JPM USコア債券ファンド(為替ヘッジなし、年1回決算型) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】
     【提出書類】                        有価証券届出書

     【提出先】                        関東財務局長殿

     【提出日】                        2019年5月10日

     【発行者名】                        JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

     【代表者の役職氏名】                        代表取締役社長  大越 昇一

     【本店の所在の場所】                        東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 東京ビルディング

     【事務連絡者氏名】                        内藤 敏信

                             (連絡場所)
                             東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 東京ビルディング
     【電話番号】                        03-6736-2000

     【届出の対象とした募集(売出)内国投資                        JPM USコア債券ファンド(為替ヘッジなし、年1回決

      信託受益証券に係るファンドの名称】                      算型)
     【届出の対象とした募集(売出)内国投資                        当初申込期間:1,000億円を上限とします。

      信託受益証券の金額】                      継続申込期間:2兆円を上限とします。
     【縦覧に供する場所】                        該当事項はありません。

                                  1/98











                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】
     (1)【ファンドの名称】

        JPM USコア債券ファンド(為替ヘッジなし、年1回決算型)
        (以下「当ファンド」といいます。)
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

        当ファンドは、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(以下「委託会社」といいま
       す。)を委託会社とし、三菱UFJ信託銀行株式会社(以下「受託会社」といいます。)を受託会
       社とする契約型の追加型株式投資信託です。
        当ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)に定
       める振替投資信託受益権の形態で発行されます。
        当ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、受益権の帰属は、後記の「(11)振替機関
       に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定
       する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿
       に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿に記載または記録されることに
       より定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。
        委託会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行
       しません。
        なお、本書の各記載項目の表題部において「受益証券」と表記されている場合がありますが、上
       述のとおり当ファンドは原則として受益証券を発行しませんので、適宜「受益権」とお読み替えく
       ださい。
        信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付はありません。また、信用格付業
       者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
        なお、当初元本は1口当たり1円です。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

        当初申込期間:1,000億円を上限とします。
        継続申込期間:2兆円を上限とします。
        なお、前記金額には、後記「(5)申込手数料」は含みません。
     (4)【発行(売出)価格】

        当初申込期間:1口当たり1円とします。
        継続申込期間:取得申込日の翌営業日の基準価額とします。
        「基準価額」とは、純資産総額をその時の受益権総口数で除した1口当たりの価額をいいます。
       なお、便宜上1万口当たりに換算した価額で表示することがあります。
        基準価額(1万口当たり)は、販売会社に問い合わせることにより知ることができます。また、
       基準価額(1万口当たり)は、原則として計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。
        販売会社に関しては、以下の照会先までお問い合わせください。
        照会先:
         JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
         TEL:03-6736-2350(受付時間は営業日の午前9時~午後5時)
         HPアドレス:http://www.jpmorganasset.co.jp/
     (5)【申込手数料】

       ① 発行価格に販売会社が定める手数料率を乗じて得た額とします。ただし、有価証券届出書提出
                            *       *
        日現在、販売会社における手数料率                    は、2.16%       (税抜2.0%)が上限となっています。
                                  2/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          * 当該手数料率は、消費税および地方消費税相当額(以下「消費税等」または「税」といいます。)を含み
           ます。また、本書において記載されている報酬率、費用等も同様です。なお、2019年10月1日より消費税率
           (地方消費税率を含みます。)が10%に引上げられる予定です。その場合、手数料率は2.2%が上限となり
           ま す。
         手数料率は、販売会社に問い合わせることにより知ることができます。
         販売会社に関しては、前記「(4)発行(売出)価格」の照会先までお問い合わせください。
                      *
       ② 自動けいぞく投資契約               に基づいて収益分配金を再投資する場合は、無手数料とします。
          * 当該契約については、同様の権利義務関係を規定する名称の異なる契約を使用することがあり、この場
           合、当該別の名称に読み替えるものとします。なお、「自動けいぞく投資」とは、収益の分配がなされた場
           合、収益分配金より税金を差し引いた後、自動的に当ファンドに再投資するものをいいます。
     (6)【申込単位】

        収益分配金の受取方法により、2つのコースがあります。
         ・ 「一般コース」・・・・・・・・収益の分配時に収益分配金をお受け取りになれます。
         ・ 「自動けいぞく投資コース」・・収益分配金が税引き後、再投資されます。
        「自動けいぞく投資コース」を選択する場合、取得申込みを行う投資者は、販売会社との間で自
       動けいぞく投資契約を締結します。
        いずれのコース共、申込単位は、販売会社が定めるものとします。
        ただし、「自動けいぞく投資コース」において収益分配金を再投資する場合は、1円以上1円単
       位とします。
        申込コースは、販売会社により取扱いが異なる場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合
       わせください。
        販売会社に関しては、前記「(4)発行(売出)価格」の照会先までお問い合わせください。
     (7)【申込期間】

        当初申込期間:2019年5月27日から2019年6月7日までとします。
        継続申込期間:2019年6月10日から2020年8月13日までとします。
         継続申込期間は、前記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新される予定です。
     (8)【申込取扱場所】

        申込期間中、販売会社において申込みを取扱います。
        販売会社に関しては、前記「(4)発行(売出)価格」の照会先までお問い合わせください。
        販売会社により全ての支店・営業所等で取扱いをしていない場合があります。詳しくは、販売会
       社にお問い合わせください。
     (9)【払込期日】

                                         *
        投資者は、申込みの販売会社が定める日までに取得申込代金                                   を当該販売会社に支払うものとし
       ます。
        当初申込期間にかかる発行価額の総額は、当ファンドの信託設定日(2019年6月10日)に販売会
       社より委託会社の指定する口座を経由して受託会社の指定する当ファンド口座に払い込まれます。
        継続申込期間中における取得申込日の発行価額の総額は、追加信託が行われる日に、委託会社の
       指定する口座を経由して、受託会社の指定する当ファンド口座に払い込まれます。
        * 「取得申込代金」とは、申込金(発行価格×取得申込口数)に、申込手数料(税込)を加算した金額をいい
         ます。
     (10)【払込取扱場所】

        投資者は、申込みの販売会社に取得申込代金を支払うものとします。
        販売会社に関しては、前記「(4)発行(売出)価格」の照会先までお問い合わせください。
                                  3/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (11)【振替機関に関する事項】
        当ファンドの振替機関は、株式会社 証券保管振替機構です。
     (12)【その他】

       ① 申込証拠金はありません。申込金には利息はつきません。
       ② 日本以外の地域における受益権の発行はありません。
       ③ クーリングオフ制度(金融商品取引法第37条の6)の適用はありません。
       ④ 振替受益権について
         当ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、前記「(11)振替機関に関する事項」に
        記載の振替機関の振替業にかかる業務規程等の規則にしたがって取扱われるものとします。
         当ファンドの収益分配金、償還金および換金代金は、社振法および前記「(11)振替機関に関
        する事項」に記載の振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
                                  4/98
















                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】
     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

     (イ)ファンドの目的

                         *1                           *2
        当ファンドは、投資先ファンド                     の有価証券を実質的な主要投資対象として運用                           を行い、配
            *3
       当等収益       を確保し、かつ信託財産の中長期的な成長をはかることを目的とします。
        *1 「投資先ファンド」とは、外国投資法人「JPモルガン・ファンズ-USアグリゲート・ボンド・ファン
          ド」および証券投資信託「GIMジャパン・マネープール・ファンドF(適格機関投資家専用)」をいいま
          す。なお、「投資先ファンド」は、その有価証券を表すこともあります。また、投資先ファンドを以下の略
          称で記載する場合があります。投資先ファンドの詳細については、後記「(ニ)ファンドの特色 ④ 投資
          先ファンドの特徴」をご参照ください。
                     投資先ファンド名称                          略称
            外国投資法人「JPモルガン・ファンズ-USアグリゲー
                                           米国総合債券ファンド
            ト・ボンド・ファンド」
            証券投資信託「GIMジャパン・マネープール・ファンドF
                                          マネープール・ファンド
            (適格機関投資家専用)」
        *2 運用は、当ファンドと実質的に同一の運用の基本方針を有するGIM USコア債券マザーファンド(為
          替ヘッジなし)(適格機関投資家専用)(以下「マザーファンド」といいます。)の受益証券を主要投資対
          象として行います。
           「実質的に同一の運用の基本方針」とは、投資の対象とする資産の種類、運用方針、運用方法、投資の対
          象とする資産についての保有額もしくは保有割合にかかる制限または取得できる範囲にかかる制限その他の
          運用上の制限が実質的に同一(マザーファンドにおける収益分配方針およびマザーファンドへの投資にかか
          るものを除きます。)のものをいいます。
        *3 「配当等収益」とは、JPM USコア債券ファンド(為替ヘッジなし、年1回決算型)信託約款(以下
          「信託約款」といいます。)第34条第1項第1号に定めるもの(分配金、利金およびこれらに類する収益か
          ら支払利息を控除した額。以下同じ。)をいい、マザーファンドの信託財産に属する配当等収益のうち、当
          ファンドの信託財産に帰属するとみなされる額(マザーファンドの信託財産にかかる配当等収益の額に、マ
          ザーファンドの信託財産の純資産総額に対する当ファンドの信託財産に属するマザーファンドの受益証券の
          時価総額の割合を乗じて得た額)を含みます。配当等収益を「インカム収益」という場合があります。
     (ロ)信託金の限度額

        委託会社は、受託会社と合意のうえ、金1兆円を限度として信託金を追加することができます。
     (ハ)基本的性格

        一般社団法人投資信託協会の商品分類に関する指針に基づく、当ファンドの商品分類および属性
       区分は以下のとおりです。
              *1
          商品分類       -追加型投信/海外/債券
              *2                                    *3
          属性区分       -投資対象資産:その他資産(投資信託証券(債券 一般))
                  *3 投資先ファンドへの投資を通じて、債券に実質的な投資を行いますので、投資対象資
                    産は、その他資産(投資信託証券(債券 一般))と記載しています。投資先ファンド
                    の詳細および投資対象資産の詳細については、後記「(ニ)ファンドの特色 ④ 投資
                    先ファンドの特徴」をご参照ください。
                 決算頻度:年1回
                 投資対象地域:北米
                 投資形態:ファンド・オブ・ファンズ
                                  5/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        *4
                 為替ヘッジ                :なし
                  *4 属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有
                    無を記載しています。
        *1 商品分類の定義(一般社団法人投資信託協会-商品分類に関する指針)

           追加型投信        一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産ととも
                   に運用されるファンド。
           海外        目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外
                   の資産を源泉とする旨の記載があるもの。
           債券        目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券
                   を源泉とする旨の記載があるもの。
        *2 属性区分の定義(一般社団法人投資信託協会-商品分類に関する指針)

           投資対象資産        その他資産(投資信託証券(債券 一般)):
                   外国投資証券への投資を通じて、主として債券に投資するもののうち、投資対象資
                          *      *         *
                   産が、公債属性        、社債属性      、その他債券属性         のいずれにもあてはまらない全て
                   のもの。
           決算頻度        年1回:
                   目論見書または信託約款において、年1回決算する旨の記載があるもの。
           投資対象地域        北米:
                   目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源
                   泉とする旨の記載があるもの。
           投資形態        ファンド・オブ・ファンズ:
                   一般社団法人投資信託協会「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するも
                   の。
           為替ヘッジ        なし:
                   目論見書または信託約款において、為替のヘッジを行わない旨の記載があるものま
                   たは為替のヘッジを行う旨の記載がないもの。
          *「公債属性」…目論見書または信託約款において、日本国または各国の政府の発行する国債(地方債、政
           府保証債、政府機関債、国際機関債を含む。)に主として投資する旨の記載があるもの。
           「社債属性」…目論見書または信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載が
           あるもの。
           「その他債券属性」…目論見書または信託約款において、公債または社債以外の債券に主として投資する
           旨の記載があるもの。
       (注)前記の属性区分の定義については、一般社団法人投資信託協会の「商品分類に関する指針」を参考に委託会

         社が作成したものが含まれます。
                                  6/98









                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (参考)一般社団法人投資信託協会が規定する商品分類および属性区分の一覧
        商品分類表

                                投資対象資産
         単位型・追加型            投資対象地域
                                (収益の源泉)
                                  株  式

                      国  内
           単  位  型
                                  債  券
                                 不動産投信

                      海  外
                                 その他資産

           追  加  型
                      内  外          (    )
                                  資産複合

        (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
        属性区分表

           投資対象資産            決算頻度        投資対象地域            投資形態          為替ヘッジ
         株式                     グローバル

                     年1回
          一般
          大型株            年2回         日本
          中小型株
                     年4回
                              北米
         債券                              ファミリーファンド               あり
          一般            年6回         欧州
          公債            (隔月)
          社債                     アジア
          その他債券            年12回
          クレジット属性            (毎月)         オセアニア
         (  )
                     日々         中南米
         不動産投信
                                       ファンド・オブ・               なし
                     その他         アフリカ         ファンズ
                     (  )
         その他資産
         (投資信託証券                     中近東
         (債券 一般))                     (中東)
         資産複合                     エマージング

         (  )
          資産配分固定型
          資産配分変更型
        (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。
              当ファンドを含むすべての商品分類、属性区分の定義については、

                一般社団法人投資信託協会のホームページをご覧ください。
                    HPアドレス:http://www.toushin.or.jp/
                                  7/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (ニ)ファンドの特色
       ① 投資先ファンドを通じて、主として米国の投資適格債券に投資します。
         主要投資対象は、米国の国債、米国政府機関が発行または保証する債券、主として米国で経済
                                                    *
        活動を行っていると判断される企業が発行する社債、モーゲージ・バック証券                                             、アセット・
              *
        バック証券       等の米ドル建ての投資適格債券です。
          * モーゲージ・バック証券:主に住宅ローン債権を証券化したものです。
            アセット・バック証券:クレジットカード債権や自動車ローン等の債権を証券化したものです。
         米ドル建ての投資適格債券に投資する米国総合債券ファンドの組入比率を高位に保つととも

        に、円建ての公社債に投資するマネープール・ファンドにも必ず投資します。
                                     *

         ■ 当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズ方式                               により運用します。
           * 当ファンドのファンド・オブ・ファンズ方式では、ベビーファンドの資金をマザーファンドに投資し、
            さらにマザーファンドはその資金を2つの投資先ファンドに投資して、その投資先ファンドが実際に有価
            証券に投資することにより、その実質的な運用を行います。(マネープール・ファンドは、マネープー
            ル・マザーファンドを通じて有価証券に投資します。)
           その仕組みは以下のとおりです。
          (注)<投資先ファンド>および<マネープール・マザーファンド>の正式名称を含む詳細については、後記



            「④ 投資先ファンドの特徴」をご参照ください。
       ② 為替ヘッジは行いません。

         米国総合債券ファンドを通じて米ドル建ての債券に投資しますが、為替ヘッジを行わないた
        め、米ドルと円との為替変動による影響を受けます。
         為替変動は、米ドルが円に対して上昇する(円安となる)場合に投資成果にプラスとなり、一
        方で米ドルが円に対して下落する(円高となる)場合に投資成果にマイナスとなります。
                                  *

       ③ J.P.モルガン・アセット・マネジメント                           のグローバルなネットワークを活用します。
          * J.P.モルガン・アセット・マネジメントは、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーおよび世
           界の関連会社の資産運用ビジネスのブランドです。
                                  8/98







                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ④ 投資先ファンドの特徴
        ■ 米国総合債券ファンド
          名        称  JPモルガン・ファンズ-USアグリゲート・ボンド・ファンド
                     (JPMorgan       Funds    - US  Aggregate      Bond   Fund)
           その有価証券          JPM    USアグリゲート・ボンド(Xクラス)

           (外国投資証券)
                     (JPM    US  Aggregate      Bond   X (mth)    – JPY) (円建て)
          ファンドの形態           ルクセンブルク籍・外国投資法人

          目         的

                     主要投資対象に投資することにより、米国債券市場を超える収益の獲得
                     をめざします。
          主  要  投  資  対  象

                     米ドル建ての投資適格債券(米国の国債、米国政府機関が発行または保
                     証する債券、主として米国で経済活動を行っていると判断される企業が
                     発行する債券等(モーゲージ・バック証券を含みます。))
          主  な  運  用  方  針  主要投資対象に記載している債券を中心に投資します。

                  *1

                     ブルームバーグ・バークレイズ米国総合インデックス
          ベンチマーク
                      ブルームバーグ・バークレイズ米国総合インデックスにおける、ブルームバーグ
                      は、ブルームバーグ・ファイナンス・エル・ピーの商標およびサービスマークで
                      す。バークレイズは、ライセンスに基づき使用されているバークレイズ・バンク・
                      ピーエルシーの商標およびサービスマークです。ブルームバーグ・ファイナンス・
                      エル・ピーおよびその関係会社(以下「ブルームバーグ」と総称します。)または
                      ブルームバーグのライセンサーは、ブルームバーグ・バークレイズ・インデックス
                      に対する一切の独占的権利を有しています。
                                                        *2
          運   用   会   社
                     J.P.モルガン・インベストメント・マネージメント・インク                                     (米
                     国法人)(以下「JPMIM社」という場合があります。)
         (注)当ファンドにおいて運用成果を測る際に参考とする指数は、ブルームバーグ・バークレイズ米国総合イ
           ンデックス(円ベース)とします。
        ■ マネープール・ファンド

          名          称  GIMジャパン・マネープール・ファンドF(適格機関投資家専用)
          ファンドの形態           国内籍・証券投資信託

          目          的  円建ての公社債を実質的な主要投資対象とし、信託財産の安定した収益

                     の確保を目指して安定運用を行います。
          主  要  投  資  対  象  GIMマネープール・マザーファンド(適格機関投資家専用)(以下

                     「マネープール・マザーファンド」といいます。)の受益証券を主要投
                     資対象とします。
          主  な  運  用  方  針  マネープール・マザーファンドを通じ、日本の発行体が発行する円建て

                     の公社債を中心に投資し、元本の安定性と安定した収益の確保を図ると
                     ともに、高い流動性の確保に配慮します。
                  *1

                     ありません。
          ベンチマーク
                                               *2

          運   用   会   社
                     JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社                            (委託会社)
                     マネープール・マザーファンドの運用の指図の権限をJPモルガン・ア
                                            *2
                     セット・マネジメント(UK)リミテッド                         (英国法人)に委託します
                     (以下「運用委託先」という場合があります。)。
        *1 「ベンチマーク」とは、投資先ファンドの運用成果を測る際に比較の基準とする指標のことをいいます。

                                  9/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        *2 JPMIM社、JPモルガン・アセット・マネジメント(UK)リミテッドおよび委託会社は、J.P.
          モルガン・アセット・マネジメントの一員です。
                                 10/98




















                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【ファンドの沿革】
       2019年6月10日 当ファンドおよびマザーファンドの信託契約締結、ならびに設定・運用開始(予

                 定)
     (3)【ファンドの仕組み】

     (イ)仕組図

     (ロ)当ファンドの委託会社および関係法人の名称、役割、委託会社等が締結している契約等の概要






       ① JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(委託会社)
         当ファンドの委託会社として、受益権の発行、信託財産の運用指図、目論見書および運用報告
        書の作成等を行います。
       ② 三菱UFJ信託銀行株式会社(受託会社)
        (再信託受託会社:日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
         委託会社との契約により、当ファンドの受託会社として、信託財産の保管・管理業務および信
        託財産の計算等を行います。
       ③ 販売会社
         委託会社との契約により、当ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱い、目論見書の
        交付、運用報告書に記載すべき事項のうち重要な事項のみを記載した交付運用報告書の交付代
        行、収益分配金の再投資に関する事務、収益分配金・一部解約金・償還金の支払い等を行いま
        す。
     (ハ)委託会社の概況

       ① 資本金 2,218百万円(2019年3月末現在)
       ② 金融商品取引業者登録番号 関東財務局長(金商)第330号
       ③ 設立年月日 1990年10月18日
       ④ 会社の沿革
        1971年 ジャーディン・フレミング、日本市場の成長性に着目し東京に駐在員事務所を開設
        1985年 ジャーディン・フレミング投資顧問株式会社設立、有価証券に係る投資顧問業の規制等
             に関する法律施行に伴い、同社は1987年に投資一任契約にかかる業務の認可を受ける。
        1990年 ジャーディン・フレミング投信株式会社(委託会社)設立
        1995年 ジャーディン・フレミング投資顧問株式会社とジャーディン・フレミング投信株式会社
             が合併し、ジャーディン フレミング投信・投資顧問株式会社となる。
                                 11/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        2001年 ジェー・ピー・モルガン・フレミング・アセット・マネジメント・ジャパン株式会社に
             商号変更
        2006年 JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社に商号変更
        2008年 JPモルガン信託銀行株式会社より資産運用部門の事業を譲受
       ⑤ 大株主の状況 (2019年3月末現在)
                                            所有株式数         比率
                名    称                   住  所
                                             (株)        (%)
        ジェー・ピー・モルガン・
                                              56,265        100
                                米国デラウェア州
        アセット・マネジメント(アジア)インク
     2【投資方針】

     (1)【投資方針】

     (イ)運用方針

        当ファンドは、マザーファンドの受益証券を主要投資対象とし、配当等収益を確保し、かつ信託
       財産の中長期的な成長をはかることを目的として運用を行います。
        マザーファンドは、投資先ファンドを主要投資対象とし、配当等収益を確保し、かつ信託財産の
       中長期的な成長をはかることを目的として運用を行います。
        委託会社は、マザーファンドが投資する投資先ファンドを以下の理由により選定しています。

       ① 米国総合債券ファンド

         当該投資先ファンドは、委託会社が属するJ.P.モルガン・アセット・マネジメント内の運
        用会社が運用するものであり、委託会社は当該運用会社の運用方針・戦略を十分理解できるもの
        です。委託会社は、実質的に米ドル建ての投資適格債券に投資することにより、配当等収益およ
        び値上がり益を確保する目的から、当該投資先ファンドの運用方針について予め分析のうえ、当
        ファンドの運用方針に合致するものと判断し、またそれにより収益を確保することが見込まれる
        ため、当該投資先ファンドを選定しています。
       ② マネープール・ファンド

         当該投資先ファンドの主要投資対象であるマネープール・マザーファンドは、委託会社が属す
        るJ.P.モルガン・アセット・マネジメント内の運用会社が運用するものであり、委託会社は
        当該運用会社の運用方針・戦略を十分理解することができるものです。委託会社は、元本の安定
        性と安定した収益を確保する目的から、実質的に主として円建ての公社債に投資し、元本の安定
        性と安定した収益を確保することが見込まれる当該投資先ファンドを選定しています。
                                 12/98






                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (ロ)投資態度
      ① マザーファンドの投資態度

        マザーファンドは、投資対象とする投資適格債券に投資することにより、配当等収益を確保し、
       信託財産の中長期的な成長をはかることを目的として、米国総合債券ファンドの組入比率を高位に
       保ちます。また、円建ての公社債への投資により安定した収益を確保することを目的として、マ
       ネープール・ファンドにも必ず投資します。
      ② 投資先ファンドの投資態度および運用プロセス

       ■ 米国総合債券ファンド
        ・ 投資態度
           主として、米ドル建ての投資適格債券(米国の国債、米国政府機関が発行または保証する債
          券、主として米国で経済活動を行っていると判断される企業等が発行する債券(モーゲージ・
          バック証券を含みます。))に投資することにより、米国債券市場を超える収益の獲得をめざ
          します。
        ・ 運用プロセス
           当該投資先ファンドにおいては、その運用会社であるJPMIM社のグローバル債券運用グ
                                       *
          ループに所属するUSバリュー・ドリブン運用チーム                              が、以下のプロセスにしたがい運用を
          行います。
           * 後記「(3)運用体制 (ハ)投資先ファンドの運用体制 ■ 米国総合債券ファンド」をご参照くだ
            さい。
           なお、資金動向や市況動向により、次のような運用ができない場合があります。
                                              *

        (1)さまざまな投資適格債券の中から、割安と判断されるセクター                                       や個別銘柄(債券)を選
           択します。
           * 「セクター」とは、主に債券相場や債券市場を分析する際に区分されるグループをいい、ここでは投資
            適格債券の種類をいいます。
        (2)前記(1)の選択の際は、J.P.モルガン・アセット・マネジメントのグローバルな
           ネットワークを活用して行われる債券市場や発行体等の調査・分析に基づき、米国債券市場
           全体と比較して、より高い利回りが得られるか、より値上がりが見込めるか等を分析するこ
           とで、そのセクターや銘柄が割安であるかを判断します。
        (3)投資先ファンドのポートフォリオ・マネジャーは、前記(1)・(2)において割安と判
           断されたものの中から、経済動向や金利見通し、債券の発行体の信用力等を総合的に勘案し
           て、ポートフォリオを構築します。
            *

