他措置を講ずることにより、飲食に起因する危
       害の発生を防止し、国民の健康を図ることを目的としております。当社グループでは、都道府県知事等により飲
       食店等の営業許可を取得するとともに、食品衛生責任者を置き、定期的な衛生点検を実施する等、安心安全な商
       品・メニューをお客様に提供するための衛生管理を徹底しておりますが、万が一、食中毒等の事故が起きた場合
       は、食品衛生法の規定に基づき、食品等の廃棄処分、一定期間の営業停止、営業許可の取消し等処分を受ける恐
       れがあり、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      ② 従業員及び短時間労働者(パートタイマー)に関する法律について

        当社グループの全従業員のうち、主な従業員はパートタイマー、アルバイトであります。社会保険及び労働保
       険をはじめとした労働関連法令の改正等があった場合、人件費関連費用の増加が発生し、当社グループの経営成
       績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      ③ 食品循環資源の再利用等の促進に関する法律

        当社グループは、「食品循環資源の再利用等の促進に関する法律(食品リサイクル法)」による規制を受けてお
       り、食品廃棄物の発生の抑制、減量化、再利用に取り組むことを義務付けられております。今後、同法の規制が
       引き上げられた場合、新たな設備投資等の費用が発生し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす
       可能性があります。
      ④ 店舗における酒類提供(道路交通法「酒気帯び運転等の禁止」)について

        当社グループは、未成年者飲酒禁止法及び道路交通法等による規制を受けております。各店舗にてアルコール
       類飲料を注文されたお客様に自動車等の運転がないか、また、未成年の可能性がある場合には未成年でないかを
       確認するとともに、誤提供防止の啓蒙ポスター表示等を通じ、十分に注意喚起を行っております。しかしなが
       ら、未成年者の飲酒及びお客様の飲酒運転に伴う交通事故等により当社グループ及び従業員が法令違反等による
       罪に問われる、あるいは店舗の営業が制限された場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼ
       す可能性があります。
      ⑤ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律

        当社グループの店舗のうち、深夜0時以降も営業する店舗については深夜営業の「風俗営業等の規制及び業務
       の適正化等に関する法律」により規制を受けており、所轄警察署への「深夜における酒類提供飲食店営業開始届
       出書」により届出を行い、規制の順守に取り組んでおります。しかしながら、法令違反等が発生した場合、一定
       期間の営業停止が命じられ、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (5)  商標権について

       当社グループは、「ステーキのあさくま」以外にもその他業態を複数有しております。商標権については当社グ
      ループの事業展開上、重要なものと位置付けており、識別性が無い等の理由により、その性質上商標の登録が困難
      なものを除き、全ての商標の登録を行う方針としております。当社グループが保有する商標権について、保護策の
      相談や侵害状況の調査依頼を顧問弁護士や弁理士に行っておりますが、商標使用時における当社グループの調査が
      十分でなく、当社グループが使用した商標が第三者の登録済み商標権を侵害していると認定され、商標の使用差止
      や損害賠償請求が発生した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  30/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (6)  原材料価格の高騰について
       当社グループは、国内の食肉卸を通してメニューに使用する牛肉の必要量を確保しておりますが、為替相場の大
      幅な変動や国内外の需要が大幅に増大した場合は、牛肉の仕入価格が高騰する可能性があります。その場合には、
      仕入コストが増加し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。また、その他の原
      材料につきましても、急激な仕入価格の高騰、数量の確保が困難に陥った場合には、当社グループの経営成績及び
      財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  販売価格の値上げについて

       当社グループを含む外食産業全体では、慢性的な人手不足に伴う人件費増加や原材料価格の高騰による企業収益
      低下への対処として販売価格の値上げに踏み切る企業が相次いでおります。さらに今後予定されている消費税増税
      についても、販売価格の値上げを余儀なくされる企業が多数となる見通しであります。当社グループにおいては、
      今後販売価格の値上げを実施した場合におきましても、定期的な販売促進等のキャンペーンの実施により集客数の
      維持に努めてまいります。しかしながら、値上げの影響がそのような販売促進等の効果を上回る場合においては、
      当社グループの集客力が低下し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (8)  店舗について

      ① 店舗物件の確保
        当社グループは、2019年4月30日現在、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉
       県、茨城県、群馬県、京都府の1都1府9県下に直営店80店舗を展開しております。今後の継続的な成長を実現
       させるため、東海地方及び関東地方を中心に各地域への出店をしていく方針ですが、当社グループの新規出店水
       準に見合う物件の確保が困難となった場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があり
       ます。
      ② 差入保証金

        当社グループは、店舗等について居抜物件(床・天井・壁・厨房・お手洗など、店舗内の主要設備が残ってい
       る状態で今すぐにでも開店できるような物件)を活用した新規出店を基本方針としており、物件の賃貸に際して
       は賃貸人に対して、差入保証金を差入れた上で土地及び建物を賃借しております。今後、賃借物件の貸主(家主)
       の経済的破綻等により差入保証金等の一部又は全部の回収が不能となる場合がある他、店舗営業の継続に支障等
       が生じる可能性があります。また、当社グループの都合で賃貸借契約を中途解約する場合には、契約上の規定か
       ら差入保証金等を放棄せざるを得なくなる場合があり、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可
       能性があります。
      ③ 店舗に係る損失(減損損失)

        当社グループは、店舗の環境変化や経済環境の要因により店舗ごとの収益性が損なわれた場合、固定資産につ
       いての減損損失を認識し、当該減損損失の計上により当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能
       性があります。今後、商圏人口、交通量、競合店状況等の変化によって店舗の業績が悪化した場合、店舗閉鎖に
       伴い遊休資産が発生した場合には減損損失を計上するため、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼ
       す可能性があります。
      ④ 人件費について

        当社グループは、飲食事業を営んでおり、主な従業員はパートタイマーであります。当社グループの出店エリ
       アにおいては同業他社が年々増加しているだけでなく、一部出店エリアについては従業員確保がきわめて困難で
       ある為、パートタイマーの時間給引き上げに歯止めがかからず人件費が急激に増加しております。これらの人件
       費負担増加等により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  31/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (9)  FC加盟店との関係について
       当社グループは、店舗運営マニュアルに基づく開店前研修や「エリアマネージャー」を通じた店舗運営指導によ
      り、FC加盟契約者への教育を行い、店舗運営レベルの維持向上に努めております。しかしながら、当社グループ
      によるFC加盟契約者への教育及び運営指導が十分に行き届かない場合には、お客様からFC加盟店に対する苦情
      等が発生し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (10)   人材確保と育成について

       当社グループは、新規の店舗展開と既存店の店舗運営及び内部管理体制を強化するために、優秀な人材の確保が
      必要であります。当社グループの計画に基づいた人材の確保及び育成が未達成となった場合、当然ながら新規出店
      も未達成となるため、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (11)    天候不順等について

       外食産業における需要は、天候不順、異常気象、災害・紛争等の発生、新型インフルエンザ等の感染症の発生等
      により、消費者の外食機会及び外食意欲の減少等に伴って変動する場合があります。これらの天候不順等に伴う需
      要の変動の影響により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (12)   大規模災害による影響について

       当社グループは、主として中部地区及び関東地区で事業活動をしております。そのため、将来これらの地域で地
      震等の大規模災害が発生した際には、営業店舗の損傷等による営業日数及び営業時間の減少が発生するため、当社
      グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (13)個人情報の管理について

       当社グループでは、お客様からのメールや電話等で取得した情報及び社員、パート・アルバイト等の個人情報を
      取り扱っております。当該個人情報の管理は、取得時は利用目的を予め説明し、取得後にはデータの漏洩、滅失又
      は毀損が発生しないように万全を期しております。しかしながら、何らかの理由により個人情報が漏洩した場合に
      は、損害賠償請求の発生や社会的信用の低下等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能
      性があります。
     (14)システム障害について

       当社グループは、店舗の売上管理及び損益管理、食材の受注及び発注業務、勤怠管理及び給与計算、会計処理及
      び支払業務等、情報処理の運営管理は、当社グループ管理部で集中的に行っており、バックアップやウィルス対策
      等、データや処理のセキュリティ強化に取り組んでおります。しかしながら、自然災害や情報機器の故障、ネット
      ワークの障害等不測の事態が発生した場合、業務に支障をきたすことにより、当社グループの経営成績及び財政状
      態に影響を及ぼす可能性があります。
     (15)ストック・オプション行使による株式価値の希薄化について

       当社グループは、取締役及び従業員に対するインセンティブを目的としたストック・オプション制度を採用して
      おります。現在、取締役及び従業員に付与されている新株予約権の行使が行われた場合、保有株式の株式価値が希
      薄化する可能性があります。なお、本書提出日現在における新株予約権による潜在株式総数は97,270株であり、発
      行済株式総数4,710,420株の2.06%、総議決権数 47,083個の2.06%に相当します。
     (16)親会社が支配権を有することに伴うリスク

       当社の親会社である株式会社テンポスホールディングスは、当社グループの株式公開後も当社発行済普通株式の
      過半数を所有する予定であります。その結果当社グループの取締役の選任・解任、合併その他組織再編の承認、重
      要な事業の譲渡、当社定款の変更及び剰余金の配当等の基本的事項についての決定権又は拒否権に関して、他の株
      主の意向に関わらず株式会社テンポスホールディングスが影響を与える可能性があります。
                                  32/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       また、本書提出日現在、当社の取締役7名中1名は株式会社テンポスホールディングスの取締役を兼任しており
      ます。当社グループの経営及びその他事項のうち株式会社テンポスホールディングスが影響力又は支配力を有する
      ものに関し、株式会社テンポスホールディングスの利害は、当社グループの他の株主の利害とは異なる可能性があ
      ります。
       なお、当社グループと、株式会社テンポスホールディングス及びそのグループ会社との間の主な取引関係等につ
      いての詳細は、以下のとおりであります。
      ① 株式会社テンポスホールディングス及びグループ各社との取引関係について

        当社グループは、第45期連結会計年度において株式会社テンポスホールディングスに属する会社8社(株式会社
       テンポスホールディングスを含む)と取引を行っております。
        第45期連結会計年度における主な取引は次のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
                             取引金額
        取引先           取引内容                      取引条件等の決定方法
                              (注)
               親会社が発行する優待券
                              157,271
                                   同契約を締結している他社と同条件でありま
               の回収
                                   す。
               優待券の広告宣伝費                36,549
               厨房機器の購入                1,293
                                   店頭価格にて購入しております。
     株式会社テンポス
               消耗品・備品の購入                2,619
     ホールディングス
                                   同業他社サービスの価格、品質、取引先の信用
               教育研修の依頼                6,334
                                   度等を総合的に勘案した上で、決定しておりま
               業務委託手数料の支払                17,788
                                   す。
                                   一般的な市場価格と比較した上で、決定してお
               携帯電話の利用                2,021
                                   ります。
               厨房機器の購入                 773
     株式会社テンポス
                                   店頭価格にて購入しております。
     バスターズ
               消耗品・備品の購入                4,439
               内装工事の依頼               138,687
                                   同業他社サービスの価格、品質、取引先の信用
     株式会社スタジオ
               修繕の依頼                2,365    度等を総合的に勘案した上で、決定しておりま
     テンポス
                                   す。
               消耗品の購入                 138
               POSレジの購入                7,100
                                   同業他社製品の価格、品質、取引先の信用度等
                                   を総合的に勘案した上で、決定しております。
               消耗品の購入                3,804
     株式会社テンポス
                                   同業他社サービスの価格、品質、取引先の信用
     情報館
               通信サービス利用料                9,648    度等を総合的に勘案した上で、決定しておりま
                                   す。
                                   同業他社サービスの価格、品質、取引先の信用
     株式会社プロフィッ
               広告宣伝の依頼                3,275    度等を総合的に勘案した上で、決定しておりま
     ト・ラボラトリー
                                   す。
                                   同業他社製品の価格、品質、取引先の信用度等
               原材料の仕入                3,451
                                   を総合的に勘案した上で、決定しております。
               厨房機器の購入                16,053
     キッチンテクノ
                                   同業他社サービスの価格、品質、取引先の信用
     株式会社           原状回復工事の依頼                27,319
                                   度等を総合的に勘案した上で、決定しておりま
               消耗品・備品の購入                42,357
                                   す。
               修繕の依頼                2,871
                                   同業他社製品の価格、品質、取引先の信用度等
               消耗品の購入                21,520
                                   を総合的に勘案した上で、決定しております。
     株式会社テンポス
                                   同業他社サービスの価格、品質、取引先の信用
     ドットコム
               業務委託手数料の支払                3,509    度等を総合的に勘案した上で、決定しておりま
                                   す。
     株式会社テンポス                               同業他社サービスの価格、品質、取引先の信用
               クレジットカード売上高              1,772,919
     フィナンシャルトラ                               度等を総合的に勘案した上で、決定しておりま
               クレジット取扱手数料                48,592
     スト                               す。
     (注)   取引金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  33/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        株式会社テンポスホールディングス及びグループ各社との取引をはじめとした関連当事者取引については、独
       立性確保の観点を踏まえ取引の解消を進めてまいりますが、関連当事者と新たに取引を行う場合は、取締役会の
       諮問機関である関連当事者取引検証委員会での意見表明を受けた上で、取締役会の承認を得なければならないこ
       ととしております。また、重要な取引については、取引開始時の検証を行うとともに定期的に取締役会へ報告・
       確認を行っております。
        このように、取引の合理性(事業の必要性)と取引条件の妥当性を十分に検討し、健全性及び適正性確保の仕
       組みを構築しております。
      ② 当社グループとの役員の兼任について

        当社の取締役7名のうち毛利聡は、株式会社テンポスホールディングスの取締役を兼任しております。これ
       は、株式会社テンポスホールディングスでの長年の経験、営業的視点、知見を当社グループ経営に活かすためで
       あります。
     (17)インターネット等による風評被害について

       ソーシャルメディアの急激な普及に伴い、インターネット上での書き込みや店内画像により、マスコミ報道によ
      る風評被害が発生・拡散する事案が今日散見されております。当社グループにおいては、このような風評被害を防
      ぐためにソーシャルメディア利用に関するコンプライアンス研修も実施しておりますが、このような防止策にも関
      わらずソーシャルメディア利用が要因となる風評被害が発生・拡散した場合、当社の経営成績又は財務状態に影響
      を及ぼす可能性があります。
     (18)業績の季節変動について

       当社において、1月のお正月期間、3月の春休み期間が繁忙期となり、第4四半期に業績が偏重する傾向にあ
      ります。予算策定においてはある程度季節的な変動があることを前提とした計画を立てていますが、繁忙期に
      おいて天候不順、台風などの天災、その他不測の事故の発生等によっては、業績が伸び悩み、当社の業績に影
      響を及ぼす可能性があります。
                                      (単位:売上/営業利益・千円 構成比・%)
       第1四半期           第2四半期           第3四半期           第4四半期          2017年3月期合計
      売上     営業利益      売上     営業利益      売上     営業利益      売上     営業利益      売上     営業利益
      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比
     2,286,645      208,778     2,290,599      198,210     2,251,726      200,273     2,299,019      260,962     9,127,989       868,223
       25.0     24.0      25.1      22.8      24.7      23.1      25.2      30.1     100.0      100.0
       第1四半期           第2四半期           第3四半期           第4四半期          2018年3月期合計
      売上     営業利益      売上     営業利益      売上     営業利益      売上     営業利益      売上     営業利益
      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比      構成比
     2,229,808      242,841     2,378,341      236,806     2,291,070       87,384    2,541,639      277,540     9,440,858       844,571
       23.6     28.8      25.2      28.0      24.3      10.3      26.9      32.9     100.0      100.0
     (注)1.構成比は通期に対する割合であります。
                                  34/150








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループ(当社、連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」とい
      う。)の状況の概要は次のとおりであります。
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。なお、当社グ
      ループは、飲食事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。
      ① 経営成績の状況

