株式会社ヤシマキザイ 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社ヤシマキザイ

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券届出書

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      令和元年5月23日

    【会社名】                      株式会社ヤシマキザイ

    【英訳名】                      Yashima    & Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長 髙田           一昭

    【本店の所在の場所】                      東京都中央区日本橋兜町6番5号

    【電話番号】                      03-6758-2558(代表)

    【事務連絡者氏名】                      執行役員管理本部長 阿部             昌宏

    【最寄りの連絡場所】                      東京都中央区日本橋兜町6番5号

    【電話番号】                      03-6758-2558(代表)

    【事務連絡者氏名】                      執行役員管理本部長 阿部             昌宏

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の                      株式

    種類】
    【届出の対象とした募集(売出)金額】                      募集金額
                          ブックビルディング方式による募集          272,000,000円
                          売出金額
                          (引受人の買取引受による売出し)
                          ブックビルディング方式による売出し         705,280,000円
                          (オーバーアロットメントによる売出し)
                          ブックビルディング方式による売出し         153,600,000円
                          (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法上の払
                             込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書提出時におけ
                             る見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                   1/143






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

         種類           発行数(株)                      内容

                              1単元の株式数は、100株であります。完全議決権株式で
        普通株式           250,000(注)2.           あり、権利内容に何ら限定のない当社における標準とな
                              る株式であります。
     (注)   1.令和元年5月23日開催の取締役会決議によっております。
        2.発行数については、令和元年5月23日開催の取締役会において決議された公募による自己株式の処分に係る
          募集株式数      250,000株であります。本有価証券届出書の対象とした募集(以下「本募集」という。)は、金融
          商品取引法第二条に規定する定義に関する内閣府令第9条第1号に定める売付けの申込み又は買付けの申込
          みの勧誘であります。なお、令和元年6月6日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
        3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
          名称:株式会社証券保管振替機構
          住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                   2/143














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      令和元年6月17日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受
     け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該
     引受価額と異なる価額(発行価格)で本募集を行います。引受価額は令和元年6月6日開催予定の取締役会において決
     定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当社に払込み、本募
     集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払いま
     せん。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価
     格で行います。
             区分            発行数(株)        発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)

     入札方式のうち入札による募集                         ―              ―              ―

     入札方式のうち入札によらない募集                         ―              ―              ―

                          250,000

     ブックビルディング方式                                 272,000,000                   ―
                          250,000

          計(総発行株式)                            272,000,000                   ―
     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
        2.上場前の公募を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
          す。
        3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
        4.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,280円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
          込額)は320,000,000円となります。
        5.本募集は、自己株式の処分により行われるものであり、払込金額の総額は資本組入れされません。
        6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件
          (引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状況を
          勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
          ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照
          下さい。
        7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
          しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/143









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                   資本    申込株                   申込

    発行価格     引受価額     払込金額
                                申込期間                  払込期日
                   組入額     数単位                  証拠金
     (円)     (円)     (円)
                   (円)     (株)                  (円)
     未定     未定     未定      ―        自 令和元年6月18日(火)              未定
                        100                      令和元年6月25日(火)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.         至 令和元年6月21日(金)              (注)4.
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
          発行価格は、令和元年6月6日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リス
          ク等を総合的に勘案した上で、令和元年6月17日に引受価額と同時に決定する予定であります。
          仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
          が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
          需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
          関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
        2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、令和元年6月6日開催予定の取締役会において決定される予定で
          あります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び令和元年
          6月17日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人
          の手取金となります。
        3.本募集は、自己株式の処分により行われるものであり、払込金額は資本組入れされません。
        4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
          期日に自己株式の処分に対する払込金に振替充当いたします。
        5.株式受渡期日は、令和元年6月26日(水)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に
          係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
          い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
        6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.申込みに先立ち、令和元年6月10日から令和元年6月14日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考と
          して需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
          販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
          の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
          引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
          い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示又はホーム
          ページにおける表示等をご確認下さい。
        8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は本募集を中止いたします。
                                   4/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ①  【申込取扱場所】
        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の本店及び全国各支店で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                         所在地

     株式会社三井住友銀行 日本橋東支店                         東京都中央区日本橋二丁目7番1号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
    4  【株式の引受け】

                                       引受

      引受人の氏名又は名称                     住所                     引受けの条件
                                      株式数
                                       (株)
                                           1.買取引受けによります。
                                           2.引受人は自己株式の処分
                                             に対する払込金として、
                                             令和元年6月25日までに
                                             払込取扱場所へ引受価額
                                             と同額を払込むこととい
     野村證券株式会社              東京都中央区日本橋一丁目9番1号                    250,000
                                             たします。
                                           3.引受手数料は支払われま
                                             せん。ただし、発行価格
                                             と引受価額との差額の総
                                             額は引受人の手取金とな
                                             ります。
          計                 ―           250,000            ―
     (注)   1.引受株式数については、令和元年6月6日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
        2.上記引受人と発行価格決定日(令和元年6月17日)に元引受契約を締結する予定であります。
                                   5/143











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【新規発行による手取金の使途】
     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

                296,000,000                   7,000,000                 289,000,000

     (注)   1.払込金額の総額、発行諸費用の概算額及び差引手取概算額は、本募集における自己株式の処分に係る金額で
          あります。
        2.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、自己株式の処分に際して当社に払い込まれる引
          受価額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,280円)を基礎として算出した見込額
          であります。
        3.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
        4.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額289百万円については、設備資金として100百万円、運転資金として180百万円を充当する予定で
      あり、具体的には、以下のとおりであります。
       設備資金の内訳としては、業務効率化を目的としたウェブ環境での受発注システムの構築、基幹システムの拡
      充、決算業務の効率化のための会計システムの構築のための資金として、100百万円(令和2年3月期:40百万円、
      令和3年3月期:60百万円)を充当する予定であります。
       運転資金としては、ミャンマーにおける事業展開のためのヤンゴン拠点での人件費等として、25百万円(令和2
      年3月期:8百万円、令和3年3月期:8百万円、令和4年3月期:9百万円)、欧州での事業展開のためのイタリア
      拠点での人件費等として、75百万円(令和2年3月期:25百万円、令和3年3月期:30百万円、令和4年3月期:
      20百万円)、ベトナムにおける事業展開のためのホーチミン拠点での人件費等として、80百万円(令和2年3月
      期:20百万円、令和3年3月期:35百万円、令和4年3月期:25百万円)を充当する予定であります。
       また、残額につきましては、将来における広告宣伝費及び販売促進費並びに採用活動及び上記以外の人件費等の
      運転資金に充当する方針であります。
       なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
      (注)   設備資金の内容については、後記「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」

        の項をご参照下さい。
                                   6/143










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      令和元年6月17日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
     (引受人の買取引受による売出し) (2)                   ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要
     項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発
     行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日
     に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手
     取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                          売出しに係る株式の所有者の

                               売出価額の総額
       種類            売出数(株)
                                 (円)
                                           住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち
        ―                     ―         ―           ―
             入札による売出し
             入札方式のうち
        ―                     ―         ―           ―
             入札によらない売出し
                                       岐阜県大垣市本今町1682番地の2
                                       神鋼造機株式会社               428,000株
                                       東京都目黒区
                                       佐藤 泰子        50,000株
             ブックビルディング
     普通株式                     551,000       705,280,000
                                       東京都世田谷区
             方式
                                       関 年子         50,000株
                                       兵庫県神戸市中央区三宮町二丁目1番
                                       1号
                                       株式会社みなと銀行    23,000株
     計(総売出株式)              ―        551,000       705,280,000                ―
     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
          す。
        2.本募集における自己株式の処分を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたします。
        3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,280円)で算出した見込額であります。
        4.売出数等については今後変更される可能性があります。
        5.当社は、野村證券株式会社に対し、上記売出数のうち、40,000株を上限として、福利厚生を目的に、当社従
          業員持株会を当社が指定する販売先(親引け先)として要請する予定であります。なお、親引けは、日本証券
          業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」に従い、発行者が指定する
          販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)であります。
        6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
          であります。
        7.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
          よる売出しを行う場合があります。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
          売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
        8.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
          いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   7/143







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                           申込                           元引受

     売出     引受            申込株
                              申込受付
               申込期間           証拠金          引受人の住所及び氏名又は名称                 契約の
     価格     価額            数単位
                               場所
     (円)     (円)            (株)
                           (円)                            内容
                                   東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                   野村證券株式会社
                                   東京都千代田区丸の内三丁目3番1

                                   号
                                   SMBC日興証券株式会社
                                   東京都千代田区大手町一丁目5番1

                                   号
                                   みずほ証券株式会社
              自  令和元年
                               引受人
     未定
          未定    6月18日(火)             未定    の本支                        未定
     (注)1.                   100            東京都千代田区丸の内二丁目5番2
         (注)2.     至  令和元年          (注)2.     店及び                       (注)3.
     (注)2.                              号
                               営業所
              6月21日(金)
                                   三菱UFJモルガン・スタンレー証
                                   券株式会社
                                   大阪府大阪市中央区本町二丁目6番

                                   11号
                                   エース証券株式会社
                                   東京都港区六本木一丁目6番1号

                                   株式会社SBI証券
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                 ブックビルディング方式」の(注)1.と

          同様であります。
        2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
          申込証拠金には、利息をつけません。
          引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
        3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
          価格決定日(令和元年6月17日)に決定する予定であります。
          なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
          は引受人の手取金となります。
        4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
        5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
          の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
          ことができます。
        6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
          い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については、引受人の店頭における表示又はホーム
          ページにおける表示等をご確認下さい。
        8.  引受人は、上記引受株式数のうち2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取引
          業者に販売を委託する方針であります。
                                   8/143





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                          売出しに係る株式の所有者の

                               売出価額の総額
       種類            売出数(株)
                                 (円)
                                           住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち
        ―                     ―         ―           ―
             入札による売出し
             入札方式のうち
        ―                     ―         ―           ―
             入札によらない売出し
                                       東京都中央区日本橋一丁目9番1号
             ブックビルディング
     普通株式                     120,000       153,600,000       野村證券株式会社
             方式
                                       120,000株
     計(総売出株式)              ―        120,000       153,600,000                ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
          況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出し
          に係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合がありま
          す。
        2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、野村證券株式会社は、東京証券取引所においてオーバー
          アロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカ
          バー取引」という。)を行う場合があります。
          なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.グリーンシューオプションとシ
          ンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
        3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
          す。
        4.本募集における自己株式の処分を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止いたしま
          す。
        5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,280円)で算出した見込額であります。
        6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
          であります。
                                   9/143












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                  申込株                                    元引受

                        申込
     売出価格
           申込期間       数単位          申込受付場所        引受人の住所及び氏名又は名称                 契約の
                       証拠金
      (円)
                        (円)
                  (株)                                    内容
          自  令和元年
                            野村證券株式
      未定     6月18日(火)              未定
                    100        会社の本店及                ―           ―
     (注)1.      至  令和元年           (注)1.
                            び全国各支店
          6月21日(金)
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
          れぞれ同一とし、売出価格決定日(令和元年6月17日)に決定する予定であります。ただし、申込証拠金に
          は、利息をつけません。
        2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であ
          ります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に
          従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
        3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        4.野村證券株式会社の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                     ブックビルディング方式」の
          (注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  10/143












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所への上場について

      当社は、「第1 募集要項」における募集株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式につ
     いて、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所への上場を予定しております。
    2.グリーンシューオプションとシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である佐藤泰子及び関年子(以下「貸株人」と総称する。)より借入れる株式であります。
     これに関連して、主幹事会社は、120,000株を上限として貸株人より追加的に当社株式を取得する権利(以下「グリー
     ンシューオプション」という。)を令和元年7月19日を行使期限として貸株人より付与される予定であります。
      また、主幹事会社は、令和元年6月26日から令和元年7月17日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的と
     して、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
     バー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、グリーン
     シューオプションを行使しない予定であります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判
     断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終
     了させる場合があります。
    3.ロックアップについて

      本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人及び売出人である佐藤泰子及び関年子並びに売出
     人である株式会社みなと銀行並びに当社株主である東京中小企業投資育成株式会社、関正一郎、佐藤厚、コクサイエ
     アロマリン株式会社、日本生命保険相互会社、関正幸、一般社団法人アカデミア・ヤシマ、株式会社陽栄、株式会社
     バンザイ、レシップホールディングス株式会社、佐藤商事株式会社、種部和夫、髙田一昭、小野崎正顕、中村修、矢
     島秀生、髙橋謙二及び倉田二三夫は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)
     後90日目の令和元年9月23日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただ
     し、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及
     びグリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること等は除く。)は行わない旨合意
     しております。
      また、当社株主であるヤシマキザイ従業員持株会は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)
     日(当日を含む)後180日目の令和元年12月22日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株
     式の売却等を行わない旨合意しております。
      加えて、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の令和元年
     12月22日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換若
     しくは交換される有価証券の発行又は当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただ
     し、本募集、株式分割及びストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)を行わない旨合意しておりま
     す。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
     きる権限を有しております。
      上記のほか、当社は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等によ
     る募集株式等の割当等に関し、当社株式の割当を受けた者(ヤシマキザイ従業員持株会、佐藤厚、髙田一昭、種部和
     夫、関正一郎、髙橋謙二、小野崎正顕、中村修、倉田二三夫及び矢島秀生)との間に継続所有等の確約を行っており
     ます。その内容については、「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                  11/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     自己株式の処分並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

      (1)表紙に当社のロゴマーク                           を記載いたします。
     (2)表紙の次に「1.事業の概況」~「3.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。
                                  12/143



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  13/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1)    連結経営指標等
            回次            第73期       第74期

           決算年月            平成29年3月       平成30年3月

     売上高              (千円)     32,517,538       33,499,851

     経常利益              (千円)      1,038,177         533,780

     親会社株主に帰属する
                  (千円)       696,209       329,337
     当期純利益
     包括利益              (千円)       588,058       475,646
     純資産額              (千円)      7,748,951       8,174,628

     総資産額              (千円)     22,414,742       23,956,095

     1株当たり純資産額              (円)      2,823.24       3,167.48

     1株当たり当期純利益金額              (円)       254.00       124.32

     潜在株式調整後
                   (円)          ―       ―
     1株当たり当期純利益金額
     自己資本比率              (%)        34.6       34.1
     自己資本利益率              (%)         9.3       4.1

     株価収益率              (倍)          ―       ―

     営業活動による
                  (千円)      △ 555,971      1,191,014
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  (千円)      △ 52,971       40,579
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                  (千円)      △ 170,451      △ 116,369
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                  (千円)      5,793,899       6,922,464
     の期末残高
     従業員数
                           258       259
     〔ほか、平均臨時              (名)
                          〔 28 〕     〔 29 〕
     雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.第73期及び第74期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
          (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、
          有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
        5.従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グルー
          プへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(アルバイト及びパートタイマーを含み、派遣社員を除
          く。)は、年間の平均雇用人数を〔〕外数で記載しております。
                                  20/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)    提出会社の経営指標等
            回次            第70期       第71期       第72期        第73期       第74期
           決算年月            平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月        平成29年3月       平成30年3月

     売上高              (千円)     28,876,513       33,927,971       32,831,986        30,852,952       32,687,992

     経常利益              (千円)       372,030       766,356       773,554        609,692       485,872

     当期純利益              (千円)       179,853       437,880       339,126        384,788       364,482

     資本金              (千円)        99,900       99,900       99,900        99,900       99,900

                         普通株式       普通株式       普通株式        普通株式       普通株式
                        2,680,000       2,680,000       2,680,000        2,680,000       2,680,000
     発行済株式総数              (株)
                        B種類株式       B種類株式       B種類株式        B種類株式       B種類株式
                         200,000       200,000       200,000        200,000       200,000
     純資産額              (千円)      4,080,982       4,784,922       5,475,055        5,885,493       6,290,694
     総資産額              (千円)     16,698,205       21,819,400       21,448,996        20,009,366       21,681,226

     1株当たり純資産額              (円)      1,521.56       1,777.79       2,005.48        2,144.31       2,437.50

     1株当たり配当額
                          15.00       15.00       15.00        15.00       15.00
                   (円)
                           ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     (1株当たり中間配当額)
     1株当たり当期純利益金額              (円)        67.43       163.15       124.83        140.38       137.58
     潜在株式調整後
                   (円)          ―       ―       ―        ―       ―
     1株当たり当期純利益金額
     自己資本比率              (%)        24.4       21.9       25.5        29.4       29.0
     自己資本利益率              (%)         4.6       9.9       6.6        6.8       6.0

     株価収益率              (倍)          ―       ―       ―        ―       ―

     配当性向              (%)        22.2        9.2       12.0        10.7       10.9

     従業員数
                           212       219       222        233       237
     〔ほか、平均臨時              (名)
                          〔 2 〕      〔 2 〕      〔 2 〕      〔 ▶ 〕      〔 3 〕
     雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.  平成30年6月28日開催の定時株主総会の決議により、平成30年6月28日付でB種類株式200,000株を普通株
          式200,000株に転換しております。その結果、発行済株式総数は普通株式2,880,000株となっております。な
          お、当社は、平成30年6月28日開催の定時株主総会の決議により、種類株式を発行する旨の定款の定めを廃
          止しております。
        3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        4.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        5.主要な経営指標等のうち、第70期から第72期については会社計算規則(平成18年法務省令第13号)の規定に基
          づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定による監査証明を受けてお
          りません。
        6.第73期及び第74期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
          年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責任
          監査法人トーマツにより監査を受けております。
        7.従業員数は、就業人員(当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む。)であり、臨時
          雇用者数(アルバイト及びパートタイマーを含み、派遣社員を除く。)は、年間の平均雇用人数を〔〕外数
          で記載しております。
        8.第72期における当期純利益の前期比減少は、一時差異の減少により、繰延税金資産が減少、それに伴い法人
          税等調整額が増加した為であります。
                                  21/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【沿革】
       当社は、昭和23年東京都中央区において鉄道、船舶、鉱山、土木、農業用機械器具の製作・販売及び修理を目的
      とする会社として、現在の株式会社ヤシマキザイの前身である「八洲器材株式会社」を創業いたしました。
       八洲器材株式会社設立以後の企業集団に係る経緯は、次のとおりであります。
       年月                            概要

             香西角三郎他6名を発起人とし、資本金25万円で東京都中央区に八洲器材株式会社として設立

     昭和23年10月
             鉄道、船舶、鉱山、土木、農業用機械器具の製作・販売及び修理業務を開始
     昭和26年5月        北海道札幌市に札幌出張所(現 札幌営業所)を開設

     昭和26年8月        振興造機株式会社(現 神鋼造機株式会社)と代理店契約を締結(旧国鉄のエンジン部品の販売、
             完成エンジンの旧国鉄納入手続、アフターサービスの実施)
     昭和27年10月        大阪府大阪市に大阪出張所(現 大阪支店)を開設
     昭和29年8月        振興造機株式会社の部品販売総代理店となる

     昭和29年11月        愛知県名古屋市に名古屋事務所(現 名古屋支店)を開設

     昭和32年10月        宮城県仙台市に仙台駐在員事務所(現 仙台営業所)を開設

     昭和36年10月        振興造機株式会社より資本参加

     昭和37年4月        株式会社日本エヤーブレーキ(現 ナブテスコ株式会社)の販売代理店となる

     昭和40年10月        株式会社日立製作所「鉄道車両用品」の旧国鉄向け販売代理店となる

     昭和41年8月        建設業許可(機械器具設置工事業)取得

     昭和43年1月        フィリピン マニラ駐在員事務所を開設

     昭和46年4月        広島県広島市に広島出張所(現 広島営業所)を開設

     昭和46年8月        神鋼電機株式会社(現 シンフォニアテクノロジー株式会社)の販売代理店となる

     昭和46年10月        日本航空電子工業株式会社「コネクター類」の取扱店となる

     昭和49年7月        茨城県水戸市に水戸出張所(現 水戸営業所)を開設

     昭和50年4月        株式会社日立製作所「旧国鉄向け鉄道車両用品」の車両メーカー及び電機メーカー向け販売代理店
             となる
     昭和52年10月        日本航空電子工業株式会社「コネクター及び同関連製品」の特約店となる
     昭和54年9月        日立照明株式会社(現 日立アプライアンス株式会社)「鉄道車両用照明器具類」の販売店となる

     昭和57年3月        株式会社日立製作所「機電及びOAシステム」の特約店となる

     昭和57年4月        香川県高松市に高松出張所(現 高松営業所)を開設

             神奈川県川崎市に川崎出張所を開設、特定得意先向け日本航空電子工業株式会社製品の納入代行業
     昭和57年12月
             務開始
                                  22/143





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       年月                            概要

     昭和58年4月        株式会社日立製作所の総合特約店となる

     昭和58年10月        福岡県北九州市に九州出張所(現 九州営業所)を開設

     昭和59年10月        静岡県静岡市に静岡出張所(現 静岡営業所)を開設

     平成2年4月        小糸工業株式会社(現 コイト電工株式会社)「鉄道車両部品」の特定地区向け代理店となる

     平成4年3月        株式会社日立製作所の情報機器等及び受変電設備機器、鉄道車両用部品等の特約店となる

     平成6年3月        建設業認可(電気工事業)取得

     平成7年4月        川崎出張所を廃止し、東京都中央区に子会社ヤシマ物流株式会社設立(100%出資)

     平成8年4月        日本航空電子工業株式会社航機営業本部と特約店契約締結

     平成15年8月        秋田県秋田市に秋田出張所を開設

     平成16年1月        建設業認可(電気通信工事業)取得

     平成16年4月        中国現地法人 亜西瑪(上海)貿易有限公司を設立(100%出資)

     平成19年9月        亜西瑪(上海)貿易有限公司 青島分公司を開設

     平成20年1月        三友物産株式会社を子会社化(100%出資)