       (ESG      投資について)
         当該投資先ファンドの運用プロセスにおいて、環境、社会、そしてガバナンス面(企業統治)
        の要素が、投資対象候補銘柄のキャッシュ・フローに大きくプラスあるいはマイナスの影響を与
        える可能性があるかどうか、あるいは何らかのリスク要因となり得るかどうかを分析・評価して
        います。なお、こうした評価のみが投資判断を決定付けるものではなく、当該評価の低い発行会
        社の有価証券の組み入れまたは継続保有、あるいは当該評価の高い発行会社の有価証券を売却ま
        たは保有しない可能性があります。
          * 「ESG」とは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を合わせ
           たものをいいます。
                                 13/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       為替ヘッジについて
         為替ヘッジは行いません。
       ■ マネープール・ファンド

       ・ 投資態度
         マネープール・マザーファンドを通じ、日本の発行体が発行する円建ての公社債を中心に投資
        し、元本の安定性と安定した収益の確保を図るとともに、高い流動性の確保に配慮します。
       ・ 運用プロセス
         マネープール・マザーファンドは、JPモルガン・アセット・マネジメント(UK)リミテッ
        ドが以下のプロセスにしたがい運用を行います。
         なお、資金動向や市況動向により、次のような運用ができない場合があります。
                            *
        (1)グローバル・レイツ・チーム                    のポートフォリオ・マネジャーは、経済成長、インフレ、
           金利、財政、政治等マクロ面からの調査を踏まえた市場見通しに基づき、投資戦略を決定し
           ます。
           * 後記「(3)運用体制 (ハ)投資先ファンドの運用体制 ■ マネープール・ファンド」をご参照く
            ださい。
        (2)個別銘柄(債券)の発行体の信用力、評価等を分析し、個別銘柄について割安であるか、
           割高であるかを判断します。その過程において、どの種類の発行体にどのような配分で投資
           するかを併せて決定します。
        (3)前記(2)を踏まえ、組入銘柄を選定のうえポートフォリオを構築します。その際、ポー
           トフォリオ全体において、信用リスク、金利変動リスク等を適切な水準で取るようにしま
           す。
      <当ファンド、マザーファンドまたはマネープール・マザーファンドにおいて行われることがある、

      投資者の利益を害することとなる潜在的なおそれのある取引の内容、および当該取引が投資者の利益
      を害しないことを確保するための措置>
        委託会社および運用委託先(以下「委託会社等」という場合があります。)は、当ファンド、マ
       ザーファンドまたはマネープール・マザーファンドにおいて、自己または第三者の利益を図るため
       に投資者の利益を害することとなる潜在的なおそれのある取引を行うことがあり、それらの内容は
       後記のとおりです。委託会社等は、当該取引が投資者の利益を害しないことを確保するための措置
       として、社内規程等を制定してそれにしたがった管理を行うとともに、社内規程等の遵守状況につ
       いてモニタリングを必要に応じて行っています。当該措置の詳細については、後記「3 投資リス
       ク (2)投資リスクに関する管理体制」をご参照ください。
       ・ 委託会社またはその関係会社が設定または運用する投資信託または外国投資法人が発行する有
        価証券の当ファンドでの組入れ
       ・ 委託会社等の関係会社である証券会社が引受けを行った有価証券の当ファンド、マザーファン
        ドおよびマネープール・マザーファンドでの組入れ
       ・ 当ファンド、マザーファンドおよびマネープール・マザーファンドにおける有価証券取引等
        の、委託会社等の関係会社である証券会社等に対する発注
       ・ 当ファンド、マザーファンドおよびマネープール・マザーファンドにおいて保有もしくは取引
        する有価証券または当ファンドの受益権の、委託会社等またはその関係会社の役職員による売買
        等の取引
       ・ 当ファンド、マザーファンドおよびマネープール・マザーファンドにおける有価証券取引等の
        発注と、委託会社等が運用する他の運用資産における有価証券取引等の発注を、束ねて一括して
        発注すること(一括発注)
                                 14/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ・ 当ファンド、マザーファンドおよびマネープール・マザーファンドの運用担当者(ポートフォ
        リオ・マネジャー、アナリスト等)が贈答、茶菓の接待等を受けた、証券会社等に対する当ファ
        ンド、マザーファンドおよびマネープール・マザーファンドにおける有価証券等の発注、または
        有価証券の発行体の発行する有価証券の当ファンド、マザーファンドおよびマネープール・マ
        ザーファンドでの組入れ
       ・ 委託会社等またはその関係会社と取引関係のある有価証券の発行体が発行する有価証券にかか
        る議決権の当ファンド、マザーファンドおよびマネープール・マザーファンドにおける行使
       ・ 当ファンド、マザーファンドおよびマネープール・マザーファンドと、委託会社等が運用する
        他の運用資産間において行う有価証券等の取引(クロス取引)
       ・ 委託会社による当ファンドの受益権の取得申込みおよび換金
     (2)【投資対象】

     (イ)当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       1.次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定めるものをいいま
        す。以下同じ。)
        イ.有価証券(金融商品取引法第2条第1項に定めるものをいいます。以下同じ。)
        ロ.約束手形(前記イに該当するものを除きます。)
        ハ.金銭債権(前記イまたはロに該当するものを除きます。)
       2.為替手形
     (ロ)委託会社は、信託金を、前記(イ)の資産のうち、主としてマザーファンドの受益証券および次
       の有価証券に投資することを指図します。
       1.国債証券
       2.地方債証券
       3.特別の法律により法人の発行する債券
       4.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証券を除
        きます。以下同じ。)
       5.コマーシャル・ペーパー
       6.外国または外国の者の発行する証券または証書で、1から5までの証券または証書の性質を有
        するもの
       7.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受
        益証券に限ります。以下同じ。)
        なお、1から4までの証券および6の証券または証書のうち1から4までの証券の性質を有する
       ものを以下「公社債」といい、公社債にかかる運用の指図は買現先取引(売戻条件付の買入れ)お
       よび債券貸借取引(現金担保付債券借り入れ)に限り行うことができるものとします。また、債券
       貸借取引(現金担保付債券借り入れ)を行う場合は、信託約款第19条にしたがいます。
     (ハ)委託会社は、信託金を、前記(ロ)に掲げる有価証券のほか、次に掲げる投資対象により運用す
       ることを指図することができます。
       1.預金
       2.コール・ローン
       3.手形割引市場において売買される手形
       4.金銭債権(前記(ロ)に掲げる有価証券または1から3までに掲げるもののいずれかに該当す
        るものを除きます。)
     (ニ)前記(ロ)の規定にかかわらず、当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応
       等、委託会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を主として前記(ハ)に掲げる
       投資対象により運用することの指図ができます。
                                 15/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (参考)マザーファンドの投資対象
     (イ)マザーファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。(GIM 
       USコア債券マザーファンド(為替ヘッジなし)(適格機関投資家専用)信託約款(以下「マザー
       ファンド信託約款」といいます。))
       1.次に掲げる特定資産
        イ.有価証券
        ロ.約束手形(前記イに該当するものを除きます。)
        ハ.金銭債権(前記イまたはロに該当するものを除きます。)
       2.為替手形
     (ロ)委託会社は、信託金を、前記(イ)の資産のうち、外国投資法人(投資信託及び投資法人に関す
       る法律第2条第25項で定めるものをいいます。)であるJPモルガン・ファンズ-USアグリゲー
       ト・ボンド・ファンドが発行する外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるもの
       をいいます。)、および投資信託(投資信託及び投資法人に関する法律第2条第3項で定めるもの
       をいいます。)であるGIMジャパン・マネープール・ファンドF(適格機関投資家専用)の受益
       権(法令により金融商品取引法第2条第1項第10号で定める投資信託の受益証券とみなされるもの
       をいいます。)、ならびに次の有価証券に主として投資することを指図します。
       1.国債証券
       2.地方債証券
       3.特別の法律により法人の発行する債券
       4.社債券
       5.コマーシャル・ペーパー
       6.外国または外国の者の発行する証券または証書で、1から5までの証券または証書の性質を有
        するもの
       7.指定金銭信託の受益証券
         なお、1から4までの証券および6の証券または証書のうち1から4までの証券の性質を有す
        るものを以下「公社債」といい、公社債にかかる運用の指図は買現先取引(売戻条件付の買入
        れ)および債券貸借取引(現金担保付債券借り入れ)に限り行うことができるものとします。ま
        た、債券貸借取引(現金担保付債券借り入れ)を行う場合は、マザーファンド信託約款第20条に
        したがいます。
     (ハ)委託会社は、信託金を、前記(ロ)に掲げる有価証券のほか、次に掲げる投資対象により運用す
       ることを指図することができます。
       1.預金
       2.コール・ローン
       3.手形割引市場において売買される手形
       4.金銭債権(前記(ロ)に掲げる有価証券または1から3までに掲げるもののいずれかに該当す
        るものを除きます。)
     (ニ)前記(ロ)の規定にかかわらず、マザーファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対
       応等、委託会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を主として前記(ハ)に掲げ
       る投資対象により運用することの指図ができます。
                                 16/98





                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (ホ)マザーファンドが投資対象とする投資先ファンドの名称、主要投資対象、主な運用方針および運
       用会社の名称は、以下のとおりです。
       ■ 米国総合債券ファンド

                  JPモルガン・ファンズ-USアグリゲート・ボンド・ファンド
       名称
                  (JPMorgan       Funds    - US  Aggregate      Bond   Fund)
                  JPM    USアグリゲート・ボンド(Xクラス)

        その有価証券
                  (JPM    US  Aggregate      Bond   X (mth)    – JPY) (円建て)
        (外国投資証券)
                  米ドル建ての投資適格債券(米国の国債、米国政府機関が発行または保証する

       主要投資対象
                  債券、主として米国で経済活動を行っていると判断される企業が発行する債券
                  等(モーゲージ・バック証券を含みます。))
       主な運用方針

                  主要投資対象に記載している債券を中心に投資します。
       運用会社

                  J.P.モルガン・インベストメント・マネージメント・インク(米国法人)
       ■ マネープール・ファンド

       名称           GIMジャパン・マネープール・ファンドF(適格機関投資家専用)
       主要投資対象           マネープール・マザーファンドの受益証券を主要投資対象とします。

       主な運用方針           マネープール・マザーファンドを通じ、日本の発行体が発行する円建ての公社債

                  を中心に投資し、元本の安定性と安定した収益の確保を図るとともに、高い流動
                  性の確保に配慮します。
       運用会社           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(委託会社)

                  マネープール・マザーファンドの運用の指図の権限をJPモルガン・アセッ
                  ト・マネジメント(UK)リミテッド(英国法人)に委託します。
     (3)【運用体制】

     (イ)マザーファンドの運用体制
        以下は、当ファンドの運用開始日から予定しているマザーファンドにおける運用体制です。
       ① 委託会社の運用商品管理部門(約30名)に所属する、ポートフォリオ・マネジャーがマザー
        ファンドの運用を行います。
       ② マザーファンドのポートフォリオ・マネジャーは、運用計画を策定し、運用計画に基づき、投
        資先ファンドへの投資にかかる投資判断を行います。
       ③ 委託会社の運用商品管理部門は、マザーファンドのポートフォリオ・マネジャーの投資判断を
        受け、投資先ファンドの売買を執行します。
       ④ 委託会社の運用分析部門において、ポートフォリオの分析および評価が行われ、マザーファン
        ドのポートフォリオ・マネジャーや運用部門から独立したインベストメント・ダイレクターにそ
        の情報を提供します。
       ⑤ 運用部門から独立した委託会社の以下の部門が以下に掲げる事項その他のリスク管理を行いま
        す。
        ・ インベストメント・ダイレクターは、達成した運用成果およびマザーファンドが取ったリス
          クが妥当な水準であるかを定期的にチェックし、必要があれば是正を求めます。また、投資ガ
                *
          イドライン       の遵守状況の報告を受け、必要があれば是正を求めます。
                                 17/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               *
        ・ リスク管理部門は、投資ガイドライン                         の遵守状況を取引後においてモニターし、その結果
          必要があれば、マザーファンドのポートフォリオ・マネジャーに対し、適切な対応を求める
          等、管理・監督を行います。
        * 「投資ガイドライン」とは、マザーファンドの投資範囲、投資制限等の詳細を定めた内部のガイドラインを
         いいます。
       (注)前記の運用体制、組織名称等は、2019年3月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。

        委託会社では社内規程を定め、運用等にかかわる組織およびその組織の権限と責任を明らかにす

       るとともに、当ファンドおよびマザーファンド固有の運用に関する社内ルールを定めています。
     (ロ)委託会社による、受託会社に対する管理体制

        委託会社の事務管理部門において、日々の業務を通じ、受託会社の管理体制および知識・経験等
       を評価しています。また、必要に応じミーティングを行い、受託会社の業務の状況を確認していま
       す。
     (ハ)投資先ファンドの運用体制

        以下は、投資先ファンドにおける運用体制です。
       ■ 米国総合債券ファンド

        ① 当該投資先ファンドの運用は、JPMIM社のグローバル債券運用グループに所属するUS
          バリュー・ドリブン運用チーム(約20名)のポートフォリオ・マネジャーが行います。
        ② グローバル債券運用グループは、J.P.モルガン・アセット・マネジメントに含まれる米
          国内外の運用会社内または運用会社間で横断的に組織され、グローバルな戦略に対する調査・
          分析を行っているグループです。グローバル債券運用グループ内の調査チームは、債券市場や
          発行体等の調査・分析を行い、経済シナリオの策定や金利動向・市場収益の予測をします。
        ③ USバリュー・ドリブン運用チームのポートフォリオ・マネジャーは、調査チームの調査・
          分析等を活用して債券の種類や個別銘柄(債券)を決定し、ポートフォリオを構築します。
        ④ JPMIM社においては、運用部門から独立した以下の部門が以下に掲げる事項その他のリ
          スク管理を行います。
          ・ インベストメント・ダイレクターは、達成した運用成果や当該投資先ファンドが取ったリ
           スクが妥当な水準であるか、および当該投資先ファンドの運用がその投資目標にしたがって
           いるかを定期的にチェックし、必要があれば是正を求めます。
          ・ コンプライアンス部門は、取引価格の妥当性、利益相反取引の有無等、有価証券等の取引
           が適正であるかのチェックを行います。
                                 *
          ・ リスク管理部門は、投資ガイドライン                         の遵守状況を取引前・取引後においてモニター
           し、その結果必要があれば、当該投資先ファンドのポートフォリオ・マネジャーに対し、適
           切な対応を求める等、管理・監督を行います。また、有価証券等の取引の相手先である証券
           会社等のブローカーの信用リスクを管理し、特定のブローカーとの取引を制限する必要があ
           る場合はその旨をトレーディング部門に指示します。
          * 「投資ガイドライン」とは、当該投資先ファンドの投資範囲、投資制限等の詳細を定めた内部のガイドラ
           インをいいます。
        (注1)運用体制については、JPMIM社を含めたJ.P.モルガン・アセット・マネジメントのものを記載

           しています。
        (注2)前記の運用体制、組織名称等は、2019年3月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。
                                 18/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ■ マネープール・ファンド
         以下は、当該投資先ファンドの主要投資先であるマネープール・マザーファンドにおける運用
        体制です。
        ① マネープール・マザーファンドの運用は、グローバル債券運用グループのグローバル・レイ
          ツ・チーム(約20名)に所属するJPモルガン・アセット・マネジメント(UK)リミテッド
          のポートフォリオ・マネジャーが行います。
        ② マネープール・マザーファンドのポートフォリオ・マネジャーは、経済成長、インフレ、金
          利、財政、政治等マクロ面からの調査を踏まえた市場見通しに基づき、投資戦略を策定し、そ
          れに基づき、債券の売買を行いポートフォリオを構築します。なお、債券の売買について、J
                               *
          Fアセット・マネジメント・リミテッド                       (香港法人)に委託する場合があります。
           * JFアセット・マネジメント・リミテッドは、J.P.モルガン・アセット・マネジメントの一員で
            す。
        ③ 運用部門から独立したJPモルガン・アセット・マネジメント(UK)リミテッドの以下の
          部門が以下に掲げる事項その他のリスク管理を行います。
         ・ インベストメント・ダイレクターは、達成した運用成果やマネープール・マザーファンド
           が取ったリスクが妥当な水準であるか、およびマネープール・マザーファンドの運用がその
           投資目標にしたがっているかを定期的にチェックし、必要があれば是正を求めます。
         ・ コンプライアンス部門は、取引価格の妥当性、利益相反取引の有無等、有価証券等の取引
           が適正であるかのチェックを行います。
                                 *
         ・ リスク管理部門は、投資ガイドライン                          の遵守状況を取引前・取引後においてモニター
           し、その結果必要があれば、マネープール・マザーファンドのポートフォリオ・マネジャー
           に対し、適切な対応を求める等、管理・監督を行います。また、有価証券等の取引の相手先
           である証券会社等のブローカーの信用リスクを管理し、特定のブローカーとの取引を制限す
           る必要がある場合はその旨をトレーディング部門に指示します。
          * 「投資ガイドライン」とは、マネープール・マザーファンドの投資範囲、投資制限等の詳細を定めた内部
           のガイドラインをいいます。
        (注)前記の運用体制、組織名称等は、2019年3月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。

       ・ 委託会社による、運用委託先および受託会社に対する管理体制

          委託会社は、運用委託先の管理については、社内規程を定め、その規程にしたがい、運用商品
        管理部門が運用体制の状況や運用の基本方針に沿った運用業務の遂行の確認等を行うことにより
        管理しています。
          また、受託会社の管理については、委託会社の事務管理部門において、日々の業務を通じ、受
        託会社の管理体制および知識・経験等を評価しています。さらに、必要に応じミーティングを行
        い、受託会社の業務の状況を確認しています。
     (4)【分配方針】

       毎計算期間終了時に、以下の方針に基づき分配を行います。
       なお、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。
       ① 分配対象額の範囲
         計算期間終了日における、信託約款第34条第1項各号に定める受益者に分配することができる
        額と、分配準備積立金等の合計額とします。
         なお、分配対象額の範囲には収益調整金が含まれます。
       ② 収益分配金の分配方針
         委託会社は、前記①の分配対象額の範囲内で、基準価額水準、市況動向、残存信託期間等を勘
        案して、分配金額を決定します。ただし、必ず分配を行うものではありません。
                                 19/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③ 収益を留保した場合の留保益の運用方針
         留保益の運用については、特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運
        用を行います。
       <参考>
        収益分配金の支払いについて
        ① 収益分配金は、計算期間終了日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されてい
          る受益者(当該収益分配金にかかる計算期間終了日以前において一部解約が行われた受益権に
          かかる受益者を除きます。また、当該収益分配金にかかる計算期間終了日以前に設定された受
          益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権について
          は原則として取得申込者とします。)に、原則として計算期間終了日から起算して5営業日目
          までに支払いを開始します。
        ② 「自動けいぞく投資コース」を申込みの場合は、収益分配金は税引き後無手数料で再投資さ
          れ、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
        収益分配金に関する留意事項
        ・ 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支
          払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
                                   *1
        ・ 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費                             控除後の配当等収益および評価益を含む売
            *2
          買益    )を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算
          日と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間における当
          ファンドの収益率を示すものではありません。
        ・ 受益者の当ファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の
          一部払戻しに相当する場合があります。当ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基
          準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
        *1 後記「4 手数料等及び税金」の「(3)信託報酬等」および「(4)その他の手数料等」をご参照くだ
          さい。
        *2 信託約款第34条第1項第2号をご参照ください。
     (5)【投資制限】

     (イ)信託約款は、委託会社による当ファンドの運用に関して以下のような一定の制限および限度を定

       めています。
       ① 株式への投資制限
         株式への直接投資は行いません。
       ② 外貨建資産への投資制限
         外貨建資産(外国通貨表示の有価証券、預金その他の資産をいいます。以下同じ。)への投資
        割合には、制限を設けません。
          外貨建有価証券(外国通貨表示の有価証券をいいます。以下同じ。)への投資については、わ
        が国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合には、制約されることがあります。
       ③ 投資信託および外国投資信託の受益証券ならびに投資証券および外国投資証券への投資制限
         投資信託および外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものを
        いい、法令により当該受益証券とみなされる受益権を含みます。以下同じ。)ならびに投資証券
        および外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。以下同
        じ。)への投資割合には、制限を設けません。
       ④ 一部解約の請求および有価証券の売却等の指図
         委託会社は、信託財産に属するマザーファンドの受益証券にかかる信託契約の一部解約の請
        求、信託財産に属する有価証券の売却等に関して一切の指図ができます。
                                 20/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑤ 再投資の指図
         委託会社は、④の規定による一部解約金および有価証券の売却代金、有価証券にかかる償還金
        および有価証券にかかる利金その他の収入金を再投資することの指図ができます。
       ⑥ 公社債の借入れ
        A 委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れ(債券貸借取引(現金
          担保付債券借り入れ)にかかるものに限ります。以下⑥において同じ。)の指図をすることが
          できます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたっては、現金により担保を提供する指図を
          行うものとします。
        B 前記Aの公社債の借入れにかかる指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産
          の純資産総額(信託約款第8条第2項に規定するものをいいます。以下⑥、⑦および⑨におい
          て同じ。)の範囲内となるように行います。
        C 信託財産の一部解約等の事由により、前記Aの借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産
          の純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する
          借り入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとします。
        D 前記Aの借入れにかかる品借料は、信託財産中から支弁します。
       ⑦ 資金の借入れ
        A 委託会社は、信託財産の効率的な運用および運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支
          払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みま
          す。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資
          金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該
          借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
        B 一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から
          信託財産で保有する有価証券の売却代金の受渡日までの間、受益者への解約代金支払開始日か
          ら信託財産で保有する信託約款第16条第2項各号に掲げる投資対象の解約代金入金日までの
          間、または受益者への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金
          日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券の売却代
          金、当該投資対象の解約代金および当該有価証券等の償還金の合計額を限度とします。ただ
          し、資金借入額は借入れ指図を行う日における信託財産の純資産総額の10%以内とします。
        C 再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的とする借入期間は、信託財産から収益
          分配金が支弁される日からその翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度
          とします。
        D 借入金の利息は信託財産中より支弁します。
       ⑧ 受託会社による資金の立替え
        A 信託財産に属する有価証券について、転換がある場合で、委託会社の申出があるときは、受
          託会社は資金の立替えをすることができます。
        B 信託財産に属する有価証券にかかる償還金および分配金、有価証券にかかる利金その他の未
          収入金で、信託終了日までにその金額を見積もり得るものがあるときは、受託会社がこれを立
          て替えて信託財産に繰り入れることができます。
        C 前記AおよびBの立替金の決済および利息については、受託会社と委託会社との協議により
          そのつど別にこれを定めます。
                                 21/98