       第45期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        当社グループにおきましては、「お客様に食を通じて泣いて、笑って、楽しんで帰って頂くエンターテイメン
       トレストラン」を実現させるために、従業員教育によるお客様満足度の向上、販売促進、品質・エンターテイメ
       ント性を重視した商品開発に取り組んでまいりました。
        従業員教育面では、「従業員が働く“誇り”を身に付けられること」を目的として、「4つのプロ(きづき、販
       売、マーケティング、クレーム対応)」に「楽しませるプロ」を新しく加えて、エンターテイメントレストランを
       具現化することに取り組みました。また、マイスター制度、スリースター制度等を積極的に取り入れ、従業員の
       士気向上にも取り組みました。
        販売促進面では、既存店5店舗(太田店、京都伏見店、八王子店、岐阜長良店、浜松本郷店)にて「セルフクッ
       キングコーナー」を店内に設置し、店員のサポートによりお客様自らバーベキュー感覚でステーキを焼いて召し
       上がるサービスや、「体験型レストラン」として、各種デザート(ワッフル・鯛焼き・ソフトクリームパフェ等)
       をお客様自らが作り楽しめることができる空間づくり等、サラダバー・デザートバーの充実を図り、ファミリー
       層を中心に再来店の動機付けに努めました。また、お母さんやお父さんの誕生日にお子様が店内でステーキを焼
       いたり、盛り付けを体験し、手作り料理をプレゼントする「キッズ・グリル体験」の実施による家族の触れ合い
       や感動の場を提供することにも注力しました。
        商品開発面では、お客様で取り分けて楽しんで頂ける「大皿料理(大粒カキフライ、牛肉のタタキ、ガーリック
       シュリンプ)」の提供、「歓送迎会(宴会)コースメニュー」の提供等により、お客様の声を聞きながら、日々メ
       ニュー開発に注力してまいりました。一方で、2018年2月には当社のグランドメニューの全面的な売価変更に取
       り組みました。
        設備投資面では、当社が2017年6月に「ステーキのあさくま津島店(愛知県)」、7月に「ステーキのあさくま
       八王子店(東京都)」、8月に「ステーキのあさくま岐阜長良店(岐阜県)」、11月に「ステーキのあさくま浜松本
       郷店(静岡県)」、「ステーキのあさくま越谷店(埼玉県)」、12月に「ステーキのあさくま浜松インター店(静岡
       県)」の直営店計6店舗を新規出店し、さらに既存店の鶴見店(神奈川県)、学園都市店(茨城県)、千音寺店(愛知
       県)の計3店舗を改装オープンいたしました。さらに、「ビストロ九段下店(東京都)(直営店)」について、2018年
       1月より新業態「やっぱりあさくま」の第1号店としてリニューアルオープンいたしました。一方で、連結子会
       社の株式会社あさくまサクセッションでは利益改善を目的として、2017年8月にファーマーガーデン北戸田店(埼
       玉県)、11月にファーマーズガーデン板橋店(東京都)、2018年3月にまいにちごはん横浜上白根店(神奈川県)の計
       3店舗を閉店しました。その結果、当社グループの当連結会計年度末時点における総店舗数は計85店舗(FC店10
       店舗を含む)となりました。
        競合他社比較面では、「日経トレンディ2018年6月号、『全国200チェーン消費者満足度ランキング』(株式会
       社日経BP、2018年5月2日発売)」にて、当社が「ステーキ・ハンバーグ部門で1位」「外食部門全体で14位」
       となりました(同社が消費者に支持されている外食チェーンはどこかを全国5,000人にアンケート調査を実施した
       結果)。さらに、「日経MJ、『第44回(2017年度)日本の飲食業調査』(株式会社日本経済新聞社、2018年5月23
       日・第1面から第5面)」にて、当社が「(外食部門全体)店舗売上高伸び率ランキングで19位」、「2017年度店舗
       売上高ランキングで159位」となりました。
                                  35/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        以上の結果、当連結会計年度の業績は売上高9,440,858千円(前期対比3.4%増)となりましたが、人材不足等を
       背景とした人件費増等の影響により、営業利益844,571千円(前期対比2.7%減)、経常利益874,699千円(前期対比
       4.1%減)、売上高経常利益率は9.3%(前年対比0.7%減)となりました。また、前連結会計年度に比して減損損
       失及び店舗閉鎖損失計上額が減少したことにより、親会社株主に帰属する当期純利益は494,352千円(前期対比
       32.6%増)となりました。
       第46期第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境の改善に伴い回復基調が続いているも
       のの、個人消費の十分な回復までには至っておりません。また、米国の通商政策の変化による貿易摩擦による世
       界経済への影響も懸念され不安定な状況が続きました。
        外食産業におきましても、個人消費が十分に回復しない中、食材価格の高止まりや人手不足の恒常化による人
       件費の上昇に加え、他業態との顧客獲得競争がさらに激化し、経営環境は厳しい状況が続きました。とりわけレ
       ストラン業態(洋風)売上は、2018年4月から10月までは概ね前年を上回る月が多かったものの11月以降は前年
       を下回っております。特に、客数は、2018年4月から12月の9ヶ月間は毎月前年を下回っており、業界全体とし
       て厳しい状況で推移しております(一般社団法人日本フードサービス協会調べ)。
       このような環境の下、当社グループといたしましては、引き続き「お客様に食を通じて泣いて、笑って、楽しん
       で帰って頂くエンターテイメントレストラン」を実現させるために、エンターテイメント性を重視した販売促進
       及び商品開発、設備投資による新規出店に取り組んでまいりました。
        販売促進面では、当社で展開しております「ステーキのあさくま」にて、2018年10月以降は毎月「大感謝祭」
       等のイベントを開催し、当イベント開催中は、お客様から好評を頂いている「あさくまハンバーグ(180g)」、
       「サーロインステーキ(150g、200g、300g)」の各メニューを通常価格よりもお値打ちな特別価格にて提供いた
       しました。
         設備投資面では、当社が2018年7月に直営店「ステーキのあさくま北山田店(神奈川県)」、9月に直営店
       「ステーキのあさくま岡崎店(愛知県)」、12月に直営店「ステーキのあさくま宮竹店(静岡県)」をオープン
       させ、10月にFC店「ステーキのあさくま松戸店(千葉県)」を直営店化しました。また、子会社が8月に直営
       店「エビス参笹塚店(東京都)」をオープンさせました。加えて、当社は既存店計4店舗(7月上旬に「ステー
       キのあさくま八熊店(愛知県)」、「ステーキのあさくま星崎店(愛知県)」、8月下旬から9月中旬にかけて
       「ステーキのあさくま蘇我店(千葉県)」、「ステーキのあさくま南柏店(千葉県)」)の店舗改装にも取り組
       みました。その結果、当第3四半期末時点における当社グループの総店舗数は88店舗(FC店9店舗を含む)と
       なりました。
       一方で、原材料の値上げや販売促進による商品値引等の影響により、前連結会計年度に比して原価率が上昇しま
       した。また、前連結会計年度に引き続き、人材不足等を背景に人材関連費用は増加傾向にあります。
        これらの結果、当社グループの当第3四半期連結累計期間における業績は、売上高6,989,385千円、営業利益
       473,968千円、経常利益503,538千円、売上高経常利益率7.2%となり、特別損失に減損損失27,597千円を計上した
       こと等の結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は280,211千円となりました。
      ② 財政状態の状況

       第45期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        当連結会計年度末における総資産は4,168,775千円となり、前連結会計年度末に比べて618,546千円増加しまし
       た。その内容は、以下のとおりであります。
       (流動資産)
        当連結会計年度末における流動資産の残高は2,556,697千円となり、前連結会計年度末に比べて507,206千円増
       加しました。主な要因は現金及び預金で447,442千円、売掛金で37,401千円増加したことによります。
       (固定資産)
        当連結会計年度末における固定資産の残高は1,612,077千円となり、前連結会計年度末に比べて111,339千円増
       加しました。主な要因は、建物及び構築物で105,705千円、機械装置及び運搬具で26,251千円、差入保証金で
       17,697千円増加したことによります。
                                  36/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (流動負債)
        当連結会計年度末における流動負債の残高は1,283,317千円となり、前連結会計年度末に比べて102,810千円増
       加しました。主な要因は買掛金で48,102千円、未払法人税等で39,513千円増加したことによります。
       (固定負債)
        当連結会計年度末における固定負債の残高は92,072千円となり、前連結会計年度に比べて22,202千円増加とな
       りました。主な要因は資産除去債務で28,509千円増加したことによります。
       (純資産)
        当連結会計年度末における純資産合計の残高は2,793,385千円となり、前連結会計年度に比べて493,533千円増
       加しました。主な要因は利益剰余金で494,352千円増加したことによります。
       第46期第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

       (資産)
        流動資産は、前連結会計年度末に比べて102,409千円増加し、2,637,486千円となりました。これは主に現金及
       び預金、売掛金、原材料及び貯蔵品の増加によるものです。
        固定資産は、前連結会計年度末に比べて59,544千円増加し、1,693,242千円となりました。これは主に有形固定
       資産の増加によるものです。
        この結果、総資産は、前連結会計年度末に比べて161,953千円増加し、4,330,729千円となりました。
         なお、     「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号平成30年2月16日)等を第1四
       半期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を
       行っております。
       (負債)
        流動負債は、前連結会計年度末に比べて115,396千円減少し、1,167,921千円となりました。これは主に買掛金
       の増加、未払法人税等、賞与引当金の減少によるものです。
        固定負債は、前連結会計年度末に比べて2,861千円減少し、89,210千円となりました。これはその他固定負債の
       減少によるものです。
        この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて118,258千円減少し、1,257,132千円となりました。
       (純資産)
        純資産は、前連結会計年度末に比べて280,211千円増加し、3,073,597千円となりました。これは利益剰余金の
       増加によるものです。
      ③ キャッシュ・フローの状況

       第45期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度と比較し447,442千円増加し、2,129,790千
       円となりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度791,654千円の収入に対し、
       779,570千円の収入となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益822,831千円、減価償却費152,174千円、
       のれん償却額32,552千円等によるものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度185,486千円の収入に対し、
       316,060千円の支出となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出283,681千円、差入保証金の差入
       による支出25,754千円等によるものであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度16,144千円の支出に対し、
       16,067千円の支出となりました。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、リース債務の返済による支出のみとなっております。
                                  37/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、営業キャッシュ・フローで獲得した資金を財源とし

       て、その資金の範囲内で新規出店及び改装等で必要な投資キャッシュ・フローを賄うことを基本的な姿勢として
       おります。
      ④ 生産、受注及び販売の実績

       a.生産実績
        該当事項はありません。
       b.仕入実績
        第45期連結会計年度における仕入実績は、次のとおりであります。
            部門名称                 仕入高(千円)                前年同期比(%)
     飲食事業                               3,856,726                   +3.9

             合計                       3,856,726                   +3.9

     (注)   1.金額は、仕入価格によっております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       c.受注実績
        該当事項はありません。
       d.販売実績

        第45期連結会計年度における販売実績は、次のとおりであります。
            部門名称                 販売高(千円)                前年同期比(%)
     飲食事業                               9,440,858                   +3.4

             合計                       9,440,858                   +3.4

     (注)   上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において判断したものであります。
      ① 重要な会計方針及び見積り

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成して
       おります。この連結財務諸表の作成にあたって、見積りが必要な事項につきましては合理的な基準に基づき会計
       上の見積りを行っております。その他重要な会計方針は「第5 経理の状況、1連結財務諸表等、(1)連結財務諸
       表、注記事項、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載のとおりであります。
      ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       a 当社グループの経営成績について
       第45期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        当連結会計年度における当社グループの経営成績は、「(1)経営成績等の状況の概要①経営成績の状況」に記
       載のとおりであります。
        当連結会計年度におきまして当社グループは、「(1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおり、従業員教育
       によるお客様満足度の向上、販売促進、品質・エンターテイメント性を重視した商品開発に取り組んでまいりま
       した。外食産業においては、人材不足に伴う人件費関連コストの増加、原材料価格の高騰、物流コストの増加が
       懸念されるところであり、これらのコストを吸収しつつ収益力を維持・拡大させていくために、付加価値の高い
       商品開発、リピート率の高い店舗体制の構築が引き続き課題であると認識しております。
                                  38/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        商品開発に関しましては、体験型レストランとして、お客様が単に食事をするだけでなく自ら作って楽しめる
       空間作りや、サラダバー・デザートバーの充実を図ることで、ファミリー層のリピート率を高める商品の開発に
       注力してまいりました。また、当社グループのスケールメリットを活かした取引先との仕入価格交渉及び仕入先
       選定の見直し、物流コスト負担の軽減についての施策等に継続的に取り組むことで、コストの増加に対応してお
       ります。
        人材不足に伴う人件費関連コストの増加に関しましては、当連結会計年度における総人件費対売上高比率は
       24.4%(前年比0.1%減)となっており、当面、人件費関連コストの増加傾向が続くものと考えております。この
       背景には、慢性的な人材不足を背景に、従業員の離職等による採用コスト及び教育関連コストの増加、パート・
       アルバイトの最低時給の上昇による人件費の増加等があります。今後は、従業員の給与水準の見直し、正社員の
       勤務時間の柔軟化を図り正社員の採用枠を広げてパート・アルバイト従業員を正社員として積極的に雇用、有給
       休暇や連続休暇等の年間休日日数の増加、女性従業員向けの子育て支援制度等の福利厚生制度の充実化に積極的
       に努めてまいります。
       第46期第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

        当第3四半期連結累計期間における当社グループの経営成績は、「(1)経営成績等の状況の概要①経営成績の
       状況」に記載のとおりであります。当第3四半期連結累計期間においては、原材料の値上げや販売促進活動によ
       る商品値引により、前連結会計年度に比して原価率が上昇し、総人件費対売上高比率も25.3%となり、前連結会
       計年度24.4%から0.9%増となりました。これらのコスト増加を吸収しつつ収益力を維持・拡大させていくため
       に、引き続き付加価値の高い商品開発、リピート率の高い店舗体制の構築が課題であると認識しており、適時適
       切に対応してまいる所存でおります。
       b 当社グループの資本の財源及び資金の流動性について

        キャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)                        経営成績等の状況の概要            ③ キャッシュ・フローの状況」
       に記載のとおりであります。
        当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、営業キャッシュ・フローで獲得した資金を財源とし
       て、その資金の範囲内で新規出店及び改装等で必要な投資キャッシュ・フローを賄うことを基本的な姿勢として
       おります。
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                  39/150








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

     第45期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      当連結会計年度の設備投資については、当社グループ全体として直営店6店舗の新規出店、既存店4店舗の改装等
     を実施し、その設備投資総額は288,719千円となりました。
      なお、当社グループは「飲食事業」の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。
     第46期第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

      当第3四半期連結累計期間の設備投資については、当社グループ全体として直営店4店舗の新規出店、既存店4店
     舗の改装等を実施し、その設備投資総額は215,805千円となりました。
      なお、当社グループは「飲食事業」の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。
    2  【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
      なお、当社グループは「飲食事業」の単一セグメントであるため、セグメントの名称は記載しておりません。
     (1)  提出会社

                                               2018年3月31日現在
                                帳簿価額(千円)
                                                      従業
      事業所名        設備の
                                                      員数
                        機械及び      工具、
      (所在地)        内容
                  建物及び                土地     リース
                                                      (人)
                        装置、車     器具及び                その他      合計
                   構築物               (面積㎡)      資産
                        両運搬具      備品
             営業店舗                                           23
     愛知県       22店舗
                   170,651      30,221     11,724     12,806        ―     ―  225,403
             用設備等                                         (286)
             営業店舗                                           5
     岐阜県      4店舗
                   55,455     11,457      4,890       ―     ―     ―  71,803
             用設備等                                          (61)
             営業店舗                                           ▶
     三重県      4店舗
                   20,992      6,844     1,140       ―     ―     ―  28,977
             用設備等                                          (49)
             営業店舗                                           9
     静岡県      6店舗
                   122,030      26,156     13,588        ―     ―     ―  161,775
             用設備等                                          (91)
             営業店舗                                           ▶
     東京都      2店舗
                   26,967      5,949     5,278     75,000        ―     ―  113,195
             用設備等                                          (17)
             営業店舗                                           7
     埼玉県      4店舗
                   24,908      9,974     5,671       ―     ―     ―  40,555
             用設備等                                          (35)
             営業店舗                                           5
     神奈川県     3店舗
                   60,998      6,137     3,704       ―     ―     ―  70,839
             用設備等                                          (44)
             営業店舗                                           5
     千葉県      4店舗
                   23,981      4,768     1,865       ―     ―     ―  30,615
             用設備等                                          (44)
             営業店舗                                           ▶
     茨城県      2店舗          29,847      5,752     7,768       ―     ―     ―  43,367
             用設備等                                          (14)
             営業店舗                                           3
     群馬県      3店舗
                   25,850      2,184     1,659       ―     ―     ―  29,694
             用設備等                                          (17)
             営業店舗                                           1
     京都府      1店舗
                   13,680      4,233     4,283       ―     ―     ―  22,198
             用設備等                                          (18)
     本社(東京事務所         事務所                                          14
                     135      ―   9,064       ―     ―   9,661     18,861
     を含む)         設備等                                          (9)
                                                        84
       合計           575,498     113,681      70,639     87,806        ―   9,661    857,287
                                                       (685)
     (注)   1.帳簿価額のうち「その他」は、電話加入権とソフトウエアであります。
        2.帳簿価額には、建設仮勘定の金額は含んでおりません。
        3.遊休土地を含んでおります。
        4.金額には消費税等を含めておりません。
        5.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
        6.上記の他、本社(東京事務所を含む)及び店舗を賃借しております。
          本社(東京事務所を含む)の年間賃借料は7,864千円であり、店舗の年間賃借料は602,486千円であります。
                                  40/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  国内子会社
                                               2018年3月31日現在
                                帳簿価額(千円)
                                                      従業
      事業所名        設備の
                                                      員数
                        機械及び      工具、
      (所在地)        内容
                  建物及び                土地     リース
                                                      (人)
                        装置、車     器具及び                その他      合計
                   構築物               (面積㎡)      資産
                        両運搬具      備品
             営業店舗                                           17
     東京都      14店舗          109,568        0    302      ―   1,953       ―  111,825
             用設備等                                          (58)
             営業店舗                                           7
     埼玉県      5店舗
                   26,369        ―   1,055       ―   3,742       ―  31,167
             用設備等                                          (42)
             営業店舗                                           1
     神奈川県     1店舗
                   59,224        ―     ―     ―   3,324       ―  62,549
             用設備等                                          (12)
                                     ―                   25
       合計           195,162        0   1,358          9,020       ―  205,541
                                    (―)                   (112)
     (注)   1.帳簿価額には、建設仮勘定の金額は含んでおりません。
        2.金額には消費税等を含めておりません。
        3.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
        4.上記の他、店舗を賃借しております。
          店舗の年間賃借料は227,994千円であります。
    3  【設備の新設、除却等の計画】(2019年4月30日現在)

      当社グループの出店計画の主なものは次のとおりであります。なお、当社グループは「飲食事業」の単一セグメン
     トであるため、セグメントの名称は記載しておりません。
     (1)  重要な設備の新設等

