株式会社ホットリンク 四半期報告書 第21期第1四半期(平成31年1月1日-平成31年3月31日)

四半期報告書-第21期第1四半期(平成31年1月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ホットリンク

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年5月15日

    【四半期会計期間】               第21期第1四半期(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)

    【会社名】               株式会社ホットリンク

    【英訳名】               Hotto   Link   Inc.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役会長  内山 幸樹

    【本店の所在の場所】               東京都千代田区富士見一丁目3番11号

    【電話番号】               03-6261-6930

    【事務連絡者氏名】               執行役員  CFO 大塚 義人

    【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区富士見一丁目3番11号

    【電話番号】               03-6261-6930

    【事務連絡者氏名】               執行役員  CFO 大塚 義人

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/21









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第20期           第21期

             回次              第1四半期           第1四半期            第20期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自 2018年1月1日           自 2019年1月1日           自 2018年1月1日
            会計期間
                          至 2018年3月31日           至 2019年3月31日           至 2018年12月31日
     売上高                (千円)           715,805           843,935          3,241,172
     税引前四半期(当期)利益又は税
                     (千円)           20,601         △ 144,825           305,324
     引前四半期損失(△)
     親会社の所有者に帰属する四半
     期(当期)利益又は四半期損失                (千円)           21,551         △ 117,843           111,122
     (△)
     親会社の所有者に帰属する
                     (千円)          △ 52,738         △ 120,704           198,638
     四半期(当期)包括利益
     親会社の所有者に帰属する持分                (千円)          2,535,405           4,309,407           4,614,818
     総資産額                (千円)          4,503,488           6,327,449           5,815,247

     基本的1株当たり四半期(当期)
                      (円)            1.67          △ 7.67           7.78
     利益又は四半期損失(△)
     希薄化後1株当たり
                      (円)            1.65            -          7.69
     四半期(当期)利益
     親会社所有者帰属持分比率                 (%)            56.3           68.1           79.4
     営業活動による
                     (千円)           130,304          △ 151,451           222,408
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (千円)          △ 122,548          △ 131,118          △ 104,809
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (千円)          △ 44,985          △ 48,752          790,303
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                     (千円)          1,023,701           1,645,862           1,976,005
     四半期末(期末)残高
     (注)   1.上記指標は、国際会計基準(以下、IFRS)により作成された要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づ
          いております。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第21期第1四半期連結累計期間の希薄化後1株当たり四半期利益については、希薄化効果を有している潜在
          株式が存在しないため、記載しておりません。
    2  【事業の内容】

      当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
     変更はありません。
                                  2/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
     した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判断
     したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

       ①経営成績の分析
        当第1四半期連結累計期間の業績は、                  売上高843百万円        (前年同期比      17.9%増    )、  営業損失147百万円         (前年同期は
       営業利益50百万円)、          四半期損失132百万円          (前年同期は四半期利益20百万円)となりました。なお、EBITDAは△                               22
       百万円   (前年同期は140百万円)となりました。
        事業毎の経営成績は、次のとおりであります。

         a.SaaS事業
           当事業は、SNSの分析ツールである「クチコミ@係長」シリーズ、SNSマーケティングツールである
          「BuzzSpreader®(バズスプレッダー)」から成り立っております。
           「クチコミ@係長」シリーズは前年同期と比較し堅調に推移したものの、当事業の                                       売上高は132百万円
          (前年同期比      32.8%減    )となりました。これは2018年12月にe-mining事業を行う連結子会社である株式会社
          リリーフサインの発行済株式の過半を、有限会社エスフロントに譲渡したことにより、「e-mining」シ
          リーズの売上高が当期以降では計上されないためとなります。
         b.ソリューション事業

           当事業は、主にSNSデータアクセス権の販売から成り立っております。
           当社の米国子会社であるEffyis,Inc.のSNSデータアクセス権の販売およびSNS広告事業が継続して好調
          だったことにより、当サービスの               売上高は517百万円         (前年同期比      23.6%増    )となりました。
         c.クロスバウンド事業

           当事業は、主にソーシャル・ビッグデータを活用したクロスバウンドの消費行動を分析するレポーティ
          ングサービスとプロモーション支援サービスから成り立っております。
           レポーティングサービスは堅調な売上を維持しております。プロモーションサービスの売上は前年度よ
          り好調に推移しております。以上のことから、当サービスの                            売上高は193百万円         (前年同期比      93.7%増    )とな
          りました。
        主な費用項目は、以下のとおりです。