                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑨ 分散投資規制の管理
          一般社団法人投資信託協会規則に定める、一の者に対する「株式等エクスポージャー」、「債
        券等エクスポージャー」および「デリバティブ等エクスポージャー」それぞれの信託財産の純資
        産総額に対する比率は、原則として、それぞれで10%、合計で20%を超えないものとし、当該比
        率を超えることとなった場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該
        比率以内となるよう調整するものとします。
     (ロ)投資先ファンドにおいてデリバティブ取引(新株予約権証券またはオプションを表示する証券も
       しくは証書にかかる取引および選択権付債券売買を含みます。以下「2 投資方針」において同
       じ。)が行われている場合(マネープール・マザーファンドを通じて実質的にデリバティブ取引が
       行われている場合を含みます。)には、委託会社は、投資先ファンドにおけるデリバティブ取引に
       よる投資についてのリスク量(以下「市場リスク量」といいます。)が、当ファンドの純資産総額
       の80%以内となるよう当ファンドにおいて管理するものとします。ただし、実際には投資先ファン
       ドにおいてデリバティブ取引を行っていない場合には、当該管理を行わないことができます。市場
       リスク量は、平成19年金融庁告示第59号「金融商品取引業者の市場リスク相当額、取引先リスク相
       当額及び基礎的リスク相当額の算出の基準等を定める件」における「市場リスク相当額」の算出方
       法のうち、内部管理モデル方式(バリュー・アット・リスク方式)による市場リスク相当額の算出
       方法を参考に算出するものとします。(以下同じ。)
      (参考)マザーファンドの投資制限
        ① マザーファンド信託約款は、委託会社による                          マザーファンドの運用に関して以下のような一
          定の制限および限度を定めています。
        (a)株式への投資制限
            株式への直接投資は行いません。
        (b)外貨建資産への投資制限
           外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
           外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認め
           られる場合には、制約されることがあります。
        (c)投資信託および外国投資信託の受益証券ならびに投資証券および外国投資証券への投資制
           限
           投資信託および外国投資信託の受益証券ならびに投資証券および外国投資証券への投資割
           合には、制限を設けません。
        (d)一部解約の請求および有価証券の売却等の指図
           委託会社は、信託財産に属する投資信託の受益権(法令により金融商品取引法第2条第1
           項第10号で定める投資信託の受益証券とみなされるものをいいます。)にかかる信託契約の
           一部解約の請求、信託財産に属する有価証券の売却等に関して一切の指図ができます。
        (e)再投資の指図
           委託会社は、(d)の規定による一部解約金および有価証券の売却代金、有価証券にかか
           る償還金および分配金、有価証券にかかる利金その他の収入金を再投資することの指図がで
           きます。
        (f)公社債の借入れ
          a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れ(債券貸借取引
            (現金担保付債券借り入れ)にかかるものに限ります。以下(f)において同じ。)の指
            図をすることができます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたっては、現金により担
            保を提供する指図を行うものとします。
          b.前記a.の公社債の借入れにかかる指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が信
            託財産の純資産総額(信託約款第8条に規定するものをいいます。以下(f)および
            (h)において同じ。)の範囲内となるように行います。
                                 22/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          c.信託財産の一部解約等の事由により、前記a.の借入れにかかる公社債の時価総額が信
            託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額
            に相当する借り入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとします。
          d.前記a.の借入れにかかる品借料は、信託財産中から支弁します。
        (g)受託会社による資金の立替え
          a.信託財産に属する有価証券について、転換がある場合で、委託会社の申出があるとき
            は、受託会社は資金の立替えをすることができます。
          b.信託財産に属する有価証券にかかる償還金および分配金、有価証券にかかる利金その他
            の未収入金で、信託終了日までにその金額を見積もり得るものがあるときは、受託会社が
            これを立て替えて信託財産に繰り入れることができます。
          c.前記a.およびb.の立替金の決済および利息については、受託会社と委託会社との協
            議によりそのつど別にこれを定めます。
        (h)分散投資規制の管理
           一般社団法人投資信託協会規則に定める、一の者に対する「株式等エクスポージャー」、
           「債券等エクスポージャー」および「デリバティブ等エクスポージャー」それぞれの信託財
           産の純資産総額に対する比率は、原則として、それぞれで10%、合計で20%を超えないもの
           とし、当該比率を超えることとなった場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規
           則にしたがい当該比率以内となるよう調整するものとします。
        ② 投資先ファンドにおいてデリバティブ取引が行われている場合(マネープール・マザーファ
          ンドを通じて実質的にデリバティブ取引が行われている場合を含みます。)には、委託会社
          は、投資先ファンドにおける市場リスク量が、マザーファンドの純資産総額の80%以内となる
          ようマザーファンドにおいて管理するものとします。ただし、実際には投資先ファンドにおい
          てデリバティブ取引を行っていない場合には、当該管理を行わないことができます。
     (ハ)一般社団法人投資信託協会規則に定める、一の者に対する「株式等エクスポージャー」、「債券
       等エクスポージャー」および「デリバティブ等エクスポージャー」それぞれの当ファンドの純資産
       総額に対する比率は、原則として、それぞれで10%、合計で20%を超えないものとし、当該比率を
       超えることとなった場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以
       内となるよう調整するものとします。
     (ニ)投資先ファンドおよびマネープール・マザーファンドの主な投資制限は、以下のとおりです。
       ・ 米国総合債券ファンド
        ① 米国政府以外の1国・政府等が発行または保証する証券に対する投資比率は、当該投資先
          ファンドの総資産額の35%以下とします。
        ② 前記①における投資制限のほか、1発行体に対する投資比率は、当該投資先ファンドの総資
          産額の10%以下とします。
       ・ マネープール・ファンド
        ① 株式への実質投資割合は、当該投資先ファンドの純資産総額の10%以下とします。
        ② 外貨建資産には投資しません。
       ・ マネープール・マザーファンド
        ① 株式への投資割合は、当該マザーファンドの純資産総額の10%以下とします。
        ② 外貨建資産には投資しません。
      (参考)
        ① マネープール・ファンドについて、投資信託及び投資法人に関する法律には以下のような投
          資制限があります。(マネープール・マザーファンドにも同様の投資制限があります。)
                                 23/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          委託会社は、同一の法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行う全ての委託
          者指図型投資信託につき投資信託財産として有する当該株式にかかる議決権の総数が、当該株
          式にかかる議決権の総数に100分の50を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、当
          該株式をマネープール・ファンドの投資信託財産をもって取得することを受託会社に指図して
          はなりません。
        ② マネープール・ファンドおよびマネープール・マザーファンドについて、金融商品取引業等
          に関する内閣府令には以下のような投資制限があります。
          委託会社(運用委託先を含みます。)は、マネープール・ファンドまたはマネープール・マ
          ザーファンドの信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標
          にかかる変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定
          めた合理的な方法により算出した額が当該信託財産の純資産額を超えることとなる場合におい
          て、デリバティブ取引を行い、または継続することを受託会社に指図してはなりません。具体
          的には以下のとおりです。
        (マネープール・ファンド)
           マネープール・ファンドにおいてデリバティブ取引を行う場合(マネープール・マザーファ
          ンドを通じて実質的にデリバティブ取引を行う場合を含みます。)は、マネープール・ファン
          ドにおける市場リスク量が、マネープール・ファンドの純資産総額の80%以内となるよう管理
          するものとします。ただし、実際にはデリバティブ取引を行っていない場合には、当該管理を
          行わないことができます。
        (マネープール・マザーファンド)
           マネープール・マザーファンドにおいてデリバティブ取引を行う場合は、マネープール・マ
          ザーファンドにおける市場リスク量が、マネープール・マザーファンドの純資産総額の80%以
          内となるよう管理するものとします。ただし、実際にはデリバティブ取引を行っていない場合
          には、当該管理を行わないことができます。
        ③ 一般社団法人投資信託協会規則に定める、一の者に対する「株式等エクスポージャー」、
         「債券等エクスポージャー」および「デリバティブ等エクスポージャー」それぞれのマネー
         プール・ファンドおよびマネープール・マザーファンドの純資産総額に対する比率は、原則と
         して、それぞれで10%、合計で20%を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合
         には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整す
         るものとします。
     3【投資リスク】

     (1)リスク要因

       当ファンドは、マザーファンドを通じて投資先ファンドに投資し、また投資先ファンドは実質的に
      外国の有価証券を主要投資対象として運用を行うため、以下に説明するような、投資先ファンドのリ
      スクと同等のものを伴います。以下のリスクおよび留意点に関する説明は特に記載のない限り、投資
      先ファンドについてのものですが、当該リスクおよび留意点は結果的に当ファンドに影響を及ぼすも
      のです。なお、以下の説明は、全てのリスクについて記載したものではなく、それ以外のリスクも存
      在することがあります。
       投資先ファンドは、外国の有価証券を投資対象としますので、組入有価証券の価格の下落や、組入
      有価証券の発行体の財務状況の悪化や倒産等の影響により、その信託財産の価値が下落し、その結果
      当ファンドが損失を被ることがあります。また、為替の変動により損失を被ることがあります。した
      がって、当ファンドは元本が保証されているものではありません。当ファンドに生じた利益および損
      失は、全て受益者に帰属します。当ファンドは預貯金と異なります。
                                 24/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      投資先ファンドのリスク
      ■ 米国総合債券ファンド
       ① 金利変動リスク
         金利の変動が債券の価格に影響を及ぼします。一般に、金利が上昇した場合には、債券の価格
        が下落します。金利変動による債券の値動きの幅は、債券の償還までの残存期間、発行体、債券
        の種類等に左右されます。また、当該投資先ファンドでは、モーゲージ・バック証券・アセッ
        ト・バック証券に投資することがありますが、これらは金利情勢等により予想よりも早く、また
        は遅く元本の一部または全部が償還される場合があり、また金利変化に対する価格変動の割合が
        高いものもあるため、投資資産の価値は当該証券を保有していない場合と比べてより大きく変動
        する可能性があります。
       ② 為替変動リスク
         当該投資先ファンドは、外貨建資産に投資しますが、為替ヘッジを行いません。このため、為
        替相場の変動により当該投資先ファンドの基準価額が変動します。
       ③ 信用リスク
         債券の発行体の財務状況の悪化や倒産、所在する国家の政情不安等により、元本・利息の支払
        いが遅れたり、元本・利息が支払えない状態になった場合、またはそれが予想される場合には、
        当該債券の価格が変動・下落(価格がゼロになることもあります。)することがあります。ま
        た、格付機関は、債券の発行体の信用力に変化があったと判断した場合、格付を変更することが
        あり、これによって当該債券の価格は変動・下落(価格がゼロになることもあります。)するこ
        とがあります。
       ④ デリバティブ商品のリスク
         当該投資先ファンドは、先物、オプション、スワップ取引等のデリバティブ商品を用いる場合
        があります。デリバティブ商品は、その他の投資手段と比較して、金利、為替等の市場環境の変
        動に対してより大きく価格が変動するため、当該投資先ファンドの基準価額はデリバティブ商品
        を用いない場合と比べてより大きく変動する場合があります。ヘッジ目的でデリバティブ商品を
        利用した場合でも、意図した効果をもたらさず損失または収益機会の逸失の原因となる場合があ
        ります。デリバティブ商品の取引契約の相手に債務不履行が生じた場合は損失が生じる可能性が
        あります。デリバティブ商品の種類によってはコストが発生し当該投資先ファンドの収益をその
        分減少させることがあります。デリバティブ商品を利用する際には、ブローカーに取引にかかる
        証拠金(現金または有価証券)を差し入れなければならないことがあります。そのような証拠金
        の保全にかかる制度は、ブローカーの所在国やデリバティブ商品の取引市場によって異なり、ま
        た個々のブローカーとの取引条件によって異なることもあります。その結果、証拠金を差し入れ
        たブローカーに対する信用リスクが発生することがあり、当該ブローカーが倒産等の破綻状況に
        陥った場合は、証拠金の全額を失う可能性があります。
                                 25/98







                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑤ 流動性リスク
         ある種の有価証券、特に市場での取引頻度が少なかったり、比較的小規模な市場で取引されて
        いるものは、特に取引金額が大きいと、望ましい時点と価格で売買することが難しくなる場合が
        あります。市場が極端な状況にあるときは、買い手が減って望ましい時点または価格で有価証券
        をすぐに売却できず、当該投資先ファンドが低い価格で有価証券を売却することを余儀なくされ
        るか、あるいはまったく売却できない可能性があります。特定の有価証券またはその他の金融商
        品は、取扱う取引所または政府もしくは監督当局により取引を停止または制限される場合があ
        り、その結果当該投資先ファンドに損失が生じる可能性があります。有価証券を売却できないこ
        とにより、当該投資先ファンドはその基準価額が下がったり、他の投資機会を活用できなくなる
        可能性があります。流動性リスクには、通常とは異なる市場環境や通常以上に多額の換金申込
        み、あるいはその他の制御不能な要因によって、当該投資先ファンドが所定の期間内に換金代金
        の支払いに応じられないリスクも含まれます。換金申込みに応えるため、当該投資先ファンドは
        不利な時点や条件で有価証券の売却を余儀なくされることがあります。特に、債券、中小型株式
        または新興市場で発行される有価証券に投資している場合、特定の期間において、経済状況、市
        況もしくは政情の悪材料、またはそれが正確か否かにかかわらず投資家による市場見通しの悪化
        により、特定の発行会社もしくは業種、または特定の投資分野のすべての有価証券の流動性が前
        触れなく突然低下もしくは消滅するリスクがあります。
       ⑥ 仕組債のリスク
         当該投資先ファンドで投資する仕組債とは、先物、オプション、スワップ取引等のデリバティ
        ブ商品を用いて、仕組債の発行体以外の発行体が発行した債券にかかる信用リスク、為替リス
        ク、金利リスク等を当該債券に付与させたものです。当該投資先ファンドが仕組債に投資した場
        合は、これらのリスクに加えて、当該債券の発行体自体の信用リスクも生じます。
       ⑦ 銘柄選定方法に関するリスク
         当該投資先ファンドは、有価証券全般を投資対象としますが、そのポートフォリオの構成銘柄
        は、有価証券市場全体とは異なるものになります。そのため、当該投資先ファンドの基準価額の
        変動が、有価証券市場全体の動きと異なり、大きく上下する可能性があります。これにより、投
        資元本を割り込むことも考えられます。
       ⑧ 投資銘柄集中リスク
         当該投資先ファンドは少数の銘柄に集中して投資する場合があります。このため、有価証券市
        場全体の動きと異なり、当該投資先ファンドの基準価額が大きく上下することがあります。それ
        により、投資元本を割り込むこともあります。
       ⑨ 投資方針の変更について
         経済情勢や投資環境の変化、または投資効率の観点等から、投資対象または投資手法の変更を
        行う場合があります。
       ⑩ 解約・追加による資金流出入に伴うリスクおよび留意点
         当該投資先ファンドにおいて、一度に大量の解約があった場合に、解約資金の手当てをするた
        め保有有価証券を大量に売却することがあります。その際に当該投資先ファンドの基準価額が大
        きく変動する可能性があります。また、大量の資金の追加があった場合には、原則として、迅速
        に有価証券の組入れを行いますが、買付け予定銘柄によっては流動性等の観点から買付け終了ま
        でに時間がかかることもあります。なお、当該投資先ファンドにおける解約・追加は、マザー
        ファンドを通じた当ファンドによる換金・追加によるものばかりではなく、他の投資者による解
        約・追加によるものがあります。
                                 26/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑪ 予測不可能な事態が起きた場合等について
         その他予測不可能な事態(天変地異、クーデター等)が起きたとき等、市場が混乱することが
        考えられます。このような場合に、有価証券が取引される市場の取引停止等やむを得ない事情が
        あるときは、一時的に当該投資先ファンドが換金できないこともあります。また、これらの事情
        や有価証券の売買にかかる代金の受渡しに関する障害が起きた場合等には、当該投資先ファンド
        の換金代金の支払いが遅延することや、一時的に当該投資先ファンドの運用方針に基づいた運用
        ができなくなるリスクがあります。さらに、当該投資先ファンドは、短期間に大量の解約があっ
        た場合等に、十分な資産規模にならないことがあり得ます。その場合、本書で説明する運用方針
        および投資態度に完全に合致した運用ができないおそれがあり、その結果当該投資先ファンドの
        基準価額が大きく変動したり、適切な資産規模の場合と比較して収益性が劣ることとなる可能性
        があります。
      ■ マネープール・ファンド

        当該投資先ファンドは、マネープール・マザーファンドの受益証券を主要投資対象として運用を
       行うため、以下に説明するような、マネープール・マザーファンドのリスクと同等のものを伴いま
       す。以下のリスクおよび留意点に関する説明は特に記載のない限り、マネープール・マザーファン
       ドについてのものですが、当該リスクおよび留意点は結果的に当該投資先ファンドに影響を及ぼす
       ものです。
       ① 信用リスク
         債券の発行体の財務状況の悪化や倒産、所在する国家の政情不安等により、元本・利息の支払
        いが遅れたり、元本・利息が支払えない状態になった場合、またはそれが予想される場合には、
        当該債券の価格が変動・下落(価格がゼロになることもあります。)することがあります。ま
                *                                    *
        た、格付機関        は、債券の発行体の信用力に変化があったと判断した場合、格付                                    を変更するこ
        とがあり、これによって当該債券の価格は変動・下落(価格がゼロになることもあります。)す
        ることがあります。
          * 「格付機関」とは、債券の発行体の財政状況等を総合的に分析判断し格付を付与する企業をいい、S&P
           グローバル・レーティング、ムーディーズ・インベスターズ・サービス・インク等の格付機関が格付を付与
           します。「格付」とは、債券の元本・利息の支払いの確実性の度合いを一定の指標で表したものをいいま
           す。
       ② 金利変動リスク
         金利の変動が債券の価格に影響を及ぼします。一般に、金利が上昇した場合には、債券の価格
        が下落します。金利変動による債券の値動きの幅は、債券の償還までの残存期間、発行体、債券
        の種類等に左右されます。
                                 27/98








                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③ 流動性リスク
         ある種の有価証券、特に市場での取引頻度が少なかったり、比較的小規模な市場で取引されて
        いるものは、特に取引金額が大きいと、望ましい時点と価格で売買することが難しくなる場合が
        あります。市場が極端な状況にあるときは、買い手が減って望ましい時点または価格で有価証券
        をすぐに売却できず、マネープール・マザーファンドが低い価格で有価証券を売却することを余
        儀なくされるか、あるいはまったく売却できない可能性があります。特定の有価証券またはその
        他の金融商品は、取扱う取引所または政府もしくは監督当局により取引を停止または制限される
        場合があり、その結果マネープール・マザーファンドに損失が生じる可能性があります。有価証
        券を売却できないことにより、マネープール・マザーファンドはその信託財産の価値が下がった
        り、他の投資機会を活用できなくなる可能性があります。流動性リスクには、通常とは異なる市
        場環境や通常以上に多額の換金申込み、あるいはその他の制御不能な要因によって、マネープー
        ル・マザーファンドが所定の期間内に換金代金の支払いに応じられないリスクも含まれます。換
        金申込みに応えるため、マネープール・マザーファンドは不利な時点や条件で有価証券の売却を
        余儀なくされることがあります。特に、債券、中小型株式または新興市場で発行される有価証券
        に投資している場合、特定の期間において、経済状況、市況もしくは政情の悪材料、またはそれ
        が正確か否かにかかわらず投資家による市場見通しの悪化により、特定の発行会社もしくは業
        種、または特定の投資分野のすべての有価証券の流動性が前触れなく突然低下もしくは消滅する
        リスクがあります。
       ④ 投資方針の変更について
         経済情勢や投資環境の変化、または投資効率の観点等から、当該投資先ファンドまたはマネー
        プール・マザーファンドの投資対象および投資手法の変更を行う場合があります。また、運用委
        託先を変更する場合があります。
       ⑤ 解約・追加による資金流出入に伴うリスクおよび留意点
         一度に大量の解約があった場合に、解約資金の手当てをするため保有有価証券を大量に売却す
        ることがあります。その際にマネープール・マザーファンドの信託財産の価値が変動する可能性
        があります。また、大量の資金の追加があった場合には、原則として、迅速に有価証券の組入れ
        を行いますが、買付け予定銘柄によっては流動性等の観点から買付け終了までに時間がかかるこ
        ともあります。さらに、マネープール・マザーファンドを投資対象とする他の投資信託が設定さ
        れている場合には、当該投資信託の解約・追加により生じる同様の資金流出入に伴うリスクがあ
        ります。
       ⑥ 繰上償還等について
         当該投資先ファンドは、信託期間中において、信託財産の純資産総額が20億円を下回ることと
        なった場合、委託会社が受益者のため有利であると認める場合、またはやむを得ない事情が発生
        した場合には、信託期間の途中であっても繰上償還することがあります。
                                 28/98







                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑦ 予測不可能な事態が起きた場合等について
         その他予測不可能な事態(天変地異、クーデター等)が起きたとき等、市場が混乱することが
        考えられます。このような場合に、有価証券が取引される市場の取引停止等やむを得ない事情が
        あるときは、一時的に当該投資先ファンドの受益権およびマネープール・マザーファンドの受益
        証券が換金できないこともあります。また、これらの事情や有価証券の売買にかかる代金の受渡
        しに関する障害が起きた場合等には、当該投資先ファンドの受益権の換金代金の支払いが遅延す
        ることや、一時的に当該投資先ファンドおよびマネープール・マザーファンドの運用方針に基づ
        いた運用ができなくなるリスクがあります。さらに、当該投資先ファンドおよびマネープール・
        マザーファンドは、短期間に大量の解約があった場合等に、信託財産が十分な資産規模にならな
        いことがあり得ます。その場合、本書で説明する運用方針および投資態度に完全に合致した運用
        ができないおそれがあり、その結果当該投資先ファンドの基準価額およびマネープール・マザー
        ファンドの信託財産の価値が変動したり、適切な資産規模の場合と比較して収益性が劣ることと
        なる可能性があります。
      当ファンド・マザーファンドのリスク

       ① 為替変動リスク
         マザーファンドは、外貨建資産に投資しますが、マザーファンドおよび当ファンドは為替ヘッ
        ジを行いません。このため、為替相場の変動によりマザーファンドの信託財産の価値および当
        ファンドの基準価額が変動します。
       ② 投資方針の変更について
         経済情勢や投資環境の変化、または投資効率の観点等から、投資対象または投資手法の変更を
        行う場合があります。
       ③ 繰上償還等について
         当ファンドは、設定日から1年経過以降、信託財産の純資産総額が20億円を下回ることとなっ
        た場合、委託会社が受益者のため有利であると認める場合、またはやむを得ない事情が発生した
        場合には、信託期間の途中であっても繰上償還することがあります。また、当ファンドは、投資
        環境の変化等により、委託会社が当ファンドの申込期間を更新しないことや申込みの受付を停止
        することがあります。この場合は新たに当ファンドを購入することはできなくなります。
       ④ 予測不可能な事態が起きた場合等について
         投資先ファンドにおいてその他予測不可能な事態(天変地異、クーデター等)が起きた場合等
        に、当ファンドの受益権の換金代金の支払いが遅延することや、一時的に当ファンドの運用方針
        に基づいた運用ができなくなるリスクがあります。
                                 29/98








                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 30/98





















                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)投資リスクに関する管理体制
     (イ)マザーファンドにおけるリスク管理

        以下は、当ファンドの運用開始日から投資することを予定しているマザーファンドにおける管
       理体制です。
        委託会社においては、運用部門から独立した以下の部門が以下に掲げる事項その他のリスク管理
       を行います。
       ① インベストメント・ダイレクターは、達成した運用成果およびマザーファンドが取ったリスク
        が妥当な水準であるかを定期的にチェックし、必要があれば是正を求めます。また、投資ガイド
           *
        ライン     の遵守状況の報告を受け、必要があれば是正を求めます。
                             *
       ② リスク管理部門は、投資ガイドライン                        の遵守状況を取引後においてモニターし、その結果必要
        があれば、マザーファンドのポートフォリオ・マネジャーに対し、適切な対応を求める等、管
        理・監督を行います。
       * 「投資ガイドライン」とは、マザーファンドの投資範囲、投資制限等の詳細を定めた内部のガイドラインをい
        います。
     (ロ)投資先ファンドにおけるリスク管理

      ■ 米国総合債券ファンド

        以下は、当該投資先ファンドの運用会社であるJPMIM社におけるものです。
        同社においては、運用部門から独立した以下の部門が以下に掲げる事項その他のリスク管理を行
       います。
                                                  (2019年3月末現在)




       ・ インベストメント・ダイレクターは、達成した運用成果や当該投資先ファンドが取ったリスク
        が妥当な水準であるか、および当該投資先ファンドの運用がその投資目標にしたがっているかを
        定期的にチェックし、必要があれば是正を求めます。
       ・ コンプライアンス部門は、取引価格の妥当性、利益相反取引の有無等、有価証券等の取引が適
        正であるかのチェックを行います。
                              *
       ・ リスク管理部門は、投資ガイドライン                        の遵守状況を取引前・取引後においてモニターし、そ
        の結果必要があれば、当該投資先ファンドのポートフォリオ・マネジャーに対し、適切な対応を
        求める等、管理・監督を行います。また、有価証券等の取引の相手先である証券会社等のブロー
        カーの信用リスクを管理し、特定のブローカーとの取引を制限する必要がある場合はその旨をト
        レーディング部門に指示します。
        * 「投資ガイドライン」とは、当該投資先ファンドの投資範囲、投資制限等の詳細を定めた内部のガイドライ
         ンをいいます。
                                 31/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ■ マネープール・ファンド
        以下は、当該投資先ファンドの主要投資先であるマネープール・マザーファンドの運用委託先で
       あるJPモルガン・アセット・マネジメント(UK)リミテッドにおけるものです。同社では、運
       用部門から独立した以下の部門が以下に掲げる事項その他のリスク管理を行います。
                                                  (2019年3月末現在)