                            投資予定金額                着手及び完了予定日
             事業所名                                         増加能力
     会社名                設備の内容                資金調達方法
             (所在地)                                         (客席数)
                            総額    既支払額
                                            着手年月     完了年月
                           (千円)     (千円)
         ステーキのあさくま
                     店舗設備                       2019年     2019年
     提出会社     安城店                   36,196       ―                     96
                     及び保証金                 自己資金       4月     5月
         (愛知県安城市)
         ステーキのあさくま            店舗設備                       2019年     2020年

     提出会社                       320,000        ―   増資資金                (注)3
         出店予定8店舗            及び保証金                       6月以降     3月まで
         ステーキのあさくま            店舗設備                自己資金及び       2020年     2021年

     提出会社                       320,000        ―                   (注)3
         出店予定8店舗            及び保証金                 増資資金      4月以降     3月まで
     (注)   1.金額の中には差入保証金が含まれております。

        2.上記金額に、消費税等は含まれておりません。
        3.現時点で見積もることが困難であることから、記載しておりません。
     (2)  重要な設備等の除却等

       該当事項はありません。
                                  41/150







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     18,800,000

                 計                                   18,800,000

      ②  【発行済株式】

                            上場金融商品取引所名又は

        種類         発行数(株)                                内容
                           登録認可金融商品取引業協会名
       普通株式             4,710,420            非上場           単元株式数は100株であります。
        計            4,710,420              ―                 ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
    第2回ストック・オプション
     決議年月日                    2012年4月23日
     付与対象者の区分及び人数(名) ※                    当社従業員 10 (注)1 〔9〕

     新株予約権の数(個) ※                    195,000 (注)1.2.3 〔175,000〕

     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式      39,000 (注)1.2.3 〔35,000〕
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                    1個につき50 (注)4
     新株予約権の行使期間 ※                    2014年4月24日~2021年6月25日

     新株予約権の行使により株式を発行
                         発行価額  250
     する場合の株式の発行価格及び資本
                         資本組入額 125 (注)5
     組入額(円) ※
                         (1)  新株予約権者は権利行使時において、当社の取締役、従業員もし
                           くは子会社の取締役、従業員の地位にあることを要す。ただし、
                           取締役を任期満了により退任した場合、従業員が定年により退職
     新株予約権の行使の条件 ※
                           した場合にはこの限りではない。また、当社取締役会が正当な理
                           由があると認めた場合はこの限りではない。
                         (2)  新株予約権の相続はこれを認めない。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)6
     交付に関する事項 ※
      ※ 最近事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の
       前月末現在(2019年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を〔 〕
       内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.最近事業年度の末日から提出日の前月末現在にかけて従業員の退職等による権利喪失があったため変更して
          おります。
        2.2013年6月25日開催の定時株主総会により、2013年8月30日付で普通株式5株を1株に併合しております
          が、上記記載につきましては株式併合後の数値となっております。
                                  42/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        3.2012年4月23日開催の取締役会における決議の日(以下、「決議日」という。)以降に、当社が株式分割又は
          株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。ただし、かかる調整は
          本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的たる株式の数について行われ、調整に
          より生じた1株未満の端数については、これを切り捨てるものとします。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
          なお、当社が合併、会社分割、株式交換又は株式移転(以下総称して「合併等」という。)を行う場合、株式
          の無償割当を行う場合、その他株式数の調整を必要とする場合には、合併等、株式の無償割当の条件等を勘
          案のうえ、合理的範囲内で株式数を調整することができます。
        4.決議日以降に当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整するものとし、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                   1
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
          式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新株発行株式数×1株当たり払込金額
                              既発行株式数      +
                                           1株当たり時価
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                    既発行株式数+新株発行株式数
          上記算式において、「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する普通株式に係る自己
          株式を控除した数とし、また、自己株式の処分を行う場合には「新規発行株式数」を「処分する自己株式
          数」に読み替えるものとします。さらに、当社合併等を行う場合、株式の無償割当を行う場合、その他上記
          の行使価額の調整を必要とする場合には、合併等の条件、株式の無償割当の条件等を勘案のうえ、合理的な
          範囲内で行使価額を調整することができます。
        5.本新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条に従い算出さ
          れる資本金等増加限度額の0.5を乗じた額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合は、その端数を、
          切り上げるものとします。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の額を減じ
          た額とします。
        6.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付については、次のとおりであります。

          当社が組織再編に際して定める契約書又は計画書等に以下に定める株式会社の新株予約権を交付する旨を定
          めた場合には、当該組織再編の比率に応じて、次の各号に定める株式会社の新株予約権を交付するものとし
          ます。
          ①合併(当社が消滅する場合に限る)
           合併後存続する株式会社又は合併により設立する株式会社
          ②吸収分割
           吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部を承継する株式会社
          ③新設分割
           新設分割により設立する株式会社
          ④株式交換
           株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社
          ⑤株式移転
           株式移転により設立する株式会社
                                  43/150








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3回ストック・オプション
     決議年月日                    2013年6月13日
                         当社取締役 3     〔3〕
     付与対象者の区分及び人数(名) ※
                         当社従業員 35 (注)1 〔31〕
     新株予約権の数(個) ※                    220,500 (注)1.2.3 〔216,500〕
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 44,100 (注)1.2.3 〔43,300〕
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                    1個につき50 (注)4
     新株予約権の行使期間 ※                    2015年6月21日~2022年6月25日

     新株予約権の行使により株式を発行
                         発行価額  250
     する場合の株式の発行価格及び資本
                         資本組入額 125 (注)5
     組入額(円) ※
                         (1)  新株予約権者は権利行使時において、当社の取締役、従業員及び
                           顧問の地位にあることを要す。ただし、取締役を任期満了により
                           退任した場合、従業員が定年により退職した場合、契約満了によ
     新株予約権の行使の条件 ※
                           り顧問を辞した場合にはこの限りではない。また、当社取締役会
                           が正当な理由があると認めた場合はこの限りではない。
                         (2)  新株予約権の相続はこれを認めない。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)6
     交付に関する事項 ※
      ※ 最近事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の
       前月末現在(2019年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を〔 〕
       内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.最近事業年度の末日から提出日の前月末現在にかけて従業員の退職等による権利喪失があったため変更して
          おります。
        2.2013年6月25日開催の定時株主総会により、2013年8月30日付で普通株式5株を1株に併合しております
          が、上記記載につきましては株式併合後の数値となっております。
        3.2013年6月13日開催の取締役会における決議の日(以下、「決議日」という。)以降に、当社が株式分割又は
          株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。ただし、かかる調整は
          本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的たる株式の数について行われ、調整に
          より生じた1株未満の端数については、これを切り捨てるものとします。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
          なお、当社が合併、会社分割、株式交換又は株式移転(以下総称して「合併等」という。)を行う場合、株式
          の無償割当を行う場合、その他株式数の調整を必要とする場合には、合併等、株式の無償割当の条件等を勘
          案のうえ、合理的範囲内で株式数を調整することができます。
        4.決議日以降に当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整するものとし、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                   1
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
          式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                       新株発行株式数×1株当たり払込金額
                              既発行株式数      +
                                            1株当たり時価
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新株発行株式数
          上記算式において、「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する普通株式に係る自己
          株式を控除した数とし、また、自己株式の処分を行う場合には「新規発行株式数」を「処分する自己株式
          数」に読み替えるものとします。さらに、当社合併等を行う場合、株式の無償割当を行う場合、その他上記
          の行使価額の調整を必要とする場合には、合併等の条件、株式の無償割当の条件等を勘案のうえ、合理的な
          範囲内で行使価額を調整することができます。
        5.本新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条に従い算出さ
          れる資本金等増加限度額の0.5を乗じた額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合は、その端数を、
          切り上げるものとします。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の額を減じ
          た額とします。
                                  44/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        6.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付については、次のとおりであります。
          当社が組織再編に際して定める契約書又は計画書等に以下に定める株式会社の新株予約権を交付する旨を定
          めた場合には、当該組織再編の比率に応じて、次の各号に定める株式会社の新株予約権を交付するものとし
          ます。
          ①合併(当社が消滅する場合に限る)
           合併後存続する株式会社又は合併により設立する株式会社
          ②吸収分割
           吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部を承継する株式会社
          ③新設分割
           新設分割により設立する株式会社
          ④株式交換
           株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社
          ⑤株式移転
           株式移転により設立する株式会社
    第4回ストック・オプション

     決議年月日                    2017年3月14日
                         当社取締役  4     〔4〕
                         当社従業員  30     〔23〕
     付与対象者の区分及び人数(名) ※
                         子会社従業員        7 (注)1 〔7〕
     新株予約権の数(個) ※                    9,750 (注)1.2 〔8,570〕
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 9,750 (注)1.2 〔8,570〕
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                    1個につき310 (注)3
     新株予約権の行使期間 ※                    2019年3月15日~2026年6月27日

     新株予約権の行使により株式を発行
                         発行価額  310
     する場合の株式の発行価格及び資本
                         資本組入額 155 (注)4
     組入額(円) ※
                         (1)  新株予約権者は権利行使時において、当社の取締役、従業員もし
                           くはグループ会社の取締役、従業員の地位にあることを要す。た
                           だし、取締役を任期満了により退任した場合、従業員が定年によ
     新株予約権の行使の条件 ※
                           り退職した場合にはこの限りではない。また、当社取締役会が正
                           当な理由があると認めた場合はこの限りではない。
                         (2)  新株予約権の相続はこれを認めない。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)5
     交付に関する事項 ※
      ※ 最近事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の
       前月末現在(2019年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を〔 〕
       内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.最近事業年度の末日から提出日の前月末現在にかけて従業員の退職等による権利喪失があったため変更して
          おります。
        2.2017年3月14日開催の取締役会における決議の日(以下、「決議日」という。)以降に、当社が株式分割又は
          株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。ただし、かかる調整は
          本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的たる株式の数について行われ、調整に
          より生じた1株未満の端数については、これを切り捨てるものとします。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
          なお、当社が合併、会社分割、株式交換又は株式移転(以下総称して「合併等」という。)を行う場合、株式
          の無償割当を行う場合、その他株式数の調整を必要とする場合には、合併等、株式の無償割当の条件等を勘
          案のうえ、合理的範囲内で株式数を調整することができます。
                                  45/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        3.決議日以降に当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整するものとし、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                   1
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
          式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                       新株発行株式数×1株当たり払込金額
                              既発行株式数      +
                                            1株当たり時価
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新株発行株式数
          上記算式において、「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する普通株式に係る自己
          株式を控除した数とし、また、自己株式の処分を行う場合には「新規発行株式数」を「処分する自己株式
          数」に読み替えるものとします。さらに、当社合併等を行う場合、株式の無償割当を行う場合、その他上記
          の行使価額の調整を必要とする場合には、合併等の条件、株式の無償割当の条件等を勘案のうえ、合理的な
          範囲内で行使価額を調整することができます。
        4.本新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条に従い算出さ
          れる資本金等増加限度額の0.5を乗じた額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合は、その端数を、
          切り上げるものとします。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の額を減じ
          た額とします。
        5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付については、次のとおりであります。
          当社が組織再編に際して定める契約書又は計画書等に以下に定める株式会社の新株予約権を交付する旨を定
          めた場合には、当該組織再編の比率に応じて、次の各号に定める株式会社の新株予約権を交付するものとし
          ます。
          ①合併(当社が消滅する場合に限る)
           合併後存続する株式会社又は合併により設立する株式会社
          ②吸収分割
           吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部を承継する株式会社
          ③新設分割
           新設分割により設立する株式会社
          ④株式交換
           株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社
          ⑤株式移転
           株式移転により設立する株式会社
    第5回ストック・オプション
     決議年月日                    2018年12月13日
     付与対象者の区分及び人数(名)                    当社従業員 47
     新株予約権の数(個) ※                    10,000 (注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 10,000 (注)1
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                    1個につき483 (注)2
     新株予約権の行使期間 ※                    2020年12月14日~2028年6月26日
     新株予約権の行使により株式を発行
                         発行価額  483
     する場合の株式の発行価格及び資本
                         資本組入額 242 (注)3
     組入額(円) ※
                         (1)  新株予約権者は権利行使時において、当社の従業員の地位にある
                           ことを要す。ただし、従業員が定年により退職した場合にはこの
     新株予約権の行使の条件 ※                      限りではない。また、当社取締役会が正当な理由があると認めた
                           場合はこの限りではない。
                         (2)  新株予約権の相続はこれを認めない。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編行為に伴う新株予約権の
                         (注)4
     交付に関する事項 ※
      ※ 提出日の前月末(2019年4月30日)における内容を記載しております。
                                  46/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)   1.2018年12月13日開催の取締役会における決議の日(以下、「決議日」という。)以降に、当社が株式分割又は
          株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。ただし、かかる調整は
          本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的たる株式の数について行われ、調整に
          より生じた1株未満の端数については、これを切り捨てるものとします。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
          なお、当社が合併、会社分割、株式交換又は株式移転(以下総称して「合併等」という。)を行う場合、株式
          の無償割当を行う場合、その他株式数の調整を必要とする場合には、合併等、株式の無償割当の条件等を勘
          案のうえ、合理的範囲内で株式数を調整することができます。
        2.決議日以降に当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整するものとし、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                   1
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
          式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                       新株発行株式数×1株当たり払込金額
                              既発行株式数      +
                                            1株当たり時価
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新株発行株式数
          上記算式において、「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する普通株式に係る自己
          株式を控除した数とし、また、自己株式の処分を行う場合には「新規発行株式数」を「処分する自己株式
          数」に読み替えるものとします。さらに、当社合併等を行う場合、株式の無償割当を行う場合、その他上記
          の行使価額の調整を必要とする場合には、合併等の条件、株式の無償割当の条件等を勘案のうえ、合理的な
          範囲内で行使価額を調整することができます。
        3.本新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条に従い算出さ
          れる資本金等増加限度額の0.5を乗じた額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合は、その端数を、
          切り上げるものとします。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の額を減じ
          た額とします。
        4.組織再編行為に伴う新株予約権の交付については、次のとおりであります。
          当社が組織再編に際して定める契約書又は計画書等に以下に定める株式会社の新株予約権を交付する旨を定
          めた場合には、当該組織再編の比率に応じて、次の各号に定める株式会社の新株予約権を交付するものとし
          ます。
          ①合併(当社が消滅する場合に限る)
           合併後存続する株式会社又は合併により設立する株式会社
          ②吸収分割
           吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部を承継する株式会社
          ③新設分割
           新設分割により設立する株式会社
          ④株式交換
           株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社
          ⑤株式移転
           株式移転により設立する株式会社
      ②  【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。
                                  47/150








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【その他の新株予約権等の状況】
        該当事項はありません。
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2015年12月17日(注)              48,000     4,558,420         6,000      496,000        6,000      242,550
     2016年3月14日(注)              48,000     4,606,420         6,000      502,000        6,000      248,550
     2016年3月24日(注)             104,000      4,710,420        13,000      515,000       13,000      261,550
     (注) 2009年6月27日の取締役会決議に基づいて発行した会社法に基づく新株予約権の権利行使による増加でありま
        す。
     (4)  【所有者別状況】

                                                2019年4月30日現在
                       株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
      区分                           外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                個人
                                                      (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                     取引業者                     その他
                           法人
            団体
                               個人以外      個人
     株主数
              ―          ―          ―     ―
                   5          10               94     109       ―
     (名)
     所有株式数
              ―          ―          ―     ―
                 1,172          33,117               12,794      47,083      2,120
     (単元)
     所有株式数
              ―          ―          ―     ―
                  2.5          70.3               27.2     100.0        ―
     の割合(%)
     (5)  【議決権の状況】

      ①  【発行済株式】
                                                2019年4月30日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               47,083    1単元の株式数は100株であります。
                         4,708,300
     単元未満株式                      2,120        ―     1単元未満の株式であります。
     発行済株式総数                    4,710,420          ―              ―

     総株主の議決権                     ―           47,083             ―

      ②  【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                  48/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】
        該当事項はありません。
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

       該当事項はありません。
    3  【配当政策】

      当社グループは、株主還元を経営上の重要な課題として認識しており、業績や事業拡大に向けた資金需要に対応し
     た内部留保の確保を総合的に勘案した上で、配当については、中長期的に連結配当性向20%以上を目標として、中間配
     当と期末配当の年2回の剰余金の配当を実施する方針であります。なお、内部留保金については、戦略的な成長投資に
     充当することにより企業価値向上に努める考えであります。
      なお、会社法第459条の規定に基づき、取締役会の決議によって剰余金の配当を行う旨と、会社法第454条第5項の
     規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中間配当をすることができる旨を定款に定めて
     おります。
    4  【株価の推移】

      当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
                                  49/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5 【役員の状況】
      男性8名 女性2名(役員のうち女性の比率20.0%)
                                                     所有株式数