     平成21年3月        亜西瑪(上海)貿易有限公司 深圳分公司を開設

     平成22年10月        株式会社ハセテック「電気自動車用充電器」の販売代理店となる

     平成23年1月        イギリス ロンドンにロンドン事務所を開設

     平成23年4月        ベトナム ハノイにハノイ駐在員事務所を開設

             日立三菱水力株式会社「水力発電システム」の販売代理店となる
     平成23年10月
             新潟県新潟市に新潟営業所を開設
     平成25年4月        石川県金沢市に金沢営業所を開設
     平成25年11月        本社を現所在地に移転(東京都中央区日本橋兜町6番5号)

     平成25年12月        当社の商号を株式会社ヤシマキザイに変更

     平成26年7月        初の自社ブランド商材「YAM」シリーズ(空調装置用消臭剤)を販売開始

     平成27年11月        インドネシア ジャカルタにジャカルタ駐在員事務所を開設

     平成29年1月        インド グルグラムにインド支店を開設

     平成29年4月        三友物産株式会社を吸収合併

     平成30年10月        ミャンマー ヤンゴンにミャンマー支店を開設

             インド バンガロールに合弁会社QUATRO                   YASHIMA    PRIVATE    LIMITEDを設立(出資比率50%)

     令和元年5月
                                  23/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 【事業の内容】
      当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社2社(ヤシマ物流株式会社、亜西瑪(上海)貿易

     有限公司)の計3社で構成されており、鉄道事業者等に対する車体用品、電気用品等の販売、一般産業向け電子部品
     等の販売を主な事業として取り組んでおります。
      当社及び当社の関係会社における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりでありま
     す。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。
     鉄道事業

       鉄道車両製品を主な市場として鉄道事業者及び鉄道車両メーカーや鉄道車両用電気品メーカーなどを販売先と
      し、鉄道車両用電気品、同車体用品、同車載品、コネクタ・電子部品を主な商材として取り扱っており、商材ス
      トック機能(注)を有し安定供給を図っています。また販売先のニーズに応え、仕入先の要望に基づく拡販も行
      い、リレーションシップを構築しています。
       当社は、創業以来、旧日本国有鉄道(現JR各社)と取引を行っており、初期の段階は旧日本国有鉄道の保有す
      るディーゼル機関車用の内燃機関部品を主な商材に、日本各地の旧日本国有鉄道の管理局と取引を深めると同時
      に、北海道から九州まで全国に拠点展開を図ってまいりました。
       現在においては、内燃機関部品のみならず鉄道車両用電気品や同車体用品、同車載品、さらにコネクタ・電子部
      品などの販売も手がけております。また、主要な仕入先との連携を一層深め、発変電設備や鉄道用システムの取り
      扱いも行い、鉄道事業者との取引のみならず、鉄道車両メーカー、鉄道車両用電気品メーカー、信号メーカー、機
      械メーカー、工事会社などに対し、鉄道に関わる様々な商材の販売を展開しております。
       さらに、国外においては、中国の高速鉄道網の拡充にともない、上海市に亜西瑪(上海)貿易有限公司を設立
      し、鉄道車両メーカーで売上高が世界で最大の「中国中車股份有限公司(中国中車)」への販売を中心として展開
      しております。また、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド等においても、それぞれ拠点を置き、鉄道に
      関する商材の販売もしくは販路を開拓しております。
       当社グループは、JR各社をはじめとする鉄道事業者や鉄道用製品メーカー等の販売先に対し、現場に密接した
      営業対応を行う中で販売先の商材需要情報を取得し、その需要に対して安定的供給を図っています。そのために常
      時4千点以上の商材を在庫保有するストック機能を有し、電機メーカー等の販売代理店として主要仕入先とは緊密
      な連携を維持しております。また、販売先・仕入先双方の中心に立って、グループ内で情報共有し、納期調整やト
      ラブル対応を行っております。なお、在庫の保管及び入出荷はヤシマ物流株式会社の生田事業所で行っておりま
      す。
       日々の営業活動の中で、販売先から既存の商材では実現できないような要望を頂いた場合、既存の仕入先メー
      カーに顧客ニーズを展開して仕様設計交渉を行うこと、または新たな仕入先の発掘をすることで新商材を開発し、
      ニーズに確実に応えます。
       他方、仕入先からの要望に基づく拡販を行う場合、その情報をグループ内で水平展開し、既存・新規を問わず
      様々な販売先にその商材の紹介を行っています。その中で発生する規格対応等の様々な要求について仕入先ととも
      に対応しながら、業界の水先案内人として新しい商流を構築しています。
       現在では、電機メーカー、電子部品メーカー、機械メーカー、部品メーカー、化学品メーカー等を仕入先とし、
      様々な商流を構築しております。
       こうした経験と実績から、当社グループが永続的な発展を続けるには、顧客の本当のニーズをくみ取り、ソ
      リューションを組み立て、取引先との強固なリレーションシップを構築することが重要ととらえ、「現場・現物・
      現実」をキーワードとする3現主義を掲げております。「現場」とは、全国展開の拠点サービス網を活用し、現場
      の声を営業活動に反映すること、「現物」とは、商社として流通機能の向上を図ることでモノづくりに貢献するこ
      と、「現実」とは、市場調査・分析に立脚した戦略を重視して顧客のビジネス環境に対応したニーズを掘り起こす
      ことをそれぞれ意味しております。この3現主義の実践によって取扱商材や取引規模を拡大しております。
      (注)商材ストック機能:仕入れた商材を在庫として保管し、メーカーからの出荷に比べ受注から納品までの期間
         を短縮する機能。
                                  24/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (取引先とのリレーションシップ概要図)
     (拠点図) 





      (主な関係会社)







     [販売]当社、亜西瑪(上海)貿易有限公司
     [物流]ヤシマ物流株式会社
                                  25/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       鉄道事業における当社グループの主要な商材は以下のとおりであります。
         商材群                           内  容
                  鉄道各社や製鉄所構内用のディーゼル機関車や気動車に搭載される、エンジン部品や
     内燃用品
                 その他部品の販売・納入・アフターサービスの提供を行っております。
                  新幹線、通勤電車など各種鉄道車両に搭載するインバーター装置、モーター、計器、
     電気用品
                 速度発電機などの各種機器類を取り扱っております。
                  新幹線、通勤電車など各種鉄道車両に搭載するブレーキ、ドア開閉装置、座席、車
     車体用品             体・台車部品、空調装置、パンタグラフ部品、行先表示器、ヘッドライトなどの各種車
                 体用品を取り扱っております。
                  各種鉄道車両用の電気用品、車体用品以外の製品をその他車載品としており、鋼体用
     その他車載品
                 品や弁類、ケーブルや環境製品などを取り扱っております。
                  鉄道事業者が自社で保有している火力発電所、水力発電所、また変電所には当社の仕
     発変電設備             入先の製品が数多く納入されており、それら製品のメンテナンス契約や装置・部品の販
                 売を行っております。
                  鉄道事業者は、運行管理システムや旅客案内用システムの導入を進めており、当社は
     システム             仕入先であるシステムメーカーの窓口として、それら鉄道用システムのメンテナンス契
                 約や装置・部品の販売を行っております。
                  鉄道事業者が保有する鉄道車両メンテナンス工場で使用される検査・修繕用機器、試
     各種設備品             験機器、搬送機器、環境機器、清掃・洗浄機器、省エネ機器など、保線用機器や設備、
                 及び列車無線装置を取り扱っております。
                  主に鉄道車両メーカー、鉄道車両用電気品メーカーなどのメーカーに対して、振動や
                 風雨、粉塵などに耐える堅牢性や、防水性に優れた、鉄道車両用途に適したコネクタや
     コネクタ・電子部品
                 電気連結器を取り扱っております。
                  また、スイッチやリレーなどの電子部品や、ハーネス加工品も取り扱っております。
                  情報機器や消臭・洗浄・コーティング剤、一般設備品や機器、点字シールなど上記の
     その他商材
                 商材群に含まれない商材も取り扱っております。
     一般事業

       当社グループは、根幹となる鉄道事業を発展強化させながら、一般事業へとビジネスフィールドを進展させてき
      ました。本事業においては、鉄道事業における販売先以外の販売先を対象としており、産業機器メーカー、自動車
      関連メーカー、業務用機器通販事業者などを販売先としており、コネクタ・電子部品を主な商材として取り扱って
      おります。
       その他にも、海外の火力発電所用の補修・改造用品や、各種ハーネス加工品、電源ユニットなどのパワーデバイ
      ス、微小な気泡を含む水発生装置なども取り扱っております。
       また、医療業界への拡販や道路交通インフラ業界への進出をテーマに仕入先と連携して新たな商材の拡販に努め
      ております。
      (主な関係会社)

     [販売]当社、亜西瑪(上海)貿易有限公司
     [物流]ヤシマ物流株式会社
                                  26/143





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       一般事業における当社グループの主要な商材は以下のとおりであります。
         商材群                           内  容
                  主に民生用と呼ばれるコネクタを取り扱っており、産業機器メーカー、自動車関連
                 メーカー、業務用機器通販事業者などに販売を行っています。コネクタの用途として
     コネクタ・電子部品
                 は、自動車用、建機用、船用、工作機械用、エレベーター用などがあります。電子部品
                 では、スイッチや光モジュール製品、各種ハーネス加工品などを取り扱っております。
                  情報機器や微小な気泡を含む水発生装置、EV充電器・充電スタンド、自動車用ドア
     その他商材             ミラー、避雷器、省エネ機器、環境機器など上記の商材群に含まれない商材を取り扱っ
                 ております。
      事業の系統図は、次のとおりであります。

    4 【関係会社の状況】








                                       議決権の所有

                               主要な事業
         名称         住所      資本金               (又は被所有)           関係内容
                                の内容
                                        割合(%)
     (連結子会社)
                        40,000
     ヤシマ物流株式会社
                東京都中央区             鉄道事業、一般事業              100.0    物流業務等の委託
     (注)2                     千円
                                              商材の販売

     亜西瑪(上海)貿易
                中国         1,000
                                              商材の仕入
     有限公司                        鉄道事業、一般事業              100.0
                                              借入債務の保証
                上海市         千US$
     (注)2
                                              役員の兼任5名
     (注)   1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
        2.特定子会社であります。
        3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
        4.平成29年4月1日付で当社を吸収合併存続会社、当社の連結子会社であった三友物産株式会社を吸収合併消
          滅会社とする吸収合併を実施しております。
        5.令和元年5月にインド及び東南アジアにおける鉄道信号システム市場への参入を目的として、QUATRO
          YASHIMA    PRIVATE    LIMITEDを設立いたしました。
                                  27/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                                平成31年4月30日現在
              セグメントの名称                             従業員数(名)
                                               176(   17  )

     鉄道事業
                                               53(  14  )

     一般事業
                                               33(    0 )

     全社(共通)
                                               262(   31  )

                 合計
     (注)   1.従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グルー
        プへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(アルバイト及びパートタイマーを含み、派遣社員を除く。)
        は、最近1年間の平均雇用人数を()外数で記載しております。
        2.全社(共通)として記載されている従業員数は、主に管理部門に所属しているものであります。
     (2)  提出会社の状況

                                                平成31年4月30日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
         238(   3 )

                        41.57              14.09              5,902
              セグメントの名称                             従業員数(名)

                                               156(   3 )

     鉄道事業
                                                49(  0 )

     一般事業
                                                33(  0 )

     全社(共通)
                                               238(   3 )

                 合計
     (注)   1.従業員数は、就業人員(当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む。)であり、臨時
         雇用者数(アルバイト及びパートタイマーを含み、派遣社員を除く。)は、最近1年間の平均雇用人数を
         ()外数で記載しております。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.全社(共通)として記載されている従業員数は、主に管理部門に所属しているものであります。
     (3)  労働組合の状況

       1.名称     八洲器材労働組合
       2.結成年月日  昭和49年7月6日
       3.組合員数   127人(平成31年4月30日現在)
       4.労使関係   労使関係は良好に推移しており、特記すべき事項はありません。
                                  28/143







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  経営理念・指針・ビジョン

       当社グループの経営理念は「ヤシマキザイは、鉄道・交通ビジネスに強い専門商社として、限りの無い成長を目
      指します」、「ヤシマキザイは、人材育成を通して、会社の成長を社員と分かち合います」、「ヤシマキザイは、
      法令を遵守し、良き企業市民として社会に貢献します」                          としております。
      また経営指針として「変革と行動 Change                     & Action」、経営ビジョンとして「永続的に発展し続けることを目指
      す」、「鉄道専門商社としてのステータスをより一層高める」を掲げております。
      これらを経営の中心として、中期的には以下の方針、戦略を実現してまいります。
     (2)  基本方針

       当社グループは中期的な基本方針として以下の方針を定めております。
      「安定的経営基盤の強化・効率化」
      「鉄道分野の事業領域拡大、ソリューションサービスの提供」
      「グローバル対応強化、海外展開加速」
      「成長投資促進」
      これらの方針に基づき、当社グループの事業環境を踏まえて対処すべき課題等に取り組んでまいります。
     (3)  経営環境

       わが国経済は、雇用環境の改善や設備投資の増加など緩やかな回復基調で推移しております。当社グループを取
      り巻く環境につきましては、主要鉄道各社運輸事業の収益・利益が当連結会計年度において前期比増となる等、相
      応の底堅さを見せています。
       このような状況の中、鉄道・交通ビジネスに強い専門商社として事業拡大に取組んでおります。しかしながら、
      中国国内の高速車両の製造が予測より低迷したこと等が大きく経営成績に影響を与えました。
       このような状況を踏まえ、当社グループでは継続的な成長の実現及び収益力強化のため、対処すべき課題等に取
      り組んでまいります。
     (4)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

       当社グループROE(自己資本当期純利益率)を重要な経営指標と位置付け、ROE5%の達成を目標としてお
      ります。
                                  29/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  対処すべき課題等
      ① 当社グループ経営基盤である「鉄道分野」への一層の注力を図り、業務効率化や専門性の向上に努める。
        国内鉄道市場の全体傾向は成熟傾向にありますが、一定程度の市場はあるものと捉えております。当社グルー
       プはこれまでは鉄道市場において鉄道車両をメイン分野としてまいりましたが、設備や保線等の分野に展開余地
       があると考えております。また鉄道業界において国際規格への対応の動きがあり、これは既存の商権に対して脅
       威となる面がありますが、他方では機会にもなるものと考えております。さらに国内の経年車両を海外に譲渡す
       る動きが近年増えております。譲渡を得た海外の国では車両基地の整備に伴う検査設備等の設備や、車両の補修
       部品等の購入を行う必要があります。これらを課題ととらえるとともに、これらのニーズに対して当社グループ
       としても商機と捉え、受注獲得を目指します。
      ② 「公営・民間鉄道」関連の受注拡大を目指すとともに、鉄道分野における新分野・新商材の開拓・開発を進め

        る。
        当社グループは創業時より現在のJR各社(旧国鉄)との取引高が多く、相対的にJR各社との取引高比率は
       高い反面、公営・民間鉄道事業者との取引高は相対的に高くありませんでした。このことを課題としており、既
       存の対応分野以外や新たな商材の開拓や開発を進めることで、「公民鉄」各社に対する受注拡大を図るととも
       に、上述の新分野や新商材の開拓や開発を、JR各社や関連業界にも展開を目指します。
      ③ 海外市場、特に東南アジア・欧州(イギリス・イタリア)を注力先として、部門間の連携を図り商圏の拡大を

        目指す。
        新たな鉄道インフラの整備を始めとして、海外では鉄道市場の拡大が見込まれています。当社グループはそれ
       ら海外の中で特に東南アジア圏を注力先としております。また欧州においてはイギリスとイタリアを注力先とし
       ております。これらを課題ととらえるとともに、これらの注力先に対して、当社グループでは従来海外の案件対
       応を行っていた部門に限らず、グループ内の各部門が連携して知見の向上や対応にあたることで、各取引先との
       連携強化や受注の拡大に繋げてまいります。
      ④ グローバルな人材投資・新規商材開発を積極的に行い、状況に応じて現地パートナー会社と連携して海外展開

        を目指す。
        海外市場を商圏とする、また海外の製品を取り扱うことは今後一層増えるものと捉えております。そのための
       人材を育成するため教育や採用等、人材への投資を行ってまいります。新規商材開発においては国内外を問わず
       及び鉄道分野のみに限らず、積極的に行ってまいります。また海外市場案件の対応においては、すべて当社グ
       ループ内のリソースで行うことは難しい面があります。これらを課題ととらえ、そのために状況に応じて信頼で
       きる現地のパートナーを確保して、連携を図っていく必要があると考えております。
      ⑤ コーポレートガバナンス体制の整備

        法令遵守は多方面に渡って対応を図っていく必要性が年々高まっています。このことを課題としており当社グ
       ループでは「各種規程に基づく適切な権限移譲と明確なレポートラインの確立」、「コンプライアンス・リスク
       管理委員会によるリスク管理体制の強化」、「監査等委員会・内部監査によるコーポレートガバナンスの強
       化」、「J-SOX対応による管理及び業務フロー整備を通じた適時開示可能な体制構築」などを行い、コーポレート
       ガバナンス体制の整備、強化に努めてまいります。
      ⑥ 内部統制に係る体制の整備

        当社グループでは金融商品取引法に基づく財務報告に係る内部統制に関する要件を満たす必要があり、事業運
       営及び資産管理に必要で効果的な内部統制システム、コンプライアンス機能の整備は極めて重要であり課題であ
       ると認識しております。その課題に対処するため、内部統制に係る体制の整備、強化に取り組んでまいります。
                                  30/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
     事項には、以下のようなものがあります。
      なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  特定仕入先への依存によるリスクについて

       当社の主要な仕入先は株式会社日立製作所であり、平成30年3月期の連結仕入高に対する割合は38.0%となって
      おります。同社との間では情報機器、受変電設備機器、鉄道車両用部品等を販売するための期間の定めのない特約
      店契約等を締結しており、取引関係は安定しております。
       当社は今後もこの関係を継続する方針でありますが、手形の不渡等の契約解除事由の発生や、仕入先の特約店政
      策の変更や事業の再編等により今後の取引関係が継続困難となった場合、その他仕入先の製品供給の停滞、製品の
      品質に関する重大な欠陥の発生、取引条件の変更等により、当社が安定的に製品を調達することが困難になった場
      合、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)  特定業界への依存によるリスクについて

       当社グループでは、鉄道事業と一般事業の2つのセグメントによる事業展開を行っておりますが、鉄道事業にお
      ける売上が相対的に高くなっており、鉄道分野の業界に依存している状況です。その中でもJR3社への売上が大
      きく、平成30年3月期の連結売上高において東日本旅客鉄道株式会社12.3%、東海旅客鉄道株式会社10.4%、西日
      本旅客鉄道株式会社9.4%を占めております。そのため、これら各社の設備投資計画の動向によっては当社グループ
      の事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       また、鉄道業界全体における景気の変動や、自動車・鉄道・航空・船舶等の輸送形態別のシェアのシフト等経営
      環境の変動が、今後の当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)  海外事業に伴うリスクについて

       当社グループは連結子会社の存在する中国を始め、インド、ミャンマー、ベトナム、インドネシア、フィリピ
      ン、イギリスに拠点を持ち、グローバルに展開しております。中には政治的、地政学的に不安定な地域がありま
      す。これらの地域におけるテロ、戦争、疫病等社会的混乱の発生、社会インフラの未整備による停電や物流の停滞
      等予期せぬ事象、商慣習の違いから生じる取引先との予期せぬリスクの顕在化等によって、当社グループの事業、
      経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
       また、当社グループが拠点を持つ各国において、税法をはじめとした法令改正、経済の減速、貿易障壁の発生、
      反日デモや不買運動等が発生した場合、あるいは、移転価格税制等に基づく課税等が生じた場合にも当社グループ
      の事業活動に悪影響を及ぼす可能性があります。
       これらの事象については、当社グループの取引先において発生した場合も、当社グループの事業、経営成績及び
      財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (4)  為替変動に伴うリスクについて

       当社グループでは、前段の通りグローバルな事業展開をしており、海外での事業活動は今後も注力していく方針
      です。そのため、輸出入取引において為替の変動によって影響が生じます。外貨建資産・負債のマッチングにより
      為替変動リスクの軽減に努めておりますが、完全に回避できるものではありません。また、当社グループの連結財
      務諸表作成にあたっては、在外連結子会社の財務諸表を円貨換算しており、為替変動による期間損益の円貨換算額
      が増減するリスクが存在します。これらの為替変動リスクは、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性
      があります。
     (5)  取引先の信用リスクについて

       当社グループでは、取引先の信用リスクについては細心の注意を払い、与信設定等を通じてリスクの管理を行っ
      ていますが、取引先の業績悪化等により取引額の大きい得意先や仕入先の信用状況が悪化した場合、当該リスクの
      顕在化によって当社グループの事業、経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (6)  情報の流出に係るリスクについて

       当社グループは、事業活動において取引先企業等の機密情報や取引先関係者及び従業員の個人情報等を保有して
      います。これらの情報に関してセキュリティ対策を施していますが、同情報が人的及び技術的な過失や、違法また
                                  31/143

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      は不正なアクセス等により漏洩した場合、機密情報を保護できなかったことの責任追求や、それに伴う規制措置の
      対象となる可能性があります。このような事象が発生した場合においては取引先及び市場からの信頼が毀損され、
      結 果として競争上の優位性の喪失や事業、経営成績及び財政状態への悪影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  保有資産に係るリスクについて

       当社グループは、投資不動産や有価証券等を固定資産として保有しております。そのため、地価や所有物件の収
      益性、有価証券の時価等に急激な変動があった場合、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能
      性があります。
     (8)  訴訟に係るリスクについて

       当社グループの事業活動の遂行に当たっては、様々な法規制の適用下にあって、訴訟等のリスクがあり、その結
      果当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (9)  偶発的リスクについて