       ・ インベストメント・ダイレクターは、達成した運用成果やマネープール・マザーファンドが

        取ったリスクが妥当な水準であるか、およびマネープール・マザーファンドの運用がその投資目
        標にしたがっているかを定期的にチェックし、必要があれば是正を求めます。
       ・ コンプライアンス部門は、取引価格の妥当性、利益相反取引の有無等、有価証券等の取引が適
        正であるかのチェックを行います。
                              *
       ・ リスク管理部門は、投資ガイドライン                        の遵守状況を取引前・取引後においてモニターし、そ
        の結果必要があれば、マネープール・マザーファンドのポートフォリオ・マネジャーに対し、適
        切な対応を求める等、管理・監督を行います。また、有価証券等の取引の相手先である証券会社
        等のブローカーの信用リスクを管理し、特定のブローカーとの取引を制限する必要がある場合は
        その旨をトレーディング部門に指示します。
        * 「投資ガイドライン」とは、マネープール・マザーファンドの投資範囲、投資制限等の詳細を定めた内部の
         ガイドラインをいいます。
     (ハ)その他のリスク管理

        米国総合債券ファンドのポートフォリオ・マネジャーおよびマネープール・マザーファンドの
       ポートフォリオ・マネジャーは、投資資産の流動性が低下することにより投資資産の換金等が困難
       となる事態に備え、当ファンドにおける申込みおよび換金に伴う入出金を日々把握し、受益者によ
       る受益権の換金に極力影響が生じないよう管理します。また、委託会社は、受益者による受益権の
       換金に極力影響が生じないよう、社内ルールを整備して、当ファンドにおける申込みおよび換金に
       伴う入出金を日々管理します。
      <当ファンド、マザーファンドまたはマネープール・マザーファンドにおいて行われることがある、

      投資者の利益を害することとなる潜在的なおそれのある取引が、投資者の利益を害しないことを確保
      するための措置の詳細>
       委託会社等が当ファンド               、 マザーファンドまたはマネープール・マザーファンドにおいて行うこと
      がある、自己または第三者の利益を図るために投資者の利益を害することとなる潜在的なおそれのあ
      る取引が、投資者の利益を害しないことを確保するための措置の詳細は以下のとおりです。
      投資者の利益を害することとなる
                               投資者の利益を害しないことを確保するための措置
           潜在的なおそれのある取引の内容
                                 32/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      委託会社またはその関係会社が設定または                      社内規程等において新規ファンドを設定する際の手続を定め、当該
      運用する投資信託または外国投資法人が発                     手続にしたがって当ファンドの設定時に様々な観点から問題点を検証
      行する有価証券の当ファンドでの組入れ                     しています。その際、委託会社またはその関係会社が設定等する投資
                           信託等が発行する有価証券を組入れることに伴う問題点も検証し、投
                           資者の利益を害しないことを確認したうえで当ファンドを設定してい
                           ます。また、組入れる当該有価証券の名称は、交付目論見書において
                           明示し、また請求目論見書においてはそれと共に組入れ理由も説明し
                           ています。
      委託会社等の関係会社である証券会社が引                      関係会社である証券会社が引受けを行った有価証券の組入れにあ
      受けを行った有価証券の当ファンド、マ                     たっては、社内規程等に基づき、原則として、関係会社である証券会
      ザーファンドおよびマネープール・マザー                     社から購入せず、引受団に属する他の証券会社から購入することとし
      ファンドでの組入れ                     ています。また、コンプライアンス部門は、組入れ後に組入れの事跡
                           をモニタリングし、社内規程等に違反していないことを確認します。
                           さらに、リスク管理部門が、組入銘柄が投資ガイドラインにおいて問
                           題なく投資できるものであることを取引前・取引後においてモニタリ
                           ングしています。
      当ファンド、マザーファンドおよびマネー                      社内規程等に基づき、各証券会社等の調査能力、売買執行能力等を
      プール・マザーファンドにおける有価証券                     考慮して、発注先として選定する証券会社等を定期的に見直します。
      取引等の、委託会社等の関係会社である証                     株式については、前記で選定した証券会社への予定発注量も定期的に
      券会社等に対する発注                     見直したうえで、リスク管理部門とインベストメント・ダイレクター
                           が各証券会社への実際の発注量を定期的にモニタリングし、関係会社
                           である証券会社に対し合理的な理由なく多量に発注されていないこと
                           を確認しています。株式以外については、関係会社であるかどうかに
                           関わりなく、最良の取引条件となる証券会社等に発注しているかをコ
                           ンプライアンス部門が確認しています。なお、当ファンド、マザー
                           ファンドおよびマネープール・マザーファンドが関係会社である証券
                           会社に対し支払った売買委託手数料の額(手数料相当額が取引の価格
                           に織り込まれているものを除きます。)は、当ファンドの運用報告書
                           で開示されます。
      当ファンド、マザーファンドおよびマネー                      委託会社等の役職員による有価証券の売買等の取引は、社内規程等
      プール・マザーファンドにおいて保有もし                     に基づき原則としてコンプライアンス部門の事前承認を得ることが義
      くは取引する有価証券または当ファンドの                     務付けられており、利益相反をうかがわせる事実がないことが確認で
      受益権の、委託会社等またはその関係会社                     きた場合のみ承認がなされます。また、取引後にコンプライアンス部
      の役職員による売買等の取引                     門が取引内容を精査し、役職員の取引の時期・銘柄が、当ファンド、
                           マザーファンドおよびマネープール・マザーファンドにおいて取引さ
                           れたものと重なる等の利益相反が生じていないことを確認します。
      当ファンド、マザーファンドおよびマネー                      一括発注は、社内規程等に定める条件の下に行われ、その約定結果
      プール・マザーファンドにおける有価証券                     は社内規程等に基づき、発注のあった運用資産間で公平に配分しま
      取引等の発注と、委託会社等が運用する他                     す。コンプライアンス部門は、配分結果が社内規程等にしたがって公
      の運用資産における有価証券取引等の発注                     平になされたかどうかをモニタリングします。
      を、束ねて一括して発注すること(一括発
      注)
      当ファンド、マザーファンドおよびマネー                      委託会社等の役職員が贈答、茶菓の接待等を受けた際は、原則とし
      プール・マザーファンドの運用担当者                     て社内規程等に基づきその内容をコンプライアンス部門に報告する義
      (ポートフォリオ・マネジャー、アナリス                     務があります。コンプライアンス部門は、当該報告に基づき、贈答、
      ト等)が贈答、茶菓の接待等を受けた、証                     茶菓の接待等を受けたことが、特定の証券会社等への取引の発注や特
      券会社等に対する当ファンド、マザーファ                     定の銘柄の有価証券の組入れにつながっていないことをモニタリング
      ンドおよびマネープール・マザーファンド                     します。
      における有価証券等の発注、または有価証
      券の発行体の発行する有価証券の当ファン
      ド、マザーファンドおよびマネープール・
      マザーファンドでの組入れ
      委託会社等またはその関係会社と取引関係                      当ファンド、マザーファンドおよびマネープール・マザーファンド
      のある有価証券の発行体が発行する有価証                     で保有する有価証券にかかる議決権の行使は、社内規程等に基づい
      券にかかる議決権の当ファンド、マザー                     て、当ファンドの受益者の経済的利益に最も資するという原則の下に
      ファンドおよびマネープール・マザーファ                     行われます。インベストメント・ダイレクターは、議決権行使の前に
      ンドにおける行使                     その内容が社内規程等に沿っているか確認します。
                                 33/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      当ファンド、マザーファンドおよびマネー                      有価証券届出書提出日現在、社内規程等によりクロス取引は原則と
      プール・マザーファンドと、委託会社等が                     して禁止されています。今後、クロス取引を行う場合には、社内規程
      運用する他の運用資産間において行う有価                     等を変更して投資者の利益を損ねることのない一定の条件を定め、当
      証券等の取引(クロス取引)                     該条件を満たすクロス取引のみを行うこととし、当該条件の逸脱がな
                           いことをコンプライアンス部門がモニタリングする体制を構築する予
                           定です。
      委託会社による当ファンドの受益権の取得                      委託会社による当ファンドの受益権の取得申込みおよび換金は、社
      申込みおよび換金                     内規程等に則り、取得申込みの目的および金額、受益権の保有期間、
                           換金時期等について一定の制限を設けて、一般的な投資者の利益を害
                           しないように行います。また、財務部門が、社内規程等にしたがった
                           取得申込み等が行われていることをモニタリングします。
     JPモルガン・アセット・マネジメントにおける利益相反の開示について

      委託会社を含むJPモルガン・アセット・マネジメントは、ファンド(JPモルガン・アセット・マ
     ネジメントが設定、設立、運用等を行っている投資信託等のファンドをいい、当ファンドを含みます。
     以下この項において同じ。)と、JPモルガン・アセット・マネジメントの間において利益相反が生じ
     る可能性を認識しており、その内容は以下のとおりです。
      ファンドへの投資には、いくつかの実際の利益相反または潜在的利益相反が伴います。たとえば、委

     託会社等のファンドの運用を担当する者(以下「アドバイザー」といいます。)やその関係会社(この
     項においてあわせて「JPモルガン」といいます。)は、様々な異なるサービスをファンドに提供しま
     す。ファンドはJPモルガンに報酬を支払います。その結果、JPモルガンには、ファンドとの取り決
     めをする動機があり、その動機とファンドの最良の利益とのバランスをとろうとして、JPモルガンは
     利益相反に直面します。JPモルガンは、他の顧客の投資顧問会社としてサービスを提供する場合も、
     利益相反に直面し、他の顧客のために、アドバイザーがファンドのために行った投資判断とは異なる投
     資判断を行ったり、あるいはアドバイザーがファンドのために行った投資判断にマイナスの影響を与え
     るような投資判断を行うことがあります。さらに、アドバイザーの関係会社は、幅広い各種サービスと
     金融商品を顧客に提供しており、ファンドが現に投資しているか、将来投資する可能性のある世界的な
     通貨、株式、商品、債券等の市場への主要な参加者です。ある場合においては、サービスや金融商品を
     顧客に提供することにより、これらの関係会社の活動は、ファンドにとっての不利益や制約となった
     り、これらの関係会社にとっては利益になったりします。アドバイザーは、ファンドのために有価証券
     を取引するアドバイザーの能力にマイナスの影響を及ぼす可能性のある、いわゆるインサイダー情報を
     入手することがあるかもしれません。JPモルガンとファンドは、十分適切に利益相反を防止し、制限
     し、軽減できる方針と手順を採用しています。さらに、例外が適用されない限り、これらの利益相反を
     引き起こす活動の多くは、法律によって制限されており、禁止されています。利益相反の詳細について
     は、後記「潜在的利益相反」をご覧ください。
     潜在的利益相反

      JPモルガンは、多数の投資一任運用サービスおよび投資助言運用サービスならびに金融商品を、機
     関投資家顧客と個人投資家に提供しています。さらに、JPモルガンは、幅広い各種サービスと金融商
     品をその顧客に提供する多角化された投資サービス提供会社であり、ファンドが現に投資しているか、
     今後投資する可能性のある、世界的な通貨、株式、商品、債券等の市場への主要な参加者です。投資者
     には、以下に記されている、JPモルガンが投資運用サービスの運営にあたって直面することがある、
     潜在的および実際の利益相反を、慎重に確認していただく必要があります。JPモルガンとファンド
     は、以下に述べる利益相反を防止し、制限し、軽減するように合理的に設計された方針と手順を採用し
     ています。また、例外が適用されない限り、これらの利益相反を引き起こす行為の多くは法律によって
     制限されているか、または禁止されています。
                                 34/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      この記載は、起きうる潜在的な利益相反の完全な列挙または説明ではなく、またそれを意図したもの
     でもありません。
                                 35/98




















                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     複数の顧客のための代理行為                  一般に、複数の顧客に投資運用サービスを提供して、随時、異なる投資
     アドバイスを異なる顧客に提供する場合、アドバイザーは利益相反に直面します。たとえば、アドバイ
     ザーが運用する資産または口座(以下「他の口座」といいます。)が、ファンドが保有する有価証券と
     同じ有価証券を空売りする場合、空売りが当該有価証券の市場価格が下がる原因となれば、アドバイ
     ザーは空売りを行った他の口座のためにファンドの運用成果を害したとみなされることがあります。さ
     らに、一つ以上の他の口座が、ファンドが投資している金融商品または有価証券の発行体が発行する、
     別の種類の金融商品または有価証券に投資する場合、利益相反が起こることがあります。ある状況で
     は、ファンドが投資している発行体について、他の口座においては異なる投資目的があったり、または
     権利を求めたり実行する可能性があり、これらの活動がファンドに悪い影響を与える可能性がありま
     す。たとえば、ファンドがある発行体の債券を保有し、他の口座が同じ発行体の株式を保有する場合
     に、その発行者が財務上または営業上の難局を経験したときは、ファンド(債券を保有する)は発行体
     の清算を求めるかもしれず、他方で他の口座(株式を保有する)は発行体の再建を選択するかもしれま
     せん。そのうえ、ファンドが投資する発行体は、ファンドからの投資資金を、JPモルガンまたは他の
     口座に対する債務の返済につながる結果になる、借換や資本構成の再編成を行うために使うかもしれま
     せん。そのような借換または再編成の後、当該発行体の業績が向上しなければ、ファンドの運用成績は
     影響を受けますが、他の口座はもはや当該発行体に対し投資していないので、運用成績に影響がありま
     せん。利益相反は、破たんする発行体については大きなものとなります。債務超過、破産、再編または
     類似した手続きに関連して、JPモルガンまたは他の口座が保有する他の権利や行動または立場によっ
     て、ファンドが取ることができる立場または行動が(適用される法、法廷その他によって)制限される
     ことがあります。
      他の口座が保有するポジション(持ち高)により、ファンドが保有するポジションの価値や価格が希

     薄化したり、ファンドが保有するポジションと関連した投資戦略の効果が薄れてしまったり、あるいは
     そのような価値、価格または投資戦略にマイナスの影響を及ぼすこともあります。たとえば、このよう
     な状況は、ファンドのための投資判断が、アドバイザーが異なる投資戦略に従う他の口座のために行
     う、またはアドバイザーの関係会社がその顧客の口座のために行うポートフォリオにおける投資決定の
     ためにも使用される、企業調査等の情報に基づいて行われる場合に生じることがあります。他の口座ま
     たはアドバイザーの関係会社が運用する口座が、ファンドのためのポートフォリオにおける投資決定ま
     たは戦略と類似した、ポートフォリオにおける投資決定または戦略を先だってまたは同時に実行する場
     合、(ポートフォリオにおける投資決定が同じ企業調査の分析またはその他の情報から由来する否かを
     問わず)、市場への影響、流動性の制約または他の要因によりファンドにとって不利な投資結果となる
     可能性があり、そして、そのようなポートフォリオにおける投資決定または戦略を実行する費用は増え
     る可能性があり、あるいはそれ以外にファンドにとって不利な結果となる可能性があります。
      ファンドに適切である投資機会は他の口座にとっても適切である場合があり、ファンドが望むとおり

     に、それらの投資の配分を全てまたは一部分受けられるという保証はありません。アドバイザーは、成
     功報酬またはより高い運用報酬を支払い、かつファンドと同一または類似の運用戦略を採用するかまた
     はファンドとほぼ同様の資産に投資する他の口座を運用しているため、そのことがアドバイザーが(例
     えば、有価証券の取引にあたって)より高い報酬を支払う可能性のある口座を有利に扱う動機となるこ
     とがあります。
                                 36/98





                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      また、JPモルガン、その取締役、役員または従業員も、自身の口座またはJPモルガンの自己勘定
     において、有価証券の売買等の取引をすることができます。JPモルガンは、自己の裁量の範囲内で、
     顧客口座のために行ったものと(時点または投資決定もしくは行動の性質を含め)異なる投資決定や投
     資行動を、自己の勘定について行うことができます。さらに、アドバイザーは、JPモルガンまたはそ
     の従業員が自己の口座、アドバイザーの自己勘定口座、アドバイザーの関係会社の自己勘定口座、また
     はアドバイザーの関係会社の顧客口座のために売買した有価証券と同一のものを、アドバイザーの顧客
     口座のために売買する義務を負いません。JPモルガンとその取締役、役員および従業員は、自身の口
     座または自己勘定にとって有利となる、収入を得る等の動機があるため、利益相反に直面します。
      一部のファンド・オブ・ファンズのポートフォリオ・マネージャーは、ファンド・オブ・ファンズと

     類似の運用戦略を採用する単独運用の口座のポートフォリオ・マネージャーであるため、当該ファン
     ド・オブ・ファンズの投資対象ファンドの保有資産の状況を知り、また当該投資対象ファンドの投資戦
     略および投資手法についての知識を有することがあります。したがって、そのようなポートフォリオ・
     マネージャーは、投資先ファンドへの投資配分のタイミングおよび金額の決定、ならびに投資先ファン
     ドの選択にあたって、利益相反に直面します。また、JPモルガンは、ある手数料を免除する場合、そ
     の免除により運用成績が向上する場合に、利益相反に直面します。
     複数の業務機能での行為              JPモルガンは、幅広い各種サービスと金融商品をその顧客に提供する多角

     化された投資サービス提供会社であり、ファンドが現に投資しているか、投資する可能性がある、世界
     的な通貨、株式、商品、債券等の市場への主要な参加者です。JPモルガンには通常これらの活動によ
     り報酬を得ることができますが、ファンドはそのような報酬を得ることはできません。サービスと金融
     商品をファンド以外の顧客に提供する際に、JPモルガンは、一方でファンドのために推奨したり実施
     したことと、他方でJPモルガンの他の顧客のために推奨したり実施したことに関し、随時利益相反に
     直面します。たとえば、JPモルガンは、多数の米国内外の人々および政府と、銀行業務およびその他
     の金融・アドバイス業務にかかる関係があり、そのような関係をさらに発展させようと努めています。
     JPモルガンはまた、世界中で企業の潜在的な買い手と売り手に対し、アドバイスの提供・代理を行っ
     ています。ファンドは、JPモルガンが代理するまたはJPモルガンと銀行業務もしくはその他の金融
     業務の関係がある企業に、投資しているか投資しようとすることがあります。また、JPモルガンのあ
     る顧客は、ファンドを含むJPモルガンが利害関係を持つ法人等に投資することがあります。その顧客
     にサービスを提供する際に、JPモルガンは、ファンドまたはファンドにおける投資と競争関係にある
     か、さもなければ悪影響を与える行動を推奨することがあります。そのような関係がファンドが特定の
     取引を行うのを妨げることがあり、ファンドにおける投資の柔軟性を阻害することもあることも、ご理
     解いただく必要があります。
      JPモルガンは、ファンドに対して投資運用、資産保管、管理、会計処理、受益者管理その他のサー

     ビスを提供することにより補助的利益を得ており、そのようなサービスをファンドに提供することは、
     様々な関係者とJPモルガンの関係を強化し、さらなる事業開発を容易にし、JPモルガンがさらなる
     ビジネスを得て追加の収益を生み出すことを可能とする可能性があります。
                                 37/98





                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ファンドに悪影響を与える参加                   JPモルガンがある市場へ参加することにより、または特定の顧客の
     ためのJPモルガンの行動により、ファンドが当該市場で取引することが制限され、JPモルガンは関
     係する利益に関して利益相反に直面することがあります。たとえば、ファンドと別のJPモルガンの顧
     客がそれぞれ、ある発行体の資本構成の異なる部分に投資する場合、債務処理の過程で「債務不履行事
     由(イベント・オブ・ディフォルト)」を引き起こすべきかどうか、または、投資からどのように離脱
     するかの決定は、利益相反となることがあります。前記「複数の顧客のための代理行為」もご参照くだ
     さい。
     優遇措置       アドバイザーは、特定のファンドまたは他の口座に関して、他のファンドに関して受領する

     よりも多くの報酬を受領することがあり、または特定の口座における運用成績が一部分反映して算出さ
     れる報酬を受領することがあります。このことは、それらの口座を有利に取り扱う動機をアドバイザー
     とそのポートフォリオ・マネージャーに提供することとなり、利益相反を生じます。実際のまたは潜在
     的な利益相反は、ポートフォリオ・マネージャーが複数の口座またはファンドに運用責任を持っている
     場合にも生じ、例えばそれぞれのファンドまたは口座の運用に向ける時間や注意が不平等になることが
     あります。
     発注の配分と一括            潜在的利益相反は、有価証券取引の発注の一括や、有価証券取引または投資機会の

     配分にあたっても生じます。JPモルガンには、取引または投資する機会を特定の口座またはファンド
     に割り当てようとする動機があるため、一括発注された取引の配分(特に流通量が限られているために
     部分的にしか約定が成立しなかった場合)、および投資する機会の配分においては、潜在的な利益相反
     が生じます。たとえば、JPモルガンには、その運用する口座を有価証券の公募に参加させる動機があ
     りますが、それは当該参加によりJPモルガンへの当該公募における有価証券の全体的な配分を増やす
     こととなり得るためです。また、JPモルガンがあるファンド・オブ・ファンズの運用を行うと共にそ
     の投資先ファンドも運用する場合、ファンド・オブ・ファンズの資産を投資先ファンドに配分するとき
     には、ある種の潜在的利益相反に直面します。たとえば、JPモルガンには、ファンド・オブ・ファン
     ズの資産を、新しい投資先ファンドの設定時の当初資金とするために配分したり、または規模の小さい
     投資先ファンドであってJPモルガンに高い報酬を支払ってくれるもの、もしくはJPモルガンが設定
     時の当初資金を拠出しているものに配分する動機があります。
     総合的持ち高限度            潜在的利益相反は、法律、規制、契約、内部方針等によってJPモルガンに課せら

     れた投資規制のため、JPモルガンが有価証券または他の金融商品のグループ全体での投資における持
     ち高制限を遵守する場合にも生じます。当該制限により、たとえ他の条件ではある有価証券または金融
     商品があるファンドの投資目的に適合していたとしても、そのファンドは当該有価証券または金融商品
     を購入できず、または将来購入できないこととなることがあります。たとえば、特定の種類の有価証券
     に対する関係会社である投資家による投資額合計に対する制限があり、当該制限は追加的な規制当局ま
     たは社内の許可手続きなしには越えることができません。また、ファンドによるオプションの引き受け
     についての制限もあり、当該制限はアドバイザーが他の投資運用顧客のために引き受けるオプションの
     数量によって生じます。ある総所有基準額に達したり、またはある取引を行うことによって、ファンド
     が投資対象を購入もしくは売却し、または権利を行使し商取引を行うことは制限されます。
     ソフトダラー         アドバイザーは、統計情報の提供やその他の企業調査サービスの利用に対し、有価証券

     仲介取引により生じる手数料(いわゆる「ソフトダラー」)を特定のブローカーに支払う場合がありま
     す。統計情報やその他の企業調査は、ファンドのみでなくアドバイザーの他の顧客のために使われるこ
     とがあり、また当該手数料を生じさせた口座以外の口座の運用に関連して使われることもあるので、ア
     ドバイザーは利益相反に直面します。
                                 38/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      加えて、アドバイザーが統計情報やその他の企業調査サービスを入手するために、顧客口座から生じ
     る売買委託手数料を使用する場合、アドバイザーは自分自身で当該統計情報やその他の企業調査サービ
     スのために費用を捻出して支払う必要がないので、メリットを享受します。その結果、アドバイザー
     は、取引執行のために最低の費用とする目的ではなく、統計情報やその他の企業調査サービスを得るた
     めに、特定のブローカーを選択する動機を持つことがあります。
     一部解約       JPモルガンは、あるファンドに対し、自己資金で大きな資金拠出をしていることがありま

     す。そのようなファンドにおいて、JPモルガンが一部解約をなすべきか、またいつ一部解約をすべき
     かを決定するにあたり、ファンドおよび他の受益者に対する一部解約の影響を検討するとき、JPモル
     ガンは利益相反に直面します。JPモルガンによるファンドの大規模な一部解約は、ファンドが(当該
     一部解約がなければ売却する必要のなかった)保有有価証券の売却をすることにつながり、キャピタ
     ル・ゲインの実現を加速し、取引費用が増えるという結果となるおそれがあります。大規模な一部解約
     は、ファンドの資産を大幅に減らすことがあり、流動性の減少と、(費用負担の上限が適用されるもの
     の)費用負担率の上昇を引き起こします。
     関係会社との取引            ファンドが他のファンドとまたはJPモルガンと、仕切売買または委託売買取引を