        販売費及び一般管理費は454百万円                (前年同期比      63.0%増    )となりました。主な要因は、新規顧客獲得のための広
       告宣伝費の増加、業容拡大に伴う人件費の増加および一時的な費用としての弁護士等への支払報酬の増加による
       ものであります。
        金融費用は5百万円         (前年同期比      81.7%減    )となりました。主な要因は、借入金返済に伴う金融機関等への支払
       利息の減少によるものであります。
                                  3/21




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
       事業の進捗状況は、以下のとおりです。
       当社は、2018年度よりSNSマーケティング支援のサービスを本格的に開始しており、順調に実績を積み上げており
      ます。SNSマーケティング支援サービスは、人材の採用及び育成が重要な要素であり、当第1四半期連結累計期間に
      おいて、順調に体制の整備が進んでおります。
       当社は、2018年度において、ソーシャルメディアマーケティングツール「BuzzSpreader®(バズスプレッダー)」
      の提供を開始しております。BuzzSpreaderは、広告やアカウント運用にかかる工数を削減し、効果的かつ効率的な
      ソーシャルメディアマーケティングを実現します。また、BuzzSpreaderは、SNSマーケティング支援サービスとのシ
      ナジー効果が見込まれるため、当サービスとの同時提供により販売を拡大していく予定であります。今後も
      BuzzSpreaderの機能や対応ソーシャルメディアを順次拡張してまいります。
       当社は、ブロックチェーン技術が、次世代の社会基盤になる可能性があり、当社の持続的な成長のためには、社
      内に限らず他社との連携によるスピーディーな研究開発を行う必要があると考え、ブロックチェーン技術に関する
      調査・技術獲得・人材獲得を目的として、1億円の投資枠を設けることとし、第1号案件としてブロックチェーン技
      術を活用するスポーツテック企業SAMURAI                    Security株式会社へ投資いたしました。当社の持続的な成長のため、ブ
      ロックチェーン技術に対して継続的に投資を行ってまいります。
       当社の子会社である株式会社トレンドExpressは、中国国内での事前の市場調査の実施、訴求戦略の策定、露出メ
      ディアの選定、プロモーション実施後の効果測定までの一連のサービスを提供する、「トレンドPR」を販売してお
      り、順調に販売を伸ばしております。また、中国最大級のCtoCソーシャルコマースアプリ「微店」と日中間の越境
      EC事業について業務提携を行いました。本提携により、日中間で45万店舗に及ぶソーシャルバイヤーネットワーク
      を活かし、販路拡大を実現する越境ECサービス「越境EC                          X(クロス)」の販売を開始しております。
       当社の米国子会社であるEffyis,Inc.はSNSデータアクセス権販売の指標となる顧客からの月額利用料が順調に増
      加しております。これは、世界中のソーシャル・ビッグデータを保有するメディアとの間で良好な関係を維持して
      おり、安定したデータ提供や新規メディアからのデータアクセス権の契約が順調に獲得できていることが背景にあ
      ります。また、2018年度において発生した新規SNSデータアクセス権の獲得に伴うミニマムギャランティーについて
      は、第3四半期連結会計期間から投資の回収フェーズに入る見込みであります。現在、更なる成長加速のため新規
      顧客開拓及び新規メディアとのデータのアクセス権獲得に向け取り組んでおります。
       ②財政状態の分析

        (流動資産)
         当第1四半期連結会計期間末における流動資産の残高は                          2,151百万円      となり、前連結会計年度末に比べて                 289
        百万円減少     いたしました。この主な要因は、事業拡大に向け新規顧客の開拓及び事業活動に必要となる人材へ
        の投資により、現金及び現金同等物が減少したことによるものであります。
        (非流動資産)

         当第1四半期連結会計期間末における非流動資産の残高は、                            4,176百万円      となり、前連結会計年度末に比べて
        802百万円増加       いたしました。この主な要因は、使用権資産が増加したことによるものであります。
        (流動負債)

         当第1四半期連結会計期間末における流動負債の残高は、595百万円となり、前連結会計年度末に比べて24百
        万円減少いたしました。この主な要因は、未払法人所得税の減少によるものであります。
        (非流動負債)

         当第1四半期連結会計期間末における非流動負債の残高は、1,413百万円となり、前連結会計年度末に比べて
        856百万円増加いたしました。この主な要因は、リース負債の増加によるものであります。
        (資本合計)

