株式会社ショーケース 臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ショーケース(E27894)
                                                              臨時報告書
    【表紙】
    【提出書類】                       臨時報告書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2019年5月17日

    【会社名】                       株式会社ショーケース

    【英訳名】                       Showcase     Inc.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長 永田 豊志

    【本店の所在の場所】                       東京都港区六本木一丁目9番9号

    【電話番号】                       03-5575-5117(代表)

    【事務連絡者氏名】                       経営企画部部長 鈴木 浩介

    【最寄りの連絡場所】                       東京都港区六本木一丁目9番9号

    【電話番号】                       03-6866-8555

    【事務連絡者氏名】                       経営企画部部長 鈴木 浩介

    【縦覧に供する場所】                        株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ショーケース(E27894)
                                                              臨時報告書
    1【提出理由】
     当社及び当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象が発生いたし
    ましたので、金融商品取引法第24条の5第4項並びに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号及び第19
    号の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。
    2【報告内容】

    (1)当該事象の発生年月日
      2019年5月15日
    (2)当該事象の内容

      ①投資原価の計上(連結決算)
       「営業投資有価証券」に区分される保有有価証券のうち、時価が著しく下落し、回復可能性があると認められな
      いものについて、投資原価64,956千円を売上原価に計上いたしました。
      ②貸倒引当金繰入額の計上(個別決算、連結決算)

       当社が保有する貸付債権等について、貸付先の財政状態等を勘案し貸倒引当金繰入額37,023千円を営業外費用に
      計上いたしました。
      ③関係会社株式評価損の計上(個別決算)、持分法投資損失の計上(連結決算)

       個別決算上「関係会社株式」に区分される持分法適用関連会社に対する保有有価証券について、時価が著しく下
      落し、回復可能性があると認められなかったため、関係会社株式評価損95,431千円を特別損失に計上いたしまし
      た。
       なお、連結決算上は当該関係会社株式評価損95,431千円は全額取り消され、当社の持分法適用関連会社に対する
      投資持分について、のれんの一括償却に伴い持分法投資損失63,910千円を営業外費用に計上いたしました。
      ④投資有価証券評価損の計上(個別決算、連結決算)

       「その他有価証券」に区分される保有有価証券のうち、時価が著しく下落し、回復可能性があると認められない
      ものについて、投資有価証券評価損71,317千円を特別損失に計上いたしました。
      ⑤繰延税金資産の取り崩し(個別決算、連結決算)

       2019年12月期の業績見通し等を踏まえ、繰延税金資産の回収可能性について慎重に検討を行った結果、繰延税金
      資産の一部を取り崩し、法人税等調整額65,450千円を計上することといたしました。
    (3)当該事象の損益及び連結損益に与える影響額

      ①個別決算
        貸倒引当金繰入額            37,023千円
        関係会社株式評価損            95,431千円
        投資有価証券評価損            71,317千円
        法人税等調整額            65,450千円
      ②連結決算

        投資原価            64,956千円
        貸倒引当金繰入額            37,023千円
        持分法投資損失            63,910千円
        投資有価証券評価損            71,317千円
        法人税等調整額            65,450千円
                                 2/2



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。