     行う場合、ファンドは利益相反の対象となります。
      法律により許される範囲で、ファンドは、JPモルガンと、JPモルガンが自己勘定で自身のために

     行う取引(仕切売買取引)を行うことができ、JPモルガンが取引の売り手・買い手の両当事者にアド
     バイスしつつ両当事者に対するブローカーとなる取引(クロス取引)を行うことができ、またJPモル
     ガンが手数料を受け取る取引(委託売買取引)を行うことができます。仕切売買取引および委託売買取
     引は、JPモルガンのみが単独で取引することにつながります。ファンドのために仕切売買または委託
     売買取引を行う場合、当該取引はJPモルガンに追加の報酬をもたらすため、JPモルガンは利益相反
     に直面します。JPモルガンは、これらの取引にかかわる関係者に対して、忠実義務と責任の分担が矛
     盾する関係になる可能性のある利益相反に直面します。
      そのうえ、アドバイザーの関係会社は、電子コミュニケーション・ネットワークと代替トレーディン

     グ・システム(以下、あわせて「ECN」といいます。)に直接的または間接的な利害関係を有しま
     す。アドバイザーは、最良執行を追及するという信認義務に従って、アドバイザーの関係会社が利害関
     係を持つかまたは持つ可能性のあるECNを通じて、顧客のための取引を執行することがあります。こ
     のような場合、アドバイザーの関係会社は、ECNが請求する取引手数料を、ECNに対する出資割合
     に応じて間接的に得ることになります。
      JPモルガンがメンバーに含まれる有価証券の引受シンジケートが存在するときに、ファンドがその

     有価証券を購入する場合、JPモルガンは利益相反に直面することとなります。それは、JPモルガン
     は通常シンジケートにサービスを提供することにより手数料を受領し、場合によっては、ファンドが有
     価証券を購入する結果として、JPモルガンが直接または間接的に金融取引上の義務から解放されるこ
     とがあるからです。
                                 39/98





                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     関係会社である業務提供者                 ファンドがJPモルガンの関係会社である業務提供者を使用する場合、J
     Pモルガンは利益相反に直面します。それは、関係会社を使用することで、JPモルガンは全体として
     より多額の手数料を受領することとなるからです。関係会社は、ファンドから報酬を得て、投資運用、
     資産保管、管理、会計処理および受益者管理サービスをファンドに対し提供します。同様に、アドバイ
     ザーがファンドのために融資枠を使用するまたは融資枠の条件を交渉すると決定した場合に、当該融資
     枠が関係会社によって提供されると、アドバイザーは利益相反に直面します。また、アドバイザーは、
     JPモルガンが運営するファンド・オブ・ファンズのために、その投資先となるアクティブ運用のファ
     ンドを選ぶ際には、JPモルガン・グループ内のものからのみ選択することとなります。たとえ、当該
     ファンド・オブ・ファンズにとってより適切である可能性があり、または優れた収益を上げている、グ
     ループ関係にはない投資先ファンドがあったとしても、アドバイザーは、グループ関係にはない投資先
     ファンドで利用可能なものについて、検討や調査はしません。サービスをファンドに提供するJPモル
     ガンの関係会社は、ファンドがJPモルガンが運営するファンド・オブ・ファンズの投資先ファンドに
     含まれる場合、更に報酬を得ることにより利益を得ることとなります。
     議決権行使        アドバイザーがファンドが保有する有価証券について議決権を行使する場合、潜在的利益

     相反が生じることがあります。議決権行使が、(JPモルガンの持株会社である)JPモルガン・
     チェース・アンド・カンパニーの株式またはファンドの受益権について行われる場合、あるいは議決権
     行使についての管理者が、当該議決権行使にかかる議案について、JPモルガンの関係会社が投資銀行
     として関与しているかまたは公正意見書を提供していることを表明している場合、利益相反が存在する
     とみなされます。そのような利益相反が確認される場合、議決権行使は、独立した第三者によって、ア
     ドバイザーの議決権行使ガイドラインに従うか、当該第三者自身のガイドラインを使用して、行使され
     ます。アドバイザーがファンドの資産を、アドバイザーの顧客でもある企業の有価証券に投資する場
     合、またはアドバイザーまたはその関係会社と重要な取引関係がある企業の有価証券に投資する場合
     で、当該企業の経営陣に反対する議決権行使が当該企業とアドバイザーまたはその関係会社との取引関
     係を損ねるか影響する可能性があるとき、潜在的利益相反が起きることがあります。
     融資     JPモルガンは、ファンド間の融資またはJPモルガン・チェース銀行が提供する与信枠に関し

     て利益相反に直面します。そのような融資や与信枠の提供は、JPモルガンが1つのファンドの利益ま
     たはJPモルガン自身の利益を、他のファンドの利益より優先した場合、貸し手または借り手となる
     ファンドを害することがあります。ファンドが有価証券貸出取引を実施する場合、アドバイザーの関係
     会社が有価証券貸出において業務提供者の役割を担う場合、あるいは有価証券貸出取引の一環で報酬を
     受領する場合、アドバイザーは利益相反に直面します。
     個人の取引        JPモルガンとその取締役、役員、代理人または従業員のいずれかが、自身の口座で有価

     証券取引を行った場合、利益相反に直面します。それは、ファンドが取引するものと同じ有価証券を取
     引することで利益を得る可能性があり、それによりファンドには不利な影響を引き起こすことがあるか
     らです。
     評価     アドバイザーは、ファンドの資産評価方針に従ってファンド内の有価証券と資産を評価します。

     アドバイザーは、場合によっては、その関係会社が同様の資産について行った評価とは異なる評価をす
     ることがあります。その理由には、当該関係会社が、アドバイザーとは共有しない評価技法・モデル等
     に関する情報を持っていることが含まれます。このようなことは、特に、市場の相場が容易に入手でき
     ない、または市場相場が値付け時の価値を表していない(例えば新興企業のもの)有価証券その他の資
     産について、公正価値の算出を行った場合に生じます。アドバイザーが運用会社等として受領する報酬
     金額に影響を与えるため、アドバイザーは資産の評価に際しても利益相反に直面します。
                                 40/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     情報アクセス         JPモルガンの様々な他の事業の結果、関係会社は随時、ある市場と投資に関する情報
     を入手することがあります。当該情報は、アドバイザーが知ったとしたら、ファンドが保有する投資資
     産を処分、保持または追加するようになるようなものであり、またはファンドのために持ち高を持ちた
     くなるようなものです。しかし、JPモルガン内部の情報隔壁により、それがファンドの運用に関係す
     るとしても、アドバイザーはそのような情報に触れることを制限されます。そのような関係会社は、ア
     ドバイザーが利用できない情報に基づいても、ファンドとは異なる形で取引することができます。
      アドバイザーが有価証券の発行体に関していわゆるインサイダー情報を入手するか、入手したとみな

     された場合、当該情報が公開されるか重要とはみなされなくなるまで、アドバイザーはその発行体の有
     価証券を、ファンドを含む顧客のために購入・売却することを制限されます。(そのような発行体に
     は、ファンド・オブ・ファンズの投資先ファンドを含むことがあります。)
     贈答・接待        アドバイザーの従業員は、時折、顧客、ブローカー等の仲介者またはファンドもしくはア

     ドバイザーの業務提供者から、贈答・接待を受けることがあります。そのような贈答・接待は、アドバ
     イザーの従業員の判断または従業員が業務を行う方法に影響を及ぼし、または影響を及ぼすことがある
     と見られる可能性があります。
     4【手数料等及び税金】

     (1)【申込手数料】

      ① 発行価格に販売会社が定める手数料率を乗じて得た額とします。ただし、有価証券届出書提出日
                               *
       現在、販売会社における手数料率は、2.16%                         (税抜2.0%)が上限となっています。
        * 2019年10月1日より消費税率(以下、地方消費税率を含みます。)が10%に引上げられる予定です。その場
         合、手数料率は2.2%が上限となります。
              *
        申込手数料          の詳細(具体的な手数料率、徴収時期、徴収方法)については、販売会社にお問い
       合わせください。
        * 購入時における当ファンド・投資環境についての説明・情報提供、事務手続き等の対価として、販売会社に
          支払われます。
      ② 自動けいぞく投資契約に基づいて収益分配金を再投資する場合は、無手数料とします。

         販売会社に関しては、以下の照会先までお問い合わせください。

         照会先:
          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
          TEL:03-6736-2350(受付時間は営業日の午前9時~午後5時)
          HPアドレス:http://www.jpmorganasset.co.jp/
        当ファンドによるマザーファンドの受益証券の取得申込時、マザーファンドによる投資先ファン

       ドの有価証券の取得申込時、およびマネープール・ファンドによるマネープール・マザーファンド
       の受益証券の取得申込時に、申込手数料はかかりません。
     (2)【換金(解約)手数料】

        当ファンドの受益権の換金時に、換金手数料はかかりません。
                                 41/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        当ファンドによるマザーファンドの受益証券の換金時、マザーファンドによる投資先ファンドの
       有価証券の換金時、およびマネープール・ファンドによるマネープール・マザーファンドの受益証
       券の換金時に、換金手数料はかかりません。
     (3)【信託報酬等】

        委託会社および受託会社の信託報酬の総額は、当ファンドの計算期間を通じて毎日、前営業日の
                              *
       信託財産の純資産総額に対し年率0.8424%                        (税抜0.78%)を乗じて得た額とします。
        * 2019年10月1日より消費税率が10%に引上げられる予定です。その場合、年率0.858%となります。
        委託会社は、収受した信託報酬から販売会社に対し、委託会社が販売会社に委託した業務に対す
                                                     *
       る報酬を支払います。その結果、実質的な信託報酬の配分は、次のとおりとなります                                               。
                     委託会社              販売会社              受託会社
                    年率0.162%              年率0.648%              年率0.0324%
          信託報酬の
                   (税抜0.15%)              (税抜0.60%)              (税抜0.03%)
            配分
                 投資判断、受託会社に対する              受益者の口座管理業務、収益              信託財産の記帳・保管・管理
          (純資産総
                 指図等の運用業務、目論見              分配金・換金代金・償還金の              業務、委託会社からの指図の
                 書、運用報告書等の開示資料              支払い業務、交付運用報告書              執行業務、信託財産の計算業
          額に対し)
                 作成業務、基準価額の計算業              の交付業務、購入後の投資環              務、およびこれらに付随する
                 務、およびこれらに付随する              境等の情報提供業務、および              業務の対価
                 業務の対価              これらに付随する業務の対価
          * 2019年10月1日より消費税率が10%に引上げられる予定です。その場合、実質的な信託報酬の配分は、次
           のとおりとなります。
                         委託会社             販売会社             受託会社
            信託報酬の配分
             (純資産総額
                        年率0.165%             年率0.66%             年率0.033%
              に対し)
                       (税抜0.15%)             (税抜0.60%)             (税抜0.03%)
        信託報酬は、毎日費用計上し、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日、毎計算期間終了日および信託
       終了日の翌営業日に信託財産中から支弁されます。
         マザーファンドにおいては、信託報酬はかかりません。

        <ご参考:投資先ファンドの運用管理費用等>

                             運用管理費用または信託報酬の率
           投資先
                         (投資先ファンドの日々の純資産総額に対し)
           ファンド
                                   同ファンドの運用会社等が提供する、同ファンドの
                 運用管理費用の率:年率0.45%
         米国総合債券
                                   運用業務、同ファンドに関する情報提供業務、およ
           ファンド       (消費税等はかかりません。)
                                   びこれらに付随する業務の対価
                                         投資判断、受託会社に対する指図等の
                                         運用業務(運用委託先が行う業務を含
                                   委託会社
                                         みます。)、基準価額の計算業務、お
                                *
                                         よびこれらに付随する業務の対価
                 信託報酬率:年率0.1026%
                                         当ファンドの口座管理業務、収益分配
                         (税抜0.095%)
         マネープール・
                                   販売会社
                                         金・換金代金・償還金の支払い業務、
                 * 2019年10月1日より消費税率が
           ファンド
                                         およびこれらに付随する業務の対価
                  10%に引上げられる予定です。そ
                                         信託財産の記帳・保管・管理業務、委
                  の場合、0.1045%となります。
                                         託会社からの指図の執行業務、信託財
                                   受託会社
                                         産の計算業務、およびこれらに付随す
                                         る業務の対価
         マネープール・ファンドの信託報酬には、マネープール・マザーファンドの運用委託先への報
          *
        酬  が含まれます。
          マネープール・マザーファンドにおいては、信託報酬はかかりません。
         * 投資判断等の運用業務およびこれに付随する業務の対価として支払われます。
                                 42/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        当ファンドがマザーファンドを通じて、当ファンドの信託財産の99.9%を米国総合債券ファンド
                                         *
       に投資した場合には、実質的な信託報酬等の負担は年率1.29%                                   (税抜1.23%)程度(概算)とな
       ります。
        * 2019年10月1日より消費税率が10%に引上げられる予定です。その場合、年率1.31%程度(概算)となりま
         す。
     (4)【その他の手数料等】

      (イ)以下の費用等を信託財産で負担します。
       ① 当ファンドがマザーファンドを通じて実質的な主要投資対象とする投資先ファンドの有価証券
        への投資にあたっては、投資先ファンドにかかる以下のような費用が間接的に当ファンドの負担
        となります。
          (a)運用管理費用または信託報酬
          (b)運用に付随して発生する費用
          (c)その他費用
         (a)に関しては、前記「(3)信託報酬等」の「<ご参考:投資先ファンドの運用管理費用
        等>」を、また、(b)および(c)に関しては、後記「(ヘ)ご参考:投資先ファンドのその
        他の手数料等」をご参照ください。
         また、投資先ファンドの運用状況によっては前記以外の費用がかかる場合があります。
       ② 当ファンドがマザーファンドの受益証券以外の投資対象に投資した場合、またはマザーファン
        ドが投資先ファンドの有価証券以外の投資対象に投資した場合には、有価証券取引にかかる費用
                   *                                       *
        (売買委託手数料)            および外国為替取引(外貨建資産に投資した場合のみ)にかかる費用                                       が
        実費でかかります。なお、手数料相当額が取引の価格に織り込まれていることがあります。ま
        た、当該費用にかかる消費税等に相当する金額がある場合それも含みます。
          * 当該取引等の仲介業務およびこれに付随する業務の対価として証券会社等に支払われます。
                                                  *
       ③ 前記②の場合に、外貨建資産に投資したときには、外貨建資産の保管費用                                            が実費でかかりま
        す。
          * 当該資産の保管業務の対価として受託会社の委託先である保管銀行等に支払われます。
       ④ 信託財産に関する租税、信託事務の処理に関する諸費用(これにかかる消費税等に相当する金
        額を含みます。)、受託会社の立替えた立替金の利息および借入金の利息が実費でかかります。
       (イ)に記載される費用等は、当ファンドおよびマザーファンドの運用状況、保有銘柄、投資比率

      等により変動し、事前に確定しておらず、また、銘柄ごとに種類、金額および算出方法が異なり、費
      用等の概要を適切に記載することが困難なことから、具体的な種類、金額および計算方法を記載して
      いません。さらに、(イ)に記載される費用等の合計額は、受益者が当ファンドの受益権を保有する
      期間その他の要因により変動し、表示することができないことから、記載していません。当該費用等
      は、認識された時点で、当ファンド、マザーファンドおよび投資先ファンドそれぞれの計理基準にし
      たがい計上されます。当該費用等は、当ファンドおよびマザーファンドにおいて間接的にご負担いた
      だきます。
      (ロ)当ファンドに関し委託会社が行う事務にかかる諸費用(監査費用および委託会社が第三者に当

        該事務を委託する場合の委託費用を含みます。)ならびにこれにかかる消費税等に相当する金額
        (以下「委託会社事務費用」といいます。)については、受益者の負担とすることができ、負担
        とする場合には信託財産中から支弁します。なお、委託会社事務費用には、マザーファンドに関
        し委託会社が行う事務にかかる諸費用のうちマザーファンドの信託財産中から支弁されていない
        ものであって、委託会社が当ファンドに関連して生じたと合理的な根拠をもって認めるものを含
        みます。
                                 43/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                   *
      (ハ)委託会社は、委託会社事務費用のうち監査費用                              については、その支払いを信託財産のために
        行い、当該支払いに対し実費相当額の支弁を信託財産から受ける方法に代えて、信託財産の純資
                     *                                *
        産 総額に年率0.0216%            (税抜0.02%)を乗じて得た額(ただし、年間324万円                                (税抜300万
        円)を上限とします。)を監査費用とみなし、その支弁を信託財産中から受けるものとします。
        * 信託財産の財務諸表の監査業務の対価として監査法人に支払われます。2019年10月1日より消費税率が10%
          に引上げられる予定です。その場合、年率0.022%を乗じて得た額(ただし、年間330万円を上限とします。)
          を当該監査費用とみなします。
      (ニ)委託会社は、以下に掲げる委託会社事務費用については、その支払いを信託財産のために行

        い、当該支払いに対し実費相当額の支弁を信託財産から受ける方法に代えて、信託財産の純資産
        総額に一定の率(以下「みなし事務費用率」といいます。)を乗じて得た額を当該委託会社事務
        費用とみなし、その支弁を信託財産中から受けるものとします。
        ① 目論見書の作成・印刷・交付にかかる費用
        ② 有価証券届出書、有価証券報告書その他の金融商品取引法に基づく開示書類(前記①に掲げ
          るものを除きます。)の作成・印刷・提出にかかる費用
        ③ 運用報告書その他の当ファンドの内容にかかる開示または報告を行う資料(前記①・②に掲
          げるものを除きます。)の作成・印刷・交付にかかる費用
        ④ 振替受益権の管理および振替機関等の利用に伴い生じる手数料その他の費用
        ⑤ 当ファンドにかかる計理事務(追加信託および一部解約の処理、運用の指図に伴う取引約定
          の処理、基準価額の算出、計算期間終了時における決算処理等)ならびにこれに付随する事務
          (法定帳簿の管理等)にかかる費用
         なお、みなし事務費用率は、前記①から⑤までに掲げる費用を合理的に見積もったうえで、委
                                                           *
        託会社があらかじめ定めた合理的な基準により決定するものとします。ただし、年率0.0864%
        (税抜0.08%)を上限とします。
          * 2019年10月1日より消費税率が10%に引上げられる予定です。その場合、年率0.088%を上限とします。
      (ホ)委託会社は、前記(ハ)および(ニ)の支弁を、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日、毎計算期

        間終了日および信託終了日の翌営業日以降に、信託財産中から受けるものとします。委託会社が
        信託財産から支弁を受ける金額については、計算期間を通じて毎日費用計上するものとします。
      (ヘ)ご参考:投資先ファンドのその他の手数料等

        投資先ファンドにおいて、以下の費用等を投資先ファンドの資産で負担します。
       ■ 米国総合債券ファンド

                 *
       ① 事務管理費用           が実費でかかります。
         ただし、当該投資先ファンドの会計期間中につき、日々の純資産総額に対し0.11%(年率)を
        上限とします。
          * 当該投資先ファンドの運用資産を保管する保管銀行が提供する運用資産の管理・保管業務等、および監査
           法人が提供する同ファンドについての監査業務の対価として支払われます。
                                             *
       ② その他費用が実費でかかります(有価証券の売買にかかる費用                                      ・税金、臨時で発生する費
        用、その他の税金等)。
          * 当該取引等の仲介業務およびこれに付随する業務の対価として証券会社等に支払われます。
       ③ 仕組債に投資する場合、その発行体が発行に関連する費用を発行価格に転嫁している場合があ
        ります。この場合、当該投資先ファンドは間接的に当該費用を負担することとなります。
                                 44/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ④ 投資信託もしくは外国投資信託の受益証券、投資証券、または外国投資証券(以下総称して
        「投資信託証券」といいます。)に投資する場合には、当該投資信託証券にかかる投資信託、外
        国投資信託、投資法人または外国投資法人内において発生する、以下のような費用が間接的に当
        該投資先ファンドの負担となります。
          (a)運用報酬
          (b)運用に付随して発生する費用
          (c)法人の運営のための各種の費用(投資法人および外国投資法人のみ)
         投資信託証券の銘柄によってはこれら以外の費用がかかる場合があります。
       ■ マネープール・ファンド

                                   *
       ① 有価証券取引にかかる費用(売買委託手数料)                             が実費でかかります。なお、手数料相当額が
        取引の価格に織り込まれていることがあります。
           * 当該取引等の仲介業務およびこれに付随する業務の対価として証券会社等に支払われます。
       ② 信託財産に関する租税、信託事務の処理に関する諸費用、受託会社の立替えた立替金の利息お
        よび借入金の利息が実費でかかります。
       ③ 投資信託証券に投資する場合には、当該投資信託証券にかかる投資信託、外国投資信託、投資
        法人または外国投資法人内において発生する、以下のような費用が間接的に当該投資先ファンド
        の負担となります。
         (a)運用報酬(信託報酬)
         (b)運用に付随して発生する費用
         (c)法人の運営のための各種の費用(投資法人および外国投資法人のみ)
         投資信託証券の銘柄によってはこれら以外の費用がかかる場合があります。
                           *
       ④ 当該投資先ファンドの監査費用                    は、実際に支払う金額を支弁する方法に代えて、それぞれの
                             *                               *
        信託財産の純資産総額に年率0.0216%                      (税抜0.02%)を乗じて得た額(ただし、年間324万円
        (税抜300万円)を上限とします。)を当該監査費用とみなし、委託会社はそのみなし額の支弁
        を、当該投資先ファンドの毎計算期間の最初の6ヵ月終了日、毎計算期間終了日および信託終了
        日の翌営業日以降、当該投資先ファンドの信託財産中から受けるものとします。委託会社が当該
        投資先ファンドの信託財産から支弁を受ける金額については、当該投資先ファンドの計算期間を
        通じて毎日費用計上するものとします。
          * 信託財産の財務諸表の監査業務の対価として監査法人に支払われます。2019年10月1日より消費税率が
           10%に引上げられる予定です。その場合、年率0.022%を乗じて得た額(ただし、年間330万円を上限としま
           す。)を当該監査費用とみなします。
        マネープール・マザーファンドにおいても、前記①から③までの費用等を負担します。

     (5)【課税上の取扱い】

        日本の居住者(法人を含みます。)である受益者に対する課税については、以下のような取扱い
       となります。
        なお、税法が改正された場合には、以下の内容が変更になることがあります。以下の税制は2019
       年3月末現在適用されるものです。
      ① 個別元本について

        追加型の株式投資信託については、受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該
       申込手数料にかかる消費税等は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
        受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行
       う都度当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
        ただし、同一販売会社であっても、「一般コース」と「自動けいぞく投資コース」の両コースで
       取得する場合にはそれぞれ別個に、個別元本が計算される場合があります。また、同一販売会社で
                                 45/98

                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       あっても複数支店等で同一ファンドを取得する場合は当該支店等毎に個別元本の算出が行われる場
       合があります。
        受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当
       該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります(「元本
       払戻金(特別分配金)」については、後記「②収益分配金の課税について」をご参照くださ
       い。)。
      ② 収益分配金の課税について

        追加型の株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる
       「元本払戻金(特別分配金)」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分がありま
       す。
        受益者が収益分配金を受け取る際、当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と
       同額の場合または当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分
       配金となります。また、当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている
       場合には、その下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本
       払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
        なお、受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本
       から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
      ③ 法人、個人別の課税の取扱について