         当第1四半期連結会計期間末における資本合計の残高は、                            4,318百万円      となり、前連結会計年度末に比べて
        319百万円減少       いたしました。この主な要因は、事業拡大に向け先行投資を行いましたが、現時点で利益に寄与
        する段階ではなく、利益剰余金が減少したことによるものであります。
                                  4/21



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
     (2)  キャッシュ・フローの分析
        当第1四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べて
       330百万円減少       し 1,645百万円      となりました。
        営業活動の結果       使用した資金は151百万円            (前年同期は      130百万円の増加        )となり、この主な要因は、減価償却費
       及び償却費     125百万円     などの非資金項目の調整によるものであります。
        投資活動の結果       使用した資金は、131百万円             (前年同期は      122百万円の使用        )となりました。この主な要因は、無
       形資産の取得による支出121百万円によるものであります。
        財務活動の結果       使用した資金は、48百万円             (前年同期は      44百万円の使用       )となりました。この主な要因は、リー
       ス負債の返済31百万円によるものであります。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第1四半期連結累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (4)  研究開発活動

       当第1四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は、                            10百万円    であります。
       なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/21













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     22,000,000

                 計                                   22,000,000

      ②  【発行済株式】

                           提出日現在         上場金融商品取引所

              第1四半期会計期間末
                現在発行数(株)
        種類                   発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               (2019年3月31日)
                          (2019年5月15日)           商品取引業協会名
                                               権利内容に何ら限定の
                                               ない当社における標準
                                     東京証券取引所
       普通株式            15,650,200           15,650,200                 となる株式であり、単
                                      (マザーズ)
                                               元株式数は100株であ
                                               ります。
        計          15,650,200           15,650,200           ―           ―
     (注) 「提出日現在発行数」欄には、2019年5月1日から本報告書提出日までの新株予約権行使により発行された株
        式数は含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2019年1月1日~
                     -   15,650,200           -   2,358,028           -   2,089,357
      2019年3月31日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/21





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2018年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                                 2018年12月31日現在
           区分            株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―            ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―            ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―            ―              ―

                     普通株式      280,100

     完全議決権株式(自己株式等)                                  ―              ―
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                    153,655           ―
                          15,365,500
                     普通株式
     単元未満株式                                  ―              ―
                             4,600
     発行済株式総数                     15,650,200            ―              ―
     総株主の議決権                     ―               153,655           ―

      ②  【自己株式等】

                                               2018年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都千代田区富士見
     株式会社ホットリンク                            280,100         -    280,100        1.79
                  一丁目3番11号
          計             -          280,100         -    280,100        1.79
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                  7/21









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
     府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」(以下、「IAS第34号」)に準拠して作成し
     ております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年1月1日から2019年
     3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年3月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表
     について、有限責任          あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
    1  【要約四半期連結財務諸表】
     (1)  【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                   (単位:千円)
                                             当第1四半期連結会計期間
                                前連結会計年度
                         注記
                                (2018年12月31日)
                                               (2019年3月31日)
     資産
      流動資産
       現金及び現金同等物                               1,976,005               1,645,862
       営業債権及びその他の債権                                350,665               384,676
                                       114,428               120,738
       その他の流動資産
       流動資産合計                               2,441,099               2,151,277
      非流動資産
       有形固定資産                                45,416               42,153
       のれん                               1,871,492               1,871,323
       使用権資産                  2                -            778,562
       その他の無形資産                                841,187               856,114
       持分法で会計処理されている投
                                       204,000               211,968
       資
       その他の金融資産                  6             412,042               416,040
                                         10               10
       その他の非流動資産
       非流動資産合計                               3,374,148               4,176,172
      資産合計                                5,815,247               6,327,449
     負債及び資本

     負債
      流動負債
       営業債務及びその他の債務                                314,321               377,467
       借入金                                36,848               25,920
       リース負債                  2                -             76,223
       未払法人所得税                                144,603                8,757
                                       123,732               106,798
       その他の流動負債
       流動負債合計                                619,507               595,167
      非流動負債
       借入金                  6             327,920               321,440
       リース負債                  2                -            695,379
       繰延税金負債                                217,902               385,232
                                       11,556               11,564
       その他の非流動負債
       非流動負債合計                                557,378              1,413,617
      負債合計                                1,176,885               2,008,784
     資本
      資本金                                2,358,028               2,358,028
      資本剰余金                                2,612,935               2,612,993
      利益剰余金                                △210,049               △512,657
      自己株式                                △140,147               △140,147
                                       △5,947               △8,809
      その他の資本の構成要素
      親会社所有者に帰属する持分合計
                                      4,614,818               4,309,407
                                       23,543               9,257
      非支配持分
      資本合計                                4,638,362               4,318,664
     負債及び資本合計                                 5,815,247               6,327,449
                                  9/21