       当社グループは、販売拠点をグローバルに展開しているため、日本国内外において地震や洪水等の自然災害やサ
      イバー攻撃、ストライキ、火災、テロやその他人的災害が発生した場合、当社グループの事業、経営成績及び財政
      状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (10)   法令や規制に係るリスクについて

       当社グループは、事業運営を行っている国内外における法令、規制、政策、行動規範、会計基準等の変更や解釈
      の差異に起因するコンプライアンスリスクを負っております。
       当社グループは日本その他事業展開をしている国その他地域の法令を遵守しておりますが、その変更や厳格化に
      よって新たに対応コストが必要となり、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があ
      ります。これらの規制を遵守できない場合、その結果生じる罰金、社会的制裁、信用毀損、営業に必要な資格の剥
      奪等により、事業に更に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。
       しかしながら、こうした法令、規制、政策、行動規範、会計基準等の変更及びその影響の予測は困難であり、新
      たな遵守体制整備のために追加的な財務、管理、人的資源が必要になる可能性があります。
       なお、当社グループは鉄道事業及び一般事業において、建設業法、外国為替及び外国貿易法、輸出入取引法等の
      関連法規制の適用を受けており、その遵守を義務付けられておりますが、その他に事業を営む上で必要な下記の許
      認可を取得しております。
                                  32/143









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (当社グループの許認可状況)
     関連法規制      許認可等の                                    法令違反の要件及び
                  所管官庁等        許認可等の内容             有効期限
     (登録者)        名称                                  主な許認可取消事由
     建設業法      一般建設業      国土交通省      電気工事業           平成29年8月22日から            不正な手段による許可の取
                                              得や役員等の欠格条項違反
     (当社)                   電気通信工事業           令和4年8月21日まで
                                              等に該当した場合は許可の
                        機械器具設置工事業           以後5年ごとに更新
                                              取消(建設業法第29条)
                        (般-24)第19739号
                                              不正入札等不誠実な行為が
                                              あった場合は業務停止等の
                                              処分(同法第28条)
     古物営業法        古物商     北海道公安委       事務機器商           有効期限なし            偽りその他不正の手段によ

                   員会                           り許可を受けたこと。
     (当社)                   第101016100058
                                              (古物営業法第6条)
                 東京都公安委       事務機器商           有効期限なし
                                              許可を受けてから六月以内
                   員会
                        第301040405913
                                              に営業を開始せず、又は引
                 大阪府公安委       事務機器商           有効期限なし
                                              き続き六月以上営業を休止
                   員会
                        第621071901301
                                              し、現に営業を営んでいな
                                              いこと。(同法第6条)
                 福岡県公安委       事務機器商           有効期限なし
                   員会
                        第909990042549
                 広島県公安委       事務機器商           有効期限なし
                   員会
                        第731010700003
                 宮城県公安委       事務機器商           有効期限なし
                   員会
                        第221000000891
    電気工事業の       電気工事業       東京都     一般用電気工作物・           一般建設業(電気工事            電気工事業の業務の適正化
    業務の適正化                    自家用電気工作物           業)許可に同じ            に関する法律(第28条)の
    に関する法律                                          規定に違反した場合、登録
                        東京都知事届出
                                              の取消し若しくは6月以内
     (当社)
                        第2910271号
                                              の事業の全部若しくは一部
                                              を停止。
     (注)本書提出日現在において、当社グループが認識している限り、当社グループにはこれら許認可の取消しとなる
        事由に該当する事実はありません。
     (11)   人材確保・育成について

       当社グループが事業をより充実させて、グローバル化を図り、継続的に成長していく為には、優秀な人材を確保
      する事が重要であると考えております。
       このため、当社グループは計画に合わせた優秀な人材の採用及び教育研修実施・内容の充実により、当社グルー
      プの成長を支える社員、特に専門的な知識を持った営業人員の確保・育成を行ってまいります。
       しかし、人材採用環境の変化等により必要な人材が確保できない場合や、採用した人材の教育が計画通りに実施
      できなかった場合には、事業活動に支障を来たし、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (12)   販売する製品の品質問題に係るリスクについて

       当社グループは販売する製品について、要求される規格や精度等をクリアした十分な品質を確保すべく努めてお
      ります。当社グループは卸売業であり、製品の品質は仕入先メーカーに左右されるため、仕入先に関しては、外部
      からのチェック等により品質管理体制を整備しており、加えて販売先に対して製品の採用実績も豊富で品質保証に
      信頼がおける上場企業等を中心に選定しております。更に不具合品が発生した場合等の対応や補償等について仕入
      先と双方で十分協議してリスクの軽減を図っております。
       しかしながら、受注金額の大きな案件で当社の納入した製品の品質問題が発生した場合や、仕入先が規格や品質
      に関してデータ改ざん等の不適切な行為を行った場合、値引きや再発注、不良品の回収、補償等の負担が発生し、
      当社グループの事業、経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  33/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (13)   納期管理に係るリスクについて
       当社グループは、提供する商材について納期管理の徹底に努めていますが、仕入先における資材調達、生産管
      理、設計などにおける予期せぬ要因により納期遅延が生じる可能性は排除できません。
       この場合、納期遅延に起因し顧客がこうむった損害の賠償責任が発生する可能性があり、当社グループの事業、
      経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (14)   物流遅延に係るリスクについて

       当社グループは、商材の受け渡しにおいては運送会社を使用しておりますが、道路事情の影響等により商材の遅
      配等が生じる可能性があります。
       また、東日本大震災のように被害が広範囲にわたる場合、物流網の寸断などで、事業活動に大きな損失が発生す
      ることにより、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (15)   内部統制に係るリスクについて

       当社グループでは内部統制システムの整備は極めて重要であると認識しております。内部統制システムの設計、
      実施においては多くの費用、人材、その他資源が必要となります。そのため、内部統制上の重要な不備や弱点が認
      められた場合、改善に要する新たな資源投入により、追加的コストが発生する可能性があります。また、その重大
      性や原因によっては様々な法的責任が課せられる可能性があります。更に当社グループは平成30年12月に更なる業
      務効率化及び決算体制の強化を図るため、販売管理及び債権債務管理等を行う新基幹システムを導入しました。新
      基幹システムの不具合等により、財務報告に係る内部統制に重要な不備が発生した場合には、当社グループの財務
      報告の信頼性が毀損して、経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  34/143













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)経営成績等の状況の概要
      ① 財政状態及び経営成績の状況
      イ.  財政状態
       第74期連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
       当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりであります。
       (流動資産)
        流動資産につきましては、20,903,413千円となり、前連結会計年度末の19,597,444千円から1,305,968千円増加
       (前連結会計年度末比6.7%増)となりました。これは、主として現金及び預金が1,128,565千円増加したこと、
       受取手形及び売掛金が298,868千円増加したこと等によるものであります。
       (固定資産)

        固定資産につきましては、3,052,682千円となり、前連結会計年度末の2,817,297千円から235,384千円増加(前
       連結会計年度末比8.4%増)となりました。これは、主として投資有価証券が298,751千円増加したこと、ソフト
       ウエアが96,399千円増加したこと等によるものであります。
       (流動負債)

        流動負債につきましては、14,764,468千円となり、前連結会計年度末の13,720,355千円から1,044,113千円増加
       (前連結会計年度末比7.6%増)となりました。これは、主として支払手形及び買掛金が882,880千円増加したこ
       と等によるものであります。
       (固定負債)

        固定負債につきましては、1,016,998千円となり、前連結会計年度末の945,435千円から71,563千円増加(前連
       結会計年度末比7.6%増)となりました。これは、主として退職給付に係る負債が60,709千円増加したこと等によ
       るものであります。
       (純資産)

        純資産につきましては、8,174,628千円となり、前連結会計年度末の7,748,951千円から425,677千円増加(前連
       結会計年度末比5.5%増)となりました。これは、主としてその他有価証券評価差額金が90,687千円増加したこと
       等によるものであります。
       第75期第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

       (資産)
        当第3四半期連結会計期間末における資産の残高は22,216,148千円で、前連結会計年度末に比べ1,739,947千円
       減少しております。主な要因は、電子記録債権(1,505,469千円から2,446,572千円へ941,102千円増)が増加した一
       方、受取手形及び売掛金(7,303,052千円から6,164,098千円へ1,138,953千円減)、営業未収入金(990,236千円から
       240,324千円へ749,912千円減)が減少したことによるものであります。
       (負債)

        当第3四半期連結会計期間末における負債の残高は13,904,573千円で、前連結会計年度末に比べ1,876,894千円
       減少しております。主な要因は、電子記録債務(1,443,271千円から1,485,661千円へ42,389千円増)が増加した一
       方、営業未払金(1,310,486千円から278,383千円へ1,032,102千円減)、支払手形及び買掛金(11,142,062千円から
       10,272,461千円へ869,601千円減)が減少したことによるものであります。
       (純資産)

        当第3四半期連結会計期間末における純資産の残高は8,311,575千円で、前連結会計年度末に比べ136,946千円
       増加しております。主な要因は、その他有価証券評価差額金(596,269千円から434,795千円へ161,473千円減)によ
       り純資産が減少した一方、利益剰余金(6,988,603千円から7,372,631千円へ384,027千円増)が増加したことによ
       るものであります。
                                  35/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ロ.  経営成績
       第74期連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
       当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用環境の改善や設備投資の増加など緩やかな回復基調で推移しまし
      た。当社グループを取り巻く環境につきましては、主要鉄道各社運輸事業の収益・利益が当連結会計年度において
      前期比増となる等、相応の底堅さを見せています。
       このような状況の中、当社グループは、「安定的経営基盤の強化・効率化」「鉄道分野の事業領域拡大、ソ
      リューションサービスの提供」「グローバル対応強化、海外展開加速」「成長投資促進」を、全社基本方針に掲
      げ、鉄道・交通ビジネスに強い専門商社として事業拡大に取組んでおります。しかしながら、中国国内の高速車両
      の製造が予測より低迷したことによる影響もあり、当連結会計年度における売上高は33,499,851千円(前年同期比
      3.0%増)、営業利益、経常利益はそれぞれ408,193千円(前年同期比57.3%減)、533,780千円(前年同期比48.6%
      減)、親会社株主に帰属する当期純利益は329,337千円(前年同期比52.7%減)となり、ROEは4.14%になりまし
      た。
       セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。
      (鉄道事業)

        当セグメントにおきましては、鉄道車両製品を主な市場として、鉄道事業者及び鉄道車両メーカーなど対象
       に、鉄道車両用電気品、同車体用品等を主な商材として取り扱っております。
        また、販売先開拓のため鉄道車両関連以外の業務にフィールドを広げるとともに、取引量の拡大のため新たな
       商材開発を行い、新商材の知名度・認知度の向上や深耕と商材拡販をすべく、展示会への出展や、個別の販売先
       に対する製品説明会の開催等計画し、実施しております。
        当連結会計年度においては、中国国内の高速車両の製造が予測より低迷したことによる影響がありましたが、
       売上高は、29,424,973千円と前年同期28,606,000千円と比べ818,973千円(2.9%)の増収となりました。営業利益
       は、中国国内の高速車両の製造が予測より低迷したことによる影響が大きく509,376千円と前年同期1,075,013千
       円と比べ565,637千円(52.6%)の減益となりました。
      (一般事業)

        当セグメントは、当社グループにおける鉄道事業以外の事業としております。そのため取引を行っている業界
       は多岐に渡っており、一般産業機器メーカーや電力用機器メーカー、自動車業界メーカーなどがあります。
        主要な商材はコネクタ・電子部品で、この商材の主要仕入先と協業して既存販売先の深耕と、新規販売先開拓
       を行っております。
        当セグメントは拡大余地が大きいものとして、人員配置等の先行投資を行っていますが、それらに要した販売
       費及び一般管理費に見合う営業収益を上げるに至らず赤字が継続的となっています。鉄道セグメント同様、当連
       結会計年度も新たな商材の開発も行っており、ある販売先で採用された商材の水平展開や、大規模展示会への出
       展、個別販売先での製品説明会の開催等により、知名度・認知度の向上を図っております。
        その結果、売上高は、4,074,877千円と前年同期3,911,538千円と比べ163,339千円(4.2%)の増収、営業損失
       は、101,182千円と前年同期118,322千円と比べ17,140千円(14.5%)の赤字幅が縮小しました。
                                  36/143







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第75期第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)
       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、緩やかな回復基調が続いたものの、米中貿易摩擦問題等によ
      り、世界経済の先行きに対しては不透明感も広がりました。当社グループの主要顧客である鉄道各社においては、
      夏場の自然災害の影響が残るところがある一方で、過去最高益を更新したところもあり、国内鉄道インフラの更新
      需要は相応の底堅さを見せています。
       このような状況のもと当社グループは、「鉄道分野の事業領域拡大、ソリューションサービスの提供」等を全社
      基本方針に掲げ、業績拡大に努めました。その結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、26,465,366千円、利
      益面においては、営業利益536,514千円、経常利益628,728千円、親会社株主に帰属する四半期純利益422,739千円と
      なり、ROEは5.13%になりました。
       セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。
      (鉄道事業)

        当セグメントでは、鉄道車両製品を主な市場として、鉄道事業者及び鉄道車両メーカーなど対象に、鉄道車両
       用電気品、同車体用品等を主な商材として取り扱っております。当第3四半期連結累計期間において、売上高は
       23,542,430千円、セグメント利益(営業利益)は650,837千円となりました。
      (一般事業)

        当セグメントは、当社グループにおける鉄道事業以外の事業としております。そのため取引を行っている業界
       は多岐に渡っており、一般産業機器メーカーや電力用機器メーカー、自動車業界メーカーなどがあります。当第
       3四半期連結累計期間において、売上高は2,922,936千円、セグメント損失(営業損失)は114,323千円となりまし
       た。
      ② キャッシュ・フローの状況

       第74期連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
       当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末と比較して
      1,128,565千円増加し、6,922,464千円となりました。
       当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローの収入は、1,191,014千円(前連結会計年度は555,971
      千円の支出)となりました。営業活動による資金増加の主な要因は、仕入債務の増加額1,345,984千円、営業未収入
      金の減少額667,475千円等であります。資金減少の主な要因は、たな卸資産の増加額513,536千円、営業未払金の減
      少額347,225千円等であります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・フローの収入は、40,579千円(前連結会計年度は52,971千円
      の支出)となりました。投資活動による資金増加の主な要因は、有価証券の売却(償還)による収入200,000千円、
      貸付金の回収による収入172,966千円等であります。資金減少の主な要因は、投資有価証券の取得による支出
      160,085千円、無形固定資産の取得による支出102,432千円等であります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローの支出は、116,369千円(前連結会計年度は170,451千
      円の支出)となりました。財務活動による資金減少の主な要因は、短期借入金の減少66,400千円、自己株式の取得に
      よる支出60,000千円等であります。
                                  37/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ 生産、受注及び販売の実績
      イ.  生産実績
       当社は卸売業であり、生産を行っておらず、該当事項はありませんので、記載を省略しております。
      ロ.  仕入実績

       第74期連結会計年度及び第75期第3四半期連結累計期間における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとお
       りであります。
                                第74期                 第75期

                               連結会計年度               第3四半期連結累計期間
                            (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
          セグメントの名称
                             至 平成30年3月31日)                  至 平成30年12月31日)
                          仕入高(千円)        前年同期比(%)             仕入高(千円)
     鉄道事業                       26,560,075         109.3                 20,575,885

     一般事業                        3,536,280        90.6                 2,553,482

              合計              30,096,356         106.7                 23,129,367

     (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      ハ.  受注実績

       第74期連結会計年度及び第75期第3四半期連結累計期間における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとお
      りであります。
      (1)  第74期連結会計年度          (自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
          セグメントの名称                受注高(千円)        前年同期比(%)         受注残高(千円)         前年同期比(%)
     鉄道事業                        33,347,738        109.4         18,676,939        126.6

     一般事業                        4,213,802        103.9          798,492       121.1

              合計               37,561,540        108.8         19,475,432        126.4

     (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  38/143









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)  第75期第3四半期連結累計期間               (自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)
          セグメントの名称                    受注高(千円)                 受注残高(千円)
     鉄道事業                                28,632,789                 23,767,298

     一般事業                                 3,634,457                 1,510,013

              合計                       32,267,246                 25,277,312

     (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      ニ.  販売実績

       第74期連結会計年度及び第75期第3四半期連結累計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとお
       りであります。
                                第74期                 第75期
                               連結会計年度               第3四半期連結累計期間
                            (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
          セグメントの名称
                             至 平成30年3月31日)                  至 平成30年12月31日)
                           金額(千円)        前年同期比(%)              金額(千円)
     鉄道事業                       29,424,973         102.9                 23,542,430

     一般事業                        4,074,877        104.2                  2,922,936

              合計              33,499,851         103.0                 26,465,366

     (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.最近2連結会計年度及び第75期第3四半期連結累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販
          売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                                   第75期

                    第73期連結会計年度              第74期連結会計年度
                                               第3四半期連結累計期間
                  (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                               (自 平成30年4月1日
                   至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
          相手先
                                                至 平成30年12月31日)
                  金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)
      東日本旅客鉄道(株)             4,195,576          12.9    4,110,393          12.3    3,008,446          11.4

      東海旅客鉄道(株)             3,131,262          9.6    3,497,465          10.4    2,753,867          10.4

      西日本旅客鉄道(株)             3,850,426          11.8    3,137,108          9.4    2,322,636          8.8

        3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  39/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
      ① 重要な会計方針及び見積り
        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に準拠して作成してい
       ます。この連結財務諸表の作成にあたって、貸倒引当金、退職給付に係る資産及び負債、税金費用等の見積り
       は、それぞれ過去の実績等を勘案し合理的に算定していますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性の存在に
       より、これらの見積りと異なる場合があります。また、引当金の計上基準については、「第5 経理の状況 
       1 連結財務諸表等 注記事項 (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しています。
      ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当社グループの経営成績等は次のとおりであります。
       イ.  経営成績等の状況

       第74期連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
       (売上高)
        当連結会計年度における売上高は、前連結会計年度に比べ982,312千円増加し、33,499,851千円(前年同期比
       3.0%増)となりました。これは主に、鉄道事業において、公営鉄道向け及び車両メーカー向けに大型案件の計上
       が寄与した一方、中国の高速車両製造ペースが鈍化したことによるものであります。
       (売上原価、売上総利益)

        当連結会計年度の売上原価は、前連結会計年度に比べ1,350,094千円増加し、29,541,827千円(前年同期比4.8%
       増)となり、売上総利益は前連結会計年度に比べ367,782千円減少し、3,958,023千円(前年同期比8.5%減)となり
       ました。
        これは主に、鉄道事業において、上述の中国の高速車両製造ペースの鈍化に伴い、中国子会社での売上総利益
       が低下したことによるものであります。
       (販売費及び一般管理費、営業利益)

        当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ180,715千円増加し、3,549,829千円(前年同
       期比5.4%増)となりました。主な要因は、業容拡大のための人員増強による人件費の増加113,571千円等によるも
       のであります。
        以上の結果、営業利益は前連結会計年度に比べ548,497千円減少し、408,193千円(前年同期比57.3%減)となり
       ました。
       (営業外損益、経常利益)

        当連結会計年度の営業外収益は、前連結会計年度に比べ11,812千円減少し、151,080千円(前年同期比7.3%減)
       となりました。主な要因は、雑収入(開示科目は営業外収入の「その他」)として計上している中国子会社の政
       府補助金受領時期の遅れ等による減少21,792千円であります。また、営業外費用は前連結会計年度に比べ55,912
       千円減少し、25,492千円(前年同期比68.7%減)となりました。主な要因は、為替差損の減少38,936千円等であり
       ます。
        以上の結果、経常利益は前連結会計年度に比べ504,397千円減少し、533,780千円(前年同期比48.6%減)とな
       りました。
       (特別損益、親会社株主に帰属する当期純利益)

        当連結会計年度において特別損益は発生しておりません。
        以上の結果、税金等調整前当期純利益は、前連結会計年度に比べ504,397千円減少し、533,780千円(前年同期比
       48.6%減)となりました。また、親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べ366,871千円減少
       し、329,337千円(前年同期比52.7%減)となりました。
                                  40/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第75期第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)
       (売上高)
        当第3四半期連結累計期間の売上高は26,465,366千円となりました。
       (売上原価、売上総利益)

        当第3四半期連結累計期間の売上原価は23,172,852千円となり、売上総利益は3,292,514千円となりました。
       (販売費及び一般管理費、営業利益)

        当第3四半期連結累計期間の販売費及び一般管理費は2,756,000千円であり、これは主に人件費であります。そ
       の結果、営業利益は536,514千円となりました。
       (営業外損益、経常利益)

        当第3四半期連結累計期間の営業外収益は、受取配当金や賃貸料収入等により120,685千円となりました。当第
       3四半期累計期間の営業外費用は28,471千円となりました。その結果、経常利益は628,728千円となりました。
       (特別損益、親会社株主に帰属する四半期純利益)

        当第3四半期連結累計期間の特別利益は投資有価証券売却により61,055千円となりました。
        以上の結果、税金等調整前四半期純利益は689,784千円となりました。また親会社株主に帰属する四半期純利益
       は422,739千円となりました。
                                  41/143














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ロ.  資本の財源及び資金の流動性についての分析
       (所要資金の調達方針について)
         当社は、株主に対する利益還元と内部留保の充実を総合的に勘案し、収益性、成長性、企業体質の強化を考
        慮しつつ、安定的な配当の継続維持を基本方針としております。
         当社グループでは手元流動資金等の拡充について常に余裕を持つべく努めており、資金繰り管理を通じた適
        切な資金管理をしております。当社グループの所要資金調達は、大きく分けて設備投資資金及び運転資金の調
        達となっておりますが、基本的には内部留保の増加を中心としてまかなってきました。
         当連結会計年度の期末時点では内部留保の長年の蓄積により、純資産額の83%相当を現金及び預金で保有し
        ており、手元資金は充実しております。なお、過去においては基幹システム開発・稼動等多額の設備資金を要
        する場合等に、必要に応じて長期又は短期借入金や社債の発行等外部資金による資金調達を行った実績があり
        ます。
         今後の所要資金につきましては、多額な設備投資等以外は内部留保によりまかなってまいります。また、子
        会社につきましても、同じく内部留保により基本的にまかない、多額な設備投資等の必要性に迫られた場合等
        には、当社の承認後に当社を通じての資金調達を行う予定であります。
         なお、本件の募集に伴う自己株式の売却により得られる調達資金は、設備投資として社内業務効率化のため
        のシステム構築と、運転資金として海外拠点の設立や海外拠点の人件費等の事業展開費用に充ててまいりま
        す。
       (資金調達の方法について)