      (a)個人の受益者に対する課税
       (イ)収益分配金
           収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については配当所得となり、税率は20.315%
                                         *
          (所得税15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)                                 となります。なお、収益分配金の
          うち課税対象となるのは普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分配金)は課税されませ
          ん。
           原則として、源泉徴収による申告不要制度が適用されます。また、確定申告を行い、申告分
          離課税もしくは総合課税のいずれかを選択することもできます。
           * 2037年12月31日までの税率です。
       (ロ)一部解約時・償還時
                              *1
           解約価額および償還価額から取得費                       を控除した差益は譲渡所得等として、申告分離課税
          となり、確定申告を行うことが必要となります。税率は20.315%(所得税15%、復興特別所得
                          *2
          税0.315%および地方税5%)                  となります。当該控除結果がマイナスの場合は「差損」とな
          り、損益通算の対象となります(損益通算については後記「(ハ)損益通算について」をご参
          照ください。)。
           前記にかかわらず、販売会社において源泉徴収ありの特定口座をご利用の場合確定申告は不
                                                    *2
          要となり、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)                                             の税率で源
          泉徴収されます。
           *1 「取得費」とは、個別元本に申込手数料および当該申込手数料にかかる消費税等を加算した額をいい
             ます。
           *2 2037年12月31日までの税率です。
                                 46/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (ハ)損益通算について
                     *1
           公募株式投資信託             (当ファンドを含みます。以下同じ。)の配当所得および譲渡所得、
                         *2
          ならびにその他の上場株式等                  の利子所得、配当所得および譲渡所得の各所得間において損
          益通算が可能です。また、ある年における損益通算の結果、譲渡益等から控除しきれない損失
          がある場合は、その翌年以降3年間当該損失を繰越して、同様の損益通算において控除の対象
          とすることができます。損益通算の条件等については、税務専門家(税務署等)または販売会
          社にご確認ください。
           *1 「公募株式投資信託」とは、不特定多数の投資者を対象に販売することを目的として設定され、信託
             約款上において債券以外の組入れが可能である投資信託をいいます。
           *2 「上場株式等」とは、上場株式、上場特定株式投資信託(ETF)、上場特定不動産投資信託(RE
             IT)および公募株式投資信託ならびに特定公社債および公募公社債投資信託等をいいます。詳しくは
             税務専門家(税務署等)にお問い合わせください。
       (ニ)少額投資非課税制度について
           公募株式投資信託は、税法上の少額投資非課税制度である「NISA」および「ジュニアN
          ISA」の適用対象です。毎年、NISAをご利用の場合は年間120万円の範囲で、またジュ
          ニアNISAをご利用の場合は年間80万円の範囲で、新たに取得した公募株式投資信託等から
          生じる配当所得および譲渡所得が5年間非課税となります。ご利用になれるのは、その年の1
          月1日現在、NISAをご利用の場合は満20歳以上の方、ジュニアNISAをご利用の場合は
          満20歳未満の方で、販売会社で非課税口座を開設する等、一定の条件に該当する方が対象とな
          ります。なお、少額投資非課税制度をご利用の場合、非課税口座で生じた配当所得および譲渡
          所得を、非課税口座以外で生じた配当所得および譲渡所得と損益通算することはできません。
          詳しくは販売会社にご確認ください。
      (b)法人の受益者に対する課税

         法人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに一部解約
        時および償還時の個別元本超過額については、15.315%(所得税15%および復興特別所得税
              *
        0.315%)      の税率で源泉徴収され法人の受取額となります。なお、地方税の源泉徴収はありませ
        ん。また、元本払戻金(特別分配金)は課税されません。益金不算入制度は適用されません。
          * 2037年12月31日までの税率です。
        ※ 課税上の取扱いの詳細については、税務専門家(税務署等)に確認することをお勧めします。

                                 47/98








                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     5【運用状況】
       当ファンドは、当初申込期間終了後、2019年6月10日から運用を開始することを予定しており、該

      当事項はありません。
      <参考情報>

       運用実績は、委託会社ホームページ(http://www.jpmorganasset.co.jp/)、または販売会社で開
       示される予定です。
      基準価額・純資産の推移

       ファンドの運用は、2019年6月10日より開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事
      項はありません。
      分配の推移

       ファンドの運用は、2019年6月10日より開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事
      項はありません。
      主要な資産の状況

       ファンドの運用は、2019年6月10日より開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事
      項はありません。
      年間収益率の推移

       ファンドの運用は、2019年6月10日より開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事
      項はありません。
       ファンドにベンチマークはありません。
                                 48/98











                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】
     1【申込(販売)手続等】

      ① 申込方法

        申込期間中の毎営業日に販売会社において、販売会社所定の方法で当ファンドの受益権の取得申
       込みの受付が行われます。
        ただし、継続申込期間中において、委託会社が指定する日には、取得申込みの受付は行いませ
       ん。
        取得申込みの受付を行わない日(申込受付中止日)については、販売会社にお問い合わせくださ
       い。
      ② 申込価格

        当初申込期間:1口当たり1円とします。
        継続申込期間:取得申込日の翌営業日の基準価額とします。
        取得申込みには申込手数料を要します。
      ③ 申込単位

        販売会社が定める単位とします。
        ただし、「自動けいぞく投資コース」において収益分配金を再投資する場合は、1円以上1円単
       位とします。
      ④ 受渡方法

      (a)取得申込代金の支払いについて
        投資者は、申込みの販売会社が定める日までに取得申込代金を当該販売会社に支払うものとしま
       す。
      (b)受益権の引渡しについて
        当ファンドの受益権は振替受益権のため、申込みの販売会社が、取得申込代金の支払いと引き換
       えに振替機関等の口座に投資者にかかる受益権口数の増加を記載または記録することにより、受益
       権の引渡しが行われます。当該口座は、当該投資者が販売会社に取得申込みと同時にまたはあらか
       じめ申し出た口座とします。なお、委託会社は、追加信託により分割された受益権について、振替
       機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事項の振替機関への通知
       を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があった場合、社振法の規定
       にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行います。受託会社は、追加信託
       により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受
       益権にかかる信託を設定した旨の通知を行います。
      ⑤ 受付時間

        原則として午後3時までとします。ただし、販売会社によっては受付時間が異なる場合がありま
       す。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
                                 49/98





                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑥ 申込みの中止
        有価証券が取引される市場における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情
       (予測不可能な事態等が起きた場合を含みます。)により、基準価額が確定できない事情があると
       きは、取得申込みの受付が中止される場合があります。その場合には、投資者は当該受付中止以前
       に行った当日の取得申込みを撤回できます。ただし、投資者がその取得申込みを撤回しない場合に
       は、その取得申込みは当該事情が解消した後の最初の基準価額の計算日にその取得申込みを受付け
       たものとして取扱うこととします。
      ⑦ 申込取扱場所

        申込期間中、販売会社において申込みを取扱います。
        販売会社に関しては、以下の照会先までお問い合わせください。

        照会先:
         JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
         TEL:03-6736-2350(受付時間は営業日の午前9時~午後5時)
         HPアドレス:http://www.jpmorganasset.co.jp/
     2【換金(解約)手続等】

      ① 換金方法

        原則として毎営業日に販売会社にて解約請求により受付けます。
        ただし、委託会社が指定する日には、換金申込みの受付は行いません。
        換金申込みの受付を行わない日(申込受付中止日)については、販売会社にお問い合わせくださ
       い。
      ② 換金価格

        換金申込日の翌営業日の基準価額とします。
        (課税については、「第1 ファンドの状況 4 手数料等及び税金 (5)課税上の取扱い」をご参照くださ
       い。)
        換金価格は、毎営業日に計算され、販売会社に問い合わせることにより知ることができます。
        販売会社に関しては、前記「1 申込(販売)手続等 ⑦申込取扱場所」の照会先までお問い合
       わせください。
        換金時に手数料はかかりません。
      ③ 換金単位

        販売会社が定める単位とします。
      ④ 受渡方法

      (a)換金代金の支払いについて
        原則として換金申込日から起算して7営業日目から、販売会社の本・支店等において支払いま
       す。
                                 50/98





                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (b)受益権の引渡しについて
        当ファンドの受益権は振替受益権のため、換金申込みを行う受益者は、その口座が開設されてい
       る振替機関等に対して当該受益者の申込みにかかる当ファンドの一部解約の通知を委託会社が行う
       のと引き換えに、販売会社を通じて当該一部解約にかかる受益権の口数と同口数の抹消の申請を行
       うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少を記載または
       記録することにより、受益権の引渡しが行われます。なお、換金申込みは振替受益権をもって行う
       ものとします。
      ⑤ 受付時間

        原則として午後3時までとします。ただし、販売会社によっては受付時間が異なる場合がありま
       す。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
      ⑥ 換金の中止

        有価証券が取引される市場における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情
       (予測不可能な事態等が起きた場合を含みます。)により、基準価額が確定できない事情があると
       きは、換金申込みの受付が中止される場合があります。その場合には、受益者は当該受付中止以前
       に行った当日の換金申込みを撤回できます。ただし、受益者がその換金申込みを撤回しない場合に
       は、その換金申込みは当該事情が解消した後の最初の基準価額の計算日にその換金申込みを受付け
       たものとして取扱うこととします。
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】

        受益権1口当たりの純資産価額(基準価額)は、原則として各営業日に委託会社が計算します。
       受益権1口当たりの純資産価額は、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きま
       す。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た信託財産の資産
       総額から負債総額を控除した金額を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。な
       お、便宜上1万口当たりに換算した価額で表示することがあります。
        信託財産に属する外貨建資産の円換算は、原則として、わが国における計算日の対顧客電信売買
       相場の仲値によって計算します。
        受益権1万口当たりの基準価額は、販売会社に問い合わせることにより知ることができます。ま
       た、受益権1万口当たりの基準価額は、原則として計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載され
       ます。
       販売会社に関しては、以下の照会先までお問い合わせください。
        照会先:
         JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
         TEL:03-6736-2350(受付時間は営業日の午前9時~午後5時)
         HPアドレス:http://www.jpmorganasset.co.jp/
     (2)【保管】

        該当事項はありません。
     (3)【信託期間】

        2019年6月10日から2029年11月15日(休業日の場合は翌営業日)までです。ただし、後記
       「(5)その他 ①信託の終了等」に記載する特定の場合には、信託期間満了前に信託は終了しま
       す。
        なお、委託会社は、信託期間満了前に信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受
       託会社と協議のうえ、信託約款を変更し、信託期間を延長することができます。
                                 51/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)【計算期間】

        当ファンドの計算期間は、毎年11月16日から翌年11月15日までとします。ただし、最初の計算期
       間は、2019年6月10日からとします。また、計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といい
       ます。)が休業日のとき、計算期間終了日は、該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間
       が開始されるものとします。
        なお、計算期間終了日を「決算日」ということがあり、前記より当ファンドの決算日は原則とし
       て毎年11月15日(該当日が休業日の場合は翌営業日)となります。
     (5)【その他】

       ① 信託の終了等(詳しくは、信託約款をご参照ください。)
       (a)信託契約の解約
          a.委託会社は、当ファンドの設定日から1年経過以降、当ファンドの純資産総額が20億円を
           下回ることとなった場合、当ファンドの信託契約を解約することが受益者のため有利である
           と認める場合、またはやむを得ない事情が発生した場合は、受託会社と合意のうえ、当ファ
           ンドの信託契約を解約し、信託を終了させることができます。この場合において、委託会社
           はあらかじめ解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
          b.委託会社は、前記a.の場合において、書面による決議(以下「書面決議」といいま
           す。)を行います。この場合委託会社は、あらかじめ書面決議の日、信託契約の解約の理由
           等の事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、知れている受益者に対し、書面をもって
           これらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
          c.前記b.の書面決議において、受益者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファン
           ドの受益権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下
           c.において同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができ
           ます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面
           決議について賛成するものとみなします。
          d.前記b.の書面決議は、議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に
           当たる多数をもって行います。
          e.前記b.からd.までの規定は、前記a.において委託会社が当ファンドの信託契約の解
           約をしようとする場合において、当該解約につき、すべての受益者が書面または電磁的記録
           により同意の意思表示をしたときには適用しません。また、信託財産の状況に照らし、真に
           やむを得ない事情が生じている場合であって、前記b.からd.までに規定する当ファンド
           の信託契約の解約の手続を行うことが困難な場合には適用しません。
       (b)信託契約に関する監督官庁の命令
          委託会社は、監督官庁より当ファンドの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令に
          したがい、当ファンドの信託契約を解約し、信託を終了させます。また、委託会社は、監督官
          庁の命令に基づいて信託約款を変更しようとするときは、後記「②信託約款の変更等」の規定
          にしたがいます。
       (c)委託会社の登録取消に伴う取扱い
          委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
          は、委託会社は、当ファンドの信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が
          当ファンドの信託契約に関する委託会社の業務を他の委託会社に引き継ぐことを命じたとき
          は、後記「②信託約款の変更等」での書面決議で否決された場合を除き、当ファンドはその委
          託会社と受託会社との間において存続します。
       (d)委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
          委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、当ファンドの信託
          契約に関する事業を譲渡することがあります。また、委託会社は、分割により事業の全部また
                                 52/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          は一部を承継させることがあり、これに伴い、当ファンドの信託契約に関する事業は承継され
          ることがあります。
       (e)受託会社の辞任および解任に伴う取扱い
          受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその
          任務に違反して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由が生じたときは、委託会
          社または受益者は、裁判所に受託会社の解任を申し立てることができます。受託会社が辞任し
          た場合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、後記「②信託約款の変更等」
          の規定にしたがうとともに、新受託会社を選任します。ただし、委託会社が新受託会社を選任
          できないときは、当ファンドの信託契約を解約し、信託を終了させます。なお、受益者は、前
          記の手続による場合を除き、受託会社を解任することはできないものとします。
       ② 信託約款の変更等(詳しくは、信託約款をご参照ください。)

       (a)委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したと
          きは、受託会社と合意のうえ、信託約款を変更することまたは当ファンドと他の投資信託との
          併合(投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の
          併合」をいいます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ変更または併合し
          ようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。なお、信託約款は②に定める以外の方
          法によって変更することができないものとします。
       (b)委託会社は、前記(a)の場合のうち重大なもの(以下「重大な約款の変更等」といいま
          す。)において、書面決議を行います。「重大な約款の変更等」とは、信託約款の変更のうち
          その内容が重大なもの、および併合のうち受益者の利益に及ぼす影響が軽微でないものをいい
          ます。(以下同じ。)この場合委託会社は、あらかじめ書面決議の日、重大な約款の変更等の
          内容およびその理由等の事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、知れている受益者に対
          し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
       (c)前記(b)の書面決議において、受益者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファン
          ドの受益権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下
          (c)において同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができ
          ます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決
          議について賛成するものとみなします。
       (d)前記(b)の書面決議は、議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に
          当たる多数をもって行います。
       (e)書面決議の効力は、当ファンドのすべての受益者に対してその効力を生じます。
       (f)前記(b)から(e)までの規定は、前記(a)において委託会社が重大な約款の変更等を
          しようとする場合において、当該重大な約款の変更等につき、すべての受益者が書面または電
          磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用しません。
       (g)前記(a)から(f)までの規定にかかわらず、当ファンドにおいて併合(受益者の利益に
          及ぼす影響が軽微なものを除きます。以下(g)において同じ。)の書面決議が可決された場
          合であっても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が
          否決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
                                 53/98





                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③ 運用報告書
          委託会社は、当ファンドについて、計算期間終了日毎および償還時に、運用経過、信託財産の
        内容、有価証券の売買状況等を記載した運用報告書および運用報告書に記載すべき事項のうち重
        要な事項のみを記載した交付運用報告書を作成します。そのうえで、委託会社は交付運用報告書
        を知れている受益者に対して販売会社を通して交付します。また、運用報告書のすべての内容を
        委託会社のホームページに掲載します。これにより、委託会社は運用報告書を知れている受益者
        に対して交付したものとみなされますが、受益者から書面による運用報告書の交付の請求があっ
        た場合には、販売会社を通して交付します。
          HPアドレス:http://www.jpmorganasset.co.jp/
       ④ 関係会社との契約の更新等に関する手続について

       (a)委託会社と販売会社との間の募集等の取扱い等に関する契約において、有効期間満了の3ヵ
         月前までに、当事者のいずれからも何らの意思表示がないときは、自動的に1年間更新される
         ものとし、自動延長後の取扱いについてもこれと同様とするとされています。委託会社と販売
         会社との間の当該契約は、かかる規定にしたがって自動更新され、現在に至っています。当
         ファンドの受益権の募集等の取扱い等も当該契約に基づいています。
       (b)委託会社と運用委託先との間の投資運用の委託に関する契約には期限の定めはありません。
       ⑤ 委託会社が行う公告

         委託会社が当ファンドについて行う公告は、日本経済新聞に掲載します。
       ⑥ 反対受益者の換金について

         前記①(a)b.または②(b)における書面決議において、当ファンドの信託契約の解約ま
        たは重大な約款の変更等を行うことが決議された場合に、当該解約または重大な約款の変更等に
        反対した受益者は、自己に帰属する受益権を信託財産をもって買取るべき旨を請求することはで
        きません。ただし、当該受益者は、前記「2 換金(解約)手続等」のとおり、原則として毎営
        業日に自己に帰属する受益権を解約請求により換金することができます。
     4【受益者の権利等】

       当ファンドの受益権は、その取得申込口数に応じて、取得申込者に帰属します。この受益権は、信

      託の日時を異にすることにより差異を生ずることはありません。
       受益者の有する主な権利は次のとおりです。
     (1)収益分配金の請求権

        受益者は、当ファンドにかかる収益の分配を持分に応じて請求する権利を有します。
        収益分配金は、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として毎計算期間
       終了日から起算して5営業日目)までに、毎計算期間終了日において振替機関等の口座簿に記載ま
       たは記録されている受益者(当該収益分配金にかかる計算期間終了日以前において一部解約が行わ
       れた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該収益分配金にかかる計算期間終了日以前に設定
       された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権につ
       いては原則として取得申込者とします。)に支払いを開始します。ただし、自動けいぞく投資契約
       に基づいて収益分配金を再投資する受益者に対しては、原則として毎計算期間終了日の翌営業日
       に、収益分配金が販売会社に交付され、販売会社は、受益者に対し遅滞なく収益分配金の再投資に
       かかる受益権の売付を行います。当該再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記
       録されます。
        収益分配金の支払いは、販売会社において行うものとします。
                                 54/98


                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        収益分配金の請求権は、支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を失
       い、受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
     (2)償還金の請求権

        受益者は、償還金を持分に応じて委託会社に請求する権利を有します。
        償還金は、信託終了後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(償還日が休業日
       の場合は当該償還日の翌営業日)から起算して5営業日目)までに、信託終了日において振替機関
       等の口座簿に記載または記録されている受益者(信託終了日以前において一部解約が行われた受益
       権にかかる受益者を除きます。また、当該信託終了日以前に設定された受益権で取得申込代金支払
       前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とし
       ます。)に支払いを開始します。当該受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して委
       託会社が当ファンドの償還の通知をするのと引き換えに、販売会社を通じて当該償還にかかる受益
       権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座に
       おいて当該口数の減少の記載または記録が行われます。
        償還金の支払いは、販売会社において行うものとします。
        受益者が、償還金について前記の支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、その権
       利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属するものとします。
     (3)受益権の一部解約の実行請求権

        受益者は、自己に帰属する受益権について、委託会社に一部解約を請求する権利を有します。
     (4)帳簿の閲覧権

        受益者は委託会社に対し、その営業時間内に当該受益者にかかる信託財産に関する帳簿書類の閲
       覧または謄写を請求することができます。
                                 55/98











                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】
     1【財務諸表】

        当ファンドは、当初申込期間終了後、2019年6月10日から運用を開始する予定であり、同日まで

       は何ら資産を有しません。当ファンドの監査は、PwCあらた有限責任監査法人が行う予定です。
        当ファンドの財務諸表は「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第133号)に
       基づいて作成します。
     2【ファンドの現況】

        当ファンドは、当初申込期間終了後、2019年6月10日から運用を開始する予定であり、同日まで

       は何ら資産を有しません。
                                 56/98
















                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
     1 名義書換

       当ファンドの受益権は、社振法に定める振替投資信託受益権の形態で発行されますので、名義書換

      手続はありませんが、その譲渡は以下の手続により行われます。
     (1)受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記

       載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
     (2)前記(1)の申請があった場合には、前記(1)の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保
       有する受益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口
       座簿に記載または記録するものとします。ただし、前記(1)の振替機関等が振替先口座を開設し
       たものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上
       位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記
       載または記録が行われるよう通知するものとします。
     (3)前記(1)の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記
       録されている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる
       場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、
       振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
     2 受益者に対する特典

       ありません。

     3 受益証券の譲渡制限の内容

       当ファンドの受益権には、譲渡制限はありません。なお、受益権の譲渡は、振替口座簿への記載ま

      たは記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗することができません。
     4 その他内国投資信託受益証券事務の概要

     (1)受益権の再分割

        委託会社は、社振法に定めるところにしたがい、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益権を
       均等に再分割できます。
     (2)償還金
        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日
       以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定
       された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権につ
       いては原則として取得申込者とします。)に支払います。
     (3)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払
       い、一部解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、信託約款の規
       定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取扱われます。
                                 57/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】
     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

      ① 資本金の額(2019年3月末現在)

          資本金の額                    2,218百万円
          会社が発行する株式の総数                      70,000株
          発行済株式総数                      56,265株
      ② 会社の意思決定機構

        取締役会は、会社の業務執行上重要な事項を決定し、その決議は、取締役の過半数が出席し、そ
       の出席取締役の過半数をもって行われます。
        取締役は、株主総会において選任され、任期は選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終の
       ものに関する定時株主総会の終結の時までとします。増員により、または補欠として選任された取
       締役の任期は、他の在任取締役の任期の満了する時までとします。
        また、取締役会は以下の事項(法令上取締役会の決議事項とされているものを除きます。)を決
       議または審議することを以下の機関に委任しています。
        (イ)業務執行にかかる重要な事項(リスク管理に関する事項を除きます。):経営委員会
        (ロ)リスク管理上の重要な事項:ビジネス・コントロール・コミッティ
      ③ 投資運用の意思決定機構

      (イ)株式運用本部
       (a)株式運用本部は、株式運用部、投資調査部および株式運用サポート室で構成されます。




       (b)株式運用部では、運用業務遂行上必要と認められる諸会議の開催による運用戦略の方向性の
          決定等により投資判断を行います。なお、投資調査部のアナリストとの議論を通じ投資判断の
          際の参考とします。また、同部が行う国内外の株式の運用や海外関係会社に運用を委託してい
          る株式の運用等について、関係各部署と連携し、顧客、投資家、販売会社およびコンサルタン
          ト会社への商品内容説明、販売支援、新商品の企画立案等に関する事項を行います。
       (c)投資調査部に所属するアナリストは主に国内株式の分析を行い、その結果に基づき各銘柄に
          評価を付します。
       (d)株式運用サポート室は、運用実績の分析を行い、前記(b)の株式運用部にその結果を提供
          します。
                                 58/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (ロ)前記(イ)以外に為替ヘッジを行う場合は、クライアント・ビジネス本部のグローバル運用商
        品部およびグローバル債券商品部が為替ヘッジのための投資判断を行います。
      (注)前記(イ)および(ロ)の意思決定機構、組織名称等は、2019年4月1日現在のものであり、今後変更となる場

        合があります。
     2【事業の内容及び営業の概況】

       投資信託及び投資法人に関する法律に定める投資信託委託会社として、証券投資信託の設定を行う

      とともに、金融商品取引法に定める金融商品取引業者として当該証券投資信託および投資一任契約に
      基づき委託された資産の運用(投資運用業)を行っています。また金融商品取引法に定める以下の業
      務を行っています。
        ・投資助言・代理業
        ・有価証券の募集もしくは売出しの取扱いまたは私募の取扱いに関する第一種金融商品取引業
        ・有価証券の募集もしくは売出しの取扱いまたは私募の取扱い、および証券投資信託の募集また
         は私募に関する第二種金融商品取引業
       委託会社が設定・運用している投資信託は、2019年3月末現在以下のとおりです(親投資信託は本
      数のみ。)。
                                 純資産額(百万円)
                           本数
                             66           904,550
         公募追加型株式投資信託
                             -              -
         公募単位型株式投資信託
                             -              -
         公募追加型債券投資信託
                             -              -
         公募単位型債券投資信託
                             57          3,108,368
         私募投資信託
                            123           4,012,918
         総合計
                             51              -
         親投資信託
        (注)百万円未満は四捨五入
                                 59/98










                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【委託会社等の経理状況】
       1.委託会社であるJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(以下「当社」という。)の

        財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59
        号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定により、「金融商品取引業等
        に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号。以下「金融商品取引業等に関する内閣府令」と
        いう。)に基づいて作成しております。
         また、当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」
        (昭和52年大蔵省令第38号)並びに同規則第38条及び第57条に基づき、「金融商品取引業等に関
        する内閣府令」に基づいて作成しております。
         なお、財務諸表及び中間財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しておりま
        す。
       2.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第28期事業年度(平成29年4月

        1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監
        査を受けております。
         また、第29期中間会計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)の中間財務諸表に
        ついては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、PwCあらた有限責任監査法人
        により中間監査を受けております。
                                 60/98













                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】
                                                  千円単位未満切捨て
                                 第27期                  第28期
                            (平成29年3月31日)                  (平成30年3月31日)
                               資産の部

                      注記

            区分                内訳       金額     構成比      内訳       金額     構成比
                      番号
                           (千円)       (千円)      (%)      (千円)       (千円)      (%)