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
     (2)  【要約四半期連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                             前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                          注記    (自 2018年1月1日                (自 2019年1月1日
                               至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
     売上高                      7           715,805                843,935
                                     △386,160                △537,208
     売上原価
     売上総利益
                                      329,645                306,726
     販売費及び一般管理費                                △278,952                △454,668
     その他の収益                                   233                259
                                        -               △0
     その他の費用
     営業利益又は営業損失(△)
                                      50,926              △147,682
     金融収益                                   281                503
     金融費用                                 △30,606                 △5,614
                                        -              7,968
     持分法による投資損益
     税引前四半期利益又は税引前四半期損失(△)
                                      20,601              △144,825
     法人所得税                                   126              12,267
     四半期利益又は四半期損失(△)                                  20,727              △132,557
     四半期利益又は四半期損失(△)の帰属

      親会社の所有者                                 21,551              △117,843
                                       △824              △14,714
      非支配持分
      四半期利益又は四半期損失(△)                                 20,727              △132,557
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益又は四半期損
                           8            1.67               △7.67
      失(△)(円)
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                     8            1.65                 -
                                 10/21











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
     (3)  【要約四半期連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                             前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                              (自 2018年1月1日                (自 2019年1月1日
                               至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
     四半期利益又は四半期損失(△)                                 20,727              △132,557
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で
                                      50,833               △3,456
       測定する金融資産
       小計
                                      50,833               △3,456
      純損益に振り替えられる可能性のある

      項目
                                    △125,123                   849
       在外営業活動体の換算差額
       小計                              △125,123                   849
      その他の包括利益合計
                                     △74,289                 △2,607
                                     △53,562               △135,164

     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                               △52,738               △120,704
                                       △824              △14,460
      非支配持分
      四半期包括利益                               △53,562               △135,164
                                 11/21













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
     (4)  【要約四半期連結持分変動計算書】
                                                   (単位:千円)
                                            親会社の
                                       その他の
                                            所有者に     非支配
               注記     資本金    資本剰余金     利益剰余金     自己株式     資本の              資本合計
                                            帰属する      持分
                                       構成要素
                                            持分合計
    2018年1月1日残高               1,442,694     1,672,379     △321,320     △140,061     △93,463     2,560,229      50,444    2,610,673
     四半期利益                 -     -   21,551       -     -    21,551     △824     20,727
                      -     -     -     -  △74,289     △74,289       -  △74,289
     その他の包括利益
    四半期包括利益
                      -     -   21,551       -  △74,289     △52,738      △824    △53,562
     新株の発行
                     3,752     3,595      -     -     -    7,348      -    7,348
     (新株予約権の行使)
     新株予約権の発行                 -   20,616       -     -     -    20,616      -   20,616
     支配の喪失とならない
                      -    △50      -     -     -    △50      74     23
     子会社に対する非支配
     持分株主との取引
    所有者との取引額
                     3,752    24,161       -     -     -    27,914      74   27,988
    合計
    2018年3月31日残高               1,446,447     1,696,541     △299,768     △140,061     △167,753     2,535,405      49,694    2,585,100
    2019年1月1日残高               2,358,028     2,612,935     △210,049     △140,147      △5,947    4,614,818      23,543    4,638,362

     会計方針の変更           2       -     -  △184,764        -     -  △184,764        -  △184,764
    修正再表示後の残高               2,358,028     2,612,935     △394,813     △140,147      △5,947    4,430,054      23,543    4,453,597
     四半期損失(△)                 -     -  △117,843        -     -  △117,843     △14,714     △132,557
                      -     -     -     -   △2,861     △2,861      254   △2,607
     その他の包括利益
    四半期包括利益
                      -     -  △117,843        -   △2,861    △120,704     △14,460     △135,164
     支配の喪失とならない
                      -     57     -     -     -     57    174     231
     子会社に対する非支配
     持分株主との取引
    所有者との取引額
                      -     57     -     -     -     57    174     231
    合計
    2019年3月31日残高               2,358,028     2,612,993     △512,657     △140,147      △8,809    4,309,407      9,257   4,318,664
                                 12/21











