株式会社ジェクシード 四半期報告書 第56期第1四半期(平成31年1月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第56期第1四半期(平成31年1月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ジェクシード

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    令和元年5月15日
      【四半期会計期間】                    第56期第1四半期(自 平成31年1月1日 至 平成31年3月31日)
      【会社名】                    株式会社ジェクシード
      【英訳名】                    GEXEED    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役  野澤 裕
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区神田錦町三丁目17番地11
      【電話番号】                    03(5259)7010
      【事務連絡者氏名】                    取締役 管理本部長 山口 和秋
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区神田錦町三丁目17番地11
      【電話番号】                    03(5259)7010
      【事務連絡者氏名】                    取締役 管理本部長 山口 和秋
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                第55期           第56期
               回次               第1四半期           第1四半期            第55期
                               累計期間           累計期間
                            自平成30年1月1日           自平成31年1月1日           自平成30年1月1日

              会計期間
                            至平成30年3月31日           至平成31年3月31日           至平成30年12月31日
                       (千円)            129,487           139,923           674,117
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                 (千円)           △ 27,921          △ 18,294            9,911
     当期純利益又は四半期純損失(△)                 (千円)           △ 28,159          △ 23,398            2,535

                       (千円)              -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                       (千円)           1,221,183           1,221,183           1,221,183
     資本金
                       (千株)            18,500           18,500           18,500
     発行済株式総数
                       (千円)            477,843           485,139           508,537
     純資産額
                       (千円)            594,053           622,688           657,891
     総資産額
     1株当たり当期純利益又は1株当た
                       (円)            △ 1.52          △ 1.26           0.14
     り四半期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                       (円)              -           -           -
     1株当たり配当額
                       (%)             80.4           77.9           77.3
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
           ては記載しておりません。
         2.  売上高につきましては、消費税等を含んでおりません。
         3.  持分法を適用した場合の投資利益につきましては、第56期第1四半期累計期間は関連会社がないため、第55
           期及び第55期第1四半期累計期間は関連会社はあるものの、利益基準及び利益剰余金基準からみて重要性が
           乏しいため記載を省略しております。
         4.  潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。潜
           在株式調整後1株当たり四半期純利益につきましては、1株当たり四半期純損失であり、また、潜在株式が
           存在しないため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
                                  2/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第1四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
        した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)業績の状況
        当社はこれまで、既存事業における営業力の強化、不採算事業の見直し、徹底した経費削減等に取り組み、利益
       の増大を図ってまいりました。また、事業規模の拡大を目的として、積極的に資本・業務提携やM&A、新規事業
       の創出の検討を進めております。
        当第1四半期累計期間の売上高は、139,923千円(前年同期比8.1%増)となりました。営業損失は18,051千円(前年
       同期は営業損失27,782千円)、経常損失は18,294千円(前年同期は経常損失27,921千円)、四半期純損失は23,398千円
       (前年同期は四半期純損失28,159千円)となりました。売上高及び利益は前年同期の値を上回っており、仕掛案件
       のうち翌四半期以降に検収が予定されている案件が複数あり、受注時期が翌四半期に予定されている見込み案件が
       あるため、当四半期においては利益面においては赤字となっておりますが、第2四半期累計期間の受注金額におい
       ては事業計画値通り推移しております。
        また、ビーエムアイ          ホスピタリティ        サービシス      リミテッドによる当社株券に対する公開買付けに関する調査費
       用、弁護士費用等について特別損失を計上したために、第2四半期累計期間における四半期純利益の業績予想値を
       若干下回っております。
        当社は、「ERPコンサルティング」「人事コンサルティング」「IT製品サービス」の3つの分野を柱として
       ITコンサルティング事業を行っております。各分野別の状況は次のとおりであります。
        ① ERPコンサルティング
          当社の主要な事業分野である「ERPコンサルティング」においては、オラクル社のJD                                         Edwardsおよびクラ
         ウドERPNetSuiteに関連する受注済の案件が順調に推移しております。JD                                    Edwardsを継続して利用する企業
         向けの保守およびバージョンアップ、サーバーのリプレイス、クラウド移行等案件が堅調に推移しておりま
         す。また、JD       Edwardsをオンプレミスの環境からOracle                    Cloud(OCI)へ移行を検討する企業からの問い合わ
         せが増加しており、新規案件の受注に繋がっております。クラウドERPNetSuiteに関しては、新規の商談の
         問い合わせが増加しております。管理会計(CPM)に関しては商談開拓のための、マーケティングおよび提
         案活動を積極的に行っております。
        ② 人事コンサルティング
          第2の柱となる「人事コンサルティング」の分野においては、「働き方改革」に関連するコンサルティング
         の提案を積極的に進めております。働き方改革を支援するサービスとして注目されているRPA(Robotics
         Process    Automation)およびタレントマネジメント(人材の適材配置および育成管理システム)の導入支援の
         受注済の案件が順調に推移しております。特にRPAの分野については、案件数が増加傾向にあるため、技術
         者を増員しております。また、タレントマネジメントに関しては、新規の案件が引き続き増加しております。
        ③ IT製品サービス
          第3の柱となる「IT製品サービス」の分野においては、グループウェアの移行や営業支援ツールの新規導
         入を行う企業からの需要を受け、自社製品であるスケジュール同期ソフト「GX_Sync」の販売が拡大しており
         ます。企業におけるクラウドサービスの導入拡大を背景に、取扱製品であるコンテンツマネジメントクラウド
         「Box」の商談が増加しております。また、マルチクラウド環境におけるセキュリティ対策を検討する企業を対
         象として、クラウドサービスの認証強化ソリューション「IntelliTrust」、ファイル保護製品「Shield
         Share」などクラウドサービス利用におけるセキュリティを強化する提案を積極的に行っております。
        ④ M&A
          既存事業領域における事業拡大のため、また、新規事業領域への進出に向けて当社とのシナジーが期待でき
         る複数のIT関連企業とM&Aや資本・業務提携の交渉を進めております。
          ソフトウェア開発を主な事業とする株式会社アイエム(本社:東京都豊島区)と資本・業務提携契約を締結
         し、両社間におけるシナジー・プログラムを開始致しました。
          また、当社との間で、シナジーが期待できる企業とのM&Aや業務提携の交渉を継続して進めております。
        ⑤   その他
          安定的な収益性を確保するために、以下の取り組みを継続して強化しております。
          1.マーケティング活動の継続による見込み客の開拓
          2.即戦力となるコンサルタントの採用、外部コンサルタントとの協業
          3.コンサルタントの育成によるスキルアップおよび多能化による収益率の改善
          4.既存顧客向け付加価値サービスの開発
          5.既存サービスの拡張、既存パートナーとの関係強化
                                  3/16