     流動資産

                                 7,919,624                 11,797,632

       現金及び預金
                                   81,921                  24,288

       前払費用
                                   94,878                  36,147

       未収入金
                                 2,164,813                  2,408,280

       未収委託者報酬
                                 1,516,624                  1,464,696

       未収収益
                                 4,010,000                  4,751,000

       関係会社短期貸付金
                                   14,622                  14,055

       その他
                                15,802,485        82.1          20,496,100        98.6

       流動資産計
     固定資産

                                 3,452,553                   294,112

       投資その他の資産
                            60,000                  60,000

        関係会社株式
                          2,759,853                      27

        投資有価証券
                           566,849                  97,612

        敷金保証金
                            46,350                  60,699

        前払年金費用
                            19,500                  75,773

        その他
       固定資産計                          3,452,553       17.9            294,112       1.4

                                19,255,038       100.0          20,790,213       100.0

     資産合計
                                 61/98







                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                  千円単位未満切捨て
                                 第27期                  第28期
                            (平成29年3月31日)                  (平成30年3月31日)
                               負債の部

                      注記

            区分                内訳       金額     構成比      内訳       金額     構成比
                      番号
                           (千円)       (千円)      (%)      (千円)       (千円)      (%)

     流動負債

                                  175,021                  219,484

       預り金
                                 1,701,719                  1,762,101

       未払金
                          1,022,204                  1,193,819

         未払手数料
                           679,514                  568,282

         その他未払金
                                  519,313                  539,165

       未払費用
                                  171,122                  624,002

       未払法人税等
                                  564,151                  634,004

       賞与引当金
                                   29,369                    -

       役員賞与引当金
                                 3,160,696       16.4          3,778,757       18.2

       流動負債計
     固定負債

                                  270,047                  349,014

       長期未払金
                                  343,597                  308,985

       賞与引当金
                                  215,556                     -

       役員賞与引当金
                                  829,201       4.3           658,000       3.1

       固定負債計
                                 3,989,897       20.7          4,436,757       21.3

     負債合計
                                 62/98








                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                  千円単位未満切捨て
                                 第27期                  第28期
                            (平成29年3月31日)                  (平成30年3月31日)
                              純資産の部

                      注記

            区分                内訳       金額     構成比      内訳       金額     構成比
                      番号
                           (千円)       (千円)      (%)      (千円)       (千円)      (%)

     株主資本

                                 2,218,000       11.5          2,218,000       10.7

       資本金
                                 1,000,000        5.2          1,000,000        4.8

       資本剰余金
                          1,000,000                  1,000,000

        資本準備金
                                12,088,317        62.8          13,135,458        63.2

       利益剰余金
                            33,676                  33,676

        利益準備金
        その他利益剰余金

                          12,054,640                  13,101,782

         繰越利益剰余金
                                15,306,317        79.5          16,353,458        78.7

       株主資本計
     評価・換算差額等

                                 △41,176      △0.2               △2   △0.0

       その他有価証券評価差額金
       評価・換算差額等計                           △41,176      △0.2               △2   △0.0

                                15,265,140        79.3          16,353,456        78.7

     純資産合計
                                19,255,038       100.0          20,790,213       100.0

     負債・純資産合計
                                 63/98









                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益計算書】
                                第27期                  第28期
                           (自平成28年4月1日                  (自平成29年4月1日
                            至平成29年3月31日)                  至平成30年3月31日)
                      注記

            区分               内訳       金額     百分比      内訳       金額     百分比
                      番号
                          (千円)       (千円)      (%)     (千円)       (千円)      (%)

     営業収益

                               10,502,704                  12,446,131

       委託者報酬
                                6,255,461                  5,788,387

       運用受託報酬
                                 930,841                 1,430,987

       業務受託報酬
                                 233,636                  348,871

       その他営業収益
                               17,922,643        100.0          20,014,377        100.0

        営業収益計
     営業費用

                                4,853,805                  6,209,103

       支払手数料
                                 206,076                  153,740

       広告宣伝費
                                1,932,704                  1,897,150

       調査費
                         1,557,743                  1,555,380

        委託調査費
                          367,964                  324,761

        調査費
                           6,996                  17,007

        図書費
                                 259,648                  303,836

       委託計算費
                                 275,317                  286,552

       営業雑経費
                           18,593                  13,917

        通信費
                          224,875                  241,049

        印刷費
                           27,416                  28,217

        協会費
                           4,432                  3,369

        諸会費
                                7,527,551        42.0          8,850,383        44.2

        営業費用計
                                 64/98






                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                第27期                  第28期

                           (自平成28年4月1日                  (自平成29年4月1日
                            至平成29年3月31日)                  至平成30年3月31日)
                      注記

            区分               内訳       金額     百分比      内訳       金額     百分比
                      番号
                          (千円)       (千円)      (%)     (千円)       (千円)      (%)

     一般管理費

                                5,191,023                  5,064,982

       給料
                           98,502                     -

        役員報酬
                             -               302,393

        役員報酬及び賞与
                         3,482,336                  3,186,497

        給料・手当
        賞与                  761,594                  905,378

                          564,129                  670,712

        賞与引当金繰入額
                          142,286                     -

        役員賞与
                          142,172                     -

        役員賞与引当金繰入額
                                 425,804                  393,358

       福利厚生費
                                  21,435                  17,403

       交際費
                                  12,137                  11,544

       寄付金
                                 175,300                  149,516

       旅費交通費
                                 120,270                  140,135

       租税公課
                                1,157,897                  1,114,905

       不動産関連費
                                 280,167                  248,750

       退職給付費用
                                 452,126                  154,442

       退職金
                                  37,000                     -

       役員退職慰労金
                                  53,010                  50,426

       消耗器具備品費
                                 344,828                  331,399

       事務委託費
                                2,369,810                  2,062,711

       関係会社等配賦経費
                                  96,976                  96,551

       諸経費
                               10,737,789        59.9          9,836,127        49.2

        一般管理費計
       営業利益又は営業損失

                                △342,697       △1.9           1,327,866        6.6
       (△)
                                 65/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                第27期                  第28期

                           (自平成28年4月1日                  (自平成29年4月1日
                            至平成29年3月31日)                  至平成30年3月31日)
                      注記

            区分               内訳       金額     百分比      内訳       金額     百分比
                      番号
                          (千円)       (千円)      (%)     (千円)       (千円)      (%)

     営業外収益

                      ※1    465,000                  454,000

       受取配当金
                           25,787                  86,573

       投資有価証券売却益
                      ※1     17,222                  14,113

       受取利息
                           42,082                     -

       為替差益
       その他営業外収益                    36,197                  34,949

                                 586,291       3.3           589,637       2.9

        営業外収益計
     営業外費用

                           39,665                   1,447

       投資有価証券売却損
                             -                25,196

       為替差損
                             18                4,484

       その他営業外費用
                                  39,684       0.2            31,128       0.1

        営業外費用計
                                 203,909       1.2          1,886,375        9.4

     経常利益
                                 203,909       1.2          1,886,375        9.4

     税引前当期純利益
                                 214,690       1.2           839,234       4.2

     法人税、住民税及び事業税
                                 301,667       1.7              -     -

     法人税等調整額
     当期純利益又は当期純損失

                                △312,448       △1.7           1,047,141        5.2
     (△)
                                 66/98








                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【株主資本等変動計算書】
       第27期(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                    株主資本

                         資本剰余金                利益剰余金

                                         その他利益

                                                       株主資本
                 資本金                          剰余金
                            資本剰余金                    利益剰余金         合計
                      資本準備金             利益準備金
                              合計                    合計
                                          繰越利益
                                          剰余金
                2,218,000      1,000,000      1,000,000        33,676    12,367,089       12,400,766       15,618,766

     当期首残高
     当期変動額

       当期純損失

                    -      -      -      -   △312,448       △312,448       △312,448
       (△)
       株主資本以外の

       項目の当期変動             -      -      -      -       -       -       -
       額(純額)
                    -      -      -      -   △312,448       △312,448       △312,448

     当期変動額合計
                2,218,000      1,000,000      1,000,000        33,676    12,054,640       12,088,317       15,306,317

     当期末残高
                 評価・換算差額等

                その他有      評価・換      純資産合計

                価証券評      算差額等
                価差額金       合計
                △33,579      △33,579      15,585,186

     当期首残高
     当期変動額

       当期純損失

                    -      -   △312,448
       (△)
       株主資本以外の

       項目の当期変動          △7,597      △7,597       △7,597
       額(純額)
                 △7,597      △7,597      △320,046

     当期変動額合計
                △41,176      △41,176      15,265,140

     当期末残高
                                 67/98





                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       第28期(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                    株主資本

                         資本剰余金                利益剰余金

                                         その他利益

                                                       株主資本
                 資本金                          剰余金
                            資本剰余金                    利益剰余金         合計
                      資本準備金             利益準備金
                              合計                    合計
                                          繰越利益
                                          剰余金
                2,218,000      1,000,000      1,000,000        33,676    12,054,640       12,088,317       15,306,317

     当期首残高
     当期変動額

                    -      -      -       -   1,047,141       1,047,141       1,047,141

       当期純利益
       株主資本以外の

       項目の当期変動             -      -      -       -       -       -       -
       額(純額)
                    -      -      -       -   1,047,141       1,047,141       1,047,141

     当期変動額合計
                2,218,000      1,000,000      1,000,000        33,676    13,101,782       13,135,458       16,353,458

     当期末残高
                 評価・換算差額等

                その他有      評価・換      純資産合計

                価証券評      算差額等
                価差額金       合計
                △41,176      △41,176      15,265,140

     当期首残高
     当期変動額

                    -      -   1,047,141

       当期純利益
       株主資本以外の

       項目の当期変動           41,174      41,174       41,174
       額(純額)
                 41,174      41,174     1,088,315

     当期変動額合計
                   △2      △2   16,353,456

     当期末残高
                                 68/98






                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     重要な会計方針
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)関係会社株式
       移動平均法による原価法を採用しております。
      (2)その他有価証券

       時価のあるもの
        期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
       動平均法により算定)を採用しております。
     2.引当金の計上基準

      (1)賞与引当金
        従業員に対する賞与の支給に備えるため、当事業年度に帰属する額を計上しております。
      (2)役員賞与引当金

        役員に対する賞与の支給、及び親会社の運営する株式報酬制度に係る将来の費用負担に備えるた
       め、当事業年度に帰属する額を計上しております。
      (3)退職給付引当金

        従業員に対する退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務と年金資産の見込額
       に基づき退職給付引当金を計上しております。ただし、当事業年度末においては、年金資産の額
       が、退職給付債務に未認識数理計算上の差異等を加減した額を超過するため、資産の部に前払年金
       費用を計上しております。
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法につ
       いては、期間定額基準によっております。
        過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(8
       年)による定額法により、発生した事業年度から費用処理しております。
        数理計算上の差異は、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(8年)
       による定額法により按分額を、それぞれ発生した翌事業年度から費用処理することとしておりま
       す。
     3.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 69/98







                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     未適用の会計基準等
     「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
     「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
     (1)概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されま
      す。
      ステップ1:顧客との契約を識別する。
      ステップ2:契約における履行義務を識別する。
      ステップ3:取引価格を算定する。
      ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
      ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)適用予定日

       平成34年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 70/98













                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     注記事項
     (貸借対照表関係)
                 第27期                            第28期

             (平成29年3月31日)                            (平成30年3月31日)
     関係会社項目                            関係会社項目

     関係会社に対する資産および負債には区分掲記さ                            関係会社に対する資産および負債には区分掲記さ
     れたもの以外に注記すべき事項はありません。                            れたもの以外に注記すべき事項はありません。
     (損益計算書関係)

                 第27期                            第28期

            (自平成28年4月1日                            (自平成29年4月1日
             至平成29年3月31日)                            至平成30年3月31日)
      ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり                            ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり

         含まれております。                            含まれております。
         関係会社からの受取利息                 17,222千円           関係会社からの受取利息                 14,112千円

         関係会社からの受取配当金                465,000千円           関係会社からの受取配当金                454,000千円
     (株主資本等変動計算書関係)

     第27期(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
     発行済株式の種類及び総数に関する事項
                当事業年度期首            当事業年度            当事業年度            当事業年度末
                株式数(株)            増加株式数(株)            減少株式数(株)            株式数(株)
     発行済株式

                     56,265              -            -         56,265

       普通株式
                     56,265              -            -         56,265

         合計
     第28期(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

     発行済株式の種類及び総数に関する事項
                当事業年度期首            当事業年度            当事業年度            当事業年度末
                株式数(株)            増加株式数(株)            減少株式数(株)            株式数(株)
     発行済株式

       普通株式               56,265              -            -         56,265

                     56,265              -            -         56,265

         合計
                                 71/98






                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (リース取引関係)
                 第27期                            第28期

            (自平成28年4月1日                            (自平成29年4月1日
             至平成29年3月31日)                            至平成30年3月31日)
     オペレーティング・リース取引のうち解約不能の                            該当事項はありません。

     ものに係る未経過リース料は以下のとおりであり
     ます。
                       672,813

       1年以内                   千円
                     2,019,195
       1年超                   千円
                     2,692,009
       合計                   千円
     (金融商品関係)

      (1)金融商品の状況に関する事項
       ① 金融商品に対する取組方針
         自社が設定する投資信託やグループ会社が運用する投資信託について、その設定時に運用上十
        分な信託財産があることが見込めない場合に、「シードキャピタル」として当該投資信託を自己
        資金により取得することがあります。
         当社は、営業活動援助のため、子会社であるJPMAMジャパン・ケイマン・ファンド・リミテッ
        ドへの短期貸付を行っております。
       ② 金融商品の内容及びそのリスク

         営業債権のうち、自社が設定・運用する投資信託から受領する未収委託者報酬、及び未収収益
        のうち国内年金基金等から受領する債権については信託銀行により分別管理されている信託財産
        から回収され、一般債権とは異なり、信用リスクは極めて低いと認識しております。海外グルー
        プ会社に対する未収収益は未払費用と部分的に相殺され、信用リスクが軽減されております。ま
        た、外貨建て債権の未収収益については為替の変動リスクに晒されておりますが、外貨建て債務
        と部分的に相殺され、為替変動リスクが軽減されております。
         営業債務である未払金は基本的に3ヶ月以内の支払い期日であり、未払手数料、及び未払費用
        についてはそのほとんどが6ヶ月以内の支払い期日であります。一部外貨建てのものについて
        は、為替の変動リスクに晒されておりますが、上述の通り外貨建て債権と部分的に相殺され、リ
        スクが軽減されております。
         関係会社に対し短期貸付を行っており、関係会社短期貸付金は貸出先の信用リスクに晒されて
        おります。関係会社短期貸付金は、3ヶ月の期日であり、金利の変動リスクは僅少です。
         投資有価証券は、上述のシードキャピタルであり、市場価格の変動リスクに晒されておりま
        す。
         敷金保証金は建物等の賃貸契約に関連する保証金であり、差入先の信用リスクに晒されており
        ます。
                                 72/98






                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③ 金融商品に係るリスク管理体制
       (ⅰ)信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
           営業債権のうち、海外グループ会社に対する未収収益は担当部署が各関係会社ごとに期日及
          び残高を定期的に管理し、回収懸念の早期把握を図っております。
           関係会社短期貸付金は、子会社であるJPMAMジャパン・ケイマン・ファンド・リミテッドの
          営業活動から得られるキャッシュ・フローをモニタリングしており、貸倒や回収遅延の懸念は
          ほぼないと認識しております。
       (ⅱ)市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
           外貨建ての営業債権債務のうち、大半を占める米国ドル建ての債権債務に対しての為替変動
          リスクについては担当部署が月次でモニタリングしており、債権もしくは債務の超過に対して
          米国ドル建て預金と円建て預金との間で資金移動をして為替変動リスクの軽減に努めておりま
          す。
       (ⅲ)資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
           各部署からの報告に基づき担当部署が適宜資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動
          性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
       (2)金融商品の時価等に関する事項

        ① 貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、金額
          的重要性が低いと判断するものは次表には含めておりません。また、時価を把握することが極
          めて困難と認められるものは次表には含めておりません((注)2.参照)。
       第27期(平成29年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                            貸借対照表計上額               時価           差額

                                 7,919,624           7,919,624               -

        (1)現金及び預金
                                 2,164,813           2,164,813               -

        (2)未収委託者報酬
                                 1,516,624           1,516,624               -

        (3)未収収益
                                 4,010,000           4,010,000               -

        (4)関係会社短期貸付金
        (5)投資有価証券                         2,759,853           2,759,853               -

                                  566,849           565,851             998

        (6)敷金保証金
                                18,937,765           18,936,766               998

          資産計
                                 1,022,204           1,022,204               -

        (1)未払手数料
        (2)その他未払金                          679,514           679,514              -

                                  519,313           519,313              -

        (3)未払費用
                                  270,047           269,540             506

        (4)長期未払金
                                 2,491,079           2,490,573               506

          負債計
                                 73/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (注)1.金融商品の時価算定方法
       資産
       (1)現金及び預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収収益及び(4)関係会社短期貸付金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       (5)投資有価証券
         これらは投資信託であり、時価は市場価格に準ずるものとして合理的に算定された価額によっ
        ております。
       (6)敷金保証金
         敷金保証金の時価については、当該保証金の返還時期を基に、日本国債の利回りで割り引いた
        現在価値により算定しております。
       負債
       (1)未払手数料、(2)その他未払金、及び(3)未払費用
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       (4)長期未払金
         長期未払金の時価については、当該未払金の支払までの期間を基に、日本国債の利回りで割り
        引いた現在価値により算定しております。
      (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                   (単位:千円)
                                 貸借対照表計上額
                                       60,000
        関係会社株式
        関係会社株式については、市場価格がなく、かつ、将来キャッシュ・フローを見積ることなどが
       できず、時価を把握することが極めて困難と認められるものであるため、上表に含めておりませ
       ん。
                                 74/98











                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       第28期(平成30年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                            貸借対照表計上額               時価           差額

                                11,797,632           11,797,632                -

        (1)現金及び預金
                                 2,408,280           2,408,280               -

        (2)未収委託者報酬
                                 1,464,696           1,464,696               -

        (3)未収収益
                                 4,751,000           4,751,000               -

        (4)関係会社短期貸付金
                                20,421,609           20,421,609                -

          資産計
                                 1,193,819           1,193,819               -

        (1)未払手数料
                                  568,282           568,282              -

        (2)その他未払金
                                  539,165           539,165              -

        (3)未払費用
                                  349,014           349,014              -

        (4)長期未払金
                                 2,650,281           2,650,281               -

          負債計
      (注)1.金融商品の時価算定方法

       資産
       (1)現金及び預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収収益及び(4)関係会社短期貸付金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       負債
       (1)未払手数料、(2)その他未払金、及び(3)未払費用
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       (4)長期未払金
         長期未払金の時価については、当該未払金の支払までの期間を基にリスクフリーレートで割り
        引いた現在価値により算定しており、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額に
        よっております。
      (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                   (単位:千円)
                                 貸借対照表計上額
                                       60,000
        関係会社株式
        関係会社株式については、市場価格がなく、かつ、将来キャッシュ・フローを見積ることなどが
       できず、時価を把握することが極めて困難と認められるものであるため、上表に含めておりませ
       ん。
                                 75/98





                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ② 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定さ
        れた価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異な
        る前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
       (3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

       第27期(平成29年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                           7,919,624             -         -         -

        現金及び預金
                           2,164,813             -         -         -

        未収委託者報酬
                           1,516,624             -         -         -

        未収収益
                           4,010,000             -         -         -

        関係会社短期貸付金
                               -      521,736          45,113            -

        敷金保証金
                          15,611,062           521,736          45,113            -

              合計
       第28期(平成30年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                                   1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          11,797,632              -         -         -

        現金及び預金
                           2,408,280             -         -         -

        未収委託者報酬
                           1,464,696             -         -         -

        未収収益
                           4,751,000             -         -         -

        関係会社短期貸付金
                          20,421,609              -         -         -

              合計
                                 76/98








                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (有価証券関係)
     1.関係会社株式
      関係会社株式 (第27期の貸借対照表計上額は60,000千円、第28期の貸借対照表計上額は60,000千
     円)については市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるものであることから、
     記載しておりません。
     2.その他有価証券

     第27期(平成29年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                      種類      貸借対照表計上額             取得原価            差額

     貸借対照表計上額が取              その他

                                    -           -           -
     得原価を超えるもの               投資信託
     貸借対照表計上額が取              その他

                                2,759,853           2,801,030            △41,176
     得原価を超えないもの               投資信託
                                2,759,853           2,801,030            △41,176

               合計
     第28期(平成30年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                      種類      貸借対照表計上額             取得原価            差額

     貸借対照表計上額が取              その他

                                    -           -           -
     得原価を超えるもの               投資信託
     貸借対照表計上額が取              その他

                                    27           30          △2
     得原価を超えないもの               投資信託
                                    27           30          △2

               合計
     3.当事業年度中に売却したその他有価証券

     第27期(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
                                                    (単位:千円)
           種類             売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
      その他

                           786,122               25,787             △39,665
       投資信託
     第28期(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

                                                    (単位:千円)
           種類             売却額            売却益の合計額              売却損の合計額

      その他

                          2,886,126                86,573             △1,447
       投資信託
                                 77/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は確定拠出型年金制度、及びキャッシュバランス型年金制度を採用しております。
     2.キャッシュバランス型年金制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                        第27期            第28期
                                     (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
                                           (千円)            (千円)
       退職給付債務の期首残高                                   1,410,557            1,438,648
        勤務費用                                   193,312            185,799
        利息費用                                    5,642            5,755
        数理計算上の差異の発生額
                                           △13,617            △12,545
        退職給付の支払額                                  △157,246            △240,916
       退職給付債務の期末残高                                   1,438,648            1,376,741
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                        第27期            第28期
                                     (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
                                           (千円)            (千円)
       年金資産の期首残高                                   1,506,662            1,596,600
        期待運用収益                                    12,053            11,176
        数理計算上の差異の発生額                                    43,384            58,590
        事業主からの拠出額                                   191,747            175,947
        退職給付の支払額                                  △157,246            △240,916
       年金資産の期末残高                                   1,596,600            1,601,397
      (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費

        用の調整表
                                        第27期            第28期
                                     (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
                                           (千円)            (千円)
       積立型制度の退職給付債務                                   1,438,648            1,376,741
       年金資産                                  △1,596,600            △1,601,397
                                          △157,952            △224,656
       未認識数理計算上の差異                                    111,084            163,853
       未認識過去勤務費用                                      518            104
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                    △46,350            △60,699
       前払年金費用                                    △46,350            △60,699
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                    △46,350            △60,699
                                 78/98






                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                        第27期            第28期
                                    (自平成28年4月1日            (自平成29年4月1日
                                     至平成29年3月31日)            至平成30年3月31日)
                                           (千円)            (千円)
        勤務費用                                   193,312            185,799
        利息費用                                    5,642            5,755
        期待運用収益                                   △12,053            △11,176
        数理計算上の差異の費用処理額                                   △5,775            △18,366
        過去勤務債務の費用処理額                                    △414            △414
        その他(注1)                                    18,916            13,607
       キャッシュバランス型年金制度に係る退職給付費用(注2)                                    199,628            175,205
      (注1)その他の金額は、主に当社への出向者分の退職給付費用であります。
      (注2)当社からの出向者分の退職給付費用は、上記金額に含まれておりません。
      (5)年金資産に関する事項

      ① 年金資産の主な内訳
       年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                        第27期            第28期
                                     (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
        債券                                     51%            49%
        株式                                     21%             -
        現金及び預金                                     28%            51%
        合計                                    100%            100%
      ② 長期期待運用収益率の設定方法

       年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産
      を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

                                        第27期            第28期
                                     (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
        主要な数理計算上の計算基礎
        割引率                                    0.4%            0.4%
        長期期待運用収益率                                    0.8%            0.7%
     3.確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、第27期事業年度80,539千円、第28期事業年度73,544千円であ
      ります。
                                 79/98






                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     第27期               第28期
                                  (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
     (流動)                                     (千円)               (千円)
     繰延税金資産
       未払費用                                   19,008               29,529
       未払事業税                                   10,802               40,523
       賞与引当金                                  174,097               160,384
                                          2,084                37
       その他
     繰延税金資産小計                                    205,992               230,473
       評価性引当額                                 △205,992               △230,473
     繰延税金資産合計                                       -               -
     繰延税金資産又は繰延税金負債(△)の純額                                       -               -
     (固定)                                     (千円)