         当社は、過去において設備資金や運転資金を、社債、長期借入金、短期借入金により調達してまいりまし
        た。現時点では社債の発行残高はありません。また、銀行借入金につきましては、株式会社三井住友銀行、株
        式会社みずほ銀行、株式会社三菱UFJ銀行に、それぞれ当座借越枠5億円を設定し、手元流動性預金とあわ
        せ、緊急な支出にも対応可能な体制を整えております。
         多額な運転資金調達の必要性や設備投資計画は、現在のところ予定しておりませんが、今後必要となった場
        合は、株式総数増加による株式市場への影響、業績見通し等を勘案し、公募増資等を考慮していきたいと考え
        ております。
         当連結会計年度末における有利子負債残高は225,030千円となっております。また、当連結会計年度末におけ
        る現金及び現金同等物の残高は6,922,464千円となっております。
         当社グループでは手元流動資金等の拡充について常に余裕を持つべく努めており、資金繰り管理を通じた適
        切な資金管理をしております。
       (損益と収支の状況との関係)

         売掛債権の回収期間につきましては、3~3.5ヶ月の過去実績となっております。当社グループの売上高上位
        を占める鉄道会社への債権は、今後も比較的短期間での回収推移が見込まれるとともに、受注量も安定的に増
        加する計画であることから、この分野における回収状況に大きな変動はないものの、他部門と比べると回収期
        間が長い輸出部門等での売上が伸びる計画であることから、回収まで長期化しやすい債権に関しては、その期
        間を極力抑制してまいる所存です。
         仕入れに関しては、永年にわたり取引を継続している先が多く、取引条件の大きな変動は想定していません
        が、事業環境の変化に応じたコスト低減を図る考えであります。
         在庫管理においても、商材の入出庫管理や残高の管理を徹底し、余剰在庫の削減を図ることにより、営業活
        動によるキャッシュ・フローの増大に努めてまいります。
                                  42/143





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (投資活動及び財務活動に関する分析)
         有形固定資産については、大規模な建物構築物の取得となる拠点新設等は計画しておりません。
         無形固定資産については、当社において平成29年3月期から平成31年3月期に、基幹システム入替による投
        資330,000千円を計画し、平成30年12月に稼動を開始いたしました。全社的な仕入販売活動に利用する主要シス
        テムを全面的に更新したことから、本システム入替により期待される投資効果として、営業活動全般における
        広範囲な業務効率化を見込んでおります。
         また、上述の基幹システム入替等の設備資金については、調達済みであり、手元資金でまかなうこととして
        おります。
         年末及び期末には、買掛金の支払が増えることが考えられることから、資金繰りの関係上一時的に手元資金
        を充実させることを目的として借入を行うことを計画しておりますが、売掛金の回収により手元流動資金が回
        復すれば不要になるため、当該借入につきましては上述の当座借越の枠内で行う方針であります。
       ハ.  経営成績に重要な影響を与える要因について

        「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
                                  43/143















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【経営上の重要な契約等】
     主要仕入契約
              相手先     相手先の                契約

      契約会社名                     契約品目                契約期間          契約内容
              の名称      所在地               締結日
             株式会社                                     当社が特約店とな

                   東京都               平成4年
     株式会社ヤシマ                                   平成4年3月21日から
             日立製作           情報機器等                          り、情報機器等を
     キザイ              千代田区               3月21日       期限の定めなし
             所                                     販売する契約
                                                  当社が特約店とな

             株式会社                                     り、受変電設備機
                   東京都               平成4年
     株式会社ヤシマ                    受変電設備機器、               平成4年3月21日から
             日立製作                                     器、鉄道車両用部
     キザイ                    鉄道車両用部品等                期限の定めなし
                   千代田区               3月21日
             所                                     品等を販売する契
                                                  約
                                                  当社が特約店とな
             日本航空                          平成31年4月1日から
                   東京都               平成4年
     株式会社ヤシマ                    日本航空電子工業                          り、日本航空電子
             電子工業                          令和2年3月31日まで
     キザイ                    製品                          工業製品を第三者
                   渋谷区               4月1日
             株式会社                             (注)2
                                                  に販売する契約
             ナブテス                          平成30年8月1日から           当社が代理店とな

                   東京都               平成30年
     株式会社ヤシマ
             コ株式会           ナブテスコ製品               令和2年12月31日まで           り、ナブテスコ製
     キザイ
                   千代田区               8月1日
             社                             (注)2       品を販売する契約
     (注) 1 契約期間は再契約のものを含め最新の契約書に基づく契約期間を表示しております。

        2 1年毎の自動更新契約になっております。
        3 上記契約の解除事由は個々の契約により異なりますが、概ねその基本的な規定事項としては、手形の不渡
          り・差押え・仮差押え・仮処分・競売・破産・民事再生・会社更生・債務不履行・監督官庁からの営業許
          可の取消処分等に該当する場合となっております。
    5  【研究開発活動】

      当社は卸売業のため、研究開発を行っておりませんので、該当事項はありません。
                                  44/143











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

     第74期連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
      当連結会計年度において重要な設備投資はありません。また、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等
     はありません。
     第75期第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

      当第3四半期連結累計期間において実施した主な設備投資は327,355千円であります。これは全社における新基幹シ
     ステムの導入等によるものです。また、当第3四半期連結累計期間において重要な設備の除却、売却等はありませ
     ん。
    2  【主要な設備の状況】

     (1)  提出会社
                                                平成30年3月31日現在
                                  帳簿価額(千円)
     事業所名      セグメン                                             従業員数
               設備の内容
     (所在地)      トの名称                                              (名)
                       建物     機械装置       土地
                                            ソフトウエア
                                      什器備品等             合計
                     及び構築物      及び運搬具      (面積㎡)
      本社
          鉄  道  事                       -
                オフィス
     (東京都     業・一般             30,762        -     (-)     6,159     136,549     173,471     144(-)
                ビル
          事業                      [1,441.01]
     中央区)
     大阪支店
          鉄  道  事                       -
                オフィス
     (大阪市     業・一般             7,339       -     (-)      966      -    8,306    31(-)
                ビル
          事業                       [367.91]
      西区)
    名古屋支店
          鉄  道  事                       -
                オフィス
     (名古屋市      業・一般              980      -     (-)     1,119       -    2,100    16(2)
                ビル
          事業                        [275.2]
     中村区)
                機械設備
     その他     鉄道事業               -    28,339        -      -      -   28,339       -
                (金型)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.従業員数は、就業人員(当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む。)であり、臨時
          雇用者数(アルバイト及びパートタイマーを含み、派遣社員を除く。)は、最近1年間の平均雇用人数を
          ()外数で記載しております。
        4.建物及び土地の一部を賃借しております。なお、賃借している土地の面積は、[ ]で外書きしております。
          年間賃借料は以下のとおりであります。
              事業所名                                   年間賃借料
                        セグメントの名称             設備の内容
             (所在地)                                    (千円)
         本社
                        鉄道事業・一般事業             オフィスビル                 99,382
         (東京都中央区)
         大阪支店
                        鉄道事業・一般事業             オフィスビル                 16,025
         (大阪市西区)
         名古屋支店
                        鉄道事業・一般事業             オフィスビル                 13,986
         (名古屋市中村区)
                                  45/143






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  国内子会社
                                                平成30年3月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
          事業所名     セグメン     設備の                                  従業員数
     会社名
                          建物    機械装置
                トの名称
          (所在地)           内容                                  (名)
                                    土地          ソフト
                                        什器備品
                          及び     及び                    合計
                                          等
                                   (面積㎡)          ウエア
                          構築物     運搬具
          生田事業所
     ヤシマ物           鉄道事                      -
                      物流
     流株式会      (川崎市     業・一           10,575     1,358      (-)     608    5,036    17,578     8(26)
                      倉庫
     社           般事業                    [515.6]
           多摩区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.建物及び土地の一部を賃借しております。なお、賃借している土地の面積は、[ ]で外書きしております。
          年間賃借料は26,656千円であります。
        4.従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グルー
          プへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(アルバイト及びパートタイマーを含み、派遣社員を除
          く。)は、最近1年間の平均雇用人数を()外数で記載しております。
     (3)  在外子会社

        重要性がないため記載を省略しております。
    3  【設備の新設、除却等の計画】(平成31年4月30日現在)

     (1)  重要な設備の新設等
                            投資予定額
          事業所名     セグメントの                                   完了予定     完成後の
     会社名                設備の内容                 資金調達方法        着手年月
          (所在地)       名称                                  年月    増加能力
                           総額    既支払額
                           (千円)     (千円)
                     業務効率化
                     を目的とし
                     たウェブ環
                     境での受発
                     注システム
         本社(東京都      鉄道事業・一      の構築、基                        令和元年7     令和3年3
     当社                      100,000        -  自己株式処分資金                  (注)2
          中央区)      般事業     幹システム                          月     月
                     の拡充、決
                     算業務の効
                     率化のため
                     の会計シス
                     テムの構築
     (注)   1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        2.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
     (2)  重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                  46/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】

                 種類                        発行可能株式総数(株)

                普通株式                                      11,520,000

                 計                                    11,520,000

      (注)   平成30年6月28日開催の定時株主総会の決議により、平成30年6月28日付でB種類株式を廃止しております。
        また、平成30年8月31日開催の臨時株主総会の決議により、平成30年8月31日付で発行可能株式総数を
        10,000,000株から11,520,000株に変更しております。
      ② 【発行済株式】

                             上場金融商品取引所名又は

        種類          発行数(株)                                内容
                           登録認可金融商品取引業協会名
                                          1単元の株式数は、100株でありま
                                          す。完全議決権株式であり、権利内
       普通株式               2,880,000           非上場
                                          容に何ら限定のない当社における標
                                          準となる株式であります。
         計             2,880,000             ―                ―
      (注)   1.平成30年6月28日開催の定時株主総会の決議により、平成30年6月28日付でB種類株式200,000株を普通
           株式200,000株に転換しております。
         2.平成30年8月31日開催の臨時株主総会の決議により、平成30年8月31日付で単元株式数を1,000株から100
           株に変更しております。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①【ストックオプション制度の内容】

        該当事項はありません。 
      ②【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。 
      ③【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。  
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                   普通株式
     平成30年6月28日               200,000       普通株式
                                    -     99,900         -       -
     (注)             B種類株式        2,880,000
                  △200,000
     (注)    平成30年6月28日開催の定時株主総会の決議により、B種類株式200,000株を普通株式200,000株に転換してお
        ります。
                                  47/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)   【所有者別状況】
                                                平成31年4月30日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                  計
                      取引業者      法人               その他
            団体
                                 個人以外      個人
     株主数
              -      2     -      8     -     -     16     26      -
     (人)
     所有株式数
              -    2,230       -    9,430       -     -   17,136     28,796        400
     (単元)
     所有株式数
              -    7.74      -    32.75       -     -    59.51     100.00        -
     の割合(%)
     (注)1.自己株式299,200株は、「個人その他」に2,992単元含まれております。
        2.所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しております。
     (5)   【議決権の状況】

      ① 【発行済株式】
                                                平成31年4月30日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)                    権利内容に何ら限定のない当社におけ
     完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式               ―     る標準となる株式であります。1単元
                           299,200              の株式数は、100株であります。
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                 25,804    同上
                          2,580,400
                     普通株式
     単元未満株式                               ―              ―
                             400
     発行済株式総数                     2,880,000          ―              ―
     総株主の議決権                     ―            25,804             ―

      ② 【自己株式等】

                                               平成31年4月30日現在
                                                     発行済株式
                                  自己名義      他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                     所有者の住所            所有株式数      所有株式数       の合計
        又は名称                                             所有株式数
                                   (株)      (株)      (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
                東京都中央区日本橋兜町6番5号                   299,200       ―     299,200       10.39
     株式会社ヤシマキザイ
         計               ―           299,200       ―     299,200       10.39
                                  48/143






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】           会社法第155条第3号によるB種類株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】

                区分                   株式数(株)              価額の総額(千円)
     株主総会(平成29年9月19日)での決議状況
                                        200,000                60,000
     (取得期間     平成29年9月20日~平成29年9月29日)
     最近事業年度前における取得自己株式                                ―               ―
     最近事業年度における取得自己株式                                   200,000                60,000

     残存授権株式の総数及び価額の総額                                ―               ―

     最近事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                ―               ―

     最近期間における取得自己株式                                ―               ―

     提出日現在の未行使割合(%)                                ―               ―

     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            最近事業年度                    最近期間

            区分
                                処分価額の総額                   処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (千円)                   (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                          -         -         -          -
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                     -         -         -          -
     合併、株式交換、会社分割に係る
                          -         -         -          -
     移転を行った取得自己株式
     その他
                       普通株式 36,100              51,201        -          -
     (第三者割当による自己株式の処
     分)
                       普通株式 99,200
     保有自己株式数                              -     普通株式 299,200             -
                      B種類株式 200,000
      (注)   平成30年6月28日開催の定時株主総会の決議により、平成30年6月28日付でB種類株式200,000株を普通株式
         200,000株に転換しております。
                                  49/143






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【配当政策】
      当社は、株主に対する利益還元と内部留保の充実を総合的に勘案し、収益性、成長性、企業体質の強化を考慮しつ
     つ、安定的な配当の継続維持を基本方針としております。
      当社の剰余金の配当は、現在、期末配当の年1回を基本的な方針としており、配当の決定機関は取締役会でありま
     す。また、当社は会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができる
     旨を定款に定めております。なお、剰余金の配当基準日は、期末配当は毎年3月31日、中間配当は毎年9月30日とす
     る旨を定款に定めております。
      第74期事業年度の剰余金の配当につきましては、安定的な配当の継続維持を基本方針に次期以降の見通しなどを勘
     案し、1株につき普通配当15円としております。
      内部留保資金の使途につきましては、経営体質強化と将来の事業展開投資として投入していくこととしておりま
     す。
      基準日が第74期事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。
                            配当金の総額                 1株当たり配当額
           決議年月日
                             (千円)                   (円)
         平成30年6月28日
                            普通株式 38,712                    普通株式 15
         定時株主総会決議
    4  【株価の推移】

      当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
                                  50/143














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【役員の状況】
    男性9名 女性1名(役員のうち女性の比率10%)
                                                        所有
      役名     職名      氏名      生年月日                略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                             昭和35年4月      丸紅飯田株式会社入社(現 丸紅株式
                                    会社)
                             平成5年2月      当社入社 代表取締役専務就任
                             平成5年6月      代表取締役社長就任
     代表取締役
            ―    佐藤 厚     昭和13年1月10日        平成7年4月      ヤシマ物流株式会社代表取締役社長就                (注)2    190,761
      会長
                                    任
                             平成16年4月      亜西瑪(上海)貿易有限公司董事長就
                                    任(現任)
                             平成26年4月      代表取締役会長就任(現任)
                             昭和52年4月      当社入社
                             平成16年4月      亜西瑪(上海)貿易有限公司董事就任
                                    (現任)
                             平成23年4月      海外営業本部長
     代表取締役
            ―    髙田 一昭      昭和25年12月22日        平成23年6月      取締役海外営業本部長就任                (注)2     8,303
      社長
                             平成24年6月      常務取締役海外営業本部長(兼)ソ
                                    リューション本部長就任
                             平成25年4月      取締役副社長海外営業本部長就任
                             平成26年4月      代表取締役社長就任(現任)
                             昭和51年4月      株式会社太陽神戸銀行入行(現 株式
                                    会社三井住友銀行)
                                    当社入社     サービス本部副本部長
                             平成19年4月
                                    (兼)総務部長
                             平成20年1月      サービス本部副本部長(兼)総務部長
                                    (兼)経理部長
      取締役
                             平成22年6月      取締役管理本部長(兼)総務部長就任
          管理本部管掌      種部 和夫      昭和27年8月15日                              (注)2     12,218
      副社長
                             平成24年6月      取締役管理本部長就任
                             平成24年7月      亜西瑪(上海)貿易有限公司董事就任
                                    (現任)
                             平成25年4月      常務取締役管理本部長就任
                             平成26年4月      専務取締役管理本部長就任
                             平成27年4月      取締役副社長管理本部長就任
                             平成30年4月      取締役副社長管理本部管掌(現任)
                             昭和60年4月      株式会社イトーヨーカ堂入社
                             平成5年3月      当社入社
                             平成14年4月      総務部長
                             平成15年6月      取締役総務部長就任
                             平成18年4月      取締役サービス本部副本部長(兼)総
                                    務部長就任
                             平成19年4月      取締役サービス本部長(兼)公開準備
                                    室長就任
                             平成19年6月      常務取締役サービス本部長(兼)公開
                                    準備室長就任
      取締役     中国本部長      関 正一郎      昭和35年7月14日                              (注)2    191,152
                             平成21年4月      常務取締役公開準備室長就任
                             平成22年4月      常務取締役名古屋支店長就任
                             平成24年6月      監査役就任
                             平成27年2月      一般社団法人アカデミア・ヤシマ代表
                                    理事就任
                             平成29年6月      取締役就任
                             平成30年4月      取締役中国本部長就任(現任)
                                    亜西瑪(上海)貿易有限公司総経理就
                                    任(現任)
                             平成30年5月      亜西瑪(上海)貿易有限公司董事就任
                                    (現任)
                             昭和53年4月      株式会社日立製作所入社
                             平成22年4月      当社入社 ソリューション本部長
                             平成24年6月      名古屋支店長
           交通営業
      取締役          小野崎 正顕      昭和30年9月24日                              (注)2     5,708
           本部長
                             平成26年4月      交通営業本部営業推進室長
                             平成26年6月      取締役営業推進室長就任
                             平成27年4月      取締役交通営業本部長就任(現任)
                                  51/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有
      役名     職名      氏名      生年月日                略歴             任期    株式数
                                                        (株)
                             昭和55年4月      丸紅株式会社入社
                             平成23年4月      当社入社
                                    亜西瑪(上海)貿易有限公司            総経理
                             平成23年5月
                             平成24年7月      亜西瑪(上海)貿易有限公司董事就任
           海外営業
      取締役          髙橋 謙二      昭和31年12月27日                              (注)2     3,273
           本部長
                                    (現任)
                             平成26年6月      取締役就任
                             平成29年4月      取締役中国本部長就任
                             平成30年4月      取締役海外営業本部長就任(現任)
                             昭和54年6月      広陽日産モーター株式会社入社
                             昭和55年12月      当社入社
      取締役     大阪支店長      中村 修     昭和33年3月5日                              (注)2     4,991
                             平成24年4月      大阪支店長
                                    取締役   大阪支店長就任(現任)
                             平成26年6月
                             昭和46年4月      東京国税局 入局
      取締役
                             平成19年8月      税理士登録
            ―   倉田 二三夫      昭和23年2月8日                              (注)3      65
     (監査等委
                             平成24年6月      当社 監査役(非常勤)就任
      員)
                             平成29年6月      取締役(監査等委員)就任(現任)
                             昭和55年4月      伊藤忠商事株式会社入社
                             平成元年10月      シティバンク、エヌ・エイ入行
                             平成14年10月      第一東京弁護士会登録
                                    安西・外井法律事務所(現 安西法律
      取締役
                                    事務所)入所(現任)
            ―    木村 恵子      昭和34年10月13日                              (注)3       ―
     (監査等委
                             平成25年6月      公益財団法人労災保険情報センター 
      員)
                                    理事就任(現任)
                             平成28年6月      東洋インキSCホールディングス株式会
                                    社取締役就任(現任)
                             平成29年6月      当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                             昭和58年4月      株式会社インテック入社
                             平成10年9月      監査法人日本橋事務所入所
                             平成13年4月      公認会計士登録
                             平成13年11月      山田経営会計事務所開業・同所長(現
                                    任)
      取締役
                             平成15年10月      税理士登録
            ―    山田 隆明      昭和34年12月20日                              (注)3       ―
     (監査等委
                             平成26年3月      セーラー万年筆株式会社監査役就任
      員)
                             平成28年3月      セーラー万年筆株式会社取締役(監査
                                    等委員)就任(現任)
                             平成29年6月      当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                                    わくわく経営株式会社代表取締役就任
                             平成30年6月
                                    (現任)
                             計                           416,471
     (注)   1.監査等委員である取締役の倉田二三夫、木村恵子及び山田隆明は、社外取締役であります。

        2.監査等委員でない取締役の任期は、平成30年6月28日開催の定時株主総会終結の時から選任後1年以内に終
          了する事業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        3.監査等委員である取締役の任期は、平成29年6月23日開催の定時株主総会終結の時から選任後2年以内に終
          了する事業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        4.監査等委員会の体制は、次のとおりであります。
          委員長 倉田二三夫  委員 木村恵子  委員 山田隆明
        5.社外取締役(監査等委員)倉田二三夫は、令和元年6月27日開催予定の定時株主総会終結の時をもって、社
          外取締役(監査等委員)を退任する予定であります。
        6.当社は、令和元年6月27日開催予定の定時株主総会の選任議案として、令和元年6月12日開催予定の取締役
          会において、宇根秀樹を取締役(常勤監査等委員)候補者とする決議を行う予定であります。取締役(常勤
          監査等委員)候補者宇根秀樹の略歴は以下のとおりです。
     氏名