      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1986年10月      株式会社アレフ入社
                              1996年12月      同社ハーフダイム及び小樽倉庫事
                                    業部長
                              2006年4月      株式会社マイニングアート設立
                              2008年7月      株式会社ブロンコビリー入社
                              2010年12月      株式会社ACO入社
    代表取締役
            ―    横田 優      1963年7月28日                            (注)4      ―
      社長
                              2013年5月      同社代表取締役
                              2015年4月      当社入社
                              2015年6月      当社取締役
                                    株式会社あさくまサクセッション
                                    取締役(現任)
                              2016年6月      当社代表取締役社長(現任)
                              1964年5月      当社入社
                              1983年9月      当社取締役商品部長
                              1989年9月      当社常務取締役
                              1993年6月      当社取締役副社長
                              1995年6月      当社代表取締役社長
                              1999年6月      当社相談役
                              2000年1月      株式会社マグー設立
                                    同社代表取締役社長
                              2000年6月      当社取締役
               西尾  すみ子
     取締役     管理部長            1947年9月20日                            (注)4    145,900
                              2003年2月      当社取締役退任
                              2004年4月      当社取締役管理部長(現任)
                              2013年8月      株式会社あさくまサクセッション
                                    取締役
                              2013年10月      株式会社西岬魚類取締役
                              2014年6月      株式会社あさくまサクセッション
                                    取締役退任
                              2017年6月      株式会社あさくまサクセッション
                                    取締役(現任)
                              1995年9月      早野商事株式会社入社
                              2001年5月      同社取締役
                              2010年2月      同社常務取締役
                              2011年10月      株式会社西岬魚類取締役
                              2013年7月      同社取締役退任
          内部監査
     取締役          大坂 浩二       1961年4月20日        2013年8月      株式会社あさくまサクセッション              (注)4      ―
           室長
                                    代表取締役
                              2013年10月      株式会社西岬魚類取締役
                              2014年6月      当社取締役
                              2015年1月      株式会社きよっぱち総本店取締役
                              2017年2月      当社取締役内部監査室長(現任)
                              1990年9月      株式会社太陽エンタープライズ入
                                    社
                              2006年6月      株式会社ハーツリーレストランシ
                                    ステム(現 株式会社ハーツリー)
     取締役     営業部長      矢田 真一       1968年10月16日              入社              (注)4      ―
                              2011年2月      株式会社アラスカ入社
                              2012年6月      当社入社
                              2014年8月      当社エリアマネージャー
                              2017年6月      当社取締役営業部長(現任)
                              1985年4月      日本経営振興協会入社
                              1990年4月      株式会社フクハイサービスクリ
                                    エーター(現 株式会社ビジネ
                                    ス・フクハイサービス)入社
                              1992年4月      水車ガーデン入社
                              1994年7月      有限会社オーベルジーヌ入社
     取締役      ―    新貝 栄市       1964年8月18日                            (注)4      ―
                              1997年4月      株式会社ジュンバタンメラ入社
                              2012年8月      当社入社
                              2014年8月      当社エリアマネージャー
                              2017年6月      当社取締役(現任)
                                    株式会社あさくまサクセッション
                                    代表取締役(現任)
                                  50/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                     所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              2000年4月      株式会社テンポスバスターズ
                                    (現 株式会社テンポスホール
                                    ディングス)入社
                              2006年2月      同社幕張店店長
                              2007年4月      同社池袋店店長
                              2009年5月      同社管理部長
                              2013年5月      同社北日本エリアマネージャー
                              2014年7月      同社取締役
                              2015年1月      同社取締役管理部長(現任)
                              2016年2月      株式会社テンポジンパーソナル
                                    エージェント監査役
                              2016年6月      当社取締役(現任)
                                                  (注)4
     取締役      ―    毛利 聡      1977年11月7日                                  ―
                                                  (注)6
                                    株式会社あさくまサクセッション
                                    取締役
                                    株式会社きよっぱち総本店取締役
                              2017年6月      株式会社テンポスバスターズ分割
                                    準備会社(現 株式会社テンポス
                                    バスターズ)取締役(現任)
                              2018年3月      株式会社テンポス情報館取締役
                                    (現任)
                                    株式会社ディースパーク取締役
                                    (現任)
                                    株式会社ドリームダイニング取締
                                    役(現任)
                              1986年4月      日本真空技術株式会社(現 株式
                                    会社アルバック)入社
                              1990年8月      NECリース株式会社(現 NE
                                    Cキャピタルソリューション株式
                                    会社)入社
     取締役      ―    金盛 幹男       1961年7月28日        2008年12月      株式会社三和デンタル顧問(現任)              (注)4      ―
                              2009年6月      当社監査役
                              2013年10月      株式会社あさくまサクセッション
                                    監査役
                              2015年1月      株式会社エイブル監査役
                              2018年6月      当社取締役(現任)
                              1977年4月      株式会社日本教育入社
                              1982年1月      株式会社豊立設計事務所(現 株
                                    式会社ダッド)入社
                              1986年4月      中央立体図株式会社(現 CDS
                                    株式会社)入社
     監査役
            ―    酒井 圭吾       1954年6月13日                            (注)5      ―
     (常勤)
                              2003年3月      同社取締役
                              2008年3月      同社監査役
                              2012年4月      同社内部監査室長
                              2014年12月      当社入社
                              2015年6月      当社常勤監査役(現任)
                              1982年4月      株式会社ビッツ入社
                              1991年4月      株式会社システムハーモニー入社
                              1992年9月      有限会社サザンリーフ設立
                                    同社取締役(現任)
                                    株式会社ヒューマンシステム設立
                                    同社代表取締役(現任)
                               1996年7月      株式会社ヒューマンプラザ(現 
                                                  (注)5
     監査役      ―    伊藤 恵美       1962年1月26日              株式会社ヒューマンソフト)設立                   4,000
                                                  (注)6
                                    同社代表取締役(現任)
                               2012年6月      当社監査役(現任)
                               2013年11月      株式会社ヒューマンシステムテク
                                    ノロジー設立
                                    同社代表取締役(現任)
                              2018年6月      テラテクノロジー株式会社取締役
                                    (現任)
                                  51/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                     所有株式数

      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              2013年12月      弁護士登録
                              2014年1月      スプリング法律事務所入所(現任)
                              2015年9月      慶應義塾大学法科大学院助教(現
     監査役      ―   石井 林太郎       1987年6月16日              任)              (注)5      ―
                              2016年4月      第一東京弁護士会労働法制委員会
                                    委員(現任)
                              2018年6月      当社監査役(現任)
                            計                          149,900
     (注)   1.取締役のうち、毛利聡は、当社の親会社である株式会社テンポスホールディングスの取締役を務めておりま
          す。
        2.取締役のうち、金盛幹男は、社外取締役であります。
        3.監査役のうち、伊藤恵美及び石井林太郎は、社外監査役であります。
        4.2019年1月11日開催の臨時株主総会終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定
          時株主総会終結の時までであります。
        5.2019年1月11日開催の臨時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定
          時株主総会終結の時までであります。
        6.取締役毛利聡及び社外監査役伊藤恵美は、2019年6月28日開催予定の定時株主総会終結をもって退任する予
          定であります。
        7.当社は、2019年6月28日開催予定の定時株主総会の選任議案として、2019年5月14日開催の取締役会におい
          て、加藤真美氏を社外取締役候補者及び後藤德彌氏を社外監査役候補者とする決議を行いました。社外取締
          役候補加藤真美氏及び社外監査役候補後藤德彌氏の略歴は以下のとおりです。
                                                     所有株式数

      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1986年4月      日本アイ・ビー・エム株式会社入
                                    社
                              1997年4月      弁護士登録
                              1998年1月      桜丘法律事務所入所(現任)
     取締役      ―    加藤 真美       1963年5月7日        2012年4月      第二東京弁護士会副会長               ―     ―
                              2016年6月      前澤化成工業株式会社取締役(現
                                    任)
                              2018年7月      株式会社ビジョナリーホールディ
                                    ングス取締役監査等委員(現任)
                              1974年11月      等松・青木監査法人(現有限責任
                                    監査法人トーマツ)入所
                              2011年7月      日本公認会計士協会出向
     監査役      ―    後藤 德彌       1951年8月30日        2013年7月      有限責任監査法人トーマツ帰任               ―     ―
                              2013年8月      社会福祉法人風の森監事(現任)
                              2014年6月      株式会社アルテックジャパン(現
                                    株式会社SPinno)常勤監査役
                                  52/150









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方
       当社におけるコーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方は、社会の変化に迅速に対応できる経営を行
      い、効率的かつ、法令、社会倫理規範を遵守し、健全である経営体制を作ることにあります。また、事業活動によ
      り価値創造を通じた社会への貢献を行うことで社会的責任を果たし、正確かつ公平なディスクロージャーに努め、
      ステークホルダーへの誠実な対応と、透明性のある経営を行うことが重要と考えております。
      ① 企業統治の体制
        当社は、会社法に基づく機関として、株主総会及び取締役会、監査役会を設置するとともに、社内の統治体制
       の構築のため、リスク・コンプライアンス委員会を設置しております。これら各機関の相互連携により、経営の
       健全性、効率性及び透明性が確保できるものと認識しているため、現状の企業統治体制を採用しております。
        当社の各機関の内容は以下のとおりであります。
       (取締役会)
        当社の取締役会は、取締役7名(うち社外取締役1名)により構成され、業務の意思決定及び取締役間の相互牽
       制による業務執行の監督を行う機関と位置付け運営されております。原則として、毎月1回開催される他、必要
       に応じて臨時取締役会を開催し、経営判断の迅速化を図っております。また、経営に対する牽制機能を果たすべ
       く、監査役が取締役会へ出席しております。
       (監査役会)
        監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成されており、原則として毎月1回開催されております。
       監査役監査につきましては、全員が株主総会、取締役会への出席や、取締役及び従業員からの報告聴取等法律上
       の権利行使を行う他、常勤監査役は、リスク・コンプライアンス委員会等の重要な会議への出席や各部署への往
       査等実効性のあるモニタリングに取り組むことで、ガバナンスの在り方とその運営状況を監視し、取締役の職務
       の執行を含む日常的活動の監査を行っております。また、社外監査役の中には弁護士もおり、職業倫理の観点よ
       り経営監視を実施しております。
       (リスク・コンプライアンス委員会)
        代表取締役社長は、内部監査室長をコンプライアンス管理の統括責任者として任命し、管理部、営業部及び内
       部監査室を中心に構成されたリスク・コンプライアンス委員会を原則として毎月1回開催し、役職員に対する教
       育研修体制を構築するとともに、食品衛生法・金融商品取引法・会社法等をはじめとする諸法令等に対する全従
       業員のコンプライアンス意識を高めるための取り組みを行っております。また、リスク・コンプライアンス委員
       会は、コンプライアンスに関する内部統制機能の強化を継続的に行える体制を推進・維持し、様々なリスクを想
       定して未然に対処できるような組織体制の構築・リスク分析並びに対策に努めております。
       (関連当事者取引検証委員会)
        関連当事者取引検証委員会は取締役会の諮問機関と位置づけており、社内役員2名、独立社外役員3名にて構
       成し、委員長は独立社外取締役である                  金盛   幹男   氏が務めております。
        全ての関連当事者取引は、本委員会より意見表明を受けた上で、取締役会で検証することとし、関連当事者取
       引に対する牽制体制を構築しております。
                                  53/150







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社の機関、経営管理体制及び内部統制の仕組みは以下のとおりであります。
      ② 内部統制システム整備の状況








        当社は業務の適正性を確保するための体制は以下のとおりであります。
       (a)  取締役、使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
        ・役職員の職務執行が、法令及び定款に適合することを確保するため、「企業行動規範」を制定し、役職員は
         これを遵守します。
        ・「取締役会規程」をはじめとする社内諸規程を制定し、法令及び定款に定められた事項並びに重要な業務に
         関する事項の決議を行うとともに、取締役から業務執行に関し報告を受けます。
        ・役職員の職務執行の適切性を確保するため、社長直轄の内部監査室を設置し、「内部監査規程」に基づき内
         部監査を実施します。また、内部監査室は必要に応じて会計監査人と情報交換し、効率的な内部監査を実施
         します。
       (b)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
        ・取締役会議事録、株主総会議事録、監査役会議事録、その他重要な書類等の取締役の職務執行に係る情報の
         取扱いは、文書管理規程等の社内規程に基づき、文書又は電磁的媒体に記録し、適切に保存及び管理しま
         す。
        ・文書管理部署である管理部は、取締役及び監査役の閲覧請求に対して、何時でもこれらの文書を閲覧に供し
         ます。
       (c)  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
        ・定時取締役会を毎月1回開催する他、機動的に意思決定を行うため、臨時取締役会を開催するものとし、適
         切な職務執行が行える体制を確保します。
        ・取締役会の意思決定に資するため、経営会議にて取締役会付議事項の事前検討を行うとともに、取締役会で
         決定した方針及び計画等に基づき、取締役会の指示、意思決定を各役員に伝達します。
                                  54/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (d)  その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
        ・代表取締役社長及び内部監査室は、監査役と定期的に意見交換を行います。
        ・監査役は、取締役会をはじめ、リスク・コンプライアンス委員会等重要な会議に出席することにより、重要
         な報告を受ける体制とします。
        ・監査役会は定期的に会計監査人から監査の状況報告を受けることにより、監査環境を整備し、監査の有効
         性、効率性を高めます。
       (e)  財務報告の適正性を確保するための体制
        ・財務報告の適正性を確保するため、全社的な統制活動及び各業務プロセスの統制活動を強化し、その運用体
         制を構築します。
      ③ 内部監査及び監査役監査の状況

        当社は、代表取締役社長直轄の内部監査室を設置しております。内部監査室長1名、内部監査担当者2名の計
       3名が年間の業務監査計画に基づいて監査を実施しており、監査役と連携を取りながら年間計画を立て、法令遵
       守、内部統制の有効性等について監査を行い、代表取締役に報告を行っております。
        監査役監査は、常勤監査役1名、社外監査役2名にて実施しております。監査役は監査の独立性を確保しなが
       ら、取締役会に出席し、取締役の業務執行を監督するとともに、監査役会を開催し、監査情報の共有を図り、リ
       スク管理・コンプライアンスを監視できる体制をとっております。また、会計監査人とは、監査方針について意
       見交換を行い、監査の方法や結果について定期的に会計監査人より報告を受けております。内部監査室、監査
       役、会計監査人の三者により、四半期毎に監査内容や課題事項について情報交換を行っております。
      ④ 会計監査の状況

        当社は、有限責任大有監査法人を会計監査人に選任し、監査契約に基づいて定期的な会計監査を受けておりま
       す。当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、以下のとおりであります。
       (a)  当社の会計監査業務を執行した公認会計士の氏名、所属する監査法人及び継続監査年数
                  公認会計士の氏名等                           所属する監査法人名
                             岩村 浩秀
          指定有限責任社員
                                            有限責任大有監査法人
           業務執行社員
                             坂野 英雄
     (注) 継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
       (b)  監査業務に係る補助者の構成
         公認会計士 5名
      ⑤ 社外取締役及び社外監査役

        当社は社外取締役を1名、社外監査役を2名選任しております。社外取締役金盛幹男氏は、当社の株式を保有
       しておらず、また、その他の人的関係、資本的関係又は取引関係その他利害関係は存在しておりません。社外監
       査役伊藤恵美氏は、当社の株式を4,000株保有しており、また、その他の人的関係、資本的関係又は取引関係その
       他利害関係は存在しておりません。石井林太郎氏は、当社の株式を保有しておらず、また、その他の人的関係、
       資本的関係又は取引関係その他利害関係は存在しておりません。
        当社においては、社外取締役及び社外監査役を選任するための会社からの独立性に関する基準又は方針は定め
       ておりませんが、選任にあたっては東京証券取引所の独立性に関する判断基準等を参考としております。
      ⑥ リスク管理体制の整備の状況

        当社は、取締役がリスク管理体制を構築する責任と権限を有し、これに従いリスク管理に係る、「リスク管理
       規程」を制定し、多様なリスクを可能な限り未然に防止し、危機発生時には企業価値の毀損を極小化するための
       体制を整備しております。
        当社の反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方は、反社会的勢力と一切の関係を断絶することを基本方針と
       し、コンプライアンス精神を養い浸透させるために、会社、役員及び従業員一同が、顧客、取引先、株主等に対
       し、行動の基本とすることを確認し遵守のうえ、コンプライアンス体制の確立と企業倫理の実践に努めておりま
       す。
                                  55/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑦ 役員報酬等
       イ 役員区分ごとの報酬等の総額、補修等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                                ストック              退職
                   (千円)
                          基本報酬              賞与
                                                     (人)
                                オプション              慰労金
     取締役
                     36,000       36,000         ―       ―       ―      4
     (社外取締役を除く)
     監査役
                     3,450       3,450         ―       ―       ―      1
     (社外監査役を除く)
     社外役員                 4,500       4,500         ―       ―       ―      3
     (注) 役員毎の報酬等の総額につきましては、1億円以上を支給している役員はおりませんので記載を省略しており
        ます。
       ロ 当社は使用人分給与を支給している兼務役員はおりませんので記載を省略しております。
       ハ 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
         役員の報酬は、株主総会で承認された報酬総額の範囲内において、各取締役の報酬額は、取締役会の決議に
        より、役割、業績等を勘案のうえ決定し、各監査役の報酬額は監査役会において決定されます。
      ⑧ 取締役及び監査役の責任免除

        当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)及び
       監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を法令の限度において、取締役会の決議によって免除するこ
       とができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分
       に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
      ⑨ 社外取締役及び社外監査役との責任限定契約の内容の概要

        当社は、定款において、会社法第427条第1項の規定に基づき、社外取締役又は社外監査役との間において、会
       社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定めております。なお、当社と社
       外取締役及び社外監査役は、同規定に基づき損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づ
       く損害賠償責任の限度額は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外
       取締役もしくは社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られ
       ます。
      ⑩ 会計監査人との責任限定契約の内容の概要

        当社は、定款において、会社法第427条第1項の規定に基づき、会計監査人との間において、会社法第423条第
       1項の損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定めておりますが、現在、当該契約は締結して
       おりません。
      ⑪ 株式の保有状況

       イ 投資株式のうち保有目的が純投資目的以外であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
         銘柄数           1銘柄
         貸借対照表計上額の合計額  0千円
       ロ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目
       的
         (第44期事業年度)
         該当事項はありません。
         (第45期事業年度)
         該当事項はありません。
       ハ 保有目的が純投資目的である投資株式
         該当事項はありません。
                                  56/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑫ 取締役、監査役の定数
        当社の取締役は15名以内、監査役は4名以内とする旨を定款で定めております。
      ⑬ 取締役等の選任の決議要件