     繰延税金資産
       賞与引当金                                  105,620               80,244
       長期未払費用                                  106,580               94,199
       長期前払費用                                     -            76,161
       減価償却超過額                                   9,292              113,576
                                          5,764             △12,728
       その他
     繰延税金資産小計                                    227,256               351,452
       評価性引当額                                 △227,256               △351,452
     繰延税金資産合計                                       -               -
     繰延税金資産又は繰延税金負債(△)の純額                                       -               -
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異

       の原因となった主要な項目別の内訳
                                   第27期                 第28期
                               (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     法定実効税率                                  30.86%                 30.86%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                68.83%                  4.40%
       評価性引当額                                153.24%                  3.16%
       住民税等均等割                                 2.84%                 0.31%
       過年度法人税等                                   -               5.67%
                                       △2.54%                  0.09%
       その他
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  253.23%                  44.49%
                                 80/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (セグメント情報等)
     セグメント情報
      当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     関連情報

     第27期(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
     1.サービスごとの情報

                                                     (単位:千円)
                          投資一任及び
                 投資信託委託業務                   業務受託報酬          その他         合計
                          投資助言業務
     外部顧客への売上高              10,502,704         6,255,461          930,841         233,636       17,922,643

     2.地域ごとの情報

     営業収益
                                                    (単位:千円)
             日本                  その他                   合計

                13,233,778                   4,688,865                  17,922,643

     (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
     第28期(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

     1.サービスごとの情報

                                                     (単位:千円)
                          投資一任及び
                 投資信託委託業務                   業務受託報酬          その他         合計
                          投資助言業務
     外部顧客への売上高              12,446,131         5,788,387         1,430,987          348,871       20,014,377

     2.地域ごとの情報

     営業収益
                                                    (単位:千円)
           日本              英国             その他               合計
           14,455,359               2,072,302              3,486,715             20,014,377

     (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
               顧客の名称                     営業収益            関連するセグメント

     JPMorgan     Asset    Management       (UK)   Limited               2,062,917

                                                  資産運用業
                                 81/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (関連当事者情報)
     1.関連当事者との取引
     第27期(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
     子会社
                               議決権等
                                              取引金額          期末残高
                      資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の
      種類    会社等の名称       所在地                                   科目
                      は出資金     内容    (被所     との関係      内容
                                              (千円)          (千円)
                               有)割合
                                         資金の貸付
                                              17,226,000
                                          (注)
                                                   関係会社
                                                        4,010,000
          JPMAMジャパ                 外国投資
                                                   短期貸付金
                英国領
                                         資金の回収
                                              18,785,000
                                所有
          ン・ケイマ                 信託の管         資金の貸借等
                ケイマン諸島
                                直接
     子会社    ン・ファン            3,500千円     理会社と         及び役員の兼
                グランドケイ
          ド・リミテッ                 しての業         任
                               100%
                                         受取利息          未収収益
                                               17,222          2,403
                マン
          ド                  務
                                         配当の受取
                                               465,000      -      -
     (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        資金の貸付については、貸付利率は市場金利を勘案して利率を合理的に決定しており、返済条件
        は期間3ヶ月であります。なお、担保は受け入れておりません。
     兄弟会社等

                                議決権等
                                               取引金額          期末残高
                       資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の
      種類    会社等の名称        所在地                                  科目
                       は出資金     内容    (被所     との関係      内容    (千円)          (千円)
                                有)割合
                                          運用受託
     最終的な
                                                   未収収益
                                              1,436,993           475,203
          JPMorgan    Asset
                                          報酬
     親会社が             英国     24百万             投資の助言ま
          Management
                           投資運用業      なし
     同一であ            ロンドン      ポンド             たは投資一任
          (UK)  Limited
                                           調査費         未払費用
                                              1,090,963           314,255
     る会社
     最終的な
          JF Asset
     親会社が             香港     60百万             投資の助言ま      運用受託
          Management
                           投資運用業      なし                   未収収益
                                               529,053          346,130
     同一であ            セントラル      香港ドル             たは投資一任      報酬
          Limited
     る会社
          ジェー・ピー・                  不動産の
     最終的な
          モルガン・サー                  売買・賃
     親会社が             東京都                        不動産賃
          ビス・ジャパ             1千米ドル     貸借およ     なし    総務の代行               敷金保証金
                                               26,070         532,670
     同一であ            千代田区                         借料
          ン・リミテッド                  び総務の
     る会社
          東京支店                  代行業等
     (注1)ジェー・ピー・モルガン・サービス・ジャパン・リミテッド東京支店に関するものを除き、取
          引金額および期末残高には、消費税等は含まれておりません。
     (注2)取引条件及び取引条件の決定方針等
          運用受託報酬及び調査費に関しては、運用の再委託の一般的な手数料率を勘案し、協議の上、
          再委託契約を結んで行っております。
                                 82/98








                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第28期(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
     親会社
                                議決権等
                                               取引金額          期末残高
                       資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の
      種類    会社等の名称        所在地                                  科目
                       は出資金     内容    (被所     との関係      内容
                                               (千円)          (千円)
                                有)割合
                                被所有
          JPMorgan    Chase
                  米国
                       222,090
                                間接
     親会社                      持株会社         人件費の立替                未払金
                                           -      -        450,778
                 ニューヨーク
          Holdings    LLC         百万米ドル
                                100%
     (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        当社の役職員への賞与の支払いの一部はJPMorgan                           Chase    Holdings     LLC(以下、「親会社」とい
        う。)により行われております。これらの費用は親会社より当社に請求されるものであり、未払
        いの金額については親会社に対する債務として処理しております。
     子会社

                               議決権等
                                              取引金額          期末残高
                      資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の
      種類    会社等の名称       所在地                                   科目
                      は出資金     内容    (被所     との関係      内容
                                              (千円)          (千円)
                               有)割合
                                         資金の貸付
                                              17,069,000
                                          (注)
                                                   関係会社
                                                        4,751,000
          JPMAMジャパ                 外国投資
                                                   短期貸付金
                英国領
                                         資金の回収
                                              16,328,000
          ン・ケイマ                 信託の管     所有    資金の貸借等
                ケイマン諸島
                                直接
     子会社    ン・ファン            3,500千円     理会社と         及び役員の兼
                グランドケイ
          ド・リミテッ                 しての業         任
                               100%
                                         受取利息          未収収益
                                               14,112           96
                マン
          ド                  務
                                         配当の受取
                                               454,000      -      -
     (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        資金の貸付については、貸付利率は市場金利を勘案して利率を合理的に決定しており、返済条件
        は期間3ヶ月であります。なお、担保は受け入れておりません。
     兄弟会社等

                                議決権等
                                               取引金額          期末残高
                       資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の
      種類    会社等の名称        所在地                                  科目
                       は出資金     内容    (被所     との関係      内容
                                               (千円)          (千円)
                                有)割合
     最終的な
          JPMorgan    Asset
     親会社が             英国     24百万             投資の助言ま
          Management
                           投資運用業      なし          調査費         未払費用
                                              1,077,595           291,063
     同一であ            ロンドン      ポンド             たは投資一任
          (UK)  Limited
     る会社
     最終的な
          JF Asset
     親会社が             香港     60百万             投資の助言ま      運用受託
          Management
                           投資運用業      なし                   未収収益
                                              1,708,734           511,882
     同一であ            セントラル      香港ドル             たは投資一任       報酬
          Limited
     る会社
     最終的な
     親会社が    JPモルガン証        東京都    73,272,250     金融商品               一般管理
                                なし    職員の兼職               未払金
                                              1,409,458           116,223
     同一であ    券株式会社        千代田区      千円    取引業               費
     る会社
     (注1)取引金額および期末残高には、消費税等は含まれておりません。
     (注2)取引条件及び取引条件の決定方針等
          運用受託報酬及び調査費に関しては、運用の再委託の一般的な手数料率を勘案し、協議の上、
          再委託契約を結んで行っております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

       親会社情報
       直接親会社   JPモルガン・アセット・マネジメント(アジア)インク(非上場)
       最終的な親会社 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(ニューヨーク証券取引所、ロン
                 ドン証券取引所に上場)
                                 83/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1株当たり情報)
                                       第27期              第28期
                                   (自平成28年4月1日              (自平成29年4月1日
                                    至平成29年3月31日)              至平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                                   271,307.93円              290,650.60円
     1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)                                   △5,553.17円              18,610.88円
      なお、当事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していな
     いため記載しておりません。また、前事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について
     は、1株当たり当期純損失金額であり、また潜在株式が存在していないため記載しておりません。
     1株当たりの当期純利益の算定上の基礎

                                       第27期              第28期
                                   (自平成28年4月1日              (自平成29年4月1日
                                    至平成29年3月31日)              至平成30年3月31日)
     損益計算書上の当期純利益又は当期純損失(△)                                   △312,448千円              1,047,141千円
     普通株主に帰属しない金額                                        -              -
     普通株式に係る当期純利益又は当期純損失(△)                                   △312,448千円              1,047,141千円
     普通株式の期中平均株式数                                     56,265株              56,265株
                                 84/98














                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     中間財務諸表
     (1)中間貸借対照表
                             第29期中間会計期間末
                             (平成30年9月30日)
                      資産の部

                      注記

            区分                内訳       金額     構成比
                      番号
                           (千円)       (千円)      (%)

     流動資産

                                13,960,009

       現金及び預金
                                   57,090

       前払費用
                                   7,626

       未収入金
                                 2,373,381

       未収委託者報酬
                                 1,396,871

       未収収益
                                 4,551,000

       関係会社短期貸付金
                                   2,991

       その他
                                22,348,971         98.6

          流動資産計
     固定資産

                                  306,156

       投資その他の資産
                            60,000

        関係会社株式
                              28

        投資有価証券
                            98,261

        敷金保証金
                            76,691

        前払年金費用
                            71,174

        その他
          固定資産計                        306,156       1.4

                                22,655,127        100.0

     資産合計
                                 85/98







                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                             第29期中間会計期間末

                             (平成30年9月30日)
                      負債の部

                      注記

            区分                内訳       金額     構成比
                      番号
                           (千円)       (千円)      (%)

     流動負債

                                   89,656

       預り金
                                 1,686,357

       未払金
                          1,172,882

         未払手数料
                       ※1    513,475

         その他未払金
                                  564,065

       未払費用
                                  972,219

       未払法人税等
                                 1,204,583

       賞与引当金
                                 4,516,881        20.0

          流動負債計
     固定負債

                                  314,355

       長期未払金
                                  605,290

       賞与引当金
          固定負債計                        919,646       4.0

                                 5,436,528        24.0

     負債合計
                                 86/98










                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                             第29期中間会計期間末

                             (平成30年9月30日)
                     純資産の部

                      注記

            区分                内訳       金額     構成比
                      番号
                           (千円)       (千円)      (%)

     株主資本

                                 2,218,000

       資本金
                                 1,000,000

       資本剰余金
                          1,000,000

        資本準備金
                                14,000,600

       利益剰余金
                            33,676

        利益準備金
        その他利益剰余金

                          13,966,924

         繰越利益剰余金
                                17,218,600         76.0

          株主資本計
     評価・換算差額等

                                    △1

       その他有価証券評価差額金
          評価・換算差額等計                          △1     0.0

                                17,218,598         76.0

     純資産合計
                                22,655,127        100.0

     負債・純資産合計
                                 87/98










                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)中間損益計算書
                             第29期中間会計期間
                            (自平成30年4月1日
                             至平成30年9月30日)
                      注記

            区分                内訳       金額     百分比
                      番号
                           (千円)       (千円)      (%)

     営業収益

                                 7,396,730

       委託者報酬
                                 3,040,765

       運用受託報酬
                                 1,035,075

       業務受託報酬
                                  148,503

       その他
                                11,621,075        100.0

        営業収益計
     営業費用・一般管理費

                                 5,137,042

       営業費用
                          3,918,792

        支払手数料
                           890,010

        調査費
                           328,239

        その他営業費用
                                 4,719,652

       一般管理費
                                 9,856,695        84.8

        営業費用・一般管理費計
                                 1,764,379        15.2

     営業利益
                       ※1     32,802

     営業外収益
                                   32,802       0.3

        営業外収益計
                       ※2     17,858

     営業外費用
        営業外費用計                           17,858       0.2

                                 1,779,322        15.3

     経常利益
                                 1,779,322        15.3

     税引前中間純利益
                                  914,180       7.9

     法人税、住民税及び事業税
                                  865,142       7.4

     中間純利益
                                 88/98





                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     重要な会計方針
                          第29期中間会計期間
                         (自平成30年4月1日
           項目
                          至平成30年9月30日)
     1.有価証券の評価基準               (1)関係会社株式
        及び評価方法              移動平均法による原価法を採用してお
                     ります。
                    (2)その他有価証券
                     時価のあるもの
                      中間決算日の市場価格等に基づく時価
                     法(評価差額は全部純資産直入法により
                     処理し、売却原価は移動平均法により算
                     定)を採用しております。
     2.引当金の計上基準               (1)賞与引当金
                      従業員に対する賞与の支給、及び親会
                     社の運営する株式報酬制度に係る将来の
                     費用負担に備えるため、当中間会計期間
                     に帰属する額を計上しております。
                    (2)退職給付引当金
                      従業員に対する退職給付に備えるた
                     め、当中間期末における退職給付債務と
                     年金資産の見込額に基づき退職給付引当
                     金を計上しております。ただし、当中間
                     期末においては、年金資産の額が、退職
                     給付債務に未認識数理計算上の差異等を
                     加減した額を超過するため、資産の部に
                     前払年金費用を計上しております。
                      退職給付債務の算定にあたり、退職給
                     付見込額を当中間期末までの期間に帰属
                     させる方法については、期間定額基準に
                     よっております。
                      過去勤務債務については、その発生時
                     における従業員の平均残存勤務期間以内
                     の一定の年数(8年)による定額法によ
                     り、発生した事業年度から費用処理して
                     おります。
                      数理計算上の差異は、その発生時にお
                     ける従業員の平均残存勤務期間以内の一
                     定の年数(8年)による定額法により按
                     分額を、それぞれ発生した翌事業年度か
                     ら費用処理することとしております。
     3.その他中間財務諸表                消費税等の会計処理
        作成のための基本と              消費税及び地方消費税の会計処理は、
        なる重要な事項             税抜方式によっております。
                                 89/98






                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     注記事項
     (中間貸借対照表関係)
             第29期中間会計期間末

             (平成30年9月30日)
      ※1 消費税等の取扱い

         仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺の
        うえ、金額的重要性が乏しいため、流動負債
        の「その他未払金」に含めて表示しておりま
        す。
     (中間損益計算書関係)

             第29期中間会計期間

            (自平成30年4月1日
             至平成30年9月30日)
      ※1 営業外収益のうち主要なもの  (千円)

         受取利息                              8,785
      ※2 営業外費用のうち主要なもの  (千円)
         為替差損           17,727
     (リース取引関係)

             第29期中間会計期間末

             (平成30年9月30日)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能

     のものに係る未経過リース料は以下のとおりであ
     ります。
                       48,482

       1年以内                     千円
                       44,442
       1年超
                            千円
                       92,924     千円
       合計
                                 90/98









                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (金融商品関係)
     第29期中間会計期間末(平成30年9月30日)
      金融商品の時価等に関する事項
      ① 平成30年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとお
       りであります。なお、金額的重要性が低いと判断するものは次表には含めておりません。また、時
       価を把握することが極めて困難と認められるものは次表には含めておりません((注)2.参
       照)。
                                                    (単位:千円)
                             中間貸借対照表
                                           時価           差額
                               計上額
                                13,960,009           13,960,009                -
       (1)現金及び預金
                                 2,373,381           2,373,381               -
       (2)未収委託者報酬
                                 1,396,871           1,396,871               -
       (3)未収収益
                                 4,551,000           4,551,000               -
       (4)関係会社短期貸付金
                                     28           28           -
       (5)投資有価証券
                                22,281,290           22,281,290                -
         資産計
                                 1,172,882           1,172,882               -
       (1)未払手数料
                                  513,475           513,475              -
       (2)その他未払金
                                  564,065           564,065              -
       (3)未払費用
                                  314,355           314,355              -
       (4)長期未払金
                                 2,564,778           2,564,778               -
         負債計
       (注)1.金融商品の時価算定方法

       資産

       (1)現金及び預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収収益、及び(4)関係会社短期貸付金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       (5)投資有価証券

         これらは投資信託であり、時価は市場価格に準ずるものとして合理的に算定された価額によっ
        ております。
       負債

       (1)未払手数料、(2)その他未払金、及び(3)未払費用
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       (4)長期未払金

         長期未払金の時価については、当該未払金の支払までの期間を基にリスクフリーレートで割り
        引いた現在価値により算定しており、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額に
        よっております。
                                 91/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                    (単位:千円)

                               中間貸借対照表計上額

                                        60,000

        関係会社株式
         関係会社株式については、市場価格がなく、かつ、将来キャッシュ・フローを見積ることなど
        ができず、時価を把握することが極めて困難と認められるものであるため、上表に含めておりま
        せん。
      ② 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定され
       た価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前
       提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
     (有価証券関係)

     第29期中間会計期間末(平成30年9月30日)
     1.関係会社株式
       関係会社株式(中間貸借対照表計上額 60,000千円)については市場価格がなく、時価を把握する
      ことが極めて困難と認められるものであることから、記載しておりません。
     2.その他有価証券

                                                     (単位:千円)
                                   中間貸借対照表
                          種類                   取得原価         差額
                                      計上額
     中間貸借対照表計上額が取得               その他
                                          -        -        -
     原価を超えるもの                投資信託
     中間貸借対照表計上額が取得               その他

                                          28        30        △1
     原価を超えないもの                投資信託
                   合計                       28        30        △1

                                 92/98









                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (セグメント情報等)
     セグメント情報
      当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     関連情報

     第29期中間会計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)
     1.サービスごとの情報

                                                     (単位:千円)
                    委託者報酬        運用受託報酬        業務受託報酬          その他         合計
     外部顧客への売上高                7,396,730        3,040,765        1,035,075         148,503       11,621,075

     2.地域ごとの情報

     営業収益                                                (単位:千円)
           日本            香港          英国          その他           合計
             8,019,379          1,366,327          1,218,668          1,016,699          11,621,075

     (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                (単位:千円)
         顧客の名称            営業収益        関連するセグメント
     Jardine    Fleming    Asset
                        1,320,915        資産運用業
     Management      Ltd
     JPMorgan     Asset
                        1,209,785        資産運用業
     Management      (UK)   Limited
     (1株当たり情報)

             第29期中間会計期間

            (自平成30年4月1日
             至平成30年9月30日)
     1株当たり純資産額                   306,026円81銭

     1株当たり中間純利益金額                   15,376円20銭
      なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金

     額については、潜在株式が存在しないため記載し
     ておりません。
     1株当たりの中間純利益の算定上の基礎
       中間損益計算書上の中間純利益                   865,142千円

       普通株主に帰属しない金額                        -
       普通株式に係る中間純利益                   865,142千円
       普通株式の期中平均株式数                     56,265株
                                 93/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】
       委託会社は、金融商品取引法の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行

      為を行うことが禁止されています。
     (1)自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこ

       と(投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させる
       おそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
     (2)運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、も
       しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣
       府令で定めるものを除きます。)。
     (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親
       法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者
       と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下
       (4)(5)において同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有して
       いることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定め
       る要件に該当する者をいいます。以下(4)(5)において同じ。)と有価証券の売買その他の取
       引または店頭デリバティブ取引を行うこと。
     (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
       針、運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行う
       こと。
     (5)前記(3)(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為で
       あって投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させ
       るおそれのあるものとして内閣府令で定める行為
     5【その他】

     (1)定款の変更

        定款の変更に関しては、株主総会の特別決議が必要です。
     (2)訴訟事件その他の重要事項
        本書提出日現在、委託会社および当ファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想さ
       れる事実はありません。
                                 94/98








                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【その他の関係法人の概況】
     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

     (1)受託会社

      ① 名   称  三菱UFJ信託銀行株式会社
      ② 資本金の額  324,279百万円(2018年9月末現在)
      ③ 事業の内容
        銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託
       業務を営んでいます。
       <再信託受託会社の概要>
       名   称 :日本マスタートラスト信託銀行株式会社
       事業の内容 :銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律
                に基づき信託業務を営んでいます。
       再信託の目的:原信託契約にかかる信託事務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から再信
                託受託会社(日本マスタートラスト信託銀行株式会社)へ委託するため、原信託財
                産のすべてを再信託受託会社へ移管することを目的とします。
     (2)販売会社

                           資本金の額
            名    称                                 事業の内容
                        (2018年9月末現在)
                                     銀行法に基づき銀行業を営むとともに、

        三菱UFJ信託銀行株式会
                            324,279百万円        金融機関の信託業務の兼営等に関する法
       1
        社
                                     律に基づき信託業務を営んでいます。
     2【関係業務の概要】

     (1)受託会社

        当ファンドおよびマザーファンドの受託会社として、信託財産の保管・管理業務および信託財産
       の計算等を行います。
     (2)販売会社

        当ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱い、目論見書の交付、運用報告書に記載すべ
       き事項のうち重要な事項のみを記載した交付運用報告書の交付代行、収益分配金の再投資に関する
       事務、収益分配金・一部解約金・償還金の支払い等を行います。
     3【資本関係】

      受託会社および販売会社との間に直接的な資本関係はありません。

                                 95/98




                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【その他】
     (1)交付目論見書および請求目論見書は、以下の記載をすることがあります。なお、目論見書の別称

       として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目論見書)」という名
       称を使用します。
       ① 交付目論見書および請求目論見書の表紙または裏表紙に図案、委託会社のロゴおよび管理番号
        等を記載することがあります。
       ② 交付目論見書および請求目論見書の表紙に、使用開始年月を記載することがあります。
       ③ 交付目論見書および請求目論見書の表紙に、使用開始年月日を記載します。
     (2)交付目論見書の表紙、表紙裏または手続・手数料等お申込みメモに、以下の項目について記載し

       ます。
       ① 委託会社の照会先(電話番号および受付時間、ホームページアドレス)。
       ② 当ファンドの課税上の取扱い。
       ③ 当ファンドの販売会社および基準価額等の詳細な情報は、委託会社のホームページで閲覧でき
        る旨。
       ④ 金融商品取引法第15条第3項に基づき、投資者の請求により交付される請求目論見書は、委託
        会社のホームページに掲載されており、当ファンドの投資信託約款は請求目論見書に添付されて
        いる旨。
       ⑤ 交付目論見書は金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書である旨。
       ⑥ 当ファンドの信託財産は、信託法に基づき受託会社において分別管理されている旨。
       ⑦ 「ご購入に際しては、交付目論見書の内容を十分にお読みください。」という旨。
     (3)請求目論見書の表紙または表紙の次に、以下の項目について記載します。

       ① 請求目論見書は金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書であり、有価証券届出書 第一
        部「証券情報」、第二部「ファンド情報」および第三部「委託会社等の情報 第1委託会社等の
        概況」の内容を記載した、金融商品取引法第15条第3項に基づき、投資者の請求により交付され
        る目論見書(請求目論見書)である旨。
       ② 当ファンドの課税上の取扱い。
     (4)請求目論見書は、以下の項目について記載します。

       ① 投資信託約款の全文を請求目論見書に記載します。なお、請求目論見書の記載項目と重複する
        項目については、投資信託約款を参照すべき旨を記載することで、届出書の内容の記載に代える
        ことがあります。
       ② 請求目論見書に記載された用語の一部を解説し、「基本用語の解説」として記載します。
     (5)交付目論見書に記載する運用実績は、データを適時更新することがあります。

                                 96/98






                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                  平成30年6月15日

     JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

       取 締 役 会  御 中

                           PwCあらた有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士       荒川  進
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士       山口 健志
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状

     況」に掲げられているJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日ま
     での第28期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及び
     その他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策
     定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク
     評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部
     統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積
     りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、JP
     モルガン・アセット・マネジメント株式会社の平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度
     の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以  上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

           ります。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 97/98



                                                           EDINET提出書類
                                           JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書
                                                  平成30年12月10日

     JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

       取 締 役 会  御 中

                           PwCあらた有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士       荒川  進
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士       山口 健志
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状

     況」に掲げられているJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日ま
     での第29期事業年度の中間会計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわ
     ち、中間貸借対照表、中間損益計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を
     作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成
     し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表
     明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査
     を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して
     投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画
     を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続
     の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間
     財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監
     査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
     当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作
     成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適
     用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準
     拠して、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社の平成30年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了
     する中間会計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているも
     のと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以  上

      (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管し

           ております。
         2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                 98/98



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。