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
          6.新規取扱商材の開拓
       (2)財政状態の分析

        総資産は、前事業年度(以下「前期」という)末と比べ35,203千円減少し、622,688千円となりました。
        流動資産は、前期末に比べ、33,488千円減少し、595,352千円となりました。これは主に売掛金、現金及び預金
       の減少及び1年内回収予定の差入保証金の増加によるものであります。
        固定資産は、前期末に比べ、1,715千円減少し、27,336千円となりました。これは主に無形固定資産の減少によ
       るものであります。
        負債合計は、前期末に比べ、11,805千円減少し、137,549千円となりました。
        流動負債は、前期末に比べ、6,590千円減少し、97,853千円となりました。これは主に未払法人税等の減少によ
       るものであります。
        固定負債は、前期末に比べ、5,215千円減少し、39,695千円となりました。これは主に長期借入金の減少による
       ものであります。
        純資産合計は、前期末に比べて23,398千円減少し、485,139千円となりました。これは主に、利益剰余金の減少
       によるものであります。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  4/16















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                        発行可能株式総数(株)
       普通株式                                            30,000,000
                  計
                                                   30,000,000
        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間末
                                      上場金融商品取引所名又は
                         提出日現在発行数(株)
        種類                                               内容
               現在発行数(株)
                          (令和元年5月15日)
                                     登録認可金融商品取引業協会名
              (平成31年3月31日)
                                    東京証券取引所
      普通株式                                            単元株式数100株
                 18,500,732            18,500,732
                                    JASDAQ(スタンダード)
        計         18,500,732            18,500,732             -            -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総数       発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
           年月日
                  増減数(株)        残高(株)        (千円)       (千円)      増減額(千円)        残高(千円)
        平成31年1月1日~
                           18,500,732               1,221,183               303,992
                       -               -              -
        平成31年3月31日
       (注)平成31年3月28日開催の株主総会にて決議され、効力発生日が令和元年5月8日となる資本金の額の減少に
       より資本金は、204,024千円となります。
       (5)【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
         当第1四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
        ることができないことから、直前の基準日(平成30年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                    平成30年12月31日現在
               区分             株式数(株)           議決権の数(個)              内容