        当社は、取締役及び監査役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
       を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって選任する旨を定款に定めております。また、取締役の選任
       決議は累積投票によらない旨も定款に定めております。
      ⑭ 中間配当

        当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中間配当
       をすることができる旨を定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためでありま
       す。
      ⑮ 自己株式の取得

        当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができる旨
       を定款で定める予定でおります。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするた
       め、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
      ⑯ 株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもっておこなう旨定款に定めてお
       ります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うこと
       を目的とするものであります。
     (2)  【監査報酬の内容等】

      ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                 最近連結会計年度の前連結会計年度                          最近連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               9,000             ―        13,000             ―
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

         計              9,000             ―        13,000             ―

      ②  【その他重要な報酬の内容】

        該当事項はありません。
      ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        該当事項はありません。
      ④  【監査報酬の決定方針】

        当社の監査公認会計士等から年度監査計画の提示を受け、その内容について監査法人等と協議の上、有効性及
       び効率性の観点を総合的に判断し決定しております。
                                  57/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

      令第64号)に基づいて作成しております。
     (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2.監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2016年4月1日から2017年3月31
      日まで)及び当連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2016年4
      月1日から2017年3月31日まで)及び当事業年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の財務諸表について、有
      限責任大有監査法人による監査を受けております。
     (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018

      年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、有限責任大有監査法人による四半期レビューを受けております。
    3.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容や変更等を適切に把握し、社内周知するため各種セミナーへ積極的に参加しております。
                                  58/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,682,348              2,129,790
        売掛金                                222,477              259,878
        原材料及び貯蔵品                                53,850              59,681
        その他                                91,545              108,226
                                         △ 730             △ 880
        貸倒引当金
        流動資産合計                               2,049,491              2,556,697
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                              664,955              770,661
         機械装置及び運搬具(純額)                               87,430              113,681
         土地                               87,806              87,806
                                        80,963              81,018
         その他(純額)
                                      ※1  921,156           ※1  1,053,167
         有形固定資産合計
        無形固定資産
         のれん                               72,139              39,586
                                         5,887              9,661
         その他
         無形固定資産合計                               78,026              49,247
        投資その他の資産
         差入保証金                              459,194              476,892
                                        42,360              32,769
         その他
         投資その他の資産合計                              501,555              509,662
        固定資産合計                               1,500,738              1,612,077
      資産合計                                3,550,229              4,168,775
                                  59/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                591,224              639,327
        未払法人税等                                152,640              192,153
        賞与引当金                                38,000              38,000
                                        398,641              413,837
        その他
        流動負債合計                               1,180,506              1,283,317
      固定負債
        資産除去債務                                34,001              62,510
                                        35,869              29,561
        その他
        固定負債合計                                69,870              92,072
      負債合計                                1,250,377              1,375,390
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                515,000              515,000
        資本剰余金                                592,071              592,071
                                       1,191,961              1,686,313
        利益剰余金
        株主資本合計                               2,299,032              2,793,385
      その他の包括利益累計額
                                          819               ―
        その他有価証券評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                                  819               ―
      純資産合計                                2,299,852              2,793,385
     負債純資産合計                                  3,550,229              4,168,775
                                  60/150












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2018年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               2,169,183
        売掛金                                304,554
        原材料及び貯蔵品                                92,773
        その他                                71,995
                                        △ 1,020
        貸倒引当金
        流動資産合計                               2,637,486
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                              828,541
                                        295,416
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             1,123,958
        無形固定資産
         のれん                               31,976
                                         9,040
         その他
         無形固定資産合計                               41,016
        投資その他の資産
         差入保証金                              488,254
         その他                               42,348
                                        △ 2,335
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              528,267
        固定資産合計                               1,693,242
      資産合計                                4,330,729
                                  61/150











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2018年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                696,654
        未払法人税等                                34,000
        賞与引当金                                12,000
                                        425,265
        その他
        流動負債合計                               1,167,921
      固定負債
        資産除去債務                                62,510
                                        26,700
        その他
        固定負債合計                                89,210
      負債合計                                1,257,132
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                515,000
        資本剰余金                                592,071
                                       1,966,525
        利益剰余金
        株主資本合計                               3,073,597
      純資産合計                                3,073,597
     負債純資産合計                                  4,330,729
                                  62/150













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
     売上高                                  9,127,989              9,440,858
                                       3,710,451              3,856,726
     売上原価
     売上総利益                                  5,417,538              5,584,132
                                     ※1  4,549,314            ※1  4,739,560
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   868,223              844,571
     営業外収益
      受取利息                                   920              195
      受取配当金                                   100               73
      投資有価証券売却益                                    ―            1,401
      貸倒引当金戻入益                                  8,418                ―
      協賛金収入                                  29,260              24,900
                                         9,870              5,302
      その他
      営業外収益合計                                  48,569              31,873
     営業外費用
      支払利息                                  1,010               461
      現金過不足                                  2,167               798
                                         1,054               485
      その他
      営業外費用合計                                  4,232              1,746
     経常利益                                   912,559              874,699
     特別利益
      関係会社株式売却益                                  11,290                 ―
                                       ※2  1,000
      固定資産売却益                                                   ―
      保険差益                                  5,795                ―
                                         1,609                ―
      その他
      特別利益合計                                  19,695                 ―
     特別損失
                                      ※3  70,389             ※3  9,480
      固定資産除却損
                                      ※4  88,111            ※4  19,694
      減損損失
      店舗閉鎖損失                                  96,893              22,693
      その他                                  1,862                ―
      特別損失合計                                 257,257               51,868
     税金等調整前当期純利益                                   674,997              822,831
     法人税、住民税及び事業税
                                        303,413              329,917
                                        △ 1,130             △ 1,438
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   302,283              328,478
     当期純利益                                   372,713              494,352
     非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                    △ 233               ―
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   372,947              494,352
                                  63/150






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
     当期純利益                                   372,713              494,352
     その他の包括利益
                                         1,054              △ 819
      その他有価証券評価差額金
      その他の包括利益合計                                  1,054              △ 819
     包括利益                                   373,768              493,533
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 374,002              493,533
      非支配株主に係る包括利益                                  △ 233               ―
                                  64/150
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日
                                至 2018年12月31日)
     売上高                                  6,989,385
                                       2,875,921
     売上原価
     売上総利益                                  4,113,464
     販売費及び一般管理費                                  3,639,495
     営業利益                                   473,968
     営業外収益
      受取利息                                   132
      協賛金収入                                  20,358
                                        13,265
      その他
      営業外収益合計                                  33,756
     営業外費用
      貸倒引当金繰入額                                  2,335
                                         1,850
      その他
      営業外費用合計                                  4,186
     経常利益                                   503,538
     特別損失
                                        27,597
      減損損失
      特別損失合計                                  27,597
     税金等調整前四半期純利益                                   475,941
     法人税、住民税及び事業税
                                        182,279
                                        13,450
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   195,729
     四半期純利益                                   280,211
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   280,211
                                  65/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日
                                至 2018年12月31日)
     四半期純利益                                   280,211
     その他の包括利益
      その他の包括利益合計                                    ―
     四半期包括利益                                   280,211
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 280,211
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    ―
                                  66/150
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                   資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高                 515,000           592,136           819,013          1,926,149
     当期変動額
     親会社株主に帰属する
                                           372,947           372,947
     当期純利益
     連結子会社株式の売却
                                  455                      455
     による持分の増減
     連結子会社株式の取得
                                 △ 520                     △ 520
     による持分の増減
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                    ―          △ 64         372,947           372,883
     当期末残高                 515,000           592,071          1,191,961           2,299,032
                     その他の包括利益累計額

                                       非支配株主持分            純資産合計
                 その他有価証券          その他の包括利益
                  評価差額金           累計額合計
     当期首残高                  △ 235          △ 235           455        1,926,369
     当期変動額
     親会社株主に帰属する
                                                      372,947
     当期純利益
     連結子会社株式の売却
                                                        455
     による持分の増減
     連結子会社株式の取得
                                                       △ 520
     による持分の増減
     株主資本以外の項目
                       1,054           1,054           △ 455           599
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  1,054           1,054           △ 455         373,482
     当期末残高                   819           819            ―       2,299,852
                                  67/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                   資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高                 515,000           592,071          1,191,961           2,299,032
     当期変動額
     親会社株主に帰属する
                                           494,352           494,352
     当期純利益
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                    ―           ―        494,352           494,352
     当期末残高                 515,000           592,071          1,686,313           2,793,385
                     その他の包括利益累計額

                                       純資産合計
                 その他有価証券          その他の包括利益
                  評価差額金           累計額合計
     当期首残高                   819           819        2,299,852
     当期変動額
     親会社株主に帰属する
                                           494,352
     当期純利益
     株主資本以外の項目
                       △ 819          △ 819          △ 819
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  △ 819          △ 819         493,533
     当期末残高                    ―           ―       2,793,385
                                  68/150












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 674,997              822,831
      減価償却費                                 175,333              152,174
      のれん償却額                                  35,117              32,552
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,267               150
      受取利息及び受取配当金                                 △ 1,020              △ 195
      支払利息                                  1,010               461
      有形固定資産除売却損                                  70,389               9,480
      減損損失                                  88,111              19,694
      店舗閉鎖損失                                  85,361              22,693
      関係会社株式売却損益(△は益)                                 △ 11,290                 ―
      投資有価証券売却損益(△は益)                                    0           △ 1,401
      売上債権の増減額(△は増加)                                  8,152             △ 36,959
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  10,750              △ 5,831
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  53,624              48,102
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 24,986             △ 30,158
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  10,540                 ―
                                       △ 11,969              36,646
      その他
      小計                                1,162,855              1,070,240
      利息及び配当金の受取額
                                         1,020               195
      利息の支払額                                 △ 1,010              △ 461
                                       △ 371,211             △ 290,404
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 791,654              779,570
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 176,981             △ 283,681
      有形固定資産の売却による収入                                  1,000                ―
      無形固定資産の取得による支出                                    ―           △ 2,000
      投資有価証券の売却による収入                                    ―            10,734
      短期貸付金の回収による収入                                  56,864                 ―
      長期貸付金の回収による収入                                 260,555                 ―
      差入保証金の差入による支出                                 △ 21,678             △ 25,754
      差入保証金の回収による収入                                  19,550                73
      預り保証金の受入による収入                                  7,800                ―
      預り保証金の返還による支出                                 △ 3,350                ―
      資産除去債務の履行による支出                                 △ 8,270             △ 15,432
      関係会社株式の取得による支出                                  △ 520               ―
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                      ※2  50,514
                                                         ―
      る収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 185,486             △ 316,060
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 16,144             △ 16,067
      リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 16,144             △ 16,067
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   960,996              447,442
     現金及び現金同等物の期首残高                                   721,352             1,682,348
                                     ※1  1,682,348            ※1  2,129,790
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  69/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
      1.連結の範囲に関する事項
         すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数
         1社
        連結子会社の名称
         株式会社あさくまサクセッション
         従来、連結子会社であった株式会社きよっぱち総本店は、2016年9月1日付にて、当社親会社である株式会
        社テンポスバスターズ(現 株式会社テンポスホールディングス)へ全株式を譲渡したため、当連結会計年度よ
        り連結の範囲から除外しております。
      2.持分法の適用に関する事項

         該当事項はありません。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4.会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ①有価証券
         a その他有価証券
           時価のあるもの
            決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部資本直入法により処理し、売却原価は総平均法
           による原価法)
           時価のないもの
            主として移動平均法による原価法
        ②たな卸資産
         通常の販売目的で保有するたな卸資産
          評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
         a 原材料・貯蔵品
            最終仕入原価法
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ①有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016
         年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。なお、主な耐
         用年数は以下のとおりであります。
           建物及び構築物             3年~40年
           機械装置及び運搬具           4年~15年
        ②無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。なお、主な償却年数は次のとおりであります。
           ソフトウエア(自社利用分)             5年(社内における利用可能期間)
        ③リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                  70/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)  重要な引当金の計上基準
        ①貸倒引当金
          債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
         ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ②賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上してお
         ります。
       (4)  のれんの償却方法及び償却期間

          5年間の定額法により償却しております。
       (5)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許資金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
         しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (6)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      1.連結の範囲に関する事項
         すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数
         1社
        連結子会社の名称
         株式会社あさくまサクセッション
      2.持分法の適用に関する事項

         該当事項はありません。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4.会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ①有価証券
         a その他有価証券
           時価のあるもの
            決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部資本直入法により処理し、売却原価は総平均法
           による原価法)
           時価のないもの
            主として移動平均法による原価法
        ②たな卸資産
         通常の販売目的で保有するたな卸資産
          評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
         a 原材料・貯蔵品
            最終仕入原価法
                                  71/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ①有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016
         年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。なお、主な耐
         用年数は以下のとおりであります。
           建物及び構築物              3年~40年
           機械装置及び運搬具            4年~15年
        ②無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。なお、主な償却年数は次のとおりであります。
           ソフトウエア(自社利用分)             5年(社内における利用可能期間)
        ③リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (3)  重要な引当金の計上基準

        ①貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
         権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ②賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上してお
         ります。
       (4)  のれんの償却方法及び償却期間

          5年間の定額法により償却しております。
       (5)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許資金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
         しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (6)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  72/150









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (会計方針の変更)
     前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
      (減価償却方法の変更)
       法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報
      告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物
      に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
       なお、当連結会計年度において、連結財務諸表への影響額は軽微であります。
     当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      該当事項はありません。
       (追加情報)

     前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
      (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結会
      計年度から適用しております。
     当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      該当事項はありません。
       (連結貸借対照表関係)

     ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
        有形固定資産の減価償却累計額                        2,404,725     千円            2,351,372     千円
                                  73/150











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結損益計算書関係)
     ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
        給料及び手当                        1,851,106     千円            1,954,915     千円
        賞与引当金繰入額                         38,000   千円              38,000   千円
        地代家賃                         870,523    千円             838,345    千円
     ※2.固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
        建物                          1,000   千円                ― 千円
         計                          1,000   千円                ― 千円
     ※3.固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
        建物及び構築物                         59,420   千円              9,078   千円
        その他                         10,969   千円               401  千円
         計                         70,389   千円              9,480   千円
     ※4.減損損失の内容は、次のとおりであります。

    前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
     当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
         会社区分               場所            用途           種類

                  埼玉県戸田市                  店舗      建物、工具器具及び備品

                  東京都板橋区                  店舗      建物、工具器具及び備品

                                          建物、機械装置、工具器
                  東京都練馬区                  店舗
                                          具及び備品
     連結子会社
                  東京都八王子市                  店舗      建物、工具器具及び備品
     株式会社あさくま
     サクセッション
                  神奈川県横浜市旭区                  店舗      建物、工具器具及び備品
                                          建物、工具器具及び備品

                  東京都調布市                  店舗
                                          のれん
                  神奈川県横浜市都筑区                  店舗      のれん

     当社グループはキャッシュ・フローを生み出す最小単位として事業用資産である直営店舗を基本単位として資産のグ
    ルーピングを行っております。
     当連結会計年度において、収益性の低下した直営店舗のうち、帳簿価額を将来にわたり回収する可能性がないと判断
    した店舗について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として、特別損失に計上しておりま
    す。その内訳は、建物68,293千円、機械装置5,460千円、工具器具及び備品2,102千円、リース資産2,248千円、のれん
    10,007千円であります。
                                  74/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     なお、当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、割引前将来キャッシュ・フローがマイ
    ナスであるため割引率の記載を省略しております。
    当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

     当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
         会社区分               場所            用途           種類

                                          建物、機械装置、工具器
                  群馬県高崎市               店舗
                                          具及び備品
     当社
                  愛知県名古屋市中区               店舗         工具器具及び備品
     連結子会社

                  東京都町田市               店舗         建物、リース資産
     株式会社あさくま
                  東京都世田谷区               店舗         建物、工具器具及び備品
     サクセッション
     当社グループはキャッシュ・フローを生み出す最小単位として事業用資産である直営店舗を基本単位として資産のグ
    ルーピングを行っております。
     当連結会計年度において、収益性の低下した直営店舗のうち、帳簿価額を将来にわたり回収する可能性がないと判断
    した店舗について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として、特別損失に計上しておりま
    す。その内訳は、建物14,207千円、機械装置1,311千円、工具器具及び備品721千円、リース資産3,452千円であります。
     なお、当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、割引前将来キャッシュ・フローがマイ
    ナスであるため割引率の記載を省略しております。
       (連結包括利益計算書関係)

     ※1.   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                    (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
        その他有価証券評価差額金
         当期発生額                               1,156                   ―
         組替調整額                                235                △819
         税効果調整前                               1,391                 △819
         税効果額                               △336                   ―
         その他有価証券評価差額金                               1,054                 △819
           その他の包括利益合計                               1,054                 △819
                                  75/150








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
    前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
    1.発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当連結会計年度期末
     普通株式(株)                4,710,420               ―           ―       4,710,420
        合計            4,710,420               ―           ―       4,710,420
    2.自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3.新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)

                                                    当連結会計
                      目的となる
            内訳                                        年度末残高
                      株式の種類
                            当連結会計                  当連結会計
                                                     (千円)
                                    増加      減少
                             年度期首                  年度末
     ストック・オプションとしての
                       普通株式        54,000        ―    8,000     46,000        ―
     第2回新株予約権
     ストック・オプションとしての
                       普通株式       111,700         ―   65,000      46,700        ―
     第3回新株予約権
     ストック・オプションとしての
                       普通株式          ―   10,000        ―   10,000        ―
     第4回新株予約権
               合計               165,700      10,000      73,000     102,700         ―