                  略歴
     (生年月日)
                  昭和55年3月 小杉産業株式会社入社
                  平成21年7月 当社入社
                  平成22年4月 財務経理部長
     宇根秀樹
                  平成24年5月 亜西瑪(上海)貿易有限公司監事就任(現任)
     (昭和31年5月15日)
                  平成28年4月 管理本部副本部長(兼)財務経理部長
                  平成29年6月 ヤシマ物流株式会社監査役就任(現任)
                  平成30年4月 管理本部長
                                  52/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
      ① 企業統治の体制
      イ 会社の企業統治の体制の概要及びその体制を採用する理由
         当社は、公正かつ透明な企業活動を行うことを経営の基本としており、この方針を支えるコーポレート・ガ
        バナンスの重要性を充分認識し、経営の公正性・透明性、迅速な意思決定の維持・向上に努めております。
         当社は、平成29年6月23日開催の第73期定時株主総会で、定款の一部変更を決議し、監査等委員会設置会社
        に移行しました。この移行は、コーポレート・ガバナンス体制の一層の強化を図るとともに、重要な業務執行
        の決議を業務執行取締役に委任できる環境を整え、迅速な経営判断のもとに機動的な会社運営を可能とするこ
        とで、企業価値をさらに向上させることを意図したものであります。
         役員構成は、取締役10名で、うち監査等委員である取締役が3名(全て社外取締役)であります。なお、当
        社の取締役(監査等委員であるものは除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする旨を定
        款で定めております。
         なお、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)との間で会社法第427条第1項に定める賠償責任を限
        定する契約を締結しており、当該契約に基づく賠償責任限度額は、同法第425条第1項に定める最低責任限度額
        としております。
      ロ 会社の機関の内容及び内部統制の状況

         取締役会は、原則毎月1回、さらに必要に応じて臨時に開催し、経営に関する重要事項を審議しておりま
        す。業務執行につきましては、経営会議において業務執行の前提となる重要事項を協議しております。
         監査等委員会は監査等委員である社外取締役3名で構成されております。また、監査等委員会監査の実効性
        を担保するため、1名の補助使用人を配置しております。監査等委員会は、定期的、さらに必要に応じ臨時に
        開催することとしており、各監査等委員は、監査等委員会で定めた監査の基本方針・監査計画に従い、重要な
        会議への出席、重要な決裁書類等の閲覧及び内部監査部門の報告や関係者の聴取などにより取締役の業務執行
        及び内部統制についての監査を実施しております。
         また、常勤の監査等委員がいないため、監査等委員会の職務を補助するために監査等委員会に専任の補助使
        用   人を1名配置しております。補助使用人は監査等委員会の運営を担うほか、監査等委員会の指示に基づ
        き、社内各部門から必要な情報を収集し監査等委員会への報告を行い、重要な会議への出席、各部門の往査や
        内部監査部門との連携等を行うことにより、監査等委員会監査の実効性の確保に努めております。
         内部統制につきましては、当社グループとしての内部統制機能の充実を図り、グループ内でのより高い企業
        倫理の確立に向けて努力しております。
      ハ リスク管理体制の整備

         当社はリスクを適切に認識し、管理するための規程として、「リスク管理規程」を定め、コンプライアン
        ス・リスク管理委員会(委員長:当社代表取締役社長)を設置し、リスク管理体制の整備を図っております。
         重大なリスクが顕著化したときには、「経営危機対応規程」に基づいて緊急時対策本部を設置し、被害を最
        小限に抑制するための適切な措置を講じます。
                                  53/143







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         以下に会社の機関・内部統制の関係を図表で示します。
      ニ 取締役会が決議した内部統制システムの整備に係る基本方針











        1.当社及び当社子会社の取締役、従業員等の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         (1)  当社は、コンプライアンスを経営上の最重要課題と位置付け、当社グループの取締役及び従業員等が法
           令及び定款を遵守し、健全な社会規範の下にその職務を遂行することは、社会の一員として最も大切な
           ことであることと認識し、一人ひとりが誠実に業務を遂行する体制を構築する。
         (2)  当社グループ全体に法令遵守を浸透、徹底させるため、「コンプライアンス規程」を定め、定期的にコ
           ンプライアンス・リスク管理委員会(委員長:当社代表取締役社長)を開催する。これにより、各種法
           令、当社グループ経営理念、諸規程及び企業倫理等を各部門が徹底して遵守する体制を構築、推進す
           る。
         (3)  内部通報制度規程を定め、その適切な運用により、通報者が不利益にならないように保護するととも
           に、違法行為等について抑制、未然防止、早期発見並びに早期解決を図り、企業の透明性を構築する。
         (4)  当社グループは、反社会的勢力を認めず、一切の関係を持たない。反社会的勢力による被害防止のた
           め、圧力には組織で対処し、毅然とした対応をする。
           反社会的勢力との接触が生じた場合には、速やかに警察当局及び顧問弁護士等に通報・相談して対応す
           る。
        2.当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

          取締役及び監査等委員は、株主総会議事録、取締役会議事録その他の重要な意思決定に関する文書等(電
         磁的記録を含む。以下同じ。)について、法令及び社内規程に基づき、保存及び管理を行う。これらの文書
         等は、取締役及び監査等委員が必要に応じて閲覧できるものとする。
                                  54/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        3.当社グループの損失の危機の関する規程その他の体制
          当社グループは、「リスク管理規程」等を定め、その抱えるリスクを常に注視するとともに、定期的に開
         催するコンプライアンス・リスク管理委員会等を通じてその対応について決定及び指導を行う。
          また、当社は、コンプライアンス・リスク管理委員会において、必要に応じて当社グループの関連部署に
         出席を求め、リスクの状況を報告させる。
        4.当社の取締役及び当社子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          当社グループは、職務分掌を定め、各業務執行取締役が責任をもって担当する領域を明確にする。当社
         グ ループは、グループ中期経営計画を策定し、毎事業年度ごとのグループ全体の重点経営目標を定めて責
         任を持って遂行する。
          当社グループは、取締役会を定期的に開催する。また、経営効率を向上させるため、当社の代表取締役会
         長・代表取締役社長・取締役副社長で構成される経営会議を毎月開催し、業務執行に係る基本的な事項及び
         重要事項を協議する。
        5.当社子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制、その他当社グループにおけ

          る業務の適正を確保するための体制
          当社は、子会社の経営については自主性を尊重しつつ、事業状況の定期的な報告を受け、重要案件につい
         ての承認を行う。また、連結財務諸表の正確性、適正性を確保するため、内部統制システムを整備し、適切
         に運用する。
        6.監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項

          当社は、監査等委員会からの要請により、監査等委員会の職務を補助すべき使用人を配置する。
        7.前項の使用人の取締役からの独立性に関する事項

          前項に基づき配置された使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性を確保するた
         め、その選任、解任、異動等には監査等委員会の同意を要するものとする。
        8.監査等委員会の職務を補助すべき使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

          上記6.に基づき配置された使用人は、業務遂行にあたり、監査等委員会の指揮・命令に従い、監査等委員
         の監査に必要な調査を行う権限を有する。
        9.当社の監査等委員会への報告に関する体制

         (1)  代表取締役及び業務執行取締役は、取締役会において、随時その担当する業務執行の報告を行うものと
           する。
         (2)  当社グループの取締役(監査等委員である取締役を除く。)、執行役員及び従業員等は、法令等の違反
           行為等、当社グループに著しく損害を及ぼすおそれがある事実を発見したとき、又はその報告を受けた
           ときは、直ちに監査等委員会に報告する。
         (3)  当社グループの取締役(監査等委員である取締役を除く。)、執行役員及び従業員等は、監査等委員会
           が当社グループの業務及び財産の状況について報告を求めた場合は、迅速かつ的確に対応するものとす
           る。
         (4)  監査等委員会は、内部監査室と連携して情報交換を行い、効果的な監査業務の遂行を図る。
         (5)  社内の通報窓口及び相談窓口である総務部は、当社グループにおける内部通報等の状況について、定期
           的に監査等委員会に報告する。
        10.当社の監査等委員会への報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを

          確保する体制
          当社グループの取締役(監査等委員である取締役を除く。)、執行役員及び従業員等は、監査等委員会に
         報告を行ったことを理由として不利益な取り扱いを受けないものとし、その旨を当社の取締役及び従業員、
         並びにグループ各社の取締役、監査役及び従業員に周知徹底する。
                                  55/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        11.当社の監査等委員の職務の執行について生ずる費用の取り扱いに関する事項、その他監査等委員会の監査
          が実効的に行われることを確保するための体制
         (1)  当社は、監査等委員の職務執行について発生する費用は、監査等委員の請求により当社が負担する。
         (2)
          監査等委員会は、当社グループの会計監査人や内部監査室からの監査内容について定期的に報告を受け、
          連携を図る。
      ホ リスク管理体制の整備状況

        当社のリスク管理体制につきましては、様々なリスクを網羅的、一元的に把握、収集することで、リスクの洗
       い出し、評価、予防を行い、また、リスクが顕著化した場合は迅速かつ的確に対応することにより被害を最小限
       に食い止め、再発を防止し当社の企業価値を保全すること、法令を遵守することを目的に「リスク管理規程」、
       「コンプライアンス規程」を制定し、コンプライアンス・リスク管理委員会により統制を図っております。
      ヘ 内部監査及び監査等委員会の状況

        内部監査につきましては、社長直轄の独立した内部監査室を設置し、内部監査室員3名が年度監査計画に基づ
       き、当社グループの本社、支店等の各部署において社内規程の遵守状況、業務活動全般、手続等の妥当性につい
       て定期的に業務監査を実施し、内部統制の充実に努めております。
        また、当社は監査等委員会設置会社であり、月1回または臨時で、監査等委員会を開催し、監査等に関する所
       定の事項について報告、協議又は決議を行っております。加えて、補助使用人を配置し、監査等委員の指示、業
       務の分担等により機能的に運営を行っております。
        監査等委員は、取締役会及び必要に応じて重要な会議に出席するほか、取締役(監査等委員である取締役を除
       く。)及び補助使用人からの報告、聴取等を行っております。
        また、監査等委員は、内部監査室並びに会計監査人と必要に応じて随時情報交換を行い、相互の連携を高め、
       取締役(監査等委員である取締役を除く。)の職務執行を十分に監視し、会社業務の適法性、妥当性の確保に万
       全を期しております。
      ② 内部監査及び監査等委員会監査

        内部監査は、専任組織である内部監査室が業務の違法性・妥当性についての計画的な監査を実施し、その評価
       結果を都度社長に報告し、監査等委員である取締役及び関係取締役に周知しております。なお、内部監査室は、
       監査等委員会及び会計監査人と適切な連携を図っております。
        監査等委員会監査につきましては、法令並びに定款及びその他の諸規則に準拠して、独立した立場で監査を実
       施しております。また、監査等委員会は会計監査人及び内部監査室と情報・意見交換等適切に連携を図ってお
       り、充分な経営チェックを行う体制を整えております。
        また、監査等委員会の職務を補助するため、補助使用人を1名配置し、監査の実効性の確保に努めておりま
       す。
      ③ 社外取締役

        当社の社外取締役は3名であり、いずれも監査等委員である取締役であります。
        社外取締役倉田二三夫は、税務当局における長年に渡るキャリアを有し、かつ、税理士の資格を有しており、
       また、社外取締役木村恵子は、弁護士としての資格を有しており、また、社外取締役山田隆明は、公認会計士・
       税理士の資格を有しており、それぞれの専門的な知識と幅広い経験を通じて、当社グループの企業統治の整備及
       び充実に資する監査に活かしていただく目的で選任しております。
        倉田氏は当社株式を65株保有しておりますが、これを除き、社外取締役3名につきましては、当社及び当社の
       子会社並びに当社及び当社子会社の取締役とは、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありま
       せん。
                                  56/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        なお、当社は社外取締役を選任するための独立性に関する基本方針は定めておりませんが、選任にあたっては
       株式会社東京証券取引所が指定を義務付ける一般株主との利益相反が生じるおそれのない独立役員の独立性に関
       する判断基準を参考とし、検討を行っております。
        監査等委員である社外取締役と内部監査室は、定期的に情報共有を行い、適宜連携をとりながら、監査の有効
       性・実効性の向上を図っております。また、同じく社外取締役と会計監査人は、定期的に意見交換を行い、監査
       内容の報告を受けるほか、監査計画・実施状況について情報共有を行っております。内部監査室と会計監査人の
       関係についても、緊密に連携及び情報共有を随時実施し実効性の高い監査に努めております。
      ④ 役員の報酬等

       イ   提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)

                                                      対象となる
                  報酬等の総額
         役員区分                                             役員の員数
                    (千円)
                                  ストック
                                                       (名)
                           基本報酬               賞与      退職慰労金
                                 オプション
     取締役(監査等委員を除
     く。)(社外取締役を除                 85,450       75,450       ―       10,000       ―         7
     く。)
     取締役(監査等委員)(社
                     ―       ―       ―       ―       ―       ―
     外取締役を除く。)
     監査役(社外監査役を除
                      5,550       4,050      ―        1,500      ―         2
     く。)
     社外取締役(監査等委員)                 8,100       8,100      ―       ―       ―         3
     社外監査役                 ―       ―       ―       ―       ―       ―

     (注) 当社は、平成29年6月23日付で監査役設置会社から監査等委員会設置会社に移行しております。
       ロ.提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

         報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
       ハ.使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

        総額(千円)           対象となる役員の員数(名)                      内容
                                  交通営業本部長、大阪支店長として
               26,700                 2
                                  の給与であります。
       (注)上記のほか、海外の当社連結子会社に常駐している取締役1名に対して、当該連結子会社より、15,989千
          円の使用人給与を支給しております。
       ニ.役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針

          当社の役員報酬については、株主総会決議により、監査等委員ではない取締役及び監査等委員である取締
         役それぞれの報酬限度額を決定しております。監査等委員ではない各取締役及び監査等委員である各取締役
         の報酬額は、監査等委員ではない取締役については取締役会の決議に基づき代表取締役会長が決定し、監査
         等委員である取締役については監査等委員会が決定しております。
      ⑤ 株式の保有状況

       イ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
         銘柄数                      39銘柄
         貸借対照表計上額 2,049,242千円
                                  57/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額
         及び保有目的
         最近事業年度の前事業年度
         特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
             銘 柄             株式数(株)                        保有目的
                                    (千円)
     東日本旅客鉄道㈱                         45,000          436,230     事業上の関係の維持・強化
     東海旅客鉄道㈱                         12,000          217,680     事業上の関係の維持・強化

     ナブテスコ㈱                         48,787          143,921     事業上の関係の維持・強化

     ㈱SUBARU
                             28,522          116,455     事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     西日本旅客鉄道㈱                         12,500           90,512    事業上の関係の維持・強化
     レシップホールディングス㈱                        102,400           87,040    事業上の関係の維持・強化

     日本航空電子工業㈱                         57,054           81,530    事業上の関係の維持・強化

     ㈱日立製作所
                             78,053           47,026    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     三菱電機㈱
                             26,812           42,818    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     日本リーテック㈱
                             29,193           34,826    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分)
     ㈱三井住友フィナンシャルグループ                         8,533          34,515    金融機関との安定的な取引維持
     ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                         44,000           30,786    金融機関との安定的な取引維持

     シンフォニアテクノロジー㈱
                             92,045           29,914    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分)
     ㈱京三製作所
                             41,874           18,005    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     森尾電機㈱
                             62,325           17,201    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     川崎重工業㈱
                             44,336           14,985    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     KIホールディングス㈱
                             44,073           12,604    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     日本信号㈱
                             10,378           10,387    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分)
     丸紅㈱                         12,025           8,243    事業上の関係の維持・強化
     九州旅客鉄道㈱                         2,000           6,850    事業上の関係の維持・強化

     Qualcomm     Technologies,       Inc.

                              1,000           6,410    情報収集
     東京急行電鉄㈱                         6,996           5,512    事業上の関係の維持・強化

     ロンシール工業㈱                         1,613           4,398    情報収集

     日本電信電話㈱                          600          2,851    情報収集

     DMG森精機㈱
                              1,464           2,541    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分)
     新光商事㈱                         1,000           1,215    事業上の関係の維持・強化
     ㈱中央製作所                         1,265           1,163    事業上の関係の維持・強化

                                  58/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  貸借対照表計上額
             銘 柄             株式数(株)                        保有目的
                                    (千円)
     日本車輛製造㈱                         3,880           1,148    事業上の関係の維持・強化
     旭硝子㈱                         1,050            947   情報収集

     日本オラクル㈱                          100           636   情報収集

     (注)1.特定投資株式の旭硝子株式会社及び日本オラクル株式会社は、貸借対照表計上額が資本金の100分の1以下
          でありますが、上位30銘柄について記載しております。
        2.旭硝子株式会社は平成30年7月1日よりAGC株式会社に商号変更しております。
         3.持株会持ち分における1株未満の端数は小数点以下第一位で四捨五入して表示しております。
         みなし保有株式

          該当事項はありません。
                                  59/143
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         最近事業年度
         特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
             銘 柄             株式数(株)                        保有目的
                                    (千円)
     東日本旅客鉄道㈱                         45,000          443,790     事業上の関係の維持・強化
     東海旅客鉄道㈱                         12,000          241,560     事業上の関係の維持・強化

     ナブテスコ㈱                         48,787          200,270     事業上の関係の維持・強化

      ㈱SUBARU
                             29,412          102,559     事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     西日本旅客鉄道㈱                         12,500           92,887    事業上の関係の維持・強化
     レシップホールディングス㈱                        102,400           86,630    事業上の関係の維持・強化

     日本航空電子工業㈱                         57,054           85,866    事業上の関係の維持・強化

     佐藤商事㈱                         55,600           64,885    事業上の関係の維持・強化

     ㈱日立製作所
                             79,097           60,968    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     三菱電機㈱
                             27,310           46,468    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     日本リーテック㈱
                             29,853           43,047    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分)
     ㈱三井住友フィナンシャルグループ                         8,533          38,040    金融機関との安定的な取引維持
     シンフォニアテクノロジー㈱
                             97,639           35,540    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分)
     ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                         44,000           30,668    金融機関との安定的な取引維持
     ㈱京三製作所
                             43,298           28,403    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     KIホールディングス㈱
                             45,875           21,469    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     川崎重工業㈱
                              4,635          15,945    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     森尾電機㈱
                              6,286          14,785    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分含む)
     日本信号㈱
                             11,094           10,982    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分)
     丸紅㈱                         12,025           9,258    事業上の関係の維持・強化
     九州旅客鉄道㈱                         2,000           6,620    事業上の関係の維持・強化

     Qualcomm     Technologies,       Inc.

                              1,000           5,883    情報収集
     東京急行電鉄㈱                         3,498           5,799    事業上の関係の維持・強化

     ロンシール工業㈱                         1,613           3,822    情報収集

     DMG森精機㈱
                              1,542           3,064    事業上の関係の維持・強化
     (取引先持株会持ち分)
     日本電信電話㈱                          600          2,940    情報収集
     新光商事㈱                         1,000           1,763    事業上の関係の維持・強化

     ㈱中央製作所                         1,265           1,717    事業上の関係の維持・強化

     日本車輛製造㈱                         3,880           1,152    事業上の関係の維持・強化

     旭硝子㈱                          210           925   情報収集

     (注)1.特定投資株式の旭硝子株式会社は、貸借対照表計上額が資本金の100分の1以下でありますが、上位30銘柄
          について記載しております。
        2.旭硝子株式会社は平成30年7月1日よりAGC株式会社に商号変更しております。
                                  60/143

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.持株会持ち分における1株未満の端数は小数点以下第一位で四捨五入して表示しております。
         みなし保有株式

          該当事項はありません。
       ハ.保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
       ニ.投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更

          該当事項はありません。
       ホ.投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更

          該当事項はありません。
      ⑥ 会計監査の状況

        当社は、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結しております。当社は同監査法人から定期的な財務諸表
       等に関する監査をはじめ、監査目的上必要と認められる範囲内で内部統制及び経理体制等会計記録に関連する
       制度、手続の整備・運用状況の調査を受け、また、その結果について報告を受けております。
        第74期事業年度において業務を遂行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成は以下のとおりであ
       ります。
      業務を執行した公認会計士の氏名                      所属する監査法人                    継続監査年数

     指定有限責任社員
                          有限責任監査法人トーマツ                         ―
     業務執行社員  早稲田 宏
     指定有限責任社員
                          有限責任監査法人トーマツ                         ―
     業務執行社員  髙橋 篤史
     (注)1.継続監査年数については、7年以内であるため、記載を省略しております。
        2.同監査法人は法令に基づき業務執行社員について、当社の会計監査に一定期間を超えて関与することのな
          いよう措置をとっております。また、同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員と当
          社の間には特別の利害関係はありません。
        3.監査業務に係る補助者の構成は、公認会計士5名、その他8名であります。
      ⑦ 取締役の定数

        当社の取締役(監査等委員であるものを除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする旨を
       定款で定めております。
      ⑧ 取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議は、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別して、株主総会におい
       て、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数を
       もって行う旨、また、取締役の選任決議は、累積投票によらない旨、定款に定めております。
      ⑨ 取締役の責任免除

        当社は、会社法第426条第1項に基づき、取締役会の決議をもって、取締役(取締役であった者を含む。)の損
       害賠償責任を、法令の定める限度において、免除することができる旨を定款に定めております。これは取締役が
       職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的
       とするものであります。
      ⑩ 責任限定契約の内容の概要

        当社では、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)との間で会社法第427条第1項に定める賠償責任を
       限定する契約を締結しており、当該契約に基づく賠償責任限度額は、同法第425条第1項に定める最低責任限度額
       としております。
                                  61/143

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         これは、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮
       して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
      ⑪ 株主総会の特別決議の要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める特別決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分
       の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
        これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的
       としております。
      ⑫ 剰余金の配当等の決定機関

        当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
       き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定めることができる旨、定款に定めております。
        これは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、株主への利益還元を弾力的に行うことができる
       ようにすることを目的とするものであります。
     (2)  【監査報酬の内容等】

      ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                          最近連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               13,000         ―             19,500         ―
       連結子会社             ―           ―           ―           ―

         計             13,000         ―             19,500         ―

      ② 【その他重要な報酬の内容】

        該当事項はありません。
      ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        該当事項はありません。
      ④ 【監査報酬の決定方針】

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査法人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状
       況及び報酬見積りの算出根拠等を勘案し、監査人と協議の上、監査等委員会の同意を得て決定することとしてお
       ります。
                                  62/143







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2) 当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

      令第64号)に基づいて作成しております。
     (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3
      月31日まで)及び当連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度
      (平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)及び当事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財
      務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
     (2) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平

      成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
    3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、各基準に準拠した開示を行える体制を整備するため、会計税務の専門書等の出版物の購読や各種
     セミナーへの参加等による情報収集のほか、監査法人との緊密な連携及び情報の共有化を図っております。
                                  63/143










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                     ※2  5,695,899            ※2  6,824,464
        現金及び預金
                                                   ※3  7,303,052
        受取手形及び売掛金                               7,004,183
        営業未収入金                               1,657,712               990,236
                                                   ※3  1,505,469
        電子記録債権                               1,458,304
        有価証券                               1,700,010              1,500,000
        商品                               1,657,731              2,194,636
        繰延税金資産                                128,027              139,692
        その他                                296,861              446,158
                                        △ 1,285              △ 297
        貸倒引当金
        流動資産合計                              19,597,444              20,903,413
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               63,104              56,725
         機械装置及び運搬具(純額)                               56,157              29,698
                                        16,749              11,749
         その他(純額)
                                      ※1  136,011             ※1  98,172
         有形固定資産合計
        無形固定資産
         ソフトウエア                               50,821              147,221
                                        11,424                -
         その他
         無形固定資産合計                               62,245              147,221
        投資その他の資産
                                     ※2  1,750,491            ※2  2,049,242
         投資有価証券
         繰延税金資産                               4,330              4,112
         その他                              866,779              756,394
                                        △ 2,560             △ 2,460
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             2,619,040              2,807,288
        固定資産合計                               2,817,297              3,052,682
      資産合計                                22,414,742              23,956,095
                                  64/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                    ※2  10,259,181           ※2 , ※3  11,142,062
        支払手形及び買掛金
                                     ※2  1,657,712            ※2  1,310,486
        営業未払金
                                      ※2  975,205          ※2 , ※3  1,443,271
        電子記録債務
        短期借入金                                286,110              225,030
        未払法人税等                                90,869              97,036
        賞与引当金                                230,872              231,584
                                        220,404              314,997
        その他
        流動負債合計                              13,720,355              14,764,468
      固定負債
        退職給付に係る負債                                700,514              761,224
        役員退職慰労引当金                                136,910              150,184
        資産除去債務                                36,622              36,859
        繰延税金負債                                25,046              44,564
        その他                                46,341              24,166
        固定負債合計                                945,435             1,016,998
      負債合計                                14,665,791              15,781,467
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                99,900              99,900
        資本剰余金                                395,645              445,943
        利益剰余金                               6,700,436              6,988,603
                                        △ 3,382             △ 62,480
        自己株式
        株主資本合計                               7,192,598              7,471,967
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                505,581              596,269
                                        50,770              106,391
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                556,352              702,660
      純資産合計                                7,748,951              8,174,628
     負債純資産合計                                 22,414,742              23,956,095
                                  65/143









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               6,132,398
        受取手形及び売掛金                               6,164,098
        営業未収入金                                240,324
        電子記録債権                               2,446,572
        有価証券                               1,500,000
        商品                               2,152,670
        その他                                316,375
                                         △ 205
        貸倒引当金
        流動資産合計                              18,952,234
      固定資産
        有形固定資産                                79,888
        無形固定資産                                331,697
        投資その他の資産
         投資有価証券                             1,746,827
         繰延税金資産                              165,775
         その他                              942,238
                                        △ 2,513
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             2,852,328
        固定資産合計                               3,263,913
      資産合計                                22,216,148
                                  66/143












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                              10,272,461
        営業未払金                                278,383
        電子記録債務                               1,485,661
        短期借入金                                215,150
        未払法人税等                                131,644
        賞与引当金                                124,999
                                        403,587
        その他
        流動負債合計                              12,911,886
      固定負債
        退職給付に係る負債                                771,687
        役員退職慰労引当金                                160,603
        資産除去債務                                37,172
        その他                                23,222
        固定負債合計                                992,686
      負債合計                                13,904,573
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                99,900
        資本剰余金                                445,943
        利益剰余金                               7,372,631
                                       △ 62,480
        自己株式
        株主資本合計                               7,855,995
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                434,795
                                        20,784
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                455,580
      純資産合計                                8,311,575
     負債純資産合計                                 22,216,148
                                  67/143









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     売上高                                 32,517,538              33,499,851
                                      28,191,733              29,541,827
     売上原価
     売上総利益                                  4,325,805              3,958,023
                                     ※  3,369,114             ※  3,549,829
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   956,690              408,193
     営業外収益
      受取配当金                                  23,412              33,631
      賃貸料収入                                  58,186              56,725
      受取出向料                                  20,769              22,880
                                        60,524              37,842
      その他
      営業外収益合計                                 162,892              151,080
     営業外費用
      支払利息                                  12,578               9,411
      賃貸原価                                  4,545              4,298
      為替差損                                  49,784              10,848
                                        14,497                933
      その他
      営業外費用合計                                  81,405              25,492
     経常利益                                  1,038,177               533,780
     税金等調整前当期純利益                                  1,038,177               533,780
     法人税、住民税及び事業税
                                        322,773              244,279
                                        19,195             △ 39,836
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   341,968              204,442
     当期純利益                                   696,209              329,337
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   696,209              329,337
                                  68/143










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     当期純利益                                   696,209              329,337
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  48,592              90,687
                                       △ 156,743               55,620
      為替換算調整勘定
                                     ※  △  108,151             ※  146,308
      その他の包括利益合計
     包括利益                                   588,058              475,646
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 588,058              475,646
                                  69/143
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年12月31日)
     売上高                                 26,465,366
                                      23,172,852
     売上原価
     売上総利益                                  3,292,514
     販売費及び一般管理費                                  2,756,000
     営業利益                                   536,514
     営業外収益
      受取利息                                  3,192
      受取配当金                                  33,563
      賃貸料収入                                  42,576
      補助金収入                                  19,719
                                        21,634
      その他
      営業外収益合計                                 120,685
     営業外費用
      支払利息                                  6,772
      賃貸原価                                  9,192
      為替差損                                  7,307
                                         5,198
      その他
      営業外費用合計                                  28,471
     経常利益                                   628,728
     特別利益
                                        61,055
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                  61,055
     税金等調整前四半期純利益                                   689,784
     法人税、住民税及び事業税
                                        248,421
                                        18,623
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   267,044
     四半期純利益                                   422,739
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   422,739
                                  70/143









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                   422,739
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                △ 161,473
                                       △ 85,607
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                △ 247,080
     四半期包括利益                                   175,658
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 175,658
                                  71/143
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高               99,900        378,002        6,045,177          △ 3,748       6,519,331
     当期変動額
     剰余金の配当                               △ 40,950                △ 40,950
     親会社株主に帰属
                                     696,209                 696,209
     する当期純利益
     自己株式の取得
     自己株式の処分                       17,642                   366       18,008
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 -       17,642        655,258          366       673,267
     当期末残高               99,900        395,645        6,700,436          △ 3,382       7,192,598
                       その他の包括利益累計額

                 その他                 その他の
                                           純資産合計
                          為替換算
                 有価証券                 包括利益
                          調整勘定
                 評価差額金                 累計額合計
     当期首残高               456,989         207,513         664,503        7,183,835
     当期変動額
     剰余金の配当                                        △ 40,950
     親会社株主に帰属
                                             696,209
     する当期純利益
     自己株式の取得                                          -
     自己株式の処分                                        18,008
     株主資本以外の項目
                    48,592       △ 156,743        △ 108,151        △ 108,151
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計               48,592       △ 156,743        △ 108,151         565,116
     当期末残高               505,581         50,770        556,352        7,748,951
                                  72/143










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高               99,900        395,645        6,700,436          △ 3,382       7,192,598
     当期変動額
     剰余金の配当                               △ 41,170                △ 41,170
     親会社株主に帰属
                                     329,337                 329,337
     する当期純利益
     自己株式の取得                                        △ 60,000        △ 60,000
     自己株式の処分                       50,298                   902       51,201
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 -       50,298        288,167        △ 59,097        279,368
     当期末残高               99,900        445,943        6,988,603         △ 62,480       7,471,967
                       その他の包括利益累計額

                 その他                 その他の
                                           純資産合計
                          為替換算
                 有価証券                 包括利益
                          調整勘定
                 評価差額金                 累計額合計
     当期首残高               505,581         50,770        556,352        7,748,951
     当期変動額
     剰余金の配当                                        △ 41,170
     親会社株主に帰属
                                             329,337
     する当期純利益
     自己株式の取得                                        △ 60,000
     自己株式の処分                                        51,201
     株主資本以外の項目
                    90,687         55,620        146,308         146,308
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計               90,687         55,620        146,308         425,677
     当期末残高               596,269         106,391         702,660        8,174,628
                                  73/143










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                1,038,177               533,780
      減価償却費                                  52,979              55,811
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  1,655             △ 1,099
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  37,403               1,522
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  10,039              13,274
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  17,045              60,709
      受取利息及び受取配当金                                 △ 33,627             △ 40,235
      支払利息                                  12,578               9,411
      売上債権の増減額(△は増加)                                1,458,905              △ 315,412
      営業未収入金の増減額(△は増加)                                △ 337,432              667,475
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 307,970             △ 513,536
      仕入債務の増減額(△は減少)                               △ 1,904,538              1,345,984
      営業未払金の増減額(△は減少)                                 337,432             △ 347,225
      未払金の増減額(△は減少)                                 △ 97,658             △ 19,058
      前受金の増減額(△は減少)                                △ 153,032               72,625
      未収入金の増減額(△は増加)                                 △ 11,920              47,959
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 56,431              △ 3,857
                                       △ 180,418             △ 164,240
      その他
      小計                                △ 116,814             1,403,888
      利息及び配当金の受取額
                                        33,627              40,235
      利息の支払額                                 △ 12,578              △ 9,411
                                       △ 460,205             △ 243,697
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 555,971             1,191,014
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有価証券の取得による支出                                △ 100,000                 -
      有価証券の償還による収入                                 100,000              200,000
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 4,412             △ 8,651
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 40,583             △ 102,432
      投資有価証券の取得による支出                                △ 314,558             △ 160,085
      投資有価証券の売却による収入                                  3,078                -
      貸付けによる支出                                △ 375,008              △ 54,172
      貸付金の回収による収入                                 628,310              172,966
      定期預金の払戻による収入                                 100,000                 -
                                       △ 49,797              △ 7,045
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 52,971              40,579
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 147,510              △ 66,400
      自己株式の取得による支出                                    -           △ 60,000
      自己株式の売却による収入                                  18,008              51,201
                                       △ 40,950             △ 41,170
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 170,451             △ 116,369
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                       △ 76,760              13,340
                                       △ 856,154             1,128,565
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
     現金及び現金同等物の期首残高                                  6,650,054              5,793,899
                                     ※  5,793,899             ※  6,922,464
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  74/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
         すべての子会社を連結しております。
         連結子会社の数
          3社
         連結子会社の名称
          亜西瑪(上海)貿易有限公司
          ヤシマ物流株式会社
          三友物産株式会社
      2 持分法の適用に関する事項

         該当事項はありません。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社のうち、亜西瑪(上海)貿易有限公司は決算日が12月31日であり、連結決算日との差は3ヶ月以
        内であるため連結財務諸表の作成にあたっては、当該連結子会社の事業年度に係る財務諸表を使用しておりま
        す。連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
         イ  満期保有目的の債券
            償却原価法による定額法
         ロ  その他有価証券
            時価のあるもの
             連結決算日の市場価格等に基づく時価法
             (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
            時価のないもの
             移動平均法による原価法
        ② たな卸資産
         主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ①   有形固定資産及び投資不動産
           定率法
            ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28年4月1日以降
           に取得した建物附属設備及び構築物については法人税法に規定する方法と同一の基準による定額法に
           よっております。
             主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物        3年~15年
             機械及び装置    3年~22年
             工具、器具及び備品 4年~20年
             投資不動産     5年~47年
        ②   無形固定資産
           定額法
            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
           す。
                                  75/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)重要な引当金の計上基準
        ① 貸倒引当金
           債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
          債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
           従業員に対する賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
        ③ 役員退職慰労引当金
           役員に対して支給する退職慰労金の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
       (4)退職給付に係る会計処理の方法
           従業員の退職給付に充てるため、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自
          己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           適格退職年金制度及び退職一時金制度を採用していましたが、平成22年11月に適格退職年金制度を廃止
          し、確定拠出年金制度に移行しております。
       (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

          外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
         おります。
          なお、在外子会社の資産及び負債は、各社の決算日における直物為替相場により円貨に換算し、収益及び
         費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上し
         ております。
       (6)のれんの償却方法及び償却期間

          負ののれん(平成22年3月31日以前に発生したもの)の償却は、20年間で均等償却しております。
       (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する流動性の高い、容易に換金可能で
         あり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的投資からなっております。
       (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          税抜方式によっております。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      1 連結の範囲に関する事項
         すべての子会社を連結しております。
         連結子会社の数
          2社
         連結子会社の名称
          亜西瑪(上海)貿易有限公司
          ヤシマ物流株式会社
          なお、三友物産株式会社は、平成29年4月1日付で当社と合併したため、連結子会社の数が1社減少して
         おります。
      2 持分法の適用に関する事項

         該当事項はありません。
                                  76/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項
         連結子会社のうち、亜西瑪(上海)貿易有限公司は決算日が12月31日であり、連結決算日との差は3ヶ月以
        内であるため連結財務諸表の作成にあたっては、当該連結子会社の事業年度に係る財務諸表を使用しておりま
        す。連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
           その他有価証券
            時価のあるもの
             連結決算日の市場価格等に基づく時価法
             (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
            時価のないもの
             移動平均法による原価法
        ② たな卸資産
         主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ①   有形固定資産及び投資不動産
           定率法
            ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28年4月1日以降
           に取得した建物附属設備及び構築物については法人税法に規定する方法と同一の基準による定額法に
           よっております。
             主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物        3年~15年
             機械及び装置    3年~22年
             工具、器具及び備品 4年~20年
             投資不動産     5年~47年
        ②   無形固定資産
           定額法
            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま 
           す。
       (3)重要な引当金の計上基準

        ① 貸倒引当金
           債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
          債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
           従業員に対する賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
        ③ 役員退職慰労引当金
           役員の退職慰労金の支払に備えるため、役員退職慰労金内規に基づく期末要支給額を計上しておりま
          す。
       (4)退職給付に係る会計処理の方法

           従業員の退職給付に充てるため、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自
          己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           適格退職年金制度及び退職一時金制度を採用していましたが、平成22年11月に適格退職年金制度を廃止
          し、確定拠出年金制度に移行しております。
                                  77/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
          外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
         おります。
          なお、在外子会社の資産及び負債は、各社の決算日における直物為替相場により円貨に換算し、収益及び
         費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上し
         ております。
       (6)のれんの償却方法及び償却期間

          負ののれん(平成22年3月31日以前に発生したもの)の償却は、20年間で均等償却しております。
       (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する流動性の高い、容易に換金可能で
         あり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的投資からなっております。
       (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          税抜方式によっております。
       (会計方針の変更)

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
        法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応
       報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度から適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及
       び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
        これによる当連結会計年度の損益に与える影響は軽微であります。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

       該当事項はありません。
       (未適用の会計基準等)

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委
       員会)
       (1)  概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会
       計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにお
       いてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成
       29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識
       に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
       性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
       出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目があ
       る場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
                                  78/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)  適用予定日
        令和4年3月期の期首から適用します。
       (3)  当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
       ります。
       (追加情報)

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結
      会計年度から適用しています。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

       該当事項はありません。
      (連結貸借対照表関係)

      ※1.資産に係る減価償却累計額
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
        有形固定資産の減価償却累計額                           162,570千円                 209,653千円
      ※2.担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産及び担保に係る債務は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
        定期預金                         100,000千円                 100,000千円
        投資有価証券                          96,500千円                   131,150千円
        計                         196,500千円                 231,150千円
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
        買掛金                        6,018,986千円                 7,083,436千円
        営業未払金                        1,556,053千円                 1,271,909千円
        電子記録債務                          5,434千円                 4,560千円
        計                        7,580,474千円                 8,359,906千円
      ※3.連結会計年度末日満期手形等

       連結会計年度末日満期手形等の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、連結会
      計年度末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形等が期末残高に含まれております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
        受取手形                              -             99,539千円
        電子記録債権                              -             32,991千円
        支払手形                              -             13,996千円
        電子記録債務                              -            386,376千円
                                  79/143





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (連結損益計算書関係)
      ※販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
        給料                        1,140,576千円                 1,199,567千円
        退職給付費用                          74,743千円                 98,093千円
        役員退職慰労引当金繰入額                          13,184千円                 13,274千円
        賞与引当金繰入額                         214,171千円                 192,019千円
      (連結包括利益計算書関係)

      ※その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                       (千円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
        その他有価証券評価差額金
          当期発生額                           76,103                138,666
                                  △1,697                   -
          組替調整額
            税効果調整前
                                   74,406                138,666
                                  △25,814                 △47,978
            税効果額
            その他有価証券評価差額金                           48,592                 90,687
        為替換算調整勘定
                                 △156,743                  55,620
         当期発生額
          その他為替換算調整額                       △156,743                  55,620
               その他の包括利益合計                  △108,151                  146,308
      (連結株主資本等変動計算書関係)

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                2,680,000               ―           ―       2,680,000
     B種類株式(株)                 200,000              ―           ―        200,000
       発行済株式数の変動はありません。
      2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 149,950              ―         14,650           135,300
       (変動事由の概要)
       普通株式の自己株式の株式数の減少14,650株は、役員持株会への売却による減少1,800株及び従業員持株会への売
       却による減少12,850株によるものです。 
      3 新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
                                  80/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4 配当に関する事項
       (1)  配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
     平成28年6月24日
                普通株式            37,950          15.0   平成28年3月31日         平成28年6月25日
     定時株主総会
     平成28年6月24日
               B種類株式             3,000          15.0   平成28年3月31日         平成28年6月25日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     平成29年6月23日
              普通株式      利益剰余金         38,170        15.0   平成29年3月31日         平成29年6月24日
     定時株主総会
     平成29年6月23日
              B種類株式      利益剰余金          3,000        15.0   平成29年3月31日         平成29年6月24日
     定時株主総会
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                2,680,000               ―           ―       2,680,000
     B種類株式(株)                 200,000              ―           ―        200,000
       発行済株式数の変動はありません。
      2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 135,300              ―         36,100           99,200
     B種類株式(株)                    ―        200,000              ―        200,000
       (変動事由の概要)
        普通株式の減少は従業員持株会等への売却によるものであり、B種類株式の増加は大株主からの買取によるも
       のです。
      3 新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
      4 配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
     平成29年6月23日
                普通株式            38,170          15.0   平成29年3月31日         平成29年6月24日
     定時株主総会
     平成29年6月23日
               B種類株式             3,000          15.0   平成29年3月31日         平成29年6月24日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     平成30年6月28日
              普通株式      利益剰余金         38,712        15.0   平成30年3月31日         平成30年6月29日
     定時株主総会
                                  81/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
      す。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
        現金及び預金                        5,695,899千円                 6,824,464千円
        有価証券                        1,700,010千円                 1,500,000千円
        預入期間が3カ月を超える定期預金                       △1,402,000千円                 △1,402,000千円
                                                    ― 千円
        償還期間が3カ月を超える債券等                        △200,010千円
        現金及び現金同等物                        5,793,899千円                 6,922,464千円
      (金融商品関係)

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、経営計画、資金繰り計画に基づき、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。ま
       た、一時的な余資は主に流動性の高い金融資産で運用しております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金、営業未収入金、電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されておりま
       す。
        有価証券及び投資有価証券は、主に投資信託及び業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リ
       スクに晒されています。
        営業債務である支払手形及び買掛金、営業未払金、電子記録債務、未払金、未払法人税等は、そのほとんどが
       6か月以内の支払期日であります。
        短期借入金は、一部の子会社の運転資金に係る資金調達を目的としたものであり、変動金利のリスクに晒され
       ております。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、債権管理規程に従い、営業債権について、主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相
        手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図ってお
        ります。連結子会社についても、当社の債権管理規程に準じて、同様の管理を行っております。
         満期保有目的の債券は、有価証券管理規程に従い、格付の高い債券のみを対象としているため、信用リスク
        は僅少であります。
         当期の連結決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクに晒される金融資産の貸借対照表価額によ
        り表されています。
       ② 市場リスクの管理
         有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、ま
        た、満期保有目的の債券以外のものについては、市況又は取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に
        見直しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額がふく
       まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用すること
       により、当該価額が変動することもあります。
                                  82/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)  信用リスクの集中
        当期の連結決算日現在における営業債権のうち26.69%が特定の大口顧客に対するものであります。
     2 金融商品の時価等に関する事項

       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                       連結貸借対照表計上額                 時価            差額