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
     (5)  【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                               (自 2018年1月1日                (自 2019年1月1日
                                至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益又は税引前四半期損失(△)                                  20,601              △144,825
      減価償却費及び償却費                                  89,241               125,042
      金融収益                                  △194                △503
      金融費用                                  29,681                 4,855
      持分法による投資損益(△は益)                                    -             △7,968
      固定資産売却損益(△は益)                                   △51                △13
      営業債権及びその他の債権の増減額
                                      △10,580                △36,621
      (△は増加)
      営業債務及びその他の債務の増減額
                                      △10,632                △11,117
      (△は減少)
      その他の流動資産の増減(△は増加)                                  2,536               △3,464
      その他の流動負債の増減(△は減少)                                  41,359                46,340
                                          7              △184
      その他
      小計
                                       161,967               △28,460
      利息及び配当金の受取額                                   194                503
      利息の支払額                                 △5,701                △4,816
                                      △26,157               △118,678
      法人所得税の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 130,304               △151,451
     投資活動によるキャッシュ・フロー

      有形固定資産売却による収入                                    51                14
      無形資産の取得による支出                                 △94,893               △121,132
      投資有価証券の取得による支出                                    -             △10,000
                                      △27,707                   -
      長期貸付による支出
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △122,548                △131,118
     財務活動によるキャッシュ・フロー

      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △39,512                   -
      長期借入金の返済による支出                                 △51,806                △17,408
      リース負債の返済による支出                                    -             △31,575
      ストックオプションの行使による資本の
                                        7,372                 231
      増加による収入
      新株予約権の発行による収入                                  20,616                  -
                                       18,345                  -
      その他の金融負債の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                      △44,985                △48,752
                                      △13,820                  1,178
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △51,049               △330,143
                                      1,074,751                1,976,005
     現金及び現金同等物の期首残高
     現金及び現金同等物の四半期末残高                                 1,023,701                1,645,862
                                 13/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
    【要約四半期連結財務諸表注記】
    1.報告企業
      株式会社ホットリンク及び連結子会社(以下、当社グループ)は、ソーシャル・ビッグデータ活用事業を展開してい
     ます。当社グループの親会社である株式会社ホットリンク(以下、当社)は、日本に所在する企業であり、登記されて
     いる本社及び主要な事業所の住所は、ホームページ(                        https://www.hottolink.co.jp/              )で開示しています。
    2.作成の基礎

     (1)  IFRSに準拠している旨
       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平
      成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規
      定により、IAS第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
       要約四半期連結財務諸表は、年次連結財務諸表で要求されている全ての情報が含まれていないため、2018年12月
      31日に終了した連結会計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものであります。
       要約四半期連結財務諸表は、2019年5月15日に当社代表取締役会長内山幸樹によって承認されております。
     (2)  測定の基礎

       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定されている特定の金融商品等を除き、取得原価を基
      礎として作成しております。
     (3)  機能通貨及び表示通貨

       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、千円未満を切
      捨てして表示しております。
     (4)  会計方針の変更

       当社グループは2019年1月1日を適用開始日としてIFRS第16号「リース」(2016年1月公表)(以下、「IFRS第
      16号」)を適用しています。その結果、当社グループは下記に記載のとおりリースに関する会計方針を変更しまし
      た。
       当社グループは、比較情報は修正再表示せず、適用開始による累積的影響を2019年1月1日の剰余金において認

      識する修正遡及アプローチを用いてIFRS第16号を適用しました。会計方針の変更の詳細について以下で開示してい
      ます。
       ①  リースの定義
         従来、当社グループは、契約締結時にIFRIC第4号「契約にリースが含まれているか否かの判断」(以下、
        「IFRIC第4号」)に基づいて、契約がリースであるか、又はリースを含んでいるかを判断していました。IFRS
        第16号では、当社グループはリースの定義に基づいて契約がリース又はリースを含んでいるか否かを判定しま
        す。
         IFRS第16号への移行にあたり、当社グループは、取引がリースであるか否かに関する従前の判定を引き継ぐ実
        務上の便法を適用することを選択しました。従来リースとして識別されていた契約にのみIFRS第16号を適用し、
        IAS第17号「リース」(以下、「IAS第17号」)及びIFRIC第4号のもとでリースとして識別されなかった契約に
        ついては、リースであるか否かの再評価を行っていません。したがって、IFRS第16号に基づくリースの定義は、
        2019年1月1日以降に締結または変更された契約にのみ適用しています。
       ②  借手としてのリース