     (注)   1.目的となる株式の数は、新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載しておりま

          す。
        2.目的となる株式の数の変動事由の概要
          第2回新株予約権の減少は、従業員の退職等による権利喪失であります。
          第3回新株予約権の減少は、当社取締役及び従業員の退職等による権利喪失であります。
          第4回新株予約権の増加は、発行によるものであります。
        3.第4回新株予約権については、権利行使期間の初日が到来しておりません。
                                  76/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
    1.発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当連結会計年度期末
     普通株式(株)                4,710,420               ―           ―       4,710,420
        合計            4,710,420               ―           ―       4,710,420
    2.自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3.新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)

                                                    当連結会計
                      目的となる
            内訳                                        年度末残高
                      株式の種類
                            当連結会計                  当連結会計
                                                     (千円)
                                    増加      減少
                             年度期首                  年度末
     ストック・オプションとしての
                       普通株式        46,000        ―    7,000     39,000        ―
     第2回新株予約権
     ストック・オプションとしての
                       普通株式        46,700        ―    2,600     44,100        ―
     第3回新株予約権
     ストック・オプションとしての
                       普通株式        10,000        ―     250     9,750        ―
     第4回新株予約権
               合計               102,700         ―    9,850     92,850        ―

     (注)   1.目的となる株式の数は、新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載しておりま

          す。
        2.目的となる株式の数の変動事由の概要
          第2回新株予約権の減少は、当社従業員の退職等による権利喪失であります。
          第3回新株予約権の減少は、当社従業員の退職等による権利喪失であります。
          第4回新株予約権の減少は、当社従業員、当社連結子会社取締役及び従業員の退職等によるものでありま
          す。
        3.第4回新株予約権については、権利行使期間の初日が到来しておりません。
                                  77/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     
       す。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                            至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
        現金及び預金                      1,682,348     千円            2,129,790     千円
        現金及び現金同等物                      1,682,348     千円            2,129,790     千円
     ※2.連結範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入の内訳

    前連結会計年度        (自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
     株式売却により、株式会社きよっぱち総本店が連結子会社でなくなったことに伴う売却時の資産及び負債の内訳並び
    に株式の売却価額と売却による収入は次のとおりであります。
        流動資産                              34,447千円
        固定資産                             350,997千円
        流動負債            △78,720千円
        固定負債                           △261,030千円
        株式の売却益                            11,290千円
        株式の売却価額                           56,984千円
        現金及び現金同等物                         △6,470千円
         差引:売却による収入                    50,514千円
    当連結会計年度        (自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

     該当事項はありません。
       (リース取引関係)

    前連結会計年度(2017年3月31日)
    1.ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
       ・有形固定資産 主として、店舗における厨房機器(機械装置、工具器具及び備品)であります。
      ② リース資産の減価償却方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                     (2)重要な減価償却資産の減
        価償却の方法」に記載のとおりであります。
    2.オペレーティング・リース取引

       該当事項はありません。
    当連結会計年度(2018年3月31日)

    1.ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
       ・有形固定資産 主として、店舗における厨房機器(機械装置、工具器具及び備品)であります。
      ② リース資産の減価償却方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                     (2)重要な減価償却資産の減
        価償却の方法」に記載のとおりであります。
    2.オペレーティング・リース取引

       該当事項はありません。
                                  78/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
    前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループは、資金運用につきましては安全性が高く短期的な預金等に限定し、また、資金調達については必
      要に応じて銀行借入により行う方針であります。デリバティブ取引等の投機的な取引は、行わない方針でありま
      す。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びに金融商品に係るリスク管理体制

       営業債権である売掛金については、主として顧客のクレジット決済によるものであり、信用リスクに晒されてお
      ります。当該リスクについては、当社の経理規程に従い、取引先ごとに残高管理を行なっております。投資有価証
      券は、主として上場株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。当該リスクについては、定期的にこ
      れらの時価や発行体の財務状況等を把握し、リスクの軽減に努めております。差入保証金は、主に出店に関わる賃
      貸借契約等に基づく保証金、敷金及び建設協力金であり、貸主の信用リスクに晒されております。当該リスクにつ
      いては、相手先の状況を定期的にモニタリングし、財務状況の悪化等の早期把握によりリスクの軽減を図っており
      ます。営業債務である買掛金等は、流動性リスクに晒されております。当該リスクについては、当社グループの経
      理規程に従い、取引先ごとに残高管理を行なっております。支払期日は、1ヶ月を主とし2ヶ月以内であります。
     (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価等には、市場価格に基づく価格の他、市場価格がない場合には合理的に算定された価格が含まれ
      ております。当該価格の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用することにより、
      当該価格が変動することがあります。
    2.金融商品の時価等に関する事項

      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注)2を参照ください。)。
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                            1,682,348            1,682,348                ―
     (2)  売掛金
                             222,477            222,477               ―
     (3)  投資有価証券
                              10,511            10,511               ―
           資産計                 1,915,337            1,915,337                ―
     (1)  買掛金
                             591,224            591,224               ―
     (2)  未払金
                             133,752            133,752               ―
     (3)  未払法人税等                      152,640            152,640               ―
     (4)  リース債務(※)
                              30,096            30,080             △16
           負債計                  907,713            907,697              △16
     (※)リース債務には、1年内の期限到来分を含めて記載しております。
     (注)   1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      資   産
       (1)  現金及び預金、(2)         売掛金
          これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
         ります。
       (3)  投資有価証券
          投資有価証券の時価について、株式は取引所の価格によっております。また、保有目的毎の有価証券に関
         する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
                                  79/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      負   債
       (1)  買掛金、(2)      未払金、(3)      未払法人税等
          これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額
         によっております。
       (4)  リース債務
          元利金の合計額を、新規の同様の借入又はリース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価
         値により算定しております。
     (注)   2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                          (単位:千円)
          区分            2017年3月31日
     差入保証金                         459,194
       差入保証金については、市場価格がなく、また、返還時期の見積りが困難なため、時価を把握することが極めて
      困難と認められることから、評価しておりません。
     (注)   3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                                1年以内                    10年超
                                       5年以内       10年以内
                                 (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
     現金及び預金                            1,682,348           ―       ―       ―
     売掛金                             222,477          ―       ―       ―
                合計                1,904,825           ―       ―       ―
     (注)   4.リース債務の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超

                                              4年超
                   1年以内                                  5年超
                                              5年以内
                          2年以内       3年以内       4年以内
                   (千円)                                 (千円)
                                              (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)
     リース債務                15,527       11,707       2,861         ―       ―       ―
          合計           15,527       11,707       2,861         ―       ―       ―
                                  80/150











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループは、資金運用につきましては安全性が高く短期的な預金等に限定し、また、資金調達については必
      要に応じて銀行借入により行う方針であります。デリバティブ取引等の投機的な取引は、行わない方針でありま
      す。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びに金融商品に係るリスク管理体制

       営業債権である売掛金については、主として顧客のクレジット決済によるものであり、信用リスクに晒されてお
      ります。当該リスクについては、当社の経理規程に従い、取引先毎に残高管理を行なっております。当該リスクに
      ついては、定期的にこれらの時価や発行体の財務状況等を把握し、リスクの軽減に努めております。差入保証金
      は、主に出店に関わる賃貸借契約等に基づく保証金、敷金及び建設協力金であり、貸主の信用リスクに晒されてお
      ります。当該リスクについては、相手先の状況を定期的にモニタリングし、財務状況の悪化等の早期把握によりリ
      スクの軽減を図っております。営業債務である買掛金等は、流動性リスクに晒されております。当該リスクについ
      ては、当社グループの経理規程に従い、取引先毎に残高管理を行っております。支払期日は、1ヶ月を主とし2ヶ
      月以内であります。
     (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価等には、市場価格に基づく価格の他、市場価格がない場合には合理的に算定された価格が含まれ
      ております。当該価格の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用することにより、
      当該価格が変動することがあります。
    2.金融商品の時価等に関する事項

      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注)2を参照ください。)。
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                            2,129,790            2,129,790                ―
     (2)  売掛金
                             259,878            259,878               ―
           資産計                 2,389,669            2,389,669                ―
     (1)  買掛金
                             639,327            639,327               ―
     (2)  未払金
                             164,782            164,782               ―
     (3)  未払法人税等
                             192,153            192,153               ―
     (4)  リース債務(※)
                              13,165            13,161              △4
           負債計                 1,009,428            1,009,423               △4
     (※)リース債務には、1年内の期限到来分を含めて記載しております。
     (注)   1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      資   産
       (1)  現金及び預金、(2)         売掛金
          これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
         ります。
      負   債
       (1)  買掛金、(2)      未払金、(3)      未払法人税等
          これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額
         によっております。
       (4)  リース債務
          元利金の合計額を、新規の同様の借入又はリース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価
         値により算定しております。
                                  81/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)   2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                          (単位:千円)
          区分            2018年3月31日
     投資有価証券                            0
     差入保証金                         476,892
       投資有価証券については、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められることから、差入保証金
      については、市場価格がなく、また、返還時期の見積りが困難なため、時価を把握することが極めて困難と認めら
      れることから、評価しておりません。
     (注)   3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                                1年以内                    10年超
                                       5年以内       10年以内
                                 (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
     現金及び預金                            2,129,790           ―       ―       ―
     売掛金                             259,878          ―       ―       ―
                合計                2,389,669           ―       ―       ―
     (注)   4.リース債務の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超

                                              4年超
                   1年以内                                  5年超
                                              5年以内
                          2年以内       3年以内       4年以内
                   (千円)                                 (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     リース債務                10,303       2,861         ―       ―       ―       ―
          合計           10,303       2,861         ―       ―       ―       ―
                                  82/150













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
    1.その他有価証券
      前連結会計年度(2017年3月31日)
                           連結貸借対照表計上額              取得原価           差額
         区分           種類
                               (千円)           (千円)          (千円)
                (1)株式                   5,511          4,355          1,156
                (2)債券

                  ①国債・地方債等                   ―          ―          ―

     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             ②社債                   ―          ―          ―
     の
                  ③その他                   ―          ―          ―
                (3)その他                     ―          ―          ―

                    小計               5,511          4,355          1,156

                (1)株式                   5,000          5,000            ―

                (2)債券

                  ①国債・地方債等                   ―          ―          ―

     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない             ②社債                   ―          ―          ―
     もの
                  ③その他                   ―          ―          ―
                (3)その他                     0          0          ―

                    小計               5,000          5,000            ―

              合計                    10,511          9,355          1,156

                                  83/150











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(2018年3月31日)
                           連結貸借対照表計上額              取得原価           差額
         区分           種類
                               (千円)           (千円)          (千円)
                (1)株式                     ―          ―          ―
                (2)債券

                  ①国債・地方債等                   ―          ―          ―

     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             ②社債                   ―          ―          ―
     の
                  ③その他                   ―          ―          ―
                (3)その他                     ―          ―          ―

                    小計                 ―          ―          ―

                (1)株式                     ―          ―          ―

                (2)債券

                  ①国債・地方債等                   ―          ―          ―

     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない             ②社債                   ―          ―          ―
     もの
                  ③その他                   ―          ―          ―
                (3)その他                     0          0          ―

                    小計                 0          0          ―

              合計                       0          0          ―

                                  84/150











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2.売却したその他有価証券
      前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

          種類            売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)
     (1)株式                       10,734              1,401               ―

     (2)債券

      ①国債・地方債等                        ―             ―             ―

      ②社債                        ―             ―             ―

      ③その他                        ―             ―             ―

     (3)その他                          ―             ―             ―

          合計                  10,734              1,401               ―

                                  85/150














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
    前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
    1.当該事業年度における費用計上額及び科目名
      当社は、ストック・オプションの付与時点においては未公開企業であり、ストック・オプション等の単位当たりの
     本源的価値は零のため、費用計上はしておりません。
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)  ストック・オプションの内容
                       2012年             2013年             2017年
                   ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
     決議年月日                2012年4月23日             2013年6月13日             2017年3月14日
                                              当社取締役  2名
     付与対象者の区分及び人                             当社取締役 1名             当社従業員  33名
                    当社従業員 12名
     数                             当社従業員 41名             子会社役員  2名
                                              子会社従業員 7名
                    普通株式 46,000株             普通株式 46,700株
     株式の種類及び付与数                                          普通株式 10,000株
                       (注)1             (注)1
     付与日                2012年5月30日             2013年6月21日             2017年3月14日
                  1.新株予約権者は権利行             1.新株予約権者は権利行             1.新株予約権者は権利行
                    使時において、当社の             使時において、当社の             使時において、当社の
                    取締役、従業員もしく             取締役、従業員及び顧             取締役、従業員もしく
                    は子会社の取締役、従             問の地位にあることを             はグループ会社の取締
                    業員の地位にあること             要す。ただし、取締役             役、従業員の地位にあ
                    を要す。ただし、取締             を任期満了により退任             ることを要す。ただ
                    役を任期満了により退             した場合、又は従業員             し、取締役を任期満了
                    任した場合、又は従業             が定年により退職した             により退任した場合、
     権利確定条件               員が定年により退職し             場合はこの限りではな             又は従業員が定年によ
                    た場合はこの限りでは             い。また、当社取締役             り退職した場合はこの
                    ない。また、当社取締             会が正当な理由がある             限りではない。また、
                    役会が正当な理由があ             と認めた場合はこの限             当社取締役会が正当な
                    ると認めた場合はこの             りではない。             理由があると認めた場
                    限りではない。                           合はこの限りではな
                                              い。
                  2.新株予約権の相続はこ             2.新株予約権の相続はこ             2.新株予約権の相続はこ
                    れを認めない。             れを認めない。             れを認めない。
     対象勤務期間                 定めなし             定めなし             定めなし
                  2014年4月24日から             2015年6月22日から             2019年3月15日から
     権利行使期間
                  2021年6月25日まで             2022年6月25日まで             2026年6月27日まで
     (注)   1.株式数に換算して記載しております。なお、2013年8月30日付株式併合(普通株式5株を1株に併合)による
          株式併合後の株式数に換算して記載しております。
                                  86/150







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
       当連結会計年度(2017年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
      については、株式数に換算して記載しております。
      ①  ストック・オプションの数
                             2012年           2013年
                                                   2017年
                         ストック・オプション           ストック・オプション
                                               ストック・オプション
                             (注)           (注)
     権利確定前                        (株)
      前連結会計年度末                              ―           ―           ―

      付与                              ―           ―        10,000

      失効                              ―           ―           ―

      権利確定                              ―           ―           ―

      未確定残                              ―           ―        10,000

     権利確定後                        (株)

      前連結会計年度末                           54,000          111,700              ―

      権利確定                              ―           ―           ―

      権利行使                              ―           ―           ―

      失効                            8,000          65,000              ―

      未行使残                           46,000           46,700              ―

     (注) 2013年8月30日付株式併合(普通株式5株を1株に併合)による株式併合後の株式数に換算して記載しておりま
        す。
      ②  単価情報

                            2012年           2013年
                                                  2017年
                         ストック・オプション           ストック・オプション
                                               ストック・オプション
                             (注)           (注)
     決議年月日                      2012年4月23日           2013年6月13日           2017年3月14日
     権利行使価格                       (円)

                                 250           250           310
     行使時平均株価                      (円)

                                  ―           ―           ―
     付与日における公正な評価単価               (円)               ―           ―           ―

     (注) 2013年8月30日付株式併合(普通株式5株を1株に併合)による株式併合後の価格に換算して記載しておりま
        す。
    3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      2012年、2013年に付与されたストック・オプションの公正な評価単価は、その付与時において当社は未公開株式で
     あるため、ストック・オプションの単位当たりの本源的価値を見積る方法により算定しております。また、単位当た
     りの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、純資産価額方式によっております。
      2017年に付与されたストック・オプションの公正な評価単価は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー
     法)及び時価純資産価額方式を加重平均して算出する併用方式により算定しております。
                                  87/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法
      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみを反映させる方法を採用してお
     ります。
    当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
    1.当該事業年度における費用計上額及び科目名
      当社は、ストック・オプションの付与時点においては未公開企業であり、ストック・オプション等の単位当たりの
     本源的価値は零のため、費用計上はしておりません。
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)  ストック・オプションの内容
                       2012年             2013年             2017年
                   ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
     決議年月日                2012年4月23日             2013年6月13日             2017年3月14日
                                              当社取締役  4名
     付与対象者の区分及び人                             当社取締役 3名
                    当社従業員 10名                          当社従業員  30名
     数                             当社従業員 35名
                                              子会社従業員 7名
                    普通株式 39,000株             普通株式 44,100株
     株式の種類及び付与数                                          普通株式 9,750株
                       (注)1             (注)1
     付与日                2012年5月30日             2013年6月21日             2017年3月14日
                  1.新株予約権者は権利行             1.新株予約権者は権利行             1.新株予約権者は権利行
                    使時において、当社の             使時において、当社の             使時において、当社の
                    取締役、従業員もしく             取締役、従業員及び顧             取締役、従業員もしく
                    は子会社の取締役、従             問の地位にあることを             はグループ会社の取締
                    業員の地位にあること             要す。ただし、取締役             役、従業員の地位にあ
                    を要す。ただし、取締             を任期満了により退任             ることを要す。ただ
                    役を任期満了により退             した場合、又は従業員             し、取締役を任期満了
                    任した場合、又は従業             が定年により退職した             により退任した場合、
     権利確定条件               員が定年により退職し             場合はこの限りではな             又は従業員が定年によ
                    た場合はこの限りでは             い。また、当社取締役             り退職した場合はこの
                    ない。また、当社取締             会が正当な理由がある             限りではない。また、
                    役会が正当な理由があ             と認めた場合はこの限             当社取締役会が正当な
                    ると認めた場合はこの             りではない。             理由があると認めた場
                    限りではない。                           合はこの限りではな
                                              い。
                  2.新株予約権の相続はこ             2.新株予約権の相続はこ             2.新株予約権の相続はこ
                    れを認めない。             れを認めない。             れを認めない。
     対象勤務期間                 定めなし             定めなし             定めなし
                    2014年4月24日から             2015年6月22日から             2019年3月15日から
     権利行使期間
                    2021年6月25日まで             2022年6月25日まで             2026年6月27日まで
     (注)   1.株式数に換算して記載しております。なお、2013年8月30日付株式併合(普通株式5株を1株に併合)による
          株式併合後の株式数に換算して記載しております。
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