        無議決権株式                           -            -        -
        議決権制限株式(自己株式等)                           -            -        -
        議決権制限株式(その他)                           -            -        -
                           普通株式           200

        完全議決権株式(自己株式等)                                      -        -
        完全議決権株式(その他)                   普通株式 18,499,300                 184,993          -

                           普通株式         1,232

        単元未満株式                                      -        -
        発行済株式総数                       18,500,732               -        -

        総株主の議決権                           -          184,993          -
        ②【自己株式等】

                                                    平成30年12月31日現在
                                                     発行済株式総数に

                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
        所有者の氏名又は名称             所有者の住所                                 対する所有株式数
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                     の割合(%)
                  東京都千代田区
        株式会社ジェクシード                          200        -        200        0.0
                  神田錦町三丁目17番地11
            計           -          200        -        200        0.0
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/16









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(平成31年1月1日から平成31
       年3月31日まで)及び第1四半期累計期間(平成31年1月1日から平成31年3月31日まで)に係る四半期財務諸表に
       ついて、フロンティア監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、                 四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (平成30年12月31日)              (平成31年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        453,191              392,415
         現金及び預金
                                        161,552               55,581
         売掛金
                                         5,859              13,730
         仕掛品
                                           -            125,000
         1年内回収予定の差入保証金
                                         9,206              8,957
         その他
                                         △ 969             △ 333
         貸倒引当金
                                        628,840              595,352
         流動資産合計
       固定資産
                                         3,602              3,415
         有形固定資産
                                         15,991              14,495
         無形固定資産
                                         9,457              9,425
         投資その他の資産
                                         29,051              27,336
         固定資産合計
                                        657,891              622,688
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         13,853              13,858
         買掛金
                                         37,874              34,948
         1年内返済予定の長期借入金
                                         8,695              2,218
         未払法人税等
                                         8,531              9,726
         賞与引当金
                                         35,490              37,102
         その他
                                        104,443               97,853
         流動負債合計
       固定負債
                                         27,076              20,824
         長期借入金
                                         17,834              18,871
         退職給付引当金
                                         44,910              39,695
         固定負債合計
                                        149,354              137,549
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,221,183              1,221,183
         資本金
                                        303,992              303,992
         資本剰余金
                                      △ 1,016,609             △ 1,040,007
         利益剰余金
                                          △ 29             △ 29
         自己株式
                                        508,537              485,139
         株主資本合計
       純資産合計                                 508,537              485,139
                                        657,891              622,688
      負債純資産合計
                                  8/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第1四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                                (自 平成30年1月1日              (自 平成31年1月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
                                        129,487              139,923
      売上高
                                        123,344              119,663
      売上原価
                                         6,143              20,259
      売上総利益
                                         33,926              38,311
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 27,782             △ 18,051
      営業外収益
                                            2              1
       受取利息
                                            0              20
       その他
                                            2              21
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           140              264
       支払利息
                                           140              264
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 27,921             △ 18,294
      特別損失
                                           -             4,866
       TOB関連費用
                                           -             4,866
       特別損失合計
      税引前四半期純損失(△)                                  △ 27,921             △ 23,160
                                           237              237
      法人税、住民税及び事業税
                                           237              237
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 28,159             △ 23,398
                                  9/16












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)
           当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累
          計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は次のとおりであります。
                                前第1四半期累計期間               当第1四半期累計期間

                               (自    平成30年1月1日            (自    平成31年1月1日
                                至   平成30年3月31日)             至   平成31年3月31日)
          減価償却費                             3,508千円               1,683千円
        (株主資本等関係)

         前第1四半期累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年3月31日)
          1.配当金支払額
            該当事項はありません。
          2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後

            となるもの
            該当事項はありません。
          3.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
         当第1四半期累計期間(自 平成31年1月1日 至 平成31年3月31日)

          1.配当金支払額
            該当事項はありません。
          2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後

            となるもの
            該当事項はありません。
          3.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

        【セグメント情報】
            当社は、コンサルティング事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                                 (自 平成30年1月1日              (自 平成31年1月1日
                                  至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
     1株当たり四半期純損失(△)                                  △1円52銭              △1円26銭
     (算定上の基礎)

      四半期純損失(△)(千円)                                 △28,159              △23,398

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -              -

      普通株式に係る四半期純損失(△)(千円)                                 △28,159              △23,398

      普通株式の期中平均株式数(株)                                18,500,495              18,500,495

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前事業                                 -              -
     年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益につきましては、1株当たり四半期純損失であり、また、潜在株式が存
        在しないため記載しておりません。
                                 10/16