                           (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                             5,695,899            5,695,899                 ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                             7,004,183
     (3)  営業未収入金
                             1,657,712
     (4)  電子記録債権
                             1,458,304
             (※)
                              △1,285
        貸倒引当金
                             10,118,914            10,118,914                 ―
     (5)  有価証券及び投資有価証券
                             3,208,877            3,208,877                 ―
           資産計                 19,023,691            19,023,691                 ―
     (1)  支払手形及び買掛金
                             10,259,181            10,259,181                 ―
     (2)  営業未払金                       1,657,712            1,657,712                 ―
     (3)  電子記録債務
                              975,205            975,205                ―
     (4)  短期借入金
                              286,110            286,110                ―
     (5)  未払法人税等
                               90,869            90,869               ―
           負債計                 13,269,078            13,269,078                 ―
    (※) 受取手形及び売掛金、営業未収入金、電子記録債権に計上している貸倒引当金を控除しております。
     (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金、(3)            営業未収入金、(4)         電子記録債権
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

        これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券及び投資信託は取引所の価格又は取引金融機
       関から提示された価格によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。 
     負   債

      (1)  支払手形及び買掛金、(2)            営業未払金、(3)        電子記録債務、(4)短期借入金、(5)                 未払法人税等
        これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                          (単位:千円)
          区 分               金 額
         非上場株式                    241,624
       これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(5)有価証券及
      び投資有価証券」には含めておりません。
                                  83/143





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額
                                        1年超       5年超

                                1年以内                      10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                        (千円)       (千円)
     現金及び預金                            5,695,899           ―       ―       ―
     受取手形及び売掛金                            7,004,183           ―       ―       ―
     営業未収入金                            1,657,712           ―       ―       ―
     電子記録債権                            1,458,304           ―       ―       ―
     有価証券及び投資有価証券
      満期保有目的の債券                             200,010          ―       ―       ―
      その他有価証券のうち満期があるもの                            1,500,000           ―       ―       ―
                合計                17,516,110            ―       ―       ―
     (注4)    社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

                         1年超       2年超       3年超       4年超

                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                     (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              286,110          ―       ―       ―       ―       ―
         合計          286,110          ―       ―       ―       ―       ―
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、経営計画、資金繰り計画に基づき、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。ま
       た、一時的な余資は主に流動性の高い金融資産で運用しております。
      (2)  金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金、営業未収入金、電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されておりま
       す。
        有価証券及び投資有価証券は、主に投資信託及び業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リ
       スクに晒されています。
        営業債務である支払手形及び買掛金、営業未払金、電子記録債務、未払金、未払法人税等は、そのほとんどが
       6か月以内の支払期日であります。
        短期借入金は、一部の子会社の運転資金に係る資金調達を目的としたものであり、変動金利のリスクに晒され
       ております。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、債権管理規程に従い、営業債権について、主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相
        手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図ってお
        ります。連結子会社についても、当社の債権管理規程に準じて、同様の管理を行っております。
         当期の連結決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクに晒される金融資産の貸借対照表価額によ
        り表されています。
       ② 市場リスクの管理

         有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、市況又
        は取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
                                  84/143


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       より、当該価額が変動することもあります。
      (5)  信用リスクの集中

        当期の連結決算日現在における営業債権のうち20.59%が特定の大口顧客に対するものであります。
     2.金融商品の時価等に関する事項

        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
       とが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。 
                       連結貸借対照表計上額                 時価            差額

                           (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                             6,824,464            6,824,464                 ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                             7,303,052
     (3)  営業未収入金
                              990,236
     (4)  電子記録債権
                             1,505,469
             (※)
                               △297
        貸倒引当金
                             9,798,460            9,798,460                 ―
     (5)  有価証券及び投資有価証券
                             3,209,018            3,209,018                 ―
           資産計                 19,831,943            19,831,943                 ―
     (1)  支払手形及び買掛金
                             11,142,062            11,142,062                 ―
     (2)  営業未払金
                             1,310,486            1,310,486                 ―
     (3)  電子記録債務
                             1,443,271            1,443,271                 ―
     (4)  短期借入金
                              225,030            225,030                ―
     (5)  未払法人税等
                               97,036            97,036               ―
           負債計                 14,217,886            14,217,886                 ―
     (※) 受取手形及び売掛金、営業未収入金、電子記録債権に計上している貸倒引当金を控除しております。
     (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金、(3)            営業未収入金、(4)         電子記録債権
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

        これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、投資信託は取引金融機関から提示された価格に
       よっております。
     負   債

      (1)支払手形及び買掛金、(2)営業未払金、(3)電子記録債務、(4)短期借入金、(5)未払法人税等
        これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                          (単位:千円)
          区 分               金 額
         非上場株式                    340,224
       これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(5)有価証券及
      び投資有価証券」には含めておりません。
     (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                  85/143


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                        1年超       5年超
                                1年以内                      10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                        (千円)       (千円)
     現金及び預金                            6,824,464           ―       ―       ―
     受取手形及び売掛金                            7,303,052           ―       ―       ―
     営業未収入金                             990,236          ―       ―       ―
     電子記録債権                            1,505,469           ―       ―       ―
     有価証券及び投資有価証券
      その他有価証券のうち満期があるもの                            1,500,000           ―       ―       ―
                合計                18,123,223            ―       ―       ―
     (注4)    社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

                         1年超       2年超       3年超       4年超

                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                     (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              225,030          ―       ―       ―       ―       ―
         合計          225,030          ―       ―       ―       ―       ―
      (有価証券関係)

      前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1 満期保有目的の債券
                             連結貸借対照表計上額
                       種類                   時価(千円)         差額(千円)
                                (千円)
                   (1)社債
                                    100,000         100,150          150
                   (2)コマーシャ
                                       ―         ―        ―
                     ル・ ペーパー
       時価が連結貸借対照表計
       上額を超えるもの
                   (3)その他                    ―         ―        ―
                       小計             100,000         100,150          150

                   (1)社債

                                    100,010          99,990         △20
                   (2)コマーシャ
                                       ―         ―        ―
                    ル・ ペーパー
       時価が連結貸借対照表計
       上額を超えないもの
                   (3)その他                    ―         ―        ―
                       小計             100,010          99,990         △20

                 合計                   200,010         200,140          130
                                  86/143







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2 その他有価証券
                             連結貸借対照表計上額
                       種類                  取得原価(千円)          差額(千円)
                                (千円)
                   (1)株式               1,507,703          734,415        773,288
                   (2)債券                    ―         ―        ―

       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                   (3)その他                    ―         ―        ―
                       小計            1,507,703          734,415        773,288

                   (1)株式                 1,163         1,391        △227

                   (2)債券                    ―         ―        ―

       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                   (3)その他               1,500,000         1,500,000            ―
                       小計            1,501,163         1,501,391          △227

                 合計                  3,008,867         2,235,806         773,060

       (注) 非上場株式等(連結貸借対照表計上額241,624千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
          めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      3 連結会計年度中に売却したその他有価証券

                        売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
           区分
                        (千円)             (千円)             (千円)
        株式                      1,380             1,697               ―
        債券                        ―             ―             ―

        その他                        ―             ―             ―

           合計                 1,380             1,697               ―

      当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      1 満期保有目的の債券
         該当事項はありません。
      2 その他有価証券

                             連結貸借対照表計上額
                       種類                  取得原価(千円)          差額(千円)
                                (千円)
                   (1)株式               1,709,018          797,291        911,726
                   (2)債券                    ―         ―        ―

       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                   (3)その他                    ―         ―        ―
                       小計            1,709,018          797,291        911,726

                   (1)株式                    ―         ―        ―

                   (2)債券                    ―         ―        ―

       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                   (3)その他               1,500,000         1,500,000            ―
                       小計            1,500,000         1,500,000            ―

                 合計                  3,209,018         2,297,291         911,726

       (注) 非上場株式等(連結貸借対照表計上額340,224千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
          めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      3 連結会計年度中に売却したその他有価証券

                                  87/143


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         該当事項はありません。
      (退職給付関係)

      1.採用している退職給付制度の概要
        当社及び一部の連結子会社は、確定拠出年金制度を採用しております。
        当社及び一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付にかかる負債及び退職給付費用
       を計算しております。
      2.確定給付制度

        (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
        退職給付に係る負債の期首残高                            683,469千円              700,514千円
         退職給付費用                             56,178千円              78,560千円
         退職給付の支払額                           △39,133千円              △17,850千円
        退職給付に係る負債の期末残高                            700,514千円              761,224千円
        (2)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調

          整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
        非積立型制度の退職給付債務                            700,514千円              761,224千円
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            700,514千円              761,224千円
        退職給付に係る負債                            700,514千円              761,224千円

        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            700,514千円              761,224千円
        (3)退職給付費用

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
        簡便法で計算した退職給付費用                             56,178千円              78,560千円
      3.確定拠出制度

        当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度18,565千円、当連結会計年度19,533千円
       であります。
                                  88/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       繰延税金資産
        未払事業税                               6,900千円              8,497千円
        賞与引当金                              80,366              80,128
        固定資産税                               3,678              3,478
        棚卸資産の未実現利益                              33,511              41,522
        役員退職慰労引当金                              47,370              51,963
        退職給付に係る負債                              242,412              263,383
        資産除去債務                              12,671              12,753
        投資有価証券                               3,818              3,818
        ゴルフ会員権                               6,007              6,007
                                      5,738              22,745
        その他
       繰延税金資産小計
                                     442,475              494,298
       評価性引当額                             △57,911              △72,119
       繰延税金資産合計
                                     384,563              422,179
       繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                             △267,478千円              △315,457千円
        資産除去債務に対応する除去費用                              △7,858              △7,481
                                     △1,914                 -
        その他
       繰延税金負債合計                             △277,252              △322,938
       繰延税金資産純額                              107,311               99,240
     (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       流動資産-繰延税金資産
                                     128,027千円              139,692千円
       固定資産-繰延税金資産                               4,330              4,112
       固定負債-繰延税金負債                              25,046              44,564
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

       なった主要な項目別の内訳
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       法定実効税率
                                      34.8%              34.6%
       (調整)
       永久差異                               1.8%              3.9%
       住民税均等割                               0.5%              0.9%
       評価性引当額                               0.3%              2.2%
       税額控除                              △0.4%              △1.0%
       連結子会社税率差異                              △3.3%              △1.1%
                                     △0.7%              △1.1%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                              32.9%              38.3%
                                  89/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      1 報告セグメントの概要
       (1)  報告セグメントの決定方法
         当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営
        資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社は、販売先の業界を基準として「鉄道事業」、「一般事業」の2つを報告セグメントとしております。
       (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

         「鉄道事業」は、鉄道車両製品を主な市場として鉄道事業者及び鉄道車両メーカーや鉄道車両用電気品メー
        カーなどを販売先として、鉄道車両用電気品、同車体用品、同車載品、コネクタ・電子部品を主な商材として
        取り扱っています。
         「一般事業」は、鉄道事業における販売先以外の販売先を対象としており、主な商材はコネクタです。一般
        事業における販売先の業界は、産業機器メーカー、自動車関連メーカー、業務用機器通販事業者などが挙げら
        れますが、鉄道事業以外をまとめている当社のセグメント設定の関係上、対象販売業界及び市場を一分野に限
        定しておらず、販売先は多岐となっています。
      2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
       おける記載と概ね同一であります。
        報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
      3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                            報告セグメント
                                              調整額
                                                      合計
                                              (注)
                     鉄道事業        一般事業          計
     売上高
      外部顧客への売上高                 28,606,000         3,911,538        32,517,538            -    32,517,538
      セグメント間の内部
                         -        -        -        -        -
      売上高又は振替高
           計          28,606,000         3,911,538        32,517,538            -    32,517,538
     セグメント利益又は損失(△)                 1,075,013        △ 118,322        956,690           -      956,690
     セグメント資産                 14,860,017         2,032,372        16,892,390         5,522,351        22,414,742
     その他の項目
      減価償却費                   44,044         4,389        48,433         4,545        52,979
      有形固定資産及び
                       97,162         9,682       106,844         1,395       108,240
      無形固定資産の増加額
     (注) セグメント資産の調整額には、当社での余資運用資金(預金及び有価証券)、長期性投資資金(投資有価証
        券)及び管理部門に係る資産等であります。
                                  90/143





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日) 
                                                    (単位:千円)
                            報告セグメント
                                              調整額
                                                      合計
                                              (注)
                     鉄道事業        一般事業          計
     売上高
      外部顧客への売上高                 29,424,973         4,074,877        33,499,851            -    33,499,851
      セグメント間の内部
                         -        -        -        -        -
      売上高又は振替高
           計          29,424,973         4,074,877        33,499,851            -    33,499,851
     セグメント利益又は損失(△)                  509,376       △ 101,182        408,193           -      408,193
     セグメント資産                 16,017,979         2,191,375        18,209,354         5,746,741        23,956,095
     その他の項目
      減価償却費                   48,296         3,216        51,512         4,298        55,811
      有形固定資産及び
                       106,542         7,095       113,638           -      113,638
      無形固定資産の増加額
     (注) セグメント資産の調整額には、当社での余資運用資金(預金及び有価証券)、長期性投資資金(投資有価証
        券)及び管理部門に係る資産等であります。
       【関連情報】

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1 製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2 地域ごとの情報

       (1)  売上高
                                                    (単位:千円)
          日本              中国             その他              合計
            29,060,795              2,686,418               770,324            32,517,538
     (注) 1.売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
         2.   上記金額に消費税等は含んでおりません。
       (2)  有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
        を省略しております。
      3 主要な顧客ごとの情報

                                               (単位:千円)
          顧客の名称又は氏名                    売上高            関連するセグメント名
      東日本旅客鉄道(株)                            4,195,576      鉄道事業
      西日本旅客鉄道(株)                            3,850,426      鉄道事業
     (注) 1.上記金額に消費税等は含んでおりません。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日) 

      1 製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
                                  91/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2 地域ごとの情報
       (1)  売上高
                                                    (単位:千円)
          日本              中国             その他              合計
            31,176,083              1,493,910               829,857            33,499,851
     (注) 1.売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
         2.   上記金額に消費税等は含んでおりません。
      (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
       省略しております。
     3 主要な顧客ごとの情報

                                               (単位:千円)
          顧客の名称又は氏名                    売上高            関連するセグメント名
      東日本旅客鉄道(株)                            4,110,393      鉄道事業
      東海旅客鉄道(株)                            3,497,465      鉄道事業
     (注) 1.上記金額に消費税等は含んでおりません。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日) 

        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日) 
                                               (単位:千円)
                      鉄道事業         一般事業         その他         合計
         (負ののれん)
          当期償却額                 ―       1,486           ―       1,486
          当期末残高                 ―      15,980           ―      15,980
       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日) 

                                               (単位:千円)
                      鉄道事業         一般事業         その他         合計
         (負ののれん)
          当期償却額                 ―       1,486           ―       1,486
          当期末残高                 ―      14,493           ―      14,493
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日) 

        該当事項はありません。
                                  92/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1 関連当事者との取引
       (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       (ア)連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関係会社等
         該当事項はありません。
       (イ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等

                             議決権等
                   資本金又
         会社等の名称               事業の内容          関連当事者             取引金額         期末残高
                             の所有
     種類          所在地    は出資金                    取引の内容            科目
          又は氏名              又は職業          との関係             (千円)         (千円)
                            (被所有)割
                   (千円)
                             合(%)
    役員及び
                                      業務委託         8,690   未払金        -
    その近親
    者が議決
        一般社団法人
               東京都             直接2.0%                       長期
    権の過半    アカデミア・           370,000    サービス業          役員の兼任     資金の回収         370,000            -
               中央区              (被所有)                      貸付金
        ヤシマ
    数を所有
    している
                                      貸付利息(注1)
                                                2,413    -       -
    会社
                                      株式会社日立

                                      製作所に対す
                                              7,570,383
                                      る仕入債務の             -       -
                                              (注3)
                                      債務被保証(注
                                      2)
                                      コイト電工株
                                      式会社に対す
                                      る仕入債務の        758,928     -       -
                                      債務被保証(注
                                      2)
    当社代表
                            直接7.5%
                       当社代表取
        佐藤 厚            -             債務被保証
                -
                       締役会長
                             (被所有)
     取締役
                                      株式会社ハセ
                                      テックに対す
                                      る仕入債務の         5,227    -       -
                                      債務被保証(注
                                      2)
                                      株式会社日立
                                      産機システム
                                      に対する仕入         14,441     -       -
                                      債務の債務被
                                      保証(注2)
                                      シンフォニアテ
                                      クノロジー株式
    主要株主
                            直接2.0%
    (個人)の    関 正幸            -             債務被保証     会社に対する仕         190,262     -       -
                -         -
                             (被所有)
     近親者
                                      入債務の債務被
                                      保証(注2)
                                      株式会社日立製
                                      作所に対する仕
                                              7,570,383
     当社
                         当社    直接7.4%
                                      入債務の債務被
        関 正一郎        -    -             債務被保証             (注3)      -       -
                        取締役     (被所有)
     取締役
                                      保証(注2)
                                      (注4)
     取引条件及び取引条件決定方針等
     (注1) 資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。決済権限・手続きは当社の
         「職務権限規程」に基づき処理しております。
     (注2) 当社の仕入債務に対して債務保証を受けたものであり、保証料等の支払いは行っておりません。
     (注3) 債務被保証については、取引金額に、当連結会計年度末時点での債務被保証残高を記載しております。
         債務被保証契約は、電機特約店、情報特約店、工事請負の連帯保証人としてそれぞれ別個に3つの契約を
         締結しておりますが、当社では仕入債務の管理は仕入先別に一括して管理しておりますので、取引金額は
         株式会社日立製作所に係る合計金額で記載しております。
     (注4) 平成25年4月1日付けで、株式会社日立プラントテクノロジーは、株式会社日立製作所を存続会社とし
         て、同社と合併して事業を継承しており、当社と締結しております特約店契約証書についても株式会社日
                                  93/143


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         立製作所に継承されております。
     (注5) 取引金額に消費税等を含めておりません。期末残高には消費税等を含めております。
       (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

         該当事項はありません。
      2 親会社又は重要な関係会社に関する注記

       (1)  親会社情報
         該当事項はありません。
       (2)  重要な関係会社の要約財務情報

         該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      1 関連当事者との取引
       (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       (ア)連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関係会社等
         該当事項はありません。
                                  94/143














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (イ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                             議決権等
                   資本金又
         会社等の名称               事業の内容          関連当事者             取引金額         期末残高
                             の所有
     種類          所在地    は出資金                    取引の内容            科目
          又は氏名              又は職業          との関係             (千円)         (千円)
                            (被所有)割
                   (千円)
                             合(%)
                                      株式会社日立
                                      製作所に対す
                                             8,352,216
                                      る仕入債務の
                                                    -      -
                                              (注2)
                                      債務被保証
                                      (注1)
                                      コイト電工株
                                      式会社に対す
                                      る仕入債務の
                                              926,985     -      -
                                      債務被保証
                                      (注1)
    当社代表
                            直接7.4%
                       当社代表取
        佐藤 厚        -    -             債務被保証
                       締役会長
                             (被所有)
     取締役
                                      株式会社ハセ
                                      テックに対す
                                      る仕入債務の
                                               3,278    -      -
                                      債務被保証
                                      (注1)
                                      株式会社日立
                                      産機システム
                                      に対する仕入        10,428     -      -
                                      債務の債務被
                                      保証(注1)
                                      シンフォニアテ

                                      クノロジー株式
    主要株主
                            直接2.0%
                                      会社に対する仕
    (個人)の    関 正幸        -    -             債務被保証              121,400     -       -
                         -
                             (被所有)
     近親者
                                      入債務の債務被
                                      保証(注1)
                                      株式会社日立製

                                      作所に対する仕
     当社
                                              8,352,216
                         当社    直接7.3%
                                      入債務の債務被
        関 正一郎        -    -             債務被保証                   -       -
                                              (注2)
                        取締役     (被所有)
     取締役
                                      保証(注1)
                                      (注3)
     取引条件及び取引方針の決定方針等
     (注1)     当社の仕入債務に対して債務保証を受けたものであり、保証料等の支払いは行っておりません。
     (注2)     債務被保証については、取引金額に、当連結会計年度末時点での債務被保証残高を記載しております。
         債務被保証契約は、電機特約店、情報特約店、工事請負の連帯保証人としてそれぞれ別個に3つの契約を
         締結しておりますが、当社では仕入債務の管理は仕入先別に一括して管理しておりますので、取引金額は
         株式会社日立製作所に係る合計金額で記載しております。
     (注3)    平成25年4月1日付けで、株式会社日立プラントテクノロジーは、株式会社日立製作所を存続会社とし
         て、同社と合併して事業を継承しており、当社と締結しております特約店契約証書についても株式会社日
         立製作所に継承されております。
     (注4) 取引金額に消費税等を含めておりません。期末残高には消費税等を含めております。
       (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

         該当事項はありません。
                                  95/143





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2 親会社又は重要な関係会社に関する注記
       (1)  親会社情報
         該当事項はありません。
       (2)  重要な関係会社の要約財務情報

         該当事項はありません。
                                  96/143


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (1株当たり情報)
                                               当連結会計年度

                            前連結会計年度
                          (自 平成28年4月1日                  (自    平成29年4月1日
                           至   平成29年3月31日)
                                             至   平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                              2,823円24銭                  3,167円48銭
     1株当たり当期純利益金額                               254円00銭                  124円32銭

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                 項目
                                  至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                     696,209              329,337

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -              -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                         696,209              329,337
      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                    2,741,034              2,649,176
        3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                 項目
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                    7,748,951              8,174,628
     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                    7,748,951              8,174,628

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                        2,744,700              2,580,800
     の数(株)
      (重要な後発事象)

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日) 

        該当事項はありません。
                                  97/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (追加情報)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
       結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
       債の区分に表示しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            当第3四半期連結累計期間

                             (自 平成30年4月1日
                             至 平成30年12月31日)
        減価償却費                          42,551千円
        (注)負ののれんの償却費は金額的重要性がないため、記載を省略しております。
       (株主資本等関係)

      当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日 至            平成30年12月31日)
      1   配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成30年6月28日
               普通株式         38,712        15.00    平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
      2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
                                  98/143











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
     報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                    四半期連結損益
                                              調整額
                                                    計算書計上額
                      鉄道        一般         計
     売上高