       当連結会計年度(2018年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
      については、株式数に換算して記載しております。
                                  88/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ①  ストック・オプションの数
                             2012年           2013年
                                                   2017年
                         ストック・オプション           ストック・オプション
                                               ストック・オプション
                             (注)           (注)
     権利確定前                        (株)
      前連結会計年度末                              ―           ―        10,000

      付与                              ―           ―           ―

      失効                              ―           ―          250

      権利確定                              ―           ―           ―

      未確定残                              ―           ―         9,750

     権利確定後                        (株)

      前連結会計年度末                           46,000           46,700              ―

      権利確定                              ―           ―           ―

      権利行使                              ―           ―           ―

      失効                            7,000           2,600             ―

      未行使残                           39,000           44,100              ―

     (注) 2013年8月30日付株式併合(普通株式5株を1株に併合)による株式併合後の株式数に換算して記載しておりま
        す。
      ②  単価情報

                             2012年           2013年
                                                   2017年
                         ストック・オプション           ストック・オプション
                                               ストック・オプション
                             (注)           (注)
     決議年月日                      2012年4月23日           2013年6月13日           2017年3月14日
     権利行使価格                       (円)

                                  250           250           310
     行使時平均株価                      (円)

                                   ―           ―           ―
     付与日における公正な評価単価               (円)

                                   ―           ―           ―
     (注) 2013年8月30日付株式併合(普通株式5株を1株に併合)による株式併合後の価格に換算して記載しておりま
        す。
    3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      2012年、2013年に付与されたストック・オプションの公正な評価単価は、その付与時において当社は未公開株式で
     あるため、ストック・オプションの単位当たりの本源的価値を見積る方法により算定しております。また、単位当た
     りの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、純資産価額方式によっております。
      2017年に付与されたストック・オプションの公正な評価単価は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー
     法)及び時価純資産価額方式を加重平均して算出する併用方式により算定しております。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみを反映させる方法を採用してお
     ります。
                                  89/150



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
    前連結会計年度(自         2016年4月1日 至         2017年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
        繰延税金資産

         賞与引当金                               11,510   千円
         未払事業税                               10,257   千円
         有形固定資産減損損失                               75,051   千円
         貸倒引当金                                 219  千円
         繰越欠損金                               166,215    千円
         その他                               21,989   千円
        繰延税金資産小計                                285,244    千円
        評価性引当額                               △249,639     千円
        繰延税金資産合計                                35,605   千円
        繰延税金負債
         その他有価証券評価差額金                                △336   千円
        繰延税金負債合計                                 △336   千円
        繰延税金資産純額                                35,268   千円
     (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

         流動資産-繰延税金資産                               22,991   千円

         固定資産-繰延税金資産                               12,277   千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内
        法定実効税率                                  30.3  %

       (調整)
        住民税等均等割額                                   4.4  %
        特別税額控除                                  △3.2   %
        評価性引当額の増減                                  21.4  %
        連結修正による影響額                                  △7.3   %
        その他                                  △0.7   %
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  44.8  %
                                  90/150








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    当連結会計年度(自         2017年4月1日        至 2018年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
        繰延税金資産

         賞与引当金                               11,422   千円
         未払事業税                                8,870   千円
         有形固定資産減損損失                               67,234   千円
         貸倒引当金                                 264  千円
         繰越欠損金                               190,845    千円
         その他                               13,793   千円
        繰延税金資産小計                                292,432    千円
        評価性引当額                               △255,387     千円
        繰延税金資産合計                                37,044   千円
     (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

         流動資産-繰延税金資産                               21,620   千円

         固定資産-繰延税金資産                               15,423   千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内
        法定実効税率                                  30.3  %

       (調整)
        住民税等均等割額                                   3.5  %
        留保金課税                                   6.2  %
        特別税額控除                                  △2.3   %
        評価性引当額の増減                                   0.7  %
        その他                                   1.5  %
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  39.9  %
                                  91/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (資産除去債務関係)
    前連結会計年度(2017年3月31日)
    (1)  当該資産除去債務の概要
      店舗建物の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
    (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

      業態別に直近の退店時の原状回復費用実績に基づき、店舗1坪当たり費用を見積もり、それらを既存店舗の建築坪
     数へ乗じて算出しております。
    (3)  当該資産除去債務の総額の増減

       期首残高                  61,444千円
       有形固定資産の取得に伴う増加額                     ―千円
       時の経過による調整額                     ―千円
       債務の履行に伴う減少額                  △8,270千円
       見積りの変更による減少額                  △6,472千円
       期末残高                  46,702千円
    当連結会計年度(2018年3月31日)

    (1)  当該資産除去債務の概要
      店舗建物の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
    (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

      業態別に直近の退店時の原状回復費用実績に基づき、店舗1坪当たり費用を見積もり、それらを既存店舗の建築坪
     数へ乗じて算出しております。
    (3)  当該資産除去債務の総額の増減

       期首残高                  46,702千円
       有形固定資産の取得に伴う増加額                     ―千円
       時の経過による調整額                     ―千円
       債務の履行に伴う減少額                 △13,701千円
       見積りの変更による増加額                  29,509千円
       期末残高                  62,510千円
                                  92/150









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     前連結会計年度(2016年4月1日 至 2017年3月31日)
      当社グループは、飲食事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     当連結会計年度(2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      当社グループは、飲食事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       【関連情報】

     前連結会計年度(2016年4月1日 至 2017年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略
      しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高で連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものが存在し
      ないため、記載を省略しております。
     当連結会計年度(2017年4月1日 至 2018年3月31日)

     1.製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略
      しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高で連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものが存在し
      ないため、記載を省略しております。
                                  93/150






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(2016年4月1日 至 2017年3月31日)
        当社グループは単一セグメントのため、記載を省略しております。
       当連結会計年度(2017年4月1日 至 2018年3月31日)

        当社グループは単一セグメントのため、記載を省略しております。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(2016年4月1日 至 2017年3月31日)
        当社グループは単一セグメントのため、記載を省略しております。
       当連結会計年度(2017年4月1日 至 2018年3月31日)

        当社グループは単一セグメントのため、記載を省略しております。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(2016年4月1日 至 2017年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(2017年4月1日 至 2018年3月31日)

        該当事項はありません。
                                  94/150













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
    1.関連当事者等との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (a)  連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
        該当事項はありません。
      (b)  連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等
                            議決権等

                   資本金又
        会社等の名称                    の所有
                       事業の内容         関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
                        又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
         又は氏名
                   (千円)
                            割合(%)
                                      クレジット
                                      カード      1,461,517
        株式会社テンポ
                       クレジット         クレジット     売上高
        スフィナンシャ       東京都
                    100,000   関連・サブ        ― 関連業務支               売掛金       93,969
    同一の    ルトラスト(注)       台東区
                       リース事業         援     クレジット
    親会社    2,3
                                      カード       40,506
    をもつ
                                      取扱手数料
    会社
        株式会社きよっ
                                      貸付金の
              千葉県         海鮮土産品
        ぱち総本店(注)            200,000            ― 資金の援助            313,213   長期貸付金         ―
              南房総市         販売等
                                      回収
        2,4
     (注)   1.上記取引金額には消費税等を含んでおりませんが、期末残高には消費税等を含んでおります。
        2.取引条件に関しまして、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
        3.株式会社テンポスフィナンシャルトラストは、2016年8月31日付にて、株式会社テンポスF&Mを吸収合併
          しております。
        4.株式会社きよっぱち総本店は、2016年9月1日付にて、当社親会社である株式会社テンポスバスターズへ全
          株式を譲渡し、同社の連結子会社となっているため、2016年9月1日から2017年3月31日までの取引を記載
          しております。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

                            議決権等

                   資本金又
                             の所有
        会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)
                            割合(%)
                                優待券協
        株式会社テンポ                         賛、厨房機
              東京都                       子会社
    親会社    スバスターズ            509,125   小売業        ― 器の購            56,984       ―     ―
              大田区                       株式売却
        (注)2,3                         入、   
                                 役員兼任
     (注)   1.上記取引金額には消費税等を含んでおりません。
        2.取引条件に関しまして、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
        3.当社親会社である株式会社テンポスバスターズは、2017年11月に持株会社体制へ移行し、商号を株式会社テ
          ンポスバスターズから株式会社テンポスホールディングスに変更しております。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)  親会社情報
       株式会社テンポスバスターズ(現 株式会社テンポスホールディングス)(東京証券取引所JASDAQ(スタン
      ダード)に上場)
     (2)  重要な関連会社の要約財務諸表

       該当事項はありません。
                                  95/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
    1.関連当事者等との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (a)  連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
        該当事項はありません。
      (b)  連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等
                            議決権等

                   資本金又
                             の所有
        会社等の名称               事業の内容         関連当事者      取引の     取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                              科目
         又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係      内容     (千円)          (千円)
                   (千円)
                            割合(%)
                                      クレジット
                                      カード      1,772,919
    同一の    株式会社テンポ
                       クレジット         クレジット     売上高
    親会社    スフィナンシャ       東京都
                    100,000   関連・サブ        ― 関連業務支               売掛金       113,999
    をもつ    ルトラスト(注)       台東区
                       リース事業         援     クレジット
    会社    2
                                      カード       48,592
                                      取扱手数料
     (注)   1.上記取引金額には消費税等を含んでおりませんが、期末残高には消費税等を含んでおります。
        2.取引条件に関しまして、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)  親会社情報
       株式会社テンポスホールディングス(東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場)
     (2)  重要な関連会社の要約財務諸表

       該当事項はありません。
                                  96/150











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                                             当連結会計年度

                           前連結会計年度
                                            (自 2017年4月1日
                          (自 2016年4月1日
                                            至 2018年3月31日)
                          至 2017年3月31日)
     1株当たり純資産額                               488.24円                  593.02円
     1株当たり当期純利益金額                               79.17円                 104.94円

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高がありますが、当社株式は非上場
          であるため期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                             当連結会計年度

                           前連結会計年度
                                            (自 2017年4月1日
                          (自 2016年4月1日
                                            至 2018年3月31日)
                           至 2017年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する
                                    372,947                  494,352
      当期純利益(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  ―                  ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属
                                    372,947                  494,352
      する当期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                              4,710,420                  4,710,420
                       新株予約権 473,500個                  新株予約権 425,250個
                       (目的となる株式数102,700株)                  (目的となる株式数92,850株)
     希薄化効果を有しないため、潜在株
     式調整後1株当たり当期純利益金額                  なお、新株予約権の概要は「第4                   なお、新株予約権の概要は「第4 
     の算定に含まれなかった潜在株式の                  提出会社の状況、1 株式等の状                  提出会社の状況、1 株式等の状
     概要                  況、(2)新株予約権等の状況」に記                  況、(2)新株予約権等の状況」に記
                       載のとおりであります。                  載のとおりであります。
        3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                               当連結会計年度

                                  前連結会計年度
                                               (2018年3月31日)
                                  (2017年3月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                   2,299,852             2,793,385
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                       ―             ―

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                   2,299,852             2,793,385

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                       4,710,420             4,710,420
     の数(株)
                                  97/150







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)

    前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
     該当事項はありません。
    当連結会計年度(自         2017年4月1日        至 2018年3月31日)

    (新株予約権の発行)
     当社は、2018年6月27日開催の定時株主総会において、会社法第236条、第238条及び第239条の規定に基づき、ストッ
    クオプションとしての新株予約権を発行すること及びその募集事項の決定を当社取締役会に委任することを決議し、
    2018年12月13日開催の取締役会において決議されました。
     なお、ストックオプション制度の詳細につきましては、「第4 提出会社の状況                                       1株式等の状況 (2)新株予約権等
    の状況 ①ストックオプション制度の内容」に記載しております。
    (単元株式数の変更)

    (1)  変更する単元株式数
    当社普通株式の単元株式数を1,000株から100株に変更しております。
    (2)  効力発生日
    2019年1月11日
                                  98/150














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【注記事項】
       (追加情報)
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
       会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
       なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費およびのれん償却費は、次のとおりであります。
                          当第3四半期連結累計期間
                           (自 2018年4月1日
                            至 2018年12月31日)
        減価償却費                       119,612    千円
        のれん償却費                        20,979   千円
       (株主資本等関係)

        該当事項はありません。
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
        当社グループの事業セグメントは、飲食事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略
       しております。
                                  99/150













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 当第3四半期連結累計期間
                                  (自 2018年4月1日
                                   至 2018年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                     59円 49銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                      280,211

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                        -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益金
                                           280,211
      額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                     4,710,420
                                新株予約権 412,950個

                               (目的となる株式数98,150株)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式で、
                               なお、新株予約権の概要は「第
     前連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
                               4 提出会社の状況、1 株式等
                               の状況、(2)新株予約権等の状
                               況」に記載のとおりであります。
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
        るため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
       (重要な後発事象)

    (単元株式数の変更)
    (1)  変更する単元株式数
    当社普通株式の単元株式数を1,000株から100株に変更しております。
    (2)  効力発生日
    2019年1月11日
                                100/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【連結附属明細表】(2018年3月31日現在)
       【社債明細表】
        該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                       当期首残高

                               当期末残高         平均利率
                                                  返済期限
                        (千円)        (千円)         (%)
     リース債務(1年以内に返済予定)                     15,527         10,303           ―      ―
     リース債務(1年以内に返済予定                                           2019年6月30日~
                          14,569         2,861           ―
     のものを除く。)                                           2019年7月31日
     その他有利子負債                        ―         ―         ―      ―
           合計               30,096         13,165           ―      ―

     (注)   1.リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連結貸借対
          照表に計上しているため、「平均利率」を記載しておりません。
        2.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          リース債務               2,861            ―          ―          ―
       【資産除去債務明細表】

                  当期首残高

                            当期増加額           当期減少額           当期末残高
                   (千円)          (千円)           (千円)           (千円)
     不動産賃貸借契約に
                      46,702           29,509           13,701           62,510
     伴う原状回復義務
                                101/150











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【その他】

      最近の経営成績及び財政状態の概況
       2019年5月14日開催の取締役会において承認された第46期連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日ま
      で)の連結財務諸表は次のとおりであります。
       なお、この連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
      号)に基づいて作成しておりますが、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査は未了であり、監査報
      告書は受領しておりません。
                                102/150


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     ①  【連結財務諸表】
      イ  【連結貸借対照表】
                                       (単位:千円)
                                   当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                 2,328,255
        売掛金                                  279,867
        原材料及び貯蔵品                                   58,969
        その他                                   66,585
                                           △930
        貸倒引当金
        流動資産合計                                 2,732,746
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                                 809,199
         機械装置及び運搬具(純額)                                 104,090
         土地                                 87,806
         その他(純額)                                 91,747
                              ※1
         有形固定資産合計                                1,092,844
        無形固定資産
         のれん                                 27,191
                                           8,832
         その他
         無形固定資産合計                                 36,023
        投資その他の資産
         差入保証金                                 498,446
         その他                                 56,721
                                          △2,335
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                                 552,832
        固定資産合計                                 1,681,701
      資産合計                                  4,414,448
                                103/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                       (単位:千円)
                                   当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                  587,330
        未払法人税等                                  108,742
        賞与引当金                                   24,000
                                          410,033
        その他
        流動負債合計                                 1,130,106
      固定負債
        資産除去債務                                   62,510
                                          26,700
        その他
        固定負債合計                                   89,210
      負債合計                                  1,219,317
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                  515,000
        資本剰余金                                  592,071
                                         2,088,058
        利益剰余金
        株主資本合計                                 3,195,130
      純資産合計                                  3,195,130
     負債純資産合計                                    4,414,448
                                104/150













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ロ  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                       (単位:千円)
                                   当連結会計年度
                                 (自  2018年4月1日
                                  至   2019年3月31日)
     売上高                                    9,447,479
                                         3,896,029
     売上原価
     売上総利益                                    5,551,449
                              ※1
     販売費及び一般管理費                                    4,915,775
     営業利益                                     635,674
     営業外収益
      受取利息                                      178
      協賛金収入                                    26,814
      受取保険金                                     9,965
      営業補償金                                     6,570
                                           2,216
      その他
      営業外収益合計                                    45,744
     営業外費用
      現金過不足                                      945
      和解金                                      800
                                            464
      その他
      営業外費用合計                                     2,209
     経常利益                                     679,209
     特別損失
                              ※2
      固定資産除却損                                     4,160
                              ※3
                                          27,597
      減損損失
      特別損失合計                                    31,757
     税金等調整前当期純利益                                     647,452
     法人税、住民税及び事業税
                                          247,121
                                          △1,414
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     245,707
     当期純利益                                     401,745
     非支配株主に帰属する当期純利益                                        ―
     親会社株主に帰属する当期純利益                                     401,745
                                105/150









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                       (単位:千円)
                                   当連結会計年度
                                 (自  2018年4月1日
                                  至   2019年3月31日)
     当期純利益                                     401,745
                                            -
     その他の包括利益
     包括利益                                     401,745
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                    401,745
      非支配株主に係る包括利益                                       ―
                                106/150