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
          1.「ビーエムアイ          ホスピタリティ        サービシス      リミテッドによる当社の普通株式に対する公開買付」
           平成31年1月31日から、ビーエムアイ                   ホスピタリティ        サービシス      リミテッド(以下「公開買付者」とい
          います。)による当社の普通株式(以下「当社株式」といいます。)に対する公開買付け(以下「本公開買付
          け」といいます。)が行われておりました。当社は、平成31年2月13日開催の取締役会において、本公開買付
          けに関して、意見の表明を留保することを決議し公表しておりましたが、平成31年3月13日開催の当社取締役
          会において、引き続きBM            Intelligence       Group(ビーエム インテリジェンス グループ。以下「BMIグ
          ループ」といいます。)との業務提携(以下「本業務提携」といいます。)について検討し、本業務提携が当
          社の企業価値向上、株主の皆様の共同の利益の確保に資するものであるかについて評価・判断していくこと、
          そのため、本業務提携を目的としている本公開買付けに対する意見は留保する旨を決議いたしました。
          (1)公開買付者の概要

                     ビーエムアイ    ホスピタリティ     サービシス    リミテッド
               名称
             (1)
                     (BMI  Hospitality    Services   Limited)
                     中華人民共和国香港特別行政区          ワンチャイ    ハーバーロード     NOS.  6-8 シュイオン・センター       33階  ユニット3306-12
               所在地
             (2)
                     (UNIT3306-12,33/F.,SHUI         ON CENTRE,   NOS.6-8   HARBOUR   ROAD,WANCHAI,     Hong  Kong)(注1)
                     取締役 辛 澤(シン・ゼ)
               代表者の
             (3)
               役職・氏名
                     取締役 盧 華威(ロー・ワーワイ)(注1)
               事業内容
             (4)         日本企業への投資事業。設立当初は、香港への移民に対するコンシェルジュサービスの提供(注1)
               資本金
             (5)         100香港ドル    (注2)
               設立年月日
             (6)         2013年6月14日     (注1)
               大株主及び持
               株比率(平成
             (7)         辛 澤(シン・ゼ)100% (注1)
               31年1月31日現
               在)
               上場会社と公開買付者との関係
             (8)
               資本関係
                     平成31年1月31日現在、当社株式100株(所有割合:0.00%                  (注3)   )を所有しております。        (注4)
                     当社と公開買付者との間には、記載すべき人的関係はありません。また、当社の関係者及び関係会社と公開買付者の
               人的関係
                     関係者及び関係会社の間には、特筆すべき人的関係はありません。
                     該当事項はございません。また、当社の関係者及び関係会社と公開買付者の関係者及び関係会社の間には、特筆すべ
               取引関係
                     き取引関係はありません。
               関連当事者へ
                     該当事項はございません。また、公開買付者の関係者及び関係会社は、当社の関連当事者には該当しません。
               の該当状況
            注1:公開買付者が平成31年1月31日に提出した公開買付届出書の記載に基づくものです。
            注2:平成31年2月12日現在の株式会社三菱UFJ銀行の為替レートの仲値である
               1香港ドル=14.09円で日本円に換算すると、1,409円となります。
            注3:「所有割合」とは、当社が平成30年12月31日現在の当社の発行済株式総数(18,500,732株)から、同日現在の当社
               が所有する自己株式数(237株)を控除した株式数(18,500,495株)に占める割合をいいます(小数点以下第三位
               を四捨五入しております。以下、所有割合の計算において同じとします。)。
            注4:平成31年2月1日付の個別株主通知の申出報告書に記載されている情報に基づいています。公開買付者は、平成31年
               1月28日に当社株式100株を取得したとのことです。
          (2)本公開買付の概要
           ①買付等の期間
           平成31年1月31日(木)から平成31年4月15日(月)まで(51営業日)
           ②買付等の金額
           普通株式 1株につき130円
           ③買付予定の株式等の数
             買付予定数        買付予定数の下限         買付予定数の上限
           6,168,200(株)             -(株)      6,168,200(株)

           ④公開買付開始公告日
           平成31年1月31日(木曜日)
           ⑤公開買付代理人
            三田証券株式会社
          (3)本公開買付の結果

           平成31年4月16日に、公開買付者より「公開買付報告書」が提出され、当社は本公開買付けの結果につい
          て確認いたしました。
           買付け等の終了後における買付けに応募された株式数は1,352,400株、その所有割合は7.31%となります。
                                 11/16