       外部顧客への売上高                 23,542,430         2,922,936        26,465,366            -    26,465,366

       セグメント間の内部売上高
                          -        -        -        -        -
       又は振替高
           計          23,542,430         2,922,936        26,465,366            -    26,465,366
     セグメント利益又は損失(△)                  650,837       △ 114,323        536,514           -     536,514

     (注)セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 当第3四半期連結累計期間

                                 (自    平成30年4月1日
                                  至   平成30年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                    163円80銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                     422,739

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                        ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                         422,739
      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                    2,580,800
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                        ―
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                  99/143







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【連結附属明細表】(平成30年3月31日現在)
      【社債明細表】
        該当事項はありません。 
      【借入金等明細表】

                        当期首残高         当期末残高         平均利率
            区分                                        返済期限
                         (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                      286,110         225,030          4.116         ―
            合計               286,110         225,030            ―       ―

     (注)   「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
      【資産除去債務明細表】

        当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
       計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定によ
       り記載を省略しております。
                                100/143















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【その他】
       最近の経営成績及び財政状態の概況
        令和元年5月14日開催の取締役会において承認された第75期連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成
       31年3月31日)の連結財務諸表は次のとおりであります。
        なお、この連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第
       28号)に基づいて作成しておりますが、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査は未了であり、監
       査報告書は受領しておりません。
                                101/143


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ① 連結財務諸表
        イ 連結貸借対照表
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                                 (平成31年3月31日)
     資産の部

      流動資産
       現金及び預金                                   8,359,562
       受取手形及び売掛金                                   7,122,284
       営業未収入金                                   1,522,745
       電子記録債権                                   2,416,563
       有価証券                                   1,500,000
       商品                                   1,828,802
       その他                                    313,276
                                          △236
       貸倒引当金
       流動資産合計                                  23,062,999
      固定資産
       有形固定資産
        建物及び構築物(純額)                                    50,006
        機械装置及び運搬具(純額)                                    12,375
                                         13,140
        その他(純額)
        有形固定資産合計                                    75,522
       無形固定資産
                                         313,371
        ソフトウエア
        無形固定資産合計                                    313,371
       投資その他の資産
        投資有価証券                                   1,917,278
        繰延税金資産                                    119,253
        その他                                    949,664
                                         △2,336
        貸倒引当金
        投資その他の資産合計                                   2,983,860
       固定資産合計                                   3,372,753
      資産合計                                  26,435,753
                                102/143







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                                 (平成31年3月31日)
     負債の部

      流動負債
       支払手形及び買掛金                                  12,644,463
       営業未払金                                   1,801,390
       電子記録債務                                   1,481,034
       短期借入金                                    207,090
       未払法人税等                                    216,969
       賞与引当金                                    233,724
                                         441,617
       その他
       流動負債合計                                  17,026,290
      固定負債
       退職給付に係る負債                                    774,612
       役員退職慰労引当金                                    163,668
       資産除去債務                                    37,276
       その他                                    22,851
       固定負債合計                                    998,409
      負債合計                                  18,024,699
     純資産の部
      株主資本
       資本金                                    99,900
       資本剰余金                                    445,943
       利益剰余金                                   7,429,395
                                        △62,480
       自己株式
       株主資本合計                                   7,912,759
      その他の包括利益累計額
       その他有価証券評価差額金                                    545,139
                                        △46,844
       為替換算調整勘定
       その他の包括利益累計額合計                                    498,294
      純資産合計                                   8,411,053
     負債純資産合計                                  26,435,753
                                103/143







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ロ 連結損益計算書及び連結包括利益計算書
         連結損益計算書
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                                (自    平成30年4月1日
                                至    平成31年3月31日)
     売上高                                  37,014,692
                                       32,583,640
     売上原価
     売上総利益                                   4,431,051
     販売費及び一般管理費                                   3,790,743
     営業利益                                    640,308
     営業外収益
      受取配当金                                    36,956
      賃貸料収入                                    57,092
      補助金収入                                    19,567
      受取出向料                                    12,686
      その他                                    20,173
      営業外収益合計                                    146,476
     営業外費用
      支払利息                                     9,023
      賃貸原価                                    11,542
      為替差損                                     3,339
      支払手数料                                     4,952
                                          1,037
      その他
      営業外費用合計                                    29,895
     経常利益                                    756,889
     特別利益
                                         61,055
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    61,055
     税金等調整前当期純利益                                    817,944
     法人税、住民税及び事業税
                                         331,464
                                          6,977
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    338,441
     当期純利益                                    479,503
     親会社株主に帰属する当期純利益                                    479,503
                                104/143






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         連結包括利益計算書
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                                (自 平成30年4月1日
                                至 平成31年3月31日)
     当期純利益                                    479,503
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   △51,130
      為替換算調整勘定                                   △153,236
      その他の包括利益合計                                   △204,366
     包括利益                                    275,137
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                    275,137
                                105/143
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ハ 連結株主資本変動計算書
         当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                     株主資本
                     資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                   99,900        445,943       6,988,603         △62,480        7,471,967
     当期変動額
     剰余金の配当                                  △38,712                △38,712
     親会社株主に帰属する当期純利
                                        479,503                479,503
     益
     株主資本以外の項目の当期変動
     額(純額)
     当期変動額合計                     -        -      440,791          -      440,791
     当期末残高                   99,900        445,943       7,429,395         △62,480        7,912,759
                        その他の包括利益累計額

                     その他             その他の
                                        純資産合計
                           為替換算
                    有価証券              包括利益
                           調整勘定
                    評価差額金              累計額合計
     当期首残高                 596,269       106,391       702,660      8,174,628
     当期変動額
     剰余金の配当                                    △38,712
     親会社株主に帰属する当期純利
                                          479,503
     益
     株主資本以外の項目の当期変動
                     △51,130      △153,236       △204,366       △204,366
     額(純額)
     当期変動額合計                 △51,130      △153,236       △204,366        236,425
     当期末残高                 545,139      △46,844       498,294      8,411,053
                                106/143











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ニ 連結キャッシュ・フロー計算書
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                                (自  平成30年4月1日
                                 至   平成31年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                    817,944
      減価償却費                                    69,758
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                     △181
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                     2,140
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    13,484
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    13,388
      受取利息及び受取配当金                                   △42,165
      支払利息                                     9,023
      投資有価証券売却損益(△は益)                                   △61,055
      売上債権の増減額(△は増加)                                   △793,027
      営業未収入金の増減額(△は増加)                                   △532,509
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                    312,875
      仕入債務の増減額(△は減少)                                   1,550,602
      営業未払金の増減額(△は減少)                                    490,904
      未払金の増減額(△は減少)                                    100,135
      前受金の増減額(△は減少)                                    19,041
      未収入金の増減額(△は増加)                                    △5,096
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                    15,180
                                         70,210
      その他
      小計                                   2,050,654
      利息及び配当金の受取額
                                         42,165
      利息の支払額                                    △9,023
                                       △208,834
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                   1,874,962
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                   △14,179
      無形固定資産の取得による支出                                   △189,803
      投資有価証券の取得による支出                                   △10,212
      投資有価証券の売却による収入                                    125,051
      貸付けによる支出                                    △4,000
      貸付金の回収による収入                                     3,310
                                         32,123
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                   △57,710
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △38,712
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                   △38,712
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        △63,442
                                       1,715,097
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
     現金及び現金同等物の期首残高                                   6,922,464
     現金及び現金同等物の期末残高                                   8,637,562
                                107/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     注記事項
      (継続企業の前提に関する注記)
        該当事項はありません。
      (会計方針の変更)

        該当事項はありません。
      (追加情報)

        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当連結会計年度
       の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に
       表示しております。
      (セグメント情報等)

        【セグメント情報】
        当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)
      1 報告セグメントの概要
       (1)  報告セグメントの決定方法
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
       源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社は、販売先の業界を基準として「鉄道事業」、「一般事業」の2つを報告セグメントとしております。
       (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

        「鉄道事業」は、鉄道車両製品を主な市場として鉄道事業者及び鉄道車両メーカーや鉄道車両用電気品メー
       カーなどを販売先として、鉄道車両用電気品、同車体用品、同車載品、コネクタ・電子部品を主な商材として取
       り扱っています。
        「一般事業」は、鉄道事業における販売先以外の販売先を対象としており、主な商材はコネクタです。一般事
       業における販売先の業界は、産業機器メーカー、自動車関連メーカー、業務用機器通販事業者などが挙げられま
       すが、鉄道事業以外をまとめている当社のセグメント設定の関係上、対象販売業界及び市場を一分野に限定して
       おらず、販売先は多岐となっています。
      2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
       おける記載と概ね同一であります。
        たな卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切下げ前の価額で評価しております。報告セグメン
       トの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいて
       おります。
                                108/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                            報告セグメント
                                              調整額
                                                      合計
                                              (注)
                     鉄道事業        一般事業          計
     売上高
      外部顧客への売上高                 33,160,957         3,853,734        37,014,692            -    37,014,692
      セグメント間の内部
                         -        -        -        -        -
      売上高又は振替高
           計          33,160,957         3,853,734        37,014,692            -    37,014,692
     セグメント利益又は損失(△)                  806,116       △165,807         640,308           -      640,308
     セグメント資産                 18,118,673         2,087,732        20,206,405         6,229,347        26,435,753
     その他の項目
      減価償却費                   60,124         5,155        65,280         4,478        69,758
      有形固定資産及び
                       187,872         16,110        203,982           -      203,982
      無形固定資産の増加額
     (注)   1 セグメント資産の調整額には、当社での余資運用資金(有価証券)、長期投資資金(投資有価証券)、投資
          不動産及び管理部門に係る資産等であります。
        2 減価償却費の        4,478千円     は、投資不動産に係る減価償却費であります。
      (1株当たり情報)

                                当連結会計年度
                              (自  平成30年4月1日
                              至   平成31年3月31日)
      1株当たり純資産額                              3,259円09銭
      1株当たり当期純利益金額                               185円80銭

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。

        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当連結会計年度
                              (自  平成30年4月1日
                項目
                              至   平成31年3月31日)
      1株当たり当期純利益金額
       親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                479,503

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                      479,503
       当期純利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               2,580,800
        3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                当連結会計年度
                項目
                               (平成31年3月31日)
      純資産の部の合計額(千円)                               8,411,053
      普通株式に係る期末の純資産額(千円)                               8,411,053

      1株当たり純資産額の算定に用いられた
                                     2,580,800
      期末の普通株式の数(株)
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                109/143



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                     ※1  4,972,561            ※1  6,450,420
        現金及び預金
                                                    ※4  640,439
        受取手形                                506,714
                                     ※3  5,847,976            ※3  5,898,362
        売掛金
        営業未収入金                               1,657,712               990,236
                                                   ※4  1,297,551
        電子記録債権                               1,278,223
        有価証券                               1,700,010              1,500,000
        商品                                753,591             1,345,237
        前渡金                                157,427              236,812
        前払費用                                56,867              59,566
        繰延税金資産                                91,555              93,676
        その他                                65,963              36,060
                                         △ 164             △ 229
        貸倒引当金
        流動資産合計                              17,088,439              18,548,133
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               50,438              46,150
         機械及び装置(純額)                               54,120              28,339
                                        15,188              10,935
         工具、器具及び備品(純額)
         有形固定資産合計                              119,747               85,425
        無形固定資産
         電話加入権                               11,158                -
                                        42,874              136,549
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                               54,032              136,549
        投資その他の資産
                                     ※1  1,750,491            ※1  2,049,242
         投資有価証券
         関係会社株式                               59,500              40,000
         関係会社出資金                               91,382              91,382
         出資金                                 84              84
         長期貸付金                              123,373               4,580
         破産更生債権等                                494              494
         長期前払費用                                360              471
         その他                              724,021              727,323
                                        △ 2,560             △ 2,460
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             2,747,146              2,911,118
        固定資産合計                               2,920,927              3,133,093
      資産合計                                20,009,366              21,681,226
                                110/143






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                                    ※4  69,613
        支払手形                                32,786
                                    ※1  10,020,975           ※1 , ※3  10,950,722
        買掛金
                                     ※1  1,657,712            ※1  1,310,486
        営業未払金
                                      ※1  975,205          ※1 , ※4  1,443,271
        電子記録債務
                                      ※3  191,351            ※3  173,429
        未払金
        未払法人税等                                75,385              94,820
        未払消費税等                                 4,409                -
        前受金                                 6,895              57,955
        預り金                                39,808              41,789
                                        224,181              224,428
        賞与引当金
        流動負債合計                              13,228,711              14,366,518
      固定負債
        退職給付引当金                                688,474              749,485
        役員退職慰労引当金                                135,410              148,184
        繰延税金負債                                25,046              44,564
        資産除去債務                                36,622              36,859
        長期預り保証金                                 9,608                -
                                          -            44,920
        その他
        固定負債合計                                895,161             1,024,013
      負債合計                                14,123,873              15,390,532
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                99,900              99,900
        資本剰余金
                                        395,645              445,943
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                              395,645              445,943
        利益剰余金
         利益準備金                               24,975              24,975
         その他利益剰余金
           別途積立金                            3,867,000              4,327,000
           社屋建設積立金                             60,000                -
           繰越利益剰余金                             935,774              859,085
         利益剰余金合計                             4,887,749              5,211,060
        自己株式                                △ 3,382             △ 62,480
        株主資本合計                               5,379,911              5,694,424
      評価・換算差額等
                                        505,581              596,269
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                505,581              596,269
      純資産合計                                5,885,493              6,290,694
     負債純資産合計                                 20,009,366              21,681,226
                                111/143





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                    ※1  30,852,952            ※1  32,687,992
     売上高
     売上原価                                 27,325,735              29,104,202
      商品期首たな卸高                                 730,648              753,591
                                    ※1  27,348,679            ※1  29,695,847
      当期商品仕入高
                                        753,591             1,345,237
      商品期末たな卸高
     売上総利益                                  3,527,216              3,583,789
                                   ※1 , ※2  3,041,430           ※1 , ※2  3,233,278
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   485,786              350,511
     営業外収益
      受取利息                                  5,397              1,818
                                      ※1  23,872            ※1  34,914
      受取配当金
      賃貸料収入                                  57,287              55,641
                                      ※1  23,987            ※1  22,880
      受取出向料
                                        24,372              25,259
      その他
      営業外収益合計                                 134,917              140,515
     営業外費用
      支払利息                                   127               42
      賃貸原価                                  4,545              4,298
      為替差損                                  3,787                -
      固定資産除却損                                   108              629
                                         2,442               184
      その他
      営業外費用合計                                  11,011               5,154
     経常利益                                   609,692              485,872
     特別利益
                                          -            68,197
      抱合せ株式消滅差益
      特別利益合計                                    -            68,197
     税引前当期純利益                                   609,692              554,069
     法人税、住民税及び事業税
                                        223,852              219,647
                                         1,051             △ 30,060
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   224,904              189,587
     当期純利益                                   384,788              364,482
                                112/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                   資本剰余金              利益剰余金
                   その他資本
                                                      株主資本
                                 その他利益剰余金
               資本金                                 自己株式
                    剰余金
                                           利益剰余金
                                                      合計
                        利益準備金
                                             合計
                    自己株式          別途    社屋建設     繰越利益
                    処分差益          積立金     積立金     剰余金
     当期首残高           99,900    378,002     24,975    3,367,000      60,000    1,091,936     4,543,911      △ 3,748   5,018,065
     当期変動額
     剰余金の配当                                  △ 40,950    △ 40,950         △ 40,950
     当期純利益                                  384,788     384,788          384,788
     自己株式の取得                                                   -
     自己株式の処分               17,642                              366    18,008
     別途積立金の積立                         500,000         △ 500,000       -          -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計             -   17,642       -   500,000       -  △ 156,162     343,837       366   361,846
     当期末残高           99,900    395,645     24,975    3,867,000      60,000    935,774    4,887,749      △ 3,382   5,379,911
               評価・換算

               差額等
                   純資産合計
               その他
               有価証券
               評価差額金
     当期首残高           456,989    5,475,055

     当期変動額
     剰余金の配当               △ 40,950
     当期純利益               384,788
     自己株式の取得                 -
     自己株式の処分               18,008
     別途積立金の積立                 -
     株主資本以外の項目
                48,592     48,592
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計           48,592    410,438
     当期末残高           505,581    5,885,493
                                113/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                   資本剰余金              利益剰余金
                   その他資本
                                                      株主資本
                                 その他利益剰余金
               資本金                                 自己株式
                    剰余金
                                           利益剰余金
                                                      合計
                        利益準備金
                                             合計
                    自己株式          別途    社屋建設     繰越利益
                    処分差益          積立金     積立金     剰余金
     当期首残高           99,900    395,645     24,975    3,867,000      60,000    935,774    4,887,749      △ 3,382   5,379,911
     当期変動額
     剰余金の配当                                  △ 41,170    △ 41,170         △ 41,170
     当期純利益                                  364,482     364,482          364,482
     自己株式の取得                                           △ 60,000    △ 60,000
     自己株式の処分               50,298                              902    51,201
     別途積立金の積立                         460,000    △ 60,000    △ 400,000       -          -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計             -   50,298       -   460,000    △ 60,000    △ 76,688    323,311    △ 59,097    314,513
     当期末残高           99,900    445,943     24,975    4,327,000        -   859,085    5,211,060     △ 62,480    5,694,424
               評価・換算

               差額等
                   純資産合計
               その他
               有価証券
               評価差額金
     当期首残高           505,581    5,885,493

     当期変動額
     剰余金の配当               △ 41,170
     当期純利益               364,482
     自己株式の取得               △ 60,000
     自己株式の処分               51,201
     別途積立金の積立                 -
     株主資本以外の項目
                90,687     90,687
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計           90,687    405,200
     当期末残高           596,269    6,290,694
                                114/143








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
      (重要な会計方針)
     前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
       1. 資産の評価基準及び評価方法
         (1)有価証券の評価基準及び評価方法
            ①満期保有目的の債券
             償却原価法(定額法)
            ②関係会社株式・関係会社出資金
             移動平均法による原価法
            ③その他有価証券
             時価のあるもの
              決算期末日の市場価格等に基づく時価法
              (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
         (2)たな卸資産の評価基準及び評価方法
            移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       2.   固定資産の減価償却の方法 

         (1)有形固定資産及び投資不動産
            定率法
             ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28年4月1日以降
            に取得した建物附属設備及び構築物については、法人税法に規定する方法と同一の基準による定額法
            によっております。なお、耐用年数については以下のとおりであります。
             建物          3年~15年
             機械及び装置      3年~22年
             工具、器具及び備品   4年~20年
             投資不動産       5年~47年
         (2)無形固定資産
            定額法
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
            す。
       3.   引当金の計上基準

         (1)貸倒引当金
             債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
            の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         (2)賞与引当金
             従業員に対する賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
         (3)退職給付引当金
             従業員の退職給付に充てるため、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る
            期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
             適格退職年金制度及び退職一時金制度を採用していましたが、平成22年11月に適格退職年金制度を
            廃止し、確定拠出年金制度に移行しております。
         (4)役員退職慰労引当金
             役員に対して支給する退職慰労金の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
       4.  その他財務諸表の作成のための基本となる重要な事項 

         消費税等の会計処理
          税抜方式によっております。
                                115/143


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
       1. 資産の評価基準及び評価方法
         (1)有価証券の評価基準及び評価方法
            ①関係会社株式・関係会社出資金
             移動平均法による原価法
            ②その他有価証券
             時価のあるもの
              決算期末日の市場価格等に基づく時価法
              (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
         (2)たな卸資産の評価基準及び評価方法
            移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       2.   固定資産の減価償却の方法 

         (1)有形固定資産及び投資不動産
            定率法
             ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28年4月1日以降
            に取得した建物附属設備及び構築物については、法人税法に規定する方法と同一の基準による定額法
            によっております。なお、耐用年数については以下のとおりであります。
             建物          3年~15年
             機械及び装置      3年~22年
             工具、器具及び備品   4年~20年
             投資不動産       5年~47年
         (2)無形固定資産
            定額法
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
            す。
       3.   引当金の計上基準

         (1)貸倒引当金
             債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
            の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         (2)賞与引当金
             従業員に対する賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
         (3)退職給付引当金
             従業員の退職給付に充てるため、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る
            期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
             適格退職年金制度及び退職一時金制度を採用していましたが、平成22年11月に適格退職年金制度を
            廃止し、確定拠出年金制度に移行しております。
         (4)役員退職慰労引当金
             役員に対して支給する退職慰労金の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
       4.  その他財務諸表の作成のための基本となる重要な事項 

         消費税等の会計処理
          税抜方式によっております。
                                116/143




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヤシマキザイ(E34499)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (会計方針の変更)
     前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
      法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報告
     第32号 平成28年6月17日)を当事業年度から適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に係
     る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
      これによる当事業年度の損益に与える影響は軽微であります。
     当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日) 

      該当事項はありません。
      (追加情報)

     前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業年
     度から適用しております。
     当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日) 

      該当事項はありません。
      (貸借対照表関係)

      ※1.担保に供している資産及び担保に係る債務
       担保に供している資産及び担保に係る債務は次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
        定期預金                         100,000千円                 100,000千円
        投資有価証券                          96,500千円                   131,150千円
        計                         196,500千円                 231,150千円
                                前事業年度                 当事業年度

                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
        買掛金                        6,018,986千円                 7,083,436千円
        営業未払金                        1,556,053千円                 1,271,909千円
        電子記録債務                          5,434千円                 4,560千円
        計                        7,580,474千円                 8,359,906千円
      ※2.保証債務

       当社の完全子会社の金融機関等からの借入債務に対し、保証を行っております。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
                                 210,210千円                 220,090千円
        亜西瑪(上海)貿易有限公司  
                                 (13,000千元)                 (13,000千元)
      ※3.関係会社に対する金銭債権及び金銭債務

                                前事業年度                 当事業年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
               売掛金                  125,586千円            &nbs