         当社グループは借手として、従来、原資産の所有に伴うリスクと経済価値が実質的にすべて当社グループに移
        転するか否かの評価に基づいて、リースをオペレーティング・リースとファイナンス・リースに分類していまし
        た。IFRS第16号では、当社グループは、ほとんどのリースについて使用権資産とリース負債を認識(すなわち、
        オンバランス)しています。ただし、当社グループは、リース期間が12ヶ月以内の短期リース及び少額資産の
        リースに関し、使用権資産及びリース負債を認識しないことを選択しています。これらのリースのリース料は定
        額法によってリース期間にわたり費用として計上しています。
         1)   IAS第17号のもとでオペレーティング・リースに分類されていたリース

                                 14/21

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
           移行時のリース負債は、移行日時点の残存リース料総額を2019年1月1日現在の当社グループの追加借
          入利子率を用いて割り引いた現在価値で測定しました。使用権資産は、以下の方法で測定しました。
           -リース負債の測定額に、前払リース料と未払リース料を調整した金額。
           当社グループは、従来IAS第17号のもとでオペレーティング・リースに分類していたリースにIFRS第16号

          を適用する際に、以下の実務上の便法を適用しました。
           -残存リース期間が12ヶ月以内のリースに、使用権資産とリース負債を認識しない免除規定を適用す
            る。
           -適用開始日の使用権資産の測定から当初直接コストを除外する。
         2)   IAS第17号のもとでファイナンス・リースに分類されていたリース
           該当事項はありません。
       ③  財務諸表への影響

         IFRS第16号への移行にあたり、当社グループは、803,179千円の使用権資産と803,179千円のリース負債を追加
        的に認識しました。
         リース負債を測定する際に、当社グループは、2019年1月1日現在の追加借入利子率を用いてリース料を割り
        引きました。適用した利子率の加重平均は、1.0%です。
    3.重要な会計方針


      当社グループは、当第1四半期連結会計期間より、IFRS第16号を適用しております。本要約四半期連結財務諸表に
     おいて適用する重要な会計方針は、IFRS第16号を除き、前連結会計年度に係る連結財務諸表において適用した会計方
     針と同一であります。
    4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

      要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の金額に影
     響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行うことが義務付けられております。実際の業績は、これらの見積りとは
     異なる場合があります。
      見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの変更による影響は、その見積りを変更
     した会計期間及び影響を受ける将来の会計期間において認識されます。
      本要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り及び判断は、前連結会計年度に係る連結財務諸表と
     同様であります。
                                 15/21








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
    5.セグメント情報
      当社グループは、ソーシャル・ビッグデータ活用事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略
     しております。
    6.金融商品の公正価値

      金融商品の公正価値及び要約四半期連結財政状態計算書における帳簿価額は以下のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
                           前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                           (2018年12月31日)                  (2019年3月31日)
                        帳簿価額         公正価値         帳簿価額         公正価値
     金融資産:
     償却原価で測定する金融資産
      その他の金融資産                     101,977         101,977         101,984         101,984
     純損益を通じて公正価値で測定する
     金融資産
      その他の金融資産                        -         -       10,000         10,000
     その他の包括利益を通じて公正価値
     で測定する金融資産
      その他の金融資産                     310,064         310,064         304,055         304,055
            合計               412,042         412,042         416,040         416,040
     金融負債:
     償却原価で測定する金融負債
      借入金                     327,920         325,675         321,440         320,012
            合計               327,920         325,675         321,440         320,012
      ① 公正価値の測定方法

       1)  その他の金融資産
         その他の金融資産のうち非上場株式、新株予約権付社債の公正価値については、類似企業比較法(類似企業
        の市場株価に対する各種財務数値の倍率を算定し、必要な調整を加える方法)や純資産に基づく評価モデル等
        によっております。なお、非上場株式、新株予約権付社債の公正価値の評価方針及び手続の決定は、財務・経
        理部門により行われており、評価モデルを含む公正価値測定については、個々の株式等の発行体の事業内容、
        事業計画の入手可否及び類似上場企業等を定期的に確認し、その妥当性を検証しております。
         その他の金融資産のうち敷金保証金及び貸付金は、将来キャッシュ・フローを現在の市場利子率等適切な指
        標によって割引いた現在価値により測定しております。なお、市場利子率がマイナスの場合は、割引率ゼロと
        して算定しております。
       2)  借入金
         借入金の公正価値については、元利金の合計額を新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割引い
        た現在価値により測定しております。借入金のうち変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映し、ま
        た、当社グループの信用状態は実行後、大きく異なっていないことから、公正価値は当該帳簿価額によってお
        ります。
      ② 公正価値ヒエラルキー