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ハ  【連結株主資本等変動計算書】
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                (単位:千円)
                             株主資本
                                                純資産合計
                 資本金       資本剰余金        利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高              515,000        592,071       1,686,313        2,793,385        2,793,385
     当期変動額
     親会社株主に帰属する
                                   401,745        401,745        401,745
     当期純利益
     当期変動額合計                 ―        ―     401,745        401,745        401,745
     当期末残高              515,000        592,071       2,088,058        3,195,130        3,195,130
                                107/150

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ニ  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                       (単位:千円)
                                   当連結会計年度
                                 (自  2018年4月1日
                                  至   2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                    647,452
      減価償却費                                    161,879
      のれん償却額                                    26,469
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                     2,385
      受取利息及び受取配当金                                     △178
      固定資産除売却損                                     4,160
      減損損失                                    27,597
      売上債権の増減額(△は増加)                                   △19,988
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                      712
      仕入債務の増減額(△は減少)                                   △51,996
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                     9,285
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △14,000
                                          10,579
      その他
      小計                                    804,357
      利息及び配当金の受取額                                      178
                                         △330,532
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                    474,003
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                  △228,256
      無形固定資産の取得による支出                                   △14,074
      差入保証金の差入による支出                                   △25,096
                                           2,381
      差入保証金の回収による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △265,045
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △10,493
      リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                   △10,493
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     198,464
     現金及び現金同等物の期首残高                                    2,129,790
                              ※1
     現金及び現金同等物の期末残高                                    2,328,255
                                108/150









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      1.連結の範囲に関する事項
         すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数
         1社
        連結子会社の名称
         株式会社あさくまサクセッション
      2.持分法の適用に関する事項

         該当事項はありません。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4.会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ①有価証券
         a その他有価証券
           時価のあるもの
            決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部資本直入法により処理し、売却原価は総平均法
           による原価法)
            時価のないもの
            主として移動平均法による原価法
        ②たな卸資産
         通常の販売目的で保有するたな卸資産
          評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
         a 原材料・貯蔵品
            最終仕入原価法
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ①有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016
         年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。なお、主な耐
         用年数は以下のとおりであります。
           建物及び構築物              3年~40年
           機械装置及び運搬具            4年~15年
        ②無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。なお、主な償却年数は次のとおりであります。
           ソフトウエア(自社利用分)             5年(社内における利用可能期間)
        ③リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                109/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)  重要な引当金の計上基準
        ①貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
         権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ②賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上してお
         ります。
       (4)  のれんの償却方法及び償却期間

          5年間の定額法により償却しております。
       (5)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許資金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
         しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (6)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       (表示方法の変更)

     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会計基準一
     部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金
     負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しました。
      また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係る会計
     基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加しております。
                                110/150










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結貸借対照表関係)

     ※1.   有形固定資産の減価償却累計額
                              当連結会計年度

                              (2019年3月31日)
        有形固定資産の減価償却累計額                        2,474,781     千円
       (連結損益計算書関係)

     ※1.   販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                              当連結会計年度

                             (自 2018年4月1日
                             至 2019年3月31日)
                                2,039,972
        給料及び手当                             千円
        賞与引当金繰入額                         29,581   千円
        地代家賃                         851,178    千円
     ※2.   固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              当連結会計年度

                             (自 2018年4月1日
                             至 2019年3月31日)
        建物及び構築物                          3,806   千円
                                   354
        その他                             千円
                                  4,160
         計                             千円
     ※3.   減損損失の内容は、次のとおりであります。

    当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
         会社区分               場所            用途           種類

                                          建物、機械装置、工具器
                  群馬県太田市               店舗
                                          具及び備品
     当社
                                          建物、機械装置、工具器
                  群馬県高崎市               店舗
                                          具及び備品
     当社グループはキャッシュ・フローを生み出す最小単位として事業用資産である直営店舗を基本単位として資産のグ
    ルーピングを行っております。
     当連結会計年度において、収益性の低下した直営店舗のうち、帳簿価額を将来にわたり回収する可能性がないと判断
    した店舗について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として、特別損失に計上しておりま
    す。その内訳は、建物           24,431千円、機械装置           1,841千円、工具器具及び備品              1,324千円であります。
     なお、当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、割引前将来キャッシュ・フローがマイ
    ナスであるため割引率の記載を省略しております。
                                111/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結包括利益計算書関係)
      該当事項はありません
       (連結株主資本等変動計算書関係)

    当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1.発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当連結会計年度期末
     普通株式(株)                4,710,420               ―           ―       4,710,420
        合計            4,710,420               ―           ―       4,710,420
    2.自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3.新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)

                                                    当連結会計
                      目的となる
            内訳                                        年度末残高
                      株式の種類
                            当連結会計                  当連結会計
                                                     (千円)
                                    増加      減少
                             年度期首                  年度末
     ストック・オプションとしての
                       普通株式        39,000        ―    4,000     35,000        ―
     第2回新株予約権
     ストック・オプションとしての
                       普通株式        44,100        ―     800    43,300        ―
     第3回新株予約権
     ストック・オプションとしての
                       普通株式        9,750        ―     780     8,970        ―
     第4回新株予約権
      ストック・オプションとしての
                       普通株式          ―   10,000        ―   10,000        ―
     第5回新株予約権
               合計               92,850      10,000      5,580     97,270        ―

     (注)   1.目的となる株式の数は、新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載しておりま

          す。
        2.目的となる株式の数の変動事由の概要
          第2回新株予約権の減少は、当社従業員の退職等による権利喪失であります。
          第3回新株予約権の減少は、当社従業員の退職等による権利喪失であります。
          第4回新株予約権の減少は、当社従業員、当社連結子会社取締役及び従業員の退職等によるものでありま
          す。
          第5回新株予約権の増加は、当社の業績向上に対する意欲や士気を高めることを目的として、当社従業員に
          対し、新株予約権を無償で発行するものであります。
        3.第5回新株予約権については、権利行使期間の初日が到来しておりません。
                                112/150







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     㯿ᇿ   現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
      す。
                             当連結会計年度

                           (自 2018年4月1日
                            至 2019年3月31日)
        現金及び預金                      2,328,255     千円
                                   千円
        現金及び現金同等物                      2,328,255
       (リース取引関係)

    当連結会計年度(2019年3月31日)
    1.ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
       ・有形固定資産 主として、店舗における厨房機器(機械装置、工具器具及び備品)であります。
      ② リース資産の減価償却方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                     (2)重要な減価償却資産の減
        価償却の方法」に記載のとおりであります。
    2.オペレーティング・リース取引

       該当事項はありません。
                                113/150













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
    当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループは、資金運用につきましては安全性が高く短期的な預金等に限定し、また、資金調達については必
      要に応じて銀行借入により行う方針であります。デリバティブ取引等の投機的な取引は、行わない方針でありま
      す。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びに金融商品に係るリスク管理体制

       営業債権である売掛金については、主として顧客のクレジット決済によるものであり、信用リスクに晒されてお
      ります。当該リスクについては、当社の経理規程に従い、取引先毎に残高管理を行なっております。当該リスクに
      ついては、定期的にこれらの時価や発行体の財務状況等を把握し、リスクの軽減に努めております。差入保証金
      は、主に出店に関わる賃貸借契約等に基づく保証金、敷金及び建設協力金であり、貸主の信用リスクに晒されてお
      ります。当該リスクについては、相手先の状況を定期的にモニタリングし、財務状況の悪化等の早期把握によりリ
      スクの軽減を図っております。営業債務である買掛金等は、流動性リスクに晒されております。当該リスクについ
      ては、当社グループの経理規程に従い、取引先毎に残高管理を行っております。支払期日は、1ヶ月を主とし2ヶ
      月以内であります。
     (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価等には、市場価格に基づく価格の他、市場価格がない場合には合理的に算定された価格が含まれ
      ております。当該価格の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用することにより、
      当該価格が変動することがあります。
    2.金融商品の時価等に関する事項

      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注)2を参照ください。)。
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金                     2,328,255
                                         2,328,255                 ―
     (2)  売掛金
                              279,867             279,867                ―
           資産計                 2,608,122             2,608,122                 ―
     (1)  買掛金
                              587,330             587,330                ―
     (2)  未払金
                             151,982            151,982               ―
     (3)  未払法人税等
                              108,742             108,742                ―
     (4)  リース債務
                              2,672             2,672               ―
           負債計                  850,728             850,728                ―
     (注)   1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      資   産
       (1)  現金及び預金、(2)         売掛金
          これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
         ります。
      負   債
       (1)  買掛金、(2)      未払金、(3)      未払法人税等、(4)リース債務
          これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額
         によっております。
                                114/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)   2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                          (単位:千円)
          区分            2019年3月31日
     投資有価証券                            0
     差入保証金                         498,446
       投資有価証券については、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められることから、差入保証金
      については、市場価格がなく、また、返還時期の見積りが困難なため、時価を把握することが極めて困難と認めら
      れることから、評価しておりません。
     (注)   3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                                1年以内                    10年超
                                       5年以内       10年以内
                                 (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
     現金及び預金                            2,328,255           ―        ―        ―
     売掛金                             279,867          ―        ―        ―
                合計                2,608,122           ―        ―        ―
     (注)   4.リース債務の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超

                                              4年超
                   1年以内                                  5年超
                                              5年以内
                          2年以内       3年以内       4年以内
                   (千円)                                 (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     リース債務                 2,672         ―        ―        ―        ―        ―
          合計           2,672         ―        ―        ―        ―        ―
                                115/150













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)

       重要性が乏しいため記載を省略しております。
       (ストック・オプション等関係)

    当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1.当該事業年度における費用計上額及び科目
     当社は、ストック・オプションの付与時点においては未公開企業であり、ストック・オプション等の単位当たりの本
    源的価値は零のため、費用計上はしておりません。
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

    (1)ストック・オプションの内容
                              2013年           2017年           2018年
                   2012年
                ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
     決議年月日
                 2012年4月23日           2013年6月13日           2017年3月14日           2018年12月13日
                                      当社取締役 4名
     付与対象者の区分
                           当社取締役 3名
                当社従業員 9名                      当社従業員 26名           当社従業員 47名
     及び人数
                           当社従業員 32名
                                      子会社従業員 7名
                普通株式 35,000株           普通株式 43,400株
     株式の種類及び付与数
                                      普通株式 9,070株           普通株式 10,000株
                   (注)           (注)
     付与日
                 2012年5月30日           2013年6月21日           2017年3月14日           2018年12月13日
                 1.新株予約権者は           1.新株予約権者は権           1.新株予約権者は権            1.新株予約権者は権
                権利使時におい           利行使時において、           利行使時において、           利行使時において、当
                て、 当社の取締           当社の取締役、従業           当社の取締役、従業           社の取締役、従業員及
                役、従業員もしくは           員及び顧問の地位に           員もしくはグループ           び顧問の地位にあるこ
                子会社の取締役、従           あることを要す。た           会社の取締役、従業           とを要す。ただし、取
                業員の地位にあるこ           だし、取締役を任期           員の地位にあること           締役を任期満了により
                とを要す。ただし、           満了により退任した           を要す。ただし、取           退任した場合、又は従
                取締役を任期満了に           場合、又は従業員が           締役を任期満了によ           業員が定年により退職
                より退任した場合、           定年により退職した           り退任した場合、又           した場合はこの限りで
     権利確定条件           又は従業員が定年に           場合はこの限りでは           は従業員が定年によ           はない。また、当社取
                より退職した場合は           ない。また、当社取           り退職した場合はこ           締役会が正当な理由が
                この限りではない。           締役会が正当な理由           の限りではない。ま           あると認めた場合はこ
                また、当社取締役会           があると認めた場合           た、当社取締役会が           の限りではない。
                が正当な理由がある           はこの限りではな           正当な理由があると
                                                 2.新株予約権の相続
                と認めた場合はこの           い。           認めた場合はこの限
                                                 はこれを認めない。
                限りではない。                      りではない。
                           2.新株予約権の相続
                2.新株予約権の相続           はこれを認めない。           2.新株予約権の相続
                はこれを認めない。                      はこれを認めない。
     対象勤務期間

                定めなし           定めなし           定めなし           定めなし
                2014年4月24日から           2015年6月22日から           2019年3月15日から           2020年12月14日から
     権利行使期間
                2021年6月25日まで           2022年6月25日まで           2026年6月27日まで           2028年6月26日まで
    (注)株式数に換算して記載しております。なお、2013年8月30日付株式併合(普通株式5株を1株に併合)による株
    式併合後の株式数に換算して記載しております。
                                116/150







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
    当連結会計年度(2019年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数につ
    いては、株式数に換算して記載しております。
    ①ストック・オプションの数
                              2013年
                   2012年
                                         2017年           2018年
                ストック・オプション           ストック・オプション
                                      ストック・オプション           ストック・オプション
                   (注)           (注)
     権利確定前        (株)
      前連結会計年度末
                         ―           ―         9,750              ―
      付与
                         ―           ―           ―         10,000
      失効
                         ―           ―         9,750              ―
                                                           ―
      権利確定
                         ―           ―         9,750
      未確定残
                         ―           ―           ―         10,000
     権利確定後        (株)
      前連結会計年度末
                      39,000           44,100              ―            ―
      権利確定
                         ―           ―         9,750              ―
      権利行使
                         ―           ―           ―            ―
      失効
                       4,000            800           780             ―
      未行使残
                      35,000           43,300            8,970              ―
    ②単価情報

                              2013年
                   2012年
                                         2017年           2018年
                ストック・オプション           ストック・オプション
                                      ストック・オプション           ストック・オプション
                   (注)           (注)
     決議年月日
                 2012年4月23日           2013年6月13日           2017年3月14日           2018年12月13日
     権利行使価格 (円)
                        250           250           310            483
     行使時平均    株価    (円)
                         ―           ―           ―            ―
     付与日における公正な
                         ―           ―           ―            ―
     評 価単価    (円)
    (注)2013年8月30日付株式併合(普通株式5株を1株に併合)による株式併合後の価格に換算して記載しておりま
    す。
    3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

     2012年、2013年に付与されたストック・オプションの公正な評価単価は、その付与時において当社は未公開株式であ
    るため、ストック・オプションの単位当たりの本源的価値を見積る方法により算定しております。また、単位当たりの
    本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、純資産価額方式によっております。
     2017年に付与されたストック・オプションの公正な評価単価は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー
    法)及び時価純資産価額方式を加重平均して算出する併用方式により算定しております。
     2018年に付与されたストック・オプションの公正な評価単価は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー
    法)及び時価純資産価額方式を加重平均して算出する併用方式により算定しております。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

     基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみを反映させる方法を採用しており
    ます。
                                117/150




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
    当連結会計年度(自         2018年4月1日        至 2019年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
        繰延税金資産

                                        7,214
         賞与引当金                                  千円
                                        9,431
         未払事業税                                  千円
                                        68,427
         有形固定資産減損損失                                  千円
         貸倒引当金                                 981  千円
         繰越欠損金(注)                               188,944    千円
                                        15,803
         その他                                  千円
                                       290,801
        繰延税金資産小計                                   千円
         税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額
                                      △188,944     千円
         将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                       △63,398    千円
                                      △252,343
        評価性引当額小計                                   千円
                                        38,458
        繰延税金資産合計                                   千円
                                          ―
        繰延税金負債                                   千円
        繰延税金負債合計                                   ―  千円
                                        38,458
        繰延税金資産純額                                   千円
     (注) 税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

                                                  (単位:千円)
                             2年超
                                   3年超      4年超      5年超
                       1年超
                1年以内                                     合計
                      2年以内      3年以内
                                  4年以内      5年以内
     税務上の繰越欠損金
                    ―      ―      ―    2,845        ―   186,099      188,944
     額 ※1
     評価性引当額               ―      ―      ―   △2,845         ―  △186,099      △188,944
     繰延税金資産                ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―

        ※1 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額です。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内
                                          30.1

        法定実効税率                                    %
       (調整)
        住民税等均等割額                                   4.7  %
        留保金課税                                   6.1  %
        特別税額控除                                  △3.5   %
                                         △0.5
        評価性引当額の増減                                    %
                                          1.1
        その他                                    %
                                          37.9
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                    %
                                118/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (資産除去債務関係)
    当連結会計年度(2019年3月31日)
    (1)  当該資産除去債務の概要
      店舗建物の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
    (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

      業態別に直近の退店時の原状回復費用実績に基づき、店舗1坪当たり費用を見積もり、それらを既存店舗の建築坪
     数へ乗じて算出しております。なお、資産除去債務の総額の当連結会計年度における増減はありません。
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
     当連結会計年度(2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      当社グループは、飲食事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       【関連情報】

     当連結会計年度(2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略
      しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高で連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものが存在し
      ないため、記載を省略しております。
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       当連結会計年度(2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        当社グループは単一セグメントのため、記載を省略しております。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       当連結会計年度(2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        当社グループは単一セグメントのため、記載を省略しております。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       当連結会計年度(2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        該当事項はありません。
                                119/150





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社あさくま(E34704)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1.関連当事者等との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (a)  連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
        該当事項はありません。
      (b)  連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等
                            議決権等

                   資本金又
                             の所有
        会社等の名称               事業の内容         関連当事者      取引の     取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                              科目
         又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係      内容     (千円)          (千円)
                   (千円)
                            割合(%)
                                      クレジット
                                           2,020,650
                                      カード
    同一の    株式会社テンポ
                       クレジット         クレジット     売上高
    親会社    スフィナンシャ       東京都台
                    100,000   関連・サブ        ― 関連業務支               売掛金       92,857
    をもつ    ルトラスト(注)       東区
                       リース事業