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
          2.「資本金の額の減少及び剰余金の処分」
          (1)減少する資本金の額
              会社法第447条第1項の規定に基づき、資本金1,221,183,425円から1,017,159,398円を減少し、その
             他資本剰余金に振り替えるものであります。これにより、減少後の資本金の額は、204,024,027円とな
             ります。
          (2)剰余金の処分の内容

              会社法第452条の規定に基づき、上記に記載した資本金の額の減少の効力発生を条件に、その他資本
             剰余金を繰越利益剰余金に振り替えることにより欠損填補を行うものであります。これにより、振り替
             え後の繰越利益剰余金の額は0円となります。
              ①増加する剰余金の項目及びその額
               繰越利益剰余金  1,017,159,398円
              ②減少する剰余金の項目及びその額
               その他資本剰余金 1,017,159,398円
          (3) 資本金の額の減少並びに剰余金処分後の純資産の部  (単位:千円)

                科 目            平成31年3月31日                  実施後
           株主資本

            資本金                     1,221,183                204,024

            資本剰余金

             資本準備金                     303,992               303,992

             資本剰余金合計                     303,992               303,992

            利益剰余金

             利益準備金                       550               550

             その他利益剰余金

              繰越利益剰余金                   △1,040,557                 △23,398

             利益剰余金合計                   △1,040,007                 △22,848

            自己株式                        △29               △29

           純資産合計                        485,139               485,139

          (4)日程

           (1)取締役会決議日     平成31年2月25日
           (2)株主総会決議日     平成31年3月28日
           (3)債権者異議申述公告日  平成31年3月29日
           (4)債権者異議申述最終期日 令和元年5月7日
           (5)効力発生日       令和元年5月8日
          3.業務提携及び第三者割当増資の引受けによる関連会社化

           平成31年3月28日開催の当社取締役会において、株式会社アイエム(以下「アイエム社」といいます。本
          社:東京都豊島区 代表取締役 菊池廉也)との業務提携及び同社の第三者割当増資の引受けによる関連会社
          化を決議いたしました。なお、平成31年4月15日にアイエム社に対する第三者割当増資に係る払込を完了して
          おります。
          (1)業務提携について

           ①目的及び理由
            当社は、既存IT事業領域における事業規模の拡大を短期間において実現する手段の1つとして、当社と
           の間においてシナジーを見込めるIT企業との資本・業務提携を視野に入れたM&Aの検討を行った結果、
           アイエム社をその候補の1社として決定いたしました。
                                 12/16


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
           ②業務提携の内容
            a.新製品等の開発や保守等に関する相互協力
            b.両社の取扱製品やサービスの販売及び販売協力
            c.両社の顧客資産の相互補完による売上拡大
            d.両社の有する国内及び海外拠点の相互活用
            e.両社間における人材交流
            f.両社における業務効率化の相互支援
          (2)第三者割当増資の引受けによる関連会社化について

           ①募集の方法 第三者割当の方法による
           ②取得する株式の種類及び数 普通株式1,200株
           ③取得価格 1株につき 50,000円
           ④取得価額 60,000,000円
           ⑤取得後の持分比率 21.27%
           ⑥株式取得の時期 平成31年4月15日
                                 13/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 14/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ジェクシード(E05348)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    令和元年5月13日

     株式会社ジェクシード

      取締役会 御中

                              フロンティア監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              藤井 幸雄        印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              本郷 大輔        印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ジェク

     シードの平成31年1月1日から令和元年12月31日までの第56期事業年度の第1四半期会計期間(平成31年1月1日から平
     成31年3月31日まで)及び第1四半期累計期間(平成31年1月1日から平成31年3月31日まで)に係る四半期財務諸表、
     すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ジェクシードの平成31年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終
     了する第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められな
     かった。
     強調事項

     1.重要な後発事象に記載されているとおり、平成31年1月31日から、ビーエムアイ                                        ホスピタリティ        サービシス      リミ
       テッドによる会社の普通株式に対する公開買付けが行われていた。平成31年4月16日に、公開買付者より公開買付報
       告書が提出され、本公開買付けの結果について確認している。
     2.重要な後発事象に記載されているとおり、平成31年3月28日開催の株主総会において、資本金の額の減少及び剰余金
       の処分について決議しており、令和元年5月8日に効力が発生している。
     3.重要な後発事象に記載されているとおり、平成31年3月28日開催の取締役会において、株式会社アイエムとの業務提
       携及び同社の第三者割当増資の引受けによる関連会社化を決議し、平成31年4月15日に株式会社アイエムに対する第
       三者割当増資に係る払込を完了している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。