        各報告期間の末日における金融商品の公正価値ヒエラルキーは以下のとおりであります。
         レベル1:活発な市場における同一の資産又は負債の市場価格
         レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接又は間接的に使用して算出された公正価値
         レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
        公正価値で測定される金融商品
         報告期間の末日に公正価値で測定される金融商品は以下のとおりであります。
        前連結会計年度(2018年12月31日)

                                 16/21


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                      レベル1          レベル2          レベル3           合計
     金融資産
     その他の包括利益を通じて
     公正価値で測定する金融資産
      その他の金融資産                      -          -       310,064          310,064
           合計                 -          -       310,064          310,064
        当第1四半期連結会計期間(2019年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                      レベル1          レベル2          レベル3           合計
     金融資産
     純損益を通じて公正価値で測
     定する金融資産
      その他の金融資産                      -          -       10,000          10,000
     その他の包括利益を通じて
     公正価値で測定する金融資産
      その他の金融資産                      -          -       304,055          304,055
           合計                 -          -       314,055          314,055
      ③ レベル3に分類された金融商品の期首残高から期末残高への調整表

        各報告期間におけるレベル3に分類された金融商品の変動は、以下のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
                         前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                          (自 2018年1月1日                  (自 2019年1月1日
                          至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     期首残高                               129,990                  310,064
     利得及び損失合計
      その他の包括利益(注)                               73,523                  3,991
     期末残高                               203,513                  314,055
     (注) その他の包括利益に含まれている利得及び損失は報告期間末時点に保有する市場で取引されていない株式等に
        関するものであります。
                                 17/21









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
    7.売上高
      当社グループは、ソーシャル・ビッグデータ活用事業を展開しており、SaaSサービス・ソリューションサービ
     ス・クロスバウンドサービスを提供しております。これらのビジネスから生じる収益は顧客との契約に従い計上して
     おり、変動対価等を含む売上高の額に重要性はありません。また、約束した対価の金額に重要な金融要素は含まれて
     いません。
      前第1四半期連結累計期間(自              2018年1月1日 至          2018年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                                日本          米国          合計
     SaaSサービス                             196,679            -       196,679
     ソリューションサービス                              56,755         362,254          419,010
     クロスバウンドサービス                             100,114            -       100,114
               合計                   353,550          362,254          715,805
      当第1四半期連結累計期間(自              2019年1月1日 至          2019年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                                日本          米国          合計
     SaaSサービス                             132,147            -       132,147
     ソリューションサービス                              85,021         432,830          517,852
     クロスバウンドサービス                             193,934            -       193,934
               合計                   411,104          432,830          843,935
    8.1株当たり利益

      基本的1株当たり四半期利益又は基本的1株当たり四半期損失及び希薄化後1株当たり四半期利益は以下のとおり
     であります。
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                               至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益又は四半期
                                        21,551             △117,843
     損失(△)(千円)
     期中平均普通株式数(株)                                 12,899,725              15,370,100

      普通株式増加数

       新株予約権(株)                                146,996                 -

     希薄化後の期中平均普通株式数(株)                                 13,046,721              15,370,100

     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益又は四半期損失
                                         1.67             △7.67
      (△)(円)
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                   1.65               -
     (注) 当第1四半期連結累計期間の希薄化後1株当たり四半期利益については、希薄化効果を有している潜在株式が
        存在しないため、記載しておりません。
    9.後発事象

      該当事項はありません。
                                 18/21


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                 19/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 20/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ホットリンク(E30091)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年5月15日

    株式会社ホットリンク
     取締役会 御中
                          有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士       栗 栖 孝 彰         印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士       前 田   啓         印
                            業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ホット

    リンクの2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年1月1日から2019年
    3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年3月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、
    すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期
    連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
    第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
    誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
    統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
    対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
    に準拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
    報告」に準拠して、株式会社ホットリンク及び連結子会社の2019年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了す
    る第1四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
    ての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